5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

趣味で本を読めるようになりたい

1 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:36:48
自分は、全く本が読めません。
仮に手にとっても、最初の数ページで断念します。
というか、必ず飽きて途中やめになります。
自分では、どうしてもせめて一般的に本を読める人間になりたいです。
誰かアドバイスをください。

2 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:43:14
ディスレクチアの話がしたいわけね…

3 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:47:29
過去を振り返っても、小学生時代からほとんど図書館で本を借りた記憶が
ありません。
ちなみに国語の成績も、かなり悪く、読書感想文も全然駄目でした。
本を読むより、漫画や映画の方やゲームの方が刺激的そんな駄目な
子供でした。
ですが今となっては、本を読んでこなかった自分が情けなく、また、
逆に人並みに本を読める人になりたいと考えるようになりました。
ただ、もちろん強制的に読まなきゃだめな本はさすがに今は読めますが
自分はあくまで趣味で本が読めるようになりたいです。




4 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:52:46
>>1
自分の好きな分野、物、場所、人(職業なども)が登場する本を探しだすこと。

読み始めたページをメモに書いたりして覚えておいてく。
そしてその日読書を終えたら、今日はどれだけのページ数を読んだか計算。
「今日はこんなに読んだんだ」と自分を誉めてあげてみる。

俺も本読まないし、大の活字嫌いだったが、
この二つの方法で克服したよ。
読書って習慣だから、慣れるまでガンガレ。


5 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:53:02
自分なりに本を読もうと、努力しましたが
例えば、小説ですが状況がよくつかめず、だからか面白くもなく
、それだったら映画のほうがいいじゃんとなります。


6 :無名草子さん:2009/08/23(日) 20:54:18
>>4
そうですか、ちなみに今は読書楽しいですか?

7 :4:2009/08/23(日) 20:58:43
>>6
楽しいよ。
近所の図書館は返却期限が二週間なんだが、その周期で通っている。

最初は同じ作家の小説ばかり読んでいたけど、
段々慣れていくと、あらゆる作家の本が読みたくなってくる。


8 :1:2009/08/23(日) 21:00:57
あと、読む作業だけならできるかもしれない。
例えるなら、国語のテストで文章を速読するように。
ただ、それだと、文章が頭に全く残らないし、何より
楽しくはないです。
映画などの映像媒体と違い、本の真の魅力ってなんですかね?
たぶん、映画と同じくらい、本が楽しく読めれば趣味になると思うんですが。

9 :1:2009/08/23(日) 21:05:42
まず目標としては、小説を映画のように楽しみたいです。
しかし、自分は小説を読んでも、状況やその場のイメージがあまりできず
いつも途中やめになるんです。
これは、小学校時代に本を読んでこなかったつけでしょうかね?
でも、なんとか克服いたいのですが。

10 :無名草子さん:2009/08/23(日) 21:45:35
文字数の少ない、軽い本からはじめたらいいのでは?

11 :無名草子さん:2009/08/23(日) 21:47:10
読破したぜ、っていう達成感を味わえるし、それが次のステップにつながるはず。

12 :無名草子さん:2009/08/23(日) 22:12:37
なぜ飽きるのか?
1.理解できないのか、2.面白くないのか
速く読んだら頭に残らないことが分かっているのに、
ゆっくり読もうと思わないのか?
なぜイメージにこだわる必要があるのか?
そんなに細かなイメージは必要か?

13 :無名草子さん:2009/08/23(日) 22:14:20
>>1

>>10の人も薦めているけど
お若い方ならラノベのような軽い読み物から始めたらいかが?
イラストも多いし、
あの手の本は古今の名作を下敷きにしていることが多いから、
ある程度読書に慣れたらそこから他のジャンルに派生していけば良いのでは



14 :無名草子さん:2009/08/23(日) 22:39:58
>>1
漫画読めるならまだ大丈夫じゃないかな。
漫画も読めないっていう人いるよ。
原作のある映画を観て、映画の好きなシーンが原作でどうなってるか読むのはどう?

あとエロそうな本のエロいところを探して読むとか。
そうやって興味あるところ以外切り捨てて読んでたら読めるようになるかも。

15 :無名草子さん:2009/08/23(日) 22:49:58
>>12
なぜ飽きるのか
たぶん、理解はできてるとは思いますが
状況が漠然としたイメージしかわかないので映画のように
強烈で刺激的な楽しみが得られにくいんです。
ということは、実は状況が理解しきれていないのかということ
にもなるんですかね?
例えば、登場人物のいでたちなんかも、漠然としてイメージがいまいち
つかめず、ストーリーが頭にはいってこないのかも。
あと、ゆっくり、読もうとしたら集中がきれて飽きてきます。

16 :無名草子さん:2009/08/23(日) 22:59:02
>>15
なるほど
問題は「漠然としたイメージで本を読んでも面白くない」
と”思い込んでいる”点だね。


17 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:07:38
>>14
なるほど、自分の興味あるシーンだけをピックアップして読む
それは、なかなかいい方法かもしれませんね。
映画の原作本、それもいいかもしれません。
ちなみに皆さんは、小説で登場人物の姿や状況がはっきりと頭に
イメージできてますか?
自分は人物の心理描写やそれにともなう仕草が意味することが映画のような
映像媒体と違いわかりずらいんですよ。
どうしたら、これを克服して小説を楽しめるんでしょうね?
ちなみに人のブログなどに書いてある自分が興味あることの評などの文章は
それが長文でも読めるんですがね。

18 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:12:22
>>17
イメージなんてものは、それほど正確なものではないよ。
強固なイメージを作り上げながら
小説を読んでいる人なんてほとんどいないはず。
漠然としたイメージでもストーリーは楽しめる。

小説で重要なのは外見よりもどういう人物なのかってこと。
つまり内面だね。
例えば、服装がどうとか、身長がどうとかってことは
ストーリーにはあまり関係しないよね。
そんなのいちいち気にしてたらいつまでたっても読み終わらない。
でも、どういう人物かってことは会話内容や行動から判別できる。
映画は心理描写などが文字で表されているわけではないから、
映画は外面的、小説は内面的といえるか。

19 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:17:28
>>17
映画や漫画の原作、ライトノベルってのは、
イメージがしやすいという点では良いかもしれないけど、
そればかり読んでもゼロからイメージする練習にはならないね。

個人的には短編をすすめる。
それも出てくる人物が少なく、ページ数が少ないもの。
要するにイメージするべき内容が少なくて、
飽きる前に読み終えてしまえそうな本だね。
慣れれば、>>16のような思い込みがなくなって、
長編も読めるようになるはず。

20 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:19:08
>>18
映画は外面的、小説は内面的といえるか
これは、映画とその原作本でもいえる関係ですか?
例えば、ハリーポッターの映画版と原作版の違いとかは
どうなんでしょう?


21 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:23:37
>>17
やっぱりそれは本による。キャラクターの姿がイメージできなくても面白い時があるし。
でもイメージできる本の方が好きかな。

日記風な小説とかはどうかな?例えば「ブリジット・ジョーンズの日記」なら映画もあるよ。

小説じゃなくても、その興味あることについての本を読んだらいいんじゃない?
本って自分に合う合わないがあるから、パラパラ読んで気に入ったら読むといいんじゃないかな。
本をまぁまぁ読んでる方だと思うけど、
文体が気に入らない、読みづらい、話が全然面白くないって感じる本けっこうあるよ。

22 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:36:21
>>20
映画ってのは何より見た目を重視するし、
心情の変化なんてものは観客の想像に任せてある。
小説の場合、人物像はかなりの部分を読み手の想像に任せてあるし、
心情の変化は文章で書いてあることが多い。
映画→見た目(イメージ)は強固、心情は漠然としたもの
小説→イメージは漠然としたもの、心情は強固
この点は、メディアの性質だから、
映画と原作本でも変わりはない

まあ、思いつきで書いたからそんなに突っ込まんでくれw

23 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:37:15
>>21
興味ある本に絞るですか。
うーん、昔を思い出すと図書館で興味のあった本なんて
ギリシャ神話とか世界の神話とかそういう系列の本ですね。
しかも、これらは小説というより図鑑的なものだし。


24 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:50:26
>>22
そうですか。
小説は心情が強固なわけですね。
つまり、その部分に読むポイントをおくと
楽しめるわけですか。




25 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:51:34
自分は小説みたいなものならいくらでも読めるけど、
論理的な文章がほとんど理解できません。
家電の説明書ですら、意味がわかるまでに努力が必要です。

26 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:53:09
と言うわりには、パソコンか携帯は使えてるわけだろ?

27 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:56:10
>>23
ブログで面白かったのはどんな話題かな?
手品、忍者、魔女、宇宙人、心理テスト、漫画家とか有名人について、美容、職業についての裏話、
任天堂とかの有名企業について、恐竜、放送禁止映像・発禁本について、歴史薀蓄とか、
他に興味ある本はあんまりない?ニュースで気になった話題について深く調べるとか。
ノンフィクションとかルポルタージュにもけっこう楽しいのあるよ。


28 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:56:38
>>25
説明書なんて俺も読めんよ。
実際に使いながらでないと頭に入らん。
使うときに読めばすぐに覚える。
てか、説明書は論理的ではないだろw
小説でも京極夏彦の本が普通に読めるんなら、
論理的な文章も問題ないだろうw

29 :1:2009/08/23(日) 23:57:55
>>25
自分は逆ですね。
まあ、でも論理的な文章は、読めても
よっぽど興味あることしか読みたくないし、
本を読めるようになるには、それじゃいかんと思うわけです。
しかし、小説がいくらでも楽しめるのはうらやましいです。

30 :無名草子さん:2009/08/23(日) 23:59:01
>>1が読んだことがある本は一冊もないの?

31 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:02:08
>>27
手品、忍者、魔女、宇宙人ってワロタw

32 :1:2009/08/24(月) 00:06:13
>>27
例えば、年代ごとのジャンル別映画を評した文や深層心理に関すること
怪談やオカルトに関すること、世界の遺産に関するデータ的な評とか。


33 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:11:49
>>30
過去を振り返っても学校指定の本、つまり強制的なものは読んできましたが
自分から興味をもって読んでも、最後まで読み終えたものは一冊もないかもしれません。
ただし、小説ですよ。

34 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:12:58
そういえば、何で本を読みたいの?
いまいち分からない。
無理して読むものでもない。

35 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:14:29
登場人物の外見を具体的にイメージしないと読みづらいのであれば、
適当に芸能人とか知り合いを思い浮かべて読んでみたら?

例えば、背の高い痩せた女なら有名モデルを当てはめるとか。

36 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:18:31
>>34
本を読むことで知識や教養をつけたいし、実際に本を全く読まない人と
読む人とで明らかに知識や教養の差が出ているからです。身近にいます。
自分もいえませんが。
本をたくさん読む人は、明らかに語彙や知識の引き出しが多いです。
だから、自分もそうなりたいんです。

37 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:36:17
>>27
どういうラインナップなのかそれ詳しく聞きたいw

登場人物の心情や場面のようすがイメージしやすく、
映画やゲームのような、テンポのよさと刺激があり、
かつ、読書に興味を持てるような本がいいわけだな?

まずは主人公の視点でずっと物語が展開する、いわゆる一人称の小説がいいと思うよ。
主人公の感情や考え、立場をずっと説明してくれてるので、
スムーズに感情移入できるという利点がある。

例として、
劇団ひとりの『影日向に咲く』(幻冬社)なんかどうだろうか。
読書が苦手な俺のいとこの読書感想文に使った本なんだけど。
短編集だから手をつけやすいし、話の構成もよくまとまってる。
登場人物もだめっ子ばっかりなので、気楽に主人公に肩入れして読めると思う。


38 :無名草子さん:2009/08/24(月) 00:41:29
どうした!どうしたんだ?!

39 :無名草子さん:2009/08/24(月) 08:38:49
>>36
知識や教養つけたいなら、小説読んでも仕方がないと思うが・・・

40 :無名草子さん:2009/08/24(月) 09:37:18
役に立つ知識教養を身につけたいなら、まずは新書なんかのほうがいいだろうなー

小説読んでて身につくのはせいぜい小さなトリビアどまりで、体系だった知識はそれだけじゃ無理。
小説家の間違いや思い込みもつきものだし。
読書好きだと学校の成績は、国語以外はまず下がることも保証するw

ただ歴史小説を読んで歴史に目覚めたりと、知識欲は出るんだけどね。

41 :無名草子さん:2009/08/24(月) 11:06:51
>>36
それって他人に対する見栄?

まあそれは置いておいて、悪いけど、小説読んでも知識や教養は殆ど得られないよ。
「ドストエフスキーの〜を読破した」とか、既成事実くらいは残るかもしれないけど。

小説読んだこと無い人って、小説というメディアを過信してるきらいがある。
読書(小説を読むこと)が教養あって高尚なものだと捉えてる人もいる。
正直、漫画を読んだり映画観ることと大差ないよ。
娯楽だもん。

知識や教養が欲しいなら、
図解雑学シリーズとか薀蓄本でも読んだ方がよっぽどいいよ。

42 :無名草子さん:2009/08/24(月) 19:06:46
>>40
>読書好きだと学校の成績は、国語以外はまず下がることも保証するw

ああー、まさしくそうだった。

>>41
>正直、漫画を読んだり映画観ることと大差ないよ。
>娯楽だもん。

娯楽だよね。

年に2、300冊は読むけど論理的な思考とかまるで身につかん。
でも仕事に必要な実用書の類は読む気が全くおきないし。


43 :1:2009/08/24(月) 19:27:50
なるほど。じゃ、小説をたくさん読めたら、国語の特に小説関係の
点は、アップしたんでしょうかね?
今となっては過去のことだけど。

44 :無名草子さん:2009/08/24(月) 20:47:26
ただ、自分と立場の違う人の思考パターンや暮らしぶりを掴むには小説が向いてると思う。
データからそういうのは読み取りにくいからね。

読書家はとりあえず国語と英語は大して努力しなくても、良い成績キープ出来る。
読解力が無いと、テストで何を問われてるのかが判らないから、読解力は全ての基本だと思うけど。

45 :無名草子さん:2009/08/24(月) 21:18:16
>>例えば、年代ごとのジャンル別映画を評した文や深層心理に関すること
>>怪談やオカルトに関すること、世界の遺産に関するデータ的な評とか。
京極夏彦が合いそうだな。
長すぎるから駄目かw

46 :無名草子さん:2009/08/25(火) 02:30:55
江戸川乱歩はどうかな?

47 :1:2009/08/29(土) 02:16:41
意見の中に自分と立場の違う人の思考パターンや暮らしぶりを掴むのには、最適化もしれないと
いうのがありましたが、思考パターンはもちろんのこと、小説独特の言い回し、もっと言うと
国語の小説のテストなんかの問題も解けるようになったりしますか?
文全体の流れなど。
それとも小説を読んだからと言って、何も影響しませんか?

48 :無名草子さん:2009/08/30(日) 01:08:15
国語のテストは読解力プラス問題を解く要領だからなあ。

文章の意味がわからなければ解けない、ってのは大前提。
よく「このときの作者の気持ちは?」という出題があるけど、作者に感情移入するより「出題者はどう答えさせたいのか」を考えた方が正解できる。

49 :無名草子さん:2009/08/30(日) 01:19:46
>>47
揚げ足とりではないけど>>44は「向いてる」とは書いてるけど「最適」とは書いてない。
「良い方法」ではあっても、それより良い方法がある可能性もある。

こういうのも小さな誤読といえるんじゃないかな?
何か文章を読んだ感想を誰かに聞いてもらって、捉え方がズレてないかチェックしてもらうのはどうでしょう?

50 :無名草子さん:2009/08/30(日) 01:31:20
問題文を読むスピードが上がる。
斜め読みと、要約が上達する。
語彙力もたぶん上がる。
国語の試験で得点が上がるとすれば、こんなあたりかなー。

学校のテストや入試では、解釈が10人10色に分かれるような種類のものは出題されないから、読書量こなしてれば強くもなるけど、
実際に小説を楽しむためには、読み手のほうに人生経験が備わってこないと読めないから、
大人になってから読書を始めても十分間に合うと思うんだよな。

51 :無名草子さん:2009/09/02(水) 01:18:14
>>50
つまり、今まで読書をしてこなかった人間が今からでも
読書を習慣にできるということですよね?

52 :無名草子さん:2009/09/03(木) 22:21:18
>>51
できるできる。
実際、入院とかで空き時間ができたのをきっかけにして読書に入る人も多いんじゃない?
一度はまってしまえばあとは泥沼…じゃなかった芋づる…でもない、とりあえずまっさかさまですよ。

53 :無名草子さん:2009/11/14(土) 11:34:56
読書は考え方が論理的になるよね

54 :無名草子さん:2009/11/14(土) 11:40:26
小説なんて読めなくてもいいよ
まさか本が読めないってことじゃないだろうし

55 :無名草子さん:2009/11/14(土) 23:18:50
>>54
小説しか読まないヤツって結構バカ多いしねえ。
小説は読まないけど、他の本は読むという人間の方がマシなヤツが多い気がする。
ただ、たまに、本当に「深い」小説読むと、満足感がじわじわとしてくるね。
つまらないものを読むと、人生無駄にした気がする。

56 :無名草子さん:2009/11/14(土) 23:32:36
いい小説は、読んだ時の年齢や状況によっても、まったく捉え方が違ってくる。
夏目漱石の「こころ」と「坊ちゃん」、サン=テグジュペリの「星の王子様」と「夜間飛行」で強くそれを感じた。
小説というのは、ある程度の実体験がないと、実はなかなかわからないところがあると思う。
変な言い方だが、小説を楽しめるようになるためには、むしろ本ばかり読んでいないで、いろいろなことをしてみるといいのではないか?
なぜなら、小説に出てくる人たちが、ずっと本を読んでいるだけだったら、それを読んでも実にタイクツでしょう。



57 :無名草子さん:2009/11/14(土) 23:35:09
視覚イメージの映画と根本的に違うのは、文章というのは、基本的に聴覚イメージだということです。
いい作品にはリズム感があります。
音読してみるというのもひとつの手だと思います。
そのためには翻訳ものは向かないという気がします。



58 :無名草子さん:2009/11/15(日) 01:23:57
>>57
そこまで気付いたなら昔の作品を読んでみな
今と違って絵画的だということが分かる

59 :無名草子さん:2009/11/15(日) 10:44:16
趣味で読むとなると、小説に限る必要はないんだろうね。
私は普段は新書とか学術文庫とか、ルポとか、そういうノンフィクションっぽいのが多い。
小説は一部の歴史・時代小説以外には、
たまに薦められてとか、
あるいは斜め読みして軽妙洒脱なの(中島らもや清水義範とか)を気に入って読むぐらい。

60 :無名草子さん:2009/11/26(木) 21:37:28
>>1
中学や高校の国語の問題集を読んでみたら?
答えを考えながら読んでもいいし答えごと丸々読んで、なぜこういう問題が
出るのか考えてみる。なぜ答えがひとつしかないのか考えてみる。
清水義範のも面白いかもしれない。

61 :無名草子さん:2010/01/31(日) 22:34:36
>>1 文字が大きくてアホでも読める本は最近の多い。
大手書店に出向いて30分以内で読めるような感動する本を
探してると告白すれば数冊紹介してもらえると思うぞ。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)