5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

悟り

1 :部外者:2008/03/20(木) 17:23:59
非常に簡単なことであり、非常に難しいことでもある。
では何故悟れないのか?

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/20(木) 17:26:45
悟れないものは、俗欲に支配されているものである。

おまえ。おまえだよ

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/21(金) 23:49:07
おれは全て、この世のあらゆる全ての識を悟った。

なんでも聞いてくれ

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/21(金) 23:56:54
なぜウンコをするのですか?

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/22(土) 21:00:06
>>4
大腸がウンコに執着することを捨てたからだ。

そのぐらいワカレ!おまえのような宿便君には理解できないだろうけど


6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 20:28:58
ウンコで悟るスレなんですか?

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 22:29:56
蛇行は無いものを有ると思いこんで
理解している気になっている
ここに来るのはまだ早い


8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/24(月) 15:58:42
スティーブンソン
「鏡は悟りの具にあらず、迷いの具なり」

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/25(火) 21:24:25
あたま悪すぎるwwww

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/26(水) 16:17:32
霊波之光を求めることです。

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/26(水) 17:12:04
Qは生まれたのではなく、存在しつづけるものである。

お前らは勘違いしている。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 03:56:33
Qちゃんは、えーと

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/31(月) 19:21:32
小五ロリ

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 16:54:49
悟りとは、何事にも執着しない有様だろう、

知識や意味をもつ時点で執着となることを知れ。
おまえの意思すら執着になる、感情で動く君には理解できない


15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 16:55:21
それは違うな

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 17:02:30
なぜ精子を出すんですか?

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 19:57:06
オナニーするのは?

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/04(金) 23:38:40
悟ったからです

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/13(日) 19:24:22
悟り後には、執着が無くなる、というのは嘘です。執着はあります。
ですが、その執着には、振り回されなくなるという事です。悟りが開けた
から、神様のようになる訳では、ありません。又、神通力が、備わる
という事でも有りません。

殆ど能力的には変わる事は、無いみたいです。ただ悟る前には、深い
悩みに、悩ませられていて、何時も、頭の中が、パニクッテいたことからは
脱出出来ました。頭は何時もスッキリしています。安心感は有ります。

動ずることが、殆ど無くなりました。世の中の原理、原則が判るように
なるために、先の執着に付いても、色々の配慮の上での執着という事に
なります。執着だけで、行動したり、悩むということは、有りません。

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/18(金) 09:12:52
1000まであと

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/25(金) 07:53:54
何もかも無くしたら、私が己になった
後は悟りなんか捨てて、自然に生きるんだろう

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/26(土) 04:00:19
悟りましたと言って2chで教祖を始めるネラーが多くなった

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/26(土) 11:23:42
インチキだから拘わるな。坐禅のスレが安全!

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/26(土) 20:36:39
インチキって、鬼和尚を名乗っている御仁?

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/26(土) 21:46:01
精神世界で癒される第37章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1206356877/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。
どなたも、癒やされますよ。
ひとっぷろ、どうですか?


↓ ここも、語り手を、つのっています、<(_ _)>
公案に参禅

坐禅と見性第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205841481/

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/27(日) 04:26:00
俺も最近までハマッテいたけど
ネットでどこの誰だか知らない人に教わるより
坐禅会に行った方がいいのかなと思っている。

ネット情報は無料で入るけど、
2ch指導者は、人生とは何ぞやということより
これをすれば幸せになれるということばかり教えるから
ふっと気が付くと、知識魔になって、
知識を満足させることに目的をすり替えてしまうんだ。

原始仏教こそ本当で、禅も他もカスだからと言う概念で教えるから、
壁を見れば済むことを、今回はこの業、次回はこの業と増えていく
そういうスレに来ている禅をやっているだろう人達が
本来無一物の自分に帰るだけだって説明してくれるまで
知識魔になって、結局は我を強化していただけかもしれない。

スレで叩かれまっくている禅の人の話を聞けただけ良かった。
切羽詰まっているときは、美しく美味しくみえるんだよなあ原始仏教




27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/27(日) 04:30:37
>>22-25さんにでした。
つい楽しくなって、気が付けば知識だけの増上慢でしたよ。

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/27(日) 04:46:02
>>19
いいですね。
こころも、すずしかりけりなんでしょうね。
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪冴えてすずしかりけり」
素直に表現しているだけなのに、本当に綺麗な歌

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/28(月) 06:47:13
自分自身を、もっと、もっと掘り下げろ。心は二心ある。
その二つとも自分自身だ。その二つが分かれるその時だ!
無意識から、意識に戻るその時だ!

30 :いち:2008/04/28(月) 08:42:22
時間は俺

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/28(月) 21:03:40
深い悩みが、それを、教えてくれる。深い疑問が、それを、教えてくれる。
その問の中に答えは有る。

その問と一つになった時、その問い自身が、答えを出す。それは、自身の
「全存在からの、答え、自分が、自分の、全存在を摑む時。

自分で問題を提起して、自分で答えを出す、それが「公案」

32 :いち:2008/04/29(火) 05:45:32
昨日、山に登ると見知らぬところに桜が咲いていた。
ふっと、道元師の句を思い出した。

春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪冴えてすずしかりけり

こころは微塵も動いてなくて、山そのものから見た風景だと思った
完全な不動心。全的視野。実は、区切り無く一体化された時空。
ただ綺麗だとしか思っていなかった句に恐れ入った、
山に、日本に仏教を残してくれた人々に頭を下げた。



33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/30(水) 19:46:08
仏教だと思ったら、
自称鬼和尚の自己流仏教ごっこをやっていた、

という話。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/30(水) 22:23:35
何だったんだろう、あそこの教祖は。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/02(金) 06:46:17
生死の問題に悩まされました。生死の問題を解決できました。それは
生死を超越したと言うのかもしれません。「平常心」が分かるようになりました。
それは、自分の死の時でも「平常心」である,という事かも知れません。

本当はその時にならないと、判りません、でもそれは、どうでもよいことです。
心が何者にも縛られない事、心を縛っていた手かせ、足かせから、開放される
その事は、全く、人間としての自由を得るという事です。

世の中の原理原則を理解する事、と因果の世界に落ちないと言うことは
自然と、自分を、別の意味で、自分を規制しています。ですが、その規制
というものには、ストレスがありません。その規制も絶対のものでは、
無いからです。どうしても、やりたい時は、「因果応報」を覚悟すれば
本当は、何でも出来るからです。

ただ、その「因果をくらませない」という事が、判った以上、やっぱり
自分は自由なのだと思います。因果の世界に落ちる自由も、落ちない自由も
両方、わかるからです。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/02(金) 12:22:14
災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候
 死ぬる時節には死ぬがよく候
これは災難ののがるる妙法にて候

              良寛さん

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/02(金) 22:43:05
81 名前:鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage] 投稿日:2008/05/01(木) 21:00:02 ID:xQ/w8NsA
>>16 わしらはチーム鬼和尚。
 やがて世界が目覚める先駆けとなる者達じゃ。
 おぬしも入るが良い。

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/03(土) 01:14:52
523 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM [sage]:2008/03/24(月) 21:51:45 ID:XZXXJgTR
 わしは小学校の先生ではないから、生徒の質問に全部答えてただ知識を与えたりはしないのじゃ。
 知識を与えるのではなく、道を行く事を教えるのが真の導師というものじゃ。
  
 ダンマパダを読むのじゃ。

 そして、ネットマナーとかも学ぶが良かろう。

   >>483 まだまだこれからがわしの2ちゃんねる鬼和尚伝説の始りじゃ。わっはっはっは。

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/03(土) 17:06:29
空海も法然もスマナサーラも越えたと豪語している御方だから、
そっとしといてあげなよ。悟後の修行は大事なんだろうね。

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/03(土) 18:46:44
あんな精々、初関を通った程度の幼稚な人間に教わる姿は滑稽だな。

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/03(土) 19:11:28
ただのお笑い

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 06:10:39
道に達する事は、簡単な事、只好きと嫌いを共に
区別しない事。いい事も、悪いことも、ありがたく
頂戴する事。

それを、二つに見る事が、迷いの始まり。
それを、一つの事として、見る事が「道」

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/15(木) 07:08:38
神経症になれば、悟りを開くチャンスが10倍くらい増えます。
24時間悩みのふちに落ちるから。
「一切皆苦」の状態いになるから。
「鉄の玉を飲み込む事も出来ず、吐き出す事もできず」です。
その「神経症」を起こしているのが、仏性だから。
出会いやすくなっています。非常に苦しい状態です。

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/15(木) 09:03:28
>>43
> その「神経症」を起こしているのが、仏性だから。

仏性はそんなものではないです。



45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/15(木) 12:15:08
仏性と自我の対立、矛盾を、自我が苦しみとして受け取っています。

自我だけで、生きてゆくことは、困難です。「精神疾患」になります。

神経症とは自我と仏性の対立、と矛盾の事です。

その場合「無意識」に入り難くなっています。

仏性は無意識を司っています。

仏性とは、自分を働かせている、そのものの「意識」

とも言えます。その意識と自我意思の対立と矛盾が

人間苦と言えます。

仏性が助けようとしているのに、自我がそれを、認めようとしない事。

或いは、無視している事。

これを、苦しみ、生き難さとして感じます。

それは「我を捨てよ」という事なのですが?

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/15(木) 15:04:52
>>45
仏性と自我の対立、矛盾を、自我が苦しみとして受け取っています。
自我だけで、生きてゆくことは、困難です。「精神疾患」になります。

神経症とは自我と仏性の対立、と矛盾の事です。
その場合「無意識」に入り難くなっています。
仏性は無意識を司っています。

仏性とは、自分を働かせている、そのものの「意識」
とも言えます。その意識と自我意思の対立と矛盾が
人間苦と言えます。

仏性が助けようとしているのに、自我がそれを、認めようとしない事。
或いは、無視している事。
これを、苦しみ、生き難さとして感じます。
それは「我を捨てよ」という事なのですが?



・こんな具合に詰めて、適当なところで一行空けて頂けると読みやすくなります。

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/15(木) 17:01:10
>仏性と自我の対立、矛盾を、自我が苦しみ
>その意識と自我意思の対立と矛盾

というより、自我を空じきれない、殺しきれない、終息しない。
自我内の神経症では。


48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 19:27:39
自我は、無くならない、自我が無くなったら
感じている自分がいなくなります
自我は無くなりません

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/17(土) 03:34:16
それはわからない。

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/17(土) 07:27:49
禅問答が解けることを、第三の目が開くとも言います。又「生死の問題が」解決した。
とも言います。

どうして、禅問答は理解し難いのか、それは、脳の機能の問題です。分別脳では、決して
解けない問題だからです。人間には、脳が二つ有る事によります。

一つは、今の分別意識です。それは、理論脳です。左脳のことです。その自我意識だけで
生きてゆこうとしているのが「精神疾患」というものです。

健常者、いわゆる、普通の人は自分でも知らない内に、もう一つの「意識」を使っています、
それは、無意識の事です。この中に「人間苦」「精神疾患」の謎を解き鍵が在ります。

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/17(土) 14:06:41
脳味噌のことをいくら考えても、
脳味噌は脳味噌だし
足がかゆければ、足をかけばいいし
花が咲いていれば、花を眺めればいいし
鳥が鳴いていれば、鳥の声を聞けばいい


52 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 12:59:39
不安を感じさせるものが自分の中に居る。
恐怖を感じさせるものが自分の中に居る。
それは自分の命の働きそのもの。

悩みを、悩ませる者が居る
苦しみを、苦しませる者が居る。
それは、自分の働きの「意識」。

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 14:07:05
命が勝手に悩んだり、怯えたりはしないよ。

未来とか将来という根拠のない妄想に
問題をつくりだしたり、怯えているだけ。


54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 06:59:55
未来とか将来という根拠のない妄想に
問題をつくりだしたり、怯えているだけ。

妄想は自分で自分の考えている事に怯えている事。
未来とか将来とかが、怯えさせている訳ではない。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 23:20:12
精神疾患は「悟りを開く」入り口、そうなるまでには相当の悩みが在るから。
その悩みは自分の心から、出ているはず。苦しみもがく時がある。

人生そのものも、全て疑問に変わる。しかし、その疑問の中にこたえが在る。
悟りは自分と疑問が一つになる時。その疑問自身が答えて呉れる。

自我は意識の中に在る。自分で感じる事ができる。
もう一人は、何時も姿が見えない。それもそのはず。
自我意識と、その意識は絶えず切り替わって生きている。
その意識は「無意識の意識」自分の働きの意識。

自我意識が、じっと自分の感情を黙ってみていれば、
分るかも知れない。
見性する瞬間は、無意識から自我意識に切り替わる、
丁度その時。雷よりも早い。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 18:51:23
悟り開いた人スレ 11
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201705042/

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/29(木) 07:26:38
仏性は自我に、感情を起こさせている。身の毛がよだつようにさせるもの、カーブで
怖いと思わせている。人に会うときに緊張させている。納期が来る時に、切羽詰った
気持ちにさせている。

仏性にも「人格」がある。「意識」がある。その意識と、自我の意識の違いが『悩み』
その違いの大きさが悩みの大きさとなる。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/31(土) 04:39:57
自我を如来我に変えるのですよ。
信ずる神仏様なら常にどうするか考え祈り行動させて頂ける感謝ですね。

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/31(土) 07:00:56
祈りは、神への冒涜
祈りは、願い
祈りは、抵抗

願いは、叶わない
願いは、叶わないもの
願いは、叶う

祈りは、叶わない事への抵抗
辛さは、叶わない事への抵抗
神経症は、、叶わない事への抵抗
神経症は、生命力の強さ
生命力の強さは、辛さと不安

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/31(土) 22:26:00
如来我です

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/07(土) 07:36:02
クモは、学校へ行かなくても、クモの巣を作る。
燕は、教えなくても、行く所を、知っている。
全ての、生き物は、何も教えなくても、何でも知っている。

人間も、何も教えなくても、全てが、備わっている。
只、大人になってきて、余計なものが、付いてくる。
それは、分別心、計らい、不安心、疑い。
その、最たるものが、『間違った認識』

『間違った認識』これが、分かり難い。
それは、間違った、世間の見方。

はっきりと、言えるのは、『間違った認識』が、やる事は。
『一切皆苦』、何にでも、受けるストレス、「精神疾患」--うつ、
神経症。など、社会的に、適応出来ない事。

正しい認識、の結果は、「心の安定」、経済的な安定、社会的な安定

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/07(土) 23:22:29
間違った認識は、不安を、更に、不安にする、不安を大きくする。
それは「無明」から。『心のカラクリを、知らない事による』

間違った認識は、対立と矛盾から。
それは、自我が間違った認識を持ったため。正そうとしている事。
悩みは、自我の間違いを『命の働きの、意思』が、正そうとしている事。

薬を、飲んでも、癒されない、治ったように見えても。治らない。
根本解決は、自我の成長を待つ、しかない。
世の中の、見方に、生きてゆくだけの、力をつける以外に、無い。


63 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/15(日) 09:25:47
不安の、解決は、その人の人間性の、向上にある。不安を、もっと、不安にするのか?
不安を、安心に、変えることが、出来るのか。

禅は、不安の解決を、最大眼目としている。
かっての、『禅匠』たち、その人達の、若い頃を、検証すれば、良く分かる。
その、祖、お釈迦様、の言った言葉『一切界苦』これは、明らかに『精神疾患』の事。

禅の目指す、ところのものは、精神疾患の、治療。精神疾患、というものは、「心の停滞」
「心の停滞」というのは、『妄想の世界で、苦しんでいる事』言い方を。変えれば「心の中に
地獄を、作って、自分が、苦しんでいる事」

他の言い方を、するならば『何も無いのに、自分で、勝手に、地獄を、妄想して、作り出して、
勝手に、苦しんでいる事』

これが、『精神疾患』というものです。是を、治療するためには、妄想と、現実を、見極める、
力が、必要となる。妄想とは、『それ』が作り出した事柄。
現実とは、『それ』本体の言う事。

『それ』は、本当に、何にでも、対応出きるもの。
「自我」が、しり込みを、している事が、「精神疾患」
その事が、分からないならば、『薬も、カンセリングも』
何にもならない。全てが、無駄な、骨折りに、終わってしまう。




64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 21:14:47
孤独を、感じる人は、自我だけが、自分と『錯覚』している人。
楽しい人は、自分一人でいても、孤独ではない。一人ぽっちでも。
孤独を、感じない、どうしてか?

それは、自分の中に、万人を、感じているから。
自我の他の、『もう一つの意識』は、『愛で、皆と繫がっているから。』

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/18(水) 23:07:32
○◎悟りと無悟・愛と無愛・意識と無意識の嘘 第二編◎○
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1213409612/l5x

66 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 02:40:50
>>19
悟れなかった奴がそういう自己説明を作り出す。
つまり幻想にすぎないわけじゃ。
常に白紙でありつづけることが悟りの基本なのじゃ。
妄想はあっても、形へ達することが無いのが悟りで得られる白紙の状態
にすぎない。潜在するありようを形へ認知した時点でそれは「まぼろし」
空想に過ぎないわけじゃ。
知的な言葉を人の器を持ったものが、それを道具として使い始めた結果と
して形になりえぬ潜象が、形こそが重要な事象へすりかえられたのじゃ。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 10:55:11
______  ___________
         V
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ はぁ?黙ってろデブw
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |


68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 12:25:47
>>66
悟れなかった奴がそういう自己説明を作り出す。

こんな事を、言っている人がいる。
この人は、どんな人。
悟りは経験だから、経験しないと判らない。

悟りにも、色々な形が在ると思う。
要するに『自我』と、もう一つの『意識』との出会いの事。
それは、個人によって、多種、多様になって顕れるもの。

キリスト者には、『神』として。
他力本願と、自力本願では、顕れ方も、違うと思う。
自分だけが本物というのは、了見が、狭いのでは?

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 12:43:39
>>66
鬼和尚とやらか。

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 12:51:34
神なんてものは存在しない
今生の人生で悟った唯一の真実
神の存在を肯定するのものはただの阿呆

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 21:47:22
『神』は、会った事のある人だけが、信じる事が出来る。
神の存在を、肯定出来ない人は、『救われていない人』

『悟りを開く』という事は、『神に会って、救われる』という事。
この事は、理論では判らない、理論を越えた所に、救いは在る。

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 22:06:36
         ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_),'              '、,ト/ /    ヽ
     /    ヽ,r' l      .,、z:ュ、,_.  ,、=,゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」   , l.     ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|    ゙‐ヽ、_,,  /l
    ,l l|  −'´ll  ,ll ヽ.      ''`¨¨´   ヽ |    .,//゙l   //\
    l`l|     l|ヽ  ヽ 入        ,ィ _.  ', l    |l    //   }
   l  \    l| ,l  ヽ_.      ' `'゙`'‐'i゙ ,'    |,l   //    l
   /   '\   l|`l   l ヽ`'.    ,∠.ニフ /    l ヽ //     |
  ,l     '\ l| .lヽ_l ` 、 、   い.... ,' /___/ |  ∨/      ,}  生まれる前に悟り、
  |       ヽl |    ,| .ヽ', .ヽ`二フ.,' ヽ     ,|          ,l    死を前にして悟らず、
  |          l    ,l   ' .、,_`,.ィ  l \           /      これ、六道の悟りにて、
  ヽ          |   \.    ヽ/    l  ヽ         /j      永遠の輪廻から離れず、
    \        /     ヽ    ヽ  |   l          /     しかして、
     ゙l\..     /      ヽ     ヽj   |    ,    /     生まれる前に悟らず、
     ヾ              ヽ     ヽ   ヽ  /    ,l     死を前にしてよく悟る。
      ヽ、             ヽ     l   } /    ,r     これ禅導師の本質にて、
        ヽ             ヽ     |  /′ ,,...''     禅者の法とすべし。
        `'':..、  ___ ___,..-..   |,    ,l ,  :..-‐'"´
            ̄ /lr‐‐‐'--、_.....  l_,..-'''""'- "


73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 22:55:13
>>>悟れなかった奴がそういう自己説明を作り出す。
つまり幻想にすぎないわけじゃ

わしゃそうは思わん。幻想も成長するし、悟りも成長する。

サザンオールスターズをみよ。成長し続けている。

悟りは、創造じゃ、成長しない創造があるか。ゆえに、悟りも成長する。
何時も白紙じゃ『馬鹿だ』

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 23:11:32
悟って次の日

悟って10年後

悟って20年後

悟って30年後

それみろ、悟りは成長する。

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 00:35:10

>>47正解
>>48 やり直し

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 00:46:59
>>63
>禅の目指す、ところのものは、精神疾患の、治療。
禅は療法ではない。

>精神疾患というものは「心の停滞」、「心の停滞」というのは、『妄想の世界で、苦しんでいる事』
心の停滞の時は心の停滞という法だ。
苦の時は苦という法だ。


77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 01:03:29
>>70 ゴ―カク

>>71 フゴ―カク
>『悟りを開く』という事は、『神に会って、救われる』という事。

何かに会って、救われるとは、噴飯物。
理論を越えた所にといいながら、よくしゃべるのぅ。





78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 01:14:50
禅は療法。人生苦を救う療法、人生苦には『精神疾患』も含んでいる。
悟ると『自我がなくなる』ならば、自分はどうなるのか。
『無』と成って『消えてしまうのか』
消えてしまえば、誰が自分を感じるのか?

そうではない、自我は『成長する』
それは、世の中に対しても、仏性に対しても
でしゃばらなくなる事。

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 01:20:42
>>77殿へ

貴方の、悟りはどんなもの?
『生死の問題を解決した』いきさつを聞かせてください。
それとも未だですか?
学問上の悟り学の話ですか?
貴方の『命そのものの』言葉を
聞かせてください。

80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 21:12:02
>>78
>消えてしまえば、誰が自分を感じるのか?

これがわからんで、さとりといえようか?



81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 21:15:41
>>78
>そうではない、自我は『成長する』

よくさとりを語れるな。
でしゃばらなくなるように。



82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 21:24:08
>>77殿へ
悟りを開くと言う事は、『見性』すると言う事。
それは自性を見る事、それは『自我』が『仏性』と出会う事。

それは有限から無限を見る事。
言い方を変えれば、自我が神、仏に会う事。

神も仏も信じられない事は、未だ『救われていない事』


83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 22:01:01
<<>>78
<<>そうではない、自我は『成長する』

自我の『認識』の誤りが『精神疾患』
自我の成長したものが、自分を忘れる事。
自分を忘れて、自分を捨てた時に『見性』する。
だが、自我は生きている。

自分を忘れても自分は感じる。自分はなくならない。

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/27(金) 00:27:00
>>79 死ぬ時が来たら、死ぬ事を肯定する事
生死の問題を解決は この程度ですか?
当人が良ければそれでもいいですが、
   禅の解決ではない。




85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/27(金) 00:34:57
>未だ『救われていない事』

それが救われないこと。

>自分を忘れても自分は感じる。自分はなくならない。

残念ながら、見性ではありません。 有心。

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/27(金) 05:29:04
そうですか?
そうですね?
なんでもいいぜ!

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 01:56:33
禅は決して論理・分析の上に築きあげられた体系ではない。
禅は何も教えない。禅に何らかの教えがあるとしても、それは各人の心から出
るものである。
禅は神をもたず、儀式もなく、死者が転生していく来世といったものももたず、
禅は、すべてのこうした教理的・宗教的な邪魔物から解放されている。
(鈴木大拙)

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 04:20:07
東洋的無心とは、自己がなくなるとか、非合理的とかいう事ではない。物を
自己というに反して、自己が物の自己となることである。自己が絶対者の物
となることである。神人合一と言うことは、人間が神となると言うことでな
く、人間が神の物となることである。自己はどこまでも自己である。唯それ
は絶対の事物となるのである。故に物となって考え、物となって行う。----
それは世界を内在的に把握する立場ではなくして、逆に世界をどこまでも超
越的に把握する立場であるのである。
自己が物となって消される立場でなくして,自己が物として働く立場、自己が
包まれる立場であるのである。自己が絶対現在の瞬間的自己限定となる立場
であるのである-----。


(鈴木大拙)

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 04:42:23
>>>つまり幻想にすぎないわけじゃ。
常に白紙でありつづけることが悟りの基本なのじゃ

元々なにも無い所に白紙でいようは、妄想、つまり幻想にすぎないわけじゃ。



90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 09:40:52
わけじゃ。

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 02:57:35
■■■無為療法について語ろう part26■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/mental/1214674291/l50

■■■斎藤療法について語ろう part25■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1206307334/l50
の続きをメンヘルサロン板に立てました。とりいそぎ報告まで。

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 07:39:20
 <<<76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 00:46:59

<<<>>63
>禅の目指す、ところのものは、精神疾患の、治療。
禅は療法ではない。

それじゃ『禅』とは何ですか?ちゃんと答えてください。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 16:57:45
お釈迦様の「一切皆苦」とは精神疾患の事では無いのでしょうか?

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/30(月) 17:02:32
ちがうよ。普通の人が衣食住で感じる不足感の事だよ。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/30(月) 22:17:53
>>>ちがうよ。普通の人が衣食住で感じる不足感の事だよ。

そうですか?そんな事くらいであんな立派なお寺が出来ますか?
それと、何百年も続くものですかね?

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 00:36:36
悟ったところで、社会を救える世でもなし。

悟ったからって、たかだかそんなことで崇拝されて何がいいかな。

悟らずとも、誰かのために働くことがいいんでないかい?


そんなもんだ、と思う。

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/02(水) 16:32:52
96が幸せでありますように

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/05(土) 07:13:22
悟る事は何にも成らない。ただ『自分一人は救えます』
とは言っても、自分が『精神疾患』から本当に
開放されるだけだけれども。でもそれで人にも忠告できるかも?

そうして自分が普通の人になることが出来ます。

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/12(土) 20:12:41
鬼和尚は初関も透らない。

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 05:11:16
宮台真司爆殺祈願o(^o^)o

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 20:39:58
>>99
鬼和尚を詐称している男は低レベル。
あの程度に引っ掛かる程度では幼稚。

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 05:26:25
【仏教】悟りを開いた人のスレ34【鬼和尚】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1216482088/751

751 名前:740[sage] 投稿日:2008/07/26(土) 03:12:45 ID:m6mVLGXO
>>743
ありがとうございます。まだ先がありそうなので、引き続き頑張ります。

>>741
ありがとう。

>>746
ありがとう。自分の為に生きて、それが需要になるって、すんごい嬉しいですw

てか、認知されてきてるみたいですね。コテつけようかな。ちょっと呼びにくそうだし。でも、イカす名前が思い付かんw



103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/01(金) 05:30:04
もう、ちゃんと生きていればいいや

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/02(土) 07:43:01
丸八と呼んでね。

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/03(日) 02:18:06
おい、丸八!
なんだ?
丸八!そりゃなんだってんだよ!
尺八だろが

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 10:22:23
空なり。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 21:22:20
悟るのは簡単な事、自我意識を捨てて『大いなる者、大いなる存在に』任せる事。
自我意識が自分の主導権を持つ事が『迷い』

自我意識が大いなる存在を従に置こうとする事が『迷い』
その事に気が付けない事が『精神疾患』その事で心に『違和感、罪悪感』という
圧迫感を受ける。是が『精神疾患の症状』

症状を薬で散らすのには限界が有る。
悟りを開ければ『精神疾患の完治となる』
大いなる存在に自我意識が従う事が『悟り』

二度と心が騒がない。何時も心が静かです。
何が有っても心の平和が続く。『涅槃』とは「絶対の安心」の事。


108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 21:32:51
禅匠といわれている人達の未だ若い頃は「惨めなものだ」それは『精神疾患』
に罹っていた人のようだ。あのお釈迦はどうだ『一切皆苦』是は『うつと同じ』
神経症と同じではないか?

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 21:37:27
宗教家の条件は『不安になりやすい性格』或は不安を『精神疾患』にまで
拡大できる性格。健常者はそこまで『不安を拡大』出来ない。

不安を拡大できないから健常者。
宗教家は不安を命掛けで感じた人とも云える。



110 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 21:55:20
ヴィパッサナーは餓鬼くさい。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/10(日) 09:46:32
『信は信なり』

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/16(土) 16:06:52
どなたか、スレを建てていただけませんか?

心と宗教
http://life9.2ch.net/psy/

座禅と見性第59章 心迷えば法華に転ぜられ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1216257931/

--------------------
書込み中・・・
--------------------
ERROR! ERROR:新このホストでは、しばらくスレッドが立てられません。
またの機会にどうぞ。。


坐禅と見性第60章 大死一番、大活現成
名前: 神も仏も名無しさん

内容:
このスレの第1章は、南予さんが机龍之介アクセス禁止と、サブスレタイした、2chの掟破りのものだった。
禅は、来るものは拒まず、去るものは追わず、である。
スレの興隆は、時空のながれ。
遠くの山は、青く見え、旅に誘う。
あの青い山の向こうに、何かあるのか。
白い雲は、山にかかると、さつと分かれて、又、元に戻り何事も無かった如く流れていく。
水も又、川面に顔を出している大石にあたると、さっと分かれまた、もとの流れとなる。
行く雲、流れる水に、修行僧がたとえられるゆえんである。
縁があって、対話してきた章とつらなり。
1000章が、次のステップである。
行住坐臥、いづれも坐禅。
坐が坐のまま、宇宙である、われら。

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/16(土) 20:33:43
>>112
次スレが、建ちましたぁ〜♪ <(_ _)>

坐禅と見性第60章 大死一番、大活現成

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218875003/

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/26(火) 14:14:26
...

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/29(金) 00:54:10
一切皆苦は世の中の見方の誤り、それは相対的に世の中を見ている事。
不安は安心を求めて『心に地獄を作る事。』
安心を求める心が不安を作っている。

不安になりきる時には不安は無いと言える。

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/29(金) 02:30:18
↑なんじゃ?このチンカスは!

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/29(金) 05:52:14
こわーい、涙ちょちょぎれーってか!?

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/29(金) 06:59:55
迷いは世の中を二つにして見ている事。
その二つのどれが、自分か分からなくなってしまうのが迷い。

その迷いの中で妄想しているのが地獄。
その地獄は天国を望むために湧き出す心。

天国を捨てないと地獄も消えない。
天国を望んだために、同時に地獄が出来る。

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/29(金) 07:46:23
↑地獄を望め!墜ちろカス!

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/02(火) 05:38:26
 ':,     ',   _____,,.. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' ー 、.,          /
  ':,    ',   >' ´             `ヽ.       /  客 私
   ':,     /                    ヽ.     ,'   観 は
    ':,   ,:' /   /   ,'´        ヽ.     ':,/Ti  i.   的 自
. \    ,' /   /  ,'  !      ;   ',  ヽ__ /::::| | |   に 分
   \  / ,'   ,'!  /!  !   ;  /!   i  「:::|'´::::::::| | .!.   見 を
     ∠__,!   / !メ、」_,,./|   /! / !   ハ! |__」<:::::」」 |.   れ
`"''  、..,,_  !  / ,ァ7´, `iヽ| / |ヽ、」ニイ、 |  ! |^ヽ、」」  |.   る
       i,/レイ i┘ i. レ'   'ア´!_」 ハヽ|   |   | ∠   の
─--     /   !  ゝ- '       !    ! !   |   |  `ヽ.  ! !
      /   7/l/l/   、     `'ー‐ '_ノ!   |  i  |    ` ' ー---
,. -──-'、  ,人    `i`ァー-- 、  /l/l/l |    !. |  |
       ヽ.ソ  `: 、.   レ'    ',     ,/|    |  !  |
違 あ  分  i  /ーナ= 、 '、    ノ  ,.イ,カ    !  |  |
う な  か  .|ヘ./|/レへ`>-r  =ニi´、.,_ |  i  ハ  ! ,'
わ た  る   !     _,.イ´ヽ.7   /  /:::| /レ'  レ'レ'
け と  ?   |   /7:::::!  ○O'´  /::::::レ'ヽ.
  は.   .   /  /:::::::レ'/ムヽ.  /::::::::/   ヽ.
        | . /  ,':::::::::::!/ ハ:::::`´:::::::::::;' 

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 23:02:55
完璧な不安の解消がお釈迦の教え。これを実地に体で直接伝えて来たのが
「禅」の中に本当の心の癒しの方法が在る。

不安を抱えて立ち往生するのは人間だけ、ムカデが歩く事を意識したら、足が
こんがらがって歩けなくなった、なんてのは人間の作り話。

不安は本人が作っている妄想、他人が、また環境が、又ストレスが不安を作っ
ているというが是は間違い。本人自身の中に不安を作っている者が居る。それ
が分かりにくい事が「精神疾患」の治療を難しくしている。今の医学会の常識
みたいに聞こえる事「セロトニンが不足するから不安になる」これは、たいて
いが間違い。「不安が起こる事によってセロトニン出にくくなるのではないだ
ろうか?だから薬で補充してやっても根本解決にはならない。

不安解消してやる事でセロトニンが出やすくなると思います。不安解消は精神
科医の役割、不安解消は「お釈迦の、又は禅」の役割。不安解消は「宗教」の
役割。

自分で自分を悩ませている事が人生苦、是は悩みとか精神疾患とか、疑問を抱
くと云う事。人生とは何か?自分とは何か?自分は何処から来て何処へゆくの
か?と云う不安、疑問は「誰が感じているのか?はたまた誰が感じさせている
のか?」それらの疑問を解消をしてくれるのが、自分自身を知るという事。


122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 23:07:13
完璧な不安の解消がお釈迦の教え。これを実地に体で直接伝えて来たのが
「禅」の中に本当の心の癒しの方法が在る。

不安を抱えて立ち往生するのは人間だけ、ムカデが歩く事を意識したら、足が
こんがらがって歩けなくなった、なんてのは人間の作り話。

不安は本人が作っている妄想、他人が、また環境が、又ストレスが不安を作っ
ているというが是は間違い。本人自身の中に不安を作っている者が居る。それ
が分かりにくい事が「精神疾患」の治療を難しくしている。今の医学会の常識
みたいに聞こえる事「セロトニンが不足するから不安になる」これは、たいて
いが間違い。「不安が起こる事によってセロトニン出にくくなるのではないだ
ろうか?だから薬で補充してやっても根本解決にはならない。

不安解消してやる事でセロトニンが出やすくなると思います。不安解消は精神
科医の役割、不安解消は「お釈迦の、又は禅」の役割。不安解消は「宗教」の
役割。

自分で自分を悩ませている事が人生苦、是は悩みとか精神疾患とか、疑問を抱
くと云う事。人生とは何か?自分とは何か?自分は何処から来て何処へゆくの
か?と云う不安、疑問は「誰が感じているのか?はたまた誰が感じさせている
のか?」それらの疑問を解消をしてくれるのが、自分自身を知るという事。


123 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 23:09:37


悩ませている者と悩んでいる者とが一つになる事。自分が「疑問と一つになる
事」是が悟り。自分を肯定出来ない事が迷い、目の前の現実を肯定出来ない事
が「妄想」それは「分別」という眼鏡で一つの事実を、「肯定出来る事」と「
肯定出来ない事」としてを分け隔てをして二つにして見ている事。

二元論の始まり。幼子のように一つにして見る事、是が天国。
目の前のたった一つの事実を天国と地獄の二つにして見ようとする事が天国
からの追放。天国と地獄とに二つにして見るようになれば「知恵のリンゴを
食べた事になる」

大人になって分別がついて、ものを二つにして見る事に慣れてしまうと、わ
からなくなってしまう。その代りに「精神疾患」が増えてくる。精神疾患と
は「物事の見方が偏ってしまう事」自分の都合のよいように見てしまう事。
簡単に言えば、不安にならない様にして世の中を見てしまう事。

124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 23:16:24
完璧な不安の解消がお釈迦の教え。これを実地に体で直接伝えて来たのが
「禅」の中に本当の心の癒しの方法が在る。

不安を抱えて立ち往生するのは人間だけ、ムカデが歩く事を意識したら、足が
こんがらがって歩けなくなった、なんてのは人間の作り話。

不安は本人が作っている妄想、他人が、また環境が、又ストレスが不安を作っ
ているというが是は間違い。本人自身の中に不安を作っている者が居る。それ
が分かりにくい事が「精神疾患」の治療を難しくしている。今の医学会の常識
みたいに聞こえる事「セロトニンが不足するから不安になる」これは、たいて
いが間違い。「不安が起こる事によってセロトニン出にくくなるのではないだ
ろうか?だから薬で補充してやっても根本解決にはならない。

不安解消してやる事でセロトニンが出やすくなると思います。不安解消は精神
科医の役割、不安解消は「お釈迦の、又は禅」の役割。不安解消は「宗教」の
役割。

自分で自分を悩ませている事が人生苦、是は悩みとか精神疾患とか、疑問を抱
くと云う事。人生とは何か?自分とは何か?自分は何処から来て何処へゆくの
か?と云う不安、疑問は「誰が感じているのか?はたまた誰が感じさせている
のか?」それらの疑問を解消をしてくれるのが、自分自身を知るという事。


125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 23:18:26
その不安を避けようとする見方が、不安を呼んでいる。何事もストレスにし
てしまう、その不安からますます、不安を避けようとする。こうなってしま
えば普通の生活がむずかしくなってしまう。

精神疾患とは不安にならない様にして世の中を見ようとしている事。こうな
ると全てを否定的に見てしまう。何を見てもストレスの種が隠されていると
感じてしまう。

その不安は、誰が起こさせているのか?それは自分自身。自分自身を知るこ
とで全ての不安は解消する。それが「悟り」今まで「心が中で対立と矛盾を
起こしていた」「心が言い争いをしていた」心がグチャグチャになって、訳
わからなくなっていたものが、今度は言い争いをしなくなる。是が「寂静」
そのおかげで心に平和が戻って来る。是が「絶対の安心」

悟りは世の中の見方を「根底から」替えてくれる。分別しない心、選り好み
しないで世の中を見る事になる、それは「絶対肯定」「神の思し召しのまま
に」と云う見方になってしまう。

安心を求めて不安を作っていた事が分かる。全てを捨てた時に全てが手に入る
と云う事が分かる。

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/15(月) 14:05:38
【仏教】悟りを開いた人のスレ42【天空寺】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1220917496/770-771


127 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/21(火) 15:49:35
>>124
>誰が感じているのか?

この人は答えを持ってるんだろう。
だから悟ってないんだ。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/27(月) 20:45:48
長文うぜ


死ね

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/27(月) 21:22:07
ここだ!
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta2.html

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/12/29(月) 20:57:18
どこ?

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/01/05(月) 00:26:50
>>19のひとは悟ってるかもね
でも、その状態を維持するのが難しいんだな

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/01/07(水) 23:23:24
>>19のひとは悟ってるかもね
でも、その状態を維持するのが難しいんだな

身が成る、と言って、難しくはないです。体が覚える事が「悟り」です。
もう、元には戻りません。分別脳が単独で優位に立っているのが精神疾患。
無意識を無視している事から、無意識脳から圧迫を受けます。
是が生き難さの正体です。罪悪感の正体です。

分別脳と仏性が互いに手を取り合って、うまく暮らすのが普通の人。

道に達するという事は、仏性が自我意識より優位になるという事です。
子供の心になったという言い方も在りです。或いは、二つの心が言い争い
をしていた処が、言い争いをしなくなるという表現でも良いかと思います。

心に平和が戻ってきた。或いは、不安が無くなった、或いは神に全ての罪を
許してもらった、という表現でも良いかと思います。

二度と心が、騒がしくなくなる。是が、涅槃という事になります。


133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/01/09(金) 22:16:45
仏性とは、人間の命の働きそのもの、或いは、命そのものの意志かも?
仏性と自我意識がうまく働いているという事は、普通の健常者の状態、
それは自我意識と仏性がうまく連絡を取り合って、自我意識の得意な事
は自我意識がやってゆくという事、仏性が得意な事は仏性がやってゆく事。


具体的に言うと、歩いていても、話をしていても、字を書いていても仏性
のお世話になっている、自我意識が話をしようとする、その時に、無意識と
切り替っている、この事が余りに巧妙に出来ていて自我意識には、何も判ら
ない。是が健常者。仏性を確認出来ない訳。

歩いていても、何かを考えたり、感じたり出来る。同時に二つの事が出来て
いる。それは自我意識が歩いていないという事です。高い処や、慣れない、
大勢の人の前で歩く事が自我意識が歩くという事になります。それは「意識」
して何かをやる時です。大抵がうまくゆかなくなります。自我意識で歩こうと
すれば、体がいう事を聞かなくなります。がちがちになる、と言う事です。

話をする時にも意識だけで話をすれば、口は自由には動きません、其れが吃音
と言う事です。人間が意志の力、計らい、意識の力で、行動しようとする事が
「神経症」と言う事になります。意識の力で心を自由にしようとする事が、不
安障害と言うものです。

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/01/28(水) 00:00:24
道に至る事は簡単な事、唯分別を捨てるだけでいい。

良い事も、悪い事も分けて見るな。良い事だけを望んで、悪い事を嫌っている。

そんな事を望むから、心が二つに分かれてします。

心が別れてしまう事から、苦しみが始まってしまう。

あれと、これを比べるな!比べる事から地獄に縛られる。

良いとか悪いとかは比べるな!その心の癖が自分を縛ってしまうから。

全ての束縛から放たれるためには、善も悪も捨てろ!

楽を望む処に苦しみが生まれる。

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/02/03(火) 19:50:28
悟りを開く、自性を見る【知る】という事は「父母未生以前本来の面目」
という事が体で判る事。それは意識が無い状態から自我意識に戻る時の体験。
心が生じる「意識に帰る」その刹那の体験。雷よりも早い、その時に判る
「無いものでも無いし、在るものでも無いし。」

は元々何もない処から生まれる、何も無いという事が判る事。何も無い処に
何かが在る、と判る事。科学的に言うならば、自我意識は左脳の意識と言え
る、これはスペリー博士が分離脳の研究をして、実証済みの知識、人間の心
は二つ在る、言い方を替えたなら一人の人間には「人格」が二つ在るという
事になる。一人は左脳の自我意識の中に。もう一人は無意識に封印されてい
る感じになって存在している。

心が言い争っている事が、悩みや、精神疾患の状態、脅迫行為神経症等が
良い例です。心と心が言い争っていて身動きがとれません。
精神疾患の原因は、判ってしまえば実に簡単な事です。人間の二つの心{脳}
の機能が違うという事が原因です。左脳の人格を自我意識と呼んで、右脳の人
格を仏性として話を進めます。

自我意識の機能は、分別する事です。物事を明快に分けて論理して、計算する
処に在ります。分別出来る事が専門の脳と言えます。言い方を替えたなら、分
別出来ない事は専門外で、解決できない脳と言えます。分別出来る事は「有限
」という事になります。

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/02/03(火) 19:52:25
仏性の機能は分別出来ない事です。感情や不安や、恐怖や、物事のカンや、永
遠の属するものと言えます。分別出来ない事を永遠、無限と呼んでいます。

精神疾患になるという事は。脳の機能の観点から言うなら「自我意識が、解く
事が出来ない問題を抱え込んで二進も三進もいかない状態になった事を意味し
ています。自我意識では解決できない事とは「感情、不安感、恐怖感、永遠
と無限の対比」

それらの事が大体の精神疾患の症状と言えます。それは機能の違う脳に解けな
い問題が割り込んできたことを意味しています。

仏性の機能は永遠を扱うだけあって、仏性事態が永遠そのものを理解していて
まさに永遠そのものと言えます。会う事によって「神に会って全ての罪が許さ
れる。或いは、自我意識は有限であっても、自分の性が無限」という事を知る
という事になります。安心する事が出来るようになります。

自我意識は何事も否定的に見ています。仏性は肯定的に見ています。出会いに
よって自我意識は肯定的になってしまいます。「絶対肯定」と言えます。それ
以後肯定的な人間になってしまいます。

否定している事が迷いであり、悩みで有り、精神疾患と言えます。肯定的な
見方、生き方が出来るようになってしまいます。

健常者、特に肯定的に生きている人は、心の中で絶えず仏性とうまく連携プ
レーが出来ているからです。自覚出来ていなくても「何時も神と共に在る」
と言えます。


137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/02/11(水) 06:00:31
自分の計らい            自分の働き
自分の心(自我意識)        仏性、神

有限                無限、永遠
分別                無分別、喜怒哀楽
左脳的               右脳的
鬱、神経症、悩み、苦しみ      安楽、涅槃
        


138 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/06(金) 13:15:26
佐鳥

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/10(火) 20:19:58
愛とは他人を思う心の総称

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/10(火) 22:17:27
俺は死ね

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/11(水) 02:00:29
名は体を現さないorz

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/11(水) 02:40:28
ヤリチンヤリマンの
ソドムの国は滅びたの
一言に尽きました ><

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/11(水) 09:16:19
>>137
おや?ヒントでピント?

(=ρ=)<梵字? 

ぁ、真ん中の白い部分だ(w チガウ?。。

ん?・・ワカッタ(ww


144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/18(水) 22:57:38
悟った人間なんてダーレもいないから心配すんな 生きたいように生きるべし

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/03/19(木) 02:21:49
夢のまた夢

146 :(・・) ◆MD/EX47MPk :2009/03/19(木) 04:30:56
んが、麻になれば醒めるときも或る磐?

色即是空・・・・・・(梵鐘)

ハッ??こんな時間だ!

オハヨウゴザイマス!!

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/04/08(水) 18:20:34
miyu//InAY <= #dSソO2?;b    女性名
77uma//GtM <= ##m|jF[wl    77頭の馬主
bara//c4Eo <= #CムQxR?/{    あたしゃ、バラ んてぃあ ボランティアですけど
Yasa//qf12 <= #4ンa3g\Fy    オイ!ヤサ はどこでい!
Lake//9JK6 <= #}~Z@W!「セ     水が海になってる
homo//xlBY <= #rN^VP0?V    大体見当は付いてる、ホモ←それは、ほぼ!
58oba//iXs <= #\N^jL18p     58歳のおば
gaku//Xxhg <= #dvネx-81U    馬券が外れた、がくっ
Mami//4rtw <= #![UsB'C}     かわいいマミちゃん 
Labu//MiU6 <= #(2Zs)f.C     ラブ ちゃんって犬・・・(#/__)/ドテ     
noba//n8uA <= #Hサウu4mTu   野罵 ののうま 
iawa//Hw/I <= #S19)6^;R    言わば、岩場・・・いわわ、ですけど・・・
Zako//YwGA <= #'クlsr)u%    The、子
Paki//BLqk <= #?マr|rtB:      パキって折れて骨折。
Nata//9q8U <= #4$9{eY86    名前が、田。 略称で なた
Raka//hF1c <= #}セ{^^zyw    中国の人、羅さん。向こうから歩いてくるのは、羅か?
79Boro//uM <= #kケクBAJ_;    ナックル ボーロ・・・(汗)
huma//9kOs <= #Ct64tHS(    星 ひゅうま 
nasa//vvKY <= #v1セy}?Jr     生さぬ仲の子
Haka//nlE6 <= #Pオmシf{&h    仕事が はか どらないので、課長はさっさと ご帰宅よぉー
H.oma//UXY <= #;\ソ82fSx    ホマ、さいなら・・・
zato//4nUo <= #+ンNtCmy,    ざっと、見積もって、12億円なら何と
qame//nafw <= #hT{セkRDy    どんどん失敗しなさい。カメ へん かめへん
Mima//3lU. <= #cDE)O%-U  この家は、三間あります。
horo//hni6 <= #*=NFccQ;   西部の荒野を ほろ 馬車隊が行くよ。
Basu//1XSw <= #0|ヒp$[A]   きりきりとひき絞った弓から、矢が ばす っと射られた
Mabi//mius <= #agラ~シffl   まーびっくり
Rona//p/0g <= #1g)}.LIy    ロナロナローナー
Nabo//PGZ. <= #Bg/+o`GQ   関西の人、これなんぼ?
Oiayo//YYc <= #DCG:2/0O   おいあよ

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/04/14(火) 07:12:55
有限の壁を越えられないのが苦しみ。

永遠を掴めないもどかしさ。

是等が不安の元には在る。

有限を越えられないのが不自由という感じになっている。

是は人間の脳の仕組みに関係している。

自我意識は分別脳の事、分別すると言う事は、計算で割り切ってゆく事。


従って分別している脳には限界が有るという事。

割り切れる事が有限という事。


矛盾した問題を分別してゆく事は不可能な事。是が脳の限界。

人間は永遠を掴む事が出来る。分別脳には出来ない。
人間は自由になる事は出来る。分別脳には出来ない。

149 :超スーパー女教師河合希:2009/04/24(金) 18:44:42


http://ftkst.com/agony/?p=27

善人がいるから悪人がいるという
二元性 相対性の世界は大狂気!

みんな真剣に修行をして
悟りを得て二元性を相対性を超越しろ!

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/07(木) 17:58:22
NHKマイルCの出走馬確定

 10日(日)に東京競馬場で行われる第14回NHKマイルC(3歳牡牝、GI・芝1600m)の出走馬18頭が7日、JRAより発表された。
枠順は8日(金)午前に発表、馬券は9日(土)より発売される。

( )内は性齢、騎手・厩舎

アイアンルック(牡3、小牧太・橋口弘次郎)
アドバンスヘイロー(牡3、柴田善臣・河野通文)
グランプリエンゼル(牝3、内田博幸・矢作芳人)
ゲットフルマークス(牡3、田中勝春・岩戸孝樹)
サンカルロ(牡3、吉田豊・大久保洋吉)
ジョーカプチーノ(牡3、藤岡康太・中竹和也)
スガノメダリスト(牡3、勝浦正樹・粕谷昌央)
タイガーストーン(牡3、蛯名正義・坂口正則)
ダイワプリベール(牡3、後藤浩輝・池上昌弘)
ツクバホクトオー(牡3、吉田隼人・尾形充弘)
ティアップゴールド(牡3、池添謙一・西浦勝一)
フィフスペトル(牡3、安藤勝己・加藤征弘)
ブレイクランアウト(牡3、武豊・戸田博文)
マイネルエルフ(牡3、松岡正海・鹿戸雄一)
ミッキーパンプキン(牡3、岩田康誠・清水出美)
ラインブラッド(牡3、福永祐一・領家政蔵)
レッドスパーダ(牡3、横山典弘・藤沢和雄)
ワンカラット(牝3、藤岡佑介・藤岡健一)

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/12(火) 02:47:15
漏れは今、スコシ腹ヘッタということを悟った!!

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/13(水) 04:12:04
>>151
それは悟りではない
空腹感は実際には血糖値の低下によって生じるものだが
それをあたかも「腹が減った」と認識しているに過ぎない
このような思い違いは日常生活のいたるところで体験しているのだが
悟りとは誤りを脱し正しい認識に至った状態を言う

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/21(木) 02:20:55
>>152
・・ぢゃ、ブドウ糖液点滴し続ければ、ハラヘッタってならないって事?
痩せられるかなぁ・・

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/21(木) 04:03:34
>>153
>ブドウ糖液点滴し続ければ
栄養を補給してるから太るがな

丸一日食事をしないと血糖値が下がり空腹を感じる
二日目に入ると更に血糖値が下がり立ちくらみがするようになる
ところが三日目になると体内に蓄積されていた栄養を使うようになるので
血糖値が上がり始めこれ以降は空腹を感じなくなる

人間の体は何も食べなくても一月生きていけるだけのエネルギーを蓄えているのだが
現代人は毎日食事をすることでこの機能が不活性化してしまっている
三日以上の断食を繰り返すことでこの機能が活性化し肥満を解消できる
慣れない内は貧血を起こすので気をつけること

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/21(木) 10:23:04
ブドウ糖よりケトン体のほうが良い。


156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/22(金) 04:27:29
>>154
>ところが三日目になると体内に蓄積されていた栄養を使うようになるので
>血糖値が上がり始めこれ以降は空腹を感じなくなる
へぇー。

>人間の体は何も食べなくても一月生きていけるだけのエネルギーを蓄えているのだが
>現代人は毎日食事をすることでこの機能が不活性化してしまっている
詳しいですね。情報ありがとう。自己責任で試してみるかもしれないです。

>>155
炭水化物の摂取を抑えるダイエット?


157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/30(土) 18:29:19
>>154
5月31日(日)東京競馬場 第76回日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)第10レースの前々日最終オッズ
前々日オッズ(金曜日の)
18−01−11−12−02−09ー16−10−07−03−14−08−17−13−04−05−15−06


ダービー 前日売りオッズ (土曜日の)

18−01−11−12−02−09−16−10−07−08−17−13−06 +03−14−04−05−15
                                ↑  ↑   ↑ ↑ 
人気 枠 馬 馬名       単勝     複勝
1 18 アンライバルド      2.3     1.4 - 1.6
2 01 ロジユニヴァース    7.5     3.6 - 4.9
3 11 セイウンワンダー    9.8     2.4 - 3.2
4 12 リーチザクラウン    11.0     4.2 - 5.7
.......................................................................................................................................................4強
5 02 アプレザンレーヴ    12.2     2.3 - 3.0
6 09 ジョーカプチーノ     13.7     2.7 - 3.7
7 16 トライアンフマーチ    15.2     3.3 - 4.5
                                     ↑▲
8 10 アントニオバローズ   19.5     4.4 - 6.1
9 07 ナカヤマフェスタ     24.2     3.7 - 5.1
10 08 ブレイクランアウト   28.8     5.4 - 7.5
11 17 アイアンルック      33.5     6.4 - 8.9
12 13 シェーンヴァルト     51.6     6.4 - 9.0
↑ △ ここ、まで、か。
13 06 ケイアイライジン     57.9     12.9 - 18.3                                       
14 03 フィフスペトル      62.3     9.0 - 12.7
15 14 ゴールデンチケット   68.4     9.7 - 13.7
16 04 トップカミング       70.4     8.5 - 12.0
17 05 マッハヴェロシティ    71.3     10.5 - 14.8
18 15 アーリーロブスト     77.7     21.9 - 30.9

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/05/30(土) 19:16:59
5月31日(日)東京競馬場 第76回日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)第10レースの前々日オッズ

18−01−11−12−02−09ー16−10−07−03−14−08−17−13−04−05−15−06

ダービー 前日売りオッズ (土曜日の)

18−01−11−12−02−09−16−10−07−08−17−13 + 06ー03−14−04−05−15
                                ↑  ↑  ↑ 
人気 枠 馬 馬名       単勝     複勝
1 18 アンライバルド      2.3     1.4 - 1.6   ◎ がつくが、大外枠の不利
2 01 ロジユニヴァース    7.5     3.6 - 4.9   ○ 前走皐月賞が、14着だったが・・・
3 11 セイウンワンダー    9.8     2.4 - 3.2    
4 12 リーチザクラウン    11.0     4.2 - 5.7
.......................................................................................................................................................↑4強
5 02 アプレザンレーヴ    12.2     2.3 - 3.0
6 09 ジョーカプチーノ     13.7     2.7 - 3.7
7 16 トライアンフマーチ    15.2     3.3 - 4.5       ↑▲ 3連単
                                     
8 10 アントニオバローズ   19.5     4.4 - 6.1
9 07 ナカヤマフェスタ     24.2     3.7 - 5.1       ↑△ 掲示板(5着) には 

10 08 ブレイクランアウト   28.8     5.4 - 7.5
11 17 アイアンルック      33.5     6.4 - 8.9
12 13 シェーンヴァルト     51.6     6.4 - 9.0      ↑★  ここ、まで、か。

13 06 ケイアイライジン     57.9     12.9 - 18.3
14 03 フィフスペトル      62.3     9.0 - 12.7
15 14 ゴールデンチケット   68.4     9.7 - 13.7
16 04 トップカミング       70.4     8.5 - 12.0
17 05 マッハヴェロシティ   71.3     10.5 - 14.8
18 15 アーリーロブスト    77.7     21.9 - 30.9      ↑☆ あなどれず・・・

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/06/12(金) 01:18:17
第50回宝塚記念のファン投票の最終結果の得票数上位30頭。
順位 馬名 投票数 性年齢 調教師名
1 ウオッカ 139,507 牝5 角居 勝彦
2 ディープスカイ 106,103 牡4 昆 貢
3 ドリームジャーニー 79,502 牡5 池江 泰寿
4 アサクサキングス 72,233 牡5 大久保 龍志
5 ブエナビスタ 71,542 牝3 松田 博資
6 スクリーンヒーロー 58,300 牡5 鹿戸 雄一
7 カワカミプリンセス 50,790 牝6 西浦 勝一
8 マツリダゴッホ 48,345 牡6 国枝 栄
9 ロジユニヴァース 44,745 牡3 萩原 清
10 アルナスライン 44,208 牡5 松元 茂樹
11 アンライバルド 43,689 牡3 友道 康夫
12 サクラメガワンダー 40,268 牡6 友道 康夫
13 カンパニー 35,182 牡8 音無 秀孝
14 オウケンブルースリ 27,597 牡4 音無 秀孝
15 アドマイヤフジ 25,318 牡7 橋田 満
16 スーパーホーネット 23,855 牡6 矢作 芳人
17 マイネルキッツ 22,613 牡6 国枝 栄
18 リーチザクラウン 21,683 牡3 橋口 弘次郎
19 ジャガーメイル 19,171 牡5 堀 宣行
20 インティライミ 17,929 牡7 佐々木 晶三
21 ヴィクトリー 17,851 牡5 音無 秀孝
22 エイシンデピュティ 17,694 牡7 野元 昭
23 アドマイヤオーラ 17,526 牡5 松田 博資
24 エアシェイディ 16,889 牡8 伊藤 正徳
25 ユキチャン 15,233 牝4 後藤 由之
26 レッドディザイア 15,001 牝3 松永 幹夫
27 カネヒキリ 12,806 牡7 角居 勝彦
28 ローレルゲレイロ 12,568 牡5 昆 貢
29 ポップロック 12,410 牡8 角居 勝彦
30 セイウンワンダー 11,815 牡3 領家 政蔵

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/08/27(木) 07:31:55
心は二つのものから成り立っている。一つは自我意識、もう一つは無我
云い方を替えたなら仏性、他の言い方をするなら命そのものの意思。

それが何処に在るかと云うと「無意識」の中に在る。脳の機能から言うと
右脳に在る人格。

意識と無意識が相携えて、相談して、うまく生活が成り立っているのが普通人。
云い方を替えたなら悟った人、但し是だけでは自覚が出来ていないが?

その二つの葛藤が人間の苦しみとなっている。つまり心の分裂と云う事になる。
その結果二つの意識の仲たがいが(対立と矛盾が)激しくなって、お互いが
お互いを無視した時が精神に異常を起こした事となる。それが精神異常。気が狂
った事。

是は二つの意識が背中合わせになった事を意味している。お互いが連絡を取ろう
としなくなって、お互いが勝手に主人公になっているという状態。

そこまでは行かなくて、葛藤(対立と矛盾)している事が、人生の悩みと苦しみ
(人間苦)となっている。少しこの事が大きくなった状態が神経症、鬱状態。

この事が体に現れた時には、自律神経失調症や心身症と云う形になる。

左脳の自我意識で心を調節しようとした事が心の病を作り出す。

左脳の自我意識で体を調節しようとする事が自律神経失調症や心身症と
なる。


161 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/08/27(木) 07:32:42
悟りとは左脳の自我意識が右脳の人格と出会うと云う事。その結果として
自我意識は有限の身で在る事を確認する。右脳の人格は永遠の存在である事を
確認する事になる。その事で自我意識の見ている世界は皆大事な事では無いと
知る事になる。

その結果、全てが執着する必要がないと知る事になる。自分の命さえも執着す
る必要がないと分かる事。その時に「人生には何も執着するものが無い」と知
る事になる。」

自分を束縛するものが自分自身であった事に気が付きます。それからは全ての
束縛から解放されます。命でさえ執着するものでは無かったと分かる事、是が
悟りです。

今までは左脳の自我意識が自分の体と心を支配していました。自由が有りませ
んでした。自我意識が主体となって右脳の人格を下に置こうとしていました。
是が迷いです、疑問です、苦しみです。病の基です。

今度は右脳の人格が主人公になって自我意識が下に置かれています。心は軽く
なっています。体も軽くなっています。力みが無くなっています。是が心身脱落
脱落心身と云う事になります。

全ての迷いと、束縛からの解放と云う事になります。

しかし人生の束縛は依然としてあります。金が必要、女は必要と云う事です。
手には入れやすくなります。始めから捨ててかかっているからです。

女も金も、その他のものも、欲しがらないですっと手に入れればよいと分かり
ます。欲しいという欲が出た時に、相手は逃げてゆきます。

欲しがらないで、手に入れれば良いのです。このころ合いが分かるようになります。


162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/08/29(土) 04:56:50
>>161
要するに欲しいんだな

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/08/29(土) 19:56:27
欲しいです

手にしたいときの心得です。ただ闇雲に欲しがった場合には泥棒になってし

まいます、或いはストーカーと云う事です。誰の目から見ても確かなもの、

そういう風にならないと、安心して生きては行けません。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/05(土) 07:23:34
欲しがっている間は手に入らないと云う矛盾が在ります。

全てを捨てた時に全てが手に入ると云う事実が在ります。

自分自身の心の矛盾の解決した姿が悟りです。

自分の中に二つの心が在ると云う事になります。

一つは左脳に在る人格、自我意識です。

もう一つは右脳に在るそれとは全く違う能力を持っている人格仏性です。

悩みや苦しみとは左脳の人格の意思と右脳の人格の意思が食い違う事です。

悟りとはその二つの人格の意思疎通が出来たと云う事です。

右脳と左脳にホットラインが通じたと云う事になります。

この回路が通じた事がさとりです。一回通じたならこの回路は閉じません。

一生使い放題と云う事になります。

通じても、通じなくても何にもなりません。只苦しみからの解放は在ります。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/06(日) 13:52:47
右脳の人格は意識出来ません。何故なら「無意識」を担当しています。

人間は誰でも「意識した状態」から「無意識の状態」に切り替わりながら、

生きています。従って悟りを開く瞬間は「無」の状態から「意識」と

「無意識」が分かれる瞬間が在ります。その意識が二つ揃っていてしかも

二つがまた一つになる瞬間の事です。その瞬間に二つの意識が出会う

と云う事になります。「今さらお前は誰か?」と聞く必要が無かった事に

気が付きます。元々分かっていた者同士と気が付く事になります。

「ああこのままで良かったのだ」と云う事です。この身このままで既に

自分自身が仏自身と気が付く事です。ただの気付き、自分自身が解った。

自分自身を知っただけに気が付きます。

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/06(日) 14:05:29
心の秘密が手に出来たと云う事になります。精心疾患は二つの意識の対立と

矛盾から生じていた事が理解出来ます。その見地から言わせて貰うなら、精神

病になったと云う事は、二つの意識がお互いに連携プレーが出来なくなる事。

つまり、二つの意識が、単独で顕れる。言い方を替えたならどちらかだけが

単独で体を支配してしまう現象、他の言い方をするなら、二つの意識がお互い

の背中合わせになった状態とも云えます。



神経症や過敏性腸症候群などに見られる自律神経失調症などは、今言った

二つの意識の関係が、原因とみられます。

人間の心は「異常な状態」になった場合には元になろうと云う働きが在りま

す。健常者と云う場合は、二つの意識の切り替わりや、連係プレーがうまく

いっている状態の事です。

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/06(日) 19:50:15
自我意識は自分自身の感じている意識そのものですが、実はもう一つの意識

が関係しています。恐いと云う事も不安と云う事も実はもう一つの意識が教

えて呉れているものです。高い処に上がった時や、鋭い刃物を見た時や、急

カーブを早いスピードで曲がろうとした時や、納期が来た時等に感じるもの

は全て自我意識自体の感じではありません。感じさせるものがいます。それ

が 「仏性」(命そのものの働き)と云う事になります。

その事が分からないで不安や死の恐怖或いは何かの恐怖症になってしまう事

がお釈迦様の云う「一切皆苦」と云う心の現象です。この事を救う事が悟り

と云う事です。


仏性は永遠そのもので出来ています。死ぬものでは無いし、生まれるもの
でもありません。そこの処を「不生不滅」と云います。

是は論理的には説明が付きません。ただ云えるとするならば、自我意識は

分別で出来ていると云う事です。割り切れる事を割り切ってゆく能力と云

う事になります。


168 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/06(日) 19:51:49
従って人間の苦悩或いは病と云う事は左脳の分別脳に「割り切れない問題

が」割り込んできたと云う事です。脳の機能上不可能の事を計算で導こう

とする事になります。人生問題に悩んで心が堂々巡りをしている状態と云

う事になります。自我意識で考えている以上は、解く事が出来ません。


この解決方法が「禅問答」と云う事になります。禅問答を必死に解こうと

する事と、神経症や自律神経失調症や、死の床で死の恐怖に怯えている事は

皆同じ心の状態と言えます。自我意識が不可能な問題に取り組んでいる、と

云う事です。自我意識には出来ないと云う事が分かった時に、悟りはやって

きます

169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/06(日) 19:53:08
自我意識には出来ない。自分を捨てざるを得ないと分かった時に

「体得」と云う形で仏性に会える時が在る、と云う事になります。是が

悟りです。自我意識は「永遠そのものに」包まれている事が分かります。

今まで抱いていた事、或いは今まで大事と思っていたものが、余り大事な

ものでは無かったと気が付きます。それが命や、体や、財産や、名誉等で

す。人間の作られた幸せでは無くて。本当の人生の意義を知る事になるか

らです。書きだしたなら、今までの昔の人達が書きだした者と同じになって

きますので、ここには書きません。


170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/09(水) 06:22:47
自我意識が自分の実存に出会う事が悟り。

絶対肯定

神の思し召しのままにと云う事。

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/09/10(木) 07:20:32
是はスペリー博士が各種の実験で実証した、「左右の脳にはそれぞれ独立した

人格が存在している。そうしてその人格の(脳の)機能が全く異なっている。

と云う事に体験的に同感出来ます。精神医学を志している人がこの書き物を

見たいましたら、http://www.jinseimondainokaiketsu.com/contents3.html

に連絡をください。将来は今言った方面からのアプローチが必要と考えられます。

そうしてこの方面からのアプローチが成功するなら。精神障害の完治が可能と思います。

又広い意味での悩みや、苦しみからの解放と云う事も出来ます。

心身症、自律神経失調症、神経症、精神疾患それらは全てが今言った事が関わっています。

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/10/06(火) 23:37:06
觀自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。度一切苦厄。
舍利子。色不異空。空不異色。色即是空。空即是色。受想行識亦復如是。
舍利子。是諸法空相。不生不滅。不垢不淨不摯s減。
是故空中。無色。無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色聲香味觸法。無眼界。乃至無意識界。
無無明。亦無無明盡。乃至無老死。亦無老死盡。無苦集滅道。無智亦無得。
以無所得故。菩提薩埵。依般若波羅蜜多故。心無罣礙。無罣礙故。無有恐怖。遠離顛倒夢想。究竟涅槃。
三世諸佛。依般若波羅蜜多故。得阿耨多羅三藐三菩提。
故知般若波羅蜜多。是大神咒。是大明咒是無上咒。是無等等咒。能除一切苦。真實不虛故。
說般若波羅蜜多咒即說咒曰
揭帝揭帝 般羅揭帝 般羅僧揭帝菩提僧莎訶
般若波羅蜜多心經


173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/11/07(土) 17:09:42

 仏教への試論   「c点による仏教論」−−検索願います。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/07(月) 21:48:36
『私』という考えが無いことを知りました。
その時、仏性と一つであることに気づきました。
常に、それであることを。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/07(月) 22:36:43
無限、無数にある悟りの1つを得ただけで偉そうなのが
結構でてくるもんだな。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/07(月) 22:51:41
道はたくさんありますが、真実は一つだけです。


177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/10(木) 08:20:20
静かにしていれば、ただ流れていることが分かります。


178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/22(火) 21:05:59
心が生じる前、心が生じる時の事です。心が意識と無意識に別れる時。

自分が自分の心に出会います。それが悟りです。

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/23(水) 15:28:03


180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/23(水) 16:50:33
詩がかけないから

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/24(木) 05:07:59
現代は詩がかけないから

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/24(木) 23:35:44
プロはたくさん悟ってる
スンゲー量だ

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/25(金) 21:37:25
真理に至る道は無い。

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/25(金) 22:37:40
いや!あります。それも簡単の事です、好きと嫌いという「分別」を捨てるだけで良い!


185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/26(土) 01:14:51
真理に至る道は無い。


186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/26(土) 07:35:18
一般人に悟れるのはごくわずか

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/26(土) 21:01:42
この世は目覚めることの無い、長い夢である。


188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 00:08:29
一般人の悟りは小さすぎる

プロはデカい

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:11:42
 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・)ヒソヒソ(・ω・` )


190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:19:34
哲学がないから悟れない

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:28:59
「わたしは悟った」

という夢を見ている。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:35:22
後に出家した人でも、居士身の頃に悟った人多いよ。

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:46:08
小さい時から鍛えてないと悟れない

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 01:54:34
最後の最後は人間は仲間でも裏切る

195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 03:41:33
悟ったつもりの夢

196 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 07:52:42
人間には自我意識が、意識できない「働きが在る」 全ての動物が固有の脳の
働きを持っているという事と関連している。

燕の習性は、生まれる前から決まっている。鮭には鮭の習性が脳に刻まれている。
蟻には蟻の、虱には虱の、其々の習性が脳に刷り込まれている。

人間は如何か?脳には意識には分からない「習性」が刷り込まれている。
その刷り込まれたものが「命の働き」という事になる。すなわち「仏性」という事。

赤ん坊が教えられなくとも乳を探して飲む事が決まっている。
教えられなくとも、怖い事や、笑う事を知っている。如何してか?

命は、自ら心臓を働かせている。体中に血液や酸素を送っている。それも
全てが効率よく、必要としている量を絶え間なく。それは「命」が全てを
計算しつくしていて、全てが合理的に、滞りなく、あたかも「誰か」が
全ての「働きの」鍵を握っているように振舞っている。

この鍵を握っている者が「仏性」 心も、体も、自我意識には自由には出来ない。
自我意識が、今言った事を理解できないで、自我意識が生きようとする事が
人生において障害になっている。

心について言うならば、自我意識が自分の心を自分で支配しようとする事から
「心が病み始める」如何してかと言うと、心は自我意識が受け取るものを受け
取っているにすぎないという事を理解していないから。

心が狂うという事は、心が二つに分裂したことを意味している。二つの心が
一つになった時に「心は落ち着く事が出来る」なぜならば自分を、漠然とした
不安で圧迫をしてくる者が居なくなるから。



197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 08:14:48
http://www.youtube.com/watch?v=cdr06WIqK0k

これが強制連行の事実??
戦後のドサクサ??(2分50秒あたり)

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 08:44:42
>>196
間違っている。

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/27(日) 16:53:03
そうっすか?

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/28(月) 22:53:42
>>196
> 人間は如何か?脳には意識には分からない「習性」が刷り込まれている。
> その刷り込まれたものが「命の働き」という事になる。すなわち「仏性」という事。

間違い

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:02:39
>>196
> 命は、自ら心臓を働かせている。体中に血液や酸素を送っている。
> それも全てが効率よく、必要としている量を絶え間なく。
> それは「命」が全てを 計算しつくしていて、全てが合理的に、滞りなく、
> あたかも「誰か」が全ての「働きの」鍵を握っているように振舞っている。
> この鍵を握っている者が「仏性」 

NO

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:25:40
云う者は知らず、知る者は言わず。

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:29:16
脳細胞に刷りつけられた働き。命を働かせている働きとその意思。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:34:23
脳細胞に刷りつけられた働き。
命を働かせている働きとその意思。

と 「仏性」 は無関係。

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:43:51
じゃ何だろう?

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/29(火) 20:47:35
禅も時代とともに進歩しても可笑しくないか?生きて働く働きそのものだから
当然新しく創造的なものがあってしかるべきと思う、

進歩のない禅、想像できなくなった禅。まっいいか

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 05:01:03
>>206
> 進歩
> 新しく創造的なものがあってしかるべきと思う、
> 想像


真理=仏性は、そういうものではない。




208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 13:54:42
真理=仏性は、そういうものではない。

という決め付けが今の仏教界をだめにしてはいませんか?

今仏教界で頑張っている人は居ないのじゃないのですか?

仏教だって禅だって時代、時代ごとに変化をしています。

スペースシャトルでは、地球で孵化したメダカと、宇宙で孵化したメダカを
共に泳がせました。地球で孵化したメダカは、くるくる回るのみという報告が在ります。

宇宙で孵化したメダカは、普通に泳ぐ事が出来ましたとさ!

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 13:58:09
日本の仏教も禅も時の政府に守られ過ぎて、くるくる回っているだけのような
気がします。本当の意味の創造的な仕事をしていない気がしている者の一人です。

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 14:01:07
違うと思うなら、真理=仏性は、そういうものではない。

ではどういうものかを明快に書いて見たら?

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 14:02:53
受け売りの知識しかないから、本当の事は書けないのじゃないのですか?

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 21:01:31
208以降のレスも決め付けと憶測の典型だなあ


213 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/30(水) 21:41:43
仏性

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/31(木) 01:27:15
迷える子羊ちゃん。坊主になってもおまえは厨房と大差ないってこと。
感情のまま行動するアフォでしかない。

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/31(木) 02:41:21
おまえって

どのレス番の人?

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/31(木) 08:42:28
おまえこそ

どのレス番の人?


217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/31(木) 10:11:11
>>214
おまえって

どのレス番の人?

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2009/12/31(木) 11:04:14
悟りの内容について知りたいじゃと?

        (゚д゚ )
        (| y |)

悟りとはな、分解して分かり易く説明すると、

        ( ゚д゚)  悟り
        (\/\/












小五ロリなのじゃよ

     小五  ( ゚д゚)  ロリ
       \/| y |\/


219 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/10(日) 12:17:00
云う者は知らず、知る者は言わず。

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/13(水) 11:26:20

        (゚д゚ )   
        (| u |)   
               


    amazon ( ゚д゚)  uk 
       \/| u |\/ 
                
     
        ( ゚д゚) amazonuk
        (\/\/    
                 

        ( ゚д゚) mozaikunasi
        (\/\/    


        (゚д゚ )       
        (| n |) 

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/14(木) 23:21:45
ブッダの禅定を寸分たがわず追体験すれば
悟れる。

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/15(金) 18:39:46
悟った気分には、なれるかも。
悟りとは、別物だけど。


223 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/16(土) 20:34:38
燕の習性は、生まれる前から決まっている。鮭には鮭の習性が脳に刻まれている。
蟻には蟻の、虱には虱の、其々の習性が脳に刷り込まれている。

人間は如何か?脳には意識には分からない「習性」が刷り込まれている。
その刷り込まれたものが「命の働き」という事になる。すなわち「仏性」という事。


224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/17(日) 10:31:05
それはエゴのシステム

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/01/23(土) 20:45:46
>>223
自我

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/01(月) 21:21:07

        (゚д゚ )   
        (| u |)   
              

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/02(火) 13:40:42
やあみんな、今日も悟ってるかい?

ところで悟ってどうするんだい??

阿羅漢のお仲間入りかい???

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/11(木) 02:07:38
>>227
考えることを完全に放棄すること。思うのもダメ。
雑念があったら悟りじゃない、妄想も幻想もダメ。

つまりお前には永遠にできないし無関係。

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/11(木) 14:15:22
「ゆとり」に代わって登場「さとり世代」の無欲人生 (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_customs_p__20100211_2/story/11gendainet05021081/

「ゆとり世代」の次は、「さとり世代」なのだという。

「ゆとり世代」とは、バブル景気の頃に生まれ、02年度の学習指導要領による、ゆとり教育を受けた世代のこと。本人たちのせいだけではないのだが、勉強すべきことをしてこなかったため、
「あいつは“ゆとり”だから」と、半ば蔑称として使われることが多い。

 これに対し、にわかに注目を集めているのが、「さとり世代」だ。発端は、昨年末に発売された新書「欲しがらない若者たち」の記述。最近の若者の消費動向について、
「車に乗らない。ブランド服も欲しくない。酒を飲まない。旅行をしない。恋愛に淡泊。貯金だけが増えていく」と紹介したところ、ネットを中心に活発な議論が交わされるようになった。

「欲しがらないのではなく、お金がないだけ」

「生まれた時から不景気だった」

「頑張っても、できることは知れている。身の丈にあった幸せがあれば、高望みはしない」などという意見に交じり、「諦観しているさとり世代」という書き込みが登場したことで、注目を浴び始めた。

「“さとり”は単に年代論ではなく、ムダなエネルギーを使わない若者の総称になっています。30代半ば以下に多く見られ、草食系に通じるところがある。
堅実な生き方を好むので、まじめに勉強もしているし、本も読んでいるのが“ゆとり”との大きな違いです」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

 部下に持つなら、「ゆとり」より「さとり」の方が使いやすそうだが、若いうちからそんなに欲のない人生で楽しいのかね? いまだに煩悩を捨てられないオジサンには分からん世界だ。

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/11(木) 15:57:16
見たものが見た目そのままの通りに見え

聞いたものが聞いた耳そのままに聞こえ

触ったものが触った手そのままに感じる

口を開けば欺き飾るところはなく

行えば障り憚るところはない

思えば三千世界を遍く照らし

ただ法楽の愉悦に遊ぶ

善哉、善哉、大薩埵

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/12(金) 20:12:41
>三千世界を遍く照らし ただ法楽の愉悦に遊ぶ

と夢を見ている。



232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/12(金) 20:35:38
それもまたよし

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/18(木) 11:06:48
196 名前:名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2009/12/27(日) 07:52:42
人間には自我意識が、意識できない「働きが在る」 全ての動物が固有の脳の
働きを持っているという事と関連している。

燕の習性は、生まれる前から決まっている。鮭には鮭の習性が脳に刻まれている。
蟻には蟻の、虱には虱の、其々の習性が脳に刷り込まれている。

人間は如何か?脳には意識には分からない「習性」が刷り込まれている。
その刷り込まれたものが「命の働き」という事になる。すなわち「仏性」という事。

赤ん坊が教えられなくとも乳を探して飲む事が決まっている。
教えられなくとも、怖い事や、笑う事を知っている。如何してか?

命は、自ら心臓を働かせている。体中に血液や酸素を送っている。それも
全てが効率よく、必要としている量を絶え間なく。それは「命」が全てを
計算しつくしていて、全てが合理的に、滞りなく、あたかも「誰か」が
全ての「働きの」鍵を握っているように振舞っている。

この鍵を握っている者が「仏性」 心も、体も、自我意識には自由には出来ない。
自我意識が、今言った事を理解できないで、自我意識が生きようとする事が
人生において障害になっている。

心について言うならば、自我意識が自分の心を自分で支配しようとする事から
「心が病み始める」如何してかと言うと、心は自我意識が受け取るものを受け
取っているにすぎないという事を理解していないから。

心が狂うという事は、心が二つに分裂したことを意味している。二つの心が
一つになった時に「心は落ち着く事が出来る」なぜならば自分を、漠然とした
不安で圧迫をしてくる者が居なくなるから。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/21(日) 14:30:48
>103
おまい!!w

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/02/22(月) 21:05:46
人間は如何か?脳には意識には分からない「習性」が刷り込まれている。
その刷り込まれたものが「命の働き」という事になる。すなわち「仏性」という事。


236 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/04/02(金) 15:30:41
障害

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/05/07(金) 20:42:35
>>233
悟ってない

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/05/15(土) 22:17:25
ではみなさん
自分の心及び仏性の存在を証明をしてみよ。

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/05/22(土) 00:15:24
test

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/07(水) 16:49:07
「悉有仏性」は、「涅槃経」の師子吼菩薩品に説く「悉く仏性有り、如来は常住にして変易(へんにゃく)あることなし(悉有仏性 如来常住 無有変易)」

大般涅槃経・獅子吼菩薩品に説かれるものを智が整合し確立した、成仏のための3つの要素を三因(さんいん)仏性という。

* 正因仏性(しょういん) - 本性としてもとから具わっている仏性のこと
* 了因仏性(りょういん) - 仏性を照らし出す智慧や、その智慧によって発露(ほつろ)した仏性のこと
* 縁因仏性(えんいん) - 智慧として発露するための縁となる善なる行いのこと


241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/07(水) 22:24:38
命そのものを働かせている意思=命の働き=無意識の中に封印されている意識
=仏性=不可知な者

意識から無意識になった事は意識出来ない(不可知な者)が仏性

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/07(水) 22:26:28
237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/05/07(金) 20:42:35
>>233
悟ってない

悟りなんか、元々ないべ!

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/08(木) 17:11:51
命そのものを働かせている意思=仏性

×

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/24(土) 07:11:00
ではみなさん
自分の心及び仏性の存在を証明をしてみよ。

感情が湧く源を作っている者(感情が湧かない人はいない)

腹が減ったら飯を食う事(自分の中の誰が腹が減ったと教えるのか?)

のどが乾いたら、水を飲む(自分の中の誰がのどが乾いた事を教えるのか?)

答え=命そのものの働き(無意識を、或いは潜在意識の主人公}

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2010/07/25(日) 22:37:27
>>244
悟ってない

90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)