5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺の独断と偏見でお前らが書いた詩を評価する

1 :名前はいらない:2008/02/24(日) 22:38:23 ID:50KepIZv
100点満点で評価するから



2 :うんこ:2008/02/24(日) 23:05:07 ID:NsDcg4jc
人生の終着点

人生の終着点で
古い雑誌を見つけた。
「終電車」という名前の、その雑誌のグラビヤで
見知らぬおばさんが裸になっていた。
あれは古い記憶
その記憶をよびさます
あれは古い記憶
そのおばさん

僕は木のベンチにこしかけて
その雑誌をながめた。
三面記事にいろどられたピンク色
女子大生とキノコの関係

置き忘れた雑誌の記憶
100年前からここにあった?
僕の人生の出発点はこの
ピンクのキノコの三面記事?

あたりは古い電車だった。
すべてが木造で、車掌がゼンマイ仕掛けで動いていた。
雑誌の日付けを見た。
1978年3月24日 
まだ人間以上のものが都会に潜んでいた見知らぬ時代

電車は黒い湖に向かって進んでいた
アナウンスされないが僕は何となく分かった
僕は雑誌を読みながら 
生まれる前の記憶をたどっていった。


3 :名前はいらない:2008/02/24(日) 23:14:23 ID:50KepIZv
>>2
60点
世界観はいいけど、まだまだ詩としては三流だな

4 :うんこ:2008/02/24(日) 23:18:56 ID:NsDcg4jc
ありゃ、、以外と高いな ちなみに「終電車」という雑誌は本当にありました

5 :名前はいらない:2008/02/24(日) 23:45:29 ID:haNpI8AD
右手は腐蝕している。
女はうつむいている。
血は床を這って歩く。
真っ黒。
ぼくはピアノを弾けないのに。
嘘をつくと微笑む。

左手がギラギラする。

6 :うんこ:2008/03/02(日) 01:59:13 ID:T/RmJamg
そして>>1はしんでしまった、、、エイメン

7 :かさ:2008/03/07(金) 13:05:08 ID:RaKZyviY
「黒糸」

絡んでいた糸は
もう離れて
途切れてゆく
心の無い
偽りの想いは
もう懲り懲り
繋いでいた手
解けてしまう
言い聞かせた心は
涙を流した
かたくなに拒んだ
自分の心
消えてしまいたい衝動
抱えて生きてる
掻き毟る胸を
紅い血が彩る
僕の好きな黒は
暗闇に似た黒
君が好きな黒は
人が作り出した黒
哀しい想い
二度と繰り返されることのないように
繋いでいた糸
解けてゆく
切れないと思っていた
黒い糸
虚しさの証し
君を想うための
支えだった糸
まだその子指に残るのならば
いつかの言葉
砕けることのないように
君と繋いでる糸
二度と離れないように
人を繋ぐ糸
強く結びあえるように

8 : ◆jButlJVlzY :2008/03/07(金) 13:52:21 ID:uaMdSbfV
あいしてますと言えずに 僕は君に手をふる

僕は君が好き でも 僕には金がない

実力もない けど 夢を追いかけてる

きっといつか ムスターファになっても
愛してるというから それまで
しーゆー しーゆー

9 :名前はいらない:2008/03/07(金) 20:24:10 ID:PP9I9vGW
>>7 おめでとう じゃあね
でも君は僕を汚したのを忘れないように
一が我を突き通さずに上がらないといいですね

10 :名前はいらない:2008/03/07(金) 20:32:50 ID:PP9I9vGW
つか そんなやつに負けたら死んでも死にきれんがな

わかるだろ

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)