5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小中学生読書感想文おすすめ本

1 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 10:55:11
短くて良い本を選んだ。
小学四年生:星の王子さま
小学五年生:オズの魔法使い
小学六年生:怪人二十面相

中学一年生:老人と海
中学二年生:斜陽
中学三年生:ハムレット

高校一年生:神様のメモ帳
高校二年生:エンダーのゲーム
高校三年生:深夜プラス1

大学生推薦本:百年の孤独

2 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 10:57:10
野田や日本ユニセフが児童ポルノ法成立に異常に執着する理由

日本ユニセフ協会は現在、特例財団法人として活動しているが
この制度が2013年11月に廃止されてしまう。

この時点で公益財団法人に移行できないと
特例公益増進法人の指定を受けられなくなってしまう。

特定公益増進法人への寄付は一般の寄付金控除枠とは別枠で損金算入できる。
これが日本ユニセフを通した寄付金ルートの最大のメリットであり、
彼らはなんとしても死守しなくてはならない。

もし公益財団法人への移行に失敗すると一般財団法人となってこのメリットを失う。
さらに一般財団法人への移行も失敗すると解散しなくてはならない。

日本ユニセフ協会が単なる民間団体》であり、国連ユニセフとは別の一国内組織に
すぎないという事実が一般に知れ渡ると、天下り利権団体として国民に廃止論がわき起こる。
それを彼らは一番恐れている。

彼らは2013年までなんとか廃止論を覆い隠し、特定公益増進法人認定を受けるためには
児童ポルノ撲滅を錦の御旗に反対意見を封殺し、大きな実績をあげようと必死なのだ。
野田聖子の場合は、日本ユニセフ協会の東郷副会長ってのがバックにいて、
野田は東郷に 認定NPOの便宜(寄付金が税控除される)を図ると共に、
自身のNPOも立てて、医師会、 看護婦会を理事に引き入れて、集金システムを確立した。

当時、認定NPOの数は野田の”ひまわりの会”を含めて、わずか8。
表向きは広く受け付けていても、議員などの根回しがないと、認定NPOにはならない構造が
あって、現在もそんなに変わってないので、95団体しか認定されてない。
で、野田が東郷のツテ(医師会や看護婦会)のNPO”ひまわりの会”を立ち上げたときに
大学の後輩のアグネス・チャンを東郷に紹介し、東郷はアグネスを親善大使に取り込んでいった。

3 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 10:58:11
そして、この仕組みを作ったのは当時母親から引き継いで
日本ユニセフ協会の理事になっ いた橋本龍太郎。
特定非営利活動促進法(NPO法)は、橋本内閣が作った仕組み(実際の成立は倒閣後)で、
これによって、現在のような法人やお金持ちのところに、日本ユニセフ協会の節税担当が
出向いて税金控除の仕組みを説明して、寄付金を貰ってペイバックできる仕組みを作った。

NPO法以前の日本ユニセフの寄付金25億。施行後は週刊誌などで
話題になった2001年で100億円を超える。現在は170億円。

つまり、橋本の集金システムの遺産を受け継いだのが野田であり、この急成長時に
活動費の経費計上が必要になって、水増しのために選ばれたネタが児童ポルノ法。

児童ポルノ法は1997年12月に日本ユニセフ内で考えられ、
1998年からロビー活動し、1999年に成立していて、日本ユニセフ協会の
急成長の土台、『新しい組織の表の顔』を作った切っても切り離せないネタでもあるので、
野田はそれがらみでも異常に規制に燃えている。

野田の政治資金の源泉だから。


4 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 13:31:25
暇なので書く三十一歳のおれの読書感想文
「斜陽」ネタバレあり。

 この物語の中心は、弟にあるのだと思う。
この弟のような人生を歩む人が現実に存在す
るのか疑わしいが、この弟の物語には心に訴
えかけてくるものがある。
 なぜ、弟は自殺したのか。この物語はただ
その一点に集約して考えられるものだと思う。
弟は特に悩みがあるわけでもない、どちらか
といえば、幸せな充実した遊びをしている人
物である。その人生の勝ち組である弟はなぜ
死ななければならなかったのか。

 それは、世間でよくある話として語られる
人生に苦しんで死んだとは、別の原因がある
のだと思う。人生が八方ふさがりになったも
のは時として死を選ぶのかもしれないが、こ
の弟はちがう。弟は若くして遊び呆けており、
決して、人生の敗者などではないのである。
悩みがないのになぜ死ぬのか。これは、一回
の人生を生きただけでは凡人は知ることので
きない解答であろう。
 わたしが思うに、弟は、幸せになっても、

5 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 13:33:23
人生に充実感を得られなかったのである。だ
から死んだ。死を選んだ。
 この物語における自殺には、社会の悪など
まったく関与してはいない。弟は、人生を最
高とはいえないまでも、楽しんで生きて、そ
れで若くして自殺を選んだのである。それは
なぜか。
 わたしが思うに、弟は、幸せになったのに、
その幸せ具合に満足できずに失望したのであ
る。人の人生の幸せとはこの程度か、と思い、

生きることをあきらめたのである。
 これは幸せになったものにしかわからない
問題であろう。若輩者のわたしには、とても
理解しがたい自殺である。
 この物語が名作と呼ばれつづけるのは、弟
の自殺の原因が誰にも理解できないからでは
ないだろうか。そこから、わたしたちは、生
きることのむなしさを感じとるのである。
 わたしはこの物語を読んで、むなしくてし
かたがなかった。だが、同時に感動していた。
弟の自殺は、まぎれもない一個の人生の形で
あるからである。

6 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 13:34:18
 この物語を一行で要約すると、「人は時と
して衝動的に死にたくなる」ではないだろう
か。例え、どんな生き方をしても死にたくな
る人という存在の生きることの不確かさを、
この弟の自殺は訴えかけてくるのである。
 この弟のように自殺するものは少数であろ
う。弟が自殺する前に、ほんのわずかに美学
を見せるところに感銘を受ける。それは、自
殺するから見せられる弟が心の奥底に隠しも
っていた絶対に知られたくない本音であり、

それは遊びに付き合ってくれる女たちを本当
は好きではないという告白であり、本当に弟
が心の奥にしまいこんでおきたかった秘密だ
と思う。
 このような自殺をするものはまれだろうが、
この自殺は、人生のむなしさを訴えかけると
ともに、わたしたちの心に残るのである。
 そして、癒される。自殺しようと考えても、
それは決して特別に悪いことではないのだと
教えられるから。

おわり。

7 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 14:02:27
文学板だし、次々と行くか。
「ハムレット」

 世界で一番有名な作家の最高傑作であ
る。決して、小説の最高傑作などではな
いと思うが、読んでそれなりに面白かっ
たので感想を書く。
 まず、この物語には幽霊がでてきて話
かけてくる。このことから、この小説が
リアリズムとはかけはなれた物語である
ことがわかる。だとすると、リアリズム
を訴えかける人々は文学を何だと思って
いるのだろうか。彼らはみな、シェイク

スピアが嫌いなのか、それとも知らない
のかのどちらかであろう。
 そして、主人公ハムレットは悩む。幽
霊のことばが本当なのか勘違いなのか、
についてである。
 教えられた情報の真偽を確認するのは
とても難しいことである。ハムレットは、
幽霊のことばの真偽について悩みつづけ
るのである。まったく、リアリズムから
遠ざかった話である。

8 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 14:03:27
 主人公は健康な十代後半の若者だから、
恋をしている。相手の名をオフィリアと
いう。この作品は、産業革命後のイギリ
スの大衆娯楽としてつくられたものだか
ら、当然、恋愛要素が物語にからんでく
るのである。それは話の主軸では決して
ない。だが、読者を愉快でハラハラとさ
せる。
 ハムレットは俗な物語である。いわゆ
る文学といわれるどこかの駄作たちとち

9 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 14:35:38
がって、まぎれもなく俗な物語である。
 恋愛は当然のように、まわりに勘違い
され、読者を感涙させる。いつの時代で
も同じ、恋愛小説に必要なのは、まわり
の勘違いである。
 そして、恋愛の次は決闘が出てくる。
まったく、娯楽要素満載である。物語を
つくるなら、恋愛と戦いをかならず混ぜ
ろといわれるが、その見本のような物語
である。

 残念なことに、この物語は決闘の決着
は不消化なまま終わってしまう。それが、
この名作のあきらかな欠点である。物語
はただ派手なだけの登場人物皆殺しによ
って幕を閉じてしまう。わたしは読んで、
後半にはがっかりしたものである。
 これが世界一有名な小説家の最高傑作
なのだという。ちゃんと笑えて、面白か
ったことに、人類の文学を見る目が確か
だったことを確認できたことに、わたし

はいちばん喜んだ。
 これで感想を終わる。

おわり。

10 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:00:03
どうせなら、中学生向けコンプリート。
「老人と海」ネタバレあり。

 ただ、老人が魚を釣って、その魚が鮫に
食べられてしまうだけの物語である。ただ、
それだけである。短い。それ以外には、何
も起きない。しかし、それでも、この物語
はわたしの心を打った。それはなぜか。
 それは、老人が毎日、魚を釣っているか
らである。老人にとって、魚を釣ることが
当たり前なことだからである。だから、老
人は魚を鮫に食べられても、一向に動じな
い。せっかく、釣り上げた魚を食べられて

も、まったく悔しがることがない。
 老人は知っているのだ。魚など、何度で
も釣ればよいことを。鮫に食われたくらい
の損失は、ささいなことなのだ。それくら
いに長く、老人は人生の挫折を味わってき
ているのである。老人にとって、失敗や挫
折は当たり前のことなのである。運が悪い
だけだ。それだけのことで、悔しがったり
しないのである。
 老人は毎日、働いているのである。労働

11 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:01:03
者なのである。人生を積み重ねているのだ。
その老人の労働の積み重ねは、鮫の攻撃な
どでは、まったく揺るがないのである。そ
の圧倒的経験の豊富さが、わたしの心を打
つのである。
 それは子供である我々読者には、意外な
できごとである。わたしは老人の達観した
行動に、まさに人生を見るのである。ただ、
働いていた。ただ魚を釣っていた。そのこ
とに誰が文句をいえようか。世界は老人の

ような労働の積み重ねでできているのであ
る。それを教えてくれるこの物語が、無駄
な読み物なわけはない。
 老人が釣った魚を見て、喜ぶ子供の様を
見よ。あれが子供の世界だ。面白いのだ。
大人の仕事は、面白いのだ。大人は、それ
があまりにも何度もくり返されるから、飽
きてしまうのだ。それが世界だ。
 だが、この老人は負けじと魚を釣る。た
だ、魚を釣る。その行動に、誰一人、文句

12 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:03:28
をつけてはいけないことをわたしは感じとっ
たのである。だから、感動した。この小説
は、労働者の栄枯盛衰によって社会がつく
られていることを、ただ、老人が魚を釣っ
て、鮫に食われてしまうだけのできごとか
ら教えてくれるのである。
 わたしは、これからどんな人生を歩むか
わからないが、ひょっとしたら、劇的に面
白い波乱万丈な物語を生きるかもしれない
が、そうなったとしても、この世界の大部

分が、この老人のような淡々とした労働の
積み重ねでできていることを忘れないで生
きていこうと思う。

おわり。

13 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:08:02
今の大学生といえばラノベかミステリばかり読んでますよw
大学生が選ぶ、なんかやるとラノベが1位ですからw

14 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:48:57
今年は舞城の「好き好き大好き愛してる」が選ばれたらしいね。
読んでないけど、舞城が「セカチュー」みたいなのを書こうと思えば、
これくらい上手に書けることを自慢するために書いた作品らしく、
芥川賞候補にもなったらしく、たいへん喜ばしいことだと思います。

候補の中に、ちゃんとラノベの「AURA」が入ってたけど、
それを押しのけての受賞だから、大学生の見る目は確かだと思います。
「AURA」もとても面白い本ですけど、大学生たちは、
おそらく自分たちはそこまでオタクじゃないと思ったんでしょうね。
「AURA」はオタク向けラノベですから。

ミステリの「容疑者Xの献身」も本屋大賞の「告白」もふっとばしてましたよ。
つまらないですからね、「容疑者Xの献身」。
落選させたのはさすがです。今の大学生も捨てたもんじゃないと思いましたよ。

15 :吾輩は名無しである:2009/08/04(火) 16:50:23
少なくとも容疑者に投票したミステリ作家や評論家よりわかってるし
告白に投票した書店員より読めてる

16 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 19:47:24
大学で読書感想文?

17 :記憶喪失した男:2009/08/05(水) 22:01:40
>>16 大学生推薦本が今は「カラマーゾフの兄弟」らしいので、
時代の変革を促した。

18 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 23:06:14
昔なら司馬とか筒井だもんねwww

19 :記憶喪失した男:2009/08/05(水) 23:27:33
長すぎるのは勘弁だろ。
平民の視点をもって描かれる司馬史観は嫌いじゃないが、
最高傑作「燃えよ剣」がつまらなかった。のでない。

筒井は、実験小説家として読めということなのだろうが、
成功しているという話を聞かない。

20 :吾輩は名無しである:2009/08/07(金) 19:38:44
山椒魚 感想文 600字以上 誰か感想お願いします。
学校 北海道さっぽ○しの しょうよ○高校です。



21 :吾輩は名無しである:2009/08/07(金) 22:00:55
・・率直に言って唖然とした

22 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 14:17:23
僕は小学生から中学生のころ、読書感想文というものが、
1回も書けたことがありませんでした。
読書感想文以外にも、人権作文とか、1回も提出したことがないまま、社会人になって
しまいました。

高校生から大学生の頃、本を書き写したり、自分で日記を書いてみたりはしたのですが、
自信がつきませんでした。

いまからでも、文章の書き方を学びたいのですが、
どうしたらいいでしょうか。



23 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 14:25:35
コピペ?


本の読感でも人権でも、何かしら思うことや気になるところとかあるだろ?そういうのをまず羅列して、それを一まとめにすればいいじゃん

24 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 21:07:42
>>4
の感想パクっていい?

25 :吾輩は名無しである:2009/08/09(日) 00:46:25
山椒魚 感想文 600字以上 誰か感想お願いします。
学校 北海道さっぽ○しの しょうよ○高校です。

26 :吾輩は名無しである:2009/08/09(日) 01:12:51
>>25
なぜたったの600字???
サマリーを提出するの??

27 :記憶喪失した男:2009/08/09(日) 13:53:26
>>24 どうぞお。
堂々と、文部大臣賞とってくれ。

28 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 16:38:49
>>27
thx
いや提出すりゃ良いと思ってるから、賞なんていらん



29 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 17:46:59
>26
600字以上だし

30 :記憶喪失した男:2009/08/11(火) 13:33:31
「百年の孤独」ネタバレあり。

 アウレリャノ・ブレンディア大佐は、もし
選挙で違反を権力者が行っているのなら、国
民は立ち上がらなければ成らないことを示し
ている。
 ホセ・アルカディオ・セグンドは、もし、
労働組合が資本家につぶされるようなことが
あったら、国民は立ち上がらなければならな
いことを示している。
 この二つから、この物語の背景には、極め
て民主主義を応援する思想の反映が見受けら

れる。我々は、他の波乱万丈な人生劇場にふ
りまわされて、このことを見逃すようなこと
があってはならない。
 選挙の投票数を偽造するものはぶち殺すべ
きだ。もちろん、無血革命が望ましいけど、
支配者に搾取されながら生きるよりはマシで
ある。わたしは、立ち上がったアウレリャノ
を心の底から応援していた。わたしが、殺人
を認めても、選挙捏造を許さない証拠である。
 この物語を読んで、はたして、大衆はアウ

31 :記憶喪失した男:2009/08/11(火) 13:34:13
レリャノを悪だと思うだろうか。少なくとも、
わたしは思わなかった。敗戦したのに、国民
の英雄だと称えられるアウレリャノ・ブレン
ディアは、この物語が書かれたコロンビアが
選挙捏造を疑っていることを背景に描かれた
にちがいない。事実、わたしは日本でもアメ
リカでも、選挙捏造が行われる可能性を疑っ
ている。ましてや、発展途上国はどうか。
 ニュースで見る発展途上国のデモも、さも
あるべきである。民主主義を推進しなければ

ならない。
 今、描かれるべき物語とは、民主主義の物
語であり、神学の物語などは打ち捨ててしま
えばよい。
 「百年の孤独」は発展途上国コロンビアの
栄枯盛衰を見るような気がして、非常に貴重
な情報を我々に与えてくれる。発展途上国が
先進国、イタリアやフランスに負けないのは
素晴らしいことである。物語の中で、先進国
の科学に心酔する人物や、先進国の男性に憧

32 :記憶喪失した男:2009/08/11(火) 13:36:04
れるコロンビア女性が描かれる。しかし、コ
ロンビアは先進国に負けない。世界は、その
ようにあるべきである。
 この物語からは、社会弱者が社会強者に勝
ついくつものできごとが描かれる。注意して
読むと、いつも社会弱者が勝っていく。これ
は、作者ガブリエル・ガルシア=マルケスが
そういう思想を好んだ証拠であり、この物語
は、これからの文明国に深い示唆を投げかけ
るものである。

おわり。

33 :吾輩は名無しである:2009/08/15(土) 09:30:31
青木玉の上り坂下り坂の花火のくだりを読んでアポロ月面着陸の話題を思い出した

34 :吾輩は名無しである:2009/08/16(日) 19:27:22
すげぇよ

35 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 07:01:24
何で俺読書感想文なのにSFとかミステリなんて選択したんだろ

36 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 14:44:48
欲情の作法 渡辺 淳一

37 :クロポトキン・プロジェクト:2009/08/19(水) 22:34:37
「海底二万里」ジュール・ヴェルヌ

38 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 22:36:57
「夜の哀しみ」三浦哲郎

39 ::2009/08/20(木) 02:12:32
夏の庭の感想かいてくれ

40 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 11:37:05
「坊っちゃん」

41 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 12:06:36
夏の庭はかなり読みやすい
おすすめ

42 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 11:45:19
>>41
そういうことじゃなくね?

43 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 14:13:13
原稿用紙5枚なんて無理だ
書けそうにない
しかしタイムリミットはあと2日……

44 :吾輩は名無しである:2009/08/25(火) 23:04:11
>>4
おれもすまんけどこの感想文借りさせてもらいますわ

>>24と学校が違うことを祈る


45 :吾輩は名無しである:2009/08/26(水) 04:44:03
>>43
は間に合ったのだろうか・・

46 :吾輩は名無しである:2009/08/26(水) 12:01:45
>>4ってどっかのサイトからパクったやつですかー?

47 :記憶喪失した男:2009/08/26(水) 23:38:37
>>46 おれの自作だよ。創作歴12年の小説600冊読んでるものだ。

48 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 00:07:03
すごいww

49 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 00:11:34
税の作文が終わらない(笑)←

50 :吾輩は名無しである:2009/08/28(金) 01:31:09
>>49
納税の義務を負うことによる恩恵。
皆の税金を用いれば個人財力ではなしえない事業が実現するんだもん
皆で納税して豊な社会を実現しよう!

これにテケトーな肉つけて、規定枚数にしておくれw

51 :吾輩は名無しである:2009/08/31(月) 13:57:53
>>47
貴方のおかげで本が好きになりました。

52 :記憶喪失した男:2009/09/01(火) 20:38:03
>>51 うれしいです。

53 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 20:44:21
>>47
あなたのせいで読書が嫌いになりました。

54 :記憶喪失した男:2009/09/01(火) 20:46:24
>>53 あなたが嫌いです。

55 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 21:29:32
なんなんだw

56 :女子○学生:2009/09/01(火) 23:25:09
『カラマーゾフの兄弟』第1部の読書感想文を600字程度でぉ願ぃします。(*u_u*)

57 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 23:26:30
>>56
死ね!

58 :女子○学生:2009/09/01(火) 23:31:27
>>57 ぃやです! もうぁなたには頼みません、ほかの誰か どぅかぉ願ぃします。

59 :吾輩は名無しである:2009/09/01(火) 23:36:53
>>58
お前を絶対許さない。

60 :女子○学生:2009/09/01(火) 23:51:58
>>59
ぁたしはぁなたを赦します
 でももぅぁなたには頼みません、ほかの誰か
どぅかぉ願ぃします。。。(*u_u*)



61 :ザ・スミス:2009/09/02(水) 00:19:23
>>56 自慢じゃないが第一部の記憶なら喪失した

62 :女子○学生:2009/09/02(水) 00:33:36
>>61 ぁースミス… 蛸踊り 今夜も 舞って…

63 :ザ・スミス:2009/09/02(水) 00:36:07
>>62 いまは ちょっと腹が痛くて出来ない・・・

64 :女子○学生:2009/09/02(水) 01:07:50
>>63 もしゃ、貴様はS字結腸…??? あはは!!!

65 :ザ・スミス:2009/09/02(水) 01:17:34
>>64 いや そーじゃないんだけど いまは腹が痛くて

66 :川俣軍司 ◆kapwcKvnKE :2009/09/02(水) 01:21:00
呼んだ?

67 :ザ・スミス:2009/09/02(水) 01:26:20
>>66 呼んではいないよ

68 :女子○学生:2009/09/02(水) 01:27:06
>>66 ぁー!!! 超・有名人召喚しちゃったぁ〜!
 リァルで一番最近読んだ本何ですかぁ??
自分はinRedだょ もしかして、ド・ェロ本ですかぁ?

69 :川俣軍司 ◆kapwcKvnKE :2009/09/02(水) 01:28:44
本なんて読むのはビョーニンだけだよ。

70 :女子○学生:2009/09/02(水) 01:32:08
或る医師が言ってぃました 完全に健康な人間など存在しないって…
相変わらず、Cool!ですね

71 :川俣軍司 ◆kapwcKvnKE :2009/09/02(水) 01:37:24
僕もビョーニンだから

72 :川俣軍司 ◆kapwcKvnKE :2009/09/02(水) 01:41:50
最近は講談社文芸文庫の藤枝静男を読んでます。

73 :女子○学生:2009/09/02(水) 02:13:50
>>72 ぁたしなんか1Q84とかもだょー
 ド・スケベぇな描写にどっきん!
なんで、ハルキって「射○した」って描写ばっかりなのかなー

74 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 12:06:28
中学二年でエンデのモモは如何でしょうか?

75 :記憶喪失した男:2009/09/02(水) 12:53:31
>>56 1Q84みたいなクソ本を読まされたのなら書いてやる。

カラマーゾフの兄弟・第一部

 素晴らしい作品だった。最も良かったのは、
笑うリザヴェリータだ。人々の悩みをなんで
も諭してくれるゾシマ長老の唯一の失敗は、
笑うリザヴェリータの心の奥を読めなかった
ことだ。もちろん、リザヴェリータの心は天
才児アリョーシャにも読めなかった。アリョ
ーシャを嘲笑して笑うリザヴェリータの本当
の心は、アリョーシャへの恋だったのだ。
 恋心のわからないゾシマ長老に解決できる
のは、しょせん、大人の悩みだけだろう。こ
れから、絶対に克服しなければならない子供
の試練、恋愛の問題をゾシマ長老は見抜けな
かったのだ。あの、偉大なる聖人として称え
られる本当に善人のゾシマ長老が。
 子供は、恋愛するにしてもしないにしても、
必ず恋愛の試練にたたされる。まさに、人生
最大の試練に立っていたリザヴェリータとア
リョーシャの二人の問題を、リザヴェリータ
に「あなたはダメですよ」などといってしま
うゾシマ長老の死体は、それは腐食するであ

76 :記憶喪失した男:2009/09/02(水) 12:54:23
ろう。
 ゾシマ長老の説教は実に社会の現実をえぐ
り、心を打つ。悲劇に見舞われたものに神の
救済を教え慰める。金持ちにも貧乏人にも結
局は順番どおりに説教してくれる。優しい人
だ。俗世間を超越したはずの教会の中で、さ
らに超越して隔絶された長老の肩書きをもつ
ゾシマ長老を、さらに超えるものはリザヴェ
リータの恋愛。
 ただの嫌な人に見えるリザヴェリータと、
いじめられているように見えるアリョーシャ
が実は昔からずっと知り合いである恋人未満
の友人であることなど、ゾシマ長老は知らな
かったのだろう。ドストエフスキーは、自分
の哲学の上位に恋愛を置いた。これが、ドス
トエフスキーの判断である。
 かくのごとく、多くの思想家たちは至上の
ものとして恋愛をとり扱ってきたのだ。誰に
も解けて、お父さん、お母さんが子供を産ん
でいるはずの世の中で、いまだに、ありふれ

77 :記憶喪失した男:2009/09/02(水) 12:57:33
た恋愛が、哲学の頂点なのである。
 第一部ではリザヴェリータがアリョーシャ
に恋文を渡し、婚約者となるハッピーエンド
であるが、第五部まで読むと、二人は婚約を
破棄してしまう。これはとても悲しいことだ。
描かれることのなかった「カラマーゾフの兄
弟」の続編では、二人が再び婚約して、幸せ
な結婚をすることを、時空を超えて、過去の
ドストエフスキーにお願いするものである。

78 :記憶喪失した男:2009/09/06(日) 13:21:44
「こころ」の読書感想文

 前半が特に印象的だった。先生のいったこ
ろば、「恋愛なんて、罪悪ですよ」というこ
とばの衝撃の強さは強烈だった。今まで、こ
んな発想はしたことがなかったからだ。さす
が、みんなに読み継がれる名作だけあって、
心を打つ名文がひとつはあるものだ。
 この物語で、語り手は恋愛をしない。よっ
て、罪はないといえる。そして、先生は恋愛
をしている罪人である。物語の後半で、先生
の恋愛がどんなものだったのかが語られる。
それは、現在では、かなり時代錯誤な恋愛で
あると思われるが、好きなお嬢さんに言い寄
る男にお嬢さんをとられないために、策略を
めぐらしたのである。その言い寄る男とは、
先生の親友なのにである。
 先生は、お嬢さんを直接口説くのではなく、
お嬢さんの母親に頼みこむという方法によっ
て、お嬢さんとの結婚をとりつける。それに
より、お嬢さんを口説いていた親友の努力を
すべて不意にして、見事、お嬢さんと結婚し

79 :記憶喪失した男:2009/09/06(日) 13:24:02
てしまうのである。これは、わたしが邪推す
るに、お嬢さんには先生に気があったことを
母親はちゃんと見抜いていたためだと思われ
る。それくらいに、先生は恋愛を成就するの
に謀略を放ったが、その奥底には、ちゃんと
正道を行く相思相愛があったのである。わた
しは、この物語を読んでいて、お嬢さんは、
実に幸せになったと思えてならない。
 恋愛という罪を犯した先生は、罪を一生、
背負って生きる在野の文系研究者である。わ
たしと似ている。ちがうのは、妻がいるかど
うかである。これが、罪を犯したものと、犯
さなかった者とのちがいであろう。
 先生は、例え罪を犯してお嬢さんを親友か
ら奪ったとしても、決して、罪悪感ですぐに
自殺したりはしない。お嬢さんにみずからの
罪をずっと黙っていた。先生の妻はそれを見
抜いていたのか、どうか。親友は、お嬢さん
を奪われた心痛で自殺したというのに。

80 :記憶喪失した男:2009/09/06(日) 13:26:22
 先生は、お嬢さんが年老いるまで幸せに一
緒に生きた。この長さが先生の優しさなのだ
と思う。そして、先生の優しさについに限界
が来た。先生は、妻を親友から奪ったことの
罪悪感から自殺するのである。
 妻が死ぬより早く。先生は今でいうニート
である。彼女持ちのニートの死は、自殺なの
だろうか。妻より先に死ぬのが、男のニート
なのではないだろうか。
 これをもって、この物語の感想を終える。

81 :記憶喪失した男:2009/09/06(日) 13:27:21
感想文の感想頂戴。

82 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 18:44:20
>>81
>こゝろ

全体的に、何が言いたいのか分かりづらい。
自分の意見に自己満足してる印象?

あと、個人的には「名作といわれる〜」のくだりは、あんまし好きじゃない。
「他人の意見」よりも81の感想の根拠が知りたかった。

辛口に書いたけど、なかなか上手い感想文だと思います

83 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:04:19
感想文の感想もっとくれ。
ためしに、三十一歳のおれが書く。「星の王子さま」ネタバレあり。

 まさか、こんな素敵な話だとは思わなかっ
た。最初の、バオバブでできた惑星を信じる
少年はとても想像力豊かで素晴らしいと思っ
た。ぼくはバオバブでできた惑星なんて、思
い浮かばないから、きっと想像力のないダメ
な子供だと思う。だから、ぼくは会話が苦手
で、ぼく以外のみんなはきっとバオバブの惑
星を信じるような素敵な感性をもった子供な
のだろうと思った。
 星の王子さまに出てくる実業家が好きだ。

この作者はおそらく実業家のことをバカにし
ていて、立派なのは電灯をつける労働者なの
だといいたいのだろうけど、ぼくは実業家の
方が好きだ。だって、王様の支配する土地を
勝手に所有権を主張しているなんて素敵な反
逆罪じゃないか。
 もちろん、ぼくは大人になっても、実業家
のような大きなことはいえないで、電灯をつ
ける労働者のようになっているのだろうけど。
それでも、実業家のような大胆な嘘をつける



84 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:05:07
柔軟な頭をもった大人になりたいと思った。
 星の王子さまは世界で何番目かに売れた本
なのだそうだけど、読む前はくだらないお説
教が書いてあるのだろうとバカにしていた。
だが、実際に読んでみると、奥の深い寓意が
読みとれて、素晴らしい。こんな本をもっと
いっぱい読みたいものだ。
 それに、星の王子さまが孤独なところがす
ごく良かった。星の王子さまに嫉妬したりし
なくてすむ。人気者がどうだとか、ダサいと

どうだとかいう話にはうんざりなのだ。星の
王子さまは幸せなのかどうかもわからない謎
の人物だから、読んでも何歳なのかもわから
ないくらいだから、そこがぼくの心を打った。
 星の王子さまは幸せなのだろうか。読んだ
ところ、小惑星に帰れないこと以外は悩みな
どないかのようだ。後半に出てくる花が冷た
い態度をとってくることが書いてあるけど、
星の王子さまも人間関係で困ってるんだ。や
はりこれはぼくだけでなく、どんな人気者で
も悩む問題らしい。ぼくも、贅沢をいわずに

85 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:06:06
強い大人になりたい。
 星の王子さまを読んで、ぼくは社会のこと、
故郷を思う心のこと、夢を見る心のもつこと、
人との関係が難しいこと、などを学んだ。こ
れは一冊の物語から得られるものとしては、
とても大きなものだと思う。こういう心を大
切にして、ぼくはこれから生きていこうと思
う。この本を読んだことは決して無駄ではな
かった。むしろ、なぜ、今まで読まなかった
のか後悔するくらいだ。今年の夏は良い読書

ができたと思い、感想文を終わることとする。
                 おわり

原稿用紙二枚と十六行。

86 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:08:17

 , -―-、、
/::::::::::::::∧∧
l:::::::::::::( ´ω`) よろしくです・・・・
ヽ、:::::::::フづとノ'
  '〜|   |
    し---J



87 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:10:07
三十一歳のおれが「オズの魔法使い」の感想文も書くよ。
以下、「オズの魔法使い」のネタバレあり。

 まず、読み始めて、冒頭でびっくりした。
いきなり、主人公の女の子は東の悪い魔女
をやっつけてしまうじゃないか。なんだ、
この早さは。なんだ、この圧倒的展開は。
 そこが何より素敵で、その後の長い物語
をえんえんと読みつづけた。あまりにも単
純で素直な寓意に、わたしは感動した。脳
のないかかし、心のないブリキの兵隊、勇
気のないライオン。みんな、もっていて当
たり前のものをもっていない可哀相なやつ

らだ。この単純な寓意に、心を揺さぶられ
ずにはいられない。わたしに、脳がなかっ
たらどうだろうか。わたしに、心がなかっ
たらどうだろうか。わたしに勇気がなかっ
たらどうだろうか。とても、まともに生き
ていくことができない。わたしはこのドロ
シーの仲間たちを読んで、世界には自分に
とって当たり前のものも与えられない酷い
目にあっている者たちがいることを教えら
れるのである。この世界が、完璧じゃなく、

88 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:35:04
生まれながらにして不幸な境遇に置かれる
者たちがいることに気づくのである。ああ、
我々は、かかしやブリキの兵隊に基本的人
権を与えるために頑張らなければならない
ではないか。わたしは本音で思った。彼ら
がオズの魔法使いに、脳や心を与えられた
らいいなあと。
 ただ、勇気のないはずのライオンは、物
語の中で、ずっと勇敢だと思ったけど。ま
あ、そんなささいなことはご愛嬌だろう。
 そして、オズの魔法使いに会い、西の魔

女をやっつけて、帰ってきたドロシーたち。
ただの女の子のドロシーがちゃんと西の世
界を支配する悪い魔女をやっつけました。
悪いやつをやっつけるのに、大人も子供も
ない。男も女もないと思いました。
 約束どおり、悪い西の魔女をやっつけて
帰ってきたドロシーたちが、望みのものを
手に入れて、とても優しい気持ちになれる
物語でした。いじわるなオズの魔法使いも
なんだかんだいって、ちゃんと約束を守っ

89 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:36:57
たように見えるし。
 あのまま、ドロシーが気球にのって、故
郷に帰ったら、もっと素敵な物語になって
いたと思います。だけど、残念ながら、話
はまだつづき、ちょっとうんざりします。
 でも、なんと、旅の仲間、三人がみんな、
王様になってしまうのです。この大出世に
はとても感激しました。簡単に出世できる
楽な道があるなど、人々に読ませるには悪
影響な物語だと思いますけど、でも、仲間

が大出世するのは素直に心から喜べます。
 最後、主人公のドロシーが、主人公だか
らといって特別扱いされることなく、何の
得もなく、故郷に帰るところがよくできて
いて感心すると思いました。

おわり。

90 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:38:34
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡


91 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:40:07
おれが参考までに書いてやる。以下、「神様のメモ帳」のネタバレあり。

 感動した。物語の中で、彩夏がなぜ死んだ
のか、謎のままにして物語りは終わる。その
原因をわたしなりに考えてみた。
 まず、第一の推理では、兄に突き落とされ
た。これは当然、罰を受けるべき兄に罪が追
加されるわけであり、なるほど、ありえる展
開だと思う。わたしはこの兄が憎い。
 第二に、やはり自殺だというもの。そもそ
も、たった一人で園芸部をやっていた彩夏が
兄に勧められて必死になって育てていた自慢

の花が、主人公に見せて大威張りだった花が、
麻薬を精製するための芥子の花だったことを
知った彩夏は、恥ずかしすぎて自殺するので
はないだろうか。
 彩夏は主人公が園芸部に入ってくれたこと
が絶対に嬉しかったにちがいなく、自慢に披
露した特製の花が、自分が一番大事に育てて
きた一番綺麗な花が、犯罪に使われる花だっ
たことを知った時、高校生彩夏は罪悪感に耐
えられるだろうか。知らぬ間に、自分も犯罪


92 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:41:57
の手先に入っていたことを、許せるだろうか。
そして、彩夏が飛び降りて死んだというのな
ら、わたしは彩夏の自殺の原因にとても納得
するのである。
 そして、わたしはやはりこの犯人の兄たち
を許せないのである。兄は物語の中で快楽主
義を語る。快楽こそが人生の勝利だと語る。
しかし、その兄の快楽は薬物によって得られ
た人工的な快楽である。その刺激は天国にい
るかのようだと語られる。だが、わたしは主

人公とともに断言して語りたい。この兄の快
楽主義は、絶対に幸せな人生などではないと。
負け犬の兄が手に入れた空虚な逃げ場所にす
ぎないと。
 しかも、それが実の妹を利用して手に入れ
たものだなどとは、残酷すぎる。許されるわ
けがない。
 天国とは何だろう。そんなもの、今の時代、
誰も死後にあるとは信じていないだろう。だ
から、現代の我々は現世で天国に行けること

93 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:52:13
を目指す。しかし、ただ快楽を手に入れただ
けの人を人生の勝者だとは認めたくないので
ある。
 わたしはこの物語を読んで思う。もしかし
て神様がいたとして、その神様が選ぶ十四万
四千人の天国へ行ける選ばれしものは、やは
り心正しき者たちであろうと。わたしはキリ
スト教もユダヤ教も信じてはいないけど、神
様でなくてもいい。もし、天国へ行ける者を
選ぶのだとしたら、それはナルミのような勇

敢な自己犠牲をもったものか、アリスのよう
な隠れた頑張り屋なのだろう。
 わたしも神様のメモ帳に良いことばで名前
が書かれるように、生きていきたいものだと
思った。
                おわり

原稿用紙2枚と十五行

94 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:52:55
   (V) ∧_∧(V)
    ヽ(・ω・)ノ  フォッフォッフォッ バルタソ星人が94get
.     /  /
    ノ ̄ゝ 

95 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 00:54:13
                ト、         /ヽ   /\        _
             /|\ | ヽ       〈三ヽ /三/|        / !    /!ヽ
             | l  ヽ |  ヽ      !\   / _|      /  |   ,' /  !
             | ヘ   !   ヽ    ( )){ }( ))     ,'   !_/ /  j   切ってやる!!!!
             ',  ヽ |    l      トイ`|i|⌒ Y=}     !    ', /   /      
             ',  ヽ!≡   l      { ヽ || r‐'リ -i    !  ≡ !     /
              ヽ    ≡  !     | ミ )!!= 彡-ノ_   l  ≡ !   ,.'
               \   ≡ |   ,.-ノ / ! ト、トく   `メ、_',  = / /
                \ ≡ !  /てノしイ_人人ノ、    ヽ  /
                  \― |/ヽ ,イ- 、ヽ /   イ´ ̄ ̄ヽ_/
                   \ ヽ/  l  ヽi / ̄`!
                      ̄     〉―く ァ―‐‐j


96 :ザ・スミス:2009/09/07(月) 01:04:40
>>95
記憶なくしたからって やって良いことと悪いことがあるだろ。
そこのところをわきまえろよオラ    


                   寝る

97 :理科男 ◆U7hI4IbI.w :2009/09/07(月) 01:10:47
ザリガニは今日も日夜、実験生物として人類のために役立ってるよ。
てかみんな寝ちゃうのかぁ〜

98 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 03:13:27
このスレの意味がわからない。

99 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 03:34:36
文学板じゃなくてもいいな

100 :理科男 ◆U7hI4IbI.w :2009/09/07(月) 09:24:30
>>98-99
同意。

101 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 16:50:41 ?2BP(0)
読書感想文「深夜プラス1」

 冒険小説の最高傑作だということで読ん
だ。結果は期待を裏切らないものだった。
非常に面白い娯楽作品だ。
 まず、いきなり、依頼人に会いに行った
ら死体を発見することから始まる。自分た
ちの依頼人が命を狙われていることを証明
するものだった。
 命のやりとり。これこそ、男の心憧れる
戦場の舞台だ。男として、武術の修行を一
度でもしたのなら、命のやりとりをする戦
場に一度は立って、自分の実力を見てみた
いものだ。だから、この物語は緊張する。
はらはら、どきどき、するのである。
 最初の戦いでは、主人公側は運がよいだ
けであっさり勝ってしまう。
「お友だちのハーヴェイさんが、撃ち始め
なければね」
 という台詞には思わず笑ってしまった。

102 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 16:51:38 ?2BP(0)
 そして、ハーヴェイと主人公の銃へのこ
だわりの描写が何より素晴らしい。二人と
も、バカみたいに慎重に危険に対して調査
をする。ハーヴェイは依頼人を自分の命に
代えても守らなければならない。ハーヴェ
イは本物のガンマンなんだ。
 そして、主人公は、本物の執行人だ。エ
ージェントなんだ。依頼は必ずなしとげる。
依頼は、依頼人を目的地へ安全に連れて行
くこと。
 主人公は、一度襲撃があった後、進路を
変更し、自分の隠れ家へと向かう。そこは、
かつて、第二次世界大戦で情報機関だった
主人公が利用していた隠れ家だった。仲の
良い仲間たちがおり、好きだった人もいる。
 しかし、主人公の恋は実らない。もう、
遅すぎたのだ。お互いに、愛情を確かめ合
いながら、だが、決して、それ以上に踏み
込むことはない。

103 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 16:52:58 ?2BP(0)
 そして、目的地につく途中で、ロールス
ロイスという自動車が登場する。とびきり
の高級車で、主人公たちはこれに乗って、
特別待遇で検問を突破する。格好いい。今、
効率重視の自動車ばかりつくっているが、
いつか、こういう格好いい自動車が日本に
満ち溢れると嬉しい。
 最後に、謎の敵を倒して、物語は終わる。
とても楽しい冒険小説だった。

おわり。

104 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 16:56:31 ?2BP(0)
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ 運営!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  規制で鬱になる奴はねらーだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  鬱にならない奴は金を積んだねらーだ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 2chは地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


105 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 19:11:26 ?2BP(0)
おれが参考までに書いてやる。以下、「神様のメモ帳」のネタバレあり。

 感動した。物語の中で、彩夏がなぜ死んだ
のか、謎のままにして物語りは終わる。その
原因をわたしなりに考えてみた。
 まず、第一の推理では、兄に突き落とされ
た。これは当然、罰を受けるべき兄に罪が追
加されるわけであり、なるほど、ありえる展
開だと思う。わたしはこの兄が憎い。
 第二に、やはり自殺だというもの。そもそ
も、たった一人で園芸部をやっていた彩夏が
兄に勧められて必死になって育てていた自慢

の花が、主人公に見せて大威張りだった花が、
麻薬を精製するための芥子の花だったことを
知った彩夏は、恥ずかしすぎて自殺するので
はないだろうか。
 彩夏は主人公が園芸部に入ってくれたこと
が絶対に嬉しかったにちがいなく、自慢に披
露した特製の花が、自分が一番大事に育てて
きた一番綺麗な花が、犯罪に使われる花だっ
たことを知った時、高校生彩夏は罪悪感に耐
えられるだろうか。知らぬ間に、自分も犯罪

106 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 19:12:45 ?2BP(0)
の手先に入っていたことを、許せるだろうか。
そして、彩夏が飛び降りて死んだというのな
ら、わたしは彩夏の自殺の原因にとても納得
するのである。
 そして、わたしはやはりこの犯人の兄たち
を許せないのである。兄は物語の中で快楽主
義を語る。快楽こそが人生の勝利だと語る。
しかし、その兄の快楽は薬物によって得られ
た人工的な快楽である。その刺激は天国にい
るかのようだと語られる。だが、わたしは主

人公とともに断言して語りたい。この兄の快
楽主義は、絶対に幸せな人生などではないと。
負け犬の兄が手に入れた空虚な逃げ場所にす
ぎないと。
 しかも、それが実の妹を利用して手に入れ
たものだなどとは、残酷すぎる。許されるわ
けがない。
 天国とは何だろう。そんなもの、今の時代、
誰も死後にあるとは信じていないだろう。だ
から、現代の我々は現世で天国に行けること

107 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 19:14:15 ?2BP(0)
を目指す。しかし、ただ快楽を手に入れただ
けの人を人生の勝者だとは認めたくないので
ある。
 わたしはこの物語を読んで思う。もしかし
て神様がいたとして、その神様が選ぶ十四万
四千人の天国へ行ける選ばれしものは、やは
り心正しき者たちであろうと。わたしはキリ
スト教もユダヤ教も信じてはいないけど、神
様でなくてもいい。もし、天国へ行ける者を
選ぶのだとしたら、それはナルミのような勇

敢な自己犠牲をもったものか、アリスのよう
な隠れた頑張り屋なのだろう。
 わたしも神様のメモ帳に良いことばで名前
が書かれるように、生きていきたいものだと
思った。
                おわり

原稿用紙2枚と十五行

108 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 19:15:54 ?2BP(0)
                       ____
              _, ‐''".:.:.:::::::::::::::::.:..`丶、
             ,  '´..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..\
            ///::/.::::/.::{:::::、:::::::::::::::::::::::::::.:..ヽ    私
            く//イ:::/.::::/|::|l|:::::||::::}l:|:|:::: l:::::::::::::::::.   を
             〈/ |:::|.:::/\:|l|:::::||::::||:|:|:::: |:::::::::::::::::l     ┐
                |:::L/ンァミヽ- └_,斗ヒ''::「::/.:::::::::::|    姉
             '⌒V::::::ト{ {::しト  ` イノハ\/.::::::::::::::|  └
.            |  '.::::::} ヒ:::ノ    {:::::::リ イ.:::::::/:::::リ   と
.           !   、::::} ''   ,.  -v、ー'/.::::::::ハ::/    呼
             ヽ   ゙ーミ  {     /.:::::::/_ノ:/     ぶ
            \/  `ヽ>‐r-/..:::::::::イ:::::::::/     な
            /   /  ,寸宀=ミー'⌒|::::/::|     っ
         / ̄{  /  ,/ }ハ: : :\\: ∨::::|     て
           (__ `〈_/  ノ{: l} : : : : : :\}:::::|     ヴ
              | `-イ-┤l| : : : : : : :ヽ\|     ア
                 \: \_ノ ノ : : : : : ノ: : ト、ヽ    ! !

109 :記憶喪失した男:2009/09/07(月) 19:16:55 ?2BP(0)
「エンダーのゲーム」と「怪人二十面相」はネタバレが怖いので。
感想文なし。

110 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 22:05:47
これはひどい

111 :ザ・スミス:2009/09/07(月) 23:07:56
>>97
まさか>>94>>95も実験材料にしちゃったんじゃ・・・

112 :ザ・スミス:2009/09/07(月) 23:22:56
>>109
どんだけ書き込んでるんだよ? ホントに記憶喪失したのか?

113 :ザ・スミス:2009/09/07(月) 23:37:46
ところで一つ疑問があるんだけど
「記憶喪失した男」と「記憶喪失したネオマトリクス」は同一人物なのでしょうか?

114 :ザ・スミス:2009/09/07(月) 23:41:56
>>107
こんだけ感想書けるのはスゴイものだよなあ


115 :女子○学生:2009/09/08(火) 00:42:16
畢竟確かに或る意味凄まじいもの…ですね、非道い代物ですが。

116 :記憶喪失した男:2009/09/08(火) 11:12:03
>>113 別人だ

117 :吾輩は名無しである:2009/09/08(火) 11:17:26
読書感想文は難しいよね。
書いていて恥かしくなる。自分が書いた物を読み返すには勇気がいる。


118 :ザ・スミス:2009/09/09(水) 03:51:06
>>115
記憶喪失した男の感想文からは非道かつ非情かつ冷血な精神がうかがえるね

>>116
なんだ別人かあ

119 :記憶喪失した男:2009/09/10(木) 12:05:13
>>118 それを本当に読みとったなら、おまいは洞察力があるよ。

120 :吾輩は名無しである:2009/09/15(火) 08:56:10
志茂田景樹の『黄色い牙』なんてどうだろう。
マタギの話で面白そうだし。

121 :吾輩は名無しである:2009/09/16(水) 01:24:47
>>107
感想の質はさておき、全体のアウトラインが見にくいね。
「原因」を「推理」することと、「兄」を許せないと思うことの間を、
「そして」で結ぶよりも、「それにしても」くらいにして、
別の項目として扱ったほうが文章が引き締まる。
あとは「推理」と「許せない」と「選ばれるのは・・・」って内容が、
ただ列挙されているだけでなく間に流れがあると、読んでて面白いと思う。

122 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 07:38:47
大学の宿題で推薦図書の感想文が出された
この年になってもあらすじを書くしか文字数を埋める方法がない
さすがにこの書き方だとまずいよな

123 :記憶喪失した男:2009/09/29(火) 16:12:24
みんな、すごく感動的な過去ログを見つけたよ。
おれは泣いた。
http://1yoshi.zero-city.com/html/dousitegora.htm


124 :水没王子:2009/09/29(火) 19:19:05
>>123 とりあえず記憶を取り戻せよ

125 :記憶喪失した男:2009/09/30(水) 08:46:46
>>124 おれの消された記憶は国家機密に直結するのだ。
日本政府が危険すぎるので、戻してくれないのだ。

126 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 10:26:36
まだそんな事いってるの?

127 :水没王子:2009/09/30(水) 19:22:46
>>125 「返して〜(涙)」って言えば?

128 :水没王子:2009/09/30(水) 22:25:28
頼めば何とかなることは結構あるからね

129 :記憶喪失した男:2009/10/28(水) 17:03:21
今、いちばん注目の日本音楽家はSOUL'D OUTだよね
beチェック
1 名前:記憶喪失した男 2009/10/28(水) 16:51:01
「SOUL’D OUT」のシングルコレクション2009を聞いてる。
http://www.youtube.com/watch?v=Bhgm5qIWePc


130 :吾輩は名無しである:2010/02/05(金) 16:17:49
あげ

131 :記憶喪失した男:2010/03/06(土) 16:20:27
短くて良い本を選んだ。高校三年生を変更。もっといい本が見つかった。
小学四年生:星の王子さま
小学五年生:オズの魔法使い
小学六年生:怪人二十面相

中学一年生:老人と海
中学二年生:斜陽
中学三年生:ハムレット

高校一年生:神様のメモ帳
高校二年生:エンダーのゲーム
高校三年生:インストール

大学生推薦本:百年の孤独

132 :記憶喪失した男:2010/03/06(土) 16:40:56
三十二歳のおれが書く「インストール」の読書感想文

 面白かった。全部で三つの要素をもつ小
説だと思う。それは、学校をサボることと、
コンピュータを使うことと、アダルト産業
に関わることだ。全部、青春の一部だと思
う。三つの要素はどれも面白く、おれの興
味を引いた。
 学校をサボることは、映画「ぼくらの七
日間戦争」を連想するのだけど、とても不
思議なすがすがしさを時々もっているもの

だ。学校から開放されると、レールにのせ
られた人生から外れた気分になり、自分が
人生の主役であるかのような錯覚に陥るも
のだ。おれの高校時代は、毎日、遅刻する
ことが学校体制への反抗の現われだった。
一年間で、百二十日遅刻していた。教師が
通知表に本当のことを書けないので、二十
七回に減らして、嘘をついていた。おれの
大人との戦いの一部である。おれの青春だ。
 この物語は、女子高生が何の理由も無し

133 :記憶喪失した男:2010/03/06(土) 16:41:49
に登校拒否を始めるところから始まる。
 下手くそなコンピュータを使い、ちょっ
としたバイトを始める。それは、アダルト
サイトの風俗嬢の代わりにエロチャットを
することである。性的なことに詳しくない
主人公は、たどたどしくもエロチャットを
行う。おれは風俗に行く女の話を読むと、
すべての女が風俗を経験しているのではな
いかと猜疑心が沸いて、とても、嫌な気に
なるのだけれど、おれの感情を無視して、

物語の主人公はエロチャットを始める。
 エロチャットの相手をする男たちは、
本気でコンピュータの向こうに美女がい
ると思って、楽しんでチャットをしてい
る。実際に、綿矢りさはかわいいし、こ
の小説の主人公もそこそこ可愛いのだろ
うけど、エロチャットで話が弾むと面白
いだろう。男は、風俗嬢相手でもいいの
で、女の性に対する本音を聞きたいので
ある。だから、エロチャットは営業が成

134 :記憶喪失した男:2010/03/06(土) 16:43:13
り立つのである。
 主人公が処女であり、風俗産業の手伝
いをして、処女のまま一人の男と付き合
うこともなく終わるこの物語は、とても
興味深く面白かった。
 おれが勝手にいってしまえば、女はや
はり、アダルト産業を拒絶していないと
いうことである。それは綿矢りさだけが
拒絶していないだけかもしれない。本番
なしのエロチャットだけだけど、風俗は

風俗である。でも、風俗の男に女を牛耳
られるのが嫌なおれは、あまり、女が風
俗に参加する話を聞きたくないのだ。
 でも、面白かった。これは、おれがま
だ未熟なのだろう。

おわり

135 :記憶喪失した男:2010/04/23(金) 14:28:13
あげ

136 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 15:59:18
ゲバねこ大行進

137 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 11:50:28 ?2BP(791)
三十二歳のおれが書く読書感想文
「姑獲鳥の夏」

 関口巽は妻帯者である。三十歳を超えた壮
年である。そんな関口巽が、十年前の恋を思
い返す物語である。
 いや、この物語は何重にも伏線が張りめぐ
らされ、胎児連続殺人事件や、二年間出産し
ない妊婦や、狐憑きの家系などが語られる。
しかし、その中で、もっともわたしの心を打
ったのは、物語の主軸のひとつである間抜け
な間抜けな関口くんの恋愛である。
 間抜けな関口くんは当時、二十歳だった。

まだ若い。そんな時、関口くんの友人が恋を
する。久遠寺梗子という名家の娘に恋をした
のである。奥手な友人は、梗子への恋文を関
口くんに代筆してもらうことを頼む。関口く
んはそれを引き受け、自分で恋文を書く。
 さらに、友人は、その恋文を想い人である
梗子に届けてもらうことを頼む。関口くんは
引き受ける。
 ここで重要なのは、想い人久遠寺梗子には
姉がいるということである。その名を涼子と

138 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 11:51:44 ?2BP(791)
いう。
 関口くんはせっかく一生懸命書いた恋文を
届ける相手をまちがえて、涼子に届けてしま
うのである。これではいけない。とんでもな
い大失態だ。しかし、物語はさらに意外な展
開を見せる。恋文を届けに行った関口くんは、
友人の想い人であるはずの出会ったばかりの
相手に、一目惚れしてしまうのである。
 友人に頼まれて恋文を代筆し、友人に頼ま
れて恋文を代わりに届けに行った関口くんは、

突然、物語の中心人物となってしまうのであ
る。
 関口くんは恋文を渡した。涼子はそれを読
み、てっきり関口くんが求愛してきたのだと
思い、承諾しようとした。その時、突然、訪
れた衝動にかられ、関口くんは涼子を犯して
しまうのである。
 この体験は、関口くんの精神的外傷として、
記憶から欠け落ちてしまう。
 なんということだ。間抜けな間抜けな関口

139 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 11:54:04 ?2BP(791)
くんは、自分で書いた恋文を、自分で届けて、
自分で口説いて、自分で性交に臨んだにも関
わらず、それを罪と思って心を壊してしまう
のである。
 関口巽と久遠寺涼子は、十年前、両想いの
恋人だった。ひと時の情事を交わした恋人だ
った。なのに、なぜ、関口くんは心を壊して
しまったのか。
 これが間抜けな間抜けな関口くんの二十歳
の恋愛である。わたしは、そんな関口くんが

大好きなのである。
                   了

140 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 11:59:12 ?2BP(791)
この「姑獲鳥の夏」の感想文は、むかし読んだ京極夏彦ファンサイトの
文章を参考にしています。

141 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 12:02:14 ?2BP(791)
       ________∩_∩
     /   ノ ヽ (  ノ⊂ ̄))) ̄⊃
     /|ヽ  (_ノ  ._ ̄  0'ヽ 0'
    / |ノ  .)    (_)  ヽ  i (   むしゃむしゃしていた。
 ∋ノ |  /――、__  ./(∩∩)  草なら何でもよかった。
      / /| ヽ__ノ   | / ./     今は反芻している。
    | ( | ( ’’’    | ( /
    |__ヽ.L_ヽ        Lヽ_ヽ


142 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 13:12:33 ?2BP(791)
三十二歳のおれが書く読書感想文
「ドグラ・マグラ」

 主人公の正体は、正木博士である。世間
では、主人公は呉一郎などといわれている。
真に嘆かわしいことである。世間の「ドグ
ラ・マグラ」に対する理解力のなさを示し
ており、わたしは「ドグラ・マグラ」とい
う傑作が正しく理解されるように思い、こ
こに執筆するものである。とにかく、物語
の序盤で正体不明の主人公の正体は、天才
科学者正木博士四十歳なのである。
 正木博士は、若作りで、十代の若者にも

見えると書いてある。だから、十代の若者
と思われる主人公は、正木博士なのである。
 劇中に主人公に正木博士が会いに来る。
しかし、その正体は若林博士の返送である。
若林博士と正木博士が現在時間で同時に登
場することはない。それは、二人が同一人
物だからである。若林博士は巨人だと書い
てある。椅子に腰かける様子が不自然だと
も書いてある。それは、若林博士は、巨人
に変装しているからである。若林博士の演


143 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 13:15:09 ?2BP(791)
じる正木博士も眼鏡をしている。眼鏡は変
装の常套道具である。よって、主人公であ
る青年が会う若林博士と正木博士は同一人
物である。
 後半、主人公は呉一郎だと若林博士が教
えるのは、ミスリードである。読者に、主
人公が正木博士であることを誤魔化す技で
ある。だから、主人公は呉一郎だといわれ
て、正直に主人公が呉一郎だと思うようで
は、稀代の奇書「ドグラ・マグラ」を読み
解くのは不可能である。

 物語は、正木博士の死亡記事で終わる。
だが、正木博士の死体が、正木博士だと証
明されたのは、名刺が死体のポケットに入
っていたためである。明らかな偽装死であ
る。正木博士は、数十年前に、死んだふり
をして、開放治療場にやってきていたので
ある。正木博士が、記述どおりに死んだと
思わせるのは、ミスリードである。
 「ドグラ・マグラ」の主人公は正木博士
である。わたしは何度も声を大にして、叫


144 :記憶喪失した男:2010/06/17(木) 13:17:22 ?2BP(791)
ぶものである。
 つまり、正木博士は記憶を失い、みずか
らつくりあげた開放治療場で毎日、同じ狂
った日々をくり返しているのである。正木
博士がなぜそんなことをするのかはわから
ない。しかし、あの開放治療場は正木博士
の仕かけたからくりなのである。
 それをわからずに、主人公は呉一郎など
と解釈する現在の日本の「ドグラ・マグラ」
読者の主流派は猛省するべきである。

 「ドグラ・マグラ」にはまだいくつもの
仕掛けがあるが、現在、大きく勘違いされ
ていると思われるこの主人公の正体をとり
あげて、今回の感想を終わらせてもらう。
                  了


145 :吾輩は名無しである:2010/07/01(木) 23:41:07
ドグラ・マグラに勘違いもクソもあるかキチガイ
久作が主人公の正体を明かしていないのに主人公は正木だと決めつけて「猛省するべき」とかアホかと


146 :記憶喪失した男:2010/07/10(土) 11:41:07
暇なので、三十二歳のおれが書く「夏の庭」の読書感想文。ネタバレあり。

 作中でいちばん面白かったのは、河辺がい
った「天才だよ」というセリフだ。これには
笑った。
 死にそうな年老いたじいさんが死ぬところ
を観察するというこの物語において、じいさ
んを山下が毒殺しようとしたと思ったことに
対する河辺の反応である。この反応において
河辺は、殺人を容認しているわけである。
 死について考えるはずのこの物語において、
いちばん面白いのは、死そのものではなく、

殺人を容認する河辺の反応なのである。
 実際は、山下がじいさんに差し入れしよう
とした刺身に毒は入っておらず、読者である
わたしも、山下の刺身に毒が入っているとは
予想していなかった。だが、その固定観念を
打ち砕く河辺の毒殺するという発想は、常識
外れの無軌道すぎて、笑いを与えるのである。
 笑いはいいものだ。だが、毒殺はいけない。
ここで、あえて、毒殺をすることを思いつく
河辺に罪はあるだろうか。河辺は残酷か

147 :記憶喪失した男:2010/07/10(土) 11:41:33
 おれは思う。笑いとは、してはいけないこ
とをすることから引き出されることが多い。
ただの迷惑行為には、反吐が出るが、笑いを
かもしだす迷惑行為には、賞賛を感じてしま
う。ここに、人類の先天的な罪があるのでは
ないだろうか。いわば、河辺の毒殺という発
想こそ、不条理な罪を背負いし良心だといえ
るのだ。
 あえて、罪をかぶることにより、笑いをと
る。それは英雄にも似た道化士の技で、この

世を幸せにするために必要なものだ。許され
る笑いと、許されない笑いの境界線はどこに
あるのか。それは理想郷を模索する我々を深
く悩ませる。笑いのない理想郷など必要ない。
ただの効率のよい社会は、理想とはいえない。
笑いを許容する社会こそが、理想である。で
は、じいさんを毒殺すると思いついた河辺の
罪はどう裁かれるべきなのか。
 もし、山下が毒殺に成功していれば、河辺
のセリフは笑えるだろうか。書いていた感覚

148 :記憶喪失した男:2010/07/10(土) 11:42:17
では、笑える気がする。
 だが、死んだじいさんの死体を前にしたら、
その笑いも凍りつくだろう。ここに、まだ現
代科学では未解明の笑いのからくりの問題が
ある。
 被害のない違反行為は笑える。これが、今
のわたしに思いつく結論である。よって、毒
を入れなかった山下のおかげで、悪人である
河辺は、笑いをとった英雄となるのである。

 死について描かれたこの物語の結論は、被
害なき死は笑いをとる、である。
                了

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)