5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

空とは何ですか?

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:08:39
漏れにも分かるようにどぞ

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:10:06
>>1


      蒼井 そら(空)



3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:14:15
>>2
バカなので、蒼井 そらがわかりません。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:21:55
総称

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:23:31
デスラー総統!

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/15(土) 23:26:36
>>3


蒼井 そら(空) を百万遍唱えなさい。話はそれからだ


7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/16(日) 12:09:21
>>6
1億と2000万年続けました、次は何を?


8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/16(日) 16:33:29
>>7
嘘つきには教えん

蒼井 そら(空) を百万遍唱えなさい。話はそれからだ


9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/16(日) 22:36:52
空とは何ですか?
と訊ねる自分は何が知りたいのですか?
と訊ねて得たらば何をしたいのですか?
と訊ねて得ずとも何をしてるのですか?
其の問いで常在出来ないのが「空」です。

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/16(日) 22:39:10
>>9


蒼井 そら(空) を百万遍唱えなさい。話はそれからだ



11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 06:04:24
百万遍は京都の地名。
訪れるのは容易だが、唱えながら数える芸当は曖昧なので、不可能だ。
実際には「概数になっちゃうので精緻には数えられない」のよw
自分で出来てもいないコトを指示してはイケナイ。是を「殺生」とも言う。
毎日百回でも一万日掛かる(30年近くだぜ)
毎日千回でも千日掛かる(3年近くだぜ)

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 07:00:17
おれの財布 嫁の愛情 子供の学力 会社の当座預金 月曜日のヤル気

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 10:42:41
百万遍、蒼井そらは唱えられないので、
代わりに百万本の薔薇の花を歌います。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 18:42:51
この世の五要素目が空、そして六要素目が識。

このぐらい常識だろ。空を発明したのはインド人だ


15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 20:43:58



蒼井 そら(空) を百万遍唱えなさい。話はそれからだ



16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 20:51:54
>>14
おいおい

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 22:30:34
そーらーにー たいようがー あるかぎーりー

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/17(月) 22:57:16
心拍数では、百万回は大して時間も掛からないね。
心拍音を「空」(クウ)と聴けば、
一分間で平均50回として。。。一時間で3000回
一日で72,000回。。。一週間で504,000回
拠って二週間で「百万回」を突破出来るよw
心臓は20億回は持つ凄く立派な「生体部品」でござんす。

19 :ふぁいなるあんさ:2007/12/18(火) 00:36:53
>>1
色即是空空即是色


20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/18(火) 09:46:28
>1
ドレミファの後に続く音名。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/18(火) 22:50:29
空?
快晴の青空を見上げてる時のような心のようなもの、かな?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/18(火) 22:52:46


蒼井 そら(空) を百万遍唱えなさい。話はそれからだ

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/18(火) 23:29:10
蒼々たる天地、物あり理あり

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 00:21:33
大空 翼 ではだめですか?

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 00:24:27
空とは何かって、ランボーさんの霊界質問箱に書いてあったお

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 00:30:18
あいつ素人だから 却下

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 09:01:20
空以外の物があるのかね?

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 21:18:42
空感を感じましょう。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 21:23:20
素人だから 却下

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 22:53:35
空海の空、これ以外は空じゃない。

おまいら修行が足りないぞ。

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 22:57:53
諸君の頭もそろそろ空っぽかな?

32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 23:04:13
空とは、
ウに
ハまち
エび
・・・・空腹だ。
寿司食いたい。

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/19(水) 23:23:44
色不異空
色は形あるもの
空は心や意識の世界

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 00:28:57
空とは虚のこと、つまり形が無い妖しい存在。
心や意識に通じることはあるが、それではない。
秩序と混沌の中間に位置するが特定できるものではない。


35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 14:02:09
空は君の頭上にあるんだよ。

36 :妖輝緋 ◆is1mRve2Rk :2007/12/20(木) 14:14:27
中川翔子の空色デイズ

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 14:26:45
カラって呼ぶんだ

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 21:35:02
そら、言わんこっちゃない・・・

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 23:13:11
韓(カラ)じゃ こまるべ。

ニダで修行してmお、それは韓(カラ)

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 23:22:45
空とは「阿弥陀」、つまり仏のこと。

それは無でもゼロでも何もないということでもない。存在するのが空。
はかりしえない、とらえられない、意味にできない存在である。

それはガンジスの大河の流れ、波、水が沸騰する様相でもある。



41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/20(木) 23:33:10
空とは異次元のこと

42 :悟りの極地:2007/12/21(金) 00:09:08
喰とはたべること、そして食べ過ぎて腹が痛いと

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 00:55:38
これだろうな

http://www.youtube.com/watch?v=cfrswht-ygs

44 :ナドレ出現:2007/12/21(金) 11:57:01
空ダム00 世界というものは

45 :修行しろ:2007/12/21(金) 13:18:50
空空空空コスモス。
おれは悟った。
おれは悟った。
おれは悟った。
おれは悟った。
おれは悟った。
おれは悟った。


46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 21:15:49
空海の名前を構成する「海」以外の一字

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 21:22:18
空感に溢れるお話が聞き鯛☆

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 21:41:56
空とは、空とは何ですかという問いかけを拒絶するものです。
何故なら貴君は空だからです。
空は空について問えない、ということです。
わからないでしょ?
そうです、これが空だす。
わかりましたか?

49 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 22:09:08
>>48
わかったからアゲルな。おりこうさんならsageと入力しておこうな。

1000億回、空空空空空空空空とでも唱えろよw

50 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/21(金) 22:59:33
空は上の方にあるもの

51 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 00:35:31


52 :ドリル:2007/12/22(土) 09:28:32
空は天なり、貫くのがグレンラガン

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 10:01:36
空とは、実体が無いこと。色即是空と言う場合には、「色(物質)には実体が無い。」と言う意味。

五大(地水火風空)の中の空大の場合は、空間のこと。
禅定の第五ステージである空無遍処の空は、
物質がなくなり空間だけがはてなく続いている状態に入る禅定。
色即是空と言うときの空と、五大の中の空大とは、違う意味。


54 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 10:12:26
五大(地水火風空)について。
地とは、重さ堅さ(隔たり)の感触。
水とは、つなぎとめる(収縮・吸引)感触。
火とは、熱さ(相対的な温度のことだから冷たさも含む)の感触。
風とは、ふくらむ(膨張・圧迫)の感触。

我々が物質を感触で感じるときには、
地水火風の四大の感触の組み合わせしかない。
んで、空大を、四大以外の物質的感触だと理解すれば、
堅さ(地)も縮み(水)も膨らみ(風)も温度(火)も感じない感触であり、
空間ということになる。
つまり、地水火風の物質現象が無いにもかかわらず、
物質現象をとらえようとする我々の身根・触識のセンサーは働いているときに、
空間を感じるのでしょう。

55 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 10:25:44
禅定の第六ステージ識無遍処は、眼耳鼻舌身で感じる物質がなくなり、
識だけが無限に広がる状態。
で、その識無遍処に至るためには、必ず空無遍処を通る。
地水火風の物質的対象が消えてしまったが、
まだ六根のセンサーが起動したままになっているから、
無限に広がる空間(物質の最後の役者)だけを感じる。
やがて六根のセンサーも消滅してしまい、
空間も消えて物質的対象から決別し、
識だけが広がる識無遍処の禅定に入ってゆく。
その次の第七禅定は無所有処であり、
識さえも手放すことになる。
そしたら、第八禅定の非想非非想処に入り、
想いがあるでもなくないでもない禅定となる。

56 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 15:33:34
んなことはない。妄想もいいかげんにしとけ

57 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 20:03:28
>>56 空無遍処の「空」が空間の意味だというのは、
間違いじゃないと思う。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 20:20:07
>>57
そのとおり
字が違うから勘違いするのです
空無邊處(空無辺処)です
また、虚空無辺処とする経もあります

59 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 20:59:23
>>53
『諸法無我』が実体がないことを意味している。
実体がない諸法、即ち諸々の事物をなんと呼びましょうか?
これを空と呼ぶのです
色即是空とは、
眼に見えるもの(転じて感じ取ることができる一切の事物)は即(そのまま)空である
ということです。

60 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 22:37:38
>>59
結局は、色即是空は色には実体が無い
(色は無我である)という意味になりますね。


61 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 22:42:02
>色は無我である

本番中のことですか?

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/22(土) 22:43:58
>>58 誤字、失礼しました。

63 :まだ悟れないのか:2007/12/23(日) 11:28:25
空が実態が無いというレベルの解釈では、まだまだだねぇ。




64 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 11:31:02
お前らドングリの背比べ

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 11:37:00
>>63 梵我一如に逆もどりしちゃだめでしょう。
1+1=2を納得できた人は、それ以上1+1について考察する必要がない。
「実体が無い=無我」を納得できないから、「色即是空」で納得できないから、
空に他の意味を見い出そうとし、「空即是色」を付け加えようとする。
空は、無常・無我の別表現。それ以上の意味は不要。

66 :アドバイス:2007/12/23(日) 11:43:06
言葉で表そうとしないほうがよろしいでしょう。

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 11:45:35
>>63=>>66 禅の詭弁

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 15:25:53
詭弁に釣られたw

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 16:22:51
「真空妙有」→”空”とは”虚無”ではない!

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 17:36:37
空観ー仮観ー中観 三観の位相の違いを押さえましょ。

71 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 18:19:53
何もない。 自分の周辺のものは幻想にすぎない。
五感があるから欲が生まれる。

空とは欲に惑わされない。我を捨てなければいけないということ。→九識論に心の働きを説明。

周辺の環境と自分が一体であるというのを依正不二という。
環境や人間関係、縁は自分と一体である。それによって自分の境涯が決まる。



72 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 18:22:04


73 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 18:42:40
70》三諦円融ーと言うこと。

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 19:24:17
主人公。
とっても無口な女子高生。
好きなもの。
散歩と猫とスケッチブック。
学校の裏山。のんびり写生大会。
通学路のノラ猫たち。フシギな生態。
放課後の美術室。
ちょっと変わった先輩たちの、すごく妙な創作。
虹。
花火。
夕焼け。

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/23(日) 19:50:15
>>1
あほだ^^ 空といえば そらにきまっとろーが

76 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/24(月) 07:34:47
空とは何かって、ランボーさんの霊界質問箱に書いてあったお

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/25(火) 12:40:18
>>69 虚無ではなく、無常・無我ですね。


78 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/26(水) 11:19:48
あまり深くは知らんが、
天台の三諦円融だと
空→仮→中てプロセスぽくないか?中国でありがちな実有的な解釈が入ってるような。
空即仮即中ってことで概念ではなく無我・縁起の教えの躍動を空として
教義復興したもんだと思うんだが。
本覚法門みたいな実有的な空解釈だと仏性が元々そなわってるから≠ニ堕落しかねん気が…

79 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/26(水) 12:30:27
>>78 わざわざ「中」をもちださなくても、
「空」と言う意味の中に「仮」・「中」は含まれてる気がする。
しかし、「空」を「虚無」(存在の否定)という限定的な意味にとってしまったら、
存在の否定(空)→しかし仮の存在としては肯定(仮)→
→否定か肯定かに偏らない(中)
…という説明が必要になるんですね。


80 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/26(水) 21:54:58
>>78
>>79も 空です

81 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 13:38:16
 仏教にであうことで有無(問題が確実にあると想定して有るか無いかを問う)の見解をだす惑いに対し
 問題が本来的にあるのでなく物事は関係することにより成立しているので、不変の対象は成立しない
(無我であり縁起)
 又、物事は確実なものでないからこそ関係性も成り立つといえる、法則化,絶対化もできない
(縁起であり無我)
 こうした事実を知り知らせられることに生き方として明示されることを如より来生した・如来した
という関係が成立する、この教えを知らされ教えの働き発揮を
明かされる時点で仏教の絶対的な価値が生じる。
 何物も絶対化できないから、悟る・救われることも可能といえる(生死即涅槃)↑
「七地沈空の難」というのがあるけど、
空を知ったというところにも停滞することで無見(仏教を誤解しての虚無・断滅)に堕落する危険性をさし
 概念ではなく生きるための指針、教えに止まらず実践していく「空亦復空」
空として空じ明かされる立場にも止まらない実践を、論理づけていったのが八宗の祖、龍樹なんだよね。

82 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 13:43:57
空に停滞したら仏教中の堕落なんだね。
だから中道≠ニして生き方を提示される必要性があるし、救いを求める人の要請に応えられる
歴史的事実として知らしめられることで仏陀であり 教えとして私へ如来した≠ニ絶対化出来るんだね

83 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 13:59:58
だとしたら仏性てのは縁起性と言い換えられるのが妥当だね、普遍的に縁起を明かすのが仏だし、
それにより仏道を明かされてくんだしね。
で、そうなると、仏説による∴ネ外にプロセスを衆生が仏より偉ぶって規定することは出来ないし、
空→仮→中ではなく
空即仮即中、無我であり縁起、縁起であり無我
となるわけだ。
概念規定でなく、生き方を説くことが仏教の効果でありそこに本質をおくのであって、
概念・プロセスとみて、教えを解釈することはもはや仏教ではないということになるんだね。
言葉・教説は理解するために示された表現、
それに私が出会い知らされるとこで意味内容が明かされ躍動(本質)が発揮されるわけだ。

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 14:06:31
仏教は即≠フ論理、つまり「同じか別か?」と問題提起されたとこで見るのでなく、
どのように現象として成立しているのか関係≠みていくことなんだね。
関係って言葉に出来ないところを語っていくとは…それを空≠ニして中論に語る龍樹は凄いな。

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 20:44:48
空を説くのは、執着するなという意味でしょう。


86 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 20:50:34
>>1
話は簡単だ。
○←コレが空だ。

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 23:16:31
即ち何も考えないことが空です。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/27(木) 23:41:20
>>87 それは禅定の境地。
しかし、禅定にも執着しないのが仏教の悟り。

89 :鹿嶋:2007/12/27(木) 23:58:37
宇宙でしょう。もしくは零でしょう。

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 00:01:40
「○○は空だ」と言うときは、
「○○は執着に値しない、くだらないものだ」という文脈。

91 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 10:07:46
空が仮設される意義とは?

92 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 12:23:03
>>91 空を真理だと認めたくない人々が、「仮設」だと主張するのでしょう。
空だから執着するなというのが仏教。
しかし、何とかして執着を正当化したい、
執着があるままでもいいのだと肯定したいから、
空を仮設だという屁理屈をつくりあげた。

93 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 14:59:15
だったら龍樹の中論はどうなるの?

94 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 15:07:39
オイオイ…仮設(施設)を屁理屈だなんていっちゃ、龍樹の中論の意義はどうなんの?

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 15:49:51
空の論理は概念として他者に崇めさせて利用する道具ではないはず。
言葉は伝えるための手段、言葉により内容が明かされる、知るところに意味があり、
言葉・概念そのものに意味を求めるのは不毛。
あくまで実有的な生死の把握(戯論)にある私が、教えを聞くところに
戯論の戯論なることを知らされ滅せられ(戯論の寂滅)生死即◆ク槃
煩悩即&提
と、分断して実に有りとして把握しがちな
衆生・仏,穢土・仏土,不浄・浄などの言説表現の意味内容を知らされ、
衆生の虚妄、分別の実ではないこと(不生・不滅、無生の法)を
知らされるトコに機の成立、私が教えと出会う、仏が現れる意義(如来する)たる
仏道プロセスが世間に顕現せられるのである。
    出世間
    ↓ ↑
    世 間
如何なる論理を示そうと、その躍動を明かしていかねば、
自利即利他、利他即自利
菩薩道を否定し、如何に仏道のうちにあろうと破壊の菩薩であることに違わないのである。
単に概念として空をみるのか、それとも自身の生き方を見つめるために
明かされた上意を受くるところのイマージュ-仏説を第一義として帰命、礼拝し奉る-と解するのか…

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 22:43:29
↑上に連なる理屈にとらわれると道が見つからない

97 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/28(金) 22:52:33
>>94
>龍樹の中論の意義はどうなんの?
凡人には意味が重要なので中という状態は不要なの。

98 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 00:15:01
空を悪了解し、自身の都合の良い逃げ言葉にするのは如何なものか…
意味が重要だから名前はいらないと?
言説表現をプロセスとして用いらないでどのように利他活動を展開されるのか?

どうにも教権をかざすための二枚舌を必死に行っているようにしか見えない。
無畏施って言葉を知ってるかな?仏法のもとに話をするところに教権は成立しえないよね。

得意の説明不可能とやらで沈黙して空の悪了解に持ち込んでもいいけど、
仏法を聞く仏弟子なら内省もしつつ、多少は答えてくれるよな?

肇論を読んだことあるのかな?体用相即って意味はわかるかな?

99 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 00:22:54
一例を示せば、「百」の前   「白」   を指します。
百は満たされた状態。
其の他は満たされていない途中の状態。
満たされる直前の「刹那」と「達成感」と「限界点」を指します。

佛教着想と前後して、道教でも「空」的な発想は在りました。
論理体系としての構築力では「佛教」の前では何れの宗教もアタマが下がります。


100 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 00:24:18
。。。。。で「百」ですw

101 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 00:27:49
魂魄の魄の部分が空です。

102 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 00:46:47
空とは、無常・無我であること、実体がなく執着に値しないこと。
リンゴは空である。
なぜなら、リンゴの自性(リンゴそれ自体)はどこにもない、
リンゴは無自性だからである。
なぜリンゴは無自性なのか。
リンゴは縁起により認識される存在だからである。
赤い色・甘酸っぱい臭い・味・歯応えなどの情報を総合的に組み合わせて、
はじめてリンゴという認識になる。
リンゴそれ自体を直接認識しているわけではない。
色声香味触法に対して、あとからリンゴというラベルを貼っている。
しかし、我々は、一度ラベルを貼ってしまうと、
ラベルに執着してしまう。

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 02:41:57
魑魅魍魎の世界だなぁ

104 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 02:43:07
>>102
つまり「私」の考えが縁起の道理に照合されるとき、
「我」の非なることを知らされ、意味上の絶対性を明かされるから、仏と私の関係
-言説中最第一の教えをとく仏に帰命する私とさせていただく-が成立するのですね。

執着があって生きているからこそ、仏説が聞ける私がここにある。有難い。

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 03:08:02
仏教に執着している時点で(ry

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 04:07:02
ものは見方・言い方・考え方だよ。

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 09:40:23
>>104 仏と私の関係など気にするな。
仏とは、亡くなったお釈迦様のことだと思え。
神様みたいな仏・菩薩は、架空のヒーローだと思え。
梵みたいな、法身仏への執着は、
禅定体験への執着であり、
それも煩悩だと思え。

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 11:58:37
お釈迦様を絶対視する事は執着にならないの?

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 15:30:22
>>107
禅定に執着するわりにプロセスを分析せず、
悟ったみたく言うけどクリアに説明しないあたり教権をかざしてるようで神秘主義臭く感じる=胡散臭い

法身は肉身の仏を懐かしむ人々が言説表現として教えを聞くものに対する法を解く仏を設定したもの、
それだけなら実有的な救済者、仏土を言うだけなら神秘主義臭いのみだが、
機∞出会い関係する≠ニいう構造に注目して教説を展開し、信仰(一方的ではない)する点に
普遍性を見出すことはできるのではないか?
法身自体に意味を求めず、用き・効果に意味を定められている。

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 15:35:05
>>107は確かにプロセスを無視しながら実践せよ、と言ってるみたいだな。
一般人にも分かりやすくないと、少なくともわかるようにしていかないと、確かに教えを
持ち物としている、と指摘されても何も言えないと思う。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 15:41:28
台湾の華鹿島で大晦日の昼間にヌーディストの祭典「迎春無衣裸大楽」が
あります。
今年もまたネットのライブカメラが入るみたい。
去年みたいにロリ少女達が見られるんじゃないでしょうか。
カメラは勃起男は撮らないで、ブロンドのお姉さんばかり
撮って欲しいよ!(>_<)

☆★どうせ暇だしヌーディストになろうぜ★☆
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/auto/1196755537/

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 16:09:03
言葉に執着している時点で、議論になるんだよ。そのぐらいワカレw

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 19:50:19
喰とは口で食す。それは口の中が空という意味になり。
中身は空っぽだが、喰うことで口の中に食物が入り
幸せになれるという話になる。生物の基本でもある、

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 21:48:54
食即是口

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/29(土) 22:19:02
食う寝るところに住むところ
パイポ、ハイポ

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/30(日) 00:56:01
>>112
論議することで理解するプロセスが出来るんだから、それをやらないのは寄生虫。
なぜ、仏陀の明かした縁起法(無常・無我)を空という言葉をもって、再び関係性(縁起性)を説かれたのか

教えを聞き、伝える者は最も吟味する者のはずだと思うのだが…

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/30(日) 16:35:57
>教えを聞き、伝える者は最も吟味する者のはずだと思うのだが…
おまいみたいに教えを聞き、教えだけを自分の価値観だけの解釈で
悟ったと思うのが沢山うまれるだけ。それは自己の執着にすぎない。
結局は科学万能主義者と同じよ

知識と体験(経験)の違いが分かるか?それは感情を含んでいる差とかが
あるわけだ、オマイのは知識だけで理解しようとするタイプだから、
理解するプロセスではなく、暗記にすぎないわけだ。
無駄と無意味を繰り返して生まれた知識と、教えを受け取るだけの知識では
比較できないほどの差があることを学べよ

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/30(日) 21:43:06
諸君ら、偉そうに意見を開陳するが、
そのようなことから、やがて脱したときに
はじめて空を理解することができるのだぞ
努力するが良い
これを精進という

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/30(日) 22:33:54
色即是空
空即是色

120 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 00:00:47
このスレはたいへん勉強になるな。

121 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 00:53:27
>>117
科学も絶対とはいいきれない。
「理論的に可能」とかってのが一応実験して理論と証明を繰り返してるが、
「絶対」とは言いきってるのを聞かないよね。
言葉は仮説ってことになるのだね、多分。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 01:01:16
てか教えって聞く気があってナンボだし、聞かないなら聞かないもんだよね。
ありがたいときはありがたいけど
なんともないときはなんともないんだが。
あとさ〜、議論やってんじゃん?どっちにしても感情含んでると思うんだよね。
生きとる限り自分からは逃れられんだろ。

123 :117:2007/12/31(月) 01:05:13
ここまで強引な発言して、DQN反応が無いのはコノ板のクオリティ
すげーなw
威嚇して発言したんだけど釣られるのは121ぐらいか、それも反応低いw
久しぶりに感心しちゃったw


124 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 01:59:17
釣られちゃったのか俺(笑)

125 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 09:54:06
同じアホなら釣られにゃ損損・・・っと

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 12:51:22
まぁ、釣るレベルがひ・・・

127 :本当の117:2007/12/31(月) 18:27:46
本物だけど、>>123はオレジャナイ。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 20:42:07
空とはエネルギーの事だよ。

129 :マカラギャ:2007/12/31(月) 21:08:32
なかなか言語で表せない仏教的存在論と仏教的認識論を、あえて「空」と言う言葉で表したのに、
「空」とは○○だ、△△だ、いや××だ、などと議論しても結論は出ないのである。


130 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 21:15:11
>>128 ちょっと違う気が…。
姿形の正体はエネルギーだから、
姿形は空(無常・無我であり実体がない)だ
…ということでは。
姿形はエネルギーが縁起して、
因縁により瞬間瞬間に形成されたものであり、
無常であり固定的実体がない、空である。


131 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/12/31(月) 21:47:19
安易にエネルギーなんて言ってると、大槻教授にどやされますよ
縁起説には、大雑把に分けて、真如縁起と阿頼耶識縁起とがあるのです
いずれも人間の意識を回避して説明できるものではありません

132 :ファイナルアンサー:2008/01/01(火) 20:25:50
穴+工が空です。

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/01(火) 20:29:20
空とはガンダムです。

光がGN粒子をつくり、そこにはガンダムがある。

俺はガンダムになれない。

俺がガンダムだ。

134 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 03:53:52
結局、空てわからん。



135 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 12:10:25
空が空をわかるはずないでしょ

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 12:18:20
そらそうだ

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 12:22:04
青空とか大空とかわからないかな。

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 12:50:24
執着するなと説くための「空」だから、
執着しなければ「空」がわかったのと同じ。

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 17:04:28
わかると思うな、わかれば負けよ

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 17:48:26
「執着するな」と説く為の「空」なんですか?

141 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 18:08:18
色だろ、幼女即是空

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 18:44:02
空とはお前の本名だ もっと言うと お前が空だ

143 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 20:55:11
>>142 梵我一如と間違ってないか?

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 20:58:00
>>140 仏教は四諦が基本。
苦悩の原因となる執着・煩悩を消すのが、仏教の目的。
空に気付くことで、
対象を実体視する誤った見解を取り除き、執着が消える。

145 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 21:14:11
私も、宇宙や存在の本質を知りたいという
知的好奇心から仏教に興味をもちました。
しかし、仏教は、本質(宇宙や存在の本当のとこ)を知るのが目的ではない。
苦悩の原因を消して苦悩を消すのが目的。

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/02(水) 22:34:53
仏教の言葉で『本質』は『我』です。
仏教は本質を認めません。
認めないというより、本質は無いのです。
法印に『諸法無我』といいます。

147 :名無し:2008/01/02(水) 23:09:00
色即是空、空即是色。存在が空で、空なる物が存在。数式に直せば1が0で、0が1。
この大宇宙で、0が1になったときが、少なくとも2回あった。
宇宙に生命が誕生した時。無から有が生じた。空即是色・・
そして、この大宇宙のすべての星。その膨大な質量、岩石・・などは、どこから
来たのか、生じたのか・・。120億年前の宇宙誕生より前にその膨大な質量が、無から
生れたのか、最初からあったのか。それにしてもそれは、どうして生じたのか。
やはり、空即是色なんだろうか。0が1なるときが、あったんだろう。
宇宙の膨大な質量。そこに現れた、我々地球の生命。空即是色、色即是空・・
0は1であり、1が0・・

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 00:19:44
>>144
>仏教は四諦が基本。
>苦悩の原因となる執着・煩悩を消すのが、仏教の目的。
>空に気付くことで、
>対象を実体視する誤った見解を取り除き、執着が消える。

あなたは、その方法・解釈で空に気付いて執着が消えましたか?

149 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 00:29:50
>>148 少しは執着が減りました。
自分の感情に気付くのが早くなりました。

150 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 00:57:22
解ってないやろW

151 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 02:51:24
釈尊曰く、全ては"空"、 形ある物は即ち"空"、 "空"は即ち形ある物。

物理的には、"空"とはエネルギーを指しているとしか解釈できない。




152 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 03:15:23
はっきり言って我々凡夫には煩悩をなくすなんて事は不可能です。
これは親鸞が言ってます。
そんな事よりも私たちはこの世で起こる全ての事象は縁起の理法で成り立っているという事を知るべきです。

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 03:42:00
>>152
>>はっきり言って我々凡夫には煩悩をなくすなんて事は不可能です。

このスレの「空」の議論とは無関係な話だな。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 07:41:52
>>151 空は名詞じゃないと思います。
「エネルギーの縁起による現象だから形あるものは空(実体がない、無我)だ」
とは言えるでしょう。
しかし、エネルギー=空ではない。
空とは、何かの名前ではない。
何かを説明する形容詞か形容動詞でしょう。
「空即是色」については、釈尊が説いたわけじゃない。

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 08:27:12
麺工房「空」★★★★
空のラーメンは魚系と鶏がらを合わせた濃厚なスープが特徴
麺は細麺でスープによく絡む。85点

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 10:05:20
どこにあるの?

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/03(木) 22:50:29
>>154
>空とは、何かの名前ではない。
そのとおり。
空とは、その『何か』そのものですよ。
「色即是空」も残念ながら釈尊が説いたわけではない。

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 00:06:09
>>157 何かそのものを空と呼ぶなら、
「空」という言葉は、
「何かそのもの」の名前(名詞)ということになりますよ。
「空」という言葉は、名詞じゃなくて、
「明るい」とか「大きい」など形容詞じゃないでしょうか。
つまり、何か眼耳鼻舌身意の対象○○を認識したときに、
その対象○○は空だと、○○について説明するための言葉。
「電球は明るい。」というように、「電球は空だ。」と。
そして、眼耳鼻舌身意のあらゆる対象について、
「これは空だ。執着に値しない。」
「これも空だ。執着に値しない。」と、
バッサバッサと斬り捨てていくのです。
瞬間瞬間に生じては滅する精神的なものと物質的なものとを、
ことごとく「空だ、無常・無我で実体がない、執着に値しない」と、
瞬間瞬間で完結させて追い掛けない。

159 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/04(金) 01:31:56
てな観念論では空は空論でしか無いわな。(笑

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 01:35:03
アメリカ映画における愛のようなものかな

161 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/04(金) 01:39:29
日本式仏教だと、そうだよな。(笑
全部、空で片付けてその先は無視。(笑

162 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 01:53:56
空を触りたいね

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 08:23:27
>>159 止観の実践しかないですね。

164 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/04(金) 09:10:43
>>163
いいや。(笑
上座部の行と中観派の教えに従うしか無いぞ?(笑

てか、現状じゃどうヤっても無理かもな。(笑

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 12:17:28
>>158
電球=空は成り立つ。
電球=明るいは成り立たない。
         以上

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 12:38:20
>>165 イコールで結ぶとややこしくなるような気がする…

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/04(金) 20:16:18
>>158
医務室蛇行さん
ここまで来て荒らさないことです
貴方には空は縁がないようだ

168 :俺はガンダムになれない:2008/01/06(日) 03:04:15
刹那:空とは腹が減っている状態、飯を探して徘徊するとかの意

世界というものは。


169 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/06(日) 08:49:33
[mixi] 中国気功 房中術 内丹術
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2867220


170 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 14:35:17
色=空 ならば 色是空 ということです

『色即是空』というのは、等号(=)の関係でなく
色が、そのまま空であるということです
『色』と『空』とがあって、両者が等しいという意味ではありません
即ち『色』は >>158 の言う所の名詞だが、『空』は名詞ではありません
もちろん『空』は概念でもありません

171 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 15:24:41
名は体をあらはす、ってのがあるね。
体(=本質)は、自他が存在を認識し働きかけあう事実であって、
理解するための概念設定(=表現そのもの)としての体と理解しては名の意義が
成り立たない(体=現実に表現の意味内容を共有すること)。
また、
無我即縁起 縁起即無我
空即是色 色即是空

と順逆させて表現を繰り返すのも法則として絶対化出来ない、
理解した自身の立場にもとらわれず行じて生きよ、ということなんじゃないのかしら。

言葉として表現出来ないところを理解するプロセス(方便)として説示されたのが教説。

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 15:31:48
>>158
瞬間的に完結しておいかけない
というより、時間を実時ではなく仮時として捉えるといっといた方が誤解しにくくなるかもね。

時間というのも自分の都合を基準に過去・現在・未来の三世を語ってて、
それだと生きてる人間の都合が折り合いつかないから
仮に$ン定していることなので絶対≠ネる時間の存在は説けない。

では仏法において時間をどのように語るのか、というところにまた目を向ける必要があるよね。

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 18:16:41
>>172
玄奘『般若波羅蜜多心経』でカットされた三際に関するくだりが
羅什『摩訶般若波羅蜜大明咒經』にはあります。

舍利弗是諸法空相。不生不滅。不垢不淨。不摯s減。
是空法。非過去非未來非現在。是故空中。無色無受想行識。
無眼耳鼻舌身意。無色聲香味觸法。無眼界乃至無意識界。

なぜ玄奘はこの句をカットしたのか。
おそらく法相教学との関連でしょう。
唯識はアビダルマのリバイバルといった側面が顕著ですから。

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 20:34:32
>>173
不生(無生)をだまったり、空を実体視するリスクが中国仏教界には強かったのかな?
天台智ギや三論の吉蔵も真俗二諦説を実体視していく感があるし、
禅については、
如≠崇めて如来しない
仏道中の無見と感じる

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/12(土) 22:52:27
天台も禅も中国のものです。
もう一つ中国のものを加えるなら、浄土教です。
龍樹の系譜から外れた、いわばバロック仏教です。
日本の変異仏教も含め、仏教には違いない。
それぞれ『空』の捉え方は違うのも当然です。
それを般若心経だけで済ますのは安直というもの。
>>1 さんにわかるような説明は誰もできません。
それぞれ追究してもらうしかないのです。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 01:54:55
>>175
1さんが空という場を提供してくれたことに感謝したほうがよろしいでしょう。

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 08:59:08
>>176
十分理解しております。
だからこそ落書きだらけの、このスレを少しでも真っ当にしようと
時々書き込ませていただいているのです。

178 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 10:54:18
部屋の天井に「空」って書いた紙をベタベタ貼ってる家あるよね。
あれって、何かの宗教?神道系なのかな。

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 17:57:20
>>178
二階のある家でやります。
上部(二階)を人が歩くことが神様に判らないように
神棚の上の天井に空(そら)の文字を貼って騙すのです。

180 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 18:52:38
>>178
意味合いは同じなんですが、 雲 とかく場合もありますよ。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 19:40:14
雲の方が多いでしょうね
神棚の上の方に雲板というのを付ける場合もあります

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/13(日) 19:41:17


蒼井 そら

183 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/15(火) 11:22:24
>>179-181

ソレダ!
「空」じゃなかった、「雲」だったわw

ありがとう。

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/15(火) 21:08:34
どういたしまして

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/18(金) 22:02:32
まさにこのスレは『空』状態だな

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/20(日) 14:51:03
それにつけてもおやつはカー

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/24(木) 15:17:52
色と空は違わんのよ

   (´A)   (・ )
    ( )     ( )
    ││     ││

空と色は違わんのよ

   (´A)   (・ )
    ( )     ( )
    ││     ││

色すなわち空なんよ

   (´A)   (・ )
    ( )     ( )
    ││     ││

空すなわち色なんよ

   (´A)   (・ ) 
    ( )     ( )
    ││     ││  
      
まあ受想行識もだけどな

   (´A)   (・ ) 
    ( )     ( )
    ││     ││

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/24(木) 16:51:18
空に色が含まれてるからと言って
色は空であると、こだわっていると
仏性を見失ってしまう。

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/24(木) 22:05:45
>>188 仏性という概念は要らない気がする。


190 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/24(木) 22:49:02
天台宗本覚思想 本来本仏性、天然自性身

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/24(木) 23:40:40
本覚思想は八正道に必要ない。
八正道に必要ないものは、苦悩の消滅に必要ない。
苦悩の消滅に必要ないものは、仏教に必要ない。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/25(金) 01:09:26
191のような怒り、我儘、無知な三毒を生まれながらに
持った人は無心になるように修行したほうがいいな

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/26(土) 18:17:52
仏性も本覚も不可得です。
無心になろうとすると心がでしゃばって来ます。
あらぬ考えを起こす前の自分を取り戻すこと。
空などに拘ってはいけません。

194 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/01/26(土) 18:21:57
>>193
では、空とは?


195 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/26(土) 18:28:24
問うてもいけません。
忘れなさい。

196 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/01/26(土) 18:59:14
>>195

(爆々)

エライ!

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/27(日) 20:05:10
でもよくもまあ先人は空って字にこんな意味あてたもんだよなあ

空って言われてもどっからが空だかわからんし
すぐ目の前も、この鼻の先も空なんだろうし

空になったといったってそこに空間はあるわけで
なんか枠というか区切り目がないと空だという概念が存在できないし

空いてるかどうかなら区切り目じゃなくて位置か、いや似たようなもんか

だいたいから蜻蛉の眼鏡は空色なんだってな

198 :スペクトルマソ@さん:2008/01/27(日) 20:39:42
可視光線、バンザイ!

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/28(月) 12:05:21
>>1

行く人は行かん。
行かん人も行かん。
行く人でもなく行かん人でもないような
誰が行くと言うのよ。
by龍樹


中論読め。

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/28(月) 23:15:25
中論高くて変えないのでしょう
格差社会ですからな
はっはっはっ

201 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/01/28(月) 23:20:53
>>19
> >>1
> 色即是空空即是色
>

うんうん!(^-^)
空、とは なんですか?

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 11:49:30
>>201
空とは殻で、外側の部分が中身の現象を表す原因となる意味。
中にある現象は全て空が起因している。空なければ中は存在せず。
それは空の形が、中の現象を表裏一体で表すことになる。


203 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 12:13:15
それも違うだろうね。

204 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/29(火) 13:12:07
空だ!とか言って不断不常を無視するマヌケも多い罠。(笑

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 14:21:32
で、空とはなに?結論はでないの?

206 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/29(火) 14:52:37
説一切有部の法有に対する概念。
エジョウロンに曰く
「空と縁起と中道とを同一の意義をもったものと説き給うた、かの無比なる仏に敬礼し奉る」と。
一切は仮設された相依性であり、自性は無いという意味。
以外にも様々に解釈される♪

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 14:54:21
「空」とは否定原理。
元は龍樹『中論』冒頭に出てくる「八不の空理」から。

不生にして不滅、不常にして不断
不一にして不異、不来にして不去

存在に対する考え方は
龍樹の批判の対象となった部派仏教各派でも違ったし
その後の大乗仏教各宗派でも「空」に対する定義は違ってくる。
歴史的・地域的にもインド後期やチベット仏教と
中国仏教は違い、中国の影響の濃い日本仏教はまた違う。
日本でも禅宗の坊さんと真言宗の坊さんじゃ言うことが違う。。

すべては無い・・これは存在しないがこれは有る・・
・・すべては心の中に有る・・超越論的には有る・・etc

結局、現在もまだ一致した答えは出ていない。

208 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 14:55:50
>>206
それじゃ分らん、 だから今風に判り易くいってくれないと・・・・

209 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/29(火) 14:59:48
>>208
んじゃあ、その前に特殊相対性理論か、ヒモ理論でも判りやすく漏れに教えてくれ。(笑

210 :207:2008/01/29(火) 16:10:52
割って入ってスマン。

まあ「空」とは>>202が言うような
理論物理学的になんらかの立体モデルでもって
説明し得る(説明すべき)ような対象ではないと思うんです。

般若心経=般若波羅蜜多(智慧という完成)の
修行(瞑想)のテキストにあるように、
「空」を観想する修行を段階的に積むことによって
その状態(悟り)に達するというものでしょうな。。


「空」な雑務に追われているので失礼・・

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/29(火) 16:15:00
心の働き≠ヘみな電波となって流れていきます。電波は目で見たり、

下で味わったりすることはできませんが、話し言葉が耳に入って来るのも

電波です。皆さんが心に思うことも電波になります。映像に写るのも電波

目には見えなくてもそういう働きが積み重なって業になって行きます。

嬉しい、悲しい、可愛い、憎いの思いもみな、電波となって伝わります。

良い電波が流れると世の中は平和になりますが、逆に悪い電波が流れる

と世の中は乱れます。

http://oriharu.net/fuujin/jyogen16.htm


212 :優曇鉢華:2008/01/29(火) 20:06:03
心経は囚われない境地を解いた教えですが、学ぶ事により心経自体に囚われてしまいますね。 空を論理付けてる時点では解せませぬ。 でもそれも必要なのですよ。

213 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/01/29(火) 21:57:30
>>202
> >>201
> 空とは殻で、外側の部分が中身の現象を表す原因となる意味。

> 空とは殻
って、なんですか?

214 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/30(水) 14:12:08
返事が無い。まるで(ry

てか、仏教哲学って難解なんだから、判りやすくなんて無理だろ。
虚無主義ではない、普遍原理の否定って言っても理解出来ねぇだろ?
( ~っ~)/

215 :優曇鉢華:2008/01/30(水) 15:14:42
>>214 難解。その通りですな。 仏教は実践なくして頭だけで分ろうとすると、真理を伴なわない、ただの頭でっかちなってしますので、固く禁じるべきかと。

216 :207:2008/01/30(水) 19:33:44
まあ俺もそうだけど
とりあえず今は仏門に入りたい訳ではないが
かなりマジメに仏教に興味がある、というヤツは多いと思うんよ。

実践はそりゃ大切だし本来だと思うが
仏教思想を趣味として研究するくらいはいいんじゃない?

固く禁じられると遣る瀬ないなあ・・

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/30(水) 20:34:39
頭でっかちの酉頭になるから注意

218 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/30(水) 21:26:37
>>213
卵はカラを割って食べるものだが、食べる前はカラが必須である。
ところが食ってしまうとカラは不要になる。
卵は厚焼きにすると玉子焼きになる。
焼くときに砂糖と出汁を入れると頗る美味しい。
つまり卵という名称は仮のものだということがわかるだろう。
これが極意だ。考え抜いて、わかったら忘れることだ。

219 :優曇鉢華:2008/01/30(水) 22:15:33
>>216誤解あれば御免なさい。私の言う実践とは、そんな難しい事ではないですよ。心経に触れ、親しみ、日々生活の中に経文を照らし合わせてみて、これが空? いや 違う。これかな?自問自答ですぞ。

220 :優曇鉢華:2008/01/30(水) 23:06:50
それゆえ>>212の文 空を論理付けてる時点では解せませぬ。 でもそれも必要なのですよ。 になるわけです。

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/30(水) 23:21:20
世襲坊主が葬式で稼いだ金で風俗遊びをしたら
頭が空っぽになるという意味でしょ

222 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/31(木) 01:12:41
>>220
失礼ですが禅宗のお坊さんでは?


223 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/01/31(木) 02:58:47
>>216
失礼。
釣りだと思ってたから。(笑

因みに、
法有の対概念とは、「去るもの」に「去る働き」が有るのでは無いってな話だが、
判り易く言えば、
万有引力は物同士の間に起こる現象であり、引力の法則が働いて起こるのでは無いって話。

んで、
仏教徒は先ず戒を承けて三宝に帰依して三毒を見つめて、
それから経や論から、般若やら空やらを学ぶ。
但し、仏教徒が三毒を観るって行為は相当キツイ。
禅寺でボコってんのはイジメてるだけじゃあ無い訳です。(笑
まぁ、エイヘイの体験記とか読めば、求道がドンダケ馬鹿々々しいか判るから探してみて下さい。
(^。^)

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/31(木) 05:10:27
空より愛が知りたい。

225 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/31(木) 16:54:49
知りたいってところが空に対する愛なんじゃら?

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/31(木) 19:33:01
>>224
空より金がほしい。


227 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/31(木) 21:09:29
空の器には何かが入る余地がある

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/03(日) 22:01:46
空の財布には金がいっぱい入る余地がある。
余地がね。
余地だけ。。。

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/03(日) 22:28:27
よって『空即是非色』であることが証明された

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/04(月) 15:08:23
貧即是富


ならいいけどね

231 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/02/04(月) 19:04:55
☆彡 語り手緊急募集中!!
○坐禅と見性第55章 片手の拍手を聞いて来い
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200501407/
○ 精神世界で癒される第36章 2chの混浴スレNO!バトル
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1197385765/
○悟り開いた人スレ 11
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201705042/
○【悟りで居る】悟りを開いた人スレ【完全お釈迦様派】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1198295563/
○☆ ★ 宗教なんでも@質問箱 8 ★ ☆
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1186150286/
○【算盤】臨済宗 妙心寺派【金権】十五日は祝聖
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1198725369
○ 【悟りで居る】悟りを開いた人スレ【完全お釈迦様派】 
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1198295563/
○ 空とは何ですか?
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1197727719/
○ 本当に悟った禅僧
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1166974409/
○ 老師に問う
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1180089572/
○ 坐禅堂 
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1151395258/
○ イエスとブッダの共通点とは?真理真実とは?
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201414962/
○ 臨済録を読む
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1191679091/
○ 仏教とキリスト教について・・・・・ 
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153759413/
○ ★見性を語らうスレ★ 第2章 
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1142006985/

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/04(月) 23:08:21
↑こんなスレに惑わされぬことだ。

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/04(月) 23:53:41
オカ板池

234 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/02/06(水) 20:21:05
>>232
空とは ?

235 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/06(水) 20:36:47
↑そんな言葉に惑わされぬことだ

236 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/02/06(水) 20:39:53
>>235
> ↑そんな言葉に惑わされぬことだ

えー
スレタイを言ったのだけど・・・町の金融関係の方?

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/06(水) 22:04:35
スレタイに惑わされぬことだ

238 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/02/06(水) 22:10:54
>>237
惑わされぬことだ病 、のかた?

239 :216:2008/02/07(木) 01:14:01
今NHKでスペースシャトルの特集を見てたんだけど
飛行士が宇宙から地球を見て、ヒューストンに
ジョン・レノンの「イマジン」をリクエストした。

想像してごらん、○○の無い世界を
○○も無い、○○も無い・・・

これって般若心経だね。
レノンもたぶん知ってたと思うけど
曲全体としても基本的に同じ意味だ。。


240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/07(木) 11:46:13
レットイトビーでしょう

241 :オノ・レノン&マッカートニー:2008/02/07(木) 18:29:02
>>239 争いゴトなんぞ、馬鹿げてる!ですね。
>>240 なるようになる/なるようにしかにゃらにゃい・・ですね。

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/08(金) 22:10:59
>>239
的外れな御託を並べるよりは沈黙の方が幾分なりと仏教の確信に近い。
般若心経などに惑わされぬことだ。

243 :239:2008/02/09(土) 02:01:37
>>242
忠告ありがとうw

しかしまあ俺は仏教の所謂信徒では無いし
単純に心経に宗教的な救済を求めてる訳ではないので
惑わされると言うのとはちょっと違うんだけどね。。

でも俺なりの浅い仏教知識から言わせてもらったとしたら
沈黙こそが仏教だってのはぜんぜん違うと思うね。

だったら同じ仏教でここまで違う宗派に
分裂しつつ変容してこなかっただろうし
膨大な数の教典さえも否定することになる。

悟りの境地では言葉は必要ないのだろうけど
三世の諸仏もこの世に生ある内は
彼岸からまたこの現世に戻ら去るを得ないのだから。


244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/09(土) 10:03:14
字を間違った。多罪。
仏教の確信⇒仏教の核心

沈黙こそが仏教といっているのではなく、
沈黙している方が、饒舌にいろんな教説を弄ぶよりも核心に近いということです。
仏教に関する知識を得たいなら、解説本読み漁るよりも経典そのものを読むことです。
解説本は、下手をすると、特定の宗派の解釈だったりします。特に法華経なんかはね。

245 :243:2008/02/09(土) 12:15:47
>>244
レスありがとう。本当にうれしいです。

法華経関係はまだ読んだことは無いけど
あの教典に帰依するという意味の
お題目とやらを唱える宗派にはまったく興味がない。
個人的に日蓮という人物にも
良いイメージを持ってません。

まあ、特定宗派の信者として
思考停止するには俺はまだまだ未熟だから
熱心な仏教徒には怒られるだろうけど、
今はまだ信仰より研究です。


246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/10(日) 00:56:54
>238
まどの外は空だぞ

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/10(日) 01:00:52
ところジョージの番組かな、ポーランドの日本人学校の生徒が出ていて、
現地で般若心経のCD(100\ショップダイソーの)を聞いていて、これはシブイなどと言って、
必ず意味が分かるようになりたいとポーランド人学生が言っていた。

248 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/10(日) 11:43:33
ポール!ポールゥゥ!キャァァー!by藤田朋子

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/11(月) 02:09:55
空。

何が起こっても「夢」のようなものだと「観想」すること。

チベット仏教ってすごいね。分かりやすいわ。。

250 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/11(月) 08:27:03
あるがまま

251 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/11(月) 10:23:07
大品般若経の「空」十喩

諸法は幻の如く、焔(陽炎)の如く、水中の月の如く、虚空の如く、響の如く、
ノ闥婆城(蜃気楼)の如く、夢の如く、影の如く、鏡中の像の如く、化(変化)の如し

Wikipediaより

252 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/12(火) 00:34:27
>>251
素晴らしい。。ファンタスティック。。

でも感動してるようじゃ空観には程遠いねw

253 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/12(火) 01:47:30
>>202
あ、その説明は実にわかりやすいね。
つまりすべての事象には本質がないってことなんだな。
諸法無我そのことだね。

254 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/12(火) 11:48:52
遅演乙

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/16(土) 22:15:31
>>252
遠いと思う気持ちをもっと遠くに蹴っ飛ばせば良いのです。
貴君が空と観なくたって、相手が空であることには変わりはないのです。

256 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/02/20(水) 01:31:13
XYoni/2Fmw <= #eu[5Q#Dd
InWOni/fgE <= #p^IGZ-@D
InONI/4UFI <= #I:*g6jRG
Dumoni/AOg <= #DF1=u%o=
3ONI/sZcz6 <= #pJQP7[Hg
qnOni/TsBM <= #u%LWocdi
h2jONI/zg6 <= #v%LzRe?\
htvfOni/YI <= #|#ndto1l
REqONI/fo6 <= #[q!=kJ^w
TwSoni/AV6 <= #3''=9YG{
1.ONI/G/IQ <= #\g^FlwoV
CqneOni/Gs <= #'g^*S,:,
/EUZ6oni/Y <= #;n3u8/)_
YOni/JY6iY <= #eaN_vtfd
niQGoldenQ <= #prfK`RI,
dONI/kPBS6 <= #}ZxQ7NQv
DONI/OMWhQ <= #BZxoz!uy
oni/3ke8ts <= #^&Q\8\cd
tZOni/FMYQ <= #G(1c;Fj4
gLhoni/6Lw <= #s[U,@=Pq
1uONI/Ifts <= #8/jJwcg*
Oni/JotNEA <= #~RP7c((_
yp7QhONI/M <= #N3tf[x=t
kTp5uONI/I <= #S3A@IUAG
X1BkOni/uI <= #0\*uc1u+
bONI/ouNpQ <= #reG[:s]v
Oni/819DJw <= #i|,6L77W
vwOni/WC3o <= #AO6PkZPf
Oni/wU9c9Q <= #t\WALtEh
rSo.ONI/d2 <= #(\WeLtEh
N2lDYOni/Q <= #%ci9qV\`
UBIONI/u/g <= #@;RTIq5J

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/20(水) 10:08:25
腹へりゃ食おう
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/insect/1153536126/

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/22(金) 22:29:25
食う前に見よう よく分かる
http://tokyo.cool.ne.jp/hannnya/index.html

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/26(火) 20:48:54
>>202
たかがそれだけのことが、思い込みによって具現化した妄想のほうがゼッタイだと

思考が誘導される。

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/26(火) 21:21:39
>>259
それを煩悩というのですね。
それを消し去るために般若経が存在しているといえるでしょう。
空とは何かを説くのではなく、空なのだということを饒舌に説いています。
この際、空とは何かを問うことは止めましょう。
すべては空なのだから、空とは何か、という問も空です。

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/26(火) 22:23:40
クォークグルーオンプラズマ


262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 02:12:43
すべては空であると
分かったところでふりだしに戻る。
以下繰り返し。

263 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 02:17:57
苦しみなどそもそも無い。
そしてその苦しみが尽きることも無い。

264 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 02:24:31
老いも死も無い。
同時に老いも死も避けられない。

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 06:51:42
空とは虚無です。世界と自分の虚無を受け入れるのが仏道修行です。

266 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 09:34:16
>>202
なんかすごくねぇ。おれ納得しちゃった

267 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 11:38:00
空である事にこだわれば、空でなくなってしまいます

268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 11:38:41
>>266
自分で自分にレスするのもうやめようや・・

だれも納得なんかしないし、的外れだし・・

269 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 12:16:55
アタマが空

270 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 16:24:35
アタマを空にするのが解脱ってことだよな、ようするに。

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 21:42:14
頭が頭蓋骨だけで出来ている人もいるらしいね

272 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/27(水) 23:29:52
ティンコが皮だけのヤツもいるしな

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/28(木) 20:09:41
>>272
自己紹介おつ

274 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/29(金) 02:05:39
いや、何もそう言うつもりじゃ・・
照れるじゃないか

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/02/29(金) 03:53:24
>>268
卑屈な奴って(ry


276 :202:2008/02/29(金) 22:15:04
>>268
小生は >>266 ではないぞ

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/01(土) 22:27:08
空爆といえばアメリカの御家芸

278 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/03(月) 02:56:54
空爆まだ?

279 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/07(金) 14:02:23
>>276
おまえのは最初からデタラメ。嘘800


280 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/07(金) 22:29:28
空に嘘は無い
>>279 は成仏できぬと見た

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/08(土) 00:13:24
空教かよw

誇大妄想こそ成仏できねえぞ

282 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/08(土) 06:07:06
>>280
悟ったつもり君も地に這っているだけ。
実に欲に捕らわれた様子が伝わってくる。君が

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/08(土) 15:42:05
ここのみんなは懼懼。ォnya(空)の定義をもう1度『中論』あたりで確認しなおしたほうがいいんじゃないの?
大体次のように定義されてますよ。

1. あらゆるモノ・コトは縁起によってのみ成り立っている。
2. そのため,あらゆるモノ・コトにsvabh懼。va(自性)は存在しない。
3. それゆえ,あらゆるモノ・コトのsvabh懼。vaは懼懼。ォnyaである。

ってね。
何も「あらゆるモノ・コトが空である」なんて言ってなくて,
「あらゆるモノ・コトは縁起によって成り立っているため,単独では存在しえないあらゆるモノ・コトの自性は,いくら探ったところで見つからない」。
そのため,「あらゆるモノ・コトの『自性』は空である」と言っているだけ。
仏教的に何か目新しい思想というわけではなく,縁起説から導き出したもの。

龍樹はこれを使って「あらゆるモノ・コトは有である」と主張したsarv懼。stiv懼。din(説一切有部)の連中やlok懼。yata(インドの実在論者)たちの説を論破しまくっていっただけ。
ようするに論争の道具として生み出された概念。

基本的に論争で負けることがない概念なので長く重要視されて残ってはいるが,その本は縁起説。

もし私が「空とは何ですか」と問われれば
「空とは縁起説を先鋭化させ論争の道具として使った概念」と答える。

284 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/08(土) 17:57:07
>>283

(。_゜)〃ドテッ!

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/10(月) 22:51:47
>>282
勘違いしてはいけない
悟りなど無いのだから

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/10(月) 22:53:04
それから蛇行は此処には来るな
空から何を剥がそうというのだ

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/11(火) 09:40:00
色即是空。この世はウソツキだらけ(この世=このスレ)

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/12(水) 00:27:56
狂言の『ややこしや〜』をよく聞くと、空の思想を狂言で演じているみたいに聞こえるね。

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/12(水) 08:14:16
空とは嘘のこと、なかみからっぽ、
ハッタリのことである。おまいらみたいに上辺だけの理屈を主張していること

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/12(水) 21:40:18
蛇行も飽きずに荒らしまくっているな
自分のスレに帰れ
そこなら何を書いても構わない

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/13(木) 10:18:47
でたらめもいい加減にしろよ、


292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/13(木) 12:42:32
あらゆるでたらめを集めてきたら空になるかもなあ

293 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/13(木) 14:35:39
>>286 春野厨房 さん

> 空から何を剥がそうというのだ

空って、あるのですか?とお聞きします・・・


294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/13(木) 20:32:00
空として表現されとるもんの意味を求めたほうが表現の理解に有効かと思う。
疑問がなければそれまで。

295 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/13(木) 21:36:52
うそは良くない。

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/13(木) 22:48:06
>>293
あんたも空だね
あんたの愚問も空だね
何か答があるとすればそれも空だね

297 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 01:22:54
だって五うん(何故か携帯で変換できない)が空なんだぜ。
自分自身と外界のすべてが空なんだから
空じゃないものなどどこの世界にも存在しないと言うことだよ・・・

そして振り出しに戻ってしまうこの世界の罠

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 04:01:48
空なんてあるわけないよ。
そんなの信じて死ぬとあの世で
眠りこけちゃうぞ

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 08:38:11
空とは腹が空っぽという意味であり、悟りをしたが飯が食えず
飢えている状態をいう。

300 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 18:39:22
色即是空

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 23:04:14
>>298
空があるんじゃなくて、あんたが空なのだよ
あの世も空なのだよ
眠りこけるのも空なのだよ

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 23:05:12
>>299
食うのだから腹が空っぽじゃなくなるね

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/14(金) 23:06:04
>>300
これぞ人を惑わす言葉の代表

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 00:39:34
まったくそうだね。
般若心経と言えば誰でも知ってる人気の部分。

謎解きのようでもあり
自分に合わせて詩的に解釈したりと
日本人に人気のフレーズなんだが
般若心経の中では重要な部分ではない。

あの教典は短いが、最後のマントラに対しての
長い前置き、イントロダクションなんだよ。

一番大事なのはgate gate paragate・・・
マントラを唱えなさいと言うこと。
般若波羅蜜多を行じるとは
マントラを唱え瞑想すること。


305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 10:32:08
>>304
同意
心経は、般若経典でなく、擬似的密教経典だと思う。
中国偽経であるという説もあるし。
現在どの寺門でも、単に儀礼的に読誦されているのが現状のようだし。。。

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 20:38:46
なんだかんだ書き込んでも、自分の無能さを表現しているだけにすぎない。

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 21:20:09
君は確かにそうだ。

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 22:18:52
蛇行の悪態も呆れるな

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 22:51:32
バカばっかりだな、悟ったとでも(ry

ほとんど病気ばかりw

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/15(土) 22:54:43
>>309
あんたから感染したんだな(ry

バカも感染するんだw

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/16(日) 10:23:32
蛇行は導師の様な振りをして新興宗教まがいの珍説を展開している。
やたら悟りに拘るところが、まさに教祖ぶり。

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/16(日) 14:41:58
色即是空。

スルーできない310と311は消防なのは明白。

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/16(日) 19:35:33
また蛇行か。。。

314 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/17(月) 17:38:29
蛇行て暇なんだな

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/17(月) 20:57:38
だから何

316 :名無しさん@京都板じゃないよ ::2008/03/17(月) 21:01:12
チベットが魔に陥落すると
「空」は利くのか?


317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/17(月) 21:29:12
>>315
小人閑居して不善を為すとやら。。。

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/18(火) 11:37:42
チベットを空で応援するのだ

319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/18(火) 21:23:38
お行きなさい

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/20(木) 13:42:39
お前は悟りという概念をまるで理解していない

321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/20(木) 18:33:26
蛇行は無いものを有ると思いこんで
理解している気になっている
ここに来るのはまだ早い

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/21(金) 23:51:15
まさに無意味な発言を繰り返す321は、何故このスレに粘着しているんだろうか
必死なその反応は中2病としかいえない

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/22(土) 09:40:31
蛇行病むが故に菩薩も病む

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/22(土) 21:00:51
色即是空

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/22(土) 22:29:12
空とは無自性のことでしょうが

326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/22(土) 22:46:59
何のことでもないから空と呼ぶ

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 00:20:17
空からやってきた宇宙人が布教したのが仏教

328 :326:2008/03/23(日) 17:54:15
空即是色
なぜなら色即是空だからだ
受想行識亦復如是
ゆえに何ものであっても、何のことでもない、ということになる
もちろん色受想行識は空なのだから、空も空なのだ
したがって空は色受想行識であるから何のことでもない

329 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 20:28:18
>>328
それは勘違い。バカか凡人向けに与えた間違った知識にすぎない

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 20:52:56
バカにそう言われてもねえ

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 21:17:03
地水火風…そして隠された空

フリーメーソンの教え

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/23(日) 23:26:55
凡人にそう言われてもねえ

333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/24(月) 01:08:04
建前だけの知識のマヌケにそう言われてもねぇ

334 :全知者に敬礼:2008/03/24(月) 11:36:55
>>328
「善いかな、善いかな、良家の子よ。
まさにその通りだ、良家の子よ。
深遠な般若波羅蜜多の修行を実践するときには
まさにそのように行われるべきなのだ。
汝によって説かれたことは、
如来や阿羅漢たちもお喜びになろう」


これは大本般若心経のラスト近くで
釈迦が観自在菩薩を誉めて言った言葉。

だから、心経によれば空とは大筋その通りでしょう。
但し「そのように観想しなさい」と言う意味で。

335 :328:2008/03/24(月) 19:19:06
>>334
何か勘違いをしているようです。
もう一度教えを学び直してはいかがでしょう。

336 :全知者に敬礼:2008/03/24(月) 20:28:40
>>335
智もなく、また得もなし。得る所なきを以ての故に。

ところで何とは何でしょうか。

337 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/24(月) 20:35:22
>>336
引用ではなく、あなたのことばで言うと、ぞうなりますか?という事でしょうか・・・

338 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/24(月) 20:37:12
>>337 訂正
> >>336
> 引用ではなく、あなたのことばで言うと、ぞうなりますか?という事でしょうか・・・

ぞうなりますか?

どうなりますか?

ぞうになって、どうする!って、声が・・・(;^_^A アセアセ・・・

339 :328:2008/03/24(月) 21:58:26
小生も偉くなったものだ。 >>335 は偽者ですな。
>>336 は、老婆心ながら、もう一度国語を学びなおしてはいかがでしょう。

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/24(月) 22:28:21
>>336
>>328 にある『何』を問うているのでしょうか?
『何』とは貴殿の好きな名詞などではなく、貴殿の心の中ですよ
おっと、探そうと思っても心などないのは先刻ご承知でしたな
智もなく、とやらいっているのは貴殿ですからね

341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/24(月) 23:30:56
>>328の「何」じゃなくて
>>335の「何」だろ。
しかしややこしいw

342 :全知者に敬礼:2008/03/25(火) 11:33:08
>>339-340
ディスコミュニケーションの尽くることもなし。


343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/25(火) 20:11:28
 空(そら=sky)とは地球上から地面と反対方向を見上げた時認識される空間
 空(くう=∞)とは仏教における概念
【零次元の理解】
『空』は本来は零次元で形も大きさも時間も認識されない。だから無限に広いといえるし、極小
とも言えるし、また無いとさえ言える。『我』が『空』に『色(世界)』を投影させて初めて座標(自己)
と尺度(比較)という概念が生まれる。座標と尺度は『空』の理解を困難にせてしまう。
【空に展開される世界と言う奇跡】
渇望が起きると『我』は『空』に『体(肉体)』と『世界』を投影し皮膚を臨界面として『世界』と分離刺
させてしまう。このため自分は世界の中に居ると言う錯覚が起きる。これが睡眠から覚めた状態。
朝目覚めた時既に自分で創ったバーチャルワンダーランドに閉じ込められてしまっている。その中
で波長の合う『他』と感応し合い『世界』は増殖する。『世界』は自己と言うフィルター(経験・価値観等)
を透して投影されるので『世界』は自己の影とも言える。
『全て』の本来の性質は『空』。世界が在ること自体が不自然な奇跡。

『空』を超えれば『浄』。『浄』では全てが『我』に収納されその『我』さえ・・・
以下文章で表現することは困難、体験するしかないのだがその体験さえ・・・

344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/25(火) 20:41:22
>>343
SFですか?

かつて自民党の故渡辺美智雄が訪米したとき、『色即是空 空即是色』の意味を問われた。
“いわく、これには深い意味がある。 Color is sky, sky is color.”
とか何とか言ったとか言わないとか・・・

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/26(水) 02:35:30
やがて・・・ 世界が引いて行き『色』が落ちると広漠たる空間が出現した
否、出現したのではない、始めからここに在ったのだった
今まで『色』に塗り潰されいて観えなかっただけだった
『空』は光に充ちていた。妥協を許さない光、一切を廃した光、光以外を根こそぎにした光・・・
まだ肉体の輪郭が残っていた『私』は半跏趺坐のまま広漠たる光の海に漂っていた

肉体の輪郭が希薄になってくると上下、前後、表裏、過去、未来といった既存の概念が
尽く崩壊していった。最後まで残っていた左右が崩壊すると『私』と『それ』だけが残った。
『私』と『それ』は、観るものと観られるもの、観察者と観察されるものだった
最後に残った意識は『それ』と対していた。『私』以外は『それ』しかありえなかった
『それ』は名前を付けられない。もし『それ』に名前を付けたら名前に変容してしまう『それ』・・・
意識だけの『私』は『それ』の背後(前後と言う概念を考慮すれば)に『何か』を感じた。
『私』は合一の場にいた。『それ』は『私』のすぐ近く(空間と言う概念を考慮すれば)に在った
『私』は『それ』に一切の『私』を投げ出した。『私』は『それ』に溶け込み、『それ』は『私』に溶け込んだ
一滴が大海に溶け込み大海が一滴に溶け込む
---- 以下文章での説明は不可能 ----

346 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/26(水) 03:33:06
>>345 名無し さん
おしゃべり
おつかれさま、です。

347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/26(水) 21:30:13
蛇行か
十分だ
満足したら自分のスレに還るが良い

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 01:29:15
>>347
空の言葉すらお前には無意味だろう。だが仏は君にも慈悲を与えるだろう。

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 01:45:19
じゃ俺もチラウラ。

空と言うと、空虚・空想・架空・空白・・・
その辺をだれでも連想するだろうけど
大きく外れてないと思うよ。まあ、そんな所だろう。

最初の直感でその辺の感じがない人は
人に説明されても理解するのは難しいんじゃないか。

自性がないから、とか全ては縁起だから、等の説明もおかしい。
そうじゃないものがこの世界に存在しようがないと言うのは
当たり前だ。だれでも生まれつき分かっているだろう。

だから空とはこれこれしかじかだ、
いや俺はこう思う、と言う対象ではないよ。
思考や行動の前提、この世界の現実の仕組みだ。

350 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 17:09:19
空とはそら、一般人が空と聞くところの連想はSkyが通常である
しかし、空にはなにも無いとは言えない、なぜなら空気が満ちているので。
熟達した仏教徒は知っている、空はそれぞれを取り去った後に残る無、
即ち虚無の概念であることを。事が何も無いが在るところの矛盾を抱えた
それを思考することは難解で考える多くの人に混乱をもたらすであろう。
多くの人々が自分が在ると言えるのはそれ程なことではないしかし
そしてそれを証明することの困難であろうが直面されると混乱をきたす。
空の理解とその明確な解説はなされるべきであろう。熟達した修了者
によって。それらは困難な内側の境地を横断した賢明な発見者によって
なされる。

351 :全知者に敬礼:2008/03/27(木) 18:22:35
>>343-345
その解説としてとても分かりやすく配慮されていると思う。

352 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 20:46:56
>>350
熟達した仏教徒とはよくいったものだ。
ここには愚者しか来ない。

353 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 21:10:32
>>351
分かりやすいかも知れぬが、空を説明しようという試みとしては、誤謬である。
まあ、ここは2ちゃんねるなので、誤謬も一興だ。
>>1 も答を求めているわけでなく、ネタ提供なのだから・・・・・・

354 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 21:50:32
【三次元的思考からの離脱】
師は、杖で地面に直線を一本引引いて、この線に対して直角な線を示してみろと
弟子に言った。弟子はその線に対して直角(90度)の線を引いて見せた。造作もないことだった。
すると師は 『では、この二本の線どちらに対しても直角になる線を示してみろ』 と言った。
弟子は地面に線を引きながら考えた。考えた・・・
いつまで経っても答えを示せないでいた弟子に、師は無言で地面に杖を突き立てた・・・
地面という二次元ばかり見詰めていた弟子には縦の方向が思い浮かばなかったのだった・・・

同じことが三次元にも言える。三次元の中に浸かり込んで三次元ばかり意識してている人
には三次元的思考からは容易に抜け出せない。

この三方向への広がりが現れていない状態が零次元(無次元)。この三方向何れに対しても
直角な方向への広がり(時間)が超次元。これらを理解・体感したとき世界は大きく変容する。
その時 『空』への理解が開きます。この境地は思考を超えなければ到達できません。


355 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 22:17:58
マジレスするほど滑稽だねw

356 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 22:33:40
>>354
開いた口が塞がらぬとはこのこと
脳味噌がカラッポなんだな
本当の空だ
勝手に思考を超えてくれ
このスレとは何の関係もない

357 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 22:43:22
多分パラノイアが増大しちゃって独善的になってるんでしょうね
オカルト板の住人なら相手にしてくれる鴨

あそこは狂ってますからwww


358 :343 345 354@京都板じゃないよ:2008/03/27(木) 23:54:56
ネタスレの意味が解ってませんでした。
場違いなレスで流れを乱して御免なさい。

オカルト板へいきます・・・

359 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 00:09:45
>358
そのレスすら不要
イイからだまって消えてくれ
たのむよ〜

360 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 03:55:36
色即是空は悟ったものだけが感じられる。理屈で説明するのは
>>359のような修行を放棄する愚か者。

361 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/03/28(金) 04:18:49
>>360
Unagi/FjSE <= #BW1}8~fG
39KissMeQg <= #~(Nnj`~o
Sweet/sQGE <= #$[K{~qKc
MokubaPhTk <= #H\;7n0%F
ILoveUpPR6 <= #0lS_V`sO
KyukouMInE <= #^6bxSzG$
Speed/Rrd2 <= ##'vT1}c,
harukac1WY <= #Lu%+zve0
YosikoPMYY <= #3dL+%~7s
Mochi/BGEc <= #1HXu6j!U
harukac1WY <= #Lu%+zve0
6KissMeZ.A <= #;I_u67ji
YosikoPMYY <= #3dL+%~7s
Mochi/BGEc <= #1HXu6j!U
Rocky/tAhw <= #?uze.3zi
Smile/soDw <= #CM?5nE+/
Sleep/mjIM <= #hg2I4Qm2
Power/629E <= #(YGTLYAW
Cocoa/Uf.U <= #Zq0nP.9;
Yume//Jxt. <= #BPzALsa=
ArinkoDTo. <= #,6uYK}-5
Vodka/cGzw <= #J'Vvzl+}
Zazen/ZGnU <= #wpq(/dD*
chanceoA8M <= #KMShcGz3
Saradamoso <= #1Idb0NDx
Melon/wR1s <= #ogJYb+N}
Budha/XszE <= #rq40v!zC
Child/A5FA <= #5NqnIphc
Arinkokz4M <= #ME-%xhZ)
Vodka/vndE <= #JU~8G:Z|
SaradauU8k <= #Mt?iQ[;w

362 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 12:09:24
>>360
しかしみんな色即是空が好きだねえ・・・

数ある般若心経の解説本みても
この経の中で正に「色即是空」が一番大事みたいに
感情移入してる人もいるほど。
日本人の感覚によっぽどフィットするんだろうね、
このフレーズは。

363 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 17:32:05
>>362
そんなことはない

364 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 18:17:19
色即是空、つまり、全てはうつろうこと、
それだけにすぎない。



365 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 18:18:08
>>358
いつまで待たせるのさ>オカ板

366 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 19:09:28
情念に支配された君には、まことを悟ることはできない
何故なら君には意しか無いからにすぎない
無いからこそ恐れる

367 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 19:34:28
>>365
おまえが1人でスレ違いなことを永遠に発言しているのは何故?
自分で自分の書き込みを確認してみたら?

368 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 22:03:33
このスレは、はっきり言って失敗スレでしたな。
落書きだらけです。

369 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/28(金) 22:43:48
QOO

370 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/29(土) 01:27:45
識族是喰

371 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/29(土) 02:21:09
>>362
色は匂へど散りぬるを・・

満開の桜がほどなくしてただの寂しい木になるような
儚いものへの感性を多くの日本人は投影してしまうしい。

大きな勘違いなのだけど。

372 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/29(土) 08:34:50
>>362
>>371
雪山偈と勘違いしているんじゃないか

諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽

色即是空を儚いもの云々と観る日本人がいるのか?

373 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/30(日) 02:32:41
ならば、説明してみせよ。

374 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/30(日) 15:33:14
>>373
喰うとは食べること、そして空とは、うつろの存在、たゆたゆしぃ状態であり
意味として認知しようとしているお前には理解できないもの。


375 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/30(日) 16:17:03
相変わらず蛇行が粘着しているな

376 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/31(月) 02:13:59
どれが蛇行なん?

377 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/31(月) 02:58:10
>>376
それは蛇行=蛇行つまり、自分で自分の粘着を指摘していることに
気がつかない多重人格症とでも(ry

378 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/03/31(月) 21:31:51
一説に依れば蛇行、kwskは医務室蛇行、今は医務室平行と称している↓

ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1203495179/

379 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 02:26:44
378=蛇行

色即是空

380 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 12:16:15


(`・ω・´)ルーパム (´・ω・`)シュニヤータ


381 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 16:52:42
>>380
また来たな粘着君。

382 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 17:37:03

Σ(・ω・)Σ(・ω・) え?


383 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 22:38:08
色即是空

384 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/01(火) 22:57:13
>>383 名無し さん
> 色即是空

どういうこと?

385 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/01(火) 23:23:49
色即是空
色(しき):私の認識する事象は元々が人間の営み・都合によって設定され、
それ自体が別々に独立したものか否か(同じか別か、)と確実に捉えられるものではない。
自分の中でイメージを実にあるものとこだわり、執着しようとするから苦しむのである。
実に有るもの≠ニして捉えることは空。元々そんな設定は存在しない(色即是空)。

また、言葉により(〜により、即ち:即)空と表現されることにこだわり、
好き勝手に事象を解釈することは世の乱れを起こすことにもなりかねない、
普遍的な事実として空(空よりも法身論の成立が時代的に先だが)を知らされれば、
仏となるべき悟りゆく我が身であると知らされ、知らせ、知らされる事実が確かなことと明かされる。
(空即是色)

色即是空 空即是色 とわざわざひっくり返してまた表現されるのにも意味があるわけ。
で、その意味が絶対だからと、またしても自分の都合よく解釈することも仏道ではない。
自らのそうした立場すら空じていかれるのである
(空亦復空、くうやくぶくう:くうまたまたくう)
悟る≠チてのは物事の成り立つ有り様を事実として知り、伝え、他者をも悟らせていく生き方かな。
これを行い生ききるのが仏道

386 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/01(火) 23:43:52
>>385  名無し さん
たいへん、ありがとうございます。

> 色即是空

あなたは、どう思いますか?

387 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/02(水) 00:09:34
シンプルに事実を伝えてくれるのは結構なことです、個人的に空思想には好感が持てます。
都合で判断つけようとしても苦しむと言われる一方、
私の執着というのはどうにも心地がよく離れたい気は起こりません。
だからこそ仏の教え-私のイメージする仏の教えではなく-
が示される意義があるのだとも思います。
色即是空 空即是色 として絶対なるものを立てないからこそ、
そこに自身の救いが見い出されてゆくのかと。

388 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/02(水) 00:24:28
Somosan! 不空成就如来、不空羂索観音は仏敵なりや

389 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/02(水) 00:26:04
>>388 名無し さん
> Somosan! 不空成就如来、不空羂索観音は仏敵なりや

すみません・・・現代語訳で・・・

390 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/02(水) 01:13:54
龍樹菩薩の中論でも読んでみたらいいんじゃないか?

391 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/02(水) 15:48:09
その辺の取扱説明書でも読みゃいいだろ

392 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/02(水) 16:38:47
>>390 名無し さん
> 龍樹菩薩の中論でも 読んで みたら いいんじゃないか?

読んで、みたの?

393 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 01:05:51
読んでみたらいいじゃん。

でもあれは空というより
上座仏教との口げんか用の屁理屈のようなものだ。

まあ理屈なんてそもそも屁(空)・・・
ということが書いてある。



394 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 01:13:22
中論は気安く読めるような冊子としては売っていない。
第三文明社の新書版があったような気がするが、
この出版者が嫌いな人もいるから万人向きでない。

395 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 01:20:56
中村元の『龍樹』には中論全文が収録されているが、注釈が収録されていない。
この人は大先生だったのだが、文章が下手糞なのがどうしようもない。

396 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/03(木) 01:49:35
>>393 名無し さん
> 読んでみたらいいじゃん。
> でもあれは空というより 上座仏教との口げんか用の屁理屈のようなものだ。 まあ理屈なんてそもそも屁(空)・・・ ということが書いてある。

内容もコンパクトに屁であると紹介されているものを・・・だから、既読。。。アリガトね、屁の紹介・・・わざわざ・・・くっさー

397 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 02:14:42
↑本当に読んだとはとても思えないわ。

398 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/03(木) 02:23:39
チャンドラキールティーの解説もね。

399 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/04(金) 23:48:53
>>397
おまえも読んでいないのに1票

400 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/05(土) 02:05:19
>>399
おまえも読めよw

中村元氏のをアマゾンででも注文すりゃいい。

中論自体は短いものだから
その気があれば何度でも読み返せるが
神がかったナーガールジュナの生い立ちの物語には
正直言ってドン引きだ・・

401 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/06(日) 08:58:29
>>400
いい加減、粘着荒らしはやめとこうな。
何を不満に思っているのかしらないが、空気嫁

402 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/06(日) 15:58:02
中論が嫌いなだけの人じゃね

403 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/07(月) 00:38:31
誤解に基づく自分の考えと違う意見が書き込まれると荒らし始めるようだ。

404 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/07(月) 11:32:26
>喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g

405 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/07(月) 13:26:48
天台宗のお坊さんが生出演でチベット問題について語られました。
■天台宗の僧侶、チベット問題を涙ながらに語る■
http://jp.youtube.com/watch?v=BjlbL0j_qQ8

お願いです!この問題に皆さんもっと関心を持ってください。

以下、ようつべのコメント欄より転載 

感動しました。僧侶の方、青山さん、関テレスタッフ有り難うございました。
全国ネットのキー局は各宗門の僧侶へ、なぜテレビ出演の交渉をしないのでしょうか?伝統仏教への肩入れなどと、
新興系からクレームがくるからでしょうか?取材拒否、出演拒否などする宗門はおそらくありませんでしょうに。

スタジオに僧侶の代表らを呼び、見解を伺うくらいの放送を期待します。下手な評論家、ゲストなどより、
僧侶の声を聞きたい人はたくさんいるのではないでしょうか?織田無道を持ち上げていたメディアよ、今こそ、
罪をあがなう時ではありませんか?

406 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/07(月) 18:01:46
>>404
> >喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g

御用ですか??

407 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/09(水) 08:03:13
色即是空。これがわからない奴ほど、このスレを不快に思う。


408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/09(水) 12:05:15

(`・ω・´) またかいな (´・ω・`) もうええがな


409 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/09(水) 13:00:03
何も理解していない奴ほど吠えるものさ

410 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/10(木) 01:04:34
理解しようと思うから苦しくなる
そういうことを『空』と呼べば楽になる

411 :全知者に敬礼:2008/04/10(木) 12:11:55
それは危険だ。いろんな意味で。

己の内側から世界を「観る」こと
そしてその真理を見抜くことを怠っては痴呆と同様。

般若心経において観自在菩薩は
どのような経緯で五薀が空であると見極めたのか。

412 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/10(木) 21:47:07
『深般若波羅蜜多』を修行して「理解しようという」賢しらな人智を克服し、
見抜くべき真理など何処にもないことに気付いたからだ。

413 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 01:18:50
空とは、実体のない幻想ということ

414 :名無しさん@京都板じゃないよ :2008/04/12(土) 01:53:07
そして 仏陀の死

415 :名無しさん@京都板じゃないよ :2008/04/12(土) 01:54:30
仏陀は 変態

416 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 12:40:48
世界と自分は因縁によって生じた幻

417 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 14:29:25
幻でも何でもいい

世界中の麗しき女性に乾杯

418 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 17:01:40
>>416 名無し さん
> 世界と自分は因縁によって生じた幻

きみは、まぼろしなの?
実際に存在してるよ。

そこを、空即是色、と言う。

419 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 17:20:50
>>418
貴君は、自分が実際に存在しているのだと思い込んでいる幻の如きものなのですよ。
その思い込みを煩悩といいます。
煩悩が消えれば、ずっと楽になりますよ。

420 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 18:59:17
>>419 名無し さん

ワロタ

でも、実際、あなたは存在してますよー・・・[電柱]д ̄) チラッ

421 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 21:42:41
幻であろうが現実であろうが、そんなことはどっちだっていい。

すべてが空だと悟ったからって、目の前の現実の何かが変わるのかい?
実際何も変わらない。目の前の問題は個人的なことであれ世界情勢であれ
依然として山積みだし、たぶん永遠に解決しないだろう。

しかし百歩譲ってそこに何かヒントがあるような気はしないでもない。
ただし、ここの書き込みのように空が都合のいい自己逃避や現実逃避のための
末期患者のヘロインのようなものではないのなら。

422 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 21:58:01
ごめん、ヘロインじゃねえな、モルヒネか。
親父は苦しんで死ぬ前にこれのお陰で「極楽だ」って言ってたな。

423 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 22:03:00
>>421
貴君が悟ろうが悟るまいが、貴君は空なんですよ。
逃避しようと思っても、空は空から逃避できないのです。
ヘロインでもなんでもない。単に空だということなのです。
これが『色即是空』の意味。

空とは何かを求めても『無得』であり、『空即是色』なのです。

424 :343 345 354@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 22:03:50
【世界は自己の結果】
世界が他者と共有されている部分は感応されうる部分だけで実は少ないのです
自己が認識する世界は造形も色彩も価値観も全て自己の投影なのです。
他者になって・・・、自分以外になって世界を認識できないことに大きなパラドクスがあるのです

自己が創造した世界に閉じ込められていることに気が付きなさい
気が付けば世界は瞬時に変容します。

425 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 22:06:03
またSFが始まった。
それともカルトか?

426 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 22:15:56
>>423
それって、説明の受け売りをしてますよー

肝心のあなたの考えって、なんですか?

427 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 22:16:47
>>423-424
で、あんたらの世界は何か変わったのかい?
空を悟って、遠離一切転倒夢想、究竟涅槃なのかい?
そんな訳ないだろう。
でも、それに憧れる気持ちはよく分かるよ。

428 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 22:17:26
>>424 名無し さん
気が付けば・・・
気絶してたんですね・・・[電柱]д ̄) チラッ

429 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 22:50:19
>>426
考えなど持つのを止めることです。
賢しらな考えを持つ前の無垢の自分を思い出しなさい。
おっと、思い出そうとすると考えてしまいますね。
工夫することです。
または御得意の喰うことに徹しなさい。
喰うことは考えることに先行しますからね。

430 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:02:36
空とは原子核と電子の間がからであることをいいます

431 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 23:16:04
>>429
ワロタ
騒動衆だね・・・

432 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 23:17:00
>>430 名無し さん
> 空とは原子核と電子の間がからであることをいいます

ゼロ、って知ってる?

433 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:19:25
空とは
坊主みたいに何もしないこと

434 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:23:11
>>432
よくテレビで、コインにペンを貫通させる技があるでしょ。
あれ、原子核と電子の間の空を使ってるんだよ。
ちょうど知恵の輪の要領でうまく隙間をくぐらせるんだ。
こつを覚えたら簡単だよ。

435 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:23:29
上を見上げたらそこにあるモノwwwwwww

436 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:25:03
>>435
天井?

437 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/12(土) 23:32:19
>>429
それは空ではなくて無明

438 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/12(土) 23:52:21
>>434 名無し さん

(#/__)/ドテ

手品の事だったの? (/TДT)/あうぅ・・・・

439 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/13(日) 15:08:37
>>437
どこから『無明』など湧いてくるのでしょうか?

>>413 >>416 >>418 >>421 >>423 >>426 >>429 >>431

手品ですか?

440 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/13(日) 15:10:36
>>431
騒動が起きる前のことです

441 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/13(日) 16:28:58
>>434
バカいってんじゃないよ!

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310629948

442 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/15(火) 19:31:10
空とは識の逆。

443 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 01:36:00
唯識派は識以外が全部空だからな。

444 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 02:26:00
空は空の逆だろうが

445 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 16:12:47
識 Xor 空 = 無

公式だからな、試験にでるぞ

446 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 16:46:00
見上げてご覧
空は水蒸気の反射で色がついて青く見えたり灰色になったり変化するけど
空が実在しているわけじゃない
そゆこと

447 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 19:20:49
Q:あなたにとって空とは何ですか?

A:かけがえのないもの。僕の人生そのものですね(笑)

・・・と言うような対象じゃ無いだろうに。。

448 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/16(水) 21:07:36
このスレで遊ぶほとんどの人は、空が何者かでないと気が済まないのです。
2ちゃんねるの仏教スレなんてみんなこういう人たちが遊ぶ所。

ここは愚者の遊ぶところ。
賢者も来たりて遊ぶべし。

449 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/17(木) 00:55:05
448みたいなのは、空についてのスレの存在が感情的に許せなく
必死にスレを批難することで自我を確立しようとしている愚かな行為だと
気がつかない哀れな存在なんだろう。

450 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/17(木) 02:55:57
>自我を確立しようとしている愚かな行為だと気がつかない哀れな存在

横から悪いが、
何かを伝えたいなら文章は簡潔に。
これじゃ書き手の興奮状態が見えるだけだよ。


451 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/17(木) 21:00:24
>>449 みたいなのが、『必死にスレを批難することが自我を確立しようとする
愚かな行為だと気がつかない哀れな存在』といえよう。
貴君の必死さはよく判る。色々な面で未熟だということも露呈している。
事態を理解している人は、必死になることはない。

452 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/17(木) 22:45:00
色即是空

453 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/17(木) 23:15:32
このスレも空だ
2ちゃんねるも空だ
空など考えぬことだ
なぜなら空即是色だからだ

454 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/18(金) 09:12:18
>>453
くわしく

455 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/18(金) 20:29:04
>>454 も空だ。
空だから説明は必要ない。
くわしく知りたければ、ロゴスを捨てること。
さすれば自ずから気付くだろう。

456 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 01:17:13
空捨てちゃえ

457 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 02:01:14
まああれだ。
これも空だ、あれも空だ。いや、全部空だ・・
とやってるうちに振り出しに戻るわけだ。

空即是色

458 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 02:12:42
仏教って結局堂々回り。
それを輪廻とか言っちゃってるけど
進歩がないよ

459 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 02:55:10
まあそうだ。
色受想行識、一切空。即ち一切色。
それがあるがままのすべて。ただそれだけ。

そして唯マントラを念誦するのみ。
ガーテーガーテーパーラーガーテー
パーラーサンガーテー
ボーディースヴァハ・・

460 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 03:58:45
輪廻から飛び出してもいいんだよ
イメージしてみて
生命進化のためにも。
その上を目指さないと
あとがつっかえる。

461 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 09:47:21
空だから過去も未来も現在も無い
進歩は過去・未来・現在を認めなければありえない

462 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 11:54:05
必死でさげようとして、他の糞スレを上げても無駄。
人気スレが下がるのは一瞬だ

463 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 12:08:58
糞スレも空だ
上も下も無い

464 :全知者に敬礼:2008/04/19(土) 14:59:55
一応、般若心経では悟りを得た三世(過去・現在・未来)諸仏の例が語られる。
これは観自在菩薩がこちら側の認識に合わせた方便なのだろうか。

465 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/19(土) 15:51:45
玄奘『大般若経』のテキストでは次のようになっている。

  舎利子。是諸法空相。不生不滅。不染不浄。不増不減。
  非過去非未来非現在。如是空中無色無受想行識。

また、三世諸仏のくだりは次のとおり。

  三世諸仏皆依般若波羅蜜多精勤修学。証得無上正等菩提。

つまり「諸法は空相にして、過去に非ず、未来に非ず、現在に非ず」
といっているだけで、過去未来現在という概念が無いとはいっていない。
だから三世諸仏という言い方は矛盾していない。

466 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/20(日) 18:36:06
般若経の基本は、我(本質、実体)はなく概念のみしかない。
しかし、世俗では概念に対応する本質、実体はあるというのが真理と思われている。
般若経の教説を西洋哲学的に言い換えれば、『ロゴスからの脱却』である。
脱ロゴスの世界に『一切』を示す概念はないから、『空』と呼ぶ。色(受想行識)即是空。
『空』は概念ではなく、仮の名字である。
『中論』などのスタンスは脱ロゴスであり、言語の完全性否定の証明であるといえる。
しかし我々の実存は明らかに世俗の世界にあり、ロゴスを脱しても結局世俗を否定できない。
脱ロゴスの領域から世俗の領域に還って来ることを、空即是色(受想行識)と表現する。

467 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/21(月) 11:03:51
>>466
理屈だけと体感で悟ったのでは質が天と地の差だろう。
つまり論理だけの君には何も(ry

468 :全知者に敬礼:2008/04/21(月) 12:32:53
>>465-466
大変興味深いですね・・
>>466
立川武蔵氏は「空の思想史」や「空の実践」で
氏独特の「聖なるもの/俗なるもの」という考え方で
その領域(世俗→脱世俗→世俗)について
詳しく述べていたと思います。

469 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/21(月) 15:12:50
色即是空

470 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/21(月) 15:31:16
晴天耐性ゴクウ

471 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/04/21(月) 20:53:21
精神世界で癒される第37章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1206356877/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。
どなたも、癒やされますよ。
ひとっぷろ、どうですか?

472 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/21(月) 21:40:22
>>467
仏教は基本的に神秘主義ではありません。
釈迦は極めて合理的な人だったと思います。
体感の悟りは神秘家のもので、オカルトに連なるものです。
禅者の悟りをこのようなものと勘違いしている向きがありますが、
まったく違います。

473 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/21(月) 23:33:38
分別を捨てた心。これが空。

474 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/22(火) 13:33:57
なんでシッタカ君て、粘着するんだろうなぁ。知っている=空を理解していない
つまり知っているとか説明できるというのは空そのものの概念すら知識で
表し、何もワカットラン証拠だろう

475 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/22(火) 21:12:57
またはワカッテイル証拠だな
>>474 は凡庸な2ちゃんねる人間
書くことがないから誰かをひたすら貶める
まあ、ここは2チャンネルだから不思議でも何でもない

476 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/22(火) 21:16:21
空は理解できるものだという思い込みが
>>474 を傲慢な2ちゃんねる人間に仕立て上げる
そして2ちゃんねるの、色々なスレにに粘着することになる

477 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/22(火) 21:44:50
空性の論証はチャンドラキールティによって批判されたが
空の理解なんてそんな難しいことではない
空性の体験もまたしかり。

478 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/04/22(火) 22:48:03
チャンドラキールティはナーガールジュナの延長線上にあり、
ナーガールジュナの家風はどんな命題も成立しないことを論証するから
批判的というよりは否定的といったほうがいいと思います。
後にその家風を批判したのはバビア(バーヴァビエーカ)ですね。

479 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/04(日) 10:15:04
日本の仏教者は低脳者が多いので、論理的思考を只管否定する。
これは日本曹洞宗開祖の道元にはじまる。

インド大乗の学僧たちは論理で戦い、以下に自らが釈尊に近いかを証明しようとした。
中国の禅家は、論理を前提にしたうえで、論理未分状態への回帰を探求した。

480 :TYPO:2008/05/04(日) 10:19:10
以下に ⇒ 如何に

481 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/04(日) 12:38:01
>>479
日本には一休さんがいたじゃないか

482 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/04(日) 18:28:18
一休さんは室町時代。
論理派ではなく、まったくの日本風禅者。

483 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/07(水) 12:20:30
一休み一休み。

484 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/07(水) 19:18:18
475=476馬鹿まるだしw

485 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/07(水) 21:55:22
>>484
馬鹿にそういわれてもw

486 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 02:31:41
>>485
本人キタ

487 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 11:35:37
馬鹿でも何か書きたいのは分かるが

488 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 21:22:12
あんたも馬鹿だ

489 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 21:27:11
馬鹿と馬鹿の織り成す人生模様ってわけね
ただいまからスレタイ改め

『馬鹿とは何ですか』

490 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/08(木) 23:59:46
それなら単純だ
君のことだから

491 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 11:08:22
>>490
馬鹿にそういわれても

492 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 14:22:14
色即是空、こいつらはキチガイでFA

493 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 17:10:29
キチガイにそういわれてもw

494 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 18:00:56
生存を維持しようとするから煩悩から抜け出せないんだ
ということはわかった
しかしそうなるように進化してしまったからなあ

495 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 18:07:56
>>494
貴君は生存しているわけじゃない
不生不滅
生まれたわけではないから滅することもない

進化してしまった意識を超克するためには勤行しかない
理屈でなく、信じるのでもなく、ひたすら勤行

食う寝るところに住むところ

496 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 18:23:20
前から思うが
2chで坊主然とした説教口調の人

カッコ悪い・・

497 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 20:43:58
カッコ悪い香具師にそういわれてもw

498 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 21:47:48
>>479
インド人、ま、バラモンの階層は、
教養の一つに論理学や教理学があったから、
理論を述べるのも当然だったんだろう。
医学、文法、建築学いうのもあったけどね。
詳しくは五明を調べて。

499 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 22:00:33
つーか、日本人の嗜好自体、小理屈・屁理屈を嫌う傾向あるよね〜。原理主義
的な思考は危険、酸いも甘いも噛み分けた(以下ry みたいなさ。

俺的には、空に関しては中村元「龍樹」が一番解り易かった。安いし入手し易
いし。あくまで明晰。坊さんにありがちな筋をずらして煙にまくようなところ
も無い(学者だから当然か)。俺も坊主だけどw


500 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/10(土) 23:12:30
あの値段で『中論』が収録されているのはありがたかったですね。
中村氏特有のこなれていない硬い文体がちょっと読みにくいですが。。。

まあ、逆に梅原猛みたいな、こなれ過ぎも胡散臭くなってしまいますが。

501 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/11(日) 00:06:12
色即是空スレには493みたいな粘着君が集まるんだろうな

502 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/11(日) 00:57:02
>>500
三枝さんの
『中論』上・中・下、『中論偈頌総覧』
も参考にするといいよ^^

503 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/11(日) 09:00:38
>>501
貴君も粘着じゃないの?
2ちゃんねるというのは、基本的に粘着の皆さんで成り立つ文化なんだよ

504 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/11(日) 09:11:15
>>502
整理すると、

中村本:講談社刊
ttp://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1595482

三枝本:第三文明社刊
ttp://www.daisanbunmei.co.jp/shop/book.php?no=01158
ttp://www.daisanbunmei.co.jp/shop/book.php?no=01159
ttp://www.daisanbunmei.co.jp/shop/book.php?no=01160

『中論偈頌総覧』は品切れか絶版みたいです

505 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/11(日) 13:58:21
>>504
絶版してる本は自分の出身大学の図書館を通じてコピーを手に入れたらいいよ。

506 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/12(月) 17:04:43
頭の悪いやつが集まるなぁ
特に>>507

507 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/12(月) 18:37:16
>>506
呼んだ?

508 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/12(月) 22:11:23
頭の良いやつも集まるぞぃ
特に>>506

あっ
頭蓋骨の形が良いだけね
中身はたぶん、、、書くまでもないか

509 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/13(火) 03:43:03
>>508
病院はここじゃないんだよな。悩むならちゃんと病院に行こう。


510 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/13(火) 20:30:48
>>509
一人でビョーインに行けないなら救急車呼べば?

511 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 00:32:48
空とは何?

512 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 01:46:10
>>511
空=カラ=無=0
すべては0
すべては無に帰す
という明快な話
インド人曖昧なこと嫌い

513 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 01:47:17
どうせ無にきすものに執着するのはバカだ
というのが仏教

514 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 01:50:29
生命や意識はおろか
宇宙だって空間だって時間だっていつかは消滅する
何に執着して意味のあるものか
という徹底したニヒリズム
それぞ仏教

515 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 01:58:31
・・と言う考えに行き着いては見たものの
結局生きていくために振り出しに戻る
これぞ仏教

516 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 02:00:29
「無」と「空」って全く異なった概念だよ。
何故一緒くたにする?

517 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 02:08:30
散々議論を重ねても
最後は自分に帰り自分と向き合う
これぞ仏教

518 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 02:47:20
>>510
病院から脱走したやつ?それとも最近の隔離病棟ではインターネット
しほうだい?

519 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 22:16:17
>>518
脱走したやつにそういわれてもw

520 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/16(金) 22:41:58
>>517
> 散々議論を重ねても
> 最後は自分に帰り自分と向き合う
> これぞ仏教
まー言葉の限界性は常に意識していなきゃいけないけどさ、言葉で辿り着くこ
とができるにも関わらず、それを放棄しちゃうのは日本の坊主の悪い癖じゃな
いかと思ったり。限界の淵に立つ前に、何となく雰囲気的理解で良しとしちゃ
うみたいなさ。

「空」だってそれ自体は明快な概念と思うぜ?それを実践・体得するのは困難
としても。


521 :517:2008/05/17(土) 01:52:58
何をおっしゃるうさぎさん。
実は俺もまったくそう思うんだよw

内と外、自と他、議論と葛藤。
別のものである気がしない。


522 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/17(土) 02:49:24
>>519
硫化水素だけは使うなよ。おまえの常用なのかもしれないが

523 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/17(土) 18:02:13
自殺願望のやつにそういわれてもw

524 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 20:53:55
空は空虚=無
それ以上ややこしいことはがたがた言わせない

525 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 21:44:45
虚無=空とする時点で、既に自分の偏見にとらわれてしまっている。

526 :照合と刺激:2008/05/18(日) 21:46:33
「空」ですが。。。諸賢は読書しているのが想像できる。
佛教用語を離れて書こうとすると、物理学・医学っぽくなります。
一言です。
「感覚している己自身を瞬間で区切ったモノ≒記録・記憶」としましょう。
時間軸では過ぎ去ってしまっている過去記録との照合を無意識レベルから行いながら生かされてます。
是を「空」と言って、
「己の感覚器官に訴えている無数のモノ≒外界刺激・時空」を「色」と言って、
生かされている間中には絶えるコト無きモノでございます。
「空」・「色」を「内面照合」・「外界刺激」と翻訳すれば、ムツカシク無いでしょ?

527 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 21:55:32
>>524
がたがた

>>526
がたがた

528 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 21:58:20
空とは無意味であること

529 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 21:59:22
>>526
能書きを垂訓するなら、必ず仏典の典拠を示さなければ、ただのトンデモ

530 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 22:05:34
色即是空 あらゆる存在と自己は無意味である
この無意味なる世界でふんばって意味を求めガマの油をたらしている
風呂に入って油を流せばすっきりするのに

531 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 22:11:33
風呂につかるとき人間は自己を脱落し他に何も求めることもなく絶対安楽である

532 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 22:29:29
>>529
仏典って、アンタ解っとん? 物理学・医学を根拠に「たとえばなし」で書いたのw

533 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 22:35:48
不適切なたとえばなし

534 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 22:36:19
>>532
そうだとしても、ありゃ「空」とは言えないのでは?ただの客観的な現象と主
観における認識以上のモノは読み取れないのだが?


535 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 23:01:43
主・客という二項対立を超越しなければ

536 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 23:21:13
主客を超越しすべて一つ
俺のものは俺のものお前のものも俺のもの

537 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/18(日) 23:47:50
>>530
無意味なのはアンタの存在だけで
アンタ以外のすべての存在には意味があるんだよ。




と言ったら怒るだろ?

538 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 01:13:34




539 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 09:34:44
>>537
「無意味」と評価しているアナタ。
其の否定形がアナタの「苦」の顕れだ。
佛教は相互連関を説く教え。
四諦説法を読み解くべし。

540 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 09:36:44





_





541 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 11:42:26
>>539
無意味と言ったのは>>530だよ。

勘違いも縁起から。相互連関をよく見てね。

542 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 18:37:18
結局うそつきしかこないの?
空とは何?

543 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 18:51:25
既出と思うが、「縁起により自性なしという事象の在り方」ってことでどうか。

Aは非Aにより規定されることによりAたらしめられており(縁起)、AをAあらし
めている本質はAの中に見出すことはできない(自性なし)。中身空っぽ。みた
いな。


544 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 20:11:45
☆ 縁在るを以って起こり、縁無きを以って起こらざるなり ☆
縁起の法は是です。
縁って

☆ 今投稿するを以って起こりし設問は、今投稿を以って既に起こりし縁起の法に縁っている ☆

です

545 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 20:19:22
>>544
中村元「龍樹」によると、空にいう縁起は、
> ☆ 縁在るを以って起こり、縁無きを以って起こらざるなり ☆
とは意味が違うとされているみたいだが?

546 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 20:39:05
大脳生理学が無い時代の言語学者を出されるのは。。。不甲斐無い。。。所です。
中村元・・・欧米言語で法華を翻訳しようとした人ですな

547 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 20:46:19
井筒俊彦も中村元とほぼ同様の筋で語っているようだけど。同時代人だからペ
ケですか。

> 大脳生理学が無い時代の言語学者を出されるのは。。。不甲斐無い。。。所です。
っていうけど、空自体、大脳生理学が無い時代の代物だぜ?

548 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 20:52:57
>>547 医学の進歩で法華経の比喩に読む場景の裏づけが適いつつあるのです。

549 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 21:04:05
縁起
ただの相互関係の生滅。

550 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 21:27:11
>>548

昨日の>>526の人?
> 「感覚している己自身を瞬間で区切ったモノ≒記録・記憶」としましょう。
> 時間軸では過ぎ去ってしまっている過去記録との照合を無意識レベルから行いながら生かされてます。
> 是を「空」と言って、
> 「己の感覚器官に訴えている無数のモノ≒外界刺激・時空」を「色」と言って、
> 生かされている間中には絶えるコト無きモノでございます。
> 「空」・「色」を「内面照合」・「外界刺激」と翻訳すれば、ムツカシク無いでしょ?
じゃあ、最初の入力は照合すべき対象がないわけだが、それはどう位置づけら
れるの?最初の入力を絶対の基準点と位置づけるのであれば、それはもはや空
とは言い難いのではないの?つーか、上の解釈じゃあ、空とは「私の内面に映っ
た世界」にすぎないように思われるが、そういうことじゃないでしょ?


551 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 21:38:22
>>526
こじつけの一つのアイディアとでもいうべきですな。
物理学が発達しようが、医学が発達しようが、昔から仏典はあるのだからしょうがない。
空は般若経典を嚆矢として教義が発展したのであり、人の猿智慧から解脱すべきことを説いている。

552 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 23:28:59
>>550 其の1
真面目な質問ですので、真面目に応えますね。
>じゃあ、最初の入力は照合すべき対象がないわけだが、それはどう位置づけられるの?
>最初の入力を絶対の基準点と位置づけるのであれば、それはもはや空とは言い難い
>のではないの? つーか、上の解釈じゃあ、空とは「私の内面に映った世界」にすぎない
>ように思われるが、そういうことじゃないでしょ?

では「最初」って何時を指すと想われますでしょうか? 医学では2パターンです。
@.発生学では、殆どの場合は両親の性行為の数時間後で為される「母胎内受精時」を
  指しまして、其の後「着胎」してからは、母親の摂取物を取り込んで成育過程で膨大な
  データを取得して行きます。(是の過程を胎内進化と呼んだりしていますが)
A.遺伝学では、全ての場合は二乗式で得られる「遺伝子情報の結合を連鎖」を指します。
@もAも異性同士のデータ結合を起点として「個体の発生」が始まっており、俗に娑婆世界とは
「今生きている瞬間」を指すのですから、最初が如何様なのか?は解らず終いですが、
@でもAでも今に当文書を読んでいる時点では「常に新規刺激の感受と照合を繰り返している」
コトに変りは無いのです。

553 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/19(月) 23:30:03
>>550 其の2
個性を問われれば、発生以降の全ての摂取物質や刺激が、例え親兄弟でも違うのです。
其の全く異なっている個体が、絶えず五感を通じての情報を分類して蓄積して、次第に、
己の感覚を伝える手段を学び、自ら発したモノが「身振り手振り」として、胎外出自・肺呼吸を
始めた時点で既に「発音・発声」として備わっており、肺呼吸を始めて、視覚刺激を受けてから
次第に「明暗・色彩」・「音楽・言語・文字」の順に備わって参ります。
赤ん坊の「発声」や「自立」で両親は歓喜しますが、其の前には(主にご両親からでしょうが)
凄い量の観察・分析を無意識レベルから行っていて、五感器官の全てを使って、パソコンで
云わば「オペレーティングシステム」を親御遺伝子を参照しながら再構成して当人のモノへと
カスタマイズして行きます。
音情報の分類・位置情報の分類を脳内に蓄積して、意志を伝える似寄りの発声法を習得して
初めて「喋る」のですし、肢体を動かしては視覚と三半規管に縁って位置情報をGPSの様に
捉え、瞬時に「加速・重心・慣性」の演算をして、移動を学び、指・手・足の使用具合を試行錯誤
しながら立脚へと向かって行き、ようやく「立つ」のです。
是等の過程は、またまた御家庭事情で全く異なっており、斯様な生育・学習過程を全て総括
して「縁起の法」と申さば、其の掌(たなごころ)を出ていないのは申す迄も無いコトです。


554 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/20(火) 00:05:07
んー?発生や認識のプロセスを叙述しているだけで、何が「空」なのか良く解
んないよ。ここでの縁起を単なる因果関係と捉えれば、それこそ現代医学の文
脈で認識プロセスを叙述した上で、それを「縁起の法」と独自の命名をしてい
るだけでは?


555 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/20(火) 22:09:25
根本から道を踏み外しているな。
>>526 の誤謬は「内面照合」=『空』早合点したところにある。

『五蘊皆空』の五蘊とは色・受・想・行・識である。

>>526 式に言えば

「感覚している己自身を瞬間で区切ったモノ≒記録・記憶」を『受・想・行・識』と言い、

「己の感覚器官に訴えている無数のモノ≒外界刺激・時空」を『色』と言う。

したがって、
「外界刺激」+「内面照合」=「色」+「受・想・行・識」=五蘊であり、空である。

556 :大騒ぎ:2008/05/20(火) 22:26:34
「空」ですか?
空っぽとか?無いとか?云われますけど、アタシ流儀で云えば「こだわっちゃだめよ」ってコトです。


557 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/20(火) 22:34:52
空は、虚しい。

何にもありません。愛、喜び、学ぶ一切無し


558 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/20(火) 23:13:20
無自性

559 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 12:03:09
そしてまた無明のごとく振り出しに戻る。

・・・・・・・
あなたにとって 空とは何ですか? w

560 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 19:21:12
相互連関は今ではあたりまえの概念

561 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 21:04:43
>>560
この相互連関というのは、時系列に沿った原因・結果の関係というよりも、認
識機構上の関係ってことでしょうか?学説的には、どういう考え方が一般なん
でしょ?


562 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/21(水) 21:40:52
>>561
認識機構なんか関係なしに、相互に依存し合っているということ。
ちなみに認識というのも空だから、事物と同等に扱われる。
西洋科学的な捉え方をするのは、無理とは言わないが、ムズだと思う。

563 :561:2008/05/21(水) 22:03:57
>>562
ありがとう。舌足らずで申し訳ないのだが、「認識機構」云々というのは、唯
識的な文脈での、事物の現れ方みたいなことが言いたいのだった。例えば、
『「目の前の鉛筆」は「その鉛筆に非ざるモノ」との対比においてのみ現れる
相対的な在り方』というような。


564 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 00:03:15
空≠ニいう概念設定≠ェ有る≠だと思うからおかしくなるんじゃないかな?
空の概念設定=空≠ェ有るという前提で語る有・無≠大乗空説
だと思う。
私が適切なのではと思うのは、
仏教=仏説・教理により仏にしたがう立場から、概念設定を空じ、
自らもその空じる立場にこだわろうとしがみつくことをも空じていく
ってことなんじゃないか?
そのように理解すれば、特に誤解は生じないと思う。
中論に語られる帰敬偈(八不の偈)をみるといい。

565 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 00:07:54
無我即縁起、縁起即無我ということか。

566 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 00:10:46
>>1にとって相対的に頭上の領域

567 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 00:13:35
んー”有る”というのは別に空と矛盾するものではないと思うんだよね。ただ、
それは他との関係で決まる相対的な在り方というだけで。



568 :よくわからんが・・・:2008/05/22(木) 00:47:30
「空」と言う認識が「有」ろうが「無」かろうが、

問答無用(かつ問答有用)で、
({問答「有」用}だろうが、問答「無」用だろうが、一切無関係で・・・)

「一切空」ということで

おK?


569 :568:2008/05/22(木) 01:07:27
>>567
>んー”有る”というのは別に空と矛盾するものではないと思うんだよね。ただ、
>それは他との関係で決まる相対的な在り方というだけで。

空海の「弁顕密二教論」的な見方でいいのかな? 

「大日如来(=第十住心=秘密荘厳心)」は、全ての事象と「一切無関係」であるので、

全ての「事象(物性=意識・認識含む)」は、
それによって分別される他者との関係が「有」ろうが「無」かろうが
(意識・認識上のみに限らず)

「すべて相対」で「有」りながらも「すべてが一切無関係(=絶対)」で「有」ると。

「空」=「相対」であり、かつ「絶対」であると。


570 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 04:13:53
自他が空じ空じられるってのは即身成仏的なお手軽発想とは一線を画す°Cがする。
仏説による&薩としてどこまでも語られるから。
その辺を徹底してるあたりが大乗を語る意義を見出されるポイントかと。
空思想については宗派ごとの解釈にたよるよりも
中論ほかを含む現在の仏教学会で龍樹の著作と認定されてるものから理解すべきかと。
空海、真言宗を基準とする理解よりも
中論を著述した大乗空説をとなえた龍樹によった解釈の方が的確かと。
でないと文献上の信頼性は格段に落ちるかと。
ただ宗派ごとの理解を基準にするなら、めでるためというか玩具というか…
第一、中観派の龍樹と真言宗の基準とする龍猛(龍樹)とは著述の年代がかけ離れてるからあてにならん。
真言の基準は中観派の龍樹とは別物、中観の影響はあるかも。
もっとも、仏教会の定説を覆すだけの文献学的な論拠が提示されれば違った理解がなされるだろうが…

571 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 04:26:02
なるほど!自分が依っている宗派の理解を基準とせずに
龍樹の真作と認められうる(贋作を真作と信じるのは別)著作とその研究をたよりに自身が依る宗派を
分析して初めて各宗派に共通しうる的確な論拠が出され、自身の信仰が明確になると言いたいのだな!
…凄まじく厳しいな。

572 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 22:13:01
実際は龍樹は般若経典の理論付けをやっていたわけだから、
元祖としての般若経典を紐解くのが王道だろう。

密教が台頭してきた時代には、『空』対『不空』の二項対立が出来上がっていた。
『空』でない事物が有るはず、というなかでの『空』。

573 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 23:15:33
sate?

574 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/22(木) 23:24:21
あ、さて、あ、さて、さても南京玉簾

575 :568:2008/05/23(金) 00:38:31
>>570
>ただ宗派ごとの理解を基準にするなら、めでるためというか玩具というか…

そうですね、これだけ学術的な研究が進んだ現代に於いては、
それに相応の物の見方も必要ですよね・・・
厳しいお指摘を有難うございます。

>中論を著述した大乗空説をとなえた龍樹によった解釈の方が的確かと。
>真言の基準は中観派の龍樹とは別物、中観の影響はあるかも。

専門家や僧侶ではない普通の一般人にも、
上記の点(各宗派の空に対する見解)を
理解出来るようにわかりやすく解説してありながらも、
特定の宗派の論説からの見方に偏らない著作等が御座いましたら、
どなたか御教授して頂けないでしょうか?

どうか宜しくお願い致します。


576 :568:2008/05/23(金) 00:45:06
>>572
>『空』でない事物が有るはず、というなかでの『空』。

『空』でない事物が「有」る、という条件の中での『空』。
というのは、結局「不空」=「実在論」になってしまうのでしょうか?
「ヒンズー教的な世界観(アカーシャ=アートマン=ブラフマン)の実在(論)」というか、
仏教的には「阿頼耶識の実在(論)」でOKなのでしょうか?

では、アマラ識とは一体・・・?

道教の「無は無から生まれた」と、
空海の「大日如来(=第十住心=秘密荘厳心)」は全ての事象と「一切無関係」
は同じなのでしょうか?

「実在(論)」=「空 and 不空」<「十住心」=「無(論)」なのでしょうか?

それとも、

「実在(論)」=「空」<「不空」=「十住心」=「無(論)」で、OKなのでしょうか?

注:{A<B (AはBに内包される)}


仏教学の専門家でも本職の僧侶でもない、ただの一般人ですので
「実在(論)」と「十住心論」と「無(論)」との、三角関係がよくわかりません・・・(T T)

どうか御教授のほどを、宜しくお願い致します。 >スレの真言宗の先達の方々


577 :568:2008/05/23(金) 01:05:40

「空」から「不空」なるものは生まれない?
(「空」の対立概念としては、「空(論)」より発生する >「不空」)

「有」から「無」は生まれない?
(「有」の対立概念としては、「有(論)」より発生する >「無(論)」)

「不空」は有(在)るのか?
「無」は有(在)るのか?

そもそも最初から「無」など「無い」から「無」なのか・・・?

結局、「実在(論)」でしか物事は説明・解説出来ないのか・・・?

よくわかりません・・・(T T)


578 :568:2008/05/23(金) 02:15:19
結局のところ・・・

『一切空(=相対)』で「在る」ことのみが、

『不空(=非相対=絶対)』である・・・

で、宜しいのでしょうか? >仏教論理学

となると・・・アマラ識とは?


579 :568:2008/05/23(金) 02:19:08
アマラ識とは、

一切(事象・因果)とは「無関係(絶対性?)」であるから、

「一切(事象・因果)とは無関係(絶対性?)である」ということからも

「一切無関係(絶対性?)」である。

故に、一切の(絶対的?)因果となる。

で、宜しかったでしょうか? >真言宗関係者の方々

それとも、「無関係(性)」も関係性における、「有関係(性)」の対立概念(相対)に過ぎないのか?

でも、「無関係(性)=否定」ならば「否定の否定」で、仏陀の教えの根幹に帰結するわけで・・・

「否定の否定(=空)」=「無関係(性)から無関係(性)」であることのみが

空しからず(非相対=不空)で、OKでしょうか?


580 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 14:38:26
小難しいですね。

581 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 15:51:53
空とは人間を含めた森羅万象には恒常不変の実体はなく、相互の関係性(縁起)によって
のみ存在していること。全存在は無自性で縁起からのみ成る=空。これが空の入門編

582 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 15:55:35
それでその空とやらは釈尊の思想なのか、大乗の教祖の思想なのか

583 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 16:25:06
>>575
山口益を勧めておく。以下は個人的な感想。
一般人でも解るように整理されてるし、方法論に賛同出来る点が多々ある。
@各宗派ごとの解釈による原典理解ではなく、あくまで原典によった各宗派間の共通点を闡明する。
A自身の宗派について@を踏まえて分析を行っていること。
これらをやってのけてる。部派や大乗諸派についてもきちんと見た上で発言してるのに好感もてた。
『空の世界』『大乗としての浄土』共に山口益 大法輪閣
『仏教学序説』山口益ほか3名 平楽寺書店
読むならこの三冊が解りやすい。興味がわいたら他のもあたるといい。
あと仏教思想について。元東大教授の木村泰賢。
個人的に木村の方法論には八割以上は賛成。引っかかる点があるが。
木村の死後、宇井伯寿が台頭。宇井の方法論は大乗から原始仏教をみてく感じ。
学者として業績あると思うが、方法が自分の願望混じりな気がする。
その弟子が中村元。和辻哲郎の影響も受けてるみたいだが、それは置いとく。
中村は分かりやすい。概略を掴みたきゃ
『龍樹』中村元 講談社学術文庫
はお勧め。中論本文については
『中論』(上・中・下)三枝ミツヨシ レグルス文庫
が良い。山口・木村・中村・三枝を押さりゃOKかな。

584 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 16:45:28
>>582
釈迦そのものの思想なんざ釈迦がおっ死んじまえば教説残しても言葉(表現)以上のもんじゃねえ。
部派でも大乗でも釈迦の教え・思想がまんま変わらずに続いてるわけではない。
大体、いくら教説を正確に口伝出来たとしてもだ、
教説をうけた経験から解釈を加えてくのは聞いたヤツだろ。それの繰り返されるのが歴史。
そうした形式から言葉にこだわり更なる解釈によって釈迦を規定し
権威としての絶対性を示すことにメスを入れたのが龍樹。部派、大乗、そして自らもその対象としてね。
人や物事の有り方≠縁起の教えによって切り崩し無我化→そうした自らの主張すらも無我化。
空思想は「釈迦に帰依する立場から、その精神を引き継いで教えを伝える」
って感じだな。釈迦の思想を再解釈していったとみるべき。

585 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 18:04:18
>>584
なるほどのお。
ルージュのほうが後だしだからより発展してそうな気はする。

586 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 20:09:48
ここで言う「縁起」ってのはどういうことでしょ?いろいろ見解が有るようで
すけど。


587 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 20:14:40
不変の実体ってものはないってことでしょ

588 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 20:31:11
じゃあ縁起が良い悪いとはどう言う状態?

589 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 20:32:29
縁起がいい悪いは神道関係のような

590 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:02:49
>>586
現象として縁って起こっている≠フに、それを解りたくない自分がいるから、その事実を伝える
ってことじゃないか?
上記に照らし合わせると、縁起の良し悪しってのは自分の都合よく解釈してるから、
仏教にいう縁起説とは全くの別物と捉えれば良いんじゃないかな。
縁起の良し悪し=迷信ってこと。
これを言っちまうとお札やお守り、
占いなんかを商売にしてるお寺は仏説と異なる客寄せしてることになる。
仏教教理を踏まえた自分とこの宗旨を高揚する法話をして事実を伝えて客寄せしなきゃならない。
個人的にはこうした学問性のある銭儲けならまっとうな方法だと思う。

591 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:06:52
学問を踏まえた銭儲けなんて難しいからやりたがる坊さんなんて少ないだろ。
そういったプロが全体的に少ないから通仏教の空思想や諸思想の考えも一般に浸透しないわけで…

592 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:12:08
縁起よしあしは縁起を漢字そのまま読んだ一般人のこじつけ。縁の起こりと読み物事の始
まりとし、転じて物事の運の意味となった。仏教は因縁生起の略。

593 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:25:27
>>591
ていうか坊さんは仏教を知ってるのか?

594 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:31:38
知らない、わからないからこそ求めるってのが無いよな。はっきりいって坊さんの怠慢だわな。

595 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:37:34
>>587
サンクス

縁起→相依性→無自性というときに、相依性→無自性というのは解るんだけど
ね、縁起→相依性というのが良く解らんのです。論者によってニュアンスの違
いが有るような。


596 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 21:53:14
おおざっぱに縁起=相依性じゃないかな。
縁起には時系列の意味はないように思う。
素人考えスマノ

597 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 22:02:50
どうもです。

そう。その相依性の中味が良く解らんと言う…。「世界を分別するときの比較・
相対のメカニズム」みたいなことでしょうか?


598 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 23:33:56
時系列の基準は仏説と自分との出会い・内容を知らされるトコだろう。
仏によって事実を知らされる契機という意味で時系列を理解すればよいかと。
>>595
無我→縁起 縁起→無我 といった理解だと難しい。
無我
↑=↓
縁起
と理解すればよいかと。

599 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 23:34:55
山口益の本を読んだらはやいと思う。

600 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 23:39:05
時系列についての世俗の見方は自分基準で都合のために仮に設定≠ウれているのであって、
それを知らせ気づかせる仏説と出会った時に基準をおくということね。

601 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 23:48:33
縁起説と空を理論的に結びつけたのが龍樹なんだから、
抹香臭いのが嫌いな人は龍樹を読めばいい。
どっぷり仏教に浸りたい人は、成立順に大乗経典を読めばいい。
何だかんだ言っても、『空』はこれ等から出てきた教説である。

602 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/23(金) 23:50:05
天台教学なんかだと
実体論的な空→仮→中という理解でいくが、あくまでプロセス論、イメージ。
で、空を語られる効果を語らないのも秘密にする感じで空じる目的にそぐわないことになる。
 空
↓ ↑
 仮
↓ ↑
 中
といったぐあいに仏により′蛯轤ウれて、悟ったことからまた他者へと展開するって感じかな?
仏により°Cづくということが無ければそれは自分の仏説のイメージにすがっているにすぎない、
それをも空じられるから空亦復空(くうやくぶくう、空またまた空)という展開をみせるわけね。

603 :575=568:2008/05/24(土) 00:02:50
>>583
有難う御座います。
早速探して読んでみます。
(本当に素人には難しいです・・・>仏教論理学)

あと、真言宗関係者の先達の方々にお尋ねしたいのですが、
「如如如説」についてわかりやすく解説した書籍等は御座いますでしょうか?

反対に、真言宗関係者以外の他宗の先達の方々に御伺いしたいのですが、
弘法大師の「如如如説」に対する他宗の対場からの解説・反論などをされた
論説などは御座いますでしょうか?
もし御座いましたら、それらをわかりやすく解説した書籍等が御座いましたら
教えて頂きたいのですが。

教えてクレクレ君でスミマセンが、宜しく御願い致します・・・<(_ _)>


604 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 00:12:59
>>586
演技じゃあなくって「縁起」ですね?
是が佛教の根幹と謂われている和文です。

『縁在るを以って起こり、縁無きを以って起こらざるなり』

解釈方法ですが、自分の身の回りに起こっている全ては縁在ってワザワザに「何か?」を
知らしめてくれている現象・存在なのだ・・・と云う感受法を説いています。

さすれば「苦」では無くって、「再現」・「教示」と受け取れるのでしょうね。

佛教は悉くは、此処の感受法を説いています。

魔も悪も、何某かのお知らせか?教示か?なのです。

そもそもは、何で自意識が在るの? 此処の回答は、現在医学でも出せていないのです。

605 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 00:43:46
>>603
あなたが中観派の龍樹の大乗空説を理解して、そこから空海へアプローチしてきゃいいんじゃない?
真言宗自体、龍猛(中観派の龍樹から著作の年代が数百年後に成立)からなんだから
大乗仏教なら龍樹は外せないけど、真言宗が龍樹を踏まえてなくても仕方ないと思う。
それが真言宗だと受け入れましょう。
別に歴史的な龍樹の系譜から学問的に除外されても
真言宗の信仰すること自体は否定されちゃいないんだし、心配ありませんよ。

606 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 01:18:14
>>604
そういった情緒的な物事の捉え方を
それこそ悉く超越した教えであってもらわないと
本当に仏教に対して失望してしまう。
特に坊主に言われると。


607 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 06:46:32
ためになるなあ

608 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 07:54:03
>>606
その様に感じたのは、
604が大騒ぎだから。
ついでに607は大騒ぎの自演

609 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 09:01:22
>>204
仏教を現代医学で解釈するのは本筋ではありません。
大乗仏教は、あくまでも大乗仏教の枠組みで捉えるべきです。
現代医学に言及するのなら、あくまでもそれは方便としてしかありえない。

>そもそもは、何で自意識が在るの? 此処の回答は、現在医学でも出せていないのです。

こういう問いが出ないようにするのが『中論』の目的の一部だと思います。

610 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 09:07:39
真宗なんかでも、縁起を耳障りの良い共生関係みたいな位置づけにしたりする
んだよなあ。で、そういうのが受けが良かったりする。


611 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 09:09:21
釈迦の前から「苦」を研究する土壌がインドには在った。 縁
釈迦は王族として育ちながらも民衆の苦を見て廻った。 因
釈迦の体験に拠る覚醒は実は一大事の因縁と謂う事。 果
釈迦は一大事の因縁の有り様を説きたかったが難解。 報
縁起の法から派生した修行法の統一を弟子に託した。 本末究竟等

612 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 09:14:23
医学は実証主義なので、コトバで書かれている「中論」も実は修業体験無くば理解は不可能です。
読書で世界が解れば大した御仁ですが、著述者の追体験をしていると前提しないと、其れは「妄信」
に嵌る危険も在ります。

読むのとご自身の信教・宗旨の作法を伝承するのでは、深耕と継承のベクトル違いが在りますね。
此処は善き「根幹の問い」ですので、お盛んが結構な証でしょう。

勉強になります。



613 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 11:08:04
>>610
たしかに。浄土真宗には縁起を説いて無我は説かないおかしな人がいる。
禅宗のお坊さんにも無我を説いて縁起を説かない人もいる。
おかしいな。

614 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/24(土) 23:34:44
ネットで百科↓で『空観』を引くと、松本史郎によって、簡潔にまとめられている。。
ttp://www.kn-concierge.com/netencyhome/

ただし、FIREFOXではだめで、IEでないとうまく表示されない。

615 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 00:59:58
空とは、形。
ただそれだけ

616 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 01:22:09
哲学者気取りの坊さんの言葉遊びより、ポストモダンの方がまだましですね。

617 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 01:35:02
今の坊さんは当てにならないけど、
寺院近隣のソープランドの三ツ星ガイドとか、
寺院監修で出してくれたら、すごく当てに出来そう・・・

こんな現状になるくらいなら、
信長の頃に全宗派妻帯・女遊びOKにしとけば、
現実から目を背け、奇麗事や情緒論で誤魔化すだけの
建前坊主の氾濫にはならなかったのかも・・・
(これも楽観主義の期待論に過ぎないのかもしれないけど・・・)
少なくとも公に本音で語る地点には立てたかもね・・・


618 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 01:35:59
まあ2chがあるからいいか・・・ >匿名で坊主が本音

619 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 02:07:09
意味に値しない潜象的な概念を、意味に昇華させ語るのは
実に愚かな行為だと気がつけ

620 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 04:28:26
松本史郎、袴谷憲昭の批判について
『大乗起信論を読む』高崎直道 NHK の最後らへんにコメントが載ってたけど。
どっちにせよ学者もいろいろ批判加えて発言してるから仏教を飯の種にしてるのに変わりはない。
結局は教えをうけた個人の日々の思索ってことかな。

621 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 21:16:51
心の中を除いては過去はない。未来はない。このことが了解された時、
正・邪の記憶は失せ、いかなる分離も、国籍も、相異なる信条もなくなり、
唯一の「実在するもの」である生ける臨在を妨げる何ものもなくなる。

622 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 22:23:43
仏説に意味を求めるな。
悟った本人にしかわからんと書いてあるだけだから。
坊主も結構忙しいんだよ、
法事でやって来た坊主を捕まえて「空とはなんぞや?」とか聞くなよ・・・
残業代も出らんのに、下らんことに付き合わせるな。
ちゃんと葬式やって墓の面倒も見てやってるだろが?
何となく有り難がって、黙って檀家料払っとけばいいんだよ。

623 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 22:24:17
カルトスレになったようですな

624 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 23:15:04
>>622さんへ
アナタが僧侶ならば、「智慧足らず」と先達・先師から叱られているコトでしょう。
一大事の因縁を以ってアナタは僧侶となっているのですから、アナタにとっての
「覚り≒己を知る」のは、説法する応用力を「世間法にこそ学ぶ」姿勢が要諦です。
さて、宗門が何処であっても斯様な教唆が在るでしょう。
無ければ、アナタが自ら求めるべき定めと感得しましょう。
アナタは、此処で救いを求めている様子なので、普賢菩薩の智慧を借りて「一灯」をかざします。

アナタが成り済まし投稿ならば、其れはアナタの無理解に縁る更なる「罪・咎」を知らず知らずに
積み重ねているのですが、至極当然な成り行きの悲鳴投稿なので、上記の如く妙音菩薩の智慧を
借りて、「儀典と自照の違い」を宿題として課します。 宇宙は広いが、アナタは地球人です。
近くの門跡寺院に参内して、大曼荼羅の成立でも照会するのが手っ取り早いでしょう。



625 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/25(日) 23:55:33
悟り開いた人スレ 11
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201705042/

626 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 00:28:05
仏教が滅びる、そして死へいたる為の宗教だということすら
しらない奴が悟りの意味を分かるわけないだろう。
悟りをすれば多次元的な認知を会得したようにイメージしているに違い無い
これは逆の意であり、諦めのことである。
空については、空の意味ばかり考える奴ばかり、それは空には意味などない。
空が転じて生じるという因果関係や流れの概念への記号にすぎない。

627 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 00:33:51
そうそう仏教なんてシンであの世にいってから
お勉強すりゃええわな

628 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 00:40:11
誰でも死ぬ。
葬式仏教を否定するな。

人類もいつかはいなくなる。
仏教もいつかは消滅する。
檀那衆も檀家寺もいつかは消滅する。

そのときまで諦めろ。

629 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 04:05:56
ということを悟れない奴が龍樹とか連呼しているわけで

630 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 08:06:09
悟れない我が身と感じたから教えを求めてるのか。

631 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 14:29:26
>>626 いちいちに釣られましょうかね (^ ^)y~~~
>仏教が滅びる・・・・・・・・・佛教はアナタの肉体が発生する前から滅んだ後にも在り続けるよw
>そして死へいたる為の宗教だということすら・・・・・生かされている奇蹟を感受するのが宗教よw
>しらない奴が悟りの意味を分かるわけないだろう・・・・・悟りは心と吾が一緒に在ると知ることよw
>悟りをすれば多次元的な認知を会得したようにイメージしているに違い無い
  ・・・・・・・一部のアナタの瑣末経験で全体を推量ろうとするのが迷いの源「無明」とも言いますw
>これは逆の意であり、諦めのことである
  ・・・・・・・あきらめと訓読するのも理解法だが、滅諦・道諦の説明には繋がらないよw
>空については、空の意味ばかり考える奴ばかり、それは空には意味などない。
  ・・・・・・・空とは「拘るなってコト」ですので、「今を感受法する課題」ですから、混迷の吐露だねw
>空が転じて生じるという因果関係や流れの概念への記号にすぎない。
  ・・・・・・・意味が無いと書いたくせに記号の意味付けしてるのねw
  ・・・・・・・其れを「空論」と云いますがな 知らず知らずに脳内整理を書いてるねw

632 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 20:09:51
空とは
        人
       (__) ウーン♪
      (__) ウーン♪
    (( o(,,・∀・ )
     丿  ノo ))
     (,/ヽ_)

        人
       (__)
      (__) ウーンコッコー♪
      (,,・∀・ )
     ⊂  と丿
       ヽ__)-'

         人
       (__)
      (__) ウーン♪
      (,,・∀・ ) ウーン♪
    ((  ノ つ ⊃ ))
      (__ノヽ__)

        人
       (__)
      (__)
     ('(・∀・/゙゙) ウンコー!!
      ヽ    /
       )  (⌒))
      (,__,ノ゙´´

633 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 21:25:56
あれほど空だ空だといっておいて、
覚りなど無いということがわからないんだろうか。。。

634 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 22:59:10
>空とは「拘るなってコト」ですので

なら釣られんなよ

635 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 23:15:46
釣られないことに拘るのもなんだねえ

636 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/26(月) 23:18:43
『空』など何処にも無い。
あるのは『空という観かた』だけだ。
『覚り』も『悟り』もない。
それに気付くことがそういうことかもしれない。
しかし、それではトートロジーになってしまう。
だから人間の言葉で説明することはできない。
『中論』は、賢しらな人智の否定のパレードである。
気にせず、日が暮れたらさっさと寝るがよい。

637 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 01:16:55
>>636
おまえが何も説明できないのはワカッタ。
それはシッタ力という、闇の力であって
なんの根拠にもなっていない。

638 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 01:19:05
なるほど631=632か
病状が進んでいることが明らかになってゆく。

これを直す?いえ、放置しておけばいい。


639 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 01:40:36
>だから人間の言葉で説明することはできない。

なら説明すんな

640 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 01:47:32
説明できるらしいよ? >空海

641 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 15:17:06
空海はいつ、このスレで発言するの?

642 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 20:30:18
自我の皮を剥いたとき、ニョキっと出てくる真実

643 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 21:37:42
>>639
だからさっさと寝るよう言っているわい

644 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 21:38:57
>>637
なら貴公が説明してみればよい

645 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 21:46:06
注意
624=631=636は大騒ぎ

646 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 21:49:58
チウイ
>>624>>631>>636 だからね。為念。

647 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 21:58:08
注意
624=631=637は大騒ぎ

648 :大騒ぎ:2008/05/27(火) 22:27:45
アタシの寄稿は。。。
>>611-2 >>624 >>631 ですので、646さんは正解でございます〜w           拝

649 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 22:42:42
【大騒ぎとは】
718 名前:名無しさん@京都板じゃないよ :2008/05/27(火) 22:24:17
>>716
自称日蓮宗のコテハンで、意味不明の文章を書いてケムにまくのを
生き甲斐にしている変態。
しかもその内容をなんとか解読してみると、文証、物証のないトン
デモ説を繰り広げている。仲間の日蓮系から徹底的に論破されて、
宗教板にコテハンで書き込めなくなった。上のように、ここでも名
無しでやってるだろw

650 :大騒ぎ:2008/05/27(火) 23:12:11
釣られてみて「のたくりだす」のを観察しましょうw 

「蛭子よ蛭子、いざ応身を革めんぞよ」

。。。アナタにダケは読み辛かったのね。。。温かき「妬・嫉・恨」節は、感涙なのねw
。。。チョイト佛教用語・医学用語を使うとワカンナイデチュ〜かぁ。。。困った時代です

「意味不明」は、アナタの「無明」から生じていますよ。 是が「十二因縁」
「ケムにまく」のは、アナタの経験量の足りなさですよ。 是が「八 正 道」
「文証、物証のない」は、アナタがモノに固執してるから。 是が「四諦説法」
「己の感受を語らずば仏教徒に非ず」に触発されて粘着。 是が「縁起の法」

頑張らずに(片意地張らずに)妙法蓮華経を読書するのが手っ取り早いでしょうねぇ。
空→中→妙 となりましょう。

651 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/27(火) 23:18:02
妙ちくりんなこと言っとるわい

652 :大騒ぎ:2008/05/27(火) 23:25:42
垂れが濃過ぎたカナw でも。。。明日以降にはアタマに程好く薄まって染み渡ってるのよw
 
「蛭子よ蛭子、いざソナタの応身をば革めんぞよ」                         拝

653 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/28(水) 21:15:20
馬鹿を垂れておるな。
確かに >>650 は馬鹿度が濃すぎるわい

654 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/30(金) 00:57:01
自分の言ってることがアホらしくなってきたりしないのかな

しないんなら(ry

655 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/30(金) 01:01:40
>>653
バカの壁を読んで無いらしいから、文字使いを教えるよw
「馬鹿」は当て字w
書きたきゃ「莫迦」と書くのが、チョイト佛教を知ったかブリブリする素養だろ?

>>654
アホも「阿呆」と書けば知ったかブリブリだがねw

656 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/30(金) 17:37:39

・・・人格構造が脆弱であるために発生した病的体験を
高度の宗教体験として誤解することにより、
そうした状況において必要となる人格構造の補強を志向する介入方法ではなく、
瞑想等の人格構造を対象化する介入方法が実践されることになる。

これらの実践的な混乱は、臨床現場においては、
時としてクライアントのなかに
深刻な「傷」を生みだすことになる危険性を孕むものである・・・

Wikipedia「ケン・ウィルバー」より

657 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/30(金) 21:37:13
>>655
シッタカ童子よ。
サンスクリット【モーハ】は『愚』を意味し、中国で音写して『慕何』だ。
この日本式発音は「ばくか」だから訛って「ばか」となったのが佛教系の語源説である。

『阿呆』は最近の表記で、?外などは『阿房』と表記している。

658 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/05/30(金) 21:38:43
?外は鴎外としておこう。

659 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/01(日) 14:57:04
妬む奴ほど吠える。かわいそ

660 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/01(日) 15:01:06
「大騒ぎ」こいつって、教科書丸暗記するタイプだね。
経験が足りないのを知識だけで補おうとするから

意味もなく自己主張する。認めてもらいたいという心がよく表現されているよ



661 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/01(日) 21:46:59

http://www6.ocn.ne.jp/~kishi123/

662 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/01(日) 22:27:01

ああそうですか、としか言いようのないサイト
近代〜現代物理学が何を物語ろうと、それらも空だ

空であるものが空を説明することはできぬ
空観は一切を空であると観る立場に過ぎないからだ

華厳は空観に対抗して出てきた別の立場だ
このスレタイの後の話

663 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/02(月) 13:00:07
色息是喰

664 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/02(月) 13:56:37
色即是空から空即是色へ。>>581の空を理解したら空に執着せずインテリ的、小乗的な
場所より降りてきて関係性の中へ(色、仮説)へ飛び込みおぼれずに泳ぎきる。(中道、大乗)
諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教=仏教はこれに尽きる。空の中級編

665 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/02(月) 22:12:46
>諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教

これぞまさに小乗仏教の極意

666 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/04(水) 20:40:35
喰うとは?

667 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/04(水) 21:57:20
やがて糞の出る行為だ

668 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 10:24:14
>>662
たしか龍樹さんの著作に十住毘婆沙論てのがあったよな。
華厳経十地品(十地経)についての論書。
シナ・日本の浄土教が重要視してるみたいだけど。

669 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 13:04:05
空→仮→中で、のびのびと生きましょう。あー世界はなんと醜い。

670 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 13:05:05
世界は素晴らしいんだーーーーーーー。

671 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 13:06:17
否、醜い、素晴らしいなんて主観にすぎないんだーーー

672 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 13:06:58
またもや、否、そして否。

673 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 13:07:34
以上、自演でおおくりいたしました。

674 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/05(木) 21:44:41
>>668
十住毘婆沙論も大智度論と同じく龍樹作ということが疑われている。
サンスクリット本は無く、鳩摩羅什の漢訳があるのみ。
しかも大智度論と同様、完訳ではない。(らしい)

675 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/06(金) 14:56:59
そして喰うは食べることである

676 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/06(金) 21:46:18
食う寝るところに住むところ
やぶらこ うじのやぶこうじ、
パイポパイポ、パイポのシューリンガン、
シューリンガンのグーリンダイ、、、、

677 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/07(土) 00:47:43
空練るところに澄むところ

678 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/08(日) 22:10:01
空とは。。。時間を伴うモノです。
時間を伴わないモノは。。。存在しないです。
時間を伴うモノにはイロイロなモノゴトが在りますが、総称して「空」と云ってます。

679 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/08(日) 22:14:46
時間も空ですが、何か?

680 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/08(日) 23:48:37
空とは、自然界にある事象の有り様の器。

それ以上でもそれ以下でもない。
捉えられる空もあれば、捉えることができない空もある。

681 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 00:09:03
>>674
訳者の方法論にそった訳し方がなされた、それだけのことじゃね?
羅什が関わってるならそれでいいよ。

682 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 20:08:47
>>680
なるほど

683 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 20:09:17
で、誰の発言がもっとも正しいか、投票しないか?

684 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 21:22:30
俺に一票

685 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 21:23:04
>>683
>202に一票


686 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 21:34:34
ジグゾーパズル。で、着目したピースはいつもカラなんだよ。カタチは周りの
ピースから解るんだけどね。

みたいなことっすか?


687 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/09(月) 22:17:19
いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん


688 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 00:17:10
>>680
空はいつでも不可得じゃ
空は器ではないぞ
事象だけでなく、あんたの謬見も空だし、空も空だ
だから空は不可得という

689 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 01:39:30
>>685はまだ自分の思い込みにしがみついていたのか。

しかし何だ、この問いというよりこの状況に飽きた。

690 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 02:23:46
へへへ 得てんだよ

部屋の中の空気ってさ
窓を開けたら外気と一体だけど
閉めたら外気じゃないんだぜ


691 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 22:03:42
>>690
あんたのタワゴトも空じゃ

692 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 23:03:57
>>689
飽きたと言うわりには度々やって来るわい

693 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/10(火) 23:26:19
>>689
シャンプーハットが無いと頭すら洗えないボク。
だめだよ自分で物を考えないと


694 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/11(水) 12:42:30
>>693
あんたのタワゴトも空じゃ

695 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/11(水) 16:49:38
>>694
クマの人形が無いと眠れない癖は恥ずかしいから早く直せ


696 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/11(水) 17:37:24
>>695
どちみち空ならクマの人形はいいから
美少女のリアルドール希望

697 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/11(水) 22:40:33
>>696
児童の死体がオマエの部屋から見つかって(ry

698 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/12(木) 00:11:12
>>697
そうか
下劣なアンタは下劣な空

人によって違うんだ

699 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/12(木) 12:18:18
>>698
生ゴミ君ですか?

700 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/12(木) 13:15:29
>>698
>人によって違うんだ

そう結論するしかない。少なくともここではw

てことで終了

701 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/12(木) 17:42:26
マジでクマの人形を抱っこしているのっているんだw


702 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/13(金) 02:18:24
空とはクマを食べることでもある。色即是空
アイヌではクマをカムイと崇拝する

703 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/13(金) 12:06:21
子規、食事食う。

704 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/13(金) 21:16:11
>>700
答えを導けない愚かなものよ、結論を出した時点で君の思考は固まり
死へ至る不治の病へと(ry

705 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/13(金) 21:24:35
>>687 を抜け出た回答が見つからんw

706 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/13(金) 22:33:36
>>705
空だからな

707 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/14(土) 00:09:01
「ひふみよい むなやくと ・・・・・」 ←これが基本だろ。

まあ、「いろはにほへと・・・・」が、後付けでできた話もしらないようだからな

708 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/14(土) 00:59:13
>>704
2ちゃん菩薩がんばってくれ。

健闘を祈る。

709 :シベリア板住人:2008/06/15(日) 01:11:10
去年、まちがえてこの板にきて、勢いで
このスレ立てた俺が来ました。

みなさんの暖かい「空」の説明をありがたくいただきます。
だけど、結局「空」て何?全然わからねーんだけど。
もっとVIPPEERRRRな俺に分かるように説明しちくり。


710 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/15(日) 09:31:03
>>709
たしかにこのスレは間違いだ
神社・仏閣板だからね

解ろうとするからいけない
龍樹は一切を有でも無でもないことを中論で証明した
だから彼ら中観派は、一切を空と見るだけのこと
一切とは、五蘊(色・受・想・行・識)のこと
有でも無でもないから仮に空と名づけるだけ

711 :色即是空:2008/06/17(火) 02:29:08
>>709
嘘はいい加減にしろ。

>>710
龍樹信者君は。それしか見えない盲目な状態なのに気がつけ。

712 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 12:16:07
まあ空について分かりやすく説明せず、
自分でコピーした知識だけをそのまま書きなぐるってシッタカの典型かな

で、小学生にでも分かる説明ができる人は?

713 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 21:45:38
日々の生活の中で、自分の意識の煩悩の激流に
流される状態から救われるためには、
「気をつける(念)」つまり自分の意識の中をも含めた
あらゆる物事を「ありのままに観察する」という「技術」によって
煩悩の意識を弱め(ついには消滅させ)ることが
原始仏教以来重視されています。しかし
「ありのままの観察」ではいろいろ限界があって
同じ観察するにしても「すべてに否定を入れる」ことにより
この煩悩消滅の働きをより強めようという「新たな技術体系」を編み出しました
「観察しながら否定している」時の観察対象の状態が
空と名づけられているのではないでしょうか。

714 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 21:51:54
↑ちなみに「ありのまま」の限界とは、
・観察対象を概念で名づける(ラベリング)するには一定の能力と語彙を
 必要とする上
・日々めまぐるしく変化する多数の「観察対象」の中に身を置かねばならない
 普通の人々(在家)においてはこうした観察を実現するための
 ハードルは相当に高い
などがあると思います。

有名なところでは般若心経が「否定の立場から観察するとどうなるか」
をコンパクトにシミュレートしていますし、また空による否定が
煩悩を弱め消滅させる過程については般若理趣分の「空寂清浄」の
くだりなどが挙げられます。

715 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 22:36:20
>>713
>>714
↑これがシッタカ君か?
しかも間違っている。
戯言にすぎない。

716 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 23:22:50
>>712
貴君が書けばよい
書けたら皆黙るぞ
書けなければこのスレから立ち去れ

717 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/17(火) 23:24:49
>>711
貴公は直ちに立ち去るが良い
印可する
このスレは卒業だ

718 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/19(木) 00:08:35
>>716
おまえが書けばいいのに、何も書かないおまえこそ立ち去れ
716=717だろ?
単にこのスレがうざいという奴こそ消えるべきだろ。


719 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/19(木) 01:17:36
色即是空と10万回唱えれば分かるさ

720 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/19(木) 15:13:42
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、
色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、色即是空、


721 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/19(木) 21:25:14
>>718
小生はシッタカと呼ばれたもののうちの一人だ。
今まで散々書いてきたが、貴公のような輩が混ぜ返すので
制裁を与えたまでだ。
小生は消えぬし、貴公らに対峙し続けるであろう。

722 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 00:18:37
で空とはなによ

723 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 00:23:47
貴公w

724 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 09:23:25
ありのままなんて、観察したとたんにそりゃもう過去の情報だえ、おい
それを絶え間なく更新し続ける(∞)のがおっくうだから、否定(n÷0)でごまかしてんだよ
そうすると、0÷0とかその他面白い煩悩があってだな、それ以外の煩悩を放っとけるわけだ

725 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 12:13:07
空とは魂の器である

726 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 17:48:01
悟ることである

龍樹を否定することから始まる

727 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 22:44:38
>>724

止観の観は観察が基本だろ?また
@観察対象が消滅してしまってる(過去)との見方以外にも、
A観察する側とされる側の二つに分かれるがあくまで観察は同時、という
見方もある。八千頌般若なんかだと
Bどちらでもない観察方法が主張される
わけだが、禅などの念起即覚や古鏡などは
Aの系譜ではないかと思うんだが如何。
ちなみに0÷0、およびそれ以外(≠0÷0?)の煩悩が
放っとけるというあたり理解しときたいので説明希望。
否定観察では対処できない煩悩ということに
なると確かに否定はごまかしということになるな。

728 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 22:49:49
空なのだから何も否定も肯定もできない。
・・・というのは般若経典の立場。

空でない性(相)もある。
・・・というのは解深密教などの立場。般若経よりずっと後の時代。

729 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 23:06:54
>>728
確かにわかるのだが、たとえば般若経典に含まれる心経で
「是諸法空相 不〜」「是故空中 無〜」と否定のオンパレードが
並ぶのはなぜかとの素朴な疑問が沸いてくるのだが・・

730 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 23:27:47
心経はずっと後の時代のもので(偽経説もある)、
引き合いに出さない方が、とも思うが、
問題の箇所は抜粋した部分だから良しとしよう。

是諸法空想 不増不減 不生不滅 不垢不浄

の部分は、増える・減ずる、生ずる・滅する、垢つく・浄まる
と、対立する事象を平等に否定している。
つまり、二項対立的思惟を棄てさせようとしているわけ。

次は、
是故空中 無色 無受・想・行・識 ・・・
と、小乗仏教のアビダルマ式認識を否定している。

つまり、あらゆる事物を否定しているわけではない。
これは何処からもコピペしてきたわけではない。

731 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/20(金) 23:30:34
不生不滅 不垢不浄 不増不減 の順だったね

732 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 00:30:51
空化中の空?

733 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 00:44:30
>>730
「心経は〜引き合いに出さない方が」
というのもわかる気はするが(例えば「故知般若波羅蜜多是〜呪云々」のくだりなど)
多くの人々にとっての空とは心経を通じて触れる代物であろうから
空を議論するに際してこれを外すことは想定してないので乞う御理解。

で、そちらの論旨は、その心経における空とは、
@「二項対立的思惟」「アビダルマ式認識」といった
思惟/認識を否定するものであって、
A事物(概念)そのものを否定しているわけではない
ということと理解したが、うち@はおよそすべての「物事を概念(コトバ)で区切る
あらゆる捉え方」を否定しているという意味じゃないか?
そうすると「否定されずに残るもの」は何なのだろう。


734 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 09:31:21
>>733
たぶん中観派はロゴスの限界に行き着いて、ロゴスを否定するようになった。
しかし貴方の指摘するように、「否定されずに残るもの」を説明できないので、
そこで『空』(シーニャ)と呼ぶようになったのだと思う。

『金剛般若経』に『空』という語が使われていないということが、中観派発展の
歴史を物語っているのだと思う。

この流れと釈尊の教説との整合性を取る必要があるため、上で再三出ていた
ナーガールジュナ(龍樹)が『中論』等で体系付けたということではないだろうか。
決して『中論』が『空』を言い出したのではないと思う。

735 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 19:12:29
>>734
中観帰謬論証派などは本当にそうだよね。
「語りえぬことについては、沈黙しなければならない」
(ウィトゲンシュタイン)をもじらせてもらうと
「一切は語りえぬものなので、言葉にできることは
沈黙か否定しかない」とでもなるべきところ、便宜上新たな
言葉の符牒として導入されたのが空だとすると、(そもそも対応する概念がない記号
というのが定義になるので)扱いが難しいというのも当然かもしれない。

ちなみに(ご存知の上でレスされているとは思うが)「空」自体は
原始仏典にも登場するので(ウダーナヴァルガとか)
龍樹そして中観派が「発展」させる萌芽はあったということなのだろうね。

736 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 19:28:09
>>735
龍樹の論証があまりにも見事に出てきた、という事実が
中観派が釈尊の延長線上にあるということを物語っている。

これに対して中国禅や真言などは、延長線上にあるようでいて、
結果的に釈尊の教説の否定するところに位置づけられるのが面白い。
真言は、もちろん唯識あたりから出てきた『不空』を発展させている。

ところで、
>>732
空・化・中は、確か中国天台の教義だったと思うが、如何?

737 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 20:11:28
>>732
空・「仮」・中だよね?色んなところに関連情報・資料あると思うが
中論を踏まえ天台大師が『摩訶止觀』等で展開した考え方で
二項対立の世界(=仮)、縁起の世界(=空)、両者に偏らない(止揚)
(=中)という天台教学の基礎概念にもなっているが
中論の原義は実は「仮=中道」なので上記三分法は妥当ではなく仮/空だけで
よいといった批判もあるよね?

738 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/21(土) 23:42:54
私には天台教学は馴染めず、『解深密教』の三相(三性)説の方が興味深い。

謂く、諸法の相に略して三種有り。何等か三と為すや。
一者は遍計所執相、二者は依他起相、三者は円成実相なり。

これは唯識では、遍計所執性、依他起性、円成実性として知られている。

739 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/22(日) 08:23:46
唯識の方が言葉で捉えられない領域を
アーラヤ識というブラックボックスで説明するのでとっつきやすいよね。
さすがに(論証云々より)瞑想実践を重視した人たちの確立した
体系だけのことはあるとの印象。
でも三性の教義の部分については、天台の空仮中の三諦と
遍計所執相→仮、依他起相→空、円成実相→中と
共通する部分あるように思えるのだが。三性の方もルーツは
八千頌なんかの般若経典だと言われているしね。

三性・三諦の違いについて、詳しい人の見解聞いてみたいところ。

740 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 01:38:43
>>739
ブラックボックス化するのは仏教の本意から外れているよな。
分かりやすいから?それはその域に達していない者へ、分かりやすく
別の表現を使って説明しているのにすぎない。

741 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 08:48:23
なるほど

742 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 20:42:09
>>735
「中国禅や真言=釈尊の教説の否定」というのは、流れから推測すると
「中国禅・真言≠中観=釈尊の教説の延長線上」ということかと思うけど
中国禅や真言のどういうところが中観と違っているとの考えかな?
あと、わざわざ中国と入っているところを見ると、「中国禅≠日本禅」という
分け方が前提になっているんだろうか?

>>740
ブラックボックスという喩えは語感が若干強すぎたかも知れないね。
(瞑想=瑜伽行を実践している人にはわかるとの前提で組まれた体系だから。)
でもそれを実践していない、あるいは始めたばかりといった
「その域に達していない者」へ「分かりやすく」説明するのもまた
方便としての価値があるので、「本意から外れている」というのは
少し厳しい見方かと思うがどうかな。


743 :736:2008/06/24(火) 22:09:28
>>742
アンカー違いで、>>736 でしょう。

>これに対して中国禅や真言などは、延長線上にあるようでいて、
>結果的に釈尊の教説の否定するところに位置づけられる

表現が悪かったが、中国禅(唐代の)は、釈尊の教説そのものを
取り繕いとして捨て去るように主張しています。
真言は教義そのものが汎神論様のもので、釈尊が近寄らなかった所です。

「中国禅≠日本禅」は当然のことです。
日本禅は明らかに釈尊回帰の色彩が強いと思います。
優劣を言っているのではないので、為念。

744 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 22:46:39
無自性=>>581=空そのとおりだが、空そのものが森羅万象、全宇宙さえも生み出したモノ
であることを感じ知る。矛盾したことだがそのままそう感じ知る。(仮、有、色)=空は中。
倶舎論でも宇宙は成、住、壊、空を繰り返しているという。 空の中上級編。

745 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/24(火) 23:11:55
>>744
脱線ですね。感じ知る(=真言的観想)が中上級というのはまさに『不空』。

このスレで何かと問うている『空』は、森羅万象ないし全宇宙など生み出すことはありません。
「森羅万象ないし全宇宙」がそのまま『空』です。(色即是空)

746 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 00:49:58
>>745
まったくその通り

747 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 14:47:44
>>745
つまり神秘主義でいう魂とか精霊という考え=「空」ということか?
>「森羅万象ないし全宇宙」がそのまま『空』です。(色即是空)


748 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 14:51:52
>>747
識として表せない存在が空
何かの存在となった森羅万象の1つは空ではない。

749 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 17:50:13
>>743
間違っています。
以上。
はい、次。

750 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 20:50:26
そもそも仏教に間違いも正解もあるのかよ。

言葉になった時点で全部間違いで全部正解。

受想行識亦復如是。

751 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 20:53:25
>>749
何が間違っているのかわからないが、この手の放り込みが多い。
諍いが起きれば余程嬉しいのだろうが、説明を省略した言明なぞ、
何の役にも立たないということだ。
次を書くのは >>749 の貴公だよ。

752 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/25(水) 23:58:02
749ではないが、>>743のコメントは興味深いと思うのでカキコします。

@中国禅について:臨済の逢仏殺仏や雲門雲門乾屎ケツあたりを
念頭に置かれているのでしょうか(違ってたら具体例など紹介よろしく)。
ただ、>>736のとおり「中観=釈迦教説の延長上=A」を前提とした場合
一方で「中観=言葉で表されるもの一切を否定する体系」である以上、
Aの否定は「少なくとも一つ以上、言葉で表されるものを肯定する」
ということになりはしないだろうか?そちらの挙げている中国禅の例は
何かを肯定するということではないので(むしろ否定している)、
釈尊の教説の否定という論法は少しわかり難いのでは?補足があるのならよろしく。
A一方真言については、「汎神論」ということで、森羅万象を肯定している
従って釈尊の教説の否定にあたる、というのはわかりやすいロジックとの印象です。
ただ、代表的な尊格である不動尊など、あたかもその実在が強烈に主張されて
いる例を見てみても、経典にもあるように無相・虚空をその本質としている、という形で
「否定の契機」が貫徹しているようにも見えますよね。
このあたりもう少し説明聞いてみたいところ。

753 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 14:45:13
>>748
なるほど、そういうことか

754 :喰うぞう!はらへったー! ◆Budha/H.7g :2008/06/26(木) 19:45:15
>>753 名無し さん
> >>748
> なるほど、そういうことか

って、どういうこと?

755 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 20:39:50
出た・・・w

756 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 21:40:10
>>752
@中国禅とは、唐代の禅を念頭に置いています。
釈尊など昔の説法者に過ぎない。
その説法たるや取り繕いでしかない。経典も同様だ。
という気風が横溢しています。
この機運をアンチ釈尊と言わずして何と観ましょうか。
宋代になると、恰もバブルが弾け、唐代から見れば残滓と堕したようなものです。
これが日本に入ってきた禅です。
A本尊などと言うものの嚆矢は『大日経」です。
それ以前の顕教には本尊はありません。
「否定を貫徹」する立場なら、本尊を編み出すこともないでしょう。

757 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 21:53:36
>>756
横レスだが、Aの本尊=不動尊のこと?ちょっと>>752へのレスになってない気がす。

758 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/26(木) 22:32:02
>>757
『本尊』という概念のことです。
『大日経』が本尊を導入して後、初期〜中期大乗経典では単なる諸仏だった事例が、
個別の本尊として扱われるようになったのです。
もちろん代表的な不動明王もその内の一つで、後から位置づけがなされていきました。
否定ではなく、激しい肯定と言ったらいいでしょうか。

>>752 には「代表的な尊格である不動尊など」と書かれていますから、
レスになっていないことはないと思います。

759 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/27(金) 12:21:17
>>754
理解しえる価値観が君になければ(ry、

つまり知らない人に 知らないものを
説明するには1億、1兆の言葉で説明しても無意味だろう。

760 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/27(金) 19:50:42
価値があるとはおもえないが

761 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 00:43:56
>>756 >>758
そちらの論旨理解しました。
まずは「本尊」の方から(ちなみに当方趣旨は確かに本尊∋不動尊でした)
「『否定を貫徹』する立場なら、本尊を編み出すこともない」というのは
クリアな主張だと思います。一方当方の考えでは
@「否定を貫徹する」のは「止観」のうち「観」の角度からの話であって
「止」の角度からは、「心=意識を繋ぎ止める対象」が必要となり、
導入されたのではないかと考えています。
A繋ぎ止める対象として導入された本尊も、否定で出来上がっている存在と
認識されるよう、観想時の種々の工夫がなされる前提となっている
(不動尊を例とすると、「無相法身、虚空同体」のように)

すると上記@の本尊の導入に観想上の効果があるかどうか、
言い換えれば方便として有効かどうか、という点が問題となりますが、
これはむしろ実践的な課題との理解で、論断は困難かも知れません。
一方、少なくとも、この本尊の要否にかかわらず、
「本尊導入=汎神論的な有の肯定」にはあたらないだろう、
ところまでは主張可能だろう、というのが当方趣旨です。

一方中国禅について、特に擁護すべき立場にあるわけでもないですが、
「アンチ」の「気風」もしくは「機運」があったと見ることには全く
異論ありません。ただ釈尊教説延長=中観=否定貫徹である以上、
多少パラドキシカルな言説になってしまいますが、
「釈尊の教説を否定する」という命題自体が、「結果として」
「論理的に」釈尊の教説の肯定になるのではないか、というのが
当方の主張です。




762 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 00:45:14
↑続き

ちなみに宋代の禅に堕落した面があるという点はこちらも同様の見方を
していますが、これはむしろ、権力・体制との密接な関係から、富裕化・
貴族化したことに伴う活力の喪失といった面が大きいとの認識です。

なお中国禅≠日本禅についていうと、道元禅師など明確に釈尊への回帰を
主張、唐代の禅師の一部(徳山、臨済など)については大変厳しい見方を
していますが、他の一部(薬山、玄沙、洞山)については、まさしくその
禅風のコアの部分に関連して、その宗風を深く敬慕、「連続性」はやはり非常に
濃厚であるとの印象が拭えないところですが如何?

763 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 10:07:29
私も全貌を把握しての主張ではないので、どの流れに注目するかによって
思うところは違うのではないかと思います。
ただ、アンチ釈尊であっても、釈尊から流れ出る『仏教』という大きな流れにある、
という認識は持っています。その体系のうちに反対者を含むのは当然だということです。

中国禅に関しても、ラジカルな面を持ちながら、多くは釈尊の教団のような
生活、自給自足や頭陀行などを実践していたのは確かですから。
仏教は、いわゆる『お勤め』の生活を抜きにしてはありえないので、
2ちゃんねるでの議論だけでは理解できないものだと思います。

764 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 23:17:28
 空とは?との問いには>>581だけで正解ともいえるが、それでは「但空」となり、慈悲心が生じ難い。為に空は「空見」へと堕し、
怒り・むさぼり・高慢の原因となる。(但)空への執着を破し、空を「無という実体」の位置よりすくいあげ「空空」の本義を顕す為に
空仮中が説かれた。空>>581.仮>>664.中>>744の立場であり、入門(空).中級(仮).中上級(中)と次第に至る説明的なものを
次第三観というがこのさらに上が存在する。
これは空の内に空仮中、仮の内に仮空中、中の内に中空仮を含み、空のみ、仮のみ、中のみにして真実と立てる。つまり空仮中
が一に三を、三に一を含み、互いに同時.同意識.一心に融け合い、混じ合いしかも独立している。
この立場を即空即仮即中.円融三諦.一心三観という。 空の最上級編          

これも知識として持つだけでは「見」へと堕す為、三観を一心で感じ知る(即の真実義)、つまり真(心)に理解し実践されなければ
ならない(円頓止観)

765 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/28(土) 23:29:27
>>764
完全に不空。
>空とは?との問いには
答などないから『空』と呼ぶだけのこと。
『空』は言葉でも概念でもない。
>>735 が答えている。

766 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 00:20:03
>>765
あなたの答えを「空見」という。日本人の悪い癖で新しい珍奇の説を喜び、祭り上げてしまう。
私もチベットのゲルク派の教理は読んでいるが、ツォンカパの『菩提道次第論』や松本史朗の「チベット仏教哲学」など 、
非常に浅薄だ。チベット人は論議好きというのは、空見による病なのだろう。為にタントラに依らねばならない。
明治の人間は、進取の気性に富むが、一本筋が通っていた。参考までに河口慧海の見解を紹介しよう。
チベットでの慧学は般若の中道で、浅薄である。法華、涅槃の中道のごとき消極、積極、円融のものは彼らの夢想だもしな
いところである。中略しかも彼らは、井蛙の管見なる、日本にはかかる尊き仏教はあるまいから、国に還ったら、よろしくこれ
を喧伝せよ、などいうに至っては噴飯に値する。 「第二回チベット旅行記」 講談社学術文庫 P106
論議することを、私は好まないのでこれにて失礼します。

767 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 09:42:49
>>763
761−2ですが、レスどうも。書き込みの背景にあるそちらのご見解クリアになりました。
考え方かなり重なる部分ありとの印象です。



768 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 10:30:06
>764-766
実は>>735はこちらの書き込みですが、空についての>>581の見解には全く同意している、という前提で
以下ちょっと横レス。
@>>764さんは、空見に堕することにより、慈悲利他の行がなされない、ということを問題視されているかと思います。
確かに日常生活にいきなり「空」の考え方が持ち込まれてしまうと、
「行為」「行動」の契機は失われ虚無主義に陥る、ということは十分考えられ、
現実世界に下りてくる契機(仮)が必要だ、との主張かと理解します。
Aしかしながら、空見は否定の不徹底(=空の実体化)により初めて生じる病弊ですから、
空という考え方そのものの咎ではありませんよね。
実際に、般若経典群においても、持戒や慈悲利他行などの行為を実践した上で
それを否定することが重要である、との主張が展開されていると理解しています。
Bしたがって現実世界に下りてくる契機は、「方便としての」重要性を持つもので、
空のヴァリエーションのように扱えるかどうかは疑問です。
>>765さんの「不空」という表現もそういう意味かと思われます。
C当方としては、。(決して議論を折衷的に納めるという
趣旨ではありませんが)「慈悲利他行はなされるべきである」、という大乗的な心と、
「議論できない領域については謙虚な認識を保つべし」という考え方は謂わばコインの表裏であり、
共に非常に重要で、理解し賛同するものです。

769 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 16:20:29
>>766
>日本人の悪い癖で新しい珍奇の説を喜び、祭り上げてしまう。
何が新しい珍奇の説なのでしょうか?
私が書いているのは、古い説でしかありません。
河口慧海がどう言おうが、コピペの引用でしかありません。
問題は、貴君がどう思っているかです。
論議することを好まぬなら、失礼しますと書くのではなく、
始めから議論を吹っかけるのを止める方が宜しいと思います。

770 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 21:41:36
>>768
 レス拝見いたしました。巻き込んでしまったようなのであえてレスします。空理解としては通教(四教全
てに通じる教)の般若経・当体即空.体空観.即空観でありチベット流、当今の学的態度(Bは特に)に近い
と理解しています。>>735に中観帰謬論証派の語があったため類推して>>766をレスしました。
しかし、あなたは>>765氏ではなく実践門への配慮をなされており、私から何かいうことはおこがましいことです。
応病与薬ですから。

 さて>>769さん>>735はあなたの意見では無いようですが、ではあなたの意見は如何?>>769でも開陳されて
いないようですが、735を除いた>>765のみでは虚無空見です。人をただ驚かす投げ込む様な空など百害あって
一利無しです。しかし「見」が心に生起するのは仏教に触れた為、菩提への過程であり慈悲門にいつか到達するはずです。

また碩学、先学の言葉を引用するのは世間、仏門問わず普通のことですよ。他者のレスを引用しての意見主張はOK
なのでしょうか?その為に少しレスの角度があなた向きでないとしても、それはあなたの責でしょう。
言葉の無限応酬になる戯論となるのは必至。ゆえにこれで本当に失礼させていただきます。

771 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 22:46:21
>>770
執着してますな。
私の考えは継続的に書いてきています。
貴君に読み取れないだけのこと。

繰り返しますが、
論議することを好まぬなら、失礼しますと書くのではなく、
始めから議論を吹っかけるのを止める方が宜しいと思います。

772 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/30(月) 01:09:37
>>765

735のは答えにもなっていない。他人の言葉をつかった単なる知識にすぎない。
建前の説明をしてもそれは空虚なだけ

773 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/30(月) 22:38:41
>>772
>>735 は私ではないが、私の一連の書き込みに対する批評だと思う。
貴君は毎度斯様な書き込みをしているようだが、ここらで、ひとつ
他人の言葉を使わぬ、答になっている書き込みをしてもらいたい。
私にとっても勉強になるだろうから。

774 :768:2008/06/30(月) 22:57:56
断流御寛恕の程。

>>770
横レスでお騒がせしたにも関わらず真摯なるご回答に感謝します。
ご趣旨了解いたしました。

>>772
「建前の説明をしてもそれは空虚なだけ」
→参りましたね。まさにそれが言いたかったのです。
735を書き込んだものとして、見事なレスだと思います。




775 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 00:33:28
>>735
3行で頼む


776 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 01:48:12
何もない

777 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 11:45:04
空の一人歩き(笑)

空こそ真理、空を追究せよなどとは
心経の何処にも書いてない。

778 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 18:28:40
>>777
大当たり

779 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 21:46:12
>>775
その前のレス >>734 の最初の3行だな。

>>777
真理も空だ。追究も空だ。
『摩訶般若波羅蜜経』か『大般若波羅蜜多経』を読めば得心する。

しかし読まなくても何も困ることはないだろう。

780 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 22:31:50
正直、何を読もうが何も読まなかろうが呵呵大笑

781 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 23:09:50
>>735
このスレの流れから言うと「説取行不得底 行取説不得底」の方がよいかも。
どうすればよいかわからない時には考え(語る)、語りえない領域には行為あるのみ
(沈黙するだけではなくて)。
>>777
心経を全くそのままに読むと、「深般若波羅蜜多を行ずる時」
「五蘊皆空であることを照見する」ことが中心命題。
言い換えれば意識の中で「空を観じる=否定が徹底される」まさにその瞬間、
行為のレベルでは「般若波羅蜜多が行じられる」。
道元禅師の筆法を借りると、「現成公案」で、「万法ともに
われにあらざる時節」は即ち「花は愛惜に散り、草は棄嫌に生ふる」
、即ち「(与えられた条件の下で)精一杯に生きていく有様」と等しいものと
表現されている。
意識における否定は意識の中だけで完結している限り「何も生み出さない虚無的なもの」
ではなく、むしろ「積極的な行為・生き方と表裏一体である」側面につき
もう少し注目されてもよいと思うが。

782 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/01(火) 23:35:13
般若経は、「何も生み出さない虚無的なもの」などとはいっておらず、
何も生まれることはなく、滅することもないといっているのです。
一切は空なんだから、考えることはない。この智慧が摩訶般若波羅蜜です。

平たく書けば、なにかの根源など追究するより他にすべきことがある、ということです。
ここが、仏教がセム族一神教と根本的に違う点。
本質に神を措定してしまうと、どんなに心の持ちようが楽になることか。

しかし、釈尊は本質など認めないところからスタートした。
だから後の大乗仏教の人々は、『空』というラベルを使わざるを得ない。
それをロゴスで押し通そうとするから破綻し、苦し紛れに『不空』を持ち込む。。。

783 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/02(水) 00:04:53
なんとなく、ニートか公務員しかいそうにないなw

784 :781:2008/07/02(水) 00:21:32
>>782
第1・第2段落については基本的に賛同。

「『不空』を持ち込む」ことについては、>>768にも書いたとおり
方便として有効な場合もあるかとは思います。
一方実践的な面から見ると、肯定可能な概念を設けると、それを対象とした観察を反復した際、
その概念に対する「刷り込み」がかかるリスクがあります。
上には「浅薄ではないか」との意見もありましたが、
「普段使いの道具」としては否定一辺倒(空の貫徹)の方が
単純で低リスク。やはり扱いやすいかなとは思いますが。

785 :777:2008/07/02(水) 00:37:54
>>782
ほぼ同意。
あなたの話は信者的混濁が無くて好きだ。
ロゴスを言う人よ。

786 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/02(水) 13:34:51
空を意味で捉える時点で、意味論に支配されている。
言葉万能主義という考えが根底にある。

意味になりえない存在を理解できないタイプが多すぎるということさ。

787 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/02(水) 20:43:42
このスレも大体議論出尽くしたみたいだね

788 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/02(水) 21:11:10
>>784
確かに方便として有効な場合は多いと思います。
日本で天台宗系の宗派が栄えている点を見ても明らかです。
ただ、このスレの標題が「空とは何ですか?」なので、
不空に焦点を持って行きたくなかっただけです。

『大日経』などは「方便を究竟と為す」と言っていますからね。
現在の仏教の状況を見ても強い方便が要るかもしれません。

789 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/03(木) 10:15:15
色即是空

790 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/03(木) 12:03:20
バカが沢山いるな

791 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/03(木) 12:10:08
自分以外ぜんぶバカ
そら沢山いるわ

792 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/03(木) 18:54:24
空もわからんとは

793 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 01:16:27
照見自分以外皆空

794 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 17:14:30
色即是空

795 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 20:28:03
神社をバカにするとダメ

796 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 21:00:23
>792
それ言うなら、「空にこだわるとは」あたりでひとつ

797 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 22:53:11
このスレのレベルが下がっているということはない

798 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/04(金) 23:04:47
このスレのレベルが下がっているということはないということはない

799 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/05(土) 19:28:04
このスレのレベルが下がっているということはないということはないということはない

800 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/06(日) 14:06:37
このスレのレベルが下がっているといとうはないとうといとうにいかないということはないとうはいとうといとうにはいない

801 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/06(日) 21:43:03
底まで堕ちたか

802 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/06(日) 23:02:28
虚無

803 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/06(日) 23:19:46
底がないところへ堕ちている

804 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/06(日) 23:28:28
警告  

無仏(神)論者は無間地獄いきですよ。


805 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 01:18:07
神(仏)という名なの像を崇拝する 偽神仏論者は間違いなく

生き地獄から抜け出せず永遠に苦しむでしょう。



806 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 02:05:11
本物の神仏論者とは?

807 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 17:46:18
>>806
悟りを得た人です。

自分で悟りを得たという人は100%嘘です。

808 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 19:20:50
>>807

じゃあ、御釈迦さんの悟りは嘘なのか?
そもそも、<悟り>という言葉は禅宗で多用されて来たが、本当は
<覚り>が正しい。サンスクリット原典を読めば分かるはず。

809 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 21:26:08
>>807
貴君を見れば悟りなど不要だということになるな。

810 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/07(月) 23:10:42
どれ、諸君らを救済するために小生も無間地獄に堕ちることにするかな。。。

811 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 03:21:19
>>808 の続き

考えてみると、お釈迦さんは別格でしたね。お釈迦さんは
「私は悟りを得た」と言える唯一の存在だと言うことも出来るでしょう。
お釈迦さんの悟りを認めなければ仏教の話は始まらないのですから。

尚、「悟り」は <それまで分からなかったことが分かるようになる>
ことで、本人自体は同じです。「覚り」 は文字通り<目覚め>であって、
本人の存在そのものが変化したことを意味しますから、「覚り」という
言葉が正しいことになります。インド人の宗教家も,、英語で説明する時は
religious enlightenment 以外では awakening を使うことが多いです。

禅宗の系譜に 「悟りとは悟らで悟る悟りなり、悟る悟りは夢の悟りぞ」 と
いう有名な道歌があります。禅宗(特に臨済宗)では、伝統的に「悟り」 と
いう言葉を使ってきた為に、そのような表現でしか<本来の消息>を表現
出来ないのでしょう。しかし、「覚り」の場合は、そのような分かりにくい表現
は不要です。<目が覚めたかどうか> ですから、明々白々です。

812 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 03:35:07
ハニャーン心経
とにかくみんな空(クウ)なにょな。そう思えばつらいことも何もないにょだYO!
モノが在ると思ってもその実体は無いわけだし、
実体が無いようなモノも在るように見えるものだにょ。感覚知覚するのもそういうもにょなの。
とにかくモノ・感覚・知覚、みーんな実体がないわけだから、生まれもしない滅びもしない、
汚くもならない浄くもならない、増えもしない減りもしない、当たり前の話だゴルァ。
実体がなく変化も無いんだから、縁起なんて表面的なこと、実体など無いわけでして、
無明がどうとか老死がどうとか、もう言うだけ無駄。悟りとか悟りを得るってことも無かったわけだ。
こう思えば何にも考えなくてすむし、考えないから怖いものナシ。
考え違いもないからもう究極だあーヽ(゚∀゚)ノアヒャ 。
ブッダというのはみーんなこんな風な修行をしたわけで(ホントか)、
それで究極の悟りを得たと(なんだ結局得たのかよ)。
まー智慧の修行ってこういうわけのワカランものだから、
もまえら愚民たちは最強のマントラとしてこのお経を繰り返し唱えるぐらいが関の山ってわけだ。
じゃあ唱えるぞ。
「逝ってよし、逝ってよし、もまえらみんな逝ってよし。漏れもなー」
ハニャーン心経



813 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 11:55:42

般若心経の最後のあたりに
「三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提」 という
部分があります。この <阿耨多羅三藐三菩提> はサンスクリット
の音訳ですが、他の多くの経論では <無上等正覚> と意訳されて
います。つまり、<この上ない正しいお覚り> という意味で、<悟り>
ではなく <目覚め> であることが、当初は明確に示されていたのです。
ところが、何を寝ぼけたのか、間違って 「悟り」 という言葉が使われる
ようになった為に、訳が分からなくなってしまっているのです。
「何かを悟る」のではありません。「何かを悟ろうとする」主体そのもが
覚醒することが<覚り>なのです。このことが分かっていなければ、
「空」について如何なる説明をしようと、それこそ空しいものとなるで
しょう。

814 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 12:00:01

↑ 脱字があった為、再投稿。

般若心経の最後のあたりに
「三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提」 という
部分があります。この <阿耨多羅三藐三菩提> はサンスクリット
の音訳ですが、他の多くの経論では<無上等正覚>と意訳されて
います。つまり、<この上ない正しいお覚り> という意味で、<悟り>
ではなく <目覚め> であることが、当初は明確に示されていたのです。
ところが、何を寝ぼけたのか、間違って 「悟り」 という言葉が使われる
ようになった為に、訳が分からなくなってしまっているのです。
「何かを悟る」のではありません。「何かを悟ろうとする」主体そのものが
覚醒することが<覚り>なのです。このことが分かっていなければ、
「空」について如何なる説明をしようと、それこそ空しいものとなるで
しょう。

815 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 13:45:40
ハニャーン心経で無上等正覚

816 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 22:06:13
>>814
>何を寝ぼけたのか、間違って 「悟り」 という言葉が使われるようになった、
とは何を言っているのでしょうか?
珍説で惑わさないでください。
悟も覚も、大品般若経にも大般若経にも使い分けられています。
なるべく原資料に当たってから自説を持つようにしてください。

817 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 22:22:58
>>816

>悟も覚も、大品般若経にも大般若経にも使い分けられています。

使い分けられている ・・・ というところを、もう少し説明して頂けるでしょうか?

「覚」で表すべきところを「悟」で表しているために、多くの人が惑わされて
きたことは、紛れも無い事実です。禅宗系統の人は認めたくないと思いますが・・。

818 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 22:58:10
>>817
ご自分で資料に当たられた方がよろしいと思います。
禅宗がどうとかではなく、般若経にあるのは紛れもない事実です。
誰も惑わされてなどいません。
惑わされたのは貴君だけでしょう。

819 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 23:30:32
>>818

般若経に「悟」の字句があるからといって、それだけで直ぐに 「覚」の代わりに
「悟」を使ってよい、ということにはならないと思いますが、これ以上議論しても
詮の無いことのようですので、止めておきます。 伝統的な理解を鵜呑みにして
いくことが求道だと思っているらしき方と議論しても仕方がありませんから。
私の師匠でもあった柳田聖山先生も、天界で苦笑いされておいででしょう。

820 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 23:36:10
>>819
>柳田聖山先生も、天界で苦笑いされておいででしょう。
普通人も天界へ、
「覚」したかたも天界にいかれるのですねw

821 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 23:44:36
>>820

親しかった人には、いつも天界で微笑んでいてもらいたいものです。
(そういう意味です。)

822 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/08(火) 23:52:36
>>821
わかります。情緒ですね。
「覚」や「悟」にはこだわるのに、それが「覚」ですねw

823 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/09(水) 00:20:41
>>822

まあ、人情は捨てられないというところだね。木石のような「覚り」
を求めている訳でもないからね。
あなたは、まだかなりお若いようだが、おもしろいね。気に入ったよ。
(今日はこれで寝る。)

824 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/09(水) 13:24:41
>>823 の続き

少し、補足させて頂きたい。

私は、青年前期に禅で鍛えられた者です。禅を否定する
どころか、大変に恩を感じている者であります。
禅では、「自覚覚他、覚行円満」 と言われます。その
ような正確な表現がある一方、「覚」 でなければ正確な
消息が表せない所に対して、あまりにも無自覚に 「悟」
が使われて来たのであります。後年、仏教学(龍樹)を
学ぶようになってから気が付いたことです。

伝統的な表現を尊重することも大切ですが、どの宗派の
教えにも、不正確で改めるべき表現が潜んでいることに
気付くことも価値のあることです。

若い真摯な求道者の方の<頭の片隅>にでも置いて
おいてもらえれば、必ず将来役に立つことがあるでしょう。
(短い人生を無駄にしないために。)

これ以後、パソコンとやらに触れることもないと思われるが、
山中の老僧、暇にまかせて文明の利器を使わせてもらった。

              感謝、合掌

825 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/09(水) 14:37:53
>>824

一部訂正です。

禅では、「自覚覚他、覚行円満」 と言われます。(×)

禅でも、「自覚覚他、覚行円満」 と言われます。(○)

それでは、ごきげんよう!

826 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/09(水) 22:18:41
>>819
『覚』と『悟』はもとから違う意味であり、禅宗もその意味で『悟』を使っていると言うことです。
柳田聖山は漢字の使い分けに関しては、著書を読む限りはズボラだった。

827 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/10(木) 13:34:22
mixi
ゼロの院生<国立医学部再受験>
ttp://mixi.jp/view_community.pl?id=3495259


↑のmixiスレを見れない方は、招待状を発行しますので、
メールアドレスを空で送ってください。


bug_cosy_mixy@upken.jp

828 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/10(木) 13:38:08
mixi
ゼロの院生<国立医学部再受験>
ttp://mixi.jp/view_community.pl?id=3495259


↑のmixiスレを見れない方は、招待状を発行しますので、
メールアドレスを空で送ってください。


bug_cosy_mixy@upken.jp

829 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/11(金) 02:04:16
注意。ウイルスが検出されました


830 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/11(金) 18:08:34
空とは魍魎の匣のこと。箱だ


831 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/11(金) 23:19:36
>>830
空っぽの箱ね。。。

832 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/12(土) 14:40:18
>>831
それは違うよ、少女の右手ばかり詰め込んである

833 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/12(土) 17:57:32
>>832
その手はないよ

834 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 13:00:45
御匣さまにとらわれた、魍魎が襲ってくる。

空とは魍魎を閉じ込める匣だったのだ

835 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 21:04:19
どっちも外側なんだろうな

836 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 22:14:33
内空外空内外空空空大空第一義空有為空無為空畢竟空無始空散空性空自相空諸法空不可得空無法空有法空無法有法空

837 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/13(日) 22:18:19
内空外空内外空空空大空勝義空有為空無為空畢竟空無際空散空無変異空本性空自相空共相空一切法空不可得空無性空自性空無性自性空

838 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/14(月) 02:05:53
魍魎とは、影でも実体でもない。それすら知らない無知なのが
多すぎる。

839 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/14(月) 20:56:55
【魍魎】(モウリョウ)=罔両・晝曰。
@山・水・木・石など、自然物の精気から生じるという怪物で、
人をばかすといわれる。姿かたちは幼児に似て二本足でたち、赤黒色の皮膚をして、
目は赤く、耳は長く、美しい髪と、人に似た声をしているという。すだま。▽一説に水の精とも。
A影の外側のうすい影。半影。

840 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/14(月) 21:01:37
文字化けしたな

晝曰 ⇒ ??

841 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/15(火) 23:21:00
復次舍利子。若菩薩摩訶薩。欲安住内空外空内外空空空大空勝義空有為空無為空畢竟空無際空散空無變異空本性空自相空共相空一切法空不可得空無性空自性空無性自性空當學般若波羅蜜多。

842 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/15(火) 23:23:37
復次舍利弗。菩薩摩訶薩欲住内空外空内外空空空大空第一義空有為空無為空畢竟空無始空散空性空自相空諸法空不可得空無法空有法空無法有法空。當學般若波羅蜜。

843 :全知者に敬礼:2008/07/16(水) 12:17:54
これも名訳。

逝ってよし、逝ってよし、もまえらみんな逝ってよし。漏れもなー

ハニャーン心経より

844 :全知者に謝罪:2008/07/16(水) 12:20:43
こちらで参照して他スレに書くつもりが誤爆した・・

スマヌ

845 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/16(水) 23:23:20
鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜経』
復次舍利弗。菩薩摩訶薩欲住内空外空内外空空空大空第一義空有為空無為空畢竟空無始空散空性空自相空諸法空不可得空無法空有法空無法有法空。當學般若波羅蜜。
(十八空)

玄奘訳『大般若波羅蜜多経』
復次舍利子。若菩薩摩訶薩。欲安住内空外空内外空空空大空勝義空有為空無為空畢竟空無際空散空無變異空本性空自相空共相空一切法空不可得空無性空自性空無性自性空當學般若波羅蜜多。
(二十空)

846 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/18(金) 15:43:01
空空大空空法無空無不可大空空大空無不可空自空法空空無無大空空空無空空大自空空空大無無不可空自空大空無空法空無大無空空大空空空
(てきとう)

847 :さあ続けて:2008/07/18(金) 16:54:10
色即是空

848 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/18(金) 18:34:42
クククックク〜ク〜クックククク〜ククク〜クククック、クゥ〜〜〜!!!
(踊りながら)

849 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/23(水) 00:09:29
くるっく

850 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 01:13:48
上の「覚」と「悟」の違いは結局明らかにされず終わってしまったのか?

確かに>>808=>>811は、途中で、師からの伝承や経験といった、
議論の対象となり難い要素についても主張に含めており
反論したくなるのも分からないでもない。

しかしながら>>816では、原典に通じた論客が議論を導いてくれるか、
と非常な期待をもたらしてくれたにも関わらず、続くレスでは、
肝腎の論拠は明示しない、論理的には不必要な
(見方によっては人格攻撃ともとれる)批判は積極的に行う、
といった態度で議論が展開されている。

こういう状況を目の当たりにすると、自分のように(そしてこのスレを通りかかる中にも
いるかもしれない)本来「覚・悟の違いは分からないが、関心はある」という
立場から見て、「仏典を読み、違いがわかっているはずの人間が
これほど知・徳両面でレベルが低いのか」との印象は拭えず、
結果として関心を著しく殺がれてしまうことにもなる。

こういう人は仏典について語るのをやめるべきである。
(決して自分の不勉強を棚にあげるわけではないが)


851 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 02:16:14
一般に禅宗のお坊さんは、「悟」の字を好んで使う傾向があります。
白隠禅師のような <日本臨済禅の要(かなめ)> のような人まで、
「大悟数回、小悟(その)数知れず」 と自ら言ったと伝えられています。

>825 にも出ていますが、禅宗でも、「自覚覚他、覚行円満」 はよく
使われるのですが・・。

これに対して、インド仏教哲学の学者たちは、サンスクリット語を訳して
いるため、「正覚(しょうがく)」 「お覚り(おさとり)」 の言葉を使うことが
多いです。

お釈迦さんの 「おさとり 」 が 「覚り」 と 「悟り」 のいずれであるかについて
は、Buddha(仏陀)が <目覚めたる者> を意味するサンスクリット語である
ことを考えれば、明白のような気もしますが・・。

(私自身も、追及を続けてみたいと思っています。多くの人々が 「さとり」 と
いうと直ぐに 「悟り」 を思い浮かべてしまい、「覚り」 であることに気が付かない
弊害は大きなものがあると考えている者の一人です。)

852 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 02:31:20


上記の書き込みをした後、Yahoo!辞書(英和)で
Buddha を調べてみると、最後の方に

[サンスクリット. budh-(悟る)+-ta=悟った]

と書かれていた。何を写したのか知らないが、
サンスクリットを知らない人間の所業であろう。
これなども弊害の一つと言ってよいだろう。


853 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 02:48:59
仏陀は、釈尊がそう呼ばれる前から印度にあった言葉だから。
仏教徒が、特にこだわる必要はないと思われw

854 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 03:01:33
>>853

釈尊以外に誰が <目覚めたる者 the Buddha> の称号を与えられた
ことがあると言うのですか? 論拠を示して下さい。
サンスクリットの動詞ですから、「眠っていないで起きている人」
の意味では誰にでも使える表現ですが、<the Buddha> と呼ばれた
のは釈尊ただ一人です。

855 :全知者に敬礼:2008/07/25(金) 12:19:09
つ【過去七仏】
ヴィパッシ、シキ、ヴェッサブー、カクサンダ、
コーナーガマナ、カッサパ、サキャムニ(釈迦)

それと、悟でも覚でもどっちでもヨロシ。
そんなピンスポット的なこだわりが覚りから一番遠い。

856 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 12:36:40
>>855

「過去七仏」はお釈迦さんが出た後に、仏教徒によって考えられた(作られた)もの。
ちょうど、ジャイナ教の開祖マハーヴィーラが、三十何番目かの救世主だとされた
のと同じこと。

>多くの人々が 「さとり」 と いうと直ぐに 「悟り」 を思い浮かべてしまい、「覚り」 で
あることに気が付かない弊害は大きなものがある

↑これには私も同感。

857 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 12:47:20
釈尊の同時代人の六師外道の一つジャイナ教祖のマハーヴィーラ(尼乾陀若提子)も
ブッダと呼ばれていた! 

858 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 13:03:11
マハーヴィーラは、「ブッダのような人」としてジャイナ教徒以外からも
尊敬されていただけで、「ブッダ」と呼ばれたことはない。

859 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 13:03:58
「悟」の体験のみあって「覚」の体験がない者は、「覚」も「悟」も
同じだろうと思ってしまう。

「悟」の体験も「覚」の体験もある者にとっては、違いは歴然である。

860 :全知者に敬礼:2008/07/25(金) 14:23:15
釈迦のみが唯一の仏陀だと妄信する・・

凡夫が想像でさとりについて断定的に言及する・・


思うのは自由。思い込みの押しつけこそ弊害。

861 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 14:54:27
>860 の人は国語の力が足りないのではないだろうか?

854 の人は「<the Buddha> と呼ばれたのは釈尊ただ一人です」
と言っているだけであって、「釈迦のみが唯一の仏陀だと妄信」して
いるのではないと思う。

>859 の体験至上主義も問題があるように思う。

ともに凡夫のみ。みんな謙虚に修行を続けようではないか!



862 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 15:41:06
自分で振って自分でシメかよ

┓(´-`)┏ やれやれ

863 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 20:55:49
>>857
たしかに、中村元の「バウッダ」に書かれてたな。

864 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 22:58:47
>>850
覚と悟の違いは、>>816 と >>826 に尽されています。
2ちゃんねるの記事で安直に知ろうとするのはいけません。
学びたければ、自分で原資料を読むべきであって、
「こういう人は仏典について語るのをやめるべきである」
などと書き込むのは、まさに不勉強としかいいようがありません。
昨今、経典は買はなくともWEBにいくらでも無料のテキストがあります。

865 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 23:11:06

「覚り」 と 「悟り」 の違いは  >>811  で尽くされていると言うべきでしょう。

866 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/25(金) 23:43:00
>>865
それは >>811 の個人的見解ですね。。。
もっとも般若経に書いてあることも特定の立場のものですが、
これの見解の違いが宗派を特徴付けているのです。

いずれにしても、ここはスレ違いです。
空は覚れば分かる、などというのでは終わってしまいます。

867 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 01:24:55
>>866

「スレ違い」のようであって、スレ違いではないところが、「空」や「覚り」の
難しさを表している、と言えるでしょうね。

>空は覚れば分かる、などというのでは終わってしまいます。

というのは、確かにそうなのですが、「覚り」を離れて「空」があるのか?
また、「覚り」を離れた「空」などに何の意味があるのか? という問題が
重要になって来るからです。

また、>>811 の個人的見解ですね。。。と書かれていますが、これは
決して個人的見解ではありません。龍樹研究者が持つ宗教体験に共通
する理解である、ということを最後に書いておきたいと思います。
(当然ながら、龍樹研究者がみな宗教体験を持つ訳ではありませんが・・。)
              


868 :eemmww33:2008/07/26(土) 01:31:49

ディープスカイを活かす親父。



869 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 13:21:19
ここは空スレであって、禅スレでも、覚悟スレでもない。
言葉に本体はない事は、中論の主張。覚悟だ、ブッダだ、言ってる段階で終わってる。
言語学的に興味のもてる内容なら、多少は許せるが、それさえないorz

如来は戯論を過ぎたり 而も人は戯論を生ず 戯論は慧眼を破す 是れ皆仏を見ず

(ことばの仮構を超越した不壊なるブッダをことばで仮構する人々はみな、ことばの仮構
によってそこなわれて如来を見ることがない。) 二十二.・十五

870 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 13:45:55

「覚り」を離れて「空」はない。

「覚り」を離れて「空」を論じることが戯論なのですよ。

871 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 20:18:51
>>870
どうしても神秘体験に誘導したいようだが、>>869 は実に正論だ。
宗門臭のある記事は遠慮してもらいたい。。

『覚り』も『戯論』も『空』だということを忘れてはいけない。
『空』は論ぜられるべきでないことは、今までの記事の結論といえる。

872 :870:2008/07/26(土) 22:49:58

>宗門臭のある記事は遠慮してもらいたい。。

↑自分の気にいらないことは書くな! ということかな?
何の権利があってこのようなことを書き込めるのか、不思議でならない。
これだけで、この人の知性も人格も知れると言ってよいだろう。

私は、判断は読む人ひとりひとりに任せたい。では、さようなら!
                   


873 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/26(土) 23:02:49
>>872
>↑自分の気にいらないことは書くな! ということかな?

スレタイの方針に合わぬ記事は遠慮すべし、という意味だが、
こんな説明が必要なのだろうか。

「この人の知性も人格も知れる」は、そっくりそのまま還ることになる。

874 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 00:06:04
>>873
「論ぜられるべきではない」、という主張をしながら、
「『宗門臭』に関する領域」だけについては何故か否定が徹底されていない
(宗門臭の否定→「宗門臭のしない何か」に至って否定を停止
=肯定→他者にもそれを求める)のはいかがなものか。
また「世俗の表現に依存しないでは、究極の真理を説くことはできない」(24.10)
をどう捉えるのだろうか。
別に神秘体験をこのスレで語ることがよいとも思わないが。

875 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 00:25:41
http://jp.youtube.com/watch?v=mXNHjTx7UPk
森山直太朗 生きてることが辛いなら

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい
恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り
気が付きゃみんな年取って 同じとこに行くのだから
生きてることが辛いなら わめき散らして泣けばいい
そのうち夜は明けちゃって 疲れて眠りに就くだろう
夜に泣くのは赤ん坊 だけって決まりはないんだし
生きてることが辛いなら 悲しみをとくと見るがいい
悲しみはいつか一片の お花みたいに咲くという
そっと伸ばした両の手で 摘み取るんじゃなく守るといい
何にもないとこから 何にもないとこへと 何にもなかったかのように巡る生命だから
生きてることが辛いなら 嫌になるまで生きるがいい
歴史は小さなブランコで 宇宙は小さな水飲み場
生きてることが辛いなら くたばる喜びとっておけ
生きてることが辛いなら

876 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 00:37:08
ずっと張り付いてるのは二名ほどであると見たが
第三者にもわかりやすいように
コテハンを着けられてはどうか。

877 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 01:55:49
>>875
なんだこのウンコみたいな詩は

878 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 02:22:25
ウンコみたいなレスも不要だけどな。

漏れモナー

879 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/27(日) 10:11:38
>>876
コテハンねえ。ついでにトリも付けたらどうか。
いずれにしても、論争らしき場面で見えるのは、
ここは『2ちゃんねる』だということをわきまえない連中だということ。

どのスレもウンコ臭紛々なんだから。(臭!)

880 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/28(月) 02:15:05
二名の内の一人がキレたな

881 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/28(月) 03:00:25
このスレは、どこかの研究室の身内の者だけのサークルのようなもの。
まともに議論ができるスレではない。相当なプライドを持っているようだから、
ある程度の大学なのだろうが、まだまだ青二才だ。そのことに気が付いて
からは、馬鹿らしくて参加する気にはなれなくなった。ただ、彼らをすべて
否定する者ではない。これから沢山の体験も積み、考究を深め続けて行って
くれることを望んでいる。合掌。

882 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/28(月) 06:31:06
三才が言ってます。

883 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/28(月) 21:54:53
内容と文体を見るところ、少なくとも3人はいる。

884 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 03:11:23
空を把握するには、逆にこの世が「満」であると把握できると分かる。
空というと日本人の語感では無と解釈してしまうが(間違いではないが)
空=満であるということが感覚として掴めれば
理解が早まると思います。

885 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 03:40:32
>>83の言ってることが一番空を表してると思います。
私が言った空=満というのも同じこと。
空というと日本語的に間に何も無いような感覚で世界を捉えるが
満と言えば、縁起との関連性も分かりましょう。

あなたと私の間もなにもかもこの世の全ては満となれば
この透明に見えている空気もなにもかも含め、1つの満ち足りたモノであると
感得できようかと思います。
空感とはその境地を感じれるかということです。
そしてそれは縁起説そのものに他ならないというわけです。

886 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 03:53:23
こんなこと書くとなんかアレなんですが
私はこの空感というか、縁起説の真髄みたいなものをハッと理解できたタイミングがありまして
以前高熱で死にかけってほどではないですが寝込んでいたことがありました。

布団で空を見上げて寝ていました。
体がすごく重くて、空気がねっとり固体とか泥のように重く感じられた。ぎっしり詰まってる感があった。
そして死を感じて、死んでこの身がずぶずぶと土に帰る感覚がした。
そのときに、土と空気と自分と空と、それらが1つに繋がった一個の固体のような感覚があって
はっと空とか縁起説とかその手の仏教理論が繋がった感があったのです。

死ぬような修行で悟るってのも、結局そういうことなんかなーとか思いました。

これが正しい解釈なのかは分かりませんが、我や個なんて無いことが実感として分かったのです。
この世が、空気の変わりにぎっしりコンクリートが詰まってると感じれたら、
私が死にそうになって感じた感覚が理解してもらえるかもしれません。
人と人、人と自然、あらゆるものがグラデーションのように全て一固体として繋がってる感覚。
勝手にこれを満とか表現してみましたが、
結局これが空の理論で、縁起説そのものなのではないかと思ったわけです。

887 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 16:15:32
                      ,.. -───‐- 、
               /    , ', -─‐- 、.._  _,.-.\
      |二l二    /       i l  ‐#- 、゛ヽ. ̄   ,r`ゝ-
-─- 、  |二|二 バ (        | L_ u v   \`ー-‐''/ ヽ
 _,ノ  ハヽヽ亅   ヽ      | r‐、} ヽ ̄`ヽヽ,, ,//´7;|   なんだっ・・!
      ┌┴─      >   | |ト、|l u ` ー゜イ u vl.゜ |   このドロップはっ・・・・・・・・!
 o    | 土土l カ  /    | ヽ_|! u'_,ノ {  u'  }じ v |
      ノ 上 匕    (    /|  /! r'',ニニ=`==='=ニヽ!  AF1が・・・!
 o     l       \__/  |. / :| | |ー'ー'ー'ー'ー'ー'ー'‖ 裏ボス倒して出るわけねえじゃねえかっ・・・・!
       ニ|二       ,ゝ   |/  :| l lーiーiーiーiーiーiー||
 o      ヽ_ノ    / |    iヽ.  ヽヽニニニニニニニンノ
                /   !    | ヽ   ` ー-- ニ二二~-‐'\   通るかっ・・・・!
 o      |      ヽ  |   |  ゛i      ::::::::::::/ :|\. \  そんなもん・・!
         |       \|     !   !       //    |   \
 r:、      /       > /\  !ヽ..__,//\  |
 |/      /-、     /! /   oヽ |::::::::::::::/ __   \. |
 o     /  し'   (  "       |:::::::::::/      `

888 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 16:31:51
空とは!ウハエ!である。


ウハウハウハ エエエエエエエー

889 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/29(火) 22:32:26
>>886
結局それは貴方の体験でしかないのですが、それ以後貴方の心が
落ち着いているなら更に仏法など求める必要はありません。
何が正しいかは宗派によって違うことを言いますが、間違っていても
貴方の心が不動なら、こんなスレにいる必要はありません。

890 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/30(水) 08:23:07
個人的体験でしかないが、禅のそぎ落とした生き方にしろ、
密教の苦行や呪術など修法にせよ、
先人がその境地に至るために試行錯誤して考えた方式で
このような死にかけた状態とは、病気で偶発的になったとはいえ
結局苦行で削ぎ落としきった状態と近似であろうから
感覚を掴みやすいとは思う。
布団でずっと寝て瞑想のような状態でモノを深く考えるのだろうし。

891 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/30(水) 22:30:39
いずれにしても個人体験に立脚したのではスレタイの問に答えられないのは確か。
中論も、個人体験や神秘体験とは一線を画している。

892 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/31(木) 02:39:46
中論でも量子物理学でも
論理や数式で証明されたものとしての認識と
個人的体験というのは別次元のものだな。

そもそも空という同じ認識を
他者と分かち合えるのだろうか。

893 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/07/31(木) 23:00:04
空というのは認識できない。
認識できたなら、それは思い込み。

894 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/01(金) 02:21:38
>>893
ヤクザにはわからんだろうけど、それは思い込み

895 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/01(金) 03:15:02
>>894
オカマにわからんだろうけど、それは思い込み

896 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/02(土) 00:48:42
>>895
ハカマがはいらんだろうけど、それは重い込み

897 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/02(土) 06:36:23
空を認識するのは簡単!ちんぽを擦って出した後のため息、それが空だ。空しいともいう。

898 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/02(土) 21:59:58
納得

899 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/05(火) 14:17:03
空は空なり。

900 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/05(火) 15:34:27
空は喰うなり。

901 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/05(火) 15:47:57
空しい=ムナしい

無名しい


902 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 10:00:44
喰うは空なり

903 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/06(水) 19:40:32
空みたことか

904 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/07(木) 00:53:51
ルナスィー

905 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/10(日) 03:33:57
マナティー

906 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/10(日) 10:13:50
諸君らみな空だ、とでも言ってやりたいたいところだが、
残念ながら諸君らの頭が空っぽなんだな。

907 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/11(月) 01:39:03
馬鹿向けに易しく作られた経が
般若心経なんだけどな

908 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/11(月) 02:54:40
↑こいつらにも解るように作られたお経

909 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/11(月) 03:33:20
>>907

般若心経のどこが易しいんじゃ? アホか、おまいは!



910 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/11(月) 22:31:30
>>909
アホか、おまいは!
暗誦するのが易しいんじゃ。

911 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/12(火) 01:37:06
>>909
難しいとされるのは
日本のは漢訳を介してることと
小本では話の前後が省略されていること。

観自在菩薩があれだけ誰にでも分かるように
易しく説明するという筋書きにも関わらず。

912 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/12(火) 01:37:11
>>910

参った! 1本取られたな! そのとおりじゃな。

913 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/12(火) 21:36:43
>>911
そもそも経の体をなしていないイイカラカンのテキストだが、
小本に前後くっつけて大本ができたのだ。
漢訳を介しているだとか、トンチンカンだ。
漢文が元でサンスクリットがつくられたというのが、昨今の説だ。

914 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/13(水) 22:00:40
山伏が作ったんだぞ

915 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/13(水) 23:40:08
般若心経が難しいというのは、テキスト外の知識を前提としているからだ。
これというのも、般若経の一部を抽出したテキストが主要部になっているからで、
般若経全体を読めば良く分かる。
『大般若波羅蜜多経』は現代語訳が出版されているし、原文が玄奘の偏執狂的な
完璧さを以って漢訳したものだから完全性を求める諸君らオタクにも満足できよう。

本を買う金のない者はネット上の原文テキストを時間をかけて読むしかない。
決して万引きをしようなどという気を起こさないことだ。
なお、中公文庫の八千頌般若経は初期のものだから買うのは止めた方が良い。

916 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/14(木) 16:30:24
稲荷心経

917 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/14(木) 21:55:00
え〜 しんぎょ〜ぇ しんぎょ

918 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/15(金) 04:12:33
ちんぽ〜え〜ちんぽ〜


919 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/08/26(火) 11:48:35
空とは魔法の類いの力である

920 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/03(水) 02:01:44
同時に阿呆の類の宝である

921 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/06(土) 07:01:45
色即是空

922 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/06(土) 08:59:24
このスレが終わったら後継はいらんよ
南無阿弥陀仏

923 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/06(土) 15:47:58
色欲即是色欲

924 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/06(土) 19:45:05
諸君らはもてないから、自分でやるのだろうな。。。
空しい。これが空だ。空というものだ。空だ。空だ。

925 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/06(土) 20:22:14
竈だ

926 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/07(日) 06:44:05
色即是空が大好きな奴が(ry

927 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/07(日) 12:45:28
そら空即是色なわけだ

928 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/13(土) 10:03:10
「そら」とは色即是空なわけだ


929 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/13(土) 10:08:34
不可得と言う点ではそうとも言えるな。
そらは存在するし、あるのは分かるけど実体として掴み取ることは出来ないんだから。

930 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/13(土) 10:11:18
オマイの頭のこと

931 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/13(土) 11:06:54
アンタガ消えれば空も消えるわい

932 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/13(土) 14:00:54
また最初から繰り返すのかい?

正に空だ

933 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/15(月) 06:15:01
空は偉そうに説明することは不可能なのね

934 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/15(月) 07:17:35
大体空自体が偉くもなければ卑しくもないから、凄そうにも言えないし簡単にも語れない。
空空・大空

935 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 02:11:20
空とは仏である。
どちらも己の中から生じるもの、
だから不生不滅不垢不浄不増不減

936 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 05:26:27
>>935
その己も空だろ。

937 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 07:06:00
己が仏になれば空だろう。
空になれない己が如何に多いか。

938 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 08:09:21
>>937
空は有る無しを超越してるよ。
「己が仏になって空になった」ら「空が有る」
てことになるじゃないか。
「空」て指示なんだよ。「考えるな」という指示。

939 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 09:15:17
>>938
>己が仏になっったら空が有る。

この捕らえ方は間違っている。

仏も空なら、己が仏になれば空で間違っていない。
空=考えるな、も間違い。
空=捉われない。が正解。

940 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 09:35:30
>>936
己は空になる事もならない事もできる。
よって己≠空である。

941 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 10:53:11
>>940
空じゃない己てあるの?

942 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 11:18:09
>>941
犬畜生

943 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 11:32:42
色はドーナッツ
空はドーナッツの穴

944 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 12:15:39
>>942
人間は空なのに犬畜生は実在するんですか?

945 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 16:11:35
>>944
人は空にもなれるし、空にならない事もできる。

946 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 18:41:52
この世界において空でないものなど何もない。

世界(宇宙)そのものが空(夢)なのだから、
世界にあるものは目で見えるものから意識の領域まで悉く空。
観自在菩薩が見抜いたのはそのことじゃなかったか?

空(宇宙)とはそもそも何なのだと言うことは
考えてわかるような、あるいは考えるべき何かではないのかも知れん。
しかし、どこかで読んだこれが一番しっくりくる。

世界(空)とは神が見ている夢のようなもの・・・

947 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 20:46:23
『空』ていうから高尚な感じするけど、結局は「すべて空しい」てことじゃないの?
「悟れば、この苦に満ちた世界に生まれてこなくてすむ」なんて、まるで、それが
最高の状態のようにいうけど、ホントは、ず〜っと生きていたいし、死んでも
生まれ変わりたい!てのが本音じゃないの?
釈迦は確かに悟ったんだろう。人間、死んだら二度と輪廻転生しないって。
悟る悟らないは関係ないってね。

948 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 21:41:13
安易に全てが何も無いという結論に持っていくのはあまり適切でないと思う。
確かに全てのものは空である。それは我々が空と認識できるから空なのであって、
空を知らない犬畜生は、成仏する事はできないし、空の世界に生きる事はできない。
心は世の中を空とでも不空とでも捉える事ができる。その差を悟りという。
即身成仏に至る段階においてその悟り無しではありえない。

949 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 22:13:40
>>948
空と捉えたら虚無的になって社会生活に支障きたさない?

950 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 23:22:55
空と社会生活の支障に因も縁もない。

951 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 23:34:55
>>950
バッサリ言い切るところが怪しいんだよね。
だって、空を悟って虚無的になることって十分可能性あるじゃない。
「空を悟って虚無的になるのは、間違った悟りだ」というなら分かるけどさ。

952 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/16(火) 23:44:22
虚無になってる人は空を悟ってない

953 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 00:10:13
>>952
アナタは悟ってるんですよね?

954 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 00:16:56
>>953
さあ?

955 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 11:55:48
空しいとか虚無とか感情論で語るともう何も見えなくなるね。
まず知るべきは自分がいつもはまる思考の罠だワナ。

956 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 13:19:32
>>954
俺、ずっと成り済ましに悟りとか空について聞いてたんだ・・・空しい。


957 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 17:03:14
お前の心が虚しい。

958 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 17:54:02
悟ってないヤツにかぎって悟りとか空について何か言いたがると
いま悟った!わーい!

959 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 19:01:18
>>956-958
まず医者になれ、そうすれば虚無も治る。

このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【大幅増員】国公立大学医学部104 [大学受験]

960 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/17(水) 19:34:40
医者?

961 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/20(土) 23:39:08
シャチのクーが死んでしまった。。。

962 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/22(月) 16:16:33
>>961
医者になれ

963 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/22(月) 21:11:19
シャチの熟(な)れ寿司ってのは、、、

964 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/26(金) 17:56:46
>>958
諦めた時点で悟れる。つまり悟ってないと誤解しているだけ。

そして色即是空

965 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/26(金) 20:36:56
何時になっても分からんやつだ
悟りなどないのだ
それを悟ることを悟りといっているだけだ

966 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/29(月) 15:01:33
>>965
悟りを否定したいのは分かるが、それは知的な障害としかいえない。


967 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/29(月) 17:28:36
ヲレも>>965の言わんとしている事は何となく判るような気がする。
思うに「悟り」は本当の見方ができるか否か。真理がわかるかどうかそれだけの事。
まぁその真理が深遠で限りなく奥深いのだけどね。でもそんなに果てしなく遠いもの
でもなく、直ぐそばにあるとオモ。

968 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/29(月) 20:39:18
滝をシャッタースピード長く撮影すると水が白いモヤに見える。
時間と空間を一瞬で圧縮して見たらやはりモヤに見えるのでは?
存在と非存在の狭間が(空)。だから一つの事にこだわってもショウガナイ。

969 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/29(月) 22:42:07
狭間だけじゃない。
存在も非存在も(空)です。
だからこそ菩薩摩訶薩の存在意義があるのです。
どれでも良いから般若経(心経にあらず)の一つも紐解けば分かります。

970 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/29(月) 22:47:28
>>966
貴方は自らの煩悩を認識することです。
般若心経に『無智亦無得』とあります。
知などないのだから知的障害などというものもありません。

そうでないというなら神秘主義に毒されていると思うべきでしょう。

971 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/30(火) 15:00:33
迷いの晴れた心が空。
迷いは晴れるのだから特定された迷いなど元からないとゆうことだ。
つまり色即是空空即是色
そして迷即是悟悟即是迷
迷即迷 悟即悟

972 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/30(火) 18:26:56
おい、悟空!

973 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/30(火) 19:25:48
>>1-972
己の人生の都合に合わせて自分なりに解釈して
明日からのより良き生活に精々役立てると良いんじゃないか。
結局そういうものでしかありえない。
合掌

974 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/30(火) 21:38:47
または役に立てようなどと思わずに、まったく気にしないで生きればよい。
何かを気にすると苦しくなる。

975 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/09/30(火) 23:52:22
色即是空まだ1000まで空

976 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 22:40:09
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


977 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 22:43:47
 

978 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 22:46:42
 

979 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 22:48:28
 

980 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 22:49:31
980

981 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/02(木) 23:45:51
頑張れ
あと少しで終末だ

982 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/03(金) 22:22:57
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄

983 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/03(金) 22:48:02
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


984 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/04(土) 01:17:12
Color is Sky, Sky is Color.

985 :色即是空:2008/10/05(日) 00:20:08
>http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1223133545/
>【色即是空】空とは何ですか?part2【悟り】

2ndスレ作りました。がんばって1000まで埋めてください。


986 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 12:44:06
>>984

そう訳すと途端にシュールレアリスムの世界へ。

987 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 16:17:09
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


988 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 16:18:53
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


989 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 16:23:32
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / S  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  S ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  K  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  K |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  Y   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  Y  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


990 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 16:26:17
 

991 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 18:25:27
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1223133545/
【色即是空】空とは何ですか?part2【悟り】

992 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 18:26:27
そらとはすかいだ

993 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 20:11:51
 

994 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 20:14:29
 

995 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 20:15:18
 

996 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/05(日) 20:58:16
Color is Sky, Sky is Color.

997 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/06(月) 08:31:35
 

998 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/06(月) 08:36:16
 

999 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/06(月) 08:37:38
 

1000 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/10/06(月) 08:38:45
 

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

260 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)