5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロマン派音楽と詩文学

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 19:02:04 ID:AWaGxnch
リートの歌詞に利用している音楽は多いです
そんな、音楽と詩文学について語りましょう。

2 :ショーバー:2007/02/11(日) 19:11:53 ID:fWQRq7Na
>>1
ナイススレ立て乙です

3 :ショーバー:2007/02/11(日) 19:13:29 ID:fWQRq7Na
でも音楽をスレタイに入れずに単純に『ドイツ抒情詩スレ』の方が人集まって良かったんじゃないかと・・・

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 20:52:31 ID:tHK8DQTo
シューベルトスレから誘導されて来ますた。
(スレ立て乙の)我が挨拶をお受けください。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:25:38 ID:WJ0Lgchr
憂国の詩人テオドール・ケルナーは夭折にもほどがある

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:58:14 ID:+BrxXgPS
ここは「音楽と詩文学」を語るのか、「音楽」と「詩文学」を語るのか。
詩文学板としてはあくまで「詩文学」を中心に、音楽も絡めながら話していくほうが良いのではないかな?

>>1が「リート」と言っているのでドイツ限定で考えてるのかもしれないけれど、
このスレタイでは他の言語の詩も入れて良いんでないかな〜。

他の人の意見求む

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:59:25 ID:+BrxXgPS
とりあえず何かしら語ってみるテスト

O du Entrißne mir und meinem Kusse,
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt!
Erreichbar nur meinem Sehnsuchtgruße,
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt!

Du von der Hand der Liebe diesem Herzen
Gegebne, Du von dieser Brust
Genommne mir! Mit diesem Tränengusse
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt.

Zum Trotz der Ferne, die sich feindlich trennend
Hat zwischen mich und dich gestellt;
Dem Neid der Schicksalmächte zum Verdrusse
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt!

Wie du mir je im schönsten Lenz der Liebe
Mit Gruß und Kuß entgegenkamst,
Mit meiner Seele glühendstem Ergusse,
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt!

Ein Hauch der Liebe tilget Raum und Zeiten,
Ich bin bei dir, du bist bei mir,
Ich halte dich in dieses Arms Umschlusse,
Sei mir gegrüßt, sei mir geküßt!

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:09:43 ID:+BrxXgPS
KussとGruss、「口づけ」と「挨拶」という同じ韻の言葉からイメージを広げた詩であり、
遠く離れた恋人へ挨拶、キスを送るというセレナーデ的内容。

基本抑揚格っぽいが、長短も生かした生き生きとしたリズムがある。
特に第2節は動きのある詩。

第4節、第5節はいかにもリュッケルトという、花の匂いが漂ってくるかのようなロマンティッシュさ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:12:09 ID:+BrxXgPS
ちなみに"Sei mir gegrüßt"を「挨拶を送らん」と訳した人がいたが、
ドイツ語の文法としてはDu(あなた)に対する命令法なので「僕の挨拶を受け取ってください」が適切と言えよう。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 04:36:44 ID:mlHfnayJ
>>7,8
いーね!
>>6
難しいね〜。ドイツ語だけにした方が原文で詩は楽しめると思うけど…


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 07:58:11 ID:QR9VjEt5
最近英語の素敵な詩もいくつか読んだから、他の言語もあっても良いのかな〜とは思う。
フランス語とかわからんがw
カキコする人がフォローしてくれる分には、自分としては歓迎したい。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:03:45 ID:ThWLnn6t
やったね、Fuck!

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:24:43 ID:iruxBCBg
今回はドイツのお医者さん兼抒情詩人、Justinus Kernerの詩
"Stirb, Lieb' und Freud'"

Zu Augsburg steht ein hohes Haus,
Nah bei dem alten Dom,
Da tritt am hellen Morgen aus
Ein Mägdlein gar fromm;
Gesang erschallt,
Zum Dome wallt
Die liebe Gestalt.

Dort vor Marias heilig' Bild
Sie betend niederkniet,
Der Himmel hat ihr Herz erfüllt,
Und alle Weltlust flieht:
"O Jungfrau rein!
Laß mich allein
Dein eigen sein!"

Alsbald der Glocken dumpfer Klang
Die Betenden erweckt,
Das Magdlein wallt die Hall' entlang,
Es weiß nicht, was es tragt;
Am Haupte ganz
Von Himmelsglanz
Einen Lilienkranz.

Mit Staunen schauen all die Leut
Dies Kränzlein licht im Haar,
Daß Mägdlein aber wallt nicht weit,
Tritt vor den Hochaltar:
"Zur Nonne weiht
Mich arme Meid!
Stirb, Lieb' und Freud'!"

Gott, gib, daß dieses Magdlein
Ihr Kränzlein friedlich trag,
Es ist die Herzallerliebste mein,
Bleibt's bis zum jüngsten Tag.
Sie weiß es nicht,
Mein Herz zerbricht,
Stirb, Lieb' und Licht!

ttp://www.recmusic.org/lieder/get_text.html?TextId=9269
ttp://www.damo-net.com/uebersetzung/schumann/op035/02.htm

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:33:06 ID:iruxBCBg
J.Kernerはお医者さんで自然科学を学びながらも、霊魂や魔術といった超自然的な神秘主義に傾倒してた人。
彼の詩に「自然の癒し」というテーマのものが多いのはその影響だと思われる。
その他は「女(恋愛)、酒、旅」といった若者的題材がほとんど。
で、"Stirb, Lieb' und Freud'"は見てのとおり
「心寄せていた女性が、自分へではなく、神への愛を誓う」という恋愛もの。

一見して分かるのは各節が四行詩+三行詩という構成になっていること。
基本抑揚格だが、四行詩部分はそれを崩す事が多く、動的なイメージなのに対し、
三行詩部分は例外なく抑揚格で、静的なイメージを与える。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:38:49 ID:iruxBCBg
失恋の悲しみと共に宗教的な雰囲気も兼ね備えた美しい詩であり、
R.シューマンがバッハ研究を生かし、オルガン曲の雰囲気を持った素晴らしい作曲をしている。
特に三行詩の各行にバッハのヨハネ受難曲の最終コラールから"O Jesu Chrst"という
主への呼びかけの旋律を繰り返し使っているのが印象深い。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 09:50:34 ID:ILYqg6Il
やっと落ち着いて糞スレできる場所を見つけたよ。
宜しくね。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:59:56 ID:bH8DBMGt
おっ!いいスレ発見。
フランス歌曲も入れたいな。
フランスの詩人には大御所揃いだし。

ていうか、歌曲ならば何語でも良しとして欲しいな。
例えばロシア歌曲なんかも、ロシア歌曲自体にスレの需要があるかはともかく、
ロシア文学自体はメジャーだし。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 02:01:04 ID:acYXVZ1k
>>17
個人的には>>11に書いたように、その言語に不慣れな人にもフォローしてもらえれば何でもおk。
フランス歌曲は不勉強なのでいろいろカキコしてくれると勉強になりまつ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:45:46 ID:V1vVuAI9
ハイネ最高
恋愛詩の皮を被った革命史万歳

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:20:56 ID:EX59gYwe
ageあーじゅ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 00:02:59 ID:nIA5vPBP
詩と曲と言えば、シューベルトの魔王でしょ、絶対!
ビートルズもローリングストーンズも魔王には勝てん

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 01:33:07 ID:83/+DT7Z
戦わす必要はない

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 07:42:43 ID:SmkU9imV
Über allen Gipfeln

Über allen Gipfeln
Ist Ruh,
In allen Wipfeln
Spürest du
Kaum einen Hauch;
Die Vögelein schweigen im Walde,
Warte nur, balde
Ruhest du auch!

   -Johann Wolfgang von Goethe


ttp://www.recmusic.org/lieder/get_text.html?TextId=6568
ttp://www.damo-net.com/uebersetzung/schubert/d768.htm

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 07:51:38 ID:SmkU9imV
ドイツ抒情詩の歴史上もっとも有名な詩の一つ。
抑揚格と揚抑格が交互に現れ、自然の静と動を見事に描写した短いながらゲーテらしい力強い構造の詩と言える。

自然の絵画描写的な2行+自然の動画描写的な3行+動物についての1行+duに対して語る2行
・・・という構造。

特に最初の2行から次の3行へ進む時に自然と生き生きとしたリズムが生まれ長い6行目にスンナリと入っていけるのが素晴らしい。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 08:06:20 ID:SmkU9imV
ちなみに音楽言語学者Georgiadesが"Schubert-Musik und Lyrik"という著作の中でかなり詳細な分析を行っているが、
彼によるとSchubertの第6行の反復
Die Vö:gelein schweigen, schweigen im Walde,
によって生まれるリズムが、音楽的なシンメトリーを創り出しているとのこと。

有名な詩だけあって多くの作曲家が曲をつけ、それでいて短い詩なので
抒情詩と音楽を研究する上で格好の題材と言えるのかも。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 18:11:09 ID:mzEEl89o
ハイネさいこー!!なんでハイネスレないの?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 20:06:54 ID:pwUs4PBw
皆、教養あるなあ。
原語で書けるなんて。ドイツ語のウムラウトなんかどうやって出してるんだよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 09:25:59 ID:98zdZt+m
äの&を半角に
ßの&を半角に

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 14:43:51 ID:98zdZt+m
>>26
なんでないのと言う前に自分で立てれば宜しい。過疎板でスレ立てただけじゃどうにもならんけどな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 21:33:03 ID:JiKZnxdw
まったりいこうぜ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 21:51:10 ID:rfs70sV5
保守

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 23:19:56 ID:/iDXujYu
ドイツロマン派と言えばアイヒェンドルフを忘れずに
今年は没後150年の記念イヤーですぞ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 18:38:12 ID:cXPp0FkB
>>32
アイヒェンドルフいいね!
美しく、どこか爽やかな詩が多い様に感じる。様式美があるなー。

Es weiss und rath es doch Keiner...
ってのが好きだな。シューマンとメンデルスゾーンがつけてるやつ。

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 09:29:47 ID:zXFJgJXm
ロマン派音楽と言うことだけどモツとかシェーンベルクとかメシアンとか
その他諸々は駄目なん?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 12:11:34 ID:oVVQB/nL
>>35
とりあえず書いてみれば?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 00:56:04 ID:KeXdaF4O
1がいないからなんでもいい気がする

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 14:18:19 ID:caEbyWIc
保守ついでに

ゲーテ(マリエンヌ)のズライカ
有名な西風 Was bedeutet die Bewegung?…
東風 Ach um deine feuchten Schwingen…
この2作の対比とリンクが素敵過ぎる。
リンクというのは、共通する単語や韻などに感じます。最後は同じくgebenで終わるのも良い〜。

前者はfrisch後者はmilde、
含まれる単語の発音も、前者はハッキリしていて後者は柔らか。
大好きです。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 16:36:19 ID:bANnyrgz
ヴィレマーの東風の詩を数字好きのゲーテが改変しちゃったのは残念かな。
たとえば「千の挨拶を君に送らん」より「あなたの足元にそっと跪きましょう」の方が
いかにも慎ましやかな女性という感じが出ていて好き。

リンドの歌を聴いたヴィレマーが「この歌は私が作ったものなのです」と
感慨にふけりつつこぼしたというエピソードもいいね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 16:37:05 ID:bANnyrgz
歌じゃなくて詩だった…

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 23:02:59 ID:GH6YwgUH
ズライカと来ればミニョンは外せないでしょう。
Kennst du das Land, wo die Zitronen bluehn〜♪

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 09:41:16 ID:pgpuugBc
古本市でH.カウフマンの『ハイネ 詩と精神の展開』という本を見つけて買ってきた。
ゲーテに比べてハイネは人格もよく分からんし、それがイマイチ詩に共感しきれない理由かも、と考えて一から勉強してみるテスト。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 01:20:51 ID:SkkAX7fV
ハイネは愛や啓蒙の詩人というよりも、革命論者だからね。
歌の本が愛されているので一般的に愛のイメージが付いている傾向があるけど。
>>42の本も気になるなー。

44 :こ れ は ヒ ド ス:2007/04/06(金) 20:37:11 ID:764rV8K0
歌手 aiko がモロ盗作・・・ ↓まとめ
ttp://a.weep.jp/gossip/?aiko%2F%C5%F0%BA%EE%B5%BF%CF%C7%CC%E4%C2%EA%2F%B2%E8%C1%FC

国分が愛想つかした理由がよくわかりました

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 11:24:11 ID:3iQWmouY
ほす

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 15:46:08 ID:0VKki4L8
こんなスレあったんだ。
アイヒェンドルフいいな〜
そういうとヘルダーリンの詩ってあまり付曲されてない気がする。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 19:50:28 ID:/ZupbkoF
>>46
ブラームスの運命の歌が突出して有名だよね
リームのヘルダーリン断章がけっこう好き

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 06:14:32 ID:TLhz3fY2
しばらく間が開いたので最近プレガルディエンのCDで聴いたヴォルフのアイヒェンドルフ歌曲の詩を

Verschwiegene Liebe

Uber Wipfel und Saaten
In den Glanz hinein -
Wer mag sie erraten,
Wer holte sie ein?
Gedanken sich wiegen,
Die Nacht ist verschwiegen,
Gedanken sind frei.

Errät es nur eine,
Wer an sie gedacht
Beim Rauschen der Haine,
Wenn niemand mehr wacht
Als die Wolken, die fliegen -
Mein Lieb ist verschwiegen
Und schön wie die Nacht.

    −Josef Karl Benedikt von Eichendorff

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 06:20:20 ID:TLhz3fY2
とてもロマンティッシュで素敵な歌だが、この詩は難易度が高い・・・

第1節
最初の2行を、特にden Galnzをどう解釈するか?(=Gedanken?)
3行目、4行目のsieはdie Gedankenかな?

第2節
5行目までの流れは難しい。2行目のsieはおそらく「彼女」。
(2行目の最後にはカンマがあるかも)
どう解釈すれば6行目の「僕の愛はひそやかだ」に続く流れになるだろう・・・

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 06:32:35 ID:TLhz3fY2
ある解釈の試み

「こずえと麦畑を越えてあの光の中へ(彼女のもとへ)と−」
誰がこの想いに気づくだろう?誰がこの想いをわかっただろう?
想いは揺れ動くが、夜はひそやか、想いは何者にも縛られない。

誰が彼女を想ってきたか、言い当てるとすればただ一人だけ、
空を飛ぶ雲以外誰も目覚めている者ない時に
林のざわめきの音から言い当てる人だけ −
僕の愛はそのようにひそやかで、夜のように美しい。


第2節の3行目が鍵だと思うのだけれど、どうも無理がある気がするw

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 23:47:30 ID:W5A9+faV
有名どころ(?)の対訳
ttp://homepage2.nifty.com/182494/LiederhausUmegaoka/songs/W/Wolf/S893.htm

Wer an sie gedachtを「想いを抱く者」っていうのはsieがぼやけてるな。
他の人の意見キボン

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/20(金) 12:26:22 ID:hVhNpoqS
じさまとばさまのセレナーデ


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 19:30:55 ID:0N175g32
新刊
『ファウスト 神話と音楽』 慶應義塾大学出版会 H.J.クロイツァー 石原あえか訳
ファウスト神話の原型からゲーテ、そしてさまざまな音楽作品への道のりをたどる。内容は面白いが、訳が読みにくい。

『「歓喜に寄せて」の物語 シラーとベートーヴェンの「第九」』 現代書館 矢羽々崇
シラーの『歓喜に寄せて』の詩が書かれた経緯から、ベートーヴェンのアプローチへのかなり細かい分析。オススメ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 04:44:53 ID:PdT9rgbZ
ノヴァリスを忘れないで・・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 17:33:46 ID:pqLqOgBd
大日本帝国浪漫主義社会

56 :みき(^-^) ◆MIKIDyAWSg :2007/05/19(土) 09:51:35 ID:kytm5Eh+
誰か、リュッケルトの詩集を手にいれる方法知ってる方いませんかー?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 16:29:29 ID:NFAEUEpf
俺もいつも東京の本屋行くとリュッケルトの詩集探すけど置いてない。
ドイツの本屋でも置いて無かったから注文しないと無理だと思う。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 05:15:57 ID:q0p5unmi
かなりつまらないですが暇なら俺の詩を読んで下さい
http://dblog.jp/minuszero/

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 00:01:12 ID:1hoTuy39
>>56
注文を待っている間、ここを見て渇きを癒すと良いよ
http://www.recmusic.org/lieder/r/ruckert/

“天はひとつぶの涙をこぼした”に“恋の痛みは変わらない”、
感傷的なところもあるけれどリュッケルトはいいね…

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 01:55:09 ID:PzTUlvej
完全

完全は明日への慈悲

悲しみは過去からの宿題の持ち越し

時間は人間がつくったこの世で一番つまらないもの

時間は地獄で話題沸騰
時間って死神の若者から見たらダサい

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 17:09:40 ID:07uqYE6v
>>46
ジャーマン・プログレのヘルダーリンはヘルダーリンの詩に曲をつけたバンドだよん。

62 :名無し行進曲:2007/06/27(水) 22:12:34 ID:B91ONziu
その通り・・

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:11:00 ID:+CkQkU7+
リストのピアノ曲集「詩的で宗教的な調べ」は
そのタイトルもラマルチーヌの詩集そのままだが
そのなかの「孤独における神の祝福」という曲の美しい旋律は
エピグラフに掲げられた
D'où me vient, ô mon dieu, cette paix qui m'inonde
(いずこより来たるや,神よ,我を浸せるこの平和)
を朗誦する抑揚にみごとに一致する。
もともと歌曲として作曲したものかは分らないが
この曲も詩を知ってさらに感動が増す。

(リートの話じゃなくてごめんよ・・・

64 :名無しかへらず:2007/08/08(水) 01:43:49 ID:h8lWB0hv
>>46
クルタークの Holderlin-Gesange
Kurtag : Signs, Games and Messages ECM NEW SERIES 1730

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/11(土) 19:05:34 ID:SBeU5jVS
ノーブルレッド今は消えないで
ふたりのこころ染めるみたいに黄昏て沈むの光は

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 22:37:32 ID:t4RVX1eA
ここ楽しい!たまに遊びに来る。

67 :名無しかへらず:2007/09/02(日) 05:08:32 ID:D0u/sftY
ジャーマン・プログレのノヴァーリスの
Die Welt wird alt und wieder jung
リートの一種といってよかろう・・・

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 13:39:43 ID:G1yZjR+b
本買えた?

俺も欲しいから入手方法教えてくれます!

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:19:20 ID:G1yZjR+b
↑↑

リュッケルトの本

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 08:29:51 ID:o/HGsD1+
age

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 19:26:50 ID:mN5DwByE
age

72 :みき(^-^) ◆MIKIDyAWSg :2007/11/30(金) 12:20:09 ID:z7P5Y4Pg
ヾ(。・∀・)ノ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 13:21:12 ID:+0BCOI21
むかしトゥーレに王ありき…

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 23:44:48 ID:rEvasgYJ
ヴェルレーヌの月の光は、初めて暗唱できるくらいに読みふけった詩。
フォーレよりも、ドビュッシーの月の光が好きだな、、、。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 00:45:20 ID:4HX/337H
亜麻色の髪の乙女も
ルコントドリールがルーツだね

76 :鬱( ̄▽ ̄)v:2008/01/01(火) 02:41:24 ID:uCd7j1yE
ドビュッシー歌曲集3枚組みCDの歌詞・訳詩ブックレットは、
ある意味最上のフランス詩入門書だな・・

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 15:45:45 ID:4gdo0fSC
フォーレもそうだね

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 23:53:42 ID:DmG9tthx
大理石の像より高く噴き上げる噴水を
すすり泣かせては降り注ぐ

ってとこが好き。
噴水は泣いてるのか。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 17:10:03 ID:tFY9UYL5
シューマンが話題にあがらないことに絶望した

歌曲の質はもちろん、文学の要素を器楽曲に
あそこまで積極的に取り入れたのはシューマンが最初なのに。

幻想曲の一楽章
15分近くかかる大曲が最初に掲げられてる
数行の詩に帰着していく構成に感動する

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 17:35:13 ID:w5GQ7vEW
過疎板でそんなこと言われても

81 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 13:19:29 ID:/E8hraef
>>79
話題にあがって欲しいなら、まずは自分が話題にしないとな
それが過疎板の仁義っていうもの

83 :名無しさん@お腹いっぱい、:2008/02/05(火) 14:28:43 ID:3GFzDTmS
ワーグナーと中世ドイツ叙事詩文学の関係などは
話題に上がってもらいたくない・・・

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 15:00:02 ID:HVR2fZdp
最近シューベルトのオシアン歌曲勉強中。
中村徳三郎氏の訳書に入ってない詩もあったりで、全体像がいまだによくわからんが、
作品中の人物像にはひかれるものがあり、当時流行したのもわかる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 22:54:35 ID:ffluggy4

話題にあがって欲しいなら、まずは自分が話題にしないとな
それが過疎板の仁義っていうもの

83 :名無しさん@お腹いっぱい、:2008/02/05(火) 14:28:43 ID:3GFzDTmS
ワーグナーと中世ドイツ叙事詩文学の関係などは
話題に上がってもらいたくない・・・

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 15:00:02 ID:HVR2fZdp
最近シューベルトのオシアン歌曲勉強中。
中村徳三郎氏の訳書に入ってない詩もあったりで、全体像がいまだによくわからんが、
作品中の人物像にはひかれるものがあり、当時流行したのもわかる。

25 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]
取りに行ったけどなかった。次は一時間後に取りに行くです。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 23:36:09 ID:+cvQFw/D
何が言いたいんだw

87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/27(水) 00:42:55 ID:uoEU1ZzF
ロマンヨシチュウ

89 :84:2008/12/17(水) 20:01:29 ID:zl8mfMV0
いまだに勉強中ですが何か?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 13:23:50 ID:4laWPWpb
レスは少ないし過疎っているけれどすごく充実しているスレなので落ちてほしくない

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/15(金) 02:19:39 ID:fkCFx2Ow
>>74
フォーレファンだが賛成。
ドビュッシーの歌曲はいい。
これをフォーレファンに言うとガツンと叩かれる。

92 : ◆SUNEO/svrk :2009/05/25(月) 07:33:44 ID:t0BKMf9q
???

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 15:31:57 ID:heZn/iIA
やはりというべきか、リートとメロディが話題の中心だけど
ロマンスやソングもここでいいんだよね?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 03:07:42 ID:nMzXpf79
期待アゲ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 23:29:11 ID:9rbFmQNL
あげます

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/15(木) 08:48:37 ID:E54Aw0eU
「しかし源氏物語を原文で読む人というのは果たしてどれくらいいるのかね。谷崎(潤一郎)源
氏、与謝野(晶子)源氏いろいろありますからね。それと(瀬戸内)寂聴さん訳してみたり。ま
あそういう形でね、活字のメッセージが安易に現代化されていることも便利になった一つだと思
うけど、それだって私は読書だと思いますよ。ただやっぱりね、テレビも新聞もなかったころの
ね、バルザックとかね、ドストエフスキーとかね、デューマとかね。ああいったね、古典的な作
家、今読んでみるととても退屈で読み切れないね。ていうのは、新聞が伝えるような情報をね、
小説が伝えた、あのころね」
「ですからね、行ったことのないね、サンクトペテルブルグとかパリとかね、あるいはローマの
風景はこういうものなのかなていうことね、みんな活字をもって摂取したから、ああいう小説も
なり得たけど、今とてもじゃないけども、やっぱりああいう小説退屈で読めないでしょ。それか
らまたこの間必要があってね、ニーチェ読み直してみたけども、やっぱり昔はとにかくあれで何
とか耐えて読んだけど、今はとてもじゃないが、ああいう翻訳というか、あのボリュームはアダ
プトされないと難しいなと思っていたら、ニーチェの簡訳本みたいなのが出ててね。今それが非
常にベストセラーになっているけども。私も一回それ買って読んでみたいと思ってますけども」

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)