5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★> 村上春樹作『1Q84』BOOK3 <★

1 :吾輩 ◆0RbUzIT0To :2009/06/12(金) 17:53:15

ふかぇり「いつごろでるのかしりたい」
読者  「それは知りたいよ」
ふかぇり「よみたい」
読者  「読みたいさ、読んでからでなければ批評もできない」

ふかぇり「でるときにでる」
読者  「それはつまり、刮目して待てということか」
ふかぇり「カツモク」
読者  「BOOK1は期待以上の完璧さだった」
ふかぇり「2は」
読者  「未完。BOOK3に依存する内容だ」
ふかぇり「でないかもしれない」
読者  「それはない。ニつの月が空に並ぶことはありえても
     BOOK3が出ないということは、ありえない」

ふかぇり「でるまでまつ」
読者  「ああ、待たいでか」

2 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 17:55:38
1時間前に読了age

ネタバレは禁止ですか?

3 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 18:46:07
>>1
別のスレに第3巻についての情報があるぞ。ガセかどうかは
ぜんぜん不明だけども、一応コピペしとくな。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1244014914/42
>42 :吾輩は名無しである:2009/06/06(土) 00:13:39
>めちゃくちゃおもしれ〜
>三巻に期待なり^^
>ちなみに三巻は9月発売らしいね


4 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 18:52:06
>>1
>BOOK3が出ないということは、ありえない」

断言できるのか? 根拠は?

5 :(o`.´o)materialist:2009/06/12(金) 18:54:25
もしやリーダーは青豆の想いの人なので消化ねぇ〜(笑)

6 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 18:55:16
大変だ!鳩山総務大臣が辞任したぞ!!
…リトル・ピープルのしわざにちがいない… 次は何が起こるのだろう…

7 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 18:57:24
>>3
禿げしくガセっぽいと思われ

8 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 19:01:09
>>1
スレ趣旨が見えない。
次の3巻のストーリー予測でもしろってか。


9 :(o`.´o)materialist:2009/06/12(金) 19:12:45
6
辞任と更迭は違いますよ〜(笑)明らかな麻生総理こと阿呆愛無ソーリの陰謀ですねぇ〜(笑) バックの黒幕の指示に夜者ですねぇ〜(笑)

10 :吾輩は名無しである:2009/06/12(金) 20:12:51
>>9
あれは形式上は辞任であって、事実上の更迭でもある。
赤城徳彦農水相が辞任した時も、赤城が辞表を提出したから「辞任」になったが、
安倍が赤城を官邸に呼びつけているから、事実上は更迭。
今回も鳩山が辞表を提出したから、扱いは「辞任」になっている。

11 :吾輩は名無しである:2009/06/13(土) 00:02:24
重複スレ

12 :(o`.´o)materialist:2009/06/13(土) 14:57:52
辞表を出さないと退職金が貰えないからでは〜(笑)しかし辞任と更迭は分けられるべきですよ〜(笑)荒れ謎は魔さに売国奴麻生総理こと阿呆愛無ソーリの陰謀です殻ねぇ〜(笑)

13 :(o`.´o)materialist:2009/06/13(土) 14:59:23
某新聞には更迭となっており増すねぇ〜(笑)

14 :(o`.´o)materialist:2009/06/13(土) 15:02:01
即刻に操りロボット売国奴麻生総理こと阿呆愛無ソーリこそ辞任すべきで消化ねぇ〜(笑)

15 :吾輩は名無しである:2009/06/13(土) 19:00:49
2冊読んでから立ってほしい

16 :吾輩は名無しである:2009/06/13(土) 19:01:37
2冊も読んでないのに

17 :吾輩は名無しである:2009/06/13(土) 19:19:47
>待たいでか

日本語が変。


18 :吾輩は名無しである:2009/06/13(土) 20:08:20
方言だよ

19 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 13:04:59
>>6
バックドロップと見せかけて

三沢を殺した


20 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 13:10:55
>>18
んだ、東北弁だなす!
、    ぃ
A  「股痛でか」
B  「う〜股痛で〜股痛で〜〜」

母  「コラおめら、股痛ぐなるほど 何すただ」
AB 「・・・・・」



21 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 14:03:30
いなかっぺ大将は登場するの?

22 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 14:12:57
>>19
三沢の死因はメタボだろw
怪しい事件を知りたいなら、ほれ

* 大阪、タクシー運転手 - 首に巻いたロープをジャンプして門扉にひっかけ縊死。門扉の高さ数m。
* 東京、アフガン航空常務 - FX取引きで失敗全財産を失い、会社で胸を刺し窓枠を乗り越えて墜死。
* 大阪、社長 - 全身をロープと粘着テープで縛り、ビル屋上の鉄柵を飛び越えた。
* 千葉、少年 - 全身をロープと手錠で縛り、柵に囲われた線路に飛び込み。
* 東村山市議 - 逆立ちしてマンションの窓際まで、指でひきずった跡をつけながら歩行、
、       足から手すりにぶら下がり、空中で方向転換して50cmの隙間に向けて飛行。
* 沖縄、社長 - 全身をめった刺しにして自殺。背中や手の甲もきちっと刺してあった。
。、      血の跡ひとつつけずに非常ボタンを押した。
* 大阪、潜水ルポライター - 水深数十センチの川で全身を縛ってめった刺しにしてから
、       うつぶせに水中に横たわった。ご丁寧に背中に重しまで乗っけた。
* 神戸、ヤクザ - 自分で自分の首をはねて自殺した。首はみつかっていない。

23 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 14:15:31
* 東京 - 中年男ー火の気のない玄関で人体発火現象を起こし、燃え尽きるまで気管に煤が入らないよう
、       じっと息を止めて、焼身自殺。
* 愛媛 - 男 -風呂場で自分で自分の頭をハンマーで殴り。自殺。
* 茨城、おばさん - 首吊りしたあと歩いて川に入り息を止めて自殺。気管には水なし。
* 熊本 - 某病院主要関係者を乗せ、峠道を時速80キロで、ガードレールのわずかな隙間をタイヤ痕ひとつ
。    残さない絶妙な運転テクニックですり抜けて50m下へダイブ。生命保険金28億円ゲット。
* 福岡、高校生 - 400kgの重しを抱いて海に飛び込む。
* 東京 - 頭に穴があく不思議な方法で首吊り。
* 千葉 - 首吊りをしてからわざわざ飛び降り自殺。死因は飛び降りではなく窒息。
* 名古屋 - 車で首吊りをしようとして首を切断。しかし、首がないまま駐車、車庫入れをこなす。
* 大阪 - 歩道橋から飛び降り自殺するも、なぜか歩道橋から45メートル離れた路上で発見される
* 大阪 -首から口にかけて粘着テープが複数回巻かれ、首、両足首、両ひざを荷造り用結束バンド
、   (幅約1センチ)で縛られ、うつぶせで死亡していた。

24 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 14:27:24
>>22-23
おもしろ過ぎるんですけどワラっていい話なの?

25 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 15:22:04
>>1
ふかぇりはふかえりのドウタなの?

26 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 16:29:39
>>19
プロレス興行界のビッグブラザーが動いたんでね? 三沢は
ノアの看板レスラーで社長だからな。ノアのFax文も手回しよすぎね?こえーよ

「■ご報告

 弊社代表取締役 三澤光晴儀、6月13日永眠いたしました。
 多くの皆様より頂戴しておりますご厚誼に深く御礼申し上げます。
 いかなる時も全力で試合に臨む故人の意思を継ぎ、今後とも選手・社員一同邁進してまいります。
 ご声援のほど重ねてお願い申し上げます。

 2009年6月14日
 株式会社プロレスリング・ノア 」


27 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 17:08:16
>>4
1の人と違うけど、私も続きがあると思った。
Book1が4月ー6月でBook2が7月ー9月で
1年が9月で終わるのは変なので10月ー11月がBook3 と思う。


28 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 17:10:27
すいません、10月ー12月がBook3 と思う。です。

29 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 18:54:49
>>27
そんな根拠なら、1年は12ケ月だから(1月ー3月の回想)として
BOOK4も出せるw さらに「1Q84」から別次元「1Q八4」に移動すれば

「1Q八4」1月ー3月  BOOK5  
「 〃  」4月ー6月  BOOK6
「 〃  」7月ー9月  BOOK7
「 〃  」10月ー12月 BOOK8
「1Q8四」1月ー3月  BOOK9  
「 〃  」4月ー6月  BOOK10
「 〃  」7月ー9月  BOOK11
「 〃  」10月ー12月 BOOK12
「一Q84」1月ー3月  BOOK13
        ・

30 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 18:56:58
いくらでも続く。
リサ・ランドール説では宇宙は五次元まであるし
ミチオ・カクなんか11次元宇宙を超えて
超空間パラレル・ワールドを語る。

その意味で、「1Q84」は無限に続くと言っても過言ではないw 



31 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 19:26:26
新潮社は新社屋が建つ かも?w  夏のボーナスは確保だねw

32 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 20:00:33
>>1
万が一、本当に、続きがあるとすれば
既に速攻で署名批評なんか出しちゃった人は・・・いッたい(後略

33 :吾輩は名無しである:2009/06/14(日) 22:25:24
1Q84 10月-12月
1Q84  1月- 3月
と思う。 最後に原点に戻る。

34 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 01:30:18
普通に考えれば続編は1Q94だろう

35 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 01:33:06
オーウェル1984がネタになってるから、何かしら関連は残すと思うんだが。

36 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 02:16:47
>>3
>ちなみに三巻は9月発売らしいね

まじ?

37 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 10:38:57
今回の騒ぎに便乗してシンフォニエッタを買った奴の99%は、三ヶ月もせずに飽きて中古屋に売ることでしょう

ヤナーチェクという作曲家がいたことも彼のCDを買ったことも初めから知らなかったかのように忘れてしまうでしょう

まあ内緒〜や消えた〜やイェヌーファや賢き女狐〜くらいまではチャレンジする奴もいるかもしれないが

でもそいつらが死者の家〜やオリガの死に寄せる哀歌にたどりつくことはまずないね

38 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 11:11:05
シンフォニエッタ、試聴でいいからどっか聞けるとこないかなあ

39 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 11:24:02
>>38
http://www.youtube.com/watch?v=bvrwt3TAKZo 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=B3kOTcAfnQY 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=hPig6VDOQ_8 3/3

40 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 11:38:34
>>39
38です。どうもありがとう!「ググレカス」とおっしゃらない心の広い方ですね
重ね重ねお礼申し上げます。じっくり聞かせてもらいます

41 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 11:52:02
ヴァイオリンソナタもシンフォニエッタに雰囲気が似ていておすすめ
http://www.youtube.com/watch?v=jD7p_hQ3u8s 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=Mk-dPpPZyTA 2/2

悩める人妻の一代記、カーチャ・カバノヴァーはもう少し洗練された雰囲気
http://www.youtube.com/watch?v=XkgwdHLN6Hk

42 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 12:58:31
>>37
知識ひけらかして楽しいの?^^

43 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 13:31:44
>>37
ネットでぐぐってきた知識を必死で書いてひけらかしたつもりで楽しいの?^^

44 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 13:33:54
自演アホはカキコですぐわかるね(^^

45 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 13:43:03

ふかえり 「じえん」
住民   「すっごくイタい」
ふかえり 「じえんはいたい」
住民   「可哀相な人だよ」
ふかえり 「じえんはいたくてかわいそうなひと」
住民   「クスリ飲んでも治らないかも……痔炎」






46 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 16:19:29
やらせ宣伝100万部(笑)

47 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 16:53:29
487:名無しさん@お腹いっぱい。 2009/06/09(火) 15:56:19
文学の未来を語るスレはなさそうですね・・・
ヤフーのトピックにあったけど、村上春樹の新刊がやたら売れてるそうな
有名だからノルウェイの森、アフターダークっていう小説読んだけど面白くなかったな
これ文学っていうのか?って思いました正直

48 :吾輩は名無しである:2009/06/15(月) 23:39:42
ほうほう

49 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 00:13:25
短編で、ドイツの短パンを土産に頼まれて離婚?する話、何だったっけ?

50 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 01:42:47
>>49
駄目になったホーエンツォレルン家

51 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 11:00:40
1Q84について

東浩紀「がっかりですね。60歳の還暦の作家がいまだに自分探しや親との和解なんて
     やってるのは不自然」(週刊朝日6・16日発売号)

福田和也「海辺のカフカよりも厳しいね。ねじまき以降春樹って闘ってないよ」(SPA6・16日発売号)

52 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 18:35:55
>>22-23
三沢光晴さんの死因は頚髄損傷と(ニュース)。

実際に死者の出た事故や事件をネタにするのは
いくら2chでも冒涜では。

53 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 18:41:59
リトル・ピープルって空白(空虚)から生まれてきて空白(空虚)を埋める心の作用とか、
まだ形になりきれてない意見とか、もう少し進んで、個人的な意見とかその辺を指し示している様に感じた。
それが個人を離れて、特に匿名的な世界でKYみたいに集団の中で、具体的に形作られる作業が「さなぎ」を制作させるんじゃないかな。
それが孵化して「物語化」するか「原理主義的物語化」するかどちらにも
転びうるのかなと思った。  

54 :吾輩は名無しである:2009/06/16(火) 18:43:28
>>29
そんな、グインサーガじゃあるまいし。ありえないと。

55 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:21:19
内容的に続刊が出るのは確実だろうけど、三巻目が10-12月だとして
四巻目は1Q85の1-3月になるのかね?

56 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:34:55
リトルピープル(笑)(^-^;

57 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:37:09
>>19
今度は大阪プロレスで死人でた!
挨拶文もクリソツじゃん。やっぱあやし…リトルピープルが…


「2009年06月15日
レフェリーのテッド・タナベ(田邉哲夫)は2009年6月15日午後12時23分に
搬送先の病院にて永眠されました。享年46歳。
永きに渡り、プロレス界の裏側を支え、多大なる貢献をされたことを偲び、
心よりご冥福をお祈りいたします。
なお、この件に関しての詳細は判り次第追って報告させて頂きます。
また、当ブログ、阪上雄司ブログにて一部表記に誤りがありましたことを
深くお詫び申し上げます。

大阪プロレス株式会社
代表取締役会長 阪上雄司」


58 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:45:56
村上春樹「1Q84]発売後の初インタビュー。読売新聞。

オウム事件裁判傍聴に10年通って…
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090615-OYT1T00846.htm


59 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:58:57
TVピープルって短篇無かった?
アフターダークでも煮たようなモチーフ有ったし
その延長?

60 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 00:59:30
>>32 >>51
@とAを読んだ限りでいえば
「1Q84」は色々なものを、ぶった斬ってるように見える。

カルトの染み込みに無防備な精神の暗部やそれを蔓延させる社会状況もだけど
出版界や文壇のチョー情けない現状もだし、
その一つとして常にマスゴミ受けねらいで泡くって軽薄批評する愚評論家たちが
斬られてるんでねえの?バッサリ。  

もしもBが出れば、の話だけども。




61 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 01:01:13
それにしてもいつから春樹は風刺作家になったんだ

62 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 18:38:58
>>52
はぁ? バカじゃね?w 
2チャンで出回ってるコピペでつが何か?w
何も知らなんで冒涜かw 
2チャンだけじゃなく闇の事件を記録するサイトは
日本だけでも無数にある  一例 ttp://yabusaka.moo.jp/c.html
人が殺されたのに何も知らんでシカトしてる方が冒涜だろw



63 :吾輩は名無しである:2009/06/17(水) 22:24:10
>>51
小説に、自然を求めている?
小説に、闘いを求めている?
:−)


64 :吾輩は名無しである:2009/06/18(木) 19:17:57
>>62
そこの事件記録、すごすぎ。いま話題の足利事件のとこを
見たら、すごく調べて書いてあるみたいでびっくりしました。

小説より実際の事件がすごいかもよほんと、びっくり。あんなに事件
あったと知らなかった。興味あるので少しずつ読んでみます。

65 :吾輩は名無しである:2009/06/18(木) 20:00:35


佐藤亜紀さんネットの詐欺をがんばってくださーい! 応援してまーす!

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1242806233/75



66 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 03:46:14
誤爆?

67 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 03:54:14
>>51
三巻目が出たとき何ていうかがみもの

ようつべから1Q84反応 http://www.youtube.com/watch?v=fzcWXniru7k


68 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 04:30:52
村上春樹氏インタビュー  (読売新聞6/16〜6/18)

ー『1Q84』への30年ー   「大事なのは売れることじゃない、届き方だと思う」

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090616bk02.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090617bk04.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090618bk01.htm

69 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 04:35:17
「大事なのは売れる数じゃない。届き方だと思う。」


70 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 04:51:45
俺を熱狂させた世界の終わりとハードボイルドワンダーランドのときの
才能はやはり枯渇してしまったのかな
海辺のカフカにマナリズムを感じた人は俺以外にもいると思う。
年もとって自己陶酔する能力に欠けてきちゃったのか。

71 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 09:43:21
自己模倣を脱皮しようとして、視点が内側やら外側にでて複数化した結果、
力が分散しちゃった感じ。悪くないけど昔より説得力にかける気がする。
特に今回そんな感じがした。

72 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 12:48:05
>>68
>質問者――2巻は9月で終わる。続編を期待する声も上がるが。

>村上春樹 どうなんだろう。この後どうするかということは、ゆっくり考えて行きたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3冊目は無いんじゃん。>>1 の予想外れ!


73 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 12:53:53
「どうなんだろう。」

74 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 12:56:35
感動したw
http://sakka.org/training/?mode=view&novno=3943

75 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 12:57:33
んがっががががああああ、どうなんだかはっきりしろ!

76 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 13:01:34
>>74
作家でごはん!鍛錬場、って何? パロッて遊ぶ場か? くだらない。

77 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 15:00:42
>>68
なんで読売に? と突っ込んでみました。^^

78 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 15:10:26
>>69
「大事なのは売れる数です」 (編集者)
「届かせ方だと思う」    (読 者)

79 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 15:22:15
>>77
朝日新聞の方ですか?    と突っ込んでみます。

80 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 20:36:24
>>49
レーダーホーゼン

81 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 21:02:07
>>64
はぁ? 少しずつw死ぬまで読んでれw
現実の事件は毎日起きてるんだがw


[滋賀県で生きたまま屎尿タンクに入れられた女性窒息殺人]

・捜査本部によると、小川さんは11日午後8時ごろ、
後頭部を鈍器のようなもので強打されて陥没骨折するなどし、
瀕死の状態で排水槽に投げ入れられ、窒息死したとみられる。
・関係者によると、男は小川さんと同じガラスメーカー工場で働いており、
妻子がいるが、小川さんと交際していたという。
・男の自宅近くの住民らによると、男は妻と小学生の子供2人の4人暮らし。
物静かで温厚な印象だという。

82 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 21:19:18
>>51
東浩紀も福田和也も読んですぐ
続編があるだろ って感じなかったのか?
工房でも感づくのにな  普通に読めば

83 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 22:14:15
この1Q84の読み易さはどういう意図なんだろう
難しく書くよりわかり易く書くことのほうが勇気のいることだと思う
ここまでして若い人に読ませたいという想いに凄みを感じるなー


84 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 22:52:25
>>83
ごめん
大人なのに
しかも、ずっと村上春樹の小説読んできたけど
1Q84で初めて物語が理解できたw

アフターダークが好きだったけど、物語は理解出来ず

今回わかりやすくてよかった
やっと村上春樹の物語が理解できてよかったww

85 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 23:01:19
アマゾンの在庫切れはいつまで続きますか?
出版社の方がおられたら早くしてほしいです。
全然来ません。

86 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 23:19:47
「読書人」一面の中島一夫の書評「偽史は民衆のアヘンである」は、的確な批判だな。
あらすじ紹介や気持ち悪いベタ褒めしか載せない文芸誌や日刊紙書評欄とは一線を画している。

87 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 23:31:01
>>68
…なんとなく、喋りすぎでないか?
エルサレム賞の時の文芸春秋インタビューといい、変じゃないか?今回

88 :吾輩は名無しである:2009/06/19(金) 23:40:07
この勢いで笑っていいともと徹子の部屋にもでてほしいな
全然想像がつかないが案外そつなくこなしそう
まだ日本語をしゃべっているところを見たことないんだよなー

89 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:01:44
>>87
そんなことより気にかかるのはYoutubeの「エルサレム賞受賞演説」が
消されていることだ。『1Q84』の発売中に(絶好の宣伝材料だろ)
出版社や著者が削除するわけないから、
これはもしかしたら、
大江健三郎に対するのと同じ類の暗い魔の手が…、
もしかしたら村上春樹に向かって…

おー、こわっ!


90 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:27:15
>>89
演説映像消しても、文章の形でネットにあるよ?
英語の原文も翻訳文も。

91 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:31:04
>>82
ヒント:読んでない

92 :弧高の鬼才:2009/06/20(土) 00:38:00
胸を反らせながら断定するほどのもんかね。
てか自分さがし、大いに結構。
闘わなくて大いに結構。

93 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:41:16
まあファンとしては戦って欲しかったが

94 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:51:52
>>90
映像の時代!!! 2chより面白いYOUTUBE!!

95 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 00:57:53
こんなとこでくだまいてないで
動画で演説を流せ
外人が1Q84の評論を最初にアップするだろうな

96 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 01:35:16
>>89
黒い魔の手に抹殺されるほどの対象じゃないし、二人とも。

97 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 01:37:49
村上春樹の本スレってどこなの?

98 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 08:15:18
正直春樹の限界、才能の枯渇、老いを感じた

99 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 08:41:16
ねじまきはまあまあ楽しかったし今でもかなり好きだが、
新作は正直つまらんかった。
とくに次元が低い。
自己愛っぷりも以前より雑になった。
ただあちこちで言われてる批判に嘘で守ってやろうという魂胆が村上龍みたいになってしまっている。

100 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 09:50:49
本スレは一般書籍板
こっちは周辺ネタしかないが、向こうはちゃんと中身を議論してるぜ

101 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 17:48:57
>>88
http://www.youtube.com/watch?v=6o0vNXF8iVU

日本語をしゃべっている

102 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 20:44:03
>>101
グッジョブ! 
英語も喋ってるじゃないか。うん、貴重映像だ。

103 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 20:46:44
いい声

104 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 20:48:05
>>77
お答えしましょう。うちはほら、
賞を差し上げてますから。
1996年に読売文学賞を。
圧倒的に、強いんです。おあいにくさま。 (読売新聞・御先捲理子)

>>79
ついでにお答えしましょう。朝日さんてほら、
八方美人的じゃありませんこと?
広告賞,舞台芸術賞,手塚治賞……etc.etc.…
いまさら春樹さんに大佛次郎賞をあげても、ねえ。
ま、うちには勝てませんわよ、絶対に。     (読売新聞・御先捲理子)


105 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 21:06:33
>>101 ハンサムな声だ。想像していた以上に。
こんな美声の持ち主ならば何を書いても文句は言えない
人前にあまり出ないのがもったいなく感じられる

106 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 21:10:52
>>101
GJ, 2ちゃんねるってすごい!と思うのはこんな時です。ホントすごいね!

107 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 21:30:35
>>101
コピペしていいですよね?
といいつつ、しちゃうけど(^^;;

108 :吾輩は名無しである:2009/06/20(土) 22:11:15
>>68
続きがあるのか全然わからないインタビュー。
ありそうで、無いこともあり?

109 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 00:28:07
コピペ(若干修正)ですが、これどうよ

村上春樹の『1Q84』はスガ秀実の『1968年』(ちくま新書)のパクリという説が、巷間あるようだ。
パクリというよりは、スガが期せずして春樹作品を予想していたということか?
確かに、両舎を並べてみると並行関係は見て取れる。
しかも、スガは春樹批判の文脈。


110 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 00:33:57
俺が当人だったら、1968をパクったものに
1984という題名をつける勇気はないがなあ

111 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 00:37:32
で、1Q84になった?

112 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 00:42:07
どこが似ているのか、両方読んだ人教えてください。
また、その違いも。

113 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 00:44:09
どこが似ているのか、両方読んだ人教えてください。
また、その違いも。

114 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2009/06/21(日) 01:16:28
浅田の1Q84も復刻されてベストセラーになったら面白そう。

115 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 02:09:35
上下各巻24章で交互に主役二人のエピソードが描かれるってのは
バッハの平均律クラヴィーア曲集の構造をきっちり模倣しているわけでしょ?
ならこの2巻で完結しているわけで続編は無いのでは。

116 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 02:44:33
豊崎「なぜ村上さんはこんなタイトルをつけちゃったのでしょう?」
大森「知らなかったんじゃないですかね。怠慢だって声もあるけど。編集者が調べるぐらいするべきなのに」

117 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 03:01:40
>>115
村上春樹1Q84 が出版界にもたらす経済効果はものすごいかと。
この不況に
1巻2巻まとめて買う客、予約客が溢れている。
多分ペヨトル工房は速攻で復刻準備してるんでね?
梅津和時も忌野清志郎が死んだしここらで一発あてたかろうし、
浅田彰も
このチャンスを指を咥えて眺めているタマではない罠。


118 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 03:03:04
>>68
文章のインタビューと

村上春樹氏ー『1Q84』への30年ー (読売新聞6/16〜6/18)  
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090616bk02.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090617bk04.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090618bk01.htm

>>101
映像を
村上春樹氏・英語日本語両方話す映像
http://www.youtube.com/watch?v=6o0vNXF8iVU

コラボすれば、なんとなく全体像が… 『1Q84』もわかりやすく… ならないかw

119 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 03:16:51
>>117
Dr,梅津は、依頼があればどこへでも
出張ライブされますが、何かご希望でも?
あなたの町の居酒屋でも公民館でも、
なにかこう、直接の交流がもてる場を
好んでおられます。

120 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 17:21:51
>>81
ニュースで知ってますがw

>>104
村上朝日堂は朝日新聞社では?

121 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 20:26:49
吉本ばななが読後すぐの感想をUP

よしもとばなな公式サイト「日記」ー1Q84の感想ー
ttp://www.yoshimotobanana.com/diary/2009/05/index.html


122 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 20:43:23
感想とかどーでもいいから、ブック3があるのかどうか
それだけを知りたい!

123 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 20:59:58

   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |    「どうなんだろう。
|   ⊃  |      この後どうするかということは、ゆっくり考えて行きたい。」 
 \ ー  /                      (読売インタビューより)
               

124 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 21:19:56
うっそー! これから考えるの? そんなのあり?

125 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 21:25:54
ねじまき鳥とおんなじやんか

126 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 22:05:40
バッハは関係ないよカス

127 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 22:11:50
>>123
もしかしてふかえりのしゃべり方は
作者のしゃべり方からきてるんですか?「どうなんだろう」 

128 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 22:19:00
やれやれ

129 :吾輩は名無しである:2009/06/21(日) 22:23:48
吉本ばななはデビュー当時から春樹リスペクトを表明してたよね

130 :吾輩は名無しである:2009/06/22(月) 19:39:04

「天悟の指はふかえりのこりこりとした子宮口を探り当てた……」


131 :吾輩は名無しである:2009/06/22(月) 21:06:42
>>20
オチがいまいちかと。

AB「『1Q84』読んでただ」 

132 :吾輩は名無しである:2009/06/22(月) 21:08:26
>>60
かもな。一番斬られてるのは新潮社か? 1Q84の装丁見るとそう思える。

本は、医療食品などと違い、誇大な効能表示しても
消費生活センターに訴えられることがない。それをいいことに
いつからかキャッチコピーと宣伝のみで本を売り逃げする悪しき風潮が
蔓延した。きっかけはむろん『日蝕』。

だが出版社がそこまで堕ちたのも、元はといえば『ノルウェイの森』が
装丁と販促の相乗効果で、純文学としてはありえない空前の売上げを
記録したことに遡る。会社として「異常な収益」の味は忘れ難い。

『1Q84』の装丁は、本は中身で売るもんだ、と復権主張しているように
見える。いい装丁だけどね、デザイン的にも。それに、ノルウェイ世代に
定年団塊世代が新たに加わり、さらに売り上げは伸びるだろうけども。

133 :吾輩は名無しである:2009/06/22(月) 21:39:58
…長いぶんしょうは読みたくないやい

134 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 14:46:29
>>129
典拠は?

135 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 14:50:03
>>132
>本は中身で売るもんだ、と復権主張して

その中身が問題なわけで。装丁なんか白紙でもいい本当は。


136 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 15:31:51
>>129
ばななは春樹チルドレンだからw

137 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 15:33:10
春樹に中身はありません

138 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 21:13:05
春樹のおもしろさの分からない俺に
この小説のおもしろさを三行で

おしえてくださいm(__)m

139 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 21:15:01
>>135
白紙でどうやって売るんだよ白痴

140 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 21:21:11
>>138
読んだばっかの香具師がINも一ケの1q84スレ
こいつに訊け 三行
   ↓
624 名前:吾輩は名無しである :2009/06/23(火) 20:01:36
5時くらいに見終わったが飯が喉を通らない・・・

なんていえばいいか・・・精神的な空腹を満たすだけで物質的空腹を受け付けない。
この圧倒的な本。理屈で内容をかけないのがもどかしい。


141 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 21:37:12
>>135
白紙?タイトルと作者名だけの本ってこと? まさかw
それじゃ新人作家は全然出てこれない。宣伝は不可欠ですよ。

142 :吾輩は名無しである:2009/06/23(火) 23:21:40
>>134
デビュー当時の複数のインタビューでさんざん「村上春樹さん大好き!」って言ってるよ
でもおやじさんが怖いので文壇では批判対象になりませんでした

143 :吾輩は名無しである:2009/06/24(水) 00:01:25
国境の西の時は山田詠美と一緒に春樹を批判してたよ

144 :吾輩は名無しである:2009/06/24(水) 02:50:16
>>142
ウィキの吉本ばななな。
>略歴 [編集]
>1987年 - 『キッチン』で海燕新人文学賞を受賞。
つことは、22年昔じゃんか!  orz



145 :吾輩は名無しである:2009/06/24(水) 02:58:17
>>132 >>135
エルサレム賞効果のうちと焦って
たんに間に合わなかっただけと思われ
うまいコピーができなかったw

146 :吾輩は名無しである:2009/06/25(木) 22:32:37
>>1
続編はほんとにあるの?
オウム映画「A]の森達也監督がないって言ってたよ。  (朝日新聞22日)

147 :吾輩は名無しである:2009/06/25(木) 23:43:34
丸谷才一は村上を恨んでいるだろうな。
ボコっとやっちまったからな。
それもプリンストンの講義で。

148 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 06:49:58
>>144
ばななは、スプートニクの恋人の時は読売に、とにかく1ページ目の比喩が素晴らしい、
感動した、自分とは作家としての力量が違うみたいな書評書いてた

149 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 19:35:40
        ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   < 精神的な空腹を満たすだけで物質的空腹を受け付けない。
    |      |r┬-|    |     
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    だっておwwwwwwwwwwwwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

150 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 22:37:21
マイケルを殺したのはぜったい青豆だと思った。

151 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 22:39:39
よしもとばなななんて 所詮コネじゃん

152 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 22:54:04
>>150
1Q84ちゃんと読めばw リトルピープルのしわざとわかるから

153 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 23:18:37
村上はるき読んでるおっさんはきもいw

154 :吾輩は名無しである:2009/06/26(金) 23:53:01
そんなきもいおっさんは君の町にも沢山いるんだよ

155 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 00:12:54
ちがうもん >>154に居るのは確実だけどねw

156 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 00:24:49
そうです、わたすがきもいおっさんですw

157 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 18:26:34
1Q84読みました。1まで。2も読みます。

158 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 18:49:25
>>151
コネ、って意味? 猫? 

159 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 20:08:01
しかし、村上春樹の新作『1Q84』(新潮社)は、きわめて謀略的な小説である。タイトルが「1984」なのに、実際のメッセージは
「もはやビッグブラザーの出る幕でない」というものである。
私はタイトルに惹かれて、「どれ、有名作家の村上春樹でも読んでみるか」と発売日に買った。
それで読んでみたのだが、内容はくだらない全共闘世代のノスタルジーがぶちまけられているファンタジー小説。
新聞等であらすじも紹介されているので書くが、
この小説のテーマはどうもはっきりしない。2時間ほどで読んで、知り合いにあげてしまった。

反権力運動を続けてきた新左翼活動の闘士が、宗教団体(ヤマギシとオウムの混ざったような)の教祖になる。

殺し屋の青豆という女性が一人の主役。もうひとりは予備校の数学教師で、かつては小説家志望だった天吾という男性。
この二人は子供の頃、同級生で一度だけ握手をしただけの関係だが、なぜか惹かれ合っているという設定。


ttp://amesei.exblog.jp/9912611/

160 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 21:15:00
>>153-154
そんなきもいおっさんが一人159にきて
貧しい意見を開ちんしてるっぽいw  藁た


161 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 21:19:54
>>160
おっさんはそれほどまで愚かとは思えない。159は明らかに2ch粘着ニートでしょ。
話題になっている所に混ぜてもらいたいだけの。

162 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 21:47:05
証人会って思いっきりエホバの証人だけど
苦情こないのかな?

163 :吾輩は名無しである:2009/06/27(土) 22:17:32
ブログの感想読んでると続編出るとか書いてる人いるけど出るわけねー
ここから更に続いていく物語上のモーメントがまるでない
むりやり続けても書いてて飽きるだろ

164 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 10:04:59
>>163
モメンタムね

165 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 16:52:46
春樹は本心を見せない。
というか、権利意識の方が強く、
自分の感覚の敵を痛めつけるためなら何をしても、
どんな場違いな態度をとっても、
どんな風に恥をかかせてもよいと思っている。
春樹は自分を見せることが大好きだが、
他人を見せるのも大好きだ。
常に徹底的に受け身で、貰うものだけ貰って、失うものは何もない。
これが村上春樹だ。

166 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 17:45:59
つ卵

167 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 18:22:18
ほんとに春樹(僕)は卵(彼女)を助けるために壁(男)に立ち向かえるのでしょうかね?
それとも春樹は逃げるのでしょうかね?
ttp://sakka.org/training/?mode=view&novno=3943

168 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 18:27:46
>>164
メンソレータムなら知ってる
臭いが大嫌い

169 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 20:04:42
>>165
私は自分を見せたくてしょうがない
のにだれも構ってくれない、 まで読んだ

170 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 20:15:23
165は自分を見せたくてしょうがない
のにだれも構ってくれない、まで読んだ         の意味だから

171 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 20:17:27
>>116
編集が調べないなんて事はありえないんじゃないか?
あとでもめないように了承とりつけた上で、
浅田彰に向けて
「黙ってらんないっしょ、批評してみれば?」て意味のタイトルか?
とみたが、深読みか…

172 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 21:57:21
>>165 なんか気持ち悪い


173 :吾輩は名無しである:2009/06/28(日) 22:22:46
過去作品に出てきたモチーフの繰り返しが気になったな
あと春樹的な比喩が鼻についた
あんまうまくねーし

174 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 02:38:50
信者「春樹は最低でも二度はノーベル賞候補入りした」


ノーベル賞は候補制ではありません。受賞決定までの内容も公開しません。

175 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 08:15:45
春樹作品の深読みって、
聖書には暗号があるみたいな感じかなあ?

176 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 08:21:12
広い気持ちでよむ。聖書と同じ。
バカバカしければやめればいい。

177 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 12:20:18
寓話が書ける作家はノーベルに近いよ
まあメーテルリンクにはぜんぜん及ばないが

178 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 14:16:36
確かに寓話はとりやすい。
また、作家として盛んな時期に受賞するとは限らない。
世間の評価が極端に落ちたときでも受賞することはある。

179 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 15:29:00
>>174
下馬評入りした、という意味で言ってることくらいわかれ

180 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 19:44:25
ふかえりとセックスはビビったな〜
だったら笠原メイとやって欲しかった

181 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 19:55:53
ポルノ小説なのか? 最近、話題のようだが…。

182 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 20:24:49
17歳パイパン女とセックスする小説

183 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 20:52:24
パイパンなのか?

184 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:00:04
パイパンで乳首が上向きの女に中田氏だ

185 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:38:06
結局『羊をめぐる冒険』から一貫して同じテーマを追究しているのね。
そしてどんどんわかりやすくなっているのだが、深化している感じがしない。
むしろ、わかりやすくなることによって、かえって失われてきたものもあるような……
あるいは、もともと実はそこに大したものがなかったことが明らかになってきているのか

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20090601/p1

稲葉振一郎


186 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:39:34
核心ついてるな

http://blogs.yahoo.co.jp/todakotaro/59606341.html

村上春樹の最新作「1Q84」読み終わりました。点数は○。
どう考えても面白くない。力作だし、池波正太郎は入っているし、
青豆は日本の小説に出てくるヒロインとしては出色の魅力だけど、
「海辺のカフカ」同様、下巻の後半で、もう、うんざりしてくる。おとぎ話はもう、いい。
こういうのが好きな人もいるのだろうが。「リトル・ピープル」というその語感だけでも嫌になる。
短編のTVピープルの好きではなかったけど。好みの問題かもね。
1978年に文芸誌「群像」の新人賞に「風の歌を聴け」が掲載されてからずっと読んでいるけど、
今回は残念。同時に読んでいる平野啓一郎「決壊」の方が面白い。

>>おとぎ話はもう、いい。
こういうのが好きな人もいるのだろうが。「リトル・ピープル」というその語感だけでも嫌になる。
>>今回は残念。同時に読んでいる平野啓一郎「決壊」の方が面白い。

187 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:40:17
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

188 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:41:18
渡辺直己「メルトダウンする文学への9通の手紙」

村上春樹を徹底的に批判しつくした本として有名


小谷野敦「反=文芸評論」

ここでも村上春樹を批判しつくしている


「文芸時評―現状と本当は恐いその歴史」吉岡 栄一

これは村上批判派と擁護派を比較しなぜこれほど評価が異なるのか
その裏側、からくり、政治を書いた必読書



189 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 21:41:59
村上春樹の新作"1Q84"に賛否
http://news.livedoor.com/article/detail/4185775/

村上ブランドは神格化してしまった。信者にはありがたいのかもしれないけどね、という新作。
村上作品をあまり評価していない人が読んでも仕方ないかも。これまでと一緒です。
事前情報がないのに、ここまで売れてしまうことに疑問。


など、話題性が先行しすぎているという意見も見受けられた

190 :吾輩は名無しである:2009/06/29(月) 23:21:49
>発売前は、
>春樹の新作となれば、買わなきゃだめでしょう。
>ずっと待っていた新作です。あらすじもなにもわかりませんが、それだけに期待が高まります!
>日本が誇る世界的な作家に成長した春樹氏。私生活も充実しているようなので楽しみです。
>など、期待に胸を高める意見が連発されていたが、

って部分に恣意的なものを感じるな
春樹の新作ってだけでダメだと思ってたヤツもいっぱいいるだろう

191 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 00:33:24
同じコピペをループさせんな。
つまらん。

192 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 01:56:31
>>121
島田雅彦ブログより 1Q84関連 

ttp://island.geocities.yahoo.co.jp/gl/narcoshaman



193 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 08:40:25
『空気さなぎ』=『繭玉』が書いた『ターゲットチョイス』というパソコン、ゲームの会社の企みを暴こうとした投稿の
書き直しを依頼された村上春樹が
『青豆』=『豆芝』が書いてるんだから本人を殺人者の設定でとまで指定されて悩む話のほうがリアル

一部関係者の方 ごめんなさい

194 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 16:20:50
>>192
なにその気持の悪いコメント…

195 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 18:52:07
>>172
同意。

196 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 19:20:15
>>118
なんかな、そのインタビューが、じつはブック3かよ、と。時期的にできすぎてね?

村上春樹氏ー『1Q84』への30年ー (読売新聞6/16〜6/18)  
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090616bk02.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090617bk04.htm
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090618bk01.htm

197 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 20:18:02
大森は 空気さなぎ 読んでるんだ

198 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 20:40:48
>>191
なんか同じヤシが繰り返してるっぽいよな。大森だの渡辺だの
くだらねえ低脳批評家のヤシらとその同類ゴミ仲間が
この際村上春樹に便乗してかせごうと
2チャンでも、せっせとつるんで売名宣伝してるっぽいw
藁かすなっつーの。クズどもがw


199 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 20:47:16
サラリーマンは、席があきしだい必死で座り込む




まで読んだ

200 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 20:54:55
サラリーマンは、居酒屋行かずに2chでくだをまく  不況だから


まで読んだ

201 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 20:58:32
自称作家,自称批評家は、自ブログに書けば恥かくだけだから2チャンに書く

まで読んだ

202 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 21:25:23
>>201
それを言うなら、
くだらん偽物作家や贋物作家がスレッドをたて宣伝している、が正解w

どさくさに紛れて厚かましくも「文学」板にw 

203 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 21:31:52
すごいな。いつから2ch文学板はそんなに敷居が高くなったんだw
こんな糞溜めみたいな掲示板がw

204 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 21:40:20
>>201 >>202
釣れてまっか?w

205 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 21:51:58
「1Q84」を金がなくて買えないんだが、
そういうやつが買えれば300万部位いくのでは。

206 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 22:00:21
なにが“釣れてまっか?”だよw
ついポロリと本音が出たんだろw
だいたい「文学」の定義も曖昧なままで「文学」の価値に階層性もクソもないだろ
ダンテの「神曲」も山田悠介も女子高生のケータイ文学もたいして変わりねーよ
未だに「文学的価値」とかにしがみついている時代遅れな化石頭に存在意義はないな

207 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 22:03:43
いい感じだな
今年こそは春樹の喫茶店めぐりができますよーに
リアリティの作家ではないのかなと思っていたが意外ですた
悪しからず
娘に贈ろうと思います

208 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 22:21:51
>>198
激しく同意。

209 :吾輩は名無しである:2009/06/30(火) 23:00:34
ずっと売り切れだったのに
今日は紀伊国屋に山積みになってた

210 :吾輩は名無しである:2009/07/01(水) 11:19:50
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

211 :吾輩は名無しである:2009/07/01(水) 12:29:08
7月に入ったら入荷と言っといて6末日に並べたなw

212 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 01:09:11
売れてるはずなのに全然盛り上がらないね(・∀・)ニヤニヤ

213 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 02:08:12
こんなもんだろ 草薙みたいなしょーもない事で伸びるよりかずっとマシ

214 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 10:04:55
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

215 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 11:09:20
部数に疑問が出るのは判るけど詐欺とか言い出すのは意味不明
書店行けば明らかにすごい勢いで捌けていただろ

216 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 12:24:43
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

217 :吾輩は名無しである:2009/07/02(木) 22:34:26
>>171
ろくでもない1q84の批評ばかり目にするので
浅田彰氏の評を読みたいぜと思う吾輩は名無しである。


218 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 00:06:07
ネット上で読める書評ある?

219 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 00:29:58
まさにブローティガンのパクリだった

ヘミングウェイとかいってる馬鹿がいたが、馬鹿なんだろう

ブローティガンぐらい読めよ

220 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 08:58:50
ブローティガンの影響は第1作の風の歌を聴けだけ
いつまでもブローティガンブローティガン言ってるバカは救いようが無い

221 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 09:20:50
最初の一作だけじゃないな。
春樹に聞いてみな?

222 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 09:49:58
はいはい

223 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 14:05:26
売れてます詐欺

224 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 15:08:01
「〜の影響を受けてる」なんて言い出したらキリないんだから。
アーヴィングだろ、いやいやカポーティだろとか無限に続くだけ。
果てしなき煽り合いしかないよ。

225 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 16:52:29
カポーティの影響なんてうけてないよバカ

226 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 16:56:15
▼▲▼ ネット悪用詐欺★★ラノベ佐藤亜紀 ▼▲▼

2000年3月17日、ラノベ下読み作家佐藤亜紀(当時37才)は
自作K絶版でS出版社と絶縁の恐怖と絶望を自ブログに記載。
ttp://home.att.ne.jp/iota/aloysius/tamanoir/idata/iken13.htm

文中1999年芥川賞受賞作「N」は自作本の盗作、と初表明するも
佐藤亜紀作「K」は、S出版社の既刊本
芥川賞作品「N]は、S出版社への投稿原稿で、
「N」が「K」の盗作、とは
窃盗犯が盗品を盗んだ会社に売りに行った、という明白な詐話。

2006年9月12日午前2時〜4時佐藤亜紀は
この詐話をフリー百科事典ウィキペディアに記入。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5:Contributions&dir=prev&limit=100&target=202.222.77.60

Webに流し匿名BBSを悪用「芥川賞作家に盗作された」と詐称売名。
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1194385778/446
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1194385778/445
ネット利用者は検索した内容が詐話とは知らず欺される。

あらゆる詐欺師は自分が吐いた嘘を多様な手練手管で他人に信じ込ませて
最終的に実利を得るが、これは、インターネットの匿名性と検索機能を
狡猾に悪用した事案である。

227 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 18:45:09
村上さんは、別にチャンドラーとかブローディガンとか特定の作家に影響を受けて
いると言うよりは、そう言うもの全部ひっくるめたアメリカ文学に影響を受けてい
るわけで、もっと言えば、音楽とか映画とかの影響もあるわけで、言っちゃあヲタ
クだよ。ただ普通のヲタクは特定の分野にしか興味を示さないけど、村上さんは、
幅広い分野を網羅している教養人的ヲタクって感じかな。

228 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 19:35:45
ジャズがいちばん影響してんんでね?

ジャズ喫茶のオーナーてすごいよ、入れ込み方がはんぱないもん。
元オーナーしょ、春樹。

229 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 19:56:32
その割には、ジャズの事はあんまり作品に出てこない気がするが・・・でも読書量
はハンパない気がする。たしか親が国語の教師みたいだし。文壇に嫌われてるのは
文壇を小馬鹿にしてるから。でも、こんなに世界的に有名になったもんだから、文
壇泡食っちゃってんだよ。

230 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 20:05:24
ローマで日本人観光客相手にぼったくった有名レストランが
当局の手で閉鎖となった<ヤフー
摘発の元となった勇気ある日本人のブログ。
http://dioclezian.exblog.jp/11370620/

のさばってる悪い奴等をどんどん告発して立件にもちこむ一般人の力は
すごいものがある。


231 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 20:37:33
>>217
村上春樹は、書いた本を読み返すことはない、らしい。
そのうえに、批評は読まない、らしい。典拠不明だがインタビューか
なんかで喋ったことらしい。

それがもし事実とすれば、1q84の批評がどれほど書かれても
Webに感想や賛否が溢れても2ちゃんねるのスレがにぎわっても、
ただ独り村上春樹だけは別世界に居て、
たぶん走ってるんだろうと思われる。2つの月を…見ながら・・こんなスレに
書き込むオレ達てのは、何よ?w

それでももし浅田彰がまじ批評を発表すれば、村上春樹は読むんじゃないかと
そんな気がする今日この頃であった




232 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 20:45:03
自分の書いた物は、いくらなんでも読み返すだろう。

233 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 21:31:37
ところが読み返さないんだと。
いろんなところでそう言ってるよ。
恥ずかしいとかなんとか。
それでも何十年かぶりにデビュー作を読み返したら
俺はこんなこと書いてたのかって驚いたらしい。

234 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 21:36:33
俺じゃねーだろ僕だろ。

235 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 21:46:49
初期の作品だけじゃない、テキトーに書いていたの。ねじまき鳥クロニクルとかは
ちゃんと読み返して書いたでしょ。

236 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 22:45:34
出版されたものは読み返さない。
推敲しないという意味じゃない。

237 :吾輩は名無しである:2009/07/03(金) 23:46:45
>>231
>Webに感想や賛否が溢れても2ちゃんねるのスレがにぎわっても、
>ただ独り村上春樹だけは別世界に居て、
>たぶん走ってるんだろうと思われる。

なんかのコピペで見たけど朝4時から8時まで小説書きで
8時なったら走るってよ。めっさ健康的。早寝早起き?
したことないやい。みんな受験勉強が悪いんでい!

238 :めっさ?:2009/07/04(土) 00:51:17
めっさ?
めちゃめちゃ?


239 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 06:23:57
↑で書いてた人のように自分も、「リトル・ピープル」の連呼には嫌になった。
なんか恥ずかしかった。字面も恥ずかしいし発音しても恥ずかしい。


240 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 07:13:36
>>217
また、田舎臭い貧乏臭いとかいうだけだろ
親友の田中康夫の方がよっぽど田舎臭い貧乏臭いのにな

241 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 10:21:07
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

242 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 11:13:16
>>241
べとーっと粘着してないで外も覗けよ、ニュー速板とかさ
可哀相な奴を見ると哀れんで構ってやる俺は、なんて親切なんだ!!

【文芸】村上春樹『1Q84』BOOK1、100万部突破…
34日での達成は『国家の品格』『バカの壁』しのぐ速さ[07/01]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1246441909/

> 5月29日の全国発売から34日でのミリオン達成は、平成以降の同社
>の刊行物では、265万部のベストセラー「国家の品格」の126日、429万
>5000部の「バカの壁」の138日をしのぐ最速の記録という。「BOOK2」も
>増刷が決まって87万部に。2巻合わせた累計は14刷193万部となった。






243 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 12:42:10
IQギフテッド(MENSAハイ・アチーバー立入り禁止)
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1246678783/

244 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 15:55:09
村上は浅田になんて興味ないよ

245 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 18:06:31
というか批評家に興味がない。

246 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 19:41:05
「リトル・ピープル」とは中国古典での小人を移植したのかな、
小人や君子を使うひとは自分は選良だと思っているおめでたい
場合が多い、村上さんもそうなのだろう

247 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 19:44:19
春樹作品に同性愛者がやたら出てくるのはなんで?

248 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 19:50:19
普通に考えて村上春樹がバイセクシャルだからでしょ。

249 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 20:42:56
>>242
100万部って売れたのがじゃなく、刷ったのがだろ、死んどけアホ

売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

250 :吾輩は名無しである:2009/07/04(土) 21:32:34
マイケルの自宅から強力麻酔剤「ディプリバン」発見!

ほ〜ら見ろ、マイケル急死も
やっぱリトルピープルのしわ…

251 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 01:12:51
>>242
そいつそのスレでも同じこと書いているから無視しとけ
ヒキコモリだから書店で実際にあっという間に捌けてゆく様子を見たことがないんだろう

252 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 04:50:51
村上春樹は作品の好みは別として、視点が鋭いし、それを説得力のある言葉で説明するから人気があるのだと思う。
事前情報もないのに売れるということはそれだけ期待している人が多いということ。

読書離れが進んでいても、これだけ売れるというのはこれまで積んできた実績だと思うよ。




253 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 04:56:38
>252
新作長篇は何年も出ていなかった上に
新潮社がどれほど前から予告していたか・・・それも知らんの
小説は説明じゃないって、この板、変なのが多いな

254 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 04:58:29
>>231
浅田彰は無視するのではないかという・・・悪寒

255 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 07:40:12
岩月謙司だが、いい意味、村上春樹と似てると思う。
知らん人、読んでみてくれ。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=mp_s_a_7/378-3572311-4922424?qid=1246746710&a=4480059644&sr=8-7

256 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 07:47:08
予告してたって、面白くなさそうな作家は読まんでしょ。
少なくとも、これほどの部数は捌けないと思うよ。

内容だけじゃなくて、文章の流れだとか言葉の響き、説得力などに魅かれる人だっていると思う。


257 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 11:20:36
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

258 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 11:21:35
>>251
必死だな、新潮工作員wwwwwwwwwwwwwwww

259 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 11:41:55
春樹の新作はデヴィッド・リンチのパクリ。
武の映画もリンチのパクリ。

260 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 12:25:49
>>257
ところが売れてるんだよね。
残念だったね。

261 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 15:28:37
ハリーポッターやホームレス中学生でも売れるからね。

262 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 15:49:27
春樹の小説が売れると、
《ワタシってちょっと変わってるけど、そこがカワイイの》って、
思い込みの激しいバカ女が殖えるので、やめてほしいです。

263 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 15:56:29
激しくつまらなかった。

264 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 16:00:38
村上春樹の新作『1Q84』(新潮社)は、きわめて謀略的な小説である。
問題は、ジョージ・オーウェルの「1984」が、ソ連を始めとする全体主義国家の
恐ろしさを描いたものであるのに対して、この「1Q84」はただのファンタジー小説
になってしまっている点だ。


「ジョージ・オーウェルは『1984年』の中に、君もご存知のとおり、ビッグ・ブラザー
という独裁者を登場させた。もちろんスターリニズムを寓話化したものだ。〔中略〕
しかしこの現実の1984年にあっては、ビッグ・ブラザーはあまりにも有名になり、
あまりにも見え透いた存在になってしまった。もしここにビッグ・ブラザーが現れた
なら、我々はその人物を指さしてこう言うだろう、『気をつけろ。あいつはビッグ・
ブラザーだ!』と。言い換えるなら、この現実の世界にもうビッグ・ブラザーの出る
幕はないんだよ。そのかわりに、このリトル・ピープルなるものが登場してきた。
なかなか興味深い言葉の対比だとは思わないか?」
(文章出典:http://robart-robarts.blogspot.com/2009/05/q.html


何を言うか、である。なあ村上よ、ビッグブラザーは今も現に存在するではないか。
宗教やスピリチュアルのような「リトル・ピープル」で誤魔化すんじゃない。

しかし、こういったファンタジー小説は需要がある。100万部突破したのだから、
経済法則的には立派に成功している。それは認めるべきだ。
それは、現代社会で、大量に精神安定剤が求められているのと同じである。
オーウェルと並ぶ大小説家のオルダス・ハクスリーは、「すばらしい新世界」という
本を書いた。この中には、呑むだけで気分がすっとする「ソーマ」という魅力的な
薬が出てくる。けだし、村上小説は、「活字によるソーマ」なのではあるまいか。

ビッグブラザーは今も存在している。グーグルのストリートビューなどを見れば
そんなことはすぐに分かることだ。2chにもビッグブラザーの一派が紛れ込んで、
「掲示板監視」を行っているではないか。

村上春樹の小説はその事実を覆い隠そうとしている。警戒せられよ。

265 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 16:31:14
リトル・ピープルやビッグ・ブラザーなんてどーでもいいんだ。
この本がいいたいのは、まさに天吾とふかえりのコラボのことだ!!!!
これから良い本を出すためには、合作もありだということだ!!!




266 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 16:32:08
でも俺が言いたいことは一つだ。
ふかえりと激しくやりたいということ。

267 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 16:32:35
>売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

あなたしつこいなぁ。病気なの?

268 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 21:00:57
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

269 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 21:03:11
>>267
ウソの宣伝出しちゃダメだよ、新潮ちゃん

270 :吾輩は名無しである:2009/07/05(日) 23:53:37
最近文学系に書き込んでいる投稿者にパソコンに詳しい人がいるんですね
あちらこちらを見ていて少し透けて見えてきました

271 :吾輩は名無しである:2009/07/06(月) 11:45:30
村上春樹『1Q84』を食べる!2009年上半期おいしいベストセラー50:放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ
http://news.imagista.com/trend/

272 :吾輩は名無しである:2009/07/06(月) 13:16:00
早く、早く、もっと早く1Q84の続き読みたい

273 :吾輩は名無しである:2009/07/06(月) 22:00:10
正直、海辺のカフカのほうが面白かった。



274 :吾輩は名無しである:2009/07/06(月) 23:10:58
>>233
フーン、新しいタイプの作家なのかナ…

275 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 00:14:00
さっすが2ch早くも印税の計算しとるわw

【ニュー速】「1Q84」200万部。村上印税3億7千800万円
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1246873699/

>「1Q84」が200万部
> 作家の村上春樹さん(60)の新作長編小説「1Q84」(全2巻)の発行部数が、
>1、2巻を合わせて200万部に達したことが6日、分かった。
> 新潮社によると、内訳は1巻目の「BOOK1」が110万部、
>「BOOK2」が90万部。5月末の発売から増刷を重ね、
<約6週間で15刷になった。
ttp://www.asahi.com/culture/update/0706/TKY200907060347.html

276 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 08:38:17
勝手に使った青豆にモデル料を払うべきだと思う
殺人者の設定では浮かばれない

277 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 09:48:01
刷ったのが200万部、売れたのは何万部?
売れてます詐欺うぜえ

278 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 11:28:40
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | やれやれ、なにも生み出さない連中うぜー
|   ⊃  | 
 \ ー  /

279 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 12:47:06
子供を産み出さない春樹。



それとw 公になる場所で生み出さないから
なにも生み出さないって勘違いしてるアホ多いよねw
特に同人屋

280 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 14:57:24
>>231
「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ」 清原深養父

281 :吾輩は名無しである:2009/07/07(火) 21:39:47
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

282 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 05:18:07
>281   村上龍?

283 :村上龍:2009/07/08(水) 14:06:57
>>282

違うよ。

284 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 19:26:30
>>282
島田雅彦じゃね? ずいぶんな落ち込み方みてえだしw
ttp://island.geocities.yahoo.co.jp/gl/narcoshaman

285 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 19:38:22
>>275
他人の財布の中身を云々するのは卑しい行為である。

おこぼれにあずかれもしないのに暇でしょうがないチャネラーSw

286 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 19:54:09
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

287 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 20:13:17
さっき読み終わった

「物語のなかにいったん拳銃が登場したら、それは発射されなければならない」
というチェーホフの言葉を何回も繰り返して出しているけれど、
一方で、この小説の中でその逆フラグもまたアリだよね、という会話が出てくる
つまり、既出だけれど、青豆はこの小説中では拳銃を発射しない、つまり死なないということだと思う

しかしこれだけフラグを出しまくってるのだから、何時かは必ず発射されるものだとも思う
個人的には、青豆が後に自分の父親に引き続き教祖となった天吾に対して使われるのではないかと思った

つまり、この小説2冊分は前半であり、青豆が天吾への想いを成就させるというプロットである
そして後半で現実の天吾への復讐(と言っていいかどうか判らんが)がメインとなるのではないか
そうしないと、殆ど受け身で何もしないまま詐欺に参加したり少女とセックスしたり
世界を書き換えてしまったりして問題を拡大させている天吾の物語の結末にはならん気がする
俺は青豆にもそんなに共感はしてないが、天吾と違ってあれこれ主体的に頑張って行動しておきながら
最後に天吾のために死ぬしかないというのはさすがにバランスが悪いんじゃないかな
あと、放置されている要素はものすごく沢山あるけれど、
最後の高速道路上の車にいたオバハンと戎野先生の話は続かせないとあまりに意味が無いだろう
ただの見物人または保護者という役割では到底すまないはずだ

1Q84での天吾は青豆に殺されて、1984に戻って天吾は「月が2つある世界」の小説を完成させる、
というような流れが俺的にはすっきりするんだがな 単純すぎるかな
推測ばっかりですまんがこれが今の感想だなあ

288 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 20:17:53
>>284
島田雅彦って正直な人だね
ほとんどの作家と名のつく人が同じ感じかも


289 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 21:07:34
>>280
一瞬、天吾の養父かと…w 一瞬だけどね、一瞬w 時代が…ズレまくってね?

290 :吾輩は名無しである:2009/07/08(水) 23:04:57
1巻の348ページに「これまでに3人の男を・・・」とあるけど
油田開発の人、自殺した同級生の亭主、もう一人は?


291 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 16:37:08
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7531344

292 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 18:46:06
>>275
ホリエモンに賠償命令、14億円! 
1Q84売り切れてもまだ不足、ってかw

293 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 19:02:38
おまいらぜんぜん分かってないな、オイラが教えてやるよ。
「1Q84」という小説そのものが、リトルピープルの正体なんだよ。

ほら、どんどん増殖してゆくだろ。
↓「空気さがぎ」が

294 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 19:04:20
島田雅彦とか、ほとんどの著名な小説家は、文壇ズレしているからダメ。

295 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 19:05:59
一般書籍板で発見 ブック2駄目説? ブック3があるんじゃないのか?無いのか?
       ↓
615 :無名草子さん:2009/07/08(水) 20:51:01
>>513
>担当編集者鈴木氏は「7回通読しましたが、この物語はこの終わり方以外にありえない」と。

もしもそのコメントが事実なら、という前提だが、苦悩が滲むコメントだな。
最終稿があがった段階で読んで、検討し問題無ければ出版GO!だが、
今回の1q84担当編集者は、何度読んでも「これで出版していいのか???」と
自問し悩んで自信が持てず、ついに7回通読したところで
タイムリミットが来て「(いいんだ)この終わり方以外にありえない」と
無理に自分を納得させたーーということだろうな。
何故はっきり言えなかったのか?、
「これでは出版できません、book2 は先へ延ばしましょう」と。

編集はいわば作家を衛る最後のガードでもあるわけで、、
その編集が真っ先に逃げてどうする。拙速出版で傷つくのは作家だぜよ。
なぜ直言できなかったかな…   惜しまれる。

296 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 19:18:25
>>294
文壇なんてとっくに消滅している件。幻想もはなはだしいわw

297 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 20:18:33
ノルウェイの森が900万突破て?

噂だけか?

298 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 20:27:22
作家自身は、書いた本は読み返さない、
書評は読まない、って村上春樹はインタビューで言ってるらしいじゃん

読者ってバカだよなあ
どんだけ頑張ってレス書いても、それになんの意味があるんだろ(笑)


299 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 21:03:40
>>298
おまいは何の意味があってかいたの?w 

300 :吾輩は名無しである:2009/07/09(木) 21:39:56
今回は、徹底した事前の情報隠しで
人民の飢餓感を煽り、それで売り捌いたワケだが、
逆に言うと、そういう売り方をせざるを得なかった
のではないか?人によっては不謹慎に思える要素が入ってるし。

301 :吾輩は名無しである:2009/07/10(金) 09:59:02
売れてます詐欺

302 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 12:29:29
二俣尾に住んでます。

303 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 16:04:25
市川小に通ってました。

304 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 19:23:35
★NHK放映情報★

・クローズアップ現代 『村上春樹 物語の力(仮題)』
http://www.nhk.or.jp/gendai/
7月14日(火)放送予定
スタジオゲスト : 松田哲夫(ブック・コメンテーター)
朗読 : 栗山千明 青木崇高

・BS週刊ブックレビュー 『1Q84 BOOK1・BOOK2』
http://www.nhk.or.jp/book/prog/2003preview02.html
7月25日(土)放送予定
書評する人: 船曳建夫(東京大学大学院教授)

305 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 20:08:33
NHKの取り立てやってます。容赦はしません。息子を引きずり回してます

306 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 20:18:54
豆=栗山千明 天=青木崇高 か。
悪くない

307 :吾輩は名無しである:2009/07/11(土) 20:19:44
■ 大森望さん(翻訳家/書評家)の

『1Q84』の話
 村上春樹の『1Q84』は「続編があるんじゃないか」という説が根強い。
以前に『ねじまき鳥クロニクル』という作品でそういう事があったのであり得ない話じゃない。
しかも1984年の4〜6月、7〜9月と来ているので「まだ3ヶ月残っているし、
年度で言えば6ヶ月ある」なんて説もある。
 でも僕は「絶対に書かない方が良い」と思う。この作品は謎が残っているけど、
謎を解明しても面白くない事の方が多いし、辻褄が合わないところもいっぱいあるけど、
理屈を考えても意味がない。
 ちなみに作中に登場する小説『空気さなぎ』に対する批評で「普通に考えればこの小説は失敗作
で、辻褄が合っていなかったり、終わっていないように見える」という下りもある。
そんなセルフ・ツッコミがあるのですごく貶しにくい。
 こういう風にしか書けなかったのか、あえてこうしたのか。普通なら失敗作と言われるけど、
それが許されるのは村上春樹だから。
 ちなみに今、劇場でやっている『ヱヴァンゲリヲン』も『1Q84』と似た雰囲気がある。
『エヴァ』も昔、謎だらけで終わったからこそ人気が出た。
その謎を全部説明したらガッカリするもの。だから『1Q84』はそのままで良い。

http://www.avanti-web.com/thisweek.html


308 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 00:46:56
なんだ、売れてます詐欺なのか

309 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 06:29:05
まあな
エヴァと同じていわれたらほとんど貶されてるのと同じだもんね
エヴァも別に深い考えがあってわけわかんないんじゃない
単にまとめられなかっただけ
みんなが深読み合戦してただけ
春樹も同じっていわれてるんだから
バカにされてるんだよね

310 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 14:33:35
牛河って俺の中で鈴木宗男に変換される。

311 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 17:03:52
牛河→牛革→穢多非人→部落民。

312 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 17:10:42
>>295 なるほど書籍板にはマジコメントもあるんだなw 
>615 :無名草子さん:2009/07/08(水) 20:51:01
>513 >担当編集者鈴木氏は「7回通読しましたが、この物語はこの終わり方以外にありえない」と。

もしもそのコメントが事実なら、という前提だが、苦悩が滲むコメントだな。
最終稿があがった段階で読んで、検討し問題無ければ出版GO!だが、
今回の1q84担当編集者は、何度読んでも「これで出版していいのか???」と
自問し悩んで自信が持てず、ついに7回通読したところで
タイムリミットが来て「(いいんだ)この終わり方以外にありえない」と
無理に自分を納得させたーーということだろうな。
何故はっきり言えなかったのか?、
「これでは出版できません、book2 は先へ延ばしましょう」と。

編集はいわば作家を衛る最後のガードでもあるわけで、、
その編集が真っ先に逃げてどうする。拙速出版で傷つくのは作家だぜよ。
なぜ直言できなかったかな…   惜しまれる。


313 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 17:14:58
>>312
他人の読み方を勝手に推測するのは傲慢では?
自分も7回通読して、それから言うのであれば、
まあ多少は説得力もあるだろうが。

314 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 17:22:09
売れてます詐欺

315 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 17:32:11
>>313
7回? …そんな暇があると思うか? 時間を見つけて一回通読するのも
大変な作業だぞ、普通の者には。
他にも読むべき本は山積みだし、やるべき仕事は終わり無く続くし…
みんなそれぞれの人生を生きてるんだからさ、限られた時間の中で


316 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 18:26:42
べつに七回じゃなくていいけど
問題意識もって再読する必要はあると思われ。
何かをいいたい場合には。

317 :吾輩は名無しである:2009/07/12(日) 23:59:28
ふかえり=無口な深田恭子

318 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 00:57:59
村上はゼッタイに脳内で綿矢りさをオカズにしてる

319 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 13:23:46
「ほうほう」


320 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 21:24:56
> ちなみに今、劇場でやっている『ヱヴァンゲリヲン』も『1Q84』と似た雰囲気がある。
>『エヴァ』も昔、謎だらけで終わったからこそ人気が出た。

目から鱗だわー。


321 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 21:27:59
謎は解けないんだけど、みんな
謎が解けるまで手放さない。
だから古本市場に流れない。

322 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 21:33:48
ねじまき鳥クロニクルより長いというインタビューが
続編の根拠らしいけど、ページ数で言えば足りないけど
文字数で言えば、ねじまき鳥クロニクルよりも長いよ。

323 :谷岡俊一:2009/07/13(月) 22:26:06
こんばんは

324 :吾輩は名無しである:2009/07/13(月) 22:58:43
さようなら

325 :吾輩は名無しである:2009/07/14(火) 15:34:39
ふかえりは綾波だよな?
青豆の持つH&Kはミサトさん愛用だったりして
エヴァの世界とかぶってしまう

326 :吾輩は名無しである:2009/07/14(火) 16:17:45
謎とかどうでもいい
そういうものが面白いから村上春樹を読んでるんじゃないな

327 :吾輩は名無しである:2009/07/14(火) 20:05:55
ミステリーじゃないんだし
謎の解読がしたくて小説読むんじゃないからな


328 :吾輩は名無しである:2009/07/14(火) 21:44:52
ヱヴァの次作も「Q」な訳だし

329 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 11:02:36
売れてます詐欺、失敗爆死ざまぁ

330 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 22:00:27
>>321
13日未明、突然謎が解けた。

村上春樹は自身でも無意識に、
現象の底でうごめきつつあるものの正体を的確に感知し
警報する装置として働いた最初の作家かもしれない。もし無意識ならば。

もしも意識に上った上でのことなら、驚嘆に値する。 
感服し、全的に連帯の烽火を、掲げようではないか地下深く。



331 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 22:10:54
>>330
おめでとう。
私の知る限りあなたは3人目の解答者です。

332 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 22:58:41
東の春樹論
SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI 2009年07月11日[1Q84]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7603539

333 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 23:11:22
俺は悟った。村上春樹作品とは究極のエロである

334 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 23:15:39
ふかえりは吉高由里子のイメージで読んでた。

335 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 23:23:34
>>332
読めんがな 読める形でうpせんかい
そのまんま東の春樹論か?

336 :吾輩は名無しである:2009/07/15(水) 23:47:36
>>330
リトル・ピープルとは何なのでしょう?

337 :ザ・スミス:2009/07/15(水) 23:50:35
女子中学生
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1247668810/

338 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 00:17:25
最も現実的に生きているのがギリヤーク人。
動物的で、遺伝子に近い。

それ以外は多少なりとも妄想の世界に生きている。
善悪も妄想の一つにすぎない。

様々な妄想は争いをも起こすし、暴走化の危険もある。
(妄想というより幻想か・・)

という妄想を抱いた。



妄想が組織化すると、








339 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 00:30:34
>>336
330じゃないが脇から答えてやると、
リトルピープルてのはおまえのような無名のどーでもいいその他大勢の
中の人、で、外からの刺激や洗脳にほいほいのせられちゃう類いの小人、じゃね?

自分で考える脳が不足してるか呆けてるタイプ。

340 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 01:55:16
ふかえり「ぽてんしゃる!」

341 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 08:51:23
>>339
同意。
クローズアップ現代でも取りあげていたけど、システムに組み込まれた人間の恐ろしい部分は「自分で考える力を無くしてしまうこと」
であるようなことを春樹は主張している。
だから、自分で考えようとしない>>330のような奴には「1Q84」は向いていないと思う。


342 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 08:54:01
>>341
>>330じゃなく、>>336の間違い。

343 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 12:12:21
>>330>>336>>339>>341>>342
全部、同じで<吾輩は名無しである>である。まちがってはいけない。

この世界では他人を語る内に己を語ることになる、それとも知らずに。
大変な変化とは、つまりその事であって、
我々はすでに集団無意識の領域に、踏み込んでいる。
頭蓋骨の境界は、いまに意味がなくなるかもしれない…

言ってることが、わかるかな?

344 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 12:55:51
オーバーマインドですね。わかります。

345 :ザ・スミス:2009/07/16(木) 14:05:36
ネバーマインドですか
ふかえりとヤリたい

346 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 16:32:39
それでオイラはリチャード・ドーキンスを読むに至ったわけだ。やれやれ。

347 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 17:36:07
春樹やらたけしやらダウンタウンやら、
人間のクズ見たいな奴らがよく持ち上げられるな。

まあ持ち上げてる連中もアフォばっかりだろうけど。。

348 :吾輩は名無しであろ:2009/07/16(木) 19:13:03
>>343
と、すればリトル・ピープルはいってみれば「人類の集合的無意識の影」の隠喩、ということになるのだろうか。

349 :吾輩は名無しである:2009/07/16(木) 22:56:57
200万らしいが実売はどんなもん?

350 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 00:57:40
オリコンの実売数ランキングだと135万部くらい。
オリコンがどの程度信頼できるかは知らんけど。

351 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 01:24:16
大株主にブラックで有名な企業がいくつかあるね。
135万部を真に受けるにしても、思った程の数字ではないな。


352 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 19:00:47
講座スタイルはいいですね。
> 講座が終わった後に韓国料理を生徒にたっぷり食べてもらうというサービスは生徒
> の評判もいいようです。ただ、今は日帝の話題は出さないほうがよいと思います。
> 我々の話に疑問を持たせることはない方がいいですね。
> これからとにかく
> 1.我々在日は日本人と仲良くしてこれから日本に貢献したい
> 2.今までの長い自民党政治ではそれができなかったし日本人も不幸になるばかり
> 3.民主党政治なら在日同胞も日本人も同じように幸せになり日本もアジアで尊敬
> される
> そのような話し方をしていきましょう。
> どうも、これまでの在日同胞は自分たちの権利ばかりを出しすぎたところがあって
> そこが日本人の若者などの反発を受けているようです。
> これから何十年も何百年も続いていく我々の利益のためですからあと何年か、がま
> んしましょう。
> こちらが一歩さがって、日本人の自尊心をくすぐってやるんです。
> やつらはそういうのに弱いんですよ。ははは

353 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 20:49:57
爆笑問題太田の語る「村上春樹のダメなところ」
http://www.youtube.com/watch?v=l0m-dNAIZ4A


354 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 21:11:26
村上春樹の作品が批判に値するのは確かだけど、
太田が言っても説得力ないな

355 :吾輩は名無しである:2009/07/17(金) 22:19:44
豊崎由美さんが言うなら説得力あるんだけどな

356 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 00:41:13
1Q84は
マジで糞つまらんかったな。
いつもの思わせぶりなファンタジー。
「僕」的世界から異質なものを排除していき
最終的にはまったく身に染みない純愛。
ドストエフスキーを標榜した総合小説を書くんじゃなかったのか?
おまけにストーリーテリングの腕も落ちてるように思う。
まともに意見の言える人間がまわりにいないのでは?
本当に薄ら寒い小説だった。

357 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 10:25:58
売れてます詐欺失敗爆死ざまぁ

358 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 14:58:05
>>343
あんまりわかんないけど
悪口いっても悪口はじぶんのことだということ?


359 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 15:15:13
>>330
連帯の烽火、てなに?よくわかんないけど
1q84の青豆死んだか、リトルピープルって何?
それがわかったの?
 

360 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 17:37:44
>>356
リア厨の剥き立てチムポのような鋭敏な感性を持った村上作品初体験読者でもないと
1q84を楽しむのは難しい

361 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 23:42:53
「完璧な文章などといったものは存在
しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
はあ?
アフォリズムでもなければ、推論関でもない。
文章に何の生産性もない。



362 :吾輩は名無しである:2009/07/18(土) 23:43:37
推論関係

363 :吾輩は名無しである:2009/07/19(日) 19:26:12
>>330
日付けが気になったが<13日未明
都議選の最終結果が出た日だろ? 謎解きに関係あるのか。
謎は個人的にしか解けないと思う。

解いた答えも個人に属するだろ。ちがう?

364 :吾輩は名無しである:2009/07/19(日) 21:36:50
今後の日本人良心改革のターゲットは予定通り年配層や年寄りと女性ということでいいんですよね?
最近うちの店でもハングル講座を始めて日本人女性が入ってくるから、韓国文化の紹介に少しずつ日本の戦争中の蛮行やこれまでの政治家の妄言などをまぜて紹介しながら私たちが年金や参政権をもらえない理由を教えています。
その上でぜひ日本人として民主党を応援してくれるよう言っています。
民主党なら日本人にとっても我々にとっても両方に都合いいですよね。
ただ、とにるニムの言うとおり、韓国文化に興味のある日本人でもこっちの話しをまじめに聞いてくれるのはやはり年配や年寄りですね。
若い女性などに日程の話しをしても、けっこう困った顔されたり今の私たちには関係ないと言われたりすることもありますよ。
この前年金の話しをして、日本で暮らすわたしたち在日韓国人のおじいさんおばあさんには年金をもらえず苦しい生活をしている人たちも多いですと話しをしたら、
日本人だって年金の保険料を払ってなければもらえないよと言われました。
そうなんですか?
でもそれだって我々の差別の歴史を考えたら日本は払うのが当然!



365 :吾輩は名無しである:2009/07/19(日) 23:15:34
>>364
そんな話はどうでもいいが
阿部、福田、阿呆と能無し首相を続けて3人も輩出した
自由民主党に今の時代の政権担当能力が皆無なのははっきりしてるわな。

東紀浩だっけ?日本のサブカルは春樹の影響が色濃いというのは
かなり頷ける。月が二つあるとか綾波レイを思わせるフカエリとか
もう完璧サブカルだよな、しかも時代遅れもしくは二流のアニメという感じが・・・
オウムについてはアンダーグラウンドのあとがきとして付された
「目印の無い悪夢」という論考ですべて語っていたはず。いまさら
こういった露骨な形で物語にするのはいかがなものか。
村上龍のもうダメだと思っていたら『半島を出よ』という大傑作を書いたし、
春樹ももう絶対駄目とは言い切れないが、なんか駄目っぽいな。
昔からの読者からすれば悲しいかぎり。

366 :吾輩は名無しである:2009/07/19(日) 23:19:46
どうでもいいけどスレタイに全角使うと検索でヒットしないぞ

367 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 03:51:46
>>343
ふーん。
異常なレス書く人が目立つけど
多少はまともな人も中には居るんだなと
思ったけど、やっぱ変だわ…w

ノーベル文学賞候補作家の作品スレなんだから
ある程度の質はほしいやね、いくら2ちゃんねるとはいえW

368 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 05:49:04
ふかえり〜なさい〜ふかえり〜な〜さい〜

369 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 11:51:09
おつまみ青豆てんご〜もりよ〜

370 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 11:53:53
いつも青豆オカズにオナってゴメンナサイ

371 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 12:24:45
>>367
>ノーベル文学賞候補作家の作品スレなんだから
>ある程度の質はほしいやね、いくら2ちゃんねるとはいえW

ここまで質の低い異常に頭の悪いレスははじめて見たけどな

372 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 12:45:04
もう誰もの買うな!
売れてるうちはbOOK3がでないじゃないか

373 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 12:48:55
石田衣良さんの1Q84のほうがすごいに決まっている。

374 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 14:46:54
イラさんはIQ84

375 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 19:34:09
BOOK1の340ページ。
読んでて恥ずかしくなります。
こんな作家がノーベル賞候補なんですか?
人気があるのはわかりますが。

376 :吾輩は名無しである:2009/07/20(月) 20:35:40
殺人、快楽の為の性交、預言による自殺という現代の世相をよく現している!

377 :平下流:2009/07/21(火) 00:25:59
プルースト+オーウェル+カフカ

378 :吾輩は名無しである:2009/07/21(火) 00:32:16
.

379 :吾輩は名無しである:2009/07/21(火) 13:50:55
富岡幸一郎先生はどうしました?

380 :吾輩は名無しである:2009/07/21(火) 13:54:07
太田はダウンタウンのパクリじゃん

381 :吾輩は名無しである:2009/07/21(火) 13:57:37
太田さんは全部読んだ上で批判している
お前ら雑魚とはちがう

382 :吾輩は名無しである:2009/07/21(火) 23:59:02


【アメリカ】女子児童が誤って育毛剤を陰部にこぼし発毛。母親がメーカーを提訴
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news7/1247646556/



383 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 00:37:28
青豆の物語があの結末だとすると哀しすぎる...
Book3が出て、最後には天吾と青豆が結ばれてほしい

384 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 11:58:16
>>381
太田の書評って誰が真に受けてんの?

385 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 12:08:58
春樹も嫌いだが太田はもっとイヤだな。

386 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 13:25:24
>>353
>>354
太田は村上春樹の作品に登場する人物を取り上げて
「そんな人間はいない」
とか言ってるけど別に小説は現実をそのままそっくり写す必要はないし、
そんなこと言ったら太田の好きなSFはどうなるんだ?
あれこそ「そんな人間はいない」って話じゃないのか???

え? SFとリアリズム小説は違うって?

はい。そうですね。
しかし、言っときますけど
村上春樹の作品はリアリズム小説ではありません。
はい。太田、撃沈w

387 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 13:26:55
>>365
>『半島を出よ』という大傑作

とりあえず冗談と受け取っておく

388 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 14:54:03
春樹色が色んな所に見受けられたアニメ「灰羽連盟」は良作でしたな
今更だけど

389 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 16:48:29
>>385
自分も春樹の小説から離れて久しいが、太田はもっとキライだ

390 :吾輩は名無しである:2009/07/22(水) 20:17:19
>>387
いやあ、傑作だろあれは。

391 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 12:28:18
>>367
!Q84に関して。
仲間うちでしゃべってたら、青豆も天吾もきょうだいがいないからだよ、
と言った奴がいた。そんな感想もあるんだと、はっとさせられた。
そういえば村上春樹の小説っての、兄弟姉妹みたいな人間関係の投影は無いか?
家族関係が密室化していくのは、外への風穴を開ける奴がいないからで
きょうだいが多いとそんな役割をはたす奴が一人はいるのに。

一人ッ子同士が出会うと、互いに依存度が激しくなるのかもしれない。
きょうだい居ると、遠慮なく物言う一番の存在だから、他人との間の取り方なんか
自然にわかる、喧嘩もするけどなんか自分を客観的に見ることも普通にできる。
個人の孤立化状況は進むんだろうけど、
一人ッ子の感覚はちょっと別種なんじゃねえの、とか思ったな。
雑談。





392 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 13:46:03
>>391
天吾のモデルは早稲田が嫌う大学出身者で大人計画に関連ある人物ですか?
私はリリーフランキーが嫌いです

書き込むにはベストの日でしょ?

393 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 15:43:13
>>391
主人公の男女が、二人とも一人っ子なのは「国境の南〜」でも同じだな。
春樹自身が一人っ子なので、一人っ子同志の相互依存は重要なテーマなんだろう。

394 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 16:56:33
>>391
そういやそうだな。

>>393
いや、それしか書けないだけだろう。

395 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 19:27:26
春樹は男の問題に首を突っ込む女たちを持ち上げて自己陶酔する山羊。

396 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 21:38:36
次回作「山羊をめぐる暴言」にご期待ください。

397 :吾輩は名無しである:2009/07/23(木) 21:42:55
大森望「3巻は書かないほうがいい。墓穴を掘ることになる。2巻もなくていいな。
     1巻で全部でてるし。」

「村上春樹 「1Q84」をどう読むか」より

398 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 00:50:00
続編を読まないとわからない人は、読んでもわからない


399 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 02:55:11
3巻を読まないで「3巻は必要ない」とかホザいてる似非文芸評論家ワロスwww
そもそもないものをないほうがいいとか断言してる時点で頭悪すぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

400 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 02:56:10
3巻が今後発表され、それ読んだ上で「必要なし」と断罪するなら説得力もあるというもの。

401 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 08:42:46
読み終わったんだけど

名前しか出てこないアザミが謎過ぎる。
失踪中の人より、くうきさなぎより謎。

私がどっかとばして読んじゃったのかな?
アザミなにしてんのーーーーー?誰か教えて・・・・

402 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 22:01:11
この小説読んだが、宗教の話がメインだと思った。

結局人間は弱いから、何かに依存したりするのではないかな。女だったり、書かれてないが、ギャンブルだったり宗教にね。

善悪についても書かれてたけど、やっぱ難しいよな。均衡に保たなければならないみたいなこと言ってたが、確かにそう思う。レイプする奴や犯罪者がいるからこそ、善がわかるわけだし。
もし悪がない世界が存在するなら、それはカオスだろうね。
青豆と天吾の関係は、過去に対する後悔と、運命は存在するみたいなことを言いたいんじゃないのか。ただ、愛とかこの小説においては、中途半端な気がするよ。
ふかえりに中出しするところも意味わからん。何が言いたいのか?エロ描写はいいが、これは無意味だろ。
結局、何が言いたいのかわからない小説だった。

宗教8割、恋愛1割、謎1割。

結局、世界は自分の描いてる小説みたいになるってことなのか。



403 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 22:08:59
謎を残して投げっぱにすんなよ
ダンスダンスダンスみたいに

世界の終わりとハードボイルドワンダーランドみたいな傑作をもう一度希望

404 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 22:43:23
>>402
具体的な目的から逃げる中学生の言いそうな話ってことだよね。

弱い人間が弱い人間の中で弱い人間のために書く妄想小説。
額に汗流して働く人が読んでもくだらないというのはわかる。

が、まぁ、額に汗を流さないまま生きる人も多いし、そういう人に
向けた小説家が1人くらいいるのは、社会的にはイイのかもね。

405 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 23:00:48
>>404
あんたガキだねw

406 :吾輩は名無しである:2009/07/24(金) 23:01:47
>>404
あんたガキだねw

407 :吾輩は名無しである:2009/07/25(土) 01:36:00
>>405-406
これが夏厨だなw

408 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 02:49:14
一般書籍板にこんなスレがあった。笑える。

【村上春樹読者にありがちなこと】スレッドより
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1218703663/150

>895 :都内某所の鍼灸師・語る:2009/06/28(日) 22:37:08
いやあ最近急にね、客層が変わってしまって、驚いてんですよ。
若い女の子がどっと増えた。いや嬉しいには嬉しいんですがね、
治療が必要とも思えない子ばっかで、おまけに
帰りがけに突然「鍼を習いたいんです」なんて言いだす。鍼灸学校も知らんのかw
かと思うと
「人を殺せる首の急所を教えてください!」と、超真剣な顔で
迫ってきた子もいましたよ。
何なんですかね、この頃の女の子は? 進路に迷ってんだか、
無差別殺人でもやりたいんだか、とんとワシにはわからんわ。

409 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 02:51:07
>>408

>902 :スポーツジム支配人・談:2009/06/30(火) 20:08:16
>>895
6月に入って変な問い合わせ電話が多いんだよ。
内容がまた、謀ったように同じで
マーシャルアーツを習いたい、って。
うちには空手も合気道もキックボクシングのクラスもあるからそう言うと
「なんだマーシャルアーツは無いのか」プツンッ …て。
??…・・・
狐につままれたようだよ、なんとも。


410 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 02:52:11
>>409

>909 :八百屋だけど・・・:2009/07/01(水) 20:35:45
>>902
会社帰りの若い女が
青豆ください、つーからよ、どうせ間違えてるなと思って
これかい、と枝豆出してやったら
うすら笑って
おじさん青豆って知らないの?w とぬかしやがった。
どたまにきたから
乾物屋行きゃーがれ!とどなりつけたが、
おんなじようなのが、続けて3人も来たぜ、
どうなってんだ? 
TVで青大豆ダイエットでもやったか?

411 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 04:28:11
>>404
村上春樹って心身ともに強靭すぎるほど強靭で
汗流しまくりの人生のような気がするけどな@
自分の店を持った後は死に物狂いで働いて借金を返し、
作家に転身したら「長編作家は体力」とか言って
マラソン/トライアスロンで鍛え上げ・・・

412 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 08:22:28
営業努力が足りず、まともな接客ができないから借金かかえたん違うか?

413 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 10:08:37
>>411
現実逃避としてのマラソンでしかないしなあ。
世界情勢が不安だから子供作りませんとか言ってるのみて、
ああ、この人は中学生のまんまなんだって思ったよ。
諦めたふりしてあーだこーだ言ってるだけという。

>>412
だよね。嫁の親に借金とかどういう……。

>>408-409
バカ過ぎワロタ

414 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 11:36:58
マラソンしてるやつなんて世の中には腐るほどいる。
春樹が走ることはそんなに特別なことか?

415 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 12:56:46
これ結局、青豆サイドの話は天吾が空気さなぎ後に個人的に書いている小説の中の話って認識でいいのか?

416 :415:2009/07/26(日) 13:00:04
書いているっていうより、これから書こうとしているって表現の方が適切なのかもしれんが。

417 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 13:59:11
>>414
確かに今のマラソン人口(特に日本人)は凄いが、
ボストンマラソンで03:31のタイムは市民ランナーとしては相当なもんだぜ。
東京マラソンを6時間かけて完走しますた、とかえばってる芸能人とは
わけが違う

418 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 14:05:27
>>417
趣味でしょ。現実的に何の貢献もしてない趣味人の生き方なだけだよ。
とりあえず俺は春樹が子供を作らない理由を必死で言ってるのを見て、
くだらない人だなって思った。世界情勢が不安だから、子供は作りません、ってね。

んー、思ってても言うべきじゃないでしょ。
実際子供を苦労して育ててる人、たくさんいるのに。

だから、狭い範囲の世界でモノを考えてる人なのは事実だよ。
良いとか悪いとかじゃなくて、そういうスタンスだけど、他人に強調すべきじゃないことも強調するから、
信者が混乱し、現実から離れていくわけ。新興宗教みたいなもんだね。

419 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 14:30:03
「世界情勢が不安」というのは、建前のような感じがするけどね。

もし本音だとしても、生殖に対する個人的な意見なんだから、
別に目くじらたてることでもないんじゃない。

「世界情勢が不安だから子供つくるのはやめましょう」と宣伝してるわけではないし。

もしそういう個人の意見に簡単に影響を受ける信者がいるとしたら、
それは信者が馬鹿なんだと思うけど。

村上信者ってそういう感じなの?


420 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 14:30:45
>>419
だから言ってるじゃん。別にかまわんけど、狭い世界の狭い住人ってだけ。
閉じた世界の人だよ。

信者はマジでうけとめてる。リアルでもいるから困る。

421 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 14:42:30
村上春樹好き

1、スイーツ 流行してるから
2、中二病A 中二っぽい思考の多い村上春樹作品の主人公に共感してる。俺にしかこの作品はわからない
  とか思ってる
3、中二病B 特に本は読まないけど、なんとなく村上春樹好きって言えば賢いと思われると勘違いしてる。

村上春樹嫌い

1、中二病 とりあえず流行してるものを叩く。
2、高二病 中二っぽい春樹作品を叩くことで自分の中の中二気質を消すことができると信じてる
3、スイーツ 人が死にすぎて悲しい(笑)

その他複雑な人間関係
・春樹オタ(春樹風文章を2ちゃんで書いて喜ぶ)
・アンチ春樹オタ(信者が釣れると思って春樹を賤しめるレスをする)
・アンチアンチ春樹オタ(アンチ春樹の脆弱な論理を叩いて遊ぶの好き)
・アンチアンチアンチ春樹オタ(春樹批判すればほぼ確実に釣れるアンチアンチ春樹オタを相手に遊ぶ)

422 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 14:45:44
>>421は中学生が考えた世界の仕組みです。春樹スレらしい夏ですね。

423 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 15:43:43
>>408 
見て来た、藁えた。

ここは退屈なバカレスを連続自演で書いてる超暇らしいバカしかいないw 呆れられて
誰も書き込まなくなっちまうw バカが一匹混ざるとスレが腐るなw

424 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 15:57:11
>>1
book3は出る気配がないから、しょおがない読者自ら書いてやろうじゃないか
タイトルは、「一休香具師」でどうだ。
または「空気さなぎ」
じゃ芸が無さすぎるから
「空気やなぎ」か、季節柄
「空気うなぎ」でもよいな。

425 :北海道新聞7.26朝刊[ほん_ほんのひととき]:2009/07/26(日) 19:26:01
物語無き時代の物語

 1980年代、村上春樹を積極的に支持した評論家は数えるほど。国内の文学界で、
ベストセラーは無視あるいは酷評される。近年、国際的な賞の対象になったとたん、
風向きが変わった。最新長編「1Q84」出版後、当たり障りのない書評があふれる。
 それはさておき、作者はなぜ「1984年」を「書き換え」の対象に選んだのか。
 60年代までは、現実においても小説においても、「わかりやすい大きな物語」が存在
した。70年代は、それまでの熱気の残滓のようなものを引きずっていた。80年代に入る
と、その肌触りが消え、「影」と「闇」はどこかに隠れた。時代は書き換えられた。
 そして、今でも高く評価されるべき長編「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーラ
ンド」出版が85年。「1984年」は、この作品に取り組んでいた時期にあたる。
 「大きな物語」の消えゆく時に、どのようにして新しい小説をつくるか。根底から物語
を構築した作品として、「世界の終わり─」は作者の意識の奥底においても、大きな転換
点だったと考えられる。
 「1Q84」の主人公のひとり、「天吾」は作家の卵。作品全体に渡って「物語論」を
重層的に含む構造になっている。村上春樹自身、80年代から、時代に隠されている何かを
「知覚するもの」であり「受け止めるもの」であり「記述するもの」だった。「1Q84」
という小説は、読む側に「文学観」の書き換えまで求めているのかもしれない。
(坂本充浩)

426 :北海道新聞7.26朝刊[ほん]:2009/07/26(日) 19:26:50
中上健次と村上春樹/柴田勝二著
(東京外国語大学出版会 2625円)

 中上健次と村上春樹はどちらもいわゆる「全共闘世代」に属する作家だが、作風はま
るで対照的だった。
 早世した中上が被差別地域の複雑な人間関係の中で織り成される暴力と性のドラマを
濃密な文体で描いたのに対して、村上は都会の単身者の生活スタイルをベースにシンプ
ルな文体でファンタジーやメルヘンの構造を利用した物語を展開している。だが、著者
はこの2人の作品から、「六〇年代」的なものとの対決という共通のモチーフと設定を
括りだして見せる。
 たとえば、中上の「岬」「枯木灘」「地の果て 至上の時」の主人公・竹原秋幸は実
父・浜村龍造との対決によって自己を形成し、村上の「風の歌を聴け」「1973年の
ピンボール」「羊をめぐる冒険」の主人公はやはり「鼠」と呼ばれる友人との関係のな
かで自己を形成して行くのだが、龍造も「鼠」も最後に縊死してしまう。
 つまり、この2人の3部作は設定が奇妙によく似ているのだ。龍造や「鼠」が象徴す
る「暴力」や「肉体」や「情念」こそ「六〇年代」的なものであり、自らの分身を葬送
するかのようにその終焉を見届けることで、両者の主人公は「脱六〇年代」の、つまり
ポストモダンの地平に立つのだと著者はいう。
 こんなふうに要約してしまうとかなり強引な解釈のようにみえるかもしれないが、著
者の分析はとても緻密で犀利である。特に、村上の作品に現れるさまざまな小道具の寓
意的解釈が私にはおもしろかった。こうした「謎解き」は思いつきめいた恣意性をなか
なか拭いがたいものだが、本書の解釈は著者のしつらえた論理構成の中できちんと整合
性を保っている。
 本書を読むと、通常は異質性ばかりが強調されがちな中上健次と村上春樹が、同じ時
代を生き、同じ問題を共有したまぎれもない同世代の作家であることが鮮やかに浮かび
上がる。それが本書の魅力である。
(評・井口時男)

427 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 22:41:43
中上健次か。
ユリイカの特集読んで気になってたから読んでみようかな。

428 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 22:49:26
中上健次(笑)

柄谷が戦略的に持ち上げただけの作家をいまだに優れてると思いこんでいる
柄谷派の井口もどうしようもないね

429 :吾輩は名無しである:2009/07/26(日) 22:58:11
文壇の権力者である安岡を批判したことで川嶋は文壇から「パージ」され、
江藤淳の推薦で東工大教授になったという伝説がある。川嶋の世話で東工大
に就職した井口時男の『危機と闘争』には、川嶋が死んだ時、文芸雑誌には
まったく追悼文は載らず、文壇は川嶋を抹殺したのだと書いてある。
事実、『文学の虚実』が単行本になったのは、はるか後年の1987年である。

しかしこの伝説にはおかしな点があり、川嶋は安岡批判の後も1979年まで
『季刊藝術』に寄稿しており、また仮に文芸雑誌に書けなくなったとしても、
大学紀要、あるいは単行本などの形で書き続けることはできたはずである。
つまり、三冊しか著作のない川嶋に、文芸雑誌が追悼文を寄せる
必然性はなかったと考えるべきであろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B6%8B%E8%87%B3


430 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 01:47:07
これbook3なんて出ないだろ。
book2でそこそこ綺麗に完結してるじゃん。

431 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 13:52:03
最近のエンタメ読み慣れてる奴には
伏線を全部回収しないと、納得しないんだよ

432 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:01:47
>>410
一般読書板【村上春樹読者にありがちなこと】←から面白いのだけ抜書き。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1218703663/914

>914 :空手道場主:2009/07/03(金) 01:33:21
>909 入門者? 急に女子が大勢入った。
いまのところ男女比が逆転しちまってる。
道場開いて以来初めての現象だ。

健康志向ブームの余波かと感じている。
気合いの入り方は女子の方が勝っているかもしれん。
眼の色がちがう。

一昨日は海外留学直前という女子大生が来て
一週間で速習したいと言う。的を絞った蹴りだけを身につけたい、と。
面談してみるとしごく真面目な志であるから引き受けた。
個別指導で集中的に、必殺股間蹴りを教えている。
なかなか筋がいい。



433 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:08:54
>>432

>933 :スポーツ用品ショップ店員:2009/07/07(火) 00:42:05
>924
なんすかね、不況てのに客多いス。女スよ、女。
女がね、買ってく、ナイキのブルーのジムバッグ。
若いのもばばあもみんなブルーす。他の色じゃ駄目つーんだもん。売り切れ。
発注したらうちの本店にも無いス。品切れ。
ばばあ? なんかフラダンスやってんだと、ムームー入れんの、て威張ってたスけど
なんでナイキのブルー? 全然わかんねス。



434 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:10:34
>>433
>940 :眼科医/:2009/07/08(水) 03:37:58
>933 母親と一緒に蒼白い顔の中学生男子がやって来たんだが
診察室から母親を追い出して、深刻そうな顔で言ったよ
「眼が変なんです」
「ん? どんな風に変なの?」
「見えないんです」
「え? ちょっとこれ見て。この指何本だい?」
「2本」
「ちゃんと見えてるじゃないか」
「指だから見えるけど、空の」
「空の?」
「月が…」
「月が見えないのかい?」
「はい。毎日じーっと見つめてるんですけど、見えないんです、一つしか」
「・・・・・・・・・・・・」 
紹介状書いたよ思春期外来へ。妙な症例が増えるのも、時代かねえ…

435 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:12:18
>>434
>945 :有名予備校人事担当・談:2009/07/11(土) 14:21:25
>940
6月中旬からですか、教師求職者が目立ちますな。
募集してもいないのに押しかけてくるんですよ。とにかく
面接だけでも受けさせてほしいとね。札幌、青森、東京、新潟、広島、福岡、
あ、沖縄校もです。
おおかた不況で首切られた類かと履歴書見てみると、これがまあ
現役の高校教諭だったり大学院助手だったり、なかなか優秀なんですな。
すでに何人か面接しましたが、会ってみるとガタイもいいし、誠実でまじめ。
ただしちょっと暗めかな。で、
わざわざ予備校教師を志望する理由を尋ねると、これがどうもはっきりしない。
現在の生活を見直したいだの、自分らしく生きたいだの、自由を得たいだの、
中には小説を書きたいからというのも居ましたっけ。…いわゆる
自分探しというやつですかねえ? 30近い男がねえ。時代、なんですかね。
私なんぞ30の時には子供3人抱えて四苦八苦でしたよ。
採用? してません、自分探しに付き合ってるゆとりは無いですもん(笑)

436 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:18:57
>>424
>タイトルは、「一休香具師」でどうだ。

そういう題名だと全く違うストーリー展開ができそうな…
タカハシ源一郎あたりに1q84社会現象を読み解く視点で
ぜひ書いてもらいたい、と思いますた。


437 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 14:20:11
空気さなぎって商標とられそうだね

438 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 20:04:01
ふかえりのDDDの匂いを想像した。

439 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 20:40:33
大森望「3巻は書かないほうがいい。墓穴を掘ることになる。2巻もなくていいな。
     1巻で全部でてるし。」

「村上春樹 「1Q84」をどう読むか」より


大森望「この人何にも考えてないと思うな。整合性とかも。
    別にそれでいいと思うな。考える作家は他にいるんだし
    考えなくていい人は考えなくていい」

「村上春樹 「1Q84」をどう読むか」より


440 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 22:44:32
>>417
趣味でしょ。現実的に何の貢献もしてない趣味人の生き方なだけだよ。
とりあえず俺は春樹が子供を作らない理由を必死で言ってるのを見て、
くだらない人だなって思った。世界情勢が不安だから、子供は作りません、ってね。

んー、思ってても言うべきじゃないでしょ。
実際子供を苦労して育ててる人、たくさんいるのに。

だから、狭い範囲の世界でモノを考えてる人なのは事実だよ。
良いとか悪いとかじゃなくて、そういうスタンスだけど、他人に強調すべきじゃないことも強調するから、
信者が混乱し、現実から離れていくわけ。新興宗教みたいなもんだね。



>>419
だから言ってるじゃん。別にかまわんけど、狭い世界の狭い住人ってだけ。
閉じた世界の人だよ。

信者はマジでうけとめてる。リアルでもいるから困る。

441 :吾輩は名無しである:2009/07/27(月) 23:45:36
どうして「女春樹」は出てこないんだ?
そんなの、これまでいたか?
ババァの川上からなんちゃって文学の川上にシフトしただけだろ。


ってか、なんで女が文学板に居るんだろ。

442 :吾輩は名無しである:2009/07/28(火) 03:48:17
ブックオフに流します。面白いと思えない。青豆があまり好きになれない。感情移入できない。私の嫌いな女性を彷彿させるから。

443 :吾輩は名無しである:2009/07/28(火) 07:10:21
俺も売ろうかな。
一巻の終わりまで読んだが我慢して読むのはここまでだな。

444 :吾輩は名無しである:2009/07/28(火) 22:20:54
さっきいBOOK2まで読了。
「ねじまき鳥クロニクル」の展開からいえば、BOOK3は
あって必然ですね。青豆を探す冒険がはじまる、いつもの村上ワールドが
期待できそうです。リトル・ピープルもまだ曖昧すぎますし。


445 :吾輩は名無しである:2009/07/28(火) 23:43:08
読み終わったんだけどさ
ふかえりの父ちゃん母ちゃんはどうなったの?
戎野氏はどうなったの??
春樹はチェーホフを超えられなかったってこと???

446 :吾輩は名無しである:2009/07/28(火) 23:59:11
自分は大分以前から月が二つ見える
妻の顔も二つだ
先だっての日蝕も二つだった

447 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 00:33:27
ふかえりのとうちゃんは青豆によって殺害された。
かあちゃんは不明。
戎野先生はどこかに居住地を移してる。


448 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 00:45:36
天吾は受身のセックスしかできないのか?
ふかえりとのセックスに「犯されたい願望」を見た

449 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 01:41:23
恭子

450 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 11:13:31
恭子にフェラチオされたい。

451 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 11:29:55
青豆とかふかえりとか
名前だけ聞いてもきめぇ
よく読もうと思うな

452 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 12:30:46
リトル・ピーポー(笑)
きめーよ

453 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 12:33:40
村上春樹を批判しているオバチャンって、何で似たような顔付きなんだろうか?

454 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 12:34:06
まさしく阿Q84

春樹式精神勝利法


455 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 15:45:26
村上春樹を大好きなオバチャンとガキって、何で似たような顔付きなんだろうか?

456 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 15:47:55
村上好きな男っておじさんになったらどうしようもないね

457 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 23:36:11
しかし 「ノルウェイの森」の主人公役が松山ケンイチとはな。。。

萎えるぜまじで。

監督はよさそうなんだけどな。

458 :吾輩は名無しである:2009/07/29(水) 23:39:31
キムタクよりはましだろう

459 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 00:21:51
和を意識した着物なのに丈は臍下、ピンクのパンツ・ガーター丸見えの風俗嬢ファッション。
日本女性変態説を裏付けるような服装でミス・ユニバースの世界大会に出場しようとしてます。
http://s01.megalodon.jp/2009-0730-0004-33/img.47news.jp/PN/200907/PN2009072201000854.-.-.CI0003.jpg
http://www.jiji.com/news/handmade/topic/003event/uni001-090722-02.jpg
http://s03.megalodon.jp/2009-0730-0005-33/image.blog.livedoor.jp/yoshiyuki_tokyo/imgs/c/c/cc00f856.jpg

【文化】 「ミス・ユニバース日本代表、まるでポルノ女優」 日本・海外で非難殺到…イネス氏ら「流行遅れが批判」「パンツじゃない」★13
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1248875968/
【阻止】ミス・ユニバース日本代表下半身露出で出場5
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1248876772/
今年のミス・ユニバースって既女的にどう?
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1248442805/
【阻止】ミス・ユニバース日本代表下半身露出で出場4
http://s01.megalodon.jp/2009-0729-2332-49/hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1248771499/

460 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 07:53:59
村上の責任なのか?

461 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 08:37:09
ポルノ女優?ミス・ユニバース“下半身”丸見え大批判
「日本が誤解される」と抗議殺到
http://www.zakzak.co.jp/gei/200907/g2009072804_all.html

※画像:
 http://img.47news.jp/PN/200907/PN2009072201000854.-.-.CI0003.jpg
 http://www.jiji.com/news/handmade/topic/003event/uni001-090722-02.jpg
 http://image.blog.livedoor.jp/yoshiyuki_tokyo/imgs/c/c/cc00f856.jpg

デザインの世界はバカと天才が紙一重なのか、まるで道頓堀劇場のストリッパーだ。
戦後になって地に足がつかない日本のRPG的世界観で、呉服業界の怒りはもっとも。
プレステ2のおねーちゃん系チャンバラゲームかと思った。


462 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 09:08:44
オマエラに聞きたいんだが、青豆はなんで最後に死んだ?(死んだことにして)

なんで自殺する必要があるの?何を諦めたの?
天吾と会えないって確信したから?



463 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 09:23:46
登場人物を自殺させるのが好きなんだよ村上春樹は。

464 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 09:24:52
>>462
豆に理由なし。 銃が登場したらそれは放たれる的な引用
に縛られた春樹がセオリーに従ったまで。

465 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 09:25:33
なんとなくオチがついたような感じがするじゃん。
村上春樹の小説に深い意味なんてないんだよ。

466 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 09:43:49
そうなんだよ、どっちか一人しか生き残れないと、観念する理由がどこにもない。

467 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 10:55:00
>>462
あれは弾が出ない拳銃だったんだよ



468 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 11:06:25
青豆が死を選んだのは1Q84の世界から抜けだし、1984の世界へ
たどり着く出口が喪失したから。彼女にとって1Q84の世界に未来はない。
殺害した教祖の深田の言うとおりなら、その世界では死を選択するしかない。
そして彼女はそれを信じて死を選択した。


469 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 12:19:14
>>468
それは本そのまま抜粋しただけだな。
しかしあそこで死ぬ必要がないんだよ。

470 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 12:57:02
抜粋ではなくそれ以外の解釈のしようがない。


471 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 13:00:05
まったく安易なドラマだよな。

472 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 13:10:56
まぁ死ぬ必要があっても実際死んだかどうかは分からないしな

473 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:10:13
青豆が死を選択したのは必要性ではなく必然性。


474 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:13:36
自殺の必然性なんてねえよ。

475 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:42:48
物語に拳銃がでてきたなら、それは発射されなければならない

これは、拳銃が発射されなかったことの伏線

476 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:50:20
必然性が読み取れないのは理解力不足。


477 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:56:31
読み終わった後、泣いた。純愛小説だと思った。まだ読み返していない。
読み返したり、年を重ねたりしたら、まったく違った感想を持つと思う。
2度目はたぶん泣かないだろうな。

478 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 20:59:34
リトルピーポー、テレビピーポー、集団意識?

479 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 21:02:14
ぜーんぜん泣けませーん。

480 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 21:05:36
青豆が生きているのだとしたら、そうだね、きっと生きているんだわ。
生きるということが乗り越えるということだものね。
このまま青豆が死んだら、安っぽい、筋書き通りだものね。青豆は生きている。

481 :吾輩は名無しである:2009/07/30(木) 22:16:42
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\ セックスしたした
|  ・  ・  | 読んだ読んだあれ読んだ
|   ⊃  |  聴いた聴いた
 \ ー  /

482 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 01:53:11
青豆なら今うちにいるお

483 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 05:55:43
ふかえりの父親が
宗教団体のリーダーになっていく展開が
詳しく読みたかった

リトルピープルのせいじゃ納得できない

484 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 10:32:52

1Q84の経済効果。ヤナーチェク『シンフォニエッタ』CD、
チェーホフ『サハリン島』…爆発的売上げ中。
 ttp://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090723/1027865/




485 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 10:46:29
「ノルウェイの森」1000万部、村上春樹人気の秘密

http://www.j-cast.com/2009/07/30046420.html

486 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 10:51:54
>>435
このスレ阿呆レスばかり続くけど、たまには面白いのがあるな。笑える。

487 :はるか高み:2009/07/31(金) 11:01:44
バカが面白がりそうな話だな。

488 :消費生活センターの相談員ですが…:2009/07/31(金) 11:05:52
>>435
>[村上春樹読者にありがちなこと] スレから
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1218703663/150

うちは夏休み期間の相談急増が毎年のことなんですけど、
今年の特徴といえば、ちょっと変わっていて
「訪問マッサージ」「訪問鍼治療」にまつわる相談なんですよ。

いわゆるネット詐欺の一種です、「安定収入を得られる」と
甘い誘い文句を並べ、訪問マッサージや訪問鍼治療は不況知らずの仕事で
それをする為の講習が通信メールで受けられる、と。
そのサイトに興味をもち問い合わせたり申し込む人がいれば、絶対逃がさず
様々な名目で先にお金を振り込ませる…。巧妙な手口です。

相談者は女性が圧倒的に多くて、皆さん異口同音におっしゃるのは、
鍼に興味をもってネットで調べていたらそのサイトに出会った、と。
訪問マッサージなんて怪しいし、鍼治療は実地専門教育が必要なのは常識ですのに、
なぜ簡単に詐欺にひっかかるんでしょう? …謎ですね…。



489 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 11:07:36

   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |      やれやれ
|   ⊃  | 
 \ ー  /


490 :私立中学教諭:2009/07/31(金) 13:01:04
>>488
問題は日付け。生徒が提出用紙に200Q年7月〇〇日と、書いてくる。
「今年が何年かも忘れるとは…
おまえ若年性アルツハイマーか」と言うと、待ってたように
「先生は老眼アルツハイマーだ」と大喜びする。
中には数学のテストで9を全部Qと書いたやつまで居る。叱りましたよ、
「せめてqと書け」とね。
来年が来るまで当分この流行りは続くんでしょうな。困ったもんだ。

491 :吾輩は名無しである:2009/07/31(金) 14:51:29
>>490
オヤジギャグ見ると気分悪くなるから二度と書くな

492 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 08:14:22
オヤジが未成年と寝るまでに必要な物語とその後をくだくだと読まされたような気分になった。

493 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 12:15:14
すごいなー、ちょっとの間に200万部売れたって?

494 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 13:15:43
「正論」で佐藤洋二郎が1Q84を批判してます


495 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 15:42:34
>>490 
ワラタ なんか実際にありそうな…ラサール中とか灘中とかでw

>>488
きもい詐欺だな。そんなのにひっかかるヤシの面が見てえや。

496 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 18:52:57
他人様のブログを、9年も前のを、
勝手に引いてくるのはちょっと気がひけるけど
村上春樹作品の翻訳物について、とくに
ドイツ語への翻訳は日本語からじゃなく英語版から孫訳という話なんか
俺の周りではだれも知らない。やっぱ、というか
文学のことば、っての、国境を超えつつ変貌していく予兆? アメリカ人の友達とは
俺ら春樹作品について英語でしゃべるもん。彼らに日本語は期待できないし
俺らが歩みよってくしかない。その為の高校修旅だしホームステイだしな。


--村上春樹は「英語帝国主義者」なのか?
ドイツにおける「太陽の西 国境の南」事件の真相 2000/12/29
ttp://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html
原文の改変を平気で認める村上という作家のでたらめさが
告発されている
自分の作品をアメリカ人に合うように変えられても平気な基地外


497 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 23:45:56
俺ってキチガイ?

498 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 01:38:49
>>496 ←他スレのカキコを盗んで改変してるキチガイ?w 哀れだ
       ↓
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1247667433/93-96
>93 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 15:27:04
他人様のブログを、9年も前のを、
勝手に引いてくるのはちょっと気がひけるけど
村上春樹作品の翻訳物について、とくに
ドイツ語への翻訳は日本語からじゃなく英語版から孫訳という話なんか
俺の周りではだれも知らない。やっぱ、というか
文学のことば、っての、国境を超えつつ変貌していく予兆? アメリカ人の友達とは
俺ら春樹作品について英語でしゃべるもん。彼らに日本語は期待できないし
俺らが歩みよってくしかない。その為の高校修旅だしホームステイだしな。

--村上春樹は「英語帝国主義者」なのか?
ドイツにおける「太陽の西 国境の南」事件の真相 2000/12/29
ttp://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html

>94 :吾輩は名無しである:2009/08/01(土) 15:38:28
いまのところ、
英語だったらどこの国でも通じるから便利は便利だよ。
中国人の留学生とか居るけど、文学の話なんかはどうしても
日本語より英語の方がやりやすい。どっちかがネイティブだと有利すぎて
微妙な部分で齟齬がでる感じする。
英語で伝え合うことができない微細なことは省略でOKじゃね?
それで損なわれる程度じゃ、文学とは呼べない。ただのラノベの部類でそ。
ゴミ箱に捨てた方が世の為になる類だわんw

499 :『1Q84』読者にありがちなこと?:2009/08/02(日) 14:55:18
>>490
マグドでカバーかけた本を読んでた学生風のメガネ女、脇を通りかかったら
パラッと偶然のふりして表紙を見せてやんの、1Q84。
??何のつもりなんだ??

500 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 15:11:13
最近1984年のヒット曲、舘ひろし「泣かないで」を聞きながらこれ読んでる。

501 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 15:16:43
>>499
覗いてんじゃねーよ このクソヲタ

502 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 16:20:17
>>495
ずっとさがしてったら>>488の鍼詐欺らしいサイト、ほんとにあった
893関係か? こぇえ〜〜カモ



503 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 17:06:53
Book1,Book2ともに24章からなる目次立てが、
作品中にも出てきたバッハの『平均律クラヴィーア曲集』を意識しているとしたら
第3巻はありえないってことになるだろう。

504 :通りすがりですが:2009/08/02(日) 17:16:33
>>499
まだ読んでいない人に対しては、そこはかとなく優越感があり、
でも「どんな本なの?」と訊かれるとはっきり応えることができない。
そして「まあ自分で読んでみるのが一番だよ」とお茶を濁す。

1Q84の話題で盛り上がっているのを耳にすると、聞き耳を立てるが
中に入ってはいけない。批判を聴くと弁護したくなり、礼賛を聴くと
批判したくなって、自分でも始末におえない。一般的?読者心理。

505 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 18:20:47
この本おもろい?
まだ読んでないんだ

506 :吾輩は名無しである:2009/08/02(日) 20:16:06
この人に訊け/この程度でいいの?「文学」って楽だなぁ、と思う
   ◆ 大塚英志/村上春樹著「1Q84」

週刊ポスト(2009/08/14), 頁:119


507 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 02:03:59
>>506
大塚なんてのは漫画同人誌コミケのどさくさに紛れて出てきた香具師で
サブカルのサブのサブの僻地人。
あいつに文学なんかわかってたまるかw 騙されちゃいかんぜ

508 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 02:05:27
週刊誌までが便乗売りかよw
他にネタが無いんか、情けねえと思わんのかな

509 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 02:07:29
いやまあ言ってる事は正しいと思う。
見出ししか見てないけど。

510 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 02:25:49
大塚って楽だなぁ、と思う

511 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 09:10:23
>>505
文庫になって待ち合わせか旅行に携帯するにしても退屈かもしれない。久々の春樹を今買いで後悔してる自分。

512 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 12:26:12
>>511
まじで言ってるんならおまえの国語力はゼロ。
1984が退屈ならそもそも本を読む能力が欠落しているといえるだらう。
落ちこぼれか難読症にまちがいない。

1巻で完全に取り込まれ夢中にさせられて
2巻で読者自助努力本かよ?と思わされる。




513 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 12:36:03
>>512
511は自問自答してるだけの
自演粘着アホだから放置でww

514 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 13:36:19
>>343
>頭蓋骨の境界は、いまに意味がなくなるかもしれない…

なんかさあ、ネットでそんなシンクロしてみてえもんだと思う。
けど一度も無い。どっかに脳波の周波数の近いやつがいねえかな?
居れば名無しでもビビッとわかると思う。



515 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 18:41:11
>>514
幻想。

516 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 18:47:59
テレパスてあるんじゃね?

517 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 20:22:02
>>516
恩田陸に聞け
何度もシンクロして見知らぬ漫画家とかと同時期に同じような話を書いているらしいぞ

518 :吾輩は名無しである:2009/08/03(月) 22:16:42
http://dianying.at.webry.info/200810/article_2.html

フォーラム初日午前の基調講演は
韓国が評論家の柳宗鎬氏。論客です。少し迷ったのですが
と前置きしつつも、かなり辛辣な村上春樹批判を。
間もなく発表になるノーベル文学賞の有力候補と目されて
いることを念頭に置いての発表か。
私も『ノルウェーの森』以降の村上春樹作品は全然評価して
いないので、ほぼ同感。


韓国の有名批評家にぼろくそにいわれる春樹WWW
それを伝えない日本の新聞WW


519 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 03:20:15
あのでかい本がいやでまだ買ってないというか買うつもりがないのだが
文庫になってからだな・・買うとしたら

520 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 09:53:35
>>506
批評家なんて他人の書いたものにケチつけるだけだから楽な商売だな
他人の揚げ足取ってナンボ。重箱の隅つついてナンボ。

521 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 13:18:30
>518
無名人が逆立ちして悔しがっても無意味じゃけw 
おまえがたてて自演しているアンチスレで臭い尻だして踊れw
くやしかったら200万部売り上げてみれ、「純文学」でなww

522 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 13:21:50
book3はどーなんだ出るのか?

まったく別の形でだれかが出しそうな悪寒…
『空気やなぎ』とか『空気ウナギ』とか
『空気読めないさなぎ』とか
『空気嫁ーダチワイフ物語』とか
『空気さ難問はーCO2を考えるー』とか
『食う気?難儀だなや』とか…


523 :米国CIA職員の話(翻訳):2009/08/05(水) 14:17:08
>>504
留学していた時の同窓生がCIAに居て、時々Skypeでしゃべる。
先日は学生時代の話になり、当時我々の共通話題でもあったハルキムラカミについて、
奴はエルサレム賞スピーチや「1Q84」にまで言及し、新作はどうなんだ?と
訊くから、青豆がカルト教祖を針一本で殺すところなんぞを、喋った。
すると案の定奴はノッてきたが、そのノリ方が尋常でない、
「そうか!! 1995年2月13日だ、あれはあれは…そうだったのか?!」と…。
それは、
毛沢東の主治医だった李志綏が、亡命先のアメリカで突然死した日だという。
毛の死後『毛沢東の私生活』を米国で出版、世界の注目を浴びた李志綏は、
TVに出て「毛沢東の伝記をあと一冊書く」と語った2週間後に、突然、
息子宅のバスルームで死んでいた。心臓発作と発表されたが、CIAの事件簿は
謎のまま未解決になっているんだ…と奴は言った。当時中国政府は
彼の著書はでたらめと反論、曽祖父も皇帝の侍医という代々医師の家柄に生まれて
西洋医学を修めた優秀な医師李志綏を、徹底敵視して貶めるのに躍起だったと………

524 :吾輩は名無しである:2009/08/05(水) 23:32:45
アマゾンで探したら「毛沢東の私生活」あった
文庫になってるじゃん

525 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 13:42:26
宇野常寛に「新潮」で酷評される「1Q84」

526 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 21:09:46
マルチポストww

527 :吾輩は名無しである:2009/08/08(土) 22:30:26
宇野の自演です

528 :吾輩は名無しである:2009/08/09(日) 09:28:24
http://www.youtube.com/watch?v=HULQspyz0z4

529 :吾輩は名無しである:2009/08/09(日) 23:17:36
>>401
アザミは大活躍らしいよ
ふかえりはマザとドウタがいて、
妊娠するから彼氏作らないとか言ってるのがマザで
わたしは妊娠しないとか言ってるのがドウタで
ふかえりドウタはもう一人の私other meでアザミ。
ブック1は二人ともでてるけど、ブック2はアザミしか出てないっぽい。

何がしたいんだ村上春樹。

530 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 02:02:52
>>529

目からウロコ。
ありがとな。
どっから仕入れた情報?


531 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 12:55:15
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | 男は女のどこを見るべきか?
|   ⊃  | 
 \ ー  /

532 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 17:57:37
>>529
なるほど〜BOOK1とBOOK2でふかえりがちょっと違うなと思ったのはそのせいか

533 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 18:22:44
496の他人の書き込みを盗作して悪どく改竄するクソ。
社会の最も卑小な悪人とはおまえのようなゴミを言う。親のツラを見てえや。
よほど悲惨な育ち方をして現在もくだらない生活をしているにちがいない。

>>498
発見&指摘、thx.  
卑小な悪を見かけて看過すれば、悪は卑小なりにのぼせ上がる。バカは無視して放置が原則だが
「悪」は気付いた者が叩くことが大事。


534 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 18:29:22
春樹が小悪党だけどな

535 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 18:48:39
>>484
>1Q84の経済効果。ヤナーチェク『シンフォニエッタ』CD

久方ぶりにCDのクラシックコーナーに行って驚いたぞ。
「村上春樹『1Q84』登場で
  問い合わせ殺到、大ヒット!」ーと、特製プラスチックPOPつけて
展示販売されてたのがジョージ・セル指揮の「バルトーク管弦楽のための協奏曲」。
無論ヤナーチェクのシンフォニエッタが入ってるからだが、何のつもりなんだ。
春樹つながりで買うミーハー共は
どうせバルトークは添え物で聴きもしないんだろうな。「管弦楽のための協奏曲」なら
小沢征爾が振ったサイトウキネンオーケストラの名盤があるというのに。

売り方もえげつないというか…どうせ全国展開の金儲け店某拙屋だがw
社会現象もここまでくると
「村上春樹」を商標登録すればパテント料を各ジャンルから取れる。
俺がマネージャーなら、印税よりそっちで収入を計るぞ(ry











536 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 18:54:20
>>523
そういう現実とリンクする話は…かなり…ヤヴァイ感じがする。
中国華僑は昔から世界中に浸透していて
マフィアがらみでなくとも、暗躍の裏舞台を想像すると…
日本における朝鮮総連等を通じた北の日常的工作なんとは規模も歴史も
次元が違うんじゃないのか? 国際情勢の裏面…

537 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 19:47:18
>>530
ここだろ
ttp://otherme.cocolog-nifty.com/blog/


538 :吾輩は名無しである:2009/08/10(月) 21:14:29
な、なんだってーー!!

539 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 00:00:01
>>537
このサイト、すごいなあ

540 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 02:07:39
>>537

これはすごいな。
どの批評家よりもすごい。
『1Q84』がよくわからなかったヤツはここ見るべき。

541 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 05:09:18
>>531
AAとセリフが全然合ってないしw

542 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 12:30:43
天吾が書こうとしていた「過去を変えられる物語」の存在も忘れるなよ

543 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 15:08:12
>>523
まじでこわいんですけど。

544 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 15:28:54
おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【村上春樹】1Q84 Book 5 [一般書籍]
村上春樹総合25やれやれ [一般書籍]
アンチ村上春樹 [一般書籍]
心の相談室「野の花」八鉢目 [メンタルヘルス]


545 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 15:56:45
「1Q84」読者にありがちな?
ノートに書いた日記なら、とても人には見せられない恥ずかしい内容と
自分でもわかるけど。なぜかブログだと、だれかが見てくれると勘違いして
いるせいか、平気でじぶんの愚かさを露出する内容を書いて、書いたままで
削除する能力さえない人たちが、いっぱいいるみたい
「1Q84]読んだ人は100万人以上らしいから
勘違いブロガーがどれだけたくさん恥ずかしいブログをさらしているのかと、
想像したら、ぞっとした
ネットって恥さらし界かもしれない

546 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 16:07:22
なにをいまさら

547 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 16:12:18
>>545 分かってるならもう来なくていいよ

548 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 16:20:14
ブスにぶさいくは、心の相談室へ

549 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 16:42:05
文藝誌って誰も読んでないと思ってるのか
人に読ませるようなものじゃない評論や書評が載っていて
まともな人が読めば一発で駄目と指摘できるようなものが
幅を利かせていて、これらがプロの仕事で
ネットの匿名批評が全て空気になってしまうとしたら
と想像したら、ぞっとした

550 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 19:41:35
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |   やれやれ
|   ⊃  |     かまびすしい  
 \ ー  /



551 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 19:41:49
>>545

コンプレックスならよそで吐き出せよ

552 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 19:52:24
>>545はおまえ>>551のこといってるのか?
関係ない話なら反応しないのがふつうだけどな。

心あたりのあるヤシは脊髄反射しちまって正体がバレる。
このスレに糞のようなブログを引いてきて必死で自褒めしているキチガイは
そーか、おまえか。…病人はあわれなもんだな 


屁とも感じないもんなw

553 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 19:58:25
>>552 一行抜けてやんよ

ふつうなら名無しのカキコなんか
屁とも感じないもんなw

554 :吾輩は名無しである:2009/08/11(火) 22:32:57
カスども夢の饗宴だな

555 :吾輩は名無しである:2009/08/12(水) 17:17:36
おまえら何してんだよ。
読書感想文もう書けたのか?

556 :吾輩は名無しである:2009/08/13(木) 16:51:16
>>535
ipodに入れたもんね。毎日聴いてるお。入れてる
クラシックはシンフォニエッタだけ。うふふふー


557 :吾輩は名無しである:2009/08/13(木) 16:57:08
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | 僕が相手にするのは死人だけさ。
|   ⊃  | 
 \ ー  /

558 :吾輩は名無しである:2009/08/13(木) 17:06:31
>>523
針で殺されたかもしれない人いるんだ? すごぉおーいかも

559 :吾輩は名無しである:2009/08/14(金) 10:06:13
>>554
ざっと眺めておまいがいちばんのカスに見える・・・  
ちなみに俺の視力2.0、眼力天下無双(笑

560 :吾輩は名無しである:2009/08/14(金) 21:05:53
2ch以外ならいくらでも有益な場があるのに・・・
なぜ2chで人を見下すのか

561 :吾輩は名無しである:2009/08/15(土) 02:48:16
きっとリトルピープルのしわざだよ。
誰の中にも潜むリトルピープルがうごめくと
他人の中の同じ要素を刺激して連鎖がはじまるのでは

目くそ鼻くそを藁う、ていうんだ? 
2chは低次元のヤシ同士が出会えばそうなりやすい場と思われ。

562 :吾輩は名無しである:2009/08/15(土) 18:37:03
>>561

リトルピープルさんお疲れ様です。

563 :吾輩は名無しである:2009/08/15(土) 20:12:43
月=青豆
ここにはまったく気が付かなかった
脱帽

564 :吾輩は名無しである:2009/08/15(土) 21:28:19
なにそれこわい

565 :吾輩は名無しである:2009/08/16(日) 01:03:10
>>523
こわぃぃ

566 :吾輩は名無しである:2009/08/16(日) 10:22:55
【村上春樹の自慰について】
村上春樹は自らのペニスを客観的に眺めることを好む。
そして彼は自分の股に膣を想像して、
自分のペニスを受ける者としての大きな感動を自らの興奮に繋げる。


567 :吾輩は名無しである:2009/08/16(日) 15:39:28
>>561
>2chは低次元のヤシ同士が出会えばそうなりやすい場と思われ。

そうかな? 低レベルの蚤が一匹で糞をまき散らすんじゃね?
懸命に糞をたれたつもりでもなんせ蚤の糞、
目に見えもしない 


568 :某政令都市・精神科クリニック医師・述懐:2009/08/16(日) 15:44:42
>>523 
夏期はカウンセリング希望者が増える。
7月以降は休暇をとって来る会社員も多い。
彼らはべつに鬱やパニック症状が顕著なわけではなく、当人が一人考え詰めて
日常生活にも支障をきたしている、という風だ。
出自を振り返って、
自身が親子関係に絡め取られたままだと気付いた、そこから解放されたい、などと
訴える。子供時代の話を熱っぽく語り、突然わっと泣き出したり、
怒りに震えたり、激しい感情表出を見せるよ。
まあね、
幼少期の未解消の塊を心の奥に抱え込んだまま一応おとなになった例は、
僕らが扱う患者の大半がそうなんだが、
不思議なのは最近急に
30才前後世代が目立つのと、彼らが面談の最初に口にする言葉が
奇妙に似通っている点だな。一様に思いつめた顔で語り始める
「じつは私10歳のときに……」
…なんというか…『10歳症候群』とでも名付けたいこの夏の怪現象だよ。

569 :吾輩は名無しである:2009/08/18(火) 06:28:47
続編では、天吾が深田に替わる教団のトップになるんだろうね

570 :吾輩は名無しである:2009/08/18(火) 18:22:27
>>569

その可能性はあると思う。
けど小説家と教祖の差異を描くために天吾が苦悩する話のほうが面白い。

571 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 02:31:28
結局は全共闘的なものが(それに距離を置いた者も含めて)不完全燃焼のままねじれ、変容し、地下に(意識下に)潜ったという以外の事は伝わらなかった。

1984年とそれを改変した「1Q84」年の物語であるのに、80年代を思わせる描写はほとんどない。
それどころか天吾も青豆もふかえりも極めて現代的な人物造形を負っている。
これは本当は「200Q」なのではないか思ってしまう。それがこの物語最大の違和感と言っていい。謎とかなんとかはどうでもいい。

そしてその違和感は作者自身が意図して引き寄せている。その証拠にBOOK2の巻末には「本作品には、一九八四年当時にはなかった語句も使われています。」とご丁寧な断り文句がある。

物語の物語というところに狙いがあるのは解らなくもないが、その時代に対する不完全な姿勢、村上春樹的な登場人物たちは普遍的だとも言わんばかりの独善的な態度は大いに批判されるべきだ。

何故「200Q」に正面から取り組まないのか?「Q.11」以降を生きようとしないのか?
ちょっと海外で演説したくらいでは騙されない。

572 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 05:16:41
>>523
ほんとにそうかもしれない…、と思わされてしまうとこがある

>>568
うそだろwと思いつつ自分も振り返った10歳時
かなりの事があった、
大人に対峙するだけの自我はあった

573 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 10:32:23
>>537
book2の途中でとまってた自分だったが、ここのブログみて読もうとおもった。
てか、物語よりこのブログのほうがおもしろかったんですけど、、
どなたが書いてるのかね。

574 :吾輩は名無しである:2009/08/19(水) 20:57:01
編集者とか周辺の関係者の可能性あるよね。
普通ここまで読解したら素人なら名前の一つも書きたくなるもんだ。

575 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 08:31:30
んだよね。
それにしてもすごい読解力だよなあ。
春樹が読んだらなんて思うんだろう。
ひさびさに純粋に感心したよ。いろいろ謎もとけたし。
読み返してみたくなった。
個人的には天吾とふかえりのSEXシーンが余計だとおもってたんだが、あの場面もこのブログ読むとそれなりに意味がでてきておどろいた。

576 :声を聴く者:2009/08/20(木) 10:55:09
ふかえりにしてもらった「オハライ」が天吾に青豆のことを思い出させたのであれば、
それなりに物語上の意味を持たせてもらったことになる。

【文芸】村上春樹『1Q84 BOOK1』、発売3か月弱で09年書籍売上1位に 累計売上部数は、95万4803部
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1250727390/

村上春樹『1Q84 BOOK1』、発売3か月弱で09年書籍売上1位に
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/68533/full/

577 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 14:58:22
>>545
「1Q84」読者にありがち、というより「文学」を読んじゃう人の多くに言えるんじゃないかな。
>>537のところなんて、その典型だろう。
そういう人たちの中でも、この人は特に「自分の意見は人が耳を傾ける価値がある」と完全に思い込んじゃってる。
完全に評論家気取り(笑) それも超イタイ評論家。
そもそも村上春樹の小説自体が平気でじぶんの愚かさを露出する内容を書いてるだけのものだし。

それにしても>>537の感想文を絶賛してる人ってマジで言ってるのか・・・?
まさか>>537の人の自画自賛なんてことはないよな?(笑)

578 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:04:56
>>545
「1Q84」読者にありがち、というより「文学」を読んじゃう人の多くに言えるんじゃないかな。
>>537のところなんて、その典型だろう。
そういう人たちの中でも、この人は特に「自分の意見は人が耳を傾ける価値がある」と完全に思い込んじゃってる。
完全に評論家気取り(笑) それも超イタイ評論家。
そもそも村上春樹の小説自体が平気でじぶんの愚かさを露出する内容を書いてるだけのものだし。

それにしても>>537の感想文を絶賛してる人ってマジで言ってるのか・・・?
まさか>>537の人の自画自賛なんてことはないよな?(笑)

579 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:19:33
>>575
解釈は個人の自由だから好きに読んでください
でも僕の研究本やらなんやらを読んでると見当違いのものが多くて辟易する・・・

みたいなことはよく言ってるねw

580 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:37:54
>>573-575の読解力のなさに乾杯
この小説に大した読解力なんていらないし、妄想が一人歩きし過ぎてるよ
ゲームのやりすぎ。普段ゲームの攻略本しか読まないのだろうか

581 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:43:44
解釈が自由なら見当違いも何もないはず

582 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:51:32
>>581
でも実際春樹はそういうことをよく書いている

583 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 15:57:29
簡単なことだろう。
「自由に解釈してください。ただし僕にとって嫌な解釈や気に入らない解釈は大嫌いです」ってことだろうw
でも見栄っ張りだから、そういうことは絶対に書かず、
見当違いのもの、と決め付けて、そういう解釈を貶めるという作戦。

584 :吾輩は名無しである:2009/08/20(木) 16:02:56
>>583
だねw

585 :吾輩は名無しである:2009/08/21(金) 01:47:45
別に春樹を擁護するつもりもないけど、個人の解釈の自由と、大なり小なりとも商業的、あるいは学術的意図の上で公に発表された論述には大きな違いがあって当然だろう。

学生の人らはレポート提出で先生に赤点付けられたら言ってみなよ。「あなたには落書きに見えるだろうが、これは私の解釈の自由だ」って。

2ちゃんってのは時にはポピュラーなジャーナリズムやアカデミズムよりずっとまともな論旨を構築することもあるんだけど、そういう公と私の距離感のようなものが曖昧になりがちなんだよな。

気をつけるべきだと思うよ。

研究論文が一旦外に出たら、その論文も研究対象と同様に批評を受けて当たり前なんです。

586 :吾輩は名無しである:2009/08/21(金) 03:25:58
>>585
キミ、結局なにが言いたいの?w

587 :吾輩は名無しである:2009/08/21(金) 15:31:08
たぶん>>585が言いたいのは「オレには落書きに見える」
たぶん>>586が言いたいのは「あなたには落書きに見えるだろうが、これは私の解釈の自由だ」

と、通りがかった漏れは見た。当たってるだろ?
ついでに漏れの見解、自ブログを2ちゃんねるに宣伝にくるブロガーは
例外なく自己陶酔妄想型のオナニストで、
他人様に読んでいただける内容かどうかの自省も自制も全くできない
非常に未熟なドシロート厨房。

588 :吾輩は名無しである:2009/08/21(金) 21:59:34
>>586

自由に解釈して読んで下さい。と言うことと、でも僕の研究本は見当違いのものが多い。と言うことは大きく矛盾しないということ。

589 :吾輩は名無しである:2009/08/22(土) 00:21:37
トマス・ピンチョンが解説を書いてくれないかな。

590 :吾輩は名無しである:2009/08/22(土) 03:26:12
>>588
そんな言うまでもないことを、わざわざ長ったらしいヘンテコな文章で表現しようとしてたの??

591 :吾輩は名無しである:2009/08/22(土) 03:31:18
>>587
> 自ブログを2ちゃんねるに宣伝にくるブロガーは
> 例外なく自己陶酔妄想型のオナニストで、
> 他人様に読んでいただける内容かどうかの自省も自制も全くできない
> 非常に未熟なドシロート厨房。

同感。
そして2ちゃんねるの書き込みにもそういうのが結構ある。
たとえば>>585などがその典型。


592 :吾輩は名無しである:2009/08/22(土) 11:43:15
これだけ食い付けば>>585はさぞ満足だろうw


593 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 05:46:08
春樹を徹底的に批判したヤスケンに対して
反論できない死んでから
「作家になれなかったヤスケンは僕に嫉妬していたのだ」
と見当違いな卑しい批判を投げつけたのが春樹

594 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 13:26:05
(・_・;

595 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 13:36:22
ピンチョンが後書き書いたらこいつの本編は全部かっ捌いてエッセイ本として出した方がいい

596 :吾輩は名無しである:2009/08/23(日) 20:27:37
ヤスケンは作家の原稿を勝手に売る犯罪者

597 :吾輩は名無しである:2009/08/25(火) 14:25:52
>>587
>例外なく自己陶酔妄想型のオナニストで、

プッ、2chに長レスする奴全員がオナニーやってるじゃあんw

598 :吾輩は名無しである:2009/08/25(火) 23:20:50
日本人は学校教育とテレビとネットだけで
世の中を見ているのではないか。
世の中には学問で証明できないような
ことも多くあるのではないか。
世の中には不思議なことが実際に
ある、ということも春樹はいいたいのでは
ないか。

599 :吾輩は名無しである:2009/08/26(水) 16:44:06
村上春樹総合25やれやれ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1245677233/

【村上春樹】1Q84 Book 5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1248161324/

600 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 17:13:52
ついさっきBOOK2読み終えた。こんなにのめりこめなかった村上春樹作品初めてw
青豆とタマルってなんか「レオン」思い出した。
特にゴムの木に異常に執着する青豆がレオンが愛したマチルダっぽかったな。



601 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 19:39:17
こいつネーミングセンスおかしいな

青豆ww
リトルピープルww


602 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 19:53:34
そもそも本の題名もおかしい
中学生がやりそうなゴロ合わせw

603 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 20:07:11
村上春樹作品に登場する「影」というものは、全くの独自発想?
それとも何か元ネタがあるの?

604 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 20:09:36
>>601>>602
「「説明しなくてはわからないということは、説明してもわからないということだ」

605 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 20:27:26
>>604
そのカッコの使い方、なにかの流行りなのかい?

606 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 20:30:39
カッコイイじゃん

607 :吾輩は名無しである:2009/08/27(木) 21:42:52
今夜空を見上げたら月が二つあった

608 :.:2009/08/28(金) 00:01:12
架空小説(小説中の小説)「空気さなぎ」の某箇所の材料(元ネタ)はフロイト?

609 :吾輩は名無しである:2009/08/28(金) 01:08:10
いや、ユング


610 :吾輩は名無しである:2009/08/28(金) 02:44:36
222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222

 自称責任政党である自民党と党員には責任を取ってもらう。

・日本人が蓄えた富をクサメリカに手渡す売国偽改革推進者ども 竹中逮捕 
・自己責任とか簡単に言う奴 駄倍は国会空転の損害賠償をしろ
・犯罪者官僚を訓戒で済ませてきたのを処分やり直し、叙勲取消し
・日本郵政疑獄  西川善文逮捕
 キヤノン疑獄 御手洗逮捕

 焦るダメリカが何をするかわかったものではないから
 テロ防止
 選挙不正の徹底監視  集票管理所、開票所に人を送ること

 この選挙による日本改造政権が守旧層によって乗っ取られないように注意。
過去に対する徹底した責任追及によって腐敗層を一掃すること。
検察・裁判所の新規設立。公共工事を受注した企業に国民への賠償義務。
 談合という詐欺犯、贈収賄、不当水増し犯の逮捕・起訴。
 カラ出張など公務員犯罪の全員「逮捕・懲戒免職を選ぶか年収300万、退職金なし
で働くか選ばせる」処置による公務員の半数以上の人員入れ替え、歳出削減。

22222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222

611 :吾輩は名無しである:2009/08/29(土) 15:50:48
僕は創価学会員なので何も考えずに投票することにしてますから。

612 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 05:45:03
book3はどうなったの?

613 :吾輩は名無しである:2009/09/02(水) 06:22:28
民主党が勝ったのは、この作品を読んで影響を受けた人が多かったからである

614 :吾輩は名無しである:2009/09/03(木) 14:34:54
いや、関係ない。
むしろ読者の多くが郵政選挙で自民党を支持した奴か学会員。

615 :吾輩は名無しである:2009/09/03(木) 18:21:24
それも関係ない。
むしろ多くの読者がパスタを茹でていて、自民に投票しなかった。

616 :吾輩は名無しである:2009/09/03(木) 20:10:55
300万にんは影響を受けたとして、図書館を考えれば1000万人は影響下にある。

617 :吾輩は名無しである:2009/09/03(木) 21:31:23
1Q84にもし影響する要素があるとすれば公明党の票減らし。

618 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 09:38:51
そもそも春樹読者は政治なんてダサい、関係ないと思ってんだろな。

619 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 09:47:57
そんなことはない。むしろ何故政治と結びつけるのか理解に苦しむ

620 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 14:00:03
春樹はネトウヨを黙らせたかったらしい。
インタビューでネットの集団的悪意がどうのこうの言ってた。

621 :(o^v^o)鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ :2009/09/04(金) 14:10:40
村上春樹ってダサいよな

622 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 17:24:29
       _,,..,,,,_
     / ,' 3  `ヽーっ
     l   ⊃ ⌒_つ
     `'ー---‐'''''"

      リーダー

623 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 17:58:52
さきがけのモデルは、オウム。

624 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:03:56
3日間で一気に読破したけど、
6割面白かったし、4割意味不明だった。

625 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:05:16
かわいそ

626 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:06:05
それでいいんだよ。
能もそうだけど意味不明な部分は心のブラックボックスに放り込んで
無意識化で咀嚼すればいいんだよ。
すべてを理解しようとするあまりすべてをこじつけて悦に入る
文学オタよりよっぽど読み方を分かっているいい読者だ。

627 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:11:03
http://www.myspace.com/monorithz
アマでIQ84って曲あった

628 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:12:08
アザミって戎野先生の娘でしょ。

アザミがothermeってあんま理解できないな>>529
戎野先生も小松もブック2には出てこないけど。

629 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:17:48
>>624
それでいいんだよ。
基本的に村上春樹が自己満足のファンタジーを語ってるだけで、
村上春樹以外の人にとって特に意味があるわけじゃないんだから。
もし意味を追求するとしたら、それは村上春樹という人間が
どういう願望を持ってるかを分析することになり、
しょうもない個人的な欲望やエゴが見えてくるだけ。


630 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:17:49
青豆が首都高であのまま自殺したなら、かわいそうだなあ。

631 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:21:34
>>624
4割意味不明って読んでる意味ないじゃんwwww
時間無駄にしたねwwww

632 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:23:36
>>629>>626
thx
たぶん何年後かに、また読み返すかもしれない。
ノルウェイやねじまきとかも何年かに1度読み返すと、
また違った感想を持つから。

633 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:25:35
ふかえりみたいな美少女と仲良くなりたい。

634 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 18:29:19
「さきがけ」の描写は、
アンダーグラウンドだっけか、
オウムの取材経験が活かされてたな。

635 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 19:58:37
ネトウヨ批判か。
VIPが動く出番だな

636 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 20:19:55
>>626
> 能もそうだけど意味不明な部分は心のブラックボックスに放り込んで
> 無意識化で咀嚼すればいいんだよ。

計算士でもなければそんな器用なことできないって

637 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 22:12:30
>>636
信者なに言ってるのかわからん。誰か通訳して。

638 :吾輩は名無しである:2009/09/04(金) 22:26:55
>>637
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドからの引用。

エホバの証人もまんまだったなw

あと、これまではアメリカ文学の引用が多かったけど、
平家物語からの引用は新鮮だった。

639 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 00:46:03
平家物語の部分は物語の力が失われたと言われる現代にでも
昔から伝承され滔滔と語り継がれる物語があるということの証明らしい。

物語賛歌。

640 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 14:31:45
村上春樹が「世界の終わりと」を書いたのが奇しくも1984年

641 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 16:40:25
ほうほう

642 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 17:45:55
ふかえりって深津絵里のこと?

643 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 19:57:41
「世界の終わりや」はスティーブン・キングの「ショーシャンクの空に」に雰囲気が似てると思った。

644 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 21:11:46
感じ方は人それぞれだけど、その意見には残念ながら、同意しかねる。

645 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 21:23:15
それは、まったく、にてません、ええ

646 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 22:11:21
まったく似てないな。

647 :吾輩は名無しである:2009/09/05(土) 22:50:41
「世界の終わりやあらへんで」は刑務所みたいなところから影が逃げ出そうとする話だろ?

648 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 00:17:45
「世界の終わりやあらへんで 〜24時間笑ってはいけない図書館スペシャル〜」は
脳の中の世界から影ともう一人の自分が逃げ出そうとして影はそのまま
脳の中に留まる話だよ。

649 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 01:58:06
チャンネルさく○の奴は見たくなかったわ ニコニコで村上春樹って検索しなきゃよかった

650 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 19:22:43
司書「影、アウトー」

651 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 02:42:33
浜田、松本、やみくろ、アウトー

652 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 18:06:24
やみくろはケツしばく係りだと思う。なんとなく。

653 :吾輩は名無しである:2009/09/07(月) 23:23:30
>>643
影が門番にフェラチオを強要されないところなんてそのまんま

654 :吾輩は名無しである:2009/09/10(木) 23:02:55
>>643
「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」は村上春樹ファンにおすすめしたい映画だよ

655 :吾輩は名無しである:2009/09/12(土) 17:08:06
【コラム】「アンチ勝間和代」…ベストセラーになった香山リカの現代社会批判本 [09/09/06]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1252564156/

656 :200Q:2009/09/14(月) 21:57:10
もうすぐふかえりの空気さなぎが実際に出版される

そうして月は2つになる

657 :吾輩は名無しである:2009/09/15(火) 17:40:17
なんでふかえりと性交することがおはらいなの?

658 :吾輩は名無しである:2009/09/15(火) 20:25:36
作者のご都合主義


659 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/09/16(水) 01:16:00
      (⌒⌒⌒)
      |||
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ〜
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!
  \        ⌒ ノ______
    \_____/ |   | ̄ ̄\ \
___/      \   |  |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___   \|   |    |__|
|:::::::| \____|⊃⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕

660 :吾輩は名無しである:2009/09/16(水) 01:33:40
うんこ

661 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 03:27:40
春樹さん誰も望まない1Q84の3作目やるみたいっすよwwwww

662 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 08:18:38
毎日新聞のインタビュー読んだ。第3部、来年の夏らしいね

663 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 08:19:41
ただのホラばなし

664 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 10:27:05
ねじまき鳥と同じ後出し第3部か

665 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 12:54:24
村上春樹氏:「1Q84」を語る 単独インタビュー(1) 「来夏めどに第3部」
http://mainichi.jp/enta/book/news/20090917mog00m040001000c.html

666 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 14:32:34
3部はいらないといってた評論家は・・・

667 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 14:34:47
何度でも言う。全4巻だと思うんですけど。

668 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 14:40:36
■ 大森望さん(翻訳家/書評家)の

『1Q84』の話
 村上春樹の『1Q84』は「続編があるんじゃないか」という説が根強い。
以前に『ねじまき鳥クロニクル』という作品でそういう事があったのであり得ない話じゃない。
しかも1984年の4〜6月、7〜9月と来ているので「まだ3ヶ月残っているし、
年度で言えば6ヶ月ある」なんて説もある。
 でも僕は「絶対に書かない方が良い」と思う。この作品は謎が残っているけど、
謎を解明しても面白くない事の方が多いし、辻褄が合わないところもいっぱいあるけど、
理屈を考えても意味がない。
 ちなみに作中に登場する小説『空気さなぎ』に対する批評で「普通に考えればこの小説は失敗作
で、辻褄が合っていなかったり、終わっていないように見える」という下りもある。
そんなセルフ・ツッコミがあるのですごく貶しにくい。
 こういう風にしか書けなかったのか、あえてこうしたのか。普通なら失敗作と言われるけど、
それが許されるのは村上春樹だから。
 ちなみに今、劇場でやっている『ヱヴァンゲリヲン』も『1Q84』と似た雰囲気がある。
『エヴァ』も昔、謎だらけで終わったからこそ人気が出た。
その謎を全部説明したらガッカリするもの。だから『1Q84』はそのままで良い。

http://www.avanti-web.com/thisweek.html

669 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 17:28:40
新しい売り方だな
しかし、3は読まん
読者をバカにすんなよ

670 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 18:56:04
性描写のかわりに宗教とか組織理論でもみっしり書いてほしかった

671 :吾輩は名無しである:2009/09/17(木) 20:41:19
大森望はどうしようもないな。

672 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 00:25:31
ヱヴァンゲリヲンはカルト、だから無理に謎をこしらえているが
深い示唆も真理もない。当然つじつまも合わない。まがいもの。

673 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 11:54:35
もともと春樹の言う総合小説を目指した長々小説として書いてたんだろ?
それなら2巻で終わるの短すぎだしな。

最低4巻まではでるんじゃないか?

674 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 12:04:59
今日発売

「サイゾー」より

宇野常寛
「1Q84に便乗してムックを作れと命じた編集者は春樹が文芸プロパーの
世界で評価が低いことも知らない文藝音痴であがってきた原稿を見て
自分が貶されてるような気持ちになって怒り狂ったという」

675 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 17:52:25
>>674
色んなところに書いてるけど、まとめ方下手じゃね?
まさかそのまんま書いてあるの?

676 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 18:13:32
村上春樹
「1Q84に便乗して批評を書けと命じた編集者は宇野常寛が文芸プロパーの
世界で評価が低いことも知らない文藝音痴であがってきた原稿を見て
自分が貶されてるような気持ちになって怒り狂ったという」


677 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 18:21:29
>>675

今日発売

「サイゾー」より

宇野常寛
「1Q84に便乗してムックを作れと命じた編集者は春樹が文芸プロパーの
世界で評価が低いことも知らない文藝音痴であがってきた原稿を見て
自分が貶されてるような気持ちになって怒り狂ったという」




「私は1Q84の版元の新潮社が出している「新潮」という雑誌で厳しく批判したが
だれにも怒られなかった。まあレイプファンタジーに過ぎないあんな作品を
褒めるわけもない」

678 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 19:00:33
お師匠のあずまんは
春樹を無視してる文壇はおわってる
といっているが

679 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 19:07:04
「文芸プロパー」じゃないじゃん

680 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 20:13:57
レイプファンタジーという尺度しかない悲しい頭の持ち主だからな。

681 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 21:35:06
「レイプファンタジー」なんて言葉もないしな。
造語のつもりだとしても英語的に無理がある。
頭が悪い証拠だ。

682 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 22:58:55
青豆は自殺しなかったのかな?

683 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 23:13:59
死んだけど空気さなぎによって蘇る

684 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 23:16:41
引き金を引いたけど弾がそれて自殺できなかった。命は取り留めたけど顔は別人になってしまった。
そんな青豆を天吾が探し出す物語です。

685 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 23:17:43
ハリウッドで感動の映画化

686 :吾輩は名無しである:2009/09/18(金) 23:28:07
さきがけが青豆を追い詰める緊迫した展開が見たい。

687 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 00:44:25
あかべこがママの味を再現するまでの物語とずばり予想。

688 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 01:14:07
>>681
一応は英語の語彙としてあるだろう。
彼が作ったわけでもない。

689 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 08:53:33
1890*1.05=1984.5

690 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 11:56:10


691 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 12:00:24
( (

692 :1「Q」84:2009/09/19(土) 12:39:50
よげんの書。2008年2〜8月記述(スレ内63、80〜82、86〜89、100番)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1187056866/l50
その後に社会に起きた出来事についてはスレ内143

693 :吾輩は名無しである:2009/09/19(土) 23:07:23
>>688
ないっつーの

694 :記憶喪失した男:2009/09/20(日) 14:54:09 ?2BP(0)
駄二

695 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 15:17:30
>>693
じゃあ、rape fantasyでググると、英語版のwikipediaの「rape fantasy」がトップに来るのはなぜだ?
英語版wikipediaは存在しない英語を掲載してるのか?

696 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 20:38:55
そう。

697 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 21:09:10
村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090920-00000522-san-int


2006年に実施された韓国の30代の作家らを対象にしたアンケートによると、
「いちばん過大評価された海外の作家」の1位にも村上春樹が選ばれるなど、
マイナスの評価もある。

698 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 22:22:59
過大評価はされてないと思うけど。
ミリオンセラーになってもおかしくない作品じゃないかな?
ただノーベル賞は厳しいと思う。
まあその韓国の30代の作家とやらに村上春樹よりも面白い作品を書いてもらいたいね。

699 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 23:06:17
では春樹批判をしている評論家は全員、春樹より面白い作品を書けと。

700 :吾輩は名無しである:2009/09/20(日) 23:52:46
>>695
変態用語だろ?日本で言うと「しょた」だの「たち」の類。

701 :吾輩は名無しである:2009/09/21(月) 08:53:57
>>699
いやいやwアンケートの対象が韓国の30代の作家らって書いてあるから言ってるんだろw
なに的外れな事言ってるんだよw

村上さんの小説があまりに売れてるから嫉妬してんだよな。その人たち。

702 :吾輩は名無しである:2009/09/21(月) 12:45:10
Book3が来年夏発行を予定して執筆中と春樹がインタビューに答えた用ですねぇ〜(笑)

703 :吾輩は名無しである:2009/09/21(月) 19:01:28
評論家が批判したら「文学のためを思う真摯な批判」だとでも?

704 :吾輩は名無しである:2009/09/23(水) 01:52:22
『1Q84』関連の書評を一通り読んで評論家がロクに作品を読んでないことがよくわかった。


705 :吾輩は名無しである:2009/09/24(木) 00:24:19
なにをいまさらですよ

706 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 14:56:29
語るところはいっぱいあるようでないんだよな。
浦沢的な引っ張り方にみんな飽きちゃってる感じ。

707 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 21:59:41
やっと読み終えた。
とにかく退屈でしんどかった。
ページを捲るたびに「乳房が」「乳首が」「睾丸を」。
おじさんの妄想を列挙しました!みたいな。
物語も内容が深いのか浅いのかサッパリわからない。
青豆は死んだの?生きてるの?

初めてちゃんと読んだ村上春樹本だけど
どれもこんな感じ?

708 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 22:17:46
世界文学ってエロシーン必須なの?

709 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 22:34:02
文学なんだからエロシーンは避けられないだろう。

710 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 22:38:50
????

711 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 22:42:11
なんでエロシーン必要なんだろうね。
読みたくもないしキモいんだけど、無いと何か足りない気がするのは何故?

712 :吾輩は名無しである:2009/09/30(水) 22:45:16
ノルウェイのレズ話で抜いたのは一生の不覚…orz

713 :吾輩は名無しである:2009/10/01(木) 02:24:43
非常に読みやすくて比喩がわかりやすいってのは納得したんだが。
どうしても携帯小説やラノベって感じがするな…
文学ってなんなんだろうな。

714 :吾輩は名無しである:2009/10/01(木) 02:34:26
わけのわからないキモオタフィギュアがモダンアートの最前線にあるわけだし
もうそういう線引きに意味はないんじゃね

715 :吾輩は名無しである:2009/10/01(木) 03:26:07
> 文学ってなんなんだろうな。

文学なんだからエロシーンは避けられないだろう。

716 :吾輩は名無しである:2009/10/02(金) 14:17:53
村上春樹の本、返品の山。
中には「こんな駄作買わせやがって!!」と書かれた本も。

717 :吾輩は名無しである:2009/10/02(金) 14:57:52
なぜ「村上春樹」本はいつもバカ売れするのか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091002-00000001-president-bus_all

発売前から増刷! 春樹ブランドの驚異

今年の出版界の最大の話題作といえば、村上春樹の5年ぶりの長編である『1Q84』だ。
初版は一巻20万部、二巻18万部だったが、予約が相次いだため、発売前に増刷が決定。
その後も増刷を重ね、発売後12日間で計100万部を達成した。これはミリオンセラーの最短記録だという。
どうして異例ともいえる売れ行きを見せたのか。
「『1Q84』の文学的価値が評価されたから」という理由では、発売前から予約が殺到したことの説明がつかない。
作品が世に出る前から注目を集めたのは、「村上春樹」というブランドがなせるわざだと考えるべきだろう。

718 :吾輩は名無しである:2009/10/02(金) 19:57:04
ノーベル賞発表だというのに盛り上りませんねw
さすがにハルキはないと判ったのでしょうかw

719 :吾輩は名無しである:2009/10/03(土) 15:02:00
Amos Oz +400
Assia Djebar +500
Joyce Carol Oates +500
Philip Roth +700
Adonis +800
Antonio Tabucchi +900
Claudio Magris +900
Haruki Murakami +900
Luis Goytisolo +900
Thomas Pynchon +900
Ko Un +1200
Thomas Transtromer +1200
Arno�t Lustig +1600
Atiq Rahimi +1600
Herta M�ller +1600
Les Murray +1600
Mario Vargas Llosa +1600
Yves Bonnefoy +1600
Cees Nooteboom +2000
Peter Handke +2000

720 :吾輩は名無しである:2009/10/03(土) 15:52:22
ハルキはピンチョンと並ぶ偉大な作家

721 :吾輩は名無しである:2009/10/04(日) 02:03:47
ちょっと格好よくて、馬鹿みたいに騒ぐのが嫌いで、読書と音楽鑑賞が好きで
仕事は流されるまま卒なくこなし、セックス相手には困らず、買春なんてことはありえなくて、
何でもシステム化された現代に魂がさまよってる主人公の男の子が
ちょっと冒険して周りに死人が出ながら、かわいい女の子といいことしちゃう。

いつもと同じだったな。。まあそれを読みたいんだけどねw

722 :吾輩は名無しである:2009/10/04(日) 23:40:25
中川・元金融財政大臣を殺ったのは、青豆さんだと思う。見事な手口だ!

723 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 01:41:01
なにかの口封じでは

724 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 11:36:35
解剖で原因不明の急激な血圧低下の痕跡が確認されたらしい

725 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 11:44:12
あぁ…、間違いないね。青豆さんですよ。

726 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 12:42:37
http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/books/091005/bks0910050750000-p2.htm

727 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 19:36:10
で・・・来年の初夏かよwww

728 :吾輩は名無しである:2009/10/05(月) 23:02:37
え?BOOK3やるのか。
続編はないって大方の世評が逆に作用したかな。

もう結婚詐欺みたいな終わり方じゃ逃げられねぇぞ。

729 :吾輩は名無しである:2009/10/06(火) 10:12:15
中川氏死亡、循環器系の異常か
http://www.asahi.com/national/update/1005/TKY200910050135.html

遺体には目立った外傷はなく、同庁は事件に巻き込まれた可能性はないとしている。
嘔吐物をのどに詰まらせて窒息した形跡もないという。


730 :吾輩は名無しである:2009/10/06(火) 10:19:53
>>728
book4まであるよ

731 :吾輩は名無しである:2009/10/06(火) 23:32:49
知能指数(IQ)84だと思ってました。



732 :吾輩は名無しである:2009/10/07(水) 01:21:00
>>728
book2までじゃbachの平均律の一巻まで。

733 :吾輩は名無しである:2009/10/09(金) 13:27:19
>>732

どういうこと?24章で2巻完結では?というのが世評だが。

734 :吾輩は名無しである:2009/10/09(金) 22:48:57
バッハには平均率の第二巻もあるんだけどねえ。
なんて無教養なんだろう。

735 :吾輩は名無しである:2009/10/10(土) 13:29:28
ここ20代、30代いますか?

736 :吾輩は名無しである:2009/10/10(土) 14:21:27
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | ショパンがわからない奴では話にならん!
|   ⊃  | 
 \ ー  /

737 :吾輩は名無しである:2009/10/10(土) 14:22:59
>>729

> 中川氏死亡、循環器系の異常か
http://www.asahi.com/national/update/1005/TKY200910050135.html

> 遺体には目立った外傷はなく、同庁は事件に巻き込まれた可能性はないとしている。
> 嘔吐物をのどに詰まらせて窒息した形跡もないという。


春樹がアルちゅうって言いたいのか!

738 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 15:12:04
もう無理に書かなくていい
誰も待ってないし仮に読んでもつまらんし
村上=買う事に意味を感じる本=販促力=かんちがい

739 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 15:18:23
>>738
オマエが読まないだけで済む話じゃねぇかバカか

740 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 15:51:59
春樹の見事な文章一つでもあったら挙げてみて

741 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 16:01:36
人に頼らず自分で読んでみれば?

742 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 16:17:08
ダンス×3でいるかホテルを描写した部分は力入ってた気がする

743 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 16:52:48
心理学上の現象に「ゲシュタルト崩壊」というのがあって、
Wikipediaによるとそれは「例えば生まれてから疑う事なく受け入れてきた周囲の環境や知識があり、
ある時それらと全く違う世界を体験した場合、それまで持っていた自我、アイデンティティーの存在意義について
自らが立っていた土台そのものが崩される思いをする現象」だそうだ。
1Q84の世界に通じるものがありそうじゃない?

744 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 18:40:35
>>739
買ちゃった?

745 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 23:09:47
200万部以上売れてるけど
共感出来るかという意味では人を選ぶ内容だね

俺の偏見による本作好きへのオススメ
 ねじまき鳥クロニクル
 国境の南、太陽の西

この2作に比べると
1Q84はオウム事件の影響が出ているなと感じる

746 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 23:18:35
日本のシドニー・ウェルダン 乙です

747 :吾輩は名無しである:2009/10/11(日) 23:20:17
スティーブン・キングだよ


748 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 00:05:35
イヤぁ〜いい焼き具合ですね〜 w

749 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 11:34:22
何も感じていない。

そんな風に思う。

750 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 11:37:45
ノーベル賞は、とれない。

きっと、そう思う。

そう思っているんだから仕方ない。

とやかく言う必要はない。
その事で、
作家に対する批判はどうかと思う。

むしろマンエンしているハルキストの方が問題だ。

751 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 23:09:30
負け犬は2ちゃんで吼える

752 :吾輩は名無しである:2009/10/13(火) 00:32:31

   ∧_∧
  ( ´∀` ) < 四浪決定的秋にハルキ担当者が暴れているようだな、もう涙を拭きなよ
  / ,   ヽ      
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄    
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘



753 :吾輩は名無しである:2009/10/13(火) 21:35:32
>>745
俺はねじまきと国境をは特に好きな作品で
1Q84もその設定や雰囲気は好きだけど
読んでてコレジャナイ感が一番強いのがこれ

754 :吾輩は名無しである:2009/10/14(水) 07:27:54
>>745
オウムは勿論連想したけど
最近春樹が中東の国に出向いて何か宗教的なことについて演説してきたよね
それらの活動の源流の一端を1Q84の執筆活動が担っている気がした

755 :吾輩は名無しである:2009/10/15(木) 11:10:54
春樹すと、
まぁ、面白い。
でも、やっぱり、
アジアの中でも興味深々。
つまり、小泉さんがエルビスになった瞬間とさして変わらない。
結構、そう思う。

この国は宗教団体ではないのか、
歴史をさかのぼれば、
つまり、そうだ。

756 :吾輩は名無しである:2009/10/18(日) 00:41:13
蛋白質は正確に機能するために、正確な三次構造に折りたたまれなければならない。
折りたたみ過程は、ポリペプチド鎖がリボソームで翻訳が終えるとすぐに始められ、
最終的に蛋白質となる。
αへリックスやβシートのような二次構造は、この段階で形成される。
しかし、この二次構造形成の段階では、そのドメイン構造がまだかたまっておらず、
最終的な蛋白質構造にはなっていない。
蛋白質は、最終的な構造になる前に、元の二次構造や側鎖の中で様々な変化を経ていく。
蛋白質になるまでの中間体の構造の中には、凝集体や不正確な最終構造になりやすいものがある。
そのような蛋白質は、シャペロンと呼ばれる特殊な蛋白質の助けが入る。
シャペロンは、部分的に折りたたまれでいるポリペプチドが誤って折りたたまれたり、
凝集体ができたりすることを防ぎ、蛋白質が正しく折りたたまれるような生物学的システムを助ける働きをする。
リボソームに働くシャペロンは、蛋白質合成時にリボソームのトンネルを通過して、
正しい折り畳みの新生ポリペプチド鎖となるのに役立つ。
http://pdbjs9.pdbj.org/eprots/index_ja.cgi?PDB%3A1W26

757 :吾輩は名無しである:2009/10/18(日) 18:09:12
>>756

全くおっしゃるとおり。

758 :吾輩は名無しである:2009/10/20(火) 07:09:06
>>753
なるほど、そうなのか
自分の場合はだけど、おそらくその「コレジャナイ感」が自分にはヒットしたので
前よりずっと好きになったよ

>>754
崖と卵のスピーチだよね、自分もそう思う
林被告のことを考え続けた影響が出ていると思うのよね
話自体は読みやすいし、大勢の人が読むということは意識しているとは思うけど
メッセージはより少数の「たとえ間違っていたとしても卵」のほうに向けられているように感じられた。
そういう部分に共感する人は、まともじゃない人だろうけど。
人に行くなと言われたらエルサレムに行く、そういう人だから
崖に向けて書かないという姿勢に好感を持った
読者がそうとるとは限らないけど、少なくとも自分はそう感じた

それから、本人が目指している総合小説という観点では違和感が少なくなった
(総合小説ときくと自分はアンナ・カレーニナを思い浮かべる)
初期の作品なんて、一人の世界が他の登場人物に勝手に共有されているからね
本作でもそう(主人公、ふかえり、タマル)だけど、
以前に比べると改善されているように感じる
あゆみ、小松や、さきがけのリーダーに対する柳屋敷の婦人の反応など。

・・久しぶりに長文書いてしまった。ファンなので許してください

759 :吾輩は名無しである:2009/10/20(火) 11:35:11
その発言自体が問題だ
つまり、そう思う。
つまり、のたうちまわる。
つまり、気付いていない。

それを オモシロクカイテイル。

キケン。」

760 :吾輩は名無しである:2009/10/20(火) 11:41:06
要するに、
知っている知識をいくらえがいても、
きっと無理なんだなぁ。
才能なんだから。
迎合しちゃいけないよ、やっぱり。

ふかよみしないほうがいいと思います。

761 :吾輩は名無しである:2009/10/20(火) 11:54:11
>>760
だよね。失礼ながらあれだけの才能。
失礼ながらワンパターン挑発表情の世名と同じ。

762 :吾輩は名無しである:2009/10/22(木) 11:50:45
本を読むべきです

763 :くまちゃん ◆m0yPyqc5MQ :2009/10/24(土) 08:39:25
(๑→ܫ←๑){なんかたかすぎるんでないかい。学生のふところ勘えてごらん

764 :吾輩は名無しである:2009/10/24(土) 22:33:03
天吾と育ての父親の別れ際で
父親が涙を流したところが村上さんらしくない と思ったのは漏れだけ?

765 :吾輩は名無しである:2009/10/27(火) 22:57:04
リーダーの病名は線維筋痛症
いま報ステでやってる

766 :吾輩は名無しである:2009/10/30(金) 00:35:40
>>758
崖じゃなくて壁では?
まあ、崖と卵でも壁と卵でも陳腐であることには変わらないが。

村上春樹は弱者の卵のほうにスタンスをおくといって
壁さんの顔を立てるために文学賞をもらいにいったということは
壁さんのスタンスにも立っているというわけだ。

さっそく村上春樹の壁と卵の話は、日本ではカルデロンのり子を擁護する
ために使われた訳だが、現実世界で村上春樹の話がでてくると
実にちぐはぐで考えが足りないとわかる。なによりも古臭くて陳腐だった。

彼の壁と卵の話が今の現実にはもう即していない話だというのは彼の
行動をみればわかる。イスラエルを批判しながらイスラエルの賞を
もらいに行った。つまり彼の壁と卵の話はなんら意味がないということだ。


767 :吾輩は名無しである:2009/11/05(木) 13:13:46
>壁さんの顔を立てるために文学賞をもらいにいったということは
>壁さんのスタンスにも立っているというわけだ。
彼はそんなことは言ってないでしょう。


768 :吾輩は名無しである:2009/11/05(木) 15:27:56
>>767
そんなこと彼でも誰でも言うはずがないでしょう?
しかし彼の行動をみれば、そう行動しているでしょう。

イスラエルの賞を受けるか受けないかには、二通りしかないのでは?
イスラエルのだす賞はうけますが、僕は弱者の味方です、では
通用するのだろうか?
僕は卵の立場に立つということは賞を受けないということではないかな。
それにイスラエルとアラブの関係に壁と卵を持ち出すのはいかがなものかな。
作家としての奥行きが感じられなかった。


769 :吾輩は名無しである:2009/11/05(木) 19:14:51
>しかし彼の行動をみれば、そう行動しているでしょう。
それは君の受け取り方であって彼の行動原理の意志ではないよ。
彼のスピーチからそれが感じられないのは君の問題。


770 :吾輩は名無しである:2009/11/06(金) 02:37:13
>769
横レスだが俺にも感じられない。まあ俺の問題なんだろうさ。
でも彼の暢気にさは(イスラエル以外の)世界中が呆れただろう。
今回の「日本でしか通用しない小説」とあのスピーチでは
ノーベル賞に値しないと判断されるのは当然だと思う。

771 :吾輩は名無しである:2009/11/06(金) 08:57:56
春樹はドストエフスキーやプルーストはどうだとか、ウィトゲンシュタインはどうだとか、
死んだ作家や死んだ哲学者のことは知り顔で話すが
生きた作家や生きた哲学者については殆ど語らない。


772 :吾輩は名無しである:2009/11/06(金) 10:32:49
イスラエルで、壁か卵かの問題を持ち出すのは確かに暢気すぎて
違和感を世界に与えたのではないかと思う。それをイコール
日本人全体の暢気さと、世界の人たちにはとらえてほしくないと強く思う。
普段暢気な日本人ですら、複雑でエスニックな問題を壁か卵の問題として
唐突に言及するのはいかがなものかと思う人のほうが多かったと思う。
日本人自身が直面している国際問題も、壁か卵の問題としてかたづけ
られていて、そこにいいようのない無念さを感じているからだ。
村上春樹の壁か卵かという発言は、日本人にとっても新たな、しかし
残念な村上像を国内的にも与えたと思う。
まあ、思うだけで、私自身の問題なんだろうけど。
同じようなメンタリティを持った人間は日本には多いよ。

773 :吾輩は名無しである:2009/11/07(土) 00:05:02
今日死刑が確定した元オウム信者、塾で中学生に数学を教えてたんだってな

774 :吾輩は名無しである:2009/11/08(日) 21:44:40
2009年 11月1日 日曜日 徳島新聞 読書  より
同じ時のなかで
スーザン・ソンタグ[著]木幡 和枝〔訳〕
〔評〕浅田  彰 (京都造形美術大大学院長)
今年2月、イスラエルでエルサレム賞授賞式に出席した村上春樹は、「高く堅固な壁と
それにぶつけられる卵の間では常に卵の側に立つ」という比喩によって、イスラエル国家が
ガザなどのパレスチナ自治区で行使してきた暴力を批判した。 
 式をボイコットするより、出席して言うべきことを言うという決断を、私は支持する。だが、
その比喩は十分に明確か。たとえば、ツインタワーとそれに飛行機ごと突っ込むテロリスト
はどちらが壁でどちらが卵か。
 2001年5月、同じ賞を受けたスーザン・ソンタグの「言葉たちの良心」というスピーチに、
あいまいな比喩はない。パレスチナ人の抵抗運動に対する懲罰としてのイスラエル国家
の圧倒的暴力は正当化されえないこと、パレスチナ自治区にイスラエル人がつくっている
居住区が撤去されないかぎり平和が実現しないことが、明確に語られる。
 しかもソンタグは、自分が作家としての名声を利用して個人の政治的意見を広めようと
しているのではないかと自問し、いや「個としての声をもつという企画」にほかならない文学
の名誉の問題としてこのことを語っているのだ、と確認する。言葉で正確に真実を語る
ことに徹底してこだわった、まさに「言葉たちの良心」を体現する作家の妥協のない姿が、
そこにはある。
 同じ年に同時多発テロは起きた直後も、ソンタグは冷静に書くだろう。上空からテロリスト
のキャンプを攻撃するアメリカ軍に比べて、目標に体当たりしたテロリストたちは少なくとも
臆病者ではなかった、と。
 著者が00年代の晩年に綴った本書所収の文章は、すべて「あえて真実を語る勇気」に
貫かれている。人をとりあえず安心させるあいまいな比喩と違って、読者をも試練にかける。
たとえば、私は村上春樹を貶めるために著者を称揚しているのではない。
私の言葉はその点で正確か。それぞれの作家に対し十分フェアであるか

775 :吾輩は名無しである:2009/11/11(水) 23:13:58
Kindle for PCでジョージ・オーウェルの1984を読もうとしたら、
なぜか” This title is not available for customers from your location in Asia & Pacific”
と拒絶された…

776 :吾輩は名無しである:2009/11/11(水) 23:21:21
完成されると平凡になるんだね。
不完全さの中にこそ神は宿る。

777 :吾輩は名無しである:2009/11/12(木) 08:49:38
喪失と再生。
これは、あだち充の作品においても重要なテーマだ。

778 :吾輩は名無しである:2009/11/13(金) 01:27:13
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |
|   ⊃  |  ハナミズキ 夏には白い花を、 秋には赤い実
 \ ー  /

779 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 11:08:28
なぜ春樹がハナミズキなの

780 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 11:56:12
>>771
それは春樹に限らずでしょう。 小説家といっても人間関係無視しては生きていけない。角の立つような事は極力避けて、穏便に暮らしたいのです。

781 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 12:13:58
>>771
人は生きている限り変節・転向するからです。
死んでから初めてその人について語り始めることが出来るのです。

782 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 14:37:25
>>778

ウケた。

783 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 14:43:56
ノルウェイの森で歴史の洗礼に耐えられない物は信用しないと
作中人物に語らせていなかったか?
確かにそうなんだけど
いま起こりつつあることには語りえないんだよね
そういうのは研究者がとるべき態度で
小説家やジャーナリストは本質規定としてあり得ない

784 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 17:32:40
本質規定

785 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 18:00:59
【韓国】村上春樹の『1Q84』韓国で発行56万部突破 [09/11/12]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1258008305/

【台湾】村上春樹の『1Q84』台湾で史上最多の初版20万部…1Q84専売店も登場 [09/11/15]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1258256533/

786 :吾輩は名無しである:2009/11/15(日) 20:56:49
book3は、来年の3月ころ?

787 :吾輩は名無しである:2009/11/16(月) 13:37:16
>>765
昔でいう強度の脚気のことね
引き金となる要因が「ビタミン不足となる日々」なので
多分ドリンク剤を1週間ほど連続して飲用すれば治癒に近い効果が得られます
地方の民放に以前ファックスしたけどなかなか広まらないんでここにも書き込んでおきます

788 :吾輩は名無しである:2009/11/17(火) 03:47:58
>>774
>式をボイコットするより、出席して言うべきことを言うという決断を、私は支持する。だが、
その比喩は十分に明確か。たとえば、ツインタワーとそれに飛行機ごと突っ込むテロリスト
はどちらが壁でどちらが卵か。

日本のなかの誰かがはっきりと言っておかなくてはならないことを浅田彰が言ってますね
さすがです。村上春樹はこの問いかけに答えることができるのかな。


789 :吾輩は名無しである:2009/11/17(火) 07:54:50
イスラエルなど政治的に沸騰した場で明確な真実いってどうすんだよ 煽って煽られてますますひどくなっておわるだけだろ

790 :吾輩は名無しである:2009/11/19(木) 18:42:19
>>789
政治的に沸騰しているところだからこそ、
短い明確な事実しか意味を持たないのではないかな。
事実こそは事実だから。
同時にそれを口にするとき、作家自身の立ち位置が
問われることになる。村上春樹はそこから逃げている。

791 :吾輩は名無しである:2009/11/20(金) 00:19:00
最高の本! 2010 完全保存版―Book of The Year
マガジンハウスムック、ダカーポ特別編集最高の本ランキング
1位『1Q84』村上春樹
2位水村美苗『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』
3位山田詠美『学問』
4位吉田修一『横道世之介』
5位川上未映子『ヘヴン
6位奥田英朗『オリンピックの身代金』
7位天童荒太『悼む人』
8位野中広務・辛淑玉『差別と日本人』
9位池谷裕二『単純な脳、複雑な「私」』
10位橋本治『巡礼

792 :吾輩は名無しである:2009/11/20(金) 19:12:48
ヘヴンと同じか、やれやれ

793 :吾輩は名無しである:2009/11/20(金) 19:40:55
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | イクイクイクイクイク〜!
|   ⊃  |  あ〜〜!
 \ ー  /

794 :吾輩は名無しである:2009/11/24(火) 14:54:26
>>774

>今年2月、イスラエルでエルサレム賞授賞式に出席した村上春樹は、「高く堅固な壁と
それにぶつけられる卵の間では常に卵の側に立つ」という比喩によって、イスラエル国家が
ガザなどのパレスチナ自治区で行使してきた暴力を批判した。 
 式をボイコットするより、出席して言うべきことを言うという決断を、私は支持する。だが、
その比喩は十分に明確か。たとえば、ツインタワーとそれに飛行機ごと突っ込むテロリスト
はどちらが壁でどちらが卵か。


現代はあいまいな比喩など意味を持たない時代になっている
ということを痛感。

795 :吾輩は名無しである:2009/11/24(火) 15:03:47
春樹を評価するやつは小説を知らないDQN
ただのエロ本だろ、これ

796 :吾輩は名無しである:2009/11/24(火) 23:25:34
>>794
春樹は、卵と壁の話なんて昔から何かにつけていつも書いている。
たまたまマスコミにクローズアップされて物議を醸したけど、
イスラエル国家に対してそこまでたいした意味ないから。
村上春樹をよく知りもしないくせに。

797 :吾輩は名無しである:2009/11/24(火) 23:41:51
>>796
>イスラエル国家に対してそこまでたいした意味ないから

意味のないことを言いに行くなら行かなければいいのに
値打ちを下げたね

798 :吾輩は名無しである:2009/11/24(火) 23:49:49
>>797
>>796は「壁と卵」のスピーチが行われた場所に特に深い意味は無いと書いてるようにしか読めないんだが…

799 :吾輩は名無しである:2009/11/25(水) 12:34:41
>>798

それは、村上春樹が
>「壁と卵」のスピーチが行われた場所に特に深い意味は無いと
考えているということですかw?



800 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 14:18:16
>>799
( ゚Д゚)ハァ?

801 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 14:53:53
ほえ?w

802 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 15:25:20
ほげ?

803 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 15:38:11
>>799
マジで認知症の診断を受けたほうがいいぞw

804 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 21:29:55
村上春樹は、壁と卵なんてあいまいな比喩を
使うべきでない場所でやっちゃったんだな。
緊迫している場所でぬるいこと言っちゃったらだめでそ。

805 :ザ・スミス:2009/11/26(木) 21:34:22
   /) /)
  / ⌒ ヽ
  |●_ ● |/\
  (〇 〜 〇| /  <ヌルいけど、うまいことやったな〜と思ったで。やっぱり頭いいな〜(悪い意味で)
  /    |<
 |   L/ |/

806 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 21:40:18

あれでノーベル賞の出目がなくなったんじゃないのかな
悪い意味で頭がいいのがわかっちゃしまいでしょ。

807 :ザ・スミス:2009/11/26(木) 21:51:06
   /) /)
  / ⌒ ヽ
  |●_ ● |/\
  (〇 〜 〇| /  <ね。スウェーデン人もそう思うのかなあ?
  /    |<
 |   L/ |/

808 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 22:19:58
スウェーデン人も頭いいからねぇ。


809 :ザ・スミス:2009/11/26(木) 23:07:24
   /) /)
  / ⌒ ヽ
  |●_ ● |/\
  (〇 〜 〇| /  <でも友達のスウェーデン人が「ノルウェイの森」を日本語で読みたいっていうからあげたよ〜
  /    |<
 |   L/ |/

810 :ザ・スミス:2009/11/26(木) 23:08:23
   /) /)
  / ⌒ ヽ
  |●_ ● |/\
  (〇 〜 〇| /  <西洋人のくせに日本語読める時点でめちゃくちゃ頭いいんだけどさw
  /    |<
 |   L/ |/

811 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 06:42:57
>>774に関してだけ言えば
村上春樹を擁護する文化人は
どこにもいないだろうな。金が絡まない限り。

自分に逃げ道を用意した比喩を出して良い場所ではない。
これが信者にはわからないんだろうけど。

812 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 11:12:05
>>811
>良い場所ではない。
どこが?where?

813 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 15:30:55
イスラエル

814 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 15:48:56
>>813
>イスラエル
なんで?why?

815 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 16:30:51
もう浅田が説明しおわっただろ。

816 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 16:57:56
浅田(笑)

817 :吾輩は名無しである:2009/12/03(木) 20:45:25
浅田は終わった人ではあるが、>>774に関しては
村上あるいは日本の問題点を正確に認識してることはわかるじゃん。

818 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 13:42:18
>>774は浅田が認知症を患っていることを想起させるものに他ならない

819 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 13:45:42
>>818が日本語読めない まで読めた。

820 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 13:48:51
>>774が理解できない君が認知症だと思うよ。もしくは生粋のバカ。

821 :818:2009/12/04(金) 13:52:37
理解できてるよ
>>774は村上春樹とスーザン・ソンタグの「あいまい(かつ無意味)な対比」w

822 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 14:25:01
>>821
あ、やっぱ日本語読めてないんだね。

>>774
紛争地帯において、明確な言葉を求められてるのに

村上春樹は曖昧な比喩でちょろまかして、

ソンタグは明確で具体的な発言を言いながらも、
自分が自分の名声を利己的に使用したかどうかを検証しながら
慎重かつ正直に発言した

と書いてあります。

823 :818:2009/12/04(金) 15:11:52
>>822
それがあいまいだって言うの

>ソンタグは明確で具体的な発言を言い(発言を言う?)
事実に基づいてないじゃんかよ

824 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:12:56
>>823
とりあえず、だな。
村上春樹が曖昧なこと言ったのはおk?
まず、そこからかなあ。

825 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:19:39
>ソンタグは明確で具体的な発言を言い(発言を言う?)
事実に基づいてないじゃんかよ


こんなこという奴と議論してもループだろ。

826 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:22:47
>>825
そうだな。。。

2001年5月、同じ賞を受けたスーザン・ソンタグの「言葉たちの良心」というスピーチに、
あいまいな比喩はない。パレスチナ人の抵抗運動に対する懲罰としてのイスラエル国家
の圧倒的暴力は正当化されえないこと、パレスチナ自治区にイスラエル人がつくっている
居住区が撤去されないかぎり平和が実現しないことが、明確に語られる。

vs

「高く堅固な壁とそれにぶつけられる卵の間では常に卵の側に立つ」という比喩によって、
イスラエル国家がガザなどのパレスチナ自治区で行使してきた暴力を批判した。 



どちらが人としての責任を果たしたのか、
ブラインドテストすりゃ一発でわかることだしな。

何が卵で、何が壁なのか、明確に指摘したのならまだしも。
比喩に終始してりゃ国際的には笑われ者。

いちいち、アホにアホと指摘はしないだろうけど、評価は下がっただろ、コレ。

827 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:27:23
>2001年5月、同じ賞を受けたスーザン・ソンタグの「言葉たちの良心」というスピーチに、
あいまいな比喩はない。パレスチナ人の抵抗運動に対する懲罰としてのイスラエル国家
の圧倒的暴力は正当化されえないこと、パレスチナ自治区にイスラエル人がつくっている
居住区が撤去されないかぎり平和が実現しないことが、明確に語られる。
 しかもソンタグは、自分が作家としての名声を利用して個人の政治的意見を広めようと
しているのではないかと自問し、いや「個としての声をもつという企画」にほかならない文学
の名誉の問題としてこのことを語っているのだ、と確認する。言葉で正確に真実を語る
ことに徹底してこだわった、まさに「言葉たちの良心」を体現する作家の妥協のない姿が、
そこにはある。



パレスチナ自治区にイスラエル人がつくっている
居住区が撤去されないかぎり平和が実現しないことを
明確に語り、自分自身にも、自分が作家としての名声を
利用して個人の政治的意見を広めようと
しているのではないか、と真摯に切り込む姿勢を見せた
ソンダクのスピーチの題名が「言葉たちの良心」なら
比喩であいまいにし、自分自身についてもあやふやなままで
ほっておいたスピーチは作家としての良心がないことを
暗示したのではないかと残念。


828 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:28:07
まあ、"発言を言う"でググれば、わかると思うが……。

>>822ではソンタグっていう主体から"言う"にかかってて、
"発言"ってのは、">>774の発言範囲"を指定したことを強調するためにも、
冗長的とは分かりながら、明確に指示するため、わざわざそう書いたんだが

>>818>>823には難しいことだったらしい。

829 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:35:46
というか、比喩自体下手なんだよな。どちらを卵と比喩したとしても失礼。
文化とか情勢を全く知らずに妄想だけで発言したのはすぐバレただろうと思う。

830 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 15:55:33
村上春樹なんて単なる売れ線だからね。

831 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 17:27:22
英語のできる日本人が海外の文学研究者から振られることの多い話題は
1位:村上春樹
2位:夏目漱石
3位:紫式部
なのだそうだ

832 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 17:39:39
まぁ知的水準を探ろうという目的があればそのあたりになるわな
3つとも知らなかったり、知ったかぶりでボロを出したりすると扱いが変わるわけだ

833 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 17:48:06
スーザンソンタグみたいな頭の良い人は漱石の崇拝者だったけど、
有象無象の頭が悪いウンコ学者どもは村上春樹とか研究すんのかw

834 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 17:56:30
>>831
紫式部を正確に言うのは無理だが、
夏目漱石の知識と知恵はんぱないぞ。
その中で村上春樹だけは見劣りするな。

で、俺がリアルで著名大学のやつに振られたのは
寺山修司とかだよ。村上春樹に関しては日本同様、
スイーツ的だよねって感じで話題にでるくらい。

どこからの伝聞か知らんが、海外で発表してるような研究者ならともかく、
日本のメディアの息がかかってるバイアスの情報なら無意味だよ。

>>833
漱石と三島あたりは近年の作家でいまだに評価は高いね。

835 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:13:29
>>833

春樹学者なんて少ないよ
今日本といえば漫画アニメ


836 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:15:58
>>834
実際は村上春樹なんて研究してる人いないんでしょ?

837 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:21:35
>>836
知ってる限りでは海外研究者なんて数少ないと思うなあ。
結局、漱石や三島あたりに落ち着くと思う。それか古典。
村上春樹の死後も、春樹の研究者が増えると思えない。
それを研究するなら1920年代のアメリカの文学研究のほうが盛んでしょう。
その文脈の中で、日本で1920年代アメリカの作家を真似した人がいたよ、
くらいなら、まぁ文学的にわからんでもないけど、
エアロスミスの話のときに、島国にB'zってのがいてね、くらいになるから
相当アレな研究者じゃないと、触れることもしないのではなかろか。

>>835
そんな感じだと思う。

838 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:25:14
夏目漱石を英語で読んだ人はほとんど村上春樹を知っている
http://www.amazon.com/Sanshiro-Penguin-Classics-Natsume-Soseki/dp/0140455620/

839 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:25:29
1920年代アメリカ文学の背景社会構造と
春樹の背景社会構造としての日本の80年代は
重なるっちゃ重なるんだけど、どうにも小粒だなあ。
それほど調べる意味も意義もないっていうか。

日本文学史で春樹を研究したがる若い学生がいたとしても、
どうなんでしょう。その学生は1920年代のアメリカ文学に
完全に無知であり、日本文学の古典から近代までをスルーして
春樹研究と春樹以後の春樹コピーラノベの研究に費やす…と。

漫画やラノベの、日本市場があるうちは駄文売文としてやってけるかもしれんけど、
国際的には日本の文学の位置は完全に踏み外すというか
そもそもがアメリカのコピペラノベだしなぁ…。

とまあ、考えもせずに、だらっと書いて見たけど。

840 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:26:14
>>838
ハルヒとらきすたを知っているって言われてもなぁ…。

841 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:30:30
イタリアの研究者かなんかが言ってたけど、
春樹みたいなファンタジーに逃げる作品が流行るのは
世界の不透明性において、現実を見ない若者が増えている
っていう評価がある。売れる原因はすでに終わってて、
それ自体が問題だなあみたいな反応だった。

それって、日本の若者が現実に絶望して
アニメに救いを見出すのと一緒の構造じゃね?

そういう背景からみても、>>774の、浅田やソンタグは
逃げてないっていう強い意志を感じるから、後世でも評価されると思う。

842 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:33:49
>>838
だから、日本国内の人が春樹を知ってるように
海外の人も春樹を知ってる。
ただ、その評価は、現実を見ないスイーツだよね、
っていう国内評価と似てるのよ。

売れる理由はわかる、だが、それは危険ではないだろうか>>841

で、そういう空気がある状態で>>774みたいな
明確に意思を求められてるのに、不出来な比喩に逃げたわけでしょ。

知られてる分、ダメージも大きかったと思うよ。
浅田の指摘は、このスレでも誰かが言ってたけど
日本人の中の誰かが指摘しなければならなかったことで、
国内では評価されないかもしれないが、浅田の意見は後々評価されるかもしれない。

少なくとも、村上春樹の>>774における発言は
後々で評価が良くなることだけはありえない。

843 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:34:16
村上春樹の作品は頭の悪い人間にはお勧めできない

844 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:41:08
失速した批評空関系の怨恨がひどいな

845 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:46:10
1Q84を(かなり読み飛ばしましたが)読み終わって
真っ先に湧き上がったのは「なぜ売れるのだろうか」という思いだけでした。
どうしたらいいでしょうか。

846 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:54:14
>>843
頭の悪い人、とは、他人のレスを読まず、
自分の思い込みだけが正しいと掲示板に書いてしまう人のことじゃないかな。

2ちゃんねるってコミュニケーション型の掲示板だし。
相手のレスで都合の悪いものは見たくない!っていうなら2ちゃんには向いてないよ。

さて。

海外では、村上春樹作品の逃避ファンタジーは、
頭の悪い人にとって現実からの逃げ道である、
みたいな感じが、すでに評価として出てると思う。
研究者の間で、って話ならね。よくある新興宗教と似てるし、
集中して研究する人も少ないだろうけど。

構造はすでに全部読み切られてるよ。
それを理解できない海外のゆとりへの批判は静かに存在している。

が、まぁマーケティング的には好きにやればいいんじゃないかな。
売れる層は簡単にターゲッティングできるし。便利な作家だよね。

847 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 18:57:26
>>845
アフターダークがなかなか出来良かっただけに
1Q84の劣化っぷりはなんだったんだろうなって思うわ。
本人も手抜きしたのはわかってるだろ、アレ。
インタビュー記事見てても、セルフオマージュばっかだったからなあ。

848 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 19:15:26
僕は村上春樹で村上春樹は僕なんです…

849 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 21:10:14
分からない、分からない、分からない、

なぜ村上春樹の作品がこんなに売れるのか…

850 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 21:52:06
>>846
>村上春樹作品の逃避ファンタジーは、
・・・よくある新興宗教と似てる・・・


これ、すごくそう思う。だからみんなが読むんだよね。
日本人よりも中国人などに特に入り込みそう。現代の阿Qたちに
心酔されそう。一種のアヘン。


851 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 21:52:12
村上春樹の作品がとてつもなく売れる理由

それはサムソンの謎である

蜜はライオンの中にある

852 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 21:58:09
>>850
いろんな人が指摘してるんだけどねぇ。
日本のマスコミは売れる商材だったら
何でも良いから、真実は絶対に国内に流さないし。

853 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:17:10
>>850
人気の秘密がそんな簡単なものだったら、バカでもベストセラー作家になれるよな?

854 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:19:17
>>853
基本的にマーケティングX数打ちゃ当たるっていう戦法だから。
村上春樹のときは、世相とちょうどかみ合ったって感じ。
で、少しでも売れそうだと、とにかくマスコミで売り込むわけです。
また、もともとが講談社出身でしょ。今は講談社の資本がやばいけど
当時はイケイケだったから。広告代理店も調子良かった時期だしね。

今でもそうなんだけど、基本的に出版社で決まるからね。
だから、大手から出たほうがいいんだよ。日本の場合の話だけどさ。

855 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:28:19
>>854
お前は世の中のことをを知らなさすぎだ。
ニュースで散々「20年ぶりの大ベストセラー」って言ってるだろが。

856 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:30:07
>>855
お前は世界のことを知らなさすぎ。
日本の最近一番売れた本はワンピースだけど
それで素晴らしい本だとでも思っちゃってるのか?
マスビジネスの成功は、最低限の質と
マーケティングだけだよ。

857 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:34:34
>>856
世界のことも知ってるっつーの

英語のできる日本人が海外の文学研究者から振られることの多い話題は
1位:村上春樹
2位:夏目漱石
3位:紫式部
なんだろ?

858 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:38:03
>>857
それマスコミからの情報だろ。
学術とかアートシーンで話題出したら笑われるよ。
海外のアートフェスとかで春樹の話題は出てきたことなかったな。
それでいて、三島、夏目あたりは、その教養も含めて話題にでる。
もう少し古い人の話題が多い。
21世紀以降の日本は「文化的におわった」ってよく言われるよ。
これは世界的に動いてればすぐわかることだけど、国内ではそれを認めない人がおおいね。
俺的には羊をめぐる冒険くらいはノモンハンの件とからめて評価してやりたいが
あれも最後、比喩とファンタジーに逃げたからなあ。
若い春樹信者はなんのこっちゃわかってないだろ。

859 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:45:27
現実からの逃避云々と2チャンで批判WW

860 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:46:38
いまは閉鎖状態だけど
春樹堂みたいな活動は大きかったんじゃないか
お高く止まってるような人でもなさそうだしね


861 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 22:48:48
>>859
アンカーつけて名指ししないと奴らはバカにされてることに気付かないよ。
なんせバカなんだからw

862 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:01:08
>>846
現実からの逃避云々と2チャンで批判WW

863 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:14:24
>>852
やはり、いろんな人がすでに指摘しているのか。
ノルウエーの森の時は自殺者が増えたことが言われていたと思うが
すぐに消えた。一種のアヘン、カルト、つまり白鳥の歌だな。

864 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:20:15
>>863
おまえ「つまり」の使い方まちがっってるぞ

865 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:25:47

欧米人と中国韓国人は違うからな。
2−30年ぐらい前は、日本人は滞在先で、見ず知らずの欧米人から
「オカイロー(北海道)の防衛はどうするんだ?」ってさいさい聞かれて
自分たちがなんとも思わないソ連の脅威を外国人はこんなに感じているんだ
ってびっくりしたとともに日本人と欧米人の感覚の違いをまざまざと
知ったらしいけれどね。戦後の日本って欧米化したんじゃなくて東アジアへ
逆戻りしたのかもしれないね。文学もまた劣化している。

866 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:27:37

知りたい、知りたい、知りたい、

村上春樹の作品がこんなにも売れる秘密を知りたいよ〜〜〜〜

867 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:32:42

村上春樹の作品がとてつもなく売れる理由

それはサムソンの謎である

蜜はライオンの中にある

868 :吾輩は名無しである:2009/12/04(金) 23:55:54
>>866
JAZZ,缶ビール,イタリア料理,といったアメリカ経由の消費文化を
軽いファンタジーでサラリと書いて
そこに社会批判と感傷性をエロも含めて盛り込んだところ
一言でいえばオシャレな雰囲気を出しつつ
それだけでもないんだぞといった知的意匠を盛り込んだ点が受けた
ただ、浅田や田中康夫はそんなのはただのハッタリだ、と批判してるんだけど
別に読者大衆は恰好がよくて心地良ければいいだけだから
やっぱり春樹は売れちゃうの

869 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 00:21:40
>>868
人気の秘密がそんな簡単なものだったら、バカでもチ●ンでもベストセラー作家になれるよな?

870 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 00:54:31
>>859
ネットと現実が切り離されてる時代じゃあるまいし。
もうそれ5年前くらいに終わり出しただろ。

>>860
春樹がお高くとまってるなんて浅田も言ってないじゃん。
単に、明確で具体的な話を求められてるとき
曖昧な比喩で、誤解を招くようなことするなって言ってるだけだし。

>>863
お前の日本語に問題がある気はするけど
村上春樹は頭の悪い人向けの宗教ってイメージはあるみたいよ。

>>865
2000年代入ってから、急速に日本の評価さがりまくり。

>>866
B'z

871 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 01:06:37
>>869
メディアにとって都合がいいかどうかってとこだから。

>>868
田中康夫は現実的な問題を把握できてない理想家に過ぎなくて
政治家は向いてなかったよ。

浅田にしても、80年代くらいまでに、ほぼ役割は終えたと思う。

ただ、田中にしろ、浅田にしろ、間違ってるときもあるけど、
フワフワしたファンタジー的な比喩を言いわけにするってのはなかったな。

872 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 22:47:14
>>871
はぁ?なんの話だぁ?

873 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 23:24:02
>>872
くだらない比喩を現実の場で披露して評価を下げた作家の話

874 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 23:25:08
特別対談】「情報革命期の純文学」東 浩紀+平野啓一郎

http://www.shinchosha.co.jp/shincho/tachiyomi/20091207_2.html

875 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 23:25:32
>>874
需要のない二人だな

876 :ザ・スミス:2009/12/05(土) 23:34:11
東の評価は留保してただけに残念だなあ。

877 :吾輩は名無しである:2009/12/05(土) 23:44:16
【本】今年のベストセラー発表−村上春樹さん「1Q84」が1位に 「新・人間革命」は4位
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259889194/

878 :吾輩は名無しである:2009/12/06(日) 00:10:07
村上春樹歴少ないし元(?)になってる1984も見たこと無いんだけど1Q84買っても大丈夫?
面白い面白くないじゃなくて前知識なにもいらないかどうかだけ教えてください
それだけ分かったら即買ってきます

879 :吾輩は名無しである:2009/12/06(日) 00:38:12
>>878
買うかどうかの相談は
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1254804491/
こちらでお願いします。
文学板は文学から見た村上春樹について
酷評を続けるだけですので。。。

880 :吾輩は名無しである:2009/12/06(日) 01:03:13
>>879
わざわざスレまでありがとう
一応聞いておきました

881 :吾輩は名無しである:2009/12/06(日) 12:27:36
>>880
二度と質問しないでくださいね。

882 :吾輩は名無しである:2009/12/06(日) 16:47:42
>>881
       ,=‐、
       l´ li
.       lー‐' !
       l   |
.      |   |
      l    L_.  .
    /⌒'|  / ̄ヽi ̄ヽ
  r‐'i   |  |    |   |.
  | !   '   !    !   l,
  ! ,!               |
  | ヽ             |
.  \                 |
.    \          /

883 :吾輩は名無しである:2009/12/07(月) 21:51:34
芸能】村上春樹さん スペイン芸術文学賞を受賞
1 :焙煎特派員φ ★:2009/12/07(月) 21:31:28 ID:???0
スペインからの報道によると、同国政府は4日、作家の村上春樹さん(60)に、スペイン芸術文学賞を授与したと発表した。
「きわめて独創的な声を持つ作家、現代文学をけん引する作品を創造してきた」と評価した。
同賞はスペイン文化に貢献した内外の芸術家などに授与される。

884 :出版物も操作する世界的陰謀大暴露!!:2009/12/18(金) 08:19:58
下記スレッド内63、80〜82、86〜89、100番(2008年2〜8月記述)。撹乱目的の中傷に注意。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1187056866/63-100
その後に社会に起きた出来事のアドレスについては
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1187056866/143

885 :吾輩は名無しである:2010/01/01(金) 22:13:40
1984 と 新世紀のビッグブラザーへ は一緒に見よう。
とくに新世紀のビッグブラザーへは今年の日本から即座に繋がるシミュレーションが生々しい。
シャレにならんぞ 民主人権党。

http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2009/06/php-905e.html

886 :吾輩は名無しである:2010/01/01(金) 22:42:36
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100101/bks1001012136000-n1.htm
ベストセラー「1Q84」4月に続編刊行へ 新潮社
2010.1.1 21:34

新潮社は1日、作家、村上春樹さんの長編小説「1Q84」の続編
「BOOK3」を4月に刊行することを明らかにした。
「1Q84」は昨年5月、「BOOK1」と「BOOK2」の2巻が同時に発売され、
合わせて200万部を超える大ベストセラーとなった。


887 :吾輩は名無しである:2010/01/27(水) 17:04:48
>>886
200万部って今の出版不況の中でだと凄い数字だと思うけど
もっと売れててもいい気がするよね
ノルウェイの森より人を選ぶ作品だとは思うけど


888 :大野豊吉:2010/01/27(水) 17:27:07
http://study.goo.ne.jp/special/SP/lesson/016/001.html

889 :吾輩は名無しである:2010/01/28(木) 18:53:49
鍼一本で殺すって、バナナフィッシュ(少女漫画)の中国人じゃん。

890 :吾輩は名無しである:2010/01/28(木) 23:23:20
ユーシスか

891 :吾輩は名無しである:2010/01/29(金) 11:00:23
【訃報】米の作家サリンジャー氏 死去 ライ麦畑でつかまえて
1 :〈(`・ω・`)〉φ ★:2010/01/29(金) 08:14:50 ID:???0
小説『ライ麦畑でつかまえて』で世界の読者を魅了したアメリカの小説家、
J・D・サリンジャー氏がニューハンプシャー州の自宅で死去しました。
91歳でした。

892 :吾輩は名無しである:2010/02/03(水) 17:06:48
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/ac25bc575bf0f0cd3e458c4169990c02
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/fae1f764760743fd9b636013e4ed8459
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/89da1d1d31601affba166bfee00228fd
このブログなんか変w

893 :吾輩は名無しである:2010/02/03(水) 19:48:02
村上春樹って要するに傷ついた左翼青年が
虚無的なデタッチメントから現実的なコミットメントに転回したけど、
それがあまりに気恥ずかしいから、ごまかす手段として相変わらず
「若者の絵本」みたいなファンタジーを利用し続けてる、
くらいの総括でなにか根本的な誤解はある?

894 :吾輩は名無しである:2010/02/03(水) 20:23:49
>>893
大体合ってる


895 :吾輩は名無しである:2010/02/03(水) 23:07:23
>>887
出たばかりなのに200万部って凄いことだぞ
ノルウェイのあの数字も発行から20年以上経っての数字なんだし

896 :吾輩は名無しである:2010/02/04(木) 14:59:24
村上春樹の新作は家族のシステムから外れた若者が社会のシステムからも世界の秩序からも外れ愛を求める作品である。
上下巻ではなく、BOOK1&2が2009年5月末に発売された。要は、BOOK4あるいはBOOK8で完結するであろう物語の1と2である。

一言で言うならば、「海辺のカフカ」には遠く及ばない。
完結すれば及ぶのかというとそうは思えない。青豆と天吾にはエピックを背負うだけの貫禄がない。すべての登場人物がルースエン
ドに終わって、その後を読み続けたいという気にもならない。これは村上春樹工房の問題点なのではないだろうか。
とにかくBOOK1の250ページまでは単純に「村上春樹はどうしてしまったんだろう」の話術であった。青豆の男アサリなど正直、稚拙
な会話の連続である。しかしながら、250ページを過ぎたあたりからようやく物語が動き始め、空気人形のようなふかえりにも血肉を
感じ始めた。が、BOOK2の後半に進むにしたがって、青豆の意識のたががどんどん緩んで来た。

環と青豆の関係はわかる。が、レイプされた環の無念を青豆が償ったあの暴力行為に対する環の反応が描かれていないのは読んで
いてあれ?と思い、その環がやっぱり非業の死を遂げて、青豆にできる精一杯の償いをやって、その延長で必殺仕事人風ミッションを
こなし、三人を「あちらに送った」というのは納得できた。

つまり、1Q84年に踏み込んだ青豆の最初の仕事が3人目の「送り出し」であったと理解するし、そのエージェントたるおばばさまとの
関係も良好で、少なくとも小説に描かれたプロットを追う限り、このチームは世界の秩序の中心に居座り世界を女や子供にとって居心
地の悪いものにしている連中を次々と始末していくのであろうと解釈していたのだが、物語の核心となる第四の殺人を依頼された途端、
青豆はこれを最後のミッションであると(つまり、おばばさまが諸事情をかんがみて、これ以降仕事を続けるのは無理であろうと言い出
す前に)規定してしまうのだ。

897 :吾輩は名無しである:2010/02/04(木) 15:00:44
新たな友人の理不尽な死に対して「死んだものは生き返らない」などと普通の女の子風に達観するくだりもある。現役の、現在進行形の
不条理処理人が、行動原理にある高貴なる報復のギアで生き続けながらいつの間にか、「死んだものは生き返らない」の無力感に移行
している。その移行のプロセスが欠落している。

もっと不思議なのはホテル・オークラ・スイートのセットアップである。リーダーとの会話の内容はいい。しかし、ボディガードが屈強だが
プロではないという理由で簡単に銃器も武器も持って入り込めたというのは手数が足りぬ。あまりにお粗末ではないか。何週間も待って
治療に行く初回に殺せというおばばさまもプロではない。これはせめて二度のセッションに分けて、書き込むくだりではないのか。

ああいった筋肉治療の成果を目にすれば、どんな有能な防御システムも、二度目に訪れた青豆へのボディチェックは遠慮するだろう。
なにしろ神を治療するマジックハンドの持ち主だ。二度目だったら武器でも楽器でもなんでも持ち込むことはできる。

まるで各章を異なる村上春樹クローンが書いて、つなげたような印象を受ける。デキのいい村上春樹もいればデキの悪い村上春樹もいる。

青豆と天吾の運命がクロスするかしないかのくだりは、ひょっとしてこの人は「君の名は」をやりたかったなどとも考えつつ、ビリー・ザ・
キッドの暗殺に赴くパット・ギャレットが抱えていた胸のときめきにすら及ばなかった。
http://www.haradafilms.com/

898 :吾輩は名無しである:2010/02/04(木) 18:09:12
>>896-897
ねじまき鳥読んでないことが垣間見える感想文だな

899 :吾輩は名無しである:2010/02/05(金) 21:37:07
【村上春樹(笑)】「1Q84」の第3巻が4月16日に発売!
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265357758/

900 :吾輩は名無しである:2010/02/05(金) 21:56:27
初版が50万部には(笑)が止まらないってか

901 :吾輩は名無しである:2010/02/05(金) 22:33:29
アマゾンで予約した

902 :吾輩は名無しである:2010/02/05(金) 22:40:45
アマゾンはこういうときは危ないぞ
書店予約の方が確実に発売日に手に入ると思う

903 :吾輩は名無しである:2010/02/16(火) 08:54:44
フラゲするなら予約したらダメじゃないの?

904 :吾輩は名無しである:2010/02/16(火) 18:15:07
この作品についてはフラゲはさせないって版元が明言してるよ
書店に必ず発売日に売るようにって通達出したらしい

905 :吾輩は名無しである:2010/02/16(火) 21:33:38
村上春樹も、もう一つの月が見えているのか。
これで、3人目だ。

906 :吾輩は名無しである:2010/02/17(水) 19:46:22

408 :作られたベストセラー≠熄o版不況の要因ではないか?(ネット保守):2010/02/08(月) 17:56:28 ID:edvBDJXX

例えば、
今日付の読売新聞夕刊

本よみうり堂
週刊ベストセラー

(1月30日、八重洲ブックセンター本店調べ)

■総合
@世界を知る力       寺島実郎(PHP新書)
A廃墟に乞う        佐々木譲(文芸春秋)
Bルポ 貧困大国アメリカU 堤未果(岩波新書)
C日本辺境論        内田樹(新潮新書)
D生き方          稲盛和夫(サンマーク出版)
E医薬品クライシス     佐藤健太郎(新潮新書)
Fもういちど読む山川日本史 五味文彦、鳥海靖編(山川出版社)
G戦後世界経済史      猪木武徳(中公新書)
H巻くだけダイエット    山本千尋(幻冬舎)
Iもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
              岩崎夏海(ダイヤモンド社)


↓当方お勧めの出版メディア

桜書房
チャンネル桜に集う皆さんの書籍が購入できます!
http://www.ch-sakura.jp/publications.html


907 :↓ブックマーク推奨:2010/02/17(水) 19:47:23

NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?16
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1262864052/




908 :吾輩は名無しである:2010/02/23(火) 22:22:59
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090920/kor0909201300001-n1.htm村上春樹「いちばん過大評価された海外の作家」の1位

909 :吾輩は名無しである:2010/03/19(金) 00:27:04
目の見えないやぎはレシヴァだったんだろ。ふかえりが殺したから、
ふかえりの父がふかえりと性交してレシヴァになった。
そいで目が見えなくなってきて、殺されたから、次に天吾がレシヴァに
なった。そいでふかえりの母は実は天吾の母。

910 :吾輩は名無しである:2010/04/06(火) 05:19:59
>>909
こいつほんとに馬鹿

911 :吾輩は名無しである:2010/04/13(火) 23:42:26
「大きな美質と大きな欠陥」て何や?

912 ::2010/04/15(木) 18:53:03
某SNSの1Q84コミュに、すでに買ったという人が表紙写真載せてたけど。


913 :吾輩は名無しである:2010/04/15(木) 22:57:27
日比谷「tsutaya]すんごい人です
0時より販売開始・・・。マスコミまで居るぞ・・・・・

祭りだ。

914 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 00:51:43
先程高円寺で購入しました 
当然静かなものでしたw 平和でいいな

915 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 07:14:39
店頭に売れ残り感漂わせて平積みされた頃に買って読もうと思う。
なにしろ今は集中して読む暇がない。

916 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 11:31:12
昼休みに買ってきた。楽しみだ。

917 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 14:51:41
http://news.livedoor.com/article/detail/4721814/

3巻発売 秀才は"良さわからない"


八代英輝は、「ボクのような低レベルには、あの本のよさがいまひとつわからなかった。
丁寧に読んだんですがね」

918 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 16:42:20
これ、普通にラノベだろ?

919 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 17:18:40
燃えキャラの挿絵がないのでラノベじゃないです。挿絵があればラノベです

920 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 17:44:11
ダン・ブラウンとかジョン・アーヴィングとか
ま、あの系統。

それはさておき、アマゾンのレヴューを読むと3巻で完結らしいね。
また、海辺のカフカのようなハリウッド映画を彷彿させる
インスタントな締めくくり方をされるかと思うと買う気が失せるな…
ま、これで駄目だったら春樹は二度と読まないし、
口直しに高村薫の「太陽を曳く馬」でも読みましょうかね。

921 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 18:07:30
「太陽を曳く馬」は駄目だろ
単なる刑事が仏教哲学語りだすギャグ小説

922 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 18:30:54
ああ、そうなんだ。
まだ読んでいなかったもので。
でも、宗教ネタでは1Q84も大して期待できないんだよね。 

923 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 19:33:28
買ってきた。ちょっとネタばれするよー買ってない人はスルーしてねー




















牛河の章があるwwwwwwwwwwwwwwwwwww


924 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 20:24:23
ネタバレ注意


タマルてめえなんで牛河殺したんだよ(怒

この落胆どうしてくれる(涙

925 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 21:35:09
4が出るって噂まじですか

926 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 22:07:02
八代英輝って誰かと思ったら、TBSでAKBの柏木にでれでれしてた弁護士じゃないですか

927 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 22:08:10
終わり方がさ、book3終わりってなってたのよ。終わりじゃなくて。

これはbook4あるわ。

928 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 22:55:18
タイガーボードのイラストが左右逆だったもんな

929 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 22:57:50
まだ読み始めだけど、冒頭に出てきたハゲとポニーテールの2組って
前になんかの作品で出てきた気がするんだが、何の作品だったっけ?

930 :吾輩は名無しである:2010/04/16(金) 23:10:12
ハゲじゃなくてチビだろ

931 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 00:24:45
これって読んだら賢くなるみたいな系統の本かと思ってたわ
違うみたいね

932 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 00:56:53
>>924

死んだのは1Q84の牛河だから、1984に戻ったら牛河は生きているのでない?

933 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 00:58:55
全然 感覚的に楽しむものでしょう 昔ハートカクテルとかといっしょに
なんかオサレなものとして扱われてたこともあり、中高年のが拒否反応示す人多いかも

934 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 01:55:40
関西出身の作家だから東京へのコンプレックスがオサレな小説にさせるのです
同じようにオサレに憧れる田舎者が読むのが丁度いいのです

935 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 02:05:02
読んだよ


エホバの証人ウォッチャーとしてはわりと興味深い

936 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 03:08:39
読んだ。何がいいって、すぐ読んで春樹ブームに乗れた感じがすることが嬉しいw

内容についてはコメントしないが

937 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 03:34:00
4はいつ発売ですか?( ^ω^)

938 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 11:05:47
こんなに刷って本当にだいじょうぶなのか?
ハリポタの二の舞いにならなければいいんだが…。
まあ、書店は必死で売るんだろうな。
でないと、返本で取り次ぎと修羅場になるぞ。

ブックオフで105円で出回るのも早そうだな。

そのときに読みたいと思うかどうかはわからないけど…。

939 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 11:12:15
それにしてもBOOK3の出だしはめちゃくちゃ冴えない気が。面白くなるのかこれ。
約11時間前 TweetDeckから

940 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 11:42:39
ブスしか読まない

941 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 12:37:40
マスゴミは品切れ注意って煽ってますが
余裕で買えてる人が多いらしいですw

942 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 13:39:24
本屋に普通に積まれてたぞ

943 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 16:17:32
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebook(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ

http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何もない起こらない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)

944 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 16:26:24
>>943
韓国でも過大評価ナンバーワンは周知の事実

過大評価されてると叩かれるイチローと同じ

945 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 16:43:31
>>943
>本当に何もない起こらない
明らかに読んでないだろコイツ

946 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 16:56:53
世界で笑いものになる村上春樹
世界で人気のfacebook(笑)では春樹の過大評価をめぐって語り合ってるよ。参加しよう(笑)
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692
Haruki Murakami: writer of classics or completely over-rated?(春樹は完全な過大評価?)

Andy I just finished reading "Kafka on the shore",my second and I
believe last experience of Murakami.As when reading "After Dark"
,I kept thinking to myself,this just can't be as bad as it seems.
There is something naive about his charaters and their dialogues
,that can only be a reflexion of the author's own mind.There is
so much meaningless name dropping throught his work,that
pretentious and contrived,is my overall conclusion of his writing.
(海辺のカフカを読み終わった。春樹体験は2度目でこれが最後になると信じる。ずっと
これはそこまでひどくないぞと自分にいいきかせた。著者自身の内省にちがいない
性格や対話にはナイーブななにかがある。彼の作品には無意味な名前がちりばめられすぎだ。
もったいぶった偽者のね。これが彼の仕事に対する私の結論だ)


Tarnya I say over rated. I bought 'the wind up bird chronicle' after readin reviews on here and amazon
and was really dissapointed. It was boring and childlike and nothing really happened, which for a book
which was as thick as a brick was rather annoying! I much prefer Ryu Murakami..but maybe thats
because i like things that shock me(過大評価です。ここやアマゾンの書評をみてねじ巻き鳥クロニクルを
買ったががっかり。退屈で子供っぽく、本当に何も起こらない。レンガのように厚くうんざり。村上龍の方が好き。)

947 :吾輩は名無しである:2010/04/17(土) 19:37:37
村上春樹作品の中にはある種の人々を激怒させる「つもり」でかかれた部分が必ずあるような気がしない?
それは私を含めたファンにとっては楽しみの一つでもあるのだが、
それによるアンチの発狂という反作用は避けられないのではないだろうか。

948 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 02:40:09
これは続編あるね。

949 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 07:21:59
大森

『1Q84 BOOK3』読んだ。長いわりにいろいろ投げっぱなしです。最初の400ページは30ページぐ
らいに圧縮できるんじゃないの。NHK集金人ネタしつこすぎ。そしてふかえりの扱いが……。
趣味的には1>>2>>>>3ぐらいの感じ。しかし未解決部分はどうするのか。
約5時間前 TweetDeckから


950 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 11:13:40



BOOK4 現在執筆中!

乞うご期待!!!

951 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 18:42:43
http://3.bp.blogspot.com/_Ed93GqNvzxU/SmSIGb8HIRI/AAAAAAAAAjY/EvwdmoJe-2s/s1600-h/mizumaru.jpg
笑った

952 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 19:25:01
リトルピープルじゃないけど
はやし立てるのはうまい作家

953 :吾輩は名無しである:2010/04/18(日) 20:26:31
さすがのユングも自分の言葉が殺し屋のキメ台詞に使われるとは思わなかっただろうな。


954 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 01:08:40
春樹叩いて阿部和重持ち上げれば今の文学がわかってるって風潮はどうにかならんかな

955 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 11:29:10
そういう風潮があるんだ。


956 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 12:31:59
インド産ならチャラスって呼ばなきゃ駄目だと思う
ケララかなアフガニかなそれともマナリかな

957 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 12:44:36
Kuro Murakami is over rated. He is neither Kawabata nor Mishima etc. But of course
thats my point of view.(春樹は過大評価。川端、三島などではない。もちろん私の
見方だが)

Decembar 18, 2008 u 6:20 prije podne

Ivy but what is he saying?
and how important is it?
(彼はなんと言ってるんだ?どのように重要なんだ?)
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692


958 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 17:36:00
( )で説明とか、脱字とか、なんか違和感。

959 :吾輩は名無しである:2010/04/19(月) 22:57:36
ナカタさんが殺されるところが悲しかったです。

960 :吾輩は名無しである:2010/04/20(火) 02:06:34
>>928
そう、虎の看板、これはBOOK4の予告かもしれない
青豆と天吾が戻ってきた世界には月は1個しかないが
どうも本当のもとの世界じゃなさそうだ
だいたい、さきがけやふかえりがその後どうなったかも書いてない
なんか完結編としては物足りないよな



961 :吾輩は名無しである:2010/04/20(火) 02:13:41
謎のNHK集金人は三島という名前にして欲しい

962 :吾輩は名無しである:2010/04/20(火) 23:17:18
藁貸し増すねぇ〜(笑)

963 :吾輩は名無しである:2010/04/20(火) 23:25:58
960
穴多は総統の阿呆のようです殻(笑)、押し絵て上げ増すよ〜(笑)看板が逆なのは「逆行」の暗示でしてねぇ〜(笑) 妻り、二人が迷い込んだのは1Q83年12月の世界なのですよ〜(笑)
そうして二人は1Q84年1月の正月を共に迎える〜(笑)すなわち、Book4-1Q84年1-3月へ至るという訳ですねぇ〜(笑) この意味が阿呆にはお若りで消火ねぇ〜(笑) 魔あ、考えてごらんなさい、阿呆鳴りに〜(笑)

964 :吾輩は名無しである:2010/04/20(火) 23:30:49
ヒントは、
時間は直線では無かった、という古都ですねぇ〜(笑) この意味が阿呆にはお若りで消火ねぇ〜(笑)

965 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 07:34:15

>>963

尼医!

都木は Book 0 難ですねー。

波留気は数学 Feeling Toned complex だから「ゼロ」に相当こだわりあるはず。

だけど、 Book 0 でスタートしたら莫迦丸出しだからw


 


 

966 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 08:02:29
びろ〜ん

967 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 08:06:08

>>963

つけくわえると、(当然だけど)それは Book 1 の時空と繋がってはいない。

時間がループしているわけじゃないってこと。

時間は流れないし、そもそもそんなものはでっち上げwww

 

 

968 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 11:37:23
餅ろん、Book4-1Q84年1-3月ではまだリーダーも生きておるで笑止、さなぎ本も書かれてはおらない(ゆえに月は一つ)〜(笑)天吾の父も生きておる〜(笑)
さて、これは何を意味するか? お解りで消火〜(笑)

969 :吾輩は名無しである:2010/04/21(水) 21:05:20
世界で讃えられる村上春樹
http://bs-ba.facebook.com/topic.php?uid=2659210195&topic=6692

I love the fact that he can take average Joe off the street
and create some fascinating story from the almost mundane - Norwegian Wood, Wind Up Bird Chronicle
- and often bizarre - Kafka, Dance Dance Dance - events that happen.
I think it takes a lot of skills to write in the way that he does.
(私が好きなのは、彼はまず街角で平凡な男を捕まえてきたあと、
「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」では日常の出来事から、
「カフカ」「ダンス・ダンス・ダンス」では奇妙な出来事から、
魅力的な物語を創り出せるというところです。
彼の手法は豊富な文章力を必要とすると思います。)

970 :吾輩は名無しである:2010/04/22(木) 06:12:35
>>953
おまいに座布団を一枚やりたいと思ふ

971 :吾輩は名無しである:2010/04/22(木) 06:56:37
>>951
長谷川町蔵に「2ch文学板漫画大賞」をやりたいと思ふ

972 :吾輩は名無しである:2010/04/22(木) 14:51:35
今日の 大竹まこと #goldenradio は、本屋大賞 #hontai2010 と『1Q84 BOOK3』の2本立
て。まもなく浜松町。BOOK3の悪口は、昨日とおとといでしゃべりまくったので、
今日はたぶんそんなに罵倒しない予定w @nzm

973 :吾輩は名無しである:2010/04/22(木) 18:29:56
「『1Q84』を批判する」※
http://www.asiawave.co.jp/bungeishichoo/index.htm


33号に掲載予定の文芸評論家座談会の模様
出席=井口時男・富岡幸一郎・山崎行太郎・五十嵐勉(司会・編集長)


974 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 13:02:11

>>568
BOOK3が出た今年の春は、どんな怪現象が起こるのか?w
教えてほしいよなあ

975 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 13:52:23
「腐った村上春樹」とか「続編コンテストで決勝に残れないレベル」とかキツイっすね。
結論35点(^^;)。 RT @komagometonari 大竹紳士交友録( http://bit.ly/aDQ55w )で
大森望氏( @nzm )がBOOK3をボロクソに言ってる件 #1Q84

976 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 16:35:15
@hiranok 国内の某有名作家の作品が好きな友達が、その作家は自分の作品について
解説したがらない、読者に好きなように受け取ってほしいと言ってたけど、
解説してほしーよねって話になって、平野啓一郎さんは結構自作について説明して
くれる作家だねって話になりました。
約23時間前 webから
michapri
http://twitter.com/michapri/statuses/12628378102


これ春樹のことだろうな
自分で書いてるものの意味もわかってないから説明できないww


977 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 21:27:08
>>974
おいらもぜひ、精神科医の所見が知りたい。
青豆は逃亡生活の閉塞と緊張過多でホルモンバランスが崩れて
統合失調症になり毎日を天吾を核とする妄想の中で生き、
そして想像妊娠に至った、
でおK?

978 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 22:33:34
お前らの妬み嫉妬おもすれー

979 :吾輩は名無しである:2010/04/23(金) 23:17:29
ほうほう

980 :吾輩は名無しである:2010/04/24(土) 00:16:32
カス平野は自作説明しても意味不明のカスゆえ説明を様子ので消火ねぇ〜(笑)

981 :吾輩は名無しである:2010/04/24(土) 01:45:43
近所の本屋に山積されてた・・・明日にでも買いに行くか

982 :吾輩は名無しである:2010/04/24(土) 22:07:58
想像妊娠!

249 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)