5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

出雲大社 その7

45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/06/13(土) 19:58:16
>>41
その話は古事記にもある。

その両親は、その男の素性を知ろうと思って、その娘に教えて、「赤土を床の前に撒き散らし、
つむいだ麻糸を針に通して、それを男の着物の裾に刺しなさい」と言った。
そこで、娘は教えられたとおりにして、朝になって見ると、針につけた麻糸は、戸の鍵穴から
抜け通って出て、残っている麻布は、糸巻きにただ三巻だけだった。
それで、即座に、男が鍵穴から出て行ったということを知って、糸を頼りにたどって行くと、
三輪山に着いて、神の社のところで終わっていた。

古事記 日本古典文学全集 小学館

<男が鍵穴から出て行ったということを知って>
蛇なら穴があれば出て行けるだろう。
大国主神は蛇の化身(日本書紀)

253 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)