5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【この人の息】保坂和志【はああああああああああ】

1 :吾輩は名無しである:2009/02/23(月) 14:57:46
保坂和志教
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1160185778/

2 ::2009/02/23(月) 15:29:47
ここは文学板でも割と真面目にやってたんで期待してます。

3 :吾輩は名無しである:2009/02/23(月) 15:34:03
前スレは何で落ちちゃったの?

4 :吾輩は名無しである:2009/02/23(月) 17:29:15
考えた跡を消すように書きなさい保坂君

5 :吾輩は名無しである:2009/02/26(木) 21:01:51
 作家の保坂和志さんと評論家の佐々木敦さんが今月の『群像』の対談で出版・音楽両業界の共通点を話しています。
「作品であることを無視して、商品でしかない、と開き直ったところが勝っている現象が、ここ数年音楽業界にある。たぶん本も同じ道をたどる」という佐々木さんの言葉が印象的でした。

6 :吾輩は名無しである:2009/02/27(金) 01:55:14
>>5
今更!
ていうことは佐々木氏はまだ小説には作品が商品化に先んじているという認識なんですね。

7 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 09:02:47
小説書かなくなりましたね、大江の予測が当たった。

8 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 13:11:00
保坂和志 - 2009/02/19(Thu) 21:41 No.872

卵と壁
彼らしい比喩だけど、比喩は実態をいっさい語らず、
比喩によって関係が固定されてしまう。
卵と壁という比較によって、彼は実態と無関係に、人間の弱さを強調する。
それが、ぐっとくる人がいるんだな、またこれが。たちが悪いよ。「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を思い出しました。それの「世界の終わり」の方ね。
あれを読んで、「この人の書くことはもう関係ないな」と思ったのでした
やっぱ、革命を信じられなくなったら、おしまいだぜ、
人間。


9 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 13:29:31
保坂の「わかる人」っていう喩えの方が悪辣だろw

10 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 14:35:05
とりわけこういった事柄においてはじぶんは、勇ましい言葉って嫌いだな。
ひとが、見えないのかって。

11 :吾輩は名無しである:2009/03/03(火) 20:20:51
>勇ましい言葉

春樹のスピーチのこと?

12 :吾輩は名無しである:2009/03/03(火) 21:59:16
いや「革命」の一語に。
こういった事柄について語るときにそれを選ぶのは、
あまりに不穏当じゃないかとじぶんは感じた。チクンときた。少女かっ?ww 
血だまり。

13 :吾輩は名無しである:2009/03/03(火) 22:20:28
界隈の連中が佐々木中にイカれてるからでしょ

14 :吾輩は名無しである:2009/03/03(火) 23:54:46
“こういった事柄”というのは?


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)