5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内閣から】ガリヴァー旅行記【子供部屋まで】

1 :吾輩は名無しである:2009/02/01(日) 22:03:40
幅広い年齢層に親しまれている名作風刺書、ガリヴァー旅行記について語るスレです。
「穏健なる提案」や「ドレイピア書簡」など、スウィフト先生の他の作品の話をするのもありです。




今度はのびるといいな・・・。

2 :理科男:2009/02/01(日) 22:12:05
>>1
前回は伸びなかったのですか?ガリバー旅行記はあらすじを知ってる人は多いですが、実際読んだ人は少ないのかしら。
この本ほど多彩で多量の風刺をするものも珍しいですね。

3 :吾輩は名無しである:2009/02/01(日) 22:14:13
第3部を読んだ人、いる?
(邦訳されてないみたいだけど)

4 :吾輩は名無しである:2009/02/01(日) 22:15:11
↑ はロビンソン・クルーソーの話でした。 m(_ _)m

5 :理科男:2009/02/01(日) 22:18:14
>>3
第三部って続編のことですか?

6 :吉田メロウ:2009/02/01(日) 22:18:44
>>2
理科男さんよ、ちょっと「ガリバー旅行記」について解説してみろや。あれは今も
非常に重要なテクストだよ。
(´-`;)y―~

7 :1:2009/02/01(日) 22:25:45
ちなみに、前スレでは大人向けは「ガリヴァー旅行記」、子供向けは「ガリバー旅行記」と書くという暗黙の了解があったとか無かったとか・・・。

8 :吾輩は名無しである:2009/02/01(日) 22:31:50
ラピュータの人はみんながちゃ目

9 :理科男:2009/02/01(日) 22:39:19
>>6
解説ですか。一読しかしてないので拙いですが。
聖職者が毒ついたもので、なぜ年少に向けた要約本?がでているのかわからない書物です。
内容としては医師であるガリバーが航海にでて遭難し、いろいろな国の変わった人々を通し当日の痛烈な風刺を繰り出していきます。最後にガリバーは馬にしか心を開けなくなる。
…解説になってないですね。個人的には注釈などをみても風刺の意味をとりにくいところが多かったように思います。
どの国も面白い部分はありますが(日本は置いといて)やはりフウイヌム国が一番ですかね。

10 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/02/01(日) 22:45:17
奴婢君は如何(笑)

11 :理科男:2009/02/01(日) 22:45:33
>>7
なるほど。
>>8
天空の城ラピュタを知ってから読むとほんと衝撃ですよね。一番狂ってる国かな

12 :吉田メロウ:2009/02/01(日) 22:56:01
スィフトの面白さの一つは物事を相対的に捉えた視座ですね。
体の大きさであったり、人間と動物であったり。ラピュタの件
であったり。つまり文明批評的な側面がある。これは西洋が人
類学という学問を通して、自らを相対化していった過程と一脈
通じますね。
(´-`;)y―~

13 :理科男:2009/02/01(日) 23:03:23
なるほど、確かにどの国も何かしら特化させることにより、批評をしていますね。ラピュータでは数学、音楽、天文学みたいに。いささか極端ですが、風刺をするならこの方がずっと良いです。

14 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/02/01(日) 23:13:39
あそこまで人嫌いになれば、後はもう狂うことしか残されていない気がしますけれどもねぇ(笑)おやはや(笑)

15 :理科男:2009/02/01(日) 23:24:57
読みながら、よく一人の人間がここまで多様な分野に渡り批判できるな、と思いました。このガリヴァーの考えを持ち得るなら、彼のように人に心を開けれなくなるのではと素直に考えます。
極め付けは著者スイフトが後に発狂し、死んだことですね。説得力有りすぎ。

16 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/02/01(日) 23:40:48
物書きというものは大方、何処か壊れた人間なのでしょう(笑)紋切型ですが(笑)おやはや(笑)

17 :理科男:2009/02/01(日) 23:58:58
破滅ですか

18 :吾輩は名無しである:2009/02/02(月) 15:54:56
なんで「リンダリーノ」の節って良く削られるのかなぁ?
俺の今まで読んだ翻訳本の中にはほとんど無かったぞ。
あの節結構好きなんだけどな・・・。


19 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/02/02(月) 16:19:19
おやはや(笑)あまりに描写が硬質すぎるからでは(笑)

20 :吾輩は名無しである:2009/02/02(月) 17:19:15
怖いよこのスレ・・・
>>1と誤爆と>>18以外、みんな名前覧埋まってるやん・・・

21 :吾輩は名無しである:2009/02/03(火) 17:12:51
やっぱり延びてネェェェェェ

22 :理科男:2009/02/03(火) 18:55:01
伸びないですね

23 :吾輩は名無しである:2009/02/04(水) 21:31:43
まずは何でこのスレが延びないのか考えよう。
イギリス文学のスレでは割と取り上げられているし、延びるとは思ったんだけどな・・・。

24 :理科男:2009/02/05(木) 22:25:49
やはり単純に読んだことの無い人が多いのではないでしょうか?
あらすじだけでは突っ込まれたら困りますし。例えばガリバーを知っているからガリヴァーを読もうと思わないのでは。

25 :吾輩は名無しである:2009/02/07(土) 09:03:03
ヤフーの皮を貼った舟で帰還するんだよね
すげー話だよ


26 :吾輩は名無しである:2009/02/07(土) 18:21:22
このスレ読んで読んでみたくなって本屋で立ち読みしたけど
買わずに帰ってきた だって最後まで読めそうになかったんだもん…

27 :吾輩は名無しである:2009/02/27(金) 19:24:41
しょうがないな、話題振ってやるよ・・・。

お前等、この本の中ではどの国が好き?
俺は、>ラグナグ>フウイヌム≧バルニバービかな。
単純な面白さだったら、フウイヌム>リリパット>グラブダブドリッブ≧ブロブディンナグ>ラピュータ>その他かな?

28 :吾輩は名無しである:2009/02/27(金) 22:02:51
読みづらい







てかたいくつ

29 :吾輩は名無しである:2009/02/27(金) 22:13:50
こんなエログロナンセンス小説が、どうやって「よい子の童話」に紛れ込ん
だのか、その経緯が知りたいもんだ


30 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 00:04:21
グロくない

31 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 00:11:54
岩波と新潮はどっちの訳の方がいいの?

なんかどっちも訳が古そうだしさ

新訳をだしてくれればいいのに

32 :( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw :2009/02/28(土) 00:27:00
翻訳できる人材が居ないのでしょう(笑)おやはや(笑)

33 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 03:41:05
どちらも、さほど時代掛かった感じはないですけどね。
個人的には平井正穂。
中野好夫が肌に合わないだけですが。

34 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 06:52:59
原民喜は大人向けのガリヴァー旅行記翻訳をしていたのに、最後の最後で真実をごまかし、
「人に触れて無かったので数時間気絶してしまいました」とか書いた裏切り者。

35 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 14:43:35
>>29
倉橋グリムでも読んどけ。ベタだがw
もしくは千夜一夜物語。

36 :吾輩は名無しである:2009/02/28(土) 15:16:58
ああ、シンドバードね。
てか、出だしから浮気の話と動物の姿に変えられる話大杉


37 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 22:05:12
ガリバーがヤフーとヤったのには引いた

38 :吾輩は名無しである:2009/09/06(日) 22:10:25
きもちいいんだからしょうがないの

39 :吾輩は名無しである:2009/09/28(月) 02:37:44
やったシーンなんて出て来たっけ?

40 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 22:47:34
「ヤフーとの間に二人の子供を身篭った」みたく書かれてた気がする。

41 :吾輩は名無しである:2009/10/12(月) 22:58:33
改めて読んでみたら違うな。
新潮文庫のP.389L2に「その我輩自身が、ヤフー族の一匹と交合して、すでに一人ならず子までなしている」とあるけど、帰国して妻子たちと再会してる場面での描写だから、ここでの「ヤフー」はガリバーの妻のことだ。

42 :吾輩は名無しである:2009/11/18(水) 23:27:03
スウィフトには、途轍もない不満と憤懣が渦巻いているんだが、
それは何が原因で何に対してなのかが、実はよく分からない。

43 :吾輩は名無しである:2009/11/19(木) 00:10:08
>>42
第三章は
科学にたいする不満

44 :吾輩は名無しである:2009/11/19(木) 00:16:47
漱石は、ほんの少しだけスウィフトに親近感を持ってるな

力のある男性的な文体については、好みだったみたいだ

45 :lane ◆Oz/piFw.Ok :2009/11/19(木) 16:46:44
Yahooってスウィフトのヤフーから名付けたのかな
黄色人種の暗喩なのか>ヤフー

46 :吾輩は名無しである:2009/11/20(金) 01:55:14
>>42
そんなのは無論、スウィフトの故郷であるアイルランドの悲惨な現状が原因であるに決まってる。

47 :吾輩は名無しである:2009/11/21(土) 17:48:36
そういうことだったんなら、おれはスウィフトを買いかぶってたことになるな

48 :吾輩は名無しである:2009/11/21(土) 20:58:54
>>47
なんだよこいつ
もったいぶった言い方をして
いかにも頭悪そうだな

49 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 22:00:33
トーリー党に見放されてホイッグ党に乗り換えたのも影響してるだろうね。
あと、祖国のアイルランドがイギリスのチャーリー8世?に制圧されたのも併せて、第一章のリリパット国での出来事がスウィフトの歪んだ精神の根源として描かれてるのかも。

50 :吾輩は名無しである:2009/11/26(木) 22:16:51
ピーしか記憶にないですすんまそん。あとはオウムと

51 :吾輩は名無しである:2009/11/27(金) 00:36:45
岩波から出てる冨山のガリヴァー旅行記を読むは良かった

52 :理科男 ◆U7hI4IbI.w :2009/11/29(日) 01:14:04
>>18-19
リンダリーノの話、初めて読んだけれども、
政治的報復を避けたんですね。

あたりまえだけど、原文読むのきつ過ぎ。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)