5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

二十歳の原点3

1 :いつまでも二十歳:2009/08/27(木) 18:58:12
いろいろ貴重なご意見を書き込んでくださっています。2に引き続き
3を立てました。
前スレ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1232356550/l50

2 :無名草子さん:2009/08/27(木) 22:57:55
とりあえず唐沢俊一が2ゲット

3 :無名草子さん:2009/08/28(金) 07:52:40
全力投球で生きていくなんて止めた方がよい。人間の寿命は決まっている。
煮詰めて生きれば、生きる年数は短くなる。

こんな事を日記に書いていた高野さん、何故全力投球してしまったのでしょう。


4 :いつまでも二十歳:2009/08/30(日) 01:23:25
彼女は、短い生涯だったけれど、自分の心を裏切ることなく感じたまま考えたまま
行動した。優れた感受性を持ちそれを日記に自分の本音としてぶつけた。その意味
で純粋な自滅の美学を貫き通した一生だったと思う。当時の社会情勢を反映した当
時の若者の持つ価値観、正義感を保持したまま・・・当時の学生は大学に行ってい
るだけで労働者にある種の優越感と後ろめたさを感じていた。

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 04:22:31
改行を覚えましょうw

6 :無名草子さん:2009/08/31(月) 06:26:01
日記の末期に「飲んでも眠くならない睡眠薬なんて」と記述があるが
彼女は単に眠れない時に睡眠薬を飲んでたのだろうか?それともトリップ目的で睡眠薬を
常用してた?

7 :無名草子さん:2009/08/31(月) 19:59:07
6月21日の日記に「睡眠薬を飲んでみたい。そして、ただ静かに眠りたい。
明日買ってこようっと」高野さんは書いている。
そして22日「睡眠薬にうちかって眠らずにいることができるかどうか、
いっちょ試してみっか」と記入している。

8 :いつまでも二十歳:2009/08/31(月) 23:15:22
彼女はお酒をかなり飲んでいたようなので、睡眠薬があまり効かなかった
のかな?こんな重要なことがこの日記は突然出てくることがある。
出版の段階でかなり意図的に抜粋しているように感じる。

9 :無名草子さん:2009/09/02(水) 09:30:26
>>7
>>8
ありがと 常習じゃなかったんだね

10 :いつまでも二十歳:2009/09/06(日) 22:25:03
当時の若者は、やはり親の世代の戦争の影を大きく引きずっている。親の
世代が犯した過ちを隠して生きていることを気づき、その反発がカッコが
親世代に反発する大きな心理的な要因だと思う。当時の若者に多く共有
していた感情だと思う。その心情を理解しないと今の人には分かりにくい
と思う。今の親は高度成長の後期か終了期に育っているので伝わっていない。
その感情を共有していないと思う。まだまだ戦前戦後の不合理な社会を引きずっていた
時代である。

11 :無名草子さん:2009/09/09(水) 23:43:58
食うことに精いっぱいだった時代に裕福な家庭に
育った彼女には、不合理な欲望むき出しの生命力
に嫌悪感を感じ、合理的でスマートに見える現実離れした
理論に精神的近似性を見出していたのでしょう。

12 :無名草子さん:2009/09/10(木) 19:37:53
 彼女はアナーキズムに興味を持ったようですね。アナーキズムは合理的な思想
ではないでしょう。
 強いて云えば、非合理で空想的な理論と現実的な日常生活の乖離の狭間で彼女は
葛藤し挫折したのでは・・・・・


13 :無名草子さん:2009/09/11(金) 12:59:39
思想的な悩みから自殺したんじゃねえよ。
そんな上等なもんじゃない。
ただ、ちょっとこの世が嫌になったんだよ。
若者の自殺の一典型だ。
それ以上でも、それ以下でも無い。
それでいいじゃないか。

14 :無名草子さん:2009/09/11(金) 23:59:13
>>1 〜 >>13 すべて正しいように思う。いい読者がいるとわかって嬉しい。

15 :無名草子さん:2009/09/12(土) 15:48:07
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009091200103&genre=G1&area=K00

16 :無名草子さん:2009/09/13(日) 08:52:06
六曜社地下店行ってドーナツ食いたい

17 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:06:20
Both Sides Now  Lyric by Joni Mitchell


Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way

But now they only block the sun
They rain and they snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way
I've looked at clouds from both sides now
From up and down, and still somehow
It's cloud illusions I recall
I really don't know clouds at all
   
Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way that you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way


18 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:07:36
But now it's just another show
And you leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away

I've looked at love from both sides now
From give and take, and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love
Really don't know love at all
   
Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way


19 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:08:45

Oh but now old friends they're acting strange
And they shake their heads
And they tell me(said) that I've changed
Well something's lost but something's gained
In living every day

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
   
It's life's illusions I recall
I really don't know life
I really don't know life at all


20 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:10:27
青春の光と影(ジョニ・ミッチェル)

幾重に流れる天使の髪
アイスクリームのお城が浮かんでる
ふわふわ 羽の峡谷が あそこにもここにも
私は雲をそんな風に見てました 
でも今 雲は太陽をさえぎって
雨を降らせ 雪を降らせます 誰の上にも
私はたくさんのことをするつもりだったけど
雲が 私の行く手をじゃましたのです
私が雲を見たのは 二つの側面からです
上から見たり下から見たり 
でもなんとなく雲の幻が頭に浮かんだだけ
本当はわかっていません


21 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:11:30
雲のことは何も
幾度も巡る お月様, 六月, 観覧車
めまいを起こす踊りみたい
一つ一つのおとぎ話が現実になるたびに
私は恋をそんな風に見ていました
でも今は 違う恋の話の始まりです
笑いたい人は 笑わせておくのです 
放っておきましょう
もし気になっても そんな顔を見せちゃだめ
自分をうっかり見せちゃだめ
私が恋を見たのは 二つの側面からです
与えたりもらったり 
でもなんとなく
恋の幻が 頭に浮かんだだけ
本当はわかっていないません 


22 :無名草子さん:2009/09/13(日) 22:13:25
恋のことは何も
涙と不安 でも誇りを感じながら
私は言います 
「愛してる」って大声で
夢と計画 サーカスの群集
私は人生をそんな風に見てました
でも昔からの友達といったら おかしなことばかりします
頭を左右に振って
私に言います 
「あなた変わったわね」
そう 失った物もあるし 得たものもあります
毎日暮らして行くうちには
私が人生を見たのは 二つの側面からです
勝ち負けという見方から でもなんとなく
人生の幻が 頭に浮かんだだけ
本当はわかっていません 人生のことは何も
人生の幻が 頭に浮かんだだけ
本当はわかっていません 人生のことは
本当はわかっていません 人生のことは 何も

23 :無名草子さん:2009/09/14(月) 04:30:23
アゲ

24 :無名草子さん:2009/09/14(月) 06:46:24
死んだ当時よく巷に流れてた曲

25 :無名草子さん:2009/09/14(月) 09:21:57
ジョニの歌詞、むずかしい

26 :無名草子さん:2009/09/14(月) 10:27:37
Joni Mitchell - Both Sides Now (Live, 1970)

http://www.youtube.com/watch?v=bcrEqIpi6sg&feature=related

27 :無名草子さん:2009/09/17(木) 06:56:49
友人に知り合いがいるが
この人、あまり評判良くないらしい
頭が悪い足軽女で、簡単に寝るんだって言ってた


28 :無名草子さん:2009/09/17(木) 22:07:06
>>27
それ、「尻軽」の間違えな
そんな脳足りんの知人の言うことは信用しないが吉

29 :無名草子さん:2009/09/18(金) 01:52:58
男の足軽はいたが、女の足軽は聞いたことが無いなw

30 :無名草子さん:2009/09/18(金) 07:48:23

               | よいか皆の衆!
..__           | 友人に知り合いがいるが、
│足┃  /\   | この子、あまり評判良くないらしい。
│軽┃/__\∠ 頭が悪い足軽女で、簡単に寝るんだって言ってた。
│女┃( ・`ω・´) \__________
  ̄  /━∪━⊃━━<>
     し'⌒∪


31 :無名草子さん:2009/09/18(金) 08:24:37


32 :無名草子さん:2009/09/19(土) 07:25:36
面白いね、高野さんも「足軽」位に学生運動に少し距離を置いて考える時期が
あったら違った人生があったのじゃないかとも思います。

33 :無名草子さん:2009/09/19(土) 07:26:08
二十歳の原点読むような奴に足軽が居たとはw

34 :無名草子さん:2009/09/19(土) 07:27:36
ところで、このお彼岸は
当然カッコさんのお墓参りだよな?

35 :無名草子さん:2009/09/19(土) 13:59:31
カッコちゃんのお墓参りにいったことがある。
西那須野駅のすぐそばの大きなお寺だから、
今週あたりはお参りで人がいっぱいで
参道には出店とかも出ているでしょう。
人にまぎれて高野家のお墓参りに行っても気づかれないと思う。


36 :無名草子さん:2009/09/19(土) 14:16:48
京都のしきたりをポルノみたいに言いはるけど、いやらしいものではありませんよ。

今日は主人がゴルフで夜遅いので書かせてもらいます(主人に内容見られた叱られますので)。

私は生まれも育ちも西陣です。
ここでは、親子の床の交わりは伝統の儀式です。

女の子は初潮のときの祝いに、父親に手で教えてもらいます。
男の子はまちまちですが、お母さんに手でしてもらいます。

はじめてのときお母さんに伝えると、うれしそうでした。
お父さんが仕事場から帰ってきて夕食とったあと、夫婦の間に呼ばれました。
お母さんはそのこともう伝えたようで、布団も用意されてました。

少しして、お母さんは笑顔で「あんじょうやったり」とお父さんに言い残し出て行きました。
お父さんが「布団に横になり」と言い、私は寝かされました。

下半身裸にされて、私の体をお父さんがづっと見てました。
ゆっくり私の一番感じるところマッサージしてくれました。

私はずっと掛け軸見てましたが、「こんな気持ちいいことあるの」と感動しました。


37 :無名草子さん:2009/09/19(土) 14:20:25
成長すると手だけの床の交わりは卒業しました。
季節の折々、親戚一同代わる代わる床の交わりをして、私の成長を祝ってくれました。

主人は京都の者ですが、血がつながってないので両親は心配してました。
でもいまは理解してくれてます。
親子の床の交わりも引継ぎます。

去年、男の子を産みました。
この子が成長すると、私も教えてあげなけれなりません。
気持よくしてあげるのが母親としての使命です。

他所の方がびっくりするでしょう。でも決していやらしいことではありません。

京都は何度も戦火や天災にあい、家族が散り散りになりました。
一族の絆を守るためには、親子の床の交わりがどうしても必要なのです。

子供が他所の人と交わって不良になったり、性病にかからないようにするためにも、
大切な家族の教育です。

私たちからすれば、このしきたり知らない地方の方がかわいそうです。

自分の肉親にしてもらう。これ以上気持のいいことないと思います。



38 :無名草子さん:2009/09/19(土) 14:29:40

京都はカオス




39 :無名草子さん:2009/09/19(土) 14:44:17
京都の伝統文化、おまえさんの知性では理解できないだろう。

そんなに嫌ならもうここ来るな、

おたがいに不愉快にならなくてすむ。




40 :無名草子さん:2009/09/19(土) 14:56:39
ある都内の大学から京都の大学院に進んだんだけど
女の子がみんな股開き過ぎ。もうぱっかんぱっかんですよ。
メアド交換したら彼氏いる子でも一週間以内に出来る。
一緒に飲みに行く=セックスする、みたいな図式。
こっちが東京に残してきた彼女いるからダメだって言っても
「そら別もんやろ?」とか言ってキスしてくる。
京都の女の子は付き合うとか愛情の確認とかじゃなくて、
コミュニケーション手段としてセックスを利用してる節がある。
病気が怖いから生フェラやクンニはしないしさせない。
でも結婚するなら京都の女の子は絶対に嫌だな。
以上、三年前まで童貞だった俺の体験談。
弟とかと近親相姦くらい普通にしてそうだから怖い。



41 :無名草子さん:2009/09/19(土) 15:45:27
京都の風習を笑いものにしてるが、親戚のつながり絶やさないための洛中の伝統。
元旦の挨拶のとき、両親は居間で、いとこ同士は隣の部屋に集まる。
こたつの中でさわり合って、顔見ながら誰の手か当てる。

今は県民の男と結婚したけど近所に従妹が住んでた。
甘酒でその気になった従妹の太腿さわったり、あそこに指入れてやったりしてやった。
すぐ当てたけど、ずうっと股ひろげてたよ。いい思い出だ。
君みたいな頭悪いのに言ってもわからないだろうけど、京都では当たり前。
京ならではの優雅な伝統。近親相姦なんかじゃない。

東京関東はもっと冷たい。
京都人は家族を大切にする。
それを近親相姦呼ばわりするくらいだから。
夜這いの風習が残ってるんだろ?
30パーセントもいない。京都のしきたりもすたれた。
もうせいぜい10人に1人ぐらいが経験者じゃないか。
一部が近親相姦やってるからって、全部の京都人がって決め付けないでほしい



42 :無名草子さん:2009/09/19(土) 15:59:31

興奮した

でもやっぱやばくね京都








43 :無名草子さん:2009/09/19(土) 16:13:21
俺の大学の親友で、西陣の織本の跡取り息子の話。
奴は結構イケメンで性格も良いのだが、何故か彼女をつくろうとしない。
俺の部屋で酒を飲んでる時に訳を聞いてみた。
結構酔っていたので訳を聞く事ができた。
どうやら相応の格式と財産のある家の人間としかお付き合いが出来ないらしい。
奴は三歳年上の料理茶屋の一人娘と、大学を卒業してから結婚するらしい。
しかも彼女は母方の又従姉だそうだ。
というと奴は童貞なのか?興味が沸いた俺は聞いてみたところ、
初体験は13歳らしく、高校を卒業してから経験した俺より先輩だった。
相手は誰か?さらに興味を持った俺は聞いてみたところ、何と相手は
その許婚の母親だった。
しかも初体験の場には許婚の母親だけでなく父親も居たらしい。
さすがにそれ以上は照れ笑いを浮かべるだけで話そうとはしなかったが。
奴の言うには、老舗の家は、他所の人間に入られるのを極端に嫌うらしく
老舗の旦那や女将さんは親類縁者の若い男や女を愛人にするみたいだ。
奴も何人かの親類のおばさんの愛人を勤めたらしい。
俺も京都生まれの京都育ちだが、そんな話は聞いたこと無いのでビックリした。
奴の父親も母親も親戚の子と自宅の離れによく消えて行ったそうだ。
そんな時はよく祖父や祖母に離れには近づかない様にキツク言われたそうだ。
叔母や従姉と関係する事も近親相姦という認識が俺にはあるが、
奴の中にはどうもそれは無いらしい。昔からの家とはそんな物なのだろうか。
ただ話を聞く限り親子や兄弟はやはりタブーみたいだ。
京都人=近親相姦というのは、京都人として腹が立つ。
少なくとも俺の親や親戚では聞いたことは無い。
それどころか俺の母親も滋賀県の人間だし、家の周りにも県外の人間と結婚してる
人は多い。

44 :無名草子さん:2009/09/19(土) 18:55:57
関東の人間はまじめだから関西に行ってはいけないね。
大阪なんて半分日本じゃないしな。

45 :無名草子さん:2009/09/19(土) 18:57:17
新装版買った。学生運動関係の注釈読んで、何となく悦子さんの悩み、歪みが少しわかることができた。
あの時代にリアルに作品を読んだ人たちが言わんとしていることが多少は理解できたような気がする。

46 :無名草子さん:2009/09/19(土) 21:44:40
なんで学生運働に何万人・何千人の人達が集まったりしたのでしょうね。
本屋で写真集なんか見ていると不思議な気がします。
高野さんはこんな時を経験しなくて、終焉期の学生運動を経験し真面目
過ぎる位考え行動していったから、あの様な結果になったのでしょう。

47 :無名草子さん:2009/09/20(日) 01:56:52
京都深いなあ。悦子さんみたいな田舎出身のお嬢様には
「?」なことが多すぎて、戸惑いからの孤独感に苛まれたでしょうね。

48 :無名草子さん:2009/09/20(日) 02:06:54
彼女が死んだのは異常な量の薬と酒の副作用でしょ
のりピーみたいなもの
人間の正常な判断力をなくすようなことは
やってはいけないという教訓

49 :無名草子さん:2009/09/20(日) 12:17:46
昔フランスかどこかでやってた世論調査に
こんなのがあった

ある中流以上の老人世代にこんな質問をしたんだ。

自分の人生をいくつかの時期に分けて考えたとき…
『一番幸せなのはどの時期だったか?』と

ほとんどが青春時代という回答だった…

一番物心共に恵まれて時間的にも余裕のある『現在』ではなく
社会的経済的な力な乏しく勉強に追われた時代をなぜ選ぶのか…

それは…毎日が『進歩』だったからじゃないのか?

昨日よりより良い今日
今日よりより良い明日…
右肩上がりの感覚……
未来に希望が持てる状況…

それが『幸せ』なんじゃねーの?

50 :無名草子さん:2009/09/20(日) 18:17:39
今日、カッコさんのお墓参りをした
近くで花も線香も入手できなかったもので
供養代わりに、墓前で生まれて初めて煙草を燻らせてみた
いい年のオッサンだけど

生家の前も通りかかったけど、古くて多分当時のままなんだろうな
余談だけど、カッコさん以外は戒名がみんな院殿なのね
普通の人?で院殿ついてるの初めて見たよ

51 :無名草子さん:2009/09/21(月) 04:53:46
>>50
所謂「普通の人」ではないからね。
祖父さんは地元の名士で実業家・町会議員、
親父さんも京大卒で県職員として部長を経て
人口四万人の西那須野町長になり紫綬褒章や
勲四等の勲章を貰ってる人だからね。

52 :無名草子さん:2009/09/21(月) 06:06:15
>>51
驚いた。それなら院殿つくね
カッコさんもその流れで地元で自我を殺して
公務員でもしていれば今頃お孫さん抱いてる年だよね

でも、この人の場合、周囲に合わせるために
自我を殺すことは即ち自身の死を意味するものだったのだと思う

53 :無名草子さん:2009/09/21(月) 07:49:13

新幹線の高架下で交通量も結構ある踏み切り横にあって、
決して住環境はいいとは思えないあの古い質素な実家。
いつでも立て直したり引っ越したりはできる経済状態なんだろう

太宰みたいに一般解放はしないだろうけど、できるだけいつまでも保存は
して置いて欲しい

54 :無名草子さん:2009/09/21(月) 12:17:53
高野さんの育った環境と当時の立命館の環境・学風は全く違うもの
だったのでしょうね。だからご家族の方が心配されたのですよね。
だけど彼女は吹き荒れた学生運働の中で、真面目過ぎる位考え行動した。
彼女の文学的思考と政治運動とは相容れぬ側面があり、家族との葛藤も
彼女にとっては深刻だった。そして、これらの緊張感は学生運働の終焉期
に喪失感として彼女の思考を奪ってしまった。


55 :無名草子さん:2009/09/21(月) 12:38:23
人間は、精が抜けると、死にとうなるんじゃけ

56 :無名草子さん:2009/09/21(月) 21:13:28
「物事に熱中するのはもういい加減にして、そろそろ理性を働かせてもいい時分ですね。…」
ドストエフスキー著「白痴」

57 :無名草子さん:2009/09/22(火) 03:28:50
バルビタール酸系睡眠薬

バルビタール酸系は最も古いタイプの睡眠薬で、使い方を間違うと
非常に危険なため現在はほとんど使われていません。
服用が続くと禁断症状(脱力感、不安感、手の震え、幻覚、錯覚など)が出たり、
精神的・肉体的な依存の症状が出やすくなります。アルコールと同時に服用すると、
作用が強く表れるので注意が必要です。
中枢神経系に作用するため、大量に摂取すると呼吸中枢を麻痺させるため死につながることがあります。

ハイミナール
品詞:商品名 ?
現在製造中止の催眠鎮静剤。成分は非バルビツール酸系のメタカロン。
かつては市販薬だった。睡眠薬としてよりも、いわゆる合法ドラッグとしての
利用が多かったようである。この中毒患者は俗に "ハイ中" と呼ばれた。
服用すると言語中枢や運動中枢が犯され、いわゆるラリった状態になる。
後に長期連用で痴呆になるという報告があったことから、製造が中止されることとなった。

58 :無名草子さん:2009/09/22(火) 11:41:29
周辺に立命関係者が結構いるけど、高野悦子の話題は学校関係者の間では
タブーのようだな
同志社なら大島みち子の名前は知らなくても、映画はかなり知られてるのに
http://art-random.main.jp/samescale/021.html

59 :無名草子さん:2009/09/22(火) 11:58:40
リッツは過去のすべてを封印して
営利追求拡張路線をつっ走っているからね

60 :無名草子さん:2009/09/22(火) 16:20:03
貧乏人の私立大学は裕福になった日本社会では需要がなくなったんだろうね。

全入時代の大学生き残りをかけて必死なんです。

61 :無名草子さん:2009/09/22(火) 18:55:59
高野悦子を読む  朗読コンサートに参加して2009 年 9 月 5 日

野木町の染織家川元由美子さんが企画した4人による朗読会が4月19日、
東那須公民会(高野氏の出身地)に於いて開催された。
故高野悦子作「20歳の原点」である。
高野悦子は立命館大学在学中(3回生)の1969年自殺した。
20歳の誕生日から自殺までの自己の葛藤ををつづった日記から、
死後、父親が出版してベストセラーになった(H21.4.9下野新聞より)
栃木県校友会会長他数人が参加した。
当時の学生運動に打ち込んだこと、広小路学舎のバリケードや警察官との罵声
や怒号の有様などが生々しく描写されており、懐かしくもありました。
自問自答の文章が多く語られている内容が印象的でもありました。
終了後、川元様とお話しのなか、夫君が立命館大学卒業生であること、
再開を願って失礼をしました。





62 :無名草子さん:2009/09/23(水) 01:14:47
中学生のときによんだけど
幼稚なやつって印象しかない

統一教会とかに騙されるタイプだよねこの人

63 :無名草子さん:2009/09/23(水) 01:46:32
↑おまえがな

64 :無名草子さん:2009/09/23(水) 15:29:02
今の世の中、セックスが日常的すぎて全く奥ゆかしさがない。

死すべき定めの人間が束の間の生のはかなさをお互い思いやり、それを美しいものとして燃焼させ、
自分が燃え尽きることによって次の命を育んでいく、セックスとはそういう行為ではないのか。

セックスとは命を産み出すと同時に死の源でもあるのであり、それがゆえにタブーであり、
軽々しく人に見せてはならないものなのだ。

セックスに関わる恥じらいに鈍感である人間はおそらく死に対しても鈍感であるのだろう。
人の死に涙したことのある人間なら、死の源であるセックスを平然と行うことはできないはずだ。

つまりセックスという行為は、本来密やかで後ろめたいものを背負いながら、
それでもみんな生きていて幸せなのだということを信じようとする
悲壮な覚悟をもって行うからこそ喜びに満ちた行為になるのである。

こういったことに無神経な人間のセックスに私は全く興味を持てない。


65 :無名草子さん:2009/09/23(水) 19:53:10
死ねよ

66 :無名草子さん:2009/09/23(水) 20:25:44

童貞必死だな(プゲラ

67 :無名草子さん:2009/09/23(水) 21:04:10
高野さんはかなりの読書家ですね。歴史学・哲学・文学と読んでた
ようですね。

68 :無名草子さん:2009/09/23(水) 21:54:06
父娘そろって文章力が半端じゃないね。

69 :無名草子さん:2009/09/23(水) 22:10:15
幼稚

70 :無名草子さん:2009/09/23(水) 22:21:30

高卒必死だな(プゲラ

71 :無名草子さん:2009/09/24(木) 00:01:35
ゴミ

72 :無名草子さん:2009/09/24(木) 05:27:57
彼女はピアノも弾けた。3月16日の日記にホテルの宴会場のピアノで
「白い恋人たち」「エリーゼのために」第一楽章をひいたとある。




73 :無名草子さん:2009/09/24(木) 13:27:06
西那須野中学のころ、全校集会でピアノを演奏している
写真とか見たことがあります。
当時、田舎でピアノがある家は相当な資産家でしょう。


74 :無名草子さん:2009/09/25(金) 00:36:40
ふーん

75 :無名草子さん:2009/09/25(金) 19:23:15
彼女は「同志社」の方が良かったかもしれませんね。


76 :無名草子さん:2009/09/26(土) 00:57:07
宇都女だったら、東女だって津田だって楽勝だったろうに
何で立命なんてトコ行ったのか?

77 :無名草子さん:2009/09/26(土) 02:41:13
序章を買った。あんまし期待してなかったんだけど、意外に意外、原点、原点ノートよりヤバいリアリティがあった気がする。

78 :無名草子さん:2009/09/26(土) 03:21:17
「反骨精神」、奈良本教授の立命館史学、歴史のみやこ京都、の条件
により立命館大学史学科を希望」

79 :無名草子さん:2009/09/26(土) 07:06:40
高野悦子に蹴られた立教あわれ

80 :無名草子さん:2009/09/26(土) 10:17:14
かなり無理して優等生してるよね。
素のキャラでいいのに、普通以上に良い子になってる。
若いうちは無理がきくけど段々辛くなるよ。
シャブでもやらなきゃやってらんないよね。


81 :無名草子さん:2009/09/26(土) 11:18:09
>>78
じゃあ浪人してまで京大行けば良かった

82 :無名草子さん:2009/09/26(土) 18:33:07
高野さんは、立命館史学に最後までこだわって父上の説得も受け付けなかった。
当時の立命館日本史はそれだけ魅力があったのでしょう。

83 :無名草子さん:2009/09/27(日) 01:26:17
まあ、確かに昔は関関同立なんて言葉はなくて、
関西私学の雄といえば同立だった気がする

84 :無名草子さん:2009/09/27(日) 06:27:12
>>83
当時から関関同立という言葉が一般的だった事は断言出来る。
現在は同志社がトップだが、当時はむしろ関学がトップ。
特に看板の経済学部は、入試難易度、内容充実度、就職率等でダントツ。
立命は末川さんが学長をしているなど「赤い大学」で、難易度も低かったが、
文学部には史学を中心に独自の地位があった。
産近甲龍という言葉は、京産大が創立直後でもあり、一般的ではなかったように思う。

85 :無名草子さん:2009/09/27(日) 17:56:49
立教、明治に受かっていたのに「奈良本教授」の立命館史学と高野さんが
拘った程、当時の立命館史学は独特だったのでしょう。

86 :無名草子さん:2009/09/28(月) 04:29:56
明治辺りはとても入りやすかったんだよ。
関西出身の明大教授が、
「関学とまでは言わないが、せめて同志社レベルの学生が欲しい」と言ってたよ。

87 :無名草子さん:2009/09/28(月) 17:14:49
俺は逆に歴史ヲタなだけのパーだったけど、
お袋の女学校時代の同級生が当時の立命館学長夫人で、
裏口で入れるって言われたけどそれを蹴って日大芸術学部に自力で入った。
自慢できるもんじゃないけどw、今にして思えば立命館いっときゃ良かったかも。

88 :無名草子さん:2009/09/30(水) 01:25:19
西那須野は日本の中でも特に保守的なところだ。
田舎の因習や親の拘束から逃れたくって遠く離れた
自由な京都の共産党支配の大学に幻想を持った。
結局彼女も田舎者だから最後まで冷たい京都の
風土になじめず孤独にのめりこんでいった。
彼女には心を開ける親友がいない。
ずっと求めていたにもかかわらず。
牧野さんとも自ら離れていってしまった。
男に愛を求めても遊び目的で裏切られ人間不信に
陥った。中退して地元に帰ればやり直して幸せに
なれただろう。

89 :無名草子さん:2009/09/30(水) 15:38:58
高野さんは学生運動にのめりこみ、自分達の運動が敗北して行く過程で
絶望したのではないのでしょうか。





90 :無名草子さん:2009/09/30(水) 19:02:21
学生運動なんて、レイプされて自暴自棄になってからの
最後の半年間ぐらいだろう。


91 :無名草子さん:2009/10/01(木) 05:24:14
>>82
ふつうに学力足りなかっただけだろ
いつもこんな流れだな
完璧な女に仕立てないと幻想崩れるのか知らないけど

92 :無名草子さん:2009/10/01(木) 19:51:19
日本の高度成長支えた勤勉な団塊世代w

93 :無名草子さん:2009/10/02(金) 05:43:08
彼女は思想に殉じた訳でも、逆に絶望した訳でもないんだよ。
そんな確固たる思想を持ち合わせてた訳じゃない。
ただ単に当時の殺伐とした学生生活に倦んだだけ。
それが鬱的傾向に繋がり、自死に至ったんだよ。

94 :無名草子さん:2009/10/02(金) 11:37:16
小林は絶対に許せん、後暗い人生を送れ。
中村は男として最低、恥を知れ。

95 :無名草子さん:2009/10/02(金) 11:42:08
高野さんには同情するが、彼女の行動は軽率すぎたね。
力でオトコに勝てるわけがないのだから、オンナは思慮深い行動をすべきだと思う。
平和な世の中だから忘れていると思うけど、野生の世界はそんなもんじゃないか。

メスの獣は、気に入らないオスを力で追い払う。

加害者は厳重に処罰しろ。
カスは社会に復帰しなくてもいい。

96 :無名草子さん:2009/10/03(土) 07:35:14
挙句にやったことは独りよがりな自殺ですよね。
高齢の母上を40年たっても悲しませつづけてる親不孝な娘でしかない。

97 :無名草子さん:2009/10/03(土) 09:02:48
よく人は、私が変わっているといいます。しかし私は、自分こそ正常な人間であると思っています。不正を憎み、何よりも正義を愛しているやさしい人間であります。今の社会が偏見と不正に充ちていて不正常なのです。

98 :無名草子さん:2009/10/03(土) 09:22:21
>>97
正常な人間が自殺なんかしない。

99 :無名草子さん:2009/10/03(土) 10:53:23
高野悦子は鬱病によって自殺に追い込まれた可能性が最も高いと思う。
生活の中における様々な葛藤や挫折は、鬱病になるきっかけや、鬱病
を悪化させる要因と考えるべきだろう。
そんなに根の深い話ではない。

100 :無名草子さん:2009/10/03(土) 11:44:32
ずっと挫折のない勝ち組人生だったから、たてつづけに
意のままにならないことが起こったときに、必要以上に深刻に
思い悩んでしまった。
物事を正義と悪とか、優秀と無能とか観念的な二元論でしか考えられない。
人生経験が足りないうえに、壁を乗り越えるうえで必要な
謙虚さとタフさも足りない。



101 :無名草子さん:2009/10/03(土) 11:59:33
自  努力が足りない       親元帰れば?    「我々の若い頃は、」   ワガママ   身の程を知れ 
己          学生気分が抜けていない    世の中舐めてない?        怠けているだけ   他 
責  成功してる人間もいる    エセ弱者   個      働かざるもの食うべからず            力
任          社会のお荷物         性         自立しろ      言い訳文句ばかり  本
  全力で頑張ればなんとかなる お前はまだ恵まれている  幸   いいご身分ですね          願
     社会のせいにするな           親          福        屁理屈で自己正当化
   税金納めてから物を言え   自業自得 の   昔のほうが酷かった 他人に迷惑をかけている自覚が無い
豊かさゆえの        自分の力で     脛       義務も果たせないのに     社会人失格
   五体満足のくせに    這い上がれ      / ̄ ̄ ̄\ 権利ばかり主張する   で、君に何が出来るの?
        夢と現実の境界線が引けない   / ─    ─ \           他の国よりはマシ
未来は自分で掴む物               /  <○>  <○>  \   苦労してるのはみんな同じ    
        我慢が足りない          |    (__人__)    |              
 欝(笑)        口だけ達者        \    `⌒´    /   「君の代わりなんて
   国が傾く原因          世間    /             \      いくらだっているんだよ?」
                               甘えるな

102 :無名草子さん:2009/10/03(土) 12:28:02
>>101
君に努力賞を授与する!w

103 :無名草子さん:2009/10/03(土) 15:27:02
親の金で買った辞書売って酒煙草に溺れる高野悦子<<<<<援助交際で自らマンコ売ってブランド買いに励むJK

104 :無名草子さん:2009/10/03(土) 22:08:59
「いい加減」とか「反対しつつ相槌を打つ」
とかを知らなかったのが悲劇の元

良く言えば、余りにも純粋だった

因みに戒名は、「高学院純心法悦大姉」

105 :無名草子さん:2009/10/03(土) 22:39:08
戒名なんざどれだけ立派でもねえ……。親心ですな

106 :無名草子さん:2009/10/03(土) 23:54:40
>>104
戒名というのは、もともと修行僧が出家者名としてつけていたものだったのに、
江戸時代になって、亡くなった人につける名前となった。
要するに、戒名そのものに、たいした意味なんかないんだ。
しかし、戒名で大金を稼ぐ坊主が後を絶たない。
今の坊主の中には、金儲けしか頭にないようなのが少なくないね。

107 :無名草子さん:2009/10/05(月) 20:14:28
寄進もしたことがないような奴に限ってそんなことを云う。

108 :106:2009/10/05(月) 20:21:33
>>107
事実は違う。お布施は毎年している。
しかし、戒名や位牌(位牌は儒教に由来する)など、仏教の本義に外れたものには金を払わない。
金をケチッて払わないのではない、ということだけは理解してほしい。

109 :無名草子さん:2009/10/05(月) 22:55:06
またあのこざきが変なこと書いてるのか

110 :無名草子さん:2009/10/06(火) 08:51:32
■■■■■■■コピー■■■■■■■
同級生こざきさんのブログによると
高野悦子さんは妊娠していたそうだ
共産党のネガティブキャンペイン?
証拠もなく推測すべきではない。
わだつみ像についても伝聞だった。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/200909290000/


111 :無名草子さん:2009/10/06(火) 09:10:46
>>110
私もその記事を読みましたが、非常識な文章に驚きました。
明確な根拠もない話を公にするなんて酷い話です。

112 :無名草子さん:2009/10/06(火) 19:22:34
どうでもいいことだけど、最後の日記で樹海での死を夢見たようなことを
書いていたのに、イメージ的には正反対の鉄道自殺を選んでしまったのが、
子供の時にショックを受けた。

113 :無名草子さん:2009/10/06(火) 19:40:24
こざきさんと一緒に撮っている写真、高野さん笑顔が良いですね。
だけどこの後の大学闘争は、彼女にとっては自分探しの苦しい闘い
でもあったのでしょうね。
共産党との訣別、暖かい家族への思い、立命館の紛争の中で自立して行く
彼女の孤独、厳しいですね。

114 :無名草子さん:2009/10/06(火) 21:25:48
一回生のとき、部落研入ったことで親と衝突したエピソードも
初めて知った。 
日記にはあまり現れていない家族との確執も結構あったんだな

115 :無名草子さん:2009/10/07(水) 00:14:25
>>114
似たようなケースは、どこの家庭でも多かれ少なかれあるんじゃないかな?

116 :無名草子さん:2009/10/07(水) 09:12:42
古崎悪質だな。
名誉棄損で訴えてほしい。

117 :無名草子さん:2009/10/07(水) 09:51:19
>>116
自分も悪質というか非常識だと思うけど、訴訟はやり過ぎじゃない?
妊娠していたと断定しているわけでもないようだし。

118 :無名草子さん:2009/10/07(水) 21:10:45
どうしてこんなにたってから、そんなこと言い出すのだろう。
どう考えても根拠の薄い、伝聞でしかないことを敵対勢力だったからといえ、
かつての友人を誹謗中傷できるのだろう。
政治的悪意とブログの自己宣伝のために、故人を利用するのはもうやめてほしい。



119 :無名草子さん:2009/10/07(水) 21:27:28
高野さんのお父さんが部落研入りに反対したのは、関西人が考えるような
部落差別的な発想とは関係ないと思う。

お父さんは京都大学出身だから、当時の京都府政が共産党与党で、
大学の部落研は、民青すなわち共産党の別同部隊だとわかっていただろう。

勉強しに京都に行ったはずの娘が、入学間もなく共産党に入党して
政治活動をするといったら、当時の大抵の親は反対しただろう。
今の共産党とはかなり違う、共産主義革命のためには手段を選ばない
党の時代だ。

関東、特に西那須野は明治以降の開拓地でいわゆる部落差別は
存在しないに等しい。
極めて保守的な風土のうえに、地主階級の家に生まれ育った
彼女は、観念的な理想主義と実態の共産党の政治組織とのギャップに
やがて気づいて幻滅し、離れていったと思われる。



120 :無名草子さん:2009/10/08(木) 10:53:01
>>118
そういう意見は、古崎のブログのコメントに書き込んだほうがいいよ。
指摘されないと、本人も反省しないだろうし。

121 :無名草子さん:2009/10/09(金) 05:11:43
>>119
>今の共産党とはかなり違う、共産主義革命のためには手段を選ばない党の時代だ。

歴史認識に誤りがある。
当時は既に六全協から10年余り経過。
日共の路線は現在とほぼ同じ。
日共の青年部隊たる民青は、「歌って踊って革命が出来るか」と、
その軟弱路線を揶揄されていた。
ただ、共産党に対するアレルギーが現在よりも強かったのは、
確かに否めないだろう。

122 :無名草子さん:2009/10/10(土) 22:16:06
頭は抜群に良かったけど融通が利かない。
本当にどうでもいいことまで自分の意見曲げない。
引かないからすぐに喧嘩になるしあまりに厳密すぎる。
なまじ優秀だからまわりも反論しにくいし、
本人も目標をすごく高くもってるんだけど、
孤立して最後は精神破綻して誇大妄想に取り付かれて
廃人みたいになった。

ミンチになるのが分かってても鉄道に飛び込む奴は後をたたないが
全ての人が彼女のように容姿端麗なわけで無い。
喪失感の漂う時代背景と彼女が美人だったのと父親の人脈で、
個人的な日記が日の目を見たが、
世の中にこんな人生を送った人間はいくらでもいるのさ。

123 :無名草子さん:2009/10/11(日) 02:43:31
なあ、本当に美人だと思うか?
彼女の書いたものを知らないで、パッと見たら十人並み
だとしか思わないと思うんだが。

124 :無名草子さん:2009/10/11(日) 03:43:08
>>123
同意。
俺はあの本が出版された時は16歳だったが、
ちっとも綺麗だとは思わなかった。

125 :無名草子さん:2009/10/11(日) 04:00:12
自殺まで行く人はそう多くはないと思います。

126 :無名草子さん:2009/10/11(日) 09:29:27
>>125
その意見を否定するわけではないけれど、「思う」or「思わない」で議論していても仕方ないだろう。
どっかに裏づけとなる統計はないものかな?ないだろうな〜。

127 :無名草子さん:2009/10/11(日) 10:05:27
あとの世代が見ても充分美人の部類だと思う

あの世代のレベルで見れば


128 :無名草子さん:2009/10/11(日) 10:24:35
目鼻立ちの造りが大きくて美人風でも
存在感はイマイチ地味な人っているよねw

129 :無名草子さん:2009/10/11(日) 11:37:10
>>127-128
ま、個人の好みの問題だ(笑)

130 :無名草子さん:2009/10/11(日) 13:52:41
>>128
童貞のおまいが女を語るのは100年早いと思うよw




131 :無名草子さん:2009/10/11(日) 17:39:17
>>119
おそらく当時、北関東じゃ無名大学のひとつに過ぎなかったんだろうけど、
京都の大学事情やレベル知る親父にとっちゃ立命館の名前聞いた時は、
相当ショックだっただろうな 

同情するわ

132 :無名草子さん:2009/10/11(日) 22:12:17
>>131
それって、宇都宮大学以下ってこと?

133 :無名草子さん:2009/10/11(日) 22:58:26
昔は私立は国立よりレベルが低かったからな

134 :無名草子さん:2009/10/11(日) 23:15:37
結婚して子供を産んで家庭を作るという
自然の摂理に沿った女としての社会的責任も負えず
負け犬女となって人生の不摂生のツケが回ってきたのだ
知障か年寄りでもないかぎり普通あんな死に方しない
冷静に考えれば現実を受け入れきれずに現実逃避したのだとわかる
結局この女は甘えていたのだ
もっと不条理な苦しみを抱えながら最後まで生命を全うしようとする人たち
に申し訳ないとは思わなかったのか?
自業自得による死を美化しすぎ
伝説にして偶像化してしまう
事実の隠蔽ばかり繰り返すから信用を失くす
自業自得の死まで美化するからいじめだリストラだ言って現実逃避の自殺をする人間のクズが後を絶たないのだ
悪しき社会的影響を与える罪の意識なんて全く感じない
こんな女の冥福を祈るなんて偽善者の綺麗ごとだ


135 :無名草子さん:2009/10/11(日) 23:16:26
>>130経験者なら全てが分かるんですかw

136 :無名草子さん:2009/10/12(月) 05:49:36
>>132-133
80年代受験生だったけど、関関同立の中でも立命独特のイメージ、校風を嫌って
立命だけ受験スルーする人は回りに多かった。(もちろん俺もその一人)


137 :無名草子さん:2009/10/12(月) 08:37:31
 高野さんは単に立命館大学へ入学するのではなく、「奈良本教授の
立命館史学」と明確な目的をもって志望を決めていた。
それだけ「立命館日本史」は彼女にとって意義のある選択だったのでしょう。



138 :無名草子さん:2009/10/12(月) 10:01:21
お父さんの時代は優秀でも金がなければ
大学には進学できなかった。
高野さんの時代は相当優秀でないと
優秀な大学には進学できなかった。
団塊の世代は受験戦争そのものだった。
高野さんも優秀だったと思うよ。
現役で立教などに合格している。
あの有名な同級生こざきさんは
1浪か2浪で立命でじゃないか。


139 :無名草子さん:2009/10/12(月) 10:52:33
こざきさんにもコンプレックスがあったんじゃないか。
学歴(浪人)や高野さんに対するコンプレックスが。
だから同級生とは思えない言動をするのかもしれない。
ひょとしたら高野さんに振られたのかもしれない。
立場を異にしていたとしても妊娠云々は
同級生として正常じゃないような気がする。


140 :無名草子さん:2009/10/12(月) 11:05:41
南条あやとかの夭折ナルシストには、ある程度有名人志向もあって死後も想定のうえ文章を残したのだろうが、
生前の証言ではおとなしく目立たないタイプで、本人も認めてるように対人恐怖傾向もあった高野さんにとって、
何十年もさらし者にされてプライベートをあれこれ詮索されるのはいまさらながら皮肉で、ホント気の毒だ。。


141 :無名草子さん:2009/10/12(月) 12:43:35
>>139
確かに普通の同級生であれば、あんなことは書かないよね。

142 :無名草子さん:2009/10/12(月) 15:20:32
>>139
この件に関して質問してる人がいるのに、本人は完全無視してるね。
こんな人が十何年も議員やってるとは・・・

143 :無名草子さん:2009/10/12(月) 15:58:00
こざきは高野さんが共産党と決別して以来何年も接点を持っていない。
その上、こざきが書いていることはすべてソースを明記できない伝聞ばかり。
なのに親族も知らないであろう、状況証拠すらないこんな話を
もっともそうに宣伝する。
みのもんたや北野誠も真っ青だ。


144 :無名草子さん:2009/10/12(月) 16:28:27
こざきは高野さんに惚れてたんだよwww


145 :無名草子さん:2009/10/12(月) 18:40:14
なぜ高野さんは日記を書いていたのだろうか。
日記には中2から自殺について書かれている。
自殺するなら日記など必要ない気もする。
何かを残したかったのだろうか。
何かを誰かに気付いて欲しかったのだろうか。
それとも自分を見つめる為だったのだろうか。
または足跡を残したかったのだろうか。


146 :無名草子さん:2009/10/12(月) 18:42:36
>>144
どんな理由があったにしろ、根拠が明確ではないことを公表するのは非常識。

高野悦子さんは、芸能人でも何でもないのだし。

147 :無名草子さん:2009/10/12(月) 23:36:19
過日「東朝」神上で、女性共産党員たちが、党の資金調達のために、
党資金局の指令をうけて、その性を売つた形跡のあるのを、
女性としての自覚を全く欠くものとして抗議したのに対し、
多くの識不識の同性のかたがたから共鳴の言葉を送られたのには
わたくし自身も意外とするほどした。〔中略〕
これによつても共産党が、その運動に女性の「性」をああも露骨に、
極端と利用したこと、そして婦人党員の幾人かがその犠牲となって
踊らされたといふことは一般女性の本能的な憤激と憎悪とを買つたことが
十分察せられるやうに思はれます。

平塚らいてう「女性共産党員とその性の利用」『婦人公論』1933年3月号131頁

148 :無名草子さん:2009/10/13(火) 00:18:35
古崎氏による高野悦子さんへの性的誹謗中傷
名誉棄損プログ問題に関して、
立命館大学の先輩の穀田恵二氏か
東大阪から出ている吉井英勝氏に
質問状を送ろう。
いっそ志位和夫氏に送ったほうが決着が
早いかも知れない。
この人は女性問題については潔癖症といって
よいほど厳格だから。

149 :無名草子さん:2009/10/13(火) 01:37:05
age

150 :無名草子さん:2009/10/14(水) 01:26:22
古崎氏の家は経済的に裕福ではなかった。
一浪で合格していた立命館を経済的理由で
入学を見送って、アルバイトで金を貯め
二浪して入学した。
高野さんは裕福な家育ちで贅沢してはいないが、
金の苦労は事実上はまったくしていない。
親に反発してあえて自らバイトしていただけで、
お嬢ちゃんのお遊びみたいなもの。
憎む気持はわからなくもない。

151 :無名草子さん:2009/10/14(水) 07:30:13
古崎家は経済的に裕福ではなかったて本当?
大学の一部に進学していて疑問だ。
苦学生は昼間働き、夜大学に通った。
また古崎さん民青に所属して全共闘と対峙していた。
経済的に裕福ではなかったら全てにアルバイト優先だ。
経済的に裕福ではなかったは二浪のいい訳でしょう。
だからコンプレックスが強いのだろう。


152 :無名草子さん:2009/10/14(水) 07:53:17
多分高校時代は受験勉強がよく出来なかったのだろう。
その片鱗が高野さんへの対応に見られるような気がする。
他人を傷付け、屈折した優越感を感じているのだろう。
同級生として常識がないような気がする。
また共産党という基準からしか判断できないようだ。
敵対する人間には銃口で対応するのだろう。


153 :無名草子さん:2009/10/14(水) 11:36:40
大東市の市長宛に抗議文を送るという手がある。
https://www.city.daito.lg.jp/cgi-bin/mail/mail.cgi?id=010

ちなみに大東市の他の議員ブログに、訴えるという手もある。
http://blog.livedoor.jp/kouichirou1973/

劣等感や憎しみがあったとしても、
ブログで平然と故人を貶めることを書いていいわけではない。
しかも市会議員が書くようなことでもない。
余りにも軽率で、神経を疑う。

154 :無名草子さん:2009/10/14(水) 20:16:50
>>153
他の議員のブログに訴えるのは筋違いだろう。
古崎のことを訴えられても扱いに困るに違いない。

>余りにも軽率で、神経を疑う
常識的にはそうだよね。
ただ、もしかしたらだけど、古崎は自分が書いたことについて、「あれの何が問題なんだ?」と思っているかもしれないよ。
世の中には、たまに常識感覚がずれている人もいるからね。

155 :無名草子さん:2009/10/14(水) 20:39:41
古崎さんにはあまり知性を感じない。
高野さんだけでなく、家族や親族に対する配慮がない。
家族や親族のことなど眼中にないのかもしれない。
党員・議員になって偉くなったのでしょう。
人間性に問題があるのかも。

共産党への要望は下記リンクからできます。
http://www.jcp-osaka.jp/form.html


156 :無名草子さん:2009/10/15(木) 00:50:54
>>153
>>155
自分は抗議したの?
そうでなく、他人に抗議してくれということ?


157 :無名草子さん:2009/10/16(金) 09:48:34
抗議しても余り意味がないと思うよ。
政治的人間は、高野さんが考えていた「生きる意味」って事が
理解できないと思うから。

158 :無名草子さん:2009/10/16(金) 09:55:06
>>157
一概にそう決め付けるなよ。
そもそも君の理解だって本当に正しいかどうかなんてわからないわけでしょ?
本人はもう亡くなってしまったのだから。

159 :無名草子さん:2009/10/16(金) 21:09:06
>>153
>>155
まず抗議のコメントなりメールなりしてみてよ。
それで何らかの返信があったら教えてくれよ。

160 :無名草子さん:2009/10/17(土) 14:15:42
天国よいとこ一度はおいで〜 ♪

全然関係は無いが加藤和彦の自殺は衝撃だ

161 :無名草子さん:2009/10/17(土) 15:30:02
>>159
大東市の市長宛に抗議文を送ったんだが、なんの返信もない。
まあまだ三日しかたってないってのもあるだろうけど。

ところでなんで何もしないくせに、そんなに偉そうなのwww

162 :いつまでも二十歳:2009/10/18(日) 00:38:39
加藤和彦さんとカッコは同世代だなあ!あの年代の人はクリエイティブな人が
多い。

163 :無名草子さん:2009/10/18(日) 01:03:16
日記には記述はないが、フォークルはイヤっていうほど耳にしていたはずだ。
カッコとともにご冥福を祈ります

164 :無名草子さん:2009/10/18(日) 01:11:16
悲しくてやりきれない フォーククルセイダーズ
http://www.youtube.com/watch?v=hfzxpHnIRis&feature=related

165 :無名草子さん:2009/10/18(日) 01:24:56
死ぬなよ団塊

人生は負けるが勝ちだ

なあ、カッコちゃん




166 :無名草子さん:2009/10/18(日) 12:27:49
死んだ人を悪く言わないでほしい
自分にも真ん中にも多くの人にとって大事な人だから
終わりとか迷惑とかさ
変に悪く言うアナタが死んだなら終わりで迷惑でオワレと思うよ

大事な人がなくなると悲しいよ。
死生観をさも正しいようにおしつけるのも嫌だし
抑うつ状態や鬱の精神状態を理解できない人にはできないだろうよ

死にたいと思うことも死を選ぶことも悲しいけど
有象無象のどなたかにケチつけられることじゃないよ
悲しいし辛いけど。

どーでもいいから迷惑とか言う人は自分が居なくなってほしくなかった人がいなくなるまで解らんだろうし
死にたいと思うこともない図太い人なら解らんかも知れないけど



静かに悲しいと思う人もいるし
真ん中だってそうだろうさ、どーでもいいやつに大好きな人が亡くなって悪く言われたら嫌だろうさ


つまりうるせー。悲しくてやりきれませんよということですよ。


167 :無名草子さん:2009/10/18(日) 13:04:49
こざき氏のブログを読んだが、悪意のある文章ではないと思うんだが・・・
「控え目な」「天真爛漫」な人だったとか。
妊娠云々は当時の噂話でしょうね、それとも本になる際に削除された日記の文章があり、それを知り
得たのかもしれない、どちらにしても妊娠云々は書く必用はないと思うが・・・・・
ただ、40年も前のことだから、半ば「歴史的」事実として、妊娠してたという噂があった、という
ような文章なら良かったかもしれない。

同じホテルでバイトしていた方のサイトに書かれていた高野さんの印象話も貴重だった、同時代の人
の目からみた高野さんの実像情報は貴重だ。
実際の高野さんを知っている人の数はそれほど多くないだろうし、ましてや60才前後の年齢でネット
利用者数は低いだろうから、情報がほとんど出てこない。
だから、同様にこざき氏の思い出話も貴重だと思う。
私は高野悦子さんの実像を、正確な人間像や行動を知りたいと思う。
イメージが壊れることも幻滅ももはやない。

168 :無名草子さん:2009/10/18(日) 13:05:35
人間は完全なる存在ではないのだ。不完全さをいつも背負っている。
人間の存在価値は完全であることにあるのではなく、不完全でありその
不完全さを克服しようとするところにあるのだ。

169 :無名草子さん:2009/10/18(日) 17:26:06
好きな言葉。
「知ろうとすることは存在し、知ろうとしないことは存在しない。お前はお前自身を知らない。」
「生きてる、生きてる、生きてるよ。バリケードという腹の中で」

……他人の言葉だった。

そんなことより、眼鏡をかけたぐらいで、
本当に、他者からの隔離が成されると思ったんだろうか。
牧野さんじゃ、救いにならなかったんだろうか。
鈴木は? 
中村は?

バイト先では常に演技者であります。演技だよ、演技。

いいじゃないか眠らせてくれよ……

170 :無名草子さん:2009/10/18(日) 19:00:22
牧野さんが語ってくれれば良いでしょうが難しいでしょうね。


171 :無名草子さん:2009/10/18(日) 19:55:44
こざきさん批判コメント削除
本当に呆れた蛮行だ
ttp://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/200909290000/


172 :無名草子さん:2009/10/18(日) 20:01:05
さすがゴキぶりっつwww 永年の隠蔽体質の校風の伝統は健在

173 :無名草子さん:2009/10/18(日) 20:30:33
共産党大東市議こざきさんを語ろう!
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1255864884/1-100
こざきさんへの批判コメントが削除されました。
今後も批判コメントが削除される可能性があります。
ブログの保管としてスレッドを立てました。
発言は個人の責任で記述して下さい。

174 :159:2009/10/19(月) 10:52:31
>>161
あんたが市長宛に抗議文を送る前に、既にこざきに抗議してるんだよ。
もちろんブログのコメントを削除するような人間だから、何の返答もないがね。

ところで、市長に抗議文出したって意味ないんじゃないの?
これは、こざき個人の問題である。
常識的に考えて、市長が議員個人のブログ記事にまで干渉するとは思えない。
おそらく返事が来ても、まともな対応はしてくれないと思うよ。
要するに、あなたは相手にされないということ。

175 :無名草子さん:2009/10/19(月) 11:08:18
楽天ブログで一方的に削除してるなんて、ホントに議員なのこの人?
都合の悪い市民の声を、蓋してるようなもんじゃない。


とりあえず、逐一↓で魚拓を取っておいた方が良いね。
http://megalodon.jp/

176 :無名草子さん:2009/10/19(月) 11:09:48
大東市からちっとも回答が来ない。

みなさんも是非、抗議文を送って下さいまし

>大東市の市長宛に抗議文を送るという手がある。
https://www.city.daito.lg.jp/cgi-bin/mail/mail.cgi?id=010


177 :無名草子さん:2009/10/19(月) 11:23:07
>>175
ワシもブログに抗議のコメントを書き込んだ一人だが、不誠実な対応に頭にきている!

178 :無名草子さん:2009/10/19(月) 14:30:22
>>176
もしたくさん抗議文が送られていったら、大東市の市長もいい迷惑だろうな(笑)

179 :無名草子さん:2009/10/19(月) 21:08:07
関係を持って仮にそうだとして、
一か月半程度で妊娠ってわかるの
教えて女の人

180 :無名草子さん:2009/10/20(火) 09:52:32
112 :この子の名無しのお祝いに:2009/10/20(火) 08:52:42 ID:xJow02eg
>>109
噂話だけで語るべきではないが
それが本当だとすれば判然としなかった自殺の原因が氷解する。


181 :無名草子さん:2009/10/20(火) 10:34:00
>>174
だから、なんで一人で勝手にキレてんだよ、気持ち悪いw
古崎氏に抗議出したって、コメント削除してるようなこの状況で効果あるって思うのか?

妄想で怒ってないで、現実を見ろ。
そしてお前の敵は誰だ?
戦場に行ったら、真っ先に友軍を打ちそうなおつむだな。
ホント、オツムをカッカさせた奴の思考って浅い。

勝手に自分の思考の中で話を進めて、一方的な批判を繰り返し、
それで満足感に浸ってるやつって、気持ち悪すぎる。
良いからもっと抗議文送っとけ。
こんなところで怒りを発散させて書き連ねるな。

182 :無名草子さん:2009/10/20(火) 10:36:20
>>180
本当に妊娠が自殺の原因と言い切れるかな?
私の感覚では、それを否定はしないものの、疑問は残る。

183 :無名草子さん:2009/10/20(火) 11:02:36
http://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/200504210001/
http://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/200909290000/
「2回生になる前に高野悦子は、部落研をやめていった。そしてワンダーフォーゲル部に入ったことは聞いたが、
その後の動向はよく知らない」と言いながら「我々の当時の情報では「中核派」に近い立場であったと記憶しています」。
矛盾丸出しですね。

184 :無名草子さん:2009/10/20(火) 13:21:14
こざきってちょっとだけ知り合いだっただけなのに
40年もたって高野悦子さんを利用した揚句に誹謗中傷しているの


185 :無名草子さん:2009/10/20(火) 13:47:54
古崎さん自己顕示欲のためにデマを流して、
これ以上高齢の高野さんのおかあさんを
傷つけるのはやめてください。

186 :無名草子さん:2009/10/20(火) 19:06:32
>>181
その人は別にキレていないじゃないか。
キレているのは逆に君のほうだよ、どう見ても。
『常識的に考えて、市長が議員個人のブログ記事にまで干渉するとは思えない』というのは、私もそのとおりだと思う。
市長と議員の関係は、先生と生徒の関係じゃないんだよ。
もし本当に市長宛に多数の抗議文が送られていったとしたら、単なる業務妨害ってものだろう。
はっきり言って非常識な行為だよ。
自分の主張を通したいからといって、関係ない人物に抗議文を送るなんて真似は、くれぐれも止めるようにと言っておきます。

187 :無名草子さん:2009/10/20(火) 19:48:11
共産党の人にとって「二十歳の原点」は批判の対象なんでしょうか。
対立する学生運動へ参加した人の日記なのでそうなんでしょうね。
だけど、生きていくという事に真摯に向かい合っている彼女の日記は、
党派的な物を越えて考えさせられ事が多いですね。
共産党の人も、もっと普遍的なところに目を向けて評価を考えるべきですね。

188 :無名草子さん:2009/10/20(火) 20:36:14
>>187
思想が違えばどうしてもね。。。
共産党の人に変化を期待するのは難しいかもしれませんね。
特に、こざきさんの場合は。

189 :無名草子さん:2009/10/20(火) 21:59:11
久しぶりにページをめくる
とにかくおそろしく生真面目、痛々しいほど生真面目
好きになるのにも理由やタテマエが、理論が必用だったようだ
かと思えば、「血と糞」の世界じゃないかと本音を叫ぶ

彼女のタテマエの世界は小崎氏と同じ立場の世界、謂わば「理性の世界」
彼女のホンネの世界は全共闘の世界、謂わば「情念とエロスの世界」
結果的に、彼女にはどちらの世界も居心地のよい世界ではなかった
そもそも政治に耐えられる人ではなかった
彼女を振り回した主動力は「恋と性の願望」であった。
実らぬ「恋と性の願望」で空回りし自虐自滅していった。
そして、「恋と性の願望」のBackground musicが反体制の学生運動だったこと
このことが彼女を極点まで孤立させ追い込むことになった

190 :いつまでも二十歳:2009/10/20(火) 23:14:59
189さん 同意 的確な分析だと思います。その弱さ、脆さ 危うさ に自分を重ねて
この本に熱中された方が多いのでは?自分に代わって自分のん内面を書いてくれている
と・・・

191 :無名草子さん:2009/10/21(水) 00:03:42
>>190

そうです。彼女の鋭い自己分析と文章表現に依存して自分の辛かった青春を追体験しています。
彼女には自分を的確に表現できる能力、文才がある。
中学校から日記を書き続けることで身に付けた能力でしょうか。
二十歳でこれだけの文章を書ける人は少ない。


192 :無名草子さん:2009/10/21(水) 03:30:19
二十歳の原点だけを読めば「恋と性の願望」に
身を委ねることで、人間不信からくる「孤独」から逃れたいと
迷走する偽悪的な行動と苦悩が書き連らねてある。
だがそれ以前の彼女は、どこにでもいるかわいくて文武優等生で
頑張り屋だけど、奥手の女の子で理屈ともドロドロとも無縁の人。
心臓の件以外では、コンプレックスのかけらも感じられない
明るい青春の記述ばかり。
この時代に彼女ほど家族と環境と経済的に恵まれて、成功に
あふれていた人はほとんどいなかっただろう。
無邪気な彼女が悪い環境と時代と屈折した人間たちの悪魔的行動に
押しつぶれてしまっただけ。
こざきもそんな人間の一人。

193 :無名草子さん:2009/10/21(水) 03:58:34
自治会やサークルを根城に大学を支配する
共産党の正体を知ってしまったこと。
ワンゲルの仲間にレイプされ人間不信に陥ったこと。
居場所を失った二つの精神的な絶望が、孤独へと向かわせてしまった。
暴力的政治活動と恋愛に慰めの場を見出したが、それもすぐに破たんして
精神衰弱から衝動的に自殺した。
このとき環境さえ変えれば、彼女にも幸せな未来が開かれていたはずだ。

194 :無名草子さん:2009/10/21(水) 04:06:17
こざきのような組織の歯車に、一人の人間として誠実に思考し
行動しようとしていた高野さんの苦悩がわかるはずもない。
ただ組織の防衛と正当化のために、でたらめで悪質な噂話を
匂わせてセクハラ中傷を宣伝する卑劣な男に人権を語る資格はない。

195 :無名草子さん:2009/10/21(水) 09:33:18
古崎氏に関する抗議文を送った人は何人くらいいるのかな?
私の読みではほとんどいないと思うけど。

196 :無名草子さん:2009/10/21(水) 10:06:59
>>193 >>このとき環境さえ変えれば、

執着心から視野狭窄に入っていて変えられなかった。
中村への執着、反体制「道徳」に縛られ、環境を変えることができない心理状態にあった。
自殺の数日前に栃木から母親が心配して下宿先まで来ている、母娘の話し合いがされたが、
上記への執着があったのか「独り立ち」するこという悦子さんの言うことが通ってしまった。
衝突を嫌った母親が「安易」に娘の言うことを受入れてしまったと推測する。
「独り立ち」の根拠も強い決意も悦子さんには無かった。どちらも「安易」に見通しのつかない
現状維持の流れに従ってしまった。
このとき「環境を変える」機会を失ってしまった。実家に一時退避することさえできなくなった。
精神的にも、生活根拠的にも、完全に袋小路に入ってしまった。金が無きゃ生きていけない。
列車に飛び込んだときの服装は、このとき母親から買ってもらったものだった。



197 :無名草子さん:2009/10/21(水) 10:34:17
高野さんは最後まで政治組織に入ることはなかった。民青からも中核からもオルグされたが
入らなかった。全共闘へは「個人参加」であった、デモを見学していて煽られたのかその場で
スッと隊列の中に入ってしまう。そこから一気に激しい闘争に入っていく、巻き込まれていく。
活動歴、熱中し始めた時期が他の学生達とはズレていた、遅れてやってきた、温度差があった。
闘争終演間際に舞台に上がって熱演するsolo女優の空回りと孤立感。

どんな政治活動も厳しいものだ、自民党から共産党まで、全共闘も。強い神経を持つ者でなけれ
ば続けられるものではない。当時の学生運動に個々人が参加していった最大の動機は正義感だと
思うのだが、単なる正義感で継続できるほど甘くはない。まして高野さんのような詩人の心を持つ
女性がひとりで矛盾対立錯綜する闘争の場にいられるはずもなかった。熱中は数ヶ月で醒めていく。
不幸なことに、同時に「失恋」が重なり、「独り立ち」=強い生活不安が重なり、押しつぶされた。



198 :無名草子さん:2009/10/21(水) 13:16:41
「人はパンのみにて生きるにあらず」 マタイ福音書

その通りだろう。
だが、これはパンがあることを前提にしての言葉。
パンが無くとも生きていけるということではない。

当時の学生運動をやった学生達は自らのパンのことを考えなかったのではないか。
自他の生活や将来を考えず理念や理想や思想に熱中し暴走していった。
学生という数年の自由時間の特殊性に溺れ、パンが必用不可欠だということを無視したか軽んじた。
生活や将来のことを考えることは小市民的として批判されたり自己批判することの対象となった。
史的唯物論を称える活動家学生達がそれをしたのは皮肉なことだ。
あるいは大学のキャンパスという特殊なエリア内で、革命前夜と勘違いしたか?
全共闘の特殊な理論から高野さんは学生(身分)であることを放棄したが、その結果として
入学2年ちょっとで上記のパンの不可欠さを思い知る立場になる。

二十歳前後の若さって無謀にもなれる、すばらしいが、過敏すぎて心身が不安定になりやすい危う
い時期でもある。そこに社会不安が重なると悲劇が起きやすい。

政治や宗教の中に入ってはいけない。
どうしても入りたいなら自分の強さを確認してからにしてほしい。




199 :無名草子さん:2009/10/21(水) 14:27:06
>>198
>政治や宗教の中に入ってはいけない。
極端な主張だよ。
政治活動や信仰活動をしている人の中にも、充実した日々を送っている人が少なからず存在するはずだよ。
特に信仰を特殊なものとして評価するのは改めたほうがいいだろう。
無宗教を当然のように思っているのは、共産主義国を除けば、日本くらいのものではないか?
他の国では、信仰が生活の中に自然に溶け込んでいる。それを否定することはできないよ。
あなたは、高野悦子の体験を、過剰に一般化しようとしているのではないか?

200 :無名草子さん:2009/10/21(水) 16:36:42
>>199

政党も宗教団体も特殊なものとして考えたほうが無難だと考えます。
とくに組織拡大を図ろうとしている新興組織ほど気をつけたほうがいい。
人それぞれ境遇が違いますから、あくまで一般的な話しです。
ただ、学生は特殊な時期にいるということを理解して軽はずみに中に入らないようにしたほうがいい。



201 :無名草子さん:2009/10/21(水) 17:47:43
>>200
言ってることが全然わからないわけでもないのだが、政治や宗教について真剣に考えることができるのは、
若くて考え方が純粋な時期ではないかと思う。
これが社会人になり結婚し、子供もできてとなると、どうしても生活が根本になり、考え方が打算的になる。
ストレートに言えば、段々人間がずるくなってくる。
若い一時期、真剣に政治や宗教と対峙し、研鑽することに深い意味があると信じる。何も特定の組織に属しろ
というのではなく、自分なりに深く考えるということが重要だろう。その結果、政治活動や宗教活動をやって
みるのももちろんいい。
また、そういうことを経験しなければ、人間に深みがなくてダメだ。表面的な楽しみや利害ばかりに囚われて
いる青年が大多数である現状を嘆かわしく思う。
そんな鍛えの入っていない若者が100人集まろうが、1000人集まろうが、「その他大勢」に過ぎず、社会の流れ
に翻弄されて飲み込まれていくだけだ。
浅きを去って深きにつく精神は、若い時代だからこそ育成できるものではないだろうか?

202 :無名草子さん:2009/10/21(水) 19:23:05
>>201  >>どうしても生活が根本になり、考え方が打算的になる。

断言するが、それでいいんだよ、それこそが間違いない生き方なんだ。
それが圧倒的多数の普通の人の生き方なんだよ。

だから言ってる、自分が強い人だと思うなら政党人でも宗教人でもなればいいが
高野さんのような正義感はあるが繊細な人が政治活動に飛び込んでしまうから
悲劇的な結末になる
死ぬよりは「社会の流れ に翻弄されて飲み込まれていく」ほうがよほどいい

203 :無名草子さん:2009/10/21(水) 21:26:24
こざきさんブログ記事から「妊娠」、また批判コメント削除。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/200909290000/


204 :無名草子さん:2009/10/21(水) 22:05:35
>>202
「二十歳の原点」に感情移入しすぎですよ。
少し時間をおいてから、機会がありましたらお話しましょう。

205 :無名草子さん:2009/10/21(水) 22:09:21
小説に見る学生運動

1 名前: 小説「懐かしい、あの時代」 投稿日: 01/09/18 13:49 ID:WKGvVe82
そして酒や女を通じて<オルグ>られ、学生運動の真っ只中へと狩り出されていった。
「我々にはいま、自己否定こそが必要なのだ。この危機的な閉塞状況において、我々が我々自身を
否定するところから出発しなければ、壁は壁のままであり続ける。
我々学生の闘う労働者との団結と統一は、我々自らがこの苦悩をかみ締め、それを日帝に搾取され
る人民の苦痛と同化させつつ……」

「お前、いつ、そんな言葉覚えたの?何か、別人になってない?」
「なるほど自己否定か……ありゃもう、別人だ。いや、人間じゃないよな」

しかし、デモに参加する学生って、どうしてこうも皆、没個性的な同じ顔、同じ服装、同じ雰囲気
になってしまうのだろうか。

身なりは汚らしいが、正義と理想に燃える活動家学生こそが女の子にもて、「革命的連帯」「同志
的結合」「ブルジョワ道徳の否定」「自己否定と意識改造」の名の下に、セックスのやり放題。
活動に関わった女の子たちは、性欲の捌け口として徹底的に利用された。セックスと暴力が大手を
振ってまかり通ったわけで、「ソドムの市」はとうの昔に日本の大学内に実現していた。

そう、みな同じ身なりで同じ雰囲気を放ち、同じ目付きをしている。
目の色まで同じなのだ。何かに取り憑かれたような、まるで薬中毒のような目付き。


206 :無名草子さん:2009/10/22(木) 00:55:28
セックスくらいガンガンやらせてくれよ。
口実は学生運動でもテニスサークルでも何でもいいんだよ。
大学時代は男も女もやりたい盛りなんだから。

むかしもてなくてつらかったからってそんなにむきになるなよ。

207 :無名草子さん:2009/10/22(木) 01:08:03
「かつおぶしだよ人生は」

猫に生まれてよかったよ
気ままに生きても誰も文句はいわないよ
まいにち毎日猫の手を
借りたいなんて人聞は
エ〜忙しそうにしてるけど
貸してくれよと 頼んでこない
それでそれでいいんだよ
ハア〜かつおぶしだよ人生は

猫に生まれてしあわせよ
のっぴきならねえいやな世の中みてきたよ
なにかをなにかを ねだるとき
猫なで声で人間は
エ〜猫のまねしてすり寄るよ
やめておくれよおいらのまねを
だけどだけどいいんだよ
ハア〜かつおぶしだよ人生は

恋する恋する春がくる
心も庭も花が咲く
エ〜「かつぶし一緒にたべようね」
今目もタマちゃん垣根で誘う
それでそれでいいんだよ
ハア〜かつおぶしだよ人生は


208 :無名草子さん:2009/10/22(木) 04:11:38
こんどは何の説明もなくコメントとともに削除

209 :無名草子さん:2009/10/22(木) 07:22:25
1970年頃の政治運動はべ平連にしても全共闘にしても運動参加については
自由だったのではないのですか。
共産党の組織の在り方に対して批判して運動を創っていこうとしていたの
ですから。
高野さんは組織的なことではなく運動の退潮期に詩人的な感性が崩壊して
いった結果の自死ではないのでしょうか?

210 :無名草子さん:2009/10/22(木) 08:09:10
ウブだった。
それだけ。

お嬢様は一人にしたらダメ。

211 :無名草子さん:2009/10/22(木) 09:52:19
>>209
既出かもしれないが、うつ病による自殺でしょう。
うつ病になると、全てを否定する心情に陥ってしまうが、読者の人は、それを「詩人的な感性」と
解釈しているのだろう。

>>210
ストレートな表現だが、確かに一理ある指摘だね。

212 :無名草子さん:2009/10/22(木) 11:07:00
「二十歳の原点」しか読んでいない奴等がいるので記述しておく。
高野さんの自殺の記述は日記を付け始めた中2まで遡る。
昭和38年1月28日の日記には次のように記述されている。
前文省略
「今、自殺してもかまわないと思っている。残念とは思わない。」と記す。
後文省略
失恋したから全共闘運動が行き詰ったから誰もが死ぬわけではない。
そうだったら大学も社会ももっと自殺者が出ているだろう。
また最近は何でも「うつ病」のせいにする奴等がいる。
勉強ができ、容姿も整い、恵まれた家庭に育っても何かが足りないのだ。
高野さんは何かを求めるように何度か教会へも足を運んでいる。
「自己の存在」や「生」を肯定できない何かがあったのだ。
直接的な自殺原因と同様にそのベースも考える必要がある。


213 :無名草子さん:2009/10/22(木) 12:53:53
>>212
>>高野さんは何かを求めるように何度か教会へも足を運んでいる。
>>「自己の存在」や「生」を肯定できない何かがあったのだ。
>>直接的な自殺原因と同様にそのベースも考える必要がある。

たしかにそうなんだが、やはり直接的な原因を探るべきだと思う。
こざき氏によれば「控え目」だが「天真爛漫」な女性だったというし、過去に書いた自殺願望の
文章はベースとして弱さはあるものの少女期特有のものかもしれない。
ベースとして弱さを持っていても自殺を実行するまでには距離がある。



214 :無名草子さん:2009/10/22(木) 16:45:56
>>159,>>174,>>186の愚者達よ。
君たちみたいに正義ヅラして何もしない愚図が、いかに役に立たなかったかが証明されましたよ。

見事に古崎氏のブログから、『妊娠』の文字が消えてるじゃないの!
抗議した人達、ご苦労様。
日和見だけで文句言ってた人らは、さようなら。

ちなみに大東市からも回答が来た。やっぱり抗議が効いたみたいだな。
二度とこっちに送って来んなって言われたけど……。


メールでお問い合わせいただきありがとうございます。
**様よりご意見いただきました内容については、古崎勉議員及び議会事務局に申し伝えました。
また、市長にも報告しております。
なお、今後ご意見などがございましたら、ご本人に直接お伝えいただきますようお願いいたします。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

*********************************
大東市 政策推進部 秘書広報課
〒574-8555 大東市谷川1丁目1番1号
電話 072-872-****(内線****)
直通 072-870-****
ファクス 072-872-****
メール  ******@city.daito.lg.jp
*********************************

215 :無名草子さん:2009/10/22(木) 19:41:37
あの時期に栃木の田舎の女子高からよりにもよって立命に入ったのは不運で
気の毒とは思うが、結局、最終的にはどこにでもある男女の問題だったんじゃないのかねえ

216 :無名草子さん:2009/10/22(木) 19:57:17
(こざきさんブログ原文1/3)
 「20歳の原点」で有名な高野悦子は、私と日本史専攻の同級生で、1回生のとき部落問題研究会も同じだった。
 文学部での活動は、当時、学生自治会の全学統合組織である学友会が統社同に握られており、これを「民主化」することが焦点となっていた。それにむけた代議員獲得の選挙で、日本史専攻の1回生から私と高野悦子が推薦されて立候補し、当選した。
 部落研での活動は、昼間は学習会をしたり、夜は市内の同和地区へ行って、子ども会活動に加わっていた。彼女は、みんなと一緒に子ども会で卓球をやっていたと思う。


217 :無名草子さん:2009/10/22(木) 20:28:47
文学的に価値のある日記を残し、本にまでなったから有名になったが、当時は学生運動に挫折したり
疲れ果てたりして自殺した「無名」学生がたくさんいたみたいだね。

高野さんの日記には彼女の時代の特殊性を越えた、すべての時代に通じる青春期の苦悩が表現されて
いるからいまだに読まれてる。
ただ、克服して乗り越えてほしかったな。自殺者の日記では人には勧められない。
実際の自殺現場にこの本が置かれている例があったらしいので、自殺許容の本になってしまってい
る場合もある。実際に自殺した女性の心理を追うことになるので引き込まれてしまうこともありうる。

ということで、25才以下の年齢限定で悪書と認定します。

218 :無名草子さん:2009/10/23(金) 07:36:24
(こざきさんが修正したブログ原文)
 2回生になる前に高野悦子は、部落研をやめていった。そしてワンダーフォーゲル部に入ったことは聞いたが、その後の動向はよく知らない。
 改めて知ったのは、大学構内の「わだつみ像」の破壊行動に彼女が参加していたこと、悩んだ末に山陰線に飛び込んで自殺したこと。そしてその時、妊娠していたようだということ。


219 :無名草子さん:2009/10/23(金) 09:49:48
こざきさんのブログ完全消滅。
修正・削除では生き残れなかった。
共産党幹部に怒られたかも。
少し残念な気がする。

220 :186:2009/10/23(金) 10:00:35
>>214
>二度とこっちに送って来んなって言われたけど……。
要するに、あなたのやったことは広報課の人たちにとって迷惑行為だったということです。それは認めないといけません。
あなたはブログが削除されたことで、勝ち誇った気分になっているようですが、それは市の広報課の好意によるもので、決して好ましい
手段ではなかったということです。
もしかしたら、自分の主張が通るなら、手段は問わないとお考えですか?
もしそういうことでしたら、最近問題になっている「モンスターペアレンツ」と同類の人間ということになります。
何よりも>>214の下劣な表現には閉口してしまいました。これが正しい人間の言葉遣いなのでしょうか?
メールを送るにしても、事情を説明して、古崎氏本人の連絡先を問い合わせるなどするべきだったでしょう。
今後は、もう少し常識というものを身につける努力をすることをお勧めします。


221 :無名草子さん:2009/10/23(金) 11:30:26
>>220
>もしかしたら、自分の主張が通るなら、手段は問わないとお考えですか? もしそういうことでしたら
だから、なんで一人で勝手に決めつけてんだよ、気持ち悪いw
くそ真面目な硬い文章で書けば立派で常識あると思ってたら大間違いだぜ。

そうやってぐだぐだ書くわりに、
モンペに何も言えないで、裏であれはよくない、あれは非常識だとしか言えないから、
彼らが蔓延ってんじゃないの。
まさに今回、何も出来ないで説教垂れてる>>220の行為が象徴してるわな。

そもそも抗議コメント書いても削除するような輩に、話が通じるかっての。

しかも抗議されてからブログ丸ごと消して、しっぽ巻いて逃げるなんてどうよ?
本当に申し訳ないと思うなら、謝罪文の一つでも載せるだろ。それが常識じゃないのさ。

あとね、抗議する・しないの問題よりも重要なのは、
他人の、しかも女性に対して『妊娠してた』という憶測を、
公衆が見るネットに於いて氏名まで挙げ連ねて書くことが、非常識だってコトだ。

亡くなった子供の親の気持ちなど考えれば、悪行極まりないのは言うまでもない。
問題をはき違えるな、正義大好き君よ。

222 :220:2009/10/23(金) 11:52:48
>>221
あなたは他人を攻撃することはあっても、自分の言動を振り返って反省するということを
一切しない人なのですか?少なくとも、そういう内容の文章は一文もありませんね。

>だから、なんで一人で勝手に決めつけてんだよ、気持ち悪いw
決め付けていないではありませんか。私の文章のどこでそのような断定をしていますか?
また、 「自分の主張が通るなら、手段は問わない」と考えていないということであれば、
ではどう考えているのですか?
どうしてあなたは人を攻撃することだけで、自身への質問にはまともに答えないのでしょう。
たまにいらっしゃいますけどね。あなたのようなタイプの人間は。

>モンペに何も言えないで、裏であれはよくない、あれは非常識だとしか言えないから、
>彼らが蔓延ってんじゃないの
モンペとは何ですか?
ちなみに私の場合は、古崎氏のブログに批判のコメントを書いた人間の一人です。
あなたは私に「なんで一人で勝手に決めつけてんだよ、気持ち悪いw」と書きましたね。
その言葉を、あなたにそっくりそのままお返しします。

>そもそも抗議コメント書いても削除するような輩に、話が通じるかっての
その行為は私も不適切だと思います。しかし、相手が不適切な行為をしたのであれば、その人に
対して常識のない行為をしてもいいということにはならないと考えています。
あなたはそうは思わないということですね?

>しかも抗議されてからブログ丸ごと消して、しっぽ巻いて逃げるなんてどうよ?
>本当に申し訳ないと思うなら、謝罪文の一つでも載せるだろ。それが常識じゃないのさ。
それは私に対してではなく、古崎氏に言うべきことです。相手を間違えないでください。



223 :220:2009/10/23(金) 11:54:20
>あとね、抗議する・しないの問題よりも重要なのは、
>他人の、しかも女性に対して『妊娠してた』という憶測を、
>公衆が見るネットに於いて氏名まで挙げ連ねて書くことが、非常識だってコトだ。
そう書けば自分の行為が正当化されると思っているのですね。わかります。

>問題をはき違えるな、正義大好き君よ。
履き違えておりません。私は古崎氏の行為を認めていませんし、批判もしています。
しかし、それとあなたの行為が適切だったかは別問題ということです。
問題の履き違えをしているのは、あなたですよ。理解できないでしょうけど。

224 :無名草子さん:2009/10/23(金) 12:13:29
>>222-223
あなたの言ってることは正論だ。
でも>>221の人に言っても無駄だからスルーしたほうがいい。
人の話に耳を傾ける人じゃないもの。
自己主張だけの人に何を言っても時間の無駄だよ。

225 :無名草子さん:2009/10/23(金) 12:48:11
どういう経緯でブログが削除されたかは分からない。
噂や伝聞も多かったけれども高野さんの足跡を知る上で
ブログの削除は大きな痛手となったのは間違いないだろう。

226 :無名草子さん:2009/10/23(金) 13:11:27
>>225
まだキャッシュが残っているでしょう。
必要な部分があったら、それをコピーすればいいのでは?

227 :無名草子さん:2009/10/23(金) 15:17:11
自殺の原因として、学生運動挫折説、失恋説、睡眠薬「副作用」説、
そして今度はあくまで噂だが「妊娠」説が加わった。
原点に戻るようだが、彼女にとって日記を書く目的はなんだったのだろうか?
日記を書くことによってどんな作用が彼女に働いたのだろうか?
考えてみると実に不思議な日記で、映画のシナリオ、心理解説付きのシナリオのようにも思えて
しまう。
あるいは、日記というカメラレンズを自分に向けて撮影し続ける自己ルポタージュ。撮影者とし
の彼女は主観的であるが、レンズに写された彼女は客観的、そんなややこしい関係というか現象
が成立している。



228 :無名草子さん:2009/10/23(金) 15:52:01
そしてこれまで、彼女についての情報は、彼女自身が書いた日記しかなかった。
日記は一人称自身について書かれたものだからそのまま「信用」するしかないのだろうか?

同じアルバイト先の同僚の男性から見た高野さんの印象情報を読んだとき、高野さんは本当に実在
してたんだということを実感したが、そんな当たり前のことで奇妙な感覚を感じてしまった。
日記以外のリアル場所で高野さんは存在していたという、当たり前で不思議な感覚。
日記と日記以外からの彼女の情報を照らし合わせることで複合的な「物語」が拡がっていく。

229 :無名草子さん:2009/10/23(金) 16:48:54
日記に「修飾」されていない彼女は、「二十歳の原点」の彼女ではない。
すべてのひとが、当然だがその内面を、心模様を、考えを持って生きている。
ただ、すべてのひとが、その内面を表現し文章化できるかといえば、そうではない。

たしかに自殺者の日記ではあるが、自殺の事実を知っているから自殺者の日記となるだけであって、
書かれた日記には青春期の辛さや苦悩が「上手に」表現され書かれている。
そこに多くの人達が共感を覚える。恋愛も上手くいくほうが少ない、自意識過剰かなと思い悩み傷つ
く青春期。だれもが元気溌剌な若さを経験するわけじゃない。


230 :無名草子さん:2009/10/23(金) 19:42:45
大東市会議員ーこざき勉
2005.05.12
★ふたたび「高野悦子」=「20歳の原点」について [ その他 ]
★「20歳の原点」を書いた高野悦子について、私は4月21日の日記ブログに書いている。
ところで最近、「文芸春秋」の6月号で高野悦子の母(高野アイさん)が手記を書いているこ
とを知った。
 高野悦子が山陰線に飛び込んで自殺したのは、1969年の6月24日。その1週間前の6
月17日に母は京都へ来て彼女と会っている。「京都駅で『いっしょに帰ろう』という言葉が
出かかったが、飲み込んでしまった。あのとき連れて帰っていれば、と、悔やまれてなりませ
ん」と記している。郷里へ帰るよう説得しようと思ったが、口に出さなかったとのこと。母の
無念の思いが伝わってくる。
★当時は、ニセ左翼暴力集団=全共闘運動が華やかな時で、「純粋な」彼女はこれに巻き込ま
れて死を選んだ。私としても当時、一時、いっしょに活動をした者として正しい方向に導けな
かった点は、心残りがある。

231 :無名草子さん:2009/10/23(金) 19:44:27
Re:南十字星さんへ こざき 勉さん
>わだつみ像を倒した中に高野さんがいたと記述されていますが、何か根拠があるのでしょう
か。『二十歳の原点』には、一切記述されていません。
---当時、全共闘が「わだつみ像」を引き倒した時、「その一群のなかに彼女を目撃した」と
私の知人が証言しています。その知人も彼女が加わっていたことに驚いた様子でした。
>また集団の中で、積極的に関与していたのでしょうか
----ですから積極的な参加かどうかは解りません。

>全共闘の暴力行為が記述されていますが、民青には暴力行為(自衛?)はなかったのでしょ
うか。(『二十歳の原点』には暴力行為の記述あり)もしあったならば、その行為は許される
のでしょうか。
----全共闘は、「入試阻止」で学外から部隊を呼び寄せ、日大全共闘は先を鋭利に尖らせた鉄
パイプを林立させて襲撃するなど、その暴力的な攻撃は相当なものでした。これにたいして大
学と自らを守るために物理的な抵抗はありました。
(2005.09.29 16:52:35)


232 :無名草子さん:2009/10/23(金) 19:45:18
Re:少しの驚き1(04/21) こざき 勉さん
南十字星さんへ
★「中核派」と「アナーキスト」は違います。考え方でも違うし、何よりも当時、各セクトが
ヘルメットを被っていましたから、ヘルメットで簡単に識別できます(但し、一部にヘルメッ
トを被らずに行動を共にしていた者もありました)。
 「中核派」は白色のヘルメットで正面に″中核〃と書いてあります。アナーキストは黒いヘ
ルメットを被っていました。
★彼女の件ですが、彼女が「わだつみ像」を倒した集団のなかにいたことを聞いた時、私は正
直いって驚きました。その時、私を含めて我々の多く(数百人規模)は校舎内にいて、全共闘
が数百人規模で「わだつみ像」のある校庭にいました。かれらが「わだつみ像」を壊したこと
を知って我々は憤り、外に出ました。その時に、知人が彼女の姿を目撃したのだと思います。
 当時、我々はどのセクトが何人位いるかなど、他陣営の情報を集中して正確に把握する努力
をしていましたから、知人の情報に謝りはないと思います。(2005.10.01 09:22:34)

233 :無名草子さん:2009/10/23(金) 21:03:53
全共闘に組することは、彼女にとっては二度目の政治的目覚めであり行動であった。
一度目はこざき氏と同じ側、そして二度目が全共闘側。
一度目の側を離れたときに彼女には若干の挫折感や後ろめたさを感じていたふしがある。
全共闘デモを近くから見ていて感じるものがあったのか、気付いたらデモ隊列に入っていたとある。
これが二度目の政治デビューになってしまった。この時の彼女の政治意識や立場的なものは、民青
粉砕という掛け声?に疑問を感じて声を出さなかったというレベル、せいぜいが正義感を煽られ熱く
なった程度のもの。
しかしこの刹那的行動がきっかけになり悲劇への道を走り出すことになった。
一度目の政治的流れから離れたことに挫折感や後ろめたさがあったからか、二度目は短期間とはいえ
激しく燃え、激しく活動的に行動することになってしまった。たったの3ヶ月だが。
この激しい熱中が友人関係、家族関係、そして中村との「恋」にも、そして心身の健康にも大きな
支障を来すことになり、四面楚歌、袋小路へと彼女を追いやった。

(注)日記を読む限りは何れの組織にも正式に参加した様子はないし、していないと思われるので、
   側・立場・流れという表現使いました。


234 :無名草子さん:2009/10/23(金) 21:09:42
全共闘がわだつみの像を倒したのは何月何日でしょうか。


235 :無名草子さん:2009/10/23(金) 21:19:08
>>234

1969年5月20日

日記、5月24日に、20日の行動が1行だけだがある。

236 :無名草子さん:2009/10/23(金) 21:34:01
今日一日長々と書いてきて思うこと、こんな時代に大学時代を過ごさなくて良かったなと・・・
戦争時代よりはましだろうが・・・・

人は生まれ生きる時代に大きく左右され翻弄される。
そして各個人がそれを背負うことになる。
就職状況は一年の違いでも天国と地獄の違い。





237 :無名草子さん:2009/10/23(金) 21:57:49
でも、当時は良かったとか懐かしいとか思う全共闘世代も多い。
過去を器用に現在と切り離して行ける者とそうでない者がいる。

238 :無名草子さん:2009/10/23(金) 22:04:40
亡くなった人、不具になった人、大学を追われて人生が変わった人も
多数いるというのに。

239 :無名草子さん:2009/10/24(土) 10:13:43
どんな理由があったとしても、自殺はいけない。
そういう認識を、ぶれることなく持ち続けることが大事だと思う。
生きて生きて生き抜くことでしか、人は幸せになれないと信じる。

240 :無名草子さん:2009/10/24(土) 10:28:17
こざきさんのブログ本当に消滅したんだね。
共産主義者のやることは極端過ぎる。
何があったんだろう。

241 :無名草子さん:2009/10/24(土) 11:15:28
共産主義者だって
プ‥

242 :無名草子さん:2009/10/24(土) 12:41:10
>>241
いやいや。今の世界経済をみると、共産主義国の中国や、共産主義的傾向の強いフランスが堅調だ。
むしろ米国や日本など、自由経済の国が大変な状況に喘いでいる。
共産主義的傾向が強い国では、低所得者や失業者に対する手厚い保護を行うから、国内消費が伸びる。
それが経済の健全化を支えている。
今の日本は消費が冷え込んでいるから、共産主義的政策を取り入れる選択肢は十分にありうると考える。

243 :無名草子さん:2009/10/24(土) 13:10:59
フランスはもちろん中国も社会主義国ではありません。
経済、所有形態からみれば資本主義国です。
中国の場合は共産党という名の独裁政党が政権を担っているというだけです。
経済的土台は資本主義社会であり国家です。
まずあり得ないが、日本で共産党が政権を取った場合も、それで社会主義国になったということに
はならない、それと同じことです。
資本主義も社会主義も、そのことそのものでバラ色の社会になるなんてありませんから。
無理に○○主義を人工的に押し通せばソ連やかつての中国や北朝鮮のように大きな信じられないよう
な弊害を産み出す。
高野さんの時代は社会主義をユートピアかなにかと勘違いできる時代だったんでしょうね。
それも資本主義を破壊して社会主義に至るということで、大学の施設を壊しまくったというような
幼くもお馬鹿な時代。
今の時代で社会主義国っぽいのはキューバだけだと思うな。

244 :無名草子さん:2009/10/24(土) 15:55:42

■ウリふたつの立命館と北朝鮮■

★北朝鮮
・本当はキチガイ国家なのに、マトモな国と思い込んでいる
・工作が大好き
・捏造が大好き 息をするようにウソをつく、病的な大ウソツキ
・日本につきまとうストーカー
・日本人になりすます
・アメリカと北朝鮮を並べた記事を流すのが大好き
・アジアビリの国なのに、アジアトップの国と思い込んでいる
・誇れるような独自のものが何もない
・日本のパクリだらけ
・イメージの悪さは世界一。韓国と並び世界一の嫌われ者国家
・自称「米帝のライバル」、本当は「韓国のライバル」

★立命館
・本当は3流大学なのに、1流大学と思い込んでいる
・工作が大好き
・捏造が大好き 息をするようにウソをつく、病的な大ウソツキ
・同志社関学につきまとうストーカー
・京大同志社関学などに成りすます
・早慶、同志社と、立命館を並べたスレを立てるのが大好き
・関関同立ビリの大学なのに、関関同立トップの大学と思い込んでいる
・誇れるような独自の強味が何もない
・同志社のパクリだらけ
・イメージの悪さは日本一。明治と並び日本一の嫌われ者大学
・自称「同志社のライバル」、本当は「京産のライバル」

245 :無名草子さん:2009/10/24(土) 19:48:52
何もブログ全体を閉鎖しなくてもよさそうなものだが、改めてキャッシュを見ると
相当痛いな。「我々民主的学生」と「暴力学生」という白黒二分法で、40年前と
全く同じ地点に立っているんだから。まあ、あの年で市議どまりだから、民青の
下っ端はこんなものか。

246 :無名草子さん:2009/10/24(土) 20:02:44
痴漢、警官、立命館って昔言ったよね。

247 :無名草子さん:2009/10/24(土) 20:05:27
----全共闘は、「入試阻止」で学外から部隊を呼び寄せ、日大全共闘は先を鋭利に尖らせた鉄パイプを林立させて襲撃するなど、その暴力的な攻撃は相当なものでした。これにたいして大学と自らを守るために物理的な抵抗はありました。
(こざきさんブログ引用)
物理的な抵抗は民主的学生と同じなんだろうか?

248 :無名草子さん:2009/10/25(日) 08:10:48
「わだつみの像」の全共闘による損壊行為について、高野さんは全くって云うほど
記述していない。何故でしょう、かなり重要な行動だったと思いますけど。
この損壊行為について全共闘の考え方はどうだったのでしょうか。
こうした提起を行った全共闘は何故余り影響力を残さず消えてしまったのか?
「二十歳の原点」には色んなことを考えさせられる。


249 :無名草子さん:2009/10/25(日) 08:50:18
>>248

政治7割、宗教3割の集団的熱狂=ほぼカルト。
自己否定とか自己批判、総括とかさ。

250 :無名草子さん:2009/10/25(日) 10:03:54
中村とは肉体関係はなかったらしいね。

「なにもないのだ、なにも起こらないのだ」

251 :無名草子さん:2009/10/25(日) 14:48:44
>>250
やはり気になりますか?(笑)

252 :無名草子さん:2009/10/25(日) 15:00:36
こざきのブログ、ほとぼりが冷めた頃に、何事もなかったかのように、
復活するんじゃないか ?

253 :無名草子さん:2009/10/25(日) 16:11:10
今日は立命館スポーツデー
・立命館宇治が智弁和歌山を倒して選抜確定
・女子駅伝の女王立命館、仏教大に完敗4連覇ならず
・野球は同志社とリーグ優勝かけて激突、一勝一敗

254 :無名草子さん:2009/10/25(日) 17:26:10
>>252
その可能性はあると思うし、その権利まで否定することはできない。
ただ、今回のように特定の人の名誉を傷つけるような事を書かなければいいのだと思う。

255 :無名草子さん:2009/10/25(日) 17:46:23
こざき出て来い!
謝罪しろ!

256 :無名草子さん:2009/10/25(日) 19:43:45
立場は違うようになってしまったけど、こざきさんも間違いなく高野さんと
同時代の人で高野さんと接触があった人でしょう。聞かせてもらえる話は
聞かせていただいた方が良いと思いますよ。
もう半世紀近くも前の出来事ですから冷静に判断すべきだと思います。

257 :無名草子さん:2009/10/25(日) 20:16:33
こざきさんには40年前ではないようです。
何か個人的な感情があるのではないでしょうか。
一般の私人(個人・故人)に対する対応には思えない。
またかなり人権意識も低いようです。


258 :無名草子さん:2009/10/26(月) 10:37:38
>>256

その後の全共闘とか過激派各派の内ゲバ殺人などのテロや頽廃ぶりをふりかえってみれば、
「立場が違った」というレベルではないかもしれない。
共産党の言う、「偽左翼暴力集団」という決めつけは正しかったと言わざるを得ない。
高野さんは日記の最終盤で、全共闘の集会に参加しない理由として「セクトの引き回し」になって
るからと書く。各セクトの主導権争いに全共闘的な合意の崩壊を感じていたのかもしれない。
すでに個人参加の女子大生がついていける段階ではなくなりつつあった。
部分的にはあった国民の支持もほぼ失っていた。
「彼等は私達のことを暴力学生と呼び」、「冷たい目」で見ると書く。
夕暮れの京都、家々の屋根を見ながら、彼女は抽象的な「人民」なんていないんだと気が付く。
もっと本を読まなくちゃと、読書計画らしきものも書いている。
「闘争」の熱中から醒めつつあり、抽象的な理論の世界から、ほんのちょっと現実世界に近づいて
いる。そのとき同時に彼女に危機がおとずれる。
燃え尽き症候群の兆候がはっきり出てきている。
「なにもない、なにも起きないんだ」と書くのは、中村との関係だけじゃなくて彼女の「闘争」に
ついてでもあり、さらには、彼女のこれからの人生への心理でもあった、つまりは希望や展望を
失い絶望心理へと落ち込んでいった。
不安で眠れなくなった、不安で死を現実に考えるようになった、睡眠薬を買う、飲む、副作用、・・



259 :無名草子さん:2009/10/26(月) 11:32:38
「闘争」に熱中し、「敗戦」が見え、ふと我に返って気が付いてみたら、
家族と対立し、友人達を失い、中村との「恋」も失い、学生身分を失い、仕送りを失い、・・・・・

そんなボロボロになった心と体から出てきたのが絶望と自殺

260 :無名草子さん:2009/10/26(月) 15:49:28
夢見る少女って感じ
今も生きてたら「遼くん、遼くん」いってゴルフわからないのに観戦にいってるだろうな

261 :無名草子さん:2009/10/26(月) 16:13:06
自分を、流されやすい、影響されやすい、と書く。
そのとおりだったんだろうな。
全共闘のアジテーションに煽られ感動して舞い上がってデモ隊列に入っちゃったのが悲劇の始まり。
40年前のことを知らないからだけど、日本全国の大学で左翼の温度が高かったせいもあるだろうね。
それが間違いとか正しいとか別にして、悲劇の始まりだったことはたしかだ。

262 :無名草子さん:2009/10/26(月) 17:04:22
>>261
人間なんて、ほとんどが流されやすく、影響されやすい生き物だと思うけどね。

263 :無名草子さん:2009/10/26(月) 19:04:19
女は99%そうだな
自分がない

264 :無名草子さん:2009/10/26(月) 20:01:51
だから流行もんや、誰かの薦めや、売れてるってだけで飛びつくんだろうな。

知り合いの女が春樹を読んだこともなかったくせに、
早速1Q84を買って読んでたけど、つまらないって辟易してた。

えっちゃんも買ったりしてたんだろうか……。


265 :無名草子さん:2009/10/26(月) 22:43:13
友達もそうだなwww
春樹読んだことないけど、それ読みたいっていってた
まず他のおもしろいと評価されてる本読めばいいのになと思った

266 :無名草子さん:2009/10/27(火) 01:39:03
彼女は栃木の女子高の出身で、政治運動に対しても異性関係に対しても免疫がなかったこと、
高校からの友人が大学に少なかったこと、も災いしたのではなかろうか。

267 :無名草子さん:2009/10/27(火) 02:35:39
それらが性格形成に影響を与えたろうが
同じ境遇の人は腐るほどいただろうから本人の資質の方が大きいだろうな

268 :無名草子さん:2009/10/28(水) 11:27:59
>>267

全共闘という政治カルトの犠牲者だろ。
素直で純な人ほど重症化。

269 :無名草子さん:2009/10/28(水) 13:53:56
あの日記を読んで愕くのは、
とても自分は二十歳の頃に、あそこまで考えは居なかったなってことだな……
たとえあの時代の若者が、今の若者と違うとしてもね。

それに、考えていたとしても、ああやって書き記せなかったよ。
もっと自己中心的で幼稚な書き方になってたと思う。


270 :無名草子さん:2009/10/28(水) 13:55:03
>>265
なんで目先の新しいものしか買わないんだろうね。
古いから駄目とでも思ってるのかね。

271 :無名草子さん:2009/10/28(水) 16:27:50
>>269

それは言える。
文章力はかなりある。
自分の思いや考えを思い通りに書くってのはけっこう難しい。
ましてや二十歳そこそこだものな。

272 :無名草子さん:2009/10/29(木) 23:36:53
モーレツからビューティフルへ

273 :無名草子さん:2009/10/31(土) 04:24:26
>>269
>>271
原点ノート、原点序章は読みましたか?
もちろん、原点よりはつたない文章であることは否めませんが、
その年齢からすれば、自分の考え方をあそこまで整理して文章化できる彼女の特異性にただ驚きます。

274 :無名草子さん:2009/10/31(土) 07:26:10
>>273
ワシが10代の頃は、もっと文章力があったものじゃよ。

275 :無名草子さん:2009/10/31(土) 08:46:42
>>274
文章力だけの話じゃないっすよ、オッサン。

276 :無名草子さん:2009/10/31(土) 10:34:48
>>275
君にはスルーするという心の余裕がないのかね?

277 :無名草子さん:2009/11/01(日) 00:37:55
>>276
オッサン、あんまし若者苛めても年相応の大人からサムい野郎だと思われるから、ガマンしたほうがいいと思うよ。

278 :無名草子さん:2009/11/07(土) 12:50:31
新保守主義アゲ

279 :名無し:2009/11/07(土) 21:16:36
なかなか書き込みできません!


280 :無名草子さん:2009/11/07(土) 21:42:09
mattaku

281 :無名草子さん:2009/11/07(土) 21:52:30
規制解除あげ

282 :無名草子さん:2009/11/07(土) 22:03:19
大東市議の高野悦子妊娠説の証拠まだ〜?

283 :無名草子さん:2009/11/08(日) 20:45:03
恋の空しさを彼女は直感している。
性欲が仕掛けた幻想であることも知っている。

生きることについても同様だと直感している。
「それがいったいなんになるのだ」。

直視され、客観化された欲望には華やかな花は咲かない。
彼女の欲望は弱い、我を忘れるような強さが無い。
欲望の出所など忘れて満たそうとする強さがない。
理性によって漂白されてしまうような欲望なのだ。

284 :無名草子さん:2009/11/10(火) 11:06:12
だがそれがいい。

今時の、簡単に他人の好みにつられる浅はかな女より、よほどいい。

自分というものを考え、持とうとする健気なところが、さらにいい。

現代を見てみろ。TV雑誌でとりあげるとワッと群がるイナゴや蠅のような集団脳。

ろくに考えもせず、売れている、人気があるだけで飛びつく愚かしさ。

だから感想を聞かれても、面白いやすごい、感動したといった、
自分の言葉で表現が出来ない。

二十歳でここまで考えて文章の書き残した悦子氏は素晴らしい。

285 :無名草子さん:2009/11/10(火) 12:49:13
相手の性格をひと目で見抜く知恵ラ←本
相手のしぐさや表情、話し方、好み、服装などから、その人の意外な本性をたちどころに見抜くコツを伝授!人間関係を思い通りに!



286 :無名草子さん:2009/11/11(水) 00:23:55
カッコちゃんの唯一の失敗。
それは自殺してしまったこと。
自分のハードルが高過ぎて、自分を追い込んでしまった。
人に対するハードルが高過ぎて、孤立してしまった。
真面目過ぎた。
生きてこそ人生。死んだらおしまい。

287 :無名草子さん:2009/11/12(木) 01:27:29
人間はいずれ死ぬ
彼女は、死ぬまで生きている理由が見あたらなかったんだと思う

そういう俺も見あたらない

288 :無名草子さん:2009/11/12(木) 01:44:37
サヨク死した発達障害者にしか見えない。

289 :無名草子さん:2009/11/12(木) 08:40:54
>>284
今の若者全体をそのような目で見てはいけませんよ。
あくまで一人一人は違う存在として見ないと、本当のことはわからない。

290 :無名草子さん:2009/11/12(木) 08:41:42
>>288
そのようにしか見えないのは、君自身が発達障害だからだよ。

291 :無名草子さん:2009/11/12(木) 08:42:39
>>287
君の個人的な話など書かなくてもよい。

292 :無名草子さん:2009/11/13(金) 01:50:18
今時なら、そこらに転がってるメンヘラだね。


293 :無名草子さん:2009/11/13(金) 08:28:12
>>292
厳しい指摘だけど、それはあり得ると思う。
今はメンヘラの人が積極的に自分の日記などをネットで公開することが珍しくない。
そうなると、余程優れた内容でなければ、大量のネット情報の中に埋没してしまうだけだ。
ただ、だからといって「二十歳の原点」に価値がないということにもならないのも事実だろう。

294 :無名草子さん:2009/11/13(金) 15:02:18
今のブログみたいに、
顔文字と絵文字と改行を乱用されたら、それだけ価値は下がったかもね。

ついでにペットの写真と、スイーツの写真とか。

295 :無名草子さん:2009/11/13(金) 15:43:03
>>294
メールする時なんか、顔文字や絵文字も結構大事だったりするよ。
文章だけだと正確なニュアンスが伝わらず、あわやトラブルに!?という場面が何度かあった。
自分だけかと思っていたが、友人達に聞いたら、みんな似たような経験をしていた。
色々な考え方があると思うけど、新しい文化を安易に低俗なものと見なすのは、あまり賛成できないな。
自分としては、価値が下がったのではなく、表現方法が変化したと受け止めている。
また、一般大衆が生み出すものは、今も昔も高尚なものは少ないと思っている。

296 :無名草子さん:2009/11/13(金) 17:18:35
>>294
それは日記というより娯楽でしょ?

297 :無名草子さん:2009/11/13(金) 17:28:03
こういう言い方変だけどさ。
人間一番いいときにやめるっていうジンクスがあるんだよね

かっこちゃんのいいときって20歳だったんじゃないかな。

俺は自殺肯定は何で

298 :無名草子さん:2009/11/13(金) 19:55:36
家が金持ちで高学歴で容姿端麗、普通に人生送ればなんの苦労もない若者が
ちょっとしたコンプや思い込みから、アッサリ人生を棒に振る。

そんな人間がいつの時代にもいる

299 :無名草子さん:2009/11/15(日) 08:35:00
確かに、高野さんあっさりと人生を捨て去ったようですね。
学生運動の高揚期に運動にのめりこみ、終焉期の喪失感が
総てを支配してしまった。お父様の無念さは計り知れない
と思います。

300 :無名草子さん:2009/11/15(日) 09:43:32
市橋も高野も同類ってことだよな

301 :無名草子さん:2009/11/15(日) 10:16:25
>>298
>ちょっとしたコンプや思い込みから、アッサリ人生を棒に振る
あなたにとっては「ちょっとした」事でも、本人にとっては「ちょっとした」事では済まされないこともある。

>>300
>市橋も高野も同類ってことだよな
人殺しと同類扱いするのは、これ以上にない侮辱です。

302 :無名草子さん:2009/11/15(日) 13:57:58
>>298
>ちょっとしたコンプや思い込みから、アッサリ人生を棒に振る

そりゃ死んだらアッサリだろうけど、
それまでには書き連ねられない葛藤とかあるだろ。

あえて言うと、
ちょっとしたコンプや思い込みから、アッサリ妄想を論じる。

そんな人間がいつの時代にもいる


303 :無名草子さん:2009/11/15(日) 20:07:54
今頃、極楽浄土でお父上と談笑しているだろう。

304 :無名草子さん:2009/11/15(日) 22:55:00
>>303
マジレスしますが、どんな理由があるにせよ、自殺で亡くなった人間は、死後も苦しみ続けます。

305 :無名草子さん:2009/11/16(月) 11:02:12
>>304
カルトかよw
仏教にそんな教えは無いよ。
それが最も明らかなのは浄土真宗。
どんな人でも阿弥陀如来が救って下さる。
「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人おや」って知ってるか?


306 :無名草子さん:2009/11/16(月) 11:08:59
>>305
宗教の話をしたのではない。
ただ、阿弥陀如来なんて釈尊が方便として説いた仏で、法華経の中で明確に否定している。
それ知ってるか?

307 :無名草子さん:2009/11/16(月) 12:15:51
>>305
悪人でも念仏を唱えれば極楽浄土に行けるというのなら、この世で正しく生きていこうと努力する意味はないな。

308 :無名草子さん:2009/11/16(月) 14:58:21
>>305
憎たらしい奴らを皆殺しにして、その後、念仏を唱えてから自殺すればいいということか?

309 :無名草子さん:2009/11/16(月) 15:09:38
戒名でアホみたいに金を取るのって、浄土真宗だっけ?

禅宗だと数十マンで済むとか

310 :無名草子さん:2009/11/16(月) 20:08:13
親鸞が唱えた「悪人正機説」の悪人とは、現代の私達が使っている犯罪人を
意味するものではないでしょう。中世の時代に使われていた「悪」の意味を
考えなければ駄目だと思います。

311 :無名草子さん:2009/11/16(月) 22:21:10
久しぶりに六曜社地下点に行った。
あそこのドーナツは素朴でいいね。

ただ、残念ながらカッコさんの痕跡らしきものはなかった。

312 :無名草子さん:2009/11/17(火) 08:39:57
>>310
それを説明しろって。アホか?(笑)

313 :無名草子さん:2009/11/17(火) 14:02:51
>>306は創価信者だな。

314 :無名草子さん:2009/11/18(水) 13:53:24
創価作家って、教会の描写とか書かないし、南無阿弥陀仏も決して台詞として言わせないよね。

逆に、それらが載っていれば信者ではないという証拠にもなるけど。

315 :無名草子さん:2009/11/18(水) 14:39:10
>>314
創価学会は大きな教団だから、そう思うかもしれないけど、他にもそういうような教団はあるよ。

316 :無名草子さん:2009/11/18(水) 17:45:08
特定宗教団体の話は、このスレッドに関係がないので、なるべく控えるようにしてください。

317 :無名草子さん:2009/11/19(木) 22:35:25
>>306
浄土三部教も法華経も釈尊存命中に成立したものではない。
既に江戸時代に富永仲基が指摘している。

318 :無名草子さん:2009/11/20(金) 00:35:59
>>317
んな事、常識の範疇じゃないか。
とにかく宗教ネタは終わりにしろ。
このスレには関係ない話だ。

319 :無名草子さん:2009/11/22(日) 00:04:52
69年といえば「天と地と」の年か。。

まだ当時小学生だったけど子役の中村光輝に似てるとか、周囲の大人に言われたのを
なんとなく記憶してる

320 :無名草子さん:2009/11/23(月) 12:24:12
今度京都に行って【】ちゃんが死んだ場所がよかったら
わたしも【】ちゃんのとこいこうかな

321 :無名草子さん:2009/11/23(月) 13:47:44
>>320

今やガード下になってるはず。
【】悪いからいっちゃだめだぞ。

322 :無名草子さん:2009/11/24(火) 23:32:19
>>320
321の言うとおり。
あそこでは飛び込みようがない。
まあ、六曜でも行って深炒りコーヒー飲んでこい。

323 :無名草子さん:2009/11/28(土) 01:10:21
糞団塊の象徴

324 :無名草子さん:2009/11/28(土) 21:41:19
雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが風のよに 消えたから
わたしの胸に つのる淋しさは 愛するあなたにも わからない
どうして みんな恋しているんでしょう 果てない 涙の中で
だからひとりで 
雲にのりたい やわらかな雲に  知らない街角を 見たいから

雲にのりたい あたたかい雲に 今日またしあわせは 来ないから
あなたといても くちづけをしても 悲しい風が吹く 胸の中
どうして みんな恋しているんでしょう   果てない 涙の中で
だからひとりで 
雲にのりたい あたたかい雲に  だれにも逢わないで いたいから


325 :名無し:2009/11/29(日) 13:54:26
なぜ、黛じゅんなんですか?

326 :無名草子さん:2009/11/29(日) 15:59:10
>>325
日記の中に、似たような記述があった。

327 :無名草子さん:2009/11/29(日) 17:48:22
いかにも高野悦子の好きそうな陰鬱なメロディと歌詞の「雲にのりたい}
昨日のNHKだかTBSの番組のBGMに流れてた

328 :無名草子さん:2009/12/02(水) 00:19:22
悦子が戦ってた資本主義って何?

329 :無名草子さん:2009/12/02(水) 03:45:00
当時大学生でウェイトレスバイトでバイト仲間の人に恋してて…が
自分とダブり一気読みしたわ。


330 :無名草子さん:2009/12/03(木) 01:51:34
まじで資本主義って何っすか?

331 :無名草子さん:2009/12/04(金) 14:18:12
>>329
何を求めたたんだ?

332 :無名草子さん:2009/12/04(金) 14:49:47
>>328
生産手段を持つ資本家が、賃金労働者を使用して利潤を追求する(搾取する)社会システム。

333 :無名草子さん:2009/12/05(土) 18:43:36
>>332
じゃあ悦子は社会主義を望んでたの?

334 :無名草子さん:2009/12/05(土) 19:42:19
>>333
基本的にその方向に向かっていたと考えて間違いありません。

335 :無名草子さん:2009/12/05(土) 20:53:56
>>334
結局時代に踊らされたんだね
とてもじゃないけど日本が社会主義国になって成功したとは思えない

そういう時代だったんだろうね

今のおいらには分かりませんw

336 :無名草子さん:2009/12/07(月) 22:54:28
http://www.youtube.com/watch?v=gJ_MIPHa-NA

337 :無名草子さん:2009/12/08(火) 22:52:39
★☆70年代当時京都に潜んでいた在日一覧表☆★
http://sexoffender.99k.org/hanzai.htm

338 :無名草子さん:2009/12/09(水) 13:57:33
高野さんは社会主義よりアナーキズムに惹かれていたみたいですね。


339 :無名草子さん:2009/12/09(水) 14:56:17
>>335
>今のおいらには分かりませんw
格差社会の今なら、逆に理解しやすいんじゃないか?
散々働かされた末にリストラされ、その一方で資本家はしっかり蓄財している。
同じ人間なのに、一生遊んで暮らせるだけの金を持っている者と、働くあてもなく、明日食べる物に困っている者とが存在する。
そういった状況に、不合理なものを感じている人は少なくないだろう。

340 :無名草子さん:2009/12/09(水) 14:57:35
深い意味はないんじゃないの?特権的に働いているものの少なからずはイザリの池沼だったりするみたいだし

341 :無名草子さん:2009/12/09(水) 14:58:57
>>338
それは鬱病の影響が大だろう。

342 :無名草子さん:2009/12/09(水) 14:59:03
ブルドーザーをもっているイザリ低知能創価が
易々優越感に浸るためにせせこましい集団イジメに便乗している

何も優れていない


343 :無名草子さん:2009/12/09(水) 15:01:15
あからさまに知能が低くてビッコで骨が悪く歯なしで創価信者が優れているというならそれはそれだが
理解の意味ない

344 :無名草子さん:2009/12/09(水) 21:19:40
意味がわからん(-_-;)

345 :無名草子さん:2009/12/09(水) 23:31:38
>>338
アナーキズムってなに?

346 :無名草子さん:2009/12/10(木) 16:49:01
一切の権力を否定して絶対的な自由の行われるような社会を実現させよう
とする主義。

347 :いつまでも二十歳:2009/12/10(木) 22:39:12
>一切の権力を否定して絶対的な自由の行われるような社会を実現させよう
 とする主義。
正に高野悦子の理想とした考えではないだろうか。高野悦子の心の根底に流れる
理想の世の中の概念だったのだろうか。それが不可能と知っていたからこそ
この世の生にあまり執着していなかったのかも・・

348 :無名草子さん:2009/12/11(金) 00:33:28
>>347
>それが不可能と知っていたからこそこの世の生にあまり執着していなかったのかも・・
自殺する前の日記を読んで、「この世の生にあまり執着していなかった」なんて思えるか?
現実との格闘が、読者の心を打ったのではないのか?


349 :無名草子さん:2009/12/11(金) 14:24:42
現実世界で苦しんでるのが読んでるとよく分かるよね。

350 :いつまでも二十歳:2009/12/11(金) 19:47:00
そこが分かれ目だと思う。現実に苦しんで苦しんで絶望して惨めになって、どん底に
落とされて・・・それでも生きていたい!時が解決する・・・と考えるか・・・
自分をごまかして生きていこうとするか・・・・死を選ぶかの判断の違いだと思う。
今悪くってもきっといいこといつか来るだろうと考えることができなかったのだろう。
自分の理想を無意識のうちにおったのだと思う。

351 :無名草子さん:2009/12/11(金) 20:20:19
最近の若い奴はイデオロジーが無い

352 :無名草子さん:2009/12/11(金) 21:48:26
カッコさんは「生き甲斐」程度では生きていけなかった。
そんなに苦しくても辛くても、「高野悦子として生きている理由」が知りたかっただけ。

でも、普通はそんなのないよねぇ、誰だって。

353 :いつまでも二十歳:2009/12/12(土) 00:08:43
それと、社会とうまくいかなかったとき。帰るところは家族のはずなのに
家族との心のつながりはどうだったのだろうか?

354 :無名草子さん:2009/12/12(土) 00:21:12
少子化ですっかり2.7流大のイメージになりさがりましたねw
しかし高すぎる理想を満々とさせたままで
二十歳を迎えるほどに何事においても順風満帆理想高々だったんですかね

355 :無名草子さん:2009/12/12(土) 11:43:55
>>350
>今悪くってもきっといいこといつか来るだろうと考えることができなかったのだろう
そうだったとしても、病気じゃない人は自殺したりしない。
やっぱりこの人は、うつ病か重いノイローゼだったのだと思う。
要は精神病で自殺に追い込まれたのだ。当時は、精神病に対する理解もなかっただろうし。

356 :無名草子さん:2009/12/12(土) 16:42:33
立命って、学生運動時代はもの凄く底辺大学だったんでしょ?

357 :無名草子さん:2009/12/12(土) 21:20:14
>>355
亡くなる前の詩を読んでみろ。
精神病患者にあんなすがすがしい詩が書けるか!

358 :無名草子さん:2009/12/12(土) 23:03:49
>>355
>病気じゃない人は自殺したりしない

そんな事あるもんか。
あんたこそ人間の精神について理解が無いな。


359 :無名草子さん:2009/12/13(日) 05:22:05
「絶望とは死に至る病」

360 :無名草子さん:2009/12/13(日) 13:24:47
ほんと希望がないと人は生きられないよな

ほんのちょっとでいいんだよね
かすかな希望でいいんだ
だれが見てもムリだって言われるようなのでもいい
本人が信じれれば

だけどそれすらなくなったら

私も自殺するかも

361 :無名草子さん:2009/12/13(日) 15:58:25
>>360
吾唯知足
出来ないことより、出来たことを数えろ。
京都の竜安寺に行け。

362 :いつまでも二十歳:2009/12/13(日) 23:53:15
希望は与えられるものではないと思う。自分で作り出すものだと思う。
心の持ちようによっって生きている限り失うものでは決してない。なくなる
ものでは決してない。本人が信じればそれで希望になる。
自殺はけっしてするな!!

363 :無名草子さん:2009/12/14(月) 14:23:49
『知足』とは、「程度を弁え、身の程を知るのだ!」という意味よりは、
自らの現状を全面的に肯定して、『今』を力強く生きるための拠り所にしろというのが、
本来の意味らしい。


364 :355:2009/12/14(月) 17:40:30
>>357
>亡くなる前の詩を読んでみろ。
>精神病患者にあんなすがすがしい詩が書けるか!
なにをそんなに感情的になってるんだ?
君の書いていることは、精神病を患っている人に対する冒涜とも受け取れる。
「精神病患者=気違い」と決め付けているのではないか?

>>病気じゃない人は自殺したりしない

>そんな事あるもんか。
>あんたこそ人間の精神について理解が無いな。
自分も鬱病を経験したし、自分なりにいろいろ勉強したので、「人間の精神について理解が無い」とは思っていない。
もちろん、自殺者全員が病気だったとは言えないが、その傾向は明らかにある。
とくに最後のほうの日記を読むと、少なくとも健康な精神状態とは到底思えない。
「精神病で自殺に追い込まれたのだ」という意見を撤回する考えはない。

365 :無名草子さん:2009/12/14(月) 23:23:04
>>364
君が、ごく軽度な鬱病だったってことはよくわかったよ。
重い鬱病がどんなのか知らないんだね。
アマエンボーの鬱病気取り屋さん。

366 :無名草子さん:2009/12/15(火) 01:31:44
>>364>>355
欝状態と鬱病(=精神障がい)の区別も付いてないな。

>>病気じゃない人は自殺したりしない
と言いながら、
>もちろん、自殺者全員が病気だったとは言えないが
と言うのも矛盾してるし。

367 :無名草子さん:2009/12/15(火) 01:50:15
>>366
あなたもわかっていないと思いますよ。
鬱病の人は基本的に鬱状態です。しかし、鬱状態であっても必ずしも鬱病とはいえません。
よって、鬱状態と鬱病は明確に区別できるものではないのです。
あなたは、高野悦子さんを鬱病ではなく鬱状態だと言いたいのですか?
もしそうなら、そう判断する根拠を示してください。

368 :無名草子さん:2009/12/15(火) 04:40:34
高野にセックスして喜びを感じさせればよかったんだ

369 :無名草子さん:2009/12/15(火) 10:10:36
>>368
今からそれを言ってどうする!w

370 :無名草子さん:2009/12/15(火) 11:39:16
>>365
>君が、ごく軽度な鬱病だったってことはよくわかったよ
重い鬱病ではなかったというのは、その通りですね。

>重い鬱病がどんなのか知らないんだね
経験はしていませんが、知識レベルでは知っています。
重い鬱病になるとどうなるかというと、口がきけなくなり、歩いても10歩程度が限界です(主治医談)。
また、重い鬱病になると、逆に自殺はしないものです。なぜなら、自殺する気力もわかなくなるから。
ですから、高野さんは重い鬱病ではなかったと思います。

>アマエンボーの鬱病気取り屋さん
あなたは重い鬱病を患ったことがあるのですか?もしあったとしても、それは何の自慢にもなりませんよ。
また、軽度の鬱病患者を馬鹿にする根拠にもなりません。
あなたのレスを読むと、重い鬱病を患った経験を何も生かせていない気の毒な人だと思います。
本当に苦しみを体験した人間なら、他人の苦しみも理解し、同苦できるものです。
しかし、あなたは逆に、軽度の鬱病の患者を「アマエンボーの鬱病気取り屋さん」と中傷しました。
こんな人が「二十歳の原点」など読んでも、高野さんを見下してお終いでしょうね。
人間性に問題ありということです。
もし、重い鬱病を患ったことがないのであれば、単に人をからかい馬鹿にすることに喜びを見出すしか能のない、
本当に哀れな人としか思えません。
いずれ、このスレッドにふさわしくない代表のような人ですね。


371 :無名草子さん:2009/12/15(火) 11:47:49
>>365
甘えん坊はアンタだろ
上から目線ご苦労さん

372 :無名草子さん:2009/12/15(火) 11:54:36
>>371
同意。>>365のレスを読んで、俺もムッときたよ。

373 :無名草子さん:2009/12/15(火) 12:37:00
>>370=>>371=>>372
自演乙

374 :370:2009/12/15(火) 13:24:02
>>373
勝手な憶測はやめていただきたい。自演など姑息な真似は一切していない。

375 :無名草子さん:2009/12/15(火) 13:56:00
>>374
虚言メンヘラ乙w

376 :無名草子さん:2009/12/15(火) 14:36:29
鬱病鬱病ウザいんだよ
構ってほしいなら病院池

377 :無名草子さん:2009/12/15(火) 14:40:11
>>376
高野悦子は鬱病だった。

378 :無名草子さん:2009/12/15(火) 14:41:22
>>375
重い鬱病がどんなのか知らないんだね。

379 :無名草子さん:2009/12/15(火) 15:43:33
>>377
だから?
お前が構って構っていうのと関係あんのか?

380 :無名草子さん:2009/12/15(火) 15:44:42
>>378
知ってるが?
重い鬱病になるとどうなるかというと、口がきけなくなり、歩いても10歩程度が限界だな
で、それが何の関係があるの、虚言メンヘラさん?

381 :無名草子さん:2009/12/15(火) 16:24:12
>>380
君が、ごく軽度な鬱病だったってことはよくわかったよ。

382 :無名草子さん:2009/12/15(火) 17:00:52
物語を書くのが好きなヒトは、自分が書いた物語に
気分を左右されやすい
精神を支配されやすいところがあるようだね

383 :無名草子さん:2009/12/15(火) 17:03:33
高校生の時に読んだけど、よくわからなかったな
実家にあるから、今度読みかえしてみよう。

「高野悦子」で検索したら、遺体画像かと思われるものを見てしまった
なんというか…切ないな

384 :無名草子さん:2009/12/15(火) 17:08:59
>>381
いやだからどう関係があるか聞いてるんだが?話そらすなよお前

385 :無名草子さん:2009/12/15(火) 18:38:18
>>383
>高校生の時に読んだけど、よくわからなかったな
学生運動などが絡んでくると、若い世代の人はよくわからないかもしれませんね。

>「高野悦子」で検索したら、遺体画像かと思われるものを見てしまった
私も見ましたが、その写真はおそらく別人のものでしょう。
ただ、そのような写真をWebサイトに貼り付ける管理人の神経を疑いますが。

386 :無名草子さん:2009/12/15(火) 18:39:30
>>384
アマエンボーの鬱病気取り屋さんwww

387 :無名草子さん:2009/12/15(火) 19:46:51
コザキが消えて過疎ってたけどまたいつもの雰囲気に戻ってきたか

388 :無名草子さん:2009/12/15(火) 19:50:01
>>386
お前がなwwメンヘラワナビの詐欺師がwww死んじまえカス

389 :無名草子さん:2009/12/15(火) 20:09:34
高野悦子って、同姓同名の有名な人がいるんだよね。
映画関係の。



390 :無名草子さん:2009/12/15(火) 20:21:40
>>386
甘えん坊の鬱病気取りの似非メンヘラはお前だろ

391 :無名草子さん:2009/12/15(火) 20:56:29
ガキのケンカは外に行ってやりな。

392 :無名草子さん:2009/12/15(火) 21:03:02
>>386
じゃあどう関係あるかちゃんと答えてくれ
逃げるなよ

393 :365:2009/12/16(水) 00:48:42
別に鬱病患者を馬鹿にする気は毛頭ない。

ただ、鬱病自慢する奴はゥ剤

394 :無名草子さん:2009/12/16(水) 10:02:28
お前ら、いい加減にしろ!!

395 :無名草子さん:2009/12/16(水) 11:31:24
>>386は早く答えろよ
それとも似非メンヘラは逃げたか?w

396 :無名草子さん:2009/12/17(木) 02:12:30
高野は理屈に走りすぎて、現実の人間としての肉体・本能の
エネルギーを否定してしまい、観念と欲望のはざまで
混乱して自己嫌悪に陥った。
たとえ自虐であっても遊ばれたとしても女として
恋に生きて苦しんで乗り越える経験を積んでほしかった。
りくつだけじゃ人は生きられないんだってことを身をもって
学んでいれば、頭のいい人だからたくましく飛躍できたと思う。

397 :無名草子さん:2009/12/17(木) 03:16:32
カッコちゃんはカッコつけすぎたんだよ。


ナンツッテ

398 :無名草子さん:2009/12/17(木) 07:47:55
「二十歳の原点」は約半年間の日記ですが彼女にとっては凝縮された
時間だったと思います。全共闘運動って、それだけの意味をもってたの
ですね。当時の高野さんと行動を共にしていた人達は今どうしているので
しょうか?

399 :無名草子さん:2009/12/17(木) 13:25:45
>>398
大半は普通のサラリーマンをしています。

400 :無名草子さん:2009/12/17(木) 19:13:02
>>386逃亡wこれだから似非メンヘラは

401 :無名草子さん:2009/12/20(日) 16:08:34
>>398 日和った

402 :無名草子さん:2009/12/22(火) 10:21:49
こざきさんの日記発見
ttp://www.jcp-daito.org/KOZAKIHP/kozaki1.htm


403 :無名草子さん:2009/12/22(火) 12:23:10
>>402
日記の文章が、途中で切れているようだが。。。

404 :無名草子さん:2009/12/24(木) 12:14:22
一人オナニーは大好きだったけど男とやるのは怖かったんだろ

405 :無名草子さん:2009/12/24(木) 21:58:32
 彼女は自分が何物であるのかを探し続けていた。
多くの人達が、青春時代の一時の事として置き去りにしてしまった時間の
中で彼女は生き続けている。


406 :無名草子さん:2009/12/25(金) 04:58:19
何か現実の苦悩があったのでは?アトピーとか水虫だって程度によっては死にたくなるよ

407 :無名草子さん:2009/12/25(金) 05:11:19
あらぬところに極太ムダ毛が一本だけ長々と生えていて都度都度に引っこ抜く処理が精神的に苦痛でならなかったとか

408 :無名草子さん:2009/12/25(金) 05:47:44
そういう類の悩みなら多分日記に書いてただろうな

もし将来再復刻するなら、原文ノートそのままのコピーで出せば
相当売れるだろう(もちろん人名部分は塗りつぶして、仮名を置くしかないが)

409 :無名草子さん:2009/12/25(金) 10:06:59
>>405
要するに、青春時代を振り返りたくて「二十歳の原点」を読むってわけか?
自分には、そんなセンチメンタルな欲求はないな。

410 :無名草子さん:2009/12/25(金) 17:35:34
60歳位の定年間際の方達も、昔は高野さんみたいに考えて
いたのかしらと思ってみただけです。


411 :無名草子さん:2009/12/26(土) 10:35:18
大抵の人はお気楽にやってたんじゃないかねぇ

412 :無名草子さん:2009/12/26(土) 10:54:28
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/detail/2008/0615.html

413 :無名草子さん:2009/12/26(土) 16:27:47
>>409は過去を振り返ることがないの?



414 :無名草子さん:2009/12/26(土) 20:31:40
そんな人もいるだろう
人の過去を読んで自分の過去を蘇らせるのは珍しいというかきもいな
自分の過去を思い出せよって思う

415 :無名草子さん:2009/12/26(土) 23:17:33
>>413
過去を振り返って反省することはあるが、変に感傷的になることはない。
あくまで「今から先」のために過去(の経験)があると考えており、過去の思い出が単独で意味をもつとは思っていない。

416 :無名草子さん:2009/12/27(日) 00:00:30
求む
高野悦子最新情報

417 :無名草子さん:2009/12/27(日) 00:56:20
>>416
何かのウケ狙いですか?

418 :無名草子さん:2009/12/27(日) 05:41:55
そろそろ生まれ変わりが二十歳の日記を出版する頃だな

419 :無名草子さん:2009/12/27(日) 09:51:36
             __                    ジャー     ____
  /⌒ヽ     |;;lヽ::/                    ∧_∧   /__ o、 |、
 ( ^ω^)∫. .|;;|:: :|~                   ( ´・ω・)ノ .ii | ・ \ノ
 (  つc□  i===i=i c□c□c□     旦旦旦旦( o     旦| ・  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|   コーヒーの方はこちらへ    |  |     お茶の方はこちらへ     .|


420 :無名草子さん:2009/12/29(火) 00:15:45
>>415
反省するって事は、つまり失敗や慚愧についてのみの過去を思い出すって事だよね?

過去を未来に活かすってのも大事なんだけど、
今生きてるという実感のために利用することはないの?
感傷的ってわけじゃなくて、二度と戻れないその時について考えて、
生きてることや無常観について考えてみるとか。

なんでかって、そういった生きることについての充足感を得ようとせずに、
不安な未来のことや、現在についての悲観的なことばかりを捉えてたから、
悦子氏は自裁したんじゃないかって思ってさ。


421 :無名草子さん:2010/01/01(金) 02:29:29
人格障害者のメンヘラ日記。左翼風味が利いてるw
こんなのに傾倒するのはメンヘラのみのようなw

422 :無名草子さん:2010/01/02(土) 11:51:27
信者はキモイ奴しかいないからな

423 :無名草子さん:2010/01/02(土) 15:17:30
誕生日おめでとう。

424 :無名草子さん:2010/01/03(日) 17:49:13
>>421
「時代」というものを見ていない。
当時は現在と違って左翼が多数いて、積極的に活動していた。

425 :無名草子さん:2010/01/03(日) 18:35:04
>>424
反論にも答えにもなってない
まず日本語勉強しようなw

426 :無名草子さん:2010/01/03(日) 20:26:25
昨日は、61回目の誕生日か。
母上にとっては辛い思いでの日だね。

427 :無名草子さん:2010/01/03(日) 20:45:18
ご母堂はまだご存命なのですか?

428 :無名草子さん:2010/01/04(月) 08:02:33
>>427
ちょー元気

429 :無名草子さん:2010/01/04(月) 09:04:50
お墓参り行きたいけど、雪に埋もれてんのかな。
暖かくなったら、西那須野か天神踏切跡にでも行ってみよう。

430 :無名草子さん:2010/01/05(火) 02:45:10
>>428
娘は自殺したのにな

431 :無名草子さん:2010/01/05(火) 15:07:40
>>421-422
何だかんだいって、ちゃんと読んだんだろ?
実は密かに高野悦子のファンだったりしてwww

432 :415:2010/01/05(火) 15:16:46
>>420
>反省するって事は、つまり失敗や慚愧についてのみの過去を思い出すって事だよね?
そういうこともあるけど、逆に上手くいった経験を思い出して、それを現在の課題に当てはめることができないか、と考えることもある。

>今生きてるという実感のために利用することはないの?
>感傷的ってわけじゃなくて、二度と戻れないその時について考えて、
>生きてることや無常観について考えてみるとか。
学生時代など、暇な時期には、そういうことを考えたこともあったように思う。
でも、社会人になって忙しい毎日を送っていると、そんなことはどうでもよくなってしまった。

>なんでかって、そういった生きることについての充足感を得ようとせずに、
>不安な未来のことや、現在についての悲観的なことばかりを捉えてたから、
>悦子氏は自裁したんじゃないかって思ってさ。
高野悦子さんのことはともかくとして、自分は今やるべきことや、当面の課題に集中することにしている。
1年先にどうなっているかもわからないのに、5年先や10年先のことを心配しても仕方がないもの。

433 :無名草子さん:2010/01/05(火) 18:32:48
>>430
新聞記事によれば、悦子 という名前を10年以上口に出して言えなかったそうだ。


434 :無名草子さん:2010/01/05(火) 18:39:25
人間って、特に若い時って、目の前のことしか目に入らない。
しばらく様子を見てみよう、という余裕がない。
だからちょっとしたタイミングで自殺してしまうような脆さが出てしまう。

考えることも行動も不細工でいい、不純でいい、矛盾だらけでいいんだ。

435 :無名草子さん:2010/01/05(火) 21:35:59
40年前の女子大生に思わず萌えてしまった気恥ずかしさで、
ここへ来て煽りカキコミするバカ 今までもかなりいた筈

436 :無名草子さん:2010/01/05(火) 23:32:38
>>434
>考えることも行動も不細工でいい、不純でいい、矛盾だらけでいいんだ。
青春時代とは、嫌でもそういうものだろう。

437 :無名草子さん:2010/01/06(水) 11:32:00
高野家は姉ちゃんも弟も仕事でも偉くなったし子供が多いので、
お母さんは孫ひ孫に囲まれて結構幸せな老後を過ごしている。

438 :無名草子さん:2010/01/06(水) 11:36:18
>>437
高野悦子さんの母親と面識があるの?

439 :無名草子さん:2010/01/06(水) 11:41:23
ないけどこの街じゃ有名な家だからね。

440 :無名草子さん:2010/01/06(水) 13:07:36
結局は悦子さんのひとりよがりだったのね。
でもそれが後に町長にまでなったお父さんをはじめ、
家族それぞれが悦子さん分も精一杯生きるための
モチベーションになったのかもしれませんね。

441 :無名草子さん:2010/01/06(水) 18:19:15
>>440
自殺する人は、基本的にひとりよがりだと思う。
異常に思考の幅が狭いから、精神的に行き詰まり、自殺に追い込まれるのだろう。

442 :無名草子さん:2010/01/06(水) 22:52:01
俺は自殺に追い込まれたとは思えないなあ。
人並みの幸せにエヘラエヘラ喜べない自分に気づいて、
人生に見切りをつけたのではないかと思う。

それにしても、死装束を母親と一緒に買うってのは、
親の心子知らずでは済まされん惨さだね。

443 :無名草子さん:2010/01/06(水) 23:16:11
レイパー小林と二股中村の二大男のクズが、
彼女の精神を破壊したのが自殺のきっかけだ。


444 :無名草子さん:2010/01/07(木) 00:58:38
結局彼女は資本論を読んだのかどうかがちょっと気になるところ。

445 :無名草子さん:2010/01/07(木) 09:59:30
>>442
>人並みの幸せにエヘラエヘラ喜べない自分に気づいて、
>人生に見切りをつけたのではないかと思う。
それこそ、異常に思考が狭い、典型的な例じゃないか。
自分で自分を死に追いやったんだって。

446 :無名草子さん:2010/01/07(木) 11:35:10
信じあえるいい男に巡り合って、愛のあるセックスに満たされていたら
死のうなんて気持ちは根底から吹っ飛んでいたよ。
人間ってもっと単純で、思考なんてあやふやなもんだったりする。
あんなに思いつめずに、環境を変えることができたならばなぁ。

447 :無名草子さん:2010/01/07(木) 12:25:58
>>446
まあ、そうだね。
自殺した原因は、複数あると思うけど、その要因の一つでも欠けていれば、自殺などしなかっただろう。

448 :無名草子さん:2010/01/07(木) 14:31:17
なぜ悦子は『葉っぱ一枚あればいい〜♪』と思えなかったのだろう?

ヤッタ!o(・∇・o)(o・∇・)oヤッタ! ヤッタ!o(・∇・o)(o・∇・)oヤッタ! ヤッタ!o(・∇・o)(o・∇・)oヤッタ!

449 :無名草子さん:2010/01/07(木) 17:34:47
         ________
       /             \
      /                \
    /   /・\     /・\   \
   /   /    \   /    \   \     ま、心からご冥福をお祈りします
  |      ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄     |
  |         (__人__)        |
  |            \    |         | 
   \          \   |       /
    \          \_|     /


450 :無名草子さん:2010/01/08(金) 02:19:03
宇都宮と言えば今やレモン牛乳と餃子だが
悦子も女子高生時代飲み食いしたんだろうな

451 :無名草子さん:2010/01/09(土) 00:36:03
高野悦子はアパートでは男性活動家の潜伏を助けたり、
後方支援としてアルバイトをして資金提供をしたりしてたようです。

452 :無名草子さん:2010/01/09(土) 18:11:14
何故そこまで思い詰めて行動してしまったのでしょうか?
学生運動ではそんなに世の中に対しては影響があるとは思えませんが。
確かにマルクスとかアナーキズムとかを読んでたようですが、現実の
世の中は違うでしょう。

453 :無名草子さん:2010/01/09(土) 19:24:44
アパートは下宿だよ。人なんか泊められるかよ。

454 :無名草子さん:2010/01/09(土) 21:03:50
映画「二十歳の原点」オープニング
http://www.youtube.com/watch?v=vDbOfQ3u320
映画「二十歳の原点」エンディング
http://www.youtube.com/watch?v=xf3VOtO2Wk8&feature=related


455 :無名草子さん:2010/01/09(土) 21:54:16
学生運動やってたのって最後の数か月だけじゃん。
組織とも関係なかったんだしデマだ。

456 :無名草子さん:2010/01/10(日) 11:00:24
>>443
中村氏は、この事件の後に勤め先のホテルにいられなくなって
他のホテルに転職を余儀なくされ、さらに数年後にがんになって
若くして亡くなったようですね。
事実だとしたら、氏も不幸な末路でした。

457 :無名草子さん:2010/01/10(日) 17:25:55
この物語には救いがない。
残されたのは絶望と暗闇の中で光を求め、自分の価値観を信じて、
ひたむきに生きた道筋だけだ。

安楽な世の中で予定調和の世界しか知らない、
現代のゲーム脳たちには到底受け入れられない苦痛なのだろう。


458 :無名草子さん:2010/01/11(月) 22:10:15
とりあえず、>>449に天誅が下りますように

459 :無名草子さん:2010/01/12(火) 15:52:28
ttp://www.jcp-daito.org/prof.html
個人情報こんなに載せて大丈夫なのかなあ。
笑顔が胡散臭い。


460 :無名草子さん:2010/01/14(木) 19:24:29
 バリケード封鎖の行われている中川会館を眼前に、存心館横の薄暗がりに
座り込む。彼女の闘いが始まった日ですね。

461 :無名草子さん:2010/01/15(金) 21:20:51
東大が1月19日

462 :無名草子さん:2010/01/16(土) 22:18:49
歳を取って身体も利かなくなり、老後の不安、認知症や介護、
そんな事を思うと、50代60代と生きていってもあらゆる劣化があるだけで、
ただ搾りかすみたいな人生になるんじゃないかと不安になる。
そして、不完全のままでさっさと死んでいった高野悦子がとても羨ましい。
けっして早死にも悪くないと思う。

463 :無名草子さん:2010/01/17(日) 14:24:21
高野さんが孤児だったらそう思うけどねえ やっぱ親よりは長生きしないと

464 :いつまでも二十歳:2010/01/17(日) 20:03:32
462さんへ、
>50代60代と生きていってもあらゆる劣化があるだけで
劣化は確実に訪れます。でも「『五十六十は鼻たれ小僧
七十八十は花盛り九十でお迎え来たならば 百まで待て
と追い返せ」ってこともあります。
カッコは両親の願いで日記が世に出た。生きた証を残
すことができた。いつまでも多くの方の心に生き続けている。
私は凡人でそんな才能ないからとてもそんな証はのこせない
けど、絵でも小説でも詩でも幾人かには、これからがんばった
らいくらか証を残すことができるかもしれない。
周りの人にいい思い出をしばらくの間残すことができるかも
しれない。人間ってそれでいいんじゃないかな?
折角だから凡人の「生」を楽しもうよ。

465 :無名草子さん:2010/01/18(月) 01:19:33
>>437
へえ。お母さんは、多くの孫と、ひ孫までいるんだ?

どこだったかの書き込みで、お母さんは現在長男と二人で過ごしてるって書いてあった。
だから長男はまだ独身なんだと思ってた。



466 :無名草子さん:2010/01/18(月) 22:15:00
中川会館てどこ?
存心館は20年くらい前に産社があったような気がする。

467 :無名草子さん:2010/01/19(火) 13:58:30
>>462
一体今、何歳かしらないけど、年取る前にそんなことを認識できるのは、
儲け物だと思うよ。普通はなってからでないと気づかないし。

ただ、そうやってマイナスに思ってるのがよくないのは言うまでもないから、
絞りかすになるまでに、何かを続けられるものを見つけた方が良いね。
生き甲斐になるようなモノを。

或いは、玄有宗久氏の、禅の本を読むと言い。


468 :無名草子さん:2010/01/19(火) 20:20:13
「私が眼鏡をかけたらプチインテリみたいになっていやらしくなる」
みたいな部分を読んで驚いた。

「プチ○○」て、今の言葉に近いよね。悦子の時代にこんな言い方してたのか。

469 :無名草子さん:2010/01/20(水) 13:53:35
>>468
プチ(petit"小さな")ってのは、あの当時からよく使われてたよ。

プチブル新聞(プチブルジョワ新聞)なんて、
それこそ揶揄のための蔑称として多用されてたし。

それより、
「生きてる 生きてる 生きてるよ。バリケードという腹の中で」って、
誰かが書いた詩が印象に深い。

470 :無名草子さん:2010/01/21(木) 07:24:45
この人、高い思想とか現実のプランニングとか掲げるんだけど、
ことごとく計画倒れしていって、どんどん自分で追い込んでそして追い込まれていってると思うんだけど、
そこが健気で可愛くてしょうがない。


471 :無名草子さん:2010/01/21(木) 13:42:38
そう言われると、かなり好感度が増してしまった。

議論をせずに、話をとことん聴いてやった後に、
「そんなことより野球しようぜ!」って無邪気に言う男が傍にいたら、
果たしてどうなっていたか……。

472 :無名草子さん:2010/01/22(金) 00:29:45
彼女はとても魅力的だったから
いつだって影から注目していた男がいただろうけど
彼女は臆病で人を寄せ付けないオーラを
出していたから近寄りがたいと思われて
孤独だったのでしょう。
さびしくて酒を飲んでは羽目をはずして自分を見失う
自己嫌悪に陥り度に人を遠ざけてしまう。


473 :無名草子さん:2010/01/22(金) 18:45:52
大学が今みたいだったら彼女も自殺しなかったでしょうね。

474 :無名草子さん:2010/01/23(土) 07:13:45
彼女には、深夜の二時半なんかに貨物列車が来る時間なんてわかってたんだろうか。
わかってなかったと思うんだけど。
たまたま外に出た時に列車が来て、思わず飛び込んでしまったの?
もし、その時に通らなかったら、しばらくフラフラ散歩でもして下宿に帰ってたのかな。
そういう事を今も考えてしまいます。

475 :無名草子さん:2010/01/23(土) 09:37:48
下宿の正確な場所はよく知らないが、山陰線の線路からおそらく
50mも離れてなかったと思う。毎晩定時刻にはしる列車のことは
知ってたはず

476 :無名草子さん:2010/01/23(土) 10:34:42
>>475
ありがとうございます。
そうですか、、では下宿と自殺した場所というのは、
ほとんど目と鼻の先みたいな距離だったんですね。
じゃあやはり当日は帰ってくる意思は無く、
はじめから自殺をしに外出したって事ですかね。

私はお父さんが手記に書いてたように、
散歩でもでもしてたら汽笛の音とかが聞こえてきて、
「死神に囁かれたように」ふらっと飛び込んでしまったのかとも思っていました。

477 :無名草子さん:2010/01/23(土) 12:35:25
西那須の実家の側には線路があります。
線路は過去の懐かしい思い出なのではないでしょうか。
たまたま運悪く貨物列車が通過する時間
そして魔がさしたのではないのでしょうか。

478 :無名草子さん:2010/01/23(土) 20:36:20
魔が差したのはどうかな。
彼女は亡くなったとき、母親に買ってもらったワンピースを着て、「正装」してたからね。


479 :無名草子さん:2010/01/23(土) 20:39:12
魔が差したのはどうかな。
彼女は亡くなったとき、母親に買ってもらったワンピースを着て、「正装」してたからね。



480 :無名草子さん:2010/01/24(日) 05:10:12
自殺を決意して出たわりには、ちゃっかり机の上にノートを置いてったのは意外だね。

481 :無名草子さん:2010/01/29(金) 10:09:36
もう10年ちょい前ですが中学の時に本で知って好きになりました。初恋と言っていいくらい。
周りの男子は当時のアイドルのSPEEDが可愛いとか騒いでる中、
自分は高野悦子だけを考えてました。懐かしい。
できれば、肉声を聞いてみたかったです。どんな声だったんだろう

482 :無名草子さん:2010/02/09(火) 23:32:54
私も高野悦子さんとお話ししてみたかった。しあんくれーるで飲みながら。40代♀です。

483 :無名草子さん:2010/02/10(水) 14:15:03
 高野さんは照れ屋で内気な人の様なので、打ち解けて話するまで
時間がかかるでしょうね。
だけどお酒を飲みながらだと良いかも知れません。
マルクスとかレーニンの話で真剣に盛り上がるかも?

484 :無名草子さん:2010/02/12(金) 16:20:24
          _ , ,- -v- - 、 _
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .(::(:::(::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::):::)::)
      (::(:::(:::)/・\  /・\(:::):::)::)
      .(::(:::(:::)  ̄ ̄    ̄ ̄ (:::):::)::)
      (::(:::(:::)   (||||人||||)  .(:::):::)::)   >>銅像壊して反省してまーす
     .(::(:::(;;;)    \   |  .(;;;):::)::) 
      (::(:::(::::\    \_| /::::):::)::)
      (::/ ̄| ̄|\ ||||||| /| ̄| ̄\::)
      |    .〉 |人\_/入| 〈   |
      |  | .|  |  ヽ_/.  |  | |  |
      |  | .|  |  .|__/.  |  | |  |
      |  | ヽ |  ./ ヽ  | / |  |
      |  |  ヽ|  .|  |  |/  |  |
      |  |.   |  |  |  |   |  |
      |_|___./  ヽ_./   ヽ__|_|
      .(/:::::::::\ ___|___ /:::::::::\)
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |:::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ::::::::::::::::::::::|

485 :無名草子さん:2010/02/12(金) 19:21:50

        ..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..,
      (;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::)::)ヽ
      (:(::)         ヽ::):::)::)
      (:(::) .....    ........  (:::):::)::)
      (:(::)   .)  (      (:::):::)::)
     (:(::) -=・‐.  ‐=・=-  (:::):::)::)
     (:(::) 'ー .ノ  'ー-‐'  (:::):::)::)
     (:(::)  ノ(、_,、_)\    (:::):::)::)
     (:(::)   ___   \  (:::):::)::)  最近の若いモンは・・・
     (:(::)  くェェュュゝ     (:::):::)::)
     (:(::)   ー--‐     (:::):::)::)
     (::(:/\___  / /(:::):::)::)
     ./::::::::|\   /  /:::::::::::::::::



486 :無名草子さん:2010/02/14(日) 15:33:16
皆さんは誰に何言われても気にせずマイペースで行きましょうよ
自分が楽しきゃそれでいいじゃん

かくいう私は40代なってからモチベーションの維持が大変になってきたよ
いろいろと忙しい年代だからねぇ


487 :無名草子さん:2010/02/15(月) 06:56:54
一般的に順調な人生を歩んでる人は、忙しい年代でしょうね。
仕事でも重要な位置だったり、子供の教育資金やマイホームローンも大変。

逆に、悪い意味で人並みではない人生を歩んでる場合、
空白のような年代になります。
やる事も無い、その前に気力も無い、身体もしんどい、心を揺さぶられるような変化も無い。
まったくなにも無い。そして口癖は「はやく死にたい」
高野悦子のように早死にする事が正解のように思えてくるものです。

488 :無名草子さん:2010/02/16(火) 00:25:54
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、
漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって… ああ、これでもう一日終わりだね」


489 :無名草子さん:2010/02/16(火) 00:27:33
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。 
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。 
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。 
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。 
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。 
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

490 :無名草子さん:2010/02/16(火) 00:29:24
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

491 :無名草子さん:2010/02/20(土) 05:55:08
          __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/  そんなことより野球しようぜ!
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ‖i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /    ヽ
      ヽ、 ,. ‐'"   .ノ ,〈    >   `'‐- '
          >   _,. ‐'´ / /    `)
       ,ゝ       _.⊥.-r┬:/
       ヽ_,. -‐i"!´「L.=!┘     ヽ
       <      / /       |
       /    、i / __     ./

492 :無名草子さん:2010/02/20(土) 10:32:57
        \     ヽ           |       /       /
          \      ヽ               /      /
‐、、         殺 伐 と し た ス レ に 栃 木 県 が ! !      _,,−''
  `−、、                  __/\            _,,−''
      `−、、              _|    `〜┐         _,,−''
                      _ノ       ∫
                  _,.〜’        /
───────‐     ,「~             ノ    ───────‐
               ,/              ` ̄7
                |     栃 木 県     /
           _,,−'   ~`⌒^7            /    `−、、
        _,,−''            丿            \,      `−、、
 ,'´\           /  _7       /`⌒ーへ_,._⊃         /`i
 !   \       _,,-┐    \    _,.,ノ          r‐-、、      /   !
 ゙、   `ー--<´   /      L. ,〜’             ゙、  >−一'′   ,'
  y'  U      `ヽ/     /            ヽ      ヽ '´     U   イ
                                ____
         /      __        |       \____\
    ___/__ / ̄    ____|____ \ \____\
       //ヽ   /___         /|\       \ \____\
     / / ヽ  / /__     /  |  \       \_______
   /  /   / /   /     /    |    \          |    \
  /   /  / /  _/   __/      |      \__      |     \  ̄―_


493 :無名草子さん:2010/02/20(土) 11:13:38
彼女は生き急いでいるようで、人に頼ったり、人間関係のつながりから
幸せを見つけることが苦手だったようですね。
いつも自分が一人で頑張ることに一生懸命で、どうやっても自分の思い通りに
ならないようなことにまで、責任を感じて悩んだり必死になっている。
若い時はみな、自分の力を過信したり不必要に絶望したり漠然と不安を抱えていたりする。
視野を狭めないように環境を変えることで、打開することってよくあることですが。



494 :無名草子さん:2010/02/20(土) 11:15:13
>>492
そこは隣の群馬県では

495 :無名草子さん:2010/02/20(土) 16:42:29
よくわからない。彼女が孤独というのがまったく理解できない。
たしかに、ただ学校なりバイトなり、
同じ環境に挨拶を交わす程度の人がいるだけでは駄目だとは思う。

だけど悦子にはまず「牧野さん」がいる。
しょっちゅうデートと称して出かけて、食事して、人生観を語り、電話もする。
これ最高の親友でしょう。こんな人に出会えただけでも大学に行って良かった。

ほかにも色々と、挨拶程度以上の人間がぼろぼろ出て来るよね。
学生運動にしたってそこで同士が集まる部室みたいなとこにもちょくちょく通っては話してる。
自殺の一週間前には一緒にハイキングをしようと盛り上がるまでの人とも出会う。

この人、普通に出会いは多いほうだと思うんですけど。孤独ってこんなもんじゃないよね。

まあ、ハイキングやら学生運動関連やらはそんなに深入りしなかったかもしれないけど、
やっぱり「牧野さん」ですよ。
こんな親友がいながら、孤独なんてどの口が言うの?って感じ。
しょせん彼女の感じてた孤独って、「異性」の占める意味がほとんどだったんんだと思うけど。


496 :無名草子さん:2010/02/20(土) 17:10:24
まあ異性は大事ですけどね。たしかに。
いくら同性の親友がいたって埋められない存在価値があると思うし。
異性に優しく抱き締めて欲しかったその想い破れて、
あまりに時期早過ぎる、取り返しのつかない決断をしてしまったと。

後になってから自分への未熟さに絶望したとか、学生運動の過程で権力に破れて落ち込んだとか、
いろいろと悲劇的な設定を関連付けながら考えられがちですけど、
引き金はすべて「異性」ですもんね…
その意中の彼と付き合えてたら、
ちゃっかり乙女心の満載した日記が続いてたんじゃないでしょうか。
とにかく辛抱が足りない。理想だけは身の丈以上に成長をしていって、
自分から自分を追い込んで追い詰められる。

未熟なくせに完璧主義…損な性格だと思います。賢いのはわかるけど。

497 :無名草子さん:2010/02/20(土) 17:22:50
はあすっきりした。すみません、あくまで個人的な自己満です。

でも最近ここは「死にスレ」のようになりかけてるみたいなので、
どうせなら皆さんで書きましょうよ!
皆さん一人一人の高野悦子に対する様々な意見を聞いてみたいのです。


498 :無名草子さん:2010/02/21(日) 01:14:28
人間失格ー堕ちていくほど美しいー
何か二十歳の原点に通じるものを感じてしまう・・・
私だけでしょうか。

499 :無名草子さん:2010/02/21(日) 19:17:20
>>495
俺も牧野さんが親友かと思うんですが、
でも本当に気の置けない親友がいるなら、
ああやって自分の考えを日記に書き連ねるかなって思います。

やっぱり内面を見せられなかったとか、
酒の力を借りなければ無理だったとか(そして暴走してよく後悔してますが)、
そう言った付き合いでしかなかったのかも、って思ったり。

伊達眼鏡をかけたのも、酔狂や気まぐれと言うよりは、
実はただ淋しかっただけのような気がします。
更には、仰るような異性の悩みも大いに影響したんでしょうね。


500 :無名草子さん:2010/02/22(月) 21:16:40
悦子の馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!
生きてさえいれば、また良いなと思える人にも出会えたろうに。早まりやがって!

501 :無名草子さん:2010/02/23(火) 16:28:24
メンヘラのはしりだよね
こいつに感情移入してる奴らもキモイ

502 :無名草子さん:2010/02/24(水) 05:54:46
いつのまにか、こざきのブログが復活してるよ。

503 :無名草子さん:2010/02/25(木) 13:57:15
うちの母親が48年7月生まれで高野悦子と学年が一緒なので、
この本を読ませてやった。で感想を聞いた。

「私が20歳の頃は仕送りも無いのに、この子は25000円もらってるのか」
「親は高給取りで土地持ち。なるほど裕福なとこのお嬢さんね。」
「ケセラセラって懐かしいね〜。昔こういう言い方してたのよ。」
「月に5000円も酒やらタバコに使ってる。 まあ贅沢な(怒」
「この歳でジャズ好きは珍しい。私達が20の頃ジャズはもっと歳上が好むジャンルだった」
「どんどん書くことが暗くなってる。病気だわこの子」
「この子は何でもグチグチと考え過ぎ。だから死ぬのよ。」

こんな陳腐な感想ばかり。
ろくに本も読まず、知識も語彙も無いから、浅い読解しかできない。
楽観人間だから61年間、いちども自殺を考えた事ないらしい。
こんな人間に読ませても駄目だったわ

504 :無名草子さん:2010/02/25(木) 18:06:00
>>503
自然な感想で、非難するようなことではないと思う。
世の中には様々な人間がいる。楽観人間がいてもいいだろう。
それを「いちども自殺を考えた事ないらしい」なんて、批判しなければいけないか?
自分の理解や考えが通じなければ、その人を否定するかのような狭い人間性にこそ問題があると思うね。
僕に言わせれば、素直でいいお母さんだと思うよ。
それとも、いつも苦虫を噛み潰したような表情で、哲学的な思考に耽っているようなお母さんが好みなのかい?(笑)

505 :無名草子さん:2010/02/25(木) 20:56:41
>>503
なかなか朗らかなカーチャンでいいじゃない。
あの時代、ノンポリの人だって大勢いたはずだし、
下手に当時を懐かしんで、
「もう一度、モロトフカクテル投げたい!」
とか言うカーチャンよりはよほど良い。

506 :504:2010/02/25(木) 21:02:59
>>505
やっぱりそう思うだろ?(´ー`)y━~~

507 :無名草子さん:2010/02/26(金) 13:16:01
同級生こざき勉ブログ復活
また人権無視を繰り返すのだろうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/

508 :505:2010/02/26(金) 13:17:39
>>506
ああ、まったくだ(´ー`)y━~~

509 :無名草子さん:2010/02/26(金) 13:39:10
こざきさんに一応質問したよ!

「妊娠云々はどうなったんでしょうか?
またコメント削除されるのかも。」

http://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/diary/201002180000/#comment

510 :無名草子さん:2010/02/26(金) 15:14:38
共産党の人って許容度が狭いよね。高野さんの時代
から本質的な所は変わってないみたい。
左翼ってなんだか存在感がなくなってしまってる。


511 :無名草子さん:2010/02/26(金) 15:19:38
>>510
今は年金やら医療やら、生活の基盤となるシステムが崩壊するのではないかという不安が広がっている。
だから、体制を崩壊させるより、何とかして維持しようと考える人が増えている。
左翼に元気がないのも、そういうところにあるのではないか?

512 :無名草子さん:2010/02/26(金) 17:23:47
日記から読める高野悦子のセックスのまとめ

19歳の時に1回(ほぼレイプ)

死の二ヶ月〜三ヶ月前の期間に3度ほど会った男との間に1回(か2回)。

人生での総回数:2回(か3回)


513 :無名草子さん:2010/02/26(金) 17:29:23
>>512
そういうのを数えなくてもいいって(^_^;)

514 :無名草子さん:2010/02/26(金) 20:38:06
妊娠なんてガセでしょ?
でも当時の悦子の近くにいた人が言うんだから、多少は信じそうになってしまうよ。
もし妊娠なら、その「中村」とのたった1回の肉体関係でできたって事だよね。

515 :無名草子さん:2010/02/27(土) 15:22:54
甘ったれたメンヘラのはしりだよね

516 :無名草子さん:2010/02/27(土) 16:48:52
>>514
>妊娠なんてガセでしょ?
亡くなってしまった人のことだから、本当のことは誰にもわからない。

>もし妊娠なら、その「中村」とのたった1回の肉体関係でできたって事だよね
日記を読むかぎりでは、そうなるかな。
まあ1回でできることは別に珍しいことではないし。


>>515
>甘ったれたメンヘラのはしりだよね
本当に精神疾患で苦しんでいる人もいるのだから、そういうことは書かないの。

517 :無名草子さん:2010/02/27(土) 17:21:44
この人は「本当に精神疾患で苦しんでいる人」ではないでしょ?
話そらされてもねえ…

518 :無名草子さん:2010/02/27(土) 21:00:13
 高野さんは自分が生き続けて行く意味を問い詰めて行った人でしょ。
そして全共闘の運動の渦中で、更に深刻に思い詰めて出口を見失い衝動的に
死を選んでしまった。
日記を読む限りそんな印象が強いのですが?                            ・

519 :無名草子さん:2010/02/27(土) 21:16:40
>>518
親の金で苦労しらずに育ったガキが甘ったれてるだけだって
食うために稼がなきゃならないような状況になれば御託並べるようなこともなくなる
まあ、プチメンヘラ先取りちゃんだね
戦後日本が復興した飽食の時代の産物だ

520 :無名草子さん:2010/02/28(日) 00:01:57
20年間、真剣にいろいろな経験をした結果、
「どうも高野悦子として生きる必要性が見あたらない」
という結論に達したのだと思う。

まあ、何事も中途半端にしている俺には到底達しない境地だろう。

521 :無名草子さん:2010/02/28(日) 01:42:33
親に甘やかされ何の苦労も知らずに頭でっかちに育てば、生きる意味がとかふざけた事考え始めるんだろうな
女は大学なんかにやらずに嫁がせるか働かせるほうが良いといういい実例だな

522 :無名草子さん:2010/02/28(日) 10:28:20
>520
確かにそうした結論だったのでしょうね。だけど日記を読む限り衝動的
な側面もあったと思います。この時期を乗り越え、行き続けていれば自分の
子供に説教でもしているかもしれませんね?

523 :無名草子さん:2010/02/28(日) 11:28:31
貧乏な育ちのせいで、心まで歪んでしまった
残念な負け犬底辺が
必死に吠えてるスレはここですか?

524 :無名草子さん:2010/02/28(日) 14:01:54
まあ、恵まれたもののお気楽な苦悩ごっこだったことは否定できないよなあ


525 :無名草子さん:2010/02/28(日) 16:59:01
>>503
女は女に冷淡。
身近にいると気持ち悪いほどベタベタ仲良しを演じたりしつつ
離れたとたん無関心になる。
そういう生き物だから。

526 :無名草子さん:2010/02/28(日) 20:52:56
少女が女になるころに、乗り越えなければならない衝撃に
純情すぎた彼女は耐えられなかった。

527 :無名草子さん:2010/02/28(日) 23:05:37
>>525
男が女に甘すぎるというのもある罠w
これで高野が男ならここまで気色悪いファンもつかないだろう
アイドルのウンコ食べたいとか言ってる香具師と同レベルだもんな

528 :無名草子さん:2010/02/28(日) 23:40:52
>>523
お前すごいなw

「貧乏な育ち」「心まで歪んで」 「残念」「負け犬」「底辺」 「必死」「吠えてる」

ここまで決まり文句を凝縮したレスも珍しいぞw必死なのはお前さんじゃないのかね?w

529 :無名草子さん:2010/03/01(月) 10:17:06
>>521
>親に甘やかされ何の苦労も知らずに頭でっかちに育てば、生きる意味がとかふざけた事考え始めるんだろうな

少しも生きる意味を考えない方が人間としておかしいだろ。
食うためにあくせく働くって、ただの動物じゃないの。
苦労すれば素晴らしいってのは、昭和の旧弊共による単なる妄想。


530 :無名草子さん:2010/03/01(月) 11:56:43
>>529
コイツの場合単に甘やかされたガキが世迷い事言ってるだけだろ
苦労すれば素晴らしいなんて誰も言ってないが?頭の病気?

531 :無名草子さん:2010/03/02(火) 22:52:56
>>529
ぶっちゃけ、生きる意味を考えることに縁のなさそうな人が
とても羨ましい。

532 :無名草子さん:2010/03/03(水) 01:44:01
せっかくお金持ちの家で美人に生まれたのだから
女の子として人生を楽しめばよかったのに

533 :無名草子さん:2010/03/03(水) 02:20:08
>>531みたいな奴は、いかにも苦悩してます〜て感じでアピッてくるうざいメンヘラ以外は人生について考えてないと思ってるんだろうな
可哀そうな奴

534 :無名草子さん:2010/03/03(水) 08:25:43
可哀そうってかお目出度い奴だな
苦しんでるのは自分だけ!みんな悩みなくていいね!!
なんていうか、精神年齢が低いんだろうな

535 :無名草子さん:2010/03/03(水) 13:15:38
高野悦子が甘ったれた人なのはそうかもしれないけど、
今は3万人強いる自殺の中に、悦子のように自殺する人も沢山いるんだろうね。
周りからしたら死ぬ必要もないと思えるような悩みや寂しさで。

536 :無名草子さん:2010/03/03(水) 14:10:41
>>517
>この人は「本当に精神疾患で苦しんでいる人」ではないでしょ?
どう考えても精神疾患だとしか思えないのだが。
当時は今以上に精神科の敷居が高かったから、受診しなかっただけだろう。
でも、日記を読めばわかるだろ?
普通の精神状態なんかじゃないよ。
治療を要する状態だったのは間違いない。

537 :無名草子さん:2010/03/03(水) 15:51:37
>>536
あなたは高野悦子はキチガイだと言いたいんですか?
真摯に悩んでいる人間を平気でキチガイ扱いとは…彼女が苦しまなくてはならなかったのもよくわかりますね

538 :536:2010/03/03(水) 16:14:19
>>537
えーー!!??
まさか「精神疾患=キチガイ」と思っているの?
それだったら、とんでもない偏見だと思うよ。
それとも「普通の精神状態なんかじゃないよ」と書いたことが、気に障ったのかな?
そうだとしても、自殺する人間が、まともな精神状態だと考えるほうがおかしいと思う。
自ら命を絶つをいう行為が、どれほど普通じゃないことかわかっているの?
「真摯に悩んでいる」とか書いているけど、「真摯」などという冷静さとは、かけ離れた精神状態だったはずだ。
そもそも「真摯に考え、冷静に自殺を選択する」なんて人間がいるとは思えない。
いるとすれば、全てに絶望した(本当は絶望するような状況ではないのに)人間だろうね。

539 :無名草子さん:2010/03/03(水) 18:51:38
>>538
自殺したからマトモな精神状態じゃないって…
それってトートロジーですよね?
「真摯」と書いたら冷静ということになるんですか?
あなたのいうことは独りよがりだ

540 :無名草子さん:2010/03/03(水) 18:56:16
>>538
精神疾患というなら病名をはっきり書いてい下さい
根拠もないのに他人を精神病呼ばわりするのは中傷ですよ
最低限の常識を

541 :無名草子さん:2010/03/03(水) 19:28:54
やめましょうよ。40年も前の書籍なんですから。今さら中傷もなにも。

ただ日記からかなり病んでいたってことを言いたいだけだと思いますよ。
その人が高野悦子を精神疾患だと思うのなら、精神疾患なんですよ。
それでいいと思います。

確かに、日記には何度も何度も自殺願望を書いてますし、
軽度ではあるが自傷行為みたいな事もしたり、
やはり病んでる側面はあると見られるのはわからなくもないですしね。
もし心療内科にでも行けば、何らかの疾患名が付いて薬を処方されてた可能性はあります。

542 :無名草子さん:2010/03/03(水) 19:40:02
>>541

40年前の本だからって中傷に変わりありませんよ
死人に口なしということですか?

>その人が高野悦子を精神疾患だと思うのなら、精神疾患なんですよ。

意味不明
いくら2ちゃんだからとはいえ、少しは論理的文章書きましょうね

543 :無名草子さん:2010/03/03(水) 19:51:52
高野悦子を精神疾患と思うなら、それはその人次第でいいでしょう。
馬鹿だと思うなら馬鹿、甘ったれなら甘ったれ。
わざわざ人の意見を外野がどうこう言わなくていいよ。





544 :無名草子さん:2010/03/03(水) 20:01:11
>>509
あなたの妊娠のコメントは綺麗さっぱり削除されてました。

これはもう、デタラメだったって事ではないでしょうか。

545 :538:2010/03/03(水) 21:23:32
>>539
>自殺したからマトモな精神状態じゃないって…
まともなわけがないでしょう(笑)
自分で自分の命を絶ちたいと思うことが「マトモ」ですか?
人間は、「生きたい」「死にたくない」という本能があります。
その本能と正反対の衝動にかられたわけですから、これを「マトモ」と考えるほうが異常ですよ。

546 :538:2010/03/03(水) 21:30:10
>>540
>精神疾患というなら病名をはっきり書いてい下さい
うつ病でしょう。

>根拠もないのに他人を精神病呼ばわりするのは中傷ですよ
根拠はともかく、他人を精神病呼ばわりすることが中傷だという主張のほうが、精神病への偏見があると思う。
根拠については、>>541の方が書いてくれています。
そちらを参考に。

>最低限の常識を
自分を非常識とは思っていない。
そもそも自殺した場合、真っ先に疑われるのは、うつ病かどうかだ。
それほど密接な関係があるのだ。
よって、高野さんの精神疾患の可能性を指摘したのは、何ら問題があるとは思わない。
また、精神疾患であることが恥だとも思わない。

547 :538:2010/03/03(水) 21:32:52
>>541
いろいろ代弁していただき、ありがとうございます<(_ _)>

548 :無名草子さん:2010/03/03(水) 22:52:46
>>545
精神疾患ではないでしょう
詭弁もほどほどに

549 :無名草子さん:2010/03/03(水) 22:54:27
>人間は、「生きたい」「死にたくない」という本能があります。

人間は本能が壊れた生き物だ、と言われますね
これだけでも貴方の書いてる事がどれだけいい加減かよくわかります
こういう人がいるから2ちゃんは便所の落書きと言われるんでしょうね
嘆かわしい

550 :無名草子さん:2010/03/03(水) 22:55:58
>うつ病でしょう。

本人に面談もせずに勝手に病人扱いですか
呆れますね
医師免許持ってますか?それともインチキ精神科医?

551 :無名草子さん:2010/03/03(水) 22:58:33
>よって、高野さんの精神疾患の可能性を指摘したのは


可能性指摘?
「どう考えても精神疾患だとしか思えないのだが。」と断言してるよね?
よく恥ずかしげもなくデタラメ言えるよな
二枚舌のクソ野郎!他人をキチガイ扱いしてキチガイは自分じゃないのか?


552 :無名草子さん:2010/03/03(水) 23:06:52
ちょっと待てよ。

ここは一応、そこまで証明を求められる場所でもないだろ?
例えば高野悦子のゆかりの親族がblogでも書いてて、
そこのコメント欄で「高野さんは精神病だったんですよ」と書くのとはわけが違うよ。

個人的にはここの場においては、
高野が精神疾患だろうが、裕福にあぐらかいて高尚な理想に溺れて自滅した馬鹿女だろうが、
色んな判断をする人がいても別にいいと思うが。

553 :無名草子さん:2010/03/03(水) 23:50:17
最後に書いてある詩は、「死」を感じさせるが
それまでの棘のある言葉とは打って変わってとても落ち着いており、
達観したすがすがしい心境すら感じさせる。

死の直前に書いたとすれば、病気かどうか知らんが、
おだやかな選択だったと思いたい。

554 :無名草子さん:2010/03/04(木) 00:14:41
高野悦子氏を崇拝するあまり、
自らの命を絶ってしまった人がいました。
彼女は確かに未熟で孤独でした。

555 :無名草子さん:2010/03/04(木) 07:29:33
高野悦子さんは女性としてとても魅力的なのです
無邪気な少女の心を持っているので
男性がどういう目で見るかという事に対する警戒を
しばしば忘れてしまうのです

556 :546:2010/03/04(木) 09:13:00
>>548
>精神疾患ではないでしょう
根拠を書いてね。

>>549
>人間は本能が壊れた生き物だ、と言われますね
>これだけでも貴方の書いてる事がどれだけいい加減かよくわかります
誰がどういう根拠でそんな事を言ったの?
その人が、そう言えば、人間は皆「本当が壊れた生き物」になるのか?
そもそもオタクには、食欲ないの?性欲ないの?睡眠欲ないの?
何より、「死にたくない」「生きていたい」という欲求はもってないの?
少しは考えてから、もの言えよ。

557 :546:2010/03/04(木) 09:29:35
>>550
>本人に面談もせずに勝手に病人扱いですか
うつ病かどうかを判断する診断基準があります。
以下のサイトと、高野せんの日記を参考にして、うつ病の可能性を考えてみてください。
http://www.utuban.net/medical/standard/standard01.html


>>551
>可能性指摘?
>「どう考えても精神疾患だとしか思えないのだが。」と断言してるよね?
断言なら断言でいいよ。
断言して何か問題あるのか?
上でも書いたが、私は、うつ病の診断基準と、高野さんの日記を読んで、「この人はうつ病で自殺した」と、ほぼ確信している。
それを撤回する気は毛頭ない。
そもそも、「この人はうつ病だった」と書くことが、なぜキチガイ扱いすることになるんだ?
うつ病を患うことと、気違いになることとは、まったく違うぞ!

逆に質問するけど、「うつ病」って何?>>551を読む限りでは「キチガイ」だそうだけど、そう理解していいのですね?

558 :546:2010/03/04(木) 09:40:51
>>553
うつ病患者が自殺する場合は、強い自殺願望による場合だけではないのです。
絶望から「もう死んでもいいや」という、自ら死を選ぶ場合もあります。
高野さんが、死を決意したのは、後者だったのかもしれません。

こんなことを書けば、「またいい加減なことを書きやがって」とか、感情的な反発があるだろうが、
敢えて書くが、かつて自分もうつ病を患っており、何度も真剣に自殺を考えた。
だから、単に、うつ病の知識からだけでなく、自分の経験からくる実感というものもあるのだ。
そんな私から言わせれば、自殺した人間を、いたずらに美化してはいけないということ。
二人目、三人目の高野悦子を出してはいけないということ。

559 :無名草子さん:2010/03/04(木) 14:50:55
高野さんは鬱状態だったことは間違いない事実でしょう。
同じ学生運動に参加していた友人達も同様の状態であったと
書いてますよね。全共闘運動の敗退期がこうした心理状態を
生み出し、一線を越えるかどうかはほんの少しという状況だ
ったのでしょう。私はそこまでの闘いをし、今生きている人たち
が何を考えてるのかに興味を持っています。
そして「二十歳の原点」が意味していることをもっと理解したいと
思ってます。


560 :546:2010/03/04(木) 17:32:30
>>559
こういう冷静な視点で、物事を見れる人ばかりならいいのだけれど、
逆に、感情論で反発するしか能のない人が多くて困る。

561 :無名草子さん:2010/03/04(木) 20:39:50
>>559
けどさ、そこまで彼女は運動に熱入れてたかな。
確かに熱烈だったのは判るけど、それが全てって感じもしなかったような。

ついでに、学生運動を体験したくせに、その後はのうのうと企業に就職し、
今や既得権益の塊となって若年世代を規制しまくってるのが、
巧いこと学生運動を生き延びてきた世代だと思う。まだノンポリのほうがマシのような。

プチブルだってバカにしてた自らが、プチブルになってそうだし、
彼らが興した運動は結局何も日本を変えなかった(一部の医学生の問題に関してだけでね)。
あんなのを見てると、幾ら力を合わせて前の世代や国に反抗しても、無駄に思えてしまうね。

それならヒッピーみたいに、世俗から離れて自身の中でで瞑想してるほうがマシに思える。

562 :無名草子さん:2010/03/04(木) 22:38:40
>>556
お前はまず精神疾患だという根拠をかけ

断言しながら後から「可能性」とかごまかしたことの弁解はまだか?w

563 :無名草子さん:2010/03/04(木) 22:40:31
546のように先入観で他人を精神病扱いするバカがいるから日本は息苦しい国になるんだね
とっとと海外出てってね!アホ!

564 :無名草子さん:2010/03/04(木) 22:41:50
>何より、「死にたくない」「生きていたい」という欲求はもってないの?
>少しは考えてから、もの言えよ。

「死にたくない」が本能という根拠は?
お前こそ少しは考えてから物言えな、クソ野郎www

565 :無名草子さん:2010/03/05(金) 00:46:28

こいつはわざと煽っている愉快犯
スルーだな

566 :無名草子さん:2010/03/05(金) 00:59:41
全力投球で生きていくなんて止めた方がよい。人間の寿命は決まっている。煮詰めて生きていれば、生きる年数は短くなる

567 :無名草子さん:2010/03/05(金) 02:21:02
高野悦子の新装版の3冊を買ったが、
今までネットで小さくしか見れなかったギターを抱えてるうつむき顔の写真が、
アップで見たらなんか切ない微笑みをしていた。
この人そこまで言うほど美人とは思わないが、この微笑の顔は好きだ。

あとの写真は…まあまあかな。
そんなに目もくっきりって感じでもないよね? むしろ細目じゃない?
自分ではやたら顔が整ってるって自画自賛で書いてたけど。

568 :無名草子さん:2010/03/05(金) 08:15:05
高野悦子は芸能人ではありませんw
相手にされなかったこざきがあれだけ根に持つんだから、
実際にみたら結構いけてるのでは。
もてなかったのは理屈っぽくて愛嬌がなかったんだろうな。
いつも議論吹っ掛けている感じだし。

569 :無名草子さん:2010/03/05(金) 09:14:06
>>566
あなた、このスレにたまに出没して、毎度同じ内容の書き込みしているよね(笑)

570 :無名草子さん:2010/03/05(金) 18:23:39
>>565
反論できなくなったら愉快犯呼ばわりですか?最低ですね

571 :無名草子さん:2010/03/05(金) 22:43:25
>>569

572 :無名草子さん:2010/03/05(金) 23:29:08
>>569 晒し上げ

573 :無名草子さん:2010/03/06(土) 01:25:05
自分の知性の出鱈目さに絶望したんだろう。あまりにもナイーブだった。

574 :無名草子さん:2010/03/06(土) 01:44:01
せめて外見がブスだったら明るく生きていったんだろうな
ちょっとばかり見た目が良くて高学歴で恵まれた育ち
自分大好きなメンヘラと化して自滅と

575 :無名草子さん:2010/03/06(土) 07:18:59
人の悪口言う貴方達はそれで、満足ですか?
それが、生きがいですか?
悪口言う為にこのサイト見ているのですか?
世の中もっと楽しいことあります。
こんなサイト見る前に、自分の好きな事捜しましょう。


576 :無名草子さん:2010/03/06(土) 07:39:07
高野さんみたいにナイーブな感性を持った人にとって、全共闘
の時代は過酷だったのでしょうね。
自分の生き方を常に問いかけて行く事は大変だと思います。


577 :無名草子さん:2010/03/06(土) 09:13:07
ナイーブってバカで単純って意味だからねw
褒め言葉と思ってる奴いるよねww

578 :無名草子さん:2010/03/06(土) 09:13:51
>>575
そういうあなたは、なんでこんなサイト見てるの?

579 :無名草子さん:2010/03/06(土) 09:52:47
不毛な罵り合いは止めた方がいい
他人の文句ばっかり言ってる人間には近づきたくなくなるだろ?
何が悲しくて嫌な人間になる努力をしてるんだよお前らは

580 :無名草子さん:2010/03/06(土) 11:53:31
僕は高野の純粋さは好きだけど、大人になると違う見方も出来る。
人の汚らしさとか、セックスの汚らしさとか、いろんな矛盾を『受け入れることが出来なかった』んだと思う。
(それをある人は純粋さと言うし、ある人は甘さだという)

最後の笛の詩は静謐で透明すぎる。これでは生きて行くことが出来ない。
どこかで『血とクソの中で』生きて行くことを受け入れなければ・・・。

そして汚らしさを『受け入れた先に』良いものもきっとあったはずなのに・・・そう信じたいんだよね。

581 :無名草子さん:2010/03/06(土) 20:12:19
この子が20歳の女の子だから興味を持ちました。
これが45歳のおっさんの手記だったら読んでないです。



582 :無名草子さん:2010/03/06(土) 21:17:20
>>578
え?なんで見ちゃだめなの?
で、あなたはなんで見てるんですか?

583 :無名草子さん:2010/03/06(土) 21:18:45
>>580
まあ甘やかされすぎってことだよな
親ももう少し厳しく育てるべきだった

584 :無名草子さん:2010/03/07(日) 00:56:58
>>581
だよね
妙に入れ込んでる奴気色悪い
不気味なアイドルオタと同レベルなのに自分は違う!と信じ込んでそう

585 :無名草子さん:2010/03/07(日) 09:02:11
私の感じている孤独感、虚無感なんていうものは長調の中の
短調の交わった不安定な明るい曲でしかないのだ。

この様な表現ができる人って素敵ですよね「二十歳の原点」には感性
豊かな青春があるって言いすぎでしょうか。

586 :無名草子さん:2010/03/07(日) 12:19:07
K・A・K・K・O カッコちゃんラブリー! ヒューヒューだよ

587 :無名草子さん:2010/03/07(日) 13:50:05
高野悦子さんは言うに及ばず、父上の文才が凄い!


588 :無名草子さん:2010/03/07(日) 15:21:45
京都大学卒か…

589 :無名草子さん:2010/03/07(日) 17:16:48
>>583
実際は大人になると僕が>>580で書いたようなことを『受け止める』と言うよりは、『目を背ける』ことで精神的に安定してると思うのね。
僕自身は彼女が『甘やかされ過ぎた』とは思わないよ。


590 :無名草子さん:2010/03/07(日) 22:31:28
>>589
いや甘やかされすぎでしょ
親からだけじゃなくて
恵まれた家庭に育ち、贅沢して高学歴、見た目も人並み以上
自分大好きな甘ったれ構ってチャンになっても仕方ない

591 :無名草子さん:2010/03/08(月) 01:16:29
 どうしてみんな生きているのか不思議です。そんなにみんなは強いので
しょうか。私が弱いだけなのでしょうか。でも自殺することは結局負けな
のです。

高野さんは日記にこう書いています。だけど自殺してしまった。
この落差はどうしたのでしょうか?




592 :無名草子さん:2010/03/08(月) 01:21:06
>>590
それは結局受け取り方の相違だよね。僕は思わない・・・と言うこと。
今の20歳や大人よりもずっと汚らしい部分を見つめていると僕は思うよ。

593 :無名草子さん:2010/03/08(月) 01:39:32
彼女はバイトが終わった後で下宿に帰り(夜10時過ぎくらい)、
その後にバイト仲間の中村という男性を訪ねてるんですよね。
でも彼は留守で、
その中村を訪ねた先にいた、これまたバイト関係者の男性にタクシーに乗せてもらって、
また下宿に帰る。(深夜0時頃)
その時に「死にたい…」と呟いてたのをその関係者が後に警察に証言。
そして深夜2時頃、再度「ちょっと出てきます」といって外出→自殺

という流れだそうで。
これが事実なら、やはり中村と会えなかった事で、なにか切れてしまったというのか、
全てがどうでもよくなった心に襲われたのかと想像します。
学生運動の苦悩とか、それまでの人生観や口先だけの自殺願望とは違う、
一瞬の隙にやられてしまったようで惜しいです。

594 :無名草子さん:2010/03/08(月) 01:51:51
僕は彼女が人が汚らしいとか、愛なんて幻想だとか言いながら、必死に求めていたように思う。
ただ完全なものを求めすぎたんだ。
人なんて裏切ったりもするし、汚らしさも抱えてる。もちろん良いものも沢山ある。
だから汚れているからダメだ・・・じゃなくて、汚れていても、それでも良い部分も有るんだって、
そう思って欲しかった。そして生きていて欲しかったと思う。

595 :無名草子さん:2010/03/08(月) 01:53:32
その深夜0時頃に下宿に戻り、2時過ぎに最期の外出をするまでの、
約2時間くらい一人で部屋で過ごした彼女を想像してしまいます。
その時に日記でも書いてくれてたら切実とした記録を私達は読めたんですが、
まあそれは全く興味本位による勝手な願望。

でもその一夜は、やり過ごして欲しかったと思います。
なんか悪い意味で深夜の神経の昂った状態と気まぐれのようなヤケクソで、
自殺に至ってしまったようで。
その日の朝、まさか夜には自分が死ぬとは想像してなかった筈です。
そういう意味ではじっくり考えて今日死のうと決断する自殺とは違いますよね。

596 :無名草子さん:2010/03/08(月) 02:01:23
でもさ、最後の死が静謐すぎて、あれは死の世界に行っちゃってるとは、正直思うんだ。
あれで十分分かる気がするよ。

597 :無名草子さん:2010/03/08(月) 02:08:02
>>592
ボクは思わない!だけじゃ子供がダダこねてるのと一緒でしょ
ちゃんと根拠を書かないと
汚らしい部分を見つめたから何なの?
苦労知らないから汚い汚い言えるだけでしょ
結局、アタシは汚れたくない!ってわがまま言ってるだけじゃん(笑)

598 :無名草子さん:2010/03/08(月) 02:14:23
>今の20歳や大人よりもずっと汚らしい部分を見つめていると僕は思うよ。

これが根拠でしょ?

>苦労知らないから汚い汚い言えるだけでしょ
>結局、アタシは汚れたくない!ってわがまま言ってるだけじゃん(笑)

これも君の主観じゃん?
だから結局人によって受け取り方は違うし、僕はそれで良いと思っている。

599 :無名草子さん:2010/03/08(月) 03:13:17
>>596
その「旅に出よう」の詩って、
本だと一番最後(6月22日)にあるけど、それ6月22日に書かれたものなんでしょうか。
あれがまさに彼女の日記の最後の書き込みなら、
なんだか苦しい世俗から解放されたいかのように、その次の日の自殺と旅とを関連付けて、
なにか切ない読後感を得られるんだけど。

実際に高野家に行って母親から日記を見せてもらった人の話では、
あの日記はところどころ、本とは表現が書き換えられてるという。
父親の独断の編集が入ってるらしいのです。
たしかに、よく考えてみれば彼女は「中村とのリレーション」と称して、
3度会った事を後日談のようの日付で書いてるのに、
その3度の日付の日記自体が全て飛んでるのはおかしいと思ってた。
彼女が3日とも書いてないとは思えなく、これは明らかにお父さんが削除したんだと思う。
肉体関係の詳細とかもあったのかもしれないし、
そこは娘や中村氏への配慮かもしれない。

とにかく、ところどころに編集があった本なので、
あの詩も最後にくっ付けただけじゃないですかね。
「はやく眠りたい 2時30分深夜」の後にあんな長い詩をせっせと作ったとは思えなくて。

600 :無名草子さん:2010/03/08(月) 11:10:56
確かにお父様にしたら、そのまま出版するには耐え
きれない部分があったのでしょうね。
だけど、なんだか残念な気もします。

601 :無名草子さん:2010/03/08(月) 22:02:47
>>598
何言ってんの?w

>今の20歳や大人よりもずっと汚らしい部分を見つめていると僕は思うよ。

これは根拠じゃなくて推測でしょ?

こっちは具体的な根拠あげてる
家が裕福、高学歴、人並み以上の容姿等

あなたは、対話ができない人?ネットに張り付いてばかりではなく、もう少し表に出たほうがいいですよ

602 :無名草子さん:2010/03/08(月) 23:03:31
お前ら喧嘩してる暇があったら墓参りでもしてやれ!

603 :無名草子さん:2010/03/09(火) 00:12:05
最後の詩の原文の画像をネットで見れるけど、
それをよく見ると上のほうに「私に嘲笑の別れのあいさつを送る日 旅に出かけよう」
って書いてあるのに、本ではそんな部分は全く無い。
オヤジが勝手に削除したのか…

604 :無名草子さん:2010/03/09(火) 05:19:38
>>601
僕の根拠は最後の詩かな。
あの感覚を抱えたままでは生きられないと思うわけ。
いずれにせよ、感覚的な話になるので分が悪いね。

605 :604:2010/03/09(火) 05:23:45
で、普通はああいう感覚を持つことすらないし、
仮に思春期の一時期に持ったとしても、それを消し去ることで大人になっていくと思ってる。
その場合、目を背けてる大人の方が弱いって見方も出来る。
これは僕の見方になるけどね。

606 :604:2010/03/09(火) 05:30:55
あとこれも僕の見方になるけど、心臓が奇形だったじゃないですか?
ずっと物心付いた時から、自分が欠損したような、欠けたような、凄い不安を抱えていたと思うんですよ。
まさに身体に穴が開いているような。そして他者とまったく違う場所にいるような。自分が迷い込んだ異邦人のような。
その感覚も彼女に凄く感じるから、僕は彼女を甘ったれとは思わないですね。

607 :無名草子さん:2010/03/09(火) 06:30:15
そこで妊娠説ですよ。

608 :無名草子さん:2010/03/09(火) 10:27:02
いや中核派肉便器説ですよ。


609 :無名草子さん:2010/03/09(火) 11:17:25
職場でバイトしてた女子大生の娘をちょっと飲みに誘ったら、まんまと
ついてきたんで悩みを聞いてやったらべろべろに酔っ払っちゃって
成り行きでやっちまった。その後数ヶ月間セフレ状態だったんだけど、
眠剤飲んだとか言ってるときのセックスが怖すぎて引いた。本命が居たんで
ばっくれてたらストーカー化してガリガリにやせて鉄道自殺しやがった。

すげー後味悪いし、職場で噂立てられていい迷惑。メンヘラーってわかってたら
抱かなかったのに。


610 :無名草子さん:2010/03/09(火) 11:24:31
サッカー女子元日本代表の下小鶴綾が現役復帰

2009年6月7日21時45分印刷ソーシャルブックマーク
 サッカー女子のなでしこリーグ、高槻の元日本代表DF下小鶴綾が27歳の誕生日の7日、現役復帰後初戦の日テレ戦(大阪・長居)に出場し、新たな一歩を踏み出した。

 TASAKIの休部に伴って昨季引退。アテネ五輪代表などの実績があり、セ大阪で小学生らを教えるコーチに就いたが、「自分がやりたくなっちゃって」と復帰した。

 試合は1―6と大敗。「勝ちたかったけど、また目標ができた」。収入がない今は貯金を崩しながら生活しているというが、充実感に満ちた口調だった。

611 :無名草子さん:2010/03/09(火) 13:08:46
なにこれ

誤爆?

612 :無名草子さん:2010/03/09(火) 13:53:20
学生運動って解散したあとは挫折して人生を棒に振ったイメージがあるけど、
実はバックの幹部のほうは、その後大企業の管理職に収まったり、
医者や弁護士・キャリア官僚になって権力側の傘の下に潜り込んだり、
前科の付いた奴も予備校や専門学校の名物講師になったりと意外とツブシがきくんだよな。

調子に乗って派手に暴れてた奴が、一番解散後何事もなかったかのように
安泰してたんじゃないのかね。


613 :無名草子さん:2010/03/09(火) 14:21:20
>607-609
あんまり死者を貶めるなよ。

614 :無名草子さん:2010/03/09(火) 14:22:43
>>612
紛争で暴れまくってた奴って就職に困ったって話を聞いたけど、実際は違うの?
暴れまくってたのは、幹部じゃないか・・・。

615 :無名草子さん:2010/03/09(火) 14:44:04
暴れまくってたのは、幹部じゃないか・・・。

暴れまくってたのは、幹部じゃなかったってことかな・・・。

616 :無名草子さん:2010/03/09(火) 14:56:46
          - -―- 、
         /...::::::::::::::.. ヽ
       / ..:::::::::::::::::::/\ ヽ
       /..:::/::::/::::// ノ l:. l.
       l:::::!::::/●)  (●)|:: |  
.       !:::l::::l ~"   ,,  ~ l:i:l  いい歳して二十歳とか
       ヽ:i::!、 (⌒ーァ ノノ'  
        _ ` l\`ー‐'/     ばっかじゃないの?!
       ./::::::::::::\ ̄./::ヽ〆ヽ
      /:::::,:::::::::::。| |::::::|ヾ_ノ,
     ./:::::::| ::::::::::::。| |::::::|::i:::::|
     i::::::/ i:::::::::::::。| |:::::」ゝ:ノ


617 :無名草子さん:2010/03/09(火) 15:54:59

なんか似てて可愛いな
つーか、二十歳の原点って今も読まれているんだ。

618 :無名草子さん:2010/03/09(火) 16:29:20
>>612
だからその世代はバカにされるんだと思う。

結局そんな調子で日本を駄目にした張本人らが、わんさといる世代だし。

619 :無名草子さん:2010/03/09(火) 21:57:12
>>604
みんな汚れてる!(つまり自分だけは汚れてない)というのは、苦労を知らない甘やかされた人間だから言えることでしょ(笑)
君は親のすねかじって生きてるニートか何かなのかな?
もう少し現実知ろうねw

620 :無名草子さん:2010/03/10(水) 07:39:20
世間離れした悩みを持つ
いいとこのお嬢様に嫉妬して
発狂してる、貧乏でスレた育ちの
自称ジョーシキ人が多くてワロタ。

621 :無名草子さん:2010/03/10(水) 17:33:40
>>620
もう何十年も前に亡くなられた人に、今生きている人が嫉妬するかな?
私にはピンとこないけど。
それと、あなたも十分「スレた育ち」であることがわかる文章を書いていますよ。
その自覚がありますか?

622 :無名草子さん:2010/03/10(水) 19:51:53
自分は以前にも書いたけど、
高野悦子が初恋なんで(こんなこと言う時点でキモいのは自覚)、
やっぱり未だに高野悦子のことを毎日のように考える。

顔はそこまで好きでもないんだけど(一枚だけ好きな写真があるが)、
無理してもがいて虚勢に苦しんでた日記と、
けっきょく破れてしまった切ない結末に惹かれて忘れられない。

でもよく考えたら、もう死んだのですら40年も前で、自分の母親より歳上で、
自分の母親ですら完全にオバさんになりかけてるのに、
なにを未だに高野悦子のことを考えるてるのかと自分に呆れる。
今ではこの人がちょっと(いやかなり)青臭かったのもわかる歳になったし、
そろそろこだわるのを辞めるべきだと思ってるのに、
自分を形成する10代の時の衝動なので、なかなか消せない現実です。

また好きに書いてすっきりしました。失礼しました

623 :無名草子さん:2010/03/10(水) 22:32:13
真剣に気色悪いな

624 :無名草子さん:2010/03/10(水) 23:00:11
若い時に栄ちゃんとか長渕に憧れて、
今おっさんになっても栄ちゃんが人生のバイブルになってるようなのと同じ感じか。


625 :無名草子さん:2010/03/11(木) 00:19:32
意外に悦子ファンて多いんだよね、今の時代でも

626 :無名草子さん:2010/03/11(木) 00:45:42
>>623
お前の人生すべてがな

627 :無名草子さん:2010/03/11(木) 01:13:13
>みんな汚れてる!(つまり自分だけは汚れてない)

(つまり自分だけは汚れてない)じゃなくて、自分も含めた人が穢れている・・・じゃないかな。
そういう面にだれでも十代の頃に直面して、不安定になったりしたと思うんだけど、彼女がとりたてて弱いとは、見えないな。


>君は親のすねかじって生きてるニートか何かなのかな?
>もう少し現実知ろうねw

>恵まれた家庭に育ち、贅沢して高学歴、見た目も人並み以上
>自分大好きな甘ったれ構ってチャンになっても仕方ない

この書き込みをみて思うのは、
『お前らは甘ったれで仕方ない。自分は頑張って辛い思いしてるんだ・・・っ』てアピしたいのかな? 自分に。
僕も一応社会人としてうまくやってるよ。あまりしっかりしてないけど・・・笑

>恵まれた家庭に育ち、贅沢して高学歴、見た目も人並み以上 
じつこれが=甘ったれって言うのが、感覚を消した大人の見方そのものだって気がするんだよ。

裕福な家庭に育ったからって、あの父親のことだから、厳格だったかもしれない。金持ちがみんな甘ったれになるわけじゃない。
贅沢して高学歴・・・ここも意味不明なんだよ。学歴はある程度努力しないと手に入らないし、贅沢って・・・そういう描写あったっけ? 学生の時分は多少遊んだりするでしょう。
見た目も一目以上・・・、男からちやほやされてって言いたいんだろうけど、逆に嫌な面を見た可能性もある。

結局、甘ったれだから死んじゃったんだって、それで理解したつもりになりたいだけなんじゃないかな。
結局日記には具体的なことが書かれていないから、ホントのところは僕にも君にも分からないと思うんだよね。
誰にも。

628 :無名草子さん:2010/03/11(木) 01:18:30
>>622

>自分は以前にも書いたけど、
>高野悦子が初恋なんで(こんなこと言う時点でキモいのは自覚)、
>やっぱり未だに高野悦子のことを毎日のように考える。
>顔はそこまで好きでもないんだけど(一枚だけ好きな写真があるが)、
>無理してもがいて虚勢に苦しんでた日記と、
>けっきょく破れてしまった切ない結末に惹かれて忘れられない。

これはユング的には思春期に憧れる異性象のアニマってやつだね。
真っ正直に穢れないものを求めた真摯な姿がきっと好きだったんだろう。(もちろんそれが青臭いとしてもさ)
こういう気持ちは、忘れずにどこかで取って置くと、きっと意味がある時があるから、むしろ大切にしてくれ。
例えば時分の娘とか息子が出来た時に、もしくは誰かが精神的に不安定になっちゃったときとかさ・・・。

629 :無名草子さん:2010/03/11(木) 01:37:06
魂なんてもんが本当に存在して、もし彼女が死んでもなにかを考えられてたら、
自殺したことは心から後悔してると思う。気の迷いで取り返しのつかないことして。
あとは日記を本にした親父にマジギレしてるかもしれない。

630 :無名草子さん:2010/03/11(木) 02:12:23
いや、生きて行くことの苦痛から開放されて楽になれたと思うことにしようよ。

631 :無名草子さん:2010/03/11(木) 05:14:24
>>627
汚れずに生きていける、なんて思いあがるのは恵まれすぎてるからでしょ
まず自分の置かれた境遇に感謝するべきだったね
要するに親の育て方が悪い

甘ったれてる人間を甘ったれてると書いただけで思いあがってるって…
どれだけ自己中なの、君は

632 :無名草子さん:2010/03/11(木) 05:16:43
>>627
で、あなたの思い込みは根拠がないことがわかった
彼女が恵まれすぎた環境にいたことは根拠出してますからね
「親が厳格だったかもしれない」なんてのもあなたの思い込み
違うというなら根拠出しましょうね^^
どうもあなたは他人との議論に向かない人のようですね
ネットばかりじゃなく現実見ようね

633 :無名草子さん:2010/03/11(木) 11:04:05
なんかさ、一人だけ「甘ったれてる」をアホみたいに連呼してりゃ、
「自分はこんなに頑張ってるのに、なんで高野悦子だけ注目されるの キー!」
っていう、いじけ心を持った人なんだなって思われても仕方ない。

あとやたら、「ニート」「すねかじり」「メンヘラ」とか使ってるのもそう。
これじゃあ、実は自分自身がそうなんだろ(クスクス)って思われても、しゃーないわな。

なぜって、それが現実社会だろ。
仲良い友人なら別だけど、こんな見ず知らずの奴らが集まるところでそんな振る舞いしてりゃ、
ふっつーは、「ああ、こいつは淋しいやつだな」って思うよみんな。

こんなことぐらい判らないなら、もう救いようがないけどね。

634 :無名草子さん:2010/03/11(木) 11:05:20
これって、最後の詩の原本なの?

https://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_70b/liberation/47.jpg

635 :無名草子さん:2010/03/11(木) 13:17:59
>>631
>甘ったれてる人間を甘ったれてると書いただけで思いあがってるって…
>どれだけ自己中なの、君は

 >君は親のすねかじって生きてるニートか何かなのかな?
 >もう少し現実知ろうねw

この書き込みは思い上がり以外の何物でもないと思いますが・・・。
それ故の書き込みです。

>汚れずに生きていける、なんて思いあがるのは恵まれすぎてるからでしょ
>まず自分の置かれた境遇に感謝するべきだったね
>要するに親の育て方が悪い

ここはあなたの思い込みではないのですか?
実はあなたの書き込みも思い込み以外のものではないと思いますが・・・如何でしょう?

>>632
>で、あなたの思い込みは根拠がないことがわかった
>彼女が恵まれすぎた環境にいたことは根拠出してますからね

(僕は根拠でもなんでもなく短絡的過ぎるだけだと思いますが)仮に恵まれた環境が彼女をスポイルしたとして、
心臓に穴が空いていることは、恵まれたことなのでしょうか?
寧ろ思春期にこういったものを抱えていて、その痛みを処理できないとしたらかなり問題です。
少なくともそこからも見るべきだと思います。

二十歳の原点もしっかり全部読みました?高野悦子のどこがどんな風に好きなんですか?
そもそも嫌いですか?
どんな風に受け止めているのかと。


636 :無名草子さん:2010/03/11(木) 18:06:54
>>593

貨物列車に飛び込んだ時、一週間前に京都に来た母親に買ってもらったばかりの
ワンピースと靴を身につけていたそうだけれど、それは中村に会いに行くとき、
彼の気を引くための「勝負服」として着ていったのだろうか。それとも一度下宿に帰ってから、
深夜2時に再び出かけるまでの間に着替えたのだろうか。

もし前者なら、中村に会えなかったことが引き金になり、発作的に自殺というふうに
考えられなくもないが、もし後者なら、やはり覚悟の自殺だったのでは。
最後の決断をし、「正装」し、永遠の旅に出る…なぜ最後の瞬間に、彼女はそのワンピースを
選んだのか?深夜の下宿で、そのワンピースに着替えながら、高野悦子はいったい何を
考えていたのだろうか?先だつ不幸をお許しくださいという懺悔の気持ちが少しでも
はたらいたのか、それとも最後まで親に対する反抗を貫こうとしたのか…
いずれにせよ、あまりにも哀しく、痛ましい光景である。母親の気持ちを考える余裕がないほど、
精神的に追い詰められていたのかもしれないが、最後の一線を越えずになんとか
踏みとどまってほしかった。

637 :無名草子さん:2010/03/11(木) 19:01:44
>>635
不毛な議論にしかならないから止めとけ。

638 :無名草子さん:2010/03/11(木) 21:18:31
あまり人の悪口らしいことを書いていないし、内省的な文章が多いので
そういう人だったんじゃないかな。

639 :無名草子さん:2010/03/11(木) 23:50:48
カッコを蘇らせて、なんであんな事になってしまったのかを厳しく問いつめたい

640 :無名草子さん:2010/03/12(金) 06:15:48
>>635
恵まれた環境にあったのは思い込みじゃなくて事実でしょう?w
ついに錯乱しちゃいましたか?www
心臓に穴が空いていようが恵まれた環境にいたのは間違いない
心臓に穴が空いてたから自殺したの?違うよね?
ちゃんと読んでる?読まずに妄想並べるのはやめようね、君

641 :無名草子さん:2010/03/12(金) 06:17:02
>>633
ニートと言われてくやしいんだね
何故そんなに反応するのかな?やっぱりニートだから(ry

www

642 :無名草子さん:2010/03/12(金) 10:00:15
(↑)
こういう人をおちょくった事を書く奴はスルーということで。

643 :無名草子さん:2010/03/12(金) 10:04:04
反論できないんですね^^
自分からおちょくっといて良く言うね

644 :無名草子さん:2010/03/12(金) 16:23:35
限りなく不毛だな。
こんな奴みたいに人間として穢れてしまえば、きっと生きるのが楽になるんだろうな。
こんな奴になりたくないから、きっと死んじゃったんだと思う。

645 :無名草子さん:2010/03/12(金) 16:42:13
>心臓に穴が空いてたから自殺したの?違うよね?

それも一つの大きなファクターなんだが、それを読み解けないとしたらかなり感受性が鈍い。

646 :無名草子さん:2010/03/12(金) 20:18:42
>>645
そういう人を見下した書き方はやめろって。
スレが荒れる原因にもなるし。

647 :無名草子さん:2010/03/12(金) 21:24:09
>>642
了解。
変に刺激すると歓ぶから、カッコちゃんの話題に集中しよう。

648 :無名草子さん:2010/03/12(金) 22:28:44
よし!! K・A・K・K・O カッコちゃんラブリー! ヒューヒューだよ イェー


649 :無名草子さん:2010/03/13(土) 07:43:09
私には「生きよう」とする衝動、意識化された心の高まりというものがない。
これは二十歳となった今までズットもってもっている感情である。
生命の充実感というものを、未だかってもったことがない。

高野さんはこう書いていますが「意識下された心の高まり」ってどんな状態
なんでしょう。又「生命の充実感」なんてなかなか持てません。
私なんて毎日、毎日を積み重ねて生きてるって感じです。

650 :無名草子さん:2010/03/13(土) 07:57:12
>>645
根拠は?根拠あげてね
得意の妄想じゃなくて

651 :無名草子さん:2010/03/13(土) 07:59:10
>私には「生きよう」とする衝動、意識化された心の高まりというものがない。

どう見ても心臓病で闘病してる奴の言葉じゃないよなw
人並みに苦労や悩みがあればこんなこと考えてる余裕ない
つまりは恵まれすぎてるだけの贅沢病
この子は飽食病だね

652 :無名草子さん:2010/03/13(土) 08:37:42
>>649
>「意識下された心の高まり」ってどんな状態なんでしょう
難しく考えることではないと思うよ。
普段の生活の中で、「これをやってみたい」とか「あれをやってみよう」という、自然発露的な前向きな感情のことでしょう。
そういう感情は、誰でももったことがあるはずです。

>私なんて毎日、毎日を積み重ねて生きてるって感じです
う〜ん。少し疲れちゃっているのかもね。
休養や気晴らしを上手く取り入れた生活を心掛けてみたらどうでしょう?
ただ、「毎日、毎日を積み重ねて生きてる」というのは、決して悪いことではないよね。むしろ建設的とも受け取れる。


653 :無名草子さん:2010/03/13(土) 20:34:32
>>649
>毎日、毎日を積み重ねて生きてる

それなら毎日、毎日を生をすり減らしていると考えた方が良いよ。

すり減らすって、イメージが悪いから別に置き換えてくれてもいいけど、
今が永遠じゃなくて、いずれ老いて死ぬんだという認識を持つようにしないと、
気が付いたときには、酷く可能性が狭まった状態になっちゃうよ。





654 :無名草子さん:2010/03/13(土) 22:07:32
Today is the first day of the rest of your life.


655 :無名草子さん:2010/03/13(土) 23:40:59
>>653
何を言いたいのか、意味がよくわかりません。

656 :無名草子さん:2010/03/14(日) 04:38:21
まあアイドル好きのキモオタの集まりみたいなもんだから
おかしなのが集まってくる

657 :無名草子さん:2010/03/14(日) 22:52:02
>>656
お前は早くしねばいいのに

658 :無名草子さん:2010/03/14(日) 23:35:40
>>645
>>心臓に穴が空いてたから自殺したの?違うよね?

>それも一つの大きなファクターなんだが、それを読み解けないとしたらかなり感受性が鈍い。
私も感受性が鈍いので、どうして一つの大きなファクターになったのか、わかりません。
感受性の鈍い私もわかるように、説明していただけませんか?

659 :無名草子さん:2010/03/15(月) 00:57:40
二十歳の原点のあとがきにお父さんの書いた「失格者の弁」という文章があります。
これによると彼女は心臓の障害に対して強い劣等感による自己嫌悪を抱いていたようです。
http://www.risa-1972.net/image/etuko/img_2005_02_09_etuko_sikkakusya.pdf

660 :658:2010/03/15(月) 10:01:56
>>659
強い劣等感と自己嫌悪が、自殺につながったと考えるのは、根拠として稀薄ではないか?
世の中には、強い劣等感や自己嫌悪をもちながらも、自殺を考えたことがない人は、いくらでもいるはずだ。
説得力をもたせるには、強い劣等感と自己嫌悪が、どのような形で自殺につながったのか、もう一歩踏み込んだ考察が必要だと思う。

661 :無名草子さん:2010/03/15(月) 18:10:38
最後の下宿にも程近い、西陣地区の民家の一間借りて学生時代下宿してたけど、
近所の話し声やテレビの音などが筒抜けで、余計侘しさや孤独感が募るんだよな
6月の梅雨時に、一人で京都の下町で生活してみれば、あの心境に近い気分は充分味わえる

662 :無名草子さん:2010/03/15(月) 22:58:30
なにが孤独なもんか。
しょっちゅう牧野さんとデートして、電話して、
「小山田さん」とお酒飲みに行ったとかなんとか、
牧野以外にもぼろぼろ人との関わりがでてくる。
これのなにが孤独なのか?と。

まあどうせ「本心では打ち解けられなかった」とか言うんだろうけど、
mixiとかやってると確かにいる。
表向きは友達とかいながら「本当の私」だなんてクールに演じて、
「みんなで笑ってる時も裏には冷めた自分がいる」
みたいに勝手にドラマ気取りで悩んで悦に入ってるやつ。
そういう事に悩みたがってる自分がいて、それに浸ることが好きなだけじゃないかと。
悦子もその気質があって、
だからこそ日記をあんなに続けられたんじゃないかと思わざるを得ない。
あれはいわば脚本みたいなもんじゃないかと。
結局、自己愛ですよ。友達なんかより自分が好きなんですよ、この人は。

663 :無名草子さん:2010/03/15(月) 23:37:48
人生一回目の恋の破れにも耐えられないほどの恋愛の免疫の無さと、
それを許せないほどの自己愛の強さ。
4月の末には鈴木に頭をなでられた事にデレデレしてたくせに、
その後にすぐ気変わりして中村にいくし、まったく単純な気変わり娘だ。
そして避けられたと思ったら勝手にショックで死ぬ。
これで死ななければ痛々しい夢見る夢子の日記なのに、死んでしまえたのは凄い。
自殺(とくに若い年齢)は変に感傷的な魅力が付きがちなのは事実で、
これで自分をブランドへ昇格させた

664 :無名草子さん:2010/03/15(月) 23:51:27
あの一世を風靡した日記「二十歳の原点」はフィクションだった。

栃木県那須塩原市に住む主婦高野悦子さん(60)は、日課のジョギングを
今もかかさない。かつて京都の女子大生のころは山歩きに明け暮れていた。
やがて、時代は学生運動まっ盛りに。悦子さんもいつしかデモ隊の中にいた。

「でも悪い男に遊ばれて傷ついて大学も辞めて、40年前に西那須野の実家に帰ってきました。
それから母と暮らしてたんですけど、当時書きためていた日記を親戚が同人誌を主宰している
方に見てもらったところ面白いといわれて、ちょっとレイプされたり自殺したことになってたり
脚色しましたけどね(笑)
そして時代の風に乗って大手出版社から発売されベストセラーに。
でもいつまでも遊んでもいられず、本の印税で22歳から水商売を始め、2年間、宇都宮のスナックで
雇われママで修業してから地元で独立しました。長年姉がオーママとして助けてくれてます。
初めて飲みに来られたお客さんが、壁に張ってある二十歳の原点の私の写真を見て、
本人が目の前にいるとわかって目を白黒されてますよ、フフフ」 

665 :無名草子さん:2010/03/16(火) 00:07:54
>>659
>強い劣等感と自己嫌悪が、自殺につながったと考えるのは、根拠として稀薄ではないか?
>世の中には、強い劣等感や自己嫌悪をもちながらも、自殺を考えたことがない人は、いくらでもいるはずだ。
>説得力をもたせるには、強い劣等感と自己嫌悪が、どのような形で自殺につながったのか、もう一歩踏み込んだ考察が必要だと思う

家が裕福、高学歴、人並み以上の容姿等=甘ったれ→自殺
も同様に説得力がないってことだよね。当時大学に行くだけでもかなり裕福なのに、同じような条件の立命館の同級生が皆、自殺したわけじゃない。
根拠としては説得力はまったく無いよね。

666 :無名草子さん:2010/03/16(火) 00:12:38
>>658
645ではないが・・・、
例えば病気になって社会から脱落したような状態になったり、そういう経験、もしくはそういう状態を感覚的に想像するしかないと思う。
言葉で説明することじゃなく、感覚で追体験することだから、これは難しいよね。

667 :無名草子さん:2010/03/16(火) 02:39:27
>>665
別に裕福な奴が全員自殺するなんて言ってないでしょ?
必死で反論笑えるわw

668 :無名草子さん:2010/03/16(火) 02:40:33
>>666
全然脱落してないじゃんw
親から過剰に心配されて過保護状態
やっぱり甘やかされすぎなんじゃないの?w

669 :659:2010/03/16(火) 11:17:02
>>666
ちょっと重い話になるけれども、自分も10代の頃に病気をして、それまで目標にして努力し続けてきたことを断念しなければいけなくなった過去がある。
それは「ショック」とかいう次元の話でなく、本当に何度も真剣に自殺を考えた。それに「人生を賭ける」くらいの気持ちだったからね。
ただ、一方の高野悦子さんの場合、病気により失ったものが、直接自殺に結びついたのかといえば、僕の鈍い感受性では、どうしてもそうとは思えない。
>言葉で説明することじゃなく…
と書いてあるけれども、できる範囲でいいから言葉で説明してくださいよ。

670 :無名草子さん:2010/03/16(火) 11:39:44
中学生の頃、二十歳の原点を読んで高野さんをバカにしてたわ・・・。
可愛げがない性格だからもてないのよ。ちびでやせぎすで色気もないし。
化粧っ気もなく風呂嫌いなんて女性として最低。
男に振られて雨の中立ちつくすみじめさ。べた付いた髪の毛。生気のない瞳。
ただその存在そのものを見下していたわ。

将来自分は絶対に成功するのよ、何にだってなれるのって
何の根拠もなく思ってた。 小さい頃からの日々の積み重ねが
大人になるまで続いてくなんて夢にも思わなかった。
中学生の頃通っていた塾の先生が言ってた。
「高野悦子はあんまり頭良くないから立命館にしか行けなかったんだ、ははは。」
クラスのみんなで大笑いしてたっけ。でもあの内何人が立命館以上の大学に行けたというの。

大学受験に失敗して東京で浪人して一人暮らしがいかに大変か、家族のありがたみが分かりました。
入学してから毎日バイトに通って夜遅くまで働いてみて今ごろになってやっとお金の価値が分かりました。
失恋を繰り返して人に馬鹿にされて初めて孤独の辛さが分かりました。
生きるって本当に大変。何をやっても後悔が待ってるものね。特別じゃない。
自分は特別な人間でも何でもないんだって、二十歳前になってやっと
分かりました。あの頃、白い眼で見てしまった高野さん、ごめんね。
あなたのぶんまで生きようと思います。
でも、高野さん、時間が必要だったことだけは分かって欲しいの・・・。


671 :無名草子さん:2010/03/16(火) 11:51:24
>>669
>病気により失ったものが、直接自殺に結びついたのかといえば

心臓の壁に穴が開いてて、それによって運動やらを制限されたのかも知れないけど、
でもワンゲルにも入ってなかったっけ?

病気が自殺に繋がったってより、
病気によって自分の事をよく顧みるようになったんじゃないのかね。
無駄に生きないようにと。

ただ、実情は煙草吸って酒飲むし、
自分に自信が無くて、そのくせかまって欲しい性格のように思える。
何かを目指すような生き甲斐とか目標とかが持てなくて、失恋して自殺?

672 :無名草子さん:2010/03/16(火) 11:54:25
アナキズムが蘇ったのは1968年から1970年にかけての全国的な学園闘争においてである。
学園闘争の中心となった全学共闘会議(全共闘)はノンセクトであり、その組織形態も
アナキズムに多い自由な評議会的なものであったことからアナキズムへの関心が芽生える
ことになった。
東京のアナキストは連盟の後継の要素を引き摺り、学習会的・サロン的色彩を払拭出来ず
(麦社)、それ以外もテロリスト的な小結社主義(背反社)の域を出なかったが、
関西・大阪のアナキストは、小組織・小グループの傾向を離脱してアナキスト革命連合
(ARF、アナ革連)という「アナキスト・ブント」とあだ名された統一組織を形成し、
各大学や地域において強力な運動を展開した。関西の主要大学にはアナキスト連合の組織
や支部が形成され、キャンパスにはアナキストの黒旗が翻り、一部では完全にマルクス
主義者を凌駕していた。


673 :669:2010/03/16(火) 15:35:53
>>671
要するに、病気と自殺の間に、因果関係のようなものはないと考える、ということですか?

674 :無名草子さん:2010/03/16(火) 17:19:20
高野さんも確かにアナーキズムに関心をもってたみたいですね。
だけど彼女がその思想に生きがいを持てなかったのも事実ですよね。
彼女には立命館の学生運動での敗北が大きな影響を持ったのでは
ないのでしょうか。理解ができないところですが。

675 :無名草子さん:2010/03/16(火) 18:01:47
個人的には、学生運動の敗北と失恋が、自殺の直接的な原因と思っている。

676 :無名草子さん:2010/03/16(火) 20:25:08
京都大学キャンパスアナーキー計画
http://campusanarchy.hp.infoseek.co.jp/campusanarchy.html
http://campusanarchy.hp.infoseek.co.jp/index.html

アナーキー
http://www.anarchy.co.jp/gallery/20060221/album.htm

677 :無名草子さん:2010/03/16(火) 20:28:17
奥浩平の影響はどうなんでしょうか。
心臓の病も含め彼女には死というものが身近にあったと思うのですが。

678 :無名草子さん:2010/03/16(火) 20:54:58
腐乱死犬の場合は〜♪

679 :無名草子さん:2010/03/16(火) 20:57:22
京大どうなってんの

尾池総長談
 アナーキーは京大の文化です。思想性のあるアナーキーは他大学には無いし、禁止することはないと思っています。
 工事にあたっては、アナーキーを維持するために、どんどん好きな建物を建てるよう指示しています。  
東山副学長談
 アナーキーは京大生の大事なコミュニケーション手段。無くそうというつもりはありません。
 近頃、危ないアナーキーがみうけられます。通行人への危険性も考慮してほしいと思っています。

680 :無名草子さん:2010/03/16(火) 23:36:46
自殺の直接的な原因はレイプによる精神破壊と自傷行為

681 :無名草子さん:2010/03/17(水) 00:15:14
経験も知識も未熟なのに自分の判断力を過信し過ぎている。
立命館のような国際的な共産主義組織の活動拠点に田舎の少女がはまってしまった。
カルト宗教やマルチ商法に引っかかる今の若者と変わらない。
心情的にすり寄ってはやがて実態に気付き失望しては離れる。
そんな特殊でインチキな世界が全てだと思い込んで絶望してしまった。
何のことはない。そこから離れるだけで洗脳は解けたはずだ。
または父親の書いている通りに、数か月持ちこたえていたら違った世界観が
見えてきたのだろう。

682 :無名草子さん:2010/03/17(水) 08:54:38
要するに、甘ったれメンヘラのはしりってことでおk?
父親も「心臓の疾患が原因かも…(オロオロ」なんて腫れ物に触るように扱ってるし、反面教師だよね
親はもう少し厳しくするべきだったね

683 :無名草子さん:2010/03/17(水) 10:51:40
>>669
オレは666ではないが・・・、
>ちょっと重い話になるけれども、自分も10代の頃に病気をして、それまで目標にして努力し続けてきたことを断念しなければいけなくなった過去がある。
>それは「ショック」とかいう次元の話でなく、本当に何度も真剣に自殺を考えた。それに「人生を賭ける」くらいの気持ちだったからね。
>ただ、一方の高野悦子さんの場合、病気により失ったものが、直接自殺に結びついたのかといえば、僕の鈍い感受性では、どうしてもそうとは思えない。
>>言葉で説明することじゃなく…
>と書いてあるけれども、できる範囲でいいから言葉で説明してくださいよ。

君は病気によって失ったことで、死を考えたわけじゃん?
彼女にとっては、その(失った)状態が、普通の状態だったって事だと思う。
あらかじめ失われている状態だったんじゃないかな。
下記の書き込みもそういう感覚だと解釈してるよ。

>私には「生きよう」とする衝動、意識化された心の高まりというものがない。
>これは二十歳となった今までズットもってもっている感情である。
>生命の充実感というものを、未だかってもったことがない。

684 :671 :2010/03/17(水) 22:22:36
>>673
>要するに、病気と自殺の間に、因果関係のようなものはないと考える、ということですか?

そう思いますね。
もう少し病気についての悩みが書かれていたならと思いますが。

685 :無名草子さん:2010/03/18(木) 01:36:45
カッコちゃんは男勝りの負けず嫌いのスポーツウーマンだよ。
高校時代はバスケも全国レベルのチームと戦っていたんだよ。
あまりにも激しい運動に制限がかかっただけで、普通に生活するには
心臓は何も問題はなかったんだよ。
劣等感はカッコちゃんの心の中の問題。

686 :無名草子さん:2010/03/18(木) 01:43:59
>>683
>私には「生きよう」とする衝動、意識化された心の高まりというものがない。

何の苦労も知らずに甘やかされてたからでしょ?


687 :669:2010/03/18(木) 11:04:10
>>683
病気が鬱状態の原因になったということ?
仮に、そうだとしても十分に納得できないね。
高野さんの日記を読む限り、深刻な気分の落ち込みや鬱病状態は、病気がきっかけになったとは思えない。
病気を含め、様々な悩みはあっただろうけど、当初は前向きで活発な側面ももっていた。
精神面で変調をきたし始めたのは、やはり学生運動や失恋がきっかけになっているのではないか?
僕にはどうしても、病気と自殺の因果関係を見出すことができない。
同じ悩みでも、自殺に結びつくものと、ほとんど自殺に結びつかないものがあるはずで、高野さんの病気は、後者に該当すると思う。

688 :無名草子さん:2010/03/18(木) 13:24:46
まあ甘やかされてただけでしょ
自分大好き自己愛メンヘラちゃんの走り

689 :無名草子さん:2010/03/18(木) 15:49:11
まあバイトでもしなければいけない境遇なら少しは違ったかもな

690 :無名草子さん:2010/03/18(木) 19:42:42
きっかけでなくてもバックボーンとして存在した可能性はある。

691 :無名草子さん:2010/03/19(金) 02:27:08
自殺の直接的な原因はレイプ

692 :無名草子さん:2010/03/19(金) 03:31:48
可能性なんて言い始めたらどんな可能性でもあるでしょ
何言ってんの

693 :無名草子さん:2010/03/19(金) 06:54:33
一つの側面でしか捉えられない単純なお前には理解できないだろうな

694 :無名草子さん:2010/03/19(金) 09:33:08
私は「669」さんが指摘していることが納得できます。
高野さんは学生運動の影響が大きかった思います。


695 :669:2010/03/19(金) 10:04:02
>>690
では、仮に持病がなければ、自殺はなかったという考えでしょうか?

>>693
私に言っているのですか?
私が「一つの側面でしか捉えられない」というのでしたら、ぜひ多面的な角度から病気と自殺の関係を説明してください。
他人の主張は批判するが、持論の根拠を示さないのはなぜでしょう?
私はいろいろな解釈や意見があっていいし、自分の考えが絶対正しいと主張する気もありません。
ですから、ぜひあなた自身の考えと、その根拠を示してください。
ここが一方的な自己主張と、誹謗中傷の場になっては、もったいないと思います。
スレッドの価値を下げないでほしいと思います。

696 :無名草子さん:2010/03/20(土) 14:52:14
・思春期の精神的な不安定さ
・心臓の欠損感、それによる潜在的な不安感
・恋人とのすれ違い(もしかしたら妊娠? レイプ?)
・全共闘時代の空気
・彼女の真面目な突き詰める性格

そこら辺が有機的に絡み合ってじゃないかな?

697 :無名草子さん:2010/03/20(土) 16:15:29
後付け加えるならお父様とのある意味での確執でしょうか。

698 :無名草子さん:2010/03/20(土) 16:16:36
>>696
・恵まれすぎた環境
・親の甘やかしすぎ

が抜けてる
心臓は関係ないでしょ

699 :無名草子さん:2010/03/20(土) 16:17:24
あと

・自分大好き
・メンヘラ

これも重要だね

700 :無名草子さん:2010/03/20(土) 16:22:20
>>698-699
自己紹介乙ってやつかな?

701 :無名草子さん:2010/03/20(土) 20:38:28
>>700
高野悦子についてに決まってるでしょ

702 :無名草子さん:2010/03/20(土) 21:19:42
>>698
自分も、「心臓の病気は自殺に関係ない」に一票!!

703 :無名草子さん:2010/03/21(日) 00:26:00
>>698-699の心理なんて分かる必要ないよ。
狂人の論理を常人は受け入れられないでしょ。

704 :無名草子さん:2010/03/21(日) 02:28:55
前にテレビでメンヘラ50人くらい集めて話し合う番組があったんだけど
どいつもこいつも皆被害者面なのな
公共施設がメンヘラには使えないのが多いだの世間がメンヘラに対して冷たいだの………
治療して治った元メンヘラな人が「だったら専門医に診てもらえばいいじゃないですか」
って言ったら皆して逆ギレしやがんの
まあそういう考えだからメンヘラになるんだろうけどな

705 :無名草子さん:2010/03/21(日) 07:32:54
高野さんの自殺は全共闘の運動の敗退の影響が大部分を占めている
と思います。彼女の繊細な詩人的資質には政治的闘いの敗北を受け
とめるには余りにも傷が深すぎたのではないでしょうか?

706 :無名草子さん:2010/03/21(日) 09:30:53
来月から立命館の薬学部に入学します。
悦子さんの後輩になれて、同じ母校になれることが今から嬉しいです。


707 :無名草子さん:2010/03/21(日) 10:07:22
終戦直後、同事件に連座し、京都大学から大阪商科大学へ移っていた末川博を学長へ招聘した。
その末川を中心に大学の改革へ乗り出す。憲法と教育基本法を尊重して
「平和と民主主義」を守ろうという末川の思想が中心となって、立命館大学は
「民主的な学園運営」「自主的学習の尊重」の2本柱によって構成され、
以下に記載する取り組みが現在の立命館大学に至るまで実施され続けている。
末川が立命館大学に与えた影響は極めて大きく、これらの功績を讃えて、
同大学では末川を名誉総長として顕彰している。
また、末川が構成した思想を「立命館民主主義」と呼んでいる。

708 :無名草子さん:2010/03/21(日) 12:00:37
>>705
繊細なんじゃなくて甘やかされてただけ
繊細な自分に酔ってただけ

709 :無名草子さん:2010/03/21(日) 17:56:22
高野さんの詩を読んで「繊細な自分に酔ってただけ」とは思えません。
最後の詩だけでなく日記に断片的に書かれている表現にも鋭い表現が
見られます。

 暗くも明るくもない五月の空間を
 風が流れる

こんな表現って良いなって思います。


710 :無名草子さん:2010/03/21(日) 19:18:55
>>704
>まあそういう考えだからメンヘラになるんだろうけどな
例外はありますが、逆ですよ。
メンヘラになるから、そういう考えになるのです。
病気が治れば、考え方も前向きになるものです。
心の病気というと、何か気の持ちようとか、考え方に問題があると思う人が多いようですが、
それ以上に生物学的な病気なのです。

711 :無名草子さん:2010/03/21(日) 20:17:50
>>710
どっちでも一緒
あとメンヘラは一般的な心の病気と違って生物学的な問題より自己愛の問題が大きいんじゃないの?

712 :無名草子さん:2010/03/21(日) 20:52:22
>>711
自分語りはチラシの裏に書け

713 :無名草子さん:2010/03/21(日) 23:58:57
>>712
どこが自分語り?アホなの?

714 :無名草子さん:2010/03/22(月) 00:21:12
>>711
自分は元メンヘラですので、いろいろ勉強したのですが、自己愛が関わってくるとすれば、心因性の鬱の場合でしょう。
心因性の鬱とは、原因がはっきりしている鬱病のことです(失恋、倒産、解雇、離婚など)。
また、内因性の鬱というのもあって、実はこちらのほうがずっと多いのです。
内因性の鬱は、原因がない、または、原因がはっきりしない鬱病のことです。
この場合、脳内物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)の濃度の変化が原因になります。
治療も、脳内物質の濃度を変化させる薬の処方が中心になることが多いようです。

715 :無名草子さん:2010/03/22(月) 08:55:29
二十歳の原点は、東西冷戦とベトナム戦争といった政治の時代に
全共闘の学生運動で混乱した大学という特殊な環境の下で、
普通の学生が日常感覚と喧伝されるイデオロギーの大義との
はざまで葛藤するさまが共感を生んだのではないでしょうか。
高野さんは純朴で優等生のごく普通の女の子です。
ノート、序章と順に読んで行けばわかるはずです。

716 :無名草子さん:2010/03/22(月) 16:16:40
読みもしないで、せいぜいぺらぺら捲ったくらいで、『メンヘラ』『甘ったれ』を連呼されても・・・。

717 :無名草子さん:2010/03/22(月) 19:20:22
だから自殺の直接的な原因はレイプによる精神破壊と
自暴自棄な行動


718 :無名草子さん:2010/03/22(月) 20:21:03
高校時代宇都宮で一人暮らししていて普通だったんだから、
京都が悪いにきまってんだろ。

719 :無名草子さん:2010/03/22(月) 21:06:30
彼女の心臓は、昔はスポーツを自粛したりさせられたけど、
大学頃になって診断したらもういつの間にか治ってたとか、
日記に書いてあった気がするから、そんなに影にはなってないんじゃないの。

720 :無名草子さん:2010/03/23(火) 03:38:45
>>716
ならばじっくり読んでるあなたが、自殺の原因がメンヘラの甘えではないことを是非論証してくださいな
逃げんなよ?

721 :無名草子さん:2010/03/23(火) 09:57:45
720が良いことを書いたぞ。

722 :無名草子さん:2010/03/23(火) 13:38:00
自演されてもねぇ……

723 :無名草子さん:2010/03/23(火) 18:25:07
>>722
いいから早く自殺の原因がメンヘラの甘えではないことを是非論証しろよ

724 :無名草子さん:2010/03/23(火) 21:17:01
sageも知らないアホが一匹沸いております。

725 :無名草子さん:2010/03/23(火) 22:42:10
>>724
いいから早く自殺の原因がメンヘラの甘えではないことを是非論証しろよ
できんのか?


726 :無名草子さん:2010/03/24(水) 01:21:29
>>716の論証マダー!!??

727 :無名草子さん:2010/03/24(水) 02:00:13
悦子さんの純真な精神を破壊し殺したレイプ野郎は
一生自責の念を抱えて生きろ。


728 :無名草子さん:2010/03/24(水) 12:24:08
>>727
既に時効ですし、自責の念などもっていないでしょう。

729 :無名草子さん:2010/03/24(水) 15:29:14
>>723
逆にメンヘラの甘えだって論証できんのか?
読んでないの丸分かりだし、まったく説得力無いんだが・・・。

730 :無名草子さん:2010/03/24(水) 15:38:44
夜空に向かって歌った「アデュー」。

高野さんは何語で歌ったのか。

731 :無名草子さん:2010/03/24(水) 16:22:01
>>729
根拠を書いて示してますが?
読んでないという根拠は?
説得力ないのはお前がキチガイアイドルオタみたいな信者だからだろw

「ボ、ボクの悦子タンをけがす香具師は許せないっ!!」

失笑w

732 :無名草子さん:2010/03/24(水) 16:23:23
ま、>>716>>729は何の根拠も示せず吠えてただけってことね
これが高野ファンの実態
モー娘のキモファンと一緒w

733 :無名草子さん:2010/03/24(水) 17:27:36
中川会館の封鎖バリケードは私にいろいろな問題を提起してきた。
私は大学について、学生であることについて、自分について考え
始めた。

高野さんが真剣に考えたたことは今でも考えなければいけない
ことでしょうね。

734 :無名草子さん:2010/03/24(水) 18:53:42
>>733
一般的に、そういう哲学的な問題は、学生時代でなければ考えられないことだろうからね。
社会人になれば、目の前のやるべき事をこなすことに精一杯で、「人間が生きるとは…」などと考えている余裕はない。
さらに、哲学的な問いに対する関心も薄くなってくる。

ただ、一つ気を付けなければいけないのは、日々の生活そのものを疎かにしないということ。
学校に行く。サークル活動や部活動に取り組む。友達と遊ぶ。家族と話す。などといった、当たり前の生活をきちんとおくるということ。
そういう“当たり前の生活”を疎かにして、一人孤独に、哲学的な考えに耽っているようでは、心のバランスを崩してしまいかねない。
そもそも「生活」から乖離した「思考」に価値はない。少なくとも、健全ではないと思う(特に青春時代には、知らぬ間に思考が現実を越えてしまうことがよくある)。
極端な例かもしれないが、オウム真理教などを見れば、納得してもらえるのではないだろうか?
いずれにせよ、日々の生活を大切にするということは、人間関係を大切にすることともいえる。
自分の周囲に、一人でも二人でも、困ったとき、悩んだときに、素直に相談できる人がいれば、高野さんのような悲劇は避けられるだろう。

繰り返しになるが、哲学的な問いを大事にするのもいいが、それ以前に、まずは当たり前の生活を大事にしてもらいたいと思う。

735 :無名草子さん:2010/03/25(木) 03:36:08
>社会人になれば、目の前のやるべき事をこなすことに精一杯で、「人間が生きるとは…」などと考えている余裕はない。
>さらに、哲学的な問いに対する関心も薄くなってくる。

これにはホントに納得する。
逆に当たり前の日常こそが感覚を麻痺させざるえないところがあるから、中々難しいね。
感覚を麻痺させた人間にとっては意味の無い言葉の羅列(メンへラーのたわごとってこと)になっちゃうからね。



736 :無名草子さん:2010/03/25(木) 03:38:41
日常的なものから乖離せずにしかも感覚を抱えたままで大人になるにはどうしたらいいのかね?

737 :734:2010/03/25(木) 09:40:04
>>736
あくまでも個人的な考えとして述べさせていただきますが、人間は、その時その時で、やるべき事というのがあるのだと思う。
例えば、社会人になって会社に就職したら、普通は仕事が第一になるでしょう。
主婦となって、子どもが生まれれば、子育てに忙しくなるでしょう。
そんな時に、哲学的なことを考えなくてもいいし、考える必要もないと思う。
以前、「なぜ人を殺してはいけないのですか?」という、素朴な問いが話題となった。
仮に、その問いに対する哲学的な解答を見いだせなくても、「人を殺してはいけないのだ」でいいと思う。
特に社会人ともなれば、考えること自体に価値があるとは思えない。
大事なのは理屈ではなく、実生活の中で、いかなる価値をどれだけ生み出せたかにあるのではないか?
もちろん、だからといって、哲学的な問いが無意味だと言うわけではない。
学生時代の一時期に、そういう問いに真摯に向き合うのは、意義深いことかもしれない。
ただ、逆にいえば、学生時代の一時期で十分だとも思う。
あとは、生活をしていく中で遭遇する様々な出来事に思いをはせたり、芸術に触れたり、読書をするなどということで、でいいのではないか?
あたかも哲学者のように、「人間とは…」「生きるとは…」「働くとは…」と考え続けることに、私は意義を感じない。
意義を感じないとは、生きていく上でのエネルギーにならない(なっても、少しだけ)ということです。

いろいろ書きましたが、あくまで私見ということで。

738 :無名草子さん:2010/03/25(木) 11:59:35
やっぱり自演じゃんwww

722 :無名草子さん:2010/03/23(火) 13:38:00
自演されてもねぇ……


723 :無名草子さん:2010/03/23(火) 18:25:07
>>722
いいから早く自殺の原因がメンヘラの甘えではないことを是非論証しろよ


739 :無名草子さん:2010/03/25(木) 13:27:11
>>737
ありがとう。内的なもの(哲学的なもの)が過剰に現実から遊離するよりは、
例えば(実際の現実の中で)自分の子供を大切にするとか、そういうことのが、ずっと大切ですよね。
ホントにそう思います。


740 :無名草子さん:2010/03/25(木) 20:50:34
>>738
いいから早く自殺の原因がメンヘラの甘えではないことを是非論証しろよ


741 :無名草子さん:2010/03/25(木) 23:39:37
自殺する理由なんて本人でもハッキリしないことがあるだろうに、
何を粘着しているのか。

742 :無名草子さん:2010/03/26(金) 01:19:44
いろいろあるけど愛をこめてみんなで叫ぼうよ

L・O・V・E ラブリーカッコちゃん

ヒューヒューだよ!!

743 :無名草子さん:2010/03/26(金) 02:40:59
>>741
多分こんな感じじゃないかな。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1411015874

744 :無名草子さん:2010/03/26(金) 04:35:39
自殺する人は病気だという見解ですが少し違うと思います。
正常な人で自殺する場合もあるのが人間ではないのでしょうか。
私は決して自殺を肯定はしませんが本能だけで生きるのではなく
生きる意味という事を考え抜くという事は大切なことだと思って
います。

745 :無名草子さん:2010/03/26(金) 12:35:20
>>744
高野さんが精神科医の診察を受けたわけではないので、病気かどうかの議論は、結論が出ないと思います。
ただ、うつ病かどうかはともかくとして、うつ状態であったのは確かでしょう。
また、うつ状態であったということと、生きる意味を考え抜く、ということは、矛盾しないと思うのですが。
むしろ、うつ状態だからこそ、生きる意味を考え抜く、という人も、いるのではないでしょうか?

746 :無名草子さん:2010/03/26(金) 15:19:14
まああれなんじゃない
単なるメンヘラの甘え
時代先取りちゃんだね

747 :無名草子さん:2010/03/26(金) 16:23:44
>>746
今時「メンヘラ=甘え」なんて言ってたら笑われますよ。
精神疾患とは脳の病気です。甘えとはまったく違います。

748 :無名草子さん:2010/03/26(金) 19:07:28
>>745
確かに言われているとうりだと思います。

749 :無名草子さん:2010/03/26(金) 22:30:00
>>747
メンヘラと精神疾患は違うでしょ?ww
笑われるのはお前だよwww

750 :無名草子さん:2010/03/27(土) 06:17:33

朝鮮人

751 :無名草子さん:2010/03/27(土) 06:30:39
この人最後まで自分のことしか興味がない人なんだよね。
誰かのためにっていうのが日記には見られない。
人間関係もあっさり捨てる。

752 :無名草子さん:2010/03/27(土) 06:36:03

なぜ、老衰死は良くて自殺は悪なのでしょうか。
どちらも死ぬことに変わりはないのに。
残された家族の気持ちと言っても、その家族もいずれは死にます。
自分自身の生死は自分で決めて良いのではと思います。


753 :無名草子さん:2010/03/27(土) 08:07:01
>>751
今も当時も、大学生にそこまでの思慮を要求するのは酷だよ。

今も彼女のことを議論する人は、彼女が死んだ20歳をとうに過ぎた人が多いから、
その分人生経験を積んだ賢しらさで、もっと若い彼女を酷薄に断じがちだと思う。

彼女も頭でっかちだったが、評する人も頭でっかちで、その実、思慮が足りない。
歳は無駄に食っているというのに。

754 :無名草子さん:2010/03/27(土) 14:28:14
>>753
>彼女も頭でっかちだったが、評する人も頭でっかちで、その実、思慮が足りない。
>歳は無駄に食っているというのに。

歳を取ることで感覚を消した嫌な大人になる人っているじゃない?
まさにそんな感じだよね。

755 :無名草子さん:2010/03/27(土) 17:48:09
キモ高野ファンの本質。最低の差別主義者



750 :無名草子さん:2010/03/27(土) 06:17:33

朝鮮人

756 :無名草子さん:2010/03/27(土) 17:54:25
>>753
>今も当時も、大学生にそこまでの思慮を要求するのは酷だよ
僕は>>751の人が、特に酷なことを書いているとは思いませんね。
若い時代に、自分のことしか頭にないという傾向は確かにあると思いますが、高野さんの場合、それが少し極端だったように感じるのです。
おそらく、自殺する前の数年間に読んだ本に強く影響され、「自分が、自分が…」という思考パターンになったのではないかと想像しています。

757 :無名草子さん:2010/03/28(日) 01:42:06
この世で目的も持たず生き永らえても得をすることなど何ひとつない。
それも一種の価値基準のようなものではないかと思うのです。
茫漠とした時の流れの中で、人生がどんな風に輝き、どんな風に燃えつきていくのか?
ジャズの中に沈みこんでいる時、彼女はそんな何かをみつけだせたような気がするのです。


758 :無名草子さん:2010/03/28(日) 04:27:47
まあ言ってることは分かるよ。
例えば穢れるのが嫌で、そのまま死んでいくってのも、一つの価値基準としてはありうるとは思うんだよね。

759 :無名草子さん:2010/03/28(日) 05:42:49
「アタシ汚れたくないのぉ〜!!」
甘ったれメンヘラの価値観だね


760 :無名草子さん:2010/03/28(日) 08:41:28
だからで田舎の女子高育ちでキスもしたことがないのに、
信頼していたただの男友達に酒飲まされてレイプされた
ショックで精神的バランスを崩し、汚がされてしまった
自己嫌悪感から自傷行為に走ったお嬢様なんだって・・・

761 :無名草子さん:2010/03/28(日) 09:14:49
考えることも感じることも、行動することも支配されている
現代の人間。いかにして現代社会から人間をとり戻すのか。

高野さんはこうした認識を持っていた。しかし結局人間を
取り戻すということに疲れてしまったのでしょう。

762 :無名草子さん:2010/03/28(日) 09:30:26
女の子はなにかと難しい。

男女平等の時代、自由にのびのび生きてほしいけど、世の中

悪い奴も誘惑も多い。

失敗は薬になることが多いけど、未熟さゆえの取り返しのつかない

大失敗をさせるわけにはいかない。

娘には悪いけど死なれてはたまらない。

箱入りで育てることにする。

763 :無名草子さん:2010/03/28(日) 09:44:11
自分中心の幸せばかり求めてるからこうなるんだと思う
頑張って働いて養ってくれた人たちに、こういうこと出来ちゃうのが凄い
他人には分からないいろんな事情があるだろうけど、これはちょっとね
いろんな葛藤があったにしても、結果としてこんな形の終わり方したら
周りが傷つく
本能でのみ生きてるみたい



764 :無名草子さん:2010/03/28(日) 12:44:03
頭はいいらしいけど感情を制御する部分に微妙に欠陥があるのかな。

765 :無名草子さん:2010/03/28(日) 16:24:48
>>763-764
うつ病になると、考え方もそうなるんだって。
まあ、運が悪かったとしか言いようがないな。

766 :無名草子さん:2010/03/29(月) 02:35:13
アデュー
訳:多田玲子
詞:M.Brocey・曲:G.Innocenzi
http://homepage3.nifty.com/masaichi/songs/SongsAlbam/adieu.html
 出て行く船を 送る私
 悲しい辛い 別れだけれども
 涙を隠して 笑顔で送る
 船出に泣いちゃ いけないものを
   アデュー 忘れないで
   アデュー 思い出して

 どんなに深く愛したとて
 あてにはならぬ 人の心
   アデュー 泣いたとても
   アデュー 帰るじゃなし

 せめてあの日を 思い出して
 寂しい心を 慰めましょう
 離れていたとて 思いはひとつ
 愛しい面影は 心の灯
   アデュー 忘れられない
   アデュー あのうれしさ

 あなたの声は いまも語り
 ほほえむ瞳は いまも消えず
 いつかは会える その日を待つ
 わたしは ひとり


767 :無名草子さん:2010/03/29(月) 04:11:53
大事に大事に箱入りで育てた結果甘ったれメンヘラとなり自殺

ジ・エンド

768 :無名草子さん:2010/03/29(月) 05:29:44
まあ自殺に関しては、当日の朝にまさか自分が今日死ぬとは思ってなかったケースの自殺だと思う。
そういう自殺って、ビルから飛び降りとか電車の飛び込みが多いって聞いたりする。
なにも準備するのもできず、遺書も残さず、魔が差すまま楽な方法で死にたがるという。
もっと言えば、そういう自殺者には鬱の傾向も多いとは聞くけど、彼女ははたしてどうだったのか。

繰り返すけど、彼女自身も当日23日の朝も、たぶん夜のバイトの時でさえ、
自分がまさかこの数時間後に死ぬとは思ってなかったような気がする。

769 :無名草子さん:2010/03/29(月) 05:44:20
ちなみに、個人ブログなんで一応リンクはやめとくけど、
高野さんと同じ職場でバイトしてて、高野さんが自殺した当日?翌日?に、
「そちらに高野悦子さんという人が働いてませんか?」っていう警察からの電話を、
職場でとった人がブログを書いてるんだけど、個人的に数ある高野ブログの中では参考になった。
その人は高野さん自殺の日も挨拶を交わしてて、
自殺の数時間前、職場のみんなで小休憩みたいな時間をとって(よくあったらしい)、
そこで高野さんが人から一本もらったタバコを美味しそうに吸いながら、
周りの人達の会話を聞きながら微笑んでたって書いてある。
で、そのブログの人もいわく、とても数時間後に自殺するようには見えなかったらしい。
でもその人は、人はたとえ30分の間でも死に駆られることもあるかもしれないからわからない、
みたいにもおっしゃってる。

そういうとこから自分なりの意見だけど、やはり突発的な自殺ではないかと。
数時間後に死ぬ予定も無かったのに、突然の何かに駆られて。
それがどうも、バイト終了後の中村を訪問→今日もまた留守→拒絶だと受けとって絶望 
じゃないかという一つの憶測がコメント欄で言われてるけど。

770 :無名草子さん:2010/03/29(月) 05:55:30
みんなとっくに知ってたらごめん。私つい最近になってそのブログを見つけて、
実際に高野さんを知る人だ〜と思って、ちょっと驚きで読んでしまった。
高野さんは、職場でありがとうって言う時「サンケ」って言ってたんだって。
サンキューとなんかを合わせた言い方で、そのブログの人もしばらく高野さんの真似して、
サンケって言ってたとか。

771 :無名草子さん:2010/03/29(月) 15:46:32
高野さんの立命館日本史の友達が余り出てきませんね。


772 :無名草子さん:2010/03/29(月) 17:11:40
>>771
そこで同級生のこざき勉ブログですよ
http://plaza.rakuten.co.jp/kozaki/


773 :無名草子さん:2010/03/29(月) 19:02:33
高野さんは共産党の人達とは対立していたのでしょ。

774 :無名草子さん:2010/03/30(火) 02:46:29
>>768-769
死ぬ前に書いた詩のあとかな?

>そこで高野さんが人から一本もらったタバコを美味しそうに吸いながら、
>周りの人達の会話を聞きながら微笑んでたって書いてある。

これってむしろ、この時点で覚悟してたって感じにも思えるんだよね。

775 :無名草子さん:2010/03/30(火) 14:26:02
>>774
それはあり得るかもな。
俺も死ぬ覚悟をした時、逆に冷静になれたもの。




と言いつつ、今でも生きているわけですが( ゚Д゚)y─┛~~

776 :無名草子さん:2010/03/30(火) 15:15:41
出た口だけ人間w

777 :無名草子さん:2010/03/30(火) 23:56:21
>>599
実家で、日記見せてもらえるの?

私が行った時は「見せて」という勇気が無かった。失礼にも当たると思ったし。

778 :無名草子さん:2010/03/31(水) 00:14:50
ていうか、行けるだけですごんですけど…

行く時点で、どういうつもりで行ったの? いきなりアポ無し?
いきなり行って、家に上げてくれるの?

779 :無名草子さん:2010/03/31(水) 02:39:43
すげえな
ストーカーかよ
実家の人は家にあげたのか?
怖くて断れなかったのかな
警察呼ぶ覚悟してただろうね

780 :無名草子さん:2010/03/31(水) 03:51:16
なんか実家行った人って意外にいるんだよね。
お母さんがまた良い人で、日記の現物とか、カッコちゃんの高校時代のアルバムとか、
色々見せてくれるらしい。
親からしたら嬉しいんだろうね、今でも娘のことを忘れないでいてくれて。
でも日記の何冊かを、好意でどなたかに貸したらそれっきり戻って来なくなってしまったらしい。
でも全部貸さなかったのが幸いだったみたいだけど。

自分も見たいけど、今の歳では無理だ。
10代とかなら若気の至りで思い切った非常識な訪問もできるし、
お母さんもしょうがなく家に上げてくれそうな期待感もある。
でも今の歳で訪問しても、不審者みたいな警戒があるだろうし…行くなら若い時に行くべきだった。

781 :無名草子さん:2010/03/31(水) 05:55:13
やってることはストーカーだけどな
そんな連中に日記の現物やアルバム見せるのか
親もおかしいな

782 :無名草子さん:2010/03/31(水) 06:05:43
たしかうる覚えなんだけど、旧版は、お墓の住所か、実家の住所書いてあったじゃん。
で、栃木まで行ってお墓参り、そして、電話で連絡を取った。

お母さんがいて、いろいろお話をした。
ここのスレやwikiに書いてあるとこと以上は無かったけど、こっちが泣いちゃったよ。
最後下宿のおばちゃん(管理人?)に「ちょっと出掛けて来ます」と言って家を出て行ったらしい、

お母さんがいい人でお茶をくれた。で最後帰るとき、せっかく遠いところからって3000円頂いた。
当然固辞したけど、せっかくだからと、差し出すんだよね・゚・(つД`)・゚・  

もう20年位前の話です。


783 :無名草子さん:2010/03/31(水) 06:43:41
そうか。20年位前ってことはお母さんもまだ若いもんね。
今はもう無理か…もう90歳近いしね。

でもその下宿のおばさん、どうにか止められなかったんだろうか。
深夜2時過ぎに、でかけるってありますか?普通。
コンビニもなにも無い時代にさ。おかしいと思わなかったのかな。


784 :無名草子さん:2010/03/31(水) 08:43:50
すげえな
強引に押し掛けたキモ読者に3000円
やっぱどっかおかしいんじゃねえか?
自殺したのもやはり甘やかし過ぎだろう

785 :無名草子さん:2010/03/31(水) 20:21:41
784は義理人情を理解できないらしい。
ろくでもない幼年期を過ごしたんだろう。


786 :無名草子さん:2010/03/31(水) 20:52:31
シアンクレールのコースターとかは、今もファンの人が競り落とすらしい。

787 :無名草子さん:2010/04/01(木) 00:00:50
義理人情w強引に押し掛けてこの言い草
すげえなストーカーの脳内論理は

788 :無名草子さん:2010/04/01(木) 05:34:52
強引じゃなく、電話連絡してと書いてあるだろ

789 :無名草子さん:2010/04/01(木) 06:25:33
アルバム見せてくださいとか、日記見せてくださいとか、
言えばよかったのに。自分ならラストチャンスだと思って、お母さんにお願いするね。
さらには、二階にあるカッコの部屋まで見せてもらうよ。

790 :無名草子さん:2010/04/01(木) 10:04:53
>>787
心のある良いお母さんだと思うけどね。

791 :無名草子さん:2010/04/01(木) 11:19:20
なんでカッコって呼ばれてたのか未だにわからない。
悦子って名前から、どうしてカッコになるの。

792 :無名草子さん:2010/04/01(木) 19:09:50
カッコ悪いメンヘラだから

793 :無名草子さん:2010/04/01(木) 23:53:18
↑君、マジで病院行った方がいいよ。
多分狂ってる。

794 :無名草子さん:2010/04/02(金) 03:14:08
確かに何らかの問題があるのは事実だろね。

795 :無名草子さん:2010/04/02(金) 09:14:02
学生運動の波が全国に広がりながら、結局、破綻していったのは、根本的には、変革の主体である人間自身の変革が欠落していたからだ。
だから、暴力という迷路に陥り、民衆から遊離してしまったのだ。

796 :無名草子さん:2010/04/02(金) 13:55:34
結局、外征運動を遣ってもなにも日本は変わらなかった。
デモや闘争しても無駄なことが証明されちゃった。

そして日本は、団塊の世代のジジイ共によって未だに支配され、専横され、
老害向け国家から変われずにいる。


797 :無名草子さん:2010/04/03(土) 15:35:22
>>795 学生運動やってたのはせいぜい50万人くらい、人口で言えば1%以下 


798 :無名草子さん:2010/04/04(日) 06:16:05
テスト



799 :無名草子さん:2010/04/06(火) 01:09:14
らぶりーカッコちゃんいえいえいえい

800 :無名草子さん:2010/04/06(火) 05:37:06
>>791
以前のスレで出ていましたよ。
高野悦子さんの名前は祖父が
名付けたものでしたが、姓名判断で
「和子」の運勢が良いと分かり
家族の間では2歳頃から「カッコ」ちゃん
と呼ばれるようになったとのことです。



801 :無名草子さん:2010/04/07(水) 07:03:12
へえ。それは初耳。

802 :無名草子さん:2010/04/09(金) 12:11:26
今ってたとえ小説家でも、この人のようにここまで考えて悩んで、
それを文に表す人が減ってる気がする。


803 :無名草子さん:2010/04/09(金) 20:15:37
尾崎とか一時期の長淵剛、レディヘ、向井秀徳とかじゃないかね?
小説ではないが。
小説なら柳美里、映画なら河瀬直美。

804 :無名草子さん:2010/04/10(土) 10:57:45
 あまり深刻に考えることがないですね。
高野さんが生きていた時代と現在はずいぶん違いますよね。
平和で豊かで戦争なんて身近で考えるなんてありません。



805 :無名草子さん:2010/04/10(土) 11:52:45
>>802
「どう書いたらウケルか・売れるか」が思考の中心にある作家が大半だと推測する。
それで生活しているわけだから、それも止むを得ず、という気もするが。

>>804
そもそも本を読まなくなっているのでは?
昔の学生に読まれていた、新書や文庫などを、しっかり読み込んでいる学生は、ほんの一握りだと推測する。

806 :無名草子さん:2010/04/11(日) 02:09:32
>>805
昔からそうだろ。売れるの狙うなんて

真剣に悩んでるやつは今の時代にもいて書いてるだろ。ただ陽の目をみることはない
高野だってふつうに生きてたら日記を多数の人の目に入ることはなかった

昔はよかったといいたいんだろうけど
ろくに頭使ってないみたいだし

807 :無名草子さん:2010/04/11(日) 13:46:50
昔は良かったと言うよりも、昔の方がまともだったと思う。
伊坂とかの軽いミステリーを読むなら、二十歳の原点を読む方が色々なことを考えて読めると思うがね。

売れるのを目指すのは当然だが、金儲け主義に走りまくってる現在はひどすぎる。
出版に限らず他の大企業でもそうだけど、金儲けだけが大事でそのほかのことを疎かにするのが、
今の日本の風潮だと思う。そう言ったやり方ではいずれ衰退すると思うよ。

808 :無名草子さん:2010/04/11(日) 15:41:22
なんで比較対象が伊坂の軽いミステリーなんだよwww
軽いミステリーから何かを学ぶつもりなのか
詭弁もいいとこだな

809 :無名草子さん:2010/04/11(日) 23:03:56
>>807
オレの見方は随分違ってさ、昔は今よりも活字が読まれてたけど、
それが音楽、映画、漫画、アニメ、etcとか、多様化してるってことだと思う。
活字のみからもっと感覚的になったし多様化した。
だから昔は小説家になった才能が映画とか漫画に流れてると思うよ。
音楽だとDJCrashとかブルーハーヴ(ブルハーツじゃないよ)とか、Coccoとか向井秀徳とかね。

810 :無名草子さん:2010/04/11(日) 23:05:18
ただ全般的に商業的になってるには同意かな。
飽和状態だから仕方がないのよ

811 :無名草子さん:2010/04/12(月) 12:34:01
意思の伝達としての媒体は、時代と伴に変化をしていくと思います。
唯、人の命が有限である限り「生と死」の命題は限りなく展開して
行くのではないのでしょうか?

812 :無名草子さん:2010/04/12(月) 13:53:58
>>809
>だから昔は小説家になった才能が映画とか漫画に流れてると思うよ。

確かにそれはあるだろうね。
今の青年漫画なんて、伊坂読み捨てミステリーよりも断然面白いし。

あと現在の作家って、ちょっと書いてみたら売れましたっての人も多いと思う。
それに本当に佳い小説を書こうって言う気概がないというか、
あくまでも金儲けの手段にしてるだけのような。

例えば音楽にしろ、ビートルズなんかはスタジオに籠もってからは、色々と試行錯誤して、
更に愉しみながら様々な曲を創り出してたんだけど、
現在の邦楽なんかだと、売る為にとりあえず「作ってみた」というレベルのものが非常に多い。拘りが感じられない。
だからユーザーが離れるんだと思う。趣味や好みが多様化しているのももちろんだけど、
それ以前に皆が飛びつくものが減ってる。

それは小説にもよく見られる傾向で、
作者が愉しみながらそして徹底的に拘って書いたって作品が少ないよ。
せっかくニートだパラサイトだって言うのが増えてるなら、
そう言った暇を飽かす人達が、とことん作品作りに勤しめばいいと思うんだけど、
それは過度な期待なんだろうね……。

813 :無名草子さん:2010/04/13(火) 13:32:16
今日はお昼に、焼きおにぎりを食べてる。
焼きおにぎり食べてたら、ふと高野悦子を頭に思った。
そういえば日記で、
焼きおにぎりを作って出かけた日があったような記憶がして。

814 :無名草子さん:2010/04/13(火) 23:07:50
ジュンク堂の「売れそうで売れなかった本フェア」に原点選ばれてたw


815 :無名草子さん:2010/04/14(水) 14:25:53
>>806
>昔はよかったといいたいんだろうけど
>ろくに頭使ってないみたいだし
職業柄、長く大学生見たけれども、昔の学生のほうが本をよく読んでいたのは紛れもない事実だよ。
結果的に、知識量は明らかに昔の学生のほうが多かった。
知識量が必ずしも思考力や創造力につながるわけではないけれども、知識のある学生に、思考力や創造力がある傾向は明らかに存在する。
そういう意味では、「昔はよかった」という側面は確かに存在したし、「ろくに頭を使っていないのは」明らかに今の若い世代のほうだよ。

816 :無名草子さん:2010/04/14(水) 17:46:34
今の方が(活字以外の)影響が多様化して、見えやすい思考力、想像力はぱっと見は低下しているんだろうけど、
より感覚的になってる気がするよ。
音楽なんかは特にそうだよね。

817 :無名草子さん:2010/04/14(水) 21:13:15
かつては知識があった上で、それを元に色々と論議したり、対談みたいにして意見を言い合ってたけど、
最近じゃあ、凄いとか面白いとか、まるで小学生にインタビューしたような意見しか言えない若年ばかりだとおもう。

つまりそれって、きちんと自分の中に取り入れて、考えてないってことだよ。
表面的に愉しんで消費して捨てる。本だと流行本を買ってサラッと読んで、ブックオフ行きとか。

だから何がどう良いかを表現できないし、友人らともそんな面倒なことを言い合わずに、
凄い良かったねとかの、短い感想だけを言い合う間柄が好まれてるし。

そう言った意味で、昔は良かったし、
現在の方が幼稚化して単純化して、つまりは阿呆になってると言えると思う。

818 :無名草子さん:2010/04/17(土) 15:11:04
君は今の若者をどれだけしってるのかな?
実際そんな感じなの?

819 :無名草子さん:2010/04/17(土) 17:05:30
気持ちが暗くなっている時は、こういう類の本は読まないほうがいい(特に若い人は)。
ますます気持ちが暗くなる。
下手をすれば、自分も自殺したくなるかもしれないし、うつ病やノイローゼを発病するきっかけになってしまうかもしれない。

820 :無名草子さん:2010/04/17(土) 19:56:55
太宰を読むよりはイイかも

821 :無名草子さん:2010/04/17(土) 23:58:45
実際にこれを読んで
自殺した人を知っています。

822 :無名草子さん:2010/04/18(日) 00:02:49
彼女と同じように
ある6月の明け方
電車に飛び込みました。

823 :無名草子さん:2010/04/18(日) 05:17:59
>>817
中年や年寄りのインタビューもそんな感じじゃん

824 :無名草子さん:2010/04/18(日) 07:00:40
どんだけ知識があったって自殺しちゃしょーがないよね

825 :無名草子さん:2010/04/18(日) 13:35:16
それを言ったら、どうせみんな死ぬんだからという話に繋がる気がする。

826 :無名草子さん:2010/04/20(火) 15:13:40
>>821
「二十歳の原点」を読んで自殺したってどの様な人ですか。


827 :無名草子さん:2010/04/20(火) 19:17:06
>>826
高野悦子さんのような人です。

828 :名無し:2010/04/20(火) 21:10:49
また、命日が近づいてきました。

829 :無名草子さん:2010/04/21(水) 17:00:45
悦子さんにはどんな責任もないことだが、また残念なことだが、悪書だと断言できる本。
日記だったのだから本にすべきではなかった。
影響されての模倣自殺がその理由。
同じような性格や心理状態にあるときに自殺の呼び水となってしまう。
父親も出版社の編集者も、彼女の「文才」を惜しんでの出版だったのだろうが、本にすべき
ではなかった。
基本的に、自殺実行者の本であり、死への心理過程の本であり、死を誘引してしまう本だ。

830 :無名草子さん:2010/04/21(水) 17:28:49
1969年という時代限定、大学紛争時の個人の抑鬱心理、それだけなら悪書にはならなかっただろうが、
時代を貫き通す思春期の恋愛感情が深く絡んでいるから悪書となる。
政治や思想のことなど時代が違えば理解しようもないが、恋愛や人間関係は過去も現在も生きている。

公開したかったのなら、小説風の日記として、あるいは日記の形を取った小説として出版すべきだ
った。それでは売れなかっただろうが。

831 :無名草子さん:2010/04/22(木) 20:47:47
いや、あのままの形で良かった。
変に他者の考えとかが入り込んでないし、心情がよく解る言い本だよ。

ただそれで自殺をするってのは、
例えばアイドルが自殺したら一緒に飛び降りたアホなファンみたいなもんで、
自己というものを持っていない人ほど、陥りやすいと思う。

そう言った人は、どう生きていても他者に流されて生きるだけだから、
そんな人種を前提にしていたら、死に絡んだどんな本も発売できなくなる。

832 :無名草子さん:2010/04/22(木) 22:23:12
私は、1970年前後の学生運動、わけても全共闘は思想カルトだと思ってる。
カルトの特徴のひとつとして家族からの離反、あるいは家族を敵とさえみなす。
カルトに影響されて、生活のすべてにわたって破綻してしまった。その結果としての自殺。

自殺しなかった全共闘学生が当時を振り返って言うのは、
当時の自分は何かに取り憑かれていたように考え行動していた、あの興奮とエネルギーはなんだっ
たのだろうか? 
ということ。

カルトに嵌まり、狭隘で偏狭な過度の理想主義、現実には有り得ない極端な人間関係を求める女子
大生の日記は、やはり悪書というしかない。
実は、高野さん自身が、「自己というものを持っていない人」だった、あるいは自己形成過程でカ
ルト思想に影響されてしまうような時代に遭遇してしまった。
彼女は「アイドル」だった早稲田の奥浩平の「アホなファン」だった。
彼女自身が悪書に影響されていた。

833 :無名草子さん:2010/04/22(木) 23:56:32
t

834 :無名草子さん:2010/04/23(金) 00:01:49
>>826
もう30年も前の事です。
彼女はまだ16歳でした。
二十歳の原点をバイブルのようにいつもそばに置いていました。

835 :無名草子さん:2010/04/23(金) 01:02:54
>>834
そういう子だったら、自殺しても不思議ではないな。

836 :無名草子さん:2010/04/23(金) 12:59:38
>>832
受け取る側の熱狂は別にして、科学志向をする唯物的な思想と、宗教的思想には本質的に違うものがある。

思想をすべてそんな風にカルトと片付けられれば、心は平穏で、
自分だけは超然としていると、自己満足できるだろうね。

その実、考えず逃げている分を自覚せずに。
それは自分の無知に対する不安でもある。
つまり君もいくらでもカルトに付け込まれる余地がある。
単純な印象で、君はあまり哲学思想を勉強してないという感じだな。

837 :無名草子さん:2010/04/23(金) 15:10:52
この程度を悪書とかいってるやつってアタマ弱くって純情すぎるんじゃねw

「完全自殺マニュアル」にしても何にしてもベストセラーになったものは
それだけ世の中が受け入れる価値はあるってお話

ま、せいぜいバカウヨのポジショントークが背後にあるんだろうなw

838 :無名草子さん:2010/04/23(金) 15:29:09
>>832
そんなにカルトっぽいかな。
こうすべきだ、ああなるべきだっていつも言いながら、結局彼女自身、誘惑か何かに負けた姿ばかりが描かれてる気がする。
ちょっとおだてられて飲み屋でいい気になって後で後悔したり、
男はもういいとか言いながら、別の男に流されたり。

そうやって読むと、なんだかもの凄く健気な女の子の日記と思えるんだけど。
思想だ理想だとかそんなものとは別次元で、一人の人間が書かれているだけのような気がする

839 :無名草子さん:2010/04/23(金) 16:22:44
完全自殺マニュアルのほうこそ、自殺者を数人でも増やしたのは間違いない。
あと元X JAPANのhideなんかは、たしか全国で26人とも言われる後追い自殺者を持って逝った。
その点、高野悦子が影響して命を絶った人なんてどんだけいるのか。

個人的には、精神衰弱な状態の中で気まぐれ自殺したのなら可哀想だけど、
自分がちゃんと頭で決断して自殺という完結を選んだのならそれでいいと思う。
それなのに勝手に日記はオヤジに公開されるし、
それを見た人の一部からは「青臭い」だのなんだのとガキの背伸びみたいな評価で馬鹿にされて、
本人はきっと悔しい思いをしながらこの現世を見てたと思うね。
とりあえず、オヤジはあの世で悦子にこっぴどく怒られただろう。

840 :無名草子さん:2010/04/23(金) 17:07:35
>>838
>>思想だ理想だとかそんなものとは別次元で、一人の人間が書かれているだけのような気がする

思想や理想も含めた同次元で一人の人間が、二十歳の女の子の苦悶が、書かれている。切り離すこと
はできない。
家族から、友人から、大学から、そして自分自身からも孤立してしまったのは政治カルト的な思想
に影響されたことが原因。
「主体性」「自己批判」「自己否定」「プチブル性」etc.。
どれも曖昧で限度が無い。主観の掘り下げ、道徳的な「克己」に近い。
だから、他者からの「批判」も容易だし、「自己批判」にもキリがない。
悦子さんも、この「カルト的な病」、「自己分析と自己批判」にさいなまれ苦しんでいる。

ただ、私が、「二十歳の原点」を悪書だと考えるのは自殺者の日記だからで、それ以外の理由はない。
未成熟な青春期の自殺を美化している可能性がある。
自殺の、自殺者の、代弁書になってしまった。
「私もあの高野悦子さんと同じ苦しみで死んでいきます」と「二十歳の原点」が死に場所に置かれる。

残された家族の苦しみは生涯続く。


841 :無名草子さん:2010/04/23(金) 17:15:59
バカウヨのあんた、時間が止まってんじゃねw

842 :無名草子さん:2010/04/23(金) 18:02:37
>>840
まずカルトと否定する前に、当時の「流行思想」であっても、ちゃんと追ってみて理解してから、
自分の中で歴史的位置づけを行ったらどうかな。
それをできるだけの哲学思想の基礎教養があれば、の話だが。

当時、主体性なら実存主義がフランスで陰りを見せてても日本じゃ全盛だろうし、サルトルから。
卑近的に日本であれば、当時としては唯物論的には梅本克己あたりになるだろうな。
新左翼的な話であれば。己
自己批判論や自己否定論がどこからくるかといえば、マルクーゼ的な産業社会批判があって、
それとの大学との関係性で、大学生としての実存が問われると。
そうした当時のインテリとしては当然至極なコンテクストの中で、観念的な上昇があるだろう。
ちゃんと勉強してから言えば?別に、マルクスや廣松渉まで学術的に読め、とはいわないけども。
わかるのは君はいい歳こいて、高野悦子以下だ、ということ。

一つの「物語」を読み解くこともできずに、自分のわかる範囲(カルト?)で納得して自己満足。
「残された家族の苦しみはつづく」←ここで俗に媚びて嫌らしく自己陶酔。君は家族かと。
君、陳腐過ぎる。浅い。頭悪い。

当時のベストセラーを今の時点で悪書というトンチンカンが、まんま君の思考停止を顕してると思う。と、こういえるのは当時を知らない私なんであって、ポスト構造主義世代としては、相対化の上で、
なおかつ全共闘の思想も世界的な思想潮流の歴史の中で位置づけされるものだと思っている。

せっかく、あの小熊英二が、去年、つまり現在「1968」を書いてるんだから読めば?
このスレにいるんなら、1Q84読んでる場合じゃないだろう。
村上的な考えは、全共闘思想の遺産ではあるけども。

843 :無名草子さん:2010/04/23(金) 18:18:35
>>842

あの宗教カルトのオームだって仏教他の教典を根拠に小難しいことをいろいろ唱えてた。
ただ、やってることはカルトそのものだった。
それとおんなじだよ、サルトルだのマルクスだの出したってやってたのは集団熱狂カルト行動。
左翼でさえない、破壊カルト。
人生?も青春も犠牲にして?やった学生運動をカルトと言われて傷つくのは分かるが、事実なんだから
受入れろ。自分だってバカやったってわかってるはずだ。

844 :無名草子さん:2010/04/23(金) 18:35:57
>>843
無知は話を自分の段階に引きおろすことしか出来ない。
自分が思う範囲でしか理解できない。
つまり君は840と同一人物だね。
自分が知らないことを言われたからといって、重荷に感じることはない。
勉強しなさい。

「仏教他の教典を根拠に小難しいことをいろいろ唱えてた」
中沢や島田以外の、まともな仏教学者はオウムに媚びることはなく、教義がデタラメであることを知っていた。
またまともな宗教学者は信者にはなれない。比較宗教学者であればなおだ。

「やった学生運動をカルトと言われて傷つくのは分かるが」
80年代ポスト構造主義はもっと軽やかで、熱狂とは縁がない。
つまり私も学生運動はしていない。
すれば面白かったかもしれないが、それはもう残滓しかなかった。

つまり、君は頭が悪い。

845 :無名草子さん:2010/04/23(金) 18:49:50
>>842
1968年当時の高野悦子レベルだね。
あまりにも観念的。
すべてが本の中で生まれ本の中で死んでいる。
すべてが頭の中で生まれ頭の中で死んでいる。
本に巣くう白ダニだね。
そんな唯観論で娑婆と付き合おうとするから高野みたいにグチャグチャになってしまう。
本来は・・・・、本質は・・・・、理想としては・・・・、こんなことの連続で病気に
なって、自殺まで行ってしまった。



846 :無名草子さん:2010/04/23(金) 18:57:28
>>844
律儀につきあうことねえよ、バカウヨ正体みせはじめてるだろw

>無知は話を自分の段階に引きおろすことしか出来ない
ラッサールでも読ませてやれよw

>>845
>唯観論
>唯観論
>唯観論

バカウヨは聞いたこともない自前の意味不明創作言葉で勝負すんのかよ
時間止まってるどころか、どこの厨房だったんだよ
ゲラゲラ

847 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:00:48
>>845
君に話すことはもうない。
自殺願望でもある人で、そういうことに引かれがちなんだろうと思う。

848 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:01:48
>>844

>>80年代ポスト構造主義はもっと軽やかで、熱狂とは縁がない。

「重く深刻」なカルト理論から「軽やかな」カルト理論へ、ということだろ。
理論や思想なんてのも流行に過ぎないんだろうな。
流行に正しいも間違いもない。
マルクスはともかくとして、サルトルだの梅本だの広松?なんてマニアの遊び読み物。


849 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:02:20
>>846
おっとラサール。理解してくれてるようで重畳。ではまた。

850 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:10:10
>>847

あんたは過去に読んだ本の題名と著者名しか言ってないな。それで知識があると勘違いしてるだけ。
この問題についてはこの著者のこの本の何ページに書かれている、と言うだけ。
自分の頭では何も書けない表現できない。
左翼にはこういうタイプの人が多いんだよな。

高野悦子のほうがまだましだな。

851 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:11:51
>唯観論
>唯観論
>唯観論

ゲラゲラ

852 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:30:22
左翼以下のカルト脳に何を言っても無駄かもしれん。
とにかく頭に柔軟性がないもんな。




853 :無名草子さん:2010/04/23(金) 19:31:37
>唯観論
>唯観論
>唯観論

ゲラゲラ

854 :無名草子さん:2010/04/23(金) 20:11:07
840、848みたいに >> のアンカーで文章引用する癖ってことはまだニワカの厨房だよ、きっと。
その造語もすごいし、ポス構をカルトってのもすごいけど。

855 :無名草子さん:2010/04/23(金) 22:10:51
>>854

ポスト構造主義がカルトでないとすれば文学かもしれんね。スキゾキッズとか笑わしてくれるよな。

ニワカじゃねーよ。
柔軟性の欠如した視野狭窄の左翼モドキの真性観念論者=本の中ですべてを解決できるとみなして
る自称知識階層のバカ供をからかってるだけだよ。
左翼モドキって、有る意味で自閉症みたいなもんかもしれんね。他人がつくった「理論」や「用語」
に忠実で、そこから1ミリでも離れることをおそれる。そのくせポスト構造主義とか流行には簡単に
乗る。とにかくウソクセーんだよな左翼モドキってさ。

856 :無名草子さん:2010/04/23(金) 22:32:25
>唯観論
>唯観論
>唯観論

ゲラゲラ

負けず嫌いの低偏差値ウヨ、まんまと正体あらわしてバカ丸出しw

857 :無名草子さん:2010/04/23(金) 23:45:24
高野悦子さんとは、年代も育った環境も違うけれど、
この本を読むと何か惹き付けられ、胸が苦しくなります。

858 :無名草子さん:2010/04/24(土) 08:48:46
>>857

健康に生きたかったら、こういう本は読まないほうがいい。

失敗が予定された恋や人間関係を前提にして、「惹き付けられ」「胸が苦しく」なってるだけ。
そこには積極性もなければ客観性もない、自傷思考と自傷行動があるだけ。
いつまでも膿んだ傷口、乾くことのない傷口があるだけだ。

859 :無名草子さん:2010/04/24(土) 11:47:55
>ただ、私が、「二十歳の原点」を悪書だと考えるのは自殺者の日記だからで、それ以外の理由はな
い(キリッ
>自殺の、自殺者の、代弁書になってしまった(日本語ヘンw
>残された家族の苦しみは生涯続く(キリキリッ

>ニワカじゃねーよ。
>とにかくウソクセーんだよ

あーはっはっは

>いつまでも膿んだ傷口、乾くことのない傷口があるだけだ(クッサー

ゲラゲラ

860 :無名草子さん:2010/04/24(土) 14:02:17
高野さんはたとえ短期間でも行動して、疲れ果てて自殺した。
そこがオマイラヒッキーとは決定的に違うところ。

861 :無名草子さん:2010/04/24(土) 17:30:38
>他人がつくった「理論」や「用語」
>に忠実で、そこから1ミリでも離れることをおそれる

「カルト」「悪書」一辺倒の、ヒッキーに言われたくないよね。
改行なんとかしなさいよ、初心者。

862 :無名草子さん:2010/04/24(土) 18:32:19
>>858
>健康に生きたかったら、こういう本は読まないほうがいい。

それって臭い物に蓋するようなもんじゃない?
それに、アイドルの死に憧れてこの本を読むような人って多いの?

今の若者こそこういった本を読んだ方が良いと思うよ。
テレビや他人の口コミに惑わされて、とかくみんなと群れてないと駄目って考えているし、
少しも自分で悩んだり考えたりして、物事を深く捉えようとしてないし。

勿論二十歳の原点が、そこまで学生運動や当時の思想を的確に深層まで捉えてるとは言えないけど、
でも、喩え表面的にせよ色々と悩んで、最後は自分で決断したところは、評価できると思うな。
何もせず、何も考えずに徒に年を取ってる現代人よりはね。

といっても、死んで言い訳じゃないけど。

863 :無名草子さん:2010/04/24(土) 19:52:37
孤独であることが今の私の原点だ、ということはいつの時代でも有りうるが、
悦子さんはなんで自分をあんなにイジメなければならなかったのか?
なんであんなに焦燥感に駆られていたのか?
なんであんなに心身ともに疲れ果て自殺までいってしまったのか?
すべてとは言わないが、95%は全共闘の理論/道徳に影響された結果だ。
それ以外に説明できるなら教えてほしい。

ネットで検索すればヘルメットにタオルに角材の集団が走り回っている1970年前後の映像が見れる。
どう考えても異様だ、時間を越えて異様だ。高野さんもその中の異様なひとりだった。
あれをカルトだと考えても不思議ではない。
彼女は全共闘学生集団カルトの犠牲者のひとりだった。
自殺までいかなくとも多くの犠牲者が出ている。
彼女個人を責めているわけじゃない。

なんでも適量、適量範囲がある。
美徳とされる純粋性や真面目なんてのも度が過ぎると自他共に危険となる。
極右や極左は既にカルトの領域に入る。
そしてなによりも、常に自分に犠牲を強いるなんて思想はすでにカルトだ。
普通の生活をしたい、できれば余裕のある生活がしたい、そう思うのが正常な感覚なのだ。
なんで学生という身分を捨てることを自分に強いるようなことになったのか。
ちょっと右、ちょっと左、時局に応じて重心を移す、これが適量範囲だ。それでいいのだ。

革命なんてのは有り得ないし、虚構なのだ、実は何も変っていない、一度に変るなんて有り得ない。
歴史はほんの少しずつしか良くならない、むしろそれがいいのだ。

864 :無名草子さん:2010/04/24(土) 20:12:04
上手く行かない恋愛のほうが多い。
思い通りにならない恋愛のほうが多い。

好きになった相手がいても、
自己愛が勝って、
恋心を相手に届けられず、
勝手に恋心で遊び傷つく人、
自家中毒症状、
自家恋毒症状、

865 :無名草子さん:2010/04/24(土) 22:47:56
「高野悦子 画像」で検索すると、
高野悦子の事を書いたblogがあって、
その中で高野悦子の生前の画像と一緒に、線路に腰から下半身が転がってるような画像があるんですが、
あれって高野悦子の事故後の写真なんでしょうか…

866 :無名草子さん:2010/04/24(土) 23:14:51
>唯観論
>唯観論
>唯観論

>ニワカじゃねーよ。
>とにかくウソクセーんだよ

ゲラゲラ
「カルト」連発バカウヨ、無知をバカにされて口調を変えては必死w

867 :無名草子さん:2010/04/24(土) 23:32:03
思考の方向云々は置いておくとして、20才であれだけ自身の頭を使い、
人生に向き合った人は少なかろう。
大抵の人は死ぬまでの時間を、あまり物事を難しく考えず、
面白可笑しく過ごすことを願うものだ。

868 :無名草子さん:2010/04/25(日) 08:00:05
>>867
熱中し
疲れ果て
現実と我に返る
睡眠薬服用するも眠れない
唯一の救い、男との関係も切られる
完ぺきな孤立に気が付く
生活費もない
見通しも立たない
発作的に絶望
自殺へ

869 :無名草子さん:2010/04/25(日) 09:43:32
>>868
ここに張り付いてるんならちゃんと二十歳の原点を読んでおけよな。
いちいち反論するのも面倒なくらい間違っている。例えば、お金のこと。
彼女の死は発作的ではないよ。
「高野悦子」として生きていく必然性を見いだせなかったので死んだ。
ただ、それだけ。尤も、そんな必然性は誰も持っていないんだけどね。

870 :無名草子さん:2010/04/25(日) 11:46:52
彼女は熱中しやすいがアッサリとした性格、いわゆる熱しやすく醒めやすい性格だったと思う。
そして賢かった。
だからサッサと全共闘に見切りをつけはじめている。
日記の最後部を読むと分かる。

しかしやったことの結果は自分にすべてはね返ってきた。
熱中から覚めたらすべてを失っていた。友人・家族・男との関係、そして学生という身分、他。
そのことにうっすらと気が付き始めたと同時に絶望が見え始めた。
心身の極度の疲労、決め込んだ価値観・原点の根底的な揺らぎ。
絶望のエアポケットに入り込み、死へと向かった。

最後の詩は、なによりも休息を求めている。
心と体のスイッチを切って休みたいという静かで強い願いが表現されている。
「笛」は彼女自身であり、男でもある、また、生であり性でもある。
「笛を置く」とは、それらを止めることだ。

871 :無名草子さん:2010/04/25(日) 13:03:10
>>870
そういうのに一種の憧れを抱き、自殺してしまう若者がいるなら、やはり問題があると言わざるを得ない。

872 :無名草子さん:2010/04/25(日) 13:26:28
1本の煙草にも「独占資本」の陰を見る、見えてしまう一人の女子大生がいる。
人は常に時代の中で生きるしかないが、彼女の時代、少なくとも数年間と大学内は著しく特異で異様な
時代時間、歴史時間が流れていたのだろう。
弱いくせに生真面目だから正面からその特異な時代を受け止めてしまった。
「運動」の敗退とともに彼女も敗退していったのは偶然ではない。

一時避難が可能な場所である実家と両親とは「運動」が原因で険悪になっていて帰れない。
更に期を一にしたかのように「失恋」が駄目押しする、背中を押す。

873 :無名草子さん:2010/04/25(日) 14:12:40
>>870
あんたみたいにね、感情移入しつつも、客観的視点をもって読めるならいいの。
ところが、10代後半〜20代前半では、どっぷり感情移入してしまって、客観的視点を失ってしまう場合がある。
さらに、運悪く、失恋とか受験失敗などで落ち込んでしまっていれば、自殺に走りかねない。
僕にいわせれば、この「二十歳の原点」という本は、大人になってから読むべき本だと思うね。
どうしても若い人が読みたいというのなら、気持ちが落ち込んでいないことが、絶対条件だろう。

874 :無名草子さん:2010/04/25(日) 15:20:33
歳や本とか関係なく、自殺願望が強い人は、
いずれ何かを切っ掛けにして自裁すると思うんだけど。

だいたい今の時代に、民青だバリゲードだって言っても、良く分からんって受け止められるよ。
プチブルって新しい犬種? ってな感じで。

落ち込んでるときは、失恋小説でも自殺しかねない。
そういったのを考えずに、やたらこの本は危険だというのは、単なる言論統制に繋がると思うね。

それと哀しいかな、今どきの若者でこういった本をしっかり読めるやつは少ないと思う。
だから伊坂やマキメなどの簡単な作り話が受けるんだろうし。
実際の生活や人生ってのが描かれていない小説が流行っている以上、ある意味安心だと思うけど。



875 :無名草子さん:2010/04/25(日) 18:42:25
>>874
さすがに言論統制までする気はないが、読書に関して適切なアドバイスができる人が必要だと思う。
それを任せられるとすれば、やっぱり学校の先生かな?
読書をきっかけとした自殺の話はともかくとして、いわゆる文学作品と呼ばれているものを読みこなしていくには、それなりの指導が必要だと感じる。
今の若者は、下手をしたらケータイ小説で終わってしまう可能性もある。
そこまでいかないにしても、推理小説レベルで終わりとかね。
やはり読書に関する指導や動機づけは必要で、それを怠れば、日本人は本当に本を読まない国民になる。
ブログやmixiの日記を読んで、「活字に触れている」などというレベルでは、先が思いやられるよ。

876 :無名草子さん:2010/04/25(日) 19:20:10
全力投球で生きていくなんて止めた方がよい。人間の寿命は決まっている。
煮つめて生きれば、生きる年数は短くなる。

彼女はこの様に日記に書いている。冷静に生きるって事を考えている人だ
なって印象を持ちましたが、最後は違ってしまいましたね。


877 :無名草子さん:2010/04/25(日) 19:26:06
自殺するから読ませるなー、ってどこのバカだよ。

読書という行為の意味もわかってないキチガイの純情低能バカウヨは自殺すればあ?
この板にいる資格ないね。

878 :無名草子さん:2010/04/25(日) 19:28:30
>>877
読書という行為の意味も大事だが、読書という行為がもつ恐さを知らないのも、どうかと思うね。

879 :874:2010/04/25(日) 21:53:58
>>875
>読書に関して適切なアドバイスができる人が必要だと思う。
>ブログやmixiの日記を読んで、「活字に触れている」などというレベルでは、先が思いやられるよ。

そうだね。確かに自分もそうした方が良いと思った。
元々は書店員が佳い本を薦めるとか、文学賞の銓衡委員がそれを担うべきと思ってたけど、
それより国語教師の方が適任だな。

「聞く」と「聴く」の違いじゃないけど、現代の日本人って熟読せずに、一読してるだけだよね。
だから読みやすくて解りやすい、簡易なミステリーやケータイ小説ばかりが売れるんだと思う。
それで読み終わったらブックオフに売り飛ばすって、まさに読み捨て本というか、単なる使い捨ての娯楽になっちゃってるし。
勿論、最近の純文系の作品は、もの酷くつまらないから売れないのも然りだけどさ。

でも、そう言った単純な文に慣れきってるから昔の小説を読めないし、読む気も起こらないんだと思う。
文字を眺めてるような読書じゃ、ますます日本語が不得手な日本人が増えそう。

880 :無名草子さん:2010/04/25(日) 22:31:40
高校生あたりに、二十歳の原点はちょっときついかな。
深く考えているという意味では、山田かまちがお勧めかな。
初めて読んだとき、二十歳すぎてちゃらちゃら生きている自分が恥ずかしくなった。

881 :無名草子さん:2010/04/25(日) 23:26:56
>>877

君が嫌っている私だが、どれとどれが私の文章か分かるかな?
私の「お陰で」スレが賑やかになったと思わないか?

1. 当時、全共闘他の学生政治組織は思想カルトだった。全共闘から赤軍派まで、更には民青も。
2. 二十歳の原点は自殺実行者の日記であり、出版すべきではなかった。
3. 若い人は読むな。高野さんは思想絡み+失恋で自殺した。失恋だけでは彼女を理解できない。
4. この本はオジサンオバサン達が若かりし頃の記憶を呼び覚ますために読まれればそれでいい。

これにてこのスレにはもう来ない。

882 :無名草子さん:2010/04/25(日) 23:58:07
>これにてこのスレにはもう来ない(キリッ

>唯観論
>唯観論
>唯観論

>ニワカじゃねーよ。
>とにかくウソクセーんだよ

ゲラゲラ

883 :無名草子さん:2010/04/26(月) 00:39:54
もしも彼女が奥浩平(でしたっけ)の本を読んでいなかったら、
自殺したでしょうか?

884 :無名草子さん:2010/04/26(月) 10:42:51
>>883
それはわからない。
ただ、自分の場合は、読んだ本以上に、悩みを率直に打ち明けられる親友や、本当に愛し合える恋人がいなかったことのほうが、自殺の大きな要因だと思う。
人間は、同じ思いを共有できる人がいれば、自殺しないものではないだろうか?

885 :無名草子さん:2010/04/26(月) 11:50:58
 確かに同じ思いを共有できる人がいれば自殺はしなっかった
と思います。
結局愛し合える人がいなかった事が大きかったのでしょうね。
親友としての牧野さんとも学生運動では考え方が違ったみたい
ですしね。


886 :無名草子さん:2010/04/26(月) 14:18:45
この人の最大の悩みって何だ?

887 :無名草子さん:2010/04/26(月) 19:26:24
steadyな彼氏ができなかったことかもね。
恋愛に飢えている感じがする。
求めても得られない辛さが見える。
なぜできなかったのかはわからないが、その理由にこそ彼女の性格の本質があるかもね。

888 :無名草子さん:2010/04/26(月) 19:40:57
1969.06.22
雨が強く降りだした。どうしてこの睡眠薬はちっともきかないのだろう。
アルコールの方がよっぽどましだ。早く眠りたい。二時三十分、深夜。


上記日記の48時間後の6.24未明に鉄道自殺。
睡眠薬の大量服用による副作用により正常とは言えない脳機能が働いた可能性がある。
話しは現在に飛ぶ、医者が処方するチャンピックスという禁煙薬があるが、小さな青い粒たった一錠
でタバコ吸っても何も感じなくなる。脳に入りニコチン受容体に作用するためだ。ちっぽけな爪の先
ほどの薬の薬理作用の大きさに驚くしかない。脳に働きかける薬のこわさを、人間の存在の危うさを
どうしても考えてしまう。

睡眠薬の大量服用が彼女の脳に影響を与えなかったはずはないと思われる。

889 :無名草子さん:2010/04/26(月) 20:07:34
自分の性格の弱さを、彼女は未熟だからと捉える。
だが、彼女は未熟ではない、弱いだけだ。
比較的裕福な家庭環境で育っていることからくるお嬢様という弱さがあるだけ。
成人映画、タバコやパチンコ、そしてダテメガネで自分の殻を破ろうとする、変身しようとする。
これは二十歳前後の女子に、そして男子にもよくあることで珍しいことじゃない、彼女の独自性では
ない。この時期に求める異性が上手く見つけられない場合、そのエネルギーは斜め上のあらぬ方向に
歪みながら向けられることもある。それが彼女にとっては全共闘運動であり、具体的にはデモという
肉体的衝突であった。その歪エネルギーが熱狂と興奮と忘我へと向かわせたのではないか。

話しはそんなに単純ではないと思う人が大半だろうが、実際は人間なんてちょっと複雑な機械のよう
なもので、上記のエネルギーの行き場論は妥当だと思うな。

890 :無名草子さん:2010/04/26(月) 21:29:55
>>888
睡眠薬の大量服薬が自殺につながったという話を、私は聞いたことがない(※自殺目的の大量服薬を除く)。
根拠の稀薄な主張は、もう少し慎重にお願いしたい。

891 :無名草子さん:2010/04/26(月) 22:51:20
>>890
同意。
彼女が服用したのはブロバリンだったと思う。
金子みすずや芥川龍之介が自殺に使ったやつ。
でも、致死性は低いらしい。
阿部薫も98錠飲んだが、直接の死因は胃穿孔だったと思う。

892 :無名草子さん:2010/04/26(月) 23:18:29
>>890

彼女の死因は列車に轢かれたことが原因で、睡眠薬の過剰摂取が原因ではないことは言うまでもない。

しかし、大量の睡眠薬が彼女の脳機能と気持に影響を与えたことは間違いないことだとオレは思う。
ましてや酒を伴っていたとしたらなおさら。
日記の内容からして暗く絶望的で不安定な心理状態にあった。そこへ彼女の体の中で睡眠薬がなんら
かの作用をしたら、発作的に加速的に死の世界に入っていったということも想定可能だと思う。
あくまでも推定であり想像であり可能性の問題だから、断定はできないんだけどね。



893 :無名草子さん:2010/04/27(火) 02:59:42
http://blog.livedoor.jp/onisoku/archives/53217022.html

睡眠薬「マイスリー(アンビエン)」に”奇行”の副作用 睡眠中に起き、車を運転するなど
…米FDA報告

894 :無名草子さん:2010/04/27(火) 03:17:37
http://plaza.rakuten.co.jp/hetarekyoto/diary/200806240000/

895 :無名草子さん:2010/04/27(火) 09:55:24
日記に色々書かれているけど、でも男関係については描写が希薄なんだよね。

アンネの日記みたいに、後でオヤジさんが削ったのかも知れないけど、
日記にも記せないほど、恋愛面で思い悩んでたとも考えられるし。

896 :無名草子さん:2010/04/27(火) 12:53:47
>>892
「大量の睡眠薬が彼女の脳機能と気持に影響を与えたことは間違いない」と言うけど、>>891さんの言うとおりブロバリン(催眠鎮静薬)を服用したのであれば、逆に精神の高ぶりを静める方向に薬効が作用するはずだ。
あなたの推測には、とても同意する気になれない。

897 :無名草子さん:2010/04/27(火) 15:26:00
>>896

同意したくなければしなくともいいよ。
でもな、ブロバリン錠剤というのも推測に過ぎない。
で、どんな睡眠薬だろうと、どんな薬であろうと、処方の20倍を飲んだら体に影響を与えない
はずがないじゃないか。試しに胃薬でも風邪薬で20倍飲んでみたことを想像してみたら?
睡眠薬の副作用の出方は人によって体調によって様々なのは常識。ネットで調べればわかる。
インフルエンザの特効薬で未成年が突然危険な行為をした事例が何件もある。

898 :無名草子さん:2010/04/27(火) 16:16:55
普通に彼氏ができていたら痛ましいほど繊細で生真面目な文章も書かれることなく、押し入れの
奥で若かりし頃の懐かしい思い出としてひっそりと眠っていただろう。
でも、現実には学生運動と恋に敗れ自殺した女子大生の日記として本になり出版されてしまった。

人生は、時間と場所と人とタイミングと「主体性」でどう形作られていくかわからない。
刻一刻、変化の連続で進んでいくのだろう。生死を分けるような時間と場所と出会いとタイミングも
また形成されてしまうのだろう。
だが、彼女の場合は自殺があらゆる条件を越えて必然かのように思わせてしまうところがある。
どんな偶然も乗り越え、あるいはどんな偶然も自殺へと向かわせる必然性の一部としてあるかの
ように思わせてしまう。自殺という結果を知っているが故の錯覚なのか、実際にそうなのか?

たぶん1年生まれるのが遅かったり早かったりしたら、東京の大学に行っていたら、下宿が違って
いたら、デモ隊列の中に我を忘れて入ってしまったという日に登校していなかったら、あるい1本違
う道路を1分早く通過したら、というちょっとした様々な数多の偶然があれば死ぬことまではなかっ
たに違いない。そう考えると彼女の不運が残念だし可哀想になる。
「不幸な偶然」の致死量は人によって異なるだろうが、彼女には限界だったのだろう。


899 :無名草子さん:2010/04/27(火) 16:37:16
「中村」も罪な男だね。彼女がいたのに悦子と寝て。しかもその時は彼女がいるのを知らず。
その一度の肉体関係で、悦子も本気になりかけたんでしょ。
そうなる前にちゃんと彼女がいることを告げて断れば、死ぬまでいかなかったのでは。


900 :無名草子さん:2010/04/27(火) 16:50:41
>>897
わかったから、もうその話は終わりにしろ。

>>899
まあ、それはそうだろうね。
大学の仲間の中に、気に入った男がいなかったのかな?

901 :無名草子さん:2010/04/27(火) 16:54:29
歴史に、「れば、たら」は無意味なのは承知しているが、中村と出会わなければ、中村に彼女がいな
かったなら、中村と飲みに行くことがなかったなら、そこにもう一人だれかいたなら、・・・・・・
自殺までは思い込むことはなかっただろう。

自殺間際の日記の記述には、書きながら感情を高ぶらせているのが見て取れる、そして自分を自殺
決行まで持っていこうとする試みが見える。
アナキズムの本を屋上で渡せていたら、会えていれば、あるいはたった1本の電話で自殺までは行か
なかったかもしれない。
面会も電話も拒否されていなかったら、絶望の度合いも薄くなり、心の整理もつき上手に諦められて
いたかもしれない。

彼女の文章は、ちょっといいことがあるとガラッと気分が変り明るくなる。
彼女は単純で素直で正直で無邪気だから。


902 :無名草子さん:2010/04/27(火) 17:17:51
普通の二十歳の女の子だったんだよな。
ちょっと文章力があることと、時代で学生運動やったことと、自殺したこと以外は。

40年後の現在、ますます時代は強くなければ生きていけないところまできている。
汚れた落ちたという思いが浮かばない鈍感さがいる。
自分を責めるな、理想から遠く離れれている自分を責めるな。

903 :無名草子さん:2010/04/27(火) 20:47:07
>>902
持論なんだけど、理想をもつことは大切なことだと思う。
また、それと同時に、現実を見据え、地に足着いた行動も大切だ。
どちらが欠けていても、人間は健全な成長ができないだろう。
高野悦子さんの場合、理想を追い求めることに偏りすぎて、現実を見据え、一歩一歩地道に前進することを忘れていたのではないか?
辛くて苦しい状況でも、人間は地道に前進していれば、自殺など考えないものだと思う。

904 :無名草子さん:2010/04/27(火) 20:51:06
自殺前の最後の詩を読んでも、全く現実感がない。
純粋であるがゆえに、思考が現実を超えて研ぎ澄まされていったのだろう。
若さが裏目に出て、悲劇を生んだと感じる。

905 :無名草子さん:2010/04/28(水) 11:27:02
田舎もんのしょんべん臭いクソ生意気な小娘に
女の喜びを教えてやった中村さんに感謝すべき。
こういう授業料を払ってこそ大人の女になるんだよ。
自分に酔って自爆したのにどうしようもあるまい。
心がひ弱すぎたのさ。

906 :無名草子さん:2010/04/28(水) 11:54:03
週刊誌に灘高卒のその後みたいな記事が出ているが、
井の中の蛙だし、なんとかと紙一重なんだよな。
学校では優等生でも現実は未熟なんだから、へんなプライド捨てて
背伸びせずに少しずつ経験を積むべきだった。
なんでも観念的に考えれば解決できると思いあがって迷走した。
本当は挫折は彼女にとって閉塞感から抜け出す良いチャンスだったのにね。
最後まで人に心を開かないから煮詰まって最悪の選択をした。

907 :無名草子さん:2010/04/28(水) 12:37:08
>>906
その通りだとは思う。
でも、だれもが未熟だったり、へんなプライドをもっていたり、過剰に観念的である年代があるんだよね。
そんな微妙な時期にタイミング悪くトラブルが重なると重くて壊れてしまうこともある。
心が壊れるならまだいいが、生命そのものまで潰してしまった例のひとつが高野さんの自殺。

決して少なくはない自殺の例のひとつなわけだが、残された日記に文章力があって注目され本に
なり、更にそれが何十万部も売れ、何度も新聞にも大きく取り上げられ、40年も経過したのに更に
別の出版社から新装版が出る、そして日記の内容がいまだに議論の対象となっている。
当時の時代の大学生の苦悩の典型であると同時に、時代を超越した部分があるのかもしれない。
若者の未熟であるがゆえの苦悩とぎこちなさ、みずみずしい感性がどの時代の思春期にも通じるも
のがあるのかもしれない。
それを結果として、日記の形をとっての自己分析的なルポタージュとして的確に描いた彼女。
そう考えるならやはり彼女には文学的才能があったんだろうと思う。

908 :無名草子さん:2010/04/28(水) 13:00:18
907の続き

日記を書き残して自殺したことと、それが本になり、更には売れたこととは別の次元のこと。
自殺の部分だけ彼女を模倣しても注目されることはない。
自殺の現場や自室に「二十歳の原点」を置いて、高野さんに累が及ばないように願いたい。


909 :無名草子さん:2010/04/28(水) 15:59:37
二十歳の学生はやりたい盛りだから、くだらないこと考えずに
勉強とSEXに毎日血眼になってりゃいいんだ。

ブラジルの保健相も健康のためSEX三昧を推奨している。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2721700/5674552

910 :無名草子さん:2010/04/28(水) 16:16:43
>>909

その通り。
でもな、相手が見つからないから心が変になっちゃうんじゃないか?
どっちにしても単純なもんだよな、人間なんてさ。
複雑に考えたらキリがない。

911 :無名草子さん:2010/04/28(水) 16:40:05
そこでオナニーカミングアウトですよ。

私は自慰をします。そういうことは男女が自然のなりゆきでするのが自然の姿だと思っています。しかしその快感に負けてしまうのです。
私はこういうことを平気でいってしまうんですから,異常なのかもしれません。でもジュディー,私はゆうわくに負けず,しないように,と思います。
私はこれらのことについても,正しい知識を持って正しくして行きたいんです。(ノート・63年11月3日(中学3年))。

寺山修司の『街に戦場あり』を読みながら自慰にふけったりした。刺激物をよむと興奮してやりたくなるのだが,そのあとは罪悪感を感じるだけだ。
(序章・68年9月28日(大学2年))

912 :無名草子さん:2010/04/28(水) 16:40:08
「キリがないほど複雑に考えるのも」「単純に割り切るのも」
人間なんですよね。

913 :無名草子さん:2010/04/28(水) 16:50:35
つまらない男たちに体目当てで騙されてSEXし、深く傷ついたのが全てでしょ。
何分付き合いの世界が狭すぎる。

914 :無名草子さん:2010/04/28(水) 16:55:41
牧野さんなんか彼氏もいなかっただろう。それでも学生らしく普通に生きてる。
なにを勝手にバイトの男に熱を上げて騙されてsexしてあげく自殺してんだか。
しかも学生運動するならそっちに集中して生きろ。どっちつかずの半端な女だ。

915 :無名草子さん:2010/04/28(水) 17:01:04
彼女はワンゲル部で酒を飲んで酔ったところを部員の小林に旅館に連れ込まれ
強姦されてしまう。68年12月16日夜(大学2年)。

そんな部屋の中でベッドに入るのに信頼していいかとプレーボーイ氏に聞くなんて
全くの子供。それがもうすぐ二十歳になる女がしたことなんだ。要するに滑稽だった。
きのうは。それでもう終り。すきでもない男と何回も寝るなんてお断り。火遊びは一回だけ。
(中略)私は男と女が肉体関係を結ぶには、双方の同意というより意志がなければならないと思う。
相手が何を考え、何を悩み、何に関心があり、要するに何も知らないのにその関係を結ぶことは出来ない。
知り、理解し、そして愛しているということ。そして双方の意志があることが必要だ。
小林は全く暴力的に私に肉体を求めた。相手のことを尊重せずして肉体関係を求めることなど出来ないのに。
ただ男であるから,女を征服するものだという考えに基づいて。激情にまかせて。(序章・68年12月17日)
十六日以来、私のふるさとは崩れ去った。十三、十四、十五日の山小屋の生活において私はふるさとを感じた。
薪を鋸で切り、ナタで割り、火を焚き、飯をつくる。クラブ員との共同生活。お互いの信頼のすばらしさ。
雲取山でははるかな深淵を感じた。しかしそれは一挙にして崩れ去った。
(中略) 性交時の人間は醜い。恥部をさらけ出し、なめまわし、なでまわし。
もっともあれは子供の真似事だったのかもしれない。実際はもっと醜いのだろう。
しっかりしろ悦子よ。神経過敏で不安定である、今日は。(序章・68年12月18日)

十六日の事件は私の誤ちであったことを誠実に自己批判する。小林の暴力性がなかったら起こらなかったことは確かである。
その点をおさえての自己批判である。小林の暴力性については絶対に許すべきものではない。
私はその不信をいつまでも持ち続けることが必要だ。あの動物的な暴力!
私の自己批判は最上であるところで行動しなかったこと、小林と一緒にいる所で自己を見失うまでに酒を飲み酔ったことである。(序章・68年12月21日)

このときから半年足らずで彼女は自殺してしまう。

916 :無名草子さん:2010/04/28(水) 17:26:53
彼女は69年3月から京都国際観光ホテルでウェートレスとしてアルバイトするようになる。
最初は鈴木という主任を好きになる。

毎日鈴木のことばかり考えている。鈴木と唇をあわせたり力強くだきあったり、
やさしく胸(このちっちゃな)をさわったり、私は鈴木のやせた体やくちびるを愛撫したり
シンボルであるオチンチンを子供の遊びのように手でさわってみたり、
常に鈴木と肉体の関係をもちたいと願っている。(原点・69年4月22日)




917 :無名草子さん:2010/04/28(水) 17:29:41
それが4月27日に鈴木でなく中村とスナックで飲み明かしたころから
恋愛の対象は中村へと移っていく。

中村とのリレーション。四・二七、五・一三、五・一九、御所で二回あい、
テレを数回。一体、彼との結びつきはどんな関係であったのか。
彼との結びつきは単に肉体のみであったのかもしれない。とにかく訣別だ。
中村についても、中村を含めた己れ自身についても考えるな。
けっきょく中村にあいたいという願いは、彼を愛するからでなく
私自身を愛する醜いエゴイズムに過ぎないのではないか。
私は今そのエゴイズムの復讐をうけているのだ。あまりにも辛く苦しい復讐だ。
弱く、そして甘い私には。
「中村との訣別」とは愛におけるエゴイズムとの訣別でなければならない。
中村自身を発展させ、完成させる愛を私はもたなければならない。
しかしこの言葉の中にはカッコヨイヒロイズムに酔った姿があり、
純化されない矛盾と混沌、醜さがあることも私は知っている。
今はただ中村からのテレを待つだけである。(原点・69年6月2日)




918 :無名草子さん:2010/04/28(水) 17:30:35
みごとに失恋――?
アッハッハッハッ。君。失恋とは恋を失うと書くのだぜ。
失うべき恋を君はそのなんとかいう奴との間にもっていたとでもいうのか。
共有するものがなんにもないのに恋だって? 全くこっけいさ。(原点・69年6月19日)

その何とかいうやつにテレしたが、明日屋上に本をとりにくるということです。
私は「本を渡したい」という、ただひとこと、それがいいたいことのすべてであった。
相手に話すひまも与えずに切った。その何とかいうやつへの伝言文に
「これは私が信条としたいと思っているアナーキズムについて書いてある本です」と書いたが
この文自体にうそいつわりはない。アナーキズムに人間本来のあるべき姿があると思うのだが
しかし一切の人間を信じない独りの人間が一体闘争などやれるのだろうか。やれる筈がない。
(中略)その何とかいうやつに「アナーキズム思想史」を「これは私が信条としたいと思っている・・・」
と書いたのは史上まれにみる嘘である。(原点・69年6月21日)

何もないのだ。何も起らないのだ。独りである心強さも寂しさも感じないのだ。
彼が部屋で静かな寝息をたてて眠っているだろうと思ったところで、一体それが何なのか。
あるいは彼女といっしょに肉体を結び合っていたところで。
もし私が彼といっしょに「燃える狐」の情感をたぎらせていたとしたら。(原点・69年6月22日)

919 :無名草子さん:2010/04/28(水) 18:05:49
少なくとも私が二十歳の頃には、高野さんのような、こんな文章は書けなかった。
自分の中にある違和感や焦りを文字にすることができなかった。
いろいろ書いても他者には意味不明の文章しか書けなかった。
それも一行で止まり。

40年の時間が流れても読まれているのは偶然でも軽いもんでもない。


920 :無名草子さん:2010/04/28(水) 18:10:44
この本を読む度に私はなんだかやりきれない気分になってしまいます。

921 :無名草子さん:2010/04/28(水) 18:58:33
>>920

同じです。
彼女の内部には根っこの部分に生真面目な悲しい音楽が絶えず流れている。
ジャズだとしたら明るい系統ではなく重苦しく静かなリズムで。
悲しさだけなら逃げ場もあったんだろうが、生真面目さが逃げることを許さない、生真面目な自己
分析が許さない。
鋭角的だけど狭隘な問題の立て方が、辛さややるせなさを感じさせる。なにもそこまで・・・・と。

嬉しいことがあると彼女は生真面目に前向きなことを書く、辛いことや自己矛盾した行動をすると
またしても自分を生真面目に批判し反省する。
とにかく幅や余裕や遊びがないから読んでるほうも辛くなり胸が締めつけられる。


922 :無名草子さん:2010/04/28(水) 21:30:08
大型規制が解除されてから一気に書き込みが
増えましたね。みなさんうずうずしていたのでしょうかw


彼女の内面が苦しいほど生真面目なのは日記の通り。
だからこそ普段は一生懸命元気に明るくふるまったり
相手に気を使って一喜一憂したり、かなり無理ををして、
もう一人の自分を演じていたように見えます。
素のままの自分を受け入れてくれる友達や彼氏を求めていたけど
ハードルが高くなかなか心を許さない彼女は牧野さんさえ
遠ざけてしまい、遊び目的で言い寄る男の甘言を勘違いしてしまい
のめり込み打ちのめされてしまった。
かわいそうなほど未熟で愛おしい孤独な少女。
男なら誰もが近くにいたなら力になれたのにと思いながら読んでいたのでは
ありませんか。

923 :無名草子さん:2010/04/28(水) 22:03:10
少年のころ高野悦子さんの自慰の告白につい興奮し、
レイプの記述に肉親が汚されたような強い憤りを感じつつも
表紙の写真を見ながら何度も抜きました。
真面目な特に女性のみなさんすいません。

でも「読みながら自慰にふけったりした。刺激物をよむと
興奮してやりたくなるのだがそのあとは罪悪感を感じるだけだ」
と書いた高野さんと一緒ですよね。

924 :無名草子さん:2010/04/28(水) 22:12:33
>>922
最後の文章についてだけど、まったくその通りでしたね。
同情や救援者心理と、「失敗者」に対しての上から目線というか優越者目線とともに読ん
でいましたね。オレが近くにいたら救えたかもしれない、受入れてたのにとかね。
バカみたいだし、自分ながら上から目線がイヤラシイ感じがしましたね。

本人が日記に書いた内容で彼女を知るわけですが、いつしか小説を読んでいるような感じになって
いるから、死後に彼女の友人や知人が書く彼女の姿を読んで、本当に彼女は存在したんだと、その
リアル感で不思議な感覚になった。日記に書かれた出来事、書かれなかった出来事が友人知人が書
くことで日記の文章にまるで映画のシーンのような立体感とリアリティーが生まれる。。
6月23日の日付の文章はないが、その夜の彼女の行動が友人によって書かれている。非常にリアル
で、日記の文章を裏付けている。元気の無い彼女をタクシーに乗せたが、彼女は死にたいと力なく
つぶやいていた、という友人の記憶。

925 :無名草子さん:2010/04/28(水) 22:41:12
1974年の映画、「二十歳の原点」は高野悦子ファンには不評だけど、もっと別の観点から撮り直せば
面白い映画になると思う。
日記に書かれる出来事や内容を映し出し、次に外から友人知人が見た彼女を映し出す。逆でもいい。
それで立体的にひとりの女性の行動や考えを彫り出していく。
そしてほんの少しズレを発生させて、事実通りに自殺していく彼女とは別に、同時に死なない道を
歩き始める彼女をつくる。どこでどういう偶然や努力があれば彼女は生きていられたのか、死なず
にいられたのかを明らかにする。

926 :無名草子さん:2010/04/29(木) 01:19:31
「二十歳の原点」の後に、小説だけれど見延典子の「もう頬づえはつかない」(1978年初版)を読むと
わずか10年の間に、大学生(特に女子大生)の日常生活や言動、思考様式がいかに激変したかよくわかる。
とても同じ日本を舞台にしているとは思えないほど。60年代末と70年代末、それぞれの時代の香りが充満していて、
俺は両方とも好きだけれど、やっぱり「二十歳の原点」は時代が生んだ悲劇なんだなと思う。
もし高野悦子が70年代後半に学生生活を送っていたら、「もう頬づえ…」の主人公まり子みたいな人生を
送っていたかもしれない。ちなみに、桃井かおり主演の「もう頬づえはつかない」映画版は「二十歳の原点」映画版より
はるかにいい出来。

927 :無名草子さん:2010/04/29(木) 10:41:08
>>926
日記と作家のシナリオという違いがあるけれど、たしかに10年で学生の意識が大きく変っているのは
間違いないと思いますね。
学生社会では全共闘運動というカルト的熱狂の嵐が過ぎ去ったことの反映でしょうか。
その頃から「思想的には」ポスト構造主義が脚光を浴びた。
テレビではビートたけしが老人の醜さをホンネでギャクにして人気を得るようになり、タモリの
造語だったと思うが、ネクラ=根暗な雰囲気の人達をからかい揶揄するようになった。
たけしとタモリが出現し人気を得たのは国民意識の変化と期を一にし、変化を象徴していたからか
もしれない。
70年前後はタテマエ社会で正義や理想を語り、ホンネ部分は自分の内部で克服すべき考えとしてあ
り、口に出すべきものではなかった。
80年前後になるとホンネの部分を言ってしまうことが正直で過激でカッコイイこととされ始めた。
生真面目に小難しいことを言う学生運動をやっているような人達をネクラ・汚いものとして排除す
るようになった。

高野さんの葛藤や問題の立て方は正義や理想としてのタテマエを前面にもってくる。そして生身
の女や人間の部分を弱さや未熟さとして否定・克服しようとする、そんな価値観が強く出ている。
理想化されたタテマエや正義を振りかざしながら、生身の女の欲望を正当化合理化しようとすれば
何等かの理屈が必用になる。人間として尊敬できるとか、深い相互理解だの愛情だの、社会的役割
だのの「思想的」小道具を儀式的に持ち出さなければならなくなる。
高野悦子さんの時代は、与謝野晶子が「やは肌のあつき血汐にふれも見で さびしからずや」と歌う
軍事の時代よりもましだろうが、セックスするにも小難しい美しい理屈が必用な時代だった、とも
言える。
時代が「進めば」、女がタバコを吸うこともパチンコをすることも勇気など必用としなくなった。
問題は健康の問題に移り、社会規制や抑圧、道徳としての女がタバコを吸うなんて、という問題で
はなくなっている。

928 :無名草子さん:2010/04/29(木) 11:12:38
人は、とことん、生きた時代と生まれた国・社会に規定されている。
右翼の君も、北朝鮮に生まれていたら、首領マンセーと叫んでいるだろう。
左翼の君も、旧東ドイツに生まれていたら、反社会主義を自由を叫んでいたかもしれない。
そう考えるなら、あらゆるものを時間と場所の中で相対化しないと事実とは違った価値判断をする
ことになる。

日本人もその価値観も時代とともに変っている。その中でひとりの女子大生の私的な日記が読まれ
続けるのは、主として彼女と同年代で同経験をした世代が多くいるからだろうが、それに加えて、
どの時代にもいる繊細で不器用な若者達が新たな読者になっているからだろうか。


929 :無名草子さん:2010/04/29(木) 11:21:33
最近の書込みの半数以上が私ひとりのものです。とくに長いのはほぼ私です。
いちおう、彼女の後輩になりますので「舞台」も、だいぶ薄くはなっていましたが時代の雰囲
気も知っているので、はまり込んでしまうのです。
しつこくてすいません。これでとりあえず気が済みましたので終わりにします。

930 :無名草子さん:2010/04/29(木) 12:14:35
>>929
そうおっしゃらずにできれば書き続けてください。
この本と高野さんの話題を忌憚なく話せる場は、
実社会では少なくなりました。

ここは皆さんが心の中に秘めている思いを、未知の方々と
自由に情報交換できる希少な場だと思います。
ここの書き込みで初めて知った情報は驚くほど多いですし、
皆さんのさまざまな考え方や深い思索に感心することも度々です。
高野さんもネット時代に生きていたら死のうとは思わなかったでしょう。


931 :無名草子さん:2010/04/29(木) 13:05:56
ありきたりの臭いことしかいえないくせに、
やめるやめるといいつつ何度もでてくるなと
耐性のない自意識過剰の掲示板初心者

932 :無名草子さん:2010/04/29(木) 13:18:06

自己批判乙

933 :無名草子さん:2010/04/29(木) 15:49:37
>>931

2ちゃんらしいお決まりのレスで、安心落ち着いた。
2ちゃんで褒められたりするとちょっと気持悪い。

そのくらいに2ちゃんには慣れてるし耐性もある。
6月24日頃にまた会いましょう。


934 :無名草子さん:2010/04/29(木) 20:29:03
悦子氏は、林芙美子の放浪記を読んでたんだろうか。

935 :無名草子さん:2010/04/30(金) 11:18:28
対極的だが金持ちのお嬢にはお嬢なりの苦悩もある。

936 :無名草子さん:2010/04/30(金) 14:44:31
>>935
そりゃ、苦悩のない人間なんていないでしょうw

937 :無名草子さん:2010/04/30(金) 15:35:03
なつかしいなあ・・・
なぜか母親の本棚になってずいぶん昔に読んだ
細かいところは忘れたが、こういう人は本当に生きづらいだろうなと思った記憶が。


938 :無名草子さん:2010/04/30(金) 18:15:25
人は普段気がつかぬだけで、実に多くの人に支えられています。と同時に
自分の存在も誰かを支えているし支えになるのです。
人はみな未熟であり、孤独だからこそ支えあって生きているのです。
この本から学ぶことは、彼女が気がつかなかった
ために犯した失敗を繰り返さないということですね。


939 :無名草子さん:2010/04/30(金) 23:45:45
最初に原点を読んだ時は、悲惨な結末を知りながら読まなくては
ならないホラー小説のような苦痛だった。

後で序章とノートを読んだら、素直で頑張り屋の一面が見えてきて
感情移入するようになった。

940 :無名草子さん:2010/05/01(土) 15:44:30
団塊世代のお祭り騒ぎに巻き込まれたお嬢さん。
気の毒だなとは思う。

その後の団塊世代のお銚子よさにはうんざり。

941 :無名草子さん:2010/05/01(土) 15:45:12
調子→調子

942 :無名草子さん:2010/05/01(土) 19:36:07
まあ、君は思考停止でいいのじゃないかな。

変わらないスレだね。
世間的には忘れられてる本なのに、偏執的な人間が上げ続けるんだろう。
読書経験少なくて、本の読み方知らない。
他に自殺者の手記なんて読んだことなくてショックでも受けたんだろうな。
ナイーブに、自分の自殺願望を無意識に恐れてる人間だねえ。
大丈夫、頭悪い人間は死にやしないよ。

943 :無名草子さん:2010/05/01(土) 20:01:49
やってたことは団塊世代の子供の火遊び、反抗期だったのではないでしょうか。
ベトナム反戦運動や中国文化大革命が行き詰まる混乱の時代でした。
騒ぐだけ騒いで皆社会人として今幸せな資本主義的な人間になり生きている。
これって何か矛盾してませんか。

944 :無名草子さん:2010/05/01(土) 20:51:13
>>942
>世間的には忘れられてる本なのに、偏執的な人間が上げ続けるんだろう。

それなのに、いちいち湧いて文句垂れてるお前は、立派なパラノイアだから他人の心配は要らないよ^^

945 :無名草子さん:2010/05/02(日) 00:09:51
>>943
人間なんてそんなもんなんだよ。
人間なんて信じられない、とか言う人がいるが、信用の対象にすること自体が間違い。
悦子さんも言ってるだろ、人との付き合いなんて右から左へ流していればいいとか、そんな感じの
ことをさ。
信用するとかしないとかの対象から外し、「処理」していくという対応が正解。
距離を保って、さわやかに、笑顔で、処理する。
開き直りや「絶望」から言うんじゃないよ、それが人と付き合う最上の方法。

946 :無名草子さん:2010/05/02(日) 00:19:04
人と人との間にお金や物を入れた付き合いが最も無難でスマートな付き合い。
無形のあやふやな心とか愛なんて入れたら行き詰まる。
「わたし、きれい事を言いました」っていうCMがあるけど、あれが人間の本質であり事実。
きれい事を言いつつ、金や物に執着する。どっちも忘れないこと。


947 :無名草子さん:2010/05/05(水) 09:54:34
>>401まで読んだ。



948 :いつまでも二十歳:2010/05/06(木) 23:59:35
昨日まで京都にいました。京都も当時と比べて、きれいになりましたね。加川良
の「下宿屋」のどんくさい雰囲気がなくなってきています。おしゃれな大学が増
えましたね。昔の雰囲気の方が人間くさくて好きだな。

949 :無名草子さん:2010/05/07(金) 09:15:23
「下宿屋」のどんくさい雰囲気って具体的にどんなことですか。

950 :いつまでも二十歳:2010/05/07(金) 20:22:54
ttp://www.youtube.com/watch?v=qSB6rRSSUg4
これ聞いてみて!どんくさくて、人間くさくて、バタ臭くて、
素朴で、優しくて、何かいつも満たされないものがあって、
劣等感がいつもまとわりついて、自分に正直で、ごまかすことが
下手糞で、生き方が不器用で、息苦しくて、いつも壁にぶつかっていて
純粋で、詩人で、人生を嘆いている高野悦子のような・・・感性って
当時の若者のベースにはあったような、なかったよう・・・
あいまいな記憶です。

951 :無名草子さん:2010/05/07(金) 21:21:23
どんくさい と感じた人の年代は不明だが、1970年前後は 庶民的で貧乏臭い という表現が当っ
てる。それが普通のことだった。
古びた木造か安っぽいモルタル外壁の下宿、アパートがほとんど。東京で言えば、下町の風情。
食事は「まかない付き」と言って、下宿の大家のオバサンがつくってくれるところもあった。
彼女や彼氏ができるとアパートに引っ越す学生が多かった。
トイレはもちろん共同便所。
風呂は高い煙突がある銭湯で、入浴料はたしか150円位。
昔の京都の銭湯は料金を払う番台が男女脱衣場の境にあり、しかも低くいので女湯がよく「見えて
しまった」。まだ未成年で純情だったから、知っている「女子」が着替えていて焦った記憶がある。

当時、京都市バスに乗っていた外人カップル観光客が、It's dark と囁いていたが、車内が暗いとい
う意味ではなく、当時の日本人のファッションや雰囲気が暗いと感じたからだろう。


952 :無名草子さん:2010/05/07(金) 21:58:53
1970年前半、今では信じられないような長髪の学生が多かった。
後からは男女の区別ができず、追い越してから振り返って確認したほど。
パンツはジーパン、上半身は US army(米国陸軍)の払い下げのモスグリーンのカッターシャツ
の着流し、バッグも米軍払い下げのショルダーバッグ、足には下駄という、「自由」というか過度に
ラフなファッションの学生も少なからずいた。
あれは学生運動とは関係なく、アメリカのヒッピーファッションの影響だったような・・?。


953 :無名草子さん:2010/05/07(金) 22:37:37
>>952
直接的には吉田拓郎でしょう。
http://image-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=jinbutsu&rkf=1&p=吉田拓郎

954 :無名草子さん:2010/05/08(土) 14:30:33
みんながお祭りの仮装行列、或いは今で言うコスプレのような状態だったみたいだけど、
そんなのを見てると、自分らしい生き方をしてたのか、自分独自の考えを持っていたのかと不思議になってくる。

日本人のアメリカかぶれは、明治から昭和初期の頃にもあったけど、
自分達で何か変えると言うより、時代の波に流されるのが好きだったんだね。

だからこそ今の高齢世代は、「なぜ車を買わない」「酒を飲まない」って言って、
今どきの若者が信じられないんだろうな。

でも若者自体も、独りでいるのが怖いから皆と群れる奴も大勢いる。よく解らん……

955 :無名草子さん:2010/05/10(月) 15:39:53
>>954

>「なぜ車を買わない」「酒を飲まない」って言って

これは単純に雇用が不安定だからだよ
お金と将来への安心感があれば使う。
団塊世代みたいに終身雇用、給料右肩上がりって時代じゃないからね


956 :いつまでも二十歳:2010/05/11(火) 01:29:08
当時は、(と言っても私は彼女よりかなり後)京都は市電全盛の時代でどこに行くにも時間がかかりました。
時には市電で京都市街一周もできました。チャリが一番便利だったかな。あんまり大きな
街でないので・・・北大路通りから京都駅まで歩いても大したことありませんでした。
今と違って街が暗く瓦屋根が多かったです。京都タワーに上ってみても瓦屋根の海でした。


957 :いつまでも二十歳:2010/05/11(火) 01:34:39
そうそう、子どもがやたらと多かったです。彼女も同和地区へ行って子ども会していましたね。
京都駅前の丸物か取り壊されていますね。あそこでBANやJUNを買っていました。
当時は汚いGパンにロングヘアが多かったです。別にコスプレでなく単に散髪代が助かっただけです。
お風呂やや貸本屋もいっぱいありましたね。お風呂に入って貸本屋で本を借りて帰るのが
楽しみでした。風呂上がりのいっぱいのコーヒー牛乳が美味しかった。

958 :いつまでも二十歳:2010/05/11(火) 01:39:34
伝え聞いた話であてになりませんが、彼女は日本史のクラスではかなり変人扱いで
なじんでいなかったみたいです。その辺にも孤独感があったのかな。当時京都はかなり
排他的で栃木訛りの彼女は話にくかったのかもしれません。

959 :無名草子さん:2010/05/11(火) 11:11:30
>別にコスプレでなく単に散髪代が助かっただけです
納得。

>彼女は日本史のクラスではかなり変人扱いでなじんでいなかったみたいです。
栃木訛りだと、京都では浮くだろうなぁ。


960 :無名草子さん:2010/05/11(火) 16:42:18
京都ならではのもあるか。同じ学生運動でも大阪でやっとけば

961 :無名草子さん:2010/05/18(火) 02:15:55
この人はおとなしいとか遠慮がちに微笑んでるみたいなキャラで言われるけど、
でもやっぱり学生運動で「帰れー!」と皆と共に叫び、
石を投げて逮捕もされてるんだよね。すぐ釈放だから前科にはならないけど。
実はけっこう強烈なキャラだったのかもしれない。

962 :無名草子さん:2010/05/24(月) 09:54:44
学生運動で皆と行動する時にテンションが上がってたかも知れませんね。
だけど普段は大人しくて目立たない人だったのじゃないでしょうか。

963 :いつまでの二十歳:2010/05/24(月) 22:52:04
>962
私もそう思います。学生運動が一番激しかったころ,目の前で渡邊委員長が
逮捕され,自分も戦わなければと自分で自分を追い詰めていく・・・内向的で
人を責める前に自分を責めるタイプだと思う。

964 :無名草子さん:2010/05/25(火) 03:40:51
>963 渡邊委員長って誰ですか?
お教えください。

965 :無名草子さん:2010/05/26(水) 06:35:37
コイツ見ると、かつての左翼が結局自分探し(笑)のメンヘラにすぎなかったことが良くわかるな
左翼ブームが去ったら一気に衰えたのもむべなるかな

966 :無名草子さん:2010/05/26(水) 09:46:46
>965
コイツって誰ですか?
教えて、2CH野郎!

967 :無名草子さん:2010/05/26(水) 18:45:39
>>965
>>965
>>965

968 :無名草子さん:2010/05/26(水) 20:40:34
>>965
「 左翼ブーム」高野さんの時代では正確に云えば「新左翼ブーム」
でしょう。


969 :無名草子さん:2010/05/26(水) 22:08:46
右でも左でもどっちでも良いけど、
悦子に「帰れー!」と罵倒して貰いたい奴は多いはず……

970 :無名草子さん:2010/05/27(木) 19:00:38
>>968
そうだな
新左翼=左翼界のゆとり世代

971 :無名草子さん:2010/05/28(金) 11:58:58
「新左翼=左翼界のゆとり世代」ってどんな人達ですか。


972 :無名草子さん:2010/05/28(金) 12:22:59
高野悦子とそのキモ信者みたいなアホのことだよ

973 :無名草子さん:2010/05/28(金) 15:12:45
なんだ>>972のことじゃん

974 :無名草子さん:2010/05/28(金) 16:00:03
>>973
はあ?信者ではありませんが、頭大丈夫?病院行ってきたら?

975 :無名草子さん:2010/05/28(金) 20:36:35
なんだやっぱり>>974のことじゃん

976 :無名草子さん:2010/05/29(土) 15:07:36
>>975
お前のことだよ

977 :無名草子さん:2010/05/29(土) 16:00:33
最近、左翼の勢いがさっぱりだな。

978 :無名草子さん:2010/05/29(土) 20:36:05
高野さんは生きる意味を考えた人ですよね。
たまたま学生運動が激しかった時代に生きたから挫折感が深かった
のでしょう。
今だったら静かに詩の世界で生きていたでしょうね。
大学も静かですし。

979 :無名草子さん:2010/05/29(土) 20:43:32
いやでも、>>972>>974、それに>>976見たいな精神障害者が、一方的に絡んで文句言ってくるかも。

からかわれてることも知らずに、顔真っ赤にしてさ。

980 :無名草子さん:2010/05/30(日) 08:25:24
誌?ぽえむだろw

981 :無名草子さん:2010/05/30(日) 13:51:39
>>980
誌? 詩だろw
大丈夫か、顔真っ赤になってるぞwww

>>978
>今だったら静かに詩の世界で生きていたでしょうね。


982 :無名草子さん:2010/05/31(月) 15:50:06
2ちゃんで変換ミスに大喜びで食らいつく人って

983 :無名草子さん:2010/05/31(月) 19:13:00
まあネットがあったらちやほやされてたかもね
文化系女子とかいって

984 :無名草子さん:2010/05/31(月) 21:18:56
>>979
からかわれてるのはお前だということに気付こうな
スレよく読み返してみろ

985 :無名草子さん:2010/05/31(月) 21:59:32
>2ちゃんで変換ミスに大喜びで食らいつく人って

麻生みたいに漢字が弱いのがバレて、
相当恥ずかしかったらしいから、第三者的に書いたんですね。わかります^^

986 :無名草子さん:2010/06/01(火) 00:36:11
誌→詩はどう考えても変換ミスだろう
必死すぎて見苦しいぞ

987 :無名草子さん:2010/06/01(火) 01:58:05
しょ〜もな

988 :高野悦子本人です:2010/06/01(火) 10:57:25
みんな、お願いだから、
私のことでケンカだけはしないで。

989 :無名草子さん:2010/06/01(火) 15:25:02
あんまりキモ信者いじめるなよ

990 :無名草子さん:2010/06/01(火) 20:59:57
キモイとか言ってるのって、一人の気違いだけだねプププ。


317 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)