5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【護摩】験力ある密教行者【浴油】

489 :ランボー法師 ◆uIU6J7Th0Y :2010/06/19(土) 06:27:17
【法力】世にも奇妙な物語【験力】 母性の執着

 生まれて十三ケ月になる赤ちゃんが、ある夜突然狂ったように部屋をはい回り、空を見つめて唸りはじめたのです。
顔は青くなり震えも加わり、このままでは死んでしまうと、親はとるものもとらず、総合病院へ連れてゆきました。
その場にいたお祖母ちゃんの電話で、すぐに延命術を修しました。
二時間も過ぎたでしょうか、またお祖母さんから電話がかかってきました。
「孫もお陰様で、落ち着きました。とりあえず、◎◎病院に入院させました。
またこのようなことが起きたらと思うと、心配で、どうしたらよいでしょう」と言うのです。
「明日子供のそばを離れることができるようでしたら、その子の親と一緒にきてください」と告げました。
翌日きましたので、赤ちゃんに憑依した霊を供養するためお参りを始めたら、その憑依した女性の
霊が言うには「この家の先祖に私の子供を取られたの。
この赤ちゃんが、その子ととても似ているので、自分の子のかわりに、連れてゆくの」と言うのです。
連れて行かれては困るので「観音様が止めに行かなかったかい」と聞くと「来ました。連れて行くことは
悪いことだから止めるように、何度も説得されたが、どうしてもこの子が欲しい」と「分かった。
では貴女の子供(チョンマゲ時代の人だから子供が寿命をまっとうしても、生きていれない年月が
経っている)をここに連れてきて、一緒に供養をするから、この赤ちゃんを連れて行かないでほしい」
「分かりました」そのあと、その霊の子供の霊を呼んで供養をしたら、喜んで霊界に旅立っていった。
一週間程経ってお祖母さんから電話がきた。「先生困りました。
孫が元気すぎて親を寝かせないので、寝不足でまいっている」と。
 仏様は、私達の願いを適えるため、身をこにして、動いてくださいます。その事実をしったら、感謝せずにはいられないのです。
 護摩についての解説は、いろいろな本が出版されているので読まれた人もいると思いますが、ここでは私の感じている護摩についての、お話しをします。







207 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)