5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ワイが文章をちょっと詳しく評価する![3]

46 :名無し物書き@推敲中?:2010/05/22(土) 22:27:32
暑い、夏の日だった。
 部屋の片隅で首を振る扇風機は、折り返しに来るたびにカクンと音を立てていた。学習机の上にはコカ・コーラが入ったコップが置かれ、時たまガラスの内側についた炭酸が、空へ舞い上がる風船のように浮き上がっていた。
 鉛筆を持つ手は汗ばんで、夏休みの友のどこかしこに黒ずんだシミを残していた。縁側のガラス戸は開け放たれていて、バニラアイスを咥えた妹が遠くの入道雲を見つめていた。
「兄ちゃん」
 と妹は言う。僕は、太郎君が2キロ離れたスーパーに分速400メートルで向かった時にかかった時間を求めながら、
「ん?」
 と訊ねた。
「しりとりしよう」
 カクン、また扇風機が折り返す。太郎君は時計を読めないんだろうか?
「いいよ」
「しりとり」
 妹の声は、ほんの少しだけ弾んでいた。
「リン」
 僕の声は相変わらず沈んでいた。
「――兄ちゃんいじわる」
「そうでもないよ」
 人任せにせず自分で考えてください、僕は解答欄にそう書き入れながら、肩口で額の汗を拭った。
 外から生暖かい風が舞い込み、僕のおでこと妹の長い髪を撫でた。カーテンのレールにぶら下げた風鈴が揺れて、僕と同じように、リン、と音を立てた。

271 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)