5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

MW実写化 ただし同性愛抜きで

1 :陽気な名無しさん:2008/06/05(木) 06:44:33 ID:YR9jIF+O0
★玉木宏が殺人鬼役!山田孝之が“背徳神父”…手塚治虫氏「MW」映画化

 漫画家の故・手塚治虫氏が人間の悪を描いた漫画「MW(ムウ)」が、
俳優の玉木宏(28)主演で映画化(岩本仁志監督)されることが1日、
分かった。神経ガス「MW」の漏えい事故に遭った男が復しゅうのため
殺人鬼になる物語で、玉木は悪役初挑戦。その友人で犯行に加担する神
父を山田孝之(24)が演じる。手塚氏の生誕80周年を記念した作品で、
撮影は現在進行中。来年公開を予定している。

 さわやかなルックスで人気の玉木が冷酷な殺人鬼になる。少年時代の
漏えい事故でMWを浴びてしまった結城美智雄(玉木)は、事故隠ぺいに
かかわった人を次々に殺害。最終的にMWを使って世界滅亡をもくろむ。

 玉木は「手塚作品ならではの悪役で、残酷だけど冷静。(少年時代の)
バックボーンを意識して演じている」。同じく事故に遭い結城に命を助け
てもらうのが山田演じる神父・賀来裕太郎。山田は「結城に悪事をやめろ
と言いながら引きずられてしまう。結城の悪に対して、善というより偽善」
と語る。

 2人の共演は、映画「ウォーターボーイズ」(01年)に出演した玉木
が、山田主演のドラマ版(03年)に友情出演して以来。山田は「結城に
100の力で挑んでも1の力で流され、やりきれない。その全力さが伝わ
ればいい」。ともに手塚作品は初出演で「台本を開くたび手塚さんの名前
がありテンションが上がる」(山田)という。

 原作は1976〜78年に青年誌「ビッグコミック」に連載。悪役を主
人公にした異例の手塚作品で、殺人の生々しい描写や結城と賀来の同性愛
などが大きな反響を呼んだ。今作では同性愛は描かず、アクションを多用
したエンターテインメント作になる予定。

 手塚プロによると、これまで映画化の企画は2回以上あったが、95年
の地下鉄サリン事件などで幻に。今回は手塚氏生誕80周年の記念映画で、
映像化自体初めて。製作側は「悪や殺りくから生きることを感じてほしい」
と話している。

 ドラマ「女王の教室」などを演出した岩本監督は「明日があるさTHE
 MOVIE」(02年)に続き長編2作目。撮影は4月20日にスタート
し、今月1日からタイで大規模ロケを行っている。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080602-OHT1T00046.htm


駄作フラグ立ちまくりね。

2 :陽気な名無しさん:2008/06/05(木) 06:59:55 ID:bVi9382T0
腐〜ん

3 :陽気な名無しさん:2008/06/05(木) 07:07:18 ID:oDfaUkmP0
重複よ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gaysaloon/1212419212/l50

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)