5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.24

1 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:14:06 ID:wgDM2WMO
ここはラノベ新人賞を目指すワナビが作品を晒し感想を貰うスレです。

・投稿は専用ロダにTXT形式で。1レス(4KB)におさまるならスレに直貼り可
・他サイトリンクはTXT直リン以外スルー
・荒らし煽りはスルー
・感想は自由
・感想にはなるべく感謝を
・晒したものがこきおろされても泣かない
・晒し人から返事や感謝がなくても気にしない
・感想への批評はNG。他人の感想に違和感があれば、晒しへ直に自己流感想をつけるべし。
・次スレは>>970、またはサイズ480KBくらいで建てる

【専用ロダ】
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/upload.html

2 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:16:43 ID:wgDM2WMO
関連スレ
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ6
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1263467958/

新人賞@ラ板 伏線496(仕込む)の忘れずに
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1269062883/

【矜持を】晒したラノベで競い合うスレ5【賭けろ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1262010436/

新人賞スレッド@避難所4
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/2689/1173435385/

前スレ
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.23
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1269146031/l50

【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.22
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1266290224/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol21
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1261286786/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol20
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1255093659/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1250471055/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.18
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1248739341/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.17
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1247072376/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.16
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1243092911/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.15
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1237632270/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.14
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1233543956/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.13
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1227107068/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.12
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1220529476/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.11
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1215965705/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.10
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1212407696/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.9
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1205250757/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1200121101/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.7
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1194683066/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.6
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1190199165/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1187863974/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.4
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1183291950/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1177770084/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1174554563/

3 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:17:38 ID:wgDM2WMO
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171881504/

4 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:18:19 ID:wgDM2WMO
◎晒し用テンプレ
---ここから------------------------------------------------
【アドレス】
【ジャンル】
【タイトル】
【評価基準】
【改稿】
---ここまで------------------------------------------------

(説明)
【アドレス】 …あぷろだのアドレスを書いてください。必ずテキスト形式(.txt)で!
【ジャンル】 …作品の分類です。(例:学園モノ、ファンタジー、ミステリー、ホラー、不明)
【タイトル】 …作品のタイトルです。晒し用に適当なタイトルを付けてください。
【評価基準】 …どこを見て欲しいか、どういった感想を求めているか書いてください。
         (例)文章を見て欲しい、キャラが立っているか見て欲しい、駄目なところを指摘して欲しい 等
【改稿】 …改稿してもいいなら「可」、してほしくないなら「不可」、もしくはこの項目を削除。
※ エロ・グロシーンがある場合は注記推奨。
※ 長編はあらすじを添付すると感想がもらいやすいかも。

5 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:19:14 ID:wgDM2WMO
ここまでテンプレ
とうとう前スレのurlがはみ出した。

6 :この名無しがすごい!:2010/04/18(日) 19:29:17 ID:VWLrADTE
>>1おつ

7 :この名無しがすごい!:2010/04/19(月) 05:28:20 ID:UadXYrp1
>>1
おーつーで酸素。

8 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 21:24:55 ID:sBIXrLqm
感想ありがとうございました、前スレ502です
>>503
>主人公の思考回路が子供っぽくて感情移入できない。
これが一番致命傷に思えました。やっぱ童貞臭が酷いのかもしれない
>>504
>ゆーやがぽつりとつぶやいてますが、一人称小説でこれはまずいと思います。
やっぱり一人称から三人称に飛ぶのは駄目ですよね・・・
ラノベならいけるかなっておもったんだ

9 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 21:26:39 ID:HZEgovzT
>>前スレ494
 唐突なだけで面白くない。「品良く整えられた調度」「肘掛け椅子」がある部屋で、両親を失った
ばかりの少女が、脈絡なく兄を投げ飛ばすとか、状況が不自然すぎてついていけない。
つか、前振りなさすぎ。通りすがりの赤の他人が、なんの前触れもなくけつまずいて転んだところで、
面白くも何ともない。肩で風を切って歩くヤクザ風の男が、周囲にガン跳ばしながらバナナの皮を踏むから
こそ面白い。この冒頭、作者にとっては後者でも、読者から見ると前者そのもの。

 と、書こうとしたところで、この場面が回想だったことが後半になってようやく理解できた。
けど、やはり唐突で不可解な印象は変わらず。むしろ稚拙で意味不明な演出に思えてがっかりした。
つまるところ「初対面の少女に主人公が唐突に投げ飛ばされた」(超展開×1)と思って読み進めるうちに、
会話も理解不能になって「なんだこれ、人格崩壊してるのか?」(超展開×2)と怪訝に思い、先を読むのが
億劫になったところで、十年前うんうんで「あ、もしかして回想?」(もう、うんざり)となった感じ。
 仮に、これに前振りを入れて「いきなり感」を演出できたとしても、そのあとの場面に面白みを
感じるかどうかはちょっと疑問だ(つか「十年前はかよわかった」なら、正しい手順は
「かよわい少女>成長した姿>いきなり投げ飛ばす」じゃね?)。
 いずれにしろ「投げる」ことと、昔話すること(会話の内容も含め)の関連性が希薄なうえ、
状況も分かりにくく、何を狙っているのかよく分からない。もし設定紹介したいだけなら、これは没にして、
ちゃんとしたエピソードを組んだほうがいいと思う。

10 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 21:28:04 ID:K6NfYTHS
・・・容量一杯でした。

>>前スレ507
仮タイトル、かなり期待した。で、急いで帰宅して読んだのだが。
・・・ごめん、無理。

1 コメになっているか →つか、ギャグかな。センスは疑う。
2 ラブの予感はあるか →今時、ラブが全く無いラノベなんてほとんど無いんじゃないか?
3 この程度の既存ネタは可か不可か、また、ネタの意味がわかるか
いや、分からないのも多い。
4 その他お気づきの点
こんな作風で「である」調の文章と言うのもまた凄まじいな。

こんな二次ドリ、有りそうな気はした。

11 :前スレ507:2010/04/21(水) 21:43:26 ID:VgZMQKBo
感想ありがとうございます。
女の子をいっぱい書きたかっただけで、ハーレムにする気はあんまりなかったんですが、
このノリだと、ハーレムを予想される方が多いんですね。勉強になりました。

前スレ>>508
めっちゃ滑ってるっぽいですね。
自分にはコメディのセンスはなさそうだと思い始めているところでして、やっぱりそうかーと思いました。
コメディにすることに必死で、世界設定を入れるとか、その辺に気を使えなくなっているぐらいには難敵です。
キャラのテンプレが古いと感じるのは、筆力のなさのせいだろうと思います
かわいく描ける人が書けば、このぐらいテンプレでもかわいいんじゃないかと…。

既存ネタは、○○の台詞、みたいなのが細かく入ってるという感じです。
丸ごとそのままは入れてないので、これぐらいだとどうなんだろう?と思っていました。
煮干は、このあとにフォローが入る予定です。
猫用の煮干でも、猫にはあんまりよくないって言いますね。


前スレ>>509
小説を書き始めてからずっとシリアス一辺倒で来たので、
多少なりとも文章力があると言っていただけて嬉しいです。
せっかく、出してみたらと言っていただいたのですが、かなり酷いようなので、
今回のは習作ってことで、書き上げてもお蔵入りにしようかと思います。


前スレ>>510
ネタやっぱ古いですね。ターゲットの年齢層高いなあと自分でも思ってました。
思いつつ、でもいけるかな?とも思ったのが間違いだったようですけども…。
このタイプのギャグにするにはキャラが弱いって感じでしょうか。
挙げていただいた漫画は、ギャグマンガ日和は未読ですが、それ以外はちょっと苦手で…。
ってことはやっぱ向いてないのか!


>>10
期待させてしまってすいません、10秒で考えました。
元ネタがわからないものが多いとなると、ラノベであると考えたら厳しいですね。年齢的に。
である調は、敢えてそうしてみましたが、無理がありますかねえ。
…ああ、コメとギャグの違いがわかってない時点で駄目という気がしてきました。

12 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 21:49:54 ID:mmaR5J8v
>.>前スレ507
まず、女難の相って女の子にモテモテで困る相ではない……。
きっとこれは何かのネタの伏線なのかと思いきや、違った……。
この時点で頭が痛くなってきた。
ギャグやコメディって無知を晒す事ではないし、
無茶苦茶を並べる事でも無い。
ちゃんとした知性が下敷きにあって、その上でデタラメをするから面白いんです。

13 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 21:57:56 ID:+ePG1MkE
スレ建て&移行乙です。
規制中で書き込みができないという方のために、こちらに転載することを目的とした
臨時の避難所を設置しています。
http://jbbs.livedoor.jp/movie/9398/

また転載した晒し・感想レスは名前欄に「避難所から転載」と入れてあります。

14 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 23:33:26 ID:F0qqeRIZ
>>前507
 1 コメになっているか
なっている
 2 ラブの予感はあるか
えーと・・・1_くらいは・・・w
 3 この程度の既存ネタは可か不可か、また、ネタの意味がわかるか
既存ネタってのが何のことかわからない。パロのこと? なら全然アリ
ネタの意味は三分の一くらいわからなかったりわかるまで読み直しが必要だったりする
 4 その他お気づきの点
・これはラブコメではなくギャグですね。
・神崎さんの外見描写が長いのがギャグだったことに気付くまで二分前後かかり、
 それまでは「うわっw読みたくねぇwww」と思っていたので
 一目でネタとわかるフォローをせめて直後でいいから入れてほしかったです。
・冒頭は結構目を引く書き出しで上手いと思いましたが、ミュウとの漫才が始まった辺りから
 ネタの勢いに理解がついていけず、完全に読み飛ばしモードに入ってしまいました。
 ハイスピードな掛け合いには理解の補助として丁寧なツッコミを入れてください。
・ネタもそうですが、その他の描写も読者の知識や語彙力に頼る固有名詞が多いです。
 そのため決して文章的にわからなくはないけれどテンポよく読みにくいと感じます。

15 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 23:36:58 ID:F0qqeRIZ
>>14追記。
・主人公もたまにしれっとボケているので地の文でツッコミを入れてあげないとただのバカに思われてしまいます

16 :この名無しがすごい!:2010/04/21(水) 23:53:02 ID:VgZMQKBo
>>12
む…難しい…。漫才よりコントみたいな、あまり意味のない話を思い描いていたので、
基盤なんてものは考えてもいませんでした。
ネタが滑ってるのはさておき、現状は、はっちゃけ不足でどっちつかずのようですね。
何はともあれ、すべてにおいて、説明不足が諸悪の根源のような気がしてきました。

>>14
ああーやはりギャグとコメをはき違えてたらしいですw
既存ネタっていうのは、たとえばシャボン玉ホリデーとかのことです。
でもやっぱり、入れたりないのか古すぎるせいか、わかりづらいっぽいですね。
掛け合いを含めたテンポは確実に、勉強不足、読書量不足です…。
もっといろいろ読まないと、ネタを考えただけじゃ書けないことがよくわかりました。
読者の語彙力は、今回に限らず意識したことがなかったので、以後気をつけるようにします。




自分のギャグセンスが使い物にならないことわかったので、晒した甲斐がありましたw
これはこれで、練習のためにも書き上げようとは思いますが、
笑いをとる方向に走るのはこれきりにして、これまでどおり、
どシリアス路線を進んで行こうと思います。
みなさん、感想ありがとうございました。
恥ずかしいので消しときますw

17 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 00:17:42 ID:4cd0BpBx
>>16
>ああーやはりギャグとコメをはき違えてたらしいですw
コメディ(喜劇)の中にギャグ(ネタ)がある物であり、違わないよ。
ラブ要素が無いってだけの話でしょう。
きつい事を言うようだが、ジャンルとか気にしている場合じゃありませんから。君は。

>コントみたいな、あまり意味のない話を思い描いていたので、
え? コントって意味が無いのか?
そりゃあ、昔はダウンタウンが意味不明ネタのコントをやっていたが。
ボボボーボボ・ボーボボって勢いだけの漫画もあったが。
ボーボボは、北斗の拳の様なバトル物という基盤があったから、まだ何とか成立したギャグ。
同じ作者が設定を全取っ替えして、まったく同じノリの漫画を書いたら、速攻で打ち切られましたっけね。

ボーボボですらツッコミがあったのに、マニアックなパロネタを唐突に挿入されて理解しろなんてどだい無理。
しかも、うろ覚えで書いてんだろ?
まず、基本的な姿勢からして、直したほうが良い。

18 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 00:43:35 ID:kUwcKG4s
>>17
ええーと、どれをうろ覚えと思われたのかがよくわからんのですが。
うろ覚えになるほど込み入ったネタは、ないんじゃないかなあ…逆に小さすぎてスルーしても気づかないと思います。
どれも微妙に本物と違ってるっていう意味でしたら、まんま書いたらいかんかなと思って故意に変えてあります。
(だから余計にわかりにくいって話もあり)
マニアックではないつもりなんですけどね。ニャル子とかみたいにネタの宝庫には、自分の実力じゃ出来ませんw
まあ書いちゃうと、サガ2つと植木等とウォーズマンとムスカぐらいだったかな。
もしかして、パロじゃないどうでもいい部分に、何か元ネタがあると思われているかもしれないです。

自分としては、コントは、ストーリーよりシチュエーションかというイメージです。
…あれ、もしやこれも違うんだろうかw
まあコントかどうかはともかく、話の流れは別枠で、ギャグはその場のノリだけ、というものを書くつもりでした。

ジャンルは、書けない分、逆に気にするべきなんじゃないかと自分は思いますよ。
大雑把に大体こんな感じ〜では、分析も理解も出来ないでしょうから。

19 :避難所から転載:2010/04/22(木) 18:51:42 ID:j6tjNZDa
56 名前:前スレ494[sage] 投稿日:2010/04/22(木) 18:01:58 ID:u9LA7CpA
前スレの494です
様々な意見を、ありがとうございました

ラブコメにしてはキャラが弱くテンプレ的で、それほど魅力を感じない
ストーリーがありがちで、興味をひかれない
過去の回想から現在に移る展開が分かりにくい
などの意見をもらい、少々へこたれました

>ラブコメが中心だとしたら、
>「ヒロインと兄妹」とか「キレイな女の子」とか
>設定にあまりに毒が無さ過ぎな気もする。
>他の(バトルとかファンタジーとか)の要素が大きいなら、
>恋愛は単純でもいいと思うけど、ラブコメ主軸だと物足りないかも。

という感想もありましたが実際、現代ファンタジーとしての要素を含む話です
ラブコメ中心で行こうかと思いましたが、能力バトルものの方向にシフトしようかと思います

後、『祖母のヴァーサはVじゃなくWじゃね?』という質問がありましたが、これはVで正しいです
元々は北欧の姓ですけど
でも『ヒルデガルト・V(ヴァーサ)・藤堂』というのが創作人名にありがち、てのは事実ですよね
ヒルデガルト・ヴァーサ嬢が藤堂家に嫁いだ場合、どういう名前になるのが自然なんでしょう?

20 :避難所から転載:2010/04/22(木) 18:52:01 ID:s2SztWME
56 名前:前スレ494 投稿日: 2010/04/22(木) 18:01:58 ID:u9LA7CpA
前スレの494です
様々な意見を、ありがとうございました

ラブコメにしてはキャラが弱くテンプレ的で、それほど魅力を感じない
ストーリーがありがちで、興味をひかれない
過去の回想から現在に移る展開が分かりにくい
などの意見をもらい、少々へこたれました

>ラブコメが中心だとしたら、
>「ヒロインと兄妹」とか「キレイな女の子」とか
>設定にあまりに毒が無さ過ぎな気もする。
>他の(バトルとかファンタジーとか)の要素が大きいなら、
> 恋愛は単純でもいいと思うけど、ラブコメ主軸だと物足りないかも。

という感想もありましたが実際、現代ファンタジーとしての要素を含む話です
ラブコメ中心で行こうかと思いましたが、能力バトルものの方向にシフトしようかと思います

後、『祖母のヴァーサはVじゃなくWじゃね?』という質問がありましたが、これはVで正しいです
元々は北欧の姓ですけど
でも『ヒルデガルト・V(ヴァーサ)・藤堂』というのが創作人名にありがち、てのは事実ですよね
ヒルデガルト・ヴァーサ嬢が藤堂家に嫁いだ場合、どういう名前になるのが自然なんでしょう?

57 名前:前スレ494 投稿日: 2010/04/22(木) 18:09:43 ID:u9LA7CpA
というわけで、改訂版です

【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0559.txt
【ジャンル】 現代ファンタジー
【タイトル】 魔術師は宵闇に微睡(まどろ)む
【評価基準】
・キャラクターは魅力的か?
・ストーリーに興味はもてたか?
・本編だと前振りの日常描写がかなり多いが、飽きないか?
・続きを読みたいか?
・ぶっちゃけ、このプロローグはアリか?
・その他、なんでも
【改稿】 可

21 :避難所から転載:2010/04/22(木) 18:52:10 ID:j6tjNZDa
57 名前:前スレ494[sage] 投稿日:2010/04/22(木) 18:09:43 ID:u9LA7CpA
というわけで、改訂版です

【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0559.txt
【ジャンル】 現代ファンタジー
【タイトル】 魔術師は宵闇に微睡(まどろ)む
【評価基準】
・キャラクターは魅力的か?
・ストーリーに興味はもてたか?
・本編だと前振りの日常描写がかなり多いが、飽きないか?
・続きを読みたいか?
・ぶっちゃけ、このプロローグはアリか?
・その他、なんでも
【改稿】 可

22 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 18:56:17 ID:s2SztWME
 転載がかぶりましたすみません。orz
 とりあえず>>19>>21にアンカーってことで一つ。
─────────────────
 前スレで姓について言及したものですが、世界は広い物ですね。
 ドイツ名でなのに姓がWじゃなくてVってところにどうしても違和感あったので……
 しかしそれが姓なら、普通にヒルデガルト・藤堂じゃいけないんでしょうか?

 さて最後まで読みましたが……云番煎じの詰め合わせに胸焼けしそうですすいません。
 平野耕太とか正田崇とか広江礼威とか奈須きのことか吉田創とかのデッドコピー的な出だしですからね。
 上記の方々の作品に一つも目を通したことなかったらすみませんが、
 設定やシチュエーションを別にしてもプロローグからしてキャラ付け・台詞回しがテンプレート
 あるいはステレオすぎて、鉤十字の魔術師の断末魔までにくじけそうでした。
 というか断末魔の後に一行空いたからこれで終わるかと思ったらまだ続いて、
 なんか純愛やらヴァチカンの女騎士やらお腹いっぱいすぎて何この茶番劇。
 この設定が悪い訳じゃないんですが、その見せ方が陳腐すぎて、まったく独自性がない。
 個性というか、作者がまた新しく同じ題材を再演する必要性がどこにも乱せない。
 それほど上滑りで、上っ面だけを真似た感じで、寒かったです。
「ラノベにありがちな台詞を全部使って小説を書く」お題に挑戦してもこうはならないんじゃないかな。
 というわけで、キャラには魅力を感じられません。主人公兄妹からして、
 前回晒された部分とあまり量が違いませんし、前後に伝奇バトルなエピソードついただけで
 ほぼ同じようなものですもの。あと、これ以上日常描写費やされて、非日常突入が
 遅れるならとても読んでいられませんね。今の段階でもかなり辛かったですけど。
 まあその、あまり悪口ばかり言っててなんだけど、これは私の主観なので参考までに、ね。
 ただまあプロローグは全面書き直したほうがいいと思います。台詞も描写も。
 だいたい半世紀前の戦争→主人公の幼い頃の回想→現在と、過去形が二つも重なっているのが面倒です。
 これなら戦時中のシーンから、主人公の現代、主人公が妹と出会った頃を回想する、ぐらいのほうが分かりやすいですよ。
 前回よりよ良くなった部分が、過去と現在へのスイッチぐらいしか感じられませんでした(後の追加分も褒め処がない)。
 とにかく話に興味も持てないし続きも読みたいと思えません。
 やりたいことは分かるんですが、猿真似に終始していて自分の物として消化できていない印象ですね。
 真似っていうのは創作の原点ですから、それ自体は悪くないんですけれど、真似以上になってないから困る。
 元の素材の旨みを引き出さずに、ただ並べているだけといういい加減さすら感じました。

23 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 19:02:10 ID:s2SztWME
>>22 誤字失礼。orz
 乱せない × →見いだせない ○
 前回よりよ良く × → 前回より良く ○

24 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 19:46:01 ID:ADq/onnd
>>20
なんだろう……。決して下手な文章ではないのに、目が滑る。

●ストーリー、プロローグについて
 ・どことなくシャナを彷彿とさせる。というか、1の終わり方とか、シャナそのままな気がする。
 ・プロローグだからしょうがないといえばしょうがないが、短い場面転換が多すぎる。
 ・加えて、専門用語、固有名詞が多い。
場面転換、特に時代と場所と視点全てが変わるものはよほど注意しないと読者を迷子にさせるよ。
少年時代の回想からのつなぎはよくなったけど、そこだけ直しても根本的に読者に読ませる、理解させるっていう意識が低いと思う。

●キャラクター
 ・前回と変わらず。人数は増えたけど特に個性も魅力も感じない。
 ・前回より個性を出そうっていう気概は、あるかな。その分テンプレというか、どこかで見た感は上がったけど。
インパクト勝負にしないなら個性はイベントの進み具合と共に出てくるものでも構わないと個人的には思うので、
最初はこんな感じでも、まぁいいんじゃないの。無理に出そうとして既存のものともろかぶりする方が怖い。

●どうでもいい感想
 ・序章、なぁ……。何となくそれっぽい単語を並べ立てただけのようで、
  実はそれなりの知識の下に書かれているように見えて、やっぱり適当に設定している、気がする。
  感想書くからちゃんと読むけど、初見でこの単語の羅列はきつい。だるい。立ち読みでこれが1ページ目にあったら買わない。
 ・全体的に、「あぁ、この人はラノベをよく読む人なのね」っていうにおいが漂っている。
既存のネタの再生産で新しいものを書いているんだ、っていう勘違いにはまらないように。


25 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 21:10:43 ID:WXIFwR2m
>>21
・キャラクター、ストーリー
悪いですが魅力を感じません。
セリフにもキャラの背景もストーリーも、どこかで見たような要素が羅列されていくだけという感じなので、
読んでいていい意味での「引っかかり」がない。だから、続きを読みたいとも思えない。

・日常描写
もともとバトルとかより日常描写が好きな俺なのであまりあてにならないかもしれないけど、
このくらいの長さは気にならない。
問題は量ではなくて、日常描写を使ってキャラの魅力を引き出せてないように感じられるところ。

回想からつながるシーンの処理、個人的には嫌いじゃないけど、
どうせやるならいっそ妹の変化をもっとぶっちぎって派手にやっちゃったほうが面白いんじゃないっすかね。
妖精みたいだった、って描写も、そこから変わった、という描写もえらく中途半端な感じがします。

プロローグがどうとかこうとかというよりも、とにかく全般に「どっかで見た感じ」がありすぎるのを
どうにかしないと、先を読みたいとは思えないです。
文章はそれなりに書きなれてる感じなのに、悪い意味で「いかにもなラノベらしさ」に染まりすぎてしまってるような。
ラブコメでも能力バトルでもどっちでもいいけど、この量を読ませて一つくらいは
「借り物じゃない」目新しさがないと、読者はわざわざついてこようと思わないんじゃないかなぁ。
少なくとも俺はついていかないです。

26 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 22:32:55 ID:4cd0BpBx
>>21
ああ、前回のラブコメの人ですね。あっちにも感想を書いた者です。

あ……あれ? もの凄く既視感が。
前回の晒しの感想を真摯に受け止めたなら、前作をファンタジー風にアレンジして、追加するのでなく、
根本的な所にメスを入れましょうよ。
序章部分が、いかにもファンタジーに登場しそうな、ベタな単語が沢山出てくるのに、
本編がバイクあったり、メイド喫茶あったりとおかしな事になっています。
レンジ、コンビニ、そして日本語ってはっきり言ってますがな……。この世界は日本なのですか?
ラブコメも難しいんでしょうけど、はっきり言ってファンタジーのほうがもっと難しいです。
ファンタジーはキチンとした世界観の構築が必須です。
どの程度の文明を持ち、どのような文化・種族が存在するかを統一しないといかんのですよ。
ファンタジーの記号を盛り込むだけじゃあ、大失敗します。

キャラクター → 新キャラの言葉遣いの悪い修道女のアクションシーンだけでは計りかねます。
ストーリー  → イベントが説明なく唐突に始まり、感情移入が出来ません。
日常描写 → 上記の通り、その世界ならではの空気感を感じられず、これって現代日本じゃ? と錯覚します。
          ファンタジーにおける日常描写がこれでは……。

27 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 22:47:01 ID:4cd0BpBx
ああ、失礼。
これは現代ファンタジーって書いてあるか。
色々設定が最初に出てきたので、勘違いしていました。

しかし、現代日本にするなら、それなりの理由が欲しい所です。

28 :この名無しがすごい!:2010/04/22(木) 23:55:35 ID:MrRztdO/
>>21
ジャンプの「ジャガー」「スケット団」なんかで中二病小説を書くキャラが出てきたら
きっとこういう小説書いてるんだろうなぁと読者に思わせる内容
読者に伝える努力をしないのであればどんなに深い設定も物語もギャグにしかなりません
特に冒頭はほとんど踏み絵です。私は踏まずに飛び越えましたが、あれはわざとなのですか?

29 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 07:56:39 ID:4rFwH8W+
なにやらフルボッコな流れなので乗ります。
>>21
突っ込みどころ満載です。覚悟してください。







>>よろよろと後ずさりながら、黒衣の魔術師は呻く。胸に開いた風穴から吹き出す血が、親衛隊の軍服を朱に染めた。
>>「大佐、たとえ旧き魔術の力でこの地上に覇を唱えたとしても、それは所詮、泡沫の幻に過ぎません」
ここで突っかかりました。ヒルダが話しかけているのは、黒衣の魔術師なのに「大佐〜」と言っています。大佐というのはユーゴのことかと迷いました。黒衣の魔術師が軍服を着ている、というのも創造できませんでしたので。

>>「神々の時代は、とうに終わりを告げました。今は人が、人自身の力と知恵をもって世界を切り開いていく時代。そのような世に荒ぶる神々を目覚めさせ、何の益があるというのです」
あるんじゃないですか? 車とか飛行機とかがあるから『便利』という言葉が生まれたわけですし。神というのだから、それはもうすごい存在なのでしょう。復活させれば人類にとってすごい助けになると思いますよ。阻止する必要ないと思いますが。
まあ、黒衣の魔術師が神復活のために、罪のない大勢の人間を殺したとかなら話は別ですが。

>>覚悟していた結末だった。この地下神殿へと至る一方通行の『道』は、すでに閉ざされている。もとより帰れぬ決意で、彼はこの戦いに挑んだのだから。
ユーゴさん。決意は結構なことですが、帰れる方法くらい模索しておきましょうよ。実際、シスターとかいうのと力を合わせてあっさり脱出できたのですから、出入り口が閉ざされた時の脱出方法が考え付かなかったわけではないでしょう。

>>響き渡る裂帛の気勢。理亜はすらりとした長身(・・・・・・・・)をひねるとそのまま、背中越しに慧を投げ飛ばした。
ありえません。16の女性が同い年の異性を『投げ飛ばす』なんて、相当な怪力がないと無理です。60キロくらいの投げようとしてみればわかると思います。
女性の護身術としてよく出る合気道ならば・・・と思いましたが、この描写では慧が突っ立っているところで投げ飛ばしたように見えるので、相手の力を利用したわけではなさそうですね。

>>慧の体はそのまま見事な放物線を描いて、地面(・・)に叩きつけられる。
ふたりは大怪我でもしたい願望があるのでしょうか? 畳の上ですら柔道の試合で首の骨を折る方がいるというのに。ちなみに首の骨を折った場合、最悪一生車椅子です。そうなったら指もまともに動かせなくなります。
>>「兄さん? ひょっとして、頭でも打った? ど、どうしよう!? お医者さんにで、電話しなきゃ!」
というわけで、この文を呼んだ時、最初から外でなんか練習するな!と突っ込ませていただきました。

>>十年前のあの日、施設で暮らす孤児だった『木下慧』はこの家に引き取られて、『藤堂慧』になったのだ。
慧と妹の出会いは、この時に説明すればよかったのではないでしょうか。そうすれば、テンポもよくなりますし。

>>市の中心部まで、バイクでおよそ十五分。
高校生がバイクって、慧は不良ですか? 

>>買い物時の通りは、行き交う人々でごった返している。路上駐車の乗用車やワゴンまでそこかしこにあるので、慧は安全運転で進んで行った。
この文章だと上記に述べたことと相まって、普段はアホみたいにかっ飛ばしているように感じられます。

>>慧も地面を転がり回って、必死に獣から距離を取る。衝撃で吹っ飛んだヘルメットが地面に落ち、バイクもひっくり返る。
>>獣が退路を断とうとするかのように、倒れたバイクと慧の間に割り込む。走ってでも逃げなければ、と思うのだが、気力も体力も今の攻防で底をついていた。まるで全身の神経が断裂したかのように、指一本すら動かせない。
地面を必死に転がった直後に、指一本動かせなくなるというのは変な気が。


>>黒一色の僧服の裾が、スリットから大きく開き、翻る。その下からのぞいたのは、まぶしいほど白い太ももと、左右のレッグホルスターに収められた二挺のサブマシンガン。
この時点では、シスターが前々から主人公を見守っていたのかは不明ですが、日常的にこんな銃器を所持しているのでしょうか? 法衣をまとってガンガン目立つというのに、銃器を隠すには向いていないと思いますが。

>>次の瞬間、慧の後頭部に強烈な衝撃が走る。ブーメランのように弧を描いた戻ってきたシスターのかかとが、そのまま慧の延髄に炸裂したのだ。
なぜ延髄蹴り? 説明が面倒だというなら無視して立ち去ればいいだけのような。この時点では気絶させる必要性が見えないので、上記動揺アレな突っ込みですが。

30 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 08:35:21 ID:4rFwH8W+
>>勇吾が遺した財産はかなりのもので、二人が大学を卒業するまでの学費や生活費には十分な金額である。だが、だからといって無駄遣いはできない。
慧が乗っているバイクの種類はわかりませんが、原付を所持している場合、軽自動車税という税金を払う必要があります。保険にも入らないといけません。これは強制なので、入っていないのが発覚した場合、一発で免停です。もちろん、免許取得のためにもお金がかかります。
余計なお金がかからないように、とあるのにバイクは必要ですか? 高校生のバイク事故は、自転車よりもはるかに多いというのに。
慧が死んだら妹さんはひとりぼっちになってしまいます。妹の両親は事故でなくなったのですから、慧がバイクに乗ることを妹は反対しなかったのでしょうか?
現状ではバイクに乗るメリットがまったく感じられません。

31 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 09:50:40 ID:XCFfp2Ym
とっくに>>21のライフはゼロよ。と言いたくなるな。

32 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 10:02:51 ID:sZ+cA14Q
>>21
冒頭の時代変換がわかりにくい。
晒しのジャンルに「現代ファンタジー」とあるから一章開始で「ああ、現代か」とわかるけど、それがなければさっぱりわからない。
絵で説明できる漫画でですら、ここまで極端な移動をしたら

そして時は流れ――。
AD2010、日本。

みたいな注意書きが入るのに、小説でそれを放棄してどないするんじゃ。

長さについては、日常よりも冒頭のファンタジーパートをなんとかしたほうがいい。
前振りの前振りとしては長すぎる。一、二ページの粗筋的な内容で充分。

あとは言われてる通り、オリジナリティがなさすぎる。
単行本の裏に書けるキャッチャーな要素がひとつもない。
セリフ、設定、事件。
まずはなにかひとつでいいからほかの作品にはないものをみせてくれ。


バイク云々とかは、(今後の展開によるけど)オシャレのために犠牲していいリアリティに入ると思う。
なにはともあれ展開とかキャラとかそのへんを練ってほしい。
まずはそこから。

33 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 20:08:29 ID:1hH2vuPW
>>21
評価基準に無いし、余計なお世話かもしれませんが、
文章に関して思ったことをいくつか書かせてください。
あくまで、俺の主観です。
ちなみに、評価基準については、22を読んで「同感!」でした。

・体言止めを使うタイミングが、俺的には、ちょっと嫌い。
・あと、やっぱり体言止めが多いかも。
・体言止めっていうか、「する」とか「だった」の省略ばかりだね。
・平均的なラノベの文と比較すると読点が多いと思う。
・連体修飾節の前に読点を打つのは、最近の主流ではないのでは?
・日本語にしては、物を主語にする文章が多い気がする。
・あれ? 2からは普通っぽい文章。
・たまに読点が気になるけど。

以上、「悪い」という訳ではなくて、ちょっと独特な文章を書いていることは指摘します。
俺としては、少し気になるというか、なんか、一文一文について哲学してる気分になります。
力の入れすぎかも。もう少し自然体でもいいかも。

34 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 20:45:53 ID:+SPPCnj4
>>前スレ507
ツッコミどころは一杯あるけど、一か所だけ。文体の問題について。
 体裁は三人称なのに、一人称さながらに、作者が地の文でおしゃべりしてるのがすごく気になる。
読んでいて視点に安定感がないのはもちろん、笑いのために、作者が意図的に登場人物を小馬鹿に
しているようにも見え、しかも、主人公の一人称語りと混在してるせいで、作品全体が作為的に感じられる。
正直、これはかなり不愉快なレベルだと思う。
 該当箇所は「真っ赤な嘘である」とか「そんなに嬉しいことなのだろうか。恋愛運ハナマルの方が
よほど嬉しいような気がするのだが」などの部分。ここは、登場人物の意志や考え、感情とは別に、
作者が読者の笑いとるために、自らの意見を晒してツッコミを入れてる。まるで「作者自身が
登場人物として参加している、ひとりままごと」「白々しい嘘が前提のひとり漫才」を見せられている
気分と言えば伝わるだろうか。いわば、物語を支える客観性自体が破綻している、といった感じで
読み進める気力が大幅に削がれてしまった。
 ともかく、ネタや構成以前に、文章の書き方、文体そのものをきちん検証した方がいい。
現状では人称と視点がでたらめになっていて、それが相乗効果で悪い方向に作用してると思う。

35 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:18:31 ID:CHe/m5VU
>>34
ファイルを削除したのに感想ありがとうございます。
ご指摘の作者ツッコミは、自分でもアリかナシか悩んだところです。どうやらナシだったみたいですね。
人称を一にするか三にするかは、書く前にだいぶ迷った上で、
今後の展開で三にしないと書きにくいところがあるために三を選んだのですが、
感想を拝見するに、一にして、ボケも含めて主人公の思考を全部開示した方がよさそうな気がしてきました。
まだ書き出したばかりなので、一人称に変えて書いてみようと思います。

36 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:19:11 ID:CHe/m5VU
やばい、すっかり名乗るの忘れてた。
ID:CHe/m5VUは前スレ507です。

37 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:32:40 ID:G0gVXUr7
>>34
>体裁は三人称なのに、一人称さながらに、作者が地の文でおしゃべりしてるのがすごく気になる。

ここは作品が古いけど「無責任艦長タイラー」なんかでも作者が地の文で喋ってるけどな。
そんでそれが面白い。
ぶっちゃけ全スレ507は滑ってるから駄目なだけだと思うんだが、どうか?
うまくやれば、ちびまる子ちゃんのナレーション合いの手みたいにならね?

38 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:42:04 ID:CHe/m5VU
>>37
感想の感想に俺が、しかもタイラー古すぎてロクに覚えてないのに、突っ込むのも何ですがw
作者がツッコミ入れたいなら、もうちょっと主人公から視点抜いて神視点に近くしないと駄目なんだと思います。
自分の場合は、三人称を借りながらも、ほぼ一人称みたいな書き方なんで、
急に作者が出てきてもね…という感じなんじゃないでしょうか。

39 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:46:42 ID:1hH2vuPW
>>37
俺も加わりたい話題なんだけど、一応、こっちでレスさせていただく。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1269305695/

40 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 21:54:21 ID:TqS8Jqkt
>>21
というか、キャラクタを使い回すのは、良いんですが、
世界観をまたいで話しそのものを使い回すのをやめましょうよ。

むかし、現代格闘漫画だったのが、急にファンタジー漫画に路線変更して
フルボッコにあった漫画があるんですが、それを思い出します。
普通、ストーリィをかくに当たって、何か表現したいものってのが、あるはずなんですよ。
イキイキとした人間性だったり、奇抜な世界観だったり、深いテーマ性だったり。
そういうポリシーみたいなのが無いと、どういう作品なのか迷走してしまうんですよ。
この作者様の考え方だと、まさにそんな小説になろうとしてますね。

ラブコメ主軸だとキャラの粗が出てしまうから、ファンタジーにすればそれが目立たなくなる、と。
そんな考え方でファンタジーに路線変更するのはいただけないですね。
これがまたポリシーの欠如感を加速させている物だと思います。
それが内容に染みだしているから、みなさんから有り難いお言葉(笑)をいただきまくってる理由だと思います。

まずは、感想を曲解せずに、ちゃんと向き合うべき所に向き合ってください。
それが第一歩になると思います。
頑張ってください。

41 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 22:50:06 ID:+SPPCnj4
>>37
ギャグが滑ってるという意味なら、それほど単純じゃないと思う。
それとタイラーもまる子も読んだことないから、わからない。

42 :この名無しがすごい!:2010/04/23(金) 23:25:24 ID:zabACIw1
>>40
あったあった。確か最後は、
大ボス「ふはははは!今日が貴様らの命日だ!」
主人公・ヒロイン「二人で力をあわせればきっと勝てる!」
というストーンバスターな終わりかただったね。

>>34
最近のだと、逝去された風の聖痕の作者がそうだね。頻繁じゃないけど、数冊に1、2回は作者突っ込みな文章があった。

43 :この名無しがすごい!:2010/04/24(土) 03:47:53 ID:gIR7SdST
ちょっと宣伝
久しぶりに競作スレで参加者募集中

【矜持を】晒したラノベで競い合うスレ5【賭けろ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1262010436/l50

44 :この名無しがすごい!:2010/04/24(土) 04:44:15 ID:dvi+fiyl
おお、そんなスレがあったとは。後で見ておきます

45 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 02:06:10 ID:xnDgYea7

【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0562.txt
【ジャンル】和風ファンタジー&ホラー
【タイトル】鳥籠の有巣
【評価基準】
・最初の方でダレないか
・ストーリーは面白いか
・ご都合主義は含まれていないか
・続きはきになるか
・文章的におかしな所(文章のルールを破ってまで雰囲気を出すべき所ではない場所も)はあるか
・キャラは躍動しているか
【改稿】 可
少し手が詰まったので、晒してみようと思います。どうにも嫌な予感がして、胸騒ぎが止まりません。
序盤はところどころカット。本当はもう少し付け加えたいシーンもあるのですが、とりあえず、今回はこれでよろしくお願いします。


46 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 03:51:06 ID:P5pNU86d
>>45
>嫌な予感  
どんな予感ですか?

・最初の方でダレないか
最初っつーか、この文章、読むのつらい。
・ストーリーは面白いか
ホラー? 怖さは少し出せてるかもね。
色々、強引かも。
感情の変化が唐突だし、人物像がイマイチ掴めない。
主人公ってこんなに熱血だったの?って感じ。
・ご都合主義は含まれていないか
問題は「ご都合主義に見えるかどうか」だよ。
都合が悪かったら話にならないじゃん。
まあ、ちょっとこの問いに答えるのに躊躇するので他の人の感想に任せます。
・続きはきになるか
期待は大きくない。
・文章的におかしな所(文章のルールを破ってまで雰囲気を出すべき所ではない場所も)はあるか
文章的におかしいところはある。
たとえ話が変とか、慣用句の意味、間違って覚えてない?とか、ある。
助詞が変なところもある。
硬い言葉使いで雰囲気を出そう(突き放した感じを出そう?)としてるのだろうけど、
この文章を扱うには実力が足りないのでは?
硬いのに文章として破格な書き方をしてたりしてちぐはぐなのかも。
安定感とか書き慣れてる感に欠けてると思う。
・キャラは躍動しているか
してないと思うなあ。

つか、ラノベでこんな文章を読まされたらつらいと思う。

47 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 05:55:42 ID:xnDgYea7
>>46
嫌な予感は、最後が説明っぽくなっていたので、それが伝わるか、または作品の質を下げていないか。が不安でした。
文章については、ラノベにしては堅いかもしれません。でも、和風に拘るなら少しくらい堅い方が個性が出ると思いますので、そのままで行かしていただきます。
>都合が悪かったら話にならないじゃん。
これは、多少不自然でなければ(例えば、ピンチになったヒロインを主人公がタイミングよく救うとか)物語が成立しないってことでしょうか?
たとえ話や慣用句においては、間違いがないよう穴があくほど読み返したんですが……この間違いは自分では発見できなさそうです。教えてくださると幸いです。

48 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 09:47:24 ID:Fa7UvT4u
>>45
全部読んだ。いろいろとひどい。これは失望せざるを得ない。
ダルさが増加してる。これ晒すの三回目か。魔改造の過程を見ていくようだ。

特に、1〜2章の文章が読み辛い。おそらく今までで一番ダルイ。
読んでいて全体的に文章が引っかかる。流れが悪いというか。
素の文章が読みにくいのに、無理をして堅苦しく書こうとするから余計に疲れる。

玲瓏な文語体ではないし、漢語書き下し文でもない。ただ無闇に熟語使ってるだけ。
45は自分の文章のリズムをつかめてないから読んでてダルい。これはもっと小説書くしか改善法がない。

それから、1〜2章は作者が語りすぎてて主人公へ感情移入できない。これがまたダルい。
主人公が心情を吐露する部分でも、その心情を作者が解説している。
例えば『「ねえ、美紀ちゃん」一兎は振り返る』のあとは主人公が感じたままではなく、完全に作者視点の解説。

三人称だから神視点で、というのはいい。しかし、この書き方でもホラーは書けるが、とてつもなく力量が必要とされる。
もしくは状況自体があまりにもおぞましく、感情移入する必要がない場合に使われる。
この作品では読者を主人公に感情移入させないと、怖さや美しさが共感できない。書くなら一人称寄りの三人称がいい。

第三章以降というか、二章の地に潜ったところ「神社は入口こそは木板の床〜」以降は、
一人称寄りの三人称になっていってる。作者が引っ込み主人公になってる。というか作者も主人公と同化したのか。
なのでここからは感情移入や共感がしやすく、徐々に読みやすくなってる。
「徐々に読みやすい」であって「すごく読みやすい」のではないから、要注意。ところどころ作者が出てきてる。

まぁー。読むの疲れた。あれか、1〜2章の重要なことって、結局「アリスに出会った、釘抜いた」の二つだけだからか。
「作者がどうしたいか」じゃなく、「読者をどう楽しませるか」に主眼を置いて書き上げてくれー。以上。

49 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 10:11:16 ID:saiLacrx
>>45
・最初の方でダレないか
思い切りダレた。
・ストーリーは面白いか
微妙。というか現段階では割りとよくある物語の印象。
・ご都合主義は含まれていないか
言うほどのものはない。
・続きは気になるか
あんまりならない。

・文章的におかしな所(文章のルールを破ってまで雰囲気を出すべき所ではない場所も)はあるか
いろいろあったんでいろいろ言ってく。

数字は漢数字が基本。
SFっぽい空気を出したいとかなら別だけど、これ和風ホラーなんだし。

>抜けるような空がどこまでも広がる中、この道からはそれを視認する事が出来ない。
これはけっこう問題あると思う。
風景や比喩描写というのは、状況を正確に、ということよりも、雰囲気を伝える、という役割のが大きい。
「雪のように白い肌をした女」とだけ言われたら、白い肌と同時に冷たい空気を持った女を想定する。
その視点から考えた場合、「抜けるような空がどこまでも広がる」なんて書くと明るいイメージを想起してしまう。
「抜けるような〜」と書いたあとにみえないとは言っているけど、暗い雰囲気を出せるほどじゃない。
その描写でどういうイメージを伝えたいのか? は頭の隅にでいいから意識しておいたほうがいいと思う。
そのへんがうまくできれば形容詞や例え話をベタベタ塗ったくらなくともシンプルに描写できるはず。

社の描写も変かなぁ。
遠めにみて南京錠だとかニス塗りの下駄にその下駄の絵、サイズまで確認できるって、主人公はどんだけ視力がいいんじゃ。

そして前にも言った気するけど、三人称の地の文でウソをつくのはNG。
人形と明記したならそれはもう人形でないといけない。
どうしても人形としたいなら一兎に思い違いをさせて〜とも言ったけど、それはアリスを人形とは言わず、
「それ」「その存在」みたいにぼかし、しかし一兎自身は人形と思ってる風に描かないといけない。

>――華奢な男だ。
>山田はそう思った。

>そこにいたのは華奢な男であった。

上のように描写した場合、〈山田はそいつを男だと思った〉というだけだから、実際には女だとしても問題はない。
下の場合、〈華奢な男がいた〉と言っているのだから、それは男でないといけない。


文体も、硬めなこと自体はいいんだけれどその硬さが中途半端。
ところどころがしけってとろけてるセンベイみたいな気持ち悪さがある。
語彙力と比喩力をがんばってあげとくれ。

・キャラは躍動しているか
あんまりしてないかなぁ。
っていうか一兎に感情移入がしずらい。
清田が「俺は息子を渡さない」って言ってるのにショックを受けてそこから去るとかネガティブすぎるし、異世界突入後の清田にコイツは情けねぇ親父だぜ的な印象を持ったり、そのクセ上から目線で説教しだしたりと、なんじゃコイツと思う。

ただ最大の欠点は、アリスを魅力的にみせるエピソードや惹かれている描写がこれといってないこと。
だから一兎の決意が唐突で浮いたものにみえる。

50 :45:2010/04/25(日) 11:38:34 ID:xnDgYea7
返事の方はしばらく控えさせてもらいます。
ごめんなさい。

51 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 15:32:20 ID:G9bI9b40
>>45
冒頭の「フロントミラー 〜 車を停めた。」の部分だけみても、相当やばい気がするんだけど……。


52 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 16:05:08 ID:9gdakqaC
>>45
最初の方でダレないか ・ストーリーは面白いか
ダレました。句点がひっかかってテンポを崩しているように感じられます。
最初の時点でこの先に期待が持てなくなっちゃう

ご都合主義は含まれていないか
ご都合上等の作品なんてたくさんあるので、あまりにも酷い状況でなければ気にしなくてもいいのでは?

・続きはきになるか
残念ながらノーです

文章的におかしな所
たくさん目につきました。>比類なき絶品 これとか、もう並ぶもの無きとか絶世のなんちゃらでいいんじゃないすか?
>キョトンとした表情で辺りを見回します。やはり、今日も独りです。
呆気にとられているのに、次の瞬間にやはりって確信を持ってるのはどうかと
孤独が去って欲しいのに虚無を望んでは駄目でしょうに

ホラーにしたいなら、森に見えた鳥居は火より血の表現でやったほうがいいのかなと個人的に思いました
他にも気になりすぎて書ききれないです。前より悪くなったような

ところで、古い神社だと鳥居は木製じゃないのかな? 酸化するってなら金属製だよね。新しい神社なんだろうか
途中までしか読めなかったので軽く疑問


53 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 16:11:26 ID:P5pNU86d
>>47
>例え他が完璧であっても、朱に交わっても赤くなる事は無いのだ。
「朱に交わる」の意味は付き合う友人によっていい人にも悪い人にもなるって意味だよ。
否定までして、意味が分からなかった。
推測だけど、「水と油」って言いたかったんじゃねえの?
容姿と声が水と油のように交ざっていないって。

>たとえ話や慣用句においては、
「ついては」の方が適切じゃないか?「おいて」も範囲をあらわす使い方をするだろうけど、
もっと大仰な場合に使うものだと思うが。・・・まあ、いいや。

たとえ話→実感できない喩えを無理やり使ってると思う。
>その一言は、百万人の大衆監視の中での演説よりも、一兎の心拍を加速させた。
一兎も読者も(作者も)百万人の前で演説したことはないよね。
テレビのオバマ大統領も、心拍が加速してる素振りは見せないよね。
要するに、この喩えには意味がない。余計に混乱させてるだけ。
あとついでに。「大衆監視の中での」の「中での」って、間違いとは言わないけど
もっと適切な表現があると思うぞ。

他にもたくさんあると思うけど・・・よし、ちょっと冒頭からいってみる。
>山の中に火の手が上がったようにも見える。
→「赤く大きい」ことの表現だろうけど、赤い大きいって書いてないから考え込んじゃうね。
>着こなしをなしていた。→「なして」まで書いたからにゃ、全編同じレベルで書いてるんだろうなと小一時間問い詰めたい。
>無限とも思える石段が、丘の頂上まで続いている。
→「無限」「丘の頂上まで」・・・あっさり矛盾してる!
>大きな影が一兎に掛る。鳥居が見えてきたのだ。
→因果関係が変。影がかかる前に見えるでしょ?
>15くらいの→十五歳くらいの せめて漢数字を使おう。

だれた。ここまで。
あと、雰囲気を出そうと常用とは違う言葉遣いをしてるのだろうけど、
文豪の文章が常用から外れてたりするのは「このことを表現するにはどの言葉がいいか」を
ずっと厳密に考えるから一般的な使い方からずれてるんだよ。
あなたの「おいて」とか「の中で」とか、不適切な側へずれてるから変なんだよ。
硬く書いたり、俗に書いたりが交ざってるのも変だし。
文章自体「水と油」になってるよ。

54 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 16:23:52 ID:P5pNU86d
>>47
嫌な予感について書くの忘れてた。
説明っぽいのは、このタイミングならそんなに問題にはならないと思う。
>清田はここへ来る途中、蟻に化けた岬を掴もうとして、逆に蟻に食われたのだ。
これはダメだけどさ。
息子「どうしたんだよ」親父「ここに来る途中で〜」ってやり取りにしてください。

俺として問題視したいのは
>「そんなの……そんなの逃げてるだけじゃないか!」
いきなりだよう。こういうキャラクターって伝えられてないよう。
大体、こんな性格だったら、もっと前に言い出してるよう。

55 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 19:55:46 ID:E6+JmoHg
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0563.txt
【ジャンル】近未来アクション(94枚)
【タイトル】メンシェンイェーガー#01
【評価基準】
・ミリタリー描写はおかしくないか。
・世界観は不自然でないか。
・キャラは魅力的か。
・そして何より、面白い/続きが読みたいと思うか。
【改稿】なっすぃんぐ
 二年ほど前に書いた連作短編シリーズの一話です。
 ストックに放り込んでいたんですが、また書いてみたくなって持ち出しました。
 ちょっと冲方丁の影響が強いところは恥ずかしい限りです…orz

56 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 20:23:09 ID:GXqs8ZIt
>>45
> 【ジャンル】和風ファンタジー&ホラー
純愛じゃなかったのかよ。
どうも女キャラの扱いがぞんざいだと思ったら、そういうわけか。
基本コンセプトすら固めてないから、何もかもブレブレなんじゃねえの?
つか、ひとの感想聞いて決めようとしてね?

57 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 20:32:09 ID:xnDgYea7
>>56
いや。予定は一から十まで決まってるんだ。プロットも練ってあるし……。
でも、いざ書いてからカテゴリーを考えると、恋愛要素に焦点を置いたホラーになったから。
ここは、今まで書かなかったホラーとしての評価が貰いたくて、こう位置付けたんだ。混乱させてすまない。
今となって考えて見れば、わざわざホラー寄りにせずとも、主人公の恋愛的葛藤に注目して書いた方がよかったかもなぁって思ったり。


58 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 21:44:02 ID:/k4f1nf+
>>55
・総合的な感想。
最初にヒロインっぽい子の活躍からみせているのも、病気をほどよい長さでさらりとまとめているのもよく、日常描写も言い回しが逐一おもしろいから飽きずに読める。
ミリタリー関係も、素人目にはまったくもって気にならなかった。
性癖も普通のようで安心なんだが少し寂しかった。
(アブノーマルを出せということではないのであしからず)

・どうしても許せなかったことについて。
ロマヌス獣化のシーン。
グロでシリアスなところなのに「ぱいおつ」はないよ、ぱいおつは。
もちろんをモロチンと表記してしまうレベルの誤植と言われても仕方ないセンスだ。
たった一語と言われればその通り。それなのに一発で現実世界に引き戻されてしまった。感覚も狂わされた。
「一発で引き戻された」というのは日本語が、酷い下ネタに聞こえてしまうほどに狂わされた。
なにが悲しくてこの場面にその単語を選んだんだよ! いったいなにが悲しかったんだよ! という声を、特大の大盛りにして世界の中心で叫びたい。
萎えすぎて読み直すのに十五分ぐらいの小休憩が必要だったわ。

・世界観について。
ロマヌスのシーンで、日中における狼人間の出没は割りと普通、とも取れる描写があるけど、冒頭の描写と若干矛盾しないかな。
序盤にて、人々がなんだかんだで平穏に暮らせるようになったのは明確な回避策があるからである。と描写していたのに、実はそうじゃないとなったらなんか説明がほしい。

・面白いかどうかについて。
面白かったし続きも読みたい。
っていうかこれを第一話というのはなにか違う気がする。
第一章だよこれ。

59 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 21:48:25 ID:/k4f1nf+
言い忘れ。

全体を通すと批判っぽい文が多いけど、完成度は非常に高いと思う。
実はプロの作品でした、と言われても余裕で納得するレベル。少なくとも俺は。

60 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 21:55:32 ID:wAY9Zn/W
>45
俺は悪くないんじゃない? と思いましたがいくつか。
・アリスに何となく同情できません。ので、最後の一兎が?に見えると思います。
 二度目(深夜)の遭遇のとき、
 入れ替わってあせる->携帯通じない。->疑われることに悲しむアリス->話を聞く一兎->釘を抜く
 てな感じがいいかな?と思いました。
 現行だと、一兎、アリスにびびって抜くに見えましたので。

・ホラーのいくつかのテクニック? があると思います。
 例えば二度目の遭遇のとき、突如、美紀とアリスが入れ替わりますが、
 この前に、美紀が扉を開ける->叫ぶ美紀->ひびる一兎->実は単なる
 くもの巣->笑う? 二人->次の瞬間倒れて入れ替わる

 他にもナツミが一兎に灰皿で殴りかかるシーン
 変貌するナツミ->一兎を倒して殴りつける->意識を失っていく一兎
 ->灰皿を掴むナツミ

 てな感じですかね。まぁ、ホラーは(も)書いたこと無いので偉そうなことは言えませんけど、
 もうちょっと勿体をつけてもいいのかな? と。

・清田の腹からは蟻がでてきたほうがホラーっぽかったと思います。
 あと、「一兎、生き延びてくれ」とか呟きたいですかね。

 細かい部分は他の方が書かれていますので止めときます。
 ご参考程度まで。では頑張ってください。

61 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 22:01:14 ID:1wMSvdN2
>>45
流し読みな感じですが、異常に展開が早いような気がします。
この時点で38DP。全部で何枚にまとめるのかわかりませんが、すでに転あたりまで
進んでいる感じを受けますが、短くまとめるつもりなんでしょうか?
たとえばナツミがぶち切れるシーンがありますが、ナツミというキャラクター(ずっと家に仕えてきたという)が
何も伝わらないうちに変貌するので、こちらになんの感慨も伝わってこない感じです。
その辺のエピソードなんかも積み重ねた上でキレないと、狂気を垣間見ることが出来ない気がします。

キャラクターの厚みを感じないまま、話だけがころんころんと進むので、感情移入できないまま
置いてけぼりにさせられる気がします。
投稿用のページ(100DPほど)に収める気ならば、もっといろんなエピソードの積み重ねを
した方が良いと思います。
ひょっとしたら、これがまだ承のあたりで、ここからさらに転に移るのかも知れませんが、
それはそれで超展開だとは思いますが。

62 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 22:47:00 ID:1wMSvdN2
>>55
とっととどこかに送っちゃえばいいのにw

63 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 22:48:37 ID:6qt0wJyj
>>55
読み終えた最初の感想としては、面白いです。
文章も読みやすい。確かにこのまま出版されていても納得はできるレベルかも。
なので、自分ならこうするなーという程度な重箱の隅のような指摘しかできませんが、

・ミリタリ描写=おかしいところは無いけど、狙撃時は距離感を描写したほうが良いかも
          最初どこで何を狙ってるのか分からなかった
・世界観=不自然というほどではないけどドイツに徹し切れてないかなぁというところも
・キャラ=もう少し葛藤と成長が欲しい
・面白いか=面白いです。続きもあれば読みたいと思える

以下細々と
・新キャラが登場したときの描写がワンパタ。必ず髪色髪型、印象を書いて体言止めですね。
・序盤ラウラがどこからどこへ帰還してどれくらい時間がかかっているのか分からない
 場面転換をするか、それらの描写を入れて欲しい
・>原因は? 治療法は? 発症者を見分ける方法は? 一切不明。
 この疑問系をそのまま使うなら、改行してから「――一切不明。」みたいにしたほうが自分は好きです。
 もしくは「原因、治療法、発症者を見分ける方法――それらのどれ一つとして解明されてはいない。」とか
・ドイツの秋と紅葉って赤いんでしょうかね。京都みたいな鮮やかな赤は日本だけと聞きますが。
・>さて、それが人間様の本音だろうか?
 >まあこれは、中隊とか小隊といった軍の構成単位では当然のことだが。
 硬い文章の中にたまに違和感のある表現があります。上は「果たしてそれが人間様の本音だろうか」
 下は「とはいえ」か「ただし」の方が文章の硬さを維持できるかも。
・パティシエはドイツ語ではないので、口語の中なら「菓子職人」にドイツ語の読みをふった方がよさそ
・折り鶴を鶴と認識できるのは親などからそう教えられた人間だけなので、最初は鶴に見えなかったとか
 入れた方がいいかも。最初見せられたときは戦闘機かと思った、とか。
・赤ずきんにかけてるのは分かりますが視線恐怖症なのに赤い服ってのは変かなぁ
・日本食を食べにいくところがくどい。いちいち「これは○○なのだ」みたいな説明なしで、食事中の会話に
 誰が何を食べると挟むだけでいいと思う
・弾力が切れる音ってよく分からんです。

全体的な印象として、位置関係、距離、時間経過が少し分かりにくいですね。
あと気になるのは山場に欠けるところ。短編にしろ長編の第一章にしろ、ラウラに苦悩を乗り越えさせる
くらいはしないと。
自分がうつしたのではないと分かってはいても、少なからず敵の転落人生に責任を感じてしまうラウラを
仲間達が叱咤するとか。それではっとしたラウラが覚悟を決めて第一射、「――そう、あたしは猟師さんに
なると決めたんだ」みたいな

面白かったので、是非書き上げて欲しいです。頑張ってください

64 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 22:58:27 ID:/tKW8sfK
>>45
読んでわかったが、皆いい感想言ってくれてるじゃない。

>最初の方でダレないか
オープニングと冒頭の重要さをわかってない気がする。ホラーだったら、まず読者を不安に陥れないと駄目。
「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ……」みたいな
どう考えてもヤバイフラグを匂わせていかないと。

>ストーリーは面白いか
ストーリー云々で言ったら、意外とありそうな展開。
そんなことより、キャラの心理描写だけで面白いと思わせるぐらいの気構えでやろうよ。
恋愛小説だってストーリーがありきたりでも、キャラの心の動きが秀逸なものはそれだけで面白い。
もちろん良質なストーリー展開があったら文句なく良くなる。
とにもかくにもキャラのことを考えてあげようよ。

>ご都合主義は含まれてないか
展開に合わせて主人公の人格が急変していくのは問題外。
展開によって主人公がその性格ゆえに思い悩んで行動していくのが小説なんじゃない?
それが今の不自然な構成の流れをよくする方法だと思うよ。

>続きはきになるか
今のままじゃならない。

>文章的におかしな所
他の感想人が指摘してるので言うことがない。

>キャラは躍動しているか
ラノベなんだから、キャラの容姿や設定に力を入れればいいとか考えてるなら、それは間違ってると言っておくよ。
いろんな小説で、容姿も設定も普通の人物が実にいきいきと躍動してたりするでしょ。
そういう点が勉強不足。この作品には足りないものが多い。

決して作品が駄目なわけじゃなく、作者の書き方がまだ熟していないだけだから
それが形になれば作品の質も大きく向上すると思うよ。
きつく言い過ぎたけど、超頑張って欲しい。

65 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:03:27 ID:DGaN0CY1
>>55
最後まで読んだ。
面白いし、完成度も高いから、作品自体には特にこれといって問題はないけど、
いくらなんでも冲方丁の影響出過ぎじゃないか? ちょっとじゃない気がするぞ。
文体、キャラの立たせ方、言い回し、それからテーマも。イメージがダブりまくる。
パクリとまでは言われないだろうけど……うーん。

66 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:12:58 ID:E6+JmoHg
 身内に酷評されたけど諦めきれずストックにて保存。
 久し振りに見て直したら行けるだろこれ、という俺の読みは正しかったようでハレルヤー

>>58>>59
 どうもどうも、毎度お世話になっておりますです。
 アブノーマル……カマ少尉にその名残がそこはかとなく。はっは。
 ぱいおつに関しては、頭の悪いロマヌス視点ということで入れてみたんですが予想外でした。
 というか十五分の小休止とかwww
 そこでそのまま読むのやめられなかっことに感謝の念に堪えませんwww
>世界観の矛盾
 読み返してみましたが、ロマヌス登場と言うより、ラウラ出撃あたりの記述ですかね。
 人狼が何度も変身するうちに、変身を制御できるようになる云々のあたり。
 ここは慣れた奴は満月以外の「夜」にも変身できるけど、最近は麻薬のせいで、昼日中に
 変身する奴が増えて厄介(ので、冒頭での回避策が通用しなくなりつつある)。
 ということを示したつもりだったんですが、失敗していたようです。二年前の俺を折檻しときます。
 第一話ははい、言葉のあやということでwww
 それでは、感想ありがとうございました!

>>62
 進撃のために射程距離を着々と縮めようと思います。

>>63
 細々と感想ありがとうございます。レスしきれないので幾つかここという点だけ。
>ドイツに徹し切れてない
 これ書き出す前にドイツ関連は色々調べましたが、自分なりの咀嚼やら下調べやらが
 不足していたようです(身内には「ドイツじゃなくてドイツ村」とのたまわれる始末w)。
>キャラ
 成長と葛藤を書くはずが、案外とラウラが自己完結済みだったのでカタルシスが足りなかったようです。
 要改善点ですね(仲間とのキズナと絡めつつ)。
>「――一切不明。」
 GJな案にござる。
 文体の揺れやらなんやに関しては私の未熟と言うほかないですね……。
>日本食レストラン
 このあたりは調べたドイツ知識を詰め込もうとした行動が丸わかりでお恥ずかしいw
>弾力が切れる音
 ブチッ! とかばちん! とかぶつっ! みたいな。意外とイメージしにくい物なのかもですね。

 ものの位置関係は、うーん。方向音痴だからか作品でそういう傾向が強いようですね、私は。
 ベルリンの地図片手に書いたのにこのていたらくとか自分ェ……。
 精進いたします、オス!

67 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:15:14 ID:E6+JmoHg
>>65
>冲方丁
 そのへんがモロ出ていたのが、一度ストック行きにした理由ですね……。
 ただ、今現在の自分はもうちょっとそこから抜け出したというか、
 冲方丁作品から受けたものを、うまく咀嚼して出せる力がついてきたな、と感じたから
 改めてこいつに再挑戦したくなって投下させていただきました。
 これを投稿するとなったら、全面的な改稿が入ることになると思います。
 ありがとうございました。

68 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:21:31 ID:JvMZssMD
>>55
文章上手。世界観に合った男臭い感じを醸し出している。だがあくまで読みやすくシンプル。
作者の中にしっかり世界観が固まっているのが伺える。
男同士のやりとりもいい。

でもですねこれ、ラノベか……?
それこそマルドゥック出したハヤカワとかになるんじゃ……w
ロシアンルーレット、マドリッドの人と同じ気がするんですが、違ったらすいません。
私は個人的に、これが一番良いと思いました。
もし、これを書かれたのがマドリッド&ロシアンルーレット以前なら、私は以前の作風の方が好きです。

69 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:22:16 ID:wAY9Zn/W
>55
はいはい、プロ乙。って感じです。
翻訳ものSFを読んでいるかんじ。ドイツ語の題名は? と思わず
嫌味っぽい一言を言いたくなりました。ごめんなさい。

重箱の隅みたいな突込みはありますが、それすら自信ないです。

あえて言うなら、舞台は日本にしたいところですね。
あと、>63氏(の感想も凄すぎ)も書かれていますが、英語部分は
ドイツ語にするか、日本語にしたいですね(ノー・シルバー・ブレットとか)。
登場人物は減らせるような気がします。
キュッケン、ツェベライ、クロームシャは削っても良くないですか?
さらに、地の文と会話で呼び方が違うので負担があります。
(一応、ラノベスレだし)
話はもっと大きくしていいと思いますが、実際は全体の起にあたる?
のでしょうから……。

まっ、総論として面白かったので、続きもお願いします。って感じです。

70 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:31:06 ID:E6+JmoHg
>>68
 感想ありがとうございます!
>マドリード&ロシアンルーレット
 そいつがフタナリSFと人間爆弾のことでしたら、おいらです。
 ちょうどこいつを没にした後に書いたのが、例のフタナリマドリードですね。
 この頃は(たぶん)まだSFにどっぷりはまっていなかった、
 ラノベらしさが自分に残っていた時代のハズなんですが……、
 それでもすでにラノベらしくないというのか……!orz
 SFとはまた別に、俺はラノベと相容れないのタチなのかしら。ぐふう。

>>69
 タイトルが既にドイツ語な件。
>英語部分
 ドイツの若者は意外と英語を話したがる傾向があるそうです。
 ドイツ語は英語のシーラカンスとも言われてるし、オシャレな感覚なのではないかと。
 ので、多少しゃべっていても違和感はないかと思っていれていました(ニュアンスが表現しやすいというのもありましたし)。
 一応、英語台詞を入れるのはスヴェン一人に限定していたつもりです(ラウラが銀の弾丸は〜と言っていたのは彼の受け売り)。
 他キャラに関しては、まあ後で活躍があるのはもちろんですが、この話だけだと余分なのがいるのはいなめないですね。
 それでは、感想ありがとうございました!

71 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:45:45 ID:3NpFRVZQ
>55

面白いんだけど冲方丁の真似部分を除いたら何も残らないんじゃないでしょうか。
赤ずきんの言葉遊びもシュピーゲルの「時計ワニ」に似てるし
結局冲方文体・冲方表現が面白いんであってストーリーそのものは目新しくない。
実在西洋都市近未来で機械の少女が闘うという筋書きがパクリである以上
本当の意味で全面的な改稿をしてほしいと思います。

酷いことを言いましたが反発するだけの面白さがあったということで勘弁してください。
でもこれはやっぱり冲方ファンが怒るレベル。そうじゃない人もいるだろうけど。

72 :この名無しがすごい!:2010/04/25(日) 23:51:55 ID:E6+JmoHg
>>71
>冲方ファンが怒るレベル
 でーすーよーねー。そう、冲方知っている人はもっと俺をこき下ろしてイイ。
 これを酷評(いわく「出来の悪いパッチワーク」)した身内もファンでしたし。
 時計ワニは当時意識してなかった気がするがまあそれを言っても変わる訳ではないレベル。
 シュピーゲルシリーズがやりたかったんだろうなあ、と我ながら思います。
 真似って創作の原点だけど、原点から踏み出さないと創作にはたどり着けない。
 だから、この作品にはどうにか立ち直って欲しい親心だったりします。
 歯に衣着せぬお言葉ご感想、まことにありがとうございました。

73 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 00:20:12 ID:kwsohvCK
>>55
42×17行のフォーマットで18Pぐらい読みました。

以下雑感

・ 冒頭の描写が長くて気になった。
・ 開始2Pで描写押えた方がいいのでは? と思った。
・ >ヴェアヴォルフは憐れだ。自分の意志で堕落した犯罪者でもないのに、ただ病気≠ノなって苦しんでいるだけなのに、病気の原因そのものとして抹殺される運命にある。

 この辺でぐぐっと引き込まれた。

・ (あまり変わっていない筈なのに)視点の変化が忙しいと感じた。それによって18Pでギブ。

非常に文章力が高いとお見受けします。プロの作品としても通用するという事は読めばわかるのですが、読み手選ぶと思います。
あと会話が全体的に(若者同士の会話にしても)無理してはしゃぐ中年同士の会話に見えるといいますか、ラノベとしての魅力がある会話文には見えませんでした。一般の本として棚に並ぶのは想像できるのですが、
ラノベレーベルで本として出るのか? と言われましたら違うよなぁとも思います。

冒頭から、

>充分に満ちた月の下、コンクリートの地面に広げたマットに寝そべりながら、ラウラはこれからの予定についてあれこれと思考を巡らせていた。
>その内容が十代の少女らしい楽しげなものなら、もっとウキウキしていられるのだが、あいにくとその「予定」は彼女の心臓に霜を降らせるばかりだ。
>必要なのは忍耐・分別・冷静、そして完璧な姿勢とタイミング。長い長い孤独の中で、しかるべき時に間違いなく、引き金の緩みを解除し、そして絞り切る精神。
>ただ一瞬の間に一度だけの射撃と一発の弾丸で勝利するために、気の遠くなるような準備をついやす覚悟と鋭利。
>やがて、予定通りの時間と場所に標的が追い込まれ、ラウラの視界と射界が一致する。簡易マットに支えられ、はいつくばった伏射姿勢。センサー系は刻一刻と変化する風向きを計算し、角度を調整し、彼女が狙うべきものを教えてくれる。

 例えば、上から二行目と三行目。必要がない文章ではありませんが、カットしてさくっと繋げてしまった方が、読者の負担が少ないと思います。
 最後に、このレベルの文章が書けるのならラノベ読者の負担というものを考えた方がいいのでは? と進言致します。

 途中でギブしておいて引っかかるような言い方ですが、レベル高いと思います。がんばってください。


74 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 00:26:44 ID:iLOT95So
>>73
 なぜに17行w ともかく、ご感想ありがとうございます。
 最初に書いたように二年前に書いたやつなので、文章技術的なことはたぶん、この頃より
 あがっているかと思います。
 冒頭に関する二行目と三行目不要、についてはその通りですね。ちょっと前のめりすぎたというか。
 まあ今の俺なら、そもそも「人を噛んではいけない」から始めない気もしますが。
 視点の変化が忙しく感じられたのは、おそらく当時の三人称にこなれなさがあったから
 ではないかと察しまするつ。
>無理してはしゃぐ中年の会話
 …………orzまだ三十路ですらない身の上でちょっと胸をえぐられる気分だぜベイベー
 まあ心はいつまでも高校生のつもりでも、確実に歳はとってんでるよねえ。はががが。
 もっとラノベを読んでラノベ漬けにならなくてはいけないようです。資料本とか山積みだけど。

75 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 01:23:14 ID:KRy03ZDH
>>55
読んでみた。

>ミリタリー描写はおかしくないか。
一般小説だと問題ないと思う。
ただ、ミリタリーでもフルメタルパニックは楽しく読めたんだが、これはきついと感じた。ライトじゃない。

>世界観は不自然でないか。
世界観の説明に固執してるのが不自然に感じた。
もっとキャラの会話や行動を交えて、読者が自然に溶け込めるような書き方にしたらいいと思う。
説明だけ→会話→説明だけ とか連続で続くけど、このリズムは悪い。
あと体言止め→改行がかなり多くて、ちょっと読みにくい。

>キャラは魅力的か。
作者が言いたい言葉を、キャラに無理に言わせてる感じがときどきする。
変にカッコイイ言葉とかね。
それでいて、キャラに魅力があると言えばそうでもない。
キャラそれぞれの内面があまり見えてこなかった。ラウラだけは良く出てたかな。

>そして何より、面白い/続きが読みたいと思うか。
面白いとは感じなかった。ミリタリー自体あまり読まないから、すまないね。
皇国の守護者とか面白かったけど。あとは小松左京とか…….。
ミリタリーは間口が狭すぎるから、ミリタリーっぽさを出しながらももっとライトよりにしないと受けないと思うよ。
せっかく書ける力はあるのに、もったいないと思った。

76 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 01:24:07 ID:EAaq38s2
>>55
世の中には時々、人を噛む狼というものがいる。
なのに出てくるのは人狼です。言葉が対応してない印象。そもそも人を噛む狼という言葉に違和感が。
>気の遠くなるような準備をついやす覚悟と鋭利。
これも意味がわかりませんでした。鋭利? なんとなく読み飛ばす部分でしょうか。
>彼女が撃ち抜くべきものをそのようにした。
どのようにしたのかわかりません。
>そこにはラウラ・ミレッカーの、殺すとか倒すといった思考が入る隙間はなく、また彼女自身にもそのような思いはない。
彼女というのはラウラのことじゃないんですか? ここも混乱しました。
彼女というのがラウラで「そのような」というのが「殺すとか倒すといった思考」を指すのならば、
そこにはラウラ・ミレッカーの、殺すとか倒すといった思考が入る隙間はなく、またラウラ・ミレッカーにも殺すとか倒すといった思いはない。
というような意味になります。

>ヴェアヴォルフは憐れだ。
ここからおそらく心中思惟の文章なのですが、突然三人称から一人称よりの三人称になったような、
物凄い違和感がありました。


>国民総生産は〜「罰あたりなドイツ人はドイツから出てくるな」
世界がめちゃめちゃ楽観的でおもしろいのですが、ちょっと安すぎるかなと思いました。

ちょっと何が書いてあるのかわからないところが多すぎるという印象です。
ひとまずここまで読んだのですが、他の方は物凄く文章を評価しているようで、完全に寝ぼけているのかも
しれません。申し訳ありません。文章はかなり不味いと思いました。意味を考えて書いていないような。

人狼がどうこう言ってる状況で、自衛が夜歩き禁止っていうのは、随分のほほんとした国民だなって
思いませんか?

77 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 02:07:52 ID:BVMlcazR
>>55
オカルト、ミリタリーの設定は、文章力で読まされるがアリガチの範疇。
文章力は、達者だが、読み続けたくさせる旨味に乏しい。
キャラには、目を離せない、ずっと見ていたいと思わせる魅力がない。
ドラマには、心を惹きつけ、引っつかんで揺さぶる強さがない。
アベレージは高いと思うが、読み手に印象を焼き付ける突出部がない。
いつでも目を離せるし、いつ読みやめても惜しくない。
続きを読みたくなる以前に、読んだ事実を忘れてしまう。

……と、褒める感想が多いので厳しめに書いてみました。
ハイレベルだと思いますが、もし書店の小説誌に載っていたなら上記の感想です。


78 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 09:46:04 ID:IpyhIiOg
>>55
評判通りここで晒されてる三人称の中ではトップクラスに文章力が高いんだけど、
断言できる。これは売れない
まず病気設定は最近金曜ロードショーで見た映画に骨格がそっくりなものがあった。まあここは仕方ない
でも外骨格の設定はラノベとして下策だ。SF設定で少女を戦わせるのならガンスリンガーガールみたいに
少女としての可愛さを維持しつつ化け物になるみたいな設定で戦闘描写をするべき。これはヲタ業界の鉄則ですからね
文章もそういう設定等も堅いSFチックで近寄りがたいのでキャラで挽回したいところだが
そういう媚びが足らず、会話文のセンスも古臭いためラノベ読みはほぼ確実に嫌煙すると思う。
構成も、話が転ばないうちから多くのキャラクターを出しすぎている。
顔見せがしたいのだろうが、各々のキャラに個性が足りないから一々覚えていられない。
Uのところで場面転換をした際、どのキャラクターがその場にいるのか全く理解できなかった。それでギブアップ

79 :避難所から転載:2010/04/26(月) 16:02:48 ID:pFdoA6+T
60 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/04/26(月) 15:50:52 ID:Nx6/vMis
ドキドキしながら書き込んだら規制されてた!!!!!
有志の方転載お願いします。

【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0564.txt
【ジャンル】ラブコメ 女性向け
【タイトル】遠い星から
【評価基準】
・文章はおかしくないか、冗長ではないか
・状況などが理解できるか
・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
・その他良いところ悪いところ
【改稿】 お願いします

自分で書いていて、面白いかどうか分からなくなりました。
また、半端なところで終わっているようですが、この後もこんな感じの日常パートが続きます。
コバルトロマンかビーンズを想定しているのですが、カテエラになりそうな……。

80 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 16:43:52 ID:0emvgGVa
>>55
『戦闘妖精・雪風』っぽい感じがした。

ラノベだとすると、物語の方向性が見えにくいのと
主人公が誰か分かりづらいし、キャラ小説にはなってない。
(前のほうで「ラウラたちが属する」って言われたとき違和感を感じたほど
 俺は彼女を主役と認識してなかったし。#01が始まって男二人の会話だったし)
書き方としてラノベ的魅力を大して出してないと思う。
他のジャンルでなら、欠点に数えられないかもしれないけどね。

・世界観は不自然でないか。
OK!
・キャラは魅力的か。
ラノベ的には分かりにくい。
・そして何より、面白い/続きが読みたいと思うか。
思うよ。

81 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 18:05:15 ID:iLOT95So
 みなさん、感想ありがとうございます! わっほいわっほい、大量じゃ−。

>>75
 フルメタ懐かしいなあ。
 ミリタリ描写はこれぐらいなら普通かな? と思ったけど、考証的にマズイとかそういうのが
 気になってました。ラノベ的に読みにくいならもうちょっと考え方を変えた方がいいかもしれませんね。
>説明に固執
 おお、我が悪癖よ。今も生きながらえて。
 体言止めは当時は多かった癖なので、今は改善されている。はず。たぶん。きっと。
 キャラはそうですね、この台詞を言わせよう! って気負っていた部分が当時あったんだと思います。
 小松左京賞……。

>>76 えーとその。
 評価基準にも入れていないし二年も前の文章にツッコミを入れられると対応のしようがないのでせうが。
 とりあえず「罰当たりなドイツ人は〜」とかは、そういう雰囲気を茶化した言い方ですね。
 実際の歴史とかでも深刻な事態を皮肉ったり茶化した言い方をすることってあると思うので。
 ただ、筆がすべっている箇所が多いことには違いないですね。

>>77
「書店の小説誌」が果たして電撃やスニーカーのようなラノベ雑誌を想定しているような感じがしないのはなぜ。
 お心意気はゲッジョブですが、評の具体的根拠がちょっと分かりづれえっすすみません。

>>78
 二年前のネタが最近の映画で被ったら俺爆死。最近金ロ見てないなあ。
 世の中には無骨な外骨格を女の子が身に纏って戦う需要だってあるんだぜ旦那ッ!
 ……アルヨネ?
 くそっ、無骨な武器を女の子が持ってイイなら着てもイイはずだ!(それがダメなんじゃね)
 構成の拙さはさすが二年前の俺だぜーフゥハハハァー

>>80 あ…雪風積んでる…でも続編買わなきゃ…
 主人公は、一応この話だとラウラだけど、全体としては群像劇ですね。
 日本の作品では群像劇は嫌われると誰か(若桜木センセだったかな…)が言ってた気がしますが。
 単においらの技量不足である感も否めません(上の方が指摘した構成の拙さなど)。

82 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 18:06:57 ID:wihEvgGM
>>79
まず、ここはラノベの賞を目指す人が集まるスレではあるけど、実際には電撃SDにMFといった、少年向けレーベルを目指している人のが多い。内容に関しては正確な評価をもらいにくいと思う。
文章に関しては男女関係ないだろうけどね。

・文章はおかしくないか、冗長ではないか
かなり冗長。
最初の三行で、書き慣れていない人の文章だなー、と思ってしまうほど。
慣れていないあいだは、
「一文は長くて五十字前後。それ以上の文はとりあえず削る。それからはふたつにわける」
みたいなルールを厳守するとよいかと。
それだけでグンと変わりそうなぐらいに冗長。
ついでに冒頭だけ改稿してみた。
容量は2/3だけれど情報量は大差ないはず。

 それは春うららかな新学期、入学式でのこと。
 高山瑛子はだれた気分で生徒会長の挨拶を聞いていた。彼女の顔は実に陰気で、中古の洗濯機を思わせる。
 無理もない。なにしろ三度目だ。二年前の今日の日には、高校生と言えば実に大人でカッコいいものだと思っていた。その長たる生徒会長には憧れを抱きすらした。
 しかし今では単なる雑用係と知っている。しかも挨拶の内容ときたら、先祖代々受け継がれているとしか思えない伝統の挨拶で、一字一句変わることがない。

・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
当方は男性につき、性別を反転させて考えた。
その場合、それなりに萌えれそうな気はした。
超がつく個人的な話をすれば、主人公に対して好意を寄せ始めたあたりでエロ話を恥じらうようになったりするとgood。
ただ宇宙人の外見描写はもうちょっとしっかりやってほしいかな。
「美形」と言ってもいろいろいるわけで、どういうタイプの美形なのかぐらいは描写してほしい。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
文章をもうちょっとなんとかしてくれれば読むと思う。
っていうかこの短さだったら続きが気になるもへったくれもない。

83 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 18:35:24 ID:VAxhxBBX
>>79
・文章はおかしくないか、冗長ではないか
おかしいし冗長です。同じ事を言葉を変えて繰り返しているので、しつこく感じます

・状況などが理解できるか
理解はできますが、上記に述べたようにくどすぎるのでもっと簡潔にお願いしたい

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
これまた上記の理由で、序盤で読む気がなくなってしまいます

>真言のように曖昧な言葉が流れ込む。右から流れ込んで、そのまま左へ流れ出る。
>瑛子の勇気はそこそこだったので、そこそこ時間がたってから
最初だけでもこんな感じで繰り返してますよね。ほとんどの人がこういった描写でうんざりするのではないでしょうか?

>高山瑛子は中古の洗濯機に似た顔をしていた。周りを見れば、同じように中古の冷蔵庫やテレビがいる。
どういう意図でこの描写をしたかは理解できます。が、これでは瑛子が洗濯機みたいに機械的な顔をしていると捉えられてしまうのでは?
そのあとも>洗濯機に似た大口  これも変ですよね。洗濯機のどの部分か、そんな疑問を与えると思います

>校舎が爆破する
この時点でもう萎え。「誰かが校舎を爆破する」か「校舎が爆発した」ぐらいの文章で書いて欲しい
>>82さんが言うように、全部読んでもらうには文章をどうにかする必要があるでしょう

84 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 18:35:27 ID:0emvgGVa
>>81
俺は群像劇は好きだけどね。
伊坂幸太郎とか大好きだし、成田良悟も好きだし。

群像劇なら、この話で必要の無い内容は次に回した方がいいと思う。
たとえば折鶴とか、そいつを主人公に一話割けばいいやん。
あと、良く考えたら、連作の冒頭でヒロインの過去をやっちゃったら、
しりすぼみにならない?

群像劇なら、なにか求心力になる物があったほうがいいと思う。
バッカーノなら『不死の酒』とか。
この話、狼かもだけど、敵だし!何か味方側の象徴を。
で、それが主役なんだってくらいの魅力を書いてほしいな。
外骨格の魅力でもアリだと思います。現状、ただの物。
戦闘妖精雪風とか、戦闘機がヒロインなんだよ!群像劇じゃないけど。

85 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 18:42:52 ID:iLOT95So
>>79 最後まで読みました。
・文章はおかしくないか、冗長ではないか
 一行目からして書き慣れてない人だということがよく分かります。
 それと、〜である事か、なるほど、UFOか。瑛子は手を打った。など、
 じじむさい調の文体が気になりました。ピチピチのティーン(古)が読むであろう
 コバルトやビーンズにしては、文体が堅苦しく古臭いのが首を傾げます。
 図書室に置いてある、古典名作の文体とかに似ていなくもないというか、時代小説っぽいというか。
 あと、確実に冗長ですね。この内容でこの分量ならもっとシェイプアップできますよ。
 ところでー
>汚い字で「笠原瑛子」と書かれている。
 ……主人公の名前って高山でしたよね? と思ったらその後ずっとカサハラで通すし。
 多少の誤字脱字は仕方無いにしても、主人公の名前ぐらいは固定してほしいものです。
 あと、男ってクイルと自己紹介しているのに、なんでいつまでも地の文で男としか表記されないんでしょうか。
 男は他にもいてややこしくなるのですから、普通に名前で表記しておけばいいのではと思います。

・状況などが理解できるか
 理解はできるけれどユーモラス世界なんだなあという感じでした。
 あっさり人型のものを埋めようと言い出す連中は人としてどうかと思いますけど。
 世界観がそういうのっぽいんでギリギリまあいいや、と。

・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
 冒頭の時点で、萌えのある世界観に見えませんでした。
 というのも、「中古の洗濯機」という形容。「洗濯機に似た大口」のヒロインって……
 それじゃギャグとかコメディとか風刺物のキャラじゃないですかね。
 その後も生徒たちを新品だの中古だのと喩えて語るから、読者の中には擬人化された
 電化製品が動き回るような、冷たい笑いに満ちた世界のイメージが構築されてしまうかと。
(あくまで私見ですが。違う印象を抱く人もいるでしょうけど、私はそう感じました)。
 そもそもクイルくんにしても、美形とか色っぽいとか説明してるだけで描写皆無ですし。
 スペックだけ見せられても感情は動かせませんよ。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
 続きは別にいいです……。

・その他良いところ悪いところ
 色々と文句は言ったけれど、作者の剥き出しの感性が不器用に並べられている感じがいい。
 冗長だし少女小説とはとても思えないじじむさ文体だけど、作者ならではの味がそこにある、気がしました。
 ユーモラス小説として完成させて、コバルトやビーンズ以外のレーベルを狙ったほうがいいと思います。

86 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 19:24:38 ID:iHSIcqfd
>>55
文章が所々おかしいのでかなり読みにくいと思いました。
どうも感覚だけで書いているような感じで、実際は意味がまったくわからない部分がある。
冒頭からそういう箇所がわりと多いので入り込む前に閉じました

87 :避難所から転載:2010/04/26(月) 19:47:45 ID:pFdoA6+T
62 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/04/26(月) 19:07:07 ID:Nx6/vMis
感想ありがとうございます。
だいたい皆さんが同じことを言われているようで、ちょっとショックですorz
>>82
男性の方が多いとは知っていましたが、他に晒し場所が分からずここへ。
やっぱり冗長みたいですね。
三人称体に慣れず、どんどん長くなってました。
改稿もありがとうございます。このくらいの短さで読みやすいorz
>>83
冗長、ですよねえ……。
比喩の使い方に気を使ったつもりでしたが、大失敗ということで……。
爆破は、完全なるミスです。爆発です。
>>85
>じじむさい調の文体
じじむさかったんですね、知りませんでした。どうしよう……。
笠原が正解です。完全なるミスです。
地の文が男のままであることは、最後に意味を持ちますが、今の段階では意味不明ですね。
ストーリーが「色男に好かれる平凡な女の子」というテンプレなのでコバルトなどと思っていたのですが、
もしかしてこれって、ライトノベルじゃなかったんでしょうか……。

88 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 20:08:00 ID:ExB3PMJP
>>79
当方、一応少女小説にも投稿してます(メインは少年向けだけど)。
すいませんが、途中から斜め読みで最終的に投げました。

>・文章はおかしくないか、冗長ではないか
おかしかぁないが…。

効果を狙う気持ちはわかるが、一行目からソレソレ言われても、読む側はハイハイ…としか思わない。
指示代名詞で始まるのは、掴みに失敗する典型的な文章だと個人的に思っている。
いっそのこと爆発?シーンから始めちゃえばいいのに。

それから、とても読みにくい。
突飛な比喩を使われても、それがイメージ出来なきゃ意味ないよ。
家電製品のような顔は想像できない。
個人的にはこの時点で失敗だなあと思っているから、そのあと家電製品が〜って出るたびに生温い気持ちになった。
「真言のように曖昧」とか書いてあるけど、真言は別に曖昧じゃないだろ。
本当に言いたかったのは、「真言のように意味不明な」とかじゃないの?
などなど。
勘違いしている気がするので言うけど、比喩表現≠描写だよ。
比喩に頼らず描写した方が、すっきりしていいんじゃないかな。


>・状況などが理解できるか
出来ないわけじゃないが。
新入生を先に書かれたら、読み手は新入生の話なのかと考えて読み続ける。
そこで否定されると、一度構築したイメージを崩さなきゃならなくなる。あまりうまい手ではない。

爆発?が起きているのに混乱している様子が生々しく伝わらない。
妙な比喩と冗長な文章で勢いがすべて死んでる。もったいない。
緊迫感が不要なら、別にこれでもいいんだけども、すべてが一本調子になる。
付随して、緊迫した状況で、田舎だから校庭が広いです!とか、どうでもいいと思うんだけど。
何が重要でどれを描くべきか、取捨選択しなきゃならんよ。


>・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
冒頭からしてだれる予感満載なんですが…。


>・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
いかにも文章技巧にこだわってますってのが見え見えで野暮ったすぎて怠かったので、
せっかく爆発?してくれたけど、すでに流し読みだった。


>・その他良いところ悪いところ
クイルの天然さは好き。
UFOって半角で書いて、縦書きのときどうするの?

89 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 20:17:29 ID:VAxhxBBX
>>87
家電製品の表現は、新鮮味のない顔ぶれをあらわしたものと捉えたのですが、その認識で間違いないでしょうか?
新入生との対比でそうしたのだと推察したんですが

男という単語を繰り返して最後にネタバレをしようにも、最後まで読んでもらえなければ意味が無いですよ
偉そうに書きましたが、お互いに頑張りましょうねー

90 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 21:23:44 ID:ExB3PMJP
>>88だけど、入れ違いのレスを見て。
>ストーリーが「色男に好かれる平凡な女の子」というテンプレなのでコバルトなどと思っていたのですが、
>もしかしてこれって、ライトノベルじゃなかったんでしょうか……。
十分ラノベだよ。
コバルトよりX文庫とかの方がいいんじゃないかって感じ。
でも、文体はホワイトハート、みたいなミスマッチ。

別に文章が硬くてもいいと思うよ。
古い人しかわからんけど、ホワイトハートなら小沢淳とか、コバルトなら桑原水菜とか、
その辺の人は自分の中では柔らかいイメージないし(硬派でもないと思うけど)
文体が硬いかどうかじゃなくて、内容と合ってないのがよくないと思う。

91 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 21:57:18 ID:AArgmQmz
携帯は規制されてなかった!
>>88>>90
なるほど、文体ですか…。
今まで書きたい書き方しかしてなかったですから、目から鱗です。
何に向けた物なのかを、もう一度考え直して書いてみます。

>>89
その通りです。
新品と中古でイメージしやすく、種類も豊富で鈍重。
個人的に洗濯機がほしいからという理由もあります。

感想ありがとうございました。
まだまだお願いします。
フルボッコにして下さい。

92 :この名無しがすごい!:2010/04/26(月) 23:20:09 ID:iLOT95So
>>86
 感想ありがとうございました。お疲れ様です。

93 :この名無しがすごい!:2010/04/27(火) 00:02:12 ID:+PYfQXeW
>79 コバルトとか分かりませんが、俺の守備範囲で書きます。
・文章はおかしくないか、冗長ではないか
 いくつか気になる部分はありました。
 ex. まったく人間の青年であった。とあるのに、手足は...と続きます。
 これなら、手足は...。とあってから、まったく人間の青年であった。とこないとと思います。

 ex. 今更ながら、男が説明をした。自分はまさしく宇宙人であり、円形の物体はUFOであると。
 まぁ、書き間違いか、消し損ねですよね?

 他にも気になる部分はありましたが、作者さんの実力的に直せるでしょう。

・状況などが理解できるか
 大体は。携帯電話を使用するときに男が近寄ってきたのは唐突に感じました。
 (もっと、距離があるイメージがありましたので)

・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
 男のエロ会話を聞きたいという不毛な希望...否、予感があります。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
 展開というか、エロ会話...(ry

・その他良いところ悪いところ
 他の方と同じですが、冒頭は削除して爆破からの方がいいと思います。
 家電製品は、素でそういう世界観かと思いましたので止めたほうがいいかと。
 コメディ(でいいの?)の割に文章が硬くて疲れます。
 ex.学校から殺人犯... の部分とか、会話文で軽く書いたら駄目なんですか?
 110する場面は、警察が、UFOが落ちてきた。に、そっちでなんとかしてください
 とか、この電話は使われていませんとか、知らん振りをしても面白いかも。
 それか、銃で体育館を破壊して、「素晴らしい!最高のショーだと思わんかね?」
 と叫んでみるとか。 えっ? 誰ですか、俺をオヤジギャグって指差しているのは。

最後に、>91 >フルボッコにして下さい。
 フルボッコにするために書いているわけではありませんのでご了解くださいませ。
 (読ませてくれたお礼と、切磋琢磨のためだよん) では、続き頑張ってください。

94 :この名無しがすごい!:2010/04/27(火) 02:25:23 ID:MM2FarYx
>>79
何度もすまんす、>>88ですが追伸。

新入生と三年生の下りで思いだしたのだけども、あなたの文章は常に、
「○○は××だ。しかし(だから)△△は□□だ。そして主人公は〜」みたいな構成になってて、
常に変化球ばっかりで全然ストレートがない。
多分、わかりにくい比喩より、それが一番鬱陶しかったんだと思う。自分にとっては、読めなくなるぐらい。
そういう文章も「あり」なんだけど、使うべき場所で使って効果を狙わなきゃ、意味がない。

>>88で比喩表現のところでも書いたけど、何が重要で、何を書くべきか、
何を強調すべきか、それを強調するためにはどれを捨てるべきか、
そういうことを考えながら書かないと、盛り上がりの一切ない、だらっと平坦な文章になるよ。
比喩も、同じであろうが別の種類だろうが、使いすぎたら文章全体が曖昧にぼける。

小洒落れた文章なんかいらないから、内容で勝負した方がいい。

95 :この名無しがすごい!:2010/04/27(火) 02:27:44 ID:MM2FarYx
比喩じゃねえや、状況などのとこだな。連投失礼。

96 :この名無しがすごい!:2010/04/27(火) 18:24:26 ID:Q61TFV0R
感想ありがとうございます。
>>93
今更ながら〜の部分は消し忘れではないんです。

章の内容を短くまとめて、半ば章題のつもりで先頭に持って来たんです。
宇宙人との距離感は確かに分かりにくいですね。
一応近づいて来ているところでしたが、書き直します。
爆発からですか…うーむ。
文も軽く書いたつもりだったんですがね…。
>フルボッコ
ごめんなさい。
やっぱり少なからずショックを受けていたので、自虐的になっていました。
善意で感想をいただけているとはわかっています。
>>94>>95
度々ご指摘ありがとうございます。
文章のくせみたいになっているんです。
自分ではあまり気にならなかったのですが、読むのは自分じゃないですもんね。
>小洒落た文章
結構、小手先の文章というか、思いつくまま飛躍するのが好きで書いていましたね。
洒落ているかは分かりませんが、それだけは捨てきれません。

今、これとは傾向の違う話も書いています。
それだとどうか知りたいので、規制が解けたらまた晒しに来ます!

97 :避難所から転載:2010/04/27(火) 22:52:10 ID:6Beka14I
64 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/04/27(火) 22:48:14 ID:16cIws2o
せっかく書いたので転送お願いします
管理人さんならびに転送屋さんお疲れ様です

>>79
・その他、いいところ悪いところについて

ものすごく薮蛇臭がしますが、書かせてください
まず、頭が柔らかいとこは長所だと思います。UFOが来たり教頭が照れたりするのも好感触でした
ただぁし
これは主人公とヒロインが出会う、いわば最初のフックです
そのシチュエーションに意外性がまったくないかなと思いました
教頭を恥じらわせる(日本語、変?w)より主人公とヒロインの出会いをもっと面白くすべきではないかなと

例えば僕ならば
『ヒロインは自販機の釣銭を漁るのが趣味です
例えピッタリの値段のジュースを買ったとしても、辺りを見渡して釣銭を漁ります
今日もぐふふと釣銭漁りのためにジュースを買います
そしたらまぁ、ジュースが出てこない
怒ったヒロイン、自販機を蹴飛ばします
痛い! と自販機が叫びました
驚いている彼女の目下……つまり釣銭口から主人公の乗ったUFOが現れます
……いや、つっかえてますけどね』
と、こんな風に出会いに意外性を持たせる必要があるかな、と
まずは自分の一番書きたい部分を先に書いて、そこから膨らますことも面白いかもしれませんよ?
というわけで……ファ、ファイト!!w

98 :この名無しがすごい!:2010/04/27(火) 23:16:28 ID:Q61TFV0R
>>97
なるほどなあ。インパクトですね。
それに、例文だと主人公との接点も作りやすいですね。
ちょっとライトノベル読んで来た方がいいみたいです。
書きたいところだけ書くと、猥談しか出来上がらない不思議。

99 :この名無しがすごい!:2010/04/28(水) 00:58:16 ID:K/NCYFZK
>>79
会話文が極端に少ないのと、周囲の人間を小馬鹿にするような表現が頻出するのとで、
主人公が中二病少女に見える。てか、主人公にはひとりも友だちがいない設定なのか? 
些細なひと言でいきなりキレる演出も、どう受け取られるか計算して書いてる? 
宇宙人に席をとられる場面も、彼女が村八分にされてるように見え、滑稽というよりも、
ちょっと陰湿な印象。某お笑い芸人のドツキ&いびり漫才に通じるものを感じた。

仏の顔も三度までと言うように、キツいツッコミを使うにしても、それ相応の手順と
それに見合った理由が必要。つか、仏がキレるから面白いのであって、いきなりキレるなら
単にキレやすい人だろ。作者のなかでは「宇宙人は変態で主人公は平凡」が前提なのだろうが、
俺には「おちゃめな宇宙人とヒステリー学園の仲間たち」のように見えてる。
それが狙いならアレだが、いろいろ再考した方がいいと思う。

100 :この名無しがすごい!:2010/04/28(水) 08:17:47 ID:pWy8O8lz
>>99
新クラスということで、友人は当分出て来ません。
会話文が少ないつもりはなかったんですが、文の調子は世界観を出すつもりでしたね。
まあ、上手くいってないみたいです。
中二病に見えるんですか…。
演出過多だとは思っていましたが、いきなり暴力とは思っていませんでした。
見知らない人に抱きしめられたら、やっぱり気持ち悪いですし。
でも、読む方がそう感じるのであれば改めるべきでしょうね。

何しろ、問題は読者を想定していなかったことですね。
書き方を考えるべきでした。

101 :この名無しがすごい!:2010/04/28(水) 10:24:46 ID:ICFlMZi9
>>79
文章的なことや描写方法については他の人が書かれてるので

>・萌えるか、もしくは萌える予感がするか
少女向けレーベルへの投稿を考えてるなら
主役・脇役・世界観にも甘さやを感じられるよう気を配ったほうが
受け入れられやすいんじゃないだろうか。
灰色の学校に桃色の宇宙人が飛び込んできたギャップを楽しむ作品になるのかもしれないけど
灰色部分が重苦しくて、今ある少女向けレーベルじゃどこでも浮きそう。

更に言うと、年齢設定を低めに&桃色の程度を押さえて
児童文学の方が向いてる気がする。


102 :この名無しがすごい!:2010/04/28(水) 23:52:02 ID:rq8e5egF
晒しがないようなんで投下
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0566.txt
【ジャンル】現代ファンタジーバトル
【タイトル】歓喜の魔王
【評価基準】
・二人称を使っているので、その読み心地など
・キャラは良いか
・続きが気になるか
【改稿】否(ナイン)、否(ナイン)、否(ナイン)!
・その昔電撃一次落ちした作品
・ナチネタ、ややエログロ注意
・整形テキストままなのでルビ指定とかたまに混じる

よろしくお願いします

103 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 17:01:45 ID:LIW+/kFs
>>102
【評価基準】以下だけで香ばしすぎて、本文読む気になれんwwww
誰か感想付けてやれよ。

104 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 17:08:49 ID:aXLtinfW
読んだら確かに二人称っぽくなってたw
プロの作家が実験小説で書いたりすることはあるが、まあ、よっぽど自信がない限りやめたほうがよさげ。
人称の問題を除けば、文章そのものはけっこう好きかも。
体言止めが多すぎるが、雰囲気作りは上手い。

聖書ネタとかナチネタは個人的に好きなので、そこそこ楽しく読めた。
特殊な表現にこだわらず、もっと素直に書いたらいいかも。

105 :102:2010/04/29(木) 18:18:43 ID:W8E9WfY/
>>103
香ばしいってあれですか、一次落ちとかナチネタとかエログロとか二人称でっか
一日放置されてんのはそのせいなんだろうか
フルボッコ織り込み済みで投下したらそもそもノーリアクションとかボディブロー

>>104
意外に優しい言葉にびっくり、ありがとうございます
というか感想ありがとうございます大事なことだから二回言います
二人称は私も古川日出男とゲームブックぐらいしか見たことないんでんが
主人公に何か憑いてるよ! とゆう設定を表現できる文体と考えて採用してみやした

106 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 18:36:11 ID:5njS5nge
なんというか、もっと素直に、普通に書くことを覚えたら、化ける可能性がある気はする。

よく引き合いに出される、ピカソのデッサン画じゃないが、奇抜な表現をやる人ほど、
基本的な技法を何度も何度も練習しているものだしね。
まず手堅い話作りに挑戦してみては?

107 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 20:50:05 ID:Yrf62xQN
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0567.txt
【ジャンル】中国っぽい何か。
【タイトル】王の喪失
【評価基準】
・世界観は伝わりやすいか
・文章が堅苦しすぎないか
・漢字が多すぎて読みにくくないか
・登場人物の人物造形がはっきりしているか
・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
・何か感じたこと
【改稿】どちらでも構わないです

これを最初に書き始めたのは4、5年前のことだったと思います。
その時は完結させたのですが、読み返してみるとあまりに拙かったので、
序章部分だけを今の自分なりに書き直してみたものです。
あまり人に感想を戴くことがないのでどきどきしていますが、
よろしくお願いします。

108 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 21:12:37 ID:tCz6fgag
>>102
この作品の場合、「お前」を「彼女」に置き換えても話が通るので二人称としては失敗
つーか、ちょっと読み進めたら
『 あからさまなお前の落胆を聞きながら、私は不吉な予感に襲われていた。』から以下、
私のオンパレードじゃん! これ、二人称じゃないよ、破綻した一人称、ひいき目にみてあげても
超能力者が話者の一人称
章がかわって三人称も入ってきてるし
あたしゃ古川なんとかさんは読んだことないんで影響受けてるのかわからんのだけれど、あのね、
大原則として二人称は最初から終わりまでずっと二人称で通さないと、なーんの効果もないからね

それとドイツ語使ったりラテン語や聖書の語句を持ってきたりしているわりに、語彙や描写、文章が
幼稚なので、厨二病の黒歴史にしかなれないという(口語の聖句とかねえ……)
厨二病でもいいんだけどさ、黒歴史レベルを上まわるようなパワーがないし

結論: あなたの書きたい世界とあなた自身の力量がつりあっていない

朝松健とか知ってる? 魔術戦士(ハルキ文庫からでるけど、できれば大陸書房の新書を)とか、
邪神帝国(ハヤカワJAだっけ)を一読されることをおすすめする

個人的には嫌いじゃないし、自覚的に書いていければ、電撃のなんとかとか、富士見のなんとかといった
シリーズが好きな層にも受け入れられるようなかたちにもっていけるんじゃないかしら
(でも、そうなるとあたしゃ「昔のほうがよかった」とか言っちまうだろうけど)


109 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 21:22:30 ID:W8E9WfY/
>>106
ありがとうございます
文章表現の話から手堅い話りに繋がる理屈がよく分からんのですがどうしましょ
本作自体は議論スレでも書いたんですが、三、四年ぐらい前のやつで
こういう似非二人称はこれ一回切りでした

>>108
>二人称じゃないよ、破綻した一人称
ああ! そうかしまった!
なんかおかしいと思ったらそれが原因だったか……!(二人称名乗るべきじゃなかったね)
力量が釣り合いませんか、ごもっとも
今書いたらどうなのか分からないけど…どうなんだろうな…
朝松健はマジカル・シティ・ナイトだけですね
それでは、ありがとうございました

110 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 21:39:57 ID:0r1xWV04
>>107
申し訳ないですが、酷評です。酷評を読む気力がなければ飛ばしてください。








最初の方、「思う」が使われているが主語がない。
誰が思っているのか、読み進めたがよく解らない。

存王派と滅王派が戦争をしている理由が分らない。
王は病にやみ、跡継ぎもいない。
そのまま王が死ぬのを待てばいいって感じがする。

そう思えた時点で、読めなくなった。

冒頭でもっと感情移入できるように、誰の視点かはっきりさせる。
国王が死病に冒されていても、なぜ、滅王派は戦うのか。
なぜ世継ぎのいない国王が戦い続けるのか。
それを早々と開示した方が良いと思う。

「どうして戦うのか」を興味の持ちどころにしてるのかもしれないけど
そうしないと自分みたいな性格の人間は逆に興味が続かない。

あと悠玄というキャラが出たあたりまでしか読んでないけど、
文章は堅苦しいとは思わない
漢字は多すぎるとは思わないが、冒頭にでも固有名詞一覧の読みがあると個人的にうれしい。
(投稿するときなどはルビをふるんだろうけど、ネットではそれも難しいので)
世界観や人物造形については、上に書いたとおり、内乱が起こって、さらに継続している理由が
わかりにくいので……。
国王が暴君ってのなら、まだ少し解る気がするけど、暴君ってほどでもなさげだし……


111 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 21:57:03 ID:Yrf62xQN
>>110
とりあえず、さらりとでも目を通してもらえたようで嬉しく思います。
スルーされることも覚悟していたので、反応がもらえただけでありがたい。
最初の方にしか目を通してもらえなかったということは、
読む人の心をつかめるような文章ではなかったということですね。
三人称で話を進めつつ悠玄視点で書いていたので、最初の主語をすっ飛ばしていたようです。
もう少し先まで読んでいただければ戦う理由のようなことに触れていたのですが、
私の力量不足だったようです。精進します。
自分では少し堅苦しいかな、漢字が多すぎるかな、と思っていたので、
その点では安心しました。ご意見ありがとうございました。

112 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:00:07 ID:LqSAhX09
>>107
・世界観は伝わりやすいか
分からないことはないけれど、情緒や魅力はあまり感じないかも。
・文章が堅苦しすぎないか
堅いですね。作者さんも無理してるんじゃないかと推測してしまいますが。
・漢字が多すぎて読みにくくないか
清朗とか、恥ずかしながら、意味が分からなかった。
って、固有名詞だと今気付いた。
実は鴻国も最初、熟語かと思って意味を悩んじゃった!
・登場人物の人物造形がはっきりしているか
主上って誰?・・・環笙か?あれ、冒頭で出陣したんだよね?
ああ、居ない人に呼びかけたのか。居るのは悠玄と李嵐稀の二人か。
>年は四十に届こうかという頃だが、実際の年齢よりも若い印象を与える。
どっちのことについてか全く分からんもん!
・・・大混乱なんだよ!
人物造形以前に、誰が誰かわからない!
・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
もう、解読作業って感じです!!
・何か感じたこと
あなたは意味が分かっても、読んでるこっちとしては
「どっちのこと?誰のこと?」だから!
「身罷る」を「身籠る」と読み間違えた。
男しか出てきてないのに身籠った不思議!とかなってた。
悠玄が丁寧語で話してるの読んでて、もしかして悠玄って女?と思って読み返して
「弟」って行ってたから男と断定して・・・

くそう、感想を書こうとしても解読作業になる。

113 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:14:21 ID:Yrf62xQN
>>112
この作品を書いてからしばらく放置していて、また書き直しては放置。
↑これを何度か繰り返してきたので、自分だけ分かったつもりでいたのかな。
読者に伝わらなければ意味がないのに、雰囲気だけで書き進めていたのかなと思いました。
とにかく、日本語でありながら読解不能な文章であることは分かりました。
盛り込みすぎに加えて、説明が足りなかったようです。
短い文章の中に4人も5人も人物が登場すると、ごちゃごちゃしていますよね。
また次に書き直す時は、登場人物を減らして事実を明確にすることを心懸けます。
ありがとうございました。

114 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:15:11 ID:W8E9WfY/
>>107
上でシバかれている者だけど、感想は自由だから勘弁してね!
あと棚上げ酷評もご容赦
とりあえず読みましたが、下手じゃないけどつまらないという印象です
何というか冗長、中々話が動かない感じ
滅王派と在王派がそもそも何で争うのか分からないのに、
冒頭数行で明かされた説明を、そのままキャラの会話でも繰り返している
その後でも少しずつ話が動いているけれど、どうももっさりした感じ
また、>>112さんが言うように人物は誰が誰だか分かりませんでした
名前がルビなしで読みにくいのと、キャラが掴みにくい感じがあるからかな
こう、文を読んでも浮かぶ印象が透明人間というか…色がないというか
設定は理解できるけれど、それだけという感じです
やってる会話も通り一遍の台詞回しで、その人らしさ、というのに欠ける印象でしたし
「○○というキャラがしゃべってる」のではなく、
「Aという人物がこういう立場を演じた台詞を言っている」ような、シミュレーション的で
現実感や……キャラクターが生きている感じがしない、無味乾燥な会話ばかりだったと思います
最後まで読むとちょっとキャラが見えてくるけれど、続きが気になるほどでもありませんでした
このままずっと淡々としたスローペースで進むのかと思うと読む気力が…


115 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:17:04 ID:viAa8+UC
>107
・世界観は伝わりやすいか
 大体は。

・文章が堅苦しすぎないか
 硬いですね。でも世界観とはあっているかもしれません。

・漢字が多すぎて読みにくくないか
 漢字以前に、登場人物が多くて分かりません。
 ex. 廉悠玄(れんゆうげん?) まず、読めません。で、姓名が分かりません。
   次の次の文で「悠玄が、」と始まっていますが、一瞬誰か見失いました。
   まぁ、そこより、「烟浪玉は」と書かれているのが一番混乱しましたけど。
 ex. 凋華清とかいきなりでてきても誰かさっぱりです。

・登場人物の人物造形がはっきりしているか
 それなりに分かります。 

・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
 個人的には、あまり読みたいとは(後述します)。

・何か感じたこと
 全体像が分かりませんが、これが冒頭ならまず読みたくなくなると思います。
 だって、雰囲気がくらいですよね。動きが無いですよね。
 これが、贔屓の作家さんなら読みますが、そうでないならなおさらです。
 ラノベ的には他のシーンを用意したほうがいいと思います。

 地の文で環笙と王が使い分けられていて混乱します。王に統一した方が
 読みやすいと思います。

 三人称なのだから、悠玄の描写を入れたいですね。
 というか、一番初めにいれたいです>110と同様の理由です。
 なんとなく、悠玄と嵐稀の視点がぶれる気がしました(俺の問題かも)。
 いや、「嵐稀は慰めるように(ry」は、嵐稀視点に見えます。
 
 文章自体は悪くない気もします。では頑張ってください。
 (でも、息子登場シーンから始めてくださいね)

116 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:40:58 ID:Yrf62xQN
>>114
自分は貶されて伸びるタイプなので酷評でも気にならないです。
こうしていただいた感想を読んでいると、
自分はこの作品と長く付き合いすぎたような気がしてしまいました。
削るべきところは削らず、削らなくても良いところを削っているようですね。
序章は大切なつかみの部分なのだから、もっと丁寧に書く必要があると再確認しました。
もしかしたら、一番最初に書き上げた時の状態が一番マシだったのかも。
日頃から色や音、質感のある話を書きたいと思っているのですが、
私の力量では遠く及ばなかったようです。出直す必要があると分かりました。
こういった世界観を書くのがはじめてだったので、手探り状態だったということもありますが。
だらだらと書いてしまうのが私の悪い癖です。

>>115
細かいご指摘ありがとうございます。
とりあえず、これが魅力的な文章でも物語でもないことがよく分かりました。
人名やら地名やらが乱雑に入り交じっていると混乱を招くことが、
皆さんの指摘から得られた一番の収穫だと思います。
もういっそのこと序章は廃除してしまおうかと考えてしまいます。
ここまでけちょんけちょんにされると、逆に清々しい…ありがとうございます。
視点もふらふらしていたみたいですね。
三人称だけど視点は悠玄の斜め上あたりからを想像して書いたので、
彼の描写が少なくなってしまったのだと思います。
自分にはまだ三人称は早いようなので、一人称から出直してきますね。
(因みに、息子の登場は二章からという非常に鈍足なお話でした)

117 :避難所から転載:2010/04/29(木) 22:42:40 ID:IsyL38Cl
66 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/04/29(木) 22:39:10 ID:XabhbVH2
規制解除後19時間で再規制だって!?
せっかく読んだし、レスもまだ少ないようなのでお手数ですが転載お願いいたします。

>>102
うん。どこをどうしたらよくなるのか、さっぱりわからないな。
酷評するけど、俺と好みがあわないからっていうせいもあるから、消費税分くらいは割り引いて考えて。

まず、人称表現。
これ、二人称じゃないね。一人称。で、禁じ手の視点の変化を堂々と犯している、と。
いきなり視点が変わると、誰が何をしているんだか、わからなくなるよ。
特に一人称は、三人称みたいに便利に主人物の周りの状況を説明することができないんだから。
というわけで、読み心地は最悪。エンターテイメント小説で無理して読者の理解に障害を作ることはないよ。
一番書きやすくて分かりやすい人称で書くのが一番。

で、キャラクター。
ごめん。どの人物も人格破綻者にしか見えないな。
人称のせいで描写が足りてないっていうこともあるかもしれないけど、
全くその人物が想像できない。
いくら非現実で不条理な世界観でも、現代日本に住む人間を取り扱う以上、キャラクターにはリアリティが必要。
親父さんはなんの前触れもなくキャラ崩壊を起こすし、
ニコラスは誇り高き騎士団の一員なのかただの変態なのかわからないし、
(普通は女装させられるって最大級の屈辱だよ。騎士団の、それも地位の高い人物ならばなおさら)
主人公に至っては、もう、なんかね。人間じゃないよ。こんなの。人間の心性じゃない。

続きは気にならない。あっても読まない。読みたくない。

最後に、いくつかアドバイスらしきものを。
・行を開けての場面転換は出来るだけ減らす。文庫体裁にして印刷すればわかると思うけど、多すぎ。
・物語に必要ならばエログロは許容するけど、不要なエログロは読者を不快にするだけ。削れ。
・グロもそうだけど、なんでわざわざナチスと絡めるのか、必然性がない。新人賞で勝手にハードルあげてどうするの。
以上。

118 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:54:00 ID:W8E9WfY/
>>117
オッス! ボッコありがとうございます!

>視点の変化
この欠点は自分も後年というか近年になってようやく理解してきました
書いている時はすごく楽だったんですが、単に逃げてるだけだったんだろうなあ
今も視点ブレ起こすのではないかと結構ビクビク
>キャラ
人格破綻はある程度狙ったけど、その結果が何か大失敗って感じですかね
父のキャラ崩壊は…ギャグパート?
主人公は、中二病キャラを目指してガイキチっ子になったようなものですな
こんなの人間じゃねーよ悪魔姫だよ、とは友人談
不要なエログロ部分については、ほんと反省してます……

119 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 22:54:48 ID:PZzduFRB
>>107
晒し部分での粗筋。

国民全員が迷惑しているお家騒動的な戦を続けるべく、王の息子を守るんだぜ!

12SDPも使ってこれはないわー。


文章については、硬いというよりめんどくさい。
例えば冒頭の冒頭。
時代の話をしていて時代が終わる兆候の話に移ったと思ったら、いきなり人物描写に入って混乱。
視点を変える時はひと言でいいから説明がほすぃ。

>当時の国境付近を通り向ける道すがら、その昔この辺りには浄州から逃れようとする民の列が後を絶たなかったと、父がそう語っていたことを悠玄はふと思い出していた。
このへんも象徴的。
まず一文自体が長いし「浄州」がどういうところなのかわからないから文章全体の意味がわからない。
むかしの王都は災害などが酷い土地から人々が避難してくるような場所だったのに……。みたいなことを言いたいのかな? と脳内補完するしかなかった。

戦争によって王都がぼろぼろになってる。ってのもわからなかった。
戦時中といっても首都だの王都だのは案外に平和なものだよ。
というのも、戦争するには食料や武器の確保が必須作業で、ぼろぼろになった国ではそれを生産できないから。
逆に言うと、王都がぼろぼろになるほどの戦争をやっているようじゃ王がいるとかいないとかは関係ない。それ以前の問題で負ける。
リアリティを追求したいならこういう部分は徹底して煮詰めないといけないし、リアリティ薄めのファンタジーにするならもうちょっと軽い文体にしてほしい。

120 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 23:12:15 ID:Yrf62xQN
>>119
序章で何を書きたかったかというと…と書こうとして、そこまで書きたかったことなのか?
と思ってしまうほど、書いた本人でも話の内容がよく分からん状態になってきました。
王位争いとかそれに準ずる戦は否応にして自分勝手で、
国民全体が迷惑しているものなのじゃないかと考えていましたが、
自分が書くには力不足(これもう何度書いたかな…)な物語性だったみたいですね。
序章ってその物語の雰囲気をつかむ場所として書いていたけれど、
余計に混乱させてしまうような文章だったのだなぁと今は思います。
あれもこれもそれも、ここに晒さなければ気づくことができなかったものなので、
結果的には晒してよかったです。的確なご指摘、ありがとうございました。

121 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 23:29:52 ID:tCz6fgag
>>107
・世界観は伝わりやすいか
・文章が堅苦しすぎないか
・漢字が多すぎて読みにくくないか
→特別問題なし、普通に読み進められる。中華モノだと思って読めばなおのこと

・登場人物の人物造形がはっきりしているか
→キャラの描き分けはできてると思うけど、中華で宮廷というと既存の作品のキャラが浮かんでしまうのが
弱点でしょうね

・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
→ラノベとしてはいまのままでは弱いが……(後述)

・何か感じたこと
中華モノという時点で、それに手を出す読者は漢字が多いとか、誰が誰だかなんてことは言わんだろうから
あまり気にすることはないと思うが、幅広く読んでもらいたいのであればもっととっつきやすくしないといけない
でしょうね
一般的に、読者はめんどくさそうな地の文は飛ばして無視するけど、読み飛ばせる余地がない←たぶんいまは
こんな状態
今際からはじめるとか、悠玄が王の忘れ形見と出会うシーンから回想につなげるとか、やり方はいろいろあると
思うけど、あなたの描きたい物語の綾とラノベのスピード感があわないのではという気がする

そういったことを割り切って書けるのか、あなたの良さをスポイルしてしまうのか、それともうまく織りあげることが
できるか――文章は書き慣れているし、あなたのなかではあるていど踏ん切りもついたようですが、そこんところ
がちょっと(大きなお世話な)心配

戦火の吹き荒れる都、陰謀渦巻く宮廷、王の崩御と明かされる落胤の存在、皇子捜索の命、妨害、暗殺、逃走劇、
出生の秘密とふたりの誓い、都への帰還と戴冠(と中国では言うのか?)etc,etc...勝手に盛り上がりましたが、王道の、
いい題材なのであなたの持ち味を活かしつつ、さらにすてきな物語になりますように


122 :この名無しがすごい!:2010/04/29(木) 23:38:46 ID:G+uhNzG9
>>107
・世界観は伝わりやすいか
→既存の作品が頭にあるせいかも知れないけど、すんなり読めた
・文章が堅苦しすぎないか
→世界観にあってるから問題ないと思う
・漢字が多すぎて読みにくくないか
→同上。ただ、説明のない固有名詞が多すぎると感じた
・登場人物の人物造形がはっきりしているか
→地の文ばかりじゃなくて、台詞にもう少し個性が欲しかった
・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
→展開が遅いので正直読みたくない
・何か感じたこと
→基本情報が小出しにされていて、逆に頭に入りにくかった
これは好みの問題かもしれないけど、何という名前のどういう国がこういう理由で戦乱状態で
こんな考えとこんな考えの陣営が戦っていますっていうのを、王個人の描写より先に簡潔にまとめて説明してほしかった

123 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 00:01:11 ID:ZbrzJTO+
>>107

ざっと読みしかしてないですけど。

個人的には他の方が書いていたような世界観の混乱はさほど感じませんでした。
これが序章なのであれば
いちいち国の制度やらあり方なんかを説明した上で話が進むのではなく
話を進ませながらそれを明らかにしてゆく方が小説らしいのではないと思うので。
(その後もさっぱり解説がないなら問題ですけど、頭から説明ばっかりある方が読む気が失せる)
とはいえ、ラノベという観点では迷いなくすっきりわかりやすいがいいのかもしれませんが、
面白みはないかなと。

気になったのは悠玄と嵐稀がさっぱり区別がつかないこと。
どっちの身分が上なのか下なのか
会話がともに丁寧語なので立場がわかりません。
礼儀正しいのだとしても、2人きりのときはわざとどっちかを崩させるかへり下させるか
あったほうがいいかも。
役職名で詳しい人にはわかるのかもしれませんが。

文章は硬めだけど、この内容ならばこの程度の硬度はいると思う。




124 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 00:04:27 ID:ZbrzJTO+
123です。
嗚呼誤字発見、意味が取り違えられそうなので補足。

×小説らしいのではないと思うので

○小説らしいのではないか、と思うので

ちなみに自分だったら……
最初に主人公の描写、王のもとへ行く前にさらっと国描写
このシーンが終わったら5枚分ぐらいかけて世界観と国に関する説明章挿入
て感じでバランス取ります。

125 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 00:57:11 ID:iBZLw1Kq
>>101
遅くなりましたが、感想ありがとうございます。
少女レーベルに、と思っていたのですが、明らかに勉強不足でした。
児童文学というより、逆に主人公の年齢ももっとあげて、
イケメン設定も取っ払って、ファンタジー色も薄めようと思います。
ライトノベルでは無くなるのが唯一の欠点ですが…。

126 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 01:28:57 ID:6B2lEM0P
>>125
ラノベにしたいなら、主人公を美人生徒会長にするといいよ

これから生徒会長挨拶→UFO墜落→激怒したヒロインは、まっさきに現場に駆けつける
→「責任者は誰? 出てきなさい」→UFOの一部がカパっと開いて「はーい、ぼくです」
→王子様オーラにみんながうっとりするなか、唯一人平気なヒロイン
→「わたしの挨拶を台無しにしやがったのはテメーかっ!」→げしぼか「ひでぶっ」

ほーら、ラノベになった
少年向けだけどなw

127 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 02:25:01 ID:kQAIrDrt
>102
・二人称を使っているので、その読み心地など
 単純に読みづらいです。
 二人称もそうですが、オヤジ(魔王)の立ち位置が良く分かりません。

・キャラは良いか
 あまり好きになれません。
 唯一、ニコだけはいいかな。

・続きが気になるか
 終わってますって。正直なところは続きはいいかなという感じです。

・その他
 途中から眠くて辛くて相当流しましたので勘違いとかありましたらご容赦を。 
 まず、場面の想像が難しいです。抽象的ですいませんが。
 次に山科が死んだのに、衣奈は平然としているように見えます。
 もう少し、感情的なものがあってもいいと思います。
 騎士が順番のように襲ってくる(現れる)展開も単調に感じました。
 何らかの面白みが欲しいですね。
 また、友達を殺した騎士を部下にするのは気分的に共感し辛いです。
 オクターヴィアが母親...。しかも敵? 俺の脳みそでは何が何やら分かりませんでした。
 


128 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 06:34:04 ID:cloAR7kv
>>127
おはようございます、ありがとうございます

二人称のつもりが単に間違えていたので、読み心地についちゃホント申し訳ない
キャラはまあ、ガイキチに書いて失敗しましたからねえ
女装ネタは一応冗談のつもりだったけれど
続き……話は一応終わっているってことですか?
終わってないとコメシで言われたので、これは意外

衣奈は平然としすぎですね、何か人間の心理から随分離れた子になりました
一応内面じゃショック受けているはずなんですが、あっれー? という

>友達を殺した騎士を部下にする
悪霊やモンスターを式神にするようなイメージで設定していました
ただ、配下後のやりとりが和気藹々過ぎたかも

>オクターヴィア
ここらはどこがそんなに混乱されちゃったのかよく分からないので
こっちもちょっと説明しずらいです…作中で書いた通りとしか
でも単純に俺の書き方が悪かったんだろうなあ(間違いない

129 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 19:29:44 ID:cOywlF+B
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0568.txt
【ジャンル】 現代ファンタジー?
【タイトル】 妖精(仮)
【評価基準】 序盤でだれてるか
ラノベに合った文章か ・第2章は必要だと思うか ・キャラの個性は出ているか ・世界観はわかるか
単純に面白いかどうか ・他気付いたことなど
【改稿】 なし

長い上オチの公開はしないんですが、それでも読んでやるよ! な方感想お願いします
改稿前に感想を聞いておきたくて晒します。
二章のあり方をがっつり消そうかと思ってるのですが

130 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 19:51:30 ID:tUyS+NhX
>>129

 嫌がらせとかじゃなくて、数行で投げた。
 初っぱなが当たり前に見える風景の描写で読むのにパワー使う。
 次の章の頭の方が興味引く事書かれているみたいだから、序盤いらないと思った。
 結構プロローグ部分を抽象的な出だしで行くのは在り来たりかと。意外性なんてないし、面白いシーンから始めようとした方がいいと思われ。

131 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 19:54:51 ID:tUyS+NhX
 悪い。風景の部分誤読だ。

132 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 20:31:00 ID:tgkCoH55
当方>>107です。遅レスすみません。
>>121
これまで酷評三昧だったので、好意的な感想を読んで逆にびくびくしてしまいました。
既存の中華ものにはいくつか目を通していますが、キャラかぶりしていたのでしょうか。
そのつもりはなかったのですが、自分では気づかないところで似てしまったのかもしれないです。
ラノベである必要はあるのか。一般に移行した方がいいのではないか。
そのような感じに読みとれましたが、このままラノベとして仕上げるのならば、
もっととっつきやすい序章にする必要があるみたいですね。
いろいろと詰め込みすぎてあれかなと思いましたが、それだけ材料があるということは、
料理の仕方次第では、まあ読めないことはない作品くらいになるのでしょうかね。
心配までしていただいて恐縮です。ありがとうございました。

>>122
的確なご指摘ありがとうございます。
やっぱり既存の作品が頭をちらついてしまうみたいですね。
まあ、うん、確かに影響は受けているのだと思います。好きですので。
個人的に地の文よりも会話文を書くことが苦手で、
その為に個性が出しにくいのかなと思いました。これは慣れるしかないのでしょうね。
鈍足スタートは私の悪い癖なので、他の作品を書く時も気をつけたいと思います。


133 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 20:47:44 ID:1rSpjKg+
>>129
序盤でだれた。
謎的なプロローグは、格別に特別な状況じゃないと邪魔臭いだけ。

女装についてもページ数をかけた割りには萌えと繋がっていない。
なぜかと言えばキャラ描写も心情描写もまったくないから。
かといって、見知らぬ人間の描写を淡々とやられてもうっとうしい。

要するに女装ネタ自体が投稿作でやるのは不利なネタ。
漫画や既に地位を得たラノベの場合は絵のフォローがあるからいいけど投稿作じゃないからね。

134 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 20:53:38 ID:tgkCoH55
>>123
やっぱり、人それぞれ文章のとらえ方は違うみたいですね。
酷評に慣れていた頃だったので、少しむずむずとしてしまいました。
少し客観的になって序章を読み返してみると、確かに皆さんのおっしゃる通りだと感じました。
地の文がどこにかかっているのか、何について説明しているのか、
主語を明確にしていない部分や曖昧に書きすぎている部分が目立っていたように思います。
登場人物の台詞の書き分けは、他の作品でも自分にとっての課題です。
ありがとうございました。


性懲りもせずという感じですが、晒しスレの洗礼を受けたついでに、
もう少しだけご意見を聞かせていただければと思います。
序章に目を通してくださった方は、それを踏まえた上でのご意見をよろしくお願いします。
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0569.txt
【ジャンル】中華風のもの
【タイトル】息吹
【評価基準】
(前回と繰り返しになってしまいますが)
・世界観は伝わりやすいか
・登場人物の人物造形がはっきりしているか
・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか
・序章を読んでくれた方は、何か違いを感じるか
・他に何か感じたこと

135 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 21:23:39 ID:tgkCoH55
すみません。
書き忘れましたが、晒しは序章からの続きです。

136 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 21:30:40 ID:2io+c7yc
>>129
1まででギブ。

>ラノベに合った文章か
合わないと言うほどではないが、読みにくい。
改行や1文のペースが一定過ぎるのと、文字が詰まりすぎて黒っぽいせいと思う。
それと、もう少し推敲とか見直しとかをちゃんとしたまえよ。
「妖精と一緒に学校に通いたいためにここを受けていたため」って。

>キャラの個性は出ているか
1までじゃわからん。
少なくとも、区別がつかないほど酷くはない。

>世界観はわかるか
世界観の展開が遅すぎる。
女装がどうの、姉がどうのとか、そんなことより妖精を先に出したまえ。
普通の世界と思って読んでるのに、いきなり普通に妖精に出てこられても…。

>単純に面白いかどうか
女装の奇妙さとか萌えとかより、いじめの怠さの方が強い。
何が面白くて、興味の芽生えていない人物が虐められる風景を見なくてはならんのか。
しかも、突き抜けてもなくビミョーな、なまぬる〜いやつを。
どこらへんで読者を面白がらせられると思って書いたのかを、逆に聞きたい。

>他気付いたことなど
いらつく登場人物ばっかりなんだけど、これはわざとなのか?
少なくとも、学級委員以外の名前あり人物は、現状では無意味に主人公に嫌がらせをするやつばかりなんだが。
書きたいものを書くのはもちろん当然だが、読ませて楽しませることも考えながら書かないと、読めるものにならんよ。

137 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 21:39:03 ID:5K3GVY/S
・序盤でだれてるか
 だれましたね。読んでて疲れました。
 小人視点の描写からいきなり別の人物へと移り、しかもその後状況説明がしばらく続いてますので……
 描写がぶつ切りなのも良くないです。
 次から次へと新キャラや新しい設定が出てきますが、そのどれも印象的ではありませんでした。

・ラノベに合った文章か
 ラノベに合った文章かと聞かれると少し悩みますが、多くの人に受け入れられる文章だとは思います。

・第2章は必要だと思うか
 絶対必要だと思います。そもそもここ削ったら話の核がなくなってしまうのでは。
 ああでも、これから改稿するならその辺も含めて考え直す予定なのでしょうか。  

・キャラの個性は出ているか
 出てないと思います。

・世界観はわかるか
 さっぱりです。調理科の設定はどこへ。
 妖精さんを調理する展開がくると思ったのに……

・単純に面白いかどうか
 面白いとは言えません。 

 一時間程度でざっと書いた感想なんで、>>129 さんも流し読みする程度で読んでもらえれば幸いです。

138 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 22:54:17 ID:ZbrzJTO+
>>134

123です。
普段こういうスレそのものを覗かないのですが
今回は乗りかかった船なので拝見しましたが……かなりしんどかったです。

最後まできちんと目が通せなかったので多少誤解なりがあるかもしれませんが、以下が感想です。

>・世界観は伝わりやすいか

 前回同様、架空の中華世界でリアリティ重視であることは わかると思います。
 
 ただ、気になるのが中華モノとしての固有名詞のつけかたです。
 どなたかも書いていましたが「清朗」て何? て思ってしまう。
 後から固有名詞だと気づくのですが都の名前としてはどうかな、と。
 私は中華モノをあまり多く読んだことがない方なのですが、中国語学習者でして
 「清朗」という文字面が何度読んでも形容詞にしか思えない。
 (実際に存在する語です)
 普通の方にはこれは人名に読めるのではないでしょうか。

>・登場人物の人物造形がはっきりしているか

 これが一番問題だと思います。
 正直、庭のシーン以後もう誰が誰だかわかりません。
 誰の会話だかもわからないので、結局ストーリーすら追えなくなります。
 書き分けが苦手なのならば、いきなりこんな大人数の会話は無謀でしょう。
 中盤以降、読み手がキャラを識別できるようになったからならまだしも……
 
 一番問題なのは主人公の性格が感じ取れないことではないでしょうか。
 だから物語にどうしてもついていけない。
 
 途中地の文なしの会話のみがずっと続きますが
 コレが許されるのって読んでどれが誰の言葉かわかる個性がある場合のみかと。
 そういう意味ではラノベって個性重視だなと思うところです。


139 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 22:55:29 ID:ZbrzJTO+
>>134
138の続きです

>・続きを読みたいと思う気持ちにさせられるか

 残念ながらこの先は厳しいかなと。
 
>・序章を読んでくれた方は、何か違いを感じるか

 序章の方が読めました。
 緊迫感があったというか、多少の問題はあっても読めたんですよね。
 でもこちらは無理でした。

 本当にこれは序章の続きなのでしょうか?
 もっと後のところをすぱっと抜いてきたような印象です。
 だからこうもキャラがわからないのかな、と思っていたのですが……
 
 最初は読者にキャラを覚えさせるためにもっと少人数で
 性格がわかるようなエピソードを入れていくのが吉かと。

>・他に何か感じたこと

 コメント者の意見に左右されて全部あれこれ直す必要はないと思います。
 (いや、直すべきところもありますけど、言いなりの必要はないかなと)
 自分の持ち味を活かして、伸ばしてってやらなければ
 キャラクタと同じ、書き手も埋没して無個性になってしまうだけです。
 ゆったりとした流れでも暗い内容でも個性ならいいと思います。
 
 ただ、自分がこうだと感じる想いを、もう少しだけキャラクタに分けてやれませんかね?
 物語世界はきっと書き手さまの頭の中に広がっているんだと思うんです。
 でもキャラクタがその物語の駒になっている印象です。
 感情があるのかもしれないけど、伝わらない。ただ台詞を言っているだけに聞こえます。
 もう少しキャラクタを人間に近づけてやってあげれば……
 それだけでかなり違うはずなのです。

 どんなありきたりの定型タイプでもいいから、
 思い描いたそういう人ってのを最初から最後まで貫いて描いてみることをオススメします。
 
さて、私も書き手に戻ります。
人のことはよく見えるけど、自分のことはナカナカ難しいですね。

長文失礼。

140 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 23:09:24 ID:ZHU5jgq9
>>134
以下>>107>>134も最後まで読んでない人間の評なので
もっと後ろを読んでくれれば、感想も違う!
と思われるかも知れませんが。

酷評です。すみません。



冒頭の数行で、中華系の既存作品の影響を感じました。
最初の文章が、物凄く既存作品のパロディ的で
劣化コピーのような印象を受けました。

これは話の骨格はそのままで西洋ファンタジーとか
中東ファンタジーとか、中華風以外に置き換えた方がいい気がします。
中華でなければいけない理由が感じられないし、
中華であろうとすると、どうしても既存作品の劣化コピーの印象がぬぐえない

最初に晒された序章は北欧、バイキングなどをモチーフにしても
けっこう似合うと思いましたが、どうでしょうか

141 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 23:27:02 ID:cOywlF+B
>>133
女装の件は、オチに繋げるつもりだったのでそのまま使います
以前キャラ描写はやりすぎないほうがいいと言われたので。あっさりしすぎですかね
心情についてもバランスを取ってみます

>>136
「ためため」は完全に見落としでした。
いきなり妖精がいる描写をするか、少しづつそれを書き出していくか迷っています
いじめっぽいすか? ちょっと変わった人を敬遠してるようにしたかったのですが
ちなみにいじられるような主人公にしたいかな、と。
>いらつく  意図有りです。やりすぎましたか


142 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 23:32:56 ID:cOywlF+B
>>137
プロローグだけ妖精視点で、本編は主人公視点にしました。よくある手法なので有りかと考えまして
文章多く感じませんでしたか? もっと削れるかなーって気がして
2章まで読んでもらってありがとうございます。俺は頑張っても二章の途中までと考えていたので
1と2をまとめて一つにするべきかと考えています。笠原がいきなり妖精預けてとんずら的な
>妖精調理 個人的には好きですが、そういう話じゃないw

キャラ、心情、風景を何処まで描写するか問題なんですかね?
画面が黒くならない程度に

143 :この名無しがすごい!:2010/04/30(金) 23:43:21 ID:zJpP9qOe
>>129
・序盤でだれてるか
冒頭の印象は「細かいこと気にしすぎ!」だった。
蛍光灯について四段落とか。しかも伝えたい内容は「いつもと違う」だし。
>落ち着けば、それが人間の顔だと
いや、読んだ感覚としては、人間以外の顔だと思ったりしないし。
前のほうで「人物」って書いてるやん!その時に人間の顔だって認識してると感じるやろ。
>瞬時に状況を把握した彼女は
後ろを読んだ限り、誤解してたんでしょ? 把握してなかったんでしょ?
女装写真についても、内容の割りに細かいって感じてしまった。
女装写真に付いて要約で済ませているけれど、故に説明って感じがしてしまう。
これは要約じゃなくて、象徴するシーンを一シーン描くべきでは?
>かな恵のストレスのピークはまだ二回あった。
「まだ」って言葉が時制を無視してるように思うが。回想として描いてるし。
「田代のせい」ってのが繰り返されてるけど、その姉のせいじゃんって思えるのだが。
>田代の協力を仰ぎ ってあるし、味方っぽい気がした。
逆恨みじゃん?
>息切れをおこして
ここまで要約で、同じ時期でシーンを始めるのは変な感じ。
「序盤」枠で書くのはここまでとして、下に続きます。
まあ、だれたっていうか、期待はあんまり持てなかった。
文章は悪くないと思うけど、意味的に突っ込みたかったり、
俺的には興味ない所にむやみに詳しく書いてたりでした。

ラノベに合った文章か
文法、文章については、ラノベでもアリだと思います。
・第2章は必要だと思うか
たどり着けなかった!
・キャラの個性は出ているか
ラノベ的には、名前出した瞬間に個性を表現すべきではないでしょうか。
広輝からして、出てきて中々個性を感じない。
 ・世界観はわかるか
冒頭読んだ限り、いじめられっ子の現実世界。
唐突に妖精!!!
単純に面白いかどうか 
なかなか面白みにたどり着けない。

読みながら感想を書いています。
息切れ〜以下。
>ここが広輝が三年間を過ごす学校と所属クラスである。
「ここ」=「科」=「クラス」と書かれるとどう理解すればいいのか困る。
「ここ」とか指示語の指す名詞は前に出てきてないと駄目だからね?
>ざわめきが一瞬で収まり、
クラスメイトは常に入ってくる人間に気を払っていて「一瞬」で気付き
「一瞬」で広輝と認識し「一瞬」で黙ったんだ。すごいね。
>広輝は何か言わなければと焦燥感にかられ
同意できない焦燥感だなあ。
>広輝が何かの用事があって声をかければ普通に返してくれる。
時制がすっ飛んでる。今までまるで初めての扱いみたいだったのに、
状況が継続した後のまとめ話になってる。
その後は、もう、いつの話か全く分からんよ。
・・・いきなり妖精が出てきたあぁぁぁぁ!!!
ごめん、笑ったぜ。大笑いしたぜ!
>認識を持たれている。
主語は何でしょう?主語を想定しようとすると分からないよね、これ。
>そうすれば、女装の件があっても妖精をきっかけにして
分からないでもないけど、論理がかなり飛躍してると思うのだが。

ああ、俺、今、酔っ払ってるので手加減気遣い無しです。
ゴメンナサイ。

144 :避難所から転載:2010/05/01(土) 00:00:37 ID:Zkp7KY1b
68 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/04/30(金) 23:34:06 ID:pUYMaoo6
この時間帯はPCを使えない上に携帯が規制中なので、どなたか転載をお願いします。

当方>>134です。
細かいお返事は携帯からではしんどいので、日を改めてさせてください。すみません。
とりあえずは酷評を覚悟していましたが、今回は昨日の皆さんからの感想を反映させた文章ではありません。
序章と同時期に書いたものです。まあ、これを言っても意味ないことかもしれませんが、
この話を書きはじめたのは数年前のことで、原形は今とほとんど変わっていません。
設定やら名前やらが既存の作品と似通っていたかもしれませんが、その時は自分自身も既存の作品を読んではいませんでした。
しばらく放置していたのも、あまりに被っている設定だったという理由もありました。
できたらこれを書き直して投稿してみようかなと考えていましたが、中華畑が私には根本的に向いていなかったようです。
中華風の話はすっぱり諦める決意が固まりました。ありがとうございます。

145 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 00:03:59 ID:m8Fo+ur7
>>141
ID変わったと思うけど、>>136

>ちなみにいじられるような主人公にしたいかな、と。
弄られるキャラと敬遠されるキャラをどうやって両立させるんだか、見物だ。素直に。

>>いらつく  意図有りです。やりすぎましたか
妖精の話を先にするかどうかもそうだけど、先まで読んでもらえなければ、
どれだけ書きたいことを思うままに書けていたとしても、意味はない。
作者の意図より、読者の意識を優先的に考えるべき。

146 :121:2010/05/01(土) 00:04:09 ID:T5UFydPn
>>134
こんばんは、前回書かなかったことなど

原稿用紙換算で序章が約28枚、こちらが約47枚、70枚以上使ってようやく腰を上げるのはラノベとしては
遅いでしょうね。枚数と文章密度の割に得られる情報量は少ないですし、 >>116で序章をばっさり切ろうか
と書かれていますが、この章こそ必要ないのでは。
話それ自体も、二年も経過しているのは悠長すぎる。嵐稀や浪玉に深遠な配慮があるにせよ、敵方も
皇子の存在を察知しているのでしょう?

あなたが求めておられるだろうこととは違う話になりますが、あなたがこの作品で描きたいものはなにか?
登場人物か、物語の舞台や世界か、ストーリーか? 純粋に書くことだけを主眼に置いていたのか、投稿
を考えていたのか、それはライトノベルか、そうであれば少年/少女向けどちらか?
わたしは世界だろうなと判断してそういう頭で読みましたが、現状のラノベはキャラ重視ですからプロットは
そのままとしても、話は一から書き直さないと厳しいでしょう。会話が苦手ということですから、いま書かれて
いる作品にも当てはまることではないのかなと思います。
勝手なわたしの解釈のまま進めて、では、あなたの見ている世界を存分に描けているかというと、いろいろ
と詰めの甘さが顔をのぞかせています。それはつまり、あなたのこの世界に対する認識が不足しているという
ことではないのかと。

あなたが描きたいと思った世界です、そこに生きる人びとだって魅力的なはず。その魅力をどう引き出して
あげるか(これはラノベ云々抜きにして)
書き慣れたと感じられる文章に反して、読んでいる読者の存在が念頭に入っていないように思える。書くこと
そのものに淫しないこと

――言うは易く行うは難しで、自戒を込めた言葉ですね

147 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 00:43:04 ID:z2L6As5f
>>143
手加減とか自分は気にしませんので構わずどうぞ。文章読めるくらいだしほろ酔いでしょうか?
段落なのですが、そこは自分も悩むところです。ラノベ読者の話を聞くと、どうも文が長く続くことに違和感を覚えるらしく
短い文で切られているほうがいいと。なのでぶつ切りにしてみました。
数段で要点をまとめて減らしてみますね
女装エピソードは自分としても長いな、と思ったのでこれもシェイプします
妖精は、プロローグでそれっぽいことを書いたので、本章でちっちゃいの出ても平気かとおもたのですが
調理科は普通科と別に一クラスだけと経験で考えてました。描写入れときます

148 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 00:47:17 ID:z2L6As5f
>>145
全体的に敬遠ですが、なかにはそういう人間に興味を抱く人間いると思うのですがどうでしょう
それが田代であったり、別の登場人物であったりします
その両立が確かに難しい・・・。
>先まで読んで
今回晒した主な理由がそこなんです
最初がどうも納得いかず、これは途中までも読んでもらうのきついな、と
どこまで読めたかを知りたいところだったので

149 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 06:53:55 ID:MUgUvGyI
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0573.txt
【ジャンル】 学園もの・百合
【タイトル】 未定
【評価基準】 文章は読みやすいか。キャラは立っているか。
       続きが気になるか。駄目なところなど。
【改稿】   可です。

初晒しになります。批評、よろしくお願いいたします。

150 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 08:21:52 ID:maeLJwFV
>>129
全部読んだ。全然面白くなかった。文章も会話もだらだらと続きすぎ。最初から最後までだれてる。
その原因の一つ目、心を惹きつける要素が何もないこと。冒頭の女装いじめは話に関係ないし珍しくもない。
妖精もありきたり。それをどのように真新しく料理するのかと思ったら、星新一の妖精配給会社と被りまくり。

二つ目。主人公に感情移入できない。内気で頼りなく、だらだらと喋る頭の悪さが鬱陶しい。
主人公に共感できないのは作品として終わっていると思う。
妖精への想いを語る部分も、熱情を通り越して単純に気持ち悪い。ていうか喋りすぎ。
そもそも主人公が妖精を人一倍好きになる理由が書かれていない。その理由まで妖精配給会社と同じなのか。

三つ目。普通は軽く流すところでも冗長に語るので、話が全然進まない。小説は逐一全部書けばいいってものじゃない。
思いついた文章を碌に考えもせず、そのまま全部垂れ流しているように思える。だから読んでて疲れる。
しかし、例えを出そうと読み直してみると。文章自体はそこまでひどくない気がした。

では、どうして長くて辛いと思ったのかを考えると、主人公と妖精に興味が持てなかったからではないか。
冒頭は意味不明、一章からは主人公に共感できず、妖精も星新一の設定を思わせ、
シルフィによって起こるドタバタも面白いとは思えず、濡れ衣事件も行き当たりばったり。話が練れていない。
主人公を無理矢理危険な目に合わせ、シルフィの力を見せ付けたかっただけに思える。
というより、90DPもかけて念願の妖精を手に入れた。他のと少し違う妖精でした。では展開遅すぎるんじゃ?

>>147で「文が長く続くことに違和感を覚える」とあるが、それは違う。長い文章でも興味があれば読める。
129はキャラも話も設定も興味を引かず、それで文章がだらだら続くので、小説として面白くない。

総合すると、設定や世界観が既視感に溢れ、各キャラに魅力がなく、語りが冗長で鬱陶しく、話の展開が遅い。
ラノベの軽い楽しさはないし、メフィストにしては話の中身がないし、一般にしては人物の作りとテーマが弱い。
続きはあっても読まない。というか、晒し部分を全部読む人すら少ないだろう。商品価値はゼロだと思う。

151 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 08:47:01 ID:I5WRopXE
>>149
百合好きだー。

読みながらつらつらとメモした印象。
・冒頭第一印象マリみてっぽい
・キャラのネーミングがマリみてと被ってて損なんじゃ。
 「とうこ」も「しょうこ」(サチコ様がよく誤読される)も。
・「まるで少女のようだと思った。」←少女だし思春期真っ最中と突っ込みたくなる
 自己認識が大人、というキャラにも見えない。
 少女のようだ、という単語には背後にニュアンスが用意されているのかもだけど
 読者的に特にイメージが浮かばない。
・演劇っぽい展開。描写も。マリみてよりアクが強そうだ。

>文章は読みやすいか。
ほどほど。固い、というかちょっと説明調。
演劇っぽいセリフや展開とはバランスいいかも。

>キャラは立っているか。
透子は冒頭と後とのギャップはあるけど十分に印象深い。
翔子

>続きが気になるか。
なる。
晒し部分をインパクトのあるシーンで切ってるのも効いたかな。

>駄目なところなど。
明白に「駄目」な部分はない。
全体のストーリー如何かな。

応援するぜ。健闘を祈る。

152 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 08:50:07 ID:I5WRopXE
あ、とちゅう抜けた。

×翔子
○翔子はあまり印象深くないけどそういうキャラなのだろう。

153 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 08:50:53 ID:I5WRopXE
しかも誤字ってるし翔→硝><

154 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 09:29:23 ID:maeLJwFV
>>149 批評なんていう面倒なものは書かない。読んだ感想だけ書く。
全部読んだ。
小説たりえていない。話の筋がない。思いつくシーンを書き連ねただけに思える。
短く転換する場面。説明するためだけに突然現れる友美。同じく香織。
お話として描かれるべき部分まで、説明させている。
人物描写を避けるために、視点を入れ替えたのもみえみえ。逃げだろうこれは。

文章は妙に堅い。言葉に引きずられて状況が分かりづらい箇所がある。
>三日月形に口を歪め
口の端が釣りあがったってことか。
>かすかな残響に震えている
おかしくないかこれは。
>発条の切れた人形
ぜんまい切れたら止まるだけでは? 糸なら分かるが。

思いつきで書いてると見受けられるが、一度プロットを組んで起承転結を明確にしてから取り掛かった方がいい。
でないと、途中で筆が詰まる。書きたいシーンだけ書いて満足し、作品を仕上げた気になって終わる。

155 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 11:13:11 ID:z2L6As5f
>>150
星新一の妖精配給会社、知らないのでググってみます
とにかく全部読んで頂いたことに感謝です。ですがやはり途中までで読むのをつらく感じられたようでorz
最後まで読んでくれたのは温情と受け取りました、ありがとうございます

やっぱり全体的に冗長、描写多すぎですよね
加えて、シルフィと広輝の関係がどうも錬れていなかったようです。ここらへんもばっさり変えてみます
やっぱ1と2章はいらんなぁ。ありがとうございました!

156 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 11:57:17 ID:tB2TpZ6D
>>134
乱雑におかれた設定の覚え書きを読まされているかのような感覚になった。
いろいろ書いてる割りに、主人公にはまったく共感できない。
しようと思えばできることをやらず、それでいて他人にグチグチ言ってるだけの優柔不断男じゃん。
日常パートが不必要に長い現代異能バトル物を中華風にしてるだけ。
この構想のまずさはラノベだとか中華だとかそういう問題じゃないよ。

そしてそんな日常パートの末にでてきた主人公の目的が、誰も得しない戦争を継続させること。
それも主人公がなにもしなければ、平和的に終わるんじゃないの? という戦争。
もう、とまらない。みたいな言い方してるけど、あんたが動かなければとまるよ! としか思えない。
これもやっぱり西洋ファンタジーだろうが現代異能だろうが無関係にアレな動機。

ぶっちゃけ下ぐらいの勢いで変える必要があるように思える。

例1。
とある日。女の子とふたりっ切りで、楽しく遊ぶ主人公。
また会う約束をしたけど次の日もその次の日も少女はこなかった。
その後、いろいろ(ここで戦争についての描写。戦死一歩手前ぐらいの事件を描写してもいいかも)あったけれど、約束のために生き抜く。

で、年代ワープして王の病気のシーン子どもの存在。
子の名前を聞いて驚く主人公。それは約束の女の子の名だった。
約束と少女を守るために旅立ち。

例2。
手がかりのある街の描写からスタート。
(旅はすでに始まっている)
プチ回想→ちょっとした事件。
プチ回想の中身も主人公の葛藤その他はぶっ飛ばして、
「床に伏せ始めた王からの命令」
ぐらいにする。
存王とか滅王とかはとりあえず保留にし、ちょっとした事件の中でちょこちょこと語る。

これらの例は、あなたさんの書きたい世界とは違うかもしれないし、違わないかもしれない。
でも、そんな風に思わせてしまうのが致命的な欠陥を持っている証拠でもある。
それは、
「自分はこういうノリの作品を書きたいんだ!」
「自分の書きたい主人公はこういうやつだ!」
というのが伝わっていない証拠だから。

157 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 12:19:15 ID:tB2TpZ6D
>>149
回想? 現代? 回想? 解説? 回想?
と、四連続での場面転換は疲れる。
最大でもふたつになるようまとめてください。

2以降については大いに期待。こういうネタは個人的に好物です。
まりみてとの被りは今のところ気にせずともよいと思います。

158 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 13:36:28 ID:5W1pnxOT
149です。御意見、ありがとうございました。人様に自分の書いたものを見てもらうという機会が
今までなかったので、すごくありがたかったです。

>>151 「マリ見て」っぽい部分がありましたか。「マリ見て」は知っていましたが、
    読んだことはなかったのでそんなにかぶることはないかと思ったのですが……。
    あちゃーってな感じです。既存作品と似ているということはオリジナリティがないって
    ことですよね;; でも応援するって云っていただけて嬉しかった。ありがとうございます。

>>154 ぜんまいが切れたら、のところですが、「止まったら」の間違いですね。
    失礼しました。他にも色々な御指摘ありがとうございました。プロットは一応、最後まで
    組んでいるのですが、場面転換が多い等、自分でもどうだろうかと気になっていたところ
    だったので、率直な意見をいただけて参考になりました。ありがとうございます。

>>157 短いシーンの中に回想が続けば、読んでいる方は確かに混乱する以外にも疲れちゃうかも。
    御指摘いただいて、改めてもっと気を付けなきゃいけないなと思いました。続きについて
   「期待」と云って下さって、とても嬉しいです。ありがとうございます。

 拙作の為に、お時間を割いて下さり、ありがとうございました。もしまた恥知らずにも
続き等を晒しました時には、これに懲りずお付き合い下さるとありがたいです〜(平伏)。

159 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 14:04:31 ID:m8Fo+ur7
>>149
短かったので全部読みました。

>文章は読みやすいか
まあまあかな。落ち着いて読まないと読めない感じではあるけど。

>キャラは立っているか
透子の気持ちの動きについて行けない。
あと、透子の視点で読むのかと思ったら硝子の視点の話になっていて、やりづらい。

>続きが気になるか
うーん…買った本なら読むだろうけど、ウェブで見かけたら読まないと思う。
早いよ。もっと丁寧に書いてくれないと興味を持てない。
多分、面白いと思うよ。でも、これじゃ駄目だ。もったいないよ。

>駄目なところなど
これはライトノベルじゃないね。
雰囲気ばかりで、一般では自分はたまにあるけど、絵が全く浮かんでこない。
ライトノベルだとしたら、少女向けレーベルに出した方が良さそう。まあ、かなりの強敵がいるけどもw
そのときは、書かないことをもっと増やした方がいいし、恋心の変化も丁寧に書いた方がいいだろうね。
「綺麗だと思うと同時に、少し、憎らしさが込み上げた。」ってのが、すごくいいと思った。
でも「どこか不器用な印象を与え、それがまた苛立ちに繋がる。」ときて、どうでもよくなった。
雰囲気で書きたいなら、乙女心(笑)的なものも雰囲気で書くべきじゃないかな。

もっと心情の動きを丁寧に書いて、しかも、書かずににおわすように書かないと、
今の文章と雰囲気じゃうまくいかないんじゃないかな。

160 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 19:30:18 ID:maeLJwFV
>>149>>158
154だが。これでプロットを書いているというのであれば、なおさら構成を見直したほうが良い。
場面転換が多いのは構成のまずさと、ストーリーで作るところを説明で終わらせているせいだから。

「私立〜」以下の塊だが、なぜ冬に転入? 新入生に混じって春からの転入でも問題無さそうだが。
そうすれば一章の桜とつながり、場面転換せずとも同じシーンで展開できる。
それに冬に転入したとすると、硝子が友美の説明するほどの人気者なら、春を待たずとも存在を知りそうなものだ。

友美が語る説明も多い。「硝子は生徒会役員でみんなの憧れ」ぐらいで止めておいて、
あとは生徒会の会報やら他の生徒達の会話や行動から、硝子の存在が嫌でも目に付いてしまうようにする。
そんな硝子に惹かれつつ嫌悪する話を展開するのが筋では。その過程で、ある事実に行き当たれば自然だ。

あと「それは始まり未満の〜自分を戸惑わせるのだ」は序のポエムに足しても、意味不明という点でなんら問題ない。
これを序に持っていけば、桜のシーンと学校説明のシーンが繋がる。
春転入なら中等部三年。無理に「成績優秀者だけが〜」などという強引な設定を入れなくとも、次のシーンと繋がる。
例えば始業式で、横にいる友美に「壇上で喋ってる硝子様、素敵ねぇ」と言わせるとか。
友美は同じ転入組みで事情通にしておけば、ひねた性格の透子と知り合いでもおかしくない。

構成がバラバラ過ぎる。もっと自然な流れで読者を物語へ引き込んでいけるように意識しないと。
現状では、書きたいシーン以外を説明で済ませようとしている。それでは小説にならない。

161 :避難所から転載:2010/05/01(土) 22:31:12 ID:Zkp7KY1b
70 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:25:22 ID:JYDlpT0I
すみませんが、規制中なので転載をお願いします。お手間おかけします;

149です。

>>159 ラノベじゃないですか……。確かにどう見ても少年向けではないですね。少女向けとしてでも
    ありだったらまだいいのですが(汗)。キャラの心情を追いきれてなかったという点や、
   「書くべきこと」と「書かない方がいいこと」の区別など、なるほどと思いました。
    御指摘&御意見、ありがとうございました。

>>160 154、160の書き込みを拝見させていただいて、自分のプロットの未熟さを痛感しました。
    自分ではプロットを作ったつもりになっていても、結局、練りが足りなかったというか、
    自己満足で終わっていたんだなあと思います。場面転換が多いのは構成がまずいからと
    というのはまさにその通りだと思いました。半端な時期の転入や、意味不明な冒頭の
    ポエム(笑)は今後の展開に繋がってくるのですが、晒し部分だけでは「なんじゃ、こりゃ」と
    思われても仕方ないですね; 160さんの作ってくれたお話の方が自然です。
    今回の御指摘、色々と自分を反省するいい機会になりました。ありがとうございました。

162 :この名無しがすごい!:2010/05/01(土) 23:22:16 ID:Qq/AXHR/
>>149
>>160におおむね同意。ついでだから俺も言わせてもらうよ。ありていに言うと、君のは「紙芝居」のようなんだ。
場面が説明のための静止画になっていて、流れや動き、変化がない。だから短くてぶつ切り、説明文の入れ方も
とってつけたようで唐突に感じる。(本物の紙芝居は絵は止まってるけど、物語はきちんと流れ、連続性もある)
場面が制止したまま会話してるだけ(いわば、単なる説明)だから、彼女らのキャラが行動として現れず、
透子と哨子もどんな人物なのか読者にはピンとこないないまま話が進む。

そして、ようやくまともになるのがふたりがテーブルを挟む場面だけど、せっかくいいイベントが用意してあるのに、
それまでのキャラ紹介が不十分なので「あなたの秘密」が唐突に感じるだけに終わっている。
たとえば、あらかじめ彼女らに清廉潔白な印象を持たせておけば、より効果的に「意外性」を演出できただろうに。
(↑ぶっちゃけ、こういう演出意図が感じられない。いまは「お姉さま」という言葉の印象だけに支えられてる感じ)
でも、文量的にはまだ冒頭だからこれはありかも。唐突だけど、とりあえず印象的な謎の提示には成功しているから。
とはいえ、一般的な感覚でいうと、ここは第一章の山場に相当する場面だと思う。冒頭の引きとしては有用だけど、
一章の山場としては滑ってる、といえば伝わるだろうか? なんというか全般に惜しいというか、もったいない。
晒しが短いから、勝手な意見になってると思うけど、とりあえずそんな風に思った。

163 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 00:35:31 ID:5U6RoyEu
>>149
心情を表現しようとしてる部分より隠そうとしてる部分のほうが多いように感じる。
読んでてイライラが募る。この作者は敵だって感じる。
ええと、もしホラーなら、硝子様視点に絞ったほうが怖いかもよ。

・文章は読みやすいか。
硬さって点では、文章それ自体は読みにくくはないと思う。
ただ、内容が矛盾してたり、並べ方が変だったりしてるように思う。
・キャラは立っているか。
作り物って感じる。話に勢いが無いのもそう感じる一因だとは思うけど。
うーん、結局、ヒロインの性格も分からないかも。
・続きが気になるか。
結末は気になるけど読みたくない。
・駄目なところなど。
本でこんなプロローグの連続みたいなことされたら、俺はページごと読み飛ばすぞ。
>寮があることもあって、わざわざ遠方から通う子女も少なくなかった
寮から通うのは遠方から通うではないと思う。「遠方から進学した子女」
>選択肢のうち、最もマシだったのがこの学園に入学し、寮生活を送ることだった。
点を打つ場所が変。
→選択肢のうち最もマシだったのが、この学園に入学し寮生活を送ることだった。
ここら辺、逆接が多すぎるね。「〜だが、〜〜」って繰り返しすぎ。
情報の並べ方を考えないから、逆接でつなげないといけなくなる。
全体の構成がまずいって点については、上の感想つけた人たちに同意。

164 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 02:06:36 ID:Kp3ztyxi
149です。

>>162「紙芝居」もどきだという御指摘、云われてみればまさにその通りだと思いました。
   ワンシーン、ワンシーンでぶつ切りだから、結果としてキャラに動きがないという。
   山場が滑っているというのは、山場を盛り上げるための前振りが不充分だから、
   そのシーンを活かしきれてないってことですよね? でも、「もったいない、惜しい」と
   云っていただけて嬉しかったです。ありがとうございました。

>>163 ホラー……いいかもしれない。心理サスペンスみたいな。新たな道が見えました(笑)。
    逆接が多過ぎるという御指摘もありがとうございました。実は逆接を多く使ってしまう
    のは癖なのですが、情報の並べ方が悪いから多用する羽目になるというのは、今回の
    御指摘で、改めて気付くことが出来ました。ありがとうございました。

165 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 12:44:16 ID:LtX9m0L+
>>164
テーブルの場面では一応、前振りはできてる。できてるけど、その前振り自体が、
キャラの行動をともなわない、単なる説明だけに終始していて説得力に欠ける、
というのが問題の本質だと思う。作者の意図がわからんから、わりとアバウトな推測だけど。

個人的好みで言うと、体育館の場面のあと>実際に寮のなかで透子を目撃する哨子。
>明らかに自分を調べている証拠を発見するが、なぜか見なかったふりをする。
ぐらいのやりとりを入れて欲しかった。そうすると、この事実が足がかり(きっかけ)
となって、透子が突然やってきた理由、彼女を部屋に通す理由、哨子自身にもそうする
理由がわからない理由などに一応の根拠が発生する。場面も繋がる。唐突感も薄れる。
(↑哨子が透子と接触する機会を自ら作った、望んでいた、という解釈ね)
いずれにしろ、言葉だけでなく行動もともなって欲しいって感じかな。

166 :避難所から転載:2010/05/02(日) 13:30:50 ID:APTjrsah
72 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/01(土) 23:43:44 ID:Kq4HWWI.

規制なんて大嫌い。転載よろしくお願いします。お手数おかけします。

【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0574.txt

【ジャンル】同居ラブコメ
【タイトル】パパの娘
【評価基準】理解できる文章になっているか。三人称の書き方として大丈夫なのか。
【改稿】可

三人称で書きたいと思っているのですが、地の文がたびたび主人公の視点・思考になっています。
これで大丈夫なのか不安になってきたので、晒して感想をもらえればと思った所存です。
よろしくお願いします。

167 :避難所から転載:2010/05/02(日) 13:33:05 ID:APTjrsah
>>166

73 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/02(日) 08:02:37 ID:HV4nqvIA
>>72 読みました。
 文章、三人称としては特におかしいとは感じませんでした。
 一人称寄りの三人称としては、普通じゃないでしょうか。
 他、いくつか気になる点。
>紺地の学ランの巧だけが
 学ランは学生の身であれば、葬式で着る正装に充分です。浮くと言うことはないのでは?
 葬式の際の名字云々は、変えられるものなのかどうかよく分かりませんが。
 話としては短すぎてぴんと来ませんが、終盤の展開からすると、
 なんか昼メロの一節みたいですね……泥棒猫! ってベタすぎる台詞とか。
 地の文ではもう少し魅力があったけれど、会話になった途端、
 台詞回しが平凡すぎて、うーん? などと思いました。

168 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 13:50:32 ID:5U6RoyEu
>>166
理解できる文章になっているか。
大丈夫。
三人称の書き方として大丈夫なのか。
いいんじゃないでしょうか。
ただ、途中の地の文で「お姉さん」が変な感じ。
他は「叔母」「優子」と固めにきっちり書いてるのにここだけ「さん」だから。

「秋元」って姓をここまで引っ張る効果は薄いと思うな。
ずっと今の姓だけ出てこないのが変な感じだし、
逆に先に出して「同じ苗字!?」ってどきりとさせた方が効果が大きいように思う。

ここから先、ラノベになるのかもだけど、
ラノベに徹するならもっとポップなアプローチもあると思う。

169 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 13:58:02 ID:ETXAsMP2
>>166
そんな風に思うのは、乾巧って奴の仕業なんだ。

・理解できるか
十分出来ます。
・これで大丈夫なのか
大丈夫だぁ

170 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 14:02:12 ID:k3NZhYkR
>>166
文章うまいね。すごく読みやすい。ただ会話はちょっとつまらない。
あと、やっぱ葬式は暗いんで、ラブコメにするなら冒頭からコレは重いんでないかい。

171 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 14:33:46 ID:CORTR7p+
149、164です。

>>165 お手間を取らせてすみません(汗)。おっしゃっていた意味、ようやく分かりました。
    今回、色々とアドバイスいただけて、本当に助かりました。
 なんとか、次に生かしたいなあと思います。
    ありがとうございました〜。

172 :避難所から転載:2010/05/02(日) 14:35:08 ID:APTjrsah
75 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/02(日) 14:24:19 ID:0XzCf1pE
規制中オワタ……
転載お願いします

【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0576.txt
【ジャンル】 学園、ミステリー、SF
【タイトル】 未定
【評価基準】 全体的な評価をお願いします。文章構成、読める話かどうか、面白かった所、アドバイス…など
【改稿】 是非お願いします。  

今書いているのをさらしてみたいと思います。
評価お願いします。

173 :避難所から転載:2010/05/02(日) 14:35:35 ID:APTjrsah
76 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/02(日) 14:28:31 ID:E6fpmZq6
お手数おかけします。

>>167-170
感想ありがとうございます。三人称の書き方としては大丈夫なようですね。
実は、一回一人称に書き直してみようとしたら、ほとんど「巧」を「僕」に置き換えただけで終わってしまって不安になってしまったんです。
「お姉さん」も改稿したときの名残ですね。確かに浮きまくってますな(笑)

紺地の学ラン〜のくだりは、主人公が母親の葬式に現実感がもてていないことを表現するためにいれたんですが、
これも実際の描写にするより、主人公自信のモノローグにした方が良さそうですね。それでも効果は薄そうですが。

>>169
君のことは信用できない! 僕は乾君を信じる!!
巧って結構主人公の名前として多いんですよね。変えようかしら。

>冒頭からコレは重い
むしろずっとこんな調子で続く予定なんです……
ジャンル:ラブコメとはしましたが、まさに昼メロ的な感じで。
やっぱラノベとしては厳しいですか……

174 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 14:48:23 ID:4LnNUtv6
>>166
ぱっと読者を捕らえられるいい冒頭だと思った。
葬式ってイベントはラノベじゃ間違いなく珍しいし、(特に冒頭では)
その上でその後の展開に悪い意味で後を引かないからいいね。(葬式は一時的なイベントだから)

理解できる文章になっているか。
理解は出来る。分かりやすい言葉を選んでいて、その並べ方も綺麗で、すっきり読みやすい文章だと思う。
ただし、味のある比喩や表現はまったく見えないので、強い魅力はないけど。

三人称の書き方として大丈夫なのか。
なんかぶれてる。
>お姉さん→「女性」くらいのほうが他の呼び名とのバランスが取れていいと思う。

>興奮した優子を祖母が宥める。椅子に座らせて代わりに自分が女性の前に立った。
「自分」はない。「彼女」に変えたほうがいい。
一人称的になるにしても視点が寄るのは主人公である巧だろう。
ここは「祖母が優子の前に立つ状況」ではなく「祖母が優子の前に立つのを巧が見ている状況」では?

一個「巧」が「巧み」になってる。


175 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 15:25:42 ID:ETXAsMP2
>>172
まだ書き始めて日が浅いのでしょうか。
文章の先頭を人マスあけるとか、!や?のあとに文章を続けるときは一マスあけるとか、台詞文の締めで
句点があったりとか、一番基本となる文章作法であちこちにミスが見られます。
あとたぶん、よそ風はそよ風でしょう。まあそう言った細かい部分は置いといて。

個人的に感じたのは、構成のまずさじゃないですかねぇ。
まず出だしから何が何だかわかりません。体言止めを多用した単語の連立で何か狙ってるのかなとは
思いますが、なんだろう、失礼を承知で言うなら、すごく安っぽい? 最後の「しんでるの?」の台詞も
少女が言っているのか、視点を得ている人称者が言っているのかわからないし、いきなり平手打ちを食らった気分です。

本編には一手ですが、
> 『当 敵 必 殺』
インテグラですね、わかります。
それはそうと、ぽんぽんと場面と時間が変わってものすごくつかみづらいです。
某ライトノベル作法本によると、回想シーンというのは基本NGだそうです。時系列に事を進めるのが
わかりやすく伝えるための一番の方法なんだとか。まさにその例をみせられたような思いです。
出だしが平穏な日常シーンから始めたのは、読者にミスリードを誘おうとしたのでしょうか? 
でなければ、いきなり核心を突く「世界が紅くなった」というところから描写を始めても良いと思います。

で、なんと言ったらいいのか、やっぱり全体に凄い安っぽい感じがあるんです。申し訳ないですが。
これだけ異質な状況におかれて、けれどキャラクターたちの言動や行動が軽くて、世界観の気味悪さや異様さが
俺に伝わってこないというか。なんか変なことになったけど、でも俺たち気楽に生きているぜメーンというか。
主人公くらいは軽くても良いですが、全員が全員達観しているような状態はやっぱり違和感があります。
中盤以降のページでそう言ったものを書くのかも知れませんが、時系列を崩す構成はそれだけ難しいものがあると
理解しておくべきじゃないでしょうか。少なくとも、ここまでは成功しているとはちょっと思えないです。

世界観自体はなかなか面白そうで、この先どういった落ちを目指すのか気になる部分ではあります。
それ故に、もっと読み手にわかりやすくまとめてみてはいかがでしょうか?

176 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 15:27:10 ID:ETXAsMP2
>>175
うお、変な誤変換があった。

本編には一手ですが → 本編に入ってですが

すごいATOKらしい誤変換だw

177 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 15:32:17 ID:36rt9WhF
>>172
最初はなんじゃこりゃ?感がありましたが、
読み進めていくと、なんとなく面白さは伝わってきました。
しかもラノベ的ではある。

ただ、よそ風ってなに? そよ風なら知っているんだが。
と、ちょっと文章に拙さを感じる部分があります。
メインヒロイン以外のキャラ付けが、「俺」に対して従順な女の子がやたら多いような。
この男はそんなにモテル必然性があるのでせうか?
あと、展開がやや遅めな所か。問題は。

178 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 18:07:44 ID:I+rP+qV0
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0577.txt
【ジャンル】変態エロコメディ(ショタ物)
【タイトル】究極M人形マジカ☆ルルル
【評価基準】
・ストーリーや特にキャラクターに個性は感じられるか?
・変態であるかどうか?
・面白いかどうか?
・続きが気になるか?
・萌えるか?
【改稿】可
*エロいシーンがそれなりにあります

今回の投稿はこれで2回目です。一人称には初めて挑戦しました。
相変わらず汚い文章かもしれませんが、今書いてる小説が少々マニアックというか、作者の妄想や願望が露になった作品ですので、
とにかく普通の人の反応を知りたいと思いました。ですので、まだ途中までではありますが、とりあえず投稿しました。図々しいと思われるかもしれませんが、すみません!
いちお今回のはMF一本に狙った作品で、ラノベでいう変態小説というのを意識して書きました。
もし、作品内でMFもとい、中高生向けのラノベで明らかにこれはまずいでしょっていう表現や文章がありましたらバンバン指摘してください。
それと前回同様相変わらず☆マークとかは付いておりますが、そこはあえて保留にしといてください。このマークはコメディにおいて私の譲れないとこですんで。
とにかく、フルボッコは元より覚悟の上です。酷評お願いします!

179 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 18:29:51 ID:judepQnl
>>166
読みやすくてすいすい先までいける文章だと思った。でもラノベとしてはどうかな? と固く感じたのもある
三人称としては問題ないんじゃないでしょうか。間接話法を頻繁に使う作品が昨今のラノベには多いし

あと皆は「お姉さん」に違和感を持ってるようだけど、それでいいんじゃない? むしろ「叔母」も「おばさん」にしちゃっても
何故ならラノベだから。堅苦しい言葉が正しいってわけじゃない。ラブコメなら文に柔らかさが欲しいと個人的に思っているので
隣のおねえさん、なんて表現はよく見かけるし、文字だけでなんとなく親しくて優しいイメージも持てる場合だってあるでしょうに
「隣の女性」ではほんと親しみのない只のお隣さんって感じ。まあそこは作者さんのやり方でどうぞ
あくまで俺個人のイメージということで

180 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 18:48:37 ID:ETXAsMP2
>>178
L「……なにがなんだかわからない……」
京極さん「なんちゅうもんを読ませてくれたんや……なんちゅうもんを」

なるほど、MFド一直線と言うのはよくわかりました。正直、あのレーベルはあまり得意ではないので
そう言った観点から感想を書くと思いますが、その辺はご了承願います☆
> 変態
変態の気持ちにシンパシーを感じたことがないので言い切れませんが、確かに変態です。
> キャラに個性があるのか。
個性があると言うべきなのか、確かにあるといえばあるんですが、こうなんと言えばいいのか……
万国びっくり人間ショーを見せられている感じで、なんかちがうんじゃないかと思う気持ちもあります。
> 面白いか
面白いと言えば面白いのですが、血を吐きながら続ける悲しいマラソンを見せられた思いですw
> 続きが気になるか。
ここまでDP換算で23DP程度のようですが、まだミスズちゃんも魔法少女になる下りも影も形もなくて
この先大丈夫なのか? と気になっています。
> 萌えるか
これに関しては即決できます。俺は全く萌えません。

ママが現役女子高生の17才で、主人公は10才で、え? いつ生んだの? とか
小学四年生や三年生はこんな思考しねーよとか
そう言うことを言い出したら負けなんでしょう。完全にギャグの世界観のようですし。
あとはそのパワーを最後まで貫き通せるかじゃないでしょうか。
ただ、狙って間違えようとしているのはわかりますが、読み手のことを考えるならちゃんとふぐたいてきではなく
不倶戴天(ひらがな表記)で書いた方が良いと思います。最悪校閲で文句がくるような予感がします。
あと、電撃レーベルの『俺妹』を名前だけでも出すのはやっぱりまずいのではw

で、面白いかというと個人的にはノーサンキューです。
けれど、MF的にはこのくらいやっても、いやこのくらいやらなければ駄目なのかもなあなんて思ってしまいました。
変態を極めるならば、とことんまで行くというのも正しい道なんじゃないでしょうか。

181 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 19:00:14 ID:36rt9WhF
>>178
申し訳ない。
流し読みした時点で、読む気が失せた。
超能力と超スピードとかそんなチャチな物じゃない。もっと恐ろしい物の片鱗を味わったと思います。
頭がどうにかなりそうな文章でした。

変態ってただただ野放図に奇声をあげる人の事じゃないと思います。

182 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:11:22 ID:5U6RoyEu
>>178
>とにかく普通の人の反応を知りたいと思いました。
→もう普通の人の感想なんか無視しちゃえよ、って思った。

>『俺の妹は〜』とかに出て来るような妹
他社のラノベを例に使うとはいい度胸だけど、正しくは『俺の妹が〜』でしょ?
わざと変えてるなら、かなり微妙。
>七△雄のロ×クブーケも〜
△とか×とかかなり不恰好。つか、ここは何に配慮して伏字にしてるんだ?
書いちゃえ! けどこれ、分からない人多そう。
>ドッキュンコ 俺、この擬音は嫌い。DQNっぽい嫌なイメージ。
バチーンバチーンの辺りが長すぎないかい?
つか、いい加減、登校してください。
結構面白いのかもしれない。結構いいセンスをしてるのかもしれない。笑える。
けど、ふと我に返ったときに、話が全然進んでないよね。
結局、設定を表現してばかりじゃない?
発作シーンとか、後に回した方がいいと思うのだけど。

いや、もうやっちゃえやっちゃえ。
後悔は投稿してからすればいいよ。
出版になったら、もっと後悔すると思うけど・・・

183 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:13:45 ID:0GiDNJ/i
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0578.txt
【ジャンル】SF
【タイトル】月輪に吠える
【評価基準】応募に耐える基礎的な文章力があるか判断してもらいたいです。評価お願いします。

184 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:15:23 ID:X5GZX0zM
>>172
序盤でキャラを出しすぎ。
海あたりから時系列が滅茶苦茶で読んでらんない。
仮に応募した場合、海のあたりで落とされても文句は言えないレベル。

185 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:19:17 ID:rXN5zuxM
>>183
ありません。
基本的な文章作法くらい学ぶべきです。
というより、小説にすらなっていません。

186 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:28:12 ID:5U6RoyEu
>>183
VIPからの転載乙

187 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 20:44:19 ID:X5GZX0zM
>>183
・応募に耐える基礎的な文章力があるか。

ありません、以上。

最初の一ページでそう言われても仕方ない文章。
まず改行が多すぎるし、灰色の夜空の下で気絶した男の瞳に夜の黒と雪の白のコントラストが映る意味もわからない。
それ以降も読んだけど、設定資料集に書いとけ的な設定語りが始まったり、
意味をわからずに使ってるんじゃないの? と思える単語がちらほらみえたりで読みにくい。
時系列も滅茶苦茶。
序盤で過去に遡っていいのは一回だけ。
それも、読者が興味を引くであろう一点をみせる場合に限る。
それ以外の使い方は混乱の元になるだけと言っても過言じゃない。
本を読む時は自分の文章との差を比較してみる習慣をつけてください。

で、文章以外の展開がどうかと言えば、日常描写が多すぎでうっとうしい。

188 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 21:06:55 ID:vUCVPikd
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0579.txt
【ジャンル】 学園もの。ラブコメかもしれない
【タイトル】 入ってます(仮)
【評価基準】
文章は読みやすいか? 特に一章の病院以降、地の文はどうか?
ヒロインが変なことになってしまうけれど、可愛いさは持続できているか?
冒頭のつかみはどうか? 
一章が少し説明臭くないか? 二章がだるくないか?
単純にラノベとして面白いか?
その他、おかしいところ

【改稿】 ○  

ここまで書いたけれども、なんだか二章で急につまらなくなった感じがしました
きつい感想でフルボッコにして下さい。よろしくお願いします

189 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 21:08:37 ID:judepQnl
>>178
もうね、ずっと苦笑しながら読んだよ。勢いに引っ張られたって感じ
こいつは何をやってるんだ、何をしたいんだって後から我に返ったけど
俺は面白いと思った。けどそれは内容的な面白さじゃなく、馬鹿じゃねーのこいつっていう作者に対する面白さだった

最初のミスズちゃんの>世界を救ってちょうだい
これは問いじゃなくて要求なのでは。問いでもいいのだろうけど、ちょっと違和感を感じてしまった
これラノベ向けのエロにならないんじゃないかな。近親もので鞭とかw


190 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 21:29:30 ID:9ZTrkrHh
>>188
今、読んでて思ったけど体言止めを多用しすぎ

191 :避難所から転載:2010/05/02(日) 21:56:59 ID:APTjrsah
78 名前:本スレ>>172[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 21:51:09 ID:0XzCf1pE [2/2]
何度もすいません
転載お願いします

>>175
すいませんwordの使い方がよくわからなくて
文頭は開けてたつもりなんですが、なってませんね……

その他の文法的記述は此方のミスです、お恥ずかしいのですが。

>個人的に感じたのは、構成のまずさじゃないですかねぇ。
やっぱりわかりにくいですよね。
時系列などは敢えてバラバラにかいた、と言えば言い訳になってしまいますが、平穏な日常から落とす、という落差を表現したかったのでどうもあのような構成になりました。
しかしミスリードというのはやはり難しい技法なので、未熟な自分如きがやるには早すぎた、と思います。

プロローグと養護施設のくだりは、物語の核心に迫る所なのであの位置にはさむことは個人的に譲れないところなんですが、かえって逆効果だったみたいですね。


>>177
ありがとうございます。
面白い、と思ってもらえて満足ですw

文章の拙さはすいません、改善を努力します。

>メインヒロイン以外のキャラ付けが、「俺」に対して従順な女の子がやたら多いような。
そういう風に書いたつもりなかったのですが、そう見えてしまいましたか……

>>184
序盤、というかキャラはあれで全員なので問題はないかと思って書いたのですが、駄目でしたか。

時系列はわざとやったんですが、私には早かったですね。

192 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 21:59:10 ID:5U6RoyEu
>>188
・文章は読みやすいか?
「変なことになって」少し変な感じではある。それはそれは変なことなんだね。
そこまで読みにくくは無いと思うけど、書くの大変そう。
・ヒロインが変なことになってしまうけれど、可愛いさは持続できているか?
損なわれてはいないと思う。
・冒頭のつかみはどうか?
ど頭数段落、事実を書いてるだけで、日記みたいというか。無味乾燥だし。
もう少し何か加えたほうがいいんじゃないかな。興味を引こうよ!
・・・委任状には興味を引かれたよ!
・一章が少し説明臭くないか?
大丈夫だと思う。
・二章がだるくないか?
すんなり読めた。この「変なこと」効果かも。
・単純にラノベとして面白いか?
それなりに。
・その他、おかしいところ
おかしいというか、こんな簡単に執事にたどり着くのは拍子抜けかも。
仮に執事が本当の黒幕じゃなかったとしても、
完全なクロと断定するのはもう一度会ってからのほうがいいと思う。
せっかくの推理だから、本人がいる前で脳内で推理したほうが
緊迫感が出るんじゃない?

全体的に、中々いいとは思う。
ただ、飛びぬけた凄さは感じなかったかも。
主人公の性格が無難なのがちょっとツマンナイかも。

193 :この名無しがすごい!:2010/05/02(日) 22:20:00 ID:APTjrsah
>>188
一心同体モノはそれなりにありますが、さらに地の文まで相手に知られていて
突っ込まれるというのは結構面白そうですね。
是非最後まで頑張って書き上げて欲しいです。
ただ、ヒロインの仕草や表情を一切出せないのが辛いところか。
声が聞こえるといってもどんな声かというのが一切表現されていないようなので、
そこらへんでもう少し時子の心情や可愛さを描写してみるといいかも。
ヒロイン=声なんだから、せめてそこをしっかり書かないとかなーと。
あと、一心同体になったときの飲み込みが早すぎるのと、もう少し色々試してみるという過程も
入れた方が良さそうです。五感のうち何を共有しているのかハッキリしてないですよね。

書いていて面白く無くなった理由は、多分次の重要イベントまでのつなぎをたらたら
書いているからだと思います。そこで急にテンポが落ちる感じ。もっと飛ばしていいと思う。
あと微妙なところですが、一心同体モノで有名な鉄腕バーディーの主人公の名字が
「千川」ですね。こちらは泉だから違うといえば違うので、気にするほどでもないですが。
文章自体はこういうノリの作品としては、それほど問題は無いと思います。
それと個人的な嗜好としては偽乳の必要があまり分からない。最初からぺったんこでいいじゃない

194 :178:2010/05/03(月) 06:02:01 ID:8FQFHzo3
私のようなひよっ子の作品を読んでいただき本当にありがとうございます。

>>180
>そう言った観点から感想を書くと思いますが、その辺はご了承願います☆
いいえ、どうかお気になさらずどうぞ。
>変態の気持ちにシンパシーを感じたことがないので言い切れませんが、確かに変態です。
ありがとうございます。実はお前の小説からは変態さが伝わってこないといわれるんじゃないかと心配だったんです。
>万国びっくり人間ショーを見せられている感じで、なんかちがうんじゃないかと思う気持ちもあります。
ん〜、そうですか。残念ですが今後精進して真に魅力のあるキャラを作りたいですね。
>面白いと言えば面白いのですが、血を吐きながら続ける悲しいマラソンを見せられた思いですw
書いた本人は楽しかったのですが、そう思われるということはやはり結構スベってるってことなんでしょうねぇ。
>この先大丈夫なのか? と気になっています。
まぁ、ぶっちゃげると魔法少女は付属的なものなんで、いちおこの後も変態のオンパレードみたいな感じにはなってます(面白いかどうかは別にして
>これに関しては即決できます。俺は全く萌えません。
ギャグと同様に萌えでも勝負をかけている私としては非常に残念なお言葉です。精進します。
>ママが現役女子高生の17才で、主人公は10才で、え? いつ生んだの? とか
一応文章にも載ってますが8歳の時に生みました。本当に8歳で子供を生まれるかは知りませんが、
そうなったらそうなったで後々暗黒魔術の影響でなんたらみたいなご都合設定を入れようと考えています。

他、『ふぐたいてき』に関しては単純に私が言葉をど忘れしており、まぁ主人公が小学4年生だから良いかなぁなんて思ってました。
でも、次から読者のことを考えて不倶戴天と入れます。
『俺妹』は悪ノリし過ぎたというか、すみません。次からは除外します。
>変態を極めるならば、とことんまで行くというのも正しい道なんじゃないでしょうか。
しかし、読者のことを考えるとあんまり我が道を行っていいのかあ迷うとこであり、正直悩みどころではあります。
でも正しい道の1つであるなら、私はそれに挑戦したいですね。
>>181
いえ、貴重なご意見ありがとうございます。
改めて変態の奥深さというか、難しさを実感しました。まだまだ、真の変態道は遠いようです。

195 :178:2010/05/03(月) 06:03:36 ID:8FQFHzo3
>>182
>→もう普通の人の感想なんか無視しちゃえよ、って思った。
理想としては将来的にそういった普通の人達(まぁ、少なからず潜在的にオタクの気質がある人)を、男の娘やショタの道へと先導していけるようになりたいんですよね。
私も次世代に男の娘という貴重なジャンルを伝える要の1つになりたいと思ってるんで。。まぁ、なんとも難しいとこです。ハイ。
ただ、新人賞を狙う上では無視しても構わないのかなぁ?なんて、まぁ、難しいでっす。
>わざと変えてるなら、かなり微妙。
わざと変えました。次からは除外するつもりです。
>△とか×とかかなり不恰好。つか、ここは何に配慮して伏字にしてるんだ?
まぁ、なんかそのままあ使うと悪いなぁという罪悪感ってところでしょうか。でも、どうも書いても問題なさそうなんで次からは伏字を減らそうと思います。
>俺、この擬音は嫌い。DQNっぽい嫌なイメージ。
んー、そうですか。残念です。
>結構面白いのかもしれない。結構いいセンスをしてるのかもしれない。笑える。
ありがとうございます。嬉しいです。
>けど、ふと我に返ったときに、話が全然進んでないよね。
実はこれは盲点だったというか、自分でも致命傷だったかもしれないと今更ながら思っております。
>発作シーンとか、後に回した方がいいと思うのだけど。
これは学校でもまた発作が起きてクラスの皆の慰み物になるから、まぁ、早い内に伏線的なものも含めて最初の方で出してみたんです。
でもまぁ、もう少し後でもいいのかもしれませんねぇ。
>出版になったら、もっと後悔すると思うけど・・・
まぁ、それも良い勉強なのかもしれませんねぇ。まぁ、出版できるとこまでいけたらの話なんですけどねw
>>189
>俺は面白いと思った。けどそれは内容的な面白さじゃなく、馬鹿じゃねーのこいつっていう作者に対する面白さだった
まぁ、例えそれが作者に対するものだったとしても面白いと思われたのは嬉しいですよ。
私自身は形はどうあれ面白いと思わせたもの勝ちだと思ってますから(特にこういうコメディでは
>これは問いじゃなくて要求なのでは。問いでもいいのだろうけど、ちょっと違和感を感じてしまった
成る程。要求というのもまた良いですねぇ。
>これラノベ向けのエロにならないんじゃないかな。近親もので鞭とかw
私はてっきり主人公が警察の人に襲われる方を指摘されるんじゃないかと思ったのですが、ウーン、近親もので鞭の方を指摘されましたか。
ん〜〜、まぁ、色々調べてギリギリセーフならそのままやりたいと思います。
この近親ものの鞭は主人公がM人形のマザコンという上では、やはり無くてはならない素材ですんで。


汚い長文の2連続。大変失礼致しました。

196 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 12:29:01 ID:oK45yzxH
>>188
一章は普通に面白かったかな。
探せば欠点もあるんだろうけど、「変なこと」はそれが気にならないぐらい斬新に思えた。
一心同体の説明もこんなところでいいと思う。
ばらばらに戻ることが目的なんだから、できることその他についてあれこれ解説されると読むのだれそう。

二章は確かにイマイチ。
ヒロイン自身が相手の陰口を言ってるくせに、自分が言われて傷つくとかは自業自得としか思えない。
これで一気に好感度さがった。
展開についてはまぁ今後次第? って感じ。
っていうかこの作品のキモは、一心同体の特殊性にあると思うので、そこを前面に押し出しつつもコミカルに描くことが最重要だと思う。

197 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 16:36:47 ID:BYPYcShm
188です。感想ありがとうございます

>>192
>冒頭数段落が興味惹かれない
やっぱり掴みが弱かったですか。一ページ目は作り直します
>簡単にたどり着くのが拍子抜け、推理を本人と出会ってから展開する
確かにそっちの方が面白いです。今のはだらだらしてて緊迫感がなかったですね。

>>193
>ヒロインをもっと書き込む
そうですね。姿が見えない文、もっと声をいろいろと描写するべきでした。やってみます。
>飲み込みが早すぎる。いろいろ試す過程が欲しい
なるほど。二人とももっと感情が揺れ動いてもおかしくないですね。考えます。

>>196
>二章でヒロインの高感度が下がった
なるほど。確かに嫌な奴になってますね。もう少し軽くします。
>コミカルに描くことが最重要
確かにそうだった。話をこしらえようとするあまり基本がおろそかになってました。

>>192>>193>>196
三人の感想を何度も読み返していると、二章がなぜつまらなくなったかが分かってきました。
この小説でしなくてはいけないことと、作ったストーリーが乖離していたんですね。
設定上コメディで進めるべきなのに、推理部分や、ヒロインが嫌われているという部分が重い。
もっとコミカルにしないと作品としてダメですね。プロットをもう一度精査して、改稿します。

読んでくれて、ありがとうございました。

198 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 17:54:16 ID:i4HOep6m
下書きですが、とりあえず現在24話まで進行中です。
その第一話。
ですが、最近やる気がなくて、どうしようもない。
ただ、読んでください。すいません。

ttp://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0581.txt

199 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 18:03:23 ID:s1e7wh9H
>>198
これ、携帯小説か何かですか?
ライトノベルの形式の作品を晒してください。

200 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 18:23:02 ID:y8ds1AGw
ライトノベルの形式っていったい何? そんなのあったっけ?

201 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 18:42:20 ID:DMSUpdsJ
小説作法のことでね。
ラノベバージョンとしていくつかの暗黙の了解的禁止事項がゆるくなってると。

とりあえず一文書くごとに一行空けしなくていいよ。
「・・・・・・」は、「……」これで表現してね。
このままじゃポエムだよ。もう少し描写増やしておくれ。

こんなあたりの指摘くらいはしたっていいんでね。

202 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 18:46:11 ID:oK45yzxH
>>198
ライトノベルというよりは、縦書きの文章の形式で晒してください。
ぱっと目に付いたところで下の四点。
・改行の多用はNG。
・三点リーダは「・・・・・・」などではなくって「……」とする。
・セリフの最後には句点をつけない。
・感嘆or疑問符のあとにセリフが入るときは一マスあける。

一行を25字で区切ってるのも謎でした。
ラノベでそういう形式のレーベルなんてありましたっけ?

描写は少なすぎるきらいもありますが、徹底して軽いノリで行くならないとは言い切れないという感じ。
そうでないならアレだと思いますけど。
内容とキャラについては「まぁ、ありがちですね」としか。

203 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 20:08:43 ID:GfvgDGty
テンプレつかえよ

204 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 22:48:22 ID:FLM7TeD/
>>198
なにこれ、わけわかんないんですけどー。
っていうのが正直なところ。
確かに下書きだね、こりゃ。まだ人に見せるべき段階じゃないでしょ。

まず徹底的にキャラクター造形が甘い、というか表現できてない。
例えば主人公が不思議な部屋で目覚めたところ。
黒い霧に包まれて、得体の知れない感情に浸食されて、まぁ、普通は慌てるとか、そんな反応をとるはず。
で、一応慌ててはいるんだけど……。
考えても、答えは出ないですぐに流すこの図太さ。そういうキャラなの?

担任の菱田。お友達のゆな。白鳥隼人。八代梓。ぽんぽん出てくるこの四人。出し方にも問題があるけど、もっと問題なのが描写。
登場人物紹介を全部一人称の人間にやらせてどうする!手抜き過ぎ。
こんなところで人物紹介をされても、面白くも何ともないよ。
このペースで24話もやられた日にゃ、もう……。

進研ゼミ小学講座のDMに付属してくる漫画(今もついているのかな?)みたいな感じを受けた。


205 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 23:31:08 ID:i4HOep6m
>>198です

当初携帯小説を前提で書いていたんで、いろいろと
ご指摘頂いた件について、直したいと思います。
あと、横書き読みづらいと思いますが、すいません、
勘弁してください。
ありがちな内容とキャラですが、ありったけの王道
をぶちこんでるんで、何もかもが、よそのイイトコ
どりだなあとは思ってます、確信犯ですいません
第二話を校正しました。こんな感じでしょうか?

http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0582.txt

206 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 23:34:32 ID:o7SdE5JL
>>205
とりあえず>>4の晒し投下テンプレを読んできてください
ルールは守りましょう

207 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 23:51:27 ID:FLM7TeD/
>>205
一応読んだけど……。
テンプレを使わない人に応えるのはまずいのかな?
どこを評価していいのかもわからないし……。
テンプレと、できれば当初の案からどこを構成したのかを書いてくれないかな。

208 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 23:53:33 ID:Nu8S65PU
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0583.txt

【ジャンル】妄想主人公物

【タイトル】妄想神

【評価基準】読むに値するかどうか。途中でギブアップした場合、どの辺で投げたか。その他問題点どしどしお聞かせ下さい。

【改稿】×


某新人賞二次落ち作品です。評価シートでは聞かせてもらえないような感想を求めて投下させてもらいました。
よろしくおねがいします。


209 :この名無しがすごい!:2010/05/03(月) 23:53:43 ID:i4HOep6m
>>206
>>207
ご迷惑おかけしました。一度出直してきます

210 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 00:00:18 ID:Nu8S65PU
書き忘れました。
気分が悪くなるようなシーンも多いので、
気持ち悪くなるのを避けたい方はスルーして下さい(それはそれで自信過剰な気もしますが。

211 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 00:17:05 ID:CCCX4tSi
>>208
 一章の途中(PCつけてラリって落ちる所)読みました。
 酷評しますのでお覚悟を。

 文章と文章のツナギが悪いですね。
 文は流れるようにが理想というのが持論ですが、これはぶつ切り感が強く、前後の繋がりもおかしいです。
>七月の精神病院の待合室は〜
 例えば、この文などの前を改行して一つ空白を入れるなどしたほうが分かりやすいです。

 それと言葉の使い方もおかしい気がしました。精神病院へ行く〜と冒頭からありますが、診察を受けるだけですし
 精神科へ行く、ぐらいでいいのではないでしょうか。○○クリニックとか、心療内科とか……。
 キャラの書き方も稚拙だと感じました。主人公が自覚のないメンヘルだとしても、描写がテンプレートで浅い。
 それを汲んでも、「そんなに頭の中が万年〜」の行の後、出てくる「首を掻きむしる女性」は、その文章で出された例と
 どれほど違うのかさっぱり分かりません。ただ独り言呟くより悪いような気がしますけれど。

>ヤンデレ
 これは病んでしまうほど愛しちゃうとか、そういう萌え属性の一種では。メンヘラの言い換えとは違います。
 別に彼女が誰を好いているとか分からないんですし、ここで使うのは適切ではないと感じました。
 主人公がデレは知らんと言っているから、わざとかもしれませんが、あまり好ましいと思えないセンスです。

>ある日突然手に入れた、名前を記入すれば誰でもをコロせる「ノート」
 デスノートじゃないですか……新人賞に投稿する作品に、そんな超有名ヒット作の設定使うなんて落ちたいんですか?
 厳しい言い方ですが、正直無謀すぎます。まあマジネタではなく、メンヘラの妄想という扱いですけれど、
 出したのは集英社かそれともそれ以外の賞か……。一発ネタのギャグならまだセーフでしょうが、これはちょっとどうかと。

 ここでギブアップ。稚拙かつ不愉快で読むに耐えないと感じました。
 評価基準で言えば完全にノーです。
 まず前述のように、主人公がメンヘラであるのに、その描写が非常に拙いことに作者への不快感を持ちました。
 念のため言いますと人格がどうのではなく、技量への苛立ちですので誤解なきよう。
 知識がない、情もない、あるいは作者にメンヘラ歴があるとしても、それを巧く作品上に出力できていない。
 それを踏まえても主人公の稚気に満ちた性格が不愉快でした。
 好きになれる点も、興味が持てる点も一つもないキャラクターの一人称は苦痛です。
 巷ではこういうタイプのキャラを主人公にした作品もあるでしょうが、そういう作品は善くも悪くもドクがあります。
 独特さと、猛毒の、二種類のドクが。この作品はそのどちらも書いてます。だから薄く浅い。
>>210で「気分が悪くなるような〜」とありましたが、ああやっぱりという感じですね。
 この作品からは、本物の、あるいは本気の気持ち悪さに欠けると思います(まあ最初を読んだだけでの私見ですが)。
 単にそういう作品の上っ面を真似て、こういうの書いちゃう自分カッコイイに浸るタイプの作品とお見受けします。
 そう感じられるから、なおさらこの作品は不快でした。

 以上、さんざんっぱら言いましたが、私は冒頭一章の中途までしか読んでいません。
 作品について適切な指摘をしてるとは言い難いので、一意見として参考までに止めておいてください。
 一次は通ったのですから、どうぞ次をがんばってくださいね。

212 :211:2010/05/04(火) 00:22:37 ID:CCCX4tSi
 すんませんすんません、幾つか誤字あったんで修正しますorz

 ・一章の途中(PCつけてラリって落ちる所)まで読みました。
 ・〜ドクが。この作品はそのどちらも欠いてます。
「ここでギブアップ。」は、一章の途中まで、の意です。

213 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 00:50:59 ID:vTW0PqWn
ID変わってしまいましたが、
>>211
感想ありがとうございます。

> 文章と文章のツナギが悪いですね。
> 文は流れるようにが理想というのが持論ですが、これはぶつ切り感が強く、前後の繋がりもおかしいです。

あまり人に読んで貰った事がなかったので、明確にそう言われたのは初めてです。貴重な意見に感謝。

> それと言葉の使い方もおかしい気がしました。精神病院へ行く〜と冒頭からありますが、診察を受けるだけですし
> 精神科へ行く、ぐらいでいいのではないでしょうか。○○クリニックとか、心療内科とか……。

手直し段階で、精神病院にするか心療内科にするかクリニックするか、ちょこちょこ弄りましたが強調しすぎたようですね。確かに病院だと入院に行くように取られてしまうかもしれません。盲点でした。

> キャラの書き方も稚拙だと感じました。主人公が自覚のないメンヘルだとしても、描写がテンプレートで浅い。
> それを汲んでも、「そんなに頭の中が万年〜」の行の後、出てくる「首を掻きむしる女性」>は、その文章で出された例と
> どれほど違うのかさっぱり分かりません。ただ独り言呟くより悪いような気がしますけれど。

本当ですね。周りに見ただけでメンヘルだって分かるような外来患者がいなかったと書きたくて、こんな風になってしまいました。


>出したのは集英社かそれともそれ以外の賞か……。一発ネタのギャグならまだセーフでしょうが、これはちょっとどうかと。

 妄想ネタですし、ありかなって思いました。


 ほとんど読んでもらえないような不愉快拙作を書いてしまって無念です。
 お目汚し申し訳ない。
 途中まででも読んでくださってありがとうございました。

214 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:09:42 ID:e1uu0AQ3
>>208
最後までざっと読みました。
これから読む方のためにも書いておきますが、最後がそれなりにすっきり落ちる形になってて救われました。
が、他人に読ませるための文章としては微妙だし、話の筋も都合が良すぎる。
序盤:作者の外界に対する不満とリビドーが滲み出てる。狂気を他人に見せる作品として昇華しきれていない
中盤:VIPの『(ネガティブな自分)が(日常の場所)で(ちょっと情けない行動)したら(彼女、親友など)ができた』
   みたいな妄想じみたスレのような都合の良い展開
終盤:とってつけたように狂気が抜けて〆に入る
こんな感じですね。
ラノベは中高生対象ですから、こういう系統の話をやるとしても、「中二病からの脱却」くらいにしておかないと
人がついてこないんじゃないかなー。コピペでいうなら影羅レベルで。
あとルルをララと言い換えてるのは分かるんですが、ララというと他のキャラクターでもいっぱいいるので
分かりにくい。いっそのことギアスの方を言い換えた方がよさそ。

文章もVIPの実体験系スレみたいに脚本のごとく要点しか書いてないので自分は苦手です。
好かれることもあるのかもしれないので一概に悪いとまでは言えませんが。
なので、全体としての講評は控えます。前半はひたすら胸くそ悪く、読むのが苦痛だったとだけ言っておきます。
> 母さんがおれの手当を一通り終えると、ソーメンを啜った。
好意的に解釈すれば普通に読める部分ですが、こういう不親切な箇所がいくつかありますね。

あと誤字・誤用
・煽る→呷る
・進入→侵入
・幻肢痛→意味違う
・パンチコ
・包丁を叩く音
・ナチョラル

自分の願望が透けていない、他人に見せるための狂気というと、村上龍あたりがいくつか書いてると
思いますので、一度読んでみるといいかもしれません。
音楽の海岸だったかな?クスクスだかスクスクだかの名前が出て来るやつとか

215 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:19:59 ID:VEnZA4aI
>>208
211の人も違和感を書いてるけど
「精神病院」は2006年の法改正前の呼び名らしいよ。
ちょっと差別的な名前だと感じた。

バキッとかぐえとか、陳腐だと思う。

ベースとなる文章の力はそれなりなのかもしれない。
読むだけなら読める。流れとか間合いのとり方はそれなり。
ただ、エンタメとして、何が楽しくて書いてるんだか。
不愉快でしかない。

仮に文学方面にと考えてるなら、この主人公は主人公として不適。
作品の主観としての深みがある人格じゃない。

飛ばして最後の方を読んだけど、方向性としてはエンタメみたい。
二次落ちってことだけど、たんにエンタメとして魅力が足りなかったんじゃないかな。

216 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:22:50 ID:e1uu0AQ3
214追記ですが、書き忘れてたけど「ゲラゲラ」はかぎかっこ無しの方がいいんじゃないかな。
地の文でやったほうがいいと思う

217 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:28:07 ID:vTW0PqWn
>>214
 感想ありがとうございます。

>が、他人に読ませるための文章としては微妙だし、話の筋も都合が良すぎる。

 力不足を痛感します。

>ラノベは中高生対象ですから、こういう系統の話をやるとしても、「中二病からの脱却」くらいにしておかないと人がついてこないんじゃないかなー。コピペでいうなら影羅レベルで。

 なるほど。一理ありますね。こちらが見せたい物を押しつけすぎたのかもしれません。
 ……考えさせられる意見です。

> 母さんがおれの手当を一通り終えると、ソーメンを啜った。
好意的に解釈すれば普通に読める部分ですが、こういう不親切な箇所がいくつかありますね。

 分かりづらい文章を書いてしまったと反省します。
 今書くなら「母さんが手当を一通りしてくれた。これでソーメンにありつける」こんな感じでしょうか。


>自分の願望が透けていない、他人に見せるための狂気というと、村上龍あたりがいくつか書いてると
>思いますので、一度読んでみるといいかもしれません。
>音楽の海岸だったかな?クスクスだかスクスクだかの名前が出て来るやつとか

 感謝。近いうち読んでみます。

 感想ありがとうございました。

218 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:34:37 ID:6D/4Cu4k
>>208
うーん。
書きたいことは、わかる。コンセプトだけなら、嫌いじゃない。文章も、(後半は)悪くない。むしろ、うまいと思う。
でも、よくなるのが2章の後半からなんだ。
それまでは、狂った男が出てきます。で?っていう、のを延々と読まされる。不愉快と忍耐を強いられる。
以下、良くないなぁと思った点を挙げてみる。

●人物像に一貫性がない。
田沢くん、三枝さんは一応やばい精神の持ち主、という設定でよろしいんだよね?
だけど、田沢くんは小川さんちに行ったあたりから急に好青年になるし、三枝さんに至っては首を掻く癖以外はまともな人間だよね?
たぶん「ふれあいを通して徐々にまともになる」というのを表現したいんだろうと思うけど、段階を踏むとか、イベントを経るとか、あった方がいいなぁ。

●前半がとにかく不愉快
理由:田沢くんの言動が不快
   話がどこに向かうのかがわからない 
俺も>>211さんが言うように、狂った描写が稚拙だと思う。これが田沢くんが真人間化するまでずっと続く。
狂った人間を一人称で書かれて読みたいって思うのは、愉快な人間の時か、あまりに常軌を逸していて目を離せなるときなんだな。
彼は理解の範疇のうちで、単に痛々しいだけ。

●構成がまずい
最後。↑の二点目も関わる。とにかくどんな話を書きたいのかが後半までわからない。
いい意味じゃなく、悪い意味でね。
前半のまずさは、「ヤマ」のなさ。単に田沢くんのやばさを描写するだけになっていることにある。
あと、前半にまともな人間が誰も出てこないのとね。これじゃ話のふくらませようがないよ。
教師とか、級友とか、親とか、もっとエピソードをふくらませればいいのに。

そして後半は割といい感じで進んでいくんだけど……。
悪くはないんだけど、なんか「ありきたり」なんだなぁ……。
急に挨拶をし出したりとか、ベタというか臭いというか……。
書きたいことはわかる。文章を書く力もある。けどそれを活かす力がない。
そんな印象を受けました。
まとまってなくて悪いけど、以上です。


219 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:38:49 ID:vTW0PqWn
>>215
 感想ありがとうございます。

>「精神病院」は2006年の法改正前の呼び名らしいよ。
>ちょっと差別的な名前だと感じた。

 無知を恥じます。

>ただ、エンタメとして、何が楽しくて書いてるんだか。
>不愉快でしかない。

 力不足はわかっています。重大なテーマだと思い書きました。

>仮に文学方面にと考えてるなら、この主人公は主人公として不適。
>作品の主観としての深みがある人格じゃない。

 文学は……多少なりに意識していたかもわかりません。そうですね。過去も書いていないですし明確な現状への不満を言わない主人公なので、(その他もいろいろ)深みは無いと思います。

>飛ばして最後の方を読んだけど、方向性としてはエンタメみたい。
>二次落ちってことだけど、たんにエンタメとして魅力が足りなかったんじゃないかな。


 魅力不足……これからは魅力が高い作品を書けるようにがんばります。
 感想ありがとうございました。

220 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 01:51:51 ID:vTW0PqWn
>>218

 感想ありがとうございます。

>●人物像に一貫性がない。

 後半の大人しくなった田沢は不自然でしたか。次回改稿するのなら、大幅に直した方がいいみたいですね。

>●前半がとにかく不愉快
>理由:田沢くんの言動が不快
>   話がどこに向かうのかがわからない 

 読者さんは三枝との恋愛を期待するんじゃないかと思い込んでいました。


>狂った人間を一人称で書かれて読みたいって思うのは、愉快な人間の時か、あまりに常軌を逸>していて目を離せなるときなんだな。
>彼は理解の範疇のうちで、単に痛々しいだけ。

 真性クレジーを書けていなかったと反省します。広義で言えばただ不良学生だったと思います。

>●構成がまずい
>前半のまずさは、「ヤマ」のなさ。単に田沢くんのやばさを描写するだけになっていることにある。

 はい。ストーキングのシーン、メイド喫茶のシーンなどでヤマはあると勘違いしていました。

>悪くはないんだけど、なんか「ありきたり」なんだなぁ……。

 致命的ですね(苦笑)評価シートなどで、日頃から言われます。
 重要課題だと受け止めます。

>まとまってなくて悪いけど、以上です。

 いえ。大変参考になります。
 感想ありがとうございました。

221 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 02:13:27 ID:kFZkddrA
俺は序章が一番引き込まれたなー
でも主人公は全編だらだら喋りすぎな印象はあるかなー
電撃か富士見か知らんけど、一次通る要素はあると思うね

222 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 02:21:28 ID:vTW0PqWn
>221

>俺は序章が一番引き込まれたなー
>でも主人公は全編だらだら喋りすぎな印象はあるかなー

 うぃす。ありがとうございます。
「喋り」部分は、自分にもう少し知識の備蓄があったら、喋りすぎと感じられるのを緩和
させられたかもと思っています。
 精進せにゃー。

223 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 05:45:39 ID:JpXyLZCm
>>208
ざーっと最後まで流し見した感想を書きます。
文章としては読めるけど作品としてはすごく読みづらいように思いました。
以下、そう思った理由を述べていきます。

●文章としては読める
 一人称の文章としてすごくうまいと思います。
 人物の動作が簡潔に描写されていて、テンポがすごくいい。
 ところどころに挟まれる主人公の独白、ツッコミもその一翼を担っているように見えます。
 主人公の性格がアレなんで、そこで人を選ぶ部分はありますが……
 全体的に見れば、文章はかなり上手な人だと感じました。

●作品としては読みづらい
 読みづらいと言うかつまらないと言った方が適切なのかもしれません。
 メンヘラな人をひたすら観察するのは決して楽しいことではないですし、
 話の筋を見てもご都合主義な点が多く、読んでて置いてけぼりになることがありました。
 主人公がなぜその行動をとったのか、なぜこんな性格なのか?
 そのあたりをもう少し掘り下げて描写していれば、ずしっと印象を残せる作品になったのかなあなどと思いました。


 とりあえず感じたこととその理由を書いたつもりです。
 文章の節々に穴はあると思いますが……参考にしてくださると嬉しいです。
 変人を主人公にした作品は難しいのう。


224 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 10:18:15 ID:vTW0PqWn
>223
 感想ありがとうございます。

> 一人称の文章としてすごくうまいと思います。

 褒めていただけてすごく嬉しいです。

> メンヘラな人をひたすら観察するのは決して楽しいことではないですし、
> 話の筋を見てもご都合主義な点が多く、読んでて置いてけぼりになることがありました。

 うぃす。次回書く時は過去を描くようにします。ご都合主義。その辺も改良するようにするっす。

> 主人公がなぜその行動をとったのか、なぜこんな性格なのか?
> そのあたりをもう少し掘り下げて描写していれば、ずしっと印象を残せる作品になったのかなあなどと思いました。

 田沢が色々な意味で難ありのキャラクターで終わってしまったと感じます。
 作り込みが甘かったようです(苦笑)

 感想ありがとうございました。

225 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 11:30:47 ID:Zp48sCp5

【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0584.txt
【ジャンル】SF、学園
【タイトル】無題
【評価基準】アテクシラノベを読んだ事が一度もないんで文章が一寸心配です。忌憚のないご意見をお願いします。
【改稿】×

226 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 11:46:21 ID:Zp48sCp5
断片ですいません。

227 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 11:56:25 ID:6D/4Cu4k
>>225
ええと、これは、冒頭?それとも中抜き?
これっぽっち出されてもなぁ。内容には踏み込めないよ。
文章について。
会話文は出ている分には申し分ないと思う。
地の文については、〜た。で終わる文の割合が多いな。
特に最後の段落の投げやり具合がひどい。全部〜った。終わり。内容も無理矢理詰め込んだ感じがする。

228 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 12:12:22 ID:Zp48sCp5
>>227
ありがとうございます。中抜きです。いま書いているところで、こういう
形になって申し訳ありません。ラノベは小学校五年生に読ませるくらいの
文章じゃないと駄目なのかなという心配があって、どんなものなんだろうと
思ってご意見を伺ってみたくなった次第です。燎原とか双眸とか、物言いが
つくかなと思ったのですが、これくらいなら大丈夫なのかな。
終盤の部分を見直してみようと思います。ありがとうございました。

229 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 12:28:03 ID:HOTqrk2f
>>225
はっきり言って酷い。

>部屋(あとからドアのうえの表記を見ると、思っていたとおり生徒指導室とあった)を出て、音楽室の傍を通るとき、女子の声のおおきく勝った合唱が漏れてきたが、
>それをのぞけば、廊下は寂としていて、雲が空を厚く覆いはじめたせいで、掲示物も床の模様も、冴えない色彩のうちに静まり返っていた。

この一文でポイされても仕方ないレベル。
無駄に長いし生徒指導室をこんなに回りくどく書く意図も不明。
小学五年生でももっと簡素でまともな文章を書けると思う。

230 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 12:34:36 ID:Zp48sCp5
>>229
ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

231 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 13:50:39 ID:4uG9s618
>>225
もしよければエピソードの流れが分かる程度の長さで晒してもらえないでしょうか


232 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 14:45:30 ID:Zp48sCp5
>>231
すみません。完結させて何処かの新人賞に応募して結論が出ましたら
流れの分かる程度といわず全体を読んでいただきたく思う次第であります。

233 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 14:45:53 ID:vTW0PqWn
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0585.txt
【ジャンル】妄想主人公物
【タイトル】妄想神
【評価基準】読むに値するかどうか。途中でギブアップした場合、どの辺で投げたか。その他問題点どしどしお聞かせ下さい。
【改稿】×

 嬉しい事に消すの早いと声を掛けてもらえましたので、もう一度貼ります。
 今日の24時には消しますのでご了承を。

234 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 19:07:01 ID:DKffg/VR
>>225
別にラノベ読んでなくてもいいだろうけど、小説は読んだ方がいいと思うよ。
1行目みたいな書き方、日本の小説でしてる人なんて、いたとしてもものすごく少ないと思うんだけど。
あと、読みもしないものをなぜ書こうと思ったのかがいまいち理解出来ないと言いたくなるぐらいに、ラノベではない。
一般でも、こんな文章書く作家を見かけないが。
「もたれているのに気付いた」って、誰が気づいたの? 気付いたあなたは誰なの?
門倉のつもりで書いているのかもしれんが、この時点で登場人物は女子しかいないんだが。

これだけ短いのに最後まで読む気になれなかったのも、なかなかすごいと思う。

235 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 19:17:24 ID:HOTqrk2f
>>233
精神病院やヤンデレという言い方は、個人的にはアリだと思った。
特に精神病院は問題ないと思う。
というのも、これは主人公の一人称小説だから主人公が知っているであろう知識で話すのが正しい。
あなたさんより非常識でニュースや新聞などもみていないであろう主人公が、○○年に法改正されて精神病院の正式名称は……。なんて知ってたらそのほうが変だよ。
そもそも一般人には精神病院も精神科病院も大差なく聞こえると思う。
ノートに関しても、既存作の設定をそのまま自分の力と思い込んでしまうのは病んでる人の描写としてアリだと思う。

ただそんなことよりは、主人公の描写が稚拙なのが問題。
重大なテーマと言うけど、取材とかしてる? 精神病の人の本とか読んでる?
テレビやマンガで書かれている狂人をそのまんま書いてない?
例えば壁は意外ともろく、高校生が本気で殴ると簡単に穴が開く。そうならないほど硬い壁なら拳のが痛む。
なのに主人公の家の壁は中一のころから叩かれているのに平然としている。
主人公のクスリはシンナーと思われるけど、その割りには禁断症状その他の描写がまるでない。

そのへん、単なるイメージで書いてるからそうなってるんじゃないの?
ただの脇役として描写しているのならそれでもいいと思うけど、主役に据えるのだったらしっかりと取材してほしい。
取材した上で、単なる教材にならないように、物語としての描写をする必要がある。
そうすることで、作者の執念めいたものが作品にも滲みでるんだよ。
そこまでしたくないっていうならテーマを変えるか主人公のメンヘラ設定はオマケていどに簡略化すべき。
現状がどのくらい滑稽かと言えば、三振も知らないのに本格派野球マンガを描こうとしているぐらいに滑稽。
ほかの人の「二章後半からまともになってる」ってレスがなければ一次突破はウソ扱いして読むのやめてる。

で、二章後半はまともで読めるものになってるんだけど、「ありきたり」というかどっかでみた感がひしひしと……。な状態。
序盤でのキャラ設定や描写がしっかりとしてるならそれでも感動できるんだけど、前述の通り、序盤は滅茶苦茶だからお話にならない。

236 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 19:27:35 ID:vTW0PqWn
>>235

 感想ありがとうございます。

>そのへん、単なるイメージで書いてるからそうなってるんじゃないの?
>ただの脇役として描写しているのならそれでもいいと思うけど、主役に据えるのだったらしっかりと取材してほしい。

 はい。大した下調べはしていませんでした。申し訳ない。

>そこまでしたくないっていうならテーマを変えるか主人公のメンヘラ設定はオマケていどに簡略化すべき。
>現状がどのくらい滑稽かと言えば、三振も知らないのに本格派野球マンガを描こうとしているぐらいに滑稽。

 次回改稿の際はしっかり調べる所から入ろうと思います。

>で、二章後半はまともで読めるものになってるんだけど、「ありきたり」というかどっかでみた感がひしひしと……。な状態。
>序盤でのキャラ設定や描写がしっかりとしてるならそれでも感動できるんだけど、前述の通り、序盤は滅茶苦茶だからお話にならない。

 うぃす。序盤で田沢を必死で描く必要があるという事ですね。メンヘラというか「妄想に取憑かれた少年」を甘く見ていました。

 感想ありがとうございました。

237 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:34:18 ID:Zp48sCp5
>>234
いやあすいません。読みたいとは常々思ってるんですが、ラノベを本屋の
カウンターに持っていくのが恥かしくてw
晒したのはボツ部分。何度も言いますが中抜きです。そこを無視して読んでくれた
ようですが、決して読み取れなかった訳ではないのだと信じたいと思います。

>門倉のつもりで書いているのかもしれんが、この時点で登場人物は女子しかいないんだが。

女子がもたれているのに気付いた、といってるのに、省略されてる主語に
この女子がくることも考えられる? ラノベばっかり読んでるひとは
そう読むのですね。なるほど、参考になりました。お互いまだまだ
読書量がたりませんね。

気に障ったならお詫びします。すいませんでした。

238 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:47:21 ID:AsbwK8jz
>>237
ええとね。私は>>234じゃないから、横やりになるけど。

>女子がもたれているのに気付いた、といってるのに、省略されてる主語に
>この女子がくることも考えられる? ラノベばっかり読んでるひとは
>そう読むのですね。

私は脳内で補完して読んだから引っかからなかったけど、ここで登場人物はまだ女子生徒しか出てきていない。
「門倉」という人物は示されていないし、ここではまだ一人称であること(視点人物が存在すること)も明示されていない。
つまり、ここで「気がついた」の主語をこの部分だけでは推定することは不可能なわけ。

あなたの中にはこの前の話が延々とあるんだろうから、当然「門倉」という視点人物がいて、
特に主語が明らかでなければ彼の動作になることは「自然」なんだろうけど、
読者に脳内設定は伝わらないからね?ここで感想をくれる人は与えられた分だけで評価しているんだよ?(故に、勝手に補完してしまった私=227の感想は不出来だ)

自分の作品を読んで、感想まで書いてくれた人に対して>>237のレスは敬意が足りないよ。

239 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:49:35 ID:DKffg/VR
>>237
本屋のカウンターに持って行くのが恥ずかしいというのなら、
ここに書き込めてるんだから、アマゾンでも何でも使えばいいだろうに。

>この女子がくることも考えられる?
と読めるのか。まあそれならそれでもいいけども。
どうして「お互いまだまだ」読書量が足りないになるのかよくわからんが、
文章を叩かれて腹が立つなら、こういうところに晒すのはやめた方がいいよ。

240 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:54:23 ID:00t16UUT
>233
感覚的に合いませんでした。
何が一番あわないかっていうと、ナイトゲームでワームを投げる感覚。ありえません。
ここは、当然、ビッグバドかジタバグ。まっ、デカダンスもあり。
ストラクチャ、葦っていうなら、バズでも許可って感じですかね。
勿論、ベイトタックルで16lbくらいですかね。

まぁ釣りはいい加減にして内容ですが、相当、斜めで読みました。読み抜けがあったらごめんなさい。
30DP弱で一回投げようとしました(釣りの話が出たので最後まで読みました)。
落として上げるパターンだと思いますが、やはり、落としすぎている序章の救いようのなさは
読む気をなくさせると思います。

クスリの話とか、ラノベでいいんでしょうか? よく分かりませんが。
で、彼は何処でクスリを入手したのでしょうか? お金は? アップ系、ダウン系?
らりっているときの描写は? ドラッグやる人が酒飲んだこと無い? 
メンヘラ設定はともかく、クスリはいらないと思います。

序盤にフォローできる人間を入れるのはどうでしょうか?
定番は幼馴染の女の子ですが、嫌なら男でも可かもしれません。
また、他の方が書かれているように、初めに引き込んでおいて、落とすと言うような
(現実逃避の根拠となる)エピソードを入れるのは効果的かもしれません。

いじめられているシーンは必要なんでしょうか?
過度の表現は不快感しか残りませんし、挨拶くらいでいじめは解消されませんよ?
ラストシーンでいきなりいじめが無くなるようにみせるより、いじめに現実として立ち向
かう方がいいような気がしました。
でも、どうせその部分はしっかり回収するわけでもないので、無視されているくらいで
いいような気もします。

好き勝手な上、纏まっていませんが、ご参考まで。

241 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:56:38 ID:Zp48sCp5
>>238
それを云うなら、一行目ですでに主語(視点者)を省略した文章があるわけで、
そこを仰ってくれるのならまだわかりますが……いやすいません、ご指摘のとおり
だと思います。謙虚と百回タイピングして寝ることにします。ではでは。

242 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 22:57:16 ID:Wzppk0kn
>>238-239
真面目にかまうだけムダ
人の話に聞く耳もってんなら237みたいな書き込みはしない
流すのが一番

243 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 23:03:46 ID:vTW0PqWn
>>240

 感想ありがとうございます。

>落として上げるパターンだと思いますが、やはり、落としすぎている序章の救いようのなさは
>読む気をなくさせると思います。

 うぃす。配慮が足りませんでした。

>メンヘラ設定はともかく、クスリはいらないと思います。

 確かに無くても構わない設定だったかもしれません。
 田沢の異常さへの理由付けとして便利に使ってしまいました。

>序盤にフォローできる人間を入れるのはどうでしょうか?
>定番は幼馴染の女の子ですが、嫌なら男でも可かもしれません。

 なるほど。それはいいかもしれませんね。
 他の人の感想で散々序盤が不愉快すぎると言われていますが、それで緩和させる事もできると思います。
 改稿の際には検討します。

 感想ありがとうございました。

244 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 23:45:57 ID:00t16UUT
>178 今更ですが……。
ありなのか、なしなのかと言われると良く分かりませんが、
俺的には面白かったです。
文章は結構読みやすいです。
カレー味のウンコの話とかいらないんじゃないと思いました。
(その手のをいれるなら、どっかで聞いたことのないオリジナル
をいれたいですね)
田んぼ男あたりで疲れてきていませんか?
僕達の近くに凄いスピードで、(ry 〜...方角を見る。
の文章とか分かりづらいです。
「凄いスピードで狼の頬をかすめた白いブリーフが地面に突き刺ささる。
股間の部分には赤い薔薇が……。」
とか。もうちょっとスマートにいきそうですが。
って、真面目に考えている俺って……。

エロ的にありえないような気もしますが、完成したら読みたいですね。

245 :この名無しがすごい!:2010/05/04(火) 23:54:12 ID:uObMkacD
>ラノベばっかり読んでるひとは
>そう読むのですね。なるほど、参考になりました。お互いまだまだ
>読書量がたりませんね。

なんだこいつはw

246 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 00:01:36 ID:b3TCL3Be
>>245
書くスレを間違っている。

247 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 00:09:03 ID:KammHr7K
 表記上のアイデアは面白かった。でも、まともに読めたのは冒頭の事故が発生するまで。
それ以後、病院の場面からは主役ふたりの人格がおかしくなり、展開も破綻しまくってる。
総じて、ご都合主義の連続とロープレの村人のようなキャラばかりで、読むに堪えなかった。
つまるところ設定甘すぎ。各キャラの立場にたって、普通ならどういう行動、対応をとるものか、
すべて再検証したほうがいい。以後、おれが感じた主役キャラの印象。
 6歳にしてひとを陥れるようなしたたかな娘が、知略に長けたお姉タイプの天才少女に成長したのかと思ったら、
口うるさいだけの我がままお嬢さまになったり、シャイなツンデレ娘になったり、人の会話にいちいち口を挟まないと
気が済まない目立ちたがり屋(さびしがり屋)になったりで、さながら既存のラノベヒロイン勢揃いって感じ。
 貴裕も他人を疑うことを知らない素朴な少年だったのに、騙されて書かされた委任状を律義に守る従順な少年に
なったのかと思ったら、物に動じないしたたかな少年になったり、偽乳にだまされる間抜けなスケベになったり、
スケベなくせになぜか惚れた腫れたには鈍感な真面目君だったり、なのにカンニングも厭わないしたたか者に戻ったり。

 現状では物語の根本である、主役ふたりがブレブレなので、なんだか訳がわからない。場面構成も既製品の
つぎはぎといった感じで、リアリティもオリジナリティも感じられない。てか、いちど仕切り直せば?
 コメディならボケとツッコミの役割分担(人称と視点も)ぐらいは固めて、ラブなら受けと攻めぐらい明確にしたうえで、
それに合わせて構成やネタを考えるべきじゃね? つかさ、ゼロ魔のルイズだからこそエロネタをぶつけるのであって、
シャナのマージョリにエロネタぶつけても萌えないだろ。そもそもキャラがが固まってなきゃ話は成立しないわけで、
優先すべきはなによりキャラ。いまは既視感のあるネタを実現するために舞台や人格を強引にねじ曲げてる感じだ。
 余談だけど、おれはトイレの場面で慌てるのも恥じらうのも少年の方だと思って読んでいた。で、混乱のさなか、
少年のあれを見たヒロインが驚きもせずに「信じがたい状況だけど、コレは間違いなくたかぴーのだわ」
「ちょっと待て。どうして時子が……」「馬鹿ね。冗談よ」「……本当か?」みたいな。あの流れなら、そうならね?

248 :247:2010/05/05(水) 00:10:58 ID:KammHr7K
>>188宛てのレスね

249 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 00:12:17 ID:b3TCL3Be
>>233
一度、1DPぐらいで投げた。
メンヘラとかジャンキーとか、携帯小説的などぎつさが、ムリムリwwwとなったので。
掴みはインパクトが大事って言うけども、これはキツすぎやしまいか?
あまりに特殊なものを書くときは、読むのが一般人なのだから、ついてこられるように配慮しないと、
冒頭だけ読んで、あーこれはイラナイなって判断されてしまうよ。
でも、2次落ちって書いてあったので、落ち着いたところで読んでみた。

第一印象としては、絶望の世界が懐かしいなあという感じ。
クスリと煙草を小道具に選んだ意図がわからない。
ところどころ出てくるその描写が、かえって邪魔になっている印象。
何もなしで狂ってたっていいのに。
ストーカーについての考察(?)あたりで×ボタンにカーソルが行きかけた。無駄に長い。
その後の展開も、分かり切ったとまでは言わないけども、予想どおりのことを長々と書かれているだけだから、非常に苦痛。
そんなわけで、2章入ったところでギブ。
最後まで読んだ人によれば、オチはいいらしいけども、そこまで辿り着けない。
あと、上の方で誰かも言ってたけど、擬音語はもっと効果的に使った方がいいと思う。これじゃ安っぽい。

噂のヤンデレは、自分は違和感あるなあ。
ヤンデレって言葉は、ラノベ好きなら比較的馴染みがある言葉だから、
間違った使い方をされると、自分以外の人でも引っかかってしまう人は結構いると思う。
それっぽい言葉を主人公が当てはめているだけ、という使い方なら、そうとわかるようにした方がいいんじゃないかな。
ちなみにヤンデレって、「誰かに盗られるくらいなら あなたを殺していいですか」みたいなやつ。
自分以外を見たら嫌だから君の目ぇ抉っとくね♪みたいな人ね。

全体的に、余計な設定が多いんじゃないだろうか。
設定を作っておくのはいいと思うけど、それをいちいち文章にする必要はない。
それと、一度設定を作ったら、本当にそれがベストな表現になるのかどうか、検討してみるといいと思う。
あと、読み終わって面白かったと思うことはとても重要なことだけども、
そこに至る途中経過も面白くなければ、最後まで辿り着いてもらえないよ。
前半の展開をそのままにするとしても、どうすれば先を読みたくなるかということを考えた方がいい。

上で抽出されてない誤字。「仰視力」「クラー」

250 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 00:30:50 ID:T6NqPJXr
>>249

 ID変わってしまいましたが、妄想神作者です。
 感想ありがとうございます。

>ところどころ出てくるその描写が、かえって邪魔になっている印象。
>何もなしで狂ってたっていいのに。

 盲点でした。

>ストーカーについての考察(?)あたりで×ボタンにカーソルが行きかけた。無駄に長い。
>その後の展開も、分かり切ったとまでは言わないけども、予想どおりのことを長々と書かれているだけだから、非常に苦痛。

 うぃす。プロットでもう少し捻るようにします。

>最後まで読んだ人によれば、オチはいいらしいけども、そこまで辿り着けない。

 力量不足痛感します。勝手に自己分析しますと、書いた事に満足してしまう性分なのかもしれません。
 ……それじゃだめですよね。大方共通して序盤が不快という感想を貰っていますので、書いている方が作品を客観視出来ていれば序盤に対して「これで大丈夫だろ」というのが出てこない筈です。
 だからこれからは入念に下調べしてプロットを組んで全部壊すぐらいの所存で推敲に取りかかりたいと思います(大げさで時間の掛る理想論過ぎる気もしますが。

>あと、上の方で誰かも言ってたけど、擬音語はもっと効果的に使った方がいいと思う。これじゃ安っぽい。

 うぃす。

>全体的に、余計な設定が多いんじゃないだろうか。
>それと、一度設定を作ったら、本当にそれがベストな表現になるのかどうか、検討してみるといいと思う。

 吟味や取捨選択ですね。留意します。


 感想ありがとうございました。

251 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 00:45:35 ID:b3TCL3Be
>>250
プロット組んで壊すまで弄ると、かえってワケわからなくなる気がするけどもw
内容的な方面で攻めるなら、書きたいものより、読みたいものを書いた方がいいという話もあるし、
組んで、壊すぐらい考えるより、最初から内容の方向性を見定めた方がいいんじゃないだろうか。

前半が苦痛だという感想が多いし、自分もそうだったわけだけども、自分としては、
キャラが気に入らないとかではなく、展開が面白くないから読めないという感じだった。
話の内容で引っ張るか、キャラを魅力的にして引っ張るか、その辺はやりやすいものでいいと思うけど、
その場面だけじゃなくて、続きにある何かが気になるようにし向けないと駄目かな。
この話は、自分が読んだ範囲は少なくとも、現在地しか見えない。
いわゆる事件が発生していない状態というかな。方向性が全くわからない。だから先が気にならない。
狂った主人公が騒動を巻き起こす話なのか、狂っていると見せかけて実は正常だったとか、
そういう方向性を、最初の段階である程度提示してほしい。
プロットを組み直すのだとしたら、その辺に留意するといいかもしれない。

252 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 10:44:16 ID:T6NqPJXr
>>251

>話の内容で引っ張るか、キャラを魅力的にして引っ張るか、その辺はやりやすいものでいいと思うけど、
>その場面だけじゃなくて、続きにある何かが気になるようにし向けないと駄目かな。

 うぃす。その辺自分の好み出ちゃってますね〜。最初から明確な終わりが見える話の方が好きですけど、そうじゃなくても普通に読めてしまうという。


>そういう方向性を、最初の段階である程度提示してほしい。
>プロットを組み直すのだとしたら、その辺に留意するといいかもしれない。

 はい。田沢が明確に現状を不安視しているとかいいかもしれないと思いました。

253 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 10:47:55 ID:scFa5kWA
これは良スレ

254 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 11:54:14 ID:T6NqPJXr
避難所>>83

 感想ありがとうございます。

>かなり面白かったです。最後まで見る前に消されてしまったのですが、

 褒めていただけたのに、こういう事になってしまって申し訳ない。


>という結末を予想しながら読んでいました。バッドエンドは嫌いな性質なのですが、続きが気になって読んでしまいました。
結末まで至れなかったのは非常に残念でした。

 あ、あ、あ。
 ひっそりURL貼ります。保存推奨。三時間で消します。
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0588.txt

255 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 13:41:14 ID:T6NqPJXr
避難所>>85

 感想ありがとうございます。

>前半が問題みたいですが、要は主人公やヒロインの精神病の『必要性』を考えればいいのかな、と思います

 うぃす。無配慮でした。せめてバックストーリーがあったら、と後悔しています。そうなった理由付けは必要ですよね。

 感想&改稿例へ感謝。
 ありがとうございました。

256 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 15:21:26 ID:b3TCL3Be
>>252
何度もしつこくてすまない、これで最後にするw
明確な終わりは見えてなくても、途中で予想を覆すようなどんでん返しが来ても構わないんだ。
妄想神は、主人公の現在の思考のみが書かれていて、イベントには事欠かないのに、事件がない感じ。
と思って脳内で箇条書きにしてみたら、メンヘラとか以外はオーソドックスだった。
もしかしたら、独り言が多すぎてテンポが悪いだけなのかなあという気がしてきた。
ずっと主人公の考えが最前面に押し出されていて、イベントとか事件が霞んでるのかもしれない。
もしそうだとしたら、その辺のバランスを上手くとれば、今のままでもいいのかも。

どちらのせいなのか、ちょっとわからなくなってきたけど、今のままだと、
主人公の脳内に話が終始してしまって、今しか見えなくなってしまうから、
そういうやり方にしたいなら、思考を読んでて楽しいものにするしかないかもね。
たとえば学校でいじめられてる場面、ラストをチラ見した感じだと、あの場面のために書いてあるようだし、必要なのはわかるが、
終わりに向かって真っ直ぐ読んでいるだけの状態では、それよりも三枝の方の話を進めろよと思ってしまう。
トータルの構成力とか伏線とかが悪いわけじゃないんだろうけど、ちょっとペース配分とイベント量の加減がうまくないのかもね。

257 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 15:32:40 ID:T6NqPJXr
>>256

>何度もしつこくてすまない、これで最後にするw

 いえ。たくさんレス貰えて嬉しいです。

>妄想神は、主人公の現在の思考のみが書かれていて、イベントには事欠かないのに、事件がない感じ。
>ずっと主人公の考えが最前面に押し出されていて、イベントとか事件が霞んでるのかもしれない。

 そうですね。田沢の事しか見えない話だったかもしれません(その田沢も存在としてぐにゃぐにゃという二重苦。

>そういうやり方にしたいなら、思考を読んでて楽しいものにするしかないかもね。

 うぃす。精進します。

>たとえば学校でいじめられてる場面、ラストをチラ見した感じだと、あの場面のために書いてあるようだし、必要なのはわかるが、終わりに向かって真っ直ぐ読んでいるだけの状態では、それよりも三枝の方の話を進めろよと思ってしまう。

 三枝周辺の問題もぐにゃぐにゃだったと猛省します。


 自分の方で総括してしまえば、一言で言うとうーん、な出来だったのかと思います。
 叩けば埃がわんさか出てくる出来というか(苦笑

 ご指導ありがとうございました。

258 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 17:52:23 ID:PUC7mnWH
うぃす。が気持ち悪くてかなわん……

259 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:08:24 ID:b3TCL3Be
>>258
何でこっちのスレに書いてるやら。
GWだなあ…。

260 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:09:42 ID:gCA8txwc
うぃす を おいすー^^  に脳内変換してなんとか耐えた

261 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:13:04 ID:31OLmMVV
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0589.txt
【ジャンル】ラブコメ青春短編85p
【タイトル】大告白峠(仮)
【評価基準】
・ラノベらしい作品に仕上がっているか。
・キャラ、特にヒロインは良いか。
 ・というか、こんなヒロインはありか。
・萌えや笑いを感じられるか。
【改稿】不可
 ラノベらしい作品を書こうと思って挑戦したラブコメです。
 ヒロインとか書くの苦手なので魅力的かどうかが心配なところ。
 それでは、よろしくお願いします。

262 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:33:12 ID:2s0WoY1k
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0590.txt
【ジャンル】少年向けスイーツ短編SF味。
【タイトル】バラバラにされた空。
【評価基準】
・設定その他は個性的か。
・好き嫌いが分かれそうか。
・存在する欠点は致命的なものか。
・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
・今後、どういう展開になるのを望むか。

263 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:49:21 ID:CZmzZFwM
>>261
ああ野麦峠
いや、別に意味はありません。

・ラノベらしい〜
文体のテンポなどはらしく仕上がっているとは思うんですが、正直斜視という設定は仮に出版と
言う段階になって止められる予感がばりばりします。友人のトラウマ以外に大きな役割はなさそうだし
顔に傷が残ったなどでも構わないんじゃないでしょうか?
・ヒロイン
ありか、というと微妙かなあw 登場シーンはインパクトありましたが、いざキャラを出してみると普通なので
かえって初登場シーンが違和感というか、中途半端なポジションに落ち着いている感じがします。
・萌えや笑い
笑いは十二分に取れている感じはあります。萌はどうかな……個人的には無しですが。

全体的には面白かったと思います。
けれど、短編で無理に押さえたというか、今ひとつ盛り上がりに欠けるというか。転の辺りから急速に勢いと
説得力を失った感じがします。動機付けと、それに対する障害の乗り越えが足りなくてカタルシスがありません。
設定はこのままで、長編にして中身を充実させてはいかがでしょうか?

264 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:53:50 ID:5xsvDaMv
>>261
とても好感の持てる内容なのですが、文体が堅苦しく、メイン層の読者に理解できない単語もあるのでは?
「眇める」などは昨今のラノベで見かけた覚えがないのです、自分は。
もちょっと柔らかい文体にすれば、テンポのよさも相まってぐっと読みやすくなると思うのですが
褌熱血押せ押せヒロインはよくいるのでありでしょう。萌えも、このヒロインジャンルでは需要があるかと
主人公に対して賛否両論ありそうですが、自分はこの喋りがやはり肌に合いませんでした
キャラ付けの仕様上仕方の無いことなのだと思いますが、どうしても昭和臭が。マッドサイエンティストと言うよりは、只の痛い言語使いですよね
文豪キャラのほうがまだ口調に納得がいきます
笑いに関しては、特に笑える部分が無かったです。微笑ましいな、とは感じましたが
欲を言えばあの数ヶ月を飛ばした描写がもったいなかったってとこでしょうか。レキの心情の変化を詳しく見たかった

265 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 18:54:05 ID:JqiEHCxz
>>261
>・ラノベらしい作品に仕上がっているか。
一般的には主人公は普通で、まわりに振り回されるというタイプの話が多いが、これは主人公が変人でヒロインも変という設定はおもしろいと思った
文書的にもこなれてて読みやすかった
ただ、短編だからしかたないのかもしれないが、話の柄が小さくまとまってる印象も
もっと事件が起きてストーリーに大きな起伏があったらさらにおもしろかったかもしれないとも思った

>・キャラ、特にヒロインは良いか。
主人公が悪の秘密結社創業予定なのに、ヒロインがかかあ天下というのは弱いような
もっと個性が出るといいのだけれど

>・萌えや笑いを感じられるか。
ラブコメなのだからコメディなのに、あんまり笑えなかったかな

266 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 19:13:11 ID:5xsvDaMv
>>262
・設定その他は個性的か。
いえ、よくある設定です
・好き嫌いが分かれそうか。
ロリショタな人は好きそう。胸の描写で自分はちょっと不快感
・存在する欠点は致命的なものか。
流し読みなんで気付きませんでした。欠点てどの部分でしょうか
・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
素人なんでそんな指摘できないですよ・・・。でもバックグラウンドもSFでよくある話なんでどうなんでしょうね
・今後、どういう展開になるのを望むか。
タイトルを見て思ったので、物理的にバラバラで。

ら抜きい抜き言葉が気になったなあ。視点の移動も

267 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 19:19:50 ID:b3TCL3Be
>>261
>・ラノベらしい作品に仕上がっているか。
文字詰まりすぎじゃないか?
内容はまあラノベだと思うけども、視点がぶれるのが気になる。一の本丸のところとか。
少なくともラノベの作法では、視点のぶれは御法度というのが主流だ。
文章が読みづらい。おそらく視点が固定されていないせいだと思う。
それと、いらないところまで描写が細かいせいもあるかもしれない。母の顔とか、別にどうでもいいし。
あと、七前後の展開が急だね。

>・キャラ、特にヒロインは良いか。
ヒロインの性格は軽く違和感を覚えるけど、まあありなんじゃないのかと。
ヒロインへの違和感は、褌にサラシとかいう破天荒なことをするのに常識的すぎるからだと思う。

>・萌えや笑いを感じられるか。
萌えはあんまりないな。青春系の方が近い気がする。
笑わせようという意図は感じられるが、あんまりラブコメって感じじゃない。
ラブは途中早回しでとかで逃げてるし、コメディは設定で変人ふうにしているぐらいじゃないか?

268 :避難所から転載:2010/05/05(水) 19:20:05 ID:ULr3AH9/
87 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/05(水) 19:12:10 ID:V0kE2pJE
>>261
文章は軽妙でテンポよく、伏線は一応回収されている。
きれいにまとまったいい作品だと思う。

キャラクターについて
・一郎……過去のトラウマと、現在のマッドサイエンティストキャラがどうもうまくつながらない。
最初はギャグノリではじめからこんなキャラなのかと思ったんだが。
斜視、コンプレックス、自己否定という要素のつながりが薄くて不明瞭なせいだろう。
・本丸……雪玉の下りは、まぁそうだろうな、という感じ。
ただ一生モノの怪我を負わせたのに、彼はどの面下げて一郎の友人をやっていたのだろうか、不可解。
一郎が犯人が誰か認識していなくとも、小学生の心に怪我をさせてしまったというのは大きなトラウマになってしまうのではないだろうか。
一郎も斜視がコンプレックスの大部分であるはずなのに、その加害者に対しては態度があっさりとしすぎている。
全体的にこの二人の関係は描写が足りない。親友と言うけれどどういう関係なのかがわからない。
・レキ……悪くない……、ヒロインっぽく描写できていると思う……。
が、なんともどう感想を書くか迷う。
 褌はものすごいインパクトで登場するのに出落ちで終わってしまっている。
 なぜ常時褌なのか?(祖母が作ってくれたと言うだけでは弱い) 
 なぜ褌にサラシというきわどい格好で走っていたのか?
 格好以外は堅そうな娘なのにデレるのが早くないか?
とか思ったりするのだが、ノリを重視するならば些末は無視した方がいいのかもしれない……。

269 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 19:23:44 ID:CZmzZFwM
>>262
エスト「バッシュ……お前も悲しいのね……」

特に意味はありません。


・個性的か
個性的という言葉が何を指し示すのか図りかねるので、答えに難しいところですが、尖った設定だとは思います。
・好き嫌いが〜
聞いてくるからにはご自身もわかってるのでしょう。これは当然、賛否両論になるようなものになるはずです。
・存在する欠点〜
致命的かどうかはなんとも言えませんが、たぶん近未来の世界を示すために時折水素自動車やら香化やら
カプセル内睡眠やら出てきますが、そのたびに「これはこういうものだ」と説明がはいるのでやや進行を鈍重に
していると思います。説明の仕方をもう少し変えるなり、後半以降とくに意味をなさない伏線ならばカットでも良いのでは。
・武器になりそう
尖った設定は、うまく研げば有効な武器になるとは思いますが、この辺は後述に。
・今後の展開
これは主題に関わりそうなことなので、こちらに聞くべきではないと思い、答えは控えます。

この設定ですが、例えば上手くすれば賞に送って「選考会において賛否両論」なんて末に受賞なんてこともあり得るのかな
なんて妄想もしました。野心的とも言えるし、その辺を事実狙っているのではないでしょうか。
ただ、2次元児童ポルノ規制が盛大に騒がれている中、いまこれをどこかの新人賞に送るのは自殺行為のようにも思えます。
出してみなければもちろんわかりませんが、野心的と言うよりも無謀かも知れません。
GUNSLINGER GIRLのように、似たような主題できちんと商業的に成功してる作品もあるので、これがそこまでたどり着けるかは
後半の展開次第でしょうか。

あと気になったのは、出だしで世界観とカラーズの説明をつらつらと書いている辺りでしょうか。
短くまとめてはいますが、しかしキャッチーじゃないと思います。
あと、心に突き刺さる針の下りもちょっと安っぽいかなあとは感じました。

270 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 19:39:56 ID:TtuQ+E45
>>262
・設定その他は個性的か。
 割と有名な作家さんのSFにまんま同じ設定(堕胎されるべき子供を、愛玩動物的に加工してペット化する)
 があるので知ってる人には二番煎じに見えるかも……
 それ以外の要素も悪く言えばありきたり、よく言えば順当

・好き嫌いが分かれそうか。
 まあ一般受けはしねーべ

・存在する欠点は致命的なものか。
 熟読はしていないが、致命的というようなものは無かった

・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
 熟読はしていないが、突き抜けて良いところも無かった 

・今後、どういう展開になるのを望むか。
 先行作品が食人オチなのでそれ以外w

271 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 19:56:09 ID:b3TCL3Be
>・設定その他は個性的か。
そんな特殊でもないでしょ。
書店にならぶ商品になっているかどうかはともかく、人間ペットなんてウェブではありふれてる。

>・好き嫌いが分かれそうか。
ここまでのレベルなら、好き嫌い別れるってほど尖ってないと感じる自分はやばいのかw

>・存在する欠点は致命的なものか。
序盤からこれだけ説明が入るのは、致命的かどうかはわからないけど、いいことではないと思う。
車なんて、別にこんなに小難しく構造を書かなくてもいいと思うけど。
で、機械には全く興味がないから、相当的はずれかもしれんが、個人的には、
水素を燃料にしているなら、やっぱりエンジンは必要なんじゃないかという気がする。
エコカーは燃やすものがないからエンジンがないんじゃないっけ?

>・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
特殊な世界設定を、細部まできちんと詰めてあるところ?
でもそれを説明してるようじゃ駄目だなと思うが。
変に萌えとか入れるより、イノシシとカササギの話とか、病んでる方面で攻めた方が、
若さゆえの痛さみたいなのが出ていいかもね。いわゆるラノベじゃなくなるけど。

>・今後、どういう展開になるのを望むか。
どれだけいびつな治し方でもいいけど、傷は癒されるべきかと思う。

272 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 20:20:19 ID:31OLmMVV
 皆さん、感想ありがとうございます!

>>263 むしろ大魔法峠、なんちゃって。
 あー、斜視はやっぱ出版的にはアウトなんですかねえ。漫画ではなんぼか見たことあるんですが。
 ロ○パリだけ直接書かないようにしましたが、他にもっといい書き方があるのかも。
 トラウマ以外では、特殊な外観でのキャラ立ちを狙っていました。
 ヒロイン出オチは他の方にも共通した意見ですね。カカア天下の設定と合わせて盛り上がれるかと思ったんですが
 見通しが甘かったようです、無念。
>設定はこのままで、長編に
 短編を書こうとして書ききれない欠点が相変わらずでしたorz
 改稿するなら是非長尺でやってみたいと思います。

>>264
 好感が持てると言っていただき、ありがとうございます。
>堅苦しい
 このへん、ラノベを書こうとしてもまだまだ甘いようですね。もっと軽妙さに徹さないと。
 すがめって今の子は言わないのか……(あ、老けた気分)。
>褌熱血押せ押せヒロイン
 よくいるのか……! いや押しの強いヒロインは多いですがフンドシとかどうかなと思ってたので。
 主人公の口調が痛いのはその通りなんですが、文豪キャラってのは想像しづらいですね。
 数ヶ月飛ばしについては反省。ラブコメだし、あと20pぐらい頑張っておけばよかった…。

>>265
 そういえば秘密結社に関しては設定として影が薄いままで忘れられて終わりでしたね(何を他人事のように。
 短編にしようとして必要以上に小さくなってしまったようですし、
 ヒロインと友人と三人でいきなり結社を立ち上げたり、それで騒動を起こす展開に持っていったほうが良かったかも。
 長編版ではその路線で行こうと思います、貴重な意見ありがとうございました!

>>267
>視点ぶれ
 三人称だからああいう風に、一つの場面で複数のキャラクターを描写してみましたが、作法的に間違いなんでしょうか?
 しかし指摘された箇所を見返すと、視点変わってますよーという描写が言葉足らずだったかもしれません。
 まだまだ勉強不足ですかねえ……。
 母の顔は、まあ主人公美形フラグみたいなもんでしたが、まあそれは余談。
 青春ってのはそうですね、ラブコメとして書き始めたのに、結局そっちの方が近い仕上がりに。
 青春物としてよく出来ていればそれでいいかもしれませんが、これは何か違うしなあ。

>>268
 この感想を読んで気付いたんですが、設定がまだ有機的に連結されきっていない作品なんですね、これ。
 たとえば主人公と友人、主人公の過去(あのキャラの成り立ち)が、全部説明のままで終わって、
 あまり描写されないまま話が絞められてしまっている。ここがこの作品の大問題点のようです。
 それとは逆に、レキのフンドシ設定はノリ以上の物は特に無いわけですが(コメディとしてのキャラ立ち優先で)。
 終盤の展開が急なのも、まさにその辺の弊害としか。

 全体的に萌えはほぼなく、笑いも微妙という印象の作品になってしまったようですね。
 ネタが小粒過ぎたというか、思い切りが足りなかったかというか……。
 自分としては奴らのラブ台詞書くだけでもこっ恥ずかしかったんですが、歳なのか感性が悪いのやら。
 ラブコメについてもっと勉強して本作を改稿したいと思います。
 でもまだロダには作品置いておきますので、引き続き感想お待ちしています!

273 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 20:28:31 ID:9dOG2kym
>>261
最初に断っておきますが、最後まで読んでません。ヒロインの名前が判明した辺りでストップ。
理由は、キャラ小説と思って読み進めたところそうでもなかった為。プラス、今ちょっと集中力が……
なのでコメントしてよいものかどうか迷うけど、一応。
以下、評価基準に従って。

・ラノベ〜
地の文が若干硬いように思う。それ以外は特に。こなれていて読みやすいと思います。
ロンパリは出版社の判断は知りませんが、とらドラで思いっきり出てたように思います。

・キャラ〜
主人公の喋りが地の文に埋もれている印象を受ける。上と被るけど、もうちょっと軽く書くほうが
キャラがたちやすいのでは?
ふんどしヒロインということでかなり期待しました、が、思ったより普通。
一方向に突き抜けてしまった分、もったいないように思う。読んだ辺りまでで、性格が天然なのだろうと判断しましたが、
天然なら初対面でふんどしが解けても気付かないぐらいして欲しかった。いや、やっぱり面白くないか。

・萌え・笑い〜
読んだところまででは特に……
でもふんどしはいいですよね。夢がある。


気が向いたら読み進めるかも。感想追記するかもしれません。

274 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 20:33:32 ID:b3TCL3Be
>>272
>三人称だからああいう風に、一つの場面で複数のキャラクターを描写してみましたが、作法的に間違いなんでしょうか?
少なくともラノベ界では一般的に、場面転換を挟まない視点の変更はよくないって言われてるね。
一般小説でも、1場面で複数視点は、特に最近の作品ではあんまり見かけないと思う。

275 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 20:47:54 ID:mqF7Vq54
>>261 大菩薩峠とかなんとか。しかしまあ。
ラノベじゃないな。文章が硬い。かといって、難しい言葉を選んで使ってる割には、ところどころ言葉選びがおかしい。
「虚弱体質で青白い顔」は分かるが、その後「生白い見た目通り」とある。
「青白い」と「生白い」は意味が違う。辞書を引いてみろ。個人的には生白いはまだマシで、ひどくなると青白いになると思う。

「陽性百パーセント」もなぁ、陽気なら分かるが。陽性の後に%だと、病気を表す陰性陽性かと。
ていうか、一つ前の花火の比喩に被せて、黒色火薬百%なり、四尺玉なり、花火に繋げた方が自然な文になる。

「まさにポニーテール(馬の尻尾)」と書くなら、その前に「じゃじゃ馬のように」ぐらい書いておくべきだろう。意味不明だ。
「大声音」は大音声(だいおんじょう)の間違いか?

全体的に風景描写が少ない。匂いや音が少なく、季節感がまるでない。特に後半。

序盤がだるい。大した内容がない。斜視と虚弱と、少女との邂逅ぐらいだろう。序と1は削ってくっつけるべき。
2からは変人キャラ同士の掛け合いと、友達がツッコミになるので読めるようになるが。

ラノベのラブコメを狙ったとはいえ恋愛。一番重要な恋愛過程を端折ったら作品として終わりだ。
コンスタンのアドルフぐらい書き込めとは言わんが、やっぱりセカチューぐらいは書いておかないと。

あと、レミが知り合った時に、斜視をどう思っているのかが分からない。普通ならその特異な容姿に目がいくだろう。
そして 斜 視 は 手 術 で 直 る 。 なぜ手術しないのか。設定の詰めが甘すぎる。

まあ、萌えも笑いも薄くラノベとは言いがたい。ラノベを勘違いしている気がする。
が、この作品自体はそこまで悪くない。
もう少しテーマと設定に注意を払って、一般エンタメとして仕立て直したほうがいいだろう。

276 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 21:12:48 ID:31OLmMVV
 引き続き感想ありがとうございます!

>>273
 結構最初の方ですねえ。追記があったら印象変わりそうなので手短に。
 とらドラ、再チェックしてみます。ふむ。
 何かヒロインやキャラへの突き抜け方やブッ飛び方が足りないあたりが、まだラノベとして甘いみたいですね、私は。
 あと文章が固いのはそうですが、主人公と被っているのが問題でしたね。うう、しまった。

>>274
 あ、追記ありがとうございます。
 もうちっとそのへん勉強してみようと思います。視点の問題はどうも難しい。

>>275
 うーん、一般エンタメですか。
 ラノベでない感じは主に文体にあるようですが、そこさえ直せばラノベに出来るんじゃないかと自分では思うんでうすけれど。
>生白い
 青白いとは区別して作中で使っていますよ?
 と思って読み返しましたが、「生白い」が「生っ白い」の抜け字だったようです。
 生白いだと確かに青白いの下位って感じでしたね(生っ白いは一郎の自虐)。
>陽性百パーセント
 わりと普通に使う表現(軽い表現)だと思っていました。病気を現す言葉なのは知っていますが、陽属性の略という感じで。
 火薬百パーセントは自然な文になるとは思いませんけれどねえ、私は。
 まあ後で爆裂娘とは言ってますが、その語彙は違う気がします。
 ポニテとじゃじゃ馬で意味不明ってのもむしろこっちが意味不明なのですが……。
 あ、ただ大声音はだいしょうおんって造語でした。これはルビもないし分かりづらかったかと反省。
>斜視
 手術で直るのは知っているんですが、作中では特に触れませんでした済みません。
 コンプレックスがあるからって、それを全部直してしまえる人ってどれだけいるものなのかと思いまして。
 美容整形はちょっと違いますが、斜視は目の手術ですし、尻込みせずどうのこうのっていけるものでしょうか? と。
 少なくとも俺だったら怖いです。直接痛みがあるものなら仕方無いけれど……成人してから直す人も多いみたいでした。
 今より良くなるとしても自分の顔が変わる訳ですし、一郎の年齢なら全身麻酔という大がかりな物になるはず。
 料金が支払えないほどの経済状態ではないだろうけれど、やらないだろう、ということで済ませました。
 まあ上記のことをちゃんと描写しておけ! って話ですよね。あいすみません。

277 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 21:44:25 ID:ULr3AH9/
>>261
諸々は皆様指摘されているので一つだけ。
序盤の散歩に行く行かないの意見を逆にした方がいいと思う
親に心配されつつも初志貫徹ということで多少無理をして散歩に行っていいんじゃないかな。
自分の意志で行動した結果としてファーストインパクトって方が自分は好きですね。
そうすれば悪天候の中を歩いた甲斐があったとなりますし。

278 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:04:06 ID:mqF7Vq54
>>276
275だが。区別して使って無いだろ。言葉選びがぞんざい過ぎる。
「生っ白い」も「生白い」も意味は一緒だよ。覚え間違いを押し通すな。

>ドカンと花火が開いたような満面の笑み。陽性百パーセントというやつだ。
お前の中では普通でも、文章が繋がってなくて生きてないんだよ。「○○というやつだ」といってるんだから、
前の文章のより詳しい説明になるはず。それなのに意味が取り難い。

大音声は、すでに同じ意味で似た並びの言葉があるのに、ここだけいきなり造語とか。もうちょっと日本語勉強しとけ。

それから、目の手術が怖いのは当たり前だろ。俺だって怖いわ。でも、主人公は斜視に強度のコンプレックスがある。
ここまで悩むなら手術も選択肢の一つに上がるだろうし、この性格なら手術が怖くて踏み切れないのもわかる。
しかしながら作中では、まったく触れられていないのがおかしい。

また、もし手術の存在を明かすなら、最後ヒロインが主人公の手術を後押しする、などの展開にもつなげられるだろう。
手術の存在を知りながら、それでも斜視を抱えてヒロインと共に生きていく、というのでもいいだろう。
作品に深みを持たせるチャンスだ。それをやってないから詰めが甘いといっている。

ラノベじゃないってのは、文章が硬いだけじゃない。文章直しただけではラノベにはならない。勘違いしてる。
275で書いただろう? テーマと設定に注意を払って、と。設定は上記の斜視うんぬんだけれども。
斜視は上手くいじればもっと作品に深みが出る設定だ。良いと思う。

しかし問題は、テーマが重くてラノベ向きじゃないことだ。一般ならありだが。
「マイナスの状況にいる主人公が、最後、友人や家族と和解し彼女と付き合えました」という。
これは「一万円落としたけど、最後に100円拾えました、ラッキー」て感じ。全然釣り合わない。
最初がこれなら、最後はもっと突き抜けるぐらい大きな報酬を主人公に与えないと、ラノベ的な作品にならない。

ていうか、お前、ちやほやと褒められて自尊心満たしたいだけで、なぜ否定的な感想が出たか考えないつもりか。
そんな姿勢じゃ全然だめだわ。現状では一般でもラノベでもない、中途半端な作品になってる。
この作品はどう磨いたら一番輝くのか。本当にラノベという消耗品にしていいのか。
もしくは極限まで言葉とテーマを研ぎ澄ませて、世間や文壇に問える一般文芸にしなくていいのか。
この弁天一郎を生かすも殺すも、作者次第。もっと良く考えるべきだと思う。

279 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:07:29 ID:2s0WoY1k
感想ありがとうございます。
とりあえず、ギブされるほど酷くない出来だったようで安心しました。

>>269
ありがとうございます。
設定については新人賞に送って落選しても、送料と紙代がパーになるだけなんで、あまり気にしないで行くことにします。

ただそれよりは、小道具描写がうっとうしいのが問題っぽいですね。
小道具全般はなにひとつ伏線になる予定がないので、コンパクト&カットにする方針で行きます。

>>270
ありがとうございます。
先行作品を知ってる人には二番煎じとなるなら、知らない人にはそこそこ新しくみえる、と前向きに捉えることにします。
お茶だって三番煎じまでならおいしく飲めるし!
食人落ちはまったく考えていなかったのでご安心を。
というか、議論スレのあたりでその既存作のタイトルを教えていただけるとありがたいのですが。

>>271
ありがとうございます。
ウェブ小説を読んでいる方は一般基準で言えば極めて少数に属すると思いますんで、商業作品で使い古されていなければ気にしない方針で行くことにします。
そして小道具描写はやはりめんどくさいようですね。現状のをコンパクトにし、今後にでてくる設定も、専用フォルダ内に納めておくことにします。

イノシシとカササギのお話は、このノリをメインに行くことも考えていた部分ですので、そう言っていただけると幸いです。
(評価基準の1、2、4がここにかかったらうれしいなぁ、と密かに思っていたぐらい)

280 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:13:39 ID:b3TCL3Be
>>279
一つだけ。
>ウェブ小説を読んでいる方は一般基準で言えば極めて少数に属すると思いますんで、
全人口を対象にすればそうだろうけど、ラノベ読者に限って言うなら、少数ではないと思うよ。
むしろ、書かないまでも、自分であれこれ妄想したり、二次創作したりするような人たちだと思っているんだが。
そういう妄想を書いたものがウェブ小説だと思えば、どれだけありきたりかということも察していただけるかと。

281 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:16:48 ID:gQ9/paM4
というかあれだよね。

   ウェブ小説でありきたり≒投稿作品でありきたり

なんじゃないかな。受賞してないだけで。

282 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:20:03 ID:kc7xazw/
受賞を目指すならウェブ小説ののりは捨てないと駄目でしょ

283 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 22:31:44 ID:31OLmMVV
>>277
 アドバイスありがとうございます。
 そのへんは他の方のご意見も合わせてもうちょっと考えてみますね。

>>278
>生白いと生っ白い
 あなたこそ辞書引かれましたか?
「生白い」はわずかに白い、なんとなく白い(一応二つめに「なまっちろい」の意もあります)
「生っ白(ちろ)い」はいやに白い、顔に生気がなく弱々しい男を嘲った言い方。(どちらも角川国語中辞典より)
 です。ですから別の言葉として使いました。
>斜視手術
 これについちゃ議論スレでも持ち上がっているんでそっちで。
 指摘されたからには拙かったなということで描写を盛り込むつもりですが。
>ラノベじゃない
 そう言う意味でしたか。いつもの私の悪癖ですね。>テーマなど
 中途半端ってのはまさにその通りです。ラノベにしようとして、結局ラノベに出来ない不器用さが出たというか。
 中々身の振り方が悩ましい。
>否定的な感想が出たか考えない
 そう見えたなら済みません、あなたの感想があんまりな言い様(超上から目線)なんで腹立ってんじゃないかと。
 でも凄く良いこと言っているのは分かるので、じっくり読み返すつもりで保存してます。
 いやまあもらったレスはいつも保存しているんですが。どうでもいいか。
 議論スレじゃ普通な口調だし、この作品をとても気に入って下さった感触なんで嬉しいんですけれどねー。
 まあ実際、自分がもらった感想で、痛いところに目をつぶる真似だけはしたくない。
 あとは私の、些末な感情の問題ですものねえ。
>この作品はどう磨いたら一番輝くのか
 昔からラノベ書きになろうとしていて、でも書く物ことごとくラノベじゃないと言われ、
 初期のラノベらしい作品は全部技術的に拙くて酷いもの。で結局はラノベに戻れなくなって数年。
 何とかラノベも一般も書ける器用さを身に付けようと挑戦した、いわば踏み台がこの作品です。
 て言うと酷いですが、ネタ自体は前からあったものだし、書き上げれば改めて愛着も湧く。
 今回は、早急に仕上げようとして粗の目立つ作品になったと、あなたを含めスレの反応で痛感しました。
 結局、ラノベは自分には向かないのかもしれません。
 そしてこの作品は、さてどう持っていったものやら。じっくり考えてみようと思います。ありがとうございました。

284 :この名無しがすごい!:2010/05/05(水) 23:57:53 ID:mqF7Vq54
>>262
うーん。全部読んだが、評価は全部普通。可もなく不可もなく。
というか、この作品の立ち位置がはっきりしなくて、曖昧模糊としてて感想し辛い。

設定はSFだが、SF特有の匂いがしない。SFジュブナイルでもない。これは感覚的にだが。
ラノベでもない。だとすると、一般エンタメか……? それにしては心が引かれる要素もない。

うーん。晒し枚数が少ないというのもあるだろうが、今ひとつ楽しめない。つまらない訳じゃないが。
両親から愛されていないと思っている子供と、世間から完全に外れたカラーの子の、心の交流がテーマなんだろうけど。
作者がそれに捕らわれすぎているというか。

何かが足りないのか、多すぎるのか。
足りないとするなら、SF要素だろうか。冷徹に全体を俯瞰する客観的視点と言うか。
多すぎるとするなら、主人公や語り手の感情や行動、考えだろうか。主観的過ぎるのか。

なんだか読んでて、もやもやした。今後の展開は、SFにするかラノベにするかで変わってくるから作者が考えるべき。

285 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 00:13:16 ID:uWfUjZSq
>261
・ラノベらしい作品に仕上がっているか。
 俺的にはラノベ範囲です(責任は取りませんよ)。

・キャラ、特にヒロインは良いか。
 いいです。

・というか、こんなヒロインはありか。
 ごちそうさま。いや、キャラ分析苦手なんですいません。
 俺的には好きですよ。

・萌えや笑いを感じられるか。
 褌は萌えなくも無いですが、一般的には?ですが。
 笑いは、我が輩って言い換えるとこくらいです。

・そのほか
 なんとなく、プロットを読んでいる気になりました。
 短編なら5月〜9月までの部分が不要な気がします。
 ここから、100DPくらいにした方が書込みが充実できると思います。
 細かいことをちょっと書きますと、「水ごり」の説明が唐突に感じました。
 で、テンションが落ちます。会話文か本丸視点で地の文に入れたいです。
 散歩できる神社の名前くらい知っていると思います。
 一は不要と思いました。(序に組み込みたいですね)
 本丸が、最後のほうで嬢ちゃんと呼ぶのは若干違和感があります。
 (御言台でいいと思います)
 七の初めから、原因は...の部分の時制が飛んでいて混乱します。
 長いですが、会話文で書ききっちゃうか、(分量を増やして)一行あけとかに
 したいです。
 また、他の方も書かれていますが、視点移動は注意したほうがいいと思います。
 (一般でも関係してくる話ですし)
 
 好みの問題ですが、最後は冬の神社の場面で終わらせたいですね。
 三人で雪合戦とかして。まぁ、単なる俺の好みですが。

 いろいろ書きましたが、面白かったですよ。頑張ってくださいね。

286 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 00:44:21 ID:uWfUjZSq
>262
・設定その他は個性的か。
先月辺り似たような設定を読んだ記憶があります...。

・好き嫌いが分かれそうか。
 分かれますね。

・存在する欠点は致命的なものか。
 四歳でお風呂に一人で入るのは危険です。
 ましてや、一緒にお風呂に入れるなんて不可能です。
 男児なら、複雑な言葉を使用できない(子も多くいる)年齢です。
 子犬の面倒すら見れない年齢のに、どうしてほぼ人間を扱えるかと。
 と、書きましたが、中高生はそんなこと意識しないかもしれません。
 
・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
 現状ではストーリー的に魅力がある部分はありません。
 作者さんの文章力は武器になりそうですが。

・今後、どういう展開になるのを望むか。
 それはこちらが聞きたいです。
 俺ならどうするかって話ならば、カラーズの反乱を描きますが
 (バトル物?メインなもので)、けど、この設定だと無理かなぁ。

そういえば、バイオ系のコントロールって難しいですよ。
自動車の燃料にするのはちょっと厳しいと感じました。
(やつら、温度コントロールがめんどい上に突然死したりするのよね。
まぁ、直接の専門じゃないから自信はありませんけど)
でも、世界観とか良く考えられているなとは感心しました。

287 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 01:51:59 ID:YbR9Y9Mn
>>262
・設定その他は個性的か。
ちゃんと血肉を通わせられれば、個性的になるかもしれない。
・好き嫌いが分かれそうか。
好きな人が嫌いそうというか、SFが好きな人は設定にツッコミそうだし、
文学性を求める人はがっかりするだろうし、
中途半端では?
・存在する欠点は致命的なものか。
致命的というか、命が薄い。淡白だとおもう。
・武器になっている。またはなりそうな点はあるか。
用意した武器が役立たずだったって感じ。
・今後、どういう展開になるのを望むか。
どうしようもないと思う。

主人公との距離が遠いと思う。えらく客観的。
この前、別な人に「主人公として不適」って書いたのだけど、
文学だと、子供が主人公って避けられるんだわ。
分別の無い子供の主観を書いたら作品として分別がなくなるから。
この作品の場合、だから地の文で延々と子供の内心を代弁してて、
主人公との間にフィルターを一枚隔てた感じがした。
そもそも、内心もあんまり書いてないし。

いまいち、すっきりしない作品でした。

288 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 02:01:36 ID:yWQmn3q3
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0593.txt
【ジャンル】 ラブコメ
【タイトル】 未定
【評価基準】 適当に感想をいただければ
【改稿】 ○

 初めて書いた一人称ラブコメです。
 改善点があれば、お願いします。


289 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 02:14:38 ID:YbR9Y9Mn
>>288
「さらりと流すなあ」って感じでした。
起はなく、いきなり承に突っ込んでるって感じです。

「性欲」ってまた直接的な。
「恋する乙女のオーラ」くらいの方が。

290 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 06:39:10 ID:I0AzGMJ0
 感想ありがとうございます。
>>285
 キャラが好きと言っていただけてありがたい。
>プロットを読んでいる気
 他の方にも突っ込まれましたが、あの早回しは短編に収めようとしてやっちゃいけないたぐいの失敗になりました。
 ダイジェスト的というか。
 序はちょっとスロースターターな感じでしょうか。これは構成ミスかも。

>三人で雪合戦
 絵的になんか微笑ましい図ですね。



291 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 08:17:39 ID:bMofaceN
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0594.txt
【ジャンル】ラブコメ
【タイトル】でかちび
【評価基準】
・ラノベとして問題のない文章か
・キャラクターは魅力的か
・続きを読みたいか
・その他なんでも
【改稿】×

去年の電撃一次落ち作品の序盤です
最もダメな箇所(ストーリー・構成)は自覚しているのですが、客観的なキャラの評価を知りたいです
一次落ちだから評価シートないんだもん。くすん

292 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 08:57:19 ID:bbJR6nyY
>>288
話自体は適度に奇抜であり適度にテンプレに従っていて面白く読めた。
文法的にはーーではなく――を使ってほしいのと、一般的に見て多用しすぎなので俺なら減らす。
文体は個性的で面白く読めるがやや下品なので人を選ぶと思う。
直接的なエロが多いのも直せとは言わないが、出せるレーベルが限られてしまうんじゃないかと心配。
導入部からすぐ本題に入るし描写量が少ないおかげでスピード感が出ているのは良い。
しかしダレずに読める反面、展開が速すぎて落ち着かない場面がある。そこは適度に描写量を増やすべき。
総括して思うにこれは短編向けのネタではないか?
オーラが見えるというだけでこれからの話を長々と引っ張れるようには思ないが・・・

293 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 09:00:27 ID:KESGYcEL
>>291
>・ラノベとして問題のない文章か
別に下手だとか、読みにくいというのはなかった
そんなに悪くはないんじゃないかと

>・キャラクターは魅力的か
主人公が背の低いことにコンプレックスがあり、人並みはずれて背の高い転校生に軽い反感を抱く程度ならわからないことはないが、ここまで強く嫌うと共感できない
ほかに背の高い生徒は教室内にいっぱいいるだろうし
とくに個性的というわけでもないし、晒されてる部分のみでは魅力はあまり感じなかった

>・続きを読みたいか
この先にすごい事件でも用意されてれば
晒されてる部分については、読んでられないほどつまらなくはないが、おもしろくもない
この調子でだらだらと続いていくなら、世の中にはもっと面白い本がいくらでもあるしなーと思うだろうね

>・その他なんでも
背の低い主人公が背の高いヒロインに対して反発していたのが、だんだんとひかれるようになり・・・というストーリーが先にあり、それを丁寧に描くのではなく、無理に当てはめて書いてる印象がした
設定的にも珍しさはないし、先行作品と比較して売りになるところがいるんじゃないかな?
漫画だと『かぼちゃワイン』とか『オトナになる方法』とか昔からやってる話だし
いまさらな話を目新しさなく書いたら普通に1次で落ちるだろうね
それからコメディとしては笑えるところが少ないかも

294 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 09:04:33 ID:UtVREx5G
>>291
文章:途中から説明口調の会話で状況説明になってるので分かりにくい
    たとえば主人公の家、どこにあってどんな家なのかさっぱりです
キャラ:別に魅力は感じません。特に主人公が話の進め方のせいで全然
続き:あまり。久しぶりにかぼちゃワインを読みたくなりました

以下は自分の主観です。改良案というわけではなく自分だったらこの方がいいなあという程度の話
初対面で、見た目だけで嫌うというのはあまり良く無さそう。
まず見た目でコンプレックスをくすぐられムっとした後に、席についてから文字通りの上から目線で
可愛い名前だとか言われてムカっとするとか本人由来の原因を作った方がいいのでは。
外見だけでひどく嫌うってのは読む人を結構切り捨ててしまうと思います。女性読者とか特に

+序盤からサブヒロイン?にデレてるのも、恋愛ものとしてはいい印象は無いかな。
憧れの対象は、最初は手の届かない高さに居る人の方がいいかも。
後々その子も身近になり正ヒロインと対比するように絡んでくるようにすれば良いですし。
もしくは恋愛関係無しのズケズケ言い合えるような幼馴染みとか。
憧れの女の子と一緒に弁当を食べられる関係でこれ以上何を望むんだよ、って思ってしまいます。

同じ人間が対面している状況での一人称切り替えはNGというわけではないですが、こういう
恋愛モノの初期段階では控えた方がいいかも。一人称寄りの三人称なら不自然さは減りますし、
一人称ならせめて切り替えるタイミングを姫ちゃんが寝たときにするとか工夫すべし。
テンプレ的都合の良い家事ヒロインなのは置いとくとして、仏間や冷蔵庫の中を見て何かを察した
夏木が、料理を持っていくと、目覚めた姫ちゃんが料理の匂いで「母さん?」と呟いた後に覚醒して
心底寂しそうにしててしがみついてきた、となっても展開上問題無いですよね。
んで夏木がこの人は寂しかったんだ、と気付くと。
後の展開がどうなるか知りませんがこれをきっかけとして男らしい母性溢れる抱擁系ヒロインになるとか。

あと、夏木のキャラ造形において男らしさの必要性は後々出て来るのかな?
ただよそと違うキャラにしようと思ってとりあえずくっつけた属性でなければいいんですが。
展開通りに動くだけでキャラの特性を生かしたり読者に向けて示したりしてない印象

295 :避難所から転載:2010/05/06(木) 09:05:40 ID:UtVREx5G
93 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/06(木) 08:47:41 ID:n2ajd1WA
以下転載お願いしますー。

>288
まず、基本として”――”を”ーー”と書いているところは直して欲しいです。
”?”のあとに間を開けたり、句読点が正しくなかったり(カンマが混ざってました)は
恐らく推敲不足なだけと思いますが、ダッシュは使用頻度が高いだけに
目について仕方がなかったです。

一人称とは言え、描写が少な過ぎて状況が想像しづらいです。
ヒロインは「かわいい」。身長も体格も髪型も顔立ちも一切なく、それだけ。
最初のシーンは教室から自宅に到るまでのどこか、ということしか想像できませんし
(ヒロインがどこで主人公を呼び止めたか分かりません)
真田さんの服装の評価も、私服としか描写されずに「あんなの」と言われても
さっぱりピンと来ません。

ヒロインが引っ越して来てからどれくらい経過したのか不明ですが、
「彼氏いるの?」と聞くくらいには時間が経っているのでしょうか。
最初の友達が主人公だというのに何だか不自然な気がしますが。遠距離恋愛前提かな。

全体的に淡白な会話だけで話が進んでしまうので、
ほぼ全てのシーンで情景を想像出来ませんでした。
一人称=地の文はおざなりで構わない というわけでは決してないと思うので、
少し気にして頂ければ幸いです。
面白い詰まらない以前に、感情移入のしようがないほど
シーンが良く分からないまま進む印象で、そちらの部分にはコメントしかねる格好です。

厳しいことばかりになってしまいましたが、頑張って下さい。

296 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 09:30:19 ID:bbJR6nyY
>>291
・ラノベとして問題のない文章か
文章は問題ない。でも普通すぎて味が無い
・キャラクターは魅力的か
メインの二人とも面白い設定だと思うが、両方ともあんまり可愛く見えないように描かれていて勿体無い
ラブコメとして進めているくせに途中で質の低いギャグを挟もうとするのもやめるべき
・続きを読みたいか
あまりそういう気にはなれない。理由は後述
・その他なんでも
なんというか素材はいいのに調理法が悪い気がするな
夏木は最初から姫ちゃん萌えをあらわにしてそれを姫ちゃんが迷惑がる展開のが絶対面白いと思う
ラノベとしてもっとはっちゃけていいのに全体として地味な印象。コメディ部分はそれをごまかしているにすぎない
あと主人公の内面的なキャラが無個性で魅力ない。一人称の語りがワナビのラブコメで良く見る文体だしね
相手の心境を想像するのがラブコメの醍醐味なので、視点変更も効果的とは思えない。辛口スマソ

297 :178:2010/05/06(木) 09:36:40 ID:16kbm6IW
>>244
どうもわざわざご拝読ありがとうございます。
>俺的には面白かったです。
>文章は結構読みやすいです。
ありがとうございます。嬉しいです。
>カレー味のウンコの話とかいらないんじゃないと思いました。
成る程。確かにありがち過ぎるネタだったかもしれない。いや、これは本当に参考になりました。
>僕達の近くに凄いスピードで、(ry 〜...方角を見る。
>の文章とか分かりづらいです。
面目ないです。もっと精進せねば。。
>「凄いスピードで狼の頬をかすめた白いブリーフが地面に突き刺ささる。
>股間の部分には赤い薔薇が……。」
成る程。んー、描写ってのは中々難しいですねぇ。より頑張りたいと想います。
>って、真面目に考えている俺って……。
いや、参考にります。ありがとうございます。
>エロ的にありえないような気もしますが、完成したら読みたいですね。
こちらとしてもご期待に添えられるような作品を書けるよう頑張りたいと想います。
ありがとうございました。

298 :288:2010/05/06(木) 10:25:52 ID:yWQmn3q3
感想ありがとうございます。
>>289
 性欲って、やっぱりラノベには向かないですかね。
 後々、性欲は間違いだと判明するのですが。
>>292
 この後、ヒロインから謝罪され、男側、女側の両方から、商売を持ちかけられて
ドタバタしていく話なので、長編でも大丈夫かと。もちろん恋愛も描きますし。
>>295
 最初に転校初日と入れるべきでした。
 自分ではどこが描写不足なのか、わからないので勉強になりました。

みなさん指摘されているように、描写不足は自覚していました。
ただ、読みやすさ、スピード感を重視したあまりの結果なので……改善します。
「−−」に関しては、テキストで繋がった線のやり方がわからなかったので、
適当にやってしまいました。すみません。

299 :避難所から転載:2010/05/06(木) 11:39:44 ID:UtVREx5G
95 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/06(木) 09:30:26 ID:n2ajd1WA [2/2]
こ、こちらも転載を…。

>291
最初のシーン、わざとかどうか分かりませんが主人公の独白は
白川先生に向けられたものかと思いました。
転校生が出てきたところで、改めて読み返す必要がありました。
いささかテンポが悪く感じられた、かな。

>驚愕の目を見開いている
驚愕”に”目を見開いている、でしょうか。

席替えの段。
そんなに顕著に小さいなら、主人公の席は前列に行きそうなものですが。
これは学校によって違うのでしょうか。とまれ、私は気になった、というところで。

>目の前の席の
ここに限った話ではないのですが、「の」が三回続く描写を何度も目にします。
リズムが悪くなりますので、気にする人は気にする、とだけ。

バレーボールってあんまり詳しくないのですが、エース「アタッカー」では?
ストライカーという呼び方はサッカーくらいでしか聞かない気がしました。

一人称とはいえ、地の文でら抜き言葉は流石に気になります。

文章として、ざっと読んで目についた部分を取り敢えず。

主人公とヒロインの心情の変化が急激で唐突なのと、
地の文と会話での人称が違うこと、
ギャグもあって口調が互いにころころ変わることなど。
それぞれが単体でダメなほどではないのですが、
全部重なるとかなり感情移入がしづらく感じられました。
視点の変更もそれ自体が悪いわけではないと思うのですが、
感情移入が出来ていない状況で変えられてしまうと
他人のお話を読んでいる感が強く出るかな、と。

一人称のラブコメで視点を変更してしまうと、二人の心中が見えるので
コメはともかくラブにはかなり不利かとは思いました。

キャラクターの魅力はあると思います。
続きも少し気になりました。
ただ、このペースで書かれていると、きっと最後まで感情移入は
出来ないだろうな、とも思います。

一人称小説で感情移入が困難というのは相当なハンディに思えるので、
そういう意見があるということはご一考頂ければ。
こちらもダメ出しばかりで済みません。

300 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 12:35:52 ID:0vQYVtqw
>>291
Lはラブリー
……特に意味はありません。

・問題のない文章か
電撃は面白ければなんでもありとはあちらこちらでよく書かれる言い回しですが、にしても一人称で男女での
視点移動はなかなかチャレンジャーだなあと思いました。
読み手にも二人分の感情移入を求めることになりそうなので、どっちかが破綻したらそれだけでかなり厳しい状況に
陥るんじゃないでしょうか。
・キャラは魅力的か
でかい女と小さい男という設定は決して目新しくないですが、この作品の場合、お互いの性格や言い回しが割と
似通っているので、会話の羅列シーンでもどっちが喋っているのが直感的に判断しかねる部分がいくつかありました。
小さいけど男らしい主人公、そして大きいけれど母性にあふれたヒロインというのはザ・かぼちゃワインでのスタイルですが
こちらが上手くまとめすぎているせいでしょうか、ちょっと変化球をなげても容易に通用しない対比図だと思います。
・続きを読みたいか
うーん、今のところ特には。申し訳ないですが。
・その他
特に出だし近辺で、説明過多というか、そこは描写で見せるべきだろうと言うか、なんか地の文だけで淡々と
展開を進めようとしているのが気にかかりました。キャラが動いてないというか、こいつはこういうキャラなんだよと
言うことを説明だけで済まされている感覚が残ってます。

301 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 12:42:10 ID:v1kfgu6e
>>284
ありがとうございます。
ジャンルに表記した通り、SFはオマケでスイーツな感じにしたかったので、
「ジュブナイルでもない」っていうのは致命的だなー。と感じました。
というわけでジュブナイル物をもうちょい読んで、それをラノベっぽくしていく方針で行きます。

>>286
ありがとうございます。
風呂に関しては、中高生は意識しないと思いますが拘る点でもないので直しておきます。

バイオ系コントロールに関しては、その難しいことが出来ているから近未来になると思うので、気にしないことにします。
(設定を語りすぎているという理由で略すことになるとは思いますが)

>>287
ありがとうございます。
「SFにしても文学にしても半端」と言われるあたり、如何にラノベとして不適当か、というのを感じました。
特に淡白ってのはまずい気がしますねー。精進します。

302 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 18:33:17 ID:ViwfUwsD
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0596.txt
【ジャンル】学園ファンタジー
【タイトル】魔法のホルン
【評価基準】
・文章は読みやすいか、冗長ではないか
・状況説明などは大丈夫か
・キャラクターは立っているか
・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
・その他良いところ悪いところ
【改稿】可

宜しくお願いします

303 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 19:17:54 ID:FxOQSxfj
>>302
ジャズやるべ!
……特に意味はありません。

・文章は〜
改行後の一マスあけがほとんどされてないのは意図的なものでしょうか、細かいと言われるかも知れませんが
一度気になると怖いものです。手の震えが、止まりません。
読みにくいと言うことはないですが、淡々と進むせいか冗長に感じる部分はありました。別にテンポ良くことを
進めろとは言いませんが、けれど日常シーンを大切に描いているという様子もなく、ぬるぬると進むというか……
・状況説明
中学時代吹奏楽部にいた身としては、懐かしさを感じる反面、ティンパニやらビオラやら、それこそホルンすら
知らない人は情景に浮かびにくいだろうなあと懸念を感じました。この辺、漫画などと違って小説という文字媒体の
制約が大きいなあと。
あとは、もう少し初夏を感じさせるような情景があったらなあと思ったりもしました。細田守映画のような。
・キャラ立ち
この時点では特に。
・続き
さまよえるオランダ人というワードが出てきた辺りで、個人的にはちょっとげんなりの方向に傾きました。
その正体を知ってみたい感覚も有りはするんですが、なんだろうなこの感じ、ストーリーの目指す方向をもうちょっと
明確に指し示して欲しいかなあみたいな。
・その他
上級生の教室内で金管楽器の練習をするというのは、果たしてどうなのかなと思わないでもないですが
作者さんの体験談なんでしょうか?
一人称というスタイルを取っているので、カヲリがだるだるな空気を醸し出していることを含めて、どれだけ読み手に
感情移入をさせられるかがポイントだろうなあとは思います。

304 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 19:25:45 ID:UtVREx5G
>>302
高校大学でオケ経験者です。金セクとか懐かしすぎるw
ただ作者さんは金セク出身かな?普通の高校オケのレベルだと、弦のチューニングは全て機械で
済ませて、後で合奏するとき等にAだけ形として合わせる程度ですね。大学オケでも本格的にやる人
以外はそんなもんです。地名の夕陽丘がリアル地名と合致するなら本格的なオケでも納得ですが。
チューニングよりも音階練習とかのが自然かも。もしくはパートに一つずつしかないチューナー待ちで
列を作るとかはよく経験しました。でも自分以外誰も気にしないかも。

・文章:うんちくを書きたいところとそれ以外での密度がちょっと違ってるので違和感
    特に晒してる部分終盤の会話がなんかもう消化試合の様相。重要性はむしろ逆でいいと思う。
・キャラ:把握できません。読者はゼロから読み始めて、「こいつが主人公かー」「お、次に出て来たこいつは
    重要キャラかな?」と手探りでキャラを把握していくものですが、14DPでまだ掴めないのは辛いかも
・続き:全文上げて下されば読みますが、興味をひかれたというほどではないです

その他
・段落字下げができていないところが結構多い
・いろはとのファーストインパクトでいきなり立ち去るのがちょっと変。後でコイン先に渡せとか言ってるけど
自業自得やないですか
・黒マント登場シーンが全然恐くなく、緊迫してもいない。主題に入り込む凄く大事なところだからもうちょっと
どうにかしたほうがよさそ。
・松崎さんからノート返してもらえたのかな?
・そもそも晒された部分だけだとノート関係の話の必要性が見えないですね、後で関わってくるとは思いますが
・女子生徒の制服はブラウスです
・私お風呂
・移動状況を、部屋の名前などで済ませちゃってるところが多いですね。帰宅したとか音楽室についたとか。
もう一言くらいそれぞれ説明あってもいいんじゃないかな。時間でも場所でも距離でも

305 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 19:32:39 ID:v1kfgu6e
>>302
・文章は読みやすいか、冗長ではないか
平均的な読みやすさに思います。

・状況説明などは大丈夫か
容量の割りに場面転換が多すぎると思います。
正直、謎の少女との邂逅以前のシーンはほとんどが無意味に思えます。
目安として、600字以内で納まる場面はただの繋ぎ。もしくは削除してもよい場面である可能性を考えたほうがよいかと。

・キャラクターは立っているか
プロフィールを語られただけという印象を受けました。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
あれば読みますが、ことさらに読みたいとは思いません。
漫画で言えば頭十ページ目で切られたような状態で、そんなこと聞かれても困ると言いますか。

306 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 19:56:15 ID:etFa/d5f
>>262 >>301
 これってスイーツの皮をかぶったSFサイコスリラーじゃないの? 本気でスイーツ?
幼児に特有の危うい雰囲気と、暗く閉塞的な環境を好む、ちょっとアレな主人公。
そして同じくアレなヒロイン。さらにカササギの話が入って、タイトルまで
「バラバラにされた空」なんて調子だから、マジもんでスプラッタホラーになるんだと
ばっかり思って、ビクビクしながら読んでたんだけど……もしかして俺の考えすぎ?
 確かにスリラーとしては導入が大人しいけど、個人的にはかなり高く評価してたんだけどな。
でもコレをスイーツのつもりで書いてるとなると、どうだろ。確かに微妙としか言えないかも。

307 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 20:08:04 ID:bO05xQNj
>>302
オーケストラとか全然分からない人視点なんでよろしく。

チューニングはなんとなくイメージ伝わる。
楽器名はどれもなんとなく聞き覚えがあるから大丈夫だった。「ティンパニにカバーをかぶせた」もOK。
マレットは分からなかった。「マレット」の文字の登場回数多いし、ここ説明ほしいかも。
素人相手の小説でしょうから、参考にしてください。


・文章は読みやすいか、冗長ではないか
すっきりしていて読みやすい。冗長ではない……が、それに伴うマイナスが大きすぎる。
代償として文が異常に軽くなっている。特に台詞。連続しすぎ。
会話の途中にしぐさや表情を挟んで欲しい。もっと読者に情景、感情を伝える努力を求めたい。


・状況説明などは大丈夫か
上に書いた通り、ちょっと大丈夫ではないと思う。
一応場所や状況は分かるので、最低限のラインはこなせてると思うけど。
ただし、今後ファンタジー的な状況に陥るであろう事を考えると、それを上手く伝えられるか非常に不安。


・キャラクターは立っているか
キャラ立ちし損ねている印象。どのキャラもどんなキャラかイマイチ伝わらない。
主人公は、冒頭授業中に寝てたし、その他にもそれらしい描写があるので、ちょい悪キャラ?
にしては塾に通っていたりが不自然。そもそも普段の言動がどっちかというと真面目なのが厳しい。

致命的だと思ったのが、主人公の「燃え尽き症候群」の表現。
物語上の彼女の人格で一番大事な要素に見えるのに、それが酷く不自然。
○いい思い出が詰まっているはずのオケ部から気まずくて距離を取るのはちょっとおかしい。
 高校球児だったおっさんが、母校の選手を見守るような、一歩引いた執着のあるスタンスが一般的かと。
 だからむしろオケ部には顔出したいだろうと思う。
○燃え尽きてるくせにごく序盤の現時点で未練が感じられる。
 >なかなか有望なルーキーが入部したもんだわ。……部を辞めた私には、もう関係ない話だけどね
 なんて後ろ髪引かれてるモノローグ。
 作者さん的には最終的に吹奏楽に復帰させるつもりでも、こういう未練を感じる表現はまだ早い。
 将来的に何らかのイベントをこなして主人公の冷めた心に火をつけてから。

最初のメール、せっかく松崎のキャラを描くチャンスなのに流していてもったいない。
授業中にメールを寄こす事、さらにはその文面から主人公に彼女の事を軽く連想させるべき。
(自分勝手だけど憎めない、KYでうざい腐れ縁、付き合い長いがいまだに何考えてるか分からない不思議ちゃん、など)

他にも幾つかあるけど、まずは主人公のキャラをちゃんと描いてから。
見せたい方向はなんとなく伝わるけど、それが上手く表現できてない印象。


・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
晒し部分はざっと読んだけど、続きは気にならないかなぁ。
表現や文章が全体的にクオリティ低く、引きになるような要素も感じられなかった。


・その他良いところ悪いところ
書きたいことは全部書いたので特になし。長文なんで強く伝えたかったでも書こうか。
主人公の燃え尽き症候群をもっと丁寧に描いて欲しい。読者の共感を得られる形で。
もっと地の文を大事にして欲しい。雰囲気を伝える努力が足りない。

長文失礼しました。

308 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 20:09:05 ID:CEl/0eXR
>>291
ほとんど他の人が言ってるな。かぼちゃワイン人気すぎ。俺も思ったけど。
文章普通。
主人公に感情移入できないのが疲れる。不幸な境遇だが同情も起こらない。
現状では嫌な奴にしか見えない。どう考えても背の高さという同じコンプレックスを抱えている相手なのだから、
お互いが惹かれあうことは合っても、あそこまで嫌うのは逆に不自然ではないか。
夏木も可愛くないし、美しくもない。変キャラとしてはキャラ立ちしかけたが、視点変更で台無し。

両親が死んでてショックってのも。白々しいというか。
家に人がいるのが嬉しくて、今まで堪えていた辛さが溢れて泣いた、というふうにしたいんだろうけど。
主人公がやな奴で、両親がどんな人間かも知らない読者としては、急に泣かれても感情が全然伝わってこない。
それと視点移したのに、ここで同じコンプレックス云々を夏木が切り出さなかったってことは、
最後に持ってきて和解に使うんだろうけど。そこまで読む読者がどれだけいるか。俺は続き読みたくない。

309 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 21:21:43 ID:CEl/0eXR
>>302
文章。上記の人たちがすでに言ってるけど、やっぱり描写が少ない。
高校でオーケストラなんて珍しそうなのに、その特殊な雰囲気が伝わってこない。

吹奏楽とオーケストラの違いは触れなくていいのか。弦楽器が入るって一言があっても。想像し易くなるかと。
マレットに引っかかった。いや叩くものってのは分かるけど。そんなに特殊なものなのかなと思った。
さまよえるオランダ人に大して反応しなかったのが気になった。音楽やってたなら知ってそうなのに。

見たところオーケストラが重要になりそうだとは思うけれど、それにファンタジーを組み合わせたら、
消化不良になるというか、扱いきれなくて中途半端になりそうな予感。
オケだけでも、音楽を絡めたファンタジーだけでも、一本の作品に仕上がりそうなのに。

あと、黒マント登場シーンは怖さを出したいのだろうけど、俺は笑ってしまった。ドリフかよ! と。
手元から目を上げて鏡を見たら背後に男が立っていたなんて、一度目で悲鳴上げて振り返ると思う。
それが一度目は冷静に辺りを確認したけど何も無くて。
もう一度鏡の前に戻って、やっぱり「キャー」じゃ、笑いにしかならないと思う。

310 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 21:36:11 ID:xwdRItzm
シベリアの人に代行してもらってるので分割して書きます。

>>302
なんというか…不評?
まあいいや、自分は自分で感じたことを書くだけだ。

・文章は読みやすいか、冗長ではないか
基本的にはすらすら読めたんだけど、『私は〜した』『○○は〜した』が
やけに目についてそこがくどく感じられた。
あと、黒マントに襲われる直前のシーンのテンポが極端に悪い。
風呂から上がってタオルで体を拭いて髪も拭ってパジャマに着替えて…って知らんがな。
お風呂から上がって髪を乾かしていた、で良くない?
なんか、細かい動作を書き連ねすぎなんだよね。

・状況説明などは大丈夫か
すらすら読んでいったのであんまり意識しなかった

311 :291:2010/05/06(木) 21:37:44 ID:uAna5tS/
>>293-294, >>296, >>299-300, >>308
みなさんありがとうございます
いろいろ問題の指摘、感謝です

一番の問題は、主人公が読者に(少なくともこの時点では)全く好かれないこと、ですね
最初のほうで意図的に悪く書いている自覚は一応あるのですが、
書き手としては、主人公がどうしてそういった心境になり、どうしてそういった行動を取ってしまったか、
これからどういう行動を取るか、全て把握していたために、そこまで嫌われるとは逆に思いも寄らなかったです
今回が初晒しですが、とても参考になりました

一人称なのに主人公とヒロインの視点が変わるのは、やはりリスクがあるようですね
実は栗姫も夏木もどちらも主人公であり、ヒロインである、という構造(というか設定かな)なのですが、
表現するにはたぶん自分の技術が足りていないです。精進しなければ……

ちなみにどなたも続きは気にならないようなので上げませんが、蛇足ながら一応説明しますと、
この後、二人は和解→友情→イベント→恋愛感情→事件→決裂
 →ライバルとの対決(むしろ敵が塩を贈ってくれた感じですが)→主人公とヒロインの決着ハッピーエンド
といった流れでした
ストーリーは起伏が少なくダメダメですけどね

ちょっと栗姫に重たいものを背負わせすぎたかな
だからハリネズミみたいに頑なに身を守って、トゲトゲしてる。外面だけ大きく見せて、中身は貧弱でヘタレ
でもこういうキャラ好きなんですよねw あんまりラノベ向きではないと思うけど
夏木も、それから実はライバル役の弥生(サブヒロインではないです)も二面性を持たせたり、
ストーリーは貧弱なのにキャラに詰め込みすぎました
ほんと、力量が足りてないorz

312 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 21:38:09 ID:xwdRItzm
続きです。

・キャラクターは立っているか
判別はできる。主人公に実のところちょっぴり共感してしまった。
でもああいうもどかしいキャラ付けは、ラノベだと
キャラ立てとは見なされないんだろうな、とも思う。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
雰囲気が気に入ったので、続きはそこそこ気になる


そこはかとなくゆる〜い雰囲気で超常的要素のある学園物が好きなんですわ。
加えてさほど引っかかることなく読み通せたので評価は甘め。
ただ、どこかの賞に出すとなると色々と厳しいんだろうなぁ…難しいところだ


313 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 22:04:19 ID:uWfUjZSq
>288
性欲を判別する能力、俺も欲し...げほげほ。
特にテンプレが無いので、雑談気味に。伏線に突っ込んでたらごめんね。

季節はずれの転校生とありますが、季節が分かりませんし、転校生である
必要性もありません。
普通に、高校の入学式か二年生の始業式でもいいと思います。
(入学式風景はいりませんが)

啓太にオーラの話をしているのに違和感があります。
だって、小学校一年生から封印していたのですよね?
初めての話なら驚きがあっていいですし、一年の頃からなら描写があって
いいと思います。

あとは、書きなれていない感じがしますね。
真田さんが繁華街に行って駅に戻ってくる必要はないですよね?
作者さんはイメージしたのかもしれませんが、必然が無い場面移動は読者
に無用な負担がありますので避けたいところです。
他にも二十代の男だったとか。
(なんで、二十代と分かるのでしょうか? 僕が...と思ったとか..のようだ。ならありですけどね)
文末が...た。で終わる文が連続している部分とか、文体を工夫してみたらどうでしょう。

とりあえずこんな感じです。
あと、商売の話は気になりますよ(日経が暴落して俺は死にそうですよ)。


314 :288:2010/05/06(木) 22:51:22 ID:yWQmn3q3
>>313
 感想ありがとうございます。
 季節はずれは、伏線のつもりなのですが(揉め事で転校したみたいな)
 一人称の場合、どうやって回収すればいいのか、全くわかりません。
 独白させるのもカッコ悪いし、噂話から知るなんてテンプレも嫌だし、
 まして視点移動は論外だし。

 必然の無い移動は、確かに混乱しますね。気をつけます。

 みなさん文法や細かい描写の評価をしてくれるけど、
 コメディとしての評価も聞かせて欲しいです。
 まあ、テンプレを貼らなかった自分が悪いんですが。
 

315 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 23:03:09 ID:uWfUjZSq
>302
・文章は読みやすいか、冗長ではないか
 基本的に読みやすいです。俺はそんなに冗長性は感じませんでした。
 でも、ところどころ感じた場面はあります。例えばメールのシーン。
 ex.メールが一件届いた の一件とかいらないとおもいますし、前の文
 とまとめてもよさそう。細かいですが。次の、返信した。送られてきた。
 返信した。と続くのも含めて気になりました。
 ホームルーム後のクラスメイトとの会話は不要ですね。

 あと、オーケストラ部って、オケ部とか略さないものですか?

・状況説明などは大丈夫か
 多分大丈夫です。 

・キャラクターは立っているか
 主人公といろははまあまあ。

・続きを読みたくなるか、投げたならその理由も
 俺は読みたいですね。

・その他良いところ悪いところ
 女性向けで書いてます? ふとそんな気がしました。
 家に帰ってから携帯電話を取りに行く必要はありませんよね?
 電車のダイヤが遅れている必要も。不運は他でも表現できますし。
 黒マントのシーンは俺はちょっとびびりました。
 でも黒マントを被っている姿を想像すると微妙に笑えそうです。
 体は黒い影とかでもいいかもしれませんね。
 松崎や麻生の外見のイメージが出来ません。大きい以外にあっても
 いいような気がします。
 骸骨に襲われるより、予備校の方が大事でしょうか?
 その感覚に違和感がありました。
 まぁ、好き勝手に書いてますが、俺はこの後の話も気になりました。では。

316 :この名無しがすごい!:2010/05/06(木) 23:04:09 ID:CEl/0eXR
>>288>>314
コメディは技術がしっかりしてこそ発生する。安心して読めなきゃ笑えない。
今のところ上っ滑りで読者が楽しめるようになっていない。若手芸人の寒いコントの状態。
上記の人たちが書いているように、設定もキャラもストーリーも文章も、
至らないところばかり目に付いてコメディを楽しむことなどできない。そもそも話が普通すぎて、笑いどころが見えない。

317 :288:2010/05/06(木) 23:18:08 ID:yWQmn3q3
>>316
 コメディの評価ありがとうございます。
 コメディは基礎ができてこそですか……耳が痛いです。
 できるだけコントや漫才にならないように、気をつけたつもりですが、
 できてなかったみたいですね。
 

318 :この名無しがすごい!:2010/05/07(金) 06:09:27 ID:ksk7bsiS
>>306
ありがとうございます。
仰る要素もないわけではありません。
(ラストではヒロインが主人公を刺しながら愛の告白をし、主人公もヒロインの愛に答えながら絶命する予定)

しかし例えばですが、ただの食人種やストーカーが人をシチューにするのはホラーでも、
とろとろのシチューになって愛している人の中に溶け込んでしまいたい、と思う子をシチューにするのはスイーツ的な甘い純愛じゃないですか。
そしてそういう愛を書くためには狂気パートを書く必要があって、しかし愛の部分も書けなければただのホラーになってしまうわけで。
それなのにジュブナイルっぽくないのはかなりの問題だなぁ、と思った次第です。

319 :302:2010/05/08(土) 09:41:55 ID:jYkwDej3
>>303
>>304
>>305
>>307
>>309
>>310
>>315

感想ありがとうございました。
独りよがりな内容になっていたな、と改めて思いました。
参考にさせていただきます。

320 :この名無しがすごい!:2010/05/08(土) 13:37:32 ID:UjW4wT2H
>>318
 何を問題視してるのか分からないけど、人格としての狂気を扱う以上は猟奇物、
サイコスリラー物として見られるのは、いわば宿命じゃないかな。たとえば、
あるカップルの片割れが殺人鬼だと判明したら、見る人はもうスイーツどころではなくて、
普通にスリラーになってしまうでしょ。海水浴を楽しむ客に鮫が接近するのと同じように。
たとえ彼らが「鮫がいるのが本物の海だ」と主張したところで、そんな海は遊泳禁止になるわけで。
いずれにしろスリラーに見えるなら、武器として利用したほうがいいのでは?
 よくある見せ方としては、おそらくふたつ。スイーツのなかに狂気を入れていくか、
狂気のなかにスイーツを入れていくか。読後の印象は後者のがいいかもよ。

321 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:18:23 ID:4MkrAGss
【アドレス】
【ジャンル】SF
【タイトル】星屑さん鯨喰う
【評価基準】
文体としてどうなのか
設定としてありがちさを強く感じさせてしまうかどうか
先の展開に期待出来るかどうか
その他設定等気になる点があればお願いします
【改稿】可

初めて晒します。
最近書き始めたもので、ここまで3日位。

322 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:19:03 ID:aLq14uo2
アドレスがないよー

323 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:19:35 ID:ZIJ9pJjp
>>321
あっという間に読み切れました。

324 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:19:39 ID:4MkrAGss
アドレス抜けとる……すいません。
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0598.txt

325 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:38:00 ID:3jI5Sqp7
>>321
・文体〜
三人称寄り一人称と言うか、読みにくい訳じゃないんですが、なんか腰が定まってない気がします。
最近書き始められたと言うことですが、ここは経験を重ねていくしかないかも知れません。
・設定〜
まあ、典型的な落ちものですよね。ここまで読む限り、既存のものと差別化がされているとは言い難いと思います。
今後の展開次第とも言えますが、出だしが肝心なラノベなのですから、もうちょっと「お?」と読み手に感じさせるような
工夫を含めてはいかがでしょうか?
・先の展開
上でも書いたとおり、ここまで読んだ限りでは有象無象の一つという印象なのでちょっと厳しいです。
・その他
基本的な文章作法で過ちがいくつか見られるので、その辺は早めに修正された方がいいかと。

326 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:48:35 ID:v2CM3c0x
>>321
・文体は好き。上手いと思う。読みやすい。ちゃんとしてる。
・ありがちかどうかと言うと、そりゃまあ落ち物としてはありがちな導入部。
 今後早い段階でその他大勢との差別化を感じさせる展開に突入したい。
・先の展開については同上。個人的にはメアとコールの掛け合いが面白いので、そっちにも期待。
・その他。メアは最初「ただの人工知能」と言われているのでモニタの中だけの存在かと思った。
 でも読み進めていくとどうやら実体を持っているようだ。そこがちょっと分かりにくかった。

 

327 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 19:49:08 ID:UBYpu9og
>>321
いちおう最後まで読んだ

>文体としてどうなのか
読みにくいとか、そういうのは感じなかった

>設定としてありがちさを強く感じさせてしまうかどうか
ありがちだね
こういう評価基準を設けたということは、たとえば「空から女の子が降ってくるなんてありがちだな」という自覚があって、それでも書いたということなんだよね
で、あれば少しくらいひねりがあって当然のはずなのに・・・?

>先の展開に期待出来るかどうか
ありがちな冒頭だけで、どんな話なのかさっぱり見えないので、なにをどう期待していいのかわからない
この先どうなるかあらすじでもあればともかく、どうとでも転がる話だし

>その他設定等気になる点があればお願いします
シリアスとコメディのバランスが悪いように感じた
船が火事になりそうなところは思い切りシリアスで、鎮火し女の子も無事だとわかったあとに全力でギャグに持って行くとか
どうしてもメリハリなく全編で掛け合い漫才がやりたいなら、後ろにいくほど過激にしないと読者に笑ってもらえないと思う

328 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 20:26:15 ID:aLq14uo2
>>324
・文体としてどうなのか
>モニタの中の少女が笑う。ただ一人の船員、兼艦長の俺に話しかけた少女は俺が生まれたときには既にこの船の操舵を一手に引き受けていた。
この一行で「ああ、書き慣れてないんだな」と感じる小説初心者の文体。
一文で情報を詰め込みすぎている。

>歳は俺と同じ位に見える見た目で、
ここも、主人公の年齢がわかってないのに「同じくらい」と言われても知らんがな。

>その金属が拳一つ分もあれば、船が寿命を迎えるまでのほぼすべてのエネルギーくらいは賄える。
この比喩もわかりにくい。もっと即物的でわかりやすくしてくれ。
具体的には数字で出してくれ。
・その金属を拳ひとつ分でも取れば、四十台の大型船を一年は動かせる。
これぐらいにしたほうが凄さが直感的にわかるだろう。
東京ドーム○個分って物言いは伊達じゃない。
ちなみに数字の根拠は現実の船の寿命からね。

ほかにもかなり粗があるんで、本をもっと読むこと。それも文章は普通だと思った作家のを勧める。
というのも、普通ってのはクセがないってことであり、基本に忠実ということだから。
その時は盗むつもりで読むことな。盗む意識がないと「本を読んでる」というか眺めてるってだけになるから。

・設定としてありがちさか
凄くありがち。地球水没も女の子落下も手垢でべったべた。
習作でないならキャラか展開を大いに工夫する必要がある。

・先の展開に期待出来るかどうか
その質問に答えられるほど物語が進んでいないと思います。

329 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 20:45:22 ID:mNxNLtqM
>>321>>324 全部読んでみました。
・文体
 とりあえず?や!など記号の後には一字開けが作法です(括弧閉じの時は不要)。
 また0800、2,3日など半角全角の数字が混在するので統一を願います。
 だいたいの小説だと、漢数字で統一するのが無難かつ基本ですね。
 あとはまあ、普通ですね。熟練度は足りないけど、読めないほど酷くはない。
 余談ですが、星空のメモリアとかいうエロゲーのヒロインがメアって名前だったような気が。
>歳は俺と同じ位に見える見た目で
 主人公の年齢はこの時点では20代、ラノベならば10代まで幅広く考慮できるので適切ではないと感じました。
 直前に「子供の頃は」とも言っていますし、主人公の現在の年齢を明らかにする方が先だと思います。
>白煙えお取り除いた画像が表示される。
 白煙を取り除いた〜の間違い?
 あと、少女が着替え終えたシーンでなぜか改行が入ってますね。
 メアが彼女を着替えさせたそうですが、結局実体があるのかないのか? よく分かりません。
 作中ではモニタ内にしか登場せず、人工知能と言うからデータ上の存在に思えますが…。
・改稿案一例
『「本日も快晴です、キャプテン」
 モニタの中でハイティーンの少女が笑う。唯一の船員にして艦長の俺と、そう変わらない
 年格好だ。だがこう見えて、俺が生まれた時にはもうここの操舵を一手に引き受けていた。
 ついでに俺のお守りもやっていたから、しばらくは母親だと思っていたものだ。
 本当はただの人工知能、電子の妖精さんだけどな。』

・設定
 何の捻りも尖った所も味もスンパチもないありがちっぷりです。
 ちゃんと書けばそれなりに美味しい素材にはなるだろうけれど、女の子着弾→お腹空いた
 からしてベッタベタすぎてああここまでテンプレかと頭を抱える所です。
 あと会話などからして主人公ハーレムの予感がする所も、うーん。

・先の展開
 なぜか人工知能に育てられた主人公の境遇とかそれなりに要素は詰まってますが、微妙。
 内容がほとんど会話ばかりで進められている所が、どうも私にはつまらなく見えました。
 ラノベ的にはありなのかもしれませんが、いくつかは地の文の描写に落として進められる気がします。
 キャラの外観描写や印象なんてイラストに任せとけ! って投げているみたいな印象がありますね。

 船団島にある壊れた塔は軌道エレベータ? だったらいいな、とか思いました。
 まあそしたら、まんま「水惑星年代記」(水没物SF漫画)ですが。

330 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 20:45:45 ID:46L9fVzI
>文体としてどうなのか
一人称のはずなのに、説明部分がとても三人称だというところに違和感を覚える。
ブルーダストの説明とか、メアという名前の初登場のあたりとか。
人称を書き換えただけでは一人称にならないよ。

>設定としてありがちさを強く感じさせてしまうかどうか
世界設定は、もうこれは一つのジャンルだからいいと思う。
ブルーダストは人工衛星の残骸とかなんだろうけども、
どうして降ってくるようになったのかとか、どうして大陸が沈んだのかとか、
その辺が物理的に説明出来るほど練ってあるのなら。
それよりも、親方ー女の子が降ってきたーは、さすがにもう、ありがちすぎるんじゃ…。
それとも、これももう、すでに一つのお約束となっていると思った方がいいんだろうか。

>先の展開に期待出来るかどうか
これだけじゃ何とも。
独自のストーリーは何も始まってないし。

>その他設定等気になる点があればお願いします
?や!の後ろは1マス空けるとか、基本的なことが守れてないので、
一度小説の書き方的なものを読むといいかもしれない。
船に興味のない人は、ブリッジと言われて甲板を思い浮かべる人もいる場合もあるし、
船についているものが、どこにどんな風についているとか、どういうものだっていうのは、
ある程度、描写した方がいいと思う。
そのとき、間違っても説明しないように。飽きるから。
船以外についても、絵が浮かばない。多分描写が不足している。
話を進めながらも、ちゃんと絵が浮かぶようにしないとまずい。
メアと主人公の会話は、ちょっと好みだ。面白い。

331 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 20:54:24 ID:EUZJimub
>>324
・文体に目立つ様な粗は特にない。
ただ、描写(地の文)が少ないんじゃないか?
こういう話ほど、特に想像力を遺憾なく発揮したほうが良い。
・設定としてはありがちだろうね。
・先の展開→まあ、気になるね。話の序章としては、良い雰囲気だ。話しの始まりって感じではある。
・後は『起承転結』の『承』で話のとっかかりとなる部分が必要だ。

332 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 21:18:37 ID:ndMc3+zi
>>321
個人的な質問なんだが、なんで一人称を選んだの?
SFにしろファンタジーにしろ、現代と大きく異なる世界を表現するときは
三人称のほうがわかりやすい。
というか、一人称だと世界が狭く感じるんだよね。
主人公の視界、主人公の思考のみで物語が語られるから。
それに文体なんだけど、一人称に徹していなくて三人称っぽいところもある。

これは個人的な意見だけど、
カメラアイや限られた心理描写、客観表現など三人称は難しい。
そこそこうまい一人称っていうのはけっこう誰でも書ける。
でも、商品になる一人称を書くのは、
商品になる三人称を書くのと違ってセンスがいる。
努力というより才能の問題。
小説一冊分、主人公と読者をシンクロさせ続けなければいけない、
っていうのはけっこう大変だよ。
主人公を嫌われたらそこで終わりだし、癖のない主人公だとつまらない。
癖がありすぎるとうざったい。
加減がすごい難しい。
この小説だと淡白すぎる印象があった。ただの観察者。
ラノベの一人称にしては遊びが少ない。
女の子が全裸で落ちてきた。
ここ盛り上げるシーンなんでしょ?
なら、リアクションしろよと。もっと驚けよと。
のんびり読者に解説しっちゃったら読者が盛り上がれないでしょ?
単に一人称の作品が好きで、その影響から一人称で書いてるだけなら
読書量を増やして三人称を勉強してみるのも吉。
まあ、三人称は逆に努力の問題なので、いっぱい書かないと上達しないけどね^^;

333 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 21:35:38 ID:cefIE5ms
>>321
文体としてどうなのか
俺としては、変な感じ。つか、変なの発見。後述。
設定としてありがちさを強く感じさせてしまうかどうか
まあ、空腹とか、とある有名作と一緒だとは感じたけどね。
他は、浅学にして同じような設定の作品は知らない。
先の展開に期待出来るかどうか
実は、結構期待できる。とりあえず、船団までは期待。
その他設定等気になる点があればお願いします
メアって、映像だけの存在なんだよね。服の着替えも指示しか出さなかったし。
・・・わかりにくい。

変な文章
>歳は俺と同じ位に見える見た目で〜
いや、歳は? 歳はと言い出しておいて見た目の話って。
→ビジュアルは俺と同じ位の年齢で、金髪碧眼にしたのは〜
とかにしてみれば?

一人称でこんなに説明するのが変な感じなのかも。
哲学者じゃあるまいし、きっかけも無く現状確認って。
>その金属の存在が今の地球に残っている人々の生命線だ
これ、主人公が宇宙人に説明してるのかい?
地球人には「説明されなくっても分かってるわ」って感じでしょ。

334 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 21:39:21 ID:4MkrAGss
>>325>>326>>327>>328>>329>>330>>331
ありがとうございます。
的確すぎて泣けてきます。

設定のありがちさは、一応自覚してやったのですが、やっぱ今更この手の話はやめた方がいいのかなぁと思いました。
ただ、やっぱりこういう世界観は一度書いてみたいと思っているのでとりあえず完成までは書きたいです。
文体に関しては三人称と一人称がごっちゃになってる点はちゃんと直していけたらいいと思うのであとで作法書でも買って読んでみます。
読みやすい、という感想もあったのがちょっとだけ救いです。
メアとコールの掛け合いについても、自分でも楽しんで書いていた部分なので良かったです。
他の足りない描写についても出来るだけ早いうちに……
展開についてはちょっと聞くのが時期早尚すぎました。すいません。
>>325
すいません、本当に経験不足です。
とにかく書きたかったのですが、とりあえずもうちょっと色々調べようと思います。
>>326
メアについては、モニタの中に存在しつつ、船の中の回線の中、機械の中を好き勝手動き回れる、という設定なのですがわかりにくいようなので後でその辺りの描写は追加したいと思います。

>>327
あまりコメディよりに書いた気は自分ではしないのですが、これくらいでもコメディ要素は強く感じるのでしょうか。
自分の感覚だとイマイチそういう気はしなかったので意外でした。

>>328
比喩については完全に描写不足ですいません。
もっと具体的な数字は定めた方が良いのですね。
>>329
会話の多さは自分でも気になってたのですが、それ以外の方法が全く思いつかなかったのです。
軌道エレベータは当たりなのですが、やっぱりベタすぎるので変えた方がいい気はしました。
電子の妖精は……ルリルリでしたっけ?
あと、エロゲーはやったことが無いので分かりません。
>>330
艦橋は艦橋っていうイメージが仕事柄染み付いてるのですよねぇ……
他の人が理解しやすいように描くってことをもう少し気を付けたいと思います。
>>331
一人称を選んだ理由は、船の中という狭い空間の話をメインにしたかったから、っていうのもあります。
世界観は未来ですが、船で旅する人間はやっぱ狭い世界で生きてるんじゃないかなぁ、とか。
主人公のキャラについてはもっと遊びを入れてみたいと思います。
裸の女の子へのリアクションはちゃんと入れるべきだと思いました。
あと、確かに三人称の勉強もちゃんとすべきだと思いました。

みなさん、本当に細かい部分まで指摘いただいてありがとうございます。
直して、進展したらまた批評をいただきにくるかもしれませんがよろしくお願いします。





335 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/09(日) 21:39:26 ID:k5m/HhOb
>文体としてどうなのか
文体に違和感はありませんでした。
人称はこの文なら三人称の方が良さそうだと感じます。

>設定としてありがちさを強く感じさせてしまうかどうか
ありがちですが、それでどこまで書けるかというのも悪くないと思います。

>先の展開に期待出来るかどうか
設定としてはありがちなので、どう差別化を用意しているかは
気になるところですね。

>その他設定等気になる点があればお願いします
まず、冒頭、空か宇宙をイメージしました。で、一瞬デブリ回収物かと
感じてしまいました。
なので、波の状態は最初に入れてもらいたいです。
次に、船のイメージが欲しいですね。
大きさも形状も良く分かりませんので。
俺的には、グラップラーシップが好きなのですが……(ってマニアックですね)。
冷却材は何でしょうか。俺なら液体窒素とかかけたいですね。
勿論、火災防止用でもあるので。で、「酸素濃度20%確保。一応安全です」みたいな。
設定はメガフロートとか、個人的には好きですね。
0800は二回出てきたのでなんとなく違和感がありました。

336 :この名無しがすごい!:2010/05/09(日) 21:54:20 ID:4MkrAGss
レス先間違えてますすいません。
一人称を選んだ理由についての部分は>>332です。

>>331
数少ない気になる、という意見をありがとうございます。
船団の部分で、それなりに取っ掛かりの部分は作るつもりなので、そこまで書いてあげれば良かったと後悔してます。

>>333
空腹なのはやっぱりここまでお決まりなんだし、どうせならやっちゃえという感じで書いてしまいました。
地球人〜と年齢の部分は、確かに、言われて顔が赤くなりました。
直します。
期待出来るという感想ありがとうございます。

>>335
三人称への挑戦はまた別の場所でやりたいです…というかこの作品でそれをやり切る自信がまだないです。
あと、やっぱり一人称の方が狭い世界な気がするので、こっちはそれで行きたいです。
船の形状の描写はちゃんとしたいと思います。


うーん、一人称、三人称という視点の違いをもうちょっと詳しく調べるべきだと感じました。
ありがとうございました。

337 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 01:21:28 ID:VYwqACOy
>>334
>>330っす。
一人称と三人称、違いを説明しろと言われると自分もちょっと難しいのだけども(言われてないけど)、
たとえばメアという名前を紹介するときの書き方。
>モニタの中の少女が笑う。
と書いたあたりで、
「モニタの中の少女が笑う。俺は彼女をメアと呼んでいる。」とか、
まあ本人が名乗ったのかもしれないから設定に不都合のないように、
適当に名前を出しちゃえばいいんじゃないかね。

今の書き方の、
>メアと呼ばれた人工知能の少女
というのをカギ括弧に入れたら、違和感あるはず。
呼ばれたって、お前が呼んだんだろwって思うでしょ。
>その金属の名をブルーダストと言った。
も同じ。誰に向けての説明なの?
そりゃ、メタ的には読者だけど、これコールの脳内だよね。
こういう書き方が三人称だと書いた。

一人称は、まあ説明や描写をしなきゃならないから、全部カギ括弧に入れたらおかしいのは確かだけど、
説明的な台詞であっても、少なくとも主人公が考えてないと変だ。
会話ではブルーダストって名前を出さずに、もう少し引っ張りたかったのかもしれないけど、
それならそれで、もう少し一人称(主人公の発言)として自然に出して来なきゃならない。
一人称って、多分考えてるより制約が多くて、手間がかかるものだよ。

338 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 01:26:48 ID:VYwqACOy
あああ、名前の出し方自分で突っ込んだのと同じ失敗してるwww
ニュアンスだけくみ取ってください。

339 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 07:47:09 ID:YMoJ5SOE
ゼロ魔のヤマグチ氏がよくいているけど、投稿作に一人称ってかなり多いらしいね。
だからもうおなかいっぱいで、よっぽど面白い書き方じゃないとそれもコピーに見えるそうな。


340 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 13:54:02 ID:+B7frwyO
98 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/05/10(月) 13:28:35 ID:c4A3PxVY
>>321 乗り遅れてしまったが・・・思ったことをつれづれなるままに
・SFだし文体は三人称の方が合ってるくさい
 (追記:一人称の方が狭い世界で書けるから〜という理由らしいが
  そこを三人称で狭い世界を描いてこそ個性が出るというもの。
  他の人が言うようにこの文体では一人称の意味が無いと思う。主観に頼った描写もないし
  主人公が地の文で感情等をあまり出さないので冷めた人間に見えて逆に感情移入しにくいよ)
・ブルーダストを拾うという独特の設定をいきなり見せてくれたのは良い引きだと思った
 できれば他の船でもいいから実際に拾うとこを見せてほしかったが
・少女ではない人工知能を地の文で少女扱いするのはどうも引っかかる
・「あーもういいからさっさと行け」以降の地の文がやや冗長
・空から降ってきて「おなかへった」はインなんとかさんを思い出させる
 物語の鍵キャラクターが単なる落ちモノ宇宙人では今後のSF設定のオリジナリティが心配
・舞台設定やキャラ背景設定は個性的で良いと思うが、キャラの性格設定や発言がどこか常識的でラノベ的に退屈
・この先の波乱万丈な展開を読者に予想させる要素が無いので先は気にならない。謎や課題の提起が無いというか
・全体的に落ち着いていて変に滑るハイテンションギャグもないので個人的には好みの作風と世界観

341 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 17:46:47 ID:CyktVTkX
昨日晒した者です。
とりあえず自分なりに修正したものをもう一度晒してみたいと思います。
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0599.txt
一人称から三人称への変更はかなり無理がありますが、一応自分なりに変えてみました。
描写に付いても追加しています。
良くなった部分(あるのかは不明)悪くなった部分の指摘をお願いします。


342 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 18:27:45 ID:CKdTjcu/
>>341 読んでみました、が……うーん。

 話が少し追加されているのはいいんですが、
 ?後の空白が抜けている箇所が多かったり、アラビア数字と漢数字の統一がなされていない
(半角が無くなったり、10秒が十秒になったぐらいか)のが気にかかりますね。
 基本的な作法を守らないと、公募などで出す時に不利ですよ。
 投稿用でなくとも、ルールが守られていない作品は読みづらさにも繋がります。
 口うるさく言っててすんません……。
 一応三人称にはなっていると思います。
 しかしまあ、特に良くなった箇所などは感じられませんでしたね。メアが実体無いのはハッキリしましたが。
 悪くなった部分も取り立ててないというか……。
 文を書く上で、情報の順番をもう少し整理した方がいいなと感じました。
 例えば冒頭、指摘を受けて書き直されたのはいいんですが、どうも詰めすぎになっているかと。
 以下、細かい指摘など。

>ただの人工知能なのだが〜母親と思っていた。
 この文章の中で人工知能が重複しているかと。
 二回目は彼女とかこれとかに言い換えた方がすっきりすると思います。
・少女が全裸で現れるシーン数行、行頭開けがないです。
・無意味にコールが艦長と表記されているシーン(少女の様子をメアに訊ねるところ)はひっかかりました。
>口を紡いでただこちらを見ている。
「口をつぐんで」の間違い?
>茶髪でそれをショートカットにしている気の短そうな女だ。
「茶髪でそれを〜」は言葉の繋がりが変な気がします。
 以前の投下で改稿可とあったので、それを引き継ぐ物と見てちょっといじりますね。
例1「茶色い髪をショートカットにしている、ちょっと短気そうな顔つきの女だ。」
例2「髪も短ければ、気も短そうな顔つきの女だ。茶色い毛が陽光に映えてキラキラしていた。」
 書いておいてなんですが、短気そうな顔つきってどんなんでしょう……。どうもしっくりこない印象が。
 会話の様子からすると、勝ち気とか強気でも良さそうな気がしました。

・オマケ:冒頭改稿パート2
「本日も快晴です、キャプテン。波も穏やかです」
 少女はモニタの中から、コールにそう笑いかけた。今年で十六歳になるコールとそう変わらない年格好だが、彼が生まれた時には既にこの船の操舵を一手に引き受けていた。
 今ではコールが彼女の操る船の艦長であり、唯一の船員でもある。ただの人工知能である少女は、人員にはカウントされていなかった。
 子供の頃のコールは、彼女が母親だと思っていたものだが。
「まもなく目的の海域です。到着予定時刻マルハチマルマル」
 0800、概ね予定通り、とコールは確認する。大きな波もなく穏やかな海面を艦橋から眺める。海面からの照り返しが、コールの黒っぽい茶髪と瞳に映り込んだ。
 それは現地人らしい色彩だったが、モニタの中の少女は真逆の人種的特徴を見せる。金髪碧眼、まだあどけないその姿は、いったい誰の趣味なのだろうか。
「了解。メア、キャッチの用意は出来ているか?」
 少女、メアは物心ついた時には一人だったコールを育ててくれていた。メアは答えないが、おそらくこの船も彼女も、両親からの遺産なのだろう。

343 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 19:08:18 ID:SAEv9ZSL
このあたりを気をつけた方がいいよ的なアドバイス(よく住民から突っ込まれる点。

・一文で同じ単語の重複。例「今日はゲームの発売だが、今日は用事があって買いにいけない」
・一文が長い。長いと↑みたいな状況に陥りやすい。例「○○は疲れており、足が棒になりそうになりながらもフラフラと歩き続け、やっと休憩できたのは森を抜け、ずっと歩いた先にある村に到着してからだった」
・アラビア数字と漢数字の統一ミス。基本は全て漢数。字例「約束の時間は九時だから、8時まで寝ていられる」
・細かいところの描写ミス。例「突然背後から声をかけられ、ビクリと背伸びしてそのまま『数秒ほど硬直し、咄嗟に』振り返った」


344 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 20:51:38 ID:CyktVTkX
>>342
>>343
細かい指摘ありがとうございます。
漢数字への統一だったり単語の重複はすぐに治したいと思います。
三人称への変更で違和感がないようならこれでいってみます。
表現についても、個人的にはあまりくどくならないようにと気を付けたのですが、駄目だったようです。
次回晒すときはもうちょっと練り直してきます。
ありがとうございました。

345 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 20:54:00 ID:VYwqACOy
>>341
前回書いたことは、直ってないけどもう書かないでおく。直した方がいいよ。
修正してからちゃんと読み返して推敲した?
>彼女はまだ子供っぽさが残る見た目で、金髪碧眼というビジュアルにしたのは誰の趣味だろうか。
とか、ところどころ、文章が変だよ。
小手先で直しただけで出してくるのは、いかがなものかと思う。

初っぱなで思ったこと。
船長と呼ぶな、艦長と呼べ、なの? 船なのに。
よくわからんけど、それなら船員じゃなくて艦員にならないの?

描写はあんまり増えてないけど、説明が多くなったね。説明を増やさないようにって>>330で書いたのに。
たとえば「扉を開けるとそこは豪華な家具の並ぶ部屋だった。」と書いてあっても、
それはただの情報であって、絵は浮かんでこない。豪華さを「豪華」と書かずに描くのが描写。
部屋の描写が必要ないなら、この程度の説明でもいいだろうけど、一事が万事これじゃあ映像にならない。
船のサイズやら年月やらの数字出されたって、ハァそうですか。で?としか言いようがない。

しかも、カメラがくるくるして非常にわかりづらい。
たとえば冒頭の、二人の外見のところ。

 モニタの中の少女が笑う。 (少女について)
 ただ一人の船員、兼艦長のコール (コールについて)
 に話しかけた少女は、 (少女にカメラが移る)
 彼が生まれたとき (コールにカメラが移る)
 には既にこの船の操舵を一手に引き受けていた。ただの人工知能なのだが、 (少女の説明に戻る)
 コールは子供の頃、この人工知能が自分の母親だと思っていた。 (コールの内面世界)
 彼女はまだ子供っぽさが残る見た目で、金髪碧眼というビジュアル (彼女の外見)
 にしたのは誰の趣味だろうか。 (誰か知らない人のこと)
 この辺りの海域にはそんな人種はあまり存在しない。 (世界設定)
 艦長のコールも黒に近い茶髪で、瞳も茶色、 (コールの外見)
 それがこの辺りでは普通だった。 (世界設定)
 彼女は (主語が彼女に戻る)
 今年で一六歳になるコール (戻ったと思ったらコールの設定)
 と、歳の差はあまり感じられない。もっとも、この少女はコールが生まれる前からこの船に存在しているのだが。 (少女の説明)
 物心ついたときに、既にこの船に一人だったコールを育ててくれた (コールの説明)
 のはこの少女だった。 (そしてまた少女に戻る)
 少女は答えないが、多分、この船も少女も、両親からの遺産ということになるのだろう。 (両親が不在というコールの設定)

普通の文章でも、多少うろうろするのは事実だけど、これは酷すぎる。
書くものをちゃんと吟味して、どういう順番で書くのか、どういう優先度で書くのか、考えて書いてくれないと、
思いついたまま書かれたら、読む側は頭の切り替えがついていかない。
まず、文章を入れ子にせずに、同系統の情報はまとめて、単純な文章で書くところから始めた方がいいかも。

話は面白そうだと思う。SF好きだし、よけいかな。
もうちょっと、カメラワークとか描写とか、読者に対してわかりやすく注意深く書いてくれたら、
もっと楽しむことに専念出来るんだが。

ものすごくどうでもいいこと。
>「くぅっー
アッー!!

346 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 21:22:26 ID:CyktVTkX
>>345
なんかもう返す言葉もないのですが、ありがとうございます。
三人称への切り替えで頭がパンクしてました。
?後の空白は一応確認したつもりだったのですが……
情報の整理はもうちょっと頑張ります。

アッー!なのは別に狙ったわけではないですが、そんなふうに見えるんでしょうか
よくわかりません。

347 :この名無しがすごい!:2010/05/10(月) 21:30:37 ID:VYwqACOy
>>346
「っ」のあとに「ー」が来て、どうやって発音していいのかわからないところが、そう見えるというだけ。
だからとてもどうでもいいこと。
同類に、パンダキッークってのもある。

348 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 00:03:57 ID:ieQUAENf
>>341
批評人はお前さんの推敲係じゃないんだからさ。
三人称を勉強しろって言われたんだから勉強してから書けよ。
ろくに一冊も読んでないだろ?
何一つ三人称の有効的な使い方をしてないじゃん?
甘えすぎ。

俺はキミにはアドバイスはしない。
したくない。
半年、真剣に勉強してから晒せ。

349 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 00:06:06 ID:j401btCn
>>341
345と同じ内容を書いてて一度書き込みを止めたよ。
内容がうろちょろしすぎというか。

この冒頭部分のテーマとか要旨を考えてみた方がいいと思う。
牽引する内容を。ちょっと改稿してみた。
前の人がスレで引用しちゃったし、直張りします。

「本日も快晴です、キャプテン。波も穏やかです」
 コールは、まだベッドの中、寝ぼけ眼で起き上がった。
 モニタの中で金髪碧眼の少女が笑う。見慣れた、いや、見慣れ過ぎた笑顔。毎朝のことだが、コールはいつも、この笑顔にかすかな混乱を覚えるのだ。
 ただの人工知能である彼女の笑顔は、ずっと変わらない。コールが物心付いた頃から、ずっと十代半ばのままだ。コールは人並みに成長して今年、十六になったが、容姿については、幼さを感じさせる彼女をついに追い越してしまった。
 幼い頃は彼女のことを自分の母親だと思っていたから、その下手をすると年下にも見える容姿に、昔と全く変わらない笑顔に、コールは毎朝、まさに夢うつつな気分になってしまうのだ。
「まもなく目的の海域です。到着予定時刻マルハチマルマル」
 0800、概ね予定通り、と確認する。寝ぼけている場合ではない。
「了解。キャッチの用意は出来ているか?」

如何?


350 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/11(火) 00:33:55 ID:K5SKKd7P
>341
冒頭、いかにも加えましたというのは……。
「本日も快晴でベタなぎです。キャプテン」とか
「今日は天気も波も穏やかで、気持ちいいですね。キャプテン」とか
↑は適当ですが、工夫してみてはいかがでしょうか。

船の大きさとかは、コールの目から見てどうなのかってのがあっても
いいかもしれません。
(そもそも普段は艦橋にいるのでしょうか? 艦橋の細かい記述は
なくてもいいのですが、そこからどのように見えるかをイメージして
かかれるといいと思います)

ジーンのことを彼女と書いている場面があります。工夫して書いて
いただかないと、ジーンと彼女の区別が出来ません。
また、コールがジーンを紹介する場面は違和感がありました。


351 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 00:45:08 ID:Y0nb/2vi
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0600.txt
【ジャンル】学園異能物?
【タイトル】 天使のいる風景
【評価基準】
ガガガ一次落ち作品です。
設定、キャラ、構成、文章、で悪いところを手加減無しに教えてください。

【改稿】○

この作品を改稿しようと思い立ったものの、どこもかしこも悪過ぎる気がして手直しできません。
元は四つの短編からなる作品でした。その一つ目を晒します。残り三つも似たような感じなので。

352 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 01:21:41 ID:h0I1DZYM
>なんかもう返す言葉もないのですが、ありがとうございます。

イラッ

353 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 01:25:08 ID:Fmc5OTY0
>>351
登場シーンが唐突すぎる・・・効果的の限度を超えていて、これは手抜き。
主人公が冷静すぎてまるで面白くない。ていうかここまでいくと病人。冷静な上に
行動は常識はずれで、要するに都合がいい展開にしたいだけの思考。これも手抜き。
カウントダウンまでは全削除。

本物のサトコじゃないかと強く疑った←?
一章は驚くべき展開なのに誰も驚いていない。
葬式のシーンが長い。不必要なので婆さんの捜索まですぐに向かうのがいい。展開が遅い。
読者にしてみればであって数秒。婆さんが死んで悲しめというのは無理なので割愛しても良い。
長く描写しても短く描写しても得られる効果は同じ。

ここまでで天使との会話に面白みがゼロ。二章と三章は事件が起きてるのでひとつに。
内容は別段面白くない。登場人物がスルーしてるので読者もスルー。会話は終始説明だけなので
まったくキャラが立たない。ここまでで飽きました。

354 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 01:25:53 ID:Ea8nsbaT
>>351
設定→ありきたりすぎる上に捻りもない
キャラ→主人公の反応が異常、不自然すぎて読者が共感不能
構成→だらだら書き綴ってるだけの日記のような印象を受ける。
    メリハリもないし不必要なシーンばかりみたいに思える、というか不必要だろほぼ
文章→正直直しようがないほど稚拙
結論→毎日最低一冊以上本を読むようにし、この作品については改稿しようなどと考えず
    すっぱりとお蔵入りさせて新しい話を考えるべき
    改稿させるようなネタでもストーリーでもないです

355 :避難所から転載:2010/05/11(火) 01:28:05 ID:+sydblo+
100 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/11(火) 01:25:03 ID:heOgFnSs
当然のようにアク禁でしたので、転載お願いします…。

>351
えーと、二人目の天使が出てきた辺りで力尽きました。
幾らか眠かったのもありますが、展開が淡白すぎて興味が持てません。

文章としては決して悪くないと思うのですが、何故かほぼ全ての文末が「〜した。」で終わってて
繰り返されている内に興味がどんどん薄れて行きます。
一人称のはずなのに、どうしてこの主人公はこんなに黙々と状況説明だけしているのか
全然分かりません。ニヒリストか何かでしょうか。
ヒロイン登場シーンももう少しリアクションがあるものかと思ったら、
極めて淡々とした進行。盛り上がり所はどこでしょう。
戦闘シーン(?)も何が起きてるのかさっぱり分からず。

細かい部分でも幾つか気になる点があったのですが、最後まで読み終えてないので
伏線かも知れないと思いコメントは控えておきます。
寝て起きて元気があれば読むかも知れません。
取り敢えず、読むのを断念した理由だけ書いておきます。

356 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 01:39:39 ID:mvbQ4vjG
>>352
書かれた本人が気にもしていない他人への感想にいちいち口を出すな。出すならそれなりの場所でやれ。


>>351
1話のみ。最後流し読み。

>設定
天使が来たり、魂を連れて行く役目だったり、よくある話だね。
これといって目を引くところはないかな。


>キャラ
どれも、わかりやすい記号だなという感じ。
特にサトコの不器用さはありがちすぎる気がする。


>構成
設定か構成かどっちに書くか悩ましいところだが、この話、何がしたいの?
涙を誘う感動ものにしては、一つ一つの処理があっさりしすぎだし、
ホラーなのかと思っても全然怖くないし、
婆さんが死んで悲しいのかっていうとそうでもないし、
おにゃのこ萌え〜かっていうと、ドジっ娘というだけで、萌えさせるような場面ないし。

それから話の方も、すべてが急ぎすぎてて感情移入の間がなくて、
あんまり探し回った感じがしないし、時間が差し迫ってる感じもないから、
悪魔が登場したのも唐突で、ご都合主義に感じられる。
もちろん、婆さんの契約内容の部分も、何の感慨も湧かない。
あっさり契約破棄出来ちゃって、あらあらって感じ。
多分、内容と枚数があってないよ、この話。
そんなわけで、天使と別れようが再会しようが、何かもう好きにしてって感じになる。

それから、急ぎすぎに絡んでる気がするけども、一切感情の盛り上がりを感じない。
主人公が淡泊すぎる。
天使が見えて、祖母が死んで、幽霊が見えるようになって、婆さん連れ戻さなきゃならなくなって、悪魔がいて、
何でこんなに平然としてるんだ? ありえなくないか?


>文章
文章そのものは普通といえば普通なんだけども、とにかく端折りすぎ、走りすぎ。
もっとじっくり描写すべき。
それとも、描写が出来ないからこの速度?
それだとしたら、描写の練習をした方がいいね。

357 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 01:57:04 ID:VjkkiRft
>>351
・まず、イベントの中にまたイベントが起こりすぎ。
目的がなんのか良く分からなくなる。
ただでさえ、主人公はおばあちゃんに対して、嫌々助けに行ってる様な印象を受けるのに、
挿入されるイベントがそれを加速している。こんなんじゃあモチベーションが上がらないし、話が良く分からなくなる。
動機はそれなりにあるはずなのに、主人公の必死さが感じられない。
・天使というより、死神じゃないの? やってる事は。
・キャラ→サトコ以外にキャラらしいキャラ付けがされてないと思った。
・文章→悪くもないけど、良くもない。

誤字
>確かに私も仕事が合って急いでたけど
×合って ○有って or 在って or あって

358 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 02:07:51 ID:j401btCn
>>351
ラノベ的には、短編というか、中編って感じかも。
まず、冷めた主人公の一人称って点で少し嫌だった。
第二章が、淡白というか、駆け足な感じがする。
第一話の解決(ばあちゃん)が唐突かも。
解決の後、うだうだ長いかも。ある程度は二話にまわした方が。
あと、サトコのイメージがかなり幼いのだけど。
17歳か・・・

・・・座敷わら氏? これってハーレム物? ナニコレ!
オラ、なんかワクワクしてきたぞ!!
第二話は、まだ続くんだよね?ここで終わったら一話じゃないと思う。

まず、形式として中途半端かな。
短編連作なら、この半分くらいの長さが扱いやすそう。
あと、第一話のこの内容と言うか、ばあちゃんのオチは、
この長さの話のオチとしておそまつだと思う。
ばあちゃんが、一面的過ぎて、ちょっとリアリティを感じない。
もうちょっと掘り下げるのも良かったんじゃない?

実は、俺、成仏物が処女作だったんだけど、
「遊び好きな子供が天国行けない」とか、そういうネタを使いました。
おかあさんと天国に行きました。
案外、安易な発想なのかもと反省することにします。

まとめとして、
・主人公にもっと個性を、情熱を
・話の主題をもうちょっと考えて。
・淡白。
これでハーレム物とか、かなり読みたい。
文章力(国語力)が足を引っ張ってるほどではないと思う。
あくまで俺の推測だけど、一割が一時通過だとすれば、
投稿作の大体真ん中くらいなんじゃないかと思います。

359 :避難所から転載:2010/05/11(火) 07:50:03 ID:+sydblo+
102 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/11(火) 06:55:58 ID:MaPS36yY
アク禁でした……転載お願い致します。

>>351
個人的に好きなジャンルです。
その為、長文かつ酷評になっております。

主人公が淡泊すぎる&展開がラノベらしくないと思います。

見ず知らずの天使が自室にいたのに、淡々としています。
泥棒とはち合わせたにも係わらず、冷静でいるようなものです。
驚く、逃げ出す、叫ぶ、等々、何かしら人間らしい反応をしないと読者が置いていかれます。

主人公が殺されかける場面も、落ち着きすぎていて超人の域にいます。
普通、刃物で襲われたら、パニックになります。
主人公がサトコに圧倒的に勝っていなければ現実味が皆無です。

>「大変よ、トミー! おばあちゃんが倒れて運ばれたって!」
このシーンはギャクかと思いました。
主人公が死ななかった時点で、サトコが主人公に名前を尋ねたりすれば、
自然と祖母の名前がでてくるのでは?
「あなたは森田虎さんですよね?」「違うよ。それ、ばぁちゃんの名前だよ」

致命的なのが、展開そのものに興味が湧かなかった事でしょうか。
この後どうなるんだろう? といった感情が微塵も生じなかったので、
下読みの方も一次落ちにしたと思います。
客観的に見て、続きが読みたいと思えるような展開にする必要があります。
こればかりは、既存の作品を徹底的に読み込んで、力をつけるしかありません。

病院に向かう時に、当たり前のようにサトコが同伴していたり、入退院を繰り返す祖母を
一人暮らしにさせていたり、突っ込みどころが多かったのもマイナス要因かと。

後は、個人的に気になった一文
>そう言ってドアを閉めた途端、僕はこいつが本物のサトコじゃないかと強く疑った
この文は「サトコ」の部分を「天使」と書きたかったのでしょうか?

長々と書きましたが、序盤のサトコのセリフから可愛さが感じられました。
いっそ、主人公をバカキャラにして、
サトコとの掛け合いを楽しむ作品にしてみるのもいいのではないでしょうか?
もし、改稿されるのでしたら、また読んでみたいです。

360 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 17:39:23 ID:TZzcBT8C
>>351
キャラとか設定とかもだが、それ以上に文章が読んでらんなかった。
○○だった。
○○だった。
○○だった。
と、状況を説明しているばっかでなんの面白みもない。小学生の作文状態。
特に酷いと思ったのはこの一文。
>身振りやたたずまいは気品があるのに、行動はどこか抜けていて、そのギャップが可愛いと思った。
こんなこと地の文で説明するな。

しかも「気品」に関しても、最初の登場シーンでチラとふれただけ。
漫画であれば絵でカバーできるけどこれは小説。
ほかの箇所でも描写しないと伝わらない。
ほかの小説や、マナー関係の本も何冊か読んで、
「気品ある人間とはどういう行動を取るのか」
を勉強すべき。

ここまで酷い文章じゃ、キャラや設定をいくら練り直しても駄目だと思う。

361 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 19:03:41 ID:QiacaXN4


360 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2010/05/11(火) 17:39:23 ID:TZzcBT8C
>>351
キャラとか設定とかもだが、それ以上に文章が読んでらんなかった。
○○だった。
○○だった。
○○だった。
と、状況を説明しているばっかでなんの面白みもない。小学生の作文状態。
特に酷いと思ったのはこの一文。
>身振りやたたずまいは気品があるのに、行動はどこか抜けていて、そのギャップが可愛いと思った。
こんなこと地の文で説明するな。

しかも「気品」に関しても、最初の登場シーンでチラとふれただけ。
漫画であれば絵でカバーできるけどこれは小説。
ほかの箇所でも描写しないと伝わらない。
ほかの小説や、マナー関係の本も何冊か読んで、
「気品ある人間とはどういう行動を取るのか」
を勉強すべき。

ここまで酷い文章じゃ、キャラや設定をいくら練り直しても駄目だと思う。

362 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 19:18:43 ID:Y0nb/2vi
>>351です、感想ありがとうございます。

>>353
文章、構成が手抜きで、キャラも立っていない。おばあさんがいらないというのも納得です。
>>354
何から何まで全部だめということですね。了解です。
>>355
文末がおかしい、主人公がおかしい。言われて見るとなるほどと思いました。
>>356
設定もキャラもありきたりということで。さらに描写が足りない、急ぎすぎに納得しました。
>>357
イベントの中にイベント起こりすぎ。確かにごちゃごちゃになってますね。読者の事考えてなかったです。
>>358
話が長い割にはオチがお粗末。安易な発想で行き当たりばったりになってました。もっと考えます。
>>359
話のつじつまがおかしい、展開に興味が湧かない。これはもう作品としてダメですね、納得です。
>>360
文章がおかしい。描写が足りない。了解です、もっと頑張ります。

それにしても、自分では気がつかなかったのですが、主人公がおかしい、冷淡すぎるってのは盲点でした。
話を進めようとするあまり、心理の整合性が疎かになっていたようです。その上、話も面白くない。
上っ面を改稿しようかと考えていましたが、プロットから根本的に書き換えないとダメみたいですね。
読んでくれた皆さん、大変参考になりました。ありがとうございました。

363 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 19:35:31 ID:k1ei5C9c
>>362
駄目だという意見が多いけど俺はそうは思わない。
はじめはみんなこんなもん。
あなたの努力は無駄にならない。
この作品は次のステップにつながるよ。
くじけずに書き続ければ結果はついてくる。
がんばれ!

364 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 19:52:52 ID:v1EIVRGS
>>362
酷評にもかかわらずちゃんと返事するあたり好感が持てます
個人的には頑張ってほしいです
>>363の人も書いてるけど無駄にならないでしょう
先は長いでしょうが頑張ってください

365 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 19:58:57 ID:DO1oJHQx
ゆーどー
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1273303519/


366 :この名無しがすごい!:2010/05/11(火) 20:07:30 ID:VURcOmx+
味付けが問題なんだと思います。

これを祖母の死ではなく、主人公が片思いの同姓同名か一字違いのクラスの女の子とかにすれば
読者の興味を引くことが出来て、良かったのでは。
成仏させたい天使と死なせてなるものかという主人公がからまって、
そこに悪魔が参戦してのバトル展開の方がベタだけどウケはいいと思います。

【重要】 超設定を出すのならそれなりの説得力は必要

下読みさんプログにもありましたけど、このことを念頭においての次回作に期待します。

367 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/11(火) 22:22:05 ID:K5SKKd7P
>351
俺は読みやすい文章だと思いました。
文体は工夫が必要ですが、それほど変な文章はないように感じました。

構成的には、祖母の死と言われても実感がわきませんでしたので、
その部分を中心に修正が必要だと思います。

>366の同級生(幼馴染)もいいかとは思いますが、俺が書くなら90%位
姉にします。9%くらい母親で。

で、構成の話に戻りますが、冒頭に姉と触れ合う様子を入れてキャラ
作りをして読者が感情移入できるようにします(主人公が小学生くらいで)。
その時に、見習いのサトコをだしてもいいかもしれません。
例えば、このときに心に残る場面(桜の木の下)とかをだしておいて、最後
に探すときの伏線にするとかがあっても面白いかもしれません。
いきなり家にいた。というのも面白くないので、病院の入り口で落ちてきたとか
(これは定番すぎるかも)、一工夫してはいかがでしょうか?

また、他の方も指摘されていますが、方向性が中途半端だと思いました。
エロなのかコメディなのかシリアスなのか。ほんわか系なのかぶっとび系なのか。
今のまま(ほんわか系)なら、ベルセルクや裸で歩くとか赤いパンツとか場違いです。
エロならいきなりサトコに襲い掛かるべきだし(これは嘘)、で、姉が死ぬと
聞いてまじめに病院にかけつけるとか(いわゆるギャップですね)。
ギャグならバットで殺されてから、間違った。と復活させるとか(いや、これはNGか)。

俺的には単純な路線転換より、現状で納得できるものを書くほうがいいと思いました。
とりあえずこんな感じでご参考まで。

368 :この名無しがすごい!:2010/05/12(水) 07:35:15 ID:6NlgF1bB
>>351です。

>>366
>一字違いの女の子。
その方が良かったかもですね。参考にします。
>>367
>方向性が中途半端。
確かに。実力が無いのにいろいろ詰め込もうと頑張りすぎました。もっとテーマを絞って全部書き直すことにします。


今はプロット組み直して、改稿作を書き始めました。またある程度書きあがったら晒しに来ます。
皆さん読んでくれて、ありがとうございました。

369 :この名無しがすごい!:2010/05/12(水) 11:34:18 ID:ikPIHslT
>>351
一人称によくあることだけど、主人公による説明と描写だけで、心理が反映されていない感じがした。
例.ぼくは長い道を歩いた。くたくたに疲れるほどずっと歩き続けた。それでも、まだ目的地は見えない。
以上からわかるのは、「ぼくが疲れるほど長い道を歩いていて、まだ終わりが見えない」ということだけで、そのぼくが何を思っているのかが描かれていない。そんな感じです。

まったく心理描写がないないわけではないのですが、身の回りで起きている描写が多めです。

370 :この名無しがすごい!:2010/05/14(金) 23:35:11 ID:gaB07AJv
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0606.txt
【ジャンル】異世界トリップ物
【タイトル】10回目の女勇者と俺
【評価基準】
 人称について。三人称でありながら、主人公の一人称を混ぜた形になっています。ぶっちゃけおかしかったら、容赦なく指摘お願いします。
 主人公の思考が、皆さんから見てどうなのか。
 読み易さや、文章に問題があるか。
 導入部分について、王道すぎるか。
【改稿】可

最近書き始め、投稿をしてみようかと考え始めました。
よろしければアドバイス等お願いします。

371 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 00:01:31 ID:nU5TG57F
>>370
ごめん、「(嘘みたいだろ……こいつ、歯で木を噛み砕くんだぜ……)」で爆笑してしまった。
タッチかw

>人称について。
三人称の文章に、一人称的な思考が入ってくるのは、別に問題ないと思う。
ラノベってこんな感じじゃないかな。

>主人公の思考が、皆さんから見てどうなのか。
冷静すぎ。いきなり魔物に追いかけられていて、豚の方がよっぽどかわいいとか考える余裕があるものかなあ。
そして納得と飲み込みと受け入れが早すぎ。
これが現実だなんて!とか、取り乱したごめんよ!とか、何でそんなに簡単に納得できるのか。
日帰りクエストみたいなスチャラカなやつなら、このテンポでもいいんだろうけど、シリアスでしょ。

>読み易さや、文章に問題があるか。
読みにくい単語の羅列とかが続いていて、イメージできない上にテンポが速い。
台詞ばっかりだから、絵が浮かばないっていうのもあるかもしれない。
個人的には、0と1を分ける意味がよくわからない。
冒頭の10行程度が0で、残りは全部1でいいんじゃないのかと思うんだけど…。
内容に差があるように見えないから。

>導入部分について、王道すぎるか。
王道路線でも、どれか一つだけならいいんだろうけど、
勇者とか救世主とかに加えて、夢と勘違いしてセクハラ働こうとした挙げ句吹っ飛ばされるとか、
テンプレてんこ盛りすぎるんじゃなかろうか。

その他。
リンに勇者様って呼ばれてるけど救世主様じゃない?

全体的に、もっと落ち着いて書いた方がいいよ。
書きながら浮かんでると思われる絵が、全然文章になってない。
たとえば、「周りには、居酒屋、包丁専門店、お城」、それで地面は? 路地の広さは?
「町外れの境界」って、どんな場所だよ。森なの? 湖でもあるの? それとも岩山?
そもそも、季節は? 季節がないのなら温度は、肌寒かったり、逆に汗ばむほどだったり、どんなもの?
そういう空気感を文章にして伝えてくれないと、全然世界を感じられない。

372 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 00:02:57 ID:nU5TG57F
訂正。
読みにくい単語の羅列とかが
 ↓
読みにくい。単語の羅列とかが

ちなみにこれは、最後に書いてあるようなことね。

373 :本文長いので分割1:2010/05/15(土) 00:22:53 ID:oRHqPEpj
>>370 読みました。
>導入
 王道と言うよりこれは陳腐では……。使い尽くされた勇者と魔王、かつ異世界召喚ファンタジー。
 今だと電撃の拾いあげで『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』なんてのもありますし、
 勇者系のネタはもっと色々弄らないと公募では厳しいと思います。
 しかしこの作品は、晒された部分に目新しい要素が一つもありません。救世主とか誤差の範囲内ですし。
 強いて言えば勇者のループ設定が垣間見えることだけですが、他がベタすぎて興味をかき立てられません。

>一人称混じりの三人称、及び文章の問題
 うーん、ラノベじゃまだ許容範囲ではないかと思います。特につっかえることはありませんでした。
 ただ、それ以前に文章がまだまだ拙いと思います。
 全体的に描写の少ない文章で、情景や動きというものが心に浮かんできません。色も味も匂いもない印象。
 何もかも説明ばかりしているのに、それで情報密度があがったり、話の進行が早かったりする訳でもない。
 言葉や情報の重複も多々見られ、下手と言っても過言ではないかと。
 それと、キャラクターの会話もいまいち台詞回しがありきたりだと思います。
 ユウちゃんのばかぁ! とか、手垢でべたつきそうなレベルでは……。

>主人公の思考
 結論ありきで心情の変化をきちんと描写していないと思いました。
 魔物に襲われる恐怖→夢だと思ったのでエロ根性全開→これが現実だと理解
 これらの流れがきちんと段階を踏まずに、作者の都合でスイッチのように切り替わって見えました。
「なーんだ夢か」で安心した途端スケベ心が出るくだりは、「まあラノベだし…」とギリギリ納得できる気もしますが。
(恐怖の後の性欲ってのも聞いたことあったような)それでも、この場面をこういう使い方をするのはどうかと考えます。
 主人公は現実離れした状況に放り込まれ、ああこれは夢かと一度納得します。
 そこに自己欺瞞などの要素を入れてみてはどうでしょう?
 恐怖は生理的な反応です。発汗、動機、悪寒。
 生命の危機という大きなものによって引き起こされたそれは、どうしようもない現実感を持って当人を襲うはずです。
 けれどそんな恐ろしい「現実」は認めたくない! でもここには病弱な幼馴染みがピンピンした姿でコスプレしてる!
 そうだ夢だ、夢でなくちゃいけないんだ、現実であってたまるか! ……という具合に。まあ一例ですが。
 また、光がうんぬんの説明でさくっと「これもしかして現実!?」となるのも不自然な気がしました。
 襲われたくだりを悪夢で済ませるのに、光が〜の話を夢の一エピソードとして片付けないのはなぜ? と。
 病室の回想と結びついてのことですが、それなら先のリンと出会った時にそれが出てこないのはどうでしょう。
 怪我をしたり人と話したり一晩眠ったり、何かもっとアクションやエピソードを挿入して事態を認識した方が自然だと思います。


374 :本文長いので分割2(終わり):2010/05/15(土) 00:23:45 ID:oRHqPEpj
> 鬱蒼と茂る森の中を、少年が駆けていた。
>何度も後ろを振り返っては悪態をついている。噴出す汗を拭う暇もなく、悲鳴をあげる筋肉に鞭を打って、少年は疾駆していた。
>その理由は、彼の後ろを駆ける――いや、飛び交う異形の存在が物語っている。
 一行目と二行目で少年が走っている、という情報が重複していますね。
 あと正直、物語の冒頭なのに書き出しとして大変芸がないのも問題だと思います。
 これの前に独白がありますが、それを含めても初っぱなからこれでは「期待出来ないな」と感じさせる出だしでした。
 また、この後のシーンで色々叫んでいますが、全力疾走で息があがっている割にはしゃべりすぎて不自然でした。
 せめてリンに出会うまでは息が整わず、彼の台詞は括弧内の独白でいいと思います。多少の悲鳴は出るでしょうけれど。
改稿案『 舗装されていない獣道を走るのは、存外足に響いた。それでも悠輝に立ち止まる暇はなく、後ろを振り返っては舌打ちするのが精々だ。
 一瞬でも走りが淀めば、たちまち追いつかれると彼には分かっていた。もう頭から水を被ったように汗にまみれているが、その雫を振り切って、暗い森の中を逃げる、逃げる。
 鬱蒼と茂る深緑の闇――その奥から、宙を駆ける異形が悠輝を追っていた。』
 なんか長くなってしまいました><

>(嘘みたいだろ……こいつ、歯で木を噛み砕くんだぜ……)
 あだち充? わざとじゃないかもしれませんが、この場面には不釣り合いな気がしますね。
「嘘みたいだろ……死んでるんだぜ」みたいな台詞が前述の漫画にありましたが、
 あれが元ネタだとしても「いや誰に語っているんだよ」と突っ込みたくなりました。

>この異形の存在を滅した存在に。
改稿案『この異形の存在を滅したモノに』とかラノベっぽいような。あるいは普通に「人物」でいいかと。

>その手にはファンタジーの世界にしかないはずの刃が、
 たぶん西洋太剣のことだろうと思いますが、剣と表記してはいけないのでしょうか。
 この文章は結構悠輝の主観で書かれているのも微妙な所です。
 三人称ですと「悠輝にとってはフィクションの世界でしか知らない〜」とかになるのでは。

 余談。
 とにもかくにも、この題材と技術では投稿してもかなり厳しいと思います。
 まあ技術は練習すればどうにかなるので、ストーリーと設定が課題じゃないでしょうか。
 この作品に「勇者物」「異世界召喚物」の既存作品と違うセールスポイントがあるならば、
 もっと早い段階から「この作品は何か違うぞ」と感じさせなくてはならないと思います。
 今回晒された部分では「なんだまたかよ」止まりでしたから、先を読みたくなるほどのモチベーションが保てません。

375 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 00:52:03 ID:NggKPAB2
>>370
・主人公の思考が、皆さんから見てどうなのか。
・読み易さや、文章に問題があるか。
色々あるので後述。
・導入部分について、王道すぎるか。
王道というよりも「安易」
それよりも「下手」

冒頭から、文章について
>いつまで私は繰り返すのでしょうか?
いきなり敬体!?と「敬体と常体は使い分けましょう」という小学校で習う内容が想起された。
>なりたかった。/ ……なんて思っていた六年ほど前の自分を
時制として、英語で言う「過去完了」になってる。→なりたい。/ なんて思っていた〜 でしょ?
>赤ん坊のような見た目なのに
少年についての描写と誤解しかねないと思う。
>未知の生物であり、空想上の生き物でしかないと思っていた。
まあこの「未知の」と「空想上の」が厳密には矛盾するのだけど、それを横に置くとして、
「思っていた」ってこの文脈の時制だと「(この時点で)思っていない」を内包するわけで
いや、この時点でも「未知の生物」でしょ、と矛盾してる。

つか、三人称については技術うんぬんより、全くポリシーが無いでしよ。
0については、俗に言う「三人称一元視点」に近い。
けど「筆者の都合で」内心をぼかした自分勝手な描写もあからさますぎる。

自由間接話法は、具体的に言えば
三人称の地の文に登場人物の内心orセリフが入り込む、もしくは地の文の人称・時制が人物のものに入れ替わる、
と説明できるのだけど、これはクラシカルな文法では破格な表現方法です。
ラノベだと破格の破格って感じだから、使用は「センスの問題」
俺にはあなたのセンスが理解不可能でした。
あと、あくまで「話法」だから。

作品の外枠は、病弱な少女が立ち直る(持ち直す)物語?
俺が書くなら、冒頭は現実世界から書くし、それがふさわしいと思った。

376 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 01:44:32 ID:uJqs7W5n
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0607.txt
【ジャンル】ミステリー
【タイトル】カイトとわたし
【評価基準】
 文章は読みにくかったか。
 三人称の視点が破綻しているところはあったか。
 読み終えて感じたこと。
【改稿】可


377 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 02:53:30 ID:NggKPAB2
>>376
「ながら」を使いすぎかな。
>揺らせながら→「揺らしながら」だと思います。

>成績表に喜怒哀楽するだけで
いや、この表現もアリだとは思うのだけど、もしかして、
「一喜一憂」と間違えて使ってない?

 文章は読みにくかったか。
読みにくくは無いと思う。ただ、回想っぽくて臨場感に欠けるかも。
 三人称の視点が破綻しているところはあったか。
むしろ気にしすぎでは?って思った点が。
エミを主体にしようとしすぎて「させる(使役)」「られる(受身)」を余計に足してる気がする。
 読み終えて感じたこと。
道徳の教科書って感覚。みすてりー?

俺としては、「娯楽性」=「関係性(の変化)」だと考えているのだけど、
この作品は、主な登場人物が(ネタバレを避けて言えば)一人だし、
外界との関係性の変化は書いていても、
どっちかといえば一人の内心の変化に焦点を当てていて、
だから娯楽性が薄いのではないかと思います。

ところで、この話に進路相談って要らなくない?

378 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 03:33:26 ID:sqhz7ts/
>>376
まず細かいことから
ところどころ「てにをは」がおかしかったり、377の言うように「させる」「られる」がずれていたりするので違和感あり
しっかりと推敲した方がいいかも

で、次は設定部分
これはなぜ小学生を主役にしたんだろう
想定読者がラノベの一般層であるならば主役を小学生にする必然性はないし(むしろリスキー)、
テーマ的に小学生である必要性もない
なにより、言動が小学生らしくないのが痛い
素直に中学生あたりを主役にした方が読みやすかったんじゃないだろうか
ロリを出しておこう、みたいな計算を感じてしまったのは自分の穿ちすぎ?

で、最後に物語について
オチが弱いと思う
ぶっちゃけると、「だからなに?」という印象しかない
カイトの正体が判明するシーンは、起承転結で言う「転」です
だから、読者を納得させる「結」が必要になるのだけど、この物語ではあっさりと日常に戻ってしまっているよね

カイトが○○○でした→だから、△△△という結末になります

○○○とを受け止めるだけの力を持った△△△が無いから、読み終えてもしっくりこない
「両親が改心しました」がそれなんだろうけど、弱いでしょ?
娯楽性が薄いと感じるのはそれが原因かな、と個人的には思います
難しいけど、もうひとひねり必要かな

379 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/15(土) 08:31:12 ID:kZ0A9jTd
>370
・人称について。三人称でありながら、主人公の一人称を混ぜた形になっています。
人称にはそれほど違和感はありませんでした。

・主人公の思考が、皆さんから見てどうなのか。
思考というより、書き方に違和感がありました。例えば、
(1)豚のほうがよっぽど可愛いものだ! そもそもお前は何なんだ!
(2)少年はもう泣きそうだった。
(1)では文句を言って怒っているようなイメージなのに(2)で泣きそうになっています。
要するに、(1)と(2)でチグハグになっています。
この書き方なら、(2)で、「少年は泣き出しそうな気持ちを悪態をつくことで誤魔化す。」
とかにしたいところですね。

また、襲い掛かるシーンですが、異形を殺し、血をたらしている剣を持っている少女
にそんなことをしようと思うでしょうか。夢の中と雖も唐突です。

・読み易さや、文章に問題があるか。
文章に違和感はないのですが、全体像がつかめない感じです。
『赤ん坊のような見た目なのに、背中には小さな羽が生えていて、黒光りする皮膚とやけに鋭い犬歯は不釣合いすぎる。』
この異形は、逃げるほど怖いですか? 
そもそもこの姿はどの時点で確認したのでしょうか。
神視点です。と言われるかもしれませんが、それならば少年よりすぎる書き方です。
また、追われているのであれば、何故追われたのか? が書かれていてもいいですし、
いつの間にか追われていたならば、逃げたくなるようなイメージが欲しいです。
まず、この異形の大きさはどうでしょうか? 赤子程度の大きさで一匹ならば逃げよう
とするより、戦おうとしないでしょうか?
そこらへんからすっきりとしませんでした。

・導入部分について、王道すぎるか。
王道かもしれませんが、そのことは悪くないと思います。
でも王道だけに厳しく見られると思います。頑張ってください。
あっ、最初の10行は削除した方がいいと思います。

380 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/15(土) 08:55:38 ID:kZ0A9jTd
・文章は読みにくかったか。
どちらかと言えば読みやすかったです。
どうでもいいですが、45文字くらいで改行していただいたほうが
読みやすいです。

・三人称の視点が破綻しているところはあったか。
ざっと見た感じではとくにありませんでした。

・読み終えて感じたこと。
何故、三人称を選んだか、よく分かりませんでした。
いえ、別に悪いと言うわけでなく、この話なら俺は一人称を選ぶ
だろうというだけなんですけどね。
カイトが自分だった時点でがっかりしてしまいました。
この手のトリックは、俺もやったことがありますが、作者的に凄い
してやったり感があるのですが、上手くやらないと「読者は置いて
けぼり」です。あっそー、だから何? という感じですね。
ポイントは、カイトって一体何者なんだろう? という興味をどれだけ
もたせられるかなんでしょうか。
少なくとも、絆創膏は伏線にしていただかないと、もったいないです。
時間が無いのでこのへんで。ご参考まで。


381 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 11:14:59 ID:QkZvOdEX
>>376
>文章は読みにくかったか。
特別読みにくいというわけではなかった。
ただ、やたら進行形にしたがる癖があるみたいで、それのせいで変なところがところどころある。
「年が鉄棒に近づいたところをじっと見ていた。」って、鉄棒に近づいた瞬間であるにもかかわらず、
見ている方は時間がかかっている。こういう感じに。

>三人称の視点が破綻しているところはあったか。
特に妙だと感じることはなかった。
ただ、三人称の視点の破綻じゃないけど、主人公の内面に入っていくタイプの三人称にしては、
「エミは穏やかな瞳でうなずいた。」とか、妙なところで視点が主人公から離れていくね。

>読み終えて感じたこと。
作者の、面白がらせたいポイントがわからない。盛り上がりを一切感じない。
テーマというか、中心の物語がありがちな上に、解決もありがち。
ミステリの肝である謎部分もありがちで、何の意外性もないし、
真実に気がつくきっかけとか、そういったものが弱すぎる。
そこに自分で気がつくなら、最初からこんなふうにならないだろって気さえする。
両親の抑圧も説明で済ませてるから、まったく主人公の抑圧を感じることが出来ないし、
解決時も反省していたの一言で終わり。これじゃあ、ストーリーはあっても、物語になってないよ。
それと、小学生がジュースを奢る? どんだけ金持ちなの、この子。

382 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 12:25:15 ID:PEFKKukb
>>376
読みにくいってことはないけど味気ない。
テンプレートな心情と境遇を淡々と語っているだけなんだもの。

ありがちなテーマ、ありがちな解決だろうと文章やキャラ、それを補強するエピソード次第では読めるものになる。
でもこれは、キャラは無個性だしエピソードも弱すぎるからお話にならない。

読後の感想としては、道徳の教科書。もしくは、中学生日記のつまらない回。

383 :この名無しがすごい!:2010/05/15(土) 15:08:57 ID:pk6nXc+k
>>376
個人的にはこういうの好きだよ。
 ただ最後に事が発覚した段階で「だからあの時〜だったのか!」と思える印象的なシーンが前半に欲しかった
この手のはオチがわかってからもう一度読み返す時にゾクゾクして楽しむというのもあるし。
 いや、ミステリならそういう成分はいらないか?
ジャンルなんてどうでも良いかもしれないけど、個人的にはこれはミステリというよりホラーかなあという気がします。
 それと発覚する時の愛梨の登場シーン辺りのどこかで行を空けても良かったのではないかと思う
発覚する前後に明確な区切りが付けられると読者にはわかりやすいと思うから。

蛇足で、習作ならいいが、発表する場合には「中学受験」を題材にしたこの手の話は不必要な物議を醸すのではないかと心配です。

384 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 01:19:41 ID:ctyK2J2g
>>376
・海永=カイトってのが納得いかんな。
恐らく、永久(とわ)から来ているのだろうと思うんだけど、厳密に言うと、こういう読み方はしない。
海豹(あざらし)って読むからと言って、海をあざとは読まない。これと一緒

・要は、
エミが両親の追い立てのせいで病気になった→
反省して言わなくなった。
省略すると、この二つだけで話が成立してしまう。

少年の神秘性が無くなったせいで、面白みの無い物語になってしまったと思う。
女の子の自己完結の物語だからね、これは。
もう少し、神秘性を煽ってください。

385 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 02:01:55 ID:I6gih9NZ
出愛でイデアとかあるし・・・信じられないような読みの名前はまったく読み方がわからない。

>>376
主人公の名前をずっとエミと書いていて、最後に永海という名前を明かしたのはカイトの正体を隠すためなんだろうけど
永海からカイトを連想するにはちょっと無理が・・・隠す必要もなかったように思えます。

>>370
異世界迷い込み大好きです。なのでかなりの数の異世界モノを読んできましたが、必ずといっていいほど殆どの作品には共通点がありました。
それは、主人公の性格。どういうわけか、どの異世界の男主人公は皆>>370と同じような感じの無難な主人公に納まっているんです。
まだ冒頭ですし、キャラ付けには早いと思います。だから、ここからその主人公にしかない魅力を見せてください。
癖でも、モットーでもなんでもいいです。何かインパクトを感じさせるものを生み出してやってください。


386 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 20:27:53 ID:AnxUn27y
>>371-372
ありがとうございます。
やはり他人に言われると、変な部分が浮き上がってきますね。
客観的に見れる力をつけて、不足している描写を埋めれるようにしていきたいと思います。
リンから勇者様と呼ばれるのは完全に誤字です……。ありがとうございます。
>>373
ありがとうございます。
俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長というのは初めて聞きました。ちょっと書店で表紙でも見てみます。
やはり全体的に拙い感じがしますか。どんどんと情報を出しているわりには、キャラも説明も淡白といった感じでしょうか?
先に現代の話を出すとつまらないかな……なんて思いましたが自分の場合は間違いでしたね;
情景を含め、もう少し心理描写とそれを引き立たせるエピソードを入れようと思います。
>>374
ありがとうございます。
例文まで書いてくださるとは……参考にさせていただきます。
冒頭の書き出しというのは追われている場面ですよね。その辺りも、もう一度考えてみます。
すいません、実はあだち充が元ネタと知らずに、ネットスラングのような意識で使ってました。
このままではテンプレどころか、そのテンプレを活用すらできていない状況、だということを心に刻んでおきますw
>>375
ありがとうございます。
文法や人称についての指摘を詳しく書いてくださるとは……。大変参考になります。
やはり基礎ができていないのでしょうね。小説作法の参考サイトを探してみます。
>>370
ありがとうございます。
なるほど……そこを強調するのは大切ですよね。次の作品では、それも考えてみようと思います。

こんなに沢山のアドバイスを頂けるとは・・・。
ひとまず、この作品は没送りにして、描写というより文章の基礎から学びたいと思いますね。(ネタが思いつけば改稿しますが)
次に来た時は、今よりいい作品を晒そうと思います。
みなさん、本当にありがとうございました。

387 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 20:39:21 ID:AnxUn27y
連投失礼します。
>>379
申し訳ございません、投稿後に気づいてしまいました;
・また、襲い掛かるシーンですが、異形を殺し、血をたらしている剣を持っている少女
にそんなことをしようと思うでしょうか。
襲い掛かる……ですか?
少年は襲い掛かるというより、少女に叫んだという形です。

すいません、その赤ん坊〜の部分は主人公の描写です。
赤ん坊が黒光りして牙があれば怖いかなーと自分で思ってましたが、狼のような存在の方が良かったでしょうか?
嘘みたいだろ……こいつ、歯で木を噛み砕くんだぜ……――というセリフのような心情を書きましたが、やはりその前を書かないとわかりにくいですよね……。
アドバイスありがとうございました。

388 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 21:03:22 ID:Q8iXliZ2
>>386
没にしてしまうのも、それは作者の好きにしたらいいことではあるけど、
最後まで書ききってこそ成長するというのは、プロならみんな言うよ。
ひとまず最後まで書いてみたら?
この話の続きを書いたって、描写や文章の練習は出来るじゃん。

389 :この名無しがすごい!:2010/05/16(日) 21:32:06 ID:ctyK2J2g
>>386
文章はひたすら書いたり読んだりすれば、ある程度は補える。
後は、「何を書きたいか?」という事だ。
何を感じさせたくて、何を伝えたいのか。
決して、一朝一夕では出来る事じゃあないが、それをやるのが物書きって物だと思う。
向き合うべき対象を間違えてはいけない。
ファンタジーをする時は想像力が大事だ。ただ記号を並べただけではファンタジーにはならない。
ファンタジーだろうと現実だろうと、順序や筋道が通ってないといけない。
まず、筋道を立てて、これはどういう世界なのかを考えてくれ。

アンド、ギャグをする時は、空気を読もうな……。

390 :この名無しがすごい!:2010/05/17(月) 15:06:45 ID:+MjSgmrH
>>387
「黒光り」でなにを想像するかによるけど、人によっては
「犬歯の発達した黒人の赤ちゃんが空を飛ぶ」ぐらいにしか想像しないと思う。

あと、狼的なものにするならフライング赤ちゃんのがまだマシだと思う。
冒頭にでてくるバケモノってのはシンプルかつ、作品独自のものにしてほしい。
細部に拘ることでその作品にしかない世界観が生まれるものだから。

まぁそんなことより続き書いたほうがいいと思うけどね。
プロでも序盤だけなら「ありがち」「退屈」で終わってしまう作品はけっこうある。
それよりは、キャラの魅せ方や展開を工夫したほうがいい。

391 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/17(月) 23:25:58 ID:d4n4m7jU
>387
冒頭、ちょっと書いてみました。
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0608.txt
俺ならこんな感じで書きますという意味で。
別に俺の方がいいとかそういうつもりはありません。
書き方の違いみたいなものを参考にしてみてください。
(ギャグ路線ならもっと軽く書いたほうがいいのかも)

襲い掛かるに関しては誤読でした。すいません。



392 :この名無しがすごい!:2010/05/18(火) 01:02:09 ID:X3Z56zbI
>>387
この先、気になるといえばきになります。
非力な主人公が女勇者を支えて、女勇者が戦闘面で活躍するのか。
主人公がパワーアップして、女勇者と一緒に戦うのか。

運動神経はいいと描写しているから、後者になりそうな気もしますが。

393 :この名無しがすごい!:2010/05/18(火) 10:54:14 ID:gvOJjO8Z
>>386
んー、あのさぁ>>370だけじゃ短杉だって
変な例えで悪いんだけどコナンの作者の代表作の1つであるYAIBAですら
序盤の方は本当に何?コレ?超つまらなくね?って感じだったんだけど、5巻ぐらいからどんどん面白くなっていって最終的にはもうサイコーって感じになるし
要はさ。没なんかにしなくてもっと続き書いてよ。あれだけじゃ判断できねえってば

394 :この名無しがすごい!:2010/05/19(水) 00:59:11 ID:fM4AZcqC
>>393の言いたいことはわかるけど、ラノベだと冒頭を見ただけで「つまんね(パタン」で終わりなんだよなー・・・
今じゃ漫画でも人気が落ちれば打ち切りとかだし。ラノベもころころ終わったりするから大変だ。

395 :この名無しがすごい!:2010/05/19(水) 11:48:10 ID:8ilvq9Tl
俺は本の真ん中辺りから読み始めておもしろかったら買ってるけどな
ページの順番通りに読まないのは邪道なんだろうか?

396 :この名無しがすごい!:2010/05/19(水) 13:04:16 ID:ZeKhE5/n
感想へのレスとか雑談は専用のスレがあるよ
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1273303519/

397 :この名無しがすごい!:2010/05/19(水) 23:49:17 ID:qAsRQeOS
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0612.txt
【ジャンル】ファンタジー 恋愛系
【タイトル】 魔女と三人の王子様
【評価基準】
文章は読みやすいか
キャラクターは立っているか
ありがち過ぎないか、毒がなさすぎないか
その他良いところ悪いところ

少女向け、物語の序盤あたりです。
以前別作品を晒した時、かなり突っ込みが入ったのでドキドキしていますが……。
一万字くらいで緊張感がなくなるみたいです。
やる気がなくなりかけているので、勢いつけるためにも感想ください!

398 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 00:47:22 ID:nBwhjVn/
>>397
好きなタイプ。やっぱりファンタジーはいいねぇ。

●キャラクターについて。
これから先の料理次第、というところかな。
私の読んだ限りではこれから展開させるのに不都合なキャラクターはいない。
ポジションもはっきりしている。
まぁ、はっきりしすぎていて面白みがない、って言ってしまえばそれまでだけど。後述。

●ありがちすぎないか
個人的には、「ありがち」というよりは「王道」と評価したい。
登場人物の配置は正に王道。安牌だと思う。
ただ、安牌過ぎるとつまらないのも事実。
序盤はこれでいいと思うよ。だけど中盤以降、王道を崩していかないと安心感に面白さがついてこないかな。
タイトルが「三人」の王子様と言うことだから、そこに崩しのキャラがいることに期待する。

●文章
地の文に書いてあることはすごくいいんだ。物語の空気にあってる。
なんだけど……。どうにもテンポが悪い。
基本的に文が短めで、さらには読点も多い。
そして、文の終わりが「た」「だ」で終わることが多い。
一度朗読してみるといいかも。ただでさえ文末が統一されていると違和感を感じるのに、
文が短いことでさらにその回数が増えている。最悪な組み合わせだね。

●そのた
・一つだけ語の使い方で気になったところを。冒頭の「たとえば」は誰に何を例えているのかわからない。
「たとえば」なしで入ってもいいと思うけど。そこだけ妙に引っかかった。
・最近の少女向けラノベってどうなんだろう……。
基本的にきちんとファンタジーしているし、個人的には「毒」は要らないと思うんだけどなぁ……。
(「毒」はいらないけど「裏」とか「影」とかはあった方がいいよ!)
 

399 :避難所から転載:2010/05/20(木) 00:49:03 ID:nnE9XlZa
104 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/05/20(木) 00:40:21 ID:zTcsNfGk
>>397
半分くらいまで読んだ
文章そのものは読みやすいけど、読者に状況を理解させるために必要な描写が足りてない
あるいは論理的に整合性が取れてない箇所が多い
・塔の屋上で茶をすすっていた人間が数文字で外に飛び出してるのは
 想像してる読者からしてみれば急激な情景ジャンプ。普通窓から外見るのが先じゃないか?
・エメルとの立ち位置関係も描かれてなかったので、エメルの魔法に対して
 「アーシュが飛び出した」って文章を見て「おまえどっから出てきたの?」ってあっけにとられた。
・その原因の一端として「大慌てで飛びだしたけれど、遅かった」と書かれた時点ではまだエメルは魔法を使っていないので
 読者は場所的・時間的な移動があったものとみなして塔のまん前での出来事とは思ってないというのがある
 (素直にアーシュ視点でそのまま話が進んでるとみると他でもない作者の文章と矛盾するから)
・なんでアーシュが王子を身を呈して守ったのかよくわからん。たぶん死なないだろ直撃受けても
 もし死ぬんだったら無策でエメルに近づいたこの王子はただの馬鹿だろ
・冒頭で塔に住む魔女とされる人物は一人としか描かれてないのに
 次のシーン無説明で魔女の弟子が名前だけ出てきてるのも戸惑う
 だって誰だってそいつが件の魔女だって思うじゃん
 砂糖菓子のような娘として描かれた魔女と茶色い毛を逆立ててわななく女とじゃイメージも合わないじゃん
 ていうか今でも王が出会った魔女って誰やねんと思ってるし

つまり描写の順番や濃淡、言葉の選び方がいい加減なせいで読者に誤解を与えまくっている
とにかく文章をなんとかしてもらわんと話の内容が見えてこないんでキャラや話の毒については保留
ただ、今後は「森の魔女」だから弟子でもおkな流れになるんだろうなって思った

400 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/20(木) 01:00:52 ID:CvMc2VYa
>397
・文章は読みやすいか
読みやすいです。

・キャラクターは立っているか
レオが一番いい味を出しているような。
俺的にはアーシュにストレスが溜まりますが、悪いとは思いません。

・ありがち過ぎないか、毒がなさすぎないか
現状では悪くないと思いますし、ありがちと言うほど進んでいない
ような気がします。

・その他良いところ悪いところ
冒頭の話は個人的にはどうかな? と思いました。
好みの問題でしょうが、もっと短くしていいような気がします。
それに王様は死んでなくてもいいんじゃないですかね。
王位継承権とか考え出すと生きているほうが都合がいいような気がしましたので。
ところで、ライナスは兄貴がいるのにどうして王様になるつもりなのでしょう?
(自分が魔女と結婚するから? でも、それなら、エメルでなく、兄妹を暗殺しそう
なものですが。って先読みしすぎですね)
途中でちょこっとでてくるライナはレオナのミス?
アーシュはエメルの攻撃を食らったまま話を始めていますが、体調は
大丈夫でしょうか? 本人は回復魔法は使用できない?
ライナスは何でアーシュに文句を言うのでしょうか? 一瞬、護衛かと思いました。
色々書きましたが面白そうだと思いました。
少なくてもレオナがギャフンと言う場面まで見たいですね。
(そんなもの存在しないかもしれませんが……)


401 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 03:16:49 ID:8Hb2X1BT
感想ありがとうございます
>>398
王道と評価していただけると、大変嬉しいです。
ありがちなのか王道なのか、自分では判断がつきにくくて。
以前に一文が長いと言われて、短くしたらやりすぎましたorz
朗読するといいって、よく聞きますね。やってみます。
「たとえば」は、あいまいな感じを出したかったんです。
冒頭の話は、本当に過去にあったこととは違うというか、そんなこんな。
>>399
>読者に状況を理解させるために必要な描写が足りてない
うおお、確かに。
三人称だと、作者と主人公が少し離れるから難しいですね。
書き直すべきです。書き直してきます。
勢いづけようと思って、必要な描写も飛ばしてしまった感じです。
頭の中では分かっているから、自分だと気がつきにくいみたいで。
「森の魔女」だから弟子でもおkな流れにはならないです。ここは安心。
>>400
名前のミスが多いようで……。
ライナとレオナはどちらにするか迷ったからこんなことになりました。直してきます。
冒頭は、自分でも悩んで、二種類あります。短い方が良いのか悪いのかは、まだ迷ってます。
「王様」になるためには、魔女と結婚しないといけません。
偉さでいえば、王様>王様代理の王子様です。ということを、ちょっと本文に付け加えないといけませんね。
面白そうだと言っていただけて嬉しいです。
というか、
>兄妹
ってレオナが王族だって即効バレたwwwww

402 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 04:16:47 ID:qRedJrnS
>>397

●文章は読みやすいか
読みやすいが、なんか古臭さを感じた。
対象読者層は、小学生高学年から中学生ぐらいを意識しているのかな?


●キャラクターは立っているか
アーシュの姿・格好がイメージできないので、個人的に感情移入が出来なかった。


●ありがち過ぎないか、毒がなさすぎないか
こういった王道に毒的なものを求めるのは邪道だが、だからこそ毒的なものがあった方が良い・・・と思う。
読んでいて、淡々とし過ぎている。


●その他良いところ悪いところ
何をもって少女向けなのか解らなかった。
まぁ序盤部分だけからと言うのも有るが、ここから如何にして少女たちにワクワクドギトキさせるかにかかっていると思う。



403 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 15:10:19 ID:8Hb2X1BT
>>402
感想ありがとうございます。
やっぱり古臭いですかorz
新しい文章って何なんだ……。
視点がアーシュだから、容姿の描写が抜かれがちになってました。加えてきます。
やっぱり毒がないですか。何もかも無難にしすぎてしまった感が、自分でも拭えなかったです。
ちょっとなんとかしないとな。
題材の選び方が少女向けだと考えました。魔女とか王子とか。
少なくとも、少年が好んで読む話ではないかと。

404 :避難所から転載:2010/05/20(木) 17:38:01 ID:nnE9XlZa
106 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/20(木) 15:46:05 ID:/PuB4fy. [1/2]
>>397
少女向け小説は読んだことがないので、ピントがぼやけた感想になってしまったら許してください。
・文章
読みやすいと思います。
・キャラは立っているか
・ありがちか
エメルに関して言えば、うんよく見るタイプかなと初見で感じました。あざといとまでは行きませんが。
この辺はあくまで俺の感覚であって、想定読者層から見たら安心して受け止められるのかも知れません。
グンバツにキャラが立っているとは現状言い難いかも知れませんが、キャラ像が見えないというわけでも
無いのでこれから次第なのだと思います。
・毒
毒は必要なんでしょうか? 対象レーベルがわからないのでこれはノーコメントで。
・その他
ライナスがエメルの前にやってきて、魔法をぶっ放す→アーシュがそれを防ぐ。
この一連の流れがどうも違和感というか、キャラたちの相関がつかめないためか妙に違和感だけが残りました。
ライナスとアーシュがなれ合っているように見えるのが原因かも知れません。
王族と魔法使いの間で板挟みになっている弟子という構図を示すということなのかも知れませんが
個人的には直感的にわかりにくい描写かなと思いました。
辺り一面焼け野原になるほどの熱線なら結構な深度のやけどじゃないのかとも思いますが、この辺は
あまりリアリティをもとめても仕方ないのかも知れませんね。

でも、護衛もお供もつけずに森の奥まで鹿狩りにいく王様はいくらなんでもどうかと思いますw
プロローグでそこまで書くスペースが割けなかったのかもですが。


全然関係ないですが、コオリヒメの人ですか?(違っていたら申し訳ない、失礼しました)

107 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/20(木) 15:47:49 ID:/PuB4fy. [2/2]
ああごめんなさい。あと他の人も言ってますが、俺も最初アーシュが男かと思ってました。
もうちょっと早く情報提示しても良いんじゃないかと思います。

405 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 22:43:42 ID:vEphEmfE
>>397
冒頭でのんびり暇なアーシュ。魔女本人かと思いきや、どうも男の召使いっぽい、と思ったら、
じつは魔女の一番弟子。でも、回想に入ると忙しそうに家事をこなし、二番弟子に虐げられ、
師匠の手紙まで焼失してしまってる。なのに師匠には何も告げぬまま、平然とお茶を楽しんでいて、
手紙の差出人である西の魔女が訪ねてきてるのに他人事のように「なにしに来たの?」って、
なんかすでに人格が破綻してるように思える。

406 :この名無しがすごい!:2010/05/20(木) 22:51:48 ID:e+czS5D9
>>397
優しい文章で読みやすいです。が、絵本を読んでいるよう。もっとはっきり描写して。
文章の意味が曖昧で、どこで区切って良いのかもわからない。
森、花と言った記号しか伝わってきません。
と感じました。

407 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 00:35:41 ID:bmj03oS7
少女向けの傾向とかは全然わからんので、完全に主観であることを断っとく。

・文章
読みやすいというか平淡。特に目を奪われるところもない。たぶん具体的描写が少ないのかと。

・キャラ
ここまでだと全員の欠点しか出てない感じ。キャラが立つより腹が立つ。ごめん、言い過ぎた。
レオナがレオって呼ばれるのを嫌がるくだりで、
「ライナスはレオナの小さい頃から知っていて、当時彼女は男勝りだった。今はちゃんと女の子だもんっ」
みたいな設定を予想したんだけど違ってたみたい。レオが男性名だと思い込んでしまったよ。
単に馴れ馴れしく呼ぶなってことかな。
だとしたら最初にレオって呼ぶのがアーシュだったらわかりやすかった。で、ライナスにだけ否定する、と。
で、ライナス。エメルが魔女と知っていながら、何の対策もなく強引に迫ってるの? 死ぬよ?
しかもかばったアーシュに文句。王族のごう慢さかもしれないけど、この晒し内ではフォローがむずい。
あ、こいつも家来なしか。敬われてないの? ポリシー?

・ありがち・毒
自分の読書量に自信ないのでノーコメント。

・その他、先代の王様について。
二回目以降はこっそり一人で、というのはわかるけど、常から一人で狩りに出かけるの?
一日無断で城を空けた上、その後も魔女をめとろうと城を抜け出す王。
挙句の果ては遺言の無茶振り。この王が身内から慕われていたかが疑わしい。
まあ、魔女がヒステリックに男を嫌うようになったのと先代の王に何らかの関係があるものと思えば、
もう一度彼の所業にスポットを当てる機会もあるだろうから、そこでフォローが入るのかな。
それと、こんな遺言に対する正妃とその長子(たぶんロクサス?)の考えが気になるところ。

・ライナスの求婚について。
台詞以外の描写が「今回初求婚!」って感じに描かれている気がしてつまづく。
具体的には花畑や森、塔が初めて被害を受けた形になっている。いちいち治しているのだろうけど。
あとは上述の無防備ライナス。
ここまで書いて思ったけど、直接求婚したのはこれが初めてだったのかな? だとしたらこのへんは忘れて。

・構成について。
キャラ見せのつもりで入れたと思われる「今朝の騒動」回想だけど、挟み方が悪い。また話進まないのかよ、と思った。
ので、「アーシュは魔法使いの弟子だった。〜」のくだりと合わせればまだマシに思えるかも。

・総括
突出したものが見あたらない。短いし。
毒は知らんが色気がない。エロスでなくて、媚びというか華というかチャームポイントというか。
話自体としては、アーシュのネガな気分と境遇、幸せになれそうもない王座争奪結婚話。
エメルの笑顔しか明るい話がないっていうのは、ちょっとつらい(しかも本編にはまだ一回も出てきてない)。

408 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 05:14:21 ID:sdxbj48e
>>397
まぁ及第点? といった感じです。
間違ってはいないのですけど、語り口が常に同じで若干飽きます。
例えばこの部位ですが、
>エメルはあれでも、世界一の魔法使いだ。その身の内に膨大な魔力を持ち、それを自在に操る腕を持っていた。
>エメルが片手をしならせれば、抱えるほどの大木も吹き飛ぶ。エメルが指を鳴らせば、そこは火の海になったり、氷の国となったり、枯れた花もよみがえったりする。エメルの魔法は万能だった。
>だけど、エメル自身はそうはいかない。彼女にはたくさんの、たくさんのたくさんの欠点があった。

 エメルはあれでも、世界一の魔法使いだ。身の内に膨大な魔力を蓄え、それを自在に操れる。
 口笛を鳴らせば大木が根ごと吹き飛び、腕をしならせばあたりを火の海に。枯れた花をやさしくなぜて、虹色の花びらを咲かせ直すこともできる。
 エメルの魔法はまさに万能。
が、魔法以外はその限りではない。むしろ真逆だ。魔法を抜かしたエメル自身には、数えるのも嫌になるほどの無数の欠点があった。

内容はほぼ同じなんですが、こういう感じのほうがさくさく読めるかと。
解説とは基本的に退屈なものだと考えて、できる限り簡潔にすべきと思います。
また、アーシュが男なのか女なのかもわからない冒頭にはすこし参りました。
魔法から男をかばうシーンがありますが、アーシュの造詣がさっぱりわからないのでどのような光景かもさっぱりです。
もうすこし早い段階で姿形を語っていただきたいと思います。

あとは、レオナがライナになっているなど、明らかにおかしな表現が散見しておりました。
ただそこは推敲で直る点に思えるのでほうっておきます。

・キャラクターは立っているか
立っていると言えば立っているんですが、魅力的な意味で立っているかと言うと、うーん……でしょうかね。
アーシュの手紙を燃やすレオナは、小生意気を通り越しています。
わがまま系のキャラにしろ、超えてはいけない一線があって、そこを超えた際には手厳しい罰がほしいとこ。
それに耐えるアーシュにしても、「秘密をばらすと自分のもばらされるから」っていう理由では……。
・ばらしてやりたいけど秘密をばらすとかそういうこと自体に罪悪感を覚えてしまう。
・塔から出されてしまうからこそ気が引ける。
・レオナがそういう子だと知ったらエメルががっかりするだろうから。
矛盾しない上に好感度アップにつながりそうな理由はいくらでもあるのに、どうしてその理由を選んでしまうのか。という感覚です。
逆に、笑顔ひとつで懐柔されてしまう弱さはよいと思いました。
ただそういう設定は、解説ではない素の描写でだしてほしい気がしましたね。
ついでに、朝にドタバタがあったのに冒頭のシーンでは「この世は平和で仕方ない」って「えっ?」って感じなんですが。

・ありがち過ぎないか、毒がなさすぎないか
yesでもnoでも大した意味がないほどの分量しかないため、あえて言いません。

・その他良いところ悪いところ
そこはかとなく百合っぽいところ。
今後に想定している流れは存じませんが、王子なんかと恋愛させずに百合っちゃえよと思います。
百合といってもベタベタに恋愛させる必要はありません。細かくは、マリア様がみてるを参考にしてください。

409 :避難所から転載:2010/05/21(金) 12:48:24 ID:0efBtX6y
109 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/21(金) 11:19:03 ID:hmuDzW0k [1/2]
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0618.txt (あらすじ)
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0619.txt (本文)
【ジャンル】 伝奇能力バトル
【タイトル】 マルタの十字
【評価基準】 特になし
【改稿】 可



今回の富士見最終落ち
ていうか昨日ドラマガ買ったら、最終で落とされてたの俺だけだった
何かものすごく負けた気分

以前に晒した事あり、その時はえらく叩かれた
特に注文はないんで、好きに叩いてください
ちなみに編集の人の話では、評価されたのがバトルの描写や表現
ダメ出しされたのが、キャラの弱さ・古さだった

後、やはり身長2メートルのマッチョ主人公は、ラノベ的にNG気味らしい

410 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 13:16:01 ID:2xqGINMi
>>409
>やはり身長2メートルのマッチョ主人公はラノベ的にNG気味らしい

富士見なのにリアルバウトハイスクールの南雲さんディスってんの?

ていうか編集者さんの話が聞けるのに、ここに晒すってヤバすぎでしょw

411 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 13:26:49 ID:0efBtX6y
>>409
転載ゴーサインの確認を待ってる間に役得で読ませてもらいました。面白いですね。
文章は特に引っかかりません。一通り目を通しての印象としては、
・舞台やお膳立てがすごくワールドワイドなのに実際の物語で使われる範囲はかなり狭い
・登場人物が掘り下げきれていない
・内容が薄いわけではないが、一本道すぎる
ってとこでしょうか。特に三番目、「連載第一話にもなり得る読み切り漫画」みたいな感じで
「俺はこれからこういう舞台で戦っていくぜ、よろしくな!」という自己紹介で終わってる印象。
一本の文庫本として出すにしてはキャラ同士の掛け合いや敵側のちょっとしたエピソード
なども入れて土台を固めた上ではっきり大団円で〆るほうがいいんじゃないかな。
見たとこ80P弱だしあと10Pくらいはいろいろ入れても良いと思う。

こまごまと
・長距離射撃にはサポート観測手つけるか、もしくはつけない理由を書いたほうがいいかも
 撃った後で「やったか!?」と確認するのは結構間抜けっぽい
・同系統?のクロノクルセイドとトリニティブラッドにお茶汲み文官のシスターケイトが出てくるので
 そちらのイメージに引きずられてしまうのですが、もしかしてケイトってのはキリスト教的に
 何か由緒正しい名前なんでしょうか。そうでないなら名前は回避したほうがよさそ
・桜花について、細身で大剣振るっちゃうような美少年に置き換えても問題ないなら、やはり
 そっちの方が受けはいいでしょうね
・さらに言っちゃうと幼馴染み設定にして恋愛要素を絡めるのもアリですね
・間に挟んでる回想が思わせぶりなだけで何も明かしてないのでいらないかも

412 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 14:57:22 ID:QAY6DYk4
>>409
まずはこういったものを読む機会を与えてくださり、どうもありがとうございました。


◎編集さんが話していたという良い点と悪い点について。
>良い点:バトルの描写や表現
概ねその通りだと思いました。加えて、世界観や能力の説明も上手いです。
説明くささやストレスを感じさせる事なく歴史や能力の説明をしているのが凄いと思いました。
結構オーソドックスな形のバトル物だとは思うのですが、イスラム魔術師が珍しいのと、なによりパワードスーツが印象的でした。
パワードスーツに関してはもう少しけれん味のある見せ方があったかもしれない。あっさりしすぎな気も。
そういう意味では「表現」に関してはそこまで褒めるものとは思えませんでした。(水準以上だとは思いますが)

>悪い点:キャラの弱さ・古さ
こちらも概ねその通りな印象。特に古くささが強いです。
安定感はあるんですが、華がありません。突拍子もない変態が一人くらいいてもよかったと思います。
「弱さ」の方はそこまで感じませんでした。カリムやアンジリーナはよくキャラ立ちしてたと思いますし。
桜花は性格としては主人公向きで好感持てましたけど、いかにも一昔前。「汗臭くてスマートじゃない上条さん」みたいな印象を受けました。
アリーはもう少し最強オサレ執事らしさを加えたほうがキャラが強くなると思いました。カリムをやりこめるくらいでいい。
……湧希は何かもう少し特徴付けてあげられなかったものか。
キャラの古さには、ストーリーラインの古さも一枚噛んでいたのだと思います。


◎ストーリーについて。
話運びの上手さはとてもあると思いました。自然に、引っ掛からずに読み進められます。

上にも書きましたが、どこか古くさいです。スレイヤーズとかオーフェンとかの時代な匂いがします。なんでだろう?

>>411さんも書いてますが、
・間に挟んである回想って別にいらなくない?
・湧希は幼馴染みにした方がよくない?
というのは思いました。さらに言うなら湧希と桜花関係の伏線が薄く、唐突に感じます。

ラストバトル、あれだけ激しくバトっておいて、決着が「説得」なのはどうよ?
せっかくカリムと共闘とか熱くなりそうなシチュだっていうのに、キリスト・イスラムの合体攻撃もなしとか拍子抜けでした。
バトル物なんだからクライマックスはスカッと終わらせて欲しいかったです。


413 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 15:40:22 ID:CNRplSya
>>409
某オカルト・ホラー作家の影響が色濃く感じられる。
山が少ない、もう二つ三つばかりほしい。
回想が活かされていない。
湧希の葛藤が薄い。
魔術魔術ときて、最後に機械頼り。

キャラ造形の問題をのぞいたとしても、たとえば、インデックスとかレンタルマギカ
がオッケーで、これが落ちちゃうのはなんでだろうとか、狼と香辛料がオッケーで、
史実ベースのファンタジーにヒットがないのはなんででしょうねかねとか思ったり。
物語の舞台/世界設定そのものに起因する要因が根深く横たわっていると思う。

414 :避難所から転載:2010/05/21(金) 15:43:30 ID:wf33feYT
113 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/05/21(金) 14:31:38 ID:i0OkKv5.
>>409
さすが最終と言ったところで、文章技巧面で文句つけるところは全くないや
でもどこかストーリー運び・キャラの台詞なんかがコテコテで、ある種の型にはまっているように見えるんで
編集者が「古い」と評したというのが妙に納得できる。個人的には全くふざける様子の無い文体もちょっと古く感じる
あとは桜花が少年漫画的な美少年設定ではないところはやっぱりマイナスかな(あまり自分を重ねたくならない)
湧希も昔の守られ系ヒロインで、物語の主軸として引っ張れるようなカリスマ性はない
今はツンデレとか電波とか基地外じみたヒロインが個性で話を引っ張る展開にみんな慣れちゃってるんで物足りなく感じると思う

目新しいことは言えなかったが、武器は文章力。そこにある程度の独自設定がのっかって最終まで行けたんだと思う
足りないのは目新しさとインパクト。キャラor設定orストーリーで、キャッチコピーにできるような「売り」を作る必要がある
とまあ人に言うのは簡単だが実際のところ難しいよな。あんまりアクを強くすると話がまとまらなくなるし・・・
がんばれ。俺もがんばる

415 :避難所から転載:2010/05/21(金) 15:44:37 ID:wf33feYT
114 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/21(金) 15:31:22 ID:krl7lc7E
>>409
まずは、最終選考にまで残った作品に目を通す機会を与えてくれたことにとても感謝をしたいです。ありがとうございます。

文体や文章力などに触れていくのは釈迦に説法なのでしょう。
まず心配したのは、こういった実在の宗教に関わる題材に触れることはタブーに近いものがあるのかなあって懸念でした。
まあそんなことを言ったら、禁書なんてどうなるんだという話になるんでしょうが。事実インタビューでも「苦情は来なかった」と言ってましたし。
で、仮に刊行されていたらその禁書辺りと類比されそうなんですが、
そうなったときにやはりあれに比べるとキャラの弱さや、良い意味でのぶっとび加減の足りなさを指摘されたんじゃないかと予想します。
なんだろう、一番感じたのはキャラクター会話のテンポのなさというか、生々しさの欠如というか。
厳しい物言いに聞こえたら申し訳ないですが、台本を読んでいるみたいなぎこちなさをそこはかとなく感じました。
編集さんの言うキャラの弱さというのは、その辺に起因しているんじゃないでしょうか。素人考えですが。

後一番気になったのが、これは上のキャラの弱さと問題点が関わるんじゃないかと思うんですが、最初から最後まで話が一直線すぎる気がします。
悪い意味でぶれてない、横道によれる遊びがない。決められたレールをただ淡々を辿っているような窮屈さが垣間見えます。
富士見の規定と照らし合わせてみましたが、MAX100枚に対して75枚で終了している。もっとページを盛り込んで、キャラクターに生命感を
吹き込むようなイベントを詰め合わせた方が良かったんじゃないでしょうか?
ラスト近辺、主人公が己の正体を明かす場面にしても、敵と共闘するところにしても、なにかこう、はじめから定められていたポイントを
なぞっていっただけで共感をこちらに提供しきれていない印象がありました。

他、ちょっと気になったこと
・ロザリオは首からかけるようなものではないはずです。ただちょっと前にこの話に驚いて悶絶している人をどっかのスレで見たので、
ひょっとしたらあれは作者さんだったのかも知れませんねw
・記憶を消去する術。これはともすれば万能すぎるので使い方が難しすぎるんじゃないでしょうか? 例えば、どうして一番最初ヒロインが
襲われた後にケイト先生は使わなかったのかとか。一種夢オチに近いほどの禁じ手だと個人的には思ってます。

素人風情が好き勝手に言って申し訳ありません。
最終選考に残っても担当がつくとは限らないというのは衝撃でした。
あと一歩で届かなかったことに対する無念さは察するに余りありますが、一方で俺から見たらそれでも羨ましく思う気持ちがあるのもまた事実です。
とらたぬを承知で言うなら、いずれ互いに作家になり、どこかで声をかけたいななんて妄想したりします。
お互いに、頑張りましょう。

416 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 16:56:10 ID:WoKR82UB
>>409

文章力とかや小説の基本は出来ているので、そういった処は当然の如く問題は無い、と思います。

これほどのレベルの作品の次に見られるのは、面白いか面白くないか。
何をもって面白いというのは、人それぞれだけど、個人的には、面白くなかった・・・かな。

作品全体が、ちょっとお堅いという感じだったので、もう少し「遊び」があっても良かったと思う。
そして、読者を惹きつける何かを入れて欲しかった。
>>409さんが言うように、「キャラor設定orストーリーで、キャッチコピーにできるような「売り」を作る」みたいなもの。
それが出来れば、面白いと思わさせる作品になるのでは・・・と思いました。

417 :避難所から転載:2010/05/21(金) 18:25:47 ID:0efBtX6y
116 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/21(金) 18:19:51 ID:hmuDzW0k [3/3]
本スレの>>409です

>>410
リアバの話は出た。
本道じゃない以上、マッチョ主人公を出すなら既存のキャラ――例えば南雲慶一郎よりも魅力的なキャラを持ってきて欲しいそうです。

>>411
話が狭いか。ご町内大戦ならまだしも、学校一つの範囲だもんなあ。
設定の大風呂敷に比べ、確かにこじんまりすぎるかも。
後、ストーリーの単純さも指摘された。『アクションだけでなく、キャラや物語りで魅せて欲しい』そうです。

狙撃については、桜花がやったのは専任のスナイパーと言うより、マークスマン(小隊単位で配属された選抜射手)のレベル。
使ってる銃も、スコープをつけたアサルトライフルだし。
あまり長々とマニアックに語るのもアレなんで軽く流したんだけど、説明不足だったかな?

ケイトの名前は完全にミス。クロノ読んだの相当に前なんで、すっかり忘れてた。好きだったのにorz
トリブラは未読です。

>>412
古いですよねえ。編集から「うちの十年前の作品みたい」と言われた時は、相当へこみました。
後、キャラの『弱さ』は湧希への指摘です。
回想については、「実は生き別れの兄」というのを巧く伏線に盛り込めず、匂わすための苦肉の策でした。
ラストバトル、一応の決め手は電光ライダーキックですが?

>>413
とりあえず、ラノベでは型月・禁書・古橋・虚淵・マギカあたりからはダイレクトに影響を受けてます。
マンガも含めると書ききれないので割愛。

>>414
やはり、湧希のキャラの弱さが、致命的だったと思います。
何て言うか、流行の強烈すぎるヒロインが苦手なんですよねえ。
大体、許容ラインがフルメタのかなめあたりで、それを越える暴力表現には嫌悪を感じてしまう。

>>415
宗教に関しては何も言われませんでしたね。むしろ「戦闘シスターは根強い人気があるからもっとやれ」でした。
イスラムについても指摘なし。マギカの敵役にイスラム魔術師が出てるし、それほど気にしなくてもいいんじゃ?
後、キャラの弱さや一本道さですが、実は俺『キャラが勝手に動いた』ことが一度もないんですよね。
あれこれプロットやストーリーを練った後、実際に書き進むとそれから外れることがまずない。
多少の細かな変化はあっても、おおむね『計算通り』に収まってしまう。
ひょっとして、割りと致命的?

それと、新人スレでロザリオについて語ってたのは確かに俺です。エスパー?
あと記憶操作は、現代能力もののTRPGやってると、セッションのオチをそれでつけるのがよくありますんで、つい使ってしまいました。
妖魔夜行とかダブルクロスとか。

>>416
面白くなかった、ですか。一番利きました。
文体、固いですか。以前晒した別のファンタジーも、重厚すぎるとか言われましたし。
もう少し、軽妙な表現を勉強するかなあ。

418 :避難所から転載:2010/05/21(金) 19:39:00 ID:0efBtX6y
118 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/21(金) 19:22:18 ID:GYFEKNAo
>409
読ませて頂きました。

他の方が「遊び」と評している部分、個人的には背景設定以外のポイントでの
キャラクターの掘り下げかなと思います。
特に湧希(最初暫く読み方が分かりませんでした)の個性が今一つなく、
TRPG的には「素直ないいNPC」という印象。翻弄されるだけでなく、もう少し
自分から動くシーンを作ってあげればピンと来たのでは、と思います。

TRPGをやられているようなのでそちらで例えるならば、湧希には出来れば
NPCとしての立ち回りよりもPCとしての立ち回りをさせて上げた方が
読者的に嬉しいのではないかなと思います。
襲われる→助ける→また襲われる→また助ける の繰り返しでは
ピーチ姫みたいな記号にしか見えないのが残念でした。
だったら湧希視点でのシーンはいっそ切ってくれた方が分かりやすいです。

イスラム・キリストなど宗教や歴史の設定的な話が多く、それに対して
キャラクターらしさが伺えるシーンがあんまりないのが残念でした。
桜花が酒を盗む下りや、弁当箱の話、アカペラのシーンなどを
もう少しあちこちに挿入出来ればイメージも掴み易かったかな、と。
情報開示の為のシーンばかりで、今一つ掛け合いが楽しめる部分がないのが
勿体無いかなと思いました。ページ数的には余裕があるようなので、そこを是非。

偉そうな物言いで申し訳ない。頑張って下さい。

419 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 20:03:12 ID:pGFo1mL/
自分が好きなキャラクターをよく観察して、どこが好きなのか、どこに魅力を感じるのか
考察されてみてはどうですか?
作者に都合の良いキャラクターで、掘り下げが甘く、操り人形のようでした。

420 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 20:23:05 ID:4L9PKEJo
>>409
お、最終まで行ったのか。惜しかったな。
けっこう前から晒してたよね。

最初の頃とくらべて格段によくなっていると思う。
さらさらと読んで気がついたら20DP超えてるなんて、ここで晒される物の中では珍しい部類。
文章がラノベの速度になってる。うまい方だと思う。
たしかにバトルはテンポいい。

作りが単調なのは、キャラの弱さと直結している。
そしてキャラが古いというより、キャラの描写が弱いんだよ。昔のラノベはキャラ弱かったんだよね……ちょうどこんな感じだった。
なぜキャラが弱いのかというと、キャラを見せるパートがない。
つまり、キャラ同士のかけあいがないから、キャラが弱く見える。
かけあいパート、コメディやしんみりした部分がないから、バトルばっかりになって単調になる。
このへんが「お堅い」という印象にもつながる。
戦いの最中、主人公が感情的にもならないのもな。
主人公にキレるスイッチをつけておけば、話を転がせるし伏線にもキャラ立てにも使えるぞ。
花を踏んだらキレる→それは妹の好きだった花でした、とか。

どれもキャラの作り方と、キャラ同士のかけあい(コメディ・シリアスに限らない)の不足による問題だと思う。
キャラがしっかり立って生きていたら、大和撫子でも古いとか関係なくなる。

>後、ストーリーの単純さも指摘された。『アクションだけでなく、キャラや物語りで魅せて欲しい』そうです。
というのは、つまりこういうことだと思う……確信ないけどな!

バトルが好きなのは分かる。
ではバトルの中でうまく転がせるヒロインはどんなタイプか、考えた方がいいのでは。
いっそ男にしてしまうとか……

マッチョ主人公はNGというより、やっぱりキャラ立ち次第だと思う。
普段は大人しいが戦いになるとしゃべりまくるとか……ノーモアヒーローズの主人公みたいに。

兄弟・知り合いネタの伏線は、やっぱ定番の「対になる物」でしょ。
ヒロインに「御守り」持たせておけばいいんだよ。
兄の持ってるものと対になる物。

たとえば指輪。親の形見なら、父親の分と母親の分があるだろ。
ヒロインがどっちかを持っていて、桜花がもう片方を持っている。たとえばペンダントなどにして。
結婚指輪なんだけど、はまっている石が違う。それぞれの誕生石だから。
で、伏線を張るとき、まあ最初のほうの気絶しているところで親の夢を見て、両親が誕生日を言うわけだよ。
そこではその誕生月の石が何なのかは明かさない。

で、桜花の裸でも見るイベントをどっかにいれる。コメディパートとして。
そのときの双方の反応でキャラも立てられる。
で、ヒロインがペンダントを見る。そこにあるのは父親の誕生石の指輪なんだが、そうとは言わず、宝石の名前だけを示しておく。
父親が四月誕生日ならダイアモンドとかな。「高そうな指輪だな」とか適当な感想を持たせてごまかす。
それぞれの指輪が両親の誕生石だったのを明かすのは最後な。

あるいは言葉。ヒロインがラテン語で聖書の文句の前半を「おまじないの言葉」として憶えていると。
とちゅう、それを呟いているとき、桜花が後半を呟くが、最初は何のことか分からない。
このときの交流もイベントになるよな。ヒロインが弱気になってたら、しんみりとしたイベント。
で、最後で二つ合わせてこういう意味でしたと説明する、とかね。

こういうのはオチ、答えから考えて、そこから謎を作っていくのがいい。
コメディや、しんみりしたパートに仕込むと効果的。

文章や描写はそこそこの水準に達しているのだから、
次の課題は「オチから逆算・答えから問いを作る」「キャラのかけあいをやる」かな。
きれいにオチれば評価もあがる。かけあいがハマればキャラも立つ。

421 :416:2010/05/21(金) 20:56:33 ID:WoKR82UB
>>420

なに、この100点満点中100点の批評と改善案。

自分が曖昧にして濁していた部分を、こうもハッキリとクリアに言うなんて。
あんた何者や?
敬意を表したいです。


422 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 21:18:02 ID:2xqGINMi
>>409
ラノベ伝奇小説好きの俺からすると目新しさがまったくなかったから、富士見最終オチって期待しだけにガッカリした。
型月・禁書・古橋・虚淵・マギカみんなひねったオリジナルネタが一つはあるんだよね。
クロノもトリブラもそうだよね。
でそれが話の軸になって何巻もひっぱるんだよね。

今の時代は一行で語れるような、たった一つの冴えたアイデアが必要なんだと思う。
死線が見える、幻想殺し、妹コントローラーw、美少女がクトゥ……、邪眼、命が変身の鍵、吸血鬼の血を吸う吸血鬼
それが設定的に大穴あいてても、ハッタリで乗り切るのが伝奇だからねえ。
パワードスーツよりもアホカッコイイネタを入れて欲しい。

でキャラなんけど、ラノベの伝奇小説って型月・禁書をへた今だと、かなり記号的な味付けが必要になってるのは確かだと思う。
外連味っていうのかなあ。
漫画ならヘルシングみたいなやつ。
確かに全キャラにラノベ的な外連味が足りなくて、味気なかった。
萌えキャラとか嫌らしいと考えるワナビは多いと思うけどね。

で文章はスラスラ読める良い文章だと思う。
でも伝奇小説だとキノコ氏や虚淵氏や古橋氏のような重量感のある文章でもいいとは思うんだよねえ。

まあ無理して軽妙な表現なんて書く必要は無いと思う。
富士見のDM読み切りで、ギャグ編をやるってのなら別だけどねw

ネタさえ思いついたらすぐデビューすると思うから、良い絵師がつくのを祈ってるわ。

423 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 22:15:44 ID:sdxbj48e
>>409
主人公を巨体にする以上、細身にはできない巨体独自の豪快さがほしいと思います。
大剣で巨大な異形軍団を薙ぎ払うベルセルクのガッツ。
相手の攻撃を一切避けず、愚直なまでに己の力に頼るバキシリーズの花山。
そういう豪快さには、素直に、
すげー! かっけー!
という憧れを持てます。
その点、桜花には豪快さが足りません。
物語世界において、魔法だの銃だのパワードスーツだのは、痩身の美形、もしくは雑魚軍団の専用装備です。
周りがそういう武具を使う中、肉体のみで挑む!
小道具を凌駕する純粋な力!
それこそが巨体の醍醐味であって、それを出さないのであれば巨体にする意味がありません。
巨体キャラが平常的に使ってもいい魔法は気合だけです。

ヒロインについては、>>417で仰られてる
「流行りの強烈すぎるヒロインが苦手」
というセリフがすべてを象徴している気がしました。
撫子系が好きだから、愛してるから、嫁にするなら撫子以外にないと思ってるから。
そういう猛烈な愛があってヒロインのタイプをそうしたというよりは、
苦手だから大人しめにしたっていう消極的な熱意しか感じませんでした。
古きよきヒロインというより、古き古いヒロインと言いますか。

俺のこの湧希で今の流行りを吹き飛ばしたるんじゃーーーーー!
この俺の湧希を見ろ! 愛でろ! 惚れろ! 地獄の底まで湧希の魅力に憑かれ続けろぉ!

っていうぐらいに熱いラブを持ってほしいものですね。
古いは貶し文句ですけど古風は褒め言葉です。
風を吹かせよ! 作品に風を!

424 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 22:34:39 ID:yq61+ncb
>>409
全部読んだ。あらすじ読まずにいきなり本編読んだ。正直、面白くなかった。読むの辛かった。
どうして面白くなかったかと考えると、キャラや設定や話のシーンが、
どこかで見たようなものばかりで心を動かされなかったからだと思う。
ヘルシングとか禁書とかシャナとか、他にもどこかで見た場面がいっぱい。それらが邪魔をして引き込まれない。

別に既存の設定や要素と被るのは当然だし、仕方ないとは思う。
だけど、うお! っと驚く真新しさが何も無かった。それがみんなの言う古臭さにつながってるんじゃないかな。
かのこんだって99%テンプレだけど、萌えシーンに設定上意味があるという点が珍しいし。
一巻しか読んでないけど、高い能力を発揮するためには主人公とヒロインが親密にならないとダメなので、
恐らく巻を重ねて敵が強くなればなるほど、萌えシーンが激しくなっていくんだろうなと思えたし、新しいと思った。
99%被っててもいいから、たった一つだけ409の作品でしか見れないオリジナル要素が欲しかった。

文章は上手い。初めから最後まで、一読しただけで描かれている状況が分かった。これは素直に凄いと思う。
プロの作品ですら――例えば禁書とかバカテスとか、状況が分からず読み直さないと分からない部分があった。
が、この二つには心を捉えるオリジナル要素があった。十万三千冊のヒロインとか、テストの点が召還獣の強さになるとか。
ちょっとぐらい文章が変でも分かりにくくても、気にならないぐらい話に引き込まれた。
残念ながら、409の作品は読みやすいけど引き込まれなかった。

そもそも学校のシーンいる? 教会付きの孤児院でも問題なさそう。だって冒頭は良いんだけどその後が転校生なんて、
パンを咥えながら走ってたら人にぶつかってその子が転校生だった、並に使い古されてる。
また、不審な呼び出しされたのに、一度誘拐させておいてから取り戻すって、守るために来たんじゃないの? って思う。
そのまま学校で戦うなら、引退したとはいえ妖精使えるケイトもいるし、3対2で数的優位に立てるし。
バトルを目立たせるためって感じがして、なんかしっくりこない。

あと個人的にはスレイヤーズとかより、それ以前のキマイラや聖刻1092や吸血鬼ハンターDが頑張ってた頃の、
ソノラマ文庫の雰囲気を思い出した。20年前ならこの作品でデビューできて、なおかつ大人気になっていたかもしれない。
富士見なら雷の娘シャクティやひとつ火の粉の雪の中、または東北呪禁道士に感じが似てるかな。

425 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:12:40 ID:BfNLA5DL
【アドレス】 ttp://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/upload.html
【ジャンル】 半コメディバトル
【タイトル】 未定
【評価基準】
・文章に問題はあるか
・設定や展開に無理を感じないか
・キャラは魅力的か
・面白いか

【改稿】 ○(投稿予定なので、開校してくださる方がいらっしゃればロダでお願いします)

426 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:14:25 ID:p/qwSzmJ
>>425
志村、リンク

427 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:16:53 ID:sdxbj48e
>>425
うぉーい。アップローダー晒し取るよー。

とりあえずこれ?
http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0621.txt


428 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:17:56 ID:BfNLA5DL
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0621.txt
【ジャンル】 半コメディバトル
【タイトル】 未定
【評価基準】
・文章に問題はあるか
・設定や展開に無理を感じないか
・キャラは魅力的か
・面白いか

【改稿】 ○(投稿予定なので、開校してくださる方がいらっしゃればロダでお願いします)

ごめん、間違えてた。指摘ありがとう

429 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:38:29 ID:oEFA9QBH
>>409
ものすごい失礼な言い方をするけど、よく最終選考まで残れたなっという印象
皆、文章に対してあんま突っ込んでないから、敢えてそこを中心に指摘するよ。

全体的に無難に手堅くまとめた感じ。
よく仕上がってるとも言えるし、個性や特徴もないとも言える。
誤字や文章の誤用が所々見られるし、全体的に荒い。
×町並み ○街並み 街の話をしているなら左を使ったら、一気にニュアンスが変わる。
後、これは敢えてそうしているのかも知れないが、漢字を使わずにひらがなを多用し過ぎだし、
漢字適用の基準が全く理解できない。
だから、全体的に文章が稚拙に見えるし、雑にも見える。
特に、こういう伝奇物は緊迫した雰囲気・臨場感が大事だから、常用漢字レベルの言葉をひらがなで書かれると
一気に陳腐なものになる
「他人事」を「他人ごと」と表現する意図が全く見えないし、他にも色々ある。

>>まだ顔立ちは若く、少年と言ってもいい。おそらく湧希と同年代だろう
こう判断した根拠が全く書いてないし、少年と感じられる外見の描写も全くない。
むしろ、直後の細かい描写を見てみると、
「人相が悪かったのだ。顔の作りは精悍に引きしまっている。腹を空かせた狼。凶相の大男。その印象をひどく剣呑なものにしていた」等々。
とてもじゃないが少年の顔立ちとは真逆の描写が続いて、桜花なる人物の外見が全く絵で想像ができない。
何を以て少年と判断したのか、あるいは少年と思った根拠にあたる身体的特徴とかは何なのか。
それを一切書かずに(むしろ、少年から遥かに遠い描写(口調等も含む)を、イメージを与えておいて)、いきなり少年と言い切るのは強引過ぎる。
俺が編集なら、間違いなく即突き返すレベル。
主人公の姿、形がある程度統一されたイメージで想像できないのは欠陥中の欠陥。
少年と断言したからには、それを匂わす表現がないと論外。
まず、ここで落とされても何らおかしくないレベル。
他にも色々あるけど、むしろ今回最終選考まで残った事を奇跡だと思った方がいい。

430 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:49:18 ID:WJPuukg/
>>409
ごめん、俺にはなんでこれが最終選考あたりまで残ったのか解らないです。

話としてはまとまってる様に見えます。バトルっていうか、甲冑バトルには興奮しました。
それなりに魅力になってるバトルを何度も出して、それで話を成立させたのは上手いのかも。

どうも、登場人物がみんな自分で答えを出しがち、と思いました。
よくできた「人格者」ばかりというか。一人で思い悩んで結論を出して、
結局、他人によって考え直したのはクライマックスの一回だけでは?
あと、主人公(湧希)が前半、流されがちかもです。
まあ、状況を見るとどうしようもないですが、反抗、反感、もしくは不信も殆ど無いですよね。
もっと絡んで縺れて罵り合っても良かったと思います。

影との戦いと車のところでの戦いと、二回必要?
なんかパターンが似てるような気がしました。

俺はバトルものはあんまり好きじゃないので、
そこは筆者さんの方で引いてこの感想を受け取ってください。

431 :この名無しがすごい!:2010/05/21(金) 23:49:31 ID:KhFF1LUF
>>こう判断した根拠が全く書いてないし、少年と感じられる外見の描写も全くない。
根拠なんて必要? 狙われるヒロインからみた視点での描写だし、ヒロインが「若い顔立ちで自分と同年代だと思う」と書かれているのなら、もうそれで充分じゃまいか。
>>まだ顔立ちは若く〜
は、遠目から見ての描写だから、その後の外見描写は顔がはっきり見えるようになってからのだとわかる。

最初は自分も>>429と同じ感想だったけど、読み返してみれば「ああ、なるほど」と思ったよ。

>>俺が編集なら、間違いなく即突き返すレベル。
でもマルタを読んだ編集はそうじゃなかった。それだけのことじゃないか。
多少の粗を感じても見込みがあるなら、と考える編集もいるってこと。どっちが正しいのかなんていえない。

>>少年と断言したからには、それを匂わす表現がないと論外
>>まだ顔立ちは若く、少年と言ってもいい。おそらく湧希と同年代だろう
これじゃだめなのかな

432 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 00:01:02 ID:valkgvsn
>>431
とりあえず議論スレに書け

433 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 00:08:06 ID:lphVJAVR
>>431
男の凶悪な面構えに、湧希は思わずあとずさる。
湧希のあからさまな怯えに、男は困った顔をした。若干、傷ついた気配もある。
妙に子どもっぽい表情を見て、湧希はなんだかおかしくなった。そんな顔をすると湧希と同じくらいの年齢に見える。

……くらいの書き込みがあってもいいのかな、と思った。
この書き込みをしながら、自分の文章も古いなと思った。

434 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 00:11:38 ID:SijDCMMn
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1273303519/

435 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 00:58:02 ID:4ZAjd7yO
>>428
・文章に問題はあるか
序盤はなんかいろいろ酷いんですが、ヒロインが研究所に戻って四時間眠ったあたりから急に読みやすくなっております。
ご自分で書いた文章を参考に、ご自分の文章をお直しください。

あとは、コメディパートの文章が若干テンポ悪いと思いました。
*マーク付きの視点移動をうまく使用し、主人公一人称のコメディパートとヒロイン視点寄りのシリアス三人称パート、って感じにわけたほうがよいのでは、と思います。
純粋な文章作法としてはNG臭い方法ですが、ラノベならおkでしょう。

・設定や展開に無理を感じないか
平気です。むしろ楽しく読めました。
薬を毒として盛られた人の可能性をさらっと述べていたりするのも「お、」と思いましたね。
こういう点をさりげなく書いてもらうとヒロインの行動に説得力を感じます。

・キャラは魅力的か
自分は好きです。
特に、幼女2号の変心っぷりには声を出して笑わせていただきました。

・面白いか
おもしろいですねー。
先のほうも純粋に気になります。
しかし序盤の文章はいろいろ酷いです。
大幅な修正が必須だと思います。

436 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 01:06:00 ID:/lXVi6KV
>>428
鬼才かもしれない。けど、どう評価すればいいのか。
俺としては面白い気もするのだけど、なんかずれてる様な気もする。

・文章に問題はあるか
テキトーな文章。けど、なんかもう全部ネタみたいに見えるからどう言えばいいか。
・設定や展開に無理を感じないか
もうどうでも良くなって読みました。
一ページであきれ果てて、その後、もしかしたら面白い?って感じ。
・キャラは魅力的か
意外と主人公に好感を持ってしまった。
けど、おっさんなのか十七なのかわからん。
話し方がいやらしくて虫唾がはしったのに、なぜか好感を。屈辱!
・面白いか
面白いかも。
けど、ラノベ? いや、そもそも、どんな所からなら出るの? わからん。

もう、やってみるしかないよ!

437 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/22(土) 01:06:44 ID:a8IWpVcI
>409 晒しありがとうです。偉そうに言える実力はありませんが、
それはそれということで。

兄の件は冒頭の第一印象にもう少し伏線を入れてもいいような
気がします(遺伝的には湧希も背が高くなりそう)。また、湧希が
所々、ペンダントを掴むとかで印象付けるとか。

装甲強化服は燃えるのですが、世界観的にしっくりきませんでした。
蒼ざめた馬の騎士(青の騎士?)に(秘跡つきといっても)物理攻撃
が効くんですか? って意味で。
この雰囲気なら魔獣装甲みたいな方が好きですね(リチャードが採
用した十字軍最終兵器。みたいなのりで)。個人的希望でさーせん。

また、ストーリーに安心感がありますが、もう一つ何か欲しいですね。
湧希が黙示録の騎士を呼び出す根拠が分かりません(唐突)でした
ので、鷹取神父が裏切るとかがあったほうが盛り上がりそうな気が
しました(アラブの馬鹿どもが湧希の封印を解除してくれたおかげで
黙示録の騎士を呼び出せる……なんて)。
あとは、定番的にはアサシンを別の団体(今、山の長老くらいしか
浮かびませんけど)をだして三つ巴にするかってのもありますね。

それにしても、これで古いとか文体が硬いとかって……。
俺はネアンデルタール人とかになっちゃうよ。

438 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 01:25:09 ID:dnS/s0cN
すまん。代わりに感想を。
>>409
TRPGやってる、というので納得したんだけど、キャラクタの特徴が記号的。
たとえばケイト先生が紅茶はおいしいのに料理がどうして下手なのか、っていうのはキャラ設定上の記号でつけたものだと思う。
下手なのはなぜか、下手だと自覚がないのはなぜか、下手なのにどうして作りたがるのか、なんていうのをケイト先生の子どものころからずーっとシュミレートしていくと、そのキャラの興味深いエピソードがどんどん出てくると思う。
それを作中に生かすかどうかは別だけど、そういうバックボーンをたくさん持ってるキャラは書いてて厚みが出ると思う。
桜花のお酒好きなんかも。

一番気になったのが、ラストの湧希への説得が軽く感じること。
無宗教な俺には、あの説得は全然心に響かなかった。
自分の両親と兄が自分のせいで死んでんのに?>>409自身が湧希と同じ立場に立たされた時に、感じる後悔ってこんなテンプレなの?と思った。
湧希に対する感情移入が足りない。湧希のもつ信仰に対して読者は共感できない。両親が死んだ、という罪悪感が軽すぎる。
せめて死んだのが兄だけなら、後でリカバリがきく分、どうとでもなったのに。
ラノベだし、ありがちな設定だけど、そういうところを「設定」で流すと、物語の説得力がなくなってしまうですよ。

あと、せっかく細かく出している小道具が役に立っていない。
「ドロリとしたトルココーヒー」を飲むのなら、その中に自分の中にあるドロリとした苦い悪意等を投影した上で飲み下す、くらいの活用の仕方があっていいと思う。

アクションは良いので、コメディが書けるようになるとものすごい幅が広がる人になる気がする。
がんばってください。

439 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/22(土) 02:15:02 ID:a8IWpVcI
>429
面白い。面白いんですが……。
年齢に無理を感じました。15歳で研究者とか。博士号6つとか。
まぁ、気になりだすと口調とかまで全部気になってしまうのですが。
年齢をこのままなら、もっと軽くした方がいいと思います。、文体を
変更したくないなら、年齢を水増しするしかないような気がします。
(子葉のグッジョブの言い訳が少し苦しく思えました。)

なんとなく、テンションが高くて疲れました。
(印象的な話ばかりですいません)

設定や展開に違和感はありません。
キャラ的にはとりあえずこの三人で回せそうですね。 
ストーリー的には、浅く考えると一人ずつ助けていくことになりそう
なので単純になりそうです。そうならないよう、科学者を助けにいく
のか、それとも……。先が気になるところではあります。
役に立ちそうも無い感想ですいません。

440 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 02:32:57 ID:SWBs/eiq
>>428
・文章に問題はあるか
読みやすい文章だけれど、ところどころ言葉が足りていない気がする。
ひとつ例を挙げると、242行目「とりあえずは無関係としよう」の部分。何がなにと無関係?
少し遡れば、弥生が、次元間干渉した影響で未知の青い矢印が出現してしまったのかもしれない、
と言及していることが分かるんだけど、唐突に出て来た言葉のように感じられて少し頭を捻った。

冒頭の数行に関しては、言葉が足りないというより、むしろまるごと削除したほうがいいレベル。
謎めいた印象を残すイントロとなるはずが、単に意味不明な文章の羅列になってしまっている。

あとは、視点移動にすこし難を感じた。
羽嶋と弥生とのあいだで交互に視点が切り替わってるうちはそう気にならなかったんだけど、
三者が同じ舞台に揃うバトル以降は、くるくると目紛しいな、とか思った。
あれ? いま羽嶋視点だったんかーみたいな。

・設定や展開に無理を感じないか
晒されている部分をよむかぎりでは無理めな印象はなかった。
設定にかんしては突っ込んでもしょうがないかなと。

・キャラは魅力的か、面白いか
前半部分の羽嶋のズレっぷりは読んでいてとても面白かった。
ロリコンネタで落とそうとしてる部分はちょっと解りづらかったかな。主人公の年齢の所為かも。

#個人差もあるだろうから矛盾として挙げるのはどうかなーと思って書かなかったんだけど、17歳でも髭ぼーぼーに生えるもんなんですね。

441 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 06:22:02 ID:V2TTVaDt
>>428
・文章
冒頭からしばらくは読みにくい。
冒頭だからキャッチな出だしを作ろう。冒頭だから簡潔にしよう。
この二概念を両立させようとして盛大に転倒している印象。
この設定なら多少の字数をかけても引っ張れる。
飽きた。の辺りは台詞として言わせ、戻ろうとして引っ張られる辺りも普通に描写したほうがわかりやすくなりそう。

ただ冒頭以外はすらすらと読めた。
まあ俺が大いにはまったから、普通に読めば首を傾げてしまう箇所もスルーしてるだけかもしれんけど。

・キャラクター
今のところ、登場したキャラクターすべてに好感を持てる。
特に主人公が斬新で魅力的。
普通、神とか言うと○○教とか作ってそれに従わない人間を攻撃する独善的な性質を持っている。
でもこの主人公にはそれがない。
神を馬鹿にする愚か者や、神を騙る極悪人にも圧倒的慈愛を持って接してる。
キリストの神なんて、自分がちょこっと疑われたぐらいでモーゼに酷い嫌がらせしたりすんのに、この神凄い。めっちゃ寛容。
はっきり言って心服するしかないね。っていうかした。
アラーより釈迦よりキリストよりも、羽嶋様を信じたい。

・面白いか
現段階では非常に面白い。
すばらしい意味で先がまったく読めない。
ただ、それは初期段階だからです。と言われたら否定が出来ないのも事実。
特にバトル方面に関して言うと、内容自体は極めて単純な超能力バトル。
vs幼女は初戦だから問題なかったけど、同じノリが繰り返されると厳しい。
各世界の神にはなんらかの制限や特色。それも、その一点に限っては主人公の力でも突破不可能な力が欲しい。
(その人間が世界に入り込むきっかけとなった精神状態とリンクさせられたならよりGod)
そういう制限をつけることによって、バトル時の役割り分担が出来て共闘態勢も作りやすい。
ピンチの時にかつての敵が、以前に主人公を苦しめた必殺技を引っさげて登場するとか、王道だからこそ燃える。
制限が薄いとそういう演出が出来ないし、大味パワーバトルになりやすい。パワーバトルは書きやすいけど飽きやすい。
その辺りは既に考えているとか、バトルをメインに据えないとかであったなら余計なアドバイスですけどね。

442 :避難所から転載:2010/05/22(土) 08:04:46 ID:gdb6JzXa
121 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/05/22(土) 00:21:40 ID:7JKcCrmI
>>428
・文章に問題はあるか
序盤で三人称なのに一人称みたいに主語を抜いた変な表現がある
(「かなりの美人になるだろう。そんなことを考えていると〜」のとこ)
それ以外では引っかからなかった。むしろ結構レベルが高い
・設定や展開に無理を感じないか
設定や展開が無理やりなのを勢いで押し切ってるのがこの作品の良いところだろ?
ただ、設定はマジわかりにくい。もっと直接的な説明文を入れて簡素にしてほしい
オリジナリティはものすごく感じる。冒険家だなって思った
・キャラは魅力的か
神のキャラは商業で通じる面白さ。弥生はまあ無難だけど萌えが足りないかも。ロリは普及点
・面白いか
最初は設定がわけわからんくて妄想患者を治療する地味な話かと思いモチベーションが下がりまくり
特に序盤、神と弥生の冗長な会話が最初は面白かったけどちょっとしつこかった(展開が遅い)
他にも絶対ストーリーを追うのに必要のない描写がちまちま挟まれてて閉口。早く物語を理解したいのに…
でも中盤以降設定と神の凄さなど、物語の方向性を理解してからはかなり面白くなった
一方まだ40DPみたいなので今後どうするんだろうと心配。正直ネタを使いきってしまったような・・・
最後まであと1つ2つ山を持ってきてうまく纏められるなら是非読みたい

443 :避難所から転載:2010/05/22(土) 08:05:58 ID:gdb6JzXa
122 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/22(土) 01:17:39 ID:x5tNTxF2
>428
文章その他は、ところどころ違和感があるくらいです。
明らかな誤字以外はわざとなのかミスなのか良く分からないのが
コメディの難点ですね。案ずるより〜 のトコなんか、熟語なのでネタなのかなと思いました。
もしネタでしたら、誤字じゃないと読み手に分かるような表現をして貰えると嬉しいです。

面白いのですが、全体的に間延びして冗長な感じを受けました。
無理に尺を延ばしてるのかな、という印象…
と、ここまで書いてて気付いたのですが、私は多分設定やキャラクタは面白いと思ってますが
文章や会話のやり取りは別に面白いと感じてないです。
だから間延びした無駄なシーン、という印象を受けるのでしょうし。

同じ尺でもう少しイベントが盛り込まれていれば更に楽しめたかな、と思います。
あとこれ、多分バトルモノじゃないのでは、と。カテゴリ分けするのはちょっと難しいですが、
まだコメディの方が近いかなという印象です。

444 :避難所から転載1/2:2010/05/22(土) 08:08:14 ID:gdb6JzXa
123 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/22(土) 07:50:10 ID:TJKPoosM
>>409です

>>418
湧希がPCではなくNPC、というのは確かにそうですよね。基本が受動で、流されていますし。
後やっぱり、イベントが足りないか。

>>419
操り人形、か

>>420
エピソードの例示、ありがとうございます。
確かに『対になるアイテム』『二人だけのキーワード』このあたりは鉄板ですよね。
こういう細かなエピソードの積み重ねがないから、話に盛り上げが欠け、キャラも弱くなるんだろうなあ。
全体の構成の甘さをもう少し見直します。

>>422
一番やりたかったのは、『伝奇系で特撮ヒーロー』だったりします。
でもパワードスーツじゃ薄かったか。
ポーズを決めて「変身!!」の様式美は必要でしょうか?

>>423
ああそうか、確かに桜花の戦闘スタイルが、格闘・銃・秘蹟を器用に使いこなす万能型なんで、巨漢の豪快さが目立たないんですね
車を持ち上げる腕力も、腕を握り潰す握力も、「秘蹟の加護があるなら優男でもできるんじゃね?」となるわけで。
確かに魅力のないマッチョキャラでした。

後、キャラへの愛か。うん、愛だな。

>>424
上でも書いたけど、やりたかったのが『伝奇系で特撮ヒーロー』なんですよね。
その要素では、個性と呼ぶには足りないのかな。

>キマイラや聖刻1092や吸血鬼ハンターDが頑張ってた頃の、ソノラマ文庫
俺の青春です。それと1092は最近、新刊が出たよ! 過去の作品じゃないよ!
……Dって今どうなってたっけ?

445 :避難所から転載2/2:2010/05/22(土) 08:09:40 ID:gdb6JzXa
>>444続き)

>>429
文章に関しては、とにかく可能な限り漢字をひらがなに開くようにしてます。
読みやすさを優先していますので。
あえて小難しい漢字表記を増やすことで雰囲気を出す、って手法もわかるんですが。

後、容姿の描写は突っ込まれましたか。
実はアンジリーナもそうなんですよね。湧希視点なのに『年齢以上に大人びて』って書いている。
おいおい、いつ湧希はアンジェの歳を知ったんだよ?
これぐらいなら大丈夫だろ、て思ったんですが、気になる人には気になるのか。

>>430
葛藤が少なく、良くできた「人格者」か。
上で『操り人形』と評した人もいましたが、そう見えるんでしょうね。
もっとキャラを『人間』として書かないと。

>>437
兄妹の伏線は、やっぱりアイテムが定番ですよね。
後今になってですが、合唱のシーンでもっと巧く匂わせられなかったか?と思っています。
声を合わせて「あれ、ひょっとして?」と思いつつ、そこにアンジェが加わったからうやむやになる、とか。

話の一本道、山の足りなさは何度も指摘されてますね。
もう少し、背負い投げを入れるべきなんだろうなあ。

>>438
設定や小道具が記号的で、うまく使えてない、か。
後、説得が軽く、共感できなかったというのは肝に銘じておきます。
俺自身の宗教は消極的な神道&仏教なんで、あの説得がクリスチャン的にはどうか、実はガクブルなんですが。

446 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 09:05:54 ID:spSP0exd
>>428
文章は、こういう味としてアリだと思います。主人公のキャラクターは素晴らしいです

ただ作品通して、絵で想像したときに何かもうちょっとキャッチーなものがあってもいいかも
ヒロインも白衣だけじゃ、ちょっと弱いかなあと思いました
神ということでヒゲ主人公なのでしょうが、自分はもう一つピンとこなかったです
剃ったらイケメンっていう隠し球かもしれませんが、終盤までヒゲ面だったらちょっとキツイです

十億人の消失は十億錠のカプセルが生産され流通したってことですよね?
これもいまいちピンと来ませんでした。仕切っているのは黒幕的な組織になってくるのでしょうか?
にしても相当な規模ですよね。対策はされてないんでしょうか

バトルは超人バトルすぎますね
もうちょっとルールみたいなのを作ったらどうでしょうか?
それぞれの神の世界に一つずつ絶対のルールがあるとか・・・
このままじゃ核爆弾の撃ち合いみたいで面白みがなくなってくると思います

一気にぶっ通して読み終えましたが、うらやましいくらいのテキストセンスですね
あとは設定としてのオリジナリティを残したまま、何か目を引くものが出来たら売れるんじゃないでしょうか

447 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 19:55:20 ID:NrfV05oj
>>409
 これ主役が途中で入れ替わっているよね。てか、よくある刑事物や事件解決ものを、
被害者視点からはじめて構成がねじくれてる感じ? ようするに、主役の選定を間違えてる
(もしくは湧希のキャラ付けがダメすぎ)。実際、湧希の状況は冒頭から一切変化せず、本人はなにも
しないまま問題が解決してる点からしても、主役というより単なる被害者とか依頼人の位置づけでしょ。
 ぶっちゃけ、主役は桜花にしてボディガードものとか、ロードムービー形式にした方がよかったと思う。
具体的には「桜花が護衛任務を遂行する話」とか「湧希を安全な場所まで護送する話」とか。そうすれば、
余計ななぞ解きがなくなる分、ふたりの心理にも焦点を当てやすくなるし、ラストも自然に繋がるでしょ。
危険な道程をともにするうちに「他人のあなたが、なぜそんなに?」とかね。
 てか、主役が途中で入れ替わるのは、おそらく基本コンセプトが固まってないせい。ストーリーが完成した
あとに、しっかり構成を練れてない証拠かと。あと、安易に気絶したり、都合よく記憶を失ったり、
突然事情通になったり、とかももう止めよう。ご都合主義=見せ場潰しってことに気づいて欲しい。
実際、湧希がなんら活躍できないのは、こうしたご都合主義のせいでもある。

448 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 05:15:49 ID:t/ov/6A8
>>397です
盛り上がっているところで、なんだか空気の読めない感謝レスを。

>>404-407
感想ありがとうございます。
やっぱりアーシュの行動に一貫性がないみたいですね。
語り手というか、視点として都合良くしすぎたみたいです。
一応この後、手紙の話が出てきて、忘れてた!→ごまかすみたいな場面に続くのですが、
そうなると今度は性格の悪さが目立ってしまいますね。
性格が悪くて魅力的なキャラクターもいるのでしょうが……。
お供云々については、正直深く考えていませんでした。
フリーダムな王国ってことじゃあ……駄目なんだろうなあ。
文章は、淡白な感じなんでしょうか。以前はどちらかと言うと、くどい感じだったんですが。
最近読んだ作家の影響を、変に受けているのかも。気をつけます。
>全然関係ないですが、コオリヒメの人ですか?
ごめんなさい、違います。
>そこはかとなく百合っぽい
まじっすか。弟子と師匠っすか。フラグが立って見えるなら成功です。

449 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 08:42:53 ID:aBJpMILq
>>397
アーシュって女じゃなくて男だったの?
描写が一切ないから、口調だけで女だと思ってたわ。何か意図があって外見描写を省いたんです?


450 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 15:22:37 ID:t/ov/6A8
>>449
あ、いえ一応女と明記してあります。
まあ、分かりにくいのが問題なんですがね。

451 :428:2010/05/23(日) 16:38:21 ID:Yr8s5UHC
>>435
実は序盤の方が素の文章で、後半のはスピード重視でやや肩の力を抜いてました
無駄に気張りすぎて読みづらくなっているようですね
多くの方々から「序盤の文章に難アリ」と評されているようなので、修正しておきたいと思います
視点移動は>>440さんの意見も読みますと、やはり目まぐるしいみたいですね
一・三の混在人称は少し不安なので、一人称寄り三人称と*マークでアドバイスを活かしたいです
>>436
「こいつアホだろ」とか思って読んでいただければ幸いな作品です
この先の方向性で少し迷っていたんですが吹っ切れました。もっと斜め上にぶっ飛ばします
>>439
やっぱり設定は無理がありますよね。気にならないように、もっと文章のコメディ色を強くしときます
>>440
視点の件については上記です
やっぱり冒頭と一部文章に問題があるようですね。修正しておきます
設定に関して「突っ込んでもしょうがない」と思っていただけたなら何よりです

452 :428:2010/05/23(日) 16:59:34 ID:Yr8s5UHC
>>441
やっぱり最大の難点は冒頭みたいですね
ご指摘の通り、その二概念を両立させようとして死んだ形です。どうにかせねば
バトルに関しては、申し訳ないですが大味パワーバトルのまんまになりそうです
ですが退屈にならないようにパワーながらも趣向を凝らすつもりです。もちろんコメディ色も強くして
敵が必殺技を、の王道はやりたいです。というか多分やります

>>442
分かりにくさもやっぱり問題は冒頭ですね。分かりやすく、かつ冗長にならないように設定の説明をすべきでしょうか……
序盤でモチベーションを下げられると痛いですね。もっと頑張ります
山はあと2つくらいあるんで大丈夫です。むしろ130以内に収まるか心配なくらいです

>>443
文章が冗長っていうのは以前に別作を晒した時も指摘を受けました
尺を伸ばしてる印象、というのはある程度心当たりがあります。削って小イベントを盛り込むべきですかね
誤字はネタでやった覚えがないので全部素だと思います。よろしければ他の箇所も教えていただければ
個人的にはバトルはコメディ要素の一つとして見てます、これの場合。主軸は半コメディバトルとか>>428に書いてますが、主軸はコメディで

>>446
ヒロインがかわいくない、萌えない。というアレは自分でもかねてより思っていました
主人公のヒゲは剃るイベントを>>443氏のアドバイスも取り入れて導入したいと思います。イケメンかどうかは別として
>十億錠
この辺りは作中でおいおい触れる予定ですが、序盤でそこに疑問を持たせるのはあんまりよくないですね
流通経路は未だ掴めず、みたいなことを加えておきます
>核爆弾の撃ち合い
なんか面白いキャッチフレーズですね。イメージとしてはマジそんな感じです
アホ一直線バトルなので真っ向しかできなさそうですが、神の世界のルールとはまた別の形で、バトルが面白くなるように展開を工夫するつもりです

皆さん、評価していただきありがとうございました。メインの問題点は、
・冒頭がダメ
・視点移動が分かりづらい
・バトルが単調
のようですね
月並みな言葉ですが、頑張ります。作品は多分今日の夜中くらいに消します
あらためて、みなさんありがとうございました

453 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 19:25:02 ID:4v6mKrqw
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0624.txt
【ジャンル】学園物
【タイトル】未定
【評価基準】
・文章の問題点
・長編のプロローグとして欠けている物がないか
【改稿】 可
長編のプロローグとして執筆したものです。
初めての小説執筆なので全くもって勝手がわからず、取りあえず書いてみたもののしっくりきません。
恐らくあらゆる部分に問題があるのだと思われますが、自分では判断しきれないので晒させていただきます。
厳しいご意見、お待ちしております。

454 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 20:00:48 ID:+H6mHm0z
>>453 読みました。
 25pほどということは、250pぐらいの長編かな?
 文章は全体的に、それほど問題はないと思います。ので気になった処だけちょっと。

>その肌はガラス細工のようになめらか
 ガラスだと硬質ななめらかさの印象なので、前にある柔らかく、と矛盾したイメージになると思います。
 絹とかミルクとか石けんとかマシュマロとか、もうちょっと違う語彙を選んだ方が無難かと。

>……協力って、何に?。
 記号の後に句点はいらないっすよー。

>借りに何かやらかしていたとしても
 →仮に何か〜ですね

 あと、美少女の描写がいまいちだと思います。
 まずストレートに可愛い! 凄い美少女! と最初に言ってしまうから、どうも量産型の安っぽさが鼻につきました。
 描写も印象部分に関してのことばかりで、どういう顔かイメージしづらいような……。
 ハンコ的な美少女キャラをとりあえず出してみました、という感じでしたね。説明的過ぎたというか。
 んで、エリコのなぜか意味が伝わる無表情、というのも分かりづらいやらイメージしづらいやら。
 そういうギャグとしてはいけるかもと思いますが、キャラの持ち味としては足りないと思います。
 記号的な薄っぺらさを加味するばかりで、エリコというキャラを活かす要素にならないと言いますか。
 ○○の表情に見える無表情について、もうちょっと深く描写していいのではないかと思います。

 プロローグとして欠けてる物……は、とりあえず特に思いつきませんでした。
 主人公が居て可愛い女の子が二人いて、FMラジオという一応の方向性っぽいものが見える。
 これからどうなるかはまだよく分かりませんが、25pぐらいじゃこんなものかな、と。
 ただ冒頭数行は書き出しとしてはあんまりな気がします。
 この時期の少年少女がはまりがちな孤独感ではあるんですが、それだけに直截な書き方なのはどうかと。
 それと、自分としては会長のキャラが不快でした。いきなり人に乱暴しておいて、感謝は述べたけど謝罪はなし。
 自分が美少女って分かってるから男子は笑顔で騙されるぜーとか考えてね? とすら穿ってしまいます。
 主人公もそれにほだされてあまり問い詰めず帰っちゃいますし……(後で少し恨みに思ってはいましたが)。
 深夜に適当な男子を見繕うべく暴行を働くとか犯罪スレスレじゃないですかね。
 昨今はこうした暴力系ヒロインがもてはやされる傾向にはありますが、人としての良識は持って欲しいなあと思います。

455 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 20:13:37 ID:HE2CkUX9
>>453
・文章の問題点
一人称だけど、主人公が地の文の描写で一気にまくし立てがちな気もした。
例えば寮に付いたらDPで六行一気に描写とか。
部屋に入ったら九行一気に描写、とか。
絵里子さんは11行一気に・・・
あと、描写の順番も細かい方から外堀を埋めるような順番が多い気がする。
逆に言えば、文法レベルでは特に問題には気付かなかった。
・長編のプロローグとして欠けている物がないか
欠けてはいないと思う。
ただ、もし足せるなら、主人公の個性と言うか、キャラの背骨みたいなものが欲しいかも。

冒頭を読んでてっきり家族の住む家を抜け出したのかと思ったら、
寮を抜け出したのか。ちょっと誤解を与える書き方だと思う。

夜の寂しさ、繋がりをテーマとして書くのかな?
ラジオってのは、おもしろい舞台装置だとおもいます。
とてもいい青春物になる予感を感じます。期待は大です。

456 :453:2010/05/23(日) 20:19:45 ID:4v6mKrqw
>>454
ありがとうございます!

>ガラスだと硬質ななめらかさの印象なので、前にある柔らかく、と矛盾したイメージになると思います。
>絹とかミルクとか石けんとかマシュマロとか、もうちょっと違う語彙を選んだ方が無難かと。
なるほど、その通りですね!もうすこし軟質なイメージのある言葉を探してみたいと思います。

>記号の後に句点はいらないっすよー。
>仮に何か〜ですね
お恥ずかしいばかりです……。誤字はかなり頻繁にやらかしてしまうので、
今後はより重点的に注意したいと思います。

>あと、美少女の描写がいまいち
これもおっしゃる通りだと思います。実は絵理子にも会長にも現実のモデルがいて、
その二人を忠実に文章化しようとした所実力不足で出来なかった、という所だと思います。
確かに読み返してみるとご指摘の通り超テンプレキャラに見えますね……。
無表情キャラが氾濫している昨今においてはよっぽどしっくりくる描写をしないと
差別化は難しいのかな……。描写力を身につけられるよう頑張ります!

>ただ冒頭数行は書き出しとしてはあんまりな気がします。
そうですね、この孤独感みたいなものが最終的に物語のキーになる予定なのですが
冒頭意外にその話題を出すポイントが見当たらず、無理にねじ込んでしまった部分がありました……。
再考したいと思います。

>それと、自分としては会長のキャラが不快でした
これは後々上手くフォローを入れる予定だったのですが、プロローグで不快感を持たれてしまっては元も子もありませんね……。
後で出して行く予定だった良識のようなものを、少しずつ滲ませ始めようかなと思います。

非常にタメになるアドバイスありがとうございました!さっそくご意見をもとに推敲してみたいと思います!

457 :453:2010/05/23(日) 20:28:55 ID:4v6mKrqw
>>455
ありがとうございます!

>一人称だけど、主人公が地の文の描写で一気にまくし立てがち
なるほど……自然な流れで説明や描写を入れる実力がないためにそうなってしまっている気がします。
これ以降も同じようなことを沢山やってしまっているので、うまく表現する術を考えたいと思います。

>主人公の個性と言うか、キャラの背骨
これは実に痛いご指摘です……。これ以降も全く主人公のキャラが立たず四苦八苦しておりました。
やはり冒頭でキャラ付けはきちんとする方がいいですね。

>冒頭を読んでてっきり家族の住む家を抜け出したのかと思ったら、
読み返して見たら確かにそうとしか読めない……!ありがとうございます、修正します。

>夜の寂しさ、繋がりをテーマとして書くのかな?
そうですね、各自の抱える孤独みたいなものを掘り下げられればいいかなと思っています。

温かいご意見ありがとうございました!がんばります!

458 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 21:35:24 ID:3Oaoly02
>>453
冒頭数行はこれでいいと思いました。
無個性に近い共感タイプの主人公にする場合、回りくどくされるよりストレートにしていただいたほうがストレートに共感できます。
その心情を長々とやられたら退屈ですが、ほんの数行ですし。
「深夜に出歩く変質者手前の行い」にも明確な理由がつきます。

むしろ、襲われてからの数十行のほうがテンポ悪いかなーと思いました。
冒頭数行だけで、いつ、誰に、どこで、どうされた。が明確になっているのに、本編に入ってからも同じことを説明されると非常にくどく感じます。

極端な話、
冒頭数行→*マーク→部屋に移動→あ、ありのまま、起こった事を話すぜ。夜に散歩をしていたと思ったら……。

このぐらいでも変わらない気が。

しかしそれより問題なのは、キャラクターの見せ方ですね。
通常、物語にでてくる人物は、でてくる順番と重要度がイコールで繋がります。
プロローグの落ちに使われた女の子に至っては、その段階でメインヒロインであり、
メインヒロインでないのあれば、プロローグの落ちに使ってはいけません。
ところが晒し部分をみると、会長は大した見せ場もないまま引っ込んでしまいます。
メインヒロインとするならあんまりです。
しかもエリコに出会った第一印象が
>僕はこの時の事を一生忘れないと思う。
これもまた、メインヒロインにのみ当ててよい描写でしょう。

そのエリコに関しても、全然無表情キャラにみえません。
なぜなら、無表情無表情と連呼しているだけで、肝心の行動に反映されていないからです。
それなのに連呼だけされても、暗い声で自分が明るいことをアピールしてくる
「明るくポジティブにみられたいネガティブ人間」と同じに感じます。
ラジオ終了後の口数についても、会長の口数が多いだけであり、「別に普通の相槌じゃね?」って感じです。
それに関しても「ラジオ時と平常時では人格が変わる」という設定にしたつもりなのでしょうが、見事にすべってます。
人格が変わるのであれば、表情からして変えなくては説得力半減ですし、そもそもラジオ中も必要最小限に毛の生えたぐらいしかしゃべっていません。

で、無表情キャラであることがまったく伝わってこない段階で、いきなり「とろけるような笑顔」とやらを強調されても……。
無表情だぜ! 今の流行りの、お前らの大好きな、無表情系の女の子だぜ! だから好きだろ? 可愛いだろ? 萌えるだろ?
と連呼されてる感覚です。

今後の展開にもよりますが、エリコをメインヒロインにすれのであれば主人公を誘うのもエリコのほうがよく、
(ここでの誘い方を工夫することで、エリコの無表情キャラにも説得力を出せる)
会長をメインにするのであれば、ラジオも会長にしたほうがよいでしょう。

ふたりを半端に出したことにより、いろいろぼやけてます。
両手に花状態にするにしては、どちらも半端で「どっちもイラネ」が率直な感想。

459 :避難所から転載:2010/05/23(日) 21:41:30 ID:5+q9IyeA
130 名前:この規制がすごい![] 投稿日:2010/05/23(日) 21:30:45 ID:ekdQ0wOc
>>453
文章の問題点
・「寝間着」と「パジャマ」がほぼ連続して出てくるのは一種の表記ゆれ。パジャマに統一した方がいい
・胸倉を掴んで進行を止めておいて「止まれ」はないと思う。その後一言も説明せず問答無用の力づくってのもひどすぎる
・家族にばれないように抜け出したのかと思ったら寮住まいだった。状況変わってるんだから説明必須
・「生徒会会長様のご尊顔だった」は唐突で不自然。ただの生徒会長がそこまで偉いはずはないので
 主人公が嫌悪感を抱いて皮肉っていることになり、プラスの印象である「一瞬にして警戒が緩まる」と相反する
・美少女の空気感についての描写が正直全然ダメ。くどいくせに結局何も伝わってこない

長編のプロローグとして欠けている物がないか
・ここはないと思うよ。書きたいものとか物語の方向性が伝わってくるし
 ただやっぱり会長のキャラが不快。ハルヒや大河の自己中は主人公が言い返してるからまだ我慢できるが
 この主人公は根暗で流されてるだけで会長ともども好きになれない。そのぶんエリコは良い

460 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/23(日) 21:46:16 ID:M9TAwzvT
・文章の問題点
俺は読みやすく感じました。
ただ、作者さんの好みもあるかと思いますが、もう少し1文を短くした
方が読みやすく感じる人も多いかと思います。
特に、「それは例えば……」の文は長すぎです。

問題じゃないですが、冒頭の順番を入れ替えたいです。
というのも、孤独な人間の話? 暗そう。って感じる人もいそうなので。
僕は夜中散歩する。家を抜け出して。なぜなら……。
って感じの方が俺の好みです。

二十四時半っていつでしょう? 月曜日の0:30? 火曜日の0:30?
ビラの放送時間は二十四時〜二十五時でいいと思いますが、こちらは
直した方が分かりやすそうです。
というより、深夜の放送はさすがに学業に影響があるので10時くらいの
方が現実的では? 寮の門限は9時とかで。
門限過ぎた男子寮の入り口で張っていた生徒会長に捕まったことくらいのほうが
スムーズのような(寮から出てきたなら学校の確認は不要ですし)。

寝間着、パジャマで女の子の前は可哀想。
さすがに寝間着としているジャージとかを着せてあげてはどうでしょうか?
(自分がエリコの前にパジャマで現れたいか? て感じですね)

「無駄な抵抗は……」はもうちょっとなんとかしてあげたいです。
というより、生徒会長はずっとこの口調でしょうか?
(これは、俺の好みの問題かもしれません)

・長編のプロローグとして欠けている物がないか
冒頭は入学式の生徒会長挨拶とか、そんなので先に生徒会長を描写
してしまってもいいような気もします(一長一短かも)。

コメディにする予定ならば、もう少しコメディ色をいれた方がいいように
感じます(具体的にはアイディアはありませんが)。
そうでないと、エリコの胸発言が浮いてしまっている気がします。
コメディなら会長とエリコを逆にして、無口に引っ張られて関西人風
会長にラジオでまくし立てられる方が簡単かも。

この手の話はキャラバランスが難しそうですが頑張ってくださいませ。


461 :453:2010/05/23(日) 21:52:55 ID:4v6mKrqw
>>458

ありがとうございます!
なるほど、僕も自分で書きながら捕まってからぶち込まれるまでの流れはだるすぎるかなと思っておりました。
がっつりカットしちゃった方が早めに「ラジオ」っていう舞台装置を見せられますしね……。
キャラの見せ方、メインヒロインとしての見せ方というのは全く考えてもいませんでした……。でも確かにその通りですね……。
絵理子がメインヒロインの予定なのですが、確かにこの流れだとどちらがヒロインなのかはっきりしない。
会長が襲ってくる設定にしたのも「会長に襲われた」という一文を書きたかっただけなので、誘うのが絵理子に変更というのは
是非やってみようと思います!
それから皆様にご指摘いただいている無表情を上手く描けていない件。
これはやはり僕の圧倒的な表現力のなさによる所なのかなあと。精進したいと思います!

ご指摘ありがとうございました!

462 :453:2010/05/23(日) 22:00:23 ID:4v6mKrqw
>>459
転載ありがとうございます!
やはり会長の描き方と絵理子の表現に問題がありそうですね……。くどいくせに何も伝わってこないっていうのはもうまさにその通りだと思います。ちょっくら全面改稿いたします!


463 :453:2010/05/23(日) 22:09:50 ID:4v6mKrqw
>>460
ありがとうございます!

そうですね、正直個人的にだらだら続いているくらいの文が好きだったのですが、やはりライトノベルというジャンルを考えてカットしていきたいと思います。
冒頭の順番の件、僕もこの書き出しだとあまりに主人公が暗く見えてしまうなあと思っていたので、ためしにやってみようと思います!
24時半というのは火曜の0時半という意味でした。ラジオでよくこの表現が使われていたので採用してみたのですが、
確かに地の分で使うと不自然な感じですね……。修正します!
コメディにしたいですね……実にコメディにしたいです……。ギャグセンスがあまりないので無謀な気もしていますが、
やはりもうちょっと笑いの要素も入れられないか努力してみたいと思います!

アドバイスありがとうございました!


464 :453:2010/05/23(日) 23:34:59 ID:4v6mKrqw
早いですがそろそろ削除させていただきます!ありがとうございました!

465 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 23:59:44 ID:ILKCB8W+
>>428
 面白かった。文章、設定、キャラともに問題ないと思う。以下、気になったところ。
・冒頭は弥生視点がいいと思う。理由はいくつかあるけど、羽島視点だと状況が複雑すぎて
感覚的についていけない。
・無駄な叙述が散見して、ダレル部分がたびたびある。特に弥生のひとり芝居の場面。
ラーメン食うとか、ひとりボケとか(弥生は普通にツッコミキャラでいいと思う)。
・研究室での「警報」の意味が分からない。唐突に「姿が消えた」と書かれても理解不能。
(↑文章から消える根拠、理由が読み取れないから、本当に姿が消えたとは読み取れないって意味。
 読者は羽島がどういう手段、状況でサルベージされたのか、まったく知らされてない)
・弥生とナースの区別がつかない。
・バトルが長く感じた。
 ざっと読んだ印象では、これぐらい。展開に関しては、あんまネタが滑ってないのもあって、
違和感はなかった。ただ、弥生がデータ解析に移る場面は、もう少し前ふりが欲しかった。
「なにかおかしい>データは?」とか。あと、この世界の総人口は? 前提が提示されないと、
数字の意味がわからない。

466 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 01:51:35 ID:aFSYAOZL
>>465
やっぱり過剰描写と視点は結構問題みたいですね
修正して、警報とか世界観を書き増ししておきます。ありがとうございました

467 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 05:43:48 ID:C9y6MCdc
>>461
>「会長に襲われた」という一文を書きたかっただけ

確かに、その一文は少女漫画テイストでもある出だしとあいまって、シュールでインパクトのある表現になっていると思いました。
誘うのをエリコにした場合、生徒会長の座もエリコにやってしまっていい気がします。
そうすれば、エリコが無口の無表情で自己紹介すらしない状態であっても個体を識別できます。
会長さんのキャラがますます薄くなってしまいますけど、まずはメインヒロインを確立させましょう。
極上のステーキは肉が極上だから極上なのであり、ポテトやニンジンはあくまでも補佐です。
不要だとは言いませんけどまずは肉。

468 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 05:55:05 ID:C9y6MCdc
それと、いろいろ言っておいてなんですが、冒頭数ページ程度の晒しの場合、アドバイスを真剣に聞く必要は薄いと思います。
真剣に聞きすぎると細かいところをチマチマ直し続けることになり、肝心の本文がまったく進まなくなるので。
アドバイスは二、三割だけ取り入れてあとはすべて後回し。それよりは魅力あるエピソード!
な感覚で進めたほうが、格段に成長すると思います。

469 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 10:23:52 ID:ZzoQPi4j
さすがに建前でしょう。
アドバイスに対して「いや、おれはこうしたいからあんたのアドバイスアどうでもいいよ」なんていえないでしょ。
とりあえずいい顔して「はい!参考にしますっ」と言っておけばいいんだよ。じゃないとすぐ作者たたきに持っていかれるしな
このスレ見てれば誰だってそう考える

470 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 16:35:25 ID:C9y6MCdc
>>469
意見はこちらに書いておきました。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1273303519/472

471 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 01:34:25 ID:AXJOaA6t
【アドレス】 http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0632.txt
【ジャンル】 現代ファンタジー
【タイトル】 マザー(仮)
【評価基準】掴みとしてどうか
【改稿】 可

過去に書くのを断念したネタを、今になってプロローグだけとりあえず書いてみたものです。
非常に短いですが、よろしくお願いします。

472 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 03:04:55 ID:l32Qtu4Z
>>471
>掴みとしてどうか

内容だけで言えば「まぁ及第点かな?」って感じ。
辟易するほどありきたりじゃないけど「これからどうなる?!」って気にかけるほどでもない。

ただ文章はくどい。
コメディとしては致命的なぐらいにくどい。
もっとさくさく流し読めるぐらいにしてほしい。
例えばだけど、

>ゆったりとした純白の布で覆われているために気付きにくいが、その下には断崖絶壁が広がっている。以前降りてきた際に寄り道をして相撲を見に行った時には、力士に本気で嫉妬していた。

この文は下ぐらいに略しちゃっていいと思う。

>ゆったりとした純白の衣服。その真下にあるのはただの壁。もしくは絶壁。十円玉より薄い胸。力士が巨乳すぎて生きるのが辛い。

473 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 03:46:28 ID:W3QZFG6a
>>471
アイデア(ネタ)は面白いと思う。
ただ、これに続く部分も頑張らないと「出落ち」になると思う。

文章。
物凄く客観的な三人称。登場人物全員をマジで他人って感じるわ。
で、観察者の存在が強く出てるように感じる。(俺は嫌い)
・「AはBである」が説明くさい >この老人は〜 >この女は〜
・〜いる。 〜いた。 〜である。 とか、状態を表す書き方が多い。
結果「〜という状態である」と説明し続けてる。説明くさいというより、まんま説明だよ。

あと細かいけど
>そうして地上の様子を見に行く事があるのだが、
「そうして」の指すものが前に出てきてないからね。ダメだよ。

・・・あらすじならこういう書き方になっても仕方ないのかもしれないけどねえ。

474 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 03:57:50 ID:JhlyMK+G
>>471

個人的に、
最初のツカミが説明不足のような感じがする。
あまり関係無いようなことは説明くさいのに。

475 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 04:05:25 ID:kWPl5SiT
>>471
いいんじゃないでしょうか
この後の展開もなんとなく想像できるような始まりだと思う
ただ最初の「世界には〜」からはじまる二行と「その光景を〜」のつながりが弱い気がする
あくまで好みの問題だけど、「世界には〜」からの二行はそんなに意味のある文章だとは思えない
あと「後に彼は語ることになる」とあるのに、そのあとで「ハタ迷惑な喜劇のはじまりだったとも知らずに」とあって、じゃあ彼が語っている「後」というのはいつななんだよというのが少しひっかかる
コメディ書きなれてないのかな?
貧乳を描写しているところは好きなんだけど、その後の女神の描写とあいまってテンポが悪くなっているような気がする
よかったのは、女神がドングリ投げるところ
女神のこどもっぽさとかわいさが伝わってきてよかったです

476 :471:2010/05/26(水) 16:05:27 ID:GziSB3i4
読んでくださった皆様へ
ありがとうございます

>>472
なるほど、先を期待させるにはまだまだ弱いのですね
そして確かにコメディならこってりしたものよりあっさりしていた方が
テンポの面から考えても飲み込みやすいですね

厚みを減らす事に気を付けて改稿してみます

>>473
言われてみると確かに出落ち感がしますね
続くシーン次第ではいきなり拍子抜けさせてしまうかもしれません

文章に関してのくだりですが
「そうして」の部分は確かにいらないですね
前文の女神が地上から〜の部分にかけたような気がしていたんですが見事に不自然でした

477 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 16:15:24 ID:GziSB3i4
>>474
読み返してみると、確かに色々と説明の過不足が目立ちますね
天上界の様子は一切描いてないわりに、女神に関しては余計な事まで書いていたり
もうちょっとバランスを考えて書き直してみます

>>475
「彼」のくだりですが、プロローグ後のイメージとして描いていた情景を
そのまま持ち込んでしまったかもしれません
確かにあれでは混乱させるだけで、言葉足らずになってしまいますね

コメディタッチなものは結構書いていたんですが
ここまであからさまにギャグ展開なものは初めてでした

478 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/26(水) 22:23:46 ID:+Nw3mvP4
>471
ギャグと分かっていても、個人的には赤子の扱いが酷いと思います。
この赤子は生後どれくらいでしょうか?
普通、生まれてから数ヶ月は外出させませんし、2、3時間に1回はミルク
を要求すると思います。
オムツは濡れたら泣き喚きますし、ミルクを飲ませたらゲップをさせなきゃ
いけないとか。哺乳瓶も消毒しなきゃいけないですし。
子育ては簡単じゃないと思います。

まぁ、ラノベの読者はそんなこと考えないかもしれませんが……。

てなわけで、あくまでも俺的に書くとしたらですが、
・女子高生(若しくは若い女性)が女神の目の前(実はどこぞの施設)に赤子を置く。
→女子高生は逃げるように立ち去る。→女神は? となって籠を見るとメモが……。
→赤子をつれて天界に行く女神。→女神は天界のミルクを飲ませる。
→あらら、暴言吐きまくりの赤子誕生! 神様が怒ると赤子の振りをして……。
てなものにしますが、作者さんがどんなのを書こうとしているか分からないので
なんとも言えません。

もし、赤子を育てる場面を描きたいならば、赤ちゃんの育て方を調べてから
書いてもらいたいなぁ。と個人的には思います。
(分かっていて、ギャグだからということでこうしているならごめんなさい)
参考にならないかもしれませんが、こんな意見もあると言うことで。頑張ってください。

479 :避難所から転載:2010/05/26(水) 22:36:04 ID:BPTN7eJT
132 名前:この規制がすごい![sage] 投稿日:2010/05/26(水) 22:25:31 ID:q/0OPrq.
はいはい、規制規制

管理人さん乙です
↓ここから↓
>>471
最初に少年と来て、次に彼か
別人物?同人物なら統一してほしい
開始1ページで視点移動をするなら、初めから天上界を書いて、少女の回想ということで彼に見られていたことを気掛かりとしていることなどを書いてほしいかも
説明部分は老人と女神の口論によって説明してほしいかな
地の文が長いかも
天上界から降りる必要なくね??
薮蛇かもしれんけど、天上界だから酸素薄いとかにして酸素マスクつけてるとかのネタ出して、これじゃあ子供の教育に悪い!!ってことで降りるとか。彼女が子供のために天上界を降りようと決断する明確な理由がほしい
掴みとしては女神なのに子供っぽいとことかいいよねw
頑張ってくださいまし

480 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 23:23:16 ID:GziSB3i4
>>478
実際に親族の赤ん坊を預かっていた事もあるので
育て方や赤ん坊の習性については一応矛盾しないようにはなっていると思います
しかし作中でそこについて言及していないので、そう思ってしまうのも当然かもしれません
次はそういった面にも注意して、書き加えていこうと思います

>>479
>少年と来て、次に彼か
この部分については、最初に「少年」と説明した上で
次から「彼」とするセオリーを守ったのですが
すぐに視点移動があったために紛らわしかったかもしれません
もう少し序文に厚みを持たせてみようと思います

天上界〜の部分にしても説明の過不足がわかりにくさに拍車をかけているようですので
今後は要約と情報の取捨選択に気をつけます

481 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 01:38:06 ID:+7yLLouX
>>471
何か、文章の一つ一つが、伝わり難いものがある。
まず、名前を含めた固有名詞が一切出てこない。
天界にしても、登場キャラにしても、まるで掴めて来ない。これでは、感情移入が難しい。

「元の場所にもどしてらっしゃい」ってあんた。
捨て犬じゃないんだから。コメディにしても、笑えない。仮にもカミサマが人間以下の倫理感の持ち主
っていうのは、設定が活きてないどころの問題じゃない。
笑いっていうのは、正しくつっこんでくれる人がいて、成立するのだから。
ウーム、それとも天上にお住まいの方々は、人間の事を犬並にみているのか……?
要点を言うと、セリフに重みや存在感という物がなく、設定負けしているのが問題な所かと。

プロローグに関しても、
>世界は意外にも、不思議な事に満ち溢れている。
不思議に感じる部分があるのだろうか? と首を傾げたくなる。不思議っていうのは、単に天使という生き物が存在する事なのだろうか?
構成にしても、視点や時間がうろつき過ぎで、とても分り易いとは言い難い。テンポも良く無い。

ただ、話の筋として、悪く無い。磨き上げる必要があり。

482 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 03:36:09 ID:L0Sskw0+
【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0634.txt
【ジャンル】下剋上 学園
【タイトル】 ミッション イン こんぽた〜じゅ&ふろま〜じゅ
【評価基準】
・文章は分かりやすくスマートか
・キャラクターに好感は持てそうか
・出だしとしてどうか
・続きが気になるか
【改稿】 可
以前プロットスレの方で練った作品です。自分の実力がこの作品を書くのに足りているか心配で、出だしを晒させていただきます。
よろしくお願いします。

483 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 04:05:16 ID:f2nKJ/+m
>>482
・文章
内容に対してやや堅めな印象が残ります。もうちょっと砕けていてもいいのかなと思います
・キャラ
堅物&ツンキャラ。現状では特に印象には残りませんが、後半どうギャップをつけていくかじゃないでしょうか。
・出だし
ちょっと問題があると思います。はじめ檜山というキャラで始めているので、こいつが主人公で榊原がライバル的
ポジションなのかなと勘違いしました。読み進めればわかるとは言え、再考した方が良いんじゃないかと思います。
・続き
ここまで読んだ限りでは、可もなく不可もなくという印象でした。
続きがあれば読んでみるかなとは思いますが、まずそこまでの強烈な引きは感じられないかなと。

484 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 06:06:11 ID:nGyunEzp
>>482
・文章は分かりやすくスマートか
割りと書き慣れていらっしゃる。と感じた。
ただ、一問以前が硬苦しい感じがしてだれたかな。
第一問からはくすくす笑って読めたけど。

それと、美幸のセリフに漢字が多すぎると思う。
人は自分の知らない言葉をしゃべれないんだから、書けない漢字や、音は知っているけど具体的な意味までは知らない漢字もひらがなにすべき。

・キャラクターに好感は持てそうか
榊原にはまぁまぁ持てそう。
それ以外については出番が少なすぎてなんとも。

ただヒミノは好感というかインパクトに欠ける。
>「桐谷氷見ノ、あたしはここにいる平凡な人間とは一線を画(が)す。でも絶望しないで欲しい。生まれ持った才に決定的違いがあるから、仕方ないことなの!」

これは正直、バカとしても自信家としても平凡人の域をでていない。
画(が)すぐらいなら、割りと普通の人でも間違える。
誤字がなかったとしても、このぐらいのセリフだったらそのへんの芸術家崩れでも言える。
古典の時間でも、音読できたら駄目じゃね? と思う。
本物の教科書とにらめっこをして、笑いに昇華できる読み間違いを探すべきじゃないかな。
するとフォローが難しくなるけど、その難しいことをやってこそ、この題材が生きる。

・出だしとしてどうか
いいんじゃないかな。続きのほうも割りと普通に気になる。
檜山については、ラストで使われることを知っているんで気にならなかった。

485 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 16:39:26 ID:FXU1SwyC
>>482
あらすじの方でも感想を書いたので、ついでにこっちも。

・文章は分かりやすくスマートか
書き慣れた感があるので、基本的には問題ないです。
ただ、ちょっとキャラの動作、イメージに関する描写が少なすぎるかなあ、という印象。
たとえば、最初の檜山が捕まるシーン、

檜山は屈強な執行委員に、ふたりがかりで押さえ込まれていた。
その目の前に、背筋をぴしりと伸ばした「歩く校則」――榊原が仁王立ちしている。

この程度の描写でも、キャラのイメージが読者に伝わりやすくなります。
氷見ノの初登場シーンも同様。
氷見ノ「らしい」動作を、もう少し描写したほうがいいかと。

・キャラクターに好感は持てそうか
よさげな感じですが、ちょっと榊原のキャラがぶれてる気がするかな。
バイトは校則で禁止されているから! と強弁した直後、じゃあ家庭教師やってくんない? という
「特別扱い」をあっさりと、しかも喜んで引き受けてしまうのに違和感。
このキャラは、特別扱いを排除する潔癖な性格じゃないのかな。
たとえば、心が揺れまくった後、涙ながらに断ろうとしたところで腹が盛大に鳴り、「じゃあ、昼飯もつけるぞ」の
一言で、うっかり引き受けてしまう――このくらいの葛藤はすべきかと思います。
その後、しばらく自己嫌悪で落ち込むとかあると、キャラ性が引き立って好みなんですが。

・出だしとしてどうか
いいんじゃないでしょうか。
もう一押しあってもいい気はするけど、これでも十分に先を読みたいと思うし。

・続きが気になるか
ということで、読みます。

486 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 18:11:24 ID:OHGa3u+V
>>482
・文章は分かりやすくスマートか
悪くは無い。ただ語りが多いので、読むにつれて疲れる。


・キャラクターに好感は持てそうか
・出だしとしてどうか
なんともいえない。自分に読解力が足りないのか、キャラクター・ストーリーの方針が少し解らなかった。


・続きが気になるか
読まないと作品の良し悪しのジャッジが出来ない作品ではある気がする。


487 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 21:55:56 ID:nGyunEzp
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/l50

スレ容量的に次スレ立ててきた。
いろいろミスったが諦めてくれ。

488 :tesu ◆.CzKQna1OU :2010/05/27(木) 22:22:38 ID:436p/jg5
>482
・文章は分かりやすくスマートか
スマートの基準が分かりませんが、分かりやすいです。

・キャラクターに好感は持てそうか
現状ではまだキャラをつかめないのでなんとも。

・出だしとしてどうか
悪くはないと思いますが、プロローグはもうちょっと引いた視点
で書いた方がいいと思います。
若しくは、思い切って一人称にしてしまうか。
奨学金・特待生でない理由はあってもいいかもしれません。
または、家庭教師のバイトではなく、特待生の条件にするとか。
あと、全体的に描写を増やしたいですね。
例えば、学園長に告げられた場面。
「いつかこうなる...抗う気にもならなかった」は心情を説明していますが、
「榊原は窓の外に視線を向ける。ポカリと浮かんだ白い雲が流れていく。
榊原は黙ったまま目を閉じた。そして大きく息を吸ってからゆっくりと目を開
ける。榊原が微笑むと、その目からは険がとれていた」
みたいに描写で心情を表すような。(えーと、例が下手っていうのはご容赦を)
まぁ、これは俺の書き方の好みなだけですけど。

・続きが気になるか
アイディアは面白いです。
俺はこういうのが書けないので、純粋に読みたいですね。

・細かい話
高校二年に進級...の文が途中から榊原の話になっています。
段落を変えたほうが分かりやすそうに感じました。
謙遜しながら言う...。榊原に意見しているから謙遜していないような気がします。
校則四十二条十三項とは? 伏線で隠しているならいいのですが、気になりました。
学ランを上まで止めたら、ネクタイは見えないような。
ていうか、学ランのときにネクタイをするか分かりませんが...
〈ジューンブライト〉について...。マリッジブルーの誤り?
榊原は三年ですよね。檜山が榊原のことを良く知りすぎている気がしました。

まぁ、現状推敲無しであとから修正されるとは思いますが。ご参考まで。

>487 乙

489 :この名無しがすごい!:2010/05/27(木) 23:22:21 ID:bqeHGyRF
>>482
・文章は分かりやすくスマートか
スマートってほどではないけれど、まあ、いいんじゃね?
・キャラクターに好感は持てそうか
嫌悪感は無い
・出だしとしてどうか
出だしで賞を狙えるかといえば否だと思う。
・続きが気になるか
読むのがつらくなった。

俺としては、他は完全無欠な榊原が金欠ってだけじゃ全然引き込まれないわ。
文章として決して落第点ではないとしても、金欠を伝えるネタも全然面白く感じない。
作者さんは、何が面白いと思って書いてるの?
あらすじの方も読んでみた。
>そこら辺は主人公の語りで面白くしていこうと思います。
→出来てないと思うよ。
つまり、向こうの510が危惧した通りです。つか、主人公の語りは大したことねーし。

プロットは、テストと選挙の山が二つになってて微妙。
言うほど完成度が高いとは思えない。

習作として書くのなら「がんばれ」とも言えるけど
「賞を狙ってます」って言うのなら、俺は「無茶しやがって」のAAを貼るよ。

490 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 00:00:29 ID:wobx8ZKP
>>482
・文章は分かりやすくスマートか
スラスラ読める。けど、少し固い。
・キャラクターに好感は持てそうか
メイン二人の個性が弱すぎ、テンプレすぎ。
特にヒロインがあんまり馬鹿に見えない。
台詞全てに何らかの間違いがある、ぐらいやってどうにかキャラが立つんじゃないかな。
・出だしとしてどうか
冒頭の二人は名無しでいいのでは。手を握ったぐらいで逮捕、ではラノベ的にインパクト弱すぎ。
即決裁判にかけてその場で処刑(もちろんギャグで)ぐらいはやらないと。
・続きが気になるか
過剰な真面目と救いようのないお馬鹿の対比に重点を置いて過激さを増していけば面白くなるかも。
現状のままではコメディとして弱すぎると思います。


491 :この名無しがすごい!:2010/05/29(土) 20:27:11 ID:h2COSPPQ
>>482

氷見ノは悔しそうに榊原をにらんだ。国語教師が遠慮気味に言った。
「榊原、お前の記憶力は素晴らしいな」
「このくらいは当然です」
「ただなあ。お前が読んだのは五十三ページの土佐日記じゃないのか?」
「……」

細かい突っ込みで、すまん。全体に読みやすいよ。がんばれ。

492 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 15:09:26 ID:OUqGn6HZ
次スレにも投稿しましたが、より多くの人の目に触れてもらうことを願い、こちらにも投稿させていただきます。

【アドレス】http://wannabees.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/wu0643.txt
【ジャンル】とある青年の追憶。
【タイトル】下弦の月に照らされて
【評価基準】
●文章に関して
・つっかえることなく滑らかに読めるかどうか。
・違和感を感じないか。等。
●物語に関して
・魅力があるか。
・次はどうなるのだろう、という興味をもてるか。
●キャラに関して
・主人公が大体どんな感じなのか想像できるかどうか。

などなど、思ったことを奇譚なく書いていただければ幸いです。
【改稿】 ○

493 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 16:23:21 ID:pveB5LZ5
>>492
あらすじ読んでるみたい。
文章は上手だし、詩的な文章書いたら上手そうだと思うけど、長編の要約読んでるみたいだ。

たとえば都市再生計画のところは、主人公の説明だけで進むけど、その情報をどうやって仕入れたのか、とか、
それが信用に足る計画だとどうして分かったのかが説明じゃなくエピソードで語られないといけない。
主人公が都市再生計画をすすめるお役人と親しくなって「どうして僕たちみたいな子どもを助けようとするの? 何の役にも立たないのに」と聞いて、
お役人は「それは、君たちみたいな犯罪を起こす子どもがいるのは、私たち大人のせいなんだ」ということを納得する論調で語る過程で、主人公が納得しなきゃいけない。
小説にはストーリーが必要だけど、そのストーリーは小さなエピソードの積み重ねでつくらなければいけない。

あと箇条で。
・キャラクタの名前を出さないのは、やりたいのは分かるけど、長編でやるのは相当難しいのでおすすめしない。
・キャラクタの容姿も同様。「そこの、ひょろいやつ!」って言われたら主人公のことだな、とわかるくらいは必要かと。
・続きは気にならない。なぜなら冒頭部分だけでデッドエンドなのが決まってて、かつフックが弱いから。「最期の心残り」があれば○。

違ったらゴメンだけど、人死に出さないと物語が進まないタイプの人?
だったら、なるべく人は殺さないようにした方がいい。死ねば死ぬほど、物語が軽くなるよ。

494 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 20:37:37 ID:WBH1tMDG
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/


495 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 20:38:26 ID:WBH1tMDG
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/


496 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 20:39:52 ID:WBH1tMDG
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/


497 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 20:40:47 ID:WBH1tMDG
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/


498 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 20:41:37 ID:WBH1tMDG
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.25
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1274964599/

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)