5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

誰も読まないものを書く意義はあるのか

1 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 20:47:54
読者と呼べるような人間が居ないのに小説書く意味なんかあるのかね・・・?

2 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 20:52:07
1よ きみは小説を書いてて楽しいかい?

3 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 20:53:33
>>2
とりあえずは楽しいが、他人に読ませる事を考えると欝になる。
内容はオタ臭い設定のラブコメなわけだが、もし女性とかが読んだら不快になるだろうな・・・

4 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 21:03:47
自分が楽しいんであれば、自分と同じ属性の人間にだけは伝わる、そうは思わないの?

5 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 21:05:31
>>1
誰も見ないスレを立てる意義はあるのか

6 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 21:08:04
>>4
俺と同じ属性の人間が居たとしても、俺の小説を読む必要は無い。
他の優れた小説や、俺が影響を受けたプロの作品を読むほうが面白いと思うだろう。

読まれたら読まれたでまた問題がある。
連作短編のつもりだが、一作目じゃ消化し切れん要素が多すぎる。
おまけに一作目の段階では恋愛話すらいらねぇし。何がやりたかったんだ?って言われるのがオチ

7 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 21:14:17
自分が読んでるね

8 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 21:21:13
>>5
それは分かってる・・・

だが、ゴミみたいなものを書き晒し続けても前進は見込めないよな・・・

9 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 22:07:34
要は自信がないだけか

10 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 22:12:35
自分が読めればいいんじゃない?
自分さえ面白くないんだったら、どうしようもない

11 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 22:20:05
>>10
小説は他人に読ませるもんだ。自分が面白くてもダメだろ

12 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 22:26:40
誰も読まない小説があったとして、
それは本当にソコに存在しているのだろうか?

13 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/12(土) 23:20:03
今は誰も読まないけど1000年後に100億人が読んだら?

14 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 00:30:41
うむむ。
それは、ない、だろうけど、書かずにはいられない。
小説にならなくったていいんだよ。
そんなきっちりしたものじゃないんだし、
でも、ただ、書きたいんだよ。
ばあちゃんになっても、書き続けていたい。
読者がどう感じるとか、無関係なところで、書いていたい。
そして死んでしまっても、それでいい。
万が一、誰かの目に触れることがあって、
ばあちゃんになるまで書いていた、そのどこか一部が、
誰かの共感を得ることができて、その人がホッとできたら、いいかなぁ。
わたしは、書いているとき、男のときもあれば、少女のときもあるし、
ものすごく年寄りな感じがするときもある。
とても変で、ちぐはぐな感じがしている。

15 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 01:15:30
商業作家含めて、自分だけのための文章を書いてない奴のほうが珍しいだろうな

16 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 01:16:04
人のために書いても読んでくれなかったら?

17 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 09:12:05
もう諦めろ

18 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 09:15:50
>>13
そんな根拠の無い期待は無意味だ

>>14
俺は意見を聞きに着たんだ。あんたのポエムが聞きたいわけじゃない

19 :園児 ◆gKCGnbBUZc :2009/09/13(日) 09:25:54
おれはだれも見ないであろうゲームプレイの動画をみることもある。動画をアップロードしたってことはアップした者にとってなんらかの意義があったんじゃないのかな。確かにつまらんのだがアップ者のプレイしてたときの意識の流れをトレースしたりしなかったり。
意識の流れの持っていき方が動画だとつかみやすい。淡々とゲームプレイしてる作者を思うとなんらか高揚感を共有した気になってしまう。共有つーとこが望んだことだろう?
個人の日記ブロクだっておもしろいときがある。その人の行動感性興味がまるでおれがトレースして経験したかのよう。いろんな仮想の体験を取り込むことで、意識が癒やされる。自分という閉塞からのちょっとしたバカンス。
誰もよまなくても誰かよむこともあるんじゃないかな、君の感情のアーカイブスを。それが日記でも動画でも小説でも詩でもエッセイでもいい。君の残したものは君以外の者に共有されることがあるから。

20 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 10:01:28
>>1
知るか

はい終了
削除依頼出してこい

21 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 10:05:04
>>19
この腐るほどブログだの小説だの動画だのがある世の中で俺が書く必要性にはならんだろう。

22 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 10:20:28
>>1
君は身長162体重51ショートカットの女ですね。
日々日記をつける人の質問ではありません。

                  おわり


23 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 10:23:19
>>22
日本語でおk

24 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 10:49:31
映像的「君は身長162体重51ショートカットの女ですね」 

構造的「日々日記をつける人の質問ではありません」

ありがとうございます。

25 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 11:01:12
>>24
何一つ根拠の無い事を並べ立てて断定するなw

26 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 12:56:42
誰も読んでないのになぜレスするの?バカなの?

27 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:09:24
>>1
意味あるよ!頑張って書こうよ!
とか言われたいのか?
意味なんかない、書くのやめろって言われたらやめるのか?

28 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:10:21
誰からも感想をもらえないことが分かっていて
なぜ書き続けるのか。

29 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:12:32
書きたければ書けばいい。
マスターベーションといっしょ。
かいても子は生まれない(意味ない)が、皆かき続ける。

30 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:17:14
感想のない投稿をこの間初めて体験したんだよね。
なんか空しくなって来てしまったよ。

31 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:18:20
我れ想うから我れあり何でもいいから書きなぐれ!

32 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:20:23
書き殴りはあまり意味ないよ。
上手くならない。
いやまじでだんだん筆が軽くなる。
最終的には読みやすい作文もどきになるね。

33 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 15:48:08
>>27
意味あると言われても反論材料はあるが、意味無いから止めろといわれても反論材料は無いなぁ

34 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 16:09:33
小説を書く行為そのものが意義のある行為なので意義が無いという意見は通じない。
意義があろうと無かろうと文学賞は存在するので作家志望の初動機がおびやかされているとはまったく思わない。
本が売れようと売れまいと読者がいようといまいと出版社にはノルマが存在するので作家には常に書く意義が存在してる。
誰かに読ませることが目的なら誰にも読まれなかったことで無意味な行為をしたと考える人がいてもおかしくない。

35 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 16:12:42
セカチュー以下の売上の本はゴミ

36 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 16:50:21
>>34
誰も読まない小説を書いても意義は無いだろ
童貞の妄想丸出しなオタ臭いラブコメならなおさら

37 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 16:56:40
ゴミみたいな作品は書いた人間にとっては意義があるのだろうけど、他人には何の意義も無いです

38 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:12:38
>>37
書いた人間にも意義がなさそうなんで、書く気にならない

39 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:16:30
自分が書けない言い訳をするなボケ。

書けば書くほどうまくなるよ。下手は下手なりに。
ボツ原稿も他人に読ませられるものを書くための肥やしとなる。

くだらない御託を並べてないで、今すぐ書け。寸暇を惜しんで書け。
死ぬまで書け。

結果なんぞ気にするな。どうせ書けない言い訳にするだけだ。
わかったな。糞ども。とっとと始めろ。

40 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:25:07
だが、童貞の俺がラブコメ書いても童貞の妄想以上のものにはなりえんわけで

41 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:37:08
>>1は、それをテーマに作品を書けば?
俺は書いたことがあるぞw
おまえ自身の結論を導きだしてみろよ。

42 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:45:42
>>41
そういったものを書く気はない

43 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 17:53:58
>>42
おまえはデビュー前から大先生だもんな
素人が使うテーマでなんて書くわけがないよな

44 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:00:50
つか>>1の書き込みはどれなんだよ。わかんねえっつうの
こういう独りよがりなところが作品にも出てんじゃねえの?

45 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:12:53
>>43
別に素人が書くテーマとかそういう問題じゃない。
単純に書く気がしないし、そのテーマは自己肯定に繋がる。逃げだろ

46 :無名草子さん :2009/09/13(日) 18:17:36
こういうのは、出版社に向かって言ってやれ。
自己満足の本ばかり出されても、着いていけないと。
そうしてやれば、自然に淘汰されていく。
それがないと、読まれないのばかり増えていく。

47 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:22:51
>>45
なら、自己否定のオチも書けばいいだろ?
やる前から言い訳してるなよ。

48 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:27:03
なら書かなきゃいいだけじゃん
誰かに執筆を依頼されてんのかよ


49 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:28:07
>>47
誰も読まない小説を書いておいて、自己否定のオチをつけても白々しいだけだろ

50 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:28:15
結局はどこまでも言い訳のスレだな。

51 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:29:26
>>49
だから、やる前からもっともらしい言い訳するな。
言い訳するくらいなら、はじめからやるな。

52 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:34:14
俺って何か間違ってるのかねー

俺の書くものに需要はないし、俺の書く小説が面白くないのは書く前から分かってる。
その上で、俺に書く意義なんかあるの?って話なんだが・・・無いだろ

53 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:35:45
ある。
自分を信じろ。

54 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:36:08
ないと決めたらないんだろ
あると決めたらあるんだろ

それだけの話

55 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:37:07
>>52
哲学な話をしたいなら板違いだ
慰めてほしいなら専用の板に行け
馴れ合いたいならどこかのコミュにでも登録してこもってろ

56 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:38:09
>>53
そんな主観的なものを信じてもねぇ

>>54
いや、どれでもないよ。ただ俺は客観的な答えが知りたいだけだ

57 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 18:40:58
わかった。
おまえにはない。
諦めろ。
もう小説は絶対に書くな。

58 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 19:00:30
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{   あきらめたら
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!   そこで試合終了ですよ・・・・
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

59 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 19:03:35
試合は終わったようだ。
これからゆっくり休ませてやろうよ。

60 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 19:30:53
だから>>20で終わりと言ったんだ
こいつはただの構ってチャン
糞だ

61 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 19:34:17
なんでこうも怒られるのか理解できんなあ
正直、糞作品を書いてる自分を肯定したいだけとしか思えないんだが・・・

62 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 20:14:41
陸上自衛隊第七師団に中性子爆弾炸裂空時はミグ29追尾中、、、、、、
その頃総理官邸では「戦車とか重火器.弾薬など無事で隊員全員死亡
戦車内居た隊員は死に72.90戦車は無傷と云うのか?陸幕長「はい
1977年頃某国が戦車と装甲車に豚を二匹づついれ実験した際豚全滅
重機二両とも損傷なし放射能汚染は101科学防護隊隊付き准尉、総理に
説明を」その時海では、、、、、、、、、、、

中性子爆弾とは何なんだ!続き頼む



63 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 21:47:18
ラノベとかミステリーとか定まったジャンルものはともかくとして、文学ってのは、なんでもありの自由なもんだぜ

64 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 22:02:57
誰も読まないとは言うけど、結局自分は読んでいるわけだろう。
だから誰も読まないというものはありえない。

65 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 22:09:40
そんなこといったら、
誰もいない部屋などもありえないじゃないか。
「誰」の意味を調べてみ。
自分は含まないから。

66 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 22:24:27
>>62>>1が書いたのか?

67 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/13(日) 22:28:20
>>1
プラモデルを作る人とか、盆栽を作る人とかが、自分の作品をいちいち他人に
見せびらかしてるか? 作品を作ること、それ自体を楽しんでるだろ。
小説だって同じだ。作品を仕上げること、それ自体が楽しい。
それに今の時代、どうしても人に見せたければ、ネット上にいくらでも
発表の場はある。見せたい奴は見せればいい。そうでない奴は一人で黙々と、
プラモに塗装をするように、盆栽にハサミを入れるように、小説を描いていればいい。

68 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 06:48:01
>>66
違う

>>67
盆栽やプラモと違って、小説は言葉を使うメディアであるわけで。
言葉を使うという事は他人に伝える為に存在するという事だ。
書き上げて、自分ひとりで納得してても成長も進歩も仕様が無いしな。

ネット上にうpしても、俺の妄想の塊など読む人間は居ない

69 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 07:28:29
>>68
>言葉を使うという事は他人に伝える為に存在するという事だ。
ノートに書き溜めた日記やポエムは、むしろ誰にも見せるものではないぞ。

>自分ひとりで納得してても成長も進歩も仕様が無いしな。
だから盆栽やプラモ、あるいは草野球をやってる連中が、日々の
技術の向上なんか気にしてやってると思うのか?
俺は気にする、というならそれはお前一人の個人的嗜好であり、
意義がどうのこうのとは別問題だ。

>ネット上にうpしても、俺の妄想の塊など読む人間は居ない
お前が無知なだけ。探せ。発表の場所は絶対にあるから。
それこそ2ちゃん内ですら、分量さえ合わせればそういうスレはあるぞ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 08:19:01
>>69
誰にも見せるものではないというのは見せる価値が無いから見せないだけだろ?
私小説や詩には名作が腐るほどあるわけだが。

技術の向上は目指しているだろう。
知り合いにプラモ作ってる人がいるが塗装や汚しのリアリティを上げる努力はしているし、投稿もしている。
草野球だって攻守の能力を上げようと日々努力しているんじゃないの?

発表の場があっても俺が書いたものを読む人間は居ない。
俺より優れた作品は腐るほど有るからな

71 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 09:32:19
俺は>>67>>69の意見に賛成かな。

>誰にも見せるものではないというのは見せる価値が無いから見せないだけだろ?
見せる価値が無いから見せないのではなく、見せる意味が無いから見せないんだと思う。
意味=価値だろと言われるかもしれんが、少なくとも俺の中では違うなぁ。
要は、自己満足か、他人との共有を目指すか、その差でしょ?
まぁ、技術向上を気にしないみたいな部分は、ちょっと違うような気もするが。
プラモにしろ草野球にしろ小説にしろ、少しでも上手く出来たらと誰しも願うものだと思うが、
それが他人に対して見せつける意味からくるものか、自己満足なのかは人それぞれだと思う。

>発表の場があっても俺が書いたものを読む人間は居ない。
>俺より優れた作品は腐るほど有るからな
て言うかさ、考えが甘いと思うよ。甘えてるよ。
誰しも人より優れた作品をと燃えながらも、どこかで敵わないと諦めて。
それでも、苦しみながら書き続けているのは、
書きたいからだし、好きだからだし、そんな俺が格好良いと思うからだし。
お前はどうなのよ?

スレタイ見た時は、埋もれていく文章の価値に対する考察をやってるのかと思ったが。
結局、>>1を慰めるスレだったってのが、一番残念だよ。

72 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 11:01:18
>>70
>見せる価値が無いから見せないだけ
見せる価値があるかないかは、この場のこの議論に都合がいいように、
お前一人が勝手に決めてるだけだろ。でなければ、どこのどなた様の
判定によるものなんだ?
第一、見せる価値があるような作品なら、「書く意義がある」だろ充分。
ならもう議論の余地はない。スレタイに対する答えは出ている。

>塗装や汚しのリアリティを上げる努力はしているし
やりたい奴はやればいい。やることで楽しめるのならな。向上できない、と
いって苦しむならしなければいい。そんなものは自由だ。決して義務ではない。
そもそも、技術向上は単なる例として出してただけで、それを意識するかしないかと、
その行為に意義があるかないかなんて関係ない。楽しめればそれで充分、意義はある。
極端な話、タバコや酒や競馬やパチンコだって、娯楽・趣味・楽しみとしてちゃんと
存在してるだろ。小説を描くという行為は、タバコやパチンコ以下だってのか?

>発表の場があっても俺が書いたものを読む人間は居ない
その、「居ない」という結論を出すに至ったリサーチ方法・期間・収集データ量を
詳しく説明してくれ。
でなければ、お前一人の脳内妄想垂れ流しだ。その「読む人間は居ない」ってのは。

73 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 11:17:50
前にも別のところで言った言葉だが。

「プロ盆栽ラーになれないという理由で、盆栽をやめる奴がいるか?」

プロ盆栽ラーになれなくても、楽しそうにチョキチョキとやってるだろ、みんな。
小説だって同じだ。プロになれようがなれまいが、読者がいようがいまいが、
楽しそうに描いてればいい。
小説は文字を使ったものであり盆栽と違って云々、なんてのは勝手な屁理屈。
俺は小説を、他の趣味と比べて異質なものであるとは思ってない。趣味に貴賎なしだ。
盆栽を楽しめる人がいる、小説を楽しめる人がいる。人の好みは十人十色、それが
当たり前だ。

74 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 11:24:25
>>68
>書き上げて、自分ひとりで納得してても成長も進歩も仕様が無いしな。
だったら自己採点して、自分で自分の作品の欠点を見つけ出して、
プロの作品と比較したりして、欠点を改めるように努力すればいいだけだろ。
まさか、その程度のこともできないくせに、成長したいなんて夢想を抱いてる
んじゃないだろうな? だとしたら甘すぎ。努力が足りない。
逆に、成長したいと思っていないなら、一人で描いて一人で満足してれば
いいだけだし。
どっちでも、何の問題もないぞ。

75 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 12:51:27
二十日。
 この五、六年、きみたち千人、私は、ひとり。

二十一日。
 罰。

二十二日。
 死ねと教えし君の眼わすれず。

76 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 12:59:11
誰も読まないものを書く意義はあるのか。
っていうか、「意義があるかないか」なんてかっこつけてないで、
作品を書いたんなら誰かに読んでもらえばいいだけのことだと思う。



77 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 13:07:35
>>72
本人様だろう?見せる価値があるなら私小説として売り出せば良い。
携帯小説も実話らしいじゃないか。真偽は知らんけど

だから、他人に向けるべきものを内に向けるのはどうよって事。
性行為だって一人でやってたら何も生まれないだろ

『居ない』という結論を出せというのは悪魔の証明になるな。立証が難しすぎる。
逆に俺のような名も無き人間が書くものに目を通す人間がいるかどうかを考えてみるべきでは?

78 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 13:13:38
>>73
「盆栽ニスト」のほうがいい。
これは大事なこと。

79 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 13:37:34
公募はコネ

80 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 14:12:53
投稿サイトは名も無き人間の書いたもので溢れてるけど、感想もついてるじゃんか。

81 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 14:23:40
盆栽ニスト良いな。
盆栽ラー無いな。

82 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 14:41:50
>>80
投稿サイトですら相手にされないであろう俺

83 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 14:58:35
>>70
それはない。俺のような糞作品でも、ネットに上げれば、『750人』は見に来ている。
最後まで読んでいるかどうかはわからないが、
1章 750人
2章 446人
3章 389人
4章 379人
最終章 516人
と確実に読んでくれている人がいる。
いないというのはやりもしないうちから言っているだけ。
俺は10人も見てくれていれば、十分書く価値を感じるし、書くのが楽しいなら
どこにも晒さなくても、書く価値は十分あるのではないだろうか。
少なくとも、俺は他のプロの人気作品を読むよりは書く方が楽しいと感じている。

84 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:01:36
>>82>>1か?
だったら、ウゼーなぁ。書くの辞めろ。辞めちまえ。
そんなマイナス思考、振りまかんでくれ。こっちまで鬱になる。
とはいっても、自暴自棄になって人様に迷惑かけるのだけは勘弁な。
ヒトゴロシイクナイ

85 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:08:54
>>84
は?
お前の思考が一番ヤバイだろ。

86 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:12:44
他の作者との差異を生じせしめることに、心血をそそいだほうがよい

プロにもあからさまなパクリやろうは多いがね

87 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:19:20
>>83
俺のものはあんたの糞作品に劣る

>>84
何言ってんだ?

>>85
差異を生じせしめて、誰からも相手にされないより、
あからさまなパクリでも読まれるほうがいいな

88 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:29:48
>>82
「されないであろう」ってことはまだ投稿してないわけでしょ?
投稿する前から、あーでもない、こーでもないと想像してもしょうがないじゃん。
かっこつけすぎなんだよ。当って砕けろって感じ。
とにかく投稿しちゃえっつの。それで本当にコメントつかなかったら、その時、また考えようよ。

89 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:33:52
既視感のある作品が公募に通るのかな? 要は文章力しだい?

90 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:35:39
既視感は判断基準にならない。

面白いか面白くないかだ。

91 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:36:17
>>88
やる前に分かることもある。

92 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:37:27
読者A「僕は面白いです」
読者B「カスだな」
読者C「普通ぐらいかな」
読者D「どちらかというとカス」
面白さですら判断基準にならない小説の評価。

93 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:40:49
>>91
やってみて、予想が覆されることもある。

94 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:44:28
どこにでもある発想の小説に付加価値が生じるとしたらレトリックその他の文章力だろ?え?

95 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:46:22
読者A「僕はロリ好きです」
読者B「ロリだな」
読者C「ロリぐらいかな」
読者D「どちらかというとロリ」
ロリかどうかしか判断基準がない俺流の小説の評価。

96 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:49:28
>>92
>面白さですら判断基準にならない小説の評価。

読者A〜Dはバカ。
バカの基準は誰も参考にしていない。

世にウケル面白さの基準がわかる人間が、敏腕編集者となる。
才能をもった作家がそいつとタッグを組むと恐いものなし。

97 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:53:42
ラノベにレトリックはない

98 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 15:54:06
>>96
止まらない出版不況。売れると見込んだ作品が売れない。
方向性見直しに議論を重ねるが、わからず、売れる作家を引っ張ってくる。
売れる作品がわからず、赤川次郎氏に助けを求めることしか出来ない。
どんな才能を持った編集長ですら、理解できない。
凄腕の編集長ですら「怖い」と言っている現状。
読者アンケートが当てにならない。売上を伸ばせない。才能が分からない。
売れる作家がわからないから、売れた作家を引っ張ってくる。新人賞崩壊寸前。
これでも、客観的に面白さを判断出来るとでも?
有名どころ(週間ジャンプ連載漫画)ですら、「バクチだ。行くぜ」なのに?

99 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:03:58
>>1
「どうせ俺なんか」は糞みたいな甘えん坊の常套句
「そんなことないじゃない!」って言われたいんだろ?
だが残念ながら創作分野でそれはありえないな
何でも差し出してもらって当然なんていう赤ん坊思考が通用するかよ
バーカwwww

100 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:04:02
>>98
出版不況は本そのものが売れなくなったから。
必ずしも本の質が落ちたからではない。
世の中全体が見通せない者に物の道理は理解できない。
複雑化したなら余計本物だけが生き残れる。
良い時代じゃないか。
――戦え。

101 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:09:35
っていうか、もうみんな頭デッカチ杉!

作品を書いたら投稿しようよ! 誰かに読んでもらおうよ!
その方が一人でウダウダあーでもないこーでもないと考えてるよりずっと楽しいぞ!

「つまんなかった」なんて感想なんか気にする必要ないんだよ!
そんなのいじめと一緒で自分の生活が充実してないからネットで見えない他人を傷つけようとしてるだけなんだぜ!
だから気にすんなっての!

作品書いて投稿しよーぜ。楽しくやろーぜ!

102 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:12:43
>>100
だから、何度も言うように、
『本の質は読み手によって変わる』から、総合点で一番いいものを選ぶしかない。
それが出来ないのが現状なの。それで、出版不況は読者の経済が悪くなり、娯楽も増えたから。
本の質を上げても売上は伸びない。じゃあ、どうするか?
釣りだ。作家の経歴や挑発的な内容を多くして読者を釣るんだ。
まあ、まだ今は何とかなっているが、この先は釣りでしか売れなくなるだろうね。
まあ、このスレではどうでもいいことだな。
本物だけが生き残れる。その本物が作品以外のところからくるようになっているのは今も昔も
同じだが、今は特に顕著だ。

103 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:15:19
>>93
残念だがストーリー、描写力、人生経験、ありとあらゆる意味で俺の小説はつまらん
こんなものを書いても目を通す人間はせいぜい一人か二人、読み続ける人間はもっと少ない。
そんな僅かな人数の為に執筆時間を何時間も費やす気にはならん

104 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:25:56
公募には出さない

105 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:26:09
>>103
じゃあ、俺が読んでやるよ。どんな糞でも最後まで読む。
これならどうだ?
一人の人間が確実に読むんだぜ。それだけで十分じゃないか。

106 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:27:50
>>103
俺も原稿用紙5枚以内なら読むよ

107 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:29:52
お前ら、まだ読んでもらえる人や作品がいるならいいぜ……
俺はそれ以前にな、完成させることすら出来ないんだぜ
筆が止まってしまう。ああ、自分はこれ以降の描写は出来ないと何度も書き直して
結果、立ち止まってしまう。
完成させたことがあるのは少しのショートショートぐらいだな
未完成品の一部分だけ読んでもらっても「?」だからな
今、短編書いているけれども、これもどうなることやら……

108 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:40:21
>>103
じゃあ書くなよ
おまえは必要ない
物書きとしての価値はゼロだ

109 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:45:10
>>105
そんな約束はいくらでも反故に出来るしなぁ。
たった一人の為に云十時間タダ働きって・・・

>>106
確実に10枚以上は行きそうなんでアウツ

110 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 16:52:49
「俺の作品は誰も読まない」努力さえすれば、これは絶対にない。
一次審査落ちでも、評価シートをくれる公募はある。つまり、投稿規定に
さえあわせれば、確実に一人は読んでくれるってことだ。
その程度の努力さえできない怠け者なら、誰かに読んでもらおうなんて
高望みは捨てろ。努力しない者の手には、望むものは得られない、これ当然。

>>77
>他人に向けるべきものを内に向けるのはどうよって事。
スレタイをちゃんと見たか? 「誰も読まないもの」の話を俺はしてるんだが。
「他人に向けるべきもの」は別だ。スレ違い。よそへ行け。
「誰も読まないもの」=「どんな公募にもネット上にも出さないもの」だろうが。
どこかに出せば、嫌でも誰かの目に触れる。このレスでさえそうなんだから。
で、どこにも出さないものに意義あるのかということに対し、盆栽みたいに
どこにも出さず、一人で楽しむことに意義がある、と俺は答えた。
「他人にむけるべきもの」だと思ってるんなら、とっととどこかの新人賞に出せよ。
少なくとも、下読みさんは読んでくれる。誰も全然全く読まないなんてことは、
絶対にない。
繰り返す。他人に向ける「べき」と自分が思ってるなら、見せろ。そうでないなら見せるな。
その二択だ。単純な話だぞ?

111 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 17:13:05
>>109
うーん、困ったな。人間の重みは相当なものだよ。
それで書けないというのなら、あなたにとって、書く意義がないのかもしれませんね。

112 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 17:17:50
>>82
>投稿サイトですら相手にされないであろう俺

だから何? ヘタな奴は野球をやるなとでも言う気か? どこのジャイアンだよ。
のび太なみにヘタな奴だって、野球を楽しむ権利はあるし、練習することは
ムダじゃない。>>70言うところの、
>草野球だって攻守の能力を上げようと日々努力しているんじゃないの?
ってことだ。ヘタでも努力することはできる、楽しむこともできる。充分に有意義だ。
>>82の文才が、のび太の野球並であっても、それ以下であってもな。

113 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 17:28:18
>>98
学生さんらしい思考だなぁ。
何のリスクもなく、確実に永遠に大もうけできるビジネスなんてない。
どの企業だって、迷って決断しての繰り返しだ。大なり小なりのバクチはしてる。
>これでも、客観的に面白さを判断出来るとでも?
>有名どころ(週間ジャンプ連載漫画)ですら、「バクチだ。行くぜ」なのに?
ゲームソフトだろうと家電製品だろうと食料品だろうと衣料品だろうと、
新商品開発ってのは全部そういうものだ。その商品が客に売れるかどうか、
可能な限り会議して客観的に判断して、最後には「バクチだ、行くぜ」で
製造開始、そして発売にこぎつける。発売前から確実に売れると解りきってる
ことなんてない。全部バクチだ。
どんな業界でも、当たり前のことだぞ。

114 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 17:32:08
>>110


115 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 17:35:07
>>110
そりゃ下読みさんは仕事だから読むよ。
俺だって仕事で書類渡されたら、それが面白くなくても読むぜ。
誰も読まないってのはそういう意味じゃないだろ・・・

>>111
人間の重みねぇ。知り合いならともかく、ネット上の見知らぬ人間に何の重みがあるの?

>>112
究極的にはそれがベストなんじゃないか。
下らん小説を書いたりうpしたりする奴が居たら、小説そのもの権威やレベルが低下する。
だったら、限られた人間が素晴らしいものを書いたほうがいいと思うが

116 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:14:06
>>115
>誰も読まないってのはそういう意味じゃないだろ・・・
そういう意味だよ。それとも、それでは満足できない? 不満?
ならば言おう、お前はただの贅沢者。高望みし過ぎ。一次落ち常連は、
みんなそこで踏み止まって我慢して戦い続けてるんだぞ。
大勢の読者に読まれたいなら、努力して受賞してデビューしろ。その努力が
かったるいと思うなら、贅沢は言うな。分相応ってことを自覚しろ。

>小説そのもの権威やレベルが低下する
しない。大体、「小説の権威やレベル」って何? どこで誰が
決めて発表するものなんだ? お前の脳内妄想だろ、どうせ。
そもそも、お前の作品がどんなにレベル低かったとしても、低いのなら
一次審査で落ちるから決して世に出ることはない。だから権威とやらには
傷はつかない。安心していいぞ。
ネット上での発表なら尚更だ。2ちゃん上ですら、二次創作まで含めれば
膨大な数の発表の場があるわけだが、お前は2ちゃんの書き込み程度で、
小説の権威とやらが低下すると思ってるのか?
随分と安っぽい、弱々しい権威なんだな。だったら低下してもいいだろ、そんなもん。

117 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:16:59
>>115
>限られた人間が素晴らしいものを書いたほうがいいと思うが
素晴らしいものを書くためには、それなりの努力・鍛錬が必要。
お前はそれを最初から放棄してるだけ。
まさか、世で大成した芸術家やスポーツマンが、みんな何の努力も挫折もなく、
オギャーと生まれたその日から一流の作家や選手だったと思ってるんじゃあるまいな?

118 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:20:02
>>115
>究極的にはそれがベストなんじゃないか。
おや。それじゃ、ドヘタクソで誰からも誉められることのない、
試合のメンバーからも外される、練習ばかりの「のび太野球」に
意義はあると認めるわけだな?
なら、練習ばかりのドヘタクソ小説書きとて同じだぞ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:20:07
生みの苦しみってこういうことだよな
と、スルーされた俺が一言

俺が以外誰も読まないから書ける小説もあると思う
文章化することで自分の中で何かが始まり、もしくは何かが終わることもあると思う
書くことによって自分が楽しいと思う、それだけで十分なのかもしれない
それだけで十分じゃなければ読んでもらう努力はするべきだろうし
それだけで十分じゃないけれど、ちょっと迷っているなら、迷いぬくべきだと思う
創作って迷いや悩み、ネガティブな心、そんな中からも生まれると俺は思うぜ、うん

120 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:20:57
俺って日本語でおkだな、うん

121 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:24:19
>>116
下読みの皆さんは「こんな小説は売り物にならない、自分が読者なら読みたくない」と判断してるんだろ?
あんたらはその判断を他人に委ねてるだけだ。俺はそれを自分でやってるだけ

>>117
別に努力や挫折を否定はしてないよ。ただ、生まれつきの才能ってものはあるわけで
俺が何をどう努力しても名だたる文学者のような小説は書けないことはあんたにも分かるだろう。

122 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:25:52
>>115
>小説そのもの権威やレベルが低下する。
そういうのは、全日本小説協会の会長さんだけが心配してればいいだろ。
一次審査すら突破できない、作家の卵どころか爪の垢ですらない人間が
考えても意味ないぞ。権威やレベルの上昇に貢献できないし、
低下にも関わらない(自作が出版されない)んだから。遥か雲の上の話題だ。
皮算用もいいとこ。

123 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:25:57
これだけ皆が必死で励ましてるのに、それでも『うん、頑張る』と言わないって・・・。
スレ主はそうとう執筆に疲れているようだな。
スレ主の心が変わる時は、きっと感動の嵐だろうな。

・・・は!今、すごく邪悪な考えが!
このスレをまとめて書籍化すれば、俺もデビューできるかもしれん!

124 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:28:45
>>122
だから究極的にはって言ってるだろw
『ヘタな奴は野球やるなって言うのか?』って言われたからそれに答えただけ

>>123
そもそも俺は励ましを求めてないしなぁ

125 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:32:45
>>121
>「こんな小説は売り物にならない、自分が読者なら読みたくない」と判断してるんだろ
「この小説は売り物になる、自分が読者なら読みたい」と判断した作品を
上に通すのも下読みの仕事なんだが。であるから、↓

>俺はそれを自分でやってるだけ
ほう。じゃあ、自分の作品を自己採点して、分析して、内容の向上に
努めているわけだな。充分有意義なことをしているではないか。
スレタイに対して文句言えよ。下読みさんの「仕事」をやってると言えるならな。

>俺が何をどう努力しても名だたる文学者のような小説は書けないことはあんたにも分かるだろう
俺は小説でメシが食えればいいなーってだけで、何もノーベル文学賞を
狙ってるわけではないんだが。お前は違うのか?
ならば繰り返す。贅沢者。高望みしすぎ。

126 :無名草子さん :2009/09/14(月) 18:47:34
なんか偉そうにぶつくさ言ってる奴もいるけど、
面白い作品は、一目でわかるが。
こいつが人気が出ると思えば、大体人気が出てる。
だから、見る人が見れば、区別が付く物。
それができない人間が、審査に関わることが問題。


強引に宣伝して売ったのは別だよ。どうせあんなのは、長続きしない。
劇団ひとりも、その他芸人の本も、続くわけがない。
読む価値もない本を誰が読みたがる。


文学賞でひどいのが入ってくるのは、それを持ち上げた誰かがいるから。
そこを変えずに良くなるわけがない。
出版不況を停めたければ、ひどいのを減らせば良い。
まともな作家が入ってこれるように入口をきちんとすること。

127 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:50:24
>>125
ノーベル賞なんて狙ってないし、飯を食おうとも思っちゃいないよ。
ただ、俺の小説じゃ誰一人楽しませる事は出来ないし、俺の小説を読みたい奴もいないからなぁ

128 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:54:45
>>121
>俺はそれを自分でやってるだけ

自信過剰もいい加減にしろよ。お前には文才がないんだろ? 創作センスがないんだろ?
そんなお前に、下読みさんと同等の仕事がこなせると思うのか。作品の良し悪しを見抜くこと
ができるとでも思うのか。
それができるというのなら、お前には充分才能はある。努力すれば伸びる。デビューは
無理でも、サイトなり2ちゃんなり、どこかで発表すれば必ず読者はつく。
その才能を育てる為の努力まで「意義がない」とか言い出すなら、流石にお手上げだ。
どんな金メダリストだって、あるいは県大会優勝者だって、「意義がない」で
努力を放棄してたら、成果なんて上がらないんだがなぁ……

129 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 18:58:29
>>1
うじうじ悩んでいる暇があるならこのスレに自分の作品晒してみろ

130 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:01:57
>>128
まさか文才や創作センスが無い人間は小説の評価をしちゃいけないとでも言うのかい?
面白いか、面白くないかくらいの答えは小学生だって出せるよ。
何はともあれ全ては結果だよね。少なくとも、何一つ結果を出してない俺の努力なんて誰も望んでない。
つまり俺の努力に意義は無いよ。

>>129
書く意義が見当たらんので晒すものがない

131 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:02:46
じゃあ、晒してやる。


ウナギを飼ってました。室内で放し飼い。
朝、寝坊したときは起こしてくれたり。…くれない時の方が多かったけど。

発病からたった3日で、病院で死にました。ウナギって本当に
診られる医者が少なくて…「様子を見ます」と入院した当日でした。

3ヶ月くらいして、やっと少し立ち直って新しいウナギを購入。
その夜、寝ているとふっと枕元をヌルヌルと走るような気配…
あっ!と目を開けましたが、もちろんなにもいるはずもなく。
でも、前の子が今いたんだなあ、と涙が出ました。

132 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:06:27
>>127
>ノーベル賞なんて狙ってないし、飯を食おうとも思っちゃいないよ。
だったら、「名だたる文学者のような小説を書く」なんて高望みは不要だよな?

>俺の小説じゃ誰一人楽しませる事は出来ないし、俺の小説を読みたい奴もいないからなぁ
ソースを求む。無論、お前の脳内妄想は却下。
あと、そもそも「誰かを楽しませたい」「誰かに読みたいと思ってもらいたい」という意思は
あるのか? ないなら何もしなけりゃいい。俺だって、自分の俳句で誰かを楽しませたいとは
思ってないから、俳句の勉強なんてしてない。
だが、そういう意思があるのなら、面白い作品をかけるように努力しろよ。努力もせずに
利益だけ得たいなんて、ニートの妄言でしかないぞ。引きこもってラクだけして、大金が欲しいとか。
報酬は、労働の対価として得られる。欲しいもの(読者の賞賛など)が欲しいなら、見合う努力が必要。
社会の基本、世の理だぞ、これは。

133 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:08:34
>>130
>面白いか、面白くないかくらいの答えは小学生だって出せるよ。
出せない。お前、下読みさんの仕事をナメ過ぎ。侮辱してる。
それとも何か、お前が面白いと思った小説は全部ヒットして、つまらんと思った小説は
全部打ち切られているとでもいうのか?
そりゃ凄い。俺には到底まねのできない、素晴らしいセンスをお持ちだ。
なら疑う余地はない。その恵まれた才能、センスを駆使して自己分析して、作品を描け。

134 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:09:49
>>137
たとえ話を本気にしてもらっても困る。
努力をすれば誰でも名作小説が書けるっていう話への反論だ

だから……『無いものの証明』は不可能に近いんだよ。詳しくは悪魔の証明でググれ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:15:10
>>132の間違いだった

>>133
だから、俺は別にプロ作家になるつもりはねぇんだよ。
大衆に受けるものを選別する能力なんて求めるんじゃねぇよ。

少なくとも俺が大衆に受ける小説を書くことは不可能だという事は分かるよ

136 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:29:48
>>135
自分のためだけに書くのじゃ満足できないの
それで満足できないなら努力で賄え
努力できないなら書かなくていいんじゃね
単純な話

いったい>>1は何を求めているんだか

137 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:30:01
>>131
掌編ですね
なかなか良いと思う
もっと展開できる可能性のある題材だとも思いました

138 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:33:20
>>136
自分の為に書くなどというのは空しいオナニー行為に過ぎん。
努力しようにも俺が小説を書くことを望んでいる人間はいないから努力しようが無い

書かないってのが一番の解決策ではあるな。

139 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:37:19
>>131
マジレスすると何をしたいのか分からん。ペットものかと思ったら怪談物?
典型的なオナニー作品だな。こういうのを書く意義が無い作品と言うんだ

140 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:48:24
>>138はオナニーをしないのかな
しないんだったら俺は反論しないけどさ
オナニーして何が悪いんだって

書かないって決めてるんだったらこのスレを立てるのもオナニー
いまだにレスしているのもオナニー
あんたが息していることもオナニー
生きていることもオナニー
もちろん死ぬこともオナニーだぜ

オナニーを肯定しようぜ

141 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:49:56
>>140
さっきも書いたが、オナニーからは何も生まれん

142 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 19:53:12
>>1は誰も読まない作品に意義はありますか?
と聞いているんでしょ?

なら、意義がありますか意義がありませんのどちらかで答えないといけない。
そして心持次第でどちらにもなりうる。
>>1の心持では意義を持たないかもしれない。
意義がないのなら、書かなければいい。(意義がないものは実行すべきではないという私の意見です)
意義のあるものに変えたいなら、誰かにその方法を聞くなり工夫する必要がある。

それにしても議論の破綻がひどいですね。これが2ch脳か……。

143 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:00:05
>>142
方法を聞いたら「それは他人に聞くものじゃない」とか言い出すんだぜw笑えるなw

144 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:07:51
>>1
書く代わりに時間を失っていると感じるならやめるべき。
俺は爺さんの介護の傍ら、執筆活動に費やした為に若者らしい事を全くして来なかった。友人は無駄にはならないと言ってくれるが、はっきり言って、報われなければ後悔だけが残る。人生やりなおしたいくらいだ。
小説は、時間もかかる割に大して売れないし、読み返すといくらでも書き直したくなる。正直おすすめ出来ない。愚才を認めてるなら尚更。

プロになりたいのなら、見切りを付けるのも大事。ただ読んでもらいたいだけなら、クソスレ終了。

145 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:09:23
>>144
なんというか、君のレスからは自分の苦痛を他人に押し付けたいという無様な感情しか見えてこないな

146 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:13:02
趣味で書いてもプロ目指してもどっちでもいいんだよ。
新人賞に送ろうと出版しようとネットに投稿しようと。
歴史上、一人で書いていて文学史に残った奴、
神と一対一で書いていてそれが文学史に残った奴、
文学とか売れるとか評価とか別次元で書く奴、いくらでもいる。
それぞれが好きにやりゃいいんだよ、小説なんて。

147 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:23:09
>>145
正解。俺は自分を不様だと思っている。
まあ、他に趣味も無いから書き続けてるけどね。

願わくば>>1を覇気を取り戻させてやってくれ。


148 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:24:18
覇気がないやつは覇気が無いまま書けばいい。
自己啓発セミナーとか精神科医の仕事だろ、それは。

149 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:24:26
>>147
残念、俺は>>1

150 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:31:51
>>1が執筆を意義のあるものにするにはやはり利益が必要ではないでしょうか。
>>1にとって、執筆をし続けるために必要な利益は何だと思いますか?
お金、知名度、優越感などが一般には挙げられますが、そのどれかに繋がる
論理を通すことが出来れば意義のあるものになるのではないでしょうか。
そして、その論理を通すためには頑張れとかそういう抽象的なアドバイスではダメでしょう。
何をこうすればこれに繋がるという論理がいるでしょう。
そしてそんな方法が果たしてこの世にあるのか。
いずれにしても難しい問題です。ていうか問題にすらならん気がする。何なんだ、この>>1は……。

151 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:37:02
>>150
確かに、分かりやすい利益があれば意義はあるといえる。

だが、俺が小説を書いても、金、知名度、優越感を手に入れることは不可能だ。
やはり書く意義は無いな

152 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:38:01
>>149
ほら、不様だったろ?
って言うか、お前も自分の苦痛を押しつけているようにしか見えん。そうじゃなければ回答を募るな。意味ないと判断したならそれで良し。
出来れば頑張って公開しろ。応援してるわ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:42:07
>>152
俺が公開する事を望む人間が居ないので書き始めることも出来ん

154 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:45:57
>>153
なら、書き込めば? 作品を。

155 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 20:46:33
>>154
そういうわけにはいかん。ここは俺のチラシの裏じゃないからな

156 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:02:57
十分チラシの裏になっていますが

157 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:03:32
チラシに謝れ!

158 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:06:55
「馬鹿野郎!」と俺は>>1に怒鳴った。
なんで最初から諦めるんだ! お前には無限の可能性が眠ってるじゃないか!
「だって俺は駄目な奴なんだ。生まれてこの方何もできなかった。
中卒で30過ぎても童貞で本を見ると眠くなるんだ。生きてる価値ないんだよ」
確かにこれは生きてる価値ないなと俺は思ったが、良い奴であると自認しているのであえてフォローした。
「俺だって童貞さ! しかも包茎だよ! でも生きてて楽しいような気もするぜ!
だからユーもかいちゃえばいいんじゃないかYO!」
少し酔いがまわってきてるようだ。いつもの口調が戻ってきてしまった。
このままだと俺は>>1を殺してしまうかも知れない。なぜってそれは俺が本当の>>1なのかもしれないからだ。
水平線が見える。あれがヘブンへの入り口だぜ!
俺はパンツ一丁で海に飛び込んでから泳げないことに思い当たった。
そして唐突にうなぎの性器はどこら辺に隠されているのかが非常に気になった。
今度>>1に会ったら聞かなくてはならない。
そのときは練炭をなんとかして購入しておこう。きっと役に立つに違いない。

159 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:09:39
>>156
どのみち、俺に小説を書くことを望んでいる人間が居ないから書きようがない

160 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:15:59
>>138で答え、出たんじゃない?
>>138>>1の発言なんだとしたら、だけど。
自分で「書かないこと解決」と言ってしまった以上、終わりじゃないかな。

て言うか、改めて確認したいんだけど、>>1は書きたいの?書きたくないの?

161 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:16:54
>>160
書きたいけど書く意義が無い

162 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:22:16
いちいち意義が無いってので返す辺りにイラっとしてしまうが、まあいいや。

ここの住人の多くが、「書きたい気持ち」が「意義」になると言ってるんだが、
>>1はそれに同意できないんだよな?
参考までに、>>1の理想の「意義」ってのは、どんなの?何かある?

163 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:33:47
>>162
だから、俺が書いても誰も喜ばんから書かないって話だ

164 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:43:05
>>163
あんたが書いたら、誰も喜ばないのは分かった
じゃああんたは喜ばないの?

165 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:44:51
>>164
喜びよりも自分は何をしているんだという空しさのほうが勝る

166 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 21:55:39
誘導尋問みたいになったのは許してくれぃ。すまんかった。

なるほど、「喜び」ねぇ。確かに、それは難しいわな。
しかも、他人が喜んでくれないと満足を感じられないから、オナニーも否定なわけだ。
で、「誰も喜ばないなんて試しても無いのに決め付けるのはどうよ」って意見に対しては、
自分が喜べもしないのに他人がよろこべるわけねー。
例え僅かに喜びを感じられたとしても、自分より遥かに喜べる小説がある以上、書く意義を見出せない。
でも、書きたい。

>>1の思考がループしてしまっている以上、理想の解決って出ないよな。
だから、どこかでループを断ち切らなきゃ駄目でしょ。
書きたい気持ちを断ち切るか、喜びを与えることを断ち切るかの二択じゃないか?
あとは>>1の中で天秤にかけて、自分で考えて下さいってところで。
こうやって二択で解決しようとするのに嫌悪を感じるかもしれんが、
少なくとも今の俺にはこれ以上の解決策が出せないなぁ。

ここが創作文芸板である以上、まずは後者を断ち切っていくことをお勧めするがね。
それで、書いていく内に、徐々に喜んでもらえるようにしていく、と。
それが努力ってもんでしょ。

167 :町田市中町 ◆HvJnNyc1JE :2009/09/14(月) 22:43:55
ナンだって自己満足の世界だろう。だったら自分の思うように書いてみる
どうせ誰も見ないのならば好きなようにやればいいんだよ。どうせ誰も
それを読まないんだろう。だったら好きなようにいけよ。

168 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 22:54:48
>>167
誰も読まないんじゃ書く価値もないだろ

169 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 22:56:46
経験になるだろ。
書いた経験があるのとないのとでは大違いだ。

とりあえず原稿用紙千枚、書け。
話はそれからだ。

170 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 22:58:58
書いた経験があっても実際の人生経験がなさ過ぎてアウツ
そもそも、千枚書いたところで読む人間がいない

171 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 22:59:17
意義に意義はあるのか

172 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:02:36
はぁ?
人生経験?
おまえにどんな人生経験があるというんだ?
あほが、人生経験という言葉で思考停止しやがって。

人生経験があっても書けねえやつは書けねえよ。

173 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:04:35
そもそも人に読まれるものを書くためには
読まれないものを何枚も書かないといけないのは頭では分かっているはずだろうけれど

174 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:04:58
>>172
あっても書けない。無かったら尚書けない

175 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:09:13
>>173
俺が読まれないものを何億枚書いたところで、俺に小説を書いて欲しい人間は現れない

176 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:09:46
なかったら書けないって、おまえいつの時代の人間だよ。

携帯小説やラノベなんか人生経験なしで書けるぞ。
あれはマンガといっしょで想像力で書ける。

純文だって二十歳そこそこのお嬢ちゃんがこぞって芥川賞だ。
金原は不登校の引きこもりじゃなかったっけ?

なにが人生経験になるかわかりゃしない。
今時、人生経験がないやつなんていないんだよ。

177 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:15:11
>>176
俺の人生経験は二十そこそこのお嬢さんや引きこもりに負ける

178 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:26:52
>>177
試験管ベビーかよあんたは
そういえば今何歳で何してるの?

179 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:30:26
>>187
そんな事はどうでもいい。無職童貞とだけ言っておく

180 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:31:03
187に期待

181 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/14(月) 23:33:08
>>178のアンカーミス

とりあえず、俺に小説を書くことを望む人間がいない事だけは確かだ

182 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 00:21:17
しかし、これほどの反論を受けるとは思わなかったな。
ホントに誰も読まないようなゴミ小説を書いて意味があると思ってるのかね・・・

どうせ、いざ俺が何か書いたら一気にレスが絶えるか、
「悪い。やっぱり書いても意味無かったね」という感想でスレが埋まるだろう

183 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 00:35:34
そりゃそうだろ。
だって、創作文芸板の住人として、小説家志望として、
書くことから逃げるってのは存在意義を失うことに他ならないんだから。
何かと理由つけて逃げてさ、それでも書き続けるってんならまだしも、
お前は停滞しちゃってるわけだろ?
肯定する点なんて、どこにもない。
しかも、誰の意見にも耳を傾けようとしない頑なな姿勢が、
余計反論を呼ぶんだって事、理解しろよな。

184 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 00:41:06
>>183の続き

さらに言えば、みんなが反論するのは、
ほとんどの小説家志望なら一度は同じ悩みにぶつかるわけで。
それでも皆、その悩みを断ち切って書き続けようとしてるんだから、
そこで停滞しちゃってるお前には、当然苛立ちを感じるし、
出来ることなら救ってやりたいとも思うんだろうが。
全員が全員そうでないとは言え、レスからそういう気持ち、汲み取れないか?
人の優しさに対して、それを突っぱねたんだから、残るのは批判だけになっても当然だろ。

185 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 00:56:46
だだっ子に付き合ってやるなんて優しいねえ

186 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 00:58:06
↓187

187 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 02:03:32
俺の愛人は俺の作品が好きだって言ってくれる
読むとうっとりするって。自分としては表現力も構成力もまだまだだと思うのに。
でもその人は好きだという。なんか賞なんか何一つとれなくても
これでいい気がしてきた。

188 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 05:34:06
居るよねえ
風俗嬢のヒモで、書いてるふりだけしてるやつ。
反吐が出るわ。

189 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 05:42:10
うっせえなあ!お前に迷惑掛けたか?

190 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 05:44:43
いつもお世話になっております。

191 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 05:55:49
いえいえこちらこそ、うちのヘド袋が何時もお世話になってます。

192 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 09:11:11
>>1は一貫して「書く意義がない、書くべきじゃない」と言っている。
が、そのわりには「その通り」「書くな」というレスには無反応。
つまり……

とか、長文書いてみたけど消したわ。
わざわざ答えを教えてやる義理はないしな。

193 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 10:43:47
どうせコネでしか受賞できないんだからぐだぐだいっても仕方ない

194 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 11:09:04
チラシの裏も考えようって気がするな。
チラシの裏にちょこっと書いたものを、フリーペーパーに挟んで置いておいて、
それが都市伝説とかになっていったら面白いじゃん。

195 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 12:54:50
時間の無駄

196 :堀江伸一 〒675-0033 79-16:2009/09/15(火) 13:15:32
誰も読まないの代表といえば俺の小説とかか。

1年8か月前からちょこちょこ作っていてこんな感じのキャラ設定だが、
いまどきSDロボモノなんて誰も読まないという。
ttp://www14.atwiki.jp/c21coterie/pages/262.html

しかも公式キャラを全く出さない同人という愚か設定w

197 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/15(火) 22:31:44
>>183
分からんな。俺が小説を書き続けても誰も利益を得ないのは明白だ。
その上で敢えて書き続ける意味があるのか?

>>192
答えを言ってくれよ

198 :183:2009/09/15(火) 23:20:04
あー、もう駄目。もう俺無理。
恥捨てて、青臭いこと言って、返ってきたのがこの反応。
同志達、後は任せた。

199 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/16(水) 01:33:10
誰も読まないものを書いてるときが一番楽しいけど

200 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/16(水) 03:49:38
わぁあっはっはっ!
このスレはゲロ袋の妖精滝ノ水ジャー子が乗っ取った!
のっとったどー!

201 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/16(水) 04:05:15
^-^)/ ノットッタドー!

202 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/16(水) 04:46:11
↑こいつは私の後輩、ゲロふき雑巾の妖精、指先シボリーヌだ。

203 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 18:24:59
別に誰かに読ましたくて書いてる訳じゃないけど、
評価がほしくなるのはなんでかな

204 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 19:11:24
「それで私は子供たちの殺害を決意してこないだそれを実行したの。そしてその晩のうちに王宮を脱走したの。」
二人は我が子の殺害に恐怖を感じたが友子は
「脱走なんて驚くほど簡単だったわ。こんなだったらもっと早く脱走すべきだったわ。でも15年間も王宮の中にいたからすっかり世間知らずになってのりこしに気づかなくて地下鉄の改札で止められたり動く歩道で転倒したわ。
そしてコンビニの焼肉弁当や銭湯での入浴に妙な至福を感じるの。」
「お金はどうしたの?」
「もちろんお金をもって脱走したの。でも今の時代物価が本当に高くてお金が残り少なくなったわ。そこで私は生活のために夜の町に身を落としたの。
ところが生活の為に割りきって体を売ったんだけどお客様はたまたまなのか皆立派なものを持っていて凄く上手いの。私、セックスなんて大嫌いで一度もイッたことがないのに物凄く感じてしまって思わずイッてしまったの。でもやはり無理していたから流産してしまった。」
「り、流産!?」
「そう。私が自分で殺した息子の子。近親強姦で出来た子供で可哀想なのに初めて子供を産みたいと思った子供よ。でもその流産した子供、デパートの下水に流したの。
息子が母親をレイプした結果できた子供で母親が父親を殺し母親が昼夜逆転生活や売春などの無理をしたせいで死んでしまい、しかもデパートの下水と化するのよ。信じられる!?これは私がすべてしたことなのよ。」
友子は笑っていたが、顔は引きつり悲壮感を通り越してもう完全に開き直っていた。その顔は30歳の順尊や藍子より老けて見えてとても20代には見えなかった。「でも何で俺達の家がわかったんだ。」
「今日、駅でお義姉様を見かけたの。私はお義姉様のあとをバレないようにつけて、そしたらここにたどり着いたわけ。んで、行きなり現れるとまずいし、15年ぶりの再会に緊張していたの。それで時間をおいて現れたの。」

205 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 19:48:37
筒井くさい会話文だなあ。

206 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 21:51:24
そもそも何がやりたいのかが理解できん。何故このスレに張ろうと思ったのかすら・・・

こういう自己顕示欲見え見えのはどうかと思うわ・・・

207 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 22:03:54
夜の町に身を落とす

表現もへただが、いまどき身をおとしてると自覚してる女は少ない。





は な し に な ら な い

208 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 22:06:12
身を落とす」の意味を知ってるのか?おまえ

209 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 22:08:30
悲壮感と悲愴感ではじぇんじぇんちがうしな

210 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 23:42:02
シャチョーサン!

211 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/18(金) 23:55:37
そんなもん言いかたで笑らかしとるだけやん

212 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 00:12:04
胡蝶蘭……
いやさ、お蝶婦人っ!

213 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 00:26:05
またややこしい奴が。

214 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 00:37:46
負けることをこわがるのはおよしなさい!
たとえ負けてもあたくしはあなたに責任をおしつけたりしない。
それより力を出しきらないプレイをすることこそを恐れなさい!
ーーーーーー お蝶夫人 談ーーーーーーー

215 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 00:41:46
ダブルスでペアを組んだときのセリフだね。

216 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 00:48:44
ばばあ。

217 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 01:44:33
>>1
たぶん>>!の小説は俺の下手なギターとアマチュアという意味では一緒なんだろ、
俺のギター同様誰も聴いてくれない読んでくれない、
なら適当にやってりゃいい。

218 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 01:47:41
だいたい素人の作文を読んで貰おうなんておこがましいわ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 02:16:44
486 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 01:07:13
>>484
ギガワロウw


220 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/19(土) 18:21:05
何でもいいから>>1 、作品うpしてよ。
みんなでボロクソに批評するからさ。
読んでもらえるんだからいいじゃん。

221 :無名草子さん :2009/09/19(土) 18:25:52
誰も読まないような本を出す意義があるのか?
それを出すのを止めて、別の作家の本を出した方がいいんじゃ?


222 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 18:04:29
俺は読まんけど、ここまで>>1が言うなら、どれだけ読む価値が無いか見てみたい人もいるんじゃない?
そういう人達にとっては「読みたがらない本」じゃないわけだから、少なからず意義はあるはず










俺は読みたくないけど

223 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 19:45:14
>>220 >>222
俺は他人に読ませ、楽しんでもらうために書きたかったんだ。それが無理だから書く気にならん。
技量くらべや論評合戦するつもりはない

224 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:11:12
じゃあ努力して楽しませるものを書けよ

225 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:18:23
努力しても人生経験は埋められん

226 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:20:59
じゃあ人生経験してこいよ

227 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:23:14
今から経験できる事とできない事がある。俺に必要なのはできない事だ

228 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:25:10
できないことについて書けばいいだろ
経験したことしか書けないなら小説なんて窮屈過ぎる

229 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:30:29
しかし妄想で書けばリアリティの無いものを書くことになる。
リアリティの必要でない部分と必要な部分の見分けはついているつもりだ

230 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:31:55
リアリティなんて問題じゃない
どれだけ書きたいかであり書かずにはいられないかだ

231 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 20:39:43
だが、書いても誰にも読まれないし、書くにしても描写で詰まってアウツ

232 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 21:00:58
お前がgdgd言ってる間に俺は五枚くらい書いたぞ
描写なんて適当にしておけ

233 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/20(日) 22:01:20
>>232
適当に出来る場所と(ry

234 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/21(月) 08:36:58
>>62
全責任は内閣総理大臣が取る格自衛官よ危険を省みず国家国民為
命を捨てよ交戦規定なし敵を殲滅せよ!なお第七師団突入各部隊は、
被爆覚悟で武器弾薬を確保せよ首都圏部隊は民間人を最優先で守り
皇宮警察守れ!!

つづき頼む。

235 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/21(月) 09:17:47
>>234

もとい、合わせて皇宮警察も守れ。


236 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/23(水) 17:28:06
趣味で、スケッチブックに風景を描いてる人がいる。
展覧会に出すわけでもない、誰かに見せるわけでもない。ただ、美しいと思った
風景を鉛筆でサラサラと描いてみるだけ。それで充分、楽しいんだそうだ。

>>1にはこういう気持ちがないのかね? 何が何でもプロになりたいのか?
他人に見せびらかしたいのか? 賞賛の言葉が欲しいのか?

一つ聞く。「女に中出しをしない、ちゃんと子供を作らない射精に意味はあるのか?」
時間も体力もムダになる。風俗に行ったりエロDVDやエロゲーを買うと
金がかかる。子供を得るという成果が無い。ムダだ。なのになぜ、男どもは
そんなムダなことをするんだ?
答えは簡単、射精したいからだ。「射精したい」という気持ちを満足させるという意義がある。
小説も同じ。射精でいうところの「子供を作る」という成果、すなわち「読者を得る」という
成果がなくとも、単純に「カキたい」から、小説をカク。
どこか間違ってるか? 身に覚えがないとは言わせないぞ?

237 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/23(水) 17:35:15
>>223
>俺は他人に読ませ、楽しんでもらうために書きたかったんだ。
で、今の自分ではそれが不可能だと思ってるわけだろ。だったら練習しろよ。
大会に出られない自分が、野球をする意味があるのか? なんて、
努力をしない運動音痴の負け惜しみでしかないぞ。
今、出られないというなら、出られるようになるまで毎日汗を流して練習しろ。
それをやらずに「大会に出られない野球なんて無意味だ」って……ただの
怠け者だろ、それは。

>>229
>しかし妄想で書けばリアリティの無いものを書くことになる。
手からビームを出したり空を飛んだり、あるいは殺人犯や強姦犯が
跳梁跋扈する小説なんていくらでもあるんだが。
作者は実体験してるとでも思っているのか?
実体験できない部分は、想像で書くのが当たり前。実体験できるんなら、
ウダウダ言わずにやればいい。 
どちらにしても、描けない言い訳にはならないぞ。できるならさっさとやれ。
できないならやらずに想像で描くのが当然。

238 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 19:15:52
>>1
善意の意見に返事ぐらいするべし。

(聞き流してくれ、すまん。)

239 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 19:19:25
書かれた時点ですでに作者という読者がいる
読者の誕生によって作者が死んだこのご時世に作者を例外にする必要性は皆無だろう
誰にも読まれない小説を書くなら小説が書かれたことから隠蔽しないとな

240 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 20:36:38
>>237
練習するためには書かなきゃならん。
だが、他人に読ませられるものが書けないから練習すら無理だな。

そういった誰もが体験していないような点については妄想で書けるだろうよ。
だが、俺には誰でも経験している事が描写できない。そしてそれを今から経験する事も不可能だ

241 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 20:47:09
>>240
>書けないから
>無理だ
要するに、「俺は足が遅いから大会には出れません。だから練習しません」
ってことか。
諦めてるならそれはそれでお前さんの人生だ。好きにすればいい。

但し、練習して頑張って、成果を出して大会に出てる野球少年は確実に居る。
そんな彼らに向かって、「野球の練習という行為に意義があるのか?」とは言えんだろ。
意義がないのはお前さん、及びその類友に限定した範囲での話。
ちゃんと努力して大会を目指す人にとっては、たった一人でやる筋トレも素振りも
充分に意義がある。
それは解るな?

>そしてそれを今から経験する事も不可能だ
だから、体験して無いなら想像で描くのが当然だといってるだろ。
例えば俺が刑事ものの小説を描いたとして、読者に現職の刑事がいたらどうする?
「読者が経験してることを作者は体験してない」になるだろうが。
読者が経験してることは作者も経験してなきゃならない? そんなアホな話はないぞ。
読者の中には、それこそ大人も子供も犯罪者も刑事も、何だっているんだから。
実際に殺人をしてなくても殺人犯は描ける。
実際に女子高に言ってなくても女子高百合ものは描ける。
違うか?

242 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 20:50:26
>>240
>だが、他人に読ませられるものが書けないから練習すら無理だな。

言ってることが支離滅裂だ。他人に読ませるものを描くための練習なんだから、
練習開始時点では「他人に読ませられるものが描けない」のは当たり前だろ。
話の前提条件を崩壊させてるぞ。
第一、何で練習がムリ? 他人に読んでもらえない文章を書くのがムリって何?
じゃあお前は今まで、日記を描いた時には全部誰かに見せてたのか?

243 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 21:49:52
>>239
哲学的で素晴らしい。1の人生は1回切りで輪廻転生があって新しく
生まれ替わった1は1ではない。1が隠匿しなければ生れ変わりの1が
読む可能性あり読者二人になるかも。

244 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/26(土) 23:04:13
>>241
ただの警察官ならたくさんいるが、刑事はそんなにいないだろ・・・
そんなな極端な事例を持ち出されても困るんだよ

245 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/27(日) 00:31:38
俺は小説をいくつか書いたけど、書き始めの動機が恨みや憎しみじゃないとうまく書けない。
あいつが許せないから小説の中でへこまそうとか、殺そうとか……
そういうときは異常に楽しくて筆が進むが、
普通に青春路線とかで書こうとすると全然乗らない。病気かもしれない。

みんなは何書いてる時が楽しい?

246 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/27(日) 01:10:25
今ミステリ書いているけれど、それまでSFしか書いていないからストレスがたまっている
SFのメカメカしたところとかバトっているところとか、あと説明しているところを書いていると
爽快だし、それを軸にして話が進むと下が濡れるレベル

ただ、ミステリでの「あえて説明しない」というところもまた濡れてきそうな最近だ

247 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/27(日) 01:44:38
>>245
五木寛之は朝鮮人嫌いだと思う遠回しに批判している。
過去、今 未来 過去 未来 今 過去 過去そして今また、、、、、、、
病気じゃない、世間に善と悪だけじゃない事を啓蒙小説、告白小説、
告発小説etsetora
個人攻撃あり巨悪ならば。創作であり小説なのだから。
「小説の裁判沙汰、けんか、殺傷沙汰、当事者にならぬように」

248 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/27(日) 23:21:19
誰も読まないものを書く意味はあるのか?
俺の直面している問題でもある。
書いても書いてもまるで、意味を持っている気がしない。
二人、三人が読んだところで、果たして意味があるのだろうか。
謎だ。誰か、教えてくれ。俺は作品を書き続けたい。しかし、書き続ける
意味がないのなら、書き続けることが出来そうにない。
人生を賭けるに値するものかどうか。

249 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/28(月) 10:13:20
意味がないことができない性格なら、
やめておけ。
意味なく終わる場合の確率のほうが高いのだから。

250 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/28(月) 22:43:49
意義が必要なのか

251 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/28(月) 22:49:08
必要だな。
実際にあるかないかではなく、意義があると感じることが大事だ。
虚無に支配されずにすむ。
虚無に支配されると何もする気がなくなる。

252 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/28(月) 23:45:43
中二病くさい文章だなw

253 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:13:00
子供の頃は絵がただ好きで描いてたじゃないか(俺は描かんかったが)
大人になったって同じ。好きで描いてるだけでいいじゃないか。
それはそれで意義のあることだってんなら、そんな理屈飛ばして
意義なんかあっても無くてもいいってことでいいんじゃないか?

254 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:17:41
趣味ならそれでもいい。

255 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:33:58
誰も読まないものを書くって、そういうことじゃん

256 :杜真:2009/09/29(火) 00:38:41
俺はたとえ無名だとしても、
遊びのつもりで小説を書いているわけじゃない。
本にならなくったって、俺は小説家だ。
太陽は、誰かに見られているから燃えているのではなくて、
太陽だから、燃えるんだ。無意味に、日々爆発している。
俺の小説を見られる奴がいるなら見ればいい。
俺は、小説家だから小説を書くんだ。

人生を賭ける価値のある仕事などない。
だって、誰でも最後は死んじまうんだから、全部無に還る。
それでも、無意味に賭ける勇気のある奴だけ、賭ければいい。
たとえ、人生が無意味に終わっても、人生は甘美だ。

257 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:43:00
>>255
いや。それだけじゃないよ。
秘密練習みたいなもんだ。
イチローがバッティングセンターで練習していたようなもん。
文章も、何でもいいから書けばうまくなる。

258 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:45:44
>>256
おまえはまだ小説家ではない。
小説家だったら2ちゃんねるなんぞに書き込むことはなくなる。
これがどういう意味なのかは小説家になったらわかる。

259 :杜真:2009/09/29(火) 00:48:59
>>258
確かに、そうだな。
言葉は大事にしないとな。

260 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 00:56:28
いや、そういう意味じゃない。
興味がなくなるんだ。
興味があるうちは2ちゃんねるで存分に文章を書いていろ。
それも芸の肥やしだ。

261 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 02:06:48
代数幾何なんて勉強して何になるの?
って、いちいち教師につっかかる高校生の言葉のよう

262 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 02:13:55
高校卒業して30年、数1ですら何かの役に立ったことはないな

263 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 02:58:47
>>262
何してんのおじちゃま

264 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 04:14:18
漫画家w

とりあえず算数は生活に必要だった。

265 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 05:53:40
漫画家から小説家になろうとしてるんですか?

266 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 10:22:15
>>253
感慨深い「たとえ、人生が無意味に終わっても、人生は甘美だ。 」

感動した。


267 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 10:36:52
うそつけ。おまえ書いた本人だろ?
そりゃ甘美だをつければ何だっていいんだよ。
不幸のずんどこに落ちて甘美だと叫ぶやつがあったろ。
ずん、ずんずん、ずんどこ、きよしっ
ありゃ、きよしだったわw

268 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 10:44:43
みんなこのスレから逃げろ!
ものすごい寒気だ!

269 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 10:52:33
>>265
まあ、あわよくば、ね。

270 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 15:52:51
>>267
おい!やっこ!出て行け!!!!!!



271 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 15:56:20
>>256
こてだぞ勇者だぞ

272 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 16:13:11
あいつはぷぅぎゃああああああのスレに書き込んだあと、
コテを消し忘れてレスったただのおっちょこちょいさ。

273 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 17:03:50
>>244
>ただの警察官ならたくさんいるが、刑事はそんなにいないだろ・・・
だから何? 推理小説作家が、読者に警察官がいる、刑事がいる、なんて
いちいち意識して描いてるとでもいうのか?
いようがいまいが、そんなもん関係なしに、自分の脳内妄想や集めた資料=
「自分が経験していないこと」を題材に殺人事件・殺人犯を描くのが当たり前だろ。
警察官と刑事の人数なんか出して何が言いたいんだ? 反論にも指摘にも
何にもなってないぞ。 
第一、犯罪捜査の現場には警官も刑事も両方いるぞ。それを区別する
理由がそもそもわからん。

274 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 17:10:45
>>244
あと、お前の言ってる通り、「読者に刑事は少ないから刑事のことでリアリティの
ない話を描いても大丈夫」ってんなら、経験がないから描けないとか言ってた
お前の望みは解決するだろ。自分で自分の主張を潰してしまってるぞ。
解るか? 読者に経験があるかないかなんて、作者が考えることじゃないっての。
作者自身の、できるだけの経験と、集められるだけの資料を全部駆使して描けば
それでいいんだよ。読者にどんな知識・経験があるかなんて、そんなもん考えても
作品の品質向上には役立たん。

275 :無名草子さん :2009/09/29(火) 18:38:52
作者に経験を求めるなら、犯罪者や警官しかミステリー作家になれない。
つまらない作品が増えるだろう。

リアリティを求めようとすれば、逆にリアリティが失われる恐れもある。
最近のディテールを書いてる作品は、読む気が失せる。
知識があると、どうでも良いことばかり書きたがる。 蛇足。

ディテールより、面白い作品の方が求められている。
品質向上をしたつもりで、つまらない駄作を書かれたら、たまらん。
どっちにせよ、読者が多い方が成功した作家である。

276 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 21:31:10
ご飯を食べればうんこが出る
立派なうんこが出たら人に見せたくなる
作家ってのはそういう人種だ
うんこするのに考え込んじゃダメ


277 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/29(火) 21:40:54
ご飯は何の比喩だ?
立派なうんこを人に見せたくなるだと?
貴様、恥を知れ。
作家を馬鹿にしやがって、何が目的だ?
りさのうんこなら見てみたいが、ひさしのは死んでも見たくねーよ!

278 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/30(水) 10:06:24
まだやってんのwww
俺が書く意義なんかないよ
いいかげんしつこいんだよ

279 :名無し物書き@推敲中?:2009/09/30(水) 10:55:14
おまえの顔よりもか?

280 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/03(土) 00:47:03
書くのはたぶん自分のためだと思う。

何もかもがわからないから書くんじゃないのか?

整理して新しいことを見出すために書く。
生計の心配事が増えると、とたんに悩みも増えるんだろうけど。
「どうやったらお客様はお金下さるんだろう」なんて言い出したら無間地獄。

281 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/03(土) 02:54:13
読んでもらう必要なんか無いから
前提が既に変

282 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/05(月) 09:32:18
>>275
同意。「実体験を元にしたリアルな」幼馴染を描いたら、朝起こしに
きてくれないし、パンチラもしてくれない。そもそも同性が
圧倒的に多いだろ。
無論、宇宙人は攻めて来ないし追い詰められた犯人がベラベラと
動機やトリックを解説したりもしない。
そんなつまらん作品、誰も求めてないもんな。
読者が求めているのは「面白い作品」であって、「作者の○○体験記」
ではない。

>>278
>俺が書く意義なんかないよ
スレタイをよく読め。誰も、お前一人の駄文の話なんぞしていない。
一般的な意味での、「誰も読まないもの」の話をしている。

283 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/05(月) 13:24:22
>>282
反意。
経験とはなにも自分の身に起きたことをそのまま書くという意味ではない。
ケンカをした経験があれば、
人と衝突したときの、悔しさや悲しさを実感する。
トラウマになるような経験があれば、
それを元に人間の深い傷というものが書ける、可能性もある。
体験をそのものを書くのではなく、人間を書くという意味で経験は必要なんだ。

経験がなく、何もかも空想なら、浅いものしか書けない。
マンガやラノベならそれでも通用するが、一般小説の大人の読者には無理。
大人は小説にストーリーだけを求めていない。
ストーリーだけを求める者はマンガやラノベを読んでいれば十分なんだ。

ストーリーは空想でいくらでも書ける。これは経験とはあまり関係ない。
いくらでも好きに空想なり妄想すればよい。
しかし人間の深層心理は実際に経験してみないとわからない部分が多い。
現実の人間を知っていることが大事なんだ。
ラノベなら、現実の人間ではなく、キャラが動き回るからよい。

284 :無名草子さん :2009/10/05(月) 18:23:38
経験をしなくても、経験したように書く。
それが作家なんだろう。

現実の人間を知らない方が、深い深層心理に達することもある。
近頃は人間関係が希薄で、経験が成長を生まないこともある。
大人の読者なんて目眩ましに騙されるような愚かな読者も少ない。

それに、深層心理ばかり書かれても、読者が着いてくるか?
鬱陶しいとか、つまらんと思って投げ出すこともある。
そういった戦略は逆効果になることもある。

カイジレベルで十分だったりする。


285 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/05(月) 19:57:14
つまり何が言いたいのかよくわからないんだぜ

286 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/05(月) 21:16:58
深層心理をさぐると、
自分は経験が少ないからそんなこと言われても困る、ということじゃね?
インドア派だし、人と付き合うのウゼーしメンドーだし、
だからこれからも経験なんか増えそうもねーし。
だけど作家になりてーし、いや、まてよ、それでもなれるだろ? みたいな?

287 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/05(月) 23:40:23
要は小説もサービス業だってことじゃね。
誰かに読んでもらって、喜んでもらう。それでお金ももらえたらハッピー
それが出来ないと、ただのオナニーになってしまう。
でも、オナニーがすっごい気持ちいいんだよね。

288 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 00:38:30
いや、小説はサービス業じゃないんだよ。
サービス業的な小説を書くヤツもいるだけの話。
小説の全部が全部サービス業に徹したら、
それも逆に面白くないんだよ。いろんな作家がいて好き勝手にやればいい。
誰も読んでくれない可能性も高いが、
一部の人間が読みたくなるようなディープで面白いものができるかもしれん。

要は、先入観をもつなってことだね。

289 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 02:12:33
煩い、とっとと書け

290 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 08:57:17
どんな低俗下劣な内容だろうが需要があれば書きたいし、それで金もらえるなら最高なわけだ

しかし、俺(>>1)が何書いたって需要など生まれようがないし、書く意味がない。

これに反論出来るやついんの?

291 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 09:55:53
>>290
反論も同意も別にしなくていいだろw

お前が何書いたって需要など生まれようがないし、書く意味がない
って言われたわけじゃないんだぞ?

292 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 10:55:23
>>290
おれ、ばっちし反論できるよ。
書く意味はある。あんたが精神病だと断言はしないが、
軽度に疾患のある患者に文章を書かせたりすることで、
それが治療になる場合がある。要するに箱庭療法みたいなもん。
小説を書くことで本人の精神が安定するんだよ。
ね。意味あるじゃん。
それにあんたが文豪だとは断言しないが、
かつて文豪のなかにもそういう奴はいたと思うよ。
書くことで辛うじて精神が安定してたのがね。
ただ文豪の場合はプラスアルファーとして需要があっただけ。

293 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 14:52:58
>>1が文章を書いても意味なんてないし、
そもそも>>1自体、生きていても意味がないんじゃない。
誰だってそうだよ。

294 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 16:51:07
>>1が死んだら文学界にとってあまりにも大きな損害じゃないか!

295 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/06(火) 22:56:28
>>290
居て欲しそうだから反論しない。おめえに書かせる小説は無え!

296 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/07(水) 12:39:38
>>1
コクヨの原稿用紙を一袋使い切ったところで俺はそれに気付いた。
今はただジュンク堂で浪費を重ねるだけの日々を過ごしている。

297 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/07(水) 13:11:40
YOU書評ブログ始めちゃいなよ

298 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/07(水) 16:06:15
次は書評で同じスレが始まるぜ。

299 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/07(水) 16:59:59
書評は案外見られてるぞw

300 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 00:31:44
いや、多分>>1の事だから、「どうせ俺の書評なんて〜」と言い出すに決まってる。

301 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 01:44:48
書きたくないなら書かなきゃいいだけのこと

302 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 08:37:50
自信がないなら書くなと言いたい。

303 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 11:59:14
いや、逆だ。
自信をもつために書き続けろ。
何だってそうだ。最初は自信がない。盲信があってもだ。
しかし盲信に気づき自信をなくす。
自信なんてなにもない。そう感じたとき、その時が始まりだ。

304 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 12:04:41
うん。わかった。おいらがんばるよ!

305 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 13:02:08
いいか、自信とは勃起のことだ。書かないであれこれ悩んでる状態は
写真で自慰しようとしている状態だ。それで満足してるやつはそれで
良いだろう。これに対して、写真では勃起しないが、実際にセックス
の現場になれば勃起するのではないかという考えが303だ。

306 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 13:44:06
うん。わかった。

307 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 15:39:39
つまり二次元で勃起する俺こそ最強ということだな。わかった。

308 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 23:45:02
文芸書籍板に晒しスレがあるんだね。今日初めて知ったよ。
趣味の範囲なら2ちゃんで見てもらうだけでも十分勉強になるし、励みになる
ジャンボ宝くじ毎回買って(=書いて)、夢見る。
→抽選で外れ(=感想・評価され叩かれ)て凹む。
それでも、回数経たら書いた分上達するし、宝くじよりは満足感あると思う
そりゃ、素人に、誰も買わないもの書く意義あるのか?といわれたら、ジ・エンドだけど

309 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/08(木) 23:46:10
>>300
そもそも小説のひとつも書けない俺が書評書いてもねぇ

310 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 01:53:10
>>1
もうお前は小説なんて書くな!いいな?絶対に書くなよ!絶対に!

そんなに嫌なら俺が書くわ(・∀・)ノ ハーイ

311 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 05:30:29
まあ、このスレを読んでる人なら、無料で作品を公開する手段を知らない訳じゃ
ないから、それを実行すれば良いだけの話。
確かに、芥川賞を受賞して文芸春秋に掲載されるのと比べれば、冴えないことお
びただしいがw

312 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 05:31:31
>>311
作品を公開したといって誰が読む?
少なくとも俺はネット上に晒されたどこの馬の骨とも知らん奴の小説を読みたくは無い

313 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 05:50:44
皆がみんなお前じゃないから
世の中には楽しいことがあるんだよ

314 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 05:55:54
俺は自分がして欲しくない事を他人にしたくはない。

315 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/09(金) 07:08:14
皆がみんなお前じゃないから
世の中には楽しいことがあるんだよ

316 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/10(土) 15:19:17
何を迷う必要がある。
書く事が苦痛極まりないのか?
根底では楽しんで書いてるんじゃないのか?
楽しく無いなら書くな。

317 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/12(月) 18:22:59
>>290
>需要など生まれようがないし、書く意味がない。

……もう何度も何度も出てる話なんだが、お前本当に他人の書き込みを
読んでいるのか? 
もう一度言ってやる。「草野球」「盆栽」に、どんな「需要」があるってんだ?
「本人が楽しむ」それで充分だろ。ストレス解消でも精神的健康増進でも、
言いようはいくらでもある。意味がないなんてことはない。
もっとも、お前自身が文章を書くことを苦痛だと思っているなら確かに無意味だ。
仕事でもないのに、わざわざ苦痛を背負い込むことは無い。

で、どうなんだ実際? 文章を書くのは楽しいか、そうでないのか?
もし苦痛だというのなら、それは例えば、俺が俺の体にナイフを刺して流血しながら
「この行為に意味はあるのか?」と苦悶してるのにも等しい。
即刻やめろ。無意味だ。むしろ時間の無駄という意味で有害だ。

318 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/17(土) 15:58:17
誰にも相手にされない作品にはテーマがないです。

319 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/27(火) 02:04:36
自分が後日読んで楽しむために書いてるから、最低でも1人は読者がいるんだよねえ。

320 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/27(火) 13:00:37
書く意義なんかないね。
終わり終わり。

321 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/27(火) 17:34:32
書く意義なんてものは、機械で測定して数字が出るものではないし、
何人かに投票してもらって決めるものではない。結局は自分という、
たった一人の、個人の主観で決まるもんだ。
自分が「ある」と思えばあるし、「ない」と思えばない。それだけの話。

322 :名無し物書き@推敲中?:2009/10/27(火) 20:43:32
わかったわかった。
終わり終わり。

323 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/03(日) 07:03:08
ばかやろう
まだ始まっちゃいないよ。

324 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/03(日) 18:34:57
生きてる意義もねえな

325 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/03(日) 19:40:48
まてよ。そもそも意義が必要なのか?

326 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/03(日) 20:54:23
アリスレの連中は滑稽にもほどがあるな

327 :名無し物書き@推敲中?:2010/01/06(水) 07:47:43
自分自身を除いて、

誰も鑑賞しない絵を描く人、
誰も見ない模型を作る人、
誰も食べない料理を作る人、
誰も拍手しないスポーツをする人、

「趣味」ってのは、元々そういうもんだろ。 意義なんて
なくて当たり前、ただ楽しめればそれでいい。いや、楽しむことで
充分な意義があるとも言える。それが趣味だ。
何で「書く」だけを特別扱いしてるんだ?

328 :名無し物書き@推敲中?:2010/02/03(水) 21:45:53
今考えると、このスレを立てたことで創作者気取りの屑どもの自己弁護を手伝ってしまった感がする。
自己満足とか万人に評価されるものを書いてからいう台詞だろ常識的に考えて・・・

329 :名無し物書き@推敲中?:2010/02/03(水) 22:16:45
>>319
俺も同じだな。書き始めの頃は違ったとはいえ、
今は自分が読みたいものがないから書いてるだけだし。
俺が死なない限り、読者はいることになる。

330 :名無し物書き@推敲中?:2010/02/03(水) 22:31:45
なにその「一人セックス」みたいな発想w

331 :名無し物書き@推敲中?:2010/02/03(水) 22:51:22
ああ、なるほど。
だから創作なんて自慰行為だよというやつがいるのか。
変な表現だなーと思ってたけど、意外と上手い表現なのかもしれん。

332 :名無し物書き@推敲中?:2010/02/06(土) 01:26:52
それのどこが悪いのかわからんけどな

333 :名無し物書き@推敲中?:2010/03/21(日) 22:43:22
どこも悪くは無いよ
ただ、人が趣味で集めたものはその人が死んだら意味が無くなる
残された人達には無価値のゴミと考えて良い
ってそれだけの話だ

つまり「長生きしようぜ」と言う事かな

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)