5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【鷲の啼く】西村寿行Part10【北回帰線】

1 :柳宗元:2009/11/03(火) 07:56:35 ID:ewAXtJwc
――孤舟蓑笠翁 独釣寒江雪

前スレ
【頽れても神】西村寿行Part9【猪強すぎ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1233667565/l50

2 :名無しのオプ:2009/11/03(火) 08:54:17 ID:LFmYuCCw
>>1 乙だが、酒はやらん

3 :名無しのオプ:2009/11/03(火) 10:41:44 ID:QIfRcRX+
スレ立て乙!

闇を尊べ、光を包むものは闇である。
                   山頭火



4 :名無しのオプ:2009/11/03(火) 14:20:17 ID:VqDBsPSk


5 :名無しのオプ:2009/11/04(水) 12:12:22 ID:jCNnY3YS
otyu

6 :名無しのオプ:2009/11/04(水) 18:43:14 ID:xgCmEulR
ところで前スレの漫画家さんの雑誌は発売されたのかな?
10月末ってことだったが、誰か読んだ?

7 :名無しのオプ:2009/11/05(木) 18:43:13 ID:nisYefvD
 東京や大阪などで、3カ月間に未遂を含め計11人の女性に暴行したなどとして、
強姦(ごうかん)致傷や強盗罪などに問われた無職赤島和輝被告(38)に対し、
大阪地裁の長井秀典裁判長は5日、「女性の人格を踏みにじり悪質極まりない」
として懲役28年(求刑懲役30年)を言い渡した。
 長井裁判長は「深夜や早朝、眠っている女性にいきなり馬乗りになって暴行し、
強姦だけは避けたいという心情につけ込んで金品を略奪した卑劣な犯行」と非難した。
 弁護側は「1人を除き合意があった」と主張したが、裁判長は「不合理な弁解で
反省の態度が見られない」と退けた。

時事通信 (2009/11/05-17:34)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009110500825


8 :名無しのオプ:2009/11/06(金) 02:38:05 ID:mWc/pbxF
謎のメッセージ
「北回帰線に鷲が啼いている」

9 :名無しのオプ:2009/11/06(金) 09:52:27 ID:bmnye6bL
葉月つや子氏の「扉のない闇」読んだ。
(原作は収録作の「白い貌の女」だけど、タイトルは短編集表題の「扉のない闇」)
巻頭カラーで読みごたえがありました。

いや、申し訳ない、読む前は正直言って見くびってました。
所詮、女性向け。エロもバイオレンスもそれなりにアレンジされてるんだろうな、と。
読んでみてビックリ。ストーリーも原作に忠実で、寿行ワールドの雰囲気がかなり出ていた。
バイオレンスも女性向けにしては容赦ないし、SEXもバックにこだわってたしww
あえて難を言えば、寿行の描く男のイメージに比べると、
葉月氏の男キャラの線がみんなちょっと細い感じがすることかな。
(自分としては、もう少しごっついイメージがある)
女性キャラは、かなりイイと思う。

しかし、この方、巻頭に載るくらいだから人気あるんだよな。きっと。
レディースコミックというやつを初めて見るが、
今の若い女性読者は、この手のエロには抵抗ないんだというのも驚き。
2〜30年前は、こういうのはエロ劇画雑誌の専売特許だったもんだが‥‥
いや〜、それにしてもエロいww

この方の描く「死神シリーズ」や「鯱シリーズ」も、ちょっと読んでみたくなった。

10 :名無しのオプ:2009/11/06(金) 17:55:26 ID:sentTtuZ
厨房以来だから、20数年ぶりに魔笛が聞こえるを読んだ。最近は日系人地区等の問題が発生しているから、
再読の価値はあるよ。

11 :名無しのオプ:2009/11/06(金) 19:44:20 ID:Zz0JlJIC
>9
「峠に棲む鬼」か「黄金の犬」も見たい。

12 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 00:25:39 ID:ZW8v41u1
遅ればせながら一乙。


>>9
うーん。読みたい。単行本で出ないかな。

13 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 01:18:55 ID:pHnxW64e
強姦だけの小物ピックアップ時事を転載するなら
もう少し凄いのを使えよ。

【強姦】梶原一騎の娘誘拐殺人事件【拷問 】
http://yomi.mobi/read.cgi/bubble5/bubble5_archives_1166608004

14 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 16:21:32 ID:u8EhaU6V
今となっては記憶もおぼろだけど、三十路の人妻が確か十二三歳の美少年に恋慕して思い余った挙句
人気の無い所に連れ込んで襲う、というシーンのある作品が寿行作品の中にあったようななかったような……
誰かご存知の方いらっしゃいませんかね?

15 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 17:34:55 ID:+tKvZiDH
そのエピソードだけで作品を特定するのは難しいなあ。
少年と人妻のSEXは結構いっぱいあるんだよ。

ストーリーの特徴的な部分が分かれは、なんとかなるとは思うが。




16 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 18:23:48 ID:u8EhaU6V
あー、えーと、確か寿行には珍しい時代劇だった様な……
それにしてもそんなにあるんですか少年と人妻のSEX。まあ死神とかはさすがに知ってましたが。

17 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 18:56:23 ID:qsqIe0RP
>>16
秋霖・・・かなぁ

いやあれは少年が掘られるんだっけ?

18 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 19:32:28 ID:3MIrK1OG
>>17
秋霖で合っていると思います。掘られもしますけど。
尼子勝久の話ですね。

19 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 19:37:51 ID:+tKvZiDH
うん「秋霖」だね。
主人公の尼子勝久は、15.6の美少年で、家来の女房に誘われ筆下ろしされるんだよね。確か。
それから他の女房たちともやりまくりになる。

20 :名無しのオプ:2009/11/07(土) 21:00:02 ID:qsqIe0RP
おお、当たった☆
秋霖は結構格調高くて、何度か挫折しながら読み切った思い出が…。
変な方向で達成感あったのを思い出したです。

そんな俺ですが、「黄金の犬」をつい先日読みました。
野川と太郎のエピソードにボロボロ涙をこぼしました…

そんな俺ですが、なぜかラストには爆笑でした…
ダメ?

21 :名無しのオプ:2009/11/09(月) 08:25:22 ID:bsMucCoi
自分はむしろ逆で、高校時代に読んだ『秋霖』で時代小説にハマりました。
悪鬼羅刹の山中鹿之助の悲哀さとラストに感動しました。
NHKが大河ドラマ化してくれんかなあと思いながら、早や20数年w

22 :名無しのオプ:2009/11/09(月) 09:28:34 ID:p98VkqX7
寿行先生は、当初、山中鹿之介を主人公に据えるつもりで資料を集めたんだよね。
それが書き出すと上手くいかない。
で、それまで書いた分を破棄して、尼子勝久を主人公にシフトチェンジした。
その経緯がエッセイに書いてあったな。

寿行先生は、時代小説は少ないけど、書かれたものはみんな珠玉の出来だと思う。
「怨霊孕む」は、自分が、伝奇時代劇というものに触れた最初の作品で、時代小説の面白さを開眼させてくれたし、
「虚空の影落つ」「牛馬解き放ち」とかも、幕末の激動期に苦しむ農民の姿とかを中心に描かれていて、
地味だけど、いかにも先生らしい人間味あふれた作品だった。

23 :名無しのオプ:2009/11/09(月) 14:07:41 ID:bs6FqIO1
ニュース実況+
【事件】女子大生のショートパンツの上から尻を盗撮した会社員(45)を逮捕 
服の上からの撮影も卑猥な言動に該当 埼玉・蕨市
1 : ◆CRIME8u.mE @よろしく哀愁φ ★:2009/10/23(金) 08:05:12 ID:???0
女子大生の尻盗撮した会社員逮捕
2009.10.22 20:15

埼玉県警蕨署は22日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で、
蕨市塚越の会社員、日永敦士容疑者(45)を逮捕した。

蕨署の調べでは、日永容疑者は22日午前9時35分ごろ、蕨市
中央のJR蕨駅改札口付近で、自分のカメラ付き携帯電話で
女子大生(22)のショートパンツの上から尻を盗撮した。

服の上から尻を撮影することが、条例で禁止された卑猥(ひわい)
な言動に当たるかについては、最高裁が平成20年、「当たる」
との判断を示している。

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091022/stm0910222016020-n1.htm

24 :名無しのオプ:2009/11/09(月) 17:00:34 ID:OkuFSDDI
・千葉県市川市のマンションで2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん
 (当時22歳)の遺体が見つかった事件で、市橋達也容疑者(30)(死体遺棄容疑で全国指名手配)が
 今年10月11日まで1年1か月間、大阪府茨木市内の建設会社の寮に住み込み、土木作業員として
 働いていたことがわかった。

 市橋容疑者の指紋が寮の部屋から検出された。市橋容疑者はこの期間に得た給料のうち、100万円
 近くをため込んでいたとみられ、千葉県警は、この金を整形手術代や逃走資金に使っているとみている。

 捜査関係者や同社関係者によると、市橋容疑者は同社で、「イノウエ・コウスケ、32歳」と名乗っていた。
 すでに整形手術を受けていたとみられ、今月5日に県警が公開した、鼻の整形手術を受ける前に撮影
 された顔と酷似していたため、関係者が大阪府警に通報。捜査関係者によると、住んでいた部屋で指紋を
 採取したところ、市橋容疑者のものと一致したという。

 市橋容疑者は昨年9月10日、大阪市西成区で、作業員を募っていた同社幹部に雇われ、以来、
 同社の寮に住み込んで働いていた。今年10月11日の給料日に給料を受け取って退職し、姿を
 消したという。赤い帽子と黒縁の眼鏡を常に外さず、素顔を見せなかった。給料を無駄遣いせず、
 大金を持ち歩いていたといい、元同僚は「100万円近くためていたはずだ」と話している。

 県警の調べでは、市橋容疑者は同月13日に福岡県内の美容整形外科医院で整形手術を断られ、
 24日に名古屋市内の美容整形外科で、鼻の整形手術を受けたことがわかっている。この際、問診票には、
 大阪府内に実在する男性の氏名や住所、電話番号を記入していた。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091109-OYT1T00434.htm?from=navlp

すげーなこいつ

25 :名無しのオプ:2009/11/10(火) 04:46:44 ID:Yo5SEOcT
市橋の逃亡劇は寿行も大満足するかもな

26 :名無しのオプ:2009/11/10(火) 08:59:44 ID:F6I7X+S8
>>25
「君よ糞濡の河を渡れ」ですな。

27 :名無しのオプ:2009/11/10(火) 09:33:15 ID:n4pt9c5n
「君よ憤怒の河を渉れ」とは、事件の性質が違い過ぎるが、
逃亡先で飯場に潜伏するあたりは、寿行小説の犯罪者にはよくあるな。
最近読み返した短編「怨讐分かちがたし」とかも、そんなストーリーだった。
整形までするのはちょっと心当たりがないが。

28 :名無しのオプ:2009/11/11(水) 09:14:18 ID:Vtm9cnSd
沖縄ではなく北海道に逃げるべきだったな。
都会のハッテン場ではなく、北海道の原始の森に潜むべきだったと思う。

29 :名無しのオプ:2009/11/11(水) 09:45:51 ID:UfQ4JRxi
うむ、北海道の広大な山林に棲み、世捨て人のような暮らしをしながらも煩悩を捨て切れず、
時折人里に降りてきては若い人妻を拐取して、拉致監禁し性交奴隷として飼育する。
しかし奴隷として飼育していた筈の人妻にいつしか愛情を持って接するようになってしまい、
最終的には主従逆転の生活になる。
そんなある日、薪拾いに出かけている間に住みかが何者かに襲われ、今や主人となっていた人妻が攫われる。
男は人妻を奪い返し己の衿持と生活の安寧を取り戻す為、
愛犬シロと共に果てしない探索行へと繰り出していく……。
よし、これでプロットは出来た。
あとは人妻を奪われ復讐に燃える元旦那とヒグマと警察と人身売買組織を登場させればおk。


30 :名無しのオプ:2009/11/11(水) 11:46:44 ID:Cw99SAmu
陸幕二部別室とCIAが参戦しなければ話が始まらない

31 :名無しのオプ:2009/11/11(水) 12:14:05 ID:PM5myKDf
あとは天地教と武術の達人が

32 :名無しのオプ:2009/11/12(木) 10:39:15 ID:Fxo1FWtt
俺のイノシシも参戦させてくれ

33 :名無しのオプ:2009/11/12(木) 20:56:02 ID:T5cAFnKi
海上保安庁の出番はまだですか

34 :名無しのオプ:2009/11/12(木) 23:11:14 ID:/aI2/wau
>>33
根岸由紀を何度も拉致して
犯しまくり

35 :名無しのオプ:2009/11/14(土) 23:36:53 ID:3hKNqUJY
やってやって、やりまくるのよ!

36 :名無しのオプ:2009/11/16(月) 22:55:03 ID:hcIJSfl3
かなり前のことだが、若くてめちゃ綺麗な女が西村作品を隠そうともせず
堂々と読んでいるのを、JR常磐線でみかけた。
その作品は「異常者」だったので、「おおー!この女、あんな事やこんな
事をこんな顔しててもやってもらいたいのか」なんて思ったら、真っ昼間
なのに下半身が元気になってしまい、困った記憶があるw。
たしか北千住で降りていったな。

37 :名無しのオプ:2009/11/16(月) 23:23:18 ID:NPfqx6FP
これは通報した方が良いのではないか

38 :名無しのオプ:2009/11/16(月) 23:59:38 ID:kk+rXOj7
>>36
そのような
おなごは淫乱であるぞ。

39 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 04:30:04 ID:pXY1nSFt
下半身タイガース予備軍が多いなあ。

40 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 05:25:48 ID:mOtQh/Gw
>>36

昔、常磐線で、汚い格好のおっさんがミニスカート着てロングシートに座ってる女の前にしゃがみこんで女の足を広げて
パンツ見ようとしてる現場に遭遇したことある。
女の人は必死に足を閉じようとしてた。

41 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 07:59:35 ID:zLQ2TWpc
最寄り駅が常磐線。
ちょっと電車乗ってくる。

42 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 14:41:38 ID:CVIvmblp
うちのかーちゃん(62)が寿行ファンだ
オナニーネタにしてもよいぞ

43 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 20:49:36 ID:AMW2Qz58
幼女とか老婆にたいするレイープってあんまり出てこないね。
戦場なら普通にあった話だが

44 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 21:19:59 ID:v4WoFyso
老婆が主人公の上に乗っかって犯すって話なかったけ?

45 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 21:59:11 ID:mOtQh/Gw
吉永小百合のような老婆なら金だしてもやりたい。

46 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 22:04:03 ID:LTNN/UcU
>>42
幼女はないが老婆はあった気がする。
思い出せないけど。

>>43
荼吉尼婆ァとか奪衣婆とかそれっぽかった。

47 :名無しのオプ:2009/11/17(火) 22:06:45 ID:LTNN/UcU
>>43>>44
ごめん、何かアンカーずれてた。

48 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 17:25:20 ID:b+xQh1Nd
『昏き日輪』かね。

49 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 21:13:15 ID:EjxzGJ9P
雷四郎と白川のおっかさんたち
犯されてたっけ?

50 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 21:43:14 ID:b+xQh1Nd
犯されてたというか、飯炊き女兼雑兵どもの精液便所という扱いだあな。

51 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 23:50:39 ID:jDNhBokq
それなりに楽しんでおったというのが雷四郎の解釈だな。

52 :名無しのオプ:2009/11/19(木) 12:20:51 ID:zO1DnOlH
これだけジュコラーが街にあふれ出てる昨今、
安心して美人を配偶者にすることなどできんな

53 :名無しのオプ:2009/11/19(木) 12:34:50 ID:V5yd/khb
体のラインが出にくいスカートを履かせるだけで回避率うp

54 :名無しのオプ:2009/11/19(木) 14:39:11 ID:Ld+l/8A3
ジュコラーはジーパン姿の美しい人妻のみにロックオンw

55 :名無しのオプ:2009/11/19(木) 21:24:51 ID:7Ii+UHyM
男子高校生・男子大学生の出てくるシーンしか
興味が無いんだが。

56 :名無しのオプ:2009/11/21(土) 19:44:57 ID:8waYqrf6
はいはいあーあー

57 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 01:23:36 ID:IqjHbl2s
15歳の郁子ちゃん萌えはダメですかそうですか

58 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 07:56:13 ID:kqaQ3YqL
>>46
なんか囚人たちが集団脱走する話でなかったっけ?

回帰線に吼ゆだったっけ?
乗り込んだ家で、娘を犯した後、ばあさんともやりたくなったとか言って、犯してなかったっけ?
完全にうろ覚えだが。

59 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 08:07:55 ID:kqaQ3YqL
幼女は、俺も記憶ないな。

最年少は阿紫ちゃんじゃないの。13歳ぐらいでレイプされたとか行ってたような気がする。
「キツネの子を産めよ」と中出しされて、はらんで欲しかったけど、子供ができなかったとか何とか。

寿行先生は、30歳前後好きだよね。熟女というか。(今は熟女はばあさんみたいなイメージあるけど)
あんまり美少女系も出てこない。郁子か阿紫ちゃんぐらい。

人妻がよく出てくるけど、人妻そのものにこだわっているというよりも、単純に25〜35歳ぐらいの年齢だからじゃないの。
30ぐらいになると昭和の時代はみんな結婚してるし。独身だったのは、闇に潜みしの土田明子ぐらいじゃないの。
彼女は大学教授のインテリだったから、独身でもムリというか、行き遅れ感はなかったけど。

60 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 12:38:08 ID:kQmlRmjb
いや人妻にこだわっているのは戦国大名やチンギスハーンのような世界観、萌えを
復権させたかったからじゃないだろうか。戦争の目的は女を奪うことにあった、とか書いてるし。
単純に、もっとも手に入れにくいからこそ快楽も大きいということもあるだろう。

61 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 17:09:40 ID:xT8UX8R9
息子(高1 比較的読書好き)が寿行作品を読んでみたいと言い出した(よしよし)
本当は『蘭菊の狐』を読ませたかったんだけど
最初に読むものとしては少しヘビーかな、と思い
とりあえず『鬼の足音(なぜか変換しない)』を渡してみた。
凶暴・冷静・弱虫と、三種類のタイプの主人公が登場して
性描写と暴力描写も比較的ソフトな方なので入門用としてはよいかと。

皆さんなら自分の子供にどの作品から読ませたいですか?

62 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 17:40:56 ID:W2pxcfnz
悪霊の棲む日々

63 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 18:36:32 ID:JXIptuJa
君よ憤怒の河を渉れ

64 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 19:36:41 ID:XYSmjJDz
516 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/11/21(土) 16:30:33 ID:tyeEUNWo
>>515
セックス描写はあるけど 特別多いとも思わないなぁ。
あまりノーマルな関係のセックスはなくて 多くは 登場人物の性格の異常性や
インモラルな部分を裏付けるために 描写しているような感じを受けています。
西村寿行の小説も最近読むけど、寿行に比べれば はるかにまともな感じです。
あっちの小説は 女は穴だ!って感じで女は手当たり次第犯しまくるし、
ワンパターンに後ろから突きまくる。そういう部分はもう秋田ので読み飛ばしです。

65 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 20:18:51 ID:kqaQ3YqL
>>60
まあ、そういう人のものを奪って凌辱する的な要素も、寿行先生には大事だったのかもな。

おれも、世界史の時間でチンギスハンの「略奪婚」の話を聞いて妙に興奮した記憶がある。
チンギスハンって1回嫁さん奪われてるんだよ。その間嫁さんがどんな目にあっていたかと考えると萌える。
いや、燃える。

源頼朝や義経の母親も、息子の命を助ける代わりに、平清盛の妾になったんだよな。
夫に仇に抱かれる女の気持ちはどういうものだったんだろう。

30前後の熟女+略奪婚=人妻

それが、寿行先生の燃え方程式だったのかも。

66 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 20:20:56 ID:kqaQ3YqL
>>61
おや、基本的に息子に薦めるような本じゃないだろ、寿行先生はw

俺は父親の持っていた寿行先生の本を読んでファンになった口だが、さすがに父親に薦められたことはなかった。
どうせガキに読ましても、レイプシーンだけ拾い読みするよ。

67 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 20:35:01 ID:RD2vijR0
61氏はレイプシーンに至るまでの斜め読み状態でいかに引き付けジュコラーとさせるのが目的かと。

滅びの宴

だな。

まあそういう俺は「闇に潜みしは誰ぞ」で洗礼を受けた口だが。その当時嵌っていた森村誠一のオナニー小説のモヤモヤ感がきれいさっぱり流せたのが最大の衝撃だったなぁ。
大藪のような血の通わない無味乾燥なサイボーグみたいなものをハードモノと崇めていた自分が如何に欠陥人間だったかとも思い知らされたし・・・・


68 :名無しのオプ:2009/11/22(日) 20:42:39 ID:6gNXjF8A
まずは荒らぶる魂か黄金の犬から入っていくのが王道だろう。
紅い鯱から入るってのもありかな。


69 :61:2009/11/22(日) 21:05:05 ID:xT8UX8R9
>>66
たしかに子供には勧めにくい本が多いので
居間の書架じゃなくて夫婦の寝室に並べてたのですが
もう高校生だし、本人が読みたいのなら読ませたいな、と。
『梓弓執りて』とか特に読ませたい。

僕自身は高校時代に古書店で買った『襤褸の詩』を最初に読んで
ちょっと刺激が強すぎたなーと思っているので
こちらで選んで与えられるのなら、そうしたいのです。

人間の「業」みたいのをオブラートに包まず突きつけられるので
親としてはちょっと心配な部分もありますね。


70 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 00:35:35 ID:aKjc+Gji
現在20代前半だが、寿行を読みはじめたのは親父に『風は悽愴』を薦められたのがきっかけだった。

71 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 01:37:48 ID:wjNNdZ/9
スポーツ新聞のおかげで「牙城を撃て」「汝怒りもて」「峠に棲む鬼」なんかで
接点を持ったけど、やっぱり「滅び」シリーズ辺りがいいんじゃないかと思う。
後期の能天気シリーズから入ると辛いと思うしw 逆に初期の社会派から入っても辛い。
エロOKなら「梓弓執りて」はいいと思う、本当に。

そういや童門冬二先生が書いてた歴史解説書が母校の図書館にあったんだけど、
武田信玄の佐久攻めのあたりの記述で「(敗れた)笠原清繁の夫人は勝利の報酬として
部下に下げ渡され、性どれいにされた」と書いてあって、事実認識もさることなが
らその言葉選びのセンスにひっくり返った。子供も読む本だろ!ww

72 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 03:26:55 ID:C5TnartE
>>71
たまに真面目系の本にそういうドキッとするようなエロ記述ってあるよねww
漢文の受験参考書の解説に西太后の有名なエピが載っていたのを思い出す。咸豊帝の寵愛を一身に受けていた
麗妃を嫉妬し「二人の凶暴な囚人に自由にもてあそばせた後で、息も絶え絶えの麗妃の手足を切断し、だるま
みたいにしてしばらく生きながらせていた」って記述があって、前半部分の記述に激しく興奮(勃起)した18歳の俺。
このエピは映画にもなったけど、どうやらフィクションのようだが。

73 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 03:32:18 ID:C5TnartE
あと、英語の分厚い辞書に「処女を失った直後の女性ほど淫乱なものはない」
って文も確かにあった。これも興奮させられたw

74 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 07:13:46 ID:wjNNdZ/9
>>72
いちおう歴史書のバイブル「史記」に書いてある話なんだけどね。

でも高島俊男がよく書いてるけど、中国の正史っていうのも民間の伝承や
あやしげなフィクションもどきの歴史談とかを、実地調査とか自分の足では
滅多にしない大学者の先生が書斎の中で取捨選別してツギハギしたもので、
「正史」といっても、どう見ても当てにならない話はゴマンと載っているって。
正史三国志は批評家が研究して付けた「注」が充実していて、いかがわしい
民間のヨタ話が山のように併記されてあり、それらのヨタ話がいかにうさん
臭いかよく分かるようになってる。(そのヨタ話の方を集大成した講談が
日本人に多大な影響を与えてる「三国志演義」なのかナニなのだけど)

真面目系の本じゃないけど、原作者自らが書き下ろした「ガンダム」の小説版が
いきなりエロ系全開になった時も驚いたな。子供向けのアニメじゃ抑制
されていた生々しい男女関係がさらっと出てくるギャップに興奮されられたw
思えば寿行先生がまだまだ元気だった時代だなあ。「黄金の犬」の映画化が
ガンダムがテレビ放映されたのと同じ年。

って、このスレを見ている人は…になんで「ガンダムエース」があるんだ?w

75 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 07:53:15 ID:SKnfwEY2
>>61
「捜神鬼」を読ませなさい。
寿行に触れるには、まずはここからだ。

76 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 11:49:48 ID:DK9mlzwx
>>61
俺も、動物小説であれば、捜神鬼、風は悽愴、荒ぶる魂、
アクションであれば、白骨樹林とか、往きてまた還らず、あたりのから入った方がいいと思う。
エロものに行く前に、寿行の根底にある優しさであり、リリシズムであり、人間を描写する力を判ってからの方が、
良い読者になれると思う。
寿行を好きになれば、エロには奨めないでも自然と行くよ。若いんだし。

77 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 13:03:52 ID:J4U0hlFw
「君よ憤怒の河を渉れ」をお奨めする。
性奴隷やセックスは出ないが、登場人物 真由美の記述に寿行作品の基本
である「全裸」「パンティ」「形のよい乳房」「陶磁器を思わせる
なめらかな白い尻」が出てくる。その他には、少年愛もあり、寿行作品の
入門編としてうってつけと思う。


78 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 15:29:34 ID:wjNNdZ/9
>>77
中国人はうってつけの入門編から日本映画に接したわけですねw

79 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 18:24:29 ID:DK9mlzwx
「君よ憤怒の河を渉れ」の新装版ノベルスGETしてきた。
新刊台の平積みで一際異彩を放つモノトーンの表紙。
昨今、あまり見かけなくなった男臭い装丁画は、
荒涼としてくすんだ空を背景にこちらを睨み付ける逃亡検事のバストショット。
ゴリゴリと太いゴシック体の題字は滾るような血色の赤。
帯の惹句は
「伝説作家の代表傑作!! ハードアドベンチャーの金字塔」
「君はもうこの伝説の冒険小説を読んだか!?」
「追う者と追われる者 男の美学が炸裂する! ここに最新装版登場!!」
書店でこれほど興奮したのは本当に久しぶり。

なにより嬉しいのはノベルスの上部に記されたシリーズナンバー
「西村寿行ノベルシリーズvol.1」!
これって続刊があるってことだよね、ねっ!

どうかシリーズがポシャらずに末永く続いて欲しいと、今からひたすら祈ってます。
かつての徳間のJUKO ハードロマンシリーズみたいに長大なシリーズになって欲しい。
いや、願わくば全集に!
(徳間のシリーズですら全作品を網羅していなかったんだから無理だとは思うのだが‥‥)


80 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 18:55:26 ID:F4Xn8mzN
闇に潜みしは誰ぞ
裸の冬

は出して欲しいな
峠に棲む鬼も出して欲しいけど無理だろね

81 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 19:48:57 ID:cuiZ+cWE
去りなんの方が先だろ

82 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 21:05:47 ID:wjNNdZ/9
おおこれは嬉しいニュース!

83 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 21:13:34 ID:rHwkqlBP
う〜ぬ、これはジュコウ・ルネッサンスが始まりつつあるな。

出版社も、今がジュコラー復興の時期だと判断したんだろうな。
タイミングとしては悪くない。

うまく熟成期間を置いた感じだ。

84 :名無しのオプ:2009/11/23(月) 23:31:35 ID:Xw8+wKfx
エッセイはまだ本にならんの?
死んだら人望が物を言うからな……

85 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 06:25:21 ID:/ZzWgm2r
ひぃ!変態!

86 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 16:37:00 ID:MOYjM4a/
★強制わいせつ:女子高生宅に侵入の男、容疑で逮捕 /兵庫

・洲本市内の高校2年の女子生徒の自宅に侵入し、わいせつな行為をしたなどとして、洲本署は
 23日、同市宇原、会社員、逢坂大翼容疑者(33)を強制わいせつなどの容疑で逮捕した。
 容疑を認めているという。

 容疑は、10月2日午前0時50分ごろ、女子生徒の部屋に侵入し、寝ていた生徒の上に
 馬乗りになって約1時間胸を触るなどした後、部屋にあった下着1枚を盗んだとされる。
 同署によると、女子生徒の部屋は母屋と離れており、当時、鍵はかかっていなかったという。

 http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091124ddlk28040239000c.html

87 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 20:15:38 ID:KbuvhgUF
「君よ憤怒の河を渉れ」再読開始。
現在、逃亡検事は日高山脈を彷徨中。

学生の昔と違い、現在は翌日の仕事のことを考えると、
夜更かしして一気読みが出来ないのがツライ‥‥


88 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 20:26:49 ID:5nTT/Cit
「ベッドルームに若い男がいた。パンツをはこうと焦っていた。」
                                (馬鳴神)

この簡潔な一行の描写だけで、何度お世話になったことか…

89 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 23:26:35 ID:TCBPCw4H
寿行先生の燃え方程式が炸裂する必要十分条件

・30前の美人妻(貼りつくねばい視線)
・ジーパン姿の美しい尻。盛り上がった乳
・白のパンティ
・拉致→ああッ

90 :名無しのオプ:2009/11/25(水) 20:56:33 ID:Qcsh3vjg
何でだろう、寿行作品の白いパンティって地味な綿のパンティしか思い浮かばない

91 :名無しのオプ:2009/11/25(水) 21:22:39 ID:bD8Xa5Bs
>>90
それでいいのです。
俺のイメージはおへそあたりまで隠れる地味なやつ


92 :名無しのオプ:2009/11/25(水) 21:35:25 ID:hClb1Sjl
かたやどっかのモノ書きのまとめ拾ってきた。

親友が突然自殺したお。そいつの彼女(直子)が残ったので、ノリでオマンコしておいたお。でも直子はメンヘルで施設に入ったお。
よく分からないけど、直子は大事な女性だお。とりあえず大学に入ったので、ナンパしてオマンコしまくったお。
好きでもない女とオマンコするのってむなしいお。大学で、ミドリって言うへんな女と知り合ったお。
俺には直子がいるし、ミドリにも彼氏がいるのでオマンコはしないお。
時々、直子の施設に行って手コキとかフェラしてもらってるから満足お。
そしたら、突然に直子が自殺したお。悲しいから旅に出るお。
帰ってきたら、直子の世話係の既知外ババアが俺んちに来たお。とりあえず、オマンコしたお。
そーしたら、何もかもふっきれたお。もう、必死にミドリとオマンコしにいくお。
ミドリ「落ち着け猿」
終わりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

書評(というのか解らんが所謂こんなレスがついた)

要するに不幸そうな話を上手な文章でまとめたスイーツ向け小説だったわけだ。



93 :名無しのオプ:2009/11/25(水) 22:31:02 ID:KrFZNtf6
さて、チンポを軽石で磨く時間だ

94 :名無しのオプ:2009/11/25(水) 23:03:34 ID:hClb1Sjl
連続書きこでスマンがこんな事件が有ったのを今更知った。 
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

三毛別羆事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

明景家の惨劇あたりが先生のモチーフになったのかもしれない。

妙に文章を入れ込まない先生の文体に纏ると簡潔且つ行間にエロティシズムが漂うのは独特のものだろうな・・・

95 :名無しのオプ:2009/11/26(木) 12:15:17 ID:fZzvt6vP
>>92
ナゼに寿行スレで村上春樹?

96 :名無しのオプ:2009/11/26(木) 22:10:56 ID:47LoANO5
白のパンティってじつはあんまりいないんだよね。
温泉脱衣所盗撮DVDなんか見ると人妻でも白は少数派だし。
しかし美人で白下着だと、そこには何かぐっと来るものが
あるのは確かだな

97 :名無しのオプ:2009/11/26(木) 22:27:43 ID:T94E51eY
>>94
吉村昭の羆嵐よめよ

98 :名無しのオプ:2009/11/27(金) 11:53:23 ID:sfB3M/ja
 「君よ憤怒の河を渉れ」ってアメリカのテレビ映画「逃亡者」にインスパイアされてるよな

99 :名無しのオプ:2009/11/27(金) 18:56:58 ID:xUI3v+SC
逃亡者はガソリンスタンドを炎上させたりしない

100 :名無しのオプ:2009/11/27(金) 22:52:10 ID:eHKVcO4X
あの「逃亡者」(60年代ドラマ)に対するコメントは、
エッセイとかでも読んだ事ないような。

寿行先生のお気に入りの俳優はジャン・ギャバン。
彼の映画「逃亡者」(1944)の方は見てたかも知れない。
テレビ映画の「逃亡者」とは全く違う話だけど。


101 :名無しのオプ:2009/11/27(金) 23:43:08 ID:ZftLOrr3
>>93
海綿体は筋肉ではないから鍛えようがない。

とどこかで教えてもらったことがある。
軽石なんかで磨いたら磨り減るだけだぞ。

102 :名無しのオプ:2009/11/28(土) 00:32:51 ID:JMJO8IgR
>>101
カリフラワーちんぽ乙

103 :名無しのオプ:2009/11/28(土) 01:47:47 ID:+2DXQMcW
>>101
軽石チンポ磨きは実在する南方蛮族の風習が元ネタ。
石のように硬くなるかどうかは定かではないが
ペンダコのようなものと考えれば可能性はあるのかも

104 :名無しのオプ:2009/11/28(土) 18:25:10 ID:hJ+TAt3R
傷が直ると角質化して固くなるってことでしょ
でも、そうなると固い男根は手に入れられても
感覚が鈍くなりそうでそれはそれで困る
接して漏らさずとかいってる雷四郎も
遅漏になるのと引き換えに
カリスマを手に入れたようなところもあるよね

105 :名無しのオプ:2009/11/28(土) 18:59:26 ID:0TOraARk
ちょっと軽石採掘してくる

106 :名無しのオプ:2009/11/28(土) 22:21:52 ID:j+lBB4gb
−世界最大の軽石の宮殿。
ブルッと105の心に旋律が走った。

107 :名無しのオプ:2009/11/29(日) 17:43:06 ID:JiJI6X5M
数ヵ月後。
富士の樹海で発見された軽石の洞穴に、
亀頭を血まみれにして息絶えている一人の男が発見された。
身元は判らなかった。
その特異な死体状況に新聞が小さく取り上げたが、
反応はどこからもなかった。

108 :名無しのオプ:2009/11/29(日) 20:52:08 ID:FZ4GbSzo
新聞に報じられた翌日。
一人の男が富士の垰を通過した。
「これで、3人目か」というつぶやきを聞いたのは、岩鷹だけであった。

男の名を冷越剛。先月まで警備警察の警視を務めた男。
罠に嵌められた。少なくとも冷越はそう思っている。妻・千枝の友人と名乗る女性に声をかけられた。妻と待ち合わせているからと食事に誘われた。
食事をし酒も飲んだ。妻は来なかった。帰ろうとなった頃に、手を握られた。女にもてる方ではないと自覚して生きてきたから、どうしていいか分からなかった。
冗談だろうと思った。冗談よと笑いながら、腕を絡めてきた。

気付くとホテルの一室だった。
隣にその女性が死んでいた。疼痛が走り、下半身を見た。血まみれの亀頭が頽れていた。
ドアを叩く音がした。
人生が終幕を迎えたことを知った。理由も知らないまま人生が終わった。冷越は警備警察の警視。こういう類の醜聞は許されない立場。まして妻がいる。子がいる。犬がいる。
どうにもならない迎えの音が、ラブホテルに響く。

109 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 00:12:29 ID:FYg/omgg
なんだその超短編はw

110 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 00:48:30 ID:mjtSSwEk
軽石だけはやめとけ。
純真な中学生読者だった俺はエライ目にあった…

111 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 09:30:57 ID:/NDPRdpc
>>108
元ネタの絵で僧都して吹いたwww

112 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 19:13:10 ID:oyS7Pm9Z
>>92
この話は 村上春樹だったか「ノルウェーの森」じゃあ?
純愛だ、何だって 話題で売れた本だから期待して読んだが、全く
呆れた話だった。
 

113 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 21:53:58 ID:AEFjfE/K
われは幻に棲むの仙人のように、プラスチックの玉を
包皮の内側に埋め込んでみた猛者はおらんのか(w

114 :名無しのオプ:2009/11/30(月) 22:32:23 ID:xSTBimsM
――邦弥は目を閉じていた。歯が鳴っている。
 死にてえのか、てめえ――相良は出刃で邦弥のほおを叩いた。(馬鳴神)

・・・この2行だけで、何度抜いたことか・・・

115 :名無しのオプ:2009/12/02(水) 19:18:38 ID:JVRNlksu
【千葉】立正大3年生を容疑で逮捕−−四街道署

四街道署は27日、四街道市大日、立正大学3年、花輪竜也容疑者(20)を傷害容疑で逮捕した。
逮捕容疑は、27日午前8時ごろ、四街道市内の市道で、自転車で通学途中だった県立高校3年の
女子生徒(18)の首に腕を回し、口をふさぐなどして押し倒し、足や腕などに軽傷を負わせたとしている。
同署によると容疑を認めている。花輪容疑者は軽自動車で逃走したが、悲鳴を聞いた通行人の
女性が車のナンバーを覚えていたという。昨年10月以降、市内や千葉市内で若い女性が狙われる
事件が20件以上起きており、関連を調べている。

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20091128ddlk12040156000c.html

116 :名無しのオプ:2009/12/02(水) 22:44:10 ID:dwbaBDTz
>>107
>>108
「亀甲に万葉散るらむ」より

117 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 01:41:23 ID:IStCguqM
なんで乗る盛りのような小説が売れて寿行のが売れないのか。
文体の簡潔さ、切れのよさ、エンターティナーどれをとっても敵わない気がするがこれは贔屓目にしか過ぎないのか・・・

こんなニュースを拾ってきた
ロシア、ついにウォッカを錠剤に。これでいつでもどこでもウォッカを楽しめる!
http://digimaga.net/2009/12/now-vodka-that-comes-in-a-pill.html

というか既に日本で確立済みなんだが、酒税が産業の伸びしろを奪っている好例だな。
http://www.sato-foods.co.jp/product/liquor.html

118 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 03:25:17 ID:giqMSKof
他の作家を意味なく批判するのはやめような

119 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 09:15:09 ID:WoZRo3M2
>>117
ん?
トータル売り上げじゃ、寿行先生が圧勝してるんじゃないの?
冊数も違うし。

春樹言っても、ノル森と1Q84ぐらいだろ、100万部いったの。

春樹は海外で評価高いらしいから、そのフィードバックで国内で話題になってる感じだけどな。
ノル森自体は、なかなかおもしろいエピで中身も濃かったからつまらなくはなかったけど。

まあ、ポジションじゃないの。純文学で売り上げがいいって、春樹ぐらいでしょ。
文学界的に一人はそういうポジションの人間が欲しいんじゃないの?
読者的にも「エンタメばっかりじゃなくってたまには純文学でも読むか。そうだ、春樹にしよう」みたいな。
でも、二人はいらないって感じ。

120 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 12:45:38 ID:1/Q7H2hu
>>119
かつての累計発行部数のランキングでいったら、西村寿行は確実に
歴代ベストセラー作家の十指に入るだろうけど、>>117の言いたいのはそういうことでなく、
現在は、ってことでしょ。
いま、あまり寿行が読まれていないのは、これはもう時代というしかないね。
かつては日本中こぞって寿行に夢中だった時代があったのだから。

店頭に並んだ出版物を見渡しても、いま勢いのあるのは
ライトノベルやケータイ小説みたいな軽い読み物ばかり。
ミステリーや冒険小説の全盛だった80年代に比べると、
現在の主流はどうみても恋愛小説。
素人が書く、金太郎飴のような悲劇系恋愛小説が続々と映画化される。
(まあ、そんなのと一緒にしたら、村上春樹に失礼とは思うけど)

いまや若い男は草食系と言われて喜び、女のように着飾り、
慎みを失った女は出会い系や合コンで男を漁る。
蔓延する性病やウイルス感染症、インフルエンザ、パンデミックの恐怖。
暗澹たる経済の先行きや不透明感と相まって、
世界が終末思想におののいていた冷戦時代よりも、
遥かに世紀末的な色合いが強いと感じているのは俺だけだろうか。
現実の悲惨さから目を逸らすために、あえて大衆は、
そういう軽さをエンターテインメントに求めているのかも知れんね。

こんなハードロマン不遇の時代に、ひとつ朗報があるとすれば、
本人自らが寿行チルドレンであることを公言している飴村行が、
様々な出版社の年末のミステリーランキングで軒並みベストテン入りを果たしている事。
これを機に寿行ハードロマンの復権があるやも、と少し期待しているのだが‥‥

121 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 21:30:34 ID:LcjFD9ix
村上春樹の本だって何十年かたてば誰も読まなくなるよ
って村上本人が言っていたがw
寿行のでいえば自然のリアルな描写の部分は残っていくのではないか。
ほかにそういう情報を持っている人、書ける人がいないからね。

122 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 23:17:11 ID:1L2Xkdac
春樹も寿行はおろか、何十年も経てば今の作家で読まれてるものなどほとんどないだろ

123 :名無しのオプ:2009/12/03(木) 23:42:58 ID:XspIgEoV
さて、麗息丹の材料でも仕入れてくるか

124 :名無しのオプ:2009/12/04(金) 20:14:49 ID:XakUWaCX
缶詰を肴に飲み始めた俺

125 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 15:17:24 ID:zzkIZzrj
「血の翳」読み終えました。
終盤で明らかになる亡き妻のもうひとつの顔と
それを直視することのできない主人公の姿は
従来の作品とはまた違った趣を感じました。
エロも豊富で読み応えもあって寿行先生はすごいな〜。
序盤のチンピラ人妻輪姦からテンション上がりまくりでした。
次は「呑舟の魚」に挑戦です。


126 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 19:22:28 ID:90I9e3d9
「血の翳り」が女性雑誌連載だったことと、
「妖獣の村」が高校生の学習誌連載だったことは
寿行ファンの間ではちょっとしたトリビアだね。
俺も知ったのは最近なんだけど。
どちらも陵辱シーン満載なのに、昔は何かとおおらかだったんだなあ。

当時の方が雑誌コードやらTVコードやら何かと緩かったはずなのに、
現実に起きる事件は、現在のが何だか殺伐として感じるよ。

127 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 19:42:28 ID:rXBTjb5i
昔はそういう規制がゆるくて、大雑把に言えば「大らかでいい加減」な時代だったからね
今は抑圧が強くてストレッシヴな時代だから逆にそういう犯罪が増加しているような気がする
締め付ければ締め付けるほどはみ出していくんだ

128 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 20:44:27 ID:C5z+zfP/
>>126
>現実に起きる事件は、現在のが何だか殺伐として感じるよ。

それは現代蔑視があるんじゃないの?

犯罪は昭和のほうがやっぱりすごいよ。
冷戦中だし、まだイデオロギー・テロや、貧しさから来る犯罪なんかもリアルだった。
連合赤軍とか、永山則夫とか、川俣軍司とか。


過去の犯罪史とか読んでも、やっぱり昭和はすごいよ。
寿行先生が流行った時代だけのころはあると思う。

現代の犯罪はなんか夢中さがないよ。気迫がないというか。
昭和の犯罪者には凄みがあった。

平成の時代は、オウム事件なんか見てもマンガチックな感じ。
昭和の時代は劇画チックと言うか、ハードロマンな感じ。

129 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 10:20:29 ID:/vJuOF2g
十樹吾一さんにいろいろ調達してほしいですっ(><)


130 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 19:12:38 ID:qITRNzL4
Aチームは鯱シリーズのパクリ

131 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 22:58:06 ID:etxmNci+
戦隊モノは鯱シリーズのパクリ

132 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 13:23:11 ID:uKl4ObGy
ヤバい
シンケンピンクやシンケンイエローが
悪の組織に捕らえられて
あんなことやこんなことをされているのを
想像してしまったw


133 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 18:53:33 ID:27gbg206
ヤバい
シンケンピンクやシンケンイエローに陵辱の限りを尽くしているのは
十樹吾一というのを想像してしまった。
まあ十樹さんだと並べてお尻からだけだけど。


134 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 19:23:36 ID:G88ycDPN
小雪さんに、

土田明子先生を

演じて欲しい。

135 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 19:26:34 ID:2syFv3J5
何で寿行作品の人妻はおっぱいボイーンのお尻ムッチリが多いんですか

136 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 23:30:54 ID:Bmm3fq15
というかさらわれる女性がみんな人妻(専業主婦)なんだよね。
なかには女子大生とかモデルとかOLとかがいてもよさそうなもんだが
悪の組織の首魁はみんな寿行先生の趣味を理解しているんだろうw

137 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 09:57:27 ID:L47iq+0n
>>126
>「妖獣の村」が高校生の学習誌連載
本当??
高3コースとか? 蛍雪時代に??


138 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 10:07:30 ID:1KKdFzvm
それで抜いてすっきりして受験勉強に励めというメッセージ

139 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 12:17:19 ID:l22g6t1y
「妖獣の村」って最初に村の男どもに監禁→性奴隷にされた挙げ句殺されたのはヒロインの妹の女子高生だったよな。さすが寿行先生ハード過ぎるぜ!

140 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 20:21:11 ID:zaufLl5w
「魔の牙」なんて、女子大生から人妻まで選り取り見取りの女性たちが登場ですよ。

141 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 20:40:40 ID:izbohEy3
このスレで梓弓を薦めている人がいたので今読んでる。
主人公の個人的問題や事情は理解できるが、相変わらず 14歳の少女が強姦されて
やがて感じるようになるって そういう描写と成り行きがどうも
アダルトビデオ的で 何だかなあです。

142 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 22:02:53 ID:lgK9qcO7
――正浩は浴槽の端に突っ立っていた。
  細身の固く締まった形のいい尻を向けている。
                 (『魂魄さながら幽鬼なり』)

ハァハァ、いい描写だこと・・・

143 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 22:22:42 ID:JlGs4ehX
>>141
まあ、そう言わずに最後まで読んでみてよ。
寿行は、いくらアダルトビデオ的展開になっても、
ただそれだけじゃ終らないからさ。
薦めてた人の気持ちが解ると思うよ。

144 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 23:01:08 ID:1OEJqcTc
>何で寿行作品の人妻はおっぱいボイーンのお尻ムッチリが多いんですか

でも「物凄い美人」ってのはそんなに安売りしてない。
上の「梓弓執りて」の中学生の郁子ちゃんだって、「可愛い」「愛らしい」
の一言くらいあってもよさそうなのに、「表情が暗い」で始まって以後、
顔がいいという描写はほぼ皆無。

人妻北守礼子なんかも「足が長い」というだけ。超絶美人として描かれた
逢魔麻紀子の登場する「峠に棲む鬼」でも野萩広子は「獲りたてて美人と
いうわけではないが理知的な顔立ち」というくらい。その辺がまたいい。

145 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 23:21:45 ID:lgK9qcO7
『鬼の跫』の由紀ちゃんなんかは
「容貌が勝れているだけでなく、裸体がすばらしい」
と、非の打ちどころがない表現で、これもまたイイですね。

でも僕は、『馬鳴神』の
「生っ白い体の」大学生に萌えるんだなぁ・・・

146 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 23:26:50 ID:lgK9qcO7
>>145
「由紀ちゃん」とか言って、
生きてたらもう60近いだろ、、、

と自己レスしてみる

147 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 23:30:52 ID:lgK9qcO7
>>146
んなこと言ったら
大学生ももう40過ぎだし
『症候群』の明彦博子兄妹も40近いだろ、、、
(蓮池さんまで出てくる訳だし)

と自己レスしてみる

148 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 23:37:49 ID:ZvlQ0f+v
滅びの笛ヒロイン広美の描写は萌える
モデルは間違いなく水沢アキだと思う

立ちしなに沖田広美の胸のふくらみが見えた。救援物資なのであろうか、安ものらしい
セーターの下に高い乳房が潜んでいた。歩きながら、曲垣は、沖田広美の裸体を想像した。
美しい肢体であろうと思った。その裸体を存分に犯したにちがいない暴漢の、そのときの
場面が、浮かんで、消えた。

ウッ、

149 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 01:47:51 ID:wGSVK4Dd
>>148が鼠に食われたと聞いて

150 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 19:07:15 ID:THZCVxic
>>141
少なくとも梓弓では、その“描写と成り行き”が
後半に向けてある程度の意味を持っている、と思う。


151 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 20:11:49 ID:/4s8KV8e
梓という名の弓道の名手の美少女が主人公の小説があるときいて

152 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 20:15:23 ID:VBMyovkD
>>144
だからこそ、峰が語る

「この美人が教授かい。」

の土田先生に対する形容に
萌え、ときめく。

153 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 21:44:35 ID:DLWAYl1B
梓弓の徳田(左近ではない)は、逃げる先々で女性の世話になり、
深い仲になるが、その度に牛窪に寝取られて逃げ出すのを繰り返すプロセスは、
ヘタレな徳田のキャラを立てるのに、十分生きてくるし、必要だと思う。
追いかけられれば、ただ逃げることしか考えなかったヘタレだからこそ、
ラストの展開の感動に、より効果を上げていると思うのだが。

154 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 22:50:48 ID:Wrq95BUT
★気候変動でホッキョクグマが共食い始める(画像あり)

[チャーチル(加マニトバ州) 20日 ロイター] 米国が率いる国際的な科学調査によると、
気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、
共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。

11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、
オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12847320091209
画像 ※ショッキング画像注意!
http://img3.cache.netease.com/photo/0001/2009-12-09/5Q36LSOM05RQ0001.jpg

155 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 20:25:51 ID:L3oQih77
人間は愚かだな。
寿行先生は30年近くも前から、自然破壊の危険性に警鐘を鳴らしていたというのに‥‥

156 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 22:33:59 ID:dLZtixzf
先生は人間なんてどうなってもいいという考えをお持ちだからw

157 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 22:50:30 ID:a4mvhoeB
この人、文章が簡潔な分、
読み手のイマジネーションを働かせることができてイイね。
と、ロラン=バルトが言っていたっけ。。。

――裸に剥かれて母子で並べられた。
   民重はさんざんに弄ばれた末に犯されて出血した。(海と女と少年)

男子中学生を、
どうやって「さんざんに弄」ぶのだろう、とかね。

158 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 00:37:18 ID:lZBO5W18
とにかく「梓弓」はじっくり味わってほしい。
郁子の運命は可哀想すぎると思うけど、あれから逞しく生きて…おっとっと、
まだ読書中の方がいた場合はネタバレになるのでした。

むかし志賀直也の「暗夜行路」を女性に読ませれば、男ってものの情けない
自我のこだわりや女性への一方的な思い入れがよく分かり、男に対する
幻想を捨てさせられる、なんて言われたそうだけど、「梓弓」を女性に
読まれるのは正直怖いよw

あの男ってものの情けなさ、女性に対する狂おしいほどの憧憬と劣等感。
他人の○根に対する異様なほどのコンプレックスとか、自分の底にも
間違いなくある見られたくない部分満載だもんw

159 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 07:33:30 ID:ldimnRSR
凄いのを拾った。

「わが魂、久遠の闇に」とカニバリズム

文字的グロなので注意。
良栄丸事件
これは1927年(昭和2年)に実際に起きた事件である。
http://f50.aaa.livedoor.jp/~ghaku/hanashi3.htm

なんども助けられる機会がありながら人肉を食してしまった罪悪感から敢えて生き地獄を選択した人々・・・


160 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 12:57:21 ID:3npdF4o8
御坂亜紀は
愛撫するのが目的なのに
いきなり両手縛られちゃってるんですけど…

161 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 21:45:19 ID:pW8gFeQz
誰だ、wikipediaの「去りなんいざ狂人の国を」の項目書いたやつ・・・

脚注が全部エロ描写じゃねえかw

162 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 22:49:00 ID:rJJIjOwS
>>161

久しぶりに爆笑したわwww

>この場面では具体的な叙述はなく、この小道具が何だったのかは不明。
>なお浅羽は、高橋由美子の性器と肛門を、コケシを使って責めていたことがある。

何が「なお」だよw小道具に注釈なんぞ入れやがってw
他のの作品も期待しちゃうじゃねえか。

163 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 23:28:59 ID:pW8gFeQz
ふと、このサイトの人と同一人物じゃないかなとも思った

ttp://jukosfan.blog.so-net.ne.jp/

164 :名無しのオプ:2009/12/12(土) 23:45:22 ID:3npdF4o8
>>161
御坂亜紀の項目が少ないのが許せん

165 :名無しのオプ:2009/12/13(日) 07:32:54 ID:idM3JUsG
前スレみたいな、後手縛りや四つん這い画像を貼れば
妄想も進むのだが。


166 :名無しのオプ:2009/12/13(日) 10:06:26 ID:rrB3g5lT
つーか、脚注でエロ描写し始めたら切りがねーじゃねーかw

脚注なら何書いてもいいのかw
もうこんな感じで他作品もエロ描写書いちゃえよw

167 :名無しのオプ:2009/12/13(日) 21:11:22 ID:YPjTDZjB
死神シリーズと鯱シリーズは
ラノベ風の装丁で再販してほしい。
少年をイロイロと目覚めさせてほしい。

168 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 10:28:22 ID:E4JwLsRR
>>167
それいいかも。
俺も鯱シリーズ最初に読んだのは18の時だったもんな。

ただ、この年齢になると、ラノベ装丁は抵抗あるので、
一般向けのも一緒に出してほしいw

169 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 11:11:48 ID:xKbycQVF
西村寿行先生がラノベ書くと聞いて来ました
違うの?

170 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 12:45:21 ID:wdjcwGdE
「峠に棲む鬼」も、ラノベ風の表紙で出してほしい。

表紙の図柄は、深夜アニメに出てくるような目が大きい女子高校生風の麻紀子が
棒を握って立ちながら、衣服をところどころボロボロにされて
「いや、エッチィ」という感じで羞恥で頬を赤くしている感じで。

171 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 14:06:55 ID:NCtTkySm
じゃぁ『蘭菊の狐』も
セーラー服姿の阿紫が大利鎌を持ってキメポース、みたいな表紙で。

172 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 18:27:41 ID:pQiDQeP+
>>170-171
その表紙で買った読者のうちかなりが「騙された」ってなりそうですねw

173 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 19:38:26 ID:E4JwLsRR
>セーラー服の阿紫
そりゃあ阿紫じゃないw 
阿紫は学校に通ってなかったもんな、コスプレ趣味の阿紫だw
そんな表紙は、確かに偽りあり、だなw

寿行先生はもちろんラノベなんて書いてないけど、
いま出版界にあふれてるラノベ作家たちに、多大な影響を与えているような気はする。
スーパーヒロインが敵の手に落ちて、ちょいエロ状況に追い込まれるエロ系ラノベの始祖は、
寿行先生なんじゃないだろうか。
それまでヒロインに存在した「ヒロインは危機に落ちてもヒーローに助けられる」とか
「ヒロインは悪の手に汚されない」みたいな不文律というかきれいごとを剥ぎ取って
あからさまにしてしまった嚆矢は、寿行ハードロマンなんじゃないかと。


174 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 20:06:07 ID:xKbycQVF
ツンデレヒロインが主人公を奴隷化するのもその影響なのか…

175 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 21:01:12 ID:QLJ2PhdO
「うしおととら」の藤田和日郎は、寿行さんの大ファンだよね。
「秋葉流」「関守日輪」など、キャラクタの名前も影響を受けたし、
単行本のコメントに「笑顔に清潔感のない男は、滅びる」という
「無頼船」の一文を引用している。

176 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 12:36:20 ID:WAEjBICu
伝奇系のお話をコミカライズするなら
田辺氏じゃなくて藤田氏っていうのもアリかもね。

177 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 15:34:18 ID:FSywZ75L
>>170>>171
おう、それはいいな。
もし復刊されるのなら、女の子が主人公だったら、アニメ絵風のイラストでもいいと思う。
あんまり媚び媚び、萌え萌えした奴じゃなくって、きりっとした感じの奴。

笠井潔のヴァンパイアハンターも、確か復刊されたときはラノベ風になってたはず。

峠に棲む鬼なんかは、ハードエロを除けば、ほとんどラノベだしな。
主人公の女が棒使いで、なぜか戦闘時は全裸になるとか。

阿紫ちゃんなんかは復刊されたら妙に人気が出そうだな。
同人誌とか作られたりしそう。
今流行のツンデレ、ツンヌレキャラだし。

「触るな、ゲス野郎!」→「ああっ、男根様っ!」
「このソビエトの犬め!」→「ああっ、男根様っ!」みたいな。

男主人公の奴は別にラノベ風じゃなくてもいいけど、女主人公の奴は、萌えオタまで
吸収しないともったいないな。せっかく魅力的な萌えキャラが大量に揃ってるのに。

178 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 20:07:29 ID:LrVEKMLa
笠井潔はヴァンパイヤー戦争な

179 :名無しのオプ:2009/12/15(火) 21:28:21 ID:gyZgdinR
考えてみれば、処女を失うと能力を無くす設定の美少女ゼロなんて
ラノベの萌キャラそのものだな

180 :陸幕二部別室:2009/12/16(水) 13:55:58 ID:LCmyDKHF
>163
ご想像を裏切り申し訳ないが、wikipediaの「去りなんいざ狂人の国を」の
項目書いたのは、自分ではありません。
しかしながら、寿行ファンで、同志がいたことはとても喜ばしいことです。

みなさん、来年もよろしく。

181 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:14:41 ID:KpioXngf
ラノベを装ってヴァンパイヤーは売れたか?
黙殺だったろ

182 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:28:29 ID:ft5tD+Fs
笠井が空の境界を持ち上げた御祝儀で、講談社が再版してくれた‥‥と俺はそう思っている

183 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:41:16 ID:FajDRB4L
>>181

売れなかったのは、今じゃ、笠井の口と性格の悪さが知れ渡っているからじゃねーかと

184 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 21:59:36 ID:nByeNHc/
ラノベ装丁の寿行が欲しいということであって、それで少し売れれば
まあそれもありがたいということ。

ラノベイラストでいたぶられる麻紀子はぜひ見たいぞw

185 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 22:25:10 ID:9SIVA9Iz
西村☆じゅこう とか名乗られても困るしー

186 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 22:38:35 ID:FajDRB4L
>ラノベ装丁の寿行が欲しいということであって、
>それで少し売れれば まあそれもありがたいということ。

よくわかる。同感。

>ラノベイラストでいたぶられる麻紀子はぜひ見たいぞw

さらによくわかる。自ら後ろ手に回した両手に手錠をはめて
尻を突き出すアニメ絵の麻紀子も、ええものじゃ。

>>185
深夜アニメで「西村☆じゅこう劇場」
さぁ始まるザマスよ、イクでガンス、フンガー、というのも、あってもいい……かも
 

187 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 23:13:00 ID:vCWedXTf
しかし、ひぐらしみたいな感じで、萌えキャラでハードでブラックなことするって言うのは一時流行ったからな。
規制されておとなしくなったけど。

あえて、萌えキャラ風のキャラデザでアニメ化するのもアリかもな。

188 :名無しのオプ:2009/12/16(水) 23:20:09 ID:9SIVA9Iz
だが問題はヒロインの大部分が人妻ってあたりだ

189 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 01:36:54 ID:NruXovLl
鯱シリーズの四人が「グラップラーバキ」の絵で脳内再生されるw

190 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 13:25:45 ID:GGijhFJD
そこをがんがってCLAMPキャラでなんとか・・・

191 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 16:44:14 ID:djGNEAmp
>深夜アニメで「西村☆じゅこう劇場」
>さぁ始まるザマスよ、イクでガンス、フンガー、というのも

「西村☆じゅこう劇場」だったら

「始まるな」「イクか」「ああ」だろう

192 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 18:32:26 ID:CQg6VaWf
ただ、寿行が再評価されたとしても、
もう新作が読めない現実は、圧倒的に淋しい。

193 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 18:50:06 ID:wzwB8yGI
幻の草稿が発見されるかもしれない

194 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 20:17:57 ID:djGNEAmp
横溝だって、まだ長編版「日時計の女」が、
未刊行で関係者の間に残っているっていうし。

それを考えれば、なんかあるかもな。

195 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 22:56:43 ID:g3CU3BrL
確かにこの十年、横溝関係の新刊が恐ろしいほど次々発行されたな。

やはり残された者がどれだけ愛情を形にする意志を持ち続けるか、なんだ。

ようし、麻紀子の萌えイラストを描ける作家を探して新装発刊を(Ry

196 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 23:29:55 ID:11c6N5nr
>>164
御坂亜紀に愛撫されたい

197 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 09:46:38 ID:2m7GaALb
>>192>>193>>194
エッセイ「宴は終わりぬ」の中に、(デビュー前に探偵小説らしきものを書いて押入れに放り込んだ)
というような記述があるから、それが発見されれば‥‥
個人的には、「幻覚の鯱」が実は完結されていた、みたいなサプライズがあると嬉しい。
一番現実的なのは、「犬族からの通信」が1冊に纏まる事かな。

198 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 17:30:24 ID:rCM6tpMI
個人的には結構、未読の作品があるのでそんなに飢餓感は無いが
読みつくした人もいるんだろうな。

199 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 21:07:47 ID:Kuv4NQZz
お前らは「エロゲは終わりぬ」じゃないか

200 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 16:18:14 ID:5fzyrAgT
読み尽くさないまでも、時代によって作風がいろいろ違うから、
自分が好きな時代の作品に未読の物があると嬉しい、という気分は
確かにあるね。

201 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 19:02:52 ID:i3HWCDdo
エッセイ以外、粗方、読み尽くしてしまった自分は、
もう再読することでしか楽しめない。
>>198>>200が、本当に羨ましい‥‥‥


202 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 19:16:28 ID:1Zi2bVyD
>>201
何冊も写経して、寿行のコピーになるんだ!
そして新しい作品を書いてくれ。……作風が似るだけの別物にらなるか。

昔ネットで寿行丸写しっぽいエロ小説晒してたところがあったんだが思い出せない。

203 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 19:46:32 ID:/6J6mQkT
寿行先生のせいで人妻の胸や尻に目が行くようになったんですが、このスレの人達はみんなそうなんですか?

204 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 21:10:28 ID:Wugi2iy9
そんなん当たり前じゃないか
自分なんか後背位以外でのフィニッシュは難しい。

205 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 23:50:59 ID:Qh387ohu
人妻に「おとこさまの男根さま、ああっ」と言わしたいので毎日ビール瓶で叩いて鍛えています。


206 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 08:19:09 ID:nPi6TEg0
自分は女神様のお尻様に跪く日々ですよ

207 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 11:57:48 ID:Ilh6/fTL
ドイツから帰ってきたばかりだけど向こうの女性はみんな尻が盛り上がってて
高い位置にあるんだよ(女性の服は165cmが最小)。乳も大きいしギリシャ彫刻みたいに
鼻も高くて色も白い。この地に寿行文学があればたいへんなことになってただろう

208 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 18:32:03 ID:+wtnQgsb
あちらで翻訳版を出せばブレイクするかも
独語辞典に"Aruji-Sama"が載る日も近いぞ

209 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 19:36:19 ID:e2jK7ZUW
冒険やエロに適度に東洋神秘趣味的な味付もあり、興味を持つ西洋人はいるだろうな〜

でも、問題は先生が徹底的に外人をコケにした扱いで書いているってことだな(w

210 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 19:38:32 ID:hPdNqE3s
だんこんさまvsおとこねさま

211 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 19:59:05 ID:+wtnQgsb
少年さま

212 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 20:55:01 ID:YzrADmsF
「峠に棲む鬼」を独語に翻訳したら、ヤバイだろ……w

213 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 22:23:08 ID:vJGvKOdT
上のほうで話題になってたけど、この時期に寿行作品のアニメ化はおもしろいかもね。
うまくやれば、若者層に寿行ブームを復活させることもできるかも。

ただ、キャラの年齢は全体的に引き下げなきゃダメだろうな。
原作では30,40歳のおっさんたちばっかりなのに、アニメでは20歳前後の、クランプアニメに
出てきそうな優男のイケメンキャラたちばかりに。

しかし、台詞回しは原作どおりに、人気男性声優の声で「女、這え」、「女、仕えろ」とかキャラが喋るの。

一応、レイプシーンなんかもあるんだけど、「女、お前の身体は素晴らしい」といって男が、ヒロインの
服に手をかけたところで画面がブラックアウト。ヒロインの悲鳴だけが響き渡る。

チンコ切りシーンなんかも、ヒロインがナイフを取り出す。「や、やめてくれ!」と懇願する男の
下腹部にナイフを近づける。ブラックアウト。男の悲鳴。みたいな感じで。
規制の関係で、そのままじゃムリだから、うまく寸止めにして、しかし、想像力をかき立てるような感じにする。

全体的に、男オタ向けよりも、女オタ向けに創ったほうがいいかもね。
女って、イケメンのチョイ悪男にレイプされるのとか好きじゃん。少女マンガじゃよくあるし。
そういう腐女子層を狙う。

うんで、痛い腐女子のブログに「中垣サマに『女、這え』と言われたら、私だったら、速攻で全裸に
なって這いつくばりますよ! 中垣サマ、ハァハァ」とか、「来週は、ついに原田義之サマが外人に
掘られちゃうのね!ゴックンものよね!」書かれちゃうの。

こうして寿行作品も婦女子の妄想に汚されていくのであった。

214 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 00:32:32 ID:O+9nhBed
ていうか腐女子萌えのお前の妄想じゃねえか。

215 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 00:56:24 ID:CzKQnylS
まぁ男性の主人公コンビが多い寿行作品は、腐女子の入れ食い状態だけどな

216 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 01:03:10 ID:PA3FpaVA
浅羽が超絶イケメンだったら…

217 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 14:26:25 ID:pT6pno7Q
 ┏━┓    ____◎____
 ┃公┃   .(____┃\___)
 ┃開┃    ‖___┃___‖
 ┃処┃    ‖|:::::::::::::::::::::::::::::::|‖
 ┃刑┃    ‖|WVWWVWVW.|‖\     >>213
 ┃予┃    ‖ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ‖  \    何か言い残すことはあるかね?
 ┃定┃    ‖ ( 糞 ヽ    ‖    \  ────y─────────
 ┗┳┛    ‖ ◆◆ |l|i   ‖     \
   ┃      ‖ (曲; ;)   --‖ヘ     \    ( 良 ヽ
 ^~^~^~^~    ⊂丁;;糞;;/;;;丁⊃‖ ̄(⌒)    \  |´ ` |l|i
            [二二二二二二... ‖..二二]]     \(ー  )
            |__|__|__|‖_|_|||     ⊂(   ⊂ )
            |_|__|__|_‖|__|||       |  |  |
          |__|__|__|‖_|_|||      (_(_)

218 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 19:38:11 ID:1e4uw4MG
BLの世界は俺はよく知らんけど
全盛期当時の鯱や死神の汚されぶりは
相当凄かったらしいっすね

219 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 19:54:11 ID:SSToewmc
>>218
は・・・・・・・?

十樹吾一が天星清八を犯したり
死神の伊能が狂気の中郷を犯したりしてたんですか?
それは個人的にものすごく嫌な感じなんですが。

220 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 20:18:17 ID:HRgJsJEw
ぐぐったら・・・ orz
http://www.sakai.zaq.ne.jp/manekineko005/washi/sinigami1.html

221 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 20:58:28 ID:CzKQnylS
>>220

素晴らしい! 大爆笑した!!

222 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 14:57:15 ID:B/SwRKil
腐女子の胃袋の大きさと言うか、万物を消化するエネルギーは絶大だな。

オトコの西村ファンも負けじと、人妻のパンティラインを楽しまんと。

223 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 18:30:55 ID:g+xFNBHn
>>220
ここのBBS見たらメチャクチャじゃん。
アダルトサイトへのリンクや変なメルアドのオンパレード。
アクセスしたら、寿行ワールドが待っているのかもね。

224 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 21:16:39 ID:m360y3AL
こんなのもある
http://www.tcn.zaq.ne.jp/gal/series/series_jukou.htm

225 :名無しのオプ:2009/12/22(火) 21:31:46 ID:TPh1VIw7
馬鹿じゃないの、こいつ>>213

226 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 11:45:16 ID:gyiBW6Pj
【研究】 「もっと尻に関心を、もっと尻を愛でれば、もっと尻の絵を描けば、世界は今よりも良くなるだろう」・・尻への飽くなき追求心
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1261584065/

227 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 23:12:23 ID:wsAtwK6v
さて、夜通し兄妹を観察するか

228 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 00:01:34 ID:rR359aIY
寿行で「兄妹」というと、「化石の荒野」かと思うけど?
違うのかな。

229 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 00:59:35 ID:+AQTXObT
症候群だろ

230 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 20:25:32 ID:sPezCYOp
>>225
バカっていうなよw
実際プロのアニメ製作者が作っても、現代なら、寿行作品もチョイワルのイケメンパラダイスになるよ。

寿行作品は、「暴力・凌辱・復讐」の男のエンターテイメントの黄金律だし(寿行先生の大衆文学への
貢献度を考えたら、寿行先生がこの黄金律に従ったと言うよりも、黄金律を確立と言ってもいいと思う)、
確実に男視聴者を獲得できる。

イケメンぞろいにしたら、女も食いつくから、見事に男女両方をひきつけられるだろう。

ストーリーもスピード感あって分かりやすいから、アニメ向きだと思うけどな。
ちょうど深夜アニメを見るような、中二病的な視聴者向きな内容だし。
今じゃ、ゴールデンはムリでも、深夜アニメ向きの原作だろう。

ジャンプとかマガシンしか読んだことのないような中高生にはちょうどいい感じに斬新な刺激になるだろ。

231 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 22:01:50 ID:Aj/Nqltn
アニメ化でも美人妻のパンティは絶対に白でなければならない。
美しい人妻のパンティが「剥ぎ取られ(滅びの笛)」「引きずり下ろされ(牙城を撃て)」
「むしり取られる(魔性島)」場面は原作に忠実に再現してほしい。

232 :名無しのオプ:2009/12/27(日) 22:04:56 ID:JbsuOYc+
アニメ化に意味あるのかな…
俺は…寿行の骨太な文体がたまらんのでな
例えば、ありふれたケイタイ小説のあの流れも寿行が書いたら面白く読めてしまう、かもしれない…
そんな感じなのでな。

話やキャラももちろんいいんだけど、それだけ抜き出して最近のへったくそな声優にあてられてもなぁ…とも思う



233 :名無しのオプ:2009/12/28(月) 20:13:41 ID:r0HnX3K1
>>232
まあな。
俺も寿行をアニメにしてどーすんだと思うけど、
もしアニメになることによって、新しい読者層が開拓できるんなら、
それはそれでアリかなとも思う。
いかんせん、いまの寿行ハードロマンは、露出がなさすぎる。

寿行をそれまで知らなかった世代でも、
何らかのカタチで寿行ワールドに触れることによって、
その魅力のとりこになる読者は少なくないと思うんだが。

234 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 09:47:20 ID:cVOz/WF3
寿行さんの破天荒な展開や強烈な文体は、
若い読者に届いたらいいなー、という気持ちはあるね。
逆に新鮮で、最先端の過激さだと思うんじゃないか。

「憤怒」が再ノベルス化されたけど、あの表紙では売れないw
寿行さんが凄いことをもう知っている年代に、あえてアピールする必要はないだろう。


235 :名無しのオプ:2009/12/29(火) 21:34:14 ID:K1Yc2rYr
アピールぶっ越えて濃すぎる。
あの表紙さらして読んでたら女に興味ない斬新な性癖かと思われてしまいそうだ。

236 :名無しのオプ:2009/12/30(水) 18:47:35 ID:ahDQit5k
「遠い渚」で由紀が最初に拉致された時は
凌辱の描写が結構あったが
二回目に拉致された後は凌辱の描写が無いのはなぜなのだろうか?

いきなり漁船の中での輪姦シーンからになるが、
それまではどういう形で誰に犯されてたのだろうか?


237 :名無しのオプ:2009/12/31(木) 10:46:20 ID:wpogKK2e
>>236
貴公はそれをwikiに書くわけか?

238 :名無しのオプ:2010/01/01(金) 23:17:04 ID:IZt1K0AV
勝目梓から流れてここに来ました、
勝目では物足りない。
バイオレンス、エロ、が凄いお勧めのってなんかありますか?

239 :名無しのオプ:2010/01/02(土) 02:17:08 ID:r9XesBIz
>>237
いや
むしろ俺が書いてほしいのは御坂亜紀の描写

240 :名無しのオプ:2010/01/02(土) 11:45:53 ID:6k9OaImd
>>238
「峠に棲む鬼」「蘭菊の狐」「去りなんいざ狂人の国を」あたりがお薦め。

それらに飽きたら
「捜神鬼」「世界新動物記」「宴は終わりぬ」を読むと満足できると思う。

241 :名無しのオプ:2010/01/02(土) 12:40:02 ID:Dahl3Bok
勝目梓は、仕事としてB級バイオレンスを書きまくったけど、文学的だもんね。
じつは渡辺淳一とかに近いんじゃないかw

どっかの出版社が、本気で「寿行選集」出さないかな…
ちゃんと「第一期全10巻」とか決めて。
寿行ファンの一流作家や映画監督とかに解説お願いして。
文庫でいいから。

242 :名無しのオプ:2010/01/02(土) 18:53:53 ID:1KxH5HQV
>>240
さんきゅー
メモりましたヽ(´ー`)丿

243 :名無しのオプ:2010/01/02(土) 22:00:51 ID:QqzSKt0x
寿行ワールドにようこそ。
禁断の果実を喰らったらもう後戻りはできない・・・・

244 :名無しのオプ:2010/01/03(日) 15:58:10 ID:uBOQm9xv
みなさんAKOME

>>238
「呑舟の魚」「魔の牙」「わが魂、久遠の闇に」
勝目梓には辿り着けなかった暗黒の極地に打たれて欲しい。

>>241
勝目は文学的かねえ。
確かに文学指向だったようだし、バイオレンス無しの文学っぽい作品も書いてはいるが‥‥
初期から中期の寿行の文体の方が、はるかに文学の薫りや含蓄を感じるんだが。
勝目の文体は、復讐譚などを書いても、どこか軽妙で官能にとらわれ過ぎている気がするね。





245 :名無しのオプ:2010/01/08(金) 11:35:35 ID:4cQWr5Y5
文学的な定義なんかどうでもいいだろ
活字になった文章はどのみち「文学」でしかないんだから
単に文壇の言う文学的な作品ってのが文学賞の選考対象になる作品ってだけのこと

ただ、全盛期以降の寿行さんは文学賞寄りの作品こそほとんど書いていないけれども、
その存在が日本の文壇全体に与えた影響の大きさから言えばどうしようもないくらい文学的だ

246 :名無しのオプ:2010/01/08(金) 14:52:31 ID:q/0AP//x
司祭さまっ!

247 :名無しのオプ:2010/01/08(金) 20:04:56 ID:reZxKhf2
這え、女

248 :名無しのオプ:2010/01/08(金) 20:08:32 ID:r2UgnADN
お地蔵さまっ!

249 :名無しのオプ:2010/01/08(金) 21:22:06 ID:zX8rjPzT
90年代以降の寿行さんはどう思う?
あの妄想が妄想を呼んで収拾がつかなくなる感じの文章は
いい意味で麻薬やってんじゃないかっていうくらいへんな魅力がある。

250 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 12:19:04 ID:8LChm3Ex
90年代の寿行作品は、もう完全に幻想小説的な趣ですね。
もともと荒唐無稽で破天荒な作風ですが、90年代はそれを通り越して現実感が希薄になってきている。
相変わらずの寿行節と知的で含蓄のある語り口で、グイグイ読まされてしまうんだが、
ストーリーそのものが破綻しているので、読後にどうしてもモヤモヤ感が残る。
80年代の充実した寿行を知っている自分のようなファンには、そんな作風も興味深く読めますが、
はじめて寿行に触れた読者には、電波な作家と思われてしまうかも知れませんね。

251 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 13:01:09 ID:aCu9AFPz
映画化作品がいまだにゴールデンで放映されてる中国最強

さすがに原作の翻訳されたのは見たことないがw

252 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 13:28:55 ID:ukj+rL49
>>9
>今の若い女性読者は、この手のエロには抵抗ないんだというのも驚き。

「抵抗がない」ってなんか笑っちゃった
実際にそうされるのを望んでいるかっていうと全然ちがうんだけど、
いわゆる「オカズ」としては、
雄くさい男に屈辱的なセックスを強要される女とか、
雄くさい男に獣のように犯される女性ってのは、女にとってはまさに最高級のものですよ
女が欲情するのは、自分と同じ女の体に対して、なのね
自分と同じ女がエロい目にあわされているのを見たり読んだりして欲情する
女がエロくて刺激的な目にあわされていれば、あわされているほど、興奮する
それが女なの
だから寿行先生の小説なんて、女にとってはよい「オカズ」なんですよ
私には、漫画より小説の方が想像力が掻き立てられて、よりよいオカズになるけど、
まあ、視覚からの刺激もそこそこのものがあるからね。漫画もなかなかだよ
ちなみに、男は草食系(笑)とかじゃなくて雄くさければ、とりあえずなんでもいい

女の性欲は、男よりよほど強いし深いと思っています
私は幼稚園の頃からオナニーしてる
女の体は二週間単位で変わるんだけど、
排卵から生理前後なんて、ひっきりなしに欲情してる状態だよ私は
そういうときは優しくて甘いセックスなんて糞くらえって気持ちになる
まさに寿行先生の小説を求める気分になる

まあ、性欲ってのは女によってかなりの差があるけど(男もそうでしょう)、
エロエロのレディコミ(レディコミ自体はもう斜陽です)や、
エロエロの少女漫画、エロエロのBL(男同士)なんかが、
女の間でこれだけ売れてるってことは、ねえ…
しかもそれらには必ずといっていいほどレイプがつきものです

それから、寿行先生の小説(男性作家の男性向けっぽいエロい小説・漫画も含めて)
女の読者なんかいるの?って思ってる男性がいるかもしれないけど、山ほどいるよ

253 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 16:40:02 ID:BY0TXPq3
>私は幼稚園の頃からオナニーしてる
まで読んだw

まあ、寿行さんのエロは、最初は女がレイプされるけど
次第に立場が逆転して男がひれ伏したり、
女性蔑視というよりは、畏怖みたいなものが篭められている気がする。

254 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 22:13:33 ID:PmSUcbL4
>次第に立場が逆転して男がひれ伏したり、
>女性蔑視というよりは、畏怖みたいなものが篭められている気がする。

個人的には中期以降のそういう展開の話は萎えるなぁ。
やはり初期から中期にかけての平凡なヒロインの作品がいい
とくにオカズ用ならなおさら

255 :名無しのオプ:2010/01/10(日) 14:24:36 ID:BBf/JREW
ヒロインが「平凡」でなくなる峠に棲む鬼は本当に転換点だったんだな

まあ一つの作品の中でも、女を汚しまくるのは、いくら踏みにじっても
辱めても、けっして芯から汚れはしない女性の「神性」みたいなものに
対する男の足掻きだ、みたいな扱いは昔からされていたけどね。
モビー・ディックを追いかけ続けて共に海に沈むエイハブ船長みたいな
もので。その白鯨が男をやさしく迎え入れてくれるとそれが先生の言う
「母港」になるわけだけど。

256 :名無しのオプ:2010/01/10(日) 22:00:28 ID:/fBTWhrR
>>255
>ヒロインが「平凡」でなくなる峠に棲む鬼は本当に転換点だったんだな

「峠に棲む鬼」以降に、「修羅の峠」みたいな作品が書かれたのも、それを考えれば必然といえる。

寿行の女性キャラは、ただ汚され辱められるだけのために存在する訳ではないってことを証明する1冊。

「修羅の峠」の津恵や「垰」の小菊のような、寿行には珍しい陵辱されないヒロインは、

寿行の考える女性の「神性」だけを抽出した「女神」の象徴のようなものかも知れない。

257 :名無しのオプ:2010/01/10(日) 22:09:16 ID:C1skMmFV
闇に潜みしは誰ぞ

で砂金掘りの男が犯した女を女神のように崇めてたな

258 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 18:02:57 ID:nEE/p/9D
今日は常連の投稿がないな。
全員成人式に行ったか。

259 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 18:47:02 ID:go/7o2sd
成人式に行くような読者がいるのかね

260 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 20:18:26 ID:PvhLbo5A
性尽式の間違いだろう

261 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 22:07:56 ID:DpXv24v2
そこに這うがよい

262 :名無しのオプ:2010/01/11(月) 22:45:05 ID:nV1dG4h+
オレも司祭様に生まれ変わってうつくしい人妻をつぎつぎと
拉致して後背位でかんつうしたいです。
でも実際にそんなことができてもきっと4、5人で飽きるんだろうな…
そこを描写するのかしないのかが、純文学と大衆文学の違いだと思う。

263 :名無しのオプ:2010/01/12(火) 21:05:28 ID:jHRupgei
>>260
ないす

264 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 01:34:15 ID:Nflolsac
亜紀よりも中年ババァの相手させられる
鳴島の方が泣きたくなってくるような気がするが



265 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 18:38:18 ID:tRUZFfNu
・32人の同居女性に89人の子供を生ませる?女性を奴隷化していた男逮捕。女性の一部「彼は救世主だ」
★「妻」17人に子ども37人…自称「救世主」を逮捕

・イスラエル警察は14日、17人の「妻」に37人の子を生ませ、少なくとも3軒のアパートで
 奴隷化していたとして、強姦と人身売買禁止法違反(奴隷化)などの疑いで、「救世主」を
 自称するゴエル・ラツォン容疑者(60)を逮捕したと発表した。同国メディアが報じた。

 同容疑者は、「妻」たちは自分の意思でとどまっていたと主張、容疑を全面否認している。
 地元報道によると、子供の中にはラツォン容疑者が自分の子に生ませた孫も含まれている。
 昨年放映されたテレビ番組では「妻」が32人、子供が89人おり、女性の一部は「彼は
 われわれを苦境から救ってくれた。救世主だ」と話していた。

 ラツォン容疑者は、自分の名前と顔を入れ墨させた「妻」や子供を最大都市テルアビブ
 南部のアパートに住まわせていたが、誰とも正式には結婚していなかった。また「規則書」を
 作り「家事を怠けた女には罰金」「ラツォンの行動について質問した女には罰金」などと
 定めていた。
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100115013.html

266 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 18:40:51 ID:1IxAcau5
エロゲみたいだな

267 :名無しのオプ:2010/01/15(金) 20:05:40 ID:O0jtSGOn
昔の千石イエス事件とか思い出した。
寿行と同時代だったな。

268 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 19:49:04 ID:y8kPwL7L
遠い渚の最後で
漁船の中で捕まるのを悟った犯人達がこの世の名残とばかりに
徹底的に由紀を犯しまくっているのがいい


269 :名無しのオプ:2010/01/17(日) 23:42:15 ID:Tau9qzpD
妻と娘が拾ってきた金属の玉ってこれか・・・
あれ?カチッと音がしたが・・・

270 :名無しのオプ:2010/01/18(月) 00:25:19 ID:phgye8au
>>268
散々由紀を犯しておいて
最後は「負けた、な」
とかカッコつけてる

271 :名無しのオプ:2010/01/19(火) 00:17:13 ID:pWJqYzqx
【社会】 「代表と妻が不倫してた。目が覚めた」 児童虐待あった自己啓発セミナーで活動の「X JAPAN」TOSHIさん、告白
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263778065/

272 :名無しのオプ:2010/01/19(火) 23:54:51 ID:G9+EHwOt
>>268
絶対誰かの子供身篭っていると思う



273 :名無しのオプ:2010/01/20(水) 22:42:12 ID:NNpQO3tg
>>268
あのまま逃げ切ってた場合、関守は殺しても
由紀は生かしてそのまま性欲奴隷として扱うだろうと思う。
これだけ何人もの男に犯されてる位だから、
余程の美貌なのだろうか?
人質として拉致したというより
由紀そのものを犯したいが為に拉致したように見えるが

274 :名無しのオプ:2010/01/21(木) 12:20:12 ID:SCKYiygO
根岸由紀の場合
当初の目的→関守に対する抑止としての人質
最終形態→性交奴隷

北守礼子の場合
当初の目的→ゴロを誘き寄せるエサ
最終形態→性交奴隷

逢魔麻紀子の場合
当初の目的→村人の失踪を嗅ぎまわりやがるうるせえアマだ
最終形態→性交奴隷

安芸真澄の場合
当初の目的→やべえ息子を殺しちまった警察駆け込まれるとヤバい母親逃がすな
最終形態→性交奴隷


拉致られる理由はいろいろあるけど、結果みんな性交奴隷

275 :名無しのオプ:2010/01/21(木) 20:29:10 ID:YkGozhg0
>>274

御坂亜紀は性交奴隷にはならなかったな

南の島まで行って欲しかったものだ

276 :名無しのオプ:2010/01/22(金) 21:39:00 ID:SXsp1GJe
麻紀子はなぜ全裸になる必要があるんだろうか

277 :名無しのオプ:2010/01/22(金) 22:39:50 ID:NyYOenVB
ウィザードリィのやりすぎ

278 :名無しのオプ:2010/01/22(金) 23:43:30 ID:RsXUGrHC
>>276
ちゃんと原作で説明してるじゃん

麻紀子のとーちゃんとか兄ちゃんも、ここ一番では全裸になって
ブラブラさせながら闘ったものなんだよ

279 :名無しのオプ:2010/01/23(土) 16:42:16 ID:22hwCnQu
安芸真澄の場合は、最終形態 性交奴隷は違和感があるな。
性交奴隷からの、修羅、鬼化。

そして物語解決後の彼女の生活というのも興味があるなあ。

280 :名無しのオプ:2010/01/23(土) 17:49:27 ID:3UM5rpUf
>>279
闘い済んで、意外にあっけらかんとしてたから、普通に日常に戻って
ラブラブな旦那と次の子づくりに励んでそうw

他のヒロインたちと違って、自分が修羅の道に踏み込んでしまった後悔や自覚がないというか‥‥
いや、途中まではあったんだけど、旦那に協力を求めてからは、ただの女に戻っちゃったというか‥‥
その辺が、自分が「ザ・デス」をあまり高く評価しない理由なんすよ。

281 :名無しのオプ:2010/01/23(土) 23:33:59 ID:o1mGUxN6
>>274
阿紫ちゃんの場合はどうなるの?

282 :274:2010/01/24(日) 09:52:18 ID:uCdaZdIn
阿紫ってそもそも何のために拉致されたんだっけ?
憶えてないやw
いくつかの秘密機関に奪い合いされて、その先々で犯されたりレズられたりしてましたよねw

自分の記憶するに、最初から性交奴隷の目的で拉致されたヒロインは、
「汝!〜」の京子さんくらいだったと思うんですが‥‥
あと、「怒りの白き都」のカップルとか女優さんとか‥‥

283 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 15:58:13 ID:s/rsv8ix
そういえば、阿紫は何で拉致られたんだっけ?

なんか機密を持ったサルを唯一コントロールできる人間だから、諜報機関に拉致られた様な記憶が。
そのついでに性交奴隷化されたんじゃなかったっけ?

まあ、天下の阿紫嬢は、屈服したりはしなかったけど。

284 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 16:57:18 ID:9s6tq4CN
>>276
麻紀子の子供って父親は誰?

285 :名無しのオプ:2010/01/24(日) 21:41:54 ID:Gmk6W4W2
>>279
「真澄」って名前の美人妻も「京子」に並んで頻出しているが
俺は桑田真澄の顔を思い出してどうしても抜けないという致命的な問題が…

286 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 00:34:57 ID:v6/O7pCy
俺は「ガラスの仮面」の速水真澄がw

287 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 09:46:22 ID:QzTA6IBH
>282
牙城を撃ての純子は?

288 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 12:30:06 ID:lIaak9kd
>>284
逢魔紀魅のことなら、父親は秋葉達人で間違いないと思うけどね。
麻紀子は、いまわの際で紀魅に父の名を告げていて、
真庭のことは昔の友人として語っているから‥‥
死の間際まで嘘をつく意味はあまりないと思う。

尤も、紀魅が実は真庭の種である可能性は依然として残るが‥‥
(麻紀子が真庭と秋葉を比較し、どちらが娘を委ねるに足る人物かと比較した時、
私生活は剣呑だが、より生活能力(経済力)に長けている秋葉の娘として、
後を頼むということはあり得る)

峠に棲む鬼で、敵の誰かに陵辱を受けたときに孕んだ種ということは、まず無いだろう。
事件から紀魅の誕生までには、国家機関の追撃をかわしたり、秋葉と知り合ったり、真庭と別れたり、
相当のタイムラグがあったはずだから。
敵の水子ならいたかもしれないけどねw


289 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 12:33:53 ID:lIaak9kd
>>287
あれは、旦那が厚生省絡みの汚職に手を染めていたんだよな。確か。
で、旦那を逃がしたやくざの監視を受けているうちにやくざの情婦へ‥‥
さらに、転落して南アルプスの奴隷農場に送られて、性交奴隷に‥‥
という経緯だったと思う。

290 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 21:31:42 ID:rFM8TMnb
>>282
わらの街の志津とか
探せば他にもいそうだが。

291 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 23:05:08 ID:8AZHZpiI
>>288
麻紀子は総合計で
何回犯されたと
想定できますかね?

292 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 09:11:43 ID:ObUvWgQ7
>>290
志津も、巡りめぐって性交奴隷の道を極めていくけど、
元はといえば、保月の女房だったから拉致されたわけで‥‥

片倉京子のように、最初から性交目的で目をつけられ
拉致された性交奴隷って、意外に少ないと思うのよ。

293 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 11:31:39 ID:bPBdDzg1
★帰宅途中の女子高生、スカート下のブルマと下着脱がされる。男は下着だけ持って逃走…岐阜

・21日午後8時40分頃、岐阜市蔵前のJR高山線踏切で、自転車で帰宅途中の高校3年の
 女子生徒(17)が、後ろから来た男に口をふさがれた。

 男は「静かにしろ」と脅し、女子生徒を押し倒し、スカート下に身につけていたブルマと
 下着を脱がせ、下着だけを持ち去り、自転車で逃げた。

 岐阜南署の発表によると、男は若く、身長1メートル65〜70、茶髪で黒色のジャンパーと
 青色のズボン姿。同署は強制わいせつと窃盗の疑いで調べている。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100122-OYT1T00444.htm

294 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 11:55:04 ID:lcCv7I20
>元はといえば、保月の女房だったから拉致されたわけで

これは違うだろ。よく読んでみなよ

295 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 18:29:48 ID:ObUvWgQ7
>>294
ごめん、そうだっけ?
今、手元に無いんで後で確認してみるよ。
ついでに再読するわ。


296 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 20:10:13 ID:f+MHf73x
根岸由紀の凌辱シーンは
最後は言葉による責めもなく
由紀の方もなにも言わず
黙々と犯されている

297 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 23:49:30 ID:EbKfteAT
>>296
麻紀子もドイツで死刑宣告(生きたままワニに喰わせる)された辺りでは
黙々と犯されてますね

>>291
よくブログなんかで「百回以上」と言われていましたね。
はっきりした回数は分からないように書かれてますけど、まあこの辺りを
参考にして本編を読み返しましょうww
 ttp://www40.atwiki.jp/juko/pages/13.html
 ttp://jukosfan.blog.so-net.ne.jp/2008-08-31

露骨に仲田氏の瞬間が「描写」されたのってあんまりなくて、
・最初の拉致→   額の薄い男、中垣、真庭の三連コンポ
・二度目の拉致→  睾丸を潰された男
・島に移されて→  磔になった男倉田社長
・真庭が捕えられ→ 倉田社長、新納博士、中垣
・ドイツに拉致後→ クライン、シュルツ、警備の男
・三度目の拉致→  八人目の男

これに野萩広子が岩田に失神するまで責められた場面くらい。
その前で描写を打ち切るスタイルが一般的。まあ言わずもがなですが。

298 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 07:10:45 ID:ao0V0Nmm
>>297
妊娠するかもしれない恐怖の描写がないのはなぜだろうか?

299 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 20:29:25 ID:rin0tLnw
ストーリー的には「すぐに殺されるから」というのがあるんだろうけど、
寿行ワールドでは妊娠って言葉は無いも同然だからなあ

300 :名無しのオプ:2010/01/27(水) 21:49:36 ID:UAs6AgaT
どの作品だったかは忘れたが、「(性交が)毎日だから、妊娠の心配はない」みたいな説明があったような。
昔は常識だったのか?
まったくの出鱈目だけど。

301 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 07:16:00 ID:5Qbd9sj5
根岸由紀が拉致られたときは
二、三ヶ月したら帰してやる、みたいな事を
いっていたが、後の由紀への執拗な犯しぶりを見ると
本当に帰す気があったか疑問
逃亡先まで連れて行って最後まで犯し続ける気がするが

302 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 12:39:26 ID:UymVJJ+t
http://www.tabloidprodigy.com/wp-content/uploads/2010/01/greg_oden_naked_nasfw.jpg
でけー

303 :名無しのオプ:2010/01/28(木) 23:26:51 ID:5Qbd9sj5
>>297
百回以上も犯されて妊娠しないで
旦那となった男とやって妊娠したなんて
ありえるのか?

304 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 21:10:23 ID:R55zy7DG
うるおぼえだが、
「ねえ、私をあなたのお嫁さんにしてくれる?」
この台詞に死ぬほど萌えたので、意思の力だと思うことにしている

305 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 01:44:57 ID:/8W3kQzy
×うるおぼえ
○うろおぼえ

306 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 15:13:53 ID:SuUkZKGa
倉田社長や中垣は、若い頃の荒淫による悪い病気がたたり
無精子症になっていたものと推測される
オチンチンは元気だったが、オタマジャクシはヘタレだったのであろう

307 :名無しのオプ:2010/01/31(日) 23:11:10 ID:2/66wGoU
>>306
エイズとか性病とかの伝染を考えた事はないのだろうか?

エイズはこのころは無いかもしれんが…



308 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 13:04:27 ID:OEkRMbZc
寿行作品ではじめてAIDSという言葉が出てきたのは、呪いの鯱あたりだったような気がする。
性病に関しては、牛馬解き放ちで語られた遊女がかかる梅毒の悲惨さが記憶に残ってる。


309 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 18:31:55 ID:FDCrfVyZ
それまで散々女性を思念で支配して犯していた仙石文蔵が
いきなりエイズを気にして性交しなくなるw
あの仙石文蔵はお茶目に感じました

310 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 21:50:19 ID:GHupQB+M
子狸の「おじさん、ぼくラーメンが食べたいよう」は名台詞。

311 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 19:50:20 ID:um5oM7Ac
中郷の「おれは怪我人だぞ。アルコールが無くては生きてはおれんだろうが」
(鷲の啼く北回帰線)も、俺的には名セリフ(w


312 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 19:56:30 ID:QGFs8uoq
酒びたりの寿行センセの代弁みたいなものだなw
おれも中郷は大好き。馬鹿なセリフが愛しすぎる。
「エイズはいやだ!」って言われそうだがw

313 :名無しのオプ:2010/02/05(金) 16:51:14 ID:D7mtCDSv
司祭さまっ!

314 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 00:45:51 ID:tdC31baV
ブックオフで「学歴のない犬」を見つけたんだが面白いか?
ここでの評判がよければ買ってくる

315 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 01:15:37 ID:Aweyq3x0
100円棚でしょ?・・・・・
迷うこと無いと思うんだけど

316 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 11:56:41 ID:DW8C0KH1
代表作とは言い難いが
ファンなら読む価値あり…だと思う

317 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 12:09:29 ID:+Lt7azBf
「消えた島」ってのを今読んでるが この人「梓弓・・・」もそうだったが 医療問題にも
すごく深い知識をもってるね。 というか小説に出てくるすべての知識は
西村寿行の知識そのものなんだが、1つのことを描くのに100以上のことを知ってるって
いう感じ。動物描写も詳しい。 それでいながら 女の描き方と性描写が まったくおまけみたいなのには
参る。

318 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 13:52:32 ID:CQxCQkIr
>>314
俺にとっては、ザックリ評価すると中の下。
ただ、好みにもよるとは思うので、あくまで個人的な感想。

初期の寿行は、主人公をいたぶって、憤怒を溜めに溜めて、最後の最後に大逆転という展開が多いんだが、
後期の寿行には、主人公を痛めつけるのは前半までで、後半に入ると主人公の反撃が始まり、
後はフィナーレまで勝ちっ放しという展開が多い。
「ザ・デス」とか「頽れた神々」とか‥‥「学歴のない犬」も後期作で、その系統。
その辺の作品が楽しめる人なら、読んで損はない。

>>317
同意。
俺は、寿行ほど抽き出しの多い博覧強記の作家は、ちょっと他に例を見ないとまで思っているんだが‥‥
でも何だか今では、エロだけの人みたいにいわれてるんだよな、巷ではw
それだけエロ描写のインパクトが強かったということだろうと思う。
歌でも何でもそうだが、シンプルなもの、単調な繰り返しなどは、特に記憶に残りやすい。
寿行の書き連ねた後背位や口腔性交が、読者の脳に刻印されてしまったということなんだろうな。

319 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 23:33:08 ID:A682QBVy
博覧強記っていっても、ネット・インフラ以前の知識だろ。

いまの情報流通性から見たら、ショボイだろ。

320 :名無しのオプ:2010/02/06(土) 23:36:30 ID:Aweyq3x0
逆だ
今の世の中で博覧強記でも何の意味も無い
あの当時博覧強記だったから凄いんだ

321 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 07:33:28 ID:dDq7GI+Y
ウィキぺディアどころか、ネットすらない時代だからな。
どうやって情報収集していたのか。

322 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 14:24:47 ID:2LIxN4KM
まあ、寿行先生ぐらいなら、助手として調査員を常時3,4人ぐらい雇ってたんじゃないの。

そいつらにいっせいに調べさせて使えそうな情報だけ集めた感じじゃないの。

323 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 14:28:36 ID:jfB1QIj/
もちろんその調査員は全員人妻

324 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 15:32:20 ID:oq9o03mX
寿行も作品書く前は100近い質問事項リストを作成し納得いくまで調査
してたみたいだ。超分厚い裁判記録を何度も読み通したり。

その辺は有能な秘書兼愛人がry

325 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 18:33:56 ID:dl02Z0Az
>>310
子狸の「おじさん、ぼくラーメンが食べたいよう」は名台詞。

俺も十樹が思念に目覚めるこのシーンが好き。

326 :名無しのオプ:2010/02/08(月) 09:35:55 ID:mss6KLUe
>>320>>321のいう通り。
現在のネット環境で調べることなら小学生でもできる。
だが、それが事前に知識として身についていなければ、使うことはおろか情報を調べることもできない。
試験前の詰め込み暗記と大差ない。
そういうのは博覧強記とはいわない。
ネットをツールとして使っているだけで、辞書や辞典をひいているのと変らない。


327 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 01:21:30 ID:vhyUXONb
【話題】 大雪で列車運休、受験会場目指し深夜に数時間歩いた女子中生と母がヒッチハイク決意→トラック運転手が救いの手…新潟

こういう話も寿行御大明神の手にかかれば悲劇が起こるんだろうな

328 :名無しのオプ:2010/02/14(日) 22:30:17 ID:Cai8yQHk
いや、行きずりのトラックの運ちゃんって奴は、命をかけてその親子を
目的地に届けてくれるいい奴なんだよ、と「梓弓」オタの俺が言ってみる。

329 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 15:11:49 ID:LabSe2lh
「捜神鬼」の中の一編、「幼獣鬼」に出てくるダンプの運ちゃんもいい奴だったよ。
寿行先生の作品に登場するダンプの運ちゃんは、情に厚い善人が多いような気がする。

「闇の法廷」の犬を追いかけ回してひき殺すような奴も、たまにはいるけど。


330 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 12:45:48 ID:fRecEjvR

西村寿行著
ワンツーマガジン社2月22日税込価格:940円ISBN:9784862961983
平安時代に天皇の女御に取り憑いた鬼が現代に蘇ったのか。
人の心の中に棲む正と邪、善と悪の相克。時空を越えた伝記アドベンチャー。


331 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 00:55:25 ID:qFyHPguR
『鬼』は寿行ホラーの最高傑作だと思う。
以前に角川文庫版を読んだが、書棚の整理のためにやむなく古本屋へ。
最近になって徳間文庫版を別の古本屋で購入。この解説は良かったよ。

332 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 14:36:09 ID:Oj7dOSfO
「鬼」は、なかなか良いチョイスかもね。
寿行先生の中でも異色作だから、シリーズ2作目に来るのは、ちょっと違和感を感じないこともないけれど、
作品的には佳作だし、角川、徳間、光文社ともに長いこと絶版になってたから、レアな感じもあっていいと思う。
俺の持ってる「鬼」は角川のハードカバー。
タイトルの題字が寿行先生の自筆によるもので、これがまたカッコいい。


333 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 16:18:43 ID:0CY7IQF+
・学歴のない犬
・垰
・娘よ、涯なき地に我を誘え
がお勧めだけどなぁ


334 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 16:20:49 ID:0CY7IQF+
もう一つあげるなら、
関東以北在住者限定で、
・蒼茫の大地、滅ぶ
をお勧めしたい



335 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 20:09:20 ID:ted+49Bn
何故、浅海稀映 がないのだぁwww
(て、漢字が合ってるかも知らんがw でも漢字好きのおりはこの字体が好き)
何事も濫觴だ ぁよってね、、、

寿行さんのは、幻と謂われた“老人と狩りをしない犬の物語”に凝縮でしょう

寿行さん発句の、おでに名句は、“真のナチュラリストは元殺戮者”だなぁ、、、

ヒトは他者(ヒトだけに非ず)を犠牲に消費しなければ自己の存在も(発生も!)維持存続出来ない
積極的殺人or消極的殺人(間接殺人)・・・死刑存置論者なんだけど・・・感情論 は・・
国民の死刑容認が85.6%だってさ(2010/2/7某M新聞w)
霖雨の時計台 は何を発したのだろう

336 :355:2010/02/19(金) 20:21:12 ID:ted+49Bn
あ、スマヌ、、 寿行ワールドがよく云う世論の得ろい とは別の次元、、

描写される得ろいの(生殖活動のパターン)がフツー なんだなもしw

337 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 20:28:20 ID:+Z0bvIrD
>>335
『霖雨の時計台』と『虎落笛』は死刑支持論者全員に読ませたいですね。
私はこの二編を読んで、無実の人間を死刑にする可能性がある以上、
死刑は廃止するべきではないかという結論に達しました。

もっとも、被害者の遺族のかたたちの心情も理解できなくはないのですが。

338 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 21:30:38 ID:tGJUVZGg
奥さんは、美しいお体をされていますね(粘い目)。

339 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 09:39:46 ID:pGi0GO/E
>>337
寿行ファンだけど、自分は死刑を廃止すべきではないと思う。
冤罪と死刑はやはり別の話だよ。冤罪を無くす努力と刑の重さは別。
死刑じゃなくたって、冤罪は悲劇じゃないか。
社会的に抹殺されることが、死と同等の意味を持つ人だっている。

読んでないけど、看守だった人が本を出して話題になったよね。
死刑が廃止されたら危険すぎて看守のなり手なんかいなくなるって。
絶対に更生なんかしない奴もいる。
心情は別にしても、社会が不安にさらされることになると容易に予測できるよ。

340 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 17:16:33 ID:CKZGko3G
ということで
おまえらみんな絞首刑にするけん
もう決めたけん

341 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 17:37:55 ID:0ZJIBltD
まあ、最高刑としての死刑をなくす必要はないよな。
死刑のハードルを上げたり下げたりはできるけど、死刑という制度そのものをなくす必要はない。

宅間守るみたいに、更正の可能性がなく、冤罪の可能性もない人間もいるんだから。
「死刑廃止論者は宅間を弁護してみろ!」と、逆に死刑存続派に挑発されてたぐらいだからな。

むしろ問題は死刑執行人の苦悩のほうじゃないのか?
死刑執行官に嫌な仕事を押し付けすぎてるような気がする。

死刑執行のボタンは公務員ではなく、被害者の遺族が押すべきだと思う。
もし被害者がそれを拒否するのなら、報復感情なないんだから、死刑免除にしてもいいと思う。

342 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 19:18:52 ID:1cmB+Kjc
有意義な話題だがスレ違いですな

343 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 19:27:05 ID:m3/oYnzZ
よく「死刑を廃止したら○○みたいなことになる!」という人がいるけど、
文明圏というか先進国で死刑を実施してるのは、日本とアメリカだけなんだよね。

中国は今でも平気でバサバサ殺しているがww
でも中国にはそういう伝統が常識として定着しているからね。
日本だけが深刻な顔して殺せの殺すなと言ってる。先進国ぶりたいなら、まず
世間並みに死刑を廃止してから、その功罪を考えて手直しする方がいいと思うけどね。

344 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 20:34:00 ID:pGi0GO/E
>>343
別に先進国の真似をする必要をまったく感じませんが。
そういうのって猿真似根性じゃない? 
よそはよそ。風土も違えば国民性も違う。
個人的には、白人による価値観の押しつけにはうんざりしてます。

>>342
すみません。もうこれで終わりにします。

345 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 21:38:03 ID:26Mx4n+I
>>337
「闇の法廷」などを読む限り、寿行先生は必ずしも死刑廃止論者とも言えないとは思うが、
一方で、人が人を裁くことの危うさとか、不安感は常に持っていたのだろうね。
それが「霖雨の時計台」や「虎落笛」のような冤罪の物語を書かせた。

冤罪を生み出す根幹にあるのは、法を行使する人間の愚かさであって、
犯罪者の人間性を法で量ることの危険性は常に頭の片隅に置いておくべき、というメッセージだと思う。
冤罪が恐いから犯罪を厳格に裁けないなんて世の中は、先生だって望んでなかったでしょう。

人が人を裁くことの本質は、法で定める量刑を争うことなどではなく、
犯罪者が犯した罪の代償として厳格に払われるべき‥‥というスタンスというか‥‥
初期の復讐譚や「闇の法廷」などに代表される社会粛正の物語を読むと、
そういうブレない姿勢が読み取れると思うよ。

346 :名無しのオプ:2010/02/24(水) 00:46:42 ID:+7NqANbJ
・採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職−埼玉県立大 2月23日19時28分配信 時事通信

 埼玉県は23日、定期試験の採点に女子学生を同席させ、試験結果をかさ上げし満点を与えたほか、延べ113人の成績評定を誤ったとして、
同日付で埼玉県立大保健医療福祉学部の講師(44)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 県によると、講師は2009年2月ごろ、研究室で08年度後期試験の「教育相談基礎理論」の採点を行っていた際、個人的な悩みの相談に
乗っていた女子学生を立ち会わせていた。女子学生の成績は、選択式問題で40点満点中35点だったにもかかわらず、満点だった。
 また、リポートだけで評定が決まる科目では、リポートを提出したのに「不可」の学生や、提出していないのに「良」の学生がいたという。
「不可」だった学生が大学に不服を申し立て、一連の不正が発覚した。
 県は、卒業や進級に影響が出た学生はいないとしている。講師は「事実で、反省している」と話しているという。
 佐藤進・埼玉県立大学長の話 教員が非行を起こしたことは決して許されない。事態を深刻に受け止め、再発防止に向け全力で取り組む。

※果たして、乗っていたのは相談だけだったのでしょうか? 

347 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 00:35:38 ID:as58amvz
はじらい素人ドキュメント

348 :名無しのオプ:2010/02/25(木) 20:54:41 ID:HijsqyMZ
書店に新刊の「鬼」が並んでたんだが、ハッキリ言って食指の動くような装丁じゃなかったなあ。
復刊してくれた出版社には悪いが、あれじゃ売れないだろうなあ(悲
せっかく復刊したのに勿体ない。
「この本、こんな装丁だけど中身はムチャクチャ面白いんですよ!」と店先で宣伝したくなってしまった・・・○TL

349 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 12:07:08 ID:nH2cSQQR
オレもおなじことを思った
あの表紙のダサいイラストでは新規読者の開拓は微妙と言わざるを得ない
もったいない話だ…

350 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 13:28:04 ID:lqT+m6hE
>>348-349
夢枕獏が影響を受けたって言ってるんだから
帯に推薦文でも書いてもらえば少しは違ったろうに‥‥

351 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 22:13:59 ID:YJyD5KSP
そうそう。80年代の夢枕獏作品の好きな人には必読だよな。

352 :名無しのオプ:2010/03/02(火) 21:22:28 ID:vODntGua
略奪、狼藉、乱暴し放題のチリが今、熱い。
リアル寿行ワールド! アニータの貞操も危うい。

353 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 14:48:03 ID:VfBcx5o8
我が名はサラマンダー公威

354 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 19:15:53 ID:6cAzQ0gY
>>352
チリの刑務所、壁倒れ260人脱走 民家襲い放火
http://www.asahi.com/international/update/0302/TKY201003020402.html

これだなw
おれもリアル寿行だと思ったよw

回帰線に吼ゆだな。

355 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 22:12:45 ID:dEGuHj1a
南米を舞台にした小説だと、ブラジルの「炎の大地」があったな。
俺は、あれで寿行先生に南米の恐ろしさを刷込まれた。
チリが舞台になった話はあったかな‥‥


356 :名無しのオプ:2010/03/03(水) 23:15:43 ID:3yLMtoHw
チリ人の野田や矢代が酒を呑みながら「女をやっつけるか」となり、
アニータの家に突入するんですね。


357 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 21:51:57 ID:k4QfY/8a
「花に三春の約あり」をブックオフで買って読みました。
ようやく「明鏡流杖術」三部作を読み終えました。
やっぱ全裸で闘う姿はエロ美しいですねぐへへ。


358 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 22:21:49 ID:dbq6F7nb
投網なんか使わないで
硫酸でもぶっかければ楽勝とか何時も思ってしまいます

強姦は出来ませんがね

359 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 22:31:34 ID:vMb588db
楽勝もなにも、投網を使うのは殺すのが目的じゃないだろう
生け捕りにしてその後の宴が重要なんだからww

360 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 00:16:31 ID:fE3zmgnA
殺されるのは構わないからその前に尻をやらせろ、と言う連中だぞ。
またその言葉を聞いた麻紀子の父親も「敵ながら覚悟のほどが分かる」
などと言い出す世界だぞww

女の顔や肌を硫酸で焼くくらいなら負けた方がいいと思うにきまっとる

361 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 10:39:09 ID:1rdKay4r
おとこさま!男根さま!!とか言わせてるけど
本当のところは
おんなさま!女陰さま!!だよね

362 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 14:09:22 ID:bWKYgTmo
>>361は寿行の幽霊

363 :名無しのオプ:2010/03/05(金) 22:03:32 ID:c9eO+kGb
(男は女の性器を憎んでいる)みたいな描写もどこかにあった気がするな
そんな男でも、結局はお尻さまの前に平伏すんだけどw

364 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 14:07:48 ID:bQFul2UQ
私的抜ける文章・アンソロジー・1

――死にてえのか、てめえ――相良は出刃で邦弥のほおを叩いた。(馬鳴神)

――懐雲を責めている二人は懐雲虐待を命じられたときからすでに
   男根を勃起させていた。(まぼろしの獣)

――円形ベッドの上で妻が四つん這いになっていた。男が尻を抱いて責めている。
   先生さま! せ、ん、せ、いさま! あえぎの間に、妻はたえだえの声で叫んでいる。(鬼の跫)

――ムカベ隊長はカーマの尻をなでている。カーマは泣きながら堪えていた。(頻闇にいのち惑いぬ)

――駿と幹太は命令されて全裸になって紫の前に立っている。(幻想都市)

――二人の高校生を全裸にして狂い回る波多野加奈子の裸身を、原田は思い描いた。(人間の十字路)

365 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 14:21:57 ID:bQFul2UQ
私的抜ける文章・アンソロジー・2

――二年が経った。明彦、博子の兄妹はたがいの性器を気にするようになった。
   明彦の性器に勃起がみられるようになった。(症候群)

――輪島で捕獲され拉致されて来たときは手枷足枷をかけられて犯された。
   裸に剥かれて母子で並べられた。民重はさんざん弄ばれた末に犯されて出血した。(海と女と少年)

――尻という尻を舐め回したポールは肛門に舌を押し込もうとしている。(聖者の島)

――重衡の男根が勃起して忠正の股間にある。いいようのない汚らしさとおびえが
   忠正を染め尽くしている。(晩秋の陽の炎ゆ)

――正浩は浴槽の端に突っ立っていた。細身の固く締まった形のいい尻を向けている。(魂魄さながら幽鬼なり)

366 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:18:36 ID:z8KN7IDs
>>364の性癖がわかるチョイス

367 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 02:26:04 ID:a3rZAtPy
解雇されて現在無職の俺に読めば力が沸いてくる寿行作品を教えてくれ!!

368 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 08:16:14 ID:tPyGku1H
失業者やホームレスからの逆転という意味では『空蝉の街』。
ただし、宗村に感情移入するとヤバいかもしれませんw


369 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 08:17:07 ID:OECr2ST5
>>367
それは勿論「君よ憤怒の河を渡れ」しかない。

370 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 09:35:38 ID:XxBFBPn/
>>367
人生の負け組の吹きだまり「無頼船」の活躍を読め!

負け組といえば「風紋の街」の本家分家のコンビもいいぞ!

371 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 20:36:32 ID:OOfvZDzw
君よちんぽの皮をめくれ

372 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 21:52:28 ID:36Y+kXDq
解雇じゃないけど寿行作品では
職場で干されてる奴に限ってなぜか美人妻がいるんだよなw

373 :名無しのオプ:2010/03/13(土) 22:56:28 ID:OECr2ST5
「捜神鬼」は様々な不運や不幸を背負った主人公たちに感情移入できる。
読み終わるとかなりの感傷に浸れるが、暫くすると不思議なことに元気が湧いてくる。

374 :名無しのオプ:2010/03/14(日) 08:13:33 ID:QxmAUXIN
>>372
旦那が情けない割に、その妻は大抵いい女w
操を1億円で十樹に売り渡した借金苦の亭主とか。
わらの街の保月なんかも、主人公なのにバカだの甲斐性なしだのさんざん書かれてる一方で、
妻の志津は美人で良く出来た女房。

375 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 20:11:10 ID:Ge67p8tn
>>373
 蘭菊の狐 峠に遊ぶ

376 :名無しのオプ:2010/03/15(月) 21:12:05 ID:pzbCuNTt
お前みたいな無能者が、あんないい女を毎晩愉しんでいるのが
ワシは許せないのだ(ドガッ、ドガッ
みたいなパターンが多いな。

その気持ち分かる気もするがw

377 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 15:12:08 ID:qlE8MTrh
「捜神鬼」復刊されるようです。
GJ北上!

www.yomiuri.co.jp/book/news/20100316bk04.htm

378 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 00:56:14 ID:a28mc7Pf
浅羽五郎が最後に犯した
展望レストランのウェイトレスは
浅羽二世を産んだのであろうか?

379 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 10:54:13 ID:9YGC9cmH
ワンツーブックス?とかいう新書版で「鬼」を読んだ。

これ、スケールでかくて、すげえ面白ろいじゃん。
寿行の作品のなかでは、有名なんですか?

380 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 12:16:43 ID:SlyCJ1oL
>>379
ファンの間では評価が高いけど、有名という程ではないかな。
有名というなら、映画化された「君よ憤怒の河を渉れ」や「犬笛」のが有名。
あと「鯱」シリーズとか。

ただ、「鬼」は、夢枕獏が、キマイラの後書きで(自分にとって事件だった)と書いている、
後に大ヒットした「陰陽師」のヒントとなったとも言える作品。

381 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 18:22:42 ID:BIN66pw7
以下の覚えているストーリーは多分西村寿行作品だと思うのですが
タイトルを教えてください。

・南方のジャングル奥深く(ニューギニア?)で、日本の祠のようなものを発見し、そこに小さい石仏を見た主人公は、歴史には記録されていない大昔に移住した日本人が作ったのかと考える。
・終戦後ニューギニア戦線で生き残った日本兵の内、日本へ帰国していない人のものではないかと主人公は考える。
・現地で成功して暮らしている華僑の一人が、残留日本兵ではないかと、推理し、その華僑を問い詰めるが、確信はつかめず、失意のまま、飛行機で現地を去ろうとする。
・主人公が乗った飛行機が華僑の家の上空にさしかかった時に、その敷地内の池を眺めて、主人公はあの華僑は日本人だと確信する。
それは池が上空から見ると「心」の形をしていたことだった。
・主人公は引き返し、華僑を問い詰めると、日本人が成りすました華僑は、本当のことを話し始める。

以上です。

382 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 19:42:47 ID:nlIRrMnj
>>381
「攻旗だ、無頼船よ」
無頼船シリーズの二作目ですね。

383 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 23:03:59 ID:2i8ijJHL

ときどき ネ申 が降りるスレだな 乙!

384 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 01:54:48 ID:L50myKzg
>>313
垰だな。
電動ウインチ付きのJeep 買って旅に出るべし。


385 :381:2010/03/23(火) 23:17:33 ID:Qhrwljlw
>>382
どうもありがとうございました。

386 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 11:56:33 ID:FPusYBqO
記憶に残るレイプ事件 2件目
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/archives/1251286314/

こんなスレを見つけたw
スレでも言ってる人いるけど、市川一家惨殺事件の関光彦が寿行キャラっぽいな。
鬼畜さと何度もレイプする性欲ぷりが。

でも、あんまり寿行キャラは包丁使わないよね。

387 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 12:47:16 ID:K1g8n+RD
寿行の描く市井の強盗強姦犯は、たいてい出刃包丁だと思うけど?
諜報組織の人間だと拳銃もあったりするけど‥‥

388 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 15:41:22 ID:4qlfIF72
【国際】コンゴ川流域のゴリラ、10年後絶滅か…国連が警告
アフリカでゴリラの密猟や違法取引、生息地の破壊が深刻化しており、このままでは
二〇二〇年ごろには、主要な生息地のコンゴ川流域からゴリラがほとんどいなくなるとの
調査報告を国連環境計画(UNEP)と国際刑事警察機構が二十五日までにまとめ、
ワシントン条約締約国会議の場で発表した。
特に内戦が続くコンゴ(旧ザイール、DRC)東部の状況が深刻で、民兵組織が
関与する違法伐採などがゴリラの生息状況を悪化させている。(以下略)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010032502000208.html

仙石一味の出番のようでっせ。題名は「翠の鯱」かな。


389 :名無しのオプ:2010/03/25(木) 23:51:51 ID:fMklng+S
去りなんの
鳴島はサドマゾクラブで
亜紀とコンタクトとっているとき
結合しているがどさくさに紛れて射精までしてしまっていると思う
跨がって来たのは亜紀の方からだから
言い訳は立つと思う

390 :名無しのオプ:2010/03/26(金) 15:30:59 ID:A9D3mD7I
天国の‥‥もとい、地獄の寿行先生
幻覚の鯱の続きが読みたいです‥‥

十樹もゼロも過去に飛ばされたきりじゃ可哀想ッス‥‥

391 :名無しのオプ:2010/03/27(土) 19:03:17 ID:8G2LmSjp
>>364-365
上から3番目以外、全然興奮しないのだが・・・
俺の感覚、おかしいのか・・・?

392 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 00:50:24 ID:IhPoheCk
 「症候群」と「双頭の蛇」以外のお薦めの短編って何かありますかね?


393 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 09:23:35 ID:xjSd1+Dh
「魔性島」

394 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 14:10:48 ID:uhSLDuFC
>>389
亜紀の子宮の中で、浅羽と鳴島の精子が
亜紀の卵子をめぐって、
壮絶な戦いを繰り広げているが、
最終的に亜紀の卵子にたどり着いたのは、
亜紀の腋の下嘗めつづけたオッサンのだった

395 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 18:42:18 ID:Lsb5vDKj
>>392
「捜神鬼」「幻の白い犬を見た」「憑神」「陵虐の町」「人間の十字路」
あたりかなな。晩年の作品「牡牛の渓」あたりは、どうかなあと思うが。

396 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 10:11:29 ID:Lf7vpZ/M
>>392
他にも「鬼が哭く谷」とか「原色の蛾」とか「妖魔」とか‥‥
70〜80年代に書かれた短編集は粒ぞろいだと思う

そういえば、先日、自選短編集「残像」っていうのを入手したんだけど
あとがきに「ぼくは短編の方が書くのが好きだ」「短編には真剣で斬り結ぶような緊張感がある」と書いてあった
このスレでよく言われてる、(長編は書いていて自分で飽きちゃうんじゃないか)というのも、
なんか納得したあとがきでした

397 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 21:18:16 ID:6D6hqOAs
絶版だが「扉のない闇」も佳作ぞろい。

398 :名無しのオプ:2010/03/30(火) 20:58:02 ID:YeBYoXKK
忘れがちですが、「神の岬」の人間の厭らしさを追求した暗さもかなりイイです。

399 :名無しのオプ:2010/03/31(水) 06:06:21 ID://9c00e3
「遥かなる海嘯」も、しつこいくらいに厭らしい。

400 :名無しのオプ:2010/04/02(金) 14:04:31 ID:PmHZ8scD
逢魔麻希子の初体験ってどんなんだったんだろうな

401 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 14:09:28 ID:XDAOwDUe
どうもこうも、初体験ぐらいは普通だろw
何を想像してるんだ。

もともと女戦士なんだから、わざと早めに処女は捨てたかもな。
生娘のくのいちなんかいないみたいに。

戦士やくのいちに処女なんて邪魔なだけだし。

402 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 15:03:43 ID:MdEVZLIb
>>401
キミこそ想像しすぎ

403 :名無しのオプ:2010/04/04(日) 16:18:11 ID:iANlN1iG
麻紀子は最初に中垣に犯された時に、ひどく痛がる描写があったので、
処女でないにしても経験は浅かったものと思われる

404 :名無しのオプ:2010/04/05(月) 22:41:17 ID:3IQNld4z
遠い渚って最後は悪人の方に感情移入してしまう

この世の名残とばかりにみんなで由紀を犯しまくってるし

ヘリに吊り下げなんてしてないで、さっさと逃げてれば、
国外逃亡できて、ずっと由紀を性欲奴隷に出来たのに

405 :名無しのオプ:2010/04/06(火) 00:00:42 ID:j/kKIR10
いつのまに

406 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 18:38:48 ID:rYU0QTmc
この人の書く登場人物は名前がちょっと特殊だよね
よくある一般的な名前だけど漢字表記が捻ってあったり、すごく特徴のある当て字だとか。
やはり覚えやすいようにとの配慮なんだろうか。それとも何かポリシーがあるのかな?

それはそうと知人にすすめられて「牙城を撃て」を読んだけど、すげえハードで驚いた。
これよりハードな作品あったら教えてください。

407 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 19:07:47 ID:DKqOFYpO
いまもっとも熱い美人妻といえば宇宙の山崎直子だろう。
ドッキングのときの尻映像で抜いた奴は多いはずだ。
寿行的にはシャトル帰還が困難となり、野口氏とデービスとの
間で取り合いになるのは必至な情勢

408 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 20:04:42 ID:AvRzjv6V
>>406
寿行のネーミングセンスが独特だというのを知っているくらいなら、
もう、そこそこの点数を読んでるのかな?

既読かもしれないが、ハードさでは定評のある
「呑舟の魚」「往きてまた還らず」「魔の牙」「わが魂、久遠の闇に」
あたりをオススメしてみる。
「牙城を撃て」に比べれば、エロ度は薄いけどね。



409 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 21:31:47 ID:8UGV5niF
>>408
「悪霊の棲む日々」「怒りの白き都」を読んで
真っ暗な気持ちになりたまえ

410 :409:2010/04/08(木) 21:33:41 ID:8UGV5niF
あ、間違った>>406

411 :名無しのオプ:2010/04/08(木) 22:06:47 ID:rYU0QTmc
>>408
「わが魂〜」は肉体的はもちろん精神的にハードだったね。
主人公が捕まって「妻を喰っていただきありがとうございますと言え!」と責められるシーンがエグかった。
「呑舟の魚」は未読だから探してみます。ありがとう。

>>409
「怒りの白き都」はまた違った話の展開で面白かったよ。ありがとう。

412 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 05:46:20 ID:UyVkbl3O
>>411
精神的なハードさでは「虎落笛」もなかなかだよ。

413 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 10:28:29 ID:qUGT660D
「血の翳り」なんかと同系列だね

414 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 13:20:28 ID:Ty8qL/2f
強い女を奴隷にさせる寿行作品て他にありますか?
・峠に潜む鬼シリーズ
・怒りの白い都
・北回帰線の鷲
・蘭菊の狐シリーズ
などは既に読んでおり
特に峠〜ははまりました

ご存知の方がおられましたらよろしくお願いします。

415 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 15:49:57 ID:VJpYLMiU
>>414
他に強いヒロインといえば,
「われは幻に棲む」の鬼女・朱美、
「裸の冬」の白骨紅、
「晩秋の陽の燃ゆ」の槐帰雲
ただし残念ながら、帰雲は絶世の美女と謳われながら、
奴隷には堕ちない。

それと「陽は陰翳してぞゆく」の和子‥‥強くはない。
強いヒロインではないんだが、ラストに驚愕する。


416 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 18:48:42 ID:u+g1/wuB
元々強い女ってわけでもなかったけど、
奴隷になった屈辱を晴らすために強くなった、
って展開なので多少異なるかもしれないけれど、
「死神 ザ・デス」なんてどうだろうか。

417 :名無しのオプ:2010/04/09(金) 20:54:39 ID:jbmiLyr5
「双頭の蛇」に収録されている「荒野の女」を読んで、
主人公・弓削道子の生き様に人間の性を感じた。

418 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 18:21:15 ID:qiSS33Sn
>>415
>>416

レスサンクスです
早速「われは幻に棲む」と「裸の冬」を図書館で借りてきました
帰りによったBOOK OFFで「犬笛」があったのでそれも買ってきました

しばらく西村寿行にどっぷりはまってみます。

多分またおすすめを聞きにくると思いますが
その時もよろしければよろしくお願いします



419 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 19:08:49 ID:DTyH4g0i
レスをもらって喜ぶ>>418が帰宅してみると
女房が消えていたのであった…

420 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 21:10:14 ID:2q/juuOw
そして>>418は女房の行方を捜す放浪の旅に出た。
愛車のジムニーに寝袋と着替えとバーボン(アーリータイムス)を積んで。
しかし行く手には、正体不明の組織の魔の手が幾重にも張り巡らされていた。
418に生命の危機が迫る、しかし白い紀州犬と思しき野良犬が窮地を救い……


421 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 21:11:42 ID:vgol3Y/u
すいません。
逆にヒロインがレイプされない寿行作品とそのヒロイン名を教えてください。

422 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 23:38:03 ID:wqOTB/Kh
>>421
「修羅の峠」越路津恵‥‥そういえばこの娘も戦うヒロインでした。
レイプされそうになるが、寿行には珍しいムチ使い(?)で、ベルトで敵を撃退とかしていた。

「垰」秋葉小菊‥‥小菊の場合は、物語の中では既に亡くなっていて、主人公の父親の回顧の中にしか登場しない。
(陵辱されないのは、そのためもあるか)
それでも、間違いなく垰シリーズのヒロインは小菊だと思う。

423 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 23:55:59 ID:IDKhQZxJ
>>421
「人間の十字路」より
「時の妖婆に掴まれし人妻の物語」
の妖婆

424 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 02:52:41 ID:3Q5CwMI5
15年くらい前にこの人の本を集め読みまくった。
はまってから3年位して引越しを機に全部処分したんだが
今では本屋の取り扱い少ないんだね。
買い戻そうとしてもなかなか集まらないので苦労してる。
古本屋で何冊か買ったが以前の持ち主にナニに使われてたと想像すると
微妙な気持ちになるw

425 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 02:58:50 ID:rDvno+iH
★民主党県連職員を脅迫=元外務官僚を容疑で逮捕−栃木県警

・民主党栃木県連職員を電話で脅迫したとして、県警警備部と宇都宮中央署は8日までに、
 脅迫容疑で、無職江田龍太郎容疑者(55)=同県佐野市堀米町=を逮捕した。
 捜査関係者によると、同容疑者は元外務官僚で、「覚えていない」と容疑を否認して
 いるという。

 逮捕容疑は1月12日午後4時ごろ、宇都宮市桜の県連事務局に電話をかけ、外国人
 参政権を認める法案に反対した上で「街宣車で突っ込んでやろうか。刺すことも簡単だ。
 爆弾を仕掛けてやろうか」と、応対した男性職員(35)を脅迫した疑い。 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000107-jij-soci



426 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 10:01:42 ID:doymDxqu
>>421
オレも「修羅の峠」しか思い浮かばない
角川文庫の解説でも それについて触れていた記憶がある

427 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 14:58:25 ID:LOTOxccg
「修羅の峠」と「垰」は、父と娘の絆をテーマにした対象的な作品だと思う。
「修羅」は、亡くなった父を想う娘が、その父の死の謎を追う話。
「垰」は、娘を亡くした父が、娘の残した軌跡を追って峠を渡る旅に出る話。
さすがに、父と娘の絆がテーマの物語で、ヒロイン(娘)のレイプとか
やっちゃいかんだろ、と寿行先生も考えたのかも知れんね。
あの「犬笛」を書いた作家だからね。
女の性は憎しみの対象だけど、娘は女ではなくあくまで娘。
「われは幻に棲む」のラストでも、同じような慈しみを感じた。


428 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 18:49:30 ID:NNU2beP9
なぜここまで鯱シリーズのゼロが出てこないのだろう・・・。

429 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 20:11:40 ID:VqJQSFn5
「2万時間の男」みたいなストーリーが心に沁みる。
当初は復讐に燃えて敵を追いつめるけど、調べを進めていくうちに相手の心情を憐れんでしまい、気持ちの行き場を無くしてしまうような話。
そんなどうしようもない展開が人間的にリアルで好きだ。
似た話でいえば「恩讐分かちがたし」とかかな。あと少し違う展開だけど「血の翳り」も同じ理由で好きだ。

430 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 21:27:13 ID:WUCHLrtD
全滅エンドが1番じゃけん

431 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 21:30:20 ID:tDCrJK85
全滅エンドというとやっぱり魔の牙とか

432 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 21:45:59 ID:WUCHLrtD
敵味方全滅は魔の牙だけか
主人公が助からないのは結構あるけどね

433 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 22:25:26 ID:VqJQSFn5
全滅ではないけど、超能力一族(一味)の介入によって主人公がおいてけぼりになるエンディングはちょっと物足りない。

434 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 23:56:34 ID:3Q5CwMI5
全員がけんけんぬかす老人たちに殺される話だっけ?>魔の牙
あの話は、精神が安定してる時じゃないと読めなかったw

435 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 09:02:14 ID:aLeqrVck
>>434
君の言うのは「悪霊の棲む日々」じゃないのか?
「魔の牙」は狂犬病に罹った野良犬に襲われる話だろう。

436 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 09:02:53 ID:bB0u9Dt8
タイトルを間違えた>>434は絞首刑じゃけん

暴風雨の夜に山荘の中で
狂った老人に包囲される人々…!

これはこれで面白いかもしれん

437 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 10:33:40 ID:Wpadv/YQ
「魔の牙」はショッキングだったよ。
それまで読んだ事のないタイプのストーリーだった。
数ある寿行作品の中でも、一番衝撃が強かった。
生き残ろうとあがく男たちが、みんな一癖も二癖もあるキャラばかりだったので、
果たして誰が生き残るのかと、ゾクゾクしながらページをめくる手が止まらなかった。
まさか、あんなエンドになるとは‥‥
あの読後の無常感というか、非哀感というか‥‥

その後も、数えきれない程、小説を読んできたが、
あれほどの無常感を漂わせる小説には出会っていない。
まさに、寿行にしか書き得なかった小説だろう。

438 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 20:51:33 ID:S8Rdmrwb
犬っつうか本物の狼も出てこなかったっけ?<魔の牙

439 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 20:56:05 ID:Wpadv/YQ
>>438
>>435さんの勘違い。襲ってくるのは本物のニホンオオカミだね。

440 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 21:19:05 ID:FLvu/PSI
猪の牙と棒っきれと陸幕二部別室と投網と紀州犬と口腔性交は過大評価されすぎだと思う。

441 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 22:26:54 ID:z7bcA2pq
あとイノシシの牙と八尺の杖と船長と尾行者の気配と足枷と青ざめた顔とウィスキーとガム状の猿の精子とヘリコもな

442 :名無しのオプ:2010/04/12(月) 22:33:33 ID:FtavuSgA
421 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 21:11:42 ID:vgol3Y/u
>すいません。
>逆にヒロインがレイプされない寿行作品とそのヒロイン名を


法廷ものの鷹見玲子とかじゃね?

443 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 19:36:39 ID:CfqOI+YL
寿行関連でネットサーフィンしてたら、
初めて、しばたはつみが亡くなった事を知った。
ショックだった。化石の荒野は名曲だったと思う。

444 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 22:03:24 ID:eTrDZRkZ
>>440
口腔性交は寿行世界ではむしろ外れ物扱いされていると思うが…

まああれで女性に精神的ダメージを与えられるのかとか、口が
広がってしまったみたいな感じを与えることができるのか、という
目で見た場合の「過大評価」という意味なら分からないでもないが…

445 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 22:59:24 ID:LqqPnkwi
寿行の性描写って動物的であんまりエロい感じがしないんだよなあ。
動物が本能で雌に乗っかってるみたいで。
やたらバックからだし。

446 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 23:10:31 ID:d7eXa3Pd
スレが10にもなってるのにまとめがないのかよ

お前らの寿行ベストってなに?
「峠に住む鬼」「晩秋の陽の燃ゆ」「君よ憤怒の河を渡れ」
「鯱シリーズ」「死神シリーズ」辺りが俺のベストなんだが


447 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 23:13:24 ID:A/ikQ2s4
それを決めるために、俺に晩秋を入手させてくれ、古書店
いつになっても見かけないんだ

448 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 23:23:35 ID:LqqPnkwi
>>446
「鯱シリーズ」「死神シリーズ」って大雑把すぎない?

ちなみに俺は「荒涼山河風ありて」「滅びの笛」「往きてまた還らず」

449 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 03:46:37 ID:C/CBOXRC
宮田雷四郎シリーズは俺のバイブル。

450 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 07:10:10 ID:MSGzT9rn
鯱シリーズの初期は、そこそこ密だよ。
シリアスさが欠けコメディが入ってきた頃から雑になったと思う。

451 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 07:44:22 ID:iuN5LDGU
ベスト「滅びの笛」「去りなんいざ狂人の国を」「峠に住む鬼」
ワースト「白骨樹林」

452 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 09:18:03 ID:6No/zl3C
>447
俺、ブックオフで買ったw

453 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 09:53:07 ID:MjLUN3nz
>>451
何で白骨樹林がワーストなんだ?
俺にとっては、むしろベストの部類だ。


俺のベストとしては、「滅びの笛・宴」「蒼茫の大地、滅ぶ」「魔の牙」の動物パニック系は外せない。
バイオレンスロマン系では、「往きてまた還らず」「わが魂久遠の闇に」「垰」あたりが鉄板。

ワーストは「無法者の独立峠」「魔性の岩鷹」あたりの後期作。


454 :448:2010/04/14(水) 21:07:30 ID:YyhlqSr4
>>450
言葉が足らなかったね。
>>446さんの選択が大雑把な気がしたんであって
作品を貶したつもりじゃなかったんだけど。

ちなみに俺が鯱シリーズで好きなのは黒・碧・緋です。

455 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 22:51:41 ID:42IzUR+q
小説作品としての完成度や人物の掘り下げなど一切無視して
「峠に棲む鬼」「梓弓執りて」「闇に潜みしは誰ぞ」
ヒロインのやられっぷりの良さが大きな要素w

456 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 23:52:56 ID:LilJDpZj
自分はほぼ抜く専用に読んでるからベストは
汝!、滅び、牙城、わら、闇潜あたり。
あと「地獄」の発想は凄いって思ったな。
自分の作品を作中で「マンネリ」とか普通は書けない
客観的に見れているのか

457 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 12:26:24 ID:DietD5pO
「マンネリ」っていうのは、金森画伯が作中で評してたんだよね。
画伯の真意はわからんけど、仲間内の戯れみたいなもんじゃないの?
寿行自身がそう思っていたとしても、マンネリでも読者はついてくる、という自信はあったんだと思う。
実際、その通りだった訳だし。


458 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 12:50:19 ID:5G2mq1wb
陵辱→お尻→男根さま→復活、敵を取る→最初に戻る

そういう意味ではマンネリかもな
俺はしっかりついて行ったけど

459 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 13:44:30 ID:Y+rZH3KH
「峠に棲む」の麻紀子様は、何度も拉致されてはやられるけど、そのたびに

・縛られてバックから
・恋人をリンチさせられる
・ペット猿の性交奴隷にすると脅される
・全裸十字架磔、竹槍を股間に突きつけられ失禁
・つるされて鞭打ち、逆さにされてオナホ扱い

となかなかオモチャ扱いがゴージャスにグレードアップしていきます。
どうせなら「汝」みたいな大蛇挿入とかもやってほしかった。

460 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 13:57:19 ID:sHDGbVnc
長編はマンネリだけど、短編はアイデアとバラエティに富んでいて面白いぞ。

461 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 15:34:58 ID:DietD5pO
夢枕獏曰く
寿行は、これでもかというように、マンネリも恐れない作風で、
その表現を深化させていった‥‥風なことを
エッセイかあとがきで書いていた。詳細は忘れたけど。

SEX描写以外でも、作品テーマ自体、
「咆哮は消えた」(短)→「風は悽愴」
「群狼峠に満つ」(短)→「魔の牙」
「追いつめられて」(短)→「梓弓執りて」
「黒い血の果て」(短)→「ルジラの翳り」
「魔笛が聞こえる」→「滅びざる大河」
「包囲網」(短)→「妖獣の村」→「ザ・デス」etc‥‥というように
何度も繰り返し同じテーマの作品を発表しているけど、
マンネリととるか、獏のように深化ととるかは、読み手次第だと思う。
少なくとも自分はマンネリは感じなかった。

462 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 17:07:32 ID:peBOlgGD
女が強姦されて感じる
中年男がひどい目にあって復讐する
性奴隷
妻がいなくなった
人間は醜いが、犬は清く正しい
凶暴な野生動物
酒を飲んで「女をやっつけるか」

以上を組み合わせた後
エッセンスとして

お尻
男根
自衛隊特殊部隊
海外の闇組織(CIA・KGBを含む)
ヤクザ・暴力団
排他的な田舎
超能力
64式自動小銃
双胴のサブマシンガン
ヘリコ
絞首刑

を振り掛けると西村寿行作品となります
マンネリだなー

463 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 18:50:53 ID:38eWjuZi
>何で白骨樹林がワーストなんだ?
>俺にとっては、むしろベストの部類だ。

いや、まぁ。それなりに高く評価するヒトがいるのは知ってるけど。
この時期の定番だったヒロイン凌辱がなくて
(あったかもしれないけど描写は希薄?)初読時の
ガッカリ感が大きかった。(結局、ソコかい)
あとメインネタの警察署襲撃の場面も、ワンアイデアに思えて。
再読したら、印象は変わるかもね。


464 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 19:10:30 ID:uWmHVo2l
寿行「飯を食うためにやらなきゃって思ったら今すぐにでも作家はやめますよ
   好きだから続けられるんですよね」

465 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 20:33:47 ID:BFy83dCY
「昏き日輪」の医者の奴(うろ覚え)、「日輪」では婚約者いるくせに
「夢想幻戯」では別の女とデキてなかったっけ?

466 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 22:34:24 ID:yWNW4QC5
ベスト
「滅びの笛」×3
「峠に住む鬼」×3
「闇に潜みしは誰ぞ」×2
「晩秋の陽の燃ゆ」
「君よ憤怒の河を渡れ」
「荒涼山河風ありて」
「往きてまた還らず」
「去りなんいざ狂人の国を」
「蒼茫の大地、滅ぶ」
「魔の牙」
「往きてまた還らず」
「梓弓執りて」
「わが魂久遠の闇に」
「黒の鯱」
「碧の鯱」
「緋の鯱」
「汝!怒りもて報いよ」
「牙城を撃て(上)(下)」
「わらの街」
「闇に潜みしは誰ぞ」
「地獄(上)(下)」
「垰」シリーズ?

ワースト
「白骨樹林」(エロがすくないのが理由)
「無法者の独立峠」
「魔性の岩鷹」


467 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 22:36:36 ID:yWNW4QC5
言い出しっぺなのでまとめてみた。
今度滅びの笛読んで見る。
面白い本がまだたくさんあるって良いね


ちなみに鯱シリーズ/死神シリーズってまとめたのは一気に読んでたので
どれがどのタイトルか分かんなくなったからw
雑でごめんねw

468 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 00:19:20 ID:m2dYenRC
鯱シリーズは一作ごとに敵の趣向を凝らしてあったけど
死神シリーズはそうでもないんだよね。
正直俺も「往きて〜」以外あんまり区別がつかない。

469 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 22:27:56 ID:xOPyPf60
>>463
ふ〜ん、そういう読み方する人もいるのな。
俺はタイムリミットが近づくにつれて高まる緊張感に、
エロへの期待なんて忘れてしまった(笑)

>>468
鯱は正直「緋」までだな。
「遺恨」以降は、十樹の思念修行(笑)など、別な意味での面白さはあるんだけど、
ファンだからついていけるレベルだと思うわ。
死神は4作目の「鷲の巣」あたりまでは面白いと思う。
「母なる鷲」で僧都を復活させちゃったのがな‥‥キャラが全然変わっちゃってるし‥‥
環太平洋壊滅をもくろんだ幽鬼のテロリストが、タコ爆弾(笑)とか冗談としか思えない。

470 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 23:21:39 ID:KohEaEvP
「鯱」は赤が一番緊張感があって面白いと思ったけどねえ。
主人公が四人もいると、シリーズ途中からキャラが勝手に一人歩きを始めてしまうと思う。

471 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 01:19:57 ID:Q8Qm89Th
>酒を飲んで「女をやっつけるか」

これこそが寿行の真骨頂だなwwwwwww

472 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 07:54:25 ID:TIenFIoU
>アーリータイムス・粉末酒・ドブロク(密造酒)

これが、寿行作品に出てくる酒類の魅力

473 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 08:54:01 ID:eRuNedUy
「絞首刑にするけん」
「反抗した奴隷は絞首刑にするわ!」
「要求を呑まない場合は、人質を絞首刑にする!」

何で寿行先生は絞首刑がこんなにお気に入りなんだろうか

474 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 12:21:33 ID:BSKpDMaJ
死戦期の痙攣とともに硬く屹立した男根から大量の精液を吹き出すからだよ

475 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 23:21:39 ID:yyWX8yLK
ねんがんの 去りなんを 手に入れたぞ


男根さま切断も結構出てくるよね寿行先生

476 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 01:39:30 ID:W5shUmKk
なんちゃら法廷で被告人の人妻が海没処刑にされたのがあったな。
最後に人妻の形良い尻が遠ざかっていくのをみて、登場人物は
呼び止めたい激しい衝動に駆られた、ってとこに笑った


477 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 09:15:47 ID:lyxCow7D
「鉛の法廷」だね
海没処刑も絞首刑の次くらいに多いね
「渚シリーズ」とか「石塊の街」にもあったかな

478 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 10:29:09 ID:+2Bl3dk3
みなさんが思う
ベストオブ酷い殺され方
は?

479 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 11:28:23 ID:SRoeKTC3
>>478
生きたままワニに喰われる。
しかも宣告されてから。
名前は忘れたが、本当に博士(だっけか)は悪魔だと思った。
子供のころに読んだものだから、トラウマになっている。

480 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 11:47:44 ID:RWGrqxd7
>>475
サドマゾクラブでの亜紀のところが
一番盛り上がったりする

481 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 12:59:27 ID:xRUVL4Aw
>>475
寿行の作品としては結構珍しい終わり方だったような覚えがある。

482 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 22:37:51 ID:y0gY3C08
>>475

浴室での三津子の場面で、浣腸があれば満点なんだが。
西村作品で、そういう種類の女責めはあまり無いか。

483 :名無しのオプ:2010/04/19(月) 08:03:47 ID:kjl1T8Ss
>>479
ワニが人を食らう描写は、「世界新動物記」に原点が書かれている。

484 :名無しのオプ:2010/04/19(月) 09:58:57 ID:+PfO6BFV
>>478
寿行は、陵辱や拷問はみっちりと書き込むけど、殺し方は意外とドライなんだよな。
「無造作に射殺した」とか「ドスを突き立てた」とか‥‥
死後のバラバラとかの屍体損壊とかも意外に少ない。(時々生きたままティムポを切り落とすくらい)

自分としては、死刑宣告された上で、重しをつけられて、海底投棄されるのも嫌だけど、
悲惨な最後というとやっぱり動物系が一番恐い。
生きたまま、オオカミや鼠やイナゴに喰われるとか、あと悪霊蠅に卵を産みつけられるとか‥‥
そういや、飢えた豚のエサにされるっていうのもあったね。「ガラスの壁」だっけか?

485 :名無しのオプ:2010/04/19(月) 16:32:36 ID:lai01+rQ
>478
牙城の、誰だったっけ?
肛門から杭を突っ込まれて内蔵までズブリって奴

486 :名無しのオプ:2010/04/21(水) 00:09:05 ID:KMy5hpCh
御影…内蔵まではいってない。
純子のH場面は超抜ける

487 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 00:11:04 ID:x7GQdiQX
>486
三影は多津子に警棒突っ込まれたんだっけ

純子と三影脱走後、二人が復讐のためにズブリだったような
もしかすると肛門じゃなくてマンコだったかもしれん

488 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 12:18:46 ID:Eb0yBMEQ
>>476
人妻本人じゃなくて尻に未練たらたらなのが寿行小説だな
尻の出てこない作品はまずない気がする

489 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 13:35:27 ID:byuqWwQv
尻アス(ホール)好きな作家だからな

490 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 19:46:53 ID:mnVF2A+b
5月下旬刊 「風は悽愴」(西村寿行ノベルシリーズ3)ワンツーマガジン社

7月上旬刊 「捜神鬼」(昭和エンターテインメント叢書)小学館文庫

491 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 20:13:43 ID:EoJ6QslD
復活は大歓迎なんだが
微妙なラインナップな気もするんだよなあ

たとえば「闇に潜みしは誰ぞ」「汝!怒りもて報いよ」「峠に住む鬼」「滅びの笛」
このあたりを出すと良いと思うんだけど
出版社はこんなとこは覗かないのかね?

492 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 20:16:54 ID:byuqWwQv
人気作は著作料が高い

493 :名無しのオプ:2010/04/22(木) 22:06:04 ID:VOradQIX
「捜神鬼」は評価の高い人気作だろう?
筒井康隆・星新一あたりが「この作品で直木賞を」って言ったくらいなんだから。
「痩牛鬼」や「海獣鬼」あたりは単独で直木賞を獲っていても不思議ではない。

494 :名無しのオプ:2010/04/23(金) 06:18:30 ID:WkTqnuCi
当法廷は闇の法廷である。
ただし審理は表の法廷とさして変わるわけではない。あくまで真実を追究する。
証拠等の捏造はしない。ただし当法廷では被告人に沈黙の権利行使は認めない。真実を追究した結果、有罪か無罪かを決定する。
被告人>>479は自身の書き込みに関してどう思うか。有罪か無罪かを述べなさい。



495 :494:2010/04/23(金) 06:22:56 ID:WkTqnuCi
ごめん>>479じゃなくて>>489だった。

496 :名無しのオプ:2010/04/23(金) 08:23:15 ID:Jb+5mWxC
当法廷は闇の法廷である。
ただし審理は表の法廷とさして変わるわけではない。あくまで真実を追究する。
証拠等の捏造はしない。ただし当法廷では被告人に沈黙の権利行使は認めない。真実を追究した結果、有罪か無罪かを決定する。
被告人>>495は自身の書き込みに関してどう思うか。有罪か無罪かを述べなさい。


497 :名無しのオプ:2010/04/23(金) 10:09:03 ID:WkTqnuCi
>>496
有罪です。もう疲れました…

498 :名無しのオプ:2010/04/23(金) 12:27:29 ID:vx7Ew0xp
>>491
風は悽愴と捜神鬼の復刊は順当だと思うよ。
どっちも名作として名高いし、何故その年の直木賞候補にあがっていないのか不思議なくらいだと前から思っている。
捜神鬼は篠田節子とかにも高く評価されてるしね。

峠に棲む鬼は何年か前に復刊されたばかりだし、滅びの笛や闇に潜みしは誰ぞもいずれ近い内に復刊するでしょう。
特に滅びの笛は、飴村行がインタビューでもっとも影響を受けた作品に挙げているし、
飴村ファンで寿行を知らない若い世代も興味を持ってるんじゃないかな。

いずれにしろ、この最近の復刊の流れは嬉しいですね。



499 :名無しのオプ:2010/04/24(土) 00:58:28 ID:gBGTdxnB
飴村行『粘膜蜥蜴』が第63回日本推理作家協会賞を受賞しました!

これで飴村が寿行の影響をがんがん語ってくれれば復刊の確率も上がる!
がんばれ!飴村!

500 :名無しのオプ:2010/04/24(土) 07:22:10 ID:7TaLqp7T
やっぱり性奴隷って今の小説じゃ出しにくいのか?
非実在性奴隷も規制されとるのか?

501 :名無しのオプ:2010/04/24(土) 09:56:58 ID:rSk+G8WW
飴村がやってくれたか
最近の復刊の傾向といい、寿行にまた風が吹いてきたな

502 :名無しのオプ:2010/04/24(土) 10:41:33 ID:rwBbQazs
すまん、飴村某という作家さんをよく知らないんだけど寿行さんに影響を受けてる人なのか?

503 :名無しのオプ:2010/04/24(土) 20:16:22 ID:rSk+G8WW
飴村行というペンネーム自体が、すでに西村寿行へのリスペクト
中学時代、最初に読んで衝撃を受けた作品が「滅びの笛」だそうだ

504 :名無しのオプ:2010/04/25(日) 16:11:39 ID:077DEK1V
×性奴隷
○性交奴隷

結構重要。

505 :名無しのオプ:2010/04/26(月) 19:09:10 ID:LNh4uCs8
いま死神 ザ・デスを読んでるだがここに出てくる鮫島って
あの鮫島?

506 :名無しのオプ:2010/04/30(金) 23:44:29 ID:OgtwLB9Z
飴村行に完全にやられてしまい、西村寿行も読んでみようと思ってます。
取敢えず「滅びの宴」ってヤツから読んでみたいのですが、
飴村ファンなら納得の作品が他にあれば推薦して下さい。

因みに実家が寿行先生の御宅の近所です。なのでガキの時分から名前だけは知っていました。
御自宅からさほど離れてない場所にもう一軒別宅があったりして、作家ってのは凄いな等と
思ってた程度なのですが、まさか今になって興味を持つとは思いませんでした。

507 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 00:09:52 ID:OEcDJum0
いきなり続編の「宴」から読むのはもったいない。
まずは「滅びの笛」から、どうぞ。

508 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 07:31:58 ID:G3DhXHZ1
まあ「君よ憤怒の河を渡れ」と「犬笛」あたりから入るのが無難だろうねえ。
短編は外れが少ないから、そちらから読み始めるのも悪くないと思うけどね。
「滅びの笛・滅びの宴」あたりは、それらを一通り読んでからだろうよ。

509 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 07:47:20 ID:RTf/g5wO
とりあえず牡牛の渓はやめておけ。
つまらなかった

510 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 09:24:07 ID:Ux0WVuKc
まずは過去レスを参照するのがよろしいかと…

511 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 12:50:41 ID:7hUXnZN/
506です。皆さんレスありがとうございます。
>>507-509
参考にします。
>>510
ごもっともです。そちらも参考にします。

アマゾンや書評ブログなどで色々とあらすじを見ていますが
飴村さんは変な薬が出てくる辺りも寿行作品から影響を受けてそうですね。
他にも動物、虫関係の異常繁殖とか超能力など共通点が多そうで楽しみです。

512 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 12:57:41 ID:CPlVIfuO
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1272637881/l50

生態系や観光、漁業等の産業にかなり深刻みたい。
まさか僧都さんが・・・

513 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 14:42:59 ID:g6rMnyA9
過激な描写でお茶を濁してるって、勝手なイメージで読まず嫌いだったんだけど、
滅びの笛読んで天地がひっくり返ったよ。ずっとアドレナリン全開だった。
今まで読まず嫌いで本当にすみませんでした。




514 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 20:21:21 ID:97d+8qt3
>>513
犯罪者予備軍へようこそ。

515 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 21:58:47 ID:M80yEHaM
>>506
別荘に尻の美しい人妻は出入していましたか?

516 :名無しのオプ:2010/05/01(土) 22:18:12 ID:H1zR3cBE
いきなりの質問です
文庫を基本にして(徳間・角川・光文・講談社)蒐集してるんですが
文庫で読めない作品は
「世界新動物記」「宴は終わりぬ」「幻覚の鯱(二冊)」「凩の犬」「山姥が哭く」「世にも不幸な男の物語」
だけでいいんでしょうか?
あと「牙」「残像」「執鬼」の自選短編集は全て他の短編集に収録済みのものなんでしょうか?
詳しい方教えてください

517 :名無しのオプ:2010/05/02(日) 00:12:56 ID:wkWCLJEO
>>515
いや実生活では人妻とはあんまりしてなかったようだが。
秘書兼愛人には逃げられたようだし

518 :名無しのオプ:2010/05/02(日) 06:18:28 ID:gYLcg4LD
寿行の伴侶はアーリータイムスでしょ

519 :名無しのオプ:2010/05/02(日) 10:22:55 ID:sAB/BGGF
尻の美しいアーリータイムス?

520 :名無しのオプ:2010/05/02(日) 22:11:49 ID:wkWCLJEO
図書館でエッセイの「宴は終わりぬ」を読んだ。
やはり「人妻ときいただけで背筋がふるえる」ようだ。
五木寛之からの書簡も興味深かった。
グラサンかけてない素顔は結構、好青年ぽい

521 :名無しのオプ:2010/05/02(日) 22:36:41 ID:gTHqie8a
「紙面が足りない…」

お得意のバッドエンドですか

522 :516:2010/05/04(火) 11:25:06 ID:r2UZI/nO
誰からも反応ないですが自己レス
「世にも不幸な〜」は「幽鬼犬」に改題されて出てましたので除外ですね
どうりで聞き覚えのあるタイトルでした
また「山姥が哭く」も解説で
>過去の事件を一冊に結集した期待の捜査ファイル
というのを確認できたと共に「妖魔」所収の短編タイトルなので除外です

…となるとあとは鯱二冊だけか…

523 :名無しのオプ:2010/05/05(水) 00:13:35 ID:uzKe0MdJ
寿行さんの兄の望さんの「丑三つの村」を読んだ。そこには、主人公の抱えるコンプレックスが……
夜這い・復讐のためだけの大量殺人として爆発。実話を基にした物語とはいえ濃密さと迫力は凄い。
主人公は自身の計画通りに自決して果てる。私は濃密な寿行ハードロマンの原点を見る思いがした。
全盛時の寿行さんは、兄の望さんの作品・作風の影響を多大に受けていると感じたね。

524 :名無しのオプ:2010/05/05(水) 09:37:33 ID:3PskkP9T
むしろ逆では?

525 :名無しのオプ:2010/05/05(水) 11:50:12 ID:xnMFmUCe
やっぱり『症候群』がいちばん好きだなあ…

526 :名無しのオプ:2010/05/06(木) 10:07:34 ID:F/OeFyyb
>>523
望さんのエッセイで読んだことがあるんだが、作家デビューしたのは寿行さんが先で、
作家になるのが積年の夢だった望さんとしては、弟が先に人気作家になってしまい、かなりへこんだようだ。
兄弟で作家になれるほど、小説界も甘くないだろうと思ったが、
その後、自分もデビューできた時は、ホッとしたと書いていた。

寿行さんと望さんの抱えたコンプレックスが、作家としての原動力になり、
それが二人とも似通っているということは、一緒に幼少期〜青年期を送った兄弟なので、
ある意味、当然のことだろうと思うね。

寿行さんが晩年に連載していた未発刊のエッセイ「犬族からの通信」に、
確か、兄との少年期の思い出がつづられていたように記憶しているんだが、
連載時ナナメ読みだったので、ほとんど憶えてない。
ぜひ読み返してみたいんだが、もう亡くなられてからこれだけ時間が経ってしまうと、
書籍化は無理かな・・・

527 :名無しのオプ:2010/05/06(木) 17:16:45 ID:Kao8tGbl
そこで同人誌ですお

528 :名無しのオプ:2010/05/06(木) 20:48:15 ID:EyvK51rD
国会図書館だってあるさ

529 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 13:02:56 ID:lR63xgGy
>>517
秘書に逃げられたってマジでか…
地獄では「あんなに働きものの女はいなかった」と書いてあったがなぁ

530 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 13:37:59 ID:4ZYMkHQF
実は反抗したので絞首刑にしたんじゃないのか
>秘書

531 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 14:58:57 ID:5fNfudrd
竹やりで

532 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 16:16:24 ID:9YVNo28P
男根さま男根さま

533 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 17:32:43 ID:m58Mk7lt
強盗様の奴隷です

534 :名無しのオプ:2010/05/07(金) 20:52:48 ID:CIQs97eD
愛人秘書と別れたのは噂の真相に載ってたな
もう20年くらい前の話

535 :名無しのオプ:2010/05/08(土) 14:07:27 ID:7H8jc347
( ´д)ヒショ(´д`)ヒショ(д` )

536 :名無しのオプ:2010/05/08(土) 17:20:27 ID:UAH8Jo75
愛人兼秘書が逃げて行ったってのは90年代のSPA!のインタビューで
本人申告による。
「宴は終わりぬ」の巻末短編でも「女としての幸福を追求したい」とかで
もめていたようだし。

537 :名無しのオプ:2010/05/08(土) 18:36:04 ID:tuPRMP3o
そのSPA!はおれも読んだ事があるな、たぶん。
秘書の件は忘れたが(笑

『ロートルだが(創作の方も)まだまだ頑張れる』と仰っていて期待して待っていたんだが、
実際には、その後は、ほとんど作品は発表されなかった。

538 :名無しのオプ:2010/05/09(日) 14:25:18 ID:jZ3m5+2C
不謹慎で悪いが・・・
今、宮崎でバイオテロくさいのが発生してるんだけど・・・・

これって寿行好みのテーマじゃないか?



【宮崎/口蹄疫】殺処分の家畜6万頭超す 口蹄疫感染の疑いがある家畜が出た農場などは43カ所★9[05/08]
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1273357941/

この中心となるバイアグラ牧場(電通と創価が絡んでる(ちなみにバ姦国系)が物凄い情報統制をしてる真っ最中。
そのまんまが全国報道されないのがおかしいとまでツイッターでも書いてるぜ。

牛6万頭って尋常ならざる数字だが・・・

539 :名無しのオプ:2010/05/09(日) 14:37:32 ID:jZ3m5+2C
飛蝗、鼠、程のインパクトは無いが・・・パンデミックに発展しそうな展開を見せている。

なおマスゴミは4月22日に宮崎でこのような事態が発生しているのを知りつつ、外遊していた┃┃¨╋┓松が現地対応により収束しつつあるというシナリオが用意している。


540 :名無しのオプ:2010/05/09(日) 21:36:47 ID:UUUfRfhf
牛はモー大変!
豚はブーブー文句をたれる!
それを見た、鶏はもうケッコウ!

校庭駅

541 :名無しのオプ:2010/05/10(月) 01:30:27 ID:OCxeZhc3
アカマツさまでした!

542 :名無しのオプ:2010/05/10(月) 13:04:42 ID:5YPt99ct
宮崎ネタなら、小学校の校庭にミカンの苗を植えた男こそ寿行の主人公っぽい。
これまでの経緯が不明なまま、土地の名義は男のままで小学校の校庭にされてしまい、
しかし固定資産税は払わされている……学校側も役所側も放ったらかしの状態。
小説にするなら、題名は「君よ憤怒の山を削れ」だ。

543 :名無しのオプ:2010/05/10(月) 19:35:16 ID:reNsQ9Mt
俺は悪霊蠅パニックが現実にならないことを祈っている

544 :名無しのオプ:2010/05/10(月) 21:01:44 ID:QeK3oMMM
そんな事言って実は
酒を飲みながら暴動が広がるのを待ち構えているんだろw

545 :名無しのオプ:2010/05/10(月) 21:50:35 ID:5UJnamX9
野上 高明役がそのまんまかぁ・・・

このウィルスは豚に感染し、遺伝子変化した場合、人間に害を及ぼすウィルスに変質する可能性は捨てきれないんだよなぁ。
このまま口蹄疫があぐら経由で北上する危険性と、
人の行き着でキャリア―によるウィルスの北上。
日本畜産は壊滅的ダメージを受ける恐怖と欲を優先する人間の愚かさを前面に押し出して・・・・
さてどうするか・・・
日本の自治権を放棄し、九州独立沖縄独立するにはアメリカの協力が要るだろうし・・・

シナリオ的にはウイルスの人間感染という踏み台が必要か。

546 :名無しのオプ:2010/05/11(火) 00:14:50 ID:cuFA/hln
>>542
その男はいまごろ現地の美しい人妻と乱交中だろう。
そのまんまのもとを訪れた美人新聞記者も暴徒に
マワされる展開が予想される

547 :名無しのオプ:2010/05/11(火) 16:28:21 ID:fJ3SGC+M
そして、そのまんまが暴徒に加わって……

548 :名無しのオプ:2010/05/11(火) 18:48:49 ID:4a7hO8bK
>>547
黒島で裸になった時宗首相のようになるわけですねw

549 :名無しのオプ:2010/05/11(火) 20:41:06 ID:1keynD/v
>>548
ああ、時宗はいいキャラクターだったなあ。
愛すべき首相だった。
書記長におどかされるシーンは大好きだ。

550 :名無しのオプ:2010/05/12(水) 15:26:30 ID:5KEL0qKY
考えてみると、時宗内閣は恐ろしく長期政権だったなw
赤い鯱の時に既に首相で、呪いの鯱まで?
幻覚ではさすがに首相交代してたと思うが。
現実だったら最長の在任期間じゃなかろうか。

551 :名無しのオプ:2010/05/12(水) 17:28:45 ID:UmzVFkfU
(宮崎県の方からのコメント)抜粋

「今年の1月にJICAを通じて熊本の酪農家に韓国からの研修生が来ることになった。
この酪農家は知り合いで俺も何度か見に行った事がある。
研修生は韓国京畿道州抱河市西域から。昨年から口蹄疫が発生している地域。
熊本の酪農家はこれを断った。
宮崎2区のJICA出身のD議員、地元宮崎での受け入れを要請。
宮崎のある程度の規模の所は当然断った。
そこで目を付けたのが都農の水牛チーズ農場。この農場は東京のお店でイタリアンの
お店で働いてた人が立ち上げた農場。俺も熊本でチーズ農場をやってる友人のつてで
親交があり、何度も一緒に飲んだ事がある。
この農場も初めは断った。この農場立ち上げの時、国からの補助を受けており、D議員
に押し通される形で受け入れた。
2月半ば頃から原因不明の下痢・乳量の低下・流産が多発。獣医にも原因が解らず、検体
を取って動衛研で検査。3月半ばに口蹄疫の疑いが判明。しかし、水牛には抵抗性があり
発症はなかった。
この頃から牛飼い仲間には『原因不明の下痢が発生してる。移すといけないから…』と
言って飲み会にも来なくなった。
4月10日にこの農場の近くの和牛農家で口蹄疫と疑われる症状が発生。動衛研で検査した
ところ口蹄疫と確定。
20日に口蹄疫発生と発表。
水牛農場に川南の農場の娘がバイトに行っていた。ここが川南で最初の発生農場。
この農場と行き来のあった農場を中心に広がり川南で多発、国内最大手の直営で発生。
同系列のえびのの委託農場に感染。この農場は『保証金目的でわざと口蹄疫を出した』
とか言われてますが、それはないwこの会社とも付き合いはありますがえびの農場は
比較的成績の良かった農場。わざわざ潰さないと思う。
後、『水牛が元々持ってた』という噂もありますが、ちゃんと全頭家畜としての
導入検疫を受けてます。導入時は口蹄疫も陰性でした。」

※道休誠一郎(民主党・党宮崎県第2区総支部代表) 
2003年、JICAからインドネシア財務省に派遣される。
女優のサエコは姪にあたる。

552 :名無しのオプ:2010/05/12(水) 17:56:34 ID:6nBZgs2A
現在進行形の災害だから
なおさら確証を得られていない文言は言わない方がいいよ

553 :名無しのオプ:2010/05/12(水) 18:29:38 ID:ExQm+MZR
>>551
このコピペはちょっとやりすぎだな。
これを最初に書いた人間にもコピペしたあなたへも怒りを覚える。
絶対に憶測でモノを言ってはいけない。偽メール事件を忘れたのか。
風説の流布と名誉毀損で通報しようか、と本気で悩む。

554 :名無しのオプ:2010/05/13(木) 14:28:26 ID:0onziWFz


555 :名無しのオプ:2010/05/15(土) 18:34:20 ID:sCGHxfBa
久しぶりに「妖獣の村」再読。あっという間に読了した。
やっぱり寿行は面白い。「妖獣の村」は決してベストな作品ではないが、それでもこれだけ読ませる。
何よりリズムが良い。こちら側のコンディションなどお構いなしに、問答無用で物語に引き込まれる。
文章の魔力だ。

ストーリーは、終盤の村雨の反撃ぶりが、とにかく凄まじい。
(もう逃げるのはやめだ。逃げたら男ではなくなる)のセリフには鳥肌が立った。
「ザ・デス」もここまで徹底的にやれば名作になり得たのに、と改めて思った。
真澄が鬼女となって暴れる「ザ・デス」の前半は、明らかに「妖獣の村」を超える魅力があるのに、
後半の容赦ない闘いぶりは「妖獣の村」に軍配が上がる。

ラストシーンも良い。
復讐を終えた村雨が、アルビノ熊にかけるセリフが、凄惨な場の雰囲気をやわらげて、
ともすれば救いがなくなりかねないラストに一抹の安らぎを与えている。
この辺も寿行の上手さ。動物を使ったちょっとした演出は本当に上手いと思う。

そのものズバリの陵辱シーンは意外に少なくあっさりしていたが、
ホテルの部屋で志保が村雨を求めたセリフ「よろしければ抱いていただきたいの」が萌えた!


556 :名無しのオプ:2010/05/15(土) 22:34:54 ID:4XkREoI5
「君憤」予告編。これだけでも格好いい!

http://www.youtube.com/watch?v=X2_vWyUEFAE

557 :名無しのオプ:2010/05/17(月) 14:07:51 ID:LUJGL7B2
寿行さんか、腐女子にも人気だったなw
結構、男が男に犯されるシーン描いてくれる人だったからw
まあ、今はマンガやアニメしか見ない腐女子ばっかで、
本を読んだとしてもせいぜいラノベ…という腐女子だらけになってしまったけど
15年ぐらい前は腐女子もよく本を読んでたし(ちなみに映画とかもよく観てた)、
寿行さん作品をこっそり愛好してた腐女子もいたんだけどね〜

558 :名無しのオプ:2010/05/17(月) 20:00:25 ID:JisvgMUd
寿行作品は魅力的なキャラの宝庫
鯱も死神もこのまま眠らせておくのは勿体ない

559 :名無しのオプ:2010/05/18(火) 13:24:10 ID:Xxnx34ck
妊娠した交際相手に「ビタミン剤」と偽り子宮収縮剤の錠剤を飲ませたり、
点滴して流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、不同意堕胎の疑いで、
医師の小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を逮捕した。捜査1課によると、
小林容疑者は「知りません」と否認しているという。同課は小林容疑者の自宅を家宅捜索し、
子宮収縮剤の入手ルートの解明を進める。

寿行作品なら冤罪事件で男の復讐が始まるんだよなw

560 :名無しのオプ:2010/05/18(火) 17:16:31 ID:df5nZXBM
まず秋まで待てw

561 :名無しのオプ:2010/05/19(水) 21:31:10 ID:lEcDYC0G
バンコクの暴徒たちは頑張ってるみたいだね。
「革命を起こすんだ。だが、その前にわれわれ自身を慰安しなければばらない。
だから、宿泊客の外人女をここに連れてくるんだ!(滅びの宴)」
っていう理屈がよく分からんがw

562 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 01:52:46 ID:y3wVH5hI
彼女とSMゴッコしてて、このイヤらしい女め〜〜〜、男根様といえ〜〜〜!と言ったら・・、

えっ?、大根さま? 

と言われ、ゲラゲラ笑い出してエッチにならなかったのはいい思い出www

563 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 17:19:17 ID:3qMzaymS
口蹄疫問題を見てると「捜神鬼」の「痩牛鬼」の切ない内容を思い出したよ。

564 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 20:05:53 ID:CQo5lERV
「風は悽愴」新装版出たね
今回の装丁はまあ良い方かな
可もなく不可もなくって感じ

565 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 22:13:27 ID:gmmX0MmS
なんかこの作者の小説って石川賢の漫画に似てる気がする

566 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 23:13:46 ID:1D/fPThr
松本零士の漫画に似てる気もする。

567 :名無しのオプ:2010/05/23(日) 00:42:45 ID:Slq+5h49
・山林に70歳代の男性遺体…ヒグマのしわざか - 北海道
22日午後2時半頃、北海道むかわ町穂別仁和の山林内で、ヒグマに襲われたとみられる
70歳代ぐらいの男性の遺体を近所の住民が発見し、苫小牧署に通報した。

同署の発表によると、現場付近では、山菜採りに出かけた同年齢ぐらいの男性が帰宅しておらず、
同署は亡くなったのはこの男性とみて、確認を急いでいる。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100522-OYT1T00622.htm

568 :名無しのオプ:2010/05/23(日) 21:05:40 ID:mv5MaJk2
>>562
SMゴッコしたら、寿行作品のセリフはついついでちまうよなw

「這え」とか「仕えなさい」とかw

569 :名無しのオプ:2010/05/24(月) 09:19:05 ID:PcCBeNtn
石川賢はわかる気がする。
俺は永井豪だと思ってたが。

570 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 00:28:01 ID:WCL5FVpQ
松本零士の漫画に似てる気もする。補足すると、寝取られ属性の強いエロ描写。
後味の悪い短編と、スケールは大きいがエンディングが尻すぼみ気味な長編が多い。

個人的には死神シリーズの脳内挿絵は松本先生なんですよ。


571 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 12:27:48 ID:I0EPfrf0
上のほうで寿行は腐に人気があるとあるが
普通の女性ファンも俺らが思ってる以上についてると予想
単行本の解説にも女性作家?がそれらしきことを書いてたし

ただカミングアウトが難しいのであまり知られてないだけだろう

572 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 12:49:54 ID:4fUoghZ+
女が十字架にかけられて竹槍で突かれたり
マ●コに蛇入れられたり
浮浪者に犯されたりする小説読んで女が興奮するんか???

573 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 15:08:28 ID:I0XQHpJv
篠田節子や五條瑛は
女が十字架にかけられて竹槍で突かれたり
マ●コに蛇入れられたり
浮浪者に犯されたりするシーンだけを読んで
興奮していたわけではあるまいて

574 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 17:37:46 ID:iV56G3ru

マ×コに蛇ってどうやって出したんだろ?
つか中で呼吸できないだろうしそもそも入るのか?
都市伝説なんじゃね?

575 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 20:00:48 ID:z+5R42pi
白土三平のカムイ伝にも出てくる話

576 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 20:26:39 ID:Xmdk8nqt
ちょっとカムイ伝買ってくる

577 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 20:55:24 ID:RCNGKqPJ
コミケに長いこと参加してる寿行サークルの主催者も女性だろ。

基本的に死神シリーズなんかの「男たちの戦い」のファンのよう
なので、別に女が十字架で磔にされて失禁したり、逆さにされて
生きたオナホ扱いで犯されたり、股裂きにされて太腿の筋肉が
「妙な具合によじれてる」のを見た男が興奮するシーンを見たくて
寿行を読んでいるわけではあるまい。

578 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 22:01:32 ID:gLL1B1dj
文庫のあとがきで、寿行作品を女性に見せたところ
こんなに女性を馬鹿にした作品は無い!と激怒されたって
書いてたのは誰だったかな。

579 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 23:20:07 ID:Gs8JsAjD
口蹄疫問題で、捜神鬼を読み返して涙する俺がいる。

580 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 07:49:49 ID:AOBIw8Xd
豪華クルーザーで飲み屋をはじめるかな


581 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 13:41:16 ID:U4B8Ojxu
>>580
お前、料理できるのか?
それ以前に、船は動かせるのか?

582 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 13:42:20 ID:CePY5D2w
>>581
いちゃもんつけにやってきたヤーサン全員を
自分は無傷で海に叩き込めれば無問題

583 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 19:04:02 ID:ArbFrjCI
オーナー兼用心棒で、コックや乗組員を雇う訳か。

584 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 19:32:34 ID:U7JEeVOk
セガール拳vs杖術

585 :名無しのオプ:2010/05/26(水) 23:46:46 ID:dxAZZJU5
>>580さん、クルーザーの釣りに招待されたまではよかったが
今回は野菜が少なかった。次回はもっと多く頼む。

586 :名無しのオプ:2010/05/27(木) 07:32:32 ID:NIKI2hJm
そんなもん喰わんでも、死なん。
まずは、酒だ。酒が足りない。


587 :名無しのオプ:2010/05/27(木) 08:24:18 ID:St0X6Sr0
一晩にアーリータイムスを3本も空けおってからに、もう。

588 :名無しのオプ:2010/05/27(木) 08:29:01 ID:SjsLCfjl
豪華クルーザーは乗っ取られて>>580の女房が犯されるわけだな
>>580は反抗したので絞首刑

589 :名無しのオプ:2010/05/27(木) 14:13:02 ID:gP12UKk0
>>588
梅吉爺さん、お達者で何よりです。

590 :名無しのオプ:2010/05/27(木) 23:50:04 ID:DwFUfKAe
女房を抱いてもらった礼を言え!

ドガッ ドガッ

591 :名無しのオプ:2010/05/28(金) 21:23:05 ID:aYeAlMwi
許して、あなた。
わたし、>>590様の女になったのだわ。

>>590様、どうか夫をお許しください。
わたし共ども、夫も>>590様の男根にお仕えさせてくださいませ。
どうぞ、ご主人様の性奴隷にしてくださいませ。



592 :名無しのオプ:2010/05/28(金) 22:52:50 ID:ymSFBo0r
女、這え

593 :名無しのオプ:2010/05/30(日) 00:17:56 ID:hY8dn1/s
話に割り込んですまないが、今度水戸黄門に由美かおるの後釜として
雛形あきこが風呂場要員くのいち役をやることになったそうだが、それが
報道によると「棒を使う武術にたけた謎の女役」だそうだ。


594 :名無しのオプ:2010/05/30(日) 17:57:48 ID:QH9uYZJf
閨では、樫の棒を肉棒に持ち替え、
その豊満な乳でご老公様を楽しませる雛形サイコー!
ジュルジュル‥‥

595 :名無しのオプ:2010/05/31(月) 09:06:34 ID:5MR/fT+E
合気道の達人のコックがどこからともなくあらわれ

596 :名無しのオプ:2010/05/31(月) 13:36:37 ID:62xbbtI2
「赤い鯱」のハードカバー初版本を105円で手に入れてきた。
洪水被害で失くしてしまい、もう絶対に手に入らないと思っていただけに嬉しいね。

597 :名無しのオプ:2010/05/31(月) 21:09:07 ID:dpk6YMi9
>>594
ご老侯は勃つのかいな?
張形で逝かされる雛形ならわかるが

598 :名無しのオプ:2010/05/31(月) 22:02:55 ID:7782etNu
仙石文蔵のように、しなびた猿のような肉体なのに、思念で女を逝かせるご老公はどうだw

超人的な技を繰り出して徒手空拳で敵を倒してしまう助さん格さんとか、
金にあかせて女狩りに現をぬかすうっかり八兵衛とか、

そんな水戸黄門なら見てやってもいいw


599 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 07:00:25 ID:wDPzLkMX
「山田風太郎原案・黄門忍法帖」以外の何者でもないw

600 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 08:17:15 ID:ONkNLAzU
   穢土肛門!
       ∧∧
      (д`* )
      (⊃⌒*⌒⊂)
       /__ノωヽ__)

601 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 12:47:13 ID:aELKftr8
なるほど、鯱は現代版山風忍法帖であったか。
何となく腑に落ちたような‥‥

602 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 12:57:06 ID:wDPzLkMX
山風は昔っから、男に伍して闘う女も描いていたもんなあ

603 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 13:58:51 ID:dwishvrF
・露の海賊“漂流刑”に批判 ソマリア沖600キロで釈放…死亡? 
 6月1日7時56分配信 産経新聞

ロシア海軍が5月はじめ、アフリカ・ソマリア沖で海賊に乗っ取られたタンカーを解放した際、
拘束した海賊10人をゴムボートに放置し、死に至らせたとみられることが明らかになった。
国防省が「海賊を裁く国際法の不備」を理由に“漂流刑”を正当化したのに対し、専門家からは
「法的にも人道的にも問題だった」と反論が出ている。ソマリアの海賊が国際的な脅威となり、
各国艦船が取り締まりを強化している中で議論を呼ぶ事例となりそうだ。(モスクワ 遠藤良介)
問題となっているのはリベリア船籍の大型タンカー「モスクワ大学」(10万6474トン)の解放作戦。
露海軍は5月6日、大型対潜哨戒艇を現地に急派し、ソマリア海賊1人を射殺、10人を拘束して
ロシア人乗組員23人を救出した。検察当局は当初、拘束した海賊らをモスクワに移送する考えを示した。

※何だか無頼船シリーズに出てきそうな光景じゃありませんか?

604 :名無しのオプ:2010/06/01(火) 16:09:50 ID:La5okWOg
山風と寿行の家は結構近いな。さすが多魔市。

605 :名無しのオプ:2010/06/02(水) 12:56:18 ID:QMiOz3mW
へえ〜、寿行が多摩なのはもちろん知ってたけど、風太郎も多摩だというのは知らなかった。
寿行の破天荒なストーリーテイリングや、後期作のユーモアやナンセンスは風太郎と通じるものがあるね。
ふたりは面識はあったのかな。歳は風太郎のが大分上だが・・・
文壇の異端児ふたりが散歩中に出会い、そこで何らかの会話が交わされたり・・・
そういうのを想像すると、ちょっと楽しいな。

606 :名無しのオプ:2010/06/02(水) 17:34:47 ID:n8yEaP6H
二人が多摩に住んでいたのはタマタマ。

607 :名無しのオプ:2010/06/02(水) 23:30:58 ID:R1jPq6F+
そりゃタマらんな

608 :名無しのオプ:2010/06/02(水) 23:43:44 ID:T6QfiJlp
タマタマ
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ
│ へノ   /
└→ ω ノ
      >

609 :名無しのオプ:2010/06/04(金) 03:54:27 ID:2F3oa7x9
ひでえ流れだなおい

610 :名無しのオプ:2010/06/04(金) 21:47:45 ID:Xoq4FxeZ
【社会】 「女子高生、芸能界入りさせて」 頼まれたアート引っ越しセンター会長(64)、その少女と淫行…芸能プロ社長も少女と淫行

・16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁が東京都青少年健全育成条例違反
 (淫行)の疑いで、大手引っ越し会社「アートコーポレーション」の寺田寿男会長(64)
 =大阪市=を書類送検していたことが2日、同庁への取材で分かった。

 送検容疑は昨年8月27日、東京都港区のマンションで、知人から紹介された私立高校2年で
 16歳だった女子生徒に、性交に類似するわいせつな行為をした疑い。

 警視庁少年育成課によると、寺田会長は「昨年7月に芸能プロダクション社長から『会長の力で
 (女子生徒を)芸能界入りさせてほしい』と頼まれ、女子生徒を紹介された」と話している。
 寺田会長は事件当日に携帯電話で「遊びに来なさい」と女子生徒を呼び出し、わいせつ行為に及んだ。
 その後、小遣いとして女子生徒に3万円を手渡したという。

 また同課と麻布署は、同じ女子生徒と性行為をしたとして、児童福祉法違反(淫行)容疑で、
 芸能プロ元代表、山口公義容疑者(50)=東京都世田谷区=を逮捕した。容疑を否認しているという。

 女子生徒は山口容疑者の芸能プロに所属。捜査関係者によると、寺田会長は山口容疑者から
 「女子生徒に淫行した」と迫られたため示談金名目で現金を支払い、その後、山口容疑者らを
 恐喝容疑で刑事告訴したという。(抜粋)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100602/crm1006022134019-n2.htm

・アートコーポレーション社は、アート引越センターとして知られる。(抜粋)
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100603/dms1006031233000-n2.htm
 
・少女は女優志望で、寺田会長は芸能プロダクション経営者から「会長の力で少女を芸能界に
 出してください」と頼まれたという。少女が昨年11月に麻布署に相談した。(抜粋)
 http://www.asahi.com/national/update/0602/TKY201006020506.html

611 :名無しのオプ:2010/06/04(金) 22:55:12 ID:C01q97hP
ちょっとすみませんが、寿行氏の短編で「ある男がある日突然、訳も分からず
刑事につけ狙われることになる」というのご存じありませんか。
“何かに間違えられている”というのが強く示唆されており、「犯罪者の血筋が
公安組織に抹殺される」という作品とは違います。
文庫に所収で、作品の末尾に「参考 昭和◯年 ◯県弁護士会報」というような
カッコ書きがあります。
何に入っていたか思い出せなくて…。どなたかよろしくお願いいたします。

612 :名無しのオプ:2010/06/06(日) 00:15:34 ID:Z9s0Hx9t
>>611
心当たりのあるものから探してみました
末尾に「この小説は『捜査と人権・日本弁護士連合会編』に記載の事件を参考にさせていただきました」とあるものなら
短編集『魔界』所収の「忍びよる闇」ではないかと思います
結末の「このまま田舎に走って帰りたいと思った」が小粋な秀作だと思います
ちなみにその次の収録作「百年の追跡」がカリカックショック系の短編ですね

文庫なら旧角川版のみな気がするのでなかなか見つからないかも
と言ってもAmazonで1円ですね……

613 :名無しのオプ:2010/06/06(日) 12:35:13 ID:YJ21+YKN
>>612
ありがとうございます。おそらく、ご教示いただいたものでFAです。
さっそくAmazonで買ってみたいと思います。
大変助かりました。

614 :名無しのオプ:2010/06/06(日) 19:19:04 ID:DNCDjHn4
ちょっとすみませんが、性交はわいせつ行為でしょうか?

615 :名無しのオプ:2010/06/06(日) 19:42:14 ID:X1lPvkWQ
男にとって排泄行為ではあるな

616 :名無しのオプ:2010/06/06(日) 23:56:43 ID:pStmo4mQ
女はただ性欲の処理に必要なだけだ。
菅原の言う愛だ恋だなどという観念論は幼稚極まりない。

617 :名無しのオプ:2010/06/07(月) 00:34:58 ID:DddcGrya
肉体的な快感を待ち望んでいるときをプラトニックラブと申します


618 :名無しのオプ:2010/06/07(月) 21:39:35 ID:t2VEsOnW
>>612
「忍びよる闇」の被害妄想ネタは、
長編の「虚空の舞い」の1エピソードにも使われてるね。
こっちは田舎出の女の子が失踪しちゃうんだけど。

619 :名無しのオプ:2010/06/09(水) 13:19:23 ID:b6OAQlRE
仕事ついでに寄ったブコフで「鬼が哭く谷」のハードカバー(実業之日本社)を入手しました。
「鬼が哭く谷」は既に文庫で読んでいたんだけど、
ラインナップされている短編の中に、見覚えのないタイトルがあったので。
「悪霊の貌」という短編なんだけど、調べてみると角川文庫版にも徳間文庫版にも収録されていない‥‥
同じ「鬼が哭く谷」収録だった「包囲網」のように、別な短編集に移植された例もあるので、
念のため他の短編集も調べてみたのだが、どうも文庫には未収録のようだ。
これはもしかして、お宝か‥‥

もうエッセイ以外の長・短編はすべて読破してしまったと思っていたんだけど、
まだ、こういう可能性が残されていたとは‥‥盲点だった。
ここにきて未読の作品を発掘できるとは思わなかった。
これだから古書探索は侮れない。もしかしたら、まだ未読の短編があるかも知れない‥‥
そう思うと、嬉しいやら恐いやら‥‥

パラ見したところ、「悪霊の棲む日々」に似た雰囲気の短編のよう。
もしかすると、プロトタイプか?
すぐ読みたい‥‥でも、すぐ読んでしまうのが勿体ないような‥‥

長文失礼しました。‥‥つい嬉しくて興奮しちゃったんだけど、
「鬼が哭く谷」ハードカバーで持ってる人には、どうでもいいことなんでしょうね(笑)


620 :名無しのオプ:2010/06/10(木) 21:04:18 ID:uZwlKyjt
>>619
参考になりました
ありがとう

そういえば
ワンツーブックスと小学館文庫で復刊出ましたね
せっかくなんだから正確な書誌データを巻末につけて欲しいなあ

621 :名無しのオプ:2010/06/10(木) 23:12:55 ID:c9Vd8n8E
未読作品がたくさんある私の勝ちだ(笑)


622 :619:2010/06/11(金) 15:43:26 ID:7pCbrOAg
>>620
wikiがかなり詳細にできているんで、書名を忘れた時の検索とかはそれで事足りるんですが、
今回のようなことがあると、短編集に収録されている作品名まで、細かく知りたくなりますね。
あと、雑誌に掲載されたまま単行本未収録の短編なんかも、もしかすると存在するのかも。
う〜ん。知りたい。
でも、そこまで調べ尽くしているマニアなファンサイトなんて、さすがに無いでしょうかね。

>>621
うん、なんか羨ましい(笑)

623 :名無しのオプ:2010/06/17(木) 23:29:16 ID:GdCU/X1c
未読が、全体の9割以上あるけど
いま、ブックオフでもなかなか売ってなくて困る・・・(図書館にも無い)

624 :名無しのオプ:2010/06/17(木) 23:37:03 ID:GdCU/X1c
男子高校生・男子大学生が出てくるシーンしか興味が無いのだが
未読の残り9割の中に
どれだけ発掘できるかが今後の楽しみではある

625 :名無しのオプ:2010/06/18(金) 16:23:07 ID:2kZo6LG7
>>624
高校生・大学生よりも少年モノの方が面白い。
そういう君にお薦めなのは「時の旅」だろうなあ。
「炎の大地」も悪くはないけど、ちょっと不幸すぎる。
「旅券の無い犬」は大学生だけど荒唐無稽すぎる。

626 :名無しのオプ:2010/06/18(金) 20:35:59 ID:N2Vei18v
炎の大地って、モチーフになった実在の事件があったんだっけ?
確か、兄貴の望さんも似たような事件を扱った作品を書いてたような気がするんだ。
(途上国の住民に日本人移住者家族が惨殺される)

寿行先生は、自分たち兄弟に、主人公の兄弟たちを重ねていたのかな。

627 :名無しのオプ:2010/06/18(金) 22:36:30 ID:Iu+Wg38z
>>623
アマゾンでいくらでも1円+350円で買えるだろw

628 :624:2010/06/20(日) 23:17:50 ID:qNIKm0UU
レスが付くとは思わなかった・・・

>>625
3冊とも未読ですので読んでみたいですね。

気に入ったら、以前書いたアンソロジー(>>364-365参照)に加えたいです。

629 :名無しのオプ:2010/06/21(月) 16:41:23 ID:x7UDOApH
【北海道】手負いのヒグマ逃走 
21日午前6時ごろ、十勝管内足寄町上螺湾の狩猟業高島博則さん(63)が、自宅近くに現れたヒグマに
ライフルで発砲。肩に命中したが、クマは付近の沢に逃げた。地元ハンター数人が周辺を捜索している。
本別署によると、クマは体長2メートルを超す大型のオス。現場は町の中心部の東約30キロの酪農地帯で
民家が数軒あり、一帯は収穫時期を迎えているラワンブキの自生地。約4キロ北に国道がある。

北海道新聞 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/237739.html

630 :名無しのオプ:2010/06/21(月) 21:04:13 ID:T42ASGsO
久しぶりにアマゾン覗いたけど、幻覚の鯱の価格が大分落ち着いてきたな。
7,000円だ、10,000円だと高騰してた時にはなんじゃそりゃあと思ったけど。
まあ、稀少価値があるとしても、今の2〜3,000円位が妥当だろうな。
将来はわからんけど。

631 :名無しのオプ:2010/06/22(火) 17:34:11 ID:HdGUq40m
劣等感や疎外感の中で生きている人間は、憎しみの対象を轢き殺したくなるものなのだろうか。西村寿行さんの小説を読んでいて思ったこと。
登場人物の心情がリアルで、泣ける場面でもないのに自分と重ね合わせて泣いてしまうときがある。
皆それぞれ違う意思を持っているとしても、こういった共通点のある人間が数え切れないほどいるんだろう、と思う。

632 :名無しのオプ:2010/06/22(火) 21:17:14 ID:lSJcjz3P
たしかに宮田雷四郎シリーズを読んでたら、知らず知らずの内に悔し涙を流すよな。
あまりにも羨ましすぎて。


633 :名無しのオプ:2010/06/23(水) 15:42:25 ID:UFFueC9Q
浅田次郎とかを読んでて思うんだけど、人情話で読者を泣かせるのは、ある意味簡単なんだなと。
ただ、浅田の小説なんかはよく上手いと言われるけど、自分なんかは逆に、
サア悲しいですよ、ほら悲しいでしょ、今が泣くところですよ、ほら泣け‥‥みたいな、
お膳立てを整えたあざとさを感じてしまってしらけてしまうことも度々あるんだよな、正直のところ。

それが、寿行の場合、泣けるような話だと思っていないのを、
横からガツンと喰らわされて不覚にもボロ泣きさせられてしまうんだよな。
動物モノはガチだけど、まさか「われは幻に棲む」や「狼のユーコン河」や「梓弓執りて」みたいな
エロ度の高いアクションで、あんなにボロボロ泣かされるとは思ってもみなかった。

634 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 00:02:50 ID:5WoyTfjC
女複数にヒアリングした結論だけど巨根は痛いだけだとよ…
小説のなかのイメージとしては寿行的描写もアリだけどね。
あと薬物や催眠術の影響下であれば大きいと気持ちいいのかもしれない

635 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 02:00:36 ID:28WH1VgN
ある新聞の「人生相談」というコーナーに投稿されたある兄妹のエピソードに様々な意見が寄せられている。

大学に通う20歳の息子と高校生の17歳の娘を持つ母親から投稿されたこの相談。
この母親の悩みは兄妹の仲が良すぎることで、娘が息子の部屋に何時間も入り浸るのは当たり前で、
手をつないで歩いているのを近所に人に目撃されたこともあるそうだ。さらにある日、外出から帰ると、
息子と娘が一緒に風呂に入っていたことも。母親は「間違いは犯さないと信じていますが、
気になります」と不安な気持ちを吐露している。この投書に対し、ネット上では、

「現実にあるんだな、こういう事。というか世間様である仲のよい兄弟姉妹の存在が信じられない」
「うちは姉が小学校入学したあたりから一緒に入らなくなったな」
「俺25妹19でゲームしながら一緒の布団で寝たこともある。兄も姉もいるけど過ちのかけらもない」
「寄りかかろうが手をつなごうが全然気にしないけど、さすがに大人になってからは裸は恥ずかしい」

などと、仲の良すぎる兄妹に疑問を抱く意見が多く寄せられていた。

http://news.ameba.jp/domestic/2010/06/70805.html

症候群みたいに観察したいよね

636 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 20:35:17 ID:AyxSLGXu
ライオンの子殺しだな。

637 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 20:37:49 ID:AyxSLGXu
>>636
誤爆した。

638 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 20:39:49 ID:AyxSLGXu
>>633
それは、寿行先生の引き出しの多さじゃないのか。

基本的に、暴力・凌辱・復讐があって、その上にアクセントとして、調味料として乗っけるから
あぞとさがないんだろ。

別に泣かせ要素が滑っても、ダメージないし。

639 :名無しのオプ:2010/06/25(金) 13:56:34 ID:x8Bte89W
埼玉県警蕨署は23日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で、
蕨市北町、無職、中西正容疑者(54)を逮捕した。

蕨署の調べでは、中西容疑者は23日午後8時半ごろ、蕨市中央のスーパー「西友蕨店」で、
買い物をしていた私立高校2年の女子生徒(17)のスカートをめくった。

蕨署によると、中西容疑者は女子生徒に「パンツを見せろよ」などと数分間つきまとった後に犯行に及んだ。
「短いスカートをはいているなら見せるべきだ」と供述しているという。

産経新聞 パンツ見せろ…スーパーでスカートめくり 容疑の男逮捕 蕨  2010.6.24 10:01
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100624/stm1006241003000-n1.htm


こういうおっさん大好き

640 :名無しのオプ:2010/06/25(金) 20:01:31 ID:BTAfrgqQ
>>633
>>638
うーん 寿行さんは 泣かせようとして あざとく書いてるというよりも
人間の悲しい性(さが)とか無常観みたいなものがにじみ出てるような感じかな…

641 :名無しのオプ:2010/06/26(土) 07:40:53 ID:jGeWaBxf
寿行さんの物語の作り方は、とにかく深いんだよ。
浅田さんが浅いのではなく、寿行さんはより深い何かしらの世界観を構築している。
浅田さんが数十メートルの深井戸だとしたら寿行さんは数百メートルの温泉井戸なのさ。

642 :名無しのオプ:2010/06/26(土) 19:31:25 ID:3JhfM9VE
うん、深いんだよな。その深さがどこから来るのか、ずっと気になっていたわけで。
>>640の、にじみ出るっていうのは、なんか解る気がするんだけど、
ただ、無常観とか、寂寥観とか、ばかりじゃないんだよね。
人間讃歌(動物の場合は生命讃歌か)を謳って泣かせる作品もある。
じゃあ、寿行先生と他の作家はどこが違うのか‥‥読者を感動させるものは何処から滲み出るのか。

変な言い方かもしれないけど、先生は読者のために書くっていう意識が薄かったんじゃないかな。
読者をあまり意識してない感じ?構成よりも感性みたいな‥‥
何かで読んだことがあるけど、寿行先生は書きながら自分の物語の主人公に感情移入して、
悲憤慷慨したり涙を流したりしたらしいね。編集者に涙でインクの滲んだ原稿を渡したりとか。
そういうのめり込み方が、読者を惹き付けるリアリティを生んだんじゃないかとも思う。


643 :名無しのオプ:2010/06/26(土) 22:46:04 ID:KjhdO02N
>>642
徳田警視シリーズなんかは隠れて酒を飲みつつ書いていたのかと思うと、なんだか微笑ましいね。
時宗首相にも感情移入していたのだろうか。

話は変わるが、寿行先生自身が作品に登場する作品って地獄のほかにもあったよね。思い出せない……。
なんか、愛人に「お上手よ!」とか言われるやつなんだけど……覚えてる方がいましたら教えてください。買い直します。

644 :名無しのオプ:2010/06/27(日) 05:48:11 ID:2XtHKa0j
>>643
とりあえず「お上手よ」が出てきたかどうか覚えてないが
『黒猫の眸のほめき』が本人出演の妄想長編だね文庫なら角川のみかな
逆に短編で妄想っぽくなくて「N」表記な『凌虐の町』所収の「まぼろしの群れ」なんてのもある

645 :名無しのオプ:2010/06/27(日) 10:14:39 ID:MOyd4D3F
乙!

646 :名無しのオプ:2010/06/27(日) 13:50:18 ID:EsFUX2mZ
本人出演の傑作と言えば、『地獄』

先生とちー子の再会シーンは泣ける

647 :名無しのオプ:2010/06/27(日) 21:02:21 ID:YbpVfGNd
>>644
どうもありがとう!
記憶では短編ではなかった気がします。
なにしろもう15年も前に読んだきりなのであやふやだけど。
探してみます。

648 :名無しのオプ:2010/06/28(月) 14:47:32 ID:HTEbMYvR
「まぼろしの群れ」って、あれだっけ。
アル中の幻覚症状で、仕事場のマンションで「黒い雲が襲い掛かってくる」とか、せん妄状態になって苦しむやつ。
幻覚のそもそものキッカケが、愛人秘書に逃げられて毎日ヤケ酒をあおっていたという理由じゃなかったかな。
秘書との別離の後で、寿行先生の身に実際にあんな幻覚が訪れたんだろうな。
先生の苦しみが、痛々しい程リアルに感じた。

649 :名無しのオプ:2010/06/28(月) 14:56:05 ID:2tWU6imj
1番エロいのてなに?

650 :名無しのオプ:2010/06/28(月) 21:57:54 ID:+4DSxsqJ
おれは「幻戯」。
雷四郎が京都の名家の人妻集めて超巨根で並べてやりまくり。
神長美和や諏訪亜弓(潜入警察官)との性交シーンは抜けますね。
彼女たちは西村作品のお約束で敵対組織にも凌辱されるのだが、雷四郎は一切嫉妬しないのね。
とり返したら何一つ躊躇することなく性交。
あっけらかんだわ。
次点は「峠に棲む鬼」、絶世の美女であるヒロインが描写場面だけで二十回もこれでもかこれでもかと凌辱される。
続編では娘である紀魅の容姿についてなにも述べられていないが。
そして「鷲の啼く北回帰線」、ヒロインが潜入捜査のため進んで性交奴隷になり、凌辱の中で女というもの、性交というものを
突き詰める所がエロいと思う。

651 :名無しのオプ:2010/06/29(火) 02:12:04 ID:bvpX2Q4l
極端なアンチが出てこないながれがいいですね。一時期集中的に読もうと思ったけど、
やはり、やたらめったら男根様、とか出てくる作品を続けて読むのは苦しい気はします。

あと、上の方で寿行作品は深いという意見があるけれど、そこは疑問符がある。浅いと
いいたいのではないけど、独自の基準があるような気がする。なんというか、寿行さんが
動物を主人公にした小説でいいものが多いことと関連するのだけど、人間もしょせんは
動物だという気持ちがあったのではなかろうか。動物だからして、セックスは本能なのだ。
みたいな意識が、どこかにあったのではなかろうか?


652 :名無しのオプ:2010/06/29(火) 09:57:04 ID:5R73fMHJ
>>651
難しい事を考えずに
「寿行作品に似た作品はない」という点で代わりがなく
好きになったらのめり込まざるを得ない部分があるんだと思います
>>649
「症候群」で小学生時代に抜いて以来それが一番です
はいロリコンです

653 :名無しのオプ:2010/06/29(火) 12:22:23 ID:rT2M9l2+
>>649
寝取られ感がたまらない「梓弓執りて」と、寿行ファンの自分ですらたじろいだ過激さの「異常者」が、
自分にとって寿行エロの双璧。
ただ、梓弓は好きだが、異常者はそれほど好きな作品ではない、と一言申し添えておこう。

>>651
>人間もしょせんは 動物だという気持ちがあったのではなかろうか。

もちろん、その意識はあったと思うし、「回帰線に吼ゆ」や「魔の牙」などに顕著にあらわれていると思うんだが、
ただ一方で、人間=本能の動物という図式だけでは、「癌病船」「垰」「梓弓」などのヒューマニズムがどこからくるのか
説明がつかない。愛も本能の一部と言ってしまえば、それまでなのかもしれないが。

654 :名無しのオプ:2010/06/29(火) 13:13:57 ID:ze/s6i/9
逢魔紀魅と異母妹のジュディのレズシーンが抜けるな

655 :名無しのオプ:2010/06/30(水) 22:46:02 ID:F123vnwC
>>649

もちろん「去りなんいざ狂人の国を」

656 :名無しのオプ:2010/07/01(木) 00:16:50 ID:GWirXZM4
「去りなん」は中盤以降のストーリーがグダグダだぞ。

657 :名無しのオプ:2010/07/01(木) 12:10:25 ID:LX/2ZPdF
俺は「去りなん」かなり好きだけどなあ。
エロもエロでない部分も含めて。
このスレではあんまり人気ないのかな。

658 :名無しのオプ:2010/07/01(木) 21:21:35 ID:KPUPBgyG
「去りなん」は寿行作品としては
珍しい終わり方だった印象がある。
尻切れトンボと言うか・・・

659 :名無しのオプ:2010/07/02(金) 05:02:55 ID:97Xu2GNh
「去りなん」の序盤は秀逸だと思うよ。特に関門トンネルのシーンなどね。
でも中盤になると凡庸になって、終盤はグダグダで、結局尻切れトンボで終わる。
読み手を不完全燃焼させてしまう作品だと思う。

660 :名無しのオプ:2010/07/02(金) 23:19:50 ID:aqltbAqZ
>>659
「往きてまた還らず」みたいな警察VSテロリストの派手な戦闘が
繰り広げられるのかと思ったら期待を裏切られた。

661 :名無しのオプ:2010/07/03(土) 00:00:01 ID:UvERrkDm
遭難した航空機に嫁さんと娘が乗っていた筈なのに行方不明になったので、
真相究明に動いた旦那が辿り着いた真実が、実は他の乗客に食われていたので果てしない復讐の旅に出る。
って物語なんだっけ?


662 :名無しのオプ:2010/07/03(土) 00:17:11 ID:+O7S1JXi
「わが魂、久遠の闇に」

663 :名無しのオプ:2010/07/03(土) 09:48:43 ID:xICAQ/Vr
>>658>>659>>660
去りなん〜は、尻切れトンボでも、闘いの昂揚感の中でのENDだからまだいいと思うよ。
「鬼の都」なんて、日本警察が鬼にボロクソにやられて、鬼はそのまま自分たちの巣のアラスカに帰ってしまう。
主人公が鬼一族を殺すためにアラスカへ渡ることを決意してEND。
まだ本当の闘いすら始まっていない。このモヤモヤ感たるや相当のものだった。
明らかにそこで終る物語ではなかったね。
主人公刑事のコンビの片割れが、物語り半ばで鬼に喰らわれて殺されてしまうのも、
寿行の小説としては意外だったし。

尻切れトンボというと、「月を撃つ男」もそうだけど、これは晩年の作品だし、
もう広げた風呂敷をたたむ力が無くなってたんだろうな。

664 :名無しのオプ:2010/07/03(土) 10:26:23 ID:h6LfNvjN
そういう意味では鯱シリーズが一番だとあると思うよ。
特に「赤い鯱」、これはエロ・バイオレンス・ミステリー・SFなどが
全て揃った西村エンタメの中でも、傑作中の傑作だと思う。

665 :名無しのオプ:2010/07/03(土) 13:07:29 ID:UvERrkDm
>>662
ありがとう。
ちょっとブックオフ行ってくる

666 :662:2010/07/03(土) 13:25:23 ID:+O7S1JXi
>>665
どういたしまして。
一般市民が巨大権力者に戦いを挑む話としては、
この作品と「荒涼山河風ありて」が俺的にはオススメです。

667 :名無しのオプ:2010/07/06(火) 19:47:09 ID:WUWoIvY7
「捜神鬼」復刊あげ

668 :名無しのオプ:2010/07/06(火) 20:41:28 ID:ACIjHPtI
「なめたらあかんぞ。トカゲがいないだろう!」
ヤクザ幹部、トカゲ逃げたと同居人殴る 容疑の組幹部を逮捕  愛知

・ペットのトカゲが逃げたことに腹を立て同居人を殴ったとして、愛知県警稲沢署は6日、
 傷害の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組幹部、榎本秀夫容疑者(37)=同県一宮市
 木曽川町=を逮捕した。

 逮捕容疑は6月29日夜、自宅マンションの部屋で「なめたらあかんぞ。トカゲがいないだろう」
 などと言い、同居の塗装作業員(29)に向けてガス銃を撃ったり、殴ったりして1週間のけがを
 負わせたとしている。

 同署によると、作業員が榎本容疑者のトカゲ2匹に餌を与えた後、水槽のふたを閉め忘れ、
 うち1匹が逃げ出したという。

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007061704022-n1.htm

669 :名無しのオプ:2010/07/07(水) 01:25:45 ID:hk0AN93U
鯱シリーズは一時期はまったなあ。ほんと面白かった。


670 :名無しのオプ:2010/07/07(水) 19:46:29 ID:8e2ntsP1
俺は鯱のなかでも、特に「碧」が好きだなあ。
テーマも壮大だし、十樹がアマゾンをいくシーンとかワクワクした。

671 :名無しのオプ:2010/07/07(水) 20:04:29 ID:3qZdAr9J
鯱シリーズ、俺は赤・碧・緋の順に好きだな。
白と黒も悪くないが、物語のスケールが上記と比べるとやや小さいと思う。
鯱シリーズの名台詞は数あれど、一番の名台詞は子狸が十樹に語りかけた
「おじさん、ぼくラーメンがたべたいよう」だと思う。

672 :名無しのオプ:2010/07/07(水) 20:15:28 ID:PgqLhMD8
「人間の十字架 ヒューマン・クロスロード」が秀作だろう。

673 :名無しのオプ:2010/07/07(水) 20:40:12 ID:8e2ntsP1
>>671
>鯱シリーズの名台詞は数あれど

あるある。仙石文蔵の「黙らっしゃい!」も俺的にはツボだったw

>>672
「人間の十字路」ね。
あの短編集では、鬼女の話がホラーで良かったなあ。

674 :名無しのオプ:2010/07/08(木) 10:10:24 ID:rOP/oX2F
寿行センセーの短篇コレクション出ないかな?
全3冊くらいで書誌データ掲載なら買うぞ!

675 :名無しのオプ:2010/07/08(木) 21:11:24 ID:BOiwk+/R
もし傑作短編集を編むとしたら、どのようなラインナップになりますかね。
「狂った夏」
「双頭の蛇」
「14人の旅行者」
「鬼が哭く谷」
「症候群」
「妖魔」
「濁流は逝く者の如し」
「神様の死骸」
「扉の彼方へ」
「扉のない闇」
私としてはこのあたりは外せない。


676 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 04:38:32 ID:u0E90W3T
徳田刑事シリーズは、一つにまとめてもらいたいよね。

677 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 07:39:47 ID:2Le0smxy
>>675-676
傑作短編集を出すとしたら、
あえて徳田警視ものなしで編んでもらいたいですね。
徳田警視シリーズは傑作選で。

678 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 10:19:23 ID:C9Y4mtYE
>>675
乙!


>>676
>>677
なるほど
それもありかもですねぇ

679 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 21:13:46 ID:RM+YXDSL
>>675
「残像」は大傑作だと思うけど
入れないの?
寿行本人も傑作と思ってるようだが

680 :名無しのオプ:2010/07/10(土) 01:32:32 ID:Ry/ZzMJQ
「神様の死骸」は哀しいね。

681 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 08:09:09 ID:uN6ZQtE+
>>679
「残像」は自選短編集の表題になってましたね。
あと「牙」とか、初期のミステリー系にも良い作品が多かった。
良い短編も多すぎて、とっさに思い出せないほどです。

>>676-677
昔、徳間で、徳田左近シリーズと銘打って編まれた作品集が数巻出たんですが、
結局、全作品収録するまでには至りませんでした。

682 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:44:47 ID:0DFHkD0q
俺的には、捜神鬼に収録されている、痩牛鬼と海獣鬼かな。
特に痩牛鬼は松坂牛の肥育牛舎が舞台だけに、今の口蹄疫問題と被るんだよね。
どちらも純粋な人と動物が主人公で、彼らの心の奥底が上手に対比されて描かれていると思う。

683 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:46:59 ID:uN6ZQtE+
今回の捜神鬼の復刊はいいんだが‥‥‥
何で痩牛鬼が収録されていないんだ‥‥‥
信じられない‥‥‥orz
一体、何があったんだろう‥‥‥

684 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:15:08 ID:urWAoX6V

だ、だ、・・大根さま・・・

685 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 11:21:52 ID:UeHkH9mk
>>683
小学館、とんだ屁タレだな。
叩かれるのを怖れて自粛したってか?

いつのまにか、出版人の矜持を捨て去ったのか…。
悲しすぎるよ。

寿行師の祟りがあるぞ、きっと。

686 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:11:50 ID:UeHkH9mk
そのことについて解説のなかでひとことも触れていない北上女郎の姿勢にも失望を禁じえない…。

687 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:15:25 ID:lRfWym8m
>>683
それ読んでないんだけど、そんなにまずい内容なの?

688 :名無しのオプ:2010/07/12(月) 00:10:10 ID:ZxC47B7F
松坂牛の非人道的な飼育法に切れた少年が
牛と一緒に逃亡する話だったはず
とはいえ抗生物質漬けだとか酒呑ませるとか運動させないとかのレベルで
それほどえげつない行為は書かれてなかったような気がする
松坂牛とブランド名指しなことが問題なんだろうね

689 :名無しのオプ:2010/07/12(月) 08:05:25 ID:D9NvUz4g
牛に抗生物質を与え、ビール飲ませ、運動を控えるなんて、現在どこのブランド牛でもやっている。
全ては適度にサシが入った柔らかい肉質を作るためなんだけどね。だから内蔵がダメになるんだ。
編集がこんなことを気にしたら、プロ作家は、養鶏・養豚・マグロの蓄養も書けなくなるぜ。
とにかく、痩牛鬼を削除した理由について北上女郎と小学館の言い分を聞いてみたいものだ。

690 :名無しのオプ:2010/07/12(月) 09:24:55 ID:E8IZLe4k
小学館は文芸春秋を見習え。
数年前には篠田節子が紹介するMyベストミステリーの一編として文春がしっかり出版してるぞ。
今回、消されたのは松阪牛の生産者組合から正式にクレームでもあったのか?
三重の観光サイトには、三重を代表する文学の一つとして紹介されているくらいなのに。
もし地元業者の反対があれば、そっちが先に消されるだろうに。
勝手に空気を読んで削除を決めたなら、小学館のひどい汚点だ。

北上も結局、長いものには巻かれるしかなかった訳か。
ついこの間も、美しく哀しい物語と評してたのに。
情けない。

「狂う」とか「狂い死ぬ」が現在では差別用語ってわざわざ注記するのも、
出版社の弱腰をあからさまに表してるな。
言葉狩りもここに極まれりだ。






691 :名無しのオプ:2010/07/12(月) 11:46:33 ID:caPfOoPo
禿同

692 :名無しのオプ:2010/07/14(水) 16:39:44 ID:yoKBfDia
そういや小学館って、大手では、これまで寿行作品と接点がなかった唯一の出版社だったな。
それが関係あるのかは分からんけど、もう少し作品に対する理解があってほしかった。
せっかくの復刊なのに、これじゃ積極的にひとに勧める気になれない。
本当に残念だ。

693 :名無しのオプ:2010/07/16(金) 19:44:03 ID:bcelksNt
渡瀬恒彦主演の「化石の荒野」ポスターなどで見かける「髪の長い全裸の、
後ろ姿の女性」は出演している女優さんですか?
よろしければどなたか教えてください。

694 :名無しのオプ:2010/07/16(金) 21:36:01 ID:OmTxp1aO
>>693
あれ浅野温子だと思ってたんだけど違ったの?

695 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 00:26:15 ID:xiSLKpbM
>694さん
浅野温子ってヌードになってたんですね。
ありがとうございました。
映画の本編でも裸を見られるんですかね。

696 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 00:29:11 ID:nZBB+Em+

>>684 ダイコンじゃねーよ! 


697 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 08:27:59 ID:4AAMym7u
>>694-695
ちゃうちゃう!

浅野温子は主人公の仁科(渡瀬恒彦)と恋に落ちる相手。
(実は‥‥なのだが、後半になってわかるネタバレなので言えない)

裸で海に入っていく後ろ姿は、主人公仁科の母ちゃん。
陵辱されて仁科を孕んでしまった母親は、自然流産させようと極寒の海に入っていく‥‥という設定なのだ。
映画では誰が演じてたかな?
記憶にないけど、映画にはあのポスターのようなシーンは無かった気がする。


698 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 09:24:26 ID:4AAMym7u
ついでに言っておくと、浅野温子は「スローなブギにしてくれ」っていう映画でヌードになってるよ。
これは同じ角川映画だけど寿行とは関係無し。片岡義男原作の青春映画。

699 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 11:04:42 ID:bn9RinpC
>>浅野温子は「スローなブギにしてくれ」っていう映画でヌードになってるよ。

山崎努と共演したあれもよかったけど
若松孝二監督のピンク映画「聖母観音大菩薩」でヌードになったとき(たしか16歳くらい)
オレは強烈な印象を受けた
現在は封印されて名画座でも見られないらしいが…


700 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 11:43:07 ID:8MkXhFBy
>そういや小学館って、大手では、これまで寿行作品と接点がなかった唯一の出版社

「去りなん」は小学館の「GORO」に連載。
最初の書籍も、小学館の子会社・祥伝社から刊行。

701 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 15:01:20 ID:xiSLKpbM
>694、697さん
「豊かな尻」という点で寿行作品にぴったりな、後ろ姿は最高にいいですね!
モデルさんかな?

702 :694:2010/07/17(土) 15:34:04 ID:NIfeYTS1
映画のポスターがそのまま流用された角川文庫版を読んだので、
あの後姿は印象に残ってました。

703 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 15:58:46 ID:1dPzAYAU
>>700
>「去りなん」は小学館の「GORO」に連載。

じゃなかったかと思ってぐぐったけどわかりませんでした。
おかげですっきりしました、ありがとうございます。

704 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 16:35:04 ID:pkN6ms8p
いい女は巨尻。

705 :名無しのオプ:2010/07/17(土) 21:07:24 ID:4AAMym7u
>>701
何か時間たったら思い出してきたんだが、以前に寿行関連のスレで、
あの女の後ろ姿はリアルなイラストじゃないかって聞いたことがあった。

コンピュータのアートツールがある今ならリアルなヌードなんかいくらでも作れるけど、
当時はリアルなイラストだとエアブラシを駆使して描くしかなかったろうと思うが。
確かに、あのポスターのカットだけのために女優を説き伏せてヌード撮るよりは、
イラストにした方が安上がりかも‥‥

まあ、ネット情報だから真偽のほどは不明だけど。

706 :名無しのオプ:2010/07/18(日) 01:02:13 ID:ZX7se8jw
>705さん
情報ありがとうございます。
尻の形の美しさといい、きれいな長い足といい、きゅっとくびれたウエストと
いい、何度みてもとてもうつくしい裸です。
イラストとは信じたくないなあ・・・。

707 :名無しのオプ:2010/07/18(日) 10:15:01 ID:Oi5WUrW/
たしかエアブラシによるイラストだった筈
むかし編集さんから聞いた記憶がある

708 :名無しのオプ:2010/07/18(日) 16:58:29 ID:7TD5TA9b
君よ憤怒の河を渡れ、で脱いだ中野良子はどうですか?

709 :名無しのオプ:2010/07/18(日) 21:23:20 ID:hJMhsysJ
あれは吹き替えでしょ?
顔と全身が一緒に写るショットは無かったと思うけど。

710 :692:2010/07/20(火) 16:22:35 ID:Q7ExRmCl
>>700
m(__)m  これは失礼(汗 
GOROは小学館でしたか。
祥伝社が小学館の子会社だったというのも知りませんでした。
それで結局、単行本の出版は祥伝社だったわけですね。

あと、小学館が寿行と接点がなかった唯一の出版社という部分も訂正しておきます。
良く考えたら河出や早川、中央公論社など、無縁の出版社は他にも結構ありました。


711 :名無しのオプ:2010/07/20(火) 20:07:29 ID:KS4XtHQd
>>708
ATGの「祭りの準備」で竹下景子が脱いだのに対抗して
中野が脱いだと書いてある文章をかつて読んだ記憶があるが
僕も709さんが正しいと思う
ボディダブルでしょうね


712 :名無しのオプ:2010/07/20(火) 21:56:27 ID:QTBPkjwR
http://twitter.com/kinniku69

713 :名無しのオプ:2010/07/21(水) 06:39:57 ID:olaCmRov
寿行は森ガールを先取りしていた

714 :名無しのオプ:2010/07/21(水) 07:59:31 ID:PFqqG40m
寿行作品といえば以下の三点セットが基本

森ガール
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E6%A3%AE%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB
山ガール
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/entertainers/100713/tnr1007131945011-p1.htm
山狩り

715 :名無しのオプ:2010/07/22(木) 16:30:37 ID:Jotk6X15
★女子大学生が下着を奪われる 強盗事件として捜査 石狩

・22日午前0時ごろ、石狩市内の路上で、帰宅途中だった同市内の大学生の女性が、
 背後から近づいてきた男に押し倒され、身に着けていた下着1枚を奪われた。
 男はそのまま徒歩で逃走し、女性にけがはなかった。札幌北署は強盗事件として
 調べている。
 同署によると、男は30代くらいで、身長約170センチ。黒っぽい服装だったという。

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/242650.html

716 :名無しのオプ:2010/07/22(木) 17:34:54 ID:E2zajy/S
石狩という地名だけは寿行っぽいな
逃亡検事の潜伏先に最適

717 :名無しのオプ:2010/07/23(金) 06:28:45 ID:2SOTLPvC
「牙城を撃て」を読んだら
この人の作品の主人公=ややヘタレのイメージがついてしまった

718 :名無しのオプ:2010/07/23(金) 12:23:05 ID:e3AyegCD
基本的にはヘタレと言っていいね。
自分の女を敵に寝とられたり、守らなければならない恋人や妻を何度も奪われたり、色仕掛けで敵の罠に落ちたり‥‥
男達はおしなべて女にだらしがなく、ときに意志が弱く規律にゆるい。
でも、その部分が読者の共感を呼んで、80年代のブームに繋がった点も否めないと思う。

719 :名無しのオプ:2010/07/23(金) 21:51:25 ID:d2LYoblb
「去りなん〜」でサドマゾ部屋で
亜紀は、連絡をとるとき、鳴嶋と結合して
いる描写がありますが
これは射精までもっていったと解釈して良いのでしょうか?

720 :名無しのオプ:2010/07/24(土) 17:04:28 ID:LBKOCdHB
学歴のない犬の主人公パーティは珍しく無双状態だったよね
呑舟の魚も復讐系主人公最強だと思う

721 :名無しのオプ:2010/07/24(土) 18:52:17 ID:4xhfglP5
呑舟の魚の平吉は、自分の足を失ってまで復讐を果たそうとするし、
往きてまた還らずの頃の中郷や伊能は、緊縛された腕を火に炙りまでして、戒めを解いて敵を追う。
凄絶な精神力だなと思いながら、読んでいてゾクゾクした。
後期の主人公たちには、その精神力が見られないのが残念だった。


722 :名無しのオプ:2010/07/24(土) 20:21:42 ID:mRkEQHm4
鳥の足に掴まって飛んできたのには爆笑したw

723 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 17:19:13 ID:l+MYCuKg
寿行作品で、どうしてもタイトルが思い出せないものがあるんです。

男を殺して、そのチンコ(下腹部)を剥製にしてコレクションする話。
ハードカバーで、いくつかの話がオムニバス形式で収録されてたような
気がします。チンココレクションは表題作だったと思います。

一番印象的で覚えているのは、刑事(?)が内偵に入って失敗し、
殺されてしまうシーンで、筋弛緩剤(?)を投与されてしまい、
死に至るまでの描写でした。淡々としてて、かつ生々しくて強烈だった。

彼の同僚が助けに行くが捕まり、彼の下腹部の剥製を見せ付けられて、
それが隆々と勃起していたシーンもありました。その剥製を使って
性交(オナニー?)するシーンもあったような。なんか辻褄が合わないな。
同僚は女だったのかもしれません。あちこち曖昧ですいません。

場面場面はすごく鮮烈で覚えてるんですが、肝心のストーリーが
どう展開し、どう完結したのか思い出せなくて、ぜひ再読したいんです。
この説明でピンと来た方、ぜひお教えください。おながいします。

724 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 19:25:19 ID:tpRzhYB/
>>723
男根の屹立した男の下半身の剥製。これは「鬼の都」ですね。

ただし、これは長編でオムニバスではありません。
原形となった中編が、中短編集の「人間の十字路」に収録されているので、
そちらと混同されてしまっているのかも知れません。非常に似ていますので。

あとの疑問点にお答えすると、殺される刑事は、潜入捜査ではなく酒場での色仕掛けで拉致されます。
潜入捜査を行なうのは女性捜査官で、これは鬼の一味に拉致され行方不明。
失踪直前に、薬品で錯乱させられ、刑事の男根の剥製と性交させられる描写があります。
その幻想の部屋と作中で呼ばれる男の下半身の剥製をコレクションしてある部屋が、
非常に江戸川乱歩的でかつ生々しく、この作品中一番の読み所だったと思います。

725 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 19:37:00 ID:UWPvXRS+
寿行ソムリエレベルたけえw

726 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 20:42:27 ID:GUrrgfBI
寿行はワインよりも安バーボンが好みなんで、
寿行バーテンと言う方が相応しいだろう。
もっとも寿行バーではアーリータイムスしか売れないだろうが。

727 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 21:41:05 ID:xBXj3DxZ
>>724
鬼の都じゃね?

728 :名無しのオプ:2010/07/25(日) 21:41:47 ID:xBXj3DxZ
あぁすでに答えが出てたのね。


729 :723:2010/07/25(日) 22:16:55 ID:l+MYCuKg
>>724
うわー、ありがとうございます。さっそく探して購入しようと思います。
酒場で誘われたの、思い出しました。行きずりのテイで引っかかったんじゃ
なかったっけか。女性捜査官がその後どうなったか、全く覚えてないですw
続き気になる。早く見つけたいです。繰り返しですがありがとうございました。
それと>>727さんもありがとうございました。

>>725
ホントそうですね。俺が書いたのはシーンだけで、ストーリーとか背景は
全然わかってないのに、それだけで正確に解説してくださっちゃうのは、
やはり作品をひとつひとつ読み込んでなくては出来ないことと思います。

730 :名無しのオプ:2010/07/30(金) 21:13:11 ID:8i0LvjiB
地元図書館のwebで峠に棲む鬼を見つけたんだが、
移動図書館って所に入っていた
そいつは小学校を巡回しているんだと!

小学生に読ませるとは図書館もやるよなw

731 :名無しのオプ:2010/07/31(土) 00:13:25 ID:jngLbiwK
今月も発情期に入りました
女はね、生理前になるとムラムラして体が疼いて、
つまり、いうならば発情期に入るのね
そんなときは寿行先生の小説の出番なのです
BLでもいいんだけどね、美少年や美青年があんあんいってるのでもいいんだけど、
BLってのは女性作家ばっかだからね…
男性作家の書くエロの方が私は興奮するんです
特に寿行先生は……イイ

えっ、発情期なら自分で自分を慰めるのではなくて、
男とエッチすればいいじゃないって?
それはやだ
たぶん現実の男でエッチが上手な人ってめったにいない
そんな気がするし
痛い思いするだけかもしれないもの

732 :名無しのオプ:2010/07/31(土) 01:09:32 ID:jngLbiwK
女が男に激しく陵辱されるのもいいんだけど(ポルノとしてね)、
寿行先生の小説の素晴らしいところは、
男も女と同じように狩られてしまうってところでしょうかね、性的な意味で
男も女と同じように犯される対象にされるってところが最高にいいです
寿行先生ファンの男性には、そういう意味で親近感を抱きますね!
よう、お仲間さん、ってな感じで
お仲間ってのは、私も貴男たちも、
いざとなったら強い男に犯されてひいひい泣かされる立場になるのは間違いない
そういう意味でね

「自分は狩る立場である」と根拠もなしに頭から信じ込んでいて、
自分が犯される立場に回るなんて夢にも思ったことが無いような、
そういう傲慢な馬鹿男は、ぜひ、寿行先生の小説世界の中に入れられて、
男の性交奴隷にされるべきです
ハァハァ、そういうシチュエーションって、萌えるよね…

だからね、実は寿行先生の小説がどんなに女がレイプされまくりのお話でも、
「これなら抵抗なく読めるよ」って女性は、結構いるんですよ
だって、寿行先生の小説の中では、男も同じだからです
より強い男が現れたら、男だってレイプされちゃうからです

つまり、何が言いたいのかというと、
男は後ろから一発やられるために生まれてきた

733 :名無しのオプ:2010/07/31(土) 11:31:41 ID:RKOgfkpj
>>731-732
久しぶりにいい話を聞かせていただきました。
ありがとう。


734 :名無しのオプ:2010/07/31(土) 23:37:12 ID:yCGc1Tu+
wikipe 滅びの笛

高見俊介(たかみ しゅんすけ)
広美の元ボーイフレンド。現在は妻と娘がある弁護士だが、偶然に再会した広美に情欲を抱き、
不倫関係を求める。それに応じた広美とは三ヶ月以上にわたって新宿周辺のラブホテルで秘密の
逢瀬を続け、人妻のしっとりした肉体を貪った。

誰だよこんなこと書いたのはwww

735 :名無しのオプ:2010/08/01(日) 12:04:35 ID:W6shLojE
731さんは「峠に棲む鬼」の真庭が倉田に犯される場面に萌えますか?

736 :名無しのオプ:2010/08/01(日) 23:57:23 ID:oG+Nl3ZE
>男は後ろから一発やられるために生まれてきた

これは名言と認めざるを得ない

737 :名無しのオプ:2010/08/02(月) 01:21:55 ID:57/ecRXA
山田風太郎の忍法帖も、女は穴だ!って感じで、
女は手当たり次第に犯されるけど、
山風先生の忍法帖がだ〜〜い好きです!!っていう女性はたくさん、たくさんいる
女性ファンの多い作家さんなんだよね山風先生
それは、山風の忍法帖自体がめちゃくちゃ面白いってのもあるけど、
女は穴だ!的に女が手当たり次第に犯されまくって人間扱いされなくても、
男も女と同じくらい人間扱いされず、酷い目に遭わされるから…
だから女読者が読んでて、エロシーン(女も、犯されまくる女っていう性ファンタジーが好きです)にハァハァしつつも、
理性の部分では、何よ〜女は男のオモチャじゃないんだよ〜〜
みたいに思ってムカつかないで済むってとこがあると思うの
山風先生の忍法帖では、たいていの男は惨殺されるけど、それだけじゃなく、
男に犯されちゃう男ってのもちょこっと出てくるのよ
いや、無理やり強姦されるってんじゃなく、
自ら男に抱かれる男ってが出てくる
男に対して女を武器にする女がいるように、男に対して色を武器にする男が出てくるってわけです
まあ昔の日本は男色天国(井原西鶴の言葉)だったわけですから、
だから忍法帖とか時代小説とかに、男に犯される男とか、
男と寝る男が出てくるのは当たり前、なんですけれども

寿行先生や山風世代の男性作家のエッセイなんかを読むと、
彼らが若かった頃は結構、男色が普通だった的なことが書いてあるね
旧制高校とかでは「お稚児さん」を持つのがごく普通のことだったとか
なんせ、硬派=男色 軟派=女色 ってのが本来の意味ですものね

で、何が言いたいのかというと…
寿行先生ファンであるこのスレの男どもは、ぜひ、
自分より強くて大きな男の男根さまに貫かれる妄想をして、
ああ俺は穴だったんだと悟り、
そして、倒錯した悦びに目覚めてください
それが真の寿行ファンである男の姿、だと思いますね☆
私ども女も、寿行小説のエロシーンを読みつつ、マゾ的な悦びを味わっています
まあ実際にあんなことされたらどんな手段を使っても男をぶっ殺してやりたくなるだろうけど。あくまで性ファンタジーですもの☆

738 :名無しのオプ:2010/08/02(月) 06:22:43 ID:57/ecRXA
男性のための商品と思われたAV(アダルトビデオ)が20代30代の女性にバカ売れしている。
店で買うのは恥ずかしい。でも、ネットなら抵抗なく購入できる、ということらしい。
DVD メーカーSILKLABO(シルクラボ)が女性のためのAV制作のプロジェクトを立ち上げた
のは2年前。女性向けアダルトグッズ専門店を調査したところ女性にAVが売れていることが
わかったからだ。

9割以上が女性の購入で20代30代が中心。主婦の購入者も多い。
一方、ピンク映画上映館にも女性客が増えている。新東宝映画によれば、ピンク映画業界は
女性客を増やすため、作家性の高い監督とイケメン俳優を起用し、ラブロマンスありコメ
ディーありの映画を制作している。最近では一般の映画館でピンク映画の特集上映イベントも
催されるようになり、イベントに参加する女性客は1割程度だが、それでも「10年前には
考えられない程の女性客の入り」だと新東宝映画のプロデューサーは強調する。

http://news.livedoor.com/article/detail/4904714/

女が「他人はどんなセックスをしているか知りたい」からAVを観る、
ってのは、はっきり言って2番目か3番目の理由であって、
女がAVを観たがる目的の第一は、ずばり性欲解消、オカズにするためです

女から見ると、男の性欲って単純でレベルが低いように思える
男の人の性欲のピークは十代半ばぐらいだそうだけれど、
女の性欲は実は30代後半〜40代後半がピークだとかなんかで読んだけど、
私、中学の時に女友達とエッチ話をよくしたけど、
み〜んな小学校低学年からオナニーしてるって言ってた
(大人になった今は、友達とでもそんなあけすけな話はできない)
私なんか幼稚園児の頃からしてるけどね、オナニー
幼稚園児の頃から「いく」って感覚をちゃんと知ってたよ
男の人はオナニーし出すの結構おそいらしくて、ビックリした
男の「いく」時、つまり射精の快感って、我慢してたオシッコを放つ時、あの程度の気持ちよさなんでしょww
そんなの女だって体験できるし、しょっちゅう体験してるわww女にはクリがあるしねw
女の快感はそんなもんじゃないよ。本当に死ぬほど気持ちいい
まあ、男の人がお尻でする快感ってのは、女の快感と同じかそれ以上らしいけど…

739 :名無しのオプ:2010/08/02(月) 09:32:44 ID:3cB5gp8i
ネカマ乙

740 :名無しのオプ:2010/08/02(月) 14:13:40 ID:sLiRNhkT
>>738は、俺の見るところネカマじゃないな。

>男の「いく」時、つまり射精の快感って、我慢してたオシッコを放つ時、あの程度の気持ちよさなんでしょww
こういう意見を書く感覚は、やはり本当の女性なんだろう。

よく女性はSEXで男の何百倍もの快感を得られると聞くけど、自分は男なので、それがどれほどのものか知りようがない。
そもそも快感を計る尺度ってなんだろう?脳内に生まれるの興奮物質や快感物質の多寡か?
確かに、男は性欲の強さでいえば十代の頃がピークなんだろうと思うけど、性欲が強いことと得られる快感が深いことは別。
十代の頃は、ただ猿のように放出すれば満足的なところがあったと思う。
回復が早いし、性欲も尽きせぬ泉のようではあったけど、本当の快感は十代の頃にはなかった。

男にも個人差はあるだろうし射精の快感もピンキリだが、俺の場合は脳内がスパークする、とか、ショートして白くなる感覚かな。
寿行には(脳を灼く)という表現があるが、まさに脳裡が灼けつく感覚が近いかも知れない。
尤も(脳を灼く)というのは、そういう刹那的な快感の表現ではなく、
精神が時間をかけて快感に灼けただれていくような表現だから、意味合いが違うか・・・

確かに疲れている時や、義務感で放出する時は、排泄と変わらない感覚の時もあるけどねえ。
でもコンディションによって感度が変わるのは、女性も同じだと思うけど・・・
もし>>738の男が、我慢したオシッコを放出した時のような程度の快感しか得られないのだとしたら、
それは、男の快感を引き出せない>>738にも、問題があるのでは?



215 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)