5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ザ・ギバー〜記憶を伝える者〜

1 :なまえ_____かえす日:04/03/17 21:00 ID:khwJrWUy
とにかくスゴイ

読んでない人は探して買ってでも読んで欲しい
読んだ人は感想とか語りましょうよ

2 :なまえ_____かえす日:04/03/17 22:17 ID:p94N799f
何それ。
教えてくれないと語るのは嫌だ。

3 :なまえ_____かえす日:04/03/17 23:11 ID:aGPxtUIH
とりあえず基本情報きぼん。

4 :1:04/03/18 00:15 ID:ImmxCcnj
>>1です

作者/ロイスローリー
翻訳/掛川 恭子
ユースセレクション

出版社/著者からの内容紹介
社会にうずまく悪や欲望、苦痛や悩みなどがすべえてとりはらわれた理想社会
――喜怒哀楽の感情が抑制され、職業が与えられ、長老会で管理されている規律正しい社会
――〈記憶を受けつぐ者〉に選ばれた少年ジョーナスが暮らすコミュニティーは、ユートピアのはずだった。
けれども、理想の裏に隠された無味乾燥な社会の落とし穴に〈記憶を伝える者〉とジョーナスが気づいたとき、
そこに暮らす人々が失っている人間の尊厳にまつわる記憶の再生を計ろうとする。
2度のニューベリー賞受賞に輝くロイス・ローリーが贈る、衝撃的近未来ファンタジー。

以上Amazonより



5 :なまえ_____かえす日:04/03/18 23:08 ID:YitsPQYf
ガブリエルは女の子の名前だと思っていた。

6 :なまえ_____かえす日:04/03/19 00:04 ID:fSpfhYaW
もしも自分に好きな世界がつくれるなら、
記憶を伝えない世界にするかもしれない。
小國寡民。使人復結繩而用之。

7 :なまえ_____かえす日:04/03/20 00:39 ID:P0rwNuxa
一年に生まれる子供は50人、そのうち出産母になるのは何人だっけ?
一生に3人子を産むときまっていたような気がするが、計算は合うのか?

8 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/20 02:54 ID:uK1cir0A
>>5
私もちょっとそんな気がしました

>>6
記憶を伝えない世界?

>>7
今手元に本がなくて(人に貸してるから)
そんな記述があったのは覚えているのですが確認できないです

9 :6:04/03/22 00:56 ID:fi2bXs6E
人類の蛮行や憎悪の記憶を次の世代に伝えなければ、
せめて報復の連鎖だけでも断ち切ることができるのではないかと、
思ったりするわけだ。

10 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/22 04:40 ID:j0YI0I/2
>>6さん
確かに連鎖は断ち切れますね…
ギバーの世界ではいいものもわるいものも伝えないことで
コミュニティーの正常化が保たれている
しかし、これは人間という生き物の本質の大半を失っていることになるわけですよね。
人間観や世界観、平和にも思いを馳せてしまう深い作品ですよね

11 :なまえ_____かえす日:04/03/22 15:32 ID:DDJT6Co1
リアルな苦しみの記憶を伝えることができるなら
それもまた争いの抑止になるのではないかとも思う。

12 :なまえ_____かえす日:04/03/22 20:29 ID:j0YI0I/2
>>11さん
少なくともジョーナスは戦争の記憶を伝えられてそうとうなショックを受けていましたからね。

13 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/22 20:30 ID:j0YI0I/2
>>12>>1でした

14 :なまえ_____かえす日:04/03/23 03:44 ID:8ysvkzG8
なつかしいな。
あの社会は綺麗で悲しいと思ったよ。

15 :なまえ_____かえす日:04/03/23 12:19 ID:x8ETKJ9B
ちょっと面白そうだな。
図書館に出てるかな?さがしてみよう。

16 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/23 20:13 ID:AYxndA61
>>14
いつごろ読まれましたか?
確か対象年齢は中学生以上なのですが、私は高校3年で読みました。
学校の図書室で見つけて。
で、中学生が読んだら頭パンクしそうだなぁってくらいショック受けました。

>>15
私立図書館などにあります。
本屋では探してもありません。廃版になってしまたのです。
講談社に再版のお願いをしてみたら、署名が最低1000件はないとダメだといわれました。
ぜひ読んでみてください。
児童書の域を完全に越えていると思います。

17 :なまえ_____かえす日:04/03/23 20:28 ID:kv52cxYS
夢中になって徹夜で読んだあと
過呼吸になってびびった。
あんまり根を詰めて読むとよくないよ。
っておれだけか…

18 :なまえ_____かえす日:04/03/23 22:55 ID:TAxD5zSK
>>11みたいなのは某SF大作で描かれているな。

「ザ・ギバー」自体はル・グインの「オメラスを歩み去る者」にテーマが似てるが、
こちらのほうが重い。児童書なのに。


19 :なまえ_____かえす日:04/03/24 00:10 ID:wZRBkA1z
勢いネット古書店で注文してしまった。
どんな話なんかさっぱり検討もつかんが楽しみに待つことにしよ。

20 :なまえ_____かえす日:04/03/24 00:27 ID:QFejLOOf
物語中の世界の細かなルールを知るのが楽しい。

家族は毎朝、見た夢について話し合い、
「夢の話をありがとう」と言うべし、とか。
公園のリンゴはその場で食べていいが持ち帰り禁止、とか。


21 :なまえ_____かえす日:04/03/24 14:29 ID:w8DHziqH
えっ、絶版になっちゃてるの?
わりかし最近の本のように思ってたのに・・・。
内容もショックだけど絶版つーのも負けずにショック。

22 :なまえ_____かえす日:04/03/24 17:00 ID:xLhbXpPf
国語の先生やってる友人に薦められて読みました。
高校の課題図書だったんですよね。
そのおかげか近所の図書館には3冊もありますが…
絶版ですかハア

23 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/24 17:53 ID:aV/rwNoT
みなさん、カキコありがとうございます。
読んだ人、読んでない人、色々あって楽しいです。

>>17さん
過呼吸ですか!
実は私も過呼吸症候群ですが、あの本を読んだ後にはなりませんでしたよ。
しかも同じく徹夜でした。
おそらく最後のシーンは寒いからじゃないでしょうか。

>>18さん
ル・グウィンの方は知りませんでした。
今度読み比べて見ます。興味深い情報をありがとうございます。

>>19さん
ネット古書でみつかりましたか?私が探したときはありませんでしたが。
なんとなく徹夜で一気に読むことをオススメします。

>>20さん
私もあの世界の様々なルール、それからみんなが知らない状況を
知っていくにつれ、だんだん恐くなりましたよ。
小さなルールは全体から見ると取るに足らないことなのだけど
秩序のためにはあれだけ徹底しないといけないものなのでしょうね…

>>22さん
私も高校の図書室で見つけたのが最初だったので、
課題図書という理由でそこらへんに散らばってはいるようですが、
中古以外で探すのは困難かもしれません。

24 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/24 17:54 ID:aV/rwNoT
レスつけ忘れ

>>21さん
私も講談社に問い合わせて再版の予定がまったくないというお答えに
かなりのショックを受けました

25 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/24 18:02 ID:aV/rwNoT
ちょっとスレ汚ししてみようかと思います。

私は(上にも書きましたが)ギバーと最初に出会ったのが高校の図書室でした。
内容は全く気にせず、表紙になんとなく圧倒されて借りてきました。
冬休みだったので、徹夜で読了しました。
読み終わったのは朝の6時くらいでしたが、小一時間放心状態でしたね…

それから、今度は大学に入ってそっちの市立図書館で見つけ、また借りてきました。
「児童文学論」という授業で、先生が
「出席票に一番印象に残っている作品のタイトルを書いて出してください」
とおっしゃったので「ザ・ギバー」と書きました。
先生が過剰反応したのが印象的でした。

本の面白さって「一回読めばいいや」〜「手元にいつまでも置いておきたい」が
あると思うのですが、ギバーはぜひ自分で持っていたい本だと思ったので探してみましたが
書店を回ってもネットで探しても思うような結果が得られませんでした。

原宿に行く用があったので、表参道を裏に入ったところにある、
「クレヨンハウス」という絵本屋さんに立ちより、血眼になって探したら一冊だけあったんです。
ちょっと探しただけじゃ見つからないようなところにありました。
もちろん買いました。

だから今は自分の蔵書として持っています。
最初に読んだときの衝撃はないけれどたまにパラパラめくると止まらなくなりますね。

みなさんのギバーとの出会いとか、よろしければ書いていってください。
長文ごめんなさい。

26 :なまえ_____かえす日:04/03/25 20:44 ID:6JEVxBF5
手に入ってよかったですね。
私は市立図書館で借りて読みました。
そういえば最近書架に見当たらない気がするけど、まだあるのかな?

27 :なまえ_____かえす日:04/03/25 22:37 ID:+E0zIv2o
>>26さん
やはり市立とかの図書館には沢山あるみたいですね。
いつの時代になっても読まれて欲しいと思います。
見当たらないのは誰かが借りているのか、それともなくなったのか…

28 :なまえ_____かえす日:04/03/28 02:44 ID:REHhFF3c
読んだ…
結末読んだあと、主人公達の努力にも関わらず、残された世界は
何も変わらなさそうな予感がして泣けた…
こんな風に思うのは年を取っちゃったからか…
フレッシュな若い人が読めば希望に満ちた結末が見えるんだろうか

29 :なまえ_____かえす日:04/03/28 07:54 ID:NZ8y6U7n
そもそも、あの世界に「記憶を伝える者」は必要なのか。
何も知らずに淡々と生きてゆけばいいのではないか?

あえて記憶を伝える者を設定して、社会に波紋を起こすことも計算に入ってるのかも。

30 :なまえ_____かえす日:04/03/28 20:54 ID:KQ5REItx
自分も好きな作品だ!
同士がいてうれしいなぁ。
今度ゆっくり語りにきますです。記念カキコ。

31 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/03/29 01:49 ID:mCTtb+d+
>>28さん
えーともしかして>>19さんですか?
結末は人によって様々に想像できると思います。
私はいろいろなパターンを考えましたよ。ハッピーっぽいエンドとバッドエンド。
最後に歌が聞こえてくる気がするっていうところ、
あれはやっぱりギバーが歌ったのではないかと思いましたが、
ジョーナスたちが行く先がどういう世界なのかはまだだれにもわからないまま終わりましたよね。

>>29さん
ギバーが「歴代のギバーは記憶をおしつけられた」ようなことを言っていたから
誰かが一身に背負うことによって他の人たちが淡々と生きていける世界が
できた、ということだというふうに解釈していましたが…

>>30さん
また書きにきてください

32 :なまえ_____かえす日:04/03/29 21:45 ID:vDcG66yE
28です、19さんではないです。ネタバレになっちゃうかもだけど
「娘リリース>記憶が戻ってきた」ってことは、ジョーナスの記憶が
戻ってくる為には彼は死ななきゃいけないんだと、そしてギバーで
ある二人は「いずこ=死」だと認識してたように思えた…

自分もジョーナスと同年代で読んでみたかったなぁ
そして同年代の少年少女はこれ読んでどんな風に感じるんだろうなぁ

33 :19:04/03/29 23:29 ID:6TnyZbgv
19です。遅ればせながら読了しました。
熱中しました。通勤(帰宅)電車で読んでたんですが
終章に近づいたあたりで募ってくる緊張感に耐えられず
駅のベンチに座り込んでラストまで。
みなさん放心した言うのがわかったです。

段々読み進むにつれて、「家族」が消され「色」が消され「感情」が消される、
奇妙な感覚を味わった。そして世界は反転し、鮮やかに甦る「記憶」。
ジョーナスがギバーやゲイブに感じた愛情が胸に迫って涙出た・・・

34 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/04/02 00:21 ID:roMCKNKp
>>32さん
そうですね。
たしかにそう解釈できますよね。
でも最後のジョーナスの逃亡が「実在するいずこ(=別のコミュニティー)」へ向けての
逃亡であったような気もするのです。
そう思いたいというか。でないと悲しいですものね。
でもやはりジョーナスは死ぬことによって、
ギバーは歌を歌うことによって記憶を戻すキッカケを生んだ、
という気がします
幼いゲイブリエルのことを思うといたたまれない結末ですが

>>33さん
読了おめでとう御座います。
通勤電車でですか!
「色」のとき衝撃を受けませんでしたか?
私は「色」についてのあの世界の「秩序」を知ったとき、
「この作品は映画などの視覚メディアにはできない」と思いました。
文字で読む物語だからできた世界だと思うのですよ。
最後まで読んだ後にまた最初の何ページかをパラパラめくると
ジョーナスの一家団欒から始まるので胸が痛くなります。
最初に同じ所を読んだときとの、このギャップはすごいものがありますよね〜


35 :なまえ_____かえす日:04/04/02 22:19 ID:+zr9CaCz
同級生女子の裸体を洗ってあげる夢(;´Д`)ハァハァ


36 :1 ◆ozfOzuNoaA :04/04/05 03:26 ID:E+DxiYuv
>>35
ハァハァかなぁ?あれ。

37 :なまえ_____かえす日:04/04/08 23:09 ID:Mk42i/sQ
ageときます

38 :なまえ_____かえす日:04/04/14 23:56 ID:1rAxxlEq
保守。

仕事が終わったらもう一度読もう。

39 :なまえ_____かえす日:04/04/20 23:24 ID:cCubxxh6
保守

40 :なまえ_____かえす日:04/04/27 10:25 ID:HfCi/KUo
保守

41 :なまえ_____かえす日:04/04/27 23:44 ID:LbwFzmO8
「ふたりの星」はどうよ?

42 :なまえ_____かえす日:04/04/29 00:09 ID:Kzns3h/I
>>41
読んでない〜〜〜

43 :なまえ_____かえす日:04/04/29 12:10 ID:f27pYp8r
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/reviews?aID=g19684361

悪徳3%徴収者発見(# ゚Д゚) ムッカー
アドバイス宜しく(*^ー゚)b

44 :なまえ_____かえす日:04/04/30 20:25 ID:jAv64+e1
きらきらと 木漏れ日の中で
ふたりの星が 流れていくわ
あんなにも 憧れつづけた
笑顔のそばに 私がいる

45 :なまえ_____かえす日:04/05/03 17:45 ID:mkAFvXGH
保守

46 :なまえ_____かえす日:04/05/04 07:59 ID:atWcR+qz
小さい子供が事故で亡くなって、
町じゅうの人が一日その子の名前を唱えつづけるところが沁みました。

47 :なまえ_____かえす日:04/05/06 02:49 ID:BReJiLno
>46
あれはちょっとゾっとしますよね

48 :なまえ_____かえす日:04/05/08 20:40 ID:wDbKispJ
あげ

49 :なまえ_____かえす日:04/05/18 14:20 ID:E5t1w8U0
保守上げ

50 :なまえ_____かえす日:04/05/25 15:38 ID:rUcJguqm
あげ

51 :なまえ_____かえす日:04/06/03 19:36 ID:MUBEwhMl
たしか小6くらいの時に読んだけど
微妙に悪意がにじみ出るきな臭い本だなぁ、と思った記憶がある。

というか、テーマが児童書で出す物ではない気がする。
主張したいなら大人向けの本としてだそうよ、みたいな。

もちろん良い部分も沢山あると思います。
この本好きな人で、いやな気持ちになった人いたらごめんなさい。

52 :なまえ_____かえす日:04/06/09 23:11 ID:fbQsa6AT
確かに小学生には早すぎる気がする。

もっと人間の暗黒面を知ってから読むと、
ジョウナスの鬱になる気持ちが良く分かるぞ。

53 :なまえ_____かえす日:04/06/16 01:20 ID:ng4HX+5e
亀レスですが

>>29さん
あの世界における「記憶を継ぐ者」は
結局、意図的に配置されたスケープゴートではないかと思うのです。
>>31=>>1さん
が言っておられるように
誰かが一身に負うことでほかの人がその責務(義務)を逃れることができる
それそのものを制度化してしまっていることが
あの世界の恐怖の形ではないかと。

そして、そういう意図的に配置されるスケープゴートは
よくよく見回せば
わたしたちの世界のあちこちにも

54 :なまえ_____かえす日:04/06/29 16:23 ID:NHT8GPPx
ららあらららああ

55 :なまえ_____かえす日:04/06/29 21:15 ID:HT73jVzO
あげ

56 :なまえ_____かえす日:04/10/01 03:53:58 ID:9Ak3XMDo
最後に読んだのが何年も前なので、内容の細かいところはうろ覚えですが‥‥、
この本に出会ったのは中学生の時で、当時私は不登校生でした。
不登校の理由はイジメとかではなく、ぶっちゃけ、何となくとしか言い様がありません。

読んだ時、その世界のしくみに衝撃を受け、すごいものを見つけてしまったと思った。
そしてその後頭から離れなくなったのは、自分がこのコミュニティーに生まれていたらどうだったんだろう、という考えです。
私は多分うまくやっていけないと思いました。
他の人々はもちろん、主人公も職業が決まるまでは何の疑問もなく生活していたけど
ある日突然「学校行きたくない」って言い出す子がいたら、どうコントロールするんだろう。

何か分かりづらい文章ですみません。


57 :ですな:04/10/08 22:50:16 ID:vxoWVbnL
リリースですな

58 :なまえ_____かえす日:04/10/22 23:33:12 ID:xjmXYsWH
このスレ見て、図書館で借りてきた。
風邪ひきなのでちょっとだけ読もう、と会社帰りの電車で読み始めたら、
のめりこみ、ベッドまで持ち込んでただいま読了。
話とはズレるけど、子供のころ、自分の見ている「赤色」と
他人の見ている「赤色」は、はたして同じ「赤色」なんだろうか、
などと激しく悩んでいたことを思い出した・・。
ともかく迫力のある本でした。スレ住人の皆様に感謝! 
もう寝よう。
ラストの橇でグングン滑っていくところ、夢に見そうだ・・。

59 :なまえ_____かえす日:04/10/23 15:39:37 ID:pa0iea1U
社会からの疎外感、他人への不信感を抱いてると、この話が好きになりやすい。

60 :1  ◆GG180sxZYI :04/10/25 04:25:01 ID:sI5SLicR
このスレ生きてて嬉しいです
これからも多くの人に読んで欲しいですね

61 :なまえ_____かえす日:04/10/25 21:30:55 ID:ed1jlvZs
地味に生き残って
じりじりと読者を増やすのに貢献しそうだ。

ここで紹介してもらって、この本読んで良かったと思うよ。

62 :1  ◆GG180sxZYI :04/11/09 01:23:59 ID:jqunOS4i
>61
そういう感想頂けると勧めた甲斐もあるってもんです。
今度大学の授業でこの本を題材にレポート書きます。

63 :なまえ_____かえす日:04/11/17 15:14:32 ID:VNR/sUXt
良本あげ

64 :なまえ_____かえす日:04/11/18 16:06:39 ID:0TiFUnJ6
高校の課題図書で買って読みました。
細かいことだけど「りんごに起きる変化」を結論が出るまでわからなくてわかったときの驚きを今も覚えてます。
あの世界観が独特で新鮮でした。

65 :なまえ_____かえす日:04/11/18 16:43:28 ID:plfNza1Z
米在住のものです
娘は11才、現地校で6年生
夏の課題図書のひとつでした
たしかに原文は簡単な単語の羅列で、こっちの子供には読みやすいけど、内容が!!
娘が読んでいるその横で、日本語版(難解!)を手に入れた私は読んでいましたが、こんな衝撃的な本を読ませていいのかどうか不安でした
図書館の児童書コーナーにはペーパーバック版がズラーリ並んでます


66 :なまえ_____かえす日:04/11/18 17:02:05 ID:zx85ZaLD
小学生の課題図書ですか!

娘さんはどんな感想持たれたんでしょう。
自分は大人になって最近読んだので
子供時代に読めた娘さんがちょっとうらやましいような。

ペーパーバック、探してみようかなあ

67 :なまえ_____かえす日:04/11/18 17:20:33 ID:plfNza1Z
>66 レス、ありがと
実は私自身が読後あまりにもショックを受けてしまって、娘に感想をダイレクトに聞くのがスゴーク恐くなってしまったのです
んで、本を読むと必ずブックリポート(感想文)っていうのをこっちの子は書かないといけないんですけど、夜中にコソーリ娘が書いたのを覗いてみましたら
「個性の大切さ」「選択の自由」やら何やらと、、、私よりもずいぶん大人な感想で、私はダブルショーーーーック

あまりにも淡々と優等生的にこの話を受け入れた娘を「もしかして彼女はコミュニティー寄りの人間なのかしら?」と疑う母、、、ある真夏の夜の出来事でした

68 :なまえ_____かえす日:04/11/18 20:47:13 ID:/1FfP116
はじめて児童書板にお邪魔して、
上のほうにあったので思わず目を通して記念カキコ。
高校のときにクラスメイトが貸してくれた英語のを途中まで読み、
その後日本語で改めて読みました。
細かいところをほとんど忘れてしまっていますが、
英語で読んだときの雪の記憶?がとても素直で綺麗だったなあと
思い出しました。
また読みたいけれど近所の図書館にはあるかなあ…

69 :kkk:04/11/19 19:05:23 ID:SlpJNaPL
いままで読んだ中で最高の作品です。
人に薦められて何気なーく読んだら一晩で読破してしまった。
活字でしか出せないこの世界観。
読んだ後放心状態になりますよん。

70 :なまえ_____かえす日:04/11/20 13:22:12 ID:ZTcp/bY4
僕は赤い服を着るか青い服を着るか選びたいんだ!

みたいな文があったと思うんだけど(うろ覚え)
なんかすごく印象的だった。
魂がほとばしるような願望というか。
「選ぶ」ことのできない世界だからぞっとしたんだよね、きっと。

71 :なまえ_____かえす日:04/11/26 23:22:38 ID:se6L6DS5
未来世界がリアル
ほんとにリアル

72 :なまえ_____かえす日:04/11/27 06:33:39 ID:EqtBpoNu
世界、狭いなー。ひたすら。

73 :なまえ_____かえす日:04/11/27 08:14:02 ID:4t3J24IB
こんなに衝撃を受けた児童書ははじめて

つーか子どもにこんなの読ませていいんかい

74 :なまえ_____かえす日:04/11/27 21:44:25 ID:UuLMBAHq
ラストはなんだかありがちでがっかりした
それ以外は完璧ちゃう?
次はどうなるのかどきどきしながら読み進められた
こわい未来だよ

75 :なまえ_____かえす日:04/12/01 01:43:15 ID:BEe4f+yH
ユースセレクション(?)シリーズはだいたい読んだけど、
これだけは読んでいません。
実家に帰るたびに母に薦められるのですが、
表紙の白髪白ヒゲの老人がどうも好きになれなくて・・・・
(見た目で判断してすみません。)

でも、スレ見たらちょっと読みたくなってきました。
今度図書館で借りてみようかな。

76 :なまえ_____かえす日:04/12/01 18:02:24 ID:AxcuZQ1D
オレも読んでみよっかなー
このスレの意見 ほんとかよ
と思うくらいすごそうだしな

77 :なまえ_____かえす日:04/12/02 23:35:44 ID:KNVtfqWd
>>75
そういえば…表紙のじいさんlって何だったんだろう…
内容と合ってないねw

78 :なまえ_____かえす日:04/12/03 11:19:29 ID:Qo1C3dPN
なんとなくあの老人、「ギバー」のイメージで見ていたな。
誰一人過去を持たない街の中、
全ての者の過去を、記憶を自分の内に抱える老人。

ラストのまとめ方は確かにちょっとありがちというか
投げられてしまったような気がしたな。
丘の向こうには記憶を持つ人たちはいたんだろうか。
ジョーナスとゲイブたちは幸せになれたんだろうか。
答えが欲しいような、つまらない答えなら要らないような。

79 :なまえ_____かえす日:04/12/03 14:23:24 ID:iKtpbVk3
>77 えッあれが「ギバー」でしょ?

80 :なまえ_____かえす日:04/12/03 21:36:33 ID:5lhf85qE
私はどちらかと言うと
ラストは悲劇という感じで読んでしまったので
ショックがダブルだった・・・

81 :なまえ_____かえす日:04/12/04 03:58:51 ID:TVOniaRf
いちおう表紙爺さんの正体。「42歳」のところ。
まー後書きまで読めば書いてあるけど。
ギバーのイメージなのは確かだろうと思う。
ttp://www.yamaneko.org/bookdb/author/l/llowry.htm

俺は、このラストはベストな形だと思ったな。
この作品は風刺作品だから、表現する思想にきちんと決着をつけなきゃいかんわけだし。
視点は最後まで主人公だけど、むしろ実際の現代社会(少なくとも向かっている方向)は
後にしてきた人々の方であって、前向きな祈りが込められながら、さほど楽観視されて
いない終わり方だと思う。
単なるエンターテイメント作品ならバッドエンドにしてもかまわないと思うけど。

82 :なまえ_____かえす日:04/12/14 13:29:42 ID:dzJqqLGc
best story
up

83 :1 ◆MR2//uo2H2 :04/12/19 00:10:27 ID:BbGNlS9z
ageますね。

84 :なまえ_____かえす日:04/12/19 00:37:41 ID:52CpDkkl
色を知ったジョーナスに、クリスマスの街を見せてやりたいな。

丘の向こうで出会う人々が
ささやかなクリスマスの食卓を囲んでいたりしたら素敵だ。
だけど多分、そんな場面があるとしたらそれは幻なんだろうけれど。

85 :なまえ_____かえす日:04/12/20 23:43:24 ID:gEFc1jSk
おとんが怖いな
最初優しそうだっただけに誕生日を迎えたある日突然…
まあ大人は全部怖いけど

86 :なまえ_____かえす日:05/01/07 20:15:54 ID:ETD/itPW
たまにはあげますか

87 :なまえ_____かえす日:05/01/17 02:35:33 ID:pj0BxlWn
保守

88 :なまえ_____かえす日:05/02/08 00:57:54 ID:O6nqOtQl
保守age

89 :なまえ_____かえす日:05/02/21 21:00:30 ID:oRAO1/qS
ageage

90 :1  ◆MR2//uo2H2 :05/02/27 14:09:32 ID:C4Azc4p5
>>1です。
ついに児童文学論の授業のレポートをギバーで書き上げました。

91 :なまえ_____かえす日:05/03/09 02:55:33 ID:lithsaC7
>>90
おめでとう!

92 :1  ◆MR2//uo2H2 :2005/04/08(金) 23:23:24 ID:w7odAqn1
ついでに単位もAで来ました…よかった…


友達に貸して読ませたらやはり衝撃を受けていましたね。
で、私は映画カラーオブハートが好きでギバーとこの映画には
共通点があると思うのですがその点もわかってくれたみたいです。


93 :なまえ_____かえす日:2005/04/09(土) 00:26:44 ID:f5vpY6Q/
どんな映画だっけ?と検索。
あ―あ―あ―――・・・カラーオブハート。なるほど!
番宣で見て気になっていたんだけど未見でした。今度見てみよう。

A良かったですね。
どんなレポートだったのか読んでみたい。いや純粋に。

新しい「概念」を意識すると、自分の世界に新しい「色」が
生まれたような気がしますね。ギバーを読んだ時も
こんな描き方があったのか!という新鮮な感動を覚えたな。

94 :1  ◆MR2//uo2H2 :2005/04/15(金) 00:47:29 ID:JmcjG/Wx
>>93
実はブログに載せていますが恥ずかしいのでURLは伏せておきます

95 :なまえ_____かえす日:2005/04/24(日) 12:59:36 ID:VxUkry4z
定期age

96 :なまえ_____かえす日:2005/05/01(日) 02:31:39 ID:/3jLchYe
あさ○あつこさんの話もちょっとこんな感じの場面があった。
老人が「すばらしいところに行く」みたいな事を言われて
いなくなるってところとか。
読んだときに『ギバー』とにてるなって思った。

97 :なまえ_____かえす日:2005/05/02(月) 21:23:48 ID:NH+sC09x
>>96
読んでみるよ。
自分的はなぜか楢山節考に似てると思ったよw


>>94
よかったら教えておくれよ。
気になってしょうがないよ。
好きな作品だもん。
ググってもわかんなかた。

98 :1  ◆MR2//uo2H2 :2005/05/08(日) 01:39:37 ID:WaMas2xc
>>97
うい〜コレです
http://blog.livedoor.jp/kani_pan_666/archives/13964332.html

99 :1  ◆MR2//uo2H2 :2005/05/08(日) 01:40:01 ID:WaMas2xc
定期age

100 :97:2005/05/09(月) 19:10:31 ID:O4IbgaG4
>>98
非常によかったです。
なによりわかりやすかったです。
抽象的でもないし。
これだけわかりやすく書くのは僕には無理w
書かれてることは僕とほとんど一緒です。
すっきり頭の中で整理できた気分です。

ギバーのラストのについては
ローリーさんが言いたかったのは
疑問にぶつかったら自分の目で見て
立ち向かっていく「過程」こそが大事
と言いたかったのかなと思ってます。
だから結末を書かなかったのかなぁ。


101 :1  ◆MR2//uo2H2 :2005/05/11(水) 04:35:00 ID:pXl/b8Kn
>>100
ありがとうございます。
ブログに載せた部分はなるべく読んでなくてもわかるように、元のレポートを添削して作った文なので
読んだ人にはもちろんわかっていただるんじゃないかという期待を抱いていました

ジョーナスは先天的にも知的好奇心の強い子供だったのではないかと感じます。
だから疑問に自分で立ち向かう勇気を持てた、というか。
人間、勉強勉強の生き物ですからねぇ

102 :なまえ_____かえす日:2005/05/19(木) 16:13:29 ID:7fxkbCT/
あげます

103 :なまえ_____かえす日:2005/05/26(木) 05:31:12 ID:CCNlolzf
定期age

104 :YahooBB220048180170.bbtec.net:2005/05/26(木) 06:25:03 ID:s5yqGH0l
そっか

105 :なまえ_____かえす日:2005/05/26(木) 22:43:44 ID:CCNlolzf
bk1で、トッラクバック機能を使ったレビュー投稿が可能になったので、
ギバーはもはや廃版だけど、みんなでレビュー書きませんか。
ブログの記事兼レビューになって一石二鳥!?

106 :なまえ_____かえす日:2005/05/31(火) 14:13:40 ID:bYJTFKg1
あげます

107 :なまえ_____かえす日:2005/06/06(月) 05:27:30 ID:DyjhgH2n
保守

108 :なまえ_____かえす日:2005/06/15(水) 01:47:05 ID:D886vQiv
あげ

109 :なまえ_____かえす日:2005/06/15(水) 22:20:50 ID:Qm8OFQJ6
ロイス・ローリーのギバー以外を読んだ人いますか?
ギバー並に面白かったら買おうと思ってます。

110 :なまえ_____かえす日:2005/06/22(水) 02:45:20 ID:22KVjPuv
>>109
私はないです。
しかも売っているのを見たこともないです。
オンライン書店などで探したらあるんですかね。

111 :なまえ_____かえす日:2005/06/28(火) 10:50:51 ID:84DOa80l
あげ

112 :なまえ_____かえす日:2005/06/28(火) 19:04:31 ID:FzmJCaFE
こんな過疎板、アゲなんかしなくても一年は保守できるっての

っていうか、スレでやれるネタがマイナーな児童書一本だけじゃきっついよなぁ

113 :なまえ_____かえす日:2005/06/28(火) 20:42:07 ID:cYnZripj
他の受賞作「ふたりの星」借りてきましたよ

読み終わったら感想言いに来るな。

114 :万華鏡倉庫:2005/08/30(火) 00:54:05 ID:iwhfpzxv
読んだ。古本屋で見つけて。

ル・グィンあたりが書いたら、この3倍くらいの分量になりそうだ・・・・。
異質な文化と価値観・世界観を、理屈や解説は最小限に、エピソードの力で次第に
説得し、感情移入させてゆく手腕は特筆モノですな。
この読書経験は、人生経験になるわい。
時を隔てた異国に旅して、何年も暮らして、帰ってきた気分です。

傑作。


115 :なまえ_____かえす日:2005/09/03(土) 20:10:09 ID:mflr5waD
中学生の時、読書感想文を書くために’適当に’借りた本が「ギバー」だった。
なんちゃら推薦図書って書いてあったからこれでいいか、と思って。

ものすごくショックを受けた。

この本との出会えて良かった。
おすすめ。

116 :なまえ_____かえす日:2005/09/03(土) 21:51:44 ID:hHrd8qX+
ふたりの星とサイレントボーイと他の何か
図書館で借りようとしたら児童書コーナーにあって
めっちゃきたないのでやめたぜ

117 :なまえ_____かえす日:2005/09/03(土) 22:46:11 ID:2sPpTvZJ
ふたりの星、正直可も不可もない普通の戦争童話だった。
ギバーで得たような何かはっとする驚きを求めてしまうと期待に添えない予感。

マイナーな本一冊で100レスオーバーなら立派なもんだよな。
ここで紹介されて読んだけど面白かったよ。

118 :太陽クイズ:2005/09/17(土) 23:26:42 ID:wh6LAgEC
「言い表せない変化」の謎が解ける中盤過ぎまで、非常に注意深く書かれているね。
読者が細心であれば、自力で気づくくらいに。
読者に「記憶を伝える者」の素質があれば、自力で解けるくらいに。

この本よりおもしろい本はたくさん出会ったけど、この本ほどに忘れ難く鮮烈に
残り続けるだろう本は、千冊に一冊くらいしか出会わない。


119 :なまえ_____かえす日:2005/09/26(月) 05:50:49 ID:kdwsRlVf
なのに絶版・・・

120 :なまえ_____かえす日:2005/09/26(月) 23:39:21 ID:OW1Uw/Fx
>>118
読んだの当分前なので細かい表現は忘れたけど
「言い表せない変化」って女の子と投げ合うリンゴがチラチラするとかいうアレだよね

自分は全然気づかなくてその正体が明かされたとき
脳内サプリが大量分泌されてすごくスッキリした

最初は普通の日常系の話だと思っていたのに
どんどん異常さが明らかにされていくのは読んでいて面白かった

121 :万華鏡倉庫:2005/10/08(土) 03:18:02 ID:tT1ThUbe
文庫化されないかのう

122 :1:2005/11/09(水) 19:11:36 ID:J1p3pkL5
復刊を願って講談社に問い合わせたところ3000件分の署名くらいはないと…
という意味合いの返信を戴きました

123 :なまえ_____かえす日:2005/11/13(日) 00:53:14 ID:io+u5UYc
一騎当千のファンが三人いれば可能だぜ!

124 :万華鏡倉庫:2005/11/19(土) 02:32:15 ID:9x8jl8U0
今が売り時だよなあ。
もったいないことである。

鮮烈な印象の本はいろいろあるけど、この本は鮮烈さが残る。
読んでからしばらく経ったけど、あの独特な驚きの質感はあたらしいままだ。
すでに開いている眼がもう一度開かれるようなあの感覚。
この影響、一生残りそうだよ。

年間5〜600冊、斜め読みを含めると1000冊以上読むわたくしですが、1さん
がこのスレを立てなかったらたぶん、この本読まなかった気がする。
読めてよかった。
ほんとうにありがとう。

125 :なまえ_____かえす日:2005/12/13(火) 04:36:06 ID:XeNT2kG6
>>123
まるで田代砲だな・・


初めてギバー読んだのが大晦日だったから、この時期になると
読み返したくなる

126 :なまえ_____かえす日:2005/12/18(日) 00:32:28 ID:xMCS6XTb
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1118403647/l50
ローカルルール改定案の話し合いやってます。
興味のある方のご意見お待ちしております


127 :なまえ_____かえす日:2006/01/09(月) 17:19:05 ID:X8boD4NK
私立大学     現役 浪人  計
慶應義塾大学   10 22 32
早稲田大学     1 28 29
上智大学         2  2
東京理科大学       2  2
東京慈恵医科大学     1  1
順天堂大学        2  2
北里大学         1  1
東京医科大学       1  1
東邦大学         1  1
創価大学      1     1
金沢医科大学       1  1
愛知医科大学       1  1
同志社大学     1  5  6
立命館大学       11 11
京都薬科大学     1     1
関西大学      1  6  7
近畿大学         3  3 


128 :なまえ_____かえす日:2006/01/21(土) 02:33:52 ID:hPFSZqrd
ポプラ社が準備している文庫に入らないかな。
頼んでみる。

129 :なまえ_____かえす日:2006/01/22(日) 00:21:43 ID:tAMcEO2/
まさかスレがあるとは…。
自分は、中学の時に読みました。一番読書生活が充実していた時期。
読んでいてゾクゾクするような本は、これが初めてだった。
画一化された社会が舞台の小説は数あれど、個人的には、これは別格。
当時、図書委員だったが、読書集会なるもので紹介した
にもかかわらず、借りる人がいなかったのが悲しかった…。
また読もうかな。

読んだ時は、「ギバー」の意味がわからなかった。
なんで「ギバー=記憶を伝える者」なんだ?って。
数年越しで気付いた。


130 :なまえ_____かえす日:2006/01/22(日) 02:22:00 ID:n13u1ixb
内容は抜群だが、装丁とタイトルは正直魅力ない。
だいぶ出会うべき読者を取り逃がしている気がする。惜しい。

驚きにしばらく声を失ったのち、
「うおーーーー!」って吼えたくなる本だよね。
世界が変容する瞬間の鳥肌。

131 :なまえ_____かえす日:2006/01/22(日) 02:30:24 ID:n13u1ixb
あまりにも褒められているので、眉に唾を付けながら読み始めたんだが
たちまち引き込まれて、先入見なんかどこかに吹き飛んでしまったわい。

132 :なまえ_____かえす日:2006/01/22(日) 10:54:49 ID:kuGSZnu2
重々しく、細部が鮮明に立ち上がってくる筆致なのに、
それが読みやすい簡潔な文体と両立してる。
こういう本は、めずらしいなあ。

133 :なまえ_____かえす日:2006/01/22(日) 22:23:24 ID:lnV0Bprc
装丁、迫力はあるし、読み終えて見るとかなり味わい深く見えるんだけど
(劇中の町には存在しない、「歴史」の詰まった風貌)
これだけ見たらどんな内容の本か想像つかない。

たしかに読者を逃がしてるかも知らん。
まあそういう本だから出合えた喜びもひとしおってとこもあるけど

134 :なまえ_____かえす日:2006/01/25(水) 16:26:38 ID:DkSQSgXF
読者の平均評価がこんなに高いんだから
売り方をまちがったとしか言いようがない

135 :なまえ_____かえす日:2006/02/12(日) 15:45:31 ID:ih4mz9rM
僕のThe Giverとの出会い・・
最初に読んだのは、香港のインターナショナル校で、G8(中2)の授業課題としてでした。
インター校なので英語で。 ちなみに表紙は日本語版と同じ、Giverらしき人。
一応読んだけど、はっきり言って「コミュニティ」を「そんなんもありか。 変わってるなあ」としか受け取っていなかった。
そのときは、恥ずかしいけど、リンゴの「変化」に、「空中で、形が変形(高速移動による一時的なゆがみ)するのが見えたのか・・?」なんて思ってましたorz
途中まで言ったとき、SARSで危ない危ないということで学校が休校に・・・3カ月学校が休校に。 
でかなりの部分を忘れて、再開。 戦争の記憶をもらうところからだった。

そのころはpillの役割も読み取れなかった・・・英語でpillはふつう「避妊用」が多いから、それを知ってたら何かを押さえる物だ、って感づいたかもしれないけど、
今読み直してみるとものすごく明らかだった^^;
当時は読み終わるのにかなり時間かかったけど今、原書よんだら3時間ほどで終わった・・・
何となく覚えてたから衝撃はなかったけど、やっぱりいい本だな〜って思う。

何で児童向けの本か、自分的考察を。
あまりつながりはないんだけど、ドラえもんの「Yロウ」みたいな物とにてるんだと思う。
ジャイアンは野球チームのレベルアップを図るため、二軍制にする。(うまい人は一軍でプレイできる。ヘタな人は二軍でベンチウォーマー)
のび太は、確実に二軍に落とされそうだけど、そうなるのはいやだから、ドラえもんに泣きついて
「Yロウ」を出してもらう。 Yロウを受け取った人は、なぜか知らないけどものすごく喜んで、あげた人の言うことを何でも聞く。

って話なんですが、子供の頃読んだ時、何でYロウなのか、何でYのロウソクなのかさっぱり解らなかった・・・でもその後「賄賂」って言葉を知って衝撃を受けた。

このGiverも、小さい頃はあまりよくわからないまま読んで、先生にこうこうこうゆう解釈があるんだよって教えられるだけ。
で、実際に育ってから読んでみると、ものすごく奥が深い・・・
そういうことを意図されて、児童書とされたんだと思います・・・

136 :なまえ_____かえす日:2006/02/12(日) 15:46:41 ID:ih4mz9rM
で、ネットで著名集めるとかは無理・・?

137 :なまえ_____かえす日:2006/02/12(日) 17:01:26 ID:HPFkwrcR
復刊ドットコムは?


138 :なまえ_____かえす日:2006/02/24(金) 18:41:13 ID:61BQlqIc
ねぇ、みんなはこの物語が続いてるとしたらどんなことが書かれていたと思う

理由も一緒に聞かせて欲しいです。

139 :なまえ_____かえす日:2006/02/26(日) 15:10:00 ID:+cLVbi/G
続編はキノの旅みたいな話じゃないかな?
城壁で囲まれたいろんな国を旅して回る見聞録

理由は俺がキノの旅を好きだからw

140 :なまえ_____かえす日:2006/02/26(日) 22:50:46 ID:T/mX2+ic
俺はクリストファー・プリーストの『逆転世界』みたいな展開を望む。
あれも世界観が揺らいだなあ。

141 :なまえ_____かえす日:2006/02/27(月) 20:38:35 ID:GPBsTeFO
ギバーが絶版になってたと知ってからはや数年、
やっと古本屋で見つけたぜ!
これでいつでも読めるよひゃっほう
でももっとたくさんの人に読んで欲しいので再販キボンヌ

142 :なまえ_____かえす日:2006/03/08(水) 17:25:12 ID:ERg3LMyS
とりあえずオイラはアメリカにいて、本が手に入らないので話の始まりから終わりまでネタバレでもかまわないんで
解説してもらえませんか?

143 :なまえ_____かえす日:2006/03/09(木) 00:53:16 ID:TatDv3kP
む、無茶言うなよ!!>142

・・・うーん、ネタバレしようと思うんだけど
なんかえらく自主規制が働くんだよなあ。書けない・・・
なんというか「読むこと」それ自体が楽しむための条件というか、
文芸だからこそのトリックと驚きに満ちた作品だよ。
そっちならむしろ原書が手に入るんでないかな。

トリック自体は、上のほうのレスで見当が付くかも。
でも、機会があれば一読してみることをお勧めします。

144 :なまえ_____かえす日:2006/03/10(金) 14:42:36 ID:hT7aV4uc
俺からも頼む。もし無理ならこの物語が伝えようとしている事を教えて欲しい。
物語の持つ意味を。

145 :なまえ_____かえす日:2006/03/12(日) 11:17:59 ID:eyIBuIAC
こればっかりは本当に実際に読んで欲しい
しょっぱなからネタバレになりそうな内容なんで

自分は場面を頭の中で想像しながら読むので
リンゴの変化の正体が明らかになったときなんか
本当に世界が逆転した



読んでから結構経つし記憶が曖昧だけど あえて書くと
主人公が住んでいるところでは ある程度成長すると何か仕事が与えられる
で 主人公は ギバーっていう仕事に就かされるんだけど
その仕事が何なのかはみんな詳しく知らない
主人公は先代のギバーに会って修行を受けるんだけど
その過程で常識がどんどん揺らいでいく
って感じ

146 :なまえ_____かえす日:2006/03/14(火) 16:53:00 ID:HbIvDqay
>>144
児童向けのグレッグ・イーガンもしくはテッド・チャンという感じ。
すごさが伝わらない?

147 :なまえ_____かえす日:2006/03/18(土) 09:55:58 ID:Iz/7FcyD
英語版の後ろにはいくつか問題が載っているんですが、上にもかかれていたような
「物語が続いていたらどうなるか」という問題が載っています。みなさんどう思いますか?
理由も聞かせて説明して欲しいです。

148 :147:2006/03/18(土) 16:29:04 ID:Iz/7FcyD
さっきからギバーのことばかり考えていてひとつ思いついたんだが、ジョナスは神のような存在になったのか?
つまり彼が望めばその通りになる…って思ったんだが。
あと、ジョナスが住んでいた世界は誰によって感情がコントロールされていたの?

149 :なまえ_____かえす日:2006/03/18(土) 17:50:27 ID:xAoN9ugP
三班

150 :なまえ_____かえす日:2006/03/19(日) 10:14:09 ID:YFzPL8UU
>>148
なんで神的になるの?w
井戸の中のカエルが海に旅立ったんだと思ってるけど。

社会全体で秩序乱れをタブー化してて
それが感情のコントロールになっちゃってるんでは?


ギバーってモスキートコーストって映画と何か似てる気がする。


151 :147:2006/03/19(日) 15:58:29 ID:5Q94tMuM
>>150
あ、そうかもしれない。
井戸の中のカエルが外に旅立ったんだと言う考えは賛成だけど、その場合外の世界はどうなってるの?

「社会全体で秩序乱れをタブー化してて
それが感情のコントロールになっちゃってるんでは?」

の部分も詳しく聞かせて欲しい。


152 :なまえ_____かえす日:2006/03/19(日) 21:22:54 ID:i4kzVNbS
なんとなくありがちな想像をすると、

ジョーナスの街は秩序立った世界を実現するためのテストケースとして
隔離され仕組まれた都市だった。全てを計画して調整している意思が外にあって、
観察されることを目的として作られた。ただ、その後の突発的な出来事で
外の世界は街を残して「消えて」いて、ジョーナスが向かったのは、
わずかな生き残りが文明生活を構築しなおそうとしている世界。
受け取った記憶を実際に味わい、また大きな変動によって記憶の世界と
異なってしまった自然環境や人々の歴史の中で戸惑いつつ
色々なことを吸収していくジョーナス・・・

とかであったらなあと思う

153 :なまえ_____かえす日:2006/03/20(月) 10:40:40 ID:LxjkkQWa
>>147
作者はジョーナスが死ぬ説と生き残ってelsewhereにたどり着ける説両方を支持してるね。

>>152
ありがちすぎてつまらないよ…
その説じゃ説明できない箇所がたくさんありすぎる。


154 ::2006/03/23(木) 22:32:07 ID:a1fbVPSj
「見せられていた世界」と「自分が見た世界」のギャップという点で
「トゥルーマンショー」に近い空気を感じますよね、この本。

たのみ.comでの復刊希望は
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=32106
復刊ドットコムはこちら
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=21198

155 :なまえ_____かえす日:2006/04/28(金) 09:02:43 ID:xc/5nuJW
ageます

156 :なまえ_____かえす日:2006/05/04(木) 22:39:33 ID:vovIa18v
最後にジョーナスが聞いた歌は、ギバーがコミュニティに記憶を取り戻させたから…
だったらいいなと思ったけど。それだと歌は後ろから聞こえてこなくちゃいけないから、違うんだろうね

157 :なまえ_____かえす日:2006/06/21(水) 22:09:06 ID:4cFkWNh4
このスレ役目を終えたようだな

158 :なまえ_____かえす日:2006/07/11(火) 10:23:55 ID:BbqGU7xE
ギバーを超える作品に、児童書以外でもなかなか出会えない・・・

159 :なまえ_____かえす日:2006/07/12(水) 00:03:46 ID:yt28F5RR
映画化はどうなったのかな。

160 :なまえ_____かえす日:2006/07/17(月) 19:39:17 ID:sh7/6RfG
映画化の話なんてあったのか!でもどうやるんだろう

161 :なまえ_____かえす日:2006/08/10(木) 19:13:53 ID:juKDSuJ4
映画ですか……この作品は仕掛けの問題もあるし、難しいと思うなあ。

それよりこのスレの住人が他にどんな本を読んでいるかが気になる。どんどんいい感性を持ってる人の推薦文を読んでみたい。
自分は最近読んだ本の中ではプルマンの「ライラの冒険シリーズ」が良かったと思った。

162 :なまえ_____かえす日:2006/08/11(金) 21:40:20 ID:uFwlxdee
おや、ギバースレあったのか。中学生の時に図書室で読んだよ
これを映像化するのは難しいね。

他には『ゲド戦記』や『ウォーターシップダウンのうさぎたち』なんかが好きだった。
平行してミステリやラノベも読んでた。
活字ならなんでも良かった、反省はしていない。

163 :なまえ_____かえす日:2006/08/19(土) 03:47:27 ID:uwP50N57
言っていいのか分からないけど、続編出てるよ。ギバー。
3部作って形になってんの。
The Giver/ Gathering blue/ Messanger
主役はみんな違うんだけど、世界がリンクしてんの。

これを読んだら、一応ジョーナスがどうなっていたのか、分かるよ。
でも、同じ作者の続編とはいえ、やっぱりギバーは超えられないって
感じがしたな。ギバーは傑作。

164 :なまえ_____かえす日:2006/08/20(日) 00:53:42 ID:Liv4jPeE
>>163
続編だってー!?
それはいいことを聞いた!
でもちゃんと日本語訳出てるのですかねぇ
それにギバーが廃版だし、続編もへたしたら買うのは困難か…

165 :なまえ_____かえす日:2006/08/21(月) 22:39:19 ID:AjJdyQ1R
広島駅前の某古書店にザ・ギバーが置いてあった 即購入
これでやっと5年ぶりぐらいに読める

なんとまだもう1冊置いてある 735円

好きな本は同じく「ライラの冒険」の他に
その本自体が物語で まさしく終わりのない「はてしない物語」
言葉の魔法・文字の魔法・音楽の魔法!あっけなく人が死にまくるけど魔法がとにかくカッコイイ「ゴースト・ドラム」とか
特にザ・ギバーと下の2冊は中高生のときに読んで衝撃を受けた御三家

166 :なまえ_____かえす日:2006/08/26(土) 12:27:38 ID:liwDzx6Z
続編、ちょっと検索しただけだと洋書しかヒットしないですね。
ほんとにちょっとしか検索してませんけど…

167 :なまえ_____かえす日:2006/09/10(日) 19:55:36 ID:iNJFom6m
ライラの冒険、読もうか迷ってたけどギバー好きの人が読んでるんならチェックしてみようかな
…かくいう自分はラノベ読み。最近面白かったのはCノベルズの「煌夜祭」、民話っぽさのあるファンタジー

168 :なまえ_____かえす日:2006/10/01(日) 20:14:29 ID:QMNMziYz
>>166
翻訳出てなさそうだから洋書頼んじゃった。
さてちゃんと読めるかなー。。。

169 :なまえ_____かえす日:2006/10/02(月) 00:37:14 ID:NE7bHmjd
>>168
すごい!w
私もそうしようかしら。

170 :なまえ_____かえす日:2006/11/15(水) 17:14:27 ID:EEq/6qOI
>>168今年の秋はチャレンジの秋ですね。この作品ももっと有名にならないかなあ……

171 :なまえ_____かえす日:2007/01/24(水) 22:57:46 ID:VpUqMFbe
>>57
レスありがとう。

とレスしていなかったことをずっと悔やんでいた>>56です。
今更にも程がありますね。
主流から外れてもリリースされない社会に生まれたことに感謝して
あまり今更すぎない人生を生きようと思うのでした。



172 :なまえ_____かえす日:2007/02/24(土) 01:41:36 ID:4HkHPha4
また読み返してみようか。

173 :なまえ_____かえす日:2007/02/25(日) 22:52:05 ID:sNb3EILq
うはっ。
そんな「海底二万海里」における「謎の神秘島」みたいな作品があったんですか
知らなんだ……
でも日本語じゃないと読めない

174 :なまえ_____かえす日:2007/04/11(水) 11:00:12 ID:jKyj8ofe
文庫化しないのかな
子供向けのちょっと大きい版でもいいから

175 :なまえ_____かえす日:2007/06/16(土) 12:25:56 ID:rg/EPQrp
じじいの表紙で手に取らない子供も多いだろう

176 :なまえ_____かえす日:2007/06/30(土) 13:15:17 ID:ZZN8tgOo
>>175
子供ではありませんが、確かにじじいの表紙を見て、
「浮浪者で町中の人に避けられていたが、
実は心やさしいジジンだったのだ。そして
ただ一人勇気を持ってこのじじいに歩み寄った少年に大事なものをあげ、
ある朝じじいはひっそりと町の片隅で死んでいた話」
と自分で勝手に解釈していました。

177 :なまえ_____かえす日:2007/07/05(木) 22:54:32 ID:S9lnUBsA
笑わせてもらった!本編より笑えるのは確か。

178 :なまえ_____かえす日:2007/07/17(火) 22:40:40 ID:skdcbDLF
>>176
フリーダム解釈すぎて噴いたwwww

179 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 13:19:55 ID:lISn+/Aq
絶版なんですか!初版ウチにあります。
12年?前親が中学生の姉に買ってきたものなんですが、
その時小学生低学年だった私は、コレがまったく理解できず。。
けど数年経ってからこの本読み返した時に、ものすごい精神にくい込んできたの覚えてる。
その後、倫理や社会学科の授業で共産主義やらを習った時はこれ思い出しては吐き気がした。。
頭の悪い私にとって主観的にしかとらえられなかったし、
結末も、事態を希望的な方向に主人公はとらえているのかさえ理解できず。
今18になった。もっかい読んでみようと思う。全く印象変わってるんだろうな。

夏目漱石の「こころ」や手塚治虫の「赤の他人/7日の恐怖」も小さい頃読んで同じくらい精神的にキタ。

180 :なまえ_____かえす日:2007/10/29(月) 10:09:23 ID:+w1lIELx
昨日、図書館で探しまくってやっと見つけた。




181 :なまえ_____かえす日:2007/11/22(木) 03:34:48 ID:qLUtwmT0
図書館で借りて読んだ。
話への引き込み方が上手いな。

ネタを小出しにされてどんどん引き込まれてしまった。

182 :なまえ_____かえす日:2008/03/02(日) 09:38:05 ID:jAnLUA2L
海外のどこで読んだか忘れたけどリメイク版「地球へ…」の感想で
「管理社会のアタラクシアってザ・ギバーっぽいよね」という
書き込みがあった。

183 :なまえ_____かえす日:2008/05/27(火) 20:09:02 ID:OLRfzjEk
保守

184 :なまえ_____かえす日:2008/06/08(日) 17:27:19 ID:0tRI2jiE
原書を三日前に渡された。英語など読めないのに。
辞書を引いてもよくわからない。諦めようかと思ったけれど、
この場所で皆さんの書き込みを見ていて、絶対に読みきろうと
思えた。

私の手元にある本の表紙は、回転しているような赤と緑色の
リンゴの絵。

185 :なまえ_____かえす日:2008/08/26(火) 03:24:27 ID:8Lj2gSzo
このスレ見て、気なって、図書館で借りてきた。
主人公のゲイブに対する愛情がとても切なくて、
0歳児を持つ親として、また違った意味で泣けた。
絶版もったいないなー。



186 :なまえ_____かえす日:2008/09/15(月) 15:07:05 ID:0OW/wuSt
雰囲気がいい

187 :なまえ_____かえす日:2008/09/15(月) 17:04:16 ID:0OW/wuSt
>>184
掛川恭子訳を横に置いて読めばおk

188 :なまえ_____かえす日:2008/10/29(水) 14:59:36 ID:XOVBRNFQ
ただ今、アメリカの大学の授業で、課題図書がギバーなので
読ませていただきました。

>>53
>誰かが一身に負うことでほかの人がその責務(義務)を逃れることができる

これはキリスト教をベースにした考え方だそうですね。
つまり、イエス・キリストが全ての罪を負えば、他の人たちはそれを逃れられる。
全く同じ意味ではありませんが、コンセプトは一緒だと思います。

授業で先生がそう教えてくれました。

そう考えるとこれも奥が深いですよね。

189 :なまえ_____かえす日:2009/01/01(木) 23:41:20 ID:mN79SXrG
「ドリーム・ギバー―夢紡ぐ精霊たち」は続編ですか?別物?
近所の本屋にも図書館にも無くて確認できない

190 :なまえ_____かえす日:2009/01/02(金) 00:32:08 ID:Wmm41vw5
ttp://www.loislowry.com//books.html
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Lois_Lowry

ザ・ギバー三部作は以下の通りです。
日本語版はザ・ギバーだけです。
・The Giver
・Gathering Blue
・Messenger
ドリーム・ギバーの原題は Gossamer で、
ザ・ギバーとは関係ないようです。

てか、三部作だったのかよ!!! 続編翻訳プリーズ!!!

191 :なまえ_____かえす日:2009/01/03(土) 15:38:38 ID:5yGKIq1P
>>190
さっそくのレスありがとうございます!
関係無かったんですね。原題全然違うし。
アマゾンで買う前に聞いてよかった…。

192 :なまえ_____かえす日:2009/01/07(水) 21:55:21 ID:zHYcuwoN
やっと読破した

原書で読んだけど面白かった

いい本だよね

193 :なまえ_____かえす日:2009/03/05(木) 19:47:22 ID:wPWXt+O+
ゲイブがどうゆう意味合いで登場してるのかつかめなかった

ジョナスの愛情の発生をわからせるため?
それとも実は兄弟でとか〜?

194 :なまえ_____かえす日:2009/03/07(土) 00:02:59 ID:mY7BK6S4
フォークト・カンプフ検査みたいなもの。
ゲイブをリリースすることが平気な社会は人間の社会じゃない。

195 :福井ジン:2009/04/07(火) 18:15:31 ID:HGnYi2C/
ザ ギバーの日本語訳を探してるんでけど。。どういう所で購入できるんですか?
図書館などにはあるんですか?

196 :なまえ_____かえす日:2009/04/07(火) 20:14:00 ID:SWmFGBvf
>>195
amazonで古本を購入できるよ。古本屋にも探せばあるかも。
私はブックオフで偶然手にとって、何となく買ってみた口。

近所の区図書館にも置いてある。しかも、閉架じゃなくて、開架。
最寄りの図書館が、ネットから蔵書検索できるかどうか、調べてみたら?
最寄りの図書館になくても、県図書館にはあるかもしれないし、
県図書館で利用者登録してあれば、市や区の図書館で受け取れるかもしれないよ。
うちの県は、そういうシステム使っている。

197 :なまえ_____かえす日:2009/04/15(水) 15:50:31 ID:UbQMtYE0
古本屋の100円コーナーでよく見ます

198 :なまえ_____かえす日:2009/04/18(土) 09:47:24 ID:B7E9RpGD
このスレ読んで期待しすぎてたせいか
読んでみてあれこれで終わり?
なんか盛り上がらないお話だったなーと思った
あまり斬新さとかは感じられなかった

199 :なまえ_____かえす日:2009/09/01(火) 16:20:13 ID:rPIHfjX0
俺は未来の社会設定に斬新さを感じたわ

200 :なまえ_____かえす日:2009/09/04(金) 22:31:37 ID:+dfFJgwT
国外在住。息子(7年生)の英語の授業の教材になっています。
息子に聞いてもろくな感想を言わないのでサーチしてココにたどり着きました。
面白そうですね。わたしもがんばって読んでみようかな、と思い始めました。
みなさん、ありがとう!

201 :なまえ_____かえす日:2009/09/21(月) 20:58:36 ID:tQttg1Ca
200です。
原書読んだよ〜!すごい、スゴ過ぎた。(2週間かかった。。。)
全てを人の手で管理する歪な安定。
歪んだ完璧な世界の中で、目覚めていくジョナス。明らかになる哀しい過去と真実。
わたしは、Gabeがいなかったらジョナスは到達できなかったのだと思います。
彼はジョナスの庇護にありながら彼の精神を保護していたんだと。
我が息子に聞いても、感想は「He was in the very weird community.」だけ、
何かを感じてくれたらいいな、と思うんですけど。
英語で初めて最後まで自主的に読んだ本になりました。
とにかく皆さん、素晴らしいきっかけをくれてありがとう〜!

202 :なまえ_____かえす日:2009/09/23(水) 00:49:21 ID:0TV8xGEx
パフュームのコンピューターシティを聞くと、この本を思い出す。

203 :なまえ_____かえす日:2009/11/26(木) 01:25:05 ID:exDjDpv3
ふらっと本屋で児童書の一角に入ってみたら、
ドリームギバーっていう、ロイス・ローリーの新刊が平積みされてた。

204 :なまえ_____かえす日:2009/11/29(日) 20:35:03 ID:CNyvAd+V
それって book 1st ?
私先週ない?って聞いたことあるよ。

205 :なまえ_____かえす日:2009/12/01(火) 18:17:06 ID:12Klnct5
ドリームギバー、>>189で出ているね。
>>189を読んで、当時、うちほうの図書館をチェックしたら、あった。
まだ借りてないけど。

206 :なまえ_____かえす日:2009/12/02(水) 11:35:18 ID:YpSsjor7
新訳版がでるみたいですね。http://www.shinhyoron.co.jp/

207 :なまえ_____かえす日:2009/12/03(木) 20:40:27 ID:UWQBAXiL
訳は変わっても名作が読み告がれるのは喜ばしいことですね
発売日に買います

208 :なまえ_____かえす日:2009/12/04(金) 21:24:31 ID:soPd+tVY
カバー写真がどうなるのか、気になる。
自分はあの写真を見て、この本ほんとに児童書なの?と、思わず買ってしまったけど、
中高生があの写真で、読みたくなる……のだろうか?

209 :なまえ_____かえす日:2010/02/03(水) 15:01:54 ID:ypAFQiro
友達に勧められて、和訳は絶版だったので原書で読んだが…
もう新訳が発売されているとは。また読もうかな。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)