5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol18

1 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 09:02:21 ID:bqaipyUV
ここはラノベ新人賞を目指すワナビが作品を晒し感想を貰うスレです。

・投稿は専用ロダにTXT形式で。1レス(4KB)におさまるならスレに直貼り可
・他サイトリンクはTXT直リン以外スルー
・荒らし煽りはスルー
・感想は自由
・感想にはなるべく感謝を
・晒したものがこきおろされても泣かない
・晒し人から返事や感謝がなくても気にしない
・感想への批評はNG。他人の感想に違和感があれば、晒しへ直に自己流感想をつけるべし。
・次スレは>>970、またはサイズ480KBくらいで建てる

【専用ロダ】
(p)http://wannabee.mine.nu/uploader/

2 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 09:05:05 ID:bqaipyUV
関連スレ
新人賞@ラ板 470(素直)に泣いていいんだぜ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1247063828/

【矜持を】晒したラノベで競い合うスレ4【賭けろ】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1219682026/

【避難所】
小説曝し板@したらば(通称:したらば※個人運営サイト)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/2689/1173435385/

前スレ
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol.17
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1247072376/

【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.16
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1243092911/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.15
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1237632270/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.14
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1233543956/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.13
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1227107068/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.12
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1220529476/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.11
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1215965705/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.10
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1212407696/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.9
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1205250757/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1200121101/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.7
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1194683066/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.6
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1190199165/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1187863974/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.4
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1183291950/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1177770084/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレvol.2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1174554563/
【ラノベ】自分の作品を晒し感想を貰うスレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171881504/

3 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 09:06:11 ID:bqaipyUV
◎晒し用テンプレ
---ここから------------------------------------------------
【アドレス】
【ジャンル】
【タイトル】
【評価基準】
【改稿】
---ここまで------------------------------------------------

(説明)
【アドレス】 …あぷろだのアドレスを書いてください。必ずテキスト形式(.txt)で!
【ジャンル】 …作品の分類です。(例:学園モノ、ファンタジー、ミステリー、ホラー、不明)
【タイトル】 …作品のタイトルです。晒し用に適当なタイトルを付けてください。
【評価基準】 …どこを見て欲しいか、どういった感想を求めているか書いてください。
         (例)文章を見て欲しい、キャラが立っているか見て欲しい、駄目なところを指摘して欲しい 等
【改稿】 …改稿してもいいなら「可」、してほしくないなら「不可」、もしくはこの項目を削除。

4 :記憶喪失した男:2009/07/28(火) 09:27:17 ID:bqaipyUV
セミプロに読んでほしいから、また置いておくよ。
【アドレス】 http://ime.nu/wannabee.mine.nu/uploader/files/up2509.txt
【ジャンル】 SF
【タイトル】 この神は脆弱だ
【評価基準】 SFとしての独創性。衝撃があるか。センスオブワンダーがあるか。
【改稿】不可。


5 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 09:57:19 ID:ohj7w87E
直近の晒し

534 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/07/26(日) 13:37:45 ID:97L9T29B
【アドレス】 …http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2505.txt
【ジャンル】 …ファンタジー(中二病・邪気眼要素ありです)
【タイトル】 …Untitled 仮題:クリアラ・シトリンとの友情――1st chapter:友達の友達は友達?
【評価基準】 …おかしな・わかりにくい表現はないか、どうするともっと良くなるか、あとできればよかったと思うところをあげてもらいたいです。
【改稿】 …可

以前からこのスレにいる人はもしかしたら覚えているかもしれませんが、
随分前に序章を投稿させてもらったものの続きです。
規制でずっと書き込めなくて、評価してくださった方は申し訳ありませんでした。
客観的でも主観的でも、ぜひ評価をお願いします。

555 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/07/26(日) 21:04:31 ID:5/5+FPs/
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2506.txt
【ジャンル】 近未来系ファンタジー? よくわからん
【タイトル】 ブラッドレス
【評価基準】
短くて申し訳ないですが
・文章でおかしい点(単語の使い方、てにおはなど)
・設定上気になる点(前後の文との矛盾など)
・主役格キャラ二名(陽司,慧)のうち、どちらかを女にするべきかしなくてもいいか
【改稿】 可

568 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/07/27(月) 03:09:25 ID:0epR9UT3
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2507.txt
【ジャンル】学園SF
【タイトル】機士道部
【評価基準】
冒頭の設定解説パートを書いていたら
なんていうかこう、すごく楽しくなってきちゃって
気がついたら丸々6ページ分ぐらい使ってしまって……

というわけで、退屈せずに読めるか、読めなかったらどのあたりでギブになったか
読めたけどここは削ったほうがいい、などといった意見が参考として欲しいです
一応プロローグ込みで晒してみましたが、本題の部分は一章以降です。
(プロローグだけは以前晒したことがありますが、若干手を加えてます)
もちろん、、“それ以前の問題”などありましたら、どしどし指摘して下さい。
【改稿】○

576 名前:記憶喪失した男[sage] 投稿日:2009/07/27(月) 19:41:09 ID:GIFP2LW4
ここの批評人の実力を見たい。五分で読めるので、批評してみて。
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2508.txt
【ジャンル】 ファンタジー
【タイトル】 夏色の嘘
【評価基準】面白いか。
【改稿】 可




6 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 12:02:59 ID:k9xl9kdJ


7 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 13:43:34 ID:gd3Auyac
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2510.txt
【ジャンル】非ファンタジー中世モノ
【タイトル】錆びた金貨と青年期の終わり(先日あげたものの完成版です)
【評価基準】
 ○面白いか否か
 ○ジゼルの絶望感が伝わるか
 ○他なんでも
 ○……良いタイトルの付け方を教えてくださいorz

とりあえず完成させてみました。短編以外では初めて完成させたお話です。
読んでいただければ幸いです。ドキドキ

8 :記憶喪失した男:2009/07/28(火) 14:56:23 ID:bqaipyUV
流し読みなので、適当です。
面白くなかった。もっと極限まで重厚につくるべきである。
ジゼルの絶望感も微塵も伝わらなかった。
ただ、傍観しているように思える。
根本的に、面白いと思える衝撃の度合いが弱すぎるのだと思う。

9 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 14:59:41 ID:m1omFQ2Q
>>7
執筆お疲れ様でした、最後まで拝見させていただきました。
率直に言うと、少しトントン拍子過ぎるというか「山場」が味気ないかと思います。
「リュカが実は俊敏な二刀流の使い手で、城門を内より開けた犯人だった!」
この真相に辿り着くまでに、何のミスリードもなく、ただ順を追って読まされただけ。
何かもう一捻り、例えば「早期陥落の謎解き」をジゼルがはじめると捜査線上に…とか。
最後の一騎討ちはクライマックスとして「リュカの執念」をもう少し強く見たかったかな。

後はちょっと個人的にですが、ジゼルとリュカの心情が少し単純過ぎる様な気がするんです。
話の都合上、辻褄を合わせるように心を引かれたり、簡単に急接近してるように感じました。
例えばリュカは復讐鬼なんですよね?自分の街を陥落させたり、殺人してまで仇討ちしたいんですよね?
そこまで追い詰められて思い詰めた少年が、なかなかどうして穏やか過ぎるかな、というのが一つ。
後は、ジゼルが歴戦の商人にしては随分と簡単にリュカに転んでしまうのも、いかがなものかと。
そんな訳で、個人的にはこの二人の感情が大きく動くシーンがあれば、もっといいと思います。
最後ジゼルが商人という生き方を捨ててしまう位の、リュカとジゼルの間に強いドラマがあれば、と。

文章的には自分は、特別におかしな悪文があるとは感じませんでした。
終始淡々とした文章運びは、この作品の持つ雰囲気を考えればOKかもしれません。
この後も他の方の感想がつくかもしれませんが、自分でよく吟味して、お役立て下さいませ。

10 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 15:39:32 ID:xuJFGwCx
>>7
○良かった点
・面白かったです。読了しました。
・基本的な文章力は非常に高いと思います。
 状況描写と感情描写に優れており、ジゼルないしリュカの感情の動き(絶望も)が自然に伝わってきました。
 序盤は「思わず」などの同じ副詞の多用、同じ状況をくりかえし説明するなどの粗が散見されましたが、
 後半に行って筆が乗るにつれて、それも充分に改善されていった印象を受けました。
・商取引の仕組みや、既得権益をめぐった派遣争い、
 あるいは、王国内で貴族同士の領地争い→王国の力が弱まっているからなどという世界観描写もリアリティがありました。
 なにより、そのリアリティをエッセンスとして活かし、かつ物語の奥行きを狭めずにいられるバランスは秀逸です。
・構成のレベルも非常に高いです。ですが、それが悪影響を及ぼした場面もあります。

 
○悪かった点
・ラストパートで見せたリュカの二刀剣技について
 傭兵とのいざこざの際、使用していたのは形見の短剣でした。
 なぜそのときは持ち手をスイッチしなかったのでしょうか? また、ジゼルとの特訓の際に剣技を封印していた理由も見えません。
 物語の構成は優秀ですが、ここはその構成を最優先してしまったせいで無理に話をこじつけてしまった印象を受けます。

・同様の理由で、ジゼルとセヴリアの再会シーンで
「騙したのは悪かったと思ってる。でもな、おれは窮地に陥っていて、おまえより他に信頼できる奴がいなかったんだ」
 と言っていますが、序盤で
>セヴリアはおおよそのフロイド公軍の陣容を予測し、十日もあればバスティアの城壁に押し寄せるだろうと判断していた。
 とあります。ということは、ジゼルに手紙が届いたのはフロイド軍がバスティアに到達する前のこと。
 つまり、バスティア早期陥落の直接原因である「何者かによる城門開放前」のことです。
 それ以前にセヴリアが負け戦を覚悟していたのなら意味も通じますが、どうもそのようには読み取れません。
 ということは
「結果的に騙すことになってしまったのは悪かったと思ってる。でもな、敵軍を前に城門が開くなんて誰も予想できなかったことなんだ」
 というべきなのではないでしょうか。

・ジェイドは置き去りですか?


○その他
・キャラ小説ではないはわかっています。ならばこそ、最後のシーンはもっと壮絶にしても良かったと思います。
 たとえば
ボロボロのリュカがセヴリアの足下にしがみつくとか、そこに剣を突き立てられて絶命るとか、
あるいは倒れたリュカの血が、ジゼルの買ってあげた何かをべっとりと染めているとか……
 そうしたらもっと絶望感が出てよかったんじゃないでしょうか。

・あなたは富士見をメインターゲットにすべきです。
・ジゼルが斜陽の王国側について、死の商人として各貴族軍相手に王国再建に関わっていくような展開になったら面白いと思いました。

11 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 17:04:19 ID:oSr6Mhlt
>>前623
意外と引っかかるという意見が少なくって、今のところ一安心です。
まあぶっちゃけた言い方をすると、ワトソンが出てて、ホームズが出てない状況、みたいな感じです。
ふと考えてみると、整備士を主眼に置いてると言いつつ、今の所の構成だと
肝心のシーンまでかなり間が空くことに気付いた……伝わる努力をしたいです。

うーん。言い方がちょっと大げさだったのでしょうか……。
言わば、ラブコメのコメにラブに当たる部分がバトルで、コメに当たる部分が整備という感じです。

とりあえず、一章全文ぐらいまではと、鋭意執筆中です……今月内には晒したい。

>>前624
すいません、寝てましたorz
自分は言葉を大袈裟にし過ぎる癖があるみたいで……青春群像劇。なるほど、いい表現ですね。
というか、自分が書くつもりなのは、そういう言葉で表わされるべきなんだろうと今更気づきました。
ロボを前に出し過ぎたがっている自分が居るので、書くときはその言葉を念頭に置いてみたいです。

うーん。まさに、構成として切り口がミスっている、ということになるんでしょうか。
実はこの話、一年ほど前に一度書き上げたもののリメイクなんです。
当時は文章が壊滅的に酷かったこともあって、電撃で一次落ちしてしまい
今回、別の作品で一次通過に成功したので「今の俺ならリベンジ出来るはず!」と
書き始めたものだったり……けど、お察しの通り、まだまだ今の自分には難しいです。
けれど、前回から反省点も自分なりには見つかっているので、最低限“読み切って頂けるもの”には
仕上げたいと思っています。そのときにもまた是非、お願いします。

>>前625
ぶっちゃけた言い方をすると、“設定は読み飛ばす”というスタンスは、読み方の一つとして受け入れていますし
(自分ですることはないけど、そういう読み方を否定するつもりはない)
ある意味、「読み飛ばしたい人はどうぞ」という妥協もあって、背景設定を一か所にまとめたという部分もあります。
なので、個人的な願望には反してはいますが、書き手の意図としてはそれもまた参考になる意見です。

それに、流し読みであっても、自分が伝えたい重要なポイントのほとんどは伝わっているようなので
そういう読み方をされる方にも、問題なく読み進めていただけそうだとわかって、むしろ安堵しているぐらいで。

改めて書きなおすに当たって、「世界観を同じでまったく別の話にすべきではないか」と思い
色々と切り口を探していたのですが、最終的に全て没にして、前回と同じ話をキャラや構成だけ
手を加えて書きなおすという方法を取ったという経緯があります。
なので、そういった意見は非常にありがたいですし、その幾つかは今回のが書き終わってから
流用して外伝的(?)に書いてみたいなー、と考えてます。

とにかく痒い所に手が届きまくって腰が落ち着きました。頑張りたいです。

>>前626
なんと。晒した側の人でしたか。しかもロボ書きの同志とは。
最近はめっきり、人のを読まなくなったんで気がつかなかったです……。

なんというか、真似してしまうことが恐いというより
「既にあるものだと知ってしまうことで、それを避けようと考えてしまうことが恐い」って感じです。
赤信号も目をつむって渡れば知ったこっちゃねえ、という……いや。轢かれますが。
好きだからこそ恐いというものもあったりするものです。

まあ、騎士っぽいロボットと言ってしまったら、それはもう……ですよねえw
正直、この後さらにFSSっぽくなってしまいますorz
うーん。知らずに被っただけなら心が痛まないけど、知ってて被るのが
精神的に負担になるという部分もあるので、ちゃんと見るかどうかは書きながら考えたいです。

12 :セミプロ:2009/07/28(火) 21:54:14 ID:I+KsgnvO
>>4
面白かった。芸術としては尊敬する
しかし小説としては欠点が多すぎる

@つらつらと
まず、おれは登場人物に魅力を感じることができなかった
彼らはそれぞれの能力を発揮させるための記号でしかないから

また展開は、ブツ切り感があって中盤の対決は、似たような話を読むのが非常につらかった

さらに、まったく同じ文章を2回貼るのは、ループ表現なんだろう
やりたいことはわかるが、読者をバカにしている。2回目は簡易に表現すべき

A不自然さ
あちこちに不自然さが目立つため、理解するのがつらい
一例として、以下

>五分間、リザは黙っていた。
>そして、五分たってからいった。
(中略)
>「おれが短命? この二十六億年生きてきたおれが短命? いいか、おれの年齢を教えてやる。
>二十六億歳だ。その間に何千万回と死んだがな。わかったか」
>リザはまた五分黙った。
>「わたしの勝ちよ」
>リザがいった。
>げはははははははっとトチガミが笑った。

リザが5分も黙ってるのを、何故トチガミが待てたのかが理解できない
理解できない作品に、読者は没頭することはできない


B文章
やっぱり文章が描写じゃなくて、説明に終始している
シナリオっぽいのかな?おれ、シナリオとかわからんけど

>トチガミの頭部はなくなり、機械の喉だけが動いて発声していた。

普通、声は口から出るものだ。確かに声帯は喉にあるだろう。だが、描写が不十分だ
頭部が飛んで、トチガミの体はどうなった?
衝撃でひっくりかえったのか?それとも立ったままなのか?
その描写がこの時点でない(会話後に説明はあるけれど、間があきすぎだ)

さらに機械の喉が残っているということは、頚部は体に残っているわけだよな?
それも描写すべきだし、何らかの潤滑液や、サイボーグならではの電気配線などの
メカニカルな描写も必要だ

もっというと、飛んだ頭部はどうなった?床にでも転がったか?微細に砕け散り、霧散したのか?
そのときどんな音がした?破裂音?金属の破砕音?

すべてにおいて描写が不足している

(つづく)

13 :セミプロ:2009/07/28(火) 21:54:56 ID:I+KsgnvO
C独創性
おれはSFを知らない
だから、この作品が独創的かどうかを判断できない

そもそも独創性ってものは、小道具でしかないと思う(天才は別にして)
少なくとも、本を売るためにはね
「今までの他の作品とはワケが違うんですよ!」っていうのは、通販番組のセールストークと同じだ

独創性にこだわり、自分の独創性という道具を信じすぎて、肝心の「家」が建ってない
小道具にこだわりすぎて、一番大事な作品がおろそかになっている
「みてみて!おれのアイデアすごいでしょー!」じゃ買わないんだ
そいつを使って、何をどう見せてくれるんだ?ってこと
それで読者をどうワクワクさせてくれるんだ?ってことが大事

実際、序盤はちょっとワクワクしたんだが、あまりにも表現にリアリティに欠けていて
せっかくのアイデアも、いかされていない感がある

実は、文体に妙な可能性を感じてはいるんだが……おれには、わからん

D蛇足ではあるが
読んでて「銀河鉄道の夜」を思い出した。なんでだろう。関係ないか

あと、おれはてっきり、ここはプロを目指してる集団だと思ったんだ
プロってのは原稿を書いて金をもらうものだ
高尚か、低俗か。斬新か、ありきたりか。どれも関係ないね
極論すれば、上手いか下手かすらも関係ない

大事なのは売りものになるかどうか。単純に、金になるかどうか、だ
この文章に、この作品に読者が金を払うかどうかがすべてだ

プロってのは才能も必要だが、その才能を形にする知恵と、それを売る知恵が必要なんだ
どれが欠けてもだめなんだ
そして、貪欲にその知恵を他人から吸収する姿勢が絶対に必要だ
自分の積み上げてきた全てを、みずから否定して、かなぐり捨ててでも、売るためなら何でもやってやるという覚悟が必要だ
キーボードを叩き割って、泣きながら自分の原稿を破リ捨てる、そういう強さが必要だと思う

そういう意味で、このまま書きつづけても、あんたの作品はラノベ、エンタメでは厳しいかもしれない
一番可能性があるのは詩か純文かもしれないが、それはおれもわからん
そもそも、こんなのは余計なお世話かもしれない

ただ、間違いなく、あんたは異才なんだろうとは思う
この作品には、ある種の価値は確かにある(長大な散文詩として?)
だが、それを昇華させて、売れる商品にするには10年単位の時間がかかるのではないだろうか

身についた変に完成した文体や手法を、かたくなに変えないんなら、もう先は厳しいだろう
伝達技術のともなわない山下清だよ、あんた
気が向いたら、アルチュール・ランボーの詩と、小川未明でもちょっと読んでみてくれ

以上、おれから見知らぬあんたへの精一杯の言葉だ。気に入らなければ聞き流してくれ

ああ、そういえば、ひとつ感心した表現があった
冒頭の詩の「無がゆらめき、無がうずまいて」の部分だ
『無』がゆらめく、とは思いつきもしなかったよ、おれは

正直、これで本当に最後だと思う
金にならないからな
じゃ、元気で

14 :記憶喪失した男:2009/07/28(火) 22:05:03 ID:bqaipyUV
セミプロさん、感想ありがと。超嬉しい。
ただ、
>あと、おれはてっきり、ここはプロを目指してる集団だと思ったんだ
>プロってのは原稿を書いて金をもらうものだ
>高尚か、低俗か。斬新か、ありきたりか。どれも関係ないね
>極論すれば、上手いか下手かすらも関係ない

>大事なのは売りものになるかどうか。単純に、金になるかどうか、だ
>この文章に、この作品に読者が金を払うかどうかがすべてだ

は信じられない。小説家が食べていくのに割に合わない職業なのは明白なはずだ。
お金目当てで捜索する人は少ないだろう。
SFはもうネタ切れだと二十年前からいってるから、
それならおれの出番だと頑張ったおれの努力の結晶です。
プロを目指すなど、志が低すぎる。現に、お金をもらうだけなら、おれはプロになれている。
そこでは独創性を出さないよくある話でお金を稼いだ。だが、それは妥協だ。
目指すは、歴史に残す価値のある作品である。プロの上澄みの上澄みであった。

15 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 22:22:29 ID:m1omFQ2Q
>>14
プロ舐めすぎじゃないかな…「おれはプロになれてる」?だが現実はどうだい。
俺はここで皆に作品を曝して、沢山の感想や批判批評が欲しいんだ。
それを自分で取捨択一して糧にして、よりよい作品を書き上げたい。
なぜかって?プロになりたから、ラノベで飯が食いたいからさ。
ラノベで年収120万の世界に、俺は自ら飛び込みたくてしょうがないんだよ。
…他のみんなは知らない、でもプロにならないと歴史に作品も残し難くないかい?

しまった!スレチだ、申し訳ないっ!ちと曝し原稿用意してくる!

16 :記憶喪失した男:2009/07/28(火) 22:23:22 ID:bqaipyUV
約束どおり、ラノベをさらすよ。ガガガ一次落ち。
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2511.txt
【ジャンル】 SF
【タイトル】 トキノマ
【評価基準】文章がラノベでも許される範囲か。
面白かったか。例によって、センスオブワンダーを感じたか。
【改稿】 可

17 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 22:25:41 ID:krxCFhYX
なんでこういうとこでコテ付けるのかな・・・

18 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 22:33:18 ID:Tm8ul/WU
濃い奴はコテつけて悪いことないけどな
好きならそのままでいいし、嫌ならNGにできる
まあ一番の問題はアンチが湧きやすくなることかな……

19 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 22:37:48 ID:49v0KJ5x
こっちでやるなよアホか

20 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 23:18:23 ID:aK2Lm/oK
>>16
研究所のあたりで読むのやめた
文章自体はラノベにありがちなものだと思う。充分。

ただし、これは俺もここで作品晒して言われたことなんだが「状況描写が足りない」。と思う。

たとえば、研究所って一括りに言っても色んなものがあると思う。
ここで出てくるのは、「森の大陸にある実験室」。
まあ大体、なんとなくだが想像するのは鬱蒼とした森の中にある情景(外観は)だわな。
ただ、その大きさっていうのはどうだろう。
>>16の晒した文章で、>>16の思っているとおりの規模の研究所を想像できる人はなかなかいないんじゃないだろうか。
だって大きさもなんにも書いてないんだよ。
プレハブ小屋なのか、民家程度なのか、それとも背後になにか大きな組織がいそうってなぐらいでかいのか。
少し動いただけでそこらに置いているものにぶつかりそうなら手狭なんだろうし、
そうでないならそれなりの広さと経済的余裕があることが暗に示せる。(これは極端かつ具体的でない例だが)
部屋の明るさは? 薄暗いのか明るいのか、どういうもので明かりを採っているのか。
そういう、一見あんまり必要ないんじゃないかと思われるような部分で世界観っていうのは作られていくもんだと思う。
明かりをなにで採っているのかっていうのは文明レベルを暗に示すことにもなるし、
その世界ではどういうものが発達してるのか
(例えば魔法で明かりを採っているんであればそこはある程度魔法が発達しているという証左になるし、
 普通に俺らが現実に使っている電灯なんであれば、科学が発達しているという証左になる。多分。)
わざわざ地の文で「ここは○○世紀程度の文明で〜」とかいう風に説明することなく、読者になんとなくは伝えられる。

まあ最初の最初しか読んでないしそこで読むの止めたからあんまり突っ込んだ感想は書けないんだが
全体的にト書きのような印象を与えられる。
前もなんか誰かが書いてたような気がするんだが、プロットみたい。
発想自体はまあ割とありがちな印象を受けたけど、それだけに本人の創造力が試される作品ではあると思う。
ので、がんばってください。以上。

21 :この名無しがすごい!:2009/07/28(火) 23:22:01 ID:m1omFQ2Q
>>16
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2512.txt
稚拙ながら最初だけ改稿してみました。
どうしても「翻訳された海外小説」を読まされてる感があったので。
自分自身、「これがラノベ風やえでぇ!」とは言えませんが、参考までにどうぞ。
かなりやりすぎてる感もあるけど、それは俺が「この描写は欲しいな」って思ったんです。
後は、他の皆さんがよせる感想も良く読んで、良く考えてみてくださいね。
無論、改稿版に関するアレコレも、俺も貴方も身になる話もあると思う。

「センスオブワンダー」という単語に随分とこだわりを感じますが。
センスオブワンダーって、発想と同時に、それを上手に提示する技術も必要じゃないかな?
誰もが思いつかなかったとびきりのアイディアも、表現が稚拙だと伝わらないし。
逆に、SFセンスに溢れる桃太郎とかは、技術次第では随分面白いものになると思うな。

文章としては、ラノベ作法、ラノベ文法に少しあわせたほうがよろしいかと。
これから少年の冒険が始まるのかな、と思えば面白さは感じましたが…絵が浮かばない。
もっと読者の想像力を刺激するような描写を織り交ぜたほうが、俺はいいと思います。
センスオブワンダーは残念ながら自分は感じ取ることができませんでした。
複数の世界を少年が冒険して、成長して、そして目的へと至るも大どんでん返しが…
そんな感じなんだろうな、と漠然とですが思ってしまいました。

22 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:01:17 ID:1lIf/Iul
>>16
冒頭から読む気をなくす。
「ライトノベル作法研究所」というサイトでの、タブーの見本みたいです。
なぜダメなのか、まとめてあるので参考にしてください。
http://www.raitonoveru.jp/howto/h.htm#03

23 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:15:03 ID:LT+fFy56
>>16
全部読んだ
160ページを数十分で読めるとは……
発想は良いと思うけど、他が駄目すぎるんじゃないかな。ツッコミ所多すぎだし
でもちゃんと書けば一次は余裕そうな気はする

24 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:32:11 ID:jHvwVQAt
>>16
野球のボールの質量が約140グラムとすると、1200km/hで飛翔すればその運動エネルギーは
20ミリ機関砲弾を凌駕します ……これを打ち返せる人は特殊能力かなにかの設定でごまかせるだろうが、
バットの材質はなんなのでしょうか? 高張力鋼? じゃあボールの材質は? バットスイングのスピードも考慮
すれば大抵の材質なら砕け散るぞw あんたにはSFは無理だ おとなしくファンタジー書いてろw

25 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:49:22 ID:IYCuSfcw
>>
6の序盤まで読んだ。そこでギブ。

・文章がラノベでも許される範囲か。
文章は厳しい評価しか下せない。

>銃声が響いた。
>弾丸は時速九百キロでズサに向かって飛んだ。
>カキンッ。
>ホームランだあ。二打席連続でホームランだあ。
>ムラクモの金属バットが弾丸をまたもや正確に打ち返す。

この文章はないんじゃない?他にも似たようなひどい文章が散見される。
率直に言うと、読めたもんじゃない。


・設定の矛盾。

>そして、十六歳では、時速千二百キロの球を打ち返せるだけの打撃力をもつにいたったのだった。
>銃の弾丸は、だいたい時速七百キロから、時速千二百キロの間で飛ぶ。
>つまり、ムラクモは銃の弾丸を打ち返せるほどの打撃力をもつほどに成長していたのだった。

主人公が、銃弾と同等の速さの玉を打てたということは、
この世界には、銃弾と同等の速さの球を投げられる人間がいたってことだよな。
要するに、この表現では、主人公の強さを示したことにならないと、気付いているかい?

そして、銃弾と同じ速さでボールを投げられるのなら、その世界が拳銃が発達することはない。
だって、銃なんか使わずに手で投げた方が早いだろ?投石器を使えばもっと速くなる。
それなのに、銃が存在する。ここに世界設定での矛盾がある。

万が一、銃弾と同じ速度で投げられる奴が特別なのだとしても、それを最初に書くべきだ。
じゃないと上記のような疑問がわく。

他にも、トキノマの扱いが章ごとに異なっているなど、おかしな所が一杯ある。

・センスオブワンダーを感じたか。
いいえ。
逆に、どの辺りで感じられると思ったのか教えて欲しい。

・面白かったか。
いいえ。

世界設定は自由にしていいと思う。
だが、その設定内ではなるべく矛盾を無くすべきだろう。
あなたの作品は矛盾だらけだ。

言い換えると、あなたの作品は、思い付きを書き連ねているに過ぎない。
辛口だが、小説ではなく、空想でしかない。
自分で作った設定を、よくよく考えてみてくれ。

26 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:50:05 ID:IYCuSfcw
>>25
>>16へのレスね。

27 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 00:54:42 ID:FFo9rENx
>>16
ああ、やっちまったんだな。うっはあ。

読者のことがまったく考えられていないと言ったのは別スレで書いたとおりです。
浮かんだ絵があることを前提に書かれてあるのです。まずムラクモの容姿が不明です。
たとえば「少年」と記しても、「日本人の少年」なのか、「アメリカ人の少年」なのか分からないのです。
外見的特徴を言えば短髪なのか長髪なのか。背は低いのか高いのか、分からないのです。
心情についても同じです。まったくといっていいほど触れていません。書き手が代弁していると受け取りました。
書かれてないことは自由に想像しても良いと判断したので想像しますが、まるで情報がないと困ります。
小出しにされて想像をぽしゃられたり、濃密な描写を樺って想像するよりかはマシです。
マシですがシルエットしか分からないのも困ります。
大陸トキノマも同じです。情報が皆無なために想像できないのです。
読者に想像力がないのではありません。
確かに情報が欠落すると、その部分は脳内で保管します。が、過度に欠落すると想像できないのです。

そういうわけで切りました。
シーンや心情が思い浮かばない場合、私は読めません。
勝手に保管しても良いんですが、そうするなら自分の妄想を楽しみます。
描写が何故に必要なのか。なぜ描写がいるのかを考えて下さい。

……設定の突っ込みとかないなら十分面白いだろうとは思うけど、
面白いことを伝えられないと書き手たりえないような気がするよ。

28 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 03:00:03 ID:YZIGOjVN
>>7率直な感想としてはおもしろくなかった
とはいえ立派な狙いはあって
なるほどねって感じはあったし見せ所はあった
でもジゼルの絶望感はたいして伝わらなかった

三人の男女が道を外れた末に終着点に辿り着いたって感じで
そこらへんよかったんだろうけど
なんで仇討ちしたのにこの結果に?ってのは思った
受賞系の応募向きの話っぽいけど次作が大変そうではあるような話だね
あと暗めの話だからもっとがっつりと世界観とか湿っぽくかけばどうだい?

絶望感のために
筋をとにかく最初にばばっと出さないとダメかな
序盤で一気にリュカ・セヴリアの裏切りと後ろぐらいところだして
序盤の最後にジゼルが間接的にリュカの親父を?ってところをだして
小説が回転しだすのはそっからじゃないかなあーという感じがある

そこから中盤をどしどし進めてセヴリアが捕まるかどうか
捕まっても決闘できるチャンスがあるかないかとか
リュカとジゼルの関係とかジゼルが決闘のチャンスを作り出せるのかとか
リュカの二刀がでてきてそれじゃダメだってことになっちゃうのか
そのまま決闘に行くのか〜とか
で終盤にあのラストに向かって
どれだけのエネルギーで突進するかってことになるんじゃないかな

>>7の文章は無難な語りタイプで私の好みではないけど
こういったタイプの話を書く人にしては
けっこう感情移入の勘所を押さえてはいるとは思う
でも文章と筋がもうちょっと登場人物のために集中しないとどうかな〜

タイトルねえ……
うまく浮かばなければ作中からいいキーワードを探すのが多いとは思う。
『ジゼルと約束の城門』とかは? いやこりゃダメだ……。

*まとめ
最後辺りまで引っ張ったネタ全部序盤に使ったらどうか
陰気な筋にはもっと暗い文章と世界観でいってみるとか

29 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 03:12:08 ID:eGLTNecl
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2513.txt
【ジャンル】 習作(なんだろ?)
【タイトル】 幼女は無慈悲な夜の女王
【評価基準】 とくになし
【改稿】 可 

 とおりすがりになんとなく習作を投下。短いので小説としての評は難しいかもです。

30 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 04:39:59 ID:KdlKaEqB
>>29
しょっぱなから外見描写ってだけでもリスキーなのに、
いきなり外見説明とか、やめてください。その時点で読む気が失せます。

とまあ、それはさておき、
・空行は何の意味が?
・ラストのオチがよくわかんない。

タイトル出オチだとしたら、もうちょっと落としどころがあると思います。
絵がむしろメインなのなら、そのタイトルは無しでしょう。

31 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 04:41:13 ID:YZIGOjVN
>>16
昔そいや筒井さんが本流の海外SF小説のなかで
日本のSF小説はまったく注目されてもいない現状を嘆くような
ことをどっかで書いていたのを思い出した

個人的に私にとってのSFって
現実を超えていく科学的空想だけで成立するんじゃなくて
現実という時間に内在する時間軸で
科学の技術と思想をIFを通して探って描かれるものがSFです
そして概ね科学的空想だけを利用してきたのが日本のSFです

とみると>>16の作品は善悪問題と壊れた世界を巡っていて
ラノベぽいといえばそうだし文章はラノベでもいけるかも?
すこし不思議系の空想に落ち込んだSFというか
宗教・道徳を連ねたような
面白いか? と問われれば熱意は感じるけどおもしろくはない
これがSFか? と問われれば違うでしょうと答えます
だって時空実験と地球の欠片とか
いかに科学的説明がつこうと
こういった発想はSFにふさわしいとは思えない

この作品がSFを名乗るのは日本SFって括りならいいとは思う
でも日本のSFはどうにもならないくらい
科学技術思想フィクションよりも科学技術ネタ空想に偏重し過ぎて
SFの到達点?を目指せるのか自体が危うい気がしますね

あとはセカイ系と日本の空想SFネタの系譜と
神話っぽい繰り返しとか喜劇・ナンセンスぽいとこ?
は熱意をビリビリと感じます
でも一度読んだらある程度分かっちゃうから
何度も読むような気にはならない作品ですかね
センスオブワンダーは感じませんでした

32 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 05:05:31 ID:YZIGOjVN
>>29
これは小説じゃないけど
女の子はずっと男の子をそこで待ってたのかもなって思えたよ
それだけともかくも人物のスケッチが
できたってことでいいんじゃないのかな?

とにかく一人称の効果はでてるってことかも
でもコレをただ同じように何十枚もやられても読めないとは思う
だからそこは小説書きたいなら小説のやり方を身に着けないといけなくなる

あなたがこのキャラに好意を持っているからこそ
この習作が描けたんじゃないのかな
それはとても大事なお話の種だからぜひ育ててみるといいと思うよ

33 :記憶喪失した男:2009/07/29(水) 09:37:25 ID:FrIC2l+S
>>20 世界観は最後まで読めばわかります。そこがオチなんで。

>>21 すいません。どこがラノベ風なのかわからなかったです。

>>22 それは読んだことがあります。が、異を唱えます。
例にのってる文は好きです。問題は、設定だけあってオチがないことだと思います。
この話はオチがあります。

>>23 全部読んでくれて、本当にありがとう。全部読めば、そこそこ評価してくれることがわかりうれしい。

>>24 超合金のバットだと書いてある。超合金!

>>25
>そして、銃弾と同じ速さでボールを投げられるのなら、その世界が拳銃が発達することはない。
そんなことはないと思います。バッティングマシーンが高性能なだけです。
ネタバレですが、この世界は実は現代より文明が進んでいます。

>>27 つまらないということですね。了解しました。

以上、みなさま、感想ありがとございました。
最後まで、というかオチがわかるまで読んだ人(六枚目の石版)の感想があったら、またのせてください。

34 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 12:08:04 ID:XWL6OfAk
小説を読むことは苦行なり

35 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 13:52:18 ID:LT+fFy56
>>33
せっかく最後まで読んだから本気で書くよ。

まず、世界感というか発想は良いと思う。石版もこの続きがどうなるんだろうと気になったし、オチもまあまあじゃないかな。
お話の骨組みとしては結構優秀だと思う。
ただ、それ以外が駄目すぎる。
まず文体、なんか小説っていうよりあらすじみたい。
簡潔に頭に入ってくるからかなり読みやすいんだけど、簡潔すぎて味が無い。みたいな?
ファミコンのマリオで例えると1-1と代わり映えしないステージを延々進んでる感じ。平坦すぎる
後は同じ情報を短期間で繰り返し言いすぎ。かなり説明的になってる
それにツッコミ所が多すぎるんだよね
弾丸打ってホームランだのファールだのって完全にギャグじゃん。でも作品全体のテンションはギャグじゃないからなんか違和感がある
石版も今まで誰も全部見れなかったのに割と簡単に全部見れちゃう主人公たち、チートすぎない?
空港とかも政府に狙われてるならその時点で止めろよ……とか思っちゃう。

どうでもいいけど土曜の朝あたりにこんな感じのアニメやっててもおかしくはないな、って思った
スナイパーから逃げながら六大陸を廻って石版探し……面白そうではある
でもこの小説自体は一次オチも当たり前な出来なので(技術が低いから)頑張って推敲しようとしか言いようが無い
いや、このレベルならいっそ最初からやり直したほうがいいかも……

36 :記憶喪失した男:2009/07/29(水) 13:59:15 ID:FrIC2l+S
短編です。二十分で読めると思う。
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2514.txt
【ジャンル】 幻想文学
【タイトル】 幻日譚
【評価基準】面白いか。その他、なんでも。
【改稿】可

37 :記憶喪失した男:2009/07/29(水) 14:07:12 ID:FrIC2l+S
>>35 オチはよかったのですね。なら、安心です。ありがとございました。

38 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 14:15:39 ID:HvQxRpDK
>36
余計な記述が多すぎます。冒頭で言えば、「おれが眠気眼で〜」より前の文章は全く必要ありません。無くても問題ありません。

とりあえず主人公が無意味な独白をしている間は物語が一切進行していないと考えて下さい。
主人公が目を覚まして、謎の女性に呼ばれて、部屋の鍵を開けるだけのことなのにどうしてあんなに延々と書き続ける必要があるのでしょうか?

その後もひたすら主人公が独白してるだけです。正直、かなり読むのがつらかったです。

39 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 14:38:16 ID:WM53gCWA
>>36
これは幻想文学じゃなくてただのファンタジー(幻想・空想)小説だね
双子とか入れ替わりとか精神病や弟妹が殺されたトリックや宇宙人とか
現実と物事の詳細なしに詰め込んで
胎児の夢の世界ってアイディアでおもしろくなく終わらせてみせただけ

こういう元ネタがはっきりしてるものはアイディアよりも
別の地味な部分を評価されるだろうから
それでいえば引用アイディア披露とその組み合わせに終わってるから
落第してるんじゃないかな

40 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 15:07:34 ID:eTF717uC
>>36
びっくりした。最後まで読めた。
今までは梗概みたいな文章のせいで全作途中で挫折してきたけど、これは読めた。
古臭い感はあるけれど、感情や情景の描写がしっかりしているからだと思う。

まあそれでも面白くはなかったです。
理由は>>39の言うとおり。
読了後の感想は、「だから何?」。
何から何まで置いてけぼりを食らった気分。
以上です。

41 :7:2009/07/29(水) 16:17:24 ID:EO1ee54r
お読みいただきありがとうございました。

>8
そうですね、基本的にジゼルは傍観者です。少なくとも何かを成し遂げる人物ではないです。
面白さの衝撃については、今後考えていきたいと思います。

>9
たしかに、このお話の山が何なのか、と問われれば書いた本人でも、うーんと考えてしまいます。
リュカの二刀に関しても、ライトアップするべきか悩んだところでした。
ラストは確かにもうちょっと粘っても良かったですね。

ジゼルにしてもリュカにしても、キャラが弱いというか、背景がぺらぺらでした。もともと短編を少し
長くした程度で考えていたものですから、書き足りていない部分があったようです。

>10
「面白かった」と言っていただけるのが、やはり最大の励みになります!ありがとうございます。
物語の中で書けよって話なんですが、二刀について。これは左利きの片手剣と見せかけて、不意を
ついて右手の短剣で刺す、いわゆる奇襲的な攻撃です。もちろん一度見せたら終わりなので、
傭兵相手には使わず、ジゼルにさえ秘匿していた必殺の技、という設定を考えていました。
本文中で言及するの忘れていました・・・・orz

セヴリアの「窮地」について
これもわたしの表現力が無いのですが、最初の方で触れている通り、セヴリアはずいぶん前から
大貴族同士の領地争いが激化することを予想し、防備を固めています。外から攻め寄せてくる
フロイド軍は「窮地」ではなくて、セヴリアを失脚させようとした勢力が暗躍していたことが「窮地」なの
です。なので、セヴリアはどのような形になるにせよ篭城は長くもたない、と考えて、万が一のために
ジゼルを呼び寄せました。本文中に書けよ、おれ・・・・orz

あ、ジェイドは置き去りですw

書いてる途中で、「このお話、ハッピーエンドにしたらどうなんだろう」とかいらぬことを考えてしまい、
ラストが中途半端になってしまいました。

>ジゼルが斜陽の王国側について、死の商人として各貴族軍相手に王国再建に関わっていくような
展開になったら面白いと思いました。
これ、面白そうですね! もし書いたら晒してみます。


>28
作品の雰囲気については、バッドエンドを念頭に置いていたので、あまり全体的には暗くなり過ぎない
ように気をつけたんですが、逆効果みたいでした。

書くにあたって心がけたことは、まずストーリーを完結させることと、ストーリーの流れをわかりやすい
ものにすることでした。次作以降、場面場面の起伏とか、読み進めやすさとか、そういったものに
気を配りつつ書いてみたいと思います。
ありがとうございました。


42 :25:2009/07/29(水) 22:35:46 ID:IYCuSfcw
>>33
そっかー。バッティングマシーンかー、気付かなかったよー!
ってアホか。

だったら、銃を使うより、バッティングマシーンに球を投げさせた方がいいだろうに。
野球の球と、銃弾のどっちが速くするのが難しいと思ってるの?

「銃が存在する必然性がない」ことが>>25で言いたかったことなんだけどな。

どっちにしても、あなたの話だと
野球のボール>銃弾
にならざるを得ず、それゆえに拳銃がある理由がないって事が問題なんだよ。

さらにそれだけの速度が出るバッティングマシーンがあるって事は、
それに近い速度を出せる投手が存在しなきゃいけないよ。
バッティングマシーンは、現実の投手の代わりをするためのものだから。

もし、そうじゃないというなら、その説明が必要。読者に余計な疑問を持たせないためにね。

で、ちょっとルールに反するかも知れないが書く。
>超合金のバットだと書いてある。超合金!
じゃあ、なんで銃弾を超合金にしないんだよ!

そして、もう一つ。
自分にとってのセンスオブワンダーは、
「通常考えたこともないような事を、矛盾なく表現されたとき」に感じる印象。
たとえば、リングワールドとかね。

だから、あなたの作品に、センスオブワンダーを感じることができなかった。

とはいえ、あなたの発想とセンスはいいと思う。
6つのうちに、ビル群の大陸を持ってくる発想はなかなか出てこないし、
野球というぶっとんだアイデアも私にはだせない。

ただね、そのアイデアやセンスを、リアリティをもって見せる力が
足りないように、私には思える。

その辺りを理解して、改善する努力をしてほしい。

43 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 23:10:56 ID:fPAKG2pK
>>36
自分に向けて書いてるなーと思いました。
小説ですっていうなら、これ読んで、どんな人が定価に見合うだけ得をするのか
っていうのは厳しいけど大事な問題だと思うんですよ。自戒の意味で言いますけど。
もちろん全員がそれできるなら、プロなんて呼ばれる人はいらない。

自己満足の世界は嫌いじゃないから読めますし、幸い自分は夢野も乱歩も好きだから
本のタイトル見てすぐ内容浮かんだからパロディがわかった

コップに水が入ってるとして、それが八割だろうが二割だろうが、
入ってるならば「入ってる」って答えますよね。
「面白かった」ですよ。比喩が通じればいいんですけど。

44 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 23:27:26 ID:CG6bNMow
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2515.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】プラクティス・クエスト
【評価基準】
 ○面白いかどうか、先が気になるかどうか
 ○文章的に悪文はないか、おかしな文章はないか
 ○キャラクターに魅力を感じるか
 ○何か物足りないんだけど、何が足りないんだろうか

最後まで完結してます、どうか宜しくお願いいたします。
…しまった、あらすじも用意してUPすれば親切でしたね(汗)
もし中途でギブされた方は、ギブった箇所を教えて戴ければ幸いです。
あと、こゆ型式の小説は「長編」として応募できるかどうか、御助言戴ければ幸いです。

45 :44:2009/07/29(水) 23:38:12 ID:CG6bNMow
すみません、書き忘れました…改稿、もししていただければ嬉しいです。

46 :この名無しがすごい!:2009/07/29(水) 23:51:30 ID:FFo9rENx
>>44
人物が若干シルエットだが、テンポが良いのでありとみた。
これ、一目散に逃げるときが良いね。あるよなーと思っていたけどゆるむ。
あえて一章で切った。

第一にライトブライトとシトリの描写が最低限であること。
第二に屈強な冒険者っていうのがもう張りぼてだったこと。
第三に玉座の間がよくある西洋FTかゲームFTだったこと。
第四に同種魔王ネタでは力が弱いこと。
着眼点は良いんだけど薄味。素材だなあと思った。掛け合いとか他とか。
描写が皆無に近いからセリフで補えるラインにしてみたらどうかな? と言うライン。
系統が全く違う人なので良い助言は出来ないけど、あるある設定だったら純粋なキャラ勝負だと思う。

47 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 00:06:01 ID:Rl9dgdOo
>>44
おのれの集中力のなさが憎い。
この読み手は集中力がない+指摘に関しては時々的外れなことを言うことがある
というのを前提にしてこの感想を読んで下さい。

○非常に面白い。先? 気になりすぎて八章あたりで途中飛ばしてオチを読んだよ。
○最初一、二行に漢字をもうちょっと開けばいいのになーと思った箇所があった。
  ただ、それは後のノリ(緊張感解けた後)
  と対比するための硬い感じの演出だったっていうなら、良い効果だったんじゃないかなと思います。
  なんて言うんだろう、ギャップ萌え? みたいな。いや萌えては、魔王に萌えてなどいない!
○キャラの魅力半端ない。外見描写はこのままでいいような気がする。
  登場人物が多いから、これ以上描写追加するとテンポ悪くなりそう。
  ただ、メインに立つキャラ(姫と魔王?)の描写はもうちょっとあってもいいと思う。
○全部読めてないのでちょっと分からない。それは物語的な意味でなのか、それとも文章の過不足?

パソコン画面で読んでるからなのか、ちょっと途中でだれた。
ただ先は気になるので、一個目○で書いたようにしたんだけどもね。
個人的にはかなり好きな部類です。紙媒体なら一気に読む自信がある。

48 :29(暑中見舞い):2009/07/30(木) 01:20:27 ID:5gHN17il
さきほど帰宅。
読んでくれて感想をくれた方々ありがとー。お礼遅くなって申し訳ない。
まだ完成した小説とか書けるレベルじゃ全然なくて、短い場面描写だけですけど(だからオチとかありません)ちょこちょこと書いとります。

小説、の段階に達してないので面白いもクソもないですが、はげましをくれた方には感謝。
いつかがんばって物語を一作仕上げますよ。

というわけで消します。
西は豪雨、東は熱中症、どうなっとるんだと言いたくなる夏ですが、みなさんご自愛を。

49 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 02:28:29 ID:oc+ZIpjP
○良かった点
・面白いです。完読しました。
・RPGパロディは凡百になりがちですが、それを真っ向から挑んで凡作を突き破った印象です。
・伏線の張り方と回収とがテンポよく繰り返され、ぐいぐいと先を読ませる力があります。構成力がかなり高いです。
・文章は過不足ないかといわれれば、過剰側に偏っているところはあると思います。ですが不足はありません。
・キャラクターに魅力を感じます。「実は良い人」「実は悪い人」というだけではなく、ちゃんと人物に血が通っていると思いました。
・『勇者と魔王ごっこで国興し』というのは秀逸な着想だと思いました。


○悪かった点
・作品を構成するマテリアルがすべて『借り物』という印象を受けました。
 勇者、魔王、魔物、『職業』、ホムンクルス、ダンジョン、魔法、聖女に心乱される邪悪、悲恋……。
 完成度は高いですが、それはピースの用意されたパズルを完璧に組み上げているようなもので、
 本作でしか見られない独自性、個性というのがほとんどないように思いました。 

・上記したポイントとまったく同じですが、『新人賞応募』の観点からあらためて言及します。
 型式的に問題はなく、小説として完成していますから一次は通るかもしれません。ですが、二次は難しいと思います。
 それを端的に言い表すと、
『設定にオリジナリティが欠けます。どこかで見たようなという印象は、大きなマイナスポイントです』
 私が昔もらった新人賞の評価シートでいただいた実際の感想です。さっき探してきて、引用しました。
 たぶんこのあたりは作者様も自覚しておられるところだと思います。
 読者のくせになまいきだ。と言わないでください。

・体言止めの多さにはじめは引っかかりますが、すぐにその独特のリズムが心地よくなってきました。
 作者様の文体と体言止めは相性が良いのかもしれません。
 ただし、そればかりに頼らずに文章表現の拡大を模索してみるのもいいと思います。

・最後の最後までラドラブライトのビジュアルイメージが固まりませんでした。
 シトリに「おじ様」と呼ばれているところは老けたイメージでもあるし、
 みずからを「僕」と呼び、部下に敬語を使ったり女々しい後悔に浸るところなどは若々しいイメージにもなりました。
 本人が年齢を超越した存在だからこそ、余計につかみづらいところがありました。
 最後にああいうロマンスがあったということは、絵的にはたぶん美青年的な感じなのだとは思いますが……。


○その他
・アズイラートやビュンダイトらの魔軍が人間界に侵攻、
 列強諸国すら飲み込む魔手がついに世界の辺境トリヒルにすら至ろうとしたそのとき、ロリコン魔王一派が参戦。
 ラドラブライトはシトリを守るため、人類最後の砦となったトリヒル軍を率いて魔軍と激突する……みたいな展開になったらいいなと思いました。

50 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 02:29:35 ID:oc+ZIpjP
>>49
>>44へのレスです


51 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 05:26:37 ID:7ys2dssg
>>44まず、文章は自分的に好みです
ただ体言止めと、〜〜して。の切り方にちょっと引っ掛かりました

何か物足りないというのは自分も感じました
それは全部想像の範疇で、驚くところがなかったというところかもしれません
何て言うのかな。『このキャラはこうしないといけない』っていう概念があるように感じました
もっと『え〜いこうしてしまえっ!』という気持ちがなかったかな
例えば魔王がうわーんと泣き出すとか
シトリが子供はどうやって作るのか魔王に聞いてみるとか

多分プロットをがちがちに作るタイプの方だと思いますが、今度はプロット完成後、粗筋を十回ほど書いてから作ることをオススメします
俺もそれでキャラがどんな人物なのか掴めるようになったから役立つと思う
ストーリーは面白いので、今度は自分のエッセンス、つまりネタを詰め込む作業に入るといいと思います

52 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 17:48:20 ID:DZRdiUAp
>>44
最初に断り書きとして、以下の評は全て「新人賞投稿作として評価した場合」です

○面白いかどうか、先が気になるかどうか
  それほどでもない。基本、ベタベタな王道なので、ある程度先は読める
  むしろ、自分が予想した展開ほどには盛り上がらず、残念な感じ

○文章的に悪文はないか、おかしな文章はないか
  ある
  しかし、商業作品でも非の打ち所のない文章といえるものは多くないので、油断を戒める意味

○キャラクターに魅力を感じるか
  感じなくはないが、テンプレの安心感に近く、作者独自のイズムがもたらす魅力には乏しい

○何か物足りないんだけど、何が足りないんだろうか
  徹頭徹尾、魔王が本気を出さないところ
  真の敵といえるラスボスが不在なため、カタルシスがない
  49が言ってるように、他の魔王たちが人間を攻めて、ラドラブライトが……でもいいし、
  腑抜けたラドラブライトを疎んで、シトリを殺そうとするとかでもいい
  黒衣の勇者レベルの本当に強い勇者(ろくでなし)を登場させてもいい

○こゆ型式の小説は「長編」として応募できるかどうか
  面白ければ、全て許される(要綱違反でない限り)
  ただし、富士見ファンタジアだけは恐らく通らないので、やめておいた方がいい
  なぜかというと、榊一郎さんのデビュー作にクリソツだから
  優しい魔王の代わりに優しいドラゴン(竜王)、姫ではなく、勇者志望の女の子
  それ以外はほぼ同じ
  オチだけは少し違ってるので、偶然なんだとは思うが、正直少し悩んだ

53 :44:2009/07/30(木) 17:51:13 ID:LdhTZC8i
先ずは、読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
以前の処女作でも御指摘戴いたこともあって、お恥ずかしい限りです(汗)
貴重なお時間を割いての読書&感想、今後の執筆に役立てたいと思います。
余計な一言ですが、誉められたり指摘貰ったりで、テンションガチあがりました!

>>46
確かに御指摘いただいた通り、どのキャラも具体的な印象薄いですね。
ここは今後、直してみようかと(特に主役&ヒロイン)思います。
他の方からも御指摘戴いてますが、物足りなさの正体、解った気がします。
キャラ、設定、話運び、どれをとってもテンプレなとこかな、と。
骨組みはいいとして、ここから自分味を盛り込んでいければと思います。
後はそうですね、既存のメディアの魔王主人公系も、勉強が必要だと痛感しました。
描写力も語彙を鍛えて、するべきところはシッカリ描写を心掛けたいです。
キャラももっと掘り下げて、リサーチしっかりやって、って感じですね。

>>47
書き出しの硬さ、これは実は…すみません、狙ってやったものではないです。
これを書いた時期の「おっしゃあ!書くぜ書くぜぇ!」という気負いが出てるのかも。
でも、言われて初めて「文体の緩急による演出」というのを知りました…勉強なります。
上で>>46の方も仰ってましたが、主役とヒロインの容姿等は、もう少し描写必要ですね。

>○全部読めてないのでちょっと分からない。それは物語的な意味でなのか、それとも文章の過不足?
これですが「真ん中が短編連作で、頭と最後だけ長編風の構成の小説」って長編なのかな、と。
この作品実は、プロットできた時点で頭と結末、主要エピソードを書いて、後から真ん中書きました。
章によってはメインの話に全然関係ない、いわゆる「ギャグ回」みたいなのがあるのはそのせいです。
面白いの一言、素直に嬉しいです…でも、これに満足せず、さらに高めていこうと思います。

54 :44:2009/07/30(木) 17:52:03 ID:LdhTZC8i
>>49
読者様あっての物書き、「読者のくせになまいきだ」と言い捨てるなんてとんでもない!
自分でも確かに「この物語でしか読めない要素」は盛り込めてないと感じました。
行ってみれば、木を削って作った彫刻というより、レゴブロックを組み立てたような印象。
もっと読者を盛り上げられるような独自性を、今後は頑張って出していこうと思います。
他の方も仰ってますが「ここからさらにもう一盛り」が沢山必要ですよね…頑張ろう。
体言止めと「〜して。〜だった。」の多用は、当時の自分の癖であるらしいです。
現在執筆中の原稿では、意識して気をつけてますが…癖ってなかなか治らないですね。
しかしながら開き直らずに、地道に注意して適切な文体を模索していこうと思います。
「ダンジョン自体が産業の国」という設定は、ちょっとしたRPGへのメタファでした。
ここも含め誉められて嬉しく、ここはもっと掘り下げて読者に提示するといいのかな…とか。
具体的にトリヒル王国の経済がどう回ってるか、とか、迷宮の魔物の生活賃金状況、とか。

>・アズイラートやビュンダイトらの魔軍が人間界に侵攻
とうさくしてでも うばいとる
すみません嘘です、でもおかしいな…いつの間に自分のとらたぬノートがUPされてたんだろう…
似たような次回作構想を図々しくも妄想してました…ワナビすぎますね。

>>51
体言止めの多用はホント、気をつけたいですよね…要所要所で使うから体言止めの効果狙えるのに。
後は「〜して。〜だった。」ですね、これも変な自分の癖でして…今後、気をつけたいと思います。

余りに物語が予定調和で、キャラも少し優等生(悪い意味で)だったのかな、と反省もしています。
「真面目な騎士」「邪気眼厨二勇者」「綾波系ゾンビ」…うわー、なんてテンプレなんだろう(汗)
他の方からも御指摘いただいた通り、足りないのは「もう一味」であり「独自性」ですよね。
あと、御指摘の通り自分は、プロットはガチガチに固めてから執筆開始、というパターンです。
粗筋を十回ほど書いてみるという手法は、是非一度試してみたいと思います。
何度も何度もネタを書き出し、それを集めて精査し、一本に纏めていく感じですかね。

・総括
面白いけど一味足りない、独創性も意外性もない…自分のモヤモヤがはっきりしました。
今後の課題として、肝に銘じて創作活動に取り組みたいと思います。
変な文体の癖や、主人公&ヒロインの描写不足も複数の方に御指摘戴きました。
ここは改稿時は絶対に直して、よりよい物に出来ればと思います。
後はいわゆる「昔のRPGティスト」を盛り込みすぎて、肝心の十代読者層へのアピール薄いですね。
もっとちゃんと、読んでくれる層を意識したり調査したりしないと駄目よ、懐古厨な俺超頑張れ。
では、最後になりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

55 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 18:03:20 ID:LdhTZC8i
>>52
すみません、入れ違いになってしまいました。感想ありがとうございます。
曝すからには賞への応募を前提にしてるので、非常にありがたいです。

やはり、薄味ですいすい読めるしつまらなくはないけど、物足りないですよね。
これはあくまで「土台」で、ここから「俺独自の物」をのせてかないと駄目ですね。
後はカタルシス、いわゆる山場的なものは確かに乏しいと、ご指摘戴いて反省です。
告白前にもっと、ググッと盛り上がる山場があればいいですよね…ネタ出し頑張ります。

>ただし、富士見ファンタジアだけは恐らく通らないので、やめておいた方がいい
おおっと! ……ありがとうございます、危ないところでした(汗)
富士見は今執筆中の物一本に絞って、これは改稿して別の賞か、サイトの更新材料にして供養します。
榊一郎さんのドラゴンズ・ウィル(かな?)にそっくりな点も、ご指摘ありがたいです。
ちょっと読むとショックを受けてしまいそうですが、後学の為にも読んでみたいと思います。

56 :セミプロ ◆MlAMAP/ChkJN :2009/07/30(木) 20:30:27 ID:FjgHbkOO
>>633
それ、たぶんマルチかコピペだ
どっかで見た

内容もお粗末だ
1万部でスマッシュヒットとか、アタマ悪い
初版でそれ以下の部数なんてめったにないだろ
そいつ、ただの素人だよ

印税も今8%ぐらいだし、ひどいとこは6%だってよ
下手すると、そのうち消費税と逆転するぞw

あと、お前の意見もダメだ
マルチメディアで稼げる作品なら、ちゃんと本が売れてるはずだからなw
作家なんて売れない奴は年収200万以下はザラだ
というか、ほとんどそうだぞ
いや、そうだ、と信じたいぞ、おれは…

むしろ無名のゴースト、実用書関係で儲けてる奴もいるし
オタク相手のエロ同人もいい金になるとか(これは知らんが)
まあ、人それぞれだよ

どんな業界も同じ、儲けるやつは儲けるし、ダメなやつは貧乏のままだ
とにかく原稿書こうぜ

57 :セミプロ ◆MlAMAP/ChkJN :2009/07/30(木) 20:31:50 ID:FjgHbkOO
間違えました
すいませんでした

58 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 20:32:44 ID:wROmVkri
以後気をつけるように。ぷんぷん

59 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 20:44:44 ID:Chv8Ald4
そういえば、いつのまにかスレタイかわってるね。

60 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 20:55:20 ID:pFhAUSYM
それが喪失マジック

61 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 22:31:05 ID:9fxCbIhe
>>44
最後まで読んだ。

○面白いかどうか、先が気になるかどうか
面白かった。中盤以降は先が気になった。

○文章的に悪文はないか、おかしな文章はないか
〜で。で止めるのが多すぎると感じた。

○キャラクターに魅力を感じるか
魅力を感じた。キャラが立ってるね。

○何か物足りないんだけど、何が足りないんだろうか

・物語が、終盤まで短編を書き連ねた感じで、流れが無い。

言い方をかえると、1〜18までは、「こんなことがありました」という単発の出来事で、物語を進ませてない。
それぞれの短編はそれなりに面白くはあるんだけども。

物語が進むのは、国王が突然現れてから。
ちょっと前に、魔女の一言で伏線が張られるものの、唐突な感じは否めないかな。

・魔王たちが、戦いを止めた理由が分からない。

十数年前の「十カ国に及ぶ人間達の同盟の戦い」は、黒衣の勇者の戦闘より後だよね?
黒衣の勇者に止められたわけでもないのに、
(ラドラブライト以外の)圧倒的な力を持った魔王達が、
どうして戦争を止めたのか分からない。

・回収されてない伏線がある?

卑劣な魔王が、魔女をラドラブライトに遣わしたのは何故?
一緒にやろうって言いに来ただけ?何かを仕掛けるつもりじゃなかったの?

ドラゴンゾンビはどうなった?
最後の文章は、伏線のように読めたんだけど。

・最後に、気に入らないこと。

シトリは、自分に関係しない命に対しては、驚くほど冷淡であるように読める。
例えば、シトリは、魔王が今まで大量に人を殺してきたのに、
(そしてそれを知らないはずはないのに)ほとんど葛藤することがない。
家族である魔物を殺した国王についても言及することがない。

殺された人には、その人の人生があった。それを魔王は無意味に奪った。
つまり、大量快楽殺人者とも言える。それなのに、クロアも、シトリも、簡単に許してしまう。
そういう人物が存在しないとは言わない。これが軽い物語だということも分かっている。
でも、私は読後感に、嫌なしこりが残ってしまった。

他の人の感想を読むと、深読みすぎたとは思うけど、個人の感想として残しておくよ。
全体としては面白かったよ。がんばってください。

62 :この名無しがすごい!:2009/07/30(木) 23:06:11 ID:kl4q50wo
>>36
一応おもしろかった
喪失の書いたのは題材とか発想とかわりと好きなんだけど、あいかわらず描写不足で小説
になってないと思った
単なる長編のダイジェストのよう
そもそも主人公の自分が記憶喪失であることの恐れや不安などの感情やリアリティが描写
されてないし、妻を犯すなどの動機や感情の変化も描写されてないように思う
○○はこう思った、ではなく、○○の行動や感情の変化を丹念に追うことで、○○がどう思って
いるのかを伝える必要があるのではないだろうか
特にこのタイプの小説は主人公の不安や狂気に読者自身がオーバーラップされないとおもしろ
みに繋がらないと思う
○○は気が狂った、○○は自分がおかしいと思った、ではなく、気が狂った様子、混乱する状態
を描いて、読者が自分まで気がおかしくなりそうな気がしないとつまらない気がする
でもわりとおもしろかったよ、宇宙人のこととか突然でる奇抜さとか
ここにきて家畜人ヤプーか、と思ったけど
個人的には阿部和重のインディヴィジュアルプロジェクション、マンガだけどデイドリーム
ビリーバーアゲイン(福島聡)、フリージア(松本次郎)あたりも読んでみてほしいかな

63 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 01:35:42 ID:LwLrHXPy
電撃大賞一次落ちの改稿です。
よろしくお願いします。

【アドレス】あらすじ(結末まで記述)http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2518.txt
      前半http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2516.txt
      後半http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2517.txt
【ジャンル】サッカー
【タイトル】フスバルの活動記録
【評価基準】
 ・冒頭の展開はどうか
 ・キャラは立っているか、魅力があるか
 ・試合の様子や用語は想像、理解できるか
 ・最後まで読めたか、途中でやめたならその理由を
 ・ずばり一次落ちの理由は?
 ・スーパーダッシュとガガガならどちらのカラーに合っているか
 ・他なんでも
【改稿】OKです。

64 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 02:19:54 ID:tc/ka8a5
>>63
前半を少し読んだだけでの感想ですが。

・先輩をいきなり内心で呼び捨てにするな
一人称での内心描写と三人称よりの状況描写がごっちゃになってて、
先輩らのことを呼び捨てにしてるように見えてちょっとイラっときます。
とはいえ全てに先輩とつけるのもおかしいので難しいところですが…
・身長2メートルで一人称ボクってのは狙ってる?
せめて僕のがいいような…
・名前に親しみがもちにくい
フスバル・イスラス等はサッカー関係から引っ張ってきたお名前のようですが、
話の雰囲気と合ってないので少し違和感が。
・話が時系列に沿ってずるずると進むだけのところがある
「で、本題は何?」と言いたくなってしまいます。最初の方で提示した方がいいと思います。

あと、一番気になったのは
「一人称なのに読んでいても2メートルの長身の人間の視点には見えない」こと。
背が高すぎると他の人のつむじばっかり見えるらしいよ。顔なんかは逆に見にくい。
普通の人とは見えるものが全然違うとか。まず椅子の上に立って部屋を見回してみると良い。
たとえば桜木花道が晴子さんや彩子さんを見るときは、常にかなり首曲げてます。
でもルートがエリを見るときは全くそういう感じがしない。

サッカーには疎いのでそちらについては言及できませんが、「サッカーに疎い人でも読める」
っていうものではないとだけ言っておきます。

65 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 03:19:22 ID:MQn0xt2P
なんつーかあらすじだけでお腹いっぱいというか、
本文を読んでもあらすじ以上の感嘆やカタルシスは得られないかなと思ってしまう。

序盤だけ読みました。
・身長200センチって口頭表現ではあまりしないのでは。

・主人公の容姿が200センチで結構いい雰囲気としかわからないので、なんともいえばいが、
 ボクっ子から醸し出される女顔・やさしい系のイメージがあるのに、独白部分の口が悪すぎる。
 勧誘に来た先輩に対して『馬ども』って・・・エリ先輩に対しても独白ではいきなり呼び捨てだし。
 じゃあ腹黒キャラなのかと思うと、普通に敬語だったりで。

・世界観が把握できません。ルートとエリって出たから、勧誘描写等から日本の高校に
 外人のルート君がやってきた話なのかな?と思ったら、次にイスラス君が・・・
 ん、もしかして異世界か?と思って流し読みしたらヤマダ君とかいるしで。
 読み進めたらどういう学校なのかわかるかもしれませんが、もしそうだとしてもそこでひきを作る必要は
 ないのでは。 

・個人的に苦手な過剰装飾がないので、読みやすいのは読みやすかったです。



ってか皆に聞きたいんだがラノベで純粋なスポーツ物ってあるのか?
ちょっとそこらへん疎いんで、大成した作品とかあったら教えて欲しい。

66 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 04:07:01 ID:wC4phOxm
>>63
あらすじと冒頭部分を読んで一次落ちとするには十分であると結論したので、
感想を書かせて頂きます。

・冒頭の展開はどうか
 悪いです。周囲に対して、ネガティブなモノローグをつぶやくだけの主人公に
好感が持てるはずもありません。
・キャラは立っているか、魅力があるか
 主人公にはでかいというイメージしかありません。
 あと、ひがむ癖がある。設定上必要なことなのは分かりますが、その設定が
明かされるよりも先にひがむ描写が来るので、そういうキャラクターなのだな、
ととらえざるを得ません。
 次に登場するヒロインとおぼしきキャラクターも、勧誘しているにもかかわらず
みずからの部活に対するネガティブな発言をいきなり行なう。自分の苦労を自慢
する、これではポジティブな印象を受けることはできません。
 このように登場するキャラクターが二言目にはネガティブな発言をするのが
鼻につきます。キャラクターにポジティブな印象がないうちにネガティブな反応
や行動をさせるのは作者が読者に対して、キャラクターをネガティブにアピール
をしたいからとしか思えません。
 スポーツ、特に部活物でこれはないな、正直にそう思いました。
・試合の様子や用語は想像、理解できるか
 試合にたどり着いていません。
・最後まで読めたか、途中でやめたならその理由を
 読みませんでした。サッカーは小説には向かない題材です。それに対する
認識と意識は低いように感じました。これは期待できない、正直にそう思いました。
・ずばり一次落ちの理由は?
 いくつか、ありますので後述します。
・スーパーダッシュとガガガならどちらのカラーに合っているか
 ガガガの方がよいでしょう。スーパーダッシュにはスポーツ物の作品がありました。
 既存の作品にスポーツ物のないところに持ち込むべきです。

一次落ちの理由について
 いくつかありますので、列挙致します。

第一に登場するキャラクターに対して、ポジティブな印象を抱けない。
 スポーツ物で主人公にポジティブな印象を抱けないのはつらいです。

第二に半端にファンタジーであること。
 題材がサッカーなのに、どの国ともわからない架空の場所が舞台。
この時点で、違和感を感じました。
 学校の名前はフスバル、日本じゃないな。四月入学、アメリカじゃないな。
 一年A組? 中学? やっぱ日本なのか?
 キャラの命名規則も西洋系東洋系混じっていて気になる。
 運動を全くしたことがない、全力疾走すらしたことのない主人公が初めての
100m計測で10秒23? 主人公は天才以上の理由がないならファンタジーでしょ。

第三にサッカーは一人称小説に向かない。
 ラノベで主人公以外に味方が10人、敵が11人。それ以外にマネージャーと監督、
もう演出できない。読者には把握できない、絶対無理。しかも、視点が主人公に
限られる以上、サッカーの戦術を演出する幅は極端に狭くなる。

第四にタイトルが悪い
 サッカーを題材にした部活ものであることがわからない。

第五に描写におかしな部分が多い
 基本的に一人称なのに、キャラ名の表記がばらけているので、主人公
が、すべてのキャラに対して上から目線で接しているように見える。
 こういった慇懃無礼な態度が、主人公に対するネガティブアピールになっている。

以上です。次の作品もがんばってください。

67 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 04:27:53 ID:9tQYWZlb
横だし作品読んでもいないが、一つだけ
フスバルはドイツ語でフットボール、つまりサッカーの事だよ
ブンデスリーガで有名だから割と知られてる言葉だ

68 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 05:38:23 ID:g3p3ZfvE
>>61
感想ありがとうございます。
面白い、キャラが立ってる等のお言葉、率直に嬉しいですし、励みになります。
また、他の皆様と同じ点を気になると指摘され、改めて弱点を再認識しました。
この「真ん中殆ど短編詰め合わせ」という状態は、自分も気になってました。
それで、これが長編小説と言えるかどうか、少し不安だったんです。
その上、後半が唐突なので、さらに真ん中の一話完結話に???となりますよね…
中盤の短編一本一本が、ちゃんと大きな流れのピースになってれば、また違うのかな。
その辺も含めて、自分でももう一度読み直してみたいと思います。

>シトリは、自分に関係しない命に対しては、驚くほど冷淡であるように読める。
以前、二次創作をしてた時に、友人からも同じような問題提起があったのを思い出しました。
どうも自分の作るヒロインは、上手く言えませんが「底の浅さ」みたいなものがあるようです。
世の中にはシトリと同系統ながら、ちゃんと説得力を持たせたヒロインが沢山いますし…
逆に、勢いだけでそのへんを読者に気にさせないでぶっちぎってるヒロインもいると思います。
どっちの方向性にするにせよ、その辺はまだまだ自分は勉強不足だなと感じました。
何か聖女系ヒロインを書くといつも、勝手に「清く正しいです(キリッ」を読者に押し付けがちで…
それを裏付け支える描写や設定、物語の運び方をおろそかにしがちなようで、反省です。
きっと、ヒロインも含め自分の作品を、もっと客観視できる力を養いたいですね。
以下、ちょっとお見苦しい言い訳になってしまうんですが、どうか御容赦を。

>・魔王たちが、戦いを止めた理由が分からない。
これは完全に、自分で「十カ国に及ぶ人間達の同盟の戦い」を、舞台装置として軽んじてました。
他にも作中、黒衣の勇者の戦いとか、寵姫大戦とか50年前の帝国戦とか色々出過ぎですよね。
少し整理して数を絞り、その分内容を濃くして本筋に絡められるものが本来は好ましいと思います。

>・回収されてない伏線がある?
卑怯者魔王アズイラートさんは、本当に「またつるもうぜ!」だけなのでした(汗)
ドラゴンゾンビは何か、当初は「ゾンビ娘がピンチの時に、パパが復活させる!」みたいな…
そんな感じのイベントを当初考えてたんですが、上手くゾンビ娘をピンチに出来ずボツに。
結局なんなのさ、というネタばかりちりばめてしまった印象は拭えないですね、この話。

69 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 08:39:50 ID:vgdK0PNb
>>7
読みました。
ですが、面白くありませんでした。

文章はあいかわらずうまいと思います。
ですが、話は盛り上がらないですし、登場人物にも感情移入できませんでした。

おそらくはまず、この話が人間を中心に話が進んでいるのではなく、作者が用意した
ストーリー(設定)の都合で展開している点と、それに伴うご都合主義的な登場人物
たちの行動があると思います。
たとえば、ジゼルが顔を見せるだけで城門を通れるほどの凶相なのに傭兵の頭を
色気で懐柔したり、雑魚(ざこ)キャラにあっけなくやられるリュカがなぜか二刀流の手だれに
なってしまったり、セヴリアなどはもうご都合設定の権化になってしまって、重要なキャラ
なのに人間性に乏しく、魅力も皆無です。
細かい設定やストーリー以前にもっと人間に焦点をあてる必要があると思いました。

それと、状況の説明はうまいと思うのですが、構成がやはりなってません。
典型的な段取り芝居になってしまって、話運びそのものが状況説明に都合のいいものに
なってしまってます。
たとえば、舞台です。普通、物語は舞台に影響されて進むものだと思いますが、主人公の
ジゼルとリュカはだらだらと安全な居酒屋に居続けるだけですし、セヴリアも安全な隠れ家に
潜んでるだけです。そして、こうした用意された舞台は人物の心理や行動にほとんど影響を与えて
いません。ようするに、設定上そうある必要はあっても、物語が展開する上では、舞台が居酒屋で
ある必要性に乏しく、隠れ家が民家の地下貯蔵庫である必要性もないわけです。

こうしたことは他の場面でもいえます。傭兵の話を聞くために傭兵の宿舎に行って戻ってくる、
服を買うために市場に行って戻ってくる、心理描写のために夜中に起きてまた寝るなど。
その場面があることによって何かが起きて、次に展開するといった連続性や必然性がやはり
ないのです。これらの場面は設定上必要かもしれませんが、話の展開上はなくても困らないし、
他で代用できるでしょう。情報など他の人物に集めさせてもいいし、服も買ってこさせればいい、
見知らぬ少女のために傭兵たちに喧嘩をふっかけるような少年が、仇の話を耳にしたとたんに
夜中に震えているのもちょっとどうなのかなと思いました。

よって、ジゼルの絶望する場面とかに関しても、かなり白けてしまいました。
そもそも、ふたりをわざわざ決闘させようとするのはジゼル本人だし。
ちなみに、ここでも上記で触れたことをやってます。まずリュカを道端に置いて、セヴリアを
連れてくるために城に行って戻ってる。人物も展開も予定調和、ご都合主義だらけです。

文章はとてもうまいのですから、もっと登場人物たちの人間性に主眼を置いて、こうした
ご都合主義から脱却する話運びを意識して欲しいと思いました。期待してます。

70 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 09:47:08 ID:AJ+ElxaX
>>44さんへ (遅くなってしまった)

 ○面白いか、先が気になるか
先は特に気にならない最後を読めば恋愛物だってわかる
でもコレは恋愛物としてはどうでもいいような恋愛しかしてない

 ○文章に悪文、おかしな文章はないか
十二章のゲルドルスって人名?がよくわからなかった
あと比喩が月並みすぎる

 ○キャラ魅力
魅力はとくに感じなかったということはプロットはあっても
ろくなプロットが構成されてなかったってことか焦点化が足りなかったってこと

 ○何か物足りない
足りないのが分かったらいくらでも原稿と睨めっこするべき

キャラが17人?くらい登場して視点を割くとまず構造は複雑になる
さらにサブキャラに話を割り振ってるのに
細部のプロットはたいしたことなくすぐに収束してる
最後の逆転の発想はおもしろかった
でもこの一連の筋くらいしかろくな筋がなかったって感じ

形式と視点自体はともかく恋愛筋しかみるところがない
ラドとシトリ以外の視点全部削除するといいかな
どうでもいい脇役視点の小話入れてないで
『主人公の恋愛筋と脇役の恋愛筋への隠れた協力』を
両立させてすべてをまとめることに注力してみる
それができてないから主人公も半端で脇役も活かせてないんだと思う
何か足りてないのはそれがわからずに
恋愛筋と関係ない良い話を置いときましたってやってるからだろうね

71 :63:2009/07/31(金) 09:55:53 ID:LwLrHXPy
63です、批評ありがとうございます。

>>64

・先輩をいきなり内心で呼び捨てにするな
ここは自分でも一番悩んでました。やっぱり気になりますか。
とりあえず独白の部分だけ敬称を付ける、これで統一したいと思います。
・一人称ボク
別に狙ってもいませんし、僕でも変わらないと思うのでこれでいきますね。
・名前に親しみがみちにくい
多国籍軍を思わせてしまうって事ですか? たしかにごちゃ混ぜになってる感がありますね。
ちょっと考えようと思います。
・話がずるずると進むだけ、本題はなに?
本題は、基本的にフスバルが全国を目指すという事です。
それとルートの成長、エリとの恋、父との確執です。
「ずるずる」というのはテンポが悪いという意味ですか? イベントを削った方がいいでしょうか。
・長身の視点
これは盲点でした。
エリの女性らしさを表現する描写にもなるんで、ぜひ参考にさせていただきます。

>>65
・あらすじだけでお腹いっぱい
それは、少なくともあらすじの内容はよく伝わったという解釈でよろしいでしょうか。
・200センチって口頭表現ではあまりしない
pにしろって意味ですか?
・口が悪い、呼び捨て
独白部分くらいは口調と連動させた方がいいみたいですね、統一します。
性格が歪んでるのは過去に問題があって、それで喜怒哀楽が激しい感じがあるんです。
不快に思われたのなら、こちらも見直してみます。
・世界観が把握できない
ちゃんとした説明が必要ですかね。
でも、段々と把握できていく作品とかもあるんで、あまり気にはしてないです。

72 :63:2009/07/31(金) 09:56:48 ID:LwLrHXPy
>>66
・ネガティブ描写が多い
主人公の口調は見直してみますね。
ヒロインは自分の苦労を自慢している、まさにその通りです。彼女は他人からの賛辞を求める性格なので、序盤から匂わせました。
といってもそこで引かれたら意味ないので、これも考えてみます。
・既存の作品にスポーツがないところで持ち込むべき
これはなぜですか?
前例がある方が扱ってくれやすいかな、と個人的に思うのですが。

・主人公にポジティブな印象を受けない
これは先輩たちやライバルとの戦いで成長していく為で、前後で明確な差異をつけようと思ったのです。
口調はともかく、少々後ろ向きな部分は変える気はないです。
・半端にファンタジー
舞台設定が混乱するのはダメですかね。
中学? ってのはおかしいです、ハイスクールって言ってますよ。
たしかに主人公の設定はいかにもファンタジーって感じです、それが悪いとは思わないので、このままでいきます。
ラノベで現実感とかを求めるのは嫌いですから。
・サッカーは一人称に向かない、数が多すぎる
数の問題はおかしいですね、なにも全員を細かく描写する必要はないですよ?
読者にすべてを把握させる必要もありません、戦術の演出やなんかも上からの視点を用いればいいだけです。
そもそも読者はそこまで試合描写を求めていないでしょう、多分。
そんな固定観念では、何万の軍隊が戦うラノベなんて誰にも書けなくなります。
非常につまらない認識で、技量、想像力が足りないとしか受け取れません。
・タイトルが悪い、内容が分からない
これは仮題です。
そもそもタイトルで内容を把握できるラノベの方が珍しいです。
「ロウきゅーぶ!」で「お、バスケだ」と思いますか?
「暴風ガールズファイト」で「ラクロスじゃーん」と思いますか?

73 :覆面戦士☆セミプロマン ◆kpkyqeHICb3n :2009/07/31(金) 10:54:53 ID:d0mDoSYS
やあ!よい子のみんな!夏休みの宿題は毎日すこしづつやろうな!
ところで今日はおっさんが…いや、お兄さんがちょっとだけアドバイスしちゃうぞ!
>>63
>>72
>・主人公にポジティブな印象を受けない
>これは先輩たちやライバルとの戦いで成長していく為で、前後で明確な差異をつけようと思ったのです。
>口調はともかく、少々後ろ向きな部分は変える気はないです。

成長物語を書きたいのはわかった。だがな、読者は暗い奴をわざわざ見たくはないんだよ
だから、もうちょっと工夫して主人公のブツブツ言ってる部分を削るか、分割して間に明るい話(ギャグ)をつっこむとか
明るいキャラを早めに出すとか、読者を楽しませる努力をしておくれやす

>・半端にファンタジー
>舞台設定が混乱するのはダメですかね。
>中学? ってのはおかしいです、ハイスクールって言ってますよ。
>たしかに主人公の設定はいかにもファンタジーって感じです、それが悪いとは思わないので、このままでいきます。
>ラノベで現実感とかを求めるのは嫌いですから。

現実と空想で、どっちか両極端なものは実は書きやすい
だが、この中間は凄く難しいんだよ。なんていうかさ、読者もスイッチをどっちに入れていいか混乱するんだよ
で、それができてないから、そこをうまく伝わるように表現してくれって、ことだ
具体的な手法は、自分で似たジャンルの本を読んで学んでくれ

おれの言葉じゃ聞かないってんなら、冲方丁の言葉を伝えるよ
「これでいいと思ってはいけない」「がんばったことと、ダメなことは別次元で関係ない」「わかってください、はムダ」
この三つは冲方ほどの作家でも自分に言い聞かせたらしいぞ
ソースはおれなw
どっかで言ってたんだけど、どこだか忘れちったよ

>>66さんへ、横から失礼、お邪魔いたしますた。どうにも黙ってられなくてねw

74 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 11:17:44 ID:gzI+fC3j
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2518.txt
【ジャンル】歴史もの(中国史)
【タイトル】孝恵帝(仮タイトルです)
【評価基準】
 こういった題材はラノベには向かないでしょうか。
 あと、構成や分かり辛いところなど、率直な意見を教えてください。

75 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 11:21:21 ID:0gdnsL9H
>>74
クソワロタwwww

76 :63:2009/07/31(金) 11:22:25 ID:LwLrHXPy
>>73
ありがとうございます。
改めて言ってもらった事は、先までの指摘で理解したので大丈夫ですよ。

77 :74:2009/07/31(金) 11:22:39 ID:gzI+fC3j
すいません、アドレス間違えました。
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2519.txt
です。

78 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 11:24:35 ID:GWkdTMLm
>>72
感想に対する反論は無意味と弁えたがいい
他人が読んで感じたこと、思ったことが全て
例えば、下読や選考委員に反論できるとでも?
仮に反論できたとして、相手がそれで評価を変えてくれると思うかい?
「わかってるんなら、言われる前にやっておけ(後出し禁止)」
「相手(読者)の無理解を批判する前に、理解させられなかった自分の力不足を恥じろ(責任転嫁禁止)」

79 :74:2009/07/31(金) 11:33:19 ID:gzI+fC3j
>>75さん、すみません。間違えたんです。
>>63さん、本当にごめんさない
アップしたものを見たら可笑しくなっていたので、再アップしました。
もしまた見れなかったら、無視してください。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2520.txt
【ジャンル】歴史もの(中国史)
【タイトル】孝恵帝(仮タイトルです)
【評価基準】
 こういった題材はラノベには向かないでしょうか。
 あと、構成や分かり辛いところなど、率直な意見を教えてください。

80 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 11:48:53 ID:MDY4cY+u
>>78
いやまあ、今回のは読んでいない部分に対して憶測で批判してるから反論もアリだとは思うけどね。
ただそれに対しての反論が、一人称なのに

> 戦術の演出やなんかも上からの視点を用いればいいだけです。

なのは、ちょっと?だけど。

81 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 11:57:28 ID:0gdnsL9H
それよりもはやく>>79が読みたいんだが。


82 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:02:15 ID:MvkUKjmp
ヒント Unicodeにエンコ

83 :63:2009/07/31(金) 12:02:44 ID:LwLrHXPy

>>78
「お前は間違ってる、だから評価を変えろ」とは言っていませんよ?
納得、共感できない部分があるのなら遠慮なくそれを叫ぶできです。
どんな感想でも黙って聞き入れる読者の奴隷、これほど情けない事はないですから。
特にここでは的外れな意見も多分にありますので。

>「わかってるんなら、言われる前にやっておけ(後出し禁止)」
>「相手(読者)の無理解を批判する前に、理解させられなかった自分の力不足を恥じろ(責任転嫁禁止)」
ここでこれを出す意味も分かりませんね。
責任転嫁も読者の無理解を批判した覚えもないです。
私はこうします、と言っただけなのですが。

84 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:07:16 ID:msnjsCXi
>>79について UTF−8に指定してやってください。
エンコード直せば読めます。

85 :63:2009/07/31(金) 12:10:06 ID:LwLrHXPy
あぁ……ごめんなさい、ちょっと熱くなってしまいました。
我ながら自分の発言が見苦しく思えてきたので、これで退散します。
申し訳ありませんでした。

批評してくださった方々、どうもありがとうございました。
もっと精進し、また出直してきます。

86 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:10:30 ID:MDY4cY+u
>>79
こういう感想はもしかしたらルール違反なのかも知れないので、気に入らなかったら無視して。

まったく読めませんでした。
なぜかというと、中国史なりの知識があることを前提に書かれてるから。
知識のない人間を完全に切り捨てた書き方は正直感心できない&先を読むのが心配
(途中でついていけなくなるかも)なので、早々に読むのをやめた次第です。
こういう人間もいる(てか、多い?)ことだけは知っておいて欲しいかな。

87 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:21:09 ID:g3p3ZfvE
>>70
読んでいただいてありがとうございます、レス遅くなりました。
仰るとおり、本筋に絡まない短編が穴埋め的にあるのは失敗だと痛感しました。
主人公とヒロインに視点を絞り込んで、二人のドラマを動かす為に他のキャラを生かす。
そゆ風にして、一本の話の筋をトコトン追及するべきだったとも思っています。
恋愛オチなんですが、その成就までの紆余曲折、そして山場は必要ですよね。

プロットの焦点化というのは、ちょっと具体的にどうなのか解りませんでした。
すみません、勉強不足ですね…キャラの視点を明確にするってことでしょうか。
「プロット 焦点化」でググったら解説してるサイトがあったので、勉強してみます。

>足りないのが分かったらいくらでも原稿と睨めっこするべき
このお言葉、肝に銘じておきます…もっと詰めるべきでしたね。
「何か足りないけどまあ読んでや」では、読者にも失礼ですし。

88 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:32:07 ID:eusnxacE
>>79
中国史もので電撃の大賞とった作家がいる
大唐風雲記―洛陽の少女って作品。読めば分かるけど、思い切り噛み砕いてる
ライトノベルならそこまでしないとダメかも

あとはそうだね。中島敦の李陵とか読んでみるのはどうか
もうちょっと物語然としてないといけないと思うよ

89 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:32:39 ID:0gdnsL9H
>>74
読めた。これは小説じゃなくて、高校世界史の記述ですよ。司馬遷よりもつまらないものを書いてどうするんですか。
ただ、漢の呂后と孝景帝のはなしはある程度、知っているんで自分は楽しく読めた。

問題点を
・孝景帝のことだけに場面をしぼって。曹操の話とか前漢の成立についての講釈は一切いらない。
・孝景帝は死後の名前なので、ここで使うのはやめとこう。
・とりあえず人間描写を。

孝景帝が母親のメンヘラに苦しむ話をメインに持ってきて、孝景帝と異母弟・如意との親交をそれに絡ませれば
それだけで一本書くには十分な量になるはず。
あとは宮廷内の音や風景、着ている服の華美さ、人々の表情、そういったものを逐一書いていってほしい。

90 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 12:57:09 ID:SWn9vNhG
>>74
横山漫画好きなので読めそうと思ったが、数行でダウンした。年表に思えました。事実だけを書いてその出来事の何を伝えたいのかが分からなかったです
もしこのあとに心情やシーンが書いてあると言われても棚に戻すでしょう。冒頭で引き付けられませんでした
ラノベはキャラクター小説だと思いますので、登場人物にいかに魅力を持たせるかを念頭においてください
だけどこの小説の伝えたい部分を抜き出してそれをシーンになるように書き直せば化ける可能性はあるかも

あんまりいい例ではないので話半分に受け止めて欲しいのですが、エロゲの恋姫無双調べてみるといいかも。三国志じゃねぇぞこれ…くらいの破綻さだけど着眼点は参考になるかもしれません

91 :79:2009/07/31(金) 13:12:01 ID:0bBeh5sJ
>>86
いえ、全然ルール違反ではないです。
中国史を知らない人のことをもっと考えて書くべきでした。
気に入らないなんてことはありません。むしろ、私には必要なご意見です。

>>88
「大唐風雲記―洛陽の少女」と「李陵」ですね。探してみます。
>もうちょっと物語然としてないといけないと思うよ
分かりました。有り難うございました。

>>89
「楽しく読めた」と言って頂けて、それだけで嬉しいです。
問題点を箇条書きにして下さって有り難うございました。
これからよく考えてみます。
宮廷内については、資料を集めて書けようにします。

>>90
説明を先ではなく、主人公を先に出しておいて、
そのあとで所々で説明する、という構成のほうが良いということでしょうか。
恋姫無双は分かりませんが、三國無双は持っていますので、
ゲームはやります。調べてみますね。
それはともかく、もっと噛み砕いて書くべきでした。
読み易さを心がけたいと思います。

誰かの率直な意見を聞いてみたかったので、良かったです。
読んで下さった方、有り難うございました。


92 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 13:33:25 ID:hQqbtuOS
>>63
まあまあ

けっこう読めるし安定してると思うけど
やっぱり決勝まで行くのは無理な分量だね
親父と和解みたいな話でまとまるのはイレギュラーというか
なかなか難しいね
最初から親父と喧嘩してるシーンから始まったほうがいいかもしれない

 ・冒頭の展開
もっとガツンとやらないと
過去のリハビリ?があるならそれを書いてみるとか

 ・キャラ
書き方のおかげである程度いいとは思うけど
もっと良さがでる話が欲しいね

 ・試合の様子や用語
サッカー話題はけっこうわかるけど
かなり圧縮して説明して語ったほうがいいかも

 ・最後まで読めたか
試合パターンが多すぎて最後までいくのにかなり読み飛ばした

 ・一次落ちの理由
自意識は描写と同じく下手すると
足踏みして立ち止まっているのと同じことになる
構成も話も優れてるとは言い難い
あと一人称はもっと要素をつめこませないとおもしろくならないと思う

93 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 14:07:35 ID:FIaK/nPx
>>63あらすじ読んで本編ざっと見て 
「舞台がわからない」
現実世界に則したところなのか、サッカーが存在する架空世界なのか
 フスバル、ルートという固有名詞→外国?
 エリ・ヤマダなどの人物が自然といる→日本?
これがわからないと「全国大会」の規模の想像がつかない
国の名前や、それが架空であった場合大会の規模、優勝することの難しさを伝えて欲しい

もし舞台を日本にするなら変に横文字の固有名詞を出さない
外国・異世界にするならエリ・ヤマダなどの日本名は「外国からの留学生」みたいな説明加えておこう

94 :93:2009/07/31(金) 14:11:33 ID:FIaK/nPx
って上のほうで思いっきり同じ事言ってる方がいるねorz
赤っ恥赤っ恥

95 :この名無しがすごい!:2009/07/31(金) 15:14:54 ID:VBdOSbgk
>>63
えーと、あらすじと冒頭を読みました。

・ネガティブ主人公自体は悪くない。
ただ、ネガティブ展開ばかりを読まされては、うんざりしてしまいます。
なので、工夫をしてみてはどうでしょうか。

 例えば、以下のような解決策が考えられます。
 ・コミカルなシーンを合間に挟む。
 ・魅力的な脇役を用意し、その描写を挟む。
 ・ネガティブな感情は、匂わせるだけにする。
 ・主人公のネガティブさに、自然と感情移入できるような環境を描写する。
 ・最初にスポーツとの出会いを描写し、「成長」をメインにすえる。ネガティブ描写は控えめにする。

どの方法を採るのも、あるいは採らないのも、あなたが自由に決めるべきですが、
とにかく、ネガティブ主人公を読ませる工夫はするべきです。

個人的にお勧めしたいのは、一人称をやめて、三人称にすることですね。
一人称にすると、どうしても序盤のネガティブさを書かざるを得ません。
三人称なら、さらりと流すことも出来ます。
それに、サッカーという題材からみても、三人称の方が書きやすいのではないでしょうか。

サッカーで一人称はできないとは言いませんが、もし主人公がFWなら、
DFの競り合いはどうしても細かく描写できないでしょう?
逆も然り。つまり、見せ場の描写を減らしてしまうことになるんです。

そして、試合描写を詳しく書くつもりがないのなら、
なぜサッカーという題材を選んだのか、理解に苦しみます。

もし、主人公の成長物語を書きたいだけなら、
大勢のうちの一人として動かなくてはならないサッカーよりも
一人だけでやれるスポーツを選んだほうが、一人称で書きやすいでしょう。

・冒頭の展開(描写のリアリティの無さについて)
一行目から厳しいです。

>「はぁ…………それなりに予想はしてたけど」
主人公がいきなり独り言を言ってますが、リアリティに欠けませんか。
さらに、読者を掴むべき一行目なのに、暗い。
先を読みたいという気持ちにはなりません。

つづく三行目
>一年A組教室前の廊下は、大勢の野次馬でごった返していた。
>外界の空気を埋め尽くすような彼らの総数、ざっと見ても百人以上。
>同じ新入生だけじゃなく見るからに上級生ぽい人もいて、学校中の生徒がどこからともなく集まってきたらしい。

教室前の廊下に100人以上いると書いてますが、想像してみてください。
ぎゅうぎゅうづめで、満員電車のようです。
身長2mの新入生というだけで、それほど人が集まりますか。
集まったとして、その中で新入生を見れるのは、何%でしょうか?
つまり、明らかにリアリティが感じられません。

ほとんどの文章が、このような感じで描写にリアリティがなく、読むのが辛いです。

・一次落ちの理由
何か一つ足りないというものではなく、色々なものが足りないという印象を持ちました。

もっと色んな小説やスポーツマンガを読んでみて、研究してみてはどうでしょう。

96 :7:2009/07/31(金) 15:28:11 ID:e7hLJvbH
>>69
ありがとうございました。
頭の中で作ったお話の筋を、一生懸命に文章で追った結果、つまらないお話になってしまいました。
次回以降、もっとプロットを練ってからお話を作り上げようと思います。
貴重なご指摘の数々ありがとうございました。

97 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 01:18:37 ID:q2IcqAKv
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2521.txt
【ジャンル】 伝記物・バトル物(魔物や悪魔が登場)・ダークヒーロー物
【タイトル】 MAJIN(仮)
【評価基準】読みやすいか・キャラに魅力があるか・世界観に興味が湧くか
       先が気になるか、または先も読みたいか・面白いか
       その他あれば、どうぞ

少し長いですが、物語の区切りを考えるとこの辺りが妥当だと考えました。
既にこの物語は完成しており、ここで晒したのは全体の5分の1程度の量になります
ジャンル的にもある意味メジャーなので、既存作品と被ったり似たような描写や設定があるかも知れません
それでは、お願い致します




98 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 01:34:11 ID:pMQ3bKlR
【審議拒否】
      ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧
(ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω)
| U   u-u   u-u (U  ノ
 u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u
    (・ω・`) (´・ω・)
    (l  U)  (U  ノ
    `u-u'.  `u-u'


99 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 01:35:24 ID:pMQ3bKlR
すまん! 誤爆した。

100 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 01:44:31 ID:uhBrBnBR
>>97
軽く流して読んだ感想だけど・・・
読みやすいか→結構読みやすい。少なくとも、ストレスにはならない。
キャラ〜→個人的に訳ありヒーローは好きなんでいいと思う。総長もいい感じ
先が〜→いや、あんな終わり方されたら、普通気になるでしょ。
とりあえず、先は読んでみたい。
面白いか→まあまあ面白い。
次々と新しい事が起きるんで、退屈しなくて済むのは○
飽きないね。
その他→物語冒頭としては、よく出来てると思う。色々詰め込んでて内容も濃いし。
ただ、それが逆に慌ただしい印象を与えるかも知れないんで、よくペースを考えて。

101 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 01:50:39 ID:A0KXxbsn
>>98-99
誤爆とは思えねえほどタイミングバッチリ過ぎて酷えwwwww

102 :66:2009/08/01(土) 02:14:10 ID:XYPC8fE8

>>72

 すいません、私の言葉の選択が甘かったようです。うまく伝わっていない
部分があるようですので、補足させて頂きます。1レスに入りきらなかった
ので感想に削りを入れてしまいました、申し訳ありません。

・ネガティブの意味
 すいません、読み返してみたら、二重の意味で使用している部分がありました。
これでは、伝わりませんね。
 主人公が後ろ向きの性格である、過去のトラウマに囚われている。こういった
部分を別段、問題視しているわけではありません。
 私が問題視しているのは、主人公が主役を務めるにふさわしい“いいヤツ”で
あるというアピール、つまり、好印象を与える演出が足りないことです。
 ラノベの主人公、特に本作品のような主人公の成長を描く物語では、主人公は
読者からの共感と好感を持ってもらえる“いいヤツ”であることは必要だと考え
ます。したがって、本作の冒頭部分における周囲の人間に鬱屈した感情を抱き、
身体的なコンプレックスを内心で吐露するという行動は、完全に逆効果になって
しまうのです。
 長編の冒頭部分、すなわち読者を引きつける“掴み”の部分で、主人公への好
感を持たせる演出を行なう前に、このような演出を行なうことは、主人公に好感情
を持つことを阻害すると考えます。
 これはヒロインにも同じことがいえます。主人公が惚れるにふさわしい“いい娘”
であるというアピールが行なわれる前に、サッカー部に対するマイナスな評価を明
らかにする、自分の苦労を自慢げに話すというようなマイナスなアピールが行なわ
れてしまいました。
 このように、ふたり続いた時点で、「このキャラクターを読者がどう感じるか」
という視点で作者はキャラクターと物語を捉えていないことが明らかである、と考
えました。あなた自身はこのふたりが物語を通じて成長することを知っているので
しょう。ですが、読者はそんなことは知らないし、成長の伸びしろを見せるために
あえて好感を低くしているなどということは、(乱暴な言い方で申し訳ありません)
“知ったことではない”し“どうでもいい”のです。

>>覆面戦士☆セミプロマン ◆kpkyqeHICb3nさま
 補足ありがとうございました。助かりました。

 72のレスの中に質問がいくつかありましたので、それに関しては、スレ違いになり
そうですので、議論スレの方に書かせて頂きます。
 ってああ、>>85で撤退されてた。追い打ちになってゴメン。まだ見てるといいな。


103 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 02:38:46 ID:Bcz5nr49
>>97
辛くなっちゃうのは俺の好みの問題なのだろうか?

熱い邪気眼を売りにしたいんだけど、寒い邪気眼になっていた。
一文一文もバランスが取れていないのでさらにしらける。読みやすくはあるが、稚拙さに輪をかける。
>

104 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 02:47:17 ID:Bcz5nr49
やっちまった!

>>97
熱い邪気眼を売りにしたいんだけど、寒い邪気眼になっていた。
一文一文もバランスが取れていないのでさらにしらける。読みやすくはあるが、稚拙さに輪をかける。

> 人間の2倍近くはあろうその巨体。←OK
> 巨大な丸太を彷彿させるゴツゴツとした四股。←OK
> 太古の恐竜の如き鋭く尖った鋭利な牙。←OK
> 全身に脈々と聳え立つ血管と言う名の大山脈。←?
> 名のある刀匠によって錬磨されたが如き爪。←OK

たとえば視点チェックも俺が見るとこんな感じ。ややカメラワークもぎこちない。
ぎこちない俺がいうんだからあっていると思う。いや、保証しない。
セリフについては……まあ、ありって事で。
問題は戦闘の後。
作品固有のリアリティが妙にないんだ。ないから余計、稚拙さを感じて仕方ない。
具体的には戦闘前後やりとり・タクシーのやりとり・「キャー!」から先……etc
そしてざっとながし読みして延々と続くような戦闘シーン。
戦闘シーンも寒くないなら良いんだが、何でか萎える。萎えて仕方ない。
作り込みの足りなさがでているので直すこと。もう作り物というのが分かる。作り物は仕方ない。
でも作り物特有のリアリティはあるだろ? と言うわけで直しがいると思う。

105 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 04:48:55 ID:v+2uBbSa
>>79
あなたが書いた物を読む前に
すでに中国の物語を読んでるから
まあおもしろいというか
前から知ってた話を講釈されても
これだけの量で本人の力量が良いからおもしろいんです
とか褒めることできないんだよね
創作したって部分がちょっと分量少ない

ラノベやるには切り口と力量が心許ないし
中国史物の軽い学術系に行くにしては頼りないしね

構成は普通で悪くないけど秀逸でもない
元の中国史がおもしろいからどこいってもそれなりになる
色々いじってここをここに持ってきたって意外性はない
とはいえさらさらっと流れてくるものは適確だから
実力は結構あるんじゃないかな

ラノベでも歴史系の創作多いし
歴史系創作をやってる少女小説とかにも手を広げて
やり方を勉強してみるとかもいいかも

106 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 06:14:50 ID:v+2uBbSa
>>97
評価基準を記号で表して総評でそれぞれ併せて書くね(五つ星評価)

・文章の読み安さ ☆☆☆
・キャラ魅力    ☆☆
・世界観の良さ   ☆   
・話のぐい読み度 ☆☆☆
・面白さ       ☆☆

文章はちょい拙く疑問を感じたけどお約束展開でまあ楽しめた
でもそれだけにもっと話を面白くできないと
筋がテンポよく進むけどもっと同時に手を広げたいところ
隻眼の少年は序かあるいは冒頭かどこかで
絡むところを別に用意しないと
それか「お前はあのときの」とか主人公が言っちゃって
次に回想用意しとくとか

あと最初の雑魚敵倒して電話シーンは個人的にいらないと思った
これならさっさと要約するかして女を助ける戦闘から入ればいいのにってね

*総評
お約束満載と個性があまり感じられなかったからこの星配分
すでに完成してるらしいけど100ページ下くらいなのかな?
でも冒頭が物足りないから
最後まで読んで驚くようなことはないだろうって感触がある
世界観も独自にビリビリ感じるものがなかった
途中までだし作品の評価は低めに出たけど
ここまでお約束の直球を投げられる>>97さんはもっと成長すると思う
では一層の健筆をふるわれます様に

107 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 11:39:59 ID:6UchM739
>>104
上から二番目、
>巨大な丸太を彷彿させるゴツゴツとした四股
表現としての是非は別にして、「四股(しこ)」はダメでしょ
正しくは「四肢(しし)」
そこは指摘しよう

108 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 14:28:27 ID:Bcz5nr49
>>107
いけね、忘れてた。

109 :この名無しがすごい!:2009/08/01(土) 18:01:00 ID:dv8UOMSM
>>97

・文章の読み安さ ☆☆
・キャラ魅力    ※
・世界観の良さ   ※   
・話のぐい読み度 -
・面白さ       ※


総合評価・がんばりましょう


110 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 00:18:50 ID:byY72R3N
>>97
>そんな街の佇まいをぼーと眺めてる内に、タクシーは目標地点付近に到着した。
まで読みました。
それ以降は、流し読みです。

キャラの魅力や世界観は、それなりに面白いかなと思う。
でも、どこかで見たような話だと感じてしまった。
ベタなので安心して読めると言えるかもしれないけど、もう少し、この作品独自の売りが欲しい。

展開が詰まっているので、先を読ませやすいかもしれない。

一番気になったのは文章の長さ。
最初の戦いの場面など、緊迫しているのに、セリフも地の文も長いのでだれる印象がある。

>「黙って渡す訳ないだろ、この馬鹿が!!
> これはなぁ、俺が命をかけて手に入れた神からの贈り物だ!!
>お前みたいな奴にみすみすやれるかよ!!」

一触即発の雰囲気なのに、こんなセリフを長々と話させるのは自然ではないし、
その間、主人公が黙って聞いているのも少し違和感があった。

他にも、
>そして、人から姿を変えたこの異形は凄まじい唸り声を上げると、
>その人智を超えた強靭な肉体を駆使して、
>辺りに散在していた工業用の鉄パイプ等の資材をいとも簡単にこちらに投げつけてきた。
など、

一文が長く説明過多で、文章のリズムが悪くなっている場所が多いように思う。
改稿不可のようなので直さないけど、その辺りを注意して推敲してみたらどうだろう。

111 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 00:41:14 ID:8MyL3tbx
>>97
ストーリーは優秀だと思う。
キャラの描き方も上手い。
人物作りやシナリオ作りに関しては、個人的には良い出来だと思うが、
それとそれぞれのシーンがちょっと合わない所がある。
↑で指摘しているように、緊迫した所での文章はどちらかと言うと、
簡潔にそして、ぶつ切りにして表現した方がいい。
一文が長くなってしまうと、程良い緊張感が台無しになってしまう。

各シーンをもっとよく考えて、時間を掛けて丁寧に作品を作り上げれると、
かなりの物になると思う。
と言うか、続きがあるのなら、またの機会に是非見せてもらいたい。

112 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 02:52:53 ID:U4ag9Ggb
>>97

 全体構成がわからないので、なんとも総合評価はしにくいのですが、
アクションシーンを冒頭に持ってきて、とりあえず、読ませてしまおうと
いう考え方はよいと思います。たたみ掛けるようにアクションシーンが
続くのもこの程度の量なら悪くはありません。

 しかし、なんというかひっかかる表現や誤用と思える言葉の使い方が
多いように感じます。

>「ゴホン!……今しがた、緊急の入電があってな。申し訳ないが、
 入電とは、電話や連絡が入ったことではなく、電信・電報などが届いたことを
意味すると思います。

>至急指定されたポイントに向かってもらいたい。地図はすぐさまそちらに転送する。
 まだ、指定されていません。

>我々の考えが正しければ……また、憑依人が出現するはずだ」
 これまでの会話の流れですと主人公と総長は同じ組織に所属しているようです。
ここで我々と表現した場合、主人公も含まれてしまうと思うのですが?
 こちら、あるいは連絡をしてきた部署名や担当者名の方が適切でしょう。

>その事を考慮すると、今回のこの勅命は一筋縄ではいかない事がよく分かる。
 勅命とは基本的には天皇の命令のことです。総長は天皇なのでしょうか?

 ここまでは、揚げ足取りのようなものですね、すいません。

 問題は肝心のアクションで何をしているのかわからないところです。
 これは時間経過を意識しすぎて一文に情報を詰め込みすぎなんだ
と思います。

>俺はその隙だらけな異形の猛進を避け去ると同時に、入れ違い様
>にして手にしていた銃剣で異形を斬りつけた。

 この一文に、敵が隙だらけであること。敵が突進してきたこと。それを
主人公が避けたこと。敵が主人公の横を通過すること。主人公が敵に
攻撃したことというように、5つの動作が含まれています。
 明確に詰め込みすぎです。
 そして、主人公が敵に斬りつけたのはいいんですが、この一撃で敵がやら
れてしまう以上、その攻撃は急所をとらえたはずです。もしくは真っ二つにし
たのでしょうか? これ、主人公の攻撃なんですから、もうちょっと行動をきち
んと書いていただきたいのです。

>――チャキ――
> 何か物言いたげな表情をして、ぱっとこちらに振り返った女性に対し、
>俺はコートの中に忍ばせてあった銃剣を突きつけた。

 また、 擬音の使い方も明確に悪いです。これ擬音の行いらないと思うんです。
ラノベは擬音を使わなければならないわけではありません。あなたが表現したい
世界観に擬音は邪魔だと思います。擬音禁止で書いてみてはいかがでしょう。
 それと、私は銃剣とは、アサルトライフルの銃身下部に取り付ける短剣のこと
を意味していると思います。構えて引き金を引いて弾丸が発射されるんだとする
とそれは私の知っているに銃剣ではありません。それは銃と剣が一体化した
特殊な武器です。実際にそういう武器もあったりするんですが、この主人公も
そんな変な武器を使用しているのでしょうか?

 いろいろ指摘しましたが、方向性ややっていることはそれほど悪くない
と思います。ただ、言葉の選択に端的に表れていますが、全体的に精度
が足りないように感じました。
 もう一度、全体をチェックして、推敲してみることをお薦めします。

113 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 03:30:33 ID:mcNqc46c
>>97
物語冒頭としては、良く出来た構成・ストーリー展開だと思う。
地力は十二にあると思うけど、他の人も言ってるように、ちょっと雑すぎる。
もう少し、推敲して全体のバランスを整えると、確実に良くなる。

多分、全編完結する事を優先したんだと思うんだが、今一度よく見直して、書き直すべき。
光る物はあると思うよ。少なくとも、物語冒頭としては上出来だと思うよ。
久しぶりにコメントしがいのある晒しに出会った気がするわ。
頑張れ。

114 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 08:28:11 ID:GWaDmCxl
名前:
E-mail: sage
内容:
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2523.txt
【ジャンル】 ラブコメ
【タイトル】 B4サイズの想い
【評価基準】
 日本語として違和感のある部分
 おもしろかったかどうか
【改稿】 どうぞ

115 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 09:10:54 ID:Qw62KutL
>>114
全部拝見しました、執筆お疲れ様です。
日本語としての違和感はそんなになかったのですが、やや淡々とした印象を受けました。
折角の一人称ですし、失恋した年頃の男子としての動揺を、地の文に出してみるとどうでしょう?
まだ導入部なので、面白いかどうかはなんとも…今後の展開次第ですし、期待してます。
ただ、文章もそうですが、展開も淡々としてるのでもう少し緩急をつけてはどうでしょうか。
ラブコメなんですし、ドキリ!の瞬間は少し大袈裟に、ヒロインの描写はやや華美に、が個人的には好きです。
以下、一部少しだけ改稿してみましたので、あくまで参考程度にどうぞ…では、今後も執筆頑張ってください。



「あれっ? どうしたのよ、まどか」
「うわっ、一瞬誰かと思っちゃった!」
「すごい! イメチェンじゃない。何があったの?」
 女子の人垣でよく見えないが、何やら柿本相手に盛り上がっているらしい。
 華やかに朝の教室を彩る話題の人物は、その中心から抜け出て俺の前に姿を現す。
 おれは目をひん剥いて驚いた。
 ――これがホントに柿本か!?
 おれは思わず息を飲んだ。野暮ったかったふたつ結いの髪は今、思い切り良く切り揃えたシ
ョートヘアだ。以前からセルメガネのレンズ越しに俺を見詰めていた視線は、この時初めて二
重瞼の黒目がちな瞳をおれに無言でアピールしてくる。薄っすらと化粧してあか抜けたその姿
からは、微かに柑橘系のような香りが漂い鼻腔をくすぐる。
 一瞬、美少女へと変貌した柿本に石原春花の面影が重なり、俺は慌てて頭を振った。
 柿本は思わず見惚れてしまった俺に、少し恥ずかしげに、しかし明るく微笑み言い放つ。
「おはよー、三井。昨日はごめんね」
「あ、あぁ……おっ、おれのほうこそ。っていうかおまえメガネやめたのか?」
 柿本まどかの印象は一変してしまった。
 見るからに文系だった漫研少女は今、清廉とした快活さでおれを見詰めている。

116 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 11:20:41 ID:OzYTDAkA
>>114
・日本語として違和感のある部分
いくつか気になったところがあったので挙げてみる

>まるで身体に鉛を載せられたような疲労感がやってくる
日本語としてダメってことはないけど、ちょっと引っかかった
疲労感を表すなら「体が鉛のように重い」が一般的じゃない?
何か色々混ざってる感じがする

>ぐっと瞼をこらえていたその時だった
「涙をこらえる」なら分かるけど、「瞼をこらえる」は変な気がする

>唐突な声に驚いたおれは振り返った
何か回りくどい
「驚いた」はさっくり削っちゃって良いと思う

>さっさと漫研部に戻れ
「部」は要らないと思う

>おれは謝罪の意味を込めて、それを拾い集めようと思った
「拾い集めようと思った」より「拾い集めることにした」の方が個人的にはしっくりくる

>原稿を奪うのをあきらめた柿本は口を結び
原稿はもともと柿本のなんだから、「奪う」より「奪い返す」の方がよくない?

>おれは火照った顔でその背中を見送ったあと、視線をふたたび窓の景色へと移す
ちょっとくどい気がする
「おれは火照った顔でその背中を見送り、視線を窓の外に戻した」くらいで充分伝わると思う


・おもしろいかどうか
個人的にラブコメは苦手なのでちょっと評価しにくい
申し訳ない


大体こんな感じ
重箱の隅を突くように細々書いたけど、全体的にうまく書けてると思う
これからも頑張って下さい


117 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 11:25:40 ID:bbBDJbix
>>114
日本語の違和感はありませんでしたが、内容と文体が合っていません。
また、特に、意外性もなく、おもしろくありませんでした。

改稿に「どうぞ」とありますが、何様なのでしょうか?
「どうぞ」じゃないですよ。
こういう場合は「お願いします」というのが正しい日本語です。

ラブコメというジャンルになっていますが、いったいどこで笑わせるつもりだったのでしょうか?
コメディになっていません。

118 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 13:06:52 ID:wtOanOxw
ちと質問
プロの文章でも、多々おかしいところ、突っ込めるところってあるじゃない?

ここで指摘してる人たちって、プロのそういう文章についてはどう思うの?
作風って片付けてる? それとも、そういうところに気づかないぐらいのめりこめるほど面白いと感じてるの?
もしくは単純に、こいつは売れてるけど下手だ! って片付けてる?

119 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 13:12:14 ID:Qw62KutL
>>118
気になって物語が頭に入ってこない、って訳でないなら俺は許容してるかな。
悪文でもそれが味、ってのもアリと言えばアリだけど、それはプロに限った話とも思う。
型に入ってから型を壊す、デビューを目指すなら先ずは「型」をキッチリ身に付けないとね。
って訳で、文章的に可笑しいところは気になったら指摘するのがいいんじゃないかな。

因みに俺は今、後学の為にと初めて「とある魔術の禁書目録」を読んでるが、正直キツい…
後、ちょっと議論スレ向けの話題だったね。

120 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 13:18:26 ID:wtOanOxw
>>119
スレチガイすまぬ

121 :114:2009/08/02(日) 13:19:05 ID:GWaDmCxl
>>115
改稿ありがとうございました。
自分が書いたのよりも引き込まれるような文章で感動しました。
参考にします。
>>116
>重箱の隅を突くように細々書いたけど
いえ、むしろ重箱の隅を突いて欲しかったので
沢山の指摘ありがとうございます。

122 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 13:29:02 ID:mcNqc46c
>>118
プロの作品の中でも、文章的に違和感のある物は普通にあるよ。
気になる時も多々あるし。
でも、その違和感を遥かに上回る程の内容であれば、さほど気にならない。
と言うか、俺は全く違和感を感じる事なく読める作品は非常に稀だと思うな。

正し、この晒しスレはそういう訳にはいかない。文章量的にも、内容を把握したり、吟味したりはなかなかできるもんではないし、表面的な内容しか分からない。
圧倒的に情報が少ないからね。
そこから読み取れる内容はごくわずかだよ。
だから、その分目線は文章表現に行く訳だし、そこの所が目に付くようになるんだ。
ラノベとしての面白さやその内容がなかなか読み取れないからこそ、こういう技術的な要素に視線は注がれるんだと思うよ。

123 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 16:53:20 ID:byY72R3N
>>114
全部読んだよ。面白かった。
一読した限りじゃ、日本語としておかしな所は見受けられない。

展開が早くて、リズムがあるのがいいね。
掴みとしては申し分ないと思う。

気になったのは、逆にテンポが速すぎないかということ。

>「もしかしておまえってさ。おれのこと……好きなの?」
このセリフをさらっと言いすぎじゃないかな。意を決するにしても、もう少しためらってほしいよ。

イメチェンする場面も、もっと『溜め』た方が面白いと思った。
ここが肝の部分だろうから、もっとじっくり描写した方がいいんじゃないだろうか。

最初のうちはテンポ良くて構わないと思うんだけど、
その調子でずっとやられると、ちょっと違う気がする。
他の方も書いてたけど、もっと緩急をつけてみたら?

面白かったし、もう少し先を読みたいと思った。
推敲・加筆したらもう一度晒して欲しいな。

124 : ◆WRiTEb9RU. :2009/08/02(日) 18:07:13 ID:UXs9kGCN
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2524.txt
【ジャンル】ファンタジー?(設定的には遠未来SF)
【タイトル】ジャックと王国の滅亡
【評価基準】
・文章の印象はどうか。
・人物や街の外観描写に過不足はあるか。
・この時点でつっこみたくなる設定はあるか。
・この主人公を応援する気持ちになるか。
・冒頭に、後で出てくるシーンを置く構成は受け入れられるか。

・読めるかどうか。途中で「読んでられん」となった場合は、どの箇所まで読めたか。
【改稿】 可

作品の冒頭、プロローグ部分に当たります。
この主人公を応援して貰えるようになれば言うことはない感じです。
なにとぞ宜しくお願いいたします。

125 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 18:17:41 ID:i0IEvuI5
>>114
…面白くないです…話が…すごく…古いと思います…
むしろ…これのどのあたりが…面白いのか教えて…ください
何が笑えるとか…面白いはずだとか…考えて書いてると思うけれど…
作者さんの意図はどこにあるのかしら…

…本当に…心から分からないので…教えてください
私も…参考にしたいので…どうか…宜しくお願いします

126 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 18:26:57 ID:7R0ctx8/
>>114
全部読みました
主人公の心理描写が少しご都合主義というか非現実的というか……
話の展開もベタすぎて面白いとは言えません。
文章は少し違和感のある部分もありましたが無視できるレベルだと思います。

127 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 18:37:26 ID:JrUsUz2C
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2525.txt
【ジャンル】ファンタジー(何でも有り。雰囲気は中世に準拠)
【タイトル】レキの帰郷 「クルク村の護衛団」
【評価基準】
・視点変更のおかしい箇所
・キャラは立っているか
・自然描写が少なくないか
・設定や話の流れにおかしい箇所はあるか
・これ以上は読んでられなくなったところ
・他なんでも
 プロットでほぼ完成している八話編成の物語の一話の前半部分です。
 指摘された点をこれから反映していきたいと思いますので
 よろしくお願いします。
【改稿】可

128 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 19:03:24 ID:k4/lPSNL
>>114
すんなり読めました。
面白かったし、文章も十分に洗練されていて、日本語の方もほとんど気に
なりませんでした。装飾が少なく端的にまとめられた文は好みです。

一応、気になったのは
<唐突な声に驚いたおれは振り返った。> 動詞の時制が混乱してます。
→<唐突な声に驚いて、おれは振り返った>

<そこから二つに結んだ髪の毛を揺らして、クラスメイトがひょっこり顔を出す。>これも時制。
→<そこから〜揺らしつつ、顔を出す。>or<〜揺らして、顔を出した。>

<この高校に入学してから二年間、ずっと同じクラスだった『柿本まどか』は、なんだか嬉しそうにしている。>
長いです。そして、これも動詞の時制が混乱してます。<おれと同じクラスだった、〜嬉しそうにしていた。><おれと同じクラスの〜は、〜嬉しそうにしている>


あと個人的な感想としては、まどかが転んだときに「パンチラ」ぐらいはあっても
よかったと思います。ふたりの意外な一面が垣間見えたりするだろうし、
「読者の予想は裏切っても期待を裏切ってはいけない」の法則もあることだし。

129 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 19:11:24 ID:dYgYAg7b
よろしくお願いします。MFJ一次落ちです。
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2526.txt
【ジャンル】SF。孤島で人体実験される少年少女の物語。
【タイトル】黒ひまわり(原稿用紙338枚)
【評価基準】ラノベと一般、どちら向きであるか。

130 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 20:27:37 ID:9pSUoFDz
>>129
ラノベとして出版されても俺は買わないと思う。

131 :114:2009/08/02(日) 20:29:50 ID:y1LR3tbM
>>117
>こういう場合は「お願いします」というのが正しい日本語です。
以後、気をつけます。
>>123
必要な描写はもう少し濃く書くことにします。
ご指摘ありがとうございます。
>>125
ありきたりな話で申し訳ないです。
>>126
ベタな話でも全部読んでくれてありがとうございました。
>>128
指摘してもらった部分を読み直してみると確かに違和感ありました。
時制の混乱に気を書くことにします。

たくさんの感想をいただいてとても勉強になりました。
また機会があれば晒しますのでその時はよろしくお願いします。

132 :129:2009/08/02(日) 20:51:00 ID:dYgYAg7b
>>130
すみません、できたらその理由も具体的にお願いします。
また、一般として出版された場合はどうですか?

133 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 20:51:13 ID:WgOCTC/N
ところでここが晒したモノを新人賞に応募した人いる?

134 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 21:06:40 ID:7R0ctx8/
>>129
一般向きではないしラノベとして見ても完成度は低い。
作者が書きたいことだけを書いているオナニー小説に見えます。正直読んでいてイライラしました。
評価基準に逸れるのでこれ以上の感想は控えます。

135 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 21:10:59 ID:k4/lPSNL
>>124
>ただ記号の形だけを記憶しながら、通路を進んでいった。

ここまで読んで挫折しました。
理由は無駄な描写が多く、説明的過ぎで、なのに状況がわかりずらく、
文章作法もなってないからです。
あなたは読者に与えねばならない情報と、隠さねばならない情報の区別が
まるでついていません。
まずは読者が関心を持つ事柄と順番、そして、それらの疑問を解消しつつ、
うまく関心を導く方法を勉強したほうがいいと思います。

SFやファンタジーは舞台や人物、ちょっとした小道具にいたるまで、多くの
解説を要するジャンルです。確かに魅力に満ちた世界ですが、その分高い文章力も
必要とされます。もし好きな作家がいるのでしたら、彼らがどうやって
それらのたくさんの情報を処理しているのか、よく研究してみるといいでしょう。
とはいえ、まずは一般的な現代を舞台にしたミステリや刑事ものを参考にした方が、
よりシンプルでわかり易いとは思いますが。

136 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 21:45:33 ID:byY72R3N
>>127
最後まで読みました。
是非続きを読みたい。

・キャラは立っているか。
レキとカノのキャラクターがちょっと掴みづらい。
読んでいけば、なんとなく分かってくるけど、もっと最初のシーンで教えて欲しい。

特に、カノは少年のような性格をしているのに、
置物のお人形のようだとか、お嬢様のような気品と例えられている。
気品や雰囲気は、その性格によるものも大きいから、
そのように例えられるとイメージが掴みにくくなる。

(お人形のような外見がいけないということではなく、全体のイメージとして
お人形やお嬢様を例示されると混乱するということね)

レキのイメージは掴みづらかった。レキには特徴が少ない。
カノは青い目、青い髪で子供のような性格ということで特徴的だけど、
レキにはそういう何かが無い。
もうちょっと、分かりやすい特徴をつけるか、早めに表現してくれないと、キャラが立たないように思う。

・描写について
自分の読解力が無いためかもしれないけど、
情景描写がちょっと分かりにくかった。
自然描写も少ないことが問題ではなく、分かりにくいことが問題のような気がする。

・その他
後は、所々わかりにくく書かれた文章があったな。
一例として
>その可愛らしい顔にある大きな瞳には、蒼い光が宝石のように明滅していた。
カノが青い目をしていると描写したいんだろうけど、
一読してよく分からずに読み直してしまった。

大抵の文章は大丈夫なので、多分意図的なんだと思うけど、分かりにくいとは思った。


色々書いたけど、掛け合いも面白く、設定も良い。
上記のも、強いて言えばといった所。
続きが読みたくなるほど良い出来なので、このまま書き進めていいと思うよ。がんばってください。

137 :130:2009/08/02(日) 21:48:45 ID:9pSUoFDz
>>132
人それぞれでしょうが、ライトノベルってのは「構えて読む必要のない中高生向きの小説」であるべきだと自分では思ってます。
つまりそういうことです。

一般というのはジャンル無き文芸小説ってことだと思いますが、そういう小説のつもりで買って、3ページ目に拷問そして「ふひいっ」とかあったら俺ならブチ切れます。
俺なら、の話ですが、多分この場合の俺は限りなく大衆側です。
漫画では時折直接的な描写もありますが、それらはすべて読者を引き込んだ後に画かれているはずです。少なくとも冒頭数ページでは・・・

例えば小説版のスターウォーズでハンソロが拷問されるシーンとか、模倣犯で旦那が殺されるシーンなどを例に挙げると、その描写は限りなく読者の想像に任せるよう書かれています。
だからこそ読めるのです。
「ふひぃっ」では読めません。


138 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 21:50:04 ID:T2owncaR
>>129
現状のままでは一般、ラノベとも厳しいかと

人体実験シーンの描写が異様に多い上にいちいちキツい
そういう施設なんだからしょうがないし、
これがないとそれぞれの登場人物の行動に説明がつけられないわけではあるんだが、
ほとんどの読者は求めてないっ!
どうにか我慢できて、最初の10ページまで
君がやろうとしたことがどんなことだったかというと、
「年齢に似合わぬ翳のあるエージェント(異能持ち)」のグロな半生(通常はほぼ裏設定)を全部明らかにします
読者はそこ見てないし、見たくもない
読者が見たいのは、そういうエージェントがどんな相手とどうバトルするか
この話でいうなら、ラスト1/4くらいのトコだけ

それなら一般はどうかというと、ドグラマグラみたいのが滅多にない理由を考えて欲しい
ここはラノベ前提なんで一般についてはクダクダ言わないけど、
どうしてもグロにこだわりがあるというなら、
さじ加減はね、菊池秀行のバイオニックソルジャーシリーズの1巻を読むとわかるかも

139 :129:2009/08/02(日) 21:58:25 ID:dYgYAg7b
お返事ありがとうございます。
>>132
う。なるほど、冒頭で損しているってよく言われていたんですが、その訳が分かりました。
ラノベはわりとスプラッターやグロもやるイメージだったのですが(魔女カリとか)
読む物を間違えていたのかもしれません(いやそれを読んだからグロがやりたかったわけではないのですが)。
>>138
その批評、大変腑に落ちました。
書きたいのはグロではなくて、そういう中で生きる子供たちだったのですが……
今の段階では、そこまで進むまで読者を惹きつけられないって感じでしょうか

140 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 22:32:05 ID:JrUsUz2C
>>136
感想ありがとうございます。

>>レキとカノのキャラクターがちょっと掴みづらい。
二人のキャラをもっと強くアピールする必要がありますね。

>>そのように例えられるとイメージが掴みにくくなる。
これは全然気づきませんでした。外見と内面のイメージの違いは
設定上仕方がないとはいえ、掴みにくくなってしまっているのは
まずいですね。いろいろ書き直したいと思います。

>>レキのイメージは掴みづらかった。レキには特徴が少ない。
主人公の特徴の出し方は、心理描写を多くした方が良いのでしょうか?
それとも外見面を書き出したほうが効果的なのでしょうか?
もし良ければそのアドバイスも頂けたらと思います。

>>情景描写がちょっと分かりにくかった。
自分も懸念していました。少ないことが問題ではなく
分かりにくいということなので、それを念頭に置いてこれからの
情景の書き方の参考にしてみます。

>>所々わかりにくく書かれた文章があったな。
読む人にさらっと読んですぐに思い描いてもらえるような文章は
自分の一番の命題ですので、洗いだして修正していきたいと思います。

>>掛け合いも面白く、設定も良い。続きが読みたくなるほど良い出来なので
ありがとうございます。大変うれしいです。初作品なので
自分では楽しんで書いているのですが読み直すとこれが受けるのかなと
不安になるばかりでした。他の人にそう言ってもらえると励みになります。

141 :139:2009/08/02(日) 22:53:51 ID:dYgYAg7b
アンカー間違えました、>>132となっている箇所は、>>137へのレスです

142 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 23:16:23 ID:IqR2Z8vL
>>127
読みました。私の感想として、最初に言っておくと、かなり上手く書けていると感じます。
ですので、私の指摘を反映させるとかえって作品がつまらなくなりそうなので、
以下は参考程度にしておいて下さい。

>・視点変更のおかしい箇所
無いと思います。
どこを気になさっているのかが分かりませんでした。

>・キャラは立っているか
カノのキャラは非常に立っています。
次いで、レキ、マリサ、アリンのキャラがまあまあ立っている、といった感じです。
他のキャラは、まあ現状晒された量を考えればこんなものかな、という感じです。
それぞれのキャラが立場相応程度に立っていると思います。

>・自然描写が少なくないか
いいくらいではないかと思います。全体的にうまく書けていると思います。
ただ、私は村の様子が少し想像しにくかったです。
(ヨーロッパ風のオシャレな街のイメージなのか、狩りが必要な程辺鄙なイメージなのか)

>・設定や話の流れにおかしい箇所はあるか
無いと思います。

>・これ以上は読んでられなくなったところ
いまのところはありませんでした。

>・他なんでも
・「?」や「!」の後は空白1つ入れた方がよいのではないかと思います。
・レキの外見描写が、主人公にしてはいくらなんでも少なすぎでは、と感じます。
・誤字が0ではないのが勿体無く感じます

本来当たり前のことですが、現状で、細かい伏線が矛盾無く回収してあるのも好印象でした。
あと、よっぽど問題ないとは思うのですが、今の時点では「山場」がありません。
現状晒されている量からすれば無くても当然とは思うのですが、万が一このまま最後まで進んでしまうと
ただのほのぼのファンタジーになってしまうのでは、と感じました。まあこれは杞憂だと思いますが。

143 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 23:46:57 ID:IqR2Z8vL
>>97
全部読みました。

>読みやすいか
読みやすいです。

>キャラに魅力があるか
失礼ながら、う〜ん微妙。
悪くは無いんですが、やはりどこかで見たようなキャラ、という印象。

>世界観に興味が湧くか
失礼ながらこれも微妙。なぜなら謎が多いような世界に感じられないからです。

>先が気になるか、または先も読みたいか・面白いか
丁度いいところで切られている事もあり、先は読みたいです。
確かに既存の作品と〜、と言う話はありますが、それでも面白いと思います。

>その他あれば
・この作品は1人称である必要性が感じられませんでした。
 個人的には3人称の方が深みが増すように思えます。
・別に悪い意味ではないのですが、何かこの作品は10〜15年前くらいの作品?
 と感じてしまいました。
 それだけに、おお、この作品は目新しくて面白い、と感じさせるのは難しいかもしれませんが、
 是非頑張っていただければ、と思います。

144 :この名無しがすごい!:2009/08/02(日) 23:50:01 ID:Mbtmn06M
>>133
いる。エムエス三次落ち

145 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:01:15 ID:RMYd8mcr
>>142
感想ありがとうございます。

>>私の指摘を反映させるとかえって作品がつまらなくなりそう
そんなことはありません。どう捉えるかは結局は作者次第なので
ぜひ参考にさせていただきます。


>>視点変更のおかしい箇所
パート毎に視点が変化しているので、読み手についていってもらえるかどうか
不安でした。でも大丈夫そうなので、このまま進めていってみます。

>>キャラは立っているか
カノのキャラが立っていたというのは作者として非常にうれしいです。
ただ他の人にも指摘された部分を改善して、もっとよくしていきたいと思います。
レキはもっとキャラ立ちさせないとダメそうですね。
優先して思案していきたいと思います。

>>自然描写が少なくないか
村のイメージがまったく書かれてませんでしたね……。
村の全体的なイメージをはじめのほうで書きたいと思います。

>>「?」や「!」の後は空白1つ入れた方がよいのではないかと思います。
基本的なことでしたね。修正します。

>>誤字が0ではないのが勿体無く感じます
読み直して校正していきます。

>>「山場」について
前半はキャラの紹介や掛け合いで無理くり引っ張っていきました。
最初の書き出しもそうですが前半が弱いのは苦しいですね。
これは力量をもっとつけてクリアしていかなければならない問題と思っています。
ただ山場は後半に収束させていますので、最後まで読んでもらえるように
書いていきます。

146 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:08:44 ID:OqGmboWZ
>>124
○良かった点
・状況描写に過不足がなく、文章力は晒しスレ最高レベルです。あとは表現の幅を広げていくのみです。
・『カットバックは新人がするな』というのは常套句ですが、本作はスムーズなので充分に受け入れられました。
・王国がなんのためのエネルギープラントなのか、とすごく続きが気になりました。導入としてはよくできています。


○悪かった点
・ジャックを『応援したくなるか』といわれれば、どちらかといえばNOです。
 ですが、この段階ではまだジャックが「何のために」「何をなしとげようとしているのか」がわからないので
 何を応援すればいいのかがわかりません。もちろん、幸せになってほしいとは思います。


○その他
・『怪盗』『王宮魔術室』という単語を見て一瞬、「あれ、これもしかしてファンタジー?」と思ってしまいました。
 でもジャンルを見たらちゃんとSFだったので安心しました。
 個人的な混乱ですが、読んでいて世界観がわからなくなった……というのは一応、報告しておいた方が良いと思い記述しました。

・作風がハードなので、新人賞に応募するときは傾向を吟味してください。

147 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:10:29 ID:wIgjEKxK
前スレ>527「習作さん」感想
冒頭に変わった文体を持ってくるとそれだけで読むのをやめる人も出てくる。
クライマックス付近で、ページを捲るのももどかしいくらい没頭した状態で読めばこの文体の効果もあるだろうけど、
冒頭でいきなりだと作者の文章力がないと思ってしまう。

最後の方、
マイリが戦いを挑んでくる。マイリとイトラ戦闘開始
マイリと戦闘中にミストが現れた。ミストとイトラ戦闘開始
ミストと戦闘中にディガーが現れた。ディガーとイトラ戦闘開始
ディガーと戦闘中にバグが現れた。バグとイトラ戦闘開始
この流れを「くだらない」と感じる人もいそう。

前スレ>528「ナイトラウンドハイタッチ」感想
・基本的な文章力はどうか
推敲をぜんぜんしてないのに、文章力を聞かれても知らん。

・キャラクターは処理できているか
主人公が感じていた自分自身への違和感の正体が最後まで読んでも分からない。
斉藤桃子は不要な気がする。
キャラを足枷に使いすぎ。

・メインの二人はうまく動かせているか
二人というのが俊介と百合恵なのか、俊介と司なのか分からない。
分からないと言うことは、うまく動かせていないということだろう。

・根本的にストーリー、ライトノベルとして面白いか
夜行会が出る辺りまで退屈。
主人公が自我に疑問を持つと、何を寄り代に物語を追えばいいか分からなくなる。


その他、両作品共通で
ラノベはキャラ小説とも解釈されるから、キャラが立つことは重要で、
そのラノベでアイデンティティの変質を描くのは難しいと思う。
キャラが立っていない状態と同じ印象になる。

主人公は視点、人称、価値観、などの基準になる。
読者は主人公を基点として物語に入ってくる。
不安や疑いを持たずに感情移入できることは大事。

148 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:11:58 ID:wIgjEKxK
>>5(前スレ>534)「Untitled 仮題:クリアラ・シトリンとの友情」感想
最初のクッキーの話は、考えている内容が若くない。
思考が回りくどいし表現も気取ってる感じ。
人生経験が豊富な老紳士のモノローグかと思った。
藤村俊二さんみたいな。

>この町ではとある事業が栄えた。
>ギルドである。
ギルドとは組合のことだ。
マンガやゲームにある「冒険者ギルド」のつもりだろうが、商業組合も工業組合もギルドだ。
他からネタを仕入れるのは構わないが、意味を理解して、自分の中で消化してから使えよ。

149 :146:2009/08/03(月) 00:12:55 ID:OqGmboWZ
>>146の10行目冒頭の「ですが、」は忘れてください。推敲ミスです。

150 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:13:26 ID:wIgjEKxK
>>5(前スレ>555)「ブラッドレス」感想
・文章でおかしい点
特に気にならない。

・設定上気になる点
短いから、矛盾なのか、これから説明するのか分からん。
海水浴場を見張っていた理由とか。

・どちらかを女にするべきかしなくてもいいか
しなくていいと思う。

その他
プロローグみたいなのは不要な気がする。
物語の核心がなかなか出てこない話なら、プロローグを置くと分かり易くなるけど、
これはすぐに、吸血鬼になる病気の話と分かるから、いきなり第一章に入って構わない。

151 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 00:45:03 ID:z+CSviVu
>>129 
全部読ませていただきました。 
個人的には面白い物語を読ませてくれてありがとうという気分です。 
 
正直ラノベでは無いですね。かといって一般というレベルでもないかと。 
無料のネット小説ならばそれなりに高い評価を得られるでしょうね。 
 
登場人物ひとりひとりにエピソードがあるのでしょうが、少々詰め込みすぎな感が否めません。 
主人公に接する人間のみに絞って深く掘り下げた方が良かったかも。 
さらにもう一人の主人公であろう人物の発言に問題が多いかと。 
全体的に重い物語の中でさらに重みを背負っているだろうに軽さを体現する彼の存在は一服の清涼剤とは言い過ぎでしょうか。 
けれど、メタな発言やネタな発言が目立ち、悪い意味でキャラが立っています。  
 
グロ表現は控えめに、そして無機質に描いた方が心に残るかもしれません。 
作中でもいくらか描かれていますがさらに無機質に。彼らに施される医療行為の過程は特に必要ないと感じました。 

でも、私は結構好みですよ、こういう作品は。 
削るべきところは削り、付加すべきところは付加し、しっかりと推敲したうえでならもう一度読みたい作品です。

152 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 01:07:11 ID:OqGmboWZ
>>127
○良かった点
・文章力はふつうです。こなれていませんが、悪い癖もついていません。推敲でいくらでも改善できると思います。
・キャラはそれぞれしっかりツボを押さえていると思います。しかし、レキのキャラが薄すぎる気もします。
・自然描写について、自分の想像と食い違った場面は今のところありませんでした。
・話は面白いです。続きが気になります。


○悪かった点
・視点変更のおかしい箇所はひとつだけありました。
 『マリサとアリンは睨みあっていた。』からスタートする章です。
 視点変更がおかしいというよりは、誰の視点になっているかがスムーズにわかりませんでした。


○その他
・この作風はラノベではかなり有利なのではないでしょうか。
 学園モノのようなライトな雰囲気を、ファンタジーの舞台でも違和感なく転用できています。

153 :129:2009/08/03(月) 01:09:52 ID:sC8Rwll/
>>151
ありがとうございます。
推敲二ヶ月かけてこの有り様じゃあザマぁありません……orz
最初ラノベを狙って書いて、出来上がったらラノベじゃない・一般のが向いている
などと多数のアドバイスを過去もらったんですが
結果として中途半端でどっちつかずの出来になってしまったようです。
削るべき箇所が多い、ごもっともです。

154 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 01:11:59 ID:b8W3scYP
>>124
結構面白いと思う
文章も分かりやすくていいんだが、情景がいまひとつ掴みにくい
外国人向けの奇形なんたら〜の部分は何をするところかサッパリわからなかった

155 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 01:26:58 ID:b8W3scYP
>>139
>書きたいのはグロではなくて、そういう中で生きる子供たちだったのですが……
それは分かるんだけど、40ページくらいまで読んでもラノベ的な面白が皆無なのは問題だと思う
アズナが出てきた時はおっ!と思ったけど坊主って……。その後どんなに美少女描写しても無駄だよw
つうか普通に考えて、人体実験されてる少年の日常を淡々と書いて面白いと思う?しかも日記っぽい文体で変に単調。
まあこういうのが好きな人もいるかもしれないけど、それは妊婦萌えとか近親相愛萌えレベルに特殊でコアなジャンル。大抵の人は理解できない。
拷問されてる子をラノベ的な美少女にすれば少しはマシになるだろうけどそれにしても……。
どっちみちそんな特殊なジャンルは新人賞じゃ厳しいでしょ。
もし普通の物語を目指してたならかなり失敗してると思うから根本からやり直したほうが良いと思うよ。
40ページ以降一気にラノベになったとしてもそこまで辿り着ける人は少ないと思うから

156 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 01:45:16 ID:mmGRqxJK
>>124
最後まで読みました。

・文章の印象はどうか。
かなり良い。表現力があると思う。

でも、ホウジョウのセリフが、なにか借りてきたような物言いに思えた気もする。
とはいえ、他と比してということなので、それほど気にすることは無いかもしれない。

・人物や街の外観描写に過不足はあるか。
今のところは、無いです。
ただ、後々はもっと詳しく書いていって欲しいかな。

・この時点でつっこみたくなる設定はあるか。
特に無い。
ただ、SFとかファンタジーのような世界観である事は
早めに提示した方が良いように思う。

・この主人公を応援する気持ちになるか。
今のところは、あまりそういう気持ちにはなれない。
あくまで『今のところ』なので、これから青年期のジャックを見ていけば
応援する気持ちになれそう。

(つまり、応援する気持ちにまではなれないが、
だからといって主人公のキャラ設定を変えて欲しくない)

・冒頭に、後で出てくるシーンを置く構成は受け入れられるか。
問題ない。
ただ、個人的には、同じ文章が出てくると、読むのがだるくなるな。
何か、良い方法があるといいんだけど、思いつかない。

・その他
全般的に素晴らしいと思うんだけど、
個人的な印象では、ホウジョウとジャックが関わりあうシーンが、他に比べて少し物足りない気がする。
最初にその場面を見せられているからインパクトが弱いのか、セリフがピンと来ないのか、
ちょっと分からないし、主観的だけど、素直な感想として一応書いておく。

非常に面白かった。続きを読みたいと思う。
もし良ければまた晒してください。

157 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 02:56:03 ID:OqGmboWZ
>>129
○良かった点
・文章力は高いと思います。
・長編を完成させているところ。これができるなら、自然と成長します。


○悪かった点
・題材や表現、キャラクターやラストの展開などはすべてサブカル側に振り切っており、あえて言うならラノベ向きです。

・作者様が、どんな読者に、どんな目線で読んでもらいたいかが最後まで伝わってきませんでした。

・既存の単語をひねりなく登場させており、物語単体で見た場合に個性がありません。
 さらに「研究所におけるモルモットの悲劇」というのはありがちすぎるモチーフです。

・描写がかなり偏っています。
 ドゥーミィの生き様を描きたいにしては、彼等の交流が事実の列挙のみで済まされているパターンが多いです。
 少年少女を実験し、あるいは虐げる悪趣味なシーンを執拗に描くのは心地良いとは思いますが、
 それを売りにできる、共感を得られるとは考えない方が懸命です。
 よほど嗜虐性癖の根深い人間でなければ喜びません。


○その他
・ノベルゲームのシナリオに向いているかなと思いました。

158 :129:2009/08/03(月) 06:51:33 ID:sC8Rwll/
>>157
ありがとうございます。サブカル側という表現は非常に分かりやすいです。
ひねりない単語というと、毒電波とかでしょうか。
何というか、このスレでのグロ部分への拒否反応の強さに戸惑っています。
自分としてはフィクション的にかなりぬるく描写したつもりで、今まで読んでもらった人
(普段ラノベ読んでいる方々)にも「もうちょっとスプラッター濃くしてもいいかもね」と言われていたので
生体実験とかもっと惨たらしいことやっているよねと考えていたので
どのへんが一般基準なのか分からなくなってきました
こう書くと変態っぽいですが、嗜虐よりはむしろ被虐でこういう悪趣味に手を出しましたが
ただ、読者層を意識する部分は書いた当時、確かに抜け落ちておりました。痛恨です。
ノベルゲームというのは目からウロコですね。

159 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 07:33:11 ID:T0vrE+Qq
>>114
おもしろくなかった
短編としては捻りがなさすぎるし
あなた自身面白いと思ってないんじゃないかな?

>>124
・文章の印象。
肝心なところを説明でバシッと叩きつけずに
弱々しい比喩ばっかりに感じた

・人物や街の外観描写に過不足はあるか
描写というかただ変な言葉で特徴を羅列してるだけみたい

・この時点でつっこみたくなる設定はあるか。
悪いけど設定に興味がわかない

・この主人公を応援する気持ちになるか。
奴隷ってだけで主人公を応援したいとは思わない
たいした特徴もないし

・冒頭に、後で出てくるシーンを置く構成は受け入れられるか。
こんな短い枚数でそんな構成してもほとんど効果ないよ狙いがあるの?
あなたの狙いは成功したのかい?

・読めるかどうか。途中で「読んでられん」となった場合は、どの箇所まで読めたか。
ライオンとか出たところからひどい感じた

160 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 08:26:47 ID:T0vrE+Qq
>>127
・視点変更のおかしい箇所
そもそも形式を使いこなせてない
三人称一元くらいからやったらどうだい

・キャラは立っているか
あなたが思うキャラが立つようなとこってたとえばどこなの?

・自然描写が少なくないか
自然描写はうまくなかった
場面中に余計な要約が多いように感じたよ

・設定や話の流れにおかしい箇所はあるか
たとえば魚獲ってるときに蛮族があらわれて
さっさと主人公と少女を事件に巻き込んでくれ
蛮族さんの悪役振りがぬるすぎる

・これ以上は読んでられなくなったところ
魚を獲るところからもうダメだったけど一応読み通したよ

>>129
・ラノベと一般、どちら向きであるか。
SFのうえに孤島で人体実験される子どもなんてネタが
文学じゃなくてエンタメ系でやれんの?
正直いってMFJ狙いでこの作品はないだろう

一次突破しなかったってことは
あちらさんはあなたの作品に興味すらなかったってことでしょうね
あと子どもを危険な目に遭わせて冒険させるエンタメを
拷問と虐待に放り込んでもOKだなんてかん違いしちゃダメ
文学でさえない際どいネタをどこの出版社が出したがるの?

161 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 08:41:41 ID:LrTVDozi
>>127
視点移動もそうですが文章に慣れていないような
キャラに魅力はありませんがそこまで悪くはないかと
流れは多少強引な部分が
全体を通してみるとやはり文章ですかね
光る部分は多いかと

>>129
はぁ、これが一般向けですか
ラノベにしてもちょっときついですね色んな意味で


162 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 09:22:41 ID:hPftxSQ5
>>114
一応言っとくけど、おまえの日本語チェックするためのスレじゃないからな
これはエロゲなのか?
エロゲのオープニングならまあいいんじゃない
まったく面白くはない

163 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 11:15:53 ID:hPftxSQ5
>>129
電撃は何でもありらしいので、MFJよりは受けがいいかもしれません
ただ、おれはちょっとこういうのは苦手ですね

164 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 12:00:23 ID:QRA4magn
>>158
俺は138だが、確かにグロは大嫌いだけど、グロ部分の存在自体を否定してるわけじゃない
ああいう形で詳述してもラノベ的に意味がないと言ってるだけ
それと、超能力開発実験なんであって、拷問じゃないんだから、『ヌルい』のは当たり前じゃない?
あと、MFはあまり読まないんだけど、萌えに特化したレーベルだと聞いた
この登場人物の誰に、あるいはどこに萌えろと?
特に「ひぎぃ」とか「おごぉ」とか「ふはぁ」とか「やめ……やめてやめてやめて」とかそんな感じのセリフ群ね
こういうセリフって、ある特定のジャンルでよく見かけるよね
どうしたってくじける。緊張感は失われるし、いろいろな意味で「気持ち悪い」だけになっちゃう

思うに、これを被験者の少年の一人称でやろうとしたのが最大の失敗なんじゃないかな
三人称にして、
実験シーンは施術と被験者の肉体的反応に限定し、機械的、客観的に描写する
できるだけ被験者にしゃべらせない、考えさせない(読者に想像させる方向で)
主人公たちの異能を早めに開眼させて、心底から腐ってるクズの研究者たちと早い段階でバトらせる
さらに、事態の収拾するため、全てを「なかったこと」にしようとする『公社』のエージェント
ラノベって、普通はこんな感じで進んでいくものだと思う
グロとそれにまつわるアレコレはメインじゃなく、あくまで添え物と割り切って欲しい

165 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 12:14:28 ID:XlWsGmcH
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2527.txt
【ジャンル】 不明
【タイトル】 妹とミルクティー
【評価基準】
 114と同じ者ですが、文章に違和感のある部分の指摘をお願いします。
 あと読みやすいかどうか、文が平易過ぎないかどうか。
【改稿】
 お時間があればお願いします。


166 :129:2009/08/03(月) 12:48:17 ID:sC8Rwll/
>>161
いや一般目指したほうがいいと以前言われたので……
これどこか治したらいけないかなと思った次第です(そして無理っぽい)。
>>163
カテエラないらしいですね>電撃
ただ、いい加減これは封印しようかなと思います。
>>164
分かりやすく詳細な解説に加え、代案まで書いていただけて感激です!
MFに送ったのは特に傾向対策してなかったからで、萌えはカケラも意識していませんでした。
私はもっと根本から設計思想を改めないといけないようです。ありがとうございました。


167 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 12:53:06 ID:fR8kP4E7
>>165
感想:純粋に気持ち悪い。いきなり妹相手に盛るとか、、、、
で、こういうものに拒否反応がある人間の感想だということで以下少し書きます。
萌え系の話は途中で冷めるようなメタ表現は入れずに突っ走ったほうがいいと思います。
「漫画のような」「アニメのような」「ゲームのような」等、変に予防線のようなことを
書かれると逆に冷めます。

文章面では、しょっぱなから
>唐突に誰かがノックしてきた。ドアの向こうから妹の愛花が声をかけてくる。
が結構引っかかります。「誰か」がすぐに「妹」になっていますが、部屋の中の人間の
一人称なので、「妹の声がした」等の方がいいかも。
>大きく開いた背を見せておれを艶かしく見下ろしていた。
せめて「肩越しに」の一言が欲しい
>スカートのふりふりがふわっとはねた。
ふりふりがふわっとはねましたか。そうですか。

あと、その後の展開では完全に主人公がリビドーをまき散らしてるだけになっていますが
そういうのを読んで喜ぶ人はどっちかというと少ないんじゃないかな。
妹からねちねち誘惑されて困っちゃうみたいな話のが今のラノベ年齢層には受けるのでは。
萌え系に詳しくないので自信はありませんが、個人的には兄が盛って暴走しているのよりは
妹の萌えポイントをもっと描写した方がいいかなーと思います。

で、最後に「オチが機能していない」
さらりとどん底に落とすつもりなのでしょうが、読んでる側にはあまり通じてない気がします。
オチに向けて、ただしオチを悟らせないようにもう少し伏線をはったほうがよさそうです

168 :157:2009/08/03(月) 14:09:01 ID:OqGmboWZ
>>129
すみません。私の書き方が悪かったみたいです。

・私は読破しました。
・なので、グロ耐性はものすごくあります。むしろ「悲惨だけど、グロくはないかな」と思いました。

その上で問題かなと思ったのが

・序盤で、こちらがキャラクターに感情移入する前に虐待要素を詰め込みすぎると、
 読者は登場人物への同情心よりも「この作家はこういうのが書きたいだけなんだ」という諦観が先立ちます。
 特に作者様は読み手からすれば、ノンプロということで簡単に侮られる立場にありますから。

・一般文芸の『バトルロワイアル』とかの方が本作よりもぜんぜんグロいですよね。
 でもあちらはバトル要素などが満載で、グロい描写がエンタメ化の一要素になっています。
 一方で、こちらは物語の起伏・刺激が少ないので、虐待要素『のみ』が変態的に突出してしまいます。だからこそ拒まれます。
 それを避けるためには後半の異能バトル要素、あるいはドゥーミィの交流を最前面に押し出す構成にした方がいいかもと思いました。

・虐待要素で一番印象に残ったのは序盤の「献体」のくだりです。あれくらいが一番、想像力がかき立てられます。
 シリアスも過剰すぎるとネタになってしまいます。気をつけてください。

・クリエイターならだれでも悪趣味な表現を嬉々として行うところがあります。SでもMでもノーマルでも。
 問題はその表現で『読者を選んでしまう』ということです。読者を見定めることと、読者を選ぶことは同一ではありません。
 作家ならば、本能を飼い慣らしてください。

・作者様はこれで書きたいものは書ききったと思うので、本作で余念を濾過して、次作をひねりだしてください。
 あなたには可能性を感じます。がんばってください。


ちなみに全項、
>>164さんと同じことを言っているだけなので、返信は不要です。

169 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 18:24:22 ID:RMYd8mcr
>>152
感想ありがとうございます。

>>良かった点
主人公のキャラが薄いようですね。特に指摘されている部分なので
推敲しながら改善していきます。
続きもそれらに気をつけながら書いていきます。

>>悪かった点
確かに解りにくいですね。
登場人物がいないままいきなりこの文章だと困惑してしまう書き方でした。
具体的な指摘ありがとうございます。

>>その他
ありがとうございます。その雰囲気をこれからも小説に定着できるよう
努力していきます。

170 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 18:25:42 ID:RMYd8mcr
>>160
感想ありがとうございます。

>>形式を使いこなせてない
多元描写に見られる点が多々ありますね。
改善していたいと思います。

>>あなたが思うキャラが立つようなとこってたとえばどこなの?
立つようなとこはどこ?、といわれると未熟ですので指定できません。
キャラの名前を突然言われて、風貌や癖や話し方まで思い描けてもらえるような
キャラを書けるようになりたいですね。

>>場面中に余計な要約が多い
具体的に指摘してもらえると大変ありがたいです。
要約する場所としない場所での書き分けは難しい課題です。

>>魚獲ってるときに蛮族があらわれてさっさと主人公と少女を事件に
作品の流れを壊すような修正は行いません。
ただ、前半で山場がないとの指摘は受けていますので今後の課題にしたいと
思っています。

>>魚を獲るところからもうダメだったけど一応読み通したよ
その辺りは前の指摘内容に関係してそうなとこですね。
一応でも読んで頂いてありがとうございました。


>>161
感想ありがとうございます。

文章はこれから向上させるよう指摘された部分を振り返って努力してみます。
同時にキャラの魅力も引き出せるよう頭をひねってみます。

171 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 18:34:40 ID:muIVcJiv
>>165
エロ小説家になりなよ
それなら許す


172 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 19:10:35 ID:muIVcJiv
感想を忘れた
>>165
やまなし
おちなし
いみなし

173 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 20:18:06 ID:RabjSxyX
>>127
面白く読みました。
序盤で多くの人物を登場させるのは苦労したと思いますが、
構成が上手なのでうまくまとまってます。
シンプルな描写もリーダビリティに貢献していて読みやすかったです。

ただ、人数が多いだけに、もう少し丁寧な人物描写と特徴づけが必要かなと
思いました。特に同じ場面に登場するふたりの姉妹のかき分けと、蛮族が
登場したときの描写が物足りないと思いました。

全般の描写に関してですが、個人的には好みですが、普通レベルでいうと
少なすぎると思います。なかでも村の情景が不足してます。
さらに、人物の心理描写も足りません。キャラの行動(感情)や対象の理解に
役立つ心理描写を入れるべきと思います。キャラ立ちさせる意味でも
必要かと思います。

視点移動に関しては、参考になるか分かりませんが、いくつか。
1:視点移動するさいに、登場人物の視線の動きを利用する。(Aは顔をあげた。Bは〜)
2:視点移動するさいに、視点が移動する軌跡を描写する。(Aが示す○○は、Bには〜)
3:視点移動したさいには、なるべく短い文を使って主体を明確にする。
(>「ルーン!」
 > ルーンは荷馬車と平行に並ぶと御者に向かって叫んだ。
 →ルーンは馬を駆った。荷馬車と平行に走らせ、御者に向かって叫んだ。)

構成に関しては謎の配置よりも緊迫感の演出を意識して欲しいと思いました。
たとえば川ですでに異変がはじまっている(ルーンがやってくる)とか、練習試合で真剣だとか。
あと練習試合で姉妹がひと騒動する場面などは情報不足を感じます。この場面では、
試合の直前に姉妹を口論させておくのも手だと思います。
あとレキとカノも情報不足です。大きな事件が展開する前に、ふたりの身分が明確になる
エピソードを済ませておくべきかと思います。まあ、語りだすときりがないのでこの辺で。

174 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 21:18:59 ID:RabjSxyX
>>165
楽しく読みました。
いや、いいですねえ。素晴らしい焦らし具合です。
一人称もいいなあ、と素直に感心しました。
特にドアの振動が玉に響くとこがキュンときました。
日本語もあまり問題ないと思います。表現が露骨でないのもいいと思います。

気になったのは以下の二か所。
>おれの興奮を走らせる蒸気機関車に、どんどん石炭がくべられて
いる。
「おれをたぎらせるボイラー〜」「おれの中の蒸気機関車に」とかでいいのでは。

>抱きしめようとしていたおれに、妹の強烈なヒザ蹴りが股間へ鋭くめり込んだ。
「強引に抱きしめようとするおれの股間に、妹のヒザ蹴りが〜」

175 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 21:46:36 ID:K43oIhGv
>>165
もっともっと肉欲全開になるといいですね
露骨な描写で過剰に演出しないと立つもの立ちません

パンティ脱がせて口につっこんで、なめまわすぐらいの勢いでいかないと
最後のカミソリも微妙です
鉈で頭を割るぐらいやらないと駄目ですよ

変態的な性への執着が感じられる作品群に才能を感じます
また投稿してください

176 :この名無しがすごい!:2009/08/03(月) 21:50:06 ID:unhY7+Rm
なんか晒して競うスレで楽しいことやる予感

177 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 00:38:39 ID:rkEA0VO6
>>165
・文章に違和感

>唐突に誰かがノックしてきた
すぐ誰だかわかるのに隠す意味はないと思う

>妹の湿気をおびた温かな吐息が
本来は「妹の吐息は湿気をおびて温かい」あたり
あるいは「妹の温かい吐息は湿気をおびた・・・」
それか「湿気をおびた温かな吐息を妹は・・・」
まあそれでもいいけどより分かりやすくしたいならってことで

>立ち去った妹の香りがおれの鼻腔を満たす
残り香って付け加えて書いたほうがいい

>おれの興奮を走らせる蒸気機関車に、どんどん石炭がくべられている。
たとえば、
「おれの車を走らせるエンジンに、どんどん燃料が送られている。」
のような例と比べると本文の、興奮、は後の分と関係ないのがわかる
直喩で補うかもう少し文を補足したほうが明解
もっといいのはこういった古い表現をつかわないことだけど

178 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 00:40:16 ID:HTcb8yEw
>>165
これなんかどう?
作品作りに役立つのではないだろうか
いろいろな分野から取り込んでいこうよ

http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/15sepd06so/15sepd06sopl.jpg

179 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 01:44:58 ID:Et6lsLdb
>>165
上のバカに反応するなよ。

180 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 01:51:48 ID:XwqJBcKy
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2528.txt
【ジャンル】学園物+視点コロコロ変わる群像物+ミステリもどき
【タイトル】没にしてたので タイトル曖昧。
【評価基準】冒頭とか視点描写、文章が問題だと思っていましたが、知り合いの数人は
      これで大丈夫、と評してもらい、自分でもどうなのか分からなくなって来てます
      冒頭 文章 視点 など問題が多いとは思いますが指摘していただければ幸いです
【改稿】  ○

181 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 03:13:25 ID:2YiYjxz3
・冒頭について
 物語の出だしとしては、どういう話なのかわかるし、つかみができていると感じました。よくかけていると思います。
 博士視点と樹里視点は時系列が前後しているので、時間通り樹里から博士につなげたほうが分かりやすくなるのでは。
 それと、あと二箇所、気になる部分があります。
>しかし、自分の耳には、確かにそんな音叉のような金属の小声めいた音しか聞こえなかったのだ。
 凶器が拳銃だと、はじめは誤解していました。犯人は鈍器(たぶん金属バット?)で殴りかかったのだとは、続きを読まないと理解が及びませんでいた。
>私の呟きに答えてくれる、生きた人間はそこには居なかった。ここに居るのは、壊れた人間が二人いるだけだ。
 犯人である私は、二人殺したのでしょうか? 犯人が精神的に壊れているという意味でしょうか?

・視点について
 この量でしたら、問題ありません。しかし、この調子で視点の切り替えが多くなると、読みにくくなると思います。
 視点が変わったら、最初に誰の視点かサブタイトルのように書くと親切に感じます。
 1 神岡博士 その一
 のようなのが欲しいわけです。
  
 樹里視点の場面で、才能と経験について書かれていますが、才能についてしか触れられていません。
 樹里の才能がわかるエピソードをいれてみてほしい。なにの天才なのかわからないから。
 
 仲のよい二人の少年少女がほほえましかったです。この調子でいけます。

 追記
 ところどころ漫画「Q・E・D」を連想しました。

182 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 03:28:27 ID:DWrh8cac
>>180

 冒頭部分のみなので、全体としての評価は避けさせて頂きますが、物語の掴みとしては、とてもよいと思います。
 主人公かどうかはわかりませんが、樹里と博士はいい演出でした。
 だらだらした雰囲気と関係がよく出ていると思います。
 ただちょっと博士が落ち着きすぎているような気もします。
 樹里の描写が薄いので、なんとも表現しにくいのですが、薄い性的表現
とでもいいましょうか? 逆光でスカート透けさせたり、脇腹とか首筋とか
をガン見しちゃってちょっとドキッとするそんなシーンを混ぜておくとよい
アクセントとなると思います。

 視点の切り替えは、ここまではこれでいいです。ただし、この後はもう少し
切り替えを押さえて、読者が落ち着いて読めるようにするべきでしょう。
 具体的には、基本視点を樹里か博士に半固定して感情移入していいよという
サインを読者に送っておくべきです。
 この辺りの雰囲気としては西尾維新の「ぼくときみ〜」シリーズが参考になると
思います。
 この手合いのお話はどこかで、読者を驚かせなければなりません。
 どういう形で、それを持ってくるのか、期待しています。

 完成したら、また晒して頂けると幸いです。
 がんばってください。

 あ、すいません、冒頭部分に誤字と脱字があります。
 ミステリ風の物語では致命的になることもありますので、校正は
きちんとされることをお薦めします。あと意味なく漢字が多いです。
 もっと意識的に開いた方がよいと思います。

>>降りぬいた時のその衝撃の強さといったら
>>爪先で頭突付いて

183 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 04:52:28 ID:XwqJBcKy
>181
 
>冒頭について〜
インパクトが欲しい、と思ってああいった冒頭を出したのですが
時空列と視点をミスるとややこしいだけの話になりますので、不安で不安で……。
こういうのは、作者以外が見てもすぐに理解できるかが肝ですよね。
通じることは通じるようで、一安心です。

>物語の出だしとしては〜
ありがとうございます。素直に嬉しいです
そうですね、確かに樹里と博士の流れが不自然ですね。
破綻がおきないよう、修正したいと思います

>凶器
最初は何で殺してるんだろう?と思わせたいというか、いらない色気を
出してしまい、不親切なだけの描写になっているかもしれないですね。
変に凝るのはよした方がいいですねこれ……

>壊れた人間は二人〜
はい、凶器の奴と同じで、凝った感じにしようとして
格好つけただけの感じになっていますが……あっています。
物理的に壊された人間と、正常な思考が失われつつある人間、で壊れた二人と表現しました。
これも……変に凝らないほうがいいですね……w

>何の天才か分からない
これの後に出ているのですが、確かに天才、とここで書いているわけだし
すぐに説明しないとおかしいですね。
出してからの説明はご法度というか、恥じ知らずなのを承知でここで
付け加えますと、ネタを考えた時に2通りのルートを考えていたのです。
それに左右されて、続きもどっちですすもうか……という優柔不断。
ルートによって分野変えていたので、その甘い考えがそのまま構成に出ていますね。
恥ずかしい。
しかし流れ的には大丈夫なようですので、ちゃんとルートをしっかりと決めて
補正しつつ固めていきたいと思います。

ちなみに
ルート1 殺人現場のドアを開けるたびに、被害者が生きていたり死んでいるという
     某量子学の猫みたいな不思議な事件
ルート2 同じくドアを開けると、こっちは並列世界に迷い込んでしまい
     そちらの世界の二人は性別が逆転しており、4人で考えていくという超展開でした。

……普通の流れにしてみたいと思います。


あと月刊マガジンか何かで連載されている漫画でしたね。
確かに微妙な距離の二人が解決する、という点では同じですね。
面白い漫画ですよね。知人の家で数冊みたことがあるので、何かしら影響を受けているかもですね……。

感想ありがとうございました。レスが長くなってすいません。
ご指摘を参考にしていきます。感謝です


184 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 05:03:17 ID:lQgpmnCo
>>183
横レスになるけど、俺は凶器は鈍器、壊れた人間は犯人と被害者だってわかったよ。
ていうか、ミステリ読みなれてる人は絶対わかると思う。
俺はだけど、ここは直さないままでいてほしい。

中々面白かった。しかし上にもあるように誤字が多い。
いらんところで評価を落とさないように、推敲はきちんとすることをお勧めする。

割と面白かったし、続きも気になる。
ただこれ賞に送るとしたらどうだろう。
このタイプの小説だと送るのはおそらくメフィストか、範囲を広げてこのミス大賞だと思うけど、
メフィストに関して「博士、天才、出鼻から猟奇」この設定はタブーだと思う。
きっと、もうこのタイプの小説で賞はとれないよ。森博嗣以下、多くの作家さんの間で使い尽くされてるし。
かといってこのミスは、こういうタイプはそんなに受けないと思う。

ということで、賞に送る際はもう少し独自性をつけ足した方がいいかなと。そう思いました。
続きかけたらぜひ晒してください。よろしくお願いします。

あと視点変わったときのサブタイトルも、個人的には全然いらないと思う。
一々そんなのあるとうざったいし、既成のミステリ作家にもそんなことわざわざしてる人はいないしね。
まあ、これも一つの意見として参考にしてください。では。

185 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 05:13:37 ID:XwqJBcKy
>182
パッと見、というか冒頭だけならとりあえず何とかなっているみたいですね
ありがとうございます。
学生二人、放課後のだらだらとした雰囲気を目指していたので、嬉しいです。

>博士が落ち着きすぎ
ですね。高校生のリアクションじゃないですねコイツ……w
話をスムーズに動かすためのキャラであるはずなので、違和感を憶えさせてはいけないですね。
知り合いには某キョ○みたい。とか言われたので、もう少し博士のキャラも固めていきたいと思います。

>樹里の描写が薄い
181の人も指摘されてましたが、樹里が薄いですね。
この娘可愛い、と思ってもらうのもコイツの役割でありますし
くどくなりすぎないように加味していこうと思います。
ゲームに熱中しすぎて、姿勢が大変なことに、とか色々できそうですので
頑張って考えてみます。

>視点
樹里と博士の時空列のズレを直し、この視点の変わりも読者を振り回さない程度にうまく
まとめないといけないですよね。複数視点は難しさもあるでしょうが
ちゃんと構成できたら面白い題材でしょうし、安定させていきたいと思います。
切り替え多用はダメなパターンですね。ありがとうございます。

章ごとに切り替え、とか切り替わってもすぐ分かるよう、慎重かつ丁寧に
続けていきたいと思います。
それとないサイン、というのは考えていませんでした。確かにそういうのが
あると分かりやすいですよね。文章力とか少しはカバーできるかもできませんね。上手くはまると。
その着想は全くありませんでした。勉強になります。

>この手の〜
そうですね、読者は間違いなくそこを求めていますよね。
きみとぼく〜は私も数冊見ました。そのままパクる、というかあくまで
参考にする程度に、影響を与えていければいいと考えていこうと。
ああいった感じに、スタイルとキャラが安定したのが理想ですねぇ。

>完成したら〜
はい、ありがとうございます。その一文だけでも私が感じる安心と悦びが計り知れません。
ガッカリさせない程度には、しっかりと書かねば、という気合にもなります。
感謝です。

>誤字
これは酷い……。はい、目先や小手先だけではなく、ちゃんと文字を
しっかりさせていきます……。なんでこんな簡単なのに気づかないのか……。

振りぬいた、とかですね。アホだなぁ我ながら。

感想、ご指摘アドバイスありがとうございます。

186 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 05:56:31 ID:XwqJBcKy
>184

>充分分かる
うごぉ……迷いますね。誰にでも満遍なく好まれるというのはあまりに欲張りな理想なのは分かって
いますが、どう折り合いをつけるか……難しいです。
普通のミステリとかだとよくある?表現かもしれないですが、実力が伴わない者が使うと滑稽になったりもするんですよねぇ……。
ここだけではないでしょうが、よくよく吟味して考えていきたいです。
一応ライトノベルですので、ミステリがよく分からない、という人もいるかもですしね。

>中々〜
ありがとうございます、そして誤字マジすいません 
なんでしょう。自分の書いた奴は自然と甘くみてるんでしょうかね。
誤字脱字は基本中に基本だというのに……。

>送り先
最初、これMFとかに出そうとしていたんですよ……。
メフィストも正直、少し考えたのですが自分ではあそこではダメだろうな、と。
このミステリーが凄い、に出すには、自分の実力を考えると恐れ多くて。
前のレスに書きましたが、超展開ミステリーになる可能性もあったので
下読みさんの寿命がストレスでマッハになりかねません。
ミステリーで行くとしたら、大分書き直すんじゃないかな、と自分では考えています。
ライトノベルとミステリー要素との比重がちょっとバランス悪いかもですね。

博士 天才 猟奇は確かに。少年漫画に死神か天使、バトル物で応募するみたいというか。
またそれ系?みたいな。それでも押し切るつもりで出すなら、かなりの覚悟と作品に対する自信が無いとダメですよね。

>続きができたら〜
ありがとうございます。なんか連続でありがたい言葉をいただいているので
恐縮するばかりです。この後、もうちょい書いているんですが
自分でもはっきりと分かるぐらいの悪い癖が出ているのと、超展開の香りがちと……w
ご期待を裏切らないよう、頑張ります。

>サブタイトル
これも、なんか凝ったことしないと!という素敵な厨二思考みたいなのでやらかしました。
分かりづらいだけで、作者の自己満足になっていますね。普通のにします。

ちなみに二章のサブタイトルが、第二問 ここの登場人物の気持ちを、40文字以上を用いて埋めよ。(文字の上限は基本、もたないようにする)
というアレすぎるのにしてしまい、そのタイトルで一度切ってたので
それを読んだ知人がリアルに吹くというバカ逸話が。
最後問題で終わるってどういうことなの……と。

うっかりで済まされないレベルなので、気をつけていきたいと思います。
感想ご指摘、ありがとうございました。



187 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 06:00:20 ID:XwqJBcKy
すいません、酷いミスをしたもので。

>きみとぼく〜は私も数冊見ました。そのままパクる、というかあくまで
参考にする程度に、影響を与えていければいいと考えていこうと

パクるというわけではなく、が抜けていました。
何突然パクリ宣言しちゃってるのか。
誤字脱字とかが酷い……w 
連続失礼しました

188 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 07:49:04 ID:tUj9MuL4
>>127
魚をとった後ぐらいで飽きちゃいました
別にどこも悪くはないんだけど、特に読み進めるための何かもなかったので
何か起こりそうな気配もないし

こんな感想しか書けないです
申し訳ない

189 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 07:54:45 ID:tUj9MuL4
>>180
冒頭でグロかったので、すぐに読むのをやめました
たぶん耐性のない人はまったく読まないと思います

190 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 08:27:36 ID:qflYJDVl
>>180
これがミステリー? と思ったら超展開なんだ?
個人的にネタばらしさえないミステリーって格好だけで邪道なんだよね
それにしてもミステリもどきで
こういった精神病ネタ絡めるのが流行ってるねえ

いろいろこなれてるはいるし
知り合いに読んでもらった成果はある
ただ短編としても底が浅いし話も出たとこ勝負って感じ
筋の狙いをもう一、二本増やして
このまま改稿するといいものになるんじゃないかね

191 :124 ◆WRiTEb9RU. :2009/08/04(火) 09:01:13 ID:apyZXOiA
返事が遅くなりました。皆様感想ありがとうございます。

>>135
お恥ずかしくもアシモフだのホーガンだの古典に近いSFを読むことしか無いのですが、
例えば冒頭で一つアクションを挟んでいきなり銀河の説明に入ったりといった流れは
ラノベだと難しいかなと考え四苦八苦しています。

>>146
褒めていただきありがとうございます。大変、励みになります。
応援したくなる、とは端的な質問すぎたかも知れませんが、ここまでの展開で
主人公に同調して貰えたら、次のシーンからとんとん拍子にヒロインとの再会まで
持って行こうかなと思っていました。が、ちょっと焦らして人物描写を深めようと思います。

>>154
娼館のシーンは最初は内容をストレートに書いてたんですが、後から考え直して
ぼかしにぼかしてみました。とりあえず、直接描写は避けつつも、
光景を理解しやすい単語を交ぜてみようと思います。

>>156
確かに、ホウジョウとのシーンはまるで中身が膨らんでないんですよね。
会話を続けてもぬるくて緩いだけなので、途中からただの説明に終始してますし。
ジャンルの提示は、冒頭で主人公に超技術の品を使わせられたらなぁ、と思うので、
なにかいいシチュエーションは無いか考えてみたいと思います。

>>159
すみません、自分の力不足のために、どの箇所を指摘されているのか気づくことが出来ません……
> ・文章の印象
> 肝心なところを説明でバシッと叩きつけずに
> 弱々しい比喩ばっかりに感じた
もしよろしければ、いくつか具体的な箇所を教えていただけると幸いです。
> ・人物や街の外観描写に過不足はあるか
> 描写というかただ変な言葉で特徴を羅列してるだけみたい
自分では、安易に過ぎるくらいの表現が多いのを問題と感じているのですが、
変とはそういった部分のことなのでしょうか? やはり指摘していただけたら助かります。
> ・この時点でつっこみたくなる設定はあるか。
> 悪いけど設定に興味がわかない
こちらは、設定のために読み進めるのが阻害されるようなことはなかった、ということなのでしょうか?
あるいは、興味の湧かない設定が出てくるせいで、読むのが阻害される、ということなのでしょうか?
> ・冒頭に、後で出てくるシーンを置く構成は受け入れられるか。
> こんな短い枚数でそんな構成してもほとんど効果ないよ狙いがあるの?
> あなたの狙いは成功したのかい?
つまり、あなたの目から見たらこの構成は不可解なだけであり失敗だ、ということですね?
> ・読めるかどうか。途中で「読んでられん」となった場合は、どの箇所まで読めたか。
> ライオンとか出たところからひどい感じた
この点については確かに、先々明かされる予定の設定(ライオンの怪盗という自称は完全な嘘です)に
書いてる自分だけが引きづられ、かなり上ずった展開になっていました。再考したいと思います。

192 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 10:26:56 ID:tUj9MuL4
>>165
議論スレで陰口になるの嫌だから、一応こっちに感想書くね

すごく気持ち悪いです

193 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 10:31:45 ID:tUj9MuL4
>>7
今更だけど、面白かったです
文章が上手ですね
ただやっぱりラストはバッドエンドは好きじゃないです

前半と後半でなんだかストーリーが変わっているような?
ジゼルが後半で活躍しないからかなぁ?

でも、面白かったです(^^)/

194 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 10:33:23 ID:tUj9MuL4
前スレ555様

ブラッドレスの続きが読みたいです!
かっこいい、お兄さん二人組みがいいです!ステキです!
どうかお願いします!

195 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 10:35:37 ID:tUj9MuL4
>>29
えっと、いいような、わるいような…
イラスト見てきたけど、かわいいですね
イラストの印象が残ってしまって、文章だけの評価ができなかったです

ストーリーはちょっとまとまってないような感じがします
もう一度、完全版ができたら読ませてください

196 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 11:25:45 ID:tUj9MuL4
思ったんだけど、エロ、グロは嫌悪感を持つ人もいるので
その旨をテンプレに記載していただけないでしょうか?

どんな話かな〜って読んで、嫌な気分になるのがつらいので
よかったら検討お願いします

197 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 11:29:25 ID:t/CPvSvH
誰に言ってるんですか?

198 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:15:39 ID:tUj9MuL4
>>197
え?
みなさんへのご提案ですけど???

199 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:22:48 ID:tUj9MuL4
なんだろう
頼み方が良くなかったのかな?

エロ、グロはすごく不快なので、その旨記載をしていただきたく
ここにご提案いたします

作者様方に、どうか心よりよろしくお願い申し上げます


200 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:27:21 ID:Et6lsLdb
ID:tUj9MuL4

迷惑だから、そろそろ消えな。

201 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:29:24 ID:4lnuTRdI
エログロは耐性持ちの人に読んで貰う為に書いているのだろうから、
それを耐性の無い人に見せる事は避けたほうがいいだろうね

それで「気持ち悪い」と言われても晒し主としては参考にならないだろうし

っとここから先は議論スレでやるべきか

202 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:29:34 ID:Swjxi0dO
>>199
ここは晒したり感想を書いたりするスレだ。
なんのために議論スレがあると思ってんだ?
いい加減にしろ、スレ違い。

203 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:35:43 ID:tUj9MuL4
>>202
議論スレに書けば良かったの?
じゃあ、そう言ってくれればよかったのになぁ……

204 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:39:21 ID:tUj9MuL4
じゃあ、感想を書こうかなぁ
でも、すでに上のほうで書いてるんだけどなぁ

205 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:41:02 ID:tUj9MuL4
なんだか、にちゃんねるはいきなり沸いて出てきて、他人様を怒鳴りつける変な人が多いね

自分が絶対正義だ!とでも思ってるみたいで、面白いね

206 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 12:41:47 ID:tUj9MuL4
あ、ごめんなさい
>>205は議論スレに書くものでした

207 :記憶喪失した男:2009/08/04(火) 14:55:04 ID:4hlV+qIE
>>205 善良な人の中に潜伏する煽り屋さ。
このスレに二人ぐらい常駐してるみたい。
感想も書かずに、スレの指摘ばかり。

208 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 15:01:44 ID:d/veTEw5
いい加減やめろや

雰囲気悪いな

209 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 16:42:56 ID:HBSESd9q
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2529.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】 むらまさっ!
【評価基準】 GA文庫大賞一次落ちです。とりあえず、全体的な意見をください。
       なお、新しく始まったブリーチの新編とネタがかぶってますが、
       おそらくこっちが先なのでパクリじゃんというのはなしでお願いします。
【改稿】 可

よろしくお願いします。


210 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 17:18:46 ID:92f2F9hY
>>173
感想ありがとうございます。

たくさんの具体的な指摘ありがとうございます。
人物・情景・心理描写が全体的に足りてないようなので、加筆をしてみます。
特に心理描写は主人公のキャラを立てる為にも必要そうですね。

1.2.3やルーンの場面での具体例はとても参考になりました。
他の場面でも改善できるところはしていきます。

緊迫感は人物・情景・心理描写が足りてないのも原因ですね。
レキとカノはある程度伏せておかなければならない情報がありますが
今のままでは不足してることは否めないので、よく吟味して書き出してみたいと
思います。

211 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 17:36:54 ID:tUj9MuL4
>>207
そうみたいね〜(^^)/

212 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 18:49:53 ID:tUj9MuL4
>>209
読んでいて、剣道とか刀の知識はおかげで勉強になったよ
話も丁寧に書いているのがよく感じられたし

だけどラスボスの部長の登場が単純と言うか
伏線を張るのが遅すぎるかな?

プロットが単純で、ちょっとひねりが足りない印象ですね
悪くないけど、良くもない、というのが正直な感想です

ところどころ説明がくどいかな
そのせいで全体が緩急に欠けている印象です
一本調子で、中盤の美切とのやり取りとかは、中だるみに感じます
もっと会話文で調子よくぽんぽんとやり取りしないと、飽きちゃう
戦闘シーンも同じく、ずばっと切れ味よく進めたいかな

冒頭の器物損失…?
私だったら、「一体いくらの損害賠償をさせられるやら」とか「賠償請求されるやら」
という表現をするかも?

213 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 18:52:45 ID:tUj9MuL4
>>209
あとGAのレーベルカラーが分からないけど
萌えはちょっと足らない気がする
説明文をもう少しシンプルにして、その分、村正ちゃんたちのかわいらしさを
アピールできるエピソードが欲しいかもね♪

214 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 19:20:03 ID:qveqY2lb
>>209
全部読みました
誤字があるのは無視するとして、

まず感じたのは、読んでてしばらくは、普通に漫画やラノベとしてプロが出してるとしてもありえるな、という印象。
中盤から何か失速感を感じます。おそらく、必要かな? と思えるぐらい、大事でなさそうなエピソードを細かく書き込んでいるからではないでしょうか?

一次で落ちたというのは、設定とかあらすじではじかれたのかな?
村正というあまりに著名なものを擬人化。ここに引っかかるものを少し感じました。

215 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 19:25:55 ID:zdoiUuGI
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2530.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】竜騎士物語 一幕(54KB)
【評価基準】
・面白いかどうか
・続きが気になるかどうか
・キャラクターに感情移入出来るか
・プロット的な突っ込みどころがあれば(ここはこういう展開にすれば? このシーンはカットすれば? など)
・他、気になった点があればお願いします。

 FFWオマージュで書きました。
 
 エロはベッドシーンがひとつあります(行為の前後のみ)。
 グロはないですが、戦記もどきのシーンでさりげなく死人は出ています。
 ご注意ください。

 《 》で囲んだ文字は青空文庫形式のルビ表記に対応しています。

 よろしくお願いします。

216 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 21:14:10 ID:CHsESVZq
>>191
> ラノベだと難しいかなと
そう考えている時点で明らかに分析不足です。
外人作家、特に一流と呼ばれる作家の文章は理路整然としてるので、
むしろ応用しやすいはずです。構成にも理由があります。
彼らの文章がなぜ読みやすいのか、またどんな情報をどういう手順で提供して
いるのかを分析してみて下さい。
文章のスタイルは作家により様々ですが、何を隠しておくか、に関しては
そうでもないと思いますよ。

217 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 21:26:44 ID:J9T3ZONt
>>215
ベッドシーンあたりから流しましたが、一応全部読みました。

・面白いかどうか
微妙。これから主人公の孤独な戦いが延々と続くのならパス

・続きが気になるか
さほど気にならない。

・キャラクターに感情移入できるか
主人公のキャラがふらふらしてる気がする「鋼の心」を持つとかいってみたり、ふられてめそめそしたり。

・プロット的に
竜騎士と言いつつ騎乗しないのね。その解釈は新しいかもしれん。面白いかどうかはしらんが。
竜騎兵が竜騎士に取って代わる、ってのは多少興味がないでもないけど、面白いかどうかは別だなと思う。
序盤、もっと単純化できないかな? 名詞が多くて、説明が多くて、たぶんここに投下された作品じゃなかったら、
序盤で投げてたと思う。

文章的には普通だと思う。ただ、闇黒騎士を形容するのに「真昼に作り出した夜」っていうのは、ちょっと暑そうだなあ、
と思った。

218 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 21:32:50 ID:owTkUPiO
>>180
面白い。最後まで読んだ。
文章の「壊れた人間〜」とかのレスがあったけど、俺は分かった。
よく出来てると感心したので、そのままでいいと思う。

まだ、事件が発覚する前の時点なので、ストーリーについては何もいえないけど、
冒頭としては中々だと思う。

それぞれ文章に技巧を凝らしてあって、これ以上読み進めても
裏切られることは無いと思わせるのもいいね。

要するに、ケチのつけようが無い出来だと思います。
ちょっと嫉妬するほどw
がんばって下さい。

219 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 21:39:29 ID:WPJIyZX0
>>209が見れないorz

220 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 22:03:02 ID:owTkUPiO
>>209
第一章の最後まで読みました。
んーと、じゃあ辛口で。

一番気になったのは、『ありきたり』さ。
タイトルから、設定から、オリジナリティを感じない。
ド直球のベタで、デジャヴを感じるくらい。

ベタ=王道ってことだから、選択自体は悪くないのかもしれないけど、
オリジナリティを全く感じなくて、
第一章終了時点で、もういいやって気持ちになった。

以下、細かい点。
・プロローグが、冗長。
「蔵の中で日本刀を見つけました」に行数をかけすぎてる気がした。

・ムラマサは、キスが何か分からないのに、ルールとか言っちゃってる。

・普通の高校生が、日本刀をそこまで集められるものなのか?
銃刀法違反だし、芸術品としたところで、届出を出さなけりゃいけないし、
何より日本刀はめちゃめちゃ高い。
ついでに、集めたからといって、剣豪の証拠になるなんて、ちょっとおかしくない?

全体的に見て、文章にさほど悪い点は、見受けられない。
上記の細かい点もすぐに気付くし、すぐ直せると思う。

自分が落とすとしたら、やっぱりオリジナリティの無さかな。

221 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 22:11:29 ID:TyyGGCif
>>215
流し読みですみまんせん。一応、下まで目を通しました。
いきなり、ギョッとしたのは、まずこれファンタジーですよね?
アレクサンダーとか実在の人物だし、ファラオの意味って分かってます?
エジプト語らしいですが、けっして固有名詞では無いみたいですよ。
あと初っぱなから固有名詞だらけなのも、マイナスポイント。読み難い。

・面白いかどうか
・続きが気になるかどうか
面白いとは感じませんでした。内紛に留まった話ですからね。
少なくとも次の幕に興味を引き継ぐ話には成り得ません。

222 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 22:23:00 ID:9hk8pXGK
>>215
厳しい評価かもしれないが、これでは駄目だと思う。
冒頭しか読んでいないが、キャラの描写が一本調子のような気がする。
例えば、アレキサンダーやジークフリートがただの英雄ではなく、どういう性格なのか、という所まで書けばまた変わってくると思う。
それは記してあると言い訳するかもしれないが、少なくとも冒頭では分からなかった。
「旧約聖書」や「ローランの歌」のように古典の英雄譚のように思う。
今のラノベはもっと気の効いた台詞を主人公らに吐かせているからそれを参考にするとよいと思う。
完読していないで書く失礼を許してくれ。

223 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 22:42:21 ID:kvExmtqA
>>209
面白そうではあるんだけど、ちょっとありきたりかな
冒頭だけ読んだだけでも、色々な作品を連想してしまう
赤く長い髪の少女+日本刀……シャナ
冒頭でキス+契約……ゼロ魔
契約者同時で戦って頂点に立つ……色々
文章とタイトルは無難な感じで良いと思う
落ちた原因はやっぱりオリジナリティのなさかなあ……

224 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 22:59:21 ID:D0i4Blqt
>>209
全体的な意見ということで
この作品は一人称で書く必要があるのかという疑問を持った
少々、客観的に書きすぎじゃないかな?
ネタ的には好きな部類なんだが

225 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 23:05:53 ID:h9XKSiP3
>>209
オリジナリティについては他の人の意見に同感。
他には当然のように真剣を息子にくれてやる親父とか、無理に話を動かしてる箇所が結構ある。
ただ自分はそれよりも地の文がつまらないかなと感じた。
高校生男子の一人称なのに遊び心が無いというか、状況説明に終始していてなんか冷静すぎる。
ダラダラした日常描写を削ってキャラ立ちに当てた方が良いと思うよ。
GAスレでも言われてたと思うがラノベとして形にはなってる。色々とおしい感じ

226 :209:2009/08/04(火) 23:22:35 ID:HBSESd9q
皆さん、ありがとうございました。
おかげでいろいろ勉強になります。やっぱり、問題点は晒すと多く見れますね。
自分でも、当初はこれ最高! と思っていましたが、最近では読み直して
やっちゃったと思います。オリジナリティーがねぇ、と。

改稿しようにも、もう次ではブリーチのパクリになってしまうのでかけません。
本当に残念です。

最後に、読んでくださった方、ありがとうございました。

227 :この名無しがすごい!:2009/08/04(火) 23:39:54 ID:fMJ7b4Cv
>>209
「小説家になろう」で一件の感想も集められないような作品を、そのまま新人賞に投稿するな!
改稿ぐらいしとけ!
一人称なのに文章が硬い。
世界観が悪い。
登場人物が生きているように感じられない。
戦闘シーンが退屈。

228 :記憶喪失した男:2009/08/04(火) 23:42:56 ID:4hlV+qIE
>>227 それはムチャな言い分だよ。感想なんて、何百人読んでも書かないぜ。
感想かきやすくするには、むしろ、わざと下手に書くことだろうな。

229 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 00:00:52 ID:8H8d8/BD
>>209
出だしを読みましたけどここだけで有名作品のパクリと思われるところがいっぱいあるのでほとんど読まれずに
落とされてるんじゃないでしょうか?
キスで契約と俺のファーストキスという台詞 ゼロの使い魔
戦ったあと元に戻る結界で名前が封界 灼眼のシャナの封絶
女の子と契約して頂点を目指す セキレイ

230 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 00:18:36 ID:ICTwZOJC
>>209
第一章まで読みました。
文章は悪くないですし、解説もスムーズですが、すべてが冗長です。
そして話を面白くしようとする工夫がないのと、読者の目を意識してない点が致命的です。

たとえば、鏡を探しているところから物語をはじめてしまっては、読者の関心は
当然鏡に向かいます。なのに、あなたはそれを軽く流してしまって、偶然見つけた
日本刀の話をはじめてしまいます。読者としては肩透かしを食らったと感じます。
さらに、ヒロインっぽい女の子が出てきます。当然読者の関心はそちら(と鏡)
に向かいますが、あっさり父親が鏡が発見して、またしても読者は肩透かしを食らいます。
そしてプロローグの最後で、お父さんが彼女と主人公の関係をほのめかします。
読者はふたたびヒロインに関心を寄せますが、第一章がはじまると、またもや日本刀の話を
はじめてあなたは三度読者に肩透かしを食らわせます。

こんな物語の進行ではだれが続きを読む気になるでしょうか?
日本刀が重要なアイテムなら、さっさとその日本刀がなんなのか読者が興味を刺激する
ような出来事を起こすべきです。刀が震えだすでも、躍りだすでも、脱ぎだすでも、猫がくわえていく
でもなんでもいいです。実際、日本刀に変化が起こるのは風呂からあがったあとで
(これもまったく感心できませんが)、その場には主人公と刀しかないのですから、
事前に出てきた鏡やヒロインの話は物語の展開上必要なかったことになりますよね。
これが、彼らには刀を集めていることが秘密である、などとすれば別ですが、この展開では
長々と読まされた労力がすべて無駄だったことを読者はすぐに悟ります。

これがあなたの作品の評判が悪い理由です。この作品は、おそらく全面的に構成を組み立て
直さないと物語として機能しないでしょう。現状の作品は面白しろみがない、というよりも
意図的につまらなくしている、といった状態だと思います。

231 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 00:42:46 ID:yN0AmJb0
>>215
全体を何度か流して読みました。

・面白いかどうか
正直、面白くはありません。
最初から最後までどこかで読んだ印象。

・続きが気になるかどうか
既に冒頭で「どこかで読んだ」と思ってしまったので、
「きっとラストまでどこかで読んだことがある展開なんだろうな」と思ってしまいます。
冒頭を読んだからには結末が気にはなりますが、期待はできないなというのが正直なところ。

・キャラクターに感情移入出来るか
ここが一番の問題だと思います。
台詞の量に対してキャラクターの性格描写が少なすぎると感じました。
台詞はそれを言うキャラクターが自分の性格を表に出すチャンスです。
それが上手くできればそこそこ魅力的なキャラクターになるのではないでしょうか。

・プロット的な突っ込みどころがあれば(ここはこういう展開にすれば? このシーンはカットすれば? など)
前述しましたが、ありきたりすぎる印象でした。

・他、気になった点があればお願いします。
地の文で「殿下」という表現はおかしいのでは?
「殿下」は敬称なので、地の文を語っている本人が姫に敬意を払っているのでなければ、
地の文で使うのは不自然だと思います。
地の文が三人称なのに「王様」「奥様」とは言いませんよね。

固有名詞がとにかく気になりましたが、それ以外は読みやすかったです。
ただ、今のところ読みやすさと淡白さが紙一重になっていると思うので、
キャラクターの淡白さを改善すれば、魅力のある作品になるんじゃないかと思います。

232 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 03:24:16 ID:Cqe+P0l3
すいません、ちょっと遅れてしまいましたがレスです。

>189
この後、色々ともめる原因になったみたいですし、今後は表記していきたいと思います。
ミステリには殺人シーン、描写はあるものだという思い込みがあったので
グロシーンという感覚はあまりありませんでした。


>190
普通の奴だと、ライトノベルというある程度無茶設定もできるジャンルを
いかせないな、とも思いまして。
でも超展開すぎたら、ただのカオスですよね……wその一発芸で終わるなら
ミステリ、というキーワードは使えない気がします、確かに。
少々現実離れしていても、それをあまり感じさせない、もしくは読ませるぐらいの
物を作りたいものですね。

精神とグロ絡みで今人気ぽいのは、嘘つきみーくんとかですかね?

>色々とこなれて〜
ありがとうございます。
一応、長編で考えていました。冒頭とあらすじでほぼ決まる、という説も
ありますが、これだけで息切れしないように頑張っていきたいです。
ご指摘通り、奇をてらった冒頭をとりあえず出して出たとこ勝負、という感も
否めないと思います。
ご意見の通り、話や線も補正しつつ、キャラも肉付けして
話もちゃんと最後まで仕上げていきたいです。

ご意見ありがとうございました。

233 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 03:34:13 ID:Cqe+P0l3
180です。
とりあえず、すみません。今は収まったみたいですが
エログロに関しての荒れの原因、グロ部分で私のが一応きっかけに
なったぽいですし、色々と申し訳ありませんでした。

改めてレス返しを続けさせていただきます


>218
ありがとうございます。本人自演乙、とか言われちゃいそうですがw
こんなに誉められたことは無いので、素直に嬉しいです。
冒頭はそんなに問題がないみたいですので、続きというか最後まで
破綻しないまま終わせられるよう努力していきたいと思います。

冒頭の野球のアレとか、身内に見せた時は賛否両論という事もあり、
この実験みたいな始まり方で大丈夫かな?と不安でしたが
少しは自信が持てそうです。ですがいただいた意見をちゃんと吟味し
反映して強化していきたいです。
ご感想ありがとうございました。


234 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 03:40:39 ID:MpM0LJr6
>>209
最後までたいしたことが起こらない感じだね
一章ごとに起こることが少なすぎる
後は面白い場面がありそうなのに
そこを描かないとかもったいないよ

もっとやり方を変えたら化けそうな気もする

235 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 05:03:37 ID:FTWICGbn
>>209
倒置法を使うのにもう少し拘りを持ったほうが良い希ガス。
一文に同じ言葉を二度使うのは稚拙だと思われる。類義語辞典とかで同じ意味の言葉を捜してみたらどうかね?
主人公が刀好きと言うのは無理があるかも、何か他の理由で刀に関心を向けたほうが良い。

236 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 05:37:23 ID:W5NeKgm6
>>215 全部読んだよ

・面白いかどうか
やりたいこと書いてていいんじゃないの?
私は面白く感じたがアレクサンダーとかの設定はたしかに変てこだね
戦記とか戦略物好きってこともあるから
他の人にも読ませたいなら人物にもっと的を絞って
合戦と謀略をうまく魅せないとダメだと思う

・続きが気になるかどうか
気にはなったけどこのまま長編だされてもきついかもね
もっと別に竜騎士と結ばれる予定の真のヒロインが居るといいね
殿下ってのの真意はともかくヒロインをやらせるには荷が重いと思う

・キャラクターに感情移入出来るか
人物はうまくないけど
語りはこういった小説としてはリズムでてるんじゃないかな

・プロット的な突っ込みどころ
厚みはないけどまあいいんじゃない?
やりたいことやって推敲で薄いなと思えばいくらでも手を加えればいいし
 
・他、気になった点があればお願いします。
ジークの冒険編みないことにはあれだけど
そこが面白くなかったら終わりだなって思うな
どれだけブーイングされてもまずは書きたいこと書けばいい
あとはどれだけ娯楽要素を取り込めるか
やり続ければ電撃辺りが拾ってくれるんじゃない?
萌え要素詰めればもっとあなたに興味を感じるところもありそうだけどね
ではではあなたの健筆を祈ってますよ

237 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 13:56:28 ID:GqCgUB+k
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2531.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】零のグリムリーパー
【評価基準】
・読める文章になっているか。
・続きが気になるか。
・キャラクターは魅力的か。
・最後まで読めるか。
【改稿】 可
以前晒した時に頂いたご意見を参考に改稿したものですが、
よろしくお願いします。

238 :215:2009/08/05(水) 14:38:26 ID:tRYJPZAH

 レスをくださった皆様。
 とにかく自分の力不足がはっきりしましたので、また色々と勉強して出直そうと思います。

 とりあえずキャラクターを魅力的にしないといけませんね。
 ありがとうございました。

239 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 15:07:40 ID:PUF6cID9
>>237
・文章 表現に一工夫必須。
・続き きにならない
・キャラ これなんて増血鬼かりんですか?
・最後まで読めない



240 :名無し物書き@推敲中?:2009/08/05(水) 17:07:03 ID:1Bd4p/iB
>>237
文章…平坦かな
続き…あまり興味を抱くことは出来ない
キャラ…あまり魅力的とは言えないかな(俺の好みから外れている)
最後までは…難しいな

厳しい評価だけど、俺の好きなタイプじゃなかったからかもしれない。
でもまぁ、文章に起伏をつけられればそれなりに読めるようになるかな。

241 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 19:06:09 ID:8cxftoPC
>>237
分かりやすい文章ですが、たまに私個人の語彙イメージからずれた表現が散見されます。

・弁護士は職業名で、裁判の上では弁護人という役割を担います。なので、「国選弁護人を
任された弁護士」ってのが一番正確かもしれません。
・刑の重さについては創作なので気になりませんが、情状酌量がちょっと引っかかります。
この中には動機に至る部分があまり書かれていないので推測ですが、「それまで本人に
非が無いのに同情に値するような酷い仕打ちを受けてやむを得ず殺した」というのなら
情状酌量ですが、セクハラで訴えたりフラれたりクビにされて恥を掻かされた、職を失った
という程度の動機ならば、それは情状酌量ではなく「ただの逆恨み」です。
・予算関係は桜の咲く季節よりもずっと前にほとんど固めてしまいます。
・>名前を貰って嬉しがっている名無しのおさな子のような
そんな子を想像することができないので分かりにくいです。比喩を使うなら簡単に想像できる
ような表現にした方がいいでしょう。ここなら「幼子のような」だけで良さそう。
もしくは「玩具を与えられた〜」等、喜んでいるのが分かりやすい表現をつけるとか。
・ペーパーナイフは物差しなどと同じ原理で封筒の封の折り目などを千切るものです。
刃渡り13センチのものは実在するようですが、基本的に刺すのはともかく「切る」用には
できていないような・・・。実在するにしても想像はしづらいですね。

・開幕での女の人はどこいったんでしょうか。「逃げ惑う女をほったらかしにして」とだけでも
描写を入れた方がすっきりします。あと主人公?に絡んだ不良等も、「退場」について一切
書かれていないのでいつ居なくなったのか分かりにくいです。
・兎角さんがいつの間にか留置所(裁判中)から刑務所(執行後)にうつって、しかもいつの間にか
亡くなっているようですが、その課程がさっぱり分かりません。全体的に時間経過の描写が少ないです。
・行為についての描写はしっかりしているのですが、「状況」に関しての描写が全体的に少な目で
分かりづらいです。どこでどういう位置関係で、というのが抜けていることが多い。
・また、行為について描写はあるんですが、それに関してもまるで脚本のようにセリフと行為の説明だけな
ところが多いです。そこに何か書き加えるのが小説の醍醐味だと思うので、自分なりに何かを加えてみると
いいかも。具体的に助言はできませんが

・これが序章部分ならば目的をはやめに名言した方が良いです。物語の方向性が分からないまま
思わせぶりな話だけで何頁も続くと読者としてはうんざりしてしまいます。
「○○のせいで○○になったから○○に○○してほしい」って感じで先にレイに言わせたほうが良さそう。
会話の中でだいたいは掴めるのですが回りくどい。

・オチが気になるかと言えば気になりますが、この文章をあと数百ページ読んでまで知りたいというほど
興味を引かれてはいないという程度です。
・キャラの魅力はあまり感じませんでした。せっかくのキャラ付けを生かしきれていない印象

242 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 19:15:05 ID:40ORcIWM
>>237
正直に言う。なんかよくわからんが冒頭から置いてけぼりくらった
文章とかじゃなくプロットの問題だと思う。
冒頭から逃げてる女と殺そうとしている少女→危ない少女に急に説教する常識外れな少年→まだ始まったばかりなのに夜の場面が終了
→少年の説明(長い)→昨日の少女がなぜか自宅にいる→少女の電波説明→なぜ奴隷?と思う急展開→時間軸までおかしくなって限界

243 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 20:25:47 ID:40ORcIWM
自分のはどう評価されるんだろうと気になったので
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2532.txt
【ジャンル】 現代の不思議現象系
【タイトル】 パラレル・パラソル
【評価基準】 気づいたこと何でも。印象などもお願いします
【改稿】    可
辛口ドンと来い!ヾ(@°▽°@)ノ

244 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 22:40:25 ID:FTWICGbn
>>243
詠みやすいし俺は結構好きだな。
これじゃあ感想だな......

245 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 22:47:49 ID:IowGe1Fg
感想もらうスレだからそれでおk

246 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 22:56:36 ID:FTWICGbn
>>237
内容がありきたりかも^^;
戦う相手を全く新しい物に変えたり、戦い方を奇抜にしたらいいんじゃないかな?


247 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 23:07:08 ID:jpEv3qPg
>>243
読みやすいし、面白いと思ったよ。
良く出来てる。

というか、ひと段落着くところまで、晒してくれないか。
これで一話終わりなら、消化不良だよ。

248 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 23:39:32 ID:1vQ+hQT/
>>243
ちゃんと読ませる目的で書いてるから読みやすいわ。

249 :243:2009/08/05(水) 23:42:44 ID:40ORcIWM
ありがとうございます。
それとゴメン。自分も晒してから他の人に比べても分量が少なすぎなことに気付きました。
でも実は>>243はここまでしか書いてないんです。終盤のプロットがうまくできなくて放置したので・・・

一話目はこっから現代のサブヒロインとの高校生活に戻ってからメインである泉の少女と再開、で一区切り(の予定)です。
好評をもらったので頑張ってもう一度うまいオチのつくプロットを考えてみます

250 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 23:48:07 ID:1vQ+hQT/
>>249
過去の世界と繋がるとかそっち系だとおもった。
頑張ってな!

251 :この名無しがすごい!:2009/08/05(水) 23:49:40 ID:6hXP7Oji
>>237
話がさっぱりわからない
物語が見えてこない
プロットの見直しが必要かと

>>243
本当に辛口でいいの?
じゃあ、言うけどネタの「底なしの水たまり」に特に意外性がなかった

>気付くと、幸いなことに直前まで怪力で固められた手がほどけていた。

なんというご都合主義
話になんのひねりもなく、ただ落ちただけで手を離す

>僕は、赤い傘と女の子が大嫌いになった。

だから何?

252 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:00:02 ID:l8k61Thm
冒頭の短い部分だけですが、どうかよろしくお願いします。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2533.txt
【ジャンル】現代ファンタジー
【タイトル】未定
【評価基準】
・この設定が面白いかどうか
・この設定とここまでで続きが気になるかどうか
・文章的に違和感や、妙なところがないか
・他、感じた事なんでも

【改稿】可

どうぞよろしくお願いします。

253 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:09:27 ID:Uav2Tv4m
>>252
物語の広がりが難しそうだ。冒頭だからまだ良く分からないが、これから化けると言うのは無い希ガス

254 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:15:01 ID:UgNPVdn+
>>252
設定はわりと面白そう。
ただ、このページ数だと設定を説明しただけだから、物語的に先が気になることはないかな。
さすがに起承転結の起くらいまでは晒してくれないと。
設定自体は気に入ったので、ここからどういう物語を展開するのかが勝負。
頑張って。

……一瞬、虎よ虎よを思い浮かべたのは秘密。

255 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:28:46 ID:E850tBN3
>>252
設定は主人公が上向けばスカートの中見えたり楽しそうなので良いと思う。
ただ飛べないコンプレックスは共感しようがないので続きはそんなに気にならないかな。戦闘も起きてないしね。
文章は一人称も三人称もそつなく書けてると思う。個人的には冒頭の一人称のがアクティブで好きだ

256 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:37:25 ID:8bgVxBsK
>>252
読んだ、設定自体はそんなに悪くないので、意外と面白い作品が書けるかも知れない
正直、読んでいて小気味よい文章では無いと思うが、一応すんなり読めた

日常描写は割と細かい描写(少し読みにくいね)してるのに、「空を飛ぶ薬が開発された」って1行で言われても・・・
人によってはどうでもいいと思うかもしれないし、作者にとっては空を飛ぶのが標準になってる世界を
描きたかっただけなんだろうけど、もうここでギブアップな人もいると思うね、もう少しどうにかならないか

あと、観音七年ってセンス無いと思って少し引っ掛かった、まあ平成72年は無理があるのかもしれないけど
俺なら2025年で平成37年とかにする。2060年って今よりかなり進歩した未来都市なイメージがある
2060年である意味はあるのでしょうか。作品からは、私たちの世界とほとんど変わらない絵しか浮かばない。
まあ、先は読んでみたいよ。上手く話を回せるのか気になるね。頑張って下さい

257 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:42:50 ID:NDIErPMw
評価さたい。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1229313567/

258 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:56:46 ID:439aYUBS
>>252
昔読んだ小説で町人全員が魔法使いになるという話がありましたが、こっちのほうがまだ広がりがあるでしょう。
大体、先が想像できてしまいますね。

あと、科学的な事を言うと、
・重力が軽減するという事は、筋力の衰えになるし、それ自体が健康への害悪では。
・磁石の反発力でどうやって空を飛ぶんでしょうか?地面に常に鉄板でも敷くんですか?
・体そのものに斥力を持たせてしまっては、地面に対してだけでなく、何に対しても反発してしまうはず。

259 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 00:57:22 ID:OTTTpkbU
>252
書き出しを読んで、てっきり神様が見える少年の話かと思った。空を飛んでる神々を見上げているのかと。
どうも違うみたいだし、それなら冒頭の神様に対する愚痴は全く必要ないと思う。
文章は可も不可もなく。飛べないコンプレックスは藤子先生が魔界大冒険でやっておられるので、今後の展開で被らないように。

あと西暦20XX年とかにすると現代から発展した文明をリアルに書く必要がある。空飛ぶ技術だけじゃ足りない。例えば1940年代と2010年代じゃ世界はかなり違う。包丁や鍋は共通してるけど、レンジやホットプレートなんかはないわけで。
そういう現在との繋がりを維持しつつ未来世界を創造するのはかなり難しい。

この文章で描かれた世界観は空を飛べる未来じゃなくて、空を飛べる現代に他ならない。
学生で全財産が1500円とか標準身長165センチとかは全部現代の感覚でしょ?

普通に1970年代に飛行技術が開発されて現代に至る、とかのが良いと思うよ。

260 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:04:37 ID:DT4nyrPW
>>252
自分が小難しく考えるたちなので、設定のリアリティーの無さ、
あるいは無茶な設定を納得させるワード(魔法、ミノフスキー粒子など)の無さが気に掛かりました。
現段階では「設定」というより、ただの「アイデア」という印象。少なくとも「磁石」という説明はナイです。

また、「超能力者の中の無能力者」、「超人の中の凡人」という主人公設定自体は
そこそこあるのでこの段階だと特に目新しさもなく興味は引かれませんでした。

261 :252:2009/08/06(木) 01:06:43 ID:JlbdkT9P
早くも多くの評価と感想、ありがとうございました。


言われてみて時代設定にかなり無理があった事に気がつきました。
この辺をもう少し考慮して改稿したいと思います。

また科学的な見解からも、もう少し後述でうまく説明がつくよう文章を回してみようと思います。

沢山の意見、評価、ありがとうございました。

262 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:09:45 ID:BAxNtUsO
>>252
最後まで読んだ。
設定はなかなか面白そう。文章も分かりやすくていいね。
もう少し読んでみたい。

あと、「馬の耳に念仏」の使い方が変。
祖父母の言葉はただの慰めにしか過ぎないから、
「ありがたみに気付けない」というような意味の「馬の耳に念仏」よりは、
どちらかというと、「馬耳東風」が正確な表現だとおもう。

263 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:17:52 ID:439aYUBS
>>261
いやw時代設定よりも、科学的根拠のほうがかなり無理があるんだが。
そもそも、無重力状態っていうのは、どういう状況かもっと考えたほうが良い。
重力とは物理現象であって、地球の回転の遠心力によって生み出されている。
(間違ってたら、格好悪いが)
そういう性質の物なので、クスリ一個で解決できるもんじゃないのよ。

別に科学的根拠とかいらんから、理屈抜きに空を飛んだほうが良く無いか?

264 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:24:00 ID:BAxNtUsO
>>263
ちょっと待てww

重力と、遠心力は、全然別物だぞ。
むしろ、地球上で見たら、逆方向に作用する力だ。

科学的根拠に乏しいのは賛成。

個人の差によって、飛べたり飛べなかったりすればいいんだから、
超能力ってことで、流した方がいいかもね。

265 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:27:44 ID:DT4nyrPW
そこで重力子の発見、重力素子の生成、あるいは重力場の形成ですよ。
レトロ路線なら反重力。あるいは光子で飛ぶという無茶もアリだ。

ちなみに、重力≒地球の引力+自転の遠心力、でしょう。

266 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:34:42 ID:OTTTpkbU
>265
そう。地球の引力>>自転の遠心力だから人間は吹っ飛ばない。もしくは浮かない

267 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:36:19 ID:439aYUBS
>>264
ああ、言い間違えたね。
重力は引力と地球の回転による遠心力との合力ね。
少なくとも全然別物じゃあない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B

>>265
アリかな?もうそれじゃあ、空を飛べりゃあ、何でもアリで、この作品の主旨と違わね?

ちと、ルール違反気味だが、見逃して栗。

268 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 01:48:05 ID:OTTTpkbU
>267
いや、お前さんは素で勘違いしてる。

地球上での重力は引力と遠心力の影響を受けるが、重力を生み出しているのは引力だ。遠心力は引力と反対の方向に作用しているから重力を減らす役割をしている。
よって遠心力が重力を生み出しているというのは完全な間違い。

遠心力が重力の合力になるのは回転している球体内部などでの話。これは宇宙開発などで重力を起こすのに利用されているけど、地球上での一般的な現象には当てはまらない。

269 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 02:01:43 ID:mmEyp7kY
重力=引力-遠心力

だから>>267での「重力は引力と地球の回転による遠心力との合力」は正しい
>>263での「重力とは物理現象であって、地球の回転の遠心力によって生み出されている。」はおかしいが
本人がそれは違うと>>267で認めてる

まぁあんま深くつっこみなさんな


重力が邪魔なら、重力から解放されるがモノに触れたりできる便利な亜次元に行ける薬(爆)とかを
それっぽい擁護並べつつ、締めくくりに「専門的な所はわからないんだけどな」とか解説キャラに言わせればオールオーケー!

270 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 02:01:44 ID:OTTTpkbU
ああ、スマン。上で書いた合力の定義が変だった。
遠心力が重力の合力じゃないって書いちゃったけど、遠心力は外側への力を生んでいるから引力に対して負の方向の合力にはなってるね。

271 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 02:07:52 ID:kNr2nSwC
自分的にはこれが一番うけましたねw

             /   ,                          ヽ
          /  /     ,イ///                 ',
           l / /   / ////  // /l i            l
         V  i   / //  l/   /、l/ l | l   l         |
            |  l   l V __,イ|  // l|、 l l |   l l   l  │
           l、 l   l //ヾl  l/ lLヽl | l   l |    l   l
              ヽl、 /レ'/,ニミ ト、 l /y=ミヽjl   l l   '  ,′
          z   \|_i ネトf^l 厂7 /=ハ }!ハ、__//   /   /     ガーン!
          Z    八j´cゞソノ l  {し'ソ ノミ /´,、`Y /   /
          7    V-、ー"r'-、 \゙ニJ ,. イ /_ノ / /  /  
             //ノヽ_|'⌒〉__ ` ̄´ ,レこ/〃 /
        ,r:ー:く ̄|   ´ィノーrく.ヽ`Y^i '´/ /' / ∠___     このままじゃワナビが死んじゃう〜
      / : : : : :\l    l丶jン     / /,ゞ-'‐<:::::::::::〉
     _/; :-‐:': : :.{i : :|     |7′   / 7'/      \::/
   / : : : : : : ,r'犬Zl、   l'   / //_ , . - ─: :ヾ、
  /: : : : : : : /´ ̄:Yl   ,.イ   〈ハ、//´: : : :_, : :-:‐: : : :\
  」: : : : : :/: : : : : : :||  / |  _⊥,勹' : : : ∠ :-: : : : : : : : : ヽ
/: : ,: -イ.: : : : : : : : :ll/   l/: : : : Y>、/: : : : : : : : : : : : : : :.|
: : /: : :/: : : : : : : : : :リ    / : : : : : : :∨: : : : : : : : : : : : : : : : : |

272 :252:2009/08/06(木) 02:13:30 ID:JlbdkT9P
うーん、なんか荒れるような内容を提示してしまって申し訳ないorz

自分としても、空を飛ぶっていう前提が欲しかっただけなので
小難しい理屈を並べるより、もっと単純にかつ納得させられる理由を考えて
改稿しようと思います・・・

すみませんでした・・・

273 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 02:35:29 ID:mmEyp7kY
>>272この程度荒れるうちに入らんぜ

それに発端はともかくとして、
いくらなんでもこの流れになった責任が貴方にあるとは言えないでしょうw

274 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 02:47:13 ID:kNr2nSwC
>>272
ごめんなさい
誤爆してたのに今気づいた…orz

275 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 03:06:48 ID:MAnrKEp8
重力といえば、昔ドラえもんの一作品にあったよな。
のび太とドラえもんとで別惑星にいったら、そこの重力やらが地球より低くて、
その惑星のギャングの銃弾受けても痛くも痒くも無いってやつ。
大気があって地球より重力が無い惑星にいったら地球人ってどうなるんだ? って疑問に一説与えてくれる話だった希ガス。

結局長く居ると、無重力との間みたいな衰弱が現れるのかねぇ。

276 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 06:13:46 ID:ODzxMxAQ
あれはスーパーマンのオマージュだろうに…

277 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 07:26:26 ID:RQR1crY3
>>243
ご要望にお応えして辛口で。

思いつきだけで書いた短編。おそらく先の展開など考えてない。

いまんとこ読んだ印象はそんな感じ。

278 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 07:30:08 ID:m/KPRuOC
それでも・・・それでも宇宙の破壊者ハミルトンなら
なんとかしてくれる!



・・・と、おもえるようになれば一人前の
SF(すごい不思議)ファンだって
大元師は教えてくれた。
面白さは理屈に勝る。

279 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 07:43:19 ID:Ck6D5hxr
                         ___
      . .-‐=ニ>''"   ̄ `: : .、   /'⌒`ヽ
     (人ノ/    ´       ` く
     (人 /    /   ′i   ヘ   ヽ
    (人7、ヽ.   |   i |  i  i ハ  ! ハ
   (人」{ \ ` ー|   i i _」__ ! | i i i|  
     Y !ハ\ ヽ.__|   i i´! j ノ`ヽ| i i i |
    八」」 ! ヽr‐.|   i |ノ''⌒ハ/ノjノjノノリ               ______
    //Tヘ   { く! i   | 丶 !ソ  /                 /         \
 .   ′ | iゝ、ヽ.| i i i | xxx  (              / ヽ、_        \
    | | | | /```| i i i |  、 _ , ′            / (⌒)          \
    `ヽrvx/    | i i i !    /               (_人__) ///           \
.     | 厂 ̄ ̄`ヽ. i i ト-イ|             |`⌒´                 |
.     // __  ヘiハ.| jノノ             \          ‐'ュ      /
      j/..´ニ==、\  ' 〉                   | | 'yー'〉'´ヾr '´,.ィ',イ     /
     ノ'´     ヽ.\/∧              ,l、|//  '´ / ,/f      \
   /          i  | | |ヘ.           _,ノヾヾイ ´     ' / ノ       l
    !        `ヽ. | | | ∧        /二ツ `ヾ,ヾ|        ' /       |
    | 、         ヽゝ'ノイ,ハ      {´‐'ナ′  _,..j      ,イ         |

    ――      l   ‐┼― ‐┼― _l_ヾ
       ー―  ト―  | ⌒  rー、    | |
   ―‐―       l    / ー  _ノ  / J
       
          | ̄ ̄|  ーヽ-〃 ヽ_ノ   ‐┼―
          |二二|   _ヽ  γ、ノ`ヽ   | ⌒
          |__|  (_ ,   lノ ヽ_ノ   / ー‐

280 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 09:12:53 ID:Ck6D5hxr
のりぴー : このような事は二度といたしません。。。ノー リピー ト。。。


281 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 11:10:45 ID:Ck6D5hxr
あ!あなたもしかして酒井法子さん?

「違いマンモスー」



さあ、そろそろあったまってきましたね
では電撃2次落ちの方、どうぞ!
ここがメイン会場です!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

282 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 11:22:52 ID:AcdSUVW2
>>331
しね

283 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 11:23:55 ID:AcdSUVW2
すまん誤爆

284 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 12:31:20 ID:YvF0mkh+
晒したいんだが、ウップロダとか知らんがな(´・ω・`)ショボーン

285 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 12:42:49 ID:1Y4Yw54w
>>284
>>1ぐらいみろよ

286 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 12:49:45 ID:AcdSUVW2
それはウップロダじゃないだろ

287 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 12:54:47 ID:YvF0mkh+
>>285
一応見たんだが┐(´-`)┌
大人しく、晒された作品の評価にまわるよ(´・ω・`)

288 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 13:49:43 ID:pS7Q+Uha
いいか、
http://wannabee.mine.nu/uploader/
を開いたら下の方の「ファイル Max 512KB (*1000Files)」ってかいてある
場所を探して、そのしたの空欄の右にある
「参照」をクリックするんだ←重要
そしたらウィンドウが勝手に開くから、そこから自分の作品が保存されてる
マイドキュメントなりDVDドライブなりをクリックして、肝心の作品ファイルを
ダブルクリックするんだ。
で、タイトル名をもう一つの空欄にいれて
uploadをクリックするんだよ!←重要
こんだけ教えてやったんだ。名前欄に284て書いて晒さなかったら
許さないからなこの馬鹿たれ!


289 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 13:55:51 ID:6zmkfs5b
なんというツンデレw

290 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 14:04:52 ID:AcdSUVW2
でもウップロダじゃないけどね

291 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 14:09:28 ID:AOt853cA
この誤爆くんはさっきから何者なんだw

292 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 14:53:43 ID:sZuBOe2/
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2536.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】王様物語
【評価基準】
・続きは気になるか? 読み進めたいと思うか?
・キャラクターに魅力はあるか? 魅力を感じないとしたらその原因は何か?
・文章表現におかしな点はないか?
・その他気になった点

【改稿】していただけると嬉しいです。

16スレの578で投稿したモノを、いただいた指摘を参考に改稿してみました。
二章の途中までで設定をやや説明し切れていないのがお前何様だという感じですが、
いかんせん書いている途中にまた迷いはじめてしまいました。
この後王様が別の魔を使って人の心に入り込んで支配する能力を使い、
船を乗っ取り帰国→公衆の面前で勇者を魔王に→犬と共に勇者を倒そうとするが。
勇者=魔王はパーティの助けを借りて逃走ってな流れを想定しています。

改稿したポイント
・道化を女の子にして、その子の一人称に。大分設定をつけた。
・王様をややマイルドに。ファックはなしで。

293 :785:2009/08/06(木) 15:29:51 ID:8SizKGLm
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2537.doc
【ジャンル】 超能力ミステリ
【タイトル】 『スパイの周辺すなわち 「第16回 電撃小説大賞」 大賞にもっともふさわしい作品』 拾井由太郎
【評価基準】 何が要因で二次落ちしたか
【改稿】 可。でも酷評はつらいので、ソフトにお願いします。

294 :293:2009/08/06(木) 15:32:00 ID:8SizKGLm
すみません、冒頭のみです。15ページ分。
この時点ではまだ超能力もミステリも出てきませんが・・

295 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 15:39:35 ID:nppWul/8
>>293
すまん、読む前にこれだけ聞かせてほしい。

こんな素晴らしいタイトルで送ろうと思った理由を。

296 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 15:43:23 ID:8SizKGLm
>>295
書き上げたときのハイテンションモードで名づけたんだ・・
いや、ほら、経験あるだろ?? 俺と君で、違う点といえばその多寡だけだ!

297 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 15:46:11 ID:OTTTpkbU
>293
読めないんだが

298 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 15:52:01 ID:8SizKGLm
ごめん、もうちょっと待って・・

299 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 15:59:27 ID:8SizKGLm
できた!
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2538.txt

300 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:06:30 ID:84Gkup4h
>>243
春樹みたいな文体だな
リズムがいい


301 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:06:56 ID:j8m2bCo0
>>293
なんだ落ちてしまったのか
あんたにはとても期待していたんだが……
来年もそのテンションで応募してくれよ

302 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:07:22 ID:8ipcVV+q
スパイの人のやつ途中までで、登場人物みんなアスペルガーかよ! と思ってしまった。

途中で読むの止めたが、こういうくどく感じる文章でも一次通過するんだと感じた

303 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:11:23 ID:8SizKGLm
>>301
ありがとう。すごく嬉しい。次回作は未定だ。でもがんばって書くよ・・
>>302
えっ? ど、どの辺がアスペルガーだ?w そんな気は無かったんだけど。

304 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:15:12 ID:SEc89xhQ
>>293
晒すなんて勇気あるな。応募直後のスレのときから気になってた。ありがとう、読ませてもらったよ。

15ページの段階で判断するのもアレだけど、まず何よりも一次通過の理由は「タイトル」に尽きると思う。それ以外にぐっと来るものがなかった。
肝心の本文は、描写がちょっとうるさいかな……。でも文章自体は、並〜上レベル。
「スパイ」に着目したところはいいし、何よりスパイの養成学校という設定もかなりの評価ポイント(ジャガーのアレ学を思い出したけど)。最初のうちは「平坦だな……」と思っていたけど、妹誘拐は「おっ」と思わせる。先が気になるな。
細かいところをうだうだ言うのは好きじゃないから、絞るよ。一番言いたいのはこれ。「客観性」。ストーリーの運びがちょっとご都合主義っぽいのと、あとは読者が楽しいと思うかどうか。
それが想像できたら苦労はないんだけど……厳しいこと言ってホント悪いんだけど……。客観性に欠けてると思う。
ジャンルを変えてみるのも一つの手なんじゃないかな。異能モノやミステリーは今時ムズカシイから……。単なる印象として、ラブコメとか上手そう。
小説を作る基礎力は相当あると思う。あとは訓練あるのみだ! 頑張れ! 応援してるぜ!

305 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:18:07 ID:O9ZOTxPc
>>293

・とりあえず名前に振り仮名を。

・芳周はたいていまじめにつきあってくれる
それなのに「そんなことあるわけない」て言うとキョウヤ?は予想していた。
ここは矛盾してる。

・前半の8ページぐらい削っていいと思う。
特に興味を抱けなかったし、なにがしたいのかもよく分からなかった。
後に妹が誘拐されるのだから、彼女との交流を描いた方が衝撃度合いが増すんじゃ?
もしくは最初から谷岡の宣言を持ってきた方が、インパクトを与えられると思う。

・列をなして尾行の練習ってのがよく分からない。
スパイって、もっと緊張感に満ちたモノを想像すると思う。
たとえばファントムオブインフェルノみたいな雰囲気。
そこら辺に読者との距離を感じた。

・全体的に描写に変化がない。
「〜〜た、だった」ばかりで、変に落ち着いた印象を与える。
たとえばアリスの手紙を読んだ時「!」ぐらいは使った方がいい。
上と同じで雰囲気が伝わってこないから。

その後に「早く寝ることにした」というのも理解に苦しむ。
なぜ、なにもしないの??

・二次落ちの理由は、まぁ上にあげたとおり。
個人的には描写によるスピード感のなさや、悪い意味での疑問が要因だろうと思う。

306 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:37:53 ID:439aYUBS
>>272
勿論、理屈なんてトンデモでかまわんのだが、
あなたのは理屈では、申し訳ないが「ショボすぎる」。それが問題な訳で。
ラピュタの飛行石だってそんな科学的根拠はないけど、妙に説得力があるでしょ。
あれで良いんですよ。

上で重力がどうこう関係無い議論を巻き起こしてしまったのは、申し訳なかった。

307 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:39:46 ID:8SizKGLm
>>304
読んでくれてありがとう。最初のトランプの練習をするシーンで、読者をひきつけれるんじゃないかなー、って思ってましたが、無理ですか・・
ライトノベルでは、こういう風な、ちょっと専門的な内容を出すと珍しがってもらえるかな、という企みがありました。
奇術師版あるあるネタ(これはまだ出てきません)とか、知らない人にはちょっとアピールする力があると思うんです。

文章はおっしゃるとおりです。市販のラノベと比べて、格段に頭に入りにくいです。でもああいう文章は僕にはかけなかったんです。
スパイ養成学校は、着想よりも禁書とのネタかぶりを心配していました。この後の展開は全然違うんですが。
ジャガーというのが何のことかわかりません。誘拐は、これは頭をひねりました。
客観性は・・ああ、これは今始めて意識しました。よく覚えこんでおきます。
ラブコメは、思いついたらそうしたいですが、ちょっと自分にはあわなそうです。
応援してくれてありがとうございます。次応募するときは筆名変えないようにします。

308 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:42:33 ID:UHXc4Eoq
落ちたッ! くそッ! ファック!! ……ぐすっ
というわけで、二次落ちしちゃったものです。ごきげんよう。

以前冒頭部だけ晒して応募したんですが、この度全文晒してみます。130DPフルです。
きちんと改稿を施して、他の賞でリベンジしたいと思っていますので、どうか忌憚のない意見をお寄せ下さい。
※送った後に、何度か手を加えてあります。もしも改稿ミスや推敲し損ねなどあったら、申し訳ありません。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2541.txt
【ジャンル】SF+ラブコメ
【タイトル】ロボットになった僕 〜月光円舞〜
【評価基準】とにかくもう、なんでもかんでも。
特に内容や構成に関しての意見があれば参考にしたいです。
また、もし途中で躓いてしまった場合でも、それがどこだったかも教えてほしいです。
【改稿】○

309 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 16:54:57 ID:8SizKGLm
>>305
こちらも、読んでくれてありがとうございます。
振り仮名は忘れてました。読み方はそれぞれ、
たかはしきょうや、かみやよしつね、ながせれみ、たにおかしげお、まきはらかずみ。
最初の8ページは・・はい、そうですね、今の冷えた頭で読むと明確にそうですね・・
谷岡の宣言を冒頭に持ってくるのはよさそうです。
尾行の練習は、僕はあんまり文章で楽しませることができないから、状況のおかしさを出そうと思ったんです。
真剣さの度合いは年度を増すごとに増幅していく、という設定でした。
描写の画一的さはその通りです。わかってはいたんですが、あんまりバリエーションを出すと変になると思ってできませんでした。
早く寝ることにしたのは・・すみません、自分でもわけがわかりません。頭がどうかしてました。幸いすぐ改めれます。

310 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 17:26:32 ID:E850tBN3
>>292
読点が多すぎて読み進めるのがストレスになる
作者として一字一句を推敲するのではなく、読者のつもりになって一文を推敲すべし

311 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 17:42:27 ID:E850tBN3
>>299
一次通過の理由は個性だと思う。特に会話文が衒学的でファンがつくタイプだ
でも反面語り文がくどくてわかりにくい。というか明らかにラノベの書き方じゃないねこれは
文章力は高めだと思う。キャラ付けをラノベ読者の好みに合わせて
語り文を中高生でもスラスラ読めるようにすればもっとイケるはず

312 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 17:59:03 ID:8SizKGLm
>>311
良い評価をしてくれてありがとうございます。励みになります(だから他の二次落ちの皆さんも晒しましょう)。
こういう会話文は、二次落ちが言うのもなんですが、そこそこ得意です。「体のいらない部分」も、この先の複線です。
文章力を褒めてくださって嬉しいです。
語り文、キャラ付けは、そうです、もっとラノベ寄りにしようと思います。

他の人もちょっとでいいので読んでくれるとうれしいです。
何かしら良かった点、悪かった点、些細なことでいいのであげてください。

313 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 18:02:37 ID:8SizKGLm
>>308
よし、読もう、と思ったんですがどうしてもパソコンが固まってしまって読めない・・
すみません。感想もらえたし、僕も誰かにお返ししようと思ったんですが・・
どうしたらいいのかな。

314 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 18:12:59 ID:E850tBN3
>>308
意外に読みやすかった。と本文見て思ったらやっぱり一次通過してるんだね
冒頭で主人公が記憶喪失なのに生意気だったのでなんとなく感情移入ができなくて
これで文章まで中二病だったら読むのをやめようかと思ったがそんなこともなく逃亡シーンで引き戻された。
しかしその後、どう考えても主人公のキャラがぶれている。
丁寧語を使いだした辺りから発言もギャグっぽくなり、良い意味で簡素だった地の文にも色が出た。
ここで読むのをやめた。ギャグならギャグと最初から言いやがれ!

315 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 18:40:11 ID:YA27e29F
>308
主人公が脱走しようとして捕まる辺りまで読んだ。
ここまでで「何をする物語」なのかが分からず、
先を読みたいという気持ちも途切れてしまった。
早い話、物語の方向性が見えてこない。

・主人公に強烈な動機を持たせる
・大きな謎を提示する
・魅力的なキャラを登場させる

こんな風にして、読者に「先が読みたい!」と思わせる書き方をするといいかも。

それと、隠す必要が無いなら登場人物の外見年齢は早めに書いてほしい。
ただ子供とだけいわれても、幼稚園児〜高校生、と幅広いわけで。

316 :308:2009/08/06(木) 19:31:07 ID:UHXc4Eoq
>>313
携帯からでも一応は開けるみたいだけど、かなり読みづらいなこれ……。
しばらくは晒しっぱなしにしておこうと思うので、その気があったらまた何時でも読んでやってください。
俺もせっかくだから、他の人のやつも読んでみようかなぁ。

>>314
だからラブコメと言った! ……いや、そういう問題じゃないですね。すいません。
とりあえず読みやすいという意見は、素直にうれしいです。ありがとうございます。
自分の中では、冒頭が重たすぎて読者を拒んでいるのではないか、という疑念があったので
その後の部分で、読み口を軽くしようと、つい色を出し過ぎてしまった気がします……。
とにかくどちらの方向性を取るか、もう少し明確に固めてから書くべきだったと猛省です。
そして最後まで読んでもらえなかったのは大分悔しいです……次は最後まで読んでもらえるように、頑張りたいです。

>>315
その三点に関しては、自分の中で解決出来ていると思っています。正直な話。
が、その本題にたどり着くまでの序盤というか、助走部分が長すぎた気がします。
謎の提示も、動機付けも、半分を過ぎた辺りでやっと明確にされるという流れなので……orz

一応、一章の最後あたりで、主人公は“再度の脱走を試みる”ことを指針にして動いている、と
仄めかしてはいるのですが……果たして、それ以前で止まってしまったのか、伝えられていなかったのか。
少し気になる部分ではありますが、なんとか解決策を見出していきたいです。

外見描写については……申し訳ないです。
話の流れと無関係に差し込むのが躊躇われてしまって、そのままズルズルと後ろの方に。
ただ、自分自身、キャラの外見が後半に入るまで固められないまま書いていたので
改稿を行うときは、十分に反省したい部分です。

317 :284:2009/08/06(木) 20:02:49 ID:YvF0mkh+

【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2545.txt
【ジャンル】 ラブコメ×サスペンス
【タイトル】 未定
【評価基準】 冒頭なので、パンチが効いてるか
【改稿】 可

>>288教えてくれてアリガトネ(`・ω・´)
上手くアドレス張れてるか心配

318 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 20:21:15 ID:E850tBN3
>>317
主人公は刑事のほうなの?
パンチは・・・可もなく不可もなくという印象。
評価基準とはちょっと違うが「死体は腹を引き裂かれ」ってのがわからん。
切り傷なのか真っ二つなのか。真っ二つならパンチ利いてる

319 :284:2009/08/06(木) 20:28:50 ID:YvF0mkh+
>>318
この後主人公に視点移動です。
腹を切腹した感じです。腹を〜の所直しときます(`・ω・´)


320 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 20:36:02 ID:+/zLB17Y
>>317
1500文字と短い冒頭だけど、情報量はそれなりにあるし、パンチは良いと思う。
でもこういうイントロってミステリに限らずよくあるから、他の作品と比較して考えると「凡庸」と云わざるをえない。

で、その後はいきなり普通の展開になって、スタートダッシュを切ったと思ったらいきなり信号で停車したような感じがした。
冒頭の短さも、第一章へとページを捲る時に「すげえ物語が始まったぞ」と思える余韻は感じられないと思うし、もうちょっと描写を書き込んだ方が良いと思う。

321 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 20:36:34 ID:YDRQGw9a
>>317
ちゃんとアドレス張られてますよ、御安心を。
最後の方だけ流しちゃいましたが、全部読みました。
先ず、段落は頭をスペース一つ空けた方がいいですよ。
これは文章作法になるんで、賞へ応募を考えているなら癖付けるのを御勧めします。

内容ですが、今提示されてる分だけを見るとまだなんとも…
入学式当日に訳も解らず、殺人事件の容疑者になった記憶喪失の少年。
彼を担当する事になった刑事と、これから物語が動くとは思いますが…
正直、パンチ的には「ジャブが掠めたか?」位でしょうか。
パンチのある導入部にする為には、例えばボスの影をちらつかせるとか。

しかし、昴は這って電話の前まで進み――そこで力尽きて床に突っ伏す。
遠のく意識の中、昴は見た。滲む視界に立ち尽くす、ぼやけたそれは……
――女の、子?
全裸の少女が(省略されました、続きを読むには……)

決して茶化しているつもりではないですが、冒頭にエサをもう少しまかれてはいかがかと。
多分、物語の展開的に刑事と少年で謎の真相に迫るような流れかと思いますが。
工夫して「ラスボスちょっとだけチラ見せ」をやると、ぐっと興味が引けるかと思います。
以上、何かの参考にしていただければ幸いです。執筆頑張ってくださいませ。

322 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 20:37:39 ID:UHXc4Eoq
>>293
読みながら思ったことをメモ帳に箇条書きしてみた。
あまりじっくり読みこめていないので、あくまで参考と思ってほしい。

・冒頭で、文末が「〜た」になる表現が続き過ぎている。
減点というほどではないけど、読んでいてやや気になった。
現在形を混ぜるなどして、単調にならないよう気をつけるべきかと。
・>次に、彼はカードを右手で大きく反らし、それを左手まで鮮やかに、まるでアコーディオンのように飛ばした。
「左手まで〜」の位置にやや違和感。
・文意や内容にそって、適度な位置で改行をした方がいいと思う。
文が長くなりすぎてるし、頭で浮かべている場面の転換などが
スムーズに行い難くて、不親切な文章という印象を受ける。
・台詞が、なんか台本口調というか……活字的な会話だなあ、と。
声に出してみると解ると思うんだけど、どこか不自然な印象が付きまとう。
・会話をしている情景が浮かびにくい。というか、書き手の言葉をそのままキャラに言わせている感じがある。
どこか、予定調和みたいなものを感じてしまう。更に言えば、一人一人の言葉がいやに長い。
なんだろう。キャラがキャラに対して言葉を発している感じが薄い、って言えばいいんだろうか。
細かく言葉を区切って相槌を入れたり、仕草を挟んだりして、会話の肉感をもっと出してほしい。
こういうのは結局、好みの問題でしかないんだろうけど、あくまで個人の意見として。
・手品の部分を、一々想像するのが面倒くさくて、つい長し読んでしまった。
描写と心情がごっちゃな上、次々と情報が出てくるので整理が面倒というか。
どうしても必要でないなら、いっそ手品のパートは精密な描写にせず
おおまかにだけ書いて解りやすくしてしまってもいいと思う。
・うーん。説明が説明過ぎる。もっと構成工夫して、なんとかしてほしいと思った。
悩みどころだとは思うけど、だからこそもっと構成に力を入れてほしい。
・ところで、校庭だと外部に音漏れまくる気がするけど大丈夫なの?
・引きの部分に目を引く事件を置くのは、手法として適切だな、と思った。
個人的に、参考にさせてもらいたい。

総評として、言いたいことが多すぎて、うまく整頓出来てない印象を文章から受けた。
それと、読み手に対してもう少し親切というか、気を使うように心がけて欲しいと思う。
構成に関しては、他の人が大体既に言ってるみたいだから省略するけど
個人的に言っておきたいこととしては「説明はおおざっぱでいい」という点。
言った通り、説明はあまり精密にし過ぎても読者が把握できないと思うし
おおざっぱな方がむしろ、読者の想像を掻き立ててプラスに働く場合もあると思う。
先の展開がどうなるのか解らないから、内容そのものに関して深く突っ込むのは控えるけど
キャラの初登場シーン(つまり第一印象)は、もっと勝負掛けた方がいいかもね。

なんか言ってるうちに、自分も気をつけなきゃいけない部分ばかりだと気がついたorz
まあ、同じ身の上(?)として、お互い頑張ろうw

323 :284:2009/08/06(木) 20:43:07 ID:YvF0mkh+
>>321
文章の前に一つ開ける作業。しっかり癖つけていこうと思います。
ボスの影をちらつかせる。これを参考に付け加えようと思います。読んでくれてありがとうございました。

324 :284:2009/08/06(木) 20:45:34 ID:YvF0mkh+
>>320
確かにこういう話で冒頭に死体が出るのは在り来たりです。もう少し描写を詳しくと、
スタートダッシュが途切れないように事件の異常さ何かを加えていこうと思います。

325 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 21:06:25 ID:uw/nfkaS
>>292
読みました。

続きは気になります。
読みやすい感じで、良いのでは。

予想では、メイドさんがヒール王様の行く先を見続けていくと思うんですが・・・
マジで王様が世に言う悪役のままで主人公的位置にいるなら、そのしゃべりすぎさ具合が魅力を削いでいるのではないかと感じます。
が、王様の落としどころにより、うまいことやるなー、となるならどうでもいいことです。

が、実はメイドさんが完全主役ならば、やっぱ王様のしゃべりすぎがウザイ。

あと何か感じてたけど書いてる途中で失念しました。

326 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 21:17:24 ID:nppWul/8
>>293
出だしの1ページで断念しました。
いきなりこの書き出しじゃ、ちょっと冗長すぎるんじゃないかな。
シーンごと変えてしまう方が吉かも……

と思いましたが、自分なりに出だしを改稿してみました。
完全に僕の文章になってしまったんですが、少しでも参考になれるものがあればと。
良かったら見てみてください。

 目が覚めた彼の手は自然とメガネ、そしてトランプへと向かった。
 眠り目を擦るようにビニールを外し、寝癖髪をかく当然さでシールを破り、新品のトランプをケースから取り出す。
 寝起きの乾いた手にプラスチックの艶やかな表面が滑り、零してしまいそうになるのをこれも無意識に、薬指の腹で受け止めた。
 大きな欠伸を一つ。視界が涙でぼんやりと薄まる。
 と底のジョーカー、広告を捨てて生まれたばかりの52枚を正確に等分。二つの山を右手に左手に挟み、中指と人差し指で逸らし、弾く。
 パラパラと心地のいい音を立てて二つの山は絡まる様に混ざり、一つの山に溶けていく――俗にショットガンシャッフルと呼ぶものなのだけれど。果たして有名な言葉なのかどうか。
 二度ほどその、ショットガンシャッフルを繰り返し程良く混ざった52枚の山を、器用に五分割机の上に置き、目覚めてから数分。やっと彼の手はトランプから離れ――――
 「……寝違えたか? 肩がいてぇ……」
 新しい一日の第一声。高橋響也はここでやっと朝を迎えたことを自覚した。
 メガネを持ち上げ、寝ぼけ眼をこすり、眼下の机に山が五つ出来ているのを確認する。
 毎日毎日無意識のうちに、よくもまあ。自分自身に苦笑い、それでも竜也は少し満足気に五つの山を一つにまとめ湿気を帯びてきた右手に握りしめる。
 彼の一日はいつも、新しいカードの馴らしから始まる。そして馴らしが終えてから学校に行くまではずっと、マジックの練習。
 ほんの三十分程度の時間だけれど、この朝の鍛錬が自分の実力を支えているのだと、竜也は昔から頑なに信じていた。


327 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 21:22:17 ID:8SizKGLm
>>322
また感想くれて、ありがとう。このスレはみんないい人ですね。

それでは・・彼は右手でカードを大きく反らし、アコーディオンのように左手まで飛ばした。
こんな感じですかね。確かに指摘の通り変な違和感があるかもしれません。
会話の長さ、台本らしさは、今指摘されて始めて気づきました。確かにこれはそうですね。
もう少し考えてみます。
手品の部分が情報過多なのはわかってるんです・・でもこうしたかったんです。
手品シーンを現象のみ抜き出して書くと、そっけなくなって嫌だったので。客の驚きを強調したかった。
だから、こんな風になったんです・・ええ、僕が悪いんです。わかってます。もっと単純なトリックに置き換えます。
説明が説明過ぎる・・・やばい、どうすればいいか僕にはわかりません。
校庭での朝礼は大丈夫です。この学校は山奥にある上に、地元住民はそこがスパイ学校だと知っているという設定です。
尾行の授業も、地元住民にはなじみの光景なのです。
引きの部分はありがとう。

そうですね・・説明はもっと簡潔にします。確かにこれでは頭にすんなり入ってこない。
キャラクターの弱さも・・ああ、改善できるかなあ。

328 :1/2:2009/08/06(木) 21:31:12 ID:+/zLB17Y
>>317
人物描写は過不足ないけど、兎に角、事件に関する情報が足りなすぎる。
家はどんな風に燃えて、特にどこが激しく燃えていたのか、主人公はどうやって火事から助かったのか。
残っていて欲しかった物的証拠は何で、指紋も採取出来るレヴェルで発見された凶器はどんな場所にあったのか。
事件当時の付近の様子はどうだったか、怪しい人物、車両、出来事はなかったか。
常磐津雅彦はどんな人間なのか、年齢、体重、職業は当然、人間関係、金銭関係などで容疑者になり得る人間はいないのか。
被害者の事件前の朝からの行動、発見時の状況、死亡推定時刻、傷の詳細(深さ何センチ、何センチ幅とか)、燃えたなら燃え具合はどうか。

兎に角、ぐうの音が出ないまでに徹底して掘り下げていないと、「君が殺した以外には考えられん」に説得力が出ない。
もし、これだけしか情報が手に入らなかったと考えているなら、警察の捜査能力を侮り過ぎているし、
本当に情報がないなら、それを納得させられる事情を書かないとまずい。


以下、思いついた事をちらほらと。

>〜た
「た」でぴしっぴしっと止める描写が多くて、切迫しているのに腰を落ち着けて読めてしまった。
スピード感が欲しいです。

>――此処は、一体、何処なんだ?
電気をつけた事で死体が現れて、見慣れた部屋が異質な空間に変わった、って表現だと思うけど、
これだと本当に自分の知らない場所にいるように思えるよ。
まあ、遅くても「この現実を受け入れてしまったら」で気付くと思うけど。

>昴は慌てて死体から離れた。
その前に、一度ははっきり「死体がある」ことを表現しておいた方が良い。
ここまでだと、血が飛び散っているだけとも判断出来るから。

>何故か昨日食べた焼き魚を思い出した
「何故か」はなくて良いと思うよ、「目は魚を凍らせたかのように真っ白」って描写が入ってるから。

>胸につけられた赤い花のカーネーション
高校の入学式の時につけてもらったものだよね。
一瞬女性が主人公かと思ったです。

>三つも掛けられない。国よ総合電話サービスを作れバカヤロウ!
こう云う冗談が入るのは悪くないけど、序盤で引き込もうとしている時はやめた方が良いかも。
ここで読者の息が抜けるのは勿体ないと思う。

>――気絶した
この後も暫く意識があるんだから、「意識が遠のいた」とか「腕から力が抜けた」とかにした方がいい。

329 :2/2:2009/08/06(木) 21:31:58 ID:+/zLB17Y
>>317
>猛暑の外
入学式から数箇月が経過している?
事件の進捗度合いからいって、この描写は間違いなんじゃないかと思うんだけど……?

>普通の事件に立ち会ったことが無い
普通の事件とはどんな事か、今回の事件はどう普通じゃない(面倒)か、対比すると良いと思う。

>何が訳が分からないかと言うと
……別に、訳が分からない事って、ないよねえ。
この後で表現されているのは、家が形を留めていない程に燃えて、物的証拠が消滅して、
凶器は何とか発見して、死体が出てきた、って事くらいなんだし。

>彼は三日前引っ越してきたばかり
事件から月レヴェルで時間が経過しているなら、「事件当時の三日前」とした方が良い。

>そもそも記憶喪失には二種類あります
「一つは」と書くなら、「もう一つは」と続けて二種類説明して、それから「今回の彼は」と繋げた方が良い。

>十三本目のタバコ
どこから数えて一三本でしょう。
それだけながく医師と話をしているわけじゃないだろうから、パッケイジ全体で一三本って事かな。

>自分が敢えて捜査をする必要はないのではないだろうか
「そのうち記憶が戻るなら面倒な事件じゃない」と判断した理由が分からず。

>悲しそうな瞳が覗いていた
医師の発言から繋げて考えて、退職間際のこの刑事が、過去に誤認逮捕で誰かを不幸にしたんだろう想像した。
が、直後に凶器と指紋の事を考え始めるところをみるに、今回の事件が簡単に解決しなかった事を悲しんでいる?
だとすれば、もっと的確な表現がある筈。


ちゃんと読み込めばもっと突っ込めると思うけど、こんなところで。

330 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 21:43:48 ID:8SizKGLm
>>326
う、うまい。もしやあなたは二次通過かプロでは・・
でも、今のところ、この文体は僕には書けません。あのような無味乾燥な感じでしか。
お世辞でなく、本当に参考になりました。ありがとうございます。

331 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 22:26:29 ID:E850tBN3
>>330
あなたは描写が丁寧なのが魅力だけど、視覚描写に頼り過ぎて淡々とした文章になってるんだよな
丁寧に書きすぎた描写を削りつつ、視覚以外の五感+簡単な心理描写を間にチョコチョコ入れるだけで
無味乾燥からは脱却できるはずだよ。がんばれ

332 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 22:36:14 ID:E850tBN3
ちょっと訂正。五感も心理描写も入ってなかったわけじゃないが視覚描写的というか、
例えば心理描写は「〜は―と思った」ではなくもっと本人の言葉を使うようにする。

>「単刀直入に言いますと、地元の人たちは西豊台がスパイ校だと知ってるんですよね」
> それでいいのか、と響也は思った。おそらくこの場にいるもの全員がそう思ったことだろう。

「単刀直入に言いますと、地元の人たちは西豊台がスパイ校だと知ってるんですよね」
 ……それでいいのか? おそらくこの場にいるもの全員がそう思ったことだろう。

こうするだけで柔らかくなる。描写描写描写ではなく緩急をつける感じで

333 :284:2009/08/06(木) 23:22:24 ID:YvF0mkh+
>>328
警察をなめすぎてましたorz
過去の実際に起きた犯罪の記事何か参考に修正しようと思います。細かい指摘ありがとうございましたm(--)m
目茶目茶参考になりました。

334 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 23:25:53 ID:E850tBN3
>>330
余計かもしれないけど俺理論で最後の方を改編してみた。
基本的に原文から「彼は」「響也は」なんかの反復を無くしてテンポを上げて
無駄な会話文で緩急つけて、あとは響也視点の一人称なので地の文を響也の感情に近付けてる。

>高橋しえりは預かった。返してほしければ、二日以内に現金五百万円を用意せよ

>恐ろしいことだった。響也はショックを受けた。響也の愛しの妹は誘拐されたのだ。
>彼は今まで、これほどまでにショッキングな出来事に遭遇したことがなかった。
>彼はすっかり気が動転してしまい、どうすればいいのかわからなかった。
>彼の思考力はこれまでないほどに減退してしまった。
>誘拐なんてことが、本当にこの世に存在するとは、と思った。
>そして、脅迫文のテンプレートは『誰々は預かった』から始まるということは知らなかった、勉強になった、
>ちゃんと覚えておかなければならないな、そういえばこの手紙は新聞や週刊誌の切り抜きで構成されていたりはしないな、
>あれはやっぱり古臭いドラマだけのものだったか、などと意味不明のことを考えた。

高橋しえりは預かった。返してほしければ、二日以内に現金五百万円を用意せよ

一瞬で、強烈な恐怖が響也を襲う。
愛しの妹が誘拐されてしまった。想像以上にショックな出来事だ。
――自分はこれから、どうすればいい?
考えようにも、まるで頭が回らない。
「……誘拐なんてことが、本当にこの世に存在するなんてな」
それにしたって。と、響也は思う。
『誰々は預かった』から始まる誘拐の脅迫文なんてちょっとベタすぎではないだろうか?
これは何のジョークだ。犯人はドラマの影響でも受けたのか。
でもそれだったら、脅迫文の文字が一つ一つ新聞や週刊誌の切り抜きで作られていないのはおかしい。
いや違うか。いまどきそんな誘拐ドラマが放送されたてたらその回の放送作家はセンス無しを理由に即日解雇だ。
ということはやはり犯人はドラマの影響を――。
「…………」
そんなこと、今はどうだっていいはずだった。もっと冷静にならなくては。

335 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 23:29:30 ID:E850tBN3
しまった……!
×放送作家 ○脚本家

336 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 23:33:24 ID:E850tBN3
しまった……!
×響也視点の一人称 ○響也視点の三人称

337 :308:2009/08/06(木) 23:33:46 ID:UHXc4Eoq
後出しみたいで申し訳ないのですが、一応選考に送った長編ということもあり
応募の際に送った800字内のあらすじも、せっかくなので一緒に晒しておこうと思います。
評価の対象とはならないかも知れませんが、読んで下さる方が居れば、足がかりとしてどうぞ。
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2547.txt

338 :この名無しがすごい!:2009/08/06(木) 23:43:53 ID:T4UQYzQE
あらすじって一次では超重要だけど二次ではどうなんだろ

339 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:07:43 ID:dMDbVS4P
>>292
一応、第一章の1まで読みました。
残念ながら、詠み進める気にはどうしてもなれません。
というのも、王様も道化もまったく好きになれないからです。

王様は暴力的で口が悪く、少しの好感も持てません。
道化は道化でされるがままになっていて、愚鈍で卑屈な自立心の無い人間にしか見えません。
魅力を感じないどころか、嫌悪感を感じてしまいます。

ですが、一応フォローすると、そのムカつかせる台詞や文章の書き方は、見事だと思います。

あくまで個人の感想ですが、自分には合いませんでした。

340 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:15:31 ID:LYFXjydw
>>317
桶川ストーカー事件思い出した
冒頭は良いと思うんだけど、主人公だと思っていた人が普通に死んでしまったので少し拍子抜け
2時間ドラマだったらこれでいいんだろうけど、小説だと少し……
最初2ページの死ぬ場面がアバン的なものだとしたら、もう一工夫するかその後のストーリー開始時に何かやるかしたほうが良いと思う

341 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:19:33 ID:wYtfGqFm
>>337
あらすじを読むとかなり色々と展開があって良さそうですね
あとで本文も読ませていただきます


342 :284:2009/08/07(金) 00:20:21 ID:xXrwORsx
>>284の続きです。

【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2548.txt
【ジャンル】 ラブコメ×サスペンス
【タイトル】 未定
【評価基準】 主人公に人間らしさがあるか。お願いします(`・ω・´)
【改稿】 可




343 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:21:40 ID:+dq4qTae
>>337
あらすじと聴くと、「これまでの○○は!」と海外ドラマの吹き替えを思い出す。

本文はまだ全部読んでないけど、「ザ・あらすじ」って感じの妥当なあらすじだね。
これを読んでも、本文を読むのが楽しみになるわけでもないし、がっかりするわけでもない、という。

ただ、全てを思い出した主人公が、最後の決断に至るまでの心境の変化が、唐突に読めてしまうのはマイナスかも。
あらすじだけ読むと、主人公が完璧に悪人に見えちゃうからかなあ。

344 :284:2009/08/07(金) 00:22:16 ID:xXrwORsx
>>342>>284では無く>>317でした。スイマセン

345 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:45:59 ID:+dq4qTae
>>342
事件から一週間しか経過してなかったのか!
猛暑というからてっきり夏も近いのかと……。
上の突っ込みの一部は無視してくれて構わんです。

346 :284:2009/08/07(金) 00:52:59 ID:xXrwORsx
>>345
元々は一ヶ月主人公が眠ったままだったと言う設定でして^^;
直さぬまま投稿した次第でありますorz

347 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 00:56:08 ID:dMDbVS4P
>>293
文章と展開が練られているね。
キャラ説明も上手いな。
妹誘拐で、ぐっと引き込まれた。

二次落ちした原因なんて、分からんよ。
でも、一応、細かいけど気になった事をあげておく。

・タイトルが絶対おかしい。
なぜ、こんなアホな題名にww

・最初の手品を練習する場面がちょっと長い。
展開上、かなり必要なシーンだとは思う。
映像で見せられれば一瞬だけど、文章で読ませられると、長い。

・キャラ名が覚えにくい。
麗美、響也、芳周。全部二文字の名前で、しかも字画がどれも多い。
もし、自分なら、三文字の名前を入れたり、覚えやすい名前になるよう工夫したり、
あだ名をつけたりなどして、覚えやすくする。

・スパイ高校の唐突さ。
尾行の授業風景とかは、なにか妙なリアリティがあって良かった。
ただ、読み進めてリアルな世界観だなと思っていたところに、
スパイ養成高校&超能力というトンデモな世界観が出てきて、アレ?っと思った。

・全体的なストーリー上の問題があるかも?
超能力で、スパイで、ミステリってまとめられるのかって思う。

まだまだ序盤なので分からないけど、最後まで読んだときに、
それはないだろうと思うことや、矛盾点、それに超展開があったりすると大きなマイナスポイントだよなと。
まぁ、これは推測というより邪推かもしれないけど。

これらは細かい点でしかないから、違うかも知んないよ。

348 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 01:00:10 ID:VHSKV6/O
>>237
・読める文章になっているか。
一応は読めるけど「…名無しの幼子のような…」
とか想像しにくい比喩は変えたほうがいい

・続きが気になるか。
気にならない
だいたいなにか不思議なことが起きて主人公が考えてってことじゃなくて
もっと事件の当事者として巻き込むべき

・キャラクターは魅力的か。
そこそこいいと思うけど

・最後まで読めるか。
流し読みで精一杯
最後まで読まれることなんてあんまりないよ

349 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 01:12:16 ID:VHSKV6/O
>>243
語りはいいし安定してるけど話自体は面白みがないね
先を書かなくてもなんとなく
最初の話で構想の規模が透けて見えるから
次話で話がうまく展開するか
もっといい語りがなかったら厳しいとは思う

350 :292:2009/08/07(金) 01:22:42 ID:EWyB8ccx
批評、感想、ありがとうございます。

>>310
犬(道化)の視点からということでそれっぽくしてみたんですが……
「読者のつもり」耳の痛い言葉です。
自慰自重を心掛けます。

>>310
犬(道化)視点にすると、設定の説明を王様がやるようになってしまい、
どうしても台詞が多くなり……悩み所であります。なんとかうまいこと説明できればいいんですが。
って書いてて気がつきましたが、ひょっとして喋り過ぎって無駄に罵倒語を入れるところでしょうか?

主役はやはり王様で、その王様の引き立て役としてメイドさんを配置した感じです。
二人の関係に主眼を置いて、両者がより引き立てあえばいいなあ、と。
落としどころは現在最も悩んでいる最中であります。
当初は、王様はそもそも王様ではなくてただの孤児。魔が封じられた石をたまたま拾って、
その力を利用して王様になっただけ。今度は正面から勇者=魔王を倒しに行く、
というのを考えていたんですが……やはり王様に何かしら成長というか変化はさせようと思います。


>>339
うむむむむ……
とことんむかつく主人公を書こう、でもところどころいい人的部分を入れたらアレ、
雨の中子猫にミルクをやる不良理論でどうにかならんかな、
と思って書いていましたが、ただ単に不良になっていました。
道化に関しては、彼女の一人称ということもあるので、もう少しキャラを弄くってみようかと思います。

351 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 01:33:58 ID:LYFXjydw
>>292
かなり面白かった
読みやすいし、一人称の使い方も上手いと思う
メイドさんを犬呼ばわりはちょっとあれかなーと思ってたけど、それにもちゃんと理由があって驚いた
主人公をメイドさんにしたのは個人的には正解だと思う。最後まですんなり読めたし、続きもみたい
メイン二人のキャラも立ってると思うので、前回のよりだいぶ良くなってると思う

しかしながら女一人称で主人公ポジションが外道というのは人を選ぶ気がする
俺は楽しんで読めたけど、>>339みたいに感じる人も多いと思う
駄目人間と見せかけて実力者(?)な王様に魅力を感じるか、少々クセのあるメイドさんをかわいいと思えるか、ってのは人によって変わるよね。
まぁメイドに関しては、とらドラのりゅうじなんかも気持ち悪いくらい良い奴だったりするから個人的には良いと思うんだけど。

以下悪いところ。
王様が暴言→メイドさんが何か言う→暴力 このパターンが多すぎ。しかも同じことやってるからまたかってなる
上でも言ってる人いるけど王様しゃべりすぎ。暴言もまだまだやり過ぎ感がある(それに変にパターンかしてる気が)
メイン二人の外見描写が少ない

352 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 01:41:56 ID:VHSKV6/O
>>252
・この設定が面白いかどうか
おもしろいかも
でも王様が道化すぎて主人公に向かないね

・この設定とここまでで続きが気になるかどうか
続きは気にならない
気になるような筋のひっぱりもないしね

・文章的に違和感や、妙なところがないか
まあ慣れてて無難だとは思う

・他、感じた事なんでも
設定と語りのよさだけで最後までかけるかなって気がするね
テンポの良い会話の掛け合いだけに頼って
最後までいってもおもしろくできないよ

353 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 02:12:40 ID:VHSKV6/O
ああご免・・・>>352>>292さんあて

>>293
何が要因で二次落ちしたか

一次通過したんだし? 冒頭だけじゃどうもね。。。
でもおもしろかったよ
ただ構成を変えて封筒を渡されたぐらいからやって
スパイ学校を同時に展開していくべきだったんじゃないかな
実力はあるほうだしそれで期待されて一次通過したんだろうけど
それか封筒を渡されこと自体にちょっとしたトリックがあれば…

これ以上はちょっと全部読まないと分からないね

354 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 02:20:58 ID:dMDbVS4P
>>308
>主人として毅然とした態度でなく、家族に対するような親しみのあるその態度に、
>茜はどこか複雑な表情で、一人口を尖らせるのだった。
まで読んだ。

設定が秀逸。
そして、それなりに掴みは上手かった。
>――耳障りな金属音が、どこからか響いてくる。
から、ロボットとして目覚めて、七瀬とであうまでの表現が良かった。

誉めるとしたら、そんなところかなぁ。

・展開は、お世辞にも上手いとはいえない。
細かい部分でも不満は多いけど、大きな部分で疑問符がつくところが多すぎる。

たとえば、主人公が七瀬を敵認定するシーン。
>つまりだ。この子供は、僕を縛ろうとする、僕の敵だということだ。
ええ?いや、そういう気持ちになるのは、ありえるだろうけど、唐突じゃないか?
一応助けてもらったんだから、いきなり敵認定はおかしい。
その敵認定に至るまでの、主人公の心情をもっと詳しく書いて欲しい。

その後、人質をとって逃げ出す意味も分からない。
逃げた後のエネルギー源は、どうやって調達するつもりだったんだ?メンテナンスは?
余りにも短絡的な行動に過ぎる。
メンテなどの情報を手に入れてから、逃げるんならまだしも。

そもそも、人質側は、緊急停止スイッチや、自壊スイッチがあるなら、
なぜさっさと使わないのか?
特に、あらすじを読むと、主人公はかつての敵だったわけで、十分に注意してしかるべきだろう。

逃亡先に、屋上を選ぶ理由も理解できない。
一階に玄関が無かったとしても、部屋の一つが外に繋がっていると私なら考える。
どこが出入り口が分からなかったら、人質に聞く。
屋上に行ったところで、袋小路になるのは目に見えているだろう。

あと、破賀野 黒鉄って主人公名はどうかと思う。
分かりやすくていいけど、自分としては、子供っぽい命名に思える。

これらの展開は後で、実はこうだったんだと明かされる部分もあったけど、
劇中人物が、あまりに愚かしく思える行動をとると、アホらしくなって読む気が失せるよ。
その行動に読者が疑問を持つかなと思えた場合、何らかのフォローが必要だと思う。

で、何より問題なのが、読んだ時点では、SF要素は出てきたが、
コメディ要素はほとんど出てこないし、ラブ要素にいたっては全く出てきていないこと。
この作品のジャンルが、作中で明らかにされていないし、カラーがぶれていると思える。
要するに、何の物語かが良くわからないのは、問題。


えーと、こんな所でしょうか。
辛口気味だけど、許してください。

355 :308:2009/08/07(金) 02:47:39 ID:2gF1icg1
>>354
思ったより早い段階で詰まってしまったようで、ちょっと個人的には悔しいです……。

設定に関しては、結構自信を持って書いていたので、かなり嬉しいです。ありがとうございます。
このままの路線を維持していきたいと思います。
展開に関しては、確かに都合と伏線が絡み過ぎてグダグダしてるなあ……と。

>主人公が七瀬を敵認定するシーン
「元々こういう思考形態の人間なんですよ」という宣誓文のつもりでしたが
確かに、この序盤の段階だと、ズレの要素の方が強く出てしまいますね。
ただ、理由を明確化しようにも、記憶がないと言ってしまった以上
それをどう挟んでいいか……抽象的にでも、何らかの衝動だとか
感情的な理由があると、きちんと彫り込んでおこうと思います。

>逃げた後のエネルギー源は、どうやって調達するつもりだったんだ?メンテナンスは?
精巧に出来過ぎているというだけで、機械擬態の技術は、元々月世界では普及している
と読み取れるようには書いてるんですが……少し強調しておいたほうがいいかも。

>そもそも、人質側は、緊急停止スイッチや、自壊スイッチがあるなら、なぜさっさと使わないのか?
敢えて押さなかったけど、もし次また悪さしたら使う。文中で明言している通りです。
後半で、詳しくその理由は書いてるんですが……もしかしたら、それでも「なるほど」とは思えないかも。
かと言って、スイッチなんて初めからない、と書くわけにもいかないし……とにかく続きを読んで判断してほしい部分かと。

>逃亡先に、屋上を選ぶ理由も理解できない。
壁伝いに降りる、あるいは高くないようなら飛び降りる。
頑丈な体であればなんとかなる、という考えがあってのこと、と。
一応そういう理屈で考えていたので、文中に書きたそうとは思うのですが、やはり厳しいかな……?

逃亡イベントは全体的に、月という設定を上手く活かしたいという自分の願望が第一にあって
それを描くための展開だったので……正直、細かい整合性に関しては、自分も悩んでいます。
伏線も幾つか挟んでいるので、展開自体を失くすのは避けたいし。うーん、難しい。
ただ、書き直す際には、細かい疑問符の芽を摘むことは、意識していきたいです。

>あと、破賀野 黒鉄って主人公名はどうかと思う。
本人曰く、偽名。理由も一応考えてはあるので
引っかかるぐらいなら詳しい理由も、後で書きたしてしおこうと思います。

なるほど。本当の理由があっても、その場での理由も一端置いておくべきだ、と。
もうここまで来るとミステリーの書き方っすね……やりがいはあるので、頑張ってみたいですが。

この後ちょっとラブコメっぽくなりますが、言われてみれば基本シリアスですね……。
かと言って、ラブロマンスを名乗るほど、ロマンスにも溢れていませんし。
最後まで読み切れば「なるほどラブコメだ」と言わせる自信は持ってる、はず。

とにかく自分、「後でちゃんと説明するし面白くなるんだよ!」って考えが先行し過ぎて
そこに至るまでの道のりというか、導きがダメダメなんだなあと実感しましたorz
もっと読者の目線で自分の文章が読めるよう、努力したいです。
親身で詳細なご指摘、ありがとうございました。
もし続きを読んでいただけることがあれば、そのときもまたお願いしたいです。

356 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 03:00:32 ID:dMDbVS4P
>>355
丁寧な返答ありがとう。
あくまでも個人の感想だから、余りとらわれないようにして欲しいよ。

言いたかったことは伝わってるみたいで良かった。
がんばって下さいね。

357 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 03:21:49 ID:VHSKV6/O
>>308おまたせ
>【評価基準】とにかくもう、なんでもかんでも。

****以下、評価でのネタバレ注意****

全部読もうかと思ったけど読めないほど面白く感じなかった…
マサムネでてきた辺りで読むの無理だった
つまらないから途中であらすじ読んだけど

*過去
主人公がヒロインを誘拐
主人公がヒロインを護送して死ぬ(だよね?

*現在
主人公がヒロインにロボットにされて逃げ出す
主人公が戦闘で倒れ目覚めると巨大ロボになってるが失敗して負傷
主人公が過去を知らされ思い出しヒロインの使命を知る
主人公とヒロインが協力する→忠誠を誓う

このメイン筋の内容の薄さではどうにも…
冒頭の力の入れようでどうなるのかなと思ったけど
私は冒頭が鈍いけどまあいいかとも考えたけど
その先があんまり良好ではないから投げちゃったよ
たぶん完成してたから一応一次通ってたんじゃないかな

358 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 03:35:07 ID:2gF1icg1
>>357
あいつかー! マサムネかー!
個人的には結構気に入って書いたキャラっていうか
むしろ、本文のウリの一つだったのに……これはもうだめかもわからん。

ちょっとニュアンスが違う部分があるというか……多分、思っているのとは違っている気がする。
でも、起こるイベントとしては、あらすじの通りです。

メイン筋の量自体はむしろ、既存の作品と比してもそこまで問題ないような……?
むしろ自分では、詰め込みすぎてないか、とすら思っているぐらいで。

やっぱり、助走段階での躓きが非常に多いみたいですね……。
全体としての完成度とか言う前に、読み物としての目先の面白さを
きちんと配置していくことにも念頭に置いて書いていきたいです。

359 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 03:42:44 ID:VHSKV6/O
>>317
>【評価基準】 冒頭なので、パンチが効いてるか

まず刑事の視点なんていらないこの刑事に興味もない
一人称にして主人公が病院を抜け出して
さらに事件がってくらいして欲しい
猟奇的なだけでパンチなんて効かないそこは単なる導入
こういった話なら冒頭ですぐに真犯人らしき人物と出会って欲しいな

360 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 04:06:09 ID:+dq4qTae
>>342
細かいところはおいておいて、全体の構成を。
--カラーページ--
--目次--
 プロローグ
  ・目覚めたらダイニングルーム、目の前には死体(主人公視点)
  ・事件の状況を一歩引いて(神様視点)
--タイトル--
 一章
  ・病室で目覚める主人公、乱入して主人公を問い詰める刑事(主人公視点)
  ・主人公を問い詰める刑事、医者に記憶喪失の事をいわれる(刑事視点)
  ・屋上にいってプロレス(主人公視点)
  ・
  ・ほにゃらら

とすれば、現在アップしてある内容+αでも、物語を進めつつ状況が説明できる。
……てか、想像してたのと全然話違う上に、ここからどこに進むのか分からんw

361 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 04:14:55 ID:VHSKV6/O
>>342
>【評価基準】 主人公に人間らしさがあるか。

ちょいおもしろくなってきた
でもこれなら最初からヒロインだして欲しかったなって気がする
主人公はまあいいような気がするけど周りの状況とかがリアリティない
一回警察署に取材でも申し込んだらどうだい?

362 :284:2009/08/07(金) 04:22:14 ID:xXrwORsx
>>359
やっぱり猟奇でインパクトを出すのはもう無理だよなぁ。
刑事視点にしたのは事件の詳細何かを一挙に説明できて都合が良いからなんだ。
もうひとつ事件を起こして波状攻撃は凄い面白いと思う。それをやってみようと思います。貴重な意見ありがとうございます。

>>360
図、丁寧にありがとうございます。
確かにこのような視点移動にしたほうが良いかも、
こっからもう一つの事件が発生して〜〜と進みます。



363 :284:2009/08/07(金) 04:33:40 ID:xXrwORsx
>>361
今度病院の方に行く予定です。警察署or病院、どっちも目で見て感じたほうがリアリティが出るのですが、警察署の方は何だか怖くて^^;
もっと綿密に描写してリアリティを出そうと思います。
確かに十ページ経ってから本格的にヒロイン出すのでは遅いような気がします。考慮します。
読んで頂きありがとうございます

364 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 05:52:59 ID:53g+42jq
>>292
犬のキャラクターが素晴らしいです。はじめは独特の語りがクドくて厳しいかなと
思いましたが、犬がただの語り部ではない事が判明してからがぜん面白くなりました。
このあとの彼女の運命が気になってしかたがありません。

以下簡単に気になったことを。
全般に表現が大げさで語りがクドイです。語りで説明するよりも、物語内で謎を
明らかにする方法に心を砕いてほしいと思いました。
王さまの罵詈雑言は演出の許容範囲を大幅に逸脱してます。8割りがたカットし
差別的な表現はすべて排除すべきです。
この物語の主役は犬です。なので犬の饒舌な自分語りは控えましょう。形式的には
バディ物のロードムービーですから、ハリウッド式の物語展開が参考になると思います。
舞台がファンタジーなのですから、人物像のブレと、細かい設定の矛盾や不自然さは
徹底的に排除すべきです。現状はまだかなり甘いです。

この物語は犬のキャラと活躍にかかっていると思います。安易な過激表現などに
走らず、じっくりとふたりの人間関係を追う展開にすれば成功すると思います。

365 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 07:06:26 ID:5auMdWJJ
>>349
ありがとうございます。…やっぱりそう思われわすかぁ。
実際大したことは起こりません。泉を通して正反対の並行世界からヒロインがやってきたのをきっかけに
2つの世界を行き来しながら主人公が自分の考え方を反省するというのが基本的な流れです。
意外性が無いので異変を起こして2つの世界が統合…なんてことを考えてたら原因不在でプロット崩壊。
かなり早めに書くのを止めたのはそういう訳でした。
今回に限った話じゃなくいつもそう。どうやったら面白い話が練れるのか・・・

366 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 07:16:48 ID:srEX0raN
>>365
非日常の世界ながら
空想日常癒し系の物語とかも併せて
まったりやって主人公が
日々を反省してみるのもいいんじゃないですか
クライマックスが必要なお話をサブにかえちゃうとか
そういったお話も愛好されますよ

367 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 07:29:36 ID:5auMdWJJ
>>366
あーなるほど。メインの話が地味だからジャンルそのものを日常系にしてしまうわけですね。
確かにその方がずっといいかも…
大変参考になりました。ありがとうございます

368 :284:2009/08/07(金) 08:51:35 ID:xXrwORsx
>>342の続きです。

【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2549.txt
【ジャンル】 ラブコメ×サスペンス
【タイトル】 未定
【評価基準】 色々伏線が登場する所なので、しっかりと匂っているかをお願いします ヽ(`・ω・´)ノ
【改稿】 可

369 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 11:14:56 ID:eK9SxUOC
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2550.txt
【あらすじ】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2551.txt
【ジャンル】ネットゲーム物
【タイトル】Brave Week Online
【評価基準】
 ○キャラクターは魅力的か
 ○物語はテンポよく、先を読む気にさせているか
 ○説明や描写がくどくないか、おかしな文章はないか
 ○物語内の架空のゲーム「石花幻想譚」の雰囲気は伝わるか
 ○その他、読んでて違和感を感じた点がありましたらお願いします
【改稿】もし宜しければ、是非お願いいたします

 ・本文は40*40で100頁、完結です
 ・能力(ちから)←みたいな()内表記は、印刷時にふりがなになります

これから賞に応募する作品として、忌憚なき感想や評価をいただければ幸いです。
途中でギブされた方も「ここで萎えたよ」と教えていただければ嬉しく想います。
では、非常に長い作品になってしまいましたが、どうぞ宜しくお願いいたします。

370 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 12:09:00 ID:xXrwORsx
>>369
僕自身未熟者ですが微力ながら指摘したいと思います。

序盤「、」を使いすぎてつっかえてしまう所が多々ある。も少し流れをよくしてもいいんじゃないかな
クリアボーナスの賞品がいまいち良く分からない。
中々ネトゲ内の設定がややこしいな。でも今のところ――四までついて行けてる。
エンデウィルの誤爆は「w」が省略されている分火力が欠けるなぁ。でもクスリと来る
水曜日の四までの感想。まだ飽きてないけど一区切り。


371 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 12:15:54 ID:xXrwORsx
>>369
肝心の所を答えてありませんでした(汗)
○キャラクターは魅力的か
う〜む。凄い好きになるような個性的なキャラでは無い感じです。

○物語はテンポよく、先を読む気にさせているか
テンポに関しては凄い良いと思います。時々主人公が何の為に何処に居るのかが分からなくなります。

○説明や描写がくどくないか、おかしな文章はないか
>>370でも言ったように、「、」を多用しすぎてる気がします。

○物語内の架空のゲーム「石花幻想譚」の雰囲気は伝わるか
風景描写は良く出来ていますが、『そこに居る』と言う臨場感のような物が無いです。

○その他、読んでて違和感を感じた点がありましたらお願いします
気の利いた言い回しなんかがあったほうが読み易くなると思います。

372 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 12:29:41 ID:jQuuzPjc
>>369
二〇八三年七月十三日(火)二 まで読みました。
つまらなかったです。
 ○キャラクターは魅力的か
まったく魅力的ではありません。
うじうじした主人公、いじめられっこがやっていたゲームをプレイしようとする気持ちが理解できません。
 ○物語はテンポよく、先を読む気にさせているか
現実とゲームの間、これが描きたいのでしょうが、中途半端な冒頭です。
 ○説明や描写がくどくないか、おかしな文章はないか
最初からくどいと思う。正直読んでいて楽しくない。
 ○物語内の架空のゲーム「石花幻想譚」の雰囲気は伝わるか
さっぱり。
 ○その他、読んでて違和感を感じた点がありましたらお願いします
たぶん「ソード・アート・オンライン」や「アクセル・ワールド」と比較される。
このVRMMOでオリジナリティーをだすのが難しい。
はじめの数枚で面白さが伝わるような工夫をお願いします。

373 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 12:40:54 ID:2GwMvvJT
>>369
とりあえず序盤を読みました。

・キャラ
魅力はあると思う、ラノベとして標準的なレベルにはある。
なにかもう一つパンチがほしい。

・物語
テンポはほんの少し遅いかも。
でも近未来だし描写は必要だし、説明が多くなるのは仕方ないかな。
三あたりで目が疲れたからやめたけど、書籍なら先に進んだと思う。。

・説明と描写のくどさ
リアリティのために、あれぐらいでいいと思う。
ただ、情景描写と比べて人物描写が足りない気がする。
魔術師の装備をもっと詳しく知りたい、「似たような格好の少女」と言われても想像できない。

・石花幻想譚の雰囲気
それ自体はよく伝わってくる。
けど、ちょうどSAOを読んでる最中だからものすごい既視感を覚えた。
仮想現実世界を冒頭で押し出すのは、やめた方がいいと思う。

他に気になった事。

・あらすじが1500字もあるけど、どこに出すの?
基本的にラノベ賞のあらすじは800字ぐらいだから、ちょっと気になった。
あと、ヒメとひめをかけてるけど、あらすじには読み仮名がないから伝わらない。

・本文の一行目はもうちっと短くした方がいい。

・深夜十時を回っていた。
明確な定義はないけど、十時を深夜と呼ぶのは違和感ある。

・伊勢谷くんに読み仮名がほしい。

・なんとなく、主人公がゲームに挑戦する理由が弱い。
「たんなる偶然だろうな」それで済ませる問題としか思えない。
描写も説明も上手いからもっともらしい味は出てるけど、もう一つなにか別の理由がほしい。
ここら辺の人間ドラマを、冒頭に持っていった方がいいんじゃないかな?
そこから段々とゲームに興味を抱く展開とか。

・>すぐ近くから声がした。緋瑪が辺りを見回せば、背後で一条の光が天へと走る。
 >振り返ればそこには、似たような格好の少女が立っていた。
この後に、「新たにログインしてきたプレーヤーだ。」
とか簡単な説明がほしい、まるですごい魔法を使ったみたいに思える。
それとも本当に魔法だったりとか??


374 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 13:21:43 ID:wFIFn8w0
>>368
だんだん続きが気になってきた

375 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 13:50:14 ID:xXrwORsx
>>374
読んで頂きありがとうございます。
そう言って頂けて凄いうれしいです。

376 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 15:14:23 ID:cmg20LNq
>>369
自分もネットゲームやってたクチだからかもしれないけど面白かった。最後まで読んだ作品は久しぶり
以下気になった点
ひめ(主人公の方です)はログインしている間は男のキャラなんだよね?なのに口調が女の子というのはどうかなぁと
容姿の描写が薄かったかな。合間合間にどんな容姿か思い出せる描写が欲しい
いい作品だと思ったし、読んでいて面白かった

377 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 15:31:11 ID:5Tqiu7kU
>>369
ちょっと本編を読み込む時間が今は取れそうもないんで、
とりあえず、あらすじを読んで受けた印象だけ語っときます、ゴメンな

イジメられっ子がネトゲをプレイってのはどこちとなくアクセル・ワールドを思わせる
しかも、同作者のソード・アート・オンラインも刊行されるという中、時期的にちとどうか?
運営側が気づかないうちにゲーム乗っ取られ(とは、厳密にはちょっと違ってそうだが)は、
電撃初期の名作、クリス・クロスをほうふつとさせる
喋る武器(杖だが)はインテリジェンス・ソード的イメージなんだよね
で、ストーリーを見ると、決して悪いことではないけれど、王道一直線
これは悪い意味で面白さの上限を見切られちゃうと思う
あらすじの文章はなかなか読みやすくて上等の部類に入ると思うんだけど、
本編を読んでも、「ウン……長いあらすじを読んでる感じだな」ってなりそうな気がした

378 :369:2009/08/07(金) 17:03:10 ID:eK9SxUOC
先ず、読んでくださった皆様に深く感謝を…お忙しい中、本当にありがとうございました。
皆様の御意見御感想を参考に、より良い作品へと改稿していこうと思います。
自分の技術不足や独創性のなさも恨めしいですが、リサーチ不足が痛いですね…
書いてて途中でアクセルとSAOに気付き、読んで…結果、押し通してしまいました。
ここでレス下さった方の大半から声があがるということは、当然下読みさんもそう思うわけで…
どーしよー、と弱ってるのが正直な現状ですが、原稿はこれはこれで、完成度高めたいと思います。

>>370
>>371
句点の使い方ですね、もう一度見直してみます…もう、声を上げて音読する位の勢いで。
クリアボーナスはもう「経験値や資金、アイテムをリアル現金に!」位言った方がいいかもですね。
本当は自分も「うはwwwwマスターktkrwwwww」とかやってみたいんですが…
どうしても原稿は印刷時に縦書きになってしまうので、どうしたものかな、と。
w連打も縦書きになると、ちょっと見栄えが悪いかと思い今回の校ではナシにしました。
引き続き読んで頂ければ嬉しいですし、「ここでギブった!」もお待ちしております。
キャラに関してはもう少しアクを強くしたり、見せ場でギャップを見せたりと工夫が必要ですね。
後は主人公の目的意識をもう少し前面に出しつつ、作中ゲームに臨場感が出るよう頑張ります。
気の利いた言い回しは…確かにあると凄く強みになりますよね、捻り出して見ます。

>>372
自分の稚拙さゆえに、つまらない物をお見せしてしまったみたいで…反省です。
ラノベにおける冒頭は大事なツカミの部分なんで、もっと改良したいと思います。
今の段階でキャラやノリに魅力を感じて頂けないのであれば、その先が幾ら凄くても無駄ですし。
川原礫氏の両作は、両方とも持ってて読みました…この作品を書き出した後で。
自分の不勉強さを痛感しながらも、「俺ならこう書く」で押し通した未熟さがコレです。
本来なら両作の存在を知った時点で、この作品の存在自体を問うべきだったかもしれません。
自分なりに差別化はしたつもりですが、そこまで読んでいただけなかった点が何より悔しいです。
もっと冒頭部を練り直して、読者に読んでもらえるような作品へと改稿していこうかと思います。

379 :369:2009/08/07(金) 17:04:06 ID:eK9SxUOC
>>373
本作は今月末に富士見へ応募しようと思い、春から書き進めていました。
富士見はあらすじ、2,000文字だったので、40文字50行でまとめてみました。
あらすじへのフリガナ入れ忘れはホント、すみません…純粋に入れ忘れてしまいました。
頂いた感想から、ギリギリ及第点ではあるがもう一盛り!と感じました、改稿頑張ります。
情景に比べて人物描写が足りない点は、ご指摘の通りで、自分でも失敗だったと思います。
特に、詳しく描写されてるキャラが居る反面、スルーされてるキャラもいるので修正ですね。
SAOは自分も持ってて(たまたまネタ被ったんですが気になって)何度も読みました…で、凹みました。
いえ、自分が悪いんですが…もっと早い段階で路線修正するべきだったとも今は思います。
後は一番大事な「主人公の動機」ですね、もうゲームしないと駄目だっ!って理由は確かに必要かも…
ログイン時ログアウト時の描写も、最後に「〜はログインですよ」と一言あると、確かに親切ですね。

>>376
緋瑪は「こっそり別人になりすまして接近」という設定なので、口調は確かに一考の余地ありですね。
意識して男言葉で喋らせつつ、動揺時にボロが出て、そこを他の仲間に突っ込まれたり…とか。
上手く生かせばドラマ作りにもなりますし、他のパーティの仲間とも面白い絡みが作れそうですね。
容姿の描写については、他の方からもご指摘頂いてて、ほんともう反省です(汗)
初登場時にくどくない程度に容姿を説明し、会話の合間も仕草やなんかで描写できると良くなりそうですね。
こっちもガツンとテンション上がったんで、頑張ってこの作品はバージョンアップさせたいと思います。

>>377
あらすじだけでの感想も大歓迎、その為にあらすじもUPしたので嬉しいです。
他の方も仰ってますが、アクセルとSAOがですね…ええ、自分も凄く気にしてます。
実際MMOでもSAOのゲームと、本作のゲームは自分なりに雰囲気の差別化ははかったつもりです、が…
ちょっとあらすじで「このゲームにはこんなシステムが…」まで語れず、印象としては既視感、ですね。
あと、前に曝した作品でも「ガジェットが全部借り物っぽく感じる」というお話を頂きました。
独創性がどうも欠けてるみたいで、プロットとネタ出しでもっと頑張る必要があると痛感しました。
因みにあらすじ通りの話でして、最後は大団円になる王道を今回は書いてみました。
暫くUPしておきますので、もし気が向きましたら読んで頂ければ幸いです。

380 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 17:55:20 ID:2NAQX5as
>>292
前回より随分よくなっていて、びっくりした。
設定とか結構考えたみたいだね。大きな矛盾もないし、感心させられた。
キャラも良くなってる。王様は根元からの極悪じゃなくなってるし、道化もこれでいいと思う。
読みやすさは前の方がよかったかもしれんが、問題があるとは感じない。

こっから問題点。
上でも書かれてるけど、外見描写がほとんどないのが非常に気になる。特に、王様の年代が分からないのは致命的。
第二章のこの部分『いつもはスカートの下に隠している私の尻尾を見ても』ここも見落とさないように。
どんな尻尾なのか? 色は? 犬の尻尾だとは分かるけど、犬といっても何の犬なのか? 犬によって尻尾の形状が違う。

道化の夢の部分だけど、読みにくくて最初斜め読みした。改行増やして。
それと、上のレスで王様しゃべりすぎとか言われているのは、説明時において、一つのセリフが長いせいだと思う。
前回より改行を減らしている事と相まって、圧迫感があるのが問題。
適当な長さで言葉を切って、セリフを分けるなどの調整をしてみると、また印象が違うと思う。

道化が王様に蹴られるシーンは、それほど気にしなくていいと思った。ただ、書き回しに同じような表現が続いてややくどい。
途中から蹴られる描写を一文にしてるから、工夫してないわけじゃないだろうけど、バリエーションを増やすのがいいかな。

「勇者殿が封印したのではなかったのか?!」
「おいおい、魔王を倒すなんて危なっかしいこと、俺にやれっかよ?」
この二文のつながりがよく分からない。


悪いけど、ちょっときつい言い方をする。
外見描写が少なすぎるのが大きな問題。そして、あなたは前回も説明不足と言われていたよね?
それが、あなたにとって真っ先に直すべき欠点だと思う。次からは、意識して書いて欲しい。大事なことだから。


道化の心が犬と人間混ざってる上に一人称だから、かなり難しそうだね。
でも頑張れ。総合的には充分面白いと思える。続きも読みたい。
読み手をかーなーり、選びそうだが……。

381 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 17:55:53 ID:ZE7fDafZ
>>369 
こういうことを言うのもなんだけど、「バイナリィポット」のtrueシナリオに似てる。 
エロゲだし知名度低いかも知らんけどネタバレサイトとかでチェックしてみて。

382 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 18:43:06 ID:mqC63HWj
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2552.txt
【ジャンル】 短編
【タイトル】 最愛のかんちがい
【評価基準】 駄目なところを指摘してください
【改稿】 可


383 :369:2009/08/07(金) 19:09:20 ID:eK9SxUOC
>>381
ざっとですが、ググって来ました…確かにご指摘の通り、似てますね。
ヒロインが逆の性別のキャラで、仮想世界で主人公のお手伝いという。
いやぁ、なんか、言葉が出てこないっす、なんというか…
俺って独創性ないんだな、と痛感しました(汗)

でも知れて良かったし、既存作品との違いや自分のテーマみたいなのはブレない…と、思いたいなあ。
何か歯切れ悪くてすみません、でも教えて下さってありがとうございました。

384 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 20:02:32 ID:GVgXwonM
>>369
だいたい真ん中辺りまで読みました。
メモが消えてしまったので、記憶で書きます。

 ○キャラクターは魅力的か
いじめられっ子と、対話の出来ない女の子……。
うーん。
ダメじゃないんですが、強い魅力までは感じないですね。
ただ、喋る杖とか、その仲間はいいと思いました。

 ○物語はテンポよく、先を読む気にさせているか
半分は読めたので、読ませるものになったと思います。
ただ、プレイシェアリング?など、設定の説明が中盤まで続いているのは
さすがにどうかと思いました。

 ○説明や描写がくどくないか、おかしな文章はないか
特に、そうは感じませんでした。

 ○物語内の架空のゲーム「石花幻想譚」の雰囲気は伝わるか
伝わったと思います。良く考え込まれている印象を持ちました。
私はネットゲームをやらないのですが、それっぽいと思いました。

 ○その他、読んでて違和感を感じた点がありましたらお願いします
現実世界の展開が、少ないような気もしました。
あらすじを読めば少なくなるのは、当然な気もしますが、それでも少ないような。
現実世界をうまく書き切る能力が無いのかとも邪推してしまいました。

センスがあると感じました。
がんばって下さい。

385 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 20:21:48 ID:2GwMvvJT
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2553.txt
【ジャンル】 青春
【タイトル】 中二病いいじゃないか
【評価基準】
・最後まで読めたか、続きは気になるか。
・キャラは立っているか、サトルの言動が調子よすぎないか。
・描写がうざったくないか。
・話のテンポはどうか
・その他なんでも
【改稿】OKです。

386 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 21:17:16 ID:oTzZFzqs
>>385
・最後まで読めたか、続きは気になるか。
読めませんでした。6行目あたりで終了です。
気になりません。

・その他なんでも
漢字の使い方、……の使い方等、つっこみどころがありすぎる気がしました。

387 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 22:31:09 ID:1XpCSBLZ
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2554.txt
【ジャンル】 電撃リトルリーグ第5回
【評価基準】
・これはラノベなのかどうか。
・そもそも読めるか読めないか。
・その他なんでも。

去年のモノなんですけれども、もしよかったら読んでやってください。

388 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 22:39:04 ID:YrSwwdTa
>シーンを書かずに説明文を書く奴は向いてないから辞めた方がいいよ
>ラノベ書き


某所より引用

389 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 22:55:57 ID:QBcodcaQ
>>387 まず細かいツッコミもろもろ

>そしてついに言ってしまった。お前なんて生まれてこなければ良かったのに、と。
 唐突すぎる。そして今更
「執刀時間前の病室で、太一は真由の小さな手を握った。すると、真由からも弱々しいが、けれど確実に、太一の手を握りかえしてきた。」
 このへんとか二人は仲が良い兄妹と伝えてるわけで、真由も気にしてなかったんじゃないだろうか?
 入院する前とかじゃなく、もっと最近の出来事で喧嘩させたほうが良かったかと

>妹の真由は、自分が死んだことすらもわからないまま、亡くなってしまったのだ。
 手術怖がってるって事はある程度覚悟してたんじゃないのか?

そもそも、メールが来たのに気付いてなかったがために太一の行動がどう変化したかがわからないわけで
メールを見逃した過失をここまで悔いるというのに違和感がある

最後、個人的な感想
 悲劇もいいんだけど、その結末に至る過程で何かをするか、得るかしようよ
 読者が快感を共有する場所ってのは必要だと思うのさ
 そうやって一端良い状態になってからたたき落としたほうが悲劇のインパクトも強くなるだろうしね

390 :この名無しがすごい!:2009/08/07(金) 23:27:34 ID:GVgXwonM
>>368
最初から続けて読んだ。

>>368は、比較的、物語を引っ張る力が弱くなってきた感じがする。
病室を同じにするというのが、どうも唐突な感じがして、説得力が弱い気がする。

でも、伏線なら仕方がないかなとも思う。
伏線の一つは緑のジャンバー?
他は一読では分からなかった。

なんか曖昧な感想になってしまったけど、面白いよ。
ここまで読んだからには最後まで読みたいと思う。

391 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 00:05:12 ID:Wy2as1+w
>>382にも何か言ってあげて下さい

392 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 00:16:03 ID:slewAhhr
387です

>>388
そうだよね

>>389
確かに唐突過ぎました。書いたときはどうにかしてたのかな
手術怖がるのは普通じゃない?
最初の指摘の唐突というものが先に来ていれば、まだ筋の通った後悔になっていたのでしょうかね。
そもそもラノベではなかったみたいですけれども……。

393 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 00:24:41 ID:KO0di1/R
>>391


>>382
つまんねえポエムどうにかしろよ

394 :284:2009/08/08(土) 01:24:04 ID:Z0a+5mbT
>>390
指摘ありがとうございます!
ジャンパー分かって頂けて幸いです(`・ω・´)

>>引っ張る力が弱くなってる
確かに間延びしているように自分でも感じました。
病室を同じにする所については、何か他の手段を講じようと思います。

続きが少しでも気になって頂けて天にも昇る気持ちです。もっと推敲しようと思います。
ありがとうございました!

395 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 01:42:39 ID:JA0xNQfw
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2555.txt
【ジャンル】SF(少し不思議)学園物 ネットゲーム利用バトルロワイヤル
【タイトル】災害指定少女(仮
【評価基準】スレで、○○と似ている、みたいなのや、ネトゲ風というのが何個かあって
      昔自分も似たような物を作ってたかな?と思い出して引っ張ってきてみたテスト。

      ○○と似ている、と言われすぎて自信が持てなくなったのと、自分の構成力の無さなどを
      実感した最初のケース。故に○○と似ている、と思ったらドンドン言ってみてください。
      
      ・続きを見たくなるか? ・キャラに魅力はあるか? ・物語としてはどうか? ・ラノベ文章としてどうか?
      なども知りたいので、よろしければご意見などなど。何か意見、ご指摘もらえたら嬉しいです。
      ここはお前の日本語判定場所じゃねーよ!というのは重々承知ですが、こういう系統の奴って結構書いている人
      多いと思うので、ある種のあるあるネタというか、それぞれ、見つめなおせるのでは、と。
      宜しくお願いします

【改稿】  可

396 :395:2009/08/08(土) 01:54:04 ID:JA0xNQfw
記入もれすいません。
第一章ぐらいの部分を貼り付けました。
……それでもちょっと長くてすいません。
ちなみに完成はしてません。

397 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 02:37:52 ID:fcdA06QR
>>209

 感想遅くて、ゴメン。
 誰も突っ込まないから俺が突っ込む。
 ブリーチ以前に「ブレイド」およびその継承作の「XBLADE(クロスブレイド)」って
シリウスに連載中(?)の漫画と完全に被ってる。
 これは擬人化する刀ってアイデアレベルの問題じゃなくて、

 擬人化する刀があって、それを使う、使い手の中で最強の一振りと最強の使い手
を決める。ってストーリーのベースが全く同じであることが問題。

 ちなみに「ブレイド」のストーリーライン自体は「ハイランダー」のインスパイア
なんだよね。そういう意味で、二重に痛かったりする。

 被っちゃったのは、まぁ仕方がないし、誰も突っ込まないところを見ると。
「ブレイド」なんか誰も知らないんだろうね。 でも、俺が下読みだったら、
オシー、20年前ならなぁっていって落とすわ。

 分かっていると思うけど、擬人化する刀ってヒロインの設定自体はそれほど、
ユニークなものじゃない。
 ただ、村正に統一しちゃったのは間違いだったね。

 古今東西の聖剣、霊剣、名刀、妖刀ぜんぶひっくるめるくらいの大胆さが
ほしかったなぁ。
 そうした上で、主人公はオリジナルの剣、ぐらいにかました方がいいんじゃ
ないかな。もっと大胆に大風呂敷を広げた方がよいと思います。

 次回作もがんばってください。 

398 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 03:19:13 ID:fcdA06QR
>>395

 全体がわからないので、全体評価は避けますが、

 最大の欠点は展開が遅いことです。
 どのようなゲームなのか、もとよりゲームはこの物語でどのような
意味を持つのか、そういったことが説明されていない。その上で、デ
ビルサマナーみたいなヤツが出てきた。
 ああ、現実がゲーム的なものに浸食されている話なのか。
 え〜〜と、主人公誰? って感じで終わりました。

 真メガテンの新作が発表されたこの時代に、デビルサマナーを正面から
やるのは実はありだと思います。
 実のところ、召喚したモンスターに戦わせる現代の魔術師、ゲーマー、異能者
という設定はポケモン、デジモン、遊戯王(ゲームですが)、シャーマンキングに
ウルティモ、JOJO、デビルサマナー(真メガテン、デビルサバイバー、葛葉ライドウ)
など類似の物が多く、いまさらパクリだ、なんだといわれにくいですから。
 この程度のギミックは似たものがあってもかまわないんです。でも、ストーリー
ラインや物語の焦点、主人公が同じなのはダメなんですね。

>>○○と似ている、と言われすぎて自信が持てなくなったのと、自分の構成力の無さなどを

 似ていることを気にしすぎることはありません。
 そんなあなたに「三つ掛け合わせればオリジナル」という魔法の言葉
を上げましょう。
 3つの作品から要素を持ち寄って、キャラを作り、物語を紡げばオリジナルです。
オリジナリティなんてそんなモンです。
 あなたが、きちんとキャラを愛して、きちんと書けば勝手にオリジナリティがでます。必要以上に、おっかなびっくりにならない方がいいですよ。
 どうせ、すべての物語を知っている訳じゃない。似てる物語はどっかにあります。

 ちなみに、この後悪魔召喚プログラムがダウンロードされたら、真メガテン乙になりますんで、ご注意を。
 印象的なシーンや、物語の導入部分は似ていると、読者が引きます。
 いや、もっと正確に書こう。「これ、俺、どっかで見た(読んだ)ことあるぞ」って思われたら、負けってことです。
 逆にですね「●●(作品名)の××(ギミック、キャラなど)って◆◆の▼▼のパクリじゃん」っていわれるなら勝ちです。


399 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 03:46:27 ID:fcdA06QR
>>243

 ちょっと、物語始まってないじゃん。
 しかも、この先はない、だと。

 導入部はするする読めた、よいと思う。
 ただ、興味が惹かれる部分がないのも確か。

 それは、この話が何をする話なのか、見えないことにも問題がある。
 行数を絞ってそれをやるんなら、主人公が赤い傘と女の子が大嫌い
だってことを最初に書かないと。
 まぁこれだと、主人公はゲイなのかって思われてしまうかもしれんが^^;

 方向性としては、すこし不思議なお話にするのがよいかなぁ。
 この世界の住人じゃないっていう告白だったことにしたり、
 神隠しをテーマにしたり、チェンジリングとか異世界を訪れるタイプの話
なんかだといいね。らのべにこだわらずにたとえば、児童文学の短編を
イメージして仕上げてみるのはどうだろうか?

 とにかく物語として仕上げてみることをお薦めするよ。
 終わらせないと何もはじまんないからね。

400 :395:2009/08/08(土) 04:19:21 ID:JA0xNQfw
>398
 
>展開が遅い
うーん、やっぱり遅すぎますか。ダラダラとカガミがだべっているだけ、みたいな感じになっているぽいですね。
中盤後半に説明が今更感丸出しでガンガン入ってきそうな悪寒。序章の意味が薄いな……

>現実が侵食される〜
デビサバみたいな感じではなく、この都市だけが会場で、一部のユーザーが(ゲーム内でレアアイテムを手に入れた奴のみ)
未来から送られているゲームをやらされる、ていう話。
あらすじを貼ればよかったー!

>三つ合わせればオリジナル
やだ、それなんて三身合体?うーん、冗談はさておき、結構似てる、とか
これパクリだろ、とか言われたりしつづけたので、過敏になっている感は否めません。
すみません、そしてありがとございます

>悪魔召還プログラムを呼んだら
次に貴様はFate乙、と言う。ハッ! まー召還物は、どうしても……この辺をどうにかしたい気持ちが強いです。
せめてここぐらいでもオリジナルティを出したいところです

ご感想ありがとうございました。今見返したら、4章で説明しやがってて吹いた>不思議な力が使える理由
これは構成力、ていうレベルじゃないですね。切る場所も不親切、というか構成が悪いですね。すみません。

続き見てたら、二章の始めに、最初に能力が使えるようになった奴と黒幕の会話
からスタートしてました。……遅いなぁ展開。確かに……。

悪魔召還……言われたら悪魔召還ですね……これ……w
ちなみに、概要の一部に説明があったんですが、なんで冒頭でこれ出してないんだろ……

タイムマシンは、生物を載せて時空を移動するのは不可能。ゆえに
観測者が存在することが出来ないので、タイムマシンが成功したか
どうかも判断できない。そんな理論と常識がある未来。
そんな未来で、とある技術者が「情報やデータ、極小の無機物」なら
ば、過去にだけ転送し、やりとりできるかもしれないタイムマシンの試作機を使って過去の人間に未来の技術を与えて実験を試みる。

その未来からの転送物は、とある実験都市でのみ最初のβテストを
行うネトゲーのサーバーに仕込まれる。
本来存在しないレアアイテムを取ったユーザーは、その魅惑的で
便利な未来の技術を使いつづけたり、さらに進化させるには
他のユーザーの技術、データを取得する必要があった。
そのため、ユーザー同士の騙しあいや争いが徐々に激化していく



401 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 08:15:14 ID:fcdA06QR
>>400
 なるほど。
 ってゲーム関係ねーじゃん。それ、ゲーム云々はプロットを複雑に
しているだけで、効果薄いと思いますよ。
 もっとお話をシンプルに構成しなおすべきでしょう。
 おそらく、物語内のルールを主人公が学ぶ際に、コレ、あのゲームと
同じだって展開になるんだと思いますけど。主人公を闘いに導くための
NPCが必要になるんですから、そこ切っちゃっても成立すると思いますよ。
 
 参考にすべきラノベは「失踪する思春期のパラベラム」ですね。
 このお話は番長物だと考えると楽になると思いますよ。


402 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 08:17:19 ID:fcdA06QR
>>401
「疾走する思春期のパラベラム」だ、誤変換。
申し訳ない。

403 :284:2009/08/08(土) 08:57:36 ID:Z0a+5mbT
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2556.txt
【ジャンル】サスペンス×ラブコメ
【タイトル】未定
【評価基準】ヒロインに萌えるか(ω・ミэ )Э 
【改稿】  可
何回もすいません。良かったらお付き合いください。

404 :284:2009/08/08(土) 08:59:11 ID:Z0a+5mbT
>>403>>368の続きです。

405 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 10:03:26 ID:fcdA06QR
>>403

 ヒロインが盲人であることに意味はあるんだよね?
 言動はツンデレテンプレっぽいし悪くはない。
 
 大河とかの攻性の強いツンデレ系を模索してるんだと思うんだけど。
ヒロインは全盲なのかな? それとも片目を失明しているのかな? 見えない
とするとさ、攻撃がシャレにならない危険さがあるんだよね。
 眼の見えない人間に杖で頭を突かれるって、怖いよ。
 フォークで刺されるとか、ちょっと勘弁。
 目の見えない人間が的確に“あーん”できるのかなぁ、とか。

 真面目な話、ヒロインが障害者ってそれだけで、もう微妙な問題をはらむ
んだけど。ちゃんと認識しているのかなぁ。
 ちょっとした表現が、即座に障害者差別と認識されちゃう可能性を持つん
だぜ。かなりデリケートになってようやくOKなんだから、真面目に扱ってくれよ。


406 :284:2009/08/08(土) 10:37:54 ID:6e8SPI5/
>>405
ケータイからすいません。
ヒロインが盲目なのは親父さんから虐待されちゃって〜主人公がその事でキレて殺してしまう。って言うのが後々の設定です。
確かに目が見えない人をヒロインにするのは色々デリケートに扱わなければならないと心掛けています。
的確にあーんのところは、おっしゃる通り難しいかなあと思ったので二三回間違えるエピソードを加えようと思います。
目指しているのがまさに大河みたいな攻撃的ヒロインです。額をつくのは危ないので何か他にします。
感想ありがとうございます!

407 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 13:26:25 ID:lphlF4Ht
>>237
ちょっと気になったので、一箇所だけ
国選弁護士のくだりね
「国選弁護人を務める(もしくは引き受けた)弁護士」というのが正確かな
法定では国選かどうかは関係なく、ただの刑事弁護人だけど
それと、行為前からずっと精神を病んでいたというなら、
弁護士は情状酌量なんか後回しにする
最初にやるべきは心神喪失の主張、次にするべきは心神耗弱の主張
刑法39条でググると参考になるかも

408 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 13:41:01 ID:lAul443+
>>403
最後まで書き上げてから晒したらどうだ?
プロになったら一々読者に相談しながら進めることは出来ないし、
編集者だってこんな細切れの原稿を見てはくれない。

反応を見ながら書く癖をつけると、馴れ合いから抜けられなくなるぞ。

409 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 14:08:46 ID:yWG6DcU4
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2557.txt
【ジャンル】異能っぽいもの
【タイトル】みゆきさん(三稿)の冒頭
【評価基準】後述します
【改稿】可

過去晒した際に「描写がたりない」という指摘を多々受けて大変考え抜きました。
いろいろな問題がそこから発生しているように思えました。
なので、そこから解決したいと思い、その結果たどりついた表現がロダにアップしものになりました。
いまひとつ自分の中で描写と説明の区別がついてない部分もあるのですが、これがいい方向に向かっているのか感想を頂きたいと思います。
今回は冒頭だけですので、短いです。
また、17スレの160様のアイデアを使わせていただきました。ありがとうございます。


410 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 15:00:26 ID:lphlF4Ht
>>409
冒頭のプロローグっぽい部分を見る限り、悪い方向へ向かった気がします

道に迷った。
引っ越してきたばかりとはいえ、十年前まではここに住んでいたのだし、
まんざら土地勘がないわけでもない
そう思って油断したのがよくなかった。十年前って、俺が五歳のときじゃねーか

このくらいあっさり風味で十分

411 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 15:47:05 ID:x/Kw6JYP
>>409
第一章が二つ続いてるぜ! あと時々挿入される空白は何の意味が?
というのは置いといてご都合設定という感が否めない
小出しにされる情報を繋いだときに連続性が見えない
だからその場その場で都合のいい設定を並べてるように見える

同じものの情報はもっと纏めて出すようにしたらどうか

412 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 16:31:16 ID:dhl+d1Mg
>>409
謎の美少女に、謎のチンピラに、謎の美女ふたり組に、謎のバトルに、
謎のおっさんに、謎のバイトに、なぜか納得してバイトを引き受ける謎の主人公。

もう何がなんだかさっぱりです。

413 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 16:59:01 ID:fcdA06QR
>>409

いいか悪いかでいうと悪くないって感じ。
ただ、3稿なのに自信→自身のような誤変換や誤字が目立つのはちょっと
頂けないな。この程度なら一太郎でも校正してくれるから、機械に頼るのも手だよ。

 風景描写を増やしているんだと思うんだけど。
 描写を増やすことに囚われすぎて一文が長くなりすぎている。ところが
いくつかあるね。主人公の前にビデオカメラがあってそのカメラだけが移動
しているような感覚を受ける。

> この遊歩道は細かくアップダウンしながら一段下にある歩道と平行して続いて
>いたが、たど り着いた一番奥にも歩道への出入口があって、それと別に急な
>斜面を上っていく通路があった。

 こことか。

 遊歩道はこまかいアップダウンを繰り返していた。先の見えない小道を
ちょっとした冒険気分で歩く。やがて遊歩道は終わり、先はまた住宅街の
ようだ。しかし、右手に斜面を登っていく階段が見える。

 一段したに別の歩道があることは特に描写する必要はないと思うんで
すよ。主人公そっち行かないんだし。

主人公の雰囲気は出ていた。
読み取った情報によると、

 人間を傷つけることに躊躇がなく、自分の強さに自信がある。
わりと傲慢、物事を自分の都合のいいように解釈する癖がある
って感じのキャラクターのようだけどそれでOKかな?

 もし、OKなら、一人称だとちょいと嫌みなヤツになりやすいので
注意してね。


414 :237:2009/08/08(土) 17:07:39 ID:uKRj8iVV
お返事遅れて申し訳ございません。皆様ご感想どうもありがとうございます。

>>241
ご指摘頂いて私も「国選弁護人」と情状酌量の違和感に気づきました。
弁護人が事実を歪曲させてでも被告の罪を軽くする様子を描くつもりだったのですが、
以前晒した時にもご指摘受けたように、自分の頭の中で補完してしまいました・・・。

他の皆さんの意見を拝見しまして、ご指摘頂いた通り「状況、位置関係」の描写が多々抜けていて、途中でギブアップされる方が多いのも致し方ないと思いました。
次に改稿する時はご提案頂いたように、目的をはやめに名言するようにプロットを見直してみます。
たくさんのご指摘、とても勉強になりました!

>>242
確かにこの文章では、時間軸や色のない世界は解りづらいですよね・・・。書きたいと思っているテーマが難解で、力不足を実感してます。
プロットのレベルから見直して、読みやすい文章を心がけたいと思います。

>>348
「…名無しの幼子のような…」 これも、>>241様と>>348様にご指摘頂いて気づきまして、とてもお恥ずかしいです。どうしてこんな比喩になってないものを書いたんだろうorz
序盤のほうで主人公のエピソードを台詞や状況を交えて、最後まで読んで頂けるようなわかりやすさを意識してプロットを見直してみようかなと思っています。

>>407
法律は全くの無知だったので、刑法39条で検索した事例はすごく参考になりました。
もう少し勉強して、「国選弁護人を務める(もしくは引き受けた)弁護士」が事実を歪曲させてでも刑期を軽くするケースを模索しようと思います。

415 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 18:04:43 ID:6e8SPI5/
>>408
ケータイから(yr
小出しにした方が細かい反応を頂けたのでつい甘えてしまいました。
次は一度全て考えから晒そうと思います。
ありがとうございました

416 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 18:26:10 ID:MHJAdzOU
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2558.txt
【ジャンル】 学園モノ
【タイトル】 結城先生の計画
【評価基準】
 面白いかつまらないか。
 続きがあるなら読みたいと感じたか。
 文章で直したほうがいいと思った部分。
【改稿】 可

417 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 18:39:40 ID:K3UycUhH
>>416
○文章は読みやすかった
○続きを読みたいとは思わない

何というか淡々と読めてしまった感じ
オチが弱いと感じたからかな


418 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 18:50:09 ID:q+3jn7Tr
>>416
これリトルリーグだよね。読みやすいけどオチが読めるし、あと「先生側が生徒に対して
画策する計画」ってのは同ネタ被りが多そう。俺もちょっと考えた。
あとはいいんちょの「宿題をやらなかったら成績が落ちる」の論理がちょっと謎かな。
いいんちょがクラスの成績に責任持ってるわけでもないし、「そんなのおかしいです」
程度の指摘でいいと思う。

419 :284:2009/08/08(土) 18:52:53 ID:Z0a+5mbT
>>409
挙げられた様に誤字もそうですが、主人公がイマイチ人間っぽく無い気がします。
迷ってたのにバイトの話になるところとか・・・・・・。最初からバイトを探して居たと言う事にした方が自然な感じがします。
冒頭の部分も、迷っている描写を延々入れるよりも、何らかの理由でバイトを断られている方が主人公のキャラを出せると思います。
やはり最大の問題は主人公のキャラクターでしょうか、完全に王子様気質で自分の力に溺れている様な・・・・・・(´・ω・`)
これが一章(二章?)を読んだ感想でした。

420 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 19:00:44 ID:Z0a+5mbT
>>416
文章が上手く纏められててとても読み易かった。でも、続きに余り興味は無い。
これで終わるんだったら「へぇ〜」って感じでいいんだけど、これが始まりだったら微妙かも。


421 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 19:08:57 ID:MQktFkd5
オリジナリティを求められるって言うが、あまり奇をてらった作品は送らない方が吉だな。
ちなみに俺は王道を突っ走った。

422 :409:2009/08/08(土) 19:36:55 ID:yWG6DcU4
お読み頂いて、ありがとうございました。
毎回、多方面の視点で素直な感想をくださる皆様には感謝しております。

>>410
新しい視点をありがとうございます。
考えすぎた部分もかなりあるようです。
ラノベっぽい軽快さをもっと重視しないといけないようです。

>>411
ワードのインデントを解除したせいで、見えない変なスペースが混じってしまいました。
切り貼りと、エンディングから逆算して書いている弊害がたくさん出てしまっているようです。
ご都合主義に見える情報の小出しの問題は、もう少し書き直してから、整理してみます。

>>412
本当に、ごめんなさい。

>>413
誤字はお恥ずかしい限りです。
情景が思い浮かべられるよう、気合を入れて描写を増やしましたが、不必要な文章も増えたようです。
「一段下に別の歩道があること」は、ちょっと高いところにいる雰囲気を出せるかなと思いましたが、蛇足のようですね。
不要な描写を吟味するようにします。

>主人公の雰囲気は出ていた
よかった。今回イメージした主人公像にかなり近いです。
二稿ではおとなしい性格にしたのですが、やっぱり嫌になって戻しました。
>一人称だとちょいと嫌みなヤツに
第一稿では、扱いあぐねてDQNにしてしまいましたので、気をつけます。

>>419
ご指摘の通り、出だしは強引な展開です。
公園に向かわせる理由として手っ取り早かったのでそうしましたが、もっといい理由があるかもしれません。
安易に決定しないで、もう少し考えて見ます。
>完全に王子様気質で自分の力に溺れている様な
そんな主人公像を意図していますので、そう読み取ってもらえれば嬉しいです。

423 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 22:47:29 ID:/QKXFuj4
>>382
少ない文章量の中に、二転三転のどんでん返しがあるのは、面白い試み。

1.描写不足
ただ、それだけに説明不足な点が多いのが一番の問題。
感想を書くために、何度も読み返したのに、それでも分かりにくい。

その原因の一つは、単純に描写不足であること。
そして、視点がころころ変わるせいで、どの人の視点に立っているのか良く分からないこと。

2.設定の不自然さ。
琴音が仕組んだことというのが、一つのオチだったと思うんだけど、
そうしてみる場合、おかしな点が沢山ある。

・彼氏を犯人のように見せかけるとしても、彼氏があのような行動をとる可能性は低い。
・四日もたっているのに、美咲が全く情報を知らないというのはおかしい。(殺人事件かつ彼氏が犯人なのに)
・美咲は何も確かめようとせず、すぐに自殺するというのもありそうにない。

さらに、彼氏が琴音をはめる計画もかなり杜撰。
・たとえ、バットを振っていなくても、彼氏はかなり怪しい容疑者。
4日間逃げ回っていたとしたら、それこそニュースになっただろう。そういう人物を友人は信用するか?
・嘘の情報をいう事で、彼氏には何の得があるのか?
・彼氏は真犯人がどうして琴音だと分かったのか?

まぁ、他にも色々あるだろうけど、この辺にしておこう。
要するに、どんでん返しのためのどんでん返しであって、表面的なつじつま合わせしかされてない。
そして、描写・説明不足によって、そのつじつま合わせも良く分からなくなっている。

とにかく、この二大欠点をまず直すべき。
あなたが何者か分かるつもりだけど、あなたの晒してくれた作品は全部、同じ欠点がある。

で、私なら、プロットをこう改稿する。(設定を自然にしつつ、どんでん返しを残そうとした。)

・殺人事件に居合わせた彼氏が、犯人だと誤解される。(ここはそのまま)
 ↓
・撲殺事件はすでに全員が知っていることにする。
四日間、彼氏が逃げ回っていることも読者に知らせる。
 ↓
・耳の早い琴音が、心配している美咲に新情報があると持ちかけて、屋上などに呼び出す。
 ↓
・その新情報とは、琴音が全てを仕組んでいたということだった。
その後、素早く琴音が美咲を突き落とす。
 ↓
・琴音が哄笑する。
地の文でも何でもいいので、琴音が憎い三人を消すことを計画したことを読者に知らせる。
(この段落は、非常に重要。
読者に疑問符を浮かばせないように、実はこうだったというのを明確に示すことが必要)
 ↓
・そして、琴音が笑っているときに、バットを持って彼氏登場。
美咲が自殺したことにしようとする琴音。
 ↓
・しかし、彼氏は納得しない。実は、彼氏は美咲に匿われていた。(詳細な記述をすること)
彼氏が犯人じゃないと信じていた美咲が、彼氏が犯人という理由で自殺するはずが無い。(ここも明示。)
 ↓
・彼氏、美咲を撲殺。これで本当の犯罪者となった彼氏。自首するか、自殺するかはお好みで。

これじゃ、驚きが足りないと反論されそうだな。けれど、読者が驚くのは辻褄があってこそ。
おかしな点があったら、読者は驚くどころか、白けるぞ。
だからこそ、世の作家達は「後出し」だといわれないように、伏線を張るわけで。
無駄になるかもしれないと思いつつ、この感想を書くのに骨を折ったんだから、是非、参考にしてほしいところだ。

424 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 22:56:48 ID:/QKXFuj4
>>385
最序盤で、脱落した。

物語のテーマは多分、中二病ってことなんだろうけど、今となっては古いし
しかも書き出しはその焼き直しに過ぎない。

ついでにこの中二病のヒカルも好きになれないし、
主人公?のサトルもイジメの当事者で好きになれない。

要するに、テーマ的にも、キャラ的にも好きになれる要素がなかった。
個人的には合わないというのが、感想。

ただ、このテーマとキャラでは、あまり好感を持つ人間は居ないんじゃないかとも思うね。

425 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 23:17:58 ID:/QKXFuj4
>>387
これは、ラノベとか以前に、まだプロットの段階じゃないだろうか。

思いつくままにざっと書いてみましたという印象。
自分も、こういう風に書くことはあるよ。

ただ、書いた後に、何を主軸に書いていくか、どうやって魅せる場面を作るか、
無理のない設定をどう作るかなどを、ネタ出ししながら、よくよく考えてみるね。

きつい言い方だけど、まだこの段階じゃ、作品じゃないって思うな。
詳しく描写すべき所も、さっと流して書かれているし、推敲もしていないようだし。
もっと手をかけて、練りこんで、読者のつもりになって読んでみて、書き直さないと。

細かい点は他の方(>>389)が書かれていることに同意する。
大雑把に言えば、「練りこみが全く足りない」というのが自分の感想かな。
辛口に書いてしまったけど、許して欲しい。

426 :この名無しがすごい!:2009/08/08(土) 23:40:50 ID:/QKXFuj4
>>395
2/3程度
>それに対して、潤は電話をリノリウムの床に叩きつける事で返事を返した。
まで読みました。

えーと、一番気になったのは、展開の遅さ。
SF要素も、ネットゲーム利用バトルロワイヤル要素も、ここまで読んでやっと匂わせる程度。
だらだらと学生の日常を描写しているだけ、という印象がある。

もう少し早めに、少なくともネットゲーム利用バトルロワイヤル要素を
「匂わせる」くらいはすべきじゃないかな。

それぞれの展開に練りこみが足りない気がする。
もっと、改善していけるだけの能力があると思うので、がんばって欲しい。

物語としては、まだ動き出す前に
読むのを止めてしまったのでノーコメントで。


以下良かった点
・すらすらと読めてしまったので、それだけ読ませる文章力はあると思うよ。

・キャラクターに魅力があるし、分かりやすさもある。
キャラクター造形はとても上手いと思う。

一部記憶で書いているんで、間違っているかもしれないけど、こんなところで。

427 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 00:15:53 ID:dYhSL77x
>>408
主人公の昴が、簡単に自分が犯人だって思いこみすぎじゃないか?
記憶がないんだよね?だったら、自分が犯人だなんて信じたくないはず。
なにか不自然。

ヒロインが萌えるか?
実を言うと、ツンデレって好きじゃないんだよね……。
でもちょっと萌えた。いいと思うよ。
個人的には、もうちょっとツン成分が少なければいいのにと思う。

それと、盲人という設定は、思い切った発想だけど、アリだと思う。
全盲の設定?
全盲だとしたら、ちょっと活動的過ぎるのが気になった。

最初なんて、膝蹴り喰らわせているし、盲人っぽくない。
盲人らしくないところが度々でているから、
全盲だと思っていたら、目が悪いだけでしたとか、そういう伏線だと思ってた。

しっかりを「確り」って書くのって、ちょっと難しくない?

あと、細かく出していくのもアリだと思うよ。
こっちとしては、もう読めないと思ったら無視するだけだしさ。
個別に細かい感想聞きたいというなら、それでもいいと思う。

特に、全部書き上げての投稿なんだから、私としては全く気にしない。

それと、今まで読んだ作品全体としての感想だけど、
主人公とヒロインのキャラがこなれていないと思う。
気のせいで片付けられないくらいに、不自然なところが散見されて、
キャラが行動しているというよりは、作者が動かしているという印象になった。

あと、>>406でネタバレすんなw
正直、晒しの中で一番楽しみにしていた作品だったから残念という気持ちもある。
だけど、一番の問題は、この情報が入ってきたことで、先入観をもって作品を読んでしまう事。

上記は、その先入観の前の印象を思い出しながら書いたんだけど、
ネタバレを見てから読み返すと、違う印象を持ってしまった。
この先の晒しでは、初めて読んだときのような感想を書く自信がないぞ。

428 :427:2009/08/09(日) 00:16:53 ID:dYhSL77x
おおっと。
>>408じゃなく、>>403あてのレスです。

429 :284:2009/08/09(日) 00:49:43 ID:Y8ynqzOZ
>>427
まず、すいません。
鹿を追う者山を見ず。
感想をくれる方が、一読者であることを忘れて。編集者かなんかだと勘違いしました。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
オチを言ってしまうとは何たる失態orz


確かに眼が見えない人間にしては活発かな? と書いてて思いました。思考の片隅には常に彼女が盲目であることを置いて置くようにしているのですが・・・・・・・
「確り」のところは変換で出てしまったのでつい書いてしまいました。自分でも違和感を感じておりましたので直そうと思います。
主人公が適応早すぎ。と言う意見を含め改めて見直すと、確かにもうちょっと葛藤があっても良いと思いました。加えようと思います。
ヒロインに好感を持っていただき、自分の子を褒められたように感じて嬉しいです。あまり好戦的だと「池沼」だとか言われそうで実を言うとビクビクしてました(´・ω・`)
先入観の所は無くして下さい。とは言えませんが・・・・・・・何でオチをカイタンダ(・ω・`彡 )з

>>晒しの中で〜
最初の頃から厳しくも優しい意見ありがとうございます。思わずウルっときました。自分のやってたことは自慰では無かったのだと( ´Д⊂ヽ
頑張って推敲しようと思います。宜しければもう少し御付き合いくださいm(--)m

430 :395:2009/08/09(日) 03:45:45 ID:gmQgfO8g
>401
なるほど、変にゲームを交えて説明しようとするからおかしくなっているのか……。
言われてみれば、ゲームみたいなもの、で説明がつくのに
ゲームの説明だけで大多数を占めていますね。
ネトゲ好きに興味持ってもらおうとして、逆効果になっていますね。
もっとテンポよくして、贅肉けずるべきですね。
ありがとうございます

>疾走する〜
えーと、たしか銃の形したスタンドみたいなので、少年少女が戦う話でしたっけ?
ちょっとうろ覚えですいません。
主人公達は、こういう超常現象が使えるようになりました!でいいのか説明……。
変に詳細に書いてたらgdgdになる可能性があるわけですね。
参考になりました。

431 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 03:51:07 ID:e3/UrEMz
全力で趣味に走ってみたら、大変なことになった。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2560.txt
【ジャンル】中世ファンタジー風SF
【タイトル】『魔導科学狂(マド・マッド)』
【評価基準】
思ったこと感じたこと、何でもガンガン言ってほしいですが
個人的に、特に気になっているのは、以下の点です。
・冒頭の文章として、物語に入っていけるか。続きを読む気になれるか。
・洋風ファンタジー初挑戦なのですが、それらしい雰囲気は出せているか。
・情報が多すぎて、読者を混乱させていないか。
・設定の切り口に、面白さや魅力があるか。
・富士見ファンタジアへの応募を考えているのですが、なんか明らかにカラーが違う気が……
どこか適したレーベルはないものでしょうか?
【改稿】○

432 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 03:53:19 ID:tCt6S/Wo
>>368 もう消しちゃったんだねー

>>369
 ○キャラクターは魅力的か
特段魅力的ではないけど悪くもない

 ○物語はテンポよく、先を読む気にさせているか
けっこうよくできてるんじゃないかね投稿前にしては

 ○説明や描写がくどくないか、おかしな文章はないか
まあ無難でよし

 ○物語内の架空のゲーム「石花幻想譚」の雰囲気は伝わるか
伝わらんこともないけどこういった系の類似作品たくさんあるんだよね

 ○その他、読んでて違和感を感じた点がありましたらお願いします
力があるほうだから投稿すればけっこうサクサク通過するんじゃないの?
でも格別おもしろくないし人物ももうちょっとガツンと来るようなのが欲しいね
三人称だけど一人称に書き換えてみたら?
おもしろくなると思うけどねでもあなたは三人称が性格的に向いてるのかもね
とにかくこれで応募するなら
もっと新奇なことしないと推してもらえないと思う

433 :395:2009/08/09(日) 04:07:29 ID:gmQgfO8g
飛び飛びのレスですみません

>426
そのあたりでギブ、みたいな感じですね。目を通していただき、ありがとうございます
(嫌味とかじゃなくて、素で感謝の気持ちです。何はともあれ、少しでも読んでもらえる事が嬉しいわけですので)

>展開の遅さ
だらだら感がありますよね……。どうも序盤にいらない説明をつらつら書いたり、キャラ?を出そうとして
会話をどんどん入れていく癖があるようです。プロットから構成見直しが必要なのを実感しました。

>におわせるぐらいはして欲しい
そうですね、ご指摘の通りです。肝心の冒頭、序章のうちに期待を持たせる必要があるのに無駄にギャグとか
いれて、読者に困惑を与えているかもです。
なんだろう、時間が経ってから見ているのと、的確なご指摘などをいただいてから
見ている所為なのか、分かるところだけ埋めた答案用紙というか、穴だらけの印象を今感じています。
構成力が低いのも出ていて、確かに練りこみが無いですよね……。注意していきたいと思います。

>物語としては〜
キャラの会話ばかりで、物語って感じがしませんよね……。

>すらすらと〜
ありがとうございます。文章自体にそんなには問題がないけれど、時空列、読者への説明、構成、展開などの
低さが目立つというところなのだと思います。プロットをじっくり作るところからやり直したほうがいいかもしれないですね。
あと誤字脱字も多いみたいなので、気をつけたいと思います……w
前時代→全時代 みたいな簡単なミスも今ごろ発見してしまいましたし。

>キャラはいい
ありがとうございます。キャラはいいけど、シナリオとか他が酷いゲームみたいになっていますね……。
キャラ作りで使い果たしているわけではないのですが、自然と思いついたのをどんどん書いていくから
妙な構造になっているのかもしれませんね……w
キャラで動かしていくタイプだとは思っていなかったのですが、舞台というか脚本的な部分を見直して精進していく
必要性をますます思い知りました。
作者はわかっているけど、それを読者に説明できていない、というのをなんとか無くしていきたいと考えています。
参考になりました。ありがとうございます。



434 :284:2009/08/09(日) 04:10:16 ID:Y8ynqzOZ

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2561.txt
【タイトル】 未定
【評価基準】 とりあえず、前半部の所を所々変えたので
・事件の概要が伝わるか
・続きが気になるか
・キャラクターに魅力はあるか
お願いしますヽ(`・ω・´)ノ
(「確り」の所はもう一読しないと直せないので「しっかり」と脳内保管お願いします)

まだ完全に意見を取り入れられては居ないので、一応挙げて置きます.

435 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 04:13:40 ID:tCt6S/Wo
>>382
>ダメなところ

文章が悪い
筋もおもしろくない
設定はありきたりの猟奇
唯一のいいところはあなたには
一人称が向いてるってところかな

436 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 04:36:33 ID:nDWHdPmU
>>431
設定を紹介しているだけ、しかも一つ一つの話につながりがない。
あちこちに話題(キャラクターや国家や思想)が飛んでいる。
とてもとても、続けて読む気にはならない。
もうすこし一つの場面を塊として大きくしないと、場面がポンポン変って読者はついていけないと思うよ。
「」多いから、ただ雑談してるだけみたいだしさ。
最後まで読んだけど、「だからどうした、さっさと話の中心や目的を出せ」って思った。

437 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 04:48:28 ID:vMeGnITY
>>385
・最後まで読めたか、続きは気になるか。
流し読みしたよ 続きは気にならない

・キャラは立っているか、サトルの言動が調子よすぎないか。
キャラは立ってるほうだと思う

・描写がうざったくないか。
それほどでもない

・話のテンポはどうか
進んでるんじゃないかな

・その他なんでも
なんというかおもしろくない
この二人の恋愛がらみ覗いてもねえ
いじめられっことかじめじめしてるし
誰もがみたいわけじゃないよ
娯楽としてよいものを求む

438 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 04:55:22 ID:vMeGnITY
>>387
・これはラノベなのかどうか。
これだけならラノベじゃないね

・そもそも読めるか読めないか。
読めるけどメールの引っ掛け以外はよくある話だよ

・その他なんでも。
うーん短すぎてどうしようもなない
まず人に晒すような段階じゃない

439 :431:2009/08/09(日) 05:15:14 ID:e3/UrEMz
>>436
うーん、群像劇的な話を想定して書いていたんですが
言われてみればのっけからあれこれと好き放題詰め込んじゃった気が……。
ええ、好きなんです。設定語りがorz
やはり、ある程度描くべきキャラを絞りこんだ状態から
構成を考えるべきだったかもしれません。助言、ありがとうございました。


440 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 05:17:32 ID:vMeGnITY
>>395
・続きを見たくなるか?
最後のところだけいいからちょっと見てみたいね

・キャラに魅力はあるか?
そこそこ

・物語としてはどうか?
とにかく前半とか序とかいらない
救われてアイテムもらうところからやったほうがいいよ

・ラノベ文章としてどうか?
こんなもんじゃないの
形式がなんか微妙だけどまあ問題ないともいえるね

441 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 05:34:21 ID:vMeGnITY
>>403
これも消えてるね

>>409
>【評価基準】後述します
???

もっと計画性を持って事件を進行させて
たいした見通しないから
「ちょっとおもしろそうでしょ?」ってくらいのことになってる
小出し小出しじゃなくてもっと
一度にたくさんのことを起こすといいよ

この短い章でこうやって次でこうで……
じゃなくてってこといくつかの章をひとつにしてみて

442 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 05:38:37 ID:VyH2lH3n
>>431

 設定を解説するだけの分しか晒されていないので、感想も的はずれとは
思いますが、ご一読いただければ幸い。

>・冒頭の文章として、物語に入っていけるか。続きを読む気になれるか。
 無理っす。入るも何も物語が始まらなかったです。
 最初の僕は何だったのでしょう。一人称で始まったので、ああ主人公なんだな
と思ったら、時制はいきなり300年前に戻っちゃうし。もし、300年前が物語の本体
なら、この部分は何の意味もないことになります。現代が舞台なら、物語が始ま
る前に、過去の歴史を学ばされる意味がわかりません。
 それとも、この物語は架空世界の架空理論を読者に教える教本なのでしょうか?

>>・洋風ファンタジー初挑戦なのですが、それらしい雰囲気は出せているか。

 何を持ってして、洋風ファンタジーの雰囲気といわれているのか、わかりかね
ますが、魔法があって、洋風の名前でというレベルなら雰囲気はあります。
 ただ、設定が浅いと感じます。現代の常識と、その世界の常識が無節操
に混ぜられているように思えます。たとえば、魔術的常識は【火水風土】の神々
なのに、最初に行使される魔術は雷(雷は四大のどれに分類されるんですか)。
しかも、これは電気を利用しているという。
 何の説明もなしに電気と書かれた場合、現代の電気のイメージが強くなります。
この時点で、この魔術師たちはどうやって電撃魔術を行使しているんだろうという
疑問がわきました。自然現象の雷を再現しているのなら、雷撃魔術で放射される
のは雷なのであって、電気という言葉が登場する意味がわかりません。
 魔法使いを出すなら、ゲーム的な魔法以上の説明をしないか、理論を考え
ておきましょう。特にイノベーションによって古い魔術が駆逐されていく過程を
描くのであれば、そのバックボーンは重要なはずです。

>・情報が多すぎて、読者を混乱させていないか。
 設定に齟齬があるような気がして、読む気が減りました。

>・設定の切り口に、面白さや魅力があるか。
 前述したように、どっちつかずで、おもしろみが感じられません。

>・富士見ファンタジアへの応募を考えているのですが、なんか明らかにカラーが違う気が……
 どんなお話かわからないので、カラー云々は判別つきません。
 この段階なら、どのレーベルでも受け入れられないということはない、という程度の
ことしか言えません。


443 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 05:45:59 ID:vMeGnITY
>>416
>面白いかつまらないか。
 続きがあるなら読みたいと感じたか。
 文章で直したほうがいいと思った部分。

面白いね物語作りの直観がいいと思う
こういったのにもうちょっといろいろ手を加えれば
けっこうなものができるんじゃないのかな
続きについては話が終わってるからどうともいえない
文章も凝りたければ凝ればいいしあっさりやりたければご自由に
それでも小説にするには課題があるだろうけど
諦めずどんどん書くといいんじゃないでしょうかね

444 :284:2009/08/09(日) 05:49:10 ID:Y8ynqzOZ
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2562.txt
【タイトル】 未定 
【ジャンル】 サスペンス×ラブコメ
【評価基準】晒したものを消してしまいましたので(´_`。)グスン
貼りなおしさせていただきます。
>>403 と+αです

445 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 05:54:50 ID:e3/UrEMz
>>442
うーん。実は、単純に雰囲気作りでこの手法を使ってみたかっただけで……
歴史上の一幕、というイメージを先に示して置いた方が
本文の主旨が解りやすいかな、と思った感じです。
どうやら、邪魔っけに感じている方が多いようですがorz

その辺りは、先述されている通り、内容が追いついていない形です。
簡単に言えば、雷も火属性の何かだと思い込んでたのがこれまでの魔法の常識。
しかし、その常識が覆されたことで、「雷は電気というものだ」という科学側の主張が
受け入れられ、“四大元素に属さない魔法”を研究する流れが出てきた
という部分を、後で描きこむ為に、敢えてこういったシーンを入れました。
もう少し、こちらの意図が伝わりやすい描写になるよう、心がけたいです。

うーん。しかし設定を幾ら練り込んでいるとはいっても
結局、面白いと感じていただけるような構成に
未だ到達出来ていない、ということでしょうか……。
少し、切り口を変えてみたいと思います。
ご意見、ありがとうございました。



446 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 06:11:58 ID:vMeGnITY
>>431
>・冒頭の文章として、物語に入っていけるか。続きを読む気になれるか。
そこそこ入れる
 ・洋風ファンタジー初挑戦なのですが、それらしい雰囲気は出せているか。
世界観とか雰囲気はたいしてないよね
 ・情報が多すぎて、読者を混乱させていないか。
そんなにまだ説明いらない気がするな
 ・設定の切り口に、面白さや魅力があるか。
斬新ってほどでもない
 ・富士見ファンタジアへの応募を考えているのですが…
富士見はよくわからんけどこんな半端な洋風ファンタジーで応募できるの?

うーんいろいろ良いような感じはするけどね
ルースと序の僕の語り手視点いらない気もするな
流行の幕間ででもささっと片付けてもいいんじゃない?
もっと書いたのじゃないと判断は難しいね

447 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 06:23:38 ID:vMeGnITY
>>434 >>444
ううむ全部完成させてからまたあげたらどうだい?
これ以上やってもさらにおもしろくならないだろうし
冷却期間置いてその間に資料をまとめるといいよ

あともう誰が主人公なのかわけわからなくなってるよ
他キャラの視点ですごい話が展開していっているわけでもないし
残念だけどこの形式をやるには力量が不足してる

448 :284:2009/08/09(日) 06:29:14 ID:Y8ynqzOZ
>>447
ご尤もです。締め切りが近くてちょっと焦ってましたorz
自分の表現力の無さでう〜んと頭を捻る時が多くありました。もう少し煮詰めて資料探してから再び晒そうと思います。
長ったらしい文章を読んでいただき、ありがとうございました。

449 :416:2009/08/09(日) 07:30:16 ID:ybpP3IfG
感想ありがとうございます。
>>417
淡々と読めてしまったのは物語に
緩急がなかったせいでもあったと自覚してます。
>>418
リトルリーグ向けで書きました。
試しに文字制限を気にせずに書いてみましたが
ありがちなネタだったようです。
>>420
締めが弱かったせいもあって続きに興味を持ってもらえる
話には仕上がらなかったみたいですね。
>>443
はい。仰るとおりに今回から学んだことに気を付けて
これからもいろいろ書いてみようと思います。

450 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 10:33:23 ID:P98LY1lQ
ちなみに俺が書いたweb公開のらき☆すたSS小説。
ttp://www34.atwiki.jp/konataowata/pages/222.html

451 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 14:20:12 ID:aUqNxjPj
>>431
・冒頭の文章として、物語に入っていけるか。続きを読む気になれるか。
現代部分は良かった
・洋風ファンタジー初挑戦なのですが、それらしい雰囲気は出せているか。
昔の西洋風の国が舞台って分かる程度
・情報が多すぎて、読者を混乱させていないか。
量うんぬんよりまず話を進めないと、混乱以前に読み飛ばされる可能性あり
・設定の切り口に、面白さや魅力があるか。
なんかRPGにありそうだなと思った。切り口としての新鮮さはあまり感じない
・富士見ファンタジアへの応募を考えているのですが、なんか明らかにカラーが違う気が……
どこか適したレーベルはないものでしょうか?
ジャンルとしては別にカテゴリーエラーにはならないかと

個人的には、現代を舞台に話を進めてくれた方が良かったな
特に、箒や世界樹の設定にはそれだけでワクワクさせられた

452 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 14:53:32 ID:VyH2lH3n
>>445

ははあ、なるほど。
あなたは架空世界におこった架空の技術革命の姿を描きたいんですね。

……じゃあ、こう言わないと伝わらないな。
読者は架空世界の技術革命になんか興味はありません。
あなたが楽しいと思っているものはまったく伝わっていません。
あなたの頭の中にある“これまでの魔法”も説明されていないのに
新しい魔法が生まれてるんだよ、なんて言われても困ります。

あなたの描きたい魔法と魔導科学の関係を説明するには、
背景世界の文化(魔法に対するスタンス)、文明、技術、社会制度、
社会階層、知識人の数(識字率)、宗教と魔術の関係、知的エリートの
国を超えた勢力の有無、そういったさまざまな情報が必要にな
ります。

複雑な情報と絡み合いすぎなんですよ。
これらを楽しく伝えるのは大変ですよ。
がんばってください。


453 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 15:57:24 ID:e3/UrEMz
>>451
自分も、冒頭の現代設定は結構気に入って書いてました。
でも、そちらで興味を引き過ぎて、本編の妨げに
なってしまうようなら、もっと削るか、冒頭そのものを削除するか
ある程度選ぶべきなのかも……。
演習場のシーンも、構成的には、研究所のシーンの後ろに
回した方がいいのかもしれませんね。
ご意見、ありがとうございました。

>>452
そう! まさにそれなんです!
科学者に関する本を色々読んでるうちに、こういうものが書いてみたくなってしまい
世界史なんか赤点取るほど苦手で嫌いだったのに、これを書くために色々と
調べ物を重ね、架空世界の設定を構築する日々……だったりとか。

ただ自分も、ただ単に革命という事件をそのまま書きたいというわけではなく
あくまで、その中で動くキャラクタに主眼を置いて書きたいとは思っています。

一応この後、魔術士軍の演習風景に視点を移し、そこで魔術士のライバルキャラを出して
“これまでの魔法”みたいなものを、少しずつ見せていこうかと考えています。
上げられた事柄に関しても、一応口頭で答えることができる程度には、既に考えてあります。
ただ、それら殆どを文章の中で指し込んでいこうとすると、確かに中々難しそうです。
うーん。投稿とか考えずに、あくまで趣味としてネット連載しようかしら……orz

ともかくも、親身な助言ありがとうございました。感謝します。

454 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 22:12:07 ID:UyicPYA8
以前、創作板酷評スレで冒頭を晒した文章です。
短編ですが完成したので感想を聞きたくこちらにきました。
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2564.txt
【ジャンル】 彗星衝突地球滅亡モノ(滅亡するまでの男の行動)
【タイトル】 カントリーロード
【評価基準】
ジャンルとしてSFになるのですが
科学的根拠については勘弁してください。
・最後まで読めるかどうか?
・誤字脱字、へんな文章はないか?       
・最後まで読めるようなら感想いただけると
 嬉しいです

よろしくお願いします。


455 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 23:07:07 ID:Y8ynqzOZ
>>454
死ぬ11時間前にそれを報告するか? 普通混乱をさせないために直前か、もしくは最後まで伝えないんじゃ・・・・・・と言うのはおいて置いて。
死ぬと分かった人間が最後どのように行動するかを考えると
自殺する人が出てくるとか狂う人が出てくる
と思うのですが。確かに作中の人物は皆生きることに諦めています。これは不思議では無いでしょう。
でも、穏やか過ぎてリアリティが無いと言うか・・・・・・。この雰囲気も好きなんですけどね。一回主人公をどん底に落としたほうが、最後の電話で救われるんじゃないかなぁと思いました。
例えば今まで笑ってた人が突然自殺しちゃうとか、川に死体が無数に浮いてるだとか。
でも、穏やかでホロリと来る作品を目指すならこのままでいいと思います。

十分最後まで読めます。


456 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 23:15:26 ID:Y8ynqzOZ
>>454
連投すいません。
もう一度読んでみたのですが、実家に帰りたがる理由が薄い気がします。
父親と喧嘩別れして東京に出てきたとか、それなりに強い後悔があった方がいい気がします。
後、これは出来ればなのですが、道端で宗教的な演説してる人とか居た方がグッとリアルになると思います。
ホノボノを崩さない程度の刺激だと思うので、入れてみてはいかがでしょうか?


457 :この名無しがすごい!:2009/08/09(日) 23:53:23 ID:mfbnY2yE
>>423
ありがとうございます
1番と2番は大正解だと思います。
本来は最初の段落だけの文章で、後から強引に付け足した記憶があります
でも、
>あなたが何者か分かるつもりだけど、あなたの晒してくれた作品は全部、同じ欠点がある。
この4年くらい文章をネットで晒してないのですが、4年前の作品の事でしょうか?
2回ほど晒した記憶があります
しかもそのうち一回は今回のものとまったく同じ(推敲したかも?)作品です。
4年後同じところに晒したらどんな反応があるのか気になって晒してみました。

>>435
>唯一のいいところはあなたには
>一人称が向いてるってところかな
ありがとうございます 私もそう思います。

458 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 00:26:55 ID:7WU2dF6L
>>454

・最後まで読めた。

・科学考証すんなって言われたから、ちょっとだけ。
彗星衝突→巨大隕石衝突
超光速→亜光速
に変えてくれ。
リアリティの面でここを変えないとかなりおかしい。

・面白かった。
展開がうまくまとまってる。
ストーリー的に気になる点もない。逆に言うとインパクトも特に無いかな。
でも、ほのぼのなら、これでいいかも。

読ませてもらってありがとう。

459 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 01:02:13 ID:pnhvj6kC
>>454
・最後まで読めるかどうか?
・誤字脱字、へんな文章はないか? 
は問題ないです。というかとても読みやすい文章でスラスラ読めました。


内容に関しましては、上の方と同じ感想になりますが、
唐突に極限状況に追い込まれたにしては主人公始めどのキャラも達観しすぎているような・・・
コンビニ店員とかあと数時間で死ぬってときに律儀にバイト続けるんでしょうか?

隕石衝突モノの映画はだいたい助かる可能性が残されているため、人の理性が
保たれている面があると思うんですが、
今作は完全にどうにもならないと最初に明言されているため、
町は暴徒と狂人で溢れかえる地獄絵図になりそうです・・・

多分、伝えたい主題がそういうことじゃないからだとは思うんですが。
どうしても気になってしまいます、すいません。

460 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 01:31:20 ID:A4RVEhFN
>454
どうでもいいつっこみですが、

>アメリカNASA国立航空宇宙局
という記述は、米航空宇宙局(NASA)若しくは、
アメリカ航空宇宙局(NASA)の方がいいと思います。

あと、会社には、同僚が最後の挨拶に来て、家族のために急いで帰る
というようなエピソードがあると自分好みです。

461 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 01:58:55 ID:+7/8imC4
>>29「幼女は無慈悲な夜の女王」感想
短いから一点だけ指摘。
「こいつ」を「彼女」と書くと主人公がどういう印象を持っているか分かりにくい。
ガキとして見てるのか女性としてみてるのか分かるように統一してた方がいいかも。

462 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 02:00:51 ID:+7/8imC4
>>44「プラクティス・クエスト」感想
○面白いかどうか、先が気になるかどうか
面白い。
書店で売っていても怒られないレベルだ。

○文章的に悪文はないか、おかしな文章はないか
句点の打ち方が少し変だけど、許容範囲。

○キャラクターに魅力を感じるか
それぞれに役割を振ってあって、不要キャラがいないのはいい。
チョイ役かと思ったカルドニーセも見せ場があったし。

ただちょっと、人数が多すぎるかな。
一人に複数の役割をやらせて、人数を絞った方がいいと思う。
本来は矛盾する二つの役割を一人に背負わせると、そこからキャラの特徴が生まれることもある。

○何か物足りないんだけど、何が足りないんだろうか
読者と同じレベルで物語を見るキャラがいない。

たとえば、ユークとラドラブライトの対決シーンでは、それぞれ戦う理由が読者には理解できる。
しかし、読者と同じように理解するキャラがいない。
その結果、読者は物語を俯瞰すると言うか、遠く感じてしまう。

情報を統合して理解するキャラがいると身近に感じられる。
行動範囲の広さと情報の量から考えて、クエスラにやらせるといいんじゃないかと思う。
クエスラに物語の最後まで居てもらうわけにはいかないかな。

463 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 02:03:36 ID:+7/8imC4
>>63「フスバルの活動記録」感想
この話は、大前提として「サッカーは素晴しい」というのがないと成立しない。

「サッカーは素晴しい」そして「その素晴しいサッカーで、一流の選手になる」
これを見せないと駄目。

ところがこの物語を読んでもサッカーが素晴しいと思えない。
主人公が重宝がられるのは、単なる才能というか、体質が理由。
勝つためにはルールも知らない奴を試合に出す。
八百長とか、乱闘とか、ドーピングとか、悪いイメージが多すぎ。
サッカーが汚いスポーツに見える。

「サッカーは汚い」そして「その汚いサッカーで、一流の選手になる」
こう見えてしまう。

真剣にテーマとしてスポーツの暗部を描くならならいいけど、
単に主人公を善にするため悪を配置するな。
もし出すなら、サッカーによって更生するところまで書け。
実在のスポーツを出す以上、汚いイメージのまま終わるのは無責任であり、失礼だ。
サッカーに関わったもの全員を更生させないなら、この話は書くべきではない。

464 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 02:11:42 ID:ENe3KkjI
>単に主人公を善にするため悪を配置するな。
>もし出すなら、サッカーによって更生するところまで書け。

なんで上から目線なん??

465 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 02:56:07 ID:gRWCyxSM
>>454
・最後まで読めるかどうか?
 最後まで読めた

・誤字脱字、へんな文章はないか?
 とくにないんじゃない?

まあでもなにもかも温くできてる
これは作風だけのせいでなくて
内容が薄いから

466 :395:2009/08/10(月) 04:07:49 ID:BJtqewsU
反応遅れました。すいません

>440
>最後のところ〜
サイクロプスが出てくるあたりでしょうか。序盤いらないですねぇこれw

>物語として〜
うーん、最初はゲームからスタートして、カガミと友人のランチからスタートした
序章だったんすよね……まだそっちのが流れ的にも分かりやすくていいかもですね。
カットカットしていく方向で。

>文章として〜
構成とか説明の仕方、っていうところでしょうか?>形式が微妙

一応は読めるけど、不自然を感じるといったところなんでしょうか。
とりあえずは、そのあたりも注意して修正いきたいと思います。

ご感想ありがとうございます。


467 :454:2009/08/10(月) 08:41:23 ID:GtUOP8Vh
454です。感想ありがとうございます

>>455-456
>>458-460
>>465

 ご都合主義で強引な設定ですが、小さな波風はあるものの、
ほのぼのと淡々と流れて、最後にホロリとさせて終了。を目指していたので、
鬱展開や、惨劇惨状、阿鼻叫喚の地獄絵図状態。は無いことにしました。
(自分に、それらを表現できる技術が無く、話の収拾がつかなくなる。というのもあります)
元ネタといいますか、参考にした小説が、淡々としたものだったのでそれの影響も
あると思います。
 
>>458
>彗星衝突→巨大隕石衝突 超光速→亜光速に変えてくれ。
>リアリティの面でここを変えないとかなりおかしい。
>>460
>という記述は、米航空宇宙局(NASA)若しくは、
>アメリカ航空宇宙局(NASA)の方がいいと思います。

ありがとうございます。早速修正します。



最後まで読めた。読みやすかった。と感想いただけて嬉しいです。
ありがとうございました。


468 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 09:58:32 ID:mBNEoTRH
>>464
感想人は絶対上位の存在だからだよJK
読者様に文句つける気かよ、おまえは
もう少しマシなもの書けよ
読むのがつらいわ

469 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 12:25:02 ID:ENe3KkjI
いや、オレは晒してないし読者は絶対上位ではないでしょ
そもそもお前は本当に読んだのか?w

470 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 13:20:18 ID:zH6F0eo2
(´・ω・`)まあまあ、そう好戦的にならずに。
でも、読者が上位ってのは本当さね。読んで貰ってるんだからね。
荒れるから専用スレの方へ ヽ(`・ω・´)ノ

471 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 15:42:32 ID:xsOHn5BZ
>>454
読み始めて最初に思ったこと
地球に衝突する危険性のある彗星、実際に何年も前に発見されてるよ
軌道計算の誤差の関係でたぶん当たらないらしいけど
ちなみに、実際にやってくるのは何十年か先
そのくらいの余裕を持って発表されるはずで、何時間レベルでの警告はあり得ない
伏せようにも、凄い機材を個人所有してるアマチュア天文家がいて、ばれちゃうんだよね
「一年後、彗星衝突により人類は滅亡します。確率は99.99%。
 しかし、0.01%を信じて、節度ある行動をとってほしいと思います」
みたいな方がリアリティが出るんじゃなかろうか
11時間とかだと、作者の意図にかかわりなく、地獄絵図にならないのが不思議だな

472 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 16:28:02 ID:c02S3OGS
>>471
どういう軌道を描いているかによるけど、恒星規模の大質量が光速に近い速度で衝突ってなら
おそらく一直線でしょ。
光速に近い速度で一直線に向かってこられると観測の手段はほぼないはずだよ。
11時間が光速との速度差だったと思えばそれほど無茶でもない。
まあ、そんなの地球どころか太陽系ごとおじゃんでございます〜な気がするけど。

473 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 18:17:44 ID:7WU2dF6L
>>416
・面白いかつまらないか。
まぁまぁ面白い。

・続きがあるなら読みたいか。
現状では、読みたくない。
というより、この話の中身をもっと膨らませて欲しい。

テーマは面白いと思った。

でも、展開に説得力が無い。
実際には、それでも宿題をやってこない奴が出てくるだろう。それは先生としてどうか?

さらに、先生のキャラはあれでいいとしても、他のキャラクターの掘り下げが足りない。
だから、中学生が宿題をやると決めたことに説得力がなくなってる。
それぞれの性格をもっと深く書き込んで、
宿題をしなくちゃいけないと中学生に決心させる出来事を記述して、
宿題を苦労しながらやる描写が最低限欲しい所。

何にせよ、あんな先生になりたくないという反面教師から、宿題をやる事にした?
それだけじゃ、全員が宿題をやるという説得力は感じられないと思うんだが、どうだろうか。

474 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 18:35:20 ID:lrQ0+ZxT
カントリーロード感想

まず、最後まで読めたし、雰囲気は嫌いじゃない。誤字脱字も特に無いと思う。
ただややっぱりリアリティが無い。こういうのって現実を受け入れない、受け入れたから狂っちゃう、受け入れて達観とそれこそ色んな人間を書けるはずなのに、出て来るキャラクターが、なんつーかみんな同じに感じた。
後、主人公が情報を集める所で(作中の情報なら)テロップだがなんだかは要らない
特に読者に必要な情報じゃないし

475 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 18:48:35 ID:7WU2dF6L
>>472の批判はちょっとずれてないか。

>>471は「彗星」ではおかしいと言っているだけだろ。
そこに恒星規模の質量が一直線にやってくるという、
あからさまに彗星じゃないものを持ち出しているのは、ちょっと違うと思うのさ。

自分も>>471と同じ事を思ったから、彗星じゃなく、隕石にして欲しいといったんだけど、
この物語では、地球滅亡という舞台装置を整えるための設定だから、
最低限のリアリティさえあればいいんじゃないかな。

これだけじゃスレ違いなので。
>>454の感想補足。

阿鼻叫喚の事態にならないのはおかしいという話だけど、一個人の辿った範囲では、
たまたまそういう事態に遭遇しなかった(し、作者もそれを選んだ)とも考えられる。

それに、本当にどうにもならないなら、暴徒が発生するとは思えないんだよね。
阪神大震災だとか、最近の日本でも幾つか大災害に見舞われたけど、
そこで暴動が起きたという話も聞かない。
これはこれでリアリティがあると自分は思った。

ただ、読者の多くがそういう疑問を感じたんだとしたら、ある程度のフォローはすべきだと思う。
主人公がそういう場面に遭遇するが、さっと逃げるというようなシーンを入れるとか。

最後に。元ネタの小説って「渚にて」かな。
もし違うなら、これも読んでみてほしい。お勧めの小説だ。

476 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 18:55:05 ID:/ityglfT
>>475
>それに、本当にどうにもならないなら、暴徒が発生するとは思えないんだよね。
>阪神大震災だとか、最近の日本でも幾つか大災害に見舞われたけど、
>そこで暴動が起きたという話も聞かない。

ご自分の乏しい知識を公開するのはどうかと思いますよ
そもそも大震災は突然やってきた災害であり、予測されたものではない
しかも暴動がなかった?
あなたが知らないだけで火事場泥棒はいつでも多かれ少なかれいますよ

知ったような口をきくな

477 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 19:01:17 ID:c02S3OGS
>>475
> 彗星の規模が太陽の体積の約1.5倍と巨大であり超光速で移動している
本文でこうあるからね。
「彗星」という言葉がマズイというのは同意だけど、それ以外の部分をそのまま受け取ると、
その物体を観測することはほぼできないよって話。

478 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 19:03:43 ID:c02S3OGS
ああ、あと、超高速→亜光速と読み替えた場合。
ようするに、「滅亡までたったの数時間」という状況が舞台設定として必要なんだから、
それは満たせるんじゃねということ。

479 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 19:35:42 ID:FHO8ZYSe
おまえらまとめてこっちいけ

【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレ・議論スレ3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1248614573/


480 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 19:50:29 ID:Uoo3VCf0
>>1も読めない奴ばかりなのかここは

481 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 20:50:18 ID:7WU2dF6L
>>444
全部読んだ。

非常に根本的な問題として、工藤昴が自分が殺人者だと信じ込んでいるのが納得いかない。
ここが納得いかないから、一緒の病室になるという行動も納得いかなくなるし。
その他の主人公の一連の行動をも納得できなくしている。

もう一度言うけど、ここはクリティカルな問題だよ。
殺人者だという事を信じ込むんじゃなく、否定しようとするのが普通の人間の気持ちじゃないだろうか。

>>434を読み返してみたけど、夏樹が決定的な証拠を握っているというわけでもなかった。
ただのあやふやな証言で、工藤が夏樹に従うのはおかしい。
というか、全盲だとしたら、マジックミラーの向こうにいて「こいつが犯人か」と聞かれて
肯定できるというのも変じゃないか?
声を聞いて、事情を話すというならばともかく。

ついでに言うと、そのように脅されているのに、
工藤昴が夏樹のために何かをしようと考えているのも、説得力がかなり弱いように思える。
一応、そのために食事を食べさせる場面を持ってきたんだろうけど、それだけじゃ弱いかな。
主人公が助けようと決心した場面が描写されていないんだから、なおさら。

主人公に、強い動機が存在しないのも気になる。
主人公は自分が犯人だと信じ込んでしまっているのに、それを隠蔽しようという気持ちがない。
夏樹が黙っていたとしても、いずれ捕まるのではないかという危機感は無いんだろうか。
もし、捕まる事を諦めているというのなら、夏樹の言葉に従う理由もないだろうに。

ところで、殺人容疑者の主人公が警察病院でもなく、普通の病院にいることに何か理由はあるんだろうか。
それと、殺人犯かもしれない主人公と夏樹が一緒の病室に居ることを
医者も警察も簡単に許すとは、到底思えないんだけど、そのあたりはどう考えているんだろう。

自分は無能で押しの強い刑事の「桶川」が勝手に、主人公を犯人だと思い込んで、
証拠もでたらめを言っただけと読んでいたんだけど、もしそうでないなら、あまりにも設定がおかしい。
刑事が、「桶川」一人しか出てきていないのも、その伏線だと思っていたんだけど、
そうでないなら、刑事が一人しか出てきていないのもちょっと変に思う。

ジャンピング・ニーアタックを行ったことは伏線だよね?
ただ単に出会いの場面を演出したというなら、全盲という点から見てもおかしすぎる。

全盲であるということにも、物語的な意味はあるよね?
父親から虐待されていたというだけではなく、ミステリ上のトリックに関わるような何かが。
単なるキャラ付けだとしたら、むしろ物語の幅を狭めているように思うんだけど。

主人公が行動し始めるのが遅いように思う。
そのせいで、間延びしているような印象を受けた。

しかも、現時点では、主人公は事件とは全く関係の無いところでしか動いてない。
それもラテン語の翻訳という地味な作業。
事件と関係の無い所で動くなら、主人公が事件に巻き込まれる必要は無いんじゃないだろうか。

その行動もなんとなくといった感じで、強い感情が伝わってこないから、
読者も、フーンで終わってしまう。
つまり、先を読ませる力が弱いと自分は感じた。

せっかく、事件に巻き込まれたという強烈なシチュエーションを持ってきているんだから、
主人公が自分の無実を信じて、行動することにすれば良いと思うんだけど。
ネタバレを見て、そういう方向に進むと思っていたら、全く違った方向にいくので、
むしろ驚いてしまった。

こういうのが全て伏線だとしても、おかしいと感じてしまうから、
その場でとりあえず読者が納得する一応の理由を入れたほうがいいんじゃないかな。

482 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 21:21:33 ID:zH6F0eo2
>>481
仰る通り、主人公が犯人だと思い込む所が人間らしくないかな。っと思いました。ヒロインに従う理由もあやふやだと思ったので、そこいらのエピソードも追加しようと思います。
何故警察病院に居ないのかについては、お察しの通りです。
ヒロインとの出会いのシーンは一応意味があります。
主人公の行動が遅いと言う所については自分でもそう思いました。流石に10P経ってからやっとヒロインは飽きる。
主人公が自分の真実を信じて疑いを晴らそうとする、と言うのも良いと思うのですが、そこら辺は↑の推敲が終わってから考えようと思います。
「本」の件はカットします。あれには引っ張る力も弱いので・・・・・・。

長ったらしい駄文を読んでいただき、ありがとうございました。感想も丁寧でとても参考になります。

483 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 22:33:55 ID:/YJCqN11
>>482

 あなたの作品に掛けている情熱はとてもよくわかるんだけど。
 この作品はもどって改稿するのではなく、今のプロットでおしまいまできちんと
書いてしまうことを強くお薦めする。
 その後に、改稿するなり、部品にばらして別の作品に活かすなりするべきなんじゃないかな。
 今の感じだと、十中八九、こんなはずじゃなかったと途中で考えて筆が止まる。
 最初にあなたがこの作品で表現したかったことは、歪みかけているように見える。
 とにかく、勢いのある内に走りきってみるべきだよ。
 終わるまでは誰の言うことにも耳を貸さず、目もふさいでいいから。
 後のことは終わってから考えた方がよいよ。


484 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 23:26:20 ID:Uoo3VCf0
>>237
・文章は読みやすいけど、既に指摘されているように所々が描写不足
 展開を早くしたいのであれば、主人公の設定を説明するのではなく、簡潔にまとめて全体像を読者に上手く見せるように工夫してみては
・『因果応報』『風が吹けば桶屋が儲かる』『カオス理論』あたりがテーマと睨んだがどうか
 そうであれば、好きな分野なのでオチが気になる
・キャラの個性ははっきりしているが、それらが生かしきれてない印象
・最後まで読んだが消化不良な感は否めないので、零の明確な意図を早い段階で明言してほしい
 先の展開次第では全く評価が変わると思う。というか、中途半端な部分で終わってるんだよな……


>>454
・最後まで躓くことなくすらすら読めた
・文章はしっかりしてると思う
・終局が近づいているのに地獄絵図にならないのは、個人的にはアリだと思う。その理由は、自分の田舎ではあなたの描写のような穏やかな展開もありうると思ったから
 カタストロフィな展開になると、高確率で人間の侠気を表現する作品が多いなか、あえて穏やかな展開に持っていったのは個性的で個人的に高評価
 科学的根拠については『破滅』という部分を違和感なく表現できれば十分なので、あとはお酒が飲めない人も感情移入しやすい行動をもう少し描写してみてはどうか

485 :484:2009/08/10(月) 23:31:29 ID:Uoo3VCf0
>>484の訂正
×侠気
〇狂気

486 :この名無しがすごい!:2009/08/10(月) 23:35:07 ID:u/B4G6GY
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2568.txt
【ジャンル】中世ファンタジー
【タイトル】歌唄いの詩
【評価基準】面白いかどうか
      誤字脱字
      キャラクターの魅力の有無
      読みやすさ
【改稿】可

487 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 00:21:28 ID:pOMBFHP8
>>486の感想
正直面白くない。
キャラも魅力が欠ける。と、言うか妙なあざとさみたいのを凄く感じる。それが凄いマイナス。
セリフが不自然。
吟遊詩人とは〜のくだりは要らないじゃないかと思う。どうしても入れるならもっと簡潔に。
後、改行をもっと使った方が良いと思う。
耐えられないほどじゃないけど読み辛い

488 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 00:54:24 ID:gAFtpp+Z
>>486
何度か読み返しましたが。
今後の広がり、これから何が起こるんだって言うワクワクが足りないような。
冒頭なので「おお!こいつぁ一体・・・・・・」見たいな刺激がほしいです。
キャラクターを立てようとしているのは分かりますが、もうちょっと自然な感じでいいのではないでしょうか? ヒロインのトリーがマテリアルゴーストのユウ見たいでした。好きなタイプのヒロインなのですが・・・・・・

489 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 01:17:53 ID:aYq3hFFU
>486
普通に面白いですが、普通です。
技術論は分からないので、内容に関してのみです。

折角の地図なのでもう少し複線として使って欲しいですね。
精霊の話ももっと盛り上げないと、「あっそうなの」で終わりです。

ただ飯食いももっと天丼で使っていいかも。

金にこだわるなら、「この店の唄、一曲xxで作りまっせ」って商売
を始めるのも面白そう。で、下手な唄で追い出されるとか。

なーんて、偉そうにいってスイマセン。

490 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 03:26:16 ID:T8gGXiGB
>>486
読みました。
掛け合いっていうんですかね、キャラのやり取りを読んでいて、たまに文意の流れを掴めなくてつまるところがありました。
>「お前に対する俺の精神的疲労は、金額に換算すると俺の予定している食費を上回る」
これとか、ちょっと意味がつかみにくかった。
個人的にこういった掛け合いが嫌いなだけかもしれません。

ストーリーとしては登場人物が出てきて、それぞれが言いたいこと言って、うまくまとめて終わりみたいな印象を受けました。
トリーの存在とか、ほぼ空気じゃないでしょうか。
お話として動く部分がなかったので、さほど面白いとは感じませんでした。
キャラは主人公に光るものを感じましたが、もっと揺さぶって、怒らせて喜ばせて泣かせて、とやらないと魅力としては出てこないかなと感じました。

読みやすさは問題ないと思います。

お目汚しでした。

491 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 03:43:47 ID:tzYhBCrv
>>486
 描写がしっかりしているのはよい点だと思います。
 表現にこなれていないところが散見されますが、これは推敲でなんとか
なるでしょう。

 ただ、なんだろう。雰囲気が借り物っぽいんですよ。なんだろうなぁ。
地に足がついていないというか。最初の食堂のシーンでホットミルクを飲んでる
じゃないですか、あそこですごい違和感を感じたんですよね。
 農村部では、牛乳は、まずバターやチーズを作るために使用されてしまうの
で飲用の牛乳って用途としてはメジャーじゃないと思うのですよ。
 実際、自分が読んできた中世ヨーロッパ風の架空世界を舞台としたファン
タジー小説や『アーサー王物語』のようなお話で牛乳を飲むシーンを思い浮
かべることができません。
 次に町の設定

>デムルダは稲や小麦の栽培と加工で生計を立てる農村が、街道沿いという
>地の利を用いて発展した 小さな宿場町。ピーティはデムルダの小麦を都市
>に卸す仲介業を行う町だ。
> 二つとも小さな田舎町で、人口も二十世帯ほど。

 町と表現するには人口が少ないんじゃないでしょうか。この場合は、
村の方が雰囲気を伝えてくれるでしょう。あと農村だとすると家と家の間
には農地がありますよね? 町というからにはブロック単位でまとまって
いて欲しいところです。
 中世ヨーロッパ風の世界観で稲作があるのもちょいと特殊ですね。
もし、この辺りを突っ込んで描く気がないのなら、小麦の産地である
ことだけ書けばよいと思います。

 次に、主人公が自分のことを吟遊詩人(バード)と称していますが、バードは
ケルト文化の言葉ですので、ここまでの描写で描かれていたドイツ、フランス的
な雰囲気とは異なります。ドイツ風にいくならミンネゼンガー、無難にいくならミン
ストレル、フランス風ならトルバドールあたりがよいのではないかと。
 また、主人公はリュートを使うようですが、これは世界観はルネサンス期以降
16〜17世紀のイメージでよいのでしょうか? そうだとすると作中で「フリル付き
のかわいい服」という表現がありますが、これはいわゆるレース編みのフリルが
ついている服という意味でしょうか? 16〜17世紀頃ではそんな服は超高級品
で王侯貴族しか着られないと考えてよいと思います。主人公はそのことを突っ込
むべきでしょう。
 と、ここまで書いて前述の違和感の正体に気がつきました。生活感を出そうと
していろいろ描写されている割りに言葉の選択や使用が甘い感じがします。
 これが雰囲気が借り物っぽいイメージにつながっているんじゃないでしょうか?

 物語の方ですが、主人公の目的が、『伝承や昔話の真実を探る』なのに、精霊から話を聞いて、それが真実って……温くないですか?
 自分では何も考えずに、人から話を聞いて、それが真実? 本当にそれでい
いんですか? これでは、主人公の目的が美辞麗句で彩られた『伝承や昔話』
から物語的装飾をはぎ取って、それをありがたがる無知蒙昧な一般市民や権力者
たちを小馬鹿にして冷笑するになってしまいますよ。
 これが何らかの逆転の伏線や主人公の成長を現わすための最初のエピソード
ならいいんですけど。『伝承や昔話の真実を探る』話なんですから、伝説の正体
はこんなくだらないことでした、おしまいじゃお話にならないです。
 これは導入部に過ぎないんです。ここからもう一回、二回は結論をひっくり返さ
ないと物語にならないですよ。

 読みやすいのとキャラが少ないこと、キャラも悪くはありません。
もう少し、脇を固めると総合的によいものになると思います。
 がんばってください。


492 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 05:06:02 ID:TA0boZAI
******ネタバレ注意******

>>486 【評価基準】@面白いかA誤字脱字Bキャラ魅力の有無C読みやすさ
@
・トリーの正体種明かし
・>主人公の目的が、『伝承や昔話の真実を探る』(>>491氏から引用)
・僧侶と精霊の真実と落ち
・オッドアイの秘密異能ネタと身体差異ネタ
・地図による宝探し的筋
 おもしろいネタがあるのにおもしろくなってない
結局一番おもしろいところを後だしにして
パパッと駆け足で終わるから面白くないんだと思う
最初の数ページくらいで
主人公かトリーのネタのどちらかをばらして筋を増やしたほうがいい
そのときの候補としてはトリーの死の真相が分かるかどうかがおもしろそうだ
A
誤字候補
「問題ないというのは、第三者からはその組み合わせは認識だれないからだ」
B
有るほうだけどもっとぐいぐい場面か語り用意してくれないとダメかと思う
C
読みやすい

 主人公の成長物語よりは
精神的に得るものがあっても成長しないって感じにも思える
それとトリーの一人称に変えてみるのもおもしろそうかもね
そのときのセオリーのひとつはは
本人が事件の真相を失ってるって事態を持ち出すことになるだろうけど

493 :454:2009/08/11(火) 07:06:29 ID:dS2oDF3J
454です。引き続き感想をいただき光栄です。

>>467 に補足、弁解みたいなものです。

 晒した際に「ジャンルとしてSFになるのですが
科学的根拠については勘弁してください」と書いています。が
半日後、地球消滅、肉体的精神的苦痛を感じることなく人類みな即死(ほぼ安楽死)
という設定が欲しかっただけなので、科学的天文学的根拠は無視しました。
はっきり言うと適当です。(すいません調べても自分が理解できません)

 もう過去に読んだという記憶しかありませんが「渚にて」「霊長類南へ」が
ネタ元の小説です。ほのぼのと、淡々と、を意識したので「渚にて」の世界観が
近いと思います。

まだ、小説文芸雑誌に投稿もしたことが無い志望者ですが、いろいろと
意見をいただき勉強になりました。ありがとうございます。



494 :308:2009/08/11(火) 10:34:11 ID:13FmkzeI
>>308および、そのあらすじの>>337を晒したものです。
賞への応募のため、改めて改稿を始めようとおもうので
それにあたって、アップローダからそろそろ削除しておこうかと思います。

ただ、現在も改稿への指針に関して、幾つか悩んでいる部分があるので
もしもまだ読んでいただける方、アドバイスしていただける方がいたら
感想およびご意見いただきたいです。
削除は明日には行おうかと思います。

495 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 10:49:35 ID:V+2oTu0q
///人\ヽ        :||                     i{                      i|       |
⌒/〆  \ヽ)       ||                      ハ                  l{       |
__||________||____________,ノ人__________wWw___|
¨ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ア¨¨´ ̄   ` ̄下 ̄ ̄ ̄¨|| ̄ ̄ ̄ノノ从ハゞ ̄~¨|
        ||                  |  / ̄           \\    ||                |
        ||           /\n冖≠                  __\》x  ||                |
        ||               {                   ,..<_____?》x ||                |
____,」!___wWwx,___|                 ィ¨ ̄ ̄ ̄¨癶、    \_|L________|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ从ハゝ ̄ア         __,,...ゝ    /   \____|| ̄\、 ̄ ̄¨| ̄ ̄ ̄|
               ||  /          ゞ ̄ ̄/ \,/      \ ヽ     ヽ_、  |      |
               || :/             \ 〃  / |  |     i}   i    |ミハゝ |      |
             _||/              \′     |  │   j:|´` |    |iY 寸卞、    :|
________〆 ̄                  i{    xY j|     从 人 ハi:|/f|  | ヌ≒ー┤
 ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄/                    八     小 八   / ィねミメ| |/i:i|  |/|   }  /|  
        ||    {{     | ̄>──-< ̄|    //∧    {,ねミx\/   dッソ| |i:i:i:|  | 乂ノ_/ :| >>454
        ||    d,   /   O   {:::O::ヽ|     \》x.  从ゝッソ       ' ' '.イ i||i:i:i:|  L〆 ̄   :| 実家から電話がきましたよ
        ||      圦  ハ      .ヽ::::::::::|     《_人 ハ仆、' ' '   o   .イiノ/儿___〆 |       | わたしは明日行きますね
____||,ッ(___圦 キ:}    ハ  'ー千        | | ヽ|}:i≧=ァ=升i:i:i:/i:i:i:i;∨___!____|
l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄?? /ゝm____m_メxWx,,.,.爻x,,| |ゞ_mmi:i:i:乂I_乂mm:〆~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|__________?\;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;:;:;: ;://             |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨~'ゞ乂               |
_____________________________,.,.,wWx刈xwWwx,.,.,.,.,___」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

496 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 18:35:17 ID:gAFtpp+Z
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2569.txt
【ジャンル】ラブコメ×サスペンス
【タイトル】世界の片隅BALLADed(ばらでぃっど)
【評価基準】全て読めるか(中弛みしてないか)
      文としておかしいところ
      キャラクターの魅力の有無
      読みやすさ
【改稿】可

>>483様の言うとおり、一回テンションに任せて書き上げました。
40×40で63頁です。長ったらしいですが、お読み頂けたら幸いです(´・ω・`)
タイトルも付けてしまったのですが《未定》をスッゴイ変えた感じです。
どうかお手柔らかに、よろしくお願いします。



497 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 20:40:43 ID:6/oLrFRW
>>496
文そのものには特に問題は無いと思う
ただ、以前に言われているようにキャラクターの言動も心理も
読者が共感したり好感を持ったり納得できるものではない
なので話そのものが破綻している

開幕部分は話上無くても全く構わないポエムになってるし
昴はそもそも「犯人と思しき人影」を見ているのにその点が無視されている
警察は無能で高圧的というミステリのテンプレだが探偵はいない
これで最後まで読み進めるのは無理

498 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 21:36:36 ID:cGql1RFl
すみません、アク禁に巻き込まれててレス遅れました。
大変申し訳ないです、推敲しつつレス読ませて頂いてました。

>>384
読んでいただいてありがとうございます。
メモ片手に読んで貰えるなんて、曝し冥利につきます。

>いじめられっ子と、対話の出来ない女の子……。
両者とも、読者に「あー、解る」と思わせつつ応援したくなるような。
そんなキャラ描写が出来れば理想だったんですが、技量足らずでした。
こうして言い訳じゃなく、作中でキッチリ描写できるよう頑張ります。

読者は「設定」ではなく「物語」を欲している、という話を聞いた事があります。
ようするに作者の練りに練った設定も、実は需要はそんなにないんですよね。
あくまで物語の進行の為に、知識として自然に読んでしまうのが理想でしょうか。
具体的に「説明文は三行以内」なんて言葉もありますし、ここは注意ですね。
自分でも、なるべく説明文の大量発生を抑えたつもりでしたが…も少し見直してみます。

現実とゲームのバランスに関しては、現実サイドは毎日のプロローグ的に絞ってみました。
あと、その邪推当ってます…苦手意識はないですが、あまり上手くはないと思ってます。
もう少し現実でのキャラの動かし方やシーンの量も、考えてみますね。

>>432
読んでいただいてありがとうございます。
リアル友人にも指摘されてますが「小さく纏まってる」って感じですね。

自分でも独創性のなさ、斬新性のなさで凄い悩んでます。
今の段階で「これは駄作だー」と思いつつ、推敲作業してます。
誤字や悪文をやっつけて、文章的にはレベルは今上がってるんですけど…
でも、元がもう凄いありふれたものなんだなー、って思ったらちょっと。
作家要請塾って本でも「斬新性ないものは評価外」って言われるし。

一人称はSSくらいでしか使ったことないですが、一度は試してみたいですね。
今回のはとりあえず、このまま三人称でちょこちょこ改稿して投稿しようと思います。

>>462
読んでいただいてありがとうございます…これ、私小説的なとこがあって少し恥ずかしいです。
確かにキャラは、もう少し整理したほうが良さそうですね…直接本筋にからまない奴もいますし。
読者視点のキャラが不在というご指摘は、初めてでなるほどと思わされました。
群像劇というにはちょっと内容も量も足りないですしね…やっぱり読者視点キャラ欲しくなりますね。
読者視点キャラをクエスラにして、頭から最後までいてもらうとかもいいかな、なんて…

句点の打ち方はなんかもう、本当に稚拙で…「〜で。〜だった。」「〜なら。〜なのだ。」とかゴロゴロと。
今ちょっと推敲してる作品でも、これがぽろぽろ出てきて、頑張って潰してます。
書店で売ってても怒られない、は凄く嬉しいお言葉で、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
しかしながら、これは多分「実績あるプロならまあ、許されるかな」って話かな、と。
新人賞応募作品なら、もっとパンチを聞かせて隅々までカッツリ組まないと駄目かも。

499 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 22:31:36 ID:J41jEDf2
>>486
プロローグ要るのかなあ?
本題が始まってすぐ主人公の外見容姿の描写が6、7行分もあるのが説明的で鬱陶しい。
後から主人公の挙動に合わせて小出しにしていけばいいんじゃない。
その他ちょこちょこと考えて改稿してみたよ。
「振り込め詐欺云々」は単なる冗談。

────────────────────────────────────────
 昼の書き入れ時も終わった簡易食堂はのんびりとした空気に包まれていた。
 この時間までいるのは、暇をもてあましている者や旅人だけ。
 昼下がりの穏やかな雰囲気をかもし出している。
 ロスは、隅の二人掛けテーブルの上に広げられた地図を眺めていた。
「……っかー〜っ! さっぱり分からん」
 無造作に垂らしただけの暗い緑のような黒髪をガシガシ掻き、悪態を吐きつつ、お
おざっぱに土地の形や川、町の位置が書かれただけの粗末な古ぼけた羊皮紙を睨み据
えた。
「これは……さすがに失敗だったかもしれんな……」
 ロスは渋面で腕を組んだまま、紙面の書き込みに不満を漏らした。

 ――数時間前のことである。
 この地方の地図を求めて街をぶらぶらしていて、ある露店を覗いてみた。
 地図を探していることを告げると、露店の主人は「それならこれがいい!」と品物
を売り込んで来た。さる地質学の権威が書いたもので、この地方の領主様もこれを頼
りに狩りに出かけるのだと延々御託をまくし立てられ、気がついたら買わされてしまって
いた。
 店を後にして歩きながら中身を広げてみると、これがまたお粗末な品である。子供
の落書きのほうがまだマシといっても過言ではない。すぐに引き返したが、その商人
はすでに姿を消した後だった。

 ロスの向かいに腰掛けた少女が、両手を膝の上について座ったまま身を乗り出す。
「失敗だったかもしれんな……じゃなくて、誰がどう見ても失敗以外の何物でもない
でしょ。まーったく、ぼけっとしすぎなのよ! 人を見たら泥棒と思え! 振り込め
詐欺に注意! いつ誰に狙われるかわからないこの現代。日頃から気持ちが無防備だ
から、そんな詐欺師に引っ掛かるのよ」
 肩までかかる華麗な金髪が人を威圧するよりもむしろ安らぎを与えるのは、まだ十
代半ばの愛らしい顔立ちのためであろう。若草色のワンピースに簡素なケープ。履物
に至っては、白い素足が見えるサンダルで、とても旅をする人間の格好には見えなか
った。
「べ、別にぼけっとはしていない。たださっきのやつが思いのほか強引だったから」


500 :この名無しがすごい!:2009/08/11(火) 23:55:55 ID:NHW+bHgI
>496
IME任せで変換しすぎているように感じました。
○○では無い→○○ではない
その様に→そのように
等々、やたらと漢字を増やさないほうがいいように思います。
ただ、見方を変えてみると「〜ではない」「〜のような」という文が非常に
多くて目立つのかもしれません。
他には、ヒゲ面の医師に対して「白衣の天使」はないでしょう。女性の看護師
以外に意図的に使うのであればフォローが欲しいところ。
屋上で杖の音がこだますることもないと思います。
「ところで、両親から連絡はございませんか?」(307行)は変。
「ところで先生、両親から連絡はありませんでしたか?」くらい。
医者と話をしているのに一度も「先生」と使ってないとか、敬語関連はかなり
不安があるような気がします。ファンタジー系だと「○○様」「○○殿」の
使い分けにも絡んでくるので、時代小説を読みまくって感覚的に掴むのが
いいのかも。
ところで、第二章 緩手のヒーローの「緩手」てなんて読むの?

501 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 00:10:43 ID:T1vIE4Io
>496
自分は、この手のは読まないのですが、面白く読めました。

難しい話は他の人にお任せして、

「対術」−>「体術」ですよね?

ヒロインが目が見えないのに、食べさせたり、顔を
そむけるという仕草は違和感を感じる。
もし、この設定を変更したくないならば、一日、目を
閉じて生活してみるというのを薦めます。

同様に刑事が二人で話をする際、ヒロインを追い出すのは変。

あと、父親に、愚息とかお許しというのは、違和感がある。

>500
緩手「かんしゅ」 手がゆるむこと。
必死がかかる状態で自玉を守ったり、1手すきにすること。
と、将棋指しの俺が答えてみる。

502 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 00:13:41 ID:rRdVJbSW
           ∨/////〃            \   \\
              ∨/// ,′         {      \   ヽヽ
              \//l     /  / ', ',    i;ヽヽ   ヘ ',
              |\|     ,′ /  '. ヽ、  iiヽ_」_    } ′
              |  |   l | ,. r‐…ヘ  ヽ、}「 _」L、  } }
               | l从l   レ |´| / _,.=ミ. \ 乂ィfフ'}ノハ  ′j
.             | /{八  い、.ィf゚]:::ハ    \ 弋り 从/ /
             j {{ /\ 丶{ヽ乂タノ       :::::{ |    
               j  \ (__ \'.  ::::::      丶   j |    >>1おつですぅ
            イ/   !`ー-ヘ、      _..  ァ   イ ,'
          / 〃  ,′ i  |` .._    「  ノ / |/___
.        / /   //  i /`ー-、_`   ..__/厶 '´ ̄>  `丶rヘ,
       / /  /\ ̄\ -┘     ̄o|[ 「o \=彡'´   ヘ  }} \__,,..  -─…ヘ¨ ̄
  --─=彡  '′ /     ヽ==-ヘ、丶、   o |川 o  》    \ } 〃   人 : : : [| : : : : : : ゝ、
     // r=┘      ヽ     `丶、丶、弋弋\ /   イ二ユ. ∨:: . /  厶、: : : : :_;..  -─
.   / 厶イ  ー──-   ',      ,>ュ .._ `'<r─-=ミ、   丶、丶、-─   `丶、
  -─<             ',     /  . -─≧┴--=ニ≧]、   ..:ヽ \:::../::..   `  、
        ー─---    ___  ',   \/  \   ....   \ \:.:.:.:.:.:.!::.:.:..∨:::.::.:.:.:....
   ニ二二.. _        ,.::.:...--一   ....:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:..\ \::.::.i:.:.:.:.: }ーヘ、:.:..:...
        \   ̄i ̄ ̄|`く:.:.:.:.:.:.:....  ....:.:.:.:.:.::. ', ::.::.::.::.::..::.::.i i:\ \::.:.:.:.: j.    \
          \  i    |  |\:::.:::.`丶、:.::.::.::.::.: ', :.:.:.:.: '" { {:  \ \::.:.′    \


503 :284:2009/08/12(水) 01:14:39 ID:NFMKX1qc
>>497
感情移入・好感・現実的。を目指してちょこちょこ変えたのですが。
まだ未熟でしたorz
読者を飽きさせないような話を目指しますので、もっと、地面に足のついた『キャラクター』を魅せようと思います。
貴重なお時間を頂、ありがとうございました。

>>500
文末のとめ方が類型的で、非常に読みにくかったと思います。読んでいただきありがとうございます。
>>501さんが仰るとおり「かんしゅ」です。
時代小説読んでみます。
もっと流れのいい文章にします。悪い点の指摘、ありがとうござます。

>>501
>>「対術」−>「体術」ですよね?
誤字です。発見ありがとうございます。
一日目を閉じて・・・・・・。わかりました。やってみます。これで少しでもキャラクターが人間になればいいのですが。
違和感がある部分は変更しておきます。

504 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 01:36:12 ID:BXf5CcUy
>503
池波正太郎の剣客商売とか面白いよ。改行の多さとかラノベ的でもあるし。
夢枕貘の陰陽師とか、こういう簡潔さの影響を受けたのかなあ、と思う

505 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 01:45:52 ID:T1vIE4Io
>503 501ですが、感想書いている自分の日本語がおかしくてスイマセン。

補足しますと、多分、目が見えない人は、恥ずかしくて顔を伏せたりしない
と思うのですよ。(するかもしれませんが)
顔を伏せるのは、自分の顔を見られたくないというより、本質的には、自分が
相手の目(顔)を見たくないという心理でしょうから。

二人で話をする際ってのも、内緒話をする際、目が見えない人を追い出す
でしょうか?(勿論、自分たちがでていきますよね)

ということが、言いたかったのです。
まぁ、他にもありますが、蛇足なのでやめておきます。
あと、個人的にはヒロイン結構好きになりましたよ。ぉ。

506 :284:2009/08/12(水) 01:46:40 ID:NFMKX1qc
>>504
オススメありがとうございます^^
明日にでも図書館に行って読んでみようと思います。ご丁寧にありがとうございましたm(--)m

507 :284:2009/08/12(水) 01:58:45 ID:NFMKX1qc
>>505
確かに指摘されて気づきましたが、普通自分たちが出て行きますね。
皆様に指摘される度に「ああ!」と自分のおろかさに気づかされます。
ヒロインの事を好きになっていただいて良かったです! 感想指摘ありがとうございます。

508 :293:2009/08/12(水) 02:02:36 ID:g2pk+pGT
すみません、レス遅くなりました。

>>331
全然余計じゃないです。実際に例を出されると、わかりやすくていいです。
僕のよりずっと読みやすいです。最初からこんな風に書けたら大賞にふさわしかったかもしれません。
とても参考になります。ありがとうございます。
>>347
来年また書き直して応募しようと思うので、そのときは出版に値するような作品にしたいです。
タイトルは、まあ仕方ないです。
手品のシーンが長いっていうのはもうわかりましたw
名前が覚えにくいというのは盲点でした。ちょっと工夫してみます。
スパイがほとんど導入だけになってます。実はちょっとまとめきれませんでした。
ありがとうございます。

509 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 02:52:09 ID:pAz1Hr31
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2567.txt


これ評価シートなんだが、ちょっと使ってみたいから、
使ってもイイヨーという人は晒しの時に教えてください

510 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 03:04:46 ID:p9k9EAg4
>>496
です。ケータイから失礼します。

>>509
(ノ_・。)>>496に使って頂けたら嬉しいです

511 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 03:07:05 ID:pAz1Hr31
>>510
ありがとう
ちょっと時間かかるからすぐには出せないが必ず出すから気長に待っててくれ

>>496の他にもOKな人がいたらよろしく

512 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 03:19:43 ID:drA6Nw57
>>496
>評価@全て読めるかA文がおかしいとこ?キャラ魅力の有無C読みやすさ
@一応読めた
A文自体はまあそこまで気にならない
?有るほう
C読みやすいかな

おもしろいといえばおもしろいけど
大暴投してる感じでもあるし
小説というには計画性がなさすぎる
でもこういうのを少しずつ変えていけばいいかもね

513 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 03:44:24 ID:p9k9EAg4
>>512
ケータイから失礼します。割と高評価で小躍りしてしまいました。
計画性が無いについてはおっしゃる通りで、書いている内に変わって行ってしまいました。
全部終えた今からもう一度最初から通して見直しします。

読んでいただきありがとうございました。

>>511
ありがとうございます!
お願いしますm(._.)m

514 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 18:00:41 ID:pAz1Hr31
>>496
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2571.txt

待たせてすまない。約束通り評価シートをうpした。
レスは特に必要ない。これは俺の一意見と思って受け止めてほしい。
なるたけ客観的に書いたつもりだ。

評価シートを使わせてもらってありがとう。健闘を祈る。

515 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 22:38:03 ID:roTDYEDl
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2572.txt
【ジャンル】 自称感動もの
【タイトル】 死者の歌(あらすじ最初の方・69kb・全7段落)
【評価基準】
・文章・表現・話の展開の仕方に問題はないか。
・終わりが説明不足に思えるか、もしくは言葉足らずか。
・ひとりとして人名は出していないが、はたしてそれは失敗だったか。
・似たような造りで、もっと出来のいい話をご存知だろうか。
・オチがあざといか、そうでないか。
・もしあなたがこれを全面的に書き直すとしたら、視点を変えようと思うか。
 また、出だしをどこから書き出そうとするか。<一番、気になるところです。

【改稿】 あり
【評価シート】 手の回る方が居りましたら、お願いします。

・短編。
・電撃一次落ちです。
・冒頭が弱いです。
・だいたい、一週間ぐらいしたら消すつもりです。
・本来はワードで、やたらめったらフォントで点つけたりしてます。文の最初が地の文で、感情吐露の場合は多くがソレです。

最初のほう、四段落辺りまでは自分でもくそつまらんと思うところなんですが、どうも話の土台となる要素を含んでいるせいか、自分では直せそうにありません。
ですので、そこのところを「こうしたらアッサリ仕上げられるんじゃない?」と思われた方はアドバイスや改稿等、ぜひお願いします。

516 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 22:41:10 ID:dH9amSya
見るたびに思うんだけど、三点リーダも使わないで書いてる奴は文章作法見て敢えてやってるの?

517 :この名無しがすごい!:2009/08/12(水) 22:52:20 ID:78Bj4Isz
>>515
本文の冒頭から何を言っているのかさっぱり分からん、とだけ言っておく。
なんのシーンなのかすら分からんぞ。
小便を相手にぶっかけて湯気が立ったって話か?
書かれているのは
どこなのか
いつなのか
だれなのか
何をしているのか

どれもさっぱりわからん。話が面白いとか、それ以前の問題だ。

有名な書き出しにこういうのがある。
「プレゼントもないクリスマスなんて、クリスマスじゃないわ」
「トンネルを抜けるとそこは雪国であつた」

ね? たった一文で、あっという間に5wが色々分かり、興味もわくだろ?
あなたのは一段落かけても、何ひとつ分からない。
日記を書くことから始めてみてはいかが?
倍旧の努力を!

518 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 00:37:03 ID:8SviXVtH
>515 難しいことはわからねーですが、どういう読者層を
想定しているのでしょうか?
私は純文学でも読んでいるかと錯覚しましたよ。

いろいろありますが、ちょっとだけ参考までに書きます。
・ハゲが何人も出てきて紛らわしいです。

・普通、人が生き返ったら乗せて帰ると思われます。
(運転手は気づかずに去ったほうが良い)

・最後の場面に心の葛藤があったほうが良いと思います。


519 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 01:15:56 ID:aa1/pulA
>>515
ストーリー的には結構いい感じなんだけど、ラノベっぽくないのがね……

520 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 01:19:55 ID:jqgo6o7e
>>515
とりあえず、まるで読みすすめる気になれないところがすごいなと思いました……

521 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 01:54:28 ID:hh9sTfQH
>>515
>>516でも言ってる通り、三点リーダ「……」←これ
を使わないのは結構痛いと思う。
ちゃんと感嘆符や疑問符の後には空白を開けているくらいだから
ある程度文書作法はわかっていると思うのに、なぜ三点リーダは使わない?

ストーリーもごく溢れすぎている感じ

感動させてやろうというエンターティナー性は感じるが、
実際読み手側に惹かれる要素がないなと自分は思った

地の文ももっと捻りが欲しい。
単調な流れが読み手を飽きさせる。
>>515本人も言ってるが、冒頭が弱いならそれを覆せるくらいの
文章力と内容がないと、はっきり言って完全につまらない。

522 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 06:16:13 ID:AbZRlyHe
明日からしばらく書けなくなるからと、一気に十五ページほど書き上げてみた。
大体、25〜30DPほどです。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2573.txt
【ジャンル】SF+学園青春群像劇(?)
【タイトル】機士道部
【評価基準】
以前ここで晒したものを、一章全てまで書き上げてみました。
最後まで読み切れるか、続きが気になるか。
構成に問題点や、改善すべき点がないか。
また、この世界観に入り込んでいけるか、興味をそそられるか、などが気になっている点です。
他にもお気づきの点があれば、なんでも言ってやってください。

……ただ、一章始めの解説パートに関しては、自分でも書き過ぎたと思ってるので
書ききってから、適度に量を削るつもりです。なので、斜め読みしてもかまいませぬorz

冒頭としてあまりに駄目だったら、この作品自体諦めて、構成を一から変えようかとも思ってます。
そんなわけなので、是非忌憚のない感想、ご意見をお願いします。
【改稿】○

523 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 07:00:17 ID:l1rrHo22
>>515
花屋(?)に入って店員と話はじめるとこまではなんとか読みました。
が、いつまでも意味不明なままのうえ、状況にそぐわない不自然な会話が
はじまったので読むのを止めました。
おそらく作者の頭の中ではすでに事件が起きていて、興味深い状況なのでしょう。
ですが、読者にとってはまるで意味不明です。まずは作者の中にある事件を
読者に伝える方法を考えてみて下さい。

524 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 07:36:51 ID:l1rrHo22
>>522
ちらりと流し読みしました。このはじまり方はかなり厳しいと思います。
もし冒頭の決闘にこだわりがあるのなら、次の場面は決闘の結果に起きたことの紹介、
もしくは決闘の当事者を探索する、などと展開させるべきかと。
ですが、本編がはじまるといきなり長い説明文がきて、クラスメイトの自己紹介が
はじまって、では肩透かしもいいとこです。
さらに、導入部では主人公を魅力的に紹介することも大切だと思いますが、現状の
紹介部を見るかぎり、人間に対する惹きが弱いと思います。
個人的には機械の紹介よりも、人間の紹介にもっと力を傾けるべきだと思いました。

525 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 12:54:08 ID:e1f0vwEH
>>522
嫌いじゃ無い。でもどのキャラクターの特徴が掴め無い。
確かに最初のスピードからの減速が否めない。そもそも最初にあまり惹かれない。
でも世界観にリアリティがあって面白いよ。冒頭とか全く関係なくじっくり読めば味がでる。
でもキャラクターがなあ・・・

526 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 13:21:12 ID:iu7J31rH
>>515
単純に面白くないです
ストーリーに多少魅力を感じましたが
どう頑張っても読むのが嫌になってしまいました

527 :522:2009/08/13(木) 14:14:17 ID:JTn4z1NC
出先なので携帯から
>>524
読んで頂きありがとうございます。
自覚はあったつもりなのですが、やはりこの入りは難しいみたいですね
このあとからどんどんスピードを上げて、勝負に行こうかと思います。
キャラの薄さも、あまり描写を増やしたくないからと敢えて削ったきらいもあるので
それなりの量、補っていきたいです。
>>525
ありがとうございます。自分もこの設定は気に入っていて
自信を持っていたので、素直に嬉しく思います。
ただ、だからこそ、キャラのインパクトを強くすると
話の雰囲気とかリアリティが死にそうな気がしてて・・・・・・この欲求にどこまで妥協できるかが
自分の中で勝負どころかも知れないです。

とらあえず、構成はそのままにして
キャラの強さで味付けを濃くしてみようと思います。

528 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 15:27:10 ID:lIg2lB16
>>527
最初の場面転換できつくなったのだけど
こう、一気に説明に走らずに、話の中でそれを説明するのに相応しい場面で
ちょこちょこと出して行くのも悪くないんじゃないかな
話の流れの上で、読み手が「あれ、情報が少し足りないぞ」と気になってから
挟み込んでいくとか

折角の冒頭の雰囲気が一気に冷めてしまって勿体無い

529 :この名無しがすごい!:2009/08/13(木) 15:32:44 ID:lIg2lB16
気になりそうなところで、でした

それと、これは個人差あると思うのだけども
>「いや、その。そうじゃなくって……人間が、熱かったんです」
こういうのがすごく勿体無く感じる。
直接的過ぎて残念に思えるというか、読み手にそれとなく思わせるべき点を
前面に打ち出しすぎている感じがしてしまった

こういうのは、行間で読ませる方向でいいと思うんだ
人物が喋っていないけど、反応や表情
一見無関係に思える情景を差し込んで現してみるとか

530 :522:2009/08/13(木) 16:20:53 ID:JTn4z1NC
>>528-529
丁寧な補足、ありがとうございます。
冒頭の説明は、記録映像を交えるなどして
工夫を行っていきたいです。

その最後のシーンは、自分もかなり悩んで書いたところです。
結局時間の問題から、直接的な表現に逃げてしまいました。
指摘されてみて、改めて安易な書き方をしてしまったと、反省してます。
帰ったらゆっくり時間を取って、キャラの声をしっかりと聞き取るようにしたいです。

531 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 00:13:06 ID:Wgy8EYCf
>>515
評価シート
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2575.txt
全文をわかりやすくかつシンプルに書きなおしてから自分で見なおしてみて欲しい。

532 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 00:27:36 ID:VmkGRfqA
>>382
まだ筆者が見てるか分からないが、俺は良いと思った。
ただ、これに説明などをしっかり加えて大きくふくらませようとすると、今の良さは失われるかもしれない。
中編以上の物語の中で一要素として組み込む程度なら面白いと思う。

533 :前スレ620:2009/08/14(金) 01:53:47 ID:QtnshbAW
>>522

 前に晒したバージョンも読んでいたので、興味深く読ませて頂きました。
 導入詐欺になっている件に関しては、以前に指摘させて頂いたとおりですので
特には何も書きませんが、やっぱり納得はいきません。

 さて、最初に全体的な感想から。よくできていない部活物だと感じました。
 まず、短い間に出るキャラの数が多すぎます。

 なんで、整備班長と副部長を出す必要があるのでしょう、
 一番機の機士と技士および整備班をを出した意味がわかりません。
 一年の整備員が第一章から登場した意味は?

 部活の雰囲気を出したかった? わかります。

 でも、キャラの数が出すぎです。もう、記憶できません。
 理想を言えば、先生と野中と上杉だけ出していればよかったと思います。
 はっきり言いますと、この展開なら、芝原すらいりません。

 整備担当者はすべてモブにして、演出せず、野中と上杉が練習用機体で
模擬戦やって、野中の野獣めいた動きに惚れ込んだ上杉が野中に、
「惚れた! 機士になります!」で十分っす。
 まぁ、上杉がガチ百合で、引いたとかいうのはおいておくとして。

 これはお話的には芝原が天才技士ということでいいんですかね。
それなら、やる気のない芝原を上杉がむりやり引っ張り込むべきでしょう。

 機体の説明はこの第一章のあとで十分です。
 ぞれじゃあ、がんばって完成させてください。


534 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 01:56:31 ID:Wgy8EYCf
>>522
なんでもと書いてあったので勝手に評価シート
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2576.txt

前も思ったけど文章が読みやすくていい。
変に強調しなくても、情報の出し方を変えるだけで印象が大分変わると思う。
伏線の張り方は若干下手なんだろうなと読んでいて感じた。
続き読みたいけど有望そうだし頑張ってください。

535 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 06:01:23 ID:hMhkQP5j
>>515
冒頭でダメ
話も説明がひどくて読んでいられない
電撃は純文学染みただけなのはダメって宣言してるのによく送ったね

自分でもくそつまらんところがあるものを他人に読ませないでくれ

536 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 06:01:54 ID:eXGiVhR6
>>532
ありがとうございます

537 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 06:15:49 ID:hMhkQP5j
>>522
序や騎士道部の設定はどうでもいい
もっとましな場面をつくって欲しい
上杉の僕っ子設定話もそんなのはあとでいいと思う

筋がひとつくらいしか展開しないのに長編やるとか無謀すぎる

538 :522:2009/08/14(金) 06:54:45 ID:0Ao31AjT
ゆりかもめにゆられつつ
>>533
ぶっちゃけると、冒頭詐欺っていうより、本編詐欺かも・・・?
ネタバレをすれば、既に片方は登場済みかも
キャラが多いのは、世界観を広く見せたかったことと普通の部活ものの
構成は考えてみたのですが、どうしても「努力してない素人」が
活躍する話がやりたくなかったので、こんなガタガタした
構成になってしまった感じです・・・・・・我を通せるほどの力が自分にあるかは不安ですが
>>534
これはわざわざ、ありがとうございます
シートはきちんと書き切ってからお願いしようと
思っていたのですが、やはり正直嬉しいです
文章も、晒し始めた頃に比べて、大分マシになったと自負してたので
そういって頂けて、かなり自信が出ました。ありがとうございます
自分はスロースターターなタイプなので、この段階で
評価が薄いのは、あるていど仕方ないかと思ってますが
出来る限りの努力はしていきたいです
あと冒頭は中学、本編は高校が舞台なのですが
描写が伝わりにくかったようで・・・少し、改訂してみます
>>537
元々、人を選ぶ内容のはなしだな。と
自分でも思ってるので・・・心には留めておきたい感想っす

539 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 11:01:52 ID:S12+Fiz4
議論スレ781です。
自己満足自己陶酔全開ですがお願いします。
短編なのであっさり読めると思います。
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2577.txt
【ジャンル】妖精ギャグコメディ+ある意味、壮大なファンタジー
【タイトル】気のきかない妖精
【評価基準】
エロ(ちょいエロ程度)注意

:この文章をラノベと言っていいかどうか
:最後まで読めるか
:面白いかどうか
勢い任せで突っ走ったので、誤字脱字あるかもしれません。
後半失速して同じ表現を繰り返してますが狙ってやってます。
短編として投稿を目指しています。狙いどころの賞があるなら
アドバイスいただければ嬉しいです。



540 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 11:40:35 ID:7+6h4UpV
>>539
セリフのカギ括弧の前後のスペースは何でしょうか。エディタからtxtにコピーする際に
ついちゃったのかな?応募原稿にはこういうものは必要ありません

・突然出てきた小人を即妖精と判断できることに違和感
 羽根がはえているとかの描写も無いし、文中では猫耳チャイナの小人ですよね。
 自分が妖精であると自称するのは話の随分後の方ですし。
 妖精っていう言葉の一般的(さらに言うと漫画・アニメ的)なイメージに頼りすぎで
 文中で「妖精であること」の描写が全くありません。「超能力を使える小人」で置換できちゃいます。
・謎口調の必要性を感じられない。もしこの路線で行くなら、せめて熱いときは「あぢー」ではなく
 「アイヤー」のがいいかも。
・アイスに妖精が入っていた経緯は?
 それに加えて妖精が存在すること・妖精に願いを叶えてもらうことに対し主人公が疑問に思わなさすぎ
・春樹節を使っているのはわざとでしょうか?あまり面白くないです。
・出版業界のことについて、外側からの知識だけで書いちゃってる印象。
 自分も外側の人間なのでどこをどうすればいいと助言はできませんが。15万部で画集出せるのかな

文章面では、「完全に独りよがりになっている」という印象です。自分一人で分かっちゃってて、
それがアウトプットに繋がっておらず描写が圧倒的に足りない。
5W1H=「誰が」「何を」「いつ」「どこで」「何故」「どうやって」をもっと意識しながら、
「耳の遠いお婆ちゃんや、物に対する予備知識の全く無い子供に話して聞かせるように」
もっと丁寧に描写していく努力をした方がいいと思います。

あと評価基準に則って
:ラノベは何でもありなのでラノベと言ってもいいとは思いますが、確実に出版レベルのものでは無い
:読みましたが何度か投げたくなりました。ストーリー展開で「おお!」と思えることも無し。
:面白くない

>165と同じ人ではないのかな?お色気と思しきシーンで、肝心のお色気の描写無しで主人公が
興奮してるだけってのは読者にとってはちっとも萌えないし面白く無いです。

541 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 13:08:43 ID:uBIDhLlO
>>539
すごい構成とロジックがしっかりしてるのですが、ひょっとして業界の人ですか?
読者の想像力を刺激するスタンスは個人的に大変好みです。
伏線のないオチがいまいちでしたが、全般に面白く読めました。

唯一、気になったのは「生のハダカを見せる約束」が最後まで放置されている点です。
こうした物語のカギとなる重要な約束がうやむやにされてしまうと、読者としては大いに
落胆させらるだけでなく、何か裏切りにでもあったようで怒りすら覚えてしまうものです。
また、そうした重大な反故の発覚を「やれやれ」で済ませてしまう主人公の態度は
(設定上の年齢と職業と童貞にしては)いささか不自然な気がしてなりません。
いち読者としては、あの場面で失速するのではなく一気に火がついて欲しかった、です。以上。

ところで「手ブラ」「手パン」て……カメラ用語?

542 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 13:37:33 ID:4OHSSXCq
>>539
・まあ、ラノベでしょう。若干、80年代スラップスティックSF臭もあるけど
・短いからというのもあるが、最後まで読める
・微笑ましくはあるが、面白いとは言いがたい

何もかも「ありき」で進んでいくところがどうかなと思った
例えば冒頭のシーン
アイスの中に「小人さん」が埋まってる
普通は、人形か何かだと思うはず
よく見ると動いてる→「は……早く助けるアル」
し、シャーベット!? じゃなくて、しゃべった!?
なくても別にいいけど、ここでスベっとくの意外に大事だと思うのね。
シュールギャグの世界を印象付けるという意味で
それから、妖精だと証明しろみたいなやりとりは必須だと思うんだよね
そして、このネット全盛時代にハダカ?
動機付けが弱いよ
例えばさ、主人公が憧れてるんだけど、全然相手にしてもらえなそうな子がいるとかさ、
そういう、馬鹿馬鹿しいけど切実な話でもあれば別だろうけど
ちなみに、こうすると、アイスに妖精が入ってた理由を後付けできる
実は、相手の女の子も主人公のことが好きで、流行ってたおまじないを使ったとかね
妖精ありき、ハダカありき、手紙ありきで一直線に話が進んでいくから、
ぶれなくて読みやすいんだけど、それだけの話になってしまってると思った

543 :549:2009/08/14(金) 16:19:37 ID:gx2xQkEs
549です

>>540-542
ご意見ご感想ありがとうございます。
展開を思いついてから、投稿する為に完成させる。というより
このスレに晒すのが目的になってしまったようで、「このくらいで分かるだろう」と
いう意識が先行してしまいました。
愛着のある展開なので、この短編をベースにして、いただいた意見、指摘を参考に
あらためて、作り直していきたいと思います。

>>540
>春樹節を使っているのはわざとでしょうか?あまり面白くないです。
すいませんわざとです。独りよがりですが、楽しかったのです。
「やれやれ、僕は〜」が好きなのです。いまは反省しております。

>文章面では、「完全に独りよがりになっている」という印象です。自分一人で分かっちゃってて、
>それがアウトプットに繋がっておらず描写が圧倒的に足りない。
自分の弱点、問題点だと認識してます。描写のバランスをとるのが難しいというか
分かってないというか。今後の課題にしたいと思います。
 
>165と同じ人ではないのかな?
165とは違う人です。

>>541

>ひょっとして業界の人ですか?
たんなる志望者です。

>また、そうした重大な反故の発覚を「やれやれ」で済ませてしまう主人公の態度は
期待に添えなくて大変申し訳ありません。
「やれやれ、僕は〜」が好きなのです。いまは反省しております。

>ところで「手ブラ」「手パン」て……カメラ用語?
片手(腕)で胸を隠す(手ブラジャー:手ブラ)
もう片方の手(手のひら)で股間を隠す(手パンツ:手パン)
少女は恥らいながら、胸から手をよせ、淡く茂っ…… 
を想像してもらえれば。今は反省しております。

>>542
>若干、80年代スラップスティックSF臭もあるけど
筒井康隆筆頭に、個人的にドタバタ展開の短編が好きなので
影響されていると思います。

> よく見ると動いてる→「は……早く助けるアル」
>し、シャーベット!? じゃなくて、しゃべった!?
使っていいですか?

>妖精ありき、ハダカありき、手紙ありきで一直線に話が進んでいくから、
>ぶれなくて読みやすいんだけど、それだけの話になってしまってると思った
540宛にも書いてますが、描写、設定のバランス感覚ですかね。
難しいところです。精進します。


評価ありがとうございました。




544 :539:2009/08/14(金) 16:24:54 ID:gx2xQkEs
>>539です
すいません
>>543
の549は539の間違いでした。申し訳ない。

545 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 18:09:34 ID:mI1WQPx6
>>522
いい意味でも悪い意味でも気になるものを持ってるな
取り合えず入れとけ感のあるものは、数行程度ですっぱりと省いてテンポを良くして
自分の確固たるテーマを、薄っすらと、しかし全編通して打ち出して欲しい

この調子でいくと、きっと行数だけ使って話が進まないぞ
それは勿体無さ過ぎる

ちなみに俺が思った取り合えずいれとけ感は「部活」的な描写
個人的には、部活は部活なんだよな
命とってやり合っている感のある冒頭と、部活のイメージはかけ離れすぎている
いっそ長所を活かす為に、プロット以前の背景的な部分を練り直してみてはどうか


546 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 19:58:59 ID:LAJUWD4t
jpgで、すいませんが、これはどうでしょうか?
センスあると思います。
自信あります。
よろしくおねがいします。

http://image.blog.livedoor.jp/blv42/imgs/8/b/8bed4c1c.jpg


547 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 20:12:50 ID:nubdjc4T
そうなるとゴモラのほうの居場所が気になるな……

548 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 20:20:54 ID:mI1WQPx6
赤字担任か
確かにセンスありすぎる

549 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 20:33:54 ID:WIS0p0kM
>>546
お前、センスがあり過ぎ。
今すぐ、電撃大賞に投稿したほうが良い。

550 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 20:59:32 ID:Dn2At0nz
>546
ワロタ
投稿すればたぶん賞もらえるだろう。

二作目が心配だがw

551 :この名無しがすごい!:2009/08/14(金) 22:17:31 ID:BtyVE1L0
>>539
ラノベっちゅうかショートショートって感じね。
ショートショートでかつこういったノリなら
いきなり前置きなく妖精だと主人公が認識できるのもアリだと思う。
苦もなく最後まで読めました。
どっかの賞に出すんじゃなくてここに晒すためにチャチャっと書いてこんななら
いい感じじゃないでしょうかね。

552 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 00:00:50 ID:TbdZXmKh
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2579.txt
【ジャンル】現代の伝奇(?)
【タイトル】 殺人鬼と悪魔な母親
【評価基準】 初めて書く長編の第一章で、拙いところばかりだと思います。
最後まで読むのが苦痛ではないか、続きを読みたいと思うか。 また文章として破綻がないか、
読みにくくないか、キャラ立てはハッキリしているかなどを初めとして、お気づきの点
など遠慮なくお願いします。
 
【改稿】可



553 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 00:45:41 ID:Yw0C8BbT
>>552
出だしにポエムは不要です。読むのに努力が必要です。続きを読みたいとは思いません
文章もキャラも描写が足りません。他人が読むということをもっと意識した方がいいと思います

異常や超常は「そうでない普通」や「日常」がなくては機能しません
そこが足りないどころか丸ごと欠けています。これで分かってくれというのは無理でしょう

554 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 00:48:47 ID:7+GVJHAi
>>546
いい先生だな

555 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 01:37:39 ID:QnIoxGrR
>>552

 う〜〜ん、う〜〜ん。
 これだけ晒されても、どうにも、こうにも。

>最後まで読むのが苦痛ではないか、続きを読みたいと思うか。
> また文章として破綻がないか、
>読みにくくないか、キャラ立てはハッキリしているかなどを初めとして、
>お気づきの点など遠慮なくお願いします。

 短いからなんとかなりましたが、最後まで読むのはつらかったです。
 このままなら続きは読めません。
 文章は破綻していませんが、物語は破綻しています。
 感情移入する対象が見あたらないので、読みにくいです。
 キャラ立てはされていません。どんなキャラなのかもわかりません。
 
 キャラ立て以前の問題がいくつもあるんですよね。
 まず、外見描写が一切ないのは何か理由があるんでしょうか?
 出版された暁には、挿絵がつくから大丈夫なんですかね?
 もしかして、ビジュアルノベル系の二次創作とかやってました?

 また、孤児院って言葉使えないの知ってました?
 これは言葉狩りとかそういうものじゃなくて、児童福祉法によって「養護施設」
と改称されたからなんですよ。改称されたのは60年以上前の1948年のことなんで、
現代の日本には孤児院ってないんですよね。
 ちなみに10年くらい前にさらに「児童養護施設」と改称されています。
 あと、日本の場合、孤児より育児放棄やさまざまな事情で育てられなくなる
ケースの方が多いので、施設内の状況ともあっていないようです。

 ここまでくると孤児院って言葉を使う方が不勉強って感じですよね。

 さて、この物語は何をしたいんでしょう?
 何を表現したいんです?

 呼吸するように人を殺す殺人鬼を描きたいんですか? にしては殺人シーンが
描写不足ですよね。


 そうだなぁ、さしあたって西尾維新の「戯言シリーズ」のスピンオフである
「零崎シリーズ」でも読んで見てはどうですかね?
 あ、片山憲太郎の「紅」でもいいかな?


556 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 03:03:48 ID:jL7gpl88
>>552
ざっと読んでみたので感想を。

正直、何が何だか分からなかった。理由は構成が破綻してるから。
何をどういう順番で書けば読者に話が伝わるか、ちゃんと考えてる?
思いついたシーンをただ並べただけじゃ物語にはならないよ。
初めての長編ってことだけど、ちゃんとプロットは作った?
作ってるなら見直す。作ってないなら書くのはいったん止めて作る。
文章がどうとかキャラ立てがどうとか、そういうのはその後で。

つっつても、具体的にじゃあどうすりゃいいんだよって言われるかもしれないから、
たちまち直すべきと思うところを挙げとく。

一つ、人称。
今回の場合、書き手の自己満足以外に主人公のパートだけ一人称にする必然性が見当たらない。
このまま複数の視点で話を進めたいなら三人称で統一する。
一人称部分にこだわりたいなら、三人称部分との比重差を考える。

二つ、焦点。
分量の割にシーンの数が多くて散漫になってるから整理する。
物語全体を通して何を書きたいのか、そのために本当に必要なシーンは何なのかを考えて、
そこを重点的に書く。
必要ないと判断したシーンは書かない勇気も必要。

とりあえず、この二点に気をつけて練り直して欲しい。

いろいろきついこと書いたけど、最初はうまく書けなくて当然。
めげずに頑張って下さい。


557 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 03:44:05 ID:cozwsMXT
>>539
:この文章をラノベと言っていいかどうか
ギリギリラノベだと思う
:最後まで読めるか
読めた
:面白いかどうか
面白くはない

ここからけっこう筋をひねらないと受賞系は難しい
筋を進める力があるからもっと考えてつくらないのはもったいない

558 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 04:20:13 ID:cozwsMXT
>>552
最後まで読んだけど
こんな物どうするつもりだろ
詩的表現以外の文章はまあこなれたような感じだけど
話は落第ラノベでこんな話作っちゃダメ

叙述がどうもなって思って筋を心配してたらやっぱりおかしくなった
視点が変わったところで危うかったけど母親になってからは最悪だった

559 :552:2009/08/15(土) 10:33:30 ID:d98Wx/Jz
≫553-558
率直な厳しい感想本当にありがとうございます。おかげさまでかなりマズイ点が
ハッキリしました。もう一度練り直してみたいと思います。
≫553
今まで超常の物語などを読みまくっていたせいか、確かに日常の描写をかなり
疎かにしていました。全員が超常者なら話が分からないのは必然でしたね。

≫554
キャラが読みにくいのはやはりそうか、と思いました。多く出し過ぎたのに、
全員が薄っぺらいみたいなのは気になっていました。ご指摘ありがとうございます。
「孤児院」というのは一応後の伏線ですが、確かにここで出すのは不適切でしたね。

≫555
人称に関しての鋭い指摘、ありがとうございます。主人公の一人称は崩せないので、
ので、比重をもっと学びたいと思います。

≫556
話は・・・・・・まるでラノベっぽくないですね。叙述の破綻は本当に申し訳なく思います。
まずは一から勉強してプロットを見直したいと思います。

こんな拙い話を読んでいただいてありがとうございました。


560 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 10:41:39 ID:0R65Kobc
>>559
俺が初めて長編を書いたときは書ききれなかった。何事も終わらせることが大事だ。
その点において、きっとこのまま書き続けてたら上手くなるよ。がんばれ

561 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 11:47:53 ID:eFQw7y8l
>>559
・読ませる目的で書いた方がいい。読者の視点から書くと、漢字を使うリスクとかよく分かるよ。

・読みやすい文章を意識して欲しい。例えば
「僕は頑張って走った」
「頑張って僕は走った」
はどちらでもいいように見えるけど、強調してるところが違う。僕が走ったところを強調か、頑張って走ったところを強調かの違いな。
不自然なところを強調してる時があるから気をつけてね。

562 :539:2009/08/15(土) 14:01:59 ID:w9TOP5uW
>>551
>>557
感想ありがとうございます。
エピソード、展開を再度練り直して、賞に応募できるレベルに
なるよう完成を目指したいと思います。
ありがとうございました。

563 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 14:38:31 ID:1flVdxoF
俺の未練の原因となってる作品を晒してみたいが、
勇気が出ない(改稿したら受賞も狙えるんじゃという未練のせい)。
けど、晒してみれば何となく未練は断ち切れそうな気も……。
色々見て勇気出たら晒すかもしれないので、その時はよろしくお願いします。

564 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 15:47:38 ID:TpyQGWQC
どうせ晒さんだろ

565 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 16:14:11 ID:1flVdxoF
>>564
意図か偶然かはともかく、その言葉で晒す勇気が出たよ。ありがと。
晒し用の適当なタイトル思いついたら晒します。


566 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 16:25:20 ID:e3a7eJCw
タイトルは感想の対象に入らないと思っているのか
タイトル温存しておけば、改稿後に送っても後腐れないと思っているのか

567 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 16:42:49 ID:1flVdxoF
>>566
テンプレをみたら晒し用にとあったので変えなきゃだめなのかと。
ただ、スレをざっと見るとそうでもないようなので、
そのままのタイトルでうpすることにします。

568 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 16:47:35 ID:e3a7eJCw
未練断ち切り用なら気にしなくていんじゃないか?
違ったら俺の完全勘違いなので、先に謝らせてつかーさい

569 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 16:54:37 ID:0R65Kobc
wktk

570 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 17:12:11 ID:1flVdxoF
できました。
うp慣れしてないので読みにくいかもですが、よろしくお願いします。
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2583.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】五、一。蒼緑
【評価基準】
・読み切りの短編小説として成り立っているか
・王道ファンタジーとして面白いか
・駄目な所、致命的な欠点などの指摘
・この世界観とキャラで長編になったら面白そうか
特に評価して欲しいのは上の四点ですが、基本的に何でもありです。
電撃大賞の短編に応募、改稿後に再度応募しましたが、どちらも一次落ち。
元々は長編にする予定でしたが、間に合わなくて短編に作り変えました。
とはいえ、長編の第一章としてではなく、ちゃんとした短編として書いたつもりです。
うpしたのは改稿後のものですが、改稿前との違いは、
設定の変更とそれに伴うタイトル変更、誤字脱字修正のみでストーリーは変化なしです。
【改稿】不可

571 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 17:24:34 ID:/z6wWb2P
>>570
分かってると思うけど、ここで晒しても賞には応募できるし、受賞した人もいる(らしい)よ
最近だとこの前のMFに応募した人が三次選考まで残ってたな

572 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 20:16:31 ID:bsW7uDvS
>>570
「さて、家に入る前に〜〜〜」まで読んで降参。粗が多すぎる。

・読み切りの短編小説として成り立っているか
・王道ファンタジーとして面白いか
・この世界観とキャラで長編になったら面白そうか
 これを書けるほど読めなかった。

・駄目な所、致命的な欠点などの指摘
 大量。

・斧を得物とするものが七人、剣を得物とするものが二人
 斧ってそんなに軽い物じゃないぞ。弓、剣、鎧なしで、さらに訓練してる主人公なら逃げ切れると考えるぞ。
・『結束が固い』のに『元々陣形など皆無の単純な物量包囲』
 普通結束が固いなら少しは連携するんじゃね? しかも斧持ちならよけいに連携しないと追い詰めれない。
・『何度も阻んだ』
 何度も邪魔してて、しかも家には守る人がいるのにほとぼり冷める場所を確保してないってどんだけだよw
・『策略でどうにかすれば』
 高潔な話し方の癖にアレを『策略』はないだろ。内容知って一気に主人公が嫌いになったぞw
・「だが、命を助けるわけにはいかないぞ」
 山賊なのにとても丁寧な話し方だ。ついでに首領の描写がなく姿形がイメージできない。
・「――円陣術。〜〜〜〜でしょうか」
 邪魔。話の腰を折ってる。山賊がいなくなってから主人公が聞けばいい話。
・『数は山賊全員を倒しても余るほどに多い』
 そんな適当な位置に、無差別にしか陣だせないのか? 描写見る限り円の中にいないと効力ないらしいし。
 しかも公爵家の子息が知らないような魔法を、威力も知らない山賊たちが怖がるか?
 首領がおびえるのも誰か一人くらってるならまだしも、荒くれ者の癖に素直すぎる。
・「お前ら、退くぞ。アルスト、命拾いしたな」
 獲物を逃したのになんで悔しそうじゃないんだ?
・「〜〜〜一部の者しか知らないはずだが〜〜」
 なら気軽に認めるなよ……。
・彼女に対する警戒心はいつの間にか薄れていた。
 理由なく薄めるなよ。テンプレで悪いが、木の根につまづいて転ぶ、とか何かあるだろ。

言っちゃあ悪いが一次落ちは当然だと思う。

573 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 20:54:50 ID:jL7gpl88
>>570
・読み切りの短編小説として成り立っているか
成り立ってるとは言えない。
読者を驚かせるようなギミックがあるわけでも、独特の雰囲気があるわけでもなく、
何を読ませたかったのか最後まで分からなかった。

・王道ファンタジーとして面白いか
面白くない。
いつヤマがくるんだろうと思ってたら終わっちゃったっていう。
オチもないし、ストーリーに起伏がなさすぎる。

・駄目な所、致命的な欠点など
致命的な破綻はないけど、
文章は硬いし、ストリーは平坦だし、設定は薄いし、キャラは機械的だしで、
プラス要素がない。
そこが致命的と言えば致命的。

・この世界観とキャラで長編を作ったら面白そうか。
そもそも世界観っていうほどのものは読んでて伝わってこなかった。
完全に描写不足。
キャラもその世界を一人の人間として生きてる感じがしない。
何か決められた台詞と行動を機械的になぞってるだけというか。
これも描写不足が原因。

最初のところでも書いたけど、結局何を読ませたかったのか分からないのが最大の問題。
キャラか、設定か、それともストーリーか。焦点が曖昧で全体的にピンボケ状態。
ただでさえ短編は限られた分量の中でやりくりしなきゃいけないんだから、
プロットの段階でそこのところを明確化しておく必要がある。
これは長編にも当てはまることだから、短編として改稿を続けるにせよ、長編に改変するにせよ、
あるいは別の作品に取りかかるにせよ、もう少しそのへんを意識した方がいいと思う。

574 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 21:24:28 ID:1zdV3p8R
>>570
中世ファンタジーものに多少興味があるので、一応全部読みました。
一読した感想は、現代まで脈々と受け継がれる公爵家の誇り高さとその弓術よりも
現代まで脈々と受け継がれる山賊たちの精神構造とその生態に興味がわきました。

冗談はさておき、結局リンシェント弓術とは何だったんでしょう? 接近戦にも対応した
弓術と書いていましたが、さして接近戦でも活躍してなかったような・・・?

・読み切り短編小説として成り立っているか
 起承転結はあるので、成り立っているのではないかと。ただ矛盾点が多々あるので、
 読み切る前に投げ出してしまいそうな気がします。
・王道ファンタジーとして面白いか
 王道ファンタジーがどういうものか即座に思いつきませんが、作品としての魅力は
 ありませんでした。
・駄目な所、致命的な欠点などの指摘
 もう少し丁寧に書いてみてはどうでしょうか? 一番精神的ダメージがでかかったのは
> そんなこと言って、実は観光がしたいだけじゃないのか。そうアルストは思ったが、も
>ちろん口には出さない。
>「アルスお兄ちゃんもいいよね?」
>「ああ、構わない。だが、目的は観光じゃないということを忘れずにな」
口に出しとるやんけ! っていう箇所でした。以降、流し読みに近くなりました。
・この世界観とキャラで長編になったら面白そうか
わたしがこの作品の世界観を端的に表しているなと思ったのは、
>「――円陣術。そう呼ばれている術です。基本魔法から派生した術の一種ですね。
>この術の特徴をあげるなら、集団を蹴散らすのに特化した術といったところでしょうか」
のくだりです。なるほどHPの低い雑魚を一掃する、ヒャドよりもイオ寄りの魔法ね、と。
全体的にゲームのRPGから設定を借りてきたような雰囲気ですから、このまま長編に
なってもわたしは読みません。キャラについても特に目を惹くものはなかったです。

と、書きましたがわたしもなかなか他人に面白いと言ってもらえるようなお話は書けないで
います。お互いがんばりましょう。

575 :570:2009/08/15(土) 21:38:27 ID:1flVdxoF
>>572
感想ありがとうございます。
序盤にここまでの粗が……。
山賊の件は円陣術を見せるのがメインで(以降ほとんど使わないため)、
ちょっと無理やりかなとも思っていましたが、まあいいかと疎かにしていたようです。
いくつか補足すると(答えてないのものは補足のしようもないくらい指摘通りです)、
>そんな適当な位置に、無差別にしか陣だせないのか?
一応、全ての山賊の足元に陣を出した上で、
さらにたくさん……というつもりでしたが、描写不足でした。
>高潔な話し方の癖にアレを『策略』はないだろ。内容知って一気に主人公が嫌いになったぞw
アレは意図してやったのですが、嫌いになるということはどうやらやりすぎだったようです。
>山賊なのにとても丁寧な話し方だ。ついでに首領の描写がなく姿形がイメージできない。
描写がないのはその場しか登場しないので省いたのですが、少しは描写すべきでしたね。
話し方については半分趣味です(乱暴口調のキャラが苦手なので)。
理由もありますが、それを匂わせる程度の描写もあった方がよかったかもしれません。
>獲物を逃がしたのに〜
の部分についてもその理由によるものです。
>斧ってそんなに軽い物じゃないぞ。
補足とはちょっと違いますが、これは山賊=斧のイメージがあったせいです。
弓装備がいなかったのは言われてみると自分でも不思議です。弓もいるべきでしたね。

前に別作品の感想を頂いたのと合わせて気付きましたが、
どうやら私は見せ場があると、見せ場で一気に引き込むからと、
その前後の部分を疎かにしてしまう癖があるようです。
今後は気をつけなくてはなりませんね。

>>573
感想ありがとうございます。
ストーリーとしては盛り上がりに欠けるということですね。
最後の戦闘部分で盛り上げたつもりだったのですが、上手くいっていなかったようです。
別作品の感想でも同じことを言われましたし、
山場の盛り上げ方を練習した方がよさそうですね。
世界観やキャラについては本当に私の描写不足のせいです。
キャラに関しては昔書いた作品なので、今なら多分大丈夫だと思います。
実際に以降に書いた作品には描写不足という指摘はありませんでしたし。
世界観設定に関しては、濃くすると長編の第一章にしか思われないだろうと、
あえて描写を薄くしたのですが、薄くしすぎるのも問題でしたね。
このあたりのさじ加減は難しいところです。
結局何を読ませたかったのかわからない、というのは聞かれてみると、
王道ファンタジーです、の一言以外答えられない事に驚きました。
どうやらその部分に重点を置きすぎて、他の部分が抜けていたようです。
上に書いたのとは違いますが、これも癖みたいですね。
ジャンルを意識し過ぎて、肝心の作品そのものの売りを失念する……。
恥ずかしながら、今まで全然気付けませんでした。
ジャンルだけでは作品の売りにはならない(相当レベルが高ければ別でしょうが)、
ということを肝に銘じて今後の作品に役立てようと思います。

リロードしたらまた増えた……! 文字数オーバー確実なので、続きは次のレスで。

576 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 21:41:09 ID:+b0SCZsz
>>570
主人公が家に帰ってだべりはじめたとこまで読んだ。
なんてコメントしていいか分からんが、まあ頑張れ。
あと、読者は無駄な文章や設定を読まされるの嫌うものだ。
一度徹底的にファンタジーの贅肉をそぎ落とした状態で自分の
作品を見直してみると他の人コメントの意味が分かるかも。
たとえば、主人公を高校生にして、事件を他校の不良グループが
起こしたとかしてさ。で、電車でのこのこ現場に出かけていくの。

577 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 21:59:06 ID:aBnoMMdr
>>570
最初の方で力尽きた。
悪いがどこをどう改稿しても受賞は無理だろう。原型を止めないまで改稿したら一次くらいは突破できるかもねってレベル。少なくとも俺はそう感じる。

冒頭で主人公の自己完結+矛盾がちらりとのぞく、クドクドした文章を叩きつけられて、続きを読もうという奴は少ない。
例えば

>走りながら考える。どうやったらこの場を切り抜けられるか。ここの山賊は結束力が強
>いから、首領を倒しても部下は逃げない。多少は動揺すると思うが、元々陣形など皆無の
>単純な物量包囲。効果は薄いだろう。ならば全員倒そうか。いや、それでは矢の数が足り
>ない。もし矢があったとしても危険は高い。弓の腕に自信はあるが、過信してはいけない。

ここだけで何回、A→だからB→だからCってな流れを繰り返してるか数えてみるといい。
とっとと結論を言え。と読んでて思う。しかも短いぶつ切りの文章で連続してるからなおさら。
間に台詞挟むとか矢が飛んできてよける場面入れるとか、いくらでも工夫はできるだろうよ。プロの文章と比べてみ。

それに
>知っているだろう。俺には妹がいる。

知ってるんだったら二手に分かれて片方は妹を捜して人質にするとかするだろ、普通。あまり馬鹿な山賊でもないようだし。
全般的に言えることだが、流れが完全に作者の都合で動いている。ご都合主義とも言える。他に矛盾は山と出てきそうだが、上で言われてるので割愛。

上の原因のひとつとして、登場人物が動いているわけではなく、動かされているということがあげられる。プロット見てる感じ。小説ではない。
キャラづけが薄い、動機が見えない、心情が読めない、個性がない。人形じゃないんだからさ。何かひとつでも尖ったものを与えないと。



578 :570:2009/08/15(土) 22:24:36 ID:1flVdxoF
>>574
感想ありがとうございます。
円陣術については、非RPGなものから元をとっているので……描写不足のせいですね。
術の見せ方にはRPGや漫画の影響が強いと思うので、それもありそうです。
一度本格ファンタジーにおける、
魔法の描写というのを学んでおいた方が良さそうですね。
リンシェント弓術の剣的な扱いについては、最初のシーンで描いたつもりだったのですが、
直接剣で戦闘してないし、弓を剣として扱っているシーンもほとんどなかったですね。
弓(か剣)で接近戦を行うシーンも入れた方が良かったですね。
>口に出しとるやんけ! っていう箇所でした。以降、流し読みに近くなりました。
アルストの部分に関しては、アルストはそういう抜けたキャラなんです、
の一言に尽きるのですが(572さんの指摘にあった『ほとぼり冷める場所を確保』していないのもそのせい)、
その辺の描写不足(というより描写の仕方の問題?)も含め、
他にも疎かになっている部分がありそうなので気をつけます。

>>576
感想ありがとうございます。
ざっとファンタジーの贅肉を削ぎ落としてストーリーを追ってみました。
そうですね、自分でもこれは面白くないなあという結論に達しました。
ファンタジーを考えすぎて他の部分が疎かになっていたようです。
応募用のあらすじを書いたとき、あまり面白そうに感じなかったのは、
あらすじ書くのが下手なんじゃなくてストーリー自体に原因があったみたいです。

>>577
感想ありがとうございます。
王道だからある程度のご都合主義はあってもいいと踏んでいましたが、やりすぎていたようですね。
キャラについては人形として扱っているつもりは全くありません。
基本的にキャラは勝手に動くようになるまで考え抜いて、
作中でもよほどストーリーから外れない限りは動きたいままに動かせています。
この作品においては一キャラを除き(ミリィに関しては進行役的な扱いをしていました)、
別の国へ行く→敵倒す以外は動くままに書いていたのですが、
動かされているように感じたというなら、私の描写力不足のせいですね。
冒頭についても同じことが言えますし、描写力の向上をもっと頑張ろうと思います。
そうしないと、プロットも勿体無いし、キャラも可哀想ですから。

最後にもう一度、感想を書いてくださった皆様、ありがとうございました。
いくつか耳が痛い指摘もありましたが、
これなら二次はきついけど一次は余裕だろというのは完全な自惚れだったと理解しました。
ともかくこれで未練は断ち切れたので、今後は前向きに小説を書いていけそうです。
三度目になりますが、本当にありがとうございました。

579 :570:2009/08/15(土) 22:32:53 ID:1flVdxoF
連レスで申し訳ないですが、念のため、語弊がないように補足を。
別作品の感想というのはここ以外の場所で頂いたものです。

580 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:27:09 ID:FJxs/SOv
なんで誰もネーミングセンスを注意しないの?
アルストなんて語感悪い名前をつけるなよ
呼び方だってアルスお兄ちゃんじゃなくてアルお兄ちゃんだろうし
アルスじゃロトの紋章をイメージしてしまうぞ

581 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:42:54 ID:tcRpQzGu
ネーミングなんて編集の一声でなんとでもなる問題だから。
だけど構成や文体って、直せと言われてもなんともならんでしょ。

582 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:44:15 ID:/z6wWb2P
ネーミングは別に普通だと思う

583 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:45:09 ID:FJxs/SOv
>>581
失礼を承知で言うけど、こんな名前を無思慮につけられるとこに作者の問題があると思う
むしろ構成や文体だって気をつければなおせるよ
スレ違い失礼

584 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:46:35 ID:JiAP1eBS
別に気になら泣けどなぁ。アルストのどこが語感悪いの?kwsk

585 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:49:00 ID:e3a7eJCw
良い釣りだ

586 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:50:53 ID:FJxs/SOv
>>584
ここじゃスレチになるから議論スレに書く

587 :この名無しがすごい!:2009/08/15(土) 23:57:04 ID:aBnoMMdr
ネーミングはどうでもいいが一言だけいわせてくれ。

>>578
>アルストの部分に関しては、アルストはそういう抜けたキャラなんです、

抜けている、ではなく、考えがない、というように見える。財布忘れたとかならまだいいが、命に関わるようなのを忘れちゃ「抜けている」では済まないだろう。悪く言えば馬鹿だ。
読者視点で見てどう思われるか。不快感を抱かれないか。自分が日常で遭遇したらどう思うか。
とにかく客観的に見てみるといい。自分内で完結している部分が多く、こちらに伝わっていないように見える。
自分が分かっていることでも、読者は分かっていないかもしれないということを覚えておくといい。

588 :570:2009/08/16(日) 00:11:15 ID:Fd/tdZvc
>>587
ちょうどさっき読み返して、抜けているどころじゃなくて、
これは馬鹿なんじゃなかろうかと思っていたところです。
個人的趣味の問題で兄キャラにはプラス補正かけがちなので、
書くときはともかく、推敲するときには補正外して気をつけないといけませんね。

589 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 00:26:02 ID:YCUnm+ql
完成させてある物の一章目なのですが
知人にとにかく一章が文が硬い、重すぎると言われたので
アドバイスをお願いします

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2584.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】月と焔
【評価基準】
文が重苦しく思えるか
最後まで無理なく読めるか
ここから先を読みたくなるか
退屈に感じたのはどの部分か
【改稿】宜しくお願いします

590 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 00:38:57 ID:dpIW8D7T
>>589
1/3ほど目を通しての文章の第一印象

説明数行

「セリフ」
Aは○○した
「セリフ」
Bは○○した
「セリフ」
Aは○○した

説明数行

のパターンが多い。文章が硬いというか、箱庭に置いた人形やギミックを一つずつ
手で動かして、それをいちいち文章にしてるような感じで、滑らかに物事が進んでない。
周囲の移ろいが感じられないのかな。具体的な改善案はちょっと分からん

591 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 01:09:18 ID:0+nKndXM
侍テニスの人ですよ ノシ
富士見投下予定のやつ、晒します。
以前晒したの(ヒロイン的に大不評だったやつ)は電撃に、これは富士見にと思ってます。
まあどうせ一次落ちで時期的に重ならないだろうということで同じネタで。
導入第一章のみ。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2585.txt
【ジャンル】侍テニス
【タイトル】瓏ノ武士
【評価基準】
文体が固くて漢字が多いってのはもうわかりきってることなので、それ以外で・・・
って思ってたら、うpろだに評価シートなるものがあるじゃないですか。

面白そうなのでそれでお願いします。全文じゃないけど。

【改稿】不可

592 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 01:21:39 ID:kirM7ua/
>>589
まず、重いというか説明を詰め込みすぎ
キャラのやり取りも淡々としてるから、苦痛は倍増ですよ…
一文の印象は、述語を飾りすぎてる感じかな
部分的に使うのは効果的だけど、大部分はもっと簡単な言い方に置き換えた方が良いかと

ユウとフラムが互いを信頼していることを示す描写が重複しすぎてて退屈する
せめてそこを圧縮して、リファとフェレシーラをもっと早く出すべきだと思う

ここから先は…あまり読む気になれないなぁ
ユウかフラム、どちらか一方の味付けを感情移入させる方向に濃くしてくれないと
全てのキャラが遠い存在に感じられてしまうよ
てか主人公を明確に絞った方が良いんじゃないかな
何となくユウっぽいとは思うけど…

593 :589:2009/08/16(日) 01:32:38 ID:YCUnm+ql
>>590>>592
ご指摘ありがとうございます!

・箱庭に置いた人形やギミックを一つずつ手で動かして
・述語を飾りすぎてる
・互いを信頼していることを示す描写が重複しすぎてて退屈する〜

凄く分かり易い指摘でありがたいです
主人公はフラムなのですが、コンビ感を前に出そうとしすぎて失敗しているようですね
独りよがりにならないように、頑張ってみます

594 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 02:37:10 ID:R/taFPLH
>>590
全般に冗長ですが、文章はよく書けてると思います。
ですが、この章は第一章ではなく、冗長なプロローグにすぎません。
現状を桃太郎に例えると、お婆さんがさんざん苦労して川まで行って、
やっと洗濯をはじめようとして大きな桃を発見したところです。
ですので、現状の文章は終盤の一部を除いてほぼ全部が必要ありません。
もしなんらかの感想が必要でしたら、第二章をアップしないとまともなレスは
望めないでしょう。

595 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 02:39:48 ID:R/taFPLH
まちがえた。
>>594は、590じゃなくて>>589宛てです。

596 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 02:58:58 ID:YCUnm+ql
>>594
レスありがとうございます
三章の後半からまたこの場所で話を進めていくので
消化すべき伏線を各所に仕込んだこともあり、こんな代物になってしまいました

まずは二章のアップして感想を頂くよりも
贅肉を落とすつもりで一章に指摘を反映させようかと考え、ポチポチとやっております
勝手を言って申し訳ありません

それにしても、見返してみると「冒険そのものだった」の辺りでユウが前に来すぎていますね
思い切ってばっさりと変えてみて、フラムに焦点を当ててみたらスッキリとしました


597 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 03:00:52 ID:bXUkc56I
>>591
いいね
すごくおもしろい
冒頭のハッタリ満載の説明といい文章力といい設定といい全部いいです
詳しい感想はちゃんと呼んで評価シートにするけど、全部このクオリティならたぶん購入する

598 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 03:24:50 ID:NWSNZHkU
>>589

 堅いとかそれ以前に、“あなたの中”に映像的なイメージがしっかりとあるため、
キャラクターの動作を追うことに目を奪われすぎて、描写を忘れている。そんな
印象を受けました。
 シーンの描写でもそういったものがいくつかありますので、あなたが“あなた
の中”でイメージされている映像をそのカット割りで描写することにこだわりす
ぎてキャラクターの描写およびキャラクター行動の描写という映像のタイミング
を狂わせるものをうまく入れられていない点と考えます。
 絵コンテに付加されているト書きを読まされているような感じといえば伝わる
でしょうか?

●キャラクター描写の不足
 キャラクターの年齢、背丈、顔かたち、髪型、髪色、などの具体的な外見描写は
一切ないのに服装、キャラクターの動作はきっちり描写しています。
 これは、フェレシーラ、フラム、ユウとすべて同じなので、あなたの悪い癖なの
でしょう。

>>
女性が、無言を守る。
「ふふ。では、司祭長に尋ねようか」
 名を呼ばれたことへの反発を受け入れて、仮面の人物が言葉を続けた。
>>
 なんで、キャラクターの感情を地の文で解説してしまうんですか、もったいない。
 キャラクターの表情の描写や、台詞で説明しましょう。

●シーン描写
 シーンの視点が混在するために、混乱するシーンがいくつもあります。

>>改行位置調整しています。
 白壁で覆われた細い歩廊に、長靴《ちょうか》の刻む硬い音が響く。
飾り気のない木製の扉が、一度だけ打ち鳴らされた。
「なんの御用向きですか」
 書斎の椅子に腰を落としたままで、紫紺の長衣《ローブ》に身を包んだ
女性がその音に答えを返した。
「随分なご挨拶だね。フェレシーラ」
扉が押し開かれ、白地の法衣と仮面とでその身を包んだ人物が部屋の中
へと踏み入ってきた。
>>

 文章を読む限りでは、最初の6行目まで仮面の男の視点で描写されています。
7行目からフェレシーラの視点に描写が移ります。ですが、あなたは“あなたの中”
のカット割りを意識しているために、3行目から5行目までをフェレシーラの視点で
描写しているのです。6行目で仮面の男に一瞬だけ視点が戻り、7行目で再びフェ
レシーラに視点は移ります。細かすぎて混乱します。特にイメージと文章で扉の
開かれたタイミングが異なってしまい、わけわかんなくなりました。

 プロローグばかり書いていますが、以降も、こんな感じです。いちいち、キャラク
ターの行動とその結果の間に、必要性の感じられないモノローグや設定解説が
行なわれてしまい、文章を非常に読みにくくしています。
 たとえば、魔物という言葉の定義を入れて、フラムが取り出した木片が魔物の
動きを止めるという重要なシーン描写が行なわれず、あとで説明されるという理由
がわかりません。しかも、動きを止めただけじゃなくて壁をつくったことが説明される
のが、さらにその後、17行も後、42文字改行ですから1ページも後ですよ!! 
もう勘弁してください。
 この後、壁が開かれたところも、描写は省略されていますし。いちいち、描写され
る部分とされない部分の軽重が異なるように感じるのです。これは俺とあなたの
センスの違いってことで処理してしまってもいいのかもしれません。
 ここまで書いておいて、こんな落ちですいません。


599 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 04:41:29 ID:YSysY1Fp
---ここから------------------------------------------------
【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2586.txt
【ジャンル】学園モノ+ライトSF
【タイトル】プラスチック製ショーケースの中の楽園
【評価基準】なんでも結構です。
      色々な意見是非よろしくお願いします。
      続きが気になるかどうか、について言及していただくととてもうれしいです。
【改稿】すいません、不可でお願いします。
---ここまで------------------------------------------------

まだ今年の選考は終わっていませんが、来年の電撃に投稿予定のものです。
アップしたのはプロローグも抜かした一章だけなので、続きが気になるかについてを中心に、
評価の程、是非よろしくお願いいたします。


600 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 05:32:09 ID:QMTWGErp
>>599
人称がふらついてるのはNGです。ぐらぐら不安定でそれだけで酔いそうな文章です
開いたほうがいい漢字や無駄に持って回った言い回しが多いです
雄吾のキャラ付けが駄目です。今の描写では妄想癖アリのストーカーと変わりません
澄香のキャラ付けが遅すぎます。哲学が好きということすら明言されるのは部室以降です

何か事件が起きている訳ではなく、キャラクターを追うことで話を進めているのですから
キャラクターの描写が薄いというのは致命的ではないでしょうか

601 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 07:42:52 ID:A8La86FV
>>599
ストーリーの全体像が見えないのでなんともいえないところはあるけど。
たとえば冒頭に神浦シーナが消える場面を持ってきて、そういえば日本語が不自由なのに成績が良すぎるとか、本をたくさん借りてるのはおかしいとか不思議な理由を並べて調べることにするだけでいいと思う。
つまり1ページか、せいぜい2ページにまとめて残りは全部捨ていいんじゃないかな? べつに目を引く場面もないし、読ませる文章というわけでもないし、おもしろい会話もないしね。

つまり、この状態では最初の数ページで飽きられると思う。
もちろんプロローグはカットしてあるとのことだから、そこで読者の興味を強くひくなにかがあるのかもしれないけどね。

602 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 09:02:37 ID:V46VrMlz
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2588.txt
【ジャンル】 政治と格闘
【タイトル】 ファイトガールズ
【評価基準】 文章としておかしい部分はないかどうか。
【改稿】可。



603 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 09:10:00 ID:a142moJ0
>>602
見れないんだが。俺だけ?

604 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 09:11:25 ID:vBPrZDeu
>>603
見れるよ。

605 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 09:19:12 ID:4MlXKiWn
>>602
文字のエンコード変えたら見れたよ。

606 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 09:32:57 ID:V46VrMlz
>>602 ですが、エンコードを変更しました。
これで、文字化けはなくなったと思います。

【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2590.txt
【ジャンル】 政治と格闘
【タイトル】 ファイトガールズ
【評価基準】
文章としておかしい部分はないかどうか。
少ないですがお願いします。
【改稿】可。

607 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:09:29 ID:V46VrMlz
>>606 の反応がないのはどういうことなのでしょうか。


608 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:10:58 ID:VivN0M0l
>>606
説明しかないんだが、コレは小説なのか?

609 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:16:46 ID:4AJ2A6Fl
>>606
文章はラノベとしてはちょっとくどいかな? という程度で問題は無し。
読めるし混乱はない。
ネタ的にもまあアリの範疇かと。
ただ2DPまるまる説明なんで、これでなにかを批評するのは無理じゃないかなあ?
説明はこれで終わりっぽいから、晒すならこの先の部分でないと。
「説明」と「小説」は別物だから、たぶん評価変わるよ?

610 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:17:09 ID:V46VrMlz
>>608
確かに、そうですね。
もう一つ晒しますので、もう一度お願いします。

【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2591.txt
【ジャンル】 格闘
【タイトル】 ブラジリアン柔術って何?
【評価基準】
文章としておかしい部分はないかどうか。
ヒロインに魅力はあるかないか。
ベタな表現はないか。
わかりにくくないか。
少ないですがお願いします。
【改稿】可。



611 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:19:35 ID:V46VrMlz
>>609
感想ありがとうございます。
小説を書くのが初めてだったので、
文法的に正しいかどうか知りたかったのです。
説明ばかりになっていたのに気づけて良かったです。


612 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:20:41 ID:oEDvnFEZ
な・つ・だねッ! ホントのな・つ・だねッ! そーわそわー♪

613 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:39:38 ID:4AJ2A6Fl
>>610
・文章としておかしい部分はないかどうか。
文章は問題なし。晒されているものの中では巧いほうかと。
ただ、会話文に地の文を続けるのはラノベ業界だと主流じゃないので、なんかしらのこだわりがないのであれば
改行した方がいいと思う。

・ヒロインに魅力はあるかないか。
いやまあ、これだけで判断するのはちょっと……。

・ベタな表現はないか。
ところどころ大げさすぎる比喩が空回り気味。
全体のテンションをもう少し上げるか、比喩表現を抑えるかした方がいいかと。

・わかりにくくないか
むっちゃわかりにくいです!
5W1Hのほぼすべてが説明されてない。
ここどこ?(想像は出来るけど) いつ? 彼らは誰? なぜ会話してるの? 外見は? 名前は?
シーンを切り替える前に、そのくらいは説明してくれないと困るよ。
プロローグとしてわざと曖昧にしてるわけじゃないよね、これ?

とにかく短すぎです。
これで判断できるのは、文章がおかしくないということだけ。
ヒロインの魅力とか、絶対無理だから。

614 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 11:49:35 ID:V46VrMlz
>>613
感想ありがとうございます。
会話文で改行するのは、知らなかったです。
比喩をもう少し表現したいと思います。
勉強になりました。


615 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:13:11 ID:idycX3RJ
>>610
ノリで書いてるっぽい所がラノベっぽくはある。
でも、そのノリが話の腰を折ってる。
ただでさえ、短い文章ノリで書いたら、結局、何が言いたくて、何が魅力なのかをボカしているだけに見える。
ちゃんと評価して欲しかったら、それなりに長い話しにしてください。

文章としておかしいか?  →普通におかしい。しかし、娯楽なら許容範囲ではある。
ヒロインの魅力       →ある訳がない。ギャップも何も無く、ただ「ウザイ」「熱中し易い」という特徴しか与えてないヒロインにどうやって魅力を感じれば良いのか。
ベタな表現はないか  →見た所無い気がします。
わかりにくくないか   →分かりやすさを売りにしている文章には見えません。分り易くしたければ、ノリで書かなければ良いです。むしろ、「四半世紀」「相対性理論」などという突飛な表現であえて分かり難くしている様な気がします。
                  故に分り易くしてしまったら、あまり魅力の無い文章になってしまうでしょう。

616 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:19:01 ID:qXJb5PPk
お前らコミケ行ったの?

617 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:19:59 ID:H+9pM0xZ
>>600>>601
感想ありがとうございました!
参考にさせて頂きます!

618 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:22:07 ID:Dw7tFws0
>>616
初日と2日目だけ行ってきた
まあ企業目当てだったけど

619 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:25:22 ID:V46VrMlz
>>615
感想ありがとうございます。

ラノベwannabe@ウィキに
>中高生にとって、サラサラと読みやすい文を書くことが前提ですよ。
>その上で、彼らに「俺はこんな難しい文を読んでるんだぜ!!」
>というある種のプライドを持たせていって下さいな。
と書いてあったので、
高校生でも分かる言葉で少し難しく書いたつもりなのですが。
確かに、"難しい" と "わかりにくい" は違いますね。



620 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:27:12 ID:lk9zOKcb
>>616ラッセル狙いだったんだが予想通り列やばかったw
ゆず欲しかったけど買えなかった
始発で行けば良かった

621 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:29:58 ID:V46VrMlz
>>615
文章がおかしいと言うことですが、文法的にという意味でしょうか?


622 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:39:04 ID:qXJb5PPk
ゆずは事前通販してたからそっちで買った
ラッセルはどんどんやばくなっていくな

ケロQブース行ったけどりこセット売り切れだった

623 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:50:39 ID:mS4U9MiR
コミケでけいおんセット買ってみたけど正直いらない……。

624 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:51:53 ID:idycX3RJ
>>621
相対性理論なんて言葉が日常で出てくるはずがないだろ。
用法だよ。用法。

まあ、そもそもだね、君に聞きたい。
君は何を伝えたくて物語を書いてるの?
こっちのほうがよっぽど重要だ。
正しい文法の文章を書きたくて書いてるの?

625 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:55:42 ID:gMJqIqc1
けいおんなんかいらないだろ。
昼前に行ったけどまだ残っててワロタ。
転売屋涙目だな。

626 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 13:57:12 ID:idycX3RJ
おいおい、雑談のスレなら別にあるだろ。何で、わざわざよりにもよってここでやるの?

627 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:00:26 ID:+8EmxvO8
>>619
>中高生にとって、サラサラと読みやすい文を書くことが前提ですよ。
>その上で、彼らに「俺はこんな難しい文を読んでるんだぜ!!」
>というある種のプライドを持たせていって下さいな。

↑こんなの真に受ける前に、「小説」を書けるようにしたほうがいいと思うよ。
他人の意見にのっかって悪いけど、>>613がすべてだと思うよ
現在の時点で、「小説」になってないよ

良い点は格闘技に詳しそうってとこかな

628 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:09:04 ID:V46VrMlz
>>627
感想ありがとうございます。
小説についてわからなかったので、ルールから覚えようと思ったんですが。
やはり、自分でノウハウを構築していった方がいいですね。



629 :589:2009/08/16(日) 14:09:57 ID:YCUnm+ql
>>598
ご指摘ありがとうございます

>キャラクター描写の不足
髪と瞳の色、体格の点は一気に説明せずに、人物が何かを行うときに記していた
つもりだったのですが
>キャラクターの行動とその結果の間に、必要性の感じられないモノローグや
>設定解説が行なわれてしまい、文章を非常に読みにくくしています
こういうやり方で、単に読めないものになっているみたいですね
髪型については、特徴のないものを考えていたので、それを差し込んでいこうと思います
容姿についても、同上です

シーン描写については、言葉の返しようもありません
三人称というものを、自分は勘違いしていたようですね
お恥ずかしい限りです
この点は、基礎から勉強をし直したいです

630 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:12:48 ID:a142moJ0
>>628
小説って独学で学ぶのは限界があるから『ライトノベル作法研究所』を尋ねてみたらどうだい?
凄い分かりやすく解説されてるから、きっと勉強になると思うよ。


631 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:13:36 ID:kA5vMvbt
コミケかー
遊びで行ったら人大杉
想像以上だった
特に買う物なかったからねんどろ霊夢だけ買った

632 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:14:38 ID:idycX3RJ
>>628
君、10代?中学生くらい?

君の場合、ノウハウやルールより、
純粋に、人はどうすれば面白いと思うかだけを考えておけば良いと思うよ。
少なくとも、ブラジリアン柔術を彼氏に掛けて、落とすだけの話を面白いと思う人間は滅多にいない。

633 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:33:45 ID:V46VrMlz
>>632
どこで出版されてる作家の方なんでしょうか?


634 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:39:11 ID:idycX3RJ
>>633
いや、偉そうな事言ってすいません。
もし、10代でも中学生でもなければ、謝ります。
僕は作家じゃありません。多分、貴方と同じ立場でしょう。

小説についてわからないとおっしゃっていますが、
それはどの程度なのでしょうか?

635 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:43:28 ID:SqQbOZ97
小説そのものに関して議論がしたいならば該当スレへお願いしますよ

636 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 14:47:54 ID:idycX3RJ
>>635
小説とは何か、という議論がしたいんじゃありませんよ。
あくまで、アドバイスの範疇です。
小説について分からない、と正直に告白なさったので、
どうアドバイスすれば良いかの参考になると思いまして。

(用事があるので、僕は落ちますが)

637 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 15:30:15 ID:oEDvnFEZ
夏が来る〜 きっと夏が来る〜

638 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 16:06:09 ID:9nU0YZPH
量あるから短く書くね
いろいろ聞きたいって方はあとでまた応対するね

>>570
短編として筋がダメ いいシーンもない

>>589
一章でこれなら全体読んでもつまらないだろうね

>>591
書き慣れてるだけ 導入ですらない

>>599
調べようとして消えただけじゃないか
序も重複してるだけ

>>606
つまらない

>>610
わりに書けるみたいだけど話がダメ

639 :この名無しがすごい!:2009/08/16(日) 16:31:18 ID:R/taFPLH
>>591
面白いです。
完成度も高いと思います。

気になったのは
大名行列と遭遇したときの描写が少ないので、行列の規模や人数がピンとこない。
いきなり無数の侍に囲まれているのではなく、よく見ると街道を埋めつくすほどの
侍が……などと、もう少し状況を俯瞰する描写があるとイメージしやすくなるかと。

街に買い物に出て大名行列に出会うのにその雰囲気があまり感じられません。
わずかでいいので江戸の街の描写が欲しいです。現状では無人の街のようです。

>「……苦しくない。面を上げよ」
→……構わん。とかでいいのでは?

奥座敷の広さや様子もいまいちピンときませんでした。
これも部屋を俯瞰する描写がほとんどないからだとと思います。たとえば、高峰がふすまを
開けるまでに部屋の中を移動する様子などがあるといいのかもしれません。

640 :591:2009/08/17(月) 00:14:04 ID:jHq63mTX
>>597
ありがとうございます。
まず無いと思いますが、お買い上げの折もし書店でお会いできることがあれば軽く抱擁させていただきます。

>>638
お目汚し申し訳ありませんでした。

>>639
ありがとうございます。
読みやすさを求めすぎて過剰ダイエット気味かなって気がしています。
応募までにもう一度、状況を思い浮かべながら読み直してみます。

641 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 00:51:33 ID:OUIKFcXG
>>599
>そして一週間と三日が過ぎて。
この文より前のエピソードは大部分が不要(無意味)です。
なぜなら、登場人物になんの変化も起きてないし、物語もまったく
進んでないからです。進展のないやり取りを何十ページも(10日分も)
書いてはいけません。読者は苦痛に感じ、逆効果になるだけです。
《あなたが一週間と三日分の記述を避けたのは、無意味だと気づいたからでしょう》
導入部では人物紹介よりも、物語を動かすことを優先すべきだと思います。
この文以降の場面から物語をはじめる方法を考えてみて下さい。
事件さえ起これば、人物の性格などは自然に表に出てくると思います。

642 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 02:10:31 ID:aroALML+
こんばんは。以前、二度に渡って酒好きの女の子のファンタジーを依頼したものです。
三度目になりますが、またご意見をいただきたくやってきました。
全編あげましたので非常に長くなっていますが、お時間があればお願いします。
あと、一部文字化けがあるかもしれません。

【アドレス】http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2592.txt
【ジャンル】ファンタジー
【タイトル】エルシル記
【評価基準】
・途中で読みやめた場合、その原因を教えて下さい
・構成について、起伏はしっかりしているか、また場面場面の文量は適切か
・描写の過多、もしくは少ない箇所の指摘
・率直に読みづらい箇所があるかどうか
・漢字の開きは適当か
【改稿】不可

なにやら評価シートなるものがあるようなので、そちらでまとめて下さっても構いません。
忌憚なきご意見をお待ちしてます。

643 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 04:27:11 ID:GSNrsWwx
29歳にもなってラノベを書いてみたいと思い立ちました。
いい歳して始めるのが遅かったため、また学生の頃から国語の成績が人並みに及ばないほど地力がなかったため、文章は中学生の日記レベルかもしれません。
こんな私ですが、スキルの向上のため、みなさんからご教示を仰ぎたいので、晒してみようと思っています。
明らかに地に足の着かない駄文です。うpしても問題ないでしょうか?

644 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 05:51:16 ID:3mqvjRcT
>>643
お願いします。その代わり心の準備はしといたほうがいいです

645 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 08:06:18 ID:OUIKFcXG
>>642
>渓谷に掛かる巨大な機工都市であるガルナックを出発してから三日。
朝起きて、ごはん食べて、職場に行って、それから三日後にでは、
いつまでたっても物語ははじまりません。これ冒険物ですよね?
仏の顔も三度までといいますが、三つも場面を経てまだ話が動かないようでは、
とても先を読み進める気になれません。(序を入れると四つです)
仮に四つ目で話が展開したとして、なら次の展開は八つ目までかかる
のでしょうか? そんな印象を持ったので、ここで読むのを止めました。
実際のところ、パン屋さんの話かと思って読んでました。

646 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 10:22:49 ID:3mqvjRcT
>>642
話の展開が遅い希ガス。剣士との戦闘のところで力尽きた。


647 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 15:58:43 ID:dB+CELwP
>>642
展開が遅い気がする
視点もちょっと変わりすぎかなあ。山場にくらべて谷間が多いってのも問題かも
文章は良いと思うよ。
どうでもいいけど再生の卵と大いなる糧食でDOD思い出した

648 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 16:20:27 ID:vim6TBbe
>>642
・途中で読みやめた場合、その原因を教えて下さい
序章でギブアップ。ある遺跡の中で、水槽がぼこぼこ沸いている。これだけの内容なら書かないほうがまし。
一章、朝起きてから始まるのはつまらん。物語の進め方が遅いし、始める位置がおかしい。
・構成について、起伏はしっかりしているか、また場面場面の文量は適切か
序章は必要ないと思う。続きを読みたい気持ちがそがれる。
・描写の過多、もしくは少ない箇所の指摘
最初からくどい。あたりまえのことを書きすぎ。文量を今の二割以上削れ。
一章の会話も削れ。それから朝起きて髪を整えて……なんて一々描写せんでよろしい
・率直に読みづらい箇所があるかどうか
序章。一章。おそらく全体的に読みにくいと思う。
・漢字の開きは適当か
適当。ちょうどいい。

一番読んでほしいところを最初の場面にもってこい。
文章自体は変ではないし、書きたいこともわかる。しかし、長々と誰もが時間をとって読みたいもんじゃない。
つかみが悪ければ続きは読んでもらえない。
すべて書き直してください。

649 :この名無しがすごい!:2009/08/17(月) 19:46:04 ID:Y+ThiIJO
>>591
評価シートつけようと思ったがファイル消えてるな
もういないか?

>>642
少し時間かかるから気長に待っててくれ>評価シート

650 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 00:26:09 ID:QJjsqAdw
もう一度読もうかなと思ったものほど、消されているのは定番だな

651 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 01:29:42 ID:vjmn9Yok
>>645-648
お読みいただきありがとうございました。
案の定というか、私自身推敲時に退屈だと感じた一章が最大の関門になってしまったようですね。
個人的にはこれでも早い展開を目指したつもりなんですが、もうちょっと削れないか考えてみます。
>>647
>山場に比べて谷間が多いってのも問題かも。
谷間が多いですか……。コミカルな会話でテンポを落とさないよう努めたつもりだったのですが、難しいですね。
あと、視点の移動ももう少し減らせるかどうか読み直して考えてみます。
DOD……ゲームでしょうか? よく知りません。
>>648
>序章は必要ないと思う。続きを読みたい気持ちがそがれる。
序章はミステリアスな感じを生ませたために書いたのですが、ともするとパンチのあるエピソードに置換した方かいいかもしれませんね。
続いて、言い訳になってしまうのですが、髪を整える描写はポニーテールという言葉を使いたくなかったために用いた表現でした。
指摘から、動作の中に容姿を決める文を挟むよりも、容姿なら容姿で独立して表現した方がいいのかと思いましたので一考してみます。
つかみはもっと悩んでみますね。
皆さん、ありがとうございました。
作品は>>649さんの評価シートをいただいた後か、もしくは今日の昼頃には削除したいと思います。
最後に一応あらすじを。長く見えるかもしれませんが、一応規定には該当しています。
よかったら目を通してみてください。
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2595.txt

652 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 01:32:02 ID:szvnciKY
このスレは上限が520kbですが、500kb付近で書き込めなくなります。

次スレはこちら↓
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1250471055/l50

653 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 04:00:56 ID:bljq6yKn
>>642
色々言われてるけど、小説のしての地力はなかなか。少なくとも読める小説ではあったよ。久しぶりに。語彙も多彩だし。
売るとなるときついけど。
どうでもいいことを詳しく描き過ぎてる点がまず問題だな。食堂に誰かがいたということだけを10行近くかけて書いた川上稔と同じ轍を踏んでる。
詳しく描くべきものは、書き続けていれば分かるんだろうと思う。

それと
少し気になったんだが、もしかして軽いノリの会話やギャグを挟まないと読者が退屈したりキャラが立たなくなったりするって不安に思ってる?
どうにも中途半端にラノベ的なギャグが入っていて、それが作品の雰囲気を台無しにしてる気がするんだ。
たぶんあなた自身がギャグにむいてないよ。ストーリー系だろ?
ギャグやりたきゃ全力でギャグを。どっちも中途半端がいちばんまずい。

654 :522:2009/08/18(火) 07:31:04 ID:6VMXhPtK
>>545
微妙に喜び辛い……でも、感想頂けたのはやはり嬉しいです。ありがとうございます。
雰囲気を出そうとか躍起になり過ぎて、若干もたついた描写が多いな、と
自分でも読み返してて感じる始末。修正していきたいです

話は大筋で考えてあるのですが、確かに言われてみれば
かなりダラダラと行数を使ってしまいそうな予感。
もう一度書き始めてしまったからには、最後まで書き切りたいです。
もし練り直すにしても、とりあえずはそのあとという形で。

655 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 13:02:03 ID:vjmn9Yok
>>653
アドバイスありがとうございます。胸に刻んで頑張ります。
詳しく描き過ぎている件については対策を考えるか、現状のままでくどくならない方法を模索したいと思います。

>たぶんあなた自身がギャグにむいてないよ。
ですよねー。思ってはいるんです。だからあからさまないギャグは目指さないようにします。
一章が退屈なのは、それが原因かも分かりませんね。

どうもでした。

656 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 13:11:23 ID:wvGdIMV5
>>651
あらすじを読みました。正直、厳しいと思います。
気になるのは
主人公の動機が弱い。主人公がエルザである必然性がない。
物語の舞台は王宮なのだから、主人公はリサかミシュナなど王宮の人物が自然。

もしこの話にエルザを関わらせたいなら、エルザは、リサ、もしくはミシュナと
冒頭付近で出会う(もしくは最初から面識がある)か、ミシュナの役そのものを
エルザに変更すべきだと思います。

現状では話が群像劇になってますが、群像劇を魅力的に展開させるのは難しいので、
なるべくシンプルな構図(人間関係)になるように変更したほうがいいと思います。
魔道局でのスパイ活動が原因で王宮追われたミシュナがギルド(エルザ)に助けられる
なんてのはどうでしょう。
いずれにしろ、根本的に構成を組み直したほうがいいと思いました。

657 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 13:26:53 ID:6l2G0vy4
>642
文章がくどいというのは他の人も言うとおり。文章は硬すぎると思う。
家賃は納めてるし→家賃払ってるんだし
鶏肉の下処理→鶏肉の下ごしらえ
こういう部分が多くて読み進める足を引っ張ってしまう。
漢字を開くかどうかじゃなくて、言葉の使い方をもっと考えて、リズムの
ある文章にするほうがいいんじゃないかな。

658 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 15:03:30 ID:vjmn9Yok
>>656
あらすじは初めてしっかり書いたので心配でしたが、一先ずは安心しました。
が、一方で、新たな懸念事項が発現してしまったようなのでいろいろ考えてみますね。
プロット、もっと練ればよかった。後悔してます。

>>657
文章が硬いですか……。ならないよう意識したつもりなんですが、難しいですね。
リズムのある文を目指してみます。

ありがとうございました。

659 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 15:28:16 ID:0IhewQfd
>>658
今までに三作晒してるよね
サラマンダーのやつと、大蛇が出てくる奴。二つとも今いわれてるのと同じ弱点があったような気がする(展開が遅い、とか)
個人的にこのシリーズは好きなのでこれからも頑張ってください。応援してます

660 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 17:18:35 ID:vjmn9Yok
>>659
はい。全部で三作批評いただきました。

>二つとも今いわれてるのと同じ弱点があったような気がする(展開が遅い、とか)
ねー。全く学んでない自分が恥ずかしいです。

また、温かなお言葉ありがとうございました。今回のは今までの集大成のつもりなので、いろいろ粘ってみます。
頑張ります。


嬉しさのあまりスレの主旨と外れてしまいましたこと、申し訳ないです。

661 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:11:35 ID:H6DAPfgL
【アドレス】 http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2598.txt
【ジャンル】 不明
【タイトル】 ツーリング先の旅館
【評価基準】
 文章に違和感はあるか。
 読後の感想を。
【改稿】 可

662 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:23:33 ID:Usk0j9Xm
>>661
文章はまったく問題なし。
するすると読める過不足のない良文だと思う。
内容に関しては正直、最初の数行でネタが読めてしまい、オチもその想像の範囲内。
この内容であれば、さらに大きなどんでん返しを用意しないと読者は満足しないです。
使い古されすぎていて、逆に書くのが難しいネタなんじゃないかな。

663 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:30:50 ID:+8Y75JNr
>>661
文章には違和感は感じませんでした。
ただ、話にはあまりひねりがない感じがしました。
オチも想定内で、特に楽しめる要素はありませんでした。

以下、ネタバレ注意







男の子が幽霊でなかったということも、別に驚きもなく受け入れられてしまい、だから何?状態でした。

664 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:39:03 ID:XtJIJg8S
>>661
 文章に違和感はあるか。
文章は上手。違和感まったくなし。

 読後の感想を。
満室の旅館。主人公は普段使われていない部屋に案内される。
これだけで幽霊話だろうと予想できるから、どうもこうもないんだが。

旅先で、日が暮れて、旅館に泊まろうとして、
満室で、使っていない部屋に案内されて、
美しい女性が来て、幽霊見て、翌朝女将に幽霊に出会ったと話す、
そしてオチ。

改稿しようにも、題材が悪いな。この題材でこれだけ料理できれば十分ではないかな。
文章力、構成、人物、設定その他すべて。及第点だよ、上手。
真夏の怪談話としては、ありがちだけどね。
これ以上を求めるなら、最初の題材から見直していかないといけない。
総合評価はまあまあ。

665 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:39:49 ID:RvLGOFF6
>>661
このスレに来てまだそんな長くないけど、多分いままでの中で一番読みやすかった。
現代ホラーってジャンルがすぐにわかったから入っていきやすかったってのも
あるかもですが、それにしても読みやすかった。

ラストの衝撃は確かにありませんでしたが、
ちゃんとした「オチ」をつけようとすれば、このラストかもしくは「僕」以外の全員が
幽霊だった。のどっちかくらいしかない気がするんですよねぇ。

あっと驚くスーパーどんでん返しも、展開無視の投げっぱなしジャーマンじゃ
しょうがないわけで、私はラストまで含めてこれでよかったと思います。

666 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 20:39:59 ID:rdUhch7K
>>661
文章だけを取ると、おかしいところなどは特にありません。
ただ、「怖いはずのところでも別にあんまり怖くない」のが少し気になるところ。
恐怖小説なんかを参考にするといいかも。文字で怖がらせるって結構難しそうですね。
オチは読めてしまいます。プラスアルファが欲しいところですね。
あとは、客商売、特に旅館の仲居さんなどは、言葉遣いや応対など徹底して
しつけられているはずなので、最初に部屋が一つあるというところの話の持っていきかたを
もう少し変えた方が良さそう。
・様子がおかしいからしつこく聞いてみると、実は一つ部屋があいていた
・断られてしょげて帰ろうとするところで呼び止められ、部屋があるにはあるといわれる 等
あいまいなことについていきなり初見の客に自分から言い出したりはしないと思いますので。

667 :661:2009/08/18(火) 21:42:37 ID:yVpmAcEK
読んでいただきありがとうございます。
>>662
捻りの足らない話だったようですね。
もっと返しの大きいオチで書くべきでした。
>>663
ありがちな内容でした。
もっと楽しんでもらえるような要素を考えることにします。
>>664
やっぱり旅館の空き部屋ってとこでネタバレしてしまいました。
しかし及第点をいただきありがとうございます。
>>665
極力読みやすく書こうとしたので、そう言ってもらえると
ありがたいです。どうも。
>>666
文章で恐怖感をうまく伝えるために
それ系の小説を読んでみることにします。
あと話しの運び方にも違和感ないように気をつけます。

668 :この名無しがすごい!:2009/08/18(火) 22:22:36 ID:BPtxaYMN
主人公自体が幽霊だったのかと思ってずっと読んでた。


669 :661:2009/08/18(火) 23:12:09 ID:LG2I4oYh
>>668
そういう設定もアリですね。
ぜひ参考にさせていただきます。

670 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 00:30:38 ID:aeD2LN/H
感想、まとめてUPします。
http://wannabee.mine.nu/uploader/files/up2600.txt

1・>>79「孝恵帝(仮タイトルです)」感想
2・>>97「MAJIN(仮)」感想
3・>>114「B4サイズの想い」感想
4・>>124「ジャックと王国の滅亡」感想
5・>>127「レキの帰郷 「クルク村の護衛団」」感想
6・>>129「黒ひまわり」感想
7・>>180「没にしてたので タイトル曖昧。」感想
8・>>209「むらまさっ!」感想
9・>>215「竜騎士物語 一幕」感想
10・>>243「パラレル・パラソル」感想
11・>>252「未定」感想
12・>>293「スパイの周辺すなわち〜」感想
13・>>382「最愛のかんちがい」感想
14・>>385「中二病いいじゃないか」感想
15・>>387 無題 感想
16・>>395「災害指定少女(仮」感想
17・>>416「結城先生の計画」感想
18・>>431「魔導科学狂(マド・マッド)」感想
19・>>454「カントリーロード」感想
20・>>486「歌唄いの詩」感想
21・>>515「死者の歌」感想
22・>>539「気のきかない妖精」感想
23・>>552「殺人鬼と悪魔な母親」感想
24・>>570「五、一。蒼緑」感想
25・>>589「月と焔」感想
26・>>599「プラスチック製ショーケースの中の楽園」感想
27・>>606「ファイトガールズ」感想

以上27作品の感想です。

671 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 00:37:52 ID:6vLbscMI
>>670
tugeeee!
とにかく乙

672 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 00:41:19 ID:Qk/JXpXy
>>670
うっは、凄い
感謝します

673 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 01:37:08 ID:N0uaUhrn
>>661
>文章に違和感はあるか。
読みやすいほうじゃないかな

>読後の感想を。
特になし
普通ここからいろいろ膨らませる
これで目標が達成されたなら次の書いたりとか

冒頭の錯時法はあまり効果なかったんじゃないかな
情景もプロットとの繋がりも薄いし

674 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 06:04:38 ID:sEjofY41
>>661
文章に違和感はない。読みやすいです。

読後の感想は、ありきたりを通りこして定形文を読んだ感じ。
読みきったあとの清清しさもなければ意外性もない。

675 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 10:25:11 ID:0LNmGBuu
>>661
読みやすいです。
で、文章ですが――
地文の「僕は」は無くても通じる箇所では、省略したほうが良いと思います。
一人称はなるべく、「僕は」「僕は」を乱発しないように。
基本的に主語がなければ、自分語りです。

676 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 15:54:54 ID:dRaqOJf4
>>670
スレ状況から短文になるけど、感謝です。

677 :395:2009/08/19(水) 17:33:10 ID:jL+XWWzl
>>670
なんという仕事人w

678 :395:2009/08/19(水) 17:34:29 ID:jL+XWWzl
変な所で途切れて書き込んでしまった。すいません。
丁寧な感想、ありがとうございました

679 :454 539:2009/08/19(水) 19:35:35 ID:2YtZ5WIO
>>670

感想ありがとうございます
うp削除したのでこれにて御免

680 :この名無しがすごい!:2009/08/19(水) 19:52:39 ID:PHjy3Qr2
>>670
的確な批評ありがとうございます。
もう一度練り直す覚悟でやってみます。

681 :この名無しがすごい!:2009/08/20(木) 04:32:10 ID:wXLJY3YN
652 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/18(火) 01:32:02 ID:szvnciKY
このスレは上限が520kbですが、500kb付近で書き込めなくなります。

次スレはこちら↓
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1250471055/l50

682 :この名無しがすごい!:2009/08/20(木) 18:19:00 ID:bAo9dQ+e
681 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/20(木) 04:32:10 ID:wXLJY3YN
652 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/18(火) 01:32:02 ID:szvnciKY
このスレは上限が520kbですが、500kb付近で書き込めなくなります。

次スレはこちら↓
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1250471055/l50


683 :この名無しがすごい!:2009/08/23(日) 00:20:14 ID:jjKVbMJq
682 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/20(木) 18:19:00 ID:bAo9dQ+e
681 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/20(木) 04:32:10 ID:wXLJY3YN
652 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2009/08/18(火) 01:32:02 ID:szvnciKY
このスレは上限が520kbですが、500kb付近で書き込めなくなります。

次スレはこちら↓
【ラノベ】自作を晒して感想をもらうスレvol19
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1250471055/l50

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)