5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩人・山本陽子を語りましょう

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 06:56:42 ID:2RE/xnRn
女優じゃあないよ。
この人↓のこと。
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/youko.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 15:26:25 ID:3nDn07Wt
語るもなにも今どこにも売ってないから

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/14(金) 16:19:41 ID:a6JsQ5Fm
>>2
図書館で借りたりして・・・

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 17:28:07 ID:O7+ffhCq
どういう病気だったの?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 07:27:24 ID:log1poO+
>>4
『山本陽子は1984年8月29日に肝硬変のため41歳で死去した。』そうです。
しかし、限りなく自殺に近い状態だったようです。ご承知でしょうが、Google
で、「山本陽子 詩」と検索すると、結構、いろんなことを知ることができます。
例えば、
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/L0/200115.htm
とか。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 18:32:41 ID:+4rr40GF
「よき・の・し」は今から読むとユリイカとかの投稿レベル以下じゃない?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 08:51:08 ID:fvwndXbq
>>6

では、「遥るかする、するするながら3」の最初の一節なんかは、どうでしょう?
(ともかく、この人の詩、長いんだよねぇ。勝手に改行しましたんで・・・)


遥るかする
純みめ、くるっく/くるっく/くるっくぱちり、とおとおみひらきとおり 
むく/ふくらみとおりながら、わおみひらきとおり、くらっ/らっく/らっく/
くらっく とおり、かいてん/りらっく/りらっく/りらっく ゆくゆく、
とおりながら、あきすみの、ゆっ/ゆっ/ゆっ/ゆっ/ とおり、微っ、凝っ/
まっ/じろ きき すき//きえ/あおあおすきとおみ とおり//しじゅんとおとおひらり//
むじゅうしむすろしかつしすいし、まわりたち 芯がく すき/つむりうち/とおり//
むしゅう かぎたのしみとおりながら たくと/ちっく/ちっく すみ、とおり、く
りっ/くりっ/くりっ\とみ|とおり、さっくる/さっく ちっく/るちっく
 すみ、とおりながら

 (以下、略です。山本さん、すいません)   

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 10:03:38 ID:fvwndXbq
6さんのコメントに対して、どなたか、再コメントが
あれば、どうぞ・・・

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/17(月) 12:25:03 ID:9V1MLaES
ユリイカ()笑 投稿()笑

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 07:03:12 ID:hUBzBQ+l
>>7
白石加代子さん、あたりの朗読で、聞いてみたい。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 22:52:06 ID:+xMtVPyn
>>7
はじめからずっと日本語拒否では詩としてダメなんじゃないですか
読者と作者の暗黙の信頼を担保するものとして言語という記号つかうんだし
これでは読者は受け入れようがないです

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 07:07:39 ID:Ovu80zo2
>>11
こういう、みかたをする人もいるということで、1のhttp://・・・での引用を、あえて、します。

『全集の編集者の渡辺元彦氏は、第一巻の「はしがき」で「彼女の作品は、
一般の常識からは作品と呼ぶべきかどうかも戸惑わせるような、不可解な
ものであるが、彼女が言語の根底に触れ、その言語の現代における分裂と
危機を、非常な深度で生きた稀有な詩人であったことはまぎれもない事実
である。彼女の、ただ一点を見凝め、そこへ自己の全精力をそそぎ込んで
炸裂する、巨大な自己解体のエネルギーは、言語の状況の赤裸々な姿態を
ひきずり出し、語は破片のように、いまだ知られたことのないシンタックス
と韻(ひびき)の流動の海を流れ、舞い、飛びちる」と書いている。

彼女は生前まわりに、「百年か二百年たったら、わかってもらえる」と洩していたが、
言語の激しい流動化、ハイブリッド化に直面した現在、彼女の詩の輝きに多くの
人々が気付き始めている。私もその中の一人である。彼女の詩は難解ではない。
各人の近づき方に合わせて、流れ込んでくる広がりと深さを持っている。』
引用は以上ですが、驚いたことに、山本陽子文法ってものがあるそうです。

言葉から、あえて「意味」を剥ぎ取り、例えば、言葉を「言霊」のように
響かせていったらどうなるか・・・・って、とても、魅惑的な実験では
ないかと。 おそらく彼女の内部には「読者」というものは、そのときは、既に
存在していなったかも。 ひたすら、自身の深層へ深層へ、とのみ、突き進んで
行ったのではないかと。その己への挑戦での、己の血したたる結末である「表現」が、
作者以外の人に分かろうが分かるまいが、そんなものは、どうでもいいことではなかったか。

たぶん、詩のみならず、芸術というものは、結局は、そういうものではないかと。
自身による、自身のみのための、自身の深層への命懸けの挑戦。
ともかく、そういうような挑戦をしたらしい、勇気ある女性が、かって居た・・・
少なくとも、それだけは言えるのでは?



13 ::2010/05/19(水) 14:25:32 ID:Mm3ZwUHv
意味の深層とか命懸けの挑戦とか。
どこをどう読めばそう判断できるかは書いてない。

>詩のみならず、芸術というものは、結局は、そういうものではないかと。

芸術はイワシの頭ですか。



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 15:09:27 ID:J2GFnLh1
>>13
>どこをどう読めば・・・
彼女の詩を、ちょっと、かじってみて、12が、勝手に、そう思ってるだけです。
もちろん、読まれて、そう思われなくても、文句の言いようはありません。
芸術はイワシの頭? 12は、そんな頑固者ではないと、一応、自負している
んですが、あまり自信はありません。
***
さぁ、閑話休題でいきましょう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/19(水) 17:18:02 ID:DMkhePuK
<<さて、所詮、1は黒子。ここらで隠れましょう。このスレ、10までもつかどうか?
と思ったのですが・・・。ところで、5/16(日)、Bshiで、『ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜』
という番組が放送されました。ご覧になったかたも、おられるでしょう。
1は、この番組をみながら、これは山本陽子の詩の映像表現だと思いました。
この番組は再放送だったのですが、再々放送されるかも知れません。
もし、ご覧になっておられず、また、山本陽子の詩に興味をもたれたかたが、おられたら、
ぜひ、この番組を観られることをお勧めします。より、彼女の詩の理解も深まるかも知れませんので。
ではでは・・・ >>


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 06:19:21 ID:MH9sLGPf
http://www.shimirin.net/yamamoto/arai.html

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/20(木) 20:15:25 ID:R9zxY1OU
ふるい。時代がちがう。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 05:47:59 ID:zYSBajAh
7の「遥るかする、するするながら3」。
これ、なにかの呪文みたいに思わない?

例のBshiの『ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜』。
この原住民の祈祷師の声聞いていたら、この詩、連想してしまったよ。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 07:41:03 ID:zYSBajAh
キーワードを、このようにしてみると、山本陽子の詩と、現代数学(公理主義)と一脈通ずるものがあるのでは?
数学での、その記念碑的果実が、ゲーデルの不完全定理だとしよう。
しかし、その定理までには、何人かの天才たちの業績が基礎となったている。
しかし、山本陽子は。おそらく孤立奮闘。それだけでも脱帽。
しかし、山本陽子の残した「定理」まだ、誰も、証明していない?


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 07:44:26 ID:zYSBajAh
↑の訂正。
言語から「意味」の剥奪。
キーワードを、このようにしてみると、山本陽子の詩と、現代数学(公理主義)と一脈通ずるものがあるのでは?
数学での、その記念碑的果実が、ゲーデルの不完全定理だとしよう。
しかし、その定理までには、何人かの天才たちの業績が基礎となったている。
しかし、山本陽子は。おそらく孤立奮闘。それだけでも脱帽。
しかし、山本陽子の残した「定理」まだ、誰も、証明していない?


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 01:25:31 ID:pQjJOfwD
パス。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 06:14:10 ID:7A00vxJp
でも、なんだな、スレ・タイトルに詩って書いてなかったら
この人↓と勘違いするヤツ多いだろうなぁ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E9%99%BD%E5%AD%90
こちらのかたは、
「國學院高等学校卒業後、野村證券に勤務していた」のか。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 16:11:52 ID:BXUDi7ea
おれ『青春〜くらがり』も『遺稿詩集』もどっちも持ってるぜ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 17:35:12 ID:ClRLhHvp
5/23(日)、4:10pm〜6:00pm
Bshiで、『ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜』再放送

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 21:19:25 ID:Vuc4EeyM
>>16 おまえシュルレアリスムとダダイズムと日本的なモダニズムの区別もついていないな
山本陽子の詩の言葉の物質性はむしろダダ的
初期詩篇はツァラの「近似的人間」を思わせる生理的な触感がある
だからこそ日本の詩にも仮にシュルレアリスム運動が育つとすれば、その父となれる逸材であるしあった

それと山本陽子の言語活動の声なき声の思考、その思考の終焉に何が行われていたか
それは死だ
でも人生や文学に意味づけられるような死ではなく、ただ単に死ぬこと
今まで一度もいたことのない場所に帰る動物としての死、剥き出しの生において、ただ死ぬことだった

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/22(土) 21:52:37 ID:VksLnvQU
あそうですか。
けど病死でそ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 00:26:53 ID:IbGq5lxo
「座ることを拒否する椅子」のような詩人のことを狂人と言う。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 04:43:31 ID:bTEIPfi9
>>23 さん、それは、お貴重な方で。なにか語ってみろや。もう、してるか?

>>27  もし、それ陽子女史へのタトエだとすると、一面、言えてるな。
フツーのヒトには、なに言ってるのか分かんないもんな。彼女を評して、
地球外の宇宙人って言った人がいる。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 05:04:16 ID:bTEIPfi9
「晩年」の山本陽子は、安アパートで鍵かけて、一日中、閉じこもったままだったそうだな。
母親が時折心配して、訪ねて来たりしてたそうだが、「玄関払い」だったらしい。
そこで、どうも「重篤」な状態らしいってことで、救急隊やらが駆けつけ、アパートの
ドアを蹴やぶり、無理やり、病院へかつぎこんだらしい。その数日後だかに死んだようだ。
彼女のアパートに残されていた「家財道具」はフライパン一つだったらしい。

まぁ、早い話。自殺だな。ともかく、24の放送みてみろや。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 06:56:08 ID:xi1SYw8S
早い話、自殺じゃない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 08:11:45 ID:bqssFGq4
>>20 での、ゲーデルの不完全性定理について。
↑問われずに言うも、おこがましいが、このスレを見てる人の多くは、おそらく、
これ、なに言ってんだかチンプンカンプンだろうから、オレの生かじりのチシキを
喋ってみよう。かなり、いいかげんなモノだから、訂正したいヤツは適当に訂正してくれ。
以下は19世紀後半頃からの話。まず、カントールという天才が現れ、(素朴)集合論というものを
創り上げる。その集合論は数学の基盤として発展していく。ところが、その基盤に、
とんでもない矛盾が次々と発見され、数学の根底が崩れてしまう、という震撼が数学界に襲ったわけ。
そこで、その数学の瓦解の危機を救おうとするヒルベルトという天才がいた。彼は、その危機を救うべく、
「数学の無矛盾」を証明するため、「公理主義」ってものを提唱する。これが現代数学の出発点とされているらしい。
(長くなるので以下に続く)


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 08:14:28 ID:bqssFGq4
その「「公理主義」てものは何かというと、一口で言ってしまえば、(数学的)言語から、
その「意味」を剥奪し単なる記号として扱う、てこと。←ここが重要よ。
そうすることによって数学の無矛盾性を、言わば、「数学自体の外」から証明しよう、としたわけ。
ところが、ゲーデルっていう天才が現れ、皮肉にも、そのヒルベルトの試みは不可能だと、引導を渡してしまう。
これがゲーデルの不完全定理ってやつで、普通の言葉で言えば以下のようになる。
『どのような知識であれ、体系的知識は必ず決定できない問題を含む』。もっと簡単に言うと、『自分自身のことは分からない』っていうこと。
このことを、厳密に、数学の言語で証明してしまったのさ。
(また長くなるので以下に続く)


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 08:16:54 ID:bqssFGq4
このゲーデルの不完全定理は、オッペンハイマーって人は以下のように評価している。
『ゲーデルの仕事は人間の理性一般における限界というものの役割を明らかに示した。』
 また、この定理の証明は、20世紀、いや人類史上、最大の発見の一つとして評価している人もいるらしい。
 オレが、ここまで、クダクダと書いてきた理由は一つ。それは、山本陽子って人は、以上の3人の天才たちと、
もしかしたら近くにいる人かも知れない、とオレは思ったりするから。
なお、いわゆる現代数学について興味あるかたは、以下の本が、お勧め。
この本は、ふつうの文系の人のためにも書かれた良書。
『数学的世界観・現代数学の思想と展望』(竹内外史著、紀伊国屋書店)。
なお、この本は絶版かも。その場合は図書館で。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 14:35:02 ID:8evVO8e9
過疎るわけだ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 22:20:15 ID:98pRFb7q
33の続き。その前に、BShiで放送されたイギリス ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー
「ハムレット」の観た。英語には全く疎いオレだが、流石、本場の本物。俳優たちの
たたきこんでくるような、警句にみちたセリフの噴流、字幕を追っているだけでも圧倒された。
観た後直ぐ迷わずBDREに永久保存。
さて、山本陽子とゲーデル。山本陽子の言語世界を、「内部矛盾の体系的(言語)知識」だと
仮定しよう。すると、その世界にはも、その言語世界には、決して「証明されない命題」が
存在する、それは何か?、それが謎の一つ。200年たって果たして解明させるか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 22:56:26 ID:98pRFb7q
次の謎。山本陽子と「安達原の黒塚」。山本陽子は、晩年、安アパートの
自室の中を誰ににも見せなかったという。果たして、その自室には、なにが
あったのか? 「仄暗い闇の見え隠れする腐乱死体の累積」勿論、「言葉」の。
同様に、黒塚。旅僧たちが泊まったボロ家。そのボロ家のあるじの婆あは客僧に、
「わらはが帰るまで、こま閨(ねや)の内ばしご覧候ふな」と言って、外へ焚き木を
取りに出て行く。その間に、僧たちが覗いてみた閨には、死骨白骨。腐乱した死体の数々。

秘密の部屋に隠されている「腐乱した死体」。婆あと言えども女の果て。
山本陽子の女。けっして見ることをさせない、闇の部屋。
ここには、「男」どもには見てはならぬ闇がありそうだ。その夜の暗さよりも
暗黒の闇。それが謎。
***
>>35 [過疎るわけだ[だと。知ったことか。勝手に出ていっちまえ。





37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 23:01:25 ID:98pRFb7q
35、36の誤字脱字は、見たヤツtが適当に訂正すべし (by 35,36)

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 08:12:58 ID:I6ilwZj6
不思議や主の閨の内を ものの隙よりよく見れば 膿血たちまち融滌し
臭穢は満ちて肪張し 膚膩ことごとく?壊せり 人の死骸は数知らず
軒と等しく積み置きたり いかさまこれは音に聞く 安達が原の黒塚に
籠れる鬼の住みかなり

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 13:47:18 ID:uX3XggAk
俺はく 誰もいなくなった ことを知っている

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 09:07:52 ID:oVAc6ipP
人焉(いずく)んぞ?(かく)さんや

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 10:19:05 ID:oVAc6ipP
死のむこうにはなにがあるか
死のむこうにはなにがないか、
なくてあるものは
いま だけにあり
死は生のうちにひそみ、
無をおまえに譲り渡す
否、やさしく勇気あるいかりを決して
決してあとにおとし、あるものとなしてはいけない。
・・・・
なにはともあれ、宮崎の口蹄疫。
先日、生まれたばかりの子牛を殺し、埋めた農場主が、つぶやいたそうだ。
「すまんかったね」と。
つらいよなぁ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/27(木) 06:28:57 ID:Be8BStfK
『彼女は生前まわりに、「百年か二百年たったら、わかってもらえる」と洩していた』
****
問題は、むしろ、それまで人類が存在しているか否か、ということ。
1962年10月 キューバ危機。いわゆる「10月の悪夢」。
20X年Y月 北朝鮮の暴発。米韓日との全面戦争へ発展。
         結果、挑戦半島、日本列島の、ほぼ全土焦土化。
21W年A月 xウイルスの超パンデミック→そして the End
****
人類のもつ四つの病状
・「創世記」から近世に至るまで繰り返されていた「いけにえ」の儀式。
 即ち、今日、なお人類の心に潜む妄想傾向。
・他の生物にはみられない、人類の種内殺戮。
・人類の理性と情緒との決定的な不均衡。
・科学技術と倫理の成長曲線の著しい差
               (アーサー・ケストラー)


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/06(日) 09:32:17 ID:qG9Gvjh9
>>24
録画しておいた「ヤノマミ〜奥アマゾン 原初の森に生きる〜」をみたんだけど、
あの娘さんたちの歯が、とても、きれいだった。ともかく、この原初の森の娘さんたちは、
美しかった。どうしてなんだろう?


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 07:49:21 ID:FsSsnsyj
読んでみたいが手に入らん
 現代詩手帖の掲載 年月 を教えてください
お願いします

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 07:50:09 ID:L+oDhmvL
>>44
参考になるかどうか↓
http://www.shimirin.net/yamamoto/san_bun.html

この人、生前、自分の全著作は、自分で国会図書館へ持ち込んだそうな。


18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)