5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ 日夏耿之介 ★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 14:27:00 ID:rNOuQkl+

筆名自体が詩的です。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 18:01:32 ID:rNOuQkl+
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%A4%8F%E8%80%BF%E4%B9%8B%E4%BB%8B

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 22:56:06 ID:rNOuQkl+
院曲撒羅米

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 10:18:57 ID:iqVRkLFO
国王さまは葡萄酒が甚うお嗜好ぢやてなぁ。その酒にも三種あつてな。そ
の一つは撒摩特喇の島から持つて来る。その色は深紅色で羅馬皇帝該撒陛
下の外袍のやうぢや。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 15:28:41 ID:eN8gAv7c
それ、>>3からの引用?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 17:17:30 ID:iqVRkLFO
そだよ。ついでに貼り。

在りし昔のことなれども
わたの水阿(みさき)の里住みの
あさ瀬をとめよそのよび名を
アナベル・リイときこえしか。
をとめひたすらこのわれと
なまめきあひてよねんもなし。

わたの水阿のうらかげや
二なくめでしれいつくしぶ
アナベル・リイとわが身こそ
もとよりともにうなゐなれど
帝郷羽衣の天人だも
ものうらやみのたねなりかし。

かかればありしそのかみは
わたの水阿のうらうらに
一夜油雲風を孕み
アナベル・リイそうけ立ちつ
わたのみさきのうらかげの
あだし野の露となさむずと
かの太上のうからやから
手のうちよりぞ奪(ば)ひてんげり。

帝郷の天人ばら天祉およばず
めであざみて且さりけむ、
さなり、さればとよ(わたつみの
みさきのさとにひとぞしる)
油雲風を孕みアナベル・リイ
そうけ立ちつ身まかりつ。

ねびまさりけむひとびと
世にさかしきかどにこそと
こよなくふかきなさけあれば
はた帝郷のてんにんばら
わだのそこひのみづぬしとて
臈(らふ)たしアナベル・リイがみたまをば
やはかとほざくべうもあらず。

月照るなべ
臈たしアナベル・リイ夢路に入り、
星ひかるなべ
臈たしアナベル・リイが明眸俤(もかげ)にたつ
夜のほどろわたつみの水阿の土封(つむれ)
うみのみぎはのみはかべや
こひびと我妹(わぎも)いきの緒の
そぎへに居臥す身のすゑかも。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 19:37:37 ID:eN8gAv7c
それはポオの詩?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 20:29:47 ID:iqVRkLFO
そす。『アナベル・リイ』

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 20:49:21 ID:eN8gAv7c
最近の大江の小説の題に出てくるね
タイムリー!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 20:57:34 ID:iqVRkLFO
そう、それもあって貼ったよ。面白いところに影響与えてると思って。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 03:17:05 ID:NZTUEv8n
大江のその小説の表紙がエロイ

女が自分のさりげなく乳首つまんでる絵

12 :仔猫の旅団:2008/02/29(金) 10:24:28 ID:BekSxsRF
日夏スレ過去何度も立てようと思ったが
「耿」の字が出せずに立てられなかった・・・
まずはめでたい。

大江の小説で使われてるのか!



13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 15:47:54 ID:G3X4lFjc
>>12
そう、タイトルもまんま
『臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ』(新潮社)

ついで貼り

たをやかに陪蓮(ヘレン)のきみは
古き代の尼夏(ニケ)の小舸にさも似たり。
波かをる海原しのぎうねうねと
さすらひの羸(みつ)れやつれし人のせて
ふるさとちかき水阿(みさき)かな

けながくも浮世の波にうらぶれの
われにしあればさく花のたけ髪きよき
昔たくみの面立や罔両(みづはめ)の女精の俤したはるる。
在りし日の希臘のひかり
また在りし羅馬のさかり。

眺めやる杳けきをちにまかがよふ
窗辺にいより彳める神の聖像(かたち)か
おん手には瑪瑙の燭のとぼしして
神の御国を天降(あもり)りけむ
あはれまた美神の俤しぬばるる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:33:45 ID:xWsDRIT+
堀口大学のボードレールの訳もそうだけど
今じゃ使わない字とか単語使いすぎなのはどうよ?

原語も、現代フランス、アメリカ、イギリス人が
あんまり使わない古語を用いてるから
それに対応させてるのかね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:41:52 ID:G3X4lFjc
黄眠堂の場合、古語といっても独特だからな〜。どの時代のものとも違う、
独特な世界。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 20:20:55 ID:xWsDRIT+
辞書引きながら読まなきゃならん詩っていうのもなあ
そこで憶えた語彙をどこで使ってよいかも分からんし

「みづはめ」なんて使いようが無い
いや、一篇の詩に一つくらいならいいんだけど
多すぎるとウンザリ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 21:57:13 ID:G3X4lFjc
組み合わせによる、リズムや語感の美しさに重点置いてるんでしょう。
なまじな理解を拒んでるようだし。
つか、スレ主いないの〜?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 00:28:07 ID:HeuEC3GW
スレ主なんていないよ
2chには
立てたら、>>1も、ただの人

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 20:14:23 ID:JYbQ/3pr
28 :名無しさん@英語勉強中:2008/03/02(日) 20:13:30
Poem: Greece

The sea was sapphire coloured, and the sky
Burned like a heated opal through the air;
We hoisted sail; the wind was blowing fair
For the blue lands that to the eastward lie.
From the steep prow I marked with quickening eye
Zakynthos, every olive grove and creek,
Ithaca's cliff, Lycaon's snowy peak,
And all the flower-strewn hills of Arcady.
The flapping of the sail against the mast,
The ripple of the water on the side,
The ripple of girls' laughter at the stern,
The only sounds:- when 'gan the West to burn,
And a red sun upon the seas to ride,
I stood upon the soil of Greece at last!

KATAKOLO.

グーテンベルクのオスカー・ワイルドの詩
短いから、試しに訳してみようや

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 20:15:24 ID:JYbQ/3pr
日夏ならどう訳す?

日夏の「ワイルド全詩」というのが講談社から出てたはずだが

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:17:00 ID:tJysdKEE
黒翳(かげ)いらへしは、
月界の
山さか越えて
死影(しに)の谿(たに)へといさましく
駒騎(の)り入るるすべもぞ佳(よ)き
げにげに黄金郷(くがねのさと)を尋(と)めてましかば。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:44:45 ID:JYbQ/3pr
それ、>>19の役?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:49:02 ID:tJysdKEE
いや、マルチに対する答

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1165505954/219

24 :月冬恥之介:2008/03/02(日) 23:32:47 ID:JYbQ/3pr
   ギリシャ  
            オスカー・ワイルド

海はサファイア色に染まり
空は熱を帯びたオパールのように燃える

我々は帆をあげた
東方に横たわる青い陸地へ向かって
順風が吹いたから

すばやく眼を動かして、私は、注目する
ザキュントス、オリーブの木々、
支流の一つ一つ
イサカの崖、リカオンの雪の頂き
そして、アルカディの花散る丘に

マストに向かって帆がはためき
海には水のさざなみ
船上では、少女の笑い声のさざなみ・・・
聞こえたのはそれだけだ
そのとき、日が沈み、西側が燃えはじめた

ついにギリシャの土を踏んだぞ!

カタコロ


25 :↑の修正:2008/03/02(日) 23:36:27 ID:JYbQ/3pr
From the steep prow が抜けたな

「険しき船首から」

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:49:33 ID:tJysdKEE
ほれ

海は彩つた青玉、また空は
熱を加へた蛋白石のやうに空気の中で燃えてゐる。
帆は上げられた、東の方に横はる緑いろの土地から
風は朗かに吹いてゐる。嶮しい船首(みよし)から
眼(まなこ)すばやく見つけた、
ツァキントスのあまたの橄欖の森と入江と
イタカ絶壁とリカオンの雪の峰と
またアルカディアの花撒き散す山山とを
帆は、帆檣にはためいて
船側の水のさざなみ、
艫の方に少女の笑ひのさざなみは
たつた一の音である−−西の方が燃え初(だ)したとき、
真赤な日輪(ひ)が、海上に騎(の)り初したとき、
終(つひ)に、わたしは希臘の土を踏んだのだ!

カタコロ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 00:23:20 ID:AHMkMKSi
>>26
サンクス

28 :比較してみよう 俺のほうが:2008/03/03(月) 00:29:32 ID:AHMkMKSi
ギリシャ  
            オスカー・ワイルド

海はサファイア色に染まり
空は熱を帯びたオパールのように燃える

我々は帆をあげた
東方に横たわる青い陸地へ向かって
順風が吹いたから

険しき船首から すばやく眼を動かして、
私は注目する
ザキュントス、オリーブの木々、
支流の一つ一つ
イサカの崖、リュカオンの雪の頂き
そして、アルカディの花散る丘に

マストに向かって帆がはためき
海には水の
船尻では少女の哄笑の
さざなみだけが聞こえ
海上で西日が赤く燃えた

ついにギリシャの土を踏んだぞ!

カタコロ


29 :↑の修正:2008/03/03(月) 00:35:51 ID:AHMkMKSi
ギリシャ  
            オスカー・ワイルド

海はサファイア色に染まり
空は熱を帯びたオパールのように燃える

我々は帆をあげた
東方に横たわる青い陸地へ向かって
順風が吹いたから

険しき船首から すばやく眼を動かして、
私は注目する
ザキュントス、オリーブの木々、
支流の一つ一つ
イサカの崖、リュカオンの雪の頂き
そして、アルカディの花散る丘に

マストに向かって帆がはためき
海には水の
船尾では少女の哄笑の
さざなみだけが聞こえ
西日が燃えた

ついにギリシャの土を踏んだぞ!

カタコロ

(俺のほうがいいだろ?)

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 01:37:26 ID:F9fN8ryc
その笑ひ哄然たれど帯笑むことの絶えても無き

31 :仔猫の旅団:2008/03/03(月) 03:11:46 ID:OjH3Rkam
画数の多い漢字を2chで見るとぞくぞくしますな。

カタコロ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 09:46:48 ID:AHMkMKSi
薔薇薔薇薔薇
鬱鬱鬱

どうよ?w>>31

33 :31:2008/03/04(火) 10:31:21 ID:1FKKouSe
>>32
鳥肌たったぞな。

カタコロ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 16:07:34 ID:CSBdLswT
あほかwこれならどうよ

跳り起ち声ふりしぼりこの儂は、「禽よ、この言葉をこそ袂別の符ともせよ。
大雨風や夜の闇の閻羅の界の海涯にとたち還れ、
爾の心の譚りたる誑誕の印として、 かの黝き羽をな賂ひそ。
儂がこの閑情をな攪乱しそ。 扉口なる石像の上を郤退け。
儂が胸奥よりは爾の鳥喙をさり、 この扉口よりは爾の姿相を消せ。」
大鴉いらへぬ「またとなけめ。」

35 :31:2008/03/08(土) 08:28:21 ID:cskOy4Rc
よくPCでそんな字出せるなw

カタコロ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 16:03:23 ID:KsrTvy0+
結構いろんなの出せるよ


アポコペ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 17:22:15 ID:XTD7F0Ud
こないだ亡くなった市川コン監督のコンが出せない

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:57:30 ID:KsrTvy0+
スレ違いw

市川崑

39 :子猫のソテー:2008/03/15(土) 01:39:06 ID:vqRKFg1H


40 :子猫のソテー:2008/03/15(土) 01:44:56 ID:vqRKFg1H
日夏語変換ソフトとかないかな。

今日、誕生日なんだ→誑誕浄火喃だ
降参しました→耿さん屍魔舌


2008年の流行語大賞は日夏耿之介さんの「またとなけめ」に決定!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 21:53:16 ID:IzhE9yvG
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1204916050/1-100
恭次郎スレもよろしく

恭次郎も日夏好きだったらしいね


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 00:27:48 ID:uHX5IJg4
さればこそ大鴉 いかで翔らず恬然とその座を占めつ、
儂が房室の扉の真上なる巴刺斯神像にぞ棲りたる。
その瞳こそげにげに魔神の夢みたるにも似たるかな。
灯影は禽の姿を映し出で、床の上に黒影投げつ。
さればこそ儂が心 その床の上にただよへるかの黒影を
得免れむ便だも、あなあはれ
またとはなけめ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 14:54:33 ID:dzv8PbRy
2ちゃんに日夏のスレか。
サロメの翻訳には打ち震えたよ。
ポーは歯が立たないのでほかの翻訳と対比させながら味わってるw
バイロンとかも訳していた気がするけどどうなんですかね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 20:32:50 ID:jKUORl4x
ドナルドキーンだったかな、日夏についての紹介文があった。
言葉遣いは非常に難解だが、詠われている感情は大変ありふれた感情だとか。
ドナルドキーンの意見なのか、誰かの意見を参考にしたのか。多分後者だろうけど。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 23:46:27 ID:quDiAMFY
>>44
いかにもキーンが言いそうなことだ。その伝でいけば、八代集など一首見
ればよいことになる。

ふる年の雪やいづくとあざかへしこのとしこの日跡とふな夢

46 :子猫のソテー:2008/03/25(火) 02:48:55 ID:jmEwfj9d
吉田健一が日夏を好きだということは
よく考えれば当然なんだけど
やはり意外だった。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 11:40:58 ID:7hQn8pQ/
>>43
日夏が訳したバイロンは、詩劇『マンフレッド』だけ。暗く幻想的な内容は相応しいが、訳自体は
ごく普通の文語混じり訳。

48 :子猫のソテー:2008/03/25(火) 20:59:19 ID:4Z4qJUyt
>>43
『マンフレッド』

自ら学んだ呪文に自ら狼狽へ
自ら勘考した両方に身を困厄める
もう人間以上の助けなどは附頼らぬ

こんなかんじ。


49 :子猫のソテー:2008/03/25(火) 21:00:13 ID:4Z4qJUyt
訂正。

両方→療法

50 :子猫のソテー:2008/03/25(火) 21:04:23 ID:4Z4qJUyt
>>44
ドナルド・キーンが参考にしたとしたら、吉田健一の意見だろうな、
ということを
>>46でレスしようと思っていたのだが、
ボケのせいで自分がしようと思っていたことを忘れてしまった。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/20(日) 21:22:30 ID:j2CeTrz7
皿皿皿。倦怠。の人?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/20(日) 23:51:59 ID:j2CeTrz7
高橋新吉だった↑

53 :仔猫(-_-)ノシ:2008/04/22(火) 07:38:20 ID:98zMVJQ/
丁丁丁。の人とも違うよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 23:33:42 ID:JGl4plBF
日夏耿之助は左きき

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 18:31:03 ID:v3vGe/hR
秘密の花園
  i"  /  ノ       ,-、 ヽゞ、`          ノム≦ シ         厶
 }   /     `ー、   , /i⌒ヽ |`三=-、、          ミ           そ
 {   i        \ ( 「 〉}||   , -―-- 、;;_,. -‐ ミミ:  ミ ̄``ー、≦==、   ミ
 ー\ | /  ,,        V /   '    _ ‐ -- ‐ _   ヾ  ミ    `` `  ヾ  ミ、
゚| ・  | (  /         /|彳  j     `  ̄ ´     ',   ミ__   ・  _,.、 `!  ミ
*o ゚ "`i "          ! |ノ, f  '´ ̄`ヽ  ィ'" ̄`' !  、`ミミヽ  rz彡‐`ヽ | fYj
o○+  /            Vシ, {   -一,、 : : ,ー-  t シ-一,、,゙' r' ー-'  | }}!
゚|i   | ( , 、)ー         l 〈fヾ!  ` ̄''" : :` ` ̄´  }リ^!`ー 'ノ  !、`ー '   | リノ
o。!   |! ーv__       /  | {じ{!     r :. .: 、      ij'゙ノ.. ,イ   'ヽ     }チ
  。*゚ l  .レ '"      /   | ゝヘ     `^.:.:^´    fT′゚ ´...:^ー^:':...   ゚ 卞
*o゚ |!  ( /      /    l  小   .:.:,._‐_‐_、:.:..   ル ヽ  r ζ竺=ァ‐、   ノ
。 | ・  o  ゚ Y     ノ    l   ト、 :. 'ヾ'三'シ` .:.:./!゚  丶  `二´  丶 /l 
 |o  |・゚ ,.‐-ヽ   ノ     l ,.‐-.! ヾ`:.. `"´  ..:/ l ,.‐-.ノ丶、  ,.,. '   l
* ゚ l| /   "''‐' "  }   \     \:._:_:_:_.:/  l      、  i  }  ヽ
|l + ゚o i     ` -、{! /_  __`ヽ   ` -、{! /_   \     ` -、{! /_  \
o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄   `ヽ    ヾ´    ̄   `ヽ      ヾ´    ̄  `ヽ



56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 00:47:45 ID:GHwLNXdH
     曰
     | |   ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ノ__丶(〃´Д`)_ < 分かるよ、その気持ち!!
     ||八||/    .| ¢、 \__________
  _ ||海||| |  .    ̄丶.)
  \ ||山||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 02:12:15 ID:fCkuBigR
夕春恥ノ丞

58 : ◆XERXES3EzA :2008/07/03(木) 16:32:58 ID:Y8ijaq2v


59 :仔猫で@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 08:31:33 ID:M+KnPTRi
あたしは単なるゴスロリだけど
耿ちゃんの院曲撒留米最高w


いたづきみつれ黙坐しつつカキコして升

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/31(日) 01:09:24 ID:SNc56C3p
>>59
ふーん

サロメ公主の声 ああ!約翰よ、そちの唇に接吻けをしました。そちの唇には苦味がある。血の味
か知れぬ?ことによると恋の味か知れぬ。恋は苦い味と人が言うてぢや。が、それはどうでも佳い
こと!どうでも佳い!そちの唇に、約翰よ、このわが身が接吻けをしたまでぢや。
(一道の月光、燦然と撒羅米公主の上に落ちてその姿を照し出づ)
ヘロデ王 (降りかへりて撒羅米を睨る)その女子を屠せい。
(武士だち驀進して、猶太国の王女、王妃希羅底の女、撒羅米公主を戦牌の下に圧戮す)

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/12(日) 01:38:38 ID:Mo3DMgwB
まだ大鴉を未入手の人、学研M文庫で買えますよ。


あと国書刊行会の巴里幻想詩集?だったかうろ覚えだが、
矢野目源一、城左門などといっしょに織り込まれた綺麗な本。
ただ内容が既刊のものとダブっているか不明。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/16(木) 19:58:49 ID:Z2NEzWj/
>>61
『巴里』内容ダブってるけど買い。

ふるとしの雪やいづくとあざかへしこの年この日跡とふなゆめ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/19(日) 22:03:03 ID:A0GPUhZA
古本屋で日夏耿之介全集が4万円で売ってたので衝動買いしてしまった……

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/01(土) 15:46:02 ID:LBx0dLMg
あはれ人間よ 予美貌にして夫の雲根の夢にも似つ
迭みにわが胸に觸るるや 人生膚斷ちて去りゆくは
物質めける久遠緘黙の愛を
すずろ詩人に生けし此れの身なればぞかし

予は知りがたきスフィンクスの如く太虚に帝座す
予は深雪のおもひを白鳥の白きにむすぶ
予は線を移すの運動をば惡む
予は絶えても哭かず はた得笑はざりき

詩人は 予が堂々の威風の
傲岸 記念像の概あればこそ
嚴しき研究にその日を折るなれ

蓋し この順良の歸依者を魅打し去るもの
かの萬有を美とする鑑鏡こそ
この眸子 久遠清澄の圓らなる予が雙眸なりければ也

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/29(土) 16:19:02 ID:LD3tKLA8
>>63
俺が古本屋で見たのは美品だったが八万だった。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/20(火) 01:41:48 ID:xM0l/550
海中都府(エドガー・アラン・ポーの「The city in the sea」の訳)を読んでみたいのですが、
ネットで探しても絶版でどこにも在庫なし‥。

どなたかここに貼っていただける方はおりませんか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/24(土) 18:39:08 ID:IGj8W9EO
海中都府(わたのみやこ)

眺めやる仄昏(ほのぐら)し西海杳(さいかいはる)か波のそこ
ひとり憂寂の異形(ゐぎゃう)のまち
死の神自(おのづか)ら玉座しつらへ、ここにして
正邪善悪ことごとく
尽未来(じんみらい)安息に入る。
みたまや、みありか、あららぎなんど
(時劫に蠧(むしば)まれしといへ小(さ)ゆるぎなく)
これ到底わが世のものにあらず。
吹上ぐる風にもわすられ
太虚(おほぞら)の下、思ひはなれて
鬱悒(うついふ)のうしほうしはく。
星天のひかり かつかつ
長夜の都府を射ざれ、
一道のあかりさしいで 荒れまどふ荒海よりは
黙々と小塔たかく流れより
迥(はる)か思ひの儘(まま)の峰の上
円頂の上 尖塔の上はた紫闥(したつ)の上
バビロンめける城壁の上
刻む常春藤(きづた)や雲根(いし)の華
年久しくも忘らえし曖々たるや荒しゃの上
ここた恠(あや)しき霊廟(みたまや)の上を照らせば、祠(ほこら)のまぐさに環飾りして
絡(まつ)はるは雕琴(ゑりごと) えぞすみれ えびかづらぞも。
旻天(あをぞら)の下、思ひ離れて
鬱悒のうしほうしはく。
かげとあららぎとまじらひ
ものすべて虚空(そら)に倒懸(かか)りつ。
巷(ちまた)に聳(そび)ゆる塔中ゆ、思ひ上がりて
死の神は巨人のごとく臨眺(みはるか)す。

琳宇(みてら)はひらき壙(つかあな)は口あけ
銀波燦爛(さんらん)と阿欠(あくび)なせども
偶像の阿古夜の眼に華衍(くわえん)なく
花やぎわたる死人たち
しとねに水を誘惑(いざな)はず
また、あはれ、さざらなみせず、
かの渺茫(べうぼう)の水玉(すゐぎょく)界裡
遠くさちはふわだの原
風荒るるとはしら浪の
怕(おそ)ろしからぬ海の上 風凪(な)ぎけりとも
波言はぬめり。

見渡せば大虚(おほぞら)ゆらぎて
渡津海(わだつみ)さされなみせり、
たとへば堂塔いささめにうち沈み
遅々たる潮推し遣るがごと
翳靄(えいあい)の間天津(あまつ)み空
ささやかに空所しつらへしにさも似たりけり。
いまや海濤赤くなりまさり
時劫仄(ほぬ)かに低(ひき)やかにぞ息づきたる、
この世ならぬうめき声あり
都府さらに頽唐(たいたう)として墜ちゆく時んば
地獄は一千の玉座を起ちて
うやうやし礼(ゐや)をこそ施せ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/24(土) 19:41:08 ID:/5d2SIlH
神キターーー!!

ありがとうありがとう。


しかし原文より読むの難しいなw
がんばって読んでみます。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 01:37:02 ID:2M6VvzLJ
院曲撒羅米、旧漢字旧仮名遣の目下のお気に入り。
http://imepita.jp/20090203/056020

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:01:15 ID:nbJE9BHf
あはれ夢まぐはしき密咒(みつじゅ)を誦(ず)すてふ
邪神(かみ)のやうな黄老(おきな)は逝(さ)つた
「秋」(さはきり)のことく「幸福」(さいはひ)のことく「来し方」のことく

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 04:24:41 ID:zKBGGiHq
夢たをやかな密咒を誦すてふ
蕃神のやうや黄老が逝つた
「秋」のことく「幸福」のことく「來し方」のことく

冬天に咒文をふりまき
風狂の老漢が逝んだ
燼のことく 流鶯のことく 祕佛のことく

侏儒楽を咒文に口寄せ
わらはやみの詩翁も逝んだ
魚のことく 御饗のことく 蘭燈のことく

蟲書をもて咒文を石記す
幻人の道老は逝んだ
肉のことく 茯苓のことく 擲俊のことく

梟木に咒文を彫り刻み
美目なせる佚老も逝んだ
泥のことく 悲谷のことく 古酒のことく

沙漏をもつて咒文を撰す
展楽の頽人も逝んだ
浪のことく 牡鹿のことく 權道のことく

夢ほのぼのと密咒を誦すてふ
浄巾の黄老は逝つた
月のことく 燔肉のことく 密人のことく

没藥に咒文を嗅ぐてふ
灰心の神人も逝んだ
煙のことく 色神のことく 魔媼のことく

天べうを咒文におろがむ
くぐつやみの羸老も逝んだ
宵のことく 空漏日のことく 瘴癘のことく

弦索をもて咒文を聽きわく
黄貂衣の幽人は逝んだ
雪のことく 流沙のことく 塵表のことく

蘭引を咒文にうけぶてふ
折伏の杖者が逝んだ
風のことく 誣罔のことく 夸者のことく

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 07:58:21 ID:SKymcIVT
黎明(いなのめ)のせちに遅(また)れつ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/23(火) 11:25:30 ID:Wd7I525U
名前が日夏だけど、これからの季節に読むにはちょっと暑苦しい。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 08:45:23 ID:mpfIGppt
アルスポエティカ
1・カタカナは使用せず
2・ゴ・ロウマン体漢字は再度の使用を避ける
3・漢字の視覚性を重んじる
4・音韻は祭文的

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 14:05:47 ID:I/btYyvX
age

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)