5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学初心者を文学にいざなう文学的表現のある漫画

1 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 08:25:37
文学に興味のある人、でもなかなか活字を読んだことがない人に
導入として入りやすくするために、文学的表現のある漫画をおすすめしたいかなと。

・西洋骨董洋菓子店
 よしなが ふみ
・やさしいからだ
・あのころ、白く溶けてく―安永知澄短編集
 安永 知澄

→純文学

・チェーザレ
 惣領 冬実
→チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 塩野 七生

等は、いかがですかね。

2 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 11:14:03
ハチワンダイバー

3 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 11:56:58
文学的表現とは違うかもしれないが絶望先生。

題が純文学のパロディだったり。

4 :1:2008/01/15(火) 14:33:42
ハチワンダイバーも文学っぽいかもですね。
漫画っぽい表現を除けば菅田の苦悩はなかなかいいし。
作者の柴田ヨクサルさん自身の将棋での挫折が作品によく現れてる気がします。

絶望先生は主人公の服装からして書生さんぽいし
作者の久米田さんの描く漫画は、パロディが上手いのも事実ですよね。

できれば、漫画を紹介していただくと同時に、
おすすめの文学作品も言ってもらえると嬉しいかもです。
どういう傾向の文学作品の導入になるのか、あたりでも良いですし。

古代ヨーロッパなら、セスタスや
ヒストリエなんかもいいんですけど、
完結がいつになるかわかりませんよね。うーん。

5 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 14:46:16
よしなが(笑)安永(笑)柴田(笑)久米田(笑)
昼っぱらか笑わせないで下さいよ(笑)皆文学気取りの糞作家ばかりでしょうに(笑)

6 :1:2008/01/15(火) 14:53:03
いきなり文学わたして読んでもらえる時代じゃないなと。

7 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 14:54:21
いやガキは馬鹿だからその文学気取りのところに感化されて
文学に足を踏み入れたりするのですよ おいたわしや

8 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 14:56:25
糞ですねぇ(笑)餓鬼の方が仮に文学の世界に踏み込まれても、文学側としては当惑して仕舞うでしょう(笑)
誰でもできるものじゃないんですよ、文学と言うのはですねぇ(笑)

9 :1:2008/01/15(火) 14:57:30
言い方は汚いけど、きっかけは何だって良いと思うんだ。

パール・バックの大地から渡して全部読んでくれとか言いにくいし。
古井由吉をプレゼントしたし、明治時代のマイナー小説渡しても読んでくれないし。

じゃ文学って何?って言われたら、
シンプルに答えても、じっくり答えても、誤解か議論を産むし。

まずは、興味を持ってもらうっていうのが大事な時代じゃないかなあ。

10 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 15:01:08
ですから文学を読まない人に文学を無理に読ませる必要はないと言っているのです(笑)
この方が民主的では無いでしょうかねぇ(笑)読まない奴は最初から読まないんです、そういう方に無理に読ませようとするのが土台無理な話なんですよ(笑)

11 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 15:01:44
>>8
そうなんだけど文学はそういう毒を持つもんなんだからしょうがないだろ。
勧めても勧めなくても文学に足を踏み込む奴は踏み込むし、
それで人生台無しにされたりする。

12 :1:2008/01/15(火) 15:03:22
生涯通して「文学しか目に入らない」人生を送る人は少ないと思うんだよね。
いつ、何をどこに興味を持つのか、という点もある。漫画からではなくても良いけど、
日本かチェコかアメリカかっていうくらい、アニメや漫画の印象が強い国ですから。

実際、海外に行ったらエレクトロニカ好きとか、漫画好きは日本人に興味あるみたいだからね。



絵本からでもいいけどね。
かこ さとしの絵本なんて読むところが多くて良いかもしれない。

児童文学なら岡田淳さんもありかもしれんし。
文学に既定をする前に、興味をもってもらうには、いいのでは?

読みたいと思っても、どこから入って良いかわからなかったり、しますからねw

13 :1:2008/01/15(火) 15:04:21
文学的な写真集、とかも話題に入れても良かったかもなぁ。

ま、しばらくROMします。
それぞれの考え方も理解は出来るんだけどね。

14 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 15:07:59
文学は確かに毒も持っているんでしょう、然しそれはちゃんとした読み手ででない限り嗅ぎ取る事が出来ないものです(笑)
普通の方は上澄みだけ掬って不良に走られるから文学は身を持ち崩す、とか言う事を言われるんでしょう(笑)

15 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 15:13:39
文学初心者を見下しすぎだろwお前は何から入ったんだよ

16 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 15:31:11
おせっかいな話ですね。

17 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 15:38:18
西岸良平 鎌倉ものがたり

18 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 15:55:52
漫画から入らなくてもSFとかから入れば良いじゃん

野球や数学と同じで、誰でも興味もてる分野じゃないし
星新一読むくらいなら筒井で良いよ

19 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 17:07:43
やさしいからだは読んだことあるけど、もの凄くつまんなかったよ。
この漫画読んでも、文学読んでみようとは思わないんじゃない?

まだ、
羊のうた→村上春樹→春樹の作品に出てくる古典
の流れの方がマシだと思う。



20 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 17:17:12
>>14
お前が場違いなんだって分からない?

21 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 17:31:27
>>19
羊のうたは雰囲気だけかと。
趣味が合う場合はともかく、それほど人に薦めるほどじゃない。
やさしいからだは面白いよ。でも、ある程度年齢いってるほうがわかりやすいかも。
安永知澄→森薫→しりあがり寿っていう流れがあるから、得られるものは多いよ。
というか、村上春樹は、悪くないけど、傾向が偏りすぎてると思う。

22 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 17:35:13
まぁ内容が少年漫画でも少女漫画でも表現性を獲得していれば素晴らしいんでしょうけど、桜庭さんは正直幼稚ですからねぇ(笑)
エロゲをそのまま捻りもせずに出してはい、文学です、と言うような顔をされてもと言ったところでしょうかねぇ(笑)

23 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 17:39:23
羊のうた レビュー
http://www.manngareview.com/mannga/148/index.php?story=1
あらすじをみると、文学よりエンタメとしか言いようがないんだけど。

それに文学に興味のある初心者に村上春樹を薦めると、その路線から抜け出せなくなる人が多いよ。
突然、ドストエフスキーは世界で一番すごい、とか言い出したりして、ちょっと困ったりする。

読みやすいから、とか、文体が軽いから、とか、
内容への深いツッコミ以前の部分で住み易すぎて出てこなくなる。

24 :( ̄ω ̄)みちるの友 ◆nCkADzKG8Q :2008/01/15(火) 17:40:35
↑はミスです(笑)
安永程度を褒め上げている段階で底が知れるんですけど、森薫(笑)しりあがり寿(笑)もうあれすぎて笑いしかもれませんよ(笑)
「ある程度年齢いってるほうがわかりやすいかも」などと言うのはこと芸術を評する場合は何の参考にもならないですからね(笑)屑でもこう言えば価値のあるものになるんでしょうか(笑)
子供であろうが分かる人は若るのが芸術ですからね(笑)分からない奴は何時までも意味の分からない事をほざかれ続けるんですよ(笑)

25 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:08:11
>>23
エンタメだからこそ入りやすいんだろ、常考。

26 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:10:52
エンタメ文学に進むならいいけど、
羊のうた→村上春樹は違和感ありまくり

27 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:19:34
やさしいからだ→ロリコンor汗フェチ

この流れなら分かる


てか>>1は文学に興味ない人達を引き入れて何がしたいの?

28 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:24:30
文学作品なんて普通に読んでりゃ分かるようになるのにな

29 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:29:36
つげ義春→嘉村や葛西などの私小説
の流れを推奨しておく

30 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 18:42:53
文学読まない人にすすめるんでしょ?
すすめるマンガ自体がつまらなかったり文学的すぎたら、後に続かないじゃん。

31 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 21:23:51
語り手緊急募集中!!

坐禅と見性第54章 片手の他人がたたく拍手の音
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1192448109/

【仏教】悟りを開いた人のスレ 10 【鬼和尚】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200142232/

【悟りで居る】悟りを開いた人スレ【完全お釈迦様派】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1198295563/

萬福寺行った。1.2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1188809052/

【茶の湯】  大徳寺について  【禅文化】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1145457556/

臨済宗 大本山天龍寺 2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1183216094/

【算盤】臨済宗 妙心寺派【金権】十五日は祝聖
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1198725369/

★★臨済宗・癖有り布教師さん★★
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1172800156/

臨済宗国泰寺派について
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1151120179/

臨済宗相國寺派について
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1146749623/

32 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 21:56:17
戸田誠二は?
HPで無料で読めるよ
ttp://www2.odn.ne.jp/~cbh42840/

あとは岡崎京子のヘルタースケルターとリバースエッジ

33 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:32:02
>>23
ドストエフスキーが一番凄い小説家だという人がいてもいいよ。
村上春樹が一番凄い小説家なんて言う奴は死んだ方がいいけど。

34 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:34:18
岩明均とか人文的だよな。近代日本文学とは違うけど。

35 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:39:36
諸星大二郎『夢の木の下で』
吉野朔実『period』
川畑総一郎『S60チルドレン』
黒田硫黄『大王』

36 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:43:25
村上春樹は上手いし才能のある小説家だと思うよ

37 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:46:57
村上春樹は小説・文学かぶれ作用があるからな
作中の人間が息を吸うように古典文学やら海外小説やらを読んだり言及したりするから
まるで自分もいっぱしの読書家になったような気分になれてしまうという
非常に危険な陥穽だな、心地よいけど
しかも出る小説出る小説、権威的な作品ばかりなんだな

38 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:51:25
「息を吸う」ように? どこの国の方ですか?

39 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 22:56:18
"息を吸う" の検索結果 約 692,000 件中 1 - 10 件目 (0.25 秒)  google 検索結果

goo国語辞書

いき 1 【息】

(1)口や鼻から吐く呼気や吸う吸気。
                ~~~~
三省堂提供「大辞林 第二版」より

文学板の人って面倒くさいなあ

40 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:02:57
横だが、
「呼吸するように」とした方がいいだろう。
わかるか?

41 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:05:33
つげ義春・黒田硫黄・岡崎京子・鬼頭莫宏

42 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:32:35
水を飲むようにセックスをしるって表現が春樹の小説にあったね 

43 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:33:08
普段2ch用語なんて使ってないのにこんな時だけタイプミスて・・

44 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:39:42
>>37
出てきた作品片っ端から読んでって文学にハマっちゃう奴もいるんだからいいんじゃない?

45 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:43:09
水を飲むようにセクスしるは、潤すという意味でおkだな
息を吸うように言及したりは、だぬだろ

46 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:45:28
もうスルーしろや

47 :吾輩は名無しである:2008/01/15(火) 23:59:11
いや、日常的にとかそういうことで潤すとかの意味は入ってないだろ

48 :吾輩は名無しである:2008/01/16(水) 00:03:26
エッセイ漫画→随筆のながれとかどう?

49 :吾輩は名無しである:2008/01/16(水) 00:08:35
漫画を介す意味がわからん
読みたいなら最初から文学読めや

50 :吾輩は名無しである:2008/01/16(水) 01:09:12
ラノベで済まないが、文学少女シリーズなんかはどうだろうか。
>>35
諸星は民俗学とか他にも色々なものへの興味も喚起できそうだな。

51 :1:2008/01/16(水) 02:42:54
西洋骨董洋菓子店 よしながふみ→耽美?
あのころ、白く溶けてく―安永知澄短編集→純文学
チェーザレ 惣領 冬実→塩野 七生→ローマ
ハチワンダイバー 柴田ヨクサル→将棋
絶望先生 久米田康治→表題が文学作品のパロディ
鎌倉ものがたり 西岸良平
羊のうた 冬目景
夢の木の下で 諸星大二郎
period 吉野朔実
S60チルドレン 川畑総一郎
大王 黒田硫黄
アトンの娘 里中満智子
つげ義春→嘉村や葛西などの私小説
黒田硫黄・岡崎京子・鬼頭莫宏・しりあがり寿・岩明均

漫画以外
文学少女シリーズ
エッセイ漫画→随筆
マグナム・フォト→ノンフィクション

>>33>>36-37
村上春樹自身は文章に毎回進歩があると思うし、賛否両論あれど、良い作家さんの1人だと思います。
でも、どうも村上春樹"しか"読まないファン、あるいは、村上春樹が薦めた本"のみ"絶賛するファン。
この人たちが村上春樹の足を引っ張ってる気がします。

>>27-28>>44
途中で止まっちゃう人のために、視点を変えた文学入門スレがあってもいいかなあと。

52 :1:2008/01/16(水) 02:44:47
適当にまとめたんでミスもあるけど、
おおまかにまとめていければなと思ってます。

文学板音楽スレ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1181010874/
こっちとも合流できたらなと思ったり。

53 :1:2008/01/16(水) 02:47:54
ちなみに手塚治虫とかは漫画で完結しちゃってる気がします。ではまたROMします。
考えてみりゃ漫画にこだわらなくても良かったなと思いました。映画とか音楽とか写真集もアリだった。
でも良いスレタイが思いつかなかったんですよ。質の高い何かを通して文学を見るという立ち位置を妄想してました。

スレが気に入らない人もいて当然だと思います。どうか、お目こぼしを、よろしくお願い申し上げます。

54 :吾輩は名無しである:2008/01/16(水) 03:38:39
2ch製小説をパクったゆとりが大暴れ中!
みんなで凸しようぜwwww

http://pksp.jp/sukidarake/bbs.cgi?&o=5

[18]タイトルがないよ
BY:管理人
はぁ?オタクうぜぇし何言ってんの?小説は俺が書いたし勝手なこと言ってんなよ
UP処理待ち中


55 :吾輩は名無しである:2008/01/16(水) 22:05:00
やっぱ『はみだしっ子』は外せないっしょ。あと吉田秋生とか。
…6〜70年代生まれにしか通じないかもしんないけどw

56 :吾輩は名無しである:2008/01/17(木) 04:29:11
漫画太郎を忘れるな

57 :いつか:2008/01/22(火) 05:09:37

 大島弓子さんのマンガ。
インテリ男たちがかつて饒舌に語った
スノビズムマンガ・・・・
とゆーのはウソで、
実際に大島さんのマンガを読んでみると、
確かに知的なんだけど、娯楽として楽しいね。
ブンガクブンガクと言ったって
マンガでしか味わえない快楽もあるのだよ〜。
ちなみにインテリ男たちが執着してたのは本当。
タイトルが
『ロジオン ロマーヌイチ ラスコーリニコフ』(原作『罪と罰』)
『F(フロイト)式蘭丸』
『パスカルの群れ』
であるからして。敬具

58 :吾輩は名無しである:2008/02/04(月) 11:50:12
個人的なお勧めはひぐちアサのヤサシイワタシ
俺はおお振りは大っ嫌いだがヤサシイワタシは人間観察の細かさに驚かされる

59 :吾輩は名無しである:2008/03/06(木) 23:13:44
里中満智子に、スタンダールや近松を漫画化したものがあって、
正統派の少女漫画家の、技術の凄味を見せつけてくれるのだが、
やはり、原典に対する解釈の幅を狭める方向に働いている気が。

60 :岡崎京子:2008/05/31(土) 13:36:30
岡崎京子の全作品
特に PINK END OF THE WORLD うたかたの日々(原作 ボリス・ビアン)
はもうすでに視覚の文学の趣がある

月光の囁きもマンガで谷崎してる


61 :無名草子さん :2008/05/31(土) 18:43:13
漫画で文学は駄目だ。漫画しか読めなくなる。
易しい表現の小説の方がまだ増し。


62 :吾輩は名無しである:2008/06/01(日) 02:00:35
エアギア→島田雅彦

63 :吾輩は名無しである:2008/06/01(日) 02:28:09
中原中也の漫画『含羞』。モーニングで連載してたやつ。
曽根 富美子さん、今何やってるのかな?

64 :吾輩は名無しである:2008/10/28(火) 00:57:21
あげ

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★