5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新刊紹介スレッド(海外篇)part6

1 :あいざわ:2009/02/25(水) 16:09:15 ID:9mZ2eZtz
前スレ落ちちゃったみたいなので立ててみました。
前の住人さん達、1さんはたどり着いてくれるのでしょうか。

2 :名無しのオプ:2009/02/25(水) 18:47:43 ID:mYbQ0d3G
   ノ
  ('A`) >>1
  ( (7
  < ヽ  

スレ立てようと思ったら規制に巻きこまれてた orz
東京創元「探偵は犬を連れて」が気になるよ

3 :1:2009/02/25(水) 20:13:16 ID:B5zMbSiA
あいざわさん、乙です。
無事たどり着きましたよ〜。

やっぱり、ここがないとさみしいので、
また、できるだけ紹介できるようがんばります。

4 :名無しのオプ:2009/02/26(木) 16:37:39 ID:ERmSdLvG
おつです

5 :名無しのオプ:2009/02/26(木) 18:07:11 ID:76Bzqd6y
東京創元文庫「ダリアハウスの困った聖夜」が出るのは来月かな?
そもそも1作目「〜陽気な幽霊」を読んでない。
ロマンス作家らしいので躊躇してる。
カバーイラストのどっちが幽霊なのか?やっぱ青い方?男?
生身の男とのラブがうざくないなら読みたいんだが。

6 :名無しのオプ:2009/02/28(土) 01:18:17 ID:8UBR58RL
乙です
ほんとにありがとう!

7 :1:2009/03/03(火) 11:57:14 ID:D96Vh7Qj
東京創元社、
「探偵は犬を連れて」イヴリン・デイヴィット、
探偵も犬も魅力なし。残念でした。

目下手持ちは、
「アメリカン・ゴッズ」上下 ニール・ゲイマン、角川、
と、ハヤカワの
「アッチェレランド」チャールズ・ストロス、
両方ともミステリではないわな。





8 :名無しのオプ:2009/03/03(火) 13:25:45 ID:A8cQOdJP
>>7
「愛すべき犬」ってあったからせめて犬は…って思ってたのに orz

9 :名無しのオプ:2009/03/15(日) 11:26:09 ID:MSyRWGEm
ダヴィンチコードの新刊のような物が出ていたけどあれは何?
ぐぐっても何も出てこないし

10 :名無しのオプ:2009/03/15(日) 23:56:46 ID:IVCPpkTl
小学館文庫やランダムハウスのフォロワー求む

11 :1:2009/03/17(火) 11:46:57 ID:tQGqhZeu
やけに「大聖堂」の増版が並んでるな、と思ったら、
続編だった・・・orz。

「大聖堂―果てしなき世界」 上中下 ケン・フォレット ソフトバンク文庫、
長い長い、読んでも読んでも終わらん。
GWあたり一気読み、オススメです。

「大聖堂」まだの方は、そっちから・・。

12 :名無しのオブ:2009/03/17(火) 23:19:29 ID:wIgBUBVY
>>11
おぉ〜、全く同じ人がいた。自分も今日気が付いた。
まさか続編とは思ってもみなかったなぁ。
余りの面白さに、電車の中、電車を降りても歩きながら、エスカレーターに
乗りながらも読み続けた前作。もう18年も前の事になるのか・・・。
続編、読みたいけれどあの分厚さの3冊を、読み切る気力があるかが、
少々不安な18年トシ取った自分。

13 :名無しのオプ:2009/03/18(水) 20:00:29 ID:UHz/f903
俺も1と全く同じこと思ったw
来月旅行に行く時に一気よみすっかな。

14 :名無しのオプ:2009/03/18(水) 21:36:09 ID:aOe3hcDf
ジョン・ハート『川は静かに流れ』
いかにもMWA受賞〜って感じの一冊でした。
重たい雰囲気っぽいですが、意外にサクッと一気読み。

故郷を追われるようにして出て行った主人公が帰郷し、
子ども時代からの胸のつかえが取れるというか赦される物語でした。
あまり成長している感じではなかったな。
1作目『キングの死』は未読だったけど、今作が読みやすかったので読むことにしました。

15 :名無しのオプ:2009/03/18(水) 22:31:41 ID:8iO/4nR2
>>14
あの主人公はまるでキレやすい十代だったなw
MWAにしては軽すぎじゃね?

16 :名無しのオプ:2009/03/18(水) 23:22:18 ID:yqw/zzIX
言葉はきついけど切れてないだろ。
それに主人公の身にあったことを考えるときっついぞ。

17 :名無しのオプ:2009/03/18(水) 23:59:10 ID:8iO/4nR2
たぶん年配のお方が読むとフーンなんだと思う
読んできた量によるよなミステリの感想って…

18 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 01:42:52 ID:Dfe2Mw99
殺人倶楽部へようこそ はどないでっしゃろ

19 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 10:35:00 ID:ypPxs49c
>18

「殺人倶楽部へようこそ」は、TVドラマの企画本ではあるけれど、

(著者の一人マーシー・ウォルシュは
実は米国人気TVドラマシリーズに登場している
作家になるのが夢という設定のキャラクターで、
「殺人倶楽部」は彼女の初出版本として出版されている)

その割にちゃんとまともに読めるミステリになっているよ。


20 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 18:38:37 ID:vgVY3WOK
>>18
女刑事&連続殺人&意外な犯人、てことでのんびり楽しめる。
犯人は意外じゃないが。

冒頭で、5ヶ月間続くクリスマスっていうのが
ハロウィンの飾りをしまってからバレンタインデー商品が並ぶまで、となってるが
10/31〜2/14だと3ヵ月半だよな…

21 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 19:12:27 ID:Dfe2Mw99
有名版元しか読まない奴ら

22 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 20:10:09 ID:362OMNPP
>>21
それでも読み続ければ、版元は出版してくれるんだから。
読まないよりはズッと良いと思うけど。

23 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 21:06:56 ID:Dfe2Mw99
そうだな
すまなかった

24 :名無しのオプ:2009/03/19(木) 22:54:34 ID:vgVY3WOK
ヴィンテージもの好きだから長崎出版とかも読んでるお(・∀・)

25 :名無しのオプ:2009/03/26(木) 20:07:48 ID:nVTJbmqf
×ラムの×い 上下 講談社
警部補××ー× 集英社

26 :名無しのオプ:2009/04/11(土) 20:45:02 ID:K356V2IB
偽りの書 上下 角川書店

27 :名無しのオプ:2009/04/19(日) 12:29:39 ID:bT2DWoKu
十の罪業 RED&BLACKはどう?

28 :名無しのオプ:2009/04/19(日) 20:26:08 ID:OdH3rmJB
>>27
大ハズレは無かったけど、大当たりもなかったような。
ディヴァーの作品は、ちょっといつもの感じとは違いましたよ。

29 :名無しのオプ:2009/04/22(水) 12:17:00 ID:mXb9smSv
集英社文庫「埋葬」P・J・トレイシー

ミネアポリス警察署シリーズの3冊め。
主役の刑事コンビは好きだがもっと二人で捜査っぽいことしてほしい。
モンキーレンチに頼りすぎじゃね?
だが天才変人集団のモンキーレンチも好きなので
奴らは奴らでもっと活躍してほしいこのジレンマw

30 :名無しのオプ:2009/04/24(金) 00:02:00 ID:kcBKz88p
>>29
ミネアポリス警察署シリーズ出てたんだね。教えてくれてありがとう!今日買ってきた。

ちなみに集英社文庫以外からもう一冊出てるから、シリーズとしては4冊目かも。

31 :名無しのオプ:2009/04/24(金) 14:51:55 ID:MvifUhab
>>30
ヴィレッジブックス「天使が震える夜明け」だな
こっちはモンキーレンチががっつり活躍!
おもしろかったのになんでヴィレッジブックスで続編が出なかったんだろう・・・

32 :名無しのオプ:2009/04/28(火) 22:40:25 ID:pdJ/ErUi
ピラミッドなんちゃら

33 :名無しのオプ:2009/05/08(金) 15:54:29 ID:PADfbQJS
ハヤカワ文庫『弔いの炎』デレク・ニキータス
読まれたかたいらっしゃいませんか?

34 :名無しのオプ:2009/05/08(金) 16:46:32 ID:VsxDZeC2
フェイケラーマン、確かにいつもながら面白いんですが
上下巻であの値段…。
貧乏人には辛いっす

35 :名無しのオプ:2009/05/11(月) 16:04:22 ID:slNNr49w
スペンサーシリーズの新刊(文庫)出たんですが
トールサイズって・・・
微妙に今までのと高さが揃わない・・えーん

36 :名無しのオプ:2009/05/12(火) 10:14:35 ID:JSU1ZMEw
連休中にとっといた大聖堂を読んだ。
これぞ長編って感じで、気持ちE。
しかし中世に生まれなくて良かったな。



37 :パーカー信者:2009/05/13(水) 21:21:12 ID:yqdJ20Qt
>>35
超超超同意!!
なんであんなことに!?

表紙があまりに変わりすぎて一瞬スペンサーシリーズだと
気づかなかった……
つーか表紙に引用するのはスペンサーとの会話がよかったなあ

>>14
『キングの死』の人だったのか
『キング〜』は自分としては面白くなかったけど、『川は〜』は好き

38 :名無しのオプ:2009/05/21(木) 21:36:13 ID:vOBgYuuQ
このスレ機能してなくて悲しい
田舎の情弱に死ねと

39 :名無しのオプ:2009/05/22(金) 12:41:07 ID:HBGOB9MD
でもさー読みたくなる新刊がないんだよそもそも…

40 :名無しのオプ:2009/05/22(金) 13:34:13 ID:dnG7moPt
早川のミレニアムシリーズ結構面白いんだが

41 :名無しのオプ:2009/05/22(金) 20:01:45 ID:U1doSCxV
ちょっとお聞きしたいのですが
間違えて大聖堂の続編の方を購入してしまいました。
自分では「果てしない」じゃないほうを頼んだつもりが間違えて…。

続編から読んでも堪能出来ますか?
それともやっぱり最初から読んだほうが良いのでしょうか。

42 :名無しのオプ:2009/05/22(金) 21:37:55 ID:4fHyEJAD
「イスタンブールの毒蛇」は前作より読みやすくなった。
歴史好きはぜひ。

43 :名無しのオプ:2009/05/23(土) 01:31:34 ID:dMVS6XSA
>41
ストーリー的には、ほとんど繋がりはないとオモタ。
無印を読んでいると、ところどころニヤリと出来るのは確か。

44 :名無しのオプ:2009/05/23(土) 21:38:22 ID:8Cewm0ty
>41
続編から読むのは正解。
続編は、それだけだと満足できるが、
正編を読んだ後だと、不満が残る。

続編の原題は、単なる「果てしなき世界」であり、
大聖堂建築と関係のない話。

45 :名無しのオプ:2009/05/24(日) 01:55:36 ID:KWecgMeM
>>44
質問者ではないですが、へー、そうなのーと。
てっきり続編だとばかり思って、手に取るのをためらってました。

46 :41:2009/05/25(月) 09:24:00 ID:W3noH9gr
をを!ありがとうございました。

思いっきり普通の続編なのかと思ってました。
どっちから読もうかな、悩むところです(笑)


47 :名無しのオプ:2009/05/26(火) 14:42:01 ID:d541Iipa
>>33
デレク・ニキータス「弔いの炎」読んだ
バッドエンドとハッピーエンドの中間(?)に落としたラストは
俺の好みで最近読んだ中では面白かった

サスペンスの部分はご都合主義が多かったと思うが、
目の前で父親を殺された少女の葛藤、昇華をメインとして
話のオチだけにウェイトを置いているわけではないから許せる。

色々書きたいがサスペンス以外の見所がネタバレに近いのでうまく書けない。
自分が最近疲れていたこともあって、ラストは少しウルッときた。

48 :33:2009/05/27(水) 22:55:19 ID:1R6835lx
>47
丁寧な感想、ありがとう!

弾みがついたので、
明日にでも購入したいと思います。



49 :名無しのオプ:2009/05/30(土) 15:03:13 ID:dfgbb7xP
>>48
レスサンクス
良い読書体験を


50 :名無しのオプ:2009/05/31(日) 12:44:17 ID:fAiNaNmU
ユダヤ警官同盟はどない?
第2のチャイルドに成れそう?

51 :名無しのオプ:2009/06/01(月) 14:32:14 ID:A/kBlXf1
>>50
昨日から読み始めたけど、ミステリーって感じじゃないな。
ポールオースターやブローティガンみたいにミステリーの形式を借りて書いた純文学って味わい。
まだ読み進めてないから断言は出来ないけど。

読み進められないのは、翻訳文が個人的に苦手なタイプのせい。
原書にあるだろう洒落た言い回しやユーモアが伝わりにくくて想像で補ってる。
正確なんだろうけど、どこか頭に入りにくい日本語で今の状況が掴みにくい。
でも小説自体には魅力を感じるので頑張ってw、読み通せると思うよ。
帯に村上春樹を引き合いに出してたけど、ああいう読みやすい文章だったらより面白かっただろうなな。

翻訳者見たら、この人の訳した他の作品も途中で挫折してたんでやっぱ苦手なんだと納得。

52 :名無しのオプ:2009/06/01(月) 16:47:23 ID:vu22WBBP
そんならスルーするか

53 :名無しのオプ:2009/06/01(月) 18:52:01 ID:A/kBlXf1
うん、チャイルド44にみたいに友達に勧めたりはしない

54 :名無しのオプ:2009/06/02(火) 00:23:37 ID:GN7RwOsk
>>51
俺もそんな感じ。

すいすいと読み進められるタイプの文章じゃないよね。
世界観もちょっとわかりにくいかな。
今やっと下巻になったけど、面白くなってきたから
最終的な感想はまた別かも。

55 :名無しのオプ:2009/06/04(木) 00:06:04 ID:aQx92Ixq
バリー・アイスラー『フォールト・ライン 断たれた絆』
日本で2009年4月刊行で、権利のとこ見ると向こうでも2009年。
翻訳本の刊行が最初から予定されていたのかな。
で、内容ですが。
ハードカバーで出す意味が分からん。
何にも目新しさ無いし。
男性向けロマンス??って思っちゃったよ。
でもシリーズ物になるみたいなんだよな、お手軽〜。

56 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 00:21:04 ID:H8Ykn1Oz
ユダヤ警官は、最初から架空の話と分かっていれば読みにくいことないし、
世界観はとても面白い。
ひねくれた笑いのあるハードボイルドが好きな人ならこれも好きじゃないかな。
そして切ない。自分は読んでいて3度ほどうるっと来た。

57 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 02:27:04 ID:8kKPZg8p
ユダヤを読みにくいって書いたものだけど
構成とか文体のせいではなくて翻訳者の日本語がイマイチだから、ってことだよ。

例えば
「黒い花のような爆発した葉巻をくわえて悔しがっている男のような役回り〜」とか
「ランツマンは、これだけ年月がたっても、ビーナはランツマンの黒い怒りを聞き流す
見事な力を保ち続けていた」とか。
こういうのがよくあるし、ふたつ以上形容詞が重なったときの順番もなんだかだし、
イチイチ気になって集中しにくくて。

作品はホント面白いからもったいないなあと思ったんだ。

58 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 02:57:44 ID:BO7dsFwf
>>57
これはひどい訳ですね……

59 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 08:39:40 ID:WHlXmcYE
「ユダヤ」の訳者は「地と暴力の国」や「Mr.クィン」の訳もしてるけど、
「地と暴力の国」の訳が酷いとは聞いたことないし、
「Mr.クィン」は読んだけど訳が酷いとは別に思わなかった。
「ユダヤ」だけが酷いのかな。

60 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 09:46:04 ID:kLMmu/yl
鼓が下訳したのかw

61 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 11:59:53 ID:6wceClrw
>>57
下の訳は変だが、意味は理解できる。
上の訳はわざとそのままにしたんじゃないの?
どっちも原作がこんなんなんだろうと思うよ。
個人的にはあまり気にならない。

62 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 12:22:10 ID:Nw5CR1KE
いやいやwこれは気になるならないのレベルじゃねえwww

63 :名無しのオプ:2009/06/06(土) 14:01:07 ID:6wceClrw
自分はむしろ、おれ、ぼく、わたしといった一人称の使い方や
会話文の言葉づかいなどが、作品の雰囲気に合っていないと思われる
翻訳のほうが気になる。
ユダヤ警官は原作の雰囲気を損なっていないのでぜんぜんOK。

64 :名無しのオプ:2009/06/07(日) 02:02:27 ID:mys0bCPz
リー・チャイルド「前夜」読んだ人いたら感想お願いします

65 :名無しのオプ:2009/06/07(日) 20:41:37 ID:iWlMiKIp
>>57
これは酷いね
特に下

66 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 10:00:46 ID:M0t0LlWE
<現代短篇の名手たち>って、どういう面子なの?

67 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 11:46:42 ID:toyUe6ET
昔、英米短編ミステリー名人選集のホーンマンが面白かったな。

68 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 14:30:18 ID:+pVERFmr
あのシリーズは充実してたっけ

69 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 15:07:36 ID:X6C8jEt+
ジェフリー・アーチャー「誇りと復讐」
読み始めたところ。
永井淳さんの翻訳も、これが見納め。
ご冥福をお祈りします。

本作は、アーチャーの収監体験が生かされた、
現代版「モンテ・クリスト伯」だそうです。

70 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 18:40:34 ID:MC0N+OZI
>>69
ちょっとスレ違いだが俺今ちょうどモンテ・クリスト伯読んでた。
ほんんんんと面白いね、これ。尼損のレビューで逆境の時には読み返す
っていうのもうなずけるわw 

71 :名無しのオプ:2009/06/13(土) 20:29:26 ID:0ic2gEEH
>>69-70
岩窟的復讐大好き!
読むぜ!

72 :名無しのオプ:2009/06/14(日) 09:26:31 ID:Ex1Oelm+
翻訳家が消えてゆくorz

73 :名無しのオプ:2009/06/24(水) 09:32:59 ID:SExgMHDg
来月文春文庫からハイアセン新刊が出るみたい。
楽しみー。
7月10日カール・ハイアセン『迷惑なんだけど?』

74 :既にその名前は使われています:2009/06/24(水) 14:32:13 ID:HBsKQJan
>>73
情報サンクス。今回は文春か〜

GMフォードの近作情報ないでしょうか。
アマゾンで検索しても、フォードだと他のフォードがわらわら引っかかってみつかんねぇぇ

75 :名無しのオプ:2009/06/24(水) 21:10:32 ID:tMt+5XD5
R.J.エロリー『静かなる天使の叫び』ってどういう系なんでしょう。
ネット書店系ではどこもあらすじが載ってなくて。

76 :名無しのオプ:2009/06/25(木) 05:54:05 ID:VWVD+T2E
>>75
http://seidoku.shueisha.co.jp/honyomu/978-4-08-760580-8.html
まあ、大森さんの推薦なんでちょっと差し引いてね。

77 :名無しのオプ:2009/06/25(木) 09:12:36 ID:L+HRWmNO
>>76
ありがとうございます。
佐々田雅子さんが訳しているので、初めての作家さんだけど読もうかなと思いまして。
ただ集英社って刊行予定作のあらすじを全然載せてないのでどうしたもんかと思っていたら、
こういう自社販促ブックに紹介されているんですね。
今後も役に立ちそうです、紹介して下さってありがとうございます。

78 :名無しのオプ:2009/06/27(土) 13:53:55 ID:wlSJTJuV
シェイクスピアシークレットてどない?

79 :名無しのオプ:2009/07/05(日) 11:56:38 ID:+plGaEFq
リー・チャイルド『前夜』
読んで気になったのが、
リーチャーの母が彼を呼ぶとき「リーチャー」と呼びかけること。
母親は兄は名前だけど弟のことはなぜか「リーチャー」と呼ぶ習慣らしい。
まぁ横文字名前だと気にしなけばれしないけど、日本名で考えるとね‥。

鈴木一朗・次朗兄弟がいて、鈴木母は兄に「一朗」と呼びかけ、弟に「鈴木」と呼びかけるのかと。

80 :名無しのオプ:2009/07/05(日) 13:43:55 ID:sgv/Ok2c
針の眼ってどうなの? 
大聖堂2読んでケンフォレットの他の作品も読もうと思ってるんだが。

81 :名無しのオプ:2009/07/07(火) 12:52:36 ID:HL6z/rei
不倫とスパイ物が好きなら読めばいんじゃねかな

82 :名無しのオプ:2009/07/07(火) 19:11:36 ID:CV13iOUQ
ちょっとロマ本テイストが強い気もするけどね。

83 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 00:36:26 ID:LSy4ORYE
8/28 トム・ロブスミス 田口俊樹訳 グーラグ57(上)(下) 新潮文庫

84 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 00:46:25 ID:9oZFDlFr
田口さんトムロブスミスにかかってたのか
ブロックのケラーも待ってますよ!

85 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 01:05:24 ID:3OZFRABj
>>83
うわ、楽しみ〜。

86 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 08:07:50 ID:9FG/HOhe
ギジェルモ・マルティネスの新刊が気になるが
「メタミステリー」が引っ掛かって買えない

87 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 08:36:24 ID:4kMYzsAq
>>83
今年の夏は熱くなりそうだ……

88 :名無しのオプ:2009/07/08(水) 10:10:53 ID:pmh9tRMj
やた〜来月文春からジャック・カーリィが!

89 :名無しのオプ:2009/07/09(木) 00:44:50 ID:15IAf/VB
今月はハイアセンも出るし、
来月はトム・ロブ・スミスにジャック・カーリィですか。
翻訳物スキーには嬉しい夏ですね。

>>83
これは『The Secret Speech』でしょうかね。
だとすれば、タイトルに数字を入れるルールを作っちゃったのかな、邦訳作では。

90 :名無しのオプ:2009/07/10(金) 00:00:34 ID:Afiq1L8g
ラーソンのミレニアムシリーズ出たね。

91 :名無しのオプ:2009/07/10(金) 00:00:42 ID:iH0p9T0S
「警察署長」気になってパラパラめくった
登場人物名に引っ掛かって逡巡
サガフロ2みたいなんだって気付いて買ってみた

92 :名無しのオプ:2009/07/10(金) 20:46:32 ID:8RxcURK2
フェルメールの暗号
リンカーン弁護士
ベツレヘムの密告者

この辺りはどうですか?

93 :名無しのオプ:2009/07/11(土) 20:49:56 ID:KVMgBiFY
海外ミステリーのレビューが載ってる雑誌って、
ミスマガ、週刊文春、本の雑誌、小説推理と他には?

94 :名無しのオプ:2009/07/11(土) 21:20:35 ID:DrA8GcWx
>>93

> 海外ミステリーのレビューが載ってる雑誌って、
> ミスマガ、週刊文春、本の雑誌、小説推理と他には?
ミステリーズ、ジャーロ

95 :名無しのオプ:2009/07/11(土) 23:02:29 ID:KVMgBiFY
そうだよ
サンクス

96 :名無しのオプ:2009/07/11(土) 23:46:51 ID:6sUrcNlu
エンコーリオ・カロフィーリオっていう名前だっけ?
近々新刊出る記事をどこかで見たんだけど、忘れてしまった
知ってる人いない?

97 :名無しのオプ:2009/07/13(月) 13:17:08 ID:FMfwqdHu
>92
「フェルメールの暗号」は未読だけど、
続編の「フランク・ロイド・ライトの伝言」はあまりお勧め出来ない


>96
新刊の噂は聞いていないけれど、
「無意識の証人」「眼を閉じて」のジャンリーコ・カロフィーリオのこと?

98 :名無しのオプ:2009/07/15(水) 07:58:25 ID:WinEErmU
>>97
それですそれです
作家の名前も作品名もうろ覚えでした

99 :名無しのオプ:2009/07/15(水) 09:07:40 ID:Kn3nqYMJ
>>57
英語だけ読めても翻訳はできないからねえ。
たしかに、こりゃひどいな。
校正で指摘されなかったのかな?


100 :名無しのオプ:2009/07/17(金) 12:52:15 ID:7LjdSisb
ユダヤ警官同盟に関しては、原著がそんな感じだから、あえてやったんだと思うなあ。
実在しないイディッシュ英語を作るってこと自体が、狙いの一つなので。
とはいえ原著ではそれが妙な迫力を持ってたんだが、たんに変な日本語になっちゃってるんでは失敗だわな。

101 :名無しのオプ:2009/07/17(金) 18:07:36 ID:9m2rknpv
>>92
「リンカーン弁護士」とってもおもしろかった。
新刊はボッシュじゃないのか〜とがっかりしたけど
コナリーは法廷ものもいいね。
マコノヘー主演で映画化されるそうです。


102 :名無しのオプ:2009/07/17(金) 18:13:08 ID:efFzNUCt
>>59
「地と暴力の国」、訳文が嫌だったんで買わなかったよ
「Mr.クイン」は無問題だったんだけどねw

原文通り訳せば、いいってもんじゃないと思うんだけどな
何通りも訳が出てて、その上で原文重視の全作同一訳みたいな
小鷹信光氏のハメットとかは別として

103 :名無しのオプ:2009/07/17(金) 20:55:55 ID:VhOIZ6M6
>>101
いま読んでいるとこだけど、序盤の掴みはOKって感じで楽しいです。
コナリーの著作リストを見ると、ボッシュと共演作もこの先にあるみたいで。
こういうキャラ共演作みたいなの、コナリー好きですよね。

104 :名無しのオプ:2009/07/17(金) 23:07:30 ID:INxaFO9J
マコノヘーのたれ目顔が好みじゃないが
どこか鈍感そうなところがぴったりかも。

105 :名無しのオプ:2009/07/18(土) 21:38:27 ID:BcBk+Gml
評決のとき で弁護士してたっけ

106 :名無しのオプ:2009/07/25(土) 14:38:14 ID:e21faZTR
「貧者の晩餐会」文庫版は2編省略なんだね

107 :名無しのオプ:2009/07/27(月) 18:31:27 ID:2kD91k4y
もう新刊じゃないけど、ジョン・グリシャム『謀略法廷』読了。
こういうオチに持っていくか、とちょっと感心した。
終盤エピに安易な印象を受けたけど、そこへは着地せず、と。

108 :名無しのオプ:2009/07/31(金) 02:20:20 ID:yQh2rxWv
偽ポケミスで都筑道夫「読ホリディ」が出てた
上下巻900ページで5,250円
意図はわかるが、普通にハードカバーで出せw

HMM1989年1月号〜2002年9月号の連載分
最初の1行目から、読んでて涙が出そうになった

109 :名無しのオプ:2009/07/31(金) 08:33:07 ID:RaPue+km
ここ海外篇なんだが

110 :名無しのオプ:2009/08/01(土) 05:20:45 ID:Ieixs5QN
最近1を見ないな。元気なのか?

111 :名無しのオプ:2009/08/01(土) 14:18:47 ID:7z6S+Pc2
ミレニアム3読了
ミステリ部分もほどほど、
アクションも適量、
ハイテクもありので結構面白かった
何よりこれだけ書いた作者が40代で急死、
てのが。。

あとスウェーデン人てサンドイッチ好きだな
老若男女、サンドイッチばっか食べたり、
作ったり。読んでて食べたくなったよ


112 :名無しのオプ:2009/08/01(土) 20:05:31 ID:fN1er+TL
一応50にはなってたよ

113 :名無しのオプ:2009/08/02(日) 23:01:19 ID:9J8lqAZF
そうか、ミレニアムは普通におもしろいのか
なんか敬遠してたけど読んでみようか
でも近所のブクオフではまったく見ないな…

114 :名無しのオプ:2009/08/08(土) 23:00:05 ID:YF6xeCfw
数学的に〜が文庫化したけど、これ面白いですか?

115 :名無しのオプ:2009/08/08(土) 23:02:23 ID:wz3pXyAP
頭悪いので読んでいません。

116 :名無しのオプ:2009/08/08(土) 23:30:04 ID:qhLfd0gK
>>114
不確定性原理とかシュレディンガーの猫とかクラスに同じ誕生日の人がいる確率など、ミステリではお馴染みの蘊蓄を、如何にも理系の物語ですという顔で今更描かれても、知的興味をかき立てるレベルには達しないですね。

ほかにもミステリ的な道具立ては出てくるんですけど、ベタベタすぎて萎えました。SFとしてもミステリとしても中途半端。

117 :名無しのオプ:2009/08/09(日) 00:47:18 ID:ZPZC2bMs
どうもありがとうございます
うーん、微妙ですね・・・

118 :名無しのオプ:2009/08/09(日) 08:09:15 ID:8P3bSrLR
>>114
ハードカバーで以前読んだけど私は数学的センスがゼロなので
普通のミステリとしてほどほどおもしろかった記憶。

アン・クリーヴス「大鴉の啼く冬」の続編「白夜に惑う夏」を本屋で発見。
1323円という文庫らしくない値段に戸惑いつつ購入しました。
前作が非常に好みのミステリだったので期待大です。

119 :名無しのオプ:2009/08/09(日) 10:28:33 ID:b6xUM7Jl
>>118
>文庫らしくない値段
創元では文庫らしい値段なんですよ。
他も軒並みそんな感じだもの。
微妙に刻んで高価になってきているとゆー。

120 :名無しのオプ:2009/08/12(水) 19:27:54 ID:yvFJaJHV
数学的に〜は映画向きのスリラーみたいな感じで、割り切って読めばそこそこ楽しめた
著者紹介によると新作の翻訳も進んでいるみたいで期待してる

今月は扶桑社から「ミスター・ディアボロ」とかいう60年代の本格モノが出るらしく注目中

121 :名無しのオプ:2009/08/12(水) 23:32:56 ID:nhmTasJu
カーリイの新作はどうよ

122 :名無しのオプ:2009/08/14(金) 16:23:22 ID:ZEPz5eb4
>>121
前2冊と比べたら派手さはないけど
「あ〜そうだったのか!」ってのがあちこちにあって読み応えアリ

123 :名無しのオプ:2009/08/15(土) 01:12:23 ID:nom+BJK1
ドン・ウィンズロウ出るんだ

124 :名無しのオプ:2009/08/15(土) 09:12:03 ID:9A2RJp7o
>>123
いつ?ちょっとググったけど見つからなかった。

125 :名無しのオプ:2009/08/16(日) 02:57:05 ID:nKEnTtFe
犬の力 上・下

ドン・ウィンズロウ/東江一紀訳

発売日:2009年8月25日
定価(税込):各1000円
文庫版

血みどろの麻薬戦争に巻き込まれた、DEAのエージェント、ドラッグの密売人、コールガール、
殺し屋、そして司祭。戦火は南米のジャングルからカリフォルニアとメキシコの国境へと達し、
苛烈な地獄絵図を描く−−。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200505000177
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200505000178

126 :名無しのオプ:2009/08/16(日) 09:43:21 ID:BTrBw1bz
>>125
ありがとう。
いつも見ている文庫発売予定に載ってなかったから知りませんでした。
あぁ楽しみ。
そろそろ年末向けに、海外作も一押しのが出てくるのかな。

127 :名無しのオプ:2009/08/17(月) 18:59:50 ID:3np3d8os
>>125
サンクス
トムロブスミスと重なるなぁ・・・


128 :名無しのオプ:2009/08/24(月) 22:33:12 ID:1L+HolLF
創元推理文庫「日曜哲学クラブ」アレクザンダー・マコール・スミス

ボツワナの女探偵シリーズは読んでないけど
「寄り道だらけの知的冒険シリーズ」にひかれて読んでみた。
「寄り道」って迷推理というより頭の中であちこち考えが飛ぶってことなんだな。
主人公の哲学的だけど散漫な思考をたどらされるのを楽しめたら勝ち組かな。

129 :名無しのオプ:2009/08/25(火) 08:00:35 ID:kKnrTsBo
アン・クリーヴス「白夜に惑う夏」
シェットランド四重奏2作目もとても良かった。
残りの2作もちゃんと出版してくれるかな、東京創元社。


130 :1:2009/08/28(金) 18:44:39 ID:u1N1RG3U
お久しぶりです。

柄にもなくブログ始めちゃったので、
そっちで紹介ばかりしていて、すみません。

「犬の力」ドン・ウィンズロウ、
素晴らしかったです。もう夢中で読み終わりました。
文句なく今年一番。

でもさっき読み始めたトム・ロブスミスの「グーラグ57」もなかなか。


131 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 20:25:27 ID:xBdhRMl4
>>129
売れればね

132 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 20:44:19 ID:KKDeVhWx
そうそう、このミス1位は確実な気がする
トム・ロブスミスが二連覇かと思ったが思わぬ伏兵
とにかくすごい

133 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 20:50:46 ID:HtjauBcb
>>130
ブログのアドレス貼れやカス

134 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 21:10:16 ID:L2fbNT2v
それが礼儀だよな
今までずっとここで応援してきたのに、ふいっと他所行ってそれっきりじゃ

135 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 21:41:25 ID:57rfesLK
>133-134
傲慢すぎワラタ


136 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 22:02:47 ID:L2fbNT2v
いやだって好きでこのスレ立てたのにブログ開いたから放置じゃ
あまりに無責任

それこそ傲慢だ

137 :名無しのオプ:2009/08/28(金) 22:49:23 ID:9UENG3ue
もしかして「教えたらブログ荒らされるかも・・」とか
心配してるとか。

138 :傲慢男:2009/08/29(土) 01:39:49 ID:8qyqqk9X
2ちゃんにブログ晒すのは勘弁してやれや、カス共!
1さん、ブログ頑張ってくださいね〜。

139 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 01:57:49 ID:D36sy2Z5
グーラグじゃなくてグラーグなのね

140 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 15:04:28 ID:DFSO7wkE
>>137
情報足りなくて困ってるのに、そんな自分の首絞めるようなことしないよ

141 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 18:55:35 ID:UsZbJgOk
>>140
そういう考えの人ばかりじゃないからね、2chは。
晒さないのが一番安全。

142 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 19:20:20 ID:Fncg0QTJ
>>139
「グ」がGlavnoe Upravlenie(管理総局)=GUで、
「ラーグ」の部分は「ラーゲリ(Lagerei、収容所)」の略みたいね

143 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 21:38:30 ID:DFSO7wkE
そんならせめて転載してくれんかのう

144 :名無しのオプ:2009/08/29(土) 22:25:02 ID:I9kzDYgu
創元の「時限操作」。
まっとうなシリアルキラーvs警察ものかと思っていたら、
こんな展開になるとは・・・・

まだ下巻の途中だけど。


145 :名無しのオプ:2009/08/30(日) 00:40:20 ID:YdmBIZ+V
『時限捜査』ね。
検索しても引っかかってこないから、探しちゃったよ。
面白そうだから読んでみようっと。

146 :名無しのオプ:2009/08/30(日) 01:07:14 ID:8hSU2h8/
ググったが、両足切断美女とかあざと過ぎて引いた

147 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:51:36 ID:0bnALa85
>>1氏、ブログ始めたのか〜。
ちょっとさびしいけどがんばって続けてくれ。

148 :名無しのオプ:2009/08/31(月) 14:40:49 ID:fLQGkxGa
ブログの検索ワードのヒントのヒントだけでもください
推理しますので
ミステリ板だけに

149 :名無しのオプ:2009/08/31(月) 15:30:45 ID:q90b+klH
コメントを承認制にすりゃいいだけじゃん
はよアド晒せや

150 :名無しのオプ:2009/08/31(月) 19:04:17 ID:OuSDwsJN
なんだかんだ言って、みんな1氏のファンだね。いや自分もだけど。

151 :名無しのオプ:2009/08/31(月) 19:58:44 ID:U8A11lo9
犬とグラーグ、どっちかが年末ベストだな

152 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 00:22:32 ID:QYZv9JQd
例によってディーヴァーも首位争いに加わりそうだな
10月にライムシリーズの邦訳が出るみたい
タイトルは原題そのまま「ブロークン・ウィンドウ」か

153 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 15:05:30 ID:S9FDCKcY
てか、マジでこのままバックレんの?
1よ、今まで何年も続けてきてそりゃないんじゃないか

154 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 15:24:25 ID:zIwYKe0t
なんでそんな生意気なの?
自分で調べろよ

155 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 19:26:27 ID:YdguyYRm
世評のよかったミレニアム3部作あたりはどうなの?
図書館予約待ちなのでわからん

156 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 19:41:48 ID:S9FDCKcY
>>154
生意気も何も好きでやっといてこのざまなんだから

157 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 19:51:11 ID:oOiu4rk4
1による新刊紹介スレッド(海外篇)というスレタイなら問題だが
別にいいんじゃね?
今回のスレ立ても別人だし
1のレビューは好きだし気が向いたときにまた顔出して欲しいとは思う

158 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 21:38:10 ID:zIwYKe0t
>>156
好きでやってんなら好きに辞められても文句いえんだろ
アホか

159 :1:2009/09/06(日) 21:58:56 ID:FDoFjIVh
今まで通り、絶対おすすめがあれば紹介させていただければ、
と思ってますよう。すみません。

思い返せば、2000年の2月誕生日前くらいから、
長いことやってきたもんなぁ。

ずっとお付き合いしていただいてた皆さんには、
ただただ感謝・・。
情報くださった方々にはももっと感謝です。

ブログの方は、最近国産ミステリや時代物が多くて、
申し訳ないのでちょっと・・。

160 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 22:07:56 ID:S9FDCKcY
>>158
ガキじゃないんだからけじめぐらいきちんと付けるべきだろ

こんだけ続いてきたのに黙って辞めるなんてあるかよ

161 :名無しのオプ:2009/09/06(日) 22:20:59 ID:zIwYKe0t
キチガイすぎワラタ

162 :名無しのオプ:2009/09/07(月) 00:38:41 ID:mHiazCNf
>>161
同意。
どれだけさびしんぼなのか、と。

163 :名無しのオプ:2009/09/07(月) 01:16:52 ID:VJ/kf04d
さびしいのか、wろた。

164 :名無しのオプ:2009/09/07(月) 12:47:21 ID:qbHbuYl1
うっかり買い損ねてた「ルシアナ・Bの緩慢なる死」と「ミスター・ディアボロ」をポチった。
読んだ人いる?

165 :パーカー信者:2009/09/08(火) 02:17:53 ID:nT2ZSYxt
今年はウィンズロウとカーリィ、あと上記のアン・クリーヴスが読めたのでもう大豊作

>>129
「白夜に惑う夏」
値段にビビりつつ買ってよかった
実は前作未読なのでこれから読みます
どうか訳者も出版社も変わりませんように……

>>159
別れのメッセージのようだw
ブログ読みてえー! と自分も言ってみる

自分も読書メーターにこもっちゃってすっかりROMだけど
またこっちにも顔出してください

166 :名無しのオプ:2009/09/08(火) 19:45:20 ID:XD92Igh6
ミレニアムはヒロインのキャラは面白かったけど
かなり薄っぺらくて詰まらなかったな
2部、3部は面白くなるのかね?

167 :名無しのオプ:2009/09/08(火) 20:47:53 ID:9i8TyfMl
ミステリの範疇に入る作品かどうかはよくわからないけど
ぼくを創るすべての要素のほんの一部、ってやつが面白そう
ミスターミーと同じにおいがする
読んだ人いたら感想お願いです

168 :名無しのオプ:2009/09/08(火) 20:53:24 ID:MRFGRHu3
>>166
1部でそれなら多分2部以降もあまり変わらないと思うよ

話のスケールはでかくなっていくけど

169 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 11:23:32 ID:GvAaxEqk
>>164
『ルシアナ・B』は読んだけど、理屈こねくりまわす話が好きならお薦め。
同じ作者の『オックスフォード連続殺人』より無理があるけど好き。

170 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 15:10:18 ID:fAggA8H6
ミレニアム1部読んだけど
メル欄ってのがなぁ、ちと興醒めなんだよなぁ

171 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 17:18:05 ID:D4Oop1GN
>>169
オックスフォードはまったく覚えてないんだよなー
理屈っぽいのか…寝ちゃいそうだw

ミレニアムってずっとフランク・ブラックのかと思ってた

172 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 17:41:09 ID:Le4bNPEr
>>170
オールマイティーぽくなってしまうからね

173 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 20:35:15 ID:xg/5j0Gw
やたー来月超ひさしぶりにフランセス・ファイフィールドが出るー!

174 :名無しのオプ:2009/09/09(水) 20:50:59 ID:Le4bNPEr
ギリアン・ロバーツもついでに頼む

175 :名無しのオプ:2009/09/10(木) 08:07:22 ID:jmybw9nw
んじゃマーサ・グライムズも頼む

176 :名無しのオプ:2009/09/10(木) 12:45:38 ID:8WmsSQqc
ディヴァインの新刊はどうかな

177 :名無しのオプ:2009/09/10(木) 15:29:20 ID:PkLaOJpR
グラーグ読んだが、映像化に向いてそうな場面がてんこ盛り。
(特に後半)是非これも映画化してもらいたい。
制作費が半端なさそうだが、チャイルドが大ヒットすれば
無問題だよね。

178 :名無しのオプ:2009/09/10(木) 17:52:23 ID:a7JoFVFb
俺もグラーグ読んだ。個人的には前作のほうが好きかな。
チャイルド44とは対照的な感じ。
とにかくアクションシーンが多くて、頭の中で場面を思い浮かべるのに苦労したw
登場人物は個性があって凄くいい。↑の人の言うとおりこれは絶対映画向きだね。

179 : :2009/09/11(金) 10:34:02 ID:CUuZNLPW
グラーグは誰にも感情移入できなかったなぁ。
チャイルドではカッコ良かった主人公も嫁もなんか筋が通ってない気がして。
面白いくないわけじゃなくて一気に読んだけど、期待が高杉たかな。

180 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 01:46:51 ID:H7VEYuAm
>>595
自分もエコパリより上だと思った
今年は本格が不作だから、もしかしたら本ミスベスト5入りするかもね

181 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 09:36:56 ID:X+yFVMB8
誤爆?

182 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 13:19:51 ID:X+yFVMB8
早川から出ている、現代短篇の名手たちシリーズって、
表紙の白い球体がシリーズモチーフなのか、ちょっとステキ。

183 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 19:28:06 ID:5maEss0v
次はランズデールだよね
短編は初めてかも

184 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 19:54:47 ID:IH7OAGQ1
>>182
シリーズ全体としては評価したいけど
シリーズ1のデニス・ルヘインは、
四分の一強を戯曲が占めてて、正直「ぼったくり」だと思った。
作品数が揃わないんだったら
無理に出さなきゃいいのに・・・。

185 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 21:05:29 ID:WAP5YyVY
ポケミスの文庫化のヤツも、別枠にして、もっと色々紹介して欲しかったな

186 :名無しのオプ:2009/09/14(月) 22:28:37 ID:iLSkWsk9
「グラーグ57」みんな書いてるように確かに前作ほどじゃないかな。
タイトル通り強制収容所の場面が深く書かれてれば・・・
って原題は「THE SECRET SPEECH」かよ


187 :名無しのオプ:2009/09/15(火) 20:29:46 ID:0AutO5ED
とりあえず本屋さんでコーパスだけ眺めてみたら、
>>184の通り、なぜか戯曲が‥。
読めるかな、うーむ。

これ範型も普通の文庫より大きいんですね。
どうしてこういう特殊なことするんだろう、と素朴な疑問。

188 :名無しのオプ:2009/09/15(火) 22:52:56 ID:OpdwIdps
>>187
俺ももともと戯曲なんかは非常に苦手なので大丈夫かなぁ。。。って
思ってたけどあれは全然読めた。結局戯曲の前にいろんな設定を
前もって短編で予習してるから大丈夫だったのかも。でも面白いよ。

189 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 00:22:54 ID:NTjUEDcv
>>188
ちゃんと前振りされてるんですね。
なるほど。
では安心して読み出します。

190 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 01:25:42 ID:gTgBOS1o
>>187
特殊なんじゃなくて、
ちょっとまえからあのサイズがハヤカワ文庫の標準なんだよ

191 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 07:02:49 ID:YsMnTqbD
ハヤカワepi文庫のサイズが評判良かったのかな。
慣れるとこのサイズは悪くない。

192 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 09:18:49 ID:NTjUEDcv
>>190
最近は早川以外の文庫を読んでいたから全然気づきませんでした。
もう一作別の本を見てみたら、確かに範型が大きい。
あれは早川標準なんですか。

193 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 10:45:20 ID:w6Zku5Mt
あの版型だと作家別とかで以前の文庫と並べるとデコボコになるからヤダ

194 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 11:22:32 ID:ucYw27SI
>>179
自分もダメだった。特に娘と嫁。
まぁ、なんでも物分かり良く割り切るなんてこと無理だろうし
ある意味ではリアルな感情の動きなんだろうけど。
延々そればっかりでもね……
橋のシーンで快哉を叫びそうになったときは
なんか自分がクズになった気もしたわ。

195 :名無しのオプ:2009/09/16(水) 23:12:32 ID:yBSkEn2e
>>184
アメリカ出てる戯曲入り短編集をそのまま訳してるみたい。
ちなみに読んだけど、最初の犬のやつ以外はいまいちだった。

196 :名無しのオプ184:2009/09/17(木) 12:52:56 ID:VayJQroj
>>195
>アメリカ出てる戯曲入り短編集をそのまま訳してる
そうみたいですね。
ハヤカワ独自の編集じゃなかったんだ・・・。


私も貴方と同じく『犬を撃つ』が一番いいと思いました。
あとは、ミスマガで一度読んでたからかもしれないけど・・・。

197 :名無しのオプ:2009/09/18(金) 20:47:56 ID:1oL0aviT
氷姫てどう?

198 :名無しのオプ:2009/09/19(土) 19:27:30 ID:wetOeh0N
コーパスで初めて早川の大きい文庫を手にとったので、
ページあたりの行数と文字数を勘定してみた。
16行×39文字と、それほどたくさんの文字がおさまっていなかった。
読みやすさを意識して文字サイズを大きくするために、あのサイズになったのかな。
文字サイズを大きくするのは、昨今のはやりらしいし。
ちょうど読み終わった講談社文庫『余波』が17行×38文字。
早川のは上下余白がたっぷり取ってあるので、講談社のみたいに沢山文字がつまっている印象は少ないかも。

>>195
向こうで出た短編集に、最後に一篇足したのが日本版みたいですよ。

199 :名無しのオプ:2009/09/20(日) 12:24:40 ID:QxU5Z+ha
>>197
「氷姫」
北欧ミステリースキーなので読んでみた。
最初は暗くて地味でなかなか読む気にならなかったけど、
ヒロインと刑事さんがいちゃつきだした辺りから事件の謎も
見えて来だして一気に読んだ。

個人的にはシリーズ2作目が出たら買う程度には気に入っ
た。でも人に勧めるほど面白かったか、と言われると…
なんともいえない。

200 :名無しのオプ:2009/09/20(日) 14:43:08 ID:AzAef8UB
ありがとう
楽しみだ

201 :名無しのオプ:2009/09/23(水) 18:46:35 ID:O3aZVw6k
ジェフリー・ディーヴァー『ソウル・コレクター』
10月29日発売予定 ¥ 2,500

だそうです。(amazonより)

202 :名無しのオプ:2009/09/23(水) 21:23:48 ID:Q1OvLDlF
骨じゃなし、魂か。

203 :名無しのオプ:2009/09/24(木) 12:10:05 ID:cX5SLKGy
ロバート・ハリスの新刊が講談社文庫で出てたんで、その前に未読の
『ポンペイの四日間』読んでみたがおもしろいな
新刊のほうは、ネタ的にあまりそそられないが

204 :名無しのオプ:2009/09/24(木) 22:13:32 ID:S3bU51f8
みんなが言っている様にグラーグは前作に比べたら大味で雑でかなりおちるな
なんかハリウッド調を通り越して「24」みたいで、登場人物みんなに
それで本当にいいのか?って聞きたい感じ
今年はやはり犬の力がダントツかな
ディーヴァーはどうかね?

205 :名無しのオプ:2009/09/28(月) 22:14:51 ID:qodrRaa5
ランズデールまだー?

206 :名無しのオプ:2009/09/29(火) 01:07:58 ID:Jd0/9iY4
創元の水時計が気になってるんですが……どうでしょ。

207 :名無しのオプ:2009/09/29(火) 06:44:09 ID:ejWNTBKq
>>206
如何にも英国作家というか、安心して読める感じ。
ナイン・テイラーズの本歌取りなので
もし未読なら併せて読まれることをオススメします。

208 :名無しのオプ:2009/09/29(火) 16:48:07 ID:Jd0/9iY4
ありがとうございました。ナインテイラーズは幸い既読ですので、早速。
違う作家の話ですが、白夜に惑う夏が面白かったです。あんな雰囲気でしょうか。

209 :名無しのオプ:2009/09/29(火) 19:58:31 ID:MwW7j+5F
このミススレで見つけたので、こちらにも貼っておきます。

「翻訳ミステリー大賞シンジケート」
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/

210 :名無しのオプ:2009/10/01(木) 01:29:13 ID:ngxcLFVZ
>>209
早速、北上次郎氏によるベスト10発表されてます。
1位は『川は静かに流れ』ですってー。

211 :名無しのオプ:2009/10/01(木) 18:00:35 ID:Q83B9bbp
>210
全然気がつかずに古本で読んだからかなり前のだと思ってた・・・。
面白かったです。その上むちゃ好みの話でした。
んで、それからジョン・ハート探したんだけど、あと一冊しかなくて。
新しい人だったの?

>208
『白夜に惑う夏』、前の『冬』が面白かったんで期待してました。
面白かったんですね?よかった。


212 :名無しのオプ:2009/10/01(木) 19:54:01 ID:DNXJZZDM
災厄の紳士発売age

213 :名無しのオプ:2009/10/01(木) 19:58:07 ID:1CDRbp7W
>>210
「川は静かに流れ」書店の平台にあって何気なく購入したらわりと良かった。
トマス・H・クックとロバード・ゴダードを足して割ったような感じ、と思った。
気に入ったので前作の「キングの死」も買いました。

214 :名無しのオプ:2009/10/02(金) 21:08:15 ID:l6FaME6U
エリックガルシアの新作はどうかね?
あれはSFかな

215 :名無しのオプ:2009/10/03(土) 22:32:14 ID:newkMI3b
今月もペニー出ないみたい・・・(´・ω・)

216 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 04:24:55 ID:5RCEIat1
キリングサークルはどないやねん

217 :名無しのオプ :2009/10/04(日) 05:25:01 ID:euObr9GH
>>210
「川は静かに流れ」が1位かぁ・・・。
解説でも絶賛してたもんなぁ・・・
でも、1位に押すほどの作品かね?
出来は悪くないが、地味だよ、ありゃ

218 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 05:55:35 ID:KzMn7CJX
北上次郎のために書かれたとしか思えない作品作品だからな

219 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 09:26:46 ID:1QaGvc0S
地味っていうか成長物語にしては成長してないw

220 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 12:27:35 ID:ODXlBVah
成長よりも赦しの方が大きいかな。

221 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 15:46:28 ID:1QaGvc0S
ああ、だから年寄りに人気があるのか

222 :名無しのオプ :2009/10/04(日) 19:50:07 ID:/NYlaRYw
「川は静かに流れ」

北上言う所の“家族小説”を
ハードボイルド調一人称で書いた(手法に首捻る)わりには
主人公自体のキャラに深みがなくオコチャマ過ぎる。と思った。

現代米国を舞台にして書いたストーリーにしては
社会性も薄いし、印象に残るキャラクターも居ない。
水準以上の上手さは感じさせるけど、
もっと強烈な個性が欲しいと思う。

223 :名無しのオプ:2009/10/05(月) 01:53:24 ID:xhjslYBf
>>209で紹介されてたサイトは、
翻訳作品新刊情報が色々載っていて読みでがありますね。

224 :名無しのオプ:2009/10/09(金) 09:51:54 ID:qGEIIUIP
東京創元の「災厄の紳士」はいつものディヴァインと違うっぽいので
買ってはみたが積んである…

225 :名無しのオプ:2009/10/13(火) 22:58:25 ID:DzpeNNjI
災厄の紳士の感想を読みに来てみた。
ちょっと悲しくなった。

226 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 13:01:24 ID:LyOlaLAC
>>225
じゃあ今日読んでみるw

227 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 22:50:19 ID:GnipvfTQ
ディヴァインはまず面白いだろうし、
先入観なしに読んだ方が良いのでは?

228 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 03:56:23 ID:kuGMjbnN
>>225
読んだ。悪くはない。よくも悪くもいつもの感じ。創元から出た中では、一番落ちると思う

229 :226:2009/10/15(木) 13:25:32 ID:1livtHFS
えええ昨日読めなかったんだが・・・
ますます手が出せなくなってきた>創元から出た中では、一番落ちる

230 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 16:36:47 ID:u5rAKU+B
>>224・226・229
いいかげん読んでやれwww

231 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 20:30:09 ID:JjtoE6xk
ほら、こうなると思った

232 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 21:10:36 ID:4NOW0WgW
創元ので1番良い、という人もいるがなw

233 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 04:25:48 ID:YFUyxUrN
北上さんに反論

「誇りと復讐」は、粗筋から解る通り、モンテ・クリスト伯を意識した
作品であり、この手の復讐譚はエンターテイメントの一つの定型
なのです。
実際、モンテクリスト伯のプロットを踏襲しそれを現代に置き換えた
小説は珍しくありません。
私が読んでいる限りでも、リチャード・アレン「復讐の時」や
ティム・グリーン「復讐」などがありです。
だから、キャラクターが類型的だとか、話が古びているだとかいう
批判は些か的を外しているのではないかと思います。

それからリアリティ欠如と指摘されていた点ですが、北上さんが以前
海外ミステリのオールタイムベストの中に挙げておられた某作品にも
全く同様の点があったと記憶しています。
そちらが許されるなら、こちらも許されるでしょう。

234 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 07:56:20 ID:f1v/GO4V
シンジケートがんばってるね。

235 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 12:51:28 ID:DdaHViDR
翻訳シンジケート、読むとこいっぱいで面白いね。

私も『誇りと復讐』を読んだときは、北上次郎と同じく妙な古さを感じてしまった。
これ舞台は現代だったよね?ってところどころで感じた。

236 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 15:26:41 ID:QocC3UUI
今、誇りと復讐読んでるが
途中、「御大、そのギミックはやめときましょう。無理筋ですから。やめて。やめ、、あーあ、やっちゃった。。。」
という展開だが、それに目をつぶれば面白く読めます。


237 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 16:10:25 ID:SG6HHTzr
「災厄の紳士」やっと読んだw
序盤のジゴロの手管にイラッとしたけど、そこを過ぎたら面白くて止まらなかった。
ロイストンだけ未読だけどミステリBOXを含めてディヴァインの中では一番好き。

238 :名無しのオプ:2009/10/18(日) 21:57:59 ID:bzWPs0A0
「悪意の森」読んだ。
海外ドラマでたまに見るネタで、斬新さは無いが、主人公のキャラがいい。
一部、謎が解かれないまま残る。
狙いなんだと言われるとぐうの音も出ないけど、もやもやして気持ち悪いよ。

239 :名無しのオプ:2009/10/20(火) 11:18:21 ID:QIJ27yxL
「犬の力」
作品はとても良かったけどこういう現在形の文章がちょっと苦手。
「〜は言う」→「〜は言った」みたいに変換しながら読んでしまう。
最近読んだ中にも現在形のがあった気がするけど流行ってるの?

240 :名無しのオプ:2009/10/20(火) 12:22:54 ID:7eUiT18t
ああ懐かしい
自分も「ノーサンガー・アベイ」読んでて、何度も言及される
「ユードルフォーの怪奇」を読みたいと思ったもんだ

国書が出してくれりゃ良いのに

241 :名無しのオプ:2009/10/22(木) 16:46:18 ID:4rZ0Jrgu
ジム・ケリー「水時計」を読まれた方いませんか
イギリスミステリーらしさは出てますか?

242 :名無しのオプ:2009/10/22(木) 20:29:55 ID:O1mHnx9b
世界名探偵倶楽部は?
騙し絵もそろそろ出る頃か?

243 :名無しのオプ:2009/10/22(木) 22:11:21 ID:UqF3ib2z
>>241
>>207参照^^

244 :名無しのオプ:2009/10/26(月) 12:23:50 ID:7MUJ+C1g
加賀山さんはナイロビの蜂の翻訳を池上さんにけなされてたけど、
その反論とかないのかな
今更だけど

245 :名無しのオプ:2009/10/27(火) 18:04:29 ID:GfRkAnug
加賀山さんと言えば『シャッター・アイランド』の翻訳もひどかった……

246 :名無しのオプ:2009/10/28(水) 01:06:12 ID:/Lci26hU
「キリング・サークル」
途中が面白すぎたんで、たぶんどんなオチでも肩透かしだったんだろうな

247 :名無しのオプ:2009/10/28(水) 01:13:54 ID:JqCdwdFZ
『氷姫』
メインストーリーより、ヒロイン妹の家庭ネタの方が気になっちゃったよ。

248 :名無しのオプ:2009/10/28(水) 12:05:33 ID:7wADcZCX
「震え」ってドナイ?
レナード息子の

249 :名無しのオプ:2009/11/02(月) 00:48:46 ID:57WvGArb
ソウル・コレクター読了感想いないかな?


250 :名無しのオプ:2009/11/02(月) 01:55:28 ID:74ENPesT
>>249
ライムスレに一個だけある。

251 :名無しのオプ:2009/11/15(日) 22:48:38 ID:8uTHuNC0
木村二郎と木村仁良が紛らわしい

252 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 14:22:46 ID:8hr47F4Z
マット・ラフ『バッド・モンキーズ』の感想ないですか〜?



253 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 14:33:17 ID:8YULTZ/b
>>252
個人的には楽しめたけど、何とも説明しにくい
とりあえず本を手にとって、興味持てそうなら読むといい
前情報はない方が楽しめると思う

254 :名無しのオプ252:2009/11/24(火) 14:39:50 ID:8hr47F4Z
>>253
いや、私も読んだんですけどね、
>個人的には楽しめたけど、何とも説明しにくい
↑同じなんですよ。

で、この作家って
大森望とか山形浩生とか“SF者”評論家筋が評価してるとかで
私のようなSFオンチが「面白い」と思うポイントと
“SF者”の方が「面白い」と思うポイントが違うのかもしれない。
なんて感じまして、
人の感想を読んでみたいな。と思い書き込んだ次第です。

255 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 16:22:24 ID:8YULTZ/b
>>254
ミステリ的な面白さでしか分からんけど、
そこを話すとネタバレになるという難しい作品だからw

256 :名無しのオプ:2009/11/24(火) 17:00:43 ID:g15bmCsw
読んだんならまず自分の手の内を明かせよ
感じ悪い奴だな

257 :名無しのオプ252:2009/11/24(火) 17:04:21 ID:8hr47F4Z
>>256
こりゃスミマセン。
明かすほどの「手の内」ありませんのでw

258 :名無しのオプ:2009/11/26(木) 15:11:10 ID:ZdWS367x
講談社文庫の「ゴーストライター」やっと読み終えた
訳が合わないんだろうか、先に進まないったらありゃしない
最後に明かされる真相と急展開以外はつまんなかった
ロバート・ハリス作品中ワーストだと思う

259 :名無しのオプ:2009/12/01(火) 16:58:28 ID:+6zfRpCe
そうなのか。「ポンペイの四日間」は面白かったのに。
ポランスキーの映画化も楽しみにしてるんだが。

260 :名無しのオプ:2009/12/01(火) 18:21:00 ID:R1vq6laX
>>1のブログどこなのさ

261 :パーカー信者:2009/12/03(木) 02:56:11 ID:gvjRLhAV
『レースリーダー』(ブルノニア ・バリー/ヴィレッジブックス)読了

細かいレース編みをみつめて、そこに浮かんできた映像から
未来や運勢を占う……って占いがほんとにあるのかと思ったら
作者の創作だったw

オチにいい意味で仰天
いちおう伏線もあるのに、まったく予想がつかなかった

登場人物が皆傷を抱えて痛々しくて、でも読後は悪くないのでオススメ

262 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 09:10:00 ID:YmVigQMe
今年読んだ中ではやっぱり犬の力が頭一つ抜けてるわ

263 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 13:25:02 ID:Z/PzTxWA
そうかなあ。確かに上巻は傑作だけど下巻は失速した印象がある。

264 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 17:02:24 ID:qXkDWFdk
このミスでは犬は何位?ベスト10バラして。


265 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 18:04:34 ID:qXkDWFdk
このミスはjunku池袋で10日発売か?
ベスト10知りたいな


266 :名無しのオプ:2009/12/06(日) 21:56:15 ID:UqZeFR+7
・このミス海外
1,犬の力
2,ミレニアム1
3,ユダヤ警官同盟
4,バッド・モンキーズ
5,ソウル・コレクター
6,グラーグ57
7,川は静かに流れ
8,泥棒が1ダース
9,ミレニアム2
10,ミレニアム3
10,リンカーン弁護士

267 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 03:23:35 ID:cX6W2d6S
>>263
自分は特に失速したとも思わなかったけど、言いたいことは分かるかも。

個人的な印象として、どうもウィンズロウの作品は最後のエピソードより
そのひとつ前ふたつ前くらいの方がインパクトがあって、
クライマックスの印象が薄れちゃう傾向があるような気もする。

268 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 03:37:14 ID:Pl1ZhLvv
>>266
ミレニアムがわかれてるところとか、バッドモンキーズの高さとか、
妙に、リアリティがあるな……

269 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 07:48:20 ID:xaeR+8vW
当たったらすごい!とにかくありがとう。


270 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 08:15:22 ID:VPddYHkc
このミスとは年々相性が悪くなっているので>266はアリかも

271 :名無しのオプ:2009/12/07(月) 12:07:48 ID:6zxOIHqu
e-honから
▼【予約】2010年3月3日発売予定
『ロスト・シンボル 上下巻セット(特典:ピンバッジ付き)』 
ダン・ブラウン/著、越前ブラウ敏弥/訳
って案内がきたんだけど、
翻訳家の越前敏弥さんってミドルネール持ちの人だったのね。
知らなかった。

272 :名無しのオプ:2009/12/08(火) 22:53:09 ID:KNyUM5mO
フランシスの新刊は、年明けなんだな。
毎年、帰省の時に新幹線の中で読むのがお約束だったが、
今年はマイケル・クライトンの最後の作品を楽しむとしよう。

早川も、フランシスとクライトンを同じ月にぶつけるのは避けたのかな。


273 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 03:12:35 ID:VpMHhAgz
>>271
ピンバッチって石工のフリーメーソンのバッジ?

こんなの付けてる時に、知ってる人が急にフリーメンソン流の握手とかして来たら
かなり嫌だな。

274 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 11:38:53 ID:s5xZ0Bb6
>>273
このスレで笑うとは思わなかったw

スティーブン・ハンター、新作出たんだね
年末というと、スカダー物をもう少しだけ読みたいと
思うけど、スワガーはもういいや...
買ったけどさ

275 :名無しのオプ:2009/12/09(水) 12:54:25 ID:HNkXNVFJ
来月二見ミステリ文庫から『高慢と偏見とゾンビたち』がいよいよ
出るみたいだな

ペーパーバックを丸善で見て爆笑して以来、邦訳が出るのが楽しみだった

276 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 04:00:59 ID:dUtHvj98
>>266
あたってたじゃない。すごい。

277 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 12:24:42 ID:bd+mzPeT
>>276
このミスすれにはとっくにリークされてたw

278 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 20:27:23 ID:kJ/Hr2Ag
犬が1位?今年は不作なんだな。

279 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 22:30:07 ID:bVhysBFE
266すてき!ありがとう。277それならリークしてよ。




280 :名無しのオプ:2009/12/10(木) 22:40:55 ID:2SUD0lCL
ミレニアム如きがマンセーされる世の中だからな

281 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 00:08:35 ID:7BRmagQZ
来年は扶桑社からマルティニが出るらしいので楽しみ。

282 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 00:32:21 ID:UK8i8eIv
そもそも>>266自体がこのミススレからのコピペだろw

283 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 06:15:41 ID:6F8lglzy
ミレニアムは欧米でも絶賛されてる

284 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 10:30:56 ID:7BRmagQZ
文春、今月は海外モノ新刊なしか‥。

285 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 10:34:20 ID:k7DnY2cP
もう文春のことは忘れました

286 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 11:09:47 ID:R0TfyYd2
>>285
ディーヴァーとスレイド出してることだけ思い出してあげて!

287 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 11:12:16 ID:GEjz5Wru
スタインハウアーも出してよ文春

288 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 11:21:13 ID:3U6ePZon
ハイアセンも出して

289 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 11:23:08 ID:yQVhQU5+
スレイド大好きだけど、続刊出てないからなあ
まあ、来年の文春の目玉はエルロイかな

290 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 18:09:57 ID:IhdH7+SU
スレイドは、あと2冊くらいは版権買ってたはず
ずっと前にメールして聞いた
文春はジャック・カーリーも出してるぜ

291 :名無しのオプ:2009/12/11(金) 19:38:31 ID:k7DnY2cP
そうだった!ジャック・カーリーがいるから忘れるのやめた

292 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 01:27:25 ID:dND/SrdI
1月の講談社文庫新刊に、翻訳物が見当たらない‥。

293 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 16:31:21 ID:dND/SrdI
>>292
これ25日にコーンウェルが出るから、来月は無いってことかな。

294 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 18:49:41 ID:Iinbi/DC
>>278
犬より面白いミステリーはここ数年なかっただろ

295 :名無しのオプ:2009/12/19(土) 21:37:18 ID:sLWFHnFw
別につまらないとは思ってないよ。ただ、傑作になり損ねたと思うだけ。あとがきで訳者が留保付きの最高傑作としたのも納得できたけどね。

296 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 00:58:31 ID:xvWZ1Diw
(キリッ

297 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 09:10:51 ID:dNPYkqfm
エンタメとしてはリンカーン弁護士の方が上

298 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 09:30:21 ID:09FzJR8+
犬はつまらなかった
一番おもしろかったのはリンカーン
原文は知らないが犬の翻訳日本文はとにかく読みにくかった

299 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 09:55:18 ID:sUunuyvq
「犬の力」という題名の意味を深く考えもせず、手放しで絶賛する評者や一方的に貶す評者に与しない。

300 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 10:38:04 ID:t4peAFGS
犬より面白い読み物もあるだろうけど、
犬が1位になっても、別にそんなもんかなと思う。
結局のとこ、お好みだから。
文章も「ユダヤ〜」に比べたら、格段に読みやすかったと思うけど、
でもその「ユダヤ〜」も面白いと評価している人もたくさんいるので、
自分が頭悪くて途中挫折したからといって、駄作とは思えないし。

301 :名無しのオプ:2009/12/20(日) 10:55:34 ID:dNPYkqfm
ウィンズロウの作品だったらストリートキッズの方がはるかに良かった

302 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 08:31:56 ID:Du4vzc0d
>>301
確かに良かったね。
特に、作者の経歴からくるのか、新人に先輩がその道の所作を教える場面はうまい。
この作者の、全作品に通じる、持ち味の一つかな。
この年は、フロストと争って2位だったけど、レベルの高い年だった。


303 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 08:33:54 ID:Du4vzc0d
>>302
あっ、勘違いしてたな。
フロストじゃなくて、シンプルプランか。

304 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 08:36:23 ID:Du4vzc0d
しかし、95年はレベルが高かったなぁ。それに比べて、今年は..。

305 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 12:50:59 ID:/LMN2nka
犬の力はありがちな題材だし、歴史の流れを追っていくだけで
オリジナリティが感じられない

それでもミレニアムの1位を阻止してくれて本当に良かったと思う
危うく汚点を残すことになるところだった

306 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 15:34:20 ID:3uh7OihF
>>305
犬の力、上巻の途中までしか読んでないだろ?


307 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 16:28:26 ID:Du4vzc0d
>>306
いや下巻から読み始めたんじゃないかな。上巻は傑作だよ。

308 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 17:10:52 ID:/LMN2nka
いや、全部読んだよ
ああいう年代記・群像劇は余程のポン助が書かない限り、
最低限の面白さは保証されるから、それ以上の何かが無ければ
傑作とは言えないと思う

309 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 20:39:57 ID:Du4vzc0d
作品の形式は評価の基準になり得ないよ。

310 :名無しのオプ:2009/12/23(水) 23:17:38 ID:/LMN2nka
うん、だからそれ以上の何かが無いと駄目だと言っているのさ

311 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 00:00:12 ID:3uh7OihF
それ以上ってなんだ?
最後、登場人物たちについては決着がついただけでもすごいと思う。


312 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 00:10:23 ID:bS76jGnT
決着付かなかったらミステリーとして論外じゃんw

313 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 00:12:30 ID:AsJjEdqY
ああ分かった。ミステリーの定義が狭い人には物足りないんだ。

314 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 00:37:01 ID:bS76jGnT
広義のミステリーでも決着はつくだろw
定義のせいにしちゃいかんよ

315 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 03:02:24 ID:HBAb9Ggd
リドルストーリーを知らんのかw

316 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 04:38:27 ID:B46cw/36
犬の力の分量で最後リドル・ストーリーは嫌だ

317 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 13:42:44 ID:bS76jGnT
>>315
こりゃまた特殊な例を
しかし長編でリドルストーリーなんて聞いたことないぞ

318 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 15:02:29 ID:HBAb9Ggd
>決着付かなかったらミステリーとして論外じゃんw

「長編」ミステリなんてどこにも書いてないのだが。

319 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 15:16:18 ID:bS76jGnT
しかし犬の力についての流れなのだから、推測出来るでしょ
少なくとも、短編の、それもリドルストーリーの場合だとは推測出来まい

320 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 15:33:43 ID:MPnCnJDS
最近ミレニアムを叩いていれば通ぶれると思ってるガキが多すぎる

321 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 17:25:58 ID:cMScetCi
通ぶれると思ってる
通ぶれると思ってる
通ぶれると思ってる

322 :名無しのオプ:2009/12/24(木) 23:48:30 ID:AsJjEdqY
長編でも決着つかないミステリあるよ。
決着どころか事件が起きるのも残り4分の1になってからという。

323 :名無しのオプ:2009/12/26(土) 22:10:25 ID:JOuueE3D
メグ・ガーディナー『チャイナ・レイク』
もう新刊じゃないけど、結構読み応えがありました。
え、この人が?的驚きもちょっとあったし。

ただ登場人物紹介にミスがあって、主人公エヴァンって女性なんだけど、
タビサという重要な脇キャラに「エヴァンの妻」って説明‥。
冒頭で登場するキャラなので、読み始めてすぐに「これは誰?」とカバー折返しを確認したため、
誤った情報が入ってしまいました。
そのせいで主人公・エヴァンの言葉使いが女っぽいことに「??」感が。
少し読み進めてすぐにキャラ紹介が間違っていることは分かったけど、
序盤は何だかキャラの関係がうまく把握できずにぐるぐるしちゃいましたよ。

あと読み応えあるんだけど、多人数が登場するシーンだと、
ちょっと人物が掴みにくい感じもちょっとありました。
少人数シーンだと分かりにくさ全然感じないんだけど。

324 :名無しのオプ:2010/01/09(土) 22:53:19 ID:UYM2760A
ディーヴァーの第二短編集はまだ出ないのかね

325 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 16:07:17 ID:cEBUvYMN
ディーヴァーの翻訳は長編2冊を予定、というのは見たけど短編集については聞かないな

326 :名無しのオプ:2010/01/13(水) 16:12:24 ID:/gC/CpdZ
324さんではありませんが、
ソウルのあとがきに、短篇集ってあったような気がするんだけど。

327 :名無しのオプ:2010/01/16(土) 17:30:08 ID:E6l0mPfs
双葉十三郎さんが亡くなられた
99歳だから、大往生だね
合掌

328 :名無しのオプ:2010/01/19(火) 00:05:03 ID:aqHLtN9U
フランシスの拮抗は、面白かったな
日本に無いブックメーカーという仕事に触れる事ができて、興味深かった。
ただフランシス親子以前のフランシスの主人公の方が、思い入れできる。



329 :名無しのオプ:2010/01/23(土) 12:15:47 ID:W2+xam+n
ロバート・B・パーカーが亡くなった
享年77歳
スーザンのTシャツを着せて納棺された
合掌

330 :パーカー信者:2010/01/25(月) 01:25:34 ID:/l2HwLRf
>>329
今知った orz
マンネリとかいいつつスペンサーが大好きだったから
すごい衝撃。突然すぎる。

AP記事の写真みるとすっかりいいお爺ちゃんだった
合掌……

331 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 14:18:06 ID:xQ3NUYjJ
あの新しいデカいバージョンの文庫本やめてけれ、早川
せっかくスペンサーシリーズでそろえてるのに台無し。
そして合掌

332 :1:2010/01/25(月) 18:30:04 ID:mvzm8BvU
合掌。

もうスペンサー新作読めないのかあ・・。
ほんとに悲しい。

作家の死で久々の衝撃・・。

333 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 21:12:16 ID:hIWq2oke
>>332
ちょっ…!サイトのヒントぷりーず!

334 :名無しのオプ:2010/01/25(月) 21:56:20 ID:JiDlHOZf
久しぶりの1さんだー


335 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 10:38:48 ID:9lK+uV9l
拘束してサイトのアドレスを白状させろ!

336 :名無しのオプ:2010/01/26(火) 13:44:21 ID:VKFYAfdz
わー1さんだ!

337 :名無しのオプ:2010/01/29(金) 21:17:33 ID:AA5bvhr1
不誠実な1

338 :名無しのオプ:2010/01/30(土) 13:05:23 ID:FZO7S6Ec
2ちゃんにアドレス晒せとは言えないけど知りたいよね

339 :1:2010/02/01(月) 19:50:15 ID:6Q82t2+S
>>337
金と地位のため永年付き合ってた可愛い彼女を捨てて、
上役の娘の走った男のような言われかた・・。

翻訳ミステリ専用のブログができましたら、お知らせできれば、と思ってます。

340 :名無しのオプ:2010/02/02(火) 13:19:25 ID:rOzGWoSD
>>339
元気だったらいいよw
たまにはここにも来てくれ

341 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 02:27:44 ID:Cm992l+W
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/211833.html

PDジェイムズ新刊。年齢的にきついと思うが、がんばってほしい。

342 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 17:30:28 ID:iSBxsGiD
「検屍官」シリーズ翻訳の相原真理子さん死去
2010 年2月3日15時56分

 相原真理子さん(あいはら・まりこ=翻訳家)が1月29日、心不全で死去、62歳。
通夜、葬儀は近親者で行った。喪主は夫桂一郎さん。

 パトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズや、
絵本画家で園芸家のターシャ・テューダーの著作の翻訳を手がけた。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0203/TKY201002030292.html

343 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 17:43:17 ID:UZ8Vmqfk
ええええええええっ
合掌



344 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 18:09:04 ID:xCotFBDT
ちょっとー北森氏に続いて、訃報が続いているんですけどー。
死因も心不全、そりゃ心臓が止まって死んでしまえば心不全だけどさ。
なんてことだろう、あか、もう‥合掌。

345 :名無しのオプ:2010/02/03(水) 22:06:02 ID:cHxND6i4
62歳は若すぎるだろ…かなりショックだ。
こうしてどんどん翻訳家が亡くなっていく…


346 :名無しのオプ:2010/02/04(木) 12:05:39 ID:tBha7xJT
>>344
そういえば、北森鴻さんの凶笑面に蓮丈那智がケイ・スカーペッタシリーズを何冊か読んだってエピソードがありましたね。

347 :1:2010/02/07(日) 00:46:30 ID:SVp3mDKc
アドレスをお知らせする・・・・・・!
お知らせするが・・・
今回 まだ その時と場所の
指定まではしていない

そのことを
どうか諸君らも
思い出していただきたい

つまり・・・・
私がその気になれば
アドレスのお知らせは
10年後 20年後ということも
可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!

348 :名無しのオプ:2010/02/07(日) 09:07:54 ID:nDc8VdPw
>>347
なにそれ暗号?縦読み? って考えてみたけどわからん
あと、20年後って>>1は米寿くらいなんじゃ…

349 :名無しのオプ:2010/02/10(水) 23:47:22 ID:ebJG9NW4
>>344
心不全って記載は怪しいな・・・。まぁ亡くなったと言う報告に
うがってもしょうがないけどな

350 :名無しのオプ:2010/02/11(木) 00:11:08 ID:4LPUSwIM
>>349
ガンなどの大病を患っていても、
死因は肺炎とか心不全になるのが多いよ。
体力と抵抗力が無くなると、結局そうなる‥。

351 :名無しのオプ:2010/02/13(土) 13:07:48 ID:Rfc/Je45
P・D・ジェイムズの新刊、訳が…ていうか
「目を覚めた」とか日本語がいろいろ変。
シリーズ最後になるかもしれないんだからちゃんと校正してくれっての。

352 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 11:17:43 ID:qVCNOA0p
パーカーにつづき、ディック・フランシス。
年齢的に納得できるものの、やはり寂しい。

353 :1:2010/02/15(月) 11:19:48 ID:RfO/LEzj
ああ、ディック・フランシス、合掌・・。

ほんとに寂しいです。
歳をとる、ってこういうことか、と最近しみじみ・・。

354 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 13:13:17 ID:Hg3cmuo6
マジ泣き中(´;ω;`)

355 :名無しのオプ:2010/02/15(月) 16:27:56 ID:gwYuoh2e
訃報続くなあ 合掌

356 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 01:53:35 ID:+qei7q6B
60年代の東映映画が100本近く入ったHDDが頓死して
ショックだったのに、ディック・フランシスまで死んだのか
今夜は、悲しくていけねぇや

357 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 23:19:14 ID:LfD+VW3h
浅倉久志さんまでが

358 :名無しのオプ:2010/02/17(水) 09:30:21 ID:ivWABPZR
もうやだ

359 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 00:18:40 ID:tnkWIo5c
>>351
すまん、気になって眠れないので教えてほしい。
「目を覚めた」のどこがおかしいの?

360 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 01:47:55 ID:REP8XrGl
目が覚めたor目を覚ました?

361 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 13:43:01 ID:HqkNnEzX
うぉ、藤田まこと主水まで・・・

この寒さのせいか??

362 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 16:22:49 ID:7G7GhqKj
>>359
>>360だよな普通…と思ったけど方言とかならしょうがな…
くねえよ!
他にも会話文のてにをはが変でそういうキャラ設定ならしょうがな…
くねえよ!!
そういうとこが気になるのは年取った証拠だよなーとほほ。

363 :名無しのオプ:2010/02/18(木) 20:54:50 ID:3yBz6X+d
ローレンス・ブロックがミステリーの書き方の本で
文章が酷いと「なんでこんな文章を書くんだ」って気になって、
読むことに集中出来ないっていってるね
地味のあるいい文章じゃなくても、普通に読んでて
妙に引っ掛からないだけでも、十分ありがたいってさ

でも「てにをは」は、テクニカルなレベルの問題だから
編集がヘタレか、まともな校閲をやってないだけの話なんだけどね

364 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 15:58:16 ID:tqbd06/5
昔読んだ本で、女の登場人物が、誰かにものを聞かれるたびに
「えっ?」
って聞き返すんだよ。
その「えっ?」っていうのが気になって気になって(かなり頻繁に出てくる)
その本、途中から読めなくなっちゃったことがあったよw
「っ」のおかげで、すごい口調が強くなってる感じがして、なんかイヤだったなあ。

と、新刊紹介スレにしては遅いけど
フェイケラーマンの蛇の歯読了。
なんか今回ちょっと和み系かな。
しっかし上下巻で2000円はきついなあ〜



365 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 17:48:12 ID:wCFPLeMk
>>364
翻訳の文庫の値段の上限がなくなった感があるよね。
元々高かったのがここ数年じりじりと上がり続けてるような。
でもこの値段じゃないと採算が取れないのなら我慢するので
シリーズものは責任持って出版し続けて欲しい。

366 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 18:29:22 ID:PaoPnWCe
今の翻訳物の文庫の値段は、10年前のポケミスの値段
今のポケミスの値段は、10年前のハードカバーの値段
ハードカバーは値段据え置きだけど、ほとんど出なくなった

367 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 19:01:16 ID:PUs5fFgD
でも文庫上下で二千円は、ハードカバーでもそのくらいしそう。
ま、ページ数次第で納得かそうでないかってとこだ。
宝島のワンコインみたいじゃなければいいや。

368 :名無しのオプ:2010/03/04(木) 21:25:30 ID:gsMghM7i
お前ら翻訳ミステリー大賞シンジケートにコメントとかしないの?
海外ファンは奥ゆかしいのかな

これが国内に関するブログとかならミーハー丸出しの連中が
山とたかるだろうが

369 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 09:52:23 ID:VJ7YIrNn
トマス・H・クックのスレで拾ってきました。
本当に久々でちょっと楽しみ。

4月9日、文春文庫新刊『沼地の記憶』
たぶん“Master of the Delta”の翻訳?

370 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 15:17:36 ID:6GhXjpGC
来月はコナリーの『エコー・パーク』も出るみたい
それとジョン・ハートの『ラスト・チャイルド』やローザンの短編集
ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』も文庫化するとか

371 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 16:51:26 ID:iw/5F7Sy
「競売ナンバー49」って昔サンリオかなんかで
文庫になってなかった?

372 :名無しのオプ:2010/03/06(土) 20:27:31 ID:isKFZxoj
てことは、来月は翻訳本スキーにとっては、
久々に楽しい月なんですね。

373 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 14:05:09 ID:NuMcHzYN
東京創元は来月「兄の殺人者」を出す
てことは…期待していいんだな!?「ロイストン事件」…

374 :名無しのオプ:2010/03/09(火) 17:51:57 ID:ZmwRhbTR
クックとコナリー楽しみだ〜
ジョン・ハートって誰?と思ったら「川は静かに流れ」の人か。
けっこう好みだったのでこれも買うかも。

375 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 16:51:57 ID:36zr4n8X
はりー・ボッシュシリーズのエコー・パークの
あらすじ掲載しているサイト知りませんか?


376 :名無しのオプ:2010/03/10(水) 20:36:35 ID:oytQ7VzX
>>370
オコナーってフラナリー・オコナー?
遺作でも見つかったのか?

377 :名無しのオプ:2010/03/11(木) 21:30:39 ID:6GzXKyH7
ジョン・ハート「ラスト・チャイルド」
楽しみだけど、文庫とポケミスで同時刊行だって。どちらを買えばいいの?両方?

378 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 00:57:01 ID:FKBnNxUD
>>377
ほんとだ。
どういう意味があるんだろう。
とりあえず文庫2冊で購入したほうが少しだけ安いけど。

379 :名無しのオプ:2010/03/12(金) 00:58:30 ID:FKBnNxUD
あ、ポケミスの方が発売日は早いのか。

380 :名無しのオプ:2010/03/17(水) 09:34:07 ID:flvQJZeI
ポケミスの表紙の人亡くなったのか…

381 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 03:37:45 ID:Ojf6wpy4
訃報:勝呂忠さん83歳=洋画家

あれって絵というよりデザインだと思ってたのでググったら「道化者の死」の表紙とかは
えらくプリミティブな絵っぽいな。
自分の持ってるの見てみたらイアン・ランキン「首吊りの庭」の表紙は確かに首吊る輪になった縄だ。

382 :名無しのオプ:2010/03/28(日) 23:55:38 ID:WiFHhGMM
リディア&ビルシリーズ最新作が出る!
やっほおおお!
短編集だけど嬉しい!

383 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 21:25:51 ID:lZX4pGjQ
クック「沼地の記憶」50ページ読んだところで「1Q84 Book3」で中断
とりあえずいつものクック節全開だがやや地味か

それにしても1Q84はエゲツナク売れてるね

384 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 15:33:52 ID:QPpT8ymR
リディア&ビル買ってきた。
でも最近、好きなシリーズはもったいなくて新刊読めない感じ。
マンケルとかも取っておいて、次が出そうになったら読んでる。
なんだかなー。新刊の意味ないよ、自分。

385 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 18:56:03 ID:DFCdDiQe
>>383
クック節全開楽しみだ〜
コナリーの新刊も出たけど今読む本がたまってるので大事に取って置こう。

年末に買ったのを今頃読んだ「完全なる沈黙」おもしろかった。
ロバート・ローテンバーグって聞いたことないと思ったらデビュー作らしくてびっくり。
D.W. バッファやスコット トゥローを思わせる完成度だった。


386 :名無しのオプ:2010/04/18(日) 19:34:09 ID:TNqTU8lg
バッファも新刊出して欲しいけど、売れないんだろうなー。

387 :名無しのオプ:2010/05/04(火) 00:12:52 ID:zF2zPkht
新刊じゃないけど、扶桑社のブログを眺めていたらちょっと嬉しい記載があったので。
--
しかし、じつはすでに以下のような作家の準備ができているのです。
  リザ・スコットライン
  スティーヴ・マルティニ
  デイル・ブラウン
  リチャード・マシスン

 そこにくわえて、次のような作家が入ってきます。
  クライブ・カッスラー
  ロビン・クック
  ジョー・ゴアズ
  ローレンス・ブロック
 こういった一線級の作家をご提供することで、
翻訳ミステリーの楽しみがさらに広がり、深まればと考えています。
--
マルティニとスコットラインはかなりお久しぶりなので、
実現するなら本当に嬉しい。

388 :名無しのオプ:2010/05/04(火) 14:10:02 ID:fYmKnu+/
来月は文春文庫からサイモン・カーニックの新刊が出るそう
タイトルは「ノンストップ!」、B級臭いサスペンスは好みなので楽しみだ

389 :名無しのオプ:2010/05/18(火) 10:42:41 ID:IGKRoAem
>>377
自分的に今年の1番になる予感。
まだ半年あるけど年内にこれ以上の作品を読めたらすごい幸運。
ミスティックリバーとグリーンマイルを足して割ったような話で
最初はブツブツと途切れながら進む話がちょっともどかしく感じても
後半の怒涛の展開にぐいぐい引き込まれてラストの後の余韻がすごい。
前作もそこそこおもしろかったけど段違い。

390 :名無しのオプ:2010/05/23(日) 02:03:52 ID:upu+iSo7
C・J・ボックス『さよならまでの三週間』ってノンシリーズ作品でしょうか?
いきなりここから読んでもOK?
ハヤカワのサイトに載っている紹介文では
「我が子を守るため命を賭して闘う男。MWA賞受賞の『ブルー・ヘヴン』につづく感動作」
としかないので、判断つかなくて。

391 :名無しのオプ:2010/05/23(日) 22:40:39 ID:Se9CPPmC
いきなりでもおk。

392 :名無しのオプ:2010/05/24(月) 00:32:28 ID:E4SoRxgo
>>391
ThanX!!

393 :名無しのオプ:2010/06/12(土) 00:02:49 ID:imKgLYAh
ジョン・ハート『ラスト・チャイルド』
評判通り読み応えたっぷりの一作でした。
が、ちょっと作りすぎのような気も…、この辺りのさじ加減は難しいとこかも。

文庫版で読み始めたんだけど、
ポケミス版を図書館で見つけたので、文字数が好みなのでそっちに移行。
ただ中盤移行、厚みから本を保持しにくくなり、また文庫へ戻りました。

394 :名無しのオプ:2010/06/12(土) 15:28:43 ID:DFCbgZan
『ラスト・チャイルド』
刑事の無能さに終始いらいら。本気かこれwww

395 :名無しのオプ:2010/06/13(日) 11:36:37 ID:IuVqlLvJ
『機械探偵クリク・ロボット』ポケミス

ほのぼの脱力系w
駄洒落好きにオススメ

396 :名無しのオプ:2010/06/23(水) 15:56:36 ID:RmvbnXj7
ジョン・ハート『ラスト・チャイルド』

確かに読み応えがあった。
子供を主人公にしたことで前二作よりぐっと良くなったね。

>>389
>ミスティックリバーとグリーンマイルを足して割ったような話
分る。

俺は、
スチュワート・ウッズと
スティーブン・キングと
T・ジェファーソン・パーカーと
デニス・ルヘインをミックスして
マーク・トゥエインで割ったような味がした。

397 :名無しのオプ:2010/06/30(水) 23:53:27 ID:YyKtDEXz
翻訳物の値段高騰が多い中、
グリシャムの新刊(未読)って上下巻で1,400円って割と真っ当ですよね。
超訳会社が手を出さなくなって、少し落ち着いたってことなのかな?

398 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 14:18:17 ID:wG67m83O
たまにはageてみよっと

399 :名無しのオプ:2010/07/09(金) 23:55:56 ID:nD+LEBUz
海外で新刊としては安いんだけど、
文庫で1作品が1400円は普通か高いくらいだと思う。

1冊が分厚いわけでもないし。

400 :名無しのオプ:2010/07/12(月) 23:38:54 ID:9vCulC20
>>390ですが、ようやく読了。
なかなか凄まじい内容でした。
普通の人だと思っていたのに…行動が怖い。
銃社会の人間は怖いな。

401 :名無しのオプ:2010/07/26(月) 22:55:49 ID:rw3uYZKE
早川のサイト見てて見つけた、とても久しぶりの新刊。

愛書家の死 945円
ジョン・ダニング(著)
刊行日: 2010/08/25
〈『死の蔵書』のダニング、待望の最新作大人気古書蘊蓄ミステリ〉
大金持ちの馬主の蔵書鑑定依頼は、
本を深く愛した今は亡き奥方の不審な事故死と秘められた情事の謎を解き明かす旅へと変わる……

402 :名無しのオプ:2010/07/30(金) 10:26:37 ID:H/AjyX/N
ポケミスの装丁が・・・・ショック。

サラ・パレツキーもライノベみたくなっちまって・・・

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)