5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【赤と黒】スタンダール【パルム】

1 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 21:26:38
単独スレがなかったので。

過去スレ
やはりスタンダール
http://book.2ch.net/book/kako/1001/10019/1001956322.html

大岡昇平とスタンダール
http://mentai.2ch.net/book/kako/1003/10039/1003945921.html

関連スレ
スタンダール バルザック ディケンズ
http://mentai.2ch.net/book/kako/1017/10176/1017641699.html

無関係スレ
女子大生(留年)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1250273532/

2 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 21:30:49
関連スレ(訂正)
スタンダール バルザック ディケンズ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1017641699/

あれで良かったの?スタンダール「赤と黒」の結末
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1069855635/

3 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 21:35:45
即死回避

4 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 21:58:56









                !
               |    丶 _    .,!     ヽ
               >     ``‐.`ヽ、  .|、     |
             ゙'.     ,ト `i、  `i、    .、″
                |    .,.:/""  ゙‐,. `    /
             `  .,-''ヽ"`    ヽ,,,、   !
                、,、‐'゙l‐、      .丿 : ':、
               、/ヽヽ‐ヽ、;,,,,,,,,,-.ッ:''`  .,"-、
              ,r"ツぃ丶  ``````   ../  `i、
          ,.イ:、ヽ/ー`-、-ヽヽヽ、−´    .l゙`-、
         _,,l゙-:ヽ,;、、             、、丶  ゙i、,,、
        ,<_ l_ヽ冫`'`-、;,,,、、、、.............,,,,、.-`":    │ `i、
      、、::|、、、ヽ,、、.    ```: : : ```      、.、'`  .|丶、
     .l","ヽ、,"、,"'、ぃ、、,、、、、.、、、.、、、_、.,,.ヽ´    l゙  ゙).._
    ,、':゙l:、、`:ヽ、`:、  : `"```¬――'''"`゙^`     : ..、丶  .l゙ `ヽ
   ,i´.、ヽ".、".、"'ヽヽ;,:、........、           、、...,,,、−‘`   、‐   |゙゙:‐,
  ,.-l,i´.、".`ヽ,,,.".`   `゙゙'"`'-ー"``"``r-ー`'":      _.‐′  丿  ,!
 j".、'ヽ,".、".、"`''`ー、._、、、           、._,、..-‐:'''′   .、,:"  丿
 ゙l,"`"`''ヽヽ"`"`  ```゙'''"ヽ∠、、、、ぃ-`''''": `      、._./`  ._/`
  `'i`ヽヽヽ`''ーi、、、: :                   、.,-‐'`   、/`
   ``ヽン'`"`  : `~``―ヽ::,,,,,,,,,,.....................,,,,.ー'``^    ,、‐'"`
      `"'゙―-、,,,,..、、                 : ..,、ー'"'`
           : `‘"`―---------‐ヽ``"''''''""

5 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 23:01:46
翻訳は新潮文庫でいいのかなあ?

6 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 23:20:58
読んだことないけど赤と黒ってタイトルかっこいいよね

7 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 10:08:05
>>7
『○○と○○』、ていうタイトルはかっこいいな。

8 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 10:13:47
トムとジェリー

9 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 10:37:11
>>8
かっこいい

10 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 12:02:02
>>5
パルムは新潮っ読んだけど良かったよ。
岩波は知らないけど。

11 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 14:18:16
赤と黒もパルムも新潮でいい。

12 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 15:54:31
即死回避

13 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 17:40:14
20まで。

14 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 20:44:52
ファブリズ、あほ過ぎるだろ

15 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 20:48:01
スタンダール(・∀・)イイ!!


16 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 22:42:10
ファブリーズかと思った

17 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 00:36:23
赤と黒も新潮で良い。

18 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 08:34:40
赤と黒とパルムの僧院は、どっから読めばいいですか?

19 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 08:44:56
マチルダたんハアハア

20 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 08:53:42
『赤と黒』昔読んだけど正直内容忘れたな。


21 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 09:06:24
赤と黒は学生時代に読んだ。
心理描写は確かにすごいと思った。

22 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 10:35:24
パルムの僧院はやたらと読みづらい
話の筋に混乱してしまう

23 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 15:18:17
スタンダールは実際にはモテなかったのか

24 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 19:30:33
「スタンダールはいつも、恋をしているか、さもなければ恋をしていると思っているか、どちらかだった」

25 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 19:34:09
『赤と黒』から読んだほうがいい?

26 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 22:43:10
どっちでもいいと思う

27 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 23:46:49
世界史勉強してからがいいと思う

28 :吾輩は名無しである:2009/09/03(木) 05:42:57
野崎訳はやめとけ

29 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 12:07:08
赤と黒を読み直したけど、レーナル夫人いいね

30 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 18:25:14
岩波だとレナール、新潮だとレーナルか。

31 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 00:59:34
舞台で『赤と黒』
日程/劇場 2009年10月1日(木)〜11日(日)赤坂RED/THEATER
原作 スタンダール
脚色・演出 赤澤ムック
主演 木村了
http://www.avexlive.jp/akatokuro/#04

32 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 19:38:48
赤と黒。一昔前の文学青年、文学少女の必読書だった。
今、読んだことのある若い人一割もいないんだろうな。

33 :吾輩は名無しである:2009/09/08(火) 02:15:50
パルムの僧院
登場人物が全員バカ過ぎ

34 :吾輩は名無しである:2009/09/08(火) 04:26:32
赤と黒
登場人物が全員バカ過ぎ

35 :吾輩は名無しである:2009/09/08(火) 05:53:34
アルマンスは落ち着いていていいよ

36 :吾輩は名無しである:2009/09/09(水) 03:12:48
小説だと利口キャラもバカだから全員バカになる

37 :吾輩は名無しである:2009/09/13(日) 18:51:22
翻訳はどこのがいいだろう。
勝手な偏見で文学は岩波ばかり買ってるけど、
(なんとなくカッコイイきがする)
読みにくいのもあるもんで、、、
赤と黒はいずれ原書で読みたいので
本選びから慎重にしたいんですが。


38 :吾輩は名無しである:2009/09/13(日) 21:23:05
訳自体がよいかどうかはわからんが
字が大きいから読みやすいという意味では新潮。
光文社の野崎訳は誤訳が多いと聞く。

39 :吾輩は名無しである:2009/09/13(日) 22:04:30
『赤と黒』は岩波と新潮、両方読んだけど、どっちも悪いとは思わなかった。
読みやすさという点では、新潮のほうがよかったかな。
光文社のは、ジュリアンの中性的な雰囲気がいいと思ったけど、誤訳が多いと聞いたので買ってない。

40 :吾輩は名無しである:2009/09/13(日) 22:41:45
>>37
お薦めなのは筑摩の文学全集(世界文学大系ではない)の冨永明夫訳だが、古本屋でしか手に入らないかもしれない。
野崎訳にいちゃもんをつけた下川先生がリファレンスとして採用したのが冨永訳。
岩波文庫の桑原・生島訳、新潮文庫の小林訳、角川文庫の大久保訳の中で、私の性に一番あったのは大久保訳だが、これも入手は難しいかもしれない。
今すぐ手に入るのは桑原・生島訳か小林訳だが、私としては僅差で小林訳(新潮文庫)に軍配を上げたい。

41 :37:2009/09/14(月) 08:57:59
皆さん親切にありがとう!
>>38
字の大きさ結構モチベーションに影響しますよね。
栞がヒモなのも魅力なんですよね、新潮。
>>39
新潮から読んで岩波も読んで見ようかな。
すごいですね。仏文学専攻?
>>40
詳しい説明ありがとうございます!
冨永明夫さんという方のをちょっと探してみます。

というわけでとりあえず新潮の読んで見ます。


42 :吾輩は名無しである:2009/09/22(火) 09:38:01
岩波は最近改版されて文字が大きくなったけどね
今パルムを新潮で読めなかったので岩波で読んでる

43 :吾輩は名無しである:2009/09/26(土) 15:05:49
ファブリスは才能豊かという描写されてるけど
実際はすごいバカだと思う。

いや、バカじゃなくて情熱的なだけなのかな?

44 :吾輩は名無しである:2009/09/27(日) 06:39:23
いや、あほだと思う
成長したあとも、周りに迷惑をかけてばかり

45 :吾輩は名無しである:2009/09/27(日) 21:36:29
ここまで馬鹿な人物も文学作品ではめずらしい。

46 :吾輩は名無しである:2009/09/28(月) 01:31:48
「知識はあるが知性がない」

パソコンで言えば・・・
「スペック最強、OS最低」

ってトコだろうか

47 :吾輩は名無しである:2009/09/28(月) 08:50:00
>>46
ちがうと思う(笑


48 :吾輩は名無しである:2009/09/28(月) 21:11:47
最初のほうの、素質はあるがまともな教育は受けていない、という設定で萎えた。

49 :吾輩は名無しである:2009/10/04(日) 00:05:56
たしかに感情移入はしづらいか

50 :吾輩は名無しである:2009/10/04(日) 11:47:28
知性はあるけど情熱に支配されちゃったって言ったらモスカさんだけど
ファブリスはいつまで経ってもガキだったな。

戦争に行ったとこまでは好きだったけど。。

51 :吾輩は名無しである:2009/10/08(木) 22:14:16
俺は、ファブリズが戦争に行った時点で引いた…あほすぎて

52 :吾輩は名無しである:2009/10/09(金) 21:26:41
その頃は中学生くらいだっけ?
まぁその頃は周りからもアホと思われてたから俺はまだ許せる

青年期ではドン引して嫌いなキャラになっちゃったな

53 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 01:07:21
パルムは教養小説なんじゃないか?

54 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 07:16:47
ジェラール・フィリップの『赤と黒』がリバイバル上映されているんだね

55 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 19:19:58
>>53
ファブリズはぜんぜん成長していないじゃないか。

56 :吾輩は名無しである:2009/10/25(日) 05:17:03
古屋健三訳のスタンダールってどうなんでしょうか?

赤と黒は新潮で読んでいて、パルムをどの訳で読もうかと物色中なんですが、良い評判をネットで見かけるもので気になりました。

57 :吾輩は名無しである:2009/10/26(月) 00:10:32
新訳というのも(新約の)聖書とおなじくいいもん
野崎歓というのは、あれは天才だわっ赤と黒

58 :吾輩は名無しである:2009/10/26(月) 01:41:26
>>56
古屋健三訳は読みたいんだけど
うちの県の図書館にはどこも置いてなかった。

59 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/10/26(月) 02:34:13
富永訳文庫化は(笑)おやはや(笑)さて果て(笑)

60 :吾輩は名無しである:2009/10/28(水) 22:20:58
赤と黒についてですが、野崎の歓ちゃんの翻訳で読むのがいいと思いますよ。
なんていったってヴィヴィット。
ジュリアンソレルの生命がぐわぐわと迫ってきます・
けっきょくは名訳なのだとおもう。

61 :吾輩は名無しである:2009/10/28(水) 23:20:50
野崎氏の仕事は翻訳ではなく、改鼠。

62 :吾輩は名無しである:2009/10/31(土) 14:20:40
文学板の写真の男って誰?
フランスの詩人だったよね?
名前教えてくれないか。

63 :吾輩は名無しである:2009/10/31(土) 15:46:06


64 :吾輩は名無しである:2009/10/31(土) 21:01:21


65 :吾輩は名無しである:2009/11/16(月) 14:03:38
あああ

66 :吾輩は名無しである:2009/11/16(月) 14:07:45
パルムの僧院の時代背景がよくわからん。

パルム公国は独立国家?ロンバルド=ヴェネト王国はオーストリアの属国?
オーストリアの勢力はどこまで?

自由主義っていうのはオーストリア派?フランス派?

67 :吾輩は名無しである:2009/11/16(月) 20:43:04
フランス派じゃないかしら

68 :lane ◆Oz/piFw.Ok :2009/11/16(月) 21:19:52
買いました!
箱入り全集が安く売られているのをみつけたから
しかし、活字細かい…今年中に読めるかしらんorz

69 :吾輩は名無しである:2009/11/17(火) 23:30:14
俺は何度読んでもファブリスがぶち込まれた監獄がイメージできないのだが・・・。
クレリアとファブリスは別の建物にいるんでしょ。この建物はどちらも塔なの?
つながってるの?誰か映像で説明してくれろ。

70 :吾輩は名無しである:2009/11/17(火) 23:31:16
俺は何度読んでもファブリスがぶち込まれた監獄がイメージできないのだが・・・。
クレリアとファブリスは別の建物にいるんでしょ。この建物はどちらも塔なの?
つながってるの?誰か映像で説明してくれろ。

71 :吾輩は名無しである:2009/11/17(火) 23:47:48
俺のイメージでは
ファブリスは高いところにいて
女は低いところにいる。

72 :吾輩は名無しである:2009/11/18(水) 15:05:21
>>69
Castello Sant'Angelo で画像検索すること

73 :吾輩は名無しである:2009/11/18(水) 15:13:33
>>72ファブリスってこの城にぶち込まれたん?塔じゃない。。。ファルネーゼ塔は?

74 :73:2009/11/18(水) 15:21:30
あ、なるほど
城の上に立ってる二つの塔があるわけか。
俺は、東京タワー見たいのが二つ立ってるんだと思ってたわ。

75 :吾輩は名無しである:2010/01/06(水) 20:07:07
先々月に宝塚が「パルムの僧院」を劇化(筋の途中まで)したやつを見たよ。
なんでか舞台がスペインに置き換わり「情熱のバルセロナ」wという題になってましたが。
四半世紀ぶりぐらいの再演とかで、どうにも演出が古めかしかった。

ちなみに地方公演だったのでセットが orz
ファブリスはいつでも超簡単に獄舎から抜け出せそうだったよw


76 :吾輩は名無しである:2010/01/28(木) 22:22:05
今は藤本ひとみの小説の劇化を広告してますな

77 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 01:21:12
>>51
ジュリアンにしてもファブリスにしても、戦争に行って出世という感覚が
分からんわ。現代人。特に日本人には。
だからじゃねえの。今スタンダールが日本で人気ないのは。

78 :吾輩は名無しである:2010/05/17(月) 12:07:27
パルムはひどい小説だとしか思えなかった
帯に「自然児ファブリスによる愛と反逆の文学」みたいな煽りがあるんだが、
ファブリスのどこが自然児で反逆児なのかさっぱりわからなかった

ファブリスがいったいどんな冒険をしたって?
自分勝手にトラブル引き起こしては、女たちに助けてもらう以外なにもしてないじゃん。
冒頭で勝手に戦争に行って面倒引き起こして、母ちゃんに助けてもらう時点でドンびいた
ここまで家柄による権力と財産に護られ助けられる冒険文学主人公なんて見たこともないわ
「ファブリスのような身分の者が旅芸人風情を殺したところで罪にはならない」という論理、
いくらそれが当時の価値観でも、それが正義の論理として何度も繰り返されるのはおぞましい。
古代文学ならまだしも、19世紀に書かれた話なのに。
そんな論理によって救われる主人公もただのゲス
おまけにこいつが脱獄したせいで兵士が罪に問われて8人が射殺されるとか、どんだけ疫病神なんだよ
さらに人殺しなのに司教になれるとかもう意味不明すぎ

おまけにこいつは、補注によると母親が不倫してできた子供らしい
偉そうにデルドンゴ家の名を名乗ってるが、デルドンゴの血なんか一滴も入ってないんだよ
財産を相続するどころか、デルドンゴ侯爵に養育費と欺いていた事に対する慰謝料を払わなくちゃならない立場なんだよ

最後数ページの展開は本当に吐き気がした。
結局これは、醜悪な不義によって排泄された物が、自分が生成された手順をなぞっててめえの劣化コピーを作るってだけの話
不倫してできたガキと不倫相手が死んだのにはざまぁとしか思えなかった

79 :吾輩は名無しである:2010/05/17(月) 16:54:28
最初に戦争で挫折を味わったから、
どんどん人に上手く付け入っていってのし上がっていく話なんだよ
小悪党の話であって、正義のヒーローの話じゃない。
でも悪者も最後は愛に負けたっていう。

80 :吾輩は名無しである:2010/05/17(月) 23:26:31
小悪党とか上手くつけいるとかいうほど気働きしているようにも見えないけどね
ぼーっとしてたら美貌(笑)とか資質(笑)とかを見込んで女たちがよってたかって助けてくれるって話

「貴族身分の者が旅芸人ごときを殺したところで罪にはならないのだよ。
刺客を雇わず自分で手を下したのが無粋というだけでね……フフフ」
ってそりゃ、ふつう主人公サイドの人間が悪党に言われる台詞だわ
しかしこの主人公、ピカレスクというほどの気概があるわけでもないし、ダラダラ生きて人殺して不倫して、
司教の職は「なんかそれに就任すれば金をくれるらしいからもらっとこう」みたいな

気持ち悪い

81 :吾輩は名無しである:2010/05/18(火) 00:30:16
だからそういう悪の主人公を楽しむんだって
美貌も才能もあるのにヒーローにならない。
デスノートとかコードギアスの先祖みたいなもんだ
嫌いな人はとことん嫌いで仕方ない

82 :吾輩は名無しである:2010/05/18(火) 10:15:06
世間一般じゃそうはとられてないみたいよ

> 7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
> 現代には見あたらない情熱系, 2004/7/10
>By 青山至 - レビューをすべて見る

>レビュー対象商品: パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫) (文庫)
 
>……ボナパルティストの主人公が恋に革命に身を投じる。
>現代人がほとんど経験できないような、現代小説にはほとんど見られないような、
>エネルギッシュな主人公の生き方は読む人に新しい感動を与えてくれるだろう。
>北イタリアを旅する前に是非この作品を読み、舞台となった土地を訪れてほしい。



83 :吾輩は名無しである:2010/06/22(火) 01:06:45
ジュリにしてもファブにしても女にモテモテなのがなあ。
いや、男なら夢見るわけだが、イマイチ作者のご都合上って感じが
露骨でついていけんところがある。
正直、ブサ男が好む小説じゃね?

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)