5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■伊坂幸太郎■part20

1 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 23:14:46 ID:mi1r9ehO
■前スレ
■伊坂幸太郎■part19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1248766107/
■関連スレ
[waltz(ワルツ)]大須賀めぐみ総合Part28[魔王]
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1254754098/

■作者、作品間リンク
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%9D%82%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E#.E4.BD.9C.E5.93.81
ttp://homepage3.nifty.com/bluff/link.htm
ttp://www.mtnk.net/isakaworld.htm
ttp://www.kadokawa.co.jp/sp/200407-07/
■基本ルール
・ネタバレ禁止 自己の配慮でメル欄にでも
・伊坂だけに諍いおこすな
・荒らし、煽りには反応しない。構った時点で同類。スルーしましょう。
・板、スレ違いはスルー推奨もしくは誘導
・専ブラ推奨、機能のNGID登録も便

2 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 18:42:14 ID:P9ubsX77
伊坂作品は基本的に「ハズレ」がないよ。
前スレでさんざん言われているように、
「終末のフール 」は、伊坂作品の中ではかなり評価が低いが、
それでも並みの作家の作品に比べればずっと出来が良い。

3 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 20:46:06 ID:FvvNQGQ7
>>2
だから、何をもって、出来が良いのかちっとも書けないで、
よくそれだけ褒められるね? 本当に読んだの?

そこまでしつこく出来が良いって言うなら書いてみなよ、その良さをさ。

そして並の作家の例を出して比べてみてよ。
そうでなきゃ、ただの盲目的ファンによる宗教じみたコメにしか思えんよ。

4 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 20:54:44 ID:NeOIw8E8
ここまでがテンプレ

5 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 22:54:48 ID:05dxFEZz
>>4

☆☆☆☆☆ 秀逸

6 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 22:59:51 ID:/NA0REi8
何を言っても2chだからね

7 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 23:14:53 ID:05dxFEZz
966 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/12/14(月) 14:35:37 ID:bEQxLSmY
>>941
>合わない方々はどうか、僕のファンをやめて下さい。むしろそういうつもりで新作書いてます。が伊坂の心境。

そうやって傲慢に書いていると、やがて花村萬月みたいになりそうだ。

しかし伊坂が受けるのは、読みやすさと、映画みたいな軽いお話とどんでん返しがあるからだろう。

ただ>>957もいうとおり、
勘違いした読者が支持して買い込むから、その質が疑われ、やすっぽい小説家にされ、
挙げ句の果てに、何度も直木賞を逃すことになったのかと。

伊坂ファンは、もう少し現代の大衆向け作家以外の本も読むべきだろうけど、
まあ、テレビが特集したり、売れたり騒がれたりしないと買わないんだろうな。

だから春樹が売れるわけだし。


8 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 23:15:34 ID:05dxFEZz
977 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/12/15(火) 00:06:54 ID:T6oxGnRa
>>966

〉勘違いした読者が支持して買い込むから、

おまえ何様だよ?

〉その質が疑われ、やすっぽい小説家にされ、
挙げ句の果てに、何度も直木賞を逃すことになったのかと。

直木賞を逃したのは読者が悪いってのか?
何で、そう思ったのか教えて下さい。

〉伊坂ファンは、もう少し現代の大衆向け作家以外の本も読むべきだろうけど、
まあ、テレビが特集したり、売れたり騒がれたりしないと買わないんだろうな。
だから春樹が売れるわけだし。

何を読もうと人の勝手だろ?あなたがどれだけ読書家か知らんけど、
それだけの理由で他者を下に見るのはおかしいと思うよ。
読書に割ける時間なんて、人それぞれだし。

普段はひたすらROMってるだけなんだけど、
このレスはどうにも我慢ならずに書き込んでしまいました。
スレ汚し&長文ですみませんでした。

9 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 23:16:28 ID:05dxFEZz
988 名前:966[] 投稿日:2009/12/15(火) 20:30:08 ID:FvvNQGQ7
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


10 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 23:17:11 ID:05dxFEZz
993 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/12/15(火) 21:57:10 ID:T6oxGnRa
>>988
始めに、あなたが「これこそ面白い小説だ!」
と思う小説を教えて下さい。
次にあなたが普段聴いているミュージックを教えて下さい。


FIGHT!!!!!!!!

11 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 23:52:25 ID:T6oxGnRa
>>10
ちょ、全然黙って見てないし・・・
わざわざ前スレのレスを張って頂いた事は感謝します。

因みに、伊坂さんの本はボンからキングまで読了しています。
しかしながら、ゴルスラあたりから面白いと感じられなくなって
きました。SOSもキングと同様の評価が多いので購入予定は
ありません。

伊坂さんからしたら、やめて欲しいファンの一人なんだと思います。

前スレ988が現れない様なので、そろそろ寝ます。
おやすみなさい。

12 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 00:18:12 ID:hf1ykBto
死神が職業なんだから天使の職業も小説にすればいいのに

天使は人間に素手で触れると寿命が伸び 図書館で読書する
天使が歩くと晴れる

13 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 00:41:30 ID:3uAEP5O1
太陽のシール!

14 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 18:57:02 ID:NH2sd8eh
伊坂って小説界のトータルテンボスって感じだな。
文章が斬新で若々しい。

15 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:06:38 ID:1h9lQG5F
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
ゴルスラ映画化決まって良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
終末のフール (集英社文庫)も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!

16 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:24:18 ID:NH2sd8eh
>>14
実に的を得ているレスだ。感動した。

17 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:31:35 ID:g2mEuBJX
これはつっこんじゃダメな奴だよな

18 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 22:18:38 ID:Gcbyu+TZ
自演?自演がネタ?

19 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 08:27:31 ID:02c8/PJh
伊坂ファンってネタ抜きにして頭弱い人ばっかりなの?
得るのところに決まってんだろ
って俺が釣られたのか?

20 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 12:45:11 ID:VRtSSad2
>>19

> 伊坂ファンってネタ抜きにして頭弱い人ばっかりなの?
> 得るのところに決まってんだろ
> って俺が釣られたのか?

21 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 13:10:31 ID:QvuGpsQw
L?竜崎?デスノ?

22 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 16:23:14 ID:N3Esve2O
これか?

http://mojix.org/2009/06/17/matowo_eta



23 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 22:53:24 ID:OPE0HSSx
>>12
それなんて「ベルリン 天使の詩」?

24 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 19:17:33 ID:+Ck8Oa8P
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
SOSの猿のコミカライズコラボ決まってたんだね良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
フィッシュストーリー (新潮社文庫)も初新聞連載SOSの猿も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!孫悟空なんて現実じゃない!!!!あ…エクソシストも五十嵐真もよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!SOSの猿もあるキングもつまらんよぉぉぉぉおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!

25 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 19:22:27 ID:U7Kak+Yb
伊坂ムックが出ようともそのコピペを貼り続けよー!

26 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 19:10:27 ID:sUXayuoH
伊坂モフモフつまらんスタバ

27 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 21:46:17 ID:s4LEgXt5
ゴールデンスランバーの映画公開がいよいよ年明けに迫ったけど、また宣伝のお手伝いで雑誌の対談か鼎談に登場しないかな。


28 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 21:47:05 ID:IglKKRpe
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
SOSの猿のコミカライズコラボ決まってたんだね良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
フィッシュストーリー (新潮社文庫)も初新聞連載SOSの猿も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!孫悟空なんて現実じゃない!!!!あ…エクソシストも五十嵐真もよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!SOSの猿もあるキングもつまらんよぉぉぉぉおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!


29 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 21:48:22 ID:RNfo0/2B
あるキングとSOSの猿は伊坂の中で
どういう位置づけなのか知りたい

30 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 22:52:01 ID:lDxUdeII
ムック買っちまったよ

31 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 23:13:42 ID:IglKKRpe
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
SOSの猿のコミカライズコラボ決まってたんだね良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
フィッシュストーリー (新潮社文庫)も初新聞連載SOSの猿も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!孫悟空なんて現実じゃない!!!!あ…エクソシストも五十嵐真もよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!SOSの猿もあるキングもつまらんよぉぉぉぉおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!


32 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 23:14:23 ID:IglKKRpe
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
SOSの猿のコミカライズコラボ決まってたんだね良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
フィッシュストーリー (新潮社文庫)も初新聞連載SOSの猿も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!孫悟空なんて現実じゃない!!!!あ…エクソシストも五十嵐真もよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!SOSの猿もあるキングもつまらんよぉぉぉぉおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!


33 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 23:43:44 ID:IglKKRpe
伊坂!伊坂!伊坂!伊坂ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!伊坂伊坂伊坂ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!伊坂・幸太郎たんの飲んだスタバのカップをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
インタビューの伊坂たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
SOSの猿のコミカライズコラボ決まってたんだね良かったね伊坂たん!あぁあああああ!かわいい!伊坂たん!かわいい!あっああぁああ!
フィッシュストーリー (新潮社文庫)も初新聞連載SOSの猿も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!孫悟空なんて現実じゃない!!!!あ…エクソシストも五十嵐真もよく考えたら…
伊坂 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ゴルスラまさにぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の伊坂ちゃんが僕を見てる?
インタビューの伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!仙台の伊坂ちゃんが僕を見てるぞ!!
ゴルスラ通して伊坂ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には伊坂ちゃんがいる!!やったよドルジ!!ひとりでできるもん!!!
あ、仙台の伊坂ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあゴルスラぁあ!!あ、アヒルと鴨のコインロッカー!!死神の精度ぁああああああ!!!魔王はつまらんなぁあああ!!SOSの猿もあるキングもつまらんよぉぉぉぉおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ伊坂へ届け!!スタバの伊坂へ届け!

34 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 07:50:01 ID:ZzS+CtHS
ピエロよりアヒルのが評価高いんだな

35 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 10:22:34 ID:aV48AXnu
ピエロは春が好きじゃない人と最後の展開が受け入れられない人にとってはつまらない
自分は両方だったのでつまんなかった

36 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 12:47:45 ID:CjyvUMXY
あと遺伝子やテロメア、アミノ酸について知識が無茶苦茶なので
そこに引っかかる人には受け入れられない

37 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 12:47:59 ID:xZOyWxta
伊坂幸太郎初読み。
陽気なギャングから入りますので宜しくお願いします。

38 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 14:45:44 ID:YM7+QogD
いちいち報告しないでいい

39 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 16:27:35 ID:KfFR4M+n
先月から伊坂初読み。
重力ピエロ→魔王→死神の精度(現在「老婆と死神」中盤)まできました。
宜しくお願いします。

40 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 16:36:43 ID:4i/paMIl
>>39
悪い事は言わん。発売順に読め。

41 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 17:00:39 ID:aV48AXnu
【文芸】『SOSの猿』伊坂幸太郎さん 「僕の小説が世の中を変えるとは思っていない。読んだ人に『何か』の影響があればいいなと思う」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1261382032/

42 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 20:16:10 ID:Uvs7lz1Z
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


43 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 00:46:52 ID:D3XWjXQ8
>>42 の感性の低脳なんだと思う


44 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 06:17:53 ID:b+UNDh3/
出版社の問題なら伊坂の作風とか関係ないね

45 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 07:23:22 ID:/1f+eMSA
これ以降、面白かった、良かった、感動した禁止で。
ではどうぞ。

46 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 10:01:41 ID:vrDPOR8T
あるキングおもしろかった。SOSの猿感動した。どっちも良かったよ

47 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 11:59:27 ID:Q9K1Kmrx
テレビが取り上げて司馬だって山崎だって松本だって売れてんだからいんじゃね。

48 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 13:30:45 ID:/1f+eMSA
お前ら五十嵐大介どう?

49 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 14:47:19 ID:chYEfqvj
伊坂って眉唾好きだよな

50 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 18:05:46 ID:D3XWjXQ8
>>39
老婆対死神じゃね

内容は

美容師の婆さんは死ぬ
客として孫が訪れるが孫はどのこなのか不明
見送りの一恵は歌手になる
最後 空が晴れる


51 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 18:32:07 ID:/1f+eMSA
五十嵐大介どう?

52 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 18:53:47 ID:z8lDZppU
ゴルスラの劇場版見に行く人って居ますか?

53 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 18:54:38 ID:z8lDZppU
>>50
ネタバレするな

54 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 00:38:49 ID:X4u+svoe
なんで五十嵐大介しつこく書いてるかというと、誰もなんも反応ないから
伊坂幸太郎読んでる奴らじゃ五十嵐大介読んだ事ないんだろうなあと。

正直、五十嵐大介ファンとしてはこんな紙くず作家と接触もって欲しくなかった。
おまえらさ、五十嵐大介読まなくていいから。J-POP(笑)聞いて伊坂(笑)読んで一生を終えてねー。

伊坂読んでる奴は就職決まらんから。一生まけいぬ。

55 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 00:44:22 ID:0y1Ytbtl
>>54
[まけいぬ]って辞書でひいたら五十嵐大介って書いてあったよ

56 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 00:49:43 ID:X4u+svoe
>>55
なんつーかそういうセンスが馬鹿だってわかってる?

57 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 00:53:06 ID:X4u+svoe
>>55
でもあるいみ純血伊坂読者らしくもあるから、お前は低脳認定な。

58 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 02:16:29 ID:I1aa+84t
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  / <こいつ最高にアホ
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

59 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 04:57:54 ID:TFpRih9E
相手にしてもらえなかったからって吠えるなよ・・・

60 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 14:57:09 ID:HxjbKLIS
真言だよな

伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


61 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 14:58:35 ID:LAZ3r9NR
反応する方も荒らしと同じ

62 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:04:14 ID:HxjbKLIS
伊坂のって、娯楽ではあるけど文学ではないね。
それが佳い悪いは別にして、深く何かを見つめて考えるような種類ではないだろうね。
ある小説家が言ってるけど、まさに伊坂の作品に見事に当てはまるだろうね。


若者の多くは、そのとき愉しければよいもの、つかのま笑い転げる物しか求めなくなり、
人間の魂、人生の巨大さを伝える小説を読まなくなった。
そうすることによって、自分を見つめられなくなった。
他者の苦しみと同苦出来なくなった。

良い小説と対峙するには、それなりの精力が必要である。
かつて「一億総白痴化」と言ったことがある。
確かにその言葉は今、現実化しつつあるような気がする。

63 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:13:40 ID:HxjbKLIS
俺も伊坂小説を買うくらいなら、他の人のを買いたいと思う派なんだけど、

下らない揚げ足取りや、>>43みたいに意味のない呷り文句以外に、

>>60について反論できる人って、伊坂ファンにいるのかな?

>>2ですら、>>3についてまともに反論できないみたいだし、

至極当然のことを言われて、黙ってるしかないのかな。

まあ、伊坂ファンにそれを求めてもダメなんだろうけどさ。

それでよくおもしろいとか出来が良いとか言えるもんだと思った次第。



64 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:47:17 ID:5XGwUO1Q
反論できないというより、>>60の文章が日本語としておかしいから反論しないだけじゃないの?

65 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:54:01 ID:qzQli1BY
読書なんて暇つぶし

66 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:57:43 ID:ty4twEYE
でも読書も映画鑑賞も暇つぶしで始めると途中でどうでもよくなるんだよな。
よし!読むぞ!って意気込みでないと断念する確率が高い。

67 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 16:05:58 ID:88YuEBU4
書店の親爺にも

空いてる時間で読もうとすると進まないねえ。読むための時間を作って一気に読まんと駄目だね。

と言われたわ。

68 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 18:12:11 ID:ZutuiBow
>>60
真っ当な読書家も伊坂をべた褒めしているわけだが。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-konno/

69 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 19:35:42 ID:0y1Ytbtl
[ごきぶり]って辞書で引いたら>>60の名前みたい

ごきげんようお久しぶりの略

70 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 19:38:48 ID:0y1Ytbtl
BOOK・OFFで
伊坂の小説100円でよめるなら安い。しかし伊坂を批判する奴は人として100円くらいの価値しかない


71 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 20:40:55 ID:X4u+svoe
伊坂幸太郎が好きでも嫌いでもどちらでもいいけど
>>69>>70
これは分からない。罵倒のつもりなのか。

ごきぶり=ごきげんようおひさしぶり=>>60の名前

あとBOOKOFFの喩えとか、自分で考えたのだろうか。

ぞっとする。




72 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 20:43:38 ID:X4u+svoe
>>64
よしよし、どこが分からないか言ってみろ。俺は書いた奴でないが説明してやる。
お前の書き方だと日本語として分かれば反論出来るんだろ。反論してみろ。

まず、どこが分からないか言ってみろ。

73 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:03:52 ID:se+cCvZq
昔ながらの小説じゃないと嫌う懐古厨が真っ当な読者家の件

74 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:14:27 ID:0y1Ytbtl
ID:X4u+svoe[sage]を辞書でひいたら 伊坂の土俵で一人相撲って書いてあった。

75 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:25:00 ID:I1aa+84t
何だこの糞みたいな流れは・・・・・・

76 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:49:06 ID:X4u+svoe
AA煽るてめえが言うな。カス。

77 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:50:16 ID:I1aa+84t
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  / <こいつ最高にアホ
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


78 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 21:59:40 ID:HP5QZB1W
>>60
逆、逆

伊坂が売れるから読者が軽いのしか求めなくなるんじゃなくて
読者が軽いのしか求めないから伊坂が売れるんだ

79 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 22:32:20 ID:+BD3WAGL
ドルジって椎名と別れた後死んだの?

80 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 22:39:34 ID:0rr73fiW
>>79
ネタバレ×

話をぶん投げる作家が多い中で、
伊坂はちゃんと纏めてくれてると思う
エンタメでこんな構成してくれる人は貴重だと思うんだけどなあ

81 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 22:56:46 ID:X4u+svoe
1.結末がない小説、映画は多い。
2.結末がはっきりしない小説、映画は<ぶん投げている>わけではない。
3.纏めることが作品の価値ではない。

結末がはっきりしないとモヤモヤ(うわ!キモ!)するのは伊坂ファンのニーズ。

82 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 23:14:58 ID:0y1Ytbtl
>>81意味を反対するとあら不思議おまえのもとめてる小説

1.結末がある小説、映画は少ない。
2.結末がはっきりしている小説、映画は<ぶん投げて>いない 3.纏めることが作品の価値である。
結末がはっきりしているハキハキ(うわ!カッコいい!)するのはアンチ伊坂ファンのニーズ

83 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 23:17:06 ID:0y1Ytbtl
批判はおまえの心の鏡であることをしれ(笑)



84 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 23:30:26 ID:0rr73fiW
思わせ振りなところで終わるのは、意味があればいいんだけどね
盛り上げるだけ盛り上げて終わりっていうのは作るのが簡単だから、
どうしても手を抜いているようにしか見えないし、力不足なんだなあ、としか思えない
蛇足だとしても、頑張って終わらせようとしている作家や脚本家の方が次を期待できると思う

まあ、そんなだから俺はミステリ辺りが好きなんだと思うよ

85 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 07:26:11 ID:X5iREYe8
お前改変、下手だな。ハキハキって馬鹿じゃね。おおよそ本読んでる奴の文じょねえよな。起承転結LOVEのお前は四コママンガ読んでるといんし゛ゃね。

86 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 07:33:49 ID:vcrAKtZf
ごめん
お前も超絶に頭悪そうに見えるわ
てかお前ID:X4u+svoeだろw

87 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 10:55:56 ID:E97vAYPx
>>81
結末のニーズの使い方にすっごいモヤモヤするわw

88 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 11:03:34 ID:ZO9Ynw5Y
結末がはっきりしない小説は多いけど、その中でも過程を楽しめる小説は少ない。
過程もつまらなくて結末もモヤモヤじゃ話しにならないということ。

89 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 11:14:33 ID:/v5BDrXz
ん?伊坂のファンってバカのフリして議論するのが好きなのか?
わざわざココで批判してるヤツもファンと思って言うのだが…

90 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 12:56:15 ID:xWExXQPM
しかし終末のフールはつまらんな。まったく何も残らないわ。
まぁSFじゃないから隕石が落ちて終わるのも無理があるだろうけど。

91 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 13:15:49 ID:X5iREYe8
ID確認してW付けてる文盲いるが、当たり前だろ?何?お前、なんか大発見したつもり?よかったな。

文とか文脈とか行間とかよ。糞すぎるクオリティ。

お前恥ずかしいから川に入って沈むといいぞ

92 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 13:16:19 ID:zu5YtWDG
>>89批判は個人の感想でもあるから自分は普段スルーしてるけど。それに伊坂小説は議論するまでもない軽さと読み易さが売りの娯楽小説なんだし。
一通り読んだ上での素直な感想・批判を単発で書き込んでるのはまだいいけど、しつこく同じ文章を投下してる輩はただの暇人アンチだしね。
毎回文章を考えるのを放棄しての書き込みってのは
まともな批判とは呼べない。

>>88結末を読者に委ねる手法はやっぱりそこまでの過程の出来で評価別れるよね。読者が本を閉じた後、余韻に浸らせ尚且つ想像力を刺激してくれる結末の小説は読んで個人的に良かったと思える小説だ。
伊坂の小説全部が好きではないがゴールデンスランバーの最後は秀逸だと思う、個人的に。

93 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 13:42:38 ID:jDqbq+4N
グラスホッパー

94 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 21:22:01 ID:lV6TlYo+
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


95 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 21:40:07 ID:sQXImUYy
サンデーコミックスの魔王は酷い 原作レイプだなあれは(笑)

96 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 21:42:18 ID:sQXImUYy
>>94

> 伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
> かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

> 映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
> 描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

> 読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
> 別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
> こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
> 「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
> 問題なんだよ。

> なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
> すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

> そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
> 小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

> お手軽に書いてお手軽に読ま

97 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 22:44:15 ID:vcrAKtZf
>>91
どこが糞なのか指摘しろよ
まあ反射的にレスしちゃったんだから出来ねえだろうが

> お前恥ずかしいから川に入って沈むといいぞ
(笑)
表現力ありますね^^

98 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 22:57:58 ID:X5iREYe8
メリークリスマス。

さて、皮肉だろうがそんな文で表現力も糞もない。

つーかお前の言うところの表現力って何よ?伊坂には構成力はあっても表現力はないよな?

戻るけど俺の文は何を表してたと?

99 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 23:00:56 ID:vcrAKtZf
まず人の質問に答えたら?
質問に質問で返すとか常識ねーなー

100 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 23:21:49 ID:3LIOGOFx
>>99
もう98の事はほっといてやれよ。
必死にageて仲間を呼んでんのに誰も来てくれない
可哀想な粘着かまってちゃんなんだからw

101 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 23:40:34 ID:1jRTIrMl
バイバイ、ブラックバード当選した人いますか?
売ってください

102 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 01:51:57 ID:6sGziVFV
「昔、三人殺した男が『爆発して振り返るのはいいことだ』と言っていたんだって。」
「それは不謹慎だ。」

103 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 18:40:44 ID:F6TvbRJD
ん?どこに質問が?さてはて伊坂幸太郎を批判する文章は成る程なと読めるのが多いが反論は反論になりえていないんだよな。

と書くとここは議論する場所じゃないと言う奴が現れて。まともに伊坂幸太郎の凄さ書いたのミタコトねぇ。

限りなく無価値で頭の弱い購買層の証なんだよな。

104 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 20:50:50 ID:oZtpXesC
>>103sage推奨

伊坂の凄さは洒脱な文体と巧みなプロットでしょ
それを103が理解できないと言うなら、103には伊坂が合わないんでしょうね
あと、伊坂の文章のいいところなんてどこでも言われてる事なんだからggrks

105 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 21:53:54 ID:+or3oOhQ
>>104
「洒脱」「巧みなプロット」で説明したつもりでも言葉が足り得ていない。なにが「洒脱」でどこが「巧」なのか他のエンタメ作品と相対化して何がすぐれているのか。
また、「洒脱」「巧なプロット」は伊坂を評したBLOG等でよく書かれているのでそれを単に借りてきたと思われる。借りてきた言葉だから自分で説明しえていない。
なので伝わらない。伊坂の文章のいいところがどこでも...は私は伊坂の文章が褒められている評を読んだことがないしそれを提示してくれなければ何も分からない。

つまり>>104は何も説明しえていない。

106 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 23:51:07 ID:5M6WlOY5
>>103

86 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/12/24(木) 07:33:49 ID:vcrAKtZf
ごめん
お前も超絶に頭悪そうに見えるわ
てかお前ID:X4u+svoeだろw

これのどこがどう糞なのか説明してみろって言ってるの
出来ないんだったらお前も伊坂ファンと同じってことだなw

107 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 02:35:00 ID:sBZhRxAO
>>105
>「洒脱」「巧みなプロット」で説明したつもりでも言葉が足り得ていない。
誤解されているみたいですが、>>104には最初から説明するつもりはありません。
でも、調べるには十分な情報だと思いますよ。
伊坂幸太郎は洒脱な文体で評価されている。→では、洒脱な文体とはどんなものだろうか?
伊坂幸太郎は巧みなプロットで評価されている。→では、巧みなプロットとはどんなものだろうか?
手掛かりとしてはなかなかいいと思います。
調べたら私たちにも教えてくださいね。

>なにが「洒脱」でどこが「巧」なのか他のエンタメ作品と相対化して何がすぐれているのか。
他作品との比較は他の作家を貶めることになりかねないので、2chではやらない方がいいです。
それと評価されている点は、他の作家と相対化して突出している点なので、二つにテーマを絞れば自ずとその辺も分かってくるのでは?

>自分で説明しえていない。
自分で説明する利点は? 他人の評価で十分ならそれでいいのでは?

>私は伊坂の文章が褒められている評を読んだことがない
読んでから来てください。
話を提示したあなたは多くのデータを集めて、それを基に、分からないところだけを質問しなければなりません。

>それを提示してくれなければ何も分からない。
そうですか。

>>104は説明じゃないですよ。伊坂の凄さを述べただけです。

108 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 04:27:10 ID:pD9oFX/Z
>>94
そこまで偉そうな言い方をしておいて、埋もれちゃった「本当に良い作品」とやらがどう良かったのかなんで書かないのかねえ。
ただ何となく「本当に良い作品、これこそ小説」と思ってるだけなんだろ?
時代の流れから置いていかれた奴がギャーギャー騒いでも、それこそ説得力ないわな。

109 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 05:47:18 ID:fV8vuNHi
出版社や読者のニーズの問題とごっちゃにされても困るわな

110 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 08:38:42 ID:XivM1D3u
おはよう。糞の説明か。糞の説明求めることがお前が糞ってことなんだよ。

ID変わっても書いてる内容でどいつが言ってるかぐらいわかるだろ?わからないか?わからないお前は糞だなってことだ。

111 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 10:28:54 ID:40O2xpox
>>108
94ではないのですが横レスです。94は確かに偉そうで挑発した書き方ですけども
内容は理解できます。他にも説明が足りない、言葉が足りないというやり取りが書かれていますが
そういう方向にお互い指摘しあっても長文になるだけだし仮に文学論な話になってもついていけなくて
「長文ウゼー」「改行シねーと読みにくい」と土俵を低い口喧嘩レベルに落とすだけだと思います。

結局>>108も説明がたりてないことを指摘しておきながら
>時代の流れから置いてかれた
などと漠然とした書き方しています。まだ94のほうが分かります。



112 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 10:32:50 ID:40O2xpox
>>107
さらに。大学のレポートを書かなきゃならないわけではないです。ですが>>104だと全然わかりませんね。
それだけのことだと思います。


113 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 11:55:21 ID:JpgBMG/i
>>110
お前何も説明できてないから

> 糞の説明求めることがお前が糞ってことなんだよ。
これはさすがに厳しいわ 説明になってないもんw 
だってさ 俺の事をお前が糞って言ったのは俺が説明求める前じゃん
結局説明は放棄するってことでいいですね
どうせ無理だろうとは思ってたけどな

> ID変わっても書いてる内容でどいつが言ってるかぐらいわかるだろ?わからないか?わからないお前は糞だなってことだ。
意味分からんwww ID識別能力がどう関わってくるんですかー?^^

114 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 12:27:30 ID:XivM1D3u
ああ!もうさ。お前さ、好きになりそうだわ。伊坂ファンと同じと書き込んでるとこからさ、読み違えてるんだって。
お前、読み違えしてるから敵はいないと思うけど。こっちも分からなくなってきてやないみじゃなく笑ってしまうぞ。

115 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 12:39:09 ID:4RHiaX+k
http://natumero.blog.ocn.ne.jp/blog/

116 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 12:48:50 ID:pD9oFX/Z
理解ってるよ。糞糞ってアメリカ海兵隊のモノマネだろ?
ハートマン軍曹だっけ?
>>111
94の内容を理解できたのならこれだけ教えてくれ。
深みのある漢字の使い方って、例えば宿敵と書いてトモと読むみたいな感じ?

117 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 13:24:56 ID:HOlLj6jQ
洒脱な文体というのは登場人物の会話がお洒落ということだろ。
巧みなプロットは連鎖反応の妙を描いたラッシュライフのような伏線回収の巧みさのこと
を言っている。

118 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 13:47:02 ID:JpgBMG/i
>>114
もういいわ
読み違えてるとは言うがどこが読み違えてるのか全く説明していない
結局答えることから逃げてるだけなんだよ

119 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 15:14:27 ID:gdLj+ENL
陣内、響野、柿本、保土ヶ谷、河崎
みんな同一人物か?と思うほどキャラがまるかぶりだなw

120 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 15:31:22 ID:WvqeeG34
ギャング読んだけど結構流れが読めちゃう部分も多くてイマイチだった


121 :94:2009/12/26(土) 17:04:11 ID:qHPBtHGO
>>103
>反論は反論になりえていないんだよな

全くだよな。伊坂のファンの殆どが、すぐに面白いだけを嬉しそうに連呼するだけで、
少しもその内容の良さを書き記せないんだよ。
なぜなら伊坂のファンだし、そのうえ表面的な読書しかしていないからね。
謎解きやプロットばかりに目がいって、文章なんかお構いなしだろ。
「お洒落な台詞が、洒脱」なんて言ってるくらいだし。

>>108
>埋もれちゃった「本当に良い作品」とやらがどう良かったのかなんで書かないのかねえ

いつもこうゆう筋違いの事を言う奴がいるけど、そんなもんをわざわざ挙げないと、
良い作品が判らないほど読書音痴になってるのか?
遠藤周作とか井上靖とか辻邦生とか読んだこと無いのか?
向田邦子でも、玄有宗久でも宮本輝でも良い。

場面に相応しい言葉を推敲し、丹念に選んで紡いだ作家のを読んだら、
少なくとも伊坂みたいに、頭に浮かんだ文章を垂れ流しただけの、単なる物書きの作品なんて、
軽くてあざとくて、少しも心に残らないだろ。
だから何度も読み返したくならない。
謎が解けてトリックが判った時点で用無しになる類だからね。

あとはドラマや映画を観たあとに、読み返すぐらいか。
勿論、良い文章ってのを味わうためじゃなくてね。

まったくもってこの人は、読み捨て文化の中枢をなす作家だと想う。
まるで小説世界における漫画みたいだし、脚本みたい。
いっそのこと、垂れ流しのテレビドラマの脚本家にでもなればいいと思うよ。

122 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 18:01:01 ID:sBZhRxAO
>>121
>謎解きやプロットばかりに目がいって、文章なんかお構いなしだろ。
お前は文章ばかりに目がいって、謎解きやプロットなんかお構いなしだろ。
ましてここはミステリ板なんだから、構成の妙を評価する人の方が多くて当然だ。
本読みを自称するんなら、ノンフィクションや新書まで平等に評価しろよ。
ジャンルによって評価される点が違うから無理だと思うけどね。
>>94の分からないところは伊坂を純文学で評価しようとするところだ。
その見方だったらもちろん伊坂の評価は低くなる。
伊坂が書いてるのは純文学じゃないから。

それと、もはや対象が伊坂だけじゃないだろ。
その言い方だと、直木賞作家やミステリ作家、SF作家の9割が当てはまる。
この辺の人たちは、みんなお前の言う読み捨て文化の人たちなのか?
純文学しか認めん、と言いたいのかもしれないけど、それを人に押し付けるなよ。

最後に、SFやミステリは不人気な時代でも細々とやってきてる。
しっかりとした背景を持ったものが、流行の小説に押し流されて無くなることはないから安心しろ。

123 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 18:10:06 ID:pRQgHJnF
>>121
> 遠藤周作とか井上靖とか辻邦生とか読んだこと無いのか?
> 向田邦子でも、玄有宗久でも宮本輝でも良い。

どう良かったのか書けよ

124 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 18:20:59 ID:sBZhRxAO
>>123
言われなきゃ分かんないのか? って言うだけだと思う。
いや、自分で振ってるからそれくらいはしてくれるのかな?

125 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 22:39:34 ID:XivM1D3u
おいおいお前らそれじゃアンフェアだろうが。埋もれた作品挙げろと言われたから作家あげたんだろうが。今度は内容挙げろか?

つーかテメエら作家名揚げられて知らなくてピンと来ないんだろうが。じゃ内容も何もなくね?

つまるところ本を読んでないからわかりませんだ。白旗だ。とっくに詰んでんだ。僕ら無知ですみません。もっと伊坂以外にも目を向けるよ。でおしまい。

なんつうか馬鹿がさらに馬鹿をくどくど名乗ってる。もうわかった!しつこく馬鹿名乗るな。

126 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 23:48:32 ID:jbzV9vWr
>>125
ほぅ〜、じゃあいつも他のアンチの尻馬に乗って
一方的にケチ付けるだけのお前さんはアンフェアじゃ無いんだ?


因みに>>108は「本当に良い作品」がどう良かったか
聞きたいと書いてる。それに対して>>121
ただ作家名を羅列してるだけ。そしてお前は
埋もれた作品挙げろと言われたから作家あげたんだろうが。
と書いてる。

読書家の割には、作品と作家の違いも分からないとは
随分と無駄な時間を過ごしたようだな。



と言うような揚足取な書込みをいつもしてるんだよ、君は。

127 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 00:12:10 ID:z8tvvmeI
>>125
バカすぎワロスw

128 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 03:31:38 ID:I7pa/Ffv
だからその埋もれちゃう作品と伊坂がどうこうって問題は別問題
つまりはお前が好きか嫌いかだけの違いしかない

129 :122:2009/12/27(日) 04:16:28 ID:qSHtQHPg
>>125
アンフェアってなんだよ?
もっと面白い作家がいるよって教えてくれるんじゃないの?
結局>>124で言った通りになってるじゃないか。

>全くだよな。伊坂のファンの殆どが、すぐに面白いだけを嬉しそうに連呼するだけで、
>少しもその内容の良さを書き記せないんだよ。
>なぜなら伊坂のファンだし、そのうえ表面的な読書しかしていないからね。

お前も今のところ「良い作品」と連呼してるだけじゃないか。
少しも内容の良さを書き記せないのは、表面的な読書しかしてないから?
まあ、読んだことないんならごめん。

それと、これは読んだことがなかったらの話だけど、大衆娯楽は伊坂以外にもあるよ。
有名どころの村上春樹とかから読んでみてはいかが?
自分は読書家を名乗るほど読んでないけど、読書って楽しいよ。

130 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 07:32:23 ID:LK1Z2rXu
だーかーらさ、罵倒とか書いてもいーけどよ、挙がってる作家の読んだ?読んでない?じゃ村上春樹挙げた奴いるけどさ、どう?

深まらんなあ。分からないんだから、本屋で買うかAmazonで取り寄せてみろよ。
つーかあれだけ煽られて結果、クズ書き込みって恥ずかしいとかない?お前ら底無しだわ。

断固として馬鹿貫くのは清々しい。な、わけないな。お前ら憐れ。なんて。

131 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 10:04:16 ID:5UlfUU4/
アンチ「難しい本読んでる俺かっこいい!でも具体的にどこがどう伊坂より優れてるか書けないお!」

132 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 10:40:24 ID:WsrUYDrz
>>131
そうそれ。読書家気取りの癖に「じゃあお前の好きな作家の良い所を挙げてごらん?」
と聞いたらお前らどうせ知らないから話しても無意味、とか意味不明にはぐらかしてるしw

あと俺は村上春樹の「ノルウェイの森」読んだけど、性的な描写があからさますぎて閉口した。
主人公の気持ちは少しは理解できたが、大半は意味不明だし。テンポが良くて読みやすい文章
だったから暇つぶしにはなるかなという程度の本。村上春樹といってもこんなもんか。
伊坂には到底及ばない。



133 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 10:40:47 ID:WSRrGpLT
>>131

×難しい本読んでる
○難しい本知ってる

134 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 12:31:12 ID:cVCCXLKw
しょうがないよ
ID:XivM1D3uは別に>>94のコピペ書いた人間でもないし
アンチ伊坂のフォロワーになって適当なこと言ってるだけなんだからさ

彼の書き込みさかのぼって読めばどれだけ内容ないことしか言ってないかがすぐ分かる


135 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 13:46:37 ID:qSHtQHPg
>>130
どう? って訊いてるけど、訊いてどうするの?
村上春樹はお前の言う読み捨て小説だから、訊いても意味ないんじゃない?

このスレにどうして来たの?
結局、お前は伊坂の本を軽いって言ってるだけで、主張したいこと事がわかんないんだけど。
軽いっていうのも貶してるというよりは特徴を述べただけに過ぎないしさ。

伊坂ファンは他の本を読んでないから本を読めってこと?
お前の中の伊坂ファンは読んでないのかもしれないけど、勝手に読んでないことにされても困る。
そもそも命令されて読むもんじゃないだろ、本って。

>>131みたいなことか?
すごいすごい

136 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 17:12:09 ID:bPQOQpC4
>>121
遠藤周作とか井上靖とか既に死んでる人の名前挙げられてもなんだかな〜という感じ。
現役の小説家で埋もれている良い作家を挙げてもらわないと。そしたら読んであげるから。

137 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 18:05:57 ID:K/B1fdSb
>>130
こういうキチガイは何なんだよ?
軽々しく他人に敵意を向ける輩は何がしたいんだ?

他者に対する共感性の著しい欠如。
こういう奴は脳みそがイカレてるんだろうな。
まともな人間のするレスとは到底思えないけど。

ああ遊びのつもりで面白がって煽って高見の見物か。
他人を傷つけて自尊心がボロボロになっていくのを見て
ゲラゲラ嘲笑うようなタイプな。諸悪の根源、全ての元凶。
こういう奴らによって憎悪が膨らまされて被害が拡大する。

138 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 18:14:51 ID:mkyc10ai
>諸悪の根源、全ての元凶。
こういう奴らによって憎悪が膨らまされて被害が拡大する。

若い人だとも思いますけれどこんなライトノベルな文章をお書きになるからつけ込まれると思いますよ。
だから伊坂幸太郎さんを読んでる読者はと言わさってしまいます。

139 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 09:45:12 ID:+rrNQz8W
伊坂は今日本で最も熱い作家だ。これだけはガチ。

140 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 11:17:56 ID:TQwFgnrK
は?

141 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 12:30:33 ID:F4w9eu4F
重量にも魔王にも競馬場の描写が書かれている

重量と死神に 春はでてくる



142 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 13:03:17 ID:6kC1PFfB
お前らまとめて便所蝿。
読解なんて言葉だすまでもなく俺が何かいたか追えてないやつらばかり。テメエの頭んなかの敵と 戦ってろ。

いやだいたい作家挙げたの俺じゃないんだけど、挙げたやつかわいそう。こいつら文盲だからな。本を読むなんて進化むりだろ?試しに頭レントゲン照射して突然変異期待するか?だめもとで。

伊坂幸太郎は本じゃないし。上の誰か書いてた弊害が現れてるんだろ。
お前ら相変わらず糞すすって喜んでろ。

143 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 13:22:00 ID:4UQttwh/
お前は何も意味あること書いてないから
ただ煽ってるだけだろ?

少しは中身あること言ってみなよw

144 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 13:24:55 ID:tpiJMXe4
>>142
これほどのバカは2chでも久しく見ていない。本当に頭大丈夫か?と言いたくなる。
日本語もまともに使えてないし、作家挙げたの俺じゃないとか言いながらレス番すら明記
していない。それでいて俺が何書いたか追えてないとか言ってるしw
追えるわけないじゃん、だって言ってること全部意味不明なんだもんw
みんなそう思っているはずだよ。


145 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 13:54:36 ID:LzE81boV
いやいや同じやつだろ

146 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 14:33:45 ID:3L1BFKMA
>>142は単にレッテル貼ろうとして知能障害を起こしてるだけじゃん
スルーしようぜ。

147 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 14:46:41 ID:F4w9eu4F
新聞紙を25回折り畳むと 富士山並の高さになるの?

148 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 15:15:30 ID:7+fgzYKf
10回折るだけで約1000倍になるからな。20回で約100万倍、25回で約3300万倍。
厚さ0.3_だとしてもそれだけ折れば1万bになる。

149 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 16:14:37 ID:wiCAgOmV
いまやってみたらできた

150 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 18:03:02 ID:UiWmxy0j
>>147
残念ながら新聞紙は25回も折り畳めない。せいぜい8回ぐらいが限度だろう。

151 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 18:48:34 ID:dJZw9g2a
100回折ろうとしたら途中で厚さが宇宙のサイズを超えちゃったんだけど、次はどうやって折れば良いの?

152 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 20:10:07 ID:AtzhDB6K
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


153 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 20:11:46 ID:AtzhDB6K
名前:94[] 投稿日:2009/12/26(土) 17:04:11 ID:qHPBtHGO
>>103
>反論は反論になりえていないんだよな

全くだよな。伊坂のファンの殆どが、すぐに面白いだけを嬉しそうに連呼するだけで、
少しもその内容の良さを書き記せないんだよ。
なぜなら伊坂のファンだし、そのうえ表面的な読書しかしていないからね。
謎解きやプロットばかりに目がいって、文章なんかお構いなしだろ。
「お洒落な台詞が、洒脱」なんて言ってるくらいだし。

>>108
>埋もれちゃった「本当に良い作品」とやらがどう良かったのかなんで書かないのかねえ

いつもこうゆう筋違いの事を言う奴がいるけど、そんなもんをわざわざ挙げないと、
良い作品が判らないほど読書音痴になってるのか?
遠藤周作とか井上靖とか辻邦生とか読んだこと無いのか?
向田邦子でも、玄有宗久でも宮本輝でも良い。

場面に相応しい言葉を推敲し、丹念に選んで紡いだ作家のを読んだら、
少なくとも伊坂みたいに、頭に浮かんだ文章を垂れ流しただけの、単なる物書きの作品なんて、
軽くてあざとくて、少しも心に残らないだろ。
だから何度も読み返したくならない。
謎が解けてトリックが判った時点で用無しになる類だからね。

あとはドラマや映画を観たあとに、読み返すぐらいか。
勿論、良い文章ってのを味わうためじゃなくてね。

まったくもってこの人は、読み捨て文化の中枢をなす作家だと想う。
まるで小説世界における漫画みたいだし、脚本みたい。
いっそのこと、垂れ流しのテレビドラマの脚本家にでもなればいいと思うよ。


154 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 20:13:22 ID:AtzhDB6K
103 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/12/25(金) 18:40:44 ID:F6TvbRJD
ん?どこに質問が?さてはて伊坂幸太郎を批判する文章は成る程なと読めるのが多いが反論は反論になりえていないんだよな。

と書くとここは議論する場所じゃないと言う奴が現れて。まともに伊坂幸太郎の凄さ書いたのミタコトねぇ。

限りなく無価値で頭の弱い購買層の証なんだよな。


155 :94:2009/12/29(火) 00:58:34 ID:dOOFXg7/
>>125じゃないけど、作品名まで挙げて、その良さを書かないと話が通用しないって、
おまえらどんだけ本を読んだことがないんだよ。
村上春樹? 俺の挙げた作家に対して、なんでそんな阿呆で軽い作家を出すのかが理解できない。

それに死んだ作家より現代作家出せって? 誰が生きてるか死んでるかも分からんのか?
遠藤周作や井上靖の良さを書けって?
有名作家名だけでなく、作品名とその感想まで書かないと話が通じないって、惨憺たる状況だな。

感想書いても、どうせ読んだこともないだろうから話が通じないだろ?
闘牛みたいに、ゴツゴツと鋭い人物描写を重ね、戦後の人間の狡猾な面を描き、主人公の、ともすれば弱気になりそうな心理を丹念に描いて、闘牛大会開催までの過程を描いた作品を知ってるか? 

冷酷で非情と言われていた信長の内面を外国人の目から考察し、実際にその外国人が書いた手紙を元に、
如何に彼が理を通して生きようとしていたかを事細かに書いた安土往還記はどうだ?

明治大正期の人情味溢れる盗賊一家を描き、天切りという盗人の極意を受け継いだ生き残りが、
監獄で、六尺四方しか届かない闇語りで話して聞かせる天切り松はどうだ?

彼らと伊坂との決定的な違いは、人間を深く見つめて、それを題材にしたものを描いていないことだよ。
お手軽で飛びつきやすい題材ばかりで、1,2回読んだらもういいやってレベルしか書かない。

それでも読者を惹きつけるには、どうするか?
結果、直ぐにトリックやどんでん返しに走って、わざわざ物語を複雑なプロットに分解した後に、
それぞれを時空もばらばらに描いていって、最後に上手いこと帰結しているように見せてるだけだろ。

あとな、文章ばかりに目が行ってるとか言ってるやつがいるが、小説は文章が基礎だろ。
プロットやネタばかりにこだわるなら漫画でもアニメでもドラマでも映画でも観ておけよ。
なんのために文字で表してるんだよ。
それに文章上手い=純文学っていう石頭なカテゴライズも止めろ。普通に読んでたらそんなもんが既に関係ないことぐらい、解るはずなんだがな。

156 :94:2009/12/29(火) 01:06:27 ID:dOOFXg7/
浅田次郎も、筒井康隆も、連城三紀彦も、
比べるまでもなく伊坂より数段上のものを描いてる。

お前らが伊坂のを買って、嬉しそうに褒め称えるのも勝手だが、
そうやって安直な読み方しかしないから、版元も書店も、みな安直な作品しか世に送らなくなる。

俺が心配してるのはそこだよ。
そうやって刹那的な娯楽のためだけの本ばかりが目立って、
本当に良いものが廃れていく。

お前ら、少しは本当に良いものを読め。
伊坂みたいな作風に慣れ親しんでたら、恐らく読み下すのが苦痛かも知れないけどな。


157 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 01:18:10 ID:IUnYSSYK
>>156
まあまあ時代のニーズってことで大目に見てくださいよ
本当に良いものなら本物に良いもので需要がありますってww

158 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 01:41:37 ID:dQYZrJ2N
伊坂キャラもびっくりなステロタイプだけど部分的には良いこと言ってるね
浅田はともかく筒井、連城を出したのは残念としか言いようがない

159 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 02:17:11 ID:36DlXWIB
そんなに大きな意志を持ってるならこんなとこいないで
街頭か本屋で演説でもしたらいい

160 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 06:44:56 ID:QPFUwiBz
こりゃまた、かわいそうな「私は貴方達とはちがうんです」がわいてるな

161 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 09:00:33 ID:PNMiG24V
>>157推敲しよう。
>>159的外れ>>160
>>160テンプレにあった「わいてるな」登場。

以上
名前:94[] 投稿日:2009/12/26(土) 17:04:11 ID:qHPBtHGO
>>103
>反論は反論になりえていないんだよな

でした。




162 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 10:56:22 ID:uK/RFlmq
オーデュホンの伊藤がラッシュライフに登場したのってどこのシーンでしたっけ?
ラッシュライフ読んだのだいぶ昔で忘れてしまって

163 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 13:01:07 ID:eX1VZpoc
>>155
俺の家族は読書好きが多く、実家に問い合わせたところ、
「周作の本は大体ある」とのことなので帰省するから何冊か読んでみるよ。


>>108は埋もれちゃった「本当に良い作品」とやらがどう良かったのかなんで書かないのかねえ。
と書いてある。

>>版元も書店も、みな安直な作品しか世に送らなくなる。 俺が心配してるのはそこだよ。
なんて大きな事を言うくらいなら、黙って作品名とその感想書く位の度量の広さを見せてもいいのでは?

ハナっから喧嘩腰で書き込むのもやめたほうが良いんじゃないかな?
あなたの書き込みを見て同意する人なんてほとんどいないと思うよ。
むしろ、自分の意見を押し付けてる小さな人間にしか見えない。


周作も影響されたという宗教多元論の宗教を、本あるいは読者に置き換えて
考えられないかな?



>>161
94の事は部分的に認めるけど、相変わらず他人の尻馬に乗るだけの
あなたの事は全く認められない。




164 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 13:48:07 ID:4RMDywzd
伊坂作品は基本的に「ハズレ」がないよ。
前スレでさんざん言われているように、
「終末のフール 」は、伊坂作品の中ではかなり評価が低いが、
それでも並みの作家の作品に比べればずっと出来が良い。

165 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 20:16:05 ID:PNMiG24V
え、俺同意してるよ。ROMって書き込まないまでも同意者少なくないと思うよ。
>>163が耳傾けたのは良かった。94氏も書いたかいあった。

ちなみに俺のうちでは母、弟が遠藤周作のキリスト教的人間観について語ってた。
俺は未読。これを機に読んでみる。

俺読んでるのは
村上春樹、村上龍、川上未映子、吉田ばなな、島田雅彦、平野啓一郎
磯崎憲一郎、安部公房、柳美里、花村萬月 等々から

まあ伊坂に近い(語弊ありか)ゼロ年代作家じゃ万城学、森見登美彦、古川日出男 、綿矢りさ 、
西尾維新 、桜庭一樹 等々あたり

読む。なので94氏と立ち位置が違う。村上春樹賛美してるし。

で言うけど伊坂幸太郎はダントツ酷い。こんなもん喜んで読んでる奴いるのかなと思いのぞいてみれば
惨憺たる有様ってわけ。

せめてさ、94氏のたらした糸たどりゃあいいのになあと蓮の間から眺めてるのが俺かなあ。


166 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 20:53:47 ID:pSJ2D1Dp
SOSの猿
何で途中から中二病みたいな展開になったんだ?

167 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 21:04:45 ID:dQYZrJ2N
>>94の作品評価はいいとしても出版不況を話に絡めだして以降は的外れもいいところだよ。
現状認識にかなりずれがあって出版不況に至った因果を全く逆に捉えてる。
主張の根幹をなしてるその部分がおかしいから、態度とも伴って押し付けにしか見えないのが惜しいね。
伊坂くらいしか読まずに満足してる層に対する苦言もわからなくはないだけに。

168 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 21:48:25 ID:PNMiG24V
出版不況は諸説あって一概になんとも言えない。けれど確かに
過去の名作を少年ジャンプ作家が表紙を書いて売りだしてることから
悪貨は良貨を駆逐するという状況ではないかも。
でもさ>>94氏の主張の骨子が出版不況云々の現状認識にあるわけではないような。
少なくともそこに誰も食いついてなくね?

>伊坂くらいしか読まずに満足してる層に対する苦言もわからなくはないだけに。

うん。ここに同意なわけだ。



169 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 00:08:28 ID:sMvbRAuP
>>155
人間が書けてないというのはなんとなく分かる。
伊坂自身が寓話って言葉で表現してるように、少しリアリティを損なわせて書いてるからだろう。
ただ、ミステリを軽く見る発言は許せん。
文章が基礎だろと言われても、他を軽んじるのはただ可能性を狭めているだけにしか見えない。

あと、娯楽の本が無くなっても、そういう本が注目されるかは疑問だ。
ただ本の売り上げが落ちるだけじゃね?
一般文芸しか読んでない人は最悪の場合、携帯小説に流れていくような気がするw

170 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 00:13:06 ID:Z4xFelm3
>>165
おい、伊坂がダントツに酷いってコメントだけなら説得力ゼロだ。せめて何が酷かったのかひとことだけでも書いとけ。

ちなみに結構読んでるのは、似てるわ

伊坂幸太郎、町田康、村上龍、吉田修一、川上未映子、島田雅彦、平野啓一郎
安部公房、森見登美彦、綿矢りさ、桜庭一樹 等々は、たぶん全ての作品を読んでるはず

ちなみに君が挙げた作家で、一冊だけは読んだけど、もう読まないって決めてる作家
村上春樹、吉田ばなな、古川日出男、磯崎憲一郎

春樹嫌いじゃないけど、単純にあの顔が性的に受けつけない、吉本ばななも

伊坂幸太郎が好まれるのは、単純な非日常を容易に味わえるからだよ
案山子、死神、隕石による地球滅亡、確実な非日常が存在するのが彼の作品の共通点だが、
それを現実とうまく融合させてる技術はすばらしいぞ。この技術は芸術的に評価されていい。







171 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 01:11:08 ID:sMvbRAuP
あと俺は>>165の挙げた作家だと、
春樹、古川、西尾しか読んでないが、
西尾が断トツに酷いと思うよ。
デビュー作しか読んでないけど、次からもっと構成が酷くなるって聞いて手が出せん。

何回でも言うけど、誤解を生んでるのは伊坂ファンが伊坂しか読まないと仮定してるところにあると思う。
って言うか>>94はこれを前提に書いてるのがおかしくないか?
もちろんこれが本当なら、他の本を読まないのは勿体無いなあって誰もが思うだろう。
>>94に妙な説得力があるのは、その仮定が当然のように書かれているからだと思うんだけど、違うんだろうか?
そして話を聞いてみれば、批判対象が伊坂ファンだけじゃなく一般文芸になってるし、いまいち絞れてないのもなんだかなあ。

>>170
顔ってお前w

172 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 01:48:52 ID:6fIJ/sgk
>>162
つ 電話

173 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 07:52:00 ID:AbjgC5IK
ミス板って荒れてるスレと荒れてないスレはっきりしてるよな


174 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 10:54:05 ID:5UL/NTOD
>>165
伊坂がダントツに酷いってそれは無いだろう。
伊坂作品全部読んだのか?
ゴールデンスランバー、アヒルと鴨、オーデュボンの3トップをまずは読め。
話はそれからだ。既に読んでるんだったら諦める。

175 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 10:55:49 ID:5UL/NTOD
少なくとも綿矢りさより劣ってることはまず無い。

176 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 14:32:27 ID:DMTGcyrW
>>165は東野圭吾のことどう思ってる?

177 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 17:11:58 ID:3O7NGxRy
初めて伊坂読んだけど、登場人物が演技力の無い俳優が演じてるみたいだと思った。
読んだのはグラスホッパー 

178 :名無しのオプ:2009/12/31(木) 22:49:45 ID:1f3B8jAS
今年最後の書き込みは俺がもらったぜ。

179 :名無しのオプ:2010/01/01(金) 02:37:17 ID:xEWoAnbQ
今年最初の書き込みは俺が頂戴しました。 2010年は彼女ができますように

180 :名無しのオプ:2010/01/03(日) 06:09:57 ID:wq72fqZI
伊坂の作品ほとんど全部読んでるが、ゴールデンスランバー以降、
面白みがなくなったように感じる。
才能が渇望したのかな。sosの猿の出来は良くなかった。

181 :名無しのオプ:2010/01/03(日) 09:12:04 ID:/7k5VZYO
伊坂作品は基本的に「ハズレ」がないよ。
前スレでさんざん言われているように、
「SOSの猿」は、伊坂作品の中ではかなり評価が低いが、
それでも並みの作家の作品に比べればずっと出来が良い。

182 :名無しのオプ:2010/01/04(月) 11:08:17 ID:tbYra84l
ゴールデンスランバー 特別映像 本編冒頭シーン先行独占配信(00:16:19)

ttp://gyao.yahoo.co.jp/player/00799/v08690/v0869000000000530327/

183 :名無しのオプ:2010/01/04(月) 14:33:35 ID:15dqADUK
伊坂幸太郎 SOSの猿を語る
http://www.chuko.co.jp/special/sos/int.html

なんかすごいオナニー臭がするんだが('A`)

184 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 00:54:06 ID:F4HBM7rz
この順番で読んできたんだけど、

オーデュボンの祈り
ラッシュライフ
重力ピエロ
魔王
終末のフール
砂漠
グラスホッパー
死神の精度
アヒルと鴨のコインロッカー
チルドレン
陽気なギャングが地球を回す
フィッシュストーリー
ゴールデンスランバー


以下が未読なんだけど、どれから読めばいいと思いますか?

モダンタイムス
あるキング
SOSの猿


ちなみにこれまでの順位つけるなら
1位 オーデュボンの祈り
2位 ゴールデンスランバー
3位 死神の精度

オーデュボンはマジで最高!リョコウバト最高

185 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 00:58:19 ID:42NaQyHg
人に聞かないと決められないならやめとけばいいさ

186 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 01:02:17 ID:YrjxOes3
>>182
見てみたくなったので試写会応募した

187 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 02:17:44 ID:F4HBM7rz
>>182
何この原作に近い感じ・・・
いい映画ぽい雰囲気がプンプンした続きみたいわー

188 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 15:28:55 ID:V7hdVW1C
そろそろ昔の伊坂に戻ってほしい

189 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 23:18:30 ID:YFrUB52Y
>>184
自分もオーデュボンの祈り大好きです。
終盤にかけて色々と繋がっていく感じいうか
なんかみんな役割があるというか・・・
上手く説明できない(笑)。

最近、東京新聞にコラム書いてますね。
こっちも面白いですよ〜。

190 :名無しのオプ:2010/01/06(水) 02:10:25 ID:oJhc+DlB
伊坂幸太郎の今年発売される新刊は
「マリアビートル」
「夜の国のクーパー」だってさ。

191 :名無しのオプ:2010/01/06(水) 21:44:03 ID:iWGRVAvx
伊坂の年だったのか

192 :名無しのオプ:2010/01/06(水) 21:50:31 ID:Z97Mz/76
>>190
え、今さら?

193 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 20:05:28 ID:k0oVT/85
age

194 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 12:33:58 ID:DTLyId4X
ミス板全体的に過疎ってるな

195 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 14:53:26 ID:+b8rCJzA
ねえ、最近さらに酷い

196 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 14:55:33 ID:eBks/Gn0
docomo,au規制の影響ジャマイカ?

197 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 14:57:33 ID:MtK0uIvk
伊坂ファンはほとんどゆとり層だからな
電話が来れないと寂れるさ

198 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 15:02:44 ID:+b8rCJzA
いや、全体的に過疎だよ
殊能スレすらあの有様だし

199 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 15:27:20 ID:2sqRU8D4
ギャングこそが至高

200 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 16:49:48 ID:PEoAZa8k
ゴールデンスランバー読んだけど、なんでこれ1位になったん?バカミス?
チャイルド44を読んだ後だったからあまりの陳腐さに涙が出た。
これご都合主義ってレベルじゃないよな。
伊坂の小説ってこんなギャグマンガみたいな感じなんですか?

201 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 17:14:45 ID:Lxus9A8g
そうですよ^^

202 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 19:07:01 ID:ImOJDE2r
>>200
本屋大賞を獲ったとは思えないほどの酷さ。
外れなしの本屋大賞の名を汚したゴミ。

203 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 00:46:55 ID:IC4TC/L1
重力ピエロの引用の多さが辛い

204 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 01:30:32 ID:0ucU2BAc
>>202
そんなの人によるでしょ
俺にしてみれば博士の愛した数式がありえん
数学要素は何のためにあったんだよ、あれ

205 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 21:27:09 ID:0jNgyTpN
>>202
>外れなしの本屋大賞

wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
笑わすなよアホwwwマジで茶吹いたじゃねーか

206 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 22:46:46 ID:3OtG1FZn
絶対茶は吹いてない

207 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 22:58:54 ID:vOINoUVi
すまん、本当はカフェオレだ。

208 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 23:21:51 ID:rOhaLeSg
伊坂の作品は結局年寄りうけしないのか?

209 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 00:11:03 ID:0AirF9NQ
どれもそれなりに楽しめるね
人気作家だけのことはあるなぁ

210 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 22:11:59 ID:hLUY0JHI
ラッシュライフ・オーデュポンと楽しめなかった作品はいくつかあるが、
あるキングだけは許さない。
展開の起伏を失くす・説明を投げ出すにしても、作品として世に出している以上
なんらかのエンターテイメント性もしくはメッセージをいれてほしい。

さすがに反省したのかSOSの猿ではエンタメ色も・メッセージも織り込まれていた。

211 :94:2010/01/13(水) 23:13:13 ID:rOEweK98
>>202
確かに『博士の愛した数式』は、いまいちだと思う。
80分しか持たない記憶への絶望や、哀しみが描ききられておらず、
なんだかお涙頂戴的な話へともつれ込まれてるだけだ。
実際の患者を取材もせずに、想像の中で都合よく描いた気さえする。

そう言った点で考えてみると、
リアリティをあえて追求していない「死神の精度」なんかは、
発想がうまく活かされてると思う。

人間世界に対して知識の乏しい死神が、
クールに装いながらもとぼけた発言をして、笑いを誘うところも良いと思う。

けどこの作品だって、死神がいるからもつような話であって、
そういった奇抜さを抜かした人間だけでのストーリーで考えてみると、
余りにも安易で当たり前な展開の物ばかりじゃないかって思うね。

向田邦子好きな老年世代なんて、暇つぶしにすらしないかもしれない。
まだ人間の心理面をしつこく書いて皮肉る、筒井作品の方が変な深みがある。
或いは初期の宮本輝の作品なんかは、叙情的な描写が見事すぎる。
純文学作家と比べるなと言われそうだが、彼はそもそもストーリーテラーでもある。

また、だからこそ伊坂作品は再読に耐えられない。
既に筋が分かってて、死神のぼけた発言で笑った後、
一体何を糧にして読めばいいのか。

既にストーリーが分かってて、
それ以上の物が描かれていない小説世界の再旅行を何度も楽しめるのは、
そこいらを3歩以上歩けるニワトリくらいだろう。


212 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 23:15:13 ID:G9oLN9lA
お前が自分に酔ってるのだけはわかった

213 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 23:19:25 ID:BKAD7kOW
>>211
> 80分しか持たない記憶への絶望や、哀しみが描ききられておらず、
> なんだかお涙頂戴的な話へともつれ込まれてるだけだ。
> 実際の患者を取材もせずに、想像の中で都合よく描いた気さえする。

酷い勘違いをしているな

214 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 23:26:53 ID:kMALC/vX
伊坂批判が書き込まれると短文コメが続いて活性化。
昨年末の続きする?

215 :94:2010/01/13(水) 23:35:18 ID:rOEweK98
綿矢りさの受賞作も、最初の数ページの文章なんて酷すぎるほどだけど、
けど読み進めると、人物が描かれているのがわかる。
主人公の孤独な心情を表すための比喩も、的確な場面でうまく使われているし、
ネクラで気持ち悪い人物がまた個性的とも言える。決して買った方が良いとは勧められないが。

対して伊坂では、>>177が言うように、「演技力の無い俳優が演じてるみたい」な人物が跋扈し、
ストーリーは面白いんだけど、皆、判で押したような人物ばかりな気がする。
映画やドラマに登場する、いつも同じ感じのキムタクと並んで酷い。

ついでに、「床屋が髪の毛を救わないように、私は彼女を救わない」とか、
別にあえて書く必要はないだろうっていう比喩がよく使われてて、
「どうだこの表現、なかなか良いだろ?」って思う作者の考えが透けて見えそう。
読者の中には、こんなところを洒脱だとか勘違いしそうな気さえする。

伊坂が、花村萬月みたいにエログロや凄惨な暴力シーンを書かない点は良いと思う。
ただ、だからこそ人間味というリアリティに欠ける点は否めないかも。
それを埋めるためにも、どんでん返しや、驚きの設定&展開でもって作品を書くんだろうけど、
もっと自然と人物を描く方法はいくらでもあるのに、なぜしないのかが不思議。
だから直木賞の銓衡委員にはいつも、「才気煥発なのに勿体ない」と言われてたんじゃないのか。

それが彼のポリシーで、文学よりも娯楽を書きたいと思ってるのかも知れないが、
どうも、ハリウッド映画を文字に置き換えるような、そんな小説化活動をしているようで怖い。
そしてそんな小説ばかりが売れる現状もヤバい。

簡単に読み進める本ばかりが売れて、その文体に多くの若き読者が慣れ親しんだ結果、
何度も文意を考えたり、自分を顧みたり、様々な面から読み直し見たり出来る作品を、
受け入れられなくなる可能性が大きいだろ。そしてまた低き方向へと流れ出す。

>>212  ちょっと酔ってたのは認める。夜は怖い。
>>213  どうせ書くなら具体的な批判を書いてくれ。
>>214  相変わらずですね。

216 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 23:41:14 ID:hLUY0JHI
確かに伊坂のオサレ表現は作者のドヤ顔が透けて見えるときがあるw
おれは好きだけどね。

キャラクターに関しては近作では意図的に被らないようにしてるから読んでみな。

217 :94:2010/01/13(水) 23:52:19 ID:rOEweK98
>>216
了解。
SOSの猿を読んでみることにする。


218 :名無しのオプ:2010/01/14(木) 21:45:11 ID:I8VYDyDI
要するに伊坂を読む前にまずは貴志祐介を読んでみろってことだろ。
貴誌祐介を読んだ後に伊坂を読むとどれだけ伊坂が酷いかわかる。
それだけ貴志祐介の文章は洗練されていて、かつ濃密な内容だから。

219 :名無しのオプ:2010/01/14(木) 22:05:39 ID:wJ+SmXL5
洗練されていて、かつ濃密なレスだなあ

220 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 20:10:37 ID:7zFORJ1X
>>94は東野圭吾のことどう思ってる?

221 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 21:12:26 ID:/LV2W/wR
>>174
「SOSの猿」以外全作品読んでいる。

伊坂幸太郎にそこまで皆がんばらなくてもいい。俺は伊坂幸太郎を読んで面白いと思ったが
どうも詳細に的確に伊坂幸太郎が面白くない理由を説明される。どうしたらいいのだろうか。
とでも感じているのか。

味覚の発達になぞらえてみる。子供はもちろん好き嫌いはあるがそれほど多くの料理を食べる機会は限られている。
それが大人になるにつれ(人にもよるが)和食・中華・洋食・フランス料理・イタリア料理(大雑把なぶんるいだけど)
などなど味の種類を覚えていくだろう?そんなグルメじゃなくてもAのラーメンよりBの方が濃厚で深みがあるぐらいは
感じることができる。

もっといろいろ食べてみると(小説を読むと)比較・相対化出来るし同じお金出すなら美味しいものを食べたほうが良くないか?
食事は底なしに摂れるものでもない。美味しくて栄養のあるもの食べると健康にいいぜ?って話。

222 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 21:15:54 ID:IkHE33qC
好みと気分が勘定に入ってない

223 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 21:39:08 ID:pLHtagyq
ムック本出てるのね

224 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 00:57:47 ID:E58Lywpq
フィッシュストーリーの映画観て来たんだけどその話題もおk?
伊坂ってジョジョの世界観受けてるのか、仏教観というか運命みたいな
ものを描きたかったのかな?
因果として世界を救う女性を救う「正義の味方」を産むきっかけを
作った歌ということで。
別な出来事で数学の天才少女が亡くなってたら歌に意味無い気もする
んだけど。てっきり気弱な大学生の子供が天才少女かと思ったよ。

225 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 01:26:52 ID:/o/PYaTA
>>222
たまにはロッテリアのハンバーガーを食べたくなる気分は分からないでもないね。
それでも好きな食べ物(作家)伊坂幸太郎と言うのは問題があるだろ?

いらない油(伊坂全般)摂りすぎるといいことないって。

226 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 01:38:57 ID:orOZw+rS
へたくそ

227 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 06:20:35 ID:BunldctB
>>224
映画のフィッシュストーリーは別にスレあるからそっちの方がいいぞ

228 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 18:14:43 ID:F/yvdFZM
>>218
貴志の文章が濃密なのはともかく洗練されてはいないよ
省略ができずに詳しく書きすぎて浅田から小説になってないって苦言もらってたでしょ

229 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 23:55:51 ID:W1oHUmOm
伊坂ファンの方、お暇でしたら
伊坂氏以外でオススメの小説教えてください。

230 :名無しのオプ:2010/01/17(日) 06:54:45 ID:yh/02ZdU
>>229
『河岸忘日抄』
堀江敏行(新潮文庫)

全編、山もなくゆったりした雰囲気で流れていくけど、
伊坂作品とは違った柔らかな空気感が味わえる作品。
エンタメ性はほとんどないがオススメ。

231 :94:2010/01/19(火) 14:17:04 ID:lZCiB+Uo
>>229
『天切り松 闇がたり』
浅田次郎(集英社文庫)

明治の盗人一家が見せる、浪漫溢れるエンタメ作品。

説教強盗や、天井板を開けて入り込んだり、女にまで化けたり、
玄人の目の前で財布をすって、中身だけを取って元に戻したりと、
華麗な盗人の技でもって、天下の成金や役人から金を掠める痛快作品。

しかも決して想像の産物だけではなく、
実際に天切り松として活躍してた爺さんと留置場で知り合った作者が、
外に出てからインタビューをして書き上げてもいるから、
リアルな点も大いに残ってる。

他ではあまり見られない、
古き良き江戸弁の七五調の台詞回しもカッコイイ。

232 :名無しのオプ:2010/01/19(火) 22:44:08 ID:NjsJ2vLu
フィッシュ文庫げとー
最初のエンジンの話のオチがわからないんだけどあれは何か意味ある?

233 :名無しのオプ:2010/01/20(水) 14:49:53 ID:QENi4kG0
ギャング映画版
ttp://gyao.yahoo.co.jp/player/00031/v08700/v0870000000000530356/

評価通りでした。

234 :名無しのオプ:2010/01/21(木) 22:15:46 ID:YPGYAbnO
新作楽しみ


235 :名無しのオプ:2010/01/22(金) 21:43:54 ID:sqN1WnPV
NHK-FMラジオドラマ
『終末のフール』(全10回)
2月1日(月)〜2月5日(金) 22:45〜23:00(1-5回)
2月8日(月)〜2月12日(金) 22:45〜23:00(6-10回)
1)「終末のフール」
2)「太陽のシール」
3)「籠城のビール」
4,5)「鋼鉄のウール」
6)「冬眠のガール」
7)「天体のヨール」
8)「演劇のオール」
9,10)「深海のポール」
原作:伊坂幸太郎、脚色:佐藤久美子、演出:川野秀昭、小出剛、加藤政二、音響効果:上温湯大史 沢田智哉
出演:河相我聞 天野鎮雄 藤元英樹 吉武怜朗、浜丘麻矢 咲野俊介 冠野智美 ほか
あらすじ:「8年後に小惑星が地球に衝突し、人類は滅亡する!」衝撃の発表から5年、残り3年で世界が終わるという時、人は誰とどのように、
何をして過ごすのか……。ヒューマニティあふれるタッチで近未来を見つめる、ベストセラー作家の原作をもとに、8つの連作物語をドラマ化。

236 :名無しのオプ:2010/01/23(土) 22:10:43 ID:ZTzywLKw
伊坂初心者だが、「オーデュポンの祈り」読了。
今まで読んだことがあるのは「ラッシュライフ」「アヒル鴨」「重力ピエロ」「魔王」で、
「死神」と「ギャング」は映画のみ。
で、「オーデュポンの祈り」なんだが、確かに伊坂ワールドは堪能できるし、すごくいい話だと思うんだが、
ミステリ的には、他の作品みたいなパズルがかっちりハマる快感がないような。
読み方が浅いのかなあ…。よくわからない部分もあるし。
二度読みしたら、いろいろ納得できますか?

237 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 00:33:59 ID:SAi8EQAs
ラストの展開のドタバタ感とご都合主義はミステリ的には居たたまれない不快感があるね。

ミステリ的に捉えなければそれこそ伊坂ワールド全開のいい話ってことでまとまってると思う。

238 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 14:35:15 ID:mO+HqkVz
よくご都合主義とか言う奴がいるけどさ、

地面にバナナの皮があれば、滑ってコケるのが伊坂なんだよっ!!

熱々のおでんがあれば、上島竜兵が召還される、それが伊坂なんだよっ!!

細かいことを気にしてるとハゲんぞ。

239 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 20:13:35 ID:YMWAgFf2
2010/01/24 25:10〜25:40 の放送内容 ABC 朝日放送 .映画「ゴールデンスランバー」公開記念特番
首相暗殺犯に仕立てられた無実の男の大逃亡劇を堺雅人、竹内結子ほか豪華キャストで送る超一級エンターテインメント! ビートルズの名曲が事件の鍵を握る?

240 :236:2010/01/24(日) 22:18:36 ID:qsRON11s
>>237
伊坂ファンでもそうなのか。サンクスです。
ちょっと安心した。というのも変だけど。
ゴールデンスランパーは息子が観たがっているので一緒に観に行く予定。
やっぱ伊坂映画には、濱田岳は欠かせませんね。

241 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 22:41:33 ID:ZtTv4APo
ゴールデンスランバーの映画って今日はじめて知ったわwwwww
なに見て生きてたんだ俺はwww

242 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 23:08:01 ID:X5Xt0Mha
大変よくできました。。

もうすぐ公開ですね。

243 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 10:52:40 ID:aqb0KmeO
あの監督は信頼出来るからきっと面白いと思う

244 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 10:53:25 ID:sDvAQgxG
映画のフィッシュストーリー、昨日始めてみたけど最後よかった
後から思い出してボロボロ泣いてしまったw

245 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 20:38:24 ID:i+zHiyRr
>>236
初心者とかいうな気持ち悪い

246 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 22:30:23 ID:KqUhd11R
初体験が「重力ピエロ」でした。
あまりの筋のつまらなさ。
どう背伸びしても春樹にはなれないダサダサの、洒脱を志向した会話文。
ナンセンスなペダントリィの羅列。
以上に嫌気がさして二度と読むものかと当時は思いました。
いやあ、凄い人気ですね。
私のような色眼鏡で伊坂氏を見ている者でも楽しめる作品があれば教えてください。


247 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 22:47:55 ID:Dbh2DBAK
ないよ

248 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 00:26:16 ID:QEvhBVC4
村上春樹でも読んでろw

249 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 02:00:50 ID:vi4HM1vE
春樹や伊坂の文章に関しては「ダサい」が褒め言葉だと思ってた・・・

250 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 02:58:33 ID:4rC188e/
重力ピエロはすごくハマる人と鼻で笑う人とで両極端だね。
伊坂作品自体が、とも言えるのかもしれないけど。
合わなければ無理して読むような作品もないと思う。

251 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 14:15:57 ID:gJp1Mnbq
鼻で笑うつもりはないしテーマに抵抗があるわけでもないけど・・
重力ピエロは読み返す気にもならない

252 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 17:41:51 ID:gJyzoqPj
それってまさか「真相が予想通りだったから」っていう理由だけじゃないよね…。
しっかり読んだ上で評価するならともかく、
もしもいい加減な読み方しておいて評価してるなら作者がかわいそうだ。

253 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 19:15:04 ID:xISXpPmV
放火駄目
絶対

254 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 20:26:55 ID:/IvzP7Ku
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


255 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 20:27:54 ID:/IvzP7Ku
伊坂のって、娯楽ではあるけど文学ではないね。
それが佳い悪いは別にして、深く何かを見つめて考えるような種類ではないだろうね。
ある小説家が言ってるけど、まさに伊坂の作品に見事に当てはまるだろうね。


若者の多くは、そのとき愉しければよいもの、つかのま笑い転げる物しか求めなくなり、
人間の魂、人生の巨大さを伝える小説を読まなくなった。
そうすることによって、自分を見つめられなくなった。
他者の苦しみと同苦出来なくなった。

良い小説と対峙するには、それなりの精力が必要である。
かつて「一億総白痴化」と言ったことがある。
確かにその言葉は今、現実化しつつあるような気がする。

256 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 20:28:53 ID:/IvzP7Ku
伊坂幸太郎にそこまで皆がんばらなくてもいい。俺は伊坂幸太郎を読んで面白いと思ったが
どうも詳細に的確に伊坂幸太郎が面白くない理由を説明される。どうしたらいいのだろうか。
とでも感じているのか。

味覚の発達になぞらえてみる。子供はもちろん好き嫌いはあるがそれほど多くの料理を食べる機会は限られている。
それが大人になるにつれ(人にもよるが)和食・中華・洋食・フランス料理・イタリア料理(大雑把なぶんるいだけど)
などなど味の種類を覚えていくだろう?そんなグルメじゃなくてもAのラーメンよりBの方が濃厚で深みがあるぐらいは
感じることができる。

もっといろいろ食べてみると(小説を読むと)比較・相対化出来るし同じお金出すなら美味しいものを食べたほうが良くないか?
食事は底なしに摂れるものでもない。美味しくて栄養のあるもの食べると健康にいいぜ?って話。


257 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 20:58:03 ID:gJyzoqPj
伊坂がなぜ質の低い娯楽であるかは書かれているけど、
いかなる点が「映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない」だったり
「描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない」なのか、
最も重要なところが書いてないじゃん。

そこまで言うのなら、そんなの読めば分かるだろ(笑)というのはなしで
作品でも文でも、比較でもいいから具体例を出して、分かりやすく説明して欲しい。


それとさ、伊坂の著書の多くがミステリというジャンルに属していることを考えると
ある程度娯楽性に偏るのは仕方ないように思うんだけど、
そのミステリというジャンルからも「理由」や「容疑者Xの献身」は直木賞受賞してるよね。
ということは、あなたはミステリ自体が娯楽小説の質を下げてるのか、
それとも伊坂はそのミステリの中でも質が低い部類だと考えているのか、
そこのところについて考えを教えてほしい。
さらに、直木賞ってのは優れた娯楽小説に送られるものだと思うんだけど、
それなら「文学ではないが娯楽ではある」伊坂が直木賞もらう可能性もあったんじゃない?

258 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 21:45:15 ID:MTSWhTIR
「蝦蟇倉市事件」買ってきたよ〜

259 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 22:34:58 ID:4rC188e/
>>251
読み返すような作品では確かにないね。面白く読んだけど読み返しはしないな。
ああいう会話とノリが伊坂テイストだから単に相性が悪いんだと思うし無理して読む必要もない。

>>257
>>167-171辺りを無視して同じことコピペしてるからあんまり言ったって無駄な気がする。
この手の議論は嫌いじゃないけど主張したいだけの人とは話が進まないからどうしようもない。

260 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 22:55:35 ID:gJyzoqPj
>>259
そうか、まともな論客じゃなかったのか、失礼した。

261 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 08:48:12 ID:OvFcJ6wm
ラッシュライフの映画、中村監督で
作り直して欲しい
原作好きなんだけど映画はorz

262 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 14:47:25 ID:nFQbi7PK
重力ピエロとリアル鬼ごっこ、どちらが面白いですか?
ライトのベル好きの友人に聞いたら、この2冊が面白いと言われました。

263 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 15:52:31 ID:bhAshOhP
リアルピエロ

264 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 16:04:43 ID:xJYpJNhC
>>261
ゴールデンスランバーより、ラッシュライフを映画化してほしかったな
大作系は中村監督に相応しくない気がする
小ぢんまりしてる作品の方がいい

265 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 18:37:20 ID:B6GVCQuZ
伊坂がカップラーメンみたいな小説と言われるなら
山田悠介なんかどうなってしまうんだ?伊坂を叩く前にもっと叩くべき作家が
他にいくらでもいるだろう。

266 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 20:02:56 ID:wNOl2BvQ

>>259
>>167-171辺りを無視して同じことコピペしてるから

167-171辺りは出版不況のこと、作家名が書かれてるだけだが?

>>260
>まともな論客じゃ

>作品でも文でも、比較でもいいから具体例を出して、分かりやすく説明して欲しい。



議論がしたいのか分からないから質問してるのかどちらだ。「教えて欲しい」「具体例だせ」
という輩は出しても対応できないだろ。議論するまえに持論展開してみろよ。
お前の主張なければはじまらないが。
それと直木賞については触れてるぞ。遡れ。

267 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 22:32:06 ID:UjJiycsM
>>261
>>264
ラッシュライフの映画ってそんなに酷いの?
観たいんだけど、レンタル店に置いてないんだよな。他の作品は全部あるのに。
東京芸大がつくった半インディーズだから?
しかし、あの話をどう映像化したのか、興味があるな。
アヒルと鴨も観る前はそう思ったけど、中村監督の手際のよさには唸ってしまった。
クローズドノートが同じ手法を使っていたのにはちょっと笑ったけど。


268 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 00:15:41 ID:TFrQiNj/
原作読んでないと理解不能
作品として成り立ってない素人以下の作品
バラバラ殺人の場面だけ無駄に力入ってて、スプラッター映画になってるww

269 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 02:28:20 ID:bfz2X+E4
ラッシュライフ公開の時にめざましに堺雅人さんが宣伝でコメント出演してたんだが、
『終電が無くなるからという理由でその日の撮影が終了する現場で新鮮だった』という話が印象に残った。学生さん達、お金無い中頑張って撮ったんだろーね…
学生の自主制作映画が話題になるように作品を提供した印象だな。

270 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 08:38:15 ID:RVQI4zc8
東京芸大だろ?あそこは超金持ちと超貧乏の両極端だと思う

271 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 08:41:09 ID:RVQI4zc8
もしまた続編出すとしたら重力ピエロかチルドレンか死神か
アヒルと砂漠とゴルスラは無理だろうし

272 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 09:12:35 ID:pJR+84Jv
東京芸大って、5浪とか普通にいるらしいな。

273 :261:2010/01/28(木) 10:39:44 ID:PiCvdohx
>>267
とにかく酷い
原作読んでたら余計にがっかりだろうし読んでなかったらどんな感想持つか想像つかないw
まあ卒業制作ならアレでもいいかもしれない。
フィッシュストーリー見て感動した勢いで借りたからガッカリ感がハンパなかったorz
アマゾンのレビューがいい参考になるよ。
他の作品に比べてダントツ評価が低い。
芸大版はあれでいいってことにして、再度映画化して欲しい。

274 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 11:32:32 ID:TFrQiNj/
ラッシュライフより、卒業制作作品の方が出来が良かったらしいぞ
監督本人の談だけどw

275 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 13:32:45 ID:edNyD0zi
新刊がいつの間にか出てたようなので前スレを覗いてきたんだが
前スレ立ったのが7月28日って・・・
新刊2冊出たのに全然伸びなくなったんだな
伊坂スレはミステリ板の中でも屈指の酷さだから無理もないか
猿どうすっかなー

276 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 17:25:09 ID:wkGniXlH
part20って明らかにミス板じゃ伸びてる方でしょ
それなりの大御所でも消費に数年かかるスレがゴロゴロあるのに

277 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 17:27:27 ID:edNyD0zi
伸びなくなったと言っている

278 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 17:42:46 ID:oYEbbFR4
そりゃ規制のせいだな

279 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 20:39:08 ID:Ddo++doC
ずっと同じ話する人がいてスルーもしないしね

280 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 22:07:00 ID:eSCdsEWI
伊坂が真っ当な読書家に嫌われるのは、昔ながらの小説じゃないからだろ。
かといって斬新で、新しいムーヴメント(笑)を作り出すようなもんでもない。

映画や漫画で代用できる面白さであって、小説ならではという魂がない。
描写や漢字の使い方に深みもなければ、読書を留めて考えるような内容でもない。

読みやすくて驚けて、お手軽に愉しめるっていう、使い捨ての消費物のようなものでしかない。
別に人が何を読んで悦んでも良いと思うけど、
こういったカップラーメンみたいな小説に安易に飛びついて、
「これこそ面白い小説だ!」と、ろくすっぽ他のを読まないままに歓喜して買いまくってるから、
問題なんだよ。

なぜかって出版不況のこの時代、こんなのが売れることで、版元は同じようなものを大量に出版するからね。
すると本当に良い作品、これこそ小説だってものが埋もれるし、売れなくなって消えて行ってしまう。

そうやって低きに流れるが如く、ますます小説が映画みたいに大味で刹那的な娯楽に成り下がり、
小説全体の質が落ちるのは明白。と言うか既に落ち始めてる。

お手軽に書いてお手軽に読まれる。だから伊坂のをラノベだって言う人も多い。
そして直木賞の銓衡委員は、決してこんなお手軽娯楽作品には賞を与えない。

ファンとして擁護するのは構わないが、例えばJPOP(笑)が、その楽曲の本質で判断されず、
単なる上辺を歓ぶ、オタク信者に盲目に売れたおかげで、
今や質は落ちるし売上は下がるし、良いアーティストは埋もれるしで、ひどいことになっている。

それと同じようなことが、軽薄な伊坂ファンなどによって引き起こされようとしてるんだよ。
面白い、よかった、感動したとしか言えない、他人が買うから買うようなファンによってね。


281 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 22:08:56 ID:eSCdsEWI
伊坂のって、娯楽ではあるけど文学ではないね。
それが佳い悪いは別にして、深く何かを見つめて考えるような種類ではないだろうね。
ある小説家が言ってるけど、まさに伊坂の作品に見事に当てはまるだろうね。


若者の多くは、そのとき愉しければよいもの、つかのま笑い転げる物しか求めなくなり、
人間の魂、人生の巨大さを伝える小説を読まなくなった。
そうすることによって、自分を見つめられなくなった。
他者の苦しみと同苦出来なくなった。

良い小説と対峙するには、それなりの精力が必要である。
かつて「一億総白痴化」と言ったことがある。
確かにその言葉は今、現実化しつつあるような気がする。


282 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 23:57:02 ID:wkGniXlH
[04年] 2(2/15)→3(12/7)
[05年] 4(8/5)→5(12/31)
[06年] 6(4/7)→7(7/20)
[07年] 8(1/6)→9(4/30)→10(8/9)→11(12/11)
[08年] 13(3/14)→14(5/16)→15(7/23)→16(10/26)
[09年] 17(1/29)→18(5/12)→19(7/28)→20(12/14)
part12は誤爆だから実質part19か
前スレは最近じゃ例外的に伸びが悪かったみたいだね
今スレはもっと過疎というか規制でミス板全体がそうなってるけど

283 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 00:36:12 ID:tLcFeyqx
>>282
わざわざわかりやすいデータをありがとう
やっぱ急に伸びなくなったんだな
もちろん伸びれば良いってわけじゃないけど

284 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 00:52:52 ID:mEhbYy9F
伊坂スレって人気のわりにはたったスレ番10くらいって印象だったから
むしろいつの間にもう20になってたんだって感じだな

285 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 21:50:57 ID:0YODgzx5
確かに伸びなくなったけど、ゴールデンスランバーが公開されれば原作を読む人も増えるよ。
ところで、重力ピエロやチルドレン辺りが好きな奴には他の伊坂作品だと何がお勧め?数冊読んだけど、まだこの2作以上のものに出会えてない。

286 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 22:18:18 ID:Fs85wSaa
>>285
ギャング
重力ピエロとかチルドレンが好きな人って
要は春とか陣内みたいな奴が好きなんでしょ?

287 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 22:56:29 ID:7gVE7YVN
スレの伸びとかどうでもいいけど去年の後半規制凄かったじゃん

288 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 22:57:31 ID:0YODgzx5
>>286
そうそう、春とか陣内が好き。
ギャングも読んだんだよね。確かにキャラクターは魅力的だけど話があんまり好みじゃなかった。

289 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 23:51:42 ID:a73dFUZh
陣内好きなら『砂漠』も楽しめると思う

290 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 00:31:23 ID:uw4oL9xC
>>279
コピペはともかく>>285
>>286
>>288
>>289
こういう何がおすすめでキャラが好きとか話が好みだとか各奴らいるじゃないですか。
こういう奴らはミステリーが好きなのですか。マンガやアニメのつもりで伊坂幸太郎読んでるんでしょうか。

いやほんとまじで聞きたいんだけど春好き砂漠楽しめるとか書き込んで何が楽しいの?
全然楽しさ伝わってこないんですが俺、ゾロとかサンジのキャラ好きワンピ楽しめたって他人から聴いたとしても
ワンピースの面白さ全く伝わらないと思うんですがなんなの馬鹿なの?

291 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 01:04:15 ID:ys/bFtMR
そういや砂漠の文庫化はまだか

292 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 01:25:31 ID:xVqBAhEu
ゴールデンの映画見に行くか

293 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 09:05:15 ID:25wce1ET
がっかりするからやめとけ

294 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 09:38:07 ID:DMjoyGv1
がっかりかなぁ。
ラッシュとギャングは論外だけど
アヒルは原作の良さが損なわれてなかったし
フィッシュはむしろ映画の方が面白かった。
自分は中村監督なら大丈夫かも。
(死神重力チルドレンは見てない。)
ゴールデンは見に行くよ。


295 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 11:41:57 ID:BpL4rR4i
アヒ鴨、フィッシュと比べると、ゴールデンはいまいちだった・・・
全体的にコミカルすぎる。緊張感に欠ける。

296 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 12:02:37 ID:2isXloOl
中村監督は伊坂作品との相性は良い気がする。原作贔屓だからかもしれないけど他の作品よりも映画の空気が良い。重力の森監督も良かったけど
映画化がされてない作品で、何を映像化したら面白いだろう

297 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 12:15:46 ID:jLoR1uEQ
案山子はまだだよね?観てみたい。

298 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 12:49:29 ID:lg7/WQG2
案山子を映画化するんなら、
城山は清原で。なんかイメージがめちゃくちゃかぶる。

299 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 13:41:03 ID:DMjoyGv1
城山ってそこそこイケメンな設定じゃなかったっけ?
でも清原はいいな。
オーデュは大好きな作品だけど
映像化したら寒〜いシロモノになりそう。

300 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 16:25:06 ID:97I4pXah
オーデュポンのフィルム化は…
BGMが…


301 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 17:50:02 ID:lg7/WQG2
ずっとBGMなしで最後に…、というのも、いいよね。
てか、そういう実験的な作品こそ、学生がつくるべきなんだよな。
「ラッシュライフ」には手を出してほしくなかった…。


302 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 17:58:06 ID:m4PL5kB5
実際すごい難しいと思うぞ
やりたいことはわかるけど失敗ってのがオチだな

303 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 19:54:48 ID:KSEYOGDy
ローカルルール
■メール欄以外でのネタバレは禁止です。


一応貼っとく

304 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 22:17:24 ID:QhMqSgdq
映画の宣伝やたらしてるおかげで
「そういえばこの本読んだことあるな…」と思い出したが
残念ながら、内容がまったく思い出せなかった…

ネタバレを検索して、漸くあらすじ思い出したよw

大統領暗殺犯に間違われるってネタも、友人たちの設定も秀逸なのに、
なんでこんなに読後感があっさり、すぐ忘れるような軽い小説なんだろうか…

いやいや、この軽さがこの作家の優れたところなのかも。
おかげでもう一回読まなければ…

305 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 00:16:17 ID:zG5l720K
>>294
死神もチルドレンも面白いよ
死神の最後のシーンの爽快さはフィッシュに引けを取らない位好きだよ
重力は見てないな

306 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 00:22:38 ID:QBxu+G/w

「2010年本屋大賞」ノミネート作発表

村上春樹「1Q84」(新潮社)
▽夏川草介「神様のカルテ」(小学館)
 ▽三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店)
▽有川浩「植物図鑑」(角川書店)
▽東野圭吾「新参者」(講談社)
▽冲方丁「天地明察」(角川書店)
▽小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(文芸春秋)
▽藤谷治「船に乗れ!」(ジャイブ)
▽川上未映子「ヘヴン」(講談社)
▽吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社)


川上未映子「ヘヴン」かな

307 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 01:04:53 ID:rPAcYTne
>>306
いったいいつの話だ

308 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 01:22:22 ID:SB0BAdCI
伊坂は正直展開だけで楽しく読めちゃうから、
村上春樹をパクったような暗喩的な心理描写をすっ飛ばして読んでる人が多いと思うんだよな。
だから重力ピエロのことをボロクソ言う人が出てくるんじゃないかな。
そういう描写を、めんどくさくても飛ばさず一文一文読めば
もうちょっと「軽い」って印象は薄れると思うんだが。

309 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 01:35:11 ID:KfpRSSm+
ネタバレですが
グラスホッパーのラストの回送車の下り意味は
短い時間なのに長く感じた
っていうまとめですか?


310 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 02:33:44 ID:uxk2zw9B
検索してみるといいよ

311 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 07:14:16 ID:D86BzKOy
『ゴールデンスランバー』最低。
展開に起伏なし。文章にリズムなし。人物にあるのは呼称だけ。
これをおもしろがるのがいるなんて、日本は文明的にお陀仏。
伊坂には、文学性も娯楽性も何もなし。


312 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 08:18:05 ID:Ggch0now
> 展開に起伏なし。
え〜っ?

313 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 09:57:30 ID:QBxu+G/w
mixiで伊坂幸太郎読んでるやつのアンケートあったけど19〜22ぐらいが一番多かった。
どんたけ情報弱者なんだか。

本でもマンガでも映画でも 陰謀劇、国家に殺される、管理社会みたいな死ぬほど使い古された
テーマの作品あるし、他もっと優れてるぜ。「ゴールデンスランバー」がまさにまさに伊坂幸太郎の真骨頂
とかほざいてた馬鹿いたけど。

映画「ゲーム」とかゴールデンより全然優れてるでしょう。だが「ゲーム」も生涯心に残る映画ではない。
つまりゴールデンはごみってこと。

314 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 10:25:10 ID:c6X+wjeR
NHK土曜ドラマの坂口見てると、チルドレンを思い出す

315 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 13:46:39 ID:KfpRSSm+
グラスホッパーのオチ理解!
しかしバッタ(凶暴)と妄想なんの繋がりが?
斜め読みした自分シネ
読み直そう・・・

316 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 14:11:18 ID:KfpRSSm+
sage忘れ

317 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 17:36:06 ID:dQx5JiOL
あんまり伊坂幸太郎をいじめるなよ。

普段、読書しない人にしてみれば伊坂くらいが丁度いいんですっ!!
そんな専門家や玄人のために伊坂は小説を書いているわけじゃないんだから
怒るのは筋違いじゃないですか?

大人がコロコロコミックはつまらないと批判するようなもんじゃないか。
ゴールデンスランバーだって誰がどう考えたって阿呆みたいな展開ですよ、
でも、子供にはそれくらいが丁度いいんです。

緊張感ある重い展開こそ阿呆みたいな伊坂流で軽く書けばいいんです。


318 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 19:08:40 ID:XrZQxaz8
そもそも伊坂の本って、ミステリの名の下に売られていない
ミステリとしての達成度は問わなくていいだろう
好きな人が娯楽で読むだけだから、小説としての達成度も……

319 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 20:39:05 ID:QBxu+G/w
>>317
大人気ない話なんだけど
村上春樹は直木賞も芥川賞もノーベル文学賞もとったことないだろ?伊坂は本屋大賞とったんだぜ伊坂幸太郎が最高!!
とかいうガキが過去スレにいてさ、もうなんていうか何とも言えない気持ちになった。ゆとりおつとか、そういう記号で片付けては
だめなような。

コロコロは俺もそう思う。対象年齢はあるよな。伊坂幸太郎読んでる奴らは真面目に世界の中で伊坂幸太郎が最も素晴らしいと考えてる節があって
そういう虫は一匹づつ潰せたらとは思う。等しく価値がない。

320 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 20:50:58 ID:SB0BAdCI
なんかもうそんな頭のおかしいようなファンをあげつらって批判されても…

321 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 22:19:26 ID:YuiAUOnI
ゴールデンスランバーの映画見て来たが伊坂の伊の字も知らなそうな人や原作も読んだことがなさそうな人がかなりいたな。

322 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 22:46:11 ID:kxedS1Pm
フィッシュと終末のフールってリンクしてるんですか?
隕石墜落がらみで

323 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 23:26:12 ID:4ze79PJL
>>322
原作と映画のストーリーは同じとは限らない。

フッシュの映画OPは、ビックリだった。

ゴールデンの映画OPは、個人的には好き。
全体的仕上がりは…二時間ちょっとの枠では収められないと思った。



324 :311:2010/02/01(月) 05:09:16 ID:J0jKc400
>>312だけでなく、『ゴールデンスランバー』をほめる人たちへ。
※本文が長すぎるってエラーを出したほど、この本に怒ってます。だから分割投稿。
 (その1)
青柳にどんな冒険があったか。歩道橋から飛んだことか? ダーツ投げてもわくわくしないな。
そのあとどうなったっけ? 本は売っとばしちゃったから確認できない。買いなおすのは勘弁。
事実誤認があったら指摘して。
バトカーに入れられてたな。とっ捕まったときは監視カメラが電話してるホームレスだかを捉えて
たけど、青柳はいつひっかかったっけ? テーブレコーダーはすんなり買えたな。バトカーからの脱出も
キルオのおかげで、自力はちっともない。そのあと、キルオのアジトでの会話がアホ。九死に一生を得た
青柳まで軽くて、殺人鬼と無実の逃亡者が、平和な蕎麦屋の女二人と同じ調子でだべってる。確かに、
<印象的な会話>が豊富で不快だ。
映画でも、十年前の車に乗る? 樋口晴子はバッテリーの交換方法を知らんのに、どうして事前に調べない?
マークされてる自分が動けば、かえって青柳を窮地に陥れる心配もしない。逃走幇助の現場になんで娘を
連れてくんだ? CMの鼻歌で車種判明って、正気か? 鬼警部が検問にひっかけてなかったっけ? でも、尾行もさせない。
そもそも、樋口晴子はどうして青柳を助けたいんだ? まだ好きなのか? 家庭を代償にする覚悟があったか? ない。亭主
まで軽薄だった。
車を得て、青柳に何が起きた? 危険になったか? 車のおかげで病院に着けたのか? 歩って行けるとこを車で行っただけだろ。
“おれはやってない”“そうだと思った”ほこりに書いた文字が泣かせるね。だけど、二人の接点ここだけ。逃走中、青柳は、
樋口晴子のこと思い出してたっけ?
昔の二人の話もどうでもいい代物だ。こんな程度のことで感動する輩が多いことからわかるのは、日本の男女関係は、
この程度にスカスカだってことだ。


 


325 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 05:46:32 ID:L7Pss4Vd
kusai

326 :311/324:2010/02/01(月) 06:17:59 ID:J0jKc400
>>312とその他。
(その2)
病院の段は噴飯ものだな。病室内の監視カメラまで役に立たなかった。専属の
監視員はいないのか? 監視社会は人畜無害だな。それより、どうしてこの病棟は
封鎖されてないんだ? にせ情報をつかまされて罠のど真ん中に入っちまったってのに、
なんで絶体絶命の死地に陥らないんだ? 病院なんか幾重にも囲まれてるべきだろ。
どこに山場があるんだ? いっばしの冒険小説なら、死んだ刑事の拳銃片手に、
キルオの死体を盾に撃ち合いながら屋上まで逃げると、謎の組織のヘリが助けにくるんだ。
そこから三つ巴の活劇だ。エスカレートさせろよ。謀略の真相と齟齬をきたす心配だけは、
ありゃしないんだからな。作者も読者も想像力なし。
病院のあと、稲井さんちに戻ったんだっけ? 警官に青柳が勝ったな。おやじがテレビに
出てて、「ちゃっちゃと逃げろ」とか言ってたな。警官もそれで泣いてたな。青柳も、
「ちゃっちゃと逃げるよ」って口にして出発したな。それでもって下水道か? 巨大排水路
だっけ? しっかし、そんな閉鎖空間に入ったら、警官隊が追撃してくるか、待ち伏せ
してるかだろ。してたっけ? 何があったか思い出せないほどつまんない。
構成もだめ。三十年後にジャーナリストが語る章で、真相の一端でも垣間見せたらどうなんだ?
なんで語り部をジャーナリストにしてるんだ? 本編に入っても、過去と現在が連動しない。
普通、過去の場面に謀略の芽が仕込まれてるんじゃねえの? それが、樋口晴子にも関係がある
べきなんじゃねえの? そして、二人だけが知らないってのが、緊迫感を出すんじゃねえの?
冴えわたる伏線って、どこのこと?
 

327 :311/324/326:2010/02/01(月) 07:37:51 ID:J0jKc400
(その3)
何の場面でも一本調子。登場人物毎回フルネームで耳障りだ。ワープロに登録した
名前をボタンひとつで呼び出したん?
習慣と信頼? 歩道橋で挟み撃ちにされてるのに気取られると不快だな。
「オズワルドにされるぞ」毎回他人の直接話法で出てくるから、青柳の自前の危機感に見えない。
まともな小説家なら、宅配便のドライバーだって、元刑事とか、元自衛隊とか、戦える
人物を設定する。一般人が本当に陥れられたら本書のようなものかもしれないが、
作り話でそれで何がおもしろいのか。
登場人物相互の関係が希薄すぎる。というより、ない。全員同一人物にしか見えない。
ところで、ガソリン十年入れっぱなしにしとくとどうなんの? ガソリンって腐んないの?
タイヤなんか自然に空気抜けてるんじゃねえの? 現実感覚不全だな。樋口晴子も
真っ昼間っから逃走幇助工作してたしな。
『このミス』の一位に選ばれたそうで。事件の真相に全く触れないものがミステリー
として認められた以上、日本では、もう、ミステリーは事件を解決する必要はない
ということだ。
「終末のバカ」の日本だな。わが祖国すでに永遠のゴールデンスランバーなり。
>>325 同感。

328 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 10:02:26 ID:Mhqy+yMu
おまえらが好きそうな売れない小説書いてる人達は
伊坂みたいな安易な小説をたくさん書いてガッポリ稼いでから
本当に書きたい小説書けばいいのにね
何でそうしないのかな?w

329 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 10:48:35 ID:s+lBboft
ネタバレ書いてんじゃねーよ

330 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 15:46:51 ID:83b7Pp7w
俺かなり伊坂信者だけどゴールデンスランバーにおいて
キルオの出し方だけは気に入らん。ご都合主義はどの作品にもあるけど、
そういう場合は無理やりでも他のものと関連付けたりして楽しませてくれたりするのに、
キルオは単独でポッと出しただけ、みたいな感があって。

331 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 18:30:11 ID:3dkfCUeN
こうじゃなきゃ嫌だってゴネるやつっているんだな

332 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 20:40:15 ID:n1/IENZ3
文庫化された本しか読んでないけど、俺的に全部面白かった
難しいこと言ってるヒトが居るけど、不快な思いまでして読むヒトっていったい

333 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 22:39:38 ID:ycfjkk7f
終末のフール 4.0
重力ピエロ 3.5
フィッシュストーリー 4.0
−−−−−−−−−−−ここまで読んだ(5段階評価)

次はラッシュライフを買うつもり

334 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 07:31:05 ID:2D5krXIm
チラシの裏にでも書いてろ

335 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 08:33:32 ID:2N4OAXBe
伊坂ファンは馬鹿ばかり

336 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 12:14:35 ID:EB3oy0cg
フィクションと現実がごっちゃになってる痛い人が居るな
アバターが何で流行るのか想像してみるといいよ

337 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 16:38:47 ID:2N4OAXBe
>>336
フィクションと現実混同してる奴はどこをどう読めば見つけることができるのでしょう。
アバター引き合いに出すお前こそ、心配。人様の書き込みにお前の幻覚MIXしてんじゃねーよ。

小説にリアリティがなければ物語が嘘くさくなる。ゴールデンがそれだって指摘だけだろ。

リアルを知らないお前なら伊坂の三文小説に騙されてわくわくするんだろうな。お幸せ。

338 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 16:44:33 ID:PZSOPqOH
多くの人に支持されてるんだから
スランバーはイマイチだったけどね

339 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 18:30:10 ID:SzGSiWL7
どうでもいいけど>>311の代案はつまらなそう
大味なハリウッド映画や中二全開のラノベみたいだ…
となり町戦争なんかでもそうだけど
この手の作品で相手の姿が少しでも出てきたら台無しだろ、jk

340 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 19:09:57 ID:c5mQ+nmM
本人が「大江に影響を受けた」って何度も言ってるのに
いまだに「春樹に似てる」とか言われて、カワイソだな
春樹は十代のころ、大江に影響を受けてた
つまり「 伊坂→大江←春樹 」みたいな関係なんだよ〜ん 似てて当たり前

341 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 20:22:43 ID:cJB3lMT4
やたらと古典の引用したりやたらとオサレ風な描写したりやたらと面白いでしょ?的な人出さなければ
春樹に似てるなんて言われなくて済んだのに

342 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 00:34:45 ID:vVUZHqpo
>>327 大参政

『「終末のばかの日本」が仕立てる亡国法案。
 無残な逃亡国家を誰が救うのか。
 ゴールデンスランバッバラバー。』

343 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 19:35:25 ID:AOjFaQCm
猿は癖があるね
意外と面白かったが最後まで読めない人も結構いそうだ

344 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 23:19:38 ID:LrHmySCH
猿、つまらなかった。

ダンボール箱積み上げたら、そこに車が突っ込むのが今までの伊坂なのに
警察に注意されたって…、今までご都合主義だったんだから
最後までご都合主義でやれって感じ。

ドリフのコントみたいな馬鹿らしさ出さないなんて伊坂じゃねーよ。

345 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 23:49:43 ID:AOjFaQCm
>>344
俺はそうならなくて安堵したんだけどな
人それぞれだなほんと

346 :名無しのオプ:2010/02/05(金) 18:32:33 ID:Lfu9p+sh
仙台は巨大観音が残念

347 :名無しのオプ:2010/02/05(金) 22:42:04 ID:L/6z2T2k
>>313
あ?「ゲーム」ディスってんじゃねえよ。

348 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 09:39:29 ID:sXXMZY8W
>>347
「ゲーム」さん最近TVでないじゃないですか。頑張ってくださいよ。

349 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 16:53:13 ID:96ztOvr3
前から興味があった作家さんでした。「死神の精度」を読み、設定、主人公の
雰囲気が面白くて気に入りました。

長編が読んでみたいと思い「重力ピエロ」を読みましたが、こちらは正直
がっかりしました。しかし、これが本来の伊坂さんっぽい作品なんですかね?
個人的に、会話の雰囲気が村上春樹さんっぽいかな、っ感じました。
しかし、それほど洗練されてるわけでもなく、映画や画家、さらにガンジーの
引用の多さに、辟易。


350 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 16:56:57 ID:wKBYIfT+
>>349
重力ピエロはどう見ても駄作だから大丈夫。
オーデュボンの祈りやアヒルのような作品が伊坂の真骨頂。

351 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 18:12:23 ID:sXXMZY8W
>>349
あなたは極めて全うな感覚です。殆どの人がそういう感想です。

>>350
伊坂の真骨頂。こういうこと言う人って何者?お前誰?〜のような作品ってなに?
重力ピエロは駄作でお前の挙げた作品が真骨頂ってどこがどうしてどのように違ってどう優れてるんだよ。
で、お前がそう思ったのか、多くの人がそう思ったのか、で>>349に伊坂を勧めてるのか?

ってかお前外国の方だったらごめんな。

352 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 18:26:00 ID:JNu6lrst
確かに引用は多いなぁ
猿でもユング出まくりだし

353 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 18:28:03 ID:JNu6lrst
殆どの人がそうとか言われるほど死神の精度って人気あるんか
俺は重力ピエロ共々合わなかったなぁ

354 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 19:05:07 ID:96ztOvr3
>>349です
レスしてくれた人どうも。他の作品も読んでみます。

>>353
「死神の精度」は個人的にほんと面白いと思いました。
主人公の死神のクールな性格や、食べ物を口にしても何も感じないなどの
細かい設定まで楽しめました。

355 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 20:49:03 ID:UlbrFlrf
ラッシュライフの文庫本で解説してる池上春樹が
ラッシュライフ単行本206ページに豊田が名言があるって書いてるのが気になってしょうがない。

話題に出すならどういう言葉か書けっつーの


356 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 20:54:33 ID:FBCSgkld
今月のダヴィンチに伊坂の書きおろしがあるらしいですよ

357 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 02:20:18 ID:f0jVXluJ
重力ピエロの何がつまらなかったの?

あれほど、笑える馬鹿ミスはないだろ。
お〜れ〜た〜ち〜最強の家族さ〜。ヤッターマンみたいで笑えたんだけど。


358 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 09:47:58 ID:mKY7aF8E
最近さ伊坂をネタ的に楽しもうって書き込みが増えたけど、俺もずっと思ってた。
ドリフのベタベタコントのように楽しもうぜ!!!なら楽しめる。でも金を払いたくない。

359 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 13:36:52 ID:v3Two97O
>>351
初対面の人に向かってお前呼ばわりって…

360 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 13:43:28 ID:tPZaFksm
そういうこと言うと「2ch向いてないよ」とか言い出す人が出てくるからやめたほうがいい

361 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 14:47:47 ID:HMCauBEd
ネット上で初対面ときたか

362 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 16:36:33 ID:Z8E8VwO5
>>351はちょっと頭おかしいから目あわせんな

363 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 17:07:36 ID:yQCIOqe3
しかし、積み上げたダンボールに車が突っ込まない、そん位の変化球があっても許せる

364 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 17:45:47 ID:kZZpM4dm
しかし猿は不評だね
いつまでこの路線でいくんだか

365 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 19:59:27 ID:0ndGO/2v
原作読まず、この作家の他の作品も読まずに劇場で「ゴールデンスランバー」観たけど、
なんか、ストーリーがボロボロですね。役者は素晴らしかったけど。
原作も、こう御都合主義的で説明不足なボロボロストーリーなんですか?
それとも、読めば映画にあった数々の疑問点が解消するような記述あるんでしょうか?

366 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 20:06:22 ID:w3c2SK+D
いいやムリムリ。基本的に伊坂を読むとき論理的符合とか求めても
何も得られるものはないよ。もっと童話みたいな楽しみ方をした方がいいよ。

367 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 20:14:07 ID:0ndGO/2v
左様ですか。ありがとうございます。
人情物としてかなり楽しめたので、文庫化したら手にとってみようと思います。

368 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 20:25:11 ID:yQCIOqe3
今酷い自演を見た。

369 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 20:38:29 ID:0ndGO/2v
角野卓造じゃねえよ!

370 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 21:57:17 ID:EjTg+1Fa
青春アドベンチャーで終末のフールを聴いたら意外と面白かった。
全話終了したら、原作立ち読みしようかな。

371 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 23:54:47 ID:HMCauBEd
小説を立ち読みするやつって

372 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 00:16:46 ID:iFfjwxcV
衝動買いしといて読まずに本棚に放置してるよりはマシかと。

373 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 01:04:23 ID:wQ8ALKFq
>>365
伊坂小説=ご都合主義は、基本中の基本。
伊坂小説の醍醐味は、ご都合主義を探す事にあると思うよ。
んな、アホな〜ってツッコミを入れるのが伊坂信者で、
ご都合主義だからつまらないって言われてもな〜。
伊坂に何を期待しているわけ?志村、うしろうしろっ!って、展開でいいじゃん。

ゴールデンスランバーは2009年の馬鹿ミスNo1だと思うよ。

374 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 01:21:16 ID:npO4Mo0d
優越感を味わうツールとしての伊坂叩き

375 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 10:17:42 ID:tHhMcJIN
>>373
意味不明な文だ
誰か訳して

376 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 21:15:19 ID:7i4Kqjx1
>>375
いやいや俺、外野だけど全然わかるだろう。>>358あたり踏まえて読めよ。
お前は病気だと思うぞ。伊坂ばかり読んでるからだな。朝一番で大学病院紹介してもらえ。


377 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 22:03:18 ID:uSWdoIfs
明らかにお前が病気だろw
掲示板にわざわざ来て自分が気に入らない作家の本を読んでる相手に突っかかって

なにがしたいのwwって感じだね。哀れ

378 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 22:16:46 ID:9Prd9836
俺は伊坂のご都合主義を気に入っているわけであり、
ドリフのコントのような伊坂の小説が大好きなんだが問題あるか?

だから、猿でダンボールをせっかく積み上げたのに何もおこらないのがくやしい。

379 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 00:01:51 ID:7i4Kqjx1
>>377
揶揄のつもりだったけれどお前さ文章読めないね。ほんとに。
病院紹介してもらっても読解力はつかないな。

気に入らない作家?楽しんでるが?
お前はほんとに読む力ないなあ。

380 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 01:42:02 ID:YzAzQo7i
おまえそういうのは楽しんでるといわないんだよ。
頭がからっぽの皮肉屋が、他人をこき下ろすことに楽しみを見出してる。
それは楽しんでるとは言わん。


381 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 14:50:40 ID:YZseqQjF
性格ひんまがってる=人格障害らしい
まあそういう奴は自分が正常だと思い込み、他人をビョーキにしてしまうんだろうけど…

382 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 16:44:39 ID:CZD27YhK
もういいって
どっちもお開きにしてくれ

383 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 17:41:19 ID:m81XsDWb
明日は地元の映画館の割引デーだ。
やっと、ゴールデンスランパーを観に行ける。うれし。
やっぱ1800円はきついもんなあ。

384 :名無しのオプ:2010/02/09(火) 21:17:19 ID:BGF+bOoP
>>380
前後のレスを読めば分からないか。ネタとして伊坂は楽しめるって流れになっているだろうが。
それをお前の脳内で他人をこき下ろす=楽しいに変換されている。だから文を読めない奴ね。
それと「〜は〜と言わない」はそういう使い方しないから。

例 「お前のやっていることは努力とは言わない」のように他者から評価されることには用いるが
「楽しむ」は主観的な語句だからネガティブなことにそいつが楽しみ見出してもそいつにとっては楽しみだ。

いやいやそもそもお前の読解ないから的はずれなこと喚いてるだけなんだけどな。
俺ってやさしいだろ。こんな短いテクスト読めないようじゃ生きてくのに困るぞ?さ今から児童書読むのはじめろ。
(マジに児童書はいいぞ)

>>381
>性格ひんまがってる=人格障害らしい

違います。これを機に臨床心理を学べ。

385 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 01:36:36 ID:7UxqKLvS
最近この人の作品読み出したけど
ブックオフにぜんぜん置いてない
すごいね

386 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 01:59:48 ID:ds/MhJGX
西の方のブックオフには置いてないかもな。
大阪から西で伊坂が売れると思えん。
特に四国や九州では絶対売れないし、読んでも楽しめないだろう。
読んで楽しめてるのは関東だけ。
それと仙台。

387 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 02:07:33 ID:tE+qmPVR
>>386
理由は何で?自分は東京の奴だから分からない。

それにしても、あるキングはあんまり面白くなかった。もう少しスカッとした小説が伊坂作品で読みたい。

388 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 02:23:41 ID:RdB3R5e0
>>387
スルーでおk
そんなに簡単に分類できるもんじゃない

389 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 19:34:29 ID:lr/kiJc2
>>388
お前今度書き込む時はコテにしてくれよ
あぼーんできるから

390 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 21:38:39 ID:Yhr6UZMn
九州のとある書店ランキング見たら
「カッコウの卵は誰のもの」 東野圭吾 が三位だった。

伊坂はどこを探してもなかった。

391 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 21:56:19 ID:k9vDZuRt
それは単に東野の新刊が最近出ただけの話でしょ
一年中毎週毎月ランクインするとでも思ってるの?

392 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:15:52 ID:ewZXy7hw
てかその本屋がおかしい
伊坂の文庫本はどの本屋いってもランクにしてるもの

393 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:23:53 ID:lvpoQrbL
最近どの本や行っても伊坂押してる

394 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:34:57 ID:xt4tN7u6
俺は東野本をひとおおり読破したので今は伊坂本にトライ中っす
同じような人多そう・・

395 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:57:06 ID:ds/MhJGX
山田悠介だって本屋が押してるよ。

396 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:59:18 ID:Z3KC7B6I
図書館は軒並み借りられてる。
マジですごいわ。

397 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 00:15:28 ID:cIO05xRr
おかしいと言われても困るよ。なんでそんなに必死になるのでしょう。



398 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 00:44:12 ID:dIdQr8w5
なんでそんなに必死になってるの
売れてるものに噛みつきたい年頃なの?

399 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 00:52:06 ID:cIO05xRr
>>386
の書き込みみて、へーと思って
たまたま書店ランキング目にして>>390書いただけなんだけど。



400 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 11:00:08 ID:Nn6YV0wT
あるキングとSOSの猿、2回連続で失敗したからな。

重力ピエロみたいな爆笑ミステリが読みたい。
俺たち最強の家族だぜぇ〜みたいなの書いてくれないかな〜。

401 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 11:23:17 ID:It2wpg27
マリアビートルには期待できそうなの?

402 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 12:44:47 ID:BOowunT5
イントロダクションは好きだが笑うは普通だった。期待はしてる。

403 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 15:34:50 ID:NxVt7O2X
終末のフールの続編は書かない?

404 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 15:51:57 ID:J5cgXy8/
伊坂、東野みたいな読書の入口となる物があるのはいい事じゃないか
そこから色々自分で広げていけばいい。ただでさえ出版不況なんだからさ

405 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 16:15:48 ID:Vuyw+WaS
非難してるやつは自分のお勧めする小説を書けよ。

406 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 16:56:01 ID:7F1jdwWI
>>405
山田悠介

407 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 19:23:28 ID:KazYxplG
>>405
乙一

408 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 19:58:18 ID:cIO05xRr
>>405オススメ小説が書かれましたよ。


409 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 20:49:25 ID:OO/s6Gbb
>>405
昔ながらの日本の私小説。
作者と読者の間で「こんな気分わかるだろ?」「うん、わかるわかる」
といった馴れ合いで成立してたやつ。

410 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 22:08:55 ID:cIO05xRr
>>405
またひとつオススメが。
私小説、作家名など教えてください。私も興味あります。

>>405さん、なにか返答を書き込まないと延々オススメが書き込まれて行きますが。
わたしのオススメ「ドリルホールインマイブレイン」。

411 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 22:41:03 ID:S8wQaoVg
スタイルが全然違うけど、このスレの住人は奥田英朗が好きな人が多そうな印象があるんだ
さらには、西尾維新のクビキリサイクルでがっつり引き込まれて、戯言シリーズ全部読んだけど
実は3作目以降は惰性で読んでて、むしろ苦痛だった

当たってるかな?

412 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 22:52:46 ID:BOowunT5
気がついたら SARU上 発売まで二週間

413 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 23:01:25 ID:cIO05xRr
奥田英朗好きですよ。西尾維新は魔法少女りすかだけ読みました。(評判のわりに微妙)

414 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 23:55:15 ID:04JPSzmz
>>405
森博司のSMシリーズ。
伊坂幸太郎の小説は読みやすいし娯楽として面白いけど、
お洒落に盛り付けたファーストフード?って感じで、取っ付き易いけど若干の物足りなさを感じる。
ただし小説を読みなれてない人に勧めるのには非常に向いていると思う。
現に都内の大学生協書籍部での売り上げでは結構上位に入っていたしね。

415 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 00:10:25 ID:olyctGJv
ID:cIO05xRrこいつキモイ…

416 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 11:04:26 ID:PdGO07VU
>>415
横レスだけど、なんで?
レスの流れ見ても、そこまで変な展開じゃないと思うけど…

417 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 14:34:23 ID:vnJi3y22
死に神を読んでるんだけど、何とも御都合主義というか、
死神が一歩上の位置から、のんびりと人間共を観てるだけの展開がマンネリ過ぎて、
どうにもつまらない。
安ドラマっぽいくせに、変に気を利かしたようなボケた洒落を言うのも滑稽だな。

「見て見て、面白く書いてみたよ? この表現凄いでしょ?
このジョーク笑えるでしょ?」

ってのが染みついてないか?

暇つぶしにはもってこいだけど、物書き志望の人には勧められないな。

418 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 16:29:29 ID:4H2A+u5R
>>417
とりあえず最後まで読んでみてから批評してほしいな
死神の精度が短編集風になってる理由がわかると思うよ

419 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 17:48:29 ID:BZMa4rxN
>>417
世の中で笑いを取ろうとしてる人は大体そう思ってるだろうね

420 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 18:32:01 ID:nWmoLA1L
オーデュポンの祈りを読んでいるのですが、この作家さんの他の本も
だいたいこんな感じですかね? 
小難しい言い回しが、初期の島田雅彦さんの雰囲気に似てるかな。





421 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 21:36:01 ID:jhd8moL6
>>416
ヒント:IDが変わるのには。

2010/02/12(金) 00:10:25

422 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 21:47:18 ID:jhd8moL6
>>417
暇つぶしにもならないよ。「死神の精度」をおすレビューとか雑誌にのってたけど
出版社からお金もらってるんじゃないの??ってぐらい酷いと思った。

上のほうで「下手な役者が演じてるようだ」って感想あったけど、これは小説のようで
小説未満。人物も血肉がないかのようだし、比喩や描写もちぐはぐ。設定もよく分からない。
なぜ死神が音楽好きなの?それはどんな意味あるの?(たぶん>>417の「見て見て、面白く書いてみたよ」
設定なんだろうよ。鼻につきまくりで全然安っぽい。

クロムハーツのデザイン真似した中学生が着てる安−ィ黒い服みたい。>>419
>>419
笑わそうと思ってるだけで伊坂は笑えないってことでしょう。

はい約束ね>>405へ。いとうせいこう「解体屋外伝」




423 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 21:59:58 ID:knMW3xiM
ttp://db2.dcube.co.jp/mystery/FMPro?-db=mystery_sakuhin.fp5&-format=prize_detail.html&-lay=cgi&-error=prize_detail.html&-Op=eq&%8D%EC%95i==%8E%80%90_%82%CC%90%B8%93x&-max=1&-Find

井上ひさしはさすが読み巧者だな

424 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 22:21:51 ID:Th7R67ow
伊坂作品はユーモアたっぷりの会話の掛け合いと伏線の妙を楽しむだけの
小説だな。

425 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 22:30:44 ID:jhd8moL6
最初からどうせつながるんだろ?ってのが分かってるから伏線のようで伏線ではないな。
でも、伊坂も反省してそういう伏線は辞めからちょっと見直してる。

モダンとかSOSの猿とか、売上きにしないで書いて欲しい。でもまだオサレさは臭うから一切消して勝負してくれ。

>>405>>415 お前はどう思う?推薦小説な、んじゃ島田雅彦、『僕は模造人間』。


426 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 23:49:35 ID:Phges2cY
kimoi

427 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 23:56:37 ID:A5z/fpTn
島田雅彦『僕は模造人間』
いとうせいこう「解体屋外伝」

どっちも読んだことないけど、タイトルが厨臭いな

428 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 00:56:51 ID:Nc/WlpXi
3月ってオー!ファーザー発売?

429 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 01:23:51 ID:SyDlU75v
新潮社

430 :416:2010/02/13(土) 08:28:20 ID:bMfkPisT
>>421
あ、
>>405 Vuyw+WaS = >>415 olyctGJv ってことかな。
確かに当人にとっては嫌な展開だな。>>408のレスとか。

431 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 09:35:26 ID:DidY4kwa
>>430
激烈ワロス

432 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 13:25:03 ID:GH47XdHv
小者同士の小競り合いなら小者部屋でやってくれよ。
伊坂の話以外すんな。

433 :430:2010/02/13(土) 13:47:01 ID:bMfkPisT
>>431
違うの?まあいいや。

>>432
小競り合いするつもりなんか全然なかったんだけど…
>>421に対して、つまりこういうこと?と確認しただけ。
けどすまん、どうでも良かったな。


434 :421:2010/02/13(土) 17:14:26 ID:R2eNCVyK
>>431
>>430
激烈ワロス

は、>>405 Vuyw+WaS = >>415 olyctGJvに向けた書き込みじゃないのか?
俺は推薦小説書けってフリは面白いと思ったんだが話が広がらなかったな。

435 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 19:37:57 ID:paNHkneS
砂漠の文庫どうなってんだよ

436 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 20:02:24 ID:OdtkR4eJ
そろそろでしょ。一年くらいの遅れなら珍しくない。
葉桜の季節に〜なんかも四年かかった。

437 :417:2010/02/13(土) 22:16:00 ID:1WW/64pZ
>>422
人物に血肉がないってのは、まさしくそうだな。
思うに、最後になって各短編の話や人物が繋がって、一つの絵みたいになるんだろうけど、
そのためだけにわざわざ登場させてみましたって雰囲気が、かなり濃厚なんだよな。

だから読んでるこっちまで、死神みたいに無感情で読んでしまう。
なぜって、人物に人間くささや面白さがないから。
みんな決まった役柄にぴったりのステレオタイプだろ。
意外性がない。場末の座敷で脚本通りに機械的に演じてるみたいだ。

電話越しで声聴いて、それだけで歌手デビューさせようと思うオチは非現実的すぎるし、
眼鏡を取らないイケメンってのも、なんだか漫画みたいだ。
あの話は、実は犯人は彼女だったりしたらまだ面白いものの、
ごくごく在り来たりな話で終わってしまった。

そう言ったのを補うためか、ウィットに富んだらしい死神のボケを各所に載せてるけど、
単なる言葉遊びにしか思えず、エスプリでもない、ただの三流ジョークなんだよな。

死神が人間の事をどこまで知らないのかがよく判らないし、
場面によって急に物知らずになるから、どうも作られた感があってわざとらしくなっちゃう。
ヤクザは知らないけど、用心棒は知ってるとかさ。

音楽好きってのも、なぜそうなったかっていう理由を深く書けていないから、
徒に装飾した設定みたいに思える。人間界に疎いくせして音楽好きはなかろう。

この作家は、たとえば歴史物とかの資料を精読して掘り下げて、
そのうえで物語を作るって事は出来るんだろうか
御都合主義の土台の上で、フィクションを面白可笑しく作る以外に能はあるのか。
かなりのリアルさを求められると様々な矛盾が生じて、収拾できなくなりそうな感じがする。

438 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 23:43:05 ID:Ss/qzZ5k
ラッシュライフとオヂュポンが欲しいんだけど、ブックオフに全然置いてねー
読み終わった人はブクオフに売ってくださいね

439 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 23:52:09 ID:R2eNCVyK
この人ライトな作風と評されること多いけど場面でも人間の感情でも
盛り上げて書くことができないね。

筋だけ。あと場面の描写も書けないからどんどん筋とセリフだけで頁はめくっていけるから
面白くてどんどん読み進めると読者に勘違いさせる。
おそらくこれは編集者の戦略で今の若いヤツラに重厚な文を読ませるのは無理。どんどん軽くせよ
ってのがあたったんだ。お笑いがフレーズだけで短く見せるのと同じ。

週刊少年サンデーに連載されていた「魔王」が原作を遥かに超えて感情を揺さぶるマンガだったのが皮肉。
伊坂幸太郎を読んで残るものってあるのか不思議。

440 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 07:25:47 ID:xXoozpjh
>週刊少年サンデーに連載されていた「魔王」が原作を遥かに超えて感情を揺さぶるマンガだったのが皮肉

おいwww

441 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 12:21:00 ID:MMxYyS6h
ずーと粘着してるアンチ(2回ぐらい行間開けて長文書いてるやつ)は、
関係者か何か?正直ここまで必死になる理由がわからん
伊坂売れると困る側の人間なの?

442 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 13:35:01 ID:WyhAGrwo
まあやり方は下手だね。一面的に過ぎないのに金科玉条のごとく
繰り返すから言えば言うほど説得力がなくなってるのが悲しい。
肯定派にしろ否定派にしろ一番強いのは両面的に語れる人だよ。

443 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 14:23:47 ID:ek6qM9lh
伊坂アンチは、マンガオタクか

444 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 14:49:14 ID:+ZPO6E7X
>>439
>筋だけ。あと場面の描写も書けないからどんどん筋とセリフだけで頁はめくっていけるから
>面白くてどんどん読み進めると読者に勘違いさせる。

ここがまさに漫画チックで軽いと言われる所以だろうな。
単なる会話だけの進行による、お手軽ミステリーでしかないから、
わざわざ文で書く意味がないのよね。漫画の原作者になるのが似合ってる。

伊坂愛読者って、一体何を読んでるんだろう……
それに伊坂のを読んで、心に何が残るのかを知りたい。
なぜって、余りにも中身がなさ過ぎるんだもんな。
人生の悲哀とか懊悩とか、歓喜とか憤怒ってまさしくゼロだろ??

だから読んでいると、この人ってどうも軽々とキーを打って、
文章を連ねていくだけに思える。
決して紡いでいくんじゃなく、頭にあるイメージにそって、
とかく、それどおりにストーリーを進めようとしてるだけ。
そのために意外性が生まれないから、読んでて飽きちゃう。
たった一言に拘って、ああだこうだと思惟することもないって思えるんだよね……。

ファンとしてはどう思うんだろ。

445 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 14:57:36 ID:n1RWQ15r
雀荘で平和を狙い続けたら負けたでござる

446 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 16:19:46 ID:OO76YysO
昔、伊坂ファンだった奴が
伊坂ブームで伊坂を独占できなくなってヤキモチ妬いてアンチになったんだろう。

蝦蟇倉読んだがご都合主義がなくて物足りない。
ワニが逃げただけじゃご都合主義にならないな、死体を置き忘れたり、
都合よく登場し内側から開かない車に自分から乗り込んだりしてくれないと駄目だわ。

447 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 16:35:42 ID:NaUwjWlS
>>439
漫画の魔王が面白かったのだけは認めてやる

448 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 17:26:09 ID:GYk4tY0W
グラスホッパーの漫画はひどかった
オーデュボンもフールもギャングもひどかった

449 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 18:47:11 ID:9jmoQjm+
>>442
(感想を)「金科玉条のごとく繰り返す」って使う?あんまりピンと来ないんだが。俺が間違ってたらごめん。



450 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 18:57:22 ID:AQmFgpQY
ピエロ、グラスホッパー、オーデュポン、ギャングと読んだけど
グラスホッパーだけだな面白かったの。
ギャングでようやく面白くないと気づいたわ。
小説というより映画の脚本みたいだよね>ギャングは特に。

451 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 21:16:56 ID:YBaJ8gIx
>>450
...フツーと真逆の感覚

452 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 22:22:04 ID:9jmoQjm+
批判嫌いなら伊坂幸太郎の優れたことをそれなりに書けばいいと思いますよ。


453 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 01:00:06 ID:kDf4k+oa
漫画の魔王だけはない。

伊坂の印象的なフレーズ・エピソードを文脈も何もなく切りはりし、
名シーンを演出しようとするわざとらしさ。
多くの作品から登場人物を引っ張ってくるも上手いこと絡められずそれぞれが浮きまくり。

原作ものと見ても見なくても最低の漫画だよ。

454 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 01:22:06 ID:LczcNQcM
>>449
ある主張や言葉に対してそういう使い方は普通にするよ
感想というか結局は同じことの繰り返しだって皮肉の意味もこめてる

455 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 02:21:04 ID:TZ8i4UrU
どうでもいいけど、
ステレオタイプのキャラクターって言ったやつは
金田一耕介好きの俺に謝れ

東野圭吾も似たような事を直木賞審査員に言われたらしいけど、
ミステリ畑の作家はそんなもんだし、それでいいんだよ
魅力的なキャラクターが動いているうちに伏線を張り巡らすんだから

456 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 04:13:51 ID:ockZU44V
>魅力的なキャラクターが動いているうちに伏線を張り巡らすんだから
いいこと言った。

漫画的ていうならまさにこうじゃなきゃダメだよね。
キャラに魅力が無いと特徴とか伏線とかどうでもよくなるし。

457 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 04:32:28 ID:MGlJJK5r
>>453
原作通りがいいって奴はそうゆうよね

個人的には伊坂コミカライズってか、最近のコミカライズの中じゃ一番の出来だと思った
伊坂もかなり気に入ってたみたいだし、また同じ漫画家と組んでやってるしな

458 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 12:46:44 ID:yBT621wY
>>452
いえいえ批判とかそういうの興味ないので
別に伊坂は凄い作家だとは誰も思ってなくて、ただこの人が書く小説のくだらない雰囲気が好きなだけであって
村上春樹とか昔の作家持ち出されても見当違いな訳で、伊坂の小説は伊坂だけなので

459 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 21:22:27 ID:NGgyKg3Z
批判ありきで読むなんて何が楽しいんだろう
自分は人とは違い頭がイイと思い込みたい中二思考か

460 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 21:49:39 ID:7k/T8MvW
>>458
>村上春樹とか昔の作家持ち出されても見当違いな訳で、伊坂の小説は
伊坂だけなので

「オーデュポンの祈り」を読んで、伊坂さんって村上春樹の影響を
受けてるんじゃないかな、って感じた。どんな作家も誰かの影響を
受けてるんだから、それが悪いとか批判する意味ではない。
同じデビュー作ということで村上の「風の唄をきけ」を思い出した。

この感覚を楽しんでください、という作風なんじゃないかな。好き嫌いが
はっきり分かれる作品だと思う。


461 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 21:54:09 ID:LczcNQcM
春樹よりも大江だと本人は言ってるけどね

462 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 22:22:57 ID:HfxcnaAI
伊坂ってあだち充みたいな登場人物のウィットに富んだ会話が持ち味なんだろうけど
シリアスな場面でふざけた会話をさせるのは止めて欲しい。雰囲気がぶち壊しになるから。

463 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 22:35:05 ID:si09fRpB
大江ってぜんぜん違うじゃん。
大江はもっと意地悪い小説

464 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 23:06:58 ID:HHrVsiQq
伊坂幸太郎全般
見え見えで伏線張って、最後にきちっと回収 嘘くさいくらい奇麗におさまる。
そのせいで余韻みたいなものが全然無い。
登場人物のバックボーンをちゃんと書いてるのに、それより深いところがスカスカ
登場人物は与えられた役割をこなすだけの存在。
と、意図した通りのものをきっちり書いてる。


465 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 11:20:44 ID:F/IKFzui
シリアスな場面であえて明るく振る舞ってるだけ
ふざけてるわけではないだろw

466 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 14:36:35 ID:4KcNOPs8
別に作家としての伊坂の質なんかどうでもいいんだけど、
これまでのレスを見ての通り、余りに質が悪い割には、
版元や書店が諸手を挙げて絶賛するのがヤバいと思うね。
そしてそれにつられて、しっかり本を読んだ事がない連中が、
「読みやすくて解りやすくて洒落てる」とか言って、
更に祭りにするから、益々騒がれちゃう。
ちゃんと読んでみれば、上記のレスの如く、抜けの多い、
何とも在り来たりで単調な物語ってのが解るのに。

音楽に喩えると小室の曲みたいなもんだよ。
本質的に素晴らしくもないのに、金儲けがしたいだけの連中によって、
素人が食い物にされて、結果、今の邦楽業界みたいに、
質の悪い曲ばかりが増え、買われるのはオタアニメのテーマ曲や、
ジャニとかのタレントの曲。良い曲もあるけど埋もれて見えやしない。

気をつけないと、小説界もこうなる。
どいつもこいつも、どんでん返しのトリックばかりに執着して、
そのためにかえって人物描写が浅くなり、風景描写も出来なくなり、
会話だけを目で追う、読んだらそのまま捨てるか売り飛ばす小説ばかりで
あふれる。作家や編集者の責任も大きいけど、それを安易に受け入れる消費者も問題があるんじゃないかね。


467 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 14:47:06 ID:PwmB8dcR
活字(というよりは出版本)離れが進んでるんだから、取っつきやすい作品を切っ掛けに読書をしていくのはいいことだと思う

468 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 18:04:05 ID:t0O5To/y
ゴールデンスランバーの映画見てきた。
思ったよりもずっと上手いこと映像化されていて満足。

特に花火のシーンは映画ならではという感じ。
ずっと鼻歌やインストでしか流れなかったゴールデンスランバーが
そこで初めて流れる、BGMの演出も効果的だった。

469 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 20:55:01 ID:MioAKvoV
>版元や書店が諸手を挙げて絶賛するのがヤバいと思うね

第二の村上春樹的に育ってほしい、って感じで売り出してるんじゃないかな。
独特な雰囲気のミステリーで、新作が出れば話題になり、ある程度の売上に
つながる。確かに、業界的にはそういう作家が必要だろ。




470 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 21:01:39 ID:P9Qy+fTY
正直、伊坂は好きになれないんだよなぁ。
友達が好きだからコインロッカーと重力ピエロ読んだけど、おもしろくもなんともなかったし…。
伊坂幸太郎、乙一は読むことは読むけど、二流に思えてしまう.
後二、三歩でまともな小説になるのにな、という感じ.

471 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 22:39:51 ID:2Ruxid4p
>>470
何かオススメ挙げてください。

472 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 23:18:53 ID:P9Qy+fTY
上読んだけどこうやってオススメ挙げてって書かれてまともに返信こないんだけど…。
返信きますか?では村上春樹。

473 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 00:28:26 ID:niNGWFxv
(失笑)

474 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 00:34:08 ID:Dv1G13Jz
アンチ的理論によると優れた作家の本しか読んではいけないらしい
言論統制かよ。そんなに自由がない抑圧された社会が好きなら日本出てけばいいと思うよ

475 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 00:47:05 ID:qeRC1LB/
おすすめありますかって尋ねたら
ゼミの先生が伊坂読めって言ってきた

「読書の入り口としてなら最適だ」「物語の構造を理解しやすい」だってよ

476 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 02:49:50 ID:iPlwHW6y
「自分は」評価しないってスタンスならまだ賛同もあっただろうけど
上から目線で揚句にとんちんかんな出版衰退論を持ち出すあたりちょっと擁護できない

477 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 03:22:04 ID:OZLUWVNf
人間が書けてない作家=下手な作家っていう強引な論理を展開してるしな
あんまり本を読んでない、それでいて小説を神聖化しているやつなんだろう

478 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 03:59:18 ID:xe6pBscZ
オーデュボンけっこう人気あるんだな
俺も好きだけど島に足りない物の落ちはちょっとひどかったな

479 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 08:10:08 ID:yXbh1cg3
村上春樹(笑)

480 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 10:48:27 ID:o3+eKTYa
>「読書の入り口としてなら最適だ」
このスレ読んでもこういう意見多いけど、俺にはちょっと疑問だな。
たとえばほとんど読書したことがない人が、映画にもなったんだからと
「重力ピエロ」なんか読んでも面白いとは思えないんじゃないかな。
実はそれなりに小説読む俺も面白いとは思えなかった。ミステリーの仕掛け
はむりやりという感じだし、家族愛の深さや大切さもあまり伝わってこなかった。
伊坂さんの作品は、ミステリーと純文学を足したような感じかな。
だから、こうしていろいろ語り合う要素があって面白いのかもしれないけど。
ちなみに、俺が気に入ったのは、「死神の精度」。

>「物語の構造を理解しやすい」
これには同意。

481 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 16:02:27 ID:2k+MVgLU
伊坂は小説界のゆくえを左右するような大物ってことですよ皆さん

482 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 16:06:26 ID:rHkCo3wy
>>475
読書の入り口なら伊坂幸太郎より北村薫の方が向いていると思う。
たしか教師をしていただけあって、志賀直哉的な「綺麗な日本語」書ける人。

伊坂作品は好きな自分でも作品によって合う合わないの落差が激しい。

483 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 21:52:59 ID:TYW1sWvv
北村薫を若い子の読書の入り口にするのは無理があるんじゃないかな。
今現在30代の私でも昭和ファンタジーな描写にはついていけないときがあるよ。
世代的により近い方が共感を得やすいと思う。


484 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 21:59:57 ID:Cd6Gzwxq

>>473
>>474
>>476
>>477
>>479
>>481
伊坂信者は小説家の信者の中でもぶっちぎりで痛い



485 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 22:16:28 ID:iPlwHW6y
読書の敷居を考えないとね。
いきなり北村薫が読めるような人ならそれなりの本はたいてい読めるでしょ。
そうじゃなくて、活字に慣れてなかったり読書に興味がないような人を
より振り向かせる力があるのは伊坂の方だと思う。実際、若い人でそういう人多いし。

486 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 22:18:21 ID:Cd6Gzwxq
図書委員談義。京極夏彦は?薀蓄もあわせて読むから賢くなるんじゃね?

487 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 13:30:59 ID:zLDZjMgg
読みはじめが江戸川乱歩の少年探偵団シリーズとかだったら
京極でも北村でもその他の誰でも、大人が読むミステリーの入り口に出来るだろうけどね。
読書自体がはじめての子たちには、伊坂は寓話の要素もあるからこそ
読みやすいんだとおもうよ。

あんまり若い子をいじめちゃ駄目だよ。
せっかく本を読もとしてるんだから黙ってみてることで育っていくのを見守っても
いいんじゃない?

面白いと思える本に出会えること自体、めったに出来ない経験なんだしね。

488 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 13:33:07 ID:ECCqFjJJ
京極好きだよ。
でもあれ伊坂並みのライトノベルだろ。
ご都合主義的展開は伊坂以上、筋を無視した薀蓄も作者の自己満足と言う意味で伊坂のお洒落フレーズと変わりない。

面白いけど、高尚な小説か?と問われれば甚だ疑問。

489 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 13:57:27 ID:cxhyEDPK
音楽業界に例えてる奴はアホだろ
顔、キャラ、ファッションなども人気に大きく影響するのがミュージシャン
小説家にそういう要素は皆無

490 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 15:27:29 ID:46a37PRt
>読みはじめが江戸川乱歩の少年探偵団シリーズとかだったら

たしかに周りで大極宮の3人や北村好きの人は大抵子供の頃に江戸川乱歩、
コナン・ドイル、モーリス・ルブランのどれかを経由してるかも。

初心者はラッシュライフみたいな短い作品が
いくつか入っているみたいな本が良いのか?
伊坂作品は個人的には長編の方が好き。

491 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 16:06:07 ID:zVZ+0aRG
毎度長文で上から目線のおっちゃん
そろそろコテハンにしろよ

492 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 19:12:06 ID:PxnT1SgB
目標としてまず始めに活字を読まない奴らに活字を読ませ、尚且つ
ぼく(わたし)本を一冊読めたよ!という達成感を与えることなのだろうね。そのようなテキストに伊坂幸太郎は最適かもしれない。
なんだかリハビリテーションのようだが。






493 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 19:15:46 ID:PxnT1SgB
>>489
無知を晒すね。日本は義務教育だが親の虐待で学校に行かせてもらってないのかな。
力強く馬鹿で潔し!!!

494 :やっと出る!:2010/02/18(木) 20:34:56 ID:ZqbxM1mu
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-10-459604-1&Sza_id=MM

連載完了から長かった……。

495 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 20:54:05 ID:ECCqFjJJ
>>493
もの凄く美しい言葉を使われますね。
これまで素晴らしい本に出会い、それに触発されてきたのでしょう。

496 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 21:41:51 ID:PxnT1SgB
>>494
荒れると伊坂作品のCMレスあるけど出版社?あんた。こんな作家の本売りたくて会社入ったのか。

497 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 21:51:12 ID:PxnT1SgB
>>495
んなにゆってんの。京極夏彦の薀蓄をちゃんと読めば民俗学、心理学、ジェンダー等々に関心もてるかもよ。
今すぐに京極夏彦、開いて薀蓄のみノートに書き写せ。考

498 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 22:02:59 ID:8xwbvv5n
伊坂の素晴らしいところはやっぱり登場人物の名言の数々だろ。

「今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ」
「人生では誰でもアマチュアだろ、初めて試合に出た新人が失敗して落ち込むなよ」
「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだ」
「木は森に隠せ、って言うだろ。失敗は大失敗に隠すんだ」
「大人がかっこよけりゃあな、子どもはグレねえんだよ」
「残念ながら、俺を動かしているのは、俺の主観ですよ」
「実家に忘れてきました。何を?勇気を」

やべ〜、マジかっけー!



499 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 22:41:05 ID:kupFSBvp
>>498
伊坂がなぜ売れているのか、よ〜く解った
さようなら

500 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 22:46:16 ID:PxnT1SgB
>>498
君が凄いと思った。おれは君がかっこいい。

501 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 23:06:40 ID:p8x5xAOL
>>497
京極夏彦の薀蓄はあまり鵜呑みにしない方がいいんじゃないか?
ただでさえ曖昧な学問なのに、口車に乗せるのが得意な京極堂が喋ったことだぞ?
せいぜいこういう見方もある、ってくらいの認識でいいと思う
と横からマジレス

502 :471:2010/02/18(木) 23:06:42 ID:W7vyKkSo
>>472
ほおリ投げっぱなしで済みませんでしたw

村上春樹、もちろん読んだことありますし、好きです。
「風の歌〜」>>「ダンス〜」>>>>>>「アフター〜」
自分的にはこんな感じw
1Q84は未読です。

503 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 02:10:26 ID:WiXy7Z64
上から目線の奴は多いが伊坂の模倣小説書いて便乗商売してる奴はいないな
やっぱ無理なんだろうな

504 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 15:13:09 ID:jS50sq3e
擁護してる奴らの唯一の反論は、
アンチしてる人間への反論でしかないのが痛すぎる。
なぜ伊坂作品について語る事が出来ないのか?
つまりそれは、そこまで読みこなしていないって事か?

はっきりいって伊坂ばかり読んでたら、まともな小説は書けない。
風景描写とか心情描写とか全く出来ず、
独白か会話でしか表せないだろうね。
変に込み入ったプロットばかりに拘って、小説にする意味が無くなる。

浅田次郎の輪違い屋糸里とか、遠藤周作の沈黙とか読んでみろ。
伊坂の作品なんか単純で手抜き過ぎて、とても読んでられないから。

505 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 15:19:11 ID:jS50sq3e
>>498
こうゆうのを洒落た言葉とか思う人間は、
やたらこういった台詞を憶えて、他人に披露したがるんだよな。
自分で考えた訳じゃないのにwww
つまり自らのこだわりがないから、安易に人の言葉にこだわる。
だから幾ら駄文でも、宣伝の仕方一つで素晴らしいと思えちゃう。
誰かが良いって薦めると、よく考えもせずに飛びつく輩だな。

目の前で泣く人を救えない〜って、ただの中二病の台詞じゃん。
深刻な事を陽気に伝えたら、相手に殴られるぞ。

なんか余りに好都合な妄想世界の会話だ。だからリアリティーがない。
だからラノベだってバカにされるんだよ。
日々を真面目に苦労しながら生きてる人間が読んだら、
アホらしくてしょうがない。
まるで俺様カッコイイの漫画の台詞だな。

506 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 15:25:43 ID:+Bl7h39w
>擁護してる奴らの唯一の反論は、
アンチしてる人間への反論でしかないのが痛すぎる。

アンチが粘着して叩き過ぎだからだろ
嫌いなら読まなければいいだろ

507 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 16:23:25 ID:+f+l6S+o
本人が自覚してるのか知らないけど典型的なネット番長になってるからねえ。
意見自体はごくごく平凡。だから普通にやってれば同意レスも打てたけどやり方があまりに酷い。
かしこぶっててもそんなんじゃ頭でっかちな単なる馬鹿としか思われないよ。

508 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 18:48:19 ID:Dt80V6Si
批判ってすごく簡単なんだよ。
それが自分の能力なのだと錯覚できるくらい、批判は誰にでも易々とできる。

509 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 19:22:56 ID:Qll6k/4p
>>505
そういう事を書くのなら、ちゃんとした日本語で書いてね

510 :498:2010/02/19(金) 20:34:48 ID:SHpxQ3qd
何でここは伊坂スレなのにアンチしかいないんだ?
同じようなことをmixiの伊坂コミュで書いたら賛同の嵐だったぞ。
これらの素晴らしい台詞を読むためだけでも伊坂作品は読む価値がある。

>日々を真面目に苦労しながら生きてる人間が読んだら、アホらしくてしょうがない。
いや、日々を真面目に生きてるからこそ身に染みる言葉だろ。俺は伊坂作品を
読んで人生観変わったぞ。

511 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 20:37:16 ID:38rvvTjc
>>510
アンチしかいないというか特定の人がいつも何かしら貶しているだけです
2chにmixiと同じような反応を求めるのも変な話ですね

512 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 20:54:41 ID:LkRXXKyn
> 「今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ」
 踊る大捜査線か

> 「人生では誰でもアマチュアだろ、初めて試合に出た新人が失敗して落ち込むなよ」
 プロになって落ち込めってことか。でも人生にプロはないんだろ。

> 「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだ」
 お前の両親死んだぞ今w

> 「木は森に隠せ、って言うだろ。失敗は大失敗に隠すんだ」
 違うだろ。木は大木に隠せってなるだろそれだと。

> 「大人がかっこよけりゃあな、子どもはグレねえんだよ」
 へえすごいね。

> 「残念ながら、俺を動かしているのは、俺の主観ですよ」
 だろうね。

> 「実家に忘れてきました。何を?勇気を」
 勇気を? 実家に?

513 :498:2010/02/19(金) 20:57:35 ID:SHpxQ3qd
>>511
何で変なんだよ!2chって言ってもここは伊坂本スレだろう。
なのに悪口ばかりで伊坂の良さについて語り合っているレスがほとんど無いのは
いったいどういうわけだ?

514 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 22:08:49 ID:WKSVS9ex
> 「今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ」
 つーか世界を救える奴なんていないよ?

> 「人生では誰でもアマチュアだろ、初めて試合に出た新人が失敗して落ち込むなよ」
 人生で初めて試合に出た新人って、それ赤ん坊じゃないの?

> 「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだ」
 伝えられる側の身にもなれよ?

> 「木は森に隠せ、って言うだろ。失敗は大失敗に隠すんだ」
 失敗を大成功に隠しても同じなんじゃねーの? それ?

> 「大人がかっこよけりゃあな、子どもはグレねえんだよ」
 お前がグレなかったのは大人がかっこよかったからなのかよw

> 「残念ながら、俺を動かしているのは、俺の主観ですよ」
 それはすごい。俺を動かしているのは、俺の客観なのに。

> 「実家に忘れてきました。何を?勇気を」
 だったら取りに戻れ。20分で帰ってこいよ。

515 :470:2010/02/19(金) 22:13:06 ID:BVsSdzl/
>>502
『風の歌を聴けが』一番好きって通というかカッコいいですね。あまり現実離れしてしまう作品はお嫌いでしょうか。

海辺のカフカ>ねじまき鳥クロニクル=1Q84>羊をめぐる冒険>ダンス・ダンス・ダンス=スプートニクの恋人.ですかね。

1Q84の3が出ますね。予約しないと本屋で買うのは困難かも1Q84の2が全然手に入りませんでしたから




516 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 22:28:41 ID:AQ77JvO8
>>513
確かに他と比べると妙なんだよね。
島荘なんて愛されすぎてて変だけど、このスレの流れもちょっと変だね。

517 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 23:09:42 ID:y6LZZC5g
>>512>>514
批判してるやつ、中二病そのものw
恥ずかしくないんかな

518 :471:2010/02/19(金) 23:26:01 ID:VpLzCZAF
>>515
ども。実は1Q84を買いそびれて
結局3が発売されると聞いて
全巻まとめ買いしようと目論んでましてw

「海辺のカフカ」もいいですね〜。

519 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 23:27:23 ID:mB9/lC+1
>>498はまともにレスされたら返せない人なんだなというのがバレた

520 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 23:35:07 ID:SHpxQ3qd
>>519
はて?まともなレスがどこにあるのかな?

521 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 23:36:53 ID:p7YD9QSe
前スレ辺りから時々出没してる長文君は
売れない作家or目が出ない作家志望臭がするな。

522 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:10:05 ID:1hYJ/gAG
伊坂を批判している奴はさ、コロコロコミック読んで怒り狂ってる奴と一緒だろ。

大人になれよ

523 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:12:58 ID:OrRp2HuW
彼は、「プロットに価値がない」という事を証明しなくてはならないのに気付いているのだろうか。

あと、浅田次郎読んだことあるなら、
>なんか余りに好都合な妄想世界の会話だ。だからリアリティーがない。
これはちょっと頂けない。この点に関してはどっこいどっこい。

まあ、都合の悪いレスをスルーしてるからこれもスルーなんだろうが

524 :470:2010/02/20(土) 00:13:44 ID:eeTRG5p/
>>518
まとめ買いぜひ。1Q84の書評、論評はあちらこちらで行われていますが。村上春樹は読者一人ひとりが物語に浸って現実と違う世界の井戸に降りていく
ことをしてほしと思いますのであなたの井戸に降りてください。感じ方はそれぞれ自信の生育歴によって違うかもしれません。私は「1Q84」によってとても私的な体験から
決着の着いていない過去を呼び起こされ見つめ直すことが出来ました。私はこの作品の意味を追うことを辞めました食品の製造ラベルを読んでも味そのものを感じるのは私の舌でしかないですし。
「1Q84」に触れることができて幸せです。


525 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:20:17 ID:xK2yuhmy
>>520
> はて?まともなレスがどこにあるのかな?

真正面からという意味だろ。おまえはアホなのか?

526 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:24:01 ID:GiD0vpGC
>>525
>真正面からという意味だろ。おまえはアホなのか?
これほどのゴミを久しぶりに見た。

527 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:27:27 ID:0EG6fC7G
真正面からレスしてるやつなんていないだろw
厨臭いひねくれた視点ばっか・・・

528 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:30:25 ID:GiD0vpGC
>>527
正解です。やっとまともな人を発見。

529 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:42:01 ID:sIiaXl/I
ひねくれた見方が多いけれど、それもこれも伊坂がベタすぎるせい

530 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 01:07:13 ID:p4L9zD6z
>>498は結局、自分が突っ込まれるようなレスは受け付けない、
単にケツの穴が小さい人だったのだ。
褒めてほしいだけの人と言ってもいい。まあほめられたがりの弱小クズ人間だな。

531 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 01:32:16 ID:YUXDH6Bb
>自分が突っ込まれるようなレスは受け付けない、
単にケツの穴が小さい人だったのだ。
褒めてほしいだけの人と言ってもいい。

いつもの長文の人に言ってやれ。

532 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 01:35:38 ID:pI2HdLXj
伊坂小説の引用してるだけの498に褒める褒めないとか馬鹿なの?

533 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 01:43:37 ID:xB7HPemS
マジかっけーってコピペした台詞を「それいいよね、その台詞」って賛同されたかったんだろ。
だったら自分のセンスを褒めてほしいんだよ。

534 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 02:00:05 ID:y6rt2HGY
俺中学生だけど
伊坂幸太郎より竜騎士07のノベルの方が面白い!

535 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 02:13:44 ID:I9rEHZf3
あからさまな単発IDの嵐

536 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 02:19:04 ID:xB7HPemS
自信がないんだろねえ。
あれお前も単発じゃね?

537 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 08:08:34 ID:eeTRG5p/
>>531
さかのぼると分かるけど長文の人は反論どんどん頂戴という姿勢だよ。
ただ子供の喧嘩じみた声は当然スルーしてるだけだと思うよ。>>521
>>522
>>508
>>507
>>491
などなど・・・。

538 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 11:57:31 ID:Ukl0a3qO
たかが娯楽小説に熱くなっている人たちがいるって聞いて来ました。

539 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 12:10:22 ID:JbPxH0VJ
オー!ファザー!は、伊坂らしさがありますか?

ドリフみたいなご都合主義があるなら予約したいんですが、
あるキングやSOSの猿みたいな哲学厨の駄文は読みたくありません。

540 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 12:18:14 ID:/dzkzEMO
今の時代は、伊坂さんみたいな作品がウケるんだと思う。
そもそも、まったく売れてなかったら話題にもならないだろうし。
一昔前見たいな、深刻なテーマの作品は敬遠されるんじゃないかな。
そういう小説や、売れてない小説が悪いってわけじゃないけどさ。

541 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 12:48:22 ID:MIankn3n
おれ中学生だけど、伊坂さん最高です

542 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:21:45 ID:TZLREQX9
伊坂幸太郎って小説界の電気グルーヴって感じだな。

543 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:38:35 ID:pI2HdLXj
>>540
深刻なテーマ?…確かに日本の古い作家さんの中には、本人にもよく分からないのか、
小説のテーマを聞かれると気分を害したり怒ったりする人が多いという点で深刻だな
その点、伊坂さんなら陽気に伝えてくれるはずだし、敬遠もされないはずだ

544 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:43:41 ID:vKimsnDj
荒木飛呂彦と伊坂を読むと仙台に行きたくなる

545 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:47:30 ID:ovQBuaX6
お前らの孤独が魚だとしたら、その巨大さと粘着質さで




きっと美味しくないだろう。

546 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:48:29 ID:I9rEHZf3
>>537
もうちょっとよく見ればわかるけど普通に真面目な反論なのにスルーしてるのがあるじゃん。
本人が思う確固たる素晴らしい小説の型があって、たとえ他の人が評価する別の視点を示しても
その型から外れてるから駄目だと繰り返すばかりでまともに聞かないし話が全く広がらない。
こんな姿勢の人に話のしようがないし、意見の善し悪しとか反論以前の問題でしょ。

>>542
さすがにポピュラリティが違いすぎる

547 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 15:27:08 ID:FBFztrUy
蝦蟇倉の伊坂、味噌汁噴き出したわ。

最後のアレ、なに?
殺人のプロならちゃんと自分を殺しなさいって。。。
伊坂信者ならカッコいいとか思うわけ?

道尾の作品の揚げ足取りだろ、カバーじゃないだろ。
やっぱり伊坂小説は笑えるわ。

548 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 17:35:07 ID:wjtbg6bg
伊坂を批判してる奴らって100%おっさんだな。
JーPOP(笑)とか言ってる時点で年がバレるぞw

549 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 19:38:19 ID:eeTRG5p/
【レス抽出】
対象スレ:■伊坂幸太郎■part20
キーワード:JーPOP


548 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/02/20(土) 17:35:07 ID:wjtbg6bg
伊坂を批判してる奴らって100%おっさんだな。
JーPOP(笑)とか言ってる時点で年がバレるぞw




抽出レス数:1


>>548
自己紹介ですか?

550 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 19:42:43 ID:pVbSOkas
>>9
>>42
>>54
>>60
>>94
>>152
>>254
>>280

551 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 20:20:59 ID:nTtIwPdw
>>548
おい!おっさんを差別するな!
俺はJ-POPにはヘドが出るが、伊坂の小説は大好きだ。

552 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 01:44:23 ID:g67XH3W3
伊坂作品の影響でビートルズ聴くようになったら
親父とちゃんと話せるようになったぞ
3年ぶりの内容が、「ゴールデンスランバー観に行こう」だったw
何でも一番好きな曲らしい

553 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 08:13:15 ID:g1IwSOur
>>552
よかったね。こういう話を聞くとあったかい気持ちになる。ゴールデンスランバーは俳優の演技も良かったし、公開してるうちにお父さんと行ってらっしゃい。

作品自体の批評も大事だけどこういうレスも、たまにあると和む。

554 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 12:50:19 ID:guLIRUu2
こういう話を聞くとあったかい気持ちになる。(キリッ

555 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 16:20:12 ID:AEh17d0S
ゴールデンスランバーが一番好きな曲って
親父痛すぎw

556 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 19:32:53 ID:S5cj6myz
残念だが、ゴールデンスランバーはあのアルバムの中ででさえも、少しも良くない。
そんなのも判らないから伊坂を読むんだろう。
しかも親父とちゃんと話も出来ないやつが読むのが、伊坂か??
まるでラノベ大好きな中学生だな。

それにノルウェイの森みたいに、曲名を題名にするのは余りにも安易だし、
春樹ならともかく、幸多郎じゃあ、偉大なるビートルズに余りにも失礼だ。
少しは後期のビートルズみたいにじっくりとスタジオに籠もって、
創作活動に専念した方が良い。直木賞候補作を辞退するとかパフォーマンスしてないでな。
幸多郎の作風じゃ、まるでAKBとかの秋本康関連の曲みたいだ。


>>544 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 14:43:41 ID:vKimsnDj
>荒木飛呂彦と伊坂を読むと仙台に行きたくなる

漫画と同等とは、さすが幸多郎のファンだなwww


557 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 23:16:11 ID:juGqMjx8
荒木飛呂彦って芸術性が評価されてルーブル美術館に原画が展示されるほどの人なんだけど
そんなこと当然知らないんだろうな

558 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 13:33:46 ID:cnHLCcy6
>>556
下の世代の文芸を批判とか、いい加減大人になったらどうですか?
見てて滑稽ですよ

559 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 14:15:14 ID:9YBpewAz
やっぱ漫画好きには堪らないんだろうな、伊坂幸多郎の作品って。
んで、それを叩くと顔真っ赤にして、コメントかいた奴を批判するしかできない。
伊坂の作品の良さを深く書いたり、批判に対する反論を事細かに書けないんだから、笑ってしまう。
一度くらい、まともに伊坂の良さを書く奴を見てみたいね。

みんなが買ってるからとか、面白いらしいから、売れてるから、人気だからとかで伊坂のを読んでる奴には、到底無理なんだろうけどさ。

560 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 16:59:51 ID:4v4idQKV
伊坂の良さって構成力とか伏線の張り方じゃないかな
最後に明かされるあっと驚く真実

でもあっと驚く事がが本筋とあんまり関係なかったりするから惜しいんだよな。何か作者が逃げ道作ってるみたいに感じる。

561 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 17:07:33 ID:cnHLCcy6
たかが娯楽小説に熱くなっている人たちがいるって聞いて来ました

562 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 18:29:48 ID:lgCgpQ9Q
アニメ見てこんなの糞の足しにもならんって言ってるようなものだからな。
純文とかの評価軸を持ってくるのがズレってるっつうか単なるそいつの好みだろ。

563 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 18:30:40 ID:h+YKBJ81
死神の精度はまあ面白かったが、千葉のあの設定がラストのあれで感動させる為だけにある気がしてイマイチだったな。
音楽好きのようにそういう設定として不変のまま微妙に話し絡む程度でよかった。

564 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 18:49:25 ID:lqhOpRxS
好きな人は好きなままだし、同様に嫌いな人は嫌いなまま
いくら良い点、悪い点をを挙げようと、結局は何も変わらない

変えたければ、アンチは伊坂を上回る作家になって伊坂読者をかっさらえばいい
2ちゃんでギャーギャー騒ぐのは、ネトウヨと同じで無駄な行動

565 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 20:25:47 ID:V0i8+I64
>>559
ようするに、伊坂さんの作品はあなたには合わないんだと思う。

実は、俺にもビミョーだ。「死神の精度」これは面白かった。
「オーデュボンの祈り」まあまあ面白かった。
「重力ピエロ」これには正直がっかりした。


566 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 20:36:11 ID:qfeBNkgZ
アンチは「流行に流されない俺かっけえ」がしたいだけだっていうのが、
浅田次郎の賛辞、ミステリ、マンガの軽視で分かってしまったからな
本人は客観的な意見と思ってるようだからたちが悪い

もはや、はいはいわろすわろすと思いながらアンチレスをあぼ〜んするしかない

567 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 21:43:11 ID:yVyynDrt
普段、読書をしない人は伊坂みたいな敷居の低い娯楽小説を読めば面白いと感じるけど、
ある程度、読書すると伊坂の浅はかさが浮き彫りになって
何で俺、今まで伊坂が好きだったんだろうって恥ずかしくなる。
伊坂って乙一やリアル鬼ごっこみたいな感じで一時的にハマって
いずれは卒業される作家だと思うよ。

568 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 21:48:45 ID:vkBzohmh
俺、ジョジョも好きだし伊坂も読むよ。文学読んでなくても構わないけど確かに伊坂幸太郎の良さ
を述べられる奴がいない。>
例えば>560。本人もそれなりに書いたつもりだろうけどこれじゃ伊坂は浮かばれない。
伊坂幸太郎が屑かここの住人が屑か分からんが>>556が憂いを感じずにはいられないのはわかる。

とりあえずお前たち伊坂がどうこうの前に自分たちが無知なことは分かれ。酷いもんだ。>>556はお前らが
あまりにも無知でクズなのを救いたいから伊坂幸太郎を読むのをやめろって話してるんだぜ。
これは信じて欲しいんだ。証明しろと言われても出来ないがお前たちが無知でクズなのは揺るがないんだ。




569 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 21:49:21 ID:jR33V0/X
俺は嘘が見分けられる。な?偽警官だっただろ?


はああああああああああああああああ?

570 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 21:58:40 ID:lqhOpRxS
>>569
ある朝、グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な毒虫…

はああああああああああああああ?

571 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 22:29:06 ID:jLhfxWb2
>>568
一つ質問なんだが、生きてて恥ずかしくないのか?

572 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 23:20:53 ID:vkBzohmh
>>571
俺に答え聞いてもお前の頭じゃ記憶に残せないだろ。伊坂以外にお前はどんなの読んでんだ?
>>556にましな返答してやれよ。

573 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 23:27:00 ID:dC6tLEKL
>>556=568

574 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 23:29:54 ID:lqhOpRxS
>>572
レス乞食は古新聞でも読んでろ
伊坂の作品はなかなか中古市場に出ないから買えなくて悔しいのか
図書館に行っても借りられてるもんな

575 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 00:51:38 ID:mrmXERlT
ついに自分の意見に正当性がないと認めちゃったか。
自演までするようになったら人間終わり。

576 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 02:47:52 ID:WzORs9a3
ID:eeTRG5p/あたりも自演でしょ

577 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 07:02:34 ID:6R0zkn4Q
自演ではないけど、お前らクズで伊坂程度しか読めないからそう思うのも無理ないな。
だからこそその程度のレスなんだろう。>>574など中学生か頭おかしいとしか読めん。
>>556にましな返答してやれよ。
よろしく。



578 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 08:49:41 ID:NJqZqumL
ブックオフでオーデュポン単行ゲト!

579 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 09:38:30 ID:tW03Cn7d
初めて彼氏の家に行ったとき、
そういう雰囲気になってベッドでいちゃいちゃしてたんだけど、
突然、「俺・・・今日は○○ちゃん(←私)と出来ない。なぜなら俺は童貞だからだ!!」
と歯切れよく言われた。
突然のカミングアウトでビックリしたけど(ちなみに彼氏27歳、私29歳)、
その後続いた言葉に萎えた。
「だから今日は○○ちゃんにご奉仕して終わりかな?」とか、
「女性の体は神秘的だ・・・・・・くっくっくっ、もうこんなになってるよ。」とか、セリフ口調で言われ、
駐車場が閉まる時間だからもう帰らなきゃ、と言うと
「なるほど、今夜はお預けだな・・・ふふ、次回までのお・た・の・し・み、としますか(笑顔)」
と言われ、なんだかなーと思った。

よくよく話を聞いてみると、彼が今まで童貞なのは、
いざとなると緊張のあまり勃たなかったかららしい。
「私も協力しなきゃ!!」と思うところなのかもしれないけど、
その度に、こんなセリフを吐かれるのかと思うと気持ちが折れる。
というか、出来ないのは童貞だからじゃなくて勃たないからだろ・・・。

580 :名無しのオプ:2010/02/23(火) 23:51:30 ID:WzORs9a3
なんかもう単なる荒らしになってきたな

581 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 08:56:32 ID:Mf8oZNcw
ゴールデンスランバーって文庫出てる?アマゾンで見た記憶があるのに出てこない

582 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 12:34:22 ID:342iXOoX
アンチは2chが建設的な議論の場所だと思ってる痛い人
2chしか居場所がない人だからいじめてあげないで

583 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 14:53:59 ID:leMEiTYt
というか、こういう人がいるから2chなんかじゃ議論できないって典型かと

584 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 14:54:42 ID:leMEiTYt
>>581


585 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 18:07:15 ID:8SUdu/RI
>>581
幻覚でも見たんだろう

586 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 18:53:24 ID:HQ6OVVkh
グラスホッパー(文庫)の解説に、
「『グラスホッパー』は、三人の登場人物が交互に語り手を務める、多視点の一人称小説である」
って書いてあるんだけど、こういうの、一人称っていうの?
俺は今までこういう小説は、三人称個人視点、っていうのかと思ってたんだが。

587 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 21:54:20 ID:juQq22zf
伊坂、文体とかがラノベっぽくて読みやすい
話も暗くてもコミカルだし
むしろラノベだよな

情緒がないっていうか直接的な感じを受ける
まぁ少ししか読んでないけど

2年で飽きた。
中学の時は読んでたけど最近は読んでない。
映画化も知らなかったけど映画ははずれが多すぎ。
重力ピエロが大当たりしたのは井坂の思い入れとキャスティングの違い。

久々に読んで、ああやっぱラノベっぽいから読みやすいのかと再確認した


588 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 22:01:08 ID:QLUwEixG
また来たのか・・・
しつこいな

589 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 22:14:00 ID:eUI1gZUe
伊坂が攻撃されたら自分が攻撃されたみたいに感じるのか?

590 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 22:18:53 ID:h54pZGIQ
中高年以上を対象に書いてるようには思えないし、あえて若者向けの文体、構成で書いてるんだろ
それが良いとか悪いとか、そういう視点でしか作品を読めない人は可哀想な人だと思う

言葉遊びや終盤のどんでん返し、非日常を日常の様に描いた作品が読みたければ、伊坂を読むし
ぐぉぉお!ミステリーじゃ、ガリレオじゃ!って気分の時は、東野読むし
ちょいワル親父を感じたけりゃ、浅田。リアル親父をわかりたけりゃ、重松。

天才テレビくんが面白くなくなったら、制作側が意図する対象から外れた事になるし、
初めてのおつかいで涙したら、そういう物が好きな消費者になったってことだ

591 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 23:03:18 ID:juQq22zf
伊坂幸太郎全般
見え見えで伏線張って、最後にきちっと回収 嘘くさいくらい奇麗におさまる。
そのせいで余韻みたいなものが全然無い。
登場人物のバックボーンをちゃんと書いてるのに、それより深いところがスカスカ
登場人物は与えられた役割をこなすだけの存在。
と、意図した通りのものをきっちり書いてる。

592 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 23:18:07 ID:h54pZGIQ
> 見え見えで伏線張って、最後にきちっと回収 嘘くさいくらい奇麗におさまる。

ストレートな展開に、分かりやすいサッパリとした感じが読者の心を掴んでるんだろ
そもそも若者向けの作品ってのを無視したレスばかりしてるよね

音楽で例えると、ポップのスッキリ感と取っつきやすさ、若手ロックバンドの青々しさ、ヒップホップの言葉遊び。これらの要素を伊坂作品は備えてるのに対して
ブルースの余韻、クラシックの複雑な構成、演歌の情景描写や人情

そういうことを無視したレスはピントがずれてる

593 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 23:31:05 ID:a6yLXY2U
ドリフを例に出して伊坂作品の展開の簡明さを長所と挙げている人がいるように、
そういった作家の特徴も認めるべきじゃないかな。

もちろん、自分が好きか嫌いかは別として文学のありかたとしての多様性を受け入れてもいいと思う。

594 :581:2010/02/25(木) 07:30:12 ID:WeV6vTeb
>>584,585
どうもです
会社の先輩が「出てるよ〜」と自信満々に言っていたので、
検索で出た2番目の死神の精度を勘違いしたようです…

595 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 17:50:38 ID:pWJLKFO/
SOSの猿とSARU、両方読んだ方いますか?
同じテーマで書いたっていうだけで内容的には関連してないのでしょうか?
それとも何かつながっていたりするんでしょうか?

596 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 18:21:20 ID:MDfUQCEO
>>590
>>592
まさに、あなたの言う通りだと思う。

伊坂さんの作品を読んで感じたことは、文章のセンテンスが短いから確かに
読みやすい。ただ、理屈っぽいセリフや、絵画や映画、音楽の引用が多いのは
個人的にはあまり好きではない。しかしこれもこの人の作風で魅力なんだと
思う。
いくつもの作品がそれなりに売れてたり、直木賞候補に何度もなったり、
映画化されるなどで注目されてる割には、そんなに面白くもないな、
というのが正直な感想。


597 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:13:44 ID:00oAedue
>>590
>ちょいワル親父を感じたけりゃ、浅田。リアル親父をわかりたけりゃ、重松。

お前さん、ちっとも浅田次郎と重松清を読んだこと無いだろう??
しかも「ちょいワル」ってなんだそりゃ。「プチ〜」とか言ってるアホ女と同じレベルだろ。
だから東野の名前なんかも出すのか? あんな二番煎じの在り来たりミステリー作家の名を。

>>567じゃないけど、
きっちり本を読んでる人や、一昔前の作家も含めて読んでる人は、
とても伊坂や東野のような軽率で安易な作り話なんかは読んでられないと思うよ。
これは伊坂に限らず、最近の若手作家全般に言えるね。
やたらとエログロ描写や奇怪なストーリーを混ぜ込んで派手に見せてるけど、文体が軽すぎて描写が安易だから、
下手なB級映画を観てるとしか思えない程度の低さ。

伊坂とかが好きな人って、一昔前の少し難しい作品は読み解けないと思う。
いつも決まり切った展開で、「最後にきちっと回収 嘘くさいくらい奇麗におさまる」ような物語になれてたら、
とても頭が着いていけないだろうし。これは映画でも同じ。

あと>>592が、「若者向け」とか書いてるけど、「若者向け=バカ向け」なのか?
若者って、こんな安易で軽薄で中身のない作品しか読みこなせないのか?
それはあまりにも若者に失礼だろ。

異常なことに、これほど売れてるわりには、>>596が書くように、
それほど面白くないんだよね。
バナナダイエットにつられてバナナ買い占めたアホ主婦と一緒で、
自分の好みも好き嫌いもない没個性の奴が、版元や書店の宣伝につられて買ってるのが現状だろう。

まあだからこそ直木賞は取れなかったんだろうとおもう。これは守るべき砦だったし。

598 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:27:22 ID:00oAedue
>>590
>中高年以上を対象に書いてるようには思えないし、あえて若者向けの文体、構成で書いてるんだろ
>それが良いとか悪いとか、そういう視点でしか作品を読めない人は可哀想な人だと思う

何が優れてるか優れてないかを論じられず、若者だからこんな文章で良いと決めつける狭量さ、
これらは一見正論にも思えるけど、勘違いも甚だしい。
「僕は頭悪いから漫画読むけど、本は一切読みません」ってのが罷り通る社会と一緒だろ。

非日常を読むなら、例えば筒井とかの選択肢の方が余程ましだ。
あっちは作者が知識を得た上でそれらを展開して物語にしてるからな。

対して伊坂はそう言った知識無しに、自分の勝手な想像だけで物語を作る。
だから骨が無くて、ぶよぶよした話になり、仕方なしに結末で辻褄を無理矢理合わせてるだけだろ。
そしてそれを補うために洋楽の知識とか、さも凄そうに思える台詞を使って誤魔化してる。
普通なら苦情処理の電話で聴いた声だけで歌手に勧誘するなんて、リアルな世界じゃ有り得ない。
死神は第一話からアホらしい話で、一気に読む気が失せた。

もう少し色々な本を読め、オタクなファン達よ。
お前らの貧しい読書活動が日本の書籍業界を駄目にしてることを認識しろ。
深く詳しく描かなくても、安易な文体で手軽に書いて、結末合わせりゃ売れるなら、
そりゃみんなそんな本ばかり売るさ。そうやってますます書籍が駄目になる。

邦楽の世界と一緒だな。

599 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:38:58 ID:g5yB80b2
はいはい

600 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:42:33 ID:qTq0VkOR
ID:00oAedueはなんでこんなにムキになってるんだろう
伊坂も東野もエンタメ(ミステリ)作家としては一流だと思う
お前のおすすめミステリ作家(現代に限る)をあげてくれ
ここはミステリ板だからな

601 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:42:46 ID:GlqQ9aIA
アンチのレスには「売れてるわりには」という言い回しが使われることが多いけど、
小説の批評に売り上げを重要視する事が謎です。
売れてる作家を叩くことで優越感を感じてるとしたら滑稽ですよ。

602 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 21:54:13 ID:XvR7k26v
きっと売れない作家なんだよ
可哀想に

603 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:00:51 ID:GlqQ9aIA
> 普通なら苦情処理の電話で聴いた声だけで歌手に勧誘するなんて、リアルな世界じゃ有り得ない。> 死神は第一話からアホらしい話で、一気に読む気が失せた。

竹を割ったら女の子が出てきたりするなんてビックリですよね
文章に論理性が必要とされるのは学術論文であって、小説で合理性、論理性、整合性うんぬんを言うなんてアンチ様の発言はある意味柔軟でちゅね

604 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:07:43 ID:rTFWYUO1
>>600
その展開しつこい。まともに話が広がったためしなし。読め。

>>601
売上を理由に叩いてる書き込みはみかけないが。あのさ、勝手に曲解するなよ。
ほとんどの批判は理由書いてあるだろ。薄汚い印象操作するな。

>>602
なに?つっこみ待ち?友達いるなら突っ込んでもらえよ。

なんつーか批判の批判多いわ。つーか批判レスあると同じような書き込み続くよな。常連?
(つっこみ待ち)




605 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:16:50 ID:rTFWYUO1
>竹を割ったら女の子が出てきたりするなんてビックリですよね
文章に論理性が必要とされるのは学術論文であって、小説で合理性、論理性、整合性うんぬんを言うなんてアンチ様の発言はある意味柔軟でちゅね

何この馬鹿?誰がどこで説話を持ち込んだ?あたまわりー。まじで教えて欲しいだけど、お前何者?としいくつ?なにやってるやつ?




606 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:24:41 ID:GlqQ9aIA
>>605
>>603を読めば皮肉として竹取物語を例に出したのがわかりそうだけど、あなたの頭が沸きすぎてわかりませんでしたか?

アンチは必死だね

607 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:48:30 ID:UIge7roJ
相手してるやつも同類

608 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 22:55:46 ID:Dx0S1ng0
>>602
可愛いじゃん。直木賞なんか鼻で笑うタイプかと思いきや逆に権威を感じてる所とか特に。


それはともかく、せっかく話すのならもうちょっとちゃんとやろうよ。
現状は、人気のバラエティ番組に「観ても何も残らない」って言ってるのと同じでしょ。
優れてるかどうか論じてるというのならそういう視点でしか
話さないのはフェアではないし、どこまでやっても不毛だと思うけど。

609 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 23:00:45 ID:rTFWYUO1
>>606
おいクソ。説話ってかいてあんの読めねえ?おいクソ。竹取物語?なにそれ、それがうまい例えだと?頭悪好きなんだ
アンチだどうだって話出てきた出てきてねえよな関係ねえ。お前がクソすぎるって話だよなあ、今?お前聞こえてるか。読めてるか。

お前さ、伊坂読んでる読んでないに関わらず馬鹿だわ。単純な話で死神読む気が失せたに、てめえのクソみたいな文章かくな。
竹取物語?皮肉?お前本当にかっこいいな。お前今すぐ脱糞してくそ口に詰めて寝ろ。


610 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 23:06:06 ID:GlqQ9aIA
>>609
余裕が無くなると発狂
我慢が出来なくて発狂
あなたかんじだらけでぶあついほんがよめないでしょ

611 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 23:14:23 ID:XznAbYuc
死神の精度がすごく好きなんだが
伊坂に限らず、あんな感じの小説で他にお勧め無いかな?


612 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 23:32:58 ID:Dx0S1ng0
どこがツボなのか分からないけど視点の面白いさって点で小林泰三のアルファオメガはおすすめ。
伊坂みたいにアフォリズムを連発したりしないしグロい所はあるけど。

613 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 05:44:38 ID:pJJ88/U5
>死神は第一話からアホらしい話で、一気に読む気が失せた。

まさか、あなたはそれしか読んでないでこの作者を批判してる
わけじゃないですよねw
ちなみに、俺は死神の精度が好きです。

東野さんと比べてますが、ミステリーのテクニックや人物造型は
圧倒的に東野さんのほうが上手いと思います。手法も多彩。
伊坂さんの長編の場合、Aが出てきて、場面が変わってBが出てくる、
また場面が変わってCが出てくる。もちろんミステリーの宿命で、
どこか意外な所で交わる。このパターンが多い。
しかし、読者の興味を強く引く深い謎があるわけでもなく、凝ったトリックが
用意されているわけでもない。読了後の満足感はあまりないですね。

文体が軽いと批判されてますが、純文学じゃないんですから読みやすい方が
いいと思います。ミステリーの場合、登場人物たちと一緒になって物語の
スピード感を味わうのも楽しみだと思いますから。
ただ、伊坂さんの作品の場合、感情移入できる登場人物がほとんどいないのが
難点かな。「重力ピエロ」「オーデュボンの祈り」などは主人公でさえ魅力がない。
ただ、読者が多いなら、伊坂さんの作品は今の時代に合ってるんだと思います。




614 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 10:46:30 ID:tANlsxDj
>>586
解説の記憶はないが、三人称だったのは覚えてる。

615 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 11:36:59 ID:TioARnMB
>>竹取物語?皮肉?お前本当にかっこいいな。お前今すぐ脱糞してくそ口に詰めて寝ろ。

アンチは伊坂の読みすぎだろ。文章おかしくなってるぞ

616 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 13:21:05 ID:t8uc77x5
まだ、こんなクソスレあったのか。早くなくなってしまえ。

617 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 13:48:15 ID:g8KSNQDG
>>613
すごい。
初めてこのスレで、まともに書く擁護派の人を見た。

確かに東野の方が状況描写とか話の進め方は巧いと思う。
伊坂作品は他にもアヒルと鴨を読んだけど、とても褒めそやされるほどの傑作には思えず、
だらだらと話が続くだけで、少しも堪能できなかった。
我慢して最後まで読めば全てが結びついて意味が解るとか言われたけど、
そんな苦痛を感じてまで読んでどうする。

>>608
直木賞を出したけど、受賞できずに自ら逃げた幸多郎を皮肉って挙げたことを判ってくれよ。
あと、「せっかく話すのならもうちょっとちゃんとやろうよ」ってところがスマンが意味が解らない。
伊坂作品って、結局、娯楽バラエティ番組と同等って事でいいのか。

>>600
>お前のおすすめミステリ作家(現代に限る)
現代に限るとか書いてる時点で論外。

>>601
>小説の批評に売り上げを重要視する事が謎です。
小説だけでなく、読んでいる層への批判でもあるから、売上は重要だよ。
この質でここまで人気なのは、読んでいる層のレベルが低いためか、
或いはメディアミックスや、版元や書店の宣伝が影響してるだけか。
どっちにしろ日本の書籍業界に於いては憂うべき現実だけどね。

618 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 14:53:08 ID:TioARnMB
うんうん、日本の書籍業界は終わるだろうね
個人的には終わって欲しいから伊坂様万歳だわ。読書通ざまあwwwwwww

619 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 14:55:42 ID:TioARnMB
これからは伊坂みたいなラノベと漫画だけになるよ
文学ヲタは早く身の振り方考えた方がいい。お前らの努力は全て無駄なわけだ

620 :名無しのオプ:2010/02/26(金) 18:34:58 ID:pJJ88/U5
>>617
死神の精度に関しては擁護しますw この作者さんの初めての本でした。 
「面白い! これは話題になるよな」とすっかり気に入りました。
短編集でこんなに面白い作品を書く腕があるなら、長編はもっと面白いん
だろうなとわくわくしながら「重力ピエロ」を読んだら、がっかり。
たまたま調子が悪かったのかな、と思い「オーデュポンの祈り」を
読んだら、これはけっこう楽しめました。
しかし「ラッシュライフ」でまたがっかり。

注目されてる作家さんの作品にしては、そんなに面白くないなという印象。





621 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 00:48:33 ID:nxK9TFIP
いまどきバラエティやマンガを下に見るって、相当のおっさんか
どんな分野だってピンキリだろが

622 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 11:55:04 ID:noVD7twK
伊坂売れまくりでアンチ涙目wwwwwww

623 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 12:11:31 ID:z4XmzDCo
イミフ

いまどきバラエティやマンガを下に見るって、相当のおっさんか

どんな分野だってピンキリだろが

繋がりが分からん。>どんな分野だってピンキリ  バラエティでもマンガでもそれぞれの分野で良い作品〜悪い作品がある。という意味。それは誰も異論を唱えていないけれど。
あ、分かった。分野に貴賎はないと言いたいのか。
伊坂読者は低年齢層が多いせいか噛みあってないと言うか話にならない。自分の好きなマンガやハードが貶されて言い返してる程度なんだよなあ。
自分の分からない内容で伊坂は批判されてるときはスルーできないものか。「他の作品だせ」で「失笑」程度しか返せないんだから書き込むなと言わないがどうにかならないのか。
などと書くと伊坂アンチと始まるのだけど、俺は伊坂ずっと買ってる派。が、面白いともファンとも言わない。

アンチの話VS擁護の話にしてもまともなレスが圧倒的に少ない。
伊坂幸太郎LOVE!!!!神!!!!っていう奴いてもいいのだけれどそれなら何故、自分がこんなにも伊坂幸太郎が面白くて
人生を変えてくれてわくわくさせてくれるのか考えて文字にしてみないか。伊坂幸太郎「面白い」「構成がすごい」「洒脱」「引用がおしゃれ」これだけなら伊坂幸太郎はがっかりすると思うけど。

624 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 12:30:05 ID:x0EtTNb2
>>623
釣れるといいでつね

625 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 14:21:20 ID:r2jc4qXf
伊坂幸太郎の小説はダチョウ倶楽部の上島竜兵みたいな笑いで好きです。

mixiの伊坂コミュで上のタイトルでスレ建てたら速攻削除されました。
別に伊坂幸太郎を馬鹿にしているわけじゃないのに、何で消されたんでしょうか。
伊坂幸太郎=クールとかスタイリッシュと思わないといけないんですか?
自分の中では伊坂=ドリフ、熱々のおでんでほおばるコントのような笑いのイメージです。

確かに東野圭吾みたいにレベルの高いミステリじゃないけど、
伊坂小説はお笑いミステリとして売れると思います。
毎回、出てくる馬鹿台詞、とても好きです。

626 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 16:37:42 ID:RI5tO1bj
>>617
> 直木賞を出したけど、受賞できずに自ら逃げた

「直木賞を出したけど」の意味がわからないけど直木賞は辞退してなかったら普通に貰えたでしょ。
たとえスランバーで獲れなかったとしてもそのうちね。

> 伊坂作品って、結局、娯楽バラエティ番組と同等って事でいいのか。

むしろそれこそが正しい認識じゃん。
誰も「人生を変えてくれ」る作品とか思ってないし、そんな目で見ること自体が過大評価でしょ。

文学板に「乙一って過大評価じゃね?」ってスレが立ってるけどそれと同じパターン。

627 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 16:42:35 ID:RI5tO1bj
伊坂を批判するのに島田雅彦やら筒井康隆やら持ち出す方が的外れで、
単に娯楽小説として見て内容が薄いなんてわかりきってるじゃん。

繰り返すようだけど、伊坂作品は娯楽小説であってそれ以上でもそれ以下でもない。
だから「面白い」「構成がすごい」「洒脱」「引用がおしゃれ」でいいんだよ。
それ以上の価値なんて始めから認めてない上でそう言ってるんだから。

628 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 17:11:27 ID:4amKgBjd
既にあぼ〜んしてる俺は勝ち組

629 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 17:12:07 ID:+uv0Fezi
映画ゴールデンスランバー観たんだけど、めっちゃつまらんかった;;
意味不明;;現実味がなさすぎる;;
予告は面白そうだったのに

630 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 17:46:08 ID:TpsfxxJs
伊坂幸太郎の小説はダチョウ倶楽部の上島竜兵みたいな笑いで好きです。

mixiの伊坂コミュで上のタイトルでスレ建てたら速攻削除されました。
別に伊坂幸太郎を馬鹿にしているわけじゃないのに、何で消されたんでしょうか。
伊坂幸太郎=クールとかスタイリッシュと思わないといけないんですか?
自分の中では伊坂=ドリフ、熱々のおでんでほおばるコントのような笑いのイメージです。

確かに東野圭吾みたいにレベルの高いミステリじゃないけど、
伊坂小説はお笑いミステリとして売れると思います。
毎回、出てくる馬鹿台詞、とても好きです。


631 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 19:05:37 ID:RI5tO1bj
>>629
原作は読んだの?

632 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 19:57:52 ID:5mQVtaEf
人気作家や話題の本を読むときは、もちろんその本の内容を知る喜びがある。
それともう一つ、読み終わった後に自分の中に残った正直な感想を誰かに
伝えたい、または他人の感想を知りたい、作品に対する意見交換もしたい、
という楽しみもあると思う。特に今の時代は、それが手軽にできるから。
娯楽作品だろうが、読んだ人それぞれの感想があるのが読書の面白さだと思うし。








633 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 01:25:59 ID:+aJw41UP
好きにしたらいいのに
好きなところで好きなものを語ればいいのに

634 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 03:27:14 ID:dIvJOGOt
6 名前: 名無しのオプ [sage] 投稿日: 2010/02/26(金) 19:32:33 ID:ZlAyCB/J
私は、中学生と話す機会が多いんですが、
彼らが、好きな作家として頻繁に挙げるのは
伊坂幸太郎と山田悠介です。

学力の高低関係なく、よく読んでるようです。

635 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 07:21:21 ID:LqCkJs/w
さすがに山田悠介と一緒にされるレベルでは無いと思うぜ

636 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 18:38:55 ID:ZNWAQgvM
昨日、トリビアの泉見た。
磯野家の家族構成とSPがドッチボールで校長を守るのがすげぇー面白かった。
伊坂の小説もこれくらいギャグ小説になってくれたらな〜。
最近のあるきんぐとSOSの猿は滑りまくってて痛いわ。

637 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 23:04:05 ID:YiV1JWEF
これは、誰だ。

http://friend-sun.cocolog-nifty.com/blog/

638 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 00:08:27 ID:ZfPGWjOx
映画になったってんで、
二年もほったらかしにしてた「ゴールデンスランバー」やっと読んだ。
ひどいね。
これが文学賞だなんて、
キムヨナの150点どころじない。


639 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 00:20:49 ID:yao38ky7
お里が知れる書き込みだ

640 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 00:50:11 ID:xpToynlf
煽るのに言葉の使い方、言葉の意味わかっていないって。だから伊坂幸太郎の悪文、キモ比喩に違和感ないんだろうなあ。
キム・ヨナがらみだからお里?なんで。普段使ってたら馬鹿。知らない言葉使わないでバーカバーカ、アホでいいよ。言い慣れてるとおもうしさ

641 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 01:18:57 ID:Qgq0iBaU
アンチのレスが単調すぎて秋田県

642 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 01:39:02 ID:/VpMLZ8S
諍いを見て楽しむのがこのスレの楽しみ方

643 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 12:09:51 ID:I0shoGXs
>>640
「おつむの程度が知れる」って言いたいんだろうね。
キムヨナをけなしてるのに「お里が知れる」って意味が取れないし。

644 :名無しのオプ:2010/03/01(月) 12:50:43 ID:7AQXLiQj
SARUが面白かったんで来てみたら、スゲーことになってるなw

やっぱ売れてると、ふさわしいレベルのキチガイが憑くんだなぁ。

645 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 20:57:01 ID:vEL+kepC
お前らは伊坂を褒めたおす。何が良いかを殆ど書けずに。
浅田次郎は伊坂を非難する。何が悪いかを選評に籠めて。
どちらがよく読んで評価しているかは言うまでもないな。

646 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 21:44:33 ID:nk4CoM/2
いや、何が良いかは書いてるだろう。スレをよく読め。
ってか浅田次郎なんて時代遅れのカスじゃんw

647 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 21:44:33 ID:ilvWTQ3P
意表をついて近代麻雀4.1号に伊坂登場。麻雀に関するエピソードを語っている。砂漠好きは読んでおくと良いかも。

648 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 23:31:05 ID:5Jhg06lz
浅田次郎って、あの自分の映画のラストシーンに何の脈略も無く
いきなり出てきた変なおじさんでしょ?
あんな人に非難されてもね・・・

649 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 23:32:20 ID:BTC4fj8u
そういうことは浅田の小説を読んでから言えよ。

650 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 05:02:48 ID:JQqI8WQl
浅田次郎は、作者のふざけた人生観が文章に滲み出てるから好き
登場人物が人間臭かったり、泥臭かったりするのが好き

伊坂の主人公たちは綺麗すぎる気がする
無駄を削ぎ落としすぎというか
その分、話の道筋や構成の方に気持ちを集中出来るっていうメリットがあるのも事実

淡白な登場人物の中に泥臭いチョイ役を一人混ぜれば、名脇役になってくれる気がする

651 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 08:17:09 ID:S+0wxb3Z
>>649
何で読んでないって分かったの?

652 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 09:46:47 ID:+PmslWcZ
浅田次郎は父親に強烈なコンプレックスでもあるのか?
昔、いくつか読んだ印象。

653 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 10:53:18 ID:szgqjh2N
伊坂有川売れまくり、文学ヲタ好みの作家売れなさすぎで飯が上手い


654 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 13:08:24 ID:qwZugL/u
>>611
僕は模造人間

655 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 21:13:38 ID:hEuffgHt
新しけりゃそれで良いって言う風潮が蔓延ってるから、あらゆる文化に於いて駄目になってるね。
中身がスカスカでも、新作だ、話題作だと巧い宣伝すれば売れるから、駄作が増える。

>>650
色んな職について裏の世界にも身を落とし、或いは服飾会社の社長までやってたから、
経験と人生観は豊富だろう。
それだからこそ、SEやってた伊坂のかるーい人物造形には不満たらたらなんだろうね。
彼は無駄をそぎ落とすってより、豊かに修飾が施せないんだと思う。余りにもステレオタイプな人物しか創り出せないんで。
昼ドラの登場人物じゃないんだからねぇ……

だから特異な人物でも決まってワンパターンな台詞回しと、行動しか取れない。読者が想像もしない突拍子もないことをするのは、
プロット収拾で大変だから、とても彼にはそこまで描くのは無理。
若手芸人がろくに修行もせずに安易に売れてるパターンと一緒で、あと三年もすれば忘れられるのは致し方ない運命だね。
それまで如何に方向転換してまともな作家を目指すかが鍵だろう。今みたいにかるーい小説もどきで楽に儲けられる身に安住してたら、もはや三年も持たないかもね。

656 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 22:25:10 ID:+AfymsaQ
>>647
学年は全く違うけど、土田浩翔プロと同じ県立高校出身だから、誌上対局や対談をして欲しかった。

657 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 22:33:19 ID:NrtzDJTc
ラノベ以下

658 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 23:23:33 ID:ypJbwUNX
666 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 11:26:22 ID:F+EZzXOw
だから「推理小説」としてはキャラが立ちすぎ気味になりやすいんよな。
キャラ萌え小説と言われることもあるし。
この世の殆どの推理小説では殺される奴なんて「殺された」という「記号」の
役目さえ果たせれば良いくらいの扱いなのに。
(特に本格系。トリックが主役だから殺された奴がどういう人間かなんて本来どうでも良い。
不要な情報でしかない)
そこらへんも有って「ミステリじゃない」と言われたりするのだろうな。
どんな掌編でも大体「謎の解明」は織り込んでるから立派にミステリだと思うんだけどなぁ。


他スレからコピペ
キャラクターに関して。
これ、伊坂も結構当てはまってね?
まあ、「謎の解明」云々のところは当てはまってないかもしれないけど、
ミステリ的な伏線回収はほとんどの作品にあるわけだし。

659 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 02:52:34 ID:b9zbNtnY
だから何という感じ

660 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 08:54:14 ID:0VXiuhmy
>>658
ホームズ批判をコピペするのはやめろよ

661 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 14:52:21 ID:ys4241Ks
伊坂のせいで文学が駄目になるなんて事はないだろ
邦画だってルーキーズみたいな作品が売れるけど、
その一方で海外で賞を取っている作品だってあるんだし
たかが娯楽小説にそんな熱くなる意味がわからない

662 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 16:27:53 ID:tXYohWTX
上のレスと被るけど
伊坂さんの小説ってキャラの心の動きをほとんど書かないよね

恋愛系の話を書かないのは
「オチが読めるから」って理由だし,
なんか既存の小説概念をどこまで
壊せるか,ねじ曲げるかに注力してる気がする
(伊坂さんが自分の力量不足を補う戦術でもあるのかも)

一般の文学が読み手の心を揺さぶらせる絵画なら
伊坂作品は知的好奇心をみたすパズル
くらい指向が違うんジャマイカ

663 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 17:28:45 ID:zw3QHuua
>伊坂作品は知的好奇心をみたすパズル

それだ! 自分はアヒルから読み始めたんだけど、
そういうどこまでもきっちりオチ付けてくれる所「だけ」にハマったから、
砂漠やゴールデンスランバーみたいなオチ無しの作品はつまらなくて嫌いだ。
伊坂に情緒とか物語とかそういうものは求めてないし、面白くないから期待してない。
これからパズル的な作品は書かなくなっちゃうのかなぁ。

664 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 21:10:42 ID:TXt+hvO0
>伊坂作品は知的好奇心をみたすパズル

ミステリー畑に疎いものだけど伊坂程度でパズルになるほどミステリーはお安くないといいますか。
いいますか?と逆に聞きたい。
それにしてもここいらの書き込みは興味深い。恋愛ものを避けてるにはそんな理由が。SEで人生経験足りたいから
軽さでごまかしてる。でもメッキや付け焼刃でこれだけ売れればたいしたもんだ。編集者の戦略勝ちだよなあ。
ま 桜庭や舞城のように文学よりに化ける力も気持ちもなさそうだからそのうち消えそうだけどさ。

665 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 21:48:59 ID:84++eGMx
この人、同じことを繰り返し書くのが好きね
だからいつも無駄に長い…

666 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 22:38:28 ID:TXt+hvO0
常駐の人?いつも流れ変える書き込みして上手くいかない人ですか?あたり?

667 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 22:51:24 ID:Nhy+aD5M
>>664
ミステリーってそんなガチガチのパズルじゃなくてもそう呼ぶよ。
散々言われてるようにピエロだって筋だけ見ればお粗末でしょ。
伊坂はそっちの要素も魅力の一つではあるけどそこだけ取り出してどうこう言う作家じゃないよ。

668 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 23:02:12 ID:TXt+hvO0
そうですかミステリーは詳しくないもので勉?になりました。それに
>知的好奇心をみたすパズル
くらい指向が違うんジャマイカ

くらい指向が・・・って書いてあるの気づいてなかった。伊坂の魅力ってなんだろな・・・・装丁?
あと、このスレに間違いなく伊坂関係者いるよね。信者だアンチだってやり取りはどうでもいいけれど沈静化しようとする唐突な書き込みがあるよ。
積極的な介入はしていないようだけど。これ俺の妄想?

669 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 23:27:44 ID:Nhy+aD5M
>>668
妄想だと思う。私のレスもそう思わせてる一因だろうけど伊坂は死神までで終わった作家って
認識だから別に擁護する義理もないしこういう荒れてるっぽい時にしか書き込まないから。

山田悠介が未だに売れてるのを見る限り伊坂がそう簡単に
消えるとは思わないけど今後どうなるかは見物だね。

670 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 00:02:20 ID:LRTr15a+
山田悠介売れてるんだ「リアル鬼ごっこ 」しか読んだ事ないけど今AMAZONのレビュー見たら レビュー数740件!!
良くも悪くも注目を浴びる作家ということなのかな。伊坂幸太郎とポジション的に一緒ってことはあと5年は伊坂幸太郎売れそうかもな。

あとあなたの文章はなんとなく分かるから私が指している「介入」の書き込みとは違うような気がします。こんなとこで「介入」しなくても伊坂幸太郎は売れますけど。
この人の本売るのにいくらぐらい広告うってんだろ。

671 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 01:45:56 ID:VfsN9J1k
伊坂の小説はミステリーじゃないよ。
謎を仕掛けてるように見えるからミステリーみたいに見えるけど。
伊坂が自分で言ってる通り、あれ謎じゃなくてネタであって、
伏線が謎のヒント→解答ではなく、ネタフリ→ネタになっている。

672 :一橋大2年:2010/03/05(金) 08:01:20 ID:Lm25G6Vh
アヒル読んだ
史上最強の叙述トリックを堪能


673 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 10:15:25 ID:RRgXnDsi
ミステリーで賞もらってのデビューだからミステリー扱いされてるけどこの人の作品てファンタジーなんだよね。
自分にとっては重たい内容の小説読んだ後に読むとすごくいい。

674 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 10:20:51 ID:uqSp2/Q/
ここの荒らしは信者の意見を聞かないくせに、
アンチの意見は全部正しいって思ってる厄介なやつだから、
相手にすると議論がいつまでも長引くぞ

>・荒らし、煽りには反応しない。構った時点で同類。スルーしましょう。
>・板、スレ違いはスルー推奨もしくは誘導
>・専ブラ推奨、機能のNGID登録も便
>>1のこの辺守れよ

675 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 11:55:12 ID:e4UQ6F48
そもそも関係者がこのスレ来て何の意味があるんだよw
数人しかいないレスで宣伝した所で何も変わらねえよw
2chを買いすぎだw

676 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 12:41:05 ID:icOR5MkH
このスレに来る度にチャック・パラニュークのララバイ辺りに書いてた
「気にするなよ。俺たちの世代の文化がおっさんたちの世代の文化を駆逐しようと
 戦ってるだけなんだから」みたいなセリフを思い出す。
気の狂ったアンチは、ある種の社会グループを代表したアンチ本人の意志とは関係ない
自動的なシロモノなんだろうな。

677 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 19:08:00 ID:GQpl33K7
山田悠介みたいなゴミと一緒にしないでくれ。
文章レベルが天と地ほどの差があるのに。

678 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 21:06:56 ID:LRTr15a+
そう言ってしまうと伊坂幸太郎は多くの作家から比べて文章レベルが月とすっぽんって話になるとおもうけど。山田悠介がゴミで伊坂幸太郎がゴミではない差は?

679 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 21:19:16 ID:7ydK85RF
みんなすっかり忘れてるかもしれないけどワルツの1巻がもーすぐ出るよ

ゲッサン4月号
http://comshoblog.shogakukan.co.jp/msun/getthesun_4_hyoshi.jpg
単行本一巻
http://comshoblog.shogakukan.co.jp/msun/waltz_01.jpg

680 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 22:44:45 ID:3zLIgTra
景色表現は上手いと思うし好きだけど、人間の感情に暖かみがないよね。
装っても隠し切れないと言うか、上っ面だけで底は冷たい感じがする。
死神の精度は人ならずでもってこいの作品じゃなかろうか。
サイコパス的な話を書いたらいいと思う。

681 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 23:42:07 ID:UgYEc7wg
この作家は、作品によってカラーが微妙に違うのが魅力なのかな。
「死神の精度」すっごく面白かった。続編が読みたい。
「砂漠」つまらなかった。
「終末のフール」読んだ人によってかなり評価が分かれる作品だと思うが、
俺は気に入った。

>人間の感情に暖かみがないよね
これには同意。ただ、全体的に醒めた感覚の作品に仕上げるために計算
されてるのかな?
そのせいか、「重力ピエロ」で取り扱われている家族愛が、いま一つ俺には
伝わってこないような気がしたんだけど。っていうか、全体的によくわから
ない話だった。もしかして、家族愛っていうのはストーリィーに必要な
だけで、この作品の中ではさほど重要でもなかったのか?



682 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 00:34:40 ID:UEnetjA1
>醒めた感覚の作品に仕上げるため
なるほどそういう見方もあるのか。
自分は単純に「この人って人間愛とか苦手?」などと思ってた。
上辺は綺麗にまとめてあるけど、
本質が見えないので共感も感動もし難いところとか。
だからと言って悪評を述べるつもりもなく、
「死神の精度」はその特性がプラスとなって映えた良い作品かなと。

683 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 00:50:13 ID:NiLla+dp
解る。あと会話文とかのオシャレ感もギャングではいい意味でB級・コミカルな感じにしているのに、
魔王・ゴールデンスランバー等で緊迫感を表すにはラノベっぽくて重みが感じられない・・・。

684 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 02:50:53 ID:wxEhd2Dx
>>677
終末のフールより
「おまえって可笑しいよな。トゲトゲしてないじゃん」
「わたしが丸く太ってるって言いたいの?」

ここゴミだろwww やっちまったなーっ。

685 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 02:59:59 ID:mIMG0Cg5
ある作家は
「間口が広いから、ミステリの賞に応募しただけ。
私は、ミステリを書いているという意識はない。」

ある作家は
「私は、推理小説作家だ。ミステリの賞を頂くことは
文学賞以上に嬉しいことだ。」

そもそも、ミステリの定義すら曖昧です

686 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 13:52:29 ID:PuHkbKBO
そういうこと。>>671みたいな分類はあんまり意味がない。

687 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 15:28:10 ID:BfeQ16Sy
「死神の精度」が読み終わらない。
ミステリーの要素も娯楽の要素も無いじゃないか。一話が終わっても感動もしないし驚きもしない。
全ておきまりコースで、死神のジョークがわざとらしくてなえる。あんな無知設定なら、いくらでも二流のジョークが言い放題だろ。
「顔を貸せ」って言われて「顔は貸せないな」とかなんて、中学生の冗談かっての。
もう少しレベルの高いジョークと物語性とどんでん返しが混まれた作品はないのか?

688 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 17:24:24 ID:RjzGTjql
そこはレベルの問題じゃないだろ・・・
子ども同士の会話に割って入ってマジになって怒ってどうすんの

689 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 19:32:03 ID:nD6RXx53
>>681です
>>682
>上辺は綺麗にまとめてあるけど、本質が見えないので共感も感動もし
難いところとか。
伊坂さんの作品ってまさにそういう感じですよね。
>>687
>ミステリーの要素も娯楽の要素も無いじゃないか。
死神の精度好きだけど、この意見もわかるなぁ。

よくわからない所が魅力なのかな?
グルメ雑誌で評判のいいレストランに入った。おすすめの一品を
食べたが、正直うまいのかまずいのか判断できなかった。違うもう一品を
食べてから判断したい。そんな感じで何度も通ってしまう。
俺の場合、そんな感じでこの人の他の著作も読んでる。

690 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 22:07:03 ID:IHy9kwNA
>>671
ネタフリ→オチだろ。

691 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 10:27:13 ID:rZLze3Gh
>>689死神の精度は半生の料理です。
非常に前評判が高かったので期待しないようにしつつ密かに楽しみにしていたのですが、拍子抜けという感じでした。
 ひとつひとつの設定はいい。だけど、相互の絡み合いが活かし切れていないので、歯痒い思いをしながら各話を終えなければならない。
これくらいの文章力と設定があれば、もっと親身に迫る、本質を描く料理の仕方もあっただろうに……。
 個人的には近似の設定である本多孝好氏の『MOMENT』好みなので、そうした情感的な物語を期待する人には半生の炒め物を出された気分になるかもしれない。

692 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 13:57:16 ID:dRyBvXAc
キング、猿と連続でつまらなかったから悲しい
合コンのやつはまだよかった

693 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 14:24:14 ID:o6OFaHvi
山田ユウスケと一緒にすんなっていっても
伊坂の文章は相当下手だよ
西尾維新と似てる
どちらも日本語は下手
でもおっと思うような決めゼリフが書けるからおもしろいってだけ

694 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 17:45:02 ID:amc0FqXu
伊坂が面白いって言えるのは10代までだよ。

20代で伊坂読んでいる奴なんていねーし。
ゴールデンスランバーとチャイルド44なら
100人中100人、チャイルド44を選ぶだろう

695 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 17:59:04 ID:0xQiC7O1
>>691
>本多孝好氏の『MOMENT』
病院の掃除のバイトをしてる人が主人公だっけ?
デビュー作が入ってる短編集だったかな。数冊読んだけど、
伊坂さんに似ていて人物はドライ。ただ、女性の扱い方がうまいので、
本多さんの方が作品はオシャレ。

696 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 18:04:46 ID:bppAHAzG
>>694
あまりに無知過ぎる

697 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 18:04:57 ID:+xkc3eYw
20歳を越えたら、100人中100人が○○だと言い切れるニダ(^o^)

伊坂スレで堂々と他の作家の話を始めるニダ(^o^)

698 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 21:14:03 ID:7ikzMEEO
俺も本多好きだ。たしかにあっちの方がおしゃれだよね
でも、おしゃれな小説は全部「中二かよ……」って思うような捻くれものになってしまったので、
俺的には伊坂や春樹くらい外してくれる方がいい

699 :名無しのオプ:2010/03/07(日) 23:40:29 ID:o+DGww2S
高二病というやつか

700 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 10:52:39 ID:zUh8Jfdf
これが今売れてんの・・・?なんでだろ、こんなつまんないのに

701 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 11:58:41 ID:XSHDDzg8
中二病ですね

702 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 12:15:58 ID:GbJp9yun
初めて読んだふりをして、批判してみるニダ(^o^)

703 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 12:20:23 ID:3vdKyUTc
>>691
描写力は低いけど、文体は悪くない。だから俺も他の作品ならって思って読んじゃうけど、
やっぱりせっかくのアイデアや文体を活かせないまま、手軽に話を終えてるように思えてつまらない。

>>693
>でもおっと思うような決めゼリフが書けるからおもしろいってだけ

確かに。しかも自分で物事を考えないタイプには、そう言った台詞が素晴らしすぎて、
思わず他人に教えたくなるみたいだね。

>>687
「顔を貸せ」って言われて「顔は貸せないな」とかなんて、中学生の冗談かっての。
ワロタ

704 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 20:07:47 ID:YBB4WfUy
死神の精度そんなひどいのかと思い頭からちょっと読んだ。

傘についた水しぶき弾くと、(何故か)泥が傘についていて500円玉の大きさの泥が女の背中に飛んだ。

傘に泥がついたまま雨の中を歩いていた?傘に泥がついたままってあまりないのだが。

「そんなに高そうなスーツに汚れをつけて、そのままに出来ない」

「高そうって、上下1万円ですよ」

有り得ないやりとり。

声をかけるきっかけのインパクトが欲しいから傘い泥がつくという状況が強引に導入されている。

だから伊坂は筋や構成ありきなんだよな。違和感ありまくり。



705 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 20:56:06 ID:D6LI8wEI
>>704
そんなんで生きてて楽しいのか?

706 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 21:20:01 ID:YBB4WfUy
「わたし、醜いんです。」

「みにくい?」私は本当に聞き間違えた。「いや、見やすい」と答えた。「見にくくはない」

ここもおかしい。「みにくい」って聞き間違えじゃないし。音は同じ。それで聞き間違えたとしても(彼女は見にくい)と言っているのに

なぜか千葉が彼女の顔を見にくくはないという形に変換している。(彼女は見にくい)と意味をとったなら「何が見えにくい?メニュー」「目が悪いのか?」という応答になるはず。

先に彼女が笑う、彼女が和むというシーンを作りたいがために冗談にもなっていない聞き間違えを作っている。いや意味が通じないから作れていない。こんなわけ分からない頭に問題ある

キャラクターを披露した次の頁大手電機メーカーの本社に勤めてると言う。を受け「一流だ。すごいな」なんか電機メーカーに関しては詳しいですかそうですか。まともに返答出来てる。

めちゃくちゃ。

707 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 23:11:01 ID:unetKiSX
とりあえず>>1のネタバレに関する取り決めを読み直せ!

708 :名無しのオプ:2010/03/08(月) 23:46:32 ID:GbJp9yun
言葉は正しく使わないとダメニダ(^o^)
僕が読む本は正しい日本語しか使われてないニダ(^o^)
アンジャッシュなんか嫌いニダ(^o^)

709 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 00:11:53 ID:n6164cRi
改行して必死(笑)

710 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 16:46:19 ID:hBuYCVLF
人を笑わしたり、感動させたり唸らせるなら、しっかりとした世界観を作らないと、ただの二流の凡作に思われるのは当たり前。
まさか素人ブログの投稿作品じゃあるまいしな。
残念ながら、ろくに読書したことがない奴らに限って、>>706が書いたことが理解できないし認められないらしい。

しかし指摘の部分は、見事にあざといよな。
如何に何度も推敲して書いていないかがよく判る指摘だわ。
なんでこんなのすら編集部も気づかないんだろう。どっちも日本語不自由者なのか?
「象る」を「形作る」の意味で誤用した万城目よりも酷い。

電機メーカー以外にも、ヤクザを知らない癖に用心棒を知ってたりと変に博識なうえ、
殺人犯と逃走するときも、人間に興味がない死神が、なぜか相手を気遣ったりする点も、
もの凄くちぐはぐな作りだよ。

こうやって最初にキッチリと設定もせず、その都度に於いて簡単に設定を追加したり変えるからこそ、
手抜きで、あざとくて、能がない作家だって思われ、
プロット重視の、単なるラノベ作家だなと小馬鹿にされるんだろうね。

711 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 16:53:26 ID:Ypm5bJfP
人間とモノの見方や考え方が違うという点を表現しようとして、
会話の食い違いのシーンを入れたりしてるのにそれがわからないんですね

712 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 17:26:01 ID:nFm/+w6a
あれ、この人って死神は好きじゃなかったの? 傘の泥のところは確かに不自然とも言えるけど
「見にくい」の件は別におかしくないじゃん。同音の言葉を「聞き間違う」って表現は正しいし
会話の流れから「わたし(が)見にくい」って意味に聞き間違えるのは普通にありでしょ。
むしろあそこで目が見にくいって意味に取る方が流れ的に唐突で不自然だと思うけど。

713 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 19:53:12 ID:MGn7A8IY
>>710
さて、、、じゃあ、そんなに良く気が付く君のお薦めの小説は何だ?

714 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 21:20:40 ID:5wkw9WTR
>>710
「死神〜」においては千葉の日本語能力や日本文化の理解が低いほうがオチるだろ

715 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 22:16:15 ID:Qk87J0st
さて今日は死神の精度14Pからだ。その前に>>712にお答えします。あなたの想定した人は誰ですか?人違いです。
「わたし、醜いんです」とぽつりと言った。を平仮名になおすと「わたし、みにくいんです」これを聞いて「わたし(が)見にくい」ってどういう状況?あなたからみてわたしが見えにくい?
何かの影になっている?そんな情景描写はない。この前の会話は名前の由来に付いて(これもたいがいなんだけど。初対面で名前の意味、由来語るって。)光学迷彩?周波数を変えている(GANTZ)?

いやいや何故唐突に「私見えにくい」んですってつぶやくの。でも、
>むしろあそこで目が見にくいって意味に取る方が流れ的に唐突で不自然だと思うけど。
これもあなたのいうとおりだ。不自然。私の解釈もあなたの解釈も無理やりこじつけれるけどどちらにしろ不自然。どうして不自然なのか。
<千葉の話に和む彼女>という情景を作りたかったが伊坂幸太郎はうまくそんなシーンをつくれなかったんだわ。
あとよ、この彼女とロシア料理やに入ってるという話なんだけど全く風景描写なし。マトリョーシカもくるみ割り人形もなし。彼女はウオッカは飲まず。ビールを飲んでいる。なんだか分からない卵料理を食べている。
ピロシキもボルシチも出てこない。ミュージックの好きなはずの死神も店内でかかっている音楽(カチューシャとかテルミン生演奏)にも突っ込まず。
>「死神〜」においては千葉の日本語能力や日本文化の理解が低いほうがオチるだろ
死神がもの知らないって理解でもいんだけどここがロシア料理屋って意味どこにあるの?場当たり的に書いてるんだろうな。

716 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 11:11:04 ID:9diqjslj
>>715
よほど伊坂さんが好きなのですね
乙です

717 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 14:52:06 ID:7u2UxXrI
食事にまで意味を持たせないとだめなんか

718 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 15:02:36 ID:jVSGqPbU
>>715は、本読むのがヘタだなw

719 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 20:44:06 ID:zeSFo67g
>>714
>「死神〜」においては千葉の日本語能力や日本文化の理解が低いほうがオチるだろ

それが作者の狙いなのは承知してるけど、
そのやり方がわざとらしくて、あざとらしいのよね。
その場その場で千葉の能力や理解の幅を変えて、なんとか会話で笑わせる為にあえて無理矢理に流れを作ったりとか。

もっと自然に会話して、その中で何気なくホロリと笑わせるなら良いけど、
余りにも笑わせるのを意識するせいか、どうしても辻褄が合わないとかの不整合があるのが、
よく読んでると解っちゃうのが酷い。

例えば上述の「わたし、みにくいんです(本来は醜いの意味)」について、
千葉は「わたし、見にくい(見づらい)んです」って解釈したんだろうけど、
そうだとすると、彼女が”何を指して”見づらいって言ってるのか少しも書いてないのに、
なぜ千葉は、「(彼女の顔は)見やすい」って答えたのか?
まさか「わたし、みづらいんです」なんて言われたら、「何が?」の一言ぐらい返すだろ。

冗談としてわざと答えたなら理解できるけど、
千葉が素でボケてるとしたら、この人は人間界の会話なんて理解できないに等しい日本語能力だよ。
それで調査員だなんて、ちゃんちゃらおかしい。

明らかに、会話で笑わせる為に無理矢理作られた会話だからこそなんだろうけど、
だからこそ読めば読むほど、首を傾げたくなる。

無理に下らん言葉遊びで笑わせようとしてないで、自然の会話で笑わしてみようぜ伊坂君よ。
漫画の世界なら、こんなもんは許されるだろうけど、
まさか大手の小説賞にノミネートされててこれじゃあね……

720 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 20:58:12 ID:zeSFo67g
>>715
>この彼女とロシア料理やに入ってるという話なんだけど全く風景描写なし。マトリョーシカもくるみ割り人形もなし。
><千葉の話に和む彼女>という情景を作りたかったが伊坂幸太郎はうまくそんなシーンをつくれなかったんだわ。

これは随所に見られる手抜きだね。
この人って、じっくりと作品を作り上げる事が出来ず、直ぐにプロット進行にばかり気を取られてるから、
銓衡委員からも「書く実力はあるのに勿体ない」って言われちゃう。
ロシア料理屋なら、サモワールだってあっておかしくないし、
音楽好きならロシア民謡にもテルミンにも惹かれておかしくないよな。

>>717がなんか書いてるけど、料理にさえ意味を持たせて拘るのが一流作家だよ。
徒や疎かに描写しないのが本当のプロだろ。
道を渡るのでも、十字路にするか二叉路にするかさえ考えるのが宮部みゆきとかだし。

伊坂も一応は受賞したけど、山本周五郎なんかももの凄く拘ってるし。
だから作品の冒頭で、虫が何気ない登場の仕方をしてても、
最後にキッチリとまた再登場して意味を持たせてるしね。

伊坂って以前もアヒルと鴨で、
本当にブータン人の文化を理解して書いてるのかって指摘されてたけど、一事が万事だな。
史実に基づいた歴史小説や時代小説を書くのはおよそ無理だろう。
書いたとしたら、バックに電柱が平気で出てくる時代劇ドラマみたいになりそう。




721 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 21:49:41 ID:ygeNly8s
そうですか

722 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 21:54:54 ID:dEwsY3sD
人違いです。まで読んだ

723 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 22:37:24 ID:Ac12XKaq
細かいところまでいちいち全部伏線になってる小説とか興ざめだろ

724 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 23:00:45 ID:sskMGOMw
「死神の制度」序章 死神の精度は惨憺たるありさまだったな。なぜ作品の
冒頭から殴り書きしたような文章を出せるのか分からない。どなたかが言っていたように推敲していないのか
あとマンガをかばうとマンガでもこんなネームは通らないぜ。
44Pから。「運の尽き。年貢の納め時」と若者に言われた千葉は年貢の納め時という制度が今もあるのかと勘違い。

あー理解力低いから間違うのか。その2行後、「どうやら比喩やレトリックらしい」めちゃめちゃ日本語詳しいじゃないですか千葉さん。
比喩やレトリック知ってるなら会話で間違いませんよね???
「栗木の居場所を教えろよ、ああ?」若者は喧嘩の王様になったような態度だった。
すごい比喩使うじゃない千葉さん。喧嘩の王ですよ。王様ですよ。
「栗木の居場所を教えろよ、ああ?」程度で<喧嘩の王様>って喩えもよく分からないけど素敵なセンスしてるじゃないの。なぜ10行前の「年貢の納めどき」は分からないかな。
10行進むと阿呆になるの?死神は。ボケを書く力がないのに主人公にボケ属性を付けるな。仮に凄まじい天才の登場人物を出したとしても作者の頭以上にはなりませんから。

725 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 23:09:21 ID:X9hKun7B
「陽気なギャングが地球を回す」まだ三分の一しか読んでないけど、
あんまり面白くないな。
この人はロシア文学が好きなのかな? トルストイの小説がよく出てくるけど。


726 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 00:24:28 ID:r0iwTET7
年貢の納め時という制度?
本当にそんな風に書いてあるのか

727 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 01:38:18 ID:6HOIl3/W
>>724
単行本持ってるとかずいぶん伊坂好きなんだな

>>726
少なくとも文庫では「年貢制度は今もあるのか?」

728 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 03:08:34 ID:qADpFIGl
言いがかり

729 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 07:03:31 ID:c9O7H0me
俺は読み出したら何でもそれなりに楽しんで3日後には忘れちゃうっていう
超テキトー乱読タイプだが、この人の作品はかなり前に読んだ「陽気なギャング〜」
以来手に取ったことがない。なぜこんなに人気があることになってるのか理解不能
なんだが、こんな俺には小説の云々を語る資格なんてないんだろうな…。

730 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 08:06:17 ID:8it//z0X
わかってるなら書き込むんじゃない。

731 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 08:59:19 ID:+qzOpb2u
>>723
寓話的でない小説に何の価値があるんだよ

732 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 09:11:15 ID:8it//z0X
なんだおまえ高二かよ

733 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 14:03:20 ID:BlDSZZl5
いえ、中二です。

734 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:01:22 ID:p5dvGp0R
伊坂あほ太郎のメインの読者層は中学生らしいな。あんなの読んでいたら、恥ずかしいぞ。

735 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:16:12 ID:jrPh7Xxx
○ あんなの
× こんなの

736 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:33:33 ID:8OWjodZt
さてと、今日は48Pから。「死神と藤田」

「連れてこられたってのに、全然、怯えていねえ」

一応この章の千葉は五色の模様が入った派手なセーターを着るやくざの外見で阿久津にも藤田にもやくざだがどこの組の者か
分からない奴と思われている。やくざがやくざを拉致するのに一対一で向かう?
で、ものの知らない死神の千葉が突然鑑定眼が閃き築20年と見定めたマンション(築何年って一般人でもわかる??築20年ってどの程度のマンション???)
の一室に入るとなんと!!!やくざが独りだけ!!!で大物ぽい振る舞いのやくざ藤田が上のセリフ。カタギの奴を連れてきたら別かもしれないがやくざが同業者2人を目にして
そんなに怯えるものなのか??あんまし僕らと変わらないんですね。伊坂の世界のやくざは。

「・・・あんた、この部屋に入ってきた時も。壁から窓から、全部じっくり眺めていた。・・・・」
千葉はそこまで冷静に自分を観察していた藤田に驚き ほおと小声で言ってしまう。

マンションの1室に3人しか人間がいなくて目の前にいる男を普通に見ていたらこれって分かるよね。なんでそれで「冷静に観察」「ほおと小声」なのか。
千葉が死神で頭おかしいっていう意見もあるでしょう。千葉ってよりも伊坂幸太郎がおかしいのですが。ここの場面はチンピラ、三下と違う<落ち着きはらったチンピラではない藤田>
像を描きたかったので千葉に驚かせたのだけれど<鋭い観察眼>が作れなかったんだわ。千葉も大した態度ではないのに「千葉さん、あんた面白いな」と藤田に言わせている。
だから何も大したことないのに互いののリアクション大げさにしてなんとかやくざのやり取りをを描こうとしたんだ。で、筆が及ばず。

つくづく小説が書けないな。伊坂幸太郎は。資料を集めるとかやくざ映画観るとかしていないのか。盗作しろとは言わないが自分に書けないものを学ばずにそのまま本として出すのは、読者思い出はない。
編集者の言われるがまま書いているのか。

737 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:48:23 ID:gdcVBIAS
>>736
同じことをmixiの伊坂コミュニティで言ってくれ!

738 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:55:09 ID:8OWjodZt
mixiは狂信的な伊坂ファンに素性調べられてとんでもないことになりそうだから怖いです。

739 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 22:01:23 ID:6HOIl3/W
むしろ>>736が狂信者だな
こんなに丁寧に読んでくれるとは伊坂も作者冥利に尽きるだろ

740 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 22:08:36 ID:8OWjodZt
丁寧に読んで、初回自分が読み落としていて気付かなかった箇所や結末を知ったからこそその時の登場人物が指す言葉の意味が分かるとかなら
いいのだけれど、丁寧の読めば読むほどあらが出て困る。せめて序章ぐらいはしっかり書こうよ。同人誌を内輪で身せアッコしてるわけではないんだから。
なんていうか仮に若い人向けに書いてあるとしてもだよ、細部までどうせ読まないからこの程度でいいって明らかに手抜きを行っているよ。
読者にも愛がないし自分の作品にも愛がないんじゃないかな。伊坂幸太郎は。

741 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 23:28:00 ID:jrPh7Xxx
嫌いな作家の小説を読んでる毎日・・・
楽しいのか?
人を見下し自己を見出すしかないの?

742 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 23:37:15 ID:8OWjodZt
>人を見下し自己を見出すしかないの?

さてこの文のおかしなところはどこでしょうか。(初級)


とやってしまいたくなるんだよね。見下してるわけではないかな。

743 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 00:12:29 ID:ijyZI6/3
ただ肝心の批判内容が的外れなのが返す返すも悔やまれる

744 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 00:41:50 ID:wR8s99FC
居るんだな、砂漠にまいた米粒を拾う奴

745 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 01:49:48 ID:wDZ+AV0z
>>736の言ってる事はわかるが文章力が弱いな。俺ならもっと面白く書けるのに。

746 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 03:27:14 ID:4lzXQWqc
また言いがかり

747 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 09:00:36 ID:HZzhcAGI
もっと重厚な文章表現で寓話的な物語を

748 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 09:36:54 ID:ug8EFUnk
>>745
じゃあ書いてみろよ

749 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 17:07:22 ID:o03epwux
このスレ見てるといろんなアンチがいるんだなあ、と感心してしまう
言いがかりなんて、小説どころか厳密な学術論文にだってつけられるのに

自分の価値観こそが世界の基準だと信じて疑わない人間を、
伊坂が度々皮肉交じりに登場させるけど、
アンチはその典型だよな

750 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 17:15:42 ID:ijyZI6/3
もうパロディでやってるんじゃないかと思ってる

751 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 18:43:48 ID:HcChWFlw
え?アンチっぽい文書いてるのって「釣り」でしょ?
…俺はそう思ってたんだけど、違うのか?

752 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 20:20:33 ID:QzmE/RVU
非難するのが趣味なんだろう
自分が優位に立ってるかのように思い込みたいんだ

753 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 20:57:09 ID:z58NcW4R
まだはじめません。>>743どうか、的はずれなところを指摘してください。お願いします。

学会では
>言いがかりなんて、小説どころか厳密な学術論文にだってつけられるのに
「言いがかり」とは言いません。でもどこら辺が言いがかりか教えてください。
私の書いたのが唯一正しい読解なわけないじゃないですか。でも一番最初に書いた傘のドロの部分や
不自然な会話 やくざとの絡みは皆さんの頭の中ではどのように解釈しているのでしょうか。深遠な意味や暗喩があるならぜひご教授ください。

今日は説得力のある解釈がいくつか出揃ってから次に進みたいと思います。それでは根拠のある解釈をご提示ください。



754 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 21:10:22 ID:sJu7OzPI
アンチ派と擁護派のカキコを見比べると一目瞭然なんだけど、
擁護派って全くと言っていいほど具体的で明確な意見が書けてないじゃん。
いっつも揚げ足取りか、どうでもいいツイッター感覚的な呟きしか書けないのね。
君たちって本当に読んでるの???

対してアンチ派は、良くもそこまで読んでいるなといつも感心する。
というかきっと粗探しなんだろうけど、でもここまでアラが出てくるんだから、
実は粗探しってよりも、
「世間で人気作家と言われ、超話題作を連発する伊坂の小説ってどんなもんだろ?」
という思いで読んでいたら、
余りの肩すかしで、とても小説として成り立っていないような矛盾がボロボロしているから、
「お前ら、よくこんな小説を持ち上げて褒め称えてるな」って思って書いちゃうんだろうなあ。

>>749が「自分の価値観こそが世界の基準」と書いてるけど、
これは安易に褒めてる擁護派こそが、井の中の蛙だとは思うねえ。

アンチ派は、少なくとも確固とした価値観を持っていて、それに照らし合わせて批評してるけど、
擁護派は、「伊坂素晴らしい」ありきで揚げ足取ってるに過ぎない。
なぜって、少しも具体的に反論&擁護出来てないんだもん。

>>753
>今日は説得力のある解釈がいくつか出揃ってから次に進みたいと思います
いや、たぶん擁護派には説得力ある解釈は永久に出せないと思うよ。
このスレ見てたら良く分かった。


755 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 22:55:08 ID:aqWm4LuV
本日3月12日に単行本1巻が発売となった新作「Waltz」

http://natalie.mu/comic/news/28950
大須賀めぐみのインタビューあり、伊坂との制作進行について触れてる

ttp://natalie.mu/images/comic/ja/sp-waltz/photo-1.jpg
「オーデュボンの祈り」の「城山」

ttp://natalie.mu/images/comic/ja/sp-waltz/photo-2.jpg
「モダンタイムス」の「渡辺佳代子」

ttp://natalie.mu/images/comic/ja/sp-waltz/photo-3.jpg
「オーデュボンの祈り」の「桜」

756 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 23:41:47 ID:mJEqB2vA
アヒルと鴨面白いなって思って重力ピエロが退屈だった俺は
次何を読めばいいすか?

757 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 23:54:12 ID:BHWqxWxz
ラッシュライフとかどうよ

758 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 00:58:59 ID:EvA6XfGD
おk、読んでみる

759 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 01:25:10 ID:SH0jyONR
>>756
> アヒルと鴨面白いなって思って重力ピエロが退屈だった俺は

その時点でヌルいって気づけよ。
バカのくせに上から作家を評価してるから気づかないんだよ。

760 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 03:43:53 ID:EvA6XfGD
>>759
なんでキレてんの?

761 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 03:49:17 ID:3zWhGsFy
>>754

  ロジカルであり、わかりやすい

これが伊坂作品の大きな特徴。

何気なく伏線を散りばめて、読み手をミスリードさせ
終盤で矛盾なく一気に回収する構成力に俺は舌を巻かされる。

泥や会話、料理屋についてしっかりと解釈することも大事かも知れないが

   それがなに?

俺はぶっちゃけ、小説においてそんな枝葉の解釈はすっとばす。
細かい所に意味を持たせたところで、その意図を読み手に汲ませるような
しち面どくさいことさせられるのが嫌いだ。理解できないかもしれんけど。
また解釈が何通りも出来る半端な書き手もいる。
同時に解釈を何通りもしてしまう半端な読み手もいる。

予備知識がないと理解できないのに、説明のない小説も多々ある。
現実として、銀河鉄道の夜でも前に見える星が赤だろうが青だろうが、
大概の人間は気にも留めずにすっ飛ばして読んでいる。

難解な文章の小説を書いて、そして読み解いた(つもりでいる)ことに
カタルシスを感じるなんて、書き手読み手双方共に不毛じゃないかい。

齟齬や裏切りが生じないから手軽に読める。

これが俺が伊坂作品が好きな理由だ。

762 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 04:42:54 ID:fwrFnqhu
エンジニアや理数系の人には好まれる作風だと思う

彼らは
「与えられた明確な条件」をもとに解を出したり、理論を打ち立てる

もしくは

「目的の状態を再現性を有しつつ」得られる手法、条件を捜すのが仕事で

元SEの伊坂氏もこれらに沿って、話を作ってるはず

ここらへんを意識していないと批評するとき話が噛み合わないだろう

763 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 10:21:33 ID:mYKh2eoH
伊坂さんってシステムエンジニアだったのか

764 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 11:38:53 ID:tAknCPI0
ここで伊坂批判している意見をmixiの伊坂コミュに載せてもいいですか?

伊坂コミュティの伊坂信者との対決がどうしても見たいです。

765 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 15:10:30 ID:UEGx1T35
どんな反応するかを傍らから見るのか
いい趣味してんね…

766 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 15:30:08 ID:/5yEt30M
>>761
スルーした方がいいよ
今まで通り、論点が交わることなんてない
アンチの意見は特殊な読み方をした上での主観的な批判で、
目指すところは「ぼくがかんがえたさいきょうの小説」でしかない

767 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 16:39:07 ID:GQGdCrBH
>>764
いいぞ、やれやれ!俺も見たい。

768 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 19:34:56 ID:74DOViLB
まずはじめに754にお礼をいいます。754の書き込みがいくつかの答えを引き出しました。
>>761は枝葉の解釈をすっとばして読む。 齟齬や裏切りが生じないから手軽に読める。
これが俺が伊坂作品が好きな理由だ。 と述べています。

ですから私の疑問である「説得力のある解釈」
への答えは放棄されています。なぜなら枝葉の解釈をすっとばして読む。という理由です。確かに私は「死神の精度」
の文脈から一部分を切り離し分析・解釈を行っているのですから話しとして読めば手軽に読めて面白いとも言えます。

ただ、序章「死神の精度」はたかだか30Pの短編です。また千葉が調査相手と接触を持つ場面は重要であるはずです。

720>料理にさえ意味を持たせて拘るのが一流作家だよ。徒や疎かに描写しないのが本当のプロだろ。道を渡るのでも、
十字路にするか二叉路にするかさえ考えるのが宮部みゆきとかだし。
私はこれに同感ですし作家はそうあるべきだと考えます。どんな作品をだれが面白がるのを止めれはしませんし、
止めるきもありませんが、小説としてお粗末なのは否めませんよ。
多分761はお粗末とかそれがなに?だと言われきがしますけれど
>>766「特殊な読み方をした上での主観的な批判で」という言葉が出るくらいだから>>754「君たちって本当に読んでるの???」はもっともな疑問です。


769 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 19:50:14 ID:74DOViLB
>>762
作者の問題意識、何を訴えたいのか、作者の背景、人生経験等々・・・・・・・。を把握して読むべきですか。
私以上に高いものを求められているきがしますけれど大賛成です。ですがSEだから枝葉に拘らないってことですか。
ラストに向かって収束させるやり方を繰り返しますけど起点となる各々の場面がやっつけですよね。仕事を受注して
各部分でクリアーしていない状態に目をつぶりなんとか誤魔化してシステムを完成させるのがSEのお仕事なんですか。
伊坂幸太郎個人がそうなのか、SE全体がそうなのですか。多分私が意味をきちんととらえていないので分かってないと思うのですが
もう少し説明いただけるとたすかります。


770 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 19:52:54 ID:74DOViLB
>>764
あなたは良い人ですね。許可を尋ねるなんて。かまいませんよ。

771 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 20:29:43 ID:UEGx1T35
コピペでどうやって対決する構図になるのだろう

772 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 21:03:28 ID:SH0jyONR
コミュってファンクラブみたいなノリなんじゃないの?
まあ俺も反応は見てみたいけど。

773 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 00:00:01 ID:okissQ0y
普通はアンチがそんなところまで見に行かないから…

774 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 01:10:57 ID:usb+9rPf
>>753>>754>>764なのかな?
mixiでも釣られるやつが出てくるんだろうから、やめて欲しい

775 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 01:24:42 ID:3jcLFK3M
楽しいからいいじゃんやれよ。やれやれ。

776 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 03:12:39 ID:Dmd/e1Zo
こういう人がいないと普段はつまんないスレだしな
嫌なら伊坂を語れるとこは他にいくらでもあるしもう徹底的にやってほしい

777 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 07:56:50 ID:HCFrqeAO
>>774
長文書いたり伊坂幸太郎の批判を書くと自作自演だ、釣りだと書く方がいますが批判を書いてる方は多いですよ。
私は
756 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/03/12(金) 23:41:47 ID:mJEqB2vA
アヒルと鴨面白いなって思って重力ピエロが退屈だった俺は
次何を読めばいいすか?

757 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/03/12(金) 23:54:12 ID:BHWqxWxz
ラッシュライフとかどうよ

758 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/03/13(土) 00:58:59 ID:EvA6XfGD
おk、読んでみる

とか、しめしあわせて書いてるような気がしますけれど。

778 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 20:20:23 ID:4ntvmSgh
それ質問してちゃんと答えてもらったの俺なんだけど
お前ら小説読んでるくせに見抜けないのな、つーか釣りも批判もしてねーし普通の質問だわ

779 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 21:14:45 ID:jA/JkXJC
ここでジャック・クリスピンが一言

   ↓

780 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 22:19:46 ID:eYUI3eRD
ここ数年の作家さんで、この人ぐらい注目された人って他にいたっけ?
純文学作家でもいいけど。
小説なんて読んだ感想は人それぞれだからちょっと置いといて、話題作を
いくつも発表した、その中から数本映画化されたのってこの人だけか。

そもそも、小説が話題になったり、作家が注目されたりすることが
ほとんどなくなったよな。

781 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 01:50:54 ID:LDHN7xyK
世間的な人気ってことになると純文は春樹以外は死屍累々だな
芥川賞はどう見たってゼロ年代は水準が低いし
大衆作家のせいで売れなくなるとか責任転嫁もいいとこだよ

782 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 03:04:49 ID:hd2Ni5iO
最近ハマったから来てみたら、新参は自演扱いされてるんだなここはwww
どうやら来るところを間違えたようだw

783 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 09:05:52 ID:/pbRPu7w
伊坂程度の人気で新規読者がスレに来てたまるかよwww

・・・とかにはならんしな、、

784 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 13:07:49 ID:Jf4CFtSU
この人の本を五冊読んだ。今は「グラスホッパー」を読んでる。いかにも
ミステリーみたいな雰囲気で、楽しく読んでる。

しかし、音楽家や映画のエピソードなどが出てくると「またかよ」と
興ざめになるのは俺だけか? 
この人ぐらい器用なら、先人が残した作品や言葉、生き様なんかに頼らなくても
作品が書けると思うんだけどな。
映画や音楽が好きみたいだから、好きな曲やアーティストのエピソード、
作品のさりげない批評などが出てくるのはわかるんだけど、どの本を読んでも
それが出てくるのはちょっとしつこいというか。


785 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 22:59:21 ID:AmJZ1EOB
>>784
君だけならどうなのさ

786 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 23:14:10 ID:g3RtaCCD
>>785
おぉーーー

787 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 23:17:21 ID:Jf4CFtSU
>>785
かなり疑問ですw

腕がある作家さんなんだから、わざわざ先人(現存の芸術家だろうが)の作品や
言葉なんかひっぱる必要はないと思うんですけどね。
ただ、これがこの作家さんの個性ならもちろんしょうがないと思います。
そうしなければ、本人が作品を仕上げられなかったんだろうし。

788 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 23:51:41 ID:0c6GAaxY
なんで悪い方向へ捉えようとすんのか

789 :名無しのオプ:2010/03/16(火) 02:05:40 ID:UCI0uIJo
伊坂ってそういう引用とか挿話が直截すぎてあざとい部分はたしかにある

790 :名無しのオプ:2010/03/16(火) 02:46:31 ID:He9vfant
うんたしかにある。あれなんだろうね。

791 :754:2010/03/16(火) 12:26:19 ID:l7F6v9Ee
>>762
>彼らは 「与えられた明確な条件」をもとに解を出したり、理論を打ち立てる
>もしくは 「目的の状態を再現性を有しつつ」得られる手法、条件を捜すのが仕事で

SEだからこうやって書くんだという件は明らかにおかしい。
だったら抽象画を書く人は、意味のよく判らない文章を書いてもいい事になる。
それに、ああだこうだと風呂敷広げて話を膨らまし、
けれど納期にはなんとか間に合わせて、要望通りに作りましたよ^^ってやってたら、
それはただの駄目SE。

また、「明確な条件」なんて顧客から出てくることなんて殆ど無い。
大抵あいまいな要望を聞き取って、汲み取ってシステムにするのがSE。
その時に、上記で指摘されているような「みにくい」を勝手に「見づらい」に変換し、
質問もせずに「いや見やすい」とか答えるような会話を作るようじゃ、
とんだへぼSEだよ。

つまり、SEだからこんな風に話を作るという考えは、根本からしておかしいん。


>>774
>>753>>754>>764なのかな?
アホウ、別人ですがな。

792 :名無しのオプ:2010/03/16(火) 12:30:27 ID:l7F6v9Ee
>>761
>細かい所に意味を持たせたところで、その意図を読み手に汲ませるような
>しち面どくさいことさせられるのが嫌いだ。

その意見は判る。
確かに判るんだが、別に読者が汲み取らなければならないってわけじゃない。
よく読んでみたら、実はそんな意味が隠されてそうだなと思えるようなもんでいいんだよ。
そう言ったところまで、世界を作り上げるのに拘るのがプロっていうだけで、
細かい部分まで読み解かないと意味が解らない小説が佳い!って言うわけじゃあない。

つまり、何回に細かく詰め込んで書いた物が素晴らしいとは言っていない。
ただ、ある世界を構築するならば、随所に拘って書くのが一流だと言う事だよ。

そういった設定を省き、やたらプロットに沿って書くばかりで、
背景や心情や齟齬に目を配らず、軽妙に愉しめる物ばかりを書いているだけじゃ、
将来飽きられると思う。

それに、枝葉の解釈をすっとばして読むのならば、最初と最後だけ読めばいいって事になる。
謎解きやプロット回収が主体じゃ、小説であらねばならぬ理由が無くなっちゃう。


>>768
>まずはじめに754にお礼をいいます。

こちらこそ。

793 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 06:41:34 ID:8t0y1Qfc
>>791

「みにくい」は
短いページ・文字数で物語を一気に進めるための技術でしょ
祈りやモダンの作中でそこら辺を解説してた(ような気がする)

女の顔が不細工&二人を親密にさせる&死神が日本語下手
って情報を全て網羅してるのが
「みにくいんです」
「いや、みやすい」
のやりとり

3つの要素を別々に描写してもいいだろうけど、
それじゃシンプルさやスピードはでないと思うわ

スパゲティコードは避けるべし

794 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 06:51:02 ID:8t0y1Qfc
>>792

ジャック・クリスピンいわく、
「仕事と女の価値を決めるのは他の奴らじゃない、俺だ」

だそうだから、あれでもいいんでしょ

795 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 22:04:02 ID:9OrUFmpR
>>793
「みにくい」は、あのままだとバグが必ず生まれるよ?
PTレベルだけ完璧でも、ITやSTをろくにこなさないまま納入したもんじゃん。

スピードも大切だけど、品質が大切なのも言うまでもないと思うけど。
現に、ここにいる素人に指摘されるってのは、プロとしてはちょっと恥ずかしいよ。
プロなら変な誤解を生むような安易なソリューション(笑)は提供しないと思うけど。

それにスパゲティじゃないね。例えば以下のような文章で十分なはず。

女:「私、みにくいんです」
死神:「なにが?」
女:「私が」
死神「いや、みやすい」

これのどこがスパゲティであり、
女の不細工さ&親密さ&日本語下手の要素をそぎ取ると思う?
これくらいはプロなら気付こうよって事です。


>>794
悪いけどそれはとても論理的な答えになっていない。
スパゲティ以前の問題だよ。

796 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 11:01:22 ID:s6X94rnj
ダラダラと続けるような話題でもないな
些細な点に突っ込んで楽しいんかね

797 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 11:53:45 ID:k72si3NM
長文の人、長げえよぉw もっと短くしてよ。

伊坂には、ジャック・クリスピンが持ち帰り弁当屋で
バイトする話を書いてほしい。



798 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 14:29:46 ID:1fhRoO/O
795君はIT業界に入りたてなんだな。用語使うのが嬉しげwww

799 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 14:38:15 ID:r96TO6em
ねんまつって言う字を変換すると年未って出てきやがった
やつめ

800 :名無しのオプ:2010/03/19(金) 01:46:30 ID:QN1RB6OZ
>>798
しかもF系だな、SEに幻想持ちすぎもいいとこw


801 :名無しのオプ:2010/03/19(金) 16:24:19 ID:NBKqvthJ
______________


動物園に行こう。休日をライオンと




___ /) /)_________
    / ///_roェ-_  ::::/:::::: ヽノ
   ./ /. //^):: ー ’ ̄ヽ/    .j
   i ^ r   /")、::_ ノ     i
    l   ^ 'γ'. ) ヽ      ノ ヽ        
    r 、   : j:::~’::: `       
    >;;:: .  /`'_ ̄`    /
   /; ::.   / ヽ_ _ ノ/
  /::::    // ll     //

802 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 00:40:01 ID:jIduoKb0
まあ賛否両論ということは優れた作家の証拠である
アンチもアンチとしての役割をこの2chで果たしているだけ

ジャック・クリスピン曰く
「あるのが賞賛だけならば、評価されていないのと一緒だ」

803 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 15:06:32 ID:uKa9PTlq
有名な人の言葉を引用しないと、自分の意見も書けない奴は、
そもそも自らの意見すらない。これは常識な。

それと長すぎるから短くしろってのは、伊坂の作品を読みすぎ。
もう少し、真っ当な小説を読もうぜ。小説もどきなんか読んでないでさw。

伊坂はあと二年もすれば消えていく。
その前に新天地を切り開く作品か、今までの駄作を凌ぐような作品を生まないとね。
なぜなら既に読者に飽きられてきている。あまりに安易な設定と、いつも作者の意図するところに持っていく為、
無理矢理なストーリー展開を平気で行うからさ。

読書もどきが好きな人は違うけどね。そもそも彼らは読んではいない。話題や流行に乗りたいだけだからね。

804 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 15:18:06 ID:hqIfODJb
で、おまえはなんでこんな小説を読んでんの?

毎回同じこと書いてるから、無駄に長い文になってるのが自分で分かんねえの…?

805 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 18:19:26 ID:revu4xQW
そもそも、深く議論するような作風じゃないからな。
読みやすくて、ちょっと変わった登場人物たちが意外な所でつながるだけ。
それが楽しめるかどうか。



806 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 18:40:09 ID:8mIwspnO
だから深みがないって批判は普通にありだし
その通りだと思うけど、こうも同じことを繰り返されてもねえと

807 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 18:42:50 ID:yYtaTR9v
違うよ







>>803の好きな作家教えていただけませんか。

808 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 20:31:59 ID:qBeLiY+n
>>807
お前の読んでる伊坂意外の小説あげろ。

809 :807:2010/03/20(土) 21:56:30 ID:Yqhm48Eb
最近読んだ本では

太宰治「人間失格」 横山秀夫「半落ち」

和田竜「忍びの国」 中村航「100回泣くこと」

小林多喜二「蟹工船」 恩田陸「夜のピクニック」

よしもとばなな「なんくるない」

天童荒太「包帯クラブ」 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

とりあえず近所に古本屋があるので
暇なときに立ち読みして最初の10ページが面白かったら買ってる

伊坂幸太郎は
「死神の精度」「グラスホッパー」「首折り男の周辺」
「魔王」「チルドレン」を読破済み

810 :名無しのオプ:2010/03/20(土) 22:22:48 ID:AClAoiku
必死でググってその程度かよ

811 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 00:31:39 ID:3jYc6Bd3
俺はキングとル=グウィンとハリーポッターと筒井康隆くらいだな。
あと金庸と古龍とブラッドベリと藤子不二雄と楳図かずおとディックフランシスと小林よしのりと
切りがないな。

812 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 00:33:23 ID:TAljgndU
春だねー

813 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 01:53:17 ID:3jYc6Bd3
>>812
また逃げるのか。よほど自信がないんだな。

814 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 02:08:45 ID:OxJaAjZH
アンチはほっとけば消えていく。
その前に新天地を切り開くレスか、今までの駄レスを凌ぐようなレスを生まないとね。
なぜなら既にファンに飽きられてきている。あまりに安易な設定と、いつもアンチの意図するところに持っていく為、
無理矢理なストーリー展開を平気で行うからさ。

815 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 08:18:19 ID:GXU4119O
>>811
ハリーポッター(笑)

816 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 10:05:28 ID:TAljgndU
>>814
主語が抜けすぎて、文の意味がわからん

817 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 10:44:36 ID:HANlY4Ol
814のような文章は、わかりにくい。
書き込む前に読み直す癖をつけろよ。

818 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 14:58:59 ID:N7htSSdG
>飽きられている
>無理矢理なストーリー


いつもの長文の人w

819 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 15:48:11 ID:7yvyG68m
>無理矢理なストーリー展開を平気で行うからさ。
ミステリーなんてどれでもそうだろ。
>なぜなら既にファンに飽きられてきている。
既に飽きられてるなら、売上ランキングに入ってるはずないと思うけど。

作品がどうのこうのじゃなくて、売れてるってことが気に入らないんじゃ
ないかな。東野も同じ理由で叩かれてるし。
音楽でもタレントでも、売れるとやっかみで叩かれるし。


820 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 00:16:17 ID:jIe7jPeh
売れてもいいんだけど、
伊坂団とかいう気持ち悪い組織を作る信者は嫌い。

821 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 00:32:48 ID:6d/oBlv9
何それきめえ

822 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 16:12:36 ID:lfvSHuL0
賛美してる奴も酷評してる奴も自分の考え以外は認めないあたり
板の住人の程度が知れる。
レスされて「そうだね」って言える奴はいないの?



823 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 17:29:55 ID:+XDZEGqH
人の趣味嗜好に、ケチつけるなってこった。

「伊坂の文章力は特筆すべきものがあるキリッ」
とか書かれたら、
「あぁ、まともな文章読んだことないんだろうなぁ」
とは思うけど、娯楽として楽しんでるだけなんだから。

あと、>>809の挙げた人間失格とか、カミュの異邦人とかは
短編なのに、内容の濃さはすごいと思うよ。

824 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 18:09:17 ID:s6Xk97al
814=822は同一人物?
日本語を勉強しなおせよ。

825 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 12:20:37 ID:GozLv6Nb
>>780
こんなのが話題になるほど、
日本はばかになってるってこと。

826 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 13:50:53 ID:Toabi/nh
>>809

なんだか如何にも話題作ってのが丸わかりなチョイスだね。

伊坂好きによく見られる傾向なんだけど、
つまりは誰かが読め読めって言ってるものじゃないと読まない、
没個性な人間なんだろうな。自分の好みや考えがないタイプか?
我慢して読書スタイルなんて披露してないで、ラノベや漫画を読んでおけって。
あと『読破』とか書いてるけど、
こういうタイプも、本を舐めるように読むと言うよりは、
如何に何冊読み終わったかが重要かと考えるタイプだな。
質なんて関係ない。

まとめると、
・人気作、話題作を読んで、とにかくブームに乗りたい
・何冊読み終わったかが大事。だから中身や感想などお構いなし
・手軽に愉しめるものが重要。
・文体、作り方、構成など全く考えない。出来れば会話だけで進む作品のほうが嬉しい。

827 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 14:10:25 ID:Toabi/nh
>>819
>作品がどうのこうのじゃなくて、売れてるってことが気に入らないんじゃないかな。
そうじゃなくて、作品の質が最高でもないのに、
アホみたいに売れてるのが問題だって事。

佳いものなら売れて当たり前だけど、
伊坂の作品って、所詮、テレビや雑誌や誌面での宣伝ばかりが巧妙なだけじゃん。

そうでなければ内容について、ここまで詳細な批判を書かれるはずがない。
タダのいちゃもんや揚げ足取りなら、批判派が僻んで書いてるだけなのが判るけど、
擁護派が論破も出来ない筋の通った批判が出てくるなんて、優秀な作家とは言えないだろ?


伊坂は簡単に映画化できるような狭い範囲でのミステリを大量生産してるだけで、
深いものを作ろうと努力していないのが、数行読めば直ぐ判る。
なぜって矛盾ありまくりの会話や、トリックがそれを示してるろ。

面倒な風景描写も省き、小洒落たと自分で思ってるような、キモイ箴言や格言を平気で載せるし。
ああ言ったのは余程の人生経験を積んだような登場人物に言わせないと、
軽すぎて鼻で嗤ってしまうレベルになる。
そしてそう言った人物を描くという、面倒な準備を伊坂は悉く放棄している。

それにね、バカみたいに飛びついて買ってるファンも怖い。批評に対する批判もろくにかけないような、
智恵遅れみたいなファンとかね。


別に個人が何を読んでも愉しんでもいいけど、
佳い本を選ぶ能力に欠けた人らが、砂糖にアリが群がるがごとく買い占めてたら、
いい作家ってのが育たないよ。だから最近、宣伝だけで売ろうとする似非作家まで出てくる始末。
頼むから、少しはまともな作家の本を読もうぜ。そうでなければ漫画かラノベの世界に行ってくれ。
まともに本を読めしないオタファンが石ころばかりを褒め称えるから、珠がちっとも表に出てこないんだよ。

828 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 15:02:25 ID:8YC5Kchm
>まともに本を読めしないオタファンが石ころばかりを褒め称えるから、珠がちっとも表に出てこないんだよ。

名言である。いいこといった!

829 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 17:04:40 ID:SPdL8DNa
嵐乙

830 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 17:19:54 ID:SPdL8DNa
そこまで言うなら、正しい本の読み方をご教授願えませんか。

中身のない、誰も得しない演説はいらないから。

また、文庫本にある評論家等の批評に対しての意見も聞きたい。

831 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 19:57:22 ID:KJaGbafe
出版界の問題を作家一人に押し付けられても困る

832 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 20:03:32 ID:7JCzOwgP
>>809
を批判してるのは文章の読めない想像力のない子w

833 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 20:22:52 ID:Pkc5vUFk
>>827
あんた勘違いしてないか?

サイゼリアに食べに行って「本物のイタリア料理はこんなもんじゃねえよ!」
って言ってるようなもんだと思うぞ。

伊坂の作品は文芸作品じゃないし、社会派ミステリーでもないことは
読めば誰でもわかるだろ。
伊坂好きな人は、最初から深いテーマなんて求めてないと思うよ。作品に
対しても、それほど思い入れは強くないと思うけどね。
「○×の作品の、あの主人公の生き方に憧れる」
そういうような、登場人物に深く共感したなんて感想は、このスレにほとんど
ないだろ。


834 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 21:01:49 ID:ELCJrP14
アンチ伊坂幸太郎
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1269345625/

835 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 21:43:24 ID:eclBbBHw
>>830
「評論家等の批評」はどうかなぁ。

リアル鬼ごっこだって巻末のやつは、絶賛してるよ

836 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 22:06:03 ID:Etm50TjD
>>835
今調べてみたけど、解説書いてる人は評論家じゃないね
まともな評論家には全く相手にされてない作家もどきの名前を出されてもなあ

837 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 22:13:01 ID:YuDtQHSY
書評家、書評家の類で伊坂をけなすやつは見ないな
福田和也も意外に好意的な評だったし

838 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 22:26:18 ID:aFVLiLbW
>>833
そいつには触んないでくれ。
偉そうにミステリの短所を挙げて伊坂はここが悪いと言ってるだけだ。
もし完全にそいつを論破したいんなら、
ミステリというジャンルが全てにおいて他を圧倒していることを示さなきゃならんよ。

839 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 23:14:08 ID:yAaLpewe
長文アンチも、流行作家の小説を必死で読んでるんだよね
結局、宣伝に乗せられてるに過ぎない

840 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 00:13:45 ID:orgADEFU
>>836
だからね>>837みたいな、無関係のことからの批評はいいんだって

基本、巻末の解説で悪く書かないでしょ

841 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 15:29:08 ID:5da9PjVS
で827は何をどう読んでいると?

842 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 20:54:51 ID:U1+6jO0y
>>830

お前はさ新潮文庫の100冊とかフェアやってるとき全部買って読み切れ。
解説も読め。そうしたら
>また、文庫本にある評論家等の批評に対しての意見も聞きたい。
なんてことも言い出さない。
>中身のない、誰も得しない演説はいらないから。
お前が読んで意味の分からないことでも多くの人は分かってる場合がほとんどだと思うぞ。

843 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 21:09:14 ID:y0YxQy7V
>>842
いやー…

とてもじゃないが、まともな日本語を書いてないよ。

もしこれで通じてると思うなら、あんた人生終わってるわ

844 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 21:10:00 ID:d95JeIn7
新刊どうよ?
明日発売だっけか

845 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 21:18:38 ID:y0YxQy7V
>>843
×書いてない

○返してない

846 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 21:28:55 ID:U1+6jO0y
>>830かお前?頭悪ぃ。

847 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 21:42:17 ID:yUWDvA2n
ご教示だよなぁ

848 :名無しのオプ:2010/03/24(水) 22:13:40 ID:y0YxQy7V
>>843
伊坂信者の必死さに泣けてくる……

849 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 13:46:17 ID:yq0cyuBD
>>833
>サイゼリアに食べに行って「本物のイタリア料理はこんなもんじゃねえよ!」
って言ってるようなもんだと思うぞ。

その喩えはよく判るな。確かにファミレスで本物を求めるのはおかしいし。
たださ、それが食についてならば客はサイゼリアにも行くし、本格イタリアンにも足を運ぶだろ?
一方、伊坂ファンに関しては、本格的な小説なんかには食指が動かない。
これが問題なのよ。


「難しい」「読みづらい」「テンポが悪い」とかご託を並べて、
結局、会話文中心でさっさと読める(けど後には何も残らない)お手軽小説を買うだけだ。
自らの読解力低下を棚に上げ、別段難しくもない、ただ深くて濃い小説を避けてるだけだ。

だから伊坂が好きな奴らは、他に読むとしたら西尾とか乙一とか舞城とか万城目とか、
そんな軽いだけが特徴の、漫画もどき小説しか読まないんだろ。


今まさに出版界においては、手軽に読めるだけの、
それでも漫画には劣るような中途半端な小説もどきばかりが出版されるようになってる。
「最近の作家&新作&話題作&売れてる」って要素をたまには避けて買ってみろ。
驚くほど佳いものが見つかるのに。

このまま日本中の飯屋がサイゼリアだらけになったらどうよ?
出版業界もそれと同じだよ。


>>830は論外だな。何かきついことを言われると、
「じゃあアナタが〜しなさいよ」とかいって、他人に振るだけの駄目人間だ。
正しい本の読み方なんか知るかボケ。教科書読んでんじゃねえぞ。

もしも佳い本の選び方を訊いてたなら、或いはまだ救いがあったけどな。

850 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 14:22:44 ID:SJzdSp2J
>>849
アンチ伊坂幸太郎
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1269345625/l50

851 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 15:17:18 ID:dm66Nomk
>>850
お前みたいなのが一番駄目な反応ってまだわからないんだな

852 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 15:39:03 ID:MIPs4pJq
深い本を読む時間がない。
本を買いに行く服もない。

……それはさておき、自演までしてアンチ活動ご苦労様です。

853 :純粋に思ったこと:2010/03/25(木) 15:42:46 ID:SeHjzQhi
この人の書く文章って小学生の作文みたいだと感じた。
思ったことを書き連ねているだけ。オチが基本的にない。
あと登場人物の会話が幼稚。
字数を増やすために無駄にキャラを増やして、
さっきの奴は結局なんだったのって思うことしばしば。
売れてるから読んでみようと思ったのが失敗。

854 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 16:55:35 ID:876Z5I4m
山田悠介は、レストランに行って、うんこだされた感じ
そりゃ、キレるわ。食いもんですらないし

伊坂幸太郎は、レストランに行って、カップ麺出された感じ
「これはちょっと……」って思ったら、周りの客は「旨い旨い」って言ってる

855 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 17:28:59 ID:HbJ3pxPl
>もしも佳い本の選び方を訊いてたなら、或いはまだ救いがあったけどな。

で?
結局書けないんだろw
読んでる本も読み方もwww
突っ込まれるのが怖いからwwww

856 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 18:09:41 ID:nOtSGD4M
>>854
べらぼうに上手い例えだな。思わず感心したわw

857 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 18:50:05 ID:HbJ3pxPl
伊坂は「オリジナルはもう生まれない」というライトな諦念に基づいて
「より良きリミックス・リメイク・パロディを」と考えるタイプの作家で、
奇抜なアイデア一本を頼りに刺激性をアピールしようとする山田何某、
「私というオリジナルの存在をぎっちり描けば
 おのずとオリジナルな物語になる。私私私」という辻村何某とは志が違う。
(どっちがいいとかじゃなく、ただ違う)。
群像劇を上手に書くのが特徴、というよりは
群像劇を書くという手法でしか伊坂の世界は作れないのだけど、
シーンひとつずつの悪魔的な緻密さ、小説という手法への敬愛、
そういったものこそが伊坂の特徴だと思う。

858 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 18:52:01 ID:O+6M7dQB
>>854
オマエやるなw
本出せw

859 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 19:23:56 ID:H/a543BC
レストランねえ・・・

860 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 20:01:19 ID:QnZSV4GQ
今日は補習。死神の精度「死神と藤田」から

51P 藤田が組の「親父」と電話で話す場面。

「おまえは、筋にうるせえな」相手は気色悪い毒虫の背中に触る様子だ。

組の親父は筋を通そうとする藤田を疎ましかっがっているというのが通話の内容だが、
<気色悪い毒虫の背中に触る様子>ってどういう様子なんだろうか。私は気色悪い毒虫に素手で触るという経験に遭遇したことがないのだが
どういうことだろう。

わずらわしい、疎ましい=<気色悪い毒虫の背中に触る様子>ではないはず。不明確な喩えだ。

61P「藤田さんが負けるわけがないからだ」に続くセリフが
「お前だって、ロックンロールが壊れたら、悲しいだろ」である。唐突にロックンロールが壊れた??ら??他の方も指摘していたが場面に合わせて登場人物に語らせるより
伊坂の趣味の語句、引用を出すのが優先なのだ。
「ミュージックが死ぬのか?」「そうじゃねえよ喩えだっての」これも愚かなセリフまわし。阿久津自身直前に喩えを言っているなら千葉の言葉も喩えだととらないの?


861 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 22:00:19 ID:QnZSV4GQ
>>854
本出すことになったら協力致します。

862 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 22:08:05 ID:vKbCycL5
>>860
君の読解力の無さにはほとほと呆れるよ。
毒虫のくだりだが、普通は気色悪い毒虫に素手で触る経験をした事がある人は
少ないだろうね。何故なら、気色悪いと認識してるものをわざわざ素手で触ろうと考えないだろ?
気色悪い毒虫を見つけたとしても、素手では触りたくないし、それどころか関わりたくないと考えるのが普通だ。
つまり、組の親父は藤田と関わりたくないと考えていると読み取れる。
君の人生経験にはまったく興味がないが、自分が経験した事が無い事を比喩に使われ、
その内容を読み取れないから不明確という解釈は非常に残念だ。
毒虫ではないが、ゴキブリを見た事があるかな?あいつの背中を素手で触る事に抵抗感が
あるなら幾らか理解出来ても良いと思うんだけど?
ロックンロールのくだりについては、必要なら明日書くけど、今日はもう寝ます。
ゴメンね。

863 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 22:38:13 ID:QnZSV4GQ
返答どうもありがとう。<気色悪い毒虫の背中に触る様子>に違和感ないんですね。私だけでしょうか。
>組の親父は藤田と関わりたくないと考えている
これは分かるんです。

ゴキブリは違うでしょう。説明が遠くなります。

気色の悪い毒虫の背中(おそらく毒蛾とかの幼虫。背中の刺に毒がある。触りたくない)=話したくない。毒がある(害がある)から。毒虫(虫、虫扱い。下に見ている)
=藤田だとして、

適切な比喩ですか。うまく説明出来ないけどしっくりこないんですが。どなたか文中の<気色悪い毒虫の背中に触る様子>の評価をお願いします。

864 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 23:33:18 ID:jgOnjRgB
気色悪い毒虫の背中に触る=860へレス

865 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 23:39:37 ID:QnZSV4GQ
しっくりこないので読み返してみた。
>組の親父は藤田と関わりたくないと考えている

すみません。これは分かると言いましたが読むと違いますね。親父と栗木は繋がってる。
「藤田はもう古いんだよ。誠実だとか、任侠の時代じゃねぇだろうが。これからは交渉・・・・・」

のように親父は命令に従わず前時代的な藤田の「うちが筋を曲げたことになりますよ」に

またかよ・・・お前は・・・という気持ちを抱いたのであって
>組の親父は藤田と関わりたくないと考えている
わけではないね。

するとやはり<気色悪い毒虫の背中に触る様子>はおかしくないですか。

866 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 23:48:39 ID:dm66Nomk
ほんと伊坂好きなんだな、感心するわ

867 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 01:07:22 ID:Yr2HvjvD
ミュージックが死ぬのか?が喩えってどんな喩えだ?

868 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 06:57:39 ID:0FEnW4BJ
新刊出てるけど、誰か買った?

869 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 07:09:18 ID:V0XcxcN5
>>865
おかしいのは君の読解力の無さと自分が理解出来ない事を認められない器の小ささ
だろうね。
君が小学生か、中学生かは分からないけど
納得出来ない事を飲み込んで前に進む事を
覚えた方が良いと思うよ。

870 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 08:40:14 ID:5WKU3po7
納得出来ない事を飲み込んで前に進む事
納得出来ない事を飲み込んで前に進む事
納得出来ない事を飲み込んで前に進む事
納得出来ない事を飲み込んで前に進む事

うん、覚えた方が良いな869はwww


871 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 19:30:10 ID:QYccTyNZ
毒虫の背中にさわる→必ず刺される→激しく痛む
って連想できるから、この後に血の流れる痛ましい事件が起こる
伏線だと思ってた。



872 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 21:22:56 ID:PR7k8HcP
>>871
こんばんは。そういう受取りでよろしいです。だから伊坂幸太郎はよろしくないと言えるのです。
「お前は筋にうるさいな」という受話器から聞き取れる音声から<毒虫の背に・・>の比喩だと親父と藤田の関係からこのあと起こる未来まで書きすぎた比喩です
そういう設定は後からわかるけれど先に漏らしすぎ。説明過多なわけです。
「お前は筋にうるさいな」は煙たい、しつこいまでは聞き取れても親父と藤田の深いしがらみを推察することはできません。カウパー氏液が伊坂幸太郎で
ちゃったんです。
伊坂幸太郎はこの部分で2つのミスをおかしています。比喩は的確に状況を表さなければなりませんが<気色悪い毒虫の背中に触る様子>だと人によってばらばらなことを想起します。
「胸が張り裂ける」とか慣用句のように使われた比喩なら意味を的確に伝えますがこの比喩だとなにを表してるか立ち止まってしまいます。
もうひとつのミスは>>871の書かれたように未来に起こること、ただ携帯電話からもれた音声だけからは伺いしれない背景まで書いてしまっていることだ。

何度となく言われているが伊坂幸太郎は推敲していないのか又はいい加減な仕事しかしないのか。伊坂幸太郎が何を考えているのかわかりませんが極めて質の低い文章を書くことだけは分かりますね。

873 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 21:34:46 ID:QYccTyNZ
ここから上島の流れ

874 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 21:43:39 ID:OD2Zaj3T
>>865
君の違和感は、恐らく大人の読者にとっては普通に覚えることと思える。
ただあまり伊坂の比喩については気にしない方が良い。
なぜならば、別に伊坂は深く考えてああ言った比喩を使ったわけじゃない。
単に小洒落て気の利いた、それでいてあまり聴き慣れないような表現を使用したかったに過ぎないから。

その理由は、「相手は面倒臭そうな声を発した」と書けば済む話だからだ。

毒虫云々に喩えることで、この章のストーリーに大きく影響するなら理解できるが、
毒虫に喩えなくても全く問題ないのは読めば解るはず。
そして、伊坂が比喩に拘って書いたとするならば、もっと他の風景描写の量も増やし、
それぞれに置いて、重厚な比喩表現を行うはずだ。

得てして二流物書きは、必要のない場面で変に拘って書きたがる傾向にある。

例えば、その時の主人公の心情を映すものでもなく、ましてやストーリーにも絡まず、
ただ単に雨が降っている場面を描くにしても、
「銀色の槍のような細い雨が、地面に抗議するかのように空から無数に打ち落とされている」とかね。
普通に「小糠雨が降っていた」ですむ描写なのに。

伊坂の毒虫表現についても同じ事。まるでブロガーレベル。
こういったどうでもいいところで頑張るから、矛盾が残ったストーリーになるし、
人間というものが書けず、風景さえも満足に刻めない作品を量産することになる。

作家志望者には、ある意味、反面教師になって良いかもしれないけどね。


>855
「「最近の作家&新作&話題作&売れてる」って要素をたまには避けて買ってみろ。」って書いただろ?
お前のような、2ちゃんのスレに書かれていることさえまともに読めない輩には、
何を薦めても、何を教えても無理みたいだけどな。

875 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 22:38:57 ID:5WKU3po7
「オー!ファーザー」サイコーだね。
やっぱ伊坂はこうでないと!爽快爽快

876 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 22:40:38 ID:wtWE4gLk
・伊坂だけに諍いおこすな

877 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 22:54:54 ID:qPGHKrbN
コーエンのオー!ブラザーから来てるの?

878 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 02:45:52 ID:ROtjc7hD
魔王、読みました
終わり方に少し驚いたけど、ライトな感じで読みやすいですね。
消灯ですよーが頭に残る。爽やかな表紙デザインが魔王っぽくないけど

879 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 03:17:43 ID:kXmbSUQL
外国での伊坂の評判ってどうなの?
ラッシュライフみたいな小説は受け入れられるんだろうか。

880 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 06:59:53 ID:fM3KdBgv
有栖のエッセイで雑誌の幻影城つくった島崎さんが台湾で出版したとか言ってたな。
よく知らん

「オー!ファーザー」面白かったよ。
あるキング、SOSとは全然違う

881 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 10:17:11 ID:PB0I2MmB
オー!ファーザー読んだけど、重力ピエロみたいな話だった。


882 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 10:44:50 ID:S73/aP04
やっぱりピエロみたいなかんじなんだ
家族が全面に出るものって苦手
今回はパスだな

883 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 10:50:35 ID:ueZk/c3S
アンチが的確におかしい的確におかしい言ってることって
「そういう可能性はある」の一言で終わるだろ。
傘から飛んだ泥の件も、私(の姿は)見にくいと勘違いした件も。
あるあるネタじゃないとダメなのか?
やくざの観察眼の件なんか状況の描写がないない言いながら
部屋のあちこちをガン見ではなく素早くさりげなく見た可能性を最初から消すなよ。

>>854
その喩えには山田の本がその後も売れ続けている状況がないなぁ。どこに忘れてきちゃったのかな?

884 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 14:53:31 ID:peMZvEY9
アンチはまず神様のレシピをじっくり読むべきだろう。
伊坂神のレシピには、全てがご都合よく進むように書かれているのだから
ギャーギャー文句を言うなら神様のレシピに文句を言えよ。

アンチは「カメハメ波」も否定するんだろうな。

885 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 19:16:32 ID:wRGXOEs9
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/DetailZasshi?refShinCode=0900000004910047020502&Action_id=101&Sza_id=LL

vol.3に伊坂が出るかは今の所不明だな。

886 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 20:46:36 ID:t05PyHTo
デビュー作から順番に読んで、今はコインロッカーを読んでます。
やはり最近の作品も、パズル的な構成なのでしょうか?

887 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 21:39:04 ID:cO2Rqn/L
発売1日で読みたい本のトップ、流石だなぁ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4104596043

888 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 15:10:47 ID:T5VHm60i
重苦しい時代だから爽快な読みものが好まれる?

889 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 23:41:07 ID:gexL8wP0
オー!ファーザー面白いな キングと猿のせいで敬遠してたが

890 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 02:23:25 ID:X8+sk4pO
今回の話は本筋と関係ない無意味な伏線、思わせ振りが多すぎ
特に殿様の伏線とか必要だったのかなって

でも富田林と鱒二の件は伊坂らしい伏線で微笑ましかった

891 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 22:07:02 ID:NDU6hqQg
>>883
「あるある」って感覚はあって当然だけど、
普通に考えたら、「ねえよ」ってレベルだから底が浅いんだって。
だから御都合主義で展開させているって思われる。
だから漫画かラノベでやっとけって言われる。

つまりリアリティに徹底的に欠けている。それでいて世界が奇想天外に面白いわけでもないし。
つまり、都合の良いときに急に「あるある」と思わせるような事象を持ってきて、
なんとも御都合主義的に話をまとめるから、やれやれって思っちゃう。




892 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 22:21:14 ID:NDU6hqQg
>映画や音楽は大勢の人を一瞬でバーンと興奮させたりできますが、小説は読者が本屋さんで一人で選んで読むものなんですね。

んなことない。現に、「みんなが買うから、人気作だから、売れてるから、テレビで紹介されたから」で伊坂作品を買ってる奴らが多数じゃない。
選んでるんじゃないことぐらい判らないとは重傷だな。
今は「無意識的に選ばされてる」んだろ。当てにならないマスコミや口コミによってさ。本当に読者が選んでいるならなんで、新作にこだわらずに自分の好きな本を探しまくるだろうさ。
けど実際は、ろくに本も探さず、自分の好みも確立できず、周りに流されて流行に乗りたいが為に買うだけだろ。だから感想がいつも「おもしろい、ぐいぐい読めた、すごい、驚いた」とかの脳天気で安易な物ばかり。みんな中卒レベルか?
自分の意見も感想もまともに書けない奴らが読むのが、伊坂なんだろうって思える始末。

893 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 22:31:00 ID:W1HpLN2g
ボブ「なぁ、テッド、聞いてくれ。
僕は占いや運命と言うのもは一切信じられないんだ。
あんなのを信じる奴はどうかしている。バカだ」
デット「ヘイ、ボブ。何でそう思うんだい?」
ボブ「だって、世の中何が起こるかわからないんだぜ!」
テッド「じゃあ、もし科学がどんどん進んで、運命というものがあるってわかったらどうなんだい?」
ボブ「そんなことは絶対にありえないよ!」

894 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 22:59:56 ID:rs2b2sLF
神様のレシピがどうとか書いてるやつがいるけど(中学生ぐらいか?)ご都合主義の展開は百歩譲ってあったとして文章の間違いや登場人物の性格や設定が
コロコロ変わるとなえることないか。伊坂は毎度そんな調子。

895 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 23:44:50 ID:W1HpLN2g
カリスマ的人気を誇るロックシンガーがコンサートを終えた。
聴衆も引き上げ、舞台の後片付けの指示を出していたところ、視線を感じた。
そこには場違いな初老の男。
「すみません、今日のコンサートに間に合わなかったのですが、サインをお願いできますか」
「ああいいよ」
「しかしコンサートは空席が目立ったそうですね」
「は?満員だったよ?」
「そうなんですか?でもCDはあんまり売れてないんですよね」
「何言ってるの?この5年、俺、売上げベスト10から落ちたことないよ?
おじさん、本当に俺のファン?」
「ファンというのは少し違うんですが、熱心に追いかけさせてもらってます」

男が差し出した名刺には、「税務署」の文字があった。

896 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 02:18:09 ID:xxSxPm7b
伊坂スレ覗いてみれば批判多いなw
まあ俺はオデュボと魔王とGHしか好きじゃないが

897 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 02:21:57 ID:hFrF/ey+
>現に、「みんなが買うから、人気作だから、売れてるから、テレビで紹介されたから」で伊坂作品を買ってる奴らが多数じゃない。
>選んでるんじゃないことぐらい判らないとは重傷だな。
>今は「無意識的に選ばされてる」んだろ。当てにならないマスコミや口コミによってさ。本当に読者が選んでいるならなんで、新作にこだわらずに自分の好きな本を探>しまくるだろうさ。
>けど実際は、ろくに本も探さず、自分の好みも確立できず、周りに流されて流行に乗りたいが為に買うだけだろ。だから感想がいつも「おもしろい、ぐいぐい読めた、す>ごい、驚いた」とかの脳天気で安易な物ばかり。みんな中卒レベルか?
>自分の意見も感想もまともに書けない奴らが読むのが、伊坂なんだろうって思える始末。

ID:NDU6hqQgが
伊坂の本を読んだことのある人の多くは「無意識的に本を選ばされてる」人である、
と証明できなければ話にならない。
今のところお前の妄想の伊坂信者でしかない。

是非そこのところを証明して欲しい。
またアンフェアだと言うのかもしれないが、プレゼンターはお前なんだからそれなりの理屈を持ってきてくれ。
これは客観的な証明(データさえあれば数字で出せる)になると思う。

「伊坂幸太郎の本が好きな読者」=「マスコミや口コミによって無意識的に選ばされてる自主性のない読者」
多くの場合にこれが当てはまるってことさえ言えればいい。
根拠もなくこの主張をしてるはずはないだろうから難しくないはず。

898 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 03:12:19 ID:pAnuyCv6
なるほどID:NDU6hqQgの方がいつもの人なんだねw 目には目を、かな

899 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 04:38:39 ID:dHVQmvrU
中高生が中心のスレだから、しゃあない

900 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 06:59:46 ID:67slZFZd
>>897
もう、彼の事はほっといてあげなさいよ。
どうせ平行線のままだから。

901 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 12:04:12 ID:hnlZD0hE
コインロッカー読了。正直、面白いとは思えなかった。
ただ、高校生が読んだら面白い作品なのかもしれない。
大学生活への憧れと、俺もこんな面白そうな人と出会えたり、面白い事件に
巻き込まれたらいいな、って自分に当てはめて読めるから。

高校生ぐらいだとまだ読書量がそんなに多くないから、登場人物たちが
意外な所でつながるだけの作品でも面白いと思えるだろうし。
ちょっとした言葉遊びのテクニック、物語の発想の個性はある。構成も
巧みだと思うが。


902 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 12:19:34 ID:hnlZD0hE
登場人物たちが、意外な所でつながる。ミステリーの楽しみの一つだと思う。
ただ、あまりにもそれが多いとちょっと興ざめ。
まるで、プラモデルの設計図みたいのがあり、それによって組み立てられた
ような小説、って感じがする。この人物とこの人物をこの章でくっつける、
そして二つのストーリィーをつなげる、はいこれで一冊出来上がり。
そんな安っぽいワンパターンに感じるのは俺だけか?

ストーリィーもラストのどんでん返しも伏線もすべて考えてから書いたような
作品が気に入らないわけじゃない。ミステリーなんてそんなものだから。
ただ、ラッシュライフ、グラスホッパーも、コインロッカーも、
感情移入できる登場人物がいないことが寂しい。





903 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 18:11:35 ID:ZxzGAbw/
>>901
500冊以上小説読んでるけど、かなり面白い部類に入ると思うよ>アヒル

904 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 20:17:00 ID:Kr/IJz5V
アヒルと鴨のコインロッカーはご都合主義,。出だしあたりは面白かったが、中盤以降は読んでいられないレベル。
村上春樹的な空気感はいいんだけど、あれは純文学のあたりの枠組みでやるからいいのであって、ミステリのかっちりした枠組みの中でやるには合わない。
登場人物の行動理由や動機が滅茶苦茶で、非常にご都合主義で苛々した。

あと、凄く空気の読めない文章を書く。
 あくまで焦点を物語に合わせておきつつ、その側面に洒落た小話やレトリックが出てくるのはいいんだけども、
洒落た部分にもろに焦点を当てた書き方をするから、冗長になるし、何より鬱陶しく感じる。サスペンスに傾いてるところで、そんなところに焦点を合わせるなよ、みたいなのが多い。

905 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 23:21:51 ID:Swd8Sosl
ヒッシで毎日叩いてる人は何なの?暇なの?
俺だけが解るって思うなら、一人で好みの本読んでればいいのに。

906 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 23:54:41 ID:9MrZoZRF
アンチ伊坂幸太郎
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1269345625/l50
ここ使えよ

907 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 01:05:04 ID:fAgR4F4M
>>906
だからおまえみたいな馬鹿こそ消えろって

908 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 01:27:03 ID:X1LAfp/S
誘導するのは別によくね?
というかした方がいいと思う

909 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 09:11:44 ID:QzCxHEFH
登場人物たちが、操り人形みたいな感じかな。
操り人形でも糸が見えないならまだしも、言葉遊びや引用が多いから
作者が操ってる糸まで見える。
作りものなんだな、って感じでしか読めない。

910 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 12:22:10 ID:JKS4f/9J
操り糸はどの物語でも見えるもんだ。

そこが欠点だと思うなら読書が足りない。

911 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 20:36:19 ID:QzCxHEFH
>>910
>操り糸はどの物語でも見えるもんだ。
特にミステリーだったらそうだと思う。

>そこが欠点だと思うなら読書が足りない。
俺は純文学も読むから、けして読書量が足りないということはないと思うけど。


912 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 20:53:47 ID:QzCxHEFH
>>910
売れてることはいいと思う。本なんか売れた方がいいんだから。
もちろん、作品が面白いから読者の支持もあるんだろうし。
それは全面的に認める。
人気があるから、売れてるからダメだというわけじゃない。

伊坂の作品が好きな人に言いたいんだけど、「○×の作品のあのシーンが
好きだ」「○×の作品の、あの人物が好きだ」「○×の作品のあの雰囲気が
好きだ」
そういうのをどんどんカキコしてほしい。
俺はアンチというわけじゃない。この作家の作品には興味がある。
ただ、数冊読んで、あまりにも短絡的なストーリィーや雰囲気に、
ちょっとがっかり。








913 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 20:55:02 ID:j//eiQz0
>そこが欠点だと思うなら読書が足りない。

こういう言い方する奴はあてにならんから。

伊坂幸太郎の作品に出てくるキャラクターは
生きている人間に思えない。何らかの意思や感情や動機をもっている人間というよりも単なる物語を進める指示標識だ。
ここで転回、トンネル注意など。

どの物語でも登場人物が生きている人間ではないんだ。そこが欠点だと思うなら読書が足りない。はなしで。



914 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 21:03:54 ID:tN3QgL7S
>>902
>まるで、プラモデルの設計図みたいのがあり、それによって組み立てられた
>ような小説、って感じがする。

その組み立て方が雑で必死なんだよね。だから人物造形がちゃちで感情移入できない。
最後は繋がるんだろうけど、一章ごとの造りが甘くてしかも在り来たりだから、どうしても厭きちゃうんだよね。
あと、プロットをわざと複雑に練ってから書いてるんだけど、あまりに都合よく話が展開するから更に面白くない。
少しは書いてる作者自身が途中で脱線して、
かえってそれがストーリーを色づけするような面が窺えればいいんだけど、そんな感じが皆無だしね。
だから操り糸が透けて見えちゃう。
多くの登場人物達が意外なところで繋がるやり方は素晴らしいけど、
その為には、人物に魅力がないと駄目だし、各章自体が独立してたのしめないといけないんだけどね。
どうにも最後に繋げることばかりを意識して書いてるからつまらないんだろう。


>ただ、高校生が読んだら面白い作品なのかもしれない。
伊坂節で言えば、俺もこの点については特に『首肯』した。
伊坂は漫画の延長であって書籍ではないと思う。

915 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 21:06:29 ID:tN3QgL7S
>>912
>伊坂の作品が好きな人に言いたいんだけど、「○×の作品のあのシーンが
>好きだ」「○×の作品の、あの人物が好きだ」「○×の作品のあの雰囲気が
>好きだ」

残念だけど、この作家にその褒め要素はないと思うよ。
「○×の作品のあのトリックが好きだ」とか
「○×の作品のプロット回収が好きだ」とかしかないような。

916 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 21:11:40 ID:tN3QgL7S
>>913
>意思や感情や動機をもっている人間というよりも単なる物語を進める指示標識だ。
>ここで転回、トンネル注意など。

これはズバリだね。とくに語り手を兼ねる人物はひどい。
一応、他の登場人物にはそれなりの「かけら」が存在してることは確かだけど、
それがあまりにもステレオタイプだし、1か0かっていうような、決まり切った人物造形だね。

実際の人間って、明るいけど内面では落ち込んでたり、
怖そうな物言いをしながら、みんなを惹きつける要素を持っていたりと、様々な面を持ってるはずなのに、
伊坂の人間って、型どおりでまるで少年漫画みたいなわかりやすさだ。現実世界、人間ってそれほど判りやすくないのにさ。

だからこそ高校生にはうけるんだろうけどね。
残念ながら、青年漫画にすら達していない。

917 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 21:46:38 ID:InIKv45R
ずいぶんとご立派なことで、どんだけ上から目線だよwww

918 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 21:58:20 ID:QzCxHEFH
>>912です。>>902も同じです。
>>913さん
>生きている人間に思えない。何らかの意思や感情や動機をもっている
人間というよりも単なる物語を進める指示標識だ。

まさに、それだと思います。最初から作者の操り人形みたいな動きなんです
よね。

>>914さん
まさに、あなたのその後のカキコにも同意ですw

読書量が足りない、なんて怒られてるけど、あくまでも、俺の読書量です。
東野、桐野、宮部、チャンドラー、ハメット、パーカー、吉行淳之介、村上龍、
宮本輝、最近の芥川賞作家や、乱歩賞受賞作などはほとんど読んでます。
今読んでるの荻原浩「メリーゴーランド」桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」
です。




919 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 22:15:26 ID:QzCxHEFH
「グラスホッパー」。殺し屋が出てくる。(ミステリーなんで
殺し屋が出てくるのはいい)
その殺し屋が、どうしてそういう職業になってしまったのかの過去が、
ほんの数行で語られてるだけ。しかも、それが陳腐。
「こいつ嫌な奴だけど、そういう生き方になっちゃうどうしようもない過去が
あったんだな」
って納得できる背景があるなら、ミステリーとしてわかるけど、それがない。

他の作品でも、全部が軽いと思うけどね。バラバラ殺人だろうが、ペット虐殺
だろうが、銀行強盗の犯罪だろうが。

その軽く読める作風がこの作者の作風で、魅力なんだろうけど。



920 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 22:19:19 ID:X1LAfp/S
人間が書けてないというのはミステリが昔から抱える欠陥だから、
伊坂だけを攻めるのは酷だけどな。

中でも特に伊坂が叩かれる原因になるのは、
ミステリと一般文芸の中間くらいの位置で書いてるからなんじゃないかと思う。

ご都合主義って取られるのは何でなんだろうな?
道尾秀介が偶然を絡ませて話を畳んでいくって聞いたことあるけど、
そういうところがご都合主義なんだろうか?

921 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 22:55:33 ID:j//eiQz0
横ですが今回のスレは面白い。勉強になりました。スレで出てきた作家を読んでみるよ。

922 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 23:00:11 ID:QzCxHEFH
>>920
>伊坂が叩かれる原因になるのは、ミステリと一般文芸の中間くらいの
位置で書いてるからなんじゃないかと思う。

確かにそうだと思う。上のレスでもあるけど、文体には村上春樹的な要素が
あるから。
しかし、伊坂の作品は、ミステリーなのかはビミョーだと思う。
興味深い謎が用意してある場合もあるし、それなりに先が気に要素はあるけど。




923 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 23:21:54 ID:QzCxHEFH
>>921
もし俺のレスを読んでいたなら。
荻原の「メリーゴーランド」は役所の仕事の話で面白くない。
「ハードボイルドエッグ」は探偵の話で、その続編も最高。
「あの日にドライブ」はタクシードライバーの話だけど面白い。人生の悲哀
が伝わってくる。
伊坂の作品で残念なのは、その伝わってくることがあまりにも少ないから。
読む人によってはほとんどないかも。




924 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 23:39:19 ID:fAgR4F4M
読者以上に作者が楽しんで書いてるって意味じゃ荻原も大して変わらんだろ

925 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 23:58:50 ID:InIKv45R
荻原はたぶんミステリーあんまり読んでないよね。
トリックが痛杉。
俺こんな凄いの思いついちゃったよと一人ごちてる感。

926 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 01:41:27 ID:D9cAJ2rl
特別、登場人物が掘り下げられてない
とは思わないな。

というよりも伊坂作品だとキャラの行動原理、
それこそを読者に推理させている部分もあるから、
この人の作品では人物の詳細な描写はしてほしくない。

例えば
コインロッカーのドルジ、
祈りの優午、チルドレンの陣内

もし作中で彼らの背景を詳細に書いたなら、ミステリーの要素が死んでしまう。

>>895で最初に税務官だと名乗るとギャグとして成立しないように

927 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 01:54:34 ID:m1AUl0Va
隠すところは隠していいんだよ。当たり前だろバカ。

928 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 02:00:41 ID:wbk+LRt0
伊坂の最大の弱点は、緊迫感を出せない所だと俺は思うな。
「ミステリと一般文芸の中間くらい」の書き方でそれを誤魔化してる気がする。

無理に緊迫感出そうとして失敗したのがグラスホッパー。

929 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 02:11:55 ID:D9cAJ2rl
>>927
そこが違うんだよ

930 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 02:32:58 ID:D9cAJ2rl
同じ作者が同じ手法を繰り返すなら、それ自体がコアな読者のミスリードを引き起こす要因になる。

当たり前だと思ってた事が、視点を変えると奇想天外な現象であると分かるように
作中で語られていない事も読者側の推理する要素になりうる。

推理の視点確保のために、伊坂作品の場合は人物の書き込みはほどほどにしてほしい

931 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 22:53:56 ID:7aa2qo/3
だいぶ前のインタビューで花村萬月が好きで
〇〇+萬月みたいな小説書きたかったみたいなこと言ってたと思うんだけど
〇〇て何だっけ
大江だっけ

932 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 09:47:53 ID:Rpe7Hzx/
毎日、伊坂批判しに来ている人って、
結局は伊坂の術中にハマった人でしょ。
オナニーがやめられなくなった猿みたいで気持ち悪いから、アンチスレ行って欲しい。
それかmixiの伊坂コミュで同じこと言えよ、チキン。


933 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 14:30:13 ID:ZaYURQyI
人間を書くのって、好みの音楽から洋服の趣味、それに過去の経歴を事細かく書くことじゃないと思う。
仕草や言葉から、人となりや雰囲気を漂わすのが真っ当な人間描写でしょ。
最近はそれを履き違えて、冒頭でやかましいくらいに説明する本があるけど。


例えば死神についてだと、人間を知らないけど音楽が好きで、
いつも仕事すると雨が降るけど別に気にもしていない。それに日本語を良く知らずに真顔でボケる。

そう言ったキャラ設定は成されていても、普段の会話や行動に奥行きや深みが感じられない。
例を挙げると、関西弁で喋ったり、語尾にいつも「でしょ」って付けるのと同じで、
安易なキャラ設定でしかないね。
だから死神が、死神の精度という物語の為に即席で作られ、魂もないままに作者の思い通りに動いているだけしか思えない。

それには作者の思想や捉え方が欠如しているせいだと思う。
人物を通して何かを表現したり、想いを伝えたりという熱意が籠められてないんじゃないかな。
だからみんな薄っぺらくて、まるで学芸会を演じている素人役者になってると思う。
その割にはみんなが言うように、ミステリーとしては中途半端だから、面白くないし。


御都合主義に関しても、声が良いだけで歌手にスカウトされたりとか泥の跳ね具合だとか、
既に上の方で散々挙げられている通りだね。
余程の偶然でないとおらないことが、簡単に起きてしまっている。


ところで荻原はべつにミステリー作家じゃないでしょ。たまたまトリックを使うだけで。
それとミステリーだから人間が書けないって、それはただの免罪符では?
別に書いてもいいと思うんだけど、むしろ書いちゃ駄目なの??

934 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 15:21:44 ID:xRiLqhuQ
そうだよね。

でも人物を深く掘り下げない小説も
あっていいんじゃないかな?

様々な文体・表現技法・構成構築が認められることで、
小説の可能性がどんどん広がっていくよ。

935 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 18:20:11 ID:uK+YHWbx
死神の内面を掘り下げても仕方ないでしょ
あれはあくまで人間をうつす鏡なんだから
文庫解説や直木賞の井上評が尤もだと思うよ

936 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 20:38:28 ID:Q2ZnHQjX
>>933
>>余程の偶然でないとおこらないことが、簡単に起きてしまっている。

そんなん言われたらなんも書けないでしょ。

普段、自分が経験してる様な話を読んだり
見たりして面白いの?
あるある〜とか言いたいのか?

死神の精度に死神が出てこなくてどーすんだよ?即席で作られたって断言する根拠は
何だよ?

登場人物が作者の思い通りに動くなんて当たり前だろ?作者が創作してんだから。
その発想なら全ての本が当てはまるわ。

ここ最近のアンチの中じゃ最低レベルだよ、君は。

937 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 01:22:17 ID:TyouXRxf
>>934
いや人物を深く掘り下げない場合はそうしないといけない理由がある場合だけじゃないかな。
理由なしにはあまりやらないほうが良いと思う。


938 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 06:17:46 ID:qHaXPxHi
・伊坂だけに諍いおこすな

939 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 12:55:30 ID:deTHrHSs
>>937
> 理由なしにはあまりやらないほうが良いと思う。

根拠は?

940 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 13:48:25 ID:Y3SjiLp+
>御都合主義に関しても、声が良いだけで歌手にスカウトされたりとか泥の跳ね具合だとか、
>既に上の方で散々挙げられている通りだね。
上で挙げたやつの指摘は間違ってるだろw 大体、冒頭でご都合主義はおこらねえよw

>それとミステリーだから人間が書けないって、それはただの免罪符では?
>別に書いてもいいと思うんだけど、むしろ書いちゃ駄目なの??
ミステリは人間を書く小説じゃなくて、出来事を書く小説だ。
人間性も込めたいんなら込めてもいいと思うけど、両立させるのは恐らく無理。

941 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 19:33:22 ID:zw5AwC9x
> ミステリは人間を書く小説じゃなくて、出来事を書く小説だ。
> 人間性も込めたいんなら込めてもいいと思うけど、両立させるのは恐らく無理。

これは流石に酷い

942 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 01:29:12 ID:+AxDb87C
このスレの煽り合いは醜い。

943 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 02:19:07 ID:ioVIBFyc
伊坂がダメな作家かは置いといて、
その作品のここがおもしろいとかそういう話をしてくれよ。
ただある作品が面白くなかったという発言ならいいと思うが、
作家自体がダメだとかそういう議論は、
アンチスレが他にある以上ここでやるのは不適当だろ。

それと、アンチが出現するたび、ほっときゃいいのに
いちいち本気で噛み付くのもやめてくれ。

944 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 03:43:15 ID:HI4NooOg
>>943

> 伊坂がダメな作家かは置いといて、

これが捨ておけないから何度も住人に聞いているんだよっ。
それに作品の感想もただ「おもしろかった」で終わるものばかり。
読者の地頭が知れる。きっと全員、中卒程度の人間なんやで。
こんな屑が溢れている状況はまずいと問題意識を持たつべきです。
本来、文学とは底の浅い人間が関わってはいけない物なんだよ。

945 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 04:11:28 ID:AbGOXweQ
嫌いな作家のスレに来なくてもいいじゃないか

946 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 13:12:57 ID:9C+C2+cd
さすがに別人だろ。小学生以下かよ。

947 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 21:07:26 ID:qUBy+QpA
>>945
嫌いだというこの感情をどうすればいいのだ

948 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 00:06:26 ID:euFGNLhY
そこはアンチスレで好きなだけ発散してくれよwww

ところで早いとこゴールデンスランバーとオー!ファーザー文庫化してほしい。
出版業界に金銭的に貢献せず申し訳ないけど。

949 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 02:25:53 ID:IwAcRmuB
オー!ファーザーはずっと先だろw

950 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 02:42:33 ID:s9ggTP28
また逃げるのか。本当に駄目な人間しかいないな

951 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 03:22:45 ID:IwAcRmuB
せっかくなのでアンチによる話題のループを纏めてみた

1、アンチが「伊坂の何が面白いの?」と訊く。
2、スレ民が「それは構成だ」とか言う。
3、アンチが「小説の価値=人物描写の巧みさ」だと主張し、伊坂はそれが出来てないと言う。
  (アンチが客観性を失っている部分)
4、スレ民がその主張についていろいろ言う。
 (「伊坂の小説の肝はそこじゃないよね?」みたいなこと)
5、当然、スレ民のレスには伊坂の人物描写を褒めるレスはない。
 (ミス板ならどこ行ってもそうだろうと思うけどw)
6、アンチがそれに怒る。「伊坂信者はまともな感想もかけないのか、云々」
7、1に戻る。

恐らくこんな感じだと思う。
何度も同じ話題を繰り返されても迷惑だし、
ループに入ったと思ったら相手にしないのが一番

952 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 03:48:45 ID:1exA0gEo
>>951
あ、そうか、伊坂の小説の良さって構成なんだ。

いやいやいや。そんなわけないだろ。そんなつまらない部分で売れてるはずないよ。
そんな部分がアドバンテージ(有利な点)なわけないだろ。


953 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 04:16:19 ID:IwAcRmuB
たとえばの話だよw
その部分をスレ民の総意と取られたら困る。
そこはただ、人物描写を褒める人はいないって事が言いたかっただけだ。
まあ、この手の作家で人物描写が一番の売りだったら相当酷いけどな。

954 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 18:29:43 ID:+tNXNDtw
オー!ファーザーは面白かったわ。
普通に良い意味での伊坂っぽい作品。

955 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 20:06:05 ID:Vr3Lk5+W
>>952
結局プロットの巧みさだよ、ラッシュライフ3回ぐらい嫁
「小説まだまだイケルじゃん」のコピーが全て

956 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 22:15:42 ID:blpzuGp2
オー!ファーザーはまだ伊坂暗黒期に入る前の作品なんだよな。
伊坂らしい軽妙な作品を読めるのはこれで最後なのかと思うと名残惜しい。


957 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 22:27:52 ID:euFGNLhY
SOSの猿とかあるキングはそんなにダメなの?

958 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 23:44:16 ID:RY/4UzTa
キングと猿は新しいことに挑戦しようという意欲作ではあるけれども
なにせ面白くない

959 :名無しのオプ:2010/04/06(火) 05:23:07 ID:+2XwWg0A
キングはつまんなかったけど猿は面白かったよ

960 :名無しのオプ:2010/04/06(火) 09:59:54 ID:bWufn5Jv
>>959
俺はキングは名作だと思っている。シェイクスピアのマクベスを読んでいないと
この作品の本当の魅力はわからんかもしれん。

961 :名無しさん 乙:2010/04/06(火) 11:44:44 ID:DgqBBMOe
俺もキングはいいと思う。なんかチルドレンに似てる

962 :名無しさん 乙:2010/04/06(火) 11:46:15 ID:DgqBBMOe
俺んとこの図書館では、キングと猿は告白の次に人気

963 :名無しのオプ:2010/04/06(火) 18:30:27 ID:DqZd0ukV
買うほどではないとも言える

964 :名無しのオプ:2010/04/06(火) 21:49:43 ID:hYTnOxAV
数千部しか出てないのに1000件も予約の埋まってる本があればそう言えるかもな

965 :名無しのオプ:2010/04/07(水) 00:11:48 ID:EwxK1ti/
「いますぐ買ってでも読むべきだよ」って人に勧めた人がいないってことだね

966 :名無しのオプ:2010/04/07(水) 11:24:07 ID:eEOrbMf9
女子供の暴力描写がない作品はどれですか
もやもやしちゃうんで出来れば避けたいのです

967 :名無しのオプ:2010/04/07(水) 21:49:58 ID:aBMPGlRb
ゴールデンスランバーは第2期なのか
第1期の集大成ですと言われても違和感ないけど
1期と2期どう区別してんだろ

968 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 19:03:28 ID:Xzmbesk3
>>966
うろ覚えだけど、チルドレン、魔王、フィッシュストーリー、モダンタイムス、ゴールデンスランバーあたり?
まあでも、モダンタイムスは暴力描写強めだからオヌヌメしない

969 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 04:16:12 ID:4YXskwal
>>965
リアルでそんなこと言ってくる奴いたらウザ過ぎだろw

970 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 06:18:26 ID:SA+C0IMj
たとえばって話しだろ。いつも通りのラノベだ。

971 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 11:54:33 ID:uU+Szsr5
_

972 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 13:17:49 ID:ov9ehAWI
ふぅ〜グラスホッパー読み終わった
週末のフールってどう?

973 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 17:04:04 ID:uU+Szsr5
>>951
1.擁護派が手放しで褒める
2.おいおい、お前ら真っ当な小説読んでんの?と批判派がいう
3.反応がないので、作品の何が良くないかを事細かに書く批判派。
4.「じゃあ誰の作品ならいいんだよ!」と筋違いなことを擁護派が喚きだす
5.「お前はいつもの〜だろ」と、なぜか擁護派は、批評派の個人攻撃を始める
6.結局擁護派は、誰一人として反論することが出来ない。嫌なら来るなと言う子供じみたことを平気で言う
7.アンチは別スレいけ、さすがアンチと、擁護派は幼稚な煽りを続ける
8.批判派はじっくりと伊坂作品の矛盾点、安易さ、つまらなさを文章で示す
9.暫くすると何も応えられない擁護派はスルーして、またお花畑状態で褒めたおす
以下ループ。

上で何度も出ているけど、伊坂作品のつまらなさ、半端なミステリー、ストーリー展開の矛盾、
場面描写力のなさ、人間描写の薄さに、御都合主義なストーリーついては、
擁護派が真っ当な反論が出来ない為、正しい批評と言うことでおk?

はっきりいって伊坂作品が売れているのは、
・描写が薄っぺらいので、読みやすいから
・風景や心情描写が殆ど無くて、会話で話が進むから
・伏線作りばかりが多く、結局無理矢理にでも最後で収束し、繋がるから

という、ラノベの延長みたいな感じで読めるからだと思うよ。
ラノベ読んでるって言うのは恥ずかしいから、一応小説みたいに思われている伊坂作品を読む人が多いんだろう。
気の毒になぁ。


974 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 17:47:09 ID:aM0KgFTX
売れる売れないは内容じゃないんだよ。お前こそ本物のバカだな。

975 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 18:01:41 ID:htf5hdpo
伊坂が尊敬してる作家は島荘なんだな。以外

976 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 18:19:53 ID:0hdDNPdp
本格ミステリーが好きで読んでたのは知ってたけど尊敬までしてたの?
それで館ミステリー書いて応募したけどあえあく落ちたらしい

977 :名無しのオブ:2010/04/09(金) 18:34:54 ID:rkhvNANN
>>973
伊坂作品が売れているのは、ってそこに挙がってる批判、
内容的に新本格連中に向けたほうがいいんじゃね?

それを伊坂に向けてるあたり、
ただ伊坂が売れてることに対する嫉妬だけがあるように見える。

978 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 18:38:29 ID:4YXskwal
>>973


979 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 19:18:45 ID:574XK4gu
文庫なんかでないの?モダンタイムス読みたい

980 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 19:27:56 ID:0hdDNPdp
次スレのテンプレに入れたらいいんじゃない?
文庫マダー?はせめて単行本から2年経ってから言えってw

981 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 20:55:07 ID:SA+C0IMj
>>974
ID見なきゃ自作自演とも思える個人攻撃お疲れ様でした。だから作品について述べろと。いいならどういいかをよ。

伊坂幸太郎の作品はプレゼンテーションのスライドのようなもの。それと同様の手法で書かれている。

○できるだけ単純に
○全くの素人にでも分かる内容に
○次のページに興味をもたせる
○飽きさせない

プレゼンは複雑さより内容の濃さより「なんか分かりやすかったな?」が価値。
つまりさ、伊坂幸太郎はどんな読者も最後のページまでめくらせるため、どんなひともわかりやすくな内容を書かされてるから
>売れる売れないは内容じゃないんだよ
はある意味あたり。短い秒数で分かりやすいフレーズを求められる芸人に同じ。そんな10秒でチャージな本を読まされてて満足なわけ?
巧妙に消費されやすい「本もどき」「ミステリーもどき」だぜ。単純さがいい?ゆっくりでも自分のペースで登った山は達成感あるけどな。

982 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 21:23:53 ID:4E+dQfdY
>>973
>>981

次のテンプレに、この二つのレスをうまく混ぜ合わせてみたらどうだろう。

デビュー作からコインロッカーまで読んだ。
正直な感想は「なんでそんなに評価が高いんだろうな」ってこと。
作品には興味を持てなかったが、なんでこんなに売れてるんだろうな、
ってことには興味がある。
この人の作品が、今の時代にはウケるんだよ、ってことなら、あぁそうなのか
って納得するしかないだろうけど。

983 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 21:44:32 ID:dZwcyBH7
一気に読めるエンターテイメント性があって
なおかつ文学性もちょっぴり匂わせて
そんな作品をみんな待ってたってことじゃないの?
売れたのは

984 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 01:57:13 ID:NGb+zOBD
釣り針がすげぇw
論理が破綻してるところが巧妙だけど、
でかすぎて誰もかからんだろw

985 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 03:24:04 ID:6uUyoG+H
Story Sellerはくびになったんですか?

986 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 13:39:04 ID:5VCrE+Zi
伊坂さんは早く東野、宮部ぐらいの知名度になってほしい

987 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 13:47:47 ID:2hn9mb63
>>981
つまり伊坂作品は小説ではないってことだよね。

それに今どきの、しゃべくり漫才が出来ないコント芸人と同じだね。
直ぐに終わって直ぐに笑えて、でも後には残らないといった感じかな。
映画館から出たあと、暫く主人公に成りきった気分にも浸れないし、
笑いすぎて腹が痛くて、暫く息が苦しいのもないし。
そして文体を真似て書こうという気にもさせないし。

そんなのでこれほど売れているってことは、
>ラノベ読んでるって言うのは恥ずかしいから、一応小説みたいに思われている伊坂作品を読む人が多いんだろう。
ってことに尽きる。ついでに漫画読んでるのはかっこ悪いから、スタイルとして伊坂を読むって感じ。
そうでなければ、みんなが買うから、人気だから、売れてるからって理由だけだろう。

そしてこのことについて、誰も批判できないのも事実。
だから>>984みたいに、仕方なく「釣り針」とかアホウなことを書くだけ。
ハハッ、なんか中学生レベルだよそれじゃあ。


988 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 14:15:52 ID:Iq7ryGsR
「合コンの話」っておもしろい?
読んだ人、どうよ。

989 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 19:58:31 ID:5uT2OJZZ
短編は読んでないなぁ
結構あるんだよな

990 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 21:08:33 ID:fMA5nOMK
>>987
勝手に妄想垂れ流してるだけだから批判する対象がないんだよね

991 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 23:58:03 ID:dHqvzGlA
987は賞取れない物書き志望だろ

992 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 00:05:41 ID:9PKXDfZv
>>988
なんつーか。俺は面白い以前に恥ずかしいものを読んだ気がした。

993 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 15:10:36 ID:7iF66ZBK
恥ずかしいよ。書いてる人も読んでる人も

994 :規制明け記念:2010/04/11(日) 17:17:15 ID:5uWuy3mQ
恥ずかしいのか・・・・・
読まなくて良かった

995 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 21:20:51 ID:lPGvTdOC
アンチ様は
伊坂と同じベクトルで
伊坂よりほんのちょっとだけレベルの高い小説書けば
簡単に売れっ子作家になれるんじゃね?

996 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 21:52:26 ID:g5pqC21J
つまんね話し膨らませんな。伊坂幸太郎の質があまりにも低いという話し。それだけを売れない物書きって誰?
伊坂の文章を解説、解体したから物書きだと思ってんならテメエの頭を基準にしすぎ。
どこから>987は賞取れない物書き志望だろ
>>991 よろしく。

俺はどこからも物書き志望なんて読めないんだが。むしろ聞きたいのは伊坂のどこがいい?
NGワード「面白い」「もやもや」「感動」「エンタメ」「洒脱」「真骨頂」「伏線」「構成」「巧妙」
NGワードをつなげた文章書くのはつまらんし安易だからよすこと。



997 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 23:04:02 ID:eEf/yiN0


998 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 23:36:31 ID:dplBOzoX
>>996
君は987なの?

999 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 23:37:10 ID:CGRwM5vO
埋め

1000 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 00:16:56 ID:Phkg+/Lp
ゴールデンスランバー意味わからん

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)