5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ライトノベル作家志望者が集うスレ 8

1 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/13(水) 06:14:44
ここは創作文芸板においてライトノベルの新人賞について語る総合スレッドです。
気楽に雑談やら状況報告、情報交換でもしましょう。

・次スレは>950が(規制等の際には有志が)必ず『宣言』して建てる事
・ライトノベル作家志望者が集うスレ XXXが含まれないものが建った場合、これを即死させ新規に作り直す
前スレ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1260315582/

<<※ 初めてこちらに来た方へ ※>>
新人賞について・5
http://salami.2ch.net/magazin/kako/993/993203156.html
こちらをご覧になれば大体の事はわかります

ライトノベル新人賞総合・関連スレ
電撃角川富士見えんため/SDガガガ/MF/HJ/GA/徳間/他
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1256451405/
新人賞@ラ板
ttp://www.domo2.net/search/search.cgi?word=%BF%B7%BF%CD%BE%DE@%8E%D7%C8%C4
新人スレ@ラノベ板 観測所
ttp://blog.livedoor.jp/ln_wanabee/

文章を発表したい時、批評を受けたい時はこちらへ
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.21
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1261286786/
【矜持を】晒したラノベで競い合うスレ5【賭けろ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1262010436/

376 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 21:57:48
スレ違い?&アホな質問なんですが

今ここにいる学生以外の方って何の仕事してますか?
作家目指せる就職先を探す参考にしたいので良ければ教えてください

ちなみに今大学生で、地元のお役所で副業許可を取ってやらせていた
だいたらなあとか思っていたのですが、やっぱ公務員なんだから仕事
に集中しなきゃ市民の方にも悪いかなあと思って、民間も考えている
んですが、どうでしょう?

そしてちなみに作家専業で目指すほどの勇気のない者です

377 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:01:26
>>376
無職ですが

378 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:04:51
>>376
業種も関係あるだろうけど、配属先とか会社の規模とかも大いに絡んでくるから、
ここでアンケートとってもしょうがないと思うよ。
それに、やろうと思ったらどんな職業でも出来るし、甘えてたらどんな仕事だろうと両立できない。
どこかのスレで、パティシエやりながら書いてるって人もいたしな。
ちなみに自分は、忙しすぎて作家になるには向いてないと言われてるプログラマー。

379 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:07:21
>>377
すごいっす!
僕もフリーターしながら、と考えなかったわけじゃないのですが。
情熱がないわけじゃないんだけど、どうしてもビビってしまいます

380 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:10:40
sage忘れた!ごめんなさい

>>378
プログラマーっすか!めちゃかっこいい!
作家以外にもう一つ誇り持ってできる仕事あった方が良いっていう人も
いますよね

アンケートとっても仕方ないんですけどね、なんか皆どんな感じか聞い
てみたくって。

381 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:11:00
>>379
すごくねーよw
就職しなきゃ物書くどころか生活すら出来なくなるんだぞw

382 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:11:39
>>376
作家副業の実績があるのは公務員
これはまちがいない

民間は会社によると思う
自分の話をすると、
前の会社は、就業規則に副業禁止が明記されていたが、
今の会社は何も記載がない

あとは↓みたいなサイトも色々参考になるよ
ttp://www.money-navi.net/sidejob/
ttp://www.tamagoya.ne.jp/roudou/136.htm
日立製作所やサンヨー電機はOKみたいだね

……なんてことを、真剣に調べていた時期が私にもありました
そして気づきました
調べても、受賞しなければ何も意味はない、と

むなしい

383 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:12:36
2chではアンケートは嫌われるぞ
話題として振れ、全レスやめろ

384 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:29:13
アニメイトで確認してきた。ガガガ文庫二次落ち……。

にしても、120→10って厳しいな。選考一つ通過するだけでも
次作以降のモチベーションに天と地ほどの差があるってのに。

385 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:54:00
>>384
ならSDに送れば?
あそこは
800→200→50→15→5
みたいな感じだよ


386 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 22:57:20
結局絞られることに差はないわけで

387 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 23:11:16
チ○コは絞ると気持ちいいのにな

388 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/20(水) 23:36:06
亀頭を亀甲縛り?

389 :blueirisr8 ◆2kGkudiwr6 :2010/01/21(木) 00:07:58
こんばんは。作家目指してるわけでもないけど
今は文章書くのが面白いと思い、文章書いてます。
区分はライトノベル・・・になると思います

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=blueirisr8

です。よろしくどうぞ。

390 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 00:10:34
晒しスレでどうぞ

391 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 00:50:30
>>364
全体的に厳しい感想が多いけどどれくらいのレベルの作品なのか興味あるな。

392 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 01:58:28
>>376
塾講師

393 :392:2010/01/21(木) 02:04:22
途中で投稿してしまった・・・
平日16:00〜22:00まで。
テスト前は土日も出勤。
ヲタっぽいのにかわいい女子中学生と話すのがとても楽しい。
エヴァ好きの男子とも話が合う。
ただ、playのスペルすら覚えられない白痴に教えるのは苦痛。

394 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 02:08:47
ここでデビューしたいぜっていうレーベルは?
電撃は当然一位だろうから、それ以外抜きで。
電撃以下の世間的なランキングが、よくわからない…(´・ω・`)

特に、HJ文庫、GA文庫あたりのカラーが判然としない。


395 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 02:12:21
10〜4月電撃、えんため
6月MF、
9月ガガガ、

というローテーションを今年から組もうと思う。


396 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 02:16:28
HJとガガガはそう遠くない日に無くなりそうで怖い

397 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 02:19:56
自分も、MFJはさすがにわかるんだが、それ以外のカラーの違いがいまいちよくわからんな。

398 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 03:02:42
>>376 しがないフリーライター。
クライアントのいうなりに書くのがやっぱ凄いストレスで、
一度思いっ切り解放しようと電撃用の原稿執筆中。

399 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 03:21:08
>>394
良い噂@2chランキングTOP5 2010

★1位 電撃文庫
今やラノベ界の巨人といっても過言ではない電撃文庫。一般向けのMW文庫も擁する。
最大手の懐の深さで、萌えから一般まで面白ければどんな作品でも取ってもらえる。
競争率は高いものの拾い上げも多い。大半の受賞者が3作程度は出してもらえる最高の賞。

★2位 GA文庫
頭角を現してきた非角川の新興ラノベレーベル。
ポリフォニカだけという印象を払拭し、注目の新人賞作品を送り出す。何故か変態が伸びる傾向。
ブログでの新人賞応募作への指導も丁寧で、黎明期のMFを彷彿とさせる将来性豊かなレーベル。

★3位 MF文庫J
一点突破作戦が功を奏して躍進目覚しい非角川のラノベレーベル。
新人賞に懇切丁寧な評価シートを導入したパイオニアで、新人の育成に定評がある。
とはいえ評価シートは各レーベルで一般化。メリットが相対的に減じてきたとは言える。
繰り返し応募を求め、二作目からは萌え魔改造必至など、萌え量産志向でなければ敬遠要素も。

★4位 ファミ通文庫
少し前までは1人デビュー・1冊切りが常態だったが、最近の新人は複数デビュー・1人3冊に改善。
他のレーベルより低年齢向けを好む傾向があったがギャルゲヱ・ネルリで解消した。
角川系の強みもあり、版数の多さも魅力。

★5位 HJ文庫
新人でも戦力としてカウントされ3冊は書かせてもらえる。
以前の4冊に比べれば低下したとはいえ、低倍率と新人の扱いの良さは今なお狙うに値する。
なお新人賞がMF落選組の草刈場と化しているのは公然の秘密。

400 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 06:43:32
>>367
レスありがとう
そうしてみます

401 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 07:33:54
>>396
かもね

ガガガは二重応募の作品を
二次通過させちゃったからなあ

402 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 07:40:04
>>401
kwsk

403 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 07:46:57
↓病葉〜というやつ
ttp://dash.shueisha.co.jp/sinjin/sd_9.html
ttp://www.gagaga-lululu.jp/gagaga/grandprix/04.html

サロンの方で、ちょっとだけ話題になった
PNと作品名が、偶然同じだけかもしれないけど

404 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 08:19:04
SD中間発表あったのかw
一次だけ通ってたなw まあ初投稿だし一次通ってただけでもマシなんかな?w

405 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 09:55:48
国民総批評家になりつつある現代。
ネットのコンテンツサービスが増えて、掲示板だの日記だのブログだの個人の意見を好き勝手に放言できる環境が整って、目立つのは「批評」だった。

「愚痴」ならまだ可愛いものだ。不特定多数に愚痴を見せて、ほんの一握りの人でも反応があったら、書いた本人は報われるのだ。
それが同調であれ反論であれ。
ところが「批評」となると少々趣が異なる。
どうも高みからモノを言っているようにも見えるし、
押し潰されて悲鳴を上げているようにも見える。
同類の批評家を呼び寄せちゃったりして、批評の輪ができちゃったりする。
非生産的だなあと思ってはいたのだが、何故そのような行為がなくならないどころか増えていくのかが不思議で仕方がなかった。

確かに批評は楽な行為だ。
特に匿名性を保持できるネット上の書き込みに関して言えば、創作よりも批評文を書いた方が読まれる可能性も高かったりするのかもしれない。

先日その存在を知ったNECが運営するIT Squareの「ビジネス心理学」というコンテンツにはなかなか面白いことが書いてあった。
たとえば第7回の「有能な部下になるために」にはこんなことが書いてある。以下一部引用。


 私は「批評家になるな」と自分に言いきかせています。
なぜなら批評は誰でもできる安上がりのパフォーマンスだからです。
なぜなら、酒場でのほとんどの話が「うちの上司はダメだ」
「あんな企画失敗する」と何かを批判する人々のオンパレードです。
 「あの本には内容がない」「あの映画はキャスティグミスだ」「あの球団ではダメだよ」・・・・・
 人は何かを批判することによって、自分を偉大だと周囲にアピールできると錯覚するからです。
このような人たちの心の中は、批評できるほどに自分は優秀で、
能力があるのだと信じたいし、周囲にアピールしたい心理が働いています。 

 批判型タイプは、自分からは何もしないで、何かのマイナスな部分を指摘します。
そうすることで自分は立派だと誇示したいのです。
人を批判する人ほど人に話題にされる業績もなく、
批評することで周囲の注目を必死で集めることに全力が注がれます。
心理学では、嫉妬は羨望の枯渇した感情なのです。

406 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 10:33:29
で、本物な人は、その批評からも有用な意見を汲み取り、自己を成長させていくものだね。

批評を批評しただけでは彼らと全く同じ。

407 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 10:51:25
>>406
批評家が多すぎて汲み取り作業の手間が膨大すぎるんだよな。
手間かかる割に得られるものが少ないというか。

408 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 10:54:11
すべての批評をかき集めなくちゃならないわけでもないだろう。

というかそもそも批評を受け止めることは「手間」なのか。

409 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 10:57:50
晒しスレでフルボッコにされたのか?
涙拭けよ

違うんなら批評屋叩きは批評屋よりさらに一次元下

410 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 11:15:01
俺は407で405とは別人で晒しスレで晒したこともないが。
>>408
受け止めるのにはともかく、
作り手としては、より分ける、仕分ける作業が手間だと感じる。

411 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 13:34:32
>>405の言いたい事というか書き込みは凄い良くわかる。
深層心理とでもいうのかな。こういう奴ってほんと多いし、実際のところ俺もそうだから、謎の満足感を味わった。


412 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 13:38:09
周囲にアピールしたい心理ですね。

413 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 13:49:15
志望者の時点で泣き言言ってるようじゃ、プロになったら発売即日潰れるぞ?

414 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 14:10:34
>>407
特定の個人に批評してもらい続けるのは、とても良い事だと思う
友人で書いた物を読んでくれる人がいるのだけど、ラノベどころか小説自体殆ど読まない人で
バシバシ言ってくれるので、とても助かっている

これが言うとおりに、不特定多数の人からの意見(視線)からだったら
単に凹んで迷走してで終わるんだろうなと思う

415 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 14:13:26
アピールしたい心理はその批評家たちとやらよりは、自分の方が上だな
そうでもなければ、デビューしたいなんて思いもしない
どう取り繕っても、妄想を公に曝け出す行為に違いはないわけだし

416 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 14:35:43
批評家の方が曲がりなりにも世の中にアウトプットしてるだけワナビよりましなんだよな

俺たちワナビは自己顕示欲は批評家以上、世の中への寄与度は批評家以下
なのにプロ作家の大半も批評家も見下す
本当ろくでもねえw

417 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 14:45:34
見せられる友人がいるというのは、とてもいいことだよね。
俺も一人で書いてたけど、思い切って周りの人間に見せたら、すごくいろんな意見が聞けてためになった。

大学時代の友人が、出版社の下請け会社で校正の仕事をしていて、
そいつに原稿を預けたら、文法の問題や、冗長な部分が赤ペンで手直しされて返ってきた。
すげーためになった。

418 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 15:44:15
基本何回くらい書きなおす?
つか皆PCで書いてんのかな?原稿に書く人いる?

419 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 16:15:11
>>418
時間の許す限り、何回でも書き直すよ
で、書き直しが多いのでPCでないと無理

420 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 16:21:53
663 :イラストに騙された名無しさん :2007/11/20(火) 10:02:54 ID:VEclxFnq
なんか話聞いてると、実情は兼業(小説とかかわり無い兼業)のほうが一握りに聞こえますね。

専業が一握りは都市伝説だったのか。
底辺はもうからねーイメージがあるからかな。
底辺は専業だと食っていけないはず=専業はありえない、みたいな論法でイメージ一人歩き。


664 :イラストに騙された名無しさん :2007/11/20(火) 11:33:07 ID:IYBCaep8
まともな頭持ってる人間なら兼業を選ぶよ
不安定でいつ無職になるかも分からんし収入が良いとも言えない

俺? 専業だよ、まともな頭があったらそもそも作家なんて目指すかよ
……おかげで結婚もできません

421 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 16:29:33
作家はドMじゃないと成り立たないんじゃないかと思えてきた

422 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 16:31:46
>>420
何の仕事だって底辺はきついとか言いようがない。
言葉のマジックでどれほどの可能性が摘み取られてきたか。

423 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 17:38:25
ダークなミステリー物を書いているんですが、そういうのを受け付けてくれるとこありましたっけ?

424 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 17:42:43
ラノベよりはミステリ関係のほうへ行ったほうがいいかもね。
ラノベ的な要素も包含しているなら……それこそ上で出てたファウスト賞とか?

425 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 20:33:32
地の文は書き過ぎるのも良くないみたいだった。某賞の選評シートで
キャラクターの一挙手一投足まで描写しているせいで文章のテンポが
悪くなっていると指摘された。

426 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 20:57:23
某最近アニメ化された作品なんて大部分が会話文で成り立ってる
そしてそのくらいの方がテンポよくていいんじゃないかと思い始めた

427 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 21:00:20
小説は想像させてナンボっていう部分もあるしな。
会話の感じで想像できそうな仕草とかは端折るのがいいかと。
行動に関しては書かないとまずいけど。

428 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 21:57:55
>>423
ミステリなら電撃も狙い目はあると思う。
今もいるかは知らんが、ミステリ好きの編集者もいるみたいだし。
俺が知ってるその人の担当した作品はミステリとしてアレだったけど、
元々はミステリ色強くないものを編集者の意向で変えたものだったからな。
作者も書き慣れてなかっただろうし仕方ないともいえる。

429 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 22:06:15
>>428
その電撃の編集って、本当に「ミステリ」(論理的な推理小説)好きなのか?
伸ばしの「ミステリー」(サスペンスやホラーまで含む)好きなんだな、と理解してたが

430 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 22:15:02
そんな違いがあったんだ
西尾維新は「ミステリー」?

431 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 22:19:48
新本格推理から派生した新青春エンタと呼ばれる新ジャンルだから「ミステリー」だろう
推理小説の意味の狭義の「ミステリ」も書くことあるけど

432 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 22:51:54
そんな違い意識してる人なんて、あんまりいないとおもうけどね 

433 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 22:59:44
うへぇ

434 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 23:02:08
いくぅ

435 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/21(木) 23:43:20
推理小説 一迅社が熱烈募集中、でも上のやり取りの意味が分からん奴はやめとけ
探偵小説 ガガガが好きっぽい
戯言系 GA、電撃、メフィスト賞

ミステリの売れなさを体験して撤退した富士見・角川は×
カテゴリーエラーを落とすMFとCノベルズも×
後は可もなく不可もないはず

436 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 00:53:10
このスレはテンパったワナビの需要はありますか?
具体的に言うと、今すぐにでも受賞間違いなしの大作が書けるくらいの意気込みがあります。
でも書き始めるとネトゲがやりたくなります。

437 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 00:54:47
ぜんぜんテンパってねえええ

438 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 00:58:25
応募して叩き落されてからまたおいで

439 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 01:08:04
あ、そうだ。ラノベの書き出しでやっちゃいけないことってありますか?
撲殺天使ドクロちゃんの『僕の名前は草壁桜〜』のような書き出しは基本的にタブーらしいとのことで。
世に出てしまえばいけないことは何もないとは思いますが、選考で弾かれる確率は高くなると思うのです。

私の小説の書き出しはこうです

 聖グリンドリフィール城。
 その使用人たちが詰める離れの一室で、下級メイドのメイラはため息をついた。
 多くの使用人が寝泊りする共同宿舎でありながらここは、グリンドリフィールの名を汚さないほどの威厳に満ちた建物だった。
 今年で十六歳になるメイラの部屋は、二階建ての宿舎の中で一番日当たりの悪い端の部屋で、これはメイラがまだメイドとして城内で働き始めてから間もないことを表していた。


と、こんな感じなのですが、書き出しの最初の行にいきなり固有名詞をドン、と出すのはまずいかもしれないと思っているのですが、どうでしょうか?


440 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 01:09:37
別にいいと思うけどな

441 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 01:25:30
むしろ良い

442 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 01:32:28
>>439
個人的に、1行目と、2行目の前半はなくていいと思う。入れるにしても数行あとにずらした方が。

443 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 01:38:54
>>439
悪かねーだろ
心配ならどっかの投稿サイトにでも出して反応見てみれば?

444 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:13:18
でもライトノベルって最初の数行〜数頁の重要度特に高いよねー

とにかく読みやすくてしかも退屈じゃない内容じゃないと
あとその物語がどんな物語なのかすぐわかる方がいいと思うよ

「聖〜城」は洋風ファンタジーだなってすぐわかっていいと思う

>>439の続きが結構読みたくなってしまった 良いで出しだと思われ


445 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:24:48
4行で続きが読みたくなるほどの魅力があったら凄すぎるだろw
悪くはないがそこまでではないと思うな。

446 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:28:49
好き好きだしいいじゃないの

447 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:45:57
口々に誉めそやすあたたかい流れをご希望なら投稿サイトでやれ

448 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:50:12
なるほど、最初の行に固有名詞は別に問題ないみたいですね。


あと質問ですが、物語の構成で序章・1章・2章・3章・終幕と構成するときに、序章に過去シーンを持ってくると選考で印象悪いでしょうか?
具体的には

序章:物語の中盤で登場する宿敵が子供の頃の主人公の家族を殺すシーン。

1章:主人公の騎士見習いとしての生活

2章:主人公が問題を起こして処罰される

3章:罰として科せられた重労の途中、騎士として労働者を監督する宿敵を見つける

終幕:姫を騙して国を乗っ取ろうとしてた宿敵の悪事を暴いて証拠を突きつけ、めでたしめでたし


ちなみにこれはあくまで例なので物語的に面白くなさそうなのは気にしないでください。

449 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 02:59:14
時系列順に書くより、インパクトのあるシーンを冒頭に持ってくる方がいい
ただ、固有名詞の扱いには気をつける必要がある(ぼかすなり何なり)

450 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 03:01:27
序章の長さによるんでは?
序章が短くシーンをちょっと見せる程度ならいいけど、あんまり長いと
主人公の登場が遅くなっちゃうから

小説の場合読者は感情移入する主人公をまず探すから、主人公の登場が
遅すぎるのはNGだとラノベ指南本に書いてあったよー

でも過去の主人公と今の主人公に連続性があるんだったら問題ないのかな

451 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 06:00:21
ヒロイン冒頭で顔出し、主人公即登場するが
二人が顔つき合わせるまでに27DPかけた馬鹿もここにいますので

452 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 08:59:56
ヒロイン冒涜で中出し、主人公即挿入するが
二人が股つき合わせるまでに27DPかけた馬鹿もここにいますので

453 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 09:02:13
本気で空目した。

454 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 09:26:15
圧倒的に452の方が読んでみたいw

455 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 10:11:10
>>452
ボテ腹ヒロインか……。

456 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 11:07:37
>>452
股をつきあわせていないということは、亀頭だけ挿入した状態で、
延々と27DPも独白を挟んだということか。
ドリームノベルスなら即没だなw

457 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 11:07:54
魔法の設定とか、そういうのってどこで組み込んだらいいんだろう。
魔法が飛び交う前・魔法合戦している最中・魔法が出現してから……。

色々考えてはみたんだけど、シーン云々の前に、他の要素である程度読者を惹きつけてから出さないといけない、
つまり冒頭でいきなり魔法合戦して、そこで解説なんて付随させても、誰も読んでくれないんじゃないのかな、という曖昧な考えにしか至らなかった。
いい知恵くださし……。

458 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 11:21:32
>>457
素早く発動させるカウンタータイプを使用された後に
さらっと効果説明に上乗せする感じで大系的なものを説明、とかでもいいと思う

突き出された拳打を受け止めたそれは、紫電の盾だった。
十賢術の一つ、招雷の法によって生み出された魔術の盾が、彼の目の前に生み出されていた。

とか
我ながら厨二

459 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 11:25:25
>>457
いきなり冒頭に戦闘シーンを持ってきていて、
しかも複雑な魔法設定を使っている作品は、『されど罪人は竜と踊る』とか『ウィザーズブレイン』があるな。
され罪の場合、専門用語乱発の激しい戦闘シーンで読者の興味を引き、
会話シーンを挟んだ後、ちょうど30ページ目で、「咒式は作用定数を変異させ〜」と根本的な説明が入る。

ただまあ、魔法とかは設定が出尽くしているから、斬新な設定で目を引こうとするよりも、
うまいこと雰囲気を作ったほうがいいかもしれない。
され罪はあの時点ではけっこう斬新な設定だったから、いきなり冒頭に持ってきても興味を引くことができたけど……。

460 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 12:26:48
魔法を売りにするなら>>459の言う通り冒頭数ページ使って激しい魔法戦闘を持ってくる方がいい気はする。
説明なんざ後でもいい。とりあえず「おおっ! すげえ!」とか「え? なんぞこれ?」って思わせるようなものをもってくればいいんじゃないかと。

魔法が売りじゃないなら別に冒頭に説明入れる必要ないんじゃね?
いきなり長々と説明から入ると食いつかないしな。読者はゼロ状態から始まるわけだから説明されても「???」としか思えないかと。

461 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 17:17:50
冒頭に説明入れるのはアウツだろうな
物語の序盤から中盤にかけてストーリー進行を妨げないように小出しに入れていくのが職人芸

462 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 17:24:02
され罪やウィザーズブレインは雰囲気作りが上手いから、
魔法の設定を後回しにしても、仕組みにやたらと説得力があったが、
いまどきのファンタジーで、「ふぁいあー☆」とか説明なしにやられると、やっぱドン引きかなあ。

魔法が出てもおかしくなさそうな雰囲気作りはやってもらいたい。

463 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 17:38:19
説明の有無関係なしにふぁいあー☆はドン引きだろ
最近の魔法物はドラクエライクな呪文なんか唱えない
円環少女然りウィザーズ・ブレイン然り禁書然り

読者に分かりやすいように魔法って器を用意してるだけで中に入ってるのは超能力・特殊能力と大差ない

464 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 17:41:36
いやそこはものの例えだろw

465 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 17:49:39
ふぁいあー☆に限らず呪文や技の名前を叫んでいいのはジャンプの漫画まで
ダイの大冒険なんかはその点かなり突き抜けてた
グランドクルスが実際のドラクエシリーズに採用されたほどに

466 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:04:50
この前、このままじゃダメだと思ってワナビとやらを卒業して京アニ大賞に
応募してみたんだが……なんという手ごたえの無さ。

応募してみればてっきり「燃え尽きたぜ…」みたいなスッキリ感に包まれるのかと
思いきや、出した後でもああすれば良かったこうすれば…そもそも99.9%落ちるのにあんな
恥ずかしい文章を株式会社に送りつけて馬鹿じゃないのか!?俺!?
みたいな気持ちばかり押し寄せてキタ…


467 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:07:00
ようこそワナビの世界へ

468 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:14:50
そもそも魔法って何?何で詠唱したり魔方陣書いたり神経が高ぶったり手を振り上げたり
人外と契約したりしただけで人を殺せるくらいのエネルギーが発現するの?
そのエネルギーはどっから来るの?いくらフィクションだからっておかしくない?

469 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:16:51
ただし魔法は尻から出る

470 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:17:06
電撃大賞の応募総数4900に怖気づいて別の1/10以下の応募総数の賞に応募した
でも当たったらその後が大変だな・・・とか考えてる

まあ怖気づいて賞のランク落とすような作品は無論落選するだろうが
事実狼と香辛料にはどう逆立ちしても勝てないと思う
100冊超える資料本使って一冊書いてるらしいが、やはりというかモチーフになった昔のヨーロッパの生活の考証なんかもしっかりしてると思う
禁書には最初勝てると思ってたが、最近は科学サイドで登場するSF兵器なんかは相当資料本読み込んでると感じさせるほど設定がしっかりしてきた
灼眼のシャナにはぜってー勝つる!って思ったら同作者のデビュー作のA/Bの方にはSFで勝負したら絶対勝てない

ただ九罰の召喚術やら俺の妹がには楽勝で勝てそうな気はする
だけどそれらは入賞作じゃないんだよな

賞で勝てるのはやっぱ尖った何かを持ってる作品か明らかな天才を感じさせる何かじゃないとダメなんだな
5000作近くから選ばれるんだもんな、当然だよな

471 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:18:12
>>468
だからその設定を考えるのが創作の(ry

472 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:20:47
>>470
後書きには三十冊と書いてあったような。
司馬遼太郎は作品を一つ書くために、トラック一杯分の資料を買い集めたそうだな。すげー。

473 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:27:35
電撃の応募数が多いのは一次選考通過作に選評もらえるからかもしれない
別の出版社の賞で落ちたのを選評もらうために電撃に回すやつとかいそう

474 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:27:59
すげえな。
やっぱ小説を書くなら博識でないとな。
とりあえずバッカーノ、香辛料、乃木坂を105円コーナーで買ってきたから
参考にさせてもらおっと。

475 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:28:09
魔法とかの設定は考えはするけど、それを説明してもオナニーに過ぎない気がしてなぁ……
長く話が続くなら徐々に小出ししていけばいいけど、投稿作品だと一作品で全部説明する必要があるわけで、説明ばっかになってしまう可能性が……

476 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/22(金) 18:31:43
>>475
その手の作品読めば絶対分かるけど、ファンタジーやSFほど描写や説明を丁寧にしないと読者は絶対理解してくれないよ


248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)