5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

次に読むべき本を教えてください

1 :見習い:2009/07/25(土) 00:37:37
今年に入って人のすすめを中心に50冊以上読んできましたが
なかなか気持ちのよい本に出合えません。
とりあえずここまででよかったのは
平野啓一郎 決壊
山本周五郎 さぶ
カポーティ 冷血
です。
よろしくお願いします。

2 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 00:44:20
半年ROMれ

3 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 00:44:43
平野啓一郎の決壊が面白かった時点でお前に未来はない。

4 :見習い:2009/07/25(土) 00:48:53
>>2
1ヶ月はROMってみたんですが・・・

5 :見習い:2009/07/25(土) 00:49:49
>>3
え。困ります。
人としての未来がなくても、読む本はおせーて

6 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 00:53:09
つグインサーガ

7 :見習い:2009/07/25(土) 00:54:53
>>6
長すぎます。いじわるしないでください

8 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 00:59:10
筑摩世界文学全集
読み終えたら
筑摩日本文学全集

9 :見習い:2009/07/25(土) 00:59:28
あとは
藤沢周 ブエノスアイレス午前零時
太宰治 津軽
もよかったです。

10 :見習い:2009/07/25(土) 01:00:24
>>8
図書館で借りれるものにしていただけませんでしょうか。

11 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 01:01:41
図書館にあるよかっぺ

12 :見習い:2009/07/25(土) 01:02:32
>>11
ご指摘どおり田舎のため、分厚いヤツは持ち出せないのです

13 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 01:08:57
イミダスでも読んでろかっぺ

14 :見習い:2009/07/25(土) 01:11:42
あ?黙って聞いてりゃかっぺかっぺってうるせーよ粗チン野郎!

15 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 01:30:42
ちんこねーよかっぺ


有名古典読め
万葉集から近松まで読め

16 :見習い:2009/07/25(土) 01:45:44
なんだチンコすらねーのかよ!粗マン野郎!

17 :見習い:2009/07/25(土) 01:50:30
ペチャパイ!ブス!デブ!年増!ヤリマン!処女!黒乳首!

18 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 04:27:40
自分が読む本くらい自分で選べよ。

こんな事も他人任せかよ。

19 :見習い:2009/07/25(土) 04:36:11
下手に出てりゃ喧嘩売ってんのかてめーは?
教える気がないならくだらねー駄レスつけてねーで
さっさと失せな。そんでクソしてクソ食って寝ろや!!

20 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 05:09:28
ノーベル文学賞ものを読んでいくといい
作家&作品解説も読めば現代の文学史についてもそれなりに具体的な知識が得られる
あとは気になった時代や国の作品を重点的に攻めるもよし
取りこぼしの名作を拾っていくのもよし
まあどれも大部な作品だから時間はかかるがそれほど退屈はしないと思う

21 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 07:54:31
こち亀読よかっぺ

22 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 08:07:19
どういうのを読みたいの?
「気持ちのよい本」と言われてもなあ

23 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 08:45:12
>>1
決壊をいいという人とは小説の話はしたくありません

24 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 10:20:02
大岡昇平の『野火』

気持ちよくなれる

25 :見習い:2009/07/25(土) 11:46:35
すみません、14以降は1ではありません。
田舎の夜はつまらないので寝てしまいました。

ノーベル文学賞ですか。
芥川賞をかたっぱりから読んだんですが、
ここの人は評価してなさそうですね。
英語がダメなので、できれば日本の小説がよいのですが・・・
大江健三郎は少しですが、読んでまして、好きです。

26 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 13:28:47
カポーティつながりで
ヘンリ・ミラー『北回帰線』

27 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 13:34:05
温故知新


古典読みな

28 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 16:06:10
平野啓一郎は気持ち悪いじゃん。どこが気持ち良かったの?

29 :見習い:2009/07/25(土) 18:30:19
>>26
検索したところ、地元の図書館にはブリキの北回帰線と
鷲の啼く北回帰線しかありませんでした。

>>27
それも一つだと思うのですが、
できれば新しい人でおすすめを教えてください。
新しい人の本が、なかなかしっくりきません。

30 :見習い:2009/07/25(土) 18:35:36
>>28
すみません、気持ちいいというのは
満足いく読後感を得られるという意味で、
爽快感とかそういうくくりのつもりではありませんでした。
言葉足らずですみません。

決壊は、なんでそんなに評判悪いんでしょうか。

31 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 19:01:38
平野啓一郎は現在における最悪の作家だから。
奴の子供だましに引っかかって感動してしまう人間が多いから心配だよ。

32 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 19:06:14
いつまで釣られてんだよ
馬鹿しかいないな

33 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 19:52:14
半年ROMれ

34 :見習い:2009/07/25(土) 22:44:29
古典は評価が確定してるからすすめるのも
簡単だと思うんですが、
現代作家のおすすめを教えてください。
なんだってケチをつけるのは簡単だ。

35 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 22:55:11
阿部和重のアメリカの夜を読みなさい

36 :見習い:2009/07/25(土) 22:57:50
>>35
了解です。
阿部和重はグランドフィナーレとニッポニアニッポンしか
読んでませんが、まだぴんときていませんでした。

37 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:00:33
アメリカの夜を読めば、この人がどれだけ本気かわかります。

38 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:30:02
>>37
蓮實に本気だなw

39 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:31:22
違う違う。文学に本気だよ!

40 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:37:19
阿部は溝口の映画祭で見たがガキみたいに不貞腐れてたな
ひとりで盛り上がって浮いちゃった後だから何かいろんな意味でガッカリしたよ
蓮實がフォローしなかったのも印象的だった

41 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:38:47
ひとりで盛り上がって浮いちゃった後 ってどういう意味ですか?

42 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:46:49
ひとりずつ溝口映画について喋ってたんだがそれが酷かったということ
インディヴィジュアルプロジェクションは面白いよ

43 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 23:49:45
なるほどー。批評が面白い人じゃないもんね。

44 :見習い:2009/07/26(日) 11:10:27
ふむふむ。ありがとうございます。
阿部和重は評価されているようですね。
インディビジュアル〜も読んでみようと思います。
手始めにアメリカの夜は予約しました。
人にシンセミアを奨められていたのですが、
あまりの分厚さに図書館で回れ右してしまいました。

45 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 11:12:52
気に入ったらシンセミアも読んでみるといいよ。
長いだけでとっつきやすくて面白いから。

46 :見習い:2009/07/26(日) 11:26:57
>>45
わかりました。
とりあえず今の予約にからめて
アメリカの夜と、インディビジュアル〜は
読みたいと思います。
ふたつ読んで、まだスレが残ってたら戻ってきます。

47 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 11:29:03
絶対残ってると思うw
文学板はよほど放置しない限り落ちないし。

48 :見習い:2009/07/26(日) 11:30:54
ちなみに
日はまた昇る
一絃の琴
死者の奢り・飼育
の次あたりに読む予定です。
晴子情歌も借りてますが、長いので
先に阿部和重を読みます。

49 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 12:19:10
飼育あたりは凄いと思うな。あの頃の大江は間違いなく天才だったよ。

50 :見習い:2009/08/04(火) 22:33:38
日はまた昇る
一絃の琴
死者の奢り・飼育
アメリカの夜
まで読みました。
インディビジュアル〜は、取り寄せに時間がかかるようなので
とりあえずここまで報告です。

アメリカの夜は、一部笑いながら楽しく読めました。
最後の引用から光と闇の話へ収斂されていく部分は
まとまりすぎているような気もしました。

新しい人の文学は、後半に感情の暴発のようなものを
発生させる作品が多いように思いますが、
(アメリカの夜の場合は、ジークンドー)
これはお約束のようなものなのでしょうか?

51 :吾輩は名無しである:2009/08/06(木) 06:09:21
>>46
物の例えも解からねえのか
形容詞的に朝鮮人って言ってんだろうが

52 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 02:55:30
六法全書は必読。いつ裁判員に選ばれるかわからないから。

53 :見習い:2009/08/22(土) 19:50:56
>>52
そーか、結構分厚くて時間かかりそうだな・・・
って、文学を教えてくださいよ。
下のほうのスレに地味にsageでボケないでくださいよぅ

54 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 19:17:23
>>1
石田衣良「4TEEN」オススメ。

55 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 19:25:29
>>54
死ね。

中原昌也の「血を吸う巨乳ロボット」がオススメ。

56 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 21:25:48
乙一 銃とチョコレート
臭いけど読みやすい。

57 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 21:42:06
>>52
商法とかも読めってこと?
アホクサw

58 :吾輩は名無しである:2009/08/29(土) 02:36:47
便乗して私にも教えてください。
不条理で救いようのない話が好きです。
安吾とかカフカとかヤプーにソドムもいけます。


59 :吾輩は名無しである吾輩は名無しである:2009/08/29(土) 13:50:06
>>1
古典から新作までたくさん本を読まれる若い方のようなので、
もし大江健三郎の初期短編「見る前に跳べ」とか「セブンティーン」とか
初期長編の「われらの時代」が未読だったら、お勧めします。
戦後風俗と青春像の関係がわかり、今日に至るまで、現代青年がどういうものか
最初に描かれた作品といえます。これがなければ、中上も村上龍もいなかった
といえる作品群です。
  

60 :吾輩は名無しである:2009/08/29(土) 14:56:48
>>58
すごいね、帰っていいよ
フォークナーでも読んでろ

61 :見習い:2009/09/06(日) 16:23:03
>>59
ありがとうございます。
恥ずかしながらどれも未読なので、
見る前に跳べから読んでみます。
しかし、大江氏の作品は、読むのに体力が要りますね・・・。
今年になって、一人の作品を三作以上読むのは
大江氏のみになっているのですが、
その他の作家でもお奨めがあれば教えてください。
選り好みはしません。

62 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 13:14:29
>>1は下げろよ
フォークナーでも読んでろ

63 :見習い:2009/09/07(月) 15:25:18
>>62
下げてたら全然見てもらえないじゃないですか・・・

64 :吾輩は名無しである:2009/10/16(金) 19:48:09
セブンティーン

65 :吾輩は名無しである:2009/10/16(金) 21:47:57
平野啓一郎『本の読み方』(PHP新書)

66 :吾輩は名無しである:2009/10/16(金) 23:55:54
フォークナーなら響きと怒り
構成的に凝ってて凄い

67 :吾輩は名無しである:2010/01/08(金) 18:48:36
古書しかないけどジョン・バースの『酔いどれ草の仲買人』は
しりあがり寿のマンガみたいにおもしろいからお勧めします

68 :吾輩は名無しである:2010/01/08(金) 18:50:44
新本で買える。集英社ギャラリー18巻。

69 :吾輩は名無しである:2010/01/08(金) 23:55:12
酔いどれ草は面白いけど長いからな
まあ一章ずつ思い出したように読んでも
それなりにおもしろかろうけど

70 :吾輩は名無しである:2010/01/09(土) 00:46:48
ナボコフ『青白い炎』
それほど長くはない。この作家の技法がもっとも傾注された作品。
現代世界文学を語る上で見逃せない。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)