5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【あしながおじさん】ウェブスター【パッティ】

1 :なまえ_____かえす日:2008/10/10(金) 18:38:26 ID:+GK9aAn0
あしながおじさん、おちゃめなパッティなどのジーン・ウェブスター作品についてどうぞ

前スレ
●○あしながおじさん○●
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1068681861/

2 :なまえ_____かえす日:2008/10/10(金) 22:26:50 ID:6AX7TChD
いちおつ

3 :なまえ_____かえす日:2008/10/11(土) 00:50:10 ID:djmJaM3v
乙です

4 :なまえ_____かえす日:2008/10/11(土) 17:00:15 ID:THb0e1Dt
ここの板って即死あったっけ?
とりあえず20くらいレスつかないとやばいかな。

続あしながを買うとしたら、新潮社のと偕成社のとどっちおすすめ?

5 :なまえ_____かえす日:2008/10/11(土) 18:11:40 ID:FW3uPeyt
どっちが良いとは言えないけど、参考になれば

偕成社版をじっくり読んだ事ないけど、新潮社版の訳は偕成社より古いと思う
新潮社版は巻末に訳者の1ページ半の解説付き(現在の版についてるかは不明)
といっても作者の略歴6行分くらいと、
前作はこんな話で今度のはこんな話とざっと説明している程度。

私は新潮社版あしながから入ったので、
同じ人が訳してるほうがいいと、続も新潮社のほうを買いましたが
最近目がしんどいので字が大きいほうが良かったかなーと思ってる

6 :なまえ_____かえす日:2008/10/11(土) 20:36:47 ID:ILfrUhBP
自分は新潮社おすすめ。日本語がきれい。

7 :なまえ_____かえす日:2008/10/11(土) 21:52:49 ID:THb0e1Dt
レストン
新潮社をポチってみるよ

8 :なまえ_____かえす日:2008/10/12(日) 07:46:24 ID:eDG0Lgbv
新潮社のは本当に古くて、旧版では
「なんと申しますか、わたくしはそのように思うので御座います」
みたいな、本当にレトロな言葉で書かれてる。
現在出ているのはそれの改訂版なので、すべて現代風の言い回しに修正されているが
そこはかとなく前の香りが残ってて、どこか上品で素敵。

9 :なまえ_____かえす日:2008/10/12(日) 16:02:07 ID:X3sWig05
保守

10 :なまえ_____かえす日:2008/10/13(月) 19:25:00 ID:be0rh9vn
今日も保守保守

11 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:34:30 ID:Br6uRO2y
とりあえず20まで保守

12 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:36:49 ID:Br6uRO2y
保守

13 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:37:41 ID:Br6uRO2y


14 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:39:50 ID:Br6uRO2y


15 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:41:02 ID:Br6uRO2y


16 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:43:10 ID:Br6uRO2y


17 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:44:08 ID:Br6uRO2y


18 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:45:48 ID:Br6uRO2y


19 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:46:49 ID:Br6uRO2y


20 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:47:41 ID:Br6uRO2y


21 :なまえ_____かえす日:2008/10/15(水) 09:53:58 ID:3rGreHR2
上流婦人の笑いみたいだなw

22 :なまえ_____かえす日:2008/10/16(木) 20:46:02 ID:+iBnuuLT
ずっと保守作業なんて、
まるで棒杭か物干し竿に向かってレスしているようなもんですわ。

23 :なまえ_____かえす日:2008/10/16(木) 21:33:55 ID:0kNCWzen
   ___
      /   __|_    .|
     /        /  |   |
   /         /   |  | /
   (    ゝ    /  ノ   |/
    . ̄ ̄ ̄


24 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 11:34:40 ID:2aE5aGSc
サリーとドクターが結婚って、孤児院の子供たちはやはり喜んだかな

25 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 13:22:51 ID:caocSE/W
「べつにそんな事はどうでもいい」

くらいのたくましさを持っていて欲しい、あそこの子供達には。

26 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 16:55:48 ID:awzIwtEB
サリーがずっとここにいてくれるとわかったら喜んだと思うよ。
院長交代に関わることだから、どうでもいいとは言えないんじゃない?

27 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 20:36:54 ID:Nvmq+Kz6
先代のことを覚えてる子供にとっちゃ、良いことだろうしな
そういやその後第一次大戦が来る訳だが、まだ孤児院の子供は大丈夫か
心配な大人も結構いるけど

28 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 22:44:24 ID:TILHdTFx
サリーとドクトルの間に子どもが生まれたら、
孤児院で一緒に育てたり……するのかな?

時代的には絶対しないと思うけど、サリーのことだから分からん。
でもやっぱりしないか。。

乳母に預けて自分は孤児院の切り盛りをするのかな。
それとも産んだら母性が目覚めて離せなくなるかな。

あぁ、子どもを産んだことで孤児院の運営にいい影響が出るだろうな。
きっとそうなるに違いない。

29 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 22:47:32 ID:/3Ivdvqi
サリーの実家は作業服製造業は、戦争中でも需要が安定してそうだな。

30 :なまえ_____かえす日:2008/10/17(金) 23:12:14 ID:2aE5aGSc
続あしながおじさんが出版されたのが1915年、
wikipediaによるとカリカック家に関する本が出たのが1912年だから
1912〜1915年頃の話ってことでいいのか。
20代の男性は従軍した人もいるかなあ…

31 :なまえ_____かえす日:2008/10/18(土) 01:19:58 ID:8ll0mN1V
>>28
孤児院は常時満員状態だったから、自分たちの子供を混ぜる余裕も無いだろうしな。
それに、そうすると(その分のお金は出すだろうけど)
孤児院の設備や職員を私用に使ってしまうみたいなもんだし。


32 :なまえ_____かえす日:2008/10/18(土) 07:29:14 ID:jTo0zyFN
サディのやり方は、孤児院を慈愛で感化して…という話でなくて
具体的に何が必要か何をすればいいかとはっきり示すし
愛情は持ってるけど、彼らは彼ら私は私と割り切っているよね

孤児院のカリキュラムに、自分の子を混ぜるということはしないと思う
一緒に遊ばせたりはすると思うけど。
自分の子供は質の高い教育受けれる学校に、通わすんじゃないか

33 :なまえ_____かえす日:2008/10/20(月) 09:17:20 ID:h5Vc+5bl
サリーはいくら孤児院の環境を改善しても一般の家庭には及ばない、
だからこそ孤児たちをどんどん養子に出すという方針だしね。
その方針からするとわざわざ自分の子供を孤児院で育てるのも変だよな。
ただそうするとサリーはただでさえオーバーワークなので
自分の子供にかまける時間が全然無くなりそうだ。

34 :なまえ_____かえす日:2008/10/20(月) 11:47:48 ID:KeePXliN
ジェーンは、サリーの子供が乳離れしたら
子供のお世話がメインになるかな

35 :なまえ_____かえす日:2008/10/20(月) 12:26:11 ID:f7Iefi1u
乳母とかお手伝いさんが普通にいる時代だもんね。
サリーの子供は乳母が見るに100サリーせんべい。

36 :なまえ_____かえす日:2008/10/20(月) 12:35:56 ID:tvijFZU1
孤児院じゃないけど、早くから夜間保育を行っていた保育園の園長さん
(もともとお寺の住職で、自然発生的に近くの子供たちの面倒を見るようになった)が
「自分も妻も保育園にかかりきりで、わが子には全然目をかけてやれなかった。
そのことは本当に申し訳なく思っている」
と語っていたのを読んで切なくなったことがある。
サリーも自分の子に寂しい思いをさせないためには?
と一生懸命考えてるんだろうね。
ある程度仕事をまかせるためにスタッフを育成したりも視野に入れていそう。

37 :なまえ_____かえす日:2008/10/20(月) 15:06:45 ID:T6O1tALD
火事のあと、コテージがたくさんある孤児院に生まれ変わるんです!
って言ってたから、自分ちもコテージの一つになってたりするかもよw
普通の家庭の雰囲気を知るには一番近くてちょうどよかったりして。
ジュディも普通の家に入った事無かったし、そんな体験をさせてあげてそう。

38 :なまえ_____かえす日:2008/10/21(火) 04:46:32 ID:cvzMradB
最後のドクターに宛てた手紙で、
あの丘のむこうにわたしたちの家をたてましょうねといってるからなあ
手紙の雰囲気からして、孤児院のコテージの一つのつもりじゃないと思う

39 :なまえ_____かえす日:2008/10/21(火) 22:36:57 ID:uAP+2Ylq
改めて読み返してみると、ゴルドンは子供にプレゼントをいっぱい送ってくるけど
自分自身はあんまり子供に接触しようとしない、
孤児院抜きにしても結婚相手としては微妙な相手だった気がする。


40 :なまえ_____かえす日:2008/10/22(水) 17:07:41 ID:/H7r/Kpc
男にありがちな即物的求愛行動ってやつかね。
とにかくモノ贈ることが愛情表現の証だと勘違いするやつ。
ジャービスもそうだったよね、ジュディが辟易してた
クリスマスプレゼント攻撃とか。

41 :なまえ_____かえす日:2008/10/22(水) 22:22:54 ID:s0r4eUG7
ゴルドン、悪い人じゃないんだけど苦労知らずで鈍感でちょっと人情に薄い
おぼっちゃまという気がするよ。
火事の後も、サリーのことが心配なのはわかるけど手伝いに駆け付けるでもなく
手紙一本で「今すぐ孤児院やめろ」では、そりゃあドクトルに心が傾いてなくたって
サリーがゴルドンを頼りにならない男だと思ったとしてもむべなるかな。
片や子供を助けるために燃える建物の中に飛び込んだドクトルと比較すれば
誰が見ても勝負あったという感じだ。

42 :なまえ_____かえす日:2008/10/30(木) 18:09:42 ID:PwC/CCwO
頼り甲斐もそうだけど、サリーの仕事ってもんを軽視しているようにも取れるしね。<すぐ孤児院辞めろ


43 :なまえ_____かえす日:2008/10/31(金) 15:50:46 ID:Y2cKm6Oo
サリーにとって仕事<自分だとうぬぼれてたんだろうね。
彼女が仕事にかける情熱や責任を本気で理解しようなんて考えは
これっぽっちもなかったのをあのセリフが証明してる。
いったい自分のどこを見てたんだろう?ってサリーならずとも愕然とするよ。
そこから「所詮テーブルの飾りなんだ」という気づきに至ったわけだ。

44 :なまえ_____かえす日:2008/11/03(月) 19:25:15 ID:piSoL7dj
「女はお飾り。夫のために社交だけしてればよい」的な考えの
ドクトルの対極に持ってきたキャラだから仕方ないけど
さすがにあからさまな行動と発言が多すぎて、ちっとも魅力なかったな、ゴルドン。
そもそもなんで婚約してたんだそんな男と、ってくらいダメ男だった。
もうちょっといいところがあれば、それでもあえてドクトルを選んだ結末が
さらにドラマチックだったかもなーと思う。

45 :なまえ_____かえす日:2008/11/04(火) 21:53:40 ID:xrsRztF4
厨房の頃に読んだきりの続あしなが読んだ。ついでに前スレも読み返した。
続は確かに大人になってから読んだ方が面白いね。

ドクトルの今日ついにほほえみたまいぬって、その前のジュディへの手紙に次の院長への引き継ぎを断ってたから
それ関係かな、と思った。ドクトルはその頃にはもうサリーを好きだったんじゃないかとか、すごく萌える。
あと、サイラス閣下→サリーとかなんとなく思ってしまった。ドクトルとサイラス閣下とサリーの三角関係w

46 :なまえ_____かえす日:2008/11/05(水) 10:16:48 ID:PmN2snbO
うはwwwすごいいやな三角関係wwww
サイラス閣下ツンデレすぎwwww

47 :なまえ_____かえす日:2008/11/08(土) 12:24:31 ID:2bj+vthl
>>44
ドクトルにないものがゴルドンにはあったて事なんだろうね。
恋人同士の甘い台詞とか、押しの強さとか、リーダーシップとか爽やかな笑顔とか?
互いに好きあってれば問題なかったんだろうけど、
感情が逆転すると長所が短所に変わるなんていくらでもあるもんね。

>>45
私はパーシーとサリーとドクトルの三角関係に萌えるぜw

48 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 00:36:27 ID:4vCQ+v6f
>>47
演説は又聞きにいく、って言ってたりするから、きっと
会話が上手くてハンサムで人当たりがいいんだろうな
現代なら福祉に従事する婚約者なんて絶対に手放さなさそうだ

49 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 17:38:49 ID:CGXJZnsz
ゴードンはジョン・グリア院あてに
ピーナツ大袋とか送ってくれなかったっけ
あとセーディ・ケイトの髪のリボンを僕に
選ばせてくれっていったり
でもやっぱりサリーの心情の変化に
気づかなかったとするとダメだね

50 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 19:32:49 ID:ZMQePCt8
結局モノ贈ってるだけだからなぁ。ピーナッツにしろリボンにしろ。
パーシーやジミーやドクトルみたいに、
子供とキャンプとかで触れ合わないんだよね。

51 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 20:26:34 ID:Fylw4/xG
そう、金と物ばっかりで、なおかつそれは子供のためって気持ちはなくて
サリーに対する点数稼ぎなんだよね。

52 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 23:43:00 ID:DLaMZbJf
ジャービスも耳が痛いなw

53 :なまえ_____かえす日:2008/11/09(日) 23:52:39 ID:DLaMZbJf
>>48
>現代なら福祉に従事する婚約者なんて絶対に手放さなさそうだ

絶対ゴルドンがサリーを逃すまいとチヤホヤするだろうね。
サリーもビジネスライクな一面があるからゴルドンの政治運動の
片腕しつつ福祉事業への提唱とか捧げてのし上がりそう。
ビジネスパートナーみたいな夫婦になりそうでそのうち離婚も有り得るがw

54 :なまえ_____かえす日:2008/11/11(火) 16:21:46 ID:TEeH1mtz
>>52
ジャービスは国内にいればキャンプに参加してたっぽいね。
(釘打ちをしていただけないのが残念、って書いてた)
少なくともその点は評価してあげないとw


55 :なまえ_____かえす日:2008/11/28(金) 20:21:53 ID:7F1jHGB/
「続」に出てきた犢肉(こうしにく)食べたい…

56 :なまえ_____かえす日:2008/11/29(土) 01:02:14 ID:xLheucU/
犢肉ってなあに?圧搾肉もよくわからんのだが…。
大黄のパイもわからん。

57 :なまえ_____かえす日:2008/11/29(土) 01:04:16 ID:xLheucU/
ごめん、ググッたら大黄はわかった。
ルバーブのパイの事なのね。

58 :なまえ_____かえす日:2008/12/01(月) 22:50:12 ID:TGZ8bpvw
子牛の肉みたい
羊で言うマトンとラムみたいに
わけてるのかな?
圧搾肉…わからない
薄切り肉を重ねたもの?

59 :ですな(12☆4294):2008/12/02(火) 06:42:09 ID:U774hnL2
260 名前:なまえ_____かえす日 投稿日:05/01/12 20:05:26 ID:rk75w5r9
プロバイダごと規制にあってずっと書き込めなかったよ。復帰ウレシー

続あしながおじさんの文庫を読んで「子牛の圧搾肉」ってメニューの訳にびびった。
とてつもなくまずそうな感じがすごい。何の料理の事なんだろう?
私の推理ではタルタルステーキかウインナ・シュニッツェルではないかと
思うのだけど。
村上春樹のエッセイでウインナ・シュニッツェルを知って本場のを食べたいと
熱望していたのだけど、「子牛の圧搾肉でございます」じゃ食欲が(w


261 名前:なまえ_____かえす日 投稿日:05/01/14 13:56:12 ID:Zq2Oo9Bi
なんとなくイメージ的にハムっぽいもの想像していたが。プレスハム。


262 名前:なまえ_____かえす日 投稿日:05/01/14 23:53:51 ID:kDKk/Nms
原文はそのまま"pressed veal"だね。
仔牛肉なら柔らかくて御馳走のはずなのに、
コックが駄目すぎて
なんかよくわからんボソボソした料理になってしまったのでは。



263 名前:なまえ_____かえす日 投稿日:05/01/17 06:14:09 ID:/PbwF1ur
薄切り肉を何枚も重ねてステーキ風にしたもの、だと勝手に思ってた。
奥様雑誌の節約料理でよく出てくる経済的な一皿なんだけど。


60 :なまえ_____かえす日:2008/12/03(水) 00:25:01 ID:qpSnS/54
>59
ありがとう!!
「プレスドヴィールしかありませんが
誰々を食事にお招きした」
(誰だっけ?パーシー?ドクトル?)
という描写がありましたよね。
やはり経済料理か…

61 :なまえ_____かえす日:2008/12/05(金) 17:49:24 ID:b2psEtm3
>59 トンクス。奥様必見の節約料理ってやつなんですね。

女学生時代、女子生徒が皆バカにしていた
ピーナッツの糖蜜がけってヌガーみたいなものかな?
サリーはバカにしてたって言うけどジュディは内心ウマー!だったのかな。

62 :なまえ_____かえす日:2008/12/05(金) 21:21:49 ID:N8/N7TBA
子供の頃、たまに食べたことがあるな。砂糖でピーナッツ固めたやつ。
ヌガーなんて上等なものじゃなかったよ。ほんとピーナッツに水飴かけただけって感じです。
不味くはなかったけど嫌いだったから、サリーがバカにする気持ちもよくわかるw

63 :なまえ_____かえす日:2008/12/05(金) 23:27:15 ID:b2psEtm3
>62 トン。
先程7-11に寄ったら、ピーナッツミックスていう100円菓子が売ってて
『ピーナッツやあられを糖蜜でからめた…』て書いてあったから
思わず買ってしまった。普通に豆おこしだから素朴で美味しかったw
おばあちゃん家に遊びにいったら出されるレトロな駄菓子って感じですね。
確かに女子大で出されたらバカにされるよなあw

64 :なまえ_____かえす日:2008/12/09(火) 04:53:15 ID:Y2CIPKie
>>59
3年も前の自分のカキコ見て吃驚ですよ。
pressed vealが経済料理だと言い出した者です。
根拠は全くない思いこみですので信じないでくださいw
ちなみに細切れ肉と脂身をつなぎ合わせた「成型肉」という可能性にも思い至りました。
要するにサイコロステーキのことなんですが。


65 :なまえ_____かえす日:2008/12/10(水) 07:48:46 ID:wBKBvQSS
>>56

英語圏に住んでる者です。Pressed vealのレシピ、ググってみたところ、
材料にゼラチンが使われていました。どうやら、日本でも「アスピックゼリー」
として知られている肉のゼリー寄せのことみたいです。

細切れにした肉をパウンド型に入れてゼラチンで固めてかさ上げした料理みたい。


66 :なまえ_____かえす日:2008/12/10(水) 08:32:07 ID:wBKBvQSS
補足です。別名Galantine(ガランティーヌ)っていうフランス料理らしいです。



67 :なまえ_____かえす日:2008/12/10(水) 16:16:08 ID:89L7O/7C
テリーヌのつけあわせのぶよぶよしてるアレの事?

68 :なまえ_____かえす日:2008/12/15(月) 23:30:01 ID:RAa6h+Cr
ああ…昭和30年代くらいの洋食の本とか
に載っている…

今ならオールドファッションドと呼ばれる料理なんだね

ブランマンジェもそうかな?

69 :なまえ_____かえす日:2008/12/16(火) 00:28:33 ID:eCQzqJL5
あ〜そういえば作家の開高健が戦後の貧乏生活中、豚のシッポの煮こごりを
「コレはガランティーヌや!」と家族と嘘ぶいて食べてたってエピソードがありました。
フレンチっていうと高級そうだけど煮こごりっていうと
節約というか量まし料理なイメージになりますね。孤児院もそんな感じだったのかな。

70 :なまえ_____かえす日:2008/12/22(月) 06:03:22 ID:7SS2+nNb
原作はかなり昔から繰り返し読んでたけど
さっきアニメ版見終わったけどスゲー面白かった
原作が手紙オンリーだからアニメはかなり改変されてるが
出来が素晴らしい
DVD買っちゃおうかな

71 :なまえ_____かえす日:2008/12/22(月) 07:45:50 ID:z7YCZSJo
あのアニメが良いという人もいるんだ・・・新鮮だ。
最初から最後までドタバタ、ほつれ髪のジュディが好きになれなかった。

72 :なまえ_____かえす日:2008/12/22(月) 19:26:26 ID:bMySzgwr
ジュディはたしかにね、ちょっと違和感。
ただアニメのレオノラ=フェントンはおすすめだ!!
あとみんなの衣装がすばらしい
ちゃんといろんなバリエーションがあるし
(ワンピ、オーバーオール、イブニングドレス、
卒業式のガウンetc…)

73 :なまえ_____かえす日:2008/12/22(月) 19:31:20 ID:z7YCZSJo
>>72
アニメの方はぼっちゃんが完璧にロリストーカーに見えて受け付けなかったよ。
ジュディも最後までウザキャラで成長の様子が見られなかった。

74 :なまえ_____かえす日:2008/12/22(月) 20:15:56 ID:WBvyCOVl
アニメはジュリアは柔らかくされてるが、サリーが改悪されてる
赤毛で気が強いオシャレで社交的な美人なのに、本当は
あれじゃどうやってもDear Enemyにはならないよ

75 :なまえ_____かえす日:2008/12/27(土) 11:39:45 ID:VgJzY1Or
サリーファンとしてはアニメは辛い仕上がりだよね。
というかあのジュディはどう見てもサディ・ケイトに思えて仕方ない。

76 :なまえ_____かえす日:2008/12/30(火) 13:41:54 ID:ZZCgKXhd
あのアニメが発表済である以上、続がアニメ化される事は無いんだろうな。
まあそれが無くても表現上の問題で映像化は難しいだろうけど…。
赤毛のアンは、別作者の話を使ってでも新作アニメ製作が始まっているのに
あしながのほうはファンには正より人気があるっぽい続が封印状態って寂しいな。

77 :なまえ_____かえす日:2009/01/04(日) 15:36:07 ID:Prt09a/x
もしアニメ化可能としても、対象年齢が定めにくい気がする…
「ナンとジョー先生」みたいにサディ・ケイトを中心にするのもありかと思うけど、
それだとロマンスや微妙な心理描写が難しくなるし。
NHKの守り人や十二国紀の枠あたりならわりと原作に忠実にできそうだけど。

78 :なまえ_____かえす日:2009/01/04(日) 22:46:41 ID:O5nAH8vw
むしろパッティをアニメ化してほしい…
NHK枠ならありそうなんだけどなー

79 :なまえ_____かえす日:2009/01/07(水) 21:14:43 ID:UBkasJND
ジェーンって、どんな人(外見)だと思いながら読んでました?
文中では背が高いってことしか出てこなかったから、昔は単に大女だと思って読んでたけど、
最近、もしかしたら横にも大きい人?とか、人種はなんだったんだろう?年は?とか、
いろいろ考えるようになりました。

80 :なまえ_____かえす日:2009/01/07(水) 23:49:35 ID:1miU1so3
がっちり型までは行かないけど、骨格と肩まわりがしっかりしてる感じかと思ってた。
人種的には普通にアメリカ生まれの白人じゃないかな?
年は30代前半ぐらいと想像してる。

81 :なまえ_____かえす日:2009/01/08(木) 22:39:29 ID:e2AbnkHh
ジェーンってサリーの実家から一緒に
ジョン・グリア院にやってきたメイドさんだっけ?
セーディ・ケイトの髪切ってたイラストが
あったような

82 :なまえ_____かえす日:2009/01/09(金) 21:57:29 ID:lm/86IDY
その通り。
基本はサリーの身の回りの世話をしてるけど、
子供たちと接する機会も少なくなかったんだろうね。

彼女を連れてきたことでサリーは非難されたりもしたけど、
あの忙しさを考えれば正解なんだろうな。

83 :なまえ_____かえす日:2009/01/13(火) 17:26:33 ID:+rC74Il+
パッティをこないだ初めて読んだんだけど
祖母に「あんたの顔見てた方が面白い」
って言われたくらい笑いまくりながら読んだw
>>70
あしながのアニメは高校の頃リアルタイムで見た当時は
「原作と違う!」って拒絶反応起こして楽しめなかったけど
今改めて見たら原作と違うとこでかなり楽しめそうな気がする
クラスメイトが教室で「ジャービ〜ス!」と身振り付きで
ジュディの物真似をして笑かしてくれたのも懐かしい思い出

84 :なまえ_____かえす日:2009/01/14(水) 00:21:47 ID:yAMq9PHa
パッティは爆笑ポイント満載だと思うw

あれアニメにならないかなー
かつての「あしなが」みたいに原作曲解でも
最近はやりの萌え系アニメにされてもいい
(オリジナルストーリーはいらないけど…)
とにかく「ブーム来い!!!」という気分なんだ…


85 :なまえ_____かえす日:2009/01/14(水) 00:38:25 ID:ds9RAFlj
パッティアニメ化するならNHKでやって欲しいな

86 :なまえ_____かえす日:2009/01/14(水) 10:31:57 ID:5IPcmNzY
>>84
最近の絵柄は嫌だな。
名作劇場系の画でキボン

87 :なまえ_____かえす日:2009/01/15(木) 00:17:42 ID:umqWz2oE
>>84
あんまり笑ってるんでマンガ読んでるのかと思ったって。
今時マンガでもそんなに笑えないし、パッティは映像化に向いてそう。
とにかく読んでてものすごくありありと情景が浮かんだもんw
確かにマイナーなのもったいないと思うし、何か起爆剤があるといいね。

88 :なまえ_____かえす日:2009/01/20(火) 23:39:51 ID:Z1nBo6vp
パッティ面白そうだなぁ。
いままであしながばっかり読んでて、パッティスルーしてたけど
このスレ見てたら読みたくなって密林で頼んでみた。
到着が結構先になるみたいだけど、楽しみ。

89 :なまえ_____かえす日:2009/01/21(水) 00:29:22 ID:aQroPsip
面白いよ!
読んだら感想聞きたいです

90 :なまえ_____かえす日:2009/02/11(水) 11:49:18 ID:JyWVSCZD
なんだかわからないけど私もパッティ買ってみようかな。
試験が終わったら。

ちょっと質問なんだけど、ジャービスとジュリアって叔父姪の関係なんだよね?
そうしたら「ジュリアの家のほうが格下」っておかしくない?
普通に考えて、ジュリア父の弟にあたると思うんだけど>ジャービス

91 :なまえ_____かえす日:2009/02/11(水) 14:16:22 ID:QNoP/z3A
ジュリア母がジャービスの姉で、本家から遠縁のジュリア父に嫁いだか、
ペンデルトンより資産が少ない別の一族のジュリア父と結婚したが、
ジュリア父側の姓を名乗らずに格が上のペンデルトンのほうに籍を入れたとかならば、無理はないと思うよ

92 :なまえ_____かえす日:2009/02/12(木) 00:46:34 ID:KtiOResG
>>90-91
それ、自分も気になってた。
英語は伯父も叔父も「uncle」だから、訳者のミスというか
判断がつかなかったのかな、と思った
>>90の文面からいけば、伯父の方がスマートだと思うけど、
ジャービスが若いっぽいから「叔父」にしたのかな、と)


93 :なまえ_____かえす日:2009/02/12(木) 07:24:03 ID:cs1f8vfl
ジュディとジャービスは17歳違いだっけ?
ジュリアも同じ歳だろうから、流石に母親が妹はない気がする


94 :なまえ_____かえす日:2009/02/12(木) 20:52:21 ID:F7ZN/DP0
17歳違いなら叔父でいいんじゃないかな。
伯父だとするとジュリア母は15、6歳ぐらいで子供を持ったことになってしまう。
母方の叔父で正解かなと。
自分も>>90と同じく、母親が分家に嫁いだんだと解釈してた。

95 :なまえ_____かえす日:2009/02/12(木) 22:01:08 ID:ACGWjnu+
14才違いじゃなかった?

96 :なまえ_____かえす日:2009/02/12(木) 22:08:59 ID:xZUqIgLv
ジュリアとジャービスは14歳差のはず
ジュディがジャービスは自分より14歳年上と言ってる

97 :なまえ_____かえす日:2009/03/01(日) 01:27:21 ID:VEzq8asf
こんなスレが…!

>>91
ジュリアの母親はルザーフォード家出身だから、全部ありえないだよ…
不思議だよなあとずっと思ってるんだけど、どんな家族関係なんだろうね。

一旦没落したペンデルトン家を立て直した功労者だから一族の長になった…なんてのもありえるかなと思ったけど、
ジャービスって一族の中でははみ出し者扱いだし、ジュリアの家も充分金持ちみたいだし…

当時のアメリカでuncleって単語には、伯父叔父小父以外に、
「年の離れた年長のいとこ」みたいな意味でもあったんだろうか?

98 :なまえ_____かえす日:2009/03/01(日) 04:30:55 ID:OsMm2J9J
>>97
ジュリア母の出自って書かれてたのか!
最近読み返してないから記憶から抜け落ちてたよ!

じゃあ、ペンデルトン家の直系の唯一の跡取り、とか?
ジュリア父(ジャービス兄)は死亡…いやまて、生きてるよねゴメンw
ルザーフォード家の入り婿に…ならジュリアはペンデルトンを名乗らないか。
あとは、ジュリア父が実は妾の子とか…?(微妙?)

99 :なまえ_____かえす日:2009/03/01(日) 10:36:11 ID:Kyvr4ctv
ジュリア父とジャービスの母親が違うのはありえるね
その場合どちらも正妻なんだろうけど、ジャービスの母親のほうが
ペンデルトン出身でより濃い出生だとかそういう感じ?


100 :なまえ_____かえす日:2009/03/02(月) 14:58:29 ID:R64FqF+8
実際は叔父じゃないけど、とりあえず叔父さんって呼んでるとかはないだろうか

101 :なまえ_____かえす日:2009/03/02(月) 20:13:20 ID:Ym8W3O7/
>>100
その可能性アリかも。
親戚のオジサンでも「○○uncle」と、上に単語が付くが
とにかくuncleらしいから。

ペンデルトン本家跡取り→ジャービス
ペンデルトン分家跡取り→ジュリア父
の方がしっくりくる。

102 :なまえ_____かえす日:2009/03/02(月) 20:50:22 ID:yr5jm8P2
分家問題、気になったのであしながおじさんを掘ってきた
ジュディとジャービスの初顔合わせのとき、「(ジャービスは)ジュリアのおとうさんのいちばん下の弟」
農場に行ったとき、ジャービスびいきのおばさん(ジャービスの乳母だった)の話を聞いて、
「ペンドルトン家の花形はジャーヴィー坊ちゃんなんです。ジュリアが格の下の分家なことは、
うれしいことだわ」

なんとなく、おばさんのひいき、農場を重要視するおばさん的な格でのジャービス>ジュリア
またはジャービスの方がジュリアのお父さんより華やかな仕事をしてるとか儲けてるとかで、
勘違いしてる可能性もありそう。

103 :なまえ_____かえす日:2009/03/03(火) 10:02:38 ID:Y9x6XWFc
本家筋に男の子が出来なくて、ジャービスさんは貰われていったか財産を相続した
原文と翻訳でニュアンスが違う
ウェブスター、そこまで設定詰めてなかった

適当に考えてみた

104 :なまえ_____かえす日:2009/03/03(火) 13:46:23 ID:I/FoP5IL
原語版を持ってたんだが、どう書かれてたか…
あとでちょっと掘り出してみるわ

105 :なまえ_____かえす日:2009/03/03(火) 18:20:35 ID:XP+d8Qga
>>103
>ウェブスター、そこまで設定詰めてなかった
これに1票w

106 :なまえ_____かえす日:2009/03/03(火) 20:30:23 ID:dPmV7FPH
本家筋に後継ぎがなくて、分家の末弟を養子に…は、よくある話だよね。
たとえば、遅い年齢での子供で、母親が早く亡くなると、父親の一族の
どこかの家庭にもらわれる、というのも、あるのでは。

107 :なまえ_____かえす日:2009/03/03(火) 21:07:35 ID:nCpLDI2y
この辺の時代のいい階級なら、年取ってから若い娘と
結婚することも珍しくなかったみたいだしな
…そのままあしながおじさんか、それは

108 :なまえ_____かえす日:2009/03/04(水) 09:19:17 ID:j+fm1xku
そうだねぇ、時代はもっと下がるけれど、オードリー・ヘプバーンの映画
でも、少女っぽいオードリーと中年のパターンばかりだ。
ロマンチックラブの理想は、少女っぽいが知的な若い女性と、生活の心配
がなく、性的にがっついていない中年男性のカップルなのかな。

109 :なまえ_____かえす日:2009/03/04(水) 16:48:15 ID:Asilcf96
フェミニストが気分を悪くしそう。時代が時代だからしょうがないけどね。

110 :なまえ_____かえす日:2009/03/14(土) 14:08:41 ID:IKZOo3z4
子供の頃、オードリーの映画見て、なんでこんな綺麗な人の相手役がおじいさんばっか
(当時はおじいさんにしか見えなかった)なんだ、罰ゲームかと思った覚えがある
今となっては、あしながおじさんといい、オードリー映画といい、金満家の中年親父が
若い女の子を手練手管で篭絡って、ものすごく生生しいわ

111 :なまえ_____かえす日:2009/03/14(土) 21:23:47 ID:1x/oBaPb
大人になってから大人目線で読むと汚れちゃってるのが判るねw

あくまでも少女の読み物だと仮定すれば、
根底にあるのはファザコンなんじゃないかと思ったり

112 :なまえ_____かえす日:2009/03/14(土) 22:29:41 ID:iS2mhgqW
>>109
そのせいだと思うけど、アニメ板であしながおじさん猛烈に叩いてる人がいたな
よさげな子供見繕って、完全な監視下で自立する機会を奪って、金を与えて太らして食べごろになったら収穫
するという、ものすごく不健康な援助交際の話だとかって
単純にお伽話として読んでたから、驚いたな
時代だね
ウェブスターの出身と経歴考えると、自立はさほど当人にとって重要なテーマでなく、単純に年上男性への
憧憬をそのまんま形にしましたってだけだと思うけどな

113 :なまえ_____かえす日:2009/03/15(日) 01:36:56 ID:fhJ7pA4U
>ウェブスターの出身と経歴考えると、自立はさほど当人にとって重要なテーマでなく

えっ!?
ほんとに経歴把握した上で言ってる?

114 :なまえ_____かえす日:2009/03/15(日) 16:54:09 ID:cKuqXnBG
あしながおじさんと続あしながおじさんは、今読んでも良くできたロマンス小説だと思うんだ〜
ロマンス小説は「乙女の夢」が詰まっているから、フェミに叩かれるのは仕方がないと諦めている。

115 :なまえ_____かえす日:2009/03/16(月) 22:20:17 ID:0aW+MDaF
続はかなりシビアな話だと思うけど…

狂っているとはいえ妻子ある弾性を好きになって、
条件的には申し分ない婚約者を
「本当の自分を認めてくれない」って理由でふってる。
フェミに叩かれる要素は少ない気がするけどな。

116 :なまえ_____かえす日:2009/03/16(月) 22:43:43 ID:OLguTCHy
続は作者自身が入ってるからなあ
精神病云々は第一次大戦前に書かれた作品だと考えると
仕方ない部分ではあるし、それが当時の最新学説だったという
今じゃ触れられることの余り無い歴史も分かる

117 :なまえ_____かえす日:2009/03/16(月) 23:04:15 ID:hNx8ewxU
>>115に同意。自立した新しい女性だよね。
彼女にくらべればジュディはやはり、おじさまと早々結婚して
主婦におさまっても自然だったと思う。
戦うサリーはかっこいい。反発しながら相手を認めていく過程も好き。

118 :なまえ_____かえす日:2009/03/17(火) 02:30:36 ID:70VxwKpG
WW2でのナチスの優生学への異様な執着が理解不可能だったけど
続読んでから執着した理由がなんとなく分かるようになったな

続の時代には最新学説だった優生学思想が時を経て
一般に浸透した結果だったんだろうなと

あまりいただけない話かもしれないけど、そういった意味での
資料価値も続にはあると思う。



119 :なまえ_____かえす日:2009/03/19(木) 05:15:21 ID:RO079TnJ
それ故に、あんまり表舞台に出にくい作品になっているのが惜しいよね。<続


120 :なまえ_____かえす日:2009/03/25(水) 23:27:26 ID:R6oh0X0L
そこいら辺をうまくぼかして映像化とかしてもらえんかのう、続。
ツンデレ同士の大人の恋愛たまらんわ。

121 :なまえ_____かえす日:2009/03/26(木) 07:37:31 ID:9F8G3qu1
いっそ現代に置き換えて、児童虐待とかそういう方面での
トラウマに摩り替えるのはどうだろう
その場合孤児院院長サリーは政治家にとって理想の妻になってしまうが

122 :なまえ_____かえす日:2009/03/26(木) 20:09:05 ID:yAe76Bf+
孤児院の子供=問題が多いってイメージになっちゃうのがまずいのかも。


123 :なまえ_____かえす日:2009/03/27(金) 07:11:45 ID:GfqDw96Z
家庭というものを知らない、ましてや上流階級のマナーや常識とは無縁の
ジュディが、結婚して家庭を築き、夫の福祉事業にも意見をする、院長を指名するというのは、
これはこれでたいへんなことだと思うが。
また、続編がエンディングを迎えた段階では、ジュディもサリーもまだ若く、
今後、ジュディが作品を発表することがないとは言えない年齢。
それこそ、中年期を過ぎ、回顧録を出したら、とんでもなく面白いものになるでしょう。

124 :なまえ_____かえす日:2009/03/28(土) 01:05:12 ID:2vnMguAS
養子に対する捉え方も日本と海外で差があるしな。
もし日本を舞台に物語を展開したらものすごく陰惨でしめっぽいか
チープな道徳ドラマになってしまいそうな気がする。

125 :なまえ_____かえす日:2009/03/29(日) 23:53:32 ID:QHxcqXjZ
映画化とかしないかな
まず間違いなく改悪されるんだろうけどそれでも見てみたい

126 :なまえ_____かえす日:2009/03/30(月) 01:29:10 ID:KB8Ql9QY
正あしながの映画はあるけど、あれも別物だしなー
パッティのアニメが激しくみたいわ
日本アニメーション?で、子供時代のアンの話がアニメになるらしいけど
その枠でやってくれないかな(´・ω・`)

127 :なまえ_____かえす日:2009/03/30(月) 02:27:54 ID:ndP+9gho
パッティだったら問題なくアニメ化出来るよね。
メインが女の子3人で、そのほかも女の子いっぱいで絵面も華やかになると思う。

ところで、ウェブスター作品で時々出てくる「ジプシー型の美人」ってどんな感じなのかな?
何となく勝手に、ちょっと肌色が濃い目で黒髪で、
くっきりした顔立ちで特に目が大きい、ってイメージをしてるんだけど。

128 :なまえ_____かえす日:2009/03/30(月) 14:35:12 ID:CVWsbDbh
自分もそんなイメージ。
浅黒い肌、日本人と違った濃くて強そうな黒髪、彫りの深い顔で目が印象的

129 :なまえ_____かえす日:2009/03/30(月) 18:05:58 ID:I+2QK3J1
良スレ発見。
一番最初に読破した翻訳小説だった。
「ゼリーのプールで泳げるか」談義とか、当時真剣に考えた

130 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 09:10:18 ID:aAobYEz4
>>116
私も作者が入っているところが気になる。
当時の学説とは別に。
作者の夫の妻も同様に病んでおり、続編は再婚と前後して書かれ、発表された
わけだから…作者も、夫もかなりの名門(その妻もたぶん)なので、社交界の
反応はどうだったのだろう、と思う。

131 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 10:02:44 ID:NVCzm2VS
僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ、自分は天下の慶應生なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
激烈な入試を突破してから2年。
慶應義塾高校に入学したときのあの喜びがいまだに続いている。
「エリート養成機関 天下の慶應義塾高校」・・・・・
その言葉を聞くと、僕は自然と身が引き締まります。
慶應義塾高校の先輩、OBの方々に恥じない自分であっただろうか・・・・。
しかし、先輩方は僕に語りかけます。
「いいかい?伝統というのは学生が作り上げていく物なのだよ」と。
僕は感動に打ち震えます。
「塾高が何をしてくれるかを問うてはならない。
君が塾高で何をなしうるかを問いたまえ」
僕は使命感に胸が熱くなり、武者震いを禁じえませんでした。
でもそれは将来の日本を支える最高のエリートである僕たちを
鍛えるための天の配剤なのでしょう。
慶應義塾高校を作りあげてきた先輩はじめ先達の深い知恵なのでしょう。
慶應義塾高校に入学することにより、僕たち学生は伝統を日々紡いでゆくのです。
嗚呼なんてすばらしき慶應義塾高校哉。
知名度は世界的。人気、実力すべてにおいて並びなき王者。
素晴らしい実績。余計な説明は一切いらない。
ただ周りの人には「慶應生です」の一言で羨望の眼差しが。
合コンのたびに繰返される若い女性たちの側からの交際申し込み。
近所のマダム達からの熱いまなざし。
そしてあらゆる街を歩くたびに味わう圧倒的な慶應義塾高校パワーの威力。
慶應義塾高校に入学して本当によかった

132 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 18:46:09 ID:nhEeJgdZ
>>130
え?ウェブスターって再婚??

133 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 19:34:57 ID:sLKhuuDs
>>132
130じゃないけど、以前の過去ログに書き込んだ情報あり。
(これ、デフォルトとして>2以下に次回からつけられるといいね。)

ウェブスターは不倫してて、相手(裕福なオイルマネーの継承者)の妻は
精神を病んでおり、長年入院中。
で、相手は彼女と離婚して、ウェブスターと再婚。
こういう経緯があるので、精神病に対する偏見パワーアップなんでしょうな。
精神病の女のせいで、愛しい相手が苦しみなおかつ自分もケコーンできない、みたいな。

ちなみに旦那の妹とは親友なので、その辺は「ジュディとサリー」の関係に反映してるんだろうね。


>>112
でも私も消防時代から似たようなこと感じてたよ。
若草もあしながも、結局は少女が自立しないで適度なところへ納まるっていうのが
ゴールなんだ、ツマンネと。
若草ではメグがくそつまんない男と結婚させられるし、あしながではジャーヴィス、めっちゃ
感じ悪い。
面白いとは別のところで不快だった。

134 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 19:47:39 ID:vi8S7w5W
>>133
若草でそのフォーマットはジョーだろう
幼馴染の男とくっつけてというのが読者の要望だったが
そうせずに、年上の男と結婚

135 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 20:15:51 ID:sLKhuuDs
>>134
いや、メグです。
若草をよく読めば分かる。
(ジョーに関して言うならば、読者の要望こそロマンチックラブイデオロギーの王道。
しかしながら作者はむしろジョーに父親や超絶主義の路線を託した印象があるので、
あなたの指摘は、ややずれてると思うよ。)

メグに話戻すと、モファット家の金持ち男子じゃなく、地味で退屈そうな男とケコーン。
そしてメグの虚栄心はなくなるのでした、みたいな。
この「近寄ってきた金持ち男子ではなく、本当の愛に気づく」パターンが
子供心にうっとおしかった。
「赤毛のアン」で金持ち男子とくっつかないパターンもそれ。
正直、なんで冴えないほうを選ぶのかピンと来なかったw

ウェブスターのウィキによると、ビジネスに失敗した父親は薬物自殺、
不倫した旦那は元妻のことや家業のプレッシャーでアルコール中毒など
結構「思いっきり生電話」的人生を送ってらっさる。



136 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 20:16:27 ID:I2I0sP/G
若草の幼馴染みはむしろジャーヴィス系では?ジミーの方が近いかもだけど
個人的には、あの年上男は自分の信念の元に生きていてそれはそれで立派かと
ただやっぱり、ジョーの自活手段(どころか家族まで養えてたのに)を否定するんだよね
サリーとドクトルって希少種なんだなーと改めて思った

137 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 20:56:53 ID:nhEeJgdZ
>>135
wikiって、英語版とか?
日本版のwikiには載ってないんだが、どっか別にある?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

結婚して子供生んですぐ亡くなったってことは、その不倫相手との子供ってことか
波乱万丈な人生だなあ

というか、sLKhuuDsって斜に構えた中学生だったんだねw

>この「近寄ってきた金持ち男子ではなく、本当の愛に気づく」パターンが 
>子供心にうっとおしかった。

うっとおしいと思いながらも読んでたり、このスレにいるのは
別のどこかに魅力があったんだろうか

138 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 20:57:44 ID:nhEeJgdZ
↑ごめん、中学生じゃなくて小学生か

139 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 21:07:13 ID:sLKhuuDs
>137
英語版。
つか直リンはサーバ負担なのでやめてくれ。

あなたと違う意見だと「斜に構えてる」ことになるんかいw
しかし少しでも疑問点や批判を書くと、こういうこと書く人がいるのがなぁ。


140 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 21:45:18 ID:vi8S7w5W
自分が言いたかったのは、年長の男と聡い娘が
保護者的な関係から、夫婦へと関係を変えるフォーマットなんだが
女性史を文学的に見ると、「普通」じゃない賢い娘を上手く妻へと
方向転換させる大人の男というのが出てくるから


141 :なまえ_____かえす日:2009/03/31(火) 21:55:53 ID:sLKhuuDs
>>140
ああ、そういうことね。
そのフォーマットはジョー・・・のところの繋がりを誤読してたYO スマソ

私が感じてた娘誘導ケコーン

メグ・・・ネッド・モファットではなく、メグを導く地味教師
アン・・・富豪息子(名前忘れた)ではなく、ギルバート
ジルーシャ・・・ジミーではなく、ジャービス

なんだこの、丘の上の大叔父さんみたいな展開は、っていうかw
皆、ケコーンしたら娘時代のはねっかえりと縁が切れそうな相手とくっつけさせられるんだよね。
そこが当時の社会的プレッシャーだったのだろうが。

昔、ひこ田中が書いてた分析が鋭かった記憶あり>少女小説


142 :なまえ_____かえす日:2009/04/01(水) 00:33:21 ID:JFSD8nJQ
若草は作者の実体験が元になってるからなぁ。
美人の姉(メグのモデル)が冴えない男と結婚した事とか。


143 :なまえ_____かえす日:2009/04/01(水) 02:02:03 ID:8E2538MN
ウェブスターで書くのもなんだけど、ジョン・ブルックは本当につまらん男だった。
良かったのはすぐ死んだこととw、大黒柱死後も、メグ一家が苦労せず暮らせるような
手配・貯蓄をしておいたことくらいか。

144 :なまえ_____かえす日:2009/04/01(水) 02:04:04 ID:8E2538MN
× ウェブスターで書くのもなんだけど
○ ウェブスタースレで書くのもなんだけど

145 :なまえ_____かえす日:2009/04/01(水) 02:51:17 ID:DSR6Hoa2
>>139
リア消的な読み方してないってことでは?>斜に構える
批判じゃないでしょ

146 :なまえ_____かえす日:2009/04/01(水) 12:54:46 ID:cksxTcIg
>>139
あぁ英語版のウィキか。私は以前、このスレで、バッサーの図書館にリンクを
貼ってくれた人がいて、そこで読んだ。バッサーの図書館に遺族がウェブスター
の書簡などの資料を寄贈していて、その紹介の頁。
結婚相手の男性は、大学の同級生の兄で、大富豪の息子で弁護士、とあった。
数年間、内密に婚約していて、離婚成立を待ってすぐ結婚したようだった。
(アル中については、触れられていなかった)

松本侑子さんは、実際にバッサーに出かけて、見てきたようだね。大学時代の
親友たちとは、日本にも旅行していて、松本さんの本には、日本の帝国ホテル
滞在中に出した絵葉書も写真が掲載されていた。

子どもの時、はじめて読んだ「あしなが」のあとがきには、「あしなが」の成功後
間もなく結婚し、ふたりはジャービスとジュディのように、農場の生活を好み、
結婚後もよく滞在していた、とあったのを覚えている。
社交界とは、距離をおきたかっただろうな、と今になって思う。

147 :なまえ____かえす日:2009/04/01(水) 14:44:31 ID:Jga0LjUY
僕いろんなところに書き込みしてるんだ・・・えっへん

148 :139:2009/04/05(日) 01:06:39 ID:EMBkVUqE
>>146
そのリンク貼った人ってのは私のことです、どうでもいいが。

>>145
いや、だから自分にとってはそれが「リア消」的な読み方だったわけで。
なんか「○○な読み方=普通」みたいなカテゴリ分けに違和感感じるわけ。

>>143
ほんとクソつまらんよね。しかもストーカーっぽいしw
キモいんだよ、手袋エピソード・・。


149 :なまえ_____かえす日:2009/04/12(日) 23:36:14 ID:gy63BjcN
ホントに堅苦しくて糞つまらん上に貧乏で浮気性で最悪だったね。
一番美人でいい奥さんになりそうだったのにメグだけやたら冴えない運命で
仕舞には虚栄心もなくなりましたみたいなひどい扱いで
あんまりだと思ったけど実話だったのね…
一見堅物でも魅力溢れるドクトルは正反対だな。

150 :なまえ_____かえす日:2009/04/13(月) 00:22:54 ID:kk1GI1OQ
あの家庭教師って浮気性だったのか
若草物語は一番初めの奴しか読んでないから…

151 :なまえ_____かえす日:2009/04/13(月) 01:42:50 ID:5fWiXnBH
浮気性というか、メグが貧乏生活疲れでもう美人でもなくなり
子育てにかまけて自分を構ってくれないんで若い女に走りそうになるけど
メグが旦那をほったらかしたらダメと諭されて気遣いするようになったから
思いとどまるみたいな話だったような。
お前の甲斐性のなさが悪いんだろと子供心に腹が立った。
金持ちのボーイフレンドと結婚してたらジュディみたいな生活を送っただろうし
その方が幸せなタイプの女性の典型だったと思う。


152 :なまえ_____かえす日:2009/04/13(月) 12:37:09 ID:FAo3zOvS
いや、浮気とかしたわけじゃなくて、メグが自分のこと構ってくれず
家庭が面白くなくて、飲み歩くとか友達の家に寄ってから帰宅する、とかの感じ
若草スレじゃないところで何言ってんだかって感じだがw

ジミー兄さんが社会人になって苦労したせいか、坊ちゃんらしさが無くなって残念

153 :なまえ_____かえす日:2009/04/13(月) 15:07:38 ID:Fp/wzcMA
そうかな?
ジミーいつまでたってもガキっぽくて溌剌として楽しいよ。
手頃な良い娘さんに出会えるといいね。

154 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 16:05:42 ID:vkeQmOCH
若草に出てくる男はロクなのがいないから続編はつまらない。
あしながは端役も愛嬌あるキャラが多い。
この差は作者の男性観の違いなんだろうか。

155 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 17:48:08 ID:Hqa1P4pq
あしながの話しようぜ

156 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 20:23:13 ID:TMNXkrjh
>>154
サイラス閣下も、それはそれで面白いキャラだと思うw
サリーの絵のせいもあるけど。
ウエストは無いけど、緊急時すらオシャレなんだよな。

157 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 21:37:23 ID:OcRttEhL
歯科用椅子でくつろぐ、お金持ちの坊ちゃんも好きだ。
人がいいばっかりで、ちょっと抜けてるところもかわいい。

158 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 22:48:10 ID:9RD4DnFo
名前なんだっけ、アレグラをひきとろうとした人とかね
あとパーシーもいいキャラだ

159 :なまえ_____かえす日:2009/04/14(火) 23:44:47 ID:n9Ei+ozT
ブレッドランド氏か。
最初に読んだ時には「なんじゃーひでーおっさんだなー」と思ったけど
火事の後即座にやってきて有無を言わさず三人とも引き取っていく
太っ腹(サイラス閣下的な意味ではなく)にはまいったね。

160 :なまえ_____かえす日:2009/04/15(水) 00:21:30 ID:wcI5l/LX
憎まれ役もさりげなくいい場面があったりするんだよね。
閣下は妙に愛嬌があって憎めない。

161 :なまえ_____かえす日:2009/04/15(水) 22:36:23 ID:QIXt2Hwt
ジュディやサリーの表現力もいいもんな。
この二人だったら、メグの結婚相手とかの事も(同じ世界に居たとして)
面白おかしく語ってくれたと思う。

162 :なまえ_____かえす日:2009/04/16(木) 01:06:25 ID:ujw1Xoj0
ウェブスター自身がユーモア好きで面白い人だったんだろうね。

163 :なまえ_____かえす日:2009/04/30(木) 08:38:57 ID:373D2oHw
このスレで作者が不倫の略奪婚で、晩婚の高齢出産で亡くなったことを知ってちょっとショックでしたw

164 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 03:15:58 ID:6Jdhgt0y
新潮文庫の松本恵子訳の本を読みましたが、孤児なのにまるで今の感覚ではお嬢様言葉のようで、
丁寧すぎてすごい違和感がありました。言葉づかいがもう少し普通の訳で完訳の本はありませんか。

165 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 08:57:31 ID:i8Ph3/YS
役が気に入るかどうかは分からないが、偕成社文庫が完訳だしてる

166 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 20:33:47 ID:GGXEQogN
アニメ見て文句言うのはもうしかたがないよ
だってあれジュディまだ高校生でおじさまの犯罪度が大幅アップだわ
入学当初にもうジャーヴィー坊ちゃま正体隠して粉かけてるわ
社会で自立するとは?的なオリジナルエピソードが随所に入るけど本筋は原作どおりだわ

あれはあれで面白いんだけど、また別物だよね

167 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 21:42:53 ID:4p9l618d
孤児といってもジュディは特に文学方面で成績が良かったし、
手紙の相手は目上の人でかなりの年配と思っていたのだから
過ぎるくらい丁寧でもおかしくはないと思うけどな。


168 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 22:05:03 ID:6Jdhgt0y
>>165
偕成社文庫で完訳でてるんですね。抜粋はいやだったので。
新潮訳は〜でございます。ございますわね。とか、時代を感じる
孤児とは思えない言葉づかいでジュディに親近感を持ちにくかったです。
買って読み返しますありがとう。

169 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 23:04:13 ID:FxVEeKJ8
孤児とは思えない聡明さがジュディの魅力なんだが…

170 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 23:14:17 ID:6Jdhgt0y
聡明さと言葉の古臭さは違うと思います

171 :なまえ_____かえす日:2009/05/02(土) 23:17:49 ID:PKljDB95
原作のジュディはしっかりしてて、ちゃんと礼儀作法は出来るが
育ちのせいでちょっと他とずれる場面がある、基本真面目な子だと思う
ユーモアや皮肉は手紙だからふんだんに出してる面もあるだろうし
サリーはもっとオシャレで陽気で美人で活発なんだろうしな
いい子でジミーの妹って点しかアニメは出てこなかった
ジュリアはアニメが儲けものだよなあ、ツンデレでジミーと結ばれて


172 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 00:17:51 ID:0mm23cjn
>>170
いっそ原文を読めばいいと思うお

173 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 01:20:05 ID:vX1ILoeC
>>164
でも、時代を考えると「今の感覚」で訳すのがいいとも言い切れないのでは。
私は岩波バージョンしか知らないのでなんとも言えないが。
「木の下に本を置き忘れたらマシュー・アーノルドの詩集にピンクの波が押し寄せてましたわ、
おじさん」てな言葉が印象的で覚えてる。

(ちなみに大草原シリーズの「父ちゃん・母ちゃん」支持派だったりします。)

174 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 04:01:00 ID:l1yK3iyH
>>170
まあ好きなの読めば。人に噛みつくことでもないし。

>>173
まったく同意。正しく美しい日本語で訳されてる事が印象深い。

175 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 12:37:48 ID:J0MkSr6y
ジェーン・エアとかアンとか、もう一世紀以上前に書かれた本は
昔の訳でもあまり気にならないなあ
その古めかしさが、昔の時代に入り込める感じでむしろ好きだ

176 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 12:48:22 ID:g/txM2f9
どこぞの橋本さんみたいな古典の口語訳のほうが
違和感バリバリだったりするしね
あ、2ch語で読む古典とかいった方が今は適切なのかな・・・
おっさんなもんでそのへん計りかねるが

177 :なまえ_____かえす日:2009/05/03(日) 13:09:02 ID:Zrh9+x7s
現代基準でもジュディの手紙は目上の人に書くものだから
きちんとした言葉遣いで書かれてると思うんだけどなあ
変に現代風にされるほうが引く

178 :なまえ_____かえす日:2009/05/04(月) 23:26:37 ID:CefSrzKx
>>173、174
自分も同意。
岩波の遠藤訳は生き生きしていて、かつ品があっていいよね。

自分は谷川俊太郎訳も好きだけど、あれは完訳ではないのかしら

179 :なまえ_____かえす日:2009/05/05(火) 01:47:01 ID:4YteqxLV
遠藤寿子訳はジューディが明るくて生き生きしてて古風でも読みやすかったです正続ともに遠藤訳で読みました
もう売ってなかったので新潮版を買ったら・・新潮版好きな方ごめんなさいね


180 :なまえ_____かえす日:2009/05/05(火) 08:27:57 ID:V1oS23lo
しつこいなあ、もう良いよ
>>179

181 :なまえ_____かえす日:2009/05/05(火) 15:15:50 ID:I7ieJbcK
訳によって、英文の慣用句とか皮肉表現とかが文字通り約されているのとかもあって
別の訳の本を見て初めて気がつくのとかあるね。
「窓の外で犬と猫が暴れています」→「「土砂降り」とか
「ピンクの薔薇を足せば完璧」の好意的表現→皮肉表現 とか。
だから何種類も読んでみるのも面白いと思う。


182 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 09:51:05 ID:Hpcgs+Yg
>>180
これこれ。他人の意見をシャットダウンしない。

訳の話で盛り上がるのも、それはまたよし、ではないかい。


183 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 10:53:19 ID:iQRAmcYo
>>181
確かに。私も手に入る限りは全訳読んだな。何種かは覚えてないけど。
新潮文庫は、母の持っていた版もあって、
今買える改版後のものよりも、さらに古風な言葉遣いで実にいい。

184 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 12:11:36 ID:2ELikH+a
岩波文庫って、たまに重版をどーんとかけるよね?
待ってたら、新品手に入る機会あるんじゃないかな

185 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 14:41:49 ID:JjuTUClH
自分も最初に読んだのは遠藤さん訳の少年文庫。
正は今でも手に入るのに、どうして続を出してくれないんだろう。
もともとロマンティックな描写が上手い方だから、
サリーが自分の気持ちに気づいていく後半の盛り上がりが素晴らしかったんだよね。

186 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 16:34:34 ID:vokKcjrN
でも自説が受け入れられるまで繰り返ししつこく調伏されるのは勘弁かな
近所の宗教おばさんがそんな感じで困る

187 :なまえ_____かえす日:2009/05/06(水) 17:03:17 ID:yV04LJo1
>>185
岩波少年文庫は今は遠藤さん訳は廃番?のようで谷口由美子さん訳のになってる
青い城や岩波で大草原の〜を訳されている方

188 :なまえ_____かえす日:2009/05/16(土) 10:00:06 ID:tmvqBQBK
名の通った作家に新訳させる企画は本当に迷惑。
昔ながらの翻訳でいいのにー。

189 :なまえ_____かえす日:2009/05/16(土) 16:53:50 ID:XsoGN09G
迷惑って言葉も、これまた随分上から目線だな、ヲイ

どちらでも好きなほうを読めばいいだけなので。

190 :なまえ_____かえす日:2009/05/16(土) 22:10:47 ID:YI/R+248
確かに昔の名訳家の方が語彙が豊富だし言葉の使い方がうまい
でも古い言葉が多くて子供にはつらいということもあるし
一長一短なのさ

ハリーポッターみたいな酷い翻訳は問題外だけどね


191 :なまえ_____かえす日:2009/05/17(日) 10:36:15 ID:h6lmw7Mb
新訳が出るのは作品寿命が延びるということだからいいことだとは思う
ただそれで旧訳を廃版にされるのは泣く
複数選べるのが一番いいな

192 :なまえ_____かえす日:2009/05/21(木) 23:01:32 ID:3X9gCw0B
ジャーヴィスは遠藤訳では「ジュリアのおとうさんの末の弟」なのに
谷川俊太郎訳では「ジュリアのおかあさんの末の弟」になってるw
新潮の松本訳ではこの文はカットされてるしwどうやら完訳じゃないようだ
訳もなんだかいいかげんだなw本当はどれが正しいんだろ

193 :なまえ_____かえす日:2009/05/22(金) 02:06:45 ID:mXrOCj8L
>192
原書をあたってみたわけでもないし、そこまでする気はないのでアレなんだけど
ジュリアとジャービスって同じ「ペンドルトン」って名字だよね?
だとしたらジュリアの名字は父のものと思われるので、父の末弟というのが
正しいんじゃないかと。

ま、と言っても向こうの上流階級って、父方のも母方のも並べて誇示するから
なんとも言えないけど>名字

194 :なまえ_____かえす日:2009/05/22(金) 10:37:09 ID:nkttncsI
孤児のジュディは結婚後、ペンデルトン一族に陰口言われてそうだな

195 :なまえ_____かえす日:2009/05/22(金) 13:18:44 ID:VhXGVNAK
>>194
ジュディってどこまで素性を明らかにしてるんだろうね。
サリーには一切合切話したみたいだけど。
まあ素性を話さなかったら話さなかったでペンデルトン一族は色々言いそうだ。

196 :なまえ_____かえす日:2009/05/22(金) 20:14:52 ID:wKDGxlK5
>>193
ジュリアは「ペンドルトンの一派」的な事は書いてあったけど、
苗字がペンドルトンかどうかは特に書かれていなかったような気も…。
もしペンドルトンが母方の苗字で、ジャービスがその弟だとしたら
ジャービスが跡継ぎとして格上になるのも納得がいくな。


197 :ですな:2009/05/22(金) 22:24:38 ID:kg8NP6OT
一年目5月30日の手紙より

Mr. Jervis Pendleton of the House of Julia; her uncle, in short
(in long, perhaps I ought to say; he's as tall as you).

He's her father's youngest brother, but she doesn't know him
very intimately.

198 :ですな:2009/05/22(金) 22:29:44 ID:kg8NP6OT
ジュリアの名前は一年目10月1日の手紙に
Julia Rutledge Pendoletonとありますな

199 :なまえ_____かえす日:2009/05/23(土) 01:55:42 ID:gbWi+x3k
しかし原書にfather's youngest brother って書いてあるのに
なんでそんないい加減な誤訳を>谷川版

誰かに下訳させて監訳したって程度なんだろうけど、にしても下訳
レベル低すぎるぞ。

200 :なまえ_____かえす日:2009/05/23(土) 12:22:06 ID:3fXjh+e8
ジャーヴィスがジュリアのお父さんの一番下の弟なら、あとの農場からの手紙で
『そして、ペンドルトン家のなかで最上の家柄の方は、「ジャーヴィー坊ちゃん」なんです。
あたし、ジューリアが格式のさがった分家のむすめであることを、よろこんでお知らせいたします。』
ってあるけど、お兄さんの方が分家?一番下の弟が本家?なんてことあるのかな。なんだか変だ。

もしかして変に思う読者のために、訳者がわざと変えて訳したとか「ジュリアのお母さんの弟」に。考えすぎ?

201 :なまえ_____かえす日:2009/05/23(土) 18:50:28 ID:gbWi+x3k
>>200
うん、考えすぎ。
絶対単なる誤訳。っていうか編集者のチェックが実にいい加減だったということでしょう。



202 :なまえ_____かえす日:2009/05/24(日) 11:37:32 ID:UnysFIeX
>>200
農場の手紙の訳があっているならば、
本家に跡取りが生まれなくて分家からジャービスさんが養子に行ったか
ウェブスターが、最初に父の弟と設定したのを忘れきったかの
どちらか、だろうか
一族の家系が云々っていう話じゃないから、ウェブスターも訂正版出すまでしなかったのかも

203 :なまえ_____かえす日:2009/05/25(月) 17:30:25 ID:JIhvIfi5
ジュリアのお父さんは妾腹とか。

まさかねえ。

204 :なまえ_____かえす日:2009/05/25(月) 17:57:25 ID:hAzu/2Vv
一気に泥沼っぽいペンデルトン家にw

ジュリア父が、分家筋に婿養子や養子に行ったという場合もあるかと思ったが
普通、兄弟の上が出て行って弟が後を継ぐってないよなー
ジュリア父の上に長兄がいて、ジュリア父が婿養子に行った後に長兄が跡継ぎを残さず死亡
だったら、下のジャービスにお鉢が回ってくるかも

…そんな設定を決めても、あしながおじさんという作品に何の反映もされないわけだから
作者のミスだろうな

205 :ですな:2009/05/25(月) 20:47:18 ID:lb959rSL
一年目 7月12日の手紙より長めの引用
彼女とはセンプル夫人
彼はジャーヴィス

Since She discovered that I know him, I have risen very
much in her opinion. Knowing a member of the Pendeleton
family is the best introduction one can have at Lock Willow.
And the cream of the whole family is Master Jervie - I am
pleased to say that Julia belongs to an inferior branch.

これはセンプル夫人の贔屓目をそのまま述べているのではないでしょうか


206 :なまえ_____かえす日:2009/05/25(月) 21:45:30 ID:eKzgxwOo
あー、センプル夫人の目から見れば、ジャービー坊ちゃんこそが
一族で一番すぐれた人で、ジュリアのお父さん(の家系)なんか
比べ物にならない、って感じか

207 :なまえ_____かえす日:2009/05/25(月) 22:38:45 ID:SQHd3vir
でもそうなると、「ジュリアが格の下がった分家の娘」っていう一文がおかしくない?

208 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 02:42:54 ID:WcrIoPXw
確かに実際にジャーヴィスが跡継ぎかどうかの真偽は怪しくなってきたな。
センプル夫人の主観まっしぐらっぽい。
ジュリアに関する一言もセンプル夫人の決め付け感タプーリ入ってる気が。

209 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 07:28:21 ID:rojbFbmy
本当の跡継ぎ云々じゃなくて、ジャービー坊ちゃんは
(センプル夫人の目からすれば)一番の花形格
そういえば教会でみせびらかしたがってたし、本当に自慢なんだな

ジュリアに関しては、センプル夫人はジュディと同級生と知って
「あのお嬢さんは学校でお高くとまってらっしゃるだろうけれど
一族で大して重い扱いを受けているわけではありませんよ!」と
ジュディに、気にしたり引け目を感じることは無いということが言いたかったとか

210 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 11:06:12 ID:p/FdXKQa
アードレー家でいうところのアンソニーみたいなもん?
跡取りではないけど一番目立って皆から一目置かれている感じ。
まあ坊ちゃんは一族の中では変人呼ばわりだけど。

211 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 14:48:08 ID:WcrIoPXw
うん。結局「乳母」の贔屓目ってとこじゃないの?>センプル夫人コメント

ところでアードレー家ってなに?

212 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 16:31:26 ID:0XBuRYuK
>>211 アメリカ版 羅刹の家

213 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 21:37:12 ID:/snmWhTT
キャンディキャンディに出てくる大富豪一族だな。>アードレー家
そもそもあの作品自体があしながおじさんリスペクトだろう。

214 :なまえ_____かえす日:2009/05/26(火) 23:10:20 ID:2gNPuNw/
ジャーヴィスがペンデルトン家で一番の存在ってのはセンブル夫人の見立てだとしても
I am pleased to say that Julia belongs to an inferior branch.
「ジュリアの家がずっと格が下の分家だと聞いて私はうれしくなりました。」
ってとこは、センブル夫人がいくらなんでも分家と本家をいい間違えるとは思えない。
ずっと格が下っていうのはジャーヴィスに比べてってことだよね 。問題はここだと思う。



215 :なまえ_____かえす日:2009/05/27(水) 15:17:51 ID:EPopxD46
inferior branchって言い方をしているから、家の血筋とか格のことを指していると思うんだけれど
ジャーヴィス坊ちゃんは事業成功したか何かで羽振りがよくて、
福祉行為など家名を上げることも沢山している
ジュリアの家(ジュリアの父)は、ペンデルトン家の中ではそれほどパッとしない
というのは無理かな。ジュリアはジャービスのこと、たいそうお金持ちでと言ってるし

ジュリア父が婿養子というのは、
>>102のところと
ジュディが手紙で「ジュリアが私の母の苗字をしりたがって困った。ジュリアのお母さんは〜家という由緒ある名門らしい」
と書いてあるから違うよなー

216 :なまえ_____かえす日:2009/05/27(水) 18:32:12 ID:+hrH2Sdx
ジュリアの家のan inferior branchはやっぱり「格下の分家」しか訳せないよ
ジュリア父が兄なのに「格下の分家」なのはやはり作者が設定をたいして深く考えて
はいなかったということにつきる気がする





217 :ですな:2009/05/27(水) 21:07:08 ID:yjnJ2IUK
分家に対する本家にあたる英語はあるのでしょうか

長男でも次男でもファミリーツリーの枝という意味で
branchになるのかと考えたりしております

218 :なまえ_____かえす日:2009/05/27(水) 22:14:27 ID:+hrH2Sdx
branch は(同一の祖先から出た)分家 の意味らしいね
inferior が、より下のとか下位の、だから「格の下位の分家」になる

219 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 01:31:04 ID:ctbLkT+v
サリーとドクトルが一緒になったあと、本当にあの家政婦は追い出されたのだろうか。
スナイスさんのように、なんだかんだいって雇い続ける羽目になりそうな気がするのだが。

220 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 09:08:37 ID:x7I4fzCL
充分な退職金と引き換えになら、出て行ってくれそう
もしくは料理と身の回りの使用人は、別のを雇ってしまう
砂椅子さんは、善良ではあるんでキツく対応できないねえ

221 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 09:09:26 ID:x7I4fzCL
ごめん、砂椅子→スナイスさん …orz

222 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 21:45:48 ID:XJ+ZfwTB
スナイスさんは、身内に孤児院にとって有力な出資元が居るから辞めさせられないんじゃなかったっけ。
その他は、欧米的というか 割とすっぱり解雇してる気がする。
「天使の召し上がりものを作らせても恥ずかしくない腕」の料理番も、他の使用人と喧嘩したことで解雇されてたし
庭師のステリィも割と古くから居たみたいだけど問題があったから解雇だし、
確か次に雇った庭師(黄色い髪でえくぼの奥さん付き)も解雇だったし。

223 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 23:15:03 ID:y0t7Ns9X
スナイスさんはサイラス閣下の姪だったね
2番目の庭師は解雇してないと思う
ジョン・グリア院の火事で、新築した庭師用の家に入ってたところを
出されただけで
家は孤児の収容のため必要だったけど、彼らは孤児の役には
立たないから仕方ない、と

224 :なまえ_____かえす日:2009/05/31(日) 23:33:09 ID:eQPMc+rS
>>223
違う。スナイスさんは確か名無しの有力評議員の姪。
サリーは、閣下とスナイスさんが結婚してくれたら
二人まとめて追っ払えるのになーとか言ってたよ。

225 :なまえ_____かえす日:2009/06/01(月) 09:48:58 ID:1IiU/s/q
ああ、勘違いしてた
最も金離れのいい評議員の姪、だったっけ
年齢はいくつくらいなんだろう、スナイス嬢

ジョン・グリア院って、ジョン・グリア氏の財産を基に各評議員の
寄付金で運営されてるんだろうか? 
国や地方自治体からの補助は無いみたいだし

226 :なまえ_____かえす日:2009/06/01(月) 10:10:40 ID:FThmJc54
ジャービスが理事長で、運営権があるのがジュディで
経営委託任命されてるのがサリーであってる?
理事会と評議会はまた別なのかな。ようわからん。

227 :なまえ_____かえす日:2009/06/02(火) 21:02:36 ID:CmXBf56u
スナイスさんはアラフォー世代かと思ってる。
サイラス閣下とお似合いってことは、年齢もそれなりなんじゃないかなと。

リベット院長を退職させた時のいきさつってどんなふうだったんだろう。
「小公女」のセーラは最後に学校を出る時、ミンチン先生に向かって
「私はあなたが嫌いです」って言い放ってたけど、
そういう痛快シーンをちらっとでも書いてほしかったな。

228 :なまえ_____かえす日:2009/06/02(火) 22:29:46 ID:DGXBK/JL
リベット院長は丸きり悪人キャラじゃないんだよね
想像力がなくて気が利かなさそうで権威主義そうだけど、悪い人じゃないと思う

229 :なまえ_____かえす日:2009/06/03(水) 01:07:41 ID:l+jVC1oz
リベット院長じゃなくてリペット院長じゃないですかね旦那。
小公女のミンチン女史の拝金主義、権威主義っぷりのひどさとは違うよね。
古い因習や体制を維持してく厳格な保守派って感じ。
アニメは結構いい人っぽく表現されててビックリした。

230 :なまえ_____かえす日:2009/06/03(水) 09:29:37 ID:/HUrETCn
>>227
年取って仕事がきつくなったから引退とかそういう感じじゃないの?
リペット院長退職は

いくらジャービスが理事長となったとはいえ、それまで院長勤めて
いた人をやすやすと退職させるのは難しいと思う。
サイラス閣下のように支持してた人達も当然いるだろうし

231 :なまえ_____かえす日:2009/06/03(水) 13:05:48 ID:gEFiIytw
私もリペット院長は、ぼちぼち退職時だったんだろうと思った
多少、早くなったとかはあるかもしれないけれど

232 :なまえ_____かえす日:2009/06/03(水) 23:39:26 ID:l+jVC1oz
ドクトルはいつ頃からサリーを意識するようになったんだろう。
ゴルドンのための晩餐会を欠席したり結構あからさまに嫉妬してるような。

233 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 08:42:32 ID:rw5z7jVo
お茶に呼ばれるようになって、2・3回目くらいと予想
美味しいものと美女と楽しい会話のトリプルコンボだもの

234 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 09:16:12 ID:r/0bmBFF
往診先にも美味しいものと美女は結構いそうなもんだがな。
大怪我した後、ドクトル狙ってた婦女子数名のプレゼント攻撃があったというし
そこそこドクトルはもててたんじゃなかろうか。

235 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 09:34:31 ID:RY6F1wh5
入院した時の婦人客は、感激しやすい中高年の小母ちゃん達だとイメージしてた
そっちの可能性もあったか

236 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 16:09:35 ID:vi61/EJ8
ドクトルはやせ型でどんぐり眼(目が大きい)で、まだ十分若い。
サリーの指摘で服装もずいぶん改善されたっていうし、メンタル面もそこそこ満たされて
見た目も態度も最初の頃にくらべて格段によくなったんじゃないかな。
サリーの視点からも、ドクトルは孤児院&自分以外の人になら
医者的見地として(大人の)患者に愛想よく誠実に応対してたっぽいから
ひそかにドクトル狙ってた婦女子はいたと思ってる。


237 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 17:24:03 ID:rw5z7jVo
そうすると婚約者ありのサリーは、そういう目でドクトルを見てませんよということで
気安く話せるようになったのかな


238 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 18:51:18 ID:8qv1ccCy
最初の奥さんとはタイプの全く違う自立した美人ってのも大きいんじゃないか
いい喧嘩友達になれる相手だし

239 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 19:28:50 ID:I4zem6Pv
ドクトルが倒れた時、ふとんに涙をこぼしたり手にキスをした
女性達がいたっていう話じゃなかったっけ?
私はドクトルは変人なりに、意外にイケメン医者でモテモテだったと思ってる。
本人はいっこうに気にしてないというか、気付いてないくらい
浮世離れしてるっぽいけど。

240 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 20:36:05 ID:vi61/EJ8
>>239 そうそう。
火事の武勇伝がきっかけで感激したっていう英雄フェチ娘とは別に
絶対その中にドクトルに惚れてた女性もいたと私も思ってる。

ドクトル、自分のアドバイスでサリーを休暇に出させたけど
それがきっかけでサリーが婚約したと知った時どう思ったんだろうw

241 :なまえ_____かえす日:2009/06/04(木) 21:08:23 ID:RY6F1wh5
内心ではいろいろあっただろうけど
まあでもドクトルの奥さんもその頃は生きてたんじゃないの

242 :なまえ_____かえす日:2009/06/05(金) 00:59:01 ID:L9k8mM54
奥さんが亡くなったのが7月初旬
ブレッドランド氏やゴルドンさんのことで二人が仲違いするのが7月中旬
サリーがキャンプに行って婚約を決めるのが7月下旬〜8月初旬

ドクトル踏んだり蹴ったりの7月

243 :なまえ_____かえす日:2009/06/05(金) 13:01:50 ID:Aqh5sX+g
その間ドクトルが心を許せたのはアレグラだけか。

244 :なまえ_____かえす日:2009/06/06(土) 00:08:48 ID:uaJUBqTr
>>242
そりゃ見るからに陰鬱にもなるわな

245 :なまえ_____かえす日:2009/06/06(土) 00:59:31 ID:0TzmH6Hd
気の毒すぎる…

246 :なまえ_____かえす日:2009/06/07(日) 04:00:28 ID:p3M23RZz
作品中では精神病の奥さんは亡くなったけど作者の夫は精神病の前妻とは離婚したんだよね
これは作者の願望か


247 :なまえ_____かえす日:2009/06/07(日) 15:37:08 ID:NwSGj6Lj
そういうことだろうね。いくら話もできない状態だったとしても、
病んだ妻を捨てさせてしまった罪悪感があったんだと思う。

状況は正反対だけど、森鴎外がもと恋人のエリスを
発狂したことにしてしまったのと一緒じゃないかな。
実際は狂うどころか、鴎外を追って日本までやって来て
女郎屋に売られそうになった知人を助けたりしてる。
相当頭が切れて腹も座った女性だったらしい。
そこまで力のある相手と心情的に決着をつけるには、
ああいう書き方をするしかなかったってことなんだろう。

248 :なまえ_____かえす日:2009/06/07(日) 21:56:56 ID:bc5Dic47
まあでも、作者の実生活と作品とに共通の要素があったからと言って
必ずしも主人公=作者ってわけじゃないからねぇ。


249 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 01:46:52 ID:AF3shLpw
あしながおじさん書く以前から不倫してて続発売の年に前妻と離婚・結婚だっけ
こんな現実じゃ気持ち入ってなかったわけないと思う

250 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 11:32:44 ID:VbKkIHan
なんかそう思うと作品に関しても興醒めというか、
作者個人のスキャンダルは興味ないなぁ

251 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 13:04:53 ID:9SisTZC/
>>250 バイバーイ!

252 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 14:10:48 ID:VbKkIHan
せっかく盛り上がってたのにごめんね。ばいばい。

253 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 16:12:38 ID:0tk3VINF
251の方が興醒めというか、ただ煽ってるだけに見えるよ
作者個人のスキャンダルには興味ない人がいても別におかしくない

254 :なまえ_____かえす日:2009/06/08(月) 18:31:37 ID:+WKsRyhG
続って、お話として面白いしキャラも良いから
生々しい私生活と絡められるとちょっと…という気持ちはわかる。
そんなことより枕に張り付くヘヤートニックの話を

255 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 00:42:03 ID:BWJpcvXh
でも不倫してた事実があるから書いた話なわけで。

現実には「不倫」っていうスキャンダルがあったから
小説の中では「不倫じゃなくて訳ありやもめとの純愛なのよ!」ってことにして
なんとなく自分の心の中の整合性みたいなのをつけたかったんだろうなと思う。

まぁそれでも不倫して精神病の妻を離婚させた事実に変わりはないわけだが。


256 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 01:04:07 ID:r3n0b5We
>>254
結局あれは調合師のせいなのか、サリーの髪に合わなかっただけなのか。
ていうか、当時は処方してもらうもんだったんだな。

257 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 08:52:18 ID:gKaRP7NN
>>255
続の話の肝はそこだけじゃないだろう
メインは、あくまで孤児院というものの実践・合理的な改革

不倫してた事実は、このスレみれば何回か話題になっているし
しつこいよ

258 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 17:32:32 ID:BWJpcvXh
>>257
>>255の内容は、「続〜」のメイン云々ではなくて
あの話で精神病の奥さんを死なしている深層心理についてなんですが。

自分が見たくない話になると「しつこい」と書かれてもねぇ。
あなたにとってはしつこくても、私にとってはこの話書くの初めてなんで。





259 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 19:22:20 ID:DpDqZPBG
ジュディ達の大学の寮の部屋ってバス・トイレは各自の寝室についてるのかな?
パンをトーストしたり洗い物したりする時はどこでやってたんだろう?


260 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 20:50:06 ID:7r0l1B6d
原作に間取り図みたいなのあったような
リビングバストイレは二人くらいで共用なのかな?
洗濯は…食事も…メイドさんがいたとか…
まあ食堂付属のキッチンはあったと思う

261 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 21:02:56 ID:l1AkK7Z8
孤児院、いい男、精神病の妻、火事

嵐が丘だな

262 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 21:03:16 ID:l1AkK7Z8
あ、ごめん、ジェイン・エアだった

263 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 21:07:43 ID:DpDqZPBG
ちょうど読み返してたところなので気になったのよ
2年生の時の間取りは一つの書斎を囲んで3つの寝室
1年の時、友達を招いて部屋で軽い食事会みたいなのを開いて、
サリーが洗い物を手伝ってくれた、と書いてあったので


264 :なまえ_____かえす日:2009/06/09(火) 23:38:10 ID:r3n0b5We
バス・トイレ等は各グループ(二年のときなら、書斎を共有してる3人での共用)みたいな感じだとおもってた。
外国だと、そんなに入浴が頻繁じゃないというけど
基本的にお金持ちの若いお嬢さんたちのための部屋だし、
欧米式の客室って専用のバスルームが付いてたりするみたいだし
そんな感じなのかなーと。
あと、部屋の掃除とかも多分メイドさんの類の仕事だと思う。

265 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 01:01:04 ID:hr6+C926
>>255
精神病の奥さんに関してつい小説で遺伝説だなんだ持ち出して
心のやましさ軽減しようとするのは分からなくもないが
じゃあアル中についての見解はナッシング?とも思う。

アル中こそ遺伝するぞー。

266 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 01:46:41 ID:67ALCuJO
本当に現実のやましさ回避のための作品だったら、
作中で前妻との娘をそのまま放置とかしないだろうし


267 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 01:48:43 ID:hr6+C926
>>266
やましさ全てってことではなくて、明らかにやましさ軽減要素が見受けられるんだよなー。
まあ不倫してやましさ感じない方がおかしいけど。

作中よりも実際にいた前妻の息子@精神不安定気味 をどうしたんだろうと思ったり。

ウェブスターの伝記が読みたい今日この頃だ。

268 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 01:53:53 ID:67ALCuJO
>>267
その息子を作中では「娘」にしたって話じゃないの?作品と現実の混同派の人にとっては。



269 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 01:59:21 ID:hr6+C926
>>268
うーん、なんでこの話になると現実の要素を一切拒絶したがるの?

ウェブスターが書いた小説は彼女の実体験に多くの影響を受けていることは明らかなのに。
んなこと言ったらジルーシャが大学行ったこと、サリーが孤児院改革したことも全て
話せなくなると思うんだけどねぇ。

清教徒なみの頑なさを感じるよ。好きな作家だからマイナスの要素なんて見たくない!
って感じがするけれど(違ったらスマソ)、別に不倫していたからウェブスターの価値が下がるとか
そういう話をしている人はいないし。

作家の作品と人生との関連性を語るのは一種当たり前のことなのに。



270 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 02:43:21 ID:67ALCuJO
一切とは言わないけど、本人以外には答えを知らない問題について
あれこれ推測するのはワイドショー好きのおばちゃんっぽくて抵抗があるなーと思っただけだよ。
この経験が云々と、客観的な分析ならアリとは思う。ただ、今回に関しては
「やましいからって現実を改変してww」的な下世話さを感じたんだけど、真面目な分析なのだったらごめん。

271 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 07:12:50 ID:GUiA4jyd
作者は続の後結婚して、産褥で亡くなってるんだから
余りキャラと同一視するのもねえ…って気もするんだよね
そうでなくても、前妻やその子供の処遇はそこでウェブスターから
すっぱり切り離されるんだし
実際にどうだったかを知りたいなら、ここで話すより
アメリカのサイトでも検索するほうが分かるだろうしな

272 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 08:13:23 ID:Ofe4mTrL
>>269
スレ全体の雰囲気が語りたいほうにいっているならともかく
今は他に話題を持っていきたい人たちも多いんだから
そこで話を蒸し返すと邪魔にされるんだよ
また、話の流れを読んで話題にするか
ブログ借りてそこで延々論じてリンク貼ってくれ

273 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 09:50:59 ID:yAoit+Rr
自分の人生と混同して語られるのを、作家は最も嫌がるというけど。
無理にいちいち関連づけるのもくだらない。
しかもそういう雰囲気でない場なのに。

274 :なまえ_____かえす日:2009/06/10(水) 23:11:33 ID:jMVA4u4h
にしても作者の夫って結婚運ないねー初婚の妻は精神病で離婚、二番目の妻は一年足らずで産褥死なんて

ドクトルの妻が死んでなかったらどうなってただろう
ハッピーエンドにはなってないよねw

275 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 01:14:14 ID:EyZEyRxN
ジュディ&ジャービスはサリーとドクトルにくっついて欲しいと願っていたのかな。
サリーが誰にも見せずに絶対破いて捨ててと言ってた、ドクトル抱擁の件は
実際は夫婦でニラニラ読んでたのではないかと邪推してしまうw

276 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 02:29:48 ID:zoDgSTBi
最初のほうで、「私を釣る餌として興味深い医師を用意したとか…」みたいな手紙を書いてたし
途中で奥さんが居ると知ったとき、「ジャービスさんはこの事を知らなかったのでしょうか」のあたりからも
サリー本人にはっきり「付き合うといいよ、いいやつだよ!」的な話をしてたんだと思う。

277 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 07:33:21 ID:w+89lO9N
でもその時点でドクトル妻は生きてたわけだし
妻子持ちをサリーの恋愛相手にすすめるかな>ジャーヴィス

278 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 09:35:23 ID:4cNi8nbA
お世話していた孤児に手を出すジャービスなら、
妻子持ちくらい気にせずすすめるだろうw

279 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 15:28:14 ID:ouLKCj8G
さすがにそこまで脳天気ではないと思いたい…
他にもドクトルを狙ってる女性がいたとしたら、
同じ村に住んでても既婚だと知らなかったってことになるし
(知ってたらさすがに遠慮すると思う)
ジャービスが知らなくてもおかしくないのでは。

前に誰かが書いてたけど、作者の旦那さんは学生時代の友人の兄弟だったの?
だとするとその人は兄と友達の仲に反対しなかったのかな。

280 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 18:43:21 ID:0A9W4Ag6
ドクトル的にも、奥さんの事が負担なだけになっていた、みたいなことが書いてあったし
そもそも、あまり自分のことを語るタイプじゃないから
ジャービスにも話してなかったのかもね。
ドクトルとジャービスが知り合う前にもう奥さんは入院していて、
ジュディと結婚したばかりでハッピーなジャービスが
ジ「君も良い奥さんでも貰って元気を出したまえよ」
ド「……」
ジ「(よし、ジュディに良い女性の心当たりを聞いてみよう!)」的な。

でもジュディはジュディで、サリーにはゴルドンが居るのを知ってたし…?
もしかしてゴルドンさんって、“パーシィさんが熱を上げてた間の抜けた顔の娘“みたいに
端から見たら早く別れたほうが良いような相手だったのかな。

281 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 19:23:29 ID:mZ2TQts3
>>280
ゴルドンと別れさせたいがために、ってのは
最初からそうだと思ってたな
ジャービス社会主義者だし

282 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 19:29:39 ID:w+89lO9N
261も言ってるけど、かくされた狂人の妻なんてほんとにジェイン・エアそっくりだね

283 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 19:31:34 ID:icUkLlLU
魅力的ではあるけど夫としてはどうか、ってのは第三者が見た方が
わかりやすいんじゃないかな
まあ、別にサリーに縁談世話しようと思ってたわけじゃなくて、純粋に知的で
興味深い人物としてドクトルを紹介しただけかもしれないが

284 :なまえ_____かえす日:2009/06/11(木) 19:55:48 ID:zoDgSTBi
描写を見る限り、子供の教育も兼ねる場所のわりには
職員のインテリっぽさには欠ける場所のような印象だったし
大学卒のサリーの知的好奇心を満足させられる仕事仲間が居るよ!って感じなのかな。
>>281のように、政治的信念で云々っていうのはありそう。
ジャービス、最初っからその点でゴルドンのこと嫌ってたよね。

285 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 00:45:00 ID:Hs4B3cG8
>>272
いやさぁ、自分の見たくない話だと「邪魔」みたいな扱いするのがなんだかね、と思うわけで。
むしろ2ch向きじゃないぞと不思議に思うんだよね。

>>279
ウェブスターと不倫夫の妹はヴァッサーでの大親友。セツルメント活動での仲間でもある。
よって相手の妹=サリー的扱い。

286 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 01:20:30 ID:Hs4B3cG8
>>284
そりゃ孤児院の仕事や病院の看護婦なんかは下層階級の女@しかも訳あり多し、が
務めるものと決まっていた時代だからねぇ。

ウェブスターのような人がガンガルのは日本で言うところの一種の白樺派チックと言うか
「美しい村」運動に似てる。


287 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 03:22:39 ID:bX9rqBDq
>>285
ジュディのモデルとかいうアデレイド・クラプシーもヴァッサー大の親友なんだよね
詩人らしいけどクラプシーって有名なのかな聞いた事なった。

288 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 07:17:20 ID:qcm380bv
>>282
ゴシック・ロマンのパロディ+当時の最新流行思想や優生学
なんだよね、サリーとドクトルの関係って
そう考えると面白い、作者云々はこの際置いておいて


289 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 08:24:04 ID:RAy8Y4bg
そのうち、サルガッソーみたいにドクトルの前妻や娘が主役の小説が出るかもw

290 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 08:48:27 ID:6auwgOk+
>>289
ウェブスター以外が書くんじゃあパロディと同レベルでは

291 :なまえ_____かえす日:2009/06/12(金) 13:56:49 ID:W9QW0kds
今さらだけど、カリカック一族ってちゃんとwikiに載っててへ〜と思った
ちょうどウェブスターの時代の新進の学説だったのか

292 :なまえ_____かえす日:2009/06/13(土) 01:09:54 ID:9yBMeqQr
前にもカリカック一族の話は出てたね。

ウェブスターはロンブローゾとか信じてたのかな。

>>287
へー、知らなかったよ、そんなモデルがいたんだね。
教えてくれてありがとう。
ってことで、アデレイド・クラプシーをググってみたんだけど・・・
なんだよー、ジョン・C・ライリーみたいな顔してんじゃねーかよ・・・orz

アデレイド・クラプシー
ttp://images.google.com/images?hl=ja&safe=off&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7SUNA_ja&q=Adelaide%20Crapsey&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

ジョン・C・ライリー
ttp://www.imdb.com/name/nm0000604/

293 :なまえ_____かえす日:2009/06/13(土) 02:26:30 ID:bnBjsuC8
この人白人?なんか黒人ぽい。血混じってるとか?
うーんジュディのイメージとなんか違う・・見た目じゃないんだろうけど。

294 :なまえ_____かえす日:2009/06/13(土) 15:43:40 ID:hSn7fWCN
性格上のモデルでしょ

295 :なまえ_____かえす日:2009/06/17(水) 13:02:13 ID:x8rPNE70
そもそも黒人の血を引いてる人が、あの時代最高学府に入れるものかな?
基本お金持ちor良家の子女ばかりが集まってたんだよね。
「おちゃめなパッティ」のキッドみたいに西部育ちはいても、黒人はいないんじゃ…

1枚目の笑顔の写真はジュディっぽいなと思ったよ。

296 :なまえ_____かえす日:2009/06/17(水) 14:10:40 ID:rCpMb4uI
あしながおじさんのほうを何度も読みすぎたせいか、
無意識にパッティが孤児だと勘違いする時があって
家族からプレゼント貰ってるシーンとかになると、アレ?って思ってしまう。

297 :なまえ_____かえす日:2009/06/18(木) 00:36:53 ID:YD5YFvlz
>>295
ブルックリン出身てのがね・・アフリカ系が多いんじゃなかったけ

298 :なまえ_____かえす日:2009/06/18(木) 00:39:29 ID:ezwlI7iI
>>295
黒人の血が入ってる訳はないよ。あの当時だからねぇ。

>>297
知ったかしてるけど、今の感覚で考えすぎw
ハーレムだって昔はオランダ人が作った街だったんだから。その名前から分かるように。

299 :なまえ_____かえす日:2009/06/18(木) 01:21:03 ID:ony7spmt
まーモデルったって、一から十まで同じに書くわけでも無いよね。
ジュディは、途中からえくぼが出来るくらいにはなったとはいえ
やっぱり多少ほっそり気味のイメージ。
思春期に脂肪細胞が増えないと、基本一生太りにくいって言うし
孤児院の生活があれだったから、ジュディもきっとそれに当てはまると思う。

300 :なまえ_____かえす日:2009/06/19(金) 07:30:10 ID:99B1mapq
>>298
なぜ無駄に嫌味な言い方をするんだw

301 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 00:17:55 ID:X9RQltRJ
>>300
ブルックリンてのがね・・・ていかにも「知ってる風」を装った発言なのが
ウザくて。


302 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 00:31:32 ID:iN/4JFRK
>>301
そうなんだ。でも、匿名だからって嫌味な人は
知らぬ間に顔にも出てると思うよ。

303 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 16:02:05 ID:X9RQltRJ
>>302
親切を装ったイヤミの書き方は、あなたに学ばせてもらおうと思いますw

304 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 19:47:53 ID:iN/4JFRK
>>303
イヤミじゃないよ。
普通に「ちょっと気に触ったくらいで相手を貶める習慣が付くと顔に出るから気をつけた方がいい」という話。



305 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 23:52:25 ID:S+DONWby
どうでもいい
よそでやれ

306 :なまえ_____かえす日:2009/06/20(土) 23:57:15 ID:9FH4K7Ez
ここって
作者の不倫話とかアフリカ系疑惑?w程度ですごく反応するひといるよねw
作品や作者のきれいなイメージをこわすとか?でもここ2ちゃんだしねーwww


307 :なまえ_____かえす日:2009/06/21(日) 00:46:37 ID:dnMD7zYg
うわ、また来たww しつけーw

308 :なまえ_____かえす日:2009/06/21(日) 01:28:48 ID:V2Xy1BzM
サイラス閣下並にうぜええええ

309 :なまえ_____かえす日:2009/06/21(日) 02:32:01 ID:TrohuYXk
とにかくここは「違う意見」が出るとやたら糾弾する人多し。
2chなのにねぇ。
板自体が過疎ってるから仕方ないとはいえ、なんだかなぁ。

310 :なまえ_____かえす日:2009/06/21(日) 21:36:21 ID:A5884mk0
そんなのここに限らないと思うけどねー。

311 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 00:23:07 ID:kMsptf0X
ここは人数少ないから目立つんだよ。

312 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 00:55:17 ID:rV8OnmCe
2chなのにねーの理屈を通したいなら、
違う意見を言っただけで罵倒されたり、ウンコって言われたり、死ねって言われたとしても
2chだからそれもありなのよねー。しょうがないじゃーん。

313 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 13:47:37 ID:RIc8kkDH
そんなことより肝油の話しようぜ。

314 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 15:05:55 ID:Eiv+X90B
肝油ってマズイんだよね?
子供の時肝油ドロップって飲んだ記憶があるけど、糖衣錠の状態で
むしろ飴玉のような感じ

315 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 16:09:15 ID:RIc8kkDH
肝油というと肝油ドロップしか知らなかった。
外国の肝油は液状でまずいものなのかな?

316 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 21:19:03 ID:41l0fCZ7
本来は液体だね。サメやエイ、タラなんかの肝臓から取る。
ぐぐってみたら、肝油ドロップを作ったのは日本のメーカーなんだな。
(現在では生の肝油は使ってないらしいが)
今は液状の肝油をソフトカプセルに入れて飲みやすくした製品も多いから、
ドクトルも苦労しないなw

317 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 21:27:19 ID:k5VYMbkd
(`┏┓´)関羽だ!

318 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 21:59:37 ID:RIc8kkDH
ぐぐってみたら生臭くて苦いって書いてあった。
子供にはキツイだろうね。日本の肝油ドロップがあれば
「ドクトル肝油」のあだ名も違った意味になったろうに。
ハッカドロップてあんまり嬉しくないんだけど、当時はおいしい部類に入る飴だったのかな。

319 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 23:05:41 ID:O4pDacAy
ハッカドロップって、サクマドロップの中に入ってるけど
あれ苦手な人多いよね。
歌で笑いものにしてるくらいだから、嫌いじゃないけどちょっと微妙な扱いな気がする。
サリーは、子供が歯医者に行ったご褒美にチョコレート一粒あげるって書いてたけど
こっちはきっと嬉しいご褒美なんだろうな。
ちょっと「また虫歯になるぞ!!」と思ったけど。

320 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 23:21:21 ID:k5VYMbkd
まんが道 では「ウンマ〜イ」と書かれていたけどな。
やはり砂糖が無かった時代なので甘さは貴重だったのだろう。
母に聞いたら「ゼリービーンズとか好きなので、
肝油は嬉しかった」って言ってたけど。

321 :なまえ_____かえす日:2009/06/22(月) 23:45:35 ID:O4pDacAy
>>320
あれは糖衣の肝油ドロップだから美味しいけど、
あしながに出てくる肝油は液状だから魚臭いんだよ。

322 :なまえ_____かえす日:2009/06/23(火) 13:20:38 ID:u2HCeT8j
アルプスの少女のクララも肝油嫌いだったな

323 :なまえ_____かえす日:2009/06/23(火) 13:40:16 ID:I9CraR/b
>>318、319
当時はポピュラーなおやつだったと思う。
第一次大戦前の時代を書いたジェイムズ・ヘリオットの作品でも、
同僚が患家の子供たちにあげるために持ち歩いてるって描写が出てくる。
笑いものにしてるなんて発想はまったく浮かばなかったよ。
それまでお菓子に飢えていた子たちだし、普通に喜んだと思ってた。

324 :なまえ_____かえす日:2009/06/23(火) 15:11:33 ID:LbXzZHnT
>>323 トン。ハッカドロップって当時の子供は大喜びだったのか。
夕飯でハッカドロップとイチゴジャムを足してもらえたマミーちゃんは
皆から羨ましがられたんだね。

325 :なまえ_____かえす日:2009/06/25(木) 00:02:09 ID:DjvOKRLY
自分は新潮社版しか読んだことないんだが、ジュディのあしながおじさんに対する手紙の文章が
初めての手紙の時はそれこそ馬鹿丁寧すぎる滑稽な敬語(それがまた面白いんだけど)を多用してるのが
だんだん適度な敬語表現になっていくのがすごく良いなぁと思う。
大学で教養が増してるのとおじさんに対する親しみが増してるのを感じられて好きだ。
もちろん全体的に古めかしいけど美しい日本語訳だから最後まで丁寧なのは変わりないんだけどね。
原文の英語表現ももし読めたらそういう微妙なニュアンスの変化とかを感じられるのかなぁ。

326 :なまえ_____かえす日:2009/07/06(月) 22:40:42 ID:AK4dc9vJ
言われてみると、確かにそうだ!
あれ、原文でもそうなのかな。
ニュアンスの話だろうから、自分の英語力では判別つかないと思うけど…。

327 :なまえ_____かえす日:2009/07/07(火) 11:58:40 ID:osUZtUlN
パッティにも狐狩りゲームが出てくるんだね。色紙をまくやつ。
当時はポピュラーな遊びだったのかな。やってみたい。

328 :なまえ_____かえす日:2009/07/07(火) 16:57:10 ID:nzEqh/cu
紙ゴミの不法投棄ですね、わかります。

329 :なまえ_____かえす日:2009/07/08(水) 18:56:00 ID:NZlQPF09
あしながの狐狩りは、初めに狐役の人間がいるという記述を読み飛ばして
何で狐がお茶を?途中からジュディの創作?って一瞬疑問に思った


330 :なまえ_____かえす日:2009/07/08(水) 22:52:01 ID:rZ/kxh3u
色紙まきながら逃げる狐を追いかけるんだったら、
もう色紙見つけた時点でずっと色紙のあとを追いかければ済むだけで
そんなにゲーム性が無いような気がするんだけど
何か細かいルールとかあったのかな。
せいぜい本物の足跡と違って、進んだ向きが判らないってくらいだよね。

331 :なまえ_____かえす日:2009/07/13(月) 02:02:27 ID:z7rgP8+W
>>286
ウェブスターが入学するより少し前にバッサーを卒業した山川捨松は、卒業後
すぐ病院でトレーニングを受け、正規看護婦の資格を取っていたはず。
捨松の他にも教育レベルの高い女性で、看護の指導者の道に進んだ人はいたんじゃ
ないだろうか。もっともまだまだ数は少なかっただろうけど。

332 :なまえ_____かえす日:2009/07/13(月) 14:30:11 ID:B7hGJ6gS
山川捨松は会津戦争を経験してるから、
看護知識を身につけた者の必要性を痛感してたんだろうね。
フローレンス・ナイチンゲールもいい家の娘だよね。
そういう上流階級の人が本気で動かないと時代は変わっていかなかったはず。

それにしても、ウェブスターが学生だった頃ってまだ明治なんだよね…
こう言われると改めて時代の違いを感じる。
あの時代に大学に進んで、社会活動に力を尽くした女性っていうのは
ほんとうに稀有な存在だったんだな。

333 :なまえ_____かえす日:2009/07/14(火) 01:40:47 ID:GuhlphT2
社会活動に尽力するのって素晴らしいことなんだけど
「当時の社会が男性社会なので、慈善や教育のような
『手を汚さないレディの分野』に留まらざるを得ない」
実情もあったんだよなといつも思ってしまう。

捨松や津田梅子は日本に帰ってきたら、アメリカで得た知識を活用するつもりだったのに
そんな体制は日本に整ってなくて、大山巌と結婚した捨松に与えられた仕事は
「鹿鳴館に集う貴婦人にダンスや英会話を教えること」

捨松と梅子の手紙には「こんなことのためにアメリカに行ったのだろうか」という言葉が
何回も出てきたはず。

梅子は拒食症になったという説もあるね。

ちなみに捨松は徳富蘆花の「不如帰」で意地悪な継母のモデルとされたり
苦労もしてる。(一方的に決め付けられたから、後に蘆花が謝罪)

334 :なまえ_____かえす日:2009/07/14(火) 04:24:07 ID:i5D4/Jx0
捨松は、看護婦養成所設立のための募金パーティーなどで非常に活躍
しているよね。ちょっと気の利いたことを言っては、紳士の財布の紐
をゆるくさせるのが得意だったようだ。
これって、ちょっとサリー風味。バッサー仕込みかな? ジュディも上手そうだ。

少女期に会津戦争で負傷者の手当てを経験する→日本で初めての女子留学生になる
→日本で初めての女子大卒業生かつ正規看護婦となる→名流婦人として
看護婦養成所のために尽力する→前妻の娘が結核に罹患、アメリカ仕込みの
本格的看護をするが、それを継子いじめと誤解され非難の嵐






335 :なまえ_____かえす日:2009/07/16(木) 14:14:37 ID:xsFSaJxV
なるほど、確かにサリーっぽい。
時代が彼女たちに追いついてなかったのがつくづく惜しいな…

捨松やサリーが現代に生きていたらどんな仕事をしてるんだろう。
自分でNPOを設立したり、大学や専門学校の講師とか、
政治を動かすために議員になるって可能性もあるな。
彼女たちならやろうと思えば何でもできそうだ。

336 :なまえ_____かえす日:2009/07/16(木) 20:09:15 ID:lsQEv/xy
冒頭のサリーの大学卒業後は、たまにボランティアしながらセレブライフ
って書くと現代でも普通に通用しそうだな
まあ、現代ならゴルドンは孤児院辞めろとは早々言わないだろうが
アメリカの政治家の妻としちゃ理想的だ、サリーは

337 :なまえ_____かえす日:2009/07/17(金) 18:51:55 ID:BPmu7Xba
政治家の奥さんって結構大変そうだし
現代でも、理事の一人として経営に参加はともかく
院長になって日々子供の面倒を〜となると結構無理がありそう

338 :なまえ_____かえす日:2009/07/17(金) 22:22:30 ID:CmEBGtVf
だからゴルドンも、結婚したら院長辞めさせるつもりだったんだな。
慈善事業に深く関わっていたっていうのは、政治家の妻としての世間受けはすごく良い、というか
むしろ必須項目みたいなもんだし。

339 :なまえ_____かえす日:2009/07/17(金) 23:45:46 ID:uWY4l2XE
辞めさせるというか、サリーとしてもゴルドンとの結婚と
孤児院の院長職は両立しないのは分かってたんだろうな
たとえゴルドンが普通に気の合う人だったとしても破局してそうだ

340 :なまえ_____かえす日:2009/07/18(土) 01:53:12 ID:ws6UbdCq
どこに住むのかが問題になってしまうしね。

ジュディはあれかな、名流婦人となって、パーティーやバザーで寄付金
集め。孤児院で育ったことを世間に明かすことはあっただろうか。

341 :なまえ_____かえす日:2009/07/18(土) 20:48:08 ID:Kq4O8Bbu
ゴルドンが仕事を辞めさせたがってるのは、サリーに婚約者の自分より
夢中になってるものがあることが気に入らないのもあると思う

342 :なまえ_____かえす日:2009/07/19(日) 00:14:17 ID:HZb0sC6Z
あと、傍から見たらサリーが明らかにドクトルに気持ちを傾けていたのが判ったのかも。


343 :なまえ_____かえす日:2009/08/31(月) 23:01:24 ID:OJf1S7lz
いくら売り手側が強引に「セクシー」「ファッション・アイコン」と持ち上げてみても、
童顔と低すぎる身長、幼児体型、それにハリポタのイメージのせいで、
残念だが「ハリウッド女優」Aリスト入りにはいま一歩手が届かない。

ちょうど、「家なき子」の安達裕実や「アダムス・ファミリー」のクリスティーナ・リッチと同じで、
簡単には消えない子役上がり特有の芳香が邪魔するのだ。
http://www.news-digest.co.uk/news/content/view/5299/83/

344 :なまえ_____かえす日:2009/10/10(土) 09:43:28 ID:+NTeXYka
ttp://www.ohzora.co.jp/release/detail/?format=comics&isbn=978-4-7767-2793-4
>なに不自由ない家庭で育った令嬢サリーは
>学生時代の親友から、孤児院の新任院長を頼まれる。
>その惨憺たる状態と今まで知らなかった世界に、
>最初は途方に暮れてしまうが、理想的に変えるため奮闘する。
>手助けをしてくれる医者ロビンはハンサムで魅力的だが、
>あまりに傲慢で頑固。二人はことあるごとにぶつかりあって…!?

まあ確かにそういう話なんだが、こういう方面で来るとは思わなかったw

345 :なまえ_____かえす日:2009/10/10(土) 10:33:20 ID:Hx2A8O5K
なにこれw
ハーレクインロマンスかと思った

346 :なまえ_____かえす日:2009/10/10(土) 20:26:17 ID:0F8nzwLb
誰か感想を。

347 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 07:27:36 ID:ijN22zeC
なぜこのタイトルw
まあ、婚約解消とか火事とか結構メロドラマな展開あるけどさw

348 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 09:21:13 ID:b9d9A2CU
こないだまでハーレクインをコミック化してた出版社の
そっち系のレーベルだから
ハーレクインテイストに脚色されてると思う

349 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 10:07:33 ID:rnOsc68T
ある意味根幹の精神病ネタ使えないから、アレンジは仕方ないしなあ
取り敢えず本屋行ってあるか見てくる
サリーがちゃんと赤毛なのがいいわ
ドクトルをいきなり「ロビン」で書いてあると一瞬誰かと思ったがw

350 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 18:05:13 ID:HbwPZyEB
>>344
予想外wwww

351 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 19:10:58 ID:gt7wTHun
349だが買ってきた
ストーリーはほぼそのまま、サリーとドクトルの関係を
中心にダイジェストでまとめた感じ
ページ数の都合もあるし、孤児のエピソードが殆ど無いのは残念
アレグラと兄たちは出てきたけど
ドクトルの妻子については
娘幼くして死亡→妻衝撃でアル中になり入院に改変されてた
まあこれは仕方ないか
題名は「Dear Enemy」のままで良かったんじゃないかな
一応作中でも敵呼びはしているし
(流石に訛りで会話するのは無かったがw)
基本的に作中にあったエピソードで話を展開してるのに
ハーレクイン系になってるのは、やっぱり手紙形式とか
細かなエピソードや精神病や福祉等の背景を除くと
ロマンス要素が強い話なんだねえ

352 :なまえ_____かえす日:2009/10/11(日) 19:51:48 ID:uP6P4KPk
>>351
乙。
ロマンスかぁ。
確かにそうかも。
うん、あしながおじさんより恋愛面も面白かったな。
でも、孤児のエピソードも楽しかったんだよね。
ポンチくんとか。

353 :なまえ_____かえす日:2009/10/12(月) 00:21:02 ID:Y1S0YKYS
久しぶりにスレ進んでるから、何事かと思ったw

>>344
それ、某ウェブスター関連リンクで貼られてて、
こんなタイトルの話もあったの??とぐぐって
原案知って吹いたw
確かにハーレクインの方向に持ってくこと可能だわ
凄い着眼点ww

354 :なまえ_____かえす日:2009/10/12(月) 09:21:35 ID:CNgCLtZR
コミカライズなら勝田文の『Daddy Long Legs』が好き

自分はこれ読んで原作にはまった

355 :なまえ_____かえす日:2009/10/12(月) 14:01:52 ID:nnA7pg1d
自分は子供の頃に読んだまるやま佳の作品
(ダイジェストだけど)が印象に残ってるなあ。
ユーモアと品があって可愛い絵で、
他にも「ふたりのロッテ」とか名作系を描いてた。

356 :なまえ_____かえす日:2009/10/13(火) 05:04:34 ID:QEJZ16M+
>>344
コミック…?ちょっと気になるなー。今度見てみよう。
表紙を見る限り、サリーのイメージが結構違う(本家のイラストが天然パーマっぽかったから)けど…。
ドクトルは、あんまり具体的なイメージが無かったからなんとも言えないや。

357 :なまえ_____かえす日:2009/10/13(火) 20:23:26 ID:GusSqh8z
>>344に感謝。
読みました。
深夜の急性アルコール中毒がちょっぴりほのぼのエピソードに…
スタリーがそこはかとなくエロい脅しを…
ジミーさんがひとコマ登場したのが意外。
ジャービスさんはイメージ映像でネタばれにも配慮かしら。

358 :なまえ_____かえす日:2009/10/13(火) 20:51:00 ID:LkE0ddF/
>>356
小説確認したら、ドクトルの外見は
「背が高くやせ型で、薄茶色の頭髪に冷たい灰色の眼」だった
大体合ってる


359 :なまえ_____かえす日:2009/10/14(水) 05:24:44 ID:EOSAmT3V
>>358
ドクトルはメガネかけてなかったっけ。
たしか、たびたびそんな描写があったような気がするんだけど…
ハーレクイン的には、メガネ男性はNGなのかな


360 :なまえ_____かえす日:2009/10/14(水) 09:51:25 ID:I1mr14/l
ドクトルがメガネ?そんな描写やエピソード覚えてないぞ。

361 :なまえ_____かえす日:2009/10/14(水) 15:03:42 ID:1nQ/3wNB
メガネをかけてる男性はサイラス閣下しか覚えてないw

362 :なまえ_____かえす日:2009/10/14(水) 18:08:08 ID:I1mr14/l
359の脳内妄想でFA。

363 :なまえ_____かえす日:2009/10/14(水) 20:15:01 ID:EOSAmT3V
あれ?
「眼鏡の奥で」云々って書かれていたような…記憶違いだったか。

364 :なまえ_____かえす日:2009/10/15(木) 23:19:02 ID:p6nUHTwB
尼で頼んで読んでみた。
せっかくだから全エピソード網羅した漫画を読みたいなー。

365 :なまえ_____かえす日:2009/10/20(火) 12:44:10 ID:pytrP8AS
メガネかけてるって描写はなかったと思う
でもドクトルってメガネ似合いそうなイメージはあるな

366 :なまえ_____かえす日:2009/10/22(木) 10:18:47 ID:aodA1Uzn
あー、もしアニメ化でもしたとして
そういうアレンジがあっても嫌ではないかも。

367 :なまえ_____かえす日:2009/10/22(木) 11:52:39 ID:D9CFosRg
続編以降とスレ分けてほしい

368 :なまえ_____かえす日:2009/10/22(木) 12:23:29 ID:U7gtBZO3
スレ分けるほどの需要ないんじゃない?

369 :なまえ_____かえす日:2009/10/22(木) 15:04:34 ID:Ki96eSlV
続編以降?
続編の続きってあるの?

370 :なまえ_____かえす日:2009/10/26(月) 08:22:10 ID:THRjULWm
さすがにこの流れの遅さでスレ分けは…
続とかパッティとかは読んでいなくて、
本編だけの話をしたいって人なのかな。

371 :なまえ_____かえす日:2009/10/26(月) 17:46:00 ID:SU5asL6/
ヘタしたら数ヶ月レスが続かないようなまったりしたスレなのにな。
あしながの話したけりゃ自分で話題を振ればいいだけのこと。

372 :なまえ_____かえす日:2009/10/26(月) 18:13:13 ID:SfWyc4Tc
>>367は単に誤爆なんじゃね?

373 :なまえ_____かえす日:2009/10/26(月) 19:46:09 ID:LJq9iucW
きっとそうだ。でなければそんな阿呆な意見をいうわけない。

374 :なまえ_____かえす日:2009/10/31(土) 19:18:15 ID:6ckujgkh
続あしながで、
メガネかけた男性の挿絵を見た覚えがあるが…自信がない

375 :なまえ_____かえす日:2009/11/01(日) 18:45:53 ID:q+fIbwff
>>374
それはサイラス閣下では?
少なくとも新潮版の挿絵で眼鏡が描かれてるのは閣下だけだね。

376 :なまえ_____かえす日:2009/11/04(水) 10:48:07 ID:tvH/mRxV
あーそうかも。
久々に読み返したいなあ。
家にあった本はかなり古くて、ジュディが古文?で手紙を書いてるところは
律儀に候文に訳してあった。
「貴殿はついに返事を下さらなかった候。」のような感じで。
子供の頃読むの辛かったわ。

377 :なまえ_____かえす日:2009/11/04(水) 10:49:36 ID:tvH/mRxV
どうでもいいけど、
援助してる女の子から
「あなたはこんな感じですか?」と
あのひょろ長くて不幸そうな顔したつるっぱげの想像画送ってきたら
なんかちょっとショックかもw

378 :なまえ_____かえす日:2009/11/05(木) 21:55:01 ID:IEDnxiQX
実際年だったらショックかもしれないが、
自分に自信があったらむしろ吹くレベル。

379 :なまえ_____かえす日:2009/11/25(水) 17:09:19 ID:Vsifk3ye
ぼっちゃまは自信があったんでしょうかね…

380 :なまえ_____かえす日:2009/11/26(木) 14:46:36 ID:VPTsQnlo
テンプルさんの奥さんが見せびらかしたかったくらいだからそれなりではあるんじゃない?
ジュディも手紙に好男子って書いてたような気もするし。

381 :なまえ_____かえす日:2009/11/26(木) 21:08:54 ID:S8MuCkO0
ぼっちゃんって幾つくらいの設定だったのかな?
例えば30前後だとして、もし援助してる娘が
5、60のジイさん想像してるんだなと思ったら
ショックというより微笑ましく思う気がする

ほんとにハゲてる30代だったら、援助切られてたかもしれんw

382 :なまえ_____かえす日:2009/11/28(土) 13:32:49 ID:z+S5Zvwa
姪のジュリアと14歳ぐらいの差って書いてなかったっけ。
だとしたらジュディが18歳の時点で32歳ぐらいか。

年齢的には笑い話になるとしても、
確かにハゲてたら内心こたえただろうなw

383 :なまえ_____かえす日:2009/11/29(日) 04:58:13 ID:RpMBRsVQ
親愛なるおじさま

どうして、どうして、どうしてなのですか!?
ただいま秘書から通告書を受け取ったところです。
なぜ突如援助を打ち切るとおっしゃるのですか?
わたくしはただおじさまの容姿を知りたかっただけなのです。

384 :なまえ_____かえす日:2009/11/29(日) 17:03:46 ID:IErUaUeW
ぼっちゃま大人気なさ過ぎwww

385 :なまえ_____かえす日:2009/11/29(日) 22:01:44 ID:RpMBRsVQ
あしながおじさま

ペンデルトンさんは丈が高く、やせ型で浅黒い顔にはしわが幾筋もあって
口の両すみをややつりあげるだけで、表面には浮かんでこないえもいえぬ微笑を漂わしています。
これではげ頭でなければ、とても好感のもてる人です。

二伸
今朝鏡をのぞいたら前には見たことのない、全く新しいえくぼを一つ発見しましたwww
ふしぎですわね?いったいどこから来たものだとお思いになりまして?pgr

386 :なまえ_____かえす日:2009/12/15(火) 16:41:17 ID:odvWoOQC
今BS2で「トラップ一家」やってんだけど、実況で「世界名作劇場」の話題が出て
今やってる「アン」の昔の話の後に、「あしなが」の続編をやるかもしれない
みたいなこと書いてる人がいたんだけど、詳細知ってる人いる?
本当なのか、願望なのか…

387 :なまえ_____かえす日:2009/12/15(火) 19:43:09 ID:7hRo41cv
続あしながは観たかったけど、アニメのサリーの設定が
原作とは相当別物になってたから、無いと思ってたわ
あんな引っ込み思案な地味な女の子じゃないよね
続も合わせて考えると
お洒落で快活で生徒会長になるような娘だよ
まあ、無かったことになって、一から作る可能性もあるけど

388 :なまえ_____かえす日:2009/12/15(火) 21:43:50 ID:6phZLAnG
>無かったことになって、一から作る
是非そうして欲しいものだ


ところで、あしながおじさんでジュディが生活必需品として挙げた7
「すみれクリーム」ってどんなものだろう?
原語ではどうなってるのかな。コールドクリームか何か?

389 :なまえ_____かえす日:2009/12/16(水) 02:15:17 ID:5/U60V8j
>>387
本当にアニメにするなら、なかったことになるんじゃないかな
アニメは高校卒だよね
高卒で孤児院の院長就任はさすがに無理があるw

>>388
「すみれクリーム」の記憶がない…
翻訳によって違うのか?(自分が読んだのは遠藤訳)

390 :なまえ_____かえす日:2009/12/16(水) 20:48:56 ID:QJXLS40V
>>389
うちのは古い学研版の堀寿子訳。
奨学金を受ける受けないで悶着した後の11月9日冒頭、
『くつずみひとびん、カラーを数本、新しいブラウスの材料、すみれクリームをひとびん、
 それにオリーブ石けん』を買いに外出しようとしたら財布を忘れてた、ってくだりがある。
他の訳ではどうなってるんだろう?



391 :なまえ_____かえす日:2009/12/16(水) 21:07:10 ID:Olqi33OG
原文ググったら a jar of violet creamってあった
violet creamで検索すると色かお菓子しか出て来ないっぽいなあ



392 :なまえ_____かえす日:2009/12/16(水) 21:20:29 ID:5/U60V8j
「a jar of violet cream」でヤフったら、「においクリーム」と訳してる人がいた
商品名なら大文字になるんだろうし、色か匂いか、どちらかなのかな
>>389だけど、今手元に本がないので未確認です(´・ω・`)

393 :なまえ_____かえす日:2009/12/19(土) 00:14:21 ID:4ueLinTq
すみれの香りのクリーム、かなあ。
確かアンシリーズの中にもすみれの香水が出てきたから、
当時人気があった香りなんじゃないかと。

394 :なまえ_____かえす日:2009/12/19(土) 01:14:48 ID:1jzO7aE6
菫の匂いの乳液だと思う
子供の頃に母がヨーロッパ製の菫の匂いの乳液使ってた

395 :なまえ_____かえす日:2009/12/19(土) 12:54:43 ID:5Bek54tO
松本恵子訳もすみれクリームだった。
ぐぐったら製品があるんだね。
アロマテラピーとかハーブっぽい化粧品だった。
すみれのエキスが入ってるらしい。

私はちふれのボラージクリームにハーブのボリジのオイルが
入ってるからそれかと思ってた。
ボリジの花ってすみれに似てるし。

396 :なまえ_____かえす日:2009/12/19(土) 18:00:44 ID:JWsmyac4
なるほど、乳液という発想はなかった。
皆どうもありがとう。

397 :なまえ_____かえす日:2009/12/20(日) 00:52:17 ID:nPJ0lF7c
スミレエッセンス入りのフェイスクリームという線もありそう
フランス製のみたことある

398 :なまえ_____かえす日:2009/12/20(日) 20:37:43 ID:7ZBzYfwT
ちょっと使ってみたくなるw

399 :なまえ_____かえす日:2009/12/20(日) 21:33:12 ID:nPJ0lF7c
仄かにいい香りがしてコロン代わりにもなるらしい

400 :なまえ_____かえす日:2009/12/25(金) 18:50:32 ID:eZcnfU8T
クリスマスだしジュディに絹の靴下プレゼントしようぜ!

401 :なまえ_____かえす日:2009/12/25(金) 21:01:08 ID:IWYtqvAt
ジミー乙w

402 :なまえ_____かえす日:2009/12/25(金) 21:04:15 ID:Eqq7Llf1
絹の靴下ってガーターベルトで止めるんだよね

欧米では今も昔も、絹の靴下/ストッキングは
本来子供不可、大人になったら見に付けていいアイテムらしいが
ガーターで止めるものと知ってなるほどと納得したもんだ

403 :なまえ_____かえす日:2009/12/28(月) 01:20:19 ID:81sq+S4t
ひさびさにちょっとあしながおじさん読んだら、「かりに米国と日本との間に
戦争が起こっても」という文があってちょっと驚いた。


404 :なまえ_____かえす日:2010/01/08(金) 19:56:56 ID:0EeNMk7E
サリーは前妻の娘をどうするんだろう
そのまま看護婦つけて閉じ込めておくのかな

405 :なまえ_____かえす日:2010/01/08(金) 20:06:36 ID:M/KLroP4
>>404
なんか言い方にトゲがあるな


406 :なまえ_____かえす日:2010/01/08(金) 20:08:39 ID:0EeNMk7E
表現としてはなにが正しいのかと思ってちょっと考えてみたんだけど隔離とか幽閉とかそんな言葉しか出てこない語彙の貧弱さを許してくれ
サリーとドクトルの恋はすごくすごく好きなんだけど娘のことが気になって仕方ないんだ

407 :なまえ_____かえす日:2010/01/08(金) 21:05:20 ID:HbPPTWpL
静養と言えば済む事じゃないか
ナースメイドつけて、神経を刺激しないよう穏やかに暮らしてるんだから

408 :なまえ_____かえす日:2010/01/08(金) 22:23:57 ID:M/KLroP4
>>406の表現から察するに、サリーがドクトルの可哀想な娘を引きとらずに
ドクトルと幸せな結婚するのは薄情、みたいな思いがあるのかもしれないけど
あの時代は、障害者は隔離するのが(障害者にとって)幸せだと考えられていた訳だし、
実際(どれくらいの障害があったのか判らんけど)、サリー夫婦が引きとって面倒みるのは
不可能だと思うよ
でも、だからといってドクトルの、娘への愛情がなかったわけではないと思うし
結婚すればサリーもその娘と対面することになるだろう
サリーは、孤児院の子供と同じくらい、ドクトルの娘にも愛情を注いだと思うな

409 :なまえ_____かえす日:2010/01/09(土) 02:37:31 ID:8G3KkQxt
砒素を盛る衝動にかられないことを祈るばかり。

410 :なまえ_____かえす日:2010/01/09(土) 02:46:32 ID:Vy9K7XaJ
同居してなきゃ大丈夫でしょ

411 :なまえ_____かえす日:2010/01/10(日) 19:59:17 ID:OLr91V/W
そもそも、あんなに娘の事を心配していたドクトル自体が
「自宅に娘を置いてナースを付ける」のではなく
ずっと施設に預けてるんだからなぁ。
そういうのが自然な社会だったんでしょう。

412 :なまえ_____かえす日:2010/01/10(日) 21:23:26 ID:iLHGPtD0
現代でも施設に預けるケースは少なくないわな
同居して介護しなきゃならない、ってのは色々きついだろうやっぱり
娘の障害がどんなものかはよく分からないが(遺伝性?)

413 :なまえ_____かえす日:2010/01/10(日) 21:48:45 ID:u2sfqK1n
>>412
続あしながおじさん読んでないのかな、ひょっとして

おそらく遺伝性(母親から)の精神疾患だが
イメージとしては「ジェーン・エア」の前妻でいいと思う
(同居して面倒見ようとするとこうなる、の見本的な意味で)

414 :なまえ_____かえす日:2010/01/11(月) 00:10:33 ID:pufKOASx
キ○ガイって遺伝しないんじゃなかったっけ?
(少なくとも、家族性の病気ではないはず)

でも当時は遺伝するものだと考えられていた
wikiにカリカックの記述があって、凄く納得したわ

415 :なまえ_____かえす日:2010/01/11(月) 09:43:15 ID:jsbgbf/5
等質になりやすい性格ていうのは遺伝するらしい。

416 :なまえ_____かえす日:2010/01/13(水) 21:28:12 ID:eCLVP6t3
高血圧になりやすい体質が遺伝するようなものか。

417 :なまえ_____かえす日:2010/01/14(木) 16:11:15 ID:uwU6EPQz
>>404
前妻の娘は、本当に池沼なの?
性格の面で問題があるだけなのに、実の母親の病気と勝手に結び付けて
いるようにも読みとれたけど。
 

418 :なまえ_____かえす日:2010/01/14(木) 16:24:13 ID:3MR477xG
「見たところは美しくてとてもお可愛らしいのですが、あの方のおしゃったことから推すと
全くの異常児でいらっしゃるらしいのです」
と新潮文庫版には書いてある。
池沼かどうかはわからない。

419 :なまえ_____かえす日:2010/01/15(金) 16:12:54 ID:XIfpDnwk
アレグラがドクトルの娘の小さい頃そっくりなんだよね。
ドクトルがアレグラを溺愛したたのは娘の代わりというか、在りし日の思い出に浸ってたんだろうな。


420 :なまえ_____かえす日:2010/01/15(金) 16:16:06 ID:XIfpDnwk
あと統失はうつらなくても影響を強く与えてしまうらしいね。
ドクトルの奥さんが子供にどれだけ関わったかわからないけど。

421 :なまえ_____かえす日:2010/01/15(金) 21:29:42 ID:xPvbceVc
作中にない疾患名挙げるのはやめてくれ
作品と関係ないところで議論になってもつまらんだろ

422 :なまえ_____かえす日:2010/01/16(土) 02:00:55 ID:ZwhjREQL
今BSで再放送やってるけど、アニメのあしながおじさんスレッドって
どこかにある?

423 :なまえ_____かえす日:2010/01/16(土) 19:30:27 ID:Fb77vTfQ
>>422
【日アニ】私のあしながおじさん 手紙3通目【名劇】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1209560826/


424 :422:2010/01/17(日) 17:22:59 ID:npiNBUav
>>423
どうもありがとう!
見つからないから人気ないのかな?と心配だった

425 :なまえ_____かえす日:2010/01/18(月) 19:40:12 ID:PucRdaJu
ドクトルの前妻の娘と、サリーとの間に生まれるだろう子供たちは
カリカック一族になる可能性もあるんだなあ
カリカックの扱われ方は正しくなかったと現代ではわかってるけど、
ウェブスターはそう考えたかもしれない

426 :なまえ_____かえす日:2010/01/19(火) 14:09:27 ID:BKULK1ql
少女パレアナ読んでたら、お金持ちのペンデルトンさんが出て来たので
ジュリアの親戚かなと思ったらなんか笑えた
dでもない奴ばっかりいるペンデルトン家w

427 :なまえ_____かえす日:2010/01/25(月) 23:36:20 ID:h+a9HtHq
10年以上前のアニメのあしながおじさんから入ったのですが、
最近子供向けのあしながおじさんを買ってみました。
それで疑問がるのですが、アニメでは学校の雑誌に載って先生にもほめられた
ジュルーシャの雪景色の町の詩は完訳版になら載っているのですか?
また、アニメの最終回の卒業式の演説もあるのですか?
本は2種類持っていますが、卒業したことだけ触れられているだけで、
パラ見する限りどうもその内容には触れられていません。
自分が微妙な時期に
アニメのその2点のセリフに感じるものがあったので
気になっています。

428 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 02:01:40 ID:zs+0h/ek
>>427
どっちもアニメオリジナル
「雪景色の詩」はあんまり記憶がないんだけど
原作にはなかったような?(なんかが賞を取って雑誌に載るのはある)
卒業式の演説はありえない
原作では、孤児だとバラしてない
ジャービスと結婚する時に、ジュリアとサリーに打ち明けた程度なんじゃないかと

429 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 02:24:57 ID:lDN9krZT
詩だかエッセイだかが学年誌に選ばれたとか報告してるエピじゃない?
タイトルは「我が塔より」じゃなかったっけ。
でも内容はのってないから細かいエピはアニメオリジナルだろうね。
卒業式も別に主席なわけじゃないから演説もないよ。
原作は女子大卒〜作家活動まで及んでるからアニメ設定とはちと異なるんだ。

430 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 09:10:41 ID:ZAL36FkW
>>427です。こんなに早くレスいただけてありがとうございます。
今手元にあるのは集英社の吉田真一訳と偕成社の恩地三保子訳です。
先生に褒められたのは「わが宿舎より」ですね。
アニメは賛否両論あってここでかくのは申し訳ないのですが、
詩は雪はすべての屋根を白く美しく覆ってしまう、みたいな内容で、
クリスマス休暇の前の話付近にそういう話がありますね。これがきっと元なんでしょう。
演説も自由愛平等を持ち出して出自を明かしてしまう姿勢に当時感動したので。
本編にないのが残念です。
世間知らずなアボットがが学んだり経験することで生き生きする姿が魅力的でした。
偕成社の方はまだきちんと読んでいないのですが、具体的な記述に
ジュルーシャの個性がよりはっきり伝わってくるようで楽しみにしています。


431 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 19:45:13 ID:zs+0h/ek
「原作」じゃなくて「原案」だと割り切れば、面白かったのかもね
自分はジュディが高校生設定になった時点で、リアルタイムで見なかったw
>>430には「おちゃめなパッティ」をお薦めしておく
これがアニメになったらいいのにと思うわー

432 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 21:24:40 ID:ZQvDnED1
私もアニメは別物と捉えてるからちょっとな。いいアニメなんだろうけどね。
私はアニメジュディのキャラが原作続編に出てくるサディ・ケイトにしか見えなくて閉口したんだ。
原作は原作で面白いので是非読んでみてください。
おちゃめなパッティもコミカルでなかなか楽しいです。

433 :なまえ_____かえす日:2010/01/26(火) 23:26:35 ID:zs+0h/ek
ぶっちゃけ、一番一般的な訳はどこ出版のだろう
自分は岩波@遠藤訳を最初に読んだから、デフォルトがこれなんだが

434 :なまえ_____かえす日:2010/01/27(水) 00:27:25 ID:XFYfqoCD
私は新潮@松本訳

435 :なまえ_____かえす日:2010/02/01(月) 02:32:09 ID:SykBfEK7
フェビアン主義だと言っているのは、岩波だっけ?
私はそこのが一番良かったかな。

436 :なまえ_____かえす日:2010/02/25(木) 16:54:36 ID:pOsnk/JO
亀だけどペンデルトン家問題

ジュリア父とジャービスの上にもうひとり兄がいてその人が本家、なら説明がつかないかな?
長兄が家をついで今のペンデルトン本家
ジュリア父はジャービスの兄だけど次男以降で、羽振りがよくないかなんかで「格下の分家」
ジャービスは末弟で同じく分家だけどジュリア父よりは出来がよくて一族の「花形」
でどうだろう?

上に引用されている原文から考えるに「花形」は「cream」?
それに「本家」という意味合いはなさそうだし
ジャービスが「younger」じゃなく「youngest」brotherってことは
兄弟は3人以上いるって考えられるし

437 :なまえ_____かえす日:2010/02/25(木) 18:54:20 ID:sF2dNisa
「ジュリア父より出来がいい」っていう認識はされてなさそうな気がする
「変わり者扱い」されてたよね
まあ、ジュリア母の発言だから、主観が入ってるとしても
いい年なのに結婚もせずにブラブラしてたり、自分の会社に組合を作らせたり、
馬は買わないのに慈善事業に金を落としたりしてる人は
当時の上流社会では結構浮いてたんじゃないかと

438 :なまえ_____かえす日:2010/02/25(木) 23:44:06 ID:XxAQpcha
まあ「花形」は乳母主観だからw

439 :なまえ_____かえす日:2010/02/27(土) 03:10:18 ID:pOiBoN2Z
長兄と、年の離れた末っ子に親が手厚いことはよくあるし。
事業の業種にもよるし。それが何であるかわからないが、長兄たちは
伝統的な事業を、ジャービスは何か新時代の工場を持っていて、
組合を作ることでいっそう労働者の士気が上がり、収益が上がっている、
というようなことかもしれない。

440 :なまえ_____かえす日:2010/03/02(火) 21:11:11 ID:MtiSBE9G
あしながおじさんってジャービスが友人と孤児の娘が教育次第でレディになれるかどうか賭けをして
それで援助する、それを知ったジュディはショックを受ける、って話じゃないんでしょうか。
wikiなどで見るとそんなエピソードはなく、単にあしながおじさんがジャービスだと分かって結ばれるって話みたいですが、
私はずっとジャービスと友人が賭けをしたのが発端と思い込んでいました。
あしながおじさんぽい他の話と間違って覚えていたのでしょうか。
友人との賭けで孤児を援助する話って何かありませんか。

441 :なまえ_____かえす日:2010/03/02(火) 21:13:49 ID:CDJJwvTd
>>440
それは初耳。
マイ・フェア・レディ(ピグマリオンだったっけ)はそんな話だったと思うけど。
>教育次第でレディに、友人との賭け

442 :なまえ_____かえす日:2010/03/02(火) 21:22:51 ID:MtiSBE9G
>>441
マイフェアレディっぽいですね。どうもありがとう。
でも訛りや録音の話はぜんぜん記憶にないけど。
どこであしながと混同したんだろうか。
今アニメ見てるんだけど、あらすじ調べても賭けのことがぜんぜんなくて、
アニメは改変してあるのかと思って調べたらそこは原作もいっしょぽくて呆然とした。
過去にマイフェアレディとごったにしたアニメか本かドラマがあったのかなぁ。

443 :なまえ_____かえす日:2010/03/02(火) 21:26:13 ID:MtiSBE9G
マイフェアレディの後半?だけをテレビでああ、あしながやってるのね、と
思って見てた(あしながは少女を援助して後に結ばれる話としか知らなかった)
のかもしれない。

444 :なまえ_____かえす日:2010/03/03(水) 21:51:16 ID:skIcBVvx
それ、フレッド・アステアの映画じゃない?
と思って検索したが、やっぱり違うな

445 :なまえ_____かえす日:2010/03/03(水) 22:05:36 ID:DrwBLhYW
>>444
アステアの映画だったらあしながおじさんだよ。

446 :なまえ_____かえす日:2010/03/03(水) 22:50:11 ID:8yROl8pm
>>443の自己レスでビンゴなんじゃ?
映像作品か小説かも記憶にないんだったら、第三者には推測しようもない
ただ「友人と孤児の娘が教育次第でレディになれるかどうか賭けをして」って設定
映画やドラマだとしたら、おもいっきりマイフェアレディのパクリになるしw
考えられるとしたら、まんがとかハーレクイン小説で、パクっぽい設定の物語を読んだとか、かな?

447 :なまえ_____かえす日:2010/03/05(金) 12:19:24 ID:hoHai2RK
小説だとしたら児童向けの本です。しかしそんなに昔の映画だと思っては見てなかったような。
記憶が定かでないのになんで内容だけ間違えて覚えたんだおれ。10年20年も。

448 :なまえ_____かえす日:2010/03/11(木) 02:37:03 ID:MxdJwusg
今日、たまたま初めて「わたしのあしながおじさん」?
アニメをみたんだけど、あれはなんつーかもう別物なんだなw
「原作」じゃなくて「原案」と言った方が誤解がないんじゃ?
全何話あるのか知らないけど、何割がオリジナルストーリーなんだ?

449 :なまえ_____かえす日:2010/03/11(木) 21:51:43 ID:g4hzTMXY
アニメの話題は荒れるので敬遠される
過去ログにアニメ板のスレ貼ってあったけど
現存するのかどうかは確認してない

450 :なまえ_____かえす日:2010/03/11(木) 23:30:49 ID:MxdJwusg
そうなのか
確かにログ読んだらアニメの話あんまり出てない?
すまんかった

まあ、アニメを語りたいわけじゃないからいいんだけど
あまりにかけ離れた話だったからびっくりしただけ
あれはあれでいいのかもしれないけど、あれみて原作読んで
「なにこれ!?アニメと全然違うじゃん」と思われたら嫌かも

451 :なまえ_____かえす日:2010/03/12(金) 00:13:21 ID:YnfS4P03
>「なにこれ!?アニメと全然違うじゃん」
原作ファンがアニメ化を嫌がる理由が大概これなんだよな…
そっちが後付けなんだからぐだぐだ言うな、こっちが大元なんだよと

わたしのあしながおじさんについてはアニメ板でさんざん出てる
過去ログ辿ってみ

452 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 00:51:25 ID:N9yO26b8
あしながおじさんに初めてふれたのが小学生のときに観たアニメで、
原作は社会人になってから読んだけど、アニメと違うところだって、
「へー、原作ではこうだったのね」と興味深く思って読めたよ。
名劇なら小公女セーラのほうが原作改変はげしいと思う。
ラストの展開までかわっちゃってるし。

453 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 12:23:13 ID:gwv8qErX
>>452
確かにセーラはラストがモヤモヤしたな。

454 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 12:35:19 ID:vHO3J3H0
さすがに他の作品はスレ違い

455 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 23:06:33 ID:hkIvM7Ko
期間が決まってるんだからオリジナルを入れてかさましするのは別にいいけど、
キャラくらいはきちんと理解して作って欲しかったなー>あしなが
ジュディはただの阿呆、サリーはおとなしすぎ、ジャービスはキモいし。
ジュリアだけはまあ許せたけど。
せっかくならもう少し大人の鑑賞にも耐えれるものを…と思ってしまう。
OPもEDも素敵でよいアニメなので特に。

456 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 23:42:18 ID:gwv8qErX
アニメのジュディは奔放すぎて浮きまくりな感じ。
サリーはうじうじだもんな。ジュリアいいよジュリア。

457 :なまえ_____かえす日:2010/03/13(土) 23:43:41 ID:I5rSrfE+
ジュディageのためにサリーのキャラを変えた時点でアニメは黒歴史

458 :なまえ_____かえす日:2010/03/14(日) 19:16:59 ID:Lfr0hkYA
アニメのジュリアはよかったよね
ただ、原作のジュリアとは性格違うと思ったけど

459 :なまえ_____かえす日:2010/03/14(日) 22:02:37 ID:pxbPcU6I
>>458
ジミーに恋してくっついた時点で別物過ぎるだろう
サリーはオリジナルのBF候補の眼鏡くんなんか出てくるし
続が出来ないんなら、せめてゴルドン風のキャラにして欲しかった
その後の想像が出来るから
サディ・ケイトは続が出来るならナンとジョー先生のナンみたいに
出来たろうキャラなのに、使い捨てられたのは勿体無かったな

460 :なまえ_____かえす日:2010/03/14(日) 23:32:06 ID:Lfr0hkYA
サディ・ケイトなんて出した時点では、続作る予定一切なかったからなんだろうけど
将来どうなるかも判らないのに、ウェブスターのキャラを食い散らかされた気分だよ
ほんとに、「ナンとジョー先生」みたいに作れたのになあ…

461 :なまえ_____かえす日:2010/03/15(月) 01:23:29 ID:WGzcRfc7
アニメ1話しか観てないんでサリーにBF候補がいるなんて知らなかった。
それならいっそホントにゴルドンとか、もしくはドクトル風のツンデレ男子と
絡ませるとかしてくれればよかったのに。アニメのサリーの扱いってテキトーなんだね。

462 :なまえ_____かえす日:2010/03/15(月) 12:59:56 ID:3B30uIhV
わからずやのオッチャンたちを向こうに回してバリバリ渡り合う
負けん気強い赤毛のお嬢様にはとても思えんよな>サリー
続編を作る機会があるとしたら、あのアニメはベースにしないでほしい。

463 :なまえ_____かえす日:2010/03/15(月) 13:40:39 ID:WGzcRfc7
もしサリーとゴルドンがくっついて政界夫人になったたとしたら
ジュディとは交流が疎遠になったんだろうな。
でもってジュリアがサリーに接近するのだろうか。

464 :なまえ_____かえす日:2010/03/15(月) 19:12:17 ID:PyPZkDnQ
>>461
適当というか、多分続で察するところの気丈美人だと
後半のほうの改変されたジュリアとキャラが被るので
真面目で大人しい優等生タイプに変えられてる
ジュディもちょっと…なキャラだしなあ、アニメは
もっと本来は地味で大人しい子だと思うんだ、手紙では
率直に内なるユーモアを溢れさせてるけど、孤児院で育って
コンプレックスに満ちた人生だった訳だし

465 :なまえ_____かえす日:2010/03/16(火) 20:16:43 ID:+M9vCFgZ
>>464
プロポーズ受けた時も「いい家柄の方と結婚するのは間違いなんじゃないか」
みたいな躊躇いがあったんだもんなあ
アニメはそういう、後ろ向きな部分を強引に解決させるような
優等生的なオチになってるのが微妙だった
なんでもカミングアウトすればいいってもんじゃないでしょ

アニメにするなら「おちゃめなパッティ」の方が絶対向いてるw

466 :なまえ_____かえす日:2010/03/16(火) 20:31:29 ID:V4iQoe9Y
なんだかんだいってちゃんとアニメもチェックしてるおまいら偉いわw

467 :464:2010/03/17(水) 13:26:06 ID:e8b1uoMz
アニメみてない
このスレを読んで書いたw

468 :465:2010/03/17(水) 13:26:54 ID:e8b1uoMz
↑ごめん、人さまを騙ってしまったw

469 :なまえ_____かえす日:2010/03/18(木) 01:47:28 ID:z0WvoTCJ
高校生設定とサリーの性格改悪にがっかりした放映当時を思い出しちゃったよ…
口直しに読みなおそっと!

470 :なまえ_____かえす日:2010/03/20(土) 09:26:53 ID:0i3ffHOV
ジュディと坊の結婚式には、やはりリペット院長も列席したんだろうか。
夫婦二人との関係を思えば、招待しないわけにいかなそう。
ジュディは最終的には「リペット院長へ私の好意を伝えてください」
と言えるようになっていたが、それでも抵抗がありそうだ。
周囲の列席者にここぞとばかりに孤児院時代の話をしそうだし。

471 :なまえ_____かえす日:2010/03/20(土) 12:46:11 ID:aGGVwMhX
>ジュディは最終的には「リペット院長へ私の好意を伝えてください」 
>と言えるようになっていたが、

そんな描写あったっけ?忘れてるわ…

472 :なまえ_____かえす日:2010/03/21(日) 19:47:34 ID:b66FQ3FP
名前忘れたが昭和日本を舞台にして描いてあった漫画はよかった
あしながの漫画はまるやま圭のやつとサンマーク出版の奴と読んだが、
昭和の奴が一番良かった

473 :なまえ_____かえす日:2010/03/21(日) 20:37:44 ID:Jd7cmsT8
漫画化したのは勝田文のが好きだ。

474 :なまえ_____かえす日:2010/03/21(日) 21:25:56 ID:U3CHQLW9
あれは良かった
原作へのリスペクトが随所にちりばめられていて
ああこの人本当に原作好きなんだなーと

475 :なまえ_____かえす日:2010/03/22(月) 08:00:30 ID:QrKDh0pX
アニメスタッフも、
エンディングくらいはウェブスターの挿絵をモチーフにした
イラストを使うとかすりゃ良かったのにな
これまでの名作アニメで原作者のイラスト付きのやつなんて
ムーミンくらいだったろうに

476 :なまえ_____かえす日:2010/03/22(月) 10:10:50 ID:4ucQxxU+
>>471
大学四年の3月5日付けの手紙で書いてる。

477 :なまえ_____かえす日:2010/03/22(月) 21:56:28 ID:S0UGGK2q
>>475
週タイトル?の画面に使ってるよ>原作イラスト

478 :なまえ_____かえす日:2010/03/22(月) 22:09:32 ID:QrKDh0pX
そういえばそうだったけ

479 :なまえ_____かえす日:2010/03/23(火) 20:35:46 ID:Gii9OHPk
言われるまで全く気付かなかったわorz

480 :なまえ_____かえす日:2010/03/23(火) 21:34:51 ID:WpwPH3fq
アニメスレでボブ(アニメでサリーのボーイフレンド)の話が出てたけど
あれってアニメオリジナルキャラだよね?
ざっと読み返したけど、「ジミーの友人のボブ」なんて見つからない

481 :なまえ_____かえす日:2010/03/23(火) 22:57:26 ID:BinvVeS3
いないよ。
まあ原作にいたとしても私のドクトルの敵ではない。

482 :なまえ_____かえす日:2010/03/23(火) 23:11:59 ID:hre5D5hh
アニメ自体がほぼオリジナルです

483 :なまえ_____かえす日:2010/03/23(火) 23:18:08 ID:skENYrJa
アニメのサリーの顔ひどくないか?
もうちょっと美人だと思うけど

484 :なまえ_____かえす日:2010/03/24(水) 13:47:04 ID:iWb6K5Ae
>>481
ワロタwww

>>483
だからこのスレの住人はアンチアニメ派が多いんだよw
私もあのサリーはひどいと思っている1人だ。

485 :なまえ_____かえす日:2010/03/24(水) 13:49:50 ID:VfX3eV0g
アニメはドタバタしすぎていたし、ジュディのキャラがうざかったので
一気にアンチになったわ。
サリーをあんなキャラにしたのも最低!
ペンデルトンのお嬢は、キャンディのイライザのようにして欲しかった。

486 :なまえ_____かえす日:2010/03/24(水) 19:24:51 ID:J82d9fge
>>485
流石にそれはw
ジュリアはアニメじゃ厚遇されてるよな、ツンデレでジミーとくっついて
サリーはお金持ちで大家族に愛されて育った良い意味で
「お嬢様」なんだから、もっと美人で自信家だと思う、続抜きでも
そうでなきゃ選挙に出たりしないと思うんだ

487 :なまえ_____かえす日:2010/03/25(木) 02:02:16 ID:IlRmKcP9
アニメのサリーは「ジュディにとって都合の良い友人」って感じだけど、
原作のサリーは「頭の回転の良い面白い友人」だよね。

488 :なまえ_____かえす日:2010/04/11(日) 09:17:09 ID:T9uIE1LI
続で門番さんがシングを見て、
この犬コケモモのパイを食わせたんですか
ってしゃれを言ったってあったけど、あれどういう意味なんだろね?

489 :なまえ_____かえす日:2010/04/11(日) 11:45:08 ID:NC2rUu9U
舌が黒いからじゃなかったっけ?
パイ食べさせて舌が黒く染まったのかと

490 :なまえ_____かえす日:2010/04/11(日) 12:41:45 ID:T9uIE1LI
おおなるほど
コケモモが黒いのか
ありがとう

491 :なまえ_____かえす日:2010/04/14(水) 15:32:09 ID:i0OBJqy8
自分、不妊でがんばってんだけど続あしなが読んでると、養子もらって里親になるのも悪くないなあと思う。
自分の人生を大事にしつつ養育も楽しみながらやれそうな幻想に陥る。
いま白とピンクのドレスを着たかわいい赤ちゃんあげますって言われたら欲しくなるよ。

492 :なまえ_____かえす日:2010/04/14(水) 21:28:52 ID:Yvavn8XN
ベツィの超級ウルトラCかw<白とピンクのドレス
あのエピソードは結構好きだ
外見より中身を見てくれと言いたくなるだろうが
中身が赤ん坊じゃ、まず見てくれが勝負だもんな

493 :なまえ_____かえす日:2010/04/14(水) 22:58:57 ID:i0OBJqy8
金髪碧眼で巻き毛の女の子が人気高いんだよね。

494 :なまえ_____かえす日:2010/04/14(水) 23:44:41 ID:889L8O5x
>>493
リンドグレーンの話にもあったなぁ…
孤児の男の子が施設から逃げ出して、浮浪者のおじさんと一緒に旅をする話の中に。
タイトル忘れた… orz

495 :なまえ_____かえす日:2010/04/15(木) 00:57:02 ID:z9+uKugu
さすらいの孤児ラスムスのことか
あれは知名度が低いのが勿体ない

496 :なまえ_____かえす日:2010/04/15(木) 16:24:52 ID:x50nn1qF
続あしなが読んだら、日本と欧米の養子の感覚って違うんだなと思った
宗教観の違いなのかな?

497 :なまえ_____かえす日:2010/04/15(木) 23:06:02 ID:cNfzxfHB
宗教観だろうね。日本も昔は養子縁組は多かったらしいけど。

498 :なまえ_____かえす日:2010/04/16(金) 02:48:32 ID:BOXmEyVe
昔の日本の養子は「家」存続のための跡継ぎ要員が多くて
甥姪とか血縁の子をもらって○○家の屋敷や田畑継がせるので、
どこの馬の骨とも知れない他人の捨て子をありがたがってもらい受け
自分の財産や家系を譲る感覚は希薄なんだと思う。
あと、行儀見習い兼女中として使ってた子を嫁がせる際に
箔をつけるため一旦養子にしてそれなりの身分を与えるとか。
いずれにしても家名絡みの理由が多かったり。

499 :なまえ_____かえす日:2010/04/16(金) 04:33:01 ID:IGXOANlG
>>496
職場にいるアメリカ人が、実家はごく普通の(大金持ちってわけでもない)家庭だけど
弟二人がインディアン血筋の養子なんだって言ってた。
家族写真を見ても、両親・本人・妹は完全なブロンド血筋なのに
弟二人が浅黒い肌に黒髪。
「子供だ出来ないから養子」ってわけでもなくて、二人も実子が居るのに養子も取るって
やっぱり日本と考え方が違うんだなーと思う。

そういえば、映画「スチュワート・リトル」でも、既に実子の少年が居るのに
孤児院に養子をもらいに行っていたよね。


500 :なまえ_____かえす日:2010/04/16(金) 12:20:09 ID:KGDrbnsi
日本ももっと気軽に養子取れればいいのにな。
まあ、続あしながでも家政婦、小作人要員で養子希望する養親も多いみたいだけど。

501 :なまえ_____かえす日:2010/04/16(金) 20:02:19 ID:SEfcDtS1
歴史的な背景も大きいんじゃないか
アメリカは移民国家だし

移民が育てきれなくなった子供を捨てたり、開拓先で流行病や事故に
遭遇して子供残して死亡ってことは良くあったそうだ

日本だと血縁者が引き取るのがパターンだけど、移民の子供は
そうもいかない

502 :なまえ_____かえす日:2010/04/17(土) 00:27:28 ID:XRpvA6gO
逆に子供が死亡するケースも少なくなかったろうし
ある程度育った子なら労働力にもなるわけで
持ちつ持たれつで共同体を形成できたのかね

503 :なまえ_____かえす日:2010/04/17(土) 00:46:51 ID:8OC6isJN
いくら捨て子や孤児が多くても、面倒をみるために
ちゃんと養子という形をとるのが文化や感覚の違いだと思う。
養子となると実子同様に相続等の権利も発生するから、
面倒をみてあげたいなら一時的な里親とか、
ある程度育った子なら衣食住を保障するかわりに
開拓や家事を手伝う下男下女でもいいわけだし。

実際日本でも親が貧しくて育てられないと奉公に出したり
娼婦として売ったりしてたけど、
お金持ちや名士がそういう子を実子同様の扱いの
養子にするのは一般的じゃなかった。
実子がいればなおさら、実子の分け前減らしてまで
赤の他人に財産譲る形はとらない人が多いだろうね。

504 :なまえ_____かえす日:2010/04/17(土) 20:20:00 ID:PRaUql7S
身分社会だったからでしょ
移民国家はそういうしがらみはないからな・・・人種差別はあるけど

505 :なまえ_____かえす日:2010/04/18(日) 09:37:25 ID:8QhFt7Eu
純血種のアメリカ人で金髪碧眼巻き毛♀が大人気だもんね。
まあ自分が子供養子にとるとなったら、やっぱ自分と同じ
純日本人がいいなーとも思ってしまうけど。

506 :なまえ_____かえす日:2010/04/18(日) 13:18:26 ID:C6cudQgj
日本は終戦まで階級社会だったからな
養子に取るなら同格かそれ以上の階級の子ってなるでしょうね

507 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 15:28:44 ID:eJNThqSY
いまの欧米だと人種関係なしに養子とるのが逆にステイタスみたいな
風潮あるのかな?

508 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 17:14:38 ID:x8ugTi2n
人種関係なく養子がスティタスというより、白人より有色人種の子供を
養子にするほうが早いと聞いたことがある。

509 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 17:33:35 ID:eJNThqSY
早いって何がどういうこと?

510 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 17:41:25 ID:4maxxKXC
>>509
養子にとる方の希望は「出来るだけ年少の方がいい」という事が多いんだよ。
それプラス「白人キボンヌ」にすると、限りなく対象が狭くなるのよね。


↓この条件が原因で海外養子が多いのよ… 大きい子なら国内に対象者が大勢いると思う。
「出来るだけ年少の方がいい」

511 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 20:47:02 ID:eJNThqSY
なるほど、子供の年齢のことなのね。
乳幼児のほうが自分(親)色に染めやすそうだもんな。
日本の養子縁組って海外より少ないと聞くけど、海外から
日本人の子供キボンヌみたいな養子縁組とかもあるのかね。

512 :なまえ_____かえす日:2010/04/19(月) 23:27:43 ID:Qa5ZP4KV
日本の場合は、どちらかでも親が判明していて同意しないと養子になる事自体が困難なんじゃなかったっけ。
で、施設に預けていても、養子に出すことには同意しない親が多くて
同意するにしても、やっぱり外国に、となると躊躇するんじゃなかろうか。
そもそも海外に養子に出せるシステム自体があるのかどうか…

513 :なまえ_____かえす日:2010/04/20(火) 20:43:45 ID:rPlT1xFl
そもそも海外養子って開発途上国や戦争中・紛争中の地域の
子が中心だから・・・

ただ海外養子って人身売買という批判もあって(実際にそういう
目的でやる悪人がいるんで)、EUでは禁止した国もでてるし、
ハーグ条約という条約もある

514 :なまえ_____かえす日:2010/04/20(火) 23:54:04 ID:VuLsqsr+
南米で良さそうな子見繕って誘拐して米国で売りさばくルートもあるらしいね
やっぱり白人系の子は高値だとか。どこまで本当かはわからないけど
日本だと里子じゃなくて養子を取るのもかなりハードル高くなかったっけ

515 :なまえ_____かえす日:2010/04/21(水) 09:57:14 ID:zps0FMut
親の年齢制限とか他にも条件色々あって厳しいみたいね。
まあ親の利権に関わらず子供第一に考えたら厳しくて当然なんだろうけど。
サリーの時代はもっとあからさまに下男下女目的の養子縁組希望者
多かったろうから、選定も大変だっただろうね。

516 :なまえ_____かえす日:2010/04/21(水) 14:43:53 ID:7BG1hnLZ
>>513
> そもそも海外養子って開発途上国や戦争中・紛争中の地域の
> 子が中心だから・・・

そうでもないけどねぇ…

経済発展で(自称)日本を追い越したらしい韓国とか(混血児や障害児を輸出している)、
中国とか(男児が欲しいので、女児が生まれると輸出する)とか。
白人の養子が欲しい人は、今はロシアや東欧からもらっているよ。
あそこを「発展途上国」というと、プーチン大帝に狙われるwww

517 :なまえ_____かえす日:2010/04/21(水) 18:49:00 ID:UTu4kRVj
ロシアはモスクワやサンクトペテルブルグのような都市なら、今でこそ
先進国と肩を並べるけど、地方はまだまだだと思うよ
それはともかく、つい最近もロシア人の男の子を養子にもらった
アメリカ人養母が子供に手を焼いて、飛行機に捨て子、って事件があって
国際問題になってるよ
もうこの子の面倒見ない、ってロシア文化省あての手紙を持たせて
一人で飛行機に乗せたらしい、 モスクワの空港で子どもをピックアップさせ
ロシア文化省の前に置いてくるように手配してたんだって
 

518 :なまえ_____かえす日:2010/04/21(水) 22:50:09 ID:/wxeBL7m
流石にスレ違いもはなはだしいぞこの流れ
サリーの孤児院に絡めて語るならまだわかるが
荒れそうな海外ネタ振るだけなら当該板行ってくれ

519 :なまえ_____かえす日:2010/04/22(木) 21:20:06 ID:4awxy+PH
数週間単位でレスがつかないよりはいいと思うが

520 :なまえ_____かえす日:2010/04/22(木) 22:52:27 ID:ZbcqxEyJ
無意味な煽りあいで伸びるスレを見るとそうも言い切れなくてなあ…
どこのスレとは言わないが

521 :なまえ_____かえす日:2010/04/23(金) 12:59:39 ID:Od2+vvV9
ドクトルがサリーらを招いてお食事会した時。
娘さんの写真について突っ込まれていたら、
何と答えるつもりだったんだろうか。
触れられたくないなら隠すよね。

522 :なまえ_____かえす日:2010/04/23(金) 15:28:22 ID:lVv1cttQ
訊いてほしくないけど訊いてもらいたい無意識の願望があるという
複雑な男心だったり

523 :なまえ_____かえす日:2010/04/23(金) 19:57:39 ID:Od2+vvV9
>>522
もう楽になりたくて突っ込み待ちだったのかな・・・

524 :なまえ_____かえす日:2010/04/23(金) 20:59:55 ID:Ev4JivNX
準備時に写真を手にしてどうするか考え込むドクトル萌え

525 :なまえ_____かえす日:2010/04/23(金) 21:01:42 ID:YWEtIVhr
単にうっかりしていたに一票
ドクターには時折天然ぽさが見受けられる

526 :なまえ_____かえす日:2010/04/25(日) 03:32:35 ID:eZd8WyPp
逆に突っ込まれなくて不安になっていたりな。
「自分に興味があったら当然聞くだろうに」と落ち込んでいたりして。


527 :なまえ_____かえす日:2010/04/25(日) 10:07:14 ID:egIIJsde
面倒臭い奴だなw

528 :なまえ_____かえす日:2010/04/25(日) 10:33:01 ID:rDs5IIHz
隠すの忘れてて実はひやひやしていたとか。

529 :なまえ_____かえす日:2010/05/15(土) 18:58:45 ID:yeaG70OM
こんなスレがあったとは!!
も〜う大好きだ『あしながおじさん』野上彰 訳!!

530 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 15:45:15 ID:pYIp5uKd
読み返してる途中で辿り着いたよー!!

昔、誰かのおさがりで、カバーのついてない文庫本をもらい、
ものすごく愛読してた。
本屋で続をみつけて急に懐かしくなり、
新潮文庫(松本恵子訳)で正・続を購入したんだけど・・・

記憶にある文体じゃない。
私が読みたいのは、「ジューディ」で、
想像上のおばあさまに「クリニュイ・レースの帽子」を贈り、
「ジューディちゃん、ぼくがあしながおじさんだと気付かなかったの?」
といわれるあしながおじさん。

古本屋で探さなくてはいけないのだと思うのですが、
誰の訳なのか見当もつきません。
どなたか、ご存知ないでしょうか?

531 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 16:45:48 ID:FWPrs1Rd
>>530
岩波文庫の遠藤寿子訳だと思う。

532 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 16:59:21 ID:FWPrs1Rd
>>530
いや、旺文社文庫の中村佐喜子訳かも。

遠藤寿子訳=「ジューディ」「クラニイ・レース」
中村佐喜子訳=「ジュディ」「クリニュイ・レース」

…微妙。 

533 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 19:26:30 ID:c/eT8V5+
「ジューディ」だと遠藤訳の可能性高いが、今手元にないので
「クリニュイレース」の下りは確認出来ん
ただ、遠藤訳は何度か書きなおされてたはず
出版された年代によって微妙に違うんだよね

遠藤訳で気に入ってるのは、農場で見つけたジャーヴィ坊ちゃんの本の裏書き?に
「この本が行方知らずになっていたら(←ここら辺はウロ)」
「横つら叩いて連れ戻してくれたまえ」って訳は好きだったなー
原文が「box」だったか「boxed」だったかで、へーと思った記憶がある

534 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 21:58:49 ID:pYIp5uKd
>>531-533
こんなに早くレスがついた〜!!
ありがとうございます。

わたしの記憶だと「追跡」の書きこみは
「もしもこの本が行方不明に(?)なったら
平手打ちをくわして追いかえせ」
という訳でした。
子供心にしっくりこなかったのを覚えてる。
「連れ戻してくれたまえ」ならわかりやすいし、
クリニュイ・レースは特徴的な気がするので、中村訳かもしれませんね。

ってどんだけ暗記してるんだ自分・・・

書きだしのあたりは
「水曜日は○○でなければならない。
○○は○○され、○○されていなければならない。」
みたいな感じでした。
だから今までずっと、この文はジュディの書いた「憂鬱な水曜日」という
作文の抜粋なのだと思っていました。

「かわいい小さな青目で、家族中からかわいがられ・・・」
という文もあったと思います。

なんか私の記憶発表レスになってきたので、
もうこれで最後にしますが、もし情報がありましたら
ひき続き教えていただければ幸いです。

535 :なまえ_____かえす日:2010/05/16(日) 22:10:18 ID:pYIp5uKd
続を読むとレオノラ・フェントンだの
マーティ・キーンの消息はわかるのに、ジュリアだけは音信不通。
サリーにとって元ルームメイトだし、ジュディには親類になったはずで、
お互いの話題でちょっとは触れてもよさそうなのにスルー。
作者はもしかしたらサリーに続き、
ジュリアのことも主役にして書こうとしていたのかしら、と思ったりする。

536 :531-532:2010/05/17(月) 00:10:16 ID:9PoF92yu
>>534
どうやら中村訳じゃないかなと思う。
クリニュイの件もあるし。

遠藤寿子訳=「もしこの本が迷子になったら、横面打って家へ送ってくれたまえ。」
中村佐喜子訳=「もしこの本がそのへんをうろつくようだったら、
        平手打ちをくわして追い返せ。」

冒頭が「ならない、ならない」の連呼なのは、遠藤訳も中村訳もほぼ同じです。
旺文社のはもう絶版なので、アマゾンとか古本屋でどうぞ〜。

537 :534:2010/05/17(月) 23:01:08 ID:VEFqFNtb
>>536
それだ!

これからアマゾンで中村訳を購入してきます!
あなたのおかげで記憶の中にある本と再会できるかもしれません。
ありがとうございました。

>>533さんのレスも大きな助けになりました。感謝です。

538 :なまえ_____かえす日:2010/05/19(水) 18:15:45 ID:b5tBZ+k+
>>535
ジュリア主役も面白そうだね

孤児院出身のジュディと身分違いの結婚をしたということで一族と決別ってことなら
ジュリアの話題を避ける説明もつくけど
単にジュリアの存在を作者が忘れてただけかもしれないが

539 :なまえ_____かえす日:2010/05/19(水) 21:11:33 ID:aydAiHIx
ジュディはジュリアが若干苦手なところがあったけど
サリーはジュリアのことをどう思ってたんだろう。
1年の時は同室で、2年時ジュリアからサリーと一緒がいいと
言ってたからジュリアはサリーを気にいってたみたいだけど。

540 :なまえ_____かえす日:2010/05/19(水) 23:29:34 ID:MuLJJAjL
>>538
もし作者が生きていたら、
続あしながが売れたのだから、手紙形式で第3弾というのも充分にありえたと思う。

ジュディとサリーの共通点として、
「今まで自分の知らなかった世界でであった、名家の出身者と結婚」
というのがあるから、ジュリア編もそれでいくとした場合、
名家出身のジュリアが出会う「新しい世界」が想像しにくい。

個人的にはジュリアが没落して庶民の生活を知り、
のちに金持ちに返り咲く「小公女」的展開が希望なんだけど、
没落してもすぐジャーヴィスの援助で生活できちゃいそうだしなー。

541 :なまえ_____かえす日:2010/05/19(水) 23:45:38 ID:b5tBZ+k+
ジュリア篇はお嬢様が庶民と結婚してたくましく生きていくパターンだと思う

542 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 00:12:09 ID:XBdgdmwx
>>540
そのパターンだと「昔かたぎの一少女」のファニーそのまんまだな
ここはいっちょ駆け落ちオチなど見てみたい

まあ、実現しないんだがな

543 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 00:55:19 ID:7FEQMtwv
>>538
ジャーヴィスが結婚後一族と距離を置いたっていうのはありえるね。
スノッブなペンデルトン家が孤児をすんなり受け入れるとは考えにくい。
ジュディを紹介した時にどんな反応をされたか…
穏健とは行かなかっただろうなあ。

ジュリアの話を書くなら、外国で結婚するってのはどうかな。
英語圏以外の国でカルチャーギャップに悩みつつも、
叔父や友人たちのアドバイスで乗り越えて
地元の子供たちを援助するようになる…みたいな。

544 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 03:44:21 ID:MnJtKb99
>ジュディを紹介した時にどんな反応をされたか… 
>穏健とは行かなかっただろうなあ。 

孤児だと判ったとたん、ジュリアが距離を置くとは思えないので
意外と、ジュリアが結構取り持ってくれたんじゃないかと好意的に想像

ジュリア編を書くなら、その、ジュディの出生を知ったことから
考え方が変わっていく過程なんかを読んでみたかったな
「あしなが」の中では、最後まで苦労知らずで(ジュディ的には)浪費家なお嬢様だったし

545 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 10:01:52 ID:caZ58pMG
金持ちの家で生まれ育って世界観が偏ってるけど、ジュリアは実は
さっぱりしてて決して悪い人じゃないと思う
どうにも言動がイヤミになりがちージュディはそう受け止めても仕方ないーだけど

546 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 16:38:33 ID:7jBxLzrp
ジュディもサリーも「自分が選んだひと」と結婚するから
いっそジュリアには「親のすすめで結婚したひと」と自分の意思で恋愛してほしい。
アメリカに移住した貴族の子孫と分家ペンデルトンの格を上げるために結婚したら
思いがけず夫が爵位を継承。
慣れない土地で貴族として振る舞う悪戦苦闘の生活の中で
ジュリアが夫の美点を見いだし恋に落ちていく過程が書簡体型式でつづられます。

なんてのはどう?
まあ夫婦が恋をするなんて貴族にとっては変態的なんだが。

547 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 17:23:07 ID:o/Ao40aJ
>>545
そうだね。何かのお祭りの時に、コミカルな扮装でみごとに役を演じたりとか、
意外と楽しい一面もあるし。
普通のプライドの高いだけのお嬢様だったら、そんなのやらないだろうし…
ジュディやサリーに対しても、一緒の部屋になりたいとはっきり好意を表したり。


548 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 19:52:30 ID:4x3MrNlf
ジュリアは良くも悪くも素直で「お金持ちのお嬢様」キャラだよね
今までの自分の知らなかった世界でのカルチャーショックと
持ち前の性格の美点で、周囲も自分も変わっていく展開だと
やっぱり外国かな

549 :なまえ_____かえす日:2010/05/20(木) 19:58:31 ID:XBdgdmwx
アフリカとかインドとか、新天地の生活を謳歌しつつ
新しい自分に目覚めていくジュリアはちょっと見てみたい

550 :なまえ_____かえす日:2010/05/21(金) 20:49:29 ID:z39vfEqd
アンの大学編に出てきた
お金持ちじゃなきゃ絶対やだ!ってお嬢様が
貧乏で転勤族の宣教師かなんかと結婚する
っていうあれみたいのもいいなー
うろおぼえだけど

551 :なまえ_____かえす日:2010/05/23(日) 23:23:00 ID:J/DlN8PG
>>550
フィリパ・ゴードンのことですね。

私、>>534です。
旺文社文庫・中村佐喜子訳を入手いたしました。
表紙をみたときは???という感じでしたが、中を読んで納得。
もうこれ。絶対これ。
読み終わったときには、
「もしかして昔手放した自分の本なんじゃないか?」とすら思ったほど。

「ジューデイ」ではなく、「ジュディ」でしたし、
ジャーヴィスのセリフも自分の記憶と違ってましたが(恥ずかしい・・・)、
挿絵の配置のようなものとかちょっとした言い回しで、
探していた本だと確信しました。
「あしながおじさん」は抄訳の児童書もたくさん読んだので、
記憶がまぜこぜになっていたようです。

>>531-532さん、>>533さん、
あなたたちのおかげです!ありがとうございました!

552 :なまえ_____かえす日:2010/05/23(日) 23:32:51 ID:J/DlN8PG
松本版と中村版、読み比べるといろいろと違いが・・・
年代の違いが多少あるとはいえ、訳によってイメージが変わりますね。

わかりやすいところでいうと、ジュディの初めての服は
松本版は「チャリス織」中村版は「モスリン」

サリーに見立ててもらった室内インテリアは
松本版「あや織り」中村版「デニム」

一番上等のじゅうたんを六人組が汚したのは
松本版「砂糖菓子」中村版「チョコレート菓子」

ほかにも「はしばみ」と「まんさく」など
いくつか見つけましたがとりあえず割愛。
かなり楽しんでいます。

553 :なまえ_____かえす日:2010/05/24(月) 00:29:23 ID:/IcJAMjs
>>551
おー合ってて良かった。531-532です。
好きな本は可能な限り、出ているだけの翻訳本を入手したい方なので
今回それが人の役にたって良かったです。
私もそういう風に見比べて楽しんでます。それぞれ味わい深くて良いですよね。

554 :なまえ_____かえす日:2010/05/24(月) 17:48:05 ID:lW/MDufB
>>552
勉強になった。

ぐぐってみたら
モスリン=チャリス織。
あや織り=デニムとは限らない。
(あや織の色んな種類のなかの一つがデニム)
はしばみとまんさくは違う種類だし。
チョコのお菓子と砂糖のお菓子は全く違うだろー。

赤毛のアンでも思うけど
原作に忠実に訳すか
その時代の日本人に分かりやすいように訳すか
訳者ってすごく大変なんだね。


555 :なまえ_____かえす日:2010/05/24(月) 20:21:29 ID:CbgA0vEh
はぜとうもろこしで何じゃらほいと思ったら
ポップコーンでしたなんてのもあったしな

556 :なまえ_____かえす日:2010/05/24(月) 22:17:26 ID:e3awsa4I
児童書はある程度わかりやすく訳した版が必要だと思うんだよなぁ。

557 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 01:54:11 ID:4Qnwgq75
でも古い訳の言い回しに萌えることもしばしばある。
炙り肉、バタつきパン、葡萄酒、肉饅頭(ミートパイ)とか。
そして続あしながといえばしょうがパン。

558 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 11:48:46 ID:R4y3uUef
砂糖衣がけもいいよね
アイシングと知るまで色々夢見たものだ

559 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 19:57:53 ID:M6lynr5j
該当する外来語(品物そのもの)がなかったとか?
「ポップコーン」より「はぜとうもろこし」の方がしっくりくる時代だったんだよ…多分w

「パッティ」で「かもじ」って出てくるけど、
あれも今なら「ウイッグ」で通じちゃうんだろうなあ

560 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 21:16:19 ID:R4y3uUef
ドレス地だって今ならそのまま通るの多いしね。
理解は早いが浪漫は薄れるなw

561 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 22:05:56 ID:9TZDnByZ
アンのシリーズだったかなあ、今で言う「パッチワーク」が「継ぎはぎ」だったのは
これは貧乏くさく感じる

562 :なまえ_____かえす日:2010/05/25(火) 23:33:33 ID:y6ugzNw7
肉饅頭はミートパイのことだったのか!
今までずっとピロシキ的なものを想像してた。

饅頭はないだろー、と思いつつ、
パイという言葉を使わずに表現する言葉が思いつかない。
やっぱり訳者は偉大だ。



563 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 15:57:54 ID:mvGf4Asy
森村桂が、昭和30年代に小説でタルトというお菓子を知ったけど
どんなモノかわからなくて内容から「切り分けて食べる丸い上等なお菓子」と
判断して想像してたのがロールケーキだった、て話があったw
未知のモノを言葉で伝えるって難しいんだね。

564 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 16:02:21 ID:mvGf4Asy
続あしながでは、栗粉菓子だかパンが出てくるけど
日本じゃ栗粉って和菓子でちょっと使われるくらいで
ポピュラーじゃないから読んでてピンとこない。
欧米じゃ栗粉のお菓子がたくさんあるんだろうなー。



565 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 21:04:16 ID:romLHAZj
>>563
あったあったw
一六タルトを想像してたらしいねw

566 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 21:29:37 ID:C5NpG+C1
>>565
一六タルトも見た目はロールケーキだよね。あんこだけど。
自分は六時屋のタルトの方が好きだがwww

567 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 21:40:04 ID:romLHAZj
タルト = 一六"タルト" = ロールケーキ?
って発想だったはずだw>森村桂

568 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 21:56:06 ID:tkmdpkgq
>>564
ブラマンジェ?

ビーフティはいまだに適訳がないメニューの一つだな
ビーフスープが一番近いんだろうが、微妙に違うしなあ

569 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 22:01:52 ID:mvGf4Asy
>>567
自分が読んだ本には一六タルトの商品名までは言明してなかった。
でもデパ地下で一六タルトをみたとき真っ先に
「ああ、森村桂の言ってたタルトってこれか」とわかったw

570 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 22:04:28 ID:mvGf4Asy
>>568
ブラマンジェのようなデザート系じゃなかった気がする。
院長就任してすぐ、献立変更で今後はマカロニや狐色のパンや
栗粉菓子が加わるでしょうみたいな事があったはず。いま手元にないので朧でスマソ。

571 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 22:08:47 ID:mvGf4Asy
ビーフティー…煮出し汁とか?牛の茹で汁…牛肉煎じ…いい言葉ないわw

572 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 22:48:42 ID:EqRDqQrD
>>568
本棚からすぐ出せる私登場。

「糖蜜の入った栗粉菓子、リンゴ入りだんご、ショウガパン・・・」
とあります。
モンブラン的なものだろうと想像。
リンゴ入りだんごは・・・パイ皮でりんごをくるんだあれだろうか?

573 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 22:56:05 ID:EqRDqQrD
>>571
牛肉煎じに一票。
こう書いてあったらすごくわかりやすいと思うなー。

そしてビーフコンソメスープだと思っていた私、ちょっと涙目。

574 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 23:29:06 ID:romLHAZj
>>572
>りんご入りだんご

www
訳者の方の苦労と、それを読んだ少女たちの「?」が目に見えるようだw
「ビーフティー」は自分もビーフコンソメだと思ってた
色も、お紅茶色といえばそうだし
今ぐぐったら「濃い牛肉のスープ; 病弱者用」って訳が出てきた

575 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 23:38:30 ID:mvGf4Asy
>りんご入りだんご

わからんwww アップルダンプリングのことなのかな?
これも味の想像がつかなくてピンとこないなー。
だんごと聞いたら私はみたらしとかアンコの串団子にいっちゃうw

576 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 23:39:04 ID:g4XQDCyE
>>568
そういえば、ブラマンジェはそのままブラマンジェという名で出ていた訳があった気がする。
他の料理は古風な言い回しだったので、なぜそこだけ…と思ったのと
あるいは昔の日本でも、ブラマンジェがよく普及していた時代があったのかと気になってたなぁ


577 :なまえ_____かえす日:2010/05/26(水) 23:47:27 ID:mvGf4Asy
言われてみれば確かにそうだ。
ブラマンジェって簡単なお菓子で砂糖、牛乳、片栗粉だけででできちゃうから
材料の乏しい日本でも比較的普及しやすかったんじゃないかなと勝手に推測。


578 :なまえ_____かえす日:2010/05/27(木) 01:44:28 ID:hxneBbFv
>>577
ああ、なるほど、確かにそういう事がありそう。
あと気になってるのが「墓石」というデザート、
なんか四角いんだろうなー、というぼんやりとしたイメージしか浮かばない

579 :なまえ_____かえす日:2010/05/27(木) 10:18:15 ID:cS6+LB8t
>>578
それこそブラマンジェとかゼリー・寒天系だろうね

580 :なまえ_____かえす日:2010/05/27(木) 21:03:18 ID:B/imMDZ/
ものすごーくかたくて四角くてスプーン入れてもささらない
ぬりかべみたいな牛乳ゼリーを想像してる。

581 :なまえ_____かえす日:2010/05/27(木) 23:10:50 ID:4+Y9IbzZ
墓石は調べたけど判らなかったんだよなあ
水菓子系だと思うけど、「牛乳羹」みたいな和訳にせずに
敢えて「墓石」で通したってことは、当時そういう固有名詞のお菓子が
あったのかと思った

582 :なまえ_____かえす日:2010/05/28(金) 01:51:13 ID:xDKcn9Gs
固有名詞じゃなくて「墓石」って馬鹿にしてたんじゃないの?
学生の隠語というやつだ。

583 :なまえ_____かえす日:2010/05/28(金) 13:24:44 ID:kuNDu9dk
とりあえず食べたくなったので杏仁豆腐おやつに買ってきた

584 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 00:35:13 ID:R43MxYxy
しかしサリーいわく
「どんな贈り物でも哀れを催すほど喜ぶ」(うろ覚え)という
ジョングリアホームで育ったジュデイが、
デザートに文句をいうようになるのね。

確かにおいしそうじゃないけど。

585 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 00:44:59 ID:MfhYVY9q
しょぼいおやつっていうより
形状から来るあだ名みたいなもんかと思ってた


586 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 01:56:33 ID:Cng+Fd+P
ジュディはみんなに調子を合わせていたんじゃなかろうか。
実際は、例のナッツを糖蜜で絡めたお菓子とか
みんながそのお菓子を軽蔑している中、こっそり感動していたのではないかと。

587 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 12:04:49 ID:D8noJ47b
面白い記事みつけて、>>557>>562思い出したので。

ttp://www.excite.co.jp/News/bit/E1274686980299.html
アリスの翻訳の話なんだけど、
「少なくとも昭和20年代までは、「パイ=饅頭(まんぢゅう)」と訳すのが定番」
だったみたい。

588 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 15:32:03 ID:H7v5FLAi
味うんぬんではなくて、墓石ってネーミングが絶妙だったので
面白がって書いてたんじゃないかな。

実際はどんなおやつにも感動してたかもってのは>>586に賛成。
それまでお菓子なんてほとんど食べたことなかったんだから、
最初は感動を隠すのが大変だったんじゃないだろか。

>>587
甘い中身が入ってるお菓子、ってことか。
今読むと逆に「?」だけど、
当時の子供にわかるように説明するにはそのぐらいしかなかったんだろうね。

589 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 16:52:52 ID:3XpIvFYN
ジュディ(ウウウ…ウマー!(゚▽゚*) こんな美味しいもの初めて食べ…)
周囲「ちょwwピーナツの糖蜜菓子wwwありえないよねー( ^∀^)ゲラゲラwwテラ貧乏くさww」
ジ(え!?Σ(゚∀゚;) )
ジ「そ…そうよねー!まあ残すも勿体ないから食べるけどー(´∀`;)」ガツガツ

多分ピーナツ糖蜜菓子って女子大の学生寮でかりんとうが出るようなもんだよねきっと。
ジュディ切ないなw

590 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 21:19:58 ID:qNnDGvUY
案外墓石の命名者はジュディかもしれない
ちょっとした茶目っ気がバカ受けして定着したとかありそうだ

591 :なまえ_____かえす日:2010/05/29(土) 23:44:24 ID:HqoPZfoy
>>529
私も野上訳は好き!!
でもポプラ社の口絵には泣いた…。
表紙開いた瞬間から「僕があしながおじさんて気付かなかったの?」のシーン
の絵と文章だしな。
いろんな人の役を読み漁っていた頃だったから、内容は当然知ってたけど
どんなにバレバレでも一行も読まないうちからネタバレはないわ。

592 :なまえ_____かえす日:2010/05/31(月) 00:41:56 ID:yqxy0qsk
よりによってそのシーン!確かに絵で見たいシーンだけど、口絵に載せなくてもw
もうみんな、あしながおじさんの正体は知っている前提だったんだろうか


593 :なまえ_____かえす日:2010/06/06(日) 09:47:07 ID:Z6xAEl9B
あしながおじさんだけは、記憶をなくしてさらに子供に戻ってもう一度読みたい
はたしてジャービス=おじさまと気づくだろうか
初めて母の本棚からあしながおじさんを引っ張り出して読んでたら
母が「それあしながおじさんと結婚するのよね」と
壮大なネタバレをしてくれたもんだから。

ちなみに赤毛のアンも「アンはギルバートと結婚する」と言ってくれた。
でも結婚しないまま終わったので茫然とした。(続編があるのは後で気づいた)

594 :なまえ_____かえす日:2010/06/06(日) 21:27:08 ID:zr8xXHHQ
自分は、呼び出されておじさんと対面するまで全く気付かなかったww
ジューディといっしょに「うおおおお」て感じで驚いたバカw
恋愛小説というより、生き別れの親子小説みたいな感覚で読んでたから
最後はジューディの家族が出てくるのかと思ってたんだな…

大人になってから知り合った人に、最初から気づいてた自慢?されて
ちょっと凹んだw

595 :なまえ_____かえす日:2010/06/07(月) 03:05:20 ID:eyX8SuFn
シックス・センス状態だなw
こういうのは最後まで気付かない人の勝ち!

596 :なまえ_____かえす日:2010/06/07(月) 22:52:54 ID:IfBnXtjM
>>593-594
本文だけなら気がつかないと思うけどなあ。

そもそもジュディが、あしながおじさんの正体を探してないしw
これで正体を探すそぶりがあったり、
これみよがしな(ミスリードだったりするw)手掛かりが出たりすると
読者も「あしながおじさんって誰なの?」と考えるんだろうけど、
極端にいうと、生活レポート読んでたら急に推理小説に変わるようなもんだし、
普通はあしながおじさんが誰なのか考えないんじゃないかなあ。

でも煽り文として、「あしながおじさんの正体は・・・?」なんて
書いてあったらわかっちゃうかも。

>>595
シックス・センス、私は「ジョジョの奇妙な冒険」でネタバレされた。
あのネタバレを見てなかったらすごく驚いただろうと思う。
驚きたかったよ・・・

597 :なまえ_____かえす日:2010/06/08(火) 02:30:25 ID:pSN5N2sT
考えてみたら、「正体の判らない出資者」なんで凄く正体が気になる存在のはずなのに
読んでる最中はせいぜい「ごましお頭かヤカン頭か」くらいの興味しか湧かなかったw
あしながおじさん宛ての手紙であるが故に、逆にあしながおじさんへの興味を忘れるというか…
そもそも恋愛小説だとも思ってなかったから、そういう系のエンディングだとも思わなくて
小説家として大成する流れを想像してたくらいだし。




598 :なまえ_____かえす日:2010/06/08(火) 11:02:46 ID:SK3rN0FE
これは私が書いた初めてのラブレターです。
書き方を知っていたなんておかしいですね。

に、子供心にすごく萌えた記憶がある。

599 :なまえ_____かえす日:2010/06/08(火) 16:18:53 ID:sqB6uH1C
自分は最初からあしながおじさんの正体がすごい気になってた
ジュディがどんなに頼んでも夏休みにサリーの別荘へ行かせてもらえなくて
農場へ行かされてのこのこぼっちゃんが現れた時にこいつだ!!と思って
確かめながら呼んでたな
親の影響で子供の頃からミステリ脳だったから純粋に楽しめなかった…
2回目に読み返した時のほうが衣装や食べ物の描写にひかれて面白かった

600 :なまえ_____かえす日:2010/06/09(水) 01:59:58 ID:PHn2x2Wq
みんな続のほうではエンディング予測出来た?


601 :なまえ_____かえす日:2010/06/09(水) 09:29:28 ID:rrmTbF6s
いや、ジュディの時もそうだったけど、エンディングが結婚なんて
全然思いつきもしなかった
今考えるとお話の構成的にはこうなるよな、なんだけど

602 :なまえ_____かえす日:2010/06/09(水) 10:12:38 ID:Vgt/NRSo
続はジュディも出てこなくて面白くないから投げてたわw
何の気なしに読みだしてハマったのは高校生くらいだったかな

603 :なまえ_____かえす日:2010/06/09(水) 10:54:09 ID:KYIHlNPr
続読んだのはもう大人になってからだったから
ドクトルが登場してサリーがめちゃくちゃ悪口言ってるシーンを
読んだ時点で「ああ…w」って思ったw

604 :なまえ_____かえす日:2010/06/09(水) 15:00:44 ID:CCpIOS+H
私も続は大人になってから読んだクチ。
冒頭部分が子供にはとっつきにくい展開だと思うんだよね。
エンディングは、おそらくこのまま素直にゴルドンと結婚はないから
ドクトルとくっつのかなー、と思ったら既婚者かよ!えーどうするんだろう?て
普通にワクテカで読んでた。

605 :なまえ_____かえす日:2010/06/10(木) 21:00:04 ID:jkbLm9p+
たぶん中学生の頃には続を読んでたと思う。
その頃は読み飛ばしてたけど、今改めて読むと
ドクトルの子どもが気になる。

異常で看護婦つきっきりの生活ってことだから
サリーとは関わらなくてすむってことで気にしなくていいんだろうか。
今読むと自分にはすごい問題だよ…

それこそ「ヒ素を盛る誘惑」にかられたりしないのかサリー。

606 :なまえ_____かえす日:2010/06/10(木) 22:26:04 ID:/0CCem0c
>>605
それは現代人の価値観で読んでるからだと思う
「続」が書かれた頃は優生論バリバリだし、
「余計な刺激のない隔離された世界で過ごさせる」のが最善だと思われてたんだし
今ウェブスターが生きてたら、「続」販売停止にしてるかもね

607 :なまえ_____かえす日:2010/06/10(木) 23:44:11 ID:joCM6WPn
アレグラへの対応を見る限り、娘にものすごく愛情を感じていただろうドクトルでさえ
「自分の手元に置いて看護婦も住み込みにして看護」という方法を取らなかったぐらいだから
そういうのが当たり前の世界だったんだろうね。
奥さんと別居なのも、愛情云々の問題じゃなくて「そういうもの」だからそうしたのだろうし
こう言ってはなんだけど、健康な継子が居るよりも問題は少ないのかも知れない。


608 :なまえ_____かえす日:2010/06/11(金) 11:44:14 ID:vHxU6RNK
アル中患者の対処方法に似てるね、家族と隔絶して隔離して施設入居。
まあ同じ精神疾患でも、アルコール依存症の場合は治療改善目的の家族隔絶だけど。

609 :なまえ_____かえす日:2010/06/11(金) 20:01:39 ID:k5KmDM0e
欧米だと国と時期によっては、親が子供の面倒見ずに
乳母に育てさせるのが当たり前って階級もあるからな
大人と子供のエリアはきっちり分けるのが普通のランクだと
日本人ほど違和感感じないんだろうな

610 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 08:16:50 ID:zS8O5Dkc
現代だって障害のある子供を施設に預けてる人は珍しくないしな
そうしないと親が生活費を稼げないとか、色んなケースがあるだろうが
今の医学だって百年後どう見られてるか分からないしな
>>608
ハーレクイン漫画版で娘が不注意で死亡→妻衝撃の余りアル中に
ってのはある意味原作を生かした改変だったのかな
そんな意識は無いんだろうけどカリカック的に
サリーと健全な子供を作るだろう、って終わり方だったし


611 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 22:10:57 ID:yQpTyAIY
自分も、今なら施設に預けるぐらいのレベルだったのかと思って読んでた。
ちょっとしたことで興奮して暴れたりパニックを起こすような状態だとしたら、
確かに静かな環境のほうがいいだろうし。

アレグラを可愛がってるドクトルの様子を見たら、
さすがに毒盛りたいとまでは考えないと思いたい…
生命科学者で、仏教にも造詣が深い柳澤桂子さんの言葉が胸に残ってる。
「遺伝子の歪みやゆらぎは、いくらそういう人を排除しても一定の確率で発生します。
生まれながらの障害を持つ人たちは、そうした歪みを他人まかせにせず
我が身に引き受けて下さったかけがえのない存在なのです。
私たち皆で感謝してお世話させていただかなければなりません」

この言葉をサリーや同時代の人たちにに聞いてほしかったと思うよ。

612 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 22:24:35 ID:tmkAbwB0
柳澤桂子って、ずっと謎の難病で苦しんでた人だよね。
凄いきっかけで特効薬発見されて、あっという間に効果があったって
凄い話だと思った。
スレちがいでスマン。

でも、今の常識を当時の人に聞いてほしかったっていうのも、ちょっとなー。

613 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 22:29:29 ID:zSFAtUeS
続のハーレクインコミック発見したから買ってみたんだけど
ドクトルの奥さんがアル中に変更されてたのはなかなかいい改変だと思った
それは遺伝したりもしくは環境のせいで親から子に引き継がれてしまう可能性があるものだから…
今の日本人には読みやすい設定になってたと思う

614 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 22:44:09 ID:i8eylwHe
そういえばドクトルは精神疾患以外に、アル中に対しての関心も高かったよね。
トーマス・キイホオとか親がアル中で亡くなってる子供の精神状態とか。
奥さんの症状について特にふれてなかったけど、もしかしたらアル中でビンゴだったのかも。

615 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 22:45:40 ID:LbduiQtE
>>611
それは何かなー
基督教の神様の与えた試練と言ってるのと余り変わらない気がする

北村薫のベッキーさんシリーズ読んでたら
主人公がDaddy Long Legとパッティ読んでた
パッティが初期は破天荒でいい加減だったのを気に入らず
終わりに分別が付いてきたので「このヒロインも好きになれる」と
主人公が思った時点で、ああ、成人男子の視点だwと思った

616 :なまえ_____かえす日:2010/06/12(土) 23:09:35 ID:aSuF5Rli
>>614
トマス・キョウの救命にも尽力してたもんね。

617 :なまえ_____かえす日:2010/06/13(日) 17:55:34 ID:6c3nAH68
あしながおじさんを読み返してるんだけど、結末が分かっていると別の楽しみ方が出来るね
この手紙で好きになったんじゃないかとか、手紙じゃなく会ったからなのかとか、この手紙はハラハラしながら読んだに違いないとか…

618 :611:2010/06/15(火) 17:50:50 ID:AsZLH1Xu
>>615
もちろん、障害のある当人や必死に支えている人に
面と向かっては言いづらいことだろうし、
理想論と言っちゃそれまでだけど…
社会全体の考え方としてそういう方向に行ってくれたらと思うんだよね。

自分は女だけど、赤毛のアンシリーズ1巻はどうにも苦手。
アンの不安定さが見てて痛いんで、読み返すのはもっぱら2巻以降。
パッティは好きなんだけどね。

619 :なまえ_____かえす日:2010/06/15(火) 18:50:09 ID:/GyuCVb3
理想論ていうより、ジュディ言うところの「貧乏人は便利な家畜」に相通ずるものを感じる

620 :なまえ_____かえす日:2010/06/15(火) 19:19:33 ID:Om9USkC/
>>618
モンゴメリよりオルコット向けかな
ジュディのシニカルな人生観はモンゴメリに通ずるものがあるから
家庭指向ならオルコットおすすめ

>>619
どっちの考え方が正しいってものでもないんだよね
弱者と富裕層の間の温度差は(特にこの時代)埋めがたいもので
その間のバランスをどうやって取るかって話だから

621 :なまえ_____かえす日:2010/06/15(火) 23:59:21 ID:kAAi5f3J
「奥さんはとても 美しくて、精神は弱いけどそれを支えられると思った」というあたりが
すごく男性にありそうな考え方だなー、と思った。
結局支えきれるものでもなくて、その後サリーに惹かれたのも
サリーに対して奥さんとは逆に、人一倍の精神の強さを感じたからなんじゃないかな?とか。

622 :なまえ_____かえす日:2010/06/16(水) 00:39:08 ID:1BluN9nO
だろうね。ドクトルにとって結婚に値する女性は
自分の懐で全面的に庇護するだけの存在でしかなかっただろうけど
サリーの出現はドクトルの価値観を随分揺るがしたんだろうね。

623 :なまえ_____かえす日:2010/06/20(日) 23:24:09 ID:nRFVL3hV
今日のNHKの動物番組でアディロンダックに住むビーバーを取り上げてたよ
サリーの家のキャンプがある、あのアディロンダックが実在の地名
だとは知らなかった

624 :なまえ_____かえす日:2010/06/20(日) 23:32:06 ID:WS9bLoHa
>>623
ニューヨーク州の北部にあるんだよね〜>アディロンダック
あの辺り、他の本でも「夏のキャンプ地」として出てくることがあるな。

625 :なまえ_____かえす日:2010/06/22(火) 19:40:00 ID:EHAWMw/O
キャンプ地といえば、って感じの有名な地名なんだろうね。


626 :なまえ_____かえす日:2010/06/22(火) 20:13:55 ID:S7wwir1r
日本で言うなら軽井沢とか那須に招待された、に近いのかな

627 :なまえ_____かえす日:2010/06/22(火) 23:58:12 ID:0QEiG4mH
>>626
アディロンダックはニューヨーク州立公園だからさ。
高級別荘地もあるんだろうけど、庶民用のキャンプ地もある気がする。

HPがあった。

http://visitadirondacks.com/

628 :なまえ_____かえす日:2010/06/23(水) 09:44:59 ID:4bpS+Y/s
静養地でもあり、山登ったりカヌー漕いだりアクティブに自然の中で遊ぶ場所でもある感じだね
店や家が立ち並んでるところ以外はサリーの時代と変わらない自然のままなんだろうなあ

629 :なまえ_____かえす日:2010/06/24(木) 20:31:24 ID:UZaSDRAj
孤児院はどの辺にあったんだろうね?
ゴルドンさんが道中よってってくれたーみたいな
話あったけど気になる

630 :なまえ_____かえす日:2010/06/26(土) 18:14:59 ID:X2tdevyA
ダッチェス郡とあったような

631 :なまえ_____かえす日:2010/06/26(土) 20:56:46 ID:MBhtlbwC
雨が降ったときの話か

632 :なまえ_____かえす日:2010/06/26(土) 21:26:58 ID:X2tdevyA
ジュディ宛4月下旬の火曜日の手紙
小鳥夫妻のイラスト付
「この奥地のダッチェス郡でさえ風に緑の香りがする」云々

633 :なまえ_____かえす日:2010/06/26(土) 23:34:06 ID:X2tdevyA
ヴァッサー大学もダッチェス郡にあるらしい
ロック・ウィローはコネティカット州
サリーの実家はボストン州ウースター

634 :なまえ_____かえす日:2010/06/27(日) 04:56:51 ID:2WvKqqtf
>>612
>柳澤桂子って、ずっと謎の難病で苦しんでた人だよね。
凄いきっかけで特効薬発見されて、あっという間に効果があったって
凄い話だと思った。

私もスレちがいでごめん。
いやあれは、特効薬が発見されたというより、鬱病のクスリが効いたのではなかった
かな?
柳澤さんは、原因不明の慢性疼痛。鬱病ではなかったが、試してみたら改善がみられた、
と。
しかし、知人の精神科医にそのことが書いてある本の部分を見せたら、「この
方のことは知りません。でも慢性疼痛に効きますよ。むしろこの方は、何故、
長い間、試してみる機会がなかったのでしょう」と。
発病当時は、このクスリが効くという認識はなかったのだろうか、そしてそのまま
長く苦しみ続けていたのだろうか…


635 :なまえ_____かえす日:2010/06/27(日) 13:08:32 ID:YO/+xuWf
誤爆かと思った

636 :なまえ_____かえす日:2010/06/28(月) 23:42:39 ID:fTVb5wvn
雨がすごいわー。鶏小屋の孤児達いまごろズブ濡れだなw
室内に洗濯物干して湯気が出てる描写はこの季節きつすぎる…

637 :なまえ_____かえす日:2010/07/06(火) 21:34:13 ID:cVq7HukK
これが犬猫降りってやつなのかな…

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)