5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ワイが文章をちょっと詳しく評価する![3]

1 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2010/05/02(日) 10:29:01
急遽、新装開店!(`・ω・´)

掌編、いつでも募集中!
採点、100点満点!
評価、コメント数行!
結果、コメント一行!

前スレ
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![2]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1254570717/

ワイが文章をちょっと詳しく評価する!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1249125836/

文章の一部、よい! オチがない、よい! 他人の文章、ダメ!

点数の意味
10点〜、日本語が書ける!
20点〜、日本語の意味がわかる!
30点〜、読み物に近い!
40点〜、形にはなっている!
50点〜、楽しめる域に入る!
60点〜、作品として出せる!
70点〜、欠点がほとんどない!
80点〜、佳作の域に突入!
90点〜、未知の領域!
満点――、神様は評価できない!

ここまでの最高得点78点!(`・ω・´)

353 :名無し物書き@推敲中?:2010/07/15(木) 04:03:27
ブログに一度アップしました。本人です。
支離滅裂ですが、自分では無価値ではないように感じられます。
自分以外の人にとっても無価値ではないのか興味がありますので、評価お願いします。


1/4
「ふつうだって、さ」
言いかけて視線を上げる。聞きかけて視線を上げる。
灰色の海のような瞳の色が、ふたつ、透明な空気の真ん中にまぼろしのように満ちる。
うるさい、うるさい、粘つくジャズ、黄ばんだ落ち葉のような喧噪、粘つくジャズ、それと二つの眼が、人が、うるさくて、耳が疲れきった。少し一瞬ただ寂しい。だけど寂しさなんてあるようでないもの。私は空っぽに戻る。
「……ふつうだって、言って」
普通って何だ、とか、普通なんてない、とか、言いたいなら言っておけばいい。巷にあふれてるだろ、そういう言葉も、そういう人も、したり顔で溢れかえる。溢れかえるだけ。
かすれた声、好きだった。今も好き。憎らしい。でも、そう、嫌いじゃないよ。灰色の目で、あなたは人間だったのか。
「ふつうだよ。***はふつうだよ」

354 :2/4:2010/07/15(木) 04:06:57


あなたは人間だったのね。だけど、すごくて、すごすぎる。私が見つけ出した。私が連れて来た。そして私は満たされない。
ふつうだと言うあなたは灰色の目で、幻のように灰色の海を見せる。灰色の海、何も沈んでいない、水なんてない、悲しいけれど嬉しい海。私はどこにでも行ける、黄泉にも胎内にも。
だけど肝心なこと、私はここにいたい。ここって、どこだろう。
「どこなの」
目を離さないの、どうしてなの、あなたは答えなどないと知っているのね。私も知っていた、何かがほしいけど、何もいらない、だからこんなこと聞くんだ。
太陽が閉じたカーテン越しに差す。五日前に閉めたカーテン、誰も動かないのに、いつの間にか乱れて、いつの間にか間が開いて、そこから真昼の太陽が差す。夏の光、冷やされた部屋、不合理。

355 :3/4:2010/07/15(木) 04:09:19
嫌になった私は苛々して瞬きして、気付いたら荒っぽくため息をついていた。
あなたから目を離した。灰色の海は消えた。私は黒いコーヒーのマグを両手で抱えるようにして持つ。唇をつけて、染み込むのを待つようにちょっとずつ飲む、飲まずに、舐めるくらいに口にする。
はちみつ入りコーヒー、はちみつって全然甘くないのだ。おまけに、黒いコーヒーに入れたらもっと黒くなるように感じるのだ。はちみつコーヒー、私はそんなはちみつコーヒーをひとりで飲んでいる。その人のまえに飲み物はない。
何も見えていない私の視界がどことなく暗くなる。あなたは私のマグに触れる。いつから?いつの間にか触れていて、あなたはそういう微かなこと、優しさのようなものを大切にしている。私が、欲しがるから。
ゆっくり、マグが傾く。あなたが傾ける。私は見ない。唇の隙間から染み込む黒い液体、唇のすきまを越えて、唇も越えていまや、もう、口角から流れる。黒い雫が、流れる。
薄暗くて、オレンジのカーテンから日がさして、シャツのさくら色は判らない。でもそこに、黒い染み。見えるよ。指でなぞる。さくら色のシャツ、世俗的なところがとっても気に入っていた。

356 :4/4:2010/07/15(木) 04:11:35
結局は、そうなのだ。分かりたくない私は、分かってしまう私で、それでも拒んでいる。
私の手には空のマグ、あなたが指一本で取り上げて、私の指は解けて、赤いマグから最後の黒い雫が落ちる。花柄の綿ローンのミニスカート、黒が似合うレモン色。
優しい所作でマグは音もなく置かれ、同じ静けさで物事は流転。分かりたくない私は、分かってしまう私で、それでも逃げない私で、彼はつまり私で、私は私だけで、つまり私と欲望とその部屋と流れ出したはちみつコーヒー。
きらきらした涙なんて流れ出したりしないのだ、できることなら黒い涙を、私を勇気づける、黒い涙を。
世の中は埋没、私と彼の中に。葬列のように、産婦人科のベッドの上みたいに、何もない、強い真空の、欲望。
欲しくないものが、欲しいものだから、世の中は埋没、彼の私の中に。あるいは私の彼の中に。

271 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)