5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【月に】 萩原朔太郎 【吠える】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 07:11:09 ID:Ctyg/1/5
日本最高峰の詩人


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 07:53:50 ID:WpxLNRVj
 今まで無かったのが不思議だなあ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 10:41:54 ID:RXv3PoQF
萩原のなにがいいのかわからん。中也と双璧の凡才詩人。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 13:37:44 ID:fqtTRpb2
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/%31174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 20:42:46 ID:WpxLNRVj
>>3
 う〜ん、そうか。 でも、たとえばバリバリの現代詩好きには
この2人はダメかもしれない、とか考えることがある。(いや、
3氏がどんな人なのかは分からないけど)

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 20:45:57 ID:vglW+Dgz
中也の方が俗っぽくないか?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 22:19:55 ID:RXv3PoQF
>>5
俺の鑑賞眼が劣っているからかもしれないが、この二人の詩には
なんだか個性がないように見える。その点、立原とか伊東はもう
いかにも本人だっていう感じの個性があるじゃない。
一種のアクの強さがないと、物足りなく思うのです、私は。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 22:39:42 ID:W8aFWH6u
その二人よりは明らかにいいだろw
主観の問題かもしれんが

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 02:24:17 ID:qUB5bY5f
>>3

三好達治は朔太郎をものすごい手放しで絶賛して尊敬してて
中也は貶しまくってるよね


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 02:26:02 ID:qUB5bY5f
↑一応補足で 「中也のことは」貶しまくってる

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 03:15:03 ID:Nnu5R+NU
>>9
三好は萩原の弟子

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 09:14:46 ID:JTP1NWu2
>>7
 あんまりきちんと書ける力は無いけど一応。

>なんだか個性がないように見える

 そこを「多数に訴える力がある」「偉大なる普遍性」と取るかどうか。というところだろうか。
オレはこの2人は時代やら私生活やらをあんまり生々しく出さないのが好き。あ、私生活はたま
に出してるけど、そうでない作品が多いと思う。

 個人的には、真っ黒けの猫に「おわあ」「おぎゃあ おぎゃあ おぎゃあ」と鳴かせた詩人は
十分個性的だと思ってる。

 スレ違いだが中也については、「天井に赤き色いで」(記憶で書いてるので違ってたらスマソ)
の「天井」なんて野暮な言葉を出す生活感が個性というほどではないが弱点でもあり特色でもある。
この野暮さが昇華されて一般に訴える詩が書けたのだろうと思う。いかにも現代詩の人が好きな
「時代性」とは程遠いから、傍役の詩人なんてかかれた事もあるけど、これはかえって意図せざる
賞賛になってしまったと思う。 「ゆあーん ゆよーん」と書けた詩人が何人いたのかなあ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 10:22:53 ID:4o67UjeF
>>12
そうだねえ。確かに万人受けはするかもしれません。
夏目漱石と一緒かも知れない。彼の小説は落語だから万人受け
するって今東光がいってたけど、そういう良い意味での「普通」が
あるのかもしれない。
自分で言っておいてなんだけど、個性が強いほどまた読者の好き嫌い
が激しいものでもあると思う。その点、萩原とか中也は誰でも受け入
れやすいよね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 16:04:17 ID:zdenVRhA
万人に受け入れやすい詩って高村光太郎みたいなのじゃない?
朔太郎はちょっと病的な傾向が強すぎるように思う。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 07:31:23 ID:873X6pX6
道程

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 15:02:56 ID:PP7zsdbO
>>14
あの男性的で力強い詩は、万人向けではないような気がする


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 15:53:59 ID:2W7LU8bM
9条は改憲してはならない。日本の為にならない。
日本人ではない朝鮮総連や民団でさえ、日本を心配して改憲への反対運動を行ってくれている。
私は日本人だが、「改憲すべき」などという者は、日本人として彼らに恥ずかしいと思います。

Q.中国から身を守る為、戦争に対する抑止力が必要では?
A.前提から間違っています。そもそも、中国は日本に派兵しようと思えばいつでもできました。
  なぜなら、日本には9条があるため、空母や長距離ミサイル等「他国を攻撃する手段」がない。
  つまり日本に戦争を仕掛けても、本国の、命令をだした幹部の命は絶対に安全なのです。
  「安心して戦争を仕掛けられる国」を、中国は、今まで攻めずにいてくれたのです。

Q.それは日米安保によるものでは? そして、その日米安保も絶対ではないのでは?
A.中国の良心を信じられないのはなぜですか? そして、日米安保は絶対です。
  知り合いの韓国人の評論家も「絶対だ」と言っていますし、私も同じ考えです。
  更に、9条が消えても米国の戦争に協力する義務は発生しませんが、米国が被害者の場合は別です。
  米国は日本を守る為に戦っても、(9条があれば)日本は米国を守る為に戦う必要がないのです。

Q.9条が本当に「平和」憲法なら、世界中で(日本以外に)1国も持とうとしないのはなぜか?
A.これは、日本以外のすべての国が誤っているとも言えます。
  「敵国に攻撃が届く国は攻められづらい」というのは、誤った負の考え方です。
  (もっとも韓国や中国の軍に関しては、日本の右傾化阻止の為でもあるので例外ですが)
  更に日本の場合、隣国が韓国・中国・ロシアと、GDP上位の安定した信頼できる国ばかりです。

Q.「9条改憲派」は「戦争反対派」。侵略者に戦争を挑発する、戦争憲法(9条)を撤廃したいのです。
A.それは、貧しい考え方ではないでしょうか?
  中国や北朝鮮を信じる「強さ」があれば、そんな考えにはならないはずです。
  日本が信じれば、彼らも信じるでしょう。そして、真に美しい関係が始まるのです。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 17:44:01 ID:EwjPS707
朔太郎に個性がない?アンビリーバボーだな。
俺にはあの妙な文体も、語彙も、詩の作り方も
個性のかたまりに見えるんだが。

そもそも、あの時代、とびぬけて先鋭的で退廃した詩を作った
カッ飛んだ詩人だったんだぜ。
なんせ、エロいってことで、詩で発禁喰らってるんだから。

大正時代の人が、朔太郎は安心して読める個性のない詩人、なんて聞いたら
ご町内騒然となるだろうよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 15:01:44 ID:9vcovolk
もうすぐ朔太郎忌ですね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 03:59:57 ID:gu8m3Yc9
葉子ちゃんも亡くなったし
もう直接知ってる人はいなくなったのかなぁ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 10:54:36 ID:V7jCODl0
>>18
>ご町内騒然となるだろうよ。


ならねえよw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 19:36:56 ID:QrCHD/Fa
>>21
日本が騒然となるわ現にびっくりしてるわ!!!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 20:58:08 ID:FHlickem
>>22
サクタローのどこが具体的にいいの?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 06:29:37 ID:NUxyV9gk
>>23
一言で表現するのはとても難しいのですが、教科書的に書くと、日本に於ける口語自由詩の完成者であること。月に吠える以来80年以上経った現在朔太郎を超える詩人、作品がないこと。
個人的見解は書きませんが、上記二点だけでも凄いと思いませんか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 11:17:22 ID:km5yWWkQ
★古文版ウィキペディアの成立のために同志の協力を仰ぐ★

《古文版ウィキペディア(テスト版)》
http://incubator.wikimedia.org/wiki/Test-wp/jpn-classical
《古文版ウィキペディアのメタウィキ内の提案ページ》
http://meta.wikimedia.org/wiki/Requests_for_new_languages/Wikipedia_Classical_Japanese_2

いまメタウィキで古文版ウィキペディアを作ろうという提案がなされています。
成立には多くの人の賛成意見が必要なので、簡単ですのでぜひご協力ください。
協力の方法は下に記しました。

古文というのは中学校や高校で親しんだ源氏物語や竹取物語などの文章です。
日本人なら誰もが読めるでしょう。現代語とは語彙も文法も大きく異なりますから、
現代語とは違った切り口で物事を見られるでしょう。

上にあるのは飽くまでテストウィキであって、
提案が承認されなければなくなってしまいます。古文が書けなくとも、
賛成意見を書いていただければ助かります。賛成は多ければ多いほどいいのです。

 【簡単】協 力 の 仕 方【短時間】
1、「古文版ウィキペディアのメタウィキ内の提案ページ」(上のリンク)に行く。
2、画面の右上の「Log in / create account」という所をクリックし、メタウィキのアカウントを取得する。
3、ログインし、古文版のArguments in favourという項目に「*'''Support'''」と書き込み、
後ろに理由を書き込む(英語でも日本語でもどちらでも良い)。理由は一言でもよいので必ず書いて下さい。
末尾に必ず--~~~~と書いて署名する。(--~~~~と書けば日付とアカウントが表示される)

 ■□■その他、宣伝等■□■
1、ブログやウェブサイトなどを持っている人はそこで宣伝して頂ければ嬉しいです。
2、記事を書きたい人はテストウィキに行ってください。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 21:08:37 ID:XYZvfry0
吉本とか芥川とかが誉めてるからといって調子に乗らないほうが

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 00:17:15 ID:kxA0Z4bu
ひょうろんかとか、さんぶんかごときに
ごたごた
いわれるすじあいはない

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 23:06:23 ID:sWNF3V5p
ふらんす

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 08:07:48 ID:6kS0KIvQ
この板的に『氷島』はどんな評価?

割合好きなんだけど

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 23:17:46 ID:UgUPoUWR
1 う〜ん、なんか「やりたいことは分からないではないんだけど、カッ飛んだ
 ところというか、もうちょっと飛躍や彩りがあってもいいような気がする。
 というのが若い頃の感想。

2 でも「見よ、人生は過失なり」とかいきなり目に飛び込んでくると泣きそう
 になる。40も半ばを迎えて鳴かず飛ばずの今のオレにはあまりにも鮮やかだった
 りして。。。トシか

3 20年ほど前に読んだ評論で、「朔太郎はここで文語自由詩を書こうとしたの
 ではないか」という指摘があった。なるほどと思った。と同時に彼と漢詩の関係
 の案外に深そうなことを思った

4 この評論の中で、ある詩を現代仮名遣いで表記していて、それを読んで案外
 いいのでちょっと驚いた。この詩集の特色は「荒涼たる灰色」だろうが、それ
 にしても、旧仮名だとその無味乾燥さが埃っぽ過ぎ&イカメシ過ぎるのかもしれ
 ない。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 13:07:55 ID:uNARxwuC
上州の風景が影響してるのか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/24(日) 13:08:45 ID:8MO0DTx2
月を越えろ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 11:30:12 ID:F6UWvIku
つか、月のモノはもう越えましたけど。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 01:10:55 ID:Klw7Q2Ha
>>30
文学板にもカキコしたけど、ここにも貼っとく。


わが草木とならん日に
たれかは知らん敗亡の
歴史を墓に刻むべき。
われは飢えたりとこしえに
過失を人も許せかし
過失を父も許せかし

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 21:09:00 ID:0NZpWemB
なるよど

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 00:28:31 ID:+Uw7KIS5
>>33
返済ですか

37 :名無しかへらず:2007/08/04(土) 05:16:09 ID:kD7w+UgR
俺は絶体絶命だ
太陽は海と盛つて何処かへ行つちやつた
だが 見たまへ
遠くにガスタンクがぶよぶよ震えてゐるではないか
俺は憔悴しきつたバイク乗りのやうに
ひよひよと肺を鳴らして走るのだ



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 20:02:35 ID:De9RJOL3
>>36
月経かと。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 00:56:04 ID:8lMDgt9K
松田勇作

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 09:03:12 ID:Rh4SCQZA
>>38
月桂詩人 or 月桂冠詩人?


41 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2007/08/13(月) 18:59:08 ID:DywjdV+T
彼は芭蕉の俳句中で


ひらひらと上る扇や雲の峯


 を第一等の名作として推賞してゐたが、上例の如き自作の句を観照すると、
芥川氏の芭蕉観がどのやうなものであつたかが、およそ想像がつくであらう。
つまり彼は、芭蕉をその末梢的技巧方面に於て、
本質のポエヂイ以上に買つてゐたのである。
 いつか前に他の論文で書いたことだが、芥川龍之介の悲劇は、
彼が自ら「詩人」たることをイデーしながら、
結局気質的に詩人たり得なかつたことの宿命にあつた。
彼は俳句の外に、いくつかの抒情詩と数十首の短歌をも作つてゐるが、
それらの詩文学の殆んど全部が、上例の俳句と同じく、
造花的の美術品で、真の詩がエスプリすべき生活的情感の生々しい熱意を欠いてる。

つまり言へば彼の詩文学は、生活がなくて趣味だけがあり、
感情がなくて才気だけがあり、ポエヂイがなくて知性だけがあるやうな文学なのだ。

42 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2007/08/13(月) 19:01:09 ID:DywjdV+T
 室生犀星氏は、性格的にも、芥川氏の対照に立つ文学者である。
彼は知性の人でなくして感性の人であり、江戸ツ子的神経の都会人でなくして、
粗野に逞しい精神をもつた自然人であり、不断に燃焼するパツシヨンによつて、
主観の強い意志に生きてる行動人である。
そこで室生犀星氏は、生れながらに天稟の詩人として出発した。
しかし後に小説家となり、その方の創作に専念するやうになつてからは、
彼のポエヂイの主生命が、悉く皆散文の形式の中に盛り込まれて、
次第に詩文学から遠ざかるやうになつてしまつた。
彼は今でも、時に尚思ひ出したやうに詩を書いてる。
しかし彼が自ら言ふ通り、今の彼が詩を書く気持は、昔のやうに張り切つたものではなくつて、
飽食の後に一杯の紅茶をすすり、労作の後に机を浄めて、心の余裕を楽しむ閑文学の風雅にすぎない。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 22:58:14 ID:dlcraQXJ
リピータビリティの勝利ですね

梶井の檸檬や谷崎のしゅんきんしょうにもリピータビリティはありますが、この方の猫町にもそれはあります。なぜリピータビリティを確保できているかは内緒です。もちろん短いからという理由ではありません。

44 :名無しかへらず:2007/08/17(金) 05:52:18 ID:hLjY1jZM
ブラックウッドの原作を読んだ後でも、
日影丈吉の改作を読んだ後でも
猫町にはリピータビリティがあるけど、
それは書かずにはいられないことを
それなりに時間と情熱を込めて書いたからだと思う。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 20:32:38 ID:+ks6euLp
朔太郎は小型の天才だったので
彼に影響を受けた日本の詩壇は
大型の天才を輩出できなくなった。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 14:27:14 ID:5UMu8O/C
なに朔太郎の所為にしてんの。

47 :名無しかへらず:2007/08/27(月) 10:41:56 ID:AZLuVGVF
自分に理解できないものを貶めて安心するのは分るが
事実を曲げるのはどうかな

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 14:22:43 ID:gby1WBLH
もしわかる人がいるなら教えてほしいです。
新潮文庫 昭和二十五年十二月十日発刊 昭和二十九年十一月五日九刷
「萩原朔太郎詩集」河上徹太郎編(定価70円)
の最後のほうにある、書名・著者名・発行所名なんかが書いてあるページ(173ページ)に
「萩原」の判子が押された紙(2cm四方)が貼られてるんだけど、
これは何かまっとうな代物なの?

古本屋で手に入れたんだけど何か不気味で。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 16:07:11 ID:WY7Oqlar
>>48

⊃ 「検印紙」

50 :名無しかへらず:2007/08/29(水) 17:43:25 ID:uJ58FIpq
>>48
まっとうな物です。

51 :48:2007/08/30(木) 16:31:40 ID:qwuMxP6Q
よかった。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 10:03:24 ID:/Qg8VdDz
>>48
便所カミ。

53 :名無しかへらず:2007/09/02(日) 05:10:49 ID:D0u/sftY
萩原ミミ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 12:41:07 ID:oVFLYo3k
ミミ五十嵐。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 02:32:57 ID:aY3MzJlp
朔太郎は若い頃は西洋志向が強かったが
晩年は「日本回帰」を標榜していて
朝日新聞に依頼されて「南京陥落の日に」を発表している。

もし朔太郎がもう少し長生きしていたら、戦争賛美詩を沢山書いて
戦後に戦争責任を厳しく追及されてたかもしれない・・・。
そう考えると昭和17年の時点で死んでしまったのは良かったのかも・・。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 02:37:05 ID:aY3MzJlp
仲が良かったor(朔太郎を)尊敬していたのが、室生犀星、芥川龍之介、三好達治など
仲が悪かったor見下してたのが西条八十、佐藤春夫など

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 20:10:27 ID:1PS6sU1e
この人の詩好きですが
本当の詩人は詩を書かないとかいう説はあまり肯定的になれません
あの言葉をファンの人はどう思います?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 20:34:55 ID:Ycce/s5P
朔太郎の詩論より、朔太郎の詩を信じる。ってところかなあ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 00:36:33 ID:ryq8oCSD
>>57
>本当の詩人は詩を書かないとかいう説はあまり肯定的になれません
それは朔太郎の言葉ですか?

何か白樺派の文章で,
(白樺派には,偉人は流派,宗派,
(文人,政治家を問わず偉大とするいい加減なところがある)
キリストもソクラテスも文章を残さなかった云々というのを
読んだことがある。
朔太郎にもその傾向があるのか。

いっぽう,歌は下手でも歌学に達した真淵・宣長という大才もいる。

どういうのを指して「本当の詩人」と言っているのか。
まずはそこを厳密にしておくれ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 12:58:01 ID:E5gAOaA3
ソースは恥ずかしながら新国語要覧(大修館書店)ですが
その文章の元は「詩の原理」という著書にあるらしいです。
そこに載っている文章は
詩を書こうと思ったときには、もう俗念が入る。
ゆえに本当の詩人は詩を書かない、というものです。

調べてみるとこんなサイトがありました
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/2843_26253.html
流石にこんなの読んだ事なかったです

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/25(日) 11:27:16 ID:arxPhrQs
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。 驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。 たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。 先を読むと、願い事が叶わなくなります。
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 21:01:19 ID://hcO+6+
「おわぁぁ、このスレの主人は病気です」

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 04:59:19 ID:WWkTcjfb
朔太郎が妹かなんかにあてた手紙の文章が載ってる本の名前、
ご存知の方いませんか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 19:31:12 ID:V3SmdPc/
朔太郎、若いころは好きだったけどね(今でも嫌いなわけじゃないけど)
でも、いつまでも病気の中に篭っているわけにもいかないだろ?
人間は成長するものだし。

まあ、誰でも青年期に一度はかかる、はしかみたいなものと
思ったほうがよいやね

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 21:51:12 ID:MOBALsJ6
正常だからこそ朔太郎につきうごかされるように思うけど。
24時間朔太郎漬けみたいにはならないだろう。
なっちゃう人もいるのか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 09:21:29 ID:6QBM/USQ
太宰もはしか、
朔太郎もはしか、
と言う人は
そこからなにも重要な物を汲み取れなかった、
自分とは縁の無いものに貴重な時間を費やした、
時間を無駄にした人ってことだな・・・

それとは別に、
朔太郎に対する親近感から愛読する、
ということもある。
朔さん、調子出てるな♪
みたいな感じで。

67 :鬱(-_-)ノシ:2008/01/07(月) 07:54:52 ID:Z24PliEE
>>63
萩原朔太郎書簡集

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 21:53:52 ID:6KImr1X4
月吠え

69 :名無しさん@お腹いっぱい、:2008/02/04(月) 04:21:31 ID:T6dC0UhU
荻原咲太郎。
詩人。
代表的詩集。
『犬に吠える』『月猫』『青島』

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 13:13:02 ID:ScUpsNZM
>朔さん、調子出てるな♪

純粋に笑ってしまったw

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 23:29:59 ID:9q1UBXzr
朔ちゃん

72 :オギノ式:2008/02/07(木) 22:16:48 ID:AGZwc594
荻野朔太郎
「月のものに萌える」

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/08(金) 00:35:37 ID:pyD+F0r3
れはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。
驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。
先を読むと、願い事が叶わなくなります。
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/08(金) 14:34:46 ID:U6YANGj/
当たってません。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 03:42:40 ID:rOR/C+Q2
萩原作太郎で水槽の蛸を題材にしたやつなかった?

76 :仔猫の旅団:2008/02/18(月) 08:08:01 ID:kP85VD9b
死なない蛸かな?
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/1790.html
この中のどこかにある。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 09:03:16 ID:rOR/C+Q2
>>76

ありがとう!


これ好きだわ…

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 18:26:37 ID:1QQwGTGH
「月に吼える」じゃないけど、「くさった蛤」は最高にいいね。
春の宵の幻のような、この病的なアンニュイ感は正に朔太郎だな。
こういう作品の書ける現代詩人はまったくいないな・・・変に理屈っぽいだけで。

79 :仔猫の旅団:2008/02/25(月) 02:46:04 ID:bH3oH8fl
現代詩人には病的になる勇気が欠けておじゃるな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 20:20:48 ID:a2iysVzq
なんかこう…
夜の廃墟でソファに沈み込んで、ガムシロップとウォッカを混ぜて、だらしなく飲んでるような感じ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 21:16:46 ID:DiW8hkHQ
コーヒーにウィスキーを入れて、好きな音楽を流して、部屋を暗くして、
萩原朔太郎の詩を朗読するのが至福。
しかし先日それを家族に目撃され、リアルでorzになった。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 05:45:35 ID:xkK4y0Qr
>>81

それはきついw

しかしあなた詩を愛してますな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 13:03:40 ID:AHMkMKSi
高校の先輩です

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 03:22:40 ID:XTD7F0Ud
恭次郎のほうが好きだな

85 :仔猫のソテー:2008/03/08(土) 08:25:38 ID:cskOy4Rc
>>84
死刑っ!

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 00:38:28 ID:feF1sfla
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1204916050/1-100
恭次郎スレ

87 :ひかる  ◆bodgOoQOHA :2008/03/29(土) 18:14:46 ID:pzUhak8t
>>55

日本への回帰にも書いてあるが、朔太郎は国粋主義や、軍国主義に向かう風潮をとても嫌った。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/31(月) 12:58:58 ID:hnH9cmRa
   艶めく情熱に惱みたり

と歌つた中學校も、今では他に移轉して廢校となり、殘骸のやうな姿を曝して居る。
私の中學に居た日は悲しかつた。落第。忠告。鐵拳制裁。絶えまなき教師の叱責。
父母の嗟嘆。そして灼きつくやうな苦しい性慾。手淫。妄想。血塗られた惱みの日課!
嗚呼しかしその日の記憶も荒廢した。むしろ何物も亡びるが好い。

                                  萩原朔太郎 「宿命」より

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 11:40:22 ID:ZWBP6d0F
朔ちゃん

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 11:18:19 ID:BAidM1nc
>>67鬱(-_-)ノシさん
ずっと規制にあってて書き込み出来ませんでした。
レスありがとう!
早速古本屋で入手したよ。
やっぱり萩原朔太郎って手紙の文さえもすごいよなあ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 06:11:57 ID:ly/qzhd3
Bay the moon

92 :仔猫(-_-)ノシ:2008/04/17(木) 13:54:00 ID:fxRf1aNm
>>90
ご丁寧にども。
朔太郎の手紙は実にすごい。面白い。詩的。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 20:20:05 ID:Bn+nJ8gS
★ 星野仙一 長野聖火リレー サムスンランナー ★
★ 中国のチベット弾圧に抗議してボイコット・発言を!★

『言うべきことはいわなきゃだめですよ。
もう本当日本人、中国に対しても韓国に対しても本当に腰が引けてるね。』
と言ったのは星野氏。 jp.youtube.com/watch?v=SWot8◆GKCfN0  (◆を除く)

<抗議先>
メール: info アットマーク tigersfanclub.jp 本社内にあるファンクラブ事務局
    (@を付けて下さい)
電話: 0 7 9 8 −4 6−1 5 1 5  阪神タイガース本社
ファックス:0 7 9 8 −4 6−3 5 5 5  阪神タイガース本社
郵送:〒 6 6 3-8 1 5 2 兵庫県西宮市甲子園町1番4 7号阪神甲子園球場内

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 04:13:18 ID:/3kUCkyK
 軍隊  

        通行する軍隊の印象

この重量のある機械は
地面をどつしりと壓へつける
地面は強く踏みつけられ
反動し
濛濛とする埃をたてる。
この日中を通つてゐる
巨重の逞ましい機械をみよ
黝鐵の油ぎつた
ものすごい頑固な巨體だ
地面をどつしりと壓へつける
巨きな集團の動力機械だ。
 づしり、づしり、ばたり、ばたり
 ざつく、ざつく、ざつく、ざつく。
この兇逞な機械の行くところ
どこでも風景は褪色し
黄色くなり
日は空に沈鬱して
意志は重たく壓倒される。
 づしり、づしり、ばたり、ばたり
 お一、二、お一、二。
お この重壓する
おほきなまつ黒の集團
浪の押しかへしてくるやうに
重油の濁つた流れの中を
熱した銃身の列が通る
無數の疲れた顏が通る。
 ざつく、ざつく、ざつく、ざつく
 お一、二、お一、二。
暗澹とした空の下を
重たい鋼鐵の機械が通る
無數の擴大した瞳孔(ひとみ)が通る
それらの瞳孔(ひとみ)は熱にひらいて
黄色い風景の恐怖のかげに
空しく力なく彷徨する。
疲勞し
困憊(ぱい)し
幻惑する。
 お一、二、お一、二
 歩調取れえ!
お このおびただしい瞳孔(どうこう)
埃の低迷する道路の上に
かれらは憂鬱の日ざしをみる
ま白い幻像の市街をみる
感情の暗く幽囚された。
 づしり、づしり、づたり、づたり
 ざつく、ざつく、ざつく、ざつく。
いま日中を通行する
黝鐵の凄く油ぎつた
巨重の逞ましい機械をみよ
この兇逞な機械の踏み行くところ
どこでも風景は褪色し
空氣は黄ばみ
意志は重たく壓倒される。
 づしり、づしり、づたり、づたり
 づしり、どたり、ばたり、ばたり。
 お一、二、お一、二。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 07:05:47 ID:lwojeo3z
こういう詩はぜったい作りたくないなw

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 21:43:41 ID:3qzJSKni
なんで?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:30:11 ID:sOizUAid
>>95
つか、この詩よんだとき、これってマジ朔太郎か?って思った。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 22:32:52 ID:f+QSP2FV
うん、朔太郎の個性全開って作じゃないと思う。

 ただ、「通行する軍隊の印象」を書く詩人がいなくて、朔太郎が一番槍
を付けて、そいでもって朔太郎なもんだから、それなり以上に「書けちゃった」
って気がするんだがどうだろう。 朔氏以前に「通行する軍隊の印象」を
正面から取り上げた詩人はいるのかな。どうなのかな。

プロレタリア詩とか、この頃はもう書かれてたのか?

99 :仔猫で@お腹いっぱい。:2008/07/27(日) 11:35:03 ID:eZ7McYYf
朔ちゃんはへろへろが本領だからな…。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 18:22:29 ID:3DW4bZZj
レケロ レケロ
私達は食用蛙です!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/28(木) 00:13:13 ID:asse6pR1
つきのみや

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/29(金) 06:18:45 ID:uGyMoSRd
就活に失敗して、青猫を読んだら泣いた。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/29(金) 10:46:09 ID:Lae47U5m
>>102
何て読むの?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/29(金) 19:32:10 ID:uGyMoSRd
あおねこ、だろ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 02:23:16 ID:N4j+JcN+
しっぱい、だろ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 03:04:04 ID:kNgxgzJ0
おっぱい、だろ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 23:36:23 ID:IL4yfITe
いかならん影をもとめて
みぞれふる日にもわれは東京を恋しと思ひしに
そこの裏町にさむくもたれてゐる
このひとのごとき乞食はなにの夢を夢みて居るのか

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 11:00:35 ID:FKJIZr2k
>>103
「せいびょう」ってのはあり?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 11:49:50 ID:f4gKbg8m
近代詩は、短歌、俳句、(日本人の)漢詩に比べるとかなり見劣るように感じます。
だが、「月に吠える」の諸作品だけは別格です。こんな詩作品が生まれたことは
奇跡です。
ベルグソンによると、生物の発生も進化も人類を出現させるための準備だったと
言います。
なにも人間だけが特別な生き物だとは思いませんが、このビジョンを借用して
こんなたとえを。

山村暮鳥、室生犀星、大手拓次のうち一人でも欠けていたとしたら、萩原は詩作は
しただろうが、「月に吠える」の諸作品が生まれたかどうかは怪しい。
三人とも「月を吠える」を出現させるための準備をしただけだと思えないこともない。
・・・・これはちょっと極論か。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/02(火) 01:27:51 ID:M8FWFnxr
文化はなべて階層的に積まれたものですから
「もしも」の視点を評価に影響させるのはアンフェアだという気がします

111 :109:2008/09/02(火) 07:53:36 ID:gJU765u9
>>110
・・・しゅん。(萎縮してしまいました。)

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/02(火) 09:19:33 ID:DwLHHJLx
上州

113 :けしからぬ硝子屋:2008/09/06(土) 14:53:43 ID:9bPkFHsc

おれたちは懐かしく顔を見合わせた。
なつかしく―それはこれくらいの時のための言葉だったのだろう。

田端の大正軒で、おれたちは何度ぐらいライスカレーやチャーハンを食ったろうか?
何度ぐらい、全部で何本ぐらい、何百本ぐらい瓶詰を飲んだろうか?
どれくらい喋ったろうか?

田端の崖の上の、田端駅の煤煙にすすけたちゃちな食堂兼酒屋、
詰めて十人とははいれぬ店の狭さ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 16:46:45 ID:HBmhPqDe

そこへ狭間京太郎がやってきて坐って、
落ちぶれた西洋人のような顔をして
「新古今」の恋歌について飽きずにしゃべっている

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 05:14:50 ID:JHKUc2e7
ちくま書房は萩原朔太郎全集を文庫で出せ。
太宰や芥川はもういい。

116 :けしからぬ硝子屋:2008/09/20(土) 16:02:48 ID:l5J7gjcZ

袋から朝日を出して、火をつけぬさきから吸口をぐちゃぐちゃに噛みつぶす。
また袋から朝日を抜く

火鉢いっぱいにそれがつきささって、狭間がふらりと出て行ったあと、
女ボーイの一人が「あの方、どなた?」といって訊く。

「狭間京太郎さ」とおれが答える。
「あの方、駄目ネ・・・」と女ボーイがいう。
「どうして?」とおれが訊く。

「たばこをあんなふうに吸う人、出世しないのだわ」
「うわっはっはは・・・」と鶴来が笑いだす。


117 :けしからぬ硝子屋:2008/10/01(水) 00:04:20 ID:JJRwKOFD

色のくろい、ごりのような顔をした斎藤鼎がやってくる。
「おほほン・・・」
といった咽喉音をさせて瓶詰をすこし飲む。

見当のつかぬ女たちが「変わったおやじ・・・」
といった顔つきでそれを眺めている。

美しい深江が大学の制服できて、
酒が飲めぬため麦蕎でシトロンを飲んでいる

118 :けしからぬ硝子屋:2008/10/01(水) 00:13:08 ID:JJRwKOFD

以上、中野重治の「むらぎも」よりでした。

因みに窪川鶴次郎の指摘によると、

・狭間 = 萩原朔太郎
・斎藤 = 室生犀星
・おれ = 中野重治
・鶴来 = 窪川鶴次郎
・深江 = 堀辰雄

といったキャスティングになっているそうです。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 23:28:02 ID:ACEbXJDm
上州精神世界

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/15(水) 19:52:10 ID:asWOrTR/
朔太郎が乱歩に足穂を紹介しなかったら明智小五郎、少年探偵団は生まれてなかった

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/15(水) 20:05:05 ID:asWOrTR/
ちなみにこの三人が繋がるキッカケになった発端は
朔太郎がマッサージに関する秘密組織のことを聞きたくて乱歩を訪ねたらしい
なんのこっちゃw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/27(月) 02:08:57 ID:QMB+weBB
なにその話w
何に載ってた?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/30(木) 23:57:34 ID:Ae2qVxTO
ど忘れした・・・、東京遁走曲か南方熊楠児子談義だったかな

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/15(土) 18:48:27 ID:bYHqsUEy
絶望への逃亡っていう本(萩原朔太郎の)を読みたいんだけど
どこかに売ってないかな?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 15:02:58 ID:9rhBRYj3
萩原朔太郎はボオドレエルをしのぐ

by三島由紀夫

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 20:43:06 ID:shRRYg0Z
なんで較べる?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 00:23:57 ID:5dE9KKqT
フランスへ行きたしと思へども、景気悪くていけまへん。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 00:31:46 ID:5dE9KKqT
フランスにかぶれにかぶれども、仕事の量は増えません。 加藤海苔子

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 22:16:07 ID:kAB02tmA
十二月また来れり。
なんぞこの冬の寒きや。
去年はアパートの五階に住み
荒漠たる洋室の中
壁に寝台を寄せてさびしく眠れり。
わが思惟するものは何ぞや
すでに人生の虚妄に疲れて
今も尚家畜の如くに飢えたるかな。
我れは何物をも喪失せず
また一切を失ひ尽せり。
いかなれば追わるる如く
歳暮の忙がしき街を憂ひ迷ひて
昼もなほ酒場の椅子に酔はむとするぞ。
虚空を翔け行く鳥の如く
情緒もまた久しき過去に消え去るべし。

十二月また来れり
なんぞこの冬の寒きや。
訪ふものは扉を叩つくし
われの懶惰を見て憐れみ去れども
石炭もなく暖炉もなく
白堊の荒漠たる洋室の中
我れひとり寝台に醒めて
白昼もなほ熊の如くに眠れるなり。


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/31(水) 20:29:07 ID:rrHMJATz
■生活保護だけじゃない在日特権  

   <丶`∀´> 在日貴族 うはうは〜

地方税→ 固定資産税の減免
特別区→ 民税・都民税の非課税
特別区→ 軽自動車税の減免
年  金→ 国民年金保険料の免除  心身障害者扶養年金掛金の減免
都営住宅→ 共益費の免除住宅   入居保証金の減免または徴収猶予
水  道→ 基本料金の免除
下水道→ 基本料金の免除     → 水洗便所設備助成金の交付
放  送→ 放送受信料の免除
交  通→ 都営交通無料乗車券の交付  JR通勤定期券の割引
清  掃→ ごみ容器の無料貸与   →  廃棄物処理手数料の免除
衛  生→ 保健所使用料・手数料の滅免
教  育→ 都立高等学校     高等専門学校の授業料の免除
通 名→ なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険証など )
     → 民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
     → 職業不定の在日タレントも無敵。
     → 凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
生活保護→ 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
      →日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
      →予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
      →ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
住民票→ 外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
       (日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)
さらに…→ 生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費

★ほとんどの日本人が、このような特権の存在を知らない
  何も知らずにいる、2ちゃんねるの他の板の人たちに、知らせたい!


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/15(木) 03:38:03 ID:/5lm+NI8
朔太郎って、なんつーか詩が説明的なんだよね。
本来なら読者になんとなく感じ取って貰うべきことを、
直に言葉にしてしまっているんだよね。
『せんちめんたる』『のすたるじや』とか。
レトリックにも乏しいし、白秋とか拓次とか立原と比べて3段階くらい下に見てしまう。
あと、この人は読者に自己陶酔を晒すのが好きなのがキモいね。
朔太郎は詩人というより詩論家かな。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 06:43:26 ID:JD7zEmgS
最近萩原朔太郎を読みはしめました


いろいろ質問がございます

内部に居る人が畸形な病人に見える理由で
なぜあんなに理由を列挙してるのでしょうか

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 14:24:52 ID:sHGf2kNM
マルチ投稿は嫌われるのでやめましょう。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 11:02:46 ID:ob/mrDNr
>>131
現代詩の視点から見れば、確かに説明的かもしれないね。
でも説明的であるのも、一種のレトリックさ。
突き放しすぎて意味不明に陥ってる現代詩の難解さの方が修辞的に優れていると思うかい?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 23:35:53 ID:TS1tv9Zk
詩人は基本的に詩を書くだけで満足する自慰人間だから、
人の鑑賞に値する詩を作れたのは偉いな。

現代詩って読んだことないんだが、やっぱり訳分からんもんなのか。
詩人が詩を理解されないことに喜びを覚えているとしたら、アホだな。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 00:14:36 ID:s/1ynrgZ
>>135
あえて難解な表現をすることで自己満足を得ている傾向は確かにあるね。
理論的にはエクリチュールの零度とか、表徴の不可能性とか、詩の言葉は音符や絵の具と同じだから、無意味でこそ練られた詩の言葉だって勘違いな理屈をつけてねw
喩えて言うなら、生きた人間は見飽きたから、骸骨は素晴らしいって堪能してるような感じかなw しかも自己満足で。
で、皆がそうだから、よく分かんないけど俺も右へ倣えってな感じで、そういう作品が技巧に優れているとかって評価される世界になっちまったw

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 00:23:45 ID:s/1ynrgZ
>>136
もっと言わせてもらえば、内容がなくても、それらしい表現をすれば素晴らしく見えるから、大学院出の内容ある作品が、中卒のデタラメな作品に負ける世界でもあるw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 00:26:38 ID:VC2k50aa
難解さを目指しているわけでもないのに
人には難解に映ってしまうこともあるのかな?

土方巽の文章は普通にはまったく理解しがたい。
アルトーもそうだけど。
でも本人はそういう書き方しかできなかったのかもしれない。

139 :136:2009/02/09(月) 02:19:47 ID:zlkO+wGX
>>138
難解でそれらしい表現ができれば、内容がなくても、すごく満足できるんだ。俺は実作者だからよく分かる。
でも、現代詩を解さない人から説明を求められた時、困ってしまった。その経験から、俺は作風を変えた。

>難解さを目指しているわけでもないのに
>人には難解に映ってしまうこともあるのかな?

もちろん、そう言うことは普通にあるだろうね。
難解さにも色んな種類があってね、
例えば数学の難解さや、哲学の難解さにはちゃんとした背景がある。土方やアルトーの難解さにも俺は背景や文脈がちゃんとあると思う。
また、例えば、マラルメやランボーやエリオットやツェランの難解さには、その独自の観念性なり、動機や経験や資料や新しく自由な表現を得た歴史性がある。純粋なイメージの追究なり痛みがある。
でも日本の現代詩の連中に、そういったものがあるようには俺には思えないんだよね。一部の最上級の詩人の作品を除いてはね。たとえば、俺は入澤康夫の難解さは評価に値するものがあると思うが、もっと若い世代の詩人の難解さは根拠が乏しすぎるように思えるんだ。
詩にとって修辞は大事だから、無意味でも格好いい表現をできることは大事だと思う。が、それは大量生産できるデタラメさと紙一重であることは理解しておく必要はあるね。
内容に乏しくても、本当に味わいのあるレトリックに満ちた作品なら、それはそれでいいよ。たとえば、荒川洋治の擬古典調の作品とかね・・・でも、それは希な例だ。
俺の見るところ、最近の詩壇は、抽象的な難解さに満ちた作品から、女性的な日常性が反映した、ある意味わかり易い作品がクローズアップされている傾向があるみたいだ。結局、流行なのさ。バランスを取ろうとする心理が働いているのかな?
君は流行に左右されない、難解さに自己陶酔しない作品を書いてくれたまえ。責任は持たんがw


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/11(水) 17:43:38 ID:/JHpKYc+
慣れない物を食べておなかがびっくりして吸収しきらずに下痢になって排泄された余韻みたいな

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 01:21:28 ID:atV7TArB
>>139氏のお勧めの現代詩人は誰なのかな。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 01:58:20 ID:xR3wU+Bq
塚本邦雄の『定型幻視論』がお似合いかも(笑)

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 23:05:18 ID:5ef7wEDT
age

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/14(木) 22:52:34 ID:MAnulycJ
>>139の野郎いいこと言うな

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 19:32:35 ID:Oi7BoJEs
http://m.pktv.tv/u2/index/news/wvink.com

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 08:12:43 ID:M4JisngJ
  寂寥

鴉等は鳴き叫び、
風を切りて町へ飛び行く。
間もなく雪も降り来らむ−−
今尚ほ、家郷ある者は幸いなるかな!

今汝は疑然として立ち、
嗚呼、背後を眺めてあり! 如何に久しきかな!
如何なる愚者なれば、なんぢ、
冬にさきだちて世界に逃げ込まむとはするぞ!

世界は、無言にして冷かなる
幾千の沙漠への門戸!
汝の失ひし物を失ひし者は、
何処にも停留することなし。

今汝は冬の旅路へと宿命づけられて、
色蒼ざめて立てるかな、
つねにより冷き天(そら)を求むる
かの煙の如くにも。

飛べ、鳥よ、汝の歌を
沙漠の鳥のきいきい声に歌へかし!
汝愚者、汝の血の出づる心臓を
氷と侮蔑との中にかくせよかし!

鴉等は鳴き叫び、
風を切りて町へ飛び行く。
間もなく雪も降り来らむ−−
家郷なき者は禍なるかな!


147 :146:2009/06/25(木) 08:22:40 ID:M4JisngJ
朔太郎の未発表草稿が発見されたわけではありません。
ニーチェ作、生田長江訳の詩作品です。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 01:26:11 ID:8FLlMHs7
すごく萩原朔太郎っぽい
ニーチェって詩を書いてたのか

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/06(月) 22:57:50 ID:WQlr9Jnp
蒼ざめた馬の一文
「蒼ざめた影を逃走しろ。」ってどういう意味?
「蒼ざめた影から逃走しろ」や「蒼ざめた影を逃走させろ」なら分かるけど。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 15:25:57 ID:5ML1X/uD
ふむふむふむふむ不思議なをじゃる

151 :朴訥:2009/07/11(土) 11:23:08 ID:SHf1Ig+8
江戸川乱歩や萩原恭次郎とも親交があったんだよね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 14:15:28 ID:kXs/C3L7
そうなんだ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 19:47:01 ID:9wq8ds45
日本最高峰のオナニート。
後にも先にも自分が無職であるのを自慢する人間はこの人しかいまい。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 22:43:10 ID:My7BXIkf
       /:::赤旗:::\
      /:::::─三三─\                 また今回も政権に携われずハブられ続ける捏造党の異名を持つ日本共産党の
    /:::::::::(○)三(○).\                               
/⌒)⌒)⌒.:::::::::: (__人__) :::::: \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /..    ` ⌒´    | (⌒)/ / / /,,-''ヽ、
| :::::::::::(⌒)          /  ゝ ::::::.,,-''"    \      
|     ノ           \  /_,-'"        \
ヽ    /             ヽ /\           \ ドォーン
 |    |        __   //\\           \ ガガガガーン
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/共\      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/産 \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/党 \/\  /::::::::/  | /  .| ロ  .|lllllllllllll
          |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、| ||/ ..|
          |  |:::l//\ \/本 \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ 部.::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::??
  ─┐||┌─┐ l ─  ‐┼‐   ‐┼‐ヽ l  ノ │ .|  |   ‐┼‐ ‐┼‐
        日  フ 口  メ   __ |__  フ |┬   |  |   ‐┼‐  d
  (__   .六  ↑ .田  (___  (丿 ) ↑.ノ│   ノ  ヽ__ノ (丿\ ノ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 17:56:07 ID:cdxGlG0j
全詩集が欲しい。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 09:35:46 ID:s0ITWrHk
昭和のその昔、筑摩書房から出た「萩原朔太郎全詩集 愛蔵版」というのがありましたぜ。
ただし実物は、場所はとるわ、重たいわで、きっと持て余してしまいますぜ。

http://www.amazon.co.jp/%E8%90%A9%E5%8E%9F%E6%9C%94%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%85%A8%E8%A9%A9%E9%9B%86-1979%E5%B9%B4-%E8%90%A9%E5%8E%9F-%E6%9C%94%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/B000J8574M/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1262996948&sr=1-1

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 16:28:48 ID:YlkRNy28
>>156
持ってます。サーセン

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 04:53:29 ID:80Qot0v1
昔は新潮文庫から主要詩集が出ていたそうで。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 23:13:38 ID:tVppyf06
下がりすぎていたので、あげます。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 22:41:18 ID:dGC5t8aE
>>29
感嘆符いらねえと思った。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 23:38:12 ID:aZ5X7Hdp
>>29
ようやく本来の語り口に辿り着けたかな、という印象。
口語自由詩は朔太郎には合わないと思う。暗いし、重たいし。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/21(日) 01:40:06 ID:/vBJzsRC
>>55
これね。

日本的なものへの回帰! それは僕等の詩人にとって、よるべなき魂の悲しい漂白
者の歌を意味するのだ。誰れか軍隊の凱歌と共に、勇ましい進軍喇叭で歌われようか。
かの声を大きくして、僕等に国粋主義の号令をかけるものよ。しばらく我が静かなる
周囲を去れ。 (昭和十二年十二月)

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/18(日) 23:46:42 ID:kYG8c2Oc
アフォリズム集出せばよかろう

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 03:06:45 ID:66RK2qDg
既に出していた筈だが。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/19(月) 03:08:20 ID:66RK2qDg
問題はニートの書くアフォリズムにマトモに取り合う奴がいたか、ということ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/08(土) 23:30:55 ID:SYl3AtNp
萩原朔太郎がアフォリズム集を出したのは詩人として評価されてからでしょ?
いまググッたら初めて刊行したのは36歳の時だったが。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/09(日) 12:26:13 ID:CzF4Jj60
詩人として評価されて、
並の詩人よりは売れても食えないものなんだね。藤村然り。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 09:25:11 ID:uwlQz8aT
この詩の解説してあるサイトありますか?
ーーーー
こころはまた夕闇の園生のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかひなしや
ああこのこころをばなににたとへん。

こころは二人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。


51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)