5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【TSL】テクノスーパーライナー【小笠原】2

1 :NASAしさん:2009/03/26(木) 01:31:11

原油価格が08年に1バレル147ドルになったけど
今は1バレル30ドルくらいでしょ?
もう十分に採算ラインにのってるんじゃない?


◆TSLとは◆
三井造船玉野で建造された次世代高速船「TSL」
その名は『スーパーライナー小笠原』
小笠原海運の用船契約の破棄で行き先が浮いたまま。いったいどこへ行くのだろう?
技術的な話題から雑談まで何でもOK。
スレage協力お願いします m(_ _)m


前スレ
【ネズミ色?】TSLを語ろう【アルミ屑?】1
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1132679042/

2 :NASAしさん:2009/03/26(木) 01:43:06

テンプレ

画像:三井造船の玉野事業所に繋留されているスーパーライナー小笠原
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0d/Super_Liner_Ogasawara.jpg
http://chichipen-blog.up.seesaa.net/image/09_02_22.jpg


3 :NASAしさん:2009/03/26(木) 01:48:58

スペック比較

◆おがさわら丸
全長131m
全幅17.2m
総トン数6679トン
速力42km
旅客数1031人
航海時間25.5時間
年間便数59便

◆スーパーライナー小笠原
全長140m
全幅30m
総トン数14500トン
速力70km
旅客数740人
航海時間16時間
年間便数92便

ソース
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h16/hakusho/h17/image/g2050112.gif


4 :NASAしさん:2009/03/26(木) 02:08:12

テンプレ

小笠原海運
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/index.html

おがさわら丸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8C%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%89%E4%B8%B8


5 :NASAしさん:2009/03/26(木) 02:09:05

テンプレ

小笠原諸島の生活と歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E8%AB%B8%E5%B3%B6

父島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E5%B3%B6

母島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E5%B3%B6

硫黄島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)


6 :NASAしさん:2009/03/26(木) 02:25:00

テンプレ

◆テクノスーパーライナー小笠原とは◆

実用船の1隻目は、先に実験船「飛翔」にてデータを検証し建造されたTSL-A型船で、
海上での速度は40ノット近い時速約70kmの航行を可能としており、
アルミ合金製としては世界最大級の超高速貨客船として運航される予定であった。

船名は一般から公募し、石原慎太郎東京都知事夫人により、「SUPER LINER OGASAWARA」と命名された。
海上試運転では42.8ノットを記録した。
当初の運航は東京 - 小笠原航路が予定されていたが、
2005年の原油価格高騰の影響をうけ、軽油を使用するTSLは一度の往復にかかる費用が当時の価格で2,500万円近くとなり、
運航費用に4倍近くの差(従来の重油を使用する船舶は一往復600万円程度)ができてしまうことがわかり、
支援を予定していた東京都が撤退。それに続き国土交通省も撤退し、
運航会社の小笠原海運は、支援が受けられないのならば運航しても半年で会社が倒産するということで、TSLの受け取りを拒否した。

「SUPER LINER OGASAWARA」は運航されないまま廃船になる可能性もあり、
2009年1月現在、建造所である三井造船玉野事業所に繋留されたままである。

続きは>>7


7 :NASAしさん:2009/03/26(木) 13:38:30

>>6の続き

なお、TSLを保有するテクノ・シーウェイズ(三井造船系企業)は小笠原海運に対し契約不履行で損害賠償を求める提訴をしたものの、
小笠原海運側はTSLはコストが高く、国の支援が受けられなければ経営が成立しないことは
最初から国土交通省は承知していた筈であるとして全面的に争う構えを見せている。

小笠原諸島(父島列島と母島列島)には自然保護の目的もあり空港が作れないでいるため、公共交通手段は船舶による渡航しかなく、
6日に約1便運航され片道25時間かかる客船「おがさわら丸」か、不定期運航で片道約45時間の貨物船「第二十八共勝丸」を利用するしかない。
(なお、硫黄島と南鳥島には空港があるが、両島に一般住民はおらず観光客の上陸も禁止されている。ちなみに、硫黄島から母島までは200km以上、南鳥島から母島は1000km以上離れている。)
そのためTSLの運航は本土との往来が活発になるため期待されていた。

東京都や国土交通省もそれにあわせて、利用者が増えるとの資料をもとに説明し、施設などを宿泊できるよう受け入れ態勢を整えるよう求めたが、
就航が白紙になったため、島民には施設増設などの経済的負担だけが残る結果になった。

その後、2006年(平成18年)には国土交通省と東京都は改めて空路整備の検討に入っている。

ソース:ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC


8 :NASAしさん:2009/03/26(木) 18:06:14
羽田空港ー硫黄島空港 硫黄島空港ー羽田空港
OSA 8:00-9:50 11:00-12:50    
OSA14:30-16:20 17:30-19:20(※臨時便。土日および繁忙期運航)

関西空港ー硫黄島空港 硫黄島空港ー関西空港
OSA11:00-14:10 15:00-18:10※(※臨時便。3〜9月の土日および繁忙期運航、八丈島経由)

OSA=小笠原エアラインズ

父島ー母島ー硫黄島空港連絡船就航(ははじま丸)
無理すぎる。

9 :NASAしさん:2009/03/26(木) 20:44:26
テクノシーウェイズが小笠原海運と一緒になって
国や東京都を相手取って訴訟を起こすのなら話が分かりそうな気もするけど
小笠原海運を相手取って訴訟を起こすのはどうなのだろうか・・・・?!

10 :誘導:2009/03/27(金) 19:03:03
まだ前レスは100で生きています
勝手に次スレ(重複スレ)立てないでください

【ネズミ色?】TSLを語ろう【アルミ屑?】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1132679042/l50
>1出来れば自分で削除依頼だしてほしいです





11 :NASAしさん:2009/03/27(金) 23:17:18
これもまだ生きているぞ

今だからこそいえるTSL希望
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/space/1109528314/

12 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)