5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シラネーヨの悲劇!

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/02/07 20:36 ID:UC3/yRLY
彼の口癖による悲劇を描いてください。
あまりにもあんまりなものははらないでねw
 ∧ ∧     ┌─────────────
  ( ´ー`)   < シラネーヨ
   \ <     └───/|────────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪



387 :1/41:2008/12/25(木) 17:14:09 ID:JL0HtQV10




                          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        | やぁ、博士。               |
                        |朝から発明家業とは勢がでますな。 |
                         \__ ____________/
                                ∨
           カチャ
               カチャ          _
          _    _              _f::::::::::゙L
         _(::):)_f::::::::::::゙L          (゚Д゚ )
      ()三l_='_)「八` )             f::\::::::::)
        ゞllノOとf:::_::::::)          ノ::jl::::_::ゝ
        /||\,::::(::::::::l、)         (_ノ、_)

          __∧________
        /                 \
       | おやおや。               |
       |その声はコルトの旦那かい?  |
          \____________/








388 :2/41:2008/12/25(木) 17:14:40 ID:JL0HtQV10




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               | ほぉ、これはこれは。            |
               |今欧州で話題のシネマトグラフとか  |
               |言うものですかね?           |
                  \_____  ________/
                         ∨

             _            _
          _f::::::::::::゙L     _     _f::::::::::゙L
           ( ´八`)     _(::):)_  (゚Д゚ )
         (:::::::::\:::゙! ()三l_='_)「  fヾf:::`ヽ
           ノ::_::::jl::::ゝ   ゞllノ     し:し::::<
         (__)_)    /||\    (_(_ノ

              ∧
      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | いんや。                   |
    |私の昔からの発明品の改良型だよ。|
    |お前さんにも関係のある。   __∧_______________
      \___________/ ガ ト リ ン グ ・ ガ ン            \
                      | 手回し式連続発射火器ですか。         |
                      |                              |
                      |こりゃまた随分と小ざっぱりになったものだ。 |
              ∧            \__________________/
       / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | 小ざっぱりしないと困る。|
       \_________/



389 :3/41:2008/12/25(木) 17:15:23 ID:JL0HtQV10





           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          | 世界平和のためにも、               |
          |歩兵一人一人が自動火器を持てるように  |
          |せにゃいかんからな。                 |
            \______  __________/
                      ∨
                      _
                   _f::::::::::::゙L
                    ( ´八`)
                  (:::::::::\:::゙!
                    ノ::_::::jl::::ゝ
                      (__)_)






390 :4/41:2008/12/25(木) 17:15:53 ID:JL0HtQV10








            第五回紅白AA合戦参加作品


                  「無邪気」









391 :5/41:2008/12/25(木) 17:16:25 ID:JL0HtQV10




         i
        、 /
      ‐=  , =-                    ,.
         l ヽ   ヽ、/\/\/\/ヽ/ヽ/ヽ/(_
         li     _)!               (´
         |l     \  エランヴィタール!   /
         ||      < (必勝の信念を!)   \
         r||_)      〉               て
        f'ミn     //ヽ/| /\/\/\/\/\(
        'r_t'    '"    i/
       「 ::l    _
       |/_::|  「:.::t:_:L
         ',`::::ヽ、(,, Д )
        \ .:::`ヽハー,-、、
          `! .:::::::.i:/'..:.:;:`ヽ
          | ::::::/'.:.:..:.ト、.::.\
          | :::/'.l..:.:.:.| \.:..:>、
         f'_ヾ:ニニニニ{   `"(_,〉
          L |l:::::::l|::::::::|
          |_ :::::_:::||::_::_j
           | :::::;;;i;;;:::::|
            | :::::;;l;;;:::::::|


392 :6/41:2008/12/25(木) 17:16:55 ID:JL0HtQV10



       __   __
  ヽ、/\/  /  /  /\/\/\/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/(_
 _)!  /  /__/  /                        (´
 \  /        /                    __ /       ,.、-─
   >/   __    /_ _     _         _   |   / >     ,.、-'====
 /' /  /  /  // // / _   /γコγ⌒γ> / /_  | /  \   /
 \/__/  /__/ l ー'ノ /γコ/_/  l O ( /γt ゙l |_/   /  /
   >           ̄  /_/´     `ー^ ' /_/ /_/     (    f:.
 /                               (_,)  て  |::.
 //ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/\/\/\/\/\/\/\/\(   ,i::::.
                            _,、_         '‐-=t=====,===
                         ,、  f'_ _ .::゙i           _ |       /:
                         f'___゙i(Д ; )r_t.r_trニtニt,.,f'二|        /:'
                      、(∀ #) f'::::`::::::~"::.、 :(ロ.#) )::.(- |_   ij /:/ .
                    _____/:.:_`;.:.:|::::.::l..:.:.:.::.:.:.ヽ::'::.:ヽ::_`:::f.:::::ヽ/`ヽ /:ノ .:::
               <二二`=‐(⌒`r‐--'`:::/:.:..::::.:.:...:.',.:.ノ.::',:::`:::i.:.:_.ノ::` - '‐t.:,.、、-‐ ''"
                   ==O "''┴----':::::}ニニニf'二i:}==f_):::ノ===r_t::::::/´::::::::::::::::::/
                         /:::::.::.:.::ヘ ::::ノ.:.:.:.::.:ゞ_ソ:::::::_:ヘ'.::::::::::::::|:/,:、::::-:::::::'".:::
                        f.:::::;;;::::.:::_:::ー----r--‐゙:::::::::.::|.:.ヽ::_::/´::::::::::::::::::::::::::::::
                      ゝ::::::.:/´;;;l:/:::::::::::/;;;;::::.:ヽ::::::.:.:l:::::/:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::


393 :7/41:2008/12/25(木) 17:17:25 ID:JL0HtQV10



 ,、 -──- 、、
f        .:.:.:゙i                          「 ̄`ヽ
!       .:.:.:::|                       | D  |
>‐---------‐<         ,、 -──- 、、     |_f'´ ̄`ヽ
|        |:ノ           f'        .:.:゙l        |  O  |  /\
ヽ   _   /ー--、、、    |      .:.:.::::|        ゝ__,.ノ /, ヘ |
::.:.`::‐  - ‐:':.:.:.:.:.:..<:.ヽ   >:-────-<          < <_,ノ / ,.、- 、
::ゞ:/.:._\::ノ:::::.:.:.:.:.:.:.:::`ヘ,.、、-ゞ|       |ノ─- 、、       `‐-‐'"/ , ヘ |
.:.:.:.::|f'´.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.i;;;:...:.::.:. |.:.:.:.:.:∧   rot /.:l.:.:.:.:.:.:ノ\        f' <//
:::::: :|i(_,).:.:.:.:.:.::.:..:..:.:.:.  //´\  ,`、、┴‐┴ 、、.::.:../ヽヽ\    _ `ー '"
::::: ::|l.:.:.:..:.: rtf'_if_iコ(_),(| f!: : `:/"         \": : : fl |.:.:.\ / ,、\
:::: :::|l(_,)::,:(|´|| :|| | lノ´)l |!.: :/' 、         ゙ヽ: : :l| |´:::.:.:〉 \ \>|/´ ̄ヽ
-‐、.|l :,:(_)' ゞ'ゞ'ゞ'_"ノ :| |!: |l  )\   /レ'ヽ_  l|: : :|| |:..ソノ   \ / |  O |
::,f'´`\)'.:.:.:.:ゞ::::::::_ノノ:| |!. |l,.ィ   \/   /  l|: : :|| |" ̄      /`ゝ._,ノ
/  \,ヽ.:r:―-、、: :.: :| |! <      ,. .   '-‐, :l|: : :|| |         / /〉 |, ─ 、
  、`ヾ_')'/´:.:.:..:.:.\ : | |!.::i >   "   ゙   /  l|: : :l| |       〈_゙'_ /| O |
`\ヽ_)::f'.: : : : : : :.:.:l:..:| |<     :     ;  〈  ノ': : :l| |_       |┌‐、ヽ `ー‐ '
二/`')::::〈:.:::. : : : .:.:.:∧:.| | ニ`"ヽ  ,. -    >'ニニニ| |コ ]      || | | /´ ̄`ヽ
/(_)'-,::::〉、:.:;;;;;;:;/〈:::レゞ/三三 \/i  /\(三三三´ノ三!       |└‐' ノ | (_) |
_(_)'__/ |/:´.:.:::.:.;:;:;::;;〈: :/ |三三三三 レヘ( _`三三三| |: :|        ̄ ̄  ゞ.__,ノ

394 :8/41:2008/12/25(木) 17:18:11 ID:JL0HtQV10

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:...:....
.:.:.:.:.:.::.:..:::.:.:......
..:.:........
         Hurrah!
  [D)(O) [D)(O) [D)(O) [D)(O) [D)(O)
    [D)(O) [D)(O) [D)(O) [D)(O)
                        Hurrah!

 γf l ミ       /'
  ゞ リ< Д)  /"    ─‐‐        ___     _,、_
     /::::`ハ.,O'  zip!      ─‐‐          f__゙!
    /::::':..O"ノ                     ,.、、-‐(  Д)
    ゞ.''"=={  ___     ,、 ─‐‐___   r/´f'::::::::::ヽ::/l.::ヘ
    f:::::::_::::j        /:::ヽ        /:::::;::::ヾ:::::\;;:、、'、:_:\___
      ゞ:::::::ヽ    .  /;:::::、:::::\、    ノ:::「 ̄ ̄ヽ::/⌒)ニニ(⌒)==´二二>
      ヽ::::::::ヾ、   .:; ´   ヽ::ノ:\‐'/´ヽ::└:.'''':"::ヽ "
       /::::::::/:::\.・ ,、、、   ゝ::::::/::::::::::\;;;;;:::::::::::ヽ
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | 「一丁で小銃百丁に匹敵するような新兵器を開発したらば、 |
   |兵士一人で百人の兵士を肩代わりできるだろう。」       |
     \________________________/






395 :9/41:2008/12/25(木) 17:18:45 ID:JL0HtQV10


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | 米南北戦争の大量殺戮を見て     |
   |ガトリング博士が自動火器の開発を|
   |始めた際の言葉だそうだ。      |
     \__  ___________/
           ∨
,..,..,,..,        ,.,.,.,,,..,.....,,,,.,...,.,.,,...,,
""""""`===='""~"~"~~""""~"~""~"
: : : : : : : :└──┘: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :「:_::::t:_:L: : : : : : 」t:::_:::]: : : :
: : : : : : : : : : : ( -∀・): : : : : : (Д^,,,) : : :
: : : : : : : : : : : (::..f:∞.:): : : : : : :Oと::`ヽ  :
;.,;,;,;;,,;,,;;,;,;,;,,;;,;,;,ノ::fつとゝ,;;,;,;,;,;,;,;,;し〈::_つ,;,;,;
.:.:.::.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:::::.:.::::.:.:.:.:::∧.:.:.:.:.:.:.:
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\
     | この状況で聞くと、別の意味で |
     |含蓄を非常に感じる言葉ですな。|
       \____________/


396 :10/41:2008/12/25(木) 17:19:16 ID:JL0HtQV10


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 大尉殿、本部より伝令犬です。|
\  _____/ ̄ ̄\__/
  ∨       | 読め。|
           \  _/
,..,..,,..,         ∨.,.,,,..,.....,,,,.,...,.,.,,...,,
""""""`===='""~"~"~~""""~"~""~"
,、_: : : : : └──┘: : : : : : : : : : : : : : : : : :
___゙l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
,,´Дミ : : : : : : :」:_::t:_:::] : : : : : : 」t:::_:::]: : :
::::=Yつロ: : : : (・∀・ ): : : : : : (- ^,,,) : :
:_::lノ: : : : : : : : (::..f:∞.:): : : : : : :Oと::`ヽ: ::
:::::),,;,;,,;;,;,;,;,,;;,;,;,ノ::fつとゝ,;;,;,;,;,;,;,;,;し〈::_つ,;,;,;,
.:.:.::.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:::::.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
∧_
   \
はい。 |
__/

397 :11/41:2008/12/25(木) 17:19:46 ID:JL0HtQV10




/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 「予備部隊の躍進は成功ならず。    |
| 別名あるまで現在位置を死守せよ。」|
| とのことです。                   |
\  ______________/
  ∨               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | そんな馬鹿な!                |
                 |この陣地を落とすのに我が部隊の  |
                 |半数が死傷したんだぞ。        |
,..,..,,..,        ,.,.,.,,,..,.....,,,,.,,.\  _____    _______/
""""""`===='""~"~"~~""""∨~""~"  ∠  ∠___________
,、_: : : : : └──┘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /                     \
___゙l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| 予備部隊の増援無しに、        |
,,´Дミ : : : : : : :「:_::::t:_:L: : : : : : :」t:::_:::]:: : : :|ドイツ軍の逆襲を凌げる筈ないだろ。|
::fつコO : : : : : ( -∀-): : : : : : (Д^,;) : : : :.\______________/
:::::l:::| : : : : : : : (::..f:∞.:): : : : : : :Oと::`ヽ: ::
::::::)::):,;;,;,;,;,,;;,;,;,ノ::fつとゝ,;;,;,;,;,;,;,;,;し〈::_つ,;,;,;,
.:.:.::.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::.:.:.:.:.:::::.:.::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:
      / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | やれやれ、これだな。|
      \___  ______,/
  / ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | 現実は兵士一人が操作する自動火器が         |
 |兵士百人を薙ぎ払い、速射砲が地面を耕して埋葬だ。 |
  \_____________________/


398 :12/41:2008/12/25(木) 17:20:17 ID:JL0HtQV10


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | 増えたのは泥の中で死ぬ兵士ばかり...  |
      |もう戦死者二百万人超えたんだっけ?    |
       \______  __________/,,..,
                  ∨ 〈V〉「U][R)(O)[R)(O) = '''"".;::
               i  ,、、 '''"". . : : .;::[R)(O) :[R)(O) .:;.;:;
             \ |    : : : : : : :.::; ;:: : ;. :; .: ;. :; . :; .;: .: :. :
         ,.、、  ̄  ,-、   /`ヽ .:;:.;:;.;;:.:; .;: .;: .;: .: ;: .:;. .:;;
 ''''''' """~          ヽ\/\::::::::::\.;: ;. :; ;: . :;.;: . ;:.: . :; .;:;
     _,、_           > \:::::\::::::::::\.: ;. :; .: ;;: .;: . . :; .,:;;
    f____゙i          /  'ッ、\:::::\:::::::::ヽ:::;.: :. :..::. :.:; ::;. ;:.
    (;´Д`)      /、       \:::::\:/::::.::;.::; .;:.:; . .;:: ;.:;.: ;
  ,.、-'ヽ::ハ!=、      |、 )       \/::::::::.: .;::.;: . :;.;:.:. :.;:;:.;
 /、::`: : : ::/ /::ヽ     ヽ         /::::::::::::.: ;: ;.;: .:. .:; :;:;;. .. :
/:ン :´:f⌒) ̄(⌒ノソ  : : : : : : :`i:::::::''"   ,f、:::::::. ::;.:;.: ;:. :. :. ;: . :;. :;
‘-−`ー' ー┘: |´  . : : : : : : : ,| ,.、-‐ ''"-ヘ::::::::.: ;.: . :;. ;:.: . : .: :;.;.:
   (_/ニf_]ニ{_、 . : : : : : : :;//::. :/´:::::::::::',:::::.:; .: ;.;: . ;:. :. . :. : .:
  f: : : : |l : : : ゙!(. . . ::; . : : :f'ヘ:: .::/:::':::::::::::::::::|::::.:; .:; .: :; .;: .;: . :;.:.;:
  |: : : : :|l: : : : |ノ: ;: : : : :; :;|::::::::`'::::i::::::::::::::::::::|::::: :; . : .;: : :: ;.;:;:. :;.:

399 :13/41:2008/12/25(木) 17:20:54 ID:JL0HtQV10


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | ・・・・・あれは我が軍のか? |
       \___________/

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
.:.::.::.:.::.:.::.:.:.:.:.:::::......
                    γ ̄ l     〈V〉「U][R)(O)[R)(O)[R)(O)[R)(O).....
                   /r ,.、-、
                  / |l/:::::::::/
                 /|l /:::◎:/____ィ=、
            -ェ、ソ´ ̄ ̄/:::::::::/_l,.、、┴/:::ノ!
            / r'◎:: ̄/(_):::/ ┬―/ -<_ノ
            `ー─,┬/(_):::/- ┴ ''"´
               ーレ:::::::/          .:.:.:.::::........
                /_:::/
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      | いえ、蛇の目*がついています |
                      |友軍機ですな。            |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         \____________/
   | 飛行機か・・・。|
    \_____/







  *蛇の目:イギリス空軍機を指す赤、白、青色からなる三重円の
         航空機の国籍マークの呼び名。


400 :14/41:2008/12/25(木) 17:21:28 ID:JL0HtQV10


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |飛行機・・・・・・。|
     \_____/




                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          |航空機・・・・・・。|
                           \_____/



                            ,
          ヽ、/\/\/\/ヽ/ヽ/ヽ/(_
          >                 <
         <    そうだ!飛行機だ!    >
          >                  <
           //ヽ/ヽ/ヽ/\/\/\/\/\(
           '                  `




401 :15/41:2008/12/25(木) 17:21:58 ID:JL0HtQV10



 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 少しは落ち着きたまえ、ミッチェル准将。|
|大声なぞだしおって。             |
 \__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |君の熱意はわかるが、 この調子だと|
     |軍法会議行きだぞ。             |
      \____  _________/
             ∨
                      ( ⌒Y⌒ )
                        ||
            /V\        ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ( ;-−・)     (`(∀゜  #) <  なにを!?             |
       ||||||「]m::=Y:=::fつ     `:Or: : : : )  |軍法会議送りなのは、      |
      [二二l二二二二二二]    <: : : <   |陸海軍の石頭の連中の方だ! !
       |:::::::::l        |     ((__)   \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                      | 奴らの航空機への無理解さは  |
                                      |最早犯罪的だ!               |
                                       \_____________/
1920年代 アメリカ合衆国



402 :16/41:2008/12/25(木) 17:22:31 ID:JL0HtQV10




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | 前大戦での陸軍航空部隊の一指揮官として、 |
     |そして航空理論家として言わせてもらう!   |
      \_______  __________/
                  ∨


                ∧_∧
              O(#゜Д゜ )
               ヽ:::=:Y:=::::G
               ノ:_:::il::_:::ゞ   米国陸軍航空隊
               (_ノ_)    ウィリアム・ミッチェル

        ヽ、/\/\/\/\/ヽ/ヽ/ヽ/ヽ/(_
        >                     <
       <  航空機こそ次の戦争の主役だ!  >
        >                     <
         //ヽ/ヽ/ヽ/\/ヽ/ヽ/\/\/\/\(



403 :17/41:2008/12/25(木) 17:23:16 ID:JL0HtQV10




 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|敵国市街地を戦略爆撃し、我々が悲鳴を上げる前に |
|敵国に悲鳴を上げさせる。                   |
 \____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | 我々は前大戦における作戦において、敵国への空爆が   |
        |それによる物理的損害よりも三倍も大きな心理的影響を  !
        |敵に与えることを確認しました。                 |
        \____  ___________________/
                ∨

                __
              r==、rt,f'
             ( ´≧`)
             (::::-::Y::)
             ノ:::::::::li::」   英国空軍
              (__)_)  サー・ヒュー・トレンチャート


                 ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |これこそが次の戦争を制し、そしてそれを抑止するために最良の手段です。|
  \______________________________/



404 :18/41:2008/12/25(木) 17:23:47 ID:JL0HtQV10


         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | これによって多少は市民への犠牲はでるでしょう。|
        |然れども、これは必要最低限の犠牲です。     |
         \_______  ____________/
                      ∨

                  ___
                  >=f=,--ァ
                  ミ ゚Д゚ ,,ミ
                 とf::=:Y::=:::)
                   ノ:_:ll_:_:_ゝ ドイツ空軍
                   し ^ J   ヴァルター・ヴェーファー

                    ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |前大戦において、泥沼の消耗戦を終わらすのに代償として            |
 |非戦闘員含め2000万人もの屍と4年もの月日が必要でしたが、        |
 |今度の航空機を主力とした戦争は数日間とと数万人の犠牲で済むでしょう。|
  \______________________________/


405 :19/41:2008/12/25(木) 17:24:19 ID:JL0HtQV10

 1939.9.1 ドイツ軍 ポーランド侵攻、第二次世界大戦勃発。
 1940.9.7 ドイツ空軍 ロンドンに対する組織的戦略爆撃開始
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:..:..:.:::.:.. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::、 . : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: . . :..:::/ ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::\  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ / ::::::::::::::::ウ〜::::::::::::::::
:::::::::::::::ウ〜::::::::::::::\ ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ':\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/':::::::::::\::::::::::::r──┐:::::::
─┐::::::::::::::::::::::::::::::_」 ̄ ̄ ̄'───┐::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::r──┐_」:::::::::: └──
:::::└──ェ_「:: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: └──┐:::::::::「:::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

406 :20/41:2008/12/25(木) 17:24:50 ID:JL0HtQV10



 1942.5.30      英国空軍 ドイツのケルンに対し世界初の1000機爆撃を決行
 1943.7.27〜8.3  米英空軍 焼夷弾を用いたハンブルク大規模連続空襲「ゴモラ作戦」発動
            確認された死傷者7万9千人、内死者4万2千人。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f´!-'゙-'::ー',:::::゙=-r、:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,'"゙.-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'`''‐---====─‐'::::::::::::::::::::::
:::::::::::, -、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::,.、-─‐- 、.. .::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::/r v t:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::゙:ミ::::::_:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::|:.|_M_|!:::::::,. -、::::::::i : : : 、,..., :::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::f!::"゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::!:.:[;;i::]:|_f:::::::::|___,,..、、f--‐゙、__',:::::::::::::::::::::::::::::::\---- 、|i::-f!r‐t‐t、::::::::::::::::::: : :
`f'||::.:.:.:.:.:|、:.:. ̄ ̄r‐v‐t :, = 、 ,.─.、:r:',::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:..::.`)|i|-┴ソー─r-、,'. : ':
:::ゞ:`ー‐:.'`'::.:: : : :.|: M :| |l:(O):l||: O :|:! |`:‐::::::::-::::::ゞ:::::::::::::::::::::L!":..:.:`).:.:.:.:.:.:.:.:.:.lfrt}==:
:::::::::::~"''''‐-t- 、、└' :゙┘:`:='":`ー:'└':::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::_:l!:::L!":.:.:.::..:.:.:.:.::..::.f´〉::::
::::::::::::::::::::::(O)::::::::::::: ̄"""''''''' ────fニニニニニニニニニニニr-─── ''''""::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  i:::::::::::::ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::≡≡=::::::::::::::::::::::::::::|l::|l::::::::: / .,':::::::::
::::::,.、/:::::::::::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::ヽ ヽ:::::::::::::::::::::ニ==::::::::::::::::::::::::::::::゙'::i!:::::::/ /::::::::::::
::::" `;-::::::::::::::::::::::::::::::l  |::::::::::::::::::::ヽ ヽ:::::::::::ヽ::‐-.:.:、':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::
        以後、都市に対する焼夷弾の大規模使用が恒常化する



407 :21/41:2008/12/25(木) 17:25:21 ID:JL0HtQV10


 1943.11.18〜1944.3.24 英国空軍 ベルリン連続空襲を決行
         述べ出撃数9111機、述べ投弾量3万8千3百t
         損害492機
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.::.:..::.:.::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.. ,.,、' .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:...,.、 '"´   ゙,:::::::::::::::::::::::::::::
|D)(O)[M]!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ノ       :. :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈        ,:'::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐-、::r‐‐、┌v┐:::::::::r '        /::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::| D |::| O |::| M |::::::::::ヽ       ,.、:.' ..:.::.:::::::::::::::::.:.:.:.:
::::::::::::::.:,.、 '、 :::::::└‐::':::`ー':::゙':::::゙':::::::::/"ヾ  ,. '".:.:.::::::::::::::::::::::.:,.、 '、 :
:::..:.:.,.'"  .:' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/":.:.:.:.::`"::::::::::::::::::::::::..:.:.,.'"  .:' :
..:.. ゞ  .;' .::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、:/>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. ゞ  .;' .:
.. /'` ' ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::///::::::::::::::::|D)(O)[M]!.::..:... /'` ' .:.:.::
:"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:,、/' .:.:::::::::::::::
、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<,:r:'/:f'":::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..../,:<.::.:::::::::::::::::::
::゙─‐‐、:::::::::::::::: r─'`'-==[i!}==---t:::::::::::::::::::‐::─'"::::─゙─‐‐、 :.::::::
::::::.   `,.、'""'"''"'''"""''"''"''"'"''"''"'"''゙゙ヽ:::::.:..:.:.::.:::.:.......      `:-::::
::::::::::::::::::::::::::::.;.:.:;.:..:.:;.:.:..: : .:.....       `ゞ.,, ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  ドイツ側はこの空襲による人的、物的及び精神的資源に対する
  被害は軽微と判定。



408 :22/41:2008/12/25(木) 17:25:52 ID:JL0HtQV10



  1944.6.15 米陸軍航空隊による九州初空襲 日本本土航空戦始まる
  1944.3.10 米軍 東京大空襲を決行 死傷者12万人強
         以後、日本各地への無差別焼夷弾作戦にGoサインが出される
 .. ,, ,
 :.. :  : : ::. ::. ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,................................... . . . ,、-─ 、
                               |ニl    ',
                              |ニ r┐ ',
                                   |ニ (☆) ',
           ......... . .                  |ニ:|└'   ',
        ......:.::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.........          ├┘ V ',       |!
       _                       |     ,.、、、-‐┬,-.、|!
     /´  `、                        |    ⌒‐- 、  l_l  lっ
      /───.',                     |        ',‐┴-┘! f!
     /|::::「D) :::::|\                       |    _ ,.、、、-─┬ -、|l!
    / |::::|_D):::::|  ヽ、、               _ノ==‐        l_l  lっ
    f_r,_  _─__  _|:::l_~"''_‐-、、-=fニ)‐'Oー──┴───────┴‐'───── -r 、、、
 =(´_  f'´┐   /´                          _       f!     rュ 壯丑l
     ̄|三l   /‐==‐- 、、、、、ニ(☆)コ O       ,.、-‐"´   `〉   _  |l!       _ ノ
     |三l  /            ̄ "" '''' ー── l´    -==、'´ ̄l_l `lっ ー' ´ ̄ ̄
      `ー‐'                      -==‐      〉。__l_l_,ノ|l!
                                     ',    ,.、、-‐─┬,‐-、|!
                                 ',     `ヽ.   l_l  lっ
                                  ',_ 、    | ─┴'‐ '’|!
                                     ',ニl   |     ' !
───── -r 、、、                        ',ニl   |
      rュ 壯丑l   .... :::.   ...... ,,,,,,,,,,,,,,        ',ニl   |
|l!  __   ,,....ノ          ''  "    """"" '''''' ゝ-─‐'

      1945.5.7 ソ連地上軍のベルリン突入によりドイツ第3帝国無条件降伏
      1945.8.6 米軍 広島にウラン型原子爆弾を投下 死傷者20万人以上
      1945.8.9 米軍 長崎にプルトニウム型原子爆弾を投下 死傷者15万人以上

      1945.8.15 大日本帝国無条件降伏。第二次世界大戦終結



409 :23/41:2008/12/25(木) 17:26:23 ID:JL0HtQV10


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | やれやれ、何と悲惨な戦争だったんだ。         |
  |前大戦も十分悲惨だったが、 一晩に市民が      |
  |数万人単位で焼き殺されるなんてことは無かったぞ。 |
   \__  __________________/
        ∨

      ∧_∧     ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      (´Д` )    □Д□ ) < 戦略爆撃調査団の報告によると、            |
      (<Y>'  )    (<Y>'  )  |爆撃による精神的被害は戦間期に思われていたよりも!
      〈__ヽ _>    ノ_ハ___ゝ   | 遥かに軽微のようですな。                   |
      (__)`J    (__(__)   | それ所か、場合によっては逆効果とか。          |
                      \______________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                            | 結局は全部焼き払わないと |
     ∧                                     |駄目みたいですな。       |
  / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             \___________/
 | 10年ばかり報告が遅かったな。          |
 |お蔭でその貴重な経験を学ぶために      |
 |数万の重爆撃機に数十万のパイロット、そして !
 |数百万人の人命を支払う破目になった。     |
  \__________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | だがしかし、我々は新たな技術を手に入れた。|
                  \__________________/



410 :24/41:2008/12/25(木) 17:26:55 ID:JL0HtQV10



 / ̄ ̄ ̄ ̄\
| 核兵器だ。 |
 \____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | これこそが次世代の兵器だ。|
     \_  __________/
        ∨

       ∧_∧          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      (   ´)    ∧_∧ | 危険すぎます!         |
      (::.   )   [-;   )< 人類を滅ぼしかねませんよ。|
       〉__|_|   (    )  \___________/
        ー(__)   ノ___ゝ
               ー(__)
       ∧
  / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | だからこそ良いのだよ。|
  \_________/




411 :25/41:2008/12/25(木) 17:27:26 ID:JL0HtQV10



  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | いいかね?                        |
 |前大戦で見たように、人間の行動を止めるのには  |
 |二通りの方法がある。                   |
  \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               | 一つはドイツのように、歩兵部隊を |
               |送り込んで首根っこを捕まえる。    |
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`V
     | もう一つは日本のように、如何し様がなくなるほど |
     |全てを焼き尽くす。                      |
      \____________________/



         ∧_∧     ∧_∧
        (Д`  )     (−□; )
        (Y>  )    (Y>   )
         /_/__>,     ノji__ゝ
        (__)__ノ    (__(__)

         ∧
   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | 核兵器は後者を極限にまで進めたものだ。 |
  |それも、遥かに手軽に。             | 
   \__________∧______/
                  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  | ・・・・・相互確証破壊戦略ですか。 |
                  \______________/





412 :26/41:2008/12/25(木) 17:27:58 ID:JL0HtQV10

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | いや、正確には大量報復戦略だな。|
   \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | 核兵器が登場した以上、最早人類にとって      |
                |武力行使と言う選択肢は自らの滅亡と同義となった。|
                \_____________________/
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | アメリカもソビエトも、そこら辺は確りと理解している。 |
  |最早戦争はやりたくてもできないのだよ。          |
   \_____________________/
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|かなりリスキーだが、取敢えず漸く人間は自ら武力を |
|封印できるようになったわけだ。              |
 \____  ________________/
         ∨


              ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      ∧_∧   □−□;)  < ・・・・そういうものなのですかね?|
      ( ´Д`)    ( <Y>  )   \_____________/
      (  <Y> )   ノ__j___ゝ
      〈__〈|__|    ー(_)
       ー(_)
       ∧
   / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | そうで無かったら困る。            |
  |その時は核戦争で本当に人類は滅亡だ。 |
  \________________/



413 :27/41:2008/12/25(木) 17:28:28 ID:JL0HtQV10



          1950.6.25  朝鮮戦争勃発
          1951.3.24  マッカーサー、朝鮮半島に介入した中国共産軍に対し
                  核兵器の使用を示唆する声明を発表。
                  中国政府はこれを黙殺。

          1975    米国政府、ベトナム戦争から全面撤退。
                 戦術核兵器の使用を考えられるも見送られる。

          1978.12.8  核兵器保有国である中国がベトナムへ侵攻
                  中越戦争勃発。


          1982.3.30 非核兵器保有国であるアルゼンチンが、核兵器保有国
                 である英領フォークランド(マルビナス)諸島へ侵攻。
                 フォークランド紛争勃発。




414 :28/41:2008/12/25(木) 17:28:59 ID:JL0HtQV10




  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | 何てこった。                           |
 |核兵器は人類滅亡のリスクは飛躍的に高めても、    |
 |戦争に対しては全然抑止効果を発揮しないではないか。 !
  \_  ____________________/
     ∨             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  | 政治的リスクが高すぎるんです    |
                  |誰も使えないから誰もが足元を見る。|
                  |これでは抑止力を発揮し様がない。  |
   ∧_,、ヘ        /V\レー────────────── '
   ミ,,゚Д゚ミ       (−・  )
  「f::::r∞t:)      |(::<V>:::)!       ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   (⊆`  )、 < 矢張り通常戦力は大切か。              |
                      \(V>::::::::)「! |しかしこれでは第二次世界大戦の繰り返しだな。   |
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!:::::::::ソ」「  \____________________/
────────────────::「===



415 :29/41:2008/12/25(木) 17:29:29 ID:JL0HtQV10



 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 歩兵の血で血を購い、 泥だらけで不潔で、  |
|そして時間ばかりがかかる。            |
|何時の時代も戦争と言うのものは変わらんな。 !
 \____  _____________/
         ∨

        ∧_∧ フゥ..
        ( ´⊇`O=3
       「/::::<V>::ソ       /V\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄ ̄ ̄\  (−・  )、 < いえ、また手はあります。 |
   |                 \ (V>::::::::)「!  \__________/
   |                \:::::::∧,,∧
   |                  \ミ゚,,  ミ、
   |     ∧            とf::::::∧::)「!
  / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄\
 |         ! !            |
  \________________/




416 :30/41:2008/12/25(木) 17:30:00 ID:JL0HtQV10



          _____________
        / Revolution in Military Affairs \
       |  軍事における革命(RMA)です。|
         \______________/
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 通常兵力がこれからも必要とされるのならば、 !
|要はそれを発展、強化させれば良いのです。 |
 \___  ______________/
       ∨

       /V\         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ( ・−・)      < 具体的には、エアランド・バトル用に整備された  !
    ,.、-r'ゞr:tリt‐ 、 γ⌒) |C3I機能を更に発展、強化した少数精鋭の     |
   /:::::::::〉:l |::!|〈:::::::゙:/:::::7   | ハイテク通常戦力の構築です。              |
.  /::ソ::/:_l::l |:l.|:l:::、::/:::::/    \____________________/
_ゝ':::::::::f⌒)l_!l:::l ゞ:::ン_____
   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄         \
                        \
       ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 少ない戦力で、効率良く、スピーティーに敵兵力を撃破する...|
| 過去数多の政治家、軍人が夢見たそんな軍隊が、          |
| 技術の進歩によって今可能となりつつあるのです。          |
\__________________________/



417 :31/41:2008/12/25(木) 17:30:30 ID:JL0HtQV10




   1989    冷戦終結
   1991.1.17 クェーとを占領したイラク軍に対し、多国籍軍による
          航空攻撃が開始。湾岸戦争勃発

   1991.2.24 米軍を中心とする多国籍軍はイラク軍との地上戦に突入(砂漠の嵐作戦)
          僅か100時間の戦闘により堅陣を敷いていたイラク軍をクウェートより駆逐。
          全世界にハイテク部隊の威力が流布される。

   1990年代  冷戦終結と湾岸戦争を受けて、各国で兵力の縮小と軍隊の
          ハイテク化、情報化が加速。

   1999年  NATO軍によるコソボ空爆開始。
          誘導爆弾により単機による複数目標同時攻撃に成功。

   2001.10.7 9.11事件を受け、米軍がアフガニスタンに侵攻
          米軍特殊部隊に支援された北部同盟軍は各地で
          タリバーン軍を圧倒。
          僅か一か月で首都カブールを制圧する。


                 ●

                  ・

                  ・
                  .






418 :32/41:2008/12/25(木) 17:31:32 ID:JL0HtQV10



   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | ラムズフェルド長官、       |
  |どうかお考えを変えてください。 |
   \__  _________/
        ∨



      ∧,,,,,,∧    ∩_∩   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ( ;´−`)   (@Д@ ) < くどいぞ、シンセキ大将。 |
    とf::=〈Y〉=O    (:::::<V>)  |イラク侵攻は決定事項だ。 |
     ノ:_:::jl:::_ゝ    X:::::::Y   \__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     し(__)    し(__)      | 文民統制の原則に則って、  |
                         |素直に作戦準備に取り掛かれ。 |
                            \____________/
      ∧
 / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 仰る通り、すでに準備命令は下達されております。 |
|ですが私には陸軍参謀総長として、文民に対する  !
|軍事問題への助言義務が残っているのです。    |
 \___________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   | 現有兵力でのイラク侵攻は無謀です。            |
                   |撤回か、若しくは数十万人規模の大規模兵力投入を。 |
                    \_______________________/



419 :33/41:2008/12/25(木) 17:32:05 ID:JL0HtQV10



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | 君らしくないね。    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |君は陸軍参謀総長として、ストライカー旅団、FCS計画、 |
        |C4Iシステム大規模採用と、陸軍のハイテク化を        |
        |推し進めてきた張本人ではないかね。              |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_________/
| 我がアメリカ軍が、イラク軍に対して負けると? |
\_  _________________/
   ∨



            ∧,,,,,,∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ∩_∩     (´−`; )   < 確かにイラク軍の撃破を主眼とするのならば  |
 (  @∀)   とf::::〈V〉=::)    |今の兵力でも技術上の優位でカバーできるので、|
 (::<V>::::)      ノ::::ji::::::ゝ      | 十分達成可能でしょう。                 |
 〈::::〈|::::::|     (_)−'      \__________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ー(_)                              | ですが、戦争終結後の占領統治においては       |
                                       |技術力ではどうしようもございません。           |
                                       |適切なマンパワーと政治家の適切な判断が必要です。 |
                                     \______________________/

   ∧
/ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| 君は心配性だな。                           |
| 一緒になって米軍の近代化を推し進めてきた仲じゃないか。|
| 兵士たちはきっと任務を成し遂げてくれるさ。             |
\________________________/



420 :34/41:2008/12/25(木) 17:32:38 ID:JL0HtQV10


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |それは根拠のない妄信と言うものです。|
     \_______________/
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | 技術力も、ハイテクも魔法の杖ではございません。|
                |貴方は目の前の目新しいものに余りにも目を    |
                |眩まれされすぎています。                   |
                 \___  ________________/
                       ∨

        ∩_∩ ピタッ      ∧,,,,,,∧
        (@   )            (−`; )
        (:::::::::::::::)            (V〉=:::::)
        L:::::l:::::」          ノjl:::::::_::ゝ
        (__)_)          (_)し'



         ∧
    / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | ・・・口が過ぎるぞ、将軍。 |
    \__________/



421 :35/41:2008/12/25(木) 17:33:11 ID:JL0HtQV10



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |作戦終了後の問題は軍人ではなく  |
     |我々政治家の問題だ。           |
      \______/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                | そして我々は、イラク侵攻に関し現有兵力で  |
                |何も問題はないと確信している。           |
                \  __________________/
                  レ'

                ∩_∩
                (Д@  )
                (:::::::::::::::)
                L:::::l:::::」
                (__)_)

                   ∧
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | シンセキ大将、君を参謀総長から解任する。|
        \__________________/


422 :36/41:2008/12/25(木) 17:33:41 ID:JL0HtQV10



          2003.3.19 米国、イラクに対して開戦を宣言。
                 イラク戦争勃発
            同4.8 米軍、バグダード入場
            同5.1 ブッシュ大統領、戦争終結宣言を発表。

         しかし、占領政策の躓きから、全国各地で反米活動が活発化する。

          2006.5.20 イラク正式政府発足。イラク政府、32万5千人規模の
                 治安部隊の整備を発表。反米活動収まらず。

          2007.1.10 ブッシュ大統領、自らの政策の過ちを認め、
                 イラクへの米軍部隊増派を決定。

          2008年  治安状況が漸く好転。米軍増援部隊の撤退開始。
                 然れども、以前イラク情勢の混迷は続く・・・・・・・。





423 :37/41:2008/12/25(木) 17:34:12 ID:JL0HtQV10
























424 :38/41:2008/12/25(木) 17:34:44 ID:JL0HtQV10





        この素晴らしい応用科学は労働を軽減し、生活をより豊かにしながら、
        なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。
        我々がそれを有意義に利用するにいたっていないからである。

        知性は方法や道具に対しては鋭い鑑識眼を持っていますが、目的や価値については盲目です。

                                                  アルベルト・アインシュタイン





425 :39/41:2008/12/25(木) 17:35:18 ID:JL0HtQV10




         技術や道具といった類は、人間の行動を飛躍的に拡大してくれる。
        しかし、拡大するだけで、決して自ら問題を解決してくれるわけではない。
        使い方を間違えたならば、それは破滅を齎すであろう。
        技術が拡大してくれるのは行動だけでなく、結果も良し悪し関係なく
        平等に拡大してくれるのだ。

         いつの時代も、それを忘れてはいけない。




426 :40/41:2008/12/25(木) 17:35:48 ID:JL0HtQV10























427 :41/41:2008/12/25(木) 17:36:23 ID:JL0HtQV10
                                  /
                                 /
                                  | ド  要   な
                                  | ラ  は   ん
      ,. -──- 、                     | え  言   だ
    /   /⌒ i'⌒iヽ、                    | も   っ   い
   /   ,.-'ゝ__,.・・_ノ-、ヽ マッタク                 | ん  て    ゚
   i ‐'''ナ''ー-- ● =''''''リ    モウ_,....:-‐‐‐- 、       | と   い   格
  l -‐i''''~ニ-‐,.... !....、ー`ナ      `r'=、-、、:::::::ヽr_     | 一  る     好
   !. t´ r''"´、_,::、::::} ノ`     ,.i'・ ,!_`,!::::::::::::ヽ   | 緒   事   付
   ゝゝ、,,ニ=====ニ/r'⌒;   rー`ー' ,! リ::::::::::::ノ  <  じ  は    け
    i`''''y--- (,iテ‐,'i~´ゝ''´    ̄ ̄ヽ` :::::::::::ノ    |  ゃ   `     ち
    |  '、,............, i }'´       、ー_',,...`::::ィ'       | な       ゃ
 ●、_!,ヽ-r⌒i-、ノ-''‐、    ゝ`ーt---''ヽ'''''''|`ーt-'.つ | い         っ
    (  `ーイ  ゙i  丿   ;'-,' ,ノー''''{`'    !゙ヽノ ,ヽ, ヽ. か       て
    `ー--' --'` ̄       `ー't,´`ヽ;;;、,,,,,,___,) ヽ'-゙'"   \゚        ゚
                   (`ー':;;;;;;;;;;;;;;;ノ         `ー───── '
    __∧__         ``''''''``'''''´
  /         \
 /  改   分    ヽ
|  善    か      |
|   し    っ    |
|   ろ    て       |
|   よ   い    |
|    ゚   る    |
|         の      |
|         な     |
 ヽ       ら    /
   \_____/                         〜 Fin 〜



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)