5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アンチハリーポッター 3

1 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 23:37:18 ID:8JDITfhS
好きな人には悪いけどほんと面白くなかった

前スレ
アンチアンチハリーポッター 2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1143122306/

2 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 23:38:02 ID:8JDITfhS
過去スレ
アンチハリーポッター
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1107789850/

3 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 01:10:58 ID:OYsdXN4F
1乙

4 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 03:09:41 ID:VGgkCjxh
一乙

5 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 07:37:30 ID:k+4dqFUV
一乙
最近七巻の話が多くてついていけないw
(二巻リタイア)

6 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 08:40:27 ID:vUrkEkA+
俺も2巻リタイア。
あの壊れたお話は読んでて疲れる。

7 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 08:46:29 ID:mparXgvR
5巻リタイア
2巻の後半あたりで「あれ?」と思いつつも惰性で読んでしまったorz
ラノベでも買った方がマシだった

8 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 09:53:00 ID:aM8FFjce
「悪いけど」とか匿名で言うことに意味があると思っているのが痛い。

9 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 10:07:20 ID:d84lrOYw
漏れはファンだが、正直言って7巻はちょっとガックリ来た。

1巻から6巻までは、ユーモアを取り混ぜて、
フレデリック・フォーサイスやOヘンリー並の
大どんでん返しの連続だったが、

7巻はこれまでの謎解きに終始してしまった感があり、話がくどくなっている。
しかも、ネットでのファンの予想がかなり当たってるのはつらい。
RABはともかく、クリーチャーの話やスネイプとリリーの関係、ハリー=ホークラックス
レイブンクローのティアラなんてのは、去年までにほとんど、語り尽くされた感があるし。

10 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 12:15:23 ID:EW0Qwaef
予想が当たるのは仕方ないかなとは思う
作者は一人だけど、予想しそれを共有するファンは万単位
ただ、これは皆予想しなかったでしょウフフ的な
キャラの殺しっぷりはいただけない

11 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 14:49:31 ID:d84lrOYw
>>10 同意
フクロウは子供時代との決別の象徴とか
意味づけはあるみたいだけど。

最後の戦闘50人死亡にしても、代表として、
ルーピン・トンクス、コリン・クリービーやジョージは
かなり無意味な死に様だと思う。


12 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 16:01:49 ID:O0NTeVgG
ジョージ死んでない
でも同意

13 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 16:13:59 ID:ZEzcuUp7
ルーピンの死は…フレッドの死は…とか作者がチャットで語りだしたら激しくうざいな。

14 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 18:08:45 ID:b1nbZ8cS
基本的に好きではあるんだけど、
ナルニアやゲドと同列に語れる本ではない…っていうか、
クオリティがジャンプ並であるという事は、認めざるを得ない。

15 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 19:31:39 ID:uf66COaG
そのジャンプマンガみたいにツッコミどころは満載だけど
気軽に読めるところがよかったんだろうと思う。
4巻あたりから何か勘違いした作者が作品に重さを出そうと
無意味にキャラを殺して、次は何人死ぬとか言い始めてからおかしくなった。
プロットが破綻してやけになったようにも感じられたし。
最後にごっそり殺すのは予測できたが、あのファンフィクションみたいな
おめでたいエピローグは想定の範囲外だったな。
これだけgdgdになったあと一応のけりをつけたのは偉いのかもしれないが。

16 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 20:12:26 ID:dhMtYwlQ
ハリーポッターの好きなところは、
伏線や、どんでん返しや、ユーモアとかが所々に。
あっと思う展開とかかな。

文学性とか、長く読み継がれるというのはどうかと思うが、
今まで本とか小説嫌いだった自分が読んでいるのはある意味驚き。

ゲドは6巻まで持っているけど、1巻で萎えた、
単調で世界観や人物像が見えてこないというか。

指輪は映画面白いけど、本で読むとつらそう・・・


17 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 20:51:33 ID:bsRikMVU
実際小説よく読んでると、
ハリポタの伏線とかどんでん返しとか
ユーモアとかあっと思う展開とか、全然大したことない。

18 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 21:05:17 ID:b1nbZ8cS
読む時には、普段の読書とは、全く別の所で読んでると言うか。

あと、自分的には、原書で読むっていうのも目的のウエイトが
大きかったんで、7巻まで続けて読めたけど、もし、翻訳版で
母国語で読んでたら…、きっと5巻の途中あたりで、熱意が醒めて
挫折してたと思う。

19 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 21:30:51 ID:sHGH21cN
>>17
伏線やどんでん返しって言っても火サスレベルっていうか…
そもそも立ち聞きと盗み聞きと思い込みで暴走した結果がひっくり返されても
あまりびっくりしなかった。三巻で挫折した人間の意見。
ユーモアにいたっては全然感じられませんでした。

ていうかルーピンまで死んだのかー。
ほんとキャラ殺せばいいと思ってるよなーorz

20 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 21:57:54 ID:dhMtYwlQ
ダビンチコードなんかより断然行けてると思うがな。

ナルニアでもゲドでも、ハリーポッターが出なかったら、
再販されないと思うんだが。

21 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 22:08:36 ID:brlMNzVL
>>18
私もまったく同じ。
他の本を読むときとは違う感覚で読んでる。
アルファベットでマンガを読んでるようなへんな感覚というか。

イギリス英語の勉強をしていたこともあり
原書で読みきることを目的としたのでうっかりw7巻まで読んでしまった。
日本語版はチラッと見たらひどい出来だったので最初の1ページで投げた。

22 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 22:16:25 ID:sHGH21cN
>>20
ナルニアもゲドも絶版になったことないから、再販ていう言い方は正しくない。
たぶんこの二作はハリポタ流行っても売れ行きに影響なかった方じゃないかな。

創元のジョーンズはハリポタのおかげで再販されました。
ありがとうありがとう。

23 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 22:23:09 ID:UUryzOWp
ハリポタの後を追えって感じで
良質な児童文学が翻訳されるきっかけになった
辺りは評価すべきかも

でも、どれをとってもハリポタより面白いのに
今一売れなかった辺り
ハリポタ読者層は他の本は読まなかったんだろうなw

24 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 23:50:43 ID:VGgkCjxh
>>22
> 創元のジョーンズはハリポタのおかげで再販されました。
> ありがとうありがとう。

私もハリポタ読んだのがきっかけでジョーンズに出会って、どっぷりハマった。
そこだけは感謝してる本当に。

25 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 23:58:41 ID:z1Q3vZUz
だけどそれ以上に問題なのはそういう良質な児童文学を貶すハリポタ信者を生み出してしまったことだと思うが

26 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 05:47:43 ID:wwXolPAY
とにもかくにも、子供があんだけの長さのものを手にとって読んでるだけでも嬉しいと思う。

27 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 07:52:23 ID:AyLrwsUR
長いだけで子供があれ読むのは害にしかならないと思う
まだブラックユーモアとリアルを分けて楽しめる大人なら
悪と戦う主人公が一番鬼畜性格なところとかに
ブラック的ニヤリを楽しめるかもしれないけど
純な子供には読んでほしくない話だ

28 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 08:24:44 ID:msqjFuHF
この本を読んだ小学生の子に「○○は善なの? 悪なの?」
って聞かれたので、
善も悪もない、人間はいろんな面を持っているんだよと答えたお

29 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 15:46:45 ID:91+tVIoJ
こっちが疲れて見放すとすぐに頭のネジの外れた信者が乗り込んでくるな。
目障りだから出て行け。

>>26
内容のえげつなさもさることながら、日本の子供があのひどい訳を長々と
読んでるかと思うと吐き気がするよ。
教師が「停職になった」といいながら働いているようなデタラメ訳なのに
気づかない日本語版信者というのは脳に深刻な障害でもあるんじゃないのか?
『ダメージを挽回する』みたいなバカげた日本語を子供が覚えたらうれしいのか?
あの無茶苦茶な日本語でジョージが耳をえぐられフレッドが爆死するシーンを読めば、
子供は頭と心の両方に傷を負うのが関の山だ。
それでおまえは何がうれしいんだ? バカの仲間が増えることか? 恥を知れ、ボケ。

>>28
この糞本じゃヴォルデモート卿はガキの頃から悪一色の扱いだろうが。
信者のくせになにを読んでるんだ? 子供にウソつくな。

30 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 15:51:39 ID:N4AHTI5+
生理か?
いちいちカッカするなよ

31 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 16:36:12 ID:rh4dqCfW
>>29
>日本語版信者というのは脳に深刻な障害でもあるんじゃないのか?
禿げ同。

しかしここ読んでもわかるけど信者はスレタイトルも読めないバカぞろいだ。
言っても無駄だろうな。

32 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 18:47:47 ID:oly07pyl
なんかよく分からんけど普段読書しない層には
「翻訳本は文法がやや日本語とかけ離れていて、なれないと読みにくい」
って認識が蔓延してるらしいね。
そりゃ単に訳が下手なだけだろうに

33 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 19:17:31 ID:46l5afKG
>「翻訳本は文法がやや日本語とかけ離れていて、なれないと読みにくい」

ワロタw
ヘタというのを婉曲にいったつもりかな。
でもある意味、単にヘタというよりきついぞ。

34 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 21:00:28 ID:qU36lLUh
ハリポタファンだが、
平行線だろうね、ここにスレ立て、出入りしている安置な人は、
児童書や読書好きの人だろうし。

恐らく読んで面白かったって言う、ファンのほとんどは、
今まで読書なんてしたことのない連中だと思われ?


35 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 21:28:03 ID:/8ZAzGlG
前スレでもさんざん出た話だが、最初はかわいいフクロウにエルフ
魔法の菓子や双子のいたずらグッズみたいなネタで子供を釣って
売っといて後でだんだんえげつなくなっていくのがひどいと思う。
もう嫌だと思っても続きが気になるようにできてるので読んでしまうし。

7巻でダンブルドアの妹が6歳のときマグルの少年三人に暴行されて
頭がおかしくなり復讐した父親がアズカバンで獄死した話が出てきたが
信者のスレでそれが性的暴行かどうか話しているのを読んで吐き気がした。

子供たちの人気者にしておいてからフクロウもエルフも惨殺、
双子も片方不具にして片方惨死、挙句の果てにこんなエピソード…
ゲドのテルーなんかもとひどい目にあってるけど
ハリポタの残酷エピは無意味で単なる刺激のためとしか思えない。
書き方もあざとくて胸糞が悪い。

36 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 21:36:00 ID:wwXolPAY
>>29
訳に関するあれこれはどうでもいいよ。
内容はあの長さのものを子供のころから読む事が大事なんじゃん。

バカの仲間というあんたも日本語ところどころ間違ってるよw
恥ずかしいですね^^

37 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 22:03:12 ID:qu4SngM/
>>29とか見てると主婦って大変なんだなって思う

38 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 22:40:05 ID:AyLrwsUR
>内容はあの長さのものを子供のころから読む事

日本語でおk

39 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 22:45:12 ID:/8ZAzGlG
>>35
同意。
同じあざといんでも野島伸司のドラマとかの方が
最初にえぐい話だとわからせるだけまだずっとマシ。

長いものを読むのが大事とかいってる信者アホすぎ。
そんなに長いのがいなら電話帳でも読ませときゃいいのに。

>>36
こんな愚作を長いという理由で読んだらいいと思っているなら
信者スレでそう書きなよ。
もっともこの作品を好きな人こそ訳が許せないみたいだから
そんな意見の持ち主には行き場がないだろうけどね。

40 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 22:54:37 ID:mlBd4xSR
>>39
おいおい、自己レスしてるよw 釣り?
電話帳でも読ませとけには同意だが。

41 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 23:17:03 ID:Rhd7fwEJ
前スレで何巻脱落したかって質問が出てたが、その前までは面白かったって言う人と、
単に読み始めたら最後までな性分の人と、どっちが多いんだろうな。

後者は、本棚の整理を始めると途中で読み耽っちゃうタイプかなと勝手に思っているんだが。

42 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 23:29:01 ID:3gyZHZbu
>内容はあの長さのものを子供のころから読む事が大事なんじゃん。
文字の量が多いだけだろ。内容はそこらの絵本より薄いよ。
そんなの読んでいったいなにが養われると?

43 :なまえ_____かえす日:2007/08/30(木) 23:30:45 ID:ihcWBh98
たしかに長い小説を読んでくれたら嬉しい気がするけど、それって、
子供に分厚い本を読ませて、読書させた気になってるだけなんじゃないの。
ただ長ければ良いわけじゃないよ。
道徳心とか、心の成長を助けてくれるようなものを読んでほしいよ。

ハリポタはとくに一巻が、読むと書いてあることが頭の中で簡単にイメージできるから
漫画かテレビでも見ているような本だなと思った。
これがきっかけで、読んだ子が「文を読んで想像を膨らませるのっておもしろいな、読書って楽しいな」とか
思ってくれればバンザイだ、と言いたいのかな?>>26
そういうことなら確かに、軽くて良いかもね。
手芸の超入門書「きっかけ本」シリーズ(300円くらいで買えるやつ)みたいな感じで。

でもそれにしたって、三巻くらいまでだと思う。
三巻までは「長いお話を読んでくれて嬉しい」でもなんとかおkと思えるけど、やっぱり四巻以降はなあ……
今まで見せていた楽しい夢の世界から90度くらい方向転換したから。五巻ではさらに60度くらい。

44 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 00:12:57 ID:IFn+i+n5
長ければいいわけじゃないってのには同意だが、
あの長さの物を読み切った達成感を味わうことも子供には大事。

45 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 00:21:13 ID:l68jdd3h
そりゃそうだが他にも良い本があるだろ。

46 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 00:45:14 ID:sin9kTBG
思春期はやっぱり地雷回避とか思わず無防備にハマれるからなあ。
そーゆー時に良書に出会えるってのはホントに幸せな事だと思うんだけど。
大人になって目が肥えてから読み返して
「ああ、こういうことだったのか」と物語の各所にある寓意や含蓄に気づく喜びもある。
ハリポタじゃ、大人になって読み返した時に「なんじゃこりゃ」とならんかね。

チラ裏だが、自分が人生最初にハマった長編は“ウォーターシップ・ダウンの兎たち”。
幸運だったんだなぁ・・・

47 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 01:00:47 ID:IFn+i+n5
子供が読んで面白がってるものにあれこれ言うほうが無粋だと思うけどなあ・・・。

>>45
そうだけど、それがハリポタでも別にいいだろ?
内容とか日本語とかそういうんじゃないんだよ。
一冊の本を読み切ったっていう実感が大事。
それがあるかないかで後々の読書体験が大きく変わってくる。

48 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 01:19:02 ID:sin9kTBG
すぐ上で鬱陶しいこと言った身でなんだが、

>それがあるかないかで後々の読書体験が大きく変わってくる。

根拠は何??
そもそも誤訳が多くて読み難く、『一冊読み切る為の手軽さ』も満たしてないだろう。
・・・第一、一冊読み切っても終わらないしw

49 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 01:38:52 ID:xl7nuTx5
子どもの感性を大人の価値観で先導するってのは問題だと思うし、
ハリポタが読める位の読書力がついているなら、自分であれこれ考える
ことも出来る位の年齢には達しているだろうから、
「読みたけりゃ勝手に嫁、自分で色々思え」でいいだろうと思うが、
わざわざ、大人の側から「読んでみなさい」と、ハリポタを薦めるのは
マズイだろうな。道徳的に、良書ではない。


50 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 01:57:24 ID:IFn+i+n5
>>49
それには同意。
ただ、子供が自発的に楽しんで読んでるケースも多いし、
それを>>48とかみたいに自分の物差しだけで言い切るのはどうかと思うぜ。

51 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 02:03:48 ID:sin9kTBG
誤訳が多いとか続きものだとかいう指摘が『自分の物差し』とは一体?

52 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 02:08:41 ID:IFn+i+n5
>>51
読みにくいのも誤訳が多いのも、極論で言えば、子供にはあんま関係ないよ。
「物差し」に関しては俺のカンチガイだ。別のレスと混同した。悪い。

いずれにせよ、今のガキが自分から「本読みたい」と思うのであれば、
それがどんな小説であれ、歓迎すべきだと思うね。
読みやすい・読みにくい・誤訳が多いとかは、どうでもいいよ。


53 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 02:17:24 ID:sin9kTBG
何だか現代の子供に対して偏見があるというのはよく判った。

54 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 02:29:12 ID:RNhlCHZC
せっかく49が妥協案を出してくれたのにな。「子供の自主性にまかせれば万事うまくいく」なんて
言う教育学者はいないぞ。

55 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 02:46:01 ID://z/+mcd
万事とまではいかないけど自主性に任せる、せめて自分から行動するように仕向けるのは重要だと思うが

56 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 03:47:33 ID:IFn+i+n5
>>54
教育学の話なんて誰もしてないだろ。
>>49の言うほど道徳的に悪書ではないだろ、ハリポタ。
そもそも児童文学なんて残酷でドロドロしてる要素が昔っからあるもんだし、
面白い面白くない、読みにくい読みにくくないにしたって、
読んだ当人が判断すればいいことだ。
判断する前に大人が「これは面白くない」「読みにくい」「悪書」みたいに、
どんどん子供に与えるものをより分けて行ってみろ。
そんなものがほんとに読書か?

自主性にまかせてればOKとは思わないが、
子供が楽しんでるものをわざわざ取り上げるようなことはどうなの?
どっか上のほうで「頭にも心にも傷を残す本」とか書いてあったけど、
明らかに過剰な言いがかりだろ。言うだけなら誰でも言えるんだよ。

57 :sage:2007/08/31(金) 04:03:09 ID:Fj30zg3O
売れてるものを否定するのがクールだと思ってる奴はどこにでもいるのよ

58 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 05:42:48 ID:ZNbl5hg3
>そもそも児童文学なんて残酷でドロドロしてる要素が昔っからあるもんだし、
それを反面教師にできるような本なら別にいいんだよ。
ハリポタは作者のモラルがそれだから、さりげなくひどい描写が散りばめてあったり、
フォローがなかったりするのが問題なんだろ。

それと、取り上げろなんて誰も言ってないぞ。

59 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 06:49:25 ID:IFn+i+n5
>>58
フォローないものも多いよ。反面教師になるようなものばかりでもない。
アンデルセンとか、できるだけ原作に近い形で読んでみ。
あとはこの板でもアンチスレ立ってるけど『いやいやえん』とかさ。
ひどい描写だらけだから。

>取り上げろなんて誰も言ってない
「取り上げろ」とは確かに言ってない。俺もそうは書いてない。
「子供が判断する前に、大人が与えるものをより分けるな」という意味合いのことは書いた。
でも、大人に本を買ってもらう立場の子供たちに対して「読んで欲しくない」
というのは、取り上げるのと同じことなんじゃないの?

「頭にも心にも傷を残す」「他に読むべきものはいくらでもある」ってのは、
「だからハリポタは読ませたくない」っていう、与える者のより分けだろ?
そんなことするより子供に自分で選ばせて、後悔するなら自分で後悔させたらいいじゃん。
子供が自分で読みたいものを選び、自分で読み切る。これが大事なんだと思うぞ。
作品に対して自分がアンチになるのは人の勝手だけど、
その嗜好を子供にまで押しつけるのはいささか見当違いだと思う。

60 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 08:10:35 ID:9y6WRH02
同意。
子どもに何を読ませても構わないとは言わないけれどコントロールしすぎだと思う。
自分が親にそこまで介入されたらいい気はしないだろうに。

61 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 08:36:23 ID:EWNYSSoY
俺も同意。
長いものを読む力ってガキの頃から長いもの読んでないと付きづらいし、
ハリーポッターみたいなのはトレーニングとして打ってつけだ。
本当に教育に悪いと思ってんならこんなとこで匿名で吠えるんじゃなくて、
新聞に投書するなりしたほうがまだ効果的だぞw
ハリポタがこんだけ世界中でガキどもに人気があるって事実をまずは受け入れろよ。

62 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 10:57:34 ID:5Uxbsi6i
>>36
遅レスなうえ横槍ですまんが、>>29がどう間違ってるかおしえてくれ。
私にはよくわからんかった・・・。

63 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 11:04:41 ID:xl7nuTx5
>>49だけど、
基本的にはみんなの言ってる事に同意なんだが、
子どもに特定の本を、「読んでみろ」と薦める時点で、
大人からの教育的なメッセージが意図に入ってくる訳で、
読む読まないは子どもの勝手だとしても、「あー、うちの親は、
こういう本を自分に読ませたいのか」的な受け取り方が必ず
生じる訳で。

そういう意味で、「ハリポタ、特に最終巻を薦めるのは、教育的に
どうよ?」と自分は思う。小学生に、積極的に薦めるべき本ではないと
思うのだが。映画だって4巻以降はPG12付いてるのに。


64 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 11:28:38 ID:WI+xtW/o
なんで皆真面目に教育論語ってるんだよw

破綻したプロット、あざといストーリー展開
作者のみえみえのマーケティング戦略

これだけでクソじゃねえか 読者引っぱってたのも
○○って何だと思う?××に秘密があるのよ!っつー謎だけじゃねえか
そりゃネタバレTシャツも売り出されるさ そこしか目玉がねえからな

65 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 11:40:36 ID:4GtCmivN
子供がどうの教育がどうのなんて考えながら読んでるのか皆
自分はただたんに面白いと思って読んでたものが糞つまらなくなったから
アンチになったそれだけだ
あまりいないみたいだが、自分は6巻で完全に醒めたつか、まさにハァ?!
って感じだったな。ハリポタに恋愛ドロドロはキモすぎた…

66 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 12:05:20 ID:PpGrFIPP
どうせ後の時代には残らないのだから、これから先の子供たちには無縁の悩みです。

67 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 14:07:31 ID:qAejrl/W
ハリポタを読み終えたからといって子供が本を読む事に慣れたり、ましてや読書好きになんてならないと思う。
あの程度の物語では、「ファンタジーって面白い!」とか思わないだろうし
次の物語を手に取るきっかけにはならないよ。

68 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 15:21:43 ID:RNhlCHZC
ハリポタの問題点はこのスレでさんざん指摘されてるんだから具体的に反論してほしいな。
「子供の自主性にまかせるべき」とか「内容はともかく本を読み終われば達成感がある」とか
じゃなくて。

69 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 15:28:25 ID:IFn+i+n5
ハリポタの翻訳については反論するとこなにもないよ。
つーか俺も同意。

作品そのものについては著者がどう書こうが勝手だし、
それが人気あるということは受け入れられているということだから、別に何も言うことない。
ファンがいればアンチがいる。
それだけ人気があるということ。
アンチの湧かないマイナーなファンも多い。

70 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 15:33:35 ID:IFn+i+n5
なんだよ「アンチの湧かないマイナーなファン」てwww
「アンチの湧かないマイナーな作品」の間違いですサーセンw

71 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 15:45:57 ID:7dNep9HX
作者は児童書を書いているつもりはない、時点で
スレたて人と書き込んでいる奴馬鹿。

72 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 16:12:02 ID:n3o6Rzw8
うすっぺらい。「ほら面白いでしょう」みたいな作為ミエミエ。
ラノベでも、ここまでわかりやすい媚び売ってる話はそうない。
(開き直ってファンサービスして、でもテーマとかを見せるのが多い。
そっの方がなんぼかマシだと思う)
そんな『何か』がハリポタにある?

大人になった今なら「あー、ハイハイ」と読み流せるが、
子供時代なら腹立っただろうな。「ナメんな」って。

好きだった本が復刊されたので、感謝はしてるけどね。

73 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 21:11:42 ID:ZNbl5hg3
>>59
他にもひどい描写の作品があるからなんだっていうのさ。
だからハリポタは道徳的に悪書ではない、なんてことにはならんぞ。

74 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 21:48:57 ID:ONmq30ec
とりあえず訳者乙

75 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 22:58:04 ID:wUBuF0qe
つかあのグダグダ長いプロットに酷い訳では
途中で飽きてしまうから
「長い本を読み通した達成感」を味わうことはできないんじゃないか?w

76 :なまえ_____かえす日:2007/08/31(金) 23:06:17 ID:8NnDm1/G
ホーメン、ホーメン、ホッホッホー
ホーメン、ホーメン、ホッホッホー
ホーメン、ホーメン、ホッホッホー

77 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 00:30:09 ID:zPgHGVKa
親の立場から言わせてもらうと、
ドラえもんのような他力本願的な作品や、
名探偵コナンのような、人が死ぬという感覚が麻痺しちゃう作品のほうが抵抗ある。
だからって無理矢理取り上げたりはしてないがね。

ハリーポッターは学校で流行ってたせいもあって夢中で読んでた。
自分の好みとしてはリンドグレーンや三国志なんかを読んでほしかったのだけど、
ま、こればっかりは仕方ないね。
だんだん難解になるのは大歓迎。粘り強く読書することを学ぶ機会になる。
デスノートもそんな感じだけど、最後まで読みきって、さらにもう一度繰り返し読んでいた。
これは、自分も経験あるけど読解力をつけるいい訓練になる。

ともかく何事も経験だと思ってる。

78 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 00:34:36 ID:8XagTOph
>>11
>>ルーピン・トンクス、コリン・クリービーやジョージは かなり無意味な死に様

賛同。
ストーリー上どうしてもその人の死が必要な展開だから、というのなら
まだ分かるけど、上のキャラ達が死ぬ理由が、はっきりとないんだよな。
ルーピンとトンクスは、自分の子供のゴッドファーザーをハリーに頼ん
だ時点で、まあ死亡フラッグがたったともいえるけど。
実際に死んだのは、ジョージでなくてフレッドだったわけども、どちら
にしろお笑い担当は、殺しちゃマズいだろう。後から、読み直そうと
思っても、辛いものがあるし。


79 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 00:48:59 ID:5F7JhMG/
>>77

と言う訳で、>>78な訳ですよ。
コナンはまだ、ちゃんと謎解きしてくれるが、ハリポタ7巻は、
主要キャラが、訳判らないまま死にっぱなしの連続。

80 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 00:53:06 ID:pMVl9j3R
コナンに限らずもともと推理小説の中だと人間を描くのが難しいのよ。江戸川乱歩が指摘してる
くらいだ。そもそも殺人事件だと人を殺すくらい憎む事情があった訳だからまともに心理を描いたら
どろどろした重い話になる訳だけど推理小説をそれを単なる謎解きパズルにしてしまうから、
そういう事情が脱色されてしまう。それがいいことだと言うつもりはないが。
推理小説で人が死ぬのと学園冒険ファンタジーで人が死ぬのは重みが違うのよ。

81 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 00:57:32 ID:kj7TbBvv
>>15
>>4巻あたりから何か勘違いした作者が作品に重さを出そうと
>>無意味にキャラを殺して、次は何人死ぬとか言い始めてからおかしくなった

禿同。
3巻までの展開も、まあ多少突っ込みどころはあるけど、あくまでも明るい
魔法学校冒険物という枠内だった。だから、多少モラル的には疑問視する箇
所があっても、そこはまあ子供向きという事で、許容範囲に入ったんだよな。
ところが、4巻以降、まるで“最低一人は皆さんの好きなキャラが死にます
よ。さあ、誰が死ぬか当ててみて下さいね♪”な展開に、ウンザリ。
どうも、作者さんは、キャラの死によって読者が感動を覚えると思い込んで
いるみたいで(そりゃ、勿論その死んだキャラが好きなファンは泣くよな)、
余りにもキャラをあっさりと殺しすぎ。

>>あのファンフィクションみたいな おめでたいエピローグは想定の範囲外

ファンフィクでも、ああいう展開のエピローグは、ひく方なんだが、
まさか、肝心の回転さんの方で、そういう安っぽい展開にお目にかかれると
は思わなかったな。
それまで、どんなに感動していたとしても、あの手の脳天気なエピローグが
入ると、途端に冷めてしまう。ましてや、6巻までのプロットや設定をも
おかしくする7巻の独自の設定では、もはや感動以前の問題ではあるが。


82 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 01:18:37 ID:Pyn+k43m
>>18
>>原書で読むっていうのも目的のウエイトが 大きかったんで、7巻まで続けて

うーん。7巻まで読んだのか。
最初は日本語で読もうかと思ったら、あの分厚さ(文庫本でてると思った)&
日本語訳がかなり酷いという話を聞いたので、原書で読んだのだが。
そして、ずっと原作で読みながら、5巻での、あまりにもグダグダした欝な
話しが延々と続く展開&DQNと化した主人公に到底ついていけず、挫折
した。
その後は、ネタバレスレをROMして、最終巻の7巻で話しが持ち直すか
と思ったら、あんなクソ展開だしw。

まあ、確かに日本語版の“ゆうこりんワールド”は、聞きしに勝るほど、
凄いらしいなw。
日本のハリポタファンサイトを見て、最初“俺様”“我輩”が、一体
誰の事なのか、全然分からなかったよw
“俺様とか、我輩なんて、けったいなお笑い担当キャラ、ハリポタに
いたっけ?。フレッドとジョージにしても、あの二人がこんな変な一人称
使うか?”と、考えていたw
まさか、“俺様”がヴォル、“我輩”がスネイプだったなんてwww
(“俺様”で、「ドラえもん」のジャイアン。“我輩”で、デーモン小暮閣下
を思わず想像してしまったよw)
ヴォル →“私”か“我
スネイプ →“私”
・・・だろう。


83 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 01:39:45 ID:r/8xOf2I
>>29
>>教師が「停職になった」といいながら働いているようなデタラメ訳

いやー、確かに“ゆうこりん”ワールドは酷いという話は聞いていたが、
そこまでの域に達していたとはw

“You’re on probation?”said Ron very loudly, so that many students passing
looked around curiously.(US版 第5巻 P549 3行目〜)
「保護観察?」と、ロンが余りにも大声を出したので、大勢の生徒達が興味深そう
にあたりを見まわしながら通り過ぎた。

“probation”は、“あなたがその仕事に適しているかどうか見る為に、誰かが
あなたが働いている間に、あなたの性格と能力を判断する期間”(コウビルド英英)
とあるから、この場合、“停職”迄いっていない“保護観察(期間中)”とか“見習
い期間”の方が、ニュアンス的にはあっていると思うのだが。
(念の為、ネイティブ用の英英でもひいてみたが、この意味で間違いなさそうだ)

>>『ダメージを挽回する』みたいなバカげた日本語を

これまた、実に素晴らしい日本語でw
“挽回する”というのだったなら、「名誉」とかがつくだろう。
“ダメージを回復する”とか、“ダメージを修復する”とかだったら、
聞いた事あるけどなw


84 :83:2007/09/01(土) 06:26:28 ID:v22VLTML
>>83
自己訂正レス。

X「保護観察?」と、ロンが余りにも大声を出したので、大勢の生徒達が
○「保護観察?」と、ロンが余りにも大きな声を出したので、大勢の生徒達が
○「保護観察?」と、ロンがかなりの大声を出したので、大勢の生徒達が

アップしてから、文章の流れが日本語として綺麗でない事に気がついたので、
訂正ッス。失礼しました。


85 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 07:34:47 ID:jbga+GSI
4巻で学校代表の座をハリーと争ってた他寮の上級生(死んだ)が
どう見てもハリーよりよほど出来た人間だったのがなんとも……


86 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 08:27:53 ID:5RpOgBF3
また翻訳叩き厨が出てきたか……。
訳の善し悪しは作品の善し悪しとは関係ないだろ。

87 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 09:16:21 ID:KlGAuS8z
翻訳小説なんだから訳の話題もでるのが普通。
児童書なんだから子供への影響が話題になるのも普通。

ここはアンチスレだから訳も内容も叩かれる。
しかし誰も本気でハリポタを禁書にしようという話をしてるわけじゃない。
誰でも自由に本が出せて自由に読める国だからこそ意見交換も自由にできる。
これが大切なのはあたりまえ。大前提。
7巻日本語版もたくさん売れるだろうから信者も心配するなw

ただここはアンチスレだから具体的な反論はかまわないが
アンチが忌憚のない意見を書くのをやめさせようとしないでほしい。
こういうところで話題の制限をしようというのは
人の読む本を制限しようというのと同じくらい馬鹿げてるよ。

88 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 12:28:44 ID:izWq1Hpf
変な一人称や語尾を使わなきゃキャラの書き分けが出来ない人なんだろうな
俺僕私ぐらいで十分だろ

89 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 14:01:55 ID:mQ7fsJK3
>>77
ハリーポッターの方がドラえもんより他力本願的だと思うが。
ハリーが活躍してるのは親の遺産や持って生まれた才能、周りのえこひいきの
おかげ。
のび太はドラえもんの道具で得をすると必ずしっぺ返しを食らってる。

90 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 15:05:16 ID:pMVl9j3R
シリアスムード満天のはずの7巻でもひどいね。

ハリーがどう見ても無謀なことをしようとする 
→ ハーマイオニーにたしなめられる
→ そこをハリーが強引に押し切る
→ 当然のようにピンチになる
→ 絶妙なタイミングで助けが入る

このパターンが何度あったことか。成功してるんだから当然のようにハリーは反省しない。

91 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 17:05:46 ID:Z8IE1foz
聞けば聞くほど酷いもんだな。
むしろ何を間違えて数巻以上つきあってしまったんだ?
一体何が読者を引き留めたんだ?

92 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 18:42:53 ID:k9OJi5xc
俺は一巻は単純に楽しめた。おもしろい魔法ごっこの本だと思った。
二巻は一巻ほどじゃないけど、アドベンチャーごっこの本として流し読んだ。
三巻はミステリーっぽさを出したかったんだろうけど、少しづつシラけてきた。
四巻は完全に失望した。過大評価された作者が背伸びをしているだけに見えた。
五巻は拷問だった。ただ、一巻から四巻まで読んだ惰性だけで読み通した。
六巻は人間スキャナになった。単に、最終巻まで読む、それだけに機械的に読んだ。
七巻は、、、、、やっぱりつまらなかった。このために苦行を積んだと思うと虚しかった。

93 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 18:57:13 ID:mg5sIK5t
>92
あなたは私?ってくらい各巻の感想が一緒だ。
ただ、自分は5巻の拷問に耐えられずに
1/3くらい読んだところでドロップしたけれどな。

94 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 22:32:01 ID:NLEC9c20
>>92〜93
読書家なんだね。まあそういう主旨の板だし。

漏れは面白くなかったら、絶対読まんけど。
面白かったから7巻まで読んだ。

嫌々読む時間があるなら、マンガ読むかビデオ見るよ。

今年は、ダビンチコードと7巻しか本読んでないし。
本なんて無くても、良いと思う。マンガとビデオとラジオで十分。

95 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 22:50:39 ID:Z8IE1foz
英語得意なんだね

96 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 23:26:12 ID:5RpOgBF3
まあ、面白いと思う人がいればつまらないと思う人もいるってことだな。
つまらないと思う人のほうがマイノリティなのかな、ハリポタは。

97 :なまえ_____かえす日:2007/09/01(土) 23:51:12 ID:Z8IE1foz
ツマンネてなった人の大半はそれっきりハリポタの事なんかどーでも良くなったんじゃね?
すっきり忘れてるから当然アンチスレに書き込みになぞ来ないし、わざわざネガキャンもしないんだろ。

俺はもう一巻で倫理部分適当&生まれが全て&主人公贔屓されまくりを感じて脱落したが、
あんな本が受けるなんてナゼェという気持ちがここに導いた。

98 :なまえ_____かえす日:2007/09/02(日) 00:01:10 ID:bk4F7H7/
言葉遊びを日本語にどう訳すのかセンスが問われるところなのにアレだもんな。
ハリポタ旋風とか見てて寒々しい。
たまには全世界でヒットしてても日本は蚊帳の外ってことはないのだろうか。

99 :なまえ_____かえす日:2007/09/02(日) 12:46:17 ID:Kt0BakHJ
はあ蚊帳の外だろ?

英語の読めない連中。

本読まない小学生。

100 :なまえ_____かえす日:2007/09/02(日) 12:47:22 ID:KgN6b+Cz
>>98
蚊帳の外にはならないよ。広告代理店が無理やりにでも流行らすw
特にメディアミックスする作品だったらなおさらの事

300 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)