5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

縦読み詩を書こう

1 :名前はいらない:2010/01/01(金) 19:20:06 ID:ZRPuGvXj
例:

「あなたに会いたい」

あの灰色の雲を蹴飛ばせば
なんだって出来るような気がした
タクシーを呼び止めて向かったのは
にぎやかな街で華やぐ君のもと
あしたになればこの雨も上がって
いつもの青空に戻るだろうか
たくさんの香りを胸に抱えて
いま、君を見つけた

2 :ゼロタロウ ◆PKKEvURXbjYu :2010/01/02(土) 00:55:57 ID:Kimbm4/3
できた。けっこう楽しいね。


「あなたに会える」

あしたを夢見ていた僕は
なにも持たない手を暖めながら
たゆたう流れに沿って
にんげんと風のあいだで
あがいた気持ちのまま
いたむ足をなだめて歩く
たびはまだ終わらない
いつかきっと――

3 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2010/01/02(土) 03:01:20 ID:Od2OH+Al

「勘繰るな」

縦横無尽に駆け巡る物語を
読破した休日の夕方
みかんを頬張りながら考えてしまった
詩的な連が連ねられていたその本は一体何
を僕に伝えたかったのだろうか
書き出した物語のメッセージとにらめっこしてる内に
こんなところに答えがあったのかと驚嘆した
うまいと思うと同時に、その為に整えられた本編が軽薄にも思えてしまった

4 :名前はいらない:2010/01/09(土) 13:22:57 ID:5u3y0JVl
「今、」

会見する赤と白
いびつな箱に入れられて
にたりと笑ったのは誰?
行き先は不明
きれいな場所か
まわりに何も無い処か
すこしも判らないけれど――


5 :名前はいらない:2010/01/09(土) 16:16:46 ID:D2H/dJHt
何がおもしろいんだよ

6 :名前はいらない:2010/01/09(土) 16:16:56 ID:D2H/dJHt
まったく

7 :名前はいらない:2010/01/10(日) 14:05:47 ID:qu9zjCrK
何もかもが
がらりと崩れ落ちて
おおきな穴へ吸い込まれた
ももの花が咲く場所に
しろく奇麗な果実は実る
ろぼっとが行き交う道に
いつまでも君はいる
んから始まる言葉を連れて
だれかに出会おうともせず
よっとのように揺られ続けて

まだ君はそこにいるつもりかい
って言ったって、聞こえないだろうけど
ただ立ち続けるだけ
くさりを自分で握り締めて


8 :名前はいらない:2010/01/11(月) 00:36:58 ID:SQBlBHnB
くつの自慢話
だいじな記憶
らくになれたら
なきがおの約束
いなくなるとは思わなかった

9 :名前はいらない:2010/01/11(月) 19:16:54 ID:LFhn7Khp
So you don't need me...
はかないあなた追いかけても
Oh It's time to my graduation
もう二度と無いでしょう
ワタシとアナタで紡ぐ時は

なにも心配いらない
いつもの様に笑うだけだから

10 :名前はいらない:2010/01/19(火) 03:13:00 ID:hhJweT39
一生独身

11 :Mana魔名:2010/01/24(日) 01:57:54 ID:4QBHwJPk
横と縦と斜めで構築された不機嫌な世界で
心を読み取る術を失ったアンドロイド達が
仰ぎみる灰色の空に何を願い縋るのだろう
散文詩的な感情の掃き溜めに温もりを感じ
言葉を紡ぐ行為に絶頂を模した背徳を感じ
誰に書くわけでもない手紙を世界中に送る
今やこんなにも虚しく時は過ぎるばかりで
彷徨う身体と精神はちぐはぐに涙するだけ

12 :名前はいらない:2010/01/27(水) 21:59:05 ID:P+s6ZV7J
一と零の構成する世界
生きていない生物たち
独りで笑い続ける私は
身も心もぼろぼろで

13 :名前はいらない:2010/01/28(木) 00:45:20 ID:RPY00DUU














14 :名前はいらない:2010/01/28(木) 08:12:56 ID:Vw+w7DSD
ぼろぼろになった体が
くさりはてて
はっきりとした体になる
頭だけになり
蓋する者もなく
骨は朽ち果てていく
とんでもないことだ
会おうとする者はいない
話そうとする者なんて
出てくるのは歌
来ないのは愛情
まだかな
すべて認めてくれる人は


15 :名前はいらない:2010/01/28(木) 21:48:28 ID:E48SKb9U
前後不覚の真夜中です
もう考えません、何も
同情の涙を流す空
じっとりと湿度の高い部屋
様変わりした故郷の町並み
なんでこんなにも、なんで
ストーブの上に錆びた薬缶
レトルトのおじやは冷えて
あの熱さえ急激に冷えて
つまり情熱はこんなに冷えて
ただ聴くどしゃぶりの歌
ようやく新聞がとどくよ
ねえ

16 :名前はいらない:2010/02/01(月) 22:52:08 ID:ktMEHQ5g
精一杯頑張る照英さん、私も
子供と一緒に応援しています!!
かがやく笑顔が素敵だなと思います。
けがは禁物ですよ!!睡眠を
たくさんとって元気になって
いっぱい活躍してね!!!
なんちゃって(‘ω~)/

すいません


17 :名前はいらない:2010/02/02(火) 20:20:16 ID:Ye4m9eAI
すりきれた幸福が飛んでゆく
いくら手を伸ばそうとも届かなくて
まって、まってよと言うのだけれど
せわしく動く幸福は止まらず
ん〜、多分もう無理

18 :名前はいらない:2010/02/03(水) 01:32:00 ID:2355nQ4g
あのね、ひとりじゃダメみたい
きょうも一日、寂しくて
ららら・くらくら・まっくらやみ
めまいがするけど大丈夫
なぞってみると二人の歴史は
いつも笑顔をかさねてたよね


19 :名前はいらない:2010/02/08(月) 23:19:51 ID:VU/Wz0/i
昼間の月が輝いている
夜の星は見えやしない
逆さまの顔が自分を見つめる
転がる真っ赤な林檎
しかたがないと呟くのは誰?
そうっと逃げ出す自分
うさぎは独り土の上

20 :名前はいらない:2010/02/09(火) 18:46:03 ID:LOI+JECW
ぺろんちょ
てれちゃう
るりるり
ぎこぎこ
うれしー!!
すん・・・・・・


21 :名前はいらない:2010/02/18(木) 20:26:11 ID:mmptGWf2
縦に細く伸びる線の向こう
読まれることのない本が積み上げられ
みられることのない世界が転がっている
詩にならない言葉は
をぉーくまんに押し込められた
書かれなかった感情を
こどもの頭を撫でるように
うみに潜るように愛してみようと思う

22 :名前はいらない:2010/02/24(水) 15:20:24 ID:1M/A0mL0
たにんをだまし
のりでほらふき
うそをたださず
えりもたださず
あやまることなく
やくそくをやぶり
こそこそかげぐちをたたき

ゆすりにもにたげんどうで
うつ病におとしめ
きちがいをそだてるひとたちは

たすけをもとめるこえにも
かすみみをもたずに
のけものをつくって
まちがいをほうちする
いじめっこしゅうだん


23 :名前はいらない:2010/02/24(水) 20:18:23 ID:Lkdmf+sf
貴重な羅針盤をあげよう
方向を指し示してくれる
にふらむの呪文が聞こえてくる
花が咲き乱れている
をたくの巣窟へ導かれる

私事で恐縮なのだが
においたつ花は苦手なのだ
唄を歌おう、その代わりに
をぉーくまんを持って

24 :名前はいらない:2010/02/26(金) 16:47:02 ID:a95k5F81
うみに向かって歩いてゆこう
ちにまみれた貴方を抱えて
のんびりと沈んでゆこう
トメテクレ、ダレカ
コンナコトシタクナイ
でんぷんの様になろうとも
はなさない、決して

25 :名前はいらない:2010/02/27(土) 22:28:44 ID:wl0hOepE
トンデモナイコトガ オコリマシタ
リアリティーニカケル デキゴトデス
ビックリシテシマイマシタ ナゼナラ
アメガ フッテキタノデス
のぞんでもいない できごと
泉にあふれかえるほどのアメ

26 :名前はいらない:2010/02/28(日) 19:35:01 ID:Y7oWHEgD
明るすぎる空の下
日時計は陰を映し続ける
はいだしてくる草の芽
卒然とした態度もとれず
業は自己を蝕んでゆく
式典が始まっている

27 :名前はいらない:2010/03/03(水) 16:30:46 ID:iHyAFj28
小規模に消極的で
説明の要らない程接遇は悪い
書物はしかし諸行無常を表している
きみの悪い優しさと
ためにならない知識は
いつも其処に在り続ける

28 :名前はいらない:2010/03/06(土) 01:19:51 ID:m118Dno+
あさましや
なにもない
たびじたく
なきながら
どうしてか
いますこし
らーめんが
ぬるいんだ

29 :名前はいらない:2010/03/07(日) 11:42:15 ID:L45mmAzR
ありふれた退屈
ながれる嘘の雫
ただ独りで想う
がらりと崩れた
ほろびた世界は
しみの様だなと
いう君は愚かだ

30 :名前はいらない:2010/03/08(月) 16:03:27 ID:7SFlHi82
さわさわと小枝は笑う
よろめいて舞う木の葉
なかなかに淋しい昼間
らんらんと声を上げる
絶体絶命で危機一髪を
望んでいる道化師一人
先頭に立つのはヒヨコ
生き残った憐れな小鳥

31 :まるちーず ◆wCzwkCxPUw :2010/03/09(火) 13:34:46 ID:lb4oAis0
「サイトゥマウォーズマンyu-ki」

おがわ町の用心棒に告ぐ
鎮圧せよ大宮を
珍妙なる
気取り屋の館を
持参したいがいがの棍棒で
ちりも残さず破壊し尽くし
いく度も
いく度も
おがわ町の勝利を叫んで見せるのだ
(´;ω;`)

32 :まるちーず ◆wCzwkCxPUw :2010/03/11(木) 01:59:42 ID:/RzPHql0
熱にうなされて
量る涙の滴
零時の鐘が鳴り
てのひらに
w生やし




33 :名前はいらない:2010/03/11(木) 11:59:15 ID:ktwVZkNf
和歌では「かきつばた」が有名、
谷川俊太郎の「愛してます」も有名。
英語ではアクロスティック。
日本語では折句。

34 :名前はいらない:2010/03/11(木) 12:46:23 ID:WhtBPsGd
書物を読みましょう
きれいな堕落の入り混じる本
込められる想いは奈落
みつめているのは誰?
テーブルは返事を返し
スープは以前と違う味
トキは食い荒らされるのです

35 :まるちーちゃん:2010/03/12(金) 02:50:53 ID:XHcNuh9K

二千年の
時を越えて
間題が発生する
でくのぼうが
千人集まり
まだ糸口は掴めず
でくのぼうの
行進と来たら
つまさき立ちで
たらたら歩く
らくだの群れは
万里を越えて
満員電車に
うなだれて



36 :縦読み覚醒!まるちーず ◆wCzwkCxPUw :2010/03/12(金) 04:17:10 ID:XHcNuh9K

各々の胸に手をあてがいて
前世の絆確かめ合おう
のあの箱舟から転がり落ちた
無限の繋がり
いつまでも君となら
陶酔のワインの中を
器用に泳げるから



37 :名前はいらない:2010/03/21(日) 22:55:08 ID:pvCkOADw
時計の針は無情にも動く
雨すら降らずに空は陰る
沢山あった筈のものは零
恵みなど在る訳が無い
一つだけ、貴方に伝えたかった

38 :名前はいらない:2010/03/22(月) 14:48:27 ID:H+xchz7N
黒く染まる目の前
星の無い夜空?
紅い貴方の眼が見たくて
白い景色に埋もれる

39 :名前はいらない:2010/03/23(火) 17:28:07 ID:X8XWra/y
キミはとても綺麗だから
ノートにメモしておいたのです
のどまで出かかった言葉も共に
旅に行かせたのです、行き場の無い旅

40 :名前はいらない:2010/03/25(木) 15:12:51 ID:y29Caw6J
このごろ、こういうことが気にいった
というのは、たとえば折句だとか
ばかばかしいことでもあるが

アクロスティックが英語の名だ
それの語尾版がくつかんむりで
美的かもしれないが、くだらない

41 :名前はいらない:2010/03/27(土) 20:43:10 ID:5SMZCVLb
ゆとりは低脳
って、ひどいにも程がある
くやしいの一言だよな。第一、
理解してくれる人もいない。
しかしこのまま社会に出
ていくのは本当おそろしい。
いや、そんなことない
っていう人もいるかもしれない。
ていうか、こう言っている俺に
ねたみのレスが来るんだろうな・・・
!大事な用があるの忘れてた。ほんじゃ行ってくる。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)