5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宮部みゆき「理由」の矛盾

1 :笑ひ男:2009/10/02(金) 01:08:32 ID:/Pqa3ANm
私は文芸を愛するものです
どうかこの情報を貴方方の手で芽吹かせてやって欲しいんです
私はもうボロボロで何もできやしないけれど
この欺瞞に満ちた嘘だらけで空虚な文芸界にどうにかして風を吹かせてやりたいんです。
この話題が社会のネットの何処でも論じられなければ小説を読むとき私は、その小説を誰かが読み誰かが書いたモノとしてで無く、誰一人読んだ事の無い、ランダム作成された単なる文字列としてしか捉えられなくなるのです。
何らかの手段でこの情報を一過性のもので無く、共通の認識として受け取る事の出来るようにしたいのです。

2 :笑ひ男:2009/10/02(金) 01:10:02 ID:/Pqa3ANm
物語は片倉信子が交番に現れる場面から始まり、ルポルタージュ風に事件を立ち返る形で事件の原因が語られる。

以下は冒頭、交番に現れた片倉信子に対する描写である。

信子は返事をしなかった。うつむいて足元を見つめたまま、ぶるぶる震えていた。ピンク色のトレーナーにジーンズばきで、「片倉ハウス」の名前が入ったビニールのサンダルをつっかけている。

12p朝日文庫版



次は終章の片倉信子について

それでも、家のことは気になって仕方なかった。早く帰りたかった。ちょっとお腹が痛いとかもごもご言い訳をして、部活動をさぼってまっしぐらに帰宅した。

613p朝日文庫版

中略

「信子、交番へ行って石川さんを呼んできてくれないか」と、義文が言った。「石田さんを歩かせるより、パトカーで迎えにきてもらった方がいいからよ」

 うんわかったと返事をして、信子は駆け出した。目の隅に、石田のおっさんが目尻をぬぐっているのが見えたけど、振り返らなかった。

615p朝日文庫版

3 :笑ひ男:2009/10/02(金) 01:11:55 ID:/Pqa3ANm
中略の間に片倉信子が着替える描写やそれを想起させる行間は存在しない。

そもそも

ピンク色のトレーナーにジーンズばきで、「片倉ハウス」の名前が入ったビニールのサンダルをつっかけている。

この描写に自宅でリラックスしている場面から飛び出して来たという行間を読み取る事ができるし、それを想定した描写に思える。

しかしそれでは終章と冒頭がまるで繋がらない。

誤植とは言えない明らかなプロットミス。

さらに驚く事にこの作品は直木賞を受賞している。

追加で驚異的な事にweb上のどの読書感想を読んでもこの矛盾を指摘しているものが無い。

誰も小説、フィクションの整合性なんて気にしないのだろうか、私の指摘は重箱の隅なのだろうか?

4 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 02:44:45 ID:LvwCLuAI
やったぞ
俺様が4ゲットだ

5 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 02:55:54 ID:phQ36/QR
そんなもん覚えてないよ

6 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 03:08:17 ID:rCca+yGn
はい、重箱の隅です。

7 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 07:21:15 ID:Xydu4LoO
>>3
逆に帰宅直後という描写があるの?

8 :笑ひ男:2009/10/02(金) 08:00:04 ID:/Pqa3ANm
>>7
イエス
やっぱ重箱の隅かぁ
賞とか貰っても真剣に読んでる人なんて誰も居ないんだな
選考委員とかなんなんだろ

9 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 16:47:51 ID:rCca+yGn
あんたはノンフィクションだけ読んでればいいんじゃねーの?

10 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 18:06:23 ID:n0woI/6y
>>1を読んで文学界のどんな闇を告発してくれるのかとwktkしたのに
トレーナーとかサンダルとか知らねーよ覚えてねーよ

11 :笑ひ男:2009/10/02(金) 22:29:42 ID:/Pqa3ANm
>>10
うーん、でも冒頭の状況から想起される状況と
終章の状況があまりにも違いすぎて哀しかったのです
朝日文庫版12pから
「片倉ハウス」の名前が入ったビニールのサンダルをつっかけている。
泊まり客がちょっと近所に出るときに使うサンダルを日頃の信子はひどく忌み嫌っていた。
どこの誰が履いたか判らない不潔なものだし、貧乏たらしいというのである。
翔子はそのことを、何度となく繰り返し聞かされて知っていた。
それなのに、今のノブちゃんはそのサンダルを履いてきている---

この文章から想定される状況は家でリラックスしていた所で犯人に気付き、
そもままの格好で急いで走って来た。
というものだと思うのです。

12 :笑ひ男:2009/10/02(金) 22:44:17 ID:/Pqa3ANm
続き
しかし、終章では一晩匿った上で護送の為に警官を呼んでいるのです。
これ程判り易いミスにだれも声を上げない状況が不快だったのです。
受賞もして沢山の人が読んでいるハズなのに、
読まれる端から情報が揮発していくような虚無感が最悪なのです。
因みに1の文章は「攻殻機動隊SAC」ってアニメに出てくる犯人マネですw
酒に酔って立てた悪ふざけですが、感想自体は本物です

13 :笑ひ男:2009/10/02(金) 23:03:31 ID:/Pqa3ANm
>>9
ノンフィクションなんて嘘臭くて読めません
「嘘じゃないよ、ホントだよ、本当のお話だよ」
という自己証言のなんと嘘臭いことか!
(なんかこんな感じの童話があった気がする)
なのでフィクション前提の方が変な話ですが信じられるのです。

この件は作者というより、気付かなかった読者が問題だと思う
大半は気付いても沈黙しているのだと思われますが、
それにしたって情報の掃き溜めであるネットで検索をかけても
話題が一切ヒットしないのは不快だという話
宮部みゆき「理由」 矛盾 でググッってこの情報に行き着くようになったら満足なんですけどねぇ

14 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 23:38:15 ID:91+9evWt
小説にミスはよくある
長大な作品ならば特に
あなたがこれまで読んできた作品にも多々あったはず
鬼の首を獲ったように騒ぐあなたが珍しい
……と私は思う

15 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 03:01:33 ID:OjoV49Tt
自分で好みの事件をレポとって読めばいんじゃね?
人の話のように不確かな証言は取らずに、根拠のある裏付けができるものを
レポして、好きな文章で書いて読む。
どうしても受動がいいなら実況行って来い。

16 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 08:10:12 ID:zDp1OCje
どうせあれだろ。
役不足とかの誤用にもくどくどネチネチ文句たれるタイプだろ。
小説なんて読んでも楽しめないんじゃね?
可哀相に。
もっと有意義に時間使えよ。

17 :笑ひ男:2009/10/03(土) 09:54:59 ID:9qvcuso/
>>16
イエス
正にその通りの人間です
「防犯対策」って言葉を時々聞くけどおかしくね?
防犯に対策するのは泥棒じゃないのかと、セキュリティーを殺すのかと
犯罪対策、防犯策ないし防犯で良いのではないかと常日頃思うわけです
まぁ言葉は変遷するものだから仕方無いのだろうけれど
それにしたって言葉の意味、複雑性が失われているのを見たときは切ない気持ちになる

しかし、細部に拘らなければ
たかが娯楽小説って判断が下るものだと思うのです
ドラゴンボールとかみたいに作者の連載中の勢いだけで書き捨てられたものでは
面白くないじゃん

18 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 10:03:37 ID:OjoV49Tt
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

19 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 12:10:54 ID:zDp1OCje
しまった、「防犯対策」は確かに、と思っちまった。www

だが小説はミステリーだろうが純文学だろうが、数多ある娯楽の一つだ。
まあ、もうちょい肩の力抜いて楽しめよ。

どうしても納得出来ないなら、出版社にでも手紙を送れ。
こんなとこに書き散らかしても何にもならんよ。

20 :笑ひ男:2009/10/03(土) 20:35:23 ID:9qvcuso/
>>19
ですね〜
「宮部みゆき 理由 矛盾」でググるとこのスレが
トップに来るようになったようなのでとりあえずの所、目的達成!
次は何かアクションを起こしてみようと思います
防犯対策のネタが受けてなによりですw
成果が出たらどこかで報告しますね

21 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 22:13:00 ID:Z7LgDyFh
>>20
「役不足」や「すべからく」の誤用はよくない
(あちこちで見かけるけれど)
しかし、それをコレクションするほど暇ではない

「赤い口紅の女」が「ピンクの口紅の女」にいつしか変身
といったケアレス・ミスは、上記とはまた別でしょう
「おやおや、作者も編集者も校閲も見逃してる」というだけ

粘着して楽しい?
楽しいのか……。バイバイ

22 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 19:32:18 ID:MrqfqwTm
未読だけど、>>1に書いてあることが本当なら大々的に批判されて当然かと

23 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 19:34:56 ID:MrqfqwTm
間違えた

>>1に書いてあることが → >>1が言ってることが

24 :名無しのオプ:2009/10/18(日) 02:06:04 ID:oRL6XVOx
http://homepage1.nifty.com/yamamomo/sub5riyuu.htm
りりもんという人が他の矛盾を指摘してる

25 :名無しのオプ:2009/10/26(月) 21:06:46 ID:RhThev/o
この作品人物描写やら何かといちいち長い。
肝心の結末も大したことない。

26 :笑ひ男:2009/11/17(火) 23:54:42 ID:TEQ1daG+
お久しぶりです1です。スレが残ってた事が感動で書き込みます。
>>22
しかし現実にミスがあるのですよ
案外大々的に言われそうな事も見落とされたり、誰の目にも留まらなかったりする現実が
ただ寂しくて、スレを立てました
>>24
しかし、その矛盾は誤植として既に修正されてますよね
つまり、修正可能な範囲のミス、であったと言える訳です
私の指摘したミスは現在も修正されず(指摘されていないのか?
修正する為にはプロローグの全体を書き直す必要がある大きなものです
>>25
私のゼミ担曰く
「ミステリーとしてのオチには意味が無く、矛盾にも価値は無い
重要なのは物語の端々に表現される人生である」
との事
そんな事言われると若輩の私はなんとも言えず引き下がりましたが
果たして何が重要なのか
人生なんて一人ひとり違う道を歩むし(あるものは家庭を持たないだろう
家庭を持とう、という意欲の無い私には理解出来ない小説なのでしょうか

27 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 00:13:04 ID:wT7RYLvC
あなたのゼミ担の見解は、それなりに理解できる
そういう見方もある
作家のミスの指摘よりはるかに知的な読み方だ

「現実にミスがある」のが許せなかったと繰り返しているが
ミスは色んな本にあるんだ
あなたはこれまで何百ものミスを見逃していて、たまたま「理由」のミスに気づいた
ただそれだけのこと

28 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 01:07:08 ID:DfjvmIjF
龍は眠るの文中で「侃々囂々」だか「喧々諤々」って
表現があったけどそういうのも>>1は気になるわけね

29 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 01:13:57 ID:DfjvmIjF
てかさ、>>26

> スレが残ってた事が感動で書き込みます。

なにこれふざけてるの?
思いつきで責任負う気もないくせに軽々しくスレ立てなんかしないでよ。
ここはミステリー板なの。こんな糞スレでももう即死を越えたから何年も残るってことわかってる?
今後、このスレが目に着く度にイライラするんだろうね。

30 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 02:23:36 ID:iZlB9mK7
ID:DfjvmIjFは関係者? それとも熱狂的なファン?
間違えた方を擁護して、間違えを指摘する方を批判する、という態度が理解しがたいんだけど

ミスがある小説として、「容疑者Xの献身」もよく言及されるね
あんなもん死体隠せばそれで万事OKだったんじゃねーの?って
俺もそう思ったよ
日本で最も有名なミステリー作家の作品や読者人気投票一位の作品でさえこのザマなんだから
今後日本の推理小説界はどうなっちまうんだ、と


31 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 02:54:43 ID:gAQKQrb9
>>30
読解力ゼロかw
糞スレ建てんなってことだ

32 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 02:56:41 ID:wT7RYLvC
30は相当に変なこと書いてるよ
28は作者を擁護して、1を批判しているとは思えない
(皮肉の匂いもするが、それは1の粘着ぶりに呆れているからだろう)

3〜7行目については、言いがかりのレベル
「死体をうまく隠そうとしました」という展開もあるけど、それは別の物語になる
30の見解に従えば、大半のミステリは「死体を隠そうとがんばる話」になりそうだけど……まさかね

33 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 03:39:41 ID:iZlB9mK7
>>30の前半は、ID:DfjvmIjFに対してというより、このスレで>>1を批判してる全ての人に対しての意見だね確かに
俺は>>1が指摘してることは、スレを作られても仕方がないほどのミスだと思うけどね
それに>>1は全然粘着してないよ スレ読み返してみな 自分に対する意見にはスルーせずに答える、という態度を貫いてるだけでしょ

>>32の後半は何が言いたいのか分からんかった 容疑者Xの献身とは関係ない話をしている気が・・・

34 :バルス:2009/11/18(水) 11:40:36 ID:5duB5GN6
見ろ!




スレが




ゴミのようだwwwwwwwwww

35 :名無しのオプ:2009/11/18(水) 16:44:38 ID:wT7RYLvC
はい、ゴミ屋敷ですね

36 :名無しのオプ:2009/11/19(木) 17:17:30 ID:skQ/1XA/
>>30
> ミスがある小説として、「容疑者Xの献身」もよく言及されるね
> あんなもん死体隠せばそれで万事OKだったんじゃねーの?って

これは酷いすなあ
石神の意図をちゃんとお読みなった方がいいと思いますよ

37 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 17:41:39 ID:u+F6dfUQ
つか、理由と火車は過大評価されすぎだと思う。
さらに言えば宮部みゆきそのものも。

このヒト、文章はそれなりに上手いけど(超クドいから好き嫌いは分かれるが)
ストーリーがおもしろくないのが致命的。長年に渡って作家でいられ続けてるのが謎。

38 :名無しのオプ:2009/12/05(土) 22:59:51 ID:QzpHyLGF
理由は普通に評価別れてるよ

39 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 22:58:32 ID:SMdhcKJL
宮部に限定せず、どの作品の矛盾でも語っていいスレにすればよかった
この板にはそういうスレがひとつは必要
作家がミスしたら徹底して追及すべき

でも宮部限定だと・・・・ これ以上スレが伸びんなあw

40 :名無しのオプ:2009/12/17(木) 16:33:26 ID:HpxQlnt2
この「理由」ってどっかの新聞の夕刊に連載されてたものだよね?
うちで取ってた新聞に載ってたから、毎日か朝日
のちにこれで直木賞を取ったのはやや驚いた
それほどのものか?って

で、矛盾があるんだね
長期連載(しかも新聞で毎日)してれば、
最初と終わりの方で矛盾が出てしまうのは仕方ないかもしれないけど、
だったら単行本化、文庫本化する時に書き直せばいいのにと思う

あと、
>>17
>ドラゴンボールとかみたいに作者の連載中の勢いだけで書き捨てられたものでは
>面白くないじゃん

これには同意する

41 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 22:47:48 ID:qIbLLfgM
あとはワンピースとかなw

42 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 06:37:45 ID:rBjegC+q
1さんは映画の記録係やればいいんじゃないかなw。
半分皮肉半ガチ。
その素晴しい記憶力注意力なら、ほかの小説でもその手の矛盾はいくらでも見つかるはず。
これからもバシバシ見つけ次第、報告して下さい。

>>17、41
ちみ達は良いミステリファンかも知れないが、良い漫画ファンではない。
1話1話の刹那的な面白さがすべて。
仮面ライダーやウルトラマンの設定に文句を付けたければ否定しないが別の場所でやるべき。

43 :名無しのオプ:2009/12/25(金) 02:31:25 ID:KEOzbd4I
朝日だな。
編集担当のレベルが低いんでしょうね。

44 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 15:35:34 ID:6sR+ctV9
そんなことより「蒲生邸事件」で平河町のホテルから
皇居越しに夕日が沈む方が謎なんだけどな。反宇宙か?w

45 :名無しのオプ:2010/01/05(火) 17:37:12 ID:R+m7byAb
>>44
そいつは面白そうだ 読んでみるわ
いろんな小説の矛盾をまとめてあるスレかサイトないかな

46 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 11:18:49 ID:R0m/UXgG
私は、どっかのスレで指摘したのをみた。
私も読んだ時気がつかなかった。
賞をもらったのに矛盾してるのは
いかがと思うけど、
どーでもいいこととも思う。

47 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 04:21:54 ID:YnU+lIBV
TVドラマで見たの忘れて105円で買っちゃたんですけど
もう一回本で読む価値ありますか?


48 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 05:58:41 ID:h6A08SFl
あります。

49 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 22:04:44 ID:mW6+AHB+
>>3
別におかしくないじゃん。
家に帰ったら真っ先に着替えるのが習慣になっていて無意識に
そうしたんだろ。
少なくともちゃんと授業を最後まで受けるくらいの冷静さは
あったんだから。

50 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 22:16:08 ID:QOIIrHcE
>>3
> 私の指摘は重箱の隅なのだろうか?

どう考えても隅の隅だろw
で、このどうでもいいネタを「私が見つけました!!!」と立て逃げ。
氏ねばいいのに。

51 :名無しのオプ:2010/03/19(金) 12:26:34 ID:DlOqUT5/
>>47
速読でおk

52 :名無しのオプ:2010/03/19(金) 14:30:34 ID:UdoKCSqc
>>49
>>1の指摘している箇所を読み返してみたんだけど、
終章に「玄関に鍵が掛かっていたので鞄を持ったまま旅館に行った(要約)」と書いてあるから、
家で着替えたとは考えにくい。
まぁ、そもそも着替える必要が無かった(私服で通学したとか)と考えれば矛盾は無いんだけどねw

>>11-12
>この文章から想定される状況は家でリラックスしていた所で犯人に気付き、
>そもままの格好で急いで走って来た。
その想定が間違っているんだよ。
冒頭の場面ですでに信子は犯人を庇う発言をしているのだから、
「信子がそのような心情になる何らかの出来事が犯人との間にあった」と想定する方が自然。
そこに「なぜ信子は初めて部活をサボったのか?」という疑問を加味すれば、
「犯人を一晩匿った」という終章のシーンは「あまりにも違いすぎ」る事にはならないと思う。

ただ、確かに「トレーナー+ジーンズ+サンダルの格好でブルブル震えている」との描写は
この場面に似つかわしくないな。

53 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 11:25:46 ID:gN/4K4AF
「理由」じゃなくて「火車」なんだけど、最後のほうで自分が警察の人間だと
信用させるために一旦捜査課に電話かけさせるっていうのがあったけど、
110番にかけさせる訳じゃないんだから別な人間とグルになってだます
ことは可能だよな。
クライマックス部分なだけにちょっと残念だった。




54 :47:2010/03/21(日) 17:15:09 ID:UjlTcytD
>51
今読み飛ばしてるところだけど
映画(TVドラマ?)とだいぶ印象が違う。

55 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 18:51:52 ID:rqqfGlfE
映画版は仲居の破壊力が全てを打ち消してる

56 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 18:56:24 ID:UjlTcytD
模倣犯じゃなくて?

57 :名無しのオプ:2010/03/21(日) 21:15:59 ID:rqqfGlfE
間違えたw

58 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 06:59:15 ID:bXeOszm/
均一の同じ文体で最後まで押し通せるのは、さすがプロの書き手。
普通いつもの書き癖に戻っちゃうもの。

59 :47:2010/03/22(月) 09:57:32 ID:bXeOszm/
映画で見た印象的な部分を本で読むとファラッシュバックでそのシーン
が頭の中で蘇る。
なかなか面白い感覚だ。

60 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 09:58:27 ID:bXeOszm/
粗大ゴミのカセットデッキの部分

61 :58:2010/03/22(月) 12:21:41 ID:bXeOszm/
と思ったらいつもの書き癖に戻っちゃってる。

62 :名無しのオプ:2010/03/22(月) 13:56:04 ID:bXeOszm/
部分的にもどぢてるのか。

63 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 06:33:44 ID:M66F3eI5
理由は柳美里が書きそうなはなし。

64 :名無しのオプ:2010/03/23(火) 12:30:53 ID:M66F3eI5
得意技が家族の確執

65 :名無しのオプ:2010/07/16(金) 11:57:50 ID:XgqY2Vl+
そういえば「蒲生邸」で何かひっかかったんだけど
何だったか忘れたからもう一度読んでくる。

基本的には、宮部ファン。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)