5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

刑務所の本について語りましょう。

1 :無名草子さん:2008/10/16(木) 21:38:33
刑務所、拘置所など、檻の中のことが書かれた本について語りましょう。
フィクション・ノンフィクションは問わないことにしましょう。
日本・外国も問わないことにしましょう。

自分は、加賀乙彦の「宣告」がベストだと思います。

2 :無名草子さん:2008/10/16(木) 21:41:34
安部譲二、塀の中の懲りない面々かな

3 :無名草子さん:2008/10/16(木) 21:43:32
ミラーマン植草の本は素晴しい

4 :無名草子さん:2008/10/16(木) 22:09:19
そりゃあ、現役死刑確定囚・澤地和夫の本だろ。
拘置所の話だけど。

5 :無名草子さん:2008/10/16(木) 23:47:34
島田荘司「秋好事件」

6 :無名草子さん:2008/10/17(金) 00:07:26
ジェフリー・アーチャー『獄中記』
見沢知廉『囚人狂時代』

7 :無名草子さん:2008/10/17(金) 13:18:59
衝撃を受けたのはこの本です
累犯障害者  山本 譲司
http://www.amazon.co.jp/累犯障害者-山本-譲司/

8 :無名草子さん:2008/10/17(金) 19:55:14
私も近々入所することになりそうですのでw
見沢知廉『囚人狂時代』 読んでみます。
ありがとう。

9 :無名草子さん:2008/10/17(金) 20:17:34
>>8
がんがれ


「私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか。」
http://www.bookservice.jp/bs/PSRRES1001.do?doWindowDispatch=book&ssc=1&sk=01&scn=I4062758679
拘置所までだけど、この本は神レベルだった。
接見禁止の怖さを初めて知った。微妙な容疑で逮捕された大学教授が、長い月日の末やっと、
宮沢賢治や太宰治の本を差し入れてもらうことに成功するくだりは泣ける。

10 :無名草子さん:2008/10/17(金) 21:00:45
私は東野圭吾の手紙で泣きました。


11 :無名草子さん:2008/10/18(土) 15:59:28
佐藤優の獄中モノはつまらない。

12 :無名草子さん:2008/10/19(日) 15:36:42
小説だと、塀の中のシーンは意外と多いな。

村上春樹にも、警察での取調べのシーンが出てくる。(しかもリアル)

13 :無名草子さん:2008/10/19(日) 21:52:19
コインロッカー・ベイビーズ

14 :無名草子さん:2008/10/20(月) 15:23:12
プリズン・ガール
アメリカ女子刑務所の話

15 :無名草子さん:2008/10/21(火) 01:39:24
花輪和一の「刑務所の中」
マンガだけどね。

16 :無名草子さん:2008/10/21(火) 21:37:20
刑務所で読む本のスレかと思った。

17 :無名草子さん:2008/10/22(水) 11:47:54
「刑務所の中」っしょ。

18 :無名草子さん:2008/10/22(水) 11:56:34
>>16 渋い

19 :無名草子さん:2008/10/22(水) 22:43:11
刑務所で読む本、の意味だったら・・・

VOWシリーズが最強です。シャバの香りがします。

20 :無名草子さん:2008/10/23(木) 01:38:58
アルフォートとコーラ

21 :無名草子さん:2008/10/23(木) 09:10:37
>>15
好き!
中の人は結構うまそうなものを食ってる

22 :無名草子さん:2008/10/23(木) 13:01:45
【刑務所の】▲アルフォート▲【中】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/candy/1081527720/


23 :無名草子さん:2008/10/25(土) 12:50:39
>刑務所の中

刑務所にいると、こんなもんでもこんなに美味く感じるのかぁ・・・と思って、
そういうことを想像しているうち、食べ物に有難みが湧く。

24 :無名草子さん:2008/10/25(土) 17:34:09
見沢知康

25 :無名草子さん:2008/10/26(日) 01:19:43
刑務所良品

刑務所の中でこんなもの作っているんだというのを知れた。
しかも、使ったこと無いから何とも言えんが、そこらの中国製品と
比べ物にならんくらい上等品に思える。(実際上等品だと思う)

26 :無名草子さん:2008/10/26(日) 04:44:06
>>9
マニアの間では評価の高い本だね。
地震学者としてより、拘置所体験記の著者として名を残しそうなのが何とも…

それと、>>8のその後が気になる。

27 :無名草子さん:2008/10/26(日) 23:30:04
ここまで中島らもが出てないのかよ!

28 :無名草子さん:2008/10/28(火) 12:57:55
>>27
だってものすごいしょうもなくなかった?
2週間の留置とかそんなもんでしょ?

29 :無名草子さん:2008/10/28(火) 15:43:46
見沢の本は、ほとんど絶版になってるよね。

30 :無名草子さん:2008/10/29(水) 22:07:48
>>25
その本について書き込もうと思ってスレを開いたw

31 :無名草子さん:2008/10/31(金) 07:32:58
試験問題など作ってるよ

32 :無名草子さん:2008/10/31(金) 09:02:02
刑務所の中では貸し本が凄く有難く思えるそうな
変に物を持ってくより、獄中でしか味わえない生活をしてみては

33 :無名草子さん:2008/10/31(金) 21:19:03
>>31
セキュリティ万全だからかな。
今思いついたけど、刑務所の中に情報管理センターを作って、
企業や官庁の仕事を割安で受注すればいいんじゃないかな。
経理部門を中国に持っていかれるより、ずっといいと思う。
受刑者の仕事不足も解消されるし、

34 :無名草子さん:2008/11/01(土) 18:51:56
ちょっとスレチかも知れないんだけどさ
刑務所かなんかで主人公が少ない食料を何度も反芻して食べていたら、それを他の囚人に見られて…
みたいな場面が頭の中に残ってるんだけど何て小説だかわかる人いないかな?

35 :無名草子さん:2008/11/02(日) 12:01:45
「範馬刃牙」のブラックペンタゴン編(3〜10巻)

36 :無名草子さん:2008/11/04(火) 12:41:42
小室哲哉逮捕あげ

37 :無名草子さん:2008/11/06(木) 22:28:19
東直己「札幌刑務所4泊5日」(光文社文庫)
http://www.bookservice.jp/bs/PSRRES1002.do?doWindowDispatch=book&ssc=1&sk=01&scn=I4334736947

刑務所マニアに激しくおすすめ

38 :無名草子さん:2008/11/20(木) 22:10:20
てs

39 :無名草子さん:2008/11/23(日) 17:00:37
女刑務所でよければ丸谷才一『たった一人の反乱』。


ちなみに丸谷は刑務所を取材するのに「奥の手」を使ったとか。
まあたぶん法務省の偉いさんが旧制高校の同級生だったとか
そんなんだろうけど...

40 :無名草子さん:2008/11/24(月) 01:08:43
>>39
情報ありがとう。
読まないまま、家に10年も放っぽってあったよw

41 :無名草子さん:2008/11/29(土) 21:18:13
六十七番と呼ばれて―女性議員秘書の拘置所日記 (幻冬舎アウトロー文庫 (O-94-1)) (文庫)
太田 あき (著)

42 :無名草子さん:2008/12/06(土) 17:16:38
「冬の旅」

43 :無名草子さん:2008/12/06(土) 19:41:17
ムショの中の官本はね。昭和初期とかの本とかあるからね
ある意味貴重。俺が疑問なのは囚人が私本で購入してる最近流行の
小説とかを廃棄するとき、どうして官本にまわさないのか?
ということ。せめて古本屋に売って、囚人に返せよ。
今は変わったけど、昔は3冊しか所持できなかったから
泣く泣く捨ててたんだよな。だって自宅に宅下げする送料ってバカ高いし
捨てるしかない。自宅が無い人もいるけど、本は読みたいし。
雑誌が原則廃棄ってのもな。高い雑誌もあるんだけどな。俺なんか1500円もする
雑誌捨てるっていうから首吊ったらあっさり領置許可になってウハウハ。
ま、仮釈はなくなったけどな。
みんなもムショに落ちたら、おとなしくつとめて早く出所した方がトクだぜ。

44 :無名草子さん:2008/12/06(土) 21:28:57
小田島ブログ

45 :無名草子さん:2008/12/07(日) 15:13:36
「そして死刑は執行された」合田士郎

死刑囚の世話をしていた、無期囚だった人の書いた本。
裁判で死刑を求刑されたけど、”とっても男前の裁判官”が
無期にしてくれたんだとかw

グロい描写なんて全然ない。
刑務所生活のルポって感じの本。

46 :無名草子さん:2008/12/07(日) 22:30:07
死刑囚の世話を無期囚が?
拘置所に配役されるのは短期刑の人ばっかりのハズでは?
無期なんて千葉とかL級のところに入るハズ。
「13階段」今日読んだけど、昔はあったのかね?傷害致死で2年なんて判決。
2人殺して無期とかありえねーだろ。昔でも。
それに前科のあるやつが殺人したら間違いなく死刑だっつーの
長崎市長射殺したやつも一人だし「強盗」もついてないから、初犯なら無期ぐらいで済んだのに
殺人未遂の前科があったし、長年暴力団に所属してたから死刑になった。
まぁ「刑務所に長期間入り、更生の機会があったにもかかわらず」にはワロタが。
刑務所に何年入ろうと更生とは何の関係もない。再犯率が約5割だし、「ムショに戻りたくて」
わざとなんかする奴が掃いて捨てる程いることぐらい裁判官も知ってるだろうに。

47 :無名草子さん:2008/12/07(日) 22:34:01
花柳幻舟の我が闘争!

48 :無名草子さん:2008/12/07(日) 23:10:13
チカーノになった日本人

49 :無名草子さん:2008/12/08(月) 01:44:30
元刑務官の「坂本敏夫」が書いた本は嘘ばっかりだから
気をつけろ。ムショに入ったことのある奴にはすぐバレるような
嘘を平気で書く。逮捕された後こいつの本を読んでも全く
参考にならない。留置場とか拘置所にいる間に前科のある
先輩によく話しを聞いておけ。
それから昨年法律が改正されたから今は結構違う。
主な変更点
○運動が毎日になった。
○本の所持許可数が結構増えた(前は娯楽本3冊。勉学・教養本7冊以内だった)
○家族写真以外も許可になった(俺はペットの写真が入った)
○親族以外の人とでも手紙のやりとり、面会ができるようになった
○電話がかけられるようになった(俺はかけたことがないので条件がよく分からない。知ってる人情報きぼん)
○通常新聞(読売とか朝日とか毎日とか)が一紙、自分のお金で購読できるようになった。
○「級」が廃止され「類」になった。昔は刑期に応じて進級した(例えば懲役14年くらいだと
3級になるのに一年半くらいかかった)今は5類から始まって4類になるのにアカオチしてから3ヶ月くらいで
誰でもなれる(昔でいう3級みたいなもん)
○手紙の発信・面会の回数が増えた
○法律と関係あるかどうかわからないが集会のお菓子の値段が今までの300円から500円ぐらいまで
引きあがった。
○法律と関係あるかどうかわからないがテレビが自由チャンネルになるみたいだ。川越とかは既になっているらしい。

50 :無名草子さん:2008/12/08(月) 12:10:09
バナナはお菓子に入りますか?

51 :無名草子さん:2008/12/08(月) 13:13:46
バナナは普通に出る。月に一回以上は出るんじゃないかな。
施設によるだろうけど。所長が代わると処遇が変わるから不思議だ。
本で読んだこともあるんだが、俺も一回だけマクドナルドのハンバーガー
を喰ったことがある。もちろんいっちゃん安いノーマルな奴だ。
殺人とかの奴は「十四年ぶりだ」「とか十二年ぶりだ」とかいう強者もいた。
そんなことよりみんなの関心事は「パンは次いつだ?クリームはなんだ?」ということだ。
それから「甘しゃり」「焼きそば」なんかも人気だ。
おかずの盛りが少ないからとケンカになることもしばしば。じーさんが食べ残したものを
喰ったとかでケンカ。食べ物のやりとりがあんまり多くて「処遇棟」が一杯になっちゃって
例外的に在工場のまま取り調べにすることに。だいたい作業賞与金の一週間とりあげ
とかで済む。メロンも年に一回くらい出たと思う。ウナギも年に一回くらい出たと思う。
刺身も年に一回くらい出たと思う。アイスクリームは必ずかき氷。どうしてバニラとか出ないのか?
「類別集会」では明らかに店の売れ残りを押しつけたんだろう?浮いた金どこ行った?としか
思われない( ゚Д゚)マズーお菓子が出る。囚人はもちろん定価で買うのだが、2500人の大体7割
くらいがまとめて購入して定価ってことはあり得ない。つーかシャバで定価でお菓子売ってるとこ
今時あるか?コンビニでも少しは値引きしてるぞ。東京拘置所とは出入り業者から毎年バスが
贈られるらしい。普通の刑務所でもテレビはみんな業者の人がくれるという話しだが、確認したわけじゃない
刑務所の売店はみんな定価、もしくは市価の何倍もするのだが(メリヤスの上とか下だけで3300円ってどういうこと?
俺の近所のドン・キホーテだとBVDのでも790円だよ。)囚人はそこで言い値で買うしかない。理由は全く分からないが
靴下でもシャーペンでも家族から差し入れられたものは使えない。消しゴムは何故かよかった。ものさしもおkだった。
基準が全く分からない。そういえばパンツも980円とかするな。やくざはなんでか私物を買いたがる。
差し入れがいけないという理由がいまいちよく分からない。元所長とか元管区長とかが儲けるためだとしか思えない。

52 :無名草子さん:2008/12/11(木) 04:49:36
福島瑞穂先生の刑務所についての本読んでみた。
まぁとりあげてくれるということはいいんだが、問題はその後この人は
継続してこの問題にとりくんでいるのか?と疑問に思った。
念のためにググってみたり、先生のHPのぞいてみたりしてみたが
どうも新しい情報は出てこない。
誰かこの人がその後何か新しい動きしたかどうか知らないか?

53 :無名草子さん:2008/12/11(木) 04:54:50
>>50
        ┌┐
       .// i     /
       | (,゚д゚)  <   ┼  ー|┐` | | キ. ┼十 |
       |(i  |)    \   ィ⌒) / 」   ノ α  !_  |/V
       ヽU.Uゝ

 ちょっと違うけど、吉村昭も、塀の中に出入りする人を書いてますね。


54 :無名草子さん:2008/12/11(木) 20:54:02
         .┌┐
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚)<そんなバナナ
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U
田代まさしさんが刑務所の本書いてくれないかな。

55 :無名草子さん:2008/12/12(金) 17:26:34
>>53
破獄ですね。緒方拳さんでドラマ化されてた

56 :無名草子さん:2008/12/12(金) 21:01:15
>>55
その他にもいくつもありますよ。
刑務官(といったっけ?)の話もあるし。
そういった縁で刑務所で講演したこともあったんじゃなかったかな。

57 :56:2008/12/12(金) 21:05:53
おっと、そういうのを紹介するスレですね。
今文庫で買えるのは「破獄」と「赤い人」くらい、なのかな。
刑務官(たぶん)の話は何かの短編集で、検索ではすぐに分からなかったけど。

58 :無名草子さん:2008/12/13(土) 17:47:07
中公文庫『蛍』という短編集の中の「休暇」では?
映画化もされてる

59 :無名草子さん:2008/12/13(土) 22:57:00
>>58
引っ越しのときにゴソッと箱に入れたまま行方不明だから再確認不能だったりする。
そういうタイトルだったかも。
映画化というのはちょっと知らんですが、エッセーで裏話とかがあったのは映画化にちなんでかな?

60 :無名草子さん:2008/12/13(土) 23:47:02
おまいら死刑の判決が下ったら拘置所から脱獄するか?
まぁ2人以上殺してるのなら素直に刑を受けるのもいいが
冤罪だったら?
脱走して真犯人をつきとめる。という考え方もあるのだが。

61 :無名草子さん:2008/12/14(日) 00:21:19
>>59
>エッセーで裏話とかがあったのは映画化にちなんでかな?

エッセーのことは分からないんだけど、休暇 でくぐると出てくると思う

上映済みで観れなかったけどorz

門井肇監督、小林薫、西島秀俊、大塚寧々ほかが出演…


62 :無名草子さん:2008/12/14(日) 05:11:36
>>60
何もやってないのに、痴漢に仕立て上げられる「冤罪」とかは、決して他人事じゃないからね。
下手にヒゲ出したりすると、かえって不利になるだろうけど、はて。

63 :無名草子さん:2008/12/14(日) 05:15:52
>>61
なるほど。
うーん、そういう話は記憶にあるけど、映画だと、吉村さんの小説と違って、力任せにドロドロどよ〜〜〜んとさせてるんじゃないかな。
って、ここでは関係ないですが。


64 :無名草子さん:2008/12/14(日) 06:25:30
【画像あり】元刑務官、強盗殺人で無期懲役確定。自分が看守を務めていた千葉刑務所に収容。意趣返しが懸念される。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1219479553/601-700

65 :無名草子さん:2008/12/15(月) 03:08:41
『監獄の誕生』だろ。

66 :無名草子さん:2008/12/17(水) 00:56:46
>>62
> 下手にヒゲ出したりすると  って何だよ?!
      ニゲ
           ね。

67 :無名草子さん:2008/12/18(木) 22:50:59
>>60
こんなスレでアレだけど、1人までなら殺しても死刑にならないという通念には断固反対したいね。
殺人は、よっぽど情状酌量すべき理由がなければ、原則死刑というのを常識化したい。
そういう原則があれば、裁判員も仕事しやすいだろうし。
でもって、自分が殺人を犯してしまったとしたら、生き延びることを潔く諦める。

68 :無名草子さん:2008/12/20(土) 15:10:53
こんなスレでアレだw

69 :無名草子さん:2008/12/25(木) 12:20:27
刑務所の本じゃないけど「彼女は嘘をついている」小泉知樹 著
という本は例の「それでもボクはやってない」のモデルになった人で
刑務所の中で書いたのだそうだ。この映画観たけど、あれが有罪に
なるんなら怖くて電車に乗れないよ。あの映画を観て以来、電車に
乗るときは、早めに家を出て、各駅停車で座ることにしてる。
やむを得ず立つ時は、必ず電車の中ほどに行って、片手はつり革
片手はポケットにつっこむか、カバンを持つかして、確実に何も
していないという形にしてる。まぁ、これでも十分とは言えないかもしれないけど。

70 :無名草子さん:2008/12/31(水) 07:03:41
「疑わしきは罰せず」じゃないのかね。
なんの物理的証拠も証人もなく、被害者の「この人痴漢です」だけで有罪ってのはどうなの?
こないだの大阪の事件なんか女性が自首しなかったら有罪になったわけでしょ。
こういうご時世だから示談金目当てに痴漢でっち上げるクズ女いっぱいいるだろなぁ。

ところでたまに「痴女」っているじゃない?そのケースはどうなの?男が女に触られました。って
場合も、やっぱり証拠や証人なくても女が有罪になるわけ?

71 : 【大吉】 【1763円】 :2009/01/01(木) 19:01:52
ぺぺふざけるな!二度と慰問に来るな!お前等が来たおかげで火曜日のテレビがNHKの「歌謡コンサート」になっちまったんだぞ!
お前等速く元の仕事に戻れ!お前等の面じゃケコーンは無理だ。風俗も無理だ。真っ当な職業に就いて少しでも世の中に貢献しろ!
とにかく二度と刑務所には来るな!氏ね!
CDももう出すな!お前等が来ると刑務所の朝のラジオがお前等のわけのわからない曲になるんだよ!氏ね!

72 :無名草子さん:2009/01/01(木) 19:38:29
★越冬集会:路上生活者を支援 名古屋で”牛丼”炊き出し

厳寒の中、野宿生活を余儀なくされる名古屋市周辺のホームレスを支援する
「越冬集会」が12月28日夕、名古屋市中村区名駅4の西柳公園(通称オケラ公園)
であり、集まった約230人に牛丼が振る舞われた。

市民団体などでつくる名古屋越冬実行委員会主催。
ホームレスの人にとって年末年始は年間で最も仕事の確保が難しい時期で「正月気分を
味わってほしい」と75年から続けている。公園にはテントのほか、仮眠所や炊き出し
場所などを設置。午後7時から温かい食事を配った。

野宿している男性(34才、沖縄出身)は平成6年7月から名古屋市南区の建設会社に
住み込みで働いていたが、仕事がなくなり今月15日に退職した。
「初めて味わった屈辱。面接を約100件受けたが、すべてだめだった。地元に帰り
たいがお金がない」と話していた。
同公園で来年1月3日まで、炊き出しや生活健康相談などが行われる。
(毎日新聞2008年12月29日)

73 :無名草子さん:2009/01/01(木) 19:44:11
【 誰も言わない「裁判員制度」の問題点 】
「素人の自分が人を裁くなんて、責任重大で気が重い」という不安はよく耳にします。答えは「初審だけですべて決まるわけではないから大丈夫」。
判決に不満があれば、被告は自分の意志で控訴します。判決への責任は、結果的には上級裁判所の裁判官が負う形になります。たとえ死刑判決でも。

しかし、犯罪被害者や遺族の側から見たら?被害者が到底納得できないような軽い判決が出たら?
この場合、被害者の意志だけでは控訴することができません。検察が控訴してくれるのを待つしかないのです。 ← ★ここ重要
想像してみましょう。自分の家族が殺されて、犯人が逮捕される。犯人はプロ市民団体と繋がりがあって、マスコミで冤罪を訴える。証拠品は捏造だと主張する。被告に有利な目撃証言は証拠採用されないなどと訴える。
裁判員は先入観のかたまりになる。証拠を見せられても、捏造品だと思う。内心では「証拠採用されなかった目撃証言を、俺は知っている」などと思っている。
結果、無罪判決。遺族は、家族を殺された上に、テレビに影響された素人の判断で、犯人を無罪にされてしまう。ここで、検察が面倒がって控訴を断念したら、それで終わりです。

裁判員制度は、被告よりむしろ被害者にとって、アンフェアな制度なのです。始まる前にやめておきましょう。


74 :無名草子さん:2009/01/12(月) 15:25:36

被害者複数なら「原則」死刑適用のスタンス―裁判員制度に大きく影響

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080422/trl0804221221013-n1.htm
最高裁は平成18年6月、「特に酌量すべき事情がない限り、死刑の選択をするほかない」と判示。
死刑を「例外」とした永山基準以降、 未 成 年 による2人殺害で死刑が確定した例はなかったが、
原則死刑適用へと姿勢を転換させた。

75 :無名草子さん:2009/01/12(月) 23:08:09
ヽ( ゚д゚ )ノ ぅぉぉー死刑判決・・・
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1231700015/


76 :無名草子さん:2009/02/06(金) 01:49:44
死ねばいいのに

77 :無名草子さん:2009/02/08(日) 23:27:07
死刑囚は拘置所です

78 :無名草子さん:2009/04/01(水) 12:17:58
昔は絞首刑で死ななかった奴、無罪になったらしいが、今はどうなんだろう?

79 :無名草子さん:2009/04/01(水) 21:05:48
バブルの頃捕まった大和銀行井口俊英の「告白」今頃読んだんだけど、他に
金融関係の事件で捕まった人の本て出てない?銅の相場で大損した人が
いたような気がしたけれど。去年ソシエテジェネラルで捕まった人もいたけれど、
捕まった外国人で本出している人はいないかな?

80 :無名草子さん:2009/04/02(木) 15:35:13
>バブルの頃捕まった大和銀行井口俊英の「告白」今頃読んだんだけど
それって外国で捕まった人だっけ?

81 :無名草子さん:2009/04/14(火) 21:50:29
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w37302992
これは酷い/(-_-)\ コマッタァ・・・
明らかに違うだろ(-_-#)
こんな「愛」あるかよ。
こないだのポスターの方がまだマシだった(俺の個人的な感想ではあれはぁゃιぃと思っています。飽くまで俺の個人的な感想です)
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/speechshiftlight?alocale=0jp&mode=2&apg=1
こいつがこんなに大量の直筆サイン持ってるって、、、、、、ぁゃιぃ、、、、、(飽くまで俺個人の感想です)


82 :無名草子さん:2009/04/18(土) 14:16:35
角川春樹の句集「檻」は重いぞ。

そこにあるすすきが遠し檻の中

業深き心の中を木の実落つ

83 :無名草子さん:2009/06/16(火) 15:38:52
刑務所の王 井口俊英
アメリカのプリズンギャングの話し
刑務所での生き残り方の秘訣だけが為になる

84 :無名草子さん:2009/06/16(火) 17:08:08
田代まさし「審判」最初の10ページくらい読んだ。
てっきりガラ受けが誰もいないから満期か?と思ったら
妹がいるとか。どうしてガラ受けになってくれなかったのか?
出所後妹の家で生活しているし、出所のとき妹のだんなさんと
朝五時から出迎えに来てくれたり、どうしてガラ受けとして
認められなかったのか?
黒羽のノートは「キャンパス」(赤)だと思ってたけど、違ったな
差し入れられたか、拘置所で買ったか。
甘い物に飢えるのは事実だが、出てすぐコンビニに駆け込むほどではないな。
「幸せの黄色いハンカチ」の高倉健兄貴みたいにラーメンとビールしたかった。
とも書いてあったが、実は長い間ビール飲まないと苦く感じるだけなんだよな。
しかし芸能人はムショにくらいこんでも本に書けて元が取れるからいいよな。

85 :名無しさん@10周年:2009/06/17(水) 22:04:52
洗脳セミナーというものは、宗教団体に似ている。

健全な宗教団体に生まれたら、健全な洗脳を受け、
自立しつつも他人に思いやりを示せる人間になる。
ところが、運悪くオ○ム真理教のようなカルト教団に生まれてしまったら、
自立させないように、間違った洗脳を受ける。

洗脳セミナーにおいては、教団=家族、教祖=親、信者=子供という形式を取る。

カルトセミナーの場合の洗脳は、
親の教えこそが常識で、子供は親に際限なく尽くすべきという洗脳をする。
子供がその教えに反抗し、自立しようとすると、教祖である親の呪いの言葉が聞こえてくる。

カルトセミナーの場合は「遺産分割争いで地獄に落ちる」「セミナー講師の教えに逆らうと天罰が下る」、
家族においては「親不孝者」「お前は悪い子だ」といった呪いの言葉が頭をよぎり、
親に逆らうことに罪悪感を感じる。当然、心情的には逆らわない方が楽である。

子供が、そうした呪いの言葉をはねのけて自立しても、
脱退した信者を追いかけて連れ戻そうとするかのように、どこまでも追いかけてくる家族もいる。
洗脳が完全に解けて、「親が間違ってたんだ」とはっきりわかる子供もいれば、
結局、罪悪感と奇妙な居心地の良さから、家族のところへ戻っていく子供もいる。
もちろん、一生何の疑いも抱かず、有害な洗脳をされたままの子供もたくさんいる。

日本はまだまだ、親や教師の言うことをきくのが良い子とされる意識がある。
こうした土壌が、子供を行き詰らせる原因となっている。
三和銀行出身のコンサルの河野コンサルやジョブコンダクトは催眠洗脳して
行くしか他に営業の方法がない。


86 :無名草子さん:2009/06/25(木) 13:28:31
田代まさし著 「審判」
「薬物に手を出したきっかけは偶然で、テレビスタッフの中に仲良しがいて、
そいつが裏の関係にも精通していて、「手に入りますよ」「絶対誰にも言わない」
こいつだったら信用できるかと思ってしまった。」

そういうわけでそのテレビスタッフが悪いのであり、田代さんは全く悪くない
のであります。よって冤罪ですね。

87 :無名草子さん:2009/08/02(日) 02:08:38
犯罪者は死ね

88 :無名草子さん:2009/08/12(水) 11:08:00
そんなことはない

89 :無名草子さん:2009/08/12(水) 22:12:10


90 :無名草子さん:2009/08/12(水) 22:19:49


91 :無名草子さん:2009/08/31(月) 00:22:51
そのうちノリピーが書いてくれる

92 :元受刑者:2009/09/01(火) 22:34:22
51と71は黒羽出身者だな。
ここでペペ批判をしても通じないぞ(笑)。43もそうか?
49にあるように、坂本敏夫は嘘つきだからあんまり信用しないように。
ちょっと古くなってしまったけど、やっぱり『刑務所の中』は必読。
個人的には辻仁成の『海峡の光』がオススメ。
本当に入ったことがあるのかと思ってしまったほど内部描写がリアルで正確。
これを読んで漏れも函館の船舶の訓練に応募したが、惜しくもダメだった。

93 :元受刑者:2009/09/01(火) 22:42:19
>>84
確かに妹夫婦が迎えにきてくれたが、
あくまでも一般人の彼らには身柄引受人になるのは荷が重すぎたようだ。
それでも、彼らは出来る限り一所懸命タシーロの面倒を見てあげたのだから
まあしょうがないんじゃないか。
確かに黒羽のノートはコクヨのキャンパスノートだが、
『審判』に載っていたノートは東拘のもの。
それを引き続き使っていた。
ちなみにタシーロや拘置所・刑務所生活にちょっとでも関心があれば『審判』はおすすめ。
タシーロの立ち直り支援にぜひ買ってあげてほしい。

94 :元受刑者:2009/09/04(金) 10:30:11
藤田公彦の『大阪拘置所「粛正」刑務官』(光文社)は、タイトルがビミョーなので
はじめはどうしたものかと思ったが、中身はこれ以上もなく面白かった。
いきなり死刑執行のシーンから始まるが、嘘っぱち坂本敏夫とは全く違うリアリティ。
それに捜検の手口が実に細かく書いてある。
ここまで書いていいのか?と思うほど。
基本的に捜検があるときは、ヤヴァイものをゴミ箱やトイレに隠すんだけど、
向こうがその気になればそこも探されちゃうんだよね。

この人は次の年に徳間書店から『元死刑執行官だけが知る監獄の叫び』という本も出した。
二番煎じか、と思いきや、こちらもなかなか面白かった。
きっとネタがたっぷりあるんだろうね。
まだまだ面白い本を書いてほしい。

長期囚だという美達大和が『人を殺すとはどういうことか』(新潮社)に続いて
『ドキュメント長期刑務所』(河出書房新社)を出したけど、
このあたりはどうなのよ。まだ読んでいないけど、誰か読んだ人いる?

95 :無名草子さん:2009/10/23(金) 12:57:57
あげ

96 :無名草子さん:2009/10/29(木) 11:42:50



岡田外務大臣キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
h‍ttp‍:‍/‍/‍q‍b5.2‍ch.net/t‍est/rea‍d.cgi‍/sak‍u2ch/1256‍630318/1



早く記念カキコしないと埋まっちゃうwww


97 :無名草子さん:2009/10/30(金) 11:37:37
>>92
根暗建一wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww強姦魔wwwwwwwwwwwwwww

98 :無名草子さん:2009/10/30(金) 12:29:57
山根会最高w

99 :無名草子さん:2009/10/30(金) 12:32:48
修羅の群れ知ってるかい?ぷぷぷっ!
知らないよね。だって出版されないお蔵入り捏造本だからねw

100 :無名草子さん:2009/10/30(金) 12:42:26
山根健一は昔から年下にはよくイジメられていましたよ。
本人はイジメられてるとかいう自覚症状がなかったかもしれないけど、毎日パシられたり
プロレスの技をかけられたり、軽くこずかれたり殴られたり。皆の共有のオモチャみたいでした。
小銭を借りたり(皆は当然返さないつもりで借りていた)。本当に全て実話です。
本人は立場が弱いながらもそれで仲良しのつもりだったかもしれないが、周囲はただのパシリとか暇潰しのイジメ相手くらいにしか感じてなかった。
おちょくっても勘違いしていたのか、なんか楽しそうだったな。幼少期に友達がいなかったから、構ってもらうことで友達みたいに錯覚してたんだろう。

2チャンネルでもそうだよな。イジメられてるのに全てを良いように解釈するKY(空気読めない&健一山根)。


一体全体、どんだけポジティブシンキングなんだよwwwww


空想と妄想だからの健一は、その内、自分は宇宙から来た神様の子孫だとか言い始めそうだよなw

101 :無名草子さん:2009/10/30(金) 12:53:24
横浜の山根健一はただの一般人で、ヤンキーに憧れ続けすぎたために、自称ヤンキーと
名乗りヤンキーコスプレお宅でヤンキー写真館を作り、
自分がヤンキーになったつもりになっている
ただのコスプレ好きのカメラ小僧だよw

40歳近くにもなって2ちゃんで捏造や自作自演、自画自賛などを9年間も繰り返し続けているヒキヲタニートだよw


102 :無名草子さん:2009/10/30(金) 13:29:17
元受刑者とかいうハンネの奴は屁垂健一かな?(笑)

103 :無名草子さん:2009/10/30(金) 14:25:26
『修羅の群れ』

でませんね!ぷぷぷっ!

104 :無名草子さん:2009/10/30(金) 14:27:46
人物紹介の仕方が建一っぽいな。
あっちが忙しくてあんまこっち来てないなw

105 :無名草子さん:2009/11/04(水) 03:22:28
オレの大好きな根本敬のマンガは、雑居のみんなから嫌われた…

106 :無名草子さん:2010/01/30(土) 23:09:54
都井睦夫

107 :無名草子さん:2010/01/30(土) 23:10:51
http://www.youtube.com/watch?v=yKnhrK3Fiv8

108 :無名草子さん:2010/02/22(月) 22:44:30
「長い午後」は重かった。女子受刑者の犯罪に至るまでの経緯が悲しくて
暫くトラウマになった。

109 :無名草子さん:2010/02/26(金) 20:23:55
山本譲司「獄窓記」
古本屋で200円だったから試しに買ってみたけど
のっけから「言い訳」「自己正当化」の連続ですぐやめた
詐欺師のくせに偉そうに。
どうしてこんなのがドラマになったりするわけ?


110 :無名草子さん:2010/03/01(月) 12:21:35
>>109
「殺人刑務所 黒羽刑務所」で検索してみ。
その本のことも触れられてるよ

111 :無名草子さん:2010/04/12(月) 16:15:54
ゴクソウキはホントにつまんねえな!あんな本買った奴は馬鹿だよ。オレも含めて。

112 :無名草子さん:2010/06/13(日) 17:01:34
>>111
俺も買ったけど、古本屋で200円だから、読み終わったら猫のおしっこの場所に
敷くから問題ない。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)