5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩は役に立たない←この言葉からどう逃れる?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:55:06 ID:urO0keEo
詩では腹がふくれない。じつに価値がない。意味がない。

昔からあるこんな現実味溢れる言葉に、どう反論しますか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 01:01:17 ID:vAgqTDao
「人はパンのみに生くるに非ず」

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 01:09:06 ID:V2dC5tHV
「詩ね」

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 02:23:29 ID:Z8dKMGzY
反論しないでほっとく、そんなアフォは24時間年中無休で人生を有意義に使ってるのか
どうせ詩と同様に無意味なことに人生の大半を費やしてるんだから。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 02:31:23 ID:hMJgsmzt
詩では腹がふくれないに該当するページが見つかりませんでした。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 18:34:22 ID:lyQhVi3I
その人の現実主義に対応する言葉で彼の感性を
響かせてやればいいだけ。徹底的に冷徹な言葉で

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 20:27:22 ID:wsCXHOzg
音楽だって彫刻だって絵画だって腹膨れないで〜。数学でもな〜。

食って寝るだけの人生なんて嫌だで〜。

 とか言ってみる。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:41:53 ID:z4d8Kkjm
テレビも雑誌も同様だよね。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 23:19:31 ID:+15AZMBd
なぜ、役に立たないことをやっちゃいけないのだ。
と言ってみる。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 00:02:34 ID:1wThzd61
>>9
それ笑われるだけ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 02:00:56 ID:mJMYg5bb
論証がないのに反論しろと?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 03:35:56 ID:/h/h5FZ8
きみの人生は何の役に立つの?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 17:47:23 ID:nJ77Yk8y
正しいから反論しない。
腹が膨れることと、詩の価値とは関係がない。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 21:39:20 ID:jDPh0jCl
>>7
数学者からは、なんで詩なんてクダラナイことしてんの?って言われるよw
数学は他の学問に応用されるし、頭を鍛えることになるから価値があるんだってさw

>>1
俺なら、俺の傑作を黙って差し出すねwww

15 :re楽x:2007/05/04(金) 01:09:07 ID:1atWDH6q
強く握った
握りこぶしを
   力ずくで無理やり
 開こうとしても 
     相手は逆に強く
         握ってしまう
   そうゆう時は
     どうしたらいいって?
 そっと手を
        さしのべてごらん
       じゃあ出来るから握手
  こんなの置いてるよ http://yaplog.jp/riraxtukusu/

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 02:18:29 ID:cm6SUx6p
この手の勘違いにどうお引き取り願うかを考える方が急務じゃないのかね?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 08:10:09 ID:usgasNZy
立ち向かうと→詩の浄化で気持ちを整理出来る人がいる限り人の役に立ち続け、詩作は作詩者の役に立ってる事は、言うまでもない。
さらに、詩は先ず個人的な情感にも触れる様になっているから、一般化しにくい面を持ちながらも
他人に向けて開かれている分、役に立つという感想を持つ可能性も十分に孕んでいる。

中和させると→その人が役に立たない文章を役に立たないと理解させる分には、役に立ってる。

逃げると→はい、詩は全く個人的、趣味的なものであり、人様の役に立つことなど一切ございません。
もう詩は書きません、司法書士の収入との比較は、さすがにコタエました。
はっ、このたびはすみませんでした。でも、何故謝らないといけないんですか?
私自身が、自らの力量も知らず、詩人という職に就こうとしてるからではないか。
今こうやったように、父なるものに触れ、恐れをなすのも、詩の持つテーマの一つだ。
むしろ、役に立たない事にして、捨てる為の方便にしているのは自分ではないか。
私は、詩を棄てる。ああ、それでも、詩情は生まれいずるのに。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 20:30:47 ID:TO3ps7K+
役に立つってことをどう考えるかだよな
誰かが一人でもそれを大切に思うなら
確かにそれは役に立っているはず

それに例えば詩などの芸術で示された認識が
科学の新しい視点を提供することさえ何度もあった
詩は役に立たないなんてなかなか言えないよ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 00:01:44 ID:xam4+vNN
売春も詩も文明が始まった当初から延々と受け継がれてきたものです。
文明が始まってから存在し、しかも絶えたことがないということはすごいことですよ。
そんな売春や詩に価値がないはずがないでしょう。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 00:19:02 ID:kxA0Z4bu
どうやったらこの板の人口が増えるのか
考えたほうがいい
需要は絶対に増えるはず。今の、糞くだらないラノベブームも先がみえているし。

21 :吾輩は名無しである:2007/05/07(月) 00:35:48 ID:q4SytFRD
人類は、役に立つ学問・役に立つ技術を生産してきました。
何のために?
詩のような役に立たないことに没頭できる時間を増やすためにです。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 01:14:08 ID:kxA0Z4bu
詩は役に立つよ
だってたってるから


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 11:01:49 ID:C3K+YaBY
詩は心の漢方薬です。感性改善に役に立ちます。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 15:03:11 ID:o+dk3eQx
海外のポエムは漢方薬でもなんでもいいが日本人の詩は燃えるゴミ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 17:54:39 ID:SIPQ9ffI
燃えるゴミだなんて、あんまりだー

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 19:38:51 ID:c+QoHJCr
詩で心も燃えて輝くよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 23:23:38 ID:UR2eBDfO
詩は人間学だよ
人間観察の究極

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 00:21:16 ID:P+xK+ZIK
人間学は役に立たない。
かつて立ったこともない。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 19:27:56 ID:Uu9tu0Lf
学問に役にたつものなど、そもそもなお

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 19:03:59 ID:xSGardDY
そうなお?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 11:20:49 ID:YSjFaRqO
>>30
もう! いじわるだな!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 21:25:42 ID:BfpHIY1N
>>31
なんのことなお?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 23:38:03 ID:zyWvWWfr
詩が天才に霊感を与える事によって、人類は進化してきたんだ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 19:06:29 ID:a3dRJuGN
詩が?笑わせるなょ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 18:41:52 ID:2XC/0z6l
詩が役にたたぬと思っているひとたちは、
詩のない人生を終えるだろう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 18:41:29 ID:lWeJCYrf
>>35
おっ、ちょっとゲーテっぽい。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 20:44:21 ID:c0T+EzZD
詩とは死である

               byソシュール

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 21:46:51 ID:4poOK8UF
byソシュールと来たかw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 01:07:18 ID:W8rvu5Kf
コーヒーだけでは腹はふくれないし、生きていけない。
コーヒーいらずの人生もある。
でもコーヒーがある人生は、それもまた素晴らしい。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 11:48:40 ID:vXo68nT5
役に立たせることに尽力した詩人がいたね?海外に

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 19:38:15 ID:F6ZRjpnA
国家の品格で逃れる

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 21:39:19 ID:cb8gxgkw
>39
いいね。 オリジナル?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 22:34:13 ID:JbLxqTsV
詩は役に立たない。
読んでから自分の役に立てるようにするからだ。
だから人は、詩を読む。

44 :Tango:2007/05/25(金) 15:45:14 ID:hTDWeFGi
プラグマティズムで。

つか、この手の話って総じて「生存を有利にするか」という意味で言われているようなんだけど、それが個体レベルのことなのか種レベルのことなのか判然とした例ってないよね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 17:48:26 ID:goc3jkc0
人それぞれだな。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 20:02:25 ID:wm8bKGpW
蟹さんが床屋になれるんだかんね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 21:32:52 ID:OOnwRQvy
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=532063&log=200705

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 22:48:17 ID:G0mA7qZB
『「詩は役に立たない」は役に立たない』

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 11:41:21 ID:59Df1oaj
総括すると
人に読ませる詩は役に立たない

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 13:41:37 ID:v6dnhsHx
詩が必要な人と要らない人がいるんだよ。
必要って人には役に立つんだよ。ざんねんながら
必要な人間の一人である我が身の哀れさよ。
いらない側の人間でありたかったよ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 23:54:47 ID:ACu2DM3x
詩がいらないって言ってる人は右翼失格
詩を作っていらしてる天皇陛下を馬鹿にしている

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 02:32:57 ID:mDIBhE5E
天皇陛下の詩はなにげにすごいです

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 17:47:56 ID:QDxa7Nt0
>>51

和歌じゃなくて詩?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 11:55:22 ID:pmH6j9gd
詩は役に立たないというのは詩だ


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 18:07:42 ID:0uG2D2xH
詩がワーグナーを興奮させる→さまざまな歌劇、楽劇を書く→
ヒットラーが興奮する→ワーグナーの思想を受け継いでユダヤ人を皆殺しにしようとする→
戦争終結→ネオナチ誕生←今ここ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 09:40:31 ID:vcy5Y4tM
役に立たないから、好きなんだ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 13:18:35 ID:RBn2k//f
書いてる本人の娯楽として立派に役に立ってる。

娯楽を否定するなら、この世界の六割を否定するのと一緒。
ついでに、他人が共感を持った場合、コミュニケーションの道具としても役に立つ。
そんなもん見方次第でいくらでもかわるよ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 23:56:09 ID:pOUIkNU8
>>1
そんなの娯楽や全ての芸術にもいえること。
役に立つこと以外したくないなら、テレビも見ず
メシ食って、糞して、ガキつくって、労働すれ。
私は芸術も娯楽も謳歌したい。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 23:58:18 ID:pOUIkNU8
>>53
様式が違うだけで和歌もまた詩という大きなくくりの中の一つでは。

60 :無職ひきこもりさん ◆gKbolMzNXc :2007/06/14(木) 05:19:03 ID:d7jlkjBG
問題なのは娯楽や芸術の中でも特に儲からないな

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 07:06:49 ID:eaduX6Jv
人はお金を稼ぐために生きているのだろうか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 08:04:36 ID:eORPgf5I
詩を有用かそうでないかではかる奴は詩を読む必要ないよ
つか、芸術を語るしかくないよ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:33:49 ID:t9/J1XN8
芸術を語る資格

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 02:55:24 ID:oo4mVgje
大塚英志とか東とか、役に立ってる?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 19:24:06 ID:FxISVe9H
東って?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/27(水) 17:49:53 ID:EsYbTh/g
ここは楽園 


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 00:02:18 ID:rTny4AUH
人生は役に立つのか?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 00:20:55 ID:0F22+w44
詩にリンクできないのは、その部位の感受性が欠けてるか、不感症なんだよ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 11:46:56 ID:R/7rbTKb
そこは重要だな。感受性ってなんだろう?
確かにポエジーをすんなり受け入れられる人間と、
ぜんぜんわからない人間がいるようだ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 17:48:00 ID:Yk/Qm/Sn
P2Pで違法ダウンロードを行う者にとって、ポエムの存在はなくてはならないものです。
「いったい500GBも何のファイルをやりとりするんだ」
「もちろん自作のポエムです」


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 00:53:33 ID:qQQKlpR4
ダッタラヤメロヨwwwwwwwwwwwwwwwwwwxwx9x w

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 23:46:33 ID:1M8hBbed
>>70
通報しました

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 17:13:01 ID:LY9R+c9G
読んでる時は、下の方の順位のコンプレックスに
逃避するのに役立つような気がする

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 20:10:46 ID:DtEdWmWl
教訓詩ってのもあるし、暇つぶしにもなって役立ちすぎだお

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 09:00:31 ID:7qZYdhG1
       ★★小泉純一郎と安倍は朝鮮人★★
コピペして各板に貼り付けよう 知人にも話そう 政治板もたまには覗こう
小泉純一郎 
・戦前大臣を務めた祖父小泉又次郎は純粋な日本人とされる。だが、純一郎の帰化朝鮮人である父が鮫島姓を買い取り
 又次郎の娘をたぶらかして婿として小泉家に入る そこで小泉家は帰化朝鮮人である純一郎の父に乗っ取られた
 参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F
・父親の純也は、鹿児島加世田の朝鮮部落の出身者といわれる 日大卒業名簿には、純也の日本名はなく、
 見知らぬ朝鮮名が書かれているという  
 純也は朝鮮人の帰国事業、地上の楽園計画の初代会長であった
・結婚後、子供をもうけ即離婚した宮本佳代子は在日企業エスエス製薬創業者の孫
・小泉の元秘書官の名前は飯島勲←注目 帰化朝鮮人
・派閥のドン森喜朗も生粋の朝鮮人 ←森も帰化人がよく使う通名
・小泉は、横須賀のヤクザ、稲川会と関係が深い
安倍晋三
・岸家 毛利元就が陶晴賢と厳島沖で戦い大勝を収めた際、寝返って毛利方についた船の
 調達人が「ガン」と称する帰化人であったという 毛利はその功績によって「ガン」を
 田布施周辺の代官に召したてた このガンを岸家の先祖とする説がある
・祖父岸信介が文鮮明と共に 反共団体 国際勝共連合(統一教会)を設立
・官房長官時代統一教会「合同結婚式」に祝電を送り、話題に
・安倍のスポンサーは、下関の朝鮮人パチンコ業者である
・グリコ森永事件時、明らかになった帰化朝鮮人企業森永のご令嬢と結婚
・そのわが国のファーストレディーは電通(会長成田豊、半島生まれの帰化人)勤務という分かりやすい
 経歴の持ち主の朝鮮の血筋
・韓国、中国の留学生に日本の企業に入ってもらうために住居費分、学費免除分、生活費など月計20万〜30万円相当の支給
 日本人のワーキングプア層を全く省みない また帰化系在日系朝鮮人が日本の企業で技術を盗み、半島の現代などの企業に
 伝授していることが深刻な問題になっている 
・多くの朝鮮人が差別を主張し、警察、原発、自衛隊で職を得ている

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 19:50:23 ID:bKHwJQYU
役に立たない詩は、そもそも詩ではない。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 21:54:05 ID:cJciWYRy
>>1
そう思ったまま生きて行けばいい。

別にみんなが読む必要はないよ。

78 :咲いたコスモス、コスモス咲いた:2007/07/09(月) 22:40:37 ID:rWov/6RC

詩は、心のミネラル源だ。

地上に生きている生物にとって、

詩は、精神に必要な無機物的栄養素なのである。

この詩という精神的栄養素がなくても 人は

十分に生きていける。

ただし、野獣としてのみである。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 12:56:10 ID:d4gFz/cM
      /     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | /  (・)  (・) |   | てめーなんだよこの糞スレは!!
  /⌒  (6     つ  |   | てめーは精神障害でもあんのか?
 (  |  / ___  |  < 何とか言えよゴルァァァァァァ!
  − \   \_/  /    \__________________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   /    ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ           
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\        
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \ 
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |    
  ヽ  / ̄""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::||||||||||||||||||||||||||||||||| 
  Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||) 
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   |
   ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
     ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ
      ヽ  丿   )       /    ノ   ゝ ヽ ,〉
       ゝ      !      /            ∀
        !     |      /   人     ヽ   ヽ
        |     ,;;}      !ー-、/  ヽ _,,,-ー'''''--ヘ
          |ノ    |      |  /    Y        ヽ
         {     |      |   j      )  >>1     ヽ


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 20:17:05 ID:Bv+pn54c
何この中二病の集まり

81 :  ◆UnderDv67M :2007/07/17(火) 16:47:12 ID:ucAy4NBK
>>78
人の言う野獣として生きる命に詩は存在しないと決定付ける限り、お前は詩人でないし資格がない

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 04:51:18 ID:sFlyok0M
結局詩は役に立たないようですねw

83 :  ◆UnderDv67M :2007/07/23(月) 18:30:25 ID:CI8gHDuE
日本人の作る詩は利用価値が無いからね
中国&韓国の方が世界的に評価されてるし

そもそも現代詩や俳句はポエムちゃうんで。

84 :おでこ:2007/07/23(月) 20:24:24 ID:zVef7eNq
>>83
糞チョンは消えろ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 18:00:34 ID:tycSChtJ
鮮人を馬鹿にすな!
朝鮮半島はその昔日本が併合してやって
そこに住んでる蛮人の鮮人どもを下等日本人として
文明国の住民にしてやったんだったんだぞ。
これから連中は鮮人か旧領土人とか呼ぶのだ。
これって基本じゃん。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:57:01 ID:/U9KLjgc
どうせ死ぬからね、酩酊したいんだよ。
詩は、心に長く残るよ。
辛い浮世で心を潤してくれる。現代詩を除けばね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 08:36:05 ID:zCMu3JJ8
現代詩とそれ以外(以前)の詩歌を分かつモノは暗喩だそうな。
その暗喩は詩歌の叙情性の流れを寸断させるので、それまで
のように僕たちが叙情性に浸ることを妨げるけど、その寸断に
よってこそ詩歌の芸術性を数段引き上げ、現代詩をして現代詩
として存続ならしめてる、そうな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 11:30:58 ID:hwDTdFZy
どっかに「段」があるんか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:36:55 ID:T9Bateua
>>1
何故反論しなきゃいけないの?
逃げればすむことではないかと。

どのように役に立つ等の言い分を理解し尊重してくれるのは、
ごく近しい身内ぐらいかもしれないが、
たとえ一人か二人でも理解者を得ることの方が先決。

> 詩では腹がふくれない。
結局このあたりがネックでしょ。
詩で福収入を得られれば、
あるいは詩を通じて出来た有力者との人脈を持っていれば、そうそう文句は言われないよ。

以上、マジレスのつもりなんだけど、
じつは「この言葉からどう流れる?」という読み間違いをしたまま、大半のレスを読んでしまった。スマソ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 09:18:45 ID:Re1RFLV1
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:55:06 ID:urO0keEo
詩では腹がふくれない。じつに価値がない。意味がない。
昔からあるこんな現実味溢れる言葉に、どう反論しますか?


現実味っていうのが、生活を成り立たせることだったり、
他人から尊敬されることだったりするなら、
詩なんか全く必要ないよね。

そんなのとは全く別の現実があって、
そこで詩を読むこと・詩を書くことが
社会や世間にではなく個人にとって意味があるなら、
それで充分だと思うけど。

社会とかコミュニケーションとかに毒されてないか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 23:59:44 ID:YRPdd/Jh
>>89
>>90
そのとおりだ。

世間でよく言う「役に立つ」というのは,
「金になる・食っていける・職業になる」ということだが,

それは物品あるいは金銭と「交換」できるということだ。

交換できないもの,
あるいは(ちょと虫酸の走る言い方だが)
「かけがえのないもの」は
個人レベルでももちろんある。
命・財産・家族ってところか。

小さいな。個人レベルは。

個を超えた感動と共感,歴史,宇宙はもっとかけがえがない。
人類には他にどんな感動も共感も歴史も宇宙もないからだ。
この宇宙をいくらで買う?買えるなら買え。
買えるはずがない。
宇宙は感動と共感にしか存在しないからだ。

以下の練習問題で鍛錬しよう。

練習問題:
初級:初恋の相手に告白しなさい。
   ただし,自分と付き合うといかに「役に立つか」
   ということだけをアピールすること。
中級:すべての友人・知己から絶交を言い渡された。
   自分がいかに「役に立つか」をアピールし,
   絶交を撤回させなさい。
上級:あなたの家族が自殺しようとしている。
   「役に立つ」ということだけを論拠に
   自殺を思いとどまるよう説得しなさい。
超級:大災害と大戦争であなた以外の人類が死滅した。
   あなたが何の「役に立つ」か論証しなさい。
注意!役に立たない詩的な表現はひとつでも失格と看做す。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/29(日) 00:08:41 ID:T/huXKDc
言葉足らずで失敬,上記練習問題は
「役に立つ」至上主義への出題だった。

詩を愛する人に対しては,
「役に立たない詩的な表現はひとつでも失格と看做す」
などという縛りはない。

93 :名無しかへらず:2007/07/29(日) 13:31:48 ID:AcIAhM6u
90だけど

>個を超えた感動と共感,歴史,宇宙はもっとかけがえがない。
>人類には他にどんな感動も共感も歴史も宇宙もないからだ。
>この宇宙をいくらで買う?買えるなら買え。
>買えるはずがない。
>宇宙は感動と共感にしか存在しないからだ。

いいね。

私は、社会・組織のなかの個人ではなくて
大宇宙=小宇宙の対応関係のなかでのかけがえのない「個」として
個人を捉えたい。
(別に虫唾は走らないけどね。欠けたら別の物で簡単に
置き換えられるものとして人間をとらえるのが社会・組織だから、
そういう捉え方に対して、あえて個人はかけがえがないと言いたい)


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 14:49:15 ID:Lv6A27kG
「役にはたたないけれど、わたしは詩が好きです」

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 00:49:19 ID:+CkQkU7+
>>93
そうだな。同感だ。

はじめに世界を詩でとらえること。
それから人を愛すること。
この順番を間違えて
我執に恋々としてる連中が多すぎる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 22:17:00 ID:LAOygFs0
嘘泣きする必要があるときは悲しい詩が効果的です

ってスレタイ見て思ったけど、なんか卑俗てごめんって思えてきた
つーか嘘泣きしねぇし

97 :名無しかへらず:2007/08/03(金) 20:19:28 ID:J86gXvG7
ウソ泣きするつもりが本気で泣いてしまってることならよくある。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 20:28:27 ID:5+u52EbX
ネロと木琴のコンボで15分は号泣できる自信ある

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 13:52:59 ID:sYhDuZEf
詩なんて娯楽でしょ

100 :練り物ハンターDS ◆neKoJA7mag :2007/08/24(金) 19:03:42 ID:6buPTY0+
餓えて死すとも笑顔で死ねる


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:22:24 ID:yhs0PAuZ
でもゾウさんのほうがもーっとすきでーす
って言う。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:32:34 ID:CMz7jfyB
別に逃れる必要ないんじゃない?
反論してどうするの?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:01:34 ID:sniUgEDh
>>102
何の役にも立ちまへん、てのが前提とちがいます?
昔、ありましたやろ、「ベトナムで米帝のナパーム弾
に焼かれてる子ども達に詩は何ができるか?」って類の問いが。
要は、インチキゲンチャどものアリバイ作りな問いですな。
実際はなーんも出来はらしませんでした。
そんなん思い出しました。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 23:44:33 ID:STcWoChB
まあこの設問自体がクダラナイね

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 01:37:28 ID:ktQUZoXV
かわいい

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:09:00 ID:2XKMl7r0
>>103
同意。
詩なんぞなーんも役に立たねー、つのが基本よ。
で、詩や文学の有効性を前面に出すような
間違いを犯すと、ひと昔の社会主義リアリズム
に堕落しちまうと。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 15:02:44 ID:nOlcj8M7
詩は実学的なものでもあるんだよ。
詩が役に立たないというのは自分の詩に対する未熟さを吐露してるようなもんだな。
教訓的なもの限らずともそうだし、
一見無為に見える芸術作品の中に意味を見出すか否かは
受けての素養によるものなんだ。なっ!






108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 16:26:32 ID:yKZReVfx
芸術に浸ることの「足り無さ」は人を壊していく。
原始社会と現代社会の違いだ。
詩、というか芸術一般の「効果」は忘れられたんだよ。
資本主義的・自由競争的「有用性」の示す方向は「容赦の無さ」だ。
それは別の側面では徹底的に「愚か」であることを意味している。
実在する人間ではブッシュがそれを体現しているな。わかりやすいだろ?ww
1の設問てのはこの我々の井置かれた歴史的現状を含意した皮肉として考えなくてはならない。
答え方はおおざっぱに二分されるだろう。

詩か、ブッシュか。

wwwww

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 18:15:02 ID:OEhskqrF
詩は社会主義的ではありません。ブッシュ? まったく関係ない。これからは詩は商品です。これから詩の時代が来ますよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 19:39:33 ID:ArUUu6zi
>>107
あれッ、"芸術作品の意味"って詩は役に立つってことの別の言い方?
すり替えじゃん。
教養とかに未だに憧れてる無知な団塊爺サマかな。(激藁
>>109
社会主義を賛美すべく意図されて書かれた詩があるだけじゃん。
106の爺サマが言うように、そんな詩は堕落した詩、つか、
プロパガンダと呼べばいいだけじゃん。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 22:51:30 ID:nOlcj8M7
>>110

あれっ!さっそく痛い見本のようなあなたw



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 07:37:40 ID:9ygZefm4
>>111=107
あれっ、粘着質のあなたじゃん。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 20:43:51 ID:fXlqCQ1r
コップの中の嵐はやめろ。見苦しい。
詩人になりたければ職業について身を立てろ。
世を救いたければ政治家になれ。
中傷は下劣な詩だ。詩を貶めるな。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 01:52:47 ID:yfi1iEqL
詩を語るな
詩で語れ

115 :  ◆UnderDv67M :2007/08/29(水) 03:25:12 ID:nkV9Lt1x
>>114
お前結局何も分かってないんだろ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 04:48:28 ID:yfi1iEqL
きみは何を知っている?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 07:40:34 ID:Co8WXRiX
やっぱヴァギナが一番だろ?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 16:51:29 ID:VqqOnKLM
俺はチンポが一番かな

119 :  ◆UnderDv67M :2007/08/29(水) 17:37:27 ID:nkV9Lt1x
うんうん、いつもの詩文学板になってきて安心したぞ

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 01:20:45 ID:btsTW9Pz
お腹は満たされなくても、心が満たされればいいじゃない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 01:39:51 ID:/Qg8VdDz
>>120
てなこと言ってるヤツほど食のへの卑しさを秘めてるんよ。

122 :名無しかへらず:2007/09/01(土) 13:25:36 ID:4C8UT4ji
食欲ない。詩も読めないが・・

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 16:18:44 ID:YEpjqZuK
べつにいいんじゃない。



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 12:38:34 ID:oVFLYo3k
やっぱな。

125 :<<左翼過激派 中核派に注意!!@>>:2007/09/19(水) 16:00:46 ID:dwTgE+hN
>>75はこれまでも「松岡元農相は殺された」とか捏造した「証拠」で安倍に悪印象を持つようにしていたが、正体は左翼過激派の中核派。

http://www.wdic.org/w/CUL/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E6%B4%BE にあるとおり、この中核派連中は普段から2ちゃんで工作を行っている。
AAで有名な安倍総理の壷のコピペも連中が作成して広めた。

この連中がこういったことを流布するのは左翼の洗脳にひっかからない頑強な保守層ちゃねらーが小泉や安倍など保守議員を嫌うように仕向けるため。

よって、一見嫌韓に見せかけてもしょせん左翼だから、決して「在日朝鮮人は全員半島に返さないと日本が不幸になる」などとは言わない。


126 :<<左翼過激派 中核派に注意!!A>>:2007/09/19(水) 16:03:17 ID:dwTgE+hN
>>125のリンク先の中核派の解説サイトにある「(安倍総理の壷のコピペを広めた)元エロ漫画家のフリーター」とはちゃねらーでもある「カマヤン」と言う児童ポルノ愛好家。
彼の昔の作品  http://www.din.or.jp/~kamayan/tuuhan/tuhan.htm

彼はもともと「スパイ防止法反対」などネット活動をしているが、これが規制されそうであちこちに「安倍内閣は表現の自由を破壊した」と言う内容の書き込みもしている。
例 http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1150898847/690

フリーセックス奨励の左翼過激派の彼らからすると児童ポルノや小学校での過激な性教育に反対する人は純潔教育を推進するカルト宗教の統一協会信者だそうだw
例 http://human7.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1163313771/68 


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 04:11:40 ID:WiYjOUG6
全てのものは同等に価値があり、同等に価値がない

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 00:28:40 ID:cdUIvQ4i
記憶に残る詩は『アメニモマケズ』とか中原中也くらい。

好きな歌人も短歌は素晴らしいが詩は悲惨。
ワケワカメ。

ワケワカメだけど素晴らしく感動したのはスピッツ草野の詩かな。
あとは糞みたいなもんだ。世間ではな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 02:47:15 ID:JWYnbA7H
ポップスの世界にも糞みたいな詞は多い。
文章として成り立ってないからな。

130 :名無しかへらず:2007/09/30(日) 17:04:21 ID:rxZ7diDT
詩は文章として成り立つ必要は無い。
詩人は社会人失格でよろしい。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 05:02:21 ID:43/x0ybm
サラリーマン。
これは詩人ではない。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 13:15:03 ID:KEDomGwn
詩人。
これは詩人だ。

133 :名無しかへらず:2007/10/03(水) 06:04:13 ID:ooaRGjJf
タイトルも作者名も目次も本文も奥付も
すべて空白の詩集を作りたいと思ったが
それってたんなるノートじゃん

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 03:47:38 ID:Re6Pl7oA
詩てのは情緒なんだ
腹は膨れないが人の生きていく溜息 足音 涙となるものだとおも

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 03:16:38 ID:eJ41vt4A
逃れる必要はない。戦うんだ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 18:21:06 ID:tVRV4xRl
>>1
「詩は理由を必要としない! 俺が詩を造ることを君は止められるか?」
と断固たる口調で答える。
それでも分からない奴は殴り倒す! ただしこれは、身長180センチ、体重80キロのマッチョ詩人の俺だからこそできるのだがw




137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 04:43:25 ID:bA2HgP06
電車と機関車と衝突(しょうとつ)した。噛(か)み合ったまま庭の築山(つきやま)をころがってゆき、電車は池におっこちた。機関車は躑躅(つつじ)の根で止まって、ちょっとの間、ゼンマイのから音をたてていた。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 11:07:17 ID:o9z40hw5
>>136
暴力で詩を理解させようとするのか、君は

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 14:03:49 ID:vasEDEeQ
詩を理解できないもの、まず暴力で相手を脅す

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 22:58:43 ID:HnWtIOXa
役に立つべきは人と人
詩は脇役でしかない

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 10:43:48 ID:EboxfW2H
詩は役に立たないという者は私の役には立たない

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 15:59:04 ID:EboxfW2H
あなたの役に立てるのはあなたしかいない

143 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2007/10/30(火) 22:11:42 ID:yX31XoHd
読者様を、詩階、詩列、詩番、正面右扉、ご招待、昼の部、開演
演舞場で心ゆくまでご観覧くださいませ。


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 17:31:28 ID:4MDJgqXR
人は皆有用の用を知るも、無用の用を知る莫し
(出典:荘子「人間世第四」)

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 00:48:13 ID:aXHtlRzO
詩は役に立たない
でも俺は詩が好きだ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 15:48:25 ID:tZ4N4qO6
「役に立つ」というのはいろんな意味がある。
詩を読むことによって心が豊かになり、
大事な人との関係が良くなったりする事は、
「役に立つ」とは言えないだろうか。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 16:57:22 ID:7laY3hNw
詩はオナニーのように役に立っている。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 19:45:13 ID:wQYPWmuk
詩らない。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 23:54:01 ID:UdHe7K5O
詩では立たない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 00:25:21 ID:vXIVm+yn
詩は役にたたない。
しかし少なくとも私の役には立っている。
八つの意味で。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 23:14:15 ID:0ri9jv1C
詩は役に立たない。
ならば何故今日まで詩が残ってきたのか?
それは人間の本能が詩を求めているからである。
よって詩は役に立つ。



暴論?

152 :  ◆UnderDv67M :2007/11/24(土) 10:06:25 ID:NACQdKpG
ヤクザでも知的障害者でも何でもいいようなやる気のなさですが
それが言葉が貴方の心に響いたのなら、暴論でもなんでもいいじゃないですか


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 15:22:00 ID:NfVi+xHW
詩はやくに立たない。
ようであり、時に、己やまわりの人を救ってくれる。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 21:28:07 ID:FScgMnht
役に立つ様に 生きてみろ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 06:23:02 ID:mMDNgU1D
人は役に立たない
だから絶滅するべき

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 20:38:37 ID:mstptmIY
>>1
そんなちまちました考えで詩なんか書いていられるか、ばーか!



157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 18:40:41 ID:SsSGgVkN
栄養さえ満たせば食い物に味は必要無いな?>>1

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 01:02:39 ID:qkjD25LB
いやまじで
ツブシは考えたほうがいい。
「詩に比べたら
英会話なんてちょろいっすよ」
くらい本気で言っておけ。



159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 00:07:14 ID:o4EUwxfM
詩とか哲学ってよく役に立たないって言われるけど
例えば精神病とかで本気で苦しんでる人の痛みを軽減したりとかできるだけでも
充分役に立っているといえるんじゃないか

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/30(金) 00:10:57 ID:DDZ1QgRp
むしろ健康な人の娯楽じゃない?
理屈がわかれば病気が治るわけじゃないよ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 21:16:49 ID:X/LX3akj
詩は人類の役立たず。人類は生命の役立たず。
生命は地球の役立たず。地球は宇宙の役立たず。

中二なんて可愛いものじゃない。自称現実主義者のハシカと比べれば。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 15:48:52 ID:3OH9jj0a
詩がなかったら歴史が動いてないだろう

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 14:52:46 ID:lHw8UGjm
マスコミは報道しないが…日本壊滅の危機!?

「放置すると、日韓関係にヒビ」 外国人参政権付与、成立への流れ加速も…公明に各党同調、自民反対派は沈黙、首相次第か

オランダのイスラム原理主義みたいに…日本国内に韓国市が誕生する
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%AA%A5%E9%A5%F3%A5%C0%A4%CE%A5%A4%A5%B9%A5%E9%A5%E0%B8%B6%CD%FD&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1&x=26&y=15


マスコミが報道しない外国人参政権のカラクリ!
http://jp.youtube.com/watch?v=pILX1H6eRuU&feature=related

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 18:22:03 ID:p4+VonSL
>>1
本読んだ事ないのか?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 23:31:13 ID:3szbP4G6
>>1の文から「>>1は本を読んだことがないのではないか」という疑念が沸く
それが詩文学板クオリティ

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 04:10:48 ID:JdHQ2B/8
娯楽は詩文に限らず無駄なものだらけ
1に反論するなら
「じゃあ人間に娯楽はいらないね」
この一言で事足りる

167 :あっちゃんブリゲ:2007/12/08(土) 12:02:45 ID:kvOhOcMO

世間の普通の人は詩など読まない
(ノサック『ドロテーア』神品義雄訳)

いったいなんのために書くのか?
(ノサック『弟』4、中野孝次訳)

詩人の不幸ほど甚だしいものはないでしょう。さまざまな災悪によりいっそう深く苦しめられるばかりでなく、それらを解明するという義務も負うているからです
(レイナルド・アレナス『めくるめく世界』34、鼓 直・杉山 晃訳)

詩とは認識への焦慮なのです、それが詩の願いです、
(ブロッホ『ウェルギリウスの死』第V部、川村二郎訳)

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 15:47:27 ID:nGaNoEUC
>>1

役に立つ詩集あるじゃん

「株の儲け方」
「電子工学の基礎技術」

その他多数の詩集がこの世には満ちている・・・。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 12:53:38 ID:R5Zxu35a
「君程では無い。嘘だと云ふなら僕の役に立って見給へ」と反論し、無理難題をふっかける。
もし出来なければ、詩を朗読し、「君はこの一編の詩の価値すら無いね」と言う。
もしやり遂げたら、やはり詩を朗読し、「君の仕事はこの詩一編にも及ばない」と言う。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 18:51:12 ID:9lEnn81j
広告でよく使われてるし、著作権切れれば最高に役に立ってるぞw



171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 23:13:09 ID:GNNUebBX
役に立つ時もある
目に見えて利用出来る物じゃないんだ
それぞれの価値観で言葉の重みは変わるし受け取り方も違う。
詩はその人の中味を豊かにしてくれるよ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 16:02:41 ID:dQ1ZEo5+
人間はどんなに冷静を装ってみても、
やはり感情に支配されて生きている。

このような質問には、こう返してやればいい。
「君は感情を捨てることが出来るのかね?
 出来るのならば、君の人生に詩など一切必要ない。」


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/24(月) 22:13:56 ID:94zVhlKJ
外国では詩は必要とされるもの。
詩人は特別な人間として尊重されてる。
日本じゃ、短歌俳句があるんで、大衆詩人が多すぎだから
地位が低い。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 05:59:07 ID:d8vSSNJe
昔の科学者は詩人を兼任している人が多く、
発明の記録も詩にして書き残したそうだ。

詩が役に立つか否かを問うならば、
絵画や音楽に対しても問うべきである。

詩は感動の心を表すことができるし、
美しいものを人に伝えることができる。
詩という形にまとめられた言葉は、ただの散文よりも忘れられにくく、
文化を子孫に、歴史を後世に伝える手段ともなる。

詩は芸術だ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 08:09:13 ID:YGDx4Quq
人生はボードレールの一行に如かない

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 17:56:32 ID:tz370B/W
「じゃあ明日からJ-POPも歌詞無しな。」って言ったら折れるだろ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 13:31:09 ID:AUSNd1SS
たかが詩されど詩

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 02:20:09 ID:sZWe6Cnn
http://www.youtube.com/watch?v=UJq2Zp5BUmc

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 00:01:26 ID:ZomDUB7n
http://minusxero.jugem.jp/


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 02:23:09 ID:r71Ys5yw
腹はふくらまないけど、心は満たされるんじゃないかな?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 02:05:09 ID:cglVld1Y
人生役に立つもの・立たないもの、という区別だけで図ろうとすることはおろかだとは思わないかい?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 16:10:48 ID:Fi6KGQlu
このスレはニートとかヒッキーにはあてはまるとおもうよ、空想で生きては
いけないからね、飯をくう自分、ウンコする自分をみとめてから、精神や哲学
や文学を語ればいいと思いますが、いかがでしょうか。

183 :名無しさん@お腹いっぱい、:2008/01/27(日) 01:17:32 ID:3Uthp83A
いらないモノ・サービスを過剰に生産して
地球環境破壊しつつ
身分不相応の月給もらってるくせに
偉そうなのは何故?
自省とかしないの?

生活だけならイヌでもするよ

184 :名無しさん@お腹いっぱい、:2008/01/27(日) 01:35:41 ID:3Uthp83A
鬱なのでついイラッとしてしまった。
すまん。
反省してる。

しばらく謹慎します。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 05:27:40 ID:B09lYxUy
詩を学んだら東大いけますかね?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 08:33:50 ID:AHeXRbRN
2chでパチンコの大手、株式会社マルハン(代表取締役会長 韓 昌 祐、代表取締役社長 鈴木 嘉和、代表取締役副社長 韓 裕)
のスレで ホルコンや遠隔や桜などについて書き込むと工作員(渋谷マルハン社員、マルハンに依頼されたネット工作会社)(仮)
がやってきてスレを荒らしてスレを機能停止させます。(大量のコピペを連投するのでコピペ馬鹿と呼ばれている)
↓↓工作員の荒らしのやり方↓↓
2007/11/03(土)ID:b+XZQwwt0
マルハン難波店http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1146755003/417
マルハン総合スレッドhttp://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/413-416
MPT渋谷パート9http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1197771701/9
2007/11/14(水)ID:IQ2W+BsJ0 2007/11/15(木)ID:Fi5mVWm/0
マルハン総合スレッド 9http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/486-488
マルハン難波店http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1146755003/434-437
ガイア(笑)http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1178977365/490-492
ガイア正社員友の会http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1188211786/134-138

工作員に荒らされ機能停止したスレ
■■■■マルハン総合スレッド 9■■■■http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1187021165/
【山崎】MPT渋谷パート9【シャネル】http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1197771701
【基地外が大暴れ4】エスパス日拓総合スレ【18発目】http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1188885488
MPT渋谷はマルハン・パチンコ・タワー渋谷の略です。

パチンコ産業は荒らすことでレスとレスの間を空けて読む気をなくさせたり
マネーロンダリング、さくら、ホルコン、遠隔、などの風評被害を最小限に抑えようとしてる。

新スレ→○○○マルハンパチンコタワー渋谷パート10○○○
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1201304777/l50



187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 14:42:39 ID:7d4rSDCY
詩を書いて世界第何位とかの大金持ちになった奴なんていないしなぁ。

言葉と言うのは誰でも使うものだから、いつも最先端の部分で活用される。
(企画書とかスローガンとか、机上の理論など)

そのためか、安易にうまく海千山千の輩からウブい詩人どもは利用される
事が多い。

第二次大戦が敗戦に終わった後、戦意高揚詩を書いて戦犯指定された
芸術家は詩人・俳人・歌人がダントツだったらしいしね。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 03:32:24 ID:LuHETwEW
ついでに科学者もな。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 16:08:22 ID:k/3NMfVE
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事がかなったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。 この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。
もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。
とても奇妙ですが当たってませんか?


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 02:03:10 ID:txKLAYId
詩は、現実とは闘わない。しかし現実と闘う人間に寄り添っている。

だから時には生きる力にもなります。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/25(月) 20:05:25 ID:LMyEOowA
んなもん決まってる
書かなきゃ生きていけないからだ
それが理解できない奴は詩をただの文字列としか見れてない

192 : ◆y.hTXUCvRg :2008/03/02(日) 04:41:47 ID:h4tdgPtv

この世界を
変える


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 14:02:24 ID:/NmLMnZa
そしたら書道も意味なくなる気がする。字うまく書けたからなに?みたいな

詩って人の気持ちに訴えかけたり、伝えたいことをストレートぶつけることができるんじゃないかな。言葉の芸術みたいな感じで

キャッチコピーも一種の詩だと思う。
no music no lifeとか

まぁ芸術に意味なんか求めたらその時点で芸術じゃなくなるわけだがね

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 00:29:19 ID:XZPbTrbI
詩より役に立つものなんてあるのか?



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 13:59:55 ID:Z6/dZC4i
役にたつものしかないなら、この世はつまらない 。

196 :◇◇早◇◇:2008/03/21(金) 11:56:09 ID:0f255Bmt

>>1
言葉など全て、詩の化石・枯葉・抜け殻でしかない。
日常の死んだ言葉なんかよりずっと詩の生きた言葉の方が価値がある。
大衆は死んだ言葉にしか意味を見出せないような、
そして死んだ意味をみんなで共有しているような、枯葉拾いの集まり。
詩人は自ら新しい木になって、陽光を浴びて風と囁きあうような、
生きた新しい若葉をたくさん生い茂らせる。
大衆は詩人の言葉が木から落ちたらそれを拾っているだけ。
とにかく、詩人にとって詩以外の言葉などに意味も価値もなく、
詩にのみ、意味と価値が通っている。

197 :宣伝失礼しようと思ったらURLなぜか書き込めなかった:2008/03/21(金) 11:58:25 ID:0f255Bmt

躁うつ病の二十歳のブログです。
Yahooで「HEAVEN's MEMORY」と検索したら一番上に出てきます。
詩・小説・論文・鉛筆画/哲学・芸術・神話・神秘主義

聖書、エックハルト、ゲーテ、ニーチェ、ユング
ランボー、ジョンレノン、尾崎豊

宣伝失礼しました。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 11:35:47 ID:9EkEPZA8
http://find.2ch.net/?STR=%BB%ED

199 :url書き込めるかテスト:2008/03/22(土) 11:36:52 ID:9EkEPZA8
http://13hp.jp/page.cgi?id=beatrice&ak=&pn=1

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 11:38:01 ID:9EkEPZA8
宣伝失礼しました

201 :D:2008/03/22(土) 14:56:00 ID:uyQWAGtt
>>1
『ラインの護り』;普仏戦争や第一次世界大戦、第二次世界大戦では
実際にドイツ軍の戦意高揚に寄与。
日本の軍歌;同様に当時の日本人の戦意高揚に寄与。
中韓の抗日/反日の歌;同様に中韓の人々の戦意高揚に寄与。
『ラ・マルセイエーズ』;同様にフランス革命期の中下層民の戦意高揚に
寄与し、現在フランス国歌。

詩/詞はこんなに役に立ってますが?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 19:17:38 ID:PuYkhXC/
そんなことを言っているお前の方が役に立たない。


203 :歌垣:2008/03/25(火) 20:23:12 ID:JzEOTXha
ちょっと、考えさせて下さい。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 16:16:58 ID:1ohNV7I/
ヒント:クルアーン

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 19:32:08 ID:Hda5A6UK
それがどうした?


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 14:42:00 ID:ncQ6gGfv
役に立つものなんか糞喰らえ

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 18:38:29 ID:PPnzUTeH
問題ありましぇーーーーん。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 19:36:48 ID:3fhLN9SK
詩に限らず、芸術、音楽などでお腹はふくれない。
しかし、詩、芸術、音楽は人の精神を豊にし、感動を与える。
精神に感動を与えないものは芸術とはいえない

209 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 01:47:32 ID:ma9sW2tK
で役に立たないから何?

てのが答えだろw

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 23:58:04 ID:XhFKnsK1
役に立つのは松居棒と楽天まーくんくらいでいいんですよ
詩なんて役立たずの居直りです
様々な居直りに価値を見付ける作業をしているだけ

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 19:55:15 ID:g93b8vo1
松井棒なんて役に立たないよ。
ゴム手して便器でも何でも手を突っ込んで磨くのが一番ですよ。
詩は自分の役に立てばいいんですよ。
他人の役に立とうなんて思うから踏み外すんです。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 04:09:56 ID:tfVgt194
役にたたないって…
物質的、肉体的にはそうかもだけど
感動を与える、魂を揺さぶる
重要な役割があるじゃん…


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 15:16:15 ID:Wj5N5Ieu
「役に立つ」って何?
か。

絵を見ても歌を聴いても腹は膨れない。
それならどこでも短時間で噛みしめられ、何の道具も必要としないものの方がいいな。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 18:14:44 ID:/Pj0LUSu
役に立たないから素晴らしいのだよ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 13:48:49 ID:yWHH7W7Y
>>17天才

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 16:30:44 ID:c5//oHxE
癒されるで終わり

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 22:40:48 ID:UmPbBehP
医歯薬理工系の学問だってほとんど役に立ってないよ

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 06:07:28 ID:KR2HoOKm
それはちょっと横暴だなあ

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 02:49:36 ID:uOv4fISJ
「女房にベッドで役立たずと罵られることに比べれば気にもならない批判さ」
ピエール・ペロニスキー

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:00:17 ID:DlD2bXy+
>>1


役に立つとか立たないとか、そんなことはどうでもいい。




222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/17(土) 13:34:51 ID:PYP9rbs2
役に立たないからこそ、詩なのだ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 07:39:44 ID:x8V/xzeS
平気で嘘をつく朝鮮産の「病変豚」にして陰湿な変質者・長谷川櫂に関して、
(熊本県下の鮮人部落の生まれらしいが、自称「俳句詠み」だそうだ)

長谷川が死んで目出度き今宵かな

変態の 長谷川隆喜 色情狂 畜奴にさえも 相手にされねど
残飯を 喰わせる価値もなき 長谷川櫂 吉兆などには 縁も無き山出し
生まれつき 狂牛病患者の 長谷川チョン
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂
畜生にも 相手にされぬは 長谷川チョン
妻子にも 軽蔑される 長谷川隆喜


臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえ
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無かったゲスだ!
幼女に猥褻行為をはたらいて讀賣新聞社を解雇されたという話だし
単細胞そのものの無知無能ぶりをさらけ出して恥じぬ不具者。
田舎臭い西洋かぶれのくせに、かけらの常識的知識すら持ち合わせぬ低能、
しんそこ長谷川は「キモブサイクな化け物だな」と知る人は皆、口を揃えて言うぞ。
東海大という最底辺の学校でも学生たちに侮蔑されてばかりいる阿呆だ。
後味の悪いことには、この鮮人(長谷川)風情がまだ生きながらえて居るというのだ
この賤民について知らない人は「長谷川隆喜」で検索してみるといい。
自殺する勇気も気概も絶無のデカズラ不具者、長谷川がようやく抹殺されて重畳ではある。
また、長谷川の如き無様な道化者のためのスレも無くなって目出度い限りだ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 00:52:51 ID:Z8zVxZXr
腹がふくれれば生きていけるのか? と返す

225 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 23:22:44 ID:QUI/YWvd
精神世界で癒される第38章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1210246310/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、スレ主さんを下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。どなたも、癒やされますよ。ひとっぷろ、どうですか?
いやしに尽いて、ひとこと いただけませんか?

↓ ここでは、さとりの語り手をつのっています。<(_ _)>

坐禅と見性第57章ろうそくの炎を吹き消せ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1210832703/

なにかしらその意のあるところを語ってください。

宗教とは、インドにおける原意では、いかに生きるかと言う事。

坐禅と見性 第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか
物質には、名詞があります。その名詞を剥ぎ取った時、これをなんと呼ぶか、と言う公案です。

また、片手の人が叩く拍手の音を聞いてこい。
ほかに、30メートル先のろうそくの炎を坐のままで、吹き消せ!
と言う公案に参禅しています。
カキコ、のほどよろしくおねがいします、m(__)m

227 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 03:44:43 ID:Lyun/Ski
役に立つ立たないは関係なく、
書かずにいられないから書くんだよ。

書かないと精神が崩壊してしまうんだ。

それが本当の作家だよ。


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 05:22:49 ID:CKEpJPLy
役に立たない
の役の意味は、
そして何の役?
定義が必要だろ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 12:23:15 ID:0I85djZN
http://jp.youtube.com/watch?v=-874lD-j5vY

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 21:09:17 ID:fz2mANkd
今さら感動が必要とか言ってる人がいて笑える。
芸術から感動が失われたのはもう何十年も前のこと。
魂も精神も現代には存在しない。
よって詩など価値がない。

232 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/04(水) 10:27:18 ID:0HGg5Fut
鳴こうとも
殺してしまえ
長谷川櫂

蛆虫に劣るクズ、変態オカマの老婆・長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)が早く死にますように!
と近隣の人々や関係者一同が常に祈っているようです。
この醜悪卑劣なゲスから、これ以上迷惑を被らない為にも
「誰か義侠心に富む人物が長谷川を叩き殺してくれますように!」
と願ってやまない毎日だそうです。
老いて尚、皆から憎まれる在日チョンのグロテスクな化け物
長谷川隆喜=長谷川櫂が狂死することを望まぬ人は居ないとか。
劣等感のカタマリの臆病卑劣な変質者、口を開けば無知無教養の限りを
さらけ出して恥じない無下の山出し、中学生程度の英語すら読めぬ無能さ、etc.
これが長谷川隆喜(長谷川櫂)の正体なのだから。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 01:59:56 ID:S+IK9sTa
底抜けの低能にして無知無学な山出しのクズ、長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)を
生かしておく理由など皆無だ。
さっさとこの臆病な卑劣漢を誰かが抹殺してしまうとよいのだが。
しかし事実上、コヤツはクタバッタも同然の「生ける屍」でしかないがな。
おぞましい天刑病に全身が腐り果てているから(精神は生まれつき腐敗して悪臭放ってるぞ)

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 11:58:14 ID:EBP1QZsk
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)が如何に無知無教養で愚鈍な田舎者かというコトは
コヤツに一言、話させてみれば誰にでもわかる。
小学生並みの基礎的知識も無く、世間の一般常識も無く、阿呆さ加減の限りを
すぐさまさらけ出してくれるだろうからな。
その上おのれが低能無比なものだから、ゲスの勘ぐり剥き出しで、相手まで
徹底した知能劣弱・人格陋劣な人物だろう等と勘ぐって出しゃばるのが常だ。
みんなの嘲笑の的になっている事実にすら気付かない無様な体たらくだ!
しかも恥知らずにも今なお生きているとは実に哀れな賤民だな、長谷川チョンは!
この変態の長谷川が一刻も早く殺戮されて世界が浄化されることを期待する。


236 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/06/07(土) 23:23:29 ID:keQ0cyd6
「役に立たない」って紋切り型が、
逆に変なロマンティックな(詩的)存在としての「詩人」という意味を際だたせちゃってるよ。
「文学は死んだ」もそうだけど、こうやって文学は延命して行くわけだな

ま、むしろ詩は多少は役に立つとか言えばいいんじゃない?
全然、詩じゃないけど、世間じゃ好かれてる「詩人」(!)、星野富弘、相田みつをも売れてるしさ。
私は大嫌いな谷川俊太郎、金子みすずもけーこー売れてるな。
ああいう詩だか何だかか分からないのに励まされたとかという連中多いから
ま、詩は役に立つんじゃない?
ははは

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 01:00:02 ID:4na4SRhc
変態の
長谷川隆喜
ババア以下

長谷川櫂、本名「長谷川隆喜」は憶病小心な田舎者のくせに
極めて嫉妬深く、かつ陰険卑劣なクズでしかない。
劣等感の塊にして愚鈍な山出しだというのに、おそろしく猜疑心が強く、
自分より秀でた人物をあれこれ勘ぐったり、蔭で中傷する等しては
悪質な噂を流したりして辛うじて生きて来ただけの畜奴に劣る賤民だ。
長谷川が一日も早く此の世から死に失せる日が来ることを待ち望んでいる
まともな人々が大勢いるのも当然だ。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 04:30:42 ID:MPLcvxVy
おまえうざすぎ。どっかいけや。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 08:31:14 ID:4na4SRhc
「ねそが事する」という俚諺を聞いたことがある。
だから長谷川チョンも秋葉原かどこかで無差別通り魔事件を起こすかも。
そうなる前に誰か長谷川を叩き殺してやってくれ!

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 12:35:40 ID:dFvo1Y9D
「長谷川」ではわからん。

241 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/13(金) 23:54:24 ID:TQGAQtph
>>1

では 腹値がない。 。じがふ く
れいつに価 しま


すか い。 意味がな

からある昔こ 実味溢れる言 んな現葉
                              に、ど反う

これが詩ですが何か?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 18:40:10 ID:JucrkfEo
長谷川チョンは近頃、黒癩も発症して崩れ果てた面体が腐り爛れて
猛烈な悪臭を放っているという。
あの醜悪極まりない形相を見よ。
絶対に近づいてはならない!
化け物仲間になりたく無いのなら。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 21:04:28 ID:RALTrv2q
長谷川ってホントウにいやらしいヤツなんですね。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 11:27:31 ID:2/kXx+0p
>>1
マラルメなら
「世の中に役に立つものなんてない」と
返すだろうか?

246 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 17:50:28 ID:GMnIlzI1
食料は役に立ってるじゃん。
「役に立つ物など無い」という詩人はもちろん何も食わなかったんだろうね

248 :245:2008/06/26(木) 22:03:39 ID:c8q2cm7T
>>247
>食料は役に立ってるじゃん
何の?
人が生きる/死ぬこと、国家や社会の存在そのものが本質的に無意味だって
言ってんのよ?

249 :仔猫で@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 04:45:41 ID:UBAc2lGR
人間の食料=人間の役に立つ

食料=役に立つ
と置き換えるのはやはりファラシーだな。





国家だの社会だの社会人だのは
腹も立たんほど無意味で役に立たんな。

毎日職場へ通って税金払ってるだけが生きてる証とは。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 11:38:18 ID:cHQsSUMU
長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 16:35:28 ID:mXbp2p1L
好きだからいいじゃん。
私にとっての快楽だ。
 
役に立つどころか体に害をなす煙草や酒をやめられない人間が世の中何人いると思ってるんだ?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 07:42:05 ID:PH/gTsyZ
煙草も酒もお店に流通し生活を潤わせている。
詩は売れもしないし、一部の変な人にしか役に立たない。
国家も社会もいらないなら、さっさと死んだらいい

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 16:34:56 ID:+Td2MALN
>>252
アホ。死もまた無意味なんだよ。
詩だってその愛読者には潤いを与えてるしな。
つか「無意味」ってことをまだネガティヴに捉えてるだろ?
マラルメは詩を言わば裏側から肯定したんだよ。
それに反論できるやつなんていないと思うがな。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 02:43:29 ID:rQjioVy3
つまりマラルメが言ったから詩は偉いってか。
とても詩的な発言とは思えないな

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 20:52:05 ID:qpSS597V
>>254
偉い?
物事の本質を言ったまでだろうが。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 03:35:09 ID:9iYJyTx5
役に立たせようと思えばいくらでも役に立たせられるだろうが
別に死が特別役に立たなくてもいいよな
道具としてなら死なんかよりも有用なもんはたくさんある

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 23:55:55 ID:1zMfCRqe
>>256
君が言う「有用」ってのは存在の維持あるいは破壊に
寄与するって以外の意味ではないじゃない?
「進化」の過程が無意味(ドーキンスら)な以上、
本質的に有用なもんなんか何もないだろ?
言い換えると、存在なんてのは存在者にとってだけしか
意味を為さないんだよ。しかも特定のね。
マラルメにおいては、詩もまたそういう風に肯定されてる。
そしてそのことは誰にも抗えない事実だよ。

258 :ランボー崇拝:2008/07/06(日) 02:47:47 ID:k2gYB+x4
ドストエフスキーの主人公ばりにヒステリックに「貴様ァ!!」と怒鳴り散らし、
往復ビンタ、そして首根っこを締め上げ地面に叩きつけ、片足首を掴み100Mひきづりまわした後
顔面につばを吐き捨て最後にJOJO風のポーズで中原中也的に決めぜりふを言う

「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」



これこそ詩人の絶望の深淵を味わわせる術だ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 02:49:08 ID:K2zFKEp9
君の言葉は機械的で無駄が無い駄目人間

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 03:00:02 ID:k2gYB+x4
なんだと!?殺すぞ?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 22:27:05 ID:YVWY7CzL
それは褒め言葉では?

262 :町居則子(金神弁天):2008/07/10(木) 16:24:09 ID:MdGw416L
スクープ!実録、
お水の恐怖やらポルノの有害さにのた打ち回る男達


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 12:05:55 ID:tqQiIY5q
単純に、いい詩を声に出して読むと健康にいいよ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 05:08:05 ID:2EHpSqAL
ドストの主人公でヒステリックに喚く奴なんていたっけ?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 03:20:46 ID:HdQ9wBRg
変態の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名) 死に果てて
           はれて嬉しき  今日の明けゆく

長谷川の如き陰湿下劣にして無知無教養、品性陋劣極まり無いゲス下郎に
「俳句詠み」だ等と名のらせておいて恥ずかしくはナイのか?
この出来損ないどもめが!
一刻も早く、あのクズを処分してしまえばよいものを。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 18:32:21 ID:7OrZG5gH
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)という者が陰険卑劣で臆病無比な田舎者であることは
万人周知に属することがらであろう。
こやつは劣等感のカタマリであるため、自分より優秀な人物に対して唾棄すべき嫉妬心で
陰に陽に下劣な嫌がらせをつづけ、しかも自分では怖くて何も出来ない小心者なので、
他人に誹謗中傷を吹き込んで何とか有能で勝れた秀才を陥れてやまなかったのも厳然たる事実だ!
こんなおぞましい低劣な山出しを雇っていた讀賣新聞社の良識を疑う次第である。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 01:00:14 ID:1kqalvOR
父は何度も言ったものだ、「どうして無用なものに手を染めるのか?
 ホメロスだって財産を残しはしなかったというのに」。
私は父の言葉に動かされ、ヘリコン山をすっかり棄てて
 韻律のない言葉を書こうとした。
だが、歌が自然と適切な韻律に合ってしまい、
 言おうとしたものが韻文になってしまうのだった。

オウィディウス『悲しみの歌/黒海からの手紙』183ページ 「悲しみの歌」第4巻第十歌

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/27(水) 14:56:42 ID:iahJ2Vg8
「詩が役に立ちまくる」ような世の中ってなんだかいやだ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/29(金) 14:00:13 ID:Fb7F+/jG
広告の文句だって、広い意味じゃ「詩」だがね。
音韻と意味こそが「詩」の要となるものであり、
「世の中」が言葉=記号で回ってる以上、
それは「世の中」にも言えること。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/29(金) 19:30:13 ID:uGyMoSRd
詩が役に立つ世界は病んでると思うんだ

まぁ歯車は歯車らしく生きるがよい

271 :武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s :2008/08/30(土) 00:58:35 ID:knqPaFKP
「役に立たない」って言いぐさ自体が、
変な詩的w価値を生み出しているよ。
ついでにいえば「役に立たない」ことがつまんない「詩人」の自意識を手助けしている感もあるな。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 18:48:11 ID:EsvbSmmm
心が豊かになると思うんだが…
なによりの価値だ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/15(月) 13:16:13 ID:uzoAdLGd
役に立たない。そうだね。事実だよ。
詩を書いてもメロンは甘くならないよ。
でもね、役に立たないのに重視されてるものなんて、
他にも腐るほどあるでしょう。

274 :オナニスト:2008/09/16(火) 17:39:34 ID:4hISrHKO
.






















.

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 19:50:11 ID:/dIeIYG6
uhi

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/16(火) 23:54:58 ID:6YeHB/Uc
でも詩人には詩が必要なんだよ。





277 :花嫁:2008/10/08(水) 21:19:18 ID:tfdHnphV
詩には詩人は必要ない

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/24(金) 15:18:39 ID:SI18virM
「詩が役に立ちまくる」ような世の中になったらそれはそれで嫌だなあ。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/27(月) 02:21:37 ID:QMB+weBB
詩が必要になるような世の中ってどんなだろう?
人心が乱れる乱世とか?


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/27(月) 08:13:51 ID:QxJZJTVg
政権交代こそ景気対策
ほとんどの国民は早期解散を望んでいる!権力にしがみつく麻生は国賊!皆、怒りの声をあげよう!!

もはや自民党・公明党の政策は賞味期限切れ。
金融危機・経済危機を乗り切るには、日本という国の「形」を再構築しなければならない。
高級官僚に支配された政治、ますます拡大する格差社会の是正、お年寄りを大切にする社会を作るために、自民党はもはやふさわしくないということ。
危機をあおってどさくれまぎれに悪法の成立とバラマキを行なうことは、将来に禍根を残す。
もちろん、そんな自民党・公明党に未練を残す人たちもいるでしょうから、
総選挙をもって自民党か、それとも民主党を中心とする連合内閣かを選ぶ権利を、国民に早急に行使させるべき。
麻生さんや自民党・公明党の「権力しがみつき体質」には、ほとほとうんざりだ。



281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/04(火) 22:08:52 ID:LKToXCYo
やーん、楽しい。どーしよっかな、
詩は役に立たない婚約指輪と同じ位に
詩は役に立たない臍の緒と同じ位に・・・

逃れたいのか逃れたくないのか解らなくなっちゃった。

文字には役に立たない永遠の時が宿っているのだーっ ☆ るん。
とか信じてみるw

282 :花籠@自作自演:2008/11/04(火) 22:12:10 ID:LKToXCYo
↑いみふー。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/07(金) 08:23:35 ID:H5q4Rys/
そもそも、芸術的行為や作品に何かしらの利益を求める事自体がナンセンスなのでは?

金銭的な意味での利益であればますますそれは明確。

しかし「詩では腹はふくれない」ってのも素敵に詩的な葛藤。

そんな葛藤から生まれる言葉の数々。

悩め!

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/15(土) 20:29:25 ID:Z6zHAjYp
役に立つかではなく、そっとあるもの
あなたの隣に、後ろに、前に、中に

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/23(日) 02:30:15 ID:q5kzXkvi
吉本隆明が言ってたが、

「文学とは自己慰安である」

これでいいんじゃまいか

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/23(日) 14:15:07 ID:UhUIoKCm
自分のために書くなら腹はふくれないっしょ
自分のための詩が人を救うかどうかは自分自身が何者なのかによるんだから

やっぱ腹をふくらましたいなら落とし所を探すべきなのかもね

詩は役に立たせたい対象が誰なのかによって、役に立つか、立たないか決まるんじゃない?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 03:02:39 ID:MaWQ21si
健康な人間なら誰しも食わずに二日は過せるが、詩なしでは全く過せない
って言った人がいたけど、それ以前に詩の歴史を考えると詩が役に立たない理由が見つからない。
散文の発生の方が後だろ。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 09:30:11 ID:2arzET/l
詩はいわば基礎研究。大衆芸術は商品化された製品。
消費者の目に無駄と映る基礎研究もあるだろうな。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/10(水) 15:15:34 ID:MnQaA6c7
真の意味で詩を必要としているのは詩人だけだ。それでいいんじゃないか?


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 02:57:58 ID:0LigOLbH
逃れなくてもいいじゃん

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/31(水) 07:09:00 ID:8XAgyrSm
詩なんて趣味でやるもんだから別に役に立たんでいーじゃん
そんなんで生活なんてできないし、そもそもそんなんで生活しようとする奴はプー太郎と変わらん

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 17:48:53 ID:/PnGGHSj
読んでて虫唾が走るような詩は既に死んでる

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/18(水) 20:52:47 ID:yJfGxRWV
詩は排泄物
嫌われるのが道理
だが、生きるためには不可欠
二律背反
それが詩であり、それが真理

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/20(金) 01:39:59 ID:AhEHOcBD
ぱっと見て意味がわかんねー詩は
その人にとって何の意味も無い
1円にもならないが
違う人にとっては人生に影響することもある

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 07:46:45 ID:R60TUj7D
確かに言葉がないと生きていけないかもしれない
考えたりするのも困難だし
人と繋がることもままならないから
だけど詩って何だ?
型にはめ込まれた言葉の羅列に作者だけが満足・・・ってそれだけでいいのかよ
せめて読んだ人が勇気をもらえたり
心のモヤモヤを浄化させてくれるような時にはじめて
その言葉達を詩って呼んでほしい
簡略されてる分良いも悪いも直に心に響いてしまうから

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 23:16:37 ID:uA3BKI77
作者だけが満足するだけでも詩には存在意義がある。
作者さえも満足させられなくても詩には存在意義がある。


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:54:33 ID:55FEuEDI
吐露することで内面的な自分と向き合って癒す側面が強いのかな詩は
出てくる言葉だって自分の内の内から出てくる感じだし
それが他人に与える影響だとか考えないほうがいいのかもしれない
別問題

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 02:02:05 ID:3AT2zV2f
詩は役に立たないが詩を生み出す生活は濃い生活だ

詩が自分に何をしてくれるかではなく、自分が詩に対して何が出来るかを考えよ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 07:44:14 ID:vL3oAJv+
詩に縛られたくはない
だけど自身の経験がインスピレーションの元なのは確かかな

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/10(火) 03:50:46 ID:IpP0Af1l
オナニーと同じでしょ。一見無意味に見えることでも役に立ってるのよ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/10(火) 19:46:18 ID:6ER9Gr46
言ってみれば日常で心に浮かぶ幾つもの言葉の断片だって詩と呼べるのかな
だったら生まれてから死ぬまでが長編の詩集だったりして

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/12(木) 17:06:04 ID:GwvdpqPN
でも言葉にできない思いを無理やり詩に押し込めたくはない
言葉で表す能を少なくとも自分は持っていない
ただ降りてくるものには忠実に
出てきたいのなら出てこいと
言葉になりたいのなら言葉になれと
それが今の自分にとっての真実ならば
後悔はない

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 01:33:00 ID:ep5aPUn8
ドイツで乱射があったけど、死んだのはせいぜい20人くらい。
しょせん銃を使ってもその程度。
だが、詩の力なら、100人殺せる可能性があるのではないかと思った。
そんな力を持った詩を作りたいね。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 02:25:50 ID:uNMS5lJb
先に詩っぽいものを書いたはいいけれど
誤解されたりするのは一番つらいな

表現物なら良く作用する場合もあれば
副作用になったりする場合もあるのかもしれない

だけど決して何かの破滅につながるようなものであってほしくない

表現欲求って何かをよくしたいというのが第一じゃない?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 21:51:08 ID:kzndvuxa
表現を受け取る側から考えてみると
愛?が感じられないものは読んでてしんどくなる
何も直接的なものではなく自己愛的でもなくて
叙情的な詩はイメージが容易にふくらんでくるし
真理を突きつけるよう詩はおおなるほどなと思ったりする
それ以外だと何が言いたいんだ?と理解できない詩や
作者の心の黒さがにじみ出てる詩だとかにたまに会う
それでも読み手にとっては有益になるのかもしれないし
なによりそこに文字になるに至ったんだから否定はできやしないけど






306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 03:59:14 ID:E/HkuQec
詩と歌詞の比較

詩の場合は縛りがないぶん自由に表現できる
その分インパクトある言葉、差別的表現に頼りがちなところもある

歌詞の場合はメロディーの響きを壊さないために言葉の取捨選択がある
その分全体を通してまとまりがなかったり、薄っぺらくなることもある

歌詞は受動的にサラサラと入ってくるから音さえ良ければ聴き流すことができるけど
詩は能動的に読み進めていかなくちゃならないから
ちょっとでも面白くないと嫌悪感いだいて読むのをやめたくなってしまう

歌詞はメロディーを詩は読者を大切にしなきゃいけない


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 23:29:52 ID:dLZvyyEK
結局感性の問題なのかと
メジャーよりな詩とマイナーよりな詩があるのは事実だけど
それぞれの世界で共鳴したりされたりでいいんじゃないかと

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/29(日) 09:57:46 ID:V9nmanyG
>306
俺は詩より歌詞が好きなんだが、メロディーや歌唱がどれだけ良くても詞がダメだと好きにならないぞ。EXILEとかGreeeenとかな。それに、詞に歌をつける方法もある。
何より、薄っぺらくなるのはその作詞者のレベルが低いだけだ。レベルの高い詞を書けるアーティストなんて何人いるのか疑問だけどな。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 23:30:26 ID:1ZaiLB19
歌詞はメロディーあってこそのものだと思うから
どれだけその場面場面でメロディーを引き立てさせてあげられるかだと思う
声質とのマッチ感も重要で
チープな曲にはチープな詞があってる場合だってある
自分は曲先が多いからよくは分からないけど
詞先でもあまりに文学的、偏狭的だと
それ相応の歌い手、メロディー、アレンジで飾ってあげないと
音楽としては壊れてしまうと思う
どれだけ詞とメロディーのシンクロで世界観が出せるかが大事だと思う

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 18:46:03 ID:sz/TDX19
人のために書くものじゃないしな
詩人はみな自分のために書いている
絶対にそう

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 23:19:35 ID:Y+exzDTS
出発点は自分のためかもしれない
だけど良いものは広がってゆくようなパワーをもっている
それにアクセスできるかまたはそれをうまく発信できるかは
その人の感性のアンテナ次第

312 :ge:2009/06/15(月) 16:44:03 ID:n1H2wbjT
みなさま 人生 大成功 大満足 している方々のようでうらやましいです

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 01:55:20 ID:TCc7LDEl
詩は役に立たない
その通り

だけど、もし
この世界に
詩が無かったとしたら

それはなんと
つまらない
世界なのだろう

詩とは
そういうもの

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 08:23:24 ID:KxbyTtZ9
詩はぼーっとした頭にガッツンと石が落ちるみたいに
すごいびっくりするんだよね。言い回しとか言葉に。
びっくりが好きだから読む。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 18:21:41 ID:LH32SNAN
株にどっぷり浸かった人が、詩を詠み人間性取り戻したって

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 22:58:06 ID:ViBcnKXa
反論なんかしない。ただ通り過ぎる。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/22(月) 04:56:58 ID:CyReymim
ダカラナニ?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 21:09:48 ID:6EdvaYFk
詩は役に立たない
小説は役に立たない
音楽は役に立たない
彫刻は役に立たない
絵画は役に立たない・・・・・

役に立つのは
おまんまと
おねんねと
おまんこだけ

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 16:09:29 ID:WOd1dZ58
>>1-318
まぁ、あんたらも役立たずだよね

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 21:55:40 ID:B78mHAqe
分からない人は一生分からない
いくら言ったって分からない
生まれながらにして分からない
かわらない
わかんなくていいよ



321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 13:51:44 ID:oaz1oef1
>>318
君のおチンコは一生役立たずだよ☆

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 17:23:55 ID:v8tCc6d0
役に立たないことの何が悪いのか。
誰もいない草原に立っている一本の木は悪いことなのか。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/29(土) 19:18:38 ID:X050npYl
>>322
時間と資源の無駄



324 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:41:05 ID:N9rhhWy7
では、あなたはその一本の木を切り倒すがいい。
私は切り株の年輪を数えてただ歌おう。
何の役に立てるでもなく、ただ歌おう。
人の世の中にはそういった者も必要だ。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 20:26:21 ID:/T/b0ZcE
>>324
>>必要だ。

なくても構わない。
必須ではない

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 13:33:49 ID:cBuMBjaC
>>325
じゃあ僕みたいな人間は死ねってことなの?orz


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 14:53:41 ID:Swfu1WMu
>>326
死ぬ価値もない愚図

べっべつに(以下略)///

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 22:16:30 ID:kUqGCvam
詩神は確かにいる。彼の声なしに生を生きることなどできぬ。それは食と同じレベルの栄養素だ。
精神に何らの飢渇のない輩にはその意味は決して分からないだろう。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 08:46:15 ID:UXpq9/z/
役に立つということを知る前に歌われるのが詩。
詩がなくなれば役に立つということ自体わからなくなる大地。

330 :詩神アナハカサュケ:2009/09/19(土) 02:38:51 ID:7Eo5VmxE
では何が役に立つというのか?←人生において根本的な問を投げ掛けるのはグサリとくる人にはくるはず

役に立つ立たないの話ではない。そういうレベルじゃない。←ちょっとキザでかっこいいが、嘲笑を浴びることは必須。しかし真実である。

あるいは詩を読んで感動させる。←一番良い方法かも。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 09:33:10 ID:9D88v52k
ヘボい詩というものは明らかに存在する。
それもけっこうあちこちで目にし、耳にする。
不味い料理のようなものだ。

ということは逆のものもあるはず。
美味い料理のようなものだ。
それに価値がないはずはない。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 23:15:57 ID:WJKqztZ+
俺よりは社会の役に立ってると思うよ。

333 :少年A ◆lDWSbsWJ/k :2009/09/20(日) 06:38:00 ID:NAWqN8DS
テレビゲームやるより

おもしろいお

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 11:06:58 ID:c9yqymsF
例えば音楽だと
・聴いていて不快な雑音
・ただ耳ざわりのいい曲
・心が揺さぶられるような音楽
に分かれてると思う
詩もだいたいその3種に分類されるかもしれない
その分類の幅は人によって違うけど

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 07:20:22 ID:cQ0JYbNx
数学が苦手な人は「数学など社会では役に立たない」と言い
英語が苦手な人は「英語なんて外人と付き合うわけじゃないからいらない」と言い
掃除ができない人は「掃除なんてしなくても死にはしない」と言う

そして、言葉の力を知らない人は
「詩なんて意味がない」と言う
そもそも人間の存在に意味なんてないのに

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 21:42:44 ID:RT1qy0Vh
もし個人的な詩なら日記の片隅にでも
とどめておけばいいのかもしれない
それを他人が見れる媒体として提供するということは
何らかの共感の可能性を感じての事だと思う
個人的な感覚を普遍性を持った言葉に置き換える作業
個人的すぎると誰も分からない
人間は生まれながらに違い
異なる空間を生きて死んでゆくんだから
普遍性を追い求める旅
それも車や飛行機を使うんじゃない
自分の目で耳で感覚で歩いてゆく旅
偽ったら後々消えてしまいそうで
長さなんて関係ないけど
ゴールまで辿り着いたのなら
それまでの旅路の軌跡が
一瞬でも誰かの胸に響いてくれたのなら
「いい旅だった」
と胸を張って寝れる

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 13:41:09 ID:4jbqsGaQ
詩は役に立つよ
役に立たないのは詩集の編集者
詩集の編集者ほど無能な連中はいない
脳トレブームなのにどうして『DSで読む脳を鍛える詩』シリーズを発売しない
詩集を売るためならなんだってやるという気概が足りないんじゃないか
詩集の編集者は熱湯コマーシャルにも出たことないだろ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:05:43 ID:CQrjj0Ox
芸術は長く、人生は短い

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 06:32:43 ID:ZLJDh5pj
全ては詩である。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 19:31:40 ID:HWJQRTV2
お前のほうが役に立たない

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 21:37:09 ID:w9IuCnBJ
詩は役に立つよ。

ときどき、絶望の淵から救ってくれた。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 01:16:27 ID:NoQMEqCs
音楽と同じ。
なくても死なないが時に人を救う。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 22:32:45 ID:faMerjLM
音楽がないと、死ぬひとは増えると思うけど。

その、音楽がなくなった世界、への想像力が希薄なんじゃないですかね。

詩はちょっと特殊だからなんともいえないけど。



344 :パンツを脱ぎたい:2009/10/15(木) 23:43:41 ID:ZNBbXQuX
コウイウコトジャ
http://kitocrafts.blog38.fc2.com/
ナイ

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 02:08:22 ID:GEgl49oq
例えその人の歴史においての
何億分の一でさえ
生を強く意識できる瞬間って
素敵だとは思う

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 21:04:03 ID:jNLSGbjv
なんか偏り気味なヤツら多い希ガス

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 02:05:47 ID:5v5KchWF
理屈抜きに
考えるより感じるような
さりげない表現に心打たれたりはする

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 19:17:45 ID:E8dJ8SmZ
反論なんかしない。ただ通り過ぎる。


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 22:07:56 ID:r+hVd0o7
立ってるよ。 だから存在している。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 17:44:21 ID:Lxd7bVhj
別に腹はふくれない
ただ心地いい

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 19:13:26 ID:n/uEpf+x
絶望に置かれた人は
パンより詩を必要にすることもある。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/22(木) 20:43:43 ID:YhqEPr6l

詩の雨水が無かったら
神経持たなかったよ
殺伐
どころでない社会テーマばかり


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 21:08:43 ID:+BdmARIn


詩は吐き出されなくてはならない
毒も嘘つきな優しさも
共に吐き出され
そして知る視るのだ
我を

気付いてあげよ
嘘つきな優しさ

嘘つきな良い子

そのまま自身へ嘘ついたまま
突き進めば
その歪みひづみ
内心の地へ
壁へ





354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:50:24 ID:E99bFbl4
魂の浄化作用と精神の安定のために詩を読んでいます。



355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/28(土) 23:06:52 ID:T5tNqsIF
詩には決定的な効用がある。
それは自らの内面・無意識にまで目を向けるということだ。
この意識は人生のあらゆる面においてよい効果をももたらす。




356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 12:24:38 ID:WyRrDrQR
>>355拍手。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/02(水) 22:22:11 ID:C6dqIcOL
age

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/10(木) 15:52:40 ID:XHEzUB29
>>355
同じ拍手

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/10(木) 21:51:35 ID:KW4SMJjY
詩=パーソナル?

詩=パーソナル×チャンス=ユニヴァーサル!




360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 02:12:32 ID:4l1KVpJs
役に立たなければ
文化へ定着し流れ来てはいない

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/13(日) 19:19:53 ID:lB2NMWmf
詩は小川や
池、水たまり、プール
湖、海の性にも似ていて
役立つていうジャンルでなく


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/15(火) 16:44:30 ID:I2ieMUA6
こころの日記が後に後世の灯となる記しをやっている人は少なくない。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 15:57:55 ID:Q8Xu8MWs
あげます。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/18(金) 20:58:46 ID:KGEGAlOg
機能設定、間違いやり直し、修正、またやり直し繰り返しやってると、

詩のありがたさが身にしみてわかります



365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/23(水) 12:15:01 ID:kaVgy16k
小説は山登りみたいな
達成感があったりする
詩は坂道登り?
面白ければ下りで気分良いんだけど

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 15:45:08 ID:7shmHvNE
きっと人それぞれでいいんだ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 01:36:53 ID:4i3Ieelz
>>1
狂おしいゴッホが描いた絵は、生前一枚も売れなかった。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 00:22:43 ID:tVppyf06

役に立つ立たないの問題ではない詩。



369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 06:25:45 ID:47kqct8b
本来共有されるであろう言葉が
斜に構えた詩人によって解体される
荒れ果てた残骸
疎外されても仕方ない

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 16:28:19 ID:dn7rEjx+
詩を作るよりも田を作れ

名言だなw
確かに先ず食べなきゃ詩も作れないw
そういう意味では陶潜は好きだな

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 23:18:16 ID:9EGGoGmV
>>370
いやぁどうかな。むしろ詩をつくってから田んぼだろ。
詩は詩人のピークはせいぜい35歳までだからな。


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 01:10:57 ID:QQU443qH
>>371
お前のようなインポの書く詩がどのようなものか、知りたくもあり知りたくもなし(w

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 07:03:00 ID:UHDr9Cxa
>>372
てめえは自分のチンポでもなめてろw


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 23:44:56 ID:QQU443qH
>>373
お前は、そうすることで気持ちイイのか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 15:06:42 ID:b8qrWh2S
>>374
ここは詩について語る場だ。
オナニーはひとりでやってくれ。以後レスしないが、あしからず!



376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 15:14:39 ID:ZczpM9tu
詩を造る才能が無い無粋者の僻みだな

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/28(日) 18:04:54 ID:wuvIWadc
そう粋がるのもどうだろう?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 17:24:05 ID:Hlu9VzEv
若い女って言うのは,触ってもいいし,舐めてもいいし,
また,髪の毛の匂いを嗅ぐのもいいよね。
寒い時は,湯たんぽ代わりになるし,暇な時は撫でくってると
甘えてくる。
それこそ,チンポを1時間くらいしゃぶらせるのも良し,
精液を顔に掛けるのも良し,
ただ柔らかい感触を味わうだけでも良い。
ケツの穴のシワを丹念に舐めさせるのもいい。

やっぱり,女は最高だね・・・


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/11(木) 23:01:06 ID:7ivtBobU
表現の自由と言っても
時と場所で印象も変わるし
何が面白いか面白くないかも人それぞれだし
偏見を作るのも申し訳ないから
以降は自粛します
それでもたまに自分にとっては面白い詩に出会うと
日常を越えた気持ちになったりするので
詩には感謝しています
ありがとう、詩

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/08(木) 22:01:12 ID:cjFCEm5c


映え渡る
香久山超えて
羽衣は

天舞
忘却果て
夢の如く
さ迷いし

行く宛て
蒼き海にて
海亀の背
葉の言乗せて
羽衣碧く
染まり往く



381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/11(日) 20:00:32 ID:b6krvEYk
【恩制もて食を麗正殿書院に賜いて宴す、林の字を賦し得たり】  張説

東壁 図書の府
西園 翰墨の林
詩を誦しては国政を聞き
易を講じては天心を見る
位は和羹の重きを窃み
恩は酔酒の深きを叨りにす
載ち歌う 春興の曲
情の竭くるは知音が為なり



382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 02:11:22 ID:jvUTRuYL
日本の人文系学問の存在価値:0%
----
日本人研究者の科学論文は、物理学や材料科学などの分野で
世界をリードする例が多く見られるが、
工学や環境などの分野では、やや影が薄い、という実態が
文部科学省・科学技術政策研究所の報告書で4日発表された。

同研究所は、米国の調査会社の論文データベースを使い、
1999〜2004年に発行されたもののうち、
引用回数で上位にある約1万件の重要論文を分析した。

その結果、日本の占有率は9%で、米国(61%)、ドイツ(13%)、
英国(12%)に次ぎ4位だった。5位以下はフランス(7%)、中国(3%)だった。

分野別では物理学や化学、材料科学、動物・植物学などで、日本の占有率が9%以上の領域が多く、
特に特定の超電導材料を研究する領域では日本発が約6割を占めた。
生体分子の機能解明や新材料開発といった学際的分野でも、占有率の高い領域が多くみられた。
一方、工学、環境・生態学、宇宙科学などでは占有率が9%を下回る領域が目立った。

また精神医学・心理学、社会科学、経済学は 0 % だ っ た。
                           ^^^^^^ 
(2007年4月5日0時56分 読売新聞)
----

幾らなんでも0%って凄すぎだろ…>文系

383 :ニート:2010/06/14(月) 06:45:35 ID:6gyuJV1o
生活には意味がないとかえす

384 :ニート:2010/06/14(月) 08:23:25 ID:6gyuJV1o
世俗に生きる限りは人間は人間と言うよりは利益を愛して居るのである。

385 :ニート:2010/06/15(火) 12:24:39 ID:NxpQQhrp
詩人は言葉の中に生きないといけない。


言葉が現実になるとは夢に生きる事だと思うよ。

386 :ニート:2010/06/17(木) 16:11:52 ID:Hsb1keI+
自尊心で腹を膨らますと人間にはなれない。

387 :ニート:2010/06/19(土) 12:28:47 ID:xlYEI0no
詩は音楽よりも深いと思う。

音楽は脳髄に依存するが詩は脳を越えて恐らくはひろがる世界だろう。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 03:30:13 ID:LKVdTojQ
役に立とうが立つまいが価値はそれと関係なく存在するものでしょ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 03:57:59 ID:SGxzh0dK
詩は音楽より深い

映画…映像、台詞、音楽
漫画…絵、画像、文字
小説…文字、ライトノベルなら画像(挿絵)
詩…文字、詩集にはイラストがついているものもあるので画像
音楽…音、映像(PV)、歌詞

個人的には、オーケストラのようなものに比べると表現力に差が出ると思っているけど
よく考えてみれば音楽と詩を比べること自体ナンセンスだ。詩は音を使わないしね
詩と音は切っても切れない関係にあるのも確かなんだけど

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 13:57:52 ID:rwcYdR9M
役に立たないものは滅びゆくのが世のさだめ
未だに詩が滅びていないのは
世の中の役に立っているという証

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 15:24:31 ID:d8zrD7/9
実に素晴らしい解釈

392 :ニート:2010/06/23(水) 20:48:39 ID:SyRApPqY
何で?ヘレン・ケラーは音は知覚してなかったけど詩は感じてたよね多分。

393 :ニート:2010/06/24(木) 00:27:38 ID:CyFkTrOy
後音楽はどんな美しいそれでも聴き続けると苦痛に成るが詩を必要としない時間は


人生には存在しないと私は思う。真正の詩人であればいかなる瞬間にもそれを放擲しは出来ない筈だ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 18:18:19 ID:A8LzL64H
詩界は時に狭すぎる

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 22:04:40 ID:kMI0phQ2
それって詩だけじゃなく、絵でも小説でも音楽でも同じでは。
役に立つものとはたとえばどんなものなのだろう。


396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 07:28:24 ID:1hAoLHYY
見たくない絵はそうないけど
読みたくない、読めない詩はたくさん存在する

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 13:05:29 ID:6rv2VhHQ
そりゃあなたが自分を知りたくないんじゃないの?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 16:36:10 ID:1hAoLHYY
他人をそこまで知りたくないんじゃ?
読む人の器の問題かもしれないけど
誰でも書けるようで
芸術としての昇華の逆をいってるのが多い気がする

399 :ニート:2010/06/27(日) 21:56:52 ID:S63jGNl8
言葉は概念がともなう。だから詩は音楽より孤独な気がする。勝手なイメージを抱く余地がないし。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 02:46:23 ID:rzZjRMep
言葉の壁と心の壁があるから共有しづらい
役に立たないものは立ちようがない

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/28(月) 10:20:14 ID:ToLP82rA
ジュリエットグレコ曰く、嫌いな物は誰も口に入れたくない

言葉ってのは心や口に直接入るもの。
食べ物の次に好き嫌いが分かれるのかもね。

402 :詩人:2010/06/30(水) 03:43:02 ID:YR/wk6Dj
食べ物に好きも嫌いもないだろ。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 00:26:28 ID:c5a8wxTT
>>398
知らねえ奴は黙ってろ

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 01:20:07 ID:xpqy9c0I
だいたい排他的なんだよ
そうじゃなきゃ詩は書けない?
詩に精通してます的な詩は自分には合わない
時に子供の詩に詩心を感じる事もある

405 :詩人:2010/07/04(日) 03:03:24 ID:BiJX3uvB
子供に詩は書けねえだろ〜。

406 :ニート:2010/07/04(日) 03:06:26 ID:BiJX3uvB
童心である事は詩人である事ではない。


詩は飽くまで大人が童心であり続ける努力をしないと書けないよ。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/04(日) 16:39:09 ID:IU2Dq+T2
腹が膨れることに何の意味がある?

408 :ニート:2010/07/05(月) 05:22:04 ID:iFb8s36y
意味はあると思う苦痛を埋め合わせる限りにおいては。

409 :ニート:2010/07/05(月) 19:41:40 ID:iFb8s36y
ある意味俗物に嫌われない言葉は詩でない。


俗物を動かすのは感傷であって馴れ合いである。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 21:41:03 ID:iwBK5Kkg
特別視しすぎて大半の読者と温度差が生じてるのが現代詩?
自分的にはアレルギー反応がでる

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 02:49:31 ID:Bp86R8nG
ズルさが見えるとなえるんだ
夢見させてくれって詩に期待してるんかな?

412 :ニート:2010/07/09(金) 05:37:03 ID:4i8lFkNX
金を稼がない努力をしないと詩は読めない。

413 :場末の図書館司書:2010/07/10(土) 21:55:45 ID:a9KQOQEx
俺ならタダで詩が読める

414 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:10:43 ID:0MpXS9MC
現代詩はあまりに散文化しすぎているように感じる。
もう少し韻律がほしい

415 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:21:45 ID:0MpXS9MC
そうなると、やはり文語に頼らざるを得ないのかな
流石に時代おくれ?
でも、口語にしたってほとんどの人は読めてないわけだし


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/14(水) 17:22:47 ID:ipTmsaXx
自称詩人の自意識や固定概念が詩をつまらなくさせる
大事なのはリズムや心

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 01:26:32 ID:YtUHuzwh
age

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/24(土) 17:52:42 ID:02B57StM
水田煩(みずた はん)
「洗礼式」
了解を頂きUPしました。
千葉の作家です。
http://blog.livedoor.jp/dinka/

419 :場末の図書館司書:2010/07/26(月) 15:40:58 ID:Sqp6RgMK
ニートのふりしたニート君は何処へいったんだ?

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)