5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

かっこいい漢字

1 :吾輩は名無しである:2009/02/16(月) 02:01:24
賢い=貝(金)を又(また)ぐ臣 とか

言語スレなんか品が無いのでこっちで遊べるかと・・ダメ?


2 :吾輩は名無しである:2009/02/16(月) 02:08:16
汝=涙をもって生まれ出涙なる業の敬称 とか考えるとさ

「あなた」の事を汝(なんじ)とかってさぁ。カッケー!!


3 :吾輩は名無しである:2009/02/16(月) 03:08:40
>>2
本気(マジ)ですか?

4 :吾輩は名無しである:2009/02/16(月) 23:26:42
スレタイとは関係ないがこれ

搗てて加へて

読める? ってか読みを検索出来る(出来ました。がちと面倒だった)?
あなたは試されている(笑

5 :吾輩は名無しである:2009/02/16(月) 23:29:12
ちなみに上記、青空版の狂人日記読んでたら出て来たもの。
あれなかなかカッコイイぞ訳文。読み難いが。

6 :吾輩は名無しである:2009/02/17(火) 18:48:04
もちつき!

7 :吾輩は名無しである:2009/02/17(火) 18:49:17
かてて?

8 :吾輩は名無しである:2009/02/21(土) 11:50:38
うん。かててくわえて。――わっかんないよね(苦笑)こんなもん。
じぶんも初めて見た希ガス。ちなみにこれ、新かなに直してここ
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?gr=kj のweb検索で、ようやく。
…いやさ、ふつーに漢和辞典ひきゃ出てくるんだろうがww
せっかく?電子化されたテキストなぶってるんだしなーwwwみたいな。
それと、意外にグーグルさんて万能じゃないねんなーって。ちとおかしかったんで。

9 :吾輩は名無しである:2009/02/22(日) 00:30:56
>>4
 私は中学生のころ、神保m一郎氏の著書「名曲をたずねて」(その後「クラシック音楽鑑賞事典」と改称、講談社学術文庫に収録)のベートーヴェンの項目でその言い回しの存在を知りました。
 「・・・筆談に頼らざるをえなくなる。かてて加えて、不肖の甥は、限りあるその余生に・・・」とあって強い印象を受けていたので、そういう言い方があること、使い方、ニュアンスなどは分かっていました。
 しかし私の読んだ版は戦後の改訂版だったので「かてて」は平仮名書きでした。

 「かてて」を漢字で「搗てて」と表記することには驚きました。
 国語辞典を調べたところ、さらに「糅てて」という表記もあることを知り、また驚きました。
 どうもこういう気取った言い回し、珍しい使い方の漢字は、私のようなボンクラはあまり使わないほうがいいようだ、と気付きました。

10 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 23:24:37
http://imepita.jp/20090228/827870

11 ::2009/03/01(日) 02:13:07
【´咒`】

12 :吾輩は名無しである:2009/03/01(日) 05:57:48
、鹿
鹿鹿

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)