5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【嵐の山荘】 クローズド・サークル 【絶海の孤島】

1 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:08:22 ID:BwiJPC0a
吹雪の山荘や絶海の孤島など
クローズドサークル(CC)作品について語るスレ

過去ログ
吹雪の山荘ものの傑作
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/975108459/
クローズドサークルものの傑作
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1082383541/

2 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:09:26 ID:BwiJPC0a
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/975108459/490-492
前々スレ490-493よりコピペ

第1位 14票
『殺しの双曲線』(西村京太郎)
第2位 9票
『かまいたちの夜』(プレイステーション)
第3位 6票
『星降り山荘の殺人』(倉知淳)
『ある閉ざされた雪の山荘で』(東野圭吾)
第4位 5票
『霧越邸殺人事件』(綾辻行人)
第5位 4票
『孤島パズル』(有栖川有栖)
『十角館の殺人』(綾辻行人)
『電脳山荘殺人事件』(天樹征丸)※「金田一少年」の小説版
『望湖荘の殺人』(折原一)
第6位 3票
『双頭の悪魔』(有栖川有栖)
『殺意の集う夜』(西澤保彦)
『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)

3 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:10:00 ID:BwiJPC0a
第7位 2票
『時計館の殺人』(綾辻行人)
『迷路館の殺人』(綾辻行人)
『シャム双生児の謎』(エラリー・クイーン)
『シタフォードの謎』(アガサ・クリスティー)
『探偵を捜せ』(パット・マガー)
『月光ゲーム』(有栖川有栖)
『トリック狂殺人事件』(吉村達也)
『名探偵の掟』(東野圭吾)
『仮面山荘殺人事件』(東野圭吾)
『そして誰もいなくなった』(アガサ・クリスティー)
『そして誰かいなくなった』(夏樹静子)
「氷雨」(フリーソフト)

以下すべて第8位 1票
『幽霊殺人』(アルカージイ+ボリス・ストルガツキイ)
『十二月の鍵』(ロジャー・ゼラズニィ)
『ねずみとり』(アガサ・クリスティー)
『崖の館』(佐々木丸美)
『パンドラ・ケース』(高橋克彦)
『夏と冬の奏鳴曲』(麻耶雄嵩)
『奇想、天を動かす』(島田荘司)
『今宵は浮かれて』(アリサ・クレイグ)
『鬼面の研究』(栗本薫)

4 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:10:31 ID:BwiJPC0a
『最長不倒距離』(都筑道夫)
『今はもうない』(森博嗣)
『鉄鼠の檻』(京極夏彦)
『なつこ、孤島に囚われ』(西澤保彦)
『ゼロの罠』(ポーラ・ゴズリング)
『金雀枝荘の殺人』(今邑彩)
『六色金神殺人事件』(藤岡真)
『夢幻巡礼』(西澤保彦)
『人格転移の殺人』(西澤保彦)
「死に向かうアダージョ」(小池真理子)
「演じられた白い夜」(近藤史恵)
『最後から二番めの真実』(氷川透)
『誰かの見た悪夢』(積木鏡介)
『密室は眠れないパズル』(氷川透)
『名探偵に乾杯』(西村京太郎)
『死の命題』(門前典之)
『魔の淵』(ヘイク・タルボット)
『死体はスキーをしない』(P・モイーズ)
『紫骸城事件』(上遠野浩平)
『黒祠の島』(小野不由美)
『未完成』(古処誠二)
『夜ごと闇の奥底で』(小池真理子)

5 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:11:02 ID:BwiJPC0a
『輪廻』(リュイス・シャイナー)
『オイディプス症候群』(笠井潔)
『読者よ欺かるるなかれ』(カーター・ディクスン)
『斜め屋敷の犯罪』(島田荘司)
『生存者、一名』(歌野晶午)
『ナイルに死す』(アガサ・クリスティー)
『魚たちと眠れ』(結城昌治)
「ミシシッピー殺人事件」(ゲーム)
『アルファベット荘事件』(北山猛邦)
「吸血鬼狩り」(永井豪)※漫画
『九人と死で十人だ』(カーター・ディクスン)
『髑髏島の惨劇』(マイケル・スレイド)
『偽のデュー警部』(ピーター・ラヴゼイ)
『殺人鬼』(綾辻行人)
『水車館の殺人』(綾辻行人)
『皮膚の下の頭蓋骨』(P.D.ジェイムズ)
『アイルランドの薔薇』(石持浅海)
『ゆきの山荘の惨劇』(柴田よしき)
『火天風神』(若竹七海)
『漂流者』(折原一)
「白魔の一夜」(ルーファス・キング)
「緯度殺人事件」(ルーファス・キング)

6 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:13:04 ID:BwiJPC0a
前スレで挙がったもの 一部CCでないものもあり

『『アリス・ミラー城』殺人事件』 北山猛邦
『極限推理コロシアム』 矢野龍王
『白銀荘の殺人鬼』 彩胡ジュン(愛川晶・二階堂黎人)
『蛍』 麻耶雄嵩
『人狼城の恐怖』 二階堂黎人
『七人の証人』 西村京太郎
『鬼女面殺人事件』 西村京太郎
『幻奇島』 西村京太郎
『雪は死の粧い』 西村京太郎
(「殺しのインターチェンジ」(角川文庫)or「秘めたる殺人」(双葉文庫)収録)
『聖女の島』 皆川博子
『ドッペルゲンガー宮』 霧舎巧
『カレイドスコープ島』 霧舎巧
『ラグナロク洞』 霧舎巧
『マリオネット園』 霧舎巧
『ドクターM殺人事件』 吉村達也
『麦酒の家の冒険』 西澤保彦
『複製症候群』 西澤保彦
『館島』 東川篤哉
『そして二人だけになった』 森博嗣 
『シェルター 終末の殺人』 三津田信三
『少年探偵ジャーネ君の冒険』 斎藤栄
『海底密室』 三雲岳斗
『奇跡島の不思議』 二階堂黎人
『The unseen 見えない精霊』 林泰広
『コズミック』 清涼院流水
『すべてのものをひとつの夜が待つ』 篠田真由美
『名探偵はもういない』 霧舎巧
『清里高原殺人別荘』 梶龍雄
『殺人ピエロの孤島同窓会』 水田美意子

7 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:23:22 ID:Rj47TmBa
『乱鴉の島』 有栖川有栖
『思い通りにエンドマーク』 斎藤肇
『月の扉』 石持浅海
『冷たい校舎の時は止まる』 辻村深月
『出られない五人』 蒼井上鷹
『クリスマスイブ』 岡嶋二人
『死霊鉱山』 草野唯雄
『はじまりの島』 柳広司
『新世界』 柳広司
『黄金の灰』 柳広司
『キラーエックス』 黒田研二・二階堂黎人
『千年岳の殺人鬼』 黒田研二・二階堂黎人
『永遠の館の殺人』 黒田研二・二階堂黎人
『ランゴリアーズ』 スティーヴン・キング
『リヴァイアサン号殺人事件』 ボリス・アクーニン
『記号を食う魔女』 浦賀和宏
『あなたがいない島』 石崎幸二
『晩餐は「檻」のなかで』 関田涙
『死の迷路』 フィリップ・K. ディック
『死者の島』 キャロリン・G・ハート
『インシテミル』 米澤穂信
『フラグメント』 古処誠二(旧題『少年たちの密室』)
『鴉』 麻耶雄嵩
『作者不詳―ミステリ作家の読む本 』 三津田信三(収録作のうち2編がCC)
『凶鳥の如き忌むもの』 三津田信三
『水に描かれた館』 佐々木丸美
『女王国の城』 有栖川有栖
『首鳴き鬼の島』 石崎幸二
『ミステリー・ウィーク』 ヘザー・グレアム(ロマンスもの)
『そして、またひとり…』 幸森軍也
『気分は名探偵 〜犯人当てアンソロジー〜』 (貫井徳郎「蝶番の問題」)
『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』 ギルバート・アデア

8 :名無しのオプ:2008/11/22(土) 14:24:13 ID:Rj47TmBa
『ZOO』 乙一(「SEVEN ROOMS」)
『石ノ目』 乙一
『四捨五入殺人事件』 井上ひさし
『スノウブラインド』 倉野憲比古
『魔神館事件 夏と少女とサツリク風景』 椙本孝思

映画
『アイデンティティ』
『ヴィレッジ』
『プレステージ』
『バリア』
『モーテル』

9 :名無しのオプ:2008/11/24(月) 21:28:15 ID:Sq17+dRh
あげ

10 :名無しのオプ:2008/11/26(水) 20:05:03 ID:ph1t30qM
あげ

11 :名無しのオプ:2008/11/26(水) 20:52:19 ID:BhRFs5SJ
嵐の山荘、絶海の孤島、吹雪の山荘に続き
新たな定番として宇宙船ものが欲しい
と思いつつ語呂のいい言葉が思いつかね

無重力をトリックの肝に据えて(ry

12 :名無しのオプ:2008/11/29(土) 02:36:11 ID:vbDd95zP
 

13 :名無しのオプ:2008/12/01(月) 02:09:36 ID:JsW5OSow
前スレ落ちてたのか

14 :名無しのオプ:2008/12/02(火) 04:51:50 ID:TuUT4vGm
今更ながら乙

15 :名無しのオプ:2008/12/04(木) 20:53:10 ID:m4vDHDMR
冷たい校舎を最近読んだがひどいもんだったな

16 :名無しのオプ:2008/12/05(金) 21:52:56 ID:JkUSuVFS
>>8
「SEVEN ROOMS」は全くクローズドサークルじゃないな
「SAW」とか「CUBE」とかソリッド・シチュエーション・ホラーに近い

17 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 00:15:40 ID:q7l4vMcr
やっと人狼城の恐怖読み終わった。
最初に読んだドイツ編はCC独特のハラハラ感が楽しめてかなり面白かったかな。
探偵編はいらんと思う。完結編と合わせて1冊に纏められる内容だし。


オレ的に有栖川の月光ゲームいまいちだったんだけど、孤島パズルと双頭の悪魔も似たような感じ?

18 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 00:46:01 ID:R2L96cdz
>>17
ひえっ、あんな長いだけの駄作、よく最後まで読めたね。


19 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 00:52:55 ID:t4bc3eWG
>>17
どこがどうイマイチだったのか言わないと答えようがない

20 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 01:59:20 ID:RbYlDG+H
人狼城は前に読んだけど普通に面白かったな
あの長さに見合ったものかと言われたら答えに困る部分もあるけど
時間があって読み進めるのが苦痛でなければ読む価値はそれなりにあると思う
読後は達成感も味わえるしw

>>17
ちょっと青臭いぐらいの青春っぽいテイストでいえば後続の作品も似た感じはある
まあ「月光ゲーム」はデビュー作なんで瑞々し過ぎる部分もあるし、その点は考慮すべきかな
その瑞々しさが良いっていう人もいるけど、個人的には「孤島パズル」「双頭の悪魔」の方がミステリ的には
格段に出来がいいと思うんで、文体などがどうしても合わないとかでなければ読む価値は十分にあるかと
読む際は「孤島パズル」文庫版の解説に「双頭の悪魔」のネタバレがあるのでお気をつけて

21 :17:2008/12/06(土) 21:24:17 ID:q7l4vMcr
>>18
読んでてだるくなる所も多々あるけど、ドイツ編フランス編は殺人起こってからは面白かった。
>>19
大して盛りあがりもせず終わった感じなのよね。
>>20
月光ゲームは面白くなりそうでならなかった感じなので、他2つがミステリ的に出来がいいなら読んでみようかな。
ネタバレ気をつけます。ありがと。

22 :17:2008/12/06(土) 21:29:22 ID:q7l4vMcr
ちなみに今は『インシテミル』読んでます。
主人公の惚けた所が読んでて楽しいです。

23 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 21:59:52 ID:xtvE9oYP
インシテミルは動機がアレだったな

24 :名無しのオプ:2008/12/06(土) 23:50:48 ID:o39Plvx2
しらみつぶしの時計はCC

25 :名無しのオプ:2008/12/07(日) 13:39:55 ID:vsqMgle4
CCはキャラの書き分けが大事だよな。
読んでて誰が誰か分からないようだと楽しめないわ。
ゲームだという事を差し引いても、その点ではかまいたちは優秀だと思う。

ここ見て殺しの双曲線読んだけど、展開はうまいがCC作品としてはどうなんだって感じ。



26 :名無しのオプ:2008/12/09(火) 21:54:44 ID:HKEq0j+q
ちょい前に『凶鳥の如き忌むもの』読んだけど
金田一耕介出てきそう雰囲気だな
最近のミステリーでは珍しい

27 :名無しのオプ:2008/12/11(木) 10:41:58 ID:BUdrMeq8
>>26
金田一シリーズのまがまがしい雰囲気出してるのは興味あるな
面白そうだね



「そして扉が閉ざされた」はCCじゃないな

28 :名無しのオプ:2008/12/25(木) 09:24:55 ID:+6x48LNJ
タイトルは典型的なCCぽいんだけどなあ

推理パートだけクローズされてるって珍しいよね
分類がむつかしいと思う

29 :名無しのオプ:2008/12/26(金) 22:59:55 ID:3JYZsA0p
>>11
宇宙船ものいいね。
通信の遮断も機械の故障で解決できそうだし、地球上よりも
緊張感ありそう。

30 :名無しのオプ:2008/12/27(土) 03:03:29 ID:MCy6AGxS
11人いる は宇宙船CCじゃないかな?

「試験」って設定で宇宙船からのSOSを禁じてるから
東野の「ある閉ざされた〜」に近い気もするけど

とりあえずSFだといろいろありそうだね
火の鳥にも宇宙船内で人が消えてく話あったし

31 :名無しのオプ:2008/12/27(土) 03:19:40 ID:MCy6AGxS
機械を故障させなくても
「電波が届くのに何日もかかる」でよくね?
それで助けは来ないっていう

で、探偵をその通信を受け取る地球側に置く
一人ずつ乗組員が殺されていく報告が毎日届く
当然その報告は何日も前のもの

地球の探偵が犯人を推理して名前を通信するんだけど
次の日届いたのが犯人って指摘された奴の死亡報告とか
不可思議状況はいくらでも作れそうだ

あと何か叙述トリックも入れたいね


誰かこれで一本書いてみる気はないか?

32 :名無しのオプ:2008/12/27(土) 03:38:40 ID:F9+oibaa
>>29

七河迦南の作品で「暗黒の海を漂う黄金の林檎」という短編が
宇宙空間を使ったCCだったと思う。
ただ、CCであることを最大限に活かしたわけではないけれと゜。


33 :名無しのオプ:2008/12/28(日) 10:23:20 ID:vhGQSHse
>>31
おもしろい発想だね
使っていいのかい?

34 :名無しのオプ:2008/12/28(日) 23:07:16 ID:La1ONGCw
>>33
遅筆で有名なあなたのお役に立てたら幸いです

35 :名無しのオプ:2008/12/29(月) 13:09:06 ID:/7d7hTzY
クローズドサークルもののゲーム2本
http://zunzunzun.hp.infoseek.co.jp/

個人的にはよくできてると感じる。
設定は非常にべただけども。

36 :名無しのオプ:2008/12/31(水) 20:01:59 ID:xpiEeiCj
ゲーム板行け

37 :名無しのオプ:2009/01/06(火) 06:17:17 ID:9XPfvygL
派遣村って使えない?
他人同士が集まってスケジュール通りの生活をしてるという特殊な環境

38 :名無しのオプ:2009/01/10(土) 16:17:46 ID:eOIGkhKz
>>35
なかなか面白そうだけど、素人テキストというのがな、、、
もしワークシェアで残業減ったらやってみる。

39 :名無しのオプ:2009/01/25(日) 03:28:23 ID:YH4sXyDQ
携帯が普及してる2000年代でクローズドサークルを作るには
孤島で電波が通じないがセオリーかなあ。それが無理矢理感を
生み出してて興ざめなところが

40 :名無しのオプ:2009/01/25(日) 05:54:10 ID:NHJukVO/
電波は届くが大吹雪でどうにもならないで良いのでは。
ありがちだけど電話の向こうで推理する安楽椅子探偵とか。

41 :名無しのオプ:2009/01/28(水) 00:24:03 ID:P2Tf1O6f
携帯の通信も普通に使える状況下でサスペンスを演出しているという点で、
最近出た、芦辺の「彼女らは雪の迷宮に」が巧いと思った。
ただ、トリックに関しては…だったがね。

42 :名無しのオプ:2009/01/31(土) 12:02:36 ID:qDdF7+Vp
もっと大きく考えてみようか。
クローズとは、どれくらいの人数とどのくらいの面積の閉鎖された場所なのか。

43 :名無しのオプ:2009/01/31(土) 17:48:48 ID:ahRMUcXT
たとえば閉塞感ばかりが漂う現代日本。
これも立派な精神的クローズドサークルと言えるのではないか。

44 :名無しのオプ:2009/01/31(土) 18:12:37 ID:qDdF7+Vp
>>43
そう。
ある意味そんな感じでさ。

ちなみに、孤島とか山荘とかのベーシックな所から、どんどん規模が広がって行くクローズドサークルを見てみたいね。

つまり、クローズドサークルが連鎖して大きくなっていく形。

個室、部屋、屋敷、街、孤島、星、宇宙。
人、数人の人、人種、集団、派閥。

どんなストーリーになることか。



45 :名無しのオプ:2009/02/04(水) 16:42:58 ID:GcXQq+7x
流水っぽくなりそうw

46 :名無しのオプ:2009/02/10(火) 17:54:58 ID:YFwJLRiU
CCが連鎖するって、ちょっと想像しにくいな。
逃げたと思ったら、そこもCCってこと?

デスノートなんかは広範囲CCになるのかな。


47 :名無しのオプ:2009/02/10(火) 18:01:04 ID:YFwJLRiU
リングみたいなことかな。
最初は学生の集団だったのが飛び火していく。
だめだ、どうしても超常現象しか思いつかない、、、

48 :名無しのオプ:2009/02/10(火) 19:56:54 ID:ooDxXz51
ウィルス感染で隔離された地域の拡大とかになるんじゃない?
汚染されてないエリアの監視下のもと、感染地域内で殺人が…

まぁ、バイオテロ系とかだと面白くないか…

49 :名無しのオプ:2009/02/11(水) 14:28:46 ID:0nxffczF
雪の山荘もCCもイイですけど、交通手段や警察の科学捜査があまり発達してない昭和初期の村社会的なのもイイですよね〜

50 :名無しのオプ:2009/02/13(金) 22:49:18 ID:3UHhCyNG
人の変わりに携帯電話が破壊されるCC。


51 :名無しのオプ:2009/02/28(土) 11:23:54 ID:+jzr3A7g
ある行政区域単位で、医療過疎で外から応援が来ない夜の病院って、CCっぽい閉塞感がある。何もしないとみんな死んでくし、頭を使えば助かる(こともある)。限られた医療資源をどう効率的に回すか=誰に効率よく犠牲を割り振るか、決めないといけない。
職員は死なないからスレチだったらごめん。

52 :名無しのオプ:2009/02/28(土) 16:59:42 ID:+b6fzett
外から応援に来なくても救急車で搬送すればいいのであんまり関係ない
土砂崩れとかでどこにも行けないとかだったらCCだけど

53 :名無しのオプ:2009/02/28(土) 20:00:44 ID:sqYCu38O
人狼城はgdgdだからな
密室の鍵がいつの間にか開いてたことになってたり
あまりにも矛盾が多すぎた

54 :名無しのオプ:2009/03/07(土) 02:00:05 ID:2mGpdYCN
あげ

55 :名無しのオプ:2009/03/07(土) 18:47:27 ID:NRheCQg6
>>39
逆に携帯電話が利用可能な事を何らかのトリックに絡ませるって手もあるぞ。

56 :名無しのオプ:2009/03/15(日) 07:55:30 ID:X9oTb7bR
「あれ……電話が通じない……」
「おいおい、モジュラーケーブルがついてないじゃないか!」
「ええっ? さっきは確かに通じたのに……」
「冗談じゃないぞ、私は車で帰らせてもらう!」
数分後
「車のエアバルブをゆるめたのは誰だ! 全部の車が使い物にならなくなっているぞ!」

典型的だが、こういうシーンはやっぱ好きなんだよなぁ。

57 :名無しのオプ:2009/03/16(月) 03:22:01 ID:l/ru70z7
ああ、わかる。いいよね。
変に奇をてらわないで、そういう王道ベタ展開で面白ければそれでいいと思ってしまう。

58 :名無しのオプ:2009/03/17(火) 00:14:57 ID:MzJnf14f
「つり橋が落ちてる! くそっ、昨日の嵐に耐えられなかったのか…」
「しかし、それにしてはロープの切り口がきれい過ぎないか?」
「誰かが故意に落としたとでも言うのか!」
とかも。

59 :名無しのオプ:2009/03/17(火) 08:37:46 ID:OATH2SR5
「よく見ろ、このロープの切り口を。ほとんどほつれがない。つまり自然に切れたのではなく、
誰かが鋭い刃物のようなものでロープを切って、吊橋を意図的に落としたんだ」
「何ですって!!!」

60 :名無しのオプ:2009/03/17(火) 10:15:41 ID:d3zHeD14
昨日の午後ローでやってた「マインドハンター」って映画がクローズドサークルっぽい感じだった

61 :名無しのオプ:2009/03/25(水) 21:12:33 ID:Mezc+Hue
監獄島

序盤の殺人で
鍵の問題を閑却して密室殺人とは笑わせる
この作家のロジック無視どころか、長編を支えるに足る、構想力の絶望的なまでの無さに呆れたね

62 :名無しのオプ:2009/04/08(水) 22:34:14 ID:yigpVHGX
クローズド・サークルの古典代表作のように言われている、クリスティの「そして誰も〜」ですが、
発表は1939年なんですね。クイーンの「シャム双子」が1933年、こちらの方が早いので驚きました。
そこで質問なのですが、世界で一番最初に書かれた、クローズド・サークルテーマの作品は何なのでしょうか?
物理的クローズド、心理的クローズド、どちらでもかまいませんが、
この「警察や科学捜査が立ち入れない状況でのサスペンス」は、誰が最初にやったか知りたいのです。
正直、ドイルなどは小学生の時に読んだため全く覚えておりませんが、そういうのありましたっけ?

63 :名無しのオプ:2009/04/09(木) 14:04:40 ID:zHo4wj6L
>>62を読んでしばらく考えてみた。

『世界で一番最初に書かれた、
クローズド・サークルテーマの作品』というと、
雪に閉じ込められた家、理不尽な殺人、
次は自分なのではという恐怖……


小泉八雲の怪談「雪女」だな、うん。

64 :名無しのオプ:2009/04/09(木) 14:40:27 ID:U+VSUUJ9
>>63
あぁ!確かに雪女の最初の方も、閉ざされたサスペンスという点ではクローズド・サークルになりえますね。
あの話は閉鎖状況から解放されてからの騙しと、最後の主人公の悲劇という点では広義のミステリになるかもしれません。

あと、バークリーがシェリンガムシリーズの最終作として、孤島に探偵役たちが取り残されるという、
「Panic Party」(未訳)という作品を書いているみたいですが、これでも1934年なんですね。
どうも、駄作と言われているみたいですが、あの皮肉屋のバークリーがクローズドサークルをどのように料理したのか読んで見たい気もします。

65 :名無しのオプ:2009/04/09(木) 15:56:39 ID:zHo4wj6L
Panic Party、書影だと
船上パーティーが舞台のように見えますね。
この後ヨットが孤島に行くのでしょうか。
http://isbn.abebooks.com/lbr/0x/75/075510210x.jpg

66 :名無しのオプ:2009/04/09(木) 17:44:26 ID:2k/uqKGc
>>61
そんなあなたに加賀美雅之スレ。罵詈雑言のオンパレードだよw

67 :名無しのオプ:2009/04/10(金) 20:29:41 ID:Lp9kVtKJ
ミステリ初心者なんですけれど読んでおくべきクローズドサークルものありますか?

「そしてだれも〜」「星降り山荘〜」「十角館〜」は読みました。

68 :名無しのオプ:2009/04/11(土) 00:10:55 ID:FX2X7Lkr
>>67
西村京太郎「名探偵に乾杯」

ただ、あらかじめ「名探偵」シリーズの前3作を読んでおいた方が、より楽しめる。

69 :名無しのオプ:2009/04/11(土) 07:33:07 ID:9MttG+xZ
いや、「乾杯」はクリスティの「スタイルズ荘」と「カーテン」も読んでおかないと駄目だろ…。
>>67さんの路線が好きなら、同じく西村京太郎の「殺しの双曲線」をあげておく。

70 :名無しのオプ:2009/04/11(土) 18:37:33 ID:p9PXitWf
>>68-69
ありがとうございます。
読んでみますね

71 :名無しのオプ:2009/04/26(日) 11:09:51 ID:/XOG0aGi
じゃー、俺は少し変わったところで西澤保彦「人格転移の殺人」と「複製症候群」
をあげておく。
これで西澤にはまってくれたまえ。

72 :名無しのオプ:2009/04/26(日) 13:38:42 ID:9/PXon/5
シリーズ物のCGって好きになれる?
主人公とか最初から殺されないと分かる人物がいるから、どうも苦手。
どんなにトリックや伏線が凝っていても、CGで殺戮の緊張感が
ないと駄作と思ってしまう。
逆に緊張感さえ上手く表現されてれば、ミステリとして駄目駄目
でも傑作と思ってしまう。

それならホラーを読めばいいかもしれんが、CGの怖さは独特なんだよな。

73 :名無しのオプ:2009/04/27(月) 09:33:06 ID:YtLxYcFy
確かにそういう意味ではクローズドサークル物は、
ノンシリーズで書くのが一番かもわからんね。

74 :名無しのオプ:2009/04/27(月) 10:47:12 ID:ulIf8EgA
× Gircle
○ Circle

75 :名無しのオプ:2009/05/01(金) 16:18:46 ID:TOpdGoyn
>>72
じゃあ金田一少年とかもだめ?
あの漫画も結構クローズドサークルの事件多い


76 :名無しのオプ:2009/05/06(水) 23:21:05 ID:wZFZYXxB
>>75
うん、あまり読みたいとは思わない。
電脳山荘は評判よさ気だから、ブクオフで買ってみたけど、まだ読んでない。
でも設定は面白そう。

77 :名無しのオプ:2009/05/07(木) 09:35:44 ID:tgkD/nAP
折原一や乱歩のある小説を思い出したわ >電脳山荘
まあ、悪くはなかったけど

78 :名無しのオプ:2009/06/01(月) 21:57:08 ID:P9yPEp1e
CGがなんの略かしばし悩んだ。

79 :名無しのオプ:2009/07/07(火) 14:31:31 ID:4vNzeL3y
CG
Closed Girl
閉経女

80 :名無しのオプ:2009/07/26(日) 14:17:58 ID:3vsIy27m
新刊出ないね〜

81 :名無しのオプ:2009/07/28(火) 03:21:41 ID:P2/myEFw
『なつこ、孤島に囚われ』を
あれはミステリじゃないとか評する
レビューよく見かけたけど

やっぱミステリだよこれは
謎を解く鍵が「変態嗜好」ってだけで

82 :名無しのオプ:2009/07/28(火) 09:02:01 ID:MA4G8TsN
大倉崇裕「七度狐」って、まだ挙がってないんだね。
豪雨で孤立した村で起こる連続見立て殺人という、かなり王道な内容で
このスレにはぴったりだと思う。

あと最近出たCC物だと神郷智也「枯れゆく孤島の殺意」かな。
まあ出来としては可もなく不可もなくといった感じだけどね。

83 :名無しのオプ:2009/08/08(土) 18:27:36 ID:uSNZoxwu
映画「マインドハンター 」
は本格好きには堪らないよ

84 :名無しのオプ:2009/08/10(月) 06:07:02 ID:RYNTGHJ+
クローズドサークルの定義って何だろう
別に閉ざされた空間じゃなくても、
ここで人が死んでるんだから犯人はここに居たこいつらだって状況もかな?
外部との連絡が取り放題での雪山の山荘は?死体発見後すぐ警察が来たら?

85 :名無しのオプ:2009/08/10(月) 08:33:11 ID:yFIZdDtf
犯人が限定されて、物理的心理的に自由に出たり入ったり出来ないなら
ゴビ砂漠のど真ん中でもCC

86 :名無しのオプ:2009/08/10(月) 17:30:06 ID:AP51Cr72
警察や、外部の人間が来れるシチュはもちろんNG。
個人的には外部との物理的接触だけじゃなくて、連絡・交信すら途切れるのがいいなぁ。
犯人が確実に建物内部の者としか考えられない状況がたまらない。

「豪雪吹きすさぶこの屋敷の外に、犯人が3日間もいるとは考えられない・・・」
「!?・・・それって」
「そう・・・考えたくはないが、どう考えても犯人はこの中にいるとしか考えるほかないよ・・・」
バタンッ!
「ハッ!こんな殺人鬼がいるかもわからん奴らと一緒に寝られるか!俺はひとりで部屋に閉じこもって寝るぜ!」
「権藤さんッ!いけない。ここで一緒に夜を明かすべきだッ」
翌日、権藤死体

ク〜ッ、たまらんw

87 :名無しのオプ:2009/08/11(火) 05:00:26 ID:xeQpGguG
たまらんなw

88 :名無しのオプ:2009/08/11(火) 05:02:41 ID:xeQpGguG
てかもうギャグだなw

89 :名無しのオプ:2009/08/11(火) 07:18:46 ID:KqP1AlSI
権藤さんが閉じこもったあと、
ほかの全員が殺されるってのはどう?

90 :名無しのオプ:2009/08/11(火) 21:31:19 ID:7k8lAkRw
>>89
なるほど。
それで、生き残った唯一の人間=犯人とされるのを避ける為に戦々恐々な権藤さんの必死の真犯人捜しが始まると…うわ、なにそれすごい読みたい

91 :名無しのオプ:2009/08/11(火) 22:01:27 ID:i/RC5VyZ
クローズド内部で全員死んでいる状態で一人が犯人を探し始めるってわけね。
西澤保彦の「殺意の集う夜」もそうだったけど、これはまた違うパターンだね。
死亡フラグを逆に利用したってわけだ。

92 :名無しのオプ:2009/08/12(水) 17:55:34 ID:KvRL38Ml
5位の望湖荘の殺人て面白いの?アマゾンの評価は散々だったけど…
折原作品に慣れているとダメなのかな

93 :名無しのオプ:2009/08/24(月) 15:03:38 ID:hrdJbTA6
も う こ

94 :名無しのオプ:2009/08/27(木) 21:49:58 ID:3p+GppeZ
『星降り山荘の殺人』さっき読み終わりましたが
うーむ・・うむむ・・て感じ。
絶賛されてますよね?
自分がヘンなのかな。ちーとも面白くなかったんだもん。
読んでいてもワクワク感がなくてもう・・どうしようかと。
この作家さんの文体と、どうも相性が悪いみたい。

95 :名無しのオプ:2009/08/30(日) 23:39:32 ID:R6bYiPCI
松尾詩朗の「撲殺島への懐古」がおもしろかった

96 :名無しのオプ:2009/09/02(水) 22:38:25 ID:lalzS8KC
>>95
それバカミスなんでしょ?

97 :名無しのオプ:2009/09/17(木) 15:54:49 ID:u7VpYqhU
法月の雪密室(?)は何で入ってないの?設定的にはドンピシャやと思うんだが。

98 :名無しのオプ:2009/09/17(木) 23:51:23 ID:hoh1UMEM
法月といえば、密室教室だかなんだかそんなタイトルもあった
これもCCだろJK

99 :名無しのオプ:2009/09/19(土) 12:11:07 ID:pp9w0GKk
密閉教室ってCCじゃなくね?

100 :名無しのオプ:2009/09/19(土) 17:27:58 ID:sQL5eb4k
CCだろ。



高校生の「工」藤が同級生の死に「苦」悩する話だから。

101 :名無しのオプ:2009/09/22(火) 15:16:46 ID:WrefYETF
そのあと工藤は小さくされちゃうのか黒ずくめの奴等に

102 :名無しのオプ:2009/09/22(火) 23:16:07 ID:av8TULrq
>>94
わかるよ。
だってヘッタクソだもん。

103 :名無しのオプ:2009/09/22(火) 23:25:11 ID:98jFIlE4
だって〜だもんが許されるのは小学生まで

104 :名無しのオプ:2009/09/23(水) 00:11:34 ID:NKdMNOuD
>>88
TO LOVEるというマンガでネタにしてた

105 :名無しのオプ:2009/09/23(水) 21:52:59 ID:pfNwgZzl
>>97
雪密室読んだ
完全なCCではなく、第1の事件後に人の流出入があるけども、基本的に
容疑者は山荘の宿泊者の中だけだし、CCとみなしてもOKだと思う。
それに結構凝った構成&内容になっているし、一読の価値はあると思うが
どうだろう?

106 :名無しのオプ:2009/09/25(金) 01:07:44 ID:7NW+k5pz
「雪密室」はクローズドサークルではない
「人の流出入」があったら即該当しない
閉鎖的な舞台というだけで、本格に山ほどあるタイプ
足跡トリック付きフーダニットで、一読の価値はある

107 :名無しのオプ:2009/09/25(金) 02:36:46 ID:EUfVVZQo
俺はあれくらいの状況設定ならクローズドサークルに入れてもいいと思うな
まあ個人の主観によるだろうけど

108 :名無しのオプ:2009/09/25(金) 22:54:57 ID:7NW+k5pz
「あれぐらいから入れたい」という人も多いのかな?
俺の個人的な定義は「通りすがりの人間が介入する余地がゼロで、ある程度の広がりをもった犯行現場」
だから、パーティ会場での毒殺事件なんかは広がりが乏しくて該当しない。


109 :名無しのオプ:2009/09/26(土) 02:22:27 ID:M2/KawWd
明日から孤島パズルに挑戦します

110 :名無しのオプ:2009/09/26(土) 08:53:38 ID:xsQkdBjX
孤島は良いロジック

111 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 04:10:38 ID:XKKrPxW5
最近、椙本孝思の「時間島」を読んだ。
帯に「廃墟の無人島で9人を襲う、謎の連続殺人」
こうゆうの大好物w
ちなみに無人島のモデルは、長崎県の軍艦島だと思う。

112 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 05:44:34 ID:fj1nL4+G
>>111
面白そうだね
あと、アンソロの吹雪の山荘−赤い死の影の下にはCCじゃなかったけ?

しかし、このスレにカキコしてるひとたちで吹雪の山荘連続殺人とか
嵐の孤島連続交換殺人とかの同人作品書いたら下手な作家のCCより
絶対面白いのできると思うんだよなぁ。おれも密室ネタいくつかは
提供できるし。

113 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 10:37:31 ID:P+Rse6PR
>>111
内容はお薦めできそうなの?

114 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 13:41:55 ID:XKKrPxW5
>>112
>>113
主人公の携帯に「5年後の未来」の何者かが
「そこの無人島で殺人が行なわれる、阻止してくれ」
というメールが届き、疑いつつも殺人事件が起こっていく。

「未来からのメール」というSF的要素があり、推理物ではありません。
ミステリー好きな私は、楽しめましたけど
本格推理物を望む人にはお薦めしない、かな。

115 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 19:33:48 ID:UWPgSTHW
>>111
じゃあ次は松尾詩朗「撲殺島への懐古」をw

116 :名無しのオプ:2009/09/27(日) 20:29:45 ID:P+Rse6PR
>>114
ありがとう
文庫化したら・・・かな

117 :名無しのオプ:2009/09/28(月) 21:58:13 ID:a11274PE
「ナイルに死す」は船に電報が届くからCCではないのかな。


118 :名無しのオプ:2009/10/04(日) 23:42:10 ID:j7GjrqFT
やっぱり死ぬならCCの中だよな。
憧れる。

119 :名無しのオプ:2009/10/05(月) 18:19:20 ID:EP3jZ+gf
「最初に探偵が死んだ」蒼井 上鷹はCC?


120 :名無しのオプ:2009/10/07(水) 03:59:13 ID:3neSy/j8
折原一の猿島館の殺人もCCだね

121 :名無しのオプ:2009/10/09(金) 17:50:32 ID:nHcH2mRP
北山くにあきのギロチン城…映像化無理だろうw

122 :109:2009/10/09(金) 23:45:07 ID:wZ1kdri1
孤島パズル読了
話そのものは悪くなかったけど、メル欄がちょっとな〜とは思った
ほかの人はどんな評価?

123 :名無しのオプ:2009/10/10(土) 07:05:46 ID:a9yJiAZq
別に目覧はそんなに無理なわけじゃないんでない?

124 :名無しのオプ:2009/10/10(土) 13:24:11 ID:wNUJgOb1
>>123
絶対不可能てことはないけど、やっぱり「ちょっとな〜」と言いたい気持ちは分かる


125 :名無しのオプ:2009/10/10(土) 19:02:15 ID:3d+XJGF2
>>121
どうやったら猛邦をくにあきと読み間違えられるんだw

126 :名無しのオプ:2009/10/10(土) 20:31:47 ID:qj345ozK
>>122
おれも初読のとき、まずそう思ったわ
所謂新本格の先駆けとなった作品もそうだけど
ちょっと海をナメすぎなんだよなw

127 :名無しのオプ:2009/10/11(日) 01:24:18 ID:Y8JLpAtW
>>122
どんなけリスク背負ってやるんだい?と思うよな

128 :名無しのオプ:2009/10/11(日) 09:26:10 ID:06sejFq8
まあ殺人なんだからそれくらいのリスク背負ってもいいんでない?
手間やリスクを考えたら、そもそも殺人なんてしないけどw

129 :名無しのオプ:2009/10/11(日) 09:43:35 ID:zhTGP7Q4
くにあきw

130 :名無しのオプ:2009/10/11(日) 18:29:10 ID:pkZl6YiK
>>122
他の人が夜は絶対寝てると言い切れない状況であんな冒険できるか?とは思う。

131 :名無しのオプ:2009/10/12(月) 00:11:06 ID:rdu6GImK
殺しの双曲線は名作中の名作

132 :名無しのオプ:2009/10/12(月) 04:52:03 ID:+QBiMwhN
辻真先の「嵐の柩島で誰が死ぬ」もCC


133 :名無しのオプ:2009/10/12(月) 22:15:10 ID:5NBvS0S9
>>130
正論

134 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 08:07:49 ID:Ww52okIH
>>133
「獄門島」の犯人に「あんなことが動機になるかよ」と言うのも正論
「占星術殺人事件」の犯人に「そこまで凝ったことするかよ」と言うのも正論

俺は130の意見に異存はないんだが……
「孤島パズル」の出来はさておいて(無理があったとしても)、「正論」は勘弁して
本格を叩くための棍棒みたいに思えるんだ
わかってくれるかなぁ、この感覚

135 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 16:26:28 ID:qO8SwAuQ
まぁ、仮想の中でしか表現できないリアルってのも有だからな。
そうしないと物語が成り立たないのだから。わかる、わかるよぉ〜。

136 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 17:12:57 ID:Ww52okIH
>>135
サンクス
ここなら理解者いると思った
「クローズドサークルで人を殺す馬鹿がいるかよ」
そもそも、これが正論だからw

137 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 19:36:48 ID:aP6qHqWc
孤島パズルはロジックも見事だったけど、雰囲気が良かったわ
学生アリスで一番好き

138 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 21:34:39 ID:nwIuDtpw
>>134
動機とか行動とかに疑問点があるならともかく、トリック自体に疑問があると
やっぱり気になるけどなあ

139 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 22:04:41 ID:+MnGktp5
いや、孤島パズルのは疑問と言うほどのレベルじゃないでしょ
上でも言われてるが、あれが疑問ならほとんどのミステリは疑問になる
占星術みたいなこと出来ると思うか? リスクも山盛りだぜ?

140 :名無しのオプ:2009/10/14(水) 22:22:55 ID:Ww52okIH
ケースバイケースだよね
「無茶しやがって。でも、そこが面白い」
「無茶しやがって。やりすぎだろ」
判定は読んだ人によって変わるし、自分の基準が判らなくなることもあるw


141 :名無しのオプ:2009/10/15(木) 06:23:21 ID:umhscmwC
トリックの実現性や、状況自体を、肯定的に取るのも、否定的に取るのも有だと思うけどね。
肯定的に取れば、ちゃんとした本格ミステリの傑作も生まれる。
否定的に取れば、例えば東野の「名探偵の掟」とか、殊能センセーみたいな本格皮肉ったような物語も生まれる。
わたしはどっちも好きだよw

142 :名無しのオプ:2009/10/16(金) 00:29:20 ID:BJGYzz7n
>>122の目欄の場面を想像するといろんな感情が沸いてくるわ

143 :名無しのオプ:2009/10/18(日) 00:12:09 ID:FnCaUb5h
>>142
そこで読者の心に何が浮かぶかで、評価が違ってくるな
本格は、たいていそんな感じ

144 :名無しのオプ:2009/10/18(日) 00:48:41 ID:CwP6DKRg
みんな概ね孤島パズルには好印象持ってるようだね

145 :名無しのオプ:2009/10/20(火) 19:05:27 ID:k3tWqZsX
http://www.youtube.com/watch?v=7m58J5-N0Dw
翔くんの華麗なダンス♪

146 :名無しのオプ:2009/10/21(水) 00:02:52 ID:guD6EdKK
船もCCに入るんでしょうか?
「太平洋横断中の豪華客船で殺人が起こる」とか。
豪華客船なんで、結構な人数いるけど、
例えば、800人収容可能の船で、一日に100人ほど死んでいったら、
結構怖くて面白そうじゃない?w
駄目かw

147 :名無しのオプ:2009/10/21(水) 01:11:25 ID:6KwXkgLa
>>146
船は立派なCC
ニコラス・ブレイクの『メリー・ウィドーの航海」など
100人も死んだら面白くないでしょ
本格らしからぬ結末にしかならない

148 :名無しのオプ:2009/10/21(水) 19:26:22 ID:HdyQ6qXz
>>146は清涼院流水。

149 :名無しのオプ:2009/10/21(水) 22:39:02 ID:Gry6iiJI
西村京太郎の「殺しの双曲線」を昔、火曜ミステリーか土曜ワイド劇場かで見て
めちゃくちゃ面白かったのを鮮明に覚えてる。
当然その後に本でも読んだ。

「殺しの双曲線」は日本のCCの金字塔だろうね

150 :名無しのオプ:2009/10/22(木) 00:04:11 ID:cACa9Xzz
>>146>>147
っ天帝のみぎわなる鳳飛

151 :146:2009/10/22(木) 21:57:35 ID:fQ1hTpKF
船はCCか質問した者ですが
やはり、そうですよね。
タイトル挙げてくれたので、
本屋寄ったら見てみます。
ありがとう。

152 :147:2009/10/22(木) 22:57:38 ID:8RaUDkK+
>>151
「メリー・ウイドーの航海」はハヤカワミステリ文庫だけど
ずーっと絶版品切状態
デイリー・キングの『海のオベリスト』とか
ピーター・ラヴゼイの『偽のデュー警部』とか色々あるけど

西村京太郎の『名探偵が多すぎる』が手ごろで楽しめます

153 :名無しのオプ:2009/10/22(木) 23:51:08 ID:O1mHnx9b
船上ミステリというと期待して読んだ「タイタニック号の殺人」は
がっかりしたなあ

154 :名無しのオプ:2009/11/03(火) 03:51:44 ID:1dC8l/Gd
今、はやみねかおる の赤い夢の迷宮を読んだ

割と本格的なCCだったけど、
なぜかあんまり怖くなかったなあ
普通、俺が深夜にこの手のものを読むと
トイレに行くのも怖くなるもんだけど、
結構平気だった

シュールでいい意味で馬鹿馬鹿しかったから、
つい一気に読んでしまったが

155 :名無しのオプ:2009/12/13(日) 21:11:21 ID:Dmy1gTkd
一ヶ月以上書き込みないのかorz
自宅の本棚にCCモノしか存在しない俺は完全な病気。

156 :名無しのオプ:2009/12/14(月) 21:15:24 ID:1be0qqVx
このスレ好きだからちょくちょく覗きに来るんだけど
書き込むネタが無いんだよねorz

157 :名無しのオプ:2009/12/18(金) 16:15:18 ID:GCQPms/2
ミステリ小説はニュー速で語ると凄い
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1261118718/l50


158 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 21:34:07 ID:JVIWBkpm
「十角館〜」は秀作と思うが、あのトリックだと映像化は難しいだろうな

159 :名無しのオプ:2009/12/21(月) 23:37:10 ID:13aqknj6
>>157
こういうスレでネタバレ落とされても、
いざその作品を読むときにはネタバレされたことを忘れてるから問題ないんだよな。

160 :名無しのオプ:2010/02/01(月) 20:53:25 ID:4xLlhQHu
CCの新作なんかないのかよ
読む本ねー

161 :名無しのオプ:2010/02/12(金) 13:49:01 ID:c2JB1y9V
クローズドものって人気ないのかね〜


162 :名無しのオプ:2010/02/16(火) 17:40:33 ID:m2oE30ZS
インシテミルが映画化されるみたいだ

163 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 14:57:17 ID:ZsKbphdl
謎解きとかよりも
登場人物たちが疑心暗鬼になったり殺しあったりするのを読みたいんですが
そういうのってミステリとは言わないんですか?

164 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 17:43:26 ID:sXC/K2Mv
サスペンス寄りな気がするが普通にミステリじゃないの?

推理する余地があるなら、だが。

165 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 17:51:37 ID:tf80gXu3
その部分だけ取ってもミステリとは言わないな…蝿の王とか入っちゃいそうで寧ろホラーの領域
疑心暗鬼は良いが殺し合いまでいくとなると犯人以外のキャラも殺る気を出さなきゃいけないので難しい
ミステリでも「複製症候群」とか「ラミア虐殺」とか探せばあるかな

166 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 18:17:19 ID:ZsKbphdl
>>164
求めてるのは心理描写なんで推理余地は有っても無くても
自分でもサスペンスかなと思ってたんですが小説のジャンルでサスペンスってあんまり聞かないですよね?
で、最近バトル・ロワイアルがこのミステリーがすごいってので紹介されてたと聞いたんで
こういうのも全部ミステリ扱いなのかなと
映画だとサスペンスってジャンルに分類されるんでしょうけど

>>165
殺し合いは無くてもいいんですけど
謎解きより疑心暗鬼の心理描写メインの読みたくて
スレチじゃないなら、お奨め教えてもらいたいなと思ってたんでありがたいです


167 :名無しのオプ:2010/02/19(金) 20:02:20 ID:tf80gXu3
心理描写だと「ラミア虐殺」は微妙かな…「殺される前に殺す」という普通じゃない連中ばっかなんで
「そして誰もいなくなった」は推理より疑心暗鬼の描写をメインにした開祖的作品なんで押さえておくべき
あとは上のほうに有るテンプレ?リストから適当に探されてみては如何かな
他にもフリーゲームのADVって「かまいたちの夜」に影響された作品も多々あるからそういうのも良いかも

若竹七海「八月の降霊会」がリストに載ってないな…あれクローズドサークルじゃなかったっけ?

168 :名無しのオプ:2010/02/20(土) 00:20:08 ID:95sYQiWE
外界からの介入が一時的に遮断されてる中で殺人が起こる小説をクローズドサークル
と呼ぶのを今日初めて知ったwwwwww
このスレで上位に入っている殺しの双曲線も綾辻のも折原のも西澤のも東野も
岡嶋のも図書館になかった…アリスのは全部読んで綾辻の館ものも読んだので
あとは買うか諦めるか他のおすすめCCを教えてもらうくらいしかなさそうです
絶版ってわけじゃないですよね?あとKillerXとか関田涙の蜜の森の凍える女神ってCCじゃないんですかね?

169 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 11:45:50 ID:Tg6VvGNj
森博嗣のそして二人…?面白いよ。登場人物6人だけw
こと細かい推理はないけど

170 :名無しのオプ:2010/02/21(日) 12:29:43 ID:A2m6SObY
三毛猫ホームズの騎士道(赤川次郎)
シリーズ探偵が中にいるので全滅の緊迫感とか無いのだが…ミステリとしての満足感は得られます


171 :名無しのオプ:2010/02/22(月) 17:23:58 ID:3nBxk0ey
「見えない精霊」は一発限りのいい意味でのバカトリックが炸裂する傑作

172 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 13:32:00 ID:TLKK1wdY
>>167
亀レスですが
そして誰もいなくなったは読んでます、数年前にも読み返しました
図書館でテンプレ1位の殺しの双曲線と名前で監獄島っての借りてみました
どっちも面白かったけど求めてた要素はあんまり
ラミア虐殺は取り寄せ頼みました、この2冊よりは期待してます


173 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 13:57:53 ID:ccu6MFLn
いやラミアはたぶんお前さんの期待の斜め上をいくと思うからどうかと

174 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 16:36:02 ID:mejOxAnL
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1244866754/

先にこのスレの115以降を読んでいれば……。

175 :名無しのオプ:2010/02/27(土) 18:41:04 ID:ccu6MFLn
この流れでそれを貼るのも完全なネタバレになるのでどうかと思うな

176 :名無しのオプ:2010/02/28(日) 08:13:45 ID:BMjFXn5Y
監獄島は萎える要素が多すぎる
加賀美は前作だけ読めばおk

177 :名無しのオプ:2010/03/16(火) 04:52:08 ID:BH4nZxWu
ガイシュツだったらすみません。
近藤史恵さんの「凍える島」を読んだ方いませんか?

紹介文を読んだら、孤島がテーマの
クローズド・サークルっぽかったので気になっています。



178 :名無しのオプ:2010/03/16(火) 23:22:10 ID:8ZEVU4Iu
いま手元に無いのでうろ覚えだが…あんまり人は死ななかったような気が?
デビュー作らしく若書きの青臭い文体がちょっと鼻につくが孤島ミステリとしては十分面白かった
題名通り登場人物らが凍えるシーンが滑稽にして悲惨で印象に残っている
あとそれ以上に事件の解決の仕方がバッドエンド過ぎて忘れられん


179 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 02:15:29 ID:14OR5QvJ
>>177
確かカルト団体が出てくる孤島ものだったかと

180 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 06:24:25 ID:11j3pHmw
『アリス・ミラー城』殺人事件読了
十角館と同じくそして誰も〜のパロディで島に呼び寄せられた探偵たちがバッタバッタと殺されていく作品
実はたまたまこの小説のネタバレを目にしていたのでフェアな読書とは言い難かったのだが
出来れば無垢な状態で読みたかった…
(まあその場合は倉阪鬼一郎の『四重奏』を読んだ時と同じような読後感だと予想される)
キャラの書き分けは出来ており各章の扉に描かれたチェス盤で生き残り人数が示される親切設計は良いね
ただ第二の殺人が起こったあとの証言で犯人の目星がつきそうなのにそこを検討しない探偵たちに違和感を感じた
ギロチン城も読んだがこの作者って探偵=アホの子にしか描けないのかしらん

181 :177:2010/03/18(木) 14:29:55 ID:GtIdsXPQ
>>178
>>179
レスありがとうございます。
バッドエンドは後味悪そうだけど、読んでみますね。

182 :名無しのオプ:2010/03/18(木) 20:55:45 ID:11j3pHmw
必殺仕置人15話「夜がキバむく一つ宿」
某藩のお偉方を仕置きした念仏の鉄と棺桶の錠、江戸へ帰ろうとするが土砂降りで足止めをくらい山小屋へ。
先客は鳥追い女、薬売り、百姓、飛脚、坊主、あとから商人、侍とその妹、老職人が小屋に立ち寄ってくる。
実はこの中に、鉄と錠の仕事の最中に藩の密書を盗み出した幕府隠密が紛れ込んでいるらしい。
それを追う藩の刺客もまたこの面子の中に潜み、隠密に当たるまで一人ずつ小屋に居る人間を殺害していく…。

別にミステリじゃないので刺客の正体はハナから明かされてるし、隠密が誰かもすぐ割れるのだけど、
CCモノの雰囲気が短い時間の中に濃縮されてるので、機会があればご覧になっては如何かと。

183 :名無しのオプ:2010/03/19(金) 00:14:40 ID:SLIh3pdU
>>180
>ただ第二の殺人が起こったあとの証言で犯人の目星がつきそうなのにそこを検討しない探偵たちに違和感を感じた

禿しく同意!!!
スゲーくだらなかった

184 :名無しのオプ:2010/03/29(月) 19:05:23 ID:PGkHruU4
ラミアの感想どうだったんだろ
取り寄せまでして絶対後悔してるんだろうな

185 :名無しのオプ:2010/04/01(木) 22:53:47 ID:dTRaQ6pn
レスが無くなったってことは
このスレで聞いても希望どうりのものは見つかんないと思ってもう読んでないんじゃないか

186 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 06:27:24 ID:ge+mHVE1
個人的にクローズド・サークルで出来たらやめてもらいたい事

1…やたら古典ミステリの題名を挙げてのトリック談義(緊張感がなくなります)
2…犯人だけが使える秘密の抜け道
3…実は犯人が1人や2人なんてもんじゃない大掛かりな組織犯罪だった
4…通常の登場人物外の犯人(叙述トリックは嫌いじゃないんだがCCでやられると肩透かし感が半端ない)
5…実は作中作、もしくはお芝居でした(メタミステリも嫌いじゃないんだが((ry
6…あまり人が死なない、もしくは多数の登場人物が生き残る

まぁそこまで好みにあった作品を探すの厳しいし、これらの点に触れてても面白い作品もあるからあくまで理想ね

187 :名無しのオプ:2010/04/03(土) 09:31:05 ID:ata5d4wm
1と5以外は尿意

188 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 10:05:21 ID:LcGgDNZk
映画だけどシャッターアイランドはCC?

189 :名無しのオプ:2010/04/10(土) 14:39:09 ID:+cT6HpxX
自分>>186みたいなこと書き込んどいてなんだが
きょう三津田信三「作者不詳」の作中作「朱雀の化物」「首の館」を読んで激しくやられた
テン・リトル・インディアン物を1本書くだけでも大変そうなのにこの短さで2本も書き上げるなんて凄すぎるw
完成度の高い朱雀〜は40ページもないので読み返して伏線を確認するのが楽でいいわ(人狼城の何分の1だ)
推理する暇も与えず凄い勢いで人が殺されて残されたテキストで外部の人間が謎を解くのは短編向きの題材なのかも
全面改訂された文庫版が出るらしいが全編の最後のオチ(ありがち過ぎて連作の価値を落としてる)が改良されてるといいな
あと80年代のパソコン通信事情がわかりづらいのが玉にキズ

土橋真二郎「殺戮ゲームの館」 山口芳宏「妖精島の殺人」が気になってるんだが読んだ方いますか?

190 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 01:34:51 ID:M7hs5Au2
>>189
土橋真二郎「殺戮ゲームの館」はあくまでサスペンス重視で本格要素を期待すると×
山口芳宏「妖精島の殺人」はトリックは大掛かりで悪くはないけど、
それ以外の部分(動機設定とか)が適当すぎる

二作とも駄作とは言わないまでも大きな欠点があるので、
ある程度割り切れるのであれば、それなりには楽しめるんじゃないか


191 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 04:53:26 ID:XWqBX33r
報告乙です!
登場人物同士のせめぎあいが好きなので少々本格要素が足りなかろうがOKです
漫画の「Doubt」みたいなのじゃなければ(アレはちょっと酷かった)
妖精島はどうしよう…新書の上下巻はハズレだった時のダメージが大きいんだよな

192 :名無しのオプ:2010/04/11(日) 11:37:28 ID:wm/4qyGq
>>191
最近出たもので、クローズド・サークル物で当たりだったのは門前典之「屍の命題」かな。
トリックもさることながら、事件の真相があまりにもぶっ飛んでるw
もし上下巻みたいな厚さに躊躇しているのであれば、こちらをどうぞ。

193 :名無しのオプ:2010/04/13(火) 00:00:08 ID:8jHstgBf
霧舎巧ってどうよ?

194 :名無しのオプ:2010/04/14(水) 18:27:53 ID:F8O1RSiK
CCに何を求めるかにもよるが、個人的にはお勧めできない。

1.設定は確かにCCだが、主人公含むレギュラーメンバーが必要以上に多く、犯人ではない+絶対に死なないとわかりきっている為、緊張感に欠ける。
2.閉鎖空間で人が次々死んでも「窓ガラスが割れたか」ぐらいの反応で緊張感に欠ける。山田悠介の小説より人の死が軽い。
3.レギュラーメンバーに危険が迫った時限定で全員必死になるが、前述の理由により生存確定なので茶番もいいところ。むしろ一人ぐらい死ねばいい。
4.一人ぐらい死ねばいい、とか思ってしまうくらい主人公含むレギュラーメンバーが不愉快。会話、独白などの心理描写に好感どころか嫌悪感を覚える。

195 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 22:37:16 ID:XE4mz7ip
霧舎巧・・・題名に惹かれて「ドッペルゲンガー宮」を発売当初に読んだなあ・・・。
感想は、おおむね194に同意。(特に4番)
もちろん、その頃はレギュラーメンバーとかわからなかったんで、1番は思わなかったけど。
んでも、当時他に読むもんないから「カレイドスコープ島」も買った。
読んだかどうかは忘れた。

196 :名無しのオプ:2010/04/15(木) 23:06:14 ID:EO/hd0CV
読んだ事ないが
第一作で《あかずの扉》研究会メンバーが八割がた殺されてその後は年を経るたびに
新入部員加入→絶海の孤島や雪の山荘で合宿を行っては全滅寸前→生き残りが先輩になって以下ループ
というCCならぬ殺人サークルなシリーズぢゃなかったのか(…ファンの人いたらごめんなさい)

197 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 01:56:20 ID:4W7ve81k
霧舎のあかずのとびらは有川の図書館戦争OKなら読める
名探偵はなんたらかんたらとかいうのの一作目はおもしろかったような

198 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 20:15:05 ID:R3UpNrlQ
霧舎の初期作品でレギュラーメンバーの女と主人公が閉じ込めれれて
女がシャボン玉を吹いてる描写にゾッとしたわ
気色の悪い打ち明け話されて、頭のおかしなヒロインが何やらペラペラ緊張感もなく

199 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 22:49:01 ID:0wrb+WHf
>>198
そこ覚えてるw
ちょっと寒気がした。

200 :名無しのオプ:2010/04/16(金) 23:57:58 ID:yoKtgvOz
シャボン玉の勇気だっけ。何とも言えない気分で読んだ。何気に俺も覚えてる。

201 :名無しのオプ:2010/04/17(土) 04:14:23 ID:8HPgbRi3
このスレ的にまほろはどうなの?
天帝の二作目はいけたような気もするが・・・他は・・・・・・・

202 :名無しのオプ:2010/04/20(火) 22:37:48 ID:UJO++exH
「死の命題」を読んだけど「屍の命題」は改稿されて内容はちょっと変わってるのかな?
気になったのは最初の殺人が起きた時に警察へ知らせなきゃというお約束のやり取りが欠けてた部分
積雪40p国道まで車で3時間の山道をロクな装備ももたず歩くのは厳しいとしてもいったんは検討して欲しかった
ちなみに映画「姿なき殺人者」では雪の山荘を脱出した人らはロープウェイ落とされたり断崖でザイル切られたりしてましたが
ミステリとしては偶発的な要素が多すぎるけど>>186の難点はほとんど回避されてるというのは好印象かも
心臓の弱い推理作家の記述パートが無駄に脱線せず事件に対して真面目に考えようとしてるのが良かった
そしてラスト2人になった時の展開が斬新でこれだけでもこの作品読んだ価値はあったと認めます
カブトムシの正体は半ば予想はしてたけど何してたかという部分については…口あんぐりでした

203 :名無しのオプ:2010/04/21(水) 02:29:01 ID:3b2yPImu
>>202
カブト虫の真相に関しては自分も口あんぐりだったw
そしてその後に明かされた事件の構図に至ってはもう絶句するしかなかったw
とりあえず今年読んだ本格に限って言えば、間違いなくベスト1だったわ。

204 :名無しのオプ:2010/05/13(木) 21:43:06 ID:33ziDckE
あげ

205 :名無しのオプ:2010/05/22(土) 12:30:19 ID:jOERvlcs
wowowでやってたハーパーズアイランドなかなか面白かった

206 :名無しのオプ:2010/05/25(火) 00:47:47 ID:mUEUwT8E
>>205
島に閉じ込められた25人の容疑者の中に犯人が必ずいるの?
次々殺されていって面白そうだからDVDレンタル開始されるの待とう
って13話もあるのか!


207 :名無しのオプ:2010/05/28(金) 18:41:57 ID:urfGB2ZC
>>193
霊能力があるって前提で推理するのは、もはやミステリではないと思ってる
なのに、幽霊はいないってことになってるんだよね、あかずの扉シリーズ

208 :名無しのオプ:2010/06/03(木) 08:42:03 ID:OoH/Lz3v
時間島読んだ
上のほうで本格でないと書いてあったんで真相に迫る伏線が欠けてるとかは気にならんかったが
(まぁある程度予想はつくし開祖の『そして誰も〜』も余計な推理部分をそぎ落としてるとこが好きだし)
屋上での(メル欄)についての説明がぞんざいすぎるぞw
けっこう楽しめたが終盤の主人公の行動が意味不明だな

209 :名無しのオプ:2010/06/05(土) 15:23:58 ID:EBXtf5nx
合作の吹雪の山荘読了
シリーズキャラあんだけ投入するなら事前に「他の作者が殺してもOK」の取り決めをしとけば有栖川の処置は簡単だったのに
ともかく笠井潔からスタートしたのがミステリとしては失敗だったと思います(パロディ小説としては楽しめた)

210 :名無しのオプ:2010/06/12(土) 15:24:33 ID:HZXxQtXy
しかも笠井の次が岩崎だもんなぁw

211 :名無しのオプ:2010/06/24(木) 00:37:26 ID:YB4hBMz6
3DSバイオ新作は閉じ込められた船内という設定らしく。
ちょっと楽しみ。

212 :名無しのオプ:2010/07/18(日) 12:06:50 ID:rT57ZV+A
非常に不謹慎だけど・・・
豪雨で土砂崩れが起きて地域が孤立というニュースを見ると、
現代でもCCは可能だと思ってしまった

213 :名無しのオプ:2010/07/27(火) 13:41:53 ID:wYhNFLVq
死闘館
初版:2010年6月30日
仕事や恋愛に行き詰まりを感じて、ニュージーランドへ旅立った刑事・城島。
かつて事件捜査で出会った格闘家のガトロ・スチュードたちと、ガトロの祖父で
一族の長テ・ケレオパの邸宅へ向かうことになった。
その人里離れた山奥に佇む日本家屋には一族が呼集されていたが、
嵐と火山噴火によって屋敷が孤立したのと同時に、一族の男の扼殺死体が発見された……。
気鋭が満を持して放つ初長編。たくらみに満ちた瞠目の傑作本格ミステリ!


        なんか面白そうやね

214 :名無しのオプ:2010/07/27(火) 22:56:21 ID:db0wZU3k
>>213
面白そうではあるが、火山噴火というとんでもない状況下で
推理して犯人探しができるのだろうか

読んだ方いましたら、感想よろしく

215 :名無しのオプ:2010/08/01(日) 23:23:02 ID:PIrQrTyH
格闘家をCCに閉じ込めて戦わせたいってのは
格ヲタを兼ねるミステリヲタの夢想ではある

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)