5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

H-IIA/Bロケット総合スレ part 五十

1 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:38:39
前スレ
H-IIA/Bロケット総合スレ part 四十九
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1275515391/

公式サイト
【JAXA】
http://www.jaxa.jp/
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2a/index_j.html
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2b/index_j.html
【企業】
http://www.mhi.co.jp/products/category/h-2a.html
http://h2a.mhi.co.jp/

非公式打上速報サイト(報道より速く正しい情報を流してくれるさ)
【宇宙作家クラブ ニュース掲示板】
http://www.sacj.org/openbbs/

2 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:39:01
頻繁に更新する宇宙開発サイト

星が好きな人のための新着情報
http://news.local-group.jp/
Space Fighter Now
http://d.hatena.ne.jp/black_knight/
5thstar_管理人_日記
http://5thstar.air-nifty.com/
宇宙開発情報-宇宙開発のすべてがわかるメディアサイト
http://www.spaceref.co.jp/
asahi.com ニュース特集 宇宙探査
http://www.asahi.com/special/space/
AKIAKIのニュース日記(宇宙開発/惑星探査)
http://www.akiaki.info/akiyama/tDiary/
JAXAいはもとの宇宙を語ろう!
http://jaxa.laff.jp/blog/
松浦晋也のL/D
http://smatsu.air-nifty.com/

3 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:39:17
頻繁に更新する推薦!宇宙開発サイトやで

星が好きな人のための新着情報
http://news.local-group.jp/
Space Fighter Now
http://d.hatena.ne.jp/black_knight/
5thstar_管理人_日記
http://5thstar.air-nifty.com/
宇宙開発情報-宇宙開発のすべてがわかるメディアサイト
http://www.spaceref.co.jp/
asahi.com ニュース特集 宇宙探査
http://www.asahi.com/special/space/
AKIAKIのニュース日記(宇宙開発/惑星探査)
http://www.akiaki.info/akiyama/tDiary/
JAXAいはもとの宇宙を語ろう!
http://jaxa.laff.jp/blog/
松浦晋也のL/D
http://smatsu.air-nifty.com/

4 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:40:13
関連スレ
.゚●。゚・ 人工衛星総合スレッド6
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1274784001/l50
工学実験探査機MUSES-C(はやぶさ)応援スレッド 3rd
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1265878985/l50
JAXA 宇宙航空研究開発機構 スレッド11
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1274238664/l50
ISAS(宇宙科学研究本部)スレッド7
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1264784751/
宇宙船総合スレッド5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1269521826/l50

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:40:26
ロケット総合スレ5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1254390586/l50
ソユーズについて語るスレ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1065848145/l50
【IGS】スパイ衛星専用スレッド【安全保障】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1147419975/l50


6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:40:39
★★ 宇宙開発総合スレッド <34号機> ★★
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1270644336/
【PLANET-C】金星探査機あかつきPart2【明星】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1274434567/

7 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:40:57
テンプレ細切れになっちまったけど、次スレではまとめてくれ

8 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 05:54:35
頻繁に更新する推薦!宇宙開発サイトやで

星が好きな人のための新着情報
http://news.local-group.jp/
Space Fighter Now
http://d.hatena.ne.jp/black_knight/
5thstar_管理人_日記
http://5thstar.air-nifty.com/
宇宙開発情報-宇宙開発のすべてがわかるメディアサイト
http://www.spaceref.co.jp/
asahi.com ニュース特集 宇宙探査
http://www.asahi.com/special/space/
AKIAKIのニュース日記(宇宙開発/惑星探査)
http://www.akiaki.info/akiyama/tDiary/
JAXAいはもとの宇宙を語ろう!
http://jaxa.laff.jp/blog/
松浦晋也のL/D
http://smatsu.air-nifty.com/
星島秀雄コラム(エアワールド抜粋版) [注釈* 時々マトモなことも言う。例: M-Vに対する理解はある]
http://opencube.dip.jp/~hh001/column.html

9 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:45:17
>>1


ってまだ☆のアドレス貼ってんのかよw

10 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:18:28
2015年までに有人か。


11 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:35:23
前スレ 999,1000
詐欺フェストにこりず、ガイチキ集団の空手形を信じろと?

12 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:38:22
自民に戻っても、第2次麻生内閣ならやってくれる。

13 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:50:22
だね
国債をしこたま刷って、公共事業に突っ込むしか無いだろ
が経済対策の骨子だしな。
事業仕分けで減った、科学関係予算の増額も考えてるみたいだし

14 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:52:22
利益の出ないダムや道路を作るくらいなら、
同じ利益の出ない宇宙関連につぎ込む方がいい。

15 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:53:07
>>9
はってねーよ、>>8が勝手に張っただけ

16 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:36:47
ダムや道路ならそこらの土方のオヤジにまでカネが回るが、
宇宙関連じゃカネが回るヤツラが限られるから選挙対策にならん。

17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:44:47
なあ、H-Xってあくまでもシングルローンチだけ狙った設計なのかな
デュアルローンチ狙いな設計案(つまりアリアン5対抗)は無いんだっけか?

H2Bをベースに、
変更点1: 1stエンジンをLE-X単発へ
変更点2: SRB強化(推力若干UP、燃料増量で燃焼時間は維持か微増)
変更点3: 2ndはMB-60化&5.2m化

これでGTO9tクラスとし、
4tオーダーのを性能余裕を持ってかつ安価にデュアルローンチ とか。

18 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:56:27
>>17
LE-X単発では推力不足。
ブースターを大幅に強化する必要がある。

19 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:11:35
アリアン5のブースターはかなり強力
1本650tぐらいの推力あったはず

20 :NASAしさん:2010/07/12(月) 01:12:52
フェアリング内側の白い物(2番目は黒)て何の為に付いてるの?
ttp://jda.jaxa.jp/jda/p4_download_j.php?mode=search&f_id=16694
ttp://jda.jaxa.jp/jda/p4_download_j.php?mode=search&f_id=13784

21 :NASAしさん:2010/07/12(月) 01:16:17
>>20
断熱材

22 :NASAしさん:2010/07/12(月) 06:59:23
>>20
自分も疑問に思って、種子島の施設見学ツアーの時にJAXAの人に聞きました。
ペイロード保護用の防音(防振)材という回答でした。

23 :NASAしさん:2010/07/12(月) 10:49:46
ぐぐると、断熱と防振両方みたいだな。
射場が悪いから打上げ時の衝撃波を受けすぎなんだろう。
ソユーズの射場なんて、崖に突き出たような作りで、
思いっきり衝撃を分散させてるし。

24 :NASAしさん:2010/07/12(月) 18:59:47
> 射場が悪いから打上げ時の衝撃波を受けすぎなんだろう。
どういうこと?

25 :NASAしさん:2010/07/12(月) 20:33:26
簡単に言うと、エアローンチが一番ロケットにも衛星のも優しい環境

26 :NASAしさん:2010/07/12(月) 20:42:57
種子島の場合、音響・衝撃波低減の為に発射台や煙道部に注水されるが、
今の設備じゃ十分低減されず反響して、フェアリングや衛星に負担を強いている。

バイコヌールの場合、巨大な穴が掘ってある。
http://images.spaceref.com/news/2001/photo_09-13-09.jpg
http://astrocoffeehut.files.wordpress.com/2008/12/baikonur-cosmodrome.jpg

単純明快な解決方法は、さすがロシアと言うべきか。
アメリカ系は頭脳と技術と金をかける割に効果が薄いw

27 :NASAしさん:2010/07/12(月) 20:50:14
日本も一応,崖に向けて穴ほいでたんじゃなかったっけ?
効果って意味では足りんのかもしれんが......

28 :NASAしさん:2010/07/13(火) 00:30:49
>>25
現在エアローンチで最大衛星軌道投入重量はどのくらいいけるの?

29 :NASAしさん:2010/07/13(火) 12:43:38
>>26
北海道でもこんな場所は無いなw

30 :NASAしさん:2010/07/13(火) 12:44:46
大樹町なら作るスペースはありそうだ

31 :NASAしさん:2010/07/13(火) 14:43:31
>>26
「一方ロシアは穴を掘った」かw

32 :NASAしさん:2010/07/13(火) 16:02:57
>>26
種子島:アメリカ流に穴を掘ってみたが不足
内之浦:穴を掘る金すらなかった

33 :NASAしさん:2010/07/13(火) 16:13:51
可哀想なISAS 。・゚・(ノД`)・゚・。

34 :NASAしさん:2010/07/13(火) 18:47:35
将来的にトレーラーから発射するかも知れないイプシロンに立派な発射台なぞ不要なんですよ

35 :NASAしさん:2010/07/13(火) 18:54:12
射点移動が可能だからと言ってUSCの衝撃波対策をしなくて良い理由にはならない

36 :NASAしさん:2010/07/13(火) 18:56:14
吉信射点の排気溝てそんなにしょぼいの?誰か画像持ってない?

37 :NASAしさん:2010/07/13(火) 19:27:28
少なくとも>>26と比べたらおもちゃだな

38 :NASAしさん:2010/07/13(火) 19:55:16
>>32
内之浦の場合は「穴を掘る金をケチって衛星開発費用が膨らんだ」だろ。

39 :NASAしさん:2010/07/13(火) 20:26:23
噴射(音?)が地面に当たって跳ね返ってくる、ということ?

40 :NASAしさん:2010/07/13(火) 20:30:47
つ http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2010/07/m-v-d1cc.html

41 :NASAしさん:2010/07/13(火) 20:43:48
スレ違いだが、イプシロンの発射台はどうなるんだろ?


42 :NASAしさん:2010/07/13(火) 21:01:29
>>38
(^o^)さんはなんでそんなにISASが嫌いなの?

43 :NASAしさん:2010/07/13(火) 21:02:17
>>38
「穴を掘る金が無かった為に衛星開発費用が膨らんだ」です

44 :NASAしさん:2010/07/13(火) 22:51:28
噴射をダイソンで吸い込めば良い。

45 :NASAしさん:2010/07/13(火) 23:28:30
>>41
「第21回数値流体力学シンポジウム B1-6」によれば斜面に
ブラストを逃が事を考えているらしいが・・・
あそこって普通に木が生えているし火事になりそうな気も・・・

46 :NASAしさん:2010/07/13(火) 23:44:25
音響と振動が問題なのってマックスQだと思ってたけど、点火時の反射波と比べれば大した事無いのかな?

47 :NASAしさん:2010/07/14(水) 00:54:48
>>32
俺はISAS大好きだよ、MV打上げを見にカブで大阪から内之浦まで行ったぐらいだぞ。
ただ盲目的なバカは嫌いだね。

48 :NASAしさん:2010/07/14(水) 05:32:17
内之浦は海側に傾斜して打ち上げるのが
安全策のひとつだから穴も掘りにくいよね。

49 :NASAしさん:2010/07/14(水) 12:47:22
ISASはスマートじゃないんだよね
NASDAはスマートを気取っているだけなんだよね

orz

50 :NASAしさん:2010/07/14(水) 12:49:33
東尋坊に橋桁渡して、発射台にするとか。

51 :NASAしさん:2010/07/14(水) 13:51:43
>>50
無理ですね。半径2km圏内に人口過密の三国市街がある、小学校や老人ホームまで存在する。
おまけに日本海側だし。

52 :NASAしさん:2010/07/14(水) 16:41:21
あえて大隈半島でなくて薩摩半島の先っぽとか

大隈半島を脇に通り抜け、
種子島と屋久島の中間を通り抜けるのwww

53 :NASAしさん:2010/07/14(水) 17:54:32
>>52
内之浦よりさらに極軌道への飛行ルート条件が悪いですね。

それにくわえて東打ちは絶望的になります。

54 :NASAしさん:2010/07/14(水) 18:03:04
>>53
ごめんなさい

55 :NASAしさん:2010/07/14(水) 18:44:48
おれなら紀伊半島の南端だな。

56 :NASAしさん:2010/07/14(水) 18:52:00
日本で一番台風が通る場所ですね

57 :NASAしさん:2010/07/14(水) 19:01:50
房総半島の南端とか、銚子なら?

58 :NASAしさん:2010/07/14(水) 19:48:23
>>55 >>57 たぶん保安距離の面から厳しいのではないか。

八丈島の南端が良いと思うぞ。
険しい山岳地帯で難工事になると思うが、保安距離2キロ半程度はなんとか確保できる。

59 :NASAしさん:2010/07/14(水) 19:56:00
活火山に近すぎ

60 :NASAしさん:2010/07/14(水) 20:04:41
黙って小笠原にしとけ。
環境問題が一番心配だが、交通、漁業への影響が一番少ない。
緯度も国内で考えられる最南端だし。

61 :NASAしさん:2010/07/14(水) 20:13:01
何かと言えばすぐに保安距離がとれないと言うが、
空港作るだのダム作るだのと言って住民追い出してるんだから、
発射場作ると言って追い出すことも出来るだろう。
国がやることだ、現行法で出来ないなら出来るように法改正でも何でもすればいい。

62 :NASAしさん:2010/07/14(水) 20:41:31
小笠原は、空港作ろうとしただけで、自然がどうの固有種がどうのと煩い。
サヨクの連中が反対運動煽るに決まってるわ。

63 :NASAしさん:2010/07/14(水) 20:50:00
北朝鮮にお願いして、どこかの島を核で焼き払って貰えば後腐れ無く利用できる

64 :NASAしさん:2010/07/14(水) 20:56:21
>>61
TNSCつくるときは大崎の住民を立ち退かせたよ

65 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:06:35
>>64
たったの数世帯ね。
しかも強制ではなく粘り強い交渉の末、自主的に退く形をとってもらった。


66 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:15:21
>>65
俺の手元の資料では13世帯なんだが
島内移住が5世帯で島外移住が8世帯

67 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:21:35
人のいない南鳥島に作るってのはどうだ?

南だし漁業への影響も考えられない

島はほぼ全部作るって方針でw

68 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:22:07
韓国の話で申し訳ないが
韓国の羅老宇宙センターは用地選定からわずか1年で百世帯以上を退去させたよ。
おかげで羅老宇宙センターの保安距離は我が種子島宇宙センターとおなじ3kmを達成したよ。

敷地面積と保安距離を比較すると

種子島宇宙センター   約 10平方km。(3km)
羅老宇宙センター     約 6平方km。(3km)
内之浦宇宙空間観測所   0.7平方km。(2.1km) <打ち上げ時住民の一時退避が必要。>

欧州ギアナ宇宙センター 約1000平方km。 

69 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:26:14
港・赤道に近く、地震・津波の心配もなく、人が住んでない場所が良いな。

70 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:33:35
>>68
財産権が制限されてる国は違うねぇ・・・。

71 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:42:42
>>68
済州島で反対されて羅老にしたって聞いた様な気がするけど。。。

72 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:42:53
? 日本だって正当な補償の元、財産権は制限され得るぞ?

73 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:46:20
>>71
済州島は宇宙センターの代わりに海軍基地を作ることになりました。

74 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:48:37
韓国なんてどうでもいいよ
次に打ち上げるのがいつかも判らんし、そもそも「次」があるのかすら判らん。
自力で何もできない国なんだから放っておけ。

75 :NASAしさん:2010/07/14(水) 21:56:33
出来るかどうかはともかく
韓国の構想では十年後にKSLV-IIロケットを打ち上げると言う。
今年に入ってから若干図体に修正が加えられまして
KSLV-II 全長44.84m、1段直径3.3m、総重量200t、推力300t。打ち上げ能力は高度600〜800km太陽同期軌道へ1500kg。


資料: 教育科学技術部
http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_61/2010/06/11/sa.jpg

76 :NASAしさん:2010/07/14(水) 22:02:16
SSOってw
インドと一緒で偵察衛星の為のロケットかよw

77 :NASAしさん:2010/07/14(水) 23:50:22
>>76
当然じゃね?あいつら戦争してんだぜ。

本気で静止衛星に使えるような大型ロケットまでつくろうとは多分考えてないよ。
中堅のケロシンエンジン作って、弾道弾のバーゲニングパワーを上げようって言うのが
韓国のお偉方の考えだろう。


78 :NASAしさん:2010/07/14(水) 23:55:41
>>67
http://image.blog.livedoor.jp/a6news/imgs/9/4/94027153.jpg
中国にならって沖ノ鳥島をこのように魔改造してみるとか…

79 :NASAしさん:2010/07/15(木) 00:45:15
>>76
打ち上げ基地の位置的に、他に選択肢が無いんだろう。
日本の本州の上空を通過していいなら、話は別だが。



80 :NASAしさん:2010/07/15(木) 01:03:51
固体+モバイル管制+ゼニットの1/4の重量なんだからササッとシーローンチできないかな
車載ランチャーでさえ否定されているんだから無理か。保安距離・漁業権・ドッグレッグターンを一挙に解決できる気がするんだが
年1打ち上げじゃ船の維持費の方が高くつくというし。
SSO専門で北海道にも射点つくるのはだめか

81 :NASAしさん:2010/07/15(木) 02:39:29
>>51
大東島が適地じゃん。

断崖絶壁だし、穴も掘りやすい。

82 :NASAしさん:2010/07/15(木) 03:13:16
大東島?

83 :NASAしさん:2010/07/15(木) 06:26:26
>>81
まともな港がない(護岸がない)島でどうしろと・・・
断崖絶壁のため道路も大変だぞ。
まあロケット打ち上げ基地作る予算があれば港も強引に作れるだろうけど。


84 :NASAしさん:2010/07/15(木) 10:30:22
>>83
南だし土地も広いし、打ち上げ基地を作るなら最善じゃね?
観光も潤うし。

85 :NASAしさん:2010/07/15(木) 10:48:08
>>84
土地は広いとは言えない気もするが・・・
でも内之浦の地形図を見ると、崖っぷちでもアレと似たようなもんかもしれんねえ。

86 :NASAしさん:2010/07/15(木) 10:59:49
新規で作るなら、An-124が着陸できる空港があった方がいいよ。

87 :NASAしさん:2010/07/15(木) 11:42:37
>>103
大東島というなら、沖大東島とか。
地権者が一人(一社)しかないので楽だぞ。無人島だぞ。
って・・・小さすぎるか。
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=36315150

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=38316200
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=38317205
南北大東島は、周囲の断崖絶壁をガリガリ削りまくる予算があるならいいんだろうけど、
大変だとは思うなあ。ある程度広さがある場所は港として使われている。
護岸が作れない特殊海底地形のため、風向きにより3カ所の港を使い分ける大東島の特殊事情により、
海岸にあいている土地はない気がする。
ちょっとでも天候不良だと護岸がない港ゆえ荷揚げ不能。
滑走路は小さな1200m。
その他のインフラもなにかと厳しいから・・・種子島のような大きな離島じゃないからねえ。
最寄りの陸地まで380kmというのも、災害時対応に不安有り。



88 :NASAしさん:2010/07/15(木) 11:43:17
>>87
誤爆の影響でアンカーが変・・・>>87>>84あて。

89 :NASAしさん:2010/07/15(木) 12:22:05
燐枯渇が懸念される現在、その島は大事残しておいた方が良い。

90 :NASAしさん:2010/07/15(木) 12:22:31
>>78
一応書いておくと、それはネタ画像だからな?

91 :NASAしさん:2010/07/15(木) 12:23:40
>>89
リン鉱山跡を掘って施設を作って、掘り出した岩をどっかに貯蔵してリン枯渇に備えるのもいいかもね。
掘削費用に見合わなくなって放置された鉱山でもあるし。


92 :NASAしさん:2010/07/15(木) 15:54:32
【韓国】三菱重工業「勤労挺身隊問題交渉に応じる」[07/15]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1279175821/
> 「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」に対し、
> ~~~~~~~

凄く嫌な予感がする。

93 :NASAしさん:2010/07/15(木) 18:24:59
賠償はH-IIAロケット技術の無償提供なんだろうな
そして民主党政権だから・・・

94 :NASAしさん:2010/07/15(木) 19:18:02
>>87
沖大東島は射爆撃場だろうに。不発弾の始末とかどうすんの?

95 :NASAしさん:2010/07/15(木) 20:03:38
>>85
内之浦宇宙空間観測所(USC)は結構広いよ。
敷地面積は種子島宇宙センター(TNSC)の1/10以下と言われているが
これはTNSCは射点周辺の森林面積を含めるのに対して、USCは周囲の森林地帯を管轄外ということで含まないからだ。

地図を見ればわかるが、
M-Vロケット打ち上げ時の地上立ち入り禁止区域を含めると、種子島宇宙センターのそれとほぼ同じ面積になる。
↓の14ページ
http://www.jaxa.jp/press/2005/06/20050622_sac_m-v6_j.pdf

96 :NASAしさん:2010/07/15(木) 21:56:04
>>95
ほんとだ。
その図の警戒区域の陸上面積は9ku強ぐらいかな。
種子島宇宙センターの面積は9ku強だから殆ど同じだね。

97 :NASAしさん:2010/07/15(木) 21:59:02
地方専門板の趣味スレにまでやってくる勘違い政治厨うぜぇ

98 :NASAしさん:2010/07/15(木) 22:13:18
>>95
その比較はおかしい。
内之浦の警戒区域の中には民家もあるんだよね。
住民は発射の度にいちいち退避しなくちゃいかんのだよ。
一年に一度のことだから我慢してもらっている。

99 :NASAしさん:2010/07/15(木) 22:21:31
>>95
内之浦はこんなに大変なんだぜ。

http://osakihisanori.jugem.jp/?eid=983
> イプシロンを内之浦で打ち上げるとなると、危険区域内の住民約200名を総員退避させなければならない。

100 :NASAしさん:2010/07/15(木) 23:42:10
地元民は喜んで協力するのだろうか?
嫌々なのだろうか?

101 :NASAしさん:2010/07/15(木) 23:52:10
>>100
どっちも喜んでだよ。

102 :>>100:2010/07/15(木) 23:56:06
やっぱ的川センセとか古参時代からの関係づくり次第なんだろうね
そういった資産も大事にしないとな

103 :NASAしさん:2010/07/16(金) 03:46:00
種子島と内之浦では、極軌道打ち上げにはどっちが有利なの?

104 :NASAしさん:2010/07/16(金) 03:48:28
ほとんど変わらん。極軌道にあげるなら北海道に射点が欲しいな

105 :NASAしさん:2010/07/16(金) 04:34:19
だから大樹町をなんとかしる

106 :NASAしさん:2010/07/16(金) 07:01:59
>>100
喜ぶ人が多いだろうが嫌がる人もいると思うよ。
表立っては嫌な顔はしないだろうけど。
人の考えはそれぞれだから、すべての人が同じ考えではないと思う。
早朝真っ暗闇の打ち上げとかウンザリする人だって何人かはいるはず。

107 :NASAしさん:2010/07/16(金) 08:25:23
>>106
いない

108 :NASAしさん:2010/07/16(金) 08:34:40
年1回くらいならともかく、あまり頻繁だと反発も出るだろうな。
いくらコストが下がっても、打ち上げ回数はあんまり増やせないだろうね。

109 :NASAしさん:2010/07/16(金) 08:58:16
なんにもなかった種子島なんかは、基本大歓迎だけど
人はいろいろだから、いやな人も当然いる

徳之島のように、みんながNOといってるのにYESの人もやっぱりいたり
その逆もしかり

110 :NASAしさん:2010/07/16(金) 12:54:51
ところでH-IIAのSSBって、もう公式に廃止されたと考えて良いのかなぁ?
ttp://www.jaxa.jp/pr/brochure/pdf/01/rocket01.pdf
今さらだけど、2022/2024が載っていない。

しかし「現在は202/204のみ使われている」みたいに、明確にSSB廃止を宣言していないあたり、
対外的にはSSB復活の可能性を残しているように見えなくもない。

MHIがコスト削減のためにSSB組み立てラインを閉鎖したというなら
金出してまでSSBを復活させる理由は見当たらないのだけど、
なぜはっきりとしたSSB廃止宣言が無いのだろう?

もしかしてSSBを作っているサイオコール社への配慮かな?
まだMHIの英語ページでは2022/2024が載っているようだし。

111 :NASAしさん:2010/07/16(金) 13:21:06
Sea Launchの再開後打上げ価格は$105M〜$114Mの見込み

AsiaSat社は、AsiaSat5の打上げ用に$31.5Mを支払った後でSeaLaunchが
Chapter11を申請したことから、 ILSでの打上げに変更して$95Mを払って
Protonで打ち上げた。このため、支払い済の$31.5Mの扱いを協議した結果、
打上げ再開後の SeaLaunchで、標準価格との差額の$88.85M〜$97.85Mで
打ち上げることで合意したとのこと。
http://d.hatena.ne.jp/t-naka/20100715

とうとうゼニットもH2A並になったかw

112 :NASAしさん:2010/07/16(金) 13:49:12
しかしH-2Aはずっと円高のターン!

輸出企業もうどこも死にそうなんだけど。

113 :NASAしさん:2010/07/16(金) 14:03:02
HTV軌道に有人で20トンくらい上げる能力が欲しいな。

114 :NASAしさん:2010/07/16(金) 14:40:24
>>112
そりゃ嘘、輸出は回復しているよ。
http://www.customs.go.jp/toukei/shinbun/trade-st/2010/2010055.pdf

115 :NASAしさん:2010/07/16(金) 14:50:42
>99いままではどうしてたんだ? MVより小さいのに。

116 :NASAしさん:2010/07/16(金) 14:50:46
そりゃ、最悪の時期に比べれば回復はしてるだろうけど、この円高は厳しいだろう
マーチも海外で作ることになったみたいだが、これじゃあ国内の産業は空洞化するばかり…

117 :NASAしさん:2010/07/16(金) 17:02:22
スレチになるが、国際戦略車両は円高だろうが円安だろうが
拠点を海外に移して当然だろう、むしろこの10年甘えてたから
海外企業にいいようにされてたんだよ。

118 :NASAしさん:2010/07/16(金) 18:48:27
>>115
保安半径に多少の相違は出るかもしれないが今までも同じだよ。改めて内之浦の大変さを再確認しただけじゃない?
4年前の宇宙開発史/桜木さんのM-V打ち上げ内之浦レポートによると

ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/5714/shinbun/2006_03.pdf

> <突然の渋滞>.
> 12時少し前に発射場の方向(内之浦の市街地方向)から. 何台も車が来て駐車場前が渋滞する。
> 打ち上げ2時間前から発射点を中心とする半径2.1kmの区域は一般人立ち入り. 禁止となり、発射場方向の道路は封鎖されているはずな. のになぜ?
> ひょっとすると、制限区域内の住民が退避してきた車なのかも知れない。

119 :NASAしさん:2010/07/16(金) 19:36:01
NHK教育で「ボクの技術が宇宙を飛ぶ(ロケット組立作業員)」
モザイクの多さは異常w

120 :NASAしさん:2010/07/16(金) 19:54:12
そりゃ機密の塊だからな。

121 :NASAしさん:2010/07/16(金) 19:57:09
見逃した・・・orz

122 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:00:14
でもLE-7Aとか普通にネットに出回ってるのに隠す意味あったのかな

123 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:06:46
機密w
軍用機でもあるまいし、どこが機密なんだ?


124 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:11:22
むしろ企業秘密?

125 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:13:53
H-IIBの2段目が5.2mになれば、7mフェアリングもありなんじゃないかな?

126 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:27:50
何を飛ばすんだYO

127 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:35:52
直径6.2mのステーション

128 :NASAしさん:2010/07/16(金) 20:48:15
ついでに人間用の人工重力装置

129 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:06:00
「機密(笑)」だろw

130 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:08:26
>>128
単に回転半径を長く取りたいのであれば、
普通にノードの対面同士に質量の同じモジュールを取り付けて、
ノードごと回転させたほうがよっぽど簡単に長く回転半径を取れる。

131 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:15:16
実は人工重力は今考えた。
今度ISSでやるみたいだし。
ほんとの所、何も考えてなかったw

132 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:24:35
直径6mというとスカイラブぐらい?

133 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:37:00
>>132
うん、90トンあるけど

134 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:43:15
サターンVは化け物かw

135 :NASAしさん:2010/07/16(金) 21:46:32
セントリフュージだったらH-IIBでも打ち上げられるんじゃない?

ISSまでどうやって持っていくかが問題だろうけど・・・。

136 :NASAしさん:2010/07/16(金) 22:24:23
>>135
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/015/gijiroku/1294751.htm

> そこで使う自転車のついた、人工重力のついたものはヨーロッパが開発して、
> そして、アメリカの宇宙ステーションの場所に置いて、アメリカが運用して、
> そして、日本はその装置をHTV(宇宙ステーション補給機)で打ち上げるというような
> 枠組みでないとできないくらいのものです。

え?え?自転車??・・・まぁどうも分解できるみたいだからHTVでOKらしい。
提案者は愛知医大の岩瀬敏教授。セントリフュージと同じ方ですな。

137 :NASAしさん:2010/07/16(金) 23:30:53
>>134
そりゃ、月に良く途中の地球周回低軌道(高度120km)に
120d(アポロ+着陸船+3段目+3段目燃料)
を打ち上げられる代物だからのう・・・

それでもサターンVは月往復にはギリギリ小さいサイズだし。
Novaという正気の沙汰とは思えないプランもあったりする。

138 :NASAしさん:2010/07/16(金) 23:52:00
エネルギア「呼んだ?」

139 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:05:51
>>138
お前じゃねぇすわってろ!

私事なんだが、2000年前に卒論でSSTOについてイロイロしらべることがあって
既存ロケットエンジンをかたっぱしからリスト化したことがあった。
そのなかでも、飛び抜けてっつーか、笑っちまうような燃焼圧、
推力、比推力、酸素リッチ2段燃焼燃焼サイクル を達成していた「RD-180」
SSMEを上回る「RD-0120」、 N-1の「NK-33」×30クラスタ
こんなのねーよ。ロシアぜってーハッタリカマしてる(笑)と当時思った。

最近、一部で大人気らしいのをみて。
あの時調べた数字は幻じゃなかったんだと、今更ながら思った

140 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:13:07
RD-170「本気出す(`・ω・´)シャキーン━!! 」

141 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:13:32
>>お前じゃねぇすわってろ!

だよね。エネルギアよりN1の方が断然格好いい。
格好よさだけならサターンVよりも上だ。

142 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:17:43
戦艦ビスマルクの蒸気圧力も、当時としてはオーパーツレベル。

143 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:32:25
>>137
上空120kmの地球周回軌道って、成立するとは思えんのだが・・・。
たしかMUSES-Aが月より遠いところから猛スピードで落ちてきて、
どうにか地表に落ちずに大気を突っ切ることができたぎりぎりの高度が120kmだから、
最初から120kmじゃ周回は出来ないと思う・・・。

>>139
つーか、そのRD-180を採用して
M-V並みの打ち上げ能力しか無かったGXって・・・。



144 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:46:46
えー
N1て、なんかエンジンしょぼいからとにかく束ねまくったら
あらら巨大になっちゃったみたいですきじゃなーい
ガンダムチックなエネルギアの方がすきー

しかしサターンもエネルギアすらも余裕でしのぐアレスVって
本当に実現できるんかねそんな化け物

145 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:48:23
>>143
ウィキペディア先生を調べてきた
2段目燃焼終了で 時速約24,000km(秒速6.84km)、高度185km
3段目で増速だから だいたい185kmの円軌道っぽいっす
すぐ、月遷移軌道に行くとはいえ低高度ですね

146 :NASAしさん:2010/07/17(土) 00:57:12
どうせその高度に長居する気は無いから多少の空気抵抗は無視したんだろうね

147 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:01:14
>>144
>N1て、なんかエンジンしょぼいから

NK-33  (1段目に30個クラスターで使用)
ケロシン/LOX 酸素リッチ2段燃焼サイクル
海面上比推力 297秒 推力150d 重量 1.22d

1975年に設計されたのに、エンジンがものすごく軽い
有人月ロケットに使うには小さいが、十分オーパーツのレベル

H-IIAのSRB廃して、1段目にコレを2個クラスターすればイイんじゃね?
とか妄想してしまう。

148 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:03:09
いや・・・それは当時としてもいいエンジンじゃないとおも。

149 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:11:59
まぁ、良いか悪いかは主観だけど
コイツがエネルギアのRD-180 にまで発展した
ソ連の執念はんぱねぇ

150 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:24:46
燃焼実験の時間が他国とはケタ二つ違うんだっけ?

151 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:27:53
>>147
>H-IIAのSRB廃して、1段目にコレを2個クラスターすればイイんじゃね? 
>とか妄想してしまう。

そんな技術があれば苦労しないと思う。
売ってくれてもブラックボックスなら使い続けるメリットないよ。
アメリカみたいにバカスカあげるんじゃないから。技術が習得できない。

152 :NASAしさん:2010/07/17(土) 01:43:45
>>143
アポロを周回軌道に乗せるには三段目も使っているようだ。
2段目までだと、

http://history.nasa.gov/SP-4029/Apollo_11a_Summary.htm
アポロ11号でパーキング軌道の100nmi(185kmくらい)に入れるのに、
S-IC(一段目)を2:41まで噴射、S-II(二段目)を9:08まで噴射の後、
さらに9:22〜11:39までS-IVB(三段目)を吹かしているな。
周回軌道入りに2.3分、月軌道への移行に約6分くらい吹かしているので、
燃料の1/4程度を周回軌道入りに使ったことになるから、周回軌道入りしたのは
CMが5.9トン、SMが25トン、LMが16.5トン、宇宙船アダプタ1.8トン、
三段目乾燥質量15.2トン、三段目第二噴射燃料75トン程度、で・・・

だいたい139トン程度・・・・すげぇ。

三段目燃料がないスカイラブはこれが77トンまで減っちゃう訳か。
軌道高度が高い(440kmくらい)のもあるけど。


153 :NASAしさん:2010/07/17(土) 02:14:24
サターンVでは2段目燃焼終了までに起動速度をだすのは
できないと思う。・・・極端にペイロードが軽ければ別だが。
なので、3段目によるポストブーストが必要。
アポロは3段目に高比推力のLH2/LOXエンジンを使っているけど
スカイラブのメインエンジンは(たぶん)保存性の良いヒドラジン系だから比推力が低い。

軌道(185km→450km)が上がったのと加えて、
3段目エンジン比推力の低下で、軌道投入能力が落ちているんだと思う。

154 :NASAしさん:2010/07/17(土) 02:29:42
>>153
ん?スカイラブ本体に軌道に乗せるためのエンジンなんてあったっけ?
姿勢制御のためのスラスタはあるだろうけど・・・
Saturn INT-21 (二段構成のSaturnV)で打ち上げたとしかない。
http://en.wikipedia.org/wiki/Skylab


155 :NASAしさん:2010/07/17(土) 02:41:41
>>154
だとすると、サターンVの2段目(J-2×5個)までで
440km円軌道に打ち上げられる重量は
77トンってことになりますね。
アポロみたいに3段目J-2エンジンで440km円軌道まであげると
だいたい100トンぐらいかな?

有人月ロケットに特化されたサターンVだから
2段構成でムリヤリ低軌道に衛星を上げるのは効率が悪いのかも。

156 :NASAしさん:2010/07/17(土) 07:36:45
>>155
スカイラブは3段目ドンガラを改造して泥縄的に作ったものだから
サターンVの能力に比べて多少軽くなってしまった面もあるんじゃない?
容積の小さな3段目ドンガラを無理に重くすることもできないし。

日本がH-IIAで小さなIGS衛星 1基打ち上げたように、ロケットの最大能力をフルに使っていないのでは。


157 :NASAしさん:2010/07/17(土) 09:06:41
アボート無視して、一気に高度を稼いだんじゃない?

158 :NASAしさん:2010/07/17(土) 10:04:12
>>155
http://www.astronautix.com/lvs/saturnv.htm#Saturn%20INT-21
こっちに二段バージョンの打ち上げ能力あった。
一段目/二段目ともエンジン5つのバージョンで、高度185km(100nmi)の軌道に115.9トンということらしい。
他のSaturnVと推力も燃焼時間も変わりないようですね。


159 :NASAしさん:2010/07/17(土) 10:27:33
185kmくらいあれば、速度が出ていれば、スラスタ程度で十分高度が上がると思う。

160 :NASAしさん:2010/07/17(土) 10:52:04
>>159
それは厳しいんじゃないかなあ。
185kmから440kmに軌道を上げるには、最良条件のホーマン遷移でも儼は
147m/sいるんだけど、これを77トンのスカイラブ+ヒドラジンスラスタに適用すると
燃料は4トンくらいいる。
また、必要な推力も、噴射時間が10分×2程度なら、9kNくらいの推力がいる。

http://trs.nis.nasa.gov/archive/00000171/01/tmx64852.pdf
実際には姿勢制御用の窒素ガススラスタだけもってたみたい。最大推力は444.8N。



161 :NASAしさん:2010/07/17(土) 10:53:33
>>160
>9kNくらいの推力

推力がほぼ10dか・・・LE-5Bクラスだな

162 :NASAしさん:2010/07/17(土) 10:58:53
スカイラブ計画
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%96%E8%A8%88%E7%94%BB
> 総重量 77,088kg

163 :NASAしさん:2010/07/17(土) 11:50:38
>>160自己レス
逆に言えば、9kN程度のスラスタさえつけられれば、かなりの重量をあげられそうです。
儼=147m/sくらいならヒドラジンでもよさそうなのでこれで計算すると、
ヒドラジンスラスタ・タンクなど込みで109トンくらい440km軌道に上げきれますね。





164 :NASAしさん:2010/07/17(土) 12:01:16
さっさとH-IIB上段を強化しろ。
タンクは苦労するはずだから直ぐにでも始めろ。
後でMBに替えれば良い。

上段を強化するだけで、HTVのペイロードが増えるし、
ISSでのバーター取引が有利になるって言えば委員会や政府も納得するだろ。

HTVを有人化をするんなら、重量増加は避けられないんだから、
今のうちにやっておけば、ロケット側の苦労が少し減るぞ。

165 :NASAしさん:2010/07/17(土) 12:07:08
>>160
おいらの欲しかった資料d

>窒素ガススラスタだけもってたみたい。最大推力は444.8N。
推進剤に毒性が無いから補充がしやすいのかな?
14pのシステム図に 「Fill Disconnect」 ってのがあるから
推進剤(N2)の補充前提のシステムみたいね。

宇宙服を着ているとはいえ、ヒドラジンの給油(?)はしたくないなw

高度上げのリブーストはアポロ機械船のメインエンジンだのみか
実質1年程度しかつかってないから、リブーストをしない男前設計かな?

166 :NASAしさん:2010/07/17(土) 12:17:12
>>165
リブーストモジュールなんてのも計画していたらしいね。
http://www.astronautix.com/flights/sts2a.htm
STS-2で乗り付けてこれくっつけてリブーストする予定だったようだが、
シャトルが間に合わなかった&スカイラブが予想より早く軌道落ちてきたようです。
これもシャトルの落とした影かもしれません。



167 :NASAしさん:2010/07/17(土) 12:23:45
>>166
有名な話ですね。
しかし、シャトルの2回目のミッションでそれをやるってのは無謀スギルだろ・・・JK

今ならH-IIA2段目の先端にドッキングポート追加
燃料満タンで打ち上げて・・・・って、簡単な話じゃないんだろうな・・・

168 :NASAしさん:2010/07/17(土) 12:38:28
>>147
H-IIAのクラスタ化といえば、
LE-7Aを3基クラスタ化すればSRB-Aが無くても第1段として通用する、
とかいう構想が無かったっけ?

現状ではSRB-AがLE-7Aより安いので202型より高価になるので意味ないけど、
H-IIBに適用すればSRBを2本に減らして
やや能力の落ちる安価バリエーションを作れるのでは?

>>164
H-IIBはH-IIAのフェアリングを流用できるのが売り。
静止衛星を2機同時打ち上げするときなんかは4m径フェアリングだって使うかもしれない。
決して第2段だけが小さいわけでは無い。

第2段を5.2m化したら、フェアリングに専用のものを新規開発しなければならない。
段間部や燃料タンクと合わせて、
H-IIA→H-IIBのとき(200億円)くらいか、それ以上のコストがかかるのでは?

現予算では開発費20億円のイプシロンですら手一杯なのに、
数百億円掛けて開発するなんて無理だろ・・・。
日本は小型化が得意なんだから、
HTVの貨物6トン分に収まる宇宙船を開発する方向に違いあるまい。

169 :168:2010/07/17(土) 12:46:59
>開発費20億円のイプシロン
失礼。200億ね。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090810/173583/?P=5

170 :NASAしさん:2010/07/17(土) 13:07:50
既存の部品を流用で低コストで開発するってのは、
運用上の制約・矛盾・高コストがアチコチに出てくるんだよね。
特にロケットみたいに物理的ギリギリの設計をするシステムは特に・・

H-IIA→H-IIB は上手く行ったほうなんじゃないかな?
・段間部のクビレが・・
・HTV用フェアリング柔すぎてがH-IIA204に使えない
・2段目を強化できればもっと・・・
とか言われているけど。致命的とは思えない。(注:俺的に)

これらを全て解消するとなると、別物になっちゃうし。ジレンマだな

171 :NASAしさん:2010/07/17(土) 13:11:53
>>168
フェアリングは必要な時に開発すればよい。
とりあえずHTV用があれば良い。
H-IIBは民間に移管されてないから、
静止衛星2機同時は、官需になければしばらく必要ない。

ISSは2020年までの延長はほぼ確定的だから、
費用対効果の十分ある話しだと思う。

それに小型化なんてちゃんと動くものを作ってから。

172 :NASAしさん:2010/07/17(土) 13:54:50
GXロケットは基礎研究をやっていて、飛行するエンジンを作るために、プロジェクトがGO。
ところが、2段目タンクと2段目エンジンが七転八倒してプロジェクト自体が死んだ。

とりあえずは、エンジンの小改良とH-IIA高機能化を続けるのが定石だろう。

173 :NASAしさん:2010/07/17(土) 14:21:37
>>171
2020年まで仮に6トンの荷物を10機分打ち上げるとして、
一機の荷物が10トンになれば単純計算で6機か。

しかし2度の仕様変更があれば失敗のリスクも2倍になる。
仮に前者の場合は1回失敗して11機打ち上げることになるとして、
後者が2回失敗すると考えて8機打ち上げることになる。

一機あたりの費用は後者の方が高いうえに、
さらに開発費(H-IIB開発から考えて実機2機分程度か?)が掛かる事を考えれば、
部の悪い賭けになるのは間違いないと思う。

それに有人に使うなら容量よりも成功率の実績を稼ぐほうが賢明だろ。

174 :NASAしさん:2010/07/17(土) 14:34:07
有人はアボートの関係で低い軌道を取るから、2段目の推力が弱い。
有人やろうと思えば、再構成しない事には効率が悪いよ。

175 :NASAしさん:2010/07/17(土) 14:44:42
>>173
8号機や6号機の悪夢がまだ忘れられないのね。
前向きに生きようぜ。

176 :NASAしさん:2010/07/17(土) 16:14:57
>>173
4トン増で完成が5年後とすると、毎年1機打上げで2020年まで20トン増える。
HTV初期型の3.3機分。増えた分で研究割り当てや有人飛行の割り当てを、
アメリカから分捕る。
多分、今やってる成果回収機もそういう意味会いがあると思う。

177 :NASAしさん:2010/07/17(土) 17:48:27
>172 一段目の開発がうまくいったのがせめてもの救いか

178 :NASAしさん:2010/07/17(土) 18:30:02
>>177

>>143 後半

179 :NASAしさん:2010/07/17(土) 18:55:11

>>162
スカイラブってけっこう軌道傾斜角が大きいんだな。傾斜角50度だってさ。
フロリダから打ち上げるのなら傾斜角30度くらいが最も打ち上げ能力が大きくなるはずだが
なぜ50度にしたんだろ。


180 :NASAしさん:2010/07/17(土) 19:43:43
>>179
冷戦まっただ中だから
たぶんソ連の監視目的があったんじゃないかな?
スペースシャトルもソ連の衛星にランデブー取っ捕まえて帰還させるために
デカイ翼で軌道からの帰還クロスレンジを大きくする目的があったはず。

軌道傾斜角をすっかり忘れていた・・・サターンVの最大投射能力が使えないわけだ・・・

181 :NASAしさん:2010/07/17(土) 21:08:46
>>173
>しかし2度の仕様変更があれば失敗のリスクも2倍になる。
>仮に前者の場合は1回失敗して11機打ち上げることになるとして、
>後者が2回失敗すると考えて8機打ち上げることになる。

ここの理屈がわからないので、詳しく説明してもらえますか。

182 :NASAしさん:2010/07/17(土) 21:49:45
>>181
ISSの輸送は国際協定だから、失敗したらまた打ち上げなくてはならない。
10+1=11
6+2=8
あとは、新規開発のロケットは最初の10機のうち1-2機は失敗して当たり前、という話。

183 :NASAしさん:2010/07/17(土) 22:14:26
正確には5年後から運用開始として
10機x6トン

5機x6トン + 3機x10トン
を比べるべきだったのかな。それぞれ1機ずつ失敗するという前提なら、
少なくとも後者は10トン機が1回分余計に失敗する可能性が高まる。

184 :NASAしさん:2010/07/17(土) 23:13:11
計算はわかりましたが、六機中二機打ち上げ失敗するというのはさすがに
過大に見積もりすぎではないでしょうか。
変更によるリスクをそこまで多く見積もるならば、現状のH-IIBの危険性も
(当面は)もっと大きく考えるべきだと思います。

185 :NASAしさん:2010/07/18(日) 00:35:09
8機中2機だろ。


186 :NASAしさん:2010/07/18(日) 10:40:10
バランスを考えるなら、第二段も2基クラスタ化したほうが良くない?
M-Vと大差ない規模のH-Iの第二段と同じクラスのエンジンがH-IIBで使われていていいの?

・・・そういう意味ではイプシロンの第二段にLE-5B使ってH-Iもどき作れないのかなとも思ったりして。

187 :NASAしさん:2010/07/18(日) 11:09:24
>>186
MHIとロケットダインが開発中のMB-60(元RS-73)は、推力266.7kN 比推力467秒
LE-5Bの倍の推力&高比推力。半分の推力タイプMB-30もある。
欧州で開発中のVinciと比べるとちょっと重いかも・・・。
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/static/image/2008/10/02/space_p1140967.jpg
多分、H2A/B・デルタ4・アトラスVの上段として使われる。
けど、最近話題を聞かない(´・ω・`)

188 :NASAしさん:2010/07/18(日) 20:45:17
>>186
H-Iロケット9号機はは1992年2月に2段式で重量1340kgのふよう1号を太陽同期軌道に打ち上げているぞ。
H-IはM-Vより打ち上げ能力は上でしょ。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/jers1/index_j.html


189 :NASAしさん:2010/07/18(日) 21:41:39
M-VはLEO 2.3トン説を採用しても、H-Iは3トンくらいだっけ。
たしかにM-Vと比べるならN-I/IIあたりだったかな。
ただ、惑星間打ち上げ能力ならH-Iに勝てそうな気が。
まあ2倍も違わなければ比較できるレベルということでご勘弁を・・・。

190 :NASAしさん:2010/07/18(日) 21:56:41
MVの2.3t説というのがよく分からないんですね。
MVの実績では6号機が1.7t強のASTRO-EII (すざく) を軌道傾斜角31°近地点250km×遠地点560kmに挙げた実績があるのだが、
この程度だと250km円軌道でも1.9tぐらいだろう。(軌道傾斜角は31°は内之浦から打ち上げるとき最大能力となる傾斜角だ)

公称は2.3tだが実際の運用を考えると実質1.9tぐらいしか打ち上げられないのか、それとも
3段目の可動ノズルTVC、サイドジェットを取っ払って、無誘導にすれば2.3tになるという意味なのか…
はたまた2.3tは可能なのだが、あえてM-Vの能力に対して軽すぎる衛星を搭載したのか…

http://www.isas.ac.jp/ISASnews/No.294/isas-suzaku.html
「すざく」は当初,近地点約250km,遠地点約560kmの楕円軌道に投入されたが,
その後,衛星搭載二次推進系により近地点高度を徐々に上げ,7月21日には高度約570kmの円軌道が達成された。


191 :NASAしさん:2010/07/18(日) 22:12:20
>>190
キックモータを付けて、克つM-34bを落とせば2.3tくらい上がりそう

192 :NASAしさん:2010/07/19(月) 00:05:37
M-Vの初期は、アブレーションノズルで、後期はC/Cノズルじゃなかったっけ?
軽くなってペイロードが増えたと。

193 :NASAしさん:2010/07/19(月) 01:01:39
>>191
???
性能の低いキックモータを3段目にするならもっとペイロードが下がると思うが・・・

194 :NASAしさん:2010/07/19(月) 01:33:54
>>190

> 3段目の可動ノズルTVC、サイドジェットを取っ払って、無誘導にすれば2.3tになるという意味なのか…

その発想は無かった.
たしかにサイドジェットだけで 138 kg あるね。
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0064112016/64112016.pdf

TVC はどれくらいの質量だろう.

195 :NASAしさん:2010/07/19(月) 10:28:38
M-VのLEO2.3tonのソースって、松浦さんのL/D以外の資料はあるのかな?
ロケットまつり等の情報?

196 :NASAしさん:2010/07/19(月) 10:45:58
手元の書籍(中冨信夫 著)ではM-Vの打ち上げ能力は2.5トンになっていたよ。(ぉ
H-IIとの比較図中の値なので、0.5トン単位に丸めた数値かもしれないけど。

197 :NASAしさん:2010/07/19(月) 10:49:45
2nd ESA/ASI Workshop on ICSSEの稲谷先生の資料では2.2tになってる

198 :NASAしさん:2010/07/19(月) 16:32:29
4段なら2.3ton位上がるよってことだろ
>>191も書いているけど3段目まで地球に落とす飛翔プロファイルにすればペイロードは増える
L-4/M-4やM-3SII-8で使っていた飛翔プロファイルだし特別おかしい物でもない

199 :NASAしさん:2010/07/19(月) 16:41:30
M-3H-3のこともたまには思い出してあげてください

200 :NASAしさん:2010/07/19(月) 17:41:30
>>198
それって3段までは垂直上昇に専念して、
3段の燃焼終了間際に軌道制御して、
4段目には水平方向加速させる。

とかですか?シロート質問ですまないです。

201 :NASAしさん:2010/07/20(火) 02:33:28
>>200
3段目のドンガラも一緒に軌道速度(秒速7.9km)まで引っ張ると
非効率なので、秒速7〜7.5kmまで3段目で加速
あとちょっとの加速をする小さい4段目 もしくは衛星内臓のスラスターで
軌道速度を出させる

スペースシャトルも外部タンクごと軌道速度に持っていくわけじゃなく
軌道速度一歩手前で外部タンク切り離し、
身軽になったところで尻の小さいロケットを使って
軌道速度まで引っ張るようにしているのと同じ

202 :NASAしさん:2010/07/20(火) 09:48:58
ワロタ
落とすをそう言う意味で使っているのか(^o^)

203 :NASAしさん:2010/07/20(火) 10:26:17
>>202
普通に分かったけど・・・

204 :NASAしさん:2010/07/20(火) 18:26:46
ぼくのれべるにあわせておはなししてよ(^o^)

205 :NASAしさん:2010/07/20(火) 22:01:58
あほらし(^o^)

206 :NASAしさん:2010/07/20(火) 23:15:22
キックモーター使用、という条件で1.8tという事ではなかったっけ?

207 :NASAしさん:2010/07/21(水) 07:28:26
>>206
主語を言わないから、何のことやらさっぱり分かりません。

208 :NASAしさん:2010/07/21(水) 10:12:23
>>207
クスクス
判ったから書いてる癖に(笑笑笑)

209 :NASAしさん:2010/07/21(水) 10:17:07
>>208
はぁ…? 本当に分からないんだけど

210 :NASAしさん:2010/07/21(水) 11:10:28
99%分かっても分からないと言うんだよ。こういう場合は。
空気読んで分かったと言ってやろうと思ったら足すくわれた経験みんなあるからね。
日本語使えない奴に配慮して自分がアフォな目に遭って、しかも原因からも
叩かれたりすることがあれば、そりゃあ寛容さはうしなわれるわな。


211 :NASAしさん:2010/07/21(水) 13:40:53
>>210
さすがにこの場で本気だったらちょっとアホすぎるだろ。

212 :NASAしさん:2010/07/21(水) 18:08:56
理想増速量を計算してみた

M-V 3段構成(ASTRO-EII)
ttp://windyakin.if.land.to/src/up38_2205.png

M-V 4段構成
ttp://windyakin.if.land.to/src/up38_2206.png

213 :NASAしさん:2010/07/21(水) 18:20:08
>>212
ここはH-IIA/Bスレッドですよ。ISASスレッドに貼るつもりだったんでは?


214 :NASAしさん:2010/07/21(水) 18:53:21
>>212
M-25の推薬重量は33tで比推力292secでしょ?
また、M-14の51.5secはあくまで‘有効燃焼時間’であり、実際の燃焼時間75secが正しいんじゃ?
となると、M-14の平均推力はもっと下がりそうだ。

215 :NASAしさん:2010/07/21(水) 19:25:18
LE5Bを2段重ねとかにはできないの?

216 :NASAしさん:2010/07/21(水) 19:26:17
重ねてどうするの?
再着火できるんだから、タンク増量でいいじゃん。

217 :NASAしさん:2010/07/21(水) 19:41:04
横に置いてクラスタ化を・・・

218 :NASAしさん:2010/07/21(水) 19:51:05
LE-5Bは、推力小さいけど、ノズルは結構大きいぜ。

219 :NASAしさん:2010/07/21(水) 20:08:33
>>213
>>189-199

>>214
M-25の推薬質量・比推力等は→ttp://stage.tksc.jaxa.jp/library/report/files/SP-07-023.pdf
理想増速量は構造質量比と比推力のみに拘束されることは理解しているよね?

220 :NASAしさん:2010/07/21(水) 20:09:43
>>219
うん

221 :NASAしさん:2010/07/22(木) 15:02:17
>>218
LE-5が2.44m径のH-Iに使われていたんだから、5.2m径なら問題無いのでは。
H-II五号機(かけはし)のような失敗に対して冗長系になりそう。

そういやH-IIBのLE-7Aの2基は冗長系にはならない(片方だけではまっすぐ飛ばない?)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090918/182539/
らしいけど、どういうことだろう?

脱出速度に到達するかどうかは別として、
エンジンの推力がロケットの重心を向いていれば一応飛び続けられると思うのだが、
H-IIBはそのような設計になっていないのだろうか?

SRB-Aの分離の前後で重心が変わってしまうのかもしれない。
しかしSRB-A分離前という早期に片肺となれば、もはや軌道到達の可能性は無い。
だとすればSRB-A分離後の、燃料の少なくなった状態の重心に向けておけばいい。
そして第一段の燃焼終了間際であれば空気抵抗も少なく傾いて飛ぶこともできるから
片方が止まってももう片方で燃焼時間を長くして予定速度が稼げる可能性が高くなる。

当然そうなっていると思うのだが・・・何故そうしなかったのだろうか。

222 :NASAしさん:2010/07/22(木) 15:21:38
ブースター切り離し時点での高度が低く1基止まった場合、推力不足で落ちるとか。
1個止まると制御範囲を超え、ジンバルロックするとか。

223 :NASAしさん:2010/07/22(木) 16:02:18
いつもの"必要以上に開発費を削る"悪癖が出たんだろ

224 :NASAしさん:2010/07/22(木) 17:26:55
二段燃焼サイクルのLE-7Aは異常停止すると爆発するらしい。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090512/151747/?P=3
そのせいもあるか?

225 :NASAしさん:2010/07/22(木) 17:37:22
危険性が低いだけで、爆発しないわけじゃない。

226 :NASAしさん:2010/07/22(木) 17:54:15
>>221
無意味だからだろ。リカバリできないなら指令破壊しかない。

227 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:14:39
だよなぁ。
元々2機しかないエンジンが片方止まったら、たとえもう片方の燃焼時間を延ばせても
殆どのケースでミッション未達だな。MECOのせいぜい5秒〜10秒前くらいの停止なら
リカバリ可能だろうけど。

でもまぁそれ以前に、片方止まってもアレは姿勢制御できるのかな?

228 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:18:14
LE-7がフライト中に異常停止した事例はあるけどフライト中に爆発した事例はないな

スペースシャトルはフライト後半でSSMEが異常停止しても軌道に逃げられるが?

229 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:26:42
H-IIBのような紆余曲折した不出来な子に何を求めるのか。
しかもテスト打上げすら出来ず、いきなりHTV初号機を打上げ・・・。
成功しただけで神に感謝すべきだよ。

230 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:27:59
結局官需しかないからそのために最低限必要なロケットを作るしかないだろ?
もっとバランスの良い大型ロケットが作れるはずだとか言っても、理由がないんだからつくらんだろ。

231 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:33:19
>>228
>LE-7がフライト中に異常停止した事例はあるけど
そういえばH-IIの3号機だか4号機あたりで何秒か早く停止したことがあったけど
どうにか成功したんだよな(だからこそ数秒でもH-IIBの片肺推進ができてほしい)。

そのときの詳細が気になるけど、
今となっては8号機の失敗ばかりがヒットするので検索しづらい・・・。

232 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:34:58
ESAみたいに打上げ請け負いやって、他人の金で研究出来れば。
ダンピングしてでも、打上げればその分実績が積み上がるから、
十分元が取れると思うんだけどな。

ESAだって打上げの一部は公費負担なので、
実質的にダンピングだし。

233 :NASAしさん:2010/07/22(木) 18:42:29
>>232
GCOM-W1 の相乗り衛星、打上げ請け負い。

今後、
ASTRO-G
GPM
ALOS-2
ASTRO-H
GCOM-C1

の相乗りとかどうなるんだろうね.



234 :NASAしさん:2010/07/22(木) 19:03:09
>>233
公募の無料打ち上げだろ。
SDSシリーズの計画もあることだし。

H2A202→H2A204→H2B
の差額で受注を狙うとかかな?
でも実際、差額と打ち上げ重量ってコスト的にどんなものか・・・。


235 :NASAしさん:2010/07/22(木) 19:10:35
投入軌道は、主役の衛星と同じな訳で、
そうそう都合の良い顧客は、なかなか現れないだろうな。


236 :NASAしさん:2010/07/22(木) 19:23:23
>>234

大雑把だけど、
ASTRO-G 1.2t で GTO 2t 程度の余裕
GPM 3.5t で LEO 3t 程度の余裕
ALOS-2 2t で SSO 1t 程度の余裕
ASTRO-H 2.4 t で LEO 4t 程度の余裕

SDS クラスでは調整つかない.

237 :NASAしさん:2010/07/22(木) 19:45:07
>>235
SFU+ひまわり5号
DRTS+USERS

238 :NASAしさん:2010/07/22(木) 20:28:36
>>233
>>236
ASTRO-Gは打ち上がる目処が立っていないんじゃなかったっけ。

239 :NASAしさん:2010/07/22(木) 20:47:19
>>237
それはLEOの方の衛星の条件が緩いから実現した特殊な例だな

240 :NASAしさん:2010/07/22(木) 20:49:17
こないだの17号機とかもそうだったね。
低軌道に3機・・・。もう2ヶ月だから、そろそろ全滅かな?

241 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:14:51
Wing Daily 
<HEADLINE NEWS>
★MHI宇宙事業、2020年頃に売上高1000億円規模
 フロンティア開拓へ、国際競争を勝ち抜く戦略
 ……顧客打上能力に合致していないH-IIAシリーズ
 ……軌道傾斜角調整で打上げ能力が大幅減
 ……限定された打上期間が障壁に
 ……打ち上げ価格の低廉化も課題
 ……H-IIA高度化、第2段の作動時間を約6.7倍の2万秒に
 ……輸入調達品の国産化で低コスト化を検討
 ……10〜20億円の打ち上げ価格減目標
 ……多様な打上ニーズ応えるべく“モジュール化”構想
 ……H-X開発へ、第1段用のLE-Xも研究中
 ……エクスパンダーブリードサイクル方式に
 ……成長期待できるプロジェクト続々
 ……極超音速機研究もEADSアストリウムらと
 ……産業振興など取り組めるようJAXA法改正を


242 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:30:19
> 顧客打上能力に合致していないH-IIAシリーズ

wwww

> H-IIA高度化、第2段の作動時間を約6.7倍の2万秒に

ん?再利用ですかね?
という事はシャトルか?
それともMB-XXの事?

有人化の話しが無いな。
カプセルはIHIかな。
誰か購読している人詳細キボン

243 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:46:28
>>242

> > H-IIA高度化、第2段の作動時間を約6.7倍の2万秒に
>
> ん?再利用ですかね?

2万秒は約6時間なので、第2段を遠地点で作動させて軌道傾斜角調整に使うとか.

>>241

>  ……輸入調達品の国産化で低コスト化を検討

タンクドームに H-IIB の大型スピニング成型ドーム技術を使うということかな.
SRB-A については MHI の領分ではないきがするが。

>  ……10〜20億円の打ち上げ価格減目標

FSW(摩擦攪拌接合)とか、H-IIA ではまだ取り入れてないのかな?

>  ……多様な打上ニーズ応えるべく“モジュール化”構想

H-IIA 204 の位置づけどうなるんだろう.


244 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:56:29
H2Aのタンクドームは、ドイツの環境問題で作れなくなってるとか。
どういう意味の環境問題か知らんがw

245 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:57:54
>>242
過去スレで出てた情報からすれば電池寿命増+多段噴射化

>>243
モジュール化は次の行のH-X開発にかかってると思われ

246 :NASAしさん:2010/07/23(金) 22:58:00
ttp://aerospacebiz.jaxa.jp/sympo2009/result.html
抜粋
>H−UAは世界標準の衛星に能力が合致していません。種子島から打上げるH−UAは28.5°の軌道傾斜角ができます。
一方、殆どの商業衛星は、赤道上から打上げるアリアンに合わせ軌道傾斜角0°を想定しており、軌道変更に必要な燃料は積んでいません。
このためH−UAで打上げると(姿勢制御燃料が早く枯渇するため)寿命が縮むことになるのです。
H−UAの打上げ能力は静止トランスファ軌道へ4tonですが、軌道変更をH−UA側でカバーする場合、2.数tonまで低下します。
この能力で対応できる衛星の需要は世界で年5基程度しかありません。

247 :NASAしさん:2010/07/23(金) 23:02:08
>>244

ソース希望.

248 :NASAしさん:2010/07/23(金) 23:03:21
>>245
ああ、動作時間ってのは、バッテリーの事か。
再着火でいくつかの衛星を別々の軌道に乗せるようにするとか言ってましたね。
ロコットなんか昔からやってたような・・・。

249 :NASAしさん:2010/07/23(金) 23:17:33
>>246
そりゃ、2段目ドンガラごと軌道変更すりゃ効率悪くなるわな
2段目をとっとと捨てる構成にして、3段目を新規開発すればいいのに・・・

250 :NASAしさん:2010/07/23(金) 23:54:04
>>246
>一方、殆どの商業衛星は、赤道上から打上げるアリアンに合わせ軌道傾斜角0°を想定しており、軌道変更に必要な燃料は積んでいません。

アリアンとかシーローンチ以外は世界非標準なのか?
ロシアや中国での商用打ち上げはどうなってるんだ??


251 :NASAしさん:2010/07/24(土) 00:00:00
>>250
中国は知らんがロシアは上段で軌道傾斜角を変更してΔVを1.5km/sに合わせてる
最近は直接投入する場合もあるけど

252 :NASAしさん:2010/07/24(土) 00:46:00
ロシアは何回も再着火可能な高性能な上段もってるからな

253 :NASAしさん:2010/07/24(土) 00:52:53
日本は再着火エンジンがあっても、再着火する余裕の無い上段だったと。

254 :NASAしさん:2010/07/24(土) 01:41:47
>>242
>>253
それを改良型2段目(バッテリー増量で再着火間隔延長)でやるんじゃなかったっけ?
GTO軌道で、遠地点を地球赤道面交差点に合わせ、そこで噴射すれば最低限の燃料で
軌道傾斜角を変更できるって奴。830m/sec程度のΔVで軌道傾斜角をゼロにできる。

それが>>241で出た
……H-IIA高度化、第2段の作動時間を約6.7倍の2万秒に
だと思う。

しかし、それでも、必要燃料は衛星+2段目ドンガラ3トンの約2割。
H2A204なら、傾斜GTOへの打ち上げ能力は5.8トン(2段目ドンガラ込み8.8トン)なので、
これをやると燃料込みで8.8トンになるので、軌道入りが7.3トン、衛星が4.3トンか。
H2A202だと、確かに>>246のように2.7トン弱になってしまう。


255 :NASAしさん:2010/07/24(土) 01:44:48
>>247
宇宙開発委員会の議事録で読んだ気がする。
探したけど見つからない。スマン

256 :NASAしさん:2010/07/24(土) 01:46:26
>>254
ついでに、衛星側のヒドラジンスラスタや固体燃料でこのΔVを賄うことを考えると、
2段目抜きでの打ち上げ能力が3/4くらいになりそうです。
H2A202で、3.8トン→2.85トン
H2A204で、5.8トン→4.35トン

実はほとんどかわらないんだな。
(LE-5は高性能だが、3トンのドンガラ込みで加速なので)
衛星側に負担を掛けないと言うだけ。



257 :NASAしさん:2010/07/24(土) 13:03:29
SRB-Aのモーターケース樹脂が高騰しているし、SABを国産化して、同時に推薬66トンを増量。

202構成(GTO4.1t)でも、も2022(GTO4.5t)か2024(GTP5.5t)相当の打ち上げ能力にしないと、
上段だけ高機能化しても売り物になりそうもない。204は推薬66tサイズで良いから。



258 :NASAしさん:2010/07/24(土) 15:17:43
やっぱりクリスマス島を本格開発するのが一番手っ取り早いな。

259 :NASAしさん:2010/07/24(土) 15:47:04
M-Vの技術を使えばSRB-Aは国産化できるって話はどうなんだろ。
後期型M-Vの第二段がCFRPというのが根拠らしいけど。
現実問題としてM25を延長させるような形でSRB-Aのガワを代替できるのだろうか。

260 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:10:49
SRB-Aは国産ですが

261 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:13:23
SRB-Aは今でもIHIの富岡工場で作っている。
モーターケースのライセンスがATKで、ケース樹脂もATKから購入。

ライセンス料が必要なのと、輸入樹脂が高騰している点が問題。
ここをイプシロンロケットの派生研究で置き換える案もある。

262 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:25:54
FSWが米国特許なので、H2Bは米国製

263 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:30:40
FSWは英国

264 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:40:16
デルタWもアトラスVもH-IIBも英国製だな。
アトラスVはロシア製とも言えるが。

265 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:42:53
FSW(返回式衛星)は中国

266 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:52:05
>259 
前から変わってないとすれば、IAが持っている装置じゃ最大10mまで。(直径は2.5mまで)
ちと足りない。でも必要な投資と認められたら躊躇するほどの物でも無いと思う。
>249
GXさんがじーっとそちらを眺めています。w 多少比推力が落ちても揮発が少ないメタンはキックモーター用途には悪くないと思うけどね。
ついでに惑星間軌道用に使い回せるし。

267 :NASAしさん:2010/07/24(土) 16:59:27
BT-4より比推力が低いエンジンに価値があるのかと。
研究は進めても良いが、まだ実用化には程遠い。

268 :NASAしさん:2010/07/24(土) 17:05:50
>>266
>多少比推力が落ちても揮発が少ないメタン
今の比推力じゃあヒドラジンとかぶるのでは?扱いやすさ、エンジンの重さで負けてるし。


269 :NASAしさん:2010/07/24(土) 19:12:01
お、なんか書けた。

高速燃焼なかなか楽しいな。
推力20%増でトレードオフを検証中なんだけど、
最大動圧って単純に
時間あたりに圧縮される気体量
で考えても良いのかな?

270 :NASAしさん:2010/07/24(土) 19:37:37
・SRB-Aを高推力化しても耐えられないヤワ機体
・国産2.5mモータケース復活≒ISASロケット復活を恐れて抵抗する
 筑波ロケットチーム及び旧科技庁官僚

271 :NASAしさん:2010/07/24(土) 19:42:29
>>254
さすがに5時間延長だったか。

静止衛星って一周目でアポジモータ吹かすのかな?
それともスラスタでゆっくり上げてくのか。


272 :NASAしさん:2010/07/24(土) 19:50:44
>>270
どこの平行宇宙の話ですか?
今のSRB-Aは、直径2.5mで、IHIエアロスペースの設計・製造ですよ。

製法の一部にATKのライセンスが入っているだけで。

273 :NASAしさん:2010/07/24(土) 20:21:33
>>271
結局赤道に射場もっていくか、豪快に打ち上げ能力Upするかしないと、だめなんだな・・・
2段目大きくするのが一番低コストであがる?

274 :NASAしさん:2010/07/24(土) 20:48:31
>>271
今までH-IIAで上げた静止衛星の場合第2遠地点で第1回AKM噴射
計4回のAKM噴射でドリフト軌道に入れた後RCSスラスタで静止化って流れ

>>273
204の上段5m化でGTO7tって試算がある

275 :NASAしさん:2010/07/24(土) 20:55:47
>>274
>204の上段5m化でGTO7tって試算がある
これとLE-5寿命延長でやっと傾斜角ゼロのGTO5.8トンかぁ。


276 :NASAしさん:2010/07/24(土) 21:34:00
上段φ5m化するとおそらく全長も伸びるから、VAB設備の改修が必要になってちと大変。
今はH-IIAもH-IIBも上段の位置がほぼ同じだから、VAB内設備が共用できているけど、これが出来なくなる。

277 :NASAしさん:2010/07/24(土) 21:55:40
H-IIAの第一段に、上段のみ5m化かぁ・・・。
202型だったらちょうどM-3S2みたいな形になるのかな?

そうしたら名前もマネしてH-IIIロケットにすればいい。
固体ブースタの数をSxで示すことにより、
M-3S2に似た機体がH-3S2という紛らわしい名前になるぞ。

278 :NASAしさん:2010/07/24(土) 21:58:12
>>277
202の上段5m化は多分ない
重力損失的な意味で

279 :NASAしさん:2010/07/24(土) 21:59:12
>>274サンクス

なるほど活動開始は1.5週目からか。

一回目は軌道傾斜角修正。
二回目は次の周回で、軌道傾斜角調整と近地点引き上げ。
三、四回目で近地点上げてドリフと軌道投入ってとこかな。

三回と四回に分けてるのは時間調整の自由度を上げるためだろうな。

二回は近地点を通過するから高度はそこそこ高めなんだろう。

姿勢制御は衛星側でやってそうだけど、
モーターケースは噴射毎に捨ててたりするのかな?

こうしてみると結構たいへんだし
衛星側の協調も必要になりそうだから
液体推進PBSもありかなって気がしてきた。

でもロケットの上段にするよりは
衛星に取り付けるオプションみたいな形の方が
軌道投入の自由度あがるよね。
イプシロンPBSはどんな形になるんだろ〜


280 :NASAしさん:2010/07/24(土) 22:49:36
>>279
いや活動開始って意味だと分離後10分でパドル展開してさらにその10分後に太陽捕捉を実施する
あと現行のAKMは液体燃料でモータケース捨てるとか無い

281 :NASAしさん:2010/07/25(日) 01:06:52
1段目も5.2mタンクにして、1段目の全長を縮めれば良いんです。
空気抵抗は増えますが、全体が軽量化して、重力損失は減ります。

その時、タンク容量を10%増して、LE-7Aの動作時間を30秒伸ばす。
この分で、重くなった2段目を上空ににぶん投げる。

282 :NASAしさん:2010/07/25(日) 01:18:52
寸胴タイプか、五代氏がそんな提案してたな。

283 :NASAしさん:2010/07/25(日) 01:35:56
>>246

> H−UAの打上げ能力は静止トランスファ軌道へ4tonですが、軌道変更をH−UA側でカバーする場合、2.数tonまで低下します。

具体的にはどういうパターンかな?
近地点での加速にこれだけ使うなら、第2宇宙速度まで後もう少しじゃないか?

遠地点でペリジアップ+軌道傾斜角変更か、
近地点での加速でスーパーシンクロナス軌道をとるか?

そういえば、以前スーパーシンクロナス軌道の話題がでたときに、
スーパーシンクロナス軌道単独でなく、
MRS(minimum residual shutdown)
IFR
との組み合わせが有効とか指摘された記憶が.




284 :NASAしさん:2010/07/25(日) 01:47:30
>>280またまたサンクス

モーターっていったら固体だとばかり思ってたよ。
でも一番知りたかったのは半周時点で近地点高度上げるような運用するのかということだったので。

というか衛星に取り付けてあって衛星設備じゃなかったら
それが一番考えていたものに近いな。

分離後すぐにパドル展開するなら電気推進系もありかなぁ。
だけど高圧設備は時間置かないと怖くて動かせない気がする。


285 :NASAしさん:2010/07/25(日) 03:00:58
>>283
この場合は衛星側モーター(アポジモーター)の燃料消費をアリアンと同等になるように
H-IIAで打ち上げる場合ということでは。単純に軌道傾斜GTO打ち上げ+遠地点での軌道傾斜角変更。
遠地点での軌道傾斜角変更だけを考えているのではないかな。
スーパーシンクロナス+軌道変更でもいいだろうけどそれだと遠地点低下を衛星側にさせることになるし。



286 :NASAしさん:2010/07/25(日) 03:07:45
>>284
衛星側の都合によっていろいろあると思うけど、一例はこんな感じで。
http://www.jaxa.jp/press/2006/12/20061225_kiku8_j.html
http://www.jaxa.jp/press/2006/12/20061220_sac_h2a-f11.pdf
ETS-VIII、第一回アポジモーター噴射は第二周回でやっているね。

287 :NASAしさん:2010/07/25(日) 04:35:56
>>284
ISASは1週目アポジの増速を普通にやっているね
最上段噴射終了後に姿勢反転(≒噴射姿勢)→分離→アポジ付近で宇宙機のスラスタを噴射
目的は増速量が若干不足したときのバックアップが主みたいだけど

288 :NASAしさん:2010/07/25(日) 10:42:24
>>262
肉と小麦食ってるから、あんたは米国製

289 :NASAしさん:2010/07/25(日) 10:54:29
>>287
こないだの松浦ブログで言ってた話だよね。
ASTRO-Eはそれをやらなかったから落ちたんだって。

当時の的川コラムによれば
ttp://planetary.or.jp/magazine/000216.txt
燃焼終了21秒前の時点で6km/sしかなく、
そもそも「速度も稼ぎ切れなかった」とまで言われている。
これって脱出速度に達しなかったという意味かな。
でも(弾道飛行として?)遠地点高度は410kmあったらしい。
そうなると近地点80kmとはどういう意味だろう。

しかし・・・残り21秒でどれぐらい加速した知らんけど、
衛星側スラスタごときで脱出速度7.9kmまで残り1〜2km/s程度(?)を
一周分の噴射で稼げたものなのだろうか?

290 :NASAしさん:2010/07/25(日) 15:19:51
>>289
燃焼終了近くで4・5Gは出てると思うから、燃焼終了時で7km/s以上には達してたのだろ。
的川さんの出した数字も大雑把な物だし、
遠地点410km近地点80kmは、燃焼終了時の軌道速度から計算された物だろう。


291 :NASAしさん:2010/07/25(日) 16:24:28
ttp://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2005/back045.shtml
ASTRO-EIIの場合、遠地点での噴射時間は400秒らしいから
それなりにペリジは上がるのではないだろうか
(アポジ400km/ペリジ80kmで救えるかは計算してみないと判らないけど)

292 :NASAしさん:2010/07/25(日) 17:27:23
「あとちょっと足りなかった」みたいなので、
脱出速度に近いくらいは出ていたか、
脱出速度そのものは出ていたけど、近地点を上げるほどではなかったのか。

考えてみればM-3SII8号機(EXPRESS)でも
アポジでスラスタ噴射をやっていれば失敗しなかったんじゃないかなぁ。
EXPRESSのスラスタにそんな余裕があったかどうかは知らんけど。

293 :NASAしさん:2010/07/26(月) 02:47:56
F18の打ち上げっていつだっけ?

294 :NASAしさん:2010/07/26(月) 04:06:29
8/3の予定が・・・・

295 :NASAしさん:2010/07/26(月) 08:02:46
最低でも1ヶ月遅れは確実だから、一部メディアでは9月と予想されていた。
しかし今のところJAXAから公式発表は無い。

296 :NASAしさん:2010/07/26(月) 09:01:48
飛行機の予約状況や軌道条件等からして9/11の20:14-21:14が有力視されてる

297 :NASAしさん:2010/07/26(月) 12:55:53
経産省、宇宙産業の官民合同ミッション−南米に使節団派遣
 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520100726aaap.html

298 :NASAしさん:2010/07/26(月) 19:29:31
そんな事する前に、英語のユーザーズマニュアルを作ってPDF公開しろと。

299 :NASAしさん:2010/07/26(月) 20:06:34
>>294-296
dd、まだ延期後の日程は決まってないんだね。
宮崎南部に住んでるから見に行くぞ〜

300 :NASAしさん:2010/07/26(月) 20:13:53
>>298
んな物見て注文しようと思う奴はおらん。

301 :NASAしさん:2010/07/26(月) 20:19:18
企画書に載せる時の比較対象になるじゃん。

302 :NASAしさん:2010/07/26(月) 21:12:27
>>301
企画書を書くような顧客には三菱の営業が飛んでいく。
必要なら企画書その物を書いて持っていく。

303 :NASAしさん:2010/07/26(月) 21:15:07
>>247
>>255
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/seisaku_kaigi/dai5/siryou5_2.pdf ←の1ページ目
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/seisaku_kaigi/dai7/siryou7_1.pdf ←の3ページ目
>タンクドーム(ドイツMTA社)製造時の環境問題(ケミミル作業)により、製造不可となる恐れ。

ttp://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/425/425234.pdf ←の2ページ目
>ロケットタンクに適用できる高品質な大型一体成形ドームを製造できるメーカーは
>海外2社程度であり,現状のH-UAロケットはこれら2社から海外調達している.
ドイツのMT Aerospace社、アメリカのボーイング社の2社?

ttp://h2a.mhi.co.jp/technology/monodzukuri/tank/index_04.html
>一体成形ドームの開発は完了したわけではありません。現在は海外から
>調達している、H-IIAロケットのタンクドームへの展開も検討中です。

そんなに心配しなくてもいいと思うけど

304 :NASAしさん:2010/07/26(月) 21:51:39
電子部品の枯渇の方が問題だよな。
どんどん新しい部品が出てきて古い部品の製造が止まっちゃう。
軍需品でも同じだけど、検査検証していくうちに旧式化しちゃう。
やっと飛ばせると思ったら製造中止。

以前、スペースシャトルの部品をヤフオクで調達してるって話題になってた。
製造ロットまで指定されてるから、なかなか見つからないとか・・・。

実際どうやって調達してるんだろう?在庫品のみ?
それともNECが赤字で小ロット生産してくれてるのかな?

305 :NASAしさん:2010/07/26(月) 22:20:09
>>304 の書き込みにもかぶるかも知れないけど。

H-IIAのご時世にNEC V60シリーズがあるって話、本当?

306 :NASAしさん:2010/07/26(月) 22:30:17
>>304
その為にCOTSとUSERSが有るんでしょ。
E開発もその対策がメインなんだし。

307 :NASAしさん:2010/07/27(火) 10:01:10
>>298
英語版Wikipediaに何か書きたいとき出典にはなるかもね。
向こうではいまだにH2A2022/2024型が現役扱いされてるみたいだし。

308 :NASAしさん:2010/07/27(火) 13:35:00
>>298
というか、そういえば、ないのか?>英語のユーザーズマニュアル
100%官需で生きていくことしか考えてない?

309 :NASAしさん:2010/07/27(火) 15:21:58
SRB-Aは所詮ブースターなのか
ttp://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2010/07/post-0ee8.html#comment-52465105
>JAXA「SRB−Aでは燃焼振動が起こっている。M−Vでは燃焼振動は起こらなかった。
>燃焼振動を起こしてはならない、ということが伝統的に重視されてきたためだ。
>これについては衛星のマウント部で振動を吸収することを検討している。」

310 :NASAしさん:2010/07/27(火) 16:32:52
>>308
何年か前は、英語サイトの方から落とせたと思うが、
今でも探せばあるかも。

311 :NASAしさん:2010/07/27(火) 16:58:12
MHIに移管されたからMHIにあるかもと思ったら、

> ユーザーズマニュアル
>
> お客様の衛星とH-IIAロケットとのインタフェースを中心にまとめた、ユーザーズマニュアルです。
> ご希望の際にはお問い合わせ下さい。
>
> * お問い合わせ

_| ̄|○

312 :NASAしさん:2010/07/27(火) 17:17:45
こういう営業方針は客が逃げると思う。
アリアン5と比べられるのがそんなに嫌か?

313 :NASAしさん:2010/07/27(火) 18:06:31
JAXA英語サイトから探してみたが、
ぱっと見にはパンフレットしかないな・・・
http://www.jaxa.jp/pr/brochure/pdf/01/rocket01.pdf
デルタ4とかFALCONとかと全然違うぞ・・・・
MHIサイトも同様だなあ
http://h2a.mhi.co.jp/en/H-IIA/index.html


314 :247:2010/07/27(火) 18:16:13
>>303

ソースありがとう.

>現在は海外から調達している、H-IIAロケットのタンクドームへの展開も検討中です。

じゃあ、これからなんですね.

315 :NASAしさん:2010/07/27(火) 19:00:05
>>311
問い合わせてから四つん這いになるべきだと思うんだ。

316 :NASAしさん:2010/07/27(火) 21:14:39
インターネット・アーカイブに2001年12月版はあるね
http://web.archive.org/web/20030727014341/http://www.nasda.go.jp/projects/rockets/h2a/documents/pdf/us_manual.pdf

317 :NASAしさん:2010/07/28(水) 06:53:25
>>316
うぉーすごくわかりやすくておもしろい。さんくす。

318 :NASAしさん:2010/07/28(水) 22:07:19
>>316
2001年の段階で、5S-Hフェアリングが載ってるな。
このマニュアル見て、SPICAを企画したんだなw

319 :NASAしさん:2010/07/29(木) 00:08:26
HTV-2ではフェアリングの改良もしてくるでしょ?
KHIの中の人も馬鹿じゃないし・・・・

5S-HもSPICAを打ち上げるころには、成熟した物になっていると信じよう・・・

320 :NASAしさん:2010/07/29(木) 17:00:59
190日制限撤廃キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

種子島周辺におけるロケット打上げ期間等の見直しについて
http://www.jaxa.jp/press/2010/07/20100729_tnsc_j.html

321 :NASAしさん:2010/07/29(木) 17:11:07
>>320
やっとか・・・長かった・・・ほんとうに長かった。・゚・(ノД`)・゚・。

322 :NASAしさん:2010/07/29(木) 17:18:34
前原が射場を海外に移すとか言ってたのが効いたのかな。
やつは本気だったと思うけどw 中国と共同で海南島とかさw
まぁ結果的には良かった。

これで射場設備の更新に予算が付く。

323 :NASAしさん:2010/07/29(木) 17:49:01
小笠原厨オワタ

324 :NASAしさん:2010/07/29(木) 17:52:10
クリスマス島厨もオワタ

325 :NASAしさん:2010/07/29(木) 18:42:31
別に前から有名無実な協定なんだからどうでも良い。
それよりクリスマス島に射場をつくれ、三菱が悲鳴上げているだろ。

326 :NASAしさん:2010/07/29(木) 18:51:18
>>325
いやいや
この協定のおかげで重大な人的被害が出てるんだぞ
http://www.ku-ma.or.jp/ym/ym100707.php

327 :NASAしさん:2010/07/29(木) 18:55:58
>>326
何のことかと覗いて吹いたw
まあ確かに本人には笑い事じゃなかったんだろうけど。

328 :NASAしさん:2010/07/29(木) 19:41:09
>>322

有識者会議のアウトプット
第2回 今後の宇宙政策の在り方に関する有識者会議 配付資料 和歌山大・秋山演亮
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/seisaku_kaigi/dai2/siryou2_1.pdf

国際射場と新輸送システム

概要:宇宙開発新興国に参加を呼びかけ、赤道直下のキリバス等の第三
国に新国際射場を設置する。またコストダウンを第一に考えた中・小型
新輸送系を共同開発する。衛星等の搬入コストを抑えるために空港・港
湾も射場近くに起き、量産により徹底したコストダウンが計れる全体シ
ステムを構築する。

==================================

上記文書の位置づけはどの程度か分からないが、
海南島とか小笠原はともかく、キリバスは名前が上がっている.

宙の会でも
http://www.soranokai.jp/images/newsletter145.pdf
キリバス
共和国のクリスマス島が、友好国とはいえ外国であることを
除けば、まったく制約がない理想に近い射場

329 :NASAしさん:2010/07/29(木) 20:05:47
>>328
それは知ってるが、前原は就任当初、
「アジア各国が共同で」って言ってたんだわ。
丁度、その頃、中国では海南島に射場を作る話しが出てて、
どう考えても・・・という話し。

330 :NASAしさん:2010/07/29(木) 20:30:02
>>329

真面目に答えると

海南島ロケット射場
文昌衛星発射センター
の建設決定は、2007年

正式工事開始の儀式が2009 年

===============================

ブースター、第1段がフィリピン周辺に落下しそうな気がするが.

長征5号はそこら辺も考慮しての設計かね。


331 :NASAしさん:2010/07/29(木) 23:00:34
Wing Daily

★三菱重工、新エンジンLE-X開発に期待
 海外への展開で事業拡大目指すMB-XX
 ……米PWR社と共同研究の2段用MB-XX
 ……LE-5Bの信頼性高い燃焼方式を採用、推力は2倍
 ……高信頼性のエキスパンダー・ブリード・サイクルを採用
 ……推力も増加し、最新設計手法取り入れるLE-X
 ……わずかな差異の積み上げが事故に繋がるエンジン
 ……徹底した確認、管理で信頼性を維持


332 :NASAしさん:2010/07/29(木) 23:10:44
MBって、Mitsubishi と Boeing の頭文字でしょ?
これからもMBを使うつもりかな?

333 :NASAしさん:2010/07/29(木) 23:52:36
N-IからH-Iまでの協力関係を引き継いだMB-3からの流れじゃないの

334 :NASAしさん:2010/07/29(木) 23:57:22
MB-XXも最近音沙汰を聞かないな

335 :NASAしさん:2010/07/30(金) 00:58:52
        推力  比推力  重量
MB-30    156kN  467秒   345kg
MB-60    267kN  467秒   591kg
LE-5B.    137kN  447秒   285kg
RL10B-2.  110kN  464秒   277kg

H-IIA/Bなら少し性能の向上があると思うが、ペイロードは1トンも増えないだろう。
アトラスVやデルタ4なら、わざわざエンジンを置き換える程の性能でもない。
正直、重過ぎなんだわ。未だに登場しないのは重量の問題だと思う。

MB-60なら日本の有人用上段として有望だと思いますが。

336 :NASAしさん:2010/07/30(金) 09:31:44
熱交換部が多すぎて重くなってるのかな。
LE-Xは何トンになるんだろう・・・。

次はプレバーナーを水素用・酸素用に分けた
二段燃焼サイクルに挑戦して比推力470秒を目指してくれ。

あと極低温複合材タンクも。

337 :NASAしさん:2010/07/30(金) 12:03:30
制限解除
>>201
スペースシャトルのところは間違えてるよ。
外部タンク切り離し時点で軌道速度は出てる。

338 :NASAしさん:2010/07/30(金) 12:43:36
じゃ、何故外部タンクは軌道に乗らないの?

339 :NASAしさん:2010/07/30(金) 13:02:20
LE-Xは予定では1800kgらしいね

340 :NASAしさん:2010/07/30(金) 13:07:23
>>338
タンク、シャトル本体とも、近地点が大気の濃いところを通るような軌道に投入されている。
シャトル本体も、何もしなければ大気圏に再突入して地球に帰還できるようになってる。
打ち上げ後、何も問題がなければ、遠地点でOMSを噴射し、近地点を持ち上げる。


341 :NASAしさん:2010/07/30(金) 13:46:30
>>335
MB-60 については、そのような仕様を要求する計画が無いから.
月、火星有人飛行にでも使うのでなければ必要性に乏しい.
火星からのサンプルリターン計画なら、この仕様のものが正当化されるかもしれないが.

もうひとつ、RL-60 との競合
http://www.astronautix.com/engines/rl60.htm

Engine Model: RL-60.
Designer: Pratt and Whitney.
Propellants: Lox/LH2.
Thrust(vac): 289.100 kN (64,992 lbf).
Isp: 470 sec.
Mass Engine: 499 kg (1,100 lb).
Chambers: 1. Country: USA. Status: Design.

Boeing と Pratt and Whitney の関係はどうなるんだっけ?

342 :NASAしさん:2010/07/30(金) 13:51:07
>>341
それ中止じゃなかった?

343 :NASAしさん:2010/07/30(金) 13:58:44
>>342

ソース希望

344 :NASAしさん:2010/07/30(金) 14:03:01
>>343
2007年刊の「IHI航空宇宙50年の歩み」に載ってる

345 :NASAしさん:2010/07/30(金) 14:25:19
>>344

有難う.

こうしてみると
MB-XX
の開発がまだ続いている方が不思議かね.

LE-X と要素技術では共通する部分があるからかな.

346 :NASAしさん:2010/07/30(金) 15:25:22
>>340
一周もできんようなのを軌道に乗るとは言わんだろ。

347 :NASAしさん:2010/07/30(金) 16:30:13
>>346
もしあなたが、「地球を一周以上すること」を軌道に乗ったと定義してるなら、それでも良いんじゃない?
そもそも、「軌道に乗る」というのは、目標の軌道があって、それに乗ったかどうかだ。
目標が弾道軌道なら、「弾道軌道に乗った」という言い方をする。

ここで話していたのは、スペースシャトルが外部タンク切り離し時点で、地球周回軌道に乗る速度が出ていたか、ということ。
元の発言では「出ていない」と言っていたので、それが間違えてるよ、という話をした。
恐らく、タンク切り離し時点で周回軌道に乗ってしまったら、タンクも落ちてこないから、切り離し時点では弾道飛行なのだと誤解しているんだろう。
しかし弾道飛行で大気圏に突入するのと、近地点が大気圏内あるから大気圏に突入してくるのとでは、大きく意味が違う。

・外部タンク切り離し時点で、地球周回軌道に乗る速度が出ている。
・しかし、近地点が大気圏内になるような軌道に乗せている。
・これは、もし大気がなければ地球を周回する軌道になっていることを意味している。
・この軌道にしているのは意図的(アクシデントの時に帰還させるため+外部タンクを破棄するため)。


348 :NASAしさん:2010/07/30(金) 17:00:06
>>347
まー弾道軌道だって近地点が地球半径より短いってだけだもんね。

349 :NASAしさん:2010/07/30(金) 17:11:29
>>347
大嘘だった。スマン

350 :NASAしさん:2010/07/30(金) 19:21:21
http://www.youtube.com/watch?v=HfdBqRvqVj0
http://web.archive.org/web/20040417141447/http://www.nasda.go.jp/lib/movie_lib/movie_file/h2a/h2a_le-7a_tashiro.rm
中止でよかったと思う。
うるさいもん。

351 :NASAしさん:2010/07/30(金) 19:29:25
LNGエンジンの開発は継続されていますが

352 :NASAしさん:2010/07/30(金) 19:56:35
>>350

マッハ 10-15 の排気を出せば騒音になりますわな。


353 :NASAしさん:2010/07/30(金) 23:56:55
前スレでフェアリングのボルトの強度の話しがありましたが、
今、JAXAを巡回してたら詳しい説明があった。
http://www.jaxa.jp/press/2009/08/20090819_sac_h2b.pdf

354 :NASAしさん:2010/07/31(土) 01:28:40
>>332
え?
何でボーイングなの?
エンジンはPWRしか造れないだろ。

355 :NASAしさん:2010/07/31(土) 01:36:51
>>354

ロケットダイン
ノースアメリカン
ロックウェル
1996年にボーイング社に売却
2005年8 月2日、プラット・アンド・ホイットニー社に売却

あとは相互の企業と、企業買収の関係を調べて.

356 :NASAしさん:2010/07/31(土) 10:43:31
>>335
        推力  比推力  重量
MB-30    156kN  467秒   345kg
MB-60    267kN  467秒   591kg
LE-5B.    137kN  447秒   285kg
RL10B-2.  110kN  464秒   277kg
Vinci(予定) 180kN  465秒   280kg

Vinciは高性能だなぁ。完成したとは聞いてないけどw
欧州はコロコロスペックが変わるので最終的にどうなるかは知らん。

357 :NASAしさん:2010/07/31(土) 11:10:04
H2Aって、資料によっては推進薬の量が16.9トンと16.6トンがあるよね?
どっちが本当なんだろう?
H2Bが16.6トンだから。こっちが本当かな?

358 :NASAしさん:2010/07/31(土) 11:12:28
上段の事?

359 :NASAしさん:2010/07/31(土) 12:16:56
そうです

360 :NASAしさん:2010/07/31(土) 12:45:10
>>356
新型が高性能なのは当然な事。
でないと、存在価値が無い。
LE-8は・・・


361 :NASAしさん:2010/07/31(土) 13:17:47
メタンは実用化した例の無い燃料だから仕方がない。

362 :NASAしさん:2010/07/31(土) 14:11:25
>>361
だよね、まだ生まれてまもない赤ん坊と大人を比べて何しようってのか・・・
普段科学技術振興とか言いながらこう言うときは己の狭い了見で足を引っ張る。

363 :NASAしさん:2010/07/31(土) 14:18:27
メタンブースターなんて夢のまた夢。
SRB-Aと同等の性能が出せれば、置換えてやんよ。

月?馬鹿も休み休み言えと。

364 :NASAしさん:2010/07/31(土) 14:28:49
メタンエンジンは日本の御家芸と言われる時代は、多分来ない。

365 :NASAしさん:2010/07/31(土) 14:30:36
衛星推進系としてはメタンはどうかね。

少なくとも BT-4 と同等の性能がでてからだけど。

366 :NASAしさん:2010/07/31(土) 14:36:52
着火性能が悪いから、ブースターか大型の惑星探査くらいしか用途が見いだせない。

367 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:00:02
惑星探査ねえ.

日本のの御家芸となりつつある、イオンスラスターとかエアロブレーキとか
考えるけど.

ところでブースター目指すなら再生冷却だけど、LE-8
は別の方向だね.
コストが安ければそれで良かったんだろうけど.



368 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:03:09
今できてるのが、推力107kN 比推力314秒くらいだろ?
H2Aの2段目改造してLNGエンジン載せちゃえよ。
500秒燃焼やってるんだから、5トンくらいの衛星なら上がるって。
リフティングボディの再突入実験機でも載せれば、失敗しても大した事ねぇよww

369 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:13:16
>>368
それじゃ、まるで J-1 + HYFLEX だな.

無駄な飛行実証するくらいなら、再生冷却の開発進めた方がまだましじゃ?


370 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:18:16
ESAのVega + IXV も同じ

371 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:28:46
まあ、スペースプレーンの再突入実験なら、日本でこれからするならイプシロンロケットでもつかえば。

LNG 推進系に戻せば、イプシロンの PBS にでも将来使えれば良いんだけど、
>>366
の欠点はシビアだな.



372 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:46:24
おいらのメタンエンジンが火を吹くぜ! ブボボ(`;ω;´)モワッ

373 :NASAしさん:2010/07/31(土) 15:57:24
            _ .. _
          /    \
        /, '⌒ l.r‐-、.`、
       / (   八   ) ヽ
       (   ー-'  `ー-'  ノ
        ー┐ (_八_)┌-'  あぼーん
           `ー┐┌┘    
       -======' ,=====-
         -====' ,=====-
          -==' ,==-
______ ,r-‐   -‐、_______

374 :NASAしさん:2010/07/31(土) 19:34:47
>>372
固体まで噴いてしまったのですね、わかります。

375 :NASAしさん:2010/07/31(土) 19:47:32
ここに出入りしている方は、
どの位が中の人(JAXA,MHI,IHI/IA,KHI,etc)なのですか?

376 :NASAしさん:2010/07/31(土) 19:50:01
>>351
そうだったのか。

でもあの音、ぜったい実が出てると思うよ。


377 :NASAしさん:2010/07/31(土) 20:18:54
>>367
次の目標がエキスパンダーブリードサイクル。
前回と同じ問題に直面するだろうね。

378 :NASAしさん:2010/07/31(土) 21:56:23
エキスパンダーブリードサイクルはLE-5A/Bで経験済みだから案外簡単に出来るんじゃない

379 :NASAしさん:2010/07/31(土) 23:25:46
どうせ、メタンエンジン研究するなら、サイクルも工夫して
Full flow staged combustion cycle
とか

fuel-rich preburner
oxidizer-rich preburner
双方を備える.

http://en.wikipedia.org/wiki/Staged_combustion_cycle_%28rocket%29#Full_flow_staged_combustion_cycle

380 :NASAしさん:2010/07/31(土) 23:57:52
>>379
FFSCCなメタンエンジンとか15年の歳月と2兆円の開発費を投じてもまだ足りないようなレベルだろ

381 :NASAしさん:2010/08/01(日) 13:13:29
そもそもこの情勢だと二段燃焼自体失われそうだしなぁ
そんなハイテクに手を出す前にやることがあると思うんだけど
小規模エンジンでもいいから基礎研究続けるべきなんじゃないの?と

382 :NASAしさん:2010/08/01(日) 14:27:28
そう言えば、次世代エンジン全部、エキスパンダーサイクルですね。
要はどうやって高圧のガスを作り出すかが問題なので、サイクルの問題ではないと思う。

MB-XXのような熱交換による超高圧を作り出す思想だと、逆に小型エンジンの方が重量的に不利な気がする。
だからこそLE-Xなんだと思うが、長大な配管を正常に動作させるには、LE-7の精度どころの話しじゃないと思う。
LE-Xはメタンのようなグダグダにならない事を祈るばかり。

383 :NASAしさん:2010/08/01(日) 14:35:45
二段燃焼の技術を維持するには宇宙輸送系の長期的な見通しの中でどう位置づけるかが問題だと思う
ESAとかだと将来の再使用輸送系へと移行する過程で必須な技術として位置づけられてるんだが
日本の現行計画では二段燃焼の必要性が全く見えない

384 :NASAしさん:2010/08/01(日) 15:56:53
高圧が必要な部品に重量を配分するよりも
高圧を不要にして部品の重量を押さえた方が
お得ってことじゃないかと思う

極限的に安くするには発射筒のようなもので
外部から初速をつけたりする必要があるのではないかと考えたり…

385 :NASAしさん:2010/08/01(日) 19:43:09
>>378
燃料が違うから簡単じゃないと思う。

386 :NASAしさん:2010/08/01(日) 21:41:11
ずっとLE-Xの推力は130トンだと思ってたけど、
いつの間にか1448kNになってた。
ttp://www.ihi.co.jp/ihi/file/technologygihou/10034_9.pdf
暫定案だけどさ。

387 :NASAしさん:2010/08/01(日) 21:43:38
>>384
高圧部を削減するのは質量の問題じゃなくて信頼性とか製造コストの問題
第1段エンジンが多少軽くなったところで大した意味は無い

388 :NASAしさん:2010/08/01(日) 21:45:39
>>386
一昨年のISTSの資料で既に1,410kNだったよ

389 :NASAしさん:2010/08/01(日) 21:52:08
>>386
燃焼圧12.5MPaってLE-7A涙目だな

390 :NASAしさん:2010/08/01(日) 22:06:32
>>387
むしろH2A/Bの問題は、重量比が悪い上段ですね。
Bの上段強化するなら、Aの上段も見直して欲しい。
複合材タンクなんて、いつまで待っても出来ない諦めろw

391 :NASAしさん:2010/08/01(日) 22:31:22
>>390
セントールその他みたく共通隔壁化すれば質量比は良くなるけどコスト高になるし
コスト維持で質量比の改善を求めるなら複合材化は避けて通れないと思われ

392 :NASAしさん:2010/08/01(日) 22:53:48
>>386
真空中推力1448kN、初段で使って130t級ってとこじゃない。

393 :NASAしさん:2010/08/01(日) 23:08:18
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0EBE2E6938DE0EBE2E5E0E2E3E29F9FEAE2E2E2
の記事に載ってるグラフって本当?
人工衛星市場のうち、「打上げ」ってこんだけしかなくて、
それをH-IIAほかのロケットが取り合ってるわけ?

394 :NASAしさん:2010/08/02(月) 00:39:23
>>386
出力の増加よりブーストポンプの追加無しで設計が進んでいるのがスゴス。

395 :NASAしさん:2010/08/02(月) 01:30:26
出来るだけ単純に、がコンセプトだから。

396 :NASAしさん:2010/08/02(月) 02:32:44
>>393
みれねえよ

397 :NASAしさん:2010/08/02(月) 13:26:15
新エンジン 米と共同で開発へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100802/k10013100721000.html

398 :NASAしさん:2010/08/02(月) 13:46:50
ロケット業界の負け組同士が手を組んだ感じ。

399 :NASAしさん:2010/08/02(月) 14:06:28
NECはどっちかっていうと衛星系だけどね。 (あと、地上系がなぜかやたらと強いw)

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)