5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【失恋】聞いてくれ【初恋】

1 :名無しさん:2010/01/25(月) 21:38:18
長くなりそうだけど、受験二週間前でもやもやして集中できないから、吐き出してみることにした。
オチとか、そんなのはないけど、聞いてくれる人は聞いてほしい。


2 :名無しさん:2010/01/25(月) 21:40:35
はやくしろ

3 :1:2010/01/25(月) 21:50:15

私が相手のことを好きになったのは、幼稚園の時だった。
相手は以下香月とする。
そのときはよくある子どもの片思いってやつで、もちろん思い入れは無かった。

中学に入った。
このころ私はヲタ知識を覚え始め、クラスによくいるヲタグループのひとりだった。
香月と同じクラスになったのは2年の頃。
さすがに一般人になじむのも上手くなったころだが、男子と話すことはなかった。むしろ、イジメ・・・とは言わないが、男子にからかわれる暗い女子だった。今でもあの男子たちが少し怖い。

香月もどちらかというとヲタ寄りで、女子と話すことはめったになかったが、気持ち悪くないし、むしろ清潔感がある男子で、頭もよかったからみんなに一目置かれてる感があった。

4 :1:2010/01/25(月) 21:55:21
遅いんだ、すまん。


最初は好きとかはなかった。もう、2次元一直線!みたいなね。

2年の終わり、何故か私は生徒会に入った。庶務だ。
その時の生徒会は12人。私以外のメンバーは「イケてる!」っていうメンバーで、正直肩身が狭かった。話せないし、正直話したくもなかった。

5 :1:2010/01/25(月) 22:02:39
 
だが運が良かったのかみんなはいい子たちばかりで、今ではその子たちのおかげで普通の女子になれたというか、恋バナをしたり買い物に行ったりっていう生活ができている。

それが影響したのか、今まで興味のなかった恋愛に興味がわくようになった。
まあ、それでわたしは香月を好きになり始めた。
言葉に言い表しづらいが、とにかく好きだった。
笑顔を見るとこっちも笑顔になったりとか、私は乙女だった。

6 :1:2010/01/25(月) 22:07:53

3年になり、何故だか知らんが、生徒会のみんなに私が香月を好きだということがばれた。まあ、カマ掛けられて引っかかったんだが。
それからみんなも私が恋をした!!って何故か盛り上がり、帰り道ではいつも副会長の家の下で私の恋バナをみんなしてくれていた。
よく考えれば、みんないい子すぎるよ。

7 :1:2010/01/25(月) 22:15:41

ある日、文化委員長が言い出した。

「1、告白せんと?」

考えたこともなかった。


みんなで相談した。てかしてくれた。
高校に入れば確実に会えなくなる。なら、今告白して、(成功したらだけど)卒業までは期間ができるから、告白は今しかない。と言われた。
確かにそうだ。
万が一にも成功するとは思っていなかったが、
失敗してもクラスは違うから、大丈夫。と私は思った。



8 :1:2010/01/25(月) 22:22:22

目標は1学期までに告白。

そのまえに、うちの町では大きなお祭りが開かれることになっていた。
ここで女の子っぽいところを見せるんだ!
と私は今までの中で一番がんばってオシャレをした。眼鏡をやめて、おだんごを作ったりした。

よていではお祭りで偶然出会い、とにかく私の浴衣姿を見せる!
これで少しくらい女の子って思われたい、と思った。





9 :1:2010/01/25(月) 22:28:44

だが、何故かその日香月は祭にはこなかった。
彼の親友(多分)に聞くと

「俺の気がおおいに変わることがないかぎり俺はこない」

らしかった。

私はやる気がうせやすいやつだ。
このとき私のなかでやる気が消え、お祭りも途中で帰り、ボロボロの浴衣姿で家に帰った。

結局、1学期は告白しないままに終わった。

10 :1:2010/01/25(月) 22:33:25

2学期になった。
言い訳に聞こえるが、わたしはこの片思いでまったく勉強に力が入らなかった。

学校がはじまり、しばらくして、親友から付き合ってる人がいます宣告をされた。
うらやましいとおもったと同時に、ここで私のやる気が上がり始めた。

11 :名無しさん:2010/01/25(月) 22:40:26
タイピングの腕上げてから出直してこい

12 :1:2010/01/25(月) 22:41:00

私の行動は早かった。
といっても掲示板立ててみんなに相談したりした後だが。

その日私は呼び出しの手紙を書いた。
メモ帳に書き、傍から見ると告白現場に見えないように。

「今日の放課後話があるけん、まっとってくれん?」

塾もない。決戦だと思った。


だが彼は昼休みに私のもとに現れ、今日は無理、明日は?といった。


・・・まさか悟ってないのか。
それとも私はそんなことも考えつかないくらい意識されてないのか。

13 :1:2010/01/25(月) 22:42:40

>>11
まあ自己満だからゆるせ。


14 :1:2010/01/25(月) 22:44:39

次の日。

なぜか私が香月を呼び出したという事が広まっていた。


まあ予想範囲内だった。

15 :1:2010/01/25(月) 22:49:29


放課後までガチガチだった。
吐きそうだった。
同じクラスの保険委員長が励ましてくれて嬉しかった。


階段裏で待った。話を聞きつけた男子が覗いたりしていたが、スルー。
つか周りが見えていなかった。

いま思うと、告白した時間は短かった。
え?こんだけ?ってくらい。

16 :1:2010/01/25(月) 22:54:40

香月がやってきた。

「手短にたのめる?」

無理だ。

やっとのことで私は声を振り絞った。囁くように、いろいろ言いたかったのだが、頭が真っ白になって、
何言えばいいんだかわからなくなって、
とにかく、「好きです」としか言えなかった。
後悔した。
実際言いたかったのはこんな短いことばじぁあなかった。




17 :1:2010/01/25(月) 23:03:07


よくかんがえたら、いまでは「香月、お前冷たいな」と思う。

香月から返されたのは、簡潔だった。
「まだ早いんじゃないかな」
要するに、無理ってことか

いまでもそおの本当の意味はわからない。
ただの断る言葉だったのか、
年齢的な意味だったのか、
私たちは、って事なのか。

なんか、空しいと思った。
好きになるまでは長いのに、終わったら短い。
いままで私は何やってたんだろう、と思った。

その日から、毎日うちのクラスを訪れていた香月の姿はなくなった。
見かけるのは、彼のクラスからちらっと見えるその姿だけになった。

18 :1:2010/01/25(月) 23:05:08


なんか言うよりじっくり文にした方がすっきりした気がする。
うん、書いてよかった。満足満足。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)