5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

立ち食い寿司職人 とか

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:18:37 ID:FnlZaEaU0


前スレ
港町のカボチャ売り とか
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1248388730/


2 :立ち食い寿司職人:2010/02/25(木) 21:21:08 ID:FnlZaEaU0

    ‖ ̄‖     立
    (,,゚Д゚)     ち
    ( ヽ/ )  寿  食
    │  │  司   い
     U ~ J  職
         人

     全五話


3 :〜第一話〜:2010/02/25(木) 21:22:07 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
春の西日は昨夜からの曇り空に覆われながらも、
ガラス戸越しに店内へと緩やかに射していた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:23:05 ID:FnlZaEaU0

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚‐゚;リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
元の朱が雲の白を通したそれは、桃で薄めたダイダイ。
まるでサーモンピンクのようであった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


5 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:23:46 ID:FnlZaEaU0

    ____
   /::::::::::::::::::::::i
   (''''''''''''''''''''')
    `───'

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
しかしながらその中で遠く異国から到来したノルウェーサーモンの切りつけは、
そこだけ時が止まったかの如くシャリの上に鎮座し続けている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


6 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:24:31 ID:FnlZaEaU0


    ∧ ∧
    (-゚;:リル
    (y::::::::)
    ノ::::::::\
     UJ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして、それを胃に奉納すべき女もまた彫像と化していた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


7 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:25:18 ID:FnlZaEaU0

TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTト、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾト、
丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丶|ヾ
________________丶| |
||||||||||||||||丶| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>| |
丁了丁了丁了丁了丁了丁了丁了丁了>| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^ |>| | 冂 ___r¬
 [十][十][十] [十][十][十] [十][十] |≧| | |/K|三|::::
 [十][十][十] [十][十][十] [十][十] |≧| | |/K|三|::::
二二Y.二二二Y^,二二二二二゙Y^二二^|≧| | |/K|三|::::
同同:| | l///| | | ┌───┐| | rtヘ. |≡| | |/K|三|::::
凵凵:| | l///| | | |ヒjヒjヒjヒj|| | ヒjヒj |≡|, ' Y≧<:]::::
エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エア ̄ ̄ ̄ ̄´  ノ    ヽ._
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∠三三三三三三ヽ
               ∠二二二二二二二二ヽ
              ∠二二二二二二二二二二ヽ
            ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日暮れは、立ち食い寿司屋にとって稼ぎ時を告げる宵の幕開けでもある。
仕事帰りの軽食から酒のシメにかけての会社員の群れは、この小さな店の生命線なのだ。
うら若き乙女の彫像をこれ以上据え置くには、余りに都合が悪い。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


8 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:25:57 ID:FnlZaEaU0

               ∧ ∧           ∧_∧
        ‖ ̄‖  ル゚‐゚;リル  ‖ ̄‖    (Д・ ; )
        (   )   (y  )  (    )   (;;;;;;;;;;;;;;)
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
先刻までの半端な時間帯にぽつぽつと訪れた風変わりな客達さえ、
肩を震わせひたすらに眼下の寿司を見詰めるその邪気に例外なく食欲を失くし、
更には店で供される寿司そのものの信憑性を疑う者すら出す始末だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:27:17 ID:FnlZaEaU0
         ┌─────┐
   ∧ ∧〜l now on sale │
   ル‐゚::リル└─────┘
   (y::::::::)
   ノ:::::::::\
    U"J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その効用といったら商売あがったりも良い所で、
逆にそのような呪いの人形が金儲けの種になるかとさえ思えたほどだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


10 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:29:04 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ (#´Д`)     (゚Д゚;)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そんな次第だから、俺の横からの《帰せ、帰せ》の圧迫は、
もはや無視できないまで膨らんでいた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


11 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:29:56 ID:FnlZaEaU0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
一時は親方自ら出陣し、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    お茶、冷めちゃいましたねぇ。
     |      おかえいたしましょうか?
     \__ _______________________
         ∨
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .. ‖ ̄‖    ‖ ̄‖
 |__  ( ´Д`)   (;゚Д゚)
,/       (ミ ヽ/ミ).  ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
の一声にこれでもかと皮肉を込めたものだが、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


12 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:30:37 ID:FnlZaEaU0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
敵もさしたるもので、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        ( あっ、はい……
         〜〜〜〜∨〜〜〜〜〜
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚;リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
と虚ろな応答を一つ垂らすのみ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

13 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:31:26 ID:FnlZaEaU0
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚-゚;リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
また彼女自身の苦闘へと旅立つのだった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


14 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:32:14 ID:FnlZaEaU0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .. ‖ ̄‖    ‖ ̄‖
 |__  ( ´Д`)   (;゚Д゚)
,/       (ミ ヽ/ミ).  ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして俺自身、ツケ場からはお役御免で、
そうした茶出しや会計その他諸々の雑事に専念する頃合も迫っており、
いよいよのっぴきならない事態を迎えていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


15 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:32:55 ID:FnlZaEaU0


さて、どうしたものか。



16 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:34:19 ID:FnlZaEaU0


              ∧_∧
              (´Д` )
              ( V   )
            │ ̄ ̄ ̄│
            │      │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
純朴な生徒時代における校長の洗礼によって日本人の大多数は覚えあろうが、
一定の緊張を保ちながら二時間以上も、つっ立っているとは、それだけで苦痛なものだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

17 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:35:00 ID:FnlZaEaU0
              ∧ ∧
        ‖ ̄‖ ル  ;リル  ‖ ̄‖
        (   )  (y  )  (    )
二二二二二. (   )二 二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │        │   │
        ( 人 )        (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
うつむいた横顔からも、女が汗水にじませ血の気の失せた面をしていること位は、ありありと浮かぶ。
俺は泥仕合を終らせる審判の心境になりながら、ゆっくりと彼女の正面へと歩み出る。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


18 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:36:26 ID:FnlZaEaU0

すると、どうしたことか。


19 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:37:08 ID:FnlZaEaU0
              ∧ ∧
        ‖ ̄‖ ル゚-゚;リル  ‖ ̄‖
        (   )  (y  )  (    )
二二二二二. (   )二 二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │        │   │
        ( 人 )        (  人  )



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
全くもって信じ難い。女の幻視癖に俺も知らぬ間に感染してしまっていたのか。
淡く夕日がかった細長の板壁と、ふと持ち上がった彼女の顔の蒼白の対比に、俺は息を呑んでしまったのだった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


20 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:37:55 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (*゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それだけなら、まだいい。
まだいいのだが、彼女をここまで白くした要因となった怪しげなる妄想がくるりと翻り、
寿司への好意へと一旦傾いたら、その頬はどのような紅葉を描くのだろうか、
それは純白よりも美しいに違いない、
という所にまで俺の思いは突っ走った。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


21 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:39:14 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (*"Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして薄紅に染まった彼女は、きっとしわくちゃに笑って、この夕焼けの景色に溶けていき、
それは俺が寿司職人の理想として掲げていた《何か》だったのではないのか、
と急加速で病の末期症状にまで至ったのだから、事は非常に深刻だ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


22 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:40:03 ID:FnlZaEaU0





23 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:40:54 ID:FnlZaEaU0

   _______
 /  ______ \
│ /   12     \ │
││           ││
││9   ♂   3 ││
││     ↓     ││
 \\   6     //
   \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
事の発端は、午後二時半にまで遡る。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


24 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:42:09 ID:FnlZaEaU0

          ♪
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺は音沙汰もない客を待ち受けながらネタを寿司ケースに詰め込み、
親方は次の掻き入れ時に備え、鼻歌交じりにマグロを切りつけていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


25 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:43:46 ID:FnlZaEaU0

          ♪
        ♪
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
テレビやラジオを一切流さない店内には、親方発のくぐもったメロディが一足早い学校帰りかのような暢気さだ。
この時間帯は平時の殺気立った忙しさなぞ微塵もなく、あたかも別の店の様相を呈していた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


26 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:44:52 ID:FnlZaEaU0
         ♪
 ┳┳┳     ♪
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,‐Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
これが生魚を扱っていなければ、タバコの一服や二服、交えていても不思議でない空気である。
そしてこの間だけ、俺はツケ場に立ち、寿司を握ることを許されるのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


27 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:45:34 ID:FnlZaEaU0
  ∧_∧
 ( ´皿`)
 (    )
 | | |
 (__)_)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
夕刻になると吉さんが帰ってきて、店は親方と吉さんのものになる。
吉さんは、吉田の吉をとって吉さん。よしさんだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


28 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:46:43 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)   ( ´皿`)
,/      (ミ ヽ/ミ).  ( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧       ∧∧     
 ̄ ̄ ̄  (    ) ̄ ̄ ̄  (   ) ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その吉さんは、一日の中弛みの今、ここから三件離れた寝床でしばしの休憩中である。
しかし朝一番にやって来て、午前中に食されるネタの仕込みに精を出し、
日が変わるまで板場に出すっぱりなわけだから、店一番の働き者だ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


29 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:47:31 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)   ( ´皿`)
,/      (ミ ヽ/ミ).  ( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧       ∧∧     
 ̄ ̄ ̄  (    ) ̄ ̄ ̄  (   ) ̄ ̄
                ‖ ̄‖
           三    (;゚Д゚)
            三 と ヽ/J
              三⊂,,  i
                 `J
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして吉さんと親方が居る間は、
お茶や伝票を片手に細長い店内を右往左往する俺は、性もない。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

30 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:48:13 ID:FnlZaEaU0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
営業途中におやつ代わりに一つまみ、などといった小粋な江戸っ子はここ埼玉に居るはずも無く、
俺の寿司職人としての腕前の見せ所はさながら敗戦処理のピッチャーのような静けさだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


31 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:48:57 ID:FnlZaEaU0

      .‖ ̄‖     ‖ ̄‖        .     ‖ ̄‖
      (´∀` )   (´皿` )             (゚Д゚,,)
       (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/  )            ( ヽ/ )
      │ │ │  . │ │ │             │││
      ( 人 )    ( 人 )              U~~ J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それがキャリアの差であり、
親方の独立前からの盟友である吉さんと一介の雇われ者に過ぎない俺との差なのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


32 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:53:23 ID:FnlZaEaU0


 そんな長閑なのだか暗いのだかさっぱりな俺の感傷の最中、あいつはやって来た。



33 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:54:52 ID:FnlZaEaU0

         人人人人人人人人人人人人
         )   らっしゃい!
         Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


34 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:55:40 ID:FnlZaEaU0

   ∧∧
   ル゚-゚リル
   (y  J
  ノ   \
   ~U J"~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
威勢をかけた先には、白いヒールに、白いワンピース。
手袋も揃いの白を合わせた女だった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


35 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:56:20 ID:FnlZaEaU0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
いつもは黒やこげ茶、果ては鼠色が混じるこの界隈では、浮きに浮いた格好なのだが、
幸い今は二軍ピッチャーの投球練習中だ。
ごく平然とその客は受け入れられた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


36 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:57:06 ID:FnlZaEaU0
    ________
   /
  │ 何にします?
   \
     ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
     て  あっ、甘エビくださいっ!
      Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY


               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


37 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:58:22 ID:FnlZaEaU0

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚-゚ リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
何処か決意を感じさせる勢いがあったのは気のせいか。
それだけ言うと、女はまるで刑の執行を待ち構えるかのように眉を狭め、黙していた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

38 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 21:59:14 ID:FnlZaEaU0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
黙してもらっては、こちらが困る。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

39 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:00:10 ID:FnlZaEaU0
   ________________________
 /  あのですね。
│ ウチは二カン一組で、二組ごとに注文するシステムなんです
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

            ____∧_______
           /
          │       はぁ……
           \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 明らかに、立ち食い寿司の初心者らしい要領を得ない答えだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

40 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:00:59 ID:FnlZaEaU0

   ________________________
 / それで、ですね。もう一種類、注文していただけませんか?
│        そしたら四コ一緒に握りますんで
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
                ∧
         〜〜〜〜 " ~〜〜〜
        ( えっ? えっ?
         〜〜〜〜〜〜〜〜〜


41 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:01:36 ID:FnlZaEaU0

   ________________________
 /
│     ネタと価格はこちらの壁にありますから
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,, ゚Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

            ____∧______
           /
          │  はっ、はい!
           \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



42 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:02:18 ID:FnlZaEaU0


               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ルo゚ リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女はされるがまま、奥の壁に掛かるネタを記した木札の列を眺めていた。
そう、文字通り眺めていた。
「うーん……」と滑るだけの目線は、一向に定まりそうも無い。
俺は迷わず、黄金のマニュアルに従うことにした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


43 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:03:12 ID:FnlZaEaU0
   ________________________
 /
│  今は、サーモンの焙りが美味しいですよ。旬ですし、お奨めです
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚ )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
なるべく笑顔に勤めたつもりだったのだが、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


44 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:03:53 ID:FnlZaEaU0


         人人人人人人人人人人人人
         ) ええっ! それってシャケのことですか!?
         Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚;リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
返って来たのは、
義理の父に肉親の消息を伝えられたかのような動転ぶりだった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


45 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:04:41 ID:FnlZaEaU0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (;゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
まさか、サーモンが海外産で、そして日本の鮭の旬は秋であることを悟られたのか。
いやいや、しかし嘘は言ってはいないはずだ。
ノルウェーのサーモンは一年中、脂が乗っており、旬なのだ。
そして今日は中でも上質の安いサーモンを入手するに叶ったのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

46 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 22:05:25 ID:FnlZaEaU0

 と俺にまで、危うく動揺がうつりかかる程の間をおいて、


47 :〜第一話 終わり〜:2010/02/25(木) 22:06:21 ID:FnlZaEaU0


   ________________
 /
│   はいっ! それでお願いします!
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚;リル   ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 半ばやけくそ気味に、注文がなされたのだった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


48 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/25(木) 23:28:03 ID:6oxOrKg60
立ち食いのお店でなんつー客…
だけど、どんな事情なのか続きが気になるー!

49 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/26(金) 01:32:45 ID:O1l/n1ic0
GJ
続き期待してます

50 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/26(金) 06:17:55 ID:uHiuaFzg0
ギコwwwwww

51 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/26(金) 10:11:11 ID:UHTikak20
小説を読んでいるような気分だ

52 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/26(金) 16:14:46 ID:FVM1iVSB0
わくわくてかてか

53 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/26(金) 16:16:27 ID:zlnM29th0
いいなぁこれ
おもしろい

54 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/02/27(土) 01:30:52 ID:MyHSFOHF0
来週が待ちきれん。。。

55 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/03(水) 17:35:41 ID:ml/WEsCm0
続きが気になるぞ

56 :〜第二話〜:2010/03/04(木) 00:39:50 ID:e9jJ4vvF0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    ( ヽ/ )
    │  │
     U ~ J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
半人前ながらの俺の持論は《寿司はリズム》だ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


57 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:40:47 ID:e9jJ4vvF0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
   と ヽ/ つ
    │  │
     U ~ J


    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    (つと )
    │  │
     U ~ J

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    ( ヽと )
    │  │
     U ~ J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
右手でシャリを摘まみ左手にネタを乗せ、ぽん、ぽん、ぽん、とテンポ良く合わせば、寿司となる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

58 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:41:29 ID:e9jJ4vvF0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その小気味よいリズムこそ、寿司を作る上でも食べる上でも、遵守すべきものなのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

59 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:42:10 ID:e9jJ4vvF0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺が立ち食い寿司を選んだ理由は、そのテンポがまだるっこい長話や居座りに減じられることなく、
客と職人が互い真正面に向かい合い、同士として一体となることにあった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


60 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:42:51 ID:e9jJ4vvF0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そんな信念に基づかれた鮭の焙りと甘エビ、
共に二カンずつをこれまたテンポ良くカウンターの笹に乗せていく。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       ___   ___  ____    ____
     /::::::::::::::::::::i /::::::::::::::::::::i ( ┤┤┤ <) (┤┤┤ <)
 ソ ̄ (''''''''''''''''''''')(''''''''''''''''''''') (""""""")   (""""""")  ̄\
 l     `───'  `───'  `───'    `───'    l
 \                                   /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
深みどりの上に紅と白のネタが引き立って、どこか縁起が良い。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

61 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:43:33 ID:e9jJ4vvF0
    ∧∧
   ルリ ゚-゚ル
    (  y)
    ノ   )
    ~UJ"

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それをじっと見詰める女は、二十の境だろうか。
客商売としては失格なのだろうが、俺は女性を見る目が無い。
女の子や少女と呼べる年齢と、熟女や老女と呼ばれる年齢、そしてそのどちらでも無い年齢。
この大雑把な三分類しかできないのだ。
女はその三番目。中でも少し青さと清廉さを感じさせた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


62 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:44:19 ID:e9jJ4vvF0
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚-゚ リル   ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
眉は軟く、鼻は高いわけではないが整っており、口元は控えめ。
細い身体を白のワンピースと肌が包む姿は、一見頼り無くも思えそうなものだが、凛とした瞳がそれに力を与えている。
今も寿司を一心に睨むそれには、不思議な強さがあった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


63 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:45:04 ID:e9jJ4vvF0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
しかし、可笑しい。
首を四十度ほど落とし寿司を凝視し続ける女は、未だ動かない。
思いがけず長時間に渡った俺の観察も、全く意に介さない様子だ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

64 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:45:44 ID:e9jJ4vvF0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (゚Д゚,,)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
隣に目をやると、親方も珍しさと訝しさを混ぜたかのようなタヌキ顔で、きょとんとしている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


65 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:46:26 ID:e9jJ4vvF0

思わず声をかけようとした瞬間、しかし女は動いた。



66 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:47:08 ID:e9jJ4vvF0

    ∧∧
   ル# ゚o゚ル
    つ=と
    ノ   )
    ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
割り箸を一本、意を決して引き抜き、そのままの勢いで《えいやっ》と仇を討つかのように、割る。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


67 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:47:51 ID:e9jJ4vvF0

_____________
l                ,─ '
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________,─ 'l
l                   l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当然、箸はあらぬ方向に折れ曲がる。
酷く不均等な二本の棒が出来上がった。
午後の陽だまりが、とげとげしい木片のほつれを心なしか柔らかく映していた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

68 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:48:32 ID:e9jJ4vvF0
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚-゚;リル   ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それから女は決まりの悪そうな顔を俺に寄越し、戸惑いを浮かべる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


69 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:49:13 ID:e9jJ4vvF0

   ________________________
 /
│  あっ、大丈夫ですよ。こんなこと、誰にでもありますから。
 \    どうぞゆっくり、くつろいでやってください
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,^Д^)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 俺も自分の心を落ち着かせるように、慎重に励ます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


70 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:49:55 ID:e9jJ4vvF0


    ∧∧
   ル; ゚o゚ル
    つ=と
    ノ   )
    ~UJ"

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
かくして行われた割り箸との再起戦は多少の不恰好さはあったが、十分に成功の範疇に収まった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

71 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:50:42 ID:e9jJ4vvF0
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚-゚;リル   ‖ ̄‖
        (   ) ((とy  )   (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
だが、瞬く間に次の難題が巻き起こっていた。
女は手袋ごしに箸を持ち、寿司を摘もうとするのだが、どうにも手元が怪しい。箸が震えている。
傍から見て取れるほど、震えているのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

72 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:51:24 ID:e9jJ4vvF0

             _   ゝゝ
    ∧∧    / /
   ル; ゚o゚ル    /
    と  つ=(~)    l l ノ
    ノ   )         /
    ~UJ"

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それでも探り探りにどうにか甘エビへと辿り着き、それを《ぐっ》と取ろうとした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

73 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:52:05 ID:e9jJ4vvF0

    ∧∧     -
   ル; ゚o゚ル     +
    と  つ=(,,i   
    ノ   )     *
    ~UJ"

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その《ぐっ》に乾坤一擲、満身の力をこめてしまえば、寿司は脆くも真っ二つとなり飛散する。
俺は江戸前の作法に則り、シャリが口の中でほろりとほどけるやわさに為るよう握っているのだが、その性もあったのだろうか。
かくて寿司だったものは、見るも無残な姿を木目のカウンター上に晒していた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


74 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:52:45 ID:e9jJ4vvF0
19
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル"0"リル   ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その凶行の張本人は驚きと恥ずかしさで、ぱくぱくと口を開け閉めしていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


75 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:53:27 ID:e9jJ4vvF0





76 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:54:12 ID:e9jJ4vvF0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (゚Д゚;)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 親方に目配せすると、《行って来い》とやっている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


77 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:54:54 ID:e9jJ4vvF0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ゚-)  (゚Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
他に客はいない。
俺は布巾を手に取り、横長のカウンターを小走りでぐるりと回った。
女の隣に赴き、哀れな残骸を処理する。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


78 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:55:35 ID:e9jJ4vvF0

          ______________
        /
       │ ええ、大丈夫です。これも良くあることですから
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ*゚-)  (Д^,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
上ずった大嘘に安堵を浮かべ頷く女は、どう見積もっても大丈夫では無い。
俺は躊躇いながらも、ふと浮かんだ疑念を口にする。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


79 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:56:18 ID:e9jJ4vvF0

          ______________
        /
       │ キミ、ひょっとして、オスシよくしらないの? 
       │  外国住まいだったとか……
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ゚o)  (Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J


           ____∧______
          /
         │  えっ?
          \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
と少し間が空いた後、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


80 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:57:10 ID:e9jJ4vvF0

          ____________________________
        /
       │ えっ、えっと、そういった方も、こんなとこに良くいらっしゃるんですか?
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ゚o)  (Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J


                  ____∧______
                /
               │  ええ、偶にですが
                \
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺は嘘に嘘を重ねながら、わずかな希望にバッテンをつけた。
そして至極真っ当な妥協案に逃げのびることにする。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

81 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:58:01 ID:e9jJ4vvF0

          ______________
        /
       │ なんなら、どうです。素手でつまむってのは?
       │  それも粋でしょう?
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ;゚)  (Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その提案に何故か女は脂汗だ。困ったことに、今にも崩れそうだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


82 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 00:58:51 ID:e9jJ4vvF0


          ______________
        /
       │ なっ、何かお困りでも?
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ (;´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ")  (Д゚;)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女は慌て結んだ笑い顔で、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

          ____∧______
        /
       │そうですよね、これも運命ですよね。
       │ わかりました! やってみます!
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


83 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:00:08 ID:e9jJ4vvF0

    ∧∧
   ルリ ゚-゚ル
    (⊃⊂)
    ノ   )
    ~UJ"

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中途の言葉を聞きそびれた振りをして俺が頷くと、女は左の手袋に右の手をそっとかけた。
やや季節外れ、大いに場所外れのこの手袋の中身に、俺は少し悪い予感を抱きながらも見守る。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

84 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:00:50 ID:e9jJ4vvF0


    ∧∧
   ルリ ゚-゚ル
    (つ⊂)
    ノ   )
    ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
さっと露わになった左手は、しかし予感を裏切り、白魚のように整っていた。
右手もまたしかりだった。
指先まで曇りを微塵も感じさせない清廉さだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


85 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:01:30 ID:e9jJ4vvF0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
吉さんの言う所、《手のモデル》というものがあるらしいが、
それを思い出させた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        ∩∩∩
   ( ヽ  i ii i i / )
   ヽ ヽ i ii ii i / /
    ヽ ヽi ii ii i/ /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
指輪やペン字教室の折り込みチラシにそっと挟まれる写真のような手は、彼ら専門家によるのだそうで、
飯を素手で握るのを商いとする俺達も見ようによっては同属なのだが、
何処か対極にあるマネキンじみたあれは、どうして生まれるのか不思議であった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


86 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:02:32 ID:e9jJ4vvF0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ;゚)  (Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,J)), ( ヽ/ ) ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《何ともけったいな》、と今日まで思って来たが、なるほどこれがそうかもしれぬ。
そう感心して指先をじっと見ていると、未だ震えている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

87 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:03:12 ID:e9jJ4vvF0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリリリ()  (Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,ノ  ( ヽ/ ) ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
どうしたものかと俺が半歩寄ると、
それを合図としたかのように、女はババッとその手を動かす。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


88 :〜第二話 終わり〜:2010/03/04(木) 01:04:11 ID:e9jJ4vvF0


曲芸のような速さで寿司を掴み、醤油皿に叩きつけ、破壊した。
先ほど磨かれたばかりの木目のカウンターには大小の醤油の斑点が散乱しており、
その中心に位置する醤油皿には飯の粒が幾つも浮かび、シャリから放り出された甘エビは座礁していた。



89 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 01:19:59 ID:N3WCOjNT0
ふいんき好きだ

90 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 15:26:32 ID:jWJQeQyh0
ロボじゃねーのこの女w

91 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 16:18:43 ID:q6PsaLfS0
続ききたこれ

92 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/04(木) 16:21:28 ID:RAnN5XRV0
読んでるうちに引き込まれて気づいたら終わってた
これほど続きが気になる話も中々ない

93 :〜第三話〜:2010/03/09(火) 18:24:10 ID:u7G/yY6Y0


    ∧∧
   ルリ "-"ル
    (つ⊂)
    ノ   )
    ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女は手にひっついた寿司粒を取ろうと、悪戦苦闘していた。
図らずも指先でこねられ、糊状と化している。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


94 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:24:52 ID:u7G/yY6Y0

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリリリル  (゚,,  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,ノ  (    ) ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
兄の後を追い夭折した甘エビ弟を布巾で包みながら、俺はその様子をさっと覗き込む。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


95 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:25:33 ID:u7G/yY6Y0

それがいけなかった。


96 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:26:15 ID:u7G/yY6Y0

                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚o)  (゚,,  )
                (   J   (    )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J


                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚o)  (,,  ;)
                (   J   (    )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J


                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚-)  (,,  ;)
                (   J   (    )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
犬のクシャミのような間隙に俺と女の目はかちりと合い、俺は思わず顔を逸らしたが、女はそれを逸らさない。
カウンターを拭く俺には、謝罪と救いと脅しを込めたかのような眼差しが一心に注がれていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

97 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:26:56 ID:u7G/yY6Y0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
微妙な後ろめたさを覚え、寿司の作り手としての惰性の自信まで揺らぎ始めた俺は、
こう聞かざるを得ない。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリリ゚-)  (Д゚;)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,ノ  ( ヽ/ ) ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J


                  ____∧______________
                /
               │  何か、甘エビに問題でもあったのですか?
                \
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


98 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:27:37 ID:u7G/yY6Y0

                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚-)  (Д゚;)
                (   J   (    )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 《待ってました》とばかりに女の瞳に光が灯る。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

99 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:28:18 ID:u7G/yY6Y0
  人人人人人人人人人人人人
  ) 甘エビダメなんですっ!
  Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y
                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚0)  (Д゚;)
                (   J   ( ヽ/ )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J

                  ____∧_______
                /
               │  はぁ、それはまたどうして?
                \
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


100 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:29:01 ID:u7G/yY6Y0

   ________________________
 /
│エビのカラってあるでしょう!
│ 私、あれを卵のカラのようなものだと思ってた。
│  ぱかっと割ると、中身を食べれる。それが普通よね。でも、違うの!
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚0)  (Д゚;)
                (   J   ( ヽ/ )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J
                  ____∧___
                /
               │      はぁ
                \
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


101 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:30:04 ID:u7G/yY6Y0

   ________________________
 /
│コウカクルイ、甲殻類の殻のカラ、
│ 昆虫の身体を包む殻と同じカラなの
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚0)  (Д-;)
                (   J   ( ヽ/ )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 懸命なのは良いのだが、聞こえて来るのはまるでオトギ話の呪文だ。カラカラ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

102 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:30:44 ID:u7G/yY6Y0
   ________________________
 /
│私たちで言えば骨と皮膚のところ。
│ そこを手ではいで美味しそうに食べてる。
│  みかんの皮みたいにむいて、むしゃむしゃ食べてる。
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ∧∧
                 ル ゚0゚ル
                 と  yつ
                 ノ   )
                 ~UJ"


103 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:31:55 ID:u7G/yY6Y0

   ________________________
 /
│私、カニが大好きだった。
│ お母さんに頼まれて、身をほじくるのも大好きだった。
 \      何も知らないまま。でも、もうダメ。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧∧
                 ル ゚〜ル
                 と  と)
                 ノ   )
                 ~UJ"

   ___________∧_____________
 /
│皮膚を割って、骨をすぽんと抜き取って、口にするなんて信じられない。
│ カニを食べる時みんな暗くなるのは、だからなのかしら。本当は気付いてるのにみんな自分を騙してる。
│  それでもカニならまだマシだわ。
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


104 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:32:41 ID:u7G/yY6Y0


   ________________________
 /
│でも、甘エビはダメ。全身まるごとだもの。
│ 想像してみて。牛でも、豚でも、人間でもいい。ああして食べられてしまうと思ったら。
│  まして火も何も通さない生身の甘エビなんて
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧∧
                 ル ゚0゚ル
                 (つ と)
                 ノ   )
                 ~UJ"

105 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:33:22 ID:u7G/yY6Y0


                ∧∧   ‖ ̄‖
                ルリリ゚0)  (Д゚,,)
                (   J   ( ヽ/ )
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~ J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女はたらたらと、水を得た魚のように説き続ける。
俺は不謹慎にも責任の所在が自分には無いことに安堵を覚え、
勝手に加熱する他人の話への興味もどうでもよくなっていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


106 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:34:06 ID:u7G/yY6Y0


       _______________
     /
    │  そうですか。ところで
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ゚-)  (゚Д゚,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
語尾に嫌味を加え、訊ねる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

107 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:35:27 ID:u7G/yY6Y0

       _______________
     /
    │  その甘エビ、どうしましょう?
     \       もう一カン、頼みます?
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ ゚-)  (Д゚,, )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そう、彼らはもう居ないのだ。女の手によって、既に兄弟ともども葬られていたのだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


108 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:36:11 ID:u7G/yY6Y0

      人人人人人人人人人人
      )    やっ!
      Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ;゚0)  (Д゚,, )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
と悲鳴をあげ、女は押し黙った。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


109 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:36:52 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ;゚-)  (Д゚,, )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ころころと忙しい人だ。
《エビの殻が駄目なら、貝の殻なぞどうなのだ》と反撃したい気持ちを抑え、
俺は接客業に専念する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

110 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:37:34 ID:u7G/yY6Y0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    ( ヽ/ )
    │  │
     U ~ J 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ここに居るのはカウンセラーではない。
ましてや漫画の主人公でもない。
埼玉のうだつの上がらない半人前の立ち食い寿司職人なのだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


111 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:38:14 ID:u7G/yY6Y0

       _______________
     /
    │  とりあえず、サーモンなら大丈夫でしょう? 
    │   ちゃんとした魚の切り身ですし。ずっと立ち話するのもしんどいでしょう。
     \    今日はお寿司を楽しみましょう
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)
,/      (ミ ヽ/ミ).
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ‖ ̄‖ ̄ ̄ ̄
                ルリ;゚-)  (Д゚,, )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   y,) ̄ ( ヽ/ J ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \  l l l
               ~ UJ~   U~J


112 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:38:57 ID:u7G/yY6Y0






113 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:39:39 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~


114 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:40:26 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
静寂が続いていた。
ツケ場に戻り正面から覗くと、女のうつむきの傾斜角は一回り増している。
鮭とただ対峙している。
何がいけなかったのか、ある程度の見当は付く。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


115 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:41:07 ID:u7G/yY6Y0


    _____________
   /
  │ もしかしたら、サーモンも、駄目?
   \
     ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        _____________
       /
      │ はっ、はい! ダメなんです
      │  あのシャケのピンク色がダメなんです!
       \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


116 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:41:55 ID:u7G/yY6Y0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女はとうとうと語る。
まず魚の肉は白であるべきこと。
マグロやカツオの赤は、牛肉や豚肉の親戚であり血の色であること。味の濃さも似ている。
だがその中間のシャケのピンクはわからない。ぽつんと法規からはみ出ている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 ∧∧
                 ル ゚0゚ル
                 (つ yJ
                 ノ   )
                 ~UJ"


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
怖い。ピンク色の血を流せばさぞかし驚くだろうに、ピンク色の肉をみんな自然に受け入れている。
血肉にしている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

117 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:42:38 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,-Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
うろ覚えだが、大筋はさほど違っていないように思う。
俺は女の切実な訴えを話半分で聞き流し、もう半分も無駄なことに費やしていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


118 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:45:23 ID:u7G/yY6Y0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
確か、鮭を橙に染めるのは、ナニナニ色素によるもので、
それは先ほどの海老や蟹の赤と根底は同じものだったのではないかと、記憶の底を彷徨っていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,-Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
しかし、どうにもあやふやなカタカナの名称を思い出しきれず、
思い出したところで何になろうかと思い返した。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

119 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:46:04 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
どうも俺は如何にも寿司屋らしい薀蓄が苦手で、
妙に覚えているのは寿司占いや寿司言葉といった全く役に立たないものばかりだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

120 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:46:45 ID:u7G/yY6Y0

    __________
   /
 │やあ、お客さん。誕生日は?
  \
     ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ____________
    ‖ ̄‖      /
    (,,^Д^)   <  おや、占いによるとお客さんの寿司キャラはイカみたいだよ。
    ( ヽ/ )      \
    │  │        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     U ~ J

      ∧_____________
     /
   │ああ、思ったとおりだ。
   │ イカの特徴はね、柔らかそうで、芯が通っている。お客さん、そっくりだ
    \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
使えない。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


121 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:47:27 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺が寿司屋から立ち食い寿司屋に転向した本当の理由は、
こうした接客サービスの下手さゆえの煩わしさの方にあったのかもしれない。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


122 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:48:09 ID:u7G/yY6Y0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (゚Д゚;)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして《粋よく、手早く、元気よく》がモットーのこの店に求められるそれとも、
現在の状況は大きくかけ離れていた。
親方は黙々と烏賊を切りつけているが、きっと怒っている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


123 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:48:50 ID:u7G/yY6Y0

         ________________
        /
      │私、思いもかけずシャケを勧められた時、思ったの。
       \これって神様が与えた試練なんじゃないか。運命なんじゃないかって
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル  ‖ ̄‖
        (   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
悲劇のヒロインに成りきった女はそう言い終えると、何処か満足げだ。
ついでだ。この一人舞台の幕も降ろしてもらおう。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


124 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 18:49:31 ID:u7G/yY6Y0

         ________________
        /
      │それは災難でしたね。では、どうでしょう?
      │ 回転寿司屋にでも行ってみては……。
       \ あそこなら、お客さんの好きなタイミングで好きなネタを取れますし。腰も落ち着けますし
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《勘定を催促されなくて済みますし》は心の中にしまっておく。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


125 :〜第三話 終わり〜:2010/03/09(火) 18:50:22 ID:u7G/yY6Y0


         ________________
        /
      │ごめんなさい。
       \ 実は私、回転ズシにも行ったことあるんです。でも……
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第二幕が始まった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


126 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 20:49:52 ID:41ZDFkGu0
とってもふしぎちゃんなのね!

127 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/09(火) 22:10:41 ID:Hs247/FR0
待ってました

128 :〜第四話〜:2010/03/23(火) 23:47:55 ID:UV2EA9jl0

         __________________________________
        /                                                  \
      │ 私、近所に大きな回転ズシがオープンした時も、行ってみたんです。           │
      │  塵一つ無いピカピカのガラスに囲まれているあそこなら、食べれそうな気がして。  │
       \                                                   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     /                                  //      ./メメメメ//
  /      γ──∧∧回るぞゴルァ──ヽ          //  /|  ./メメメメ//
 [二二二 i×⌒(・> (,,゚Д゚) ギコ寿司 <・)⌒×i 二二二二]/   |/ /メメメメ//
  |!─────────────────────── !|:  /|  ./メメメメ//
  |!                                  !|  |/ /メメメメ//
  |!  ┌───┐   ┌───┐              ┌─┐ !|    /メメメメ//
  |!  │ //   │   │ //   │    _____ │  │ !|  /メメメメ//
  |!  └───┘   └───┘    .|    i    |. └─┘..!| /メメメメ//
  |!xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx|    i    |xxxxxxxxx!|メメメメ//
  |!xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx|   []   .|xxxxxxxxx!|メメ//
  |!xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx|    i    |xxxxxxxxx!|//
 [二二二二二二二二二二二二二二二:|__i__|二二二二]/
                       /::::::::::::::::::::::::::::/
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         __________________________________
        /                                                  \
      │    もちろん、時間もネタも自由に選べることもあったのですけど……。         │
       \                                                   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


129 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:49:15 ID:UV2EA9jl0

     __________________________________
   /                                                  \
  │ それで、行ってみて回転しているオスシを見た時、                      │
  │  私はそれに目を回して、めまいまで起こしてしまいました。                  │
   \                                                   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________________
  ___________________),ヽ,
  __________________ノ ノ|
    /|    /   /|    /   /|    /   __/ノ
   ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|__/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「~「「
                                  |.!.| |
  ________________|.!.| |,_
  ________________|__|/_):,,,`ヽ,
  ノ_ノ∧_∧ノ_ノ_ ∧ ∧_ノ_ノ_∧ ∧_ノ_ ノ_ノ_ )ヽノ ノ|
  ̄ (      ) ̄ (    )  ̄ ルリリル ̄ ̄ ̄   /,,!
   ̄ /     つ. ̄/   つ ̄ (   ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
   ̄( ○  ) ヽ(    )  ̄ ̄ノ   \  ̄| ̄| ̄
    ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄)   |  |
     ̄TT ̄ .  ̄TT ̄ .  ̄TT ̄  .  | ./
  ___.|_|____|_|_____.|_|____..|/
      =!=!=    =!=!=     =!=!=

130 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:49:57 ID:UV2EA9jl0

         ________________
        /
      │笑わないでくださいね。
       \ 本当に真剣なんですから
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (    )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当時の女友達は笑ったのだろうか。
俺は笑えない。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


131 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:50:37 ID:UV2EA9jl0
___________________
  ___________________),ヽ,
  __________________ノ ノ|
    /|    /   /|    /   /|    /   __/ノ
   ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|__/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「~「「
                                  |.!.| |
  ________________|.!.| |,_
  ________________|__|/_):,,,`ヽ,
  ノ_ノ∧_∧ノ_ノ_ ∧ ∧_ノ_ノ_∧ ∧_ノ_ ノ_ノ_ )ヽノ ノ|
  ̄ (      ) ̄ (    )  ̄ ルリリ゚) ̄ ̄ ̄   /,,!
   ̄ /     つ. ̄/   つ ̄ (   ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
   ̄( ○  ) ヽ(    )  ̄ ̄ノ   \  ̄| ̄| ̄
    ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄)   |  |
     ̄TT ̄ .  ̄TT ̄ .  ̄TT ̄  .  | ./
  ___.|_|____|_|_____.|_|____..|/
      =!=!=    =!=!=     =!=!=

     __________________________________
   /                                                  \
  │ 天井のライトにピカピカ照らされたオスシがプラスチックみたいで。              │
  │  ほら、デパートの上の階のレストランの前のプラスチック。                  │
  │   スパゲティがフォークに絡まって浮かんでいるような。ああ見えたんです。      .│
   \                                                   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

132 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:51:17 ID:UV2EA9jl0



         __________________________
        /
      │ ただ回転しているディスプレイは、もう食べ物じゃないみたいで
       \
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (    )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

     __∧______
   /
  │  はぁ
   \__________


133 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:52:43 ID:UV2EA9jl0

         __________________________
        /
      │  何か食べ物としての境界を越えてしまったようで、怖いんです。
      │   一時間、二時間と眺めているうちに、乾いていって捨てられていくのが怖いんです。
      │    それでも手に取ったんですよ。一番小さな甘エビのお皿
       \
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

     __∧______
   /
  │  はぁ
   \__________


134 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:54:02 ID:UV2EA9jl0


     ______________________________
   /                                             \
  │     はい。それで箸でつついてみたら、固かったんです。             │
  │        なんていうのかしら。そう、カタマリだったんです。            │
   \                                             /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            ____
           (┤┤┤ <)
           (""""""")
             ̄ ̄ ̄

     ______________________________
   /                                             \
  │     エビは乾いていて、ごはんは冷めていて。死後硬直みたいな。      │
   \                                             /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

135 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:54:42 ID:UV2EA9jl0

         __________________________
        /
      │  するとプラスチックだったのは死体にも思えてきて、
      │   回るお皿がカンオケの列みたいに見えたんです。
      │    死体がくるくる回る。同じレールをくるくる。お魚のお葬式みたい
       \
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )

     __∧______
   /
  │  そうですか
   \__________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
共感した振りをする。
きつい酒をしこたま飲めば、そう思えなくも無いかもしれない。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

136 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:55:27 ID:UV2EA9jl0


     __________________________________
   /                                                  \
  │ それに怖いんです。 オスシはみんなの前を回り続けるわけでしょう。            │
  │  知らぬ間に誰かがそれに触れているかもしれない。                      │
  │   どことも知れぬ誰かが、                                 .  │
  │     私なんか全く想像もつかない汚れ方をした他の人の手が、            │
  │       それにそっとツバつけていたのかもしれない              .      │
   \                                                   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ___________________),ヽ,
  __________________ノ ノ|
    /|    /   /|    /   /|    /   __/ノ
   ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|旦旦旦| ̄ ̄|__/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「~「「
                                  |.!.| |
  ________________|.!.| |,_
  ________________|__|/_):,,,`ヽ,
  ノ_ノノ_ノ_ _ノ_ノ_ノノノノノノノノノノ_ノ_ ノ_ノ_ )ヽノ ノ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /,,!
   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄| ̄| ̄
    ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄) ( ̄ ̄ ̄)   |  |
     ̄TT ̄ .  ̄TT ̄ .  ̄TT ̄  .  | ./
  ___.|_|____|_|_____.|_|____..|/
      =!=!=    =!=!=     =!=!=

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女の過敏な妄想は既に冗談の世界に突入してしまったのだろうか。
しかし、ここに至って俺の中にぽかんと浮かんだ懸念があった。恐る恐る話をさえぎり、ぶつけてみる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

137 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:56:08 ID:UV2EA9jl0


         ________________
        /
      │お客さん、もしかしてお寿司自体、お好きじゃない?
       \ 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)    (;゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ルリルリル
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ノ  \
               ~ UJ~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女は真正直に答えた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

138 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:56:49 ID:UV2EA9jl0

         ________________
        /
      │はい、苦手です。
      │ その回転寿司に行った後、もっと苦手になってしまいました
       \ 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
あり余る俺の困惑を見て取ったのか、
女は声の調子を一つ上げ、フォローを入れた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


139 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:57:30 ID:UV2EA9jl0


         ________________
        /
      │大丈夫です。今日こそ克服しますから。
      │ このシャケ、食べますから!
       \ 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ∧ ∧
        ‖ ̄‖  ル゚0゚ リル   ‖ ̄‖
        (;   )   (y  )  (    )
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


140 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:58:11 ID:UV2EA9jl0



    ‖ ̄‖
    (;゚Д゚)
    ( ヽ/ )
    │  │
     U ~ J
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺は絶句した。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


141 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:58:51 ID:UV2EA9jl0



                 ∧∧
                 ル ゚-゚ル
                 (つ yJ
                 ノ   )
                 ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女の口もそれから開く事は無かった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

142 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/23(火) 23:59:34 ID:UV2EA9jl0
                                                 _,,.. -―- ..,,
                           _ ノ⌒ヽ                  /       \
                        f´  '´ .....:.::)  r 、           /            、r'⌒ヽ
                         」 ::......:ー-、く f__ノ              ,'               l `゙ー' r'⌒ヽ
                    / :: ::::::::::.:........)                |                |   ノ:.  j-、
          r'^)          / ..:::.:    ..::イ⌒ヽ              l             ,'  (: :...  : :::ヽ
           (_ '⌒)     (  .: : : ...... . . : ::  : ::`l            、             /   ,.>::イ   | r'j
                   >.: : : :        _;ノ              \           /   / ::::..    ⌒::..、
           z==== 、   /       : : :- ==≦-、__                `゙'' ‐--‐ ''"    | :::: : r―::....   |
           ノjl     ヽ  :| : : :' ̄`ヽ.....;;.--、      ヾ、                   (⌒:: :イ .: .: .: :: :ィ'´
         ,.イ三彡'   ||   : :ノ : : : :⌒: : : :   : : : ⌒ヽ L、/^lヽ ∧__,ィ
          |fヲ主キ:   /        ノ : : .... .        _,.ノl、_j:ミ/ ::__::: l     lヽ
         ヾ乂テ K /                            ||゙ l、ノ_」 ノ^) |>ー| \
          |キf彡ヘ.\                      (^二 ::::::: |-'´ ,' ::::::::   l
7         ノ父jメイ \\ /\                   || 〉 ::::::|  l ヮ:::*:: / ̄ヽ
し-z__     (_土ン´__,\\  ヽ j⌒ヽ            _||./ ::::,ィ:::j._ > -=/ /⌒ヽ|
   ,..イ          ヽ  ,.  .:.\\. \  '^),,... --―― '' " ¨ ̄ (_;:::ノ::゙ー'  r'´ ,ィ ::| l、 ::::::〉 ̄`¨ ゙'' ー- ...,,_
ィ´ ̄              ∨ .:.:::::::::\\ l /             .:.:::::::::::::: :   ヽ_ノ :| ::ヽノ7:二ソ           `゙゙'
          __z= | : :::::::::::::::::\\            .:.:::::::::::::::::: :       / ::::>ノ: |
     _,. - ''"´/7>、 \ ヽ : ::::::::::::,ィ' -、rj⌒ヽ          .:.:.:: ::::: ::::: :: :      | ::::ヽ :::/
_,. - '"´    ///// 〉ーァ、 : ::::::: ://   ヽ,:: : |       .:.: :: :: :: :: :: : :       \_ノ:/
           \///7  /⌒゙==='"´  ∧ : ::: : |       : : :: :: :: : :          `ー'
         /\/_/::::::::::::::: : :  / .ヽ_ノ        : : : : :           .:.:::::: :
           / : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : \                            .:.:::::::::: :
         / : :::: : :  人 __: ::: : : |                       .:.:::::::::::::: :
     / .: .::::f'j:: : /´ ̄: ::::::::::: : : /                       .:.::::::::::::::::: :
    / .: .:::::::::::: : : /| : :::。f>::::: : /                          .:.:::::::::::::::::::: :
     | : : ::::::::::: o / \__ ,./                        .:.::::::::::::::::::::::: :
    | : : :::::::: : : / 0。                             .:.::::: ::::::: ::::::: :: :
     ヽ___/     っ                             : : ::: ::: ::: ::: ::: : :

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そのまま夕刻となった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


143 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:00:13 ID:xqrtIWwX0





144 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:00:54 ID:UV2EA9jl0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (*゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
眠たげな西日が射す中、俺は相も変わらず彼女を目の前にしていた。
ただし、今までに無い憧憬をそこに交えながら。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


145 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:01:35 ID:UV2EA9jl0

    ∧∧
   ル;゚-゚ル
    (  y)
    ノ   )
    ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女はウチの暖簾をくぐった後、叱られた子供のようにそこに立ち尽くし、段々と白くなった。
かろうじて残る夕日の中で、それが喜びで紅く染まらぬものか。
毎日に訪れる客達の一部であった女は、俺にとって最早かけ替えの無い存在となっていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

146 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:02:15 ID:eM3xHpDv0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
会社帰りの親父達で賑やかに為りつつある店内で、俺はゆっくりと声を絞る。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

147 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:02:57 ID:eM3xHpDv0

            _______
           /
         │  お客さん?
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │  は、はい
            \__________

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その返事に、前までの弾みは無い。
空元気も、空回りの果てに尽きたと言った所か。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


148 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:03:38 ID:eM3xHpDv0

            ____________
           /
         │  さすがに、お疲れでしょう
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │ご、ごめんなさい。
           │ こちらこそ、ご迷惑かけてしまって
            \__________


149 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:04:19 ID:eM3xHpDv0

            _____________________
           /
         │  いえいえ、こういうのにも慣れてますから。大丈夫です
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (,,-Д)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │な、慣れですか。わたし
            \__________

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
猶予は余り無い。流して本題を切り出す。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

150 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:04:59 ID:eM3xHpDv0

            _____________________
           /
         │  しかし、ここまで粘るというのも乙なものですよ
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´∀` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │  そ、そうですか
            \__________


151 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:05:39 ID:eM3xHpDv0


    _____________________
   /
  │ よほどこの店がお気にいられたのですね。
  │  これは寿司屋としても職人としても、冥利に尽きることなのかもしれません
   \ 
      ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ____________
           /
         │  はぁ
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧           ∧_∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚;リル  ‖ ̄‖    (・∀・ )
        (   )   (y  )  (    )   (;;;;;;;;;;;;;;)
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


152 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:06:20 ID:eM3xHpDv0


            _____________________
           /
         │ 一カンだけ、サービスして差し上げます。
         │   何でもいいですよ。どれかお好きなネタを
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │  えっ? でも
            \__________


153 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:07:02 ID:eM3xHpDv0

            _____________________
           /
         │ いいのです。こうしたこともウチでは良くあることですから
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´Д` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /
           │  あっ、はい……
            \__________


154 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:07:42 ID:eM3xHpDv0
    _____________________
   /
  │ さっ、どれでもお好きなものを
   \ 
      ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ____________
           /
         │  えっと…… うーん……
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧           ∧_∧
        ‖ ̄‖  ルo゚; リル  ‖ ̄‖    (・∀・ )
        (   )   (y  )  (    )   (;;;;;;;;;;;;;;)
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
数時間を共にして分かった事がある。
彼女は頑固そうに見えて、優柔不断でもあるのだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

155 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 00:08:23 ID:eM3xHpDv0

            _____________________
           /
         │ あっ、お寿司以外でも、なにか好きな食べ物でもいいですよ
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ (´Д` )     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
かと言って、寿司とは全く関係ない料理をそこから連想されても困るのだが。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


156 :〜第四話 終わり〜:2010/03/24(水) 00:09:11 ID:eM3xHpDv0
            ____________
           /
         │ずっと昔の、遠足のお弁当……
         │ お母さんの握ったおにぎりと、それに厚焼き玉子…… 
          \  ふわふわで美味しかった
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧           ∧_∧
        ‖ ̄‖  ル゚o゚ リル  ‖ ̄‖    (・∀・ )
        (   )   (y  )  (    )   (;;;;;;;;;;;;;;)
二二二二二. (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
        .│  │         │   │
        ( 人 )         (  人  )


157 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 20:15:01 ID:zDucKHpR0
どうなることやら

158 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 21:00:37 ID:aczR7Ozt0
養殖モノの電波じゃなくてガチの天然モノ電波っぽいなぁw
仕事とはいえ、絡まれても真面目に応対できるってのは凄いと思うww

159 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 22:31:52 ID:CPLipnVQ0
これは酷いwwwギコは優しいな。

160 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/24(水) 22:43:01 ID:fdjE8j820
回るカンオケ・・・魚の葬式・・・
グッときたね

161 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/25(木) 21:40:03 ID:bNv6JjyA0
拡大がいいねえ

162 :〜第五話(最終話)〜:2010/03/26(金) 21:37:41 ID:eMGjiI5c0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    (つと )
    │  │
     U ~ J

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
捻りも何も無いが、俺は玉子焼きを握っていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


163 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:38:27 ID:eMGjiI5c0
 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/と)
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二、三の客を手一杯に相手しながら親方は、横目で睨みを利かせている。
それも暫くの辛抱だ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


164 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:39:09 ID:eMGjiI5c0

     ____
   / l::::::l  /i
   ( ̄l:::::l ̄ ̄)
     ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
最後に一本の海苔でネタとシャリをしかりと結び、寿司は完成した。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

165 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:39:52 ID:eMGjiI5c0


       ___   ___     ____
     /::::::::::::::::::::i /::::::::::::::::::::i    / l::::::l  /i
 ソ ̄ (''''''''''''''''''''')(''''''''''''''''''''') ̄ ̄( ̄l:::::l ̄ ̄)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l     `───'  `───'      ̄ ̄ ̄ ̄          │
 \                                   /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
威勢よくそれを女の前の笹に載せる。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


166 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:40:35 ID:eMGjiI5c0


 ┳┳┳
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"


167 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:41:18 ID:eMGjiI5c0



    ∧∧
   ル;゚-゚ル
    (  yと)
    ノ   )
    ~UJ"

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
彼女は上層の玉子に海苔のかかった部分を、親指と人差し指で恐る恐る摘み、ゆっくりと持ち上げる。
一旦、胸の高さにまで下げ、醤油皿に浸し、口へ運ぼうと再度、持ち上げる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

168 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:41:59 ID:eMGjiI5c0



    ∧∧
   ル;゚-゚ル
    ( ((と)
    ノ   )
    ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
その指先は震えている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


169 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:42:41 ID:eMGjiI5c0


    ∧∧
   ル;゚-゚ル
    ( ((と)))
    ノ   )
    ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
高さに比例するかのように徐々にぶれは大きくなり、手全体の震えとなる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


170 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:43:21 ID:eMGjiI5c0

それに、細い海苔の帯は耐え切れない。


171 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:44:02 ID:eMGjiI5c0

音も無く千切れ、シャリはネタから自由になって落下する。
女の手には玉子焼きのみが残った。シャリはカウンター上に潰れている。


172 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:44:43 ID:eMGjiI5c0



 ┳┳┳     チッ
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖
 |__ ( ´Д`)     (;゚Д゚)
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「チッ」と親方の舌打ちが聞こえた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

173 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:45:27 ID:eMGjiI5c0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それを打ち消すかのように
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        人人人人人人人人人人人人
       て    らっしゃーい!
        Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y
 ┳┳┳     
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖て
 |__ ( ´Д`)     (;゚Д゚) て
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
と取り分け野太い声がする。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


174 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:46:47 ID:eMGjiI5c0
 ┳┳┳     
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (;゚Д゚)   (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   ( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
後ろには、吉さんがいた。
黙ってここまで待ってくれていたのだろう。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


175 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:47:28 ID:eMGjiI5c0
 ┳┳┳     
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (;-Д)   (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   ( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺は自分の役目が終ったことを察し、諦めを浮かべた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

176 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:48:10 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル ;o;ル
                 (つ yJ
                 ノ   )
                 ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それを見てとったのか、女は涙を流した。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



177 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:48:52 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル。;o;ル
                 (つ yJ。
                 ノ   )
                 ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
大粒の涙だった。
まぶたで抑えようと耐えながら、堪え切れずに零れ落ちた大きさだった。
それが蛍光灯の光に白く透き通っていた。
西日は沈み終わっていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

178 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:49:33 ID:eMGjiI5c0
_|三三三三|  ☆ ==    ==    ==    ==    == ☆  ==     ==    ==    ==
  |三三三三| ==     ==     ==      == Σ\ ==     ==  / ̄|     ==    ==
  |三三三三|     =★      ==     == 「 ̄  \  ==   /     |  ==    ==   ☆=
      |   ==    ==    ==  ★  =|     ヽ__∠      |    ☆==    ==
       ┤     ==     ==     ==   ゙.     ̄     ̄     ′ ==     ==    ==
    _」    ==     ==     ==     == ∨  __ 二二      ∨=     ==  r‐z ==
\Т ̄  ==    ==    ==    ==     |  h  )   ,__ _ト、  ==  ★/`ヽ.h   ==
三\       ★        | ̄ ̄ ̄ll       /7T「 ̄ ̄Т ̄Т ̄ ̄「 | >-―r<.     Ч
三三\   ______|___lL.     メ/ / L:::::::// ̄| \:::::::」/         丶 |
三三三\  |::::┌┐:::::::::::┌┐┌┐::::::l    /  λ、_.  /__」  _,.ィ、 _      __, ∨
三三三 /  :|::::└┘:::::::::::└┘└┘::::::|  ,{   {:::::ヽ ̄冖―冖 ̄/:::::::\フ`ヽ   〃 ̄ヽ |
三三ll /   |::::┌┐┌┐:::::::::::┌┐::::::|  ∧__ / :::△  ∨  △:::::::::::::\ 、     * /
三三l /    |::::└┘└┘:::::::::::└┘::::::| /:::::::::::7:::::::::::::\ l「 /::::::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ,,+++f
三三〃    |:::::::::::::::┌┐┌┐┌┐::::::|./:::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽУ:::::::::∧∧:::::::::::ヘ¨   ̄ミ    ミ
三ll/     |:::::::::::::::└┘└┘└┘:::: /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::l||::::::::::l ̄ ̄「:rrri:::ヘ  r‐ ミ   ミ`ヽ
三〃      |::::┌r―-、::::┌┐:::, -―/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::/// {:::::ヘ   彡彡''  |
l /        |::::└| ,  ' ´ ̄ ̄` 丶.|:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|o::::::::::::::::::::l{  λ:::::〉 彡/     /
/    _____.∨         ヾ、_::::::/!:::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::ハ    \ミ/    /
    l::::口::::口::/|  _   _ u |\ ̄ |三:::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::{ \   ⌒     //
    |::::口::::[/三:\´  r―┐ `/::::::\ |三三::::::::::::::::::::|o:::::::::::::::::::::\ \     /ミ  ミ
    |::::口::::[|三:::::::::::::: ̄ТТ ̄_::::::::::::::::l |三三::::::::::::::::::;:||::::::::::::::::::] 、).リノ\_/  /ミ  ミ
    |:::::::::::::[:|三:::::::|:::::::::::::|ll|:::::: ̄::|::::::::::|  ;三::::::ハ:::::::::::/::||:::::::::::::/::::::::\\/    , /  ミ ミ
    |::::口:::lニ|三::::::|::::::::::::::ll:::::::::::::::|:::::::::| /::::::::::〃::::::::::':::::|.|:::::::::::'::::::::丶::::Y::|    //〈    ミ彡
==t  |::::口:::口|三:::::|=::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::| /三::_ノ/:::::::::::::::::::|_|::::::::::::::::::::::::::::::l::::|  '   \ 彡′
ll三\ ::::::::::口:|三::::l三:::::::::|:::::::::::::::|:::::::|/三三::::::::::::::::::::::::/ミ\::::::::::::::-::::::::::::::|      ヽ
:|三三\___   |三:::l三:::::::::|:::::::::::::::|::::::/三三三::::::::::_/ ̄ ̄ L__::::::::::::::::」′      }
」三三三三三t、E:::::」三三:::|:::::::::::::::L::んー冖イ ̄ ̄::::::::::::::::;;::::::::::::::::::: ̄Т7´         /
三≧==≦三三ll lЧ、__:::⊥:::__,.|J!     |三:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::|/:.        ' |!
≡7(:◎:)≡≡」  L|三三::::!::::::::::::::L」     .|三三:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/\        '  L
             |三三:::!:::::::::::::|       .|三三三:::::::::|:::::::::::::::::::::::::〈:.   \_  '   ⌒メ
                |三三::!::::::::::::|          |三三三三::|::::::::::::::::::::::::::::i:、:.    rТ\__, }


179 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:50:14 ID:eMGjiI5c0





180 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:50:55 ID:eMGjiI5c0


      人人人人人人人人人人人人
    て   お願いします! 
     て    あと一カンだけ、お願いします
      Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y

    ________
   /
 │  けっ
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (゚Д゚,,)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).  と ヽ/ つ   .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺が今までに無い調子で申し出たからなのだろうか。
親方の《けっ》にも、何か聞きなれない響きがあった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

181 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:51:37 ID:eMGjiI5c0
              グッ
 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
それは困惑なのかもしれず、或いは諦めなのかもしれない。
とにかく俺はそれに甘えて、寿司を一カン握ることにした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

182 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:52:17 ID:eMGjiI5c0
               ∧ ∧           ∧_∧
  ‖ ̄‖  ‖ ̄‖  ル"-";リル ‖ ̄‖    (´<_` )
  (    ) .(   )   (y  )  (    )   (:::::::::::::)
二(    ) (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
  │   │ │  │         │   │
  ( 人 ) ( 人 )         (  人  )

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そして鼻をすすりながらも、手を拭おうとオシボリをこすり続ける彼女に、
俺は最後の質問をした。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

183 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:52:59 ID:eMGjiI5c0


            _____________________
           /                ・ ・ ・ ・ ・
         │ おにぎりが好きって…… お母さんの、おにぎりが?
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
             __∧______
            /      ・ ・ ・ ・ ・
           │ はい、おかあさんの、おにぎり
            \__________

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺が《お母さんの》に声量を強めて聞くと、
彼女もまたそれに呼応した。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

184 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:53:44 ID:eMGjiI5c0

            _____________________
           / 
         │ わたし、ダメなんです。他の人が、握っているおにぎりは、わたし
          \ 
             ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ∧ ∧           ∧_∧
  ‖ ̄‖  ‖ ̄‖  ル"o";リル ‖ ̄‖    (´<_` )
  (    ) .(   )   (y  )  (    )   (:::::::::::::)
二(    ) (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
  │   │ │  │         │   │
  ( 人 ) ( 人 )         (  人  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
言い終えぬうちに罰を悪そうに顔を背けた。
これは流石に馬鹿だって、おにぎりから寿司へと容易に変換できる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


185 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:54:25 ID:eMGjiI5c0


そして俺は馬鹿だった。
彼女が手袋をして来た意味。大袈裟な妄想の意味。寿司を嫌った意味。
全て右耳から左耳へとすっぽかして、今ようやく気が付いた。



186 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:55:06 ID:eMGjiI5c0

彼女は、自らが他の人に接することを恐れている。
他の人の痕跡を口にできず、それ所か触れることにすら指先を震えさせるのだ。


 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"

その程度も、それが如何ほどの不幸せなのかも、俺には分からない。
だが寿司を食べられない、とは不幸だとは俺にも分かる。

187 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:55:47 ID:eMGjiI5c0

この床に彼女を数時間も立たせ続けた何か。
彼女の周囲を苦しめ、恐らくは彼女自身をより苦しめたであろう何か。

                 ∧∧
                 ル ; o ル
                 (つ yJ
                 ノ   )
                 ~UJ"

それが、俺にもおぼろげながら掠めた気がしたのだった。


188 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:56:30 ID:eMGjiI5c0


 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )   .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺はやはりお芝居病やら誇大妄想癖やらに感染してしまっているのだろうか。
少なくとも全くペースを狂わされているのは確かだ。しかし、それでもいい。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


189 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:57:50 ID:eMGjiI5c0


 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J))  .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺は伏した彼女の顔に、こっちを見ろ、と手招きした。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


190 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:58:32 ID:eMGjiI5c0

       ____________
      /
    │  イクラにしましょう。イクラ
     \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖   ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"


191 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:59:14 ID:eMGjiI5c0


       ___   ___  
     /::::::::::::::::::::i /::::::::::::::::::::i
 ソ ̄ (''''''''''''''''''''')(''''''''''''''''''''')  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l     `───'  `───'                    l
 \                                   /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 泣き腫れた彼女の眼は、イクラの親である乾いたサーモンの方へと向かう。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


192 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 21:59:56 ID:eMGjiI5c0


       ____________
      /
    │そんなに悪いもんじゃないよ。イクラは。
    │ この卵には殻は付いているし、色は醤油の赤。
     \ ちゃんと下味をつけているから醤油皿に浸さなくてもいい
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖    ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     ( ゚Д゚ )    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"



193 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:00:38 ID:eMGjiI5c0

  ___________
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
海苔を一枚取り出す。海の焼けた匂いがする。
海苔は一カン用にと、あらかじめ縦に長く三等分されている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


194 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:01:19 ID:eMGjiI5c0


       ___________________
      /
    │ほら、それに海苔で守られているから、
    │ 手にシャリがついて、べたつくなんてことはない。
     │  それに丈夫だから箸で思いきり掴んでも、沈まない。
     \  軍艦巻きっていうだろう
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖    ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     ( -Д )    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ )    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"

195 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:02:03 ID:eMGjiI5c0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    ( つと)
    │  │
     U ~ J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
シャリを左手で心持ち少なめに掬い上げ、ゆっくりと海苔を巻きつける。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


196 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:03:25 ID:eMGjiI5c0

    ‖ ̄‖
    (,,゚Д゚)
    (つ■と)
    │  │
     U ~ J


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そこに、一枚のキュウリと小さじ一杯分のイクラを乗せる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


197 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:04:07 ID:eMGjiI5c0



    ‖ ̄‖
    (,, Д )
    ( ヽ■J
    │  │
     U ~ J
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
やはり、今日の俺はどこからどう見ても恥ずかしく、滑稽だ。
とことんまで滑稽だ。
滑稽に滑稽で、滑稽だ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


198 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:04:48 ID:eMGjiI5c0


  ○○○○二⊃
  i:::::::::::::::::::::::::::::i
  i::::::::::::::::::::::::::::i
   ` ────"

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
小さな黒の中で寄り添い合う赤の粒々は蛍光灯に照らされて、眩しい。
宝石のようだ。
イクラの軍艦巻きだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

199 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:05:32 ID:eMGjiI5c0


 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖    ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
俺はそれを彼女の前へと置く時、野暮ったくも、こう付け足したのだった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


200 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:06:52 ID:eMGjiI5c0


       ___________________
      /
    │知ってます? 花言葉があるように、寿司言葉ってあるんですよ。
    │ 一つ一つの花が言葉を持つように、ネタにもそれ専用の言葉があったりするんです。
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖    ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"


201 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:07:34 ID:eMGjiI5c0


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  │ さっきまでお客さんがじぃっと睨んでいた鮭の寿司言葉は、冒険。 ..│
  │  ろくに準備もしないで冒険すれば、そりゃ誰だって転びますよ。  │
  │    むしろ転んだ分だけ少し前進って考えればいいじゃないですか。│
   \___________________________/


                    ____
                   /::::::::::::::::::::::i
                   (''''''''''''''''''''')
                    `───'

202 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:08:15 ID:eMGjiI5c0

       ___________________
      /
    │   で、ですね。このイクラの寿司言葉って、何だと思います?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ┻┻┻ .‖ ̄‖      ‖ ̄‖    ‖ ̄‖ 
 |__ ( ´Д`)     (,,゚Д゚)    (´皿` )
,/      (ミ ヽ/ミ).   ( ヽ/ J    .( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (    )      ルリルリル
 ̄ ̄ (:::::::::::::::) . ̄ ̄ ̄ (   ,) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    │ │ │      ノ   )
    (_人_)      ~UJ"


203 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:08:58 ID:eMGjiI5c0


        ________________
      /                         \
    │  新しい日。新しい日っていうんです    │
     \                         /
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


204 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:09:39 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル ゚-゚ル
                 (つ■))
                 ノ   )
                 ~UJ"


205 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:10:21 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル ゚o゚ル
                 (つ■)))
                 ノ   )
                 ~UJ"


206 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:11:03 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル ゚0゚ル
                 (つ y)
                 ノ   )
                 ~UJ"

207 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:11:44 ID:eMGjiI5c0

                 ∧∧
                 ル - ル
                 (   y)
                 ノ   )
                 ~UJ"


208 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:12:26 ID:eMGjiI5c0


                 ∧∧
                 ル oル
                 (   y)
                 ノ   )
                 ~UJ"


209 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:13:07 ID:eMGjiI5c0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
女は寿司を摘み、口に運び、涙を流しながら、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ____________
      /
    │        美味しい
     \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄
               ∧ ∧           ∧_∧
  ‖ ̄‖  ‖ ̄‖  ル゚o゚*ル   ‖ ̄‖    (´<_` )
  (    ) .(*  )    (y  )  (    )   (:::::::::::::)
二(    ) (   )二二二二二  (    ) 二二二二二二
  │   │ │  │         │   │
  ( 人 ) ( 人 )         (  人  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    と笑った。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


210 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/26(金) 22:13:50 ID:eMGjiI5c0

                 ∧∧
                 ル*゚o゚ル
                 (  y)j
                 ノ   )
                 ~UJ"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
蛍光灯の下で柔らかく染まったその頬は、綺麗だった。
馬鹿みたいに綺麗だった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

211 :〜立ち食い寿司職人 終わり〜:2010/03/26(金) 22:16:17 ID:eMGjiI5c0

 ┳┳┳
 ┻┻┻ ..‖ ̄‖     ‖ ̄‖
 |__ ( ´∀`)   ( ´皿`)
,/      (ミ ヽ/ミ).  ( ヽ/  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧       ∧∧     
 ̄ ̄ ̄  (    ) ̄ ̄ ̄  (   ) ̄ ̄
                ‖ ̄‖
           三    (,, ゚Д)
            三 と ヽ/旦
             三⊂,,  i
                 `J

エンディング ソング

Tactics Ogre: Let Us Cling Together から
- Passing Moment(明るい週末)
  ttp://www.youtube.com/watch?v=GflUQpBxlFc



212 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/27(土) 00:02:46 ID:rjL140fI0

面白かった

213 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/27(土) 18:25:41 ID:8iBbg9ih0
乙!
寿司くえてよかったなあ

214 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/28(日) 13:29:20 ID:jF3hVi7X0
いいね、すし屋の続編希望!


215 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/03/29(月) 06:45:39 ID:U4qDFFsB0
ギコwwwwwアガリwwwwwwwwwwww

216 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/01(木) 01:27:21 ID:kSzBHtHe0
テンポから描写まで憎い演出だぜ。
良い物を読ませてもらった。ありがたや。

217 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/01(木) 09:26:32 ID:KNfWOGo50
前から応援してる!
あなたの作品はとても面白い。

218 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/07/21(水) 17:27:26 ID:x+eOpsBz0
素晴らしい読了感
作者さんありがとう

151 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)