5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩板のみなさんにお願いがあります。

21 ::2008/04/26(土) 18:14:36 ID:AZQVcbgv
>>15
「しばらく」という文を省くのは賛成です。
「のち」「あと」は趣味の問題なので、これはどちらでも良いと思います。
ただ「静寂だけが燻(くすぶ)っていた」に関してですが、
純文学だと「静寂だけが」という言葉はよほどのことが無い限り避けなければいけないと思います。
玄人は「そんな言葉を使うまでも無い」と判断するものなのです。
「轟音の渦中に無言の沈黙が冴えて」「刹那、轟音の渦中に到来した一つの永遠な沈黙が冴え渡り」
こういう文章を見てどう思いますか? 中学生の背伸びした文章に見えませんか?
純文学だと、そういう背伸びは見抜かれてしまうんです。もちろん、「静寂」がすべて悪いわけではないですよ。
そういう視点で見た場合「静寂が燻る」という言葉より「静けさが張り付く」と書いたほうが、
浮ついた感じがしないと思うんです。オリジナリティの面でも効果的だと思います。
「火の印象に煽られて」自体が激しいものですし、最後は燻るという動きのある雰囲気ではなく、
そこで止まった、という終わり方をする意味でも、「張り付いた」でかまわないかと思います。
まら何かあれば意見をください。






19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)